Microsoft Word - 池田様本文確定

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 池田様本文確定"

Transcription

1 , , 1, 2 100,,, 3,.,,.,,.,,,, I.,, 1., 2. 1,,. 25

2 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等,,,.,,.., 1992,,., 3., 2004, , , ,..,., 5.,,. 2, JILPT , 2012b,,,.,, JILPT., , 2007,.,, ,. 4,,,,., ,

3 .,..,,.,,.,., 100, ,.,,.,.,,.,. II.,.,.,. 6, , Waldfogel 1997, 1998, 2003, 2003, 2006,,..,,,., 7,., 2006, 6,, ,,. 27

4 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等,,,,, 2006: ,, 2007:146.. Pitt-Catsouphes and Litchfield 2001, small business,,,.,,, Pitt-Catsouphes and Litchfield 2001:145.,., ,.,,. 2009,,, 1,.,.., 2012.,,,,.,,, :117.,,,.,,.,, 28

5 ., 2009,., 2007,.,.,,.,,. III. 1., ,,., 1., 1 9,, ,. 2000, % b, 2012b.,. 9, 2011b,.,. 10 1, 1.,. 1.,,, 1. 1, 1,. 1 29

6 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等, %,. 67.7%.,,,,., 1. 1, 1 11,. 1., , , , , 100.,.,,,.,.,,.,.,,.,.,.,,., 1,., ,.,, ,., , , % 1992, , , : , :22. 30

7 表 1 分析データの基本統計量 平均値 標準偏差 最小値 最大値 度数 コーホート ( 該当 =1 非該当 =0) 生 生 生 第 1 子出産年代 ( 該当 =1 非該当 =0) 1998 年以前 年 年以降 第 1 子出産年齢 最終学歴 ( 該当 =1 非該当 =0) 中学 高校卒 専門 短大卒 大学 大学院卒 第 1 子妊娠時職種 ( 該当 =1 非該当 =0) 教師 保育士 看護師 専門 技術職 事務職 営業 販売職 サービス職 技能工 労務職 第 1 子妊娠時職務内容 ( 男性と同じ =1 異なる =0) 第 1 子妊娠時週実労働時間 時間以内 時間超 50 時間以内 時間超 第 1 子妊娠時組合加入有無 ( あり =1 なし =0) 第 1 子妊娠時企業規模 ( 該当 =1 非該当 =0) 100 人未満 人 人以上 第 1 子妊娠時育児休業制度 ( あり =1 なし =0) 育児休業制度ありのうち : 制度周知 ( あり =1 なし =0) 第 1 子妊娠時勤務先の外からの両立支援制度情報 ( あり =1 なし =0) 第 1 子出産時点雇用の有無 ( 雇用 =1 非就業 =0) 雇用のうち育児休業取得 ( あり =1 なし =0) , 300, , ,., 1, , , 2,., 100,.,. 31

8 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等 図 1 第 1 子妊娠 出産期の退職率と育児休業取得割合 - 第 1 子妊娠時企業規模 出産年代別 - ( 第 1 子妊娠時正規雇用 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 300 人以上 1998 年以前 (N=58) 年 (N=47) 2005 年以降 (N=24) 人 1998 年以前 (N=31) 年 (N=35) 2005 年以降 (N=16) 100 人未満 1998 年以前 (N=62) 年 (N=46) 2005 年以降 (N=26) 退職 育児休業取得せずに継続 育児休業取得して継続 60.3% 13.8% 25.9% 44.7% 8.5% 46.8% 20.8% 79.2% 54.8% 25.8% 19.4% 40.0% 20.0% 40.0% 31.3% 68.8% 45.2% 50.0% 42.3% 30.6% 15.2% 26.9% 24.2% 34.8% 30.8% 2.,,.,.,,.,,, ,.,.,,.,,., 13., b,

9 1 300., 100 1,,.,., ,., ,.,,,.,.,.,. 1,,..,.,,. 1,.,.,,.,,,.,,,.,,. 14 e. 33

10 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等, 2.,, 80%., 15., 1.,,.,,.,,.,. 1,,,.,. 2.,., 1, 1,,,., 1. 1, 0,.,.,,,.,,.,, 3,., 15,.,, 70%. 34

11 .,,,.,, ,,., 100., 100., 1, 0. 1.,,., ,,, , , IV., 100, 300,., , , ,., ,, , ,

12 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等,,.,, 1 17,, 1., , ,,., ,, 1, 18. 1, , ,,, 1, 0.,, , , ,.., , 1,,., ,, 1.,. 18., , 2009,. 19,,,,. 36

