時系列の整理 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 2-1 九州電力 発電所協会本部西日本支部長検査業務統括検査員溶接施工工場 4/1 ( 金 ) 玄海 4 号機第 11 回定期修繕工事のうち溶接事業者検査に係わる業務委託 に関する契約を締結した 西日本支部長は 本店資材部と玄海 4 号機第 11 回

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "時系列の整理 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 2-1 九州電力 発電所協会本部西日本支部長検査業務統括検査員溶接施工工場 4/1 ( 金 ) 玄海 4 号機第 11 回定期修繕工事のうち溶接事業者検査に係わる業務委託 に関する契約を締結した 西日本支部長は 本店資材部と玄海 4 号機第 11 回"

Transcription

1 溶接事業者検査の流れ 添付資料 1 九州電力 発電所協会実施項目備考 契 約 契約 ( 本店資材部 ) 契約 委託契約請書 溶接事業者検査実施要領 確認 無 承認 コメント 承認申請 1 九州電力 玄海原子力発電所殿向け溶接事業者検査実施要領 受理 1 協会が作成した溶接事業者検査要領書の内容を発電所が確認し 必要に応じコメントする 協会はコメントに対応して改訂し 再度承認申請する 2 発電所から 溶接事業者検査計画 審査指示溶接事業者検査計画書 受理 溶接事業者検査計画書設 計審査 書の設計審査の指示を受け 実施する 審査コメントがある場合は 溶接検査計画書不適合 コメント事項報告書 設計審査 確認 コメント 有 報告設計審査報告書 2 設計審査 にコメントを記載し設計審査報告書に添付して報告する コメントがない場合は コメントなしとして添付し 報告する コメント無 受理 承認通知 受理 1 あらかじめの確認 検査の実施日毎に繰り返し実施する 検査指示 受理 2 材料検査 検査体制表 出張命令支部長 3 開先検査 4 裏はつり検査 5 溶接作業検査 6 熱処理検査 受理 リリース報告検査日報工程管理記録 検査実施検査員 7 非破壊検査 (Pt) 8 機械試験 検査実施 検査指示 終了報告支部長 受理 9 耐圧試験 10 外観検査 検査体制表 出張命令支部長 受理 リリース報告検査日報工程管理記録 検査実施検査員 全検査終了確認 終了表示 最終検査実施後 終了表示を行う 終了表示 終了表示指示 受理 検査日報識別記号表示記録 指示確認検査員刻印打刻 ( 溶接施工工場 ) 刻印確認検査員 終了報告支部長 23

2 時系列の整理 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 2-1 九州電力 発電所協会本部西日本支部長検査業務統括検査員溶接施工工場 4/1 ( 金 ) 玄海 4 号機第 11 回定期修繕工事のうち溶接事業者検査に係わる業務委託 に関する契約を締結した 西日本支部長は 本店資材部と玄海 4 号機第 11 回定期修繕工事のうち溶接事業者検査に係わる業務委託 に関する契約を締結し 本部へ写しを送付し 所定のキャビネットに保管した 4/5 ( 火 ) 発電所は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領を受領した 検査業務室長は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領を作成し 承認申請した 4/27 ( 火 ) 発電所は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領の承認通知を送付した 検査業務室長は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領を承認する通知を受理し 所定のキャビネットに保管するとともに当要領をサーバへ掲示した サーバにより閲覧可能 玄海発電所溶接事業者検査実施要領改訂 (H 実施 ) 玄海発電所溶接事業者検査実施要領改訂 (H 実施 ) を受理した また 所定のキャビネットに保管し 写しを支部へ送付した 西日本支部長は 玄海発電所溶接事業者検査実施要領改訂 (H 実施 ) の写しを受理し 所定のキャビネットに保管した 5/24 ( 火 ) 発電所は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領 ( 改訂版 ) を受領した 玄海発電所溶接事業者検査実施要領改訂に伴い 検査業務室長は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領 ( 改訂版 ) を作成し 承認申請した ( 単なる様式の変更 ) 5/25 ( 水 ) 発電所は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領 ( 改訂版 ) の承認通知を送付した 検査業務室長は 玄海原子力発電所向け溶接事業者検査実施要領 ( 改訂版 ) を承認する通知を受理し 所定のキャビネットに保管するとともにサーバ上の要領を改訂版に更新した サーバにより閲覧可能 5/30 ( 月 ) 溶接事業者検査計画書の設計審査を指示した 西日本支部長は 溶接事業者検査計画書の設計審査の指示を受理した 検査業務統括は 溶接事業者検査計画書の設計審査を実施した 6/1 ( 水 ) 発電所は 溶接事業者検査計画書の設計審査報告書を受領した 西日本支部長は 溶接事業者検査計画書の設計審査を承認し 発電所に送付した 6/6 ( 月 ) 発電所は 溶接事業者検査計画書の設計審査の承認通知を送付した 西日本支部長は 発電所から溶接事業者検査計画書の承認通知を受理し 所定のキャビネットに保管した 24

3 時系列の整理 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 2-1 九州電力 発電所協会本部西日本支部長検査業務統括検査員溶接施工工場 7/13 ( 水 ) 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の設計審査を依頼した ( 注 ): 変更内容は 溶接施工法の新規取得によるもの 西日本支部長は 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の設計審査の依頼を受理した 検査業務統括は 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の設計審査を実施した 7/14 ( 木 ) 発電所は 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の設計審査報告書を受領した 西日本支部長は 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の設計審査を承認し 発電所に送付した 問題点 1 西日本支部長は 発電所から承認された最新版の溶接事業者検査計画書を受理したことを本件溶接事業者検査に係わる全検査員に周知する必要があった しかしながら 西日本支部長は 発電所から承認された最新版の溶接事業者検査計画書の受理したことを全検査員に周知しなかった 7/15 ( 金 ) 発電所は 溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の承認通知を送付した 西日本支部長は 発電所から溶接事業者検査計画書 ( 改訂版 ) の承認通知を受理所定のキャビネットに保管した 問題点 6 全検査員は 周知メールに記載の内容に従って検査を行うべきであった しかしながら 発信者が指揮命令権限が定かでない検査業務統括であった 7/21 ( 木 ) 玄海及び川内原子力発電所への検査報告についてを全検査員へメール発信し 耐圧検査時 耐圧検査前までの工程が計画書通り終了していることを確認するよう 周知した 全検査員は 検査業務統括が発信した周知メールを受信した 7/25 ( 月 ) 発電所は 8 月 18 日分の溶接事業者検査の検査申込書を受領した 西日本支部長は 8 月 18 日分の溶接事業者検査の検査申込書を受領した 三菱高砂は 8/18 分の検査申込書をメールにて発電所及び西日本支部に送信した 発電所は 8 月 26 日分の溶接事業者検査の検査申込書を受領した 西日本支部長は 8 月 26 日分の溶接事業者検査の検査申込書を受領した 三菱高砂は 8/26 分の検査申込書をメールにて発電所及び西日本支部に送信した 8/9 ( 火 ) 8/15 ( 月 ) 発電所は 8 月 18 日分の溶接事業者検査の検査員の氏名を受領した 発電所は 8 月 18 日分の検査に係る溶接事業者検査の検査指示書を送付した 西日本支部長は 検査員 A に対し 8 月 18 日分の出張命令を出すとともに 発電所に対して検査員の氏名を通知した 西日本支部長は 発電所から 8 月 18 日分の検査に係る検査指示書を受理し レターケースに保管した 問題点 1 西日本支部長は 検査員 A に最新の情報を与え 出張を指示するときには 適切な指導 助言等を行うべきであった しかしながら 西日本支部長は 検査員 A に最新の情報を与えず 検査員 A にとって 今回の検査 ( 注 ) が初めての検査である事実を把握していなかったことから 事前に適切な指導 助言等を行わなかった 検査員 A は 8 月 18 日分の出張命令を西日本支部の事務所で受けた 問題点 2 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画書の確認等の準備をすべきであった しかしながら 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画書の確認等を行わず 検査内容を詳細に把握していなかった 発電所は 8 月 26 日分の溶接事業者検査の検査員の氏名を受領した 西日本支部長は 発電所に対して 8 月 26 日分の検査員の氏名を通知した ( 注 ) 施工しないことが多い SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 8/16 ( 火 ) 発電所は 8 月 26 日分の検査に係る溶接事業者検査の検査指示書を送付した 西日本支部長は 発電所から 8 月 26 日分の検査に係る検査指示書を受理し レターケースに保管した 8/17 ( 水 ) 西日本支部長は 検査員 B に対し 8 月 26 日分の出張命令を出した 検査員 B は 8 月 26 日分の出張命令を受けた 25

4 時系列の整理 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 2-1 九州電力 発電所協会本部西日本支部長検査業務統括検査員溶接施工工場 検査員 A は OTK 徳島工場において 低温再熱蒸気管の取替用配管の溶接事業者検査の一環として 熱処理検査及び浸透探傷試験を実施した 検査員 A は 検査に先だって 溶接事業者検査計画書により 当日の検査内容を確認した また 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合し 前工程の検査が終了していることを確認した 8/18 ( 木 ) 検査業務統括は 検査員 A の問い合わせに対して 処理方法を指示した 問題点 3 溶接事業者検査計画書に記載されている事項はすべて検査対象であり 同計画書に従い検査を行う必要があった しかしながら 検査員 A は これまでに経験したことのない SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) が JSME 溶接規格に規定がなかったことだけで 検査対象外と判断してしまった 問題点 4 検査に関して疑問や不明な点が生じた時は 協会関係者に問合わせて疑問や不明な点を解決する必要があった しかしながら 検査員 A は SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) が検査対象であるか否か確信がなかったにも係らず 当日の検査の時間が押していることもあって 協会内の責任者や他の検査員に確認しなかった 検査員 A は 熱処理検査のうち SCMV 材 ( クロムモリブデン鋼 ) の配管 2 本の検査を実施した このとき 溶接後熱処理記録と熱処理チャートが別々の用紙になっていたため 検査業務統括に対応を問い合わせ その指示に従って処理をした 検査員 A は SUS 材 ( ステンレス鋼 ) の配管 2 本の検査用紙についても 同様の処理を行った このとき OTK 職員 C から SUS 材についての説明を受けた 検査員 A は 溶接事業者検査計画書に記載してあったのになぜ参考記録であるのか疑問に思い 持参していた JSME 溶接規格を確認した しかし SUS 材については溶接後熱処理が不要とされていることを確認しただけで それ以上の確認も協会への問い合わせもせず SUS 材は溶接事業者検査の対象外であると判断してしまった 検査員 A は SUS 材の溶接後熱処理について 正規の検査と同じく 協会のチェックシートに必要な事項を記入しながら 確認を実施した OTK 職員 C は 検査員 A に対し SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) は三菱高砂からの特別要求であり 参考記録であると説明した これについて 検査に立ち会っていた三菱高砂の職員 D からの発言はなかった OTK 職員 C は 検査員 A に対し 検査が遅れ気味であること 午前中に現場で浸透探傷試験を行うように準備していることを説明した 検査員 A は 引き続き浸透探傷試験を実施した 検査員 A は 当日の検査についての検査記録を作成した そのとき SUS 材の熱処理検査に関する溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の溶接事業者検査員欄及び工程管理記録の検査日記入欄に斜線を引いた OTK 職員 C 及び三菱高砂の職員 D は 検査員 A が検査記録を作成するときも 立ち会っていた 発電所職員は 検査員 A から検査日報の FAX を受理した 検査員 A は 検査日報に工程管理記録の写しを添付し OTK の徳島工場から発電所に FAX で送信した 問題点 5 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して前回検査日におけるすべての検査の終了の確認を行うことが検査漏れを防止するために必要であった しかしながら 検査員 B は 直前の工程の検査だけ確認したが 検査員 A が担当した前回検査日の検査がすべて終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認することを認識していなかった 検査員 B は OTK の徳島工場において 低温再熱蒸気管の取替用配管の溶接事業者検査の一環として 機械試験 耐圧試験及び外観試験を実施した 検査員 B は 機械試験の実施に当たって前工程の検査が終了していることの確認を行った このとき 検査員 B は 直前の工程である浸透探傷試験について確認を行い その前の熱処理検査については確認を行わなかった また 検査員 B は 確認の際に溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合せず 工程管理記録だけを見て 溶接施工工場側に前工程がすべて終了しているかどうか質問しただけで 確認を終了した 8/26 ( 金 ) 問題点 6 検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業者検査に係わる全検査員に発信されていた周知メールに従い 耐圧試験開始前にそれまでのすべての工程が溶接事業者検査計画書のとおり終了していることの確認を行う必要があった しかしながら 検査員 B は 直前の検査終了確認を行っただけで すべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認しなければならないことを認識していなかった 検査員 B は 前工程の検査が終了しているかどうかの確認を行ったとき 溶接後熱処理記録の欄に斜線が引いてあったことについて 疑問を感じなかった (SUS 溶接部には溶接後熱処理を施工しないのが通例であり 検査を実施すべき熱処理記録の箇所に斜線が引いてあっても 疑問を感じることはなかった ) 検査員 B は 機械試験を実施した 検査員 B は 耐圧試験及び外観試験を実施した このとき 検査員 B は 耐圧試験を実施する前に それまでのすべての検査が終了していることを確認しなかった 発電所職員は すべての検査が終了したことを確認して 検査員 B に対して 終了表示を行うよう FAX で指示した 検査員 B は 当日の検査を終了した後 工程管理記録の写しを添付した検査日報を九州電力に FAX で送信した その後 発電所から 終了表示の指示を FAX で受け取った 検査員 B は OTK 職員に終了表示 ( 刻印打刻 ) を行わせた OTK 職員は 終了表示を行った 26

