untitled

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "untitled"

Transcription

1 免疫を極める Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー CD1d テトラマー

2

3 目次 Pro5 MHC クラスⅠペンタマー... 2 はじめに... 2 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーの長所...3 製品リスト... 4 カスタム Pro5 MHC クラスⅠペンタマー... 5 迅速合成サービス... 5 迅速合成サービスの仕様...5 製品リスト... 5 カスタマーケーススタディ... 6 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーの特異性...7 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーの特性...20 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーの染色プロトコール Pro5 MHC クラスⅠペンタマーと細胞内サイトカインの染色...23 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーと磁気ビーズを使用した抗原特異的 T 細胞の濃縮...25 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを用いた組織染色...27 ワクチンと免疫療法の開発...27 ヒトとマウスの CD1d テトラマー さらなる利便性のためのリガンド (α-galcer) 結合済 CD1d テトラマー ヒトとマウスの CD1d テトラマーネガティブコントロール ヒト CD1d テトラマー マウス CD1d テトラマー 有用なリンク集...32 日本人顧客による論文選集...32

4 PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー 抗原特異的 T 細胞を検出するための再現性の最も高い技術です はじめに Pro5 ペンタマーが最高の MHC マルチマー製品であることが 650 報以上の論文で示されています Pro5 MHC クラスⅠペンタマーは 独自の商標登録済みの実績のある技術であり 免疫モニタリング 抗原特異的 T 細胞の解析 エピトープバリデーションの分野におけるリーダーにより使用されています 世界中の業者の中で MHC マルチマーに関する論文が最も急増しているのは ProImmune 社です 現在 Pro5 ペンタマーの使用を引用する論文は 650 報を超えており インパクトファクターが上位であるジャーナル ( 例えば Lancet Journal of Immunology Journal of Experimental Medicine Blood など ) に論文が掲載されています ProImmune の詳細なプロトコールと技術経験は顧客の信頼を得ており 研究をサポートし 推進しています 希少な抗原特異的 T 細胞集団を検出する際 再現性のある結果を与える高感度で正確な研究ツールの重要性に気付くでしょう Pro5 ペンタマーが解決します Pro5 ペンタマーは 主要組織適合複合体 (MHC) アリルとペプチドの組み合わせによって決定される特定の特異性を有する T 細胞受容体に直接結合します ペンタマーを使用して リンパ球中の 0.02% ほどの希少な抗原特異的 CD8 + T 細胞集団を検出し 分離することができます ペンタマーは 詳細なエピトープ解析やさらなる免疫モニタリングにも適しています 品質や安定性にばらつきがある大学や非営利の提供者からのテトラマーとは異なり ペンタマーは優れた構造が利点であり 多くの厳密な品質管理工程を含む専門的基準で作製されています ペンタマー技術を使用して 正確で再現性のある結果を得ることができます Pro5 ペンタマーは コイルドコイルドメインを通じて会合した 5 つの MHC ペプチド複合体を含みます その構造のため ペンタマー中の 5 つすべての MHC ペプチド複合体が 相補的 T 細胞受容体 (TCR) に結合可能です 各ペンタマーは 明るく効率的な標識のために 5 つの蛍光タグまたはビオチンタグも含みます 対照的に MHC テトラマー技術は 四面体錯体中に保持される MHC ペプチド複合体であり その空間的構成のために わずか 3 つの MHC ペプチド複合体しか TCR に結合できません 図 1:Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーのイメージ ( 各構成要素の 1 つを強調 );MHC ペプチド複合体 ( 赤色 暗青色 ) コイルドコイルドメイン ( 明青色 ) 蛍光タグ ( ピンク ) 2

5 ProImmune 社は 最も幅広い MHC クラスⅠマルチマー複合体を市販しています ProImmune では 広範な感染性疾患 ( インフルエンザ CMV B C 型肝炎 HIV EBV など ) のための 200 を超えるペンタマー ならびに癌関連エピトープとモデル抗原を提供しています カスタムペンタマーも入手可能です 弊社は 様々な適用での Pro5 ペンタマー製品の社内試験 Pro5 MHC ペンタマーの特徴において広範な経験を有しています そのため 関連する適再現性の高さ蛍光標識の選択における柔軟性用においてお客様を十分にサポートすることができます お豊富な製品ラインナップ客様が弊社の技術を最大限に使用するためにお役に立ちま T 細胞受容体への高い結合親和性す また 弊社のホームページで豊富な情報 ( プロトコール より明るい蛍光適用データ 及びケーススタディ ) にアクセスすることがで長期保存性きます これらによって ワクチン研究 細胞内サイトカイン染色 細胞分離などの分野に適用される ProImmune 社製品を用いたお客様の成功を知ることができます Pro5 MHC クラスⅠペンタマーに関するさらなる情報については以下にアクセスして下さい PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーの長所 親和性 & 構成明るさ標識の柔軟性安定性 Pro5 ペンタマー Pro5 ペンタマー 1 つ当たり 5 つの MHC ペプチド複合体が TCR と結合するので 親和性相互作用が増強する 独自の標識技術によって 5 つまでの蛍光標識を各 Pro5 ペンタマーに付着させることができ より明るいシグナルを発する ビオチン標識ペンタマーと未標識ペンタマー ( 好みの蛍光色素で標識できる ) によって 可能な適用範囲が最大になる 未標識 Pro5 ペンタマーを 80 で長期保存し 必要に応じて使用することができる テトラマー 四面体構成で保持された MHC ペプチド複合体によって 典型的には 3 つの MHC ペプチド複合体だけが TCR に結合できる 本来 テトラマーは 複合体の中央に位置づけられる 1 つの蛍光標識を持つ テトラマー ( 蛍光標識ストレプトアビジンを用いてビオチン化 MHC モノマーをマルチマー化することにより作製される ) は あらかじめ標識して供給されなければならない 蛍光色素を取り込んだテトラマーは 4 で保存しなければならない テトラマーの保存期間が短くなる 図 2 A*02:01/GILGFVFTL (Flu MP) 10 4 Pro5 Pentamer 1.4% 10 4 Tetramer 1.33% 図 2: 末梢血単核細胞 (PBMC) サンプルでの MHC マルチマー染色 vs. 示した各抗原に対して特異性を有する 個の PBMC を Pro5 ペンタマーまたはテトラマーで染色した 図は生細胞を示し ペンタマー vs. テトラマーで染色された細胞での感度と平均蛍光強度の増加を実証する MHC Multimer R-PE B*08:01/RAKFKQLL (EBV BZLF-1) % 0.60%

6 PRO5 MHC クラス I ペンタマー 製品リスト Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー Pro5 ペンタマーは tests 分の容量で入手可能です 未標識で または R-PE APC 又はビオチンから選んで標識して供給することができます R-PE または APC 蛍光 Pro5 フルオロタグと Pro5 ビオタグを tests に対応する量で 未標識ペンタマーとの使用のために別々に入手可能です Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーと抗 CD8 キット Pro5 ペンタマー分析は CD8 + T 細胞集団の同時染色を用いて行わなければなりません すべてのペンタマーは FITC 標識された抗 CD8 モノクローナル抗体 ( ヒトまたはマウス ) を含むキットでも入手可能です キット中で供給される抗体クローンは ペンタマー製品との併用での優れた性能について試験されており 別個の一定分量で提供されます そのため 最適な作業希釈率を見つけるために 使用者は抗体を滴定することができます マッチドペプチドを 1 mg または 2 mg 量で利用可能です ネガティブ Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー 多くの抗原特異的 T 細胞応答は 特に癌や自己免疫疾患において頻度が非常に低く 小集団の検出を非常に困難にします これに対処するために ProImmune 社では HLA-A*02:01 ネガティブコントロール Pro5 ペンタマーを供給します このペンタマーをフローサイトメトリー分析に使用し 非特異的結合のレベルを評価し 抗原特異的ペンタマーからの陽性染色をより正確に決定することができます 5 つの HLA-A2 分子を含み 各々が無関係のペプチド抗原と組み立てられ それには T 細胞応答性がないことが知られています 図 A*02:01/Negative 10 4 A*02:01/NLVPMVATV CD8-FITC 10 4 A B C A1-A3 Irrelevant peptide B1-B3 Negative peptide C1-C3 Positive peptide 図 3: 抗 CD8(LT8)(x 軸 ) および Pro5 MHC ペンタマー (y 軸 ) を用いて染色された PBMC 各プロットが約 10,000 の生リンパ球事象を示す 左プロット :HL A-A*02:01 ネガティブコントロールペンタマー ; 中央プロット : ポジティブペンタマー ; 右画像 : 無関係のペプチドに対する応答を示す ELISpot プレート (A) ネガティブコントロールペンタマーペプチド (B) およびポジティブコントロールペプチド (C) 4

7 カスタム Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー 弊社で最も試用され テストされたサービスでは 数千の新たな特異性がもたらされ お客様の研究を推進させています ProImmune 社には お客様の要求に応じたカスタム MHC マルチマーの作製において 10 年を超える経験があります 数千の異なる MHC ペプチド複合体の作製における弊社の専門知識と技術経験によって 弊社は注文試薬を効率的に提供でき 高い成功率を誇ります お客様は 通常注文されるストックアイテムと同じ再現性と信頼を注文試薬に期待することができます また すべての標識されたカスタム Pro5 ペンタマーには 6 ヶ月間の品質保証が付き すべての未標識カスタムペンタマーには 12 ヶ月間の保証が付きます 迅速合成サービス プロジェクトにおいて時間が重要である場合 わずかな期間で発送されるカスタムペンタマーを選ぶことができます このサービスはペプチド合成を含み MHC マルチマー ( 例 テトラマー ) の他の供給業者 ( 商業的に作製されるか または コア施設により作製されるかを問わず ) の時間スケールを打ち負かすように計画されています 迅速合成カスタムペンタマーは 弊社の標準的なデリバリーカスタムペンタマーと同じ妥協のない品質基準で作製されており 同じ保証が付いております PRO5 MHC クラス I ペンタマー 迅速合成サービスの仕様 (1) 迅速合成サービスは 1 注文当たり最高 4 つのカスタム MHC クラスⅠペンタマーと 50 のテストパックサイズに限られます (2) 迅速合成サービスは 注文時での入手可能性に左右されます (3) 提出されたカスタムペプチド配列が カスタムペンタマー合成についての ProImmune 社の設定基準に合格した場合に注文が受け付けられます すべての関連情報が提供され 注文処理が可能になります 注文の受け付け 処理に続き 確認メールがお客様に送付され 発送予定日をお知らせします (4) 各迅速合成カスタムペンタマーには 標準的なカスタムペンタマーセットアップ料金に加えて 迅速合成料金が課されます 詳細はお問合せ下さい 配達予定日は輸送条件や目的地によって異なります 製品リスト カスタム Pro5 MHC クラスⅠペンタマー R-PE APC またはビオチンを用いて標識 別個の R-PE または APC 標識 Pro5 フルオロタグあるいは Pro5 ビオタグとの使用のために未標識 マッチドペプチド 1 mg または 2 mg 量 純度 >70% で入手可能な 同じ特異性の対応するマッチドペプチドは カスタムペンタマーと同時に または注文後に注文しなければなりません 5

8 PRO5 MHC クラス I ペンタマー カスタム Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーおよび抗体キット カスタム Pro5 ペンタマーは FITC 標識された抗 CD8 モノクローナル抗体 ( ヒトまたはマウス ) を含むキットとしても入手可能です カスタム合成セットアップ料金 カスタム Pro5 ペンタマーには 通常 返金不可である少額のセットアップ料金が課され それは各アイテムについて 1 回適用され 注文の受け付け時に ProImmune 社から送り状が送られます セットアップ料金は同じペンタマーの再注文には適用されません カスタムペンタマーの価格には 特異的なカスタムペプチドの合成が含まれます 迅速合成料金 各迅速合成カスタムペンタマーには 標準的なカスタムペンタマーセットアップ料金に加えて 迅速合成料金が課されます 上で設定した迅速合成サービスの仕様に従って料金が課されます ProImmune 社では 関連 MHC アリルへのペプチドの十分な結合に自信がある場合にだけカスタム Pro5 ペンタマーの合成に進みます 通常 SYFPEITHI 予測アルゴリズム ( を使用して 親和性スコアが 21 以上の場合に合成が進みます 結合についての十分な裏付け証拠が得られる場合に より低いスコアリングペプチドが考えられます 標準的なデリバリーカスタム Pro5 ペンタマーは 4 6 週間内に発送します カスタム Pro5 ペンタマー合成に利用可能な MHC アリル Human HLA Mouse H-2 Simian A*01:01 B*07:02 Db Mamu-A*01 A*02:01 B*08:01 Dd Mamu-A*02 A*03:01 B*14:02 Kb A*11:01 B*15:01 Kd A*11:03 B*27:05 Ld A*24:02 B*35:01 A*29:02 B*35:08 A*68:01 B*40:01 B*54:01 Other: Chimeric A*02:01/Kb カスタマーケーススタディ 前立腺癌におけるエピトープの発見マウスにおける PSA の免疫優性 CTL エピトープの特性付けにおける H-2Db/HCIRNKSVI(PSA 65-73) カスタム Pro5 MHC クラスⅠペンタマーの使用 6

9 Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーの特異性 以下の Pro5 ペンタマー複合体はカタログアイテムとしてすべて入手可能です 新しい特異性が増え続けるため お客様の目的とするエピトープがリストにない場合にはお問い合わせ下さい 代わりに 迅速合成または 4 6 週間内 ( 標準合成 ) にお客様の仕様に合わせたカスタムペンタマーを作製することができます キー : S = ストックペンタマー : 早目に発送します A = 利用可能なペンタマー : 追加の調製を必要とする場合としない場合があります 自己免疫 コードアリル 配列 由来 851 A*02:01 HLVEALYLV Insulin B chain A 151 A*02:01 KLQVFLIVL T1D Diabetes human preproinsulin IAPP 5-13 A 954 A*02:01 LNIDLLWSV T1D Diabetes IGRP A 470 A*02:01 SLSRFSWGA Myelin basic protein A 393 A*02:01 VMNILLQYV GAD A PRO5 MHC クラス I ペンタマー 7

