連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1"

Transcription

1 連結会計超入門 Web 特典 付録では収録できなかった内容を書きました 簿記 1 級 会計士試験では税効果会計の仕訳が出てきますので 追加しました A4 カラー印刷でお使いください 5/12 Ver2.0 アップストリームの税効果を修正しました もくじ 連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブルと下書き P.02 未実現利益の消去: 棚卸資産の仕訳の意味 ダウンストリーム P.03 アップストリーム P.04 固定資産売却益の 2 年目の仕訳 アップストリーム P.07 税効果の考え方 P.09 連結のまとめノート P.12 持分法の補足 持分法の 3 年目のタイムテーブルと下書き P.17 固定資産の調整 ダウンストリーム アップストリーム P.20 持分法のまとめノート P.21 1

2 連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,120 受取配当金 年目の違い下書きの集計の方法は 2 年目のモノと変わらない 3 年目では が出てくる点が異なる 利益剰余金期首過去の損益に関する連結修正仕訳をすべて利益剰余金期首とする 仕訳例は次のページ参照 連結会計適用 ~ 前期末までの を合計したモノが の数値になる 本問では 1+2,4002 1,120=1,280 が となる これは 連結会計を適用したことによって発生した 親会社に帰属する過去の利益の金額を表している ただし 利益剰余金期首残高は他の成果連結など 集計する数が多いので 本試験では時間が余らない限り解答しない 2

3 < 参考 > 仕訳を書く場合当期の資本連結を行う際に 過去の資本連結の仕訳と当期の仕訳をすべて累計する つまり 取得 ~ 当期が長くなれば 仕訳の数が増える このため タイムテーブルを書き 調整する金額を直接求める方法が重要になる 応用論点である子会社株式の保有割合の増減 評価差額の実現などが出てきた場合 タイムテーブルを書かないと状況が把握しにくいので 仕訳で解く場合でも タイムテーブルと仕訳の関係を理解しておくことは重要である 1. 投資と資本の相殺 資本金 30,000 S 社株式 60,000 資本剰余金 10,000 12,200 利益剰余金 11,000 評価差額 10,000 のれん 11, 前期の利益剰余金の増減計算 :(2013 年末利益剰余金 14, 年末利益剰余金 11,000) 20%=600 利益剰余金期首 前期ののれん償却 利益剰余金期首 1,120 のれん 1, 当期純利益の配分 少数株主損益 1,000 1, 当期ののれん償却 のれん償却額 1,120 のれん 1,120 3

4 ダウンストリーム <2 年目の下書き > 未実現利益の消去 : 棚卸資産の仕訳の意味 1 年目しーくりくりしーに含まれている未実現利益を消去する仕訳 当期から親子間の取引をスタートしたので 期首棚卸商品はない 売上原価 繰越商品 2 年目 1 連結は過去の仕訳を累積して処理するので 1 年目の仕訳と 2 年目の仕訳を考える (1 年目の仕訳 ) 売上原価 繰越商品 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品 売上原価 売上原価 繰越商品 2ここで (1 年目の仕訳 ) の損益項目は 2 年目において 過去の損益として処理されているため 利益剰余金の期首残高に含められている P/L 項目を に書き換える (1 年目の仕訳 ) 売上原価 繰越商品 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品 売上原価 売上原価 繰越商品 4

5 3 さらに 繰越商品 は借方貸方に両方計上されているので 相殺する (1 年目の仕訳 ) 繰越商品 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品 売上原価 売上原価 繰越商品 4 以上の仕訳を整理すると 次の仕訳になる 売上原価 売上原価 繰越商品 3 年目以降は 過去の仕訳が相殺するため 結果的に期首と期末の調整だけ行えばよい 結果として 期首の調整は になる 5

6 アップストリーム <2 年目の下書き > 1 年目 1しーくりくりしーに含まれている未実現利益を消去する仕訳 当期から親子間の取引をスタートしたので 期首棚卸商品はない 売上原価 繰越商品 2アップストリームの仕訳を追加する P/L 項目の反対側に少数株主損益を書く 金額は上の行の仕訳 少数株主保有率 20% 売上原価 繰越商品少数株主損益 3 反対側に少数部主持分を書く 売上原価 繰越商品 少数株主損益 2 年目 1 連結は過去の仕訳を累積して処理するので 1 年目の仕訳と 2 年目の仕訳を考える (1 年目の仕訳 ) 売上原価 繰越商品少数株主損益 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品少数株主損益 売上原価 売上原価 132 繰越商品少数株主損益 132 6

7 2 ここで (1 年目の仕訳 ) の損益項目は 2 年目において 過去の損益として処理されているた め 利益剰余金の期首残高に含められている P/L 項目を に書き換える (1 年目の仕訳 ) 売上原価 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品少数株主損益 売上原価 132 繰越商品少数株主損益 売上原価 繰越商品少数株主損益 3さらに 繰越商品 は借方貸方に両方計上されているので 相殺する (1 年目の仕訳 ) 繰越商品 132 (2 年目の仕訳 ) 繰越商品 売上原価 少数株主損益 売上原価 繰越商品 132 少数株主損益 以上の仕訳を整理すると 次の仕訳になる 少数株主損益 280 売上原価 売上原価 繰越商品 132 少数株主損益 132 7

8 固定資産売却益の 2 年目の仕訳 参考 : 前期にS 社がP 社に備品を売却した場合 ( アップストリーム ) 1まず 前期の仕訳と当期の仕訳を書く 2 前期以前の P/L 項目を に置き換えれば OK 固定資産売却益の取り消し 繰延税金資産 ( 固定 ) 備品 2,000 減価償却費の修正前期の減価償却費の修正 減価償却累計額 500 繰延税金資産 ( 固定 ) 当期の減価償却費の修正 減価償却累計額 500 減価償却費 繰延税金資産 ( 固定 ) 200 少数株主損益

9 税効果会計の考え方 原則 : 当期純利益が増加 減少した場合 P/L 項目の反対側 が付く B/S 項目の反対側 繰延税金資産 繰延税金負債が付く 例外 子会社を取得した際に 資産負債を時価評価する場合 純資産の評価差額等が増加 減少した場合 連結修正仕訳によって 損益が修正されるため 当期純利益が増加 減少することがある この場合 税効果会計を適用することになる 例 : 棚卸資産の未実現利益の消去 ( ダウンストリーム ) 2013 年度末における S 社の期首棚卸資産のうち 0 千円 期末棚卸資産のうち 3,960 千円 ( 未実現利益 千円 ) が P 社からの仕入分である 1 税効果会計を適用しない場合の未実現利益の消去の仕訳を書く 売上原価 繰越商品 2 連結修正仕訳に対して 税効果会計の仕訳を追加する P/L 項目の反対側 B/L 項目の反対側 繰延税金資産 ( 流動 ) 売上原価 繰越商品 繰延税金資産 ( 流動 ) ポイント : それぞれ PL BS の反対側に書く クロスの関係になる 9

10 例題 2013 年度末の成果連結の連結修正仕訳を書きなさい P 社は 2012 年度末に S 社の発行済株式総数の 80% を 50,000 千円で取得し S 社を子会社としている P 社は S 社に対して棚卸資産の販売を原価の 20% 増しの価額で行っている 2013 年度期中における P 社の S 社への売上高は 5,400 千円であった 2013 年度末における S 社の期首棚卸資産のうち 2,100 千円 期末棚卸資産のうち 3,960 千円が P 社からの仕入分である なお 税効果会計の実効税率は 40% をとする 解説 1. 必要な情報を下書きに書く 売った方に〇を付け 矢印を引く 棚卸資産の簿価と () 内に未実現利益の金額を書く 2. 下書きから仕訳を書く 売上と売上原価を相殺する 売上 5,400 売上原価 5,400 当期純利益に変化はないため 税効果会計は適用しない 3. 未実現利益の消去を行う 1 基本形当期末の繰越商品を減らすので 右下に繰越商品を書く 反対側に売上原価を書く 売上原価 繰越商品 さらに 反対側の上の段に売上原価を書く 残った場所に を書く 期首の調 整は B/S 項目が になるので 繰越商品とミスしないように注意しよう 売上原価 期首の金額 売上原価 繰越商品 期末の金額 10

11 2 税効果会計を適用する 基本ルールに従う P/L 項目の反対側 B/L 項目の反対側 繰延税金資産 ( 流動 ) まず P/L 項目に実効税率 40% を掛け を書く 140 売上原価 売上原価 繰越商品 264 反対側に 繰延税金資産 ( 流動 ) を書く ここで 期首の調整は B/S 項目が になるので ミスしないように注意しよう 140 売上原価 140 売上原価繰延税金資産 ( 流動 ) 264 繰越商品 アップストリームではないので の調整は不要 をまとめると 完成 売上原価 売上原価 繰越商品 繰延税金資産 ( 流動 )

12 連結のまとめノート (S 社株式 80% を取得 実効税率 40% 小数点以下四捨五入 ) 資本連結 B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 4,000 利益剰余金期首残高 1+2, ,440 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,440 受取配当金

