第30回 日本環境感染学会総会・学術集会-プログラム・抄録集

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第30回 日本環境感染学会総会・学術集会-プログラム・抄録集"

Transcription

1 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P1-1 当院における MRSA 菌血症の臨床的検討 浜松医科大学医学部附属病院感染対策室 / 同検査部 河野雅人 1-P1-2 当院 HCU における MRSA 陽性患者の背景 三井記念病院高度治療センター / 感染制御チーム 福田幸人 1-P1-3 新規開院した当院における MRSA 検出状況と今後の感染対策 北播磨総合医療センター感染対策室 高橋尚子 MRSA 1 15:20~16:05 青木泰子 ( 国立病院機構東京医療センター内科 ) 1-P1-4 1-P1-5 当院における MRSA 院内伝播疑い症例の発生動向と分析 新規 MRSA 分離患者の動向調査 JA 広島総合病院 千葉大学医学部附属病院感染症管理治療部 今本紀生竹内典子 1-P1-6 当院におけるダプトマイシンの使用成績について 藤枝市立総合病院薬局 松浦紘生 1-P1-7 急性期治療後の患者を受け入れる医療環境における MRSA 対策の検討 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 川野留美子 1-P1-8 MRSA 感染予防対策における院内環境調査の重要性 北里大学医学部微生物学 笹原武志 1-P1-9 在院日数と病院環境が影響する新規 MRSA 感染率について第 2 報 公立甲賀病院組合公立甲賀病院 福本知代子 1-P2-1 MRSA の院内伝播の原因因子について 大阪府立呼吸器 アレルギー医療センター 橋本美鈴 1-P2-2 創傷処置を介した MRSA 交差感染予防対策の検討 前橋赤十字病院 町田浩美 1-P2-3 地域での分離菌情報を活用した MRSA 感染対策および感染症治療 大阪府立呼吸器 アレルギー医療センター 橋本章司 MRSA 2 16:05~16:50 金井信一郎 ( 信州大学医学部附属病院感染制御室 ) 1-P2-4 1-P2-5 1-P2-6 消化器外科における MRSA 感染対策 POT 法での水平伝播解析 当院における6 年間の MRSA 検出率の推移と対策の評価演題取り下げ 関西医科大学附属枚方病院看護部 山形市立病院済生館 池山美沙冨樫洋子 1-P2-7 救命センターにおける MRSA 積極的監視培養 日本医大多摩永山病院感染制御部 丸山 弘 1-P2-8 当院におけるダプトマイシンの使用実態調査 湘南鎌倉総合病院薬剤部 藤村一軌 1-P2-9 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の院内伝播調査と対策 総合病院伊達赤十字病院 松浦英樹 -65-

2 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P3-1 Clostridium dificile 感染症対策としてのトイレ環境衛生 平塚共済病院感染管理室 川崎 進 1-P3-2 外来通院中に診断された青年期女性の Clostridium dificile 感染症の 1 例 東京都保健医療公社豊島病院 久原嘉子 1-P3-3 当院におけるClostridium dificile 静岡市立清水病院院関連下痢症の発症頻度に対する薬剤内感染対策委員会の影響について 更谷和真 Clostridium dificile1 15:20~16:05 石郷潮美 ( 大垣市民病院医療安全管理部感染対策室 ) 1-P3-4 1-P3-5 1-P3-6 当院におけるClostridium dificile 熊本大学医学部附属病感染症 (CDI) に関する臨床細菌学的院中央検査部検討 Clostridium dificile 関連下痢症の薬物治療に対する院内治療指針の影響 当院における CDI 治療抗菌薬の標準化および適正化に向けた薬剤師の取り組み 福島労災病院薬剤部 / 同 JCHO 金沢病院薬剤科 大隈雅紀杉山昌宏水野宏昭 1-P3-7 Clostridium dificile 検査の抗原結果報告中止と CDI 発生状況の把握について 東京警察病院 宇田川郁子 1-P3-8 トキシン産生 Clostridium dificile 千葉県循環器病センのアウトブレイクを契機とした看護ター ケアへの介入 大塚モエミ 1-P3-9 院内発症下痢疑い事例における Clostridium perfringens 分離状況 千葉県がんセンター臨床検査部 里村秀行 1-P4-1 Clostridium dificile(cd) 迅速診断キット (CDQC) の使用経験 三重中央医療センター 中野 学 1-P4-2 重症 Clostridium dificile 感染症に対する治療薬の使用状況調査 大分市医師会立アルメイダ病院薬剤部 原尻学志 1-P4-3 CDI 対策強化が奏功した事例について 仙台厚生病院 石垣紀子 Clostridium dificile2 16:05~16:50 吉田敦 ( 獨協医科大学感染制御 臨床検査医学講座 ) 1-P4-4 1-P4-5 1-P4-6 高齢者における Clostridium dificile 東京大学医学部附属病 infection の臨床像院感染制御部 当院における Clostridium dificile 感染症 (CDI) 現状 Clostridium dificile 関連下痢症に対する感染対策の取り組み 函館五稜郭病院臨床検査科 大垣市民病院診療検査科細菌検査室 湯橋一仁 目黒英二 浅野裕子 1-P4-7 消化器外科術後 Clostridium dificile 東邦大学医療セン感染症の検討ター大橋病院外科 渡邉 学 1-P4-8 Clostridium dificile 感染時の陰部清潔保持と接触感染防止方法の検討 取手北相馬保健医療センター医師会病院看護部 間島菜穂子 1-P4-9 当院における Clostridium dificile 感染症治療についての調査 高松赤十字病院薬剤部 / 同 柴田麻佑 -66-

3 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P5-1 介護老人保健施設での hmpv 起因と思われる急性気道炎症状の集団発生を経験して 金沢春日ケアセンター 橋 典孝 1-P5-2 重症心身障害児施設におけるパラインフルエンザウイルス 4 型のアウトブレイク 神奈川県立こども医療センター感染制御室 鹿間芳明 1-P5-3 重症熱帯熱マラリアの診療支援と院内伝播防止策を行って 豊橋市民病院 高橋一嘉 春木宏介その他の病原体の ( 獨協医科大学越谷予防 診断 治療病院臨床検査部 / 15:20~16:05 感染制御部 ) 1-P5-4 当院における血液培養検体採取手技と汚染率との関連 急性期病病棟における角化型疥癬 1-P5-5 ( ノルウェー疥癬 ) の感染対策 岐阜大学医学部附属病院生体支援センター 市立長浜病院 土屋麻由美 藤木智美 当院保育園で発生したアタマジラミ 1-P5-6 (Pediculushumanuscapitis) の集団感染事例について 湘南鎌倉総合病院感染対策室 / 同 佐藤守彦 1-P5-7 RSV の集団感染事例から考える重症心身障害者病棟における感染予防 国立病院機構天竜病院 高山直樹 1-P5-8 1-P5-9 多摩南部地域病院の B 型肝炎ウィルス再活性化に関連する検査の実施状況調査 演題取り下げ 多摩南部地域病院 佐々木康弘 1-P6-1 麻疹発生を経験し患者トリアージを実施して 千葉西総合病院 山崎ゆかり 1-P6-2 麻疹 風疹ワクチン接種前後の抗体価推移より評価した感染防御レベルの検討 国立栃木医療センター臨床研究部感染アレルギー科 / 北里大学抗感染症薬研究センター 山口禎夫 1-P6-3 秋田県内における医療従事者の麻疹 ムンプス 風疹 水痘帯状疱疹ウイルスの抗体価測定とワクチン接種状況 中通総合病院 平山雅士 麻疹 ムンプス 風疹 水痘帯状疱疹ウイルス 16:05~16:50 松原啓太 ( 県立広島病院小児科 ) 1-P6-4 1-P6-5 水痘患者接触のため就業制限中に発症した事例とワクチンプログラム構築への取り組み 産婦人科病棟における麻疹発生事例を経験して ~ 実施した対策と見えた課題 ~ 群馬大学医学部附属病院看護部 東京女子医科大学東医療センター感染対策室 小渕俊子 中野聖子 1-P6-6 介護老人保健施設における水痘帯状疱疹ウイルスの感染対策 ~ 症例からの考察 ~ 医療法人慶友会守谷慶友病院感染対策管理室 綾部明美 1-P6-7 1-P6-8 重症心身障害児 者施設職員における麻疹 ムンプス 風疹 水痘抗体価調査 ウイルス性流行疾患職業感染予防対策の教育 啓蒙による 2 年間の成果 都立府中療育センター 四日市羽津医療センター小児科 猪狩まさ子 町田祐子 1-P6-9 化学療法外来における水痘暴露事例と予防措置の経験 京都民医連中央病院 松原為人 -67-

4 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P7-1 当院における ESBL 検出状況と抗菌薬感受性率の推移 社会保険田川病院 深堀研二 1-P7-2 当院における ESBL 産生菌の分離状況 八尾徳洲会総合病院 鬼束美紗絵 1-P7-3 院内で検出された ESBLs 産生菌の伝播経路の解析と薬剤部での対応 医療法人寿量会熊本機能病院薬剤部 西山朋美 1-P7-4 当院における ESBL 産生菌血液培養陽性例に対する抗菌薬の選択と予後 東京労災病院感染対策チーム 坂本拓也 耐性グラム陰性菌 1 15:20~16:05 鈴木克典 ( 産業医科大学病院感染制御部 ) 1-P7-5 1-P7-6 当院における ESBL 産生菌の薬剤感受性と治療に関する検討 滋賀県感染制御ネットワーク事業における緑膿菌の薬剤耐性に関する調査 昭和大学横浜市北部病院感染管理室 / 同薬局 滋賀県立成人病センター / 滋賀県感染制御ネットワーク 詫間章俊 西尾久明 1-P7-7 高度多剤耐性緑膿菌の PFGE 解析による発生要因と対策 東京都立大塚病院 進藤亜子 1-P7-8 多剤耐性緑膿菌検出患者の再入院時の対応基準の作成 岡山済生会総合病院感染制御室 赤木節子 1-P7-9 旭川赤十字病院における耐性緑膿菌への の取り組みについて 旭川赤十字病院薬剤部 牧瀬英知 1-P8-1 ESBL 産生大腸菌に対する抗菌療法の実態調査 横浜労災病院薬剤部 / 同 加瀬和也 1-P8-2 当院で検出された ESBLs 産生菌の抗菌薬感受性について 湘南鎌倉総合病院感染対策室 / 同 佐藤守彦 1-P8-3 急性期病院における尿培養検体から ESBL 産生菌が検出された患者背景の検討 ( 公財 ) 宮城厚生協会坂総合病院 残間由美子 耐性グラム陰性菌 2 16:05~16:50 林三千雄 ( 住友病院感染制御部 ) 1-P8-4 1-P8-5 国立国際医療研究セン当院における EscherichiacoliESBL ター国府台病院感染産生菌の検出状況制御部 ESBLs 菌血症患者に対する抗菌薬投与と死亡率調査 那須赤十字病院薬剤部 小林真二高野尊行 1-P8-6 ESBL スクリーニング培地で発育したコロニーは質量分析で同定可能か 姫路赤十字病院検査技術部 大石博一 1-P8-7 当院における尿中キノロン耐性大腸菌分離症例の検討 諏訪赤十字病院感染制御室 小口はるみ 1-P8-8 早期対応にて多剤耐性 Providencia 名古屋記念病院薬剤属菌のアウトブレイクを防止し得た部 / 感染対策チーム 2 事例 () 和知野千春 1-P8-9 当院で分離された緑膿菌に対する感受性の変動について 東京警察病院 満下 恵 -68-

5 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P9-1 AMK LVFX 耐性アシネトバクターの発生状況と感染管理 上尾中央総合病院 白井由加里 1-P9-2 1-P9-3 1-P9-4 MDRP 感染症治療におけるブレイクポイント チェッカーボード プレート法の有用性 北部九州 山口地区における腸内細菌科の菌種の ESBL 保有率について 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター感染制御チーム 株キューリン検査部 / ひびき臨床微生物研究会 / 産業医科大学医学部泌尿器科 株キューリン検査部北部九州 山口地区における Proteus / ひびき臨床微生物研 mirabilis の耐性化の現状について究会 吉川晃司 村谷哲郎 小林とも子 耐性グラム陰性菌 3 15:20~16:05 吉村平 ( 村瀬病院内科 ) 1-P9-5 当院に入院となった未就学児およびその母親を対象とした基質特異性拡張型 β ラクタマーゼ (ESBL) 産生菌保菌状況の検討 独立行政法人労働者健康福祉機構熊本労災病院呼吸器内科 / 感染対策チーム 安道 誠 1-P9-6 多剤耐性菌及び C.dificile の検出頻度の推移に関する疫学的検討 国立国際医療研究センター 早川佳代子 1-P9-7 当院におけるカルバペネム耐性腸内細菌の検出状況 国立病院機構南岡山医療センター 藤田裕子 1-P9-8 名古屋大学医学部附属環境との関連が示唆された metaloβ-lactamase 産生 Pantoeaananatis 名古屋大学大学院医学病院中央感染制御部 / による三次性腹膜炎の一例系研究科臨床感染統御学分野 森岡 悠 1-P9-9 ICU における多剤耐性緑膿菌の院内伝播事例への対応 医療法人社団誠馨会新東京病院 仁田陽子 1-P10-1 病院職員に発生した感染性肺結核と接触者健診について 近畿大学医学部附属病院 三五裕子 1-P10-2 超多剤耐性結核患者の院内発生時における IGRA による接触者検診 大阪医科大学医学部内科学総合診療科 / 大阪医科大学附属病院感染対策室 浮村 聡 1-P10-3 結核を発症した入院患者による職員の感染リスクについての一考察 新潟県立がんセンター新潟病院感染制御チーム 武石雅幸 結核 結核菌曝露 1 16:05~16:50 南方良章 ( 国立病院機構和歌山病院呼吸器内科 ) 1-P P10-5 当院における全職員対象結核菌 IFN-γ 測定 (T-SPOT.TB) について 入職時健診における QFT 判定保留者の評価について 医療法人一陽会原田病院 臨床検査科 千葉市立海浜病院 加東かおり静野健一 1-P10-6 当院の職員における結核接触者検診の現状 聖マリアンナ医科大学病院感染制御部 三田由美子 1-P10-7 当院における結核の職業感染対策の現状と今後の課題について 西神戸医療センター感染防止対策室 新井まゆ子 1-P10-8 入院時結核スクリーニングとしての抗酸菌検査導入効果 桐生厚生総合病院感染対策室 大森優子 1-P10-9 カップ型 N95 マスクの装着指導回数と適合性の向上について 東海市民病院 山田昌矢 -69-

6 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P11-1 当院における抗酸菌検査の状況 LAMP 法導入後の臨床への成果を含め 安曇野赤十字病院 / 同検査部 赤羽貴行 1-P11-2 リウマチ患者の生物学的製剤投与における潜在性結核への対応 財 ) 甲南会甲南加古川病院 秋篠達也 1-P11-3 T-SPOT 検査におけるスポット数の有用性 済生会横浜市南部病院 宮沢直幹 1-P11-4 PURE LAMP 法を用いた結核菌群核酸検出検査の迅速報告の実績 静岡市立静岡病院検査技術科 渡部友芸 結核 結核菌曝露 2 15:20~16:05 本田順一 ( 聖マリア病院医療の質管理本部 ) 1-P P11-6 急性期市中病院における抗酸菌検査の現状と感染対策 入院時における結核の防疫システムの構築 平成紫川会小倉記念病院 国際医療福祉大学熱海病院 井上恵美高橋峰子 1-P11-7 肺結核の見逃しを防ぐために必要なことは何か 東京労災病院呼吸器内科 横江絢子 1-P11-8 職員の結核発症に伴う大規模接触者検診の経験 滋賀医科大学医学部附属病院感染制御部 / 同 川合香苗 1-P11-9 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者における IGRA 検査の有用性の検討 加古川西市民病院 / 甲南加古川病院 山根隆志 1-P12-1 結核患者に早期対応する体制の確立 山口県厚生連長門総合病院 松田純一 1-P12-2 がん専門施設における肺結核のスクリーニング : による啓発と迅速な連携介入による肺結核感染防止体制の取り組み 大阪府立成人病センター感染対策部門 副島明美 1-P12-3 当施設における結核患者発生状況 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 小原知美 1-P12-4 外来治療センターで行った結核接触者健診の結果と考察 豊橋市民病院 伊藤賀代子 結核 結核菌曝露 3 16:05~16:50 吉田寿雄 ( 大阪大学医学部附属病院感染制御部 ) 1-P P12-6 抗酸菌培養検査における液体培地と固形培地同時培養キットの有用に関する検討 結核専門病院での入院治療後に再度結核菌が検出された 2 症例 地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館検査部 / 佐賀県医療センター好生館 藤田保健衛生大学病院医療の質 安全対策部感染対策室 吉田 緑 木下輝美 1-P 方法の IGRA による有所見率の検討 大阪医科大学医学部内科学総合診療科 / 大阪医科大学附属病院感染対策室 浮村 聡 1-P12-8 全職員を対象とした T-SPOT 検査導入と結果 千葉市立青葉病院医療安全室 鈴木美保 Interferon-GammaReleaseAssays 獨協医科大学保健セ 1-P12-9 (IGRA) を用いた新入学生のスクンターリーニング 阿美由利子 -70-

7 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P13-1 クロイツフェルト ヤコブ病プリオン二次感染予防のための手術器械洗浄方法検討への取り組み 大分県立病院 大津佐知江 1-P13-2 清拭タオルの細菌汚染対策および県下 10 施設の運用状況 宇部興産中央病院 山崎博史 1-P13-3 用手洗浄用酵素洗浄剤中蛋白質分解酵素活性値の継時変化について ~ 洗浄剤交換時期に関する考察 ~ 獨協医科大学日光医療センター 島田江津子 洗浄 消毒 滅菌 1 15:20~16:05 宮野直之 ( 和同会宇部西リハビリテーション病院薬剤科 ) 1-P P13-5 酸化エチレンガス滅菌器の滅菌判定に PCD を導入できるか 歯科用ユニット水回路バイオフィルムに対する消毒剤の効果 東京都立多摩総合医療センター 鶴見大学歯学部口腔微生物学講座 山佐瞳高尾亞由子 1-P13-6 手順統一による管状器材の用手洗浄の改善効果 秋田県立脳血管研究センター看護部手術室 柴野麻樹 1-P13-7 特殊容器収納汚染物の減圧沸騰式洗浄器による洗浄力評価 名古屋掖済会病院看護部中央手術室 角谷俊輔 1-P13-8 クリーンベンチ内の適切な清掃 消毒方法と殺菌灯の必要性について 日本海員掖済会小樽掖済会病院薬剤部 四藤大介 1-P13-9 過酸化水素の殺菌力に及ぼす L-histidine の影響 香川大学医学部分子微生物学 長尾多美子 1-P14-1 オゾン水と過酸化水素水の殺菌効果試験から考える作用機序 東工大院生命理工 岩澤篤郎 1-P14-2 次亜塩素酸ナトリウム含浸清拭布の残留塩素濃度に関する検討 東京医療保健大学大学院 小林義正 1-P14-3 鏡視下手術器具内腔の洗浄評価 川崎市立多摩病院 中谷佳子 1-P14-4 環境用消毒薬の持続効果 山口大学医学部附属病院薬剤部 河口義隆 洗浄 消毒 滅菌 2 16:05~16:50 唯野貢司 ( 北海道医療大学薬学部 ) 1-P P14-6 緑膿菌のバイオフィルムに対する微酸性電解水の有用性 超音波ネブライザーの管理状況と汚染の実態調査 文京学院大学大学院保健医療科学研究科 山口大学医学部附属病院感染制御室 高橋涼藤井智恵 1-P14-7 医療環境における多剤耐性菌対策を含む清掃 消毒方法の検討 国際医療福祉大学三田病院 並木弥生 1-P14-8 洗浄支援システムの研究開発 浜松医科大学材料部 竹内秀人 1-P14-9 新生児用人工呼吸器の洗浄滅菌方法のピットフォール : 呼気弁装置汚染への対応 熊本大学病院感染対策室 藤本陽子 -71-

