日本未熟児新生児学会雑誌 圭 けい 村山 千葉県ども病院代謝科 酵素診断から病因遺伝子の系統的探索へ むらやま 本邦におけるミトコンドリア呼吸鎖複合体異常症 6 年間のまとめ ひろき 博樹 おおつか 大塚 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 新生児期発症でグルタル酸尿症 2 型と診断

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本未熟児新生児学会雑誌 圭 けい 村山 千葉県ども病院代謝科 酵素診断から病因遺伝子の系統的探索へ むらやま 本邦におけるミトコンドリア呼吸鎖複合体異常症 6 年間のまとめ ひろき 博樹 おおつか 大塚 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 新生児期発症でグルタル酸尿症 2 型と診断"

Transcription

1 2012 年 10 月 20 日 3 4 一般題 発表 第1日 11 月 25 日 日 第 2 会場 昌弘 名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 神経 1 1 早川 早産児の新生児発作における波形認識ソフト搭載ネオナータル脳波モニタ CFM-オービーエムの使用経験 名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児部門 2 すぎやま ゆういちろう 杉山 当院 NICU で検出された subclinical seizure 症例の予後 わたべ 国立病院機構佐賀病院総合周産期母子医療センター小児科 よしゆき 渡部 功之 しちじょう あきのり 獨協医科大学医学部小児科 当院における新生児仮死症例の検討 脳低温療法の導入における aeeg の意義について 裕一朗 七條 了宣 入院時脳波 EEG が flat pattern 以外を示した脳低温療法 BHT 施行症例の入院時評価 脳酸素摂 取率と神経学的予後の検討 鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター新生児科 5 とくひさ 徳久 たくや 琢也 新生仔豚低酸素虚血脳症 HIE モデルにおける蘇生後早期の脳低温療法 HT の脳波と脳血液量の関係 6 神内 久留米大学医学部小児科 海野 Amplitude-integrated EEG から読取る睡眠ステージ 7 じんない 内海病院小児科 急性血液浄化療法中に持続脳波記録を行ったカルバミルリン酸合成酵素 I 欠損症の 1 例 国立病院機構岡山医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 わたる 済 うんの つあき たけうち あきひと 竹内 光昭 章人 内分泌 1 8 内山 温 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 晩期循環不全の有無による修正 37 週における超早産児のステロイドホルモン基礎分泌の違い 慶應義塾大学医学部小児科 9 わ 三輪 晩期循環不全の発症予防 軽症化を目指した新生児管理指針の変更が及ぼす影響についての検討 藤田保健衛生大学医学部小児科 10 雅之 まさふ 昌史 ヒドロコルチゾン HDC 長期内服療法を行った超低出生体重児の乳児期における副腎機能への影響 国立病院機構佐賀病院総合周産期母子医療センター小児科 11 やた 宮田 まさゆき 新生児期早期のサーカディアンリズムはなぜ昼夜リズムと同期しないのか 久留米大学医学部小児科 まつお うじ 松尾 幸司 しんどう りょうた 進藤 亮太 代 謝 12 河野 芳功 岐阜県総合医療センター新生児内科 先天性代謝異常症による高アンモニア血症に対して新生児期に血液浄化療法を施行した 2 例 13 母体 HELLP 症候群で 新生児早期に重症心不全で死亡した三頭酵素欠損症の一例 福井県立病院小児科 倉敷中央病院小児科 よしなが 吉永 まえだ 前田 だいすけ 大介 ゆ か 有香 マーク AJ フェローシップ該当題

2 日本未熟児新生児学会雑誌 圭 けい 村山 千葉県ども病院代謝科 酵素診断から病因遺伝子の系統的探索へ むらやま 本邦におけるミトコンドリア呼吸鎖複合体異常症 6 年間のまとめ ひろき 博樹 おおつか 大塚 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 新生児期発症でグルタル酸尿症 2 型と診断され 生後 5 ヶ月よりベザフィブラート投与を開始した二絨 毛膜二羊膜双胎例 15 第3号 14 第 24 巻

3 2012 年 10 月 20 日 一般題 発表 第1日 11 月 25 日 日 第 3 会場 呼吸 1 16 南 宏尚 社会福祉法人愛仁会高槻病院総合周産期母子医療センター新生児部門 妊娠 20 週以前に破水した超早産児の検討 日本赤十字社医療センター新生児科 17 短時間 100 酸素投与の新生仔肺血管収縮に与える性依存的影響とその機序 トロント小児病院新生児科 当院における NO 吸入療法施行症例の検討 聖マリアンナ医科大学病院総合周産期母子医療センター新生児科 極低出生体重児の急性期肺高血圧に対する NO 吸入療法 静岡県立ども病院新生児未熟児科 20 当院における PPHN に対する NO 吸入療法の使用実態について 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 21 臨床工学技士の NO 療法への関わり 聖マリアンナ医科大学病院クリニカルエンジニア部 ひろた あつし 廣田 篤史 えのもと まさひろ 榎本 真宏 かくあげ しおり 攪上 ばん 詩織 ゆ う 伴 由布子 はやし 林 なかしま 中島 しおん 至恩 あや 礼 呼吸 2 22 隅 清彰 社会福祉法人石井記念愛染園附属愛染橋病院小児科 高濃度酸素投与による発達期の肺胞微小循環系障害は長期にわたり遷延する 新生仔マウス CLD モデルを用いた解析 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 23 東京大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 神奈川県立ども医療センター新生児科 新生児慢性肺疾患の定義による発症頻度の相違について 社会医療法人愛仁会高槻病院新生児小児科 26 在胎 32 週未満単胎早産児における破水期間と児の予後との関連 社会医療法人愛仁会千船病院小児科 27 たかはし 高橋 なおと 尚人 胎盤病理から見た新生児慢性肺疾患の重症度び 漫性絨毛膜羊膜ヘモジデローシスは亜急性絨毛膜羊膜炎を伴わなければ重症化しない 25 ひでひ 秀彦 慢性肺疾患発症の極低出生体重児における吸入ステロイド療法の血中サイトカインおよび核内転写因子 プロファイルに与える影響の検討 24 なかにし 中西 当院の超早産児における抜管時期と慢性肺疾患発症率の検討 熊本市民病院 総合周産期母子医療センター新生児科 わたなべ 渡邊 な 南 たかてら 高寺 よねもと 米本 しんぺい 真平 ひろたか 宏尚 あきひろ 明弘 ひろき 大貴 マーク AJ フェローシップ該当題

4 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 祥一朗 しょういちろう たなか 田中 葉 久留米大学小児科 よう 大村 低体温中の人工呼吸管理における適正加湿に関する検討 おおむら 人工換気中の PEEP が換気分布 換気パターンに及ぼす影響 東京女子医科大学附属八千代医療センター新生児科 33 だいじろう 大二郎 たかはし 高橋 福田病院小児科 吸気相と呼気相ともに神経調節補助換気が可能である continuous Neurally Adjusted Ventilatory Assist cnava の有用性 32 豊浩 とよひろ 山内 やまうち 慢性肺疾患の長期管理において非侵襲的陽圧換気療法を導入した 3 例 博亮 ひろあき まつした 松下 長野県立ども病院新生児科 肺サーファクタント洗浄による呼吸理学療法の効果 英世 静岡県立ども病院救急総合診療科 31 ひでよ 末永 すえなが 愛仁会高槻病院新生児小児科 超低出生体重児の抜管目的のステロイドの短期的効果の検討 30 恭聖 愛知医科大学病院生殖 周産期母子医療センター 29 山田 28 呼吸

5 2012 年 10 月 20 日 一般題 発表 第2日 11 月 26 日 月 第 2 会場 神経 2 34 住田 裕 りんくう総合医療センター周産期センター新生児医療センター 1.5Tesla MRS による早産 低出生体重児の脳代謝評価 1 基準値の設定 そ Tesla MRS による早産 低出生体重児の脳代謝評価 2 MRI で形態異常のある 4 例 岩手医科大学小児科学講座 早産児ビリルビン脳症の核磁気共鳴スペクトロスコピー所見 岩手医科大学小児科学講座 あかさか 赤坂 赤坂 新生児脳障害における拡散テンソル画像と tractography ま な ま な 真奈美 たなか さとし 田中 聡 低体温療法を行った低酸素性虚血性脳症 HIE の症例における Tractography を用いた拡散テンソル 画像 DTI の評価 ふかさわ たつや 深沢 安城更生病院小児科 39 な 菜海 真奈美 あかさか 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 38 が 曽我 岩手医科大学小児科学講座 当院における脳室周囲白質軟化症と診断した 24 例の検討 かね 金子 竹田綜合病院小児科 達也 ま り 真理子 神経 3 40 日下 隆 香川大学医学部小児科 呼吸循環状態の安定した新生児における脳循環指標の比較検討 ふじおか 藤岡 東京医科大学小児科 41 脳低温療法症例での 近赤外分光法を用いた脳循環に関する研究 あおき 青木 東京都立小児総合医療センター 42 早産児における脳循環代謝指標の出生後変化の検討 な ら 奈良 東京医科大学小児科 脳循環と体循環の急性期経時的評価 極低出生体重児の比較検討 しむら 東京医科大学小児科 志村 慶應義塾大学医学部小児科 有光 近赤外分光法による母親声に対する早期産児の脳反応 近赤外光断層イメージングを用いた新生児頭部測定に関する基礎的研究 第 4 報 香川大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター ありつ くさか 日下 た お 泰生 よしのり 良則 しょうのすけ 昇乃助 まさる 優 たけし 威志 たかし 隆 マーク AJ フェローシップ該当題

6 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 村瀬 真紀 たつの市民病院小児科 母体への硫酸マグネシウム投与が児の血清マグネシウム濃度と出生早期の合併症に及ぼす影響について 筑波大学附属病院小児科 母体硫酸マグネシウム投与は出生後新生児循環管理に影響を与えるのか 神奈川県立ども医療センター新生児科 54 ニトログリセリン静注療法と超低出生体重児の動脈管再開通の関係 熊本市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 超低出生体重児への早期アミノ酸投与と症候性動脈管開存の検討 いのうえ たけし 井上 武 とよしま 豊島 の ろ 野呂 かつあき 勝昭 あゆむ 歩 動脈管開存症の外科的手術例に対する検討 Early aggressive nutrition とインドメタシン予防投与の影響を中心に 愛仁会高槻病院新生児小児科 いけが 池上 ひとし 等 循環 2 58 豊島 勝昭 神奈川県立病院機構神奈川県立ども医療センター新生児科 超早産児に対するインドメタシン早期予防投与の検討 59 生後早期の症候性動脈管開存症に対して治療をおなった在胎 週児の合併症 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 早産児における生後 1 週の非症候性 PDA asymptomaticpda 積極的な治療対象か 熊本市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 61 当院 NICU における超低出生体重児の動脈管再開通例の検討 旭川厚生病院小児科 よしもと まさひろ 正啓 せいじ 芳本 誠司 いのまた けい 猪俣 に い 二井 慶 つまろ 光麿 きのした 木下 久留米大学小児科 市立札幌病院新生児内科 57 とも 朋子 スルホニル尿素薬の母体投与と胎仔直接腹腔内注射による血糖降下作用と胎仔動脈管収縮作用の比較 東京女子医科大学循環器小児科 56 斎藤 元道 55 さいとう もとち 53 ながふじ 永藤 52 循環 正之 まさゆき ふじの 藤野 藤田保健衛生大学医学部小児科 第2報 哲夫 新生児疾患におけるキヌレニン Kyn 代謝動態についての研究 てつお 服部 51 はっとり 名古屋大学大学院医学系研究科小児科学 新生児低酸素性虚血性脳症に対するヒト臍帯血由来単核球を用いた幹細胞療法 50 題取り下げ ひろ 博子 森 49 もり 熊本大学医学部小児科 新生児低酸素性虚血性脳症に対するアミノ酸の神経保護効果に関する検討 まさひろ 雅弘 48 つじ 辻 独立行政法人国立循環器病研究センター再生医療部 信 再現性の高い新生児脳虚血モデルマウスの新規作成 従来の低酸素性虚血性脳症モデルとの比較 まと 47 なかむら 中村 香川大学医学部小児科 第 3 報 脳血液量と低酸素負荷の関係 新生仔豚仮死モデルによる低酸素負荷後早期の脳循環の検討 正憲 熊本大学医学部附属病院周産母子センター新生児科 岩井 46 神経

7 2012 年 10 月 20 日 未熟児動脈管開存症と新生児搬送 結紮術が必要と判断した 20 例の臨床的検討 かわと ひとし まつかわ しょうへい 総合病院国保旭中央病院新生児科 川戸 葛飾赤十字産院新生児科 松川 当院における過去 10 年間の正期産児動脈管開存症の検討 仁 昇平 循環 3 64 高見 剛 東京医科大学小児科 3D エコーによる新生児の最大右房容積 拡張末期左室容積比に関する検討 やまもと 65 一絨毛膜双胎における 3 次元心エコー法による心臓容量計測の臨床的意義 極低出生体重児新生児期後半における左室 E/Ea 高値の臨床的意義 近赤外分光法による組織酸素飽和度の出生後の経時的変化 岩手医科大学医学部小児科 68 先天性心疾患における胎児脳循環酸素供給 埼玉医科大学総合医療センター新生児科 とよしま かつあき むらせ まさのり 勝昭 村瀬 淀川キリスト教病院小児科 67 裕 豊島 神奈川県立ども医療センター新生児科 66 ゆたか 山本 岐阜県総合医療センター新生児内科 と や 鳥谷 さかざき 坂崎 真紀 ゆ き 由貴子 さやか マーク AJ フェローシップ該当題

8 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 モルガン菌 Morganella morganii が起炎菌と思われる重症感染症を呈した超低出生体重児の一例 わたなべ 渡辺 昭和大学横浜市北部病院どもセンター 超低出生体重児における抗菌剤の empiric 投与の頻度と投与期間の検討 ごとう 77 当院 NICU における極低出生体重児の人工呼吸器関連肺炎に関する検討 やすだ 倉敷中央病院小児科 79 さわだ 澤田 新生児におけるトロンボモジュリンアルファ製剤 TMα の使用経験 新生児における血液培養採取セット数の比較 診断および抗菌薬適正使用に対する有用性 順天堂大学小児科 ま り ほんだ 真理子 本多 まつなが 松永 まさかず 正和 のぶあき 展明 感染免疫 3 81 田中 太平 名古屋第二赤十字病院小児科 再感染母体より胎内感染を来し胎児治療を行った先天性サイトメガロウイルス感染症の 1 例 東京都立大塚病院新生児科 なおき 直紀 マーク AJ フェローシップ該当題 しまむら 島村 埼玉医科大学病院新生児 未熟児科 80 あや 彩子 低容量カラムを用いてエンドトキシン吸着療法を施行した新生児 2 例の経験 玄夫 安田 名古屋第一赤十字病院小児科 78 はるお 後藤 名古屋市立西部医療センター小児科 76 たろう 太郎 誠 名古屋第一赤十字病院小児科 大城 75 感染免疫 か 裕佳子 ゆ 永盛 ながもり 海老名総合病院小児科 先天梅毒の 3 例 ういち 紘一 だ 戸田 と 謙 けん 水平感染によると思われる SSSS Staphylococcal scaled skin syndrome の 3 例 さいだ 才田 埼玉医科大学小児科 74 か ETA 産生 MSSA の水平感染によりブドウ球菌熱傷様皮膚症候群 SSSS をきたした早産児例 信州大学医学部小児医学講座 73 ゆ 有香子 いとう 72 とも 智子 伊藤 信州大学医学部小児医学講座 ず やまき 八巻 ABPC 耐性大腸菌による重症感染症の 2 例 す 当院で過去 3 年間に経験した新生児 GBS 重症感染症 13 症例の検討 横浜労災病院周産期センター新生児内科 71 美寿々 70 さかうえ 阪上 大阪大学大学院医学系研究科内科系臨床医学専攻情報統合医学小児科学 GBS 陽性妊婦に感染予防対策を行った児の GBS 大腸菌保菌率について 英明 飯塚病院小児科 原田 69 感染免疫 月 26 日 月 第 3 会場 第2日 一般題 発表

9 2012 年 10 月 20 日 82 先天性サイトメガロウイルス感染症における交換輸血前後のウイルス量の変化 おおはし 83 先天性サイトメガロウイルス感染症における脳室拡大の定量的評価 神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野 84 まつお き よ 希世美 先天性サイトメガロウイルス CMV 感染症に対する病型に応じたバルガンシクロビル VGCV 療法 わ あきひろ 三輪 神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野 明弘 先天性サイトメガロウイルス感染症に罹患し 異なる臨床像を呈した双胎間輸血症候群の超低出生体重 児例 86 圭 松尾 の副作用および臨床効果に関する検討 85 けい 大橋 名古屋市立大学大学院医学研究科新生児 小児医学分野 なかじま 中島 大阪市立総合医療センター新生児科 朝田 じゅんや 東京医科大学小児科 当院における先天性サイトメガロウイルス感染症の臨床的検討 隼也 あさだ ゆうき 裕貴 未熟児網膜症 87 和田 和子 大阪大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児科 在胎 22 週から 28 週までの未熟児網膜症の発症と背景 おおはし 88 未熟児網膜症の発症におけるエリスロポエチン遺伝子多型の関与に関する検討 まつお 前方視的多施設共同研究 さとう よ 当院における抗 VEGF 抗体 ベバシズマブ 療法の現状 義朗 すが 産業医科大学小児科 抗 VEGF 抗体による未熟児網膜症治療が全身状態に及ぼす影響 よしあき 佐藤 名古屋大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター新生児部門 91 き 希世美 未熟児網膜症に対する光凝固術施行時の鎮痛 鎮静 クエン酸フェンタニルとペンタゾシンとの比較検討 90 昌尚 松尾 神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野 89 まさなお 大橋 宮崎大学病院産婦人科 しゅうたろう 秀太郎 菅 い ず あ 伊豆 近畿大学医学部小児科 か ね 亜加音 内分泌 2 92 河井 昌彦 京都大学医学部小児科 POCT 機種間での血糖測定値の差異 東京都立墨東病院検査科 93 異なる経過をたどった放射線治療後のバセドウ病母体から出生した早産児 2 症例 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 94 低体温療法の適応ありと判定された重症仮死児の甲状腺機能に関する検討 新潟大学医歯学総合病院総合周産期母子医療センター 95 高 TSH 血症を認めた極低出生体重児の検討 どの時点で甲状腺機能検査が必要か ずた 水田 すぎた 杉田 ばやし 小林 さ の 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 現 愛染橋病院小児科 佐野 早産児の甲状腺スクリーニングの再検は生後 2 週目に行うとが重要である 田 武蔵野赤十字病院新生児科 蒲原 SGA 極低出生体重児の遅発性高 TSH 血症について たぐち 京都大学医学部小児科新生児部門 かもはら よう 陽子 え り 依里 あきら 玲 ひろゆき 博之 しゅうま 周馬 たかし 孝 マーク AJ フェローシップ該当題

