○宇城広域連合●●条例

Size: px
Start display at page:

Download "○宇城広域連合●●条例"

Transcription

1 宇城広域連合消防非常災害警備計画規程 平成 19 年 4 月 1 日宇城広域連合訓令第 35 号平成 22 年 10 月 1 日宇城広域連合訓令第 9 号平成 24 年 6 月 28 日宇城広域連合訓令第 10 号 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 災害 ( 災害対策基本法 ( 昭和 36 年法律第 223 号 ) 第 2 条第 1 号に掲げる災害をいう 以下同じ ) が発生し 又は発生するおそれがある場合 これを防除し 被害を最小限度にとどめることを目的とする ( 定義 ) 第 2 条この規程において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる (1) 水災大雨 強風 洪水 高潮 土石流等により被害が発生し 又は発生のおそれがあり 非常招集等を発令して対処する必要のある災害をいう (2) 水防部隊情報収集隊 水防隊 監視警戒隊 指揮隊等をいう (3) 水防施設物提防 護岸 水門 ひ門 ひ管 ダム せき 差ぶた 排水場等をいう 第 2 章対策 ( 水防施策の推進 ) 第 3 条署長及び分署長は 関係機関との連携を密にするとともに 管轄市町の防災会議に参加し 積極的に水防施策を推進するものとする ( 調査 ) 第 4 条署長は 水防計画等の樹立及び運用に必要な河川 水防施設物 がけ崩れ危険箇所等の調査をするものとする ( 意識の高揚 ) 第 5 条職員は 水災に対処するための知識と技術の向上に努め 水災の発生が予想されるときは 情報収集を積極的に行い いかなる指示にも従える態勢を整えておくものとする ( 水防施設等の把握 ) 第 6 条署長及び分署長は 河川 海岸等の水防施設物 水防上注意を要する箇所等の状況を常に把握しておくものとする ( 水防計画の樹立 ) 第 7 条署長は 水災に対処するために水防に関する計画の樹立及び支援情報等の整備をするものとする 第 3 章警備体制 3821

2 ( 非常警備体制の発令 ) 第 8 条災害時における警備体制は 次の3 種とし 消防長が発令する 第 1 警備体制災害の発生が予想され これに備え常時の体制において活動の準備に急を要する場合の体制で 次の事項を行う (( ) 内は 任務に当たる者 ) (1) 情報の収集及び状況判断 ( 署所 ) (2) 勤務外職員の在宅又は署所待機 ( 署長 ) (3) 資器材等の点検 整備 ( 署所 ) (4) 情報収集員の派遣 ( 警防班 ) (5) 各機関との連絡 ( 総務班 ) (6) 勤務外職員の必要人員招集 ( 消防長又は署長 ) (7) その他第 1 警備に必要な事項第 2 警備体制比較的軽微な災害が発生した場合又は災害発生のおそれがある場合は 特に次の事項を行う (( ) 内は 任務に当たる者 ) (1) 勤務外職員の必要人員の招集 ( 隊長 ) (2) 監視警戒隊の派遣 ( 署所 ) (3) 署所に災害分隊を編成し 機動力と機材等を利用し応急防除に当たる (4) その他第 2 警備に必要な事項第 3 警備体制大災害の発生が予想され 又は発生し全職員を挙げて警戒防御に当たらなければならない場合の体制は 次の事項を行う (( ) 内は 任務に当たる者 ) (1) 勤務外職員の全員招集 ( 隊長 ) (2) 管内市町災害対策本部との連絡 ( 総務班 ) (3) 人命救助及び災害警戒防除 ( 署所 ) (4) その他第 3 警備に必要な事項 2 地震その他の災害についても 前項の規定を準用するものとする ( 招集発令及び連絡 ) 第 9 条勤務外職員の在宅待機又は招集の発令若しくは解除は 消防長が行い 第 1 第 2 及び第 3 警備体制の在宅者への連絡は 各署所ごとの電話連絡網によるものとする 2 非常招集命令を受けたときは 速やかに自己所属署所又は消防長が指定する場所へ参集するものとする 3 非常招集命令を受けた職員は 署所到着後応招先の所属長に報告する 各所属長は 招集 3822

3 結果を通信指令課に別記様式により報告する 通信指令課長は 招集結果を集計のうえ消防長 ( 署長 ) に報告するものとする 4 非常招集命令は 各警備体制が発令されたときをもって発令されたものとする なお 各警備体制の発令基準及び配置基準は 別表第 1に定める基準によるほか 宇城広域連合消防本部職員名簿により運用する 5 消防長は 災害のおそれがなくなったと認めるときは 速やかに警備体制を解除するものとする 第 4 章警備本部 ( 設置 ) 第 10 条消防長は 警備体制の発令とともに 非常警備本部 ( 以下 警備本部 という ) を設置するものとする ( 位置 ) 第 11 条消防本部に警備本部を置く ( 組織 ) 第 12 条警備本部に本部長を置き 消防長をもってこれに充てる 2 警備本部に副本部長を置き 次長又は総務課長をもってこれに充てる 3 警備本部の職務及び担当者等は 別表第 2のとおりとする ( 本部長 副本部長の職務 ) 第 13 条本部長は 警備業務の一切を統轄する 2 副本部長は 本部長を補佐し 本部長不在のときは その職務を代行する ( 各班の任務 ) 第 14 条第 12 条に規定する各班の任務は 次のとおりとする 指揮者 (1) 部隊の運用 (2) 指揮命令 (3) 災害活動全般に関すること 総務班 (1) 警防費器材の調達及び輸送 (2) 隊員の食料調達及び輸送 (3) 関係機関との連絡調整 (4) その他総務に関すること 予防班 (1) 自衛消防隊等との連絡及び防災措置 3823

4 (2) 住民への広報活動 (3) 災害発生場所 種別に応じ特殊防火対象物の安全性の指導等に関すること (4) 災害現場の写真撮影及び記録作成 (5) その他予防に関すること 警防班 (1) 警防器材の確保及び整備指導 (2) 被害状況調査及び報告 (3) 避難の指示 警告等に関すること (4) 災害現場の調査報告 (5) その他警防に関すること 通信班 (1) 通信運用及び統制 (2) 通信施設の保守 (3) 気象観測 気象情報の収集 (4) 情報管理に関すること (5) その他通信に関すること 第 5 章災害対策本部との連携第 15 条災害対策本部又は水防本部が管内市町に設置された場合 警防班長は 連絡員を災害の状況に応じ 各市町災害対策本部に派遣する 2 隊長は 大災害の場合 隊員の活動状況を把握し 本部長の指示に従い 状況に応じ即時現場に移動活動できる体制を整えておくものとする また 通常災害時の場合 警防班長は本部長の指示に従い隊長に連絡し 隊長は管轄区域の防除に当たる 第 6 章警備部隊 ( 隊長の任務 ) 第 16 条署長は 第 2 警備体制が発令されたときは 直ちに部隊編成を行い 自ら隊長となり本部長の指示を受け部隊の指揮をとる 2 隊長は 管内の災害状況及び防災状況を知得し 本部長に報告するとともに的確な状況判断に基づき 当該市町と連携を密にして災害防除の指揮に当たらなければならない 3 隊長は 第 3 警備体制にあっては 勤務外職員の全員を招集し 部隊編成を行い 防災体制に万全を期さなければならない 小隊編成については 状況に応じ小隊中の1 個小隊を通常時の火災に備えておかなければならない ( 救助隊の編成と任務 ) 第 17 条隊長は 災害発生時の救助活動のため あらかじめ救助隊の編成をしておかなければ 3824

5 ならない 2 救助隊は おう盛な敢闘精神をもって人命救助に専念する ( 資器材の整備 ) 第 18 条各署所においては 第 1 警備体制発令時には 次の器材の点検整備をしなければならない (1) 投光器 携帯無線機 スコップ 掛け矢 のこぎり とびぐち つるはし ロープ ビニール袋又は土のう (2) 拡声器及び信号機器 (3) 人工蘇生器 担架 医療品及び酸素吸入器 ( 車両用 ) (4) その他必要な資器材附則この訓令は 平成 19 年 4 月 1 日から施行する 附則この訓令は 平成 22 年 10 月 1 日から施行する 附則この訓令は 平成 24 年 7 月 1 日から施行する 3825

6 別表第 1( 第 9 条関係 ) 警備体制発令基準 3826 第 1 警備体制第 2 警備体制第 3 警備体制 発令者 発令時期 消防長の指示により 原則として第 1 警備体制時の会議により 通信指令課は 1 時間 雨量 時間 雨量 時間雨量 40ミリ 1 時間 60mm 以上 1 時間 90mm 以上メートルを超えた 3 時間 120mm 以上 3 時間 150mm 以上とき 及び3 時間 雨量 60ミリメート雨量観測ルを超えたとき は 警防課長及び通信指令課長 さ 積算 300mm 以上 積算 400mm 以上 らに署長へ通報す る 台 風 原則として熊本県が強風域に入ったとき 暴風域に入ったとき 警備本 ( 部職務設 置時担当の部配置署 ) 基準 備考 第 2 警備体制時の会議により 第 2 警備体制では対処が困難なとき 状況により 高潮警報が発令された場合状況により状況により 地 震 震度 4 で所属へ連絡し 被害情報伝達 自宅待機 震度 5 弱以上で警備本部設置参集基準により招集 震度 6 弱以上で消防長により対策本部設置 参集基準により招集 津波警報が発令された場合状況により状況により その他の災害状況により状況により状況により 解除時期 気象情報 警報 の解除 又は消防長の判断による 消防長の判断による 消防長の判断による 本部長消防長 副本部長総務課長 指揮者署長 現場指揮隊指揮課 総務班総務課 (2 人 ) ( 全員 ) 予防班予防課 (2 人 ) ( 全員 ) 警防班警防課 (1 人 ) ( 全員 ) ( 全員 ) 通信班通信指令課 (4 人 ) ( 全員 ) 分署長 ( 分署へ ) ( 分署へ ) ( 分署へ ) 1 ( ) 内は 係員の人数 2 市町に対策本部設置の場合の出向者 ( 時期については指示あり ) 宇土市 宇城市 非番消防課長 美里町 分署長 熊本市南区 ( 城南町及び富合町に限 る ) 城南分署長

7 別記様式 ( 第 9 条関係 ) 招集結果表 ( 月日 ) ( 発令時分 解除時分 ) 署所名 招集種別到着時分終了時分 ( 活動 ) 活動内容 招集者名簿 3827