8 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P15-1 低水準消毒薬の管理方法に関する多施設調査 京都薬剤師感染予防研究会 (KIPS-P) 大林巧志 1-P15-2 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌器における細管内腔の微生物学的検証 東京医療保健大学大学院医療保健学研究科周手術医療安全学 大西真裕 1-P15-3 マイクロナノバブル水のバイオフィルムの剥離効果 茨城県立医療大医科学 桜井直美 洗浄 消毒 滅菌 3 15:20~16:05 平田哲 ( 旭川医科大学病院手術部 ) 1-P P15-5 非接触法による医療機器の清浄度評価のための基礎的検討 滅菌不良発生時フローチャートの検証と今後の課題 サクラ精機株式会社 トヨタ記念病院中央手術室 鶴島信孝中村麻紀 1-P15-6 新鮮血液における蛋白質と ATP の関係 東京医療保健大学大学院 内田美保 1-P15-7 ディスポーザブル駆血帯導入の効果 大崎市民病院感染管理部 / 同看護部 佐藤明子 1-P15-8 ATP 検査を用いた医療器材への接触方法の違いによる汚染度の比較 市立伊丹病院 東 順子 1-P15-9 温水式洗浄便座洗浄ノズルの衛生保持 順天堂大学医学部細菌学 桑原京子 1-P16-1 色調の異なる消毒剤の比較 ~1% クロルヘキシジングルコン酸アルコール製剤導入の試み ~ 順天堂大学医学部附属浦安病院薬剤科 / 同感染対策室 成田久美 1-P16-2 消毒剤の持続性についての評価 大垣市民病院 吉田真也 1-P16-3 ホルムアルデヒドガス滅菌器の導入の検討 ~ 手術室リンクスタッフと共に考える滅菌器の安全性と今後の課題 ( 第 1 報 )~ 慈恵会新須磨病院 正木京華 洗浄 消毒 滅菌 4 16:05~16:50 堀井俊伸 ( 浜松医科大学医学部感染制御学分野 ) 1-P P16-5 北海道薬剤師臨床感染症研究会における 消毒薬 Q& A の作成と今後の課題 新型卓上型ウオッシャーディスインフェクターの洗浄評価 北海道薬剤師臨床感染症研究会 / 札幌中央病院薬剤部 特定医療法人誠仁会大久保病院 齊藤雅明 堀井直美 1-P P P P16-9 次亜塩素酸ナトリウム製剤の適正使用への取り組み 消化器内視鏡洗浄 消毒不良事例の対応 感染管理担当者の役割 各種消毒剤の樹脂ワックス塗膜に対する影響の検討 中央材料部門がない施設におけるベッドパンウォッシャーの有効活用 公立昭和病院薬剤部 / 同 安曇野赤十字病院 株式会社リンレイメンテナンス総合研究所 済生会京都府病院 米沢牧子高橋郁美八木孝之介岡本教子 -72-

9 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P17-1 末梢留置カテーテルの留置期間変更に関する検討 NTT 西日本大阪病院 小原直子 1-P17-2 広島県下 29 施設による抗菌薬使用密度と耐性菌分離率に関する地域共同サーベイランス 広島県病院薬剤師会調査広報委員会 岡野太一 1-P17-3 血液培養検査におけるコンタミネーション低減への取り組み 鳥取市立病院中央検査部 小林香織 1-P17-4 当院における血液培養適正化への取り組みの検証 上尾中央医科グループ三郷中央総合病院薬剤科 上田恵子 その他の北川洋子サーベイランス1 ( 富山大学附属病院 15:20~16:05 感染制御部 ) 1-P P17-6 血液培養陽性症例への介入が医療関連感染に及ぼす影響 包括的口腔ケアの実践報告 ~1 病棟から全病棟に向けた取り組みについて ~ 株東芝東芝病院 湘南厚木病院看護部 坂口みきよ藤井稚子 1-P17-7 当院における POT(PCR-basedORF typing) 法による新規検出 MRSA 全例解析による医療関連感染対策の試み 大阪市立大学医学部附属病院感染制御部 中家清隆 1-P P17-9 当小児専門病院における小児ウイルス感染症の院内発生の現状と課題 レセプトデータによる JANIS サーベイランスの評価 神奈川県立こども医療センター感染制御室 福岡大学医学部衛生公衆衛生学 陸川敏子 谷原真一 1-P18-1 脳神経外科におけるキノロン耐性 ESBL 検出率逓減に向けた抗菌薬の使用規制 川崎市立多摩病院 松本 浩 1-P P18-3 集中治療部における血管内留置カテーテルのプロセスサーベイランス 小児科病棟における下痢症状サーベイランスの総括から今後の課題について 大分大学医学部附属病院看護部 済生会新潟第二病院感染制御実行委員 加藤優佳 真柄陽子 比嘉太その他の ( 琉球大学医学研究サーベイランス2 科感染症 呼吸 16:05~16:50 器 消化器内科学講座 ) 1-P P P18-6 細菌のゲノムを利用した微生物系統分類マスターの研究 アウトブレイク予兆報告書による院内感染管理の当ラボにおける試み 間欠自己導尿導入患者における尿路性器感染発症調査 大阪府立急性期 総合医療センター 株式会社いかがく ICST 兵庫県立リハビリテーション中央病院感染対策室 松岡喜美子山本勇藏向井茂人 1-P18-7 がんセンターにおける血流感染症の罹患と死亡 多剤耐性菌とカンジダの比較 がん 感染症センター都立駒込病院臨床微生物科 ( 臨床検査科 ) 関谷紀貴 1-P18-8 当院における過去 4 年間の血液培養検査状況について 医療法人財団荻窪病院 細渕 達 1-P18-9 厚生労働省院内感染対策サーベイランスデータを用いた感染症発生動向の検討 川崎医科大学公衆衛生学 / 川崎医科大学附属病院院内感染対策室 山根一和 -73-

10 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P P P19-3 結腸手術における手術部位感染サーベイランス導入への取り組み A 病院の大腸手術における SSI 発生とリスク因子の検討 デバイス植込みにおける SSI 防止対策の検討 名古屋掖済会病院感染対策室 高知赤十字病院 カサスサッポロ北光記念病院 横井博子 宮崎真起子 村田弘美 SSI その他のサーベイランス 15:20~16:05 家入裕子 ( 山口県立大学看護栄養学部看護学科 ) 1-P P P19-6 結腸手術部位感染低減への取り組み 沖縄県立中部病院における 12 年間の Clostridium dificile 感染症サーベイランスを振り返る MRSA の入院時監視培養と新規感染症発生率の推移との関連性の検討 国立長寿医療研究センター / 同手術室 沖縄県立中部病院感染症内科 日本赤十字社医療センター 藤崎浩太郎 津覇実史 西川美由紀 1-P19-7 Clostridium dificile の感染対策 日本赤十字社那須赤十字病院看護部 仲澤 恵 1-P P19-9 下部消化管手術における手術部位感染低減のため術野汚染排除に向けた取り組み 末梢静脈留置カテーテルによる静脈炎発生率と管理について 茅ヶ崎市立病院 東京都立多摩総合医療センター 蘭賀都己 久木山由紀子 1-P P20-2 心臓血管外科における4 年間の SSI 山形大学医学部附属病サーベイランスの評価院感染制御部 心臓血管外科における 2 年間の手術部位感染 (SSI) サーベイランスの評価 群馬県立心臓血管センター 森兼啓太 永濱景子 1-P P20-4 心臓血管外科における SSI サーベイランス 大腸手術における SSI 低減に向けた取り組み 広島市立広島市民病院 榛原総合病院感染対策室 竹内哲也 大石みどり 周術期感染対策 (SSI を含む )1 16:05~16:50 石川周 ( 森町国民健康保険病院外科 ) 1-P P20-6 大腸 SSI サーベイランス経過報告 初回サーベイランス開始から 3 年目の取り組み 結腸手術の SSI サーベイランス第 2 報 伊勢赤十字病院看護部 市立横手病院感染対策室 / 同感染対策チーム 石原 小川 舞 伸 1-P20-7 当院における下部消化管手術部位感染の実態調査 ~ ポピドンヨード消毒とクロルヘキシジン消毒の比較検証 ~ 川崎医科大学附属病院中央手術室 坂本龍浩 1-P20-8 下腹部手術での閉創セット導入から 4 年間の結果 筑波メディカルセンター病院看護部手術室 前田千恵子 1-P20-9 当院における人工関節置換術の SSI 財 ) 甲南会甲南加古川発生状況と要因の解析病院 井村香代子 -74-

11 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P P21-2 手術部位感染発生率低下の医療経済への影響 経食道超音波プローブにおける洗浄 消毒方法の横断調査 大分大学医学部附属病院感染制御部 札幌医科大学医学部麻酔科 赤峰みすず 木村慶信 1-P21-3 消化器手術における術前のクリッパー除毛が切開創 SSI 発生に与える影響についての検討 東北労災病院大腸肛門病センター 高橋賢一 1-P21-4 手術部位感染予防ケアバンドルの作成と実態調査 医 ) 豊田会刈谷豊田総合病院 大島 彩 周術期感染対策 (SSI を含む )2 15:20~16:10 長島梧郎 ( 川崎市立多摩病院脳神経外科 ) 1-P P21-6 皮膚排泄ケア認定看護師と感染対策委員会の連携による創傷ケア介入の効果と課題 術野皮膚消毒に対する医師と看護師の意識調査 愛媛県済生会今治病院 東京都立多摩総合医療センター 西村小百合 園田紋子 1-P P21-8 がん専門医療施設の大腸外科における SSI サーベイランス 阪神地区 12 施設における周術期予防抗菌薬投与の現状 都立駒込病院外科 兵庫県立西宮病院 / 阪神 活動研究会 中山祐次郎 柏崎正樹 1-P21-9 新病院での SSI 低減に向けた対策 愛媛生協病院 横田 望 人工関節置換術前後の抗菌薬適正使 1-P21-10 用への取り組み 1-P P P P22-4 点滴混注時の清潔操作の徹底に向けた取り組み 人工呼吸器関連肺炎発生率低下への取り組み 内科病棟における CAUTI 発生率減少にむけての取り組み ゼロトレランス実現に向けた 3 年間にわたる中心静脈カテーテル関連血流感染サーベイランス活動の報告 財 ) 甲南会甲南加古川病院 刈谷豊田総合病院薬剤科 健和会大手町病院 県立広島病院看護部 湘南厚木病院看護部 岩本里味佐野理央松田喜美子島田順子北川信子 デバイス八幡眞理子 (CLABSICAUTI( 神戸大学医学部附 VAP)1 属病院感染制御 16:10~16:55 部 ) 1-P P22-6 カテーテル関連血流感染における分離菌割合に着目した血液培養採取方法への介入 当院一病棟における中心静脈関連カテーテル血流感染 (CLABSI) 防止対策への取り組み 国立病院機構名古屋医療センター感染制御対策室 金沢医科大学病院看護部 浅田 瞳 杉田和義 1-P22-7 中心静脈カテーテル関連血流感染予防に向けた課題 ~ サーベイランスの結果から ~ 東京都立多摩総合医療センター 渡邊 徹 1-P22-8 中心静脈カテーテル関連血流感染サーベイランスとプロセスサーベイランスの関連 大分大学医学部附属病院感染制御部 眞名井理恵 1-P22-9 一般病棟における中心ライン関連血流感染事例の傾向と改善対策 福岡大学病院感染制御部 小林加奈江 -75-

12 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P23-1 当院における末梢静脈留置カテーテルサーベイランスの取り組み 東京都立松沢病院看護部 濱田晴美 1-P23-2 救命救急病棟での末梢静脈カテーテル留置状況と感染徴候覚知 前橋赤十字病院 齊藤 悟 1-P P23-4 グルコン酸クロルヘキシジン含有刺入部保護用パッチ使用による CLABSI 予防の効果の検討 当院におけるサーベイランスを用いた中心静脈カテーテル関連血流感染症防止活動の評価 NTT 東日本札幌病院感染管理推進室 北里大学東病院 萩野貴志 北島浩美 デバイス藤原広子 (CLABSICAUTI ( 一般財団法人住友 VAP)2 病院感染制御部 ) 15:20~16:05 1-P P P23-7 ケアミックス型病院における病床機能の違いによる CLABSI 発生状況の報告 ICU における CLABSI サーベイランスから見えた感染対策の現状と課題 中心静脈カテーテル関連血流感染率の低下に向けたバンドルアプローチの効果 医療法人社団三喜会鶴巻温泉病院 茨城県立中央病院茨城県地域がんセンター ICU 滝川市立病院医療安全推進室 小澤美紀 服部由佳 工藤ゆかり 1-P23-8 皮下埋め込み型ポートの感染リスク因子の検討 福山市民病院感染制御部門 三宅智津恵 1-P23-9 尿道留置カテーテル感染率低減に向けた閉鎖式尿道留置カテーテル導入の試み 協和会病院感染対策委員会 村上知紀 1-P24-1 カテーテル関連尿路感染低下に向けたカテーテル管理の見直し 愛媛大学医学部附属病院 高山あかり 1-P24-2 中心静脈カテーテル関連血流感染低減に向けての取り組み ~1% クロルへキシジンアルコールによる皮膚消毒導入の効果 ~ 大阪府済生会中津病院 堀越敦子 1-P24-3 末梢挿入型中心静脈カテーテル導入とサーベイランス活動の報告 東京女子医科大学附属青山病院看護部 上田佳子 デバイス金澤美弥子 (CLABSICAUTI( 日本赤十字社長 VAP)3 崎原爆病院感染制 16:05~16:50 御室 ) 1-P P P24-6 チームによる膀胱留置カテーテル関連感染防止への取組み 中心静脈カテーテル管理の統一による CLABSI 低減への取り組み 中心静脈カテーテル関連血流感染防止対策の評価と課題 医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 白山石川医療企業団公立松任石川中央病院 広島鉄道病院 藏前仁嶋田由美子新田由美子 1-P P24-8 中心ライン関連血流感染予防への取組み ~ 挿入時のマキシマル バリア プリコーション実施向上への教育活動の効果 ~ CLABSI 予防当院 HCU 看護師の点滴作業にともなう意識と実際の把握 久留米大学医療センター 社会福祉法人三井記念病院 江崎祐子 中村ゆかり 1-P24-9 清拭タオルのセレウス菌汚染の実態と血流感染対策 鶴岡市立荘内病院 若松由紀子 -76-

13 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 1-P25-1 手術室での針刺し切創 粘膜皮膚曝露減少への第一歩 市立室蘭総合病院感染対策チーム 荒木大輔 1-P25-2 材料部スタッフによる術後の手術器械カウント支援業務の効果 鋭利な器材混入の減少 東北大学病院材料部 棚橋正子 針刺し 切創 / 皮膚 粘膜汚染事象 1-P 年間のまとめと課題 長野医療生協長野中央病院 轟 恒子 針刺し切創 粘膜皮膚曝露 1 15:20~16:05 木村聡 ( 昭和大学横浜市北部病院内科系診療センター臨床病理診断科 ) 1-P P P25-6 安全装置付き翼状針による針刺し増加に対しての取り組みとその効果 安全装置付き静脈留置針導入による針刺し 切創事故減少に向けた取り組み 針刺し事故防止に関する取り組みについて 広島鉄道病院 聖隷三方原病院 国保日高総合病院 新田由美子中村みどり上道雅和 1-P25-7 清掃業務中の針刺し事故後に曝露後予防を行った一症例 国立国際医療研究センター国府台病院 矢崎博久 1-P25-8 部署内における針廃棄取り扱いの統一にむけた教育の評価 JA 北海道厚生連倶知安厚生病院看護部 飯田弘子 1-P25-9 採血時オーディットより導いた新人看護師の課題への取り組み 東京都保健医療公社多摩南部地域病院看護部 外谷昌之 1-P26-1 歯科診療所における針刺し 切創に関する調査 都立墨東病院感染症科 小林謙一郎 1-P26-2 当院における針刺し切創事例の発生現状と取り組み 河北総合病院安全感染管理室 浅野美奈子 1-P26-3 ペン型注入器用注射針に関連する針刺し事故防止対策 横須賀共済病院医療安全管理部 下川結花 針刺し切創 粘膜皮膚曝露 2 16:05~16:50 佐藤智明 ( 東京大学医学部附属病院感染制御部 ) 1-P26-4 大館市立総合病院における針刺し等事故対応を振り返って 1992 年から現在まで 多い 針刺し切創 粘膜曝露報告 1-P26-5 から読み取る診療風景 1-P26-6 当院における体液曝露の現状と感染率 大館市立総合病院感染制御室 沖縄県立中部病院感染症内科 大阪大学医学部附属病院臨床検査部 / 同感染制御部 高橋義博椎木創一吉岡範 1-P26-7 当院における過去 10 年間の針刺し切創 皮膚粘膜曝露事故の分析と今後の課題 宮崎大学医学部附属病院感染制御部 福田真弓 1-P P26-9 による針刺し切創事故の削減の取り組みに関する検討 卒後 1 年目看護師の針刺し事故予防策の検討 国立病院機構姫路医療センター KKR 札幌医療センター感染制御部 三木久子 大山利枝 -77-

14

15 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P P P29-3 当院におけるインフルエンザに関する職員調査 ( 第 1 報 ) 医療関連施設に設置されたウォーターサーバー水の細菌汚染状況 清拭車とウォーマーでのランニングコストの比較 さいたま赤十字病院 麻布大学生命 環境科学部 新古賀病院 伊賀正典 古畑勝則 梅津敦士 1-P29-4 深部組織損傷 (DTI) にポケットを形成し膿汁流出を認めた仙骨部巨大感染褥瘡 3 例の保存的治療 医療法人紘友会福山友愛病院精神科 塔野由貴子 その他 2 15:20~16:10 有瀬和美 ( 高知大学医学部附属病院感染制御部 ) 1-P P29-6 血液培養の採血量調査 分析で分かったこと!~ メーカ - 推奨採血量とその他採血量で出た差とは ~ 特別養護老人ホームでの角化型疥癬対応事例 函館五稜郭病院検査科 JA 静岡厚生連清水厚生病院 佐藤孝男 望月龍子 1-P P P29-9 病院再開発における空調の設計 管理について 感染対策に関する医療材料の変更に伴う費用対効果と現状 院内製剤における吸入液の微生物汚染に関する調査 外科病棟における回診に用いる包交 1-P29-10 車の汚染度調査 1-P30-1 老人ホームにおける感染症伝播の要因について 日常生活行動の分析より 三重大学医学部附属病院医療安全 感染管理部 周防大島町立東和病院 茨城県立中央病院薬剤局薬剤科 県立柏原病院 兵庫県立西宮病院 新居晶恵村田初美松崎利恵子田和美智子三木真奈美 1-P30-2 感染経路別予防策の病室表示の統一化に対する取り組み 千葉大学病院感染症管理治療部 / 同看護部 千葉 均 1-P30-3 医療環境における多剤耐性菌管理ガイドラインの実施と効果 マツダ株式会社マツダ病院院内感染対策チーム 安原昌宏 その他の標準予防策 経路別予防策関連 1 16:10~16:55 寺田喜平 ( 川崎医科大学小児科 / 院内感染対策室 ) 1-P P P30-6 新規 MRSA 検出率の減少に向けた接触予防策強化への取り組み 遺伝子検査を利用した感染対策支援 拭き取りクロスによる付着微生物の除去挙動 国家公務員共済組合連合会熊本中央病院 市立函館病院感染対策チーム () 岡山県工業技術センター化学 新素材グループ 田上幸枝高橋一人高橋和宏 1-P30-7 畳に対する熱水消毒法の検討 山口県学校薬剤師会研究委員会 小林晃子 1-P P30-9 湘南鎌倉総合病院リハビリテーション科における感染対策の取り組み JCI 基準に基づいた介入 宮城県内の高齢者介護施設における感染予防対策の実態 湘南鎌倉総合病院リハビリテーション科 / 同 宮城県立がんセンター感染対策室 濱町梨砂 菊地義弘 -79-

16 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P P31-2 当病棟での耐性菌検出患者に対するファイリングシートの有効活用 薬剤耐性緑膿菌感染拡大防止のための取り組み 八尾徳洲会総合病院 リンクナース 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター 山根宣子 山田加代子 その他の標準予防策 経路別予防策関連 2 15:20~16:05 俣木陽子 ( 神戸市立医療センター西市民病院看護部 ) 1-P P P31-5 感染防止対策の強化を図るための感染教育 ~ 現場の問題を視覚化し共有することで感染防止教育につなげる ~ 小児科病棟におけるロタウイルス胃腸炎伝播防止の取り組み 訪問看護ステーション職員の感染対策の現状と意識調査 国立病院機構宮崎東病院 大垣市民病院小児科病棟 北九州市立八幡病院感染制御室 立山雅子 松永富伊子 中川祐子 1-P P P31-8 重症心身障害者病棟での感染対策の取り組み 超微細繊維クロスと各種ワイパーとの除菌効果比較 障害病棟における非耐性菌による集団感染を経験して 愛知県青い鳥医療福祉センター 湘南工科大学工学部人間環境学科 国立病院機構西新潟中央病院 菱川容子 武藤昌図 鈴木潤子 1-P31-9 ゴーグルの使用に関する意識調査 医療法人財団康生会武田病院脳神経外科 川野知子 1-P32-1 自施設における接触予防策が必要な患者の優先的患者配置と感染対策の充実を目指したリンクナース会の取り組み 原三信病院看護部リンクナース会 大無田一平 1-P32-2 当病院の看護師における感染対策の基礎知識の現状と課題 八尾徳洲会総合病院 小原真栄美 1-P32-3 おむつ交換手順遵守と効果的な環境清掃に向けた取り組み ~Clostridium dificile 関連下痢症のアウトブレイク事例を通して ~ 独立行政法人地域医療機能推進機構滋賀病院感染制御部 長谷川亜紀 その他の標準予防策 経路別予防策関連 3 16:05~16:50 坂本悦子 ( 神戸市立医療センター中央市民病院感染管理室 ) 1-P P32-5 神経 筋疾患専門病院における感染対策活動の効果 ~ 標準予防策の徹底 ~ 介護老人保健施設におけるオムツ交換の演習の効果 東京都立神経病院感染制御チーム 医療法人医誠会本部感染監査室 伊藤敬子岡森景子 1-P32-6 複数ドレーン排液手順作成に向けての取り組み 琉球大学医学部附属病院看護部 住吉絵美 1-P32-7 インフルエンザ対策クリニカルパスの実践と評価 独立行政法人地域医療機能推進機構桜ヶ丘病院看護課 伊藤佐知子 1-P32-8 入院時の感染症の早期発見と感染対策予防のための感染管理 社会福祉法人有隣会有隣病院 奥田幹久 1-P32-9 プライバシーに配慮した経路別対策表示 岐北厚生病院感染対策室 田口 学 -80-