5 時系列の整理 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 2-2 担当理事検査業務室長支部長検査業務統括検査員 A 検査員 B 溶接施工工場九州電力 発電所 検査業務統括は 検査員 A から検査漏れの報告を受けた 検査員 A は 三菱高砂の職員 E から電話連絡を受けた後 溶接事業者検査計画書に添付されている溶接施工法を確認し 検査漏れがあったことを認識し 検査業務統括に報告した 三菱高砂の職員 E が 検査記録を確認していたところ SUS 材の熱処理検査について 工程管理記録の検査日記入欄に斜線が引かれており かつ 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) が添付されていないことを発見し 検査員 A に電話で連絡した 問題点 9 溶接事業者検査終了後に SUS 材の溶接後熱処理検査記録の誤記が発見された場合には 先ず 発電所に報告すべきであった しかしながら 検査業務統括は 発電所に報告しなかった 検査業務統括は 検査員 A が作成した検査日報及びチェックシートを確認した また 検査当日の立会に出席していた OTK 職員 C に電話連絡 更に三菱高砂の職員 E に電話連絡して 正規の検査と同じ内容の確認が行われていたことを確認し 溶接後熱処理記録の確認すべき項目に漏れが無いことを確認した 9/12 ( 月 ) 検査業務統括は OTK 徳島工場の担当者に連絡し 検査記録を持って西日本支部に来所されるよう 依頼した OTK 職員は 工程管理記録 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) 等に係る検査記録を持って 西日本支部に来所した 問題点 7 SUS 材の溶接後熱処理検査は正規な検査として成立していなかった しかしながら 検査業務統括は SUS 材に正規の検査と同じ内容の確認が行われていたことから 8 月 18 日に行われた SUS 材の溶接後熱処理検査の確認を正規の検査として取り扱ってしまった 西日本支部の応接室において 検査業務統括 検査員 A OTK 職員 C 及び別件で来所していた三菱高砂の職員 F の 4 人で 8 月 18 日に SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 記録の参考としての確認が正規の検査と同じ内容で実施されていたことを確認した 検査業務統括は SUS 材の溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) については 単純な捺印漏れであると判断し 他の 3 人にそのように説明した 西日本支部の応接室において 検査業務統括 検査員 A OTK 職員 C 及び別件で来所していた三菱高砂の職員 F の 4 人で確認した 問題点 8 記録の誤記訂正を行う場合には 訂正日 訂正理由及び訂正者名を適切に記入すべきであった しかしながら 検査業務統括は 単純な捺印漏れと判断し 8 月 18 日の日付で訂正を行えば良いと考えた 検査業務統括は 打合せの席上で OTK 職員 C が持参した溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の判定欄にあった斜線に取消線を入れ 所定の箇所に参考記録として確認した日付 (8/18) で訂正捺印することを 検査員 A に指示した 検査員 A は 検査業務統括の指示により 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) 判定欄にあった斜線に取消線を入れ 所定の箇所に参考記録として確認した日付 (8/18) で訂正捺印した 問題点 9 溶接事業者検査終了後に SUS 材の溶接後熱処理検査記録の誤記が発見された場合には 先ず 発電所に報告し 発電所の指示に従って処理すべきであった しかしながら 検査業務統括は 発電所に報告しないで 検査員 A に訂正の指示をしてしまった 出張中の西日本支部長は 検査業務統括から 検査記録の誤記訂正を行うために発電所への出張する申請を電話で受け これを承認した 検査業務統括は 発電所に写しを送付済みであった工程管理記録も訂正が必要であり 本記録の訂正のため 発電所への出張を決め 発電所及び支部長へ連絡した この時 検査業務統括は 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の 8 月 18 日付けの訂正を 9 月 12 日に行ったことを西日本支部長に説明しなかった 発電所は 9/13 に検査記録の誤記訂正に関する打合せを発電所で行うこと了解した ( 検査業務統括との打合せ ) 問題点 10 不適合の恐れがある場合には 検査業務統括は 西日本支部長と相談の上 発電所に事実をありのままに話すべきであった しかしながら 検査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての情報をありのままに発電所や協会内部に報告していなかった 検査業務統括は 発電所の了解を得て 工程管理記録の誤記訂正をするため OTK 職員 C から検査記録を預かった OTK 職員 C は 工程管理記録及び溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) を検査業務統括へ預けた 27

6 時系列の整理 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 2-2 担当理事検査業務室長支部長検査業務統括検査員 A 検査員 B 溶接施工工場九州電力 発電所. 9/13 ( 火 ) 検査業務室長は 検査業務統括から 発電所訪問の結果を電話で報告を受けた 西日本支部長は 検査業務統括から 発電所訪問の結果を電話で報告を受けた 検査業務統括は 発電所を訪問し SUS 材の熱処理検査について 溶接事業者検査計画書 訂正した溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) 工程管理記録 検査員用チェックシートを持参し すべての経緯を話さないまま検査が実際に行われたことを説明し 検査員 A が工程管理記録の検査日記入欄に誤って斜線を引いたことを報告した この時 検査業務統括は 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の訂正 (8/18 付け捺印訂正 ) は説明しなかった 検査業務統括は 発電所からの帰途 西日本支部長及び検査業務室長に電話で訪問結果を報告した そして 発電所が内部で検討の上 追って処置を連絡するとの回答を受けた旨を報告した この時 検査業務統括は 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の 8 月 18 日付けの訂正を 9 月 12 日に行ったことについて発電所に説明していないことを報告しなかった 問題点 10 不適合の恐れがある場合には 検査業務統括は 西日本支部長及び検査業務室長と相談の上 発電所に事実をありのままに話すべきであった しかしながら 検査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての情報をありのままに発電所や協会内部に報告していなかった 発電所は 検査業務統括から SUS 材の熱処理検査は実際に行われたと説明受け 検査員 A が工程管理記録の検査日記入欄に誤って斜線を引いたと報告を受けた この時 検査業務統括から 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の訂正 (8/18 付け捺印訂正 ) は説明を受けなかった 担当理事は 検査業務室長から 9 月 13 日に検査業務統括が検査業務室長に報告した内容の説明を受けた 検査業務室長は 検査業務統括から正しい情報を得ない状態で 担当理事に 9 月 13 日に検査業務統括から受けた報告内容を説明した ( 工程管理記録に斜線を引いた状態で検査を終了したこと ) 9/14 ( 水 ) 検査業務室長は 本件の処置については最終的には発電所の指示に従うことになるが 本件は不適合案件になるであろうと判断し 検査業務統括に 検査員 A 検査員 B の検査当日の検査状況及び本件に係わる資料をメールで送付するよう指示した 検査業務統括は 検査業務室長からメールを受信し 検査員 A から聞き取りを行った上で メール文書を受けた また 検査員 B にもメール文書の作成を指示し メール文書を受けた 検査員 A は 工程管理記録の斜線は OTK 職員 C からの参考記録という説明があった時に三菱高砂職員 A も同席しており 少し安心感をもってしまい 工程管理記録に斜線を引くことには 疑問視しなかったと回答した その上で 8 月 16 日の検査状況に関する報告の文書を作成して 検査業務統括に提出した 検査員 B は 検査業務統括から 8 月 26 日の検査状況に関する報告の文書を作成することの指示を受けた その上で 耐圧外観検査の前工程の確認 ( 機械試験記録 ) 工程管理記録の記録確認を行ったと文書を作成して 検査業務統括に提出した 検査業務室長は 検査業務統括から送付されたメール資料に基づき 本件を不適合案件としの処理のための作業を開始した 検査業務統括は 検査業務室長に 検査員 A 検査員 B の検査当日の検査状況及び本件に係わる資料をメールで送付した 検査業務統括は 発電所から 本件は誤記として処理するとの電話連絡を受けた この時 工程管理記録の誤記は 9/14 付けで修正するよう 連絡を受けた 発電所は 検査業務統括に電話連絡し 本件は誤記として処理するとの方針を伝えた (9 月 15 日へ ) 28

7 時系列の整理 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 2-2 担当理事検査業務室長支部長検査業務統括検査員 A 検査員 B 溶接施工工場九州電力 発電所 検査業務統括は 発電所からの指示に基づき 検査員 A に代わり工程管理記録の検査日記入欄に取消線を加えるとともに 参考記録として確認した日を検査日として記入し それらの訂正日を 9/14 付け検査業務統括署名で誤記訂正した 9/14 ( 水 ) 問題点 11 西日本支部長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であるとの主張を聞き 検査業務統括から当該熱処理検査の事実関係を確認したときに 正規の検査と認識しないで行った検査を正規な検査と判断してはいけなかった しかしながら 西日本支部長は 双方の意見を十分聞かず 当該検査を正規な検査と判断してしまった 西日本支部長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であると聞いた 西日本支部長は 検査業務統括から SUS 材の熱処理検査は行われていること及び発電所からの指示に基づき 工程管理記録の検査日記入欄に取消線を加えるとともに 参考記録として確認した日を検査日として記入し それらの訂正日を 9/14 付け検査業務統括署名で誤記訂正した旨 説明を受けた ( 対面説明 ) 検査業務統括は SUS 材の熱処理検査は行われていて 発電所からの指示に基づき 工程管理記録の検査日記入欄に取消線を加えるとともに 参考記録として確認した日を検査日として記入し それらの訂正日を 9/14 付け検査業務統括署名で誤記訂正した旨 西日本支部長に報告した 検査員 B は 西日本支部長に 8 月 18 日の SUS 材の熱処理検査は未実施であると主張した 9/15 ( 木 ) 問題点 11 検査業務室長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であるとの主張を聞き 検査業務統括から当該熱処理検査の事実関係を確認したときに 正規の検査と認識しないで行った検査を正規な検査と判断してはいけなかった しかしながら 検査業務室長は 双方の意見を十分聞かず 当該検査を正規な検査と判断してしまった 検査業務室長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であると主張された また 当該記録の捺印は 9 月 12 日に西日本支部で行われたものであると聞いた 検査業務室長は 検査員 A に電話して 当該検査の状況について説明を求めた 検査業務室長は 検査業務統括に電話連絡し 当該検査の状況を確認し 検査業務統括から 検査員 A が 8 月 18 日に間違いなく検査を行っていること 9 月 12 日に関係者が確認した上で熱処理検査記録の訂正を行ったことを説明を受けた 検査業務統括は 検査業務室長から電話を受け 検査員 A が 8 月 18 日に間違いなく検査を行っていること 9 月 12 日に関係者が確認した上で熱処理検査記録の訂正を行ったことを説明した 検査員 A は 検査業務室長に当該検査の状況を回答した 検査員 B は 検査業務室長に 8 月 18 日の SUS 材の熱処理検査は未実施であると主張した また 当該記録の捺印は 9 月 12 日に西日本支部で行われたものであると主張した 検査業務室長は 検査業務統括から正しい情報を得ない状態で 当該検査のチェックシートの写しを精査し 検査当日 (8/18) でなければ記載できないような内容が記載されており 検査員 A が実際に検査を行っていたことを確認した 29

8 時系列の整理 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 2-2 担当理事検査業務室長支部長検査業務統括検査員 A 検査員 B 溶接施工工場九州電力 発電所 担当理事は 検査業務室長から 当該検査に関して検査業務統括及び検査員 A から確認した結果の説明を受けた 検査業務室長は 担当理事に 当該検査に関して検査業務統括及び検査員 A から確認した結果を説明した (9 月 14 日から ) 9/15 ( 木 ) 検査業務室長は 不適合案件の処置と同様に 本件の処置を検査業務室で行うことを発電所に伝えた 発電所は 本件は記録作成上の不適合案件ではなく 単なる誤記として処理する方針を回答した その結果 誤記として処理する報告書を作成した 発電所は 検査業務室長に 本件は記録作成上の不適合案件ではなく 単なる誤記として処理する方針であると回答した 担当理事は 検査業務室長から 報告書の作成につき 逐次報告を受けた 検査業務室長は 発電所からの回答を受け 本件を誤記とする発電所への報告書を作成継続した 9/16 ( 金 ) 検査業務室長は 発電所を訪問し 溶接事業者検査に係る記録の誤記について と題する報告書を提出した 発電所は 報告書を受理した 9/20 ( 火 ) 検査業務室長は 発電所から 9 月 16 日の提出した報告書を了承するとの連絡を受けた 発電所は 検査業務室長に 溶接事業者検査に係る記録の誤記について と題する報告書を了承すると連絡した 9/21 ( 水 ) 検査業務室長は 関係する溶接事業者検査員全員に 検査記録の不備を生じないよう 溶接事業者検査において 発電所への検査結果報告前に 検査記録の再チェックを行う 旨を指示する周知メールを発信した 全検査員は 検査業務室長からの周知メールを受信した 問題点 11 検査業務室長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であるとの主張を聞き 検査業務統括から当該熱処理検査の事実関係を確認したときに 正規の検査と認識しないで行った検査を正規な検査と判断してはいけなかった しかしながら 検査業務室長は 双方の意見を十分聞かず 当該検査を正規な検査と判断してしまった 全検査員は 検査員 B からのメールを受信した 検査員 B は 検査業務室長からの第 1 回周知メールの内容に関連し 記録の誤記訂正の処理が妥当ではない等の意見を述べたメールを全検査員に発信した 9/22 ( 木 ) 検査業務室長は 検査員 B のメールに記載の主旨についてに電話で確認したところ 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であり 検査業務統括の言うとおりの処置をしたことは誤りであるとの主張を受けた 検査員 B は SUS 材の熱処理検査は未実施であり 検査業務統括の言うとおりの処置をしたことは誤りであると主張した 30

9 時系列の整理 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 2-2 担当理事検査業務室長支部長検査業務統括検査員 A 検査員 B 溶接施工工場九州電力 発電所 9/27 ( 火 ) 担当理事及び検査業務室長は 検査業務統括に電話し 別件の検査日報に関する話をしていた時に SUS 材の熱処理記録を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで訂正したことを発電所に説明していないことの事実を知った 検査業務統括は 担当理事及び検査業務室長に SUS 材の熱処理記録を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで訂正したことを発電所に説明していないと報告した 9/28 ( 水 ) 担当理事と検査業務室長は 本件の安全管理審査も始まっており 今更 SUS 材の熱処理記録の修正はできないと判断し 熱処理記録を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで訂正したことを発電所及び協会内部に伝えなかった 問題点 12 担当理事と検査業務室長は SUS 材の熱処理検査の記録訂正を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで行っていた事実を発電所及び協会内部に伝えるべきであった しかしながら 本件に関する溶接安全管理審査が進行中であり 当該審査に影響が及ぶことを危惧したので この事実を発電所及び協会内部にありのままに伝えなかった 発電所は 本件の SUS 材の溶接事業者検査を含む溶接安全管理審査を受審した 31

