会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益とし

Size: px
Start display at page:

Download "会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益とし"

Transcription

1 第 1 節 税法の仕組み 1. 法人 ( 株式会社 ) に係る税金の種類 (A) 株式会社に係る税金は, 以下のように分類することができる 1 利益に課せられる税金 2 費用となる税金 3 その他の税金 会社が稼ぎ出した利益に課せられる法人税 住民税 事業税 会社の活動に対して生じる固定資産税, 印紙税等 商品の販売やサービスの提供に課せられる消費税 2. 費用となる税金 ( 租税公課 ) (B) 固定資産税や印紙税等の費用として処理される税金は, 当該納付額を 租税公課 勘定 ( 費用 ) で処理する 租税公課は, 損益計算書上, 販売費及び一般管理費 に計上する ( 借 ) 租税公課 ( 貸 ) 当座預金 以下では, 利益に課せられる税金である法人税, 住民税及び事業税について説明していくことにする 3. 税額計算の仕組み (A) (1) 税額計算 税法上は, 益金から損金を差し引き課税所得を算定し, その課税所得に対して一定の税率を乗じて, 税額を算定している 会計上 : 期間収益 - 期間費用 = 当期利益 ( 適正な期間損益計算 ) 税法上 : 益金 - 損金 = 課税所得 ( 課税の公平性 ) 法人税等 : 課税所得 税率 (2) 申告調整税法上の益金 損金と会計上の収益 費用は, ほとんど一致しているが, 一部分において差異が生じている そのため, 税法上は, 会計上の利益に対して一定の調整を行うことによって課税所得を計算しているのである この調整のことを申告調整という < 申告調整の考え方 >

2 会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益として計上しないが, 税務上は益金として認めるもの 加算調整項目 2 損金不算入 会計上は費用として計上するが, 税務上は損金として認めないもの 1 減価償却費 引当金の損金算入限度超過額等 2 交際費 寄付金の損金不算入等 減算調整項目 3 益金不算入 4 損金算入 会計上は収益として計上するが, 税務上は益金として認めないもの会計上は費用として計上しないが, 税務上は損金として認めるもの 受取配当金の益金不算入等 損金不算入 : 会計上の費用より税金上の損金が少ないため, 税法上の課税所得の方が大きい よって, 加算調整項目である 益金不算入 : 会計上の収益より税法上の益金が少ないため, 税法上の課税所得の方が小さい よって, 減算調整項目である

3 4. 法定実効税率 (A) (1) 各税金の金額の算定方法 法人税額 : 税法上の課税所得 税率 住民税額 : 法人税額 税率 事業税額 : 税法上の課税所得 税率 (2) 法定実効税率 法人税率 住民税率 事業税率の合計の税率を法定実効税率という 法定実効税率は, 以下の算定式によ り計算される 法定実効税率 = 法人税率 (1 + 住民税率 ) + 事業税率 1 + 事業税率 具体例 法定実効税率の算定 各税率 法人税等 :30% 住民税率 :20.7% 事業税率 :5.3% 法定実効税率 39.42% = 法人税率 30% (1 + 住民税率 20.7%) + 事業税率 5.3% 1 + 事業税率 5.3% < 参考 > 法定実効税率の考え方 事業税は, 納付時に課税所得の計算上, 損金算入されるため, 法定実効税率を X とすると以下の計算 式となる Ⅹ = 法人税率 + 法人税率 住民税率 + 事業税率 -Ⅹ 事業税率 Ⅹ = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率 -Ⅹ 事業税率 Ⅹ+Ⅹ 事業税率 = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率 Ⅹ(1+ 事業税率 ) = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率よって, 法人税率 (1 + 住民税率 ) + 事業税率法定実効税率 = 1 + 事業税率

4 5. 申告時期, 納付時期及び会計処理 (A) 税額は, 一会計期間の課税所得に対して算定されるため, 決算時において算定される そして, 決算日から2ヶ月以内に納付を行うことになっている しかし, 通常中間期において, 中間納付として一定額を支払い, 決算時において算定された金額と中間納付額との差額を決算日後に支払うことになっている 4/1 11/30 3/31 5/31 中間納付決算確定納付 具体例法人税等の流れ平成 1 年 4 月 1 日から平成 2 年 3 月 31 日の会計期間の課税所得が 1,000,000 円であり, 法定実効税率が 40%, 中間納付を 180,000 円行っている会社があった場合の会計処理は以下のとおりである < 中間納付時 ( 1 年 11 月 30 日 )> ( 借 ) 仮払法人税等 180,000 ( 貸 ) 現金預金 180,000 < 決算日 ( 2 年 3 月 31 日 )> ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 400,000 ( 貸 ) 未払法人税等 220,000 ( ) 仮払法人税等 180,000 法人税, 住民税及び事業税 :1,000,000 円 ( 課税所得 ) 40%=400,000 円 損益計算書 2 税引前当期純利益 2 法人税, 住民税及び事業税 400,000 2 当期純利益 貸借対照表負債の部 Ⅰ 流動負債 Ⅰ 未払法人税等 220,000 < 確定納付時 ( 2 年 5 月 31 日 )> ( 借 ) 未払法人税等 220,000 ( 貸 ) 現金預金 220, 法人税, 住民税及び事業税と未払法人税等の財務諸表の表示 (A) 法人税, 住民税及び事業税 未払法人税等 損益計算書の税引前当期純利益の下に計上 貸借対照表の流動負債の区分に計上

5 第 2 節 税効果会計の概要 1. 税効果会計の目的及び必要性 (A) 税効果会計は, 企業会計上の資産又は負債の額と課税所得計算上の資産又は負債の額に相違がある場合において, 法人税等の金額を適切に期間配分することにより, 法人税等を控除する前の当期純利益と法人税等を合理的に対応させることを目的としている つまり, 税効果会計は, 税務上の課税所得に基づいて算定される法人税等を会計上の税引前当期純利益に対応する法人税等の金額に, 適切に修正することを目的としている 2. 税効果会計の具体的考え方 (A) 具体例 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) 1 今後 3 年間の収益 25,000 円 2 今後 3 年間の減価償却費以外の費用 6,000 円 3 当期首に 30,000 円で備品を取得した 4 3 年後の期末の備品を除却したとする 5 会計上は, 耐用年数 3 年, 残存価額ゼロ, 定額法で減価償却を実施する 6 税法上は, 耐用年数 5 年, 残存価額ゼロ, 定額法で減価償却を実施する 7 毎年の減価償却費及び除却損は, 以下のとおりである 会計上の毎年の減価償却費 :10,000 円会計上の除却損 : 0 円税法上の毎年の減価償却費 : 6,000 円税法上の除却損 :12,000 円 8 毎期の費用総額は, 以下のとおりである 会計上の毎期の費用 :6,000 円 ( その他費用 )+10,000 円 ( 減価償却費 )=16,000 円税法上の1 年目 2 年目の費用 :6,000 円 ( その他の費用 )+6,000 円 ( 減価償却費 )=12,000 円税法上の3 年目の費用 :6,000 円 ( その他費用 )+6,000 円 ( 減価償却費 )+12,000 円 ( 除却損 ) =24,000 円 9 法定実効税率は 40% である

6 この場合, 会計上の3 年間の利益と税法上の3 年間の課税所得は次のようになる < 会計上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 収益 25,000 25,000 25,000 75,000 費用 16,000 16,000 16,000 48,000 利益 9,000 9,000 9,000 27,000 合計額は会計上と 税法上で一致する < 税法上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 益金 25,000 25,000 25,000 75,000 損金 12,000 12,000 24,000 48,000 所得 13,000 13,000 1,000 27,000 各年度の会計上の利益と税法上の所得会計上の利益と税法上の所得の合計額 各年度の会計上の収益, 費用と税法上の益金と損金の計上時期が異なる ため, 各年度の会計上の利益と税法上の所得にズレが生じる 会計上の利益と税法上の所得の合計額は一致する この時, 毎年の法人税等の金額は, 税法上の課税所得に法定実効税率を乗じて決定されるため, 次のよう になる 1 年目 2 年目 3 年目 合計 課 税 所 得 13,000 13,000 1,000 27,000 法人税等の金額 5,200 5, ,800 法人税等の金額 = 税法上の所得金額 法定実効税率 この場合に, 税効果会計を適用しなければ会計上の損益計算書は, 次のようになる < 表 1> 1 年目 2 年目 3 年目 合計 税引前当期純利益 9,000 9,000 9,000 27,000 法 人 税 等 5,200 5, ,800 税引後当期純利益 3,800 3,800 8,600 16,200 < 表 1>の場合には, 税引前当期純利益と法人税等が対応していないため, 損益計算書が各期の企業の業 績を正しく示さないという問題が生じる そして, 本来, 会計上の税引前当期純利益と法人税等が対応しているあるべき会計上の損益計算書は, 次の< 表 2>のようになる < 表 2> 1 年目 2 年目 3 年目合計税引前当期純利益 9,000 9,000 9,000 27,000 40% 40% 40% 法人税等 3,600 3,600 3,600 10,800 税引後当期純利益 5,400 5,400 5,400 16,

7 よって, 税効果会計を適用した正しい損益計算書は, 以下のようになる 会計上の法人税等 = 法人税等 ± 法人税等調整額 損益計算書の法人税等に計上する金額を< 表 1>から修正するために, 次の仕訳が必要となる 1 年目 ( 借 ) 繰延税金資産 1,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,600 2 年目 ( 借 ) 繰延税金資産 1,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,600 3 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 3,200 ( 貸 ) 繰延税金資産 3,200 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等調整額の借方計上額 繰延税金資産 法人税等のマイナス調整項目 法人税等のプラス調整項目 前払税金を意味する資産勘定 ここで, 上記の仕訳は, 費用の繰延と考えるとわかりやすい <1 年目 2 年目 > 会計上では 3,600 円発生している法人税等を 5,200 円払ったため, 前払費用 ( 繰延税金資産 ) を 1,600 円計上し, 費用 ( 法人税等 ) を 1,600 円取り消す 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等のマイナス調整項目 繰延税金資産の計上 前払費用の計上を意味する <3 年目 > そして, 会計上で 3,600 円発生している法人税等を既に 3,200 円前払いしているため,400 円しか払わなくてよいということである つまり,2 年目までの前払費用 ( 繰延税金資産 ) を 3,200 円取崩し, 費用 ( 法人税等 ) を 3,200 円計上する 法人税等調整額の借方計上額 法人税等のプラス調整項目 繰延税金資産の取消 前払費用の再振替を意味する 上記結果, 税法上の課税所得を基に算定された法人税等の額に一定の調整を行うことにより, 会計上の税 引前当期純利益と法人税等の額が適切に対応し, 適切に表示されるのである

8 具体例 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) 1 今後 3 年間の収益 25,000 円 2 今後 3 年間の費用は以下のとおりである 1 年目 2 年目 3 年目 会計上 12,000 12,000 24,000 税務上 16,000 16,000 16,000 < 会計上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 収益 25,000 25,000 25,000 75,000 費用 12,000 12,000 24,000 48,000 利益 13,000 13,000 1,000 27,000 < 税法上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 益金 25,000 25,000 25,000 75,000 損金 16,000 16,000 16,000 48,000 所得 9,000 9,000 9,000 27,000 合計額は会計上と 税法上で一致する この時, 毎年の法人税等の金額は, 税法上の課税所得に法定実効税率を乗じて決定されるため, 次のよう になる 1 年目 2 年目 3 年目 合計 課 税 所 得 9,000 9,000 9,000 27,000 法人税等の金額 3,600 3,600 3,600 10,800 この場合に, 税効果会計を適用しなければ会計上の損益計算書は, 次のようになる < 表 3> 1 年目 2 年目 3 年目 合計 税引前当期純利益 13,000 13,000 1,000 27,000 法 人 税 等 3,600 3,600 3,600 10,800 税引後当期純利益 9,400 9,400 2,600 16,200 < 表 3>の場合には, 税引前当期純利益と法人税等が対応していないため, 損益計算書が各期の企業の業 績を正しく示さないという問題が生じる そして, 本来, 会計上の利益と法人税等が対応しているあるべき会計上の損益計算書は, 次の< 表 4>のようになる < 表 4> 1 年目 2 年目 3 年目合計税引前当期純利益 13,000 13,000 1,000 27,000 40% 40% 40% 法人税等 5,200 5, ,800 税引後当期純利益 7,800 7, ,

9 よって, 税効果会計を適用した正しい損益計算書は, 以下のようになる 1 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 1,600 ( 貸 ) 繰延税金負債 1,600 2 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 1,600 ( 貸 ) 繰延税金負債 1,600 3 年目 ( 借 ) 繰延税金負債 3,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 3,200 法人税等調整額の借方計上額 法人税等調整額の貸方計上額 繰延税金負債 法人税等のプラス調整項目 法人税等のマイナス調整項目 未払税金を意味する負債勘定 ここで, 上記の仕訳は, 費用の見越と考えるとわかりやすい <1 年目 2 年目 > 会計上では 5,200 円発生している法人税等を 3,600 円しか払っていないため, 未払費用 ( 繰延税金負債 ) を 1,600 円計上し, 費用 ( 法人税等 ) を 1,600 円増加させる 法人税等調整額の借方計上額 法人税等のプラス調整項目 繰延税金負債の計上 未払費用の計上を意味する <3 年目 > 3 年目に, 会計上では法人税等が 400 円発生しているが, 未払費用を 3,200 円支払うため, 合計 3,600 円支払うことになる つまり,2 年目までの未払費用 ( 繰延税金負債 ) を 3,200 円取崩し, 費用 ( 法人税等 ) を 3,200 円取り消す 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等のマイナス調整項目 繰延税金負債の取消 未払費用の再振替を意味する

10 3. 一時差異等について (A) 会計上の収益 費用と税法上の益金 損金の差額について税効果会計を適用することになるが, すべての差額について適用するわけではない 当該差額は, 一時差異と永久差異に分けられる 一時差異とは, 計上時期が期間的にズレるものであり, 最終的には会計上と税法上とが一致する差異である 対して, 永久差異とは, ズレが永久に解消されないものである そして, 税効果会計の対象は, 一時差異等に限定されており, 永久差異は適用外である 一時差異 永久差異 意義一時差異とは, 会計上の資産及び負債と課税所得計算上の資産及び負債との一時的な差異をいう永久差異とは, 会計上では収益及び費用に計上されるが, 税法上では永久に益金または損金に算入されない項目をいう 税効果会計の適用の有無 税効果会計を適用する 税効果会計を適用しない 4. 一時差異等の分類 (A) (1) 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) 将来減算一時差異とは, 将来, 当該差異が解消するときに課税所得の計算上減算されるものをいう < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 発生年度 > 会計上の利益 < 税法上の所得 法人税等を多く支払っている 法人税等をマイナス調整し, 繰延税金資産 ( 前払税金 ) を計上する < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 < 解消年度 > 会計上の利益 > 税法上の所得 法人税等をプラス調整し, 繰延税金資産 ( 前払税金 ) を取消す

11 (2) 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) 将来加算一時差異とは, 将来, 当該差異が解消するときに課税所得の計算上加算されるものをいう < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金負債 < 発生年度 > 会計上の利益 > 税法上の所得 法人税等の支払いが少ない 法人税等をプラス調整し, 繰延税金負債 ( 未払税金 ) を計上する < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金負債 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 解消年度 > 会計上の利益 < 税法上の所得 法人税等をマイナス調整し, 繰延税金負債 ( 未払税金 ) を取消す 将来減算一時差異将来加算一時差異 時期 利益と所得 決算整理仕訳 発生時 会計上の利益 < 税法上の所得 ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 解消時 会計上の利益 > 税法上の所得 ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 発生時 会計上の利益 > 税法上の所得 ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金負債 解消時 会計上の利益 < 税法上の所得 ( 借 ) 繰延税金負債 ( 貸 ) 法人税等調整額 税効果会計の仕訳は, 決算整理仕訳で行う点に留意すること (3) 法人税等調整額の計算 法人税等調整額 = 当期に発生又は解消した一時差異 法定実効税率 (4) 一時差異等の 等 の意味将来の課税所得と相殺可能な繰越欠損金等については, 将来の課税所得を減額し, 税金費用を減少させる効果をもつことから, 一時差異 ( 将来減算一時差異 ) と同様に取り扱う つまり, 一時差異等の 等 とは, 繰越欠損金等を示している

12 例題 1 税効果会計 1 重要度 A 難易度 A 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の 1 年度及び 2 年度の損益計算書を作成し, 税効果に係 る決算整理仕訳を示しなさい 1. 1 年度及び 2 年度の収益及び費用の状況 1 年度 2 年度 収益総額 100,000 千円 100,000 千円 費用総額 1( 注 )60,000 千円 60,000 千円 ( 注 ) 1 年度の費用総額には, 税法上損金に算入されない項目が 10,000 千円含まれており, 1 年度 の損金は 50,000 千円である また, 上記 10,000 千円は 2 年度において損金算入されるため, 2 年度の損金は 70,000 千円で ある 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 解答解説 ( 単位 : 千円 ) ( 1 年度 ) ( 2 年度 ) 損益計算書 損益計算書 収 益 総 額 100, ,000 費 用 総 額 160,000 60,000 税引前当期純利益 140, ,000 法人税, 住民税及び事業税 120,000 12,000 法人税等調整額 114,000 16,000 4,000 16,000 当 期 純 利 益 124, ,000 < 1 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 20,000 ( 貸 ) 未払法人税等 20,000 ( 借 ) 繰延税金資産 4,000 ( 貸 ) 法人税等調整額 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )+10,000 千円 ( 損金不算入額 )} 40%=20,000 千円 繰延税金資産 :10,000 千円 ( 損金不算入額 ) 40%=4,000 千円 < 2 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 12,000 ( 貸 ) 未払法人税等 12,000 ( 借 ) 法人税等調整額 4,000 ( 貸 ) 繰延税金資産 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )-10,000 千円 ( 損金不算入額認容 )} 40%=12,000 千円 繰延税金資産 :10,000 千円 ( 損金不算入額認容 ) 40%=4,000 千円