13 表 2 第 1 子出産時点雇用の有無の規定要因 ロジスティック回帰分析 ( 第 1 子妊娠時正規雇用 ) 被説明変数 ( 雇用 =1 非就業 =0) 第 1 子出産時点雇用の有無 分析対象 ( 企業規模 ) 300 人以上 100 人未満 係数値 標準誤差 オッズ比 係数値 標準誤差 オッズ比 コーホート (BM: 年生 ) 年生 年生 第 1 子出産年齢 最終学歴 (BM: 中学 高校卒 ) 専門 短大卒 大学 大学院卒 * 第 1 子妊娠時職種 (BM: 事務職 ) 教師 保育士 看護師 専門 技術職 営業 販売職 サービス職 技能工 労務職 第 1 子妊娠時職務 ( 男性正社員と同じ =1 異なる =0) ** 第 1 子妊娠時週実労働時間 (BM:35 時間以上 40 時間以内 ) 40 時間超 50 時間以内 時間超 第 1 子妊娠時組合加入 ( あり =1 なし =0) 第 1 子出産時親同居 ( あり =1 なし =0) 自分の母の職業経歴 (BM: 専業主婦 ) 就業継続 育児後再就職 第 1 子妊娠時勤務先育児休業制度の周知 (BM: 制度なし ) 制度周知あり ** * 制度周知なし ** 第 1 子妊娠時勤務先の外からの両立支援制度情報 ( あり =1 なし =0) * 定数 χ2 乗 * ** 自由度 対数尤度 Nagelkerke R2 乗 N BMはベンチマークの略 **1% 水準で有意 * 5% 水準で有意.,,,.,,.,., 100,, 300,,.,.,.,,.,,. 37

14 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等,. 300,,,..,,.,., 100, ,,.,,., 21., 1, 1., , 62, 2,..,,,,., , 20, , Freeman and Medoff ,, 6., ,

15 表 3 第 1 子出産時育児休業取得の有無 -ロジスティック回帰分析-( 第 1 子妊娠時正規雇用かつ出産時点雇用 ) 被説明変数 ( 取得した =1 取得しなかった =0) 分析対象 ( 企業規模 ) 第 1 子出産時育児休業取得の有無 100 人未満 係数値 標準誤差 オッズ比 コーホート (BM: 年生 ) 年生 * 年生 第 1 子出産年齢 最終学歴 (BM: 中学 高校卒 ) 専門 短大卒 大学 大学院卒 第 1 子妊娠時職種 (BM: 事務職 ) 教師 保育士 看護師 専門 技術職 * 営業 販売職 サービス職 * 技能工 労務職 職務 ( 男性正社員と同じ =1 異なる =0) 妊娠時週実労働時間 (BM:35 時間以上 40 時間以内 ) 40 時間超 50 時間以内 時間超 第 1 子妊娠時組合加入 ( あり =1 なし =0) 第 1 子出産時親同居 ( あり =1 なし =0) 自分の母の職業経歴 (BM: 専業主婦 ) 就業継続 育児後再就職 第 1 子妊娠時勤務先育児休業制度の周知 (BM: 制度なし ) 制度周知あり * 制度周知なし 第 1 子妊娠時勤務先の外からの両立支援制度情報 ( あり =1 なし =0) 定数 χ2 乗 ** 自由度 20-2 対数尤度 Nagelkerke R2 乗.790 N 62 BMはベンチマークの略 **1% 水準で有意 * 5% 水準で有意 23,,., , 3,,,. 23, 2.,.,. 39

16 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等, 24.,,., 3. 2,. 2, 2.,.,,., ,,.,,,,, 26.,,,,., 2. V.,.. 300, ,,,., e,.,, 3. 26,,,.. 40

17 ,,,.,,.., 300,..,.,., 100,,,..,, 20.,,.,,,.,..,.,..,,.,,.,,.,.,, 41

18 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等.,,,,.,,,..,. Freeman, Richard B. and Medoff, James L What Do Unions Do? Basic Books Pitt-Catsouphes, Marcie and Litchfield, Leon 2001 How are Small Business Responding to Work and Family Issues? edited by Hertz Rosanna and Marshall, Nancy, L, Working Families, University of California Press, pp , pp No. 381, pp No. 433, pp JILPT Discussion Paper Series No. 553, pp No ,,, pp COE [ ], pp

19 2002 Vol. 58, No. 242, pp , pp Vol. 40, No. 1, pp Vol. 55, No. 2, pp No. 157, pp JILPT 2 No. 2, pp , pp Vol. 50, No. 5, pp , pp Jane Waldfogel 1997 Vol. 53, No. 4, pp No. 459, pp Vo. 61, No. 3, pp No. 536, pp No. 459, pp No No

