2. 抗原抗体相互作用の物理化学的解析 1) 抗原抗体相互作用の親和性抗体が抗体と結合する際には その抗原と抗体のアミノ酸とのさまざまな非共有結合が形成される 1 つの抗原抗体結合の強さを抗体の親和性 特に固有の親和性 (intrinsic affinity) と呼ぶ それに対し 1 分子あたり複数

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2. 抗原抗体相互作用の物理化学的解析 1) 抗原抗体相互作用の親和性抗体が抗体と結合する際には その抗原と抗体のアミノ酸とのさまざまな非共有結合が形成される 1 つの抗原抗体結合の強さを抗体の親和性 特に固有の親和性 (intrinsic affinity) と呼ぶ それに対し 1 分子あたり複数"

Transcription

1 抗体デリバリー - 基礎から臨床まで - 抗体開発のための抗原抗体相互作用解析 * 東京大学大学院工学系研究科医科学研究所 * 津本浩平 Dissection of antibody-antigen interactions for development of antibodies Antibodies have been widely used for therapeutics and diagnosis due to their high specificity and affinity for the targets; development of antibodies has been extensively investigated in various DD S fields. Once we obtain the genes encoding a monoclonal antibody, we can engineer various molecules using the antibody genes as a recognition element. However, it is not so far since we could understand how an antibody creates the specificity and affinity for the target from structural and energetic viewpoints. In this review, we firstly summarize three methods for biophysical characterization of antibody-antigen interactions. Second, we review our recent progresses on understanding how an antibody recognizes the target antigen from structural and energetic viewpoints. Finally, we discuss how we can create and improve the affinity of an antibody toward the target. 抗体はその高い抗原特異性 親和性から 治療薬 診断薬に用いられており 各分野で抗体開発が 盛んに行われている 抗体配列遺伝子が手に入れば 我々は その抗体が持つ機能を認識素子として利用し さまざまな改変抗体を構築することができるようになっている しかしながら 抗体がどのように抗原に対して高い特異性 親和性を創出するかについて 構造的に またエネルギー的に理解されるようになったのはごく最近のことである 本稿では 抗原抗体相互作用を生物物理学的にどのように性格づけするかについて まず 代表的な解析方法についてまとめ つづいて抗体が標的分子をどのように認識し 高親和性を創出しているかについて述べる Kouhei Tsumoto * Keywords: interaction, thermodynamics, enthalpy, hot-spot, complementarity-determining region(cdr) * 1. はじめに 抗体 (Immunoglobulin) は 標的分子を特異的に かつ高親和性を持って認識することができる蛋白質 である イメージング 生体内標的分子の動態解析 や相互作用分子の同定 標的分子の定量 バイオセ ンサーなど 幅広い領域で基礎研究に用いられてい るほか 治療薬あるいは臨床検査薬に関する開発研 究もさかんに行われている Milstein らが確立した細胞融合法によるモノク ローナル抗体作製技術は 近年の遺伝子工学技術の 進歩 さらに種々の調製法 あるいはハンドリング 技術の確立により 抗体はいまや医薬品として利用 School of Engineering and Institute of Medical Research, The University of Tokyo されるようになっている 最近では 