10 A2/LML Pentamer R-PE PRO5 MHC クラス I ペンタマー 癌 コードアリル 配列 由来 データ 599 A*02:01 ALDVYNGLL Prostatic Acid Phosphatase Precursor (PAP) A 600 A*02:01 ALFDIESKV PSM P2 (prostate) A 086 A*02:01 ALQPGTALL Prostate Stem Cell Antigen (PSCA) S 527 A*02:01 ALYVDSLFFL PRAME PRA A 082 A*02:01 ELAGIGILTV MelanA / MART 図 4 S 1013 A*02:01 FLGYLILGV Prostatic Acid Phosphatase (PAP-3) A 404 A*02:01 FLTPKKLQCV Prostate Specific Antigen-1 (PSA-1) A 034 A*02:01 FLWGPRALV MAGEA A 813 A*02:01 FVGEFFTDV GPC (overexpressed in hepatocellular carcinoma) A 560 A*02:01 GLMEEMSAL Human Mena protein (overexpressed in breast cancer) A 389 A*02:01 GLYDGMEHL MAGEA A 125 A*02:01 GVLVGVALI Carcinogenic Embryonic Antigen (CEA) A 249 A*02:01 HLSTAFARV G250 (renal cell carcinoma) A 085 A*02:01 ILAKFLHWL Telomerase 図 5 S 210 A*02:01 ILHNGAYSL HER-2/neu A 329 A*02:01 ILLWQPIPV Prostatic Acid Phosphatase (PAP-3) A 046 A*02:01 IMDQVPFSV gp100 (pmel17) S 214 A*02:01 KIFGSLAFL HER-2/neu S 646 A*02:01 KLFGTSGQKT EGF-R A 405 A*02:01 KLQCVDLHV Prostate Specific Antigen A 859 A*02:01 KLQDASAEV HM1.24-aa A 057 A*02:01 KTWGQYWQV gp100 (pmel17) A 302 A*02:01 KVAELVHFL MAGEA A 171 A*02:01 KVLEYVIKV MAGEA A 810 A*02:01 LIAHNQVRQV HER-2/neu A 205 A*02:01 LLGRNSFEV p A 690 A*02:01 LLHETDSAV PSMA/PSM-P A 208 A*02:01 LLLLTVLTV MUC A 391 A*02:01 LMLGEFLKL Survivin 図 6 S 338 A*02:01 QLCPICRAPV Livin/ML-IAP A 212 A*02:01 RLLQETELV HER-2/neu S 117 A*02:01 RLVDDFLLV Telomerase Reverse Transcriptase A 1056 A*02:01 SLFLGILSV CD (B cell malignancies) A 390 A*02:01 SLLMWITQV NY-ESO A 1181 A*02:01 SLSEKTVLL CD59 glycoprotein precursor A 958 A*02:01 SLVDVMPWL Cytochrome p450 1B A 915 A*02:01 TLPGYPPHV PAX A 561 A*02:01 TMNGSKSPV Human Mena protein A 097 A*02:01 VISNDVCAQV Prostate Specific Antigen-1 (PSA-1) A 689 A*02:01 VLAGGFFLL PSMA A 781 A*02:01 VLDGLDVLL PRAME A 250 A*02:01 VLQELNVTV Leukocyte Proteinase-3 (Wegener's autoantigen) 図 7 S 157 A*02:01 VLYRYGSFSV gp100 (pmel17) A 058 A*02:01 YLEPGPVTA gp100 (pmel17) S 394 A*02:01 YLFFYRKSV mtert A 645 A*02:01 YLNTVQPTCV EGF-R A 447 A*02:01 YLQVNSLQTV Telomerase Reverse Transcriptase (htrt) A A2/ELA Pentamer R-PE % 0.83% 図 4: ヒト PBMC の A*02:01/ ELAGIGILTV( MelanA/MART- 1)Pro5 ペンタマー染色 A2/ILA Pentamer R-PE % 0.32% CD8 PECy5 図 5: 抗原特異的ヒト PBMC の A*02:01/ILAKFLHWL Pro5 ペンタマー染色 % 1.02% CD8 PECy5 図 6: 抗原特異的ヒト PBMC の A*02:01/LMLGEFLKL Pro5 ペンタマー染色 A2/VLQ Pentamer R-PE % 0.11% 図 7:T 細胞株の A*02:01/ VLQELNVTV Pro5 ペンタマー染色 8

11 癌 ( 続き ) コードアリル 配列 由来 データ 075 A*02:01 YLSGANLNL Carcinogenic Embryonic Antigen (CEA) 図 8 S 118 A*03:01 ALLAVGATK gp100 (pmel17) A 264 A*03:01 ATGFKQSSK bcr-abl 210 kda fusion protein A 087 A*03:01 KQSSKALQR bcr-abl 210 kda fusion protein 図 9 S 230 A*24:02 AFLPWHRLF Tyrosinase A 416 A*24:02 EYLQLVFGI MAGEA A 421 A*24:02 TFPDLESEF MAGEA A 209 A*24:02 TYACFVSNL Carcinogenic Embryonic Antigen (CEA) A 417 A*24:02 TYLPTNASL HER-2/neu A 418 A*24:02 VYGFVRACL Telomerase Reverse Transcriptase (htrt) A 094 B*08:01 GFKQSSKAL bcr-abl 210 kda fusion protein 図 10 A 185 H-2Kb SVYDFFVWL Tyrosinase related protein A 814 H-2Kd EYILSLEEL GPC A 150 H-2Ld LPYLGWLVF Tumor Antigen P 図 11 A PRO5 MHC クラス I ペンタマー A2/YLS Pentamer R-PE % 1.24% A3/KQS Pentamer R-PE % 3.89% B8/GFK Pentamer R-PE % 7.62% Ld/LPY Pentamer R-PE % 26.32% 図 8: 抗原特異的ヒト細胞の A*02:01/YLSGANLNL(CEA) Pro5 ペンタマー染色 図 9:T 細胞株の A*03:01/KQS SKALQR Pro5 ペンタマー染色 図 10:T 細胞株の B*08:01/ GFKQSSKAL Pro5 ペンタマー染色 図 11: 抗原特異的脾細胞の H- 2Ld/LPYLGWLVF Pro5 ペンタマー染色 アデノウイルス コードアリル 配列 由来 データ 686 A*01:01 TDLGQNLLY Adenovirus 5 Hexon 図 12 A 684 A*24:02 TYFSLNNKF Adenovirus 5 Hexon 図 13 A 989 B*07:02 KPYSGTAYNAL Adenovirus Hexon A A1/TDL Pentamer R-PE % 3.03% A24/TYF Pentamer R-PE % 0.21% CD8 APC CD8 APC 図 12:T 細胞株の A*01:01/TD LGQNLLY Pro5 ペンタマー染色 図 13:T 細胞株の A*24:02/TY FSLNNKF Pro5 ペンタマー染色 9

12 PRO5 MHC クラス I ペンタマー クラミジア コードアリル配列由来 334 A*02:01 RLNMFTPYI Chlamydia trachomatis MOMP A サイトメガロウイルス (CMV) コードアリル 配列 由来 データ 739 A*01:01 VTEHDTLLY HCMV pp A 266 A*01:01 YSEHPTFTSQY HCMV pp A 008 A*02:01 NLVPMVATV HCMV pp 図 14 S 1598 A*02:01 VLAELVKQI HCMV IE A 1599 A*03:01 KLGGALQAK HCMV IE A 414 A*24:02 QYDPVAALF HCMV pp A 380 A*24:02 VYALPLKML HCMV pp A 308 B*07:02 RPHERNGFTVL HCMV pp 図 15 A 045 B*07:02 TPRVTGGGAM HCMV pp 図 16 S 691 B*08:01 QIKVRVDMV HCMV IE A 114 B*35:01 IPSINVHHY HCMV pp A 278 H-2Dd AGPPRYSRI MCMV m A 021 H-2Ld YPHFMPTNL MCMV IE S A2/NLV Pentamer R-PE % 0.99% 図 14: ヒト PBMC の A*02: 01/NLVPMVATV(CMV pp65) Pro5 ペンタマー染色 B7/RPH Pentamer R-PE % 0.33% 図 15: ヒト PBMC の B*07:02/ RPHERNGFTVL(CMV pp65) Pro5 ペンタマー染色 B7/TPR Pentamer R-PE % 0.13% 図 16: ヒト PBMC の B*07:02/ TPRVTGGGAM(CMV pp65) Pro5 ペンタマー染色 10

13 エプスタイン バーウイルス (EBV) コードアリル 配列 由来 データ 042 A*02:01 CLGGLLTMV EBV LMP 図 17 S 666 A*02:01 FLYALALLL EBV LMP 図 18 A 001 A*02:01 GLCTLVAML EBV BMLF 図 19 S 727 A*03:01 RLRAEAQVK EBV EBNA-3A A 639 A*11:01 ATIGTAMYK EBV BRLF A 199 A*11:01 IVTDFSVIK EBV EBNA A 508 A*11:01 SSCSSCPLSK EBV LMP 図 20 A 648 A*24:02 PYLFWLAAI EBV LMP A 420 A*24:02 TYGPVFMCL EBV LMP A 683 A*24:02 TYGPVFMSL EBV LMP A 044 B*07:02 RPPIFIRRL EBV EBNA-3A 図 21 S 073 B*08:01 FLRGRAYGL EBV EBNA-3A 図 22 S 489 B*08:01 QAKWRLQTL EBV EBNA-3A A 190 B*08:01 RAKFKQLL EBV BZLF 図 23 S 387 B*35:01 HPVGEADYFEY EBV EBNA A 692 B*40:01 IEDPPFNSL EBV LMP A PRO5 MHC クラス I ペンタマー A2/CLG Pentamer R-PE % 23.02% A2/FLY Pentamer R-PE % 2.95% A2/GLC Pentamer R-PE % 0.53% CD8 PECy5 図 17:T 細胞株の A*02:01/CL GGLLTMV Pro5 ペンタマー染色 CD8 PECy5 図 18:T 細胞株の A*02:01/FL YALALLL Pro5 ペンタマー染色 図 19: ヒト PBMC の A*02:01/ GLCTLVAML( EBV BMLF-1) Pro5 ペンタマー染色 A11/SSC Pentamer R-PE % 3.05% CD8 PerCP 図 20:T 細胞株の A*11:01/SS CSSCPLSK Pro5 ペンタマー染色 B7/RPP Pentamer R-PE % 0.09% 図 21: ヒト PBMC の B*07: 02/RPPIFIRRL( EBV EBNA- 3A)Pro5 ペンタマー染色 B8/FLR Pentamer R-PE % 0.44% 図 22: ヒト PBMC の B*08:01/ FLRGRAYGL(EBV EBNA-3A) Pro5 ペンタマー染色 B8/RAK Pentamer R-PE % 0.78% 図 23: ヒト PBMC の B*08: 01/RAKFKQLL(EBV BZLF-1) Pro5 ペンタマー染色 11

14 PRO5 MHC クラス I ペンタマー B 型肝炎ウイルス (HBV) コードアリル 配列 由来 データ 032 A*02:01 FLLSLGIHL HBV Polymerase S 027 A*02:01 FLLTRILTI HBV Envelope S 283 A*02:01 FLPSDFFPSI HBV Core (subtype ADR4) A 023 A*02:01 FLPSDFFPSV HBV Core antigen S 028 A*02:01 GLSPTVWLSV HBV Surface antigen A 031 A*02:01 WLSLLVPFV HBV Surface antigen 図 24 S 377 A*11:01 YVNVNMGLK HBV Core antigen A 378 A*24:02 EYLVSFGVW HBV Core A 413 A*24:02 KYTSFPWLL HBV Polymerase A 422 H-2Kb ILSPFLPLL HBV Surface antigen A 1431 H-2Kb MGLKFRQL HBV Core A 129 H-2Ld IPQSLDSWWTSL HBV Surface antigen S A2/WLS Pentamer APC % 0.08% CD8 PerCP 図 24: ヒト PBMC の A*02:01/ WLSLLVPFV(HBV 表面抗原 ) Pro5 ペンタマー染色 C 型肝炎ウイルス (HCV) コードアリル 配列 由来 1066 A*01:01 ATDALMTGF HCV NS A 740 A*01:01 ATDALMTGY HCV NS A 003 A*02:01 CINGVCWTV HCV NS S 002 A*02:01 DLMGYIPAV HCV Core S 491 A*02:01 DLMGYIPLV HCV Core A 1094 A*02:01 GLQDCTMLV HCV NS5B A 242 A*02:01 KLSGLGINAV HCV NS A 040 A*02:01 KLVALGINAV HCV NS S 172 A*02:01 LLFNILGGWV HCV NS4b A 036 A*02:01 VLSDFKTWL HCV NS5a A 004 A*02:01 YLLPRRGPRL HCV Core A 035 A*03:01 RVCEKMALY HCV NS5B S 415 A*24:02 AYSQQTRGL HCV NS A 845 B*07:02 DPRRRSRNL HCV Core A 742 B*07:02 GPRLGVRAT HCV Core A 721 B*08:01 HSKKKCDEL HCV NS A 942 B*35:01 CPNSSIVY HCV E A 565 B*35:01 HPNIEEVAL HCV NS A 939 B*40:01 REISVPAEIL HCV NS5a A 791 H-2Db GAVQNEVTL HCV NS A 12