13 例題 2 税効果会計 2 重要度 A 難易度 A 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の 1 年度及び 2 年度の損益計算書を作成し, 税効果に係 る決算整理仕訳を示しなさい 1. 1 年度及び 2 年度の収益及び費用の状況 ( 単位 : 千円 ) 1 年度 2 年度 収益総額 1( 注 )100,000 千円 100,000 千円 費用総額 60,000 千円 60,000 千円 ( 注 ) 1 年度の収益総額には, 税法上益金に算入されない項目が 10,000 千円含まれており, 1 年 度の益金は 90,000 千円である また, 上記 10,000 千円は, 2 年度において益金算入されるため, 2 年度の益金は 110,000 千円である 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 解答解説 ( 単位 : 千円 ) ( 1 年度 ) ( 2 年度 ) 損益計算書 損益計算書 収 益 総 額 100, ,000 費 用 総 額 160,000 60,000 税引前当期純利益 140, ,000 法人税, 住民税及び事業税 112,000 20,000 法人税等調整額 14,000 16,000 4,000 16,000 当 期 純 利 益 124, ,000 < 1 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 12,000 ( 貸 ) 未払法人税等 12,000 ( 借 ) 法人税等調整額 4,000 ( 貸 ) 繰延税金負債 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )-10,000 千円 ( 益金不算入額 )} 40%=12,000 千円 繰延税金負債 :10,000 千円 ( 益金不算入額 ) 40%=4,000 千円 < 2 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 20,000 ( 貸 ) 未払法人税等 20,000 ( 借 ) 繰延税金負債 4,000 ( 貸 ) 法人税等調整額 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )+10,000 千円 ( 益金不算入額認容 )} 40%=20,000 千円 繰延税金負債 :10,000 千円 ( 益金不算入額認容 ) 40%=4,000 千円

14 5. 税効果会計の方法 (A) 税効果会計の方法には, 繰延法と資産負債法という 2 つの考え方があり, 税効果会計に係る会計基準では, 資産負債法の考え方を採用している 1 繰延法繰延法とは, 企業会計上の収益及び費用と課税所得計算上の益金及び損金との差異を期間差異と永久差異に区分し, このうち期間差異に対してその差異項目に関連する税効果を当該項目の発生時の税率に基づいて計算し, 期間差異が消滅するまで繰延べる方法である 繰延法は, 損益計算書を重視し, 収益 費用と益金 損金との差額を法人税等調整額により適切に処理しようとする方法である 従って, 差額が生じた年度の税率に基づいて税効果を認識するのである 2 資産負債法資産負債法とは, 企業会計上の資産及び負債の金額と課税所得計算上の資産及び負債の金額との差異を一時差異とし, この一時差異に対して, 差異が消滅する時点の税率を用いて税効果を認識する方法である 資産負債法は繰延法に比較して正確な計算が行われるが, 税率の変更を加味する分計算は複雑になる 資産負債法は, 貸借対照表を重視し, 会計上の資産 負債と税法上の資産 負債との差額を適切に処理しようとする方法である 従って, 差額が解消する年度の税率に基づいて税効果を認識するため, 税率の変更が行われた場合には, 再度税効果の計算を行うことになる < 繰延法と資産負債法の比較 > 特徴差異の定義差異の発生原因税率変更の取扱い 繰延法会計上と税務上の差異を損益計算書から認識する方法損益計算書に計上されている収益 費用の額と法人税法上の益金 損金の額との差額をいう 収益又は費用の帰属年度が相違する場合 ( 期間差異 ) 繰延税金資産 繰延税金負債の再計算は行わず, 一時差異の解消年度まで繰り越す 資産負債法会計上と税務上の差異を貸借対照表から認識する方法貸借対照表に計上されている資産 負債の額と法人税法上の資産 負債の額との差額をいう 1 収益又は費用の帰属年度が相違する場合 ( 期間差異 ) 2 資産の評価替により生じた評価差額が直接純資産の部へ計上される場合繰延税金資産 繰延税金負債を新たな税率で再計算する

15 6. 個別財務諸表上における税効果会計の具体例 (A) 差異の分類 具 体 例 棚卸資産の評価損損金不算入額賞与引当金損金不算入額未払事業税の損金不算入額 貸倒引当金繰入限度超過額将来減算退職給付引当金損金不算入額一時差異期間差異減価償却費損金算入限度超過額 一時差異 その他有価証券評価損の損金不算入額 ( 部分純資産直入法 ) 償却原価法 ( 税法上 定額法, 会計上 利息法 ) 割賦収益 ( 税法上 回収期限到来基準, 会計上 回収基準 ) 将来加算一時差異 積立金を積み立てる方式による特別償却準備金積立金を積み立てる方式による圧縮積立金等 評価差額に係るもの その他有価証券の評価差額土地再評価法による評価差額 交際費の損金算入限度超過額 永久差異 ( 税効果会計適用外 ) 寄付金の損金算入限度超過額損金不算入の罰科金 受取配当金の益金不算入額 永久差異とは, 会計上では収益 費用に計上されるが, 税法上では永久に益金又は損金に計上されない 項目であり, 一時差異に該当しないため, 税効果会計の対象とならない

16 第 3 節 財務諸表の表示 (A) (1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の分類繰延税金資産及び繰延税金負債は, 流動項目と固定項目に分類される 分類方法は,1 税効果会計の発生の原因となった資産及び負債の分類に基づいて行われる なお,2 特定の資産 負債に関連しない繰越欠損金等に係る繰延税金資産及び繰延税金負債は, 一年基準により分類する 発生の原因となった資産 負債の分類 繰延税金資産 繰延税金負債 流動項目 流動資産 流動負債 固定項目 投資その他の資産 固定負債 特定の資産 負債に関連しない場合には, 一年基準を適用する (2) 繰延税金資産及び繰延税金負債の相殺表示 貸借対照表において, 繰延税金資産 繰延税金負債は, 流動項目 固定項目ごとに相殺して表示する な お, 流動項目と固定項目の繰延税金資産と繰延税金負債は相殺できない 具体例 繰延税金資産及び繰延税金負債の相殺表示 (3) 法人税等調整額の表示方法 ( 損益計算書 ) 法人税, 住民税及び事業税の下に 法人税等調整額 として表示する なお, 法人税等調整額が貸方残高 の場合には, マイナスの符号を付すことになる 税引前当期純利益 法人税, 住民税及び事業税 法人税等調整額 ( ) 当 期 純 利 益

17 例題 3 財務諸表の表示 1 重要度 A 難易度 A 次の資料により, 税効果会計を適用した場合, 以下の設問に答えなさい 1. 当期末における一時差異は, 次のとおりである (1) 将来減算一時差異 流動資産に係るもの 8,000 円 固定資産に係るもの 5,000 円 (2) 将来加算一時差異 流動資産に係るもの 2,000 円 固定資産に係るもの 9,000 円 2. 税法上の課税所得に対する法人税, 住民税及び事業税は 100,000 円であり, 中間申告で 40,000 円中間 納付しており, 仮払法人税等勘定で処理している 3. 法定実効税率は 40% とする 4. 当期の税引前当期純利益は 248,000 円 5. 前期末において, 一時差異は, 生じていないものとする 問 1 決算整理仕訳を示しなさい 問 2 決算整理後残高試算表を作成しなさい 問 3 貸借対照表及び損益計算書を作成しなさい 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 100,000 ( 貸 ) 仮払法人税等 40,000 ( ) 未払法人税等 60,000 ( 借 ) 繰延税金資産 5,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 5,200 ( 借 ) 法人税等調整額 4,400 ( 貸 ) 繰延税金負債 4,400 問 2 後 T/B 繰延税金資産 5,200 未払法人税等 60,000 法人税, 住民税及び事業税 100,000 繰延税金負債 4,400 法人税等調整額 800 問 3 貸借対照表 Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 Ⅰ 繰延税金資産 2,400 未払法人税等 60,000 Ⅱ 固定負債繰延税金負債 1,

18 損益計算書 税引前当期純利益 248,000 法人税, 住民税及び事業税 100,000 法人税等調整額 ,200 当 期 純 利 益 148, 将来減算一時差異の認識 (8,000 円 +5,000 円 ) 40%=5,200 円 2. 将来加算一時差異の認識 (2,000 円 +9,000 円 ) 40%=4,400 円 3. 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 流動項目 3, ,400( 繰延税金資産 ) 固定項目 2,000 3,600 1,600( 繰延税金負債 ) 合計 5,200 4,

19 例題 4 財務諸表の表示 2 重要度 A 難易度 B 次の資料により, 税効果会計を適用した場合, 以下の設問に答えなさい 1. 決算整理前残高試算表 残高試算表 3 年 3 月 31 日 ( 単位 : 円 ) 繰延税金資産 1,600 繰延税金負債 1,200 仮払法人税等 40,000 一 般 売 上 235, 前期末における一時差異 ( すべて当期に解消している ) (1) 将来減算一時差異 流動資産に係るもの 4,000 円 (2) 将来加算一時差異 流動資産に係るもの 3,000 円 3. 当期末における一時差異は, 次のとおりである (1) 将来減算一時差異 流動資産に係るもの 8,000 円 固定資産に係るもの 5,000 円 (2) 将来加算一時差異 流動資産に係るもの 2,000 円 固定資産に係るもの 9,000 円 4. 税法上の課税所得に対する法人税, 住民税及び事業税は 100,000 円であり, 中間申告で 40,000 円中間 納付しており, 仮払法人税等勘定で処理している 5. 法定実効税率は 40% とする 問 1 決算整理仕訳を示しなさい 問 2 決算整理後残高試算表を作成しなさい 問 3 貸借対照表を作成しなさい 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 100,000 ( 貸 ) 仮払法人税等 40,000 ( ) 未払法人税等 60,000 ( 借 ) 法人税等調整額 1,600 ( 貸 ) 繰延税金資産 1,600 ( 借 ) 繰延税金負債 1,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,200 ( 借 ) 繰延税金資産 5,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 5,200 ( 借 ) 法人税等調整額 4,400 ( 貸 ) 繰延税金負債 4,400 問 2 後 T/B 繰延税金資産 5,200 未払法人税等 60,000 法人税, 住民税及び事業税 100,000 繰延税金負債 4,400 法人税等調整額

20 問 3 貸借対照表 Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 Ⅰ 繰延税金資産 2,400 未払法人税等 60,000 Ⅱ 固定負債繰延税金負債 1, 一時差異の分析 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 将来減算 流動 4,000 4,000 8,000 8,000 一時差異 固定 - - 5,000 5,000 将来加算 流動 3,000 3,000 2,000 2,000 一時差異 固定 - - 9,000 9,000 合計 ( 正味 ) 1,000 1,000 2,000 2, 将来減算一時差異及び将来加算一時差異の解消 将来減算一時差異 :4,000 円 40%=1,600 円 将来加算一時差異 :3,000 円 40%=1,200 円 3. 将来減算一時差異及び将来加算一時差異の認識 将来減算一時差異 :(8,000 円 +5,000 円 ) 40%=5,200 円 将来加算一時差異 :(2,000 円 +9,000 円 ) 40%=4,400 円 4. 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 流動項目 3, ,400( 繰延税金資産 ) 固定項目 2,000 3,600 1,600( 繰延税金負債 ) 合計 5,200 4, 法人税等調整額の金額 1,200 円 +5,200 円 -1,600 円 -4,400 円 =400 円 ( 貸方残高 ) ( 別解 ) 1,600 円 ( 期首繰延税金資産 )-1,200 円 ( 期末繰延税金負債 )=400 円 ( 期首正味繰延税金資産 ) 5,200 円 ( 期末繰延税金資産 )-4,400 円 ( 期末繰延税金負債 )=800 円 ( 期末正味繰延税金資産 ) 800 円 ( 期末正味繰延税金資産 )-400 円 ( 期首正味繰延税金資産 )=400 円 ( 貸方 )

21 第 4 節 具体的な会計処理 1. 損金算入限度超過額 (A) 損金算入限度超過額とは, 会計上において費用計上した金額の一部が, 税法上の損金として認められない場合 ( 損金不算入 ) の当該超過額をいう この具体例として, 引当金の損金算入限度超過額や減価償却費の損金算入限度超過額が挙げられる 損金算入限度超過額 = 会計上の費用計上額 - 税法上の損金計上額 損金算入限度超過額 ( 損金不算入 ) が生じた場合においては, 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) が生じる また, 将来当該差異が解消されることを損金算入限度超過額の当期認容という < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 例題 5 貸倒引当金 重要度 A 難易度 A 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の以下の設問に答えなさい 1. 第 1 期及び第 2 期の収益及び費用の状況 第 1 期 第 2 期 収益総額 100,000 円 100,000 円 費用総額 1( 注 1)60,000 円 60,000 円 ( 注 1) 第 1 期の費用総額には, 貸倒引当金繰入額 10,000 円が含まれているが, 税務上の繰入限度額 は,4,000 円であった ( 注 2) 第 2 期において貸倒引当金設定分の債権 10,000 円が貸倒れ, 会計上は引当金を補填したが, 税務上は繰入限度超過額が損金算入された 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 問 1 第 1 期及び第 2 期の税効果会計に関する決算整理仕訳を示しなさい 問 2 税効果適用後の第 1 期及び第 2 期の損益計算書を示しなさい

22 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 < 第 1 期末の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 2,400 ( 貸 ) 法人税等調整額 2,400 < 第 2 期末の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 2,400 ( 貸 ) 繰延税金資産 2,400 問 2 < 第 1 期 > < 第 2 期 > 損益計算書 損益計算書 収 益 総 額 100,000 収 益 総 額 100,000 費 用 総 額 160,000 費 用 総 額 160,000 税引前当期純利益 140,000 税引前当期純利益 140,000 法人税, 住民税及び事業税 118,400 法人税, 住民税及び事業税 113,600 法人税等調整額 2,400 法人税等調整額 112,400 当 期 純 利 益 124,000 当 期 純 利 益 124, 各年度の課税所得の金額 第 1 期 : 会計上の利益 40,000 円 +6,000 円 ( 損金算入限度超過額 )=46,000 円 第 2 期 : 会計上の利益 40,000 円 -6,000 円 ( 当期認容額 )=34,000 円 2. 各年度の課税所得に基づく法人税, 住民税及び事業税の金額 第 1 期 :46,000 円 ( 課税所得 ) 40%=18,400 円 第 2 期 :34,000 円 ( 課税所得 ) 40%=13,600 円 3. 第 1 期における将来減算一時差異 (10,000 円 -4,000 円 ) 40%=2,400 円 例題 6 減価償却費 重要度 A 難易度 B 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の以下の設問に答えなさい 1. 第 1 期及び第 2 期の収益及び費用の状況 第 1 期 第 2 期 収益総額 100,000 円 100,000 円 費用総額 160,000 円 60,000 円 ( 注 ) 当社は, 第 1 期期首に備品 30,000 円で取得し, 耐用年数 5 年, 残存価額 10%, 定額法で減価償 却を実施しているが, 税法上の法定耐用年数は8 年である 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 問 1 第 1 期及び第 2 期の税効果会計に関する決算整理仕訳を示しなさい 問 2 税効果適用後の第 1 期及び第 2 期の損益計算書を示しなさい

23 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 < 第 1 期末の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 810 ( 貸 ) 法人税等調整額 810 < 第 2 期末の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 810 ( 貸 ) 法人税等調整額 810 問 2 < 第 1 期 > < 第 2 期 > 損益計算書 損益計算書 収 益 総 額 100,000 収 益 総 額 100,000 費 用 総 額 160,000 費 用 総 額 160,000 税引前当期純利益 140,000 税引前当期純利益 140,000 法人税, 住民税及び事業税 116,810 法人税, 住民税及び事業税 116,810 法人税等調整額 810 法人税等調整額 810 当 期 純 利 益 124,000 当 期 純 利 益 124, 損金算入限度超過額会計上の減価償却費 :30,000 円 90% 5 年 =5,400 円税法上の損金算入限度額 :30,000 円 90% 8 年 =3,375 円毎年新たに発生する損金算入限度超過額 :5,400 円 ( 会計上の減価償却費 ) -3,375 円 ( 税法上の損金算入限度額 )=2,025 円 2. 各年度の課税所得の金額 会計上の利益 40,000 円 +2,025 円 ( 損金算入限度超過額 )=42,025 円 3. 各年度の課税所得に基づく法人税, 住民税及び事業税の金額 42,025 円 ( 課税所得 ) 40%=16,810 円 4. 一時差異の分析 将来減算一時差異将来加算一時差異 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 流動 固定 2,025-2,025 4,050 流動 固定

24 5. 将来減算一時差異の認識第 1 期 :2,025 円 40%=810 円第 2 期 :2,025 円 40%=810 円第 2 期末における将来減算一時差異の累計 :810 円 ( 第 1 期認識分 )+810 円 ( 第 2 期度認識分 )=1,620 円 貸借対照表には, 繰延税金資産 ( 投資その他の資産 ) が 1,620 円計上される 当該将来減算一時差異は, 売却等を行ったときに解消する 2. 退職給付引当金 (A) 退職給付に関しては, 会計上は, 発生主義で費用認識するが, 税法上は, 退職一時金の支給時及び企業年金への掛金拠出時に損金に算入される ( 現金主義 ) そのため, 会計上の退職給付引当金の設定額は, 将来減算一時差異となる また, 退職一時金の支給時及び企業年金への掛金拠出時には, 一時差異の解消となる 退職給付費用計上額 退職給付引当金の減少額 退職給付引当金の貸借対照表計上額 将来減算一時差異の発生 将来減算一時差異の解消 当期末現在の将来減算一時差異合計 < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産