抗体が持つドメイン構造を利用した積み木細工による組換え型改変抗体の開発 あるいは薬剤などの結合 (Antibody Drug Conjugate, ADC) がさかんに行われるなど 抗体研究はさらに大きな発展を見せている 一方 抗原認識能の合理的デザインに関する関心も高い 高い特異性 親和性を持つ抗原分子認識機能は 分子認識素子の開発という観点でも大変魅力的である ここではまず 抗原抗体相互作用解析として汎用されている手法の中で 特に熱力学的解析 速度論的解析 KinExA について簡潔に述べる 続いて 抗体変異体を用いた解析から明らかになった 抗体の特異性 親和性創出の分子機構について筆者らの研究を紹介する 412 Drug Delivery System 28 5, 2013

2 2. 抗原抗体相互作用の物理化学的解析 1) 抗原抗体相互作用の親和性抗体が抗体と結合する際には その抗原と抗体のアミノ酸とのさまざまな非共有結合が形成される 1 つの抗原抗体結合の強さを抗体の親和性 特に固有の親和性 (intrinsic affinity) と呼ぶ それに対し 1 分子あたり複数の結合部位が存在する場合にみられる親和性をアビディティ (avidity) と呼ぶ 抗体は 2 つ以上の抗原結合部位を持っていることから 実際に測定される値はすべて後者となる 2) 抗原抗体相互作用の熱力学的解析抗体が抗原と結合する場合 さまざまな非共有結合が形成されるため 結合に際して熱が発生する この熱を解析することにより その抗体の特性を解析できる 一般に 抗原抗体相互作用を熱力学的に解析する場合は 等温滴定型熱量測定装置が利用される この装置は 抗体を満たしたセルを一定温度に維持し そこに抗原を滴下することで発生する熱量を観測するというものである 観測される熱量からは結合におけるエンタルピー変化が算出され その変化から平衡結合定数 (Ka ) が算出される 相互作用前後のギブスエネルギー変化と平衡結合定数は次式で関係づけられているため ギブスエネルギーが算出される ( 式 1) G = RT ln Ka (1) また 複合体形成のギブスエネルギーはエンタルピーとエントロピーの間のバランスとして 次式のように定義されるため 結合のエントロピー変化が算出できる ( 式 2) G = H T S (2) 一般的に負のエンタルピー変化はファンデルワールス力や水素結合 イオン性相互作用から生じることが知られており これらが親和性に positive な貢献をする場合は エンタルピー得 といわれる エントロピーの変化について考えると 結合により蛋 白質中の動いているセグメントや側鎖のコンフォメーショナルエントロピー 別々の分子の自由回転並進エントロピーは減少する これらは親和性には negative な貢献をするため エントロピー損 と呼ばれる 一方 分子表面あるいは周辺に存在していた秩序だった水分子について考えると 複合体形成により水と蛋白質との相互作用は抗原抗体相互作用による非共有結合形成にとって代わられ その結果 水分子は溶媒に放出される これによりエントロピーは増加し エネルギー的貢献を果たすことになる このような変化を エントロピー得 と呼ぶ このように相互作用の熱力学的パラメータを算出することにより その結合様式についての知見を得ることができる これまでの熱力学的解析の報告からは 抗原抗体相互作用の多くはエンタルピー駆動型 すなわち相互作用により獲得されたエンタルピー得がエントロピー損によって失われるような相互作用であることが示されている 3) 抗原抗体相互作用の速度論的な解析抗原抗体相互作用の速度論的解析には 一般に表面プラズモン共鳴法による解析が用いられる 相互作用する片方の分子をセンサーチップと呼ばれる金の薄膜が蒸着されたガラスに固定化し そこに他方の分子を添加した際に センサー表面で起こる特異的相互作用を微細な質量変化として測定する 観測された質量変化から 結合の強さのみならず 結合 解離の速度についての情報が得られる 溶液中で 分子 A と分子 B が相互作用して複合体 AB となる場合の反応は 以下の式で示される ( 式 3) A+B k on AB (3) k off ここで kon は結合速度定数 (association rate constant, 単位 :M s -1 ) koff は解離速度定数 (dissociation rate constant, 単位 :s -1 ) である 各分子の t 時間後における濃度を [A] [B] [AB] とすると 複合体の濃度変化率は式 (4) で表される Drug Delivery System 28 5,