13 成果連結 商品売買の下書き 売上と売上原価の取り消し 売上 5,400 売上原価 5,400 棚卸資産の未実現利益の消去 ( ダウンストリーム ) 売上原価 売上原価 繰越商品 繰延税金資産 ( 流動 ) 繰延税金資産 ( 流動 ) は P 社の B/S 項目 棚卸資産の未実現利益の消去 ( アップストリーム ) 少数株主損益 売上原価 売上原価 繰越商品 繰延税金資産 ( 流動 ) 少数株主損益 79 繰延税金資産 ( 流動 ) は S 社の B/S 項目 13

14 債権債務の下書き 売掛金と買掛金の取り消し 買掛金 3,500 売掛金 3,500 貸倒引当金の調整 ( ダウンストリーム ) 貸倒引当金繰入 貸倒引当金 貸倒引当金繰入 28 繰延税金負債 ( 流動 ) 28 繰延税金負債 ( 流動 ) は P 社の B/S 項目 貸倒引当金の調整 ( アップストリーム ) 貸倒引当金繰入 20 少数株主損益 貸倒引当金 貸倒引当金繰入 28 繰延税金負債 ( 流動 ) 28 少数株主損益 8 8 繰延税金負債 ( 流動 ) は S 社の B/S 項目 14

15 固定資産の下書き ( ダウンストリーム ) 固定資産売却益の取り消し 固定資産売却益 2,000 備品 2,000 繰延税金資産 ( 固定 ) 減価償却費の修正 減価償却累計額 500 減価償却費 繰延税金資産 ( 固定 ) 200 繰延税金負債 ( 流動 ) は P 社の B/S 項目 ( アップストリーム ) 固定資産売却益の取り消し 固定資産売却益 2,000 備品 2,000 繰延税金資産 ( 固定 ) 少数株主損益 240 減価償却費の修正 減価償却累計額 500 減価償却費 繰延税金資産 ( 固定 ) 200 少数株主損益 繰延税金負債 ( 流動 ) は S 社の B/S 項目 15

16 税効果の集計用下書き (4 つ窓 ) 4 つ窓方式とは 税効果会計をメモする下書きのこと 連結に限らず 税効果会計を解く際に 金額をメモしておく習慣をつけておこう 連結税効果会計の項目は数種類なので 得点しやすい 流動資産 固定資産 P 社流動負債 固定負債 連結の 4 つ窓 P 社棚卸資産 ( ダウン ) 貸引 ( ダウン ) S 社棚卸資産 ( アップ ) 貸引 ( アップ ) 固定資産益 ( ダウン ) 減価償却 ( ダウン ) 資本連結 固定資産益 ( アップ ) 減価償却 ( アップ ) 資本連結 資本連結 子会社の資産負債の時価評価 <コメント> 連結貸借対照表では 会社内での 繰延税金資産 ( 流動 ) と繰延税金負債 ( 流動 ) の相殺 繰延税金資産 ( 固定 ) と繰延税金負債 ( 固定 ) は認められている しかし 別々の会社間の相殺は認められていない つまり 親会社の繰延税金資産 ( 流動 ) と子会社の繰延税金負債 ( 流動 ) の相殺は認められていない この部分を理解しているか 本試験では出題される このため 親会社 各子会社の4つ窓を別々に下書き用紙に書いておく必要がある 16

17 持分法の補足 持分法の 3 年目のタイムテーブルと下書き A 社株式 差額 1,760 持分法による投資損益 3+1, 受取配当金 参考 次のように計算すると直接 A 社株式の金額が求められる A 社株式 = , =+1,760 連結財務諸表上のA 社株式の金額は 取得価額 20,000+1,760=21,760 と求めることができる ただし 未実現利益の消去などがある場合には 調整が必要 持分法適用 ~ 前期末までの を合計したモノが の数値になる 本問では =730 が となる これは 持分法を適用したことによって発生した 親会社に帰属する過去の利益の金額を表している 17

18 例題 2013 年度末の成果連結の連結修正仕訳を書きなさい P 社は 2012 年度末に A 社の発行済株式総数の 30% を 20,000 千円で取得し A 社を関連会社としている 2013 年期首に P 社は A 社に対して備品 ( 簿価 1,000 千円 ) を 3,000 千円で売却した 備品の耐用年数は 5 年 残存耐用年数は 4 年であり 残存価格は 0 円 P 社 A 社ともに定額法で償却している 解説 1. 必要な情報を下書きに書く 売った方に〇を付け 矢印を引く 売却益 備品の簿価 減価償却費を書く P 社 1,000 4 年 =250 A 社 3,000 4 年 = 下書きから仕訳を書く (1) 固定資産売却益を相殺する 固定資産売却益 600 備品 600 (2) 減価償却費の修正を行う 1 基本形 P 社と A 社の減価償却費の差額 減価償却費を減らす 右側に減価償却費と書く 関係会社との取引 ~ 前期までの減価償却費の合計 利益剰余金( 期首 ) 当期の減価償却費 減価償却費 減価償却費 150 反対側に減価償却累計額 (B/S 科目がない場合は 備品 ) と書く 減価償却累計額 150 減価償却費

19 2 持分法のダウンストリーム (1) の仕訳と (2)1の仕訳の勘定科目を書き換える 固定資産売却益 そのまま (P 社の P/L 科目 ) 減価償却費 持分法による投資損益 (A 社の P/L 科目 ) 備品 A 社株式 (A 社の B/S 科目 ) A 社株式 固定資産売却益 600 備品 600 減価償却累計額 A 社株式 150 減価償却費持分法による投資損益 完成 固定資産売却益 600 A 社株式 600 A 社株式 150 持分法による投資損益

20 アップストリームの場合 固定資産に関する調整 1.~3.1 基本形まではダウンストリームと同じ 2 持分法のアップストリーム 固定資産売却益 持分法による投資損益 (A 社の P/L 科目 ) 減価償却費 そのまま (P 社の P/L 科目 ) 備品 そのまま (P 社の B/S 科目 ) 持分法による投資損益固定資産売却益 600 備品 600 減価償却累計額 150 減価償却費 完成 持分法による投資損益 600 備品 600 減価償却累計額 150 減価償却費

21 持分法のまとめノート (A 社株式 30% を取得 実効税率 40% 小数点以下四捨五入 ) 資本連結 ( 持分法 ) A 社株式 差額 1,520 持分法による投資損益 3+1, 受取配当金

22 成果連結 ( 持分法 ) 商品売買の下書き 売上を残す 棚卸資産の未実現利益の消去 ( ダウンストリーム ) 売上 105 売上 198 A 社株式 198 繰延税金資産 ( 流動 ) 繰延税金資産 ( 流動 ) は P 社の B/S 項目 棚卸資産の未実現利益の消去 ( アップストリーム ) 持分法による投資損益 持分法による投資損益 105 持分法による投資損益 198 繰越商品 198 A 社株式 79 持分法による投資損益 79 A 社に帰属する 繰延税金資産 ( 流動 ) は 持分法なので A 社の勘定科目を利用できないため 次のように変更して 仕訳を書く P/L 項目 持分法による投資損益 B/S 項目繰延税金資産 ( 流動 ) A 社株式 22

23 固定資産の下書き 固定資産に関する調整 ( ダウンストリーム ) 固定資産売却益 600 A 社株式 600 繰延税金資産 ( 固定 ) A 社株式 150 持分法による投資損益 繰延税金資産 ( 固定 ) 60 繰延税金資産 ( 固定 ) は P 社の B/S 項目 固定資産に関する調整 ( アップストリーム ) 持分法による投資損益 600 備品 600 A 社株式 240 持分法による投資損益 240 減価償却累計額 150 減価償却費 150 持分法による投資損益 60 A 社株式 60 A 社に帰属する 繰延税金資産 ( 流動 ) は 持分法なので A 社の勘定科目を利用できないため 次のように変更して 仕訳を書く P/L 項目 持分法による投資損益 B/S 項目繰延税金資産 ( 流動 ) A 社株式 23

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 7 節 連結上の税効果会計 1. 連結上の税効果会計の必要性 (A) 個別財務諸表上の利益と課税所得が異なっているため, 個別財務諸表において税効果会計を適用していた 一方, 連結会計において個別財務諸表を合算し, 連結修正仕訳を行うため, 個別財務諸表の利益の合計額と連結財務諸表の利益は一致しない そのため, 個別財務諸表における税効果会計の適用のみでは, 連結上の利益と税額が対応しないため,

More information

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 第 2 回取得 ( 平成 2 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 260,000 ( 貸

More information

精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 繰越商品 資本金 2

精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 繰越商品 資本金 2 簿記 3 級 ~ 第 6 回 テーマ 8 精算表 精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 220 220 繰越商品 10 20 10 20 資本金 220 220 売上 500 500 仕入 490 10

More information

Taro-New2級連結-B.jtd

Taro-New2級連結-B.jtd 第 9 章連結会計一巡 P10 4. 連結 2 年目の連結仕訳 (1) 連結 2 年目末に行われる開始仕訳連結修正仕訳は 精算表上で行われ 仕訳帳には記帳されないため 個別財務諸表には引き継がれません そこで 連結 2 年目以降は 前年度までに行われた連結修正仕訳を再計上する必要があります この再計上される前年度末までの連結修正仕訳のことを 開始仕訳 といいます 1 年 3/31( 連結初年度末 )