10 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 大垣市民病院第二小児科 鈴木 名古屋大学関連病院における TTTS 症例の検討 TTTS に対して FLP を施行するも早産となった症例の臨床像の検討 国立成育医療研究センター周産期センター新生児科 新生児有害転帰のリスクから見た選択的帝王切開の施行時期に関する検討 すずき としひ いのうえ たかのぶ なかしま じゅんいち そばじま ひさのり 俊彦 井上 毅信 中島 関西医科大学小児科 107 明彦 重篤な生命予後が予想される胎児診断例への産科 新生児科出生前共同 IC 側島 久典 産科周産期 3 丸山 有子 今給黎総合病院地域周産期母子医療センター新生児内科 超低出生体重児の死亡時期における死因とその対策の検討 大分県立病院総合周産期母子医療センター新生児科 109 胎児発育不全を合併する超早産児における在胎期間別死亡リスク 昭和大学医学部小児科学講座 けいだ 慶田 いたばし 板橋 ゆ ず お 裕美 か 家頭夫 埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター 新生児科 純一 106 あきひ 105 い 甲斐 104 か 石井記念愛染園附属愛染橋病院小児科 日本における周産期母子医療センターネットワークデータベースの分析より 一絨毛膜性双胎 二絨毛膜性双胎に対しての出生前ステロイド ACS 投与の効果 茂 社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院総合周産期母子医療センター新生児科 大木 103 産科周産期 けんじ 建治 おりい 折居 岐阜大学医学部附属病院新生児集中治療部 よしお 義雄 島 しま 当院において HIV 母子感染予防対策を実施された 3 症例についての検討 陽子 よう 中務 早産における胎児発育と慢性肺疾患の関係 か なかつかさ 葛飾赤十字産院小児科 102 す 明日香 妊娠 28 週前後の妊婦における血清 thioredoxin-1 および酸化ストレス環境の評価 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科小児科学 101 あ 中村 100 なかむら 順天堂大学医学部附属浦安病院周産期センター 早産 低出生体重児の末梢血におけるグルココルチコイドレセプター遺伝子メチル化の解析 99 まさと 正人 かんたけ 寒竹 順天堂大学医学部附属浦安病院周産期センター 細に解析する方法の確立 新生児末梢血を用いてグルココルチコイドレセプター遺伝子プロモーター領域のメチル化を簡便かつ詳 信 国立病院機構岡山医療センター新生児科 中村 98 産科周産期 月 26 日 月 第 4 会場 第2日 一般題 発表

11 2012 年 10 月 20 日 110 母体硫酸マグネシウムの総投与量は新生児予後に影響するか むらか 111 イオン化 Mg 測定により母体 Mg 投与の影響を評価した超低出生体重児の一例 順天堂大学医学部附属静岡病院新生児センター 112 ゆう 村上 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 早産児における経腸栄養の進行状況に対する高マグネシウム血症の影響 名古屋第一赤十字病院小児科 優子 ばやし 小林 ま き ゆ 真紀 まえはら 前原 優美 フォローアップ 加藤 文英 島根県立中央病院新生児科 在胎週数 週で出生した早産児の生存率と神経学的予後 2000 年から 2009 年までの単施設での検討 おちあい 114 過去 2 年間における在胎 週の超早産児の生存率 合併症 死因について 鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター新生児科 115 超早産児における SGA の短期予後の検討 尿道下裂を合併した SGA 児および AGA 児の臨床背景および長期予後についての検討 当センター NICU に入院した出生体重 500g 未満児の臨床的検討 当院における双胎の発達予後調査 第 2 報 たか 貴子 たくじ 琢司 ぞが まさえ 溝上 雅恵 いわ 大阪市立総合医療センター新生児科 118 まつい 松井 やまかわ 長野県立ども病院総合周産期母子医療センター新生児科 117 正行 山川 昭和大学医学部小児科学講座 116 まさゆき 落合 九州大学病院総合周産期母子医療センター 超低出生体重児での検討 東京都立小児総合医療センター新生児科 ひろ 岩見 裕子 ほんま ひでかず 本間 英和 フォローアップ 側島 久典 埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 周産期センターネットワーク 年出生極低出生体重児の 3 歳予後 22 週 23 週出生児の現状 と課題 いしい 厚生労働科学研究 周産期母子医療センターネットワーク フォローアップ班 石井 120 当院における在胎 22 週 23 週の児の臨床的検討 第 2 報 修正 1 歳半 3 歳時の予後 大垣市民病院第二小児科 121 極低出生体重児における遷延性肺高血圧と 3 歳時神経学的予後について 名古屋市立大学大学院医学研究科新生児小児医学分野 122 兵藤 じんのう 神農 あくたがわ 芥川 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 消化管穿孔を合併した極低出生体重児の長期予後に関する検討 いちのや 市之宮 群馬県立小児医療センター新生児科 124 ひょうどう れいな 玲奈 ひでお 英雄 年に周産期母子医療センターネットワークに入院した極低出生体重児の 3 歳時予後と母体 ステロイド投与の関連についての検討 123 のぞ ベイリー乳幼児発達検査第 3 版を用いた極低出生体重児フォローアップの有用性について 順天堂大学医学部小児科 おいかわ 及川 か な 香奈 けんじ 健二 な お 奈央 マーク AJ フェローシップ該当題

12 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 まどか 相澤 り あいざわ ま 真理子 昭和大学医学部小児科学講座 岩山 極低出生体重児の思春期以降の予後に関する検討 第 2 報 いわやま れいじ 玲二 極低出生体重児の 9 歳時の IQ と ADHD スコアとの関連 なかの 中野 超早産児の 9 歳時予後に影響を与える因子の検討 孝美 愛育病院新生児科 たか 齋藤 九州大学病院総合周産期母子医療センター 130 さいとう 埼玉医科大学総合医療センター小児科 第2報 129 極低出生体重児の学童期の血圧と肥満の検討 ゆういち 有一 かとう 加藤 128 健一郎 OUES Oxygen Uptake Efficiency Slope を用いた超低出生体重児の就学時心肺機能評価の試 安城更生病院総合周産期母子医療センター 127 けんいちろう 126 ひらかわ 平川 愛育病院新生児科 超早産児の 6 歳時予後に影響を与える因子の検討 由美 自治医科大学総合周産期母子医療センター新生児発達部 河野 125 フォローアップ

13 2012 年 10 月 20 日 一般題 発表 第2日 11 月 26 日 月 第 5 会場 まどか 昭和大学病院総合周産期母子医療センター新生児部門 栄養 相澤 本邦における超低出生体重児 AGA に対する静脈栄養の変遷 国内アンケート調査より 千葉県ども病院新生児未熟児科 132 当院における極低出生体重児の early aggressive nutrition 導入の評価 新潟大学医歯学総合病院総合周産期母子医療センター Early aggressive nutrition 導入下における極低出生体重児の血中アミノ酸組成への影響 順天堂大学小児科 経腸栄養が順調な早産児において 経静脈栄養が成長に与える影響について 東京大学医学系研究科生殖 発達 加齢講座発達発育部 135 当センターにおける極低出生体重児の予定日体重の検討 山梨県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児科 136 在胎 28 週以下の早産低出生体重児における NICU 入院中の体重 SD スコアの推移 昭和大学医学部小児科学教室 137 うら ふひろ 三浦 文宏 うすだ とうへい ひさた けん 臼田 東平 久田 研 もりさき 森崎 な ほ ま 菜穂 ばやし 小林 真美 ばやし ずえ 小林 梢 岡山医療センターにおける超低出生体重児の身体発育 過去 10 年間の症例から作成した入院中の発育曲線 国立病院機構岡山医療センター新生児科 かげやま さお 影山 操 栄養 三浦 文宏 千葉県ども病院未熟児新生児科 NICU 入院中の栄養強化が極低出生体重児に与える影響 静岡県立ども病院新生児未熟児科 139 当科で開腹手術を受けた新生児の経静脈栄養関連胆汁うっ滞に関する検討 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター小児外科 140 極低出生体重児におけるリン酸ナトリウムを用いたリン補充の検討 昭和大学医学部小児科学講座 141 NICU 入院児の血清亜鉛値の検討 のが かつし 野上 勝司 たかはし ゆうすけ たき もとひろ 高橋 滝 おがさわら 雄介 元宏 けい いわき市立総合磐城共立病院未熟児新生児科 現 福島県立医科大学 NICU 小笠原 142 極低出生体重児における栄養法の違いに伴う LDL プロファイルの経時的変化 順天堂大学医学部附属静岡病院新生児センター 143 新生児のアポリポ蛋白質 A-V apoa-v 濃度とその出生後の変化について 日本大学医学部小児科学系小児科学分野 すがぬま 啓 ひろき 菅沼 広樹 ながの のぶひ 長野 伸彦

14 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 150 小林 正樹 札幌医科大学産科周産期科 腸管カンジダ症による消化管穿孔は壊死性腸炎とは異なる しらいし 白石 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 消化管穿孔を発症した超低出生体重児の長期予後と栄養管理 はらだ 大阪市立総合医療センター新生児科 だま まさひ よい きょう ふるた しげゆき くろかわ だいすけ 児玉 名古屋市立西部医療センター小児科 横井 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院小児外科 古田 臍帯潰瘍を伴った高位消化管閉鎖症 3 例の治療経験 診断 治療に難渋している Hirschsprung 病類縁疾患の一例 黒川 姫路赤十字病院小児科 雅彦 暁子 繁行 大輔 消化器 市場 博幸 大阪市立総合医療センター新生児科 生後 1 ヶ月までにおける低出生体重児の腸内細菌叢の変化 きつねざき 157 在胎 32 週未満の早産児における鼻咽頭逆流症もしくは胃食道逆流症発症のリスク因子について 姫路赤十字病院周産期母子医療センター小児科 158 早産児における好酸球増多 サイトカイン 消化管アレルギーの検討について マーク AJ フェローシップ該当題 おがわ 小川 ともあき 智明 とも 智美 兵庫医科大学病院小児科 い お ろ い 五百蔵 まさ 雅子 狐﨑 相模原協同病院小児科 明佳 昭和大学医学部小児科学講座 胎便性イレウスで発症した囊胞性線維症の一例 さやか 原田 153 増粘多糖類 キサンタンガム により糞便性イレウスをきたした超低出生体重児の一例 淳 151 じゅん 消化器 ひと 仁美 浩 さかい 坂井 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 ひろし だ 31 週未満の早産児の慢性期高ビリルビン血症とアテトーゼ型脳性麻痺の関連性 わ 超低出生体重児における黄疸と term 相当での聴性脳幹反応の検討 義規 和田 よしのり 淀川キリスト教病院小児科 かたやま 片山 仁 愛仁会高槻病院小児科 母子同室における新生児黄疸管理の現状 ひとし 岡田 第 4 報 Early Aggressive Nutrition 開始前後での比較 149 おかだ 香川大学医学部小児科 148 Bronze baby syndrome 発症に対する Cu -protoporphyrin の関与に関する研究 147 良浩 2 よしひろ まるお 丸尾 滋賀医科大学小児科 母乳性黄疸の発症メカニズムの解明 良浩 プレグナンジオールの UGT1A1-G71R に対する阻害効果 146 よしひろ 丸尾 145 まるお 滋賀医科大学小児科 ビリルビン UDP-グルクロン酸転移酵素 UGT1A1 の G71R 多型の役割 母乳性黄疸の発症メカニズムの解明 猛 加古川西市民病院小児科 森沢 144 疸 黄

15 2012 年 10 月 20 日 生後早期に severe eosinophilia を伴った消化管型ミルクアレルギーの早産児例 わたなべ 竹田綜合病院小児科 渡部 産業医科大学小児科 江 異なる臨床症状を呈した新生児 乳児消化管アレルギーの 2 症例 えぐち まさひろ 真裕 ま 真美 マーク AJ フェローシップ該当題

16 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 宏 獨協医科大学病院総合周産期母子医療センター新生児部門 出生前診断された致死的骨系統疾患の長期生存例 おおの 169 当院における致死性骨異形成症の周産期臨床像 172 周産期型低フォスファターゼ症に対する骨髄移植併用同種間葉系幹細胞移植 3 例の経験 たなべ 田部 国立病院機構別府医療センター小児科 臨床研究部 古賀 国内における重症型 Pfeiffer 症候群の臨床的特徴 当科で経験した Pfeiffer 症候群の 2 症例 高知医療センター小児科 が かけい 筧 かなつ 金光 か 有香 ひろし 寛史 ひろ 紘子 きいちろう 喜一郎 Tracheal sleeve を合併した Pfeiffer 症候群の 1 例 マーク AJ フェローシップ該当題 ゆ 島根大学医学部小児科 埼玉医科大学病院新生児未熟児科 173 けい 佳子 171 だ わ 令央義 和田 兵庫県立ども病院周産期医療センター 170 の り お き 大野 広島大学病院小児科 鈴村 168 先天異常 しんや 晋也 つちだ 土田 東京大学大学院医学系研究科小児科 当院における 18 トリソミーおよび 13 トリソミー児の臨床経過と予後について 昌博 まさひろ たはら 田原 成隆 18 トリソミー児の肺生検組織所見 肺胞壁弾性線維の低形成 あかね会土谷総合病院小児科 167 なるたか 望月 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 166 もちづき 貴彰 外科治療をうけた 18 トリソミー児の予後および在宅移行 たかあき 165 さわだ 澤田 熊本市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 当院における 18 トリソミー症例の検討 尚子 164 ひさ 原 はら 東京大学医学部形成外科 美容外科 新生児の特発性腹水に対する新たなるアプローチ 163 しんや 真也 あだち 安達 長良医療センター小児科 インドシアニングリーン蛍光リンパ管造影を施行した難治性先天性乳糜胸 乳糜腹水の 3 症例 淳 162 じゅん しばさき 柴崎 神奈川県立ども医療センター新生児科 管評価の試 インドシアニングリーン蛍光リンパ管造影法を用いた先天性胸水 先天性腹水の新生児におけるリンパ 豊 川崎医科大学新生児科学教室 川本 161 先天異常 月 26 日 月 第 6 会場 第2日 一般題 発表

17 2012 年 10 月 20 日 先天異常 上野 康尚 石川県立中央病院いしかわ総合母子医療センター新生児科 シルバーラッセル症候群の新規責任領域の同定 国立成育医療研究センター研究所分子内分泌研究部 175 Vacterl asssociation に水頭症を合併した一例 熊本大学医学部附属病院小児科 176 出生前診断された先天性腎尿路系異常合併児の出生後経過について 東邦大学医療センター大森病院新生児科 177 Fallot 四徴症を合併した Jarcho-Levin 症候群の 1 例 岐阜県総合医療センター新生児内科 ふ け とも 福家 智子 よしまつ ひでたか かわせ やすひろ うやま としなり 吉松 川瀬 神山 秀隆 泰浩 寿成 医療システム 平野 慎也 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 NICU 退院児の医療的ケアについての検討 国立病院機構三重中央医療センター新生児科 / 臨床研究部 179 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 / 在宅支援室 有効な Palivizumab 投与を行うため 神奈川県での取り組 もちづき なるたか いさか まさゆき 望月 社会保険相模野病院小児科新生児科 伊坂 東邦大学教育 研究支援センター周産期人材育成推進室 中野 NICU 女性医師の職場復帰支援に関する研究 雄介 なかの 成隆 雅行 ひろ 博子 Comparison of Mortality and Morbidity of Very Low Birth Weight Infants between Japan and Canada Division of Neonatology, The Hospital for Sick Children 183 ゆうすけ 大森 大阪の 5 病院が共同で行った在宅移行支援事業ならびに当センターでの取り組について 大阪府長期入院児退院促進等支援事業報告 180 おおもり いさやま 諫山 てつや 哲哉 Comparison of NICU Resource Usages of Very Lw Birth Weight Infants between Canada and Japan Division of Neonatology, The Hospital for Sick Children いさやま 諫山 てつや 哲哉 医療システム 飯田 浩一 大分県立病院新生児科 大学医学部学生に対する新生児蘇生法 NCPR 普及事業の紹介と今後の展望 大阪大学大学院医学系研究科内科系臨床医学専攻情報統合医学小児科学 185 新生児蘇生シミュレーション教育は院内スタッフの行動変容を促す 愛育病院新生児科 186 低流量酸素流量計を使用したリザーバー無し自己膨張式バッグにおける酸素濃度調節の検討 済生会横浜市東部病院臨床工学部 187 新生児搬送におけるヘリコプター搬送による時間短縮効果 鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター新生児科 当院の新生児搬送における低血糖のリスク因子 死亡小票を用いた滋賀県新生児死亡症例の検討 あらほり 荒堀 なかの 中野 ど い 土居 ひらかわ れいじ 玲二 よしむね 新宗 えいじ 平川 英司 いとう つひろ 藤枝市立総合病院小児科 伊東 滋賀医科大学地域周産期医療学講座 越田 第一報 ひと 仁美 しだ 充宏 しげき 繁樹 マーク AJ フェローシップ該当題