3 d[ AB] = kon[ A][ B] koff [ AB] (4) dt d [ AB] 平衡状態では結合速度とはゼロとなるため dt k k on off [ AB] = = Ka [ A][ B] (5) となる 表面プラズモン共鳴法では 実験データに 対して理論曲線をカーブフィッティングすること で 結合速度定数 (kon) と解離速度定数 (koff) を算出 し それらの比から平衡結合定数 (Ka ) が算出され る したがって 結合定数のみならず 結合と解離 の過程の寄与についてのより詳細な情報を得ること ができる 前述の熱力学的解析とは異なる情報が得 に通すと 抗原抗体複合体を形成していない抗体を捕捉できる 捕捉された抗体量の蛍光を測定することにより 複合体形成時の未反応抗体量を測定 その量から 理論曲線に基づき平衡定数を求める方法である ビーズに通す速度を変化させることで 速度論的な解析も可能となる 本手法は 特に抗原に対する高い親和性を有する抗体の解析に有効であり SPR 法と補完的な位置づけにある 事実 SPR では 解離速度定数が顕著に低い ( 抗原から解離しづらい ) 抗体に関する分析に関しては定量性が必ずしも十分でないのに対し KinExA 法はその原理から 抗原が解離しづらい抗体の分析に適している 抗体医薬品開発においては 解離速度定数が低い抗体をいかに選別するか が重要な課題の 1 つであり そのような観点でも大変有益な情報を与える られるため 相互作用の本質を理解するためには双 方を組み合わせることが好ましい 3. 抗体の分子認識機構 蛋白質とリガンドとの相互作用においては 結合 定数のきわめて高いものが見られるが ( 例えば ビオチン-アビジン間の相互作用は M -1 ) 抗原抗体相互作用の速度論的な解析によれば 抗体の結合定数は M -1 を超えない これは親和性の天井と呼ばれる 単量体の抗原と抗体の相互作用の最大結合速度定数は 10 7 M sec -1 程度であり その値はそれぞれの分子の拡散定数によって制御される 一方 解離速度定数については制限がほとんど存在せず 抗体の親和性には解離速度定数が変化することにより決定されている しかし 天然に存在する抗体の解離速度定数は一般に 10-3 ~10-6 s -1 程度であり 非常に遅い定数をもつ抗体分子は免疫系において選択されない 1) 抗体の構造抗体分子は大小 2 種類のポリペプチド鎖 (H 鎖と L 鎖 ) からなる分子である 骨格構造の違いにより IgM IgG IgA IgD IgE の 5 つのクラスに分類される いずれの抗体分子も クラスを問わず構成するすべてのドメインが immunoglobulin fold と呼ばれる 1 対のジスルフィド結合により安定化された およそ 100 アミノ酸残基からなる強固なβ バレル構造により形成されている 5 つのクラスのうち IgG は血清中に最も多く存在し 汎用的に用いられている 抗原との結合性は 可変領域 (Fv: fragment of variable region) と呼ばれる 分子量約 25k のドメインにより決定される ( 図 1a) 1~3) H 鎖 の可変領域は VH ドメイン L 鎖の可変領域は VL 4)KinExA(Kinetic Exclusion Assay) 速度論的排除法 (Kinetic Exclusion Assay KinExA ということが多い ) は 溶液中で行える測定法であること 二次蛍光レポーター分子を必要とする点で いままでの生物物理学的手法とは異なる KinExA 装置はフロー型の蛍光分光光度計である 測定したい試料溶液に蛍光標識抗体を混合し 標的分子と抗原抗体複合体を形成させ 平衡化する この溶液を 固定化した抗原を結合させてあるビーズ ドメインと呼ばれ これらはさらに相補性決定領域 (CDR:complementarity determining region) と呼ばれる 特に配列変化に富む 6 つのループ (VH, VL 各鎖 3 つずつ ) とそれらを連結する骨格領域 (FR:framework region) から構成される ( 図 1b) 6 個 ( 重鎖から 3 個 軽鎖から 3 個 ) の CDR が可変領域の一方に固まって存在し 抗原認識領域を構成している ( 図 1b) CDR ループの立体構造については カノニカル 414 Drug Delivery System 28 5, 2013

4 図 1(a) F v H 鎖 図 1(b) CDR V L V H V H VL L 鎖 CDR-L2 CDR-H3 CDR-H1 CDR-H2 C H1 C H1 C L CL F ab CDR-L1 CDR-L3 C H2 C H2 F C V L C H3 C H3 IgG V H 図 1 IgG の構造 (A)IgG の模式図 各々の四角が Ig フォールドを表す 灰色の線はサブユニット間のジスルフィド結合を表す (B)Fv 断片の構造 6 つの相補性決定領域 (CDR) を示してある 構造と呼ばれるごく限られた主鎖の構造しかとらないことが示されている 4,5) 抗体の抗原認識能は各々の CDR のコンフォメーションと 6 つの CDR の相対的な配置 そして CDR に存在するアミノ酸残基の側鎖の特徴によって決定されている 2) 抗原抗体相互作用の構造的特徴抗体は CDR により形成される立体構造により抗原を特異的に認識する 