More information

平成25年度 第134回 日商簿記検定 1級 商業簿記 解説

平成25年度 第134回 日商簿記検定 1級 商業簿記 解説 平成 25 年度第 134 回日商簿記検定試験 1 級 - 商業簿記 - 解 説 ( 注 ) 金額の単位はすべて千円である 1.20X4 年度末の連結決算 ⑴ S 社の資本の流れ 20X1 20X3 20X4 資本金 30,000 30,000 30,000 +3,000 +1,000( 利益 ) 利益剰余金 5,000 8,000 8,600 400( 配当 ) +700 +100 評価 換算差額等

More information

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 連結貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 貸倒引当金 140 流動資産合計 82,369 固定資産有形固定資産建物及び構築物 67,320 減価償却累計額 38,306 建物及び構築物

More information

平成28年度 第144回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成28年度 第144回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 28 年度第 144 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問語句 ( 数値 ) 記入 1. 退職給付会計 ⑴ 個別上の処理 1 期首退職給付引当金 :300,000 千円 ( 期首退職給付債務 )-250,000 千円 ( 期首年金資産 ) +36,000 千円 ( 未認識過去勤務費用 有利差異 )=86,000 千円 2 年金資産への拠出額 ( 借 ) 退職給付引当金

More information

(z66a\225\\\216\206boki)

(z66a\225\\\216\206boki) 第 66 回税理士試験 解答速報 簿記論 本解答は平成 8 年 8 月 11 日 14 時 30 分に学校法人大原学園が独自に作成したもので 予告なしに内容を変更する場合があります また 本解答は学校法人大原学園が独自の見解で作成 / 提供しており 試験機関による本試験の結果等について保証するものではありません 本解答の著作権は学校法人大原学園に帰属します 無断転用 転載を禁じます Z-66-A 第一問

More information

リリース

リリース への移行に関する開示 当社は 当連結会計年度の連結財務諸表から を適用しています 移行日は 2015 年 4 月 1 日です (1) 第 1 号の免除規定 第 1 号 国際財務報告基準の初度適用 は を初めて適用する企業 ( 以下 初度適用企業 ) に対して を遡及適用することを求めています ただし 一部については遡及適用しないことを任意で選択できる免除規定と 遡及適用を禁止する強制的な例外規定を定めています

More information

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑦・連結税効果実務指針(その2)

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑦・連結税効果実務指針(その2) 会計 監査 企業結合ステップ 2 に関連する JICPA 実務指針等の改正について 7 連結税効果実務指針 ( その 2) 公認会計士長 ながぬま 沼 ようすけ 洋佑 1. はじめに 平成 26 年 2 月 24 日 日本公認会計士協会 (JICPA) は 企業会計基準委員会 (ASBJ) によ り平成 25 年 9 月に改正された連結会計基準及び企業結合会計基準 ( 企業結合ステップ2) に対応するため

More information

平成28年度 第143回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成28年度 第143回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 28 年度第 143 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問 ⑴ 固定資産の減損に係る会計基準注解注 1 1. ⑵ 金融商品に関する会計基準 32 ⑶ 1 株当たり当期純利益に関する会計基準 20 ⑷ 事業分離等に関する会計基準 16 ⑸ 四半期財務諸表に関する会計基準 39 からのお知らせ 自分の未来を考えるセミナー 未来塾 を開催します 何のために働くのか? 本当の学力を身に付けること

More information

問題 20 C 為替予約 攻める 6 分 問題 21 C 会社分割 持分法適用 攻める 6 分 問題 23 D 国内成果連結 のれん 攻める 4 分 問題 24 C 国内成果連結 繰延税金資産 攻める 6 分 問題 25 C 国内成果連結 非支配株主持分 攻める 6 分 問題 26 C 国内成果連結

問題 20 C 為替予約 攻める 6 分 問題 21 C 会社分割 持分法適用 攻める 6 分 問題 23 D 国内成果連結 のれん 攻める 4 分 問題 24 C 国内成果連結 繰延税金資産 攻める 6 分 問題 25 C 国内成果連結 非支配株主持分 攻める 6 分 問題 26 C 国内成果連結 平成 30 年度 Ⅱ 回公認会計士試験 財務会計論 ( 計算のみ ) アイ シー オー I CO 短答式試験解答 & 解説 平成 30 年度第 Ⅱ 回 計算 講評 今回は 入門レベルの問題が8 点問題で6 問 (48 点 : 問題 2 5 伝票制 問題 3 売上原価 問題 4 減価償却費 問題 7 引当金 問題 9 割賦販売 問題 17 ソフトウェア ) 4 点問題が5 問 (20 点 : 問題 23

More information

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F 貸借対照表 ( 平成 28 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,849,964 流動負債 460,780 現金及び預金 1,118,009 短期借入金 2,400 売掛金 95,652 1 年内返済予定の 6,240 長期借入金販売用不動産 13,645 未払金 41,252 貯蔵品 1,154 未払法人税等 159,371 前払費用 47,335

More information

参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正

参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正 参考 企業会計基準第 25 号 ( 平成 22 年 6 月 ) からの改正点 平成 24 年 6 月 29 日 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 の設例 企業会計基準第 25 号 包括利益の表示に関する会計基準 ( 平成 22 年 6 月 30 日 ) の設例を次のように改正する ( 改正部分に下線又は取消線を付している ) 参考 1. 設例 以下の設例は 本会計基準で示された内容についての理解を深めるために参考として示されたものであり

More information

第 1 問 次の文章中の空欄に当てはまる語句を 語群の中から選んで解答欄に記入しなさい ただし 同じ記号の空欄には同じ語句が当てはまる 1. 株式会社が会社設立後に資本金を増加させることを ( a ) という ( a ) には 新株を発行して金銭等が払い込まれることによって実際に会社財産が増加するも

第 1 問 次の文章中の空欄に当てはまる語句を 語群の中から選んで解答欄に記入しなさい ただし 同じ記号の空欄には同じ語句が当てはまる 1. 株式会社が会社設立後に資本金を増加させることを ( a ) という ( a ) には 新株を発行して金銭等が払い込まれることによって実際に会社財産が増加するも 全商実務検定試験模擬問題編 第 回問題 制限時間 1 時間 0 分 全商実務検定試験模擬問題 第 回 0 第 1 問 次の文章中の空欄に当てはまる語句を 語群の中から選んで解答欄に記入しなさい ただし 同じ記号の空欄には同じ語句が当てはまる 1. 株式会社が会社設立後に資本金を増加させることを ( a ) という ( a ) には 新株を発行して金銭等が払い込まれることによって実際に会社財産が増加するものと

More information

第4期 決算報告書

第4期  決算報告書 計算書類 ( 会社法第 435 条第 2 項の規定に基づく書類 ) 第 4 期 自平成 21 年 4 月 1 日至平成 22 年 3 月 31 日 1. 貸借対照表 2. 損益計算書 3. 株主資本等変動計算書 4. 個別注記表 エイチ エス債権回収株式会社 貸借対照表 平成 22 年 3 月 31 日 エイチ エス債権回収株式会社 ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金

More information

平成 29 年度連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主

平成 29 年度連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主 連結計算書類 計算書類 ( 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類 連結財政状態計算書 53 連結損益計算書 54 連結包括利益計算書 ( ご参考 ) 55 連結持分変動計算書 56 計算書類 貸借対照表 57 損益計算書 58 株主資本等変動計算書 59 52 連結計算書類 連結財政状態計算書 国際会計基準により作成 53 流動資産 資産の部 平成

More information

貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ

貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ 貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ ー ス 債 務 142,109 商 品 2,799 未 払 金 373,638 仕 掛 品 835,128

More information

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36>

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36> 貸借対照表 ( 平成 24 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,467,088 流動負債 803,958 現金及び預金 788,789 短期借入金 14,000 売掛金 138,029 1 年内返済予定の 47,952 長期借入金貯蔵品 857 未払金 90,238 前払費用 27,516 未収収益 12,626 未払法人税等 247,756 未払消費税等

More information

リコーグループサステナビリティレポート p

リコーグループサステナビリティレポート p 業績概要 連結損益計算書 2011 年 2012 年および2013 年 3 月 31 日に終了した事業年度 2011 年 3 月期 2012 年 3 月期 2013 年 3 月期 2013 年 3 月期 売上高 : 製品売上高 935,280 876,399 868,128 $ 9,235,404 アフターセールスおよびレンタル収入 901,402 920,827 941,564 10,016,638

More information

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23 各位 平成 29 年 6 月 2 日 会社名 株式会社ソルガム ジャパン ホールディングス 代表者名 代表取締役社長赤尾伸悟 (JASDAQ コード6636) 問合せ先 取締役管理部長中原麗 電 話 03-3449-3939 ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 29 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 当社は 平成 29 年 5 月 15 日に発表いたしました 平成 29