25 例題 7 退職給付引当金 重要度 A 難易度 B 次の資料により, 税効果会計に関する決算整理仕訳を示しなさい 1. 当社は, 内部積立型の退職一時金制度を採用している 2. 期首の退職給付引当金 40,000 円 3. 当期の退職給付費用 8,000 円 4. 当期の退職一時金支払額 10,000 円 5. 期末の退職給付引当金 38,000 円 6. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 解答解説 ( 単位 : 円 ) < 決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 3,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 3,200 ( 借 ) 法人税等調整額 4,000 ( 貸 ) 繰延税金資産 4, 一時差異の分析 将来減算一時差異将来加算一時差異 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 流動 固定 40,000 10,000 8,000 38,000 流動 固定 期首繰延税金資産 40,000 円 ( 期首将来減算一時差異 ) 40%=16,000 円 3. 将来減算一時差異の解消 10,000 円 40%=4,000 円 4. 将来減算一時差異の発生 8,000 円 40%=3,200 円 5. 期末繰延税金資産 16,000 円 ( 期首 )-4,000 円 ( 解消 )+3,200 円 ( 発生 )=15,200 円 ( 別解 ) 38,000 円 ( 期末将来減算一時差異 ) 40%=15,200 円

26 3. 未払事業税の損金不算入 (A) 未払事業税は, 会計上は発生主義で費用計上するが, 税法上は現金主義で損金計上する そのため, 毎期会計上計上した未払事業税は, 将来減算一時差異となる また, 前期の未払事業税は, 税法上で当期の損金に算入されるため, 一時差異の解消となる 当期末の未払事業税 前期末の未払事業税 将来減算一時差異の発生 将来減算一時差異の解消 < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 例題 8 未払事業税 重要度 A 難易度 B 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の以下の設問に答えなさい 1. 第 2 期の収益及び費用の状況 第 2 期 収益総額 100,000 円 費用総額 60,000 円 ( 注 ) 当社は, 第 1 期末において未払事業税 3,000 円を計上し, 第 2 期に支払っている また, 第 2 期 末に未払事業税 4,000 円を計上した 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 問 1 第 2 期の税効果会計に関する決算整理仕訳を示しなさい 問 2 税効果適用後の第 2 期の損益計算書を示しなさい

27 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 ( 借 ) 法人税等調整額 1,200 ( 貸 ) 繰延税金資産 1,200 ( 借 ) 繰延税金資産 1,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,600 問 2 損益計算書 収 益 総 額 100,000 費 用 総 額 160,000 税引前当期純利益 140,000 法人税, 住民税及び事業税 116,400 法人税等調整額 400 当 期 純 利 益 124, 一時差異の分析 将来減算一時差異将来加算一時差異 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 流動 3,000 3,000 4,000 4,000 固定 流動 固定 当期末の未払事業税の金額が, 将来減算一時差異の発生として認識され, 前期末未払事業税の金額が, 将来減算一時差異の解消として扱われる 2. 第 2 期の税効果会計将来減算一時差異の解消額 :3,000 円 40%=1,200 円将来減算一時差異の発生額 :4,000 円 40%=1,600 円課税所得の金額 :40,000 円 ( 会計上の利益 )-3,000 円 ( 当期認容 )+4,000 円 ( 当期損金不算入 )=41,000 円課税所得に基づく法人税, 住民税及び事業税 :41,000 円 ( 課税所得 ) 40%=16,400 円

28 例題 9 総合問題 1 重要度 A 難易度 C 当社は税効果会計を適用しており, 当期 ( 平成 4 年 4 月 1 日 ~ 平成 5 年 3 月 31 日 ) の税効果会計に関する資料は, 次のとおりである 下記の設問に答えなさい 1. 決算整理前残高試算表残高試算表平成 5 年 3 月 31 日 ( 単位 : 千円 ) 繰延税金資産 1,540 仮払法人税等 185,200 一般売上 235, 当期の税引前当期純利益 824,000 千円である 3. 前期末の税法上の申告調整項目は, 次のとおりである 1 受取配当金の益金不算入額 4,000 千円 2 貸倒引当金の損金算入限度超過額 3,500 千円 4. 当期末の税法上の申告調整項目は, 次のとおりである 1 交際接待費の損金不算入額 4,000 千円 2 貸倒引当金の損金算入限度超過額の当期認容 3,500 千円 3 減価償却費の損金算入限度超過額 2,500 千円 4 退職給付引当金の損金不算入額 12,500 千円 5. 税法上の課税所得に対応する法人税, 住民税及び事業税は 369,380 千円である なお, 中間申告により 185,200 千円を納付しており, 仮払法人税等勘定で処理している 6. 前期及び当期の法定実効税率は 44% である 問 1 決算整理仕訳を示しなさい 問 2 損益計算書の税引前当期純利益から当期純利益までの表示を示しなさい 問 3 貸借対照表を作成しなさい 解答解説 ( 単位 : 千円 ) 問 1 < 納付法人税等の仕訳 > ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 369,380 ( 貸 ) 仮払法人税等 185,200 ( ) 未払法人税等 184,180 < 税効果会計に関する仕訳 > 1. 受取配当金の益金不算入について法人間の受取配当金は, 二重課税回避に関連して一定額以上は益金に算入されない そして, この差異に関しては, 永久に解消されないため税効果会計の対象とはならない

29 2. 貸倒引当金の損金算入限度超過額及び認容について引当金の損金計上額は, 税法において詳細に規定されており, 会計上で計上した繰入額が税法上の限度額を超過した場合には, 将来減算一時差異が生じる そして, それが次年度以降に解消 ( 当期認容 ) された場合には, 差異の解消の仕訳を行う ( 借 ) 法人税等調整額 1,540 ( 貸 ) 繰延税金資産 1,540 3,500 千円 44%=1,540 千円 3. 交際費の損金不算入 交際費は, その性質上, 損金算入額の限度が設けられており, 超過部分は損金に算入されない そして, 永久に損金に算入されることがないため, 税効果会計の対象とはならない 4. 減価償却費, 退職給付引当金の損金算入限度超過額について減価償却費と退職給付引当金も貸倒引当金と同様に, 損金算入限度超過額が発生した場合には, 将来減算一時差異が発生する よって仕訳は以下のようになる ( 借 ) 繰延税金資産 6,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 6, 一時差異の分析前期末一時差異当期解消当期発生当期末一時差異貸倒引当金 ( 流動 ) 3,500 3, 将来減算減価償却費 ( 固定 ) - - 2,500 2,500 一時差異退職給付引当金 ( 固定 ) ,500 12,500 合計 3,500 3,500 15,000 15, 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 流動項目 固定項目 6,600-6,600( 繰延税金資産 )

30 問 2 損益計算書 税引前当期純利益 824,000 法人税, 住民税及び事業税 369,380 法人税等調整額 5, ,320 当 期 純 利 益 459,680 法人税等調整額は, 当期発生分と解消分をすべて相殺して純額で表示する 6,600 千円 -1,540 千円 =5,060 千円 ( 貸方 ) ( 別解 ) 期首繰延税金資産 :3,500 千円 ( 前期末将来減算一時差異 ) 44%=1,540 千円 期末繰延税金資産 :15,000 千円 ( 当期末将来減算一時差異 ) 44%=6,600 千円 法人税等調整額 :6,600 千円 ( 期末繰延税金資産 )-1,540 千円 ( 期首繰延税金資産 )=5,060 千円 問 3 貸借対照表 Ⅱ 固定資産 Ⅰ 流動負債 3 投資その他の資産 未払法人税等 184,180 繰延税金資産 6,600 退職給付引当金, 有形固定資産とも流動項目ではないため, 繰延税金資産 6,600 千円は投資その他の 資産に計上される 重要ポイント!! 税効果会計の問題における手順 1 一時差異の分析表を作成する その際に, 将来減算一時差異と将来加算一時差異の区別及び, 流動項目と固定項目の区別に留意する 2 分析表から, 当期解消額と当期発生額の決算整理仕訳を行い, 法人税等調整額を算定する 3 法人税等調整額は, 期首の正味繰延税金資産と期末の正味繰延税金資産の差額から算定することもできる 4 分析表の当期末一時差異の金額から, 流動項目の繰延税金資産 繰延税金負債, 固定項目の繰延税金資産 繰延税金負債を算定する 5 貸借対照表には, 流動項目 固定項目ごとに相殺して表示する

31 例題 10 総合問題 2 重要度 A 難易度 C 当社は税効果会計を適用しており, 当期 ( 平成 4 年 4 月 1 日 ~ 平成 5 年 3 月 31 日 ) の税効果会計に関する資料は, 次のとおりである 下記の設問に答えなさい 1. 決算整理前残高試算表残高試算表 ( 単位 : 円 ) 繰延税金資産 11,200 仮払法人税等 26, 税効果会計に関する事項 (1) 当期の税引前当期純利益 140,000 円である (2) 前期末の税法上の申告調整項目は, 次のとおりである 1 未払事業税の損金不算入額 3,000 円 2 売掛金に対する貸倒引当金の損金算入限度超過額 5,000 円 3 減価償却費の損金算入限度超過額 20,000 円 (3) 当期末の税法上の申告調整項目は, 次のとおりである 1 受取配当金の益金不算入額 2,000 円 2 未払事業税の損金不算入額の当期認容 3,000 円 3 貸倒引当金の損金算入限度超過額の当期認容 5,000 円 4 減価償却費の損金算入限度超過額の当期認容 2,000 円 5 未払事業税の損金不算入額 3,600 円 6 売掛金に対する貸倒引当金の損金算入限度超過額 6,200 円 7 退職給付引当金の損金不算入額 15,000 円 (4) 税法上の課税所得に対応する法人税, 住民税及び事業税は 61,120 円である なお, 中間申告により 26,500 円を納付しており, 仮払法人税等勘定で処理している (5) 前期及び当期の法定実効税率は 40% である 問 1 決算整理仕訳を示しなさい問 2 損益計算書の税引前当期純利益から当期純利益までの表示を示しなさい 問 3 貸借対照表を作成しなさい 解答解説 ( 単位 : 円 ) 問 1 ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 61,120 ( 貸 ) 仮払法人税等 26,500 ( ) 未払法人税等 34,620 ( 借 ) 法人税等調整額 4,000 ( 貸 ) 繰延税金資産 4,000 ( 借 ) 繰延税金資産 9,920 ( 貸 ) 法人税等調整額 9,

32 問 2 損益計算書 2 税引前当期純利益 140,000 2 法人税, 住民税及び事業税 61,120 2 法人税等調整額 5,920 2 当 期 純 利 益 84,800 問 3 貸借対照表 Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 Ⅱ 繰延税金資産 3,920 未払法人税等 34,620 Ⅱ 固定資産 3 投資その他の資産繰延税金資産 13, 一時差異の分析 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 未払事業税 ( 流動 ) 3,000 3,000 3,600 3,600 将来減算 貸倒引当金 ( 流動 ) 5,000 5,000 6,200 6,200 一時差異 減価償却費 ( 固定 ) 20,000 2,000 18,000 退職給付引当金 ( 固定 ) ,000 15,000 合計 28,000 10,000 24,800 42, 将来減算一時差異の解消額 {3,000 円 ( 未払事業税 )+5,000 円 ( 貸倒引当金 )+2,000 円 ( 減価償却費 )} 40%=4,000 円 3. 将来減算一時差異の発生額 {3,600 円 ( 未払事業税 )+6,200 円 ( 貸倒引当金 )+15,000 円 ( 退職給付引当金 )} 40%=9,920 円 4. 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 流動項目 3,920-3,920( 繰延税金資産 ) 固定項目 13,200-13,200( 繰延税金負債 ) 繰延税金資産 ( 短期 ):{ 3,600 円 ( 未払事業税 )+6,200 円 ( 貸倒引当金 )} 40%=3,920 円 繰延税金資産 ( 長期 ):{ 18,000 円 ( 減価償却費 )+15,000 円 ( 退職給付引当金 )} 40%=13,200 円 5. 法人税等調整額 9,920 円 -4,000 円 =5,920 円 ( 貸方 ) ( 別解 ) 期首繰延税金資産 :28,000 円 40%=11,200 円期末繰延税金資産 :42,800 円 40%=17,120 円法人税等調整額 :17,120 円 ( 期末繰延税金資産 )-11,200 千円 ( 期首繰延税金資産 )=5,920 円

33 3. その他有価証券の評価差額 (A) その他有価証券は, 会計上は時価評価されるが, 税法上は原価法で評価されるため, 評価差額の金額が税効果会計の対象となる そのため, 純資産の部に直接計上される評価 換算差額等については, これらに係る繰延税金資産及び繰延税金負債を控除した, 税効果相当額控除後の金額で計上される 評価差益に伴う一時差異将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) 評価差損に伴う一時差異将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) その他有価証券評価差額金の貸借対照表計上額評価差額 (1- 税率 ) その他有価証券評価差額金に伴う繰延税金資産 繰延税金負債は, 通常固定項目である (1) 全部純資産直入法 1 評価差益が生じている場合評価差益が生じている場合には, 税務上では, 評価益を益金として認識しないため, 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) が発生することになる そのため, 評価差額のうち, 税効果相当額は, 繰延税金負債 勘定に計上し, 税効果相当額控除後の金額を その他有価証券評価差額金 勘定に計上する その他有価証券評価差額金は, 損益計算書を経由することなく直接純資産の部に計上される そのため, 税効果会計を適用した場合に, 損益計算書で計上した利益の内, 繰越利益剰余金に計上される金額を調整する必要はなく, 純資産の部に直接計上されるその他有価証券評価差額金を減額し, 未払税金を意味する繰延税金負債を計上する < 時価評価における決算整理仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券 ( 貸 ) その他有価証券評価差額金 ( ) 繰延税金負債 その他有価証券評価差額金 : 評価差額 (1- 税率 ) 繰延税金負債 : 評価差額 税率 2 評価差損が生じている場合評価差損が生じている場合には, 税務上では, 評価損を損金として認識しないため, 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) が発生することになる そのため, 評価差額のうち, 税効果相当額は, 繰延税金資産 勘定に計上し, 税効果相当額控除後の金額を その他有価証券評価差額金 勘定に計上する その他有価証券評価差額金は, 損益計算書を経由することなく直接純資産の部に計上される そのため, 税効果会計を適用した場合に, 損益計算書で計上した利益の内, 繰越利益剰余金に計上される金額を調整する必要はなく, 純資産の部に直接計上されるその他有価証券評価差額金を減額し, 前払税金を意味する繰延税金資産を計上する < 時価評価における決算整理仕訳 > ( 借 ) その他有価証券評価差額金 ( 貸 ) 投資有価証券 ( ) 繰延税金資産 その他有価証券評価差額金 : 評価差額 (1- 税率 ) 繰延税金資産 : 評価差額 税率

34 (2) 部分純資産直入法 1 評価差益が生じている場合評価差益が生じている場合には, 税務上では, 評価益を益金として認識しないため, 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) が発生することになる そのため, 評価差額のうち, 税効果相当額は, 繰延税金負債 勘定に計上し, 税効果相当額控除後の金額を その他有価証券評価差額金 勘定に計上する その他有価証券評価差額金は, 損益計算書を経由することなく直接純資産の部に計上される そのため, 税効果会計を適用した場合に, 損益計算書で計上した利益の内, 繰越利益剰余金に計上される金額を調整する必要はなく, 純資産の部に直接計上されるその他有価証券評価差額金を減額し, 未払税金を意味する繰延税金負債を計上する < 時価評価における決算整理仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券 ( 貸 ) その他有価証券評価差額金 ( ) 繰延税金負債 その他有価証券評価差額金 : 評価差額 (1- 税率 ) 繰延税金負債 : 評価差額 税率 2 評価差損が生じている場合評価差損が生じている場合には, 税務上では, 評価損を損金として認識しないため, 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) が発生することになる そのため, 投資有価証券評価損益 勘定を計上する部分純資産直入法の場合には, 将来減算一時差異の発生における, 通常の税効果の仕訳が行われる < 時価評価における決算整理仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券評価損益 ( 貸 ) 投資有価証券 ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 繰延税金資産 : 評価差額 税率

35 具体例 評価差益の場合 具体例 評価差損の場合

36 (3) 翌期の再振替仕訳税効果会計の仕訳は, 決算整理事項として処理するため, 原則として, 再振替仕訳は行わない ただし, その他有価証券評価差額金と同時に発生している場合には, その他有価証券評価差額金の再振替仕訳と一体となっているため, 再振替仕訳が行われる点に留意すること 1 評価益の場合 < 決算整理仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券 ( 貸 ) その他有価証券評価差額金 ( ) 繰延税金負債 < 再振替仕訳 > ( 借 ) その他有価証券評価差額金 ( 貸 ) 投資有価証券 ( ) 繰延税金負債 その他有価証券評価差額金と一体となっているため, 繰延税金負債を取り消す 2 全部純資産直入法 ( 評価損の場合 ) < 決算整理仕訳 > ( 借 ) その他有価証券評価差額金 ( 貸 ) 投資有価証券 ( ) 繰延税金資産 < 再振替仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券 ( 貸 ) その他有価証券評価差額金 ( ) 繰延税金資産 その他有価証券評価差額金と一体となっているため, 繰延税金資産を取り消す 3 部分純資産直入法 ( 評価損の場合 ) < 決算整理仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券評価損益 ( 貸 ) 投資有価証券 ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 再振替仕訳 > ( 借 ) 投資有価証券 ( 貸 ) 投資有価証券評価損益 繰延税金資産は, 決算整理仕訳で解消させるため, 再振替仕訳は行わない < 参考 > 翌期の決算整理仕訳 ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産