18 日本未熟児新生児学会雑誌 第3号 優 ゆう 舟越 マーク AJ フェローシップ該当題 ふなし 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター新生児科 当院における 13 年間の妊婦交通外傷と児の予後に関する検討 わかな 若奈 195 まつお 松尾 東邦大学医療センター大森病院産婦人科 ともや 智也 CTG で NRFS と胎児頻脈の鑑別が困難であった 2 例 新垣 194 しんがき 医療法人愛仁会高槻病院新生児科 準一郎 当院で経験した CAOS chronic abrupition oligohydramnios sequence の 4 例 じゅんいちろう 西方 193 にしかた 東海大学医学部専門診療学系小児科学 好弘 当院における臍帯ミルキングの効果の後方視的検討 よしひろ 192 さけ 酒見 国立病院機構小倉医療センター小児科 NICU 入院症例における新生児蘇生の臨床的検討 由紀 宮崎大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 児玉 191 産科周産期 ひでかず 秀和 むとう 武藤 岩手医科大学医学部小児科学講座 炎症による影響 急性腎障害の予測バイオマーカー urinary-neutrophil gelatinase-associated lipocalin の測定 便と皮膚 190 第 24 巻

19 2012 年 10 月 20 日 一般題 発表 第3日 11 月 27 日 火 第 2 会場 呼吸 渡辺 達也 東北大学医学部小児科 気管支肺胞洗浄液中局所損傷マーカー Pentraxin 3 と慢性肺疾患との関連 やまおか 大阪医科大学小児科周産期センター NICU 197 臍帯炎 絨毛膜羊膜炎と気管内吸引液中細胞性フィブロネクチン等の関係について 超早産児の出生時気管内吸引液中 IL-6 値と組織学的絨毛羊膜炎の重症度との関連性 ひろかず 浩和 そうた 岩谷 壮太 気管内吸引液分析による早期診断により救命し得た在胎 22 週の緑膿菌性人工呼吸器関連肺炎の一例 ぞぶち 溝渕 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 羊水中ラメラ体を用いた双胎妊娠における新生児呼吸障害の予測 つ Association of IL G Allele with Severe Respiratory Distress Syndrome -A Pilot Study Department of Pediatrics, CHA Bundang Medical Center, CHA University ゾ まさ だ 雅巳 ひろゆき 津田 名古屋大学医学部附属病院総合周産母子医療センター 202 あらい いわたに 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 201 繁夫 新井 秋田大学大学院医学系研究科小児科学分野 200 しげお 山岡 ヒ 弘之 ス ン Jo Heui Seung 全身性炎症反応症候群 SIRS に伴う急性肺障害 ALI に対してシベレスタットナトリウム 好中球 エラスターゼ阻害剤 が有効であった超低出生体重児の 2 例 安城更生病院小児科 まごた 孫田 ゆき 呼吸 伊藤 裕司 国立成育医療研究センター新生児科 仰臥位での経皮的動脈血酸素飽和度 SpO2 連続記録解析にて異常低酸素発作を認めた症例における腹 臥位での SpO2 連続記録解析の検討 東京女子医科大学東医療センター新生児科 204 SpO2 変動値に対する輸血の影響 輸血で SpO2 ふらつきを減らせるか 東京女子医科大学八千代医療センター新生児科 205 新生児における CO2 換気応答試験の検討 正常新生児における背景別にた正常値の検討 東京女子医科大学東医療センター新生児科 207 当院 NICU におけるカプノグラフィーの有用性に関する検討 熊本大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター NICU 208 さ さとう 佐藤 啼泣後の呼吸抑制スクリーニングにおける哺乳時 SpO2 低下 直接母乳とボトル哺乳の比較 奈良県立奈良病院新生児集中治療室 206 わ 和佐 無呼吸発作の遷延は 3 歳時発達の悪化を予測する 社会医療法人愛仁会千船病院小児科 のわ まさのり 正紀 まさひ 雅彦 ひでき 箕輪 秀樹 へん のぶひで 邉見 ならむら 楢村 たかの 高野 伸英 てつお 哲生 つとむ 勉

20 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 健人 東京女子医科大学東医療センター新生児科 武藤 むとう じゅんいち 新生児期に発症した声帯外転障害 30 例の検討 淳一 長野県立ども病院 NICU における過去 10 年の気管切開症例の背景と予後 正期産児の気胸の臨床経過について かねしげ 兼重 あらた 新 まさお 昌夫 マーク AJ フェローシップ該当題 だ 国立成育医療研究センター周産期センター新生児科 お 小田 長野県立ども病院総合周産期母子医療センター新生児科 たけひと 横井 よい 市立豊中病院小児科 気管切開の目的は達成されているか SP-C 遺伝子異常を認め治療抵抗性であった新生児間質性肺炎の 1 例 216 ゆ 裕美子 215 いけだ 池田 日本赤十字社医療センター新生児科 過去 10 年間の当院における超低出生体重児の肺出血症例の検討 眞之介 愛媛県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児科 穐吉 214 呼吸 のり 典子 まつもと 松本 北里大学医学部小児科 経皮的中心静脈カテーテルが原因で横隔神経麻痺を来たした極低出生体重児の 1 例 亮 りょう ならざき 淳 あつし 楢崎 国立病院機構小倉医療センター小児科 213 ば 重篤な呼吸障害を契機に囊胞性線維症が疑われた超低出生体重児の一例 ば 馬場 ゆうすけ 佑介 信州大学医学部小児医学講座 ヘリウム換気 nasal-cpap モデルでの検討 すがな 菅波 新生児 小児における内視鏡的嚥下機能検査の検討 功 東京女子医大東医療センター新生児科 いさむ 北東 ほくとう 慶応義塾大学医学部小児科学教室 212 distress の無い状態で出生した正期産児の臍帯血血清 HGF 値 211 俊夫 藤田保健衛生大学小児科 210 山﨑 209 呼吸

21 2012 年 10 月 20 日 一般題 発表 第3日 11 月 27 日 火 第 3 会場 フォローアップ 廣間 武彦 長野県立ども病院総合周産期母子医療センター新生児科 脳性麻痺と診断された児の周産期要因について 東京女子医科大学小児科 220 早期からのリハビリテーション介入が超低出生体重児の神経発達予後に及ぼす効果 順天堂大学医学部附属静岡病院リハビリテーション室 当院における NICU 退院支援について 大阪市立総合医療センター新生児科 早産 低出生体重児の NICU 退院後の疾病発症と健康状況 国立病院機構三重中央医療センター新生児科 / 臨床研究部 224 きょう 恭子 脳低温療法を施行された低酸素性虚血性脳症の児における早期からのリハビリテーションについての検討 淀川キリスト教病院小児科 223 ひらさわ 平澤 新生児フォローアップ外来における血清鉄と血清フェリチン値の検討 独立行政法人国立病院機構香川小児病院新生児内科 いわもと 岩本 わかお 若尾 たなか 田中 ぼんの ひろたか 裕敬 のぶ 房美 ゆう 裕子 もとき 盆野 元紀 いのたに もとひろ 猪谷 元浩 マーク AJ フェローシップ該当題

22 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 尿中ナトリウム排泄率からた晩期循環不全の検討 京都大学医学部附属病院新生児集中治療部 233 早産児の NO 代謝産物の経時的評価 晩期循環不全と NO の関連性 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 ジアゾキシド投与後に晩期循環不全をきたした極低出生体重児の 1 例 埼玉医科大学総合医療センター新生児科 235 一絨毛膜二羊膜双胎の selective IUGR における出生時 NT-pro BNP 値の検討 たけし わしお 鷲尾 やまだ 山田 ふじおか 藤岡 豪 ようすけ 洋介 づき 聖月 かずち 一路 循環 6 池上 等 社会福祉法人愛仁会高槻病院総合周産期母子医療センター新生児部門 糖尿病母体児に発症した一過性の肺高血圧症の 1 例 国立病院機構西埼玉中央病院周産期母子医療センター新生児部門 237 シルデナフィルは新生仔ラットにおいて一酸化窒素の肺血管拡張作用を減弱させる 高槻病院小児科 榊原 えのもと 榎本 な な 菜々 まさひろ 真宏 マーク AJ フェローシップ該当題 さかきばら 236 兵庫県立ども病院周産期医療センター新生児科 は せ が わ 長谷川 234 うじ 幸司 232 まつお 松尾 国立病院機構佐賀病院総合周産期母子医療センター小児科 在胎 24 週以下の超早産児における生後早期の輸液管理の検討 操 国立病院機構岡山医療センター新生児科 影山 231 循環 クララ 栗嶋 くりしま のぶゆき 信之 つじい 辻井 健一 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター新生児科 けんいち 黒嵜 くろさき 新生児期心疾患に対する胸部造影 CT 検査の検討 新生児の血管特性 綾乃 小児循環器集中治療室における新生児心疾患の診断と治療 国立循環器病研究センター病院小児循環器科 230 あやの 山 やまぐち 国立循環器病研究センター病院小児循環器集中治療室 229 宏典 膠原病未発症母体より出生し 完全房室ブロックを呈した 3 症例 北里大学医学部小児科 228 ひろのり 227 え び し ま 海老島 国立循環器病研究センター小児循環器科 胎児水腫 胎児頻拍を呈した Costello 症候群類縁疾患の 2 例 一仁 226 かずと 上田 うえだ 公立陶生病院小児科 難治性不整脈に対しフレカイニドが著効した Costello 症候群の 1 例 泰樹 久留米大学小児科 前野 225 循環 月 27 日 火 第 4 会場 第3日 一般題 発表

23 2012 年 10 月 20 日 238 母児間輸血症候群による新生児重症貧血 心不全の 2 例 聖霊病院小児科 胎児期に主肺動脈の著明な拡張と重度三尖弁逆流をきたした一過性甲状腺機能亢進症の一例 あわや 粟屋 きよし ほんだ あかね ほんだ あかね 鵜池 神奈川県立ども医療センター新生児科 本田 胎児卵円孔早期閉鎖 1 症例における生後の左心機能評価 神奈川県立ども医療センター新生児科 さ ういけ 九州大学病院小児科 胎児診断をした胎児卵円孔早期閉鎖症 18 例の臨床像の検討 り 梨沙 本田 清 茜 茜 感染免疫 高橋 尚人 東京大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター NICU における新生児感染症入力システムの改善とその普及について 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 年出生極低出生体重児の感染症に関するアンケート調査 名古屋第一赤十字病院小児科 244 末梢穿刺中心静脈カテーテルの管理に関する全国アンケート調査 群馬大学医学部附属病院周産母子センター 245 おおしろ 大城 おおき 大木 ひろゆき 博之 まと 誠 やすし 康史 新生児集中治療室 NICU におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA 保菌 感染症に関する全 国調査 神戸大学医学部附属病院周産母子センター小児科 246 きたじま 北島 NICU における新生児バチルス感染症について 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 もりおか いちろう きたじま ひろゆき 森岡 北島 一朗 博之 感染免疫 山下 博徳 国立病院機構小倉病院小児科 新規作成のスコアを用いた生後早期の子宮内炎症の予測 鹿児島市立病院総合周産期センター新生児科 高尾 大士 きのした だいすけ ずの けいすけ ふたむら まさひで SNAP を用いた重症度判定と臍帯血サイトカイン濃度の相関に関する検討 プラズマクラスターイオンを用いた保育器内の細菌に与える影響 静岡済生会総合病院小児科 NICU 長期入院例に対する予防接種実施上の問題点 愛知医科大学生殖 周産期母子医療センター 252 たかお 英明 だいし NICU における手指衛生セルフチェックリストの教育効果 石井記念愛染園附属愛染橋病院小児科 251 えいめい 原田 アルコール使用量 MRSA 保菌患者数 病院感染発症数の検討 250 はらだ 飯塚病院小児科 木下 水野 二村 大介 恵介 眞秀 医師のワクチン接種に関する医学的 制度的問題点に関する理解度の現状 新生児専門集中治療で勤務している医師に対するアンケート調査より 国立成育医療研究センター新生児科 なかむら 中村 ともお 知夫

24 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 円 大阪市立十三市民病院小児科 母児同室に向けての当院での取り組 もりもと 258 当院における母児同室管理中の新生児に対する母乳育児支援の検討 加古川西市民病院小児科 260 かずや 丸山 おかだ 和哉 ゆ 岡田 NICU を退院した児の救急外来受診の現状 いけだ 池田 順天堂大学医学部附属静岡病院新生児センター な ほ 由美子 奈帆 神経 稲子 埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 新生児低酸素性虚血性脳症に対する脳低温療法におけるエダラボンの有効性に関する検討 たびら たつのり 鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター 田平 Fetal brain death syndrome の二例 新生児腎機能評価 低体温療法を実施した新生児仮死症例における尿細管機能評価 未熟な脳細胞に対する少量デキサメサゾンの影響 名古屋大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児部門 ひ だ 飛彈 いちのはし 一ノ橋 将行 達則 ま り 麻里子 ゆう 祐子 マーク AJ フェローシップ該当題 まさゆき 閑野 横浜労災病院周産期センター新生児内科 264 かんの 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 263 加藤 出生前に 18 トリソミーと診断された児と家族の母乳育児支援 お 奈央 まるやま 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院周産期センター新生児部門 259 な 森本 国立国際医療研究センター小児科 平林 257 育児 な 美奈子 林 はやし 鳥取大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 完全房室中隔欠損症を合併した 21 トリソミーの出生前告知事例 臨床心理士の役割とチームアプローチ 周産期の心のケア えか 笑花 高緑 たかどり 名古屋大学医学部附属病院精神科 周産期母子医療センターにおける心理士としての援助と役割 な か 佳奈 ち えばら 江原 NICU 移転を経て 家族の揺れ動きに寄り添った事例 256 さ 早智子 周産期医療における多職種による心理社会的支援の試 順天堂大学医学部小児科 255 わ 254 に 丹羽 名古屋第一赤十字病院小児科臨床心理士 超低出生体重児の母親への心理的支援について 臨床心理士と医療スタッフとの協働 徹 群馬県立小児医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 藤生 253 育児 月 27 日 火 第 5 会場 第3日 一般題 発表

25 2012 年 10 月 20 日 265 乳児のパリビズマブ筋肉注射における非薬理学的方法による疼痛緩和の効果 さいたま市立病院小児科 266 超低出生体重児における難聴とフロセミド投与との関連性についての検討 石川県立中央病院いしかわ総合母子医療センター新生児科 267 極低出生体重児に対する聴覚スクリーニングと聴覚予後について 筑波大学小児科 やまだ 山田 きたの めぐ 恵 ひろゆき 北野 裕之 かない ゆう 金井 雄 神経 柴崎 淳 神奈川県立病院機構神奈川県立ども医療センター新生児科 低出生体重児における前期破水 臍帯血中サイトカイン 脳血流動態の相関 名古屋市立西部医療センター小児科 269 新生児頭部エコー動画像の動脈拍動解析 拍動組織の三次元その場観察 済生会兵庫県病院小児科 270 新生児硬膜下血腫の検討 熊本市民病院脳神経外科 271 出生直後の初回超音波検査で脳室内出血をとめた超低出生体重児に関する検討 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター新生児科 272 当施設の脳室内出血の発症にはどのような因子が関与するのか 県立広島病院新生児科 273 在胎 27 週以降に出生し IVH を発症した症例の臨床的検討 きつねづか 狐塚 たかだ 高田 もり 森 ふるかわ 古川 かん 菅 すお 純男 よしき 善樹 あきら 明 しげひろ 茂弘 りょう 亮 としあき 敏晃 社会医療法人愛仁会高槻病院小児科 ふくだ 福田 マーク AJ フェローシップ該当題

26 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 高速液体クロマトグラフィー HPLC によるフロセミド F 血中濃度測定法の開発 独立行政法人国立病院機構香川小児病院 280 血中濃度モニタリング TDM に基づくアミカシン AMK 投与量最適化の検討 熊本大学医学部附属病院小児科 の 当院出生の早発型低カルシウム血症を発症した児のリスク因子についての検討 国立国際医療研究センター病院小児科 おかざき 岡崎 よやま うすけ 耕佑 かおる 薫 あき 横山 晃子 しょうや かずひろ 正谷 憲宏 血 液 282 西久保 敏也 奈良県立医科大学総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門 出生直後の新生児有核赤血球数についての検討 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科小児医科学 出生後ステロイド投与が必要となった超早産児の好酸球数の検討 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 284 抗 HLA 抗体による新生児同種免疫性血小板減少症の双胎児の 2 例 関西医科大学小児科 しゅり きょう 首里 ね 峰 順子 京子 けんじ 研治 マーク AJ フェローシップ該当題 じゅん 吉本 283 よしもと や 279 小谷野 香川大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 症例における母体及び児血中濃度の検討 ritodrin magnesium 投与下にコントロール不良となった切迫早産管理を目的とした母体 sulindac 投与 興 独立行政法人国立病院機構京都医療センター小児科 河田 278 薬物療法 興 う かわだ オクトレオチド及びピシバニールの有効性 安全性に関する考察 河田 オクトレオチド抵抗性先天性乳び胸の超低出生体重児例の管理 国立病院機構京都医療センター小児科 さねゆき 真之 やすだ 安田 香川大学医学部小児科 未熟児新生児領域における適応外使用医薬品に関する研究 淳 じゅん 國方 リネゾリド LZD の新生児医療機関への実態調査 277 くにかた 香川大学医学部小児科 新生児領域における未承認薬 適応外薬の用量 用法の研究 充 276 つる 275 いりくら 入倉 熊本大学大学院生命科学研究部薬剤情報分析学分野 医師の処方意図と医薬品の適応症に注目して 新生児医療における医薬品の未承認 適応外使用実態調査 昌敏 東京都立小児総合医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 近藤 274 薬物療法 月 27 日 火 第 6 会場 第3日 一般題 発表

27 2012 年 10 月 20 日 285 題取り下げ 286 出生時に DIC を合併していた SGA の超低出生体重児 2 例 都立大塚病院新生児科 287 早期産児 子宮内発育遅延児の臍帯血トロンボモジュリン値の比較検討 長崎大学病院小児科 うげ あつ 高下 敦子 やない あきのり 楊井 章紀