More information

日本基準基礎講座 資本会計

日本基準基礎講座 資本会計 日本基準基礎講座 資本会計 のモジュールを始めます 資本会計のモジュールでは 貸借対照表における純資産の主な内容についてパートに分けて解説します パート1では 純資産及び株主資本について解説します パート2では 株主資本以外について また 新株予約権及び非支配株主持分について解説します パート3では 包括利益について解説します 純資産とは 資産にも負債にも該当しないものです 貸借対照表は 資産の部

More information

前期に販売した商品を当期に修理する場合 前期末に設定した商品保証引当金を取り崩 す つまり借方に商品保証引当金を 50,000 計上する 差額の 30,000 は商品保証費とする (3) 資本金 資本準備金の問題当座預金に払い込まれた金額は次のように計算される 2,000 株 4,000 = 8,0

前期に販売した商品を当期に修理する場合 前期末に設定した商品保証引当金を取り崩 す つまり借方に商品保証引当金を 50,000 計上する 差額の 30,000 は商品保証費とする (3) 資本金 資本準備金の問題当座預金に払い込まれた金額は次のように計算される 2,000 株 4,000 = 8,0 第 1 問 解答 仕 訳 借方科目金額貸方科目金額 1 売買目的有価証券有価証券利息 796,000 1,344 当座預金 797,344 2 商品保証引当金商品保証費 50,000 30,000 現金 80,000 3 4 5 当 座 預 金 8,000,000 資 本 金 資本準備金 繰越利益剰余金 3,400,000 未払配当金 利益準備金 別途積立金 売 掛 金 432,000 売 上 仮受消費税

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E31328C8E8AFA8C888E5A925A904D C8E86816A2E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E31328C8E8AFA8C888E5A925A904D C8E86816A2E646F63> アンジェス MG (4563) 平成 19 年 12 月期決算短信ファイル名 :060_9390600652003.doc 更新日時 :2/6/2008 1:40 PM 印刷日時 :2008/02/0716:48 5. 連結財務諸表等 連結財務諸表 1 連結貸借対照表 区分 注記番号 前連結会計年度 ( 平成 18 年 12 月 31 日 ) 構成比金額 ( 千円 ) 当連結会計年度 ( 平成 19

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 貸借対照表 ( 平成 26 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 流 動 負 債 現 金 及 び 預 金 31 買 掛 金 23,898 売 掛 金 30,279 短 期 借 入 金 186 未 収 入 金 1,166 リ ー ス 債 務 44 棚 卸 資 産 3,047 未 払 金 7,294 前 払 金 184 未 払

More information

平成26年度 第138回 日商簿記検定 1級 会計学 解説

平成26年度 第138回 日商簿記検定 1級 会計学 解説 平成 26 年度第 138 回日商簿記検定試験 1 級 - 会計学 - 解 説 第 1 問 1 ヘッジ会計とは ヘッジ取引のうち一定の要件を満たすものについて ヘッジ対象に係る損益とヘッジ手段に係る損益を同一の会計期間に認識し ヘッジの効果を会計に反映させる特殊な会計処理のことをいう ( 金融商品に関する会計基準 29 参照 ) ヘッジ会計の会計処理には 繰延ヘッジと時価ヘッジの 2 種類の会計処理がある

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 - 1-2 - 第 1 節 連結財務諸表の表示方法 1. 連結損益計算書 (A) 連結損益計算書 P 社平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日 ( 単位 : 千円 ) Ⅰ 売 上 高 Ⅱ 売 上 原 価 Ⅱ 売 上 総 利 益 Ⅲ 販売費及び一般管理費 1 販 売 費 2 の れ ん 償 却 額 3 一 般 管 理 費 Ⅱ 営 業 利 益 Ⅳ 営 業 外 収 益 1 受取利息配当金 2 有 価 証

More information

第 138 回日商簿記 3 級解答解説 第 1 問 実教出版株式会社 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損

第 138 回日商簿記 3 級解答解説 第 1 問 実教出版株式会社 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損 第 1 問 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損 60,000 3 当 座 預 金 508,900 受 取 手 形 511,000 手 形 売 却 損 2,100 4 受 取 手 形 150,000 売 上 350,000

More information

IFRS基礎講座 IAS第12号 法人所得税

IFRS基礎講座 IAS第12号 法人所得税 IFRS 基礎講座 IAS 第 12 号 法人所得税 のモジュールを始めます パート 1 では 法人所得税の範囲 および税効果会計を中心に解説します パート 2 では 繰延税金資産および負債の認識を中心に解説します IFRS における 法人所得税 とは 課税所得を課税標準として課される 国内および国外のすべての税金をいいます 例えば 法人税 住民税所得割 事業税所得割などが IFRS における法人所得税に該当します

More information

科目 期別 損益計算書 平成 29 年 3 月期自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 平成 30 年 3 月期自平成 29 年 4 月 1 日至平成 30 年 3 月 31 日 ( 単位 : 百万円 ) 営業収益 35,918 39,599 収入保証料 35,765 3

科目 期別 損益計算書 平成 29 年 3 月期自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 平成 30 年 3 月期自平成 29 年 4 月 1 日至平成 30 年 3 月 31 日 ( 単位 : 百万円 ) 営業収益 35,918 39,599 収入保証料 35,765 3 財務諸表 貸借対照表 資産の部 ( 単位 : 百万円 ) 科目 期別 平成 29 年 3 月末 平成 30 年 3 月末 流動資産 196,872 206,161 現金及び預金 172,852 184,518 求償債権 11,481 11,536 有価証券 4,822 6,921 金銭の信託 10,058 5,023 未収入金 378 365 前払費用 31 43 繰延税金資産 3,372 3,228

More information

Taro-class3(for.st).jtd

Taro-class3(for.st).jtd 第 3 章 有価証券 有形固定資産 有価証券や有形固定資産については 購入時 及び売却時の仕訳を行える必要があります また 有形固定資産については 建物や機械のように減価償却を行う償却資産と土地のように償却計算を行わない非償却資産とがあります 本章では 減価償却の手続きについても学習します 1. 有価証券の種類有価証券は 一定の権利を表章する証券 で 購入に要した価額で貸借対照表の資産の部に計上されます

More information

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000 基礎演習問題 1(P.237) (CF1 比較連結借対照表及び増減差額 ) NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 [ 資産 ] 開 1 現金及び預金 借 122,630,315 16,725,419 105,904,896 開 2 受取手形及び売掛金 借 3,942,500 7,545,666 3,603,166

More information

民法ゼロ&ミドルコース 第2回補助レジュメ

民法ゼロ&ミドルコース 第2回補助レジュメ (ICO フィードバック解説 ) 問題 1 連結会計 ( 単位 : 千円 ) c:8,415 株 (=6,615+1,800) 16,500 株 (=14,700+1,800)= 51 % d: 直接所有分 60%(=80%-20%)+ 間接所有分 10.2%(=P 社持分比率 51% T 社保有 S 社持分比率 20%)= 70.2 % なお S 社に対する非支配株主持分比率は 20%+9.8%(=20%-10.2%)=29.8%

More information

3. その他 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3)

3. その他 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3) 平成 30 年 3 月期中間決算短信 平成 29 年 11 月 28 日 会社名株式会社産業経済新聞社 URL http://sankei p 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 飯塚浩彦 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 経理本部長 ( 氏名 ) 近藤真史 TEL (03)323 1-7111 ( 百万円未満切捨 ) 1. 平成 29 年 9 月中間期の連結業績 ( 平成 29 年

More information

貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短

貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短 貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短 期 借 入 金 18,400 出 版 売 掛 金 166,021 1 年以内返済予定長期借入金 1,365,766

More information

第28期貸借対照表

第28期貸借対照表 15,8 買 3,535 買,1 貸 2,402 1,843,5 買 3 13,8 買 0 5,4 買 0,58 買 959,411 103,598 4,91 買,000 8,082,490 14,201 40,241 2, 買貸 4 12, 貸 0 貸 5,0 貸 4 買 8,82 貸 1,012 2,803 39,580 93,943 42,3 買貸 2,181 買,55 買 22,588 1

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表 会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型 ( 計算書類及び連結計算書類 ) 新旧対照表 新 Ⅲ 計算書類 旧 Ⅲ 計算書類 第 1 貸借対照表 貸借対照表 ( 平成 年 月 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目 金額 科目 金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 流動負債 現金及び預金 支払手形 受取手形 買掛金 売掛金 短期借入金 有価証券 リース債務 商品及び製品

More information

業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑧・連結税効果実務指針(その3)

業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について⑧・連結税効果実務指針(その3) 会計 監査 企業結合ステップ 2 に関連する JICPA 実務指針等の改正について 8 連結税効果実務指針 ( その 3) 公認会計士長 ながぬま 沼 ようすけ 洋佑 1. はじめに 平成 26 年 2 月 24 日 日本公認会計士協会 (JICPA) は 企業会計基準委員会 (ASBJ) により平成 25 年 9 月に改正された連結会計基準及び企業結合会計基準 ( 企業結合ステップ2) に対応するため