37 例題 11 投資有価証券の評価差額 重要度 A 難易度 B 次の資料に基づき, 下記の設問に答えなさい 1. 当社が保有するその他有価証券は次のとおりである ( すべて当期に取得したものである ) 取得原価 時価 A 社株式 58,000 千円 84,000 千円 B 社社債 125,400 千円 21,900 千円 2. 当期の法定実効税率は 40% とする 問 1 全部純資産直入法による場合,(1) 決算整理仕訳,(2) 翌期首の洗替処理を示しなさい 問 2 部分純資産直入法による場合,(1) 決算整理仕訳,(2) 翌期首の洗替処理を示しなさい 解答解説 ( 単位 : 千円 ) 問 1 (1)( 借 ) 投資有価証券 26,000 ( 貸 ) 繰延税金負債 10,400 ( ) その他有価証券評価差額金 15,600 (1)( 借 ) その他有価証券評価差額金 2,100 ( 貸 ) 投資有価証券 3,500 (1)( ) 繰延税金資産 1,400 (2)( 借 ) 繰延税金負債 10,400 ( 貸 ) 投資有価証券 26,000 (1)( ) その他有価証券評価差額金 15,600 (3)( 借 ) 投資有価証券 3,500 ( 貸 ) その他有価証券評価差額金 2,100 ( ) 繰延税金資産 1,400 全部純資産直入法の場合に, 評価益と評価損が同時に発生している場合, 繰延税金資産と繰延税金負 債を両方計上する点に留意すること その他有価証券評価差額金に伴う税効果の仕訳は, 期首再振替仕訳を行う 問 2 (1)( 借 ) 投資有価証券 26,000 ( 貸 ) 繰延税金負債 10,400 ( ) その他有価証券評価差額金 15,600 (1)( 借 ) 投資有価証券評価損益 3,500 ( 貸 ) 投資有価証券 3,500 (1)( 借 ) 繰延税金資産 1,400 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,400 (2)( 借 ) 繰延税金負債 10,400 ( 貸 ) 投資有価証券 26,000 (1)( ) その他有価証券評価差額金 15,600 (3)( 借 ) 投資有価証券 3,500 ( 貸 ) 投資有価証券評価損益 3,500 部分純資産直入法の評価差損に係る税効果の解消の仕訳は, 他の一時差異と合算して決算整理仕訳で 行われる点に留意すること

38 重要ポイント!! その他有価証券評価差額金がある場合における税効果会計の問題における手順 1 その他有価証券評価差額金は, 時価評価の決算整理仕訳により, 繰延税金資産と繰延税金負債が計上され, 税引後の金額が貸借対照表に計上される 2 部分純資産直入法に伴う 投資有価証券評価損益 勘定に伴う税効果会計は, その他の一時差異と同様に一時差異の分析表に含める 3 法人税等調整額は, その他有価証券評価差額金に伴う税効果以外の一時差異から分析表を用いて算定する 4 分析表の当期末一時差異の金額から, 流動項目の繰延税金資産 繰延税金負債, 固定項目の繰延税金資産 繰延税金負債を算定し, その他有価証券評価差額金に伴う繰延税金資産 繰延税金負債を加算する 5 貸借対照表には, 流動項目 固定項目ごとに相殺して表示する 例題 12 総合問題 3 重要度 A 難易度 C 当社は税効果会計を適用しており, 当期 ( 平成 4 年 4 月 1 日 ~ 平成 5 年 3 月 31 日 ) の税効果会計に関する資料は, 次のとおりである 下記の設問に答えなさい 1. 決算整理前残高試算表残高試算表 ( 単位 : 円 ) 繰延税金資産 12, 税効果会計に関する事項 (1) 前期末の税法上の申告調整項目は, 次のとおりである 1 未払事業税の損金不算入額 8,000 円 2 貸倒引当金の損金算入限度超過額 2,500 円 3 減価償却費の損金算入限度超過額 20,000 円 (2) 当期末の税法上の申告調整項目 ( その他有価証券の評価差額は除く ) は, 次のとおりである 1 未払事業税の損金不算入額の当期認容 8,000 円 2 貸倒引当金の損金算入限度超過額の当期認容 2,500 円 3 未払事業税の損金不算入額 7,800 円 4 貸倒引当金の損金算入限度超過額 3,000 円 5 減価償却費の損金算入限度超過額 5,000 円 (3) 当期末において, 上記申告調整以外に, その他有価証券の評価差損が 12,000 円, 評価差益が 20,000 円発生している (4) 前期及び当期の法定実効税率は 40% である (5) 貸倒引当金の損金算入限度超過額は, すべて流動資産に係るものである 設問 1 その他有価証券の評価差額の処理を全部純資産直入法によった場合の下記の設問に答えなさい 問 1 決算整理仕訳を示しなさい 問 2 決算整理後残高試算表を作成しなさい 問 3 貸借対照表を作成しなさい 設問 2 その他有価証券の評価差額の処理を部分純資産直入法によった場合の下記の設問に答えなさい 問 1 決算整理仕訳を示しなさい 問 2 決算整理後残高試算表を作成しなさい 問 3 貸借対照表を作成しなさい

39 解答解説 ( 単位 : 円 ) 設問 1 問 1 ( 借 ) 法人税等調整額 4,200 ( 貸 ) 繰延税金資産 4,200 ( 借 ) 繰延税金資産 6,320 ( 貸 ) 法人税等調整額 6,320 ( 借 ) 投資有価証券 20,000 ( 貸 ) 繰延税金負債 8,000 ( ) その他有価証券評価差額金 12,000 ( 借 ) 繰延税金資産 4,800 ( 貸 ) 投資有価証券 12,000 ( ) その他有価証券評価差額金 7,200 問 2 後 T/B 繰延税金資産 19,120 繰延税金負債 8,000 その他有価証券評価差額金 4,800 法人税等調整額 2,120 問 3 貸借対照表 Ⅰ 流動資産 Ⅱ 繰延税金資産 4,320 Ⅱ 固定資産 3 投資その他の資産繰延税金資産 6, 一時差異の分析 ( 評価差額金以外 ) 前期末一時差異当期解消当期発生当期末一時差異未払事業税 ( 流動 ) 8,000 8,000 7,800 7,800 将来減算貸倒引当金 ( 流動 ) 2,500 2,500 3,000 3,000 一時差異減価償却費 ( 固定 ) 20,000-5,000 25,000 合計 30,500 10,500 15,800 35, 将来減算一時差異の解消額 {8,000 円 ( 未払事業税 )+2,500 円 ( 貸倒引当金 )} 40%=4,200 円 3. 将来減算一時差異の発生額 ( その他有価証券評価差額金以外 ) {7,800 円 ( 未払事業税 )+3,000 円 ( 貸倒引当金 )+5,000 円 ( 減価償却費 )} 40%=6,320 円 4. その他有価証券評価差額金の一時差異繰延税金資産 :12,000 円 ( 評価差損 ) 40%=4,800 円繰延税金負債 :20,000 円 ( 評価差益 ) 40%=8,000 円

40 5. 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 短期 4, ,320( 資産 ) 長期 14,800 8,000 6,800( 資産 ) 合計 19,120 8,000 繰延税金資産 ( 短期 ):{ 7,800 円 ( 貸倒引当金 )+3,000 円 ( 未払事業税 )} 40%=4,320 円 繰延税金資産 ( 長期 ):25,000 円 ( 減価償却費 ) 40%+4,800 円 ( その他有価証券評価差額金 ) =14,800 円 繰延税金負債 ( 長期 ):8,000 円 ( その他有価証券評価差額金 ) 6. 法人税等調整額 6,320 円 -4,200 円 =2,120 円 ( 貸方 ) ( 別解 ) 期首繰延税金資産 ( 評価差額金除く ):30,500 円 ( 期首将来減算一時差異 ) 40%=12,200 円期末繰延税金資産 ( 評価差額金除く ):35,800 円 ( 期末将来減算一時差異 ) 40%=14,320 円法人税等調整額 :14,320 円 ( 期末繰延税金資産 )-12,200 円 ( 期首繰延税金資産 )=2,120 円 設問 2 問 1 ( 借 ) 投資有価証券評価損益 12,000 ( 貸 ) 投資有価証券 12,000 ( 借 ) 法人税等調整額 4,200 ( 貸 ) 繰延税金資産 4,200 ( 借 ) 繰延税金資産 11,120 ( 貸 ) 法人税等調整額 11,120 ( 借 ) 投資有価証券 20,000 ( 貸 ) 繰延税金負債 8,000 ( ) その他有価証券評価差額金 12,000 問 2 後 T/B 繰延税金資産 19,120 繰延税金負債 8,000 投資有価証券評価損益 12,000 その他有価証券評価差額金 12,000 法人税等調整額 6,920 問 3 貸借対照表 Ⅰ 流動資産 Ⅱ 繰延税金資産 4,320 Ⅱ 固定資産 3 投資その他の資産繰延税金資産 6,

41 1. 一時差異の分析 ( 評価差額金以外 ) 前期末一時差異 当期解消 当期発生 当期末一時差異 未払事業税 ( 流動 ) 8,000 8,000 7,800 7,800 将来減算 貸倒引当金 ( 流動 ) 2,500 2,500 3,000 3,000 一時差異 減価償却費 ( 固定 ) 20,000-5,000 25,000 投資有価証券評価損益 ( 固定 ) ,000 12,000 合計 30,500 10,500 27,800 47, 将来減算一時差異の解消額 {8,000 円 ( 未払事業税 )+2,500 円 ( 貸倒引当金 )} 40%=4,200 円 3. 将来減算一時差異の発生額 ( その他有価証券評価差額金以外 ) {7,800 円 ( 未払事業税 )+3,000 円 ( 貸倒引当金 )+5,000 円 ( 減価償却費 )} 40% +4,800 円 ( その他有価証券評価差額金 )=11,120 円 4. その他有価証券評価差額金の一時差異 繰延税金負債 :8,000 円 ( その他有価証券評価差額金 ) 5. 繰延税金資産及び繰延税金負債の貸借対照表の表示 繰延税金資産 繰延税金負債 貸借対照表の表示 短期 4, ,320( 資産 ) 長期 14,800 8,000 6,800( 資産 ) 合計 19,120 8,000 繰延税金資産 ( 短期 ):{ 7,800 円 ( 貸倒引当金 )+3,000 円 ( 未払事業税 )} 40%=4,320 円 繰延税金資産 ( 長期 ):{25,000 円 ( 減価償却費 )+12,000 円 ( 投資有価証券評価損益 )} 40% =14,800 円 繰延税金負債 ( 長期 ):8,000 円 ( その他有価証券評価差額金 ) 6. 法人税等調整額 11,120 円 -4,200 円 =6,920 円 ( 貸方 ) ( 別解 ) 期首繰延税金資産 ( 評価差額金除く ):30,500 円 ( 期首将来減算一時差異 ) 40%=12,200 円期末繰延税金資産 ( 評価差額金除く ):47,800 円 ( 期末将来減算一時差異 ) 40%=19,120 円法人税等調整額 :19,120 円 ( 期末繰延税金資産 )-12,200 円 ( 期首繰延税金資産 )=6,920 円

42 第 1 節 税法の仕組み 1. 法人 ( 株式会社 ) に係る税金の種類 (A) 株式会社に係る税金は, 以下のように分類することができる 1 利益に課せられる税金 2 費用となる税金 3 その他の税金 会社が稼ぎ出した利益に課せられる法人税 住民税 事業税 会社の活動に対して生じる固定資産税, 印紙税等 商品の販売やサービスの提供に課せられる消費税 2. 費用となる税金 ( 租税公課 ) (B) 固定資産税や印紙税等の費用として処理される税金は, 当該納付額を 租税公課 勘定 ( 費用 ) で処理する 租税公課は, 損益計算書上, 販売費及び一般管理費 に計上する ( 借 ) 租税公課 ( 貸 ) 当座預金 以下では, 利益に課せられる税金である法人税, 住民税及び事業税について説明していくことにする 3. 税額計算の仕組み (A) (1) 税額計算 税法上は, 益金から損金を差し引き課税所得を算定し, その課税所得に対して一定の税率を乗じて, 税額を算定している 会計上 : 期間収益 - 期間費用 = 当期利益 ( 適正な期間損益計算 ) 税法上 : 益金 - 損金 = 課税所得 ( 課税の公平性 ) 法人税等 : 課税所得 税率 (2) 申告調整税法上の益金 損金と会計上の収益 費用は, ほとんど一致しているが, 一部分において差異が生じている そのため, 税法上は, 会計上の利益に対して一定の調整を行うことによって課税所得を計算しているのである この調整のことを申告調整という < 申告調整の考え方 >

43 会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益として計上しないが, 税務上は益金として認めるもの 加算調整項目 2 損金不算入 会計上は費用として計上するが, 税務上は損金として認めないもの 1 減価償却費 引当金の損金算入限度超過額等 2 交際費 寄付金の損金不算入等 減算調整項目 3 益金不算入 4 損金算入 会計上は収益として計上するが, 税務上は益金として認めないもの会計上は費用として計上しないが, 税務上は損金として認めるもの 受取配当金の益金不算入等 損金不算入 : 会計上の費用より税金上の損金が少ないため, 税法上の課税所得の方が大きい よって, 加算調整項目である 益金不算入 : 会計上の収益より税法上の益金が少ないため, 税法上の課税所得の方が小さい よって, 減算調整項目である

44 4. 法定実効税率 (A) (1) 各税金の金額の算定方法 法人税額 : 税法上の課税所得 税率 住民税額 : 法人税額 税率 事業税額 : 税法上の課税所得 税率 (2) 法定実効税率 法人税率 住民税率 事業税率の合計の税率を法定実効税率という 法定実効税率は, 以下の算定式によ り計算される 法定実効税率 = 法人税率 (1 + 住民税率 ) + 事業税率 1 + 事業税率 具体例 法定実効税率の算定 各税率 法人税等 :30% 住民税率 :20.7% 事業税率 :5.3% 法定実効税率 39.42% = 法人税率 30% (1 + 住民税率 20.7%) + 事業税率 5.3% 1 + 事業税率 5.3% < 参考 > 法定実効税率の考え方 事業税は, 納付時に課税所得の計算上, 損金算入されるため, 法定実効税率を X とすると以下の計算 式となる Ⅹ = 法人税率 + 法人税率 住民税率 + 事業税率 -Ⅹ 事業税率 Ⅹ = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率 -Ⅹ 事業税率 Ⅹ+Ⅹ 事業税率 = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率 Ⅹ(1+ 事業税率 ) = 法人税率 (1+ 住民税率 )+ 事業税率よって, 法人税率 (1 + 住民税率 ) + 事業税率法定実効税率 = 1 + 事業税率

45 5. 申告時期, 納付時期及び会計処理 (A) 税額は, 一会計期間の課税所得に対して算定されるため, 決算時において算定される そして, 決算日から2ヶ月以内に納付を行うことになっている しかし, 通常中間期において, 中間納付として一定額を支払い, 決算時において算定された金額と中間納付額との差額を決算日後に支払うことになっている 4/1 11/30 3/31 5/31 中間納付決算確定納付 具体例法人税等の流れ平成 1 年 4 月 1 日から平成 2 年 3 月 31 日の会計期間の課税所得が 1,000,000 円であり, 法定実効税率が 40%, 中間納付を 180,000 円行っている会社があった場合の会計処理は以下のとおりである < 中間納付時 ( 1 年 11 月 30 日 )> ( 借 ) 仮払法人税等 180,000 ( 貸 ) 現金預金 180,000 < 決算日 ( 2 年 3 月 31 日 )> ( 借 ) 法人税, 住民税及び事業税 400,000 ( 貸 ) 未払法人税等 220,000 ( ) 仮払法人税等 180,000 法人税, 住民税及び事業税 :1,000,000 円 ( 課税所得 ) 40%=400,000 円 損益計算書 2 税引前当期純利益 2 法人税, 住民税及び事業税 400,000 2 当期純利益 貸借対照表負債の部 Ⅰ 流動負債 Ⅰ 未払法人税等 220,000 < 確定納付時 ( 2 年 5 月 31 日 )> ( 借 ) 未払法人税等 220,000 ( 貸 ) 現金預金 220, 法人税, 住民税及び事業税と未払法人税等の財務諸表の表示 (A) 法人税, 住民税及び事業税 未払法人税等 損益計算書の税引前当期純利益の下に計上 貸借対照表の流動負債の区分に計上

46 第 2 節 税効果会計の概要 1. 税効果会計の目的及び必要性 (A) 税効果会計は, 企業会計上の資産又は負債の額と課税所得計算上の資産又は負債の額に相違がある場合において, 法人税等の金額を適切に期間配分することにより, 法人税等を控除する前の当期純利益と法人税等を合理的に対応させることを目的としている つまり, 税効果会計は, 税務上の課税所得に基づいて算定される法人税等を会計上の税引前当期純利益に対応する法人税等の金額に, 適切に修正することを目的としている 2. 税効果会計の具体的考え方 (A) 具体例 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) 1 今後 3 年間の収益 25,000 円 2 今後 3 年間の減価償却費以外の費用 6,000 円 3 当期首に 30,000 円で備品を取得した 4 3 年後の期末の備品を除却したとする 5 会計上は, 耐用年数 3 年, 残存価額ゼロ, 定額法で減価償却を実施する 6 税法上は, 耐用年数 5 年, 残存価額ゼロ, 定額法で減価償却を実施する 7 毎年の減価償却費及び除却損は, 以下のとおりである 会計上の毎年の減価償却費 :10,000 円会計上の除却損 : 0 円税法上の毎年の減価償却費 : 6,000 円税法上の除却損 :12,000 円 8 毎期の費用総額は, 以下のとおりである 会計上の毎期の費用 :6,000 円 ( その他費用 )+10,000 円 ( 減価償却費 )=16,000 円税法上の1 年目 2 年目の費用 :6,000 円 ( その他の費用 )+6,000 円 ( 減価償却費 )=12,000 円税法上の3 年目の費用 :6,000 円 ( その他費用 )+6,000 円 ( 減価償却費 )+12,000 円 ( 除却損 ) =24,000 円 9 法定実効税率は 40% である