17 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P P 枚のワイプによる消毒距離と消毒効果 および 1 日 1 回の消毒が病棟ベッド柵表面の細菌量に及ぼす影響 日常的環境除菌が病院内環境表面の細菌数に及ぼす影響 ~ とくに消毒回数と効果に関する多施設研究 北九州市立八幡病院感染制御室 / NPO 法人 KR 北九州市立八幡病院感染制御室 / NPO 法人 KR 中川祐子 伊藤重彦 1-P33-3 リンクナースによるテーマを決めた環境ラウンド 東大和病院 高橋典子 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )1 15:20~16:05 澤木ゆかり ( 浜松医科大学医学部附属病院感染対策室 ) 1-P P33-5 廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアルに沿った廃棄物適正分別への取り組み 病院環境におけるドアノブの清浄度調査 : 時系列解析 静岡徳洲会病院感染対策室 北里大学メディカルセンター感染管理室 杉浦 操 梶ヶ谷直子 1-P P33-7 MRSA アウトブレイクへの介入 調査と教育 病院清掃用クロスの管理基準に関する基礎的研究 神戸赤十字病院看護部 シーバイエス株式会社 末吉弥生 宮澤めぐみ 1-P33-8 廃棄物の分別を実施して 社会医療法人松本快生会西奈良中央病院 川邉文恵 1-P P P34-2 感染対策を実践できる清掃標準作業書の作成に関する取り組み 血管造影室における感染対策の取り組み 手指衛生後の動線に着目した環境の見直し 越谷市立病院看護部 群馬大学医学部付属病院看護部 済生会山形済生病院 浦上生美 須田崇文 星野和美 1-P34-3 ATP 拭き取り検査を用いたナースステーション内の感染対策に対する意識向上に向けての取り組み 総合病院土浦協同病院 村山有美 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )2 16:05~16:50 上灘紳子 ( 鳥取大学医学部附属病院感染制御部 / 看護部 ) 1-P P34-5 滅菌精製水の使用状況と細菌学的評価 医療機器の見落とされ易い汚染箇所の把握と管理方法の提案 神戸大学医学部附属病院薬剤部 / 同感染制御部 キッコーマン総合病院臨床工学科 西岡達也 関謙太郎 1-P34-6 ATP 測定によるモニタリングを活用した 見える化 で環境整備推進 JCHO うつのみや病院 舘野洋子 1-P34-7 環境整備に対する看護師の意識調査 ~ 院内の環境 定期巡回チェックリストを用いた検討会を実施して ~ 山形県立中央病院救急室 萩原裕樹 1-P34-8 光触媒シリコンシートが介護施設トイレ手すりの生菌数に及ぼす影響に関する研究 株式会社フジコー 焼山なつみ -81-

18 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )3 15:20~16:05 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )4 16:05~16:50 新井裕子 ( 伊勢崎市民病院薬剤部 ) 雨宮みち ( 日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程 ) 1-P P P P P P P P P P P P P P36-5 一価銅化合物を用いた 感染防止用樹脂フィルムの抗ウイルス効果 病院環境整備への ATP 拭き取り検査の導入とその有用性について 病院における MRSA 感染症に対する環境整備の問題 ( 報告 3) 病棟看護師長へのインタビュー Baciluscereus 血流感染への感染防止対策 院内洗濯場における委託洗濯業者への指導 改善 医療廃棄物の分別方法調査から見えたもの 医療廃棄物容器の設置場所を変更して PCR 法を用いたアシネトバクター迅速環境調査の試み ATP および AMP 拭き取り検査における拭き取り後の残留について 効果的な環境整備を実現するために有効な ラウンドと教育の方法に関する検討 ATP 測定値を基にした環境整備への教育とその効果 病院給食調理場への ATP 拭き取り検査の導入と その有用性について 汚物室における環境表面の細菌学的汚染調査 保育所などにおける 小児が共同使用する玩具や生活環境の衛生状態に関する研究 発臭性廃棄物処理パック機の有用性について 2 4 床室の病原体濃度低減手法の研究 1-P36-6 ( 第 3 報 ) 吹出し口の風量比率の検討 1-P P P36-9 模擬吐物を用いたノロウイルスの飛散状況に関する実験 病院清掃の適正化のためのルーブリック評価 看護補助者による環境チェック実施における効果 株式会社 NBC メッシュテック 京都第一赤十字病院 兵庫県立大学看護学部 広島市立安佐市民病院 公立能登総合病院 新潟県厚生連長岡中央綜合病院 東京医科大学基礎社会医学系微生物学分野 / 防衛医科大学校病院 / 防衛医科大学校内科学講座 ( 感染症 呼吸器 ) 旭川医科大学病院診療技術部臨床工学技術部門 埼玉医科大学感染症科 感染制御科 / 埼玉医科大学病院院内感染対策室 社会医療法人社団三思会東名厚木病院 京都第一赤十字病院栄養課 獨協医科大学病院看護部 獨協医科大学看護学部 北里大学メディカルセンター研究部 新菱冷熱工業中央研究所 / 順天堂大学大学院感染制御科学 一般財団法人北里環境科学センター -82- 公益財団法人ライフ エクステンション研究所付属永寿総合病院感染制御部 仙台厚生病院 滝野真砂子森麻已東知宏森合真治前田正子吉田直子 藤倉雄二本吉宣也山口敏行中嶋君江吉岡宏枝伊福加奈子野原瑞希小林憲忠森本正一林伸行佐藤久美及川静子

19 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P37-1 感染対策を意識した環境整備に向けての取り組み ~ 外科病棟看護師の意識向上と業務改善 ~ 大阪市立大学医学部附属病院 16 東病棟 橋本麻有 1-P37-2 患者用ベッドシーツから発生する塵埃飛散に関する検討 東京医療保健大学大学院 石井 幸 1-P P37-4 院内感染対策における環境整備の看護職者への教育とその効果 当院の環境整備を変える第 3 報 ~ ATP を用いた調査と取り組み ~ 久留米大学医療センター看護部リンクナース会 福井厚生病院 佐々木由恵 津田知恵美 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )5 15:20~16:05 池上美保 ( 公益社団法人日本看護協会神戸研修センター ) 1-P P P P37-8 清拭タオルおよび清拭車の汚染度に関する細菌学的検討 高頻度接触表面の環境清掃標準化の効果 ~ ATP 拭き取り検査を用いた清浄度評価の活用 ~ 一般病棟における吐水口の泡沫発生装置の汚染状況の調査と消毒に関する検討 ペルオキソ一硫酸水素カリウム配合除菌 洗浄剤の C.dificile 院内感染防止効果の評価 広島大学病院感染管理室 / 同診療支援部 マツダ株式会社マツダ病院 京都大学病院感染制御部 昭和大学病院感染管理部門 城市由美子村田織江長尾美紀福地邦彦 1-P37-9 環境細菌調査による環境整備への取り組み -83- 花王プロフェッショナル サービス株式会社 C&S 企画開発部ソリューション開発グループ 阿南秀人 1-P P P38-3 ATP 値を用いた病棟環境表面の清浄度評価 在宅自己注射の廃棄物に対する廃棄方法変更への取り組み 医療廃棄物分別による感染性廃棄物減量への取り組み 仙台厚生病院 東芝林間病院 東芝林間病院院内感染対策チーム 渡邉成美 増子明子 池田紀子 1-P38-4 液体石けんの細菌汚染調査 日本医科大学武蔵小杉病院感染制御部 / 同中央検査室 吉岡美香 環境整備 ( 医療廃棄物を含む )6 16:05~16:50 渋谷智恵 ( 公益社団法人日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程 ) HYDRO AG を用いたタッチパネ 1-P38-5 ル液晶保護フイルムの医療現場における有用性の検討 1-P P38-7 Clostridium dificile 毒素陽性者が散発している病棟の大規模な引越し時に実施した次亜塩素酸ナトリウムによる環境消毒の効果 環境整備ラウンド導入前後の看護師の意識の変化と環境整備の実際 ~ チェックリストの活用による効果 ~ 徳島大学病院感染制御部 / 同呼吸器膠原病内科 原三信病院感染管理推進室 大阪市立大学医学部附属病院脳神経外科 東桃代品川智子鶴長真希 1-P P38-9 環境水からの NTM( 非結核性抗酸菌 ) 検出法の基礎検討と応用 Stenotrophomonasmaltophilia のアウトブレイク疑い事例への対応 鈴鹿医療科学大学薬学部 東邦大学医療センター大森病院感染管理部 平井一行 荒木弥生

20 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P39-1 当院における による臨床ラウンドについて 兵庫県立柏原病院 井元明美 1-P39-2 効果的な環境ラウンドを目指した取り組み 東大医科学研究所附属病院 梅本 智 1-P39-3 直接観察法を用いた感染対策評価 ~ リンクナースによる自部署評価 旭川赤十字病院感染管理室 市川ゆかり 院内ラウンド 1 15:20~16:05 湯原里美 ( 総合病院土浦協同病院感染管理室 ) 1-P P39-5 感染対策リンクナースの ラウンド参加による効果 5S 活動の取り組み ~ 医療安全推進会議と連携して ~ ( 公財 ) 仙台市医療センター仙台オープン病院感染対策リンクナース会 健和会大手町病院 菅野陽子 佐藤広子 1-P39-6 効果的な ラウンドを目指した取り組み JA 鹿児島厚生連病院 秋山久美 1-P39-7 環境ラウンドの指摘事項から環境整備におけるラウンドの効果を考える 厚木市立病院感染対策チーム 佐藤ひふみ 1-P P P40-1 リンクナースがラウンドに参加! 環境改善につながった! チームで取り組む院内巡回の再検討と効果 効果的な ラウンドの運用方法への取り組み 兵庫県立加古川医療センター 札幌東徳洲会病院感染制御チーム 琉球大学医学部附属病院 森下直美 石塚孝子 芦塚陵子 1-P40-2 による病棟ラウンドの取り組み 独立行政法人国立長寿医療研究センター 前川裕子 1-P40-3 関連施設ラウンドにより改善が難しかった問題について指導方法の検討 佐世保中央病院 奥田聖子 院内ラウンド 2 16:05~16:50 吉澤定子 ( 東邦大学医療センター大森病院感染管理部 ) 1-P P P40-6 当院での JCI の複数カテゴリー合同ラウンドの取り組み 院内ラウンドの指摘事項からみる 感染防止対策の取り組みの現状評価 多職種リンクスタッフによる院内環境ラウンドの取り組み 湘南鎌倉総合病院感染対策室 NHO 北海道がんセンター感染対策室 JA 岐阜厚生連久美愛厚生病院 三好良太郎 栗山陽子 三輪夕佳 1-P40-7 現行の環境ラウンドで改善困難な項目は何であるか? 愛知医科大学病院感染制御部 高橋知子 1-P40-8 病棟における軟膏の使用期限の検討 佐久総合病院 菊池 環 1-P40-9 スウェーデンにおける感染予防対策チェックシートの実際 ICHG 研究会 由良温宣 -84-

21 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P P41-2 NICU におけるオムツ交換方法見直しによる大腸菌低減への取り組み NICU における MRSA 感染に関わる因子の検討 松山赤十字病院 国立病院機構長良医療センター新生児センター 飛田知恵子 勝野智子 おしゃぶり の洗浄 消毒法の変筑波大学附属病院看 1-P41-3 更とNICU/GCU におけるSerratia 護部 marcescens 新規分離患者数の減少 堤 徳正 NICU における感染対策 1 15:20~16:05 笠井正志 ( 長野県立こども病院小児集中治療科 ) 1-P P41-5 NICU GCU における Enterobacter aerogenes の感染対策 ~ 母乳 搾乳器の適切な取扱いを検討して ~ 当院 NICU における PICC サーベイランス マキシマムバリアプリコーションを考える 公立昭和病院 慶應義塾大学病院看護部 土橋直子 河野浩美 1-P41-6 MRSA のアウトブレイクの経験から考える新生児センターの感染対策 国立病院機構長良医療センター 鈴木京子 1-P P41-8 NICU における遅発型 GBS アウトブレイク収束までの取り組み NICU における新規 MRSA 保菌者増加に対する取り組み 長岡赤十字病院 秋田大学医学部附属病院感染制御部 塩入久美子 中村美央 1-P41-9 当 NICU における薬剤耐性 Enterobactercloacae の水平伝播とその対策 山梨県立中央病院 NICU 石原美紀 1-P42-1 新生児病棟における MRSA アウトブレイク終息に向けての取り組み 大阪市立大学医学部附属病院感染制御部 藤田明子 1-P42-2 新生児集中治療室における MRSA 同一株 12 例に対する教育的介入とその効果 大阪市立総合医療センター 今﨑美香 1-P42-3 NICU の環境におけるセレウス菌生息の現状 仙台医療センター母子医療センター 渡邉美紀江 1-P42-4 DVD 教材を使用した介入による NICU 看護師の感染対策行動の改善 群馬県立小児医療センター NICU 木村 寛 NICU における感染対策 2 16:05~16:50 竹村美和 ( 滋賀医科大学医学部附属病院 ) 1-P P42-6 当院 NICU における指先から肘までの適切な手指消毒方法の検討 NICU の手指衛生遵守率向上への取り組み 埼玉医科大学病院看護部 大崎市民病院看護部 安藤加奈 二瓶育枝 1-P42-7 CA-MRSA による NICU アウトブレイクの経験 順天堂大学医学部附属浦安病院医療安全推進部感染対策室 中村美子 1-P P42-9 NICU 内の監視培養を赤ちゃんにストレスがかからない口腔内培養で代用することができるか? 新生児集中治療室における積極的監視培養と抗 MRSA 薬使用との関連についての検討 成田赤十字病院新生児科 石井記念愛染園附属愛染橋病院 戸石悟司 井石倫弘 -85-

22 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P43-1 有効成分がアルコールのみの速乾性アルコール手指消毒剤の持続効果 ゴージョージャパン株式会社学術部 JIANG MEIYI 1-P43-2 手術部位感染が契機となり改善した手術室環境感染対策 旭川厚生病院 近藤奈津子 1-P43-3 借用器械の滅菌前洗浄への取り組み ~ 滅菌の質の保証を目指して ~ 中国電力株式会社中電病院 佐々木綾子 手術室における感染対策 15:20~16:05 松島由美 ( 大阪府済生会茨木病院感染管理室 ) 1-P P P43-6 手術時手指消毒のラビング法導入への取り組み 手術部位感染減少に向けての取り組み ~ 先ずは手術室環境調査から ~ 口腔内水分量を指標とした感染制御の検討 都立墨東病院看護部 宇部興産中央病院 岩手医科大学附属病院中央手術部 松下美佳子 中村彰子 佐藤葉子 1-P43-7 手術室看護師の手指衛生に関する調査と今後の課題 相模原協同病院看護部手術室 村山あずみ 1-P43-8 手術室における環境整備改善のための介入 京都大学医学部附属病院 加藤果林 1-P43-9 手術室の外回り看護における手指衛生遵守の実態調査 愛知医科大学病院 加藤俊二 1-P44-1 当院救命救急センターにおける多剤耐性菌発生時の監視培養を基にした一般病棟転棟 転出システム 日本医科大学武蔵小杉病院感染制御部 望月 徹 1-P44-2 ICU での MRSA 対策 ~ 監視培養の徹底と入院時からの隔離の徹底を多職種で取組んで 京都第一赤十字病院看護部 中野里子 1-P44-3 ICU における MRSA アウトブレイクの気づきと感染対策の見直し 総合病院国保旭中央病院救急救命センター 宮本頼子 ICU 透析室 16:05~16:50 古谷直子 ( 亀田総合病院地域感染症疫学 予防センター ) 1-P P44-5 当院集中治療病棟における血液培養 2 セット施行状況と課題 当院 における複数セット推奨血液培養ボトル容器導入の試みと現状報告 新東京病院 独立行政法人国立病院機構埼玉病院臨床検査科細菌検査室 相原治幸 後藤智彦 1-P P44-7 インフルエンザアウトブレイクから学んだ透析室での感染予防策 血液浄化センターで環境整備前後の清潔度合いの比較検討 益田赤十字病院 KKR 高松病院臨床工学科 大賀香織 岩田康伸 1-P44-8 維持透析患者ブラッドアクセス管理 感染予防の実際 神奈川県立汐見台病院看護部 林 浩子 1-P44-9 JCI 基準による当院血液浄化センターの取り組み 湘南鎌倉総合病院看護部 坂井かつ江 -86-

23 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P P45-2 地域との連携 出前授業から繋ぐ感染予防 院内感染症対策における保健所の現状と課題 ~ 保健所情報支援 感染防止対策連携等のアンケート調査より ~ 高槻赤十字病院 東大阪市保健所 佐賀昭子 松本小百合 連携ネットワーク 1 15:20~16:05 村山郁子 ( 医療法人ヘブロン会大宮中央総合病院特定健診科 ) 1-P P P45-5 三重県における院内感染対策地域ネットワーク ~ MIE-ICNet(Mie InfectionControlNetwork)~ 保育施設における感染対策の意識調査と自治体病院が担う啓発活動 保育士の小児ウイルス感染症に対する意識向上を目的とした薬剤師による研修会の実施とその効果 三重大学医学部付属病院医療安全 感染管理部 宝塚市立病院感染対策室 宝塚市立病院薬剤部 / 同 田辺正樹春藤和代新康憲 1-P45-6 保育園児に対するワクチン接種啓発における薬剤師の役割 宝塚市立病院薬剤部 / 同 新 康憲 1-P45-7 鳥取県西部地区における感染防止対策加算導入の効果 山陰労災病院 目次 香 1-P P45-9 薬剤師による院内感染対策業務の変化 感染防止対策共同カンファレンス実施による広域抗菌薬使用の適正化 KKR 東北公済病院薬剤科 西宮市立中央病院 千葉博暁 藤田昌紀 1-P46-1 北海道厚生連クリニックに対する感染対策教育の活動報告と今後の課題 JA 北海道厚生連倶知安厚生病院 佐藤純司 富山県内における精神科病院間の感 1-P46-2 染対策ネットワーク構築の試み ( 第 2 報 ) 魚津緑ヶ丘病院感染対策委員会 高沢秀幸 1-P46-3 中小規模医療施設の看護師を対象とした感染防止対策教育研修プログラムの開発 熊本大学病院感染対策室 藤本陽子 連携ネットワーク 2 16:05~16:50 室井洋子 ( 福井大学医学部附属病院感染制御部 ) 1-P P46-5 感染予防に関する訪問看護ステーションと診療所との連携の現状と課題 ( 第 2 報 ) 診療所を対象とした質問紙調査から 感染予防に関する訪問看護ステーションと診療所との連携の現状と課題 ( 第 3 報 ) 訪問看護ステーションを対象とした質問紙調査 青森県立保健大学 青森県立保健大学 福井幸子 吹田夕起子 1-P46-6 感染防止対策加算に伴う連携の現状 JA 尾道総合病院 安原昌子 1-P P P46-9 旭川感染管理ネットワーク研修会参加者ニーズ調査結果 ~ 第 3 報 ~ 鉾田保健所管内地域ネットワーク活動と今後の課題 播磨地域感染管理ネットワークの 4 年間の活動報告 市立旭川病院西 3 階病棟 茨城県厚生農業協同組合連合会なめがた地域総合病院 姫路聖マリア病院 木元史子 上岡奈実 今川嘉樹 -87-