15 ヒト免疫不全ウイルス (HIV) コードアリル 配列 由来 データ 430 A*02:01 GLADQLIHL HIV-1 Vif A 084 A*02:01 ILKEPVHGV HIV-1 RT S 246 A*02:01 KLTPLCVTL HIV-1 Env gp A 799 A*02:01 LTFGWCFKL HIV-1 Nef A 010 A*02:01 SLYNTVATL HIV-1 Gag p 図 25 S 174 A*02:01 TLNAWVKVV HIV-1 Gag p 図 26 A 109 A*03:01 QVPLRPMTYK HIV-1 Nef 図 27 S 194 A*03:01 RLRPGGKKK HIV-1 Gag p S 419 A*24:02 RYLKDQQLL HIV-1 Gag gp A 411 A*24:02 RYPLTFGWCY HIV-1 Nef A 196 B*07:02 IPRRIRQGL HIV-1 Env gp A 257 B*07:02 TPGPGVRYPL HIV-1 Nef S 193 B*08:01 FLKEKGGL HIV-1 Nef S 195 B*08:01 GEIYKRWII HIV-1 Gag p A 1072 B*15:01 RLRPGGKKKY HIV-1 p A 294 B*27:05 KRWIILGLNK HIV-1 Gag p A 874 B*27:05 KRWIIMGLNK HIV-1 Gag p A 255 B*35:01 NPDIVIYQY HIV-1 RT A 1211 B*35:01 VPLDEDFRKY HIV-1 RT A 840 B*40:01 KEKGGLEGL HIV-1 Nef A 176 H-2Kd AMQMLKETI HIV-1 Gag p A PRO5 MHC クラス I ペンタマー A2/SLY Pentamer R-PE % 2.0% A2/TLN Pentamer R-PE % 3.58% A3/QVP Pentamer R-PE % 1.11% 図 25: ペプチド結合した抗原提示細胞を用いた 3 回の刺激後での CD8 + T 細胞クローンの A*02:01/ SLYNTVATL Pro5 ペンタマー染色 図 26: ペプチド結合した抗原提示細胞を用いた 3 回の刺激後での CD8 + T 細胞クローンの A*02:01/ TLNAWVKVV Pro5 ペンタマー染色 図 27: ヒト PBMC の A*03:01/ QVPLRPMTYK(HIV-1 nef)pro5 ペンタマー染色 ヒトパピローマウイルス (HPV) コードアリル配列由来 095 A*02:01 YMLDLQPETT HPV 16 E S ヒト T リンパ球向性ウイルス (HTLV) コードアリル配列由来 200 A*02:01 LLFGYPVYV HTLV-1 Tax A 1043 A*24:02 SFHSLHLLF HTLV Tax A 13

16 PRO5 MHC クラス I ペンタマー インフルエンザ コード アリル 配列 由来 データ 076 A*01:01 CTELKLSDY Influenza A (PR8) NP 図 28 A 540 A*01:01 VSDGGPNLY Influenza A PB A 007 A*02:01 GILGFVFTL Influenza A MP 図 29 S 077 A*03:01 ILRGSVAHK Influenza A (PR8) NP 図 30 A 1722 A*11:01 KSMREEYRK Influenza A MP A 1720 A*11:01 RMVLASTTAK Influenza A MP A 1513 A*11:01 SIIPSGPLK Influenza A MP A 1743 B*07:02 QPEWFRNVL Influenza A PB A 1744 B*07:02 SPIVPSFDM Influenza A NP A 463 B*27:05 SRYWAIRTR Influenza A NP A 009 H-2Db ASNENMDAM Influenza A (NT60) NP 図 31 S 119 H-2Db ASNENMETM Influenza A (PR8) NP 図 32 S 120 H-2Db SSLENFRAYV Influenza A (PR8) polymerase acidic protein 図 33 A 240 H-2Kd IYSTVASSL Influenza A HA A 098 H-2Kd TYQRTRALV Influenza A (PR8) NP S A1/CTE Pentamer R-PE % 0.02% 図 28: ヒト PBMC の A*01:01/ CTELKLSDY( インフルエンザ A NP)Pro5 ペンタマー染色 A2/GIL Pentamer R-PE % 1.22% 図 29: ヒト PBMC の A*02:01/ GILGFVFTL(FluMP)Pro5 ペンタマー染色 A3/ILR Pentamer R-PE % 0.07% 図 30: ヒト PBMC の A*03:01/ ILRGSVAHK( インフルエンザ A NP)Pro5 ペンタマー染色 Db/ASN Pentamer R-PE % 12.17% 図 31: 抗原特異的脾細胞の H- 2Db/ASNENMDAM Pro5 ペンタマー染色 Db/ASN Unlabeled Pentamer + R-PE Fluorotag % 0.92% 図 32: 抗原特異的マウス PBMC の H-2Db/ASNENMETM Pro5 ペンタマー染色 Db/SSL Biotin Pentamer + SA-APC % 1.41% 図 33: 抗原特異的マウス PBMC の H-2Db/SSLENFRAYV Pro5 ペンタマー染色 14

17 リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス (LCMV) コードアリル配列由来データ 070 H-2Db FQPQNGQFI LCMV NP S 069 H-2Db KAVYNFATC LCMV GP 図 34 S 186 H-2Db SGVENPGGYCL LCMV GP A Db/KAV Pentamer R-PE % 36.23% 図 34: 抗原特異的脾細胞の H- 2Db/KAVYNFATC Pro5 ペンタマー染色 PRO5 MHC クラス I ペンタマー リステリア コードアリル配列由来 178 H-2Kd GYKDGNEYI Listeria monocytogenes Listeriolysin A マラリア コードアリル 配列 由来 データ 314 A*02:01 YLNKIQNSL Plasmodium falciparum CSP A 376 H-2Kd SYIPSAEKI Plasmodium berghei CSP 図 35 A 771 H-2Kd YYIPHQSSL Plasmodium falciparum liver stage antigen A Kd/SYI Pentamer APC % 0.24% 図 35: 抗原特異的マウス脾細胞の H-2Kd/SYIPSAEKI( プラスモディウム ベルゲイ CSP)Pro5 ペンタマー染色 マイナー組織適合抗原 (mihag) コードアリル 配列 由来 175 A*02:01 FIDSYICQV mihag H-Y SMCY A 581 A*02:01 RTLDKVLEV mihag HA-8 A 1113 B*07:02 SPSVDKARAEL mihag SMCY A 328 H-2Db KCSRNRQYL mihag SMCY A 327 H-2Db WMHHNMDLI mihag UTY S 15

18 PRO5 MHC クラス I ペンタマー マイコバクテリウム ツベルクローシス コードアリル 配列 由来 324 A*02:01 GLPVEYLQV Mycobacterium bovis antigen 85-A 6-14 A 276 A*02:01 KLIANNTRV Mycobacterium bovis antigen 85-A A 547 H-2Db AIQGNVTSI Mycobacterium tuberculosis ESAT A 769 H-2Kb IMYNYPAML Mycobacterium tuberculosis TB A 158 H-2Ld MPVGGQSSF Mycobacterium tuberculosis Ag85A A 呼吸器合胞体ウイルス (RSV) コードアリル 配列 由来 801 A*02:01 KMLKEMGEV RSV NP A 149 H-2Kd KYKNAVTEL RSV A strain F protein A 154 H-2Kd SYIGSINNI RSV M A センダイウイルス コードアリル配列由来 056 H-2Kb FAPGNYPAL Sendai virus NP S サル免疫不全ウイルス (SIV) コードアリル 配列 由来 データ 1110 Mamu A*01 CTPYDINQM SIV Gag 図 36 A 1112 Mamu A*02 GSENLKSLY SIV Gag 図 37 A 1111 Mamu A*02 YTSGPGIRY SIV Nef 図 38 A MA1/CTP Pentamer R-PE % CD8 PerCP 図 36:SIVmac251 感染した Mamu-A*01 + /Mamu-A*02 + アカゲザルからの全血の Mamu- A*01/CTPYDINQM Pro5 ペンタマー染色 MA2/GSE Pentamer R-PE % CD8 APC 図 37:SIVmac251 感染した Mamu-A*01 + /Mamu-A*02 + アカゲザルからの全血の Mamu- A*02/GSENLKSLY Pro5 ペンタマー染色 MA2/YTS Pentamer APC % CD8 PerCP 図 38:SIVmac251 感染した Mamu-A*01 + /Mamu-A*02 + アカゲザルからの全血の Mamu- A*02/YTSGPGIRY Pro5 ペンタマー染色 16

19 クルーズ トリパノソーマ コードアリル 配列 由来 708 H-2Kb ANYNFTLV Trypanosoma cruzi SP A 964 H-2Kb VNHRFTLV Trypanosoma cruzi ASP A ワクシニアウイルス コードアリル 配列 由来 978 A*02:01 ILDDNLYKV Vaccinia virus Copenhagen protein G A 703 A*02:01 KVDDTFYYV Vaccinia virus host range protein A PRO5 MHC クラス I ペンタマー 水疱性口内炎ウイルス (VSV) コードアリル配列由来 373 H-2Kb RGYVYQGL VSV NP A 622 H-2Ld MPYLIDFGL VSV N A 黄熱 コードアリル配列 由来 1182 H-2Kb ATLTYRML Yellow Fever virus 17D polyprotein A ウエストナイルウイルス コードアリル配列 由来 1322 A*02:01 ATWAENIQV West Nile virus NY-99 polyprotein precursor A 1320 A*02:01 RLDDDGNFQL West Nile virus NY-99 polyprotein precursor A 1327 A*02:01 YTMDGEYRL West Nile virus NY-99 polyprotein precursor A 663 H-2Db LGMSNRDFL West Nile virus polyprotein A 17

20 PRO5 MHC クラス I ペンタマー その他 コードアリル 配列 由来 133 A*02:01 LLDVPTAAV Interferon gamma inducible protein (GILT) A 366 A*02:01 LMWYELSKI KSHV-8 gb A 1153 A*02:01 QLFNHTMFI Non-muscle Myosin A 353 A*02:01 RILGAVAKV Vinculin A 1152 A*02:01 VLMIKALEL Non-muscle Myosin A 773 A*02:01 VLPLTVAEV Mesothelin A 828 H-2Kb KSPWFTTL MuLV Env A 188 H-2Kb SSIEFARL HSV-1 gp B A 488 H-2Kb VVYDFLKL SV40 T antigen A 458 H-2Kd KYNKANVFL NRP-V7 superagonist peptide for 8.3 Tg NOD mouse A 062 H-2Kd RYLKNGKETL HLA-Cw A モデル抗原 コードアリル配列 由来 データ 908 H-2Kb KVVRFDKL Ovalbumin (subdominant) A 093 H-2Kb SIINFEKL Ovalbumin 図 S 198 H-2Kd HYLSTQSAL Enhanced Green Fluorescent Protein (egfp) A 074 H-2Ld TPHPARIGL E. coli beta-galactosidase S Kb/SII Pentamer R-PE % 0.39% 図 39: 抗原特異的マウス脾細胞の H-2Kb/SIIN- FEKL( オバルブミン )Pro5 ペンタマー染色 Kb/SII Pentamer R-PE % 12.91% 図 40: OT-1 トランスジェニックマウスからの脾細胞の H-2Kb/SI- INFEKL( オバルブミン )Pro5 ペンタマー染色 ネガティブコントロール コードアリル配列由来データ N01 A*02:01 Negative Negative Control 図 3 S HLA-E コードアリル配列由来データ 712 E*01:01 VMAPRTLIL HLA-C leader sequence peptide S 18

21 Pro5 カタログおよびカスタムペンタマー製品コード コード Pro5 ペンタマー コード Pro5 ペンタマー & 抗 CD8キット F1A 50 tests Biotin F81A 50 tests Biotin + anti- F1B 150 tests Biotin F81B 150 tests Biotin + anti- F1C 500 tests Biotin F81C 500 tests Biotin + anti- F2A 50 tests R-PE F82A 50 tests R-PE + anti- F2B 150 tests R-PE F82B 150 tests R-PE + anti- F2C 500 tests R-PE F82C 500 tests R-PE + anti- F4A 50 tests APC F84A 50 tests APC + anti- F4B 150 tests APC F84B 150 tests APC + anti- F4C 500 tests APC F84C 500 tests APC + anti- F0A 50 tests unlabeled F80A 50 tests unlabeled + anti- F0B 150 tests unlabeled F80B 150 tests unlabeled + anti- F0C 500 tests unlabeled F80C 500 tests unlabeled + anti- Pro5 ペンタマーの 1test の容量は 約 個の PBMC を染色するために十分です PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 フルオロタグおよび Pro5 ビオタグ製品コードフローサイトメトリーにおける未標識カタログおよびカスタム Pro5 ペンタマーの使用のためのプロトコールでは 追加の Pro5 フルオロタグ (R-PE APC) 分子または Pro5 ビオタグ ( ビオチン ) 分子が必要です これらは tests 分の容量で入手可能です コード 標識 コード 標識 K1A 50 tests Biotag K4A 50 tests Fluorotag APC label K1B 150 tests Biotag K4B 150 tests Fluorotag APC label K1C 500 tests Biotag K4C 500 tests Fluorotag APC label K2A 50 tests Fluorotag R-PE label K2B 150 tests Fluorotag R-PE label K2C 500 tests Fluorotag R-PE label マッチドペプチド製品コード ProImmune 社は すべてのカタログペプチドの特異性およびカスタム Pro5 ペンタマーについてのマッチドペプチドを提供します マッチドペプチドは 1 mg または 2 mg 量の凍結乾燥品で提供し 純度 >70%( 免疫グレード ) を保証します インビトロでの T 細胞刺激実験に適しており 別々の標準カスタムペプチド合成と比較してはるかに低コストで購入できます コード量 P0A 1mg lyophilized peptide P0B 2mg lyophilized peptide 純度 >70% (Immunograde) >70% (Immunograde) 19