抗原と抗体との間には形状相補性 (shape complementarity) が成り立っている 6) CDR のアミノ酸配列を変化させることにより 低分子化合物から DNA やペプチド 可溶性蛋白質 ウイルス 細胞表面抗原といった巨大分子まで さまざまな分子を認識して結合する ドメインの基本構造を維持した状態で 結合特性を自在に変化させることができるのである さまざまな抗体の抗原認識機構が詳細に解析されている 低分子化合物の認識においては鍵と鍵穴のように CDR 領域に鍵穴が用意されており そこに抗原がぴったりとはまり込む形で認識されることが多い 我々は 平間らが全合成に成功した エーテル環がトランス縮合で連なった構造を持った毒素シガトキシンを特異的に認識する抗体について詳細な解析を進めたが 7,8) 基本的には鍵と鍵穴の認識様式であり 抗体のドメイ ンレベルでの構造変化によって高い親和性を創出していた また DNA やペプチドの認識においては 構造変化を伴う誘導結合型の認識 蛋白質の認識においては比較的平坦な面による認識が多い 9~11) このような観点から糖鎖認識を考えると 糖鎖に特異的に結合できる抗体の調製が難しいことがわかる 自己抗原に構造が類似している という生物学的な理由のみならず 化学構造の厳密な識別が 抗体が準備する高次構造においては難しく かつ後述の水和 脱水和によるエネルギー的な影響がきわめて大きいのである 相互作用界面には 多くのファンデルワールス相互作用 水素結合 イオン性相互作用 芳香族性相互作用が形成され 形状と電荷における相補性が存在する 6) 水分子が抗原 抗体間に入り アミノ酸残基だけでは創出が難しい形状相補性に重要な役割を担う場合も多い 12,13) 興味深いことに CDR に存在して分子認識に用いられるアミノ酸の種類には偏りがある 14) すなわち 20 種のアミノ酸のうち 芳香環では Tyr Trp それ以外としては Asn や Ser が CDR での出現頻度が高く 抗原認識に関与することが多い Tyr Trp については側鎖がかさ高く 疎水的相互作用やファンデルワールス相互作用をしやすいこと Drug Delivery System 28 5,

5 に加え 水素結合や芳香族性の相互作用 (π-π 相互作用, カチオン-π 相互作用 ) も形成できるためと考えられる 3) 抗原抗体相互作用の熱測定 : モデル抗体を用いた分子認識機構解析蛋白質性抗原と抗体の相互作用は 蛋白質性のプロテアーゼ阻害剤の相互作用と合わせて 蛋白質間相互作用のモデルケースとしてもさまざまな観点から研究されてきた 12~14) 実際の官能基レベルでの議論には 構造情報に基づいた変異導入解析が必要不可欠である 熱力学的解析は相互作用によってやり取りされる熱量を測定することから 相互作用に関与する残基を特定して変異体を調製 熱量を測定することで各残基の熱力学的寄与について考察が可能となる さらに 変異抗体と抗原との複合体の構造解析を組み合わせることで 変異導入の効果を原子レベルで議論することが可能となる 15) 著者らは 抗ニワトリリゾチーム (HEL) 抗体 HyHEL 10 の可変領域と抗原との相互作用をモデルとして 抗体の分子認識機構の記述をめざしてきた 15) HEL 4)Tyr が果たす役割抗体は CDR のアミノ酸配列を変化させることにより抗原への特異性を獲得する 先に述べたように CDR に存在するアミノ酸の種類には偏りがあり 16) 特に Tyr の CDR での出現頻度が高く 抗原認識に関与する場合がきわめて多い そこで HyHEL 10 リゾチーム相互作用について 抗原認識に直接関与している 6 つの Tyr について Phe あるいは Ala に置換し Tyr の役割を検討した 相互作用の熱力学的解析結果を Table 1 に 複合体の結晶構造を図 2に示す 17,18) どの Tyr も変異導入によって親和性が減少した 得られた結果から Tyr は1 水酸基による相互作用に重要な水素結合の形成 2 芳香環によるファンデルワールス相互作用 3 NH π 相互作用 π π 相互作用形成 4 芳香環を用いた協同的抗原認識 を可能にすることが明らかとなった 変異導入効果は 基本的にはエンタルピー - エントロピー補償則 19~21) に従っていた この補償則から外れ 親和性に大きく寄与している部位が energetic hot-spot となっている また NH π 相互作用とπ π 相互作用が エントロピー損を最小限に抑えることで 親和性に大きく寄与していることが明らかとなった 芳香環と水酸基が持つ化学的な性質を巧みに利用して 多様な特異性と高い親和 Table 1 Thermodynamic parameters of the interactions between hen lysozyme and HyHEL-10 wild-type and mutated Fvs at 303K (Tyr mutants) 1) 図 2 V H H-Y53 H-Y33 H-Y50 