28 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 産科周産期 1 吉田 丈俊 富山大学附属病院周産母子センター 母体へのアンギオテンシン II 受容体拮抗薬投与のため 胎児腎不全および肺低形成を来たした一例 と P2 妊娠中に rituximab を投与された母体から出生した新生児の一例 つちだ 母体へのマグネシウム硫酸塩投与による新生児高マグネシウム血症の薬理学的検討 P4 母体へ投与された硫酸マグネシウム MgSO4 が新生児に与える急性期の影響 P5 新生児薬物離脱症候群の 1 例 当センターでの過去の発症例との比較 検討を踏まえて とも 小西 友美 うちぞの ひろまさ けんもつ たかひろ 広匡 釼持 横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター新生児科 P6 えつし 内薗 国立病院機構三重中央医療センター小児科 き 悦司 にし 国立病院機構三重中央医療センター薬剤科 さ 彩季 土田 旭川医科大学病院周産母子センター P3 だ 戸田 大阪市立大学医学部発達小児医学科 孝博 極低出生体重児における出生前ステロイドと分娩方法の新生児予後への関連性について 周産期母子医 療センターネットワークデータベース約 1 万 7,000 症例の解析 さ さ き よしひと 佐々木 大津赤十字病院新生児科 禎仁 産科周産期 2 P7 P8 P9 金子 政時 宮崎大学医学部生殖発達医学講座産婦人科学分野 妊娠初期より絨毛膜下血腫を認めた症例の臨床経過について 浜松医科大学周産母子センター 大石 羊膜索による臍帯絞扼が一因であると思われた新生児仮死例 当施設における胎盤絨毛血管腫合併例の児の特徴 11 年間 25 例のまとめ いとう 伊藤 間葉性異形成胎盤を伴い 貧血および播種性血管内凝固症候群をきたした新生児の 1 例 病理学的に仮骨形成を確認した頭蓋骨陥没の 1 例 東京都立小児総合医療センター新生児科 P12 分娩様式からた新生児仮死の合併症の違いについての検討 小牧市民病院小児科 章仁 おおいし あきら 彰 か た ご まさや 秋林 多胡 な 加奈子 あきばやし 川市立医療センター新生児集中治療科 P11 あきひと 高橋 埼玉医科大学総合医療センター新生児科 P10 たかはし 倉敷中央病院小児科 雅也 く 久美子 ほんだ しげる 本田 茂 内分泌 P13 高柳 俊光 国立病院機構佐賀病院小児科 当院で出生した一絨毛膜二羊膜性双胎児のカリウム値に関する検討 千葉市立海浜病院新生児科 P14 尿路感染症発症後にカルニチン欠乏から低血糖を来したと推察した small-for-date 児の 1 例 麻生飯塚病院小児科 マーク AJ フェローシップ該当題 おおはし 大橋 うしじま 牛嶋 か く 美香 き 規久美 P 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 1 日 11 月 25 日 日 会場 発表

29 2012 年 10 月 20 日 SGA 性 / 成長ホルモン分泌不全性低身長に対する GH 治療中に下垂体前葉機能不全が顕在化した 1 女児例 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター小児科 P16 尿崩症様病態が潜在する晩期循環不全を呈した超早産児例 京都第一赤十字病院新生児科 P17 極低出生体重児の甲状腺機能低下症に対する甲状腺ホルモン補充療法と長期予後 自治医科大学付属病院小児科 NICU 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P まつばら だいすけ 松原 大輔 たに まき 小谷 またの 俣野 牧 ゆき 美雪

30 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 循環 1 山本 順子 九州厚生年金病院小児科 出生時左室低形成症候群様血行動態を呈した卵円孔早期閉鎖合併の 6q 部分トリソミーの 1 例 兵庫県立塚病院小児科 P19 卵円孔早期閉鎖と僧帽弁狭窄を伴った新生児の経時的血行動態の変化 国立病院機構香川小児病院新生児科 P20 動脈管早期閉鎖が疑われた新生児遷延性肺高血圧症の一例 聖マリアンナ医科大学病院総合周産期母子医療センター新生児科 P21 新生児孤立性動脈瘤の 1 例 公立豊岡病院小児科 P22 主肺動脈塞栓症に対してカテーテル治療を行った超低出生体重児の一例 倉敷中央病院小児科 よお 横尾 のりたか 憲孝 おおた あきら いとう ゆうじゅん 太田 伊東 とくだ 明 祐順 おおし 徳田 央士 はまだ もとはる 濱田 太立 循環 2 P23 松本 直子 北九州市立医療センター小児科 フレカイニドが有効であった胎児期 新生児期発症の上室性頻拍の 3 例 京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学 P24 非伝導性心房性期外収縮の 2 段脈と 2 1 房室ブロックの鑑別が困難であった 1 例 東邦大学医療センター大森病院新生児科 P25 新生児洞不全症候群 SSS の 2 例 日本赤十字社和歌山医療センター小児科 P26 出生時より冠動脈拡張と心筋肥厚を認めた Noonan 症候群の一例 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 P27 新生児期に入院管理を必要とした Ebstein 奇形 5 例の検討 北海道立子ども総合医療 療育センター新生児科 しげはら けいいち さかぐち ようへい ぬかだ たかゆき え び は ら しんすけ しらいし まさひろ 茂原 坂 額田 海老原 白石 慶一 陽平 貴之 慎介 真大 循環 3 P28 中田 裕生 高知医療センター小児診療部小児科 当院における胎児心エコーで診断された心疾患の状況 東京都立小児総合医療センター新生児科 P29 酸素飽和度低下が遷延し診断に苦慮した 1 症例 大阪府済生会吹田病院小児科 P30 ハイリスク新生児循環管理アンケート 2011 の結果報告 藤田保健衛生大学医学部小児科 P31 sildenafil bosentan 内服療法で NO 吸入療法を中止し得た新生児遷延性肺高血圧症の 1 例 兵庫県立塚病院小児科 マーク AJ フェローシップ該当題 おかだ 岡田 あかまつ なお 尚子 まさの 赤松 正野 やた まさふ よお のりたか 宮田 横尾 昌史 憲孝 P 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 1 日 11 月 25 日 日 会場 発表

31 2012 年 10 月 20 日 5 ヵ月間の低酸素換気療法を行い在宅移行を目指した 18trisomy の女児例 奈良県立奈良病院新生児集中治療室 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P ま 美馬 あや 文

32 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 先天異常 1 古賀 寛史 国立病院機構別府医療センター新生児科 当院における骨系統疾患児の長期予後 くさかり 草刈 長野県立ども病院総合周産期母子医療センター新生児科 P34 虐待と骨系統疾患との鑑別が非常に困難であった一例 いまだ 今田 社会医療法人生長会府中病院小児科 P35 male-lethal な type が疑われた点状軟骨異形成症の男児生存例 P36 気管軟化症を合併し 呼吸管理に難渋した Atelosteogenesis type3 の 1 症例 東京都立大塚病院新生児科 P37 非侵襲的陽圧換気療法が有効であった Jarcho-Levin 症候群と思われる 1 例 広島市立広島市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 P38 当院で経験した Nager 症候群の 1 例 名古屋市立西部医療センター小児科 P39 ほりのうち 堀之内 姫路赤十字病院小児科 生後早期に気管切開術を行う事で救命し得た無顎症の一例 千葉大学医学部附属病院小児科 おぎの 荻野 まえの 前野 はやし 林 いわくら 岩倉 ま い り え 麻衣 理恵 とも 智子 ひろ 寛子 せい 誓子 なおふ 直史 ひでお 英雄 先天異常 2 P40 福原 里恵 県立広島病院新生児科 14 番染色体父性片親性ダイソミーの 1 例 愛媛県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児科 P41 14 番染色体父親性ダイソミー upd 14 pat の 1 例 北海道立子ども総合医療 療育センター新生児科 P42 7 番染色体長腕の部分欠失を認めた全前脳胞症の男児例 島根大学医学部小児科新生児集中治療部 P43 軟蓋過長症を呈した 18 番染色体長腕同腕染色体の 1 女児例 君津中央病院新生児科 P44 P45 P46 重度の胎児発育不全と成長障害を呈した Wolf-Hirschhorn 症候群の 2 例 しばた 柴田 日本赤十字社医療センター新生児科 しゅく とた 淑 なおあき 直昭 か 富田 美佳 いちせ えいすけ 牟禮 XYY 症候群に重度先天異常を合併した 3 症例の検討 博晴 石川 社会医療法人愛仁会千船病院小児科 22q11.2 欠失症候群 ファロー四徴症に尿膜管開存を合併した一例 ひろはる いしかわ 一瀬 典型的症状を呈した 10 番染色体短腕端部欠失の 1 例 マーク AJ フェローシップ該当題 井上 公立山城病院小児科 大阪大学大学院医学系研究科内科系臨床医学専攻情報統合医学小児科学 P47 いのうえ む れ なかがわ 中川 あかまつ 赤松 栄佑 たけお 岳男 なつき 夏季 のぶ 信子 P 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 1 日 11 月 25 日 日 会場 発表

33 2012 年 10 月 20 日 第 1 日 11 月 25 日 日 会場 血液 1 第1日会場 第2日会場 第3日会場 発表 P48 白石 美香 産業医科大学 脊髄髄膜瘤に合併した Diamond-Blackfan 貧血が疑われる 1 例 まつばやし P49 ひがしやま 新生児期の赤血球粒度分布と新生児の予後との関係 新生児期における網血小板に関する検討 日本赤十字社医療センター新生児科 胎児母体間輸血症候群を契機に発見された胎盤内絨毛癌 2 例 石井記念愛染園附属愛染橋病院小児科 P53 家族歴のある先天性メトヘモグロビン血症の 1 例 千葉県ども病院新生児未熟児科 P54 いとう 新生児同種免疫性好中球減少症の 1 例 獨協医科大学総合周産期母子医療センター新生児部門 弘幸 か 伊藤 埼玉医科大学総合医療センター新生児科 P52 ひろゆき 東山 富山県立中央病院小児科 P51 優子 急性期離脱後に重篤な microangiopathic anemia を来し 発症時抗サイトメガロウイルス IgM 抗体陽性 であった超低出生体重児の一例 P50 ゆう 松林 大津赤十字病院新生児科 な さくらい ゆう 櫻井 裕子 かわむら あき 川村 さ 加奈子 さ 彬子 き ひろし 佐々木 つぼい 坪井 寛 やよい 弥生 医療システム P55 土田 晋也 東京大学大学院医学系研究科生殖 発達 加齢医学専攻小児医学講座 当 NICU における Late preterm infant の新生児管理の状況について 沖縄県立中部病院新生児科 P56 当科における late preterm 児の現状 都立小児総合医療センター新生児科 P57 当院における母児同室管理中の新生児の急変時シミュレーション 横浜労災病院周産期センター新生児内科 P58 未熟児網膜症重症度と出生体重標準偏差値の関係 P60 じゅん まつい 松井 純 ゆう 美優 なかざわ よう 中沢 陽子 茨城県立ども病院新生児科 新井 あらい じゅんいち 電子カルテ用成長曲線グラフの作成 即時現像機能を搭載したポータブル X 線撮影装置による有用性の検討 いとう 伊藤 順一 ゆうや 裕也 熊本県における NICU からの在宅移行支援に向けた取り組 在宅移行支援アセスメントシートを中心に 熊本大学医学部附属病院重症心身障がい学寄付講座 P62 うねもと 釆元 隆一 名古屋市立西部医療センター眼科 青森県立中央病院新生児科 P61 りゅういち 源川 第2報 新しい在胎期間別出生時体格標準値と従来の基準値を用いての検討 P59 げんかわ 死亡時画像診断 Autopsy imaging Ai 開始による新生児剖検承諾数への影響 亀田メディカルセンター総合周産期母子医療センター さとう 佐藤 さとう 佐藤 あゆ 歩 ひろゆき 弘之 マーク AJ フェローシップ該当題

34 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 腫 瘍 中村 公紀 福岡大学病院小児科 良好な経過を辿った早産児仙尾部奇形腫の 1 例 かわぐち P64 胎児期に指摘された囊胞性成分が主体の仙尾部奇形腫の 1 例 すずき 塞栓術で救命できなかった肝巨大血管腫の 1 例 今後の治療戦略 か きひ 公彦 プロプラノロール インターフェロンα プレドニゾロンの 3 剤併用療法が著効した Kasabach-Merritt ふなもと 藤田保健衛生大学医学部小児科 二度の動脈塞栓術が有効であった Kasabach-Merritt 症候群の新生児例 ゆ Kasabach-Merritt 症候群を呈した巨大血管腫の治療経験 有里 やなべ しゅういち おおた まさあき 秀一 太田 愛媛大学医学部附属病院周産母子センター り 舟本 柳邊 熊本市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 P68 や ばんの 症候群の 1 例 P67 さ 沙耶香 坂野 大阪大学大学院医学系研究科小児科学 P66 忠恭 鈴木 東邦大学医療センター大森病院新生児科 P65 ただやす 川 日本大学医学部附属板橋病院小児科 雅明 先天異常 3 P69 P70 P71 源川 隆一 沖縄県立中部病院新生児科 筋病理所見と遺伝子検査が乖離した 重症型ミオチュブラーミオパチーの 1 例 健史 やまうち としふ 出生時より表皮剝離を認めた接合部型先天性水疱症の一例 出生時より皮膚症状を認めた魚鱗癬の 1 症例 敬 たけし 山内 とた 俊史 ち 富田 脳室内出血を合併した Zellweger 症候群の一例 ずの 先天性涙囊ヘルニアに対して 経鼻内視鏡下に開窓術を施行した 1 例 ひがし 重症溶血性黄疸を合併した Pseudo-TORCH 症候群の極低出生体重児例 ちか 慎子 ゆうや 東 裕哉 ともたき せいいち 友滝 北野病院小児科 よ 知世子 水野 横浜市立なと赤十字病院小児科 P75 が 古賀 医療法人愛仁会千船病院小児科 P74 たかし 埼玉医科大学病院新生児 未熟児科 Poland 症候群の 1 例 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院周産期センター新生児部門 P73 す 那須 愛媛大学医学部附属病院小児科 P72 な JA 北海道厚生連帯広厚生病院小児科 清一 先天異常 4 P76 落合 正行 九州大学病院小児科 Galloway-Mowat 症候群と診断された兄妹例 愛媛県立新居浜病院小児科 マーク AJ フェローシップ該当題 か が た 加賀田 けいろう 敬郎 P 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 2 日 11 月 26 日 月 会場 発表

35 2012 年 10 月 20 日 在胎 30 週で出生した Beare-Stevenson cutis gyrata 症候群の 1 例 P78 さかざき 坂崎 埼玉医科大学総合医療センター新生児科 やました P80 出生前診断で食道閉鎖が疑われた気管無形成の双胎 1 児例 Currarino Triad の一症例 非典型的な外観を呈した総排泄腔外反症の 1 例 ゆ 友佳 きん きよひろ 聖泰 金 ば 外性器異常と鎖肛を主訴とし Antley-Bixler 症候群を伴った POR 欠損症の一例 ば とおる 徹 いわいばら たかゆき 祝原 大阪府立母子保健総合医療センター消化器内分泌科 か 松永 馬場 浜松医科大学周産母子センター P82 文 まつなが 姫路赤十字病院周産期母子医療センター P81 あや 山下 長崎大学病院小児科 P79 さやか 先天性上気道閉塞症候群 Congenital High Airway Obstruction Syndrome CHAOS の 5 例 九州大学病院総合周産期母子医療センター 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P77 賢幸 先天異常 5 P83 芳本 誠司 兵庫県立ども病院新生児科 限局性脂肪肝を認めた 18 トリソミーの 1 例 まるやま P84 P85 P86 長野県立ども病院 NICU における 13 トリソミー症例の臨床経過と予後についての検討 たかすぎ 東京都立墨東病院新生児科 高橋 ずえ 高杉 低出生体重児 21 トリソミー症例についての検討 瑞恵 たかはし とも 知子 PCS/MVA premature chromatid separation/mosaic variegated aneuploidy 症候群の 1 症例 VACTERL 連合の症状を呈した 18 番環状染色体の 1 例 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 P88 憲一 長野県立ども病院新生児科 ながら 診断の確定しない多発奇形の一男児例 愛媛県立新居浜病院小児科 しゅんすけ 長柄 豊橋市民病院小児科 P87 けんいち 丸山 群馬県立小児医療センター新生児科 やました 山下 むらお 村尾 俊佑 しんいちろう 信一郎 き く 紀久子 マーク AJ フェローシップ該当題

36 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 感染免疫 1 大橋 敦 関西医科大学附属枚方病院小児科 H.influenzae による肺炎を反復した極低出生体重児の 1 例 いしづか P90 やました 新生児早期に発症 診断した腎盂腎炎の 2 例 サーベイランスへの MRSA 水平感染評価指数の導入 祐介 ともき 友紀 まえだ 早発型緑膿菌感染症を呈した双胎例 あ さ けんた 健太 林 ESBL 産生大腸菌により敗血症性ショックと髄膜炎を発症した早産児の一例 り 亜梨沙 はやし 公立昭和病院小児科 P95 ゆうすけ 前田 熊本大学大学院生命科学研究部薬剤情報分析学分野 P94 だいもん さとう 新生児 乳児におけるバンコマイシンの母集団薬物動態解析に基づく至適投与設計 え 理絵 佐藤 県立広島病院新生児科 P93 り 山下 大門 苫小牧市立病院小児科 P92 潤 無莢膜型インフルエンザ菌による早発型敗血症で急激な経過で死亡した極低出生体重児の 1 例 宮崎大学医学部附属病院産婦人科 P91 じゅん 石塚 倉敷中央病院小児科 はしもと あや 橋本 香川大学医学部卒後臨床研修センター 絢 感染免疫 2 P96 宮城 雅也 沖縄県立南部医療センター新生児科 ESBL 産生大腸菌垂直感染により早発型敗血症をきたした超低出生体重児の 1 例 石川県立中央病院いしかわ総合母子医療センター新生児科 P97 しらはし 白橋 経母乳 GBS 感染症を繰り返した超低出生体重児にパスツール殺菌で母乳育児を継続できた 1 例 神奈川県立ども医療センター新生児科 P98 P99 当院 NICU における過去 5 年間の早発型 GBS 感染症の検討 おばた ひらた りょう 日本赤十字社医療センター新生児科 久枝 ひさえだ ゆきたけ 茨城県立ども病院新生児科 雪竹 長岡中央綜合病院小児科 鈴木 P101 Mycoplasma hominis による新生児化膿性股関節炎の一例 ほ 菜穂 平田 P100 当院 NICU で経験した遅発型 B 群連鎖球菌 GBS 敗血症のアウトブレイク な 小籏 京都第一赤十字病院新生児科 当院 NICU における B 群溶連菌水平感染の検討 てつじろう 徹志郎 すずき 量子 よしや 義也 よしや 義也 りょう 亮 P102 Clostridium difficile による早発型敗血症 新生児壊死性腸炎 髄膜炎を発症した超低出生体重児の 1 例 むつき 堀 六希 倉敷中央病院小児科 呉 ご しょうじ P103 先天感染によりカンジダ脳室炎を合併した超低出生体重児の 1 例 マーク AJ フェローシップ該当題 ほり 豊橋市民病院小児科 尚治 P 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 2 日 11 月 26 日 月 会場 発表