47 この場合, 会計上の3 年間の利益と税法上の3 年間の課税所得は次のようになる < 会計上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 収益 25,000 25,000 25,000 75,000 費用 16,000 16,000 16,000 48,000 利益 9,000 9,000 9,000 27,000 合計額は会計上と 税法上で一致する < 税法上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 益金 25,000 25,000 25,000 75,000 損金 12,000 12,000 24,000 48,000 所得 13,000 13,000 1,000 27,000 各年度の会計上の利益と税法上の所得会計上の利益と税法上の所得の合計額 各年度の会計上の収益, 費用と税法上の益金と損金の計上時期が異なる ため, 各年度の会計上の利益と税法上の所得にズレが生じる 会計上の利益と税法上の所得の合計額は一致する この時, 毎年の法人税等の金額は, 税法上の課税所得に法定実効税率を乗じて決定されるため, 次のよう になる 1 年目 2 年目 3 年目 合計 課 税 所 得 13,000 13,000 1,000 27,000 法人税等の金額 5,200 5, ,800 法人税等の金額 = 税法上の所得金額 法定実効税率 この場合に, 税効果会計を適用しなければ会計上の損益計算書は, 次のようになる < 表 1> 1 年目 2 年目 3 年目 合計 税引前当期純利益 9,000 9,000 9,000 27,000 法 人 税 等 5,200 5, ,800 税引後当期純利益 3,800 3,800 8,600 16,200 < 表 1>の場合には, 税引前当期純利益と法人税等が対応していないため, 損益計算書が各期の企業の業 績を正しく示さないという問題が生じる そして, 本来, 会計上の税引前当期純利益と法人税等が対応しているあるべき会計上の損益計算書は, 次の< 表 2>のようになる < 表 2> 1 年目 2 年目 3 年目合計税引前当期純利益 9,000 9,000 9,000 27,000 40% 40% 40% 法人税等 3,600 3,600 3,600 10,800 税引後当期純利益 5,400 5,400 5,400 16,

48 よって, 税効果会計を適用した正しい損益計算書は, 以下のようになる 会計上の法人税等 = 法人税等 ± 法人税等調整額 損益計算書の法人税等に計上する金額を< 表 1>から修正するために, 次の仕訳が必要となる 1 年目 ( 借 ) 繰延税金資産 1,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,600 2 年目 ( 借 ) 繰延税金資産 1,600 ( 貸 ) 法人税等調整額 1,600 3 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 3,200 ( 貸 ) 繰延税金資産 3,200 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等調整額の借方計上額 繰延税金資産 法人税等のマイナス調整項目 法人税等のプラス調整項目 前払税金を意味する資産勘定 ここで, 上記の仕訳は, 費用の繰延と考えるとわかりやすい <1 年目 2 年目 > 会計上では 3,600 円発生している法人税等を 5,200 円払ったため, 前払費用 ( 繰延税金資産 ) を 1,600 円計上し, 費用 ( 法人税等 ) を 1,600 円取り消す 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等のマイナス調整項目 繰延税金資産の計上 前払費用の計上を意味する <3 年目 > そして, 会計上で 3,600 円発生している法人税等を既に 3,200 円前払いしているため,400 円しか払わなくてよいということである つまり,2 年目までの前払費用 ( 繰延税金資産 ) を 3,200 円取崩し, 費用 ( 法人税等 ) を 3,200 円計上する 法人税等調整額の借方計上額 法人税等のプラス調整項目 繰延税金資産の取消 前払費用の再振替を意味する 上記結果, 税法上の課税所得を基に算定された法人税等の額に一定の調整を行うことにより, 会計上の税 引前当期純利益と法人税等の額が適切に対応し, 適切に表示されるのである

49 具体例 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) 1 今後 3 年間の収益 25,000 円 2 今後 3 年間の費用は以下のとおりである 1 年目 2 年目 3 年目 会計上 12,000 12,000 24,000 税務上 16,000 16,000 16,000 < 会計上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 収益 25,000 25,000 25,000 75,000 費用 12,000 12,000 24,000 48,000 利益 13,000 13,000 1,000 27,000 < 税法上 > 1 年目 2 年目 3 年目 合計 益金 25,000 25,000 25,000 75,000 損金 16,000 16,000 16,000 48,000 所得 9,000 9,000 9,000 27,000 合計額は会計上と 税法上で一致する この時, 毎年の法人税等の金額は, 税法上の課税所得に法定実効税率を乗じて決定されるため, 次のよう になる 1 年目 2 年目 3 年目 合計 課 税 所 得 9,000 9,000 9,000 27,000 法人税等の金額 3,600 3,600 3,600 10,800 この場合に, 税効果会計を適用しなければ会計上の損益計算書は, 次のようになる < 表 3> 1 年目 2 年目 3 年目 合計 税引前当期純利益 13,000 13,000 1,000 27,000 法 人 税 等 3,600 3,600 3,600 10,800 税引後当期純利益 9,400 9,400 2,600 16,200 < 表 3>の場合には, 税引前当期純利益と法人税等が対応していないため, 損益計算書が各期の企業の業 績を正しく示さないという問題が生じる そして, 本来, 会計上の利益と法人税等が対応しているあるべき会計上の損益計算書は, 次の< 表 4>のようになる < 表 4> 1 年目 2 年目 3 年目合計税引前当期純利益 13,000 13,000 1,000 27,000 40% 40% 40% 法人税等 5,200 5, ,800 税引後当期純利益 7,800 7, ,

50 よって, 税効果会計を適用した正しい損益計算書は, 以下のようになる 1 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 1,600 ( 貸 ) 繰延税金負債 1,600 2 年目 ( 借 ) 法人税等調整額 1,600 ( 貸 ) 繰延税金負債 1,600 3 年目 ( 借 ) 繰延税金負債 3,200 ( 貸 ) 法人税等調整額 3,200 法人税等調整額の借方計上額 法人税等調整額の貸方計上額 繰延税金負債 法人税等のプラス調整項目 法人税等のマイナス調整項目 未払税金を意味する負債勘定 ここで, 上記の仕訳は, 費用の見越と考えるとわかりやすい <1 年目 2 年目 > 会計上では 5,200 円発生している法人税等を 3,600 円しか払っていないため, 未払費用 ( 繰延税金負債 ) を 1,600 円計上し, 費用 ( 法人税等 ) を 1,600 円増加させる 法人税等調整額の借方計上額 法人税等のプラス調整項目 繰延税金負債の計上 未払費用の計上を意味する <3 年目 > 3 年目に, 会計上では法人税等が 400 円発生しているが, 未払費用を 3,200 円支払うため, 合計 3,600 円支払うことになる つまり,2 年目までの未払費用 ( 繰延税金負債 ) を 3,200 円取崩し, 費用 ( 法人税等 ) を 3,200 円取り消す 法人税等調整額の貸方計上額 法人税等のマイナス調整項目 繰延税金負債の取消 未払費用の再振替を意味する

51 3. 一時差異等について (A) 会計上の収益 費用と税法上の益金 損金の差額について税効果会計を適用することになるが, すべての差額について適用するわけではない 当該差額は, 一時差異と永久差異に分けられる 一時差異とは, 計上時期が期間的にズレるものであり, 最終的には会計上と税法上とが一致する差異である 対して, 永久差異とは, ズレが永久に解消されないものである そして, 税効果会計の対象は, 一時差異等に限定されており, 永久差異は適用外である 一時差異 永久差異 意義一時差異とは, 会計上の資産及び負債と課税所得計算上の資産及び負債との一時的な差異をいう永久差異とは, 会計上では収益及び費用に計上されるが, 税法上では永久に益金または損金に算入されない項目をいう 税効果会計の適用の有無 税効果会計を適用する 税効果会計を適用しない 4. 一時差異等の分類 (A) (1) 将来減算一時差異 ( 繰延税金資産 ) 将来減算一時差異とは, 将来, 当該差異が解消するときに課税所得の計算上減算されるものをいう < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 発生年度 > 会計上の利益 < 税法上の所得 法人税等を多く支払っている 法人税等をマイナス調整し, 繰延税金資産 ( 前払税金 ) を計上する < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 < 解消年度 > 会計上の利益 > 税法上の所得 法人税等をプラス調整し, 繰延税金資産 ( 前払税金 ) を取消す

52 (2) 将来加算一時差異 ( 繰延税金負債 ) 将来加算一時差異とは, 将来, 当該差異が解消するときに課税所得の計算上加算されるものをいう < 発生年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金負債 < 発生年度 > 会計上の利益 > 税法上の所得 法人税等の支払いが少ない 法人税等をプラス調整し, 繰延税金負債 ( 未払税金 ) を計上する < 解消年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 繰延税金負債 ( 貸 ) 法人税等調整額 < 解消年度 > 会計上の利益 < 税法上の所得 法人税等をマイナス調整し, 繰延税金負債 ( 未払税金 ) を取消す 将来減算一時差異将来加算一時差異 時期 利益と所得 決算整理仕訳 発生時 会計上の利益 < 税法上の所得 ( 借 ) 繰延税金資産 ( 貸 ) 法人税等調整額 解消時 会計上の利益 > 税法上の所得 ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金資産 発生時 会計上の利益 > 税法上の所得 ( 借 ) 法人税等調整額 ( 貸 ) 繰延税金負債 解消時 会計上の利益 < 税法上の所得 ( 借 ) 繰延税金負債 ( 貸 ) 法人税等調整額 税効果会計の仕訳は, 決算整理仕訳で行う点に留意すること (3) 法人税等調整額の計算 法人税等調整額 = 当期に発生又は解消した一時差異 法定実効税率 (4) 一時差異等の 等 の意味将来の課税所得と相殺可能な繰越欠損金等については, 将来の課税所得を減額し, 税金費用を減少させる効果をもつことから, 一時差異 ( 将来減算一時差異 ) と同様に取り扱う つまり, 一時差異等の 等 とは, 繰越欠損金等を示している

53 例題 1 税効果会計 1 重要度 A 難易度 A 次の資料により, 税効果会計を適用した場合の 1 年度及び 2 年度の損益計算書を作成し, 税効果に係 る決算整理仕訳を示しなさい 1. 1 年度及び 2 年度の収益及び費用の状況 1 年度 2 年度 収益総額 100,000 千円 100,000 千円 費用総額 1( 注 )60,000 千円 60,000 千円 ( 注 ) 1 年度の費用総額には, 税法上損金に算入されない項目が 10,000 千円含まれており, 1 年度 の損金は 50,000 千円である また, 上記 10,000 千円は 2 年度において損金算入されるため, 2 年度の損金は 70,000 千円で ある 2. 会計上と税法上の申告調整項目は上記 1. 以外ないものとし, 法定実効税率を 40% とする 解答解説 ( 単位 : 千円 ) ( 1 年度 ) ( 2 年度 ) 損益計算書 損益計算書 収 益 総 額 100, ,000 費 用 総 額 160,000 60,000 税引前当期純利益 140, ,000 法人税, 住民税及び事業税 120,000 12,000 法人税等調整額 114,000 16,000 4,000 16,000 当 期 純 利 益 124, ,000 < 1 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 20,000 ( 貸 ) 未払法人税等 20,000 ( 借 ) 繰延税金資産 4,000 ( 貸 ) 法人税等調整額 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )+10,000 千円 ( 損金不算入額 )} 40%=20,000 千円 繰延税金資産 :10,000 千円 ( 損金不算入額 ) 40%=4,000 千円 < 2 年度の決算整理仕訳 > ( 借 ) 法人税等 12,000 ( 貸 ) 未払法人税等 12,000 ( 借 ) 法人税等調整額 4,000 ( 貸 ) 繰延税金資産 4,000 法人税等 :{40,000 千円 ( 会計上の利益 )-10,000 千円 ( 損金不算入額認容 )} 40%=12,000 千円 繰延税金資産 :10,000 千円 ( 損金不算入額認容 ) 40%=4,000 千円

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1 連結会計超入門 Web 特典 付録では収録できなかった内容を書きました 簿記 1 級 会計士試験では税効果会計の仕訳が出てきますので 追加しました A4 カラー印刷でお使いください 5/12 Ver2.0 アップストリームの税効果を修正しました もくじ 連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブルと下書き P.02 未実現利益の消去: 棚卸資産の仕訳の意味 ダウンストリーム P.03 アップストリーム

More information

kaikei_2012_中頁.indd

kaikei_2012_中頁.indd 01 1 03 2 04 3 04 4 05 5 06 0 09 1 11 2 12 3 13 4 15 5 17 6 18 7 20 8 21 9 23 10 24 11 25 12 26 13 27 0 32 1 33 2 35 3 37 4 38 5 40 6 41 7 42 43 45 02 031 2 3 04 054 5 06 07 08 09 0 10 11 1 リース取引 要領 13

More information

2. 訂正箇所 (1)36ページ 4. 連結財務諸表 (9) 連結財務諸表に関する注記事項 ( 税効果会計関係 ) 訂正前 前連結会計年度 当連結会計年度 繰越欠損金賞与引当金たな卸資産評価損未実現損益未払事業税退職金その他の合計 8,077 千円 37,550 千円 63,409 千円 11,94

2. 訂正箇所 (1)36ページ 4. 連結財務諸表 (9) 連結財務諸表に関する注記事項 ( 税効果会計関係 ) 訂正前 前連結会計年度 当連結会計年度 繰越欠損金賞与引当金たな卸資産評価損未実現損益未払事業税退職金その他の合計 8,077 千円 37,550 千円 63,409 千円 11,94 各 位 平成 23 年 1 月 31 日 会社名株式会社桑山代表者名代表取締役社長桑山貴洋 (JASDAQ コード 7889) 問合せ先取締役最高財務責任者矢野俊彦電話 ( 0 3 ) 3 8 3 5-7 2 3 1 ( 代表 ) ( 訂正 ) 平成 22 年 3 月期決算短信 の一部訂正に関するお知らせ 平成 22 年 5 月 20 日付で開示いたしました 平成 22 年 3 月期決算短信 におきまして

More information

3. 基本財産及び特定資産の財源等の内訳 基本財産及び特定資産の財源等の内訳は 次のとおりです 科目当期末残高 ( うち指定正味財産からの充当額 ) ( うち一般正味財産からの充当額 ) ( うち負債に対応する額 ) 基本財産投資有価証券 800,000,000 (662,334,000) (137

3. 基本財産及び特定資産の財源等の内訳 基本財産及び特定資産の財源等の内訳は 次のとおりです 科目当期末残高 ( うち指定正味財産からの充当額 ) ( うち一般正味財産からの充当額 ) ( うち負債に対応する額 ) 基本財産投資有価証券 800,000,000 (662,334,000) (137 財務諸表に対する注記 1. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券 償却原価法 ( 定額法 ) を採用しております その他有価証券 時価のあるもの決算日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は正味財産増減額として処理し 売却原価は移動平均法により算定 ) を採用しております 時価のないもの移動平均法による原価法を採用しております (2) 固定資産の減価償却の方法有形固定資産

More information

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金 第 26 期 計算書類 自 至 平成 26 年 4 月 1 日 平成 27 年 3 月 31 日 NHK 営業サービス株式会社 貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917

More information

Ⅰ 事業報告

Ⅰ 事業報告 貸借対照表 ( 平成 26 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 仕 掛 品 未 収 入 金 前 渡 金 前 払 費 用 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 16,751,796 5,215,797 10,254,359 35,388 239,709

More information

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2 第 141 回 日商簿記 3 級 解答解説 第 1 問 解答 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 当座預金 796,000 受 取 手 形 800,000 手形売却損 4,000 2 当座預金 3,000,000 普 通 預 金 3,000,000 支払手数料 2,000 現 金 2,000 3 普通預金 50,000 償却債権取立益 50,000 4 仕入 1,210,000

More information

日本基準基礎講座 有形固定資産

日本基準基礎講座 有形固定資産 有形固定資産 のモジュールを始めます Part 1 は有形固定資産の認識及び当初測定を中心に解説します Part 2 は減価償却など 事後測定を中心に解説します 有形固定資産とは 原則として 1 年以上事業のために使用することを目的として所有する資産のうち 物理的な形態があるものをいいます 有形固定資産は その性質上 使用や時の経過により価値が減少する償却資産 使用や時の経過により価値が減少しない非償却資産

More information

下では特別償却と対比するため 特別控除については 特に断らない限り特定の機械や設備等の資産を取得した場合を前提として説明することとします 特別控除 内容 個別の制度例 特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供したときや 特定の費用を支出したときなどに 取得価額や支出した費用の額等 一定割合 の

下では特別償却と対比するため 特別控除については 特に断らない限り特定の機械や設備等の資産を取得した場合を前提として説明することとします 特別控除 内容 個別の制度例 特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供したときや 特定の費用を支出したときなどに 取得価額や支出した費用の額等 一定割合 の 営 ViewPoint 法人税における 特別償却 と 特別控除 久住透部東京室 法人が特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供した一定の場合 通常の減価償却のほかに認められる 特別償却 の制度や 一定の金額を法人税額から控除する 特別控除 ( 税額控除 ) の制度の適用を受けることができます 今回は 法人税における特別償却および特別控除について それぞれの概要と選択のポイントを解説します 特別償却や特別控除の効果は

More information

損益計算書平成 26 年 4 月 1 日から 平成 27 年 3 月 31 日まで 科目内訳金額 営業収益 1,894 受入手数料 1,339 トレーディング損益 462 金融収益 92 その他の営業収益 0 金融費用 42 純営業収益 1,851 販売費 一般管理費 臨時利益 777 特別損失 0

損益計算書平成 26 年 4 月 1 日から 平成 27 年 3 月 31 日まで 科目内訳金額 営業収益 1,894 受入手数料 1,339 トレーディング損益 462 金融収益 92 その他の営業収益 0 金融費用 42 純営業収益 1,851 販売費 一般管理費 臨時利益 777 特別損失 0 短期貸付金 0 未払費用 50 前払費用 13 未払法人税等 16 未収入金 0 賞与引当金 70 未収収益 87 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科目金額科目金額 流動資産 12,146 流動負債 7,401 現金 預金 4,138 信用取引負債 4,430 預託金 2,230 信用取引借入金 4,264 約定見返勘定 28 信用取引貸証券受入金