22 PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーの特性 再現性 ProImmune 社では Pro5 ペンタマーの設計と製造において タンパク質工学での長年の経験を引き継いでいます 弊社で確立された徹底した品質管理と品質保証手段によって 抗原特異的 CD8 + T 細胞の検出のための最も一貫した技術を使用者が手にしていることを確信できます 柔軟な標識オプションお客様の研究での最適な柔軟性のために Pro5 ペンタマーは R-PE APC またはビオチンで標識して あるいは追加の Pro5 フルオロタグまたは Pro5 ビオタグを用いる未標識で注文することができます 直接標識された Pro5 ペンタマーを 4 で保存して 迅速かつ便利に使用できます 複数ペプチドの特異性について 1 つのドナーサンプルを分析する場合に特に有用です 1 つのドナーサンプルを 標識ペンタマーを用いた二重または三重染色により 同時に染色し複数の特異性について分析することができます これによって免疫応答のより完全なプロファイルが作成され 染色に必要な細胞数を減らすことができます この目的のために R-PE 標識 APC 標識 ビオチン標識ペンタマーの任意の組み合わせを使用することができます 未標識 Pro5 ペンタマーを 80 で保存でき この条件下で 12 ヶ月間保証され 長期試験のために申し分ありません 試験開始時にバリデーションを行うことによって 数ヶ月毎に新しいロットを買って再試験する必要がなく 時間が節約されます 150 回または 500 テスト分の未標識ペンタマーを購入することで 大幅割引されるという特典もあります 未標識 Pro5 ペンタマーによって 同じ複合体を多くの異なる蛍光色素と使用できる点で 使用者はさらに柔軟に染色することができます 特に 特定の色でのみ利用可能である細胞表面マーカーや細胞内タンパク質に対する抗体を選択する場合に この特性によって実験計画がより適応可能になります 親和性 :T 細胞の検出感度の改善その高い親和性のため Pro5 ペンタマーは 低親和性 T 細胞を検出するための的確なツールであり MHC マルチマー技術の適用範囲を広げます 検出シグナルの明るさを増加させることによって ペンタマーは 希少な抗原特異的 T 細胞を検出する際により高い感度を示します そのユニークな立体構造の結果として ProImmune 社の Pro5 ペンタマーは その T 細胞受容体との高度に安定した相互作用を示し 結合時から数時間続きます 以下には ペンタマーとテトラマーの間での binding competition experiment を示します 分離した MHC マルチマーが T 細胞に再結合するのを妨げるブロッキング抗 HLA2.1 抗体を使用して結合の安定性を推定しました ペンタマーは テトラマーよりも競合に対して有意に抵抗性が高いことを示しています 図 41 Percentage bound (%) Tetramer Pentamer Time (minutes) 360 図 41: 抗原特異的 T 細胞に対する MHC マルチマー結合の安定性 A*02:01/GLCTLVAML 抗原特異的細胞を Pro5 ペンタマーまたはテトラマーとインキュベートした 細胞を洗浄し 抗 とインキュベートし 再度洗浄し 25 µg/ml の抗 HLA-A2 抗体 ( クローン BB7.2) を含む PBS 洗浄液中に再懸濁し 室温の暗室中で放置した 適切な時間間隔で フローサイトメトリーにより細胞を分析した 抗 HLA-A2 抗体は 分離した MHC マルチマーが細胞に再結合するのを遮断する 結果は 結合したもとの MHC マルチマーの任意の時間での残存パーセンテージを示す 平均 12.8% のペンタマーが 6 時間後に細胞に結合したままである ( テトラマーでは 3.5%) ペンタマーはテトラマーよりも高い結合親和性を示す 20

23 安定性 Pro5 ペンタマーは 推奨条件下で保存した場合 発送日より 6 ヶ月間保証されます ProImmune 社では ペンタマー複合体の安定性をチェックするためのテストを継続的に行っています 図は 2 つの R-PE 標識ヒトペンタマーについての安定性データの例を示しています 図 42 A*02:01/GILGFVFTL (Flu) Pentamer R-PE 0 months 3 months 6 months % 0.06% 0.01% 0.10% 0.01% 0.09% PRO5 MHC クラス I ペンタマー B*08:01/RAKFKQLL (EBV) Pentamer R-PE months 3 months 6 months % 0.88% 0.03% 0.97% 0.05% 0.85% 図 42:2 つの R-PE 標識ヒト Pro5 ペンタマーを 抱合から ヶ月後に 同じドナー末梢血細胞 (PBMC) でテストした その間 4 の暗室で保存した 各時間点で 個の PBMC を R-PE 標識ペンタマー 続いて抗 で染色した 同じ機器と機器設定を使用して 各時間点でフローサイトメトリーにより分析した 各時間で同程度に抗原特異的に染色された ( 赤で囲っている ) 4 で保存された場合 これらの特定のペンタマーの特異性が 6 ヶ月間安定であることを示している 21

24 PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーの染色プロトコール 図 43 標識ペンタマー染色プロトコール チューブに 個細胞 /50µl を用意 + 1test 分の標識 Pro5 MHC ペンタマー ( 例 R-PE) 10 分間室温でインキュベート後に洗浄 未標識ペンタマー染色プロトコール チューブに 個細胞 /50µl を用意 + 1test 分の未標識 Pro5 MHC ペンタマー 10 分間室温でインキュベート後に洗浄 + 抗 CD8 mab ( 例 FITC 標識 ) 20 分間氷上でインキュベート Pro5 フルオロタグ ( 例 R-PE) 抗 CD8 mab ( 例 FITC 標識 ) 20 分間氷上でインキュベート 2 回洗浄 2 回洗浄 ペンタマー ペンタマー CD8 フローサイトメトリーによる分析 CD8 フローサイトメトリーによる分析 22

25 Pro5 ペンタマーとその適用についての追加情報ビオチン標識 Pro5 MHC クラスⅠペンタマー サルのアリルの Pro5 MHC クラスⅠペンタマー 非特異的染色の除外 いくつかの標識 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを用いた複数の特異性についての染色 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを用いた抗原特異的 T 細胞の詳細な表現型分析 PRO5 MHC クラス I ペンタマー Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーと細胞内サイトカインの染色 リンパ球の 0.02% ほどの希少な抗原特異的 T 細胞集団を検出し 分離するために Pro5 ペンタマーを容易に使用することができます しかし すべての抗原特異的 T 細胞が機能的であるわけではなく 機能細胞の割合には個人差があり 疾患によりばらつきます 細胞内サイトカインについての追加の同時染色を使用して 抗原特異的 T 細胞の免疫エフェクター機能を研究することができます サイトカイン産生は 免疫応答において重要な役割を果たします サイトカインの役割の例として インターフェロンガンマ (IFNγ) による多くの抗ウイルスタンパク質の誘導 インターロイキン 2 による T 細胞増殖の誘導 および腫瘍壊死因子 αによるウイルスの遺伝子発現と複製の阻害があげられます サイトカインはあらかじめ形成された因子ではなく 代わりに 関連する刺激時に迅速に産生され 分泌されます このように T 細胞の細胞内サイトカイン染色は 細胞内にサイトカインを保持するためのタンパク質輸送の阻害剤の存在において これらの細胞刺激に依存します サイトカイン産生を引き起こす細胞活性化は 一般的に T 細胞受容体を下方調節します そのため T 細胞の特異性の同時検出が必要な場合 Pro5 ペンタマーを活性化前に染色して 良好な染色レベルを確保します ペンタマーが この間に T 細胞受容体と内在化することがありますが 透過性細胞において依然として検出することができます 抗原特異的 T 細胞のエフェクター機能を分析するために 最初に細胞をペンタマーで染色し 次に抗原で刺激します この後に 細胞外エピトープ (CD8 など ) に特異的な抗体での染色 次に膜透過処理 細胞内サイトカイン染色が続きます Pro5 ペンタマーでの細胞内サイトカイン染色によって 抗原刺激に対して機能的に応答する抗原特異的 CD8 + T 細胞の割合を決定することができます この結果として 特異的な免疫応答をモニタリングし 異なる疾患に対する応答における基本的な違いが分かることがあります 23

26 PRO5 MHC クラス I ペンタマー 図 44 Pentamer R-PE Pentamer R-PE % 2.59% 26.72% 10 4 IFNγ FITC (a) Positive Control for IFNγ staining (c) Negative Control for Pentamer staining % 0.06% 10 4 IFNγ FITC 0.58% (b) Negative Control for IFNγ staining 3.39% 0.04% 0.01% % (d) Experimental conditions 0.52% 0.05% 10 4 図 44: 図は 生きたリンパ球での IFNγ 対 Pro5 ペンタマー染色を示す PBMC を ネガティブコントロール ( 非特異的 ) ペンタマー A*02:01/GLCTLVAML(EBV) または目的の細胞に特異的なペンタマー B*08:01/RAKFKQLL (EBV) とインキュベートし 次にブレフェルジン A の存在下で 16 時間にわたり PMA とイオノマイシン ( 非特異的な活性化 ) または RAKFKQLL ペプチド ( 特異的なペプチド活性化 ) で刺激した ヒト細胞内タンパク質についてのペンタマー染色プロトコールに詳述される通りに正確に固定 透過処理 IFNγ 染色を行った 結果は IFNγ 分泌が活性化細胞に特異的であること (a c d) ペンタマー陽性細胞の 26% が 16 時間のインキュベーションの間に IFNγ を分泌したこと (d) を示す (a) 目的の細胞に特異的なペンタマー B*08: 01/RAK で染色し 次にブレフェルジン A の存在下で 16 時間にわたり PMA とイオノマイシン ( 非特異的な活性化 ) で刺激した PBMC (b) 目的の細胞に特異的なペンタマー B*08: 01/RAK で染色し ブレフェルジン A のみの存在下で 16 時間にわたりインキュベートした PBMC (c) ネガティブコントロール ( 非特異的 ) ペンタマー A*02:01/GLC で染色し ブレフェルジン A の存在下で 16 時間にわたり RAKFKQLL ペプチド ( 特異的なペプチド活性化 ) とインキュベートした PBMC (d) 目的の細胞に特異的なペンタマー B*08: 01/RAK で染色し 次にブレフェルジン A の存在下で 16 時間にわたり RAKFKQLL ペプチド ( 特異的なペプチド活性化 ) で刺激した PBMC カスタマーケーススタディは以下のホームページで入手可能です Pro5 MHC クラスⅠペンタマーと細胞内サイトカイン染色との併用は タンパク質翻訳がどのように抗原提示の分子力学に影響を及ぼすかを示します HIV 特異的 Pro5 MHC クラスⅠペンタマーと細胞内サイトカイン染色を併用した試験は T 細胞ワクチンの開発のための有用なデータを提供する 24

27 Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーと磁気ビーズを使用した抗原特異的 T 細胞の濃縮 抗原特異的 T 細胞の検出の他 Pro5 ペンタマーを磁気ビーズと併用して 目的の T 細胞集団を濃縮または除去することができます 磁気ビーズによるセレクションは抗原特異的 T 細胞の濃縮または除去を必要とする適用のための簡単な答えです ( 例 治療適用の開発 T 細胞株の作製 PCR クローニング 遺伝子プロファイリング 細胞培養実験 ) あるいは 蛍光活性化細胞選別 (FACS) 前の前濃縮段階として磁気ビーズ選別を使用する場合 選別しなければならない細胞数が減り 選別の所要時間が短縮するでしょう 現在 磁気ビーズ分離の 2 つの主な技術として カラムを使用した方法とチューブを使用した方法があります 図 45 に示します カラムを使用した方法では 強力な永久磁石内で 細胞 -ビーズ複合体が分離カラムを通過します カラムマトリクスはビーズに結合した細胞を保持し 未標識細胞は流れます 磁場からのカラムの除去後 保持された細胞は溶出されます 図 46 は カラムを使用した磁気分離方法を用いた実験を示します PRO5 MHC クラス I ペンタマー チューブを使用した方法では チューブの内縁に複合体を引きつける外部磁石を使用して細胞浮遊液から細胞 - ビーズ複合体を除去し 上清を除去します 磁場からチューブを取り外して 細胞 -ビーズ複合体を再浮遊させることができます 図 47 は チューブを使用した磁気分離方法を用いた実験を示します 図 45 T 細胞 洗浄 抗原特異的 T 細胞を Pro5 MHC ペンタマーを用いて標識する T 細胞 Pro5 ペンタマーは磁気ビーズに結合する カラム分離 洗浄 チューブ分離 陰性分画として回収されたフロースルー 標的細胞をチューブ壁に引き付け 上清を陰性分画として回収することができる チューブを磁場から外し 残りの陽性選択された細胞を洗浄し 浮遊させて使用する カラムを磁場から外し 保持された標的細胞を陽性選択された細胞として洗い出す 濃縮細胞を フローサイトメトリー分析用抗体で標識してもよい 25

28 PRO5 MHC クラス I ペンタマー 図 46 Pentamer R-PE Pre-sort Positive fraction 1 Positive fraction % 38.69% 81.59% 図 46: 図は カラムを使用した磁気分離方法を用いて 末梢血細胞 (PBMC) から抗原特異的 T 細胞を濃縮した実験を示す 個の PBMC を 5 回テスト分 (50 µl) の R-PE 標識ペンタマーと 10 分間 室温 (22 ) で 続いて 20 µl の抗 R-PE マイクロビーズ (Miltenyi Biotec) と 15 分間 4 でインキュベートした MidiMACS システムを使用した MS カラムに細胞を通し 通過分画を捨てた 磁場からカラムを取り外し 保持された標的細胞を 陽性選択された細胞 ( 陽性分画 1) として流し出した 第 2 の MS カラムにこれらの細胞を通し 目的の抗原特異的 T 細胞をさらに濃縮した ( 陽性分画 2) 結果として得られた細胞を 固定およびフローサイトメトリー分析の前に 抗 CD8 抗体と 20 分間 氷上 (4 ) でインキュベートした (Miltenyi マイクロビーズのサイズが小さいため ビーズが付着したままでフローサイトメトリーにより細胞を分析できる ) 図 47 Pre-depletion Post-depletion % 0.04% Pentamer R-PE 図 47: ビオチン標識 Pro5 ペンタマーと LodeStarsTM 2.7 ストレプトアビジン (Polymer Laboratories) を使用して末梢血浮遊液から抗原特異的細胞を除去させた 最初の細胞集団のサンプル ( 除去前 ) と分離後の上清 ( 除去後の陰性分画 ) を 抗 抗体 + ストレプトアビジン R-PE とインキュベートし 抗原特異的細胞を可視化した 抗原特異的集団が 1.53% から 0.04% に減少し ビーズ単離の成功が確認された (97.4% の抗原特異的細胞が除去された ) カスタマーケーススタディ 続く表現型分析のための HBV 特異的 T 細胞を分離するために使用した Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマー 26

