kaikei_2012_中頁.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "kaikei_2012_中頁.indd"

Transcription

1

2 01

3

4 031

5 2 3 04

6 054

7 5 06

8 07

9 08

10 09 0

11 10

12 11 1

13 リース取引 要領 13 ページ 平成 3 年 4月2 日 取引例 A商事は 事業を始めるに当たり コピー機をリースにて賃借した 月額リース料は 5 千円で 年間リース料 として 60 千円を現金で支払った 仕訳 借方 金額 貸方 金額 支払リース料 販売費及び一般管理費 60 千円 現金及び預金 流動資産 60 千円 賃貸借取引に係る方法を採用した場合 当期に発生したリース料を費用として計上します Q リース取引はどのように処理を行えばよいか 教えてください A キーワード リース取引は賃貸借取引に係る方法に準じて会計処理する方法か売買取引に 係る方法に準じて会計処理する方法のどちらかを適用して処理を行います 賃貸借取引に係る方法 リース期間の経過とともに 支払リース料を費用処理する方法をいいます 売買取引に係る方法 通常の売買取引と同様に考える方法であり 金融機関等から資金の借入を行って資 産を購入した場合と同様に扱う方法をいいます 税務上は全て売買取引として 扱われると聞いたけど 本当 に賃 貸 借取引に係る方法に 準じた処理をしてもいいの 中小企業が一般的にリース会社との間で リース取引をする場合には 会計上 賃 貸借取引に係る方法に準じて 支払リー ス料 として費用処理することができま す 支払リース料 として処理しても リー ス期間定額法で計算された税務上の償 却限度額と同額である場合には 法人 税申告の際に特段の調整は不要です リース期間定額法 1事業年度の減価償却費 リース料総額 リース期間 年 なお 期中でリース契約をした場合は 経過月数分だけ減価償却費を計上することとなります Q 税務申告上の注意点を教えて下さい A リース料の支払いがリース期間に渡って毎期一定となっていない場合には 調整が必要となる場合があります 法人税法上のリース資産にかかる減価償却費の限度額 損金算入限度額 は上記のリース期間定額法で計算 されます 通常 リース料の支払がリース期間に渡って毎期一定となっているようなリース契約では リース期間 定額法で計算された償却限度額と会計上 支払リース料 として経費処理した金額が一致し 法人税申告の際 に特段手続きは発生しません しかし リース料の支払いが初年度に大きく 以降年毎に支払額が減少するな ど支払額が毎期一定でないリース契約のような場合には 会計上の 支払リース料 と税務上の償却限度額に差 が生じ 確定申告の際に損金算入額の修正が必要になりますので ご注意ください その場合には 法人税申 告の際に 法人税申告書別表十六 四 の添付が必要となります 中小会計要領 の手引き 12 Ⅱ 中小会計要領 にしたがって決算書を作成しよう 2 コピー機をリースした

14 13 3

15 14

16 15 4

17 16

18 17 5

19 要領 7 ページ 平成 4 年 3月31日 決算整理 D 社に対する売掛金1,440 千円が回収期日に回収できず 決算日現在 未回収のままである 調査の結果 D 社の資産状況が悪化してきていることが判明し 50% 分については回収不能のおそれがあると判断した 決算整理仕訳 借方 貸倒引当金繰入額 販売費及び一般管理費 金額 貸方 金額 720 千円 貸倒引当金 流動資産から一括控除 720 千円 D 社に対する売掛金 1,440 千円は期日までに回収できず 決算日現在 未回収のままです 調査の結果 D 社の資産状況が著しく悪化していることが判明し A 商事としては 50% 分の回収は難しいと考えています そこで1,440 千円の 50%である720 千円を回収不能見込額と考え 720 千円の貸倒引当金繰入額を費用計 上し 同額だけ貸倒引当金を計上します Q 得意先の掛代金 売掛金 について 回収不能のおそれがあります どのように会計処理すればよいでしょうか A 回収不能と見込まれる額がいくらか見積もって 貸倒引当金 を計上します なお 一般の金銭債権についても法人税法上の法定繰入率や過去の貸倒実績率などを用いて貸倒引当金 を見積り 計上します 具体的な方法については P.23を参照して下さい 債権の回収可能性はどうやって 管理しておけばいいんだろう 得意先ごとに期日までに売掛金が支払われているか 支払われていなければ期日をどのくらいの期間経過し ているか管理することが有用です このような管理が できていれば 期日から一定期間経過しても支払わ れなければ 100% 引当計上する などといった貸倒 引当金計上の判断基準にも利用できます 中小会計要領 の手引き 18 Ⅱ 中小会計要領 にしたがって決算書を作成しよう 6 売掛金が回収できない 貸倒損失 貸倒引当金

20 19

21 7 20

22 21 8

23 22

24 23 9

25 10 24

26 25 11

27 12 26

28 27 13

29 28

30 29

31 30

32 31

33 32 0

34 33 1

35 34

36 35 2

37 36

38 37 3

39 4 38

40 39

41 40 5

42 41 6

43 7 42

44 43

45

46 45

47 Memo

48

精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 繰越商品 資本金 2

精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 繰越商品 資本金 2 簿記 3 級 ~ 第 6 回 テーマ 8 精算表 精算表 精算表とは 決算日に 総勘定元帳から各勘定の残高を集計した上で それらに修正すべき処理 ( 決算整理仕訳 ) の内 容を記入し 確定した各勘定の金額を貸借対照表と損益計算書の欄に移していく一覧表です 期末商品棚卸高 20 円 現金 220 220 繰越商品 10 20 10 20 資本金 220 220 売上 500 500 仕入 490 10

More information

第28期貸借対照表

第28期貸借対照表 15,8 買 3,535 買,1 貸 2,402 1,843,5 買 3 13,8 買 0 5,4 買 0,58 買 959,411 103,598 4,91 買,000 8,082,490 14,201 40,241 2, 買貸 4 12, 貸 0 貸 5,0 貸 4 買 8,82 貸 1,012 2,803 39,580 93,943 42,3 買貸 2,181 買,55 買 22,588 1

More information

貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ

貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ 貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 14,146,891 流動負債 10,030,277 現金及び預金 2,491,769 買 掛 金 7,290,606 売 掛 金 9,256,869 リ ー ス 債 務 142,109 商 品 2,799 未 払 金 373,638 仕 掛 品 835,128

More information

Microsoft Word - 6回引当金.doc

Microsoft Word - 6回引当金.doc 第 6 回引当金 [ 問題 1] A 社の決算整理前残高試算表 ( 9 年 3 月 31 日現在 ) は以下のとおりである 未処理事項および決算整理事項 ~7. に関する仕訳を示しなさい 決算整理前残高試算表 ( 一部 ) 受 取 手 形 290,000 支 払 手 形 200,000 売 掛 金 824,000 買 掛 金 788,000 仮 払 金 50,000 借 入 金 600,000 長

More information

平成18年度注記事項

平成18年度注記事項 注記事項 1 重要な会計方針 1 有価証券の評価基準及び評価方法 (1) 時価のあるもの 個別法による低価法 (2) 時価のないもの 個別法による原価法 2 分譲事業資産の評価基準及び評価方法 分譲資産及び分譲資産建設工事個別法による原価法 3 固定資産の減価償却の方法 (1) 賃貸事業資産賃貸住宅資産定額法 耐用年数 : 鉄骨鉄筋コンクリート造の住宅 50 年 賃貸施設資産定額法 耐用年数 : 法人税法に規定する耐用年数鉄骨鉄筋コンクリート造の店舗用

More information

用紙.indd

用紙.indd 合 計 問題 1 クラスフリガナ 1 1 () 51 550 476 () () 1 1 2 () 2 1 3 () 3 1 4 () 4 1 5 () 5 29 合 計 問題 2 クラスフリガナ 2 1 (36) 30 31 000 00 () 10 11 00 12 00 12 800 12 800 13 14 15 00 000 000 15 23 4 18 19 16 17 000 000

More information

. 減価償却の仕組みを理解する 60 定率法 定額法など減価償却の方法を理解しましょう. 有価証券の整理をする 68 有価証券一覧表に 購入売却のつど その取引内容を記載していくと 決算業務の際に便利です. 受取配当金を集計する 78 有価証券の整理後 受取配当金と源泉所得税を集計し 申告書作成の準

. 減価償却の仕組みを理解する 60 定率法 定額法など減価償却の方法を理解しましょう. 有価証券の整理をする 68 有価証券一覧表に 購入売却のつど その取引内容を記載していくと 決算業務の際に便利です. 受取配当金を集計する 78 有価証券の整理後 受取配当金と源泉所得税を集計し 申告書作成の準 Ⅰ 日常業務と決算業務 Ⅱ 引当金 減価償却に関する業務 Ⅲ 仮決算書 申告書の作成 Ⅳ 最終申告書の作成 Ⅴ 個別 Ⅰ 日常業務と決算業務 法人税申告書と決算書の作成手順 目次. 同族会社を判定する -( 別表 2)- 2 同族会社 特定同族会社の判定をするために 株主の持ち株数や親族関係等を把握する必要があります. 現金 預金を確認する 6 期末の現預金の残高を確認し 預貯金等の内訳書 を作成します.