More information

取引先

取引先 取引先 ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 及 び 資 本 の 部 当 期 前 期 当 期 前 期 科 目 増 減 科 目 増 減 (H.12/3/31) (H.11/3/31) (H.12/3/31) (H.11/3/31) ( 流動資 産 ) ( 206,442) ( 164,081) ( 42,360) ( 流動負 債 ) ( 151,771) ( 127,790) ( 23,981)

More information

営業活動によるキャッシュ フロー の区分には 税引前当期純利益 減価償却費などの非資金損益項目 有価証券売却損益などの投資活動や財務活動の区分に含まれる損益項目 営業活動に係る資産 負債の増減 利息および配当金の受取額等が表示されます この中で 小計欄 ( 1) の上と下で性質が異なる取引が表示され

営業活動によるキャッシュ フロー の区分には 税引前当期純利益 減価償却費などの非資金損益項目 有価証券売却損益などの投資活動や財務活動の区分に含まれる損益項目 営業活動に係る資産 負債の増減 利息および配当金の受取額等が表示されます この中で 小計欄 ( 1) の上と下で性質が異なる取引が表示され 設例で解説 キャッシュ フロー計算書 第 1 回 : 営業活動によるキャッシュ フロー (1) 2015.11.18 新日本有限責任監査法人公認会計士山岸正典 新日本有限責任監査法人公認会計士七海健太郎 1. はじめにこれから 4 回にわたり キャッシュ フロー計算書について設例を使って解説していきます キャッシュ フロー計算書は そのキャッシュ フローを生み出した企業活動の性格によって 営業活動によるキャッシュ

More information

計 算 書 類

計 算 書 類 貸借対照表 (2013 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 [ 資産の部 ] [ 負債の部 ] 流 動 資 産 (4,314,705) 流 動 負 債 (3,639,670) 現金及び預金 3,410,184 未 払 金 82,133 前 払 費 用 29,630 未 払 費 用 167,492 未 収 入 金 548,065 未払法人税等 496,563

More information

<92F990B3925A904D5F91E636348AFA91E6318E6C94BC8AFA>

<92F990B3925A904D5F91E636348AFA91E6318E6C94BC8AFA> 各位 平成 21 年 11 月 9 日 会社名アネスト岩田株式会社代表者名代表取締役社長壷田貴弘 ( コード番号 :6381 東証一部 ) 問合せ先取締役経営管理部長飯田紀之 (TEL 045-591-1182) ( 訂正数値データ訂正あり ) 平成 22 年 3 月期第 1 四半期決算短信 の一部訂正について 平成 21 年 8 月 11 日に発表いたしました 平成 22 年 3 月期第 1 四半期決算短信

More information

営業活動によるキャッシュ フロー 投資活動によるキャッシュ フロー 財務活動によるキャッシュ フロー 現金及び現金同等物期末残高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 3 月期 12,634 11,407 4,547 34, 年 3 月期 14, ,391 38,41

営業活動によるキャッシュ フロー 投資活動によるキャッシュ フロー 財務活動によるキャッシュ フロー 現金及び現金同等物期末残高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 3 月期 12,634 11,407 4,547 34, 年 3 月期 14, ,391 38,41 平成 28 年 5 月 23 日 各 位 会社名 株式会社ワコールホールディングス 代表者名代表取締役社長塚本能交 ( コード番号 3591 東証第 1 部 ) 問合せ先経営企画部長宮城晃 TEL (075)6821010 ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 28 年 3 月期決算短信 米国基準 ( 連結 ) の一部訂正について 平成 28 年 5 月 9 日に公表いたしました 平成 28 年 3

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E682588D C8B8DE096B18F94955C205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2091E682588D C8B8DE096B18F94955C205B8CDD8AB B83685D> 今日の学習項目 会計学 1 第 9 講連結財務諸表 ( その 2) 1. 連結財務諸表の基礎知識 ( 以下 その 1 ) 2. 連結貸借対照表の作成 3. 連結損益計算書の作成 ( 以下 その 2 ) 4. 連結株主資本等変動計算書 5. 持分法 6. 連結キャッシュ フロー計算書 7. 連結財務諸表の表示 8. まとめ 1 2 3. 連結損益計算書の作成 連結 作成のフローチャート 定義 親会社と子会社の個別損益計算書を基礎とし,

More information

スライド 1

スライド 1 1. 財務諸表の表示 - 総論 IFRS 対応により主要財務諸表の名称 形式が変更される (IAS 1 号 ) 現行 貸借対照表 (Balance Sheet) 損益計算書 (Profit or Loss Statement) キャッシュフロー計算書 (Cash Flow Statement) 株主資本変動計算書 (Statement of changes in equity) IFRS 財政状態計算書

More information

S 社 現金 4,000,000 資本金 4,000,000 設立後の連結 B/S 現金 10,000,000 子会社株式 4,000,000 借入金 7,000,000 資本金 7,000,000 設立前の自己資本比率 30% 設立後の自己資本比率 50% 投資家や債権者の意思決定情報に影響あり

S 社 現金 4,000,000 資本金 4,000,000 設立後の連結 B/S 現金 10,000,000 子会社株式 4,000,000 借入金 7,000,000 資本金 7,000,000 設立前の自己資本比率 30% 設立後の自己資本比率 50% 投資家や債権者の意思決定情報に影響あり 1. 連結会計とは 弥生カレッジ CMC の連結会計入門 ( 無料ニコ生 LIVE 講座 YOUTUBE) ( 日商簿記 2 級平成 29 年度新論点 ) 更新 17/10/27 足して引くだけ簡単だね 親会社 (P 社 ) と子会社 (S 社 ) の財務諸表を合算する手続き 本店と支店の試算表を合算する手続きと考え方は同じ 内部取引は取消が必要 (2 級では学んでいないが内部利益も取り崩す必要あり

More information

時系列表 ( 単位 : 円 ) 検算 : 当期純利益 +30,000=40,000-10,000=60,000-30,000(p.5 も同様 ) X1.12/31 連結第 1 年度 X2.12/31 連結第 2 年度 X3.12/31 資本金 300, , ,

時系列表 ( 単位 : 円 ) 検算 : 当期純利益 +30,000=40,000-10,000=60,000-30,000(p.5 も同様 ) X1.12/31 連結第 1 年度 X2.12/31 連結第 2 年度 X3.12/31 資本金 300, , , 目から鱗! 楽々時系列 7 第三者割当有償増資 1 例題 基本例題 1の内容に基づいています P 社は平成 X1 年 12 月 31 日に S 社の発行済議決権付株式総数の 80% を 420,000 円で取得した 連結財務諸表作成上の留意事項 1. 平成 X1 年 12 月 31 日 ( 支配獲得日 ) における投資と資本の相殺消去により発生したのれんは 支配獲得日の翌年度から 10 年間にわたり毎期均等償却を行う

More information

第54期決算公告

第54期決算公告 第 5 4 期決算公告 三重テレビ放送株式会社 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 負債の部 ( 単位 : 円 ) 科目金額科目金額 流動資産 2,298,308,617 流動負債 633,761,275 現金及び預金 1,680,040,368 リース債務 84,635,679 受取手形 21,042,094 未払金 327,958,551 売掛金 531,368,983

More information

財務報告実務検定 連結実務演習編 模擬試験問題 財務報告実務検定事務局

財務報告実務検定 連結実務演習編 模擬試験問題 財務報告実務検定事務局 財務報告実務検定 連結実務演習編 模擬試験題 財務報告実務検定事務局 題 ( 試験時間 :90 分 ) ( 注 ) マイナス値は ではなく - で回答すること 1 次の前提条件に基づき Ⅹ1 年 3 月期の連結損益計算書の以下の数値を求めなさい なお 数値は千円単位 ( 千円未満の端数は存在しない ) で 解答欄には数値のみを記入すること ( 前提条件 ) 1P 社と S 社の概要 P 社および S

More information

第11期決算公告

第11期決算公告 平成 29 年 6 月 14 日 第 11 期決算公告 東京都中央区晴海二丁目 5 番 24 号 株式会社 JSOL 代表取締役社長 前川雅俊 貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債及び純資産の部 流動資産 22,800 流動負債 7,139 固定資産 6,310 賞与引当金 1,696 有形固定資産 1,437 その他 5,443 無形固定資産

More information

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額 売上高 38,951 売上原価 26,309 売上総利益 12,641 販売費及び一般管理費 10,070 営業利益 2,571 営業外収益 受取利息配当金 0 雑収入 84

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額 売上高 38,951 売上原価 26,309 売上総利益 12,641 販売費及び一般管理費 10,070 営業利益 2,571 営業外収益 受取利息配当金 0 雑収入 84 貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 25,577 流動負債 8,081 現金及び預金 21,553 電子記録債務 2,995 受取手形 537 買掛金 1,318 売掛金 1,676 未払金 2,232 商品 424 未払費用 263 製品 142 未払法人税等 262 原材料 220 未払消費税等

More information

第10期

第10期 第 13 期 計算書類 貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算書 株式会社パピレス 1 貸借対照表 ( 平成 19 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部 負債の部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,248,386 流 動 負 債 704,417 現金及び預金 580,590 買 掛 金 298,248 売 掛 金 600,201 未 払 金 137,523