29 Pro5 MHC クラス Ⅰ ペンタマーを用いた組織染色 インサイツでの抗原特異的 T 細胞の追跡免疫応答の動的性質に関する知識の多くが MHC マルチマー技術の使用から得られています 現在 抗原特異的 T 細胞の直接的なインサイツでの可視化により免疫応答の空間的および時間的関係の理解を深める機会があります Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを使用して リンパ器官 末梢組織 腫瘍浸潤巣からの生きた組織切片を染色することができます 蛍光抗 CD8 抗体と蛍光 Pro5 ペンタマーを用いた二重染色を行うことで 抗原特異的 T 細胞を蛍光顕微鏡により可視化することができます カスタマーケーススタディペンタマーを使用したアロ特異的 B 細胞のインサイツでの同定 PRO5 MHC クラス I ペンタマー ワクチンと免疫療法の開発 フローサイトメトリーにより抗原特異的 T 細胞応答レベルを正確に定量化することにより免疫療法とワクチンの作用機序を分析するために Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを使用することができます ProImmune 社は 広範なストックと注文試薬を提供し お客様の試験を成功させる手助けをすることができます 浜松医科大学 ( 日本 ) の科学者は 新規の免疫化戦略の開発に成功しております Yagi et al. (2006). Induction of Therapeutically Relevant Cytotoxic T Lymphocytes in Humans by Percutaneous Peptide Immunization. Cancer Research 66 p [PubMed ID: ] Yagi らによるこの試験では 新規の経皮免疫化戦略を使用して メラノーマ患者にペプチドワクチンを送達しています この経皮ペプチド免疫化 (PPI) 方法では 免疫系に効果的にワクチンを送達するための抗原提示細胞として表皮ランゲルハンス細胞が使用されています ペプチドワクチンに対する皮膚の透過性を増加させるために表皮の外層を除去し 抗原提示を高めるためにランゲルハンス細胞を成熟させることができます MAGE-2 用の Pro5 MHC ペンタマー (A*24:02 / EYLQLVFGI) チロシナーゼ用の Pro5 MHC ペンタマー (A*24:02 / AFLPWHRLF) MAGE-3 用のカスタム Pro5 MHC ペンタマー (A*24:02 / IMPKAGLLI) を使用して 免疫化後の患者において抗原特異的 T 細胞の頻度をモニターしました 数回の免疫化後 Pro5 MHC ペンタマーでの染色は メラノーマ患者と健常対照者において抗原特異的応答が 6 ヶ月間にわたり増加することを示しました 27

30 PRO5 MHC クラス I ペンタマー 図 48 図 48: ペンタマー陽性 CD8 + T 細胞の誘導 各 PPI から 7 日後に得られた PBMC を チロシナーゼ MAGE-2 MAGE-3 用のペンタマーを用いて免疫表現型分析し フローサイトメトリーにより分析した 図 49 メラノーマ患者の 1 人における腫瘍浸潤白血球のさらなる分析では MAGE-2 MAGE-3 チロシナーゼ特異的 CD8 + 細胞がこれらのサンプル中に存在することが示された 図 49: PPI により誘導されたメラノーマ病変中への CTL のインビボでの浸潤 PPI 中の患者 2 における退行する皮下結節から得られた細胞浮遊液のフローサイトメトリープロファイルは CD45 + 細胞ゲート白血球中での CD4 + CD8 + 細胞の割合と CD8 + CD45 + 細胞ゲート集団中でのペンタマー + 細胞の割合を示す 腫瘍サイズと進行が低下したこれらのペンタマー陽性の細胞傷害性 T 細胞の存在は バリヤ破壊された皮膚に送達された経皮ペプチドワクチンが効果的であり 安全で非侵襲的であったことを示す 28

31 カスタマーケーススタディ H5N1 ワクチンに関する CDC 試験では Pro5 ペンタマーを使用して 免疫応答と防御との相関関係を示します ワクチンの安全性を評価するために使用される Pro5 MHC クラスⅠペンタマー 新しいアジュバントはこれまでに例のない細胞傷害性 T 細胞応答を促進し 強力なワクチン開発プラットフォームを提供します ペンタマーは 研究を癌免疫療法に進めるための試験においてアロ制限 T 細胞を同定します PTLD 処置のための救命手順において中心となる Pro5 ペンタマー PRO5 MHC クラス I ペンタマー ヒトとマウスの CD1d テトラマー 唯一の CD1d テトラマー供給業者 α-galcer 結合 CD1d テトラマーの唯一の供給元 ナチュラルキラー T(NKT) 細胞は 広範な疾患に関連する免疫応答の調節に関与し 免疫のいくつかの局面に必須であると思われます NK 細胞マーカーと半変異体 T 細胞受容体を同時発現するユニークなリンパ球集合を示します CD1d- 糖脂質リガンド複合体抗原で刺激した場合 NKT 細胞は多量の Th1 型および / または Th2 型サイトカインを産生し それらは下流で樹状細胞 NK 細胞 B 細胞 T 細胞を活性化します NKT 細胞の機能 障害または欠損は 癌や自己免疫疾患 ( 例 糖尿病やアテローム性動脈硬化症 ) を発症させることが示されており ヒトの喘息での疾患進行にも関与しています テトラマー CD1d- 脂質リガンド複合体は 特定の特異性 ( 使用した脂質リガンドにより決定 ) を持つ NKT 細胞の T 細胞受容体に結合し フローサイトメトリーによる抗原特異的な CD1d 制限 NKT 細胞の同定と計数を可能にします 細胞内サイトカイン ( 例 IFN ガンマや IL-2) と表面マーカー ( 例 CD69) の追加の同時染色によって 抗原特異的サブセットについての機能データを得ることができます さらなる利便性のためのリガンド (α-galcer) 結合済 CD1d テトラマー ProImmune 社は 蛍光標識されたヒトおよびマウスの CD1d テトラマーの世界で唯一の供給業者です テトラマーは アルファ-ガラクトシルセラミド * (α-galcer) をあらかじめ結合させて または好みのリガンドを結合させるために空の状態で入手可能です 弊社のテトラマーは リガンドのアナログ ( 例 PBS57) を結合している非商業的な供給源からの CD1d テトラマーとは異なり 認可された α-galcer を結合しています さらに 弊社のテトラマーは お客様の注文を受けて早目に発送され お客様が研究プロジェクトを効果的に計画し 進めることができます リガンド未結合 CD1d テトラマーは 代替 CD1d リガンドをテストする実験のために推奨され ネガティブコントロールとしての使用のためには推奨されません 29

32 PRO5 MHC クラス I ペンタマー ヒトとマウスの CD1d テトラマーネガティブコントロール ProImmune 社は ヒトとマウスの蛍光 CD1d ネガティブコントロールテトラマーを供給し それは担体のみで ( リガンドは結合されていない ) NKT 細胞に結合しません ネガティブコントロール試薬とリガンドを結合させた CD1d テトラマーとの併用によって 低頻度の陽性集団を正確に定量化することができます ( 注意 : ネガティブコントロール CD1d テトラマーでは リガンドを結合させることはできません ) ヒト CD1d テトラマー R-PE 標識して α-galcer 結合ヒト CD1d テトラマーを PBMC を用いてテストしました ( 図 50) 図 50 αgalcer loaded human CD1d R-PE CD3 1.35% 0.02% Human CD1d Negative Control R-PE CD3 図 50: 個の細胞を 1test 量 (0.5 µl) の R-PE 標識した α-galcer 結合 CD1d テトラマーまたは 1 回テスト量 (0.5 µl) の R-PE 標識した CD1d テトラマーネガティブコントロールと 4 で 30 分間インキュベートした フローサイトメトリーによる分析のためにサンプルを固定した CD1d テトラマー対 CD3 をプロットする前に CD19 陰性細胞でのゲーティングによるプロットから非特異的染色を除外した * アルファ - ガラクトシルセラミド分子とその誘導体は キリンファーマが保有する米国特許第 5,936,076 号で保護されています α-galcer 分子は 世界中での研究における使用のためにフナコシ株式会社にライセンスされています マウス CD1d テトラマー ハーバード メディカル スクール ( 米国 ) の Markus Skold 博士と Sam Behar 博士は B 細胞を除去させた未感作 B6 マウスからの脾細胞を用いて ProImmune 社のマウス CD1d R-PE 標識テトラマーをテストしました ( 図 51) テトラマーを リガンドなしの状態で または α-galcer で結合させて使用しました また 細胞を 抗 CD4 Alexa488 および抗 CD3 PerCP モノクローナル抗体と染色して 生きた CD3 陽性細胞でゲーティングしました バックグラウンド染色を減らすために 抗 CD19 マイクロビーズ (Miltenyi Biotec) を使用して B 細胞から脾細胞を除去させました 図 51 empty αgal Cer loaded % 0.25% Mu CD1d R-PE 図 51: この手順では 1 株当たり 個の細胞を使用した Fc 受容体を遮断するために 細胞を 1 サンプル当たり 50 µl 中の 2.4G2 モノクローナル抗体 (25 µg/ml) と 4 で 15 分間インキュベートした 1 回の洗浄工程後 細胞を 1test 量 (2 µl) の CD1d テトラマーと 30 分間インキュベートした 細胞を 抗 CD4 Alexa488 および抗 CD3 PerCP モノクローナル抗体と 総容積 50 µl 中で 4 で 20 分間インキュベートした さらに 2 回の洗浄後 細胞を回収し フローサイトメトリーにより分析した CD4 Alexa488 CD4 Alexa488 30

33 CD1d テトラマーを用いたカスタマーケーススタディホームページをご覧下さい : ProImmune 社のマウス CD1d テトラマーを使用して NKT 細胞活性と 1 型糖尿病からの防御との相関関係を示しています CD1d テトラマーを使用して マウスにおけるイソグロボトリヘキソシルセラミド (igb3) リガンドの有意性について得られた洞察 蠕虫病における後天的免疫応答において NKT 細胞が重要であるとの証拠に CD1d テトラマーの使用が貢献します CD1d テトラマーは inkt 細胞の分化経路の理解に役立ちます ProImmune 社のヒト CD1d テトラマーによって 非ヒト霊長類から NKT 細胞が検出されます PRO5 MHC クラス I ペンタマー 31

34 PRO5 MHC クラス I ペンタマー 有用なリンク集 MHC アリルの頻度 ペンタマー染色プロトコール Pro5 MHC クラスⅠペンタマーを引用した論文オンラインの全論文リスト 日本人顧客による論文選集 Hamasaki T, Clin Vaccine Immunol. 207(5): Modulation of gene expression related to Toll-like receptor signaling in dendritic cells by poly(gamma-glutamic acid) nanoparticles. PMID: Hayashi D, J Neuroimmunol (1-2): Reduced Foxp3 expression with increased cytomegalovirus-specific CTL in HTLV-I-associated myelopathy. PMID: Koido S, Int J Cancer (4): Induction of antigen-specific CD4- and CD8-mediated T-cell responses by fusions of autologous dendritic cells and metastatic colorectal cancer cells. PMID: Koido S, Clin Immunol. 2035(3): Dendritic/pancreatic carcinoma fusions for clinical use: Comparative functional analysis of healthy- versus patient-derived fusions. PMID: Koido S, J Immunol (7): Synergistic induction of antigen-specific CTL by fusions of TLR-stimulated dendritic cells and heat-stressed tumor cells. PMID: Koido S, J Transl Med :51. In vitro generation of cytotoxic and regulatory T cells by fusions of human dendritic cells and hepatocellular carcinoma cells. PMID: Koido S, J Immunol (1): Streptococcal preparation OK-432 promotes fusion efficiency and enhances induction of antigen-specific CTL by fusions of dendritic cells and colorectal cancer cells. PMID: Koido S, Clin Cancer Res (21): Dendritic cells fused with allogeneic colorectal cancer cell line present multiple colorectal cancer-specific antigens and induce antitumor immunity against autologous tumor cells. PMID: Komatsu H,BMC Infect Dis. 200:103. Cellular immunity in children with successful immunoprophylactic treatment for mother-to-child transmission of hepatitis B virus. PMID: Matsumoto S, Cancer Immunol Immunother (2): Allogeneic gastric cancer cell-dendritic cell hybrids induce tumor antigen (carcinoembryonic antigen) specific CD8+ T cells. PMID: Matsuura E, J Neuropathol Exp Neurol (1):41-9. Inclusion Body Myositis Associated With Human T-Lymphotropic Virus-Type I Infection: Eleven Patients From an Endemic Area in Japan. PMID: Morita Y, Int J Cancer (6): Monitoring of WT1-specific cytotoxic T lymphocytes after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. PMID: Omoto Y, J Dermatol Sci (2): Granzyme B is a novel interleukin-18 converting enzyme. PMID: Sakakibara M, Cancer Immunol Immunother Jun 17. [Epub ahead of print. Comprehensive immunological analyses of colorectal cancer patients in the phase I/II study of quickly matured dendritic cell vaccine pulsed with carcinoembryonic antigen peptide. PMID: Shimizu T, Gene (1-2):31-8. HLA-B62 as a possible ligand for the human homologue of mouse macrophage MHC receptor 2 (MMR2) on monocytes. PMID:

35 Soeda A, Jpn J Clin Oncol (12): Long-Term Administration of Wilms Tumor-1 Peptide Vaccine in Combination with Gemcitabine Causes Severe Local Skin Inflammation at Injection Sites. PMID: Takamura S, J Immunol. 2084(9): Premature terminal exhaustion of Friend virus-specific effector CD8+ T cells by rapid induction of multiple inhibitory receptors. PMID: Takata Y, Cancer Lett (2): Frequency of CD45RO+ subset in CD4+CD25high regulatory T cells associated with progression of hepatocellular carcinoma. PMID: Takayama E, Int J Parasitol (13): Quantitative and qualitative features of heterologous virus-vectorinduced antigen-specific CD8+ T cells against Trypanosoma cruzi infection. PMID: Tanaka K, J Immunol (8): Role of the indigenous microbiota in maintaining the virus-specific CD8 memory T cells in the lung of mice infected with murine cytomegalovirus. PMID: Tashiro-Yamaji J, Gene :1-8. Macrophage MHC receptor 2: A novel receptor on allograft (H-2DdKd)-induced macrophage (H-2DbKb) recognizing an MHC class I molecule, H-2Kd, in mice. PMID: Uto T, Biochem Biophys Res Commun (2): Improvement of adaptive immunity by antigen-carrying biodegradable nanoparticles. PMID: Wang XJ, Virol (18): Induction of potent CD8+ T-cell responses by novel biodegradable nanoparticles carrying human immunodeficiency virus type 1 gp120. PMID: PRO5 MHC クラス I ペンタマー Yagi H, Cancer Res (20): Induction of therapeutically relevant cytotoxic T lymphocytes in humans by percutaneous peptide immunization. PMID: Yasuda T, Cancer Immunol Immunother (7): Superior anti-tumor protection and therapeutic efficacy of vaccination with allogeneic and semiallogeneic dendritic cell/tumor cell fusion hybrids for murine colon adenocarcinoma. PMID: Yasuda T, Cancer Immunol Immunother (7): Superior anti-tumor protection and therapeutic efficacy of vaccination with allogeneic and semiallogeneic dendritic cell/tumor cell fusion hybrids for murine colon adenocarcinoma. PMID: Yoshikawa T, Cancer Sci (5): HLA-A2-restricted glypican-3 peptide-specific CTL clones induced by peptide vaccine show high avidity and antigen-specific killing activity against tumor cells. PMID:

36 販売業者フナコシ株式会社 東京都文京区本郷 Tel: Fax: 英国 ( 本社 ) ProImmune 社英国 OX4 4GA オックスフォードオックスフォードサイエンスパークマグダレンセンター Tel Fax

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20328D528EEEE18796C68975899E939A82F09798977082B582BD82AA82F196C689758EA197C38DEC97708B408F988169967B8BB4905688EA9859298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20328D528EEEE18796C68975899E939A82F09798977082B582BD82AA82F196C689758EA197C38DEC97708B408F988169967B8BB4905688EA9859298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D> 抗 腫 瘍 免 疫 応 答 を 利 用 したがん 免 疫 治 療 の 作 用 機 序 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 免 疫 細 胞 医 学 本 橋 新 一 郎 2016 年 6 月 17 日 第 26 回 がん 臨 床 研 究 フォーラム 研 究 費 の 財 源 受 託 寄 付 科 学 研 究 費 その 他 ( ) 財 源 の 供 給 元 文 部 科 学 省 厚 生 労 働 省 AMED

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

60 秒でわかるプレスリリース 2008 年 2 月 19 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス反応を増強する重要分子 PDC-TREM を発見 - 形質細胞様樹状細胞が Ⅰ 型インターフェロンの産生を増幅する仕組みが明らかに - インフルエンザの猛威が続いています このインフルエンザの元凶であるインフルエンザウイルスは 獲得した免疫力やウイルスに対するワクチンを見透かすよう変異し続けるため 人類はいまだ発病の恐怖から免れることができません

More information

H26_大和証券_研究業績_C本文_p001-154.indd

H26_大和証券_研究業績_C本文_p001-154.indd 長 鎖 ペプチド/ 疎 水 化 多 糖 ナノゲル 複 合 体 ワクチンによる 新 規 がん 免 疫 療 法 の 開 発 三 重 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 がんワクチン 治 療 学 リサーチアソシエイト 原 田 直 純 ( 共 同 研 究 者 ) 三 重 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 がんワクチン 治 療 学 教 授 珠 玖 洋 三 重 大 学 大 学 院 医 学 系

More information

第79回_プログラム.indd

第79回_プログラム.indd Regulation of ghrelin signaling by a leptin-induced gene, negative regulatory element-binding protein, in the hypothalamic neurons. Phase I clinical trial using peptide vaccine for human vascular endothelial

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

ÿþ

ÿþ TNF ファミリー 腫瘍壊死因子 ( Tumor Necrosis Factor: TNF) は 固形がんに対して出血性の壊死を誘導する因子として発見されたサイトカインです TNF ファミリーには TNF-α リンフォトキシンα Fas リガンドや TRAIL などのアポトーシス誘導に関与するサイトカインのほか RANK リガンド OX40 リガンド APRIL など 20 種類近くに因子が同定されています

More information

CONTENTS MHC Tetramerによる抗原特異的 T 細胞の検出原理... 3 T-Select MHC class I Tetramer 試薬の作製方法... 3 T-Select HLA class I Tetramerの高い特異性... 4 T-Select MHC Tetramer

CONTENTS MHC Tetramerによる抗原特異的 T 細胞の検出原理... 3 T-Select MHC class I Tetramer 試薬の作製方法... 3 T-Select HLA class I Tetramerの高い特異性... 4 T-Select MHC Tetramer 第5版 研究用 T-Select MHC Tetramer 抗原特異的 T 細胞を特異的に検出できる試薬です T-Select MHC Tetramer T細胞受容体 Th2 Th17 IL-6+TGF-β IL-4 B cell IL-4 IL-5 IL-10 IL-13 Antibodies MHC分子 Th1 IL-12 Treg TGF-β IL-10 TGF-β IL-2 IFN-γ TNF-α

More information

マスコミへの訃報送信における注意事項

マスコミへの訃報送信における注意事項 逃 げようとする 変 異 型 HIV と 追 いかける 免 疫 の 攻 防 を 結 晶 構 造 レベルで 解 明 1. 発 表 者 : 東 京 大 学 医 科 学 研 究 所 附 属 先 端 医 療 研 究 センター 感 染 症 分 野 教 授 岩 本 愛 吉 2. 発 表 のポイント: ヒト 免 疫 不 全 ウイルス(HIV)の 変 異 とヒトの 免 疫 防 御 能 の 攻 防 を 分 子 レベルで

More information

To elucidate the SCLC antigens that are recognized by Th7 cells, we examine surface molecules of SCLC cells and found that the floating SCLC cells express CD33, which is one of putative cancer stem cell

More information

Presentation Title Here

Presentation Title Here 一般のお客様向け新 AWS Training and Certification Portal の使用方法 APN パートナーの方は手順が異なるため パートナー様向け手順に従ってください手順は https://aws.amazon.com/jp/training/ に公開しています 目次 1. 既存のお客様への案内メール 2. 新ポータルのアカウント作成 3. 既存データの移行 4. クラス申し込み方法

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

untitled

untitled HBV HBV (1964) HDV (1977) HCV (1988) 2009 Yotsuyanagi H et al. J Med Virol 2005 Yotsuyanagi H et al. J Hepatol 2002 Universal vaccination (UV) 45 HB 2009 1/3 Progress Toward the Elimination

More information

MM0506-Ariyoshi.ind

MM0506-Ariyoshi.ind 51 2005133 Six years of experiences at the U.K. MRC Laboratories, The Gambia, in West Africa Koya ARIYOSHI 130 1965 1992 Jonathan Weber Medical Research Council MRC Laboratories, The Gambia HIV Virologist/Immunologist

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

Windows Small Business Server 2011 Essentialsバックアップ容量節減ガイド

Windows Small Business Server 2011 Essentialsバックアップ容量節減ガイド Windows Small Business Server 2011 Essentials バックアップ容量節減ガイド 2011 年 6 月 富士通株式会社 改訂履歴 改版日時版数改版内容 2011.6.15 1.0 新規作成 本書では 以下の略称を使用することがあります 正式名称 略称 製品名 Microsoft Windows Small Business Server 2011 Essentials

More information

表1.eps

表1.eps Vol.1 C ontents 1 2 cell-free EMBO J Proc. Natl. Acad. Sci. USA NatureEMBO J 3 RNA NatureEMBO J Nature EMBO J 4 5 HCV HCV HCV HCV RNA HCV in situ 6 7 8 Nat Struct Mol Biol J Biol Chem Nat Commun J Virol

More information

untitled

untitled ---------- - 1 - ----- 1 Q1 5 Q2 5 Q3 5 Q4 6 Q5 6 Q6 7 Q7 7 Q8 7 Q9 8 Q10 : 8 10 Q1 10 Q2 11 Q3 11 12 Q4 12 Q5 HBs HBc _12 Q6 HBe 12 Q7 13 Q8 NAT 15 Q9 15 Q10 15 Q11 HBs 16 Q12 HBV DNA 16 Q13 17-2 - Q14

More information

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています : 該当なし

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています : 該当なし NAS 251 RAID の概要 RAID でストレージボリュームをセットアップする A S U S T O R C O L L E G E コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています

More information

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor α μ μ μ μ 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE

More information

CONTENTS January 2007 No Cosmo Bio News No.0 1

CONTENTS January 2007 No Cosmo Bio News No.0 1 http://www.cosmobio.co.jp January 2007 No. 0 CONTENTS January 2007 No.0 1 7 7 8 10 1 17 20 2 2 11 12 12 1 1 1 1 1 1 19 20 21 22 2 2 2 2 17 18 18 27 28 0 1 2 Cosmo Bio News No.0 1 7 F F F F E B B B B B

More information

第14〜15回 T細胞を介する免疫系.pptx

第14〜15回 T細胞を介する免疫系.pptx MBL CD8 CD4 8.1 8.2 5.20 8.3 8.4 8.5 8.6 8.7 8.8 8.9 8.10 8.18 B7 CD28 CD28 B7 CD28 8.13 2.22 NK Toll(TLR) LBP! LPS dsrna ssrna TLR1/2/6! TLR4 TLR5 TLR3 TLR7/9 CD14! JNK/p38! MyD88! IRAK! TRAF! NFκB! TNF-α

More information

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲン ゲル マトリックス培養法 (Collagen Gel Matrix Culture) の 実際とその応用例について 目次 Ⅰ. 細胞培養について 1 Ⅰ-1. はじめに Ⅰ-2. 細胞培養の基礎 Ⅰ-3. コラーゲンを用いる細胞培養 Ⅰ-4. 細胞の基質としてのコラーゲンの役割 Ⅱ. コラーゲンについて 5 Ⅱ-1. コラーゲンの分子構造と諸性質

More information

対 象 と 方 法 EGFR T790M 変 異 配 列 における MHC class I 結 合 ペプチドを 複 数 のサーバーにて 予 測 し HLA-A2 拘 束 性 のペプチド(T790M-5:MQLMPFGCLL, T790M-:LIMQLMPFGCL)を 用 意 した HLA-A2 陽

対 象 と 方 法 EGFR T790M 変 異 配 列 における MHC class I 結 合 ペプチドを 複 数 のサーバーにて 予 測 し HLA-A2 拘 束 性 のペプチド(T790M-5:MQLMPFGCLL, T790M-:LIMQLMPFGCL)を 用 意 した HLA-A2 陽 氏 名 ( 本 籍 ) 学 位 の 種 類 報 告 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 論 文 題 目 論 文 審 査 委 員 やま 山 だ 田 てっ 哲 ぺい 平 ( 福 岡 県 ) 博 士 ( 医 学 ) 甲 第 1553 号 平 成 27 年 3 月 24 日 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 ( 課 程 博 士 ) EGFR T790M Mutation

More information

LEGENDplex の特長 LEGENDplex は 一つのサンプルから多の可溶性タンパクを同時に定量できるフローサイトメーター用ビーズアッセイキットです 最大 13 まで同時測定が可能 Pre-defined Panel Mix & Match からキットを選べます 1 Pre-defined

LEGENDplex の特長 LEGENDplex は 一つのサンプルから多の可溶性タンパクを同時に定量できるフローサイトメーター用ビーズアッセイキットです 最大 13 まで同時測定が可能 Pre-defined Panel Mix & Match からキットを選べます 1 Pre-defined フローサイトメーターによる多タンパク同時定量解析キット BioLegend is ISO 9001:2008 and ISO 13485:2003 Certified World-Class Quality Superior Customer Support Outstanding Value 02-0009-02j LEGENDplex の特長 LEGENDplex は 一つのサンプルから多の可溶性タンパクを同時に定量できるフローサイトメーター用ビーズアッセイキットです

More information

Nov 11

Nov 11 http://www.joho-kochi.or.jp 11 2015 Nov 01 12 13 14 16 17 2015 Nov 11 1 2 3 4 5 P R O F I L E 6 7 P R O F I L E 8 9 P R O F I L E 10 11 P R O F I L E 12 技術相談 センター保有機器の使用の紹介 当センターで開放している各種分析機器や計測機器 加工機器を企業の技術者ご自身でご利用できます

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

NGS_KAPA RNA HyperPrep Kit

NGS_KAPA RNA HyperPrep Kit シークエンシングワークフロー ライブラリー調製 サンプル 調製 末端修復 エンドポイントライブラリー増幅 A-TAILING アダプター ライゲーション サイズセレクション & サイズ確認 または リアルタイムライブラリー増幅 ライブラリー 定量 クラスター 増幅 KAPA RNA HyperPrep Kit illumina社用ライブラリー調製キット KAPA RNA HyperPrep Kit

More information

日本皮膚科学会雑誌第122巻第7号

日本皮膚科学会雑誌第122巻第7号 Br J Dermatol NEnglJ Med 尋常性白斑診療ガイドライン 図 1 先天性白斑 白皮症の病型分類 図 2 後天性白斑 白皮症の病型分類 の尋常性白斑患者で家系内発症がみられることより 3 5 れらの合併が染色体 17p13 における一塩基多型に起 非分節 因し その候補遺伝子の一つが自然免疫に重要とされ 型に含まれる汎発型には甲状腺に対する抗サイログロ る NALP1 遺伝子であると報告している6

More information

研究成果報告書

研究成果報告書 様式 C-19 科学研究費補助金研究成果報告書 平成 23 年 6 月 16 日現在 機関番号 :32612 研究種目 : 研究活動スタート支援研究期間 :2009~2010 課題番号 :21890247 研究課題名 ( 和文 ) がん微小環境における間質細胞 間葉系幹細胞による免疫抑制機構の解明と克服法の開発研究課題名 ( 英文 ) Elucidation of the mechanism of

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

ChIP Reagents マニュアル

ChIP Reagents マニュアル ChIP Reagents ~ クロマチン免疫沈降 (ChIP) 法用ストック溶液セット ~ マニュアル ( 第 1 版 ) Code No. 318-07131 NIPPON GENE CO., LTD. 目次 Ⅰ 製品説明 1 Ⅱ セット内容 1 Ⅲ 保存 2 Ⅳ 使用上の注意 2 Ⅴ 使用例 2 < 本品以外に必要な試薬 機器など> 2 1) 磁気ビーズと一次抗体の反応 3 2)-1 細胞の調製

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー α β γ α αヘルペスウイルス単純ヘルペスウイルス 1 型 (HSV1) 性器ヘルペス単純ヘルペスウイルス 2 型 (HSV2) 水痘 帯状疱疹ウイルス (VZV) βヘルペスウイルスサイトメガロウイルス (CMV) ヒトヘルペスウイルス 6 型 (HHV6) ヒトヘルペスウイルス 7 型 (HHV7) γヘルペスウイルス EpsteinBarウイルス (EBV) ヒトヘルペスウイルス 8 型

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Isotype 略語紹介 AF 488 Alexa Fluor 488 AF 594 Alexa Fluor 594 AF 647 Alexa Fluor 647 AF 700 Alexa Fluor 700 BV 421 Brilliant Violet 421 BV 510 Brilliant Violet 510 BV 570 Brilliant Violet 570 BV 605 Brilliant