More information

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36>

<4D F736F F D20834F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE E718CF68D90817A E36> 貸借対照表 ( 平成 24 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,467,088 流動負債 803,958 現金及び預金 788,789 短期借入金 14,000 売掛金 138,029 1 年内返済予定の 47,952 長期借入金貯蔵品 857 未払金 90,238 前払費用 27,516 未収収益 12,626 未払法人税等 247,756 未払消費税等

More information

第4期 決算報告書

第4期  決算報告書 計算書類 ( 会社法第 435 条第 2 項の規定に基づく書類 ) 第 4 期 自平成 21 年 4 月 1 日至平成 22 年 3 月 31 日 1. 貸借対照表 2. 損益計算書 3. 株主資本等変動計算書 4. 個別注記表 エイチ エス債権回収株式会社 貸借対照表 平成 22 年 3 月 31 日 エイチ エス債権回収株式会社 ( 単位 : 千円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金

More information

<4D F736F F D208ED089EF959F8E C89EF8C CC8E6496F32E646F6378>

<4D F736F F D208ED089EF959F8E C89EF8C CC8E6496F32E646F6378> 社会福祉法人らくらく会計 の仕訳 1 仕訳の方式について... 3 らくらく会計 の仕訳概要... 3 らくらく会計 の仕訳のルール... 3 2 具体的な仕訳例... 4 日常の仕訳について... 4 収入 ( 当期の事業収入 ) があった場合の仕訳... 4 支出 ( 当期の事業支出 ) があった場合の仕訳... 4 給与の支払... 4 複合仕訳について... 5 未払金 未収入金 前払金 前受金

More information

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F

<4D F736F F D2081A F838D815B836F838B8F5A94CC81408C768E5A8F9197DE8B7982D1958D91AE96BE8DD78F F 貸借対照表 ( 平成 28 年 6 月 30 日現在 ) 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 流動資産 1,849,964 流動負債 460,780 現金及び預金 1,118,009 短期借入金 2,400 売掛金 95,652 1 年内返済予定の 6,240 長期借入金販売用不動産 13,645 未払金 41,252 貯蔵品 1,154 未払法人税等 159,371 前払費用 47,335

More information

第 138 回日商簿記 3 級解答解説 第 1 問 実教出版株式会社 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損

第 138 回日商簿記 3 級解答解説 第 1 問 実教出版株式会社 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損 第 1 問 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 売買目的有価証券 1,970,000 未 払 金 1,970,000 2 備品減価償却累計額 70,000 備 品 150,000 現 金 20,000 固定資産売却損 60,000 3 当 座 預 金 508,900 受 取 手 形 511,000 手 形 売 却 損 2,100 4 受 取 手 形 150,000 売 上 350,000

More information

< D AC48DB C88B BE2836C C888E5A8F B835E2E786C73>

< D AC48DB C88B BE2836C C888E5A8F B835E2E786C73> 貸借対照表平成 23 年 3 月 3 日現在 一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ 資産の部. 流動資産現金預金 2,856,529 0 2,856,529 前払金,260 0,260 流動資産合計 2,857,789 0 2,857,789 2. 固定資産 () 特定資産運営経費積立資産 52,80,000 0 52,80,000 基金対応資産 500,000,000

More information

è²¡å‰Žåłłè¡¨.xlsx

è²¡å‰Žåłłè¡¨.xlsx 資産の部 貸借対照表 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) 科目名金額科目名金額 負債の部 様式第 1 号 固定資産 3,181,100,669 固定負債 - 有形固定資産 1,089,001 地方債 - 事業用資産 1,089,001 長期未払金 - 土地 - 退職手当引当金 - 立木竹 - 損失補償等引当金 - 建物 - 建物減価償却累計額 - 流動負債 31,688,145 工作物 -

More information

決算公告 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) Ⅰ流 動 資 産 4,229,277 Ⅰ. 流 動 負 債 1,081,448 一年内返済予定現金及び預金 2,861,145

決算公告 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) Ⅰ流 動 資 産 4,229,277 Ⅰ. 流 動 負 債 1,081,448 一年内返済予定現金及び預金 2,861,145 決算公告 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) Ⅰ流 動 資 産 4,229,277 Ⅰ. 流 動 負 債 1,081,448 一年内返済予定現金及び預金 2,861,145 長期借入金 607,311 未 収 入 金 124,857 未 払 金 204,366 有 価 証 券

More information

平成23年度税制改正の主要項目

平成23年度税制改正の主要項目 平成 23 年度税制改正税制改正の主要項目 平成 23 年 11 月 30 日成立経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律について 及川会計事務所税理士及川小四郎

More information

3. 基本財産及び特定資産の財源等の内訳 基本財産及び特定資産の財源等の内訳は 次のとおりです 科目当期末残高 ( うち指定正味財産からの充当額 ) ( うち一般正味財産からの充当額 ) ( うち負債に対応する額 ) 基本財産投資有価証券 800,000,000 (662,334,000) (137

3. 基本財産及び特定資産の財源等の内訳 基本財産及び特定資産の財源等の内訳は 次のとおりです 科目当期末残高 ( うち指定正味財産からの充当額 ) ( うち一般正味財産からの充当額 ) ( うち負債に対応する額 ) 基本財産投資有価証券 800,000,000 (662,334,000) (137 財務諸表に対する注記 1. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券 償却原価法 ( 定額法 ) を採用しております その他有価証券 時価のあるもの決算日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は正味財産増減額として処理し 売却原価は移動平均法により算定 ) を採用しております 時価のないもの移動平均法による原価法を採用しております (2) 固定資産の減価償却の方法有形固定資産

More information

貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短

貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短 貸借対照表 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ. 流動資産 8,741,419 千円 Ⅰ. 流動負債 4,074,330 千円 現 金 預 金 5,219,065 未 払 金 892,347 受 取 手 形 3,670 短 期 借 入 金 18,400 出 版 売 掛 金 166,021 1 年以内返済予定長期借入金 1,365,766

More information

(z66a\225\\\216\206boki)

(z66a\225\\\216\206boki) 第 66 回税理士試験 解答速報 簿記論 本解答は平成 8 年 8 月 11 日 14 時 30 分に学校法人大原学園が独自に作成したもので 予告なしに内容を変更する場合があります また 本解答は学校法人大原学園が独自の見解で作成 / 提供しており 試験機関による本試験の結果等について保証するものではありません 本解答の著作権は学校法人大原学園に帰属します 無断転用 転載を禁じます Z-66-A 第一問

More information

3. 改正の内容 法人税における収益認識等について 収益認識時の価額及び収益の認識時期について法令上明確化される 返品調整引当金制度及び延払基準 ( 長期割賦販売等 ) が廃止となる 内容改正前改正後 収益認識時の価額をそれぞれ以下とする ( 資産の販売若しくは譲渡時の価額 ) 原則として資産の引渡