24 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 連携ネットワーク 3 15:20~16:05 連携ネットワーク 4 16:05~16:50 奥川周 ( 東京大学医学部附属病院感染制御部 ) 吉川晃司 ( 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター感染制御部 ) 1-P P P P P P P P P P P P P P P48-6 富山県高岡広域圏内での感染制御底上げを目指して ~ 行政を交えた感染防止対策合同カンファレンス ~ 安芸地区耐性菌サーベイランス ~ 疫学集計統一による集計と考察 ~ 当院における他職種への MRSA 患者周知活動 ~ TQM 活動を通じて ~ 歯科診療所の院内感染予防対策の改善を目的とした広島歯科医療安全支援機構オーデットシステムの有用性 当院における感染防止対策地域連携活動の評価 北後志地区におけるローカルアンチバイオグラム作成と啓発活動 鳥取県西部地区の感染防止対策加算算定 9 施設における細菌検査の現状と課題 当院の地域連携活動の取り組みについて 感染予防に関する訪問看護ステーションと診療所との連携の現状と課題 ( 第 1 報 ) 看護責任者へのインタビューを通して 2002 年からの岩手県感染症検査ネットワーク研修会の活動報告 地域へ向けた感染対策教育 ~ 活動の成果に関する一考 ~ 環境清掃におけるファシリティ マネジメント 感染対策連絡会議を開催して 感染防止対策加算 1 を取得している医療機関と同加算 2 を取得している療養型医療機関の連携によって得られた成果について あわ ICNS(InfectionControlNurse Society)5 年間の活動報告 福井県看護協会感染管理地域支援委員会の活動 ( 第 5 報 )~ 感染防止対策の改善効果と委員会活動の評価 ~ 富山県厚生連高岡病院 済生会広島病院 / 安芸地区感染対策地域ネットワーク JA 北海道厚生連医療技術部臨床検査技術科 広島歯科医療安全支援機構 / 広島大学病院 埼玉医科大学病院院内感染対策室 北海道社会事業協会余市病院 鳥取大学医学部附属病院感染制御部 / 同検査部 湘南鎌倉総合病院感染対策室 青森県立保健大学 岩手県立磐井病院 八雲感染対策ネットワーク / 八雲総合病院 群馬県済生会前橋病院 医療法人社団三条東病院 あわ ICNS 国立病院機構あわら病院 中小規模病院が行う院内感染対策医療法人気象会東朋八 1-P48-7 ( 地域連携ネットワークの協力を得て ) 尾病院 1-P48-8 三重県内の医療機関における微生物三重大学医学部附属病検査ネットワークの構築院医療安全 感染管 ~MINIS(MieNosocomialInfection 理部 / 同中央検査部 Surveilance) について~ 1-P48-9 院内保育所の感染対策 小牧市民病院医療の質 安全管理室 澤野博美樫山誠也越崎祐輔岩田倫幸吉原みき子伊藤好樹森下奨太三好良太郎細川満子高橋幹夫戸田五代櫻井佐智子岡村正夫高開登茂子桑田由香利黒木領子中村明子長瀬仁 -88-

25 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P49-1 メタロ β ラクタマーゼ産生菌によるアウトブレイク事例に対する の教育的介入 八尾徳洲会総合病院 渋谷豊克 1-P P49-3 疥癬アウトブレイクの原因についての検討 角化型疥癬からアウトブレイクした事例報告 県立広島病院 中東遠総合医療センター医療安全 環境管理室 今崎美香 杉浦恭子 牧本清子 ( 大阪大学大学院アウトブレイク1 医学系研究科保健 15:20~16:05 学専攻看護疫学研究室 ) 1-P P P P49-7 インフルエンザアウトブレイクで学んだこと インフルエンザアウトブレイクにおける報道機関への対応 MDRP アウトブレイクに対する尿道留置カテーテルの尿破棄方法変更の取組み 複数部署に波及したノロウイルスによる感染性胃腸炎のアウトブレイク要因と課題 原町赤十字病院 中通総合病院感染制御部 徳島健生病院 秋田赤十字病院医療安全推進室 冨沢陽子菅原厚野上由起子井上貴子 1-P49-8 療養病棟における RSV 感染症のアウトブレイクを経験して 医療法人回生会大西病院感染制御部 鯨岡一彦 1-P49-9 CCU でみられた心拍出量測定関連 Pseudomonasfluorescens アウトブレイクへの介入 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立急性期 総合医療センター 扇田千代 1-P50-1 ノロウイルス感染性胃腸炎によるアウトブレイク対策と課題 相模原協同病院 木村絵梨 1-P50-2 一病棟における 2013/14 シーズンノロウイルスアウトブレイク疫学調査 一般財団法人甲南会甲南病院 松本悠子 1-P50-3 Clostridium dificile 関連下痢症アウトブレイクへの取り組みと課題 三田市民病院看護部 若狭征一郎 1-P50-4 演題取り下げ 吉田眞紀子アウトブレイク2 ( 亀田総合病院地 16:05~16:50 域感染症疫学 予防センター ) 1-P P50-6 救急病棟における MRSA 対策への取り組み 環境汚染が原因と考えられた MRSA アウトブレイクと の対応 東京慈恵会医科大学付属柏病院感染対策室 国家公務員共済組合連合会六甲病院 / 同薬剤科 大録早苗 宮川裕子 1-P50-7 冬季流行感染症アウトブレイク回避への取り組み 医療法人三州会大勝病院 高岡さと子 1-P50-8 インフルエンザの院内アウトブレイクが病院経営に及ぼす影響 磐田市立総合病院感染対策室 田中 恵 1-P50-9 救急救命センターにおける高度耐性 Acinetobacterbaumanni のアウトブレイクへの取り組み 自治医大感染制御部 山越裕美 -89-

26 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 2( 神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室 ) 1-P51-1 NICU での MRSA アウトブレイク収束への取り組み 青森県立中央病院感染管理室 今めぐみ 斧康雄アウトブレイク3 ( 帝京大学医学部 15:20~16:05 微生物学講座 ) オープンフロアにおける MDRO ア 1-P51-2 ウトブレイクに対する擬似的個室 (C + ゾーン ) 管理の経験 1-P P P P51-6 産科病棟における新生児の NTED アウトブレイクへの取り組み 無菌治療部でのアウトブレイクの経験を活かした教育的資料の作成に向けて 当院小児科病棟で発生した ESBL 産生大腸菌のアウトブレイク対応 他職種を巻きこんだノロウイルスアウトブレイクの振り返り活動について 岩手医科大学附属病院 名古屋記念病院感染対策室 / 同 九州大学病院北棟 11 階 2 病棟 東京医科大学病院感染制御部 石川勤労者医療協会城北病院医療安全管理室 近藤啓子北原陽子藤井美智代早川司子池田恵子 1-P P P P P P P52-4 当院における薬剤耐性アシネトバクター感染対策とその効果の検証 POT 法を用いた MRSA 院内伝播の検討 婦人科病棟におけるインフルエンザアウトブレイク対応 個人防護具の不適切な使用により感染性胃腸炎がアウトブレイクした事例 ノロウイルスによる感染性胃腸炎のアウトブレイクを通して インフルエンザのアウトブレイクを経験して および LN による CDAD 感染対策が奏功したと思われる一例 防衛医科大学校病院 NHO 大分医療センター 日本私立学校振興 共済事業団東京臨海病院 福井厚生病院 医療法人社団愛友会津田沼中央総合病院 日本医科大学武蔵小杉病院 川崎市立多摩病院 高見澤一穂三重野純子長井直人中島治代柳澤明子上野ひろむ山崎行敬 小椋正道アウトブレイク4 ( 東海大学健康科 16:05~16:50 学部看護学科 ) 1-P P P52-7 Baciluscereus のアウトブレイクを経験して 疫学調査を踏まえた再発防止対策を教育して得た効果 救命救急センターにおける薬剤耐性 A.baumanni アウトブレイク収束への介入 当院の経験した多剤耐性アシネトバクターの院内伝播とその対策について 赤穂中央病院 大阪府立急性期 総合医療センター 神戸市立医療センター中央市民病院感染管理室 勝平真司 川波美由紀 蓮池俊和 1-P P52-9 麻疹院内感染事例の振り返りと麻疹予防策の再考 角化型疥癬の院内発生事例に対する感染対策と今後の課題 日本医科大学付属病院感染制御部 緑成会横浜総合病院 藤田昌久 吉岡美幸 -90-

27 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P1-1 看護師の擦式手指消毒剤使用に影響する因子の調査 ~ 使用頻度による比較 ~ 九州労災病院門司メディカルセンター 宇原智恵 2-P1-2 手指消毒剤の使用率 UP の為の工夫 東大和病院 橘 康治 2-P1-3 消毒剤を用いないウォーターレス擦式手洗いの減菌効果 産業医大医学部微生物学 小川みどり 手指衛生 1 14:10~14:55 犬塚和久 (JA 愛知厚生連医療事業部 ) 2-P1-4 2-P1-5 ポータブル医療機器操作後の手指衛生と機器汚染状況の実態調査 速乾性擦式手指消毒剤の使用方法に関する実態調査及び適正使用にむけて 国民健康保険小松市民病院 草加市立病院 / 同薬剤部 米多弘子 本石寛行 2-P1-6 臨床実習における看護学生の手指衛生の実施状況 京都府立医科大学医学部看護学科 山本容子 2-P1-7 当センターにおける手指衛生行動啓発活動の評価 三重中央医療センター 雲井直美 2-P1-8 速乾性手指消毒剤と抗菌薬使用量変化に伴う新規 MRSA の減少 なめがた地域総合病院薬剤部 樗木智聡 2-P1-9 多職種協働で行う手指衛生推進への取り組み 独立行政法人国立がん研究センター東病院 橋本麻子 2-P2-1 手指消毒薬携帯ポーチ導入による手指消毒薬使用回数の変化と MRSA 検出率の検討 富士宮市立病院 古谷陽沙 2-P2-2 手指の汚染状況の可視化による手袋を外したあとの手指衛生の啓発 和歌山県立医科大学附属病院看護部 小谷智美 2-P2-3 外来診療における手指衛生を含む感染対策強化の取り組み 三重大学医学部附属病院医療安全 感染管理部 新居晶恵 手指衛生 2 14:55~15:40 加藤大三 ( 名古屋大学医学部附属病院中央感染制御部 ) 2-P2-4 2-P2-5 手指衛生遵守率向上への取り組み ~ 速乾性手指消毒剤使用量調査と介入方法の検討 ~ 手指衛生に対するスタッフへの意識づけ ~ 擦式消毒剤の個人持ちを試みて ~ 府中市民病院感染対策室 総合病院土浦協同病院看護部 石岡公恵 木澤いづみ 2-P2-6 速乾性手指消毒剤の使用状況と今後の課題 都立北療育医療センター 清水和美 2-P2-7 小児 ICU 看護師の手指衛生遵守率向上を目指した取り組みの効果 兵庫県立こども病院 ICU 病棟 山下美希 2-P2-8 視覚的情報による病棟スタッフの手指衛生に対する意識向上への取り組み 八尾徳洲会総合病院 リンクナース 中口愛美 2-P2-9 外来看護師の手指衛生遵守率向上に関する行動変容への介入 日本大学医学部附属板橋病院 新井誉子 -91-

28 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P3-1 病棟看護師の手指消毒剤に関する認識 行動の検証 ~ オムツ交換 内服介助に焦点をあてて ~ 九州労災病院門司メディカルセンター整形外科 篠原美樹子 2-P3-2 手指衛生のコンプライアンスの向上を目指した の取り組み ( メンバーによる手指衛生直接観察法の介入 ) 信愛会交野病院 亀田郁江 2-P3-3 手指消毒普及にむけての教育的介入 兵庫県立リハビリテーション中央病院 毛利誠司 2-P3-4 手術室にて速乾式手指消毒薬の携帯を開始して 済生会山形済生病院 石山靖子 手指衛生 3 14:10~14:55 三浦邦久 ( 社会医療法人社団江東病院麻酔科 ) 2-P3-5 職種別での手指衛生のタイミングポスターを用いた手指衛生強化月間における取り組み 東京都保健医療公社豊島病院 君塚典子 2-P3-6 ベストプラクティス遵守率調査から見えた課題 ~ おむつ交換 創部ガーゼ交換に着目して ~ 九州大学病院看護部 泉由香里 2-P3-7 手指衛生遵守率向上に向けた取り組み 近森病院 近森幹子 2-P3-8 手指衛生レベルアップに向けて取り組んだ手指衛生キャンペーンとその効果の検証 公益財団法人ときわ会常磐病院感染対策チーム 仲本広世 2-P3-9 外科病棟医師 看護師の創傷処置時手指衛生の実態 ~ 教育的介入の効果 ~ 県立柏原病院 高橋ひとみ 2-P4-1 病棟における手指衛生実施の向上へのリンクナースの取り組み 特定医療法人誠仁会大久保病院 山内隆生 2-P4-2 手洗い石鹸の剤形の違いが衛生的手洗いに及ぼす影響 長崎大学病院薬剤部 中川博雄 2-P4-3 手指衛生に関する意識を高めるためのリンクナースの取り組み 宮城県立がんセンター看護部 / 同 岩崎辰也 手指衛生 4 14:55~15:40 金子ゆかり ( 佐賀大学医学部附属病院感染制御部 ) 2-P4-4 2-P4-5 WHO 多様的手指衛生改善戦略実施に向けての取り組み第 2 報 手指衛生自己評価フレームワークを用いて 手指消毒用アルコール製剤倍量キャンペーンの効果に関する後方視的検討 新潟県立六日町病院 愛知医科大学病院感染制御部 目崎 恵 岡前朋子 2-P4-6 手洗い手技と細菌数からみた地域住民を対象とした手洗い教室の効果 園田学園女子大学人間健康学部人間看護学科 茅野友宣 2-P4-7 ハンドケア用品が手指消毒効果に及ぼす影響 獨協医科大学病院看護部 針谷美保子 2-P4-8 薬剤師を対象とした手指衛生遵守率向上のための取り組み 長崎大学病院薬剤部 今村政信 2-P4-9 病棟看護師の手指衛生遵守率向上への取り組み ~ 指導的介入を試みて ~ 医療法人尚腎会高知高須病院 堀井美智 -92-

29 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P5-1 清潔操作前の手指衛生改善に対する取り組み JCHO 下関医療センター 坪根淑恵 2-P5-2 手指衛生の 5 つのタイミングにおける看護師のアルコール手指消毒薬による手指衛生行動への影響要因 神戸大学医学部附属病院看護部 廣田 大 2-P5-3 擦式アルコールゲル状手指消毒剤の導入が MRSA 検出率に及ぼす影響 東京医科大学病院薬剤部 / 同感染制御部 添田 博 手指衛生 5 14:10~14:55 砂田好至子 ( 医療法人邦友会小田原循環器病院看護部 ) 2-P5-4 2-P5-5 2-P5-6 Waterless 手術時手指消毒法導入後の医療従事者保菌株の薬剤感受性サーベイランス ICU 病棟での手指衛生向上に向けた取り組み スタッフが行動変容をするための継続した教育の必要性 手指衛生遵守強化への取り組み リンクナース教育を踏まえた手指衛生実施状況調査 岩手医科大学微生物学講座感染症学 免疫学分野 / 同中央手術部 加古川西市民病院看護部 国立病院機構別府医療センター看護部 佐藤葉子 四海知美 村武明子 2-P5-7 手指消毒回数の改善 ~5 つのタイミングを具体的場面におきかえて ~ 大阪市立大学医学部附属病院 17 階東病棟 染川美穂 2-P5-8 コメディカル職員への手洗い教育を実施して NHO 旭川医療センター 武田奈緒子 2-P5-9 皮膚保護クリームの使用による検証から手指衛生の遵守率の向上を考える 手荒れを感じる群と感じない群を比較して 豊田地域医療センター看護部 石井瑞穂 2-P6-1 Bacilussubtilis を用いた手指消毒の実験的考察 昭和大学医学部微生物学 柳川容子 2-P6-2 手指衛生遵守向上に対する取り組みと評価 三井記念病院 清家美和 2-P6-3 感染リンクナース活動報告第 2 報 ~ 手指衛生実施と PPE 着用の実施状況調査から ~ 国立病院機構宮崎東病院 日高道代 2-P6-4 手指衛生遵守率向上への取り組み 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院 加藤千景 手指衛生 6 14:55~15:40 山内勇人 ( 医療法人仁恵会佐伯保養院 ) 2-P6-5 2-P6-6 パームスタンプ法を用いた手指消毒の質評価 ~ 教育の有効性と有芽胞菌の残存について ~ 医療従事者の耳ピアス孔および手指における S.aureus の分布 大阪市立大学医学部附属病院看護部 東邦大学看護学部感染制御学 野々瀬由佳 金山明子 2-P6-7 消化器センターにおける手指衛生遵守率向上の取り組み ~ スタッフの行動変容に必要なこと ~ 昭和大学病院看護部 升澤 恵 2-P6-8 擦式手指消毒薬の使用量に及ぼす要因分析 ~ 全病院的介入とリンクナースによる支援の効果 ~ 岩手医科大学附属病院 嶋守一恵 2-P6-9 改良版手指消毒回数計測装置を使用した手指消毒率向上の試み 愛知医科大学病院感染制御部 久留宮愛 -93-

30 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P7-1 手指消毒剤使用量増加へ向けての効果的な介入について 富山県高志リハビリテーション病院 水上 静 2-P7-2 連続した看護行為における感染管理ベストプラクティス作成前後の手指衛生遵守率調査 山口大学医学部附属病院看護部 大塚真理子 2-P7-3 手指消毒回数計測装置の開発 愛知医科大学病院感染制御部 久留宮愛 2-P ~2013 年にかけての当院 ICU 内科系病棟における手指消毒剤の使用量と MRSA 感染の相関について 厚生中央病院初期臨床研修医 有働竜太郎 手指衛生 7 14:10~14:55 毛利靖彦 ( 三重大学大学院消化管 小児外科学 ) 2-P7-5 2-P7-6 CLABSI 低減に向けた手指衛生遵守改善の取り組み 擦式アルコール製剤携帯時における形態の違い ( 肩掛け 腰掛け 吊り下げ ) による手指衛生遵守率の比較 松原徳洲会病院感染対策委員会 新潟県立六日町病院薬剤部 永田篤史高橋淳一 2-P7-7 手指衛生のスキル向上と手指消毒剤使用量の増加 ~ 感染リンクナースとしてゼロからの取り組みとその成果 ~ 兵庫県立加古川医療センター ICU 梅宮慶子 2-P7-8 医療介護施設における手洗い石けんによる手指衛生に対する意識の検討 小倉記念病院 / NPO 法人北九州地域感染制御ティーム 溝口裕美 2-P7-9 感染リンクナースによる手指衛生遵守率向上のための啓発活動と評価 総合病院土浦協同病院看護部 菊池かなえ 2-P8-1 直接観察法による手指衛生の遵守状況と問題点 富山大学附属病院感染対策室 / 同 H 青木雅子 2-P8-2 集中治療室における手指消毒剤使用量の増加を目指した取り組み 筑波メディカルセンター病院看護部 岡部麻美 2-P8-3 手指衛生遵守率向上のための取り組み 岐阜大学医学部附属病院看護部 藤澤美穂 2-P8-4 大学生の手指衛生 ~ 手洗いの実際と感染予防への関心 ~ 京都大学医学部附属病院看護部 三村有葉 手指衛生 8 14:55~15:40 中谷臣吾 ( 医療法人協和会協和会病院内科 ) 2-P8-5 2-P8-6 速乾性手指消毒薬使用量と MRSA 感染率の調査 看護師の手指衛生に関する実態調査と取り組み NTT 東日本関東病院薬剤部 / 同 国立病院機構東佐賀病院看護部 リンクナース部会 入口慎史 森 知美 2-P8-7 ICU における感染制御を目的とした手洗いのタイミングを考察する 新行橋病院集中治療室 安田香織 2-P8-8 手指衛生遵守の取り組みその 1 ~ プチ手洗いキャンペーン を実施して ~ 健和会大手町病院 杉野亜弥 2-P8-9 手荒れ防止手段の介入による手指衛生遵守率の向上への取り組み 兵庫県立リハビリテーション中央病院 池田靖弘 -94-

31 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P9-1 行動変容を狙った手指衛生遵守率向上の取り組み手指消毒剤使用量の目標値設定後の成果と結果 川内市医師会立市民病院感染対策チーム 中野智子 2-P9-2 手指衛生遵守の取り組みその 2 ~ 2014 年手洗いキャンペーン を実施して ~ 健和会大手町病院 小畠優子 2-P9-3 職種別に見た手指消毒手技の実態の調査 愛知県がんセンター愛知病院看護部 和田美佳 2-P9-4 動画教材による手指衛生遵守率向上の効果 神奈川リハビリテーション病院 武田裕也 手指衛生 9 14:10~14:55 藤田昌久 ( 日本医科大学付属病院感染制御部 ) 2-P9-5 2-P9-6 ポシェット型手指消毒薬導入の効果と課題 手指衛生の実施状況とカルバペネム系抗菌薬 カルバペネム系耐性緑膿菌の関連について 横浜医療センター 大阪医科大学附属病院感染対策室 深瀬史江 川西史子 2-P9-7 擦式アルコール製剤の個人使用量グラフ化を行って ~ 見える化 で効果が見えた ~ 広島市医師会運営安芸市民病院 篠原久恵 2-P9-8 2-P9-9 擦式アルコール手指消毒遵守率と MRSA 感染率の関連についての検討 手指衛生向上に向けた取り組み ~ 継続的にデータフィードバックを実施した効果 ~ JMA 海老名総合病院安全推進部感染制御室 昭和大学藤が丘病院感染管理室 佐藤由美子 近藤恵美子 2-P10-1 正しい手指衛生方法の習得に向けて 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 治久丸尚美 2-P10-2 手指衛生向上のための感染リンクナースの活動と成果 荻窪病院 平山文枝 2-P10-3 NICU における培養を用いた手指消毒の手技に対する見直しへの取り組み 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院 中塚由香利 手指衛生 10 14:55~15:40 秋田博伸 ( 秋田医院 ) 2-P P10-5 手指消毒剤選択制による手指衛生推進への効果 手指衛生の順守率向上を目指した当院での取り組み 北大阪警察病院感染管理センター 同愛記念病院感染対策チーム 北村悦子福山久恵 2-P10-6 一般撮影室における接触感染防止の改善への取り組み 社会医療法人財団石心会川崎幸病院 齋藤一樹 2-P10-7 A 病院 ICU 看護師の患者状況による手指衛生実施の違い 福井大学医学部附属病院感染制御部 西村一美 2-P10-8 手指衛生遵守率向上を目的としたアルコール性手指消毒剤携帯方法の検討 済生会横浜市南部病院 高橋幸子 2-P10-9 適切な手指衛生の実施 ~ 創傷処置の統一を目指す ~ 岐阜市民病院医療安全推進部感染対策室 藤橋由美子 -95-