20 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等 2011a No b 2005 No a JILPT 2 No b No , pp No. 503, pp Vol. 45, No. 4, pp

Autumn 06 1 2005 100 100 1 100 1 2003 2005 10 2003 2005 2

Autumn 06 1 2005 100 100 1 100 1 2003 2005 10 2003 2005 2 2005 25-2 17 395.6 149.1 1 2004 2 2003p.13 3 Autumn 06 1 2005 100 100 1 100 1 2003 2005 10 2003 2005 2 Vol. 42 No. 2 2 100 20052005 2002 20052005 3 2005 10 1 II III IV 1 1 1 2 1 4 15-2 30 4,091 54.5 2

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル 6.( 参考 ) 育休取得 職場復帰の状況 育休を取得して働き続ける女性の割合は増えているものの 働いている女性の約 6 割が第 1 子出産前後に離職している状況は この 20 年間あまり変わっていない状況が続いています 第 1 子出生年別にみた 第 1 子出産前後の妻の就業変化 100% 3.1 3.4 3.8 4.1 5.2 80% 35.5 34.6 32.8 28.5 24.1 60% 40%

More information

....671-......3.Z...QXD (Page 1)

....671-......3.Z...QXD (Page 1) http://www.mhlw.go.jp/topics///tp- /.html , ..,,, .......... p. p. p. p. p. p. p. p. p http://bktp.org/news/. pp.- pp. -. pp. -. pp.-. COE pp.-. pp.-. pp.-. pp. -. pp.-. pp.-. ESRI Discussion

More information

ÿþ

ÿþ I O 01 II O III IV 02 II O 03 II O III IV III IV 04 II O III IV III IV 05 II O III IV 06 III O 07 III O 08 III 09 O III O 10 IV O 11 IV O 12 V O 13 V O 14 V O 15 O ( - ) ( - ) 16 本 校 志 望 の 理 由 入 学 後 の

More information

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2)

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) (1) I 44 II 45 III 47 IV 52 44 4 I (1) ( ) 1945 8 9 (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) 45 II 1 (3) 511 ( 451 1 ) ( ) 365 1 2 512 1 2 365 1 2 363 2 ( ) 3 ( ) ( 451 2 ( 314 1 ) ( 339 1 4 ) 337 2 3 ) 363 (4) 46

More information

i ii i iii iv 1 3 3 10 14 17 17 18 22 23 28 29 31 36 37 39 40 43 48 59 70 75 75 77 90 95 102 107 109 110 118 125 128 130 132 134 48 43 43 51 52 61 61 64 62 124 70 58 3 10 17 29 78 82 85 102 95 109 iii

More information

1 3 i i MURC 1/10

1 3 i i MURC 1/10 2010 10 1 (*) (*) 2010 9 17 108-8248 2-16-4 TEL03-6711-1241 1 3 i 2010 2010 21 15 38 1618 25 14 1517 11 8 15 1618 25 i MURC 1/10 http://www.murc.jp//politics_c1/pol_report/ 60 64 2 1,000 ii 30 29 32 31

More information

最適電源構成モデルを用いた卸電力取引市場の経済厚生の評価分析

最適電源構成モデルを用いた卸電力取引市場の経済厚生の評価分析 RIETI Discussion Paper Series 07-J-044 \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \

More information

i

i 14 i ii iii iv v vi 14 13 86 13 12 28 14 16 14 15 31 (1) 13 12 28 20 (2) (3) 2 (4) (5) 14 14 50 48 3 11 11 22 14 15 10 14 20 21 20 (1) 14 (2) 14 4 (3) (4) (5) 12 12 (6) 14 15 5 6 7 8 9 10 7

More information

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8... 取 扱 説 明 書 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...9...11 - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

第1部 一般的コメント

第1部 一般的コメント (( 2000 11 24 2003 12 31 3122 94 2332 508 26 a () () i ii iii iv (i) (ii) (i) (ii) (iii) (iv) (a) (b)(c)(d) a) / (i) (ii) (iii) (iv) 1996 7 1996 12

More information

表1票4.qx4

表1票4.qx4 iii iv v 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 22 23 10 11 24 25 26 27 10 56 28 11 29 30 12 13 14 15 16 17 18 19 2010 2111 22 23 2412 2513 14 31 17 32 18 33 19 34 20 35 21 36 24 37 25 38 2614

More information

第1章 国民年金における無年金

第1章 国民年金における無年金 1 2 3 4 ILO ILO 5 i ii 6 7 8 9 10 ( ) 3 2 ( ) 3 2 2 2 11 20 60 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 14 15 8 16 2003 1 17 18 iii 19 iv 20 21 22 23 24 25 ,,, 26 27 28 29 30 (1) (2) (3) 31 1 20