More information

Microsoft Word - 訂正短信提出2303.docx

Microsoft Word - 訂正短信提出2303.docx 平成 23 年 6 月 24 日 各位 会社名 代表者名 東京コスモス電機株式会社 代表取締役社長寺田実 ( コード :6772 東証第 2 部 ) 問合せ先取締役島崎雅尚 TEL.03-3255-3917 ( 訂正 数値データ訂正あり ) 平成 23 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 当社は 平成 23 年 5 月 13 日に発表しました表記開示資料について 一部訂正がありましたのでお知らせします

More information

第 36 期決算公告 浜松市中区常盤町 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部 負債の部 Ⅰ. 流 動 資 産 909,595 Ⅰ. 流 動 負 債 208,875 現金及び預金 508,

第 36 期決算公告 浜松市中区常盤町 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部 負債の部 Ⅰ. 流 動 資 産 909,595 Ⅰ. 流 動 負 債 208,875 現金及び預金 508, 第 36 期決算公告 浜松市中区常盤町 133-24 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 負債の部 Ⅰ. 流 動 資 産 909,595 Ⅰ. 流 動 負 債 208,875 現金及び預金 508,633 未 払 金 133,206 受 取 手 形 30,118 未払法人税等 16,743 売 掛 金 138,179 未払事業所税

More information

営業報告書

営業報告書 計算書類 ( 第 15 期 ) 平成 2 7 年 4 月 1 日から 平成 2 8 年 3 月 31 日まで アストライ債権回収株式会社 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 2,971,172 流 動 負 債 72,264 現金及び預金 48,880 未 払 金 56,440 買 取 債 権 2,854,255

More information

スライド 1

スライド 1 会 計 3 利益計算の仕組み 大日方 隆 ( 東京大学大学院経済学研究科 ) Outline 1. 利益計算の基本構造 2. 会計記録 3. キャッシュフローの配分 4. 費用の繰り延べ 5. 費用の見越し ( 引き当て ) 6. 費用の繰り延べ 見越しのまとめ 7. 支出と費用の関係 8. 支出と純資産 費用の関係 9. 資産の増減情報の意味 10. T 字型記録 ( 複式簿記 ) の計算構造 T.

More information

平成22年5月17日

平成22年5月17日 貸借対照表の要旨 ( 平成 25 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 8,465 流 動 負 債 2,845 現金及び預金 535 未 払 金 1,378 売 掛 金 2,123 未 払 費 用 190 前 払 費 用 241 未 払 法 人 税 等 574 短 期 貸 付 金 5,223

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

(訂正・数値データ修正)「平成29年5月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

(訂正・数値データ修正)「平成29年5月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について 平成 29 年 7 月 25 日 各 位 会社名 三協立山株式会社 代表者名 代表取締役社長 山下 清胤 ( コード番号 5932 東証第一部 ) 問合せ先 経理部長 吉田 安徳 (TEL0766-20-2122) ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 29 年 5 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 平成 29 年 7 月 12 日 15 時に発表いたしました 平成 29 年

More information

第9期決算公告 平成27年6月15日

第9期決算公告 平成27年6月15日 平成 27 年 6 月 15 日 第 9 期決算公告 東京都中央区晴海二丁目 5 番 24 号 株式会社 JSOL 代表取締役社長中村充孝 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債及び純資産の部 流動資産 20,203 流動負債 6,810 固定資産 6,689 賞与引当金 1,679 有形固定資産 1,612 その他 5,131 無形固定資産

More information

Microsoft Word 決算短信修正( ) - 反映.doc

Microsoft Word 決算短信修正( ) - 反映.doc 各 位 平成 22 年 3 月 19 日 会 社 名 株式会社カッシーナ イクスシー 代表者名 代表取締役社長高橋克典 (JASDAQ コード番号: 2777) 問合せ先 取締役管理本部長小林要介 電 話 03-5725-4171 ( 訂正 数値データ訂正あり ) 平成 21 年 12 月期決算短信 の一部訂正に関するお知らせ 平成 22 年 2 月 19 日に発表いたしました 平成 21 年 12

More information

キャッシュフロー計算書の作成

キャッシュフロー計算書の作成 計算例を用いたキャッシュフロー計算書の作り方指南 岡部孝好 まず 次のような財務諸表があるものとしよう この財務諸表に関連する収支の明細も その次に示しておくことにする これらの資料によって キャッシュフロー計算書を作成するのが課題であるが 営業活動によるキャッシュフロー (CFO) の部については その結果を 直接法と間接法とに分けて先に示しておくことにしたい 計算例の資料 比較貸借対照表 資産

More information

(訂正・数値データ訂正)「平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

(訂正・数値データ訂正)「平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について 各 位 2013 年 6 月 14 日 会社名イオンフィナンシャルサービス株式会社代表者名代表取締役社長神谷和秀 ( コード番号 8570 東証第一部 ) 問合せ先取締役経営管理担当若林秀樹 (TEL 03-5281-2057) ( 訂正 数値データ訂正 ) 平成 25 年 3 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 2013 年 5 月 17 日 15 時 00 分に発表いたしました

More information

<4D F736F F D F816992F990B C B835E92F990B3816A E31328C8E8AFA208C888E5A925A904D816B93F

<4D F736F F D F816992F990B C B835E92F990B3816A E31328C8E8AFA208C888E5A925A904D816B93F 各 位 2019 年 3 月 26 日 会社名株式会社フルキャストホールディングス代表者名代表取締役社長 CEO 坂巻一樹 ( コード番号 4848 東証第一部 ) 問い合わせ先財務 IR 部長朝武康臣電話番号 03-4530-4830 ( 訂正 数値データ訂正 ) 2018 年 12 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正について 2019 年 2 月 8 日に発表いたしました 2018

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

第8期(平成26年度)貸借対照表および損益計算書(改版)

第8期(平成26年度)貸借対照表および損益計算書(改版) 貸借対照表 2015 年 3 月 31 日現在 資産の部 科 目 金額 科 目 金額 負債の部 流動資産 105,054 流動負債 85,540 現金及び預金 307 買掛金 43,704 預け金 5,404 未払金 7,540 売掛金 49,839 未払費用 2,141 製品 110 未払役員賞与 51 仕掛品 710 未払法人税等 234 原材料及び貯蔵品 11 預り金 23,780 繰延税金資産

More information

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF)

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF) 野村アセットマネジメント株式会社 平成 30 年 3 月期 個別財務諸表の概要 ( 未監査 ) 貸借対照表 科 目 ( 資産の部 ) 前期 当期 前期比 (29.3.31) (30.3.31) 増減 流動資産現金 預金 127 919 792 金銭の信託 52,247 47,936 4,311 有価証券 15,700 22,600 6,900 未収委託者報酬 16,287 24,059 7,772

More information

損益計算書 科目 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 2,792 売上原価 2,219 売上総利益 572 販売費及び一般管理費 371 営業利益 201 営業外収益受取利息及び配当金 481 その他 営業外費用

損益計算書 科目 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 2,792 売上原価 2,219 売上総利益 572 販売費及び一般管理費 371 営業利益 201 営業外収益受取利息及び配当金 481 その他 営業外費用 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 3,087 流動負債 587 現 金 及 び 預 金 1,238 買 掛 金 293 受 取 手 形 262 未 払 金 146 売掛金 1,092 未払費用 18 商品及び製品 99 未払法人税等 18 仕掛品 339 預り金 70 原材料及び貯蔵品

More information

第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社

第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社 第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社 目 次 Ⅰ. 貸借対照表 1 Ⅱ. 損益計算書 2 Ⅲ. 個別注記表 3 Ⅰ. 貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 41,562,028

More information

(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4) 決算整理後残高試算表 勘定科目 金 額 勘定科目 金 額 現 金 預 金 ( ) 未払法人税等 ( ) 土 地 ( ) 租 税 公 課 ( ) 法 人 税 等 ( ) 2

(1) (2) (3) (1) (2) (3) (4) 決算整理後残高試算表 勘定科目 金 額 勘定科目 金 額 現 金 預 金 ( ) 未払法人税等 ( ) 土 地 ( ) 租 税 公 課 ( ) 法 人 税 等 ( ) 2 Chapter 1 (1) (2) (3) (1) (2) (3) (4) 決算整理後残高試算表 勘定科目 金 額 勘定科目 金 額 現 金 預 金 ( ) 未払法人税等 ( ) 土 地 ( ) 租 税 公 課 ( ) 法 人 税 等 ( ) 2 決算整理後残高試算表 勘定科目 金 額 勘定科目 金 額 現 金 ( ) 未払法人税等 ( ) 貯 蔵 品 ( ) その他諸収益 ( ) 土 地 ( )

More information

2019 年 3 月期 第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 2018 年 10 月 30 日 上場会社名 日本冶金工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 5480 URL 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 木村 始 問合