37 2012 年 10 月 20 日 感染免疫 3 佐藤 敬 JA 北海道厚生連旭川厚生病院小児科 P104 NICU における至適抗真菌剤に関する検討 おかもと あつ 岡本 国立循環器病研究センター周産期 婦人科 P105 双胎間輸血症候群の供血児が経過中に IgG 低値となった 2 例 敦子 といし さとし 戸石 成田赤十字病院新生児科 悟司 P106 右心房内に巨大血栓を生じたものの長期間の抗生物質治療で血栓消失し 救命できた超低出生体重児の 第1日会場 第2日会場 第3日会場 例 P107 NICU への結核新生児入院に伴い行った 院内感染予防策と家族対応ならびに接触者検診 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 P108 胃破裂 敗血症性ショックを合併した超低出生体重児の救命例 ふひで もちづき なるたか 文英 望月 おおき 成隆 の 大木 静岡県立ども病院新生児未熟児科 P109 持続血液濾過透析とエンドトキシン吸着療法を施行した超低出生体重児 570g の一例 名古屋大学医学部附属病院小児科 かとう 加藤 島根県立中央病院母性小児診療部新生児科 まつ 見松 P110 トロンボモジュリンα製剤による極低出生体重児 DIC の治療経験 り 乃理子 はるか ながい めぐ 長井 近畿大学医学部付属病院小児科 P111 抗 SS-A 抗体 抗 SS-B 抗体陽性母体から出生し特異な経過を辿った兄弟例 恵 しもざわ ひろのり 下澤 自治医科大学小児科 弘憲 感染免疫 4 徳永 康行 市立豊中病院小児科 P112 Dandy-Walker 奇形を呈した先天性サイトメガロウイルス感染症の新生児の 1 例 いわたき 広島市立広島市民病院総合周産期母子医療センター新生児科 P113 先天性サイトメガロウイルス感染症中枢神経型の 1 例 和歌山県立医科大学総合周産期医療センター NICU P114 出生後の肝障害を契機にサイトメガロウイルス感染症と診断した男児例 山梨県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児科 岩瀧 しんいちろう たにむら 真一郎 P116 帝王切開で出生後 激烈な経過を辿った全身型新生児ヘルペス感染症の 1 例 淀川キリスト教病院小児科 き 美紀 うの ようすけ 河野 P115 後天性サイトメガロウイルス感染症に対して バルガンシクロビル投与を行った早産児の一例 神戸市立医療センター中央市民病院小児科 谷村 洋介 いまい けん もりた たかし 今井 森田 憲 崇

38 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 神経 1 加藤 有一 安城更生病院総合周産期母子医療センター つ 和歌山県立医科大学総合周産期母子医療センター NICU P118 分娩外傷による急性硬膜外血腫の一例 信州大学医学部小児医学講座 の よしのぶ 津野 嘉伸 しま ようすけ 庸介 P119 無呼吸発作で発見された脳静脈洞血栓症の一例 島 ひ が あ 比嘉 和歌山県立医科大学総合周産期母子医療センター NICU P120 超低出生体重児脳梗塞の 1 例 ばやし 札幌医科大学医学部産科周産期科 P121 当院 NICU で経験した正期産児の頭蓋内出血 13 症例の臨床的検討 P122 退院前の診察を契機に診断された水頭症の一例 まさき 正樹 いいだ じゅんや すぎえ 杉江 東京医科歯科大学医学部附属病院小児科 小林 飯田 北海道立子ども総合医療 療育センター新生児科 す 明日美 純哉 まなぶ 学 神経 2 徳久 琢也 福田病院新生児科 P123 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットに対するラット臍帯血幹細胞投与 なかにし 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所周生期学部 P124 新生児低酸素性虚血性脳症モデルを用いた同種同系マウス臍帯血投与による再生医療の検討 圭子 たなべ ゆきとし 田辺 東京慈恵会医科大学小児科学講座 P125 仮死症例に対する硫酸マグネシウム投与による脳保護効果の検討 く ぼ た 久保田 倉敷中央病院小児科 P126 院外出生児の脳低温療法 搬送手段別の検討 P127 当センターにおける脳低温療法開始後の新生児仮死の評価と臨床的予後 まさち 真通 りゅうぞう にしむら ゆたか 西村 広島市立広島市民病院総合周産期母子医療センター 行敏 ひぐち 樋 和歌山県立医科大学総合周産期母子医療センター けい 中西 隆造 裕 P128 脳低温療法復温開始後にカテコラミン高値による高血圧を認め降圧剤投与を要した重症新生児仮死の一 例 東京都立小児総合医療センター新生児科 おがた 緒方 だいすけ 大輔 フォローアップ 青木 幹弘 国立病院機構長崎医療センター小児科 P129 極低出生体重児の自発運動の特徴 抗重力運動に着目して 札幌医科大学大学院医学研究科発達小児科学 P130 当院 NICU 開設後 10 年間の超低出生体重児の診療実績についての検討 東京慈恵会医科大学小児科 やぎしま さおり 宮城島 沙織 ばやし まさひさ 小林 正久 P117 当科で経験した帽状腱膜下出血 10 例の検討 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 2 日 11 月 26 日 月 会場 発表

39 2012 年 10 月 20 日 たけだ やすお 武田 北九州市立総合療育センター歯科 P132 当院の在宅医療を必要とする NICU 退院児の現状 康男 いわさき し 岩崎 横浜市立大学附属市民総合医療センター総合周産期母子医療センター P133 早産児における退院時頭部 MRI 検査と修正 3 歳時の新版 K 式発達検査の検討 ほ 志穂 なかがわ あつ 中川 加古川市民病院機構加古川西市民病院 温子 P134 当院 NICU 退院児の発達的変化について 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P131 13trisomy 18trisomy の子どもと家族の支援 子どもと障害の受容をテーマに 修正 1 歳半時と 3 歳時の新版 K 式発達検査の結果の比較検討から おおしも とも 大下 名古屋第一赤十字病院小児科 智子 消化器 1 永山 善久 新潟市民病院新生児内科 P135 生後早期にγ-GTP 異常高値を示した胆道閉鎖症の一例 つ だ 藤沢市民病院ども診療センター 津田 兵庫医科大学小児科 三﨑 P136 早期直接ビリルビン上昇で先天性胆道閉鎖症の 2 例 けんのすけ さき 兼之介 P137 過去 15 年間の胆道閉鎖症の検討 ま やはら P138 重症新生児仮死で出生し進行性家族性肝内胆汁うっ滞症 PFIC 2 型が疑われた 1 例 北海道立子ども総合医療 療育センター新生児科 P139 胎児期より発症したと考えられる重症肝不全の 1 例 史子 のぐち さと 野 たが 聡子 か 田上 宮崎県立延岡病院産婦人科 周産期科 P140 胎児診断された先天性門脈体循環短絡症の 1 例 東邦大学医療センター大森病院新生児科 ふ 宮原 鳥取大学医学部周産期 小児医学 い 真生子 よ やまざき 佳世 すすむ 山﨑 晋 泌尿器腎 高畑 靖 福岡市立ども病院新生児科 P141 HFO NO 吸入療法 持続的腹膜透析により救命し得たポッター症候群の一例 すずき とものり すずき とものり 鈴木 川市立医療センター新生児集中治療科 P142 腎無形成のポッター症候群の児に対する持続的腹膜透析療法の経験 川市立医療センター新生児集中治療科 鈴木 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 保科 智典 P143 致死的な経過をたどった囊胞性腎疾患の 2 例 ほしな 智典 P144 低出生体重児の先天性ネフローゼ症候群 2 症例 千葉県ども病院未熟児新生児科 きどろ ひろお 宙生 れいた 城所 励太 P145 代謝性アシドーシスが遷延し 腎の未熟性に伴う尿細管アシドーシスが原因と考えられた極低出生体重 児の一例 静岡済生会総合病院小児科 P146 AQP2 異常による先天性腎性尿崩症の 1 例 自治医科大学さいたま医療センター小児科 ずたに 水谷 いまにし 今西 しんいちろう 真一郎 としゆき 利之 マーク AJ フェローシップ該当題

40 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 呼吸 1 菅野 啓一 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 ながや 旭川医科大学病院周産母子センター 長屋 埼玉医科大学総合医療センター ME サービス部 須賀 P148 用手換気時における人工鼻の加湿効果の検討 P149 ネーザル回路の結露対策は非加熱部取り外し回路で対応可能か す が うらべ けん 建 り か か な 里香 県立広島病院臨床工学科 卜部 可南 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター新生児科 下地 しもじ よしかず たけだ ともひろ P150 SiPAP 導入前後の超早産児人工呼吸離脱に関する検討 P151 軽症胎便吸引症候群の呼吸管理における n-cpap の有効性 日本赤十字社医療センター新生児科 P152 唇裂 蓋裂を合併した超低出生体重児の CPAP による呼吸管理について 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター小児科 P153 CPAP の基礎的検討 気道抵抗と肺内圧の変化 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 竹田 ばやし 良和 知洋 さおり 小林 早織 かんの けいいち 菅野 啓一 呼吸 2 長谷川 久弥 東京女子医科大学東医療センター周産期新生児診療部 新生児科 P154 気管内挿管が原因と考えられた後天性声門下狭窄の一例 産業医科大学病院医学部小児科 P155 MRSA 肺炎後の壊死性気管炎による気管食道瘻から救命し得た超低出生体重児の 1 例 近江八幡市立総合医療センター小児科 P156 チアノーゼ発作を来たした新生児に対して気管支内視鏡にて下咽頭軟化症と診断した 2 例 まるたに 丸谷 まつい 松井 たまき 東邦大学医療センター佐倉病院小児科 玉置 福岡市立ども病院新生児科 久保 P157 新生児早期に発見された喉頭蓋囊胞の 1 女児例 P158 出生直後に呼吸障害を認め挿管困難であった頸部気管支原性囊胞の 2 例 埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科 P159 成分栄養剤の濃度と強く相関する呼吸状態の変化を示した先天性中枢性低換気症候群の一例 総合母子保健センター愛育病院新生児科 く ぼ やなぎ 柳 はやしだ 林田 たかつ 隆光 じゅん 潤 かずとも 一智 えいじ 鋭治 まさと 将人 しんや 慎哉 呼吸 3 中西 秀彦 東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門 P160 超早産児の PPHN に対する NO 吸入療法の効果について 姫路赤十字病院周産期母子医療センター小児科 マーク AJ フェローシップ該当題 むかい 向井 さちよ 祥代 P147 HFV における挿管チューブ内の温度低下に与える因子 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 2 日 11 月 26 日 月 会場 発表

41 2012 年 10 月 20 日 富山大学附属病院周産母子センター ほりかわ しんじろう 堀川 P162 CLD 症例に対して一酸化窒素 NO 吸入療法は有効か 慎二郎 やまぐち ともな 山 東京女子医科大学八千代医療センター新生児科 朋奈 P163 剖検で Alveolar capillary dysplasia with misalignment of pulmonary veins と診断した新生児遷延性肺 高血圧症の 1 例 たかはた やすし 高畑 福岡市立ども病院 感染症センター新生児科 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P161 NO 吸入療法が著効した超低出生体重児の 2 例 P164 当院で経験した先天性右横隔膜ヘルニアの検討 すずき 靖 まな 鈴木 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院周産期センター新生児部門 P165 Reusable プローブを使用した出生時の新生児経皮的 SpO2 モニターの有用性 ながおき 真波 ゆう 長沖 聖路加国際病院小児科 優子 呼吸 4 神田 洋 久留米大学医学部周産母子センター P166 低出生体重児におけるドキサプラムの母集団薬物動態解析およびその有効血清中濃度の検討 熊本大学大学院生命科学研究部薬剤情報分析学分野 P167 在胎 35 週以上で出生し周期性呼吸を呈した児についての検討 おがわ あまり 甘利 国立成育医療研究センター新生児科 P168 Lamellar body を用いた呼吸予後に関する検討 加古川市民病院機構加古川西市民病院小児科 ゆ 小川 き 由貴 しょういちろう はぎわら 昭一郎 萩原 ゆう 優子 P169 新生児慢性肺疾患における肺胞マクロファージの分泌する酸性スフィンゴミエリナーゼ ASM acid sphingomyelinase の関与について 秋田大学医学部小児科 P170 極低出生体重児における慢性肺疾患 CLD の重症度と長期予後との関係 すずき ともお 智夫 ゆ め 自治医科大学小児科学 鈴木 由芽 倉敷中央病院小児科 小寺 でら たかゆき P171 新生児における反復性気胸の臨床的検討 P172 当院における羊水過少を伴う在胎 30 週未満の早産児の管理とその予後について 名古屋第二赤十字病院小児科 いとう 伊藤 ひろおか 廣岡 孝幸 たか 孝子 マーク AJ フェローシップ該当題

42 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 消化器 2 角 至一郎 佐世保市立総合病院小児科 血清 TARC 値と末梢血好酸球数との関連について 公立昭和病院小児科 おばな な 小花 つ 奈都子 P174 母乳強化剤投与を契機に新生児消化管アレルギーと臨床診断した極低出生体重児の 1 例 血清 TARC 値と末梢血好酸球数との関連について おおば 大場 九州厚生年金病院小児科 横田 くにひろ 公立昭和病院小児科 P175 消化管手術後にミルクアレルギーを発症した早産児の 3 例 邦弘 よた P176 高度な胃食道逆流症を合併した胃軸捻転症の一例 たちばな 愛媛県立中央病院新生児科 おがわ ふ ゆういち 小川 亀田メディカルセンター総合周産期母子医療センター え 芙美 橘 P177 当施設における経鼻的持続陽圧換気療法と胃食道逆流症例の検討 ち 千恵 優一 消化器 3 吉田 朝秀 琉球大学医学部附属病院周産母子センター P178 胎便関連性腸閉塞に対しガストログラフィン胃内投与を行った極低出生体重児 10 例の検討 いのうえ まさゆき 井上 金沢大学附属病院小児科 雅之 P179 腹部症状出現前に CRP が上昇し XP で消化管拡張像と便塊を認めた milk curd syndrome の 1 例 た ご 多胡 東京都立小児総合医療センター新生児科 P180 成熟児に発症した限局性腸管穿孔の 1 例 くまさか 熊坂 葛飾赤十字産院新生児科 P181 当院における人工肛門造設術を施行した超低出生体重児の生命予後についての検討 つりさわ 釣澤 日本赤十字社医療センター新生児科 く 久美子 さかえ 栄 ち さ 智沙 消化器 4 和田 紀久 近畿大学医学部附属病院小児科 P182 急性期離脱後に急激な経過で壊死性腸炎を発症し死亡した超低出生体重児の 2 例 いけ 小池 自治医科大学小児科学講座 P183 胎児期腸重積症による先天性小腸狭窄症を合併した極低出生体重児の 1 例 愛媛県立中央病院総合周産期母子医療センター新生児科 とりやま 鳥山 P184 胎児期に発症したと考える腸回転異常を伴わない小腸軸捻転症の 2 例 昭和大学横浜市北部病院どもセンター小児外科 P185 腸回転異常症を伴わない小腸軸捻転症の 1 例 東邦大学医療センター大森病院新生児科 おおはし 大橋 ながさき 長崎 やすのり 泰敬 ひろ ゆうすけ 祐介 すと 澄人 P173 新生児消化管アレルギーを発症した双胎間輸血症候群受血児の 1 例 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 3 日 11 月 27 日 火 会場 発表

43 2012 年 10 月 20 日 川崎市立川崎病院新生児内科 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P186 臨床像 病変範囲に差のある Hirschsprung 病の一卵性双胎 ふるかわ 古川 りつ 律子

44 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 育児 1 中村 和恵 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター新生児科 ゆたか 大阪府立母子保健総合医療センター新生児科 な P188 赤ちゃんにやさしい病院 BFH における分娩時の医療介入と母乳率との関係 よ だ 練馬光が丘病院小児科 依田 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター新生児科 中村 P189 腎移植後で免疫抑制剤を内服中の母親に対する母乳育児支援 のむら 卓 かずえ 和恵 ゆ 野村 国立病院機構弘前病院小児科 え たかし なかむら P190 1 ヶ月目母乳児における 2 チャンネル脳波スペクトラム解析の検討 な 奈々絵 豊 由美子 育児 2 小濱 守安 沖縄県立中部病院小児科 P191 NICU 退院後の母子関係支援について 全国調査の結果から いしかわ ち 石川 トヨタ記念病院小児科 P192 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センターにおける 10 代母の検討 はま もりやす 小濱 沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター え 千絵 守安 P193 社会的ハイリスク妊婦から出生した新生児に対する当院と保健センターの連携について 京都市の児童虐待の未然防止の取り組として はやし 京都第一赤十字病院新生児科 あい 藍 林 P194 障害を抱え虐待を受けた児と母親に対する心理 育児支援の取り組 母親の語り Narrative と母子の関係性発達の視点から あつ か 渥美 聖マリアンナ医科大学病院精神療法ストレスケアセンター P195 ダウン症候群児へのファミリーケアー に し く ぼ としや 西久保 奈良県立医科大学附属病院新生児集中治療部 P196 乳児に対するオートスウィングラックの睡眠導入への有用性と病産院用コットへの試作応用 敏也 いわい だいすけ 岩井 コンビ株式会社プロダクトセンター よ 加代 大典 神経 3 前田 知己 大分大学医学部小児科 P197 出生直後より難治性の新生児発作を認めた 1 例 ばやし P198 当院における晩期循環不全発症後てんかんを合併した症例の臨床的特徴 東海大学医学部付属八王子病院小児科 いけが P199 極低出生体重児の頭部 MRI 拡散強調画像における ADC 値の検討 県立広島病院新生児科 しょう 小林 独立行政法人国立病院機構香川小児病院新生児科 池上 ふじわら 鐘子 ま り 藤原 真理子 しん 信 P187 当院 NICU における母乳育児の現状及び傾向 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 3 日 11 月 27 日 火 会場 発表