10 要因分析図 ( 検査の一部未実施 ) 添付資料 3-1 A B C D E F G 最終事象バリア事象事象 問題点 直接要因組織要因 1 溶接事業者検査において 検査漏れが発生した 検査員 A が SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 検査を実施しなかった ( 参考記録として確認 ) 検査員 A は SUS 材の溶接後熱処理検査は溶接事業者検査の対象外であると誤認した 西日本支部長は 検査員 A に最新の情報を与え 出張を指示するときには 適切な指導 助言等を行うべきであった しかしながら 西日本支部長は 検査員 A に最新の情報を与えず 検査員 A にとって 今回の検査 ( 注 ) が初めての検査である事実を把握していなかったことから 事前に適切な指導 助言等を行わなかった ( 注 ) 施工しないことが多い SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 問題点 1 上司が 検査員に最新の情報を与え 検査経験を確認した上で 適切な指導 助言を行う仕組みがなかった 直接要因 1 2 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画書の確認等の準備をすべきであった しかしながら 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画書の確認等を行わず 検査内容を詳細に把握していなかった 問題点 2 事前に最新版の溶接事業者検査計画書の確認等を行い 検査内容を確認する仕組みがなかった 直接要因 2 協会として確実な検査を遂行するために必要な検査員の力量評価 付与 検査を行うための要領書の整備などの管理プロセス及び管理層のマネジメントに関する力量管理等が 環境等の変化にも柔軟に対応できる仕組みとして不十分である 3 溶接事業者検査計画書に記載されている事項はすべて検査対象であり 同計画書に従い検査を行う必要があった しかしながら 検査員 A は これまでに経験したことのない SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) が JSME 溶接規格に規定がなかったことだけで 検査対象外と判断してしまった 問題点 3 検査員 A は 溶接事業者検査計画書や溶接施工法に基づく溶接検査を的確に実施する力量が備わっていなかった 協会には 検査員の力量評価を的確に行い 力量に応じた検査に必要な事項についての教育 訓練を行う仕組みが十分ではなかった 直接要因 3 4 検査に関して疑問や不明な点が生じた時は 協会関係者に問合わせて疑問や不明な点を解決する必要があった しかしながら 検査員 A は SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) が検査対象であるか否か確信がなかったにも係らず 当日の検査の時間が押していることもあって 協会内の責任者や他の検査員に確認しなかった 問題点 4 協会は 検査において少しでも疑問や不明な点が生じたときは その場で協会関係者に問い合わせるということを要領書に記載していなかった 直接要因 4 協会は 検査において少しでも疑問や不明な点が生じたときは その場で協会関係者に問い合わせるということは常識であり 要領書に記載する必要はないと思っていた 組織要因 B 組織要因 B 業務を行う際に 自分自身の判断や業務処理の正当性について常に問いかける姿勢と相互理解を促進するコミュニケーションが不足している 5 検査員 B は 当日の検査に入る前に 前工程の検査が終了していることの確認を適切に行わなかった 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して前回検査日におけるすべての検査の終了の確認を行うことが検査漏れを防止するために必要であった しかしながら 検査員 B は 直前の工程の検査だけ確認したが 検査員 A が担当した前回検査日の検査がすべて終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認することを認識していなかった 検査実施前に前回検査日におけるすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認することが 要領書に明記されていなかった 直接要因 5a 協会は 検査実施前に前回検査日におけるすべての検査が終了していることを工程管理記録と溶接事業者検査計画書と照合して確認することは常識であり 要領書に記載する必要はないと考えていた 問題点 5 6 協会が実施している教育 訓練の中には 前回検査日におけるすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して自ら確認するという事項が含まれていなかった 直接要因 5b 協会は 前回検査日におけるすべての検査が終了していることを工程管理記録と溶接事業者検査計画書と照合して自ら確認することは常識であり 改めて教育 訓練を施す必要はないと考えていた 組織要因 C 協会の業務を遂行するために必要なコンプライアンス意識が一部希薄である 7 検査員 B は 耐圧試験に入る前に 必要な検査がすべて終了していることを確認しなかった 検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業者検査に係わる全検査員に発信されていた周知メールに従い 耐圧試験開始前にそれまでのすべての工程が溶接事業者検査計画書のとおり終了していることの確認を行う必要があった しかしながら 検査員 B は 直前の検査終了確認を行っただけで すべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認しなければならないことを認識していなかった 耐圧試験開始前に耐圧試験前までのすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認しなければならないことが メールにより周知されていたが 要領書には明記されていなかった 直接要因 6a 協会は 耐圧試験開始前までの全の検査が終了していることを工程管理記録と溶接事業者検査計画書と照合して確認することは常識であり 要領書に記載する必要はないと考えていた 問題点 6 8 協会が実施している教育 訓練の中には 耐圧試験開始前にすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認するという事項が含まれていなかった 直接要因 6b 協会は 耐圧試験開始前にすべての検査が終了していることを工程管理記録と溶接事業者検査計画書と照合して確認することは常識であり 改めて教育 訓練を施す必要はないと考えていた 9 検査業務統括の責任と権限が不明確なままになっていた 直接要因 6c 32

11 要因分析図 ( 不適切な検査記録の修正 ) 添付資料 3-2 A B C D E F 最終事象 バリア事象 事象 問題点 直接要因 組織要因 1 溶接事業者検査の検査漏れに対して 不適切な処置が行われ 放置されていた ( 不適合処理が行われなかった ) 検査業務統括は SUS 材の溶接後熱処理記録を正規の検査と判断した (9/12) SUS 材の溶接後熱処理検査は正規な検査として成立していなかった しかしながら 検査業務統括は SUS 材に正規の検査と同じ内容の確認が行われていたことから 8 月 18 日に行われた SUS 材の溶接後熱処理検査の確認を正規の検査として取り扱ってしまった 問題点 7 検査業務統括は 実質的な確認を正規な検査と区別する判断力が不足していたため 顧客との相談を含め 不適合処理を行わなかった 協会は 不適合の恐れがある事象の判断や顧客への報告 相談等の対応のルールを明確にしていなかった 直接要因 7a 2 協会は 不適合の恐れがある事象が生じたときに 事実をありのままに顧客や協会内部に伝えるという教育が徹底されていなかった 直接要因 7b 組織要因 C 協会として確実な検査を遂行するために必要な検査員の力量評価 付与 検査を行うための要領書の整備などの管理プロセス及び管理層のマネジメントに関する力量管理等が 環境等の変化にも柔軟に対応できる仕組みとして不十分である 3 検査業務統括は 溶接後熱処理記録 ( 熱処理チャート ) の訂正日を参考記録として確認した日付 (8/18) で 修正 捺印させた (9/12) 記録の誤記訂正を行う場合には 訂正日 訂正理由及び訂正者名を適切に記入すべきであった しかしながら 検査業務統括は 単純な捺印漏れと判断し 8 月 18 日の日付で訂正を行えば良いと考えた 問題点 8 検査業務の要領書には 顧客報告後に検査記録の誤記を訂正する場合の具体的な修正方法を明記していなかった 直接要因 8 協会では 他の業務分野では誤記を訂正する場合のルールを定めていたが 協会全体としての統一的なルールを明確にしていなかった 4 溶接後熱処理記録の誤記に関する正確な情報が発電所に届かなかった (9/12) 溶接事業者検査終了後に SUS 材の溶接後熱処理検査記録の誤記が発見された場合には 先ず 発電所に報告し 発電所の指示に従って処理すべきであった しかしながら 検査業務統括は 発電所に報告しないで 検査員 A に訂正の指示をしてしまった 問題点 9 検査業務統括は 正規の検査と判断して訂正しても コンプライアンスに抵触するとは認識していなかった 直接要因 9 組織要因 C 組織要因 B 業務を行う際に 自分自身の判断や業務処理の正当性について常に問いかける姿勢と相互理解を促進するコミュニケーションが不足している 5 検査業務統括は 溶接事業者検査漏れに関し 発電所や上司と情報を共有しなかった (9/12,13) 不適合の恐れがある場合には 検査業務統括は 西日本支部長及び検査業務室長と相談の上 発電所に事実をありのままに話すべきであった しかしながら 検査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての情報をありのままに発電所や協会内部に報告していなかった 問題点 10 検査業務統括は 自らの責任と権限について常に問いかけることをせず 西日本支部長から検査業務を任せられていると思い込んでいた 検査業務統括の責任と権限が不明確なままになっていた 直接要因 6c 6 検査員 B は 西日本支部長 検査業務室長や検査関係者に対し 当該検査は未実施である ということを何回も発信していたが 適切に処理されなかった (9/14~) 西日本支部長及び検査業務室長は 検査員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施であるとの主張を聞き 検査業務統括から当該熱処理検査の事実関係を確認したときに 正規の検査と認識しないで行った検査を正規な検査と判断してはいけなかった しかしながら 西日本支部長及び検査業務室長は 双方の意見を十分聞かず 当該検査を正規な検査と判断してしまった 検査業務に係わる異見が示された際に内部で十分検討 討議する仕組みがなかった 直接要因 11 組織要因 B 組織要因 C 協会の業務を遂行するために必要なコンプライアンス意識が一部希薄である 問題点 11 7 SUS 材の溶接後熱処理検査の扱いについて 発電所が事実を知らされなかったので 適切な処置がとられなかった 担当理事と検査業務室長は SUS 材の熱処理検査の記録訂正を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで行っていた事実を発電所及び協会内部に伝えるべきであった しかしながら 本件に関する溶接安全管理審査が進行中であり 当該審査に影響が及ぶことを危惧したので この事実を発電所及び協会内部にありのままに伝えなかった (9/27) 問題点 12 協会は コンプライアンス上の問題が生じる恐れがあるときには 事実をありのままに顧客や協会内部に伝えるという教育が徹底されていなかった 直接要因 12 組織要因 C 33

12 問題点 直接要因 再発防止対策一覧添付資料 4 発生時期問題点直接要因再発防止対策実施期日実施部署確認部署 問題点 1 直接要因 1 再発防止対策 1 平成 24 年 4 月末までに 検査業務室 業務管理監 西日本支部長は 検査員 A に最新の情報 上司が 検査員に最新の情報を与え 検査経 全検査員について 検査工程やその内容を区分した検査経験リス 実施 を与え 出張を指示するときには 適切 験を確認した上で 適切な指導 助言を行う トを作成 更新し 実施統括責任者は 検査経験リストに基づき な指導 助言等を行うべきであった し 仕組みがなかった 検査員の選定を行うことを溶接事業者検査実施要領等に明記す かしながら 西日本支部長は 検査員 A る また 実施統括責任者は 検査に係る最新情報を検査員に与 に最新の情報を与えず 検査員 A にとっ えるとともに未経験項目の検査を行う場合には 事前に必要な指 て 今回の検査 ( 注 ) が初めての検査で 導 助言を行う仕組みを作る ある事実を把握していなかったことか ら 事前に適切な指導 助言等を行わな 検査前確認 かった ( 注 ) 施工しないことが多い SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 問題点 2 直接要因 2 再発防止対策 2 平成 24 年 3 月実施済 検査業務室 業務管理監 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画 事前に最新版の溶接事業者検査計画書の確 検査員が検査の指示があった後に検査内容 溶接部詳細一覧表及 書の確認等の準備をすべきであった し 認等を行い 検査内容を確認する仕組みがな び溶接事業者検査実施要領を確認し 理解することを溶接事業者 支援システムの構築につ かしながら 検査員 A は 事前に溶接事 かった 検査実施要領に明記する いては 平成 24 年度末 業者検査計画書の確認等を行わず 検査 また 検査員が必要な最新の検査内容について情報を確認できる までに実施 内容を詳細に把握していなかった 支援システムを構築する 問題点 3 直接要因 3 再発防止対策 3 平成 23 年 11 月実施済検査業務室業務管理監 溶接事業者検査計画書に記載されている 協会には 検査員の力量評価を的確に行い 新卒採用者と同様の研修として 中途採用者に対しても溶接事業 事項はすべて検査対象であり 同計画書 力量に応じた検査に必要な事項についての 者検査計画書審査等の基礎的教育 訓練を漏れなく行うよう 研 に従い検査を行う必要があった しかし 教育 訓練を行う仕組みが十分ではなかっ 修制度の見直しを行う ながら 検査員 A は これまでに経験し た たことのない SUS 材の溶接後熱処理 ( 固 溶化熱処理 ) が JSME 溶接規格に規定が なかったことだけで 検査対象外と判断 検査 ( 記録確認 ) してしまった 問題点 4 検査に関して疑問や不明な点が生じた時 直接要因 4 協会は 検査において少しでも疑問や不明な 再発防止対策 4 検査現場で判断に迷いが生じたときは 協会内の実施統括責任者 平成 24 年 3 月実施済検査業務室業務管理監 は 協会関係者に問合わせて疑問や不明 点が生じたときは その場で協会関係者に問 や他の検査員に必ず確認するよう 溶接事業者検査実施要領に明 な点を解決する必要があった しかしな い合わせるということを要領書に記載して 記する がら 検査員 A は SUS 材の溶接後熱処 いなかった 理 ( 固溶化熱処理 ) が検査対象であるか 否か確信がなかったにも係らず 当日の 検査の時間が押していることもあって 協会内の責任者や他の検査員に確認しな かった 34

13 問題点 直接要因 再発防止対策一覧添付資料 4 発生時期問題点直接要因再発防止対策実施期日実施部署確認部署 問題点 5 直接要因 5a 再発防止対策 5a 平成 24 年 1 月実施済検査業務室業務管理監 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を 検査実施前に前回検査日におけるすべての 溶接事業者検査実施要領に 前工程の確認の範囲は前回検査日に 照合して前回検査日におけるすべての検 検査が終了していることを溶接事業者検査 おけるすべての検査とすることを明記する また 確認の方法は 査の終了の確認を行うことが検査漏れを 計画書と工程管理記録を照合して確認する 溶接事業者検査計画書と工程管理記録の照合によることを明記 防止するために必要であった しかしな ことが 要領書に明記されていなかった する がら 検査員 B は 直前の工程の検査だけ確認したが 検査員 A が担当した前回検査日の検査がすべて終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認することを認識していなかった 直接要因 5b 協会が実施している教育 訓練の中には 前回検査日におけるすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して自ら確認するという事項が含まれていなかった 再発防止対策 5b すべての検査員に対して 検査漏れを防止するためのバリアの重要性を徹底するとともに 前工程の確認を確実に実施することが明記された溶接事業者検査実施要領に基づき研修を行う 平成 24 年 1 月実施済検査業務室業務管理監 問題点 6 直接要因 6a 再発防止対策 6a 平成 23 年 11 月実施済検査業務室業務管理監 検査 ( 記録確認 ) 検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業者検査に係わる全検査員に発信されていた周知メールに従い 耐圧試験開始 耐圧試験開始前に耐圧試験前までのすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認し 溶接事業者検査実施要領に 耐圧試験に先だってそれまでのすべての検査が終了していることを確認することを明記する また 確認方法は溶接事業者検査計画書と工程管理記録の照合による 前にそれまでのすべての工程が溶接事業 なければならないことが メールにより周知 ことを明記する 者検査計画書のとおり終了していること されていたが 要領書には明記されていなか の確認を行う必要があった しかしなが った ら 検査員 B は 直前の検査終了確認を 直接要因 6b 再発防止対策 6b 平成 24 年 1 月実施済検査業務室業務管理監 行っただけで すべての検査が終了して 協会が実施している教育 訓練の中には 耐 すべての検査員に対して 溶接事業者検査におけるバリアの重要 いることを溶接事業者検査計画書と工程 圧試験開始前にすべての検査が終了してい 性を徹底し 耐圧試験の実施前にそれまでのすべての検査が終了 管理記録を照合して確認しなければなら ることを溶接事業者検査計画書と工程管理 していることが明記された溶接事業者検査実施要領に基づき 研 ないことを認識していなかった 記録を照合して確認するという事項が含ま 修を行う れていなかった 直接要因 6c 再発防止対策 6c 平成 24 年 3 月実施済検査業務室業務管理監 検査業務統括の責任と権限が不明確なまま 溶接事業者検査における責任と権限を溶接事業者検査の品質に になっていた 係わる要領に明確にする 問題点 7 直接要因 7a 再発防止対策 7a 平成 24 年 3 月実施済検査業務室業務管理監 SUS 材の溶接後熱処理検査は正規な検 協会は 不適合の恐れがある事象の判断や顧 検査実施中 疑義が生じた場合は 検査を中断し 速やかに顧客 査として成立していなかった しかしな 客への報告 相談等の対応のルールを明確に に情報を伝えるよう 溶接事業者検査実施要領に明記する がら 検査業務統括は SUS 材に正規の していなかった 検査と同じ内容の確認が行われていたこ 直接要因 7b 検査後 とから 8 月 18 日に行われた SUS 材の溶接後熱処理検査の確認を正規の検査と 協会は 不適合の恐れがある事象が生じたときに 事実をありのままに顧客や協会内部に 組織要因の再発防止対策として検討 ( 訂正方法 ) して取り扱ってしまった 伝えるという教育が徹底されていなかった 問題点 8 直接要因 8 再発防止対策 8 平成 24 年 3 月実施済検査業務室業務管理監 記録の誤記訂正を行う場合には 訂正日 検査業務の要領書には 顧客報告後に検査記 検査記録の誤記を訂正するときは 訂正日 訂正理由及び訂正者 訂正理由及び訂正者名を適切に記入すべ 録の誤記を訂正する場合の具体的な修正方 名を付記するよう 溶接事業者検査実施要領に明記する なお きであった しかしながら 検査業務統 法を明記していなかった 顧客報告後に誤記を発見した場合には 先ず 顧客に報告し 顧 括は 単純な捺印漏れと判断し 8 月 18 客との合意により処置を行う 日の日付で訂正を行えば良いと考えた 35