2019 年 3 月期 第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 2018 年 10 月 30 日 上場会社名 日本冶金工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 5480 URL   代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 木村 始 問合 2019 年 3 月期 第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 2018 年 10 月 30 日 上場会社名 日本冶金工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 5480 URL http://www.nyk.co.jp 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 木村 始 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 常務執行役員経理部長 ( 氏名 ) 小林 伸互 (TEL)03-3273-3613

More information

株主資本等変動計算書 ( 自平成 27 年 4 月 1 日至平成 28 年 3 月 31 日 ) 株主資本 評価換算差額等 ( 単位 : 千円 ) 資本剰余金 利益剰余金 資本金 資本準備金 その他資本剰余金 合計 利益準備金 その他利益剰余金繰越利益剰余金 合計 株主資本合計 その他有価証券評価差

株主資本等変動計算書 ( 自平成 27 年 4 月 1 日至平成 28 年 3 月 31 日 ) 株主資本 評価換算差額等 ( 単位 : 千円 ) 資本剰余金 利益剰余金 資本金 資本準備金 その他資本剰余金 合計 利益準備金 その他利益剰余金繰越利益剰余金 合計 株主資本合計 その他有価証券評価差 損益計算書 自平成 27 年 4 月 1 日至平成 28 年 3 月 31 日 科 目 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 金 ( 単位 : 千円 ) 額 85,820,123 70,736,950 15,083,172 販売費及び一般管理費 14,142,788 営 業 利 益 940,384 営 業 外 収 益 受取利息及び配当金 27,276 そ の 他 収 入 18,878 46,155

More information

計算書類等

計算書類等 ご参考計算書類等 連結財政状態計算書 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 流動資産 計算書類等 科目金額科目金額 現金及び現金同等物 営業債権 その他の金融資産 棚卸資産 その他の流動資産 非流動資産 資産の部 持分法で会計処理されている投資 その他の金融資産 有形固定資産 のれん及び無形資産 その他の非流動資産 3,204,819 1,270,787 847,003 143,519 806,309

More information

第 33 期決算公告 浜松市中区常盤町 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 Ⅰ. 流動資産 665,173 Ⅰ. 流動負債 141,626 現金及び預金 290,479 未払金

第 33 期決算公告 浜松市中区常盤町 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 Ⅰ. 流動資産 665,173 Ⅰ. 流動負債 141,626 現金及び預金 290,479 未払金 第 33 期決算公告 浜松市中区常盤町 133-24 静岡エフエム放送株式会社代表取締役社長上野豊 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 Ⅰ. 流動資産 665,173 Ⅰ. 流動負債 141,626 現金及び預金 290,479 未払金 55,756 受取手形 12,483 未払法人税等 19,173 売掛金 136,233 未払事業所税

More information

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3) 発行

注記事項 (1) 期中における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 無 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 無 2 1 以外の会計方針の変更 無 3 会計上の見積りの変更 無 4 修正再表示 無 (3) 発行 平成 30 年 3 月期決算短信 ( 連結 ) 平成 30 年 5 月 22 日 会社名株式会社産業経済新聞社 URL https://www.sank p 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 飯塚浩彦 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 経理本部長 ( 氏名 ) 近藤真史 TEL (03)323 1-7111 定時株主総会開催予定日平成 30 年 6 月 22 日配当支払開始予定日平成

More information

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2 第 141 回 日商簿記 3 級 解答解説 第 1 問 解答 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 当座預金 796,000 受 取 手 形 800,000 手形売却損 4,000 2 当座預金 3,000,000 普 通 預 金 3,000,000 支払手数料 2,000 現 金 2,000 3 普通預金 50,000 償却債権取立益 50,000 4 仕入 1,210,000

More information

答 第 1 問 (20 点 ) 仕訳 1 組につき 4 点 仕 訳 借方科目金額貸方科目金額 1 仕 入 130,000 受 取 手 形 当 座 預 金 100,000 30,000 2 買掛金 500,000 売掛金当座預金 100, ,000 3 有価証券 490,000 現金 49

答 第 1 問 (20 点 ) 仕訳 1 組につき 4 点 仕 訳 借方科目金額貸方科目金額 1 仕 入 130,000 受 取 手 形 当 座 預 金 100,000 30,000 2 買掛金 500,000 売掛金当座預金 100, ,000 3 有価証券 490,000 現金 49 平成 29 年度日本商工会議所 簿記検定試験 3 級 解答 解 この解答例は 当社で作成したものです 解答中に記載してある配点は 当社で考えた予想配点です 著作権者株式会社東京リーガルマインド (C)2018 TOKYO LEGAL MIND K.K.,Printed in Japan 無断複製 無断転載等を禁じます 有効期限 2018 年 2 月 25 日 /2018 年 6 月 9 日 答 第

More information

第111期TOYOTAレポート

第111期TOYOTAレポート 計算書類 科目 ( 資産の部 ) 流動資産 現金及び預金 売掛金 有価証券 商品及び製品 仕掛品 原材料及び貯蔵品 短期貸付金 繰延税金資産 貸倒引当金 固定資産 有形固定資産 建物 ( 純額 ) 構築物 ( 純額 ) 機械及び装置 ( 純額 ) 車両運搬具 ( 純額 ) 工具 器具及び備品 ( 純額 ) 土地 建設仮勘定 投資その他の資産 投資有価証券 関係会社株式 出資金 長期貸付金 貸倒引当金

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

貸 借対照表 ( 平成 28 年 2 月 29 日現在 ) 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰延税金資産 関係会社短期貸付金 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建 物 構 築 物 器 具 備

貸 借対照表 ( 平成 28 年 2 月 29 日現在 ) 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰延税金資産 関係会社短期貸付金 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建 物 構 築 物 器 具 備 第 8 期 平成 27 年 3 月 1 日から 平成 28 年 2 月 29 日まで 計算書類 株式会社スギ薬局 貸 借対照表 ( 平成 28 年 2 月 29 日現在 ) 科目金額科目金額 資産の部負債の部 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰延税金資産 関係会社短期貸付金 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建 物 構 築 物

More information

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前 第 3 2 期決算 (2017 年 3 月期 ) 日本情報通信株式会社 貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前払費用 768 未払法人税等

More information

平成 30 年 7 月 8 日 ( 日 ) 施行 第 191 回全経簿記能力検定試験 1 級商業簿記 会計学解説 第 1 問 1. 企業会計原則第二損益計算書原則一 2. 企業会計原則第二損益計算書原則一 A 3. 企業会計原則第二損益計算書原則一 B 4. 企業会計原則第三貸借対照表原則一 5.

平成 30 年 7 月 8 日 ( 日 ) 施行 第 191 回全経簿記能力検定試験 1 級商業簿記 会計学解説 第 1 問 1. 企業会計原則第二損益計算書原則一 2. 企業会計原則第二損益計算書原則一 A 3. 企業会計原則第二損益計算書原則一 B 4. 企業会計原則第三貸借対照表原則一 5. 平成 30 年 7 月 8 日 ( 日 ) 施行 第 191 回全経簿記能力検定試験 1 級商業簿記 会計学解説 第 1 問 1. 企業会計原則第二損益計算書原則一 2. 企業会計原則第二損益計算書原則一 A 3. 企業会計原則第二損益計算書原則一 B 4. 企業会計原則第三貸借対照表原則一 5. 企業会計原則第三貸借対照表原則一 B 6. 企業会計原則第三貸借対照表原則三 7. 企業会計原則第三貸借対照表原則五

More information

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金 第 26 期 計算書類 自 至 平成 26 年 4 月 1 日 平成 27 年 3 月 31 日 NHK 営業サービス株式会社 貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 連結財務諸表の基礎概念 1. 連結財務諸表の意義 短答 :A 論文 :A 連結財務諸表は, 企業集団全体の財政状態及び経営成績を表示するために作成されるものである これまでの章でみてきた財務諸表は, 個々の会社など法律上の企業単位を会計単位として作成される財務諸表であった このような財務諸表を 個別財務諸表 という しかし, 現代の企業は個々の企業として独立に存在するだけでなく, 親会社とその支配下にある子会社という形で企業集団を形成し,

More information

添付資料の目次 1. 連結財務諸表 2 (1) 連結貸借対照表 2 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書 4 (3) 連結財務諸表に関する注記事項 6 ( セグメント情報等 ) 6 2. 個別財務諸表 7 (1) 個別貸借対照表 7 (2) 個別損益計算書

添付資料の目次 1. 連結財務諸表 2 (1) 連結貸借対照表 2 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書 4 (3) 連結財務諸表に関する注記事項 6 ( セグメント情報等 ) 6 2. 個別財務諸表 7 (1) 個別貸借対照表 7 (2) 個別損益計算書 平成 29 年 3 月期決算短信 平成 29 年 5 月 30 日 株式会社マルハン ( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 29 年

More information

個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法

個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法 個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法による原価法によっております ( 貸借対照表価額 は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定 )

More information

前連結会計年度 ( 平成 29 年 12 月 31 日 ) 当第 2 四半期連結会計期間 ( 平成 30 年 6 月 30 日 ) 負債の部流動負債支払手形及び買掛金 8,279 8,716 電子記録債務 9,221 8,128 短期借入金 未払金 24,446 19,443 リース