<4D F736F F D2091E DF81758DD08A518C7894F58C7689E681762E444F43>

<4D F736F F D2091E DF81758DD08A518C7894F58C7689E681762E444F43> 第 16 節災害警備計画 災害に関する中標津警察署の諸活動は 本計画の定めるところによる 1 災害に関する警察の任務警察は災害が発生し 又は発生するおそれがある場合において 災害の発生を防御し 又は災害の拡大を防止するために 住民の避難誘導及び救助 犯罪の予防 交通の規制等の応急対策を実施して 住民の生命 身体及び財産を災害から保護し 災害地における社会秩序の維持にあたることを任務とする 2 災害時における警備体制の確立災害に対処する警備体制は

More information

できない場合は 代表消防機関代行の倉敷市消防局又は津山圏域消防組合消防本部の職員をもって充てるものとする 4 岡山県大隊に 消火 救助 救急等の任務単位毎に中隊を設けることとし 各中隊を 消火中隊等 と呼称するものとする なお 中隊長は 岡山県大隊長が指定するものとする 5 各中隊に 各車両又は付加

できない場合は 代表消防機関代行の倉敷市消防局又は津山圏域消防組合消防本部の職員をもって充てるものとする 4 岡山県大隊に 消火 救助 救急等の任務単位毎に中隊を設けることとし 各中隊を 消火中隊等 と呼称するものとする なお 中隊長は 岡山県大隊長が指定するものとする 5 各中隊に 各車両又は付加 緊急消防援助隊岡山県大隊応援等実施計画 平成 28 年 2 月 17 日 消第 1590 号 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 この計画は 緊急消防援助隊の応援等の要請等に関する要綱 ( 平成 27 年消防広第 74 号 以下 要請要綱 という ) 第 35 条の規定に基づき 岡山県大隊 岡山県統合機動部隊 ( 以下 岡山県大隊等 という ) の応援等について必要な事項を定め 岡山県大隊等が迅速に被災地に出動し

More information

( 活動基地及び活動区域 ) 第 5 条 航空隊の活動基地は 西八代郡市川三郷町黒沢 5375 番地に設置する山梨県警察航空基地 ( 以下 航空基地 という ) とする 2 航空隊の活動区域は 県内全域とする ( 編成 ) 第 6 条 航空隊の編成は 別表第 1 のとおりとする ( 業務 ) 第 7

( 活動基地及び活動区域 ) 第 5 条 航空隊の活動基地は 西八代郡市川三郷町黒沢 5375 番地に設置する山梨県警察航空基地 ( 以下 航空基地 という ) とする 2 航空隊の活動区域は 県内全域とする ( 編成 ) 第 6 条 航空隊の編成は 別表第 1 のとおりとする ( 業務 ) 第 7 山梨県警察航空隊の運営に関する訓令 平成元年 12 月 25 日 本部訓令第 22 号 沿革 平成 4 年 7 月本部訓令第 12 号平成 5 年 4 月本部訓令 9 号 平成 6 年 10 月本部訓令第 19 号 平成 16 年 10 月本部訓令第 13 号 平成 16 年 5 月本部訓令第 11 号 平成 17 年 10 月本部訓令第 17 号 平成 19 年 3 月本部訓令第 3 号 山梨県警察航空隊の運営に関する訓令

More information

~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 図 御嶽山における降灰後の土石流に関するシミュレーション計算結果 平成 26 年 9 月の御嶽山噴火後 土砂災害防止法に基づく緊急調査が国土交通省により実施され 降灰後の土石流に関するシミュレーション結果が公表された これにより関係市町村は

~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 図 御嶽山における降灰後の土石流に関するシミュレーション計算結果 平成 26 年 9 月の御嶽山噴火後 土砂災害防止法に基づく緊急調査が国土交通省により実施され 降灰後の土石流に関するシミュレーション結果が公表された これにより関係市町村は 第 6 節二次的な被害の防止 ~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 起きてはならない最悪の事態 6-1 土石流 地すべりなど土砂災害による二次災害の発生 1 現状認識 問題点の整理 ( 脆弱性評価 ) ( 土石流 地すべり ) 1 地震などの大規模災害発生後には 土石流 地すべりなど土砂災害による二次災害発生の危険性が増大します また火山噴火発生後は 堆積した火山灰が 降雨や融雪に伴い土石流化し

More information

13清総契第   号

13清総契第   号 13 清総契第 99 号平成 13 年 7 月 1 日副管理者決定改正平成 18 年 3 月 31 日 17 清総経第 588 号改正平成 18 年 7 月 11 日 18 清総経第 190 号改正平成 19 年 6 月 20 日 19 清総経第 139 号改正平成 21 年 3 月 11 日 20 清総経第 471 号改正平成 22 年 3 月 26 日 21 清総契第 281 号改正平成 24

More information

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63>

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63> ( 案 ) 長浜市空家等に関する条例施行規則をここに公布する 資料 8-2 平成 28 年 10 月 1 日 藤井勇治 長浜市規則第 号 長浜市空家等に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 長浜市空家等に関する条例 ( 平成 28 年長浜市条例第 56 号 以下 条例 という ) の施行に関し必要な事項について定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規則において使用する用語は

More information

1 1 1 2 2 3 3 4 4 4 5 5 5 5 5 6 6 6 7 7 7 8 8 -1 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ 資料1 大規模事故現場における活動イメージ図 現地連絡調整所 連絡 連絡 調整 調整 連絡 調整 自衛隊 現地指揮所 医療搬送 避難救助 救援 部隊派遣 警 察 現場警備本部 警備 交通規制 救出 救助

More information

東村山市談合情報取扱要綱(案)

東村山市談合情報取扱要綱(案) 平成 14 年 1 月 1 日制定改正平成 15 年 4 月 1 日決定改正平成 21 年 6 月 1 日決定改正平成 25 年 4 月 1 日決定改正平成 26 年 3 月 25 日決定 東村山市談合情報取扱要領 第 1 目的この要領は 市発注の契約に係る談合情報に関する取扱いを定め もって市が締結する契約に関し公正な競争を確保することを目的とする 第 2 適用範囲この要領は 市発注に係るすべての契約に適用する

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション -- -- -- -- -- -- -- 災害派遣即応部隊の行動の概要 方面総監部 ヘリ映伝 災害派遣 即応部隊 24時間 体制で災 害派遣態 勢を確立 航空偵察 患者空輸 連絡員 1時間を基 準に出動 防衛省 偵察 救出 救助 災害発生 自治体 通信確保 人命救助 連絡員 災害発生時 直ちに災害派遣即応部隊をもって初動対処 -8- 災害派遣活動の種類 災害派遣活動の種類 偵察活動 特殊災害 捜索

More information

5 条条例 9 条 2 項の規定による勧告は 空き家等改善勧告書 ( 式 4 ) により行うものとする ( 命令 ) 6 条条例 1 0 条 1 項の規定による命令は 空き家等改善措置命令書 ( 式 5 ) により行うものとする ( 公表の方法 ) 7 条条例 1 1 条 1 項の規定による公表は

5 条条例 9 条 2 項の規定による勧告は 空き家等改善勧告書 ( 式 4 ) により行うものとする ( 命令 ) 6 条条例 1 0 条 1 項の規定による命令は 空き家等改善措置命令書 ( 式 5 ) により行うものとする ( 公表の方法 ) 7 条条例 1 1 条 1 項の規定による公表は 生駒市規則 3 5 生駒市空き家等の適正管理に関する条例施行規則をここに公布する 平成 2 5 年 6 月 2 4 日山下真 生駒市空き家等の適正管理に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 1 条この規則は 生駒市空き家等の適正管理に関する条例 ( 平成 2 5 年 3 月生駒市条例 1 0 以下 条例 という ) の施行に関し必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 2 条この規則における用語の意義は

More information

< F2D E52979C8CA78C788E408E4793A58C78>

< F2D E52979C8CA78C788E408E4793A58C78> 山梨県警察雑踏警備実施要領の制定について 平成 2 6 年 4 月 1 日 例規甲 ( 地救 ) 第 224 号 この度 平成 26 年度組織改正に伴い 山梨県警察雑踏警備実施要領を別添のとおり定め 平成 26 年 4 月 1 日から実施することとしたので 誤りのないようにされたい なお 本要領の実施に伴い 山梨県警察雑踏警備実施要領の改正について ( 平成 18 年 1 月 20 日付け 通達 (

More information

<4D F736F F D20819D96D491968E738BF382AB89C CC934B90B38AC7979D82C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A52E646F63>

<4D F736F F D20819D96D491968E738BF382AB89C CC934B90B38AC7979D82C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A52E646F63> 網走市空き家等の適正管理に関する条例施行規則平成 2 6 年 3 月 3 1 日規則 1 ( 目的 ) 1 条この規則は 網走市空き家等の適正管理に関する条例 ( 平成 26 年条例 4 以下 条例 という ) の施行に関し 必要な事項を定めるものとする ( 身分証明書 ) 2 条条例 5 条 2 項のその身分を示す証明書は 身分証明書 ( 1 式 ) とする ( 助言 指導及び勧告 ) 3 条条例

More information

平成11年6月8日

平成11年6月8日 境港市空家の適正管理に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 境港市空家の適正管理に関する条例 ( 平成 26 年境港市条例第 10 号 以下 条例 という ) 第 15 条の規定に基づき 条例の施行について必要な事項を定めるものとする ( 立入調査員証 ) 第 2 条条例第 7 条第 2 項に規定する身分を示す証明書は 立入調査員証 ( 式第 1 号 ) とする ( 指導の方法 )

More information

Taro-議案第13号 行政手続条例の

Taro-議案第13号 行政手続条例の 議案第 1 3 号 向日市行政手続条例の一部改正について 向日市行政手続条例の一部を改正する条例を制定する よって 地方自治法 ( 昭和 2 2 年法律第 6 7 号 ) 第 9 6 条第 1 項 第 1 号の規定により 議会の議決を求める 平成 2 7 年 2 月 2 4 日提出 向日市長久嶋務 - 1 - 条例第 号 向日市行政手続条例の一部を改正する条例 向日市行政手続条例 ( 平成 8 年条例第

More information

平常時及び非常時災害時の組織 資料 1 1 消防局の平常時の組織 (1) 消防局 消防局総務担当次長 総務課 総務係 経理係 企画管理係 消防局長 予防課 予防係建築係危険物係火災調査係 消防局警防担当次長 警防課 救急課 警防係装備係消防団係救急管理係救急指導係救急第 1 係救急第 2 係救急第