14 問題点 直接要因 再発防止対策一覧添付資料 4 発生時期問題点直接要因再発防止対策実施期日実施部署確認部署 問題点 9 直接要因 9 溶接事業者検査終了後に SUS 材の溶接 検査業務統括は 正規の検査と判断して訂正 後熱処理検査記録の誤記が発見された場 しても コンプライアンスに抵触するとは認 合には 先ず 発電所に報告し 発電所の指示に従って処理すべきであった し 識していなかった 組織要因の再発防止対策として検討 かしながら 検査業務統括は 発電所に 報告しないで 検査員 A に訂正の指示を してしまった 是正 問題点 10 直接要因 7b ( 正確な報告 ) 不適合の恐れがある場合には 検査業務 協会は 不適合の恐れがある事象が生じたと 統括は 西日本支部長及び検査業務室長と相談の上 発電所に事実をありのまま きに 事実をありのままに顧客や協会内部に伝えるという教育が徹底されていなかった 組織要因の再発防止対策として検討 に話すべきであった しかしながら 検 査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての情報をありのままに発電所や協会内部に報告していなかった 直接要因 6c 検査業務統括の責任と権限が不明確なままになっていた 再発防止対策 6c 溶接事業者検査における責任と権限を溶接事業者検査の品質に係わる要領に明確にする 平成 24 年 3 月実施済検査業務室業務管理監 問題点 11 直接要因 11 西日本支部長及び検査業務室長は 検査 検査業務に係わる異見が示された際に内部 員 B から SUS 材の熱処理検査は未実施 で十分検討 討議する仕組みがなかった であるとの主張を聞き 検査業務統括か 是正 ( 異見調整 ) ら当該熱処理検査の事実関係を確認したときに 正規の検査と認識しないで行った検査を正規な検査と判断してはいけな 組織要因の再発防止対策として検討 かった しかしながら 西日本支部長及 び検査業務室長は 双方の意見を十分聞 かず 当該検査を正規な検査と判断して しまった 問題点 12 直接要因 12 担当理事と検査業務室長は SUS 材の熱 協会は コンプライアンス上の問題が生じる 処理検査の記録訂正を 9 月 12 日に 8 月 恐れがあるときには 事実をありのままに顧 18 日付けで行っていた事実を発電所及 客や協会内部に伝えるという教育が徹底さ 是正 ( 正確な報告 ) び協会内部に伝えるべきであった しかしながら 本件に関する溶接安全管理審 れていなかった 組織要因の再発防止対策として検討 査が進行中であり 当該審査に影響が及 ぶことを危惧したので この事実を発電 所及び協会内部にありのままに伝えなか った 36

15 問題点 直接要因 組織要因 是正処置 予防処置一覧添付資料 5 発生時期 問題点 直接要因 組織要因 組織要因を踏まえた是正処置 予防処置 実施期日 実施部署 確認部署 問題点 3 溶接事業者検査計画書に記載されている事項 直接要因 3 はすべて検査対象であり 同計画書に従い検協会には 検査員の力量評価を的確に行査を行う必要があった しかしながら 検査い 力量に応じた検査に必要な事項につ員 A は これまでに経験したことのない SUS いての教育 訓練を行う仕組みが十分で材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) が JSME はなかった 溶接規格に規定がなかったことだけで 検査 対象外と判断してしまった 問題点 5 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合 直接要因 5b して前回検査日におけるすべての検査の終了協会が実施している教育 訓練の中にの確認を行うことが検査漏れを防止するためは 前回検査日におけるすべての検査が協会として確実な検査を遂行する 是正処置 A-1 予防処置 A-1 に必要であった しかしながら 検査員 B は 終了していることを溶接事業者検査計ために必要な検査員の力量評価 溶接事業者検査業務に必要な力量を定義し 個々直前の工程の検査だけ確認したが 検査員 A 画書と工程管理記録を照合して自ら確付与 検査を行うための要領書のの検査員の力量評価結果に応じて教育により力量検査が担当した前回検査日の検査がすべて終了し認するという事項が含まれていなかっ平成 24 年 6 月末まで整備などの管理プロセス及び管理を付与する また 検査に精通した検査員が 力量 ( 記録確認 ) ていることを溶接事業者検査計画書と工程管た に実施層のマネジメントに関する力量管評価のために検査現場で立会監視 ( 測定 ) を定期的理記録を照合して確認することを認識してい理等が 環境等の変化にも柔軟にに行い 教育計画に反映する力量管理のプロセスをなかった 対応できる仕組みとして不十分で作る 問題点 6 ある 検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業 検査業務室 業務管理監 者検査に係わる全検査員に発信されていた周 知メールに従い 耐圧試験開始前にそれまでのすべての工程が溶接事業者検査計画書のとおり終了していることの確認を行う必要があった しかしながら 検査員 Bは 直前の検査終了確認を行っただけで すべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と 直接要因 6b 協会が実施している教育 訓練の中には 耐圧試験開始前にすべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認するという事項が含まれていなかった 工程管理記録を照合して確認しなければなら ないことを認識していなかった 37

16 問題点 直接要因 組織要因 是正処置 予防処置一覧添付資料 5 発生時期 問題点 直接要因 組織要因 組織要因を踏まえた是正処置 予防処置 実施期日 実施部署 確認部署 問題点 2 検査員 Aは 事前に溶接事業者検査計画書の 直接要因 2 検査前確認 確認等の準備をすべきであった しかしなが事前に最新版の溶接事業者検査計画書ら 検査員 A は 事前に溶接事業者検査計画の確認等を行い 検査内容を確認する仕 書の確認等を行わず 検査内容を詳細に把握 組みがなかった していなかった 問題点 5 溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合 直接要因 5a して前回検査日におけるすべての検査の終了検査実施前に前回検査日におけるすべの確認を行うことが検査漏れを防止するためての検査が終了していることを溶接事に必要であった しかしながら 検査員 B は 業者検査計画書と工程管理記録を照合直前の工程の検査だけ確認したが 検査員 A して確認することが 要領書に明記されが担当した前回検査日の検査がすべて終了していなかった ていることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認することを認識していなかった 検査 問題点 6 ( 記録確認 ) 協会として確実な検査を遂行する検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業 直接要因 6a ために必要な検査員の力量評価 者検査に係わる全検査員に発信されていた周 是正処置 A-2 予防処置 A-2 耐圧試験開始前に耐圧試験前までのす付与 検査を行うための要領書の知メールに従い 耐圧試験開始前にそれまで 溶接事業者検査の要領書がすべての検査員の力量平成 24 年 6 月末までべての検査が終了していることを溶接整備などの管理プロセス及び管理のすべての工程が溶接事業者検査計画書のとに見合ったものになっているか再点検を行い 今に実施事業者検査計画書と工程管理記録を照層のマネジメントに関する力量管おり終了していることの確認を行う必要があ後も継続的な改善を図る管理プロセスを作る 合して確認しなければならないことが 理等が 環境等の変化にも柔軟にった しかしながら 検査員 Bは 直前の検メールにより周知されていたが 要領書対応できる仕組みとして不十分で査終了確認を行っただけで すべての検査がには明記されていなかった ある 終了していることを溶接事業者検査計画書と 検査業務室 業務管理監 工程管理記録を照合して確認しなければならないことを認識していなかった 問題点 7 SUS 材の溶接後熱処理検査は正規な検査と 直接要因 7a して成立していなかった しかしながら 検協会は 不適合の恐れがある事象の判断査業務統括は SUS 材に正規の検査と同じ内や顧客への報告 相談等の対応のルール容の確認が行われていたことから 8 月 18 日を明確にしていなかった に行われた SUS 材の溶接後熱処理検査の確検査後認を正規の検査として取り扱ってしまった ( 訂正方法 ) 問題点 8 記録の誤記訂正を行う場合には 訂正日 訂正理由及び訂正者名を適切に記入すべきであった しかしながら 検査業務統括は 単純な捺印漏れと判断し 8 月 18 日の日付で訂正 直接要因 8 検査業務の要領書には 顧客報告後に検査記録の誤記を訂正する場合の具体的な修正方法を明記していなかった を行えば良いと考えた 38

17 問題点 直接要因 組織要因 是正処置 予防処置一覧添付資料 5 発生時期問題点直接要因組織要因組織要因を踏まえた是正処置 予防処置実施期日実施部署確認部署 問題点 1 西日本支部長は 検査員 Aに最新の情報を与え 出張を指示するときには 適切な指導 助言等を行うべきであった しかしながら 西日本支部長は 検査員 Aに最新の情報を与 直接要因 1 えず 検査員 Aにとって 今回の検査 ( 注 ) 上司が 検査員に最新の情報を与え 検検査前確認が初めての検査である事実を把握していなか査経験を確認した上で 適切な指導 助ったことから 事前に適切な指導 助言等を言を行う仕組みがなかった 行わなかった ( 注 ) 施工しないことが多い SUS 材の溶接後 検査 ( 記録確認 ) 熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 問題点 6 検査業務統括から 7 月 21 日に本件溶接事業者検査に係わる全検査員に発信されていた周知メールに従い 耐圧試験開始前にそれまでのすべての工程が溶接事業者検査計画書のとおり終了していることの確認を行う必要があった しかしながら 検査員 Bは 直前の検査終了確認を行っただけで すべての検査が終了していることを溶接事業者検査計画書と工程管理記録を照合して確認しなければならないことを認識していなかった 問題点 10 不適合の恐れがある場合には 検査業務統括 直接要因 6c 検査業務統括の責任と権限が不明確な ままになっていた 協会として確実な検査を遂行するために必要な検査員の力量評価 付与 検査を行うための要領書の整備などの管理プロセス及び管理層のマネジメントに関する力量管理等が 環境等の変化にも柔軟に対応できる仕組みとして不十分である 予防処置 A-3 溶接事業者検査に係わる管理層を対象としたマネジメント向上のための研修 リスクマネジメント研修 不適合発生時の対応の研修等を実施し 足りない力量を評価 測定して 継続的に向上を図る仕組みを作る 平成 24 年 6 月末まで に実施 検査業務室 業務管理監 は 西日本支部長及び検査業務室長と相談の 是正 ( 正確な報告 ) 上 発電所に事実をありのままに話すべきであった しかしながら 検査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての 情報をありのままに発電所や協会内部に報告 していなかった 39

18 問題点 直接要因 組織要因 是正処置 予防処置一覧添付資料 5 発生時期 問題点 直接要因 組織要因 組織要因を踏まえた是正処置 予防処置 実施期日 実施部署 確認部署 問題点 4 検査に関して疑問や不明な点が生じた時は 協会関係者に問合わせて疑問や不明な点を解 直接要因 4 決する必要があった しかしながら 検査員協会は 検査において少しでも疑問や不検査 A は SUS 材の溶接後熱処理 ( 固溶化熱処理 ) 明な点が生じたときは その場で協会関 ( 記録確認 ) が検査対象であるか否か確信がなかったにも係者に問い合わせるということを要領係らず 当日の検査の時間が押していること 予防処置 B 書に記載していなかった もあって 協会内の責任者や他の検査員に確 協会の行う業務が適切に処理されているか自ら問 組織要因 B 認しなかった いかける姿勢の教育 研修プログラムを強化し 業務を行う際に 自分自身の判断定着状況の評価を行い 継続的な向上を図る 問題点 11 や業務処理の正当性について常に平成 24 年 9 月までに西日本支部長及び検査業務室長は 検査員 B 問いかける姿勢と 相互理解を促第 1 サイクルを実施 協会内コミュニケーション( 上下間 組織横断 ) から SUS 材の熱処理検査は未実施であると進するコミュニケーションが不足を有効に機能させる組織風土と常に顧客と連絡をの主張を聞き 検査業務統括から当該熱処理している 直接要因 11 密にした良好なコミュニケーションの醸成を図検査の事実関係を確認したときに 正規の検是正検査業務に係わる異見が示された際にる 査と認識しないで行った検査を正規な検査と ( 異見調整 ) 内部で十分検討 討議する仕組みがなか判断してはいけなかった しかしながら 西った 日本支部長及び検査業務室長は 双方の意見 総務企画室 業務管理監 を十分聞かず 当該検査を正規な検査と判断してしまった 40