3. 改正の内容 法人税における収益認識等について 収益認識時の価額及び収益の認識時期について法令上明確化される 返品調整引当金制度及び延払基準 ( 長期割賦販売等 ) が廃止となる 内容改正前改正後 収益認識時の価額をそれぞれ以下とする ( 資産の販売若しくは譲渡時の価額 ) 原則として資産の引渡 30. 収益認識基準 1. 改正のポイント (1) 趣旨 背景収益認識に関する会計基準の公表を受け 法人税における収益認識等について改正が行われる 大綱 90 ページ (2) 内容 法人税における収益認識等について 収益認識時の価額及び収益の認識時期について法令上明確化される 返品調整引当金制度及び延払基準 ( 長期割賦販売等 ) が廃止となる (3) 適用時期平成 30 年 4 月 1 日以後終了事業年度

More information

1. このマニュアルについて < はじめに > JA 長野県らくらくWeb 農業簿記システム ( 以下 らくらくWeb 簿記 ) は 青色申告決算書を作成する機能が盛り込まれています このマニュアルは らくらくWeb 簿記における青色申告決算書関連の操作をまとめたものです < 目次 > 1. このマ

1. このマニュアルについて < はじめに > JA 長野県らくらくWeb 農業簿記システム ( 以下 らくらくWeb 簿記 ) は 青色申告決算書を作成する機能が盛り込まれています このマニュアルは らくらくWeb 簿記における青色申告決算書関連の操作をまとめたものです < 目次 > 1. このマ ~9. 青色申告決算書操作編 ~ 平成 27 年 1 月 JA 長野県営農センター ( 株 ) 長野県協同電算 1. このマニュアルについて < はじめに > JA 長野県らくらくWeb 農業簿記システム ( 以下 らくらくWeb 簿記 ) は 青色申告決算書を作成する機能が盛り込まれています このマニュアルは らくらくWeb 簿記における青色申告決算書関連の操作をまとめたものです < 目次 > 1.

More information

貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア 決算公告 第 18 期 ( 平成 29 年 1 月 1 日から平成 29 年 12 月 31 日まで ) 貸借対照表 損益計算書 株主資本等変動計算書及び個別注記表 平成 30 年 3 月 29 日札幌市中央区南一条東一丁目 3 番地株式会社イー カムトゥルー代表取締役上田正巳 貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金

More information

貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア 決算公告 第 17 期 ( 平成 28 年 1 月 1 日から平成 28 年 12 月 31 日まで ) 貸借対照表 損益計算書 株主資本等変動計算書及び個別注記表 平成 29 年 3 月 30 日札幌市中央区南一条東一丁目 3 番地株式会社イー カムトゥルー代表取締役上田正巳 貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金

More information

株 主 各 位                          平成19年6月1日

株 主 各 位                          平成19年6月1日 平成 26 年度決算公告 東京都中野区新井一丁目 8 番 8 号あすか少額短期保険株式会社代表取締役米原正夫 第 1 貸借対照表 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 1,453,264 保険契約準備金 2,474,476 現 金 229 支 払 備 金 86,922 預 貯 金 1,453,034

More information

Taro-class3(for.st).jtd

Taro-class3(for.st).jtd 第 3 章 有価証券 有形固定資産 有価証券や有形固定資産については 購入時 及び売却時の仕訳を行える必要があります また 有形固定資産については 建物や機械のように減価償却を行う償却資産と土地のように償却計算を行わない非償却資産とがあります 本章では 減価償却の手続きについても学習します 1. 有価証券の種類有価証券は 一定の権利を表章する証券 で 購入に要した価額で貸借対照表の資産の部に計上されます

More information

営業報告書

営業報告書 計算書類 ( 第 15 期 ) 平成 2 7 年 4 月 1 日から 平成 2 8 年 3 月 31 日まで アストライ債権回収株式会社 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 2,971,172 流 動 負 債 72,264 現金及び預金 48,880 未 払 金 56,440 買 取 債 権 2,854,255

More information

平成22年5月17日

平成22年5月17日 貸借対照表の要旨 ( 平成 25 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 8,465 流 動 負 債 2,845 現金及び預金 535 未 払 金 1,378 売 掛 金 2,123 未 払 費 用 190 前 払 費 用 241 未 払 法 人 税 等 574 短 期 貸 付 金 5,223

More information

国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 旧令長期経理 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 3

国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 旧令長期経理 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 3 国家公務員共済組合連合会 民間企業仮定貸借対照表 平成 26 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科目 金額 ( 資産の部 ) Ⅰ 流動資産 現金 預金 311,585,825 未収金 8,790,209 貸倒引当金 7,091,757 1,698,452 流動資産合計 313,284,277 Ⅱ 固定資産 1 有形固定資産 器具備品 19,857,353 減価償却累計額 18,563,441

More information

問題 12 取替法 次の取引の仕訳を示しなさい ⑴ 取替資産である鉄道のレールの一部を新品に取替えた 代金 480,000 円は月末に支払う ⑵ 円で20 個を取替えた 代金は小切手を振出して支払った ⑴ ⑵ 問題 12 問題 13 設備投資

問題 12 取替法 次の取引の仕訳を示しなさい ⑴ 取替資産である鉄道のレールの一部を新品に取替えた 代金 480,000 円は月末に支払う ⑵ 円で20 個を取替えた 代金は小切手を振出して支払った ⑴ ⑵ 問題 12 問題 13 設備投資 第 3 章固定資産の会計 問題 9 問題 9 減価償却費の計算 ⑴ 1 年度 ⑵ 2 年度 1 定額法円円 以下の資料にもとづいて 1 年度期首に取得した車両の⑴ 1 年度および⑵ 2 年度の減価償却費を1 4の各方法によって計算しなさい 資料 取得原価,000 円残存価額取得原価の10% 耐用年数 5 年見積総走行距離 200,000km 1 年度実際走行距離 30,000km 2 年度実際走行距離

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 貸借対照表 ( 平成 26 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 流 動 負 債 現 金 及 び 預 金 31 買 掛 金 23,898 売 掛 金 30,279 短 期 借 入 金 186 未 収 入 金 1,166 リ ー ス 債 務 44 棚 卸 資 産 3,047 未 払 金 7,294 前 払 金 184 未 払

More information

第 76 期 計算書類 自平成 29 年 4 月 1 日至平成 30 年 3 月 31 日 大泉物流株式会社

第 76 期 計算書類 自平成 29 年 4 月 1 日至平成 30 年 3 月 31 日 大泉物流株式会社 第 76 期 計算書類 自平成 29 年 4 月 1 日至平成 30 年 3 月 31 日 大泉物流株式会社 目 次 計算書類貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算書 1 2 3 個別注記表 Ⅰ. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 4 Ⅱ. 株主資本等変動計算書に関する注記 5 平成 30 年 3 月 31 日現在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 7 節 連結上の税効果会計 1. 連結上の税効果会計の必要性 (A) 個別財務諸表上の利益と課税所得が異なっているため, 個別財務諸表において税効果会計を適用していた 一方, 連結会計において個別財務諸表を合算し, 連結修正仕訳を行うため, 個別財務諸表の利益の合計額と連結財務諸表の利益は一致しない そのため, 個別財務諸表における税効果会計の適用のみでは, 連結上の利益と税額が対応しないため,

More information

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金

貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917 短期借入金 第 26 期 計算書類 自 至 平成 26 年 4 月 1 日 平成 27 年 3 月 31 日 NHK 営業サービス株式会社 貸借対照表 平成 27 年 3 月 31 日現在 会社名 : NHK 営業サービス株式会社 資産の部負債の部 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 流動資産 8,930,928 流動負債 6,339,212 現金及び預金 2,615,847 買掛金 56 売掛金 5,927,917

More information

法人による完全支配関係下の寄附金 1.100% グループ内の法人間の寄附 ( 法法 372) 現行税制上では 寄附金は支出法人では損金計上限度額を超える部分が損金不算入 受領法人では益金算入です 平成 22 年度税制改正により 100% グループ内での支出法人では寄附金全額を損金不算入とし 受領法人