32 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P11-1 擦式アルコール製剤の長期間の使用による手指常在細菌叢の変化 大分大学医学部医学系研究科 徳丸真由美 2-P11-2 手指衛生向上への取り組み 坂出市立病院 / 同看護部 坂上美紀 2-P P11-4 手指消毒剤使用量と直接観察法による遵守率調査及び感染率の比較 手洗い推進キャラクターの活用による効果 全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院 東京大学医学部附属病院 久保田早苗 三橋美野 手指衛生 11 14:10~14:55 監物ヒロ子 ( 神奈川県立汐見台病院看護部 ) 2-P11-5 新規 MRSA 検出率から見る職員 1 人当たり 1 日の手指消毒平均回数の現状について JA 長野厚生連安曇総合病院感染制御チーム 三好幸三 2-P11-6 速乾性手指消毒剤の遵守率向上に向けた活動報告 総合病院土浦協同病院心臓血管外科 呼吸器外科 鶴見 綾 2-P P11-8 ゴージョー使用量を指標とした手指衛生の意識向上への取り組み A 病院における手指衛生遵守の向上を目指した取り組み 慈恵会新須磨病院 佐賀県医療センター好生館感染制御部 吉元未来 三好恵美子 2-P11-9 手指衛生遵守率の向上を目指して 愛媛生協病院感染防止対策委員会 福井 司 2-P P P12-3 リハビリ職員に対する手指衛生の現状について ~ 感染教育 意識調査のその後 ~ -96- 手指衛生への意識調査と 小集団 大集団教育による比較検討 化学療法を受ける血液疾患患者の手洗い方法に関する調査 福井厚生病院 日本鋼管福山病院 独立行政法人仙台医療センター内分泌代謝 血液内科 高柳淳子 上田明美 加藤大地 手指衛生 12 14:55~15:40 堤徳正 ( 筑波大学附属病院看護部 ) 2-P P12-5 リンクナースによる手指衛生遵守向上への取り組み ~ 手指消毒剤の個人持ち群 非個人持ち群の比較 ~ 当院での手指衛生の現状と課題 県立広島病院看護部 日野病院組合日野病院 亀井久美 池田清香 2-P P P12-8 ベストプラスクティスを活用した手指衛生の遵守に向けた取り組み 着色した手袋を用いた手指衛生教育の取組 リンクナースの取り組みと今後の課題 ~ 手指衛生遵守向上に向けて ~ 札幌東徳洲会病院看護部感染対策委員会 市立八幡浜総合病院 医真会八尾総合病院 佐々木望 高橋正人 吉永忠史 2-P12-9 長岡赤十字病院における Clostridium dificiletoxina 陽性患者数と入院 100 患者あたりの手指衛生回数と AUD の関係 長岡赤十字病院薬剤部 / 同感染制御チーム 小林謙一

33 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P13-1 TAZ/PIPC の使用後調査とカルバペネム系抗菌薬の緑膿菌薬剤感受性率の推移について 立川相互病院薬剤部 沢 仁美 2-P13-2 バンコマイシン投与患者全例チェック開始前後の TDM 実施率と腎障害発生率の調査 市立函館病院薬局薬剤科 / 同 櫻田 穣 重村克巳抗菌薬適正使用 1 ( 神戸大学大学院医 14:10~14:55 学研究科腎泌尿器科学分野 ) 2-P P P P13-6 当院における過去 3 年間の大腸菌に対するレボフロキサシン薬剤感受性成績の検討 市立岸和田市民病院における抗 MRSA 薬の TDM の取り組みと評価について が介入したことによる抗菌薬の処方動向の変化について 抗菌薬適正使用ミーティングによる広域スペクトル抗菌薬使用量削減効果 安曇野赤十字病院 市立岸和田市民病院薬剤部 姫野病院薬剤科 京都府立医科大学附属北部医療センター 高橋一豊西出貴義山田貴之中原正季 2-P13-7 熊本労災病院で検出されたカルバペネム耐性緑膿菌の年次推移と背景について 熊本労災病院 丸山久美子 2-P P P14-1 簡易な支持的抗菌薬管理プログラムの有用性と経済性の検討 ( 第一報 ) 細菌培養検査外部委託病院における細菌培養結果報告への関与と取り組み 東京医科歯科大学医学部附属病院感染制御部 / 同臨床試験管理センター 霧島市立医師会医療センター / 同薬剤部 抗 MRSA 薬における Antimicrobial 兵庫医科大学病院感 usedensity(aud): 自施設の標準染制御部投与量を用いた評価 小池竜司 砂田和幸 植田貴史 2-P14-2 感染対策ソフト ( MATE) を用いた抗菌薬適正使用の推進 京都第二赤十字病院薬剤部 / 同感染制御部 澤田真嗣 2-P14-3 当院における関節外科病棟での抗菌薬の適正使用について 静岡徳洲会病院薬剤部 又吉 樹 高山陽子 ( 北里大学医学部附抗菌薬適正使用 2 属新世紀医療開発セ 14:55~15:40 ンター横断的医療領域開発部門感染制御学 ) 2-P P P14-6 MDRP 複数伝播事例後の抗菌薬使用状況 血液培養陽性者における による介入と成果 ダプトマイシン投与患者におけるクレアチンキナーゼモニタリングの必要性 日本医科大学武蔵小杉病院感染制御部 / 同薬剤部 独立行政法人国立病院機構別府医療センター 北九州市立医療センター感染対策チーム 野口周作山尾卓也村上由花 2-P14-7 当院における抗菌薬ラウンドの効果についての検討 熊本市民病院 喜多岡洋樹 2-P14-8 MRSA 感染症の治療ガイドライン前後における当院での第一選択抗 MRSA 薬の変化 磐田市立総合病院感染対策チーム 松原大祐 2-P14-9 薬剤師による VCM 適正使用の推進と精度管理 公益財団法人筑波メディカルセンター病院 小出久美子 -97-

34 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P15-1 バンコマイシン血中濃度解析結果を電子カルテ診療録上で共有化することの効果 東京都立墨東病院薬剤科 木下理恵 2-P15-2 北摂地区 5 市立病院における緑膿菌の材料別薬剤耐性率の検討 市立川西病院検査科 藤村周子 2-P15-3 カルバペネム系抗菌薬使用量と緑膿菌感受性率の関連に関する病棟単位での実態調査 公立昭和病院薬剤部 / 同 一ノ瀬直樹 北村正樹抗菌薬適正使用 3 ( 東京慈恵会医科大 14:10~14:55 学附属病院薬剤部 ) 2-P P15-5 NICU におけるメロペネム使用動向と緑膿菌の感受性率 による TAZ/ PIPC 使用患者監視の効果 東京女子医科大学付属八千代医療センター感染対策部 済生会横浜市南部病院 岡本剛金子美玲 2-P15-6 VCM の TDM に関する解析内容と未解析症例の実態調査 岩手県立中央病院薬剤部 本間絵里 2-P15-7 塩酸バンコマイシンの TDM 導入における当院の取り組み 武蔵野陽和会病院薬剤科 石濱晴美 2-P15-8 感染防止対策加算算定後の抗菌薬ラウンドから見えてきたもの 市立川西病院 / 同薬剤科 杉田裕貴 2-P15-9 連携病院でのアンチバイオグラムの共有による地域包括的な感染症対策 茨城県立医療大医科学 桜井直美 2-P16-1 による抗菌薬適正使用に向けた抗菌薬ラウンドの報告 豊見城中央病院 小杉卓大 2-P16-2 抗生物質使用届出制導入による抗生物質適正使用及び耐性菌発現率低下への効果 福岡市立病院機構福岡市民病院 Infection ControlTeam 倉田賢生 2-P16-3 抗菌薬使用例に対する培養検査の実施の動向調査 神奈川県立がんセンター感染制御室 黒木利恵 山藤満抗菌薬適正使用 4 ( 富士重工業健康保 14:55~15:40 険組合太田記念病院薬剤部 ) 2-P P16-5 薬剤管理指導時における抗菌薬適正使用の新たな取り組みについて 術後感染予防抗菌薬の適正使用に向けた の取り組み 兵庫県立柏原病院 国立国際医療研究センター国府台病院感染制御部 山田真人鈴木優生 2-P16-6 カルバペネム系抗菌薬使用届書提出率と使用状況の関係 名古屋セントラル病院薬剤科 坂野昌志 2-P16-7 当院における抗 MRSA 薬血中濃度測定促進の取り組みについて 大分県立病院 大森由紀 2-P16-8 当院におけるメロペネム使用状況と検証 < 適正使用に向けて > 医療法人敬愛会中頭病院 城間盛彦 2-P16-9 ICU における薬剤師の常駐化とバンコマイシン (VCM)TDM への関与 諏訪赤十字病院薬剤部 / 感染制御室 藤森愛子 -98-

35 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P P17-2 当院におけるカルバペネム系抗菌薬の適正使用に向けた取り組み 当院における感染性心内膜炎の薬物療法について 鹿児島市立病院薬剤科 姫路循環器病センター薬剤部 久保井康郎 數田素子 2-P17-3 ICU における薬剤師の処方介入がバンコマイシン使用状況にもたらす変化 国立循環器病研究センター薬剤部 安藤久美子 2-P17-4 薬剤師の血中濃度検査オーダ実施による VCM 適正使用の推進について 兵庫県立淡路医療センター薬剤部 藤原和彦 藤村茂抗菌薬適正使用 5 ( 東北薬科大学臨 14:10~14:55 床感染症学教室 ) 2-P P17-6 緑膿菌の薬剤感受性と抗菌薬使用密度を指標とした抗菌薬適正使用の取り組み リファンピシンとワルファリン併用患者における相互作用の検討 神奈川県立こども医療センター薬剤科 / 同感染制御室 川崎病院 / 同薬剤部 青木悠佳 岡本勇二 2-P17-7 注射用バンコマイシン使用症例からみた抗菌薬適正使用の実態 大曲厚生医療センター薬剤科 / 大曲厚生医療センター感染対策チーム 加賀谷明日美 2-P P P P P P18-4 TAZ/PIPC の使用動向調査と問題点の検討 急性膵炎におけるイミペネム シラスタチンの使用実態 当院における感染症治療の現状報告 ~ 細菌培養検査数と抗菌薬について ~ 市中発症呼吸器感染症に対する高用量 SBT/ABPC の採用と効果の検証 当院における ラウンドと今後の課題 による抗菌薬長期使用症例に対する介入効果の調査 三重中央医療センター 公立昭和病院薬剤部 市立藤井寺市民病院薬局 岡崎市民病院 高知高須病院 独立行政法人国立病院機構東京医療センター 小林加奈四宮奈津美堀切雅哉村井宏通竹内文乃廣瀬祥子 藤澤隆一抗菌薬適正使用 6 ( 獨協医科大学看 14:55~15:40 護学部 ) 2-P18-5 バンコマイシン塩酸塩静脈内投与後の髄液中濃度シミュレーションの検討 名古屋記念病院薬剤部 田尻千晴 2-P P18-7 バンコマイシンの維持投与量設定におけるノモグラムの有用性の検討 抗 MRSA 薬届出制と TDM を組み合わせた抗 MRSA 注射薬適正使用への取り組み 東京医科大学病院薬剤部 柏市立柏病院薬剤科 古見嘉之 藤井清貴 2-P18-8 当院での抗菌薬適正使用への取り組み ~ 抗 MRSA 薬の TDM 運用法の検討 ~ 国家公務員共済組合連合会平塚共済病院 澤海健作 2-P18-9 アンチバイオグラム編集ツールの作成 医療法人社団更生会草津病院薬局課 甲斐由起 -99-

36 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P19-1 カルバペネム系抗菌薬適正使用への取り組み ライフ エクステンション研究所付属永寿総合病院感染制御部 / 同薬剤科 多田 緑 2-P19-2 抗菌薬治療開始時における第三者評価の有用性 聖隷浜松病院薬剤部 / 同 本田勝亮 2-P19-3 薬剤師の TDM への積極的介入とその効果 仙台厚生病院 加藤大輔 猪狩英俊抗菌薬適正使用 7 ( 千葉大学医学部附 14:10~14:55 属病院感染症管理治療部 ) 2-P P P19-6 特定抗菌薬の届出率向上に向けた薬剤科の取り組み 簡易懸濁法における各種抗菌薬併用時の酪酸菌の安定性について 血液透析患者に対する VCM 院内プロトコルを作成して 三重中央医療センター 医療法人知命堂病院 豊見城中央病院 中村卓巨武藤浩司安里美奈 2-P19-7 感染防止対策加算にもとづく取り組みの成果と課題 出水郡医師会広域医療センター薬剤科 中尾承司 2-P19-8 感染症経過表から考える抗菌薬適正使用ラウンド ~ 活動を初めて 1 年間の結果報告 ~ 秋田県立脳血管研究センター 齊藤 伸 2-P P P P20-3 薬品情報室への抗菌薬に関する問い合わせの調査 抗菌薬適正使用における病棟薬剤師と専門薬剤師の連携による効果 抗菌薬コントロールにおける病棟薬剤師との連携の構築 ~ タゾバクタムナトリウム ピペラシリンナトリウムの現状の把握と対策 ~ MDRP 陽性患者の背景因子と抗菌薬使用の解析 久留米大学病院薬剤部 聖隷浜松病院薬剤部 東京逓信病院 福島県立医科大学病院感染制御部 内藤哲哉石塚友一清家彩子山本夏男 加地正英抗菌薬適正使用 8 ( 大分県済生会日田 14:55~15:40 病院内科 ) 2-P P P P20-7 抗菌薬ラウンドにおける PIPC/TAZ 適正使用の評価 抗 MRSA 薬の TDM 実施率向上への取り組み 抗菌薬適正使用に向けた当院 の取り組み カルバペネム系抗菌薬の適正使用推進とカルバペネム系薬剤耐性菌分離率の推移についての検討 KKR 高松病院 国立病院機構豊橋医療センター薬剤科 医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 川崎医科大学附属病院薬剤部 東原将宏彦坂麻美岡本泰明北川誠子 2-P P20-9 研修医教育を介した抗菌薬適正使用に関する検討 当院におけるカルバペネム使用状況の検討 順天堂大学練馬病院 InfectionControlTeam / 同救急 集中治療科 坂出市立病院 / 坂出市立病院薬局 小松孝行 高田進輔

37 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P21-1 バンコマイシンの早期至適トラフ値到達が治療効果に及ぼす影響について 産業医科大学病院感染制御部 / 産業医科大学第一内科学講座 鈴木克典 2-P P21-3 抗菌薬適正使用における感染症専門医の役割 抗菌薬適正使用 ~ 投与時間改善の取り組み ~ 倉敷中央病院臨床検査科 中国労災病院感染対策室 上山伸也 柴田美加 田邊嘉也抗菌薬適正使用 9 ( 新潟大学医歯学総 14:10~14:55 合病院感染管理部 ) 2-P P P P P21-8 当院における抗菌薬使用量と ESBLs 沖縄県立北部病院薬産生菌の薬剤感受性の推移について局 による抗 MRSA 注射抗菌薬およびカルバペネム系抗菌薬の適正使用を目指した取り組み 介入の抗菌薬適正使用における効果に関する調査 外来における経口キノロン系抗菌薬の使用状況と検出菌の動向についての検討 抗菌薬使用量と感染症関連の診断群分類の平均在院日数 死亡率および再入院率の評価 福岡赤十字病院感染対策チーム / 同薬剤部 水島協同病院 鈴鹿回生病院薬剤管理課 / 四日市羽津医療センター薬剤科 / 同 吉本尚志大石泰也李美淑木村匡男片山歳也 2-P21-9 当院におけるカンジダ血症治療と ACTIONsBundle の遵守率 市立堺病院薬剤科 / 同 山本圭城 2-P22-1 下痢の症状を来したEdwardsiela 済生会西条病院外科 tarda による敗血症に対しての治療 体制について 石井 博 2-P22-2 当院のマイコプラズマ感染症対応の課題 ~ 職員集団感染を経験して ~ 独立行政法人国立精神 神経医療研究センター病院 小澤慎太郎 2-P22-3 過去 5 年間の薬剤耐性菌検出状況と耐性率の推移 群馬県済生会前橋病院 高瀬麻由美 真菌 その他の細菌 14:55~15:40 三木寛二 ( 兵庫県予防医学協会 ) 2-P P22-5 精神科における bacterial translocation について 医療従事者の手指から検出される芽胞形成菌に関する検討 医療法人杏和会阪南病院 東京医療保健大学大学院 中川雅美 河瀬里美 2-P22-6 当院における Candida 属菌の抗真菌薬感受性および抗真菌薬の使用状況 豊橋市民病院感染症管理センター 佐藤勝紀 2-P P P22-9 カンジダ血症に対する抗真菌薬の使用実態調査 Candidaalbicans に対する黄ニラの抗菌作用に関する検討 β-d- グルカン測定値と培養結果の相関と治療効果についての検討 横浜労災病院薬剤部 / 同 川崎医療福祉大学大学院臨床栄養学専攻 りんくう総合医療センター中央検査部 大月沢雄 亀崎彩紗 須合恵美

38 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P23-1 介護職員に対する感染対策指導の取り組み 公立学校共済組合北陸中央病院 尾田 愛 2-P23-2 感染管理認定看護師の活動状況 岐阜大学医学部附属病院消化器外科病棟 深尾亜由美 2-P23-3 リンクナースの育成に向けた取り組み 東大医科学研究所附属病院 小粥美香 人材育成 14:10~14:55 柳瀬安芸 ( 和歌山県立医科大学附属病院感染制御部 ) 2-P P P23-6 院内感染防止対策認定スタッフ制度と今後の課題 ~ 自ら学ぶ心を刺激して役割意識を育てる ~ 感染防止対策加算連携施設の感染管理コース 新規手術室清掃委託行業者に対する実践指導の実際 鳥取市立病院医療安全対策室 寺岡記念病院 市立川西病院 岩田知子 中村和幸 西田左恵子 2-P P P23-9 リンクナースの自立を動機づける ラウンド 感染管理スペシャリスト育成セミナーを 9 年間実施した教育効果 感染管理における看護師リーダー育成のためのスキルアップ研修会の成果 ( 第 1 報 ) 研修会後の意識調査より JA 三重厚生連松阪中央総合病院 富田浜病院 宮崎県立看護大学 野田恭子 濱野飛鳥 武田千穂 2-P24-1 感染管理院内認定士育成の取り組み 水戸赤十字病院 白石真由美 2-P24-2 リンクスタッフの育成 モチベーション向上にむけた活動の見直し 市立敦賀病院 小堀和美 2-P24-3 リンクナース育成への取り組み 患者情報用紙活用の評価 高砂市民病院 福田純子 2-P24-4 リンクナースへの教育的支援 ~ 達成感を持つことによるモチベーションアップを目指して ~ 高砂市民病院 中島博美 人材育成 組織体制 14:55~15:40 伊藤重彦 ( 北九州市立八幡病院外科 ) 2-P P24-6 院内の感染対策推進に向けた感染管理院内認定看護師の育成 認定感染リンクスタッフの育成効果の検証 九州大学病院グローバル感染症センター 横須賀市立うわまち病院感染制御室 森日登美松本ひろみ 2-P24-7 感染制御部認定 HHP 養成研修開始への取り組み 京都大学医学部附属病院看護部 / 同感染制御部 橋本明子 2-P24-8 から各チーム医療へのコラボレーションによる感染管理強化の試み KKR 高松病院 地濱早苗 2-P24-9 インフルエンザアウトブレイク後の取り組み 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 長谷部恵子