19 問題点 直接要因 組織要因 是正処置 予防処置一覧添付資料 5 発生時期 問題点 直接要因 組織要因 組織要因を踏まえた是正処置 予防処置 実施期日 実施部署 確認部署 問題点 7 SUS 材の溶接後熱処理検査は正規な検査と して成立していなかった しかしながら 検 検査後 ( 訂正方法 ) 査業務統括は SUS 材に正規の検査と同じ内容の確認が行われていたことから 8 月 18 日 に行われた SUS 材の溶接後熱処理検査の確認を正規の検査として取り扱ってしまった 問題点 10 不適合の恐れがある場合には 検査業務統括は 西日本支部長及び検査業務室長と相談の上 発電所に事実をありのままに話すべきであった しかしながら 検査業務統括は 軽微な案件と独断で判断し 起こったすべての情報をありのままに発電所や協会内部に報告していなかった 問題点 9 溶接事業者検査終了後に SUS 材の溶接後熱処理検査記録の誤記が発見された場合には 先ず 発電所に報告し 発電所の指示に従っ是正て処理すべきであった しかしながら 検査 ( 正確な報告 ) 業務統括は 発電所に報告しないで 検査員 A に訂正の指示をしてしまった 問題点 12 担当理事と検査業務室長は SUS 材の熱処理検査の記録訂正を 9 月 12 日に 8 月 18 日付けで行っていた事実を発電所及び協会内部に伝えるべきであった しかしながら 本件に関する溶接安全管理審査が進行中であり 当該審査に影響が及ぶことを危惧したので この事実を発電所及び協会内部にありのままに伝えなかった 直接要因 7b 協会は 不適合の恐れがある事象が生じたときに 事実をありのままに顧客や協会内部に伝えるという教育が徹底されていなかった 予防処置 C コンプライアンス教育を定期的に実施し その効 組織要因 C 果を継続的に測定し コンプライアンス意識の向上協会の業務を遂行するために必要を図る なコンプライアンス意識が一部希 直接要因 9 薄である コンプライアンス上の問題が生じる恐れがある時 検査業務統括は 正規の検査と判断して は 事実をありのままに協会内部に報告できる組織 訂正しても コンプライアンスに抵触す 風土の醸成を図る るとは認識していなかった 直接要因 12 協会は コンプライアンス上の問題が生 じる恐れがあるときには 事実をありの ままに顧客や協会内部に伝えるという 教育が徹底されていなかった 平成 24 年 9 月末まで に第 1 サイクルを実 総務企画室 業務管理監 施 41

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

FSMS ISO FSMS FSMS 18

FSMS ISO FSMS FSMS 18 FSMS FSMS HACCP 7 12 15 7 CCP HACCP 6 ISO/TC34 ISO 22000 7. ISO 22000 HACCP PRP OPRP ISO 22000 HACCP OPRP ISO 22000 FSMS PRP HACCP PRP PRP HACCP OPRP OPRP OPRP OPRP CCP HACCP HACCP HACCP OPRP HACCP OPRP

More information

1-7. 選手 役員へのメンバー ID とパスワードの伝達 選手 役員にメンバー ID とパスワードを知らせます 1-8. 選手 役員への登録証配布 登録証を出力し選手 役員に配布します 対象者年度更新後の状態年度更新後の登録手続き 選手 役無所属員 2-1. 前年度と同じチームへの継続手続き 登録

1-7. 選手 役員へのメンバー ID とパスワードの伝達 選手 役員にメンバー ID とパスワードを知らせます 1-8. 選手 役員への登録証配布 登録証を出力し選手 役員に配布します 対象者年度更新後の状態年度更新後の登録手続き 選手 役無所属員 2-1. 前年度と同じチームへの継続手続き 登録 ( 日本ハンドボール協会会員登録管理システム ) 年度更新後の登録手続きガイド [ チーム / 選手 役員用 ](2014/3/25 版 ) 年度更新について 年度更新 とは 新年度の受付開始直前に行われる更新処理です チーム メンバーは 年度更新の前に 何もする必要はありません 年度更新後 チーム メンバーの状態が変わりますので 新年度の登録手続きを行ってくだ さい 年度更新後の状態と登録手続きの概要

More information

Microsoft PowerPoint - 変更済み参考_ 以降_団体検査員向け 現場検査結果の報告方法.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 変更済み参考_ 以降_団体検査員向け 現場検査結果の報告方法.ppt [互換モード] 団体自主検査の流れ 特定住宅における工事の着工 ~ 現場検査の流れは以下.~5. の通りです 団体検査員は自主検査結果の報告として. 及び 5. の対応を行ってください. 工事着工 保険申込み. 基礎の配筋工事. 団体自主検査 ( 第 回現場検査 ) 団体検査員は 保険の自主検査として 地盤 基礎の配筋 かぶり厚さ等を確認します 自主検査実施後 営業日以内にまもりすネットにおいて以下 ~の入力処理を行ってください

More information

Ver リリース版

Ver リリース版 東芝ユーザ ID 管理システム利用者向け操作手順 第 1.1 版 発行日版番号改訂箇所改訂内容 2016/08/21 第 1.0 版全頁初版発行 2016/10/15 第 1.1 版全頁旧機能廃止に対応 2/21 サービス概要 本手順は ユーザ ID のパスワードを取得 変更するための利用者向け手順になります 対象者 : ユーザ ID 所有者 本手順書は以下のことを行う方法を記載しています 1. パスワードを登録する方法

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738CC2816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738CC2816A939A905C91E D862E646F63> 諮問庁 : 国税庁長官諮問日 : 平成 2 0 年 7 月 1 1 日 ( 平成 2 0 年 ( 行個 ) 諮問第 1 5 2 号 ) 答申日 : 平成 2 2 年 3 月 1 7 日 ( 平成 2 1 年度 ( 行個 ) 答申第 9 9 号 ) 事件名 : 本人に係る平成 1 8 年分所得税確定申告書の無効確認決議書の不訂正決定に関する件 答申書 第 1 審査会の結論平成 1 9 年 1 1 月

More information

納税証明書のオンライン請求 ( 署名省略分 ) マニュアル ( はじめに ) 利用者識別番号を確認します 利用者識別番号とは 利用者識別番号とは e-tax を利用するために必要な 16 桁の番号です 以前に ご本人又は税務代理を委任した税理士が申告書を提出する際に e-tax( 電子申告 ) をご利用になられた場合は 番号を取得した際に印刷した 利用者識別番号等の通知 又は個人の方は税務署からの

More information

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会 社会福祉法人江東園個人情報保護規定 第 1 条 ( 目的 ) 社会福祉法人江東園 ( 以下 本会 という ) は 個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと 個人情報の適正な取り扱いに関して 個人情報の保護に関する法律 及びその他の関連法令等を遵守する 第 2 条 ( 利用目的の特定 ) 本会が個人情報を取り扱うに当たっては その利用目的をできる限り特定する 2 本会が取得した個人情報の利用目的を変更する場合には

More information

すだちくんメール法人(所属設定職員管理)_docx

すだちくんメール法人(所属設定職員管理)_docx すだちくんメール 法 管理マニュアル 所属設定 職員管理所属設定 職員管理 第 1 版 作成日 2015 年 12 月 7 日 最終更新日 2015 年 12 月 7 日 目次 概要... 2 法人管理画面... 3 ログイン... 3 所属名称管理... 5 所属 (1 階層目 ) の新規登録... 5 所属 (2 階層目以降 ) の新規登録... 6 CSV ファイルを使用した所属の一括登録...

More information

ISMS認証機関認定基準及び指針

ISMS認証機関認定基準及び指針 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS 認証機関認定基準及び指針 JIP-ISAC100-3.1 2016 年 8 月 1 日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 106-0032 東京都港区六本木一丁目 9 番 9 号六本木ファーストビル内 Tel.03-5860-7570 Fax.03-5573-0564 URL http://www.isms.jipdec.or.jp/ JIPDEC

More information

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期 ( 平成 23 年 12 月 7 日報道資料抜粋 ) 年金記録に係る苦情のあっせん等について 年金記録確認沖縄地方第三者委員会分 1. 今回のあっせん等の概要 (1) 年金記録の訂正の必要があるとのあっせんを実施するもの 1 件 厚生年金関係 1 件 (2) 年金記録の訂正を不要と判断したもの 2 件 厚生年金関係 2 件 沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東京大学地震研究所共同利用申請サイト申請者用マニュアル ご利用にあたって 本所共同利用申請サイトでは 個人情報の登録や 昨年度の申請を呼び出すことはできません 恐れ入りますが 異なる申請をする際には 毎回 新規登録及びアップロードはこちらから ボタンをクリックし 新規登録をお願いいたします 目次 Ⅰ. 申請 1. 新規登録 1 2. 申請情報の入力 2 3. 個人情報の入力 3 4. 最終確認 4

More information

13清総契第   号

13清総契第   号 13 清総契第 99 号平成 13 年 7 月 1 日副管理者決定改正平成 18 年 3 月 31 日 17 清総経第 588 号改正平成 18 年 7 月 11 日 18 清総経第 190 号改正平成 19 年 6 月 20 日 19 清総経第 139 号改正平成 21 年 3 月 11 日 20 清総経第 471 号改正平成 22 年 3 月 26 日 21 清総契第 281 号改正平成 24

More information

東村山市談合情報取扱要綱(案)

東村山市談合情報取扱要綱(案) 平成 14 年 1 月 1 日制定改正平成 15 年 4 月 1 日決定改正平成 21 年 6 月 1 日決定改正平成 25 年 4 月 1 日決定改正平成 26 年 3 月 25 日決定 東村山市談合情報取扱要領 第 1 目的この要領は 市発注の契約に係る談合情報に関する取扱いを定め もって市が締結する契約に関し公正な競争を確保することを目的とする 第 2 適用範囲この要領は 市発注に係るすべての契約に適用する

More information

評価(案)「財務省行政情報化LANシステムの運用管理業務」

評価(案)「財務省行政情報化LANシステムの運用管理業務」 資料 4-2 平成 28 年 3 月 9 日 内閣府公共サービス改革推進室 民間競争入札実施事業 財務省行政情報化 LAN システムの運用管理業務の評価 ( 案 ) 競争の導入による公共サービスの改革に関する法律 ( 平成 18 年法律第 51 号 ) 第 7 条第 8 項の規定に基づく標記事業の評価は以下のとおりである Ⅰ 事業の概要等 1 実施の経緯及び事業の概要財務省が実施する 財務省行政情報化

More information

小笠原ベストマッチ

小笠原ベストマッチ 小笠原ベストマッチ ツアー情報入力マニュアル < クルーズ > 小笠原村観光局 2015/05/22 このマニュアルでは 小笠原ベストマッチにツアー情報を掲載するための入力方法を説明し ます お問い合せは小笠原村観光局までご連絡ください TEL:03-5776-2422( 平日 9:30-18:00) 目次 1. 入力ルール ( 重要 ) 2. ツアー情報登録 2-1 ツアー情報登録から公開までの流れ

More information

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード]

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード] 資料番号 SOL-005 RCSA 管理 (Risk Control Self Assessment ) 株式会社アイグラフィックス (1) オペリスクの可視化 業務プロセスにオペレーション関す潜在リスクや固有リスクの情報を記述し リスクの頻度や損失規模に関する情報も加え業務プロセス指向で可視化と管理を行います 内部統制管理で記述されたリスクやコントロール情報を参照することでリスクの漏れを防ぎ網羅性のあるオペリスク管理が行えます

More information

目 次 目次は制定時に全面的に見直すページ 1. 適用範囲 6 2. 関係文書 (Related documents) 引用文書 (Normative documents) 認定の一般基準 認定の固有基準及び指針 認定の規則 関連文書 (R

目 次 目次は制定時に全面的に見直すページ 1. 適用範囲 6 2. 関係文書 (Related documents) 引用文書 (Normative documents) 認定の一般基準 認定の固有基準及び指針 認定の規則 関連文書 (R マネジメントシステム認証機関に対する認定の補足手順 - 食品安全システム認証 22000- ( 案 ) JAB MS202:2011 第 1 版 :2011 年 0x 月 xx 日 公益財団法人日本適合性認定協会 初版 :2011-0x-xx -1/13- 初版 :2011-0x-xx 目 次 目次は制定時に全面的に見直すページ 1. 適用範囲 6 2. 関係文書 (Related documents)

More information

目次 1. 動作環境 お問合せの流れ 操作方法... 3 (1) お問合せ登録... 3 (2) 受付 URL 通知メール受信 / 認証処理 (3) 回答閲覧通知メール受信 / 回答閲覧 (4). 再問合わせ NITE 化審法

目次 1. 動作環境 お問合せの流れ 操作方法... 3 (1) お問合せ登録... 3 (2) 受付 URL 通知メール受信 / 認証処理 (3) 回答閲覧通知メール受信 / 回答閲覧 (4). 再問合わせ NITE 化審法 NITE 化審法連絡システム 利用者マニュアル 一般問合わせ 1. 3 版 2015 年 10 月 目次 1. 動作環境... 1 2. お問合せの流れ... 2 3. 操作方法... 3 (1) お問合せ登録... 3 (2) 受付 URL 通知メール受信 / 認証処理... 11 (3) 回答閲覧通知メール受信 / 回答閲覧... 16 (4). 再問合わせ... 19 4. NITE 化審法連絡システムに関する連絡先...