法人による完全支配関係下の寄附金 1.100% グループ内の法人間の寄附 ( 法法 372) 現行税制上では 寄附金は支出法人では損金計上限度額を超える部分が損金不算入 受領法人では益金算入です 平成 22 年度税制改正により 100% グループ内での支出法人では寄附金全額を損金不算入とし 受領法人 平成 23 年 4 月 1 日現在の法令等に準拠 UP!Consulting Up Newsletter 法人による完全支配関係下の寄附金 http://www.up-firm.com 1 法人による完全支配関係下の寄附金 1.100% グループ内の法人間の寄附 ( 法法 372) 現行税制上では 寄附金は支出法人では損金計上限度額を超える部分が損金不算入 受領法人では益金算入です 平成 22 年度税制改正により

More information

前期に販売した商品を当期に修理する場合 前期末に設定した商品保証引当金を取り崩 す つまり借方に商品保証引当金を 50,000 計上する 差額の 30,000 は商品保証費とする (3) 資本金 資本準備金の問題当座預金に払い込まれた金額は次のように計算される 2,000 株 4,000 = 8,0

前期に販売した商品を当期に修理する場合 前期末に設定した商品保証引当金を取り崩 す つまり借方に商品保証引当金を 50,000 計上する 差額の 30,000 は商品保証費とする (3) 資本金 資本準備金の問題当座預金に払い込まれた金額は次のように計算される 2,000 株 4,000 = 8,0 第 1 問 解答 仕 訳 借方科目金額貸方科目金額 1 売買目的有価証券有価証券利息 796,000 1,344 当座預金 797,344 2 商品保証引当金商品保証費 50,000 30,000 現金 80,000 3 4 5 当 座 預 金 8,000,000 資 本 金 資本準備金 繰越利益剰余金 3,400,000 未払配当金 利益準備金 別途積立金 売 掛 金 432,000 売 上 仮受消費税

More information

< F2D C2D F1816A89FC92F9836F815B E6A7464>

< F2D C2D F1816A89FC92F9836F815B E6A7464> 第二問 - 50 点 - ( 問 1) 45 総額区分計算欄 1 当期利益又は当期欠損の額 1 154,209,000 円 損金経理をした法人税及び 8,000,000 地方法人税 ( 附帯税を除く ) 2 損金経理をした道府県民税 2,450,000 650,000+1,800,000= 2,450,000 ( 利子割額を除く ) 及び市 3 町村民税 損金経理をした道府県民税 利子割額 4 損金経理をした納税充当金

More information

様式3

様式3 財務諸表に対する注記 1. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券 償却原価法 ( 定額法 ) を採用しております その他有価証券 時価のあるもの決算日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は正味財産増減額として処理し 売却原価は移動平均法により算定 ) を採用しております 時価のないもの移動平均法による原価法を採用しております (2) 固定資産の減価償却の方法

More information

平成 26 年 5 月に 顧客との契約から生じる収益 (IASB においては IFRS 第 15 号 ( 平成 30 年 1 月 1 日 以後開始事業年度から適用 ) FASB においては Topic606( 平成 29 年 12 月 15 日後開始事業年度から適 用 )) を公表しました これらの

平成 26 年 5 月に 顧客との契約から生じる収益 (IASB においては IFRS 第 15 号 ( 平成 30 年 1 月 1 日 以後開始事業年度から適用 ) FASB においては Topic606( 平成 29 年 12 月 15 日後開始事業年度から適 用 )) を公表しました これらの Ⅳ 収益認識に関する会計基準に対応する改正 1 収益認識に関する会計基準への対応 制度の概要 ⑴ 法人税法上の収益の認識時期と額法人の各事業年度の所得の金額は その事業年度の益金の額から損金の額を控除した金額とする こととされています ( 法 221) その所得の金額の計算上 益金の額に算入すべき金額は 別段の定めがあるものを除き 資産の 販売 有償又は無償による資産の譲渡又は役務の提供 無償による資産の譲受けその他の取引で資

More information

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券原価法を採用しております その他有価証券時価のないもの移動平均法による原価法を採用しております 2. 固定資産の減価償却の方法有形固定資産 ( リース資産を除く ) 定率法無形固定資産 (

個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券原価法を採用しております その他有価証券時価のないもの移動平均法による原価法を採用しております 2. 固定資産の減価償却の方法有形固定資産 ( リース資産を除く ) 定率法無形固定資産 ( 第 16 期計算書類の個別注記表 GMO メディア株式会社 当社は 第 16 期定時株主総会の開催にあたり提供すべき書類のうち 計算書類の個別注記表 につきましては 法令及び定款第 16 条の規定に基づき 平成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) から当社ホームページに掲載することにより株主の皆様に提供しております 個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法満期保有目的の債券原価法を採用しております

More information

決算書作成(青色申告)編

決算書作成(青色申告)編 この手引きでは 事業所得又は不動産所得を生ずべき事業を営んでいる方が青色申告決算書を作成される場合の操作手順を説明します 画面イメージは 実際のホームページ等と異なる場合があります 1. 決算書作成 ( 青色申告 ) 編 1 1.1. 作成開始 2 1.2. 提出方法及び作成する決算書 収支内訳書の選択 3 1.3. 青色申告決算書の種類選択 4 1.4. 決算書 ( 一般用 ) の入力 ( 損益計算書の入力

More information

6. データ集 2) 国内金融事業 1 日本保証 主要残高 貸借対照表 日本基準に基づく単体数値 ( 連結調整前 ) で作成しています ( 単位 : 百万円 ) 2015/ / / / / / /03 (a) 現金及び預金 1,

6. データ集 2) 国内金融事業 1 日本保証 主要残高 貸借対照表 日本基準に基づく単体数値 ( 連結調整前 ) で作成しています ( 単位 : 百万円 ) 2015/ / / / / / /03 (a) 現金及び預金 1, 2) 国内金融事業 1 日本保証 主要残高 貸借対照表 (a) 現金及び預金 1,658 4,093 7,316 4,229 6,910 5,315 7,316 (b) 貸付残高 9,582 6,977 5,185 6,706 6,034 5,591 5,185 商業手形 2,355 1,428 1,164 1,022 943 921 1,164 営業貸付金 6,495 5,233 3,856 5,320

More information

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前

貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前 第 3 2 期決算 (2017 年 3 月期 ) 日本情報通信株式会社 貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債の部 流動資産 13,610 流動負債 5,084 現金 預金 349 買掛金 3,110 売掛金 6,045 短期借入金 60 有価証券 4,700 未払金 498 商品 仕掛品 862 未払費用 254 前払費用 768 未払法人税等

More information

第9期決算公告 平成27年6月15日

第9期決算公告 平成27年6月15日 平成 27 年 6 月 15 日 第 9 期決算公告 東京都中央区晴海二丁目 5 番 24 号 株式会社 JSOL 代表取締役社長中村充孝 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債及び純資産の部 流動資産 20,203 流動負債 6,810 固定資産 6,689 賞与引当金 1,679 有形固定資産 1,612 その他 5,131 無形固定資産

More information

Microsoft Word - 192回_1級商業簿記・会計学

Microsoft Word - 192回_1級商業簿記・会計学 第 192 回 ( 平成 30 年 11 月 25 日実施 ) 1 級商業簿記 会計学 第 1 問本問は, 企業会計原則の一般原則のうち明瞭性の原則 ( 一般原則四 ) と注解 注 3による継続性の原則の基本的理解が問われている 一般原則第四において, 企業会計は, 財務諸表によって, 利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し, 企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない としている

More information

第10期

第10期 第 13 期 計算書類 貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算書 株式会社パピレス 1 貸借対照表 ( 平成 19 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部 負債の部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,248,386 流 動 負 債 704,417 現金及び預金 580,590 買 掛 金 298,248 売 掛 金 600,201 未 払 金 137,523

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(計算書類及び連結計算書類)新旧対照表 会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型 ( 計算書類及び連結計算書類 ) 新旧対照表 新 Ⅲ 計算書類 旧 Ⅲ 計算書類 第 1 貸借対照表 貸借対照表 ( 平成 年 月 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目 金額 科目 金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 流動負債 現金及び預金 支払手形 受取手形 買掛金 売掛金 短期借入金 有価証券 リース債務 商品及び製品