More information

o 2o 3o 3 1. I o 3. 1o 2o 31. I 3o PDF Adobe Reader 4o 2 1o I 2o 3o 4o 5o 6o 7o 2197/ o 1o 1 1o

o 2o 3o 3 1. I o 3. 1o 2o 31. I 3o PDF Adobe Reader 4o 2 1o I 2o 3o 4o 5o 6o 7o 2197/ o 1o 1 1o 78 2 78... 2 22201011... 4... 9... 7... 29 1 1214 2 7 1 8 2 2 3 1 2 1o 2o 3o 3 1. I 1124 4o 3. 1o 2o 31. I 3o PDF Adobe Reader 4o 2 1o 72 1. I 2o 3o 4o 5o 6o 7o 2197/6 9. 9 8o 1o 1 1o 2o / 3o 4o 5o 6o

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 認定企業の取組事例その 1 社団法人信愛会 所在地 : 青森県業種 : 医療労働者数 : 113 人 ( 男性 17 人 女性 96 人 ) 別添 3 計画期間平成 19 年 6 月 28 日 ~ 平成 21 年 6 月 27 日 (1) 仕事と子育ての両立について 情報提供及び相談体制を整備する (2) 子どもが生まれる際の父親の休暇制度を導入する (3) 男性の育児休業を積極的に取得させるための措置を実施する

More information

- 2 -

- 2 - - 2 - - 3 - (1) (2) (3) (1) - 4 - ~ - 5 - (2) - 6 - (1) (1) - 7 - - 8 - (i) (ii) (iii) (ii) (iii) (ii) 10 - 9 - (3) - 10 - (3) - 11 - - 12 - (1) - 13 - - 14 - (2) - 15 - - 16 - (3) - 17 - - 18 - (4) -

More information

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1 1 1979 6 24 3 4 4 4 4 3 4 4 2 3 4 4 6 0 0 6 2 4 4 4 3 0 0 3 3 3 4 3 2 4 3? 4 3 4 3 4 4 4 4 3 3 4 4 4 4 2 1 1 2 15 4 4 15 0 1 2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4

More information

1 (1) (2)

1 (1) (2) 1 2 (1) (2) (3) 3-78 - 1 (1) (2) - 79 - i) ii) iii) (3) (4) (5) (6) - 80 - (7) (8) (9) (10) 2 (1) (2) (3) (4) i) - 81 - ii) (a) (b) 3 (1) (2) - 82 - - 83 - - 84 - - 85 - - 86 - (1) (2) (3) (4) (5) (6)

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information

1 2 2005 1983 1 ()1984 2 1947 1950 19791996 1

1 2 2005 1983 1 ()1984 2 1947 1950 19791996 1 KEO Discussion Paper No.104 19451947 * ** 2006 11 19451947 * ** 1 2 2005 1983 1 ()1984 2 1947 1950 19791996 1 4 A A A A A 3 3 1990 19952003A2003B 4 2 198719941997 1995 1995 3 5 6 1998: 30 40 19701992 7

More information

provider_020524_2.PDF

provider_020524_2.PDF 1 1 1 2 2 3 (1) 3 (2) 4 (3) 6 7 7 (1) 8 (2) 21 26 27 27 27 28 31 32 32 36 1 1 2 2 (1) 3 3 4 45 (2) 6 7 5 (3) 6 7 8 (1) ii iii iv 8 * 9 10 11 9 12 10 13 14 15 11 16 17 12 13 18 19 20 (2) 14 21 22 23 24

More information

01表紙福島

01表紙福島 子育てする 新しい日本のお父さん 高度経済成長期の家族モデルのお父さんは 働いて一家を養い 子どもたちに社会のルー ルを教える存在で 日常の育児は専業主婦であるお母さんが担っていました しかし 共働きの進展とともに お父さんにも家事育児が求められるようになり お父 さんが おむつを替えたり 保育園の送迎をしたり 子どもと遊んだり 保護者会に出 席することが 特異なことではなく 自然になこととして社会に受け入れられ

More information

23 歳までの育児のための短時間勤務制度の制度普及率について 2012 年度実績の 58.4% に対し 2013 年度は 57.7% と普及率は 0.7 ポイント低下し 目標の 65% を達成することができなかった 事業所規模別では 30 人以上規模では8 割を超える措置率となっているものの 5~2