45 2012 年 10 月 20 日 群馬県立小児医療センター新生児科 P201 新生児の痛覚反応を客観的に捉えるための精神性発汗の活用とその特徴 川崎医療福祉大学医療福祉学部保健看護学科 第1日会場 第2日会場 第3日会場 P200 超早産児における小脳病変の検討 ふじう 藤生 はんじ 判治 とおる 徹 やすよ 康代

46 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 第3号 血液 2 幸脇 正典 豊橋市民病院小児科 新生児 長崎大学病院小児科 たけだ 武田 のり 敬子 P203 TAM 肝線維症 甲状腺機能低下症 心囊液貯留 ミルクアレルギーを合併した 21 トリソミーの 1 例 田附興風会医学研究所北野病院 P204 重篤な肝障害を合併した一過性骨髄異常増殖症 TAM の一例 東京医科歯科大学医学部附属病院臨床教育研修センター P205 新生児期に発症したヌーナン症候群関連骨髄増殖性疾患の一例 市立豊中病院小児科 しばた 柴田 ながしま 長島 きむら 木村 ひろふ 洋史 あや 彩子 たけし 丈 P206 myeloproliferative disorders in Noonan syndrome MPD/NS を合併し 血小板減少症の管理に苦慮し た Noonan 症候群の 1 例 熊本大学医学部附属病院小児科 P207 新生児期に一過性白血球増多を呈したクラインフェルター症候群の 1 例 KKR 札幌医療センター小児科 P208 先天性白血病が疑われた新生児の一例 東京医科歯科大学医学部附属病院小児科 たなか けんいち いわもと けいすけ おおかわ てっぺい 田仲 岩本 大川 健一 圭祐 哲平 血液 3 奥谷 貴弘 和歌山県立医科大学医学部小児科学教室 P209 血球貪食性リンパ組織球症をきたし救命困難であった超低出生体重児の 1 症例 東京都立大塚病院新生児科 P210 反復性の新生児 VAHS 類似病態がられ 遺伝子検査にて FHL と診断した早産児の 1 例 ますなが けん いその かずとも うら うた たかはし ゆきひろ 増永 兵庫医科大学病院小児科 磯野 富山大学周産母子センター 小浦 奈良県立医科大学附属病院新生児集中治療部 高橋 P211 ビタミン K 不応症と診断した極低出生体重児の一例 P212 ワルファリン療法と PIVKA-II P213 早産児 在胎 30 週未満 における活性型部分トロンボプラスチン時間 APTT の正常域の検討 茨城県立ども病院新生児科 P214 在胎 22 週 2 日 496g で出生し 出生当日に緊張性気胸から心停止した 1 例 社会医療法人財団池友会新水巻病院小児科 P215 一過性に巨大血小板を認め診断に苦慮した同種免疫性血小板減少症の 1 例 済生会兵庫県病院小児科 マーク AJ フェローシップ該当題 かじかわ 健 員倫 詩 幸博 だいご 梶川 大悟 しらかわ よしつぐ 白川 ふじた 藤田 嘉継 かおり 花織 P202 末梢血芽球消失後も肝不全が進行した一過性骨髄異常増殖症合併 Down 症候群の 1 例 第1日会場 第2日会場 第3日会場 第 3 日 11 月 27 日 火 会場 発表

47 2012 年 10 月 20 日 第 3 日 11 月 27 日 火 会場 栄養 黄疸 松下 憲司 高知大学医学部附属病院周産母子センター P216 健常新生児における経皮ビリルビン濃度測定計 JM-103 を用いた経皮ビリルビン値と血清ビリルビン 第1日会場 第2日会場 第3日会場 発表 値の相関についての検討 不要な定期採血を減らすための第一歩として いしだ あつし 石田 岐阜県立多治見病院小児科 P217 いわゆる正常新生児におけるコニカミノルタ黄疸計による黄疸管理の検討 あすい 阿水 独立行政法人国立病院機構京都医療センター小児科 P218 急性期離脱後 溶血性貧血 黄疸を呈し交換輸血を要した双胎の超低出生体重児の 1 例 敦士 まなべ え 眞鍋 国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院 P219 母乳中のカロテノイドに関する検討 だいご P220 新生児の吸啜運動計測の試 ゆ い 有衣子 よしなれ りょう 吉馴 聖マリアンナ医科大学病院総合周産期母子医療センター新生児科 まさき ながまつ P221 生後早期から経静脈的アミノ酸投与を行った極低出生体重児の短期 長期予後 り 政樹 長松 大阪厚生年金病院小児科 さ 恵理子 醍醐 国際医療福祉大学病院赤ちゃんセンター り 利沙 亮子 代 謝 三渕 浩 熊本大学医学部附属病院新生児学寄附講座 P222 ミトコンドリア呼吸鎖異常症 新生児致死型 の 1 例 たてばやし うじ 舘林 国立病院機構長良医療センター小児科 宏治 P223 同胞 2 人に新生児死亡の家族歴があり 標的臓器の剖検で診断に至ったミトコンドリア呼吸鎖異常症の 一例 さ P224 ペルオキシソーム病の 2 例 うちお P225 急性期の集約的治療により救命し得たピルビン酸脱水素酵素 E1α欠損症の 1 例 う 恒 ひろ 寛子 あらい いくよ 新居 奈良県立医科大学附属病院周産期センター 東京都立墨東病院新生児科 き 内尾 田附興風会医学研究所北野病院小児科 P226 タンデムマススクリーニングにて疑われたシトリン欠損症 超低出生体重児の 1 例 さ 佐々木 君津中央病院新生児科 たむら 育世 田村 ま ゆ 麻由子 循環 4 徳田 幸子 京都府公立大学法人京都府立医科大学小児科学教室 P227 超低出生体重児の急性期循環管理における内大脳静脈血流測定の臨床的意義 第2報 青森県立中央病院新生児科 P228 超低出生体重児の急性期循環管理における内大脳静脈血流測定の臨床的意義 としふ 智文 第 3 報 大大脳静脈 直 静脈洞の血流波形との比較検討 青森県立中央病院新生児科 いけだ 池田 いけだ 池田 としふ 智文

48 日本未熟児新生児学会雑誌 第 24 巻 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院周産期センター新生児部門 しゅうすけ まさき ひろし 正木 秀輔 宏 P230 早産児の動脈管開存症 PDA に対する母体マグネシウム Mg 投与の影響に関する検討 あまがた 天方 第1日会場 第2日会場 第3日会場 日本赤十字社医療センター新生児科 P229 当院での超低出生体重児における動脈管開存症の治療予測因子 第3号

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9 NO 2003.11.4 9 101-0061 東京都千代田区三崎町3-5-6 造船会館4F TEL 03-3230-0465 FAX 03-3239-1553 E-mail stu stu.jtuc-rengo.jp 発 行 人 数 村 滋 全国8地連の新体制が始動 中四国地連 中部地連 九州地連 沖縄地連 北海道地連 東北地連 関西地連 関東地連 組織拡大と加盟組合支援を柱に 2 期目がスタート

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

21

21 21 21 21 5 3 1 2 4 21 (n=2) 21 1.40 1.30 1.20 (n=12) (n=4) (n=5) (n=6) 1.10 1.00 0.70 0.80 0.90 1.00 1.10 1.20 1.30 0.90 0.80 0.70 0.60 214223 214223 100 100 2135 75 21 3539 40 100 cm2以上の者 ( ただし内臓脂肪面積の検査値がない場合は

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

64 は認められなかった 術前に施行したIVIgの効 きた 特に 小児例では血漿交換は肉体的侵襲が 果が明らかでなかったため 2月20日より単純血 大きく Blood Accessも難iしいことから1 IVIg 漿交換を施行した 第1回施行直後より 開瞼3 mmまで可能となり 眼球運動も改善 3回目終了 が推奨されてきている11 12 後より水分経口摂取開始 4回目終了後には人工 呼吸器から離脱が可能となり著明な改善効果を認

More information

Test of Legal Proficiency 20627 206. 004 2 0 5 団体受験の実施状況 205年 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 北海道 北海道大学 専修大学 長野 信州大学 広島 広島修道大学 北海道 札幌学院大学 経済大学 静岡 静岡大学 香川 香川大学 北海道 北海学園大学 法律専門学校 愛知 南山大学 愛媛 愛媛大学

More information

研 修 会 の 講 師 大 内 慶 治 おおうち けいじ 73 歳 中 標 津 町 町 内 会 防 災 活 動 事 業 参 加 災 害 時 要 援 護 者 支 援 活 動 など これまでの 経 験 を 地 域 防 災 活 動 に 生 かしたい 山 本 常 好 やまもと つねよし 57 歳 中 標 津

研 修 会 の 講 師 大 内 慶 治 おおうち けいじ 73 歳 中 標 津 町 町 内 会 防 災 活 動 事 業 参 加 災 害 時 要 援 護 者 支 援 活 動 など これまでの 経 験 を 地 域 防 災 活 動 に 生 かしたい 山 本 常 好 やまもと つねよし 57 歳 中 標 津 研 修 会 の 講 師 谷 口 千 佳 子 たにぐち ちかこ 59 歳 根 室 市 防 災 訓 令 研 修 会 の 地 域 防 災 事 業 へ 地 域 における 防 災 訓 練 の 実 施 に 取 り 組 んで いきたい 千 田 元 章 ちだ もとあき 44 歳 根 室 市 防 災 訓 練 研 修 会 などへ 避 難 所 運 営 補 助 防 災 士 として 地 域 防 災 活 動 の 補 助 ができるよ

More information

田辺三菱製薬プレスリリース・テンプレート設定用

田辺三菱製薬プレスリリース・テンプレート設定用 報 道 関 係 各 位 2015 年 2 月 2 日 田 辺 三 菱 製 薬 株 式 会 社 組 織 変 更 および 人 事 異 動 に 関 するお 知 らせ 田 辺 三 菱 製 薬 株 式 会 社 ( 本 社 : 大 阪 市 代 表 社 長 : 三 津 家 正 之 )は 下 記 の 通 り 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知 らせいたします 1. 組 織 変 更 について(2015

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

循環器HP Suppl-3

循環器HP Suppl-3 2015年 京都大学 小児循環器グループ ニュース 1月 あけましておめでとうございます 今年の小児循環器メンバーは以下の通りです 馬場 志郎 助教 豊田 直樹 医員 田口 周馬 医員 平田 拓也 大学院生 吉永 大介 大学院生 本年もよろしくお願いいたします 1月4日 宴会 今月も例月通り年始から小児科病棟Aチーム看護師 小児循環器医 飲み会を鳥料理屋さん で開催しました 小児心臓血管外科 小児外科の先生も参加しました

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー Department of Obstetrics and Gynecology, Tokyo Medical University, Tokyo ( 表 1) Biophysicalprofilescoring(BPS) 項目 呼吸様運動 Fetalbreathingmovements (FBM) 大きい胎動 Grossbodymovements 胎児筋緊張 Fetaltone ノン ストレステスト

More information

1 : 社 会 民 主 党 1 吉 田 ただとも 92 1.896 93.896 2 福 島 みずほ 367 0.000 367.000 3 ますぐち 敏 行 1 0.000 1.000 4 田 山 英 次 5 0.000 5.000 5 かつら 川 悟 2 0.000 2.000 6 伊 藤 よし

1 : 社 会 民 主 党 1 吉 田 ただとも 92 1.896 93.896 2 福 島 みずほ 367 0.000 367.000 3 ますぐち 敏 行 1 0.000 1.000 4 田 山 英 次 5 0.000 5.000 5 かつら 川 悟 2 0.000 2.000 6 伊 藤 よし 参 議 比 例 代 表 確 定 得 票 明 細 開 票 所 : 静 岡 市 駿 河 区 集 計 時 刻 : 04:15 名 簿 届 出 政 党 等 毎 得 票 数 届 出 番 号 名 簿 届 出 政 党 等 名 簿 届 出 政 党 等 名 簿 登 載 者 得 票 数 基 礎 票 数 按 分 票 数 基 礎 票 数 按 分 票 数 1 社 会 民 主 党 1,490 0.000 486 2.062 1,978.062

More information

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA >

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA > 講師略歴 教育講演 平成27年度 第3回卒後教育講座 医療事故調査制度におけるAiの役割 国際医療福祉大学 保健医療学部 放射線 情報科学科 准教授 樋口 清孝 先生 略歴 平成8年 鈴鹿医療科学技術大学 保健衛生学部 卒業 平成8年 国立津病院 現 三重中央医療センター 他 勤務 非常勤 平成10年 鈴鹿医療科学技術大学大学院 医療画像情報学研究科 修了 保健衛生学修士 平成10年 国際医療福祉大学

More information

2014 Junuary 内 外 診療科 科 心臓血管センター ( 新患 ) 呼吸器 ( 再診 ) 血 液 消化器 腎 臓 科 心臓血管外科 循環器 ( 新患 ) 内科 ( 再診 ) 月 熊部 山口 外山 中村 竹田 大地 福嶋 安藤 火 山口 須加原 外山 工藤 黒木 山本 水 外山 松本 中村 新名 木 須加原 山口 外山 大地 山本 福嶋 公文栗原栗原整形外科勝 公文市原森田市原

More information

2015.10 10 11 12 13 14 15 更新スケジュール 特集ラインナップ 2015 年 1 0 1 1 1 2 月 関東ブロック 東京 神奈川 千葉 埼玉 埼玉北 商品の詳細 料金などについてはメディアガイド本編をご覧ください その他ご不明な点に関しては営業担当までお問い合わせください 関西ブロック 大阪 京都 滋賀 奈良 兵庫 和歌山 毎週月 木曜日更新 特集の表示期間は掲載開始から

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

2009年8月17日

2009年8月17日 医師 2,000 人超の調査結果を多数掲載中です https://www.facebook.com/medpeer 2013 年 8 月 1 日 メドピア株式会社 マイコプラズマ感染症診断における迅速診断キットの使用状況 について 半数以上はキットを使用していない 医師約 6 万人が参加する医師専用サイト MedPeer ( メドピア https://medpeer.jp/) を運営するメドピア 株式会社

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

(4) 退 任 代 表 取 締 役 (2015 年 6 月 26 日 付 ) 退 任 常 任 顧 問 いわせ 岩 瀬 ひろのり 広 徳 代 表 取 締 役 副 社 長 副 社 長 執 行 役 員 社 長 補 佐 研 究 開 発 本 部 管 掌 板 紙 事 業 管 掌 退 任 常 任 顧 問 もとむら

(4) 退 任 代 表 取 締 役 (2015 年 6 月 26 日 付 ) 退 任 常 任 顧 問 いわせ 岩 瀬 ひろのり 広 徳 代 表 取 締 役 副 社 長 副 社 長 執 行 役 員 社 長 補 佐 研 究 開 発 本 部 管 掌 板 紙 事 業 管 掌 退 任 常 任 顧 問 もとむら 各 位 2015 年 5 月 15 日 会 社 名 日 本 製 紙 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 馬 城 文 雄 (コート 番 号 3863 東 証 第 1 部 ) 問 い 合 わせ 先 広 報 室 長 吉 野 幸 治 ( 電 話 03-6665-1016) 代 表 取 締 役 お よ び 役 員 等 の 異 動 に 関 す る お 知 ら せ 当 社 は 本 日 代

More information

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査 8. 平成 28 年度公立学校教員採用選考 試験の実施状況調査 平成 28 年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況について 1 概要 本調査は 平成 27 年度に 68 の各都道府県 指定都市 豊能地区 ( 大阪府 ) 教育委員会 ( 以下 県市 という ) において実施された平成 28 年度公立学校教員採用選考試験 ( 以下 平成 28 年度選考 という ) の実施状況について その概要を取りまとめたもので

More information

saisyuu2-1

saisyuu2-1 母斑の例 早期発見対象疾患 専門機関への 紹介ポイント る 1歳頃の始語 ママ マンマ等のことばの出始め を経て 有意味語が増えているか 早い児であれ ば 二語文 パパ カイシャ等 が出てくる 簡単ないいつけ ことばでの指示 に従えるか 平成16年度に 1歳6か月児健診から二次精査を経て三次精査機関に紹介された38例のうち 両 側に中等度以上の難聴は3例 7.9 滲出性中耳炎も3例 7.9 聴力正常22例

More information

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 )

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 ) 食道がん胃がん小腸がん大腸がん GIST 消化管 肝臓 / 胆道 / 膵臓 病院名 : 大阪大学医学部附属病院 期間 : 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日. がんに関する臨床試験 治験の昨年度の実施状況 ( 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日 ) 担当診療科 プロトコール件数 対象疾患名 泌尿器科 9 前立腺癌 腎細胞癌 臨床試験 治験の実施状況および問い合わせ窓口 対象疾患名 の項目は 以下の表の疾患名を用いて記載してください

More information

都道府県の木 北海道 アカエゾマツ 秋田 アキタスギ 青森 ヒバ 山形 サクランボ 岩手 ナンブアカマツ 宮城 ケヤキ 新潟 ユキツバキ 石川 アテ 茨城 ウメ 富山 タテヤマスギ メモ 福島 ケヤキ 栃木 トチノキ 埼玉 ケヤキ 群馬 クロマツ 千葉 マキ 岐阜 イチイ 福井 クロマツ 長野 シラカンバ 東京 イチョウ 広島 ヤマモミジ 岡山 アカマツ 兵庫 クスノキ 大阪 イチョウ 京都 キタヤマスギ