平常時及び非常時災害時の組織 資料 1 1 消防局の平常時の組織 (1) 消防局 消防局総務担当次長 総務課 総務係 経理係 企画管理係 消防局長 予防課 予防係建築係危険物係火災調査係 消防局警防担当次長 警防課 救急課 警防係装備係消防団係救急管理係救急指導係救急第 1 係救急第 2 係救急第 船橋市消防局消防計画資料編 平常時及び非常時災害時の組織 資料 1 1 消防局の平常時の組織 (1) 消防局 消防局総務担当次長 総務課 総務係 経理係 企画管理係 消防局長 予防課 予防係建築係危険物係火災調査係 消防局警防担当次長 警防課 救急課 警防係装備係消防団係救急管理係救急指導係救急第 1 係救急第 2 係救急第 3 係 指令課 指令第 1 係 指令第 2 係 指令第 3 係 (2) 消防署

More information

4 保護管理者は 次の各号に掲げる組織体制を整備する (1) 職員 ( 臨時職員を含む 以下同じ ) がこの訓令に違反している事実又は兆候を把握した場合の保護管理者及び監査責任者への報告連絡体制 (2) 保有個人情報等の漏えい 滅失又は毀損等 ( 以下 情報漏えい等 という ) の事案の発生又は兆候

4 保護管理者は 次の各号に掲げる組織体制を整備する (1) 職員 ( 臨時職員を含む 以下同じ ) がこの訓令に違反している事実又は兆候を把握した場合の保護管理者及び監査責任者への報告連絡体制 (2) 保有個人情報等の漏えい 滅失又は毀損等 ( 以下 情報漏えい等 という ) の事案の発生又は兆候 本宮市保有個人情報安全管理規程 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章管理体制 ( 第 3 条 - 第 9 条 ) 第 3 章安全管理 ( 第 10 条 - 第 37 条 ) 第 4 章保有個人情報等の提供及び業務の委託等 ( 第 38 条 - 第 40 条 ) 第 5 章事案の対応及び点検の実施 ( 第 41 条 - 第 45 条 ) 第 6 章雑則 ( 第 46 条 )

More information

< F2D DE97C78CA78C788E408D718BF391E082CC895E8963>

< F2D DE97C78CA78C788E408D718BF391E082CC895E8963> 奈良県警察航空隊の運営等に関する訓令 ( 平成 10 年 12 月 1 日本部訓令第 19 号 ) [ 沿革 ] 平成 19 年 3 月本部訓令第 7 号 23 年 11 月第 19 号改正 目次 第 1 章 総則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 任務 体制等 ( 第 5 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 運用 ( 第 11 条 - 第 20 条 ) 第 4 章 安全管理 ( 第

More information

第 4 章中第 34 条の次に次の 1 条を加える ( 行政指導の中止等の求め ) 第 34 条の 2 法令又は条例等に違反する行為の是正を求める行政指導 ( その根拠 となる規定が法律又は条例 ( 地方自治法第 252 条の17の2 第 1 項又は地方教育行政の組織及び運営に関する法律第 55 条

第 4 章中第 34 条の次に次の 1 条を加える ( 行政指導の中止等の求め ) 第 34 条の 2 法令又は条例等に違反する行為の是正を求める行政指導 ( その根拠 となる規定が法律又は条例 ( 地方自治法第 252 条の17の2 第 1 項又は地方教育行政の組織及び運営に関する法律第 55 条 議案第 2 号杉並区行政手続条例の一部を改正する条例上記の議案を提出する 平成 27 年 2 月 10 日提出者杉並区長田中良 杉並区行政手続条例の一部を改正する条例杉並区行政手続条例 ( 平成 7 年杉並区条例第 28 号 ) の一部を次のように改正する 第 4 章行政指導 ( 第目次中 第 4 章行政指導 ( 第 30 条 第 34 条 ) を第 4 章の2 処分等の 30 条 第 34 条の

More information

聖籠町職員の育児休業等に関する条例及び聖籠町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例をここに公布する

聖籠町職員の育児休業等に関する条例及び聖籠町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例をここに公布する 平成 27 年改正条例附則第 3 項から第 5 項までの規定による給料に関する規則をここに公布する 平成 27 年 4 月 1 日聖籠町長渡邊廣吉聖籠町規則第 12 号平成 27 年改正条例附則第 3 項から第 5 項までの規定による給料に関する規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 聖籠町職員の給与に関する条例及び聖籠町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例 ( 平成 27

More information

弘前市告示第   号

弘前市告示第   号 弘前市一般廃棄物処理業者に対する行政処分に関する要綱 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和 45 年法律第 17 以下 法 という ) 弘前市廃棄物の処理及び清掃に関する条例 ( 平成 18 年弘前市条例第 96 以下 条例 という ) 及び弘前市廃棄物の処理及び清掃に関する規則 ( 平成 18 年弘前市規則第 72 以下 規則 という )

More information

Microsoft Word - 所有者周知用(全体).doc

Microsoft Word - 所有者周知用(全体).doc 耐震改修促進法に基づく報告及び認定申請に必要な書類について 長崎県土木部建築課 耐震改修促進法に基づく報告及び認定申請に必要な書類は 耐震改修促進法施行規則及び長崎県耐震改修促進法施行細則において 以下の通り定められておりますのでお知らせします 報告及び認定申請に必要な書類 ( 長崎県内の長崎市及び佐世保市を除く区域の建築物に適用 ) 申請等の区分 耐震診断の結果の報告 ( 法第 7 条 附則第 3

More information

(溶け込み)大阪事務所BCP【実施要領】

(溶け込み)大阪事務所BCP【実施要領】 添付資料 大阪事務所版 BCP 実施要領 この実施要領は 非常時における具体的な対応方法 必要な人員体制 連携体制を想定し これを実現するために事前に準備しておかなければならないこと等について 定めるものです 実施要領は 次のように構成します 項目非常時事前の備え ( 平常時 ) 内容 応急業務のグループを記載します BCP4.2.1 の表 (1)(2) 各グループ中に規定する各業務を記載します のを端的に記載します

More information

避難を促す緊急行動 被災した場合に大きな被害が想定される国管理河川において 以下を実施 1. 首長を支援する緊急行動 ~ 市町村長が避難の時期 区域を適切に判断するための支援 ~ できるだけ早期に実施 トップセミナー等の開催 水害対応チェックリストの作成 周知 洪水に対しリスクが高い区間の共同点検

避難を促す緊急行動 被災した場合に大きな被害が想定される国管理河川において 以下を実施 1. 首長を支援する緊急行動 ~ 市町村長が避難の時期 区域を適切に判断するための支援 ~ できるだけ早期に実施 トップセミナー等の開催 水害対応チェックリストの作成 周知 洪水に対しリスクが高い区間の共同点検 別紙 3 避難を促す緊急行動 の概要 平成 27 年 10 月 水管理 国土保全局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 避難を促す緊急行動 被災した場合に大きな被害が想定される国管理河川において 以下を実施 1. 首長を支援する緊急行動 ~ 市町村長が避難の時期 区域を適切に判断するための支援 ~ できるだけ早期に実施 トップセミナー等の開催

More information

新潟中越地震における行政機関の初動対応.doc

新潟中越地震における行政機関の初動対応.doc 137 1) 1) 1 20041023 556 1) 12 89:00 2,728 701 701 8,701 81,999 33,608 103,178 1995 2 2) 2.1 3) 36 1832 (UH-1) 215 16 4 5 4) 23 24 110 2,000 2030 24 830 10 84 11113:00 1,770 3) 2004.12.21 16 138 3) 2.2

More information

Taro-岩手県警察突発重大事案初動

Taro-岩手県警察突発重大事案初動 岩手県警察突発重大事案初動措置要綱の 制定について 沿革 平成 16 年 4 月岩警備第 25 号 岩警務第 29 号 岩生安第 47 号 岩刑事第 59 号 岩交通第 20 号 平成 17 年 3 月岩警備第 10 号 岩警務第 14 号 岩生安第 23 号 岩刑事第 28 号 岩交通第 10 号 平成 18 年 3 月岩警備第 14 号 平成 19 年 3 月岩備第 39 号 平成 21 年 3

More information

1-07

1-07 資料 1-7 姫路市災害対策本部規程 ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 姫路市災害対策本部条例 ( 昭和 38 年姫路市条例第 41 号 ) 第 5 条の規定に基づき 姫路市災害対策本部 ( 以下 本部 という ) の設置及び運営について必要な事項を定めるものとする ( 本部の設置 ) 第 2 条本部は 災害対策基本法 ( 昭和 36 年法律第 223 号 以下 法 という ) 第 23 条の規定により

More information

川越地区消防局 消防署組織図 消防局長 消防局 ( 代 ) 総務課 総務担当 消防団担当 財務担当職員担当 管理担当 予防課 予防担当 査察指導担当 保安担当 警防課 警防担当 装備担当 救急課 0

川越地区消防局 消防署組織図 消防局長 消防局 ( 代 ) 総務課 総務担当 消防団担当 財務担当職員担当 管理担当 予防課 予防担当 査察指導担当 保安担当 警防課 警防担当 装備担当 救急課 0 川越地区消防局 消防署組織図 消防局長 消防局 049-222-0700( 代 ) 総務課 049-222-0741 総務担当 消防団担当 財務担当職員担当 管理担当 予防課 049-222-0744 予防担当 査察指導担当 保安担当 警防課 049-222-5891 警防担当 装備担当 救急課 049-222-0160 救急管理担当 救急指導担当 指揮統制課 049-226-7408 指令担当 指揮調査担当

More information

3. 証明者が登録宅性能評価機関の場合 証明を行った登録宅性能評価機関 調査を行った建築士又は建築基準適合判定資格者検定合格者 称印 登録年月日及び登録をした者 建築基準適合判定資格者検定合格者の場合 登録を受けた都道府県 ( 二級建築士又は木造 ) 合格通知日付又は合格証書日付 合格通知番号又は合

3. 証明者が登録宅性能評価機関の場合 証明を行った登録宅性能評価機関 調査を行った建築士又は建築基準適合判定資格者検定合格者 称印 登録年月日及び登録をした者 建築基準適合判定資格者検定合格者の場合 登録を受けた都道府県 ( 二級建築士又は木造 ) 合格通知日付又は合格証書日付 合格通知番号又は合 第 2 号様式 ( 第 2 条第 4 項第 4 号ア関係 ) 耐震基準適合証明書 証明申請者 家屋番号及び在地 家屋調査日年月日 適合する耐震基準 1 建築基準法施行令第 3 章及び第 5 章の 4 の規定 2 地震に対する安全性に係る基準 上記家屋が租税特別措置法施行令第 42 条第 1 項に定める基準に適合することを証明します 証明年月日年月日 1. 証明者が建築士事務に属する 証明を行った建築士