23 歳までの育児のための短時間勤務制度の制度普及率について 2012 年度実績の 58.4% に対し 2013 年度は 57.7% と普及率は 0.7 ポイント低下し 目標の 65% を達成することができなかった 事業所規模別では 30 人以上規模では8 割を超える措置率となっているものの 5~2 2013 年度雇用均等分科会における年度目標の評価について ( 案 ) 2013 年度の目標として設定した年度目標について 雇用均等分科会が実施し た評価の結果は 概ね以下のとおりである 1ポジティブ アクション取組企業割合について平成 24 年度より 11.7 ポイント低下して 20.8% となっている 前年度調査と比較すると 企業規模にかかわらず 今のところ取り組む予定はない とする企業の割合が

More information

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案)

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案) 1 1.... 2 1.1... 2 2.... 4 2.1... 4 3.... 6 4.... 6 1 1 29 1 29 1 1 1. 2 1 1.1 (1) (2) (3) 1 (4) 2 4 1 2 2 3 4 31 12 5 7 2.2 (5) ( a ) ( b ) 1 3 2 ( c ) (6) 2. 2.1 2.1 (1) 4 ( i ) ( ii ) ( iii ) ( iv)

More information

i ii iii iv v vi vii ( ー ー ) ( ) ( ) ( ) ( ) ー ( ) ( ) ー ー ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 13 202 24122783 3622316 (1) (2) (3) (4) 2483 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) 11 11 2483 13

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

178 5 I 1 ( ) ( ) 10 3 13 3 1 8891 8 3023 6317 ( 10 1914 7152 ) 16 5 1 ( ) 6 13 3 13 3 8575 3896 8 1715 779 6 (1) 2 7 4 ( 2 ) 13 11 26 12 21 14 11 21

178 5 I 1 ( ) ( ) 10 3 13 3 1 8891 8 3023 6317 ( 10 1914 7152 ) 16 5 1 ( ) 6 13 3 13 3 8575 3896 8 1715 779 6 (1) 2 7 4 ( 2 ) 13 11 26 12 21 14 11 21 I 178 II 180 III ( ) 181 IV 183 V 185 VI 186 178 5 I 1 ( ) ( ) 10 3 13 3 1 8891 8 3023 6317 ( 10 1914 7152 ) 16 5 1 ( ) 6 13 3 13 3 8575 3896 8 1715 779 6 (1) 2 7 4 ( 2 ) 13 11 26 12 21 14 11 21 4 10 (

More information

育児短時間勤務

育児短時間勤務 5 6 7 30 3 1 3,000 50 1 10 ワーク ライフ バランス施策関連年譜 1991 2002 6 2003 2005 7 1 2 2 1 育児休業 1 1 6 227 3 3 2005 12 7 2001 4 1 2005 12 31 48 100 1 育児短時間勤務 5 6 7 2005 12 31 25 5 9 6 14 7 2 8 228 介護休業 / 介護短時間勤務 1 1

More information

16 16 16 1 16 2 16 3 24 4 24 5 25 6 33 7 33 33 1 33 2 34 3 34 34 34 34 34 34 4 34-1 - 5 34 34 34 1 34 34 35 36 36 2 38 38 41 46 47 48 1 48 48 48-2 - 49 50 51 2 52 52 53 53 1 54 2 54 54 54 56 57 57 58 59

More information

日本経済新聞社編『経済学の巨人危機と闘う─達人が読み解く先人の知恵』

日本経済新聞社編『経済学の巨人危機と闘う─達人が読み解く先人の知恵』 2012 309pp. Yasuo Suzuki / I 2008 4 3-16 1 2 3 174 2013 winter / No.398 4 5 6 7 8 J S 9 10 11 12 13 14 15 16 17 II 9 2011 11 9 9 16 175 6-8 1 1 1 2 7 13 15 10 280 281-286 176 2013 winter / No.398 281 286-298

More information

Excelにおける回帰分析(最小二乗法)の手順と出力

Excelにおける回帰分析(最小二乗法)の手順と出力 Microsoft Excel Excel 1 1 x y x y y = a + bx a b a x 1 3 x 0 1 30 31 y b log x α x α x β 4 version.01 008 3 30 Website:http://keijisaito.info, E-mail:master@keijisaito.info 1 Excel Excel.1 Excel Excel

More information

(2002) (1995)

(2002) (1995) OSIPP Discussion Pper: DP-2003 -J-007 28 July, 2003 2002 9 gohtni@osipp.osk-u.c.jp mtusige@osipp.osk-u.c.jp umezki@i.hosei.c.jp 1 1. 1 3 (2002) 1 2003 2 (1995) 3 2000 4 2 2 3 Oxc 4 2. 2-1 1997 6000 20