More information

9 : 00 11 : 00 12 : 00 12 : 10 12 : 50 13 : 30 14 : 40 16 : 00 17 : 00

9 : 00 11 : 00 12 : 00 12 : 10 12 : 50 13 : 30 14 : 40 16 : 00 17 : 00 9 : 00 11 : 00 12 : 00 12 : 10 12 : 50 13 : 30 14 : 40 16 : 00 17 : 00 ポスターについて 1. ポスター 貼 付 用 の 展 示 ボードは 縦 180 横 90cm の 大 きさです 2. 演 題 名 発 表 者 名 所 属 を 明 記 したもの(20 70cm) をご 用 意 ください 実 際 使 用 できるスペースは 155

More information

インターネットフィルタリング簡単マニュアル

インターネットフィルタリング簡単マニュアル セキュリティ安心 Windows8 版フィルタリングソフト 簡単マニュアル インターネットフィルタリングのインストール インターネットフィルタリングの初期設定 インターネットフィルタリングの使い方 インターネットフィルタリングのWeb 管理 インターネットフィルタリングのアンインストール インターネットフィルタリングの再インストール よくあるご質問 お問い合わせ先 インターネットフィルタリングのインストール

More information

Nagios XI Webサイトの改ざん監視

Nagios XI Webサイトの改ざん監視 目的 この資料では Web サイトの改ざん 編集 悪意のあるコード挿入を監視する Web サイト改ざん監視ウィザードの使用方法について説明します Web サイト改ざん監視ウィザードを使用すれば Web サイトの改変を監視し Web サイトに好ましくないコンテンツが見つかったら通知することができます 対象読者 この資料は Web サイトの改ざんを監視したい Nagios 管理者およびエンドユーザーを対象としています

More information

平成24年7月x日

平成24年7月x日 < 概要 > 栄養素の過剰摂取が引き金となり発症する生活習慣病 ( 痛風 動脈硬化や2 型糖尿病など ) は 現代社会における重要な健康問題となっています 近年の研究により 生活習慣病の発症には自然免疫機構を介した炎症の誘導が深く関わることが明らかになってきました 自然免疫機構は 病原性微生物を排除するための感染防御機構としてよく知られていますが 過栄養摂取により生じる代謝物にも反応するために 強い炎症を引き起こして生活習慣病の発症要因になってしまいます

More information

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関 Title 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 大西, 正俊 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120523 Right Type Thesis or Dissertation

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

design071024

design071024 h t t p:// w w w.am t s. jp ソフトの 特 徴-はじめに Marketprace Transaction System アンツプロは A m a z o n マ ー ケ ッ ト プ レ イ ス で の 古 本 販 売を総合的に 支 援 す る 業 務 ソ フ ト で す そ の他 DVD C D 等 に も 対 応 煩雑な 出品 登 録 作 業 か ら 商 品 管 理 価

More information

PT51_p69_77.indd

PT51_p69_77.indd 臨床講座 特発性血小板減少性紫斑病 ITP の登場によりその危険性は下がりました また これまで 1 ヘリコバクター ピロリの除菌療法 治療の中心はステロイドであり 糖尿病 不眠症 胃炎 ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 は 胃炎や胃 十二指 満月様顔貌と肥満などに悩む患者が多かったのですが 腸潰瘍に深く関わっています ピロリ菌除菌療法により約 受容体作動薬によりステロイドの減量 6 割の患者で 血小板数が

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

HP USB Port Managerご紹介資料 -シンクライアント

HP USB Port Managerご紹介資料 -シンクライアント HP USB Port Manager ご紹介資料 株式会社日本 HP パーソナルシステムズ事業本部クライアントソリューション本部 2015 年 11 月 ソリューションビジネス部 HP USB Port Manager とは これまで HP シンクライアント用に提供していたツールでは 書き込み 読み込み 無効化の設定はすべての USB ストレージデバイスが対象でした 新しくリリースした HP USB

More information

スライド 1

スライド 1 Sorich Project Management Standard All Rights Reserved, Copyright 2008, SORICH Ltd. DATE: 2009/6/22 PAGE: 1 構成要素 プロジェクトを管理項目に分解して個々の手法 フォーマットを確立し シームレスに連携します 概要使用ツール取り決め事項等 スケジュール管理 プロジェクトのスケジュールを WBS

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 10 11 12 1 2 1 2 1 2 13 14 3 17 15 1 2 3 D Usefulness of Tc-99m MIBI SPECT in predicting multidrug resistance gene expression level in non-small cell lung cancer a preliminary

More information

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための TimeTracker FX 補足資料 SQL Server 2005 インストール方法 2007 年 1 月 TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するためのものです

More information

ESET Mobile Security for Android V1.1 セットアップ手順

ESET Mobile Security for Android V1.1 セットアップ手順 ESET Mobile Security for Android V1.1 セットアップ手順 キヤノン IT ソリューションズ株式会社最終更新日 2016/12/08 1 目次 1. はじめに... 3 2. ESET Mobile Security for Android V1.1 のインストール... 4 3. ESET Mobile Security for Android V1.1 のアンインストール...

More information

やってみようINFINITY-写真管理 編-

やってみようINFINITY-写真管理 編- 目次 やってみよう for Wingneo INFINITY やってみよう for Wingneo INFINITY... 1 目次... 1 システムの起動... 1 写真管理に登録する写真を準備する... 1 写真管理 ( 電子納品 ) の操作方法... 2 写真整理... 2 成果区分の設定... 4 成果管理から電納編集ツールへの操作方法... 5 電納編集ツール ( 写真管理 ) の操作方法

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ELISA 用プレート ( フ ロッキンク レスタイフ ) ( 旧称 :New ELISA plate) 住友ベークライト株式会社 S- バイオ事業部 - 1 - ELISA 用プレート ( フ ロッキンク レスタイフ ) の特長 当社独自の表面処理技術によりブロッキング 操作なしで低いバックグランドを提供します 血清などに含まれる種々タンパク質の非特異吸着を抑制します 予めブロッキング処理がされている為

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

59...ec6

59...ec6 No.59 2012 1 SIV SIV SIV HA NA PB1 PB2 PA NP M NS (H3N2) SIV (H1N1) SIV (H1N1) (H3N2) (H1N1) H1N2 H3N2 H1N2 H1N1 SIV (H1N1)2009 2 Proc Jpn Pig Vet Soc No.59 2012 No.59 2012 3 4 Proc Jpn Pig Vet Soc No.59

More information

目次 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 3 Windows... 4 事前準備... 4 NETGEAR Genie のインストール... 4 NET

目次 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 3 Windows... 4 事前準備... 4 NETGEAR Genie のインストール... 4 NET NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法 2017 年 6 月 1 目次 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 1 NETGEAR WiFi Analytics を使用した WiFi 環境の調査方法... 3 Windows... 4 事前準備... 4 NETGEAR Genie のインストール... 4

More information

Ab-Match Assembly Human PAP1 (REG3a) Kit

Ab-Match Assembly Human PAP1 (REG3a) Kit CODE No. 323 For Research Use Only, Not for use in diagnostic procedures. Ab-Match Assembly Human PAP1 (REG3α) Kit For technical material or related information, please refer to http://ruo.mbl.co.jp/product/abmatch/abmatch.html.

More information

リコーデジタルサイネージクイックガイド

リコーデジタルサイネージクイックガイド リコーデジタルサイネージ クイックガイド リコーデジタルサイネージの概要 サービスの全体構成 リコーデジタルサイネージの構成は以下のようになっています 1コンテンツ制作画面 2 配信スケジュール管理画面 3リコーデジタルサイネージサーバ 4STB( 映像受信機 ) 5 表示機器 ( テ ィスフ レイ フ ロシ ェクター ) 放映コンテンツを作成する画面コンテンツ 放映スケジュールを登録する画面コンテンツ

More information

スライド 1

スライド 1 資料 3 不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会第 3 回会議 ポリオワクチン互換性についての諸外国におけるデータ 2012 年 4 月 23 日 ( 月 ) 中野貴司 ( 川崎医科大学小児科 ) ワクチンの互換性 Interchangeability of vaccines 同一疾患を予防するワクチン製剤の種類が増え また多価混合ワクチンが普及すると 対象者が過去に接種したものと同じ製剤が入手できなかったり

More information

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝 新たな遺伝 治療 マイクロ RNA 標的核酸医療 の可能性 2013/12/4 マイクロRNAは 約 22 塩基からなるタンパク質をコードしない さなRNAである 1993 年植物シロイヌナズナで発 されて以来 その数は右肩上がりに増えて今では1600を超えている 様々な疾患の発症と関わることが明らかとなったことから マイクロRNAを標的とする新しいタイプの核酸医療に期待が寄せられている 実際 C

More information

ルス薬の開発の基盤となる重要な発見です 本研究は 京都府立医科大学 大阪大学 エジプト国 Damanhour 大学 国際医療福祉 大学病院 中部大学と共同研究で行ったものです 2 研究内容 < 研究の背景と経緯 > H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスは 1996 年頃中国で出現し 現在までに

ルス薬の開発の基盤となる重要な発見です 本研究は 京都府立医科大学 大阪大学 エジプト国 Damanhour 大学 国際医療福祉 大学病院 中部大学と共同研究で行ったものです 2 研究内容 < 研究の背景と経緯 > H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスは 1996 年頃中国で出現し 現在までに [PRESS RELEASE] 平成 28 年 4 月 27 日 鳥インフルエンザウイルスはヒトで増殖しやすく変化する ~ 鳥インフルエンザウイルスのメカニズム解明に関する論文掲載 ~ 京都府立医科大学医学研究科感染病態学講師渡邊洋平らの研究グループは H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスが感染患者体内で獲得するウイルス遺伝子変異を網羅的に解析することで ウイルスポリメラーゼ遺伝子の新たな適応変異を同定することに成功し

More information

20160305

20160305 About Pascal パスカルについて Googleをリアルタイムに分析するSEOツール パスカルは Googleで上位表示されているWebページの コンテンツ HTMLコ ード リンク傾向 などをスピアマンの相関係数をもとにリアルタイムで統計分析 し 検索順位との相関を数値化します さらに Googleの統計分析結果をもとに自サイトやクライアントサイト ドメイン 無制限 の内部SEOを簡単に実施することができます

More information

分析のステップ Step 1: Y( 目的変数 ) に対する値の順序を確認 Step 2: モデルのあてはめ を実行 適切なモデルの指定 Step 3: オプションを指定し オッズ比とその信頼区間を表示 以下 このステップに沿って JMP の操作をご説明します Step 1: Y( 目的変数 ) の

分析のステップ Step 1: Y( 目的変数 ) に対する値の順序を確認 Step 2: モデルのあてはめ を実行 適切なモデルの指定 Step 3: オプションを指定し オッズ比とその信頼区間を表示 以下 このステップに沿って JMP の操作をご説明します Step 1: Y( 目的変数 ) の JMP によるオッズ比 リスク比 ( ハザード比 ) の算出と注意点 SAS Institute Japan 株式会社 JMP ジャパン事業部 2011 年 10 月改定 1. はじめに 本文書は JMP でロジスティック回帰モデルによるオッズ比 比例ハザードモデルによるリスク比 それぞれに対する信頼区間を求める操作方法と注意点を述べたものです 本文書は JMP 7 以降のバージョンに対応しております

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) β β β β β β β β β β シンポジウム 1 創薬物語 科学者としての喜びの瞬間 4 レボフロキサシンに至る創薬研究 よりよい薬を求めて 第一三共株式会社 研究開発本部 研究開発企画部 早川勇夫 レボフロキサシン クラビット 1 は 1993 年上市された世界初の光学活性のニューキノロン系抗菌薬 以 下 ニューキノロンと略 である 1 は 1985 年に上市されたラセミ体のオフロキサシン

More information

11550_RKL_タグ付抗体カタログp

11550_RKL_タグ付抗体カタログp 2 3 4 5 6 8 9 10 10 11 11 12 page2 page3 page4 page5 page6 page7 DyLight 蛍光標識試薬 DyLight Blue 405 (nm) 400/420 スペクトル モル吸光係数 (M 1 cm 2 ) 30K 使用目的 蛍光顕微鏡 フローサイトメトリー ELISA ウエスタンブロット検出 FRET ベースの解析など 類似のスペクトルをもつ色素

More information

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア 基本操作編 編集するファイルを開く... ファイルの選択... 各パネルの表示非表示... マイクロデータ : の編集... 編集するテキストの選択... 適用するテキストの選択... アイテムタイプの選択... アイテムタイプの検索... よく使うアイテムタイプの登録... よく使うアイテムタイプの削除... 定型セットの登録... 定型セットの削除... 定型セット内のアイテムタイプの削除...