More information

邑南町空き家等の適正管理に関する条例

邑南町空き家等の適正管理に関する条例 ( 目的 ) 第 1 条この条例は 空き家等の管理の適正化を図ることにより 倒壊等の事故 犯罪 火災等を未然に防止し もって町民の安全 で安心な暮らしの実現と良好な景観の確保に寄与することを目 的とする ( 定義 ) 第 2 条この条例において 次の各号に掲げる用語の意義は それ ぞれ当該各号に定めるところによる (1) 空き家等町の区域内に所在する建物で常時無人の状態に あるもの及び付随する工作物並びにその敷地をいう

More information

第 1 章 危機管理とは 1 1 目的 2 分類 3 対象とする危機の内容 4 体制 5 対応 6 原因の分析と評価 7 見直しの観点 第 2 章 初動対応編 6 1 交通事故発生時の対応 2 事故 ( けが等 ) 発生時の対応 3 病気等 ( 学校において予防すべき感染症含む ) 発生時の対応 4

第 1 章 危機管理とは 1 1 目的 2 分類 3 対象とする危機の内容 4 体制 5 対応 6 原因の分析と評価 7 見直しの観点 第 2 章 初動対応編 6 1 交通事故発生時の対応 2 事故 ( けが等 ) 発生時の対応 3 病気等 ( 学校において予防すべき感染症含む ) 発生時の対応 4 学校危機管理マニュアル作成の手引き 静岡県教育委員会 第 1 章 危機管理とは 1 1 目的 2 分類 3 対象とする危機の内容 4 体制 5 対応 6 原因の分析と評価 7 見直しの観点 第 2 章 初動対応編 6 1 交通事故発生時の対応 2 事故 ( けが等 ) 発生時の対応 3 病気等 ( 学校において予防すべき感染症含む ) 発生時の対応 4 事件 ( 盗難 校舎破損 学校爆破予告等 )

More information

千代田区議会議員の報酬、費用弁償及び

千代田区議会議員の報酬、費用弁償及び 千代田区議会議員の議員報酬 費用弁償及び期末手当に関する条例地方自治法第 203 条に基づき制定昭和 39 年 10 月 8 日条例第 33 号 [ 注 ] 改正経過は平成 9 年から 附則 ( 付則含む ) は制定時及び最新の改正時のものを注記した 改正平成 9 年 10 月 17 日条例第 13 号平成 11 年 12 月 16 日条例第 36 号平成 15 年 7 月 9 日条例第 14 号平成

More information

Taro 【トラック事件】緊急

Taro 【トラック事件】緊急 事件発生時における報告フロー 特定重大事件重大事件事件の予告 ( 別添 2) 次の事件が発生した場合 施設の不法占拠 爆弾又はこれに類するものの爆発 核 放射性物質 生物剤又は化学剤の散布 次の事件が発生した場合 報道機関などから取材 問い合わせを受けた事件又は報道のあった事件であって 運行の安全に支障を及ぼす 又は及ぼすおそれのあるもの 特定重大事件に係る予告電話 インターネットへの書き込みその他の予告行為

More information

づき通知及び公告をした期日又は場所において意見の聴取を行うことができないときは 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更することができる 4 市長は 前 2 項の規定に基づき 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更するときは 法 14 条 7 項の規定に準じて通知し かつ 公告する ( 議長 )

づき通知及び公告をした期日又は場所において意見の聴取を行うことができないときは 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更することができる 4 市長は 前 2 項の規定に基づき 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更するときは 法 14 条 7 項の規定に準じて通知し かつ 公告する ( 議長 ) 名古屋市空家等対策の推進に関する特別措置法施行細則平成 26 年 6 月 30 日規則 68 改正平成 27 年条例 98 ( 趣旨 ) 1 条この規則は 空家等対策の推進に関する特別措置法 ( 平成 26 年法律 127 以下 法 という ) の施行に関し必要な事項を定めるものとする ( 身分証明書 ) 2 条法 9 条 4 項に規定する証明書の様式は 身分証明書 ( 1 様式 ) とする ( 勧告

More information

(2) 情報資産の重要度に応じた適正な保護と有効活用を行うこと (3) 顧客情報資産に関して 当法人の情報資産と同等の適正な管理を行うこと (4) 個人情報保護に関する関係法令 各省庁のガイドライン及び当法人の関連規程を遵守すると共に これらに違反した場合には厳正に対処すること ( 個人情報保護 )

(2) 情報資産の重要度に応じた適正な保護と有効活用を行うこと (3) 顧客情報資産に関して 当法人の情報資産と同等の適正な管理を行うこと (4) 個人情報保護に関する関係法令 各省庁のガイドライン及び当法人の関連規程を遵守すると共に これらに違反した場合には厳正に対処すること ( 個人情報保護 ) 情報セキュリティ基本規程 特定非営利活動法人せたがや子育てネット 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 当法人の情報セキュリティ管理に関する基本的な事項を定めたものです ( 定義 ) 第 2 条この規程に用いる用語の定義は 次のとおりです (1) 情報資産 とは 情報処理により収集 加工 蓄積される情報 データ類 情報処理に必要な情報システム資源 ( ハードウェア ソフトウェア等 )

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 1 条例 規則 要綱等 (1) あわら市防災会議条例平成 16 年 3 月 1 日条例第 12 号 ( 趣旨 ) 第 1 条この条例は 災害対策基本法 ( 昭和 36 年法律第 223 号 ) 第 16 条第 6 項の規定に基づき あわら市防災会議 ( 以下 防災会議 という ) の所掌事務及び組織を定めるものとする ( 所掌事務 ) 第 2 条防災会議は 次に掲げる事務を所掌する (1) あわら市地域防災計画を作成し

More information

kl - 1 - - 2 - . 2-3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - ( ) ( ) ( ) 43 3 29-11 - - 12 - - 13 - H27.3.1-14 - 1-15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - 20-25 - - 26

More information

機関 調査を行った建築士又は建築基準適合判定資格者検定合格者 登録年月日及び登録番号登録をした者 氏建築士の場合 一級建築士 二級建築士又は木造建築士の別 建築基準適合判定資格者検定合格者の場合 4. 証明者が宅瑕疵担保責任保険法人の場合 証明を行った宅瑕疵担保責任保険法人 調査を行った建築士又は建

機関 調査を行った建築士又は建築基準適合判定資格者検定合格者 登録年月日及び登録番号登録をした者 氏建築士の場合 一級建築士 二級建築士又は木造建築士の別 建築基準適合判定資格者検定合格者の場合 4. 証明者が宅瑕疵担保責任保険法人の場合 証明を行った宅瑕疵担保責任保険法人 調査を行った建築士又は建 別添 4 耐震基準適合証明書様式 耐震基準適合証明書 証明申請者氏家屋番号及び在地家屋調査日平成年月日適合する耐震基準 1 建築基準法施行令第 3 章及び第 5 章の 4 の規定 2 地震に対する安全性に係る基準 上記の家屋が租税特別措置法施行令第 42 条第 1 項に定める基準に適合することを証明します 証明年月日平成年月日 1. 証明者が建築士事務に属する建築士の場合 証明を行った建築士 証明を行った建築士の属する建築士事務

More information

第 2 項交通応急対策 災害時には 道路 橋梁等の道路施設が被災するとともに 倒壊建物 がれき等による障害物や 緊急車両 一般車両による交通渋滞が発生し 緊急輸送等に支障をきたすおそれがある 町民等の避難 災害応急対策員の輸送および救助 救護のための資材 物資の輸送を確実に行うため 迅速かつ適切に交

第 2 項交通応急対策 災害時には 道路 橋梁等の道路施設が被災するとともに 倒壊建物 がれき等による障害物や 緊急車両 一般車両による交通渋滞が発生し 緊急輸送等に支障をきたすおそれがある 町民等の避難 災害応急対策員の輸送および救助 救護のための資材 物資の輸送を確実に行うため 迅速かつ適切に交 第 4 節交通 輸送 第 1 項障害物の除去 水害 山崩れ等の災害によって 道路 家屋 またはその周辺に運ばれた土砂 樹木等で生活に著しい障害を及ぼしているものを除去し 被災者の保護を図る 1 実施責任者 道路河川鉄道住宅またはその周辺 町 ( 土木班 ) 小樽建設管理部真狩出張所小樽開発建設部倶知安開発事務所 ( 道路法で規定する道路管理者 ) 町 ( 土木班 ) 小樽建設管理部真狩出張所 ( 河川法で規定する河川管理者

More information

平成16年度 台風災害調査報告書(WEB).indd

平成16年度 台風災害調査報告書(WEB).indd 出されたが 高潮被害が実際どのようなものなのかを体感するのは翌日以降となる 翌日8月31日早朝 高潮被害の規模が広範囲であり 浸水の被害の程度等が把握できず 総合的な 対策方針の検討や現場の状況把握のために 保健所職員が災害対策本部や現地に向かい 被害状況の 把握に努めた 松福 松島町などは深夜まで浸水被害が続いており 近づけない状態であった また 保健センターでは 被災地区担当の保健師が中心に被災地区の避難所に入り

More information

<8D4C95F182B582F182BF E30382E30352E696E6464>

<8D4C95F182B582F182BF E30382E30352E696E6464> 台風 大雨に備えを 家庭 地域の備えは大丈夫ですか こ れ か ら の 季 節 は 台 風 や 大 雨 な ど の 風 水 害 が 発 生 し や す い 時 期 で す ま た 最 近 で は 局 地 的 な 集 中 豪 雨 に よ る 被 害 も 増 加 し て い ま す 日 頃 か ら 災 害 に 対 す る 備 え と 知 識 を 身 に つ け 被 害 を 最 小 限 に く い 止 め

More information

議のうえ統括防火管理者として選任し 防火管理上必要な業務の内容について説明をしたうえで 全体についての防火管理業務を行わせなければならない 3 前項の規定により 統括防火管理者を選任したときは 防火管理対象物における管理権原者の主要な者として を代表者として指定し 代表者名をもって届出を行うものとす