More information

( 参考 ) 個別業績予想平成 24 年 3 月期の個別業績予想 ( 平成 23 年 4 月 1 日 ~ 平成 24 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 第 2 四半期 ( 累計 ) は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 1 株当たり当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭第 2 四半期 ( 累計 ) 440,500 6.2 4,500

More information

固定資産の減損損失に係る将来減算一時差異の取扱い 36 役員退職慰労引当金に係る将来減算一時差異の取扱い 37 その他有価証券の評価差額に係る一時差異の取扱い 38 退職給付に係る負債に関する一時差異の取扱い 43 繰延ヘッジ損益に係る一時差異の取扱い 46 繰越外国税額控除に係る繰延税金資産 47

固定資産の減損損失に係る将来減算一時差異の取扱い 36 役員退職慰労引当金に係る将来減算一時差異の取扱い 37 その他有価証券の評価差額に係る一時差異の取扱い 38 退職給付に係る負債に関する一時差異の取扱い 43 繰延ヘッジ損益に係る一時差異の取扱い 46 繰越外国税額控除に係る繰延税金資産 47 平成 27 年 5 月 26 日 企業会計基準適用指針公開草案第 54 号繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針 ( 案 ) 目次 平成 X 年 X 月 X 日企業会計基準委員会 目的 1 適用指針 2 範囲 2 用語の定義 3 繰延税金資産の計上 4 将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産 6 繰延税金資産の回収可能性の判断 6 繰延税金資産の回収可能性の見直し 8 連結決算手続上生じた繰延税金資産の回収可能性

More information

Microsoft Word - Astra H2703決算公告_ doc

Microsoft Word - Astra H2703決算公告_ doc アストマックス トレーディング株式会社 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 3,382,907 流動負債 1,527,668 現金及び預金 1,438,223 営業未払金 111,711 営業未収入金 94,461 短期借入金 112,800 自己先物取引差金 74,612 関係会社短期借入金 845,000 未収入金 223,074 未払金 67,405 差入保証金 1,216,628

More information

<4D F736F F D F990B3816A817595BD90AC E358C8E8AFA8C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C C8B816A817682CC88EA959492F990B382C98AD682B782E982A8926D82E782B9>

<4D F736F F D F990B3816A817595BD90AC E358C8E8AFA8C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C C8B816A817682CC88EA959492F990B382C98AD682B782E982A8926D82E782B9> 各 位 平成 23 年 7 月 19 日 会社名株式会社メデカジャパン 代表取締役名代表取締役社長渡邊信義 (JASDAQ コード 9707) 取締役問い合わせ先小野吉広管理本部長電話番号 048(631)0010 ( 訂正 ) 平成 23 年 5 月期決算短信 日本基準 ( 連結 ) の一部訂正に関するお知らせ 平成 23 年 7 月 11 日付で開示いたしました 平成 23 年 5 月期決算短信

More information

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当 平成 27 年 2 月 13 日 株式会社北洋銀行 自己資本の構成に関する開示事項 平成 26 年 12 月末 連結 ( 単位 : 百万円 %) 項目 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 うち 資本金及び資本剰余金の額 うち 利益剰余金の額 うち 自己株式の額 ( ) うち 社外流出予定額 ( ) コア資本に算入されるその他の包括利益累計額

More information

損益計算書 ( 自 : 平成 27 年 4 月 1 日至 : 平成 28 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 売 上 高 27,940,879 売 上 原 価 21,381,498 売 上 総 利 益 6,559,381 販売費及び一般管理費 3,977,569 営 業

損益計算書 ( 自 : 平成 27 年 4 月 1 日至 : 平成 28 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 売 上 高 27,940,879 売 上 原 価 21,381,498 売 上 総 利 益 6,559,381 販売費及び一般管理費 3,977,569 営 業 第 22 期決算公告 平成 28 年 6 月 27 日丸の内二丁目 2 番 3 号株式会社フージャースコーポレーション代表取締役社長廣岡哲也 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 43,167,716 流 動 負 債 18,733,145 現 金 及 び 預 金 10,211,421

More information

貸借対照表 平成 21 年 12 月 31 日現在 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 1. 現金及び預金 666, 買掛金 12,652, 受取手形 193, 短期借入金 19,599, 売掛金 13,886,691 3.

貸借対照表 平成 21 年 12 月 31 日現在 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 1. 現金及び預金 666, 買掛金 12,652, 受取手形 193, 短期借入金 19,599, 売掛金 13,886,691 3. 第 58 期 計算書類 自平成 21 年 1 月 1 日 至平成 21 年 12 月 31 日 1. 2. 貸借対照表 損益計算書 3. 株主資本等変動計算書 ポリプラスチックス株式会社 貸借対照表 平成 21 年 12 月 31 日現在 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 流動資産 Ⅰ 流動負債 1. 現金及び預金 666,301 1. 買掛金 12,652,645 2. 受取手形 193,624

More information

営 業 報 告 書

営 業 報 告 書 決算公告 第 43 期 ( 自平成 26 年 10 月 1 日至平成 27 年 9 月 30 日 ) 貸借対照表 E ( 平成 27 年 9 月 30 日現在 ) 株式会社マイナビ ( 単位 : 百万円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 流動資産 37,717 流 動 負 債 22,816 現金及び預金 25,185 支払手形 831 受取手形 45 買掛金 2,747 売掛金 9,165 1 年内返済予定長期借入金

More information

128 Z E I K E I T S U S H I N 10. 3

128 Z E I K E I T S U S H I N 10. 3 Z E I K E I T S U S H I N 10. 3 127 128 Z E I K E I T S U S H I N 10. 3 親法人 1 譲渡損益計上繰延 2 譲渡損益の実現 1 時価受入 A 社 B 社 X 社 1 資産譲渡 2 外部譲渡 Z E I K E I T S U S H I N 10. 3 129 簿価 1,000 万円未満の資産 売買目的有価証券 譲渡損益の計上 親法人

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 3 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 3 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 3 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更

More information

[2] 株式の場合 (1) 発行会社以外に譲渡した場合株式の譲渡による譲渡所得は 上記の 不動産の場合 と同様に 譲渡収入から取得費および譲渡費用を控除した金額とされます (2) 発行会社に譲渡した場合株式を発行会社に譲渡した場合は 一定の場合を除いて 売却価格を 資本金等の払戻し と 留保利益の分

[2] 株式の場合 (1) 発行会社以外に譲渡した場合株式の譲渡による譲渡所得は 上記の 不動産の場合 と同様に 譲渡収入から取得費および譲渡費用を控除した金額とされます (2) 発行会社に譲渡した場合株式を発行会社に譲渡した場合は 一定の場合を除いて 売却価格を 資本金等の払戻し と 留保利益の分 相続した財産を譲渡した場合の税務 坂本和則相談部東京相談室花野稔相談部大阪相談室 相続した財産 ( 不動産や株式など ) を譲渡し 相続税の納税資金を捻出する場合があります 特に譲渡する株式が非上場株式である場合は 譲渡しようとしても流通性が乏しく また買取資金を用意する関係などからも その株式を発行会社に買取ってもらうケースが多いと思われます そうしたケースをはじめ 財産の譲渡による所得には 原則として所得税と住民税が課税されますが

More information

貸借対照表 ( 平成 24 年 10 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 10,251 流 動 負 債 12,784 現 金 及 び 預 金 495 短 期 借 入 金 12,500 貯 蔵

貸借対照表 ( 平成 24 年 10 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 10,251 流 動 負 債 12,784 現 金 及 び 預 金 495 短 期 借 入 金 12,500 貯 蔵 第 2 期 決算公告 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 個 別 注 記 表 自平成 23 年 11 月 1 日至平成 24 年 10 月 31 日 株式会社エイブル & パートナーズ 元赤坂一丁目 5 番 5 号 貸借対照表 ( 平成 24 年 10 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産

More information

事業報告書

事業報告書 株主各位 第 33 期定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項 計算書類の個別注記表 ( 平成 27 年 3 月 1 日から平成 28 年 2 月 29 日まで ) 株式会社東京個別指導学院 計算書類の個別注記表 につきましては 法令及び定款第 14 条の規定に基づき 当社ウェブサイト (http://ir.tkg.jp/) に掲載することにより 株主の皆様に提供 しております 個別注記表

More information

1 2 1 6 15 1 2 4 8 6 1 6 3 ( 単位 : 千円 ) 予算 H25 年 6 月決算予算消化率 堺市都市緑化基金事業 13,114 2,423 18.5% 緑化普及啓発事業 23,926 6,125 25.6% 公園愛護会支援事業 232,443 42,866 18.4% 市民協働事業 95,875 20,281 21.2% 都市緑化センター指定管理事業 61,104 14,567

More information

具体的な組替調整額の内容は以下のとおりです その他の包括利益その他有価証券評価差額金繰延ヘッジ損益為替換算調整勘定 組替調整額 その他有価証券の売却及び減損に伴って当期に計上された売却損益及び評価損等 当期純利益に含められた金額 ヘッジ対象に係る損益が認識されたこと等に伴って当期純利益に含められた金

具体的な組替調整額の内容は以下のとおりです その他の包括利益その他有価証券評価差額金繰延ヘッジ損益為替換算調整勘定 組替調整額 その他有価証券の売却及び減損に伴って当期に計上された売却損益及び評価損等 当期純利益に含められた金額 ヘッジ対象に係る損益が認識されたこと等に伴って当期純利益に含められた金 3 月決算会社にあっては 前期から適用されている 包括利益の表示に関する会計基準 ( 以下 包括利益会計基準 という ) について 当期末から その適用が1 年延ばされていたその他の包括利益に関する税効果及び組替調整額の注記があらたに必要となりますので 今一度 当該注記作成に当たっての留意事項について解説します また 当期から 会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準 及び 会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針

More information

<878A C768E5A8F9197DE2E786477>

<878A C768E5A8F9197DE2E786477> 第 12 期計算書類 自 2014 年 4 月 1 日 至 2015 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株主資本等変動計算書 個 別 注 記 表 東京都荒川区西日暮里五丁目 21 番 7 号 株式会社ダイナムビジネスサポート 代表取締役池村康男 貸借対照表 (2015 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産

More information

[2] のれんの発生原因 企業 ( または事業 ) を合併 買収する場合のは 買収される企業 ( または買収される事業 ) のおよびを 時価で評価することが前提となります またやに計上されていない特許権などの法律上の権利や顧客口座などの無形についても その金額が合理的に算定できる場合は 当該無形に配

[2] のれんの発生原因 企業 ( または事業 ) を合併 買収する場合のは 買収される企業 ( または買収される事業 ) のおよびを 時価で評価することが前提となります またやに計上されていない特許権などの法律上の権利や顧客口座などの無形についても その金額が合理的に算定できる場合は 当該無形に配 営 ViewPoint 相 談のれんの会計と税務 勝木幹雄部東京室花野稔部大阪室 大企業間だけではなく 中小企業間でも M&A が積極的に進められるようになりました M&A では 対象となる企業 ( または事業 ) の純価格と実際の売買価格とが異なるケースがあり その差額は その企業 ( または事業 ) の超過収益力 すなわち のれん を評価したものと説明されることがあります のれん は買収や合併の際に発生する特有の勘定科目です

More information

受取利息及び受取配当金等に課される源泉所得税 35 外国法人税 36 適用時期等 38-2-

受取利息及び受取配当金等に課される源泉所得税 35 外国法人税 36 適用時期等 38-2- 平成 28 年 11 月 9 日 企業会計基準公開草案第 59 号法人税 住民税及び事業税等に関する会計基準 ( 案 ) 平成 XX 年 XX 月 XX 日企業会計基準委員会 目次項 目的 1 会計基準 2 範囲 2 用語の定義 3 会計処理 4 当事業年度の所得等に対する法人税 住民税及び事業税等 4 更正等による追徴及び還付 5 開示 8 当事業年度の所得等に対する法人税 住民税及び事業税等 8

More information

<88F38DFC E8F8A93BE92BC914F979D985F837D E815B816A>

<88F38DFC E8F8A93BE92BC914F979D985F837D E815B816A> 復興特別所得税に伴う理論マスタ - の追加 税 13 1 ー 1 納税義務者 Ⅳ その他 ( 復興特別所得税 )( 復興財確法 8 10 12 13) 1 納税義務者上記 Ⅰに掲げる所得税の納税義務者は 復興特別所得税の納税義務がある 2 課税標準復興特別所得税の課税標準は その年分の基準所得税額とする 3 基準所得税額基準所得税額とは 上記 Ⅱに掲げる所得につき計算した所得税の額 (

More information

改正された事項 ( 平成 23 年 12 月 2 日公布 施行 ) 増税 減税 1. 復興増税 企業関係 法人税額の 10% を 3 年間上乗せ 法人税の臨時増税 復興特別法人税の創設 1 復興特別法人税の内容 a. 納税義務者は? 法人 ( 収益事業を行うなどの人格のない社団等及び法人課税信託の引

改正された事項 ( 平成 23 年 12 月 2 日公布 施行 ) 増税 減税 1. 復興増税 企業関係 法人税額の 10% を 3 年間上乗せ 法人税の臨時増税 復興特別法人税の創設 1 復興特別法人税の内容 a. 納税義務者は? 法人 ( 収益事業を行うなどの人格のない社団等及び法人課税信託の引 復興増税と平成 23 年度税制改正案の一部が成立しました!! 平成 23 年 11 月 30 日に 東日本大震災からの復興施策としての復興増税 ( 法人税及び所得税などの 臨時増税 ) と 平成 23 年度税制改正案のうち一部 ( 法人税率の引き下げや中小法人の軽減税率の引 き下げなど ) が国会で成立し 平成 23 年 12 月 2 日に公布 施行されました 成立している主な改正事項 企業関係個人

More information

虢 虢 虢 136 桃山学院大学経済経営論集 第57巻第4号 図表5 1 個別所得計算における連結所得調整 クロス集計 図表5 2 個別所得計算における連結所得調整 基本統計量

More information

1 繰越控除適用事業年度の申告書提出の時点で判定して 連続して 提出していることが要件である その時点で提出されていない事業年度があれば事後的に提出しても要件は満たさない 2 確定申告書を提出 とは白色申告でも可 4. 欠損金の繰越控除期間に誤りはないか青色欠損金の繰越期間は 最近でも図表 1 のよ

1 繰越控除適用事業年度の申告書提出の時点で判定して 連続して 提出していることが要件である その時点で提出されていない事業年度があれば事後的に提出しても要件は満たさない 2 確定申告書を提出 とは白色申告でも可 4. 欠損金の繰越控除期間に誤りはないか青色欠損金の繰越期間は 最近でも図表 1 のよ 欠損金の繰越控除と繰戻還付に係る留意点企業会計上 損失が発生すればそれはその事業年度かぎりのことで その金額が他の年度の損益計算に影響を与えることはありません 税務上の所得計算も 単年度ごとに益金から損金を控除して行いますが ある年度の欠損金を他の年度の所得金額と通算せず所得の発生した年度にだけ課税するのは 企業資本の維持の観点から問題が残ります そこで法人税法では ある事業年度に生じた欠損金について

More information

第62期 決算公告

第62期 決算公告 貸借対照表 平成 23 年 3 月 31 日現在 科 目 金 額 科 目 金 額 資産の部 百万円 負債の部 百万円 流 動 資 産 112,074 流 動 負 債 91,006 現 金 及 び 預 金 1,734 短 期 借 入 金 72,365 未 収 入 金 3,608 未 払 金 7,454 販売用土地建物 78,101 未払法人税等 15 前 払 費 用 103 未払消費税等 557 短

More information

(20 )平成 28年5月 23日 第 6412号 国 税 速 報 第3種郵便物認可 会社株式の帳簿価額と事業年度終了の時に たものであることから 当期における申告 おけるA子会社株式の価額との差額に達す 減算によるA子会社株式の評価損は損金算 るまでの金額は これらの申告減算した日 入されるべきものと の属する事業年度の所得の金額の計算上 若しくは翌期に申告減算することは恣意的 損金の額に算入されるものと

More information

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い 居住用財産を譲渡した場合の課税の特例 3 000 N 個人が自分の住んでいる家屋や敷地を譲渡した場合には その譲渡による所得税 住民税を軽減する特例がいろいろと設けられています これらの特例は 売却した住宅の譲渡益に税金を課税することにより新しい住宅の購入資金から その税金分が目減りすることを防止するために設けられました 特例の適用が受けられる居住用財産の譲渡とは 次の譲渡をさします 1 個人が 現にその居住の用に供している家屋を譲渡した場合

More information

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 資産の部 金額 負債の部 金額 流動資産 21,127,520 流動負債 7,854,010 現金及び預金 20,089,399 営業未払金 235,814 営業未収金 270,586 未払金 152,691 未収入金 709,297 未払費用 8,

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 資産の部 金額 負債の部 金額 流動資産 21,127,520 流動負債 7,854,010 現金及び預金 20,089,399 営業未払金 235,814 営業未収金 270,586 未払金 152,691 未収入金 709,297 未払費用 8, 計算書類 第 5 期 ( 平成 26 年 4 月 1 日から平成 27 年 3 月 31 日まで ) 貸借対照表 損益計算書 株主資本等変動計算書 個別注記表 神戸港埠頭株式会社 貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 資産の部 金額 負債の部 金額 流動資産 21,127,520 流動負債 7,854,010 現金及び預金 20,089,399 営業未払金 235,814 営業未収金 270,586

More information

大阪港埠頭株式会社 資産の部負債の部科目金額科目金額 流動資産 10,923,436 流動負債 3,376,352 現金及び預金 3,359,616 未払金 376,655 未収金 2,863 一年以内返済長期借入金 2,732,559 有価証券 7,400,000 未払費用 4,516 貯蔵品 5

大阪港埠頭株式会社 資産の部負債の部科目金額科目金額 流動資産 10,923,436 流動負債 3,376,352 現金及び預金 3,359,616 未払金 376,655 未収金 2,863 一年以内返済長期借入金 2,732,559 有価証券 7,400,000 未払費用 4,516 貯蔵品 5 第 5 期 計算書類 平成 26 年 4 月 1 日から 平成 27 年 3 月 31 日まで 貸借対照表 損益計算書 株主資本等変動計算書 個別注記表 大阪港埠頭株式会社 大阪港埠頭株式会社 資産の部負債の部科目金額科目金額 流動資産 10,923,436 流動負債 3,376,352 現金及び預金 3,359,616 未払金 376,655 未収金 2,863 一年以内返済長期借入金 2,732,559

More information

( )

( ) ( ) わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 ( 配当込み 以下同じ ) に連動する投資成果をめざします わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 に連動する投資成果をめざして運用を行ないます 組入銘柄はベンチマークである 東証 REIT 指数 の構成銘柄 ( 採用予定を含みます

More information

Microsoft Word - 05_09ASTPS

Microsoft Word - 05_09ASTPS 2009 年度会計システム ( 取引処理 )No.5 担当 : 河合久 櫻井康弘 成田博 No.5 総勘定元帳システムの基本構造 4 - 独立型取引処理システムの損益計算 - 1. 決算 手記簿記において期末時点で作成される精算表は, 試算表に記載された勘定残高を収益 費用グループと資産 負債 純資産 ( 資本 ) グループに分け, 前者を損益計算書, 後者を貸借対照表として書き移した一覧表である.