More information

目次 初めに必ずお読みください ソフトウェアのインストール ソフトウェアの選択 ソフトウェアのインストール レシーバー用ドライバのインストール WindowsXP のインストール方法 Win

目次 初めに必ずお読みください ソフトウェアのインストール ソフトウェアの選択 ソフトウェアのインストール レシーバー用ドライバのインストール WindowsXP のインストール方法 Win インストール手順書 Office2010 Version 4.5.4.3 インストールの際に必ずお読みください 第 1 版 2012 年 5 月 木村情報技術株式会社 目次 初めに必ずお読みください... 3 1. ソフトウェアのインストール... 7 1-1 ソフトウェアの選択... 8 1-2 ソフトウェアのインストール... 10 2. レシーバー用ドライバのインストール... 12 2-1

More information

ESD Web ストアへようこそ! Web ストア概要 1. 下記は Web ストアのメインページです (Web ストアは各教育機関用にカスタマイズされているため タブの 設定等が若干異なる場合があります ) 通常 2 段のタブがあり ユーザーグループごとにダウンロードできる製品が表示されます 学生

ESD Web ストアへようこそ! Web ストア概要 1. 下記は Web ストアのメインページです (Web ストアは各教育機関用にカスタマイズされているため タブの 設定等が若干異なる場合があります ) 通常 2 段のタブがあり ユーザーグループごとにダウンロードできる製品が表示されます 学生 学生ユーザーガイド 2015-04-04 Version 1.1 ESD Web ストアへようこそ! Web ストア概要 1. 下記は Web ストアのメインページです (Web ストアは各教育機関用にカスタマイズされているため タブの 設定等が若干異なる場合があります ) 通常 2 段のタブがあり ユーザーグループごとにダウンロードできる製品が表示されます 学生ユーザーガイド 4 April 2015

More information

P r o g M e d suppl ProgressinMedicineVolsuppl. 第9回アミオダロン研究会講演集 12月3日 12月4日 12月6日 12月25日 12月8日 2004年1月5日 図5 胸部X線とCTの経過 図6 退院7カ月後の胸部X線写真とCT 200 4年8月 期に行う必要があった 最終的には マイコプラズマ抗体が51 2倍と著増し ており ペニシリン系抗生物質およびミノサイクリン

More information

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378>

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378> USB キーでの操作手順書 STR 目次 目次 -------------------------------------------------------------------------------------- 1. パッケージをご利用いただくまでの手順 1 (1) ユーザ専用ページから 該当パッケージをダウンロードする 手順 2 (2) 該当パッケージをインストールする 手順 5 (3)

More information

Bluemix いつでもWebinarシリーズ 第15回 「Bluemix概説(改訂版)」

Bluemix いつでもWebinarシリーズ 第15回 「Bluemix概説(改訂版)」 IBM Bluemix オンラインセミナー Bluemix いつでも Webinar シリーズ第 24 回 API Management 日本アイ ビー エムシステムズ エンジニアリング株式会社 グロース テクノロジー 杉田想土 本日のご説明内容 API 活用の重要性 API Management サービス デモ まとめ 2 API 活用の重要性 3 ビジネスにおける IT の役割の変化 IT で効率化

More information

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート Oracle Application Express 4.0 を使用した データベース アプリケーションへのセキュリティの追加 Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 30 Oracle Application Express 4.0 を使用した

More information

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2 Mozilla Thunderbird メール編 本書では Thunderbird メールの設定方法を説明します 目次 P1 1 Thunderbirdメールのインストール P4 2 メールアカウントの登録 P11 3 メールアカウント設定の確認 P15 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P17 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P18 6 メール送信形式の設定

More information

「適正なHER2検査のために」

「適正なHER2検査のために」 乳癌における HER2 病理組織標本作製および 病理診断のガイドライン ( 案 ) 1. はじめに p. 2 2. 標本の準備 p. 2 3. Immunohistochemistry (IHC) 法 p. 2 4. In situ hybridization (ISH) 法 (FISH 法 DISH 法 ) p. 4 5. 病理診断と HER2 分子標的治療適応のフローチャート p. 6 6. 参考文献

More information

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 回答者の担当製品分野について 10 6.2 回答者の部門について 11

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチン B 型 肝 炎 ワクチン Recommendations 医 療 機 関 では 患 者 や 患 者 の 血 液 体 液 に 接 する 可 能 性 のある 場 合 は B 型 肝 炎 に 対 して 感 受 性 のあるすべての 医 療 関 係 者 に 対 して B 型 肝 炎 ワクチン 接 種 を 実 施 しなければ ならない ワクチンは 0 1 6 か 月 後 の 3 回 接 種 (1 シリーズ)を

More information

VXPRO R1400® ご提案資料

VXPRO R1400® ご提案資料 Intel Core i7 プロセッサ 920 Preliminary Performance Report ノード性能評価 ノード性能の評価 NAS Parallel Benchmark Class B OpenMP 版での性能評価 実行スレッド数を 4 で固定 ( デュアルソケットでは各プロセッサに 2 スレッド ) 全て 2.66GHz のコアとなるため コアあたりのピーク性能は同じ 評価システム

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

様式 F-19 科学研究費助成事業 ( 学術研究助成基金助成金 ) 研究成果報告書 平成 25 年 5 月 15 日現在 機関番号 :32612 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :2011~2012 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) プリオンタンパクの小胞輸送に関与す

様式 F-19 科学研究費助成事業 ( 学術研究助成基金助成金 ) 研究成果報告書 平成 25 年 5 月 15 日現在 機関番号 :32612 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :2011~2012 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) プリオンタンパクの小胞輸送に関与す Powered by TCPDF (www.tcpdf.org) Title プリオンタンパクの小胞輸送に関与するRAB11およびSGSMファミリーの機能解析 Author 楊, 浩 (Yang, Hao) Publisher Jtitle 科学研究費補助金研究成果報告書 (2012. ) Abstract SGSM(Small G protein Signaling Modulator) ファミリータンパクは

More information

目次 1. はじめに 本書の目的 本書の対象 作成環境 準備 インストール環境の確認 ライセンス インストーラー インストール その

目次 1. はじめに 本書の目的 本書の対象 作成環境 準備 インストール環境の確認 ライセンス インストーラー インストール その Dr.Web Security Space for Android Ver.11 簡易インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2016/12/20 改訂 : 2017/03/29 1 / 16 目次 1. はじめに... 3 1.1. 本書の目的... 3 1.2. 本書の対象... 3 1.3. 作成環境... 3 2. 準備... 3 2.1. インストール環境の確認...

More information

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組 Title Author(s) Citation Issue date 1997-12 Resource Type Resource Version URL Kobe University Repository : Kernel ヒト口腔扁平上皮癌細胞および組織片のヌードマウス舌への同所性移植による浸潤 リンパ節転移に関する実験的研究 (Experimental study of invasion

More information

CSS のスパニングツリー ブリッジの設定

CSS のスパニングツリー  ブリッジの設定 CHAPTER 2 CSS では Spanning Tree Protocol(STP; スパニングツリープロトコル ) ブリッジの設定をサポートしています スパニングツリーブリッジは ネットワークのループを検出して防止します ブリッジ経過時間 転送遅延時間 ハロータイム間隔 最大経過時間など CSS のグローバルスパニングツリーブリッジオプションを設定するには bridge コマンドを使用します

More information

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回>

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回> 企画特集 10-9 INNOVATION の最先端 Life & Green Nanotechnology が培う新技術 < 第 4 回 > プリンテッドエレクトロニクス時代実現に向けた材料 プロセス基盤技術の開拓 NEDO プロジェクトプロジェクトリーダー東京 学教授染 隆夫 に聞く 図6 4 3 解像度を変えた TFT アレイによる電子ペーパー 提供 凸版印刷 株 大面積圧力センサの開発

More information

5989_5672.qxd

5989_5672.qxd Agilent Lab Advisor アジレント機器の診断 監視ソフトウェア あらゆるラボを対象とした高度な機器管理機能 Agilent Lab Advisor はアジレントの LC/GC 機器用の新しい診断 監視ソフトウェアです Agilent Lab Advisor は 高度な診断 保守機能によってラボの機器を最高のコンディションに維持し それによって優れた分析性能を実現するものです さまざまな監視

More information

スライド 1

スライド 1 1 新機能追加 リリース :2014/7/13 1.1 Salesforce1 アプリケーション開発対応既存のブラウザ画面 ( フルサイト ) と同様に Salesforce1 アプリケーション画面も開発できるようになりました Salesforce 社と同様 サポート対応範囲は各種デバイスのアプリ ブラウザになります PC デバイス アプリ ブラウザ ブラウザ (Chrome ) モバイル ipad

More information

Microsoft Word - PI-LY 615-JP-V3 amends Japanese only

Microsoft Word - PI-LY 615-JP-V3 amends  Japanese only Leucosep Tube LTK.615 添付文書 体外診断用医薬品 取扱説明書 用途 Leucosep 管は 全血から末梢血単核細胞 (PBMC) を収集および分離するために使用される Leucosep 管の使用により ELISPOT 検査にて全血から FICOLL-PAQUE* PLUS を用いて PBMC を分離する作業よりも容易に PBMC を分離することができる 概要 ELISPOT 検査は

More information

KOGAK353-07_12511.pdf

KOGAK353-07_12511.pdf Fig.2 Saccade cue was a black disk,which was one ofsix disks with brief color change in the ambiguous motion display. Observers were instructed to saccade to the indicated location as soon as possible.

More information

つの購入方法 標準構成 Premier では お客様の組織の標準システム構成を設定したり 個別のシステムについてユーザーが選択可能な構成オプション ( アップグレードやダウングレードなど ) を設定することができます デルアカウントチームと共に設定した設定にしたがって これらの構成をグループ化するこ

つの購入方法 標準構成 Premier では お客様の組織の標準システム構成を設定したり 個別のシステムについてユーザーが選択可能な構成オプション ( アップグレードやダウングレードなど ) を設定することができます デルアカウントチームと共に設定した設定にしたがって これらの構成をグループ化するこ JP.Premier.Dell.com ご購入およびご注文ガイド JP.Premier.Dell.com は お客様のご購入とご注文の効率を高めるよう設計されています 本書では Premier を利用したオンラインでの購入と注文のプロセスについてご紹介します Premier ページのご利用中にご不明な点がございましたら Premier ページ左上の ヘルプ リンクをクリックし Premier オンラインヘルプメニューにアクセスしてください

More information

IBM i のスマート・デバイス活用【HATSのiPhone / iPadサポート編】

IBM i のスマート・デバイス活用【HATSのiPhone / iPadサポート編】 IBM i のスマート デバイス活用 HATS の iphone / ipad サポート編 いま注目されているスマート デバイス ( スマートフォンやタブレット PC) をビジネスで活用しようと 採用 検討されている企業が増えてきています そこで 今回は IBM i の基幹業務のアプリケー ションを HATS を利用して iphone / ipad で活用する方法についてご紹介します HATS の

More information

中学校保健体育第 3 学年 補助資料 3 23 平成 24 年度から新学習指導要領の内容を完全実施することになっています 新学習指導要領で新しく追加になった内容を新教科書より抜粋してまとめました 追加内容 体育編 3 章文化としてのスポーツの意義 保健編 4 章 1 保健 医療機関や医薬品の有効利用 保健編 4 章 16 個人の健康を守る社会の取り組み ( 一部, 新内容 ) 3243 1 2 1

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

ウィルスチェックサーバの動作内容

ウィルスチェックサーバの動作内容 ウィルスチェックサービス ( ドメイン単位 ) 2006.4 リコーテクノシステムズ株式会社 Copyright 2003-2006 RICOH TECHNOSYSTEMS Co.,LTD 1 対象サービス ホスティングサービスオプション ホスティングサービス Ⅱ オプション BB パックルーターモデル ST BB パックルーターモデル VN BB パックセキュリティモデル ST BB パックセキュリティモデル

More information

ウエダ本社_環境レポート_111007_04

ウエダ本社_環境レポート_111007_04 2011 年度 環境レポート 地域に生きる私たちのエコ 株式会社ウエダ本社 株式会社ウエダ本社 4. 具体的な環境活動のご紹介 ①電力使用量の削減策として 下記の取り組みをしています 空調使用量の低減 設定温度を 夏は 28 冬は 20 に設定 また 空調機器の運 転が必要最小限ですむように細かくゾーニングを行い 各エリア毎 に室温を管理 設定温度での一律運転から 各エリア毎に個別運転 に切り替え

More information

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc スティック状口紅における感触の数値化 株式会社コーセー 生産部 生産技術課 津原 一寛 塗布抵抗F [gf] スティック状口紅の使用方法は 化粧品の中でも特殊な塗 布行為を行なうアイテムといえる それは 固形状の口紅に 応力を加え液状の化粧膜へと状態の変化をさせる必要があ るためである スティック状口紅を口唇へ塗布する際の感触は 配合する 油剤の粘度等により左右されるものの 上述した状態変化も 大きな割合を占めている

More information

SLActive_cs4.indd

SLActive_cs4.indd SIMPLY BETTER STRAUMANN SLActive SLActive 1 SLActive SLA SLActive SLA 2,3,4,5,6,7 SLActive 1,3,4,5,6,7,8,9 3 4 2 8 SLActive SLA SLActive SLA 1 2 3 4 5 6 7 8 1,2 SLActive 2 2 4 1 SLActive SLA SLActive 11

More information

製品ラインナップ2015年2月版

製品ラインナップ2015年2月版 Check Point 2 3 4 5 6 7 8 9 SecurityPowerとは セキュリティ アプライアンスの実際の性能を評価し 将来の要件にも対応するアプライアンスを把握する指標 SecurityPower 従来 特定の導入環境に最適なセキュリティ アプライアンスを選定することは容易な作業ではありませんでした コンピューティング環境の セキュリティ要件は組織によって大きく異なり セキュリティ

More information

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて Keysight Software Manager (KSM) でのライセンス発行手続きについて EDA Technical Support Japan Codeword Center Updated August 1, 2014 ご自身による簡単な操作で Keysight 製品のライセンスを 即時に発行することができます Contents Keysight Software Management

More information

20160422日産婦専攻医プログラム (HPVワクチン) 提出版.pptx

20160422日産婦専攻医プログラム (HPVワクチン) 提出版.pptx 68 260421 HPV HPV ヒトパピローマウイルス (HPV; Human Papillomavirus u HPVはパピローマウイルス科のウイルスである u HPVはエンベローブを有さない球状の外皮 カプシド 内に二本鎖 DNAを持つ比較的小型のウイルスである u DNA配列の違いから 150以上のHPV型が存在 u 30-40の型が生殖器に感染 n 癌原性を有するハイリスク型 (約13タイプ)

More information

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14 ESET セキュリティソフトウェアシリーズ ユーザーズサイトの定義データベースを利用したオフライン更新手順書 第 3 版 2012 年 8 月キヤノン IT ソリューションズ株式会社セキュリティソリューション事業部 目 次 1 はじめに... 2 2 ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード... 3 3 オフライン更新手順... 8 4 オフライン更新設定の削除手順... 13 1/14

More information

untitled

untitled 新製品 新技術 トラッキングツール ベースライン検 査 フォローアップ検 査 図 3 トラッキングツールによる標 的 病 変 の自 動 検 出 例 3 ブックマークとデータ二次利用 ベースライン検査内でセグメンテーションされ さらにトラッキングツールによりフォローアップ検査内に検出さ れた標的病変の各種計測結果 測定者 測定日 シリーズ/イメージ番号 長径 短径 体積など は PACS 内データベースにブックマークとして保存される

More information

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在 奉行 21 シリーズ ( スタンドアロン版 ) PC 移行の手順書 新しい PC を購入したので この PC で奉行製品を利用したい など 現在ご利用の PC から別 PC で奉行製品をご利用になる場合の移行手順を説明します 次ページに各作業の流れを記載しますのでご確認ください 移行元の PC 1 データやユーザー権限情報を移行先の PC で参照可能なメディアにバックアップします 2 奉行製品をセットアップします

More information