More information

安全・安心な社会を目指して―現代社会病理の背景に関する有識者ヒアリングとりまとめ-

安全・安心な社会を目指して―現代社会病理の背景に関する有識者ヒアリングとりまとめ- 1 http://www.esri.go.jp/jp/prj/social/social_main.html 2 3 4 5 I 1990 2 II 16 6 20 3,000 2,136 71.2 16 15 16 20 50 3001 55.9 65.8 64.0 55.6 51.4 50 60 3 4 30 50 40 40 30 30 5 79.4 86.1 67.8 44.6 48.8 41.1

More information

untitled

untitled i ii iii iv v 43 43 vi 43 vii T+1 T+2 1 viii 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 a) ( ) b) ( ) 51

More information

AccessflÌfl—−ÇŠš1

AccessflÌfl—−ÇŠš1 ACCESS ACCESS i ii ACCESS iii iv ACCESS v vi ACCESS CONTENTS ACCESS CONTENTS ACCESS 1 ACCESS 1 2 ACCESS 3 1 4 ACCESS 5 1 6 ACCESS 7 1 8 9 ACCESS 10 1 ACCESS 11 1 12 ACCESS 13 1 14 ACCESS 15 1 v 16 ACCESS

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 I II III 11 IV 12 V 13 VI VII 14 VIII. 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 _ 33 _ 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 VII 51 52 53 54 55 56 57 58 59

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

仕事と家庭の両立支援宣言 子育て応援宣言 仕事と家庭の両立支援宣言 職場風土改革促進事業実施事業主 として 21 世紀職業財団より 指定を受けました * 職場風土改革促進事業 の 2 年目取り組みについて * 財団法人小倉地区医療協会三萩野病院 理事長安部 隆二 当院は 平成 22 年 6 月から財

仕事と家庭の両立支援宣言 子育て応援宣言 仕事と家庭の両立支援宣言 職場風土改革促進事業実施事業主 として 21 世紀職業財団より 指定を受けました * 職場風土改革促進事業 の 2 年目取り組みについて * 財団法人小倉地区医療協会三萩野病院 理事長安部 隆二 当院は 平成 22 年 6 月から財 仕事と家庭の両立支援宣言 子育て応援宣言 仕事と家庭の両立支援宣言 職場風土改革促進事業実施事業主 として 21 世紀職業財団より 指定を受けました * 職場風土改革促進事業 の 2 年目取り組みについて * 財団法人小倉地区医療協会三萩野病院 理事長安部 隆二 当院は 平成 22 年 6 月から財団法人 21 世紀職業財団福岡事務所長より 職場風土改革促進事業実施事業主 の指定を受けて2 年目に入りました

More information

1 st 2 nd Dec.2007 Keio Economic Observatory Occasional Paper J.No.28 1993 pp4-54 2

1 st 2 nd Dec.2007 Keio Economic Observatory Occasional Paper J.No.28 1993 pp4-54 2 1 st 2 nd Dec.2007 Keio Economic Observatory Occasional Paper J.No.28 1993 pp4-54 2 1 st 2 nd Dec.2007 3 1 st 2 nd Dec.2007 4 1 st 2 nd Dec.2007 10 5 1 st 2 nd Dec.2007 1 1 2005 1-1 18 P. 6 1 st 2 nd Dec.2007

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 () - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57

More information

untitled

untitled Working Paper Series No.131 2010 5 = transformation 1945 12 18 12 9 15 1945 12 8000 2009 1 Working Paper Series No.1292010 4 No.130 2010 4 1940 2010 1 Working Paper Series No.131 2010 5 17 12 16 1940 1944

More information

ito.dvi

ito.dvi 1 2 1006 214 542 160 120 160 1 1916 49 1710 55 1716 1 2 1995 1 2 3 4 2 3 1950 1973 1969 1989 1 4 3 3.1 3.1.1 1989 2 3.1.2 214 542 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

86 7 I ( 13 ) II ( )

86 7 I ( 13 ) II ( ) 10 I 86 II 86 III 89 IV 92 V 2001 93 VI 95 86 7 I 2001 6 12 10 2001 ( 13 ) 10 66 2000 2001 4 100 1 3000 II 1988 1990 1991 ( ) 500 1994 2 87 1 1994 2 1000 1000 1000 2 1994 12 21 1000 700 5 800 ( 97 ) 1000

More information

要約 鍋谷 (2007) では2001 年 ~2005 年の高校野球 プロ野球における各プレーの貢献度を 得点 勝敗を被説明変数 各プレーを説明変数とした重回帰モデル 2 項ロジットモデル 2 項プロビットモデルを用いて分析し 犠打 ( 犠牲バント 犠牲フライ ) は得点に対しては有意ではないが勝敗