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

PT51_p69_77.indd

PT51_p69_77.indd 臨床講座 特発性血小板減少性紫斑病 ITP の登場によりその危険性は下がりました また これまで 1 ヘリコバクター ピロリの除菌療法 治療の中心はステロイドであり 糖尿病 不眠症 胃炎 ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 は 胃炎や胃 十二指 満月様顔貌と肥満などに悩む患者が多かったのですが 腸潰瘍に深く関わっています ピロリ菌除菌療法により約 受容体作動薬によりステロイドの減量 6 割の患者で 血小板数が

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

兼 三 菱 樹 脂 インフラテック 社 取 締 役 ( 非 常 勤 ) 三 菱 樹 脂 社 取 締 役 常 務 執 行 役 員 { 所 管 環 境 生 活 資 材 関 連 分 野 } 黒 山 薫 (くろやま かおる) 兼 三 菱 樹 脂 インフラテック 社 取 締 役 ( 非 常 勤 ) 三 菱 樹

兼 三 菱 樹 脂 インフラテック 社 取 締 役 ( 非 常 勤 ) 三 菱 樹 脂 社 取 締 役 常 務 執 行 役 員 { 所 管 環 境 生 活 資 材 関 連 分 野 } 黒 山 薫 (くろやま かおる) 兼 三 菱 樹 脂 インフラテック 社 取 締 役 ( 非 常 勤 ) 三 菱 樹 人 事 異 動 に 係 る 件 ご 連 絡 2012 年 12 月 4 日 株 式 会 社 三 菱 樹 脂 販 売 三 菱 樹 脂 インフラテック 株 式 会 社 の 発 足 に 伴 い 下 記 のとおり 2013 年 1 月 1 日 付 にて 人 事 異 動 を 行 いますのでご 連 絡 申 し 上 げます 1. 役 員 関 係 人 事 発 令 日 :2013 年 1 月 1 日 新 職 旧 職

More information

1508目次.indd

1508目次.indd 成人の溶連菌感染の診断 國島広之 成人の溶連菌感染の診断についてご教示ください 日常診療において 成人で咽頭痛 扁桃に膿栓 高熱を認める場合があります 1. 成人における溶連菌感染の頻度 2. 感染の迅速診断キットの有用性 3. 成人においても治療はペニシリンの10 日間服用が基本処方でしょうか 4. センタースコアは 成人にも適応できますか 國島 5 15% 10% 5 15% 國島 59

More information

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票)

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票) < 様式 1> 個人情報ファイル簿 診療諸記録 医療情報部 情報管理室 医療サービスの提供 医療保険事務 医療事故等の報告 症例研究のために利用する 1 氏名 2 性別 3 病歴 4 診療経過 5 身体状況 国立循環病研究センターで受診した患者様 ( 昭和 52 年度以降 ) 患者様から提出された保険証 患者様の診療 < 様式 1> 個人情報ファイル簿 照射録 放射線部 医療サービスの提供 エックス線照射の記録

More information

次 長 級 ( 新 任 本 庁 次 長 等 ) 総 務 部 次 長 こばやし 小 林 お ば ら [ 新 設 ] 子 ども 女 性 局 副 局 長 小 原 商 工 労 働 部 次 長 もりしま 森 嶋 [ 新 設 ] 観 光 国 際 局 副 局 長 服 部 農 政 部 次 長 土 木 技 監 県 土

次 長 級 ( 新 任 本 庁 次 長 等 ) 総 務 部 次 長 こばやし 小 林 お ば ら [ 新 設 ] 子 ども 女 性 局 副 局 長 小 原 商 工 労 働 部 次 長 もりしま 森 嶋 [ 新 設 ] 観 光 国 際 局 副 局 長 服 部 農 政 部 次 長 土 木 技 監 県 土 平 成 27 年 3 月 23 日 県 政 記 者 クラブ 配 付 資 料 担 当 課 担 当 者 名 内 線 番 号 人 事 課 総 括 管 理 監 渡 辺 2171 平 成 27 年 度 人 事 異 動 概 要 平 成 27 年 3 月 23 日 総 務 部 人 事 課 1 異 動 規 模 1,934 人 ( 全 職 員 41.7%)( 前 年 度 2,015 人 43.5%) うち 部 長 級

More information

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例 ピボキシル基を有する抗菌薬の 使用上の注意 の改訂について 成分名該当商品名効能 効果改訂の概要 成分名該当商品名 ( 承認取得者 ) 1セフカペンピボキシ 1フロモックス小児用細粒 100mg 同錠ル塩酸塩水和物 75mg 同錠 100mg( 塩野義製薬株式 2セフジトレンピボキ会社 ) 他シル 2メイアクト MS 小児用細粒 10% 同 3セフテラムピボキシ MS 錠 100mg(Meiji Seika

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

水光No49 最終.indd

水光No49 最終.indd 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1 : 00~ 5 : 15 診療時間午前

More information

手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです 実施が認められるのは 1 妊娠の継続又は分娩が 身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害する恐れがあるもの 2 暴行もしくは脅迫によって妊娠の場合母体保護法により母体保護法指定医だけが施行できます 妊娠 22 週 0

手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです 実施が認められるのは 1 妊娠の継続又は分娩が 身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害する恐れがあるもの 2 暴行もしくは脅迫によって妊娠の場合母体保護法により母体保護法指定医だけが施行できます 妊娠 22 週 0 性犯罪被害に遭ったときや避妊に失敗した時などに 内服薬で緊急的に避妊する方法です ポイント 性交から内服まで 72 時間 (3 日間 ) を超えないようにしましょう 受診時のポイント 受診する場合は 事前に産婦人科に連絡しましょう 健康保険は適応されません( 犯罪被害の場合 警察に届けることで公費負担の制度を利用することができます ) 16 手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです

More information

臨床No208-cs4作成_.indd

臨床No208-cs4作成_.indd 55 56 57 58 59 臨床核医学 問題14 甲状腺癌の131I 治療において誤ってい るのはどれか 1つ選べ a 1回の投与量は3,700 7,400 MBq が一般的 である b 前処置として甲状腺ホルモン薬 FT3 の投 与は4週間以上前より中止し FT4は2週 間前までに中止する c 放射性ヨード投与時には 血清 TSH 値が30 μiu/ml 以上であることが望ましい d 131 I

More information

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾 2 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾向が強い 多剤耐性緑膿菌は5類感染症定点把握疾患 赤痢菌属 グラム陰性通性嫌気性桿菌 腸内細菌科

More information

讐讐禦汀を活用した療養支援法の開発と利旧H 8 30 9 06 座長 峯石裕之 松江医療センタ 1 筋ジストロフイ 病棟患者におけるソ シャルネットワ キングサ ビス SNS 2 各施設の筋ジストロフィー患者のインターネット IT利用の活用に関する具体 小関 敦 がもたらす効用に関する研究 奥野信也 的事例調査 多施設協働研究 3 ipadを使用した行事活動について 第2報 4 高齢 重症化する患者へのPC支援内容の検討

More information

2003年5月2日

2003年5月2日 セキュリティポリシー自動登録ツール実行手順書 2010 年 4 月 16 日 本ツールは 2010 年 4 月 15 日時点で判明している 電子入札コアシステム採用発注機関が指定するセキュリティポリシー ( 環境設定ツールで設定する URL とも呼ばれます ) を 自動的に java.policy ファイルへ登録するものです 新たにセキュリティポリシーを設定する際に 1 つずつ実施する必要がないため

More information

Microsoft Word - todaypdf doc

Microsoft Word - todaypdf doc 2014 年 4 月 9 日放送 急性急性胆管胆管炎 胆嚢炎胆嚢炎診療診療ガイドライン 2013 の活用法活用法 帝京大学外科准教授三浦文彦はじめに 2013 年 1 月に改訂 出版された急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドライン (Tokyo Guidelines 2013 以下 TG13) について お話しさせていただきます 急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドラインは 2005 年 9 月に日本語版第 1 版が

More information

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

最終.indd

最終.indd 部署紹介リハビリテーション部 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1

More information

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め 1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP 125 6 7 alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O 7 137 DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認められない PAIgG 177 3ng 107 cell meq 1 砂糖水試験 一 Fe 236 μg

More information

一般内科

一般内科 産婦人科カリキュラム (2 ヶ月水準 ) 1. 研修内容 : (1) 産婦人科は産科と婦人科では診療内容がかなり異なる 産科研修では正常及び異常の妊娠 分娩経過を理解することを目標とし 婦人科研修では婦人科良性 悪性腫瘍 感染症について基本的な病態把握を目標とする また 産婦人科救急疾患の診断 治療の基本を研修する 研修期間は 1~2 ヶ月とする (2) 診療 ( 産科 ) 妊婦 (low risk

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

Ⅰ. 組 織 変 更 (2016 年 4 月 1 日 付 ) (1) 高 機 能 フィルム 分 野 の フィルム 事 業 部 包 装 容 器 事 業 部 電 子 産 業 フィルム 事 業 部 を 食 品 包 装 事 業 部 産 業 メディカルフィルム 事 業 部 ディスプレイ フィルム 事 業 部

Ⅰ. 組 織 変 更 (2016 年 4 月 1 日 付 ) (1) 高 機 能 フィルム 分 野 の フィルム 事 業 部 包 装 容 器 事 業 部 電 子 産 業 フィルム 事 業 部 を 食 品 包 装 事 業 部 産 業 メディカルフィルム 事 業 部 ディスプレイ フィルム 事 業 部 2016 年 2 月 25 日 組 織 変 更 および 人 事 異 動 等 について 三 菱 樹 脂 株 式 会 社 Ⅰ. 組 織 変 更 Ⅱ. 役 員 関 係 人 事 Ⅲ. 人 事 異 動 Ⅳ. 各 執 行 役 員 等 の 分 担 Ⅴ. グループ 会 社 社 長 人 事 本 件 に 関 するお 問 合 せ 先 : ( 株 ) 三 菱 ケミカルホールディングス 広 報 IR 室 ( 電 話 : 03-6748-7140)

More information

中学校保健体育第 3 学年 補助資料 3 23 平成 24 年度から新学習指導要領の内容を完全実施することになっています 新学習指導要領で新しく追加になった内容を新教科書より抜粋してまとめました 追加内容 体育編 3 章文化としてのスポーツの意義 保健編 4 章 1 保健 医療機関や医薬品の有効利用 保健編 4 章 16 個人の健康を守る社会の取り組み ( 一部, 新内容 ) 3243 1 2 1

More information

K Server 14010571 新潟県厚生農業協同組合 本文 14h 厚生連医誌 第 3巻 石川 07 07 2014.02.18 13.40.1 1号 7 7 0 1 4 症例報告 肺静脈瘤の診断と肺分画症における異常動脈の同定に 3 0列 CT によるダイナミック4DCT が有用だった症例 長岡中央綜合病院 放射線科 診療放射線技師 いし かわ 石川 背景 3 0列の面検出器を持つ Area

More information

fi†‘é¸×ÌÞ218“ƒ

fi†‘é¸×ÌÞ218“ƒ 第218号 群馬大学医学部刀城クラブ会報 平成22年9月15日 編 集 発 行 群馬大学医学部同窓会 発行責任者 森川 昭廣 編集責任者 福田 利夫 371-8511 前橋市昭和町三丁目39ー22 電話027-220-7861(ダイヤルイン FAX(電話兼用)027-235-1470 刀城クラブホームページ http://tojowww.dept.med.gunma - u.ac.jp/ 同窓会事務局メールアドレス

More information

2005年 vol.17-2/1     目次・広告

2005年 vol.17-2/1     目次・広告 2 0 0 5年1 2月2 5日 総 7 丸井 外来における心不全診療とそのピットフォール 説 外来における心不全診療とそのピットフォール 丸 井 伸 行 はじめに るいは左心あるいは右心不全を判別する事が心不 外来における心不全診療は急性期の初期診療と 全の病状の理解に役立つ 実際の臨床の現場では 慢性期心不全管理の二面から理解する必要があ 症状を時系列にとらえ 身体所見を系統的にとら る 循環器

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

(4) 時 間 別 候 補 者 別 数 及 び 当 落 に 関 する 調 静 岡 県 選 出 届 出 番 号 候 補 者 氏 名 速 報 時 刻 22:30 23:00 23:30 0:00 0:30 葵 区 確 定 0:17 駿 河 区 確 定 0:05 0:35( 確 定 ) 合 計 静 岡 県

(4) 時 間 別 候 補 者 別 数 及 び 当 落 に 関 する 調 静 岡 県 選 出 届 出 番 号 候 補 者 氏 名 速 報 時 刻 22:30 23:00 23:30 0:00 0:30 葵 区 確 定 0:17 駿 河 区 確 定 0:05 0:35( 確 定 ) 合 計 静 岡 県 3 開 票 について (1) 開 票 会 場 に 関 する 調 開 票 区 開 票 会 場 の 名 称 所 在 地 静 岡 県 選 出 比 例 代 表 選 出 葵 区 静 岡 産 業 支 援 センター(ツインメッセ 静 岡 ) 静 岡 市 駿 河 区 曲 金 三 丁 目 1 番 10 号 駿 河 区 南 館 大 展 示 場 清 水 区 静 岡 市 清 水 総 合 運 動 場 体 育 館 静 岡 市

More information

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常 生殖補助医療に関する同意書 体外受精 顕微授精 受精卵の凍結保存 融解移植に際しては 下記の同意書 が必要です ご夫婦で署名捺印した上で提出してください 体外受精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 顕微授精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 受精卵凍結保存に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 凍結受精卵融解胚移植に関する同意書 ( その都度必要 ) 同意書は 保管用 と 提出用 の 2 部からなります

More information

富士

富士 6 上気道閉塞性疾患 ⑯ 咽頭気道閉塞症候群 2 ー発症傾向ー 図4 舌 根 の 口 咽 頭 へ の 後 退 の 判 定 上 は 正 常 舌根が口咽頭腔を埋 め さらに軟口蓋を 挙上させている状態 を 舌 根 の 後 退 あり とする A なし 舌根の後退なし B あり 喉頭降下がある場合 d2>d1x1. 舌根の後退あり 図 気管支軟化症の画 像所見 胸部X線側面像 にて気管分岐部以降の主 気管支が呼気時に虚脱す

More information

広報誌みなと No.37

広報誌みなと No.37 TAKE FREE 新潟臨港病院広報誌 新 ご自由にお持ちください No. 37 Spring 2014.4 Niigata Rinko Hospital 信濃川やすらぎ堤の桜と萬代橋 新潟市中央区 撮影 霜鳥 孝 顧問 Contents お 知らせ 新 年 度 新 入 職 員自己 紹 介 消費税率改定に伴う各種料金変更について 4月1日より医療保険が適用とならない各種料金につきまして ドクターズメモ

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

BMP7MS08_693.pdf

BMP7MS08_693.pdf 106 第IX章 写真 1 胆囊捻転症症例 1 重症胆囊炎) ab cd a. 術中写真 1 b. 術中写真 2 c. 腹部超音波検査 d. 浮遊胆囊 Gross の分類 写真 2 胆囊捻転症症例 2 重症胆囊炎) ab c a. CT 胆囊壁の肥厚と造影不良(A) 胆囊周囲液体貯留(B) b. MRI T 2強 調 像 に お け る pericholecystic high signal 矢 印

More information

95_財団ニュース.indd

95_財団ニュース.indd NO. 95 平成 21 年 7 月 1 日発行 No.95 日本リウマチ財団ニュース 表 1 ACR-EULAR 関節リウマチ診断基準 分類基準 試案 eular 2009, 岡田正人 訳 上を診断とするかはこれから決 score 0 22 34 定され また この項目と点数 0 6 印象も受けるが 時代とともに PIP,MCP,MTP, 手関節 4箇所以上非対称性 4箇所以上対称性 10

More information

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63>

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63> 2 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究 研究者 ( 代表者 ) 清水聡小川赤十字病院内科部長 宮崎大学医学部社会医学講座公衆衛生学分野大学院生 -85- 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究小川赤十字病院清水聡 要旨 中小事業所では 交代制勤務者 ( シフトワーカー ) が数多く それらは 睡眠障害のみならず 高血圧症等心血管系の問題を抱えていることが多い

More information

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510)

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510) 参 考 1-4 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 の 属 性 把 握 都 市 計 画 税 については 都 市 計 画 年 報 ( 平 成 20 年 )によると 全 1429 市 区 町 村 ( 東 京 都 23 区 については 区 別 にカウント)に 対 して 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 数 が 687 市 区 町 村 都 市 計 画 税 非 徴 収 市 区 町 村 が 742

More information

消化器病市民向け

消化器病市民向け Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 肝硬変とは 2 肝硬変の合併症 たんらくろ 流れにくくなった門脈血は 体のあちらこちらにできた短絡路 シャント を通っ て肝臓を通らずに上大静脈や下大静脈に流れ込みます

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

< F31312D81798A6D92E894C5817A95F18D908F915B315D2E6A7464>

< F31312D81798A6D92E894C5817A95F18D908F915B315D2E6A7464> 報告書 県立大野病院医療事故について 県立大野病院医療事故調査委員会平成 17 年 3 月 22 日 目 次 第 1 県立大野病院医療事故調査委員会 P1 1 目的 2 構成員 第 2 事故の概要 P1 1 患者及び疾患名 2 スタッフ 3 診療経過 第 3 調査項目と検討内容 P2 1 術前診断 2 手術中 第 4 調査結果 P3 1 事故原因 2 事故の要因 3 総合判断 第 5 今後の対策 P4

More information

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor α μ μ μ μ 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE

More information

KangoGakkai.indb

KangoGakkai.indb 75 検討課題 ( 平成 22 年 12 月 20 日第 9 回チーム医療推進のための看護業務検討 WG 資料 ) 現行の看護基礎教育で対応可能であり看護師の更なる活用が望まれる業務 行為 医療現場等で一定のトレーニングを積み重ねた看護師が実施すべき業務 行為 特定看護師 ( 仮称 ) の要件 ( 案 ) 大学院修士課程等において一定の系統的な教育 研修を受けた看護師が実施すべき業務 行為 他職種による実施が適当な業務