More information

d ミニストップ e デイリーヤマザキ ヤマザキデイリーストア f サークルK サンクス g セイコーマート ロ Pay-easy ペイジー 4 掛金の支払い 選択を行った方法で支払期間内に掛金の支払いを行う 5 追加加入の手続き 中途で団体員が増えた場合には 3 および 4 の要領により 追加加入者の加入手続きを行う なお 翌月一括手続方式の利用申込みを行っている団体におけるその年度内の追加加入は

More information

伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ

伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ 指定介護保険事業所事務担当者説明会資料 平成 15 年 9 月 24 日 ~26 日 1 伝送通信ソフトにおける作業の 流れと事前チェックについて 岩手県国民健康保険団体連合会 介護保険課 1 伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ 本項の画面は 国保中央会伝送通信ソフトの画面による実際の作業の流れです 1 簡易入力ソフト (Ver,3) にてデータ作成 簡易入力ソフトにてデータ作成後 送信データ送出し画面にて作成したデータを

More information

特定個人情報の取扱いの対応について

特定個人情報の取扱いの対応について 特定個人情報の取扱いの対応について 平成 27 年 5 月 19 日平成 28 年 2 月 12 日一部改正 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) プライバシーマーク推進センター 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 ( 以下 番号法 という ) が成立し ( 平成 25 年 5 月 31 日公布 ) 社会保障 税番号制度が導入され 平成 27 年 10

More information

Microsoft Word - 04_品質システム・品質保証モデル_TCVNISO doc

Microsoft Word - 04_品質システム・品質保証モデル_TCVNISO doc 品質システム設計 開発 製造 設置及び技術サービスにおける品質保証モデル 1. 範囲本基準書は適合製品の設計 供給を行う供給者の能力を評価する際の品質システム要求事項を規定する 本基準書の規定の目的は 設計から技術サービスまでの全ての段階における不適合を防止し 顧客の満足を得ることである 本基準書は以下の場合に適用される a) 設計及び製品の性能に関する要求事項が提示されている場合 あるいはその要求事項を設定する必要がある場合

More information

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計 実務対応報告第 32 号平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い 平成 28 年 6 月 17 日企業会計基準委員会 目的 1. 本実務対応報告は 平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の改正 ( 平成 28 年 4 月 1 日以後に取得する建物附属設備及び構築物の法人税法上の減価償却方法について 定率法が廃止されて定額法のみとなる見直し ) に対応して 必要と考えられる取扱いを示すことを目的とする

More information

専有サービス SLA(品質保証制度)

専有サービス  SLA(品質保証制度) 専有サービス SLA( 品質保証制度 ) MDEO については専用 SLA を御覧ください Service Level Agreement Ver.3 施行日 :2012 年 3 月 1 日より施行更新日 :2015 年 5 月 1 日 1 目次 専有サービス SLAについて品質項目 保証内容可用性の保障障害通知の保障減額申請 SLA 適用外 3 4 5 6 7 8 2 専有サービス SLA について

More information

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378>

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378> 資料 10 エラー 特定事業者 ( 特定連鎖化事業者 ) 定期報告書 ( 特定表 指定表 ) エラー 参考 : 平成 25 年度工場等判断基準遵守状況等分析調査エラー 様式 様式 9 で作成されている 表の抜け 特定 1~8 10 12 表に記入がある 全体 表の抜け 特定 10 表に指定工場等が記載されている場合 工場毎に指定 1 2 4~9 表がある 指定工場のエネルギー使用量と事業者全体のエネルギー使用量の関係

More information

<4D F736F F D E7B90DD975C96F CC8A E646F63>

<4D F736F F D E7B90DD975C96F CC8A E646F63> 施設予約サービス とは 施設予約施設予約システムシステム の概要 施設予約サービスとは インターネットに接続したパソコンや携帯電話から 公共施設の空き情報を照会したり 施設の利用申込 ( 予約 ) をすることができるサービスです 本サービスにおいて 公共施設の空き情報の照会や施設の案内はどなたでもご利用いただけますが 施設の利用申込 ( 予約 ) を行う場合は 事前に利用者登録が必要となります また

More information

5 条条例 9 条 2 項の規定による勧告は 空き家等改善勧告書 ( 式 4 ) により行うものとする ( 命令 ) 6 条条例 1 0 条 1 項の規定による命令は 空き家等改善措置命令書 ( 式 5 ) により行うものとする ( 公表の方法 ) 7 条条例 1 1 条 1 項の規定による公表は

5 条条例 9 条 2 項の規定による勧告は 空き家等改善勧告書 ( 式 4 ) により行うものとする ( 命令 ) 6 条条例 1 0 条 1 項の規定による命令は 空き家等改善措置命令書 ( 式 5 ) により行うものとする ( 公表の方法 ) 7 条条例 1 1 条 1 項の規定による公表は 生駒市規則 3 5 生駒市空き家等の適正管理に関する条例施行規則をここに公布する 平成 2 5 年 6 月 2 4 日山下真 生駒市空き家等の適正管理に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 1 条この規則は 生駒市空き家等の適正管理に関する条例 ( 平成 2 5 年 3 月生駒市条例 1 0 以下 条例 という ) の施行に関し必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 2 条この規則における用語の意義は

More information

スライド 1

スライド 1 Sorich Project Management Standard All Rights Reserved, Copyright 2008, SORICH Ltd. DATE: 2009/6/22 PAGE: 1 構成要素 プロジェクトを管理項目に分解して個々の手法 フォーマットを確立し シームレスに連携します 概要使用ツール取り決め事項等 スケジュール管理 プロジェクトのスケジュールを WBS

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

2 改善命令 1への対応 TIB 審査会は ファーマコビジランス部門が委員長および事務局を務め 営業部門から独立した組織として運営しており 更に 2014 年 4 月より 審査体制の強化を目指し 法的観点から法務部員を メディカルサイエンスの立場からメディカルアフェアーズ部員 ( 医師 ) を委員に

2 改善命令 1への対応 TIB 審査会は ファーマコビジランス部門が委員長および事務局を務め 営業部門から独立した組織として運営しており 更に 2014 年 4 月より 審査体制の強化を目指し 法的観点から法務部員を メディカルサイエンスの立場からメディカルアフェアーズ部員 ( 医師 ) を委員に 2015 年 7 月 10 日 武田薬品工業株式会社 厚生労働省発薬食 0612 第 7 号に係る改善命令に対する改善計画 弊社は 2014 年 3 月以降 医療関係者向けの広告資材に関する審査 管理体制を強化してまいりましたが 今般の改善命令を受け 再発防止のため 下記のとおり新たな改善策を実施いたします なお 改善策の実施状況につきましては 今後 定期的に厚生労働省医薬食品局監視指導 麻薬対策課までご報告いたしますとともに

More information

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル ネットワーク認証 検疫システム 実施マニュアル (Windows クライアント編 ) 1. ネットワーク認証 検疫システムの流れ 福大 ID( 認証基盤システム ) を入力しネットワーク認証を行います PC の状態をチェックします 学内ネットワークに接続する際は初めに ネットワーク認証 検疫システム画面が表示されます 判定で が出た場合はネットワークに接続できません ネットワークに接続できます 診断結果を元に

More information

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで Ashisuto Web Support Center AWSC ユーザーガイド 1.アカウント登録手順... 1 2.ログイン手順... 5 3.アカウント登録内容の変更手順... 6 4.問い合わせ登録手順... 10 5.問い合わせ更新手順... 12 6.ファイルアップロード手順... 16 7.パスワードがご不明の場合... 21 [ 1 ] アカウント登録手順 1. アカウント登録ページへのアクセス

More information

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取 Ⅵ. 監督上の評価項目と諸手続 ( 投資運用業 ) 旧 Ⅵ-3-3-5 の発行 (1) 信託会社等に対するの発行 1 所有権の移転の登録免許税の軽減に係るの発行信託会社等の租税特別措置法第 83 条の 3 第 2 項の規定に基づく登録免許税軽減のための同法施行規則第 31 条の 6 第 2 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする なお 当該信託会社等が租税特別措置法第 83

More information

<4D F736F F D208CC2906C8FEE95F182CC8EE688B582C982C282A282C E646F6378>

<4D F736F F D208CC2906C8FEE95F182CC8EE688B582C982C282A282C E646F6378> 個人情報の取扱いについて 株式会社ヘルスクリック個人情報保護管理責任者 株式会社ヘルスクリック ( 以下 当社 といいます ) は お客様 お取引先様 従業員の方々の個人情報について 個人情報保護方針 ( プライバシー ポリシー ) に従い適正な管理を行うとともに 個人情報の保護に努めます 具体的には 以下の内容に従って個人情報の取り扱いを行います 1. 個人情報取扱事業者の名称株式会社ヘルスクリック

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 受講ガイド目次 1. 新規アカウント登録してログインする 1. ログイン画面に移動する 2. 新規アカウント登録画面に移動 する 3. メールアドレスを入力する 4. Fisdomからのメールを確認する 5. アカウント情報を入力する 6. 新規アカウント登録を完了する 2. コースを受講登録する 1. 受講登録するコースを選択する 2. 受講登録を行う 3. 受講登録を完了する 3. コースを受講する

More information

<4D F736F F D20819D96D491968E738BF382AB89C CC934B90B38AC7979D82C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A52E646F63>

<4D F736F F D20819D96D491968E738BF382AB89C CC934B90B38AC7979D82C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A52E646F63> 網走市空き家等の適正管理に関する条例施行規則平成 2 6 年 3 月 3 1 日規則 1 ( 目的 ) 1 条この規則は 網走市空き家等の適正管理に関する条例 ( 平成 26 年条例 4 以下 条例 という ) の施行に関し 必要な事項を定めるものとする ( 身分証明書 ) 2 条条例 5 条 2 項のその身分を示す証明書は 身分証明書 ( 1 式 ) とする ( 助言 指導及び勧告 ) 3 条条例

More information

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C > 平成 18 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした

More information

優良 建設 工事説明書 紫雲寺中学校外構舗装工事 工事番号 教受第32号 工事名 施工場所 真野原外 地内 請負金額 工 期 自 平成22年10月15日 至 平成22年12月15日 施工業者 東亜道路工業 下越営業所 代表者 現場代理人 関本佳広 主任 監理 技術者 梶岡 聡 工事概要 舗装工事 アスファルト舗装工 A=6,313 路盤工 A=3,407 不陸調整工 A=2,906 解体工事 1 式

More information

2 3

2 3 1 2 3 10 160 70 32 4 1,600 10 700 5 5 160 20 190 2,360 160 1,920 920 70 720 5 1 400 500 40 80 500 40 3,420 190 80 2,360 160 1,920 920 70 720 6 7 A A A D C B B B A B C D 10 11 12 13 14 15 新規加入 内容変更をご希望の方

More information

untitled

untitled .R-1-1_080521 1 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 2 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 3 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 6 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 9 2008 MS Office Co.,Ltd プロセス プロセスは業務

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63>

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63> ( 案 ) 長浜市空家等に関する条例施行規則をここに公布する 資料 8-2 平成 28 年 10 月 1 日 藤井勇治 長浜市規則第 号 長浜市空家等に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 長浜市空家等に関する条例 ( 平成 28 年長浜市条例第 56 号 以下 条例 という ) の施行に関し必要な事項について定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規則において使用する用語は

More information

エーシーニールセン・コーポレーション株式会社 個人情報保護方針

エーシーニールセン・コーポレーション株式会社 個人情報保護方針 開示対象個人情報 利用目的の通知申請書 ニールセン カンパニー合同会社御中 氏名 個人情報の保護に関する法律 (JISQ15001:2006:3.4.4.4) により 次の通り個人情報の利用目的通知を申請します 氏名 利用目的の通知を求める個人情報 ( 具体的に ) 人 1. 該当する に チェックをご記入ください 2. 利用目的の通知を求める個人情報については できるだけ具体的にご記入ください 3.

More information

 目 次 

 目 次  携帯サイトの個体識別番号 ( ユーザー ID) 設定 2010.05.05 作成 目次 携帯サイトの個体識別番号 ( ユーザー ID) 設定方法... 2 概要... 2 画面の表示について... 2 Docomo 携帯の設定について... 3 AU 携帯の設定について...4 SoftBank 携帯の設定について... 5 お客様へのご対応例について...6 その他 FAQ... 7 凡例 設定

More information

再生可能エネルギー 入力支援システム操作マニュアル

再生可能エネルギー 入力支援システム操作マニュアル 再生可能エネルギー年報報告操作マニュアル 年報報告者の方向け 平成 26 年 10 月 31 日 Ver.1.3 1 目次 1. はじめに (1) 本マニュアルについて 3 (2) 画面構成図 ( 簡易版 ) 4 2. ログインとログアウト (1) ログインする 5 (2) ログアウトする 7 3. 年報報告 ( 設置費用報告 ) の手続き (1) 設置費用の登録を行う 9 (2) 設置費用報告の登録を行う

More information

住宅借入金等特別控除の入力編

住宅借入金等特別控除の入力編 住宅借入金等特別控除の入力編 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 住宅借入金等特別控除画面の表示新たに家屋を新築した場合の住宅借入金等特別控除の入力方法を説明します 住宅借入金等特別控除を入力する画面の表示方法は 入力方法選択 画面において 収入が給与 1 か所のみ ( 年末調整済み ) の方 を選択した場合と 左記に該当しない方 を選択した場合で異なります 収入が給与 1 か所のみ

More information

untitled

untitled ② ICM & Safety Division Newsletter No.24 解 説 ISO12100とはどのような内容か 長岡技術科学大学システム安全系 福田 隆文 ISO12100は機械安全の基本規格で 本ニュースレタ それぞれの技術原則を提示している 具体的な内容はぜ ーでも何回か取り上げられているように機械安全の実現 ひ規格を見て頂きたい 自分の担当している機械 設備 の仕方の原則を決めている

More information

臨床試験(治験)の手続きについて

臨床試験(治験)の手続きについて 臨床試験 ( 治験 製造販売後臨床試験 ) の手続きについて 本書は 昭和大学横浜市北部病院における臨床試験 ( 治験 製造販売後臨床試験 ) の手続き等に関して記したものです 始める前にご一読下さい なお 下記手続きにおいて必要書類を提出される場合は臨床試験支援室 ( 連絡先 :10 ページ参照 ) までご連絡下さい - 試験依頼前 - 関係書類の入手 当院の臨床試験 ( 治験 製造販売後臨床試験

More information

Presentation Title Here

Presentation Title Here 一般のお客様向け新 AWS Training and Certification Portal の使用方法 APN パートナーの方は手順が異なるため パートナー様向け手順に従ってください手順は https://aws.amazon.com/jp/training/ に公開しています 目次 1. 既存のお客様への案内メール 2. 新ポータルのアカウント作成 3. 既存データの移行 4. クラス申し込み方法

More information

道 柔道 卓球 空手道 剣道 ヨット ボートです 水泳 陸上 ゴルフの競技は運営委員会ではなく 競技責任者が種目エントリーを受け付けます 5. 水泳 陸上 ゴルフに参加される方はこの説明を読み 実行する必要はありません 種目エントリーに関しては競技責任者の説明に従ってエントリーして下さい サークルエ

道 柔道 卓球 空手道 剣道 ヨット ボートです 水泳 陸上 ゴルフの競技は運営委員会ではなく 競技責任者が種目エントリーを受け付けます 5. 水泳 陸上 ゴルフに参加される方はこの説明を読み 実行する必要はありません 種目エントリーに関しては競技責任者の説明に従ってエントリーして下さい サークルエ 第 63 回西医体評議委員各位 第 63 回西医体サークル代表者各位 平成 23 年 5 月 16 日発行第 63 回西日本医科学生総合体育大会エントリー委員長加藤綾華副エントリー委員長橋村弘毅 種目エントリーの方法と注意 はじめに... 1 種目エントリーの対象となる競技について... 1 サークルエントリー 一次二次選手エントリーとの関連について... 2 種目エントリーを始める前に... 2

More information

< C94C593E095948AC48DB E838A F902E786C7378>

< C94C593E095948AC48DB E838A F902E786C7378> 監査 No 承認作成 0 年 月 日作成版チェックリストNo 内部監査チェックリスト発行 : 年月日被監査プロセス : 設計 開発プロセス監査員 : 被監査者 : 設計部長 ISO900:0 規格要求事項 No 質問事項 青字 : MS 共通テキスト付属書 SL による追加要求事項下線 :008 年版及び SL に対する技術的な追加変更箇所 評価 備考 移行監査の着眼点 前回の指摘事項は何ですか.