H-Y58 L-Y96 L-Y50 V L 抗ニワトリリゾチーム抗体 HyHEL-10Fv の抗原認識に関与する Tyr 残基 これらの部位について 部位特異的に変異体を作製し 相互作用を熱力学的 構造学的に解析した mutants stoichiometry ΔG [kj mol -1 ] ΔH [kj mol -1 ] ΔS [kj mol -1 K -1 ] Wild-type HY33F HY50F HY53F HY53A HY58F HY58A HY33A53A LY50A LY96F HY33A, HY50A 2) N.D. 1)VP ITC を用いて決定した 2) 親和性クロマトグラフィーでは精製できなかった 416 Drug Delivery System 28 5, 2013

6 H-Lys97 H-Trp95 H-Tyr33 W15 H-Ala96 H-Asp101 H-Asp32 H-Asn94 図 3 HyHEL-10Fv とニワトリリゾチーム (HEL) との相互作用における塩橋の役割 変異導入箇所周辺を示してある VH 鎖 Asp96 への変異導入によって 界面に水分子が残り 水素結合を形成していることがわかる 性を与えることが可能となるわけである あらゆる抗体で芳香環が分子認識に用いられていることを考えれば ある特定の抗原に対する特異性は芳香環が適切に配置され 荷電残基の適切な配置から創出される相互作用表面の形状相補性から生じるといってよいのかもしれない Sidue らは CDR への無作為変異導入によって Asp Ser Tyr のみのアミノ酸で構成される CDR により 特異的な分子認識ができる可能性を報告しており 22, 23) 単に親和性が高いというだけでなく 高特異性創出の可能性がある点で興味深い 5) 塩結合 ( 塩橋 ) 静電的な相補性は 生体高分子の相互作用において不可欠である 24~26) 負電荷のアミノ酸側鎖と正電荷の側鎖の間に形成される静電的相互作用 ( 塩橋 塩結合と呼ぶ ) が蛋白質相互作用の特異性 親和性を支配している場合も多い 24~26) 抗原抗体相互作用の特異性 親和性においても塩橋形成の重要性が考えられる HyHEL 10Fv HEL 複合体間には HEL の Lys97 と HyHEL 10 の Asp32 Asp96 の間に 2 本の塩橋形成が観察されている そこで 塩結合を欠損させる変異を導入し 相互作用を熱力学的 に解析したところ 負のエンタルピー変化量 負の エントロピー変化量が大幅に上昇した (Table 2) これらの結果は 塩橋がエントロピー的な寄与 す なわち 塩橋形成によるエンタルピー得 エントロ ピー損よりも 脱水和によるエンタルピー損 エン トロピー得の寄与が大きく 結果として 相互作用 にはエントロピー的寄与を果たすことを示してい る 27) この結果の構造的根拠を明らかにするため 変異体 - 抗原複合体の結晶構造を解析した 全体構 造にはほとんど変化はなく 可変領域間相互作用の 変化があったこと そして置換を導入した箇所に水 分子が配位し 新たな水素結合が複数形成されてい た ( 図 3) 28) 中西らが明らかにした 抗原が結合し Table 2 Thermodynamic parameters of the interactions between hen lysozyme and HyHEL-10 wild-type and mutated Fvs at 303K (salt-bridge deleted mutants) 1) Mutants stoichiometry ΔG [kj mol -1 ] ΔH [kj mol -1 ] ΔS [kj mol -1 K -1 ] Wild-type HD32A HD96A HD32AD96A ( 二重変異体 ) 1)OMEGA を用いて決定した Drug Delivery System 28 5,

7 ていない ( 抗原フリーの )HyHEL 10Fv の結晶構造においては この Asp96 に 温度因子 ( 構造安定性の尺度を示す ) の低い水和水が存在している ( 未発表 ) 抗原との結合により この水和水が解放されることになる すなわち 塩橋形成における水和水の解放によるエンタルピー損 ( 吸熱 ) とエントロピー得が 塩橋形成によるエンタルピー得 ( 発熱 ) とエントロピー損を上まわっているわけである 以上は この相互作用における塩橋の寄与がエントロピー損の減少であること 換言すれば 親水的環境下にある静電相互作用の寄与がエントロピー的であることを実験的に示したということになる 溶媒露出した塩結合の相互作用への寄与という観点からも 溶媒に露出したアミノ酸残基によって形成される塩結合がエントロピー的寄与を果たしている という知見には一般性がありそうである 29) 事実 リガンド設計においても水素結合や塩結合を形成しうる官能基の導入が結果として脱水和によるエンタルピー損を伴い 親和性向上を難しくしている例が多く報告されつつある 30) 最近の我々の