More information

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1

連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブル B/S 項目 5つ 68,000 20%=13,600 のれん 8,960 土地 10,000 繰延税金負債( 固定 ) 0 利益剰余金期首残高 1+2, ,120 P/L 項目 3 つ 少数株主損益 4 1,000 のれん償却額 5 1,1 連結会計超入門 Web 特典 付録では収録できなかった内容を書きました 簿記 1 級 会計士試験では税効果会計の仕訳が出てきますので 追加しました A4 カラー印刷でお使いください 5/12 Ver2.0 アップストリームの税効果を修正しました もくじ 連結の補足 連結の 3 年目のタイムテーブルと下書き P.02 未実現利益の消去: 棚卸資産の仕訳の意味 ダウンストリーム P.03 アップストリーム

More information

平成29年度 財産勘定 重要な会計方針等

平成29年度 財産勘定 重要な会計方針等 独立行政法人勤労者退職金共済機構 財形勘定 重要な会計方針 独立行政法人会計基準 及び 独立行政法人会計基準注解 ( 平成 27 年 1 月 27 日改訂 ) 並びに 独立行政法人会計基準及び独立行政法人会計基準注解に関するQ&A ( 平成 28 年 2 月改訂 ) ( 以下 独立行政法人会計基準等という ) を適用して 財務諸表等を作成しております ただし 独立行政法人会計基準 第 43( 注解

More information

2. 減損損失の計上過程 [1] 資産のグルーピング 減損会計は 企業が投資をした固定資産 ( 有形固定資産のほか のれん等の無形固定資産なども含む ) を適用対象としますが 通常 固定資産は他の固定資産と相互に関連して収益やキャッシュ フロー ( 以下 CF) を生み出すものと考えられます こうし

2. 減損損失の計上過程 [1] 資産のグルーピング 減損会計は 企業が投資をした固定資産 ( 有形固定資産のほか のれん等の無形固定資産なども含む ) を適用対象としますが 通常 固定資産は他の固定資産と相互に関連して収益やキャッシュ フロー ( 以下 CF) を生み出すものと考えられます こうし 減損会計の基礎知識 米澤潤平相談部東京相談室 昨今 上場企業などの有価証券報告書などにおいて 減損会計の適用による 減損損失 が 損益計算書の特別損失に計上されている例が非常に多くなっています 新聞などでも 事業について減損処理を行い 億円の減損損失が計上された といった記事が頻繁に見受けられようになり その名称は一般にも定着してきました 今回は このような状況を踏まえ 減損会計の意義や目的などを改めて確認し

More information

2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の資産 負債及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 資産 負債及び資本に対する

2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の資産 負債及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 資産 負債及び資本に対する 2. 基準差調整表 当行は 日本基準に準拠した財務諸表に加えて IFRS 財務諸表を参考情報として開示しております 日本基準と IFRS では重要な会計方針が異なることから 以下のとおり当行の 及び資本に対する調整表並びに当期利益の調整表を記載しております (1) 及び資本に対する調整表 第 4 期末 ( 平成 27 年度末 ) 現金預け金 1,220,187 - - 1,220,187 現金預け金

More information

( 注 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法は次のとおりであります その他有価証券のうち時価のあるものの評価は 期末日の市場価格等に基づく時価法によっております なお 評価差額は全部純資産直入法により処理し また 売却原価の算定は移動平均法に基づいております 2. 有形固定資産の減価償却は 定額

( 注 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法は次のとおりであります その他有価証券のうち時価のあるものの評価は 期末日の市場価格等に基づく時価法によっております なお 評価差額は全部純資産直入法により処理し また 売却原価の算定は移動平均法に基づいております 2. 有形固定資産の減価償却は 定額 2017 年度 (2018 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 18,067 保険契約準備金 45,870 預 貯 金 18,067 支 払 備 金 24,796 有 価 証 券 33,621 責 任 準 備 金 21,073 国 債 1,656 そ の 他 負 債 1,422 地 方

More information

Microsoft Word - 01 16本試験/理論解答(法人) docx

Microsoft Word - 01 16本試験/理論解答(法人) docx Z 66 D 第一問 法人税法解答速報 問 1 A 社の税務上の処理についての法的な理由 考え方 ( 益金の額及び損金の額 各 4 点 A 社からの質問の回答 12 点 ) ⑴ 益金の額の意義内国法人の各事業年度の所得の金額の計上その事業年度の益金の額に入すべき金額は 別段の定めがあるものを除き 資産の販売 有償又は無償による資産の譲渡又は役務の提供 無償による資産の譲受けその他の取引で資本等取引以外のものに係るその事業年度の収益の額とする

More information

損金経理と積立金経理の違い ( 圧縮超過額がない場合の基本構造 ) 例 A 社は 50の国庫補助金を得て 100で機械を取得した なお A 社の経常利益は 100 である * 仕訳の違い ( 単位 : 百万円 ) 損金経理積立金経理 補助金受贈と機械取得時の仕訳 ( 両者とも同じ ) 現金預金 50

損金経理と積立金経理の違い ( 圧縮超過額がない場合の基本構造 ) 例 A 社は 50の国庫補助金を得て 100で機械を取得した なお A 社の経常利益は 100 である * 仕訳の違い ( 単位 : 百万円 ) 損金経理積立金経理 補助金受贈と機械取得時の仕訳 ( 両者とも同じ ) 現金預金 50 圧縮記帳の仕組み 例 60の国庫補助金を得て 120の機械を取得 当該機械以外にかかる利益は毎年 1,000 機械は 残存価額 0 3 年均等償却 実効税率 30% とした場合 1 考え方 補助金取得時現金預金 60 / 受贈益 60 機械取得時機械 120 / 現金預金 120 圧縮時機械圧縮損 60 / 機械 60 受贈益を圧縮損と相殺するとともに 圧縮後簿価に減価償却することで課税を繰り延べる

More information

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2

・資本金…資本金勘定から求める \3,800,000-(\150,000+\150,000+\300,000)=\3,2 第 141 回 日商簿記 3 級 解答解説 第 1 問 解答 仕 訳 借 方 科 目 金 額 貸 方 科 目 金 額 1 当座預金 796,000 受 取 手 形 800,000 手形売却損 4,000 2 当座預金 3,000,000 普 通 預 金 3,000,000 支払手数料 2,000 現 金 2,000 3 普通預金 50,000 償却債権取立益 50,000 4 仕入 1,210,000

More information

内容 共済会の新しい会計処理が適用される施設及び事業所とは? 重要用語の解説仕訳の要点移行処理の仕方留意点 2

内容 共済会の新しい会計処理が適用される施設及び事業所とは? 重要用語の解説仕訳の要点移行処理の仕方留意点 2 社会福祉法人会計基準における共済会の会計処理について 税理士岩本兼一 ( 財 ) 大阪民間社会福祉事業従事者共済会 1 内容 共済会の新しい会計処理が適用される施設及び事業所とは? 重要用語の解説仕訳の要点移行処理の仕方留意点 2 共済会の新しい会計処理が適用される施設等とは? 会計基準 ( 社会福祉法人会計基準 ) のみが適用される施設等指導指針 ( 指定介護老人福祉施設等会計処理等取扱指導指針

More information

平成 19年 10月 29日

平成 19年 10月 29日 注記事項 ( 貸借対照表関係 ) 1. 会計方針に関する事項 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法有価証券 ( 現金及び預貯金 買入金銭債権のうち有価証券に準じるもの及び金銭の信託において信託財産として運用している有価証券を含む ) の評価は 満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法 ( 定額法 ) その他有価証券のうち時価のあるものについては 決算日の市場価格等に基づく時価法 (

More information

Microsoft Word - 公益法人会計の仕訳

Microsoft Word - 公益法人会計の仕訳 公益法人らくらく会計 の仕訳 1. 仕訳の方式について... 2 らくらく会計 の仕訳概要... 2 らくらく会計 の仕訳のルール... 2 2. 具体的な仕訳例... 3 日常の仕訳について... 3 収入 ( 収益 ) があった場合の仕訳... 3 支出 ( 経費 ) があった場合の仕訳... 3 複合仕訳について... 3 給与を支給したときの仕訳... 4 未払金 未収入金 前払金 前受金等の仕訳...