前連結会計年度 ( 平成 29 年 12 月 31 日 ) 当第 2 四半期連結会計期間 ( 平成 30 年 6 月 30 日 ) 負債の部流動負債支払手形及び買掛金 8,279 8,716 電子記録債務 9,221 8,128 短期借入金 未払金 24,446 19,443 リース 2. 四半期連結財務諸表及び主な注記 (1) 四半期連結貸借対照表 前連結会計年度 ( 平成 29 年 12 月 31 日 ) 当第 2 四半期連結会計期間 ( 平成 30 年 6 月 30 日 ) 資産の部流動資産現金及び預金 64,990 64,997 受取手形及び売掛金 50,032 42,715 有価証券 8,300 8,300 商品及び製品 9,789 12,704 仕掛品 693 1,148

More information

第109期 計算書類

第109期 計算書類 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) ( 資産の部 ) 百万円 ( 負債の部 ) 百万円 流 動 資 産 現金及び預金 受 取 手 形 売 掛 金 商品及び製品 仕 掛 品 原材料及び貯蔵品 前 払 費 用 繰延税金資産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建 物 構 築 物 機 械 装 置 車 両 運 搬 具 工具器具備品 土 地 リ ー ス 資 産

More information

平成30年公認会計士試験

平成30年公認会計士試験 第 3 問答案用紙 問題 1 1 新株予約権 2 75,000 3 75,000 4 0 5 3,000 6 70,000 7 7,000 8 42,000 金額がマイナスの場合には, その金額の前に を付すこと 9 2,074,000 会計基準の新設及び改正並びに商法の改正により, 以前よりも純資産の部に直接計上される 項目や純資産の部の変動要因が増加している そこで, ディスクロージャーの透明性の確保

More information

損益計算書 平成 26 年 7 月 1 日から ( 平成 27 年 6 月 30 日まで ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 営業収益 26,481,384 営業費用 23,005,613 営業利益 3,475,771 営業外収益 受取利息 655 受取手数料 62,290 その他 22,050

損益計算書 平成 26 年 7 月 1 日から ( 平成 27 年 6 月 30 日まで ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 営業収益 26,481,384 営業費用 23,005,613 営業利益 3,475,771 営業外収益 受取利息 655 受取手数料 62,290 その他 22,050 貸借対照表 ( 平成 27 年 6 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産 現金及び預金 売掛金 たな卸資産 前払費用 繰延税金資産 その他 貸倒引当金 固定資産 有形固定資産 建 物 構築物 車両運搬具 工具 器具及び備品 土 地 建設仮勘定 減価償却累計額及び減損損失累計額 無形固定資産 のれん ソフトウエア ソフトウエア仮勘定 その他 投資その他の資産

More information

第 145 回日商簿記 3 級解答解説実教出版株式会社 第 145 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 旅費交通費 60,000 普通預金 80,000 資本金 20,000 他店商品券 10,000 売上 12,000 商品券 2,000 3

第 145 回日商簿記 3 級解答解説実教出版株式会社 第 145 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 旅費交通費 60,000 普通預金 80,000 資本金 20,000 他店商品券 10,000 売上 12,000 商品券 2,000 3 第 145 回日商簿記 3 級解答解説実教出版株式会社 第 145 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 旅費交通費 60,000 普通預金 80,000 資本金 20,000 他店商品券 10,000 売上 12,000 商品券 2,000 3 当座預金 798,560 受取手形 800,000 手形売却損 1,440 4 土地 19,650,000

More information

添付資料の目次 1. 連結財務諸表 2 (1) 連結貸借対照表 2 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書 4 (3) 連結財務諸表に関する注記事項 6 ( セグメント情報等 ) 6 2. 個別財務諸表 7 (1) 個別貸借対照表 7 (2) 個別損益計算書

添付資料の目次 1. 連結財務諸表 2 (1) 連結貸借対照表 2 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書 4 (3) 連結財務諸表に関する注記事項 6 ( セグメント情報等 ) 6 2. 個別財務諸表 7 (1) 個別貸借対照表 7 (2) 個別損益計算書 平成 30 年 3 月期決算短信 平成 30 年 6 月 1 日 株式会社マルハン ( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 30 年 3 月期の連結業績 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 30 年 3

More information

<4D F736F F D208A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F912E646F6378>

<4D F736F F D208A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F912E646F6378> 株主資本等変動計算書第 1 回株主資本等変動計算書の概要 2010.09.07 (2013.01.24 更新 ) 新日本有限責任監査法人公認会計士七海健太郎 1. 株主資本等変動計算書の概要 (1) 株主資本等変動計算書の目的株主資本等変動計算書は 貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち 主として 株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成する開示書類です

More information

貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品

貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品 平成 27 事業年度 ( 第 8 期 ) 計算書類 輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社 貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品 0 未払費用

More information

第 146 回日商簿記 3 級解答解説実教出版株式会社 第 146 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 仕 入 502,000 受 取 手 形 500,000 現 金 2,000 備品減価償却累計額 300,000 備 品 400,000 未 収

第 146 回日商簿記 3 級解答解説実教出版株式会社 第 146 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 仕 入 502,000 受 取 手 形 500,000 現 金 2,000 備品減価償却累計額 300,000 備 品 400,000 未 収 第 146 回簿記検定試験問題解答 解説 第 1 問 解答 仕 借方科目金額貸方科目金額 訳 1 2 仕 入 502,000 受 取 手 形 500,000 現 金 2,000 備品減価償却累計額 300,000 備 品 400,000 未 収 入 金 20,000 固定資産売却損 80,000 3 租税公課 7,000 現金 7,000 4 現金 70,000 売掛金 200,000 貸倒引当金

More information

貸借対照表 ( 平成 30 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 7,957,826 流 動 負 債 5,082,777 現 金 及 び 預 金 2,678,514 支 払 手 形 1,757,477

貸借対照表 ( 平成 30 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 7,957,826 流 動 負 債 5,082,777 現 金 及 び 預 金 2,678,514 支 払 手 形 1,757,477 貸借対照表 ( 平成 30 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 7,957,826 流 動 負 債 5,082,777 現 金 及 び 預 金 2,678,514 支 払 手 形 1,757,477 受 取 手 形 556,354 買 掛 金 554,729 電 子 記 録 債 権 1,820,567

More information

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 資産の評価基準及び評価方法 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法関係会社株式 移動平均法による原価法によっております (2) 棚卸資産の評価基準及び評価方法商品 最終仕入原価法によっております 貯蔵品 最終仕入原価法によっております

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 資産の評価基準及び評価方法 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法関係会社株式 移動平均法による原価法によっております (2) 棚卸資産の評価基準及び評価方法商品 最終仕入原価法によっております 貯蔵品 最終仕入原価法によっております 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 項 目 金 額 項 目 金 額 流 動 資 産 17,900,926 流 動 負 債 10,869,997 現金及び預金 2,988,183 買 掛 金 3,906,589 受 取 手 形 87,145 1 年以内返済予定長期借入金 2,261,296 電子記録債権 166,778 リ

More information

IFRSへの移行に関する開示

IFRSへの移行に関する開示 への移行に関する開示 に移行するにあたり 当社の開始連結財政状態計算書は 第 1 号に基づき への移行日である 2013 年 4 月 1 日現在で作成されており 従前のに準拠して作成されてきた数値に必要な調整を加えている 第 1 号の適用による影響は 移行日において利益剰余金又はその他の包括利益累計額で調整している 当社が採用した の初度適用の方法や へ移行するための調整は下記のとおりである (1)

More information

6. 個別中間財務諸表等 (1) 中間貸借対照表 末 ( 平成 16 年 6 月 30 日 ) 末 ( 平成 17 年 6 月 30 日 ) 対前中間期比 の要約貸借対照表 ( 平成 16 年 12 月 31 日 ) 区分 注記番号 増減 ( 千円 ) ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 1. 現金及び

6. 個別中間財務諸表等 (1) 中間貸借対照表 末 ( 平成 16 年 6 月 30 日 ) 末 ( 平成 17 年 6 月 30 日 ) 対前中間期比 の要約貸借対照表 ( 平成 16 年 12 月 31 日 ) 区分 注記番号 増減 ( 千円 ) ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 1. 現金及び 平成 17 年 6 月期個別中間財務諸表の概要 会社名株式会社ワールドインテック上場取引所 JASDAQ コード番号 2429 本社所在都道府県福岡県 (URL http://www.witc.co.jp) 代表者役職名代表取締役 氏名伊井田栄吉 問い合わせ先責任者役職名取締役社長室長 氏名高塚輝三 TEL (03)3516-1122 決算取締役会開催日平成 17 年 8 月 12 日中間配当制度の有無有

More information

【H 改正】株主資本等変動計算書.docx

【H 改正】株主資本等変動計算書.docx 株主資本等変動計算書第 1 回株主資本等変動計算書の概要 2010.09.07 (2013.01.24 更新 ) 新日本有限責任監査法人公認会計士七海健太郎 1. 株主資本等変動計算書の概要 (1) 株主資本等変動計算書の目的株主資本等変動計算書は 貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち 主として 株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成する開示書類です

More information