More information

H1.eps

H1.eps 2009 33 新しい 腹膜透析室が透析室内に出来ました 腹膜透析 CAPD とは おなかの中に腹膜透析液を入れて 腹膜を利用して老廃物や余分な水分を取り除く治療です 新しいバッグと交換 腹膜透析のしくみ 腹膜 バッグに排液する 排液完了 新しい透析液を注液する 注液完了 腹膜透析を始める前には 透析液を出し入れするために腹部にカテーテル 柔らかいチューブ を挿入する必要 があります 基本的に透析液の交換は1日に4回必要です

More information

<3030303031302D30305F8D8190EC8CA78E789594332E3131938C93FA967B91E5906B8DD082CC8B7E8CEC8B4C985E6A706E2E706466>

<3030303031302D30305F8D8190EC8CA78E789594332E3131938C93FA967B91E5906B8DD082CC8B7E8CEC8B4C985E6A706E2E706466> 187社 平成 24 年 3 月31日現在 2 横浜青葉 東名川崎 東京 海老名南 泰野中井 大 井 松田 厚木南 横 浜 町田 海老名 JCT JCT 2016年度 開通予定 沼津 富士 清水 静岡 清水いはら 清水 長泉沼津 清水PA 御殿場 裾野 御殿場 JCT JCT JCT 御殿場 新富士 新清水 新静岡 藤枝PA 藤枝岡部 島田金 谷 森掛川 2018年度 開通予定 焼津 掛川PA

More information

消化性潰瘍(扉ページ)

消化性潰瘍(扉ページ) 患者さんと家族のための 消化性潰瘍 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 消化性潰瘍の理解のために 2 消化性潰瘍の原因は 日本での消化性潰瘍の原因は

More information

建築確認申請 OCR 票記入の手引き 平成 25 年 6 月 名古屋市住宅都市局 除却工事を伴う場合 一部借地 ( 借地証明添付 ) の場合 全借地の場合 工場調書が添付されている場合 不適合物件の場合 その他念書 誓約書 請書を添付した場合には それぞれ該当する欄に棒サインをしてください 建築基準法上の許可物件 認定物件 建築協定区域内物件 駐車場調書提出物件 中高層建築物紛争予防条例の共同住宅型集合建築物に該当する物件

More information

川口工業総合病院 広報誌

川口工業総合病院 広報誌 RICE RICE B1 A DHA EPA 川口工業総合病院 休診日{日曜日 祝祭日 第3土曜日} 電話番号 048-252-4873 FAX番号 048-262-4865 受付時間 午前8時30分 午前11時 皮膚科の午後の受付は(月 木4時 水 金3時まで) 救急受付 時間外 夜間 休日の急患は電話にてお問い合わせください 外来診療案内 内科 循環器 消化器 神経 呼吸器 血液 糖尿 整形外科

More information

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール 日本小児科学会推奨の予防接種スケジュールの主な変更点 2012 年 4 月 20 日 1) ヒブワクチン ヒブワクチンの追加接種 (4) に関して 添付文書上は 3 からおおむね 1 年あけるとありますが 追加接種による効果は 早期に得られるべきであると 考えます したがって 4 は 12 から接種することで適切な免疫が早期にえられる という 1 文を加えました 2) ワクチン 5 価ワクチンのスケジュールを加えました

More information

お問い合わせ先 S 2014.04 北海道 東北 旭川 340 盛岡 339 山形 378 0166-23-0311 019-625-2525 023-623-1311 札幌 366 仙台 359 福島 377 011-214-7111 022-264-9111 024-522-7111 青森 390 秋田 383 関東 東京以外 水戸 375 高崎 381 所沢 263 津田沼 259 本八幡 276

More information

蚊を介した感染経路以外にも 性交渉によって男性から女性 男性から男性に感染したと思われる症例も報告されていますが 症例の大半は蚊の刺咬による感染例であり 性交渉による感染例は全体のうちの一部であると考えられています しかし 回復から 2 ヵ月経過した患者の精液からもジカウイルスが検出されたという報告

蚊を介した感染経路以外にも 性交渉によって男性から女性 男性から男性に感染したと思われる症例も報告されていますが 症例の大半は蚊の刺咬による感染例であり 性交渉による感染例は全体のうちの一部であると考えられています しかし 回復から 2 ヵ月経過した患者の精液からもジカウイルスが検出されたという報告 2016 年 8 月 3 日放送 ジカウイルス感染症 国立国際医療研究センター国際感染症センター忽那賢志ジカ熱とはジカ熱とは フラビウイルス科フラビウイルス属のジカウイルスによって起こる蚊媒介感染症です ジカウイルス感染症 ジカ熱 ジカウイルス病など さまざまな呼び方があります ジカ熱を媒介する蚊は 主にネッタイシマカとヒトスジシマカです ジカ熱は近年 急速に流行地域を拡大しており 2013 年のフランス領ポリネシア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203130343236308EED95CA8EF38FCD906C88F593E096F38169964A8FCD816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203130343236308EED95CA8EF38FCD906C88F593E096F38169964A8FCD816A2E646F63> 平 成 26 年 春 の 褒 章 褒 章 受 章 者 簿 総 務 省 種 別 受 章 人 員 内 訳 1 受 章 者 数 ( 人 ) 黄 綬 褒 章 13( 2) 綬 褒 章 96(57) 計 109(59) ( ) 内 は 女 性 の 数 で 内 数 2 功 績 別 受 章 者 数 ( 人 ) 種 別 黄 綬 褒 章 綬 褒 章 計 行 政 相 談 功 績 0 5( 5) 5( 5) 統 計 調

More information

Microsoft Word - ① 表紙、p1-7 旧総務.doc

Microsoft Word - ① 表紙、p1-7 旧総務.doc 平 成 28 年 春 の 褒 章 褒 章 受 章 者 名 簿 総 務 省 種 別 受 章 人 員 内 訳 1 受 章 者 数 ( 人 ) 黄 綬 褒 章 16( 2) 綬 褒 章 89(55) 計 105(57) ( ) 内 は 性 の 数 を 示 し 内 数 である 2 功 績 別 受 章 者 数 ( 人 ) 種 別 黄 綬 褒 章 綬 褒 章 計 行 政 相 談 功 績 0 9( 4) 9( 4)

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

Contents 2

Contents 2 2014. September 57 YouTube にて北海道メディカルラリー 北斗魂が配信されています http://www.youtube.com/watch?v=vgjdzp7zx2i 2002.3 佐賀大学医学部医学科卒業 2002.4 佐賀大学医学部附属病院勤務 2003.6 九州厚生年金病院小児科勤務 2004.6 福岡市立こども病院感染症センター勤務 2005.6 麻生飯塚小病院児科勤務

More information

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人 造影剤使用に関するアンケート調査 集計報告 2015.7.21 日本医学放射線学会造影剤安全性委員会 ヨードおよびガドリニウム造影剤の安全使用に関して 国内における使用実態を調査するために 2015 年 2 月に 全国の総合修練施設 191 施設 修練施設 521 施設 特殊修練施設 13 施設 計 724 施設にアンケート回答を要請いたしました 計 329 施設から回答を得ましたので ( 回答率

More information

<96BC8CC389AE91E589EF48323293FC97CD30322E786C73>

<96BC8CC389AE91E589EF48323293FC97CD30322E786C73> 第 28 回 一 輪 車 競 技 名 古 屋 大 会 1/5 (1) 片 足 レース 16インチ 男 全 員 1 1318 桃 井 和 真 男 小 3 16 八 田 荘 小 学 校 一 輪 車 クラブ 0:12.05 もものい かずま 2 1248 深 澤 涼 介 男 小 2 16 静 岡 市 西 奈 児 童 館 一 輪 車 クラブ 0:13.14 ふかざわ りょうすけ 3 1345 山 本 恒 佑

More information

日本内科学会雑誌第103巻第8号

日本内科学会雑誌第103巻第8号 β 高齢化社会で注意しておきたい神経内科のcommon diseases トピックス 図 3. RBDスクリーニング問診票日本語版 14 5 点以上でレム睡眠行動異常症 RBD 疑い 脳血管障害のリスクと関連している 中等症以 PSG 検査が必須にて確定診断のうえ AHI 上のOSASは脳血管障害の独立した危険因子とな 20 以上では 経鼻的持続陽圧呼吸 nasal continu- 17 る可能性があり

More information

Microsoft Word - 4 高等学校インターンシップ実施状況の動向整理

Microsoft Word - 4 高等学校インターンシップ実施状況の動向整理 4. 高等学校インターンシップ実施状況の動向整理 4-1 インターンシップ実施率の推移 表 5 は, 各都道府県 政令市のインターンシップ実施率 ( 平成 16 年度 平成 22 年度 ) を表したものである 平成 16 年度におけるインターンシップの全国の平均実施率は 59.7%(60 都道府県 政令市 ) にとどまっていたが, 平成 22 年度における平均実施率は 79.6%(64 都道府県 政令市

More information

-2-

-2- -2- -3- 会場へのアクセス -4- -5- 11 月 21 日 ( 水 ) 9:25 9:30 細胞を創る 研究会 5.0 開会挨拶木賀大介 ( 東京工業大学 ) 9:30 10:30 基調講演 Chair: 木賀大介 ( 東工大 ) 大島泰郎先生 ( 共和化工 環境微生物学研究所 東京工業大学名誉教授 ) 生命の起源と Magic20 10:30 11:30 ポスター発表 ( 奇数番号 )

More information

シトリン欠損症説明簡単患者用

シトリン欠損症説明簡単患者用 シトリン欠損症の治療 患者さんへの解説 2016-3-11 病因 人は 健康を維持するために食物をとり 特に炭水化物 米 パンなど 蛋白質 肉 魚 豆など 脂肪 動物脂肪 植物油など は重要な栄養素です 栄養は 身体の形 成に また身体機能を維持するエネルギーとして利用されます 図1に 食物からのエ ネルギー産生経路を示していますが いずれも最終的にはクエン酸回路を介してエネル ギー ATP を産生します

More information

一 般 演 題 プログラム 急 性 腎 不 全 1 10 月 30 日 ( 木 ) 11:45 ~ 12:21 第 1 会 場 座 長 : 幡 谷 浩 史 ( 東 京 都 立 小 児 総 合 医 療 センター 腎 臓 内 科 ) 宗 村 千 潮 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 附 属 病 院 腎 臓

一 般 演 題 プログラム 急 性 腎 不 全 1 10 月 30 日 ( 木 ) 11:45 ~ 12:21 第 1 会 場 座 長 : 幡 谷 浩 史 ( 東 京 都 立 小 児 総 合 医 療 センター 腎 臓 内 科 ) 宗 村 千 潮 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 附 属 病 院 腎 臓 第 1 日 目 一 般 演 題 プログラム 10 月 30 日 ( 木 ) 第 1 会 場 一 般 演 題 プログラム 急 性 腎 不 全 1 10 月 30 日 ( 木 ) 11:45 ~ 12:21 第 1 会 場 座 長 : 幡 谷 浩 史 ( 東 京 都 立 小 児 総 合 医 療 センター 腎 臓 内 科 ) 宗 村 千 潮 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 附 属 病 院 腎 臓 内 科

More information

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法 頭頸部放射線療法 放射線化学療法の患者への歯科治療 口腔ケア (1) 総論 1) 頭頸部の放射線 化学放射線療法の特徴 2) 頭頸部がん放射線療法による口腔への影響 3) 頭頸部放射線療法における歯科の役割 (2) 放射線治療による口腔合併症 ( 有害事象 ) と対処 1) 局所療法と急性 晩期障害 2) 口腔粘膜炎 3) 口腔乾燥症 4) 歯性感染症 カンジダ性口内炎 5) 味覚異常 6) 放射線性骨髄炎

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

仙台市立病院医誌 20 75 79 2000 索引用語 川崎病 血球貧食症候群 シクロスポリンA 川崎病の経過中に血球貧食症候群を併発した2例 崎 大 沼 本 俊 村 平 小 子 西 哉 田島井川 柿 正 中 竹 周祥克 雅 大 山 高 三 正 己栄敏勝 小 島沼条柳 木 祐 二 加奈子 亜 紀 洋 入院時現症 体温39 5 発疹 手足の硬性浮 はじめに 腫 口唇発赤および眼球結膜充血 頚部リンパ節

More information

自治体名財政力指数自治体名財政力指数自治体名財政力指数奈良市 0.78 大宰府市 0.65 天理市 0.72 京都市 0.69 松島町 0.48 高野町

自治体名財政力指数自治体名財政力指数自治体名財政力指数奈良市 0.78 大宰府市 0.65 天理市 0.72 京都市 0.69 松島町 0.48 高野町 21 自治体名財政力指数自治体名財政力指数自治体名財政力指数奈良市 0.78 大宰府市 0.65 天理市 0.72 京都市 0.69 松島町 0.48 高野町 0.22 22 23 24 特 A 級 A 級京建造物桂離宮 修学院離宮 京都御所都庭園 公園修学院離宮庭園 桂離宮庭園京都御所内庭園 苔寺庭園等 20 庭園 25 26 1961 1962 1963 計器飛行 有視界飛行 計 計器飛行 有視界飛行

More information

義 肢 かがわ 1 香 川 たけうち 2 武 内 まつおか 3 松 岡 たかひろ 貴 宏 あきら 啓 しょうへい 将 平 株 式 会 社 松 本 義 肢 製 作 所 専 門 学 校 日 本 聴 能 言 語 福 祉 学 院 専 門 学 校 日 本 聴 能 言 語 福 祉 学 院 ワード プロセッサ さ

義 肢 かがわ 1 香 川 たけうち 2 武 内 まつおか 3 松 岡 たかひろ 貴 宏 あきら 啓 しょうへい 将 平 株 式 会 社 松 本 義 肢 製 作 所 専 門 学 校 日 本 聴 能 言 語 福 祉 学 院 専 門 学 校 日 本 聴 能 言 語 福 祉 学 院 ワード プロセッサ さ 競 技 大 会 参 加 選 手 名 簿 みやち 1 宮 地 かわむら 2 河 村 いしかわ 3 石 川 か 4 可 DTP 家 具 す 須 み 水 みづき 美 月 まさや 雅 矢 たつや 達 也 ようすけ 要 佑 むらた 1 村 田 むらせ 2 村 瀬 おがわ 3 小 川 たかおか 4 高 岡 えぐち 5 江 口 ゆきこ 征 子 しんじ 慎 二 なおと 直 人 だいすけ 大 介 いさお 勲 機 械

More information

三 重 県 テニス 協 会 四 日 市 ハンドボール 協 会 四 日 市 工 業 高 等 学 校 テニス 部 島 袋 将 鈴 木 保 貴 藤 井 俊 吾 橋 川 泰 典 朝 明 中 学 校 女 子 ハンドボール 部 伊 藤 汐 里 山 本 眞 子 中 西 玲 奈 加 藤 未 久 陣 田 亜 海 渡

三 重 県 テニス 協 会 四 日 市 ハンドボール 協 会 四 日 市 工 業 高 等 学 校 テニス 部 島 袋 将 鈴 木 保 貴 藤 井 俊 吾 橋 川 泰 典 朝 明 中 学 校 女 子 ハンドボール 部 伊 藤 汐 里 山 本 眞 子 中 西 玲 奈 加 藤 未 久 陣 田 亜 海 渡 栄 光 賞 個 人 14 名 / 団 体 4 団 体 24 名 ( 計 38 名 ) 市 長 より 表 彰 四 日 市 市 バドミントン 協 会 秋 山 陽 子 あきやま ようこ バドミントン 優 勝 第 7 回 世 界 シニアバドミントン 選 手 権 大 会 65 歳 以 上 女 子 ダブルス 優 勝 三 泗 体 操 協 会 佐 藤 亘 さとう わたる 体 操 競 技 優 勝 第 48 回 全 日

More information

1.表紙

1.表紙 4 母子保健領域における健康格差健康格差は 健康日本 21( 第二次 ) 2 でも取り上げられたわが国の重要な健康課題である 日本学術会議は 2011( 平成 23) 年に わが国の健康の社会格差の現状理解とその改善にむけて の中で 保健医療福祉政策において健康の社会格差を考慮すること 健康の社会格差のモニタリングと施策立案の体制整備をすることなどの提言を行った 国民健康 栄養調査で 成人期の喫煙率や肥満の割合が世帯所得の低い人ほど高いことが明らかになったことなどから

More information

本推計は 医療 介護情報の分析 検討ワーキンググループにおける検討内容について ( 第 4 回医療 介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会資料 2 松田委員提出資料 ) 地域医療構想策定ガイドライン等について ( 平成 27 年 3 月 31 日付け医政発 0331 第 53 号 ) 及び

本推計は 医療 介護情報の分析 検討ワーキンググループにおける検討内容について ( 第 4 回医療 介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会資料 2 松田委員提出資料 ) 地域医療構想策定ガイドライン等について ( 平成 27 年 3 月 31 日付け医政発 0331 第 53 号 ) 及び 資料 1 医療 介護情報の分析 検討ワーキング グループにおける検討内容について ~2025 年の医療機能別必要病床数の推計結果について ~ 医療 介護情報の分析 検討ワーキンググループ主査松田晋哉 本推計は 医療 介護情報の分析 検討ワーキンググループにおける検討内容について ( 第 4 回医療 介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会資料 2 松田委員提出資料 ) 地域医療構想策定ガイドライン等について

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー α β γ α αヘルペスウイルス単純ヘルペスウイルス 1 型 (HSV1) 性器ヘルペス単純ヘルペスウイルス 2 型 (HSV2) 水痘 帯状疱疹ウイルス (VZV) βヘルペスウイルスサイトメガロウイルス (CMV) ヒトヘルペスウイルス 6 型 (HHV6) ヒトヘルペスウイルス 7 型 (HHV7) γヘルペスウイルス EpsteinBarウイルス (EBV) ヒトヘルペスウイルス 8 型

More information