More information

サイボウズ メールワイズ 3 ユーザー操作マニュアル

サイボウズ メールワイズ 3 ユーザー操作マニュアル ユーザー操作マニュアル Copyright(C) 2007 Cybozu, Inc. 1 \\\ 3 6 ホーム > マニュアル > ユーザー操作マニュアル > メールアプリケーション > メールの編集 > 他のユーザに通知する メールアプリケーション : メールの編集 他のユーザーに通知する

More information

目次序文 適用範囲 引用文書 用語と定義 一般要求事項 法的及び契約上の事項 法的責任 認証の合意 ライセンス, 認証書及び適合マークの使用... 5

目次序文 適用範囲 引用文書 用語と定義 一般要求事項 法的及び契約上の事項 法的責任 認証の合意 ライセンス, 認証書及び適合マークの使用... 5 認定の基準 についての分野別指針 - 水産物 - JAB PD367:2018D2 第 1 版 :2018 年 mm 月 dd 日 公益財団法人日本適合性認定協会 初版 :2018-dd-mm -1/12- 目次序文... 3 1. 適用範囲... 3 2. 引用文書... 4 3. 用語と定義... 4 4. 一般要求事項... 5 4.1. 法的及び契約上の事項... 5 4.1.1 法的責任...

More information

カタログ検索・手配システム 依頼元(営業)用操作マニュアル Ver1.0

カタログ検索・手配システム 依頼元(営業)用操作マニュアル Ver1.0 ドキュメント在庫管理システム営業用操作マニュアル (2005/03/25) 1/17 このシステムを利用するには InternetExplorer5.0 以降または NetscapeNavigator4.7 以降が必要です また ブラウザの設定で JavaScript SSL を有効に設定しておく必要があります このマニュアルは以下の構成となっています ドキュメント手配の基本フロードキュメント手配の基本的なフローは以下のようになります

More information

個人住民税納付サービス

個人住民税納付サービス 個人住民税納付サービス 個人住民税納付サービスとは 個人住民税納付サービス は 貴社の口座から 個人住民税額を振込み納付するサービスです 個人住民税納付サービスの処理の流れは 次のとおりです 1 納付データ作成 ( 金額 資金引落口座 振込日の入力 ) 各市区町村に振込む税額 振込日 ( 納付期日 ) などを入力して 納付データを作成します 送信が正常に終了すると 送信完了画面が表示されます 送信したデータは

More information

株式会社ビービーシー 平成 25 年月日 パソコン入れ替え ( 追加 ) 申込書 遠隔操作により作業する場合のお申込書です 出張サービスをご希望の場合はお電話にて承ります 1( 別紙 A B C) をご参照の上, ご利用形態欄の数字を〇で囲み, 金額 ( 税別 ) をご記入願います ご不明の点は, 弊社サポート専用 (TEL:03-6302-0610) までお問い合わせ願います ご利用形態 ( 入れ替えの対象

More information

2. 利用可能時間帯 問い合わせ先 (1) e-radの利用可能時間帯 ( 月 ~ 金 ) 午前 6:00~ 翌午前 2:00まで ( 土 日曜日 ) 正午 ~ 翌午前 2:00までなお 祝祭日であっても 上記の時間帯は利用可能です ただし 上記利用可能時間帯であっても緊急のメンテナンス等により サ

2. 利用可能時間帯 問い合わせ先 (1) e-radの利用可能時間帯 ( 月 ~ 金 ) 午前 6:00~ 翌午前 2:00まで ( 土 日曜日 ) 正午 ~ 翌午前 2:00までなお 祝祭日であっても 上記の時間帯は利用可能です ただし 上記利用可能時間帯であっても緊急のメンテナンス等により サ 府省共通研究開発管理システム (e-rad) による申請に当たっての操作マニュアル科学技術人材育成費補助金 テニュアトラック普及 定着事業 1.e-Radによる応募 テニュアトラック普及 定着事業 の公募は 府省共通研究開発管理システム(e-Rad) を用いた電子公募にて行います e-rad を利用した応募の流れは下図の通りです e-rad を利用した応募の流れ (1) 研究機関および研究者情報の登録

More information

< 目次 > 1. このアプリについて [P3] 2. アプリのインストール方法 [P3~] 2-1. Android 版アプリケーション 2-2. Web 版アプリケーション 3. アプリの流れについて [P4~] 4. 各クライアントアプリの操作方法 [P9~] 4-1. Android 版アプ

< 目次 > 1. このアプリについて [P3] 2. アプリのインストール方法 [P3~] 2-1. Android 版アプリケーション 2-2. Web 版アプリケーション 3. アプリの流れについて [P4~] 4. 各クライアントアプリの操作方法 [P9~] 4-1. Android 版アプ アーチェリーリアルタイム対戦システム Args( アーグス ) 取扱説明書 宮城県工業高等学校情報研究部 プロジェクトチーム Args 2016/01/09 更新版 < 目次 > 1. このアプリについて [P3] 2. アプリのインストール方法 [P3~] 2-1. Android 版アプリケーション 2-2. Web 版アプリケーション 3. アプリの流れについて [P4~] 4. 各クライアントアプリの操作方法

More information

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて Keysight Software Manager (KSM) でのライセンス発行手続きについて EDA Technical Support Japan Codeword Center Updated August 1, 2014 ご自身による簡単な操作で Keysight 製品のライセンスを 即時に発行することができます Contents Keysight Software Management

More information

平成11年6月8日

平成11年6月8日 境港市空家の適正管理に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 境港市空家の適正管理に関する条例 ( 平成 26 年境港市条例第 10 号 以下 条例 という ) 第 15 条の規定に基づき 条例の施行について必要な事項を定めるものとする ( 立入調査員証 ) 第 2 条条例第 7 条第 2 項に規定する身分を示す証明書は 立入調査員証 ( 式第 1 号 ) とする ( 指導の方法 )

More information

9100 Key Changes Presentation

9100 Key Changes Presentation 管理者向け資料 注意事項 : この資料は,IAQG の Web サイトに掲載されている 9100 次期改正動向説明資料の 9100 revision 2016 Executive Level Presentation October 2016 を翻訳 / 一部補足したものです 和訳の内容が不明確な場合は原文 ( 英文 ) を参照願います 翻訳 編集 :JAQG 規格検討ワーキンググループ作成 :IAQG

More information

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン エンドポイントウィルス対策サービス モバイル端末利用者向けマニュアル [ エンドポイントウィルス対策サービス利用者さま向け ] 0 年 8 月 日 Version.0 bit-drive Copyright 0 Sony Business Solutions Corporation 目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加

More information

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全 サイバー犯罪に対する意識調査について調査集結果 調査期間 H26.10.17 ~ H26.10.31 回答率 90.9% 回答者数 231 人 問 1 あなたがインターネットを使うとき 利用している機器は何ですか この中からいくつでもあげてください デスクトップ型パソコン 75 32.5% ノート型パソコン 123 53.2% タブレット型パソコン 30 13.0% 携帯電話機 ( スマートフォンは含まない

More information

第 2 号様式 道路の位置の指定の権利者一覧 権利を有する権利種別権利を有する者の住所氏名土地の表示 別添申請図書のとおり 道路の位置の指定を承諾します 申請者 住所 氏名 印 ( 注意事項 ) 1. 事前協議承諾後に工事すること ( 位置の指定は道路築造後に本申請することになります ) 当該申請は

第 2 号様式 道路の位置の指定の権利者一覧 権利を有する権利種別権利を有する者の住所氏名土地の表示 別添申請図書のとおり 道路の位置の指定を承諾します 申請者 住所 氏名 印 ( 注意事項 ) 1. 事前協議承諾後に工事すること ( 位置の指定は道路築造後に本申請することになります ) 当該申請は 第 1 号様式 申請者 印 道路の位置の指定事前協議申請書 建築基準法第 42 条第 1 項第 5 号の規定により 道路の位置の指定の事前協議を申請します この申請書及び添付図面に記載の事項は 事実と相違ありません 1. 申請者住所 2. 代理人 [ 設計に関する資格 ] 住所 3. 申請地の地名 地番 ( 位置指定道路の部分 ) 4. 用途地域 5. 道路部分の面積 6, 宅地部分の面積 7, 合計面積

More information

申請重症疾患日付同意既存無経由無区町村様式第 号 特定疾患医療受給者証 交付申請書 入力用 次のどれか つの番号に をしてください. 以前で特定疾患認定をうけていたことがある 申請番号 認定番号 認定日. 身体障害者手帳 ( 級 級 ) の写しのうちいずれかひとつ ) 経由 受理回送H 区分 同H

申請重症疾患日付同意既存無経由無区町村様式第 号 特定疾患医療受給者証 交付申請書 入力用 次のどれか つの番号に をしてください. 以前で特定疾患認定をうけていたことがある 申請番号 認定番号 認定日. 身体障害者手帳 ( 級 級 ) の写しのうちいずれかひとつ ) 経由 受理回送H 区分 同H 日付添付同意既存有無経由有無市 郡区町村様式第 号 特定疾患医療受給者証交付申請書 本課用 次のどれか つの番号に をしてください. 以前で特定疾患認定をうけていたことがある 事務処理欄 ( 職員が記入いたします ) 申請重症疾患申請番号 認定番号 認定日. 身体障害者手帳 ( 級 級 ) の写しのうちいずれかひとつ ) 経由 受理回送H 区分 右の欄に申請者名などをご記入ください ( 押不要 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション T-SC-GB-OM-02A 入札情報公開サービスシステム (PPI) < 受注者向け > 入札情報公開サービスシステム (PPI) は 案件情報 入札結果 質問回答 資格者名簿 指名停止 といった入札に関する情報をインターネット上に公開するシステムです この情報は 入札参加者のみならず どなたでも閲覧することができます Rev1.1 1 入札情報サービスシステムの共通機能 1-1 共通機能 (1)

More information

はじめに 本資料は 新規パートナー社として または登録済みのパートナー社の新規ご担当者様が登録申請いただく場合の手順をまとめています 登録済みのパートナー社様で新規ご担当者様として登録いただく場合は ご登録済み社名と同じドメインのメールアドレスでご登録ください 氏名 住所などは個人名でも部署名でも必

はじめに 本資料は 新規パートナー社として または登録済みのパートナー社の新規ご担当者様が登録申請いただく場合の手順をまとめています 登録済みのパートナー社様で新規ご担当者様として登録いただく場合は ご登録済み社名と同じドメインのメールアドレスでご登録ください 氏名 住所などは個人名でも部署名でも必 アライアンスパートナープログラム 新規パートナー登録のご案内資料 Rev.4.00 2016 年 6 月 8 日ルネサスアライアンスパートナー事務局 toolpartner@renesas.com はじめに 本資料は 新規パートナー社として または登録済みのパートナー社の新規ご担当者様が登録申請いただく場合の手順をまとめています 登録済みのパートナー社様で新規ご担当者様として登録いただく場合は ご登録済み社名と同じドメインのメールアドレスでご登録ください

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

30X 特例収納の事務の取り扱い(案)

30X 特例収納の事務の取り扱い(案) 家族割引規程 制定平成 20.11.20 最終改正平成 26. 4.01 日本放送協会放送受信規約 ( 以下 規約 といいます ) 第 5 条の4に定める同一生計支払に関する特例 ( 家族割引 ) の手続き等については この規程によるものとします 1 適用の要件住居に設置した受信機の放送受信契約について その放送受信契約者が家族割引の適用を受けようとする場合 ( この場合の 家族割引の適用を受ける放送受信契約を

More information

_mm_h1

_mm_h1 http://www.mcf.co.jp http://www.ricoh-japan.co.jp/ http://www.hitachi-medical.co.jp http://www.suntory-sc.com/ http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/ http://www.photron.co.jp/products/medical/ URLhttp://jp.abeam.com/

More information

WEB規格書システムへの アップロード⇒登録の手順について

WEB規格書システムへの アップロード⇒登録の手順について WEB 規格書システムへの エクセル記入 登録 差戻し の手順について 登録作業がカンタンになりました! 新保哲也アトリエサイト (shimpotetsuya2012) 専用 ver.1.0 1 A: ココからスタート! 商品毎にエクセルフォーマットの規格書を作成し 全シートへの入力を完成させて下さい マクロ機能を利用した自動精査機能が付いてますので マクロを有効にして作業して下さい B: データ送り込み

More information

特集 マイナンバーの取り扱いについて 平成 28年 1月より マイナンバー制度が導入されました 同制度の導入から 4ヶ月ほど経っていますが マイナンバーの通知が始まった昨年の 10月以降 通知カードが届かないなど 色々なトラブルも生じています 今回 確認の意味も含めまして マイナンバーの取り扱いに関

特集 マイナンバーの取り扱いについて 平成 28年 1月より マイナンバー制度が導入されました 同制度の導入から 4ヶ月ほど経っていますが マイナンバーの通知が始まった昨年の 10月以降 通知カードが届かないなど 色々なトラブルも生じています 今回 確認の意味も含めまして マイナンバーの取り扱いに関 和和 CONTENTS 特集 マイナンバーの取り扱いについて 平成 28年 1月より マイナンバー制度が導入されました 同制度の導入から 4ヶ月ほど経っていますが マイナンバーの通知が始まった昨年の 10月以降 通知カードが届かないなど 色々なトラブルも生じています 今回 確認の意味も含めまして マイナンバーの取り扱いに関すること等を 当医療法人親和会と 患者 利用者様に係ることを中心にまとめてみました

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

購買ポータルサイトyOASIS(サプライヤ用) b

購買ポータルサイトyOASIS(サプライヤ用) b 購買ポータルサイト yoasis 簡易説明 ( サプライヤ用 ) 横河電機株式会社 本書は 購買ポータルサイトの簡易的な基本操作について記載してあります 詳細な操作方法については 別冊の 購買ポータルサイト取扱説明書.pdf をご覧下さい ( 本資料では お取引先様 を サプライヤ と表記しています ) 本書の内容は 性能 / 機能の向上などにより 将来予告なしに変更することがあります 実際の画面表示内容が

More information

<4D F736F F F696E74202D F938C8B9E979D89C891E58A77976C5F91B28BC690B68CFC82AF E67654F6E6C696E B B837D836A B5F76312E322E707074>

<4D F736F F F696E74202D F938C8B9E979D89C891E58A77976C5F91B28BC690B68CFC82AF E67654F6E6C696E B B837D836A B5F76312E322E707074> メール / スケジュールユーザーマニュアル for WEB (IE Firefox) 2014 年 01 月 20 日初版 2014 年 02 月 10 日二版 INDEX 1. サインイン 1.1. Office 365 へのサインイン 1.2. パスワードを忘れたときは 2. メール 2.1. 受信したメールを確認する 2.2. メールを新規作成して送信する 2.3. ファイルを添付する 2.4.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 3 月 11 日 情報システム課 第 1.0 版 1 目次 < 目次 > 1 目次 2ログインとログアウトパスワードを忘れたとき 3ホームとトップページ 4 予定表スケジュールの管理方法 5ステータス在席情報の確認方法 P1 P2 P3 P4-P6 P7 次のページから 操作方法と主な機能について説明します 6 マイグループ 画面表示するユーザの設定 7 施設予約 会議室の予約方法 8