議のうえ統括防火管理者として選任し 防火管理上必要な業務の内容について説明をしたうえで 全体についての防火管理業務を行わせなければならない 3 前項の規定により 統括防火管理者を選任したときは 防火管理対象物における管理権原者の主要な者として を代表者として指定し 代表者名をもって届出を行うものとす 全体についての消防計画 ( 目的 ) 第 1 条この計画は 消防法第 8 条の2 第 1 項に基づき 統括防火管理者が ビルにおける全体についての防火管理上必要な業務に係る事項を定めて 火災 震災 その他の災害予防及び人命の安全並びに被害の軽減を図ることを目的とする ( 消防計画の適用範囲及び管理権原の範囲 ) 第 2 条この計画は ビルに勤務し 出入りし 又は居住するすべての者に適用する 2 各事業所の管理権原の及ぶ範囲は

More information

280 ・11_月.pdf

280 ・11_月.pdf 22 近 森 会グル ープ 発行 280 Vol. 2009 年 10 月 25 日 780-8522 高知市大川筋一丁目 1 16 tel. 088 822 5231 fax.088 872 3059 発行者 近森正幸 事務局 川添曻 災害拠点病院の指定 求められる災害医療に対する 職員の意識のさらなる向上 山本 彰 近森会グループ 災害対策委員会 委員長 世界中で大規模地震が頻発して 次の ることがその役割で

More information

Microsoft Word - HPI-2604福岡県警察原子力災害対策警備措置要領の制定について(通達)

Microsoft Word - HPI-2604福岡県警察原子力災害対策警備措置要領の制定について(通達) 1 年 ( 平成 26 年 12 月 31 日まで ) 福 警 備 部 第 3 5 2 号 福 警 総 部 第 2 2 0 号 福 警 務 部 第 2 5 9 号 福 警 生 部 第 2 6 6 号 福 警 地 部 第 2 4 9 号 福 警 刑 部 第 2 4 3 号 福 警 暴 部 第 1 7 3 号 福 警 交 部 第 2 4 9 号 福 福 市 警 第 1 6 号 福 北 市 警 第 2 0

More information

き県が負担する負担金の額 ( 当該負担金の額が他の法令の規定により軽減される場合にあつては, その軽減されることとなる額を控除した額 以下 県負担額 という ) から当該事業に要する費用の額 ( 加算額がある場合にあつては, 加算額を控除して得た額 ) に100 分の25 以内で規則で定める割合を乗

き県が負担する負担金の額 ( 当該負担金の額が他の法令の規定により軽減される場合にあつては, その軽減されることとなる額を控除した額 以下 県負担額 という ) から当該事業に要する費用の額 ( 加算額がある場合にあつては, 加算額を控除して得た額 ) に100 分の25 以内で規則で定める割合を乗 (3) 国営土地改良事業負担金等徴収条例 国営土地改良事業負担金徴収条例をここに公布する ( 趣旨 ) 第 1 条 国営土地改良事業負担金等徴収条例 改正 昭和 34 年 12 月 26 日宮城県条例第 36 号 昭和 42 年 3 月 22 日条例第 15 号昭和 45 年 10 月 15 日条例第 36 号昭和 53 年 10 月 20 日条例第 33 号昭和 54 年 3 月 20 日条例第

More information

幼稚園年額 75,600 5,650 2 前項に規定する市内生とは市内に住所を有する者をいい 市外生とは市内生以外の者をいう ( 以下同じ ) 3 次に掲げる者の授業料の額は 第 1 項の規定にかかわらず その者が当該学年において現に在学又は在園した月数に応じて 同項に規定する授業料の年額を月割計算

幼稚園年額 75,600 5,650 2 前項に規定する市内生とは市内に住所を有する者をいい 市外生とは市内生以外の者をいう ( 以下同じ ) 3 次に掲げる者の授業料の額は 第 1 項の規定にかかわらず その者が当該学年において現に在学又は在園した月数に応じて 同項に規定する授業料の年額を月割計算 別紙 7 奈良市立高等学校及び幼稚園における授業料等に関する条例昭和 61 年 3 月 29 日条例第 9 号改正平成元年 12 月 12 日条例第 47 号平成 3 年 12 月 11 日条例第 42 号平成 4 年 12 月 15 日条例第 39 号平成 5 年 12 月 14 日条例第 32 号平成 7 年 2 月 14 日条例第 1 号平成 7 年 9 月 22 日条例第 35 号平成 9

More information

扱う職員 ( 以下 特定個人情報等取扱者 という ) 並びにその役割を指定する 2 保護管理者は 各特定個人情報等取扱者が取り扱う特定個人情報等の範囲を指定する ( 監査責任者 ) 第 7 条研究所に監査責任者 1 人を置く 2 監査責任者は 総務課長をもって充てる 3 監査責任者は 保有個人情報等

扱う職員 ( 以下 特定個人情報等取扱者 という ) 並びにその役割を指定する 2 保護管理者は 各特定個人情報等取扱者が取り扱う特定個人情報等の範囲を指定する ( 監査責任者 ) 第 7 条研究所に監査責任者 1 人を置く 2 監査責任者は 総務課長をもって充てる 3 監査責任者は 保有個人情報等 国立研究開発法人建築研究所保有個人情報等管理規程 平成 28 年 3 月 29 日 規程第 67 号 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律 ( 平成 15 年法律第 59 号 以下 法 という ) 及び 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 ( 平成 25 年法律第 27 号 以下 番号法 という ) に基づき

More information

場 外 警 備 以下の仕様により 業務を遂行すること 1 目的 (1) 和歌山競輪場 駐車場及び周辺地域において来場者の安全を確保するため適切な交通誘導 交通整理を行うとともに 秩序維持のため 警備任務を遂行することにより 和歌山競輪場 の円滑な運営に寄与することを目的とする (2) 和歌山競輪場駐

場 外 警 備 以下の仕様により 業務を遂行すること 1 目的 (1) 和歌山競輪場 駐車場及び周辺地域において来場者の安全を確保するため適切な交通誘導 交通整理を行うとともに 秩序維持のため 警備任務を遂行することにより 和歌山競輪場 の円滑な運営に寄与することを目的とする (2) 和歌山競輪場駐 平成 28 年度和歌山競輪場警備業務 委託業務仕様書 和歌山県公営競技事務所 場 外 警 備 以下の仕様により 業務を遂行すること 1 目的 (1) 和歌山競輪場 駐車場及び周辺地域において来場者の安全を確保するため適切な交通誘導 交通整理を行うとともに 秩序維持のため 警備任務を遂行することにより 和歌山競輪場 の円滑な運営に寄与することを目的とする (2) 和歌山競輪場駐車場及び周辺地域において

More information

個人情報の保護に関する規程(案)

個人情報の保護に関する規程(案) 公益財団法人いきいき埼玉個人情報保護規程 ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 埼玉県個人情報保護条例 ( 平成 16 年埼玉県条例第 65 号 ) 第 59 条の規定に基づき 公益財団法人いきいき埼玉 ( 以下 財団 という ) による個人情報の適正な取扱いを確保するために必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規程において 個人情報 個人情報取扱事業者 個人データ 保有個人データ

More information

学校法人金沢工業大学個人情報の保護に関する規則

学校法人金沢工業大学個人情報の保護に関する規則 学校法人金沢工業大学個人情報の保護に関する規則 ( 平成 22 年 12 月 1 日施行 ) 改正平成 27 年 12 月 1 日 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規則は 学校法人金沢工業大学 ( 以下 本法人 という ) における個人情報の取得 利用 保管 その他の取扱いについて必要な事項を定めることにより 個人情報の適切な保護に資することを目的とする ( 定義 ) 第 2 条この規則において

More information

津波に対する水門 陸閘等の操作指針について 1. 目的 本指針は, 水門 陸閘等に関して, 海岸, 河川, 港湾, 漁港等の管理者 ( 以下 施設管理者 という ) と現場操作員が平常時及び津波発生時に実施すべき事項や, 施設に関する閉鎖基準等及び配備体制などの基本的な方針を定め, 本県沿岸に襲来す

津波に対する水門 陸閘等の操作指針について 1. 目的 本指針は, 水門 陸閘等に関して, 海岸, 河川, 港湾, 漁港等の管理者 ( 以下 施設管理者 という ) と現場操作員が平常時及び津波発生時に実施すべき事項や, 施設に関する閉鎖基準等及び配備体制などの基本的な方針を定め, 本県沿岸に襲来す 水門 陸閘等の閉鎖 ~ 総合的な対策の推進 ~ 現場操作員の安全の確保と 確実 迅速な閉鎖で南海トラフ巨大地震を迎え撃つ ハード対策 閉鎖作業の負担軽減や迅速化 1) 利用の少ない陸閘等の常時閉鎖 統廃合 2) 労力や時間を要する陸閘等の電動化 3) 津波の到達時間が短く閉鎖が困難な箇所の自動化 常時閉鎖統廃合電動化自動化 写真 : 国土交通省 神奈川県資料 ソフト対策 操作に従事する者の安全確保と確実な閉鎖

More information

Microsoft Word - 条例参考+補足説明

Microsoft Word - 条例参考+補足説明 参考例 市 ( 町村 ) 職員の給与の臨時特例に関する条例 ( 例 ) ( 市 ( 町村 ) 職員の給与に関する条例の特例 ) 第 1 条この条例の施行の日から平成 26 年 3 月 31 日までの間 ( 以下 特例期間 という ) においては, 市 ( 町村 ) 職員の給与に関する条例 ( 昭和 年 市 ( 町村 ) 条例第 号 以下 給与条例 という ) 第 条第 号各号に掲げる給料表の適用を受ける職員に対する給料月額

More information

静岡市スポーツ競技大会出場補助金交付要綱(案)

静岡市スポーツ競技大会出場補助金交付要綱(案) 静岡市清水エスパルス交流事業補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 条静岡市は スポーツを活かしたまちの活性化及び生活文化の向上を図るため 本市をホームタウンとして活動するプロサッカークラブ 清水エスパルス と市民との交流事業 ( 以下 清水エスパルス交流事業 という ) を実施する株式会社エスパルス ( 以下 エスパルス という ) に対して 予算の範囲内において補助金を交付するものとし その交付に関しては

More information

○登米市空き家等の適正管理に関する条例 (素々案)

○登米市空き家等の適正管理に関する条例 (素々案) 登米市空き家等の適正管理に関する条例 ( 逐条解説 ) ( 目的 ) 第 1 条この条例は 空き家等が放置され 管理不全な状態となることを防止することにより 生活環境の保全並びに防災及び防犯の向上を図り もって安全に安心して暮らせるやすらぎのあるまちづくりの推進に寄与することを目的とする 説明 空き家等の適正な管理を促すことにより 管理不全な状態となることを防止するとともに 管理不全な空き家等の早期解消を促すことにより