More information

 

  第 63 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての イ ン タ ー ネ ッ ト 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 第 63 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 法 令 並 びに 当 社 定 款 第 14 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上

More information

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ 平成 28 年 12 月期第 3 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 28 年 11 月 8 日 上場会社名 KLab 株式会社 上場取引所 東 コード番号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 真田 哲弥 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 常務取締役 ( 氏名 ) 高田 和幸 (TEL)03-5771-1100

More information

P19 P19 取引報告書 解約報告書 交付運用報告書 決算期の末日ごとに運用会社が作成した 交付運用報告書 をご郵送いたします どのように運用を行い どのような成果が得られたか などがわかります 公募株式投資信託をご換金された後には 取引報告書 を また公社債投資信託等をご換金された後は 解約報告書 を作成し ご換金の数日後にご郵送いたします 確定申告をされる場合には 特定口座年間取引報告書または本書が必要となります

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 3 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 3 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 3 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更

More information

Q. 確定申告は必要ですか? A. 今回の配当によるみなし譲渡損益が特定口座の計算対象とならない場合 または源泉徴収の無い特定口座や一般口座でお取引いただいている場合につきましては 原則として確定申告が必要になります 申告不要制度の適用可否を含め 株主の皆様個々のご事情により対応が異なりますので 具

Q. 確定申告は必要ですか? A. 今回の配当によるみなし譲渡損益が特定口座の計算対象とならない場合 または源泉徴収の無い特定口座や一般口座でお取引いただいている場合につきましては 原則として確定申告が必要になります 申告不要制度の適用可否を含め 株主の皆様個々のご事情により対応が異なりますので 具 各 位 平成 23 年 11 月 1 日 会 社 名 1stホールディングス株式会社 代表者名 代表取締役社長 内 野 弘 幸 (JASDAQ コード 3644) 問合せ先役職 氏名 取 締 役 中 嶋 智 電 話 0359627400 中間配当の税務上の取扱いに関するお知らせ 当社は 平成 23 年 10 月 6 日付の当社取締役会決議に基づき 平成 23 年 11 月 7 日より中間配当金のお支払いを開始させていただきますが

More information

Ⅰ 平成 24 年度高鍋町財務書類の公表について 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデル

Ⅰ 平成 24 年度高鍋町財務書類の公表について 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデル 平成 24 年度 高鍋町財務書類 ( 版 ) 宮崎県高鍋町 Ⅰ 平成 24 年度高鍋町財務書類の公表について 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデル 又は 総務省方式改訂モデル を活用して

More information

損保ジャパンの現状2009

損保ジャパンの現状2009 21 20092008 111592593 20093 18882110 700 48564 12904 16083381261 0333493111 17042 49430 109537 265 2993 200971 2 4 12 18 20 22 29 30 34 36 37 38 39 42 44 47 48 50 56 58 60 62 64 66 68 71 72 77 79 171 2

More information

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ 平成 28 年 12 月期第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 28 年 8 月 4 日 上場会社名 KLab 株式会社 上場取引所 東 コード番号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 真田 哲弥 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 常務取締役 ( 氏名 ) 高田 和幸 (TEL)03-5771-1100

More information

Microsoft Word - 別表8.doc

Microsoft Word - 別表8.doc 1 益金とならない受取配当等の範囲次表に掲げるものをいう ( ただし 外国法人 公益法人等 人格のない社団等から受けるものを除く ) 1 利益の配当又は剰余金の分配 ( 出資にかかるものに限る ) 2 特定株式投資信託の収益の分配 ( 元本部分の分配を除く ) 3 証券投資信託の収益の分配の額のうち 利益の配当又は剰余金の分配の額からなる部分 4 みなし配当の額 2 短期保有株式受取配当等の益金不算入額の計算の対象となる配当等であっても

More information

スライド 1

スライド 1 FX 取引に係る確定申告について 税理士法人髙野総合会計事務所税理士伊藤博昭 1. 確定申告とは 確定申告の概要 確定申告とは 個人の 1 年間 (1 月 1 日から 12 月 31 日まで ) の所得 ( 利益 ) に係る所得税額を申告する手続きをいいます 申告期限は 3 月 15 日までです 所得税額は以下のように計算されます < 所得税額の算出イメージ > A 所得 ( 利益 ) (10 種類

More information

言い換えると 支払が翌期であっても それが当期に行われた労働の対価 ( 給与 ) であるならば 当期に 未払費用を相手科目として費用計上することになります 給与を発生主義に基づいて会計処理するに当たっては 個々の会社における給与の計算期間 ( 締日 ) や支払日が関係してきます 例 ) 毎月 25

言い換えると 支払が翌期であっても それが当期に行われた労働の対価 ( 給与 ) であるならば 当期に 未払費用を相手科目として費用計上することになります 給与を発生主義に基づいて会計処理するに当たっては 個々の会社における給与の計算期間 ( 締日 ) や支払日が関係してきます 例 ) 毎月 25 人件費第 1 回 : 給与の会計処理 はじめに 2014.04.26 新日本有限責任監査法人公認会計士友行貴久 新日本有限責任監査法人公認会計士横山彰 第 1 回 給与の会計処理 では 従業員の給与と 給与に関連して発生する社会保険料などの人件費の会計処理を解説します 第 2 回では 賞与など従業員に対するその他の人件費の会計処理を解説します 第 3 回では役員に関する人件費の会計処理を扱います 1.

More information

140214ゆうせん君3(追)_百五銀行02

140214ゆうせん君3(追)_百五銀行02 投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) のご請求 お申込み 設定 運用 10 353 追加型投信 / 内外 / その他資産 ( 優先証券 ) 課税上は株式投資信託として取扱われます 購入時手数料 購入金額に応じて 右記の手数料率を乗じて得た額とします 消費税率が 8% となる平成 26 年 4 月 1 日以降は 右記のとおりとなります 購入金額 1,000 万円未満 1,000 万円以上

More information

<4D F736F F D2091E682518AFA91DD8ED891CE8FC6955C2E646F63>

<4D F736F F D2091E682518AFA91DD8ED891CE8FC6955C2E646F63> 平成 21 年 6 月 19 日 第 2 期 ( 平成 20 年 4 月 1 日から平成 21 年 3 月 31 日まで ) 貸借対照表 損益計算書及び個別注記表 株式会社阪急阪神百貨店 貸借対照表 ( 平成 21 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資 産の 部 ) 136,854 ( 負 債 の 部 ) 72,120 流 動 資 産 64,177 流動 負 債 53,252

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平成 21 年 3 月期第 2 四半期決算短信 平成 20 年 10 月 31 日 上場会社名 松井建設株式会社 上場取引所 東 コード番号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代表者 ( 役職名 ) 取締役社長 ( 氏名 ) 松井隆弘 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 管理本部経理部長 ( 氏名 ) 大井川清 TEL 03-3553-1151 四半期報告書提出予定日

More information

配当所得の入力編

配当所得の入力編 配当所得の入力編 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 配当所得を入力する画面の表示配当所得を入力する画面の表示方法は 入力方法選択 画面において 左記に該当しない方 欄の 申告書作成へ ボタンを選択します ( 申告書の作成をはじめる前に 画面へ遷移します ) 申告書の作成をはじめる前に 画面で提出方法や生年月日などの入力を行った後に 次の 収入金額 所得金額入力 画面に遷移しますので

More information

財務ハイライト 売上高 営業利益 中間期 百万円 1, 通期 96,773 1, 8,536 当期純利益 中間期 百万円 8, 通期 8, 87,256 1 株当たり当期純利益 中間期 中間期 円 通期 円 5, 6,758 75, 6, 通期 2 6, 153.55 4,295 4,5 5,452 141.57 15 4,652 5, 39,279 42,666 46,113 47,566 4,

More information

Microsoft Word - 第65期決算公告.doc

Microsoft Word - 第65期決算公告.doc 第 65 期決算公告滝沢ハム株式会社 ( 平成 27 年 6 月 26 日 ) 代表取締役社長瀧澤太郎 連結貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 6,358,672 流 動 負 債 6,869,778 現 金 及 び 預 金 1,907,332 買 掛 金 2,399,160

More information

東日本大震災により被害を受けた方の入力編

東日本大震災により被害を受けた方の入力編 東日本大震災により被害を受けた方が 平成 26 年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告において以下の入力を行う場合の操作手順を説明します 1 雑損控除の適用を受ける場合 2 被災事業用資産の損失を入力する場合 3 前年分から繰り越された損失額を入力する場合 4 震災特例法に係る住宅借入金等特別控除の特例の適用を受ける場合 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 入力項目の表示 ( 所得税及び復興特別所得税

More information

企業会計において 給与などの費用には発生主義の考え方が採られています これは 当期に支出した金額のみを当期の費用とするのではなく 当期に支払の原因となる事実 ( 給与に関しては 労働の提供 ) が発生していれば 当期に費用計上するという考え方を言います 言い換えると 支払が翌期であっても それが当期

企業会計において 給与などの費用には発生主義の考え方が採られています これは 当期に支出した金額のみを当期の費用とするのではなく 当期に支払の原因となる事実 ( 給与に関しては 労働の提供 ) が発生していれば 当期に費用計上するという考え方を言います 言い換えると 支払が翌期であっても それが当期 人件費 第 1 回 : 給与の会計処理 2014.04.26 新日本有限責任監査法人公認会計士友行貴久 新日本有限責任監査法人公認会計士横山彰 はじめに第 1 回 給与の会計処理 では 従業員の給与と 給与に関連して発生する社会保険料などの人件費の会計処理を解説します 第 2 回では 賞与など従業員に対するその他の人件費の会計処理を解説します 第 3 回では役員に関する人件費の会計処理を扱います 1.

More information

2. 中小企業のための主な優遇制度 注 : 各項目に付記している番号は 関連する参考資料です 番号に対応する資料名などは 5~6 ページに掲載していますのでご参照ください [1] 中小法人等 に適用される主な優遇制度 紙面の都合により ここでは制度の種類と それに関連する参考資料の番号を紹介していま

2. 中小企業のための主な優遇制度 注 : 各項目に付記している番号は 関連する参考資料です 番号に対応する資料名などは 5~6 ページに掲載していますのでご参照ください [1] 中小法人等 に適用される主な優遇制度 紙面の都合により ここでは制度の種類と それに関連する参考資料の番号を紹介していま 中小企業のための法人税の優遇制度 久住透相談部東京相談室 中小企業支援策の一環として 法人税においては中小企業を対象とした優遇制度が設けられています しかし ひと口に優遇制度といっても 中小企業のみを対象とする制度と 中小企業以外でも対象となるものの中小企業であれば要件が緩和される あるいはより大きな優遇が受けられる制度があります また 適用対象となる中小企業の範囲は 制度により異なることがあります

More information

東日本大震災により被害を受けた方の入力編

東日本大震災により被害を受けた方の入力編 東日本大震災により被害を受けた方が 平成 27 年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告において以下の入力を行う場合の操作手順を説明します 1 雑損控除の適用を受ける場合 2 前年分から繰り越された損失額を入力する場合 3 震災特例法に係る住宅借入金等特別控除の特例の適用を受ける場合 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 入力項目の表示 ( 所得税及び復興特別所得税 ) ---------------------------------------

More information

連結注記表 ( 平成 27 年 8 月 1 日から平成 28 年 7 月 31 日まで ) -1-

連結注記表 ( 平成 27 年 8 月 1 日から平成 28 年 7 月 31 日まで ) -1- 法令及び定款に基づく インターネット開示事項 連結注記表 個別注記表 ( 平成 27 年 8 月 1 日から平成 28 年 7 月 31 日まで ) 株式会社エイチーム 連結注記表 及び 個別注記表 につきましては 法令及び当社定款第 14 条の規定に基づき 当社ウェブサイト (http://www.a-tm.co.jp/ir/) に 掲載することにより株主の皆様に提供しております 連結注記表 (

More information

< F2D944388D391678D F F E6A7464>

< F2D944388D391678D F F E6A7464> 任意組合の法務 会計 税務 Ⅰ. 任意組合の法務 1. 任意組合とは 任意組合とは 各当事者が出資をして共同の事業を営むことを約することによって その効力を生ずる契約である 出資は財産出資の他 労務出資も認められる 任意組合は 民法上の組合 とも言う 組合の目的の内容は問われない 営利でも 非営利でも 一時的なものでもよい 任意組合では 財産は組合員の共有に属するが 債務についても組合員に帰属し 各組合員は連帯して弁済義務を負う

More information

Microsoft Word - 第2四半期決算短信.doc

Microsoft Word - 第2四半期決算短信.doc 添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報... 2 (1) 経営成績に関する説明... 2 (2) 財政状態に関する説明... 3 (3) 業績予想などの将来予測情報に関する説明... 4 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項... 4 (1) 四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用... 4 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示... 4 (3)

More information

<33328AFA8C888E5A CC816A8C768E5A8F9197DE AE96BE8DD E786C73>

<33328AFA8C888E5A CC816A8C768E5A8F9197DE AE96BE8DD E786C73> 計算書類 平成 22 年 4 月 1 日から平成 23 年 3 月 31 日まで 株式会社阪神調剤薬局 貸借対照表 ( 平成 23 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 負債の部 科目 金額 科目 金額 流動資産 7,835,038 流動負債 8,189,701 現金及び預金 1,291,243 買 掛 金 5,186,514 売 掛 金 4,262,768 短期借入金 1,500,000 調 剤

More information

経 [2] 証券投資信託の償還 解約等の取扱い 平成 20 年度税制改正によって 株式投資信託等の終了 一部の解約等により交付を受ける金銭の額 ( 公募株式投資信託等は全額 公募株式投資信託等以外は一定の金額 ) は 譲渡所得等に係る収入金額とみなすこととされてきました これが平成 25 年度税制改

経 [2] 証券投資信託の償還 解約等の取扱い 平成 20 年度税制改正によって 株式投資信託等の終了 一部の解約等により交付を受ける金銭の額 ( 公募株式投資信託等は全額 公募株式投資信託等以外は一定の金額 ) は 譲渡所得等に係る収入金額とみなすこととされてきました これが平成 25 年度税制改 経 ViewPoint 営相 ~ 金融所得課税の新ルールを解説 ~ 談金融 証券税制の改正 福田和仁部東京室 平成 25 年度税制改正では 平成 28 年 1 月 1 日以後の金融所得課税の一体化を進める観点から 公社債等および株式等に係る所得に対する課税が大きく変更されました 今回は 平成 28 年 1 月 1 日以後の金融 証券税制のポイントを解説します 1. はじめに 平成 28 年 1 月

More information

 

  平成 25 年 5 月 21 日 投資主の皆さまへ GLP 投資法人 第 2 期利益超過分配金に関するご説明 拝啓平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます さて 当投資法人は 平成 25 年 4 月 16 日開催の役員会において 第 2 期 ( 平成 25 年 2 月期 ) の通常の利益分配金としての1 口当たり447 円に加えて 利益超過分配金として1 口当たり84 円をお支払いすることを決議し

More information

上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年 1 月 1 日 ~ 平成 25 年 12 月 31 日 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 49 年 12 月 31 日 平成 50 年 1 月 1 日 ~ % (

上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年 1 月 1 日 ~ 平成 25 年 12 月 31 日 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 49 年 12 月 31 日 平成 50 年 1 月 1 日 ~ % ( 証券税制について 丸三証券株式会社 当資料は 個人のお客様の税制を解説しています 法人のお客様については 税制が異なる点がありますので 詳しくは担当者等にお電話でお問い合わせ下さい 課税は納税者の状況等によって異なりますので 具体的な税務上の質問等は 税理士等の専門家にご相談下さい 上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年

More information

Microsoft Word - 個人住民税について

Microsoft Word - 個人住民税について 住民税の税額の計算方法 住民税とは 住民税とは 市区町村民税と都道府県民税の2つからなる税金のことです 住民税は 税金を負担する能力のある人が均等の額によって負担する均等割と その人の所得金額に応じて負担する所得割の2つから構成され その年の1 月 1 日現在において住所を有する市区町村で前年の所得に基づいて課税されることになっています また 納税者の便宜を図るため都道府県民税と併せて申告と納税をしていただくことになっています

More information

用者の予測とは大きく異なった内容で突然開示されることがあり 繰延税金資産の回収可能性について事前に予測を行う観点からは 現行の税効果会計基準における繰延税金資産に関して開示されている情報では不十分である (3) 回収可能性に係る監査の指針を会計の指針に移管することから 会計処理だけでなく 開示につい