要約 鍋谷 (2007) では2001 年 ~2005 年の高校野球 プロ野球における各プレーの貢献度を 得点 勝敗を被説明変数 各プレーを説明変数とした重回帰モデル 2 項ロジットモデル 2 項プロビットモデルを用いて分析し 犠打 ( 犠牲バント 犠牲フライ ) は得点に対しては有意ではないが勝敗 平成 26 年度卒業論文 高校野球における各プレーの貢献度 所属ゼミ 村澤ゼミ 学籍番号 1110402082 氏 名 野村剛志 大阪府立大学経済学部 要約 鍋谷 (2007) では2001 年 ~2005 年の高校野球 プロ野球における各プレーの貢献度を 得点 勝敗を被説明変数 各プレーを説明変数とした重回帰モデル 2 項ロジットモデル 2 項プロビットモデルを用いて分析し 犠打 ( 犠牲バント

More information

入門ガイド

入門ガイド ii iii iv NEC Corporation 1998 v P A R 1 P A R 2 P A R 3 T T T vi P A R T 4 P A R T 5 P A R T 6 P A R T 7 vii 1P A R T 1 2 2 1 3 1 4 1 1 5 2 3 6 4 1 7 1 2 3 8 1 1 2 3 9 1 2 10 1 1 2 11 3 12 1 2 1 3 4 13

More information

untitled

untitled 2003 11 14 1 1 1999 2003 E-mail: kitamura@ier.hit-u.ac.jp E-mail : ged0305@srv.cc.hit-u.ac.jp 1 2001 Greenwald(2003) Hewlett(2002) 1 2 1 1 1999 1997 1960 1985 20 1920 1940 1950 1960 1990 20 3 1940 1950

More information

73 p.1 22 16 2004p.152

73 p.1 22 16 2004p.152 1987 p.80 72 73 p.1 22 16 2004p.152 281895 1930 1931 12 28 1930 10 27 12 134 74 75 10 27 47.6 1910 1925 10 10 76 10 11 12 139 p.287 p.10 11 pp.3-4 1917 p.284 77 78 10 13 10 p.6 1936 79 15 15 30 80 pp.499-501

More information

122011pp.139174 18501933

122011pp.139174 18501933 122011pp.139174 18501933 122011 1850 3 187912 3 1850 8 1933 84 4 1871 12 1879 5 2 1 9 15 1 1 5 3 3 3 6 19 9 9 6 28 7 7 4 1140 9 4 3 5750 58 4 3 1 57 2 122011 3 4 134,500,000 4,020,000 11,600,000 5 2 678.00m

More information

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3.

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3. 1 73 72 1 1844 11 9 1844 12 18 5 1916 1 11 72 1 73 2 1862 3 1870 2 1862 6 1873 1 3 4 3 4 7 2 3 4 5 3 5 4 2007 p. 117. 2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226.

More information

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc 1 2 3 4 5 6 7 1 2008. 2 2010, 3 2010. p.1 4 2008 p.202 5 2008. p.228 6 2011. 7 / 2008. pp.3-4 1 8 1 9 10 11 8 2008, p.7 9 2011. p.41 10.51 11 2009. p. 2 12 13 14 12 2008. p.4 13 2008, p.7-8 14 2008. p.126

More information

() L () 20 1

() L () 20 1 () 25 1 10 1 0 0 0 1 2 3 4 5 6 2 3 4 9308510 4432193 L () 20 1 PP 200,000 P13P14 3 0123456 12345 1234561 2 4 5 6 25 1 10 7 1 8 10 / L 10 9 10 11 () ( ) TEL 23 12 7 38 13 14 15 16 17 18 L 19 20 1000123456

More information

308 ( ) p.121

308 ( ) p.121 307 1944 1 1920 1995 2 3 4 5 308 ( ) p.121 309 10 12 310 6 7 ( ) ( ) ( ) 50 311 p.120 p.142 ( ) ( ) p.117 p.124 p.118 312 8 p.125 313 p.121 p.122 p.126 p.128 p.156 p.119 p.122 314 p.153 9 315 p.142 p.153

More information

日経テレコン料金表(2016年4月)

日経テレコン料金表(2016年4月) 1 2 3 4 8,000 15,000 22,000 29,000 5 6 7 8 36,000 42,000 48,000 54,000 9 10 20 30 60,000 66,000 126,000 166,000 50 100 246,000 396,000 1 25 8,000 7,000 620 2150 6,000 4,000 51100 101200 3,000 1,000 201