39 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P25-1 介護施設への 介入の重要性 井原市立井原市民病院 柳本亜由美 2-P25-2 血液培養検査推進のための 活動の評価 福井総合病院感染対策室 橋元千鶴 2-P25-3 当院における感染防止対策加算 2 算定に向けての取り組み 村立東海病院内科 薄井尊信 組織体制 1 14:10~14:55 新井晴代 ( 総合母子保健センター愛育病院医療安全管理室 ) 2-P P P25-6 感染対策に必要なマネジメント力 ~2.6.2 の法則からの考察 ~ 地域の感染対策と行政の役割 ~ 北海道今金町の取り組み ~ 当院における新体制下での感染対策活動の検証 医療法人澄心会豊橋ハートセンター 八雲総合病院 医療法人回生会大西病院感染制御部 戸澤真由美山田光雄和久勝昭 2-P25-7 精神科病院における感染対策の取り組みについての全国調査 ( 第四報 ) ~ 細菌検査に焦点をあてて 社会医療法人居仁会総合心療センターひなが 栗原康雄 2-P P P P26-2 清掃委託職員の院内病原体検出情報周知と活用状況 リンクセラピストという協力者を新設して 当院における時間外での血液培養陽性検体の報告状況 感染症コンサルテーション診療のルート検索 旭川赤十字病院感染管理室 社会医療法人大道会森之宮病院 国立国際医療研究センター国府台病院感染制御部 東京逓信病院 ICD チーム 平岡康子吉田ひろみ江守佳奈子川瀬正昭 2-P26-3 医師会 行政 感染管理認定看護師の協働 ~ 地域への感染対策教育の取り組み ~ 感染管理認定看護師等協議会 谷岡みゆき 組織体制 2 14:55~15:40 大迫ひとみ ( 兵庫県立尼崎病院看護部 ) 意識向上を目指した感染対策への 2-P26-4 取り組み グループ活動を導入して 2-P26-5 血液培養採取の啓発活動とその評価 地方独立行政法人新小山市民病院院内感染対策室 相澤病院薬剤管理情報センター 渡辺明美 篠原章能 2-P P26-7 精神科病棟の感染予防対策マニュアル作成 使用の評価 による院内感染症リーフレット導入 3 年後の再評価 新潟市民病院看護部 豊見城中央病院 高木浩司 小杉卓大 2-P26-8 建築 改修工事における ICRA の活用 JCI 認証で求められる感染制御リスクアセスメント 湘南鎌倉総合病院感染対策室 大澤栄子 2-P26-9 効果的な抗菌薬適正使用を目指して ~ 臨床検査技師の立場から ~ 札幌東徳洲会病院 秋谷 学

40 第 30 回日本環境感染学会総会 学術集会 第 2 日目 2 月 21 日 ( 土 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 2-P27-1 感染症管理システム (IC-2) での抗菌薬適正使用対策 一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院感染対策チーム 猪狩政則 2-P27-2 感染制御支援システム導入による情報共有 済生会広島病院医療技術部臨床検査室 奥田立子 2-P27-3 結核接触者把握システム再構築への取り組み 岡崎市民病院 杉浦聖二 IT 組織体制 14:10~14:55 増田道明 ( 獨協医科大学医学部 ) 2-P P27-5 感染制御活動におけるポータブル端末を用いた情報共有システムの開発 病院再開発における感染制御の取り組み 中央大学商学部 三重大学医学部附属病院医療安全 感染管理部 斎藤正武田辺正樹 2-P27-6 外来感染トリアージの導入 ~ 外来対応カードを使用して ~ 中国電力株式会社中電病院 藤井ゆり 2-P27-7 病児 病後児保育への ICN としての関わり NHO 広島西医療センター感染対策チーム 吉松崇之 植え込み型補助人工心臓を装着し 2-P27-8 た患者のドライブライン管理指導 を考える 名古屋大学医学部附属病院 安立なぎさ 2-P27-9 病院に期待される効果的な感染症コンサルテーション 都立大塚病院 進藤亜子 2-P28-1 手術器械の洗浄方法の評価 社会医療法人社団熊本丸田会熊本リハビリテーション病院看護部中材手術室 石本真季 2-P28-2 MRSA アウトブレイク時の抗 MRSA 薬コストと手指消毒薬コストの検討 琉球大学医学部附属病院感染対策室 / 同薬剤部 潮平英郎 2-P28-3 ワクチン歴 抗体価にも関わらず 修飾麻疹を発症した研修医の 1 例 岡崎市民病院 須藤祐司 2-P28-4 トランスレーショナル医療を TDM へバンコマイシン使用の手引きにおける遵守率の調査 国立国際医療研究センター病院 薬剤師 大橋裕丈 内視鏡他 14:55~15:40 田中富士美 ( さいたま市立病院感染管理室 ) 2-P P28-6 診療放射線技師の活動経験と役割 耳鼻咽喉科領域における内視鏡洗浄 消毒方法のマニュアル確立への取り組み 市立島田市民病院診療放射線室 りんくう総合医療センター 和田一也高田澄子 2-P28-7 上部消化管内視鏡鉗子チャンネルの長軸綿棒による ATP+AMP を指標とした総合的なチェックについて 市立伊丹病院感染対策室 大迫しのぶ 2-P28-8 消化器内視鏡消毒に使用する過酢酸の経時的環境濃度測定 東京医療保健大学大学院医療保健学研究科感染制御学 / 社会医療法人生長会府中病院 高橋陽一 2-P28-9 喉頭ファイバースコープの管理基準のあり方 ~ 現場と の共同作業の中から ~ 小田原市立病院 荒木政枝

(案の2)

(案の2) 別紙 2 < 講習内容 > 1 院内感染対策に関して 地域において指導的立場を担うことが期待される病院等の従事 者を対象とした院内感染対策に関する講習会 1. 院内感染対策のシステム化と地域ネットワーク (45 分 ) チーム医療と各職種の役割 地域連携 感染防止対策加算 Ⅰ Ⅱ 取得施設の合同カンファランスのありかた 災害時の感染対策 2. 院内感染関連微生物と微生物検査 (45 分 ) 耐性菌

More information

浜松地区における耐性菌調査の報告

浜松地区における耐性菌調査の報告 平成 28 年度浜松地区感染対策地域連携を考える会 2017 年 2 月 22 日 浜松地区 耐性菌サーベイランス報告 浜松医科大学医学部附属病院 感染対策室 概要 平成 19 年 4 月に施行された改正医療法により すべての医療機関において管理者の責任の下で院内感染対策のための体制の確保が義務化されました 本サーベイランスは 静岡県浜松地区 ( 浜松市 湖西市 ) における薬剤耐性菌の分離状況や薬剤感受性の状況を調査し

More information

<4D F736F F D D91208D918CF697A791E58A7795CE8DB7926C C F2E646F63>

<4D F736F F D D91208D918CF697A791E58A7795CE8DB7926C C F2E646F63> 全国国公立大学偏差値ランキング 東京大学 [ 理 3 国 東京 ]79 京都大学 [ 医医 国 京都 ]78 東京大学 [ 文 1 国 東京 ]77 大阪大学 [ 医医 国 大阪 ]77 東京大学 [ 文 2 国 東京 ]76 東京大学 [ 文 3 国 東京 ]75 東京医科歯科大学 [ 医医 国 東京 ]74 名古屋大学 [ 医医 国 愛知 ]74 東北大学 [ 医医 国 宮城 ]73 千葉大学

More information

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2 学術集会開催実績および冊子発行年 回 学術集会は各回の開催順に掲載 第 49 回 精神看護 2018 年 平成 30 年 2018/7/19-20 徳島県徳島市 2018 年 2019 年 在宅看護 2018/7/27-28 佐賀県佐賀市 2018 年 2019 年 看護管理 2018/8/9-10 宮城県仙台市 2018 年 2019 年 看護教育 2018/8/16-17 広島県広島市 2018

More information

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2 21. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 胃がん検診 集団検診 ) 12 都道府県用チェックリストの遵守状況胃がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 胃がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 25 C E 岩手県 23 C D 宮城県 13 秋田県 24 C 山形県 10 福島県 12 C 茨城県 16

More information

東邦大学羽田空港国際線クリニック 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム 選択専攻科目 各診療科 東京医科大学病院 平山陽示 循環器内科 森山記念病院 伊藤 嘉晃 森山リハビリテーション病院 関東

東邦大学羽田空港国際線クリニック 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム 選択専攻科目 各診療科 東京医科大学病院 平山陽示 循環器内科 森山記念病院 伊藤 嘉晃 森山リハビリテーション病院 関東 平成 26 年度臨床研修病院群東邦大学医療センター大森病院臨床研修プログラム 必修科目 内科 救急部門 三郷中央総合病院 048-953-1321 内田耕 麻酔科 小児科 同愛記念病院 03-3625-6381 山口公一 産婦人科 外科 精神神経科 地域医療 大川こども & 内科クリニック 03-3758-0920 大川洋二 東邦大学羽田空港国際線クリニック 03-5708-8011 高木賢治 大森病院臨床研修プログラム

More information

 

  5. 都道府県別 の推移 (19 19~1 年 ) 北海道 1% 17% 1% % 11% 北海道 青森県 3% 3% 31% 3% % 7% 5% 青森県 岩手県 3% 37% 3% 35% 3% 31% 9% 岩手県 宮城県 33% 3% 31% 9% 7% 5% 3% 宮城県 秋田県 1% % % 3% 3% 33% 3% 秋田県 山形県 7% % 7% 5% 3% % 37% 山形県 福島県

More information

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H 1. 技能実習責任者講習 http://www.zenkiren.com/seminar/ginoujissyu.html 開催日時 H29.11.29 ( 水 ) H29.12.5 ( 火 ) H29.12.12 ( 火 ) H29.12.17 ( 日 ) H30.1.9 ( 火 ) H30.1.16 ( 火 ) H30.1.24 ( 水 ) H30.2.4 ( 日 ) H30.2.5 ( 月 )

More information

MDE335ӾՈ

MDE335”æ’à 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札幌営業所 011 (783) 8141 旭川営業所 0166 (31) 6501 釧路営業所 0154 (37) 4849 函館営業所 0138 (49) 9273 苫小牧営業所 0144 (68)

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802005298 北海道 740100003 4 コーチ 802006099 宮城 740400015 5 コーチ 802009308 大阪 742700351 6 コーチ 802012742 沖縄 744700018 7 コーチ 802012867 静岡 742100061

More information

MAC600”æ’Ý

MAC600”æ’Ý 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

5631BA_5831BA”æŁ’à

5631BA_5831BA”æŁ’à 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

MUC350

MUC350 全国に拡がるアフターサービス網 お買い上げ商品のご相談は 最寄りのマキタ登録販売店もしくは 下記の当社営業所へお気軽にお尋ねください 事業所名 電話番号 事業所名 電話番号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 足立営業所 03 (3899) 5855 札幌営業所 011 (783) 8141 大田営業所 03 (3763) 7553 旭川営業所 0166 (江戸川営業所 03 (3653)

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802006099 宮城 740400015 4 コーチ 802009308 大阪 742700351 5 コーチ 802012742 沖縄 744700018 6 コーチ 802012867 静岡 742100061 7 コーチ 803001619 青森 740200007

More information

率 九州 ( 工 -エネルギー科学) 新潟 ( 工 - 力学 ) 神戸 ( 海事科学 ) 60.0 ( 工 - 化学材料 ) 岡山 ( 工 - 機械システム系 ) 北海道 ( 総合理系 - 化学重点 ) 57.5 名古屋工業 ( 工 - 電気 機械工 ) 首都大学東京

率 九州 ( 工 -エネルギー科学) 新潟 ( 工 - 力学 ) 神戸 ( 海事科学 ) 60.0 ( 工 - 化学材料 ) 岡山 ( 工 - 機械システム系 ) 北海道 ( 総合理系 - 化学重点 ) 57.5 名古屋工業 ( 工 - 電気 機械工 ) 首都大学東京 率 93 東京工業 ( 生命理工 - 生命理工 ) 67.5 東京 ( 理科一類 ) 67.5 90 九州 ( 工 - 機械航空工 ) 67.5 ( 理科二類 ) 67.5 89 九州 ( 工 - 電気情報工 ) 65.0 京都 ( 工 - 情報 ) 65.0 87 筑波 ( 理工 - 工学システム ) 九州 ( 工 - 建築 ) 65.0 86 北海道 ( 工 - 情報エレクトロニクス ) 60.0

More information

<4D F736F F F696E74202D208B678FCB8E9B D C982A882AF82E98AB490F5975C966891CE8DF482CC8A B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208B678FCB8E9B D C982A882AF82E98AB490F5975C966891CE8DF482CC8A B8CDD8AB B83685D> 当院における 院内感染対策の概要 院内合同研修会 H19 年 8 月 22 日 B2 病棟師長河岸光子 1 院内感染予防対策委員会規程 第 2 条 ( 所轄事項 ) 1 各職種 各職場ごとの院内感染予防対策に関すること 全職場に関係している ( マニュアルの存在 ) 2 院内感染予防対策実施の監視と指導に関すること 感染チェックと指導 啓蒙 3 職員の教育に関すること 院内研修! 2 院内感染予防対策委員会規程

More information

(病院・有床診療所用) 院内感染対策指針(案)

(病院・有床診療所用) 院内感染対策指針(案) 院内感染対策指針 さかえクリニック 1 院内感染対策に関する基本的な考え方院内感染の防止に留意し 感染等発生の際にはその原因の速やかな特定 制圧 終息を図ることは 医療提供施設にとって重要である 院内感染防止対策を全従業員が把握し 指針に則った医療が提供できるよう 本指針を作成するものである 2 院内感染管理体制 2-1 院長は 次に掲げる院内感染対策を行う (1) 院内感染対策指針及びマニュアルの作成

More information

4) アウトブレイクに介入している 5) 検査室データが疫学的に集積され, 介入の目安が定められている 4. 抗菌薬適正使用 1) 抗菌薬の適正使用に関する監視 指導を行っている 2) 抗 MRSA 薬の使用に関する監視 指導を行っている 3) 抗菌薬の適正使用に関して病棟のラウンドを定期的に行って

4) アウトブレイクに介入している 5) 検査室データが疫学的に集積され, 介入の目安が定められている 4. 抗菌薬適正使用 1) 抗菌薬の適正使用に関する監視 指導を行っている 2) 抗 MRSA 薬の使用に関する監視 指導を行っている 3) 抗菌薬の適正使用に関して病棟のラウンドを定期的に行って 別紙 24 基準 感染防止対策地域連携加算チェック項目表 A: 適切に行われている あるいは十分である B: 適切に行われているが改善が必要 あるいは十分ではない C: 不適切である あるいは行われていない X: 判定不能 ( 当該医療機関では実施の必要性がない項目 確認が行えない項目等 ) 実施日 : 年月日対象医療機関名 : A. 感染対策の組織 1. 院内感染対策委員会 1) 委員会が定期的に開催されている

More information

Q&A(最終)ホームページ公開用.xlsx

Q&A(最終)ホームページ公開用.xlsx Q 1 VRE とは どんな菌ですか? 2 VRE は多剤耐性菌のひとつですか? VRE と VRE 感染症一般について A 腸球菌は 広義には 乳酸菌 の一種とも考えられ 乳製品の製造や 整腸剤に加えられることもあります ヒトの腸管にいる細菌であり 健常な方には病原性はありませんが 免疫が低下した方には感染症を引き起こすことがあります VRE は 腸球菌の中で とくにバンコマイシンという抗菌薬が効きにくくなった細菌のことを指しますが

More information

耐性菌届出基準

耐性菌届出基準 37 ペニシリン耐性肺炎球菌感染症 (1) 定義ペニシリン G に対して耐性を示す肺炎球菌による感染症である (2) 臨床的特徴小児及び成人の化膿性髄膜炎や中耳炎で検出されるが その他 副鼻腔炎 心内膜炎 心嚢炎 腹膜炎 関節炎 まれには尿路生殖器感染から菌血症を引き起こすこともある 指定届出機関の管理者は 当該指定届出機関の医師が (2) の臨床的特徴を有する者を診察した結果 症状や所見からペニシリン耐性肺炎球菌感染症が疑われ

More information

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ < 各都道府県別満足度一覧 > エリア KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21,605 40.0 38.2 16.7 3.9 1.2 全体 18,172 31.2 39.1 19.3 7.4 3.0 全体 15,223 23.2 38.4 23.8 10.7 3.9 NTTドコモ / 北海道 665 51.1 34.4 12.5 1.7 0.3 KDDI(au)/

More information

と役割を明確化し 医療機関内のすべての関係者の理解と協力が得られる環 境を整えること ( 感染制御チーム ) 病床規模の大きい医療機関 ( 目安として病床が 床以上 ) においては 医師 看護師 検査技師 薬剤師から成る感染制御チームを設置し 定期的に病棟ラウンド ( 感染制御チームによ

と役割を明確化し 医療機関内のすべての関係者の理解と協力が得られる環 境を整えること ( 感染制御チーム ) 病床規模の大きい医療機関 ( 目安として病床が 床以上 ) においては 医師 看護師 検査技師 薬剤師から成る感染制御チームを設置し 定期的に病棟ラウンド ( 感染制御チームによ ( 別記 ) 医療機関等における院内感染対策に関する留意事項 院内感染とは 1 医療機関において患者が原疾患とは別に新たにり患した感染症 2 医療従事者等が医療機関内において感染した感染症のことであり 昨今 関連学会においては 病院感染 ( hospital-acquired infection) や医療関連感染 (healthcare-associated infection) という表現も広く使用されている

More information

11 m2~15 m2 7m2~10 m2 6m2以下 1 級地別記 7 別記 8 別記 9 2 級地別記 7 別記 8 別記 9 3 級地別記 7 別記 8 別記 9 ただし 次に掲げる当該世帯の自立助長の観点から引き続き当該住居等に居住することが必要と認められる場合又は当該地域の住宅事情の状況に

11 m2~15 m2 7m2~10 m2 6m2以下 1 級地別記 7 別記 8 別記 9 2 級地別記 7 別記 8 別記 9 3 級地別記 7 別記 8 別記 9 ただし 次に掲げる当該世帯の自立助長の観点から引き続き当該住居等に居住することが必要と認められる場合又は当該地域の住宅事情の状況に 社援発 0414 第 9 号平成 27 年 4 月 14 日 別記 1( 知事又は市長 ) 殿 厚生労働省社会 援護局長 生活保護法による保護の基準に基づき厚生労働大臣が別に定める住宅扶助 ( 家賃 間代等 ) の限度額の設定について ( 通知 ) 生活保護法による保護の基準 ( 昭和 38 年厚生省告示第 158 号 以下 保護の基準 という ) 別表第 3 の 2 の規定に基づき 貴都道府県 (

More information

中医協総会の資料にも上記の 抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス から一部が抜粋されていることからも ガイダンスの発表は時機を得たものであり 関連した8 学会が共同でまとめたという点も行政から高評価されたものと考えられます 抗菌薬の適正使用は 院内 と 外来 のいずれの抗菌薬処方におい

中医協総会の資料にも上記の 抗菌薬適正使用支援プログラム実践のためのガイダンス から一部が抜粋されていることからも ガイダンスの発表は時機を得たものであり 関連した8 学会が共同でまとめたという点も行政から高評価されたものと考えられます 抗菌薬の適正使用は 院内 と 外来 のいずれの抗菌薬処方におい (72) 平成 29 年 10 月 4 日開催の中医協総会 ( 第 362 回 ) で 薬剤耐性 (AMR) 対策 がテーマ のひとつに取上げられました インフェクションコントロール誌読者の皆さんにとっては 吉報 になるかもしれません 2017( 平成 29) 年 10 月 4 日に開設された中央社会保険医療協議会の総会 ( 第 362 回 ) で 薬剤耐性 (AMR) 対策 がテーマのひとつに取りあげられたからです

More information

抗MRSA薬の新規使用患者のまとめ

抗MRSA薬の新規使用患者のまとめ 発表テンプレート 病院名 宮崎大学医学部附属病院 参加者 スライド 1 枚目に参加者氏名 発表項目を記載してください ( 様式自由 ) 医師 ( 部長 ) 医師 ( 副部長 ) 看護師 ( 副部長 ) 薬剤師検査技師 岡山昭彦高城一郎福田真弓平原康寿佐伯裕二 報告事項 1 薬剤耐性菌等の検出状況 2 感染症患者の発生状況 3 院内感染対策の実施状況 4 抗菌薬の使用状況等 平成 28 年 5 月 24

More information

Microsoft Word 報告書_v1.7

Microsoft Word 報告書_v1.7 (7) 手術難易度分類別の患者割合 分子 : 分母のうち 手術難易度分類別の患者数分母 : 主要診断群別の手術有りの退院患者数主要診断群とは以下の疾患分野 神経系疾患(MDC01) 眼科系疾患(MDC02) 耳鼻咽喉科系疾患(MDC03) 呼吸器系疾患(MDC04) 循環器系疾患 (MDC05) 消化器系疾患(MDC06) 筋骨格系疾患(MDC07) 皮膚 皮下組織の疾患 (MDC08) 乳房の疾患(MDC09)

More information

厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)

厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業) 厚生労働科学研究費補助金 ( 循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 ) 分担研究報告書 健康寿命の全国推移の算定 評価に関する研究 評価方法の作成と適用の試み 研究分担者橋本修二藤田保健衛生大学医学部衛生学講座 教授 研究要旨健康寿命の推移について 平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加 ( 健康日本 21( 第二次 ) の目標 ) の達成状況の評価方法を開発 提案することを目的とした 本年度は