More information

<95BD90AC E937891E590CE959F8E8389EF328CBB8BB595F18D908C888E5A8F912E786C7378>

<95BD90AC E937891E590CE959F8E8389EF328CBB8BB595F18D908C888E5A8F912E786C7378> 第 3 号の1 様式 貸 借 対 照 表 平成 28 年 3 月 31 日現在 資 産 の 部 負 債 の 部 当年度末前年度末 増減 当年度末前年度末 増減 流動資産 128,88,417 76,851,426 52,28,991 流動負債 66,31,7 2,12,75 64,199,625 現金預金 72,433,79 56,249,68 16,184,11 短期運営資金借入金 受取手形 事業未払金

More information

 

  第 56 期決算公告 貸借対照表 ( 平成 21 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 繰延税金資産 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建 物 構 築 物 車 両 運 搬 具 工具 器具及び備品 土 地 リ

More information

Microsoft Word - 学校法人会計の仕訳.docx

Microsoft Word - 学校法人会計の仕訳.docx 学校法人らくらく会計 の仕訳 1. 仕訳の方式について... 3 らくらく会計 の仕訳概要... 3 らくらく会計 の仕訳のルール... 3 2. 具体的な仕訳例... 4 日常の仕訳について... 4 収入があった場合... 4 経費支出があった場合... 4 給与の支払... 5 預り金の支払... 5 固定負債について... 6 長期借入金... 6 次年度返済予定の長期借入金の振替... 6

More information

別注記、重要な会計方針

別注記、重要な会計方針 個別注記表 ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記 ) 1. 資産の評価基準および評価方法 (1) 有価証券の評価基準および評価方法子会社および関連会社株式 その他有価証券時価のあるもの 時価のないもの (2) デリバティブの評価基準および評価方法デリバティブ時価法 移動平均法による原価法 期末日の市場価格等に基づく時価法 ( 評価差額は全部純資産直入法により処理し 売却原価は移動平均法により算定

More information

計 算 書 類

計 算 書 類 貸借対照表 (2013 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 [ 資産の部 ] [ 負債の部 ] 流 動 資 産 (4,314,705) 流 動 負 債 (3,639,670) 現金及び預金 3,410,184 未 払 金 82,133 前 払 費 用 29,630 未 払 費 用 167,492 未 収 入 金 548,065 未払法人税等 496,563

More information

第 8 期決算公告 ふくろう少額短期保険株式会社 代表取締役社長力石政徳 平成 29 年度 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 42,571 保険契約準備金 4,741

第 8 期決算公告 ふくろう少額短期保険株式会社 代表取締役社長力石政徳 平成 29 年度 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 42,571 保険契約準備金 4,741 第 8 期決算公告 ふくろう少額短期保険株式会社 代表取締役社長力石政徳 平成 29 年度 ( 平成 30 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 42,571 保険契約準備金 4,741 現金 支払備金 2,348 預貯金 42,571 責任準備金 2,393 有価証券 代理店借 407

More information

Microsoft Word - 公開草案「中小企業の会計に関する指針」新旧対照表

Microsoft Word - 公開草案「中小企業の会計に関する指針」新旧対照表 公開草案平成 30 年 10 月 30 日 ( 意見募集期限平成 30 年 11 月 30 日 ) 中小企業の会計に関する指針 新旧対照表 平成 30 年 10 月 30 日 中小企業の会計に関する指針 ( 最終改正平成 30 年 3 月 12 日 ) を次のように一部改正する 公開草案 ( 平成 30 年 10 月 30 日 ) 現行 ( 平成 30 年 3 月 12 日 ) 中小企業の会計に関する指針

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品

貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品 平成 27 事業年度 ( 第 8 期 ) 計算書類 輸出入 港湾関連情報処理センター株式会社 貸 借 対 照 表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 科 目 金額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 4,007 流動負債 4,646 現金及び預金 2,258 買掛金 358 売掛金 990 リース債務 2,842 有価証券 700 未払金 284 貯蔵品 0 未払費用

More information

個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法

個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法 個別注記表 平成 24 年 4 月 1 日から 平成 25 年 3 月 31 日まで 1. 重要な会計方針に係る事項に関する注記 (1) 有価証券の評価基準及び評価方法 子会社株式 総平均法による原価法によっております (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法 商品 原材料及び貯蔵品 最終仕入原価法による原価法によっております ( 貸借対照表価額 は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定 )

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

CONTENTS 第 1 章法人税における純資産の部の取扱い Q1-1 法人税における純資産の部の区分... 2 Q1-2 純資産の部の区分 ( 法人税と会計の違い )... 4 Q1-3 別表調整... 7 Q1-4 資本金等の額についての政令の規定 Q1-5 利益積立金額についての政

CONTENTS 第 1 章法人税における純資産の部の取扱い Q1-1 法人税における純資産の部の区分... 2 Q1-2 純資産の部の区分 ( 法人税と会計の違い )... 4 Q1-3 別表調整... 7 Q1-4 資本金等の額についての政令の規定 Q1-5 利益積立金額についての政 はしがき 会社の純資産の部は 株主が会社に拠出した払込資本の部分と利益の内部留保の部分で構成されています 法人税においては 前者を 資本金等の額 後者を 利益積立金額 と定義するとともに 両者を厳格に区分 ( 峻別 ) しています 様々な理由で 会社が株主に金銭などを交付した際に 株主に対する課税を適正に行うためです 資本金等の額を減らすためには 会社から株主へ金銭などを交付しなければなりません そのため

More information

<483233BEDDC0B089EF8C768DE096B18F94955C342E31388F4390B32E786C73>

<483233BEDDC0B089EF8C768DE096B18F94955C342E31388F4390B32E786C73> 平成 24 年 3 月 31 日現在 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ 資産の部 1. 流動資産 現金預金 19,549,778 20,436,054 886,276 売掛金 3,166,597 2,079,000 1,087,597 未収金 3,183,551 5,263,539 2,079,988 未成工事支出金 523,605 522,605 1,000 貯蔵品 278,515 1,060,776

More information

Microsoft Word - 青色申告のメリットとは?.doc

Microsoft Word - 青色申告のメリットとは?.doc 青色申告のメリットとは? 1. 青色申告の特徴 (1) 青色申告制度の概要青色申告という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか 日本のおける所得税は 法人税 消費税等と同様に 税金を負担する人が自ら税法にのっとって所得と税額を正しく計算し納税すると言う 申告納税制度 をとっています 国 都府県 区市町村の税務署 県税事務所等はその納税者が計算した申告をもとに最終的な税額を確定しています 1 年間の所得を正しく計算し

More information

第 18 期決算公告 貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 資産の部 東京都新宿区新宿六丁目 27 番 30 号シティグループ サービス ジャパン株式会社代表取締役社長中内一郎 負債の部 科目金額科目金額 流動資産 16,315,808 流動負債 8,627,288 現金及び預金 13,856,971 短期借入金 6,000,000 売掛金 637,722 未払金 331,748

More information

会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益とし

会計上の当期利益 + 加算調整項目 - 減算調整項目 = 税法上の課税所得 加算調整項目 : 税法上の課税所得の方が大きくなるため, 会計上の利益に加算する項目 減算調整項目 : 税法上の課税所得の方が小さくなるため, 会計上の利益に減算する項目 < 申告調整項目 > 1 益金算入 会計上は収益とし 第 1 節 税法の仕組み 1. 法人 ( 株式会社 ) に係る税金の種類 (A) 株式会社に係る税金は, 以下のように分類することができる 1 利益に課せられる税金 2 費用となる税金 3 その他の税金 会社が稼ぎ出した利益に課せられる法人税 住民税 事業税 会社の活動に対して生じる固定資産税, 印紙税等 商品の販売やサービスの提供に課せられる消費税 2. 費用となる税金 ( 租税公課 ) (B)

More information

添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 3 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 3 (2) 会計方針の変更 会計上の見積りの変更 修正再表示 3 (3) 追加情報 3 3. 四半期連結財務諸表

More information

貸借対照表 平成 22 年 3 月 31 日現在 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 475,228 流 動 負 債 455,655 現 金 及 び 預 金 279,077 短 期 借 入 金 355,000 貸 出 金 80,000 賞