用者の予測とは大きく異なった内容で突然開示されることがあり 繰延税金資産の回収可能性について事前に予測を行う観点からは 現行の税効果会計基準における繰延税金資産に関して開示されている情報では不十分である (3) 回収可能性に係る監査の指針を会計の指針に移管することから 会計処理だけでなく 開示につい 第 308 回企業会計基準委員会 資料番号 日付 審議事項 (7)-5 2015 年 3 月 20 日 プロジェクト 項目 税効果会計 繰延税金資産の回収可能性に関する論点 - 開示 ( 注記 ) に関する論点の検討 本資料の目的 1. 本資料は 第 306 回企業会計基準委員会及び第 15 回税効果会計専門委員会 ( 以下 専門委員会 という ) において議論した開示 ( 注記 ) に関する論点について

More information

平成29年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

平成29年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 平成 29 年 3 月期 第 1 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 28 年 8 月 3 日 上場会社名 富士重工業株式会社 上場取引所 東 コード番号 7270 URL http://www.fhi.co.jp/ir/index.html 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 吉永泰之 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 総務部長 ( 氏名 ) 齋藤勝雄 (TEL) 03-6447-8825

More information

金融資産運用設計関連 主な改正事項

金融資産運用設計関連 主な改正事項 金融資産運用設計関連 主な改正事項 1. ゆうちょ銀行の預入限度額の引上げ ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の 1 人当たり限度額は政令で定められているが 平成 28(2016) 年 3 月 25 日に政令が改正され 4 月 1 日から限度額が次のように引き上げられた 1 ゆうちょ銀行の預入限度額を 1,000 万円から 1,300 万円に引き上げ 2 かんぽ生命保険については 1,000 万円の基本契約の限度額は変更しないが

More information

IFRS News Flash

IFRS News Flash IASB 公開草案 リース を公表 国際会計基準審議会 (IASB) は2013 年 5 月 16 日に 公開草案 (ED/2013/6) リース を公表した この公開草案は IASBが2010 年 8 月に公表した公開草案 リース ( 以下 2010 年公開草案 ) に対するコメントを受けた再審議の結果 提案内容が変更となった主な論点について 再度広く意見を募るために公表されたものである 公開草案の概要は以下のとおりである

More information

( 注 3) その他の少額上場株式等の非課税口座制度の詳細については 証券会社等の金融商品取引業者等にお問い合わせ下さ い b. 利益を超える金銭の分配に係る税務個人投資主が本投資法人から受取る利益を超える金銭の分配 ( 平成 27 年 4 月 1 日以後開始事業年度に係る利益を超える金銭の分配につ

( 注 3) その他の少額上場株式等の非課税口座制度の詳細については 証券会社等の金融商品取引業者等にお問い合わせ下さ い b. 利益を超える金銭の分配に係る税務個人投資主が本投資法人から受取る利益を超える金銭の分配 ( 平成 27 年 4 月 1 日以後開始事業年度に係る利益を超える金銭の分配につ (5) 課税上の取扱い 日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは以下のとおりです なお 税法等の改正 税務当局等による解釈 運用の変更により 以下の内容は変更されることがあります また 個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いがなされることがあります 1 投資主の税務 ( イ ) 個人投資主の税務 a. 利益の分配に係る税務個人投資主が投資法人から受取る利益の分配

More information

ロードショー資料

ロードショー資料 日本 BS 放送株式会社 2015 年 8 月期決算概要 2015 年 10 月 7 日 ( 東証一部 9414) Copyright Nippon BS Broadcasting Corporation. All rights reserved. Ⅰ 決算概況 Copyright Nippon BS Broadcasting Corporation. All rights reserved. 1

More information

<4D F736F F D2091E636388AFA C8B928D8B4C955C81458CC295CA928D8B4C955C5F955C8E86434C2E646F63>

<4D F736F F D2091E636388AFA C8B928D8B4C955C81458CC295CA928D8B4C955C5F955C8E86434C2E646F63> 第 68 回定時株主総会招集ご通知におけるインターネット開示事項 連結注記表 個別注記表 第 68 期 ( 平成 25 年 4 月 1 日から平成 26 年 3 月 31 日まで ) 連結注記表および個別注記表につきましては 法令および当社定款第 16 条の規定に基づき 当社ウェブサイトに掲載することにより株主の皆様に提供しております 連結注記表 連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等

More information

平成 26 年度 佐賀市財務諸類の公表について Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデ

平成 26 年度 佐賀市財務諸類の公表について Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデ 平成 2 6 年度 佐賀市財務書類 基準モデル 平成 28 年 3 月 佐賀市総務部財政課 平成 26 年度 佐賀市財務諸類の公表について Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデル 又は

More information

Microsoft Word - 05_08_第1四半期短信表紙.doc

Microsoft Word - 05_08_第1四半期短信表紙.doc 平成 18 年 12 月期第 1 四半期財務 業績の概況 ( 連結 ) 平成 18 年 5 月 12 日 会 社 名株式会社陽光都市開発 (JASDAQ コード番号:8946) (URL http://www.yoko.co.jp) 代 表 者役 職 名代表取締役社長 氏 名飯田一幸 問 合 せ 先責任者役職名取締役管理本部副本部長 氏 名安部信弘 TEL (045)3242444 1. 四半期財務情報の作成等に係る事項

More information

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計 実務対応報告第 32 号平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い 平成 28 年 6 月 17 日企業会計基準委員会 目的 1. 本実務対応報告は 平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の改正 ( 平成 28 年 4 月 1 日以後に取得する建物附属設備及び構築物の法人税法上の減価償却方法について 定率法が廃止されて定額法のみとなる見直し ) に対応して 必要と考えられる取扱いを示すことを目的とする

More information

平成 25 年度 佐賀市財務諸類の公表公表についてについて Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示され

平成 25 年度 佐賀市財務諸類の公表公表についてについて Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示され 平成 2 5 年度 佐賀市財務書類 基準モデル 平成 27 年 3 月佐賀市総務部財政課 平成 25 年度 佐賀市財務諸類の公表公表についてについて Ⅰ 平成 18 年 6 月に成立した 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律 を契機に 地方の資産 債務改革の一環として 新地方公会計制度の整備 が位置づけられました これにより 新地方公会計制度研究会報告書 で示された 基準モデル

More information

公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金

公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金 公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金だけで課税関係を終了することもできます ( 確定申告不要制度の対象 ) 公共債の利子 平成 27 年

More information

土地の譲渡に対する課税 農地に限らず 土地を売却し 譲渡益が発生すると その譲渡益に対して所得税又は法人税などが課税される 個人 ( 所得税 ) 税額 = 譲渡所得金額 15%( ) 譲渡所得金額 = 譲渡収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用 ) 取得後 5 年以内に土地を売却した場合の税率は30

土地の譲渡に対する課税 農地に限らず 土地を売却し 譲渡益が発生すると その譲渡益に対して所得税又は法人税などが課税される 個人 ( 所得税 ) 税額 = 譲渡所得金額 15%( ) 譲渡所得金額 = 譲渡収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用 ) 取得後 5 年以内に土地を売却した場合の税率は30 農地等に対する課税制度について 参考資料 3 土地の譲渡に対する課税 農地に限らず 土地を売却し 譲渡益が発生すると その譲渡益に対して所得税又は法人税などが課税される 個人 ( 所得税 ) 税額 = 譲渡所得金額 15%( ) 譲渡所得金額 = 譲渡収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用 ) 取得後 5 年以内に土地を売却した場合の税率は30% となる 注 1) 土地等の譲渡所得は 他の所得と分離して課税される

More information

念.pwd

念.pwd 連載 IFRS 及び IAS の解説 第 21 回 IAS 第 12 号 法人所得税 公認会計士 ほしの星野 まさひろ正博 現行の IAS 第 12 号 法人所得税 ( 以下 IAS 第 12 号 という ) は 昭和 54 年 7 月に公表された IAS 第 12 号 法人税の会計処理 を置き換えて 平成 8 年 10 月に国際会計基準委員会 (IASC) から公表された法人所得税に関する基準である

More information

公募株式投資信託の解約請求および償還時

公募株式投資信託の解約請求および償還時 平成 20 年 12 月 1 日 お客さま各位 大同生命保険株式会社 運用企画部投信販売担当 平素は格別のお引き立てをいただき 厚く御礼申しあげます 平成 20 年度税制改正により 平成 21 年 1 月 1 日より証券税制が変更となります つきましては 当社でお取扱いしております公募株式投資信託 ( 以下 投資信託 ) に関わる税制改正の概要をお知らせいたしますので ご確認ください なお 今回お知らせする内容は平成

More information

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) 新規 社 ( 社名 ) 除外 社 ( 社名 ) (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 1 会計基 平成 29 年 2 月期 第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 28 年 10 月 07 日 上場会社名 株式会社ファステップス 上場取引所 東 コード番号 2338 URL http://www.fasteps.co.jp 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役 ( 氏名 ) 川嶋 誠 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 取締役管理部長 ( 氏名 ) 村山 経雅 (TEL) 03(5360)8998

More information

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63>

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63> 公的年金を受給されているみなさまへ 住民税の年金からの引き落としが始まります 平成 20 年 4 月の地方税法改正により これまで納付書や口座振替で納付していただいていた公的年金にかかる住民税を平成 21 年 10 月支給分の年金から直接引かせていただく制度 ( 特別徴収制度 ) が開始されます これにより この特別徴収制度対象の方は 年 4 回の納期が年 6 回になり 1 回あたりの負担額が軽減されるほか

More information

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編 特定口座 ( 簡易申告口座 ) の譲渡益と一般口座の譲渡益を申告する場合の確定申告書の作成の操作手順を説明します ( 特定口座 ( 源泉徴収口座 ) の申告の場合の操作手順は 操作の手引き 株式等の譲渡 ( 特定口座の譲渡損失と配当所得の損益通算及び翌年以後への繰越し ) 編 を併せてご覧ください ) なお この操作の手引きは 平成 25 年分株式等の譲渡所得等の申告のしかた ( 記載例 ) ( 国税庁

More information

untitled

untitled http://www.am.mufg.jp/ 0120-151034 手続 手数料等 お申込みメモ 購入単位購入価額購入代金当初元本換金単位換金価額換金代金 10 万口の整数倍で販売会社が定める単位販売会社にご確認ください 購入申込受付日の翌営業日の基準価額 基準価額は 100 口当たりで表示されます 基準価額は委託会社の照会先でご確認ください 販売会社が指定する期日までにお支払いください

More information

1) 2) 3) 19872003 4) 5) 6) 資料 各行 有価証券報告書 各年版および全国銀行協会編 全国銀行財務諸表分析 各年版より作成 注 数値は単体ベース 評価差額金は その他有価証券評価差額金を示している 比率は その他有価証券評価差額金の金額 自己資本額 100により算出している 括弧内は平均値を示している 各期末における対象銀行の相違や銀行数の変化は 銀行再編等の理由による 図表4

More information

 

  連結貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 980,456 流 動 負 債 864,539 現 金 及 び 預 金 146,093 支払手形及び買掛金 821,663 受取手形及び売掛金 563,458 短期借入金 880 リース債務 2,280 有 価 証 券 67,007

More information

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の数 38 社主要な連結子会社の名称 クレハトレーディング クレハ運輸 クレハ錦建設 クレハ合繊 クレハサービス クレハ環境 クレハエンジニアリング クレハエクステック ク

連結注記表 ( 連結計算書類作成のための基本となる重要な事項に関する注記等 ) 1. 連結の範囲に関する事項 (1) 連結子会社の数 38 社主要な連結子会社の名称 クレハトレーディング クレハ運輸 クレハ錦建設 クレハ合繊 クレハサービス クレハ環境 クレハエンジニアリング クレハエクステック ク 第 103 回定時株主総会招集ご通知に際しての インターネット開示事項 連結計算書類の連結注記表 計算書類の個別注記表 (2015 年 4 月 1 日から 2016 年 3 月 31 日まで ) 連結計算書類の連結注記表 および 計算書類の個別注記表 につきましては 法令および当社 定款第 16 条の規定に基づき インターネット上の当社ウェブサイト (http://www.kureha.co.jp)

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平成 24 年 3 月期第 3 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 24 年 2 月 8 日 上場会社名株式会社南陽 上場取引所 福 コード番号 7417 URL http://www.nanyo.co.jp/ 代表者 ( 役職名 ) 代表取締役社長 ( 氏名 ) 武内英一郎 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 取締役管理本部長兼経営企画室長 ( 氏名 ) 篠崎学 TEL 092-472-7331

More information

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月 空き家の発生を抑制するための特例措置 ( 空き家の譲渡所得の 3,000 万円特別控除 ) について 1. 制度の概要 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日までに 被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が 当該家屋 ( 耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り その敷地を含む ) 又は取壊し後の土地を譲渡した場合には 当該家屋又は土地の譲渡所得から

More information

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC 東近江市補助金制度に関する改革指針 の答申 1 1. 法令または契約等によって地方公共団体が負担することとなるもの (1) 特定の事業について 地方公共団体が当該事業から特別の利益を受けることに対して その事業に要する経費の全部または一部の金額を負担する場合 (2) 一定の事業等について 財政政策上またはその他の見地からその事業等に要する経費の負担割合が定められているときに その負担区分により負担する場合

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 3 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 3 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 4 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 4 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 4 (3) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更

More information

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付ページ 3 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧ください (

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付ページ 3 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧ください ( 平成 29 年 3 月期 第 2 四半期決算短信 日本基準 ( 連結 ) 平成 28 年 11 月 7 日 上場会社名 株式会社新川 上場取引所 東 コード番号 6274 URL http://www.shinkawa.com 代 表 者 ( 役職名 ) 代表取締役社長執行役員 ( 氏名 ) 長野 高志 問合せ先責任者 ( 役職名 ) 取締役常務執行役員 ( 氏名 ) 経営企画部長兼経理部長 森 琢也

More information

連結納税基礎セミナー ~専門書では分からない実務上の留意点について~

連結納税基礎セミナー ~専門書では分からない実務上の留意点について~ 連結納税基礎セミナー ~ 専門書では分からない実務上の留意点について ~ 前編 ~ 連結納税の概要 ~ 2 1. 連結納税の計算 連結納税の計算は 1 各法人個別 ( 単体 ) に計算 2 一定の項目については全体で適用 3 全体の所得金額を算出 4 全体の所得で法人税額を算出 5 全体の法人税額を各法人の個別所得に応じて配分 という流れになっています 親法人子法人 A 子法人 B 各法人個別計算

More information

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編 特定口座 ( 簡易申告口座 ) の譲渡益と一般口座の譲渡益を申告する場合の確定申告書の作成の操作手順を説明します ( 特定口座 ( 源泉徴収口座 ) の申告の場合の操作手順は 操作の手引き 株式等の譲渡 ( 特定口座の譲渡損失と配当所得の損益通算及び翌年以後への繰越し ) 編 を併せてご覧ください ) なお この操作の手引きは 平成 27 年分株式等の譲渡所得等の申告のしかた ( 記載例 ) ( 国税庁

More information

配当所得 配当所得の金額 = 収入金額 - 元本取得のための ( 源泉徴収前 ) 借入金の利子 原則 支払い時に源泉徴収 確定申告によって精算 総合課税 申告不要あり 株式の配当 株式投資信託の収益分配金 保険会社から受け取る基金利息など 申告分離課税あり 例外 非課税株式投資信託の特別分配金 (

配当所得 配当所得の金額 = 収入金額 - 元本取得のための ( 源泉徴収前 ) 借入金の利子 原則 支払い時に源泉徴収 確定申告によって精算 総合課税 申告不要あり 株式の配当 株式投資信託の収益分配金 保険会社から受け取る基金利息など 申告分離課税あり 例外 非課税株式投資信託の特別分配金 ( 3. 利子所得 配当所得 利子所得 原則 利子所得の金額 = 収入金額 ( 源泉徴収前 ) 必要経費なし 源泉分離課税 (15%+5%) 預貯金の利子 公社債の利子 合同運用信託 ( 貸付信託 金銭信託 ) の収益分配金 公社債投資信託の収益分配金 例外 1 総合課税のもの ( 源泉徴収なし ) 日本国外の銀行の預金利子 国際機関が発行した債券の利子 2 非課税少額貯蓄 ( 元本 350 万以下 )

More information

IFRS第3号「企業結合」修正案及びIAS第27号「連結及び個別財務諸表」修正案に対する

IFRS第3号「企業結合」修正案及びIAS第27号「連結及び個別財務諸表」修正案に対する 国際会計基準審議会御中 2005 年 10 月 28 日 IFRS 第 3 号 企業結合 修正案及び IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 修正案に対するコメント 企業会計基準委員会 (ASBJ) は IFRS 第 3 号 企業結合 修正案及び IAS 第 27 号 連結及び個別財務諸表 修正案に対してコメントする ここに記載されている見解は国際対応専門委員会のものである Ⅰ 総論 1. 親会社説

More information

3 級商業簿記 3 級学習進度表 ( 基本講義 ) 講義回学習テーマ ( 商業簿記 ) 重要度 テーマ 1 簿記の基礎知識 第 1 回 テーマ 2 日常の手続き Ⅰ テーマ 3 日常の手続き Ⅱ( いろいろな帳簿 まで ) テーマ 3 日常の手続き Ⅱ( 試算表の作成 より ) 第 2 回 テーマ

3 級商業簿記 3 級学習進度表 ( 基本講義 ) 講義回学習テーマ ( 商業簿記 ) 重要度 テーマ 1 簿記の基礎知識 第 1 回 テーマ 2 日常の手続き Ⅰ テーマ 3 日常の手続き Ⅱ( いろいろな帳簿 まで ) テーマ 3 日常の手続き Ⅱ( 試算表の作成 より ) 第 2 回 テーマ ( 無断転載を禁ず ) このたびは体験入学をご利用いただきありがとうございます 体験 入学は 第 1 回講義にご参加いただけますが このテキストでは第 1 回講義 第 2 回講義で学習する内容を掲載しています ぜひ 次回 ( 第 2 回 ) の講義内容もお見通しいただければと思います 3 級商業簿記 3 級学習進度表 ( 基本講義 ) 講義回学習テーマ ( 商業簿記 ) 重要度 テーマ 1 簿記の基礎知識

More information