More information

<34398FAC8E998AB490F55F DCC91F092CA926D E786C7378>

<34398FAC8E998AB490F55F DCC91F092CA926D E786C7378> 10000 G-1-007 10 月 21 日 14:40~15:40 G 会場 一般演題 ( 口演 ) 予防接種 1 10001 H-2-001 10 月 22 日 9:00~10:00 H 会場 一般演題 ( 口演 ) 疫学 公衆衛生 10002 C-1-011 10 月 21 日 14:50~15:50 C 会場 一般演題 ( 口演 ) マイコプラズマ 10003 F-1-001 10 月 21

More information

日本医師会「2008年度緊急レセプト調査(4~6月分)」結果報告(2008年8月6日)

日本医師会「2008年度緊急レセプト調査(4~6月分)」結果報告(2008年8月6日) 1 2008 46 2008 8 6 2 2008 46 2008 8 6 2008 0.38 1.200.82 1-1-1 0.42 1,000 2008 0.42 400 1-1-1 3 2008 46 2008 8 6 4 2008 46 2008 8 6 2008 *1 50 50 5752 600 15 15 60 1 10 2 *2 15 1 30 2 50 200 5760 4752

More information

ごあいさつ

ごあいさつ ごあいさつ 目次 明野中央病院 病院概要 病院データ 病院の特徴について 看護の特徴について 職場環境について (WLB の観点で ) 教育体制について ( 新人の教育体制を中心に ) お問合せ先 大分市医師会立アルメイダ病院 病院概要 病院データ 病院の特徴について 看護の特徴について 職場環境について (WLB の観点で ) 教育体制について ( 新人の教育体制を中心に ) お問合せ先 宇佐高田医師会病院

More information

平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁

平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁 平成 27 年 3 月 31 日 消防庁 平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) の公表 平成 26 年中の救急出動件数等の速報を取りまとめましたので公表します 救急出動件数 搬送人員とも過去最多を記録 平成 26 年中の救急自動車による救急出動件数は598 万 2,849 件 ( 対前年比 7 万 1,568 件増 1.2% 増 ) 搬送人員は539 万 9,618 人 ( 対前年比 5 万

More information

< C964D91E58A77914F8AFA97D58FB08CA48F C512E786C73>

< C964D91E58A77914F8AFA97D58FB08CA48F C512E786C73> 平成 25 年度臨床研修病院群東邦大学医療センター大橋病院臨床研修プログラム 必修科目 救急部門 三郷中央総合病院 048-953-1321 内田耕 産婦人科 麻酔科 精神神経科 地域医療 東京小児療育病院 042-561-2521 椎木俊秀 四万十町国民健康保険十和診療所 0880-28-5523 岡聡司 中川整形 03-3707-4388 中川種史 選択必修科目 小児科 選択専攻科目 各診療科

More information

済生会習志野病院 千葉大学医学部附属病院 帝京大学ちば総合医療センター 東邦大学医療センター佐倉病院 成田赤十字病院 横浜市立みなと赤十字病院 横浜市立大学附属病院 立病院機構立がんセンター 大和市立病院 ( 準 ) 北里大学病院 昭和大学横浜市北部病院 日本医科大学武蔵小杉病院 済生会横浜市東部病

済生会習志野病院 千葉大学医学部附属病院 帝京大学ちば総合医療センター 東邦大学医療センター佐倉病院 成田赤十字病院 横浜市立みなと赤十字病院 横浜市立大学附属病院 立病院機構立がんセンター 大和市立病院 ( 準 ) 北里大学病院 昭和大学横浜市北部病院 日本医科大学武蔵小杉病院 済生会横浜市東部病 一般社団法人日本医療薬学会がん専門薬剤師認定制度がん専門薬剤師研修施設名簿 施設数 : 296 施設 2018 年 6 月現在 NTT 東日本札幌病院 旭川医科大学病院 札幌医科大学附属病院 札幌北辰病院 市立旭川病院 市立札幌病院 手稲渓仁会病院 東旭川病院 がんセンター 大学病院 労働者健康安全機構釧路労災病院 JA 厚生連帯広厚生病院 JA 厚生連札幌厚生病院 市立根室病院 岩手医科大学附属病院

More information

取得目標資格別 医療/教育/福祉/健康系[養成校一覧]2018年度

取得目標資格別 医療/教育/福祉/健康系[養成校一覧]2018年度 大学 ( 1/ 5 ページ ) 学部 埼玉 公立 大学 埼玉県立大学 保健医療福祉学部健康開発学科口腔保健科学専攻 共学 昼 4 30 千葉 公立 大学 千葉県立保健医療大学 健康科学部歯科衛生学科 共学 昼 4 25 東京 国立 大学 東京医科歯科大学 歯学部口腔保健学科口腔保健衛生学専攻 共学 昼 4 22 歯学部口腔保健学科 1 年所在地 = 千葉県市川市 新潟 国立 大学 新潟大学 歯学部口腔生命福祉学科

More information

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2 J リーグクラブのサービスに関する ( 満足度 ) 調査 調査方法 : インターネット調査調査実施日 : 2012 年 2 月上旬調査対象 : 2011 年シーズンの J1 クラブを応援し 1 年以内に 1 回以上その応援クラブチームのホームスタジアムで試合観戦をしている方回答者は 最も応援しているチームのみに対して回答している 各クラブのホームスタジアム 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4.

More information

- 1 - Ⅰ. 調査設計 1. 調査の目的 本調査は 全国 47 都道府県で スギ花粉症の現状と生活に及ぼす影響や 現状の対策と満足度 また 治療に対する理解度と情報の到達度など 現在のスギ花粉症の実態について調査しています 2. 調査の内容 - 調査対象 : ご自身がスギ花粉症である方 -サンプ

- 1 - Ⅰ. 調査設計 1. 調査の目的 本調査は 全国 47 都道府県で スギ花粉症の現状と生活に及ぼす影響や 現状の対策と満足度 また 治療に対する理解度と情報の到達度など 現在のスギ花粉症の実態について調査しています 2. 調査の内容 - 調査対象 : ご自身がスギ花粉症である方 -サンプ 2017 年 4 月 25 日 鳥居薬品株式会社 47 都道府県 スギ花粉症実態調査 参考資料 Ⅰ. 調査設計 Ⅱ. 調査結果の詳細 この件に関するお問い合わせ 鳥居薬品株式会社経営企画部担当 : 加藤健人 TEL:03-3231-6814 E-mail:webmaster@torii.co.jp - 1 - Ⅰ. 調査設計 1. 調査の目的 本調査は 全国 47 都道府県で スギ花粉症の現状と生活に及ぼす影響や

More information

<944D92868FC75F8F578C D834F F E F1817A35302E786C736D>

<944D92868FC75F8F578C D834F F E F1817A35302E786C736D> #REF! 4 4 4 1 1 8 44 9 41 4 8 5 4 11 8 1 1 9 1 15 1 1 4 4 8 4 1 1 5 19 4 1 5 4 19 1 4 11 8 4 1 1 1 9 1 5 1 4 5 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県平成

More information

調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ( 指定都市除く )) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 実施数国語 A 国語 B 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 算数 A 算数 B 質問紙 平均正答率 13~15 問 国語

調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ( 指定都市除く )) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 実施数国語 A 国語 B 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 算数 A 算数 B 質問紙 平均正答率 13~15 問 国語 調査実施概況 小学校 ( 都道府県 ) 教育委員会数 ( 1) 学校数児童数 ( 2) 全体 実施数 調査対象者在籍学校数 主体的 対話的で深い学びに関する状況 ( 3) 実施数国語 A 国語 B 算数 A 算数 B 質問紙 1 2 3 4 5 平均正答率 13~15 問 国語 A(%) 正答数別四分位 12 問 10~11 問 国語 B(%) 正答数別四分位平均正答率 0~9 問 7~9 問 5~6

More information

平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁

平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁 平成 28 年 3 月 29 日 消防庁 平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) の公表 平成 27 年中の救急出動件数等の速報を取りまとめましたので公表します 救急出動件数 搬送人員とも過去最多を記録 平成 27 年中の救急自動車による救急出動件数は 605 万 1,168 件 ( 対前年比 6 万 6,247 件増 1.1% 増 ) 搬送人員は 546 万 5,879 人 ( 対前年比 5

More information

本土 ( 沖縄県を除く ) 保険期間 60か月 48か月 37か月 36か月 35か月 34か月 33か月 32か月 31か月 30か月 29か月 28か月 27か月 26か月 25か月 24か月 23か月 22か月 21か月 20か月 合 自家用 A B 営 業 用 用 C D 自 家 用 用 4

本土 ( 沖縄県を除く ) 保険期間 60か月 48か月 37か月 36か月 35か月 34か月 33か月 32か月 31か月 30か月 29か月 28か月 27か月 26か月 25か月 24か月 23か月 22か月 21か月 20か月 合 自家用 A B 営 業 用 用 C D 自 家 用 用 4 本土 ( 沖縄県を除く ) 保険期間 60か月 48か月 37か月 36か月 35か月 34か月 33か月 32か月 31か月 30か月 29か月 28か月 27か月 26か月 25か月 24か月 23か月 22か月 21か月 20か月 合 自家用 A B 営 業 用 用 C D 自 家 用 用 44,190 43,170 42,130 41,080 40,040 39,010 37,960 36,920

More information

厚生労働科学研究費補助金 (地域健康危機管理研究事業)

厚生労働科学研究費補助金 (地域健康危機管理研究事業) 平成 23 年度厚生労働科学研究費補助金循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業循環器疾患等の救命率向上に資する効果的な救急蘇生法の普及啓発に関する研究 (H21- 心筋 - 一般 -001) ( 研究代表者丸川征四郎 ) 平成 23 年度研究報告 研究課題 A AED の普及状況に係わる研究 研究分担者近藤久禎国立病院機構災害医療センター臨床研究部政策医療企画研究室長 平成 24(2012)

More information

第30回 日本環境感染学会総会・学術集会-プログラム・抄録集

第30回 日本環境感染学会総会・学術集会-プログラム・抄録集 The30thAnnualMeetingofJapaneseSocietyforInfectionPreventionandControl 第 1 日目 2 月 20 日 ( 金 ) ポスター会場 1( 神戸国際展示場 1 号館 1F 展示室 ) 座長 ( ) 1-P1-1 当院における MRSA 菌血症の臨床的検討 浜松医科大学医学部附属病院感染対策室 / 同検査部 河野雅人 1-P1-2 当院

More information

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講

精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 11:10 12:10 特別講 The 113th Annual Meeting of the Japanese Society of Psychiatry and Neurology -94- 精神医学研究 教育と精神医療を繋ぐ 双方向の対話 10:00 11:00 特別講演 3 司会 尾崎 紀夫 JSL3 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学 親と子どもの心療学分野 AMED のミッション 情報共有と分散統合 末松 誠 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

More information

2014 Junuary 内 外 診療科 科 心臓血管センター ( 新患 ) 呼吸器 ( 再診 ) 血 液 消化器 腎 臓 科 心臓血管外科 循環器 ( 新患 ) 内科 ( 再診 ) 月 熊部 山口 外山 中村 竹田 大地 福嶋 安藤 火 山口 須加原 外山 工藤 黒木 山本 水 外山 松本 中村 新名 木 須加原 山口 外山 大地 山本 福嶋 公文栗原栗原整形外科勝 公文市原森田市原

More information

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点 平成 2 5 年 9 月 2 4 日国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター 平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査結果 ( 概要 ) 1 本調査は, 全国の国 公 私立の中学校及び高等学校 ( 全日制 定時制 通信制 ) を対象に, 平成 24 年度の中学校職場体験 高等学校インターンシップの全国的な実施状況を平成 25 年 3 月現在で取りまとめたものである 2 中学校職場体験

More information

Microsoft Word - B-2 感染経路別防止対策(2018.8)

Microsoft Word - B-2 感染経路別防止対策(2018.8) 標準予防策を実施するだけでは 伝播を予防することが困難な患者には 標準予防策に加えて 感染経路別予防策を実施する 感染経路別予防策には以下の3つがある 接触感染予防策 飛沫感染予防策 空気感染予防策 1. 感染経路別予防策実施時における患者説明と同意経路別感染予防策が必要な理由について 患者への説明と口頭同意を得て カルテに記載をする 2. 各経路別感染予防策の実施方法 (1) 接触感染 病院感染の中で最も頻度の高い伝播様式

More information

指定大学院一覧(差替).xlsx

指定大学院一覧(差替).xlsx 指定大学院臨床心理学専攻 ( コース ) 一覧第 1 種指定大学院 (159 校 / 修了後 直近の審査の受験可 ) 平成 29 年 (2017) 年 4 月 1 日現在 所在県名種別大学院名研究科名専攻名領域 ( コース ) 名 1 北海道 国 北海道大学大学院 教育学院 教育学専攻 臨床心理学講座 2 北海道 私 札幌学院大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻 3 北海道 私 札幌国際大学大学院

More information

01佐貫.indd

01佐貫.indd 不良債権比率二〇〇七年三月期 % 2.9 2.8 みずほ ( 信 ) 5.0 2.9 りそな 17.8 2.8 みずほ C 28.5 2.1 R=-0.9612 2.0 中央三井 7.9 1.8 三菱 ( 信 ) 10.4 1.6 みずほ 33.6 1.8 R=-1.000 三菱 69.5 1.7 1.5 埼玉りそな 5.8 1.5 三井住友 53.6 1.4 B A 1.0 あおぞら 3.2 1.0

More information

お問い合わせ先 S 2014.04 北海道 東北 旭川 340 盛岡 339 山形 378 0166-23-0311 019-625-2525 023-623-1311 札幌 366 仙台 359 福島 377 011-214-7111 022-264-9111 024-522-7111 青森 390 秋田 383 関東 東京以外 水戸 375 高崎 381 所沢 263 津田沼 259 本八幡 276

More information

2015 年 9 月 30 日放送 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE) はなぜ問題なのか 長崎大学大学院感染免疫学臨床感染症学分野教授泉川公一 CRE とはカルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 以下 CRE 感染症は 広域抗菌薬であるカルバペネム系薬に耐性を示す大腸菌や肺炎桿菌などの いわゆる

2015 年 9 月 30 日放送 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE) はなぜ問題なのか 長崎大学大学院感染免疫学臨床感染症学分野教授泉川公一 CRE とはカルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 以下 CRE 感染症は 広域抗菌薬であるカルバペネム系薬に耐性を示す大腸菌や肺炎桿菌などの いわゆる 2015 年 9 月 30 日放送 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE) はなぜ問題なのか 長崎大学大学院感染免疫学臨床感染症学分野教授泉川公一 CRE とはカルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 以下 CRE 感染症は 広域抗菌薬であるカルバペネム系薬に耐性を示す大腸菌や肺炎桿菌などの いわゆる腸内細菌科細菌による感染症の総称です CRE 感染症は 腸内細菌による感染症ですので 感染防御機能の低下した患者

More information

2)HBV の予防 (1)HBV ワクチンプログラム HBV のワクチンの接種歴がなく抗体価が低い職員は アレルギー等の接種するうえでの問題がない場合は HB ワクチンを接種することが推奨される HB ワクチンは 1 クールで 3 回 ( 初回 1 か月後 6 か月後 ) 接種する必要があり 病院の

2)HBV の予防 (1)HBV ワクチンプログラム HBV のワクチンの接種歴がなく抗体価が低い職員は アレルギー等の接種するうえでの問題がない場合は HB ワクチンを接種することが推奨される HB ワクチンは 1 クールで 3 回 ( 初回 1 か月後 6 か月後 ) 接種する必要があり 病院の Ⅵ. 職業感染対策 1. 針刺し 切創 粘膜曝露 1) 針刺し 切創 粘膜曝露対策および事例発生時の対応 職業感染を防止するためには 針刺し 切創 粘膜曝露を起こさないことが重要ではあ るが もし針刺し 切創 粘膜曝露が発生した場合は 迅速に対処することが必要となる 針刺し 切創 粘膜曝露事例発生時はフローチャートに従い行動する 表 1 感染症別の針刺しによる感染率 問題となるウイルス 感染率 備考

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

横須賀市立市民病院院内感染対策要領

横須賀市立市民病院院内感染対策要領 横須賀市立市民病院院内感染対策要領 病院内で問題となる感染症の発生は 入院中の治療や処置に関連した感染 市中感染の院内持込による感染などがある 病院では これらの感染症の発生を予防し 感染症が発生した際にはその拡大を防ぐことが重要となる 院内感染防止が有効に機能すれば 医療の質の向上が可能になり さらに医療従事者の安全も向上する この要領は 横須賀市立市民病院での院内感染の発生防止および制圧を目的として定める

More information

<4D F736F F F696E74202D208DA196EC90E690B E63589F EA98EA191CC92B28DB882DC82C682DF E392E B315D81408DA196EC205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208DA196EC90E690B E63589F EA98EA191CC92B28DB882DC82C682DF E392E B315D81408DA196EC205B8CDD8AB B83685D> 子宮頸がん予防ワクチン公費助成接種状況 についての ) アンケート調査報告 2012.10.19 子宮頸がんがん征圧征圧をめざすをめざす専門家会議実行委員長今野良 1 調査概要 1. 調査名 : 子宮頸がん検診受診状況 及び 子宮頸がん予防ワクチン公費助成接種状況 についてのアンケート 2. 調査主体 : 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議議長野田起一郎 ( 近畿大学前学長 ) 実行委員鈴木光明 (

More information

亀田総合 ( 済 ) 新潟第二千葉労災 島根県中央中頭 ( 済 ) 栗橋 ( 済 ) 唐津 ( 済 ) 熊本佐久総合神戸市中央 麻生飯塚 ( 済 ) 吹田相澤 ( 赤 ) 石巻鳥取県中央ひたちなか 王子総合 高槻埼玉協同鈴鹿回生大同 那覇市立人吉総合 河北総合 中電病院大垣市民静岡県総合 倉敷中央

亀田総合 ( 済 ) 新潟第二千葉労災 島根県中央中頭 ( 済 ) 栗橋 ( 済 ) 唐津 ( 済 ) 熊本佐久総合神戸市中央 麻生飯塚 ( 済 ) 吹田相澤 ( 赤 ) 石巻鳥取県中央ひたちなか 王子総合 高槻埼玉協同鈴鹿回生大同 那覇市立人吉総合 河北総合 中電病院大垣市民静岡県総合 倉敷中央 ( 済 ) 栗橋 亀田総合 ( 済 ) 新潟第二 千葉労災 中頭 神戸市中央 ( 済 ) 唐津島根県中央人吉総合 大同 中電病院 ( 済 ) 吹田王子総合相澤 佐久総合那覇市立埼玉協同鈴鹿回生 ( 済 ) 熊本松本協立ひたちなか麻生飯塚 河北総合 ( 赤 ) 石巻 鳥取県中央島田市民 高槻 倉敷中央 大阪鉄道府中 京都民医連 公立甲賀五稜郭 九州厚年金菊名記念市立加西富山市民京都桂 市立三次中 宝塚市立社保中京

More information

目 次 1. はじめに 1 2. 組成および性状 2 3. 効能 効果 2 4. 特徴 2 5. 使用方法 2 6. 即時効果 持続効果および累積効果 3 7. 抗菌スペクトル 5 サラヤ株式会社スクラビイン S4% 液製品情報 2/ PDF

目 次 1. はじめに 1 2. 組成および性状 2 3. 効能 効果 2 4. 特徴 2 5. 使用方法 2 6. 即時効果 持続効果および累積効果 3 7. 抗菌スペクトル 5 サラヤ株式会社スクラビイン S4% 液製品情報 2/ PDF サラヤ株式会社スクラビイン S4% 液製品情報 1/8 52-0198-01-4PDF 目 次 1. はじめに 1 2. 組成および性状 2 3. 効能 効果 2 4. 特徴 2 5. 使用方法 2 6. 即時効果 持続効果および累積効果 3 7. 抗菌スペクトル 5 サラヤ株式会社スクラビイン S4% 液製品情報 2/8 52-0198-01-4PDF 1. はじめに 医療関連感染の原因となる微生物の多くは

More information

1★プレス42週HP表紙

1★プレス42週HP表紙 Press Release 平成 30 年 10 月 26 日 報道関係者各位 照会先 健康局結核感染症課 感染症情報管理室長磯貝達裕課長補佐井口豪 インフルエンザの発生状況について 平成 30 年第 42 週 ( 平成 30 年 10 月 15 日から平成 30 年 10 月 21 日まで ) 分のインフルエンザの発生状況を別紙のとおり取りまとめましたので お知らせいたします なお 平成 30 年

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 検査室における感染対策と地域連携への取り組み 細菌検査データのまとめ方と利用法について考えよう 細菌検査データの活用法を考える 順天堂大学浦安病院 感染対策室 中澤 武司 病院感染サーベイランスの目的と意義 目的病院感染の発生を最小限に抑える 1 病院感染発生の早期発見 2 感染対策予防措置や感染管理の客観的評価 3 医療処置や器材の変更時の効果判定 4 教育啓蒙 5 感染対策委員会資料 ( 保健所監査