More information

法令 -1 災害対策基本法災害対策基本法 ( 昭和三十六年十一月十五日法律二百二十三号 ) 最終改正 : 平成二七年七月一七日法律五八号一章総則 ( 目的 ) 一条この法律は 国土並びに国民の生命 身体及び財産を災害から保護するため 防災に関し 基本理念を定め 国 地方公共団体及びその他の公共機関を通じて必要な体制を確立し 責任の所在を明確にするとともに 防災計画の作成 災害予防 災害応急対策 災害復旧及び防災に関する財政金融措置その他必要な災害対策の基本を定めることにより

More information

22年5月 目次 .indd

22年5月 目次 .indd 6 第 731 号 防 災 平 成 22 年 5 月 1 日 2 被災の状況 かり 被災延長は約60mで 崩壊予想面積は約900 平成19年 2 月17日 土 早朝 6 時に この国道108 法面の滑動も確認されたため 同日16時から緊急車 号 大崎市鳴子温泉字大畑地内で 崖崩れが発生し 両 路線バスを除き 全面通行止めを実施したもの ました です 崩れた土砂は約10 で少なかったこともあり 同 法面の観測以降

More information

(6) 不利益処分広域連合長等が 条例等に基づき 特定の者を名宛人として 直接に これに義務を課し 又はその権利を制限する処分をいう ただし 次のいずれかに該当するものを除く ア略イ申請により求められた許認可等を拒否する処分その他申請に基づき当該申請をした者を名宛人としてされる処分ウ名宛人となるべき

(6) 不利益処分広域連合長等が 条例等に基づき 特定の者を名宛人として 直接に これに義務を課し 又はその権利を制限する処分をいう ただし 次のいずれかに該当するものを除く ア略イ申請により求められた許認可等を拒否する処分その他申請に基づき当該申請をした者を名宛人としてされる処分ウ名宛人となるべき 鳥取中部ふるさと広域連合行政手続規則の一部を改正する規則をここに公布する 平成 27 年 3 月 11 日 鳥取中部ふるさと広域連合長石田耕太郎 鳥取中部ふるさと広域連合規則第 4 号 鳥取中部ふるさと広域連合行政手続規則の一部を改正する規則 鳥取中部ふるさと広域連合行政手続規則 ( 平成 10 年連合規則第 2 号 ) の一部を次のとおり改正する 次の表の改正前の欄中条及び項の表示に下線が引かれた条及び項

More information

mr0610.indd

mr0610.indd 32 OCTOBER 2006 OCTOBER 2006 33 資料 1. KBS アクセス番組編成基準 1. 目的 この基準は 放送法第 69 条及び同法施行令第 51 条に基づき 視聴者が直接企画 制作したアクセス番組 の編成基準を規定することを目的とする 2. 番組基準 アクセス番組の内容は 放送法第 43 条第 1 項及び第 44 条第 1 項に基づき 次の各号の基準を遵守し なければならない

More information

< F2D819A EA944E898492B7816A >

< F2D819A EA944E898492B7816A > -1- テロ対策海上阻止活動に対する補給支援活動の実施に関する特別措置法(平成二十年一月十六日法律第一号)(最終改正:平成二十年十二月十六日法律第九十二号)(目的)第一条この法律は 我が国がテロ対策海上阻止活動を行う諸外国の軍隊その他これに類する組織(以下 諸外国の軍隊等 という )に対し旧平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法(平成十三年法律第百十三号)に基づいて実施した海上自衛隊による給油その他の協力支援活動が国際的なテロリズムの防止及び根絶のための国際社会の取組に貢献し

More information

第 7 条基本財産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 次の各号に掲げる金融商品をもって運用する (1) 日本国国債 (2) 地方債 (3) 元本保証の円建て金銭信託 (4) 金融機関等への円建て預金 2 財産 資産管理責任者は 基本財産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁

第 7 条基本財産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 次の各号に掲げる金融商品をもって運用する (1) 日本国国債 (2) 地方債 (3) 元本保証の円建て金銭信託 (4) 金融機関等への円建て預金 2 財産 資産管理責任者は 基本財産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁 公益財団法人関西 大阪二十一世紀協会 基本財産及び特定資産管理 運用規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 公益財団法人関西 大阪二十一世紀協会 ( 以下 この法人 という ) の基本財産と特定資産の維持 取得 処分 運用等の管理に関する基本的事項を定めることにより この法人の適正かつ効率的な事業運営を図ることを目的とする ( 財産 資産管理責任者 ) 第 2 条理事長は 基本財産と特定資産の管理の適正を期するため

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF32817A96688DD08FEE95F C982C282A282C42E707074>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF32817A96688DD08FEE95F C982C282A282C42E707074> 資料 2 防災情報システムシステムについて 1 内容 1. 防災情報システムの現状構成 2. 防災情報システムを構成する主な機能の概要 1 避難情報配信サービス 2 地上デジタル放送 3 香川県ホームページ 4 職員参集システム 5 気象情報伝達システム 3. 防災情報システムにおける検討課題 4. 第 1 回検討会において各委員から提起された課題等 5. 次期防災情報システム構築にあたっての参考

More information

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会 社会福祉法人江東園個人情報保護規定 第 1 条 ( 目的 ) 社会福祉法人江東園 ( 以下 本会 という ) は 個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと 個人情報の適正な取り扱いに関して 個人情報の保護に関する法律 及びその他の関連法令等を遵守する 第 2 条 ( 利用目的の特定 ) 本会が個人情報を取り扱うに当たっては その利用目的をできる限り特定する 2 本会が取得した個人情報の利用目的を変更する場合には

More information

1 NPT 15 2 3 (10.4%) (6.8%) (6.5%) (27.9%) (19.1%) (25.1%) 2002-2003 4 KB S54S60 H2 5 511029 71128 6 7 8 S 51. 10. 29 H 7. 11. 28 S 60. 9. 18 H 2. 12. 19 H 7. 12. 15 H 12. 12. 15 S61 H2 H3 H7 H8 H12 H13-H17

More information

< F2D819B955C8EA692CA926D DC58F4994AD8F6F>

< F2D819B955C8EA692CA926D DC58F4994AD8F6F> 薬食監麻発第 0331008 号平成 17 年 3 月 31 日 各都道府県衛生主管部 ( 局 ) 長 薬事法及び採血及び供血あつせん業取締法の一部を改正する法律 ( 平成 14 年法律第 96 号 以下 一部改正法 という ) 第 2 条の規定による改正後の薬事法 ( 昭和 35 年法律第 145 号 以下 法 という ) 及び関係政省令等の規定に基づく医薬品 医薬部外品 化粧品及び医療機器 (

More information

Microsoft Word - バス特特約(バス版のみ)【2013年3月23日】.doc

Microsoft Word - バス特特約(バス版のみ)【2013年3月23日】.doc IC カードによる バス利用特典サービス に関する特約 2013 年 3 月 23 日実施 東急バス株式会社 東急バス株式会社 IC カードによる バス利用特典サービス に関する特約 第 1 編 総則 ( 目的 ) 第 1 条この特約は 東急バス株式会社 ICカード取扱規則 ( 以下 当社 ICカード規則 という ) に対する特約であり 東急バス株式会社 ( 以下 当社 という ) が ICカードによるバス利用者に対して提供するバス利用サービス

More information

様式第 1 号 ( 第 3 条関係 ) 群馬県霊柩自動車協会長様 災害時協力要請書 富岡市長 年月日 印 災害時における遺体搬送の支援協力に関する協定書第 3 条の規定に基づき 次のとおり協力を要請します 要請担当者氏名 電話番号 電話 ファクシミリ等による要請の日時 職名部課氏名電話番号年月日 ( ) 時分頃 要請理由 要請内容 履行場所 履行期間年月日 ~ 年月日 備考 様式第 2 号 ( 第

More information

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C > 平成 18 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

10 8 6 8 50 1 2014 3 2014 6 2015 1 3 1 7 2 9 NHK 59 8 6 5 1 152 153 219

10 8 6 8 50 1 2014 3 2014 6 2015 1 3 1 7 2 9 NHK 59 8 6 5 1 152 153 219 13pdf 2015.8 1 2 3 4 20 5 ( ) 201311 1972 19811988 20.8.920.9.6 218 10 8 6 8 50 1 2014 3 2014 6 2015 1 3 1 7 2 9 NHK 59 8 6 5 1 152 153 219 13pdf 2015.8 2 152 1 3 314 1 2 1 20.8.620.10 28 220 2 59 8 6

More information

定された 東海地震 の地震防災対策強化地域において 自衛隊法第 83 条の2の規定により 地震防災派遣を実施する部隊の長をいう ⒁ 南海トラフ地震 とは 南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法第 2 条第 2 項に規定する南海トラフ地震をいう ⒂ 日本海溝 千島海溝周辺海溝型地震

定された 東海地震 の地震防災対策強化地域において 自衛隊法第 83 条の2の規定により 地震防災派遣を実施する部隊の長をいう ⒁ 南海トラフ地震 とは 南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法第 2 条第 2 項に規定する南海トラフ地震をいう ⒂ 日本海溝 千島海溝周辺海溝型地震 防衛省防災業務計画 第一総則 1 計画の目的この計画は 災害対策基本法 ( 昭和 36 年法律第 223 号 ) 第 36 条第 1 項及び第 3 7 条第 1 項 大規模地震対策特別措置法 ( 昭和 53 年法律第 73 号 ) 第 6 条 南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法 ( 平成 14 年法律第 92 号 ) 第 5 条並びに日本海溝 千島海溝周辺海溝型地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法

More information

折木良一.indd

折木良一.indd 復興リーダー会議 Discussion Paper No.7 2012 7 東日本大震災における防衛省 自衛隊の指揮活動 折木良一 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所 Discussion Paper Discussion Paper 復興リーダー会議 Discussion Paper No.7 2012 年 7 月 東日本大震災における防衛省 自衛隊の指揮活動 折木良一 東日本大震災における防衛省

More information

A9R5u8bz8_ju626a_57g.tmp

A9R5u8bz8_ju626a_57g.tmp THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE THE FIREFIGHTE 12 DEC.2015 No.660 THE FIREFIGHTE5 36 石油コンビナート等の消火用屋外給水施設への