More information

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 29 2011 3 pp.55 86 19 1886 2 13 1 1 21 1888 1 13 2 3,500 3 5 5 50 4 1959 6 p.241 21 1 13 2 p.14 1988 p.2 21 1 15 29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 1

More information

SC-85X2取説

SC-85X2取説 I II III IV V VI .................. VII VIII IX X 1-1 1-2 1-3 1-4 ( ) 1-5 1-6 2-1 2-2 3-1 3-2 3-3 8 3-4 3-5 3-6 3-7 ) ) - - 3-8 3-9 4-1 4-2 4-3 4-4 4-5 4-6 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6 5-7 5-8 5-9 5-10 5-11

More information

6. Tel03-3201-0517 2

6. Tel03-3201-0517 2 1. 2004 2 10 (i) 3 1 2 1 (ii) 18.30 16,900 2004 (iii) 50 3 2. 3. 3 4. 5. 1 6. Tel03-3201-0517 E-Mailnaoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2 4 2004 4 2 1 4 18.30 5 50 5 59.3 50.2 5 6 6 7 7 9 11 12 13 99 13 13 14

More information

ゼロ年代の思考

ゼロ年代の思考 2014 4 Vol. 特集 ゼロ年代の思考 Special Edition : Reflections on the 2000s 2014 1 7 32 61 87 112 1 2 3 4 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

More information

~ / "~ ノ ~ ~ ~

~ / ~ ノ ~ ~ ~ 特 第 巻 家族 看 護学 研 究 第 号 集:家族看護とジエンダーロール 働く女性とジェンダー問題 一妊娠-出産 産後に焦点を当ててー 静 岡 県立大 学 短 期 大 学 部 松 加寸子 演 四重苦 J を女性は請けおう状態といってもよいだろ つ はじめに そこで 本章では看護の視点 より妊娠 出産 産後 ける女性の地位も高まってきた 戦前のように早く み ま を中心にして 有職女性の支援について論

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> i i vi ii iii iv v vi vii viii ix 2 3 4 5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

テキスト 3 キャリアカウンセリングの理論 Ⅰ キャリアカウンセリングに関するな理論主要 P17 テキスト 4 アセスメント / キャリア情報 目次構成巻末資料 p81 巻末資料 p79 目次 2 米国におけるキャリア情報 71 参考 引用文献 巻末資料 81 索引 ----

テキスト 3 キャリアカウンセリングの理論 Ⅰ キャリアカウンセリングに関するな理論主要 P17 テキスト 4 アセスメント / キャリア情報 目次構成巻末資料 p81 巻末資料 p79 目次 2 米国におけるキャリア情報 71 参考 引用文献 巻末資料 81 索引 ---- 修正内容 章タイトル テキスト名 ページ数 修正前 テキスト1 修正後 米国と日本におけるキャリアカウンセリング Ⅱ 米国におけるキャリアカウンセリング Ⅲ 日本におけるキャリアカウンセリング Ⅳ キャリアカウンセリングを必要とする 社会的背景 テキスト2 P28 修士課程修了後2年間のカウンセリングの実践において3 000時間のクライエント接触時間と100時間のカウンセリングの経験を有するこ 修士課程修了後2年間のカウンセリングの実践において3

More information

25 論文題目.indd

25 論文題目.indd Vol.15, pp.351 363, 2, 2014.3 平 成 24 年 度 大 学 院 人 間 学 研 究 科 修 士 論 文 題 目 一 覧 氏 名 論 文 題 目 351 平 成 24 年 度 人 間 学 部 卒 業 論 文 題 目 一 覧 平 成 24 年 度 人 間 学 部 卒 業 論 文 題 目 一 覧 氏 名 論 文 題 目 SNS 2012 3 352 Vol.15 Victoria's

More information

育児・介護休業規程

育児・介護休業規程 育児 介護休業規程 一般財団法人 Ruby アソシエーション 第 1 章 : 総則 第 1 条 ( 目的 ) 1. 本規程は 一般財団法人 Ruby アソシエーションの就業規則の第 16 条および第 20 条に基づき 職員の育児 介護 休業 育児 介護のための時間外労働および深夜業の制限に関する取り扱いについて定めるものである 第 2 章 : 育児休業 第 2 条 ( 対象者 ) 1. 育児のために休業することを希望する職員であって

More information

untitled

untitled 23 12 10 12:55 ~ 18:45 KKR Tel0557-85-2000 FAX0557-85-6604 12:55~13:00 13:00~13:38 I 1) 13:00~13:12 2) 13:13~13:25 3) 13:26~13:38 13:39~14:17 II 4) 13:39~13:51 5) 13:52 ~ 14:04 6) 14:05 ~ 14:17 14:18 ~

More information