More information

2 受入施設別献血量 ( 推計値 ) ブロ都ック道府県 合計 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 血液センター 平成 30 年 12 月分 L % L % 日 L L % 日 L L % 台 L L % 台 L 8, ,768

2 受入施設別献血量 ( 推計値 ) ブロ都ック道府県 合計 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 血液センター 平成 30 年 12 月分 L % L % 日 L L % 日 L L % 台 L L % 台 L 8, ,768 1 献血方法別献血者数ブ都献血者数ロ道ッ府 平成 30 年 12 月分 全血献血成分献血 200mL 献血 400mL 献血 400m 血漿成分献血血小板成分献血 L 献血ク 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 県 率 人 % 人 % 人 % 人 % % 人 % 人 % 人 % 21,684 98.3 17,755 98.4 1,212 90.2 16,543 99.0 93.2 3,929 98.2

More information

「公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査」調査結果

「公立小・中・高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査」調査結果 平成 26 年 7 月 25 日 公立小 中 高等学校における土曜日の教育活動実施予定状況調査 結果について このたび 全ての公立小学校 中学校 ( 中等教育学校前期課程を含む ) 及び高等学校 ( 中等教育学校後期課程を含む ) 並びに道府県教育委員会 指定市教育委員会及び市区町村教育委員会を対象に 平成 26 年度の土曜日の教育活動 ( 土曜授業 土曜日の課外授業 土曜学習 ) の実施予定状況について調査を実施しました

More information

1 保育所の人員 設備 運営に関する基準の 参酌すべき 基準化同基準を定める権限 施設の設置認可 指導監督権限を保育の実施主体である市町村に移譲 大阪府知事 橋下 徹 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事

1 保育所の人員 設備 運営に関する基準の 参酌すべき 基準化同基準を定める権限 施設の設置認可 指導監督権限を保育の実施主体である市町村に移譲 大阪府知事 橋下 徹 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事 構造改革特区の共同提案 平成 22 年 11 月 15 日 全国知事会 北海道知事 高橋はるみ 青森県知事 三村 申吾 秋田県知事 佐竹 敬久 岩手県知事 達増 拓也 山形県知事 吉村美栄子 宮城県知事 村井 嘉浩 福島県知事 佐藤 雄平 新潟県知事 泉田 裕彦 東京都知事 石原慎太郎 群馬県知事 大澤 正明 栃木県知事 福田 富一 茨城県知事 橋本 昌 埼玉県知事 上田 清司 千葉県知事 森田 健作

More information

1 検査の背景 国立大学附属病院は 平成 16 年の国立大学の法人化以降 収支の企業的管理が必要 となり 個々の国立大学附属病院がその経営について独自に責任を負うこととなった そして 医療制度改革等では 国立大学附属病院を含めた病院の役割分担による医 療提供体制の再構築が求められている さらに 医療

1 検査の背景 国立大学附属病院は 平成 16 年の国立大学の法人化以降 収支の企業的管理が必要 となり 個々の国立大学附属病院がその経営について独自に責任を負うこととなった そして 医療制度改革等では 国立大学附属病院を含めた病院の役割分担による医 療提供体制の再構築が求められている さらに 医療 国立大学法人が大学に設置する附属病院の運営についての報 告書 ( 要旨 ) 平成 2 8 年 9 月 会計検査院 1 検査の背景 国立大学附属病院は 平成 16 年の国立大学の法人化以降 収支の企業的管理が必要 となり 個々の国立大学附属病院がその経営について独自に責任を負うこととなった そして 医療制度改革等では 国立大学附属病院を含めた病院の役割分担による医 療提供体制の再構築が求められている

More information

1 1 A % % 税負 300 担額

1 1 A % % 税負 300 担額 1999 11 49 1015 58.2 35 2957 41.8 84 3972 63.9 36.1 1998 1 A - - 1 1 A 1999 11 100 10 250 20 800 30 1800 40 1800 50 5% 130 5 5% 300 10 670 20 1600 30 1600 40 1 600 500 400 税負 300 担額 200 100 0 100 200 300

More information

Microsoft Word - H27年度概況.doc

Microsoft Word - H27年度概況.doc 結果の概要 1 国民医療費の状況 図 1 国民医療費 対国内生産 対国民所得比率の年次推移 の国民医療費は42 兆 3,644 億円 前年度の40 兆 8,071 億円に比べ1 兆 5,573 億円 3.8% の増加となっている 人口一人当たりの国民医療費は33 万 3,300 円 前年度の32 万 1,100 円に比べ1 万 2,200 円 3.8% の増加となっている 国民医療費の国内生産 (GDP)

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9 NO 2003.11.4 9 101-0061 東京都千代田区三崎町3-5-6 造船会館4F TEL 03-3230-0465 FAX 03-3239-1553 E-mail stu stu.jtuc-rengo.jp 発 行 人 数 村 滋 全国8地連の新体制が始動 中四国地連 中部地連 九州地連 沖縄地連 北海道地連 東北地連 関西地連 関東地連 組織拡大と加盟組合支援を柱に 2 期目がスタート

More information

B 新潟県神戸市千葉市徳島県 新潟県神戸シニア選抜千葉市シニア徳島カバロスシニア (1 日目 ) 第 2 9:55-10:40 新潟県 0 ( ) 4 神戸市 (1 日目 ) 第 2 9:55-10:40 千葉市 1 ( (1 日目 ) 第 6 13:35-14:20 ) 1 徳島県 新潟県 0 (

B 新潟県神戸市千葉市徳島県 新潟県神戸シニア選抜千葉市シニア徳島カバロスシニア (1 日目 ) 第 2 9:55-10:40 新潟県 0 ( ) 4 神戸市 (1 日目 ) 第 2 9:55-10:40 千葉市 1 ( (1 日目 ) 第 6 13:35-14:20 ) 1 徳島県 新潟県 0 ( A 栃木県 栃木大昭サッカークラブ 佐賀県 佐賀県シニア選抜 (0-60) 北海道 北海道シニア60 広島県 広島県選抜 (1 日目 ) 第 1 9:00-9:45 栃木県 (1 日目 ) 第 1 9:00-9:45 北海道広島県 0-6 3-0 (1 日目 ) 第 5 12:40-13:35 栃木県北海道 (1 日目 ) 第 5 12:40-13:35 佐賀県 0-3 3-1 (2 日目 ) 第

More information

本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究 研究の対象 この研究は以下の方を研究対

本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究 研究の対象 この研究は以下の方を研究対 本院で降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた患者さん ご家族の皆様へ 治療時 (2012 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日まで ) 診療記録の医学研究への使用のお願い 研究課題名 研究の対象 この研究は以下の方を研究対象としています 2012 年 1 月から 2016 年 12 月までに本院にて降下性壊死性縦隔炎の治療を受けられた方 研究の目的 方法について 降下性壊死性縦隔炎とは

More information

平成13-15年度厚生労働科学研究費補助金

平成13-15年度厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学研究費補助金 ( 循環器疾患 糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 ) 分担研究報告書 健康寿命の全国推移の算定 評価に関する研究 全国との推移 研究分担者橋本修二藤田保健衛生大学医学部衛生学講座 教授 研究要旨健康寿命の推移について 平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加 ( 健康日本 21( 第二次 ) の目標 ) の達成状況の評価方法を開発 提案するとともに 2010~2016 年の達成状況を評価することを目的とした

More information

別添2 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況

別添2 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況 Ⅱ 乳児家庭全戸訪問事業の実施状況について 別添 2 1. 実施の有無 ( 平成 25 年 4 月 1 日現在 ) 乳児家庭全戸訪問事業を実施している市町村 ( 特別区を含む 以下同じ ) は 全国 1,742 市町村のうち 1,660か所 (95.3%) であった 表 Ⅱ-1 都道府県ごとの乳児家庭全戸訪問事業の実施状況 ( 平成 25 年 4 月 1 日現在 ) 乳児家庭全戸訪問事業 乳児家庭全戸訪問事業

More information

2003年5月2日

2003年5月2日 セキュリティポリシー自動登録ツール実行手順書 2010 年 4 月 16 日 本ツールは 2010 年 4 月 15 日時点で判明している 電子入札コアシステム採用発注機関が指定するセキュリティポリシー ( 環境設定ツールで設定する URL とも呼ばれます ) を 自動的に java.policy ファイルへ登録するものです 新たにセキュリティポリシーを設定する際に 1 つずつ実施する必要がないため

More information

Microsoft Word - 認知度調査HP原稿

Microsoft Word - 認知度調査HP原稿 健康日本 21( 第二次 ) に関する健康意識 認知度調査 平成 25 年度 健康日本 21( 第二次 ) の推進に関する研究 班 Ⅰ. 調査の概要 1. 調査目的日本の全国民を対象に健康日本 21( 第二次 ) に関連する健康意識 認知度調査を評価することで 1 健康意識における重点課題を把握すること 2 経年的な健康意識の推移を把握することを目的とする これにより 今後の情報発信のあり方を検討する

More information

精神科専門・様式1

精神科専門・様式1 感染制御認定 様式 5 記載例 (1) 業務内容の要約文字数 (390) 抗菌薬の不適切な使用及び長期投与を避けるべくカルバペネム系抗菌薬及び抗 MRSA 抗菌薬の特定抗菌薬使用届け出制度を導入し 薬剤師が主体となり管理をおこなっている 併せて この情報を基に患者情報および抗菌薬の詳細な使用状況のデータベース化を行い 臨床検査技師より個々の症例について検査結果等が追記され ICT ラウンド時にサーベイランス資料として活用している

More information

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について 平成 29 年 3 月新規高等学校卒業者の就職状況 ( 平成 29 年 3 月末現在 ) に関する調査について < 調査の概要 > 本調査は 高校生の就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために 今春の高等学校卒業者で就職を希望する者の就職状況を10 月末現在 12 月末現在 3 月末現在の状況を調査しており 今回は 3 月末現在で取りまとめたものである 本調査は昭和 51 年度から実施しており

More information

イーネットATM 2018 年度年末年始サービス時間 ( をご利用いただける最長の時間となります ) 提携金融機関名取引開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了 21:00 北日本銀行 七十七銀行 仙台銀行 山形銀行 荘内銀行 きらやか銀行 東邦銀行 常陽銀行 筑波銀行 足利銀行 群馬銀行

イーネットATM 2018 年度年末年始サービス時間 ( をご利用いただける最長の時間となります ) 提携金融機関名取引開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了 21:00 北日本銀行 七十七銀行 仙台銀行 山形銀行 荘内銀行 きらやか銀行 東邦銀行 常陽銀行 筑波銀行 足利銀行 群馬銀行 イーネットATM 2018 年度年末年始サービス時間 ( をご利用いただける最長の時間となります ) 提携金融機関名取引開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了開始 終了 三菱 UFJ 銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 三菱 UFJ 信託銀行 三井住友信託銀行 新生銀行 < キャッシュカード > 新生銀行 < ローンカード > ジャパンネット銀行 住信 SBI ネット銀行

More information

<925089BF955C81698CF6955C816A2E786C73>

<925089BF955C81698CF6955C816A2E786C73> 特殊作業員 普通作業員 軽作業員造園工法面工とび工石工ブロック工電工鉄筋工 北海道 01 北海道 14,000 11,500 9,400 14,900 16,500 14,800 19,200 18,500 15,100 13,600 東北 02 青森県 17,800 13,000 9,600 15,300 17,000 15,300 20,500 19,200 14,100 16,400 03 岩手県

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

関東 優良産廃処理業者認定制度で優良認定を受けている許可証 組合員都道府県 許可地域組合員名所在地 茨城県 黒沢産業 ( 株 ) 茨城県 関 茨城県 茨城県 ( 株 ) マツミ ジャパン 茨城県 茨城県 ( 株 ) 国分商会 埼玉県

関東 優良産廃処理業者認定制度で優良認定を受けている許可証 組合員都道府県 許可地域組合員名所在地 茨城県 黒沢産業 ( 株 ) 茨城県 関 茨城県 茨城県 ( 株 ) マツミ ジャパン 茨城県 茨城県 ( 株 ) 国分商会 埼玉県 北海道 東北 優良産廃処理業者認定制度で優良認定を受けている許可証 組合員都道府県 許可地域組合員名 所在地 北海道 ( 株 ) 国分商会埼玉県 00110002209 北海道北海道 ( 株 ) 三光産業北海道 00110021201 青森県 北海道日本公防 ( 株 ) 北海道 00110004450 北海道 ( 株 ) 共栄燃産北海道 00110006826 青森県 ( 株 ) 国分商会埼玉県 00201002209

More information

秋田市会場最終結果一覧2.pdf

秋田市会場最終結果一覧2.pdf A 都道府県 政令指定都市栃木県佐賀県北海道広島県 栃木大昭サッカークラブ佐賀県シニア選抜 (O-60) 北海道シニア60 広島県選抜 試合時刻 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 ( 日目 ) 第 ( 日目 ) 第 5 9:00-9:5 :0-3:5 ( 日目 ) 第 5 :0-3:5 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 チーム 栃木県北海道 0 得点 ( )

More information

平成 31 年 1 月 16 日平成 31 年 1 月 21 日平成 31 年 1 月 22 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 28 日平成 31 年 1 月 29 日平成 31 年 1 月 30 日平成 31 年 1 月 31 日平成 31

平成 31 年 1 月 16 日平成 31 年 1 月 21 日平成 31 年 1 月 22 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 23 日平成 31 年 1 月 28 日平成 31 年 1 月 29 日平成 31 年 1 月 30 日平成 31 年 1 月 31 日平成 31 1. 技能実習責任者講習 講習会場開催日時番号 平成 30 年 11 月 6 日 平成 30 年 11 月 6 日 平成 30 年 11 月 7 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 13 日 平成 30 年 11 月 14 日 平成 30 年 11 月 19 日 平成 30 年 11 月 20 日 平成 30 年 11 月 20 日

More information

< E188CA8C9F8FD88A65955C2E786C73>

< E188CA8C9F8FD88A65955C2E786C73> 仮説 1 酒類販売量との相関 酒類販売国税庁 : 成人 1 人当たりの酒類販売 消費 数量表 都道府県別 人口 1 万人対比 人口 1 万人対比 人口 1 万人対比 酒類販売量との間に関係があるかを調べるため 各都道府県のそれぞれの数値を調べた 右表 酒類販売量 リットル 酒類販売量 リットル 酒類販売量 リットル 東京都 126.5 秋田県 3.5 東京都 11.2 秋田県 39.1 東京都 11.1

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回東北感染制御ネットワークフォーラム 感染制御ベーシックレクチャー Q&A 感染制御におけるキーポイント 施設内ラウンドのチェックポイント ~ リスク評価に基づく対応 ~ 東北大学大学院内科病態学講座感染制御 検査診断学遠藤史郎 本日の予定 実際のラウンドに際して 施設内ラウンドのチェックポイント 病院の場合 診療所の場合 介護施設の場合 平成 16 年 9 月 3 日朝日新聞 平成 14

More information

untitled

untitled (a)(b)(c) (d) - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 -

More information

平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局

平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局 平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局 目 次 1 議会議員に占める女性の割合 3 2 市区議会議員に占める女性の割合 ( 別 ) 4 3 町村議会議員に占める女性の割合 ( 別 ) 5 4 の地方公務員採用試験 ( 大卒程度 ) からの採用者に占める女性の割合 6 5 の地方公務員管理職に占める女性の割合 7 6 の審議会等委員に占める女性の割合

More information

公文書管理条例等の制定状況調査結果 平成 3 0 年 3 月総務省自治行政局行政経営支援室

公文書管理条例等の制定状況調査結果 平成 3 0 年 3 月総務省自治行政局行政経営支援室 公文書管理条例等の制定状況に関する調査について 本調査は 地方公共団体における公文書管理条例等の制定状況及び公文書館の設置状況について調査したもの 47 団体 (100.0%) 20 団体 (100.0%) ( を除く )1,605 団体 (93.3%) が公文書管理条例等 を制定済である 調査内容 : 地方公共団体における公文書管理条例等の制定状況及び公文書館の設置状況を調査調査時点 : 平成 29

More information

81 埼玉県 埼玉医科大学国際医療センター 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 7 月 9 日 82 埼玉県 埼玉医科大学総合医療センター 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 7 月 9 日 83 埼玉県 獨協医科大学埼玉医療センター 一次一期再建 / 一次二

81 埼玉県 埼玉医科大学国際医療センター 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 7 月 9 日 82 埼玉県 埼玉医科大学総合医療センター 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 7 月 9 日 83 埼玉県 獨協医科大学埼玉医療センター 一次一期再建 / 一次二 No 都道府県施設名 インプラント 初回登録日 1 北海道 独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 7 月 9 日 2 北海道 医療法人渓仁会手稲渓仁会病院 一次一期再建 / 一次二期再建 二次再建 2013 年 8 月 9 日 3 北海道 医療法人社団蘇春堂形成外科 一次二期再建 二次再建 2013 年 8 月 9 日 4 北海道 KKR

More information

教員評価システムの取組状況(その1)~(その3)

教員評価システムの取組状況(その1)~(その3) 4-1 教員評価システムの取組状況 ( 平成 24 年 4 月 1 日現在 )( その 1) 1 北海道 本格実施 (H20) 意欲の評価 2 青森県 本格実施 (H20) 意欲の評価 3 岩手県 本格実施 (H20) 4 宮城県 本格実施 (H18) 昇給に係る勤務状況報告書 5 秋田県 本格実施 (H18) 自己目標設定による管理手法と5 段階絶対評価システムを併せた総合評価システム 6 山形県

More information

平成 27 年 2 月から適用する公共工事設計労務単価 1 公共工事設計労務単価は 公共工事の工事費の積算に用いるためのものであり 下請契約等における労務単価や雇用契約における労働者への支払い賃金を拘束するものではない 2 本単価は 所定労働時間内 8 時間当たりの単価である 3 時間外 休日及び深

平成 27 年 2 月から適用する公共工事設計労務単価 1 公共工事設計労務単価は 公共工事の工事費の積算に用いるためのものであり 下請契約等における労務単価や雇用契約における労働者への支払い賃金を拘束するものではない 2 本単価は 所定労働時間内 8 時間当たりの単価である 3 時間外 休日及び深 特殊作業員 普通作業員 軽作業員造園工法面工とび工石工ブロック工電工鉄筋工 北海道 01 北海道 16,700 13,800 11,500 16,900 20,200 18,200 17,700 18,600 東北 02 青森県 19,700 14,600 11,000 16,900 20,900 19,200 16,300 20,300 03 岩手県 (19,700) (16,400) (12,000)

More information

(1) 離島以外地域 ( 沖縄県を除く ) に適する基準料率 そ2 48か月 ~37か月契約 保 険 期 間 48か月 47か月 46か月 45か月 44か月 43か月 42か月 41か月 40か月 39か月 38か月 37か月 乗合及びけん引旅客 乗 乗 普けん通引貨及普通物貨び物 A B C D

(1) 離島以外地域 ( 沖縄県を除く ) に適する基準料率 そ2 48か月 ~37か月契約 保 険 期 間 48か月 47か月 46か月 45か月 44か月 43か月 42か月 41か月 40か月 39か月 38か月 37か月 乗合及びけん引旅客 乗 乗 普けん通引貨及普通物貨び物 A B C D 基準料率 (1) 離島以外地域 ( 沖縄県を除く ) に適する基準料率 そ1 60か月 ~49か月契約 保 険 期 間 60か月 59か月 58か月 57か月 56か月 55か月 54か月 53か月 52か月 51か月 50か月 49か月 乗合及びけん引旅客 乗 乗 普けん通引貨及普通物貨び物 小型貨物及びけん引小型貨物 A B C D 小型二輪 軽 検査対象 検査対象外 22,510 原機付転 大型殊及び小型殊

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 総務省消防庁が有する自損行為による救急搬送事例に関する分析 ー全国および都道府県別ー 平成 25 年 12 月 ( 独 ) 国立精神 神経医療研究センター 精神保健研究所自殺予防総合対策センター 研究の背景 政府が推進すべき自殺対策の指針 自殺総合対策大綱 では 自殺未遂者やその家族が必要に応じて精神科医療や生活再建の支援が受けられる体制の整備など 自殺未遂者対策の推進が大きな課題として謳われている

More information

Microsoft PowerPoint - リーダー養成研修(通所)NO1 

Microsoft PowerPoint - リーダー養成研修(通所)NO1  感染予防対策リーダー養成研修会 29.7.12 標準予防策 1 手指衛生 魚沼基幹病院 感染管理認定看護師 目崎恵 1 そもそもなぜ 感染対策が必要なのか? 2 院内感染から医療関連感染へ 高齢化社会となり 療養型や在宅医療が拡大 病院以外の療養型施設 診療所 在宅においてもそれぞれ感染リスクが存在 病院感染 ( 院内感染 ) 医療関連感染 今は 地域全体で感染対策を行っていかなければならない時代になってきた

More information