More information

掲載頁

掲載頁 帯広市地域防災計画 ( 地震災害対策編 ) 新旧対照表 追加修正分 掲載頁旧新備考 第 3 章第 1 節 50 頁 第 1 節帯広市災害対策本部 第 3 章地震応急対策計画 別表 2 部班の編成内容部名部長班名班長班に属する課 長 総務班総務課長総務課 給排水班 給排水課長 給排水課料金課 建設班建設課長建設課 第 1 節帯広市災害対策本部 第 3 章地震応急対策計画 別表 2 部班の編成内容部名部長班名班長班に属する課

More information

検査若しくは修理又は補給 ( 武器の提供を行う補給を除く ) エ自然災害によって被害を受けた施設又は設備であってその被災者の生活上必要なものの復旧又は整備のための措置オ宿泊又は作業のための施設の維持管理 3 国際平和協力業務の実施の方法 (1) 実施計画及び実施要領の範囲内において 事務総長等による

検査若しくは修理又は補給 ( 武器の提供を行う補給を除く ) エ自然災害によって被害を受けた施設又は設備であってその被災者の生活上必要なものの復旧又は整備のための措置オ宿泊又は作業のための施設の維持管理 3 国際平和協力業務の実施の方法 (1) 実施計画及び実施要領の範囲内において 事務総長等による 南スーダン国際平和協力業務実施要領 ( 司令部業務分野 )( 概要 ) 1 国際平和協力業務が行われるべき地域及び期間 (1) 地域南スーダン共和国及びウガンダ内において 国際連合事務総長又は国際連合南スーダン共和国ミッション ( 以下 UNMISS という ) 国際連合事務総長特別代表その他の国際連合事務総長の権限を行使する者 ( 以下 事務総長等 という ) が指図する地域 (2) 期間平成 23

More information

untitled

untitled 6 2008No.39 10 関根 國光 氏 山﨑 照雄 氏 山 田 中村町 野坂町 42 11 木島 一輝 氏 ❻ 2008年6月号 危険業務従事者叙勲 瑞宝双光章 大野原 部消防士を拝命以来 平成 年3 月秩父消防本部を退職するまでの 年間の長きにわたり 消防職員 として活躍されました その間 常に率先して住民の生 命 身体および財産を保護すると いう消防の使命感に燃え 火災の 予防および鎮圧

More information

(2) 本部の設置場所本部の設置場所は 原則として浦安市集合事務所 301 会議室とする (3) 関係機関との連絡体制関係機関との連絡が必要な場合は 関係機関連絡室 を浦安市集合事務所に設置し 警察 自衛隊 ライフライン等から連絡要員の派遣を要請し 連絡 調整にあたる 連絡室は 浦安市集合事務所内に

(2) 本部の設置場所本部の設置場所は 原則として浦安市集合事務所 301 会議室とする (3) 関係機関との連絡体制関係機関との連絡が必要な場合は 関係機関連絡室 を浦安市集合事務所に設置し 警察 自衛隊 ライフライン等から連絡要員の派遣を要請し 連絡 調整にあたる 連絡室は 浦安市集合事務所内に 第354 第 1 節災害応急活動体制 対策項目と公助の担当機関項目担当関係機関第 1 災害対策本部の設置 総括対策部 第 3 章 災害応急対策計画 廃止 第 2 職員の参集 配備 第 3 自主防災活動体制 第 4 災害救助法の適用 自助 共助の役割 第 1 市民事業所自治会自主防災組織等 1. 災害対策本部の設置 総括対策部 援護対策部 自治会自主防災組織の自主防災活動に参加する 事業所の防災組織を立ち上げ

More information

北上市空家等対策規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 北上市空家等対策条例 ( 平成 28 年北上市条例第 17 号 以下 条例 という ) の実施に関し必要な事項を定めるものとする ( 守秘義務 ) 第 2 条条例第 7 条に定める空家等対策審議会の委員は 職務上知り得た秘密を他に漏らしてはな

北上市空家等対策規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 北上市空家等対策条例 ( 平成 28 年北上市条例第 17 号 以下 条例 という ) の実施に関し必要な事項を定めるものとする ( 守秘義務 ) 第 2 条条例第 7 条に定める空家等対策審議会の委員は 職務上知り得た秘密を他に漏らしてはな 北上市空家等対策規則をここに公布する 平成 28 年 6 月 1 日 市長署名 北上市規則第 32 号 北上市空家等対策規則 ( 別紙のとおり ) 北上市空家等対策規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 北上市空家等対策条例 ( 平成 28 年北上市条例第 17 号 以下 条例 という ) の実施に関し必要な事項を定めるものとする ( 守秘義務 ) 第 2 条条例第 7 条に定める空家等対策審議会の委員は

More information

P1-20

P1-20 保存版 6 わが 家 の 防 災メモ 常に手の届く所に置いて 家庭 の防災対策に役立てましょう 家族で話し合い 確認しておき いざというときに役立てましょう 避難場所 家族の集合場所 避難時の役割分担 非常持ち出し袋係 家の中の安全な場所 避難時の役割分担 飲料水係 非常持ち出し袋の場所 避難時の役割分担 火災時の消火係 避難 救助用品の場所 その他 大島六丁目団地居住者用防災マニュアル みんなの防災

More information

24.7.indd

24.7.indd 7 訓 練 内 容 時 刻 15 30 東南海 南海地震発生 小豆島町全域に大津波警報発令 訓練対策本部設置 非常炊き出し訓練開始 15 35 池田地区全域に避難指示 避難 避難誘導訓練開始 16 00 各避難所から対策本部へ避難状況を報告 16 40 大津波警報解除 避難指示解除 訓練終了 16 50 閉会式 訓練対策本部解散 昨年の防災訓練の様子 訓練内容は一部変更になることがあります 小豆島町総合防災訓練

More information

SABO_97.pdf

SABO_97.pdf Vol. 97 1. 2009 SABO vol.97 Jan.2009 1 2 SABO vol.97 Jan.2009 SABO vol.97 Jan.2009 3 4 SABO vol.97 Jan.2009 SABO vol.97 Jan.2009 5 SABO vol.97 Jan.2009 6 SABO vol.97 Jan.2009 7 8 SABO vol.97 Jan.2009

More information

(1) 主催者は 会場等の安全許容人数を把握の上 う回路 避難場所及び立入り 停滞等の禁止区域の設定 警備員の配置 広報手段等について 雑踏事故を防止し得る警備計画を作成すること (2) 主催者は 十分な警備員を配置して動線の安全を確立すること 特に 参集者が過密となった場合に う回路の誘導体制及び

(1) 主催者は 会場等の安全許容人数を把握の上 う回路 避難場所及び立入り 停滞等の禁止区域の設定 警備員の配置 広報手段等について 雑踏事故を防止し得る警備計画を作成すること (2) 主催者は 十分な警備員を配置して動線の安全を確立すること 特に 参集者が過密となった場合に う回路の誘導体制及び 514010 雑踏事故防止対策要綱の制定について ( 例規通達 ) 地域課平成 14 年 10 月 29 日本部 ( 地 ) 第 70 号 沿革 平成 15 年 3 月本部 ( 機改 ) 第 9 号 20 年 3 月本部 ( 企 ) 第 16 号 23 年 7 月本部 ( 地 ) 第 35 号改正 雑踏事故防止対策要綱を別添のとおり制定し 平成 14 年 11 月 1 日から実施することとしたので

More information

< F2D B8C91CE8FC68FF095B CA08F4390B33139>

< F2D B8C91CE8FC68FF095B CA08F4390B33139> 気象業務法の一部を改正する法律案新旧対照条文本則関係 気象業務法(昭和二十七年法律第百六十五号) 1 附則関係 登録免許税法(昭和四十二年法律第三十五号)(附則第六条関係) 7 国土交通省設置法(平成十一年法律第百号)(附則第七条関係) 9 1 気象業務法の一部を改正する法律案新旧対照条文 気象業務法(昭和二十七年法律第百六十五号)(傍線の部分は改正部分)改正案現行第一章総則第一章総則(定義)(定義)第二条(略)第二条(略)2

More information

untitled

untitled CMYK4c 2 3 I N D E X 4 6 7 8 910 1112 1314 15 16 17 18 20 21 2223 24 25 26 27 29 3034 35 36 37 38 39 40 42 4344 4546 47 48 49 50 51 53 54 55 56 57 5859 6061 62 63 64 4 6 7 8 9 10 11 10,171 29,259 55 19

More information

条例 協定等 ( 条例 協定 1) 利尻富士町防災会議条例 ( 条例 協定 2) 利尻富士町災害対策本部条例 ( 条例 協定 3) 応援協定一覧 ( 条例 協定 4) 北海道消防防災ヘリコプター応援協定 ( 条例 協定 5) 北海道及び市町村相互の応援に関する協定 ( 条例 協定 6) 北海道広域消

条例 協定等 ( 条例 協定 1) 利尻富士町防災会議条例 ( 条例 協定 2) 利尻富士町災害対策本部条例 ( 条例 協定 3) 応援協定一覧 ( 条例 協定 4) 北海道消防防災ヘリコプター応援協定 ( 条例 協定 5) 北海道及び市町村相互の応援に関する協定 ( 条例 協定 6) 北海道広域消 資料編 条例 協定等 ( 条例 協定 1) 利尻富士町防災会議条例 ( 条例 協定 2) 利尻富士町災害対策本部条例 ( 条例 協定 3) 応援協定一覧 ( 条例 協定 4) 北海道消防防災ヘリコプター応援協定 ( 条例 協定 5) 北海道及び市町村相互の応援に関する協定 ( 条例 協定 6) 北海道広域消防相互応援協定 図表等 ( 図表 1) 土石流危険渓流箇所一覧 ( 図表 2) 急傾斜地崩壊危険箇所一覧

More information

平成25年度 全国統一防火標語 消すまでは 心の警報 ONのまま 月 町 消 防 団 の 観 閲 式 と 出 初 式 が 1 日 役場前通り及び町民体育 館において行われました 観閲式は 晴天の中役場前通りに 優良班 表彰状 第1位 第1分団第1 2班 両町班 おいて行われ 須藤町長を始め 町 第2

平成25年度 全国統一防火標語 消すまでは 心の警報 ONのまま 月 町 消 防 団 の 観 閲 式 と 出 初 式 が 1 日 役場前通り及び町民体育 館において行われました 観閲式は 晴天の中役場前通りに 優良班 表彰状 第1位 第1分団第1 2班 両町班 おいて行われ 須藤町長を始め 町 第2 平成25年度 全国統一防火標語 消すまでは 心の警報 ONのまま 月 町 消 防 団 の 観 閲 式 と 出 初 式 が 1 日 役場前通り及び町民体育 館において行われました 観閲式は 晴天の中役場前通りに 優良班 表彰状 第1位 第1分団第1 2班 両町班 おいて行われ 須藤町長を始め 町 第2位 議会議長 消防協会石川支部長 石 第3分団第2班 袖山班 川警察署長らが消防団を観閲した後 江 田