IL 15 受容体の相互作用解析をみても 塩結合形成が相互作用に大きく貢献できるのは 塩橋形成に関与するアミノ酸残基が疎水環境下にあるものに限られている 31) 蛋白質の水和構造の本質的理解が重要である といえる 6) 水素結合 (Asn Ser の場合 ) 抗原抗体相互作用において形成される水素結合は 特異性を決定する要因の 1 つと考えられている 先に述べたように Tyr の中に 水酸基による水素結合がきわめて重要な貢献をしている部位が存在することがわかった 前述したように Asn Ser が Tyr に続いて CDR 中に存在する数の多いアミノ酸であり その側鎖の官能基は 相互作用界面においてしばしば水素結合を形成している そこで HyHEL 10Fv HEL 相互作用において Asn Ser が形成するアミノ酸残基同士の直接的な水素結合の役割を調べるため その側鎖が抗原と直接的な水素結合を形成する抗体残基の中で Asn については 軽鎖中の L Asn31 L Asn32 L Asn92 について Ser については重鎖中の H Ser31 H Ser54 H Ser56 について部位特異的変異導入を施した 前者 はそれぞれ Asp および Ala に 後者は Ala に置換した変異型抗体を作製し 水素結合欠損時の抗原との相互作用を 熱力学的測定および複合体の結晶構造により考察した 32) HyHEL 10Fv HEL 相互作用における すべての直接的な水素結合は いずれも好ましいエンタルピー的な寄与を行うこと そしてその寄与の大きさには強弱が存在していた L Asn31/Nδ2 および L Asn92/Nδ2 が抗原と形成する直接的水素結合は その欠損による結合定数の低下は小さく また 構造変化あるいは他の相互作用の獲得により相補可能なエネルギー的に 付加的な 水素結合である 一方 L Asn32/Nδ2 の形成する水素結合は 抗原抗体界面の構造を堅くする すなわち エントロピー的な不利性が非常に大きいものの それ以上の著しいエンタルピー的な有利性によって 抗原に対する親和性創出において決定的な役割を果たすこと そしてその欠損は構造変化あるいは他の相互作用の獲得によっては相補できないことが明らかになった また LN31A LN32A LN32D 変異体の解析結果より L Asn31 および L Asn32 が HEL HyHEL 10Fv 抗原抗体相互作用におけるパラトープ側の energetic hot spot であることも確認した 一方 Ser については エンタルピー -エントロピー補償により 見かけ上その親和性への寄与が少ないことがわかった これらの結果は 強い疎水的環境にあるようなアミド基 カルボニル基による静電的水素結合が非常に大きな寄与を果たすことを示唆している すなわち 強い疎水的環境下にある静電的相互作用を Asn 側鎖が形成できることから Tyr と並んでより頻繁に抗原認識に用いられていることが推察される 7) 単変異導入解析が明らかにした特徴さまざまな変異体を用いた解析から 蛋白質相互作用において特異性を支配するとされる部位である Hot Spot は そのアミノ酸残基が形成する非共有結合が親和性に大きく影響する部位 (energetic hot spot) と 構造形成に重要なアミノ酸残基 (structural hot spot) に分かれることが明らかとなった 15) 変異体を用いた相互作用の熱力学的ならびに構造的解 418 Drug Delivery System 28 5, 2013

8 析は 水和構造の変化をはじめ 有益な知見を多く 与えている 例えば energetic hot spot への変異 導入は 微小な変異導入であっても 界面の広範囲 にわたる大幅な構造変化がおき 場合によってはエ ンタルピー変化量を大幅に減少させてしまう これ は energetic hot spot において形成される非共有 結合は 界面の他の部位で形成される相互作用を誘 導する役割を果たすことを意味する 一方 相互 作用界面に存在する hot spot でないアミノ酸残基 への変異導入解析から これらは親和性向上にある 程度貢献するものの 置換には寛容であることがわ かった これは熱力学的にはエンタルピーエントロ ピー補償則によるものであり 構造的には水和水の 界面への導入による場合が多かった 相互作用界面 に存在する水和水のふるまいを如何に考慮できる 32) か 蛋白質相互作用の本質的理解に不可欠であるこ とはいうまでもない 誘導結合 (induced fitting) の 貢献そのものがエンタルピー的であったこと 33) も 構造の柔らかさそのものが高親和性には直接的には 貢献できないことを意味しており 特異性創出機構 の解明の関連で重要であろう 先に述べたように 糖鎖特異的抗体が 糖鎖の化学構造だけを識別する ことが容易でないのも 糖鎖の水和構造と柔らかさ 抗体が構築可能な相互作用界面の高次構造を鑑みれ ば納得できるであろう 4. 抗体の高親和性創出には抗原