貸借対照表 平成 22 年 3 月 31 日現在 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 475,228 流 動 負 債 455,655 現 金 及 び 預 金 279,077 短 期 借 入 金 355,000 貸 出 金 80,000 賞 第 1 期 ( 平成 21 年 10 月 14 日 ~ 平成 22 年 3 月 31 日 ) 決算の概要 株式会社企業再生支援機構 株式会社企業再生支援機構は 平成 22 年 6 月 29 日 定時株主総会を行い 第 1 期事業年度の決算を報告しました 概要は以下のとおりです 1 第 1 期事業年度は 支援決定 3 件 うち買取決定 1 件を行いました 支援決定 3 件の内訳 日本航空他 2 社 ウィルコム

More information

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF)

野村アセットマネジメント株式会社 平成30年3月期 個別財務諸表の概要 (PDF) 野村アセットマネジメント株式会社 平成 30 年 3 月期 個別財務諸表の概要 ( 未監査 ) 貸借対照表 科 目 ( 資産の部 ) 前期 当期 前期比 (29.3.31) (30.3.31) 増減 流動資産現金 預金 127 919 792 金銭の信託 52,247 47,936 4,311 有価証券 15,700 22,600 6,900 未収委託者報酬 16,287 24,059 7,772

More information

< E E EF8ED096408C768E5A8F9197DE2E786477>

< E E EF8ED096408C768E5A8F9197DE2E786477> 第 160 期貸借対照表及び損益計算書 ( 平成 27 年 4 月 1 日から平成 28 年 3 月 31 日まで ) 貸借対照表 P1 損益計算書 P2 個別注記表 P3 日鉄住金鋼管株式会社 貸借対照表 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目 金額 科目 金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流 動 資 産 49,773 流 動 負 債 19,083 現

More information

財務諸表に対する注記

財務諸表に対する注記 財務諸表に対する注記 ( 社 ) 日本経済団体連合会 1 重要な会計方針 当期より 公益法人会計基準 ( 平成 20 年 4 月 11 日 平成 21 年 10 月 16 日改正内閣府公益認定等委員会 ) を採用している なお 貸借対照表内訳表および正味財産増減計算書内訳表の会計区分は移行認可前の区分である (1) 有価証券の評価基準および評価方法その他有価証券 1 時価のあるもの期末日の市場価格等に基づく時価法

More information

( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 特定資産の部 1. 流動負債 366,211,036 1 年内返済予定 1. 流動資産 580,621,275 特定社債 302,000,000 信託預金 580,621,275 事業未払金 2,363, 固定資産 6,029,788,716 未払

( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 特定資産の部 1. 流動負債 366,211,036 1 年内返済予定 1. 流動資産 580,621,275 特定社債 302,000,000 信託預金 580,621,275 事業未払金 2,363, 固定資産 6,029,788,716 未払 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) Ⅰ 特定資産の部 1. 流動負債 366,211,036 1 年内返済予定 1. 流動資産 580,621,275 特定社債 302,000,000 信託預金 580,621,275 事業未払金 2,363,743 2. 固定資産 6,029,788,716 未払法人税等 791,600 信託建物 3,518,326,394 未払金 22,336,042 信託建物附属設備

More information

e-net 少額短期保険株式会社 平成 30 年 3 月 31 日現在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 円 円 平成 29 年度貸借対照表 流 動 資 産 1,924,262,472 流 動 負 債 1,510,684,439 現金及び預金 744,644,113 支

e-net 少額短期保険株式会社 平成 30 年 3 月 31 日現在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 円 円 平成 29 年度貸借対照表 流 動 資 産 1,924,262,472 流 動 負 債 1,510,684,439 現金及び預金 744,644,113 支 enet 少額短期保険株式会社 平成 30 年 3 月 31 日現在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 円 円 平成 29 年度貸借対照表 流 動 資 産 1,924,262,472 流 動 負 債 1,510,684,439 現金及び預金 744,644,113 支 払 備 金 18,951,233 貯 蔵 品 3,475,597 責 任 準 備 金 363,986,118

More information

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000

連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 連結会計入門 ( 第 6 版 ) 練習問題解答 解説 練習問題 1 解答 解説 (129 頁 ) ( 解説 ) S 社株式の取得に係るP 社の個別上の処理は次のとおりである 第 1 回取得 ( 平成 1 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 48,000 ( 貸 ) 現預金 48,000 第 2 回取得 ( 平成 2 年 3 月 31 日 ) ( 借 )S 社株式 260,000 ( 貸

More information

平成31年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

平成31年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結) 添付資料の目次 1. 当四半期決算に関する定性的情報 2 (1) 経営成績に関する説明 2 (2) 財政状態に関する説明 2 (3) 業績予想などの将来予測情報に関する説明 2 2. 四半期財務諸表及び主な注記 3 (1) 四半期貸借対照表 3 (2) 四半期損益計算書 5 第 2 四半期累計期間 5 (3) 四半期キャッシュ フロー計算書 6 (4) 四半期財務諸表に関する注記事項 7 ( 継続企業の前提に関する注記

More information

第 4 期決算公告 平成 24 年 4 月 1 日から平成 25 年 3 月 31 日まで 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株式会社ベネッセコーポレーション

第 4 期決算公告 平成 24 年 4 月 1 日から平成 25 年 3 月 31 日まで 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株式会社ベネッセコーポレーション 第 4 期決算公告 平成 24 年 4 月 1 日から平成 25 年 3 月 31 日まで 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株式会社ベネッセコーポレーション 貸借対照表 ( 平成 25 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額資産の部負債の部 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 た な 卸 資 産 前 払 費 用 繰 延 税 金

More information

第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社

第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社 第 2 期 ( 平成 29 年度 ) 計算書類 自 : 平成 29 年 1 月 1 日 至 : 平成 29 年 12 月 31 日 楽天 Edy 株式会社 目 次 Ⅰ. 貸借対照表 1 Ⅱ. 損益計算書 2 Ⅲ. 個別注記表 3 Ⅰ. 貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 41,562,028

More information

日本少額短期保険株式会社 平成 29 年 3 月期決算公告 平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 1,333,446 保険契約準備金 255,474 現金 119 支払

日本少額短期保険株式会社 平成 29 年 3 月期決算公告 平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 1,333,446 保険契約準備金 255,474 現金 119 支払 平成 29 年 3 月期決算公告 平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 1,333,446 保険契約準備金 255,474 現金 119 支払備金 14,704 預貯金 1,333,327 責任準備金 240,769 有形固定資産 50,079 代理店借 235,813 建物附属設備 13,866

More information

減価償却資産台帳の入力マニュアル

減価償却資産台帳の入力マニュアル 減価償却資産台帳の 入力マニュアル 1. 入力準備 目次 償却方法の選択と入力データ P.2 2. 減価償却資産台帳の使い方 基本操作と仕組み P.3 定率法を選択する場合の注意点 P.4 3. 減価償却資産台帳の入力方法 前年が白色申告で 償却中の資産がある場合 P.5 20 万円未満の資産を 3 年均等償却する場合 P.6 30 万円未満の資産を一括経費にする場合 ( 特例措置 ) P.7 開業費の償却

More information

図表 1 将来減算一時差異とは 課税所得の計算上 差異が生じたときに加算され 将来解消するときに減算されるものです 税効果会計の適用において最も取り扱う機会が多いのが将来減算一時差異です 貸倒引当金の損金算入限度超過額 賞与引当金及び退職給付引当金の額 減価償却費の損金算入限度超過額 棚卸資産等に係

図表 1 将来減算一時差異とは 課税所得の計算上 差異が生じたときに加算され 将来解消するときに減算されるものです 税効果会計の適用において最も取り扱う機会が多いのが将来減算一時差異です 貸倒引当金の損金算入限度超過額 賞与引当金及び退職給付引当金の額 減価償却費の損金算入限度超過額 棚卸資産等に係 税効果会計 第 1 回 : 税効果会計の意義と計算構造 2010.08.06 (2012.04.23 更新 ) 新日本有限責任監査法人公認会計士友行貴久 1. はじめに平成 10 年 10 月に企業会計審議会より 税効果会計に係る会計基準が 同年に会計制度委員会報告として 個別財務諸表及び連結財務諸表における税効果会計に関する実務指針が公表され 平成 11 年 4 月 1 日以後開始する事業年度から適用されています