More information

3. さいたま市議会の議決すべき事件等に関する条例 ( 目的 ) 第 1 条この条例は さいたま市議会基本条例 ( 平成 21 年さいたま市条例第 55 号 ) 第 25 条の規定の趣旨にのっとり 市行政における基本的な計画の策定等を地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 96 条第

3. さいたま市議会の議決すべき事件等に関する条例 ( 目的 ) 第 1 条この条例は さいたま市議会基本条例 ( 平成 21 年さいたま市条例第 55 号 ) 第 25 条の規定の趣旨にのっとり 市行政における基本的な計画の策定等を地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 96 条第 資料 4-2 1. 札幌市議会の議決すべき事件に関する条例 地方自治法 ( 昭和 22 年法律第 67 号 ) 第 96 条第 2 項の規定による本市議会の議決すべき事件 は 電力報償契約の締結又は解除とする 2. 仙台市議会の議決事件に関する条例 ( 趣旨 ) 第一条地方自治法 ( 昭和二十二年法律第六十七号 ) 第九十六条第二項の規定に基づく議会の議決すべき事件については 他の条例に定めるもののほか

More information

業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律 ( 平成 3 年法律第 76 号 以下 育児 介護休業法 という ) 及びその他の関係法令等の定めるところによる 第 2 章育児休業 育児部分休業 ( 育児休業の対象者 ) 第 3 条本部等職員就業規則第 26 条第 1 項 附属病院職員就業規則第

業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律 ( 平成 3 年法律第 76 号 以下 育児 介護休業法 という ) 及びその他の関係法令等の定めるところによる 第 2 章育児休業 育児部分休業 ( 育児休業の対象者 ) 第 3 条本部等職員就業規則第 26 条第 1 項 附属病院職員就業規則第 国立大学法人筑波大学職員の育児休業及び介護休業等に関する規程 平成 17 年 3 月 24 日法人規程第 20 号 改正平成 20 年法人規程第 14 号平成 22 年法人規程第 14 号平成 24 年法人規程第 31 号平成 25 年法人規程第 63 号平成 26 年法人規程第 10 号 国立大学法人筑波大学職員の育児休業及び介護休業等に関する規程 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条

More information

003367_01_01_24

003367_01_01_24 必ず起こる南海地震 そのときあなたは 強い揺れが約100秒 180秒続くことが予想さ れています まずは身を守りましょう 南海地震を想定した総合防災訓練が 9月5日に市 内一斉に行われました 午前9時に南海地震の発生を想定 揺れから身を守 った後 津波警報を知らせるサイレンが鳴る中 各 避難場所へ歩いて避難しました 港町1丁目防災会 港町集 会所 救命救急訓練 9月5日 市内一斉に安芸市総合防災訓練を実施

More information

< F2D905F93DE90EC8CA78C788E40926E88E68C788E40895E89638B4B>

< F2D905F93DE90EC8CA78C788E40926E88E68C788E40895E89638B4B> 神奈川県警察地域警察運営規程 ( 平成 5 年 11 月 25 日神奈川県警察本部訓令第 20 号 ) 神奈川県警察地域警察運営規程を次のように定める 神奈川県警察地域警察運営規程 目次 第 1 章 総則 第 1 節 通則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 節 勤務制 ( 第 8 条 - 第 14 条 ) 第 3 節 勤務の計画等 ( 第 15 条 - 第 17 条 ) 第 4 節 幹部の職務

More information

○大垣市市街地再開発事業補助金交付要綱

○大垣市市街地再開発事業補助金交付要綱 多治見市市街地再開発事業補助金交付要綱 ( 案 ) ( 趣旨 ) 第 1 条この要綱は 多治見市補助金等交付規則 ( 平成 8 年規則第 14 号 ) 第 20 条の規定に基づき 都市再開発法 ( 昭和 44 年法律第 38 号 以下 法 という ) 第 122 条第 1 項の規定に基づく補助金を交付するため 必要な事項を定める ( 定義 ) 第 2 条この要綱における用語の意義は 法の例による (

More information

点検実施設備等会場内の構築物火気使用設備器具ガス使用設備器具電気器具等危険物施設 点検実施年月日 8 消防職員の立入検査に伴う立会い消防職員の立入検査がある場合は ATC 防火 防災管理者 防火責任者及び各小間の責任者が立ち会うものとする 9 消防用設備等の点検 (1) 防火責任者は 補助者とともに

点検実施設備等会場内の構築物火気使用設備器具ガス使用設備器具電気器具等危険物施設 点検実施年月日 8 消防職員の立入検査に伴う立会い消防職員の立入検査がある場合は ATC 防火 防災管理者 防火責任者及び各小間の責任者が立ち会うものとする 9 消防用設備等の点検 (1) 防火責任者は 補助者とともに 防火 防災計画 アジア太平洋トレードセンター株式会社 催事場所 : A B C D E ホール 1 目的この計画は アジア太平洋トレードセンター ( 以下 ATC という) 内において開催する 開催名称: における防火 防災管理業務について必要な事項を定め 火災 地震 ガス漏れ事故その他災害の予防及び人命の安全並びに被害の軽減を図ることを目的とする 2 適用範囲この計画は ATC に勤務し 出入りする全ての者に適用するものとする

More information

第 2 構成第 2 章の震災対策では 本計画全体を通じた災害警備の共通対策を記述するものとし 第 3 章 第 4 章 第 5 章及び第 6 章においては 第 2 章に定めるもののほか 特記すべき事項を定めるものとする 第 3 実施方針この計画の実施に当たっては 警察各部門が相互の連絡を密にして一体的

第 2 構成第 2 章の震災対策では 本計画全体を通じた災害警備の共通対策を記述するものとし 第 3 章 第 4 章 第 5 章及び第 6 章においては 第 2 章に定めるもののほか 特記すべき事項を定めるものとする 第 3 実施方針この計画の実施に当たっては 警察各部門が相互の連絡を密にして一体的 〇長野県警察災害警備計画の制定について 平成 8 年 8 月 26 日例規第 15 号県警察本部長 最終改正平成 25 年 3 月 部 課 ( 隊 ) 長 警察学校長 警察署長 災害警備対策を的確に推進するため 次のとおり長野県警察災害警備計画を制定し 平成 8 年 9 月 1 日から実施することとしたから 所属職員に周知徹底を図り 災害警備対策に遺憾のないようにされたい なお 災害警備実施要綱の制定について

More information

特定個人情報の取扱いの対応について

特定個人情報の取扱いの対応について 特定個人情報の取扱いの対応について 平成 27 年 5 月 19 日平成 28 年 2 月 12 日一部改正 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) プライバシーマーク推進センター 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 ( 以下 番号法 という ) が成立し ( 平成 25 年 5 月 31 日公布 ) 社会保障 税番号制度が導入され 平成 27 年 10

More information

育児休業等に関する規程280401施行

育児休業等に関する規程280401施行 社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団職員育児休業等 に関する規程 本則第 1 条 ( 目的 ) 第 2 条 ( 育児休業の付与要件等 ) 第 3 条 ( 育児休業の請求 承認手続 ) 第 4 条 ( 育児休業の期間等 ) 第 5 条 ( 育児休業期間の延長 ) 第 6 条 ( 育児休業の期間中の休暇の取扱い ) 第 7 条 ( 育児休業の承認の失効等 ) 第 8 条 ( 再度の育児休業をすることができる特別の事情

More information

untitled

untitled 溺 穿 餅 葛 葛 9 第1章 救急活動体制 図表 1-1-9 多摩地区の主な緊急離着陸場及び緊急離着陸場を有する医療機関 平成 27 年 4 月 1 日現在 カ 島しょ地区から都内医療機関への転院搬送 救急ヘリが救急自動車等と連携して 島しょ 地区の医療機関から都内の医療機関へ転院搬送 を行う救急活動の一例を紹介します ① 救急自動車が救急ヘリに同乗する医師をヘ リポート

More information

1 2 3 4 油 濁 対 策 関 連 事 業 国 都道府県および民間団体からの拠出金により きれいな海と海に と に 生きるひとびとの安心を守っています な海 ため か る 豊 守 青く 辺を 美し い浜 1 漁業被害救済事業 漁場が油で汚染された場合 原因者不明の事故について 漁業被害者の救済等を行います 次ページ上図をご参照ください 2 防除 清掃事業 漁場が油で汚染された場合 原因者不明の事故について

More information

社団法人今治地方国立公園協会

社団法人今治地方国立公園協会 育児 介護休業規則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規則は公益社団法人今治地方観光協会 ( 以下 この法人 という ) 就業規則第 20 条及び第 21 条の規定に基づき この法人の職員の育児 介護休業 育児 介護のための時間外労働及び深夜業の制限並びに育児 介護短時間勤務等に関し必要な事項を定めることを目的とする 2 この規則に定めのない事項については 育児休業 介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律

More information

Microsoft PowerPoint - 【参考配布】広域.pptx

Microsoft PowerPoint - 【参考配布】広域.pptx 参考配布 2 緊急消防援助隊の編成及び施設の 整備等に係る基本的な事項に関する計画 の改訂について 緊急消防援助隊基本計画 の改定について (H26 H30 の第 3 期計画 ) 緊急消防援助隊基本計画について 総務大臣が 緊急消防援助隊の編成及び施設の整備等に係る基本的な事項に関する計画 ( 基本計画 ) を策定 ( 消防組織法 45 財務大臣協議 ) 計画に基づいて消防庁長官が部隊を登録 これまでの基本計画の推移

More information

Microsoft Word 提示_地域防災計画(概要版)ver21.doc

Microsoft Word 提示_地域防災計画(概要版)ver21.doc 島原市地域防災計画 概要版 平成 27 年 3 月島原市市民部市民安全課 1 計画の目的 方針 2 想定する災害 3 災害予防計画 4 災害応急対策計画 5 災害復旧 復興計画 P1 P3 P4 P5 P7 1 計画の目的 方針 1.1 計画の目的 島原市地域防災計画は 災害対策基本法 ( 昭和 36 年法律第 223 号 ) 第 42 条に基づき 島原市防災会議が作成する計画です 本計画は 島原市

More information