More information

3 更新 廃棄の手続き受付期間 継続の手続きの受付期間は 凍結期限 3 ヶ月前から期限当日までとなります 4 凍結保管期限更新申請にあたってのご注意 申請書には 捺印と日付の記入をお忘れなくお願い致します 署名 捺印について : 必ずそれぞれご本人が直筆で署名し ご自身の手により捺印をお願いします

3 更新 廃棄の手続き受付期間 継続の手続きの受付期間は 凍結期限 3 ヶ月前から期限当日までとなります 4 凍結保管期限更新申請にあたってのご注意 申請書には 捺印と日付の記入をお忘れなくお願い致します 署名 捺印について : 必ずそれぞれご本人が直筆で署名し ご自身の手により捺印をお願いします 初回 次回 2 年目等 凍結保存物の保管期限と 次回更新のご案内 この用紙は 次回の更新まで大切に保管をお願いします ID. 今回 ( 凍結 更新 ) した凍結保存物の 凍結保管期限は 20 年月日までです お手続きの受付期間は 更新期限の 3 ヶ月前から期限当日までとなります ご注意 凍結保存期限を経過しますと廃棄のご意思と判断させていただきます 凍結保管期限更新 廃棄 のいずれの場合もお手続きが必要です

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました 以下より 該当する現象を選択してください 2014.4.30 改定 ver. 目次 0. 必ずお読み下さい ユーザサポートツールが新しくなりました 2 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 3 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 7 3. Windows8

More information

CW3_AZ259A01.indd

CW3_AZ259A01.indd 薬 に関する セルフチェック確認チャレンジ!! 医薬品の正しい使い方 医薬品と健康 についての学習はいかがでしたか 学習後に 再度 薬 に 関するセルフチェック の確認のためにチャレンジしてみてください なお の数字は冊子の各章に対応しています 病院などで出される 薬 は ① といい 医師 歯科医師による ② ラッグストア 等でも買える 薬 は ③ といい ② が必要です 一方 薬店 ド は不要ですが

More information

7 申請書の送付先郵便局の窓口で 簡易書留 にて 下記住所へ郵送してください この送付先を切り取り 封筒に貼付けて使用してください 東京都江東区有明 公益財団法人理容師美容師試験研修センター 美新規担当 -2-

7 申請書の送付先郵便局の窓口で 簡易書留 にて 下記住所へ郵送してください この送付先を切り取り 封筒に貼付けて使用してください 東京都江東区有明 公益財団法人理容師美容師試験研修センター 美新規担当 -2- 美容師免許証新規申請手続きのご案内 美容師国家試験に合格した方が 美容師免許を取得する申請です 必要書類 1 美容師免許申請書 2 登録免許税 9,000 円 ( 収入印紙 ) 3 申請手数料 5,200 円 振替払込請求書兼受領証 又は ご利用明細票 4 戸籍の個人事項証明書( 戸籍抄本 ) 又は 本籍が記載された住民票 5 精神機能の障害の有無 を記載した医師の診断書 6 合格証書 ( 平成 12

More information

238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろ

238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろ 238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろうか この あ に関して あいづち研究の中では 主に 理解して いる信号 堀口1 7 として取り上げられているが

More information

Microsoft Word - SynopsysSignIn_RegHelp_Japanese.docx

Microsoft Word - SynopsysSignIn_RegHelp_Japanese.docx Synopsys Sign In Registration Help Document Synopsys Sign In サイト登録ヘルプ 新規登録のお客様向け Q&A 何故 登録が必要なのですか? 当サイトのコンテンツはシノプシス ツールのユーザー様に限定して公開 させていただいています シノプシス ツールのユーザー様とは シノプ シスとのメンテナンス契約が継続中のお客様 シノプシスがご提供するユ

More information

WEB規格書システムへの アップロード⇒登録の手順について

WEB規格書システムへの アップロード⇒登録の手順について WEB 規格書システムへの エクセル記入 登録 差戻し の手順について 登録作業がカンタンになりました! 天下一品グループ Ver.3 サイト 規格書記入者様用 1 A: ココからスタート! Web 規格書システムのフローチャート ( 規格書フォーマットへの記入からまで ) 商品毎にエクセルフォーマットの規格書を作成し 全シートへの入力を完成させて下さい マクロ機能を利用した自動精査機能が付いてますので

More information

ご利用いただきありがとうございます いつも メールバンクをご利用いただきまして 誠にありがとうございます メールバンクのよくある質問をまとめましたので ご不明な点がございましたら ご活用ください 今後とも メールバンクをよろしくお願いいたします

ご利用いただきありがとうございます いつも メールバンクをご利用いただきまして 誠にありがとうございます メールバンクのよくある質問をまとめましたので ご不明な点がございましたら ご活用ください 今後とも メールバンクをよろしくお願いいたします メールバンク 使い方マニュアル よくある質問とその回答 ご利用いただきありがとうございます いつも メールバンクをご利用いただきまして 誠にありがとうございます メールバンクのよくある質問をまとめましたので ご不明な点がございましたら ご活用ください 今後とも メールバンクをよろしくお願いいたします 1. メルマガの配信方法がわかりません メルマガを配信したいのですが 配信方法が分かりません どのようにすれば

More information

(1) 鍵の更改 に追従するために 1 のソフトウェア ( 一般に BIND 又は Windows Server を利用 ) を最新版に更新する ( 今回の対策だけでなく 脆弱性への対応のためにも 最新版への更新は必須 ) 2 において DNSSEC のトラストアンカーの自動更新 の設定を行う 3

(1) 鍵の更改 に追従するために 1 のソフトウェア ( 一般に BIND 又は Windows Server を利用 ) を最新版に更新する ( 今回の対策だけでなく 脆弱性への対応のためにも 最新版への更新は必須 ) 2 において DNSSEC のトラストアンカーの自動更新 の設定を行う 3 別紙 2 DNS における電子鍵の更改について 平成 29 年 7 月 14 日 総務省総合通信基盤局データ通信課 1. 目的 DNS( ドメインネーム システム ) は www.soumu.go.jp などのホスト名 ( 人が理解しやすいようにつけたの名前 ) を インターネット上の住所である に変換するために利用される 検索 の仕組み この検索結果が第三者の成りすましにより改ざんされないよう 電子を付加した

More information

目次 1. 動作環境 メニュー画面 登録通知書 入札公告一覧 ログイン画面 パスワード変更画面 ワンタイムパスワード発行画面 入札公告一覧画面 入札日時前...

目次 1. 動作環境 メニュー画面 登録通知書 入札公告一覧 ログイン画面 パスワード変更画面 ワンタイムパスワード発行画面 入札公告一覧画面 入札日時前... 参入公募型入札システム 受注者向けマニュアル 平成 27 年 4 月 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 目次 1. 動作環境... 1 2. メニュー画面... 2 3. 登録通知書... 3 4. 入札公告一覧... 5 4.1 ログイン画面... 5 4.2 パスワード変更画面... 7 4.3 ワンタイムパスワード発行画面... 8 4.4 入札公告一覧画面... 10 4.5 入札日時前...

More information

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに

直しも行う これらの事務については 稟議規程 文書管理規程 契約書取扱規程は管理本部長が所管 情報管理規程 情報セキュリティ管理規程はコンプライアンス推進部長が所管し 運用状況の検証 見直しの経過等 適宜取締役会に報告する なお 業務を効率的に推進するために 業務システムの合理化や IT 化をさらに 平成 28 年 6 月 22 日 各 位 会社名トランスコスモス株式会社 ( 登記社名 : トランス コスモス株式会社 ) 代表者名代表取締役社長兼 COO 奥田昌孝 ( コード番号 9715 東証第一部 ) 問合せ先上席常務取締役 CFO 本田仁志 TEL 03-4363-1111( 代表 ) 内部統制システム構築の基本方針の一部改定に関する決議のお知らせ 当社は 平成 28 年 6 月 22 日開催の第

More information

<4D F736F F D A88B7182B382DC8CFC82AF82B288C493E A2E646F63>

<4D F736F F D A88B7182B382DC8CFC82AF82B288C493E A2E646F63> 平成 24 年 1 月吉日 お客さま各位 埼玉りそな銀行 りそな外為 Webサービス システム変更及び現行のログイン ID パスワード廃止のお知らせ 拝啓時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます 平素は りそな外為 Web サービス をご利用いただき 誠にありがとうございます 昨今のインターネットバンキングを対象とした不正取引の発生を踏まえて 平成 24 年 2 月 20 日 ( 月 ) より

More information

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.2 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

づき通知及び公告をした期日又は場所において意見の聴取を行うことができないときは 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更することができる 4 市長は 前 2 項の規定に基づき 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更するときは 法 14 条 7 項の規定に準じて通知し かつ 公告する ( 議長 )

づき通知及び公告をした期日又は場所において意見の聴取を行うことができないときは 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更することができる 4 市長は 前 2 項の規定に基づき 意見の聴取の期日を延期し 又は場所を変更するときは 法 14 条 7 項の規定に準じて通知し かつ 公告する ( 議長 ) 名古屋市空家等対策の推進に関する特別措置法施行細則平成 26 年 6 月 30 日規則 68 改正平成 27 年条例 98 ( 趣旨 ) 1 条この規則は 空家等対策の推進に関する特別措置法 ( 平成 26 年法律 127 以下 法 という ) の施行に関し必要な事項を定めるものとする ( 身分証明書 ) 2 条法 9 条 4 項に規定する証明書の様式は 身分証明書 ( 1 様式 ) とする ( 勧告

More information

やってみようINFINITY-写真管理 編-

やってみようINFINITY-写真管理 編- 目次 やってみよう for Wingneo INFINITY やってみよう for Wingneo INFINITY... 1 目次... 1 システムの起動... 1 写真管理に登録する写真を準備する... 1 写真管理 ( 電子納品 ) の操作方法... 2 写真整理... 2 成果区分の設定... 4 成果管理から電納編集ツールへの操作方法... 5 電納編集ツール ( 写真管理 ) の操作方法

More information

Nagios XI Webサイトの改ざん監視

Nagios XI Webサイトの改ざん監視 目的 この資料では Web サイトの改ざん 編集 悪意のあるコード挿入を監視する Web サイト改ざん監視ウィザードの使用方法について説明します Web サイト改ざん監視ウィザードを使用すれば Web サイトの改変を監視し Web サイトに好ましくないコンテンツが見つかったら通知することができます 対象読者 この資料は Web サイトの改ざんを監視したい Nagios 管理者およびエンドユーザーを対象としています

More information

072-079_精神障害BG11.10.indd

072-079_精神障害BG11.10.indd 連載 6回 第 最終回 精神障害 を事由とする 労災 障害厚生年金請求の実際 精神障害 を事由とする障害厚生年金 傷病手当金請求事例 メンタルヘルス向上を目指すWin-Winの会 特定社会保険労務士 大西 紀子 特定社会保険労務士 村上 達志 メンタルヘルス向上を目指すWin-Winの会 が考える Win-Win とは 直面している事に向き合い その問題を乗り越えることで関係する双方が得られるもののた

More information

パスワードの変更(更新時など)

パスワードの変更(更新時など) ウェブサイト利用にあたって操作上の注意パスワード変更 再発行 DUNS, NCage のデータについて SAM URL: www.sam.gov ウェブサイト利用にあたって SAM は すべての利用者にオープンされているウェブサイトです [SEARCH] の機能を使って 登録されている業者の情報を閲覧することができます ( ログインなしで 第三者に情報を公開しない というオプションを選択している業者の登録情報は閲覧できません

More information

申請者用操作マニュアル

申請者用操作マニュアル 東京都情報公開用システム 申請者用操作マニュアル 生活文化局広報広聴部情報公開課 第 1.8 版 平成 27 年 4 月 20 日 改訂履歴 版数 改訂日 改訂内容 1.0 平成 18 年 3 月 31 日 新規作成 1.1 平成 19 年 3 月 31 日 システムの変更に伴い修正 1.2 平成 20 年 3 月 31 日 Netscape Navigator サポート終了に伴い動作保証環境変更

More information

( 評定の修正 ) 第 6 条評定者は 前条の規定により評定の結果を通知した後においてかしが判明したこと等により 当該評定を修正する必要が生じたときは 速やかにこれを修正し 知事等に提出するものとする 2 前条第 2 項の規程は前項の場合において準用する ( 説明の請求 ) 第 7 条前 2 条の規

( 評定の修正 ) 第 6 条評定者は 前条の規定により評定の結果を通知した後においてかしが判明したこと等により 当該評定を修正する必要が生じたときは 速やかにこれを修正し 知事等に提出するものとする 2 前条第 2 項の規程は前項の場合において準用する ( 説明の請求 ) 第 7 条前 2 条の規 岡山県建設工事成績評定及び通知要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 岡山県農林水産部 土木部及びその他知事が特に認める機関が発注する建設工事 ( 以下 工事 という ) の技術水準の向上 品質の確保及び請負業者の指導育成を図ることを目的として 工事の成績評定 ( 以下 評定 という ) 及び評定の結果の通知 ( 以下 通知 という ) に関して必要な事項を定める ( 評定の対象 ) 第 2 条評定及び通知は

More information

Microsoft Word - 所有者周知用(全体).doc

Microsoft Word - 所有者周知用(全体).doc 耐震改修促進法に基づく報告及び認定申請に必要な書類について 長崎県土木部建築課 耐震改修促進法に基づく報告及び認定申請に必要な書類は 耐震改修促進法施行規則及び長崎県耐震改修促進法施行細則において 以下の通り定められておりますのでお知らせします 報告及び認定申請に必要な書類 ( 長崎県内の長崎市及び佐世保市を除く区域の建築物に適用 ) 申請等の区分 耐震診断の結果の報告 ( 法第 7 条 附則第 3

More information

ウツタイン様式調査オンライン処理システム

ウツタイン様式調査オンライン処理システム 別添 1 1 1 はじめに 平成 26 年度の救急業務実態調査については 統計調査系システムの救急 ウツタイン様式調査業務 ( 以下 救急 ウツタイン調査業務 という ) を利用して報告することとなっております 平成 20 年度からは 原則的に現況調べデータによる報告は廃止されています 本書は 平成 26 年度における統計調査系システムの救急 ウツタイン様式調査業務を用いた報告方法 に適用します (1)

More information