More information

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000

NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 開 38 社債 20,000,000 5,000,000 開 39 長期借入金 16,500,000 16,071,500 開 40 リース債務 632,000 基礎演習問題 1(P.237) (CF1 比較連結借対照表及び増減差額 ) NO 連結精算表科目 & 連結開示 前連結会計 当連結会計 増減差額 科目 借 年度 年度 借方 方 連結借対照表 千円 千円 千円 千円 [ 資産 ] 開 1 現金及び預金 借 122,630,315 16,725,419 105,904,896 開 2 受取手形及び売掛金 借 3,942,500 7,545,666 3,603,166

More information

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476

連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 連結貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日 ) 資産の部 流動資産 現金及び預金 7,156 受取手形及び売掛金 11,478 商品及び製品 49,208 仕掛品 590 原材料及び貯蔵品 1,329 繰延税金資産 4,270 その他 8,476 貸倒引当金 140 流動資産合計 82,369 固定資産有形固定資産建物及び構築物 67,320 減価償却累計額 38,306 建物及び構築物

More information

第54期決算公告

第54期決算公告 第 5 4 期決算公告 三重テレビ放送株式会社 貸借対照表 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 負債の部 ( 単位 : 円 ) 科目金額科目金額 流動資産 2,298,308,617 流動負債 633,761,275 現金及び預金 1,680,040,368 リース債務 84,635,679 受取手形 21,042,094 未払金 327,958,551 売掛金 531,368,983

More information

「資産除去債務に関する会計基準(案)」及び

「資産除去債務に関する会計基準(案)」及び 企業会計基準委員会御中 平成 20 年 2 月 4 日 株式会社プロネクサス プロネクサス総合研究所 資産除去債務に関する会計基準 ( 案 ) 及び 資産除去債務に関する会計基準の適用指針 ( 案 ) に対する意見 平成 19 年 12 月 27 日に公表されました標記会計基準 ( 案 ) ならびに適用指針 ( 案 ) につい て 当研究所内に設置されている ディスクロージャー基本問題研究会 で取りまとめた意見等を提出致しますので

More information

リリース

リリース への移行に関する開示 当社は 当連結会計年度の連結財務諸表から を適用しています 移行日は 2015 年 4 月 1 日です (1) 第 1 号の免除規定 第 1 号 国際財務報告基準の初度適用 は を初めて適用する企業 ( 以下 初度適用企業 ) に対して を遡及適用することを求めています ただし 一部については遡及適用しないことを任意で選択できる免除規定と 遡及適用を禁止する強制的な例外規定を定めています

More information

第11期決算公告

第11期決算公告 平成 29 年 6 月 14 日 第 11 期決算公告 東京都中央区晴海二丁目 5 番 24 号 株式会社 JSOL 代表取締役社長 前川雅俊 貸借対照表 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 資産の部 負債及び純資産の部 流動資産 22,800 流動負債 7,139 固定資産 6,310 賞与引当金 1,696 有形固定資産 1,437 その他 5,443 無形固定資産

More information

( 注 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法は次のとおりであります その他有価証券のうち時価のあるものの評価は 期末日の市場価格等に基づく時価法によっております なお 評価差額は全部純資産直入法により処理し また 売却原価の算定は移動平均法に基づいております 2. 有形固定資産の減価償却は 定額

( 注 ) 1. 有価証券の評価基準及び評価方法は次のとおりであります その他有価証券のうち時価のあるものの評価は 期末日の市場価格等に基づく時価法によっております なお 評価差額は全部純資産直入法により処理し また 売却原価の算定は移動平均法に基づいております 2. 有形固定資産の減価償却は 定額 平成 28 年度 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 12,180 保険契約準備金 44,851 預 貯 金 12,180 支 払 備 金 24,157 有 価 証 券 39,510 責 任 準 備 金 20,693 国 債 1,865 そ の 他 負 債 1,254

More information

負債及び資本の部内訳区分内容数量等金額金額流動負債 1,584,772,842 短期借入金 355,112,506 その他の借入金 355,112,506 他会計借入金 355,112,506 一般会計借入金 355,112,506 未払金 1,225,520,218 事業未払金 1,225,467

負債及び資本の部内訳区分内容数量等金額金額流動負債 1,584,772,842 短期借入金 355,112,506 その他の借入金 355,112,506 他会計借入金 355,112,506 一般会計借入金 355,112,506 未払金 1,225,520,218 事業未払金 1,225,467 平成 27 年 3 月 31 日現在 区 流動資産 現金預金 現 預 未収金 その他の流動資産 分 金 金 事業未収金 その他未収金 損益勘定関連未収金 立替金 仮払金 他会計貸付金 財産目録 ( 財市営住宅管理等受託会計産目録 ) ( 市営住宅管理等受託会計 ) 大阪市住宅供給公社資産の部内訳内容数量等金額金額 2,237,601,286 釣り銭用現金 1,060,000 当座預金近畿大阪銀行 150,000

More information

平成27年度 (平成28年3月31日現在) 貸借対照表

平成27年度 (平成28年3月31日現在) 貸借対照表 平成 27 年度 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 現金及び預貯金 3,918 保険契約準備金 43,044 預貯金 3,918 支払備金 22,978 有価証券 38,973 責任準備金 20,066 国債 2,173 その他負債 1,217 地方債 18,897 再保険借 1 社債 17,902

More information

損益計算書 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 科 目 金 額 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 販売費及び一般管理費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受取利息及び配当金 営 業 外 費 用 支 払 利 息 経 常 利 益 特 別 利 益 固 定

損益計算書 平成 29 年 4 月 1 日から平成 30 年 3 月 31 日まで 科 目 金 額 売 上 高 売 上 原 価 売 上 総 利 益 販売費及び一般管理費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受取利息及び配当金 営 業 外 費 用 支 払 利 息 経 常 利 益 特 別 利 益 固 定 貸借対照表 平成 30 年 3 月 31 日現在 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 7,199 流動負債 6,025 現 金 及 び 預 金 297 買 掛 金 879 売 掛 金 2,654 未 払 金 2,005 貯 蔵 品 348 未 払 消 費 税 等 517 前 払 費 用 639 未 払 費 用 785 繰 延 税 金 資 産 302 未 払 法 人 税 等

More information

平成 29 年度決算報告書 自至 平成 29 年 4 月 1 日平成 30 年 3 月 31 日 埼玉県住宅供給公社

平成 29 年度決算報告書 自至 平成 29 年 4 月 1 日平成 30 年 3 月 31 日 埼玉県住宅供給公社 平成 29 年度決算報告書 自至 平成 29 年 4 月 1 日平成 30 年 3 月 31 日 埼玉県住宅供給公社 平成 29 年度貸借対照表 平成 30 年 3 月 31 日現在 ( 単位 : 円 ) 科 目 前期決算額 当期決算額 流 動 資 産 5,163,147,642 5,230,495,339 現 金 預 金 1,456,279,624 1,487,478,363 現 金 1,945,668

More information

法人単位貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 第三号第一様式 ( 第二十七条第四項関係 ) 法人名 : 社会福祉法人水巻みなみ保育所 資産の部当年度末前年度末 増減 負債の部当年度末前年度末 流動資産 23,113,482 23,430, ,370 流動負債 5,252,27

法人単位貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 第三号第一様式 ( 第二十七条第四項関係 ) 法人名 : 社会福祉法人水巻みなみ保育所 資産の部当年度末前年度末 増減 負債の部当年度末前年度末 流動資産 23,113,482 23,430, ,370 流動負債 5,252,27 法人単位貸借対照表 平成 29 年 3 月 31 日現在 第三号第一様式 ( 第二十七条第四項関係 ) 法人名 : 社会福祉法人水巻みなみ保育所 資産の部当年度末前年度末 増減 負債の部当年度末前年度末 流動資産 23,113,482 23,43,852 317,37 流動負債 5,252,27 5,438,925 186,655 現金預金 22,73,782 22,795,23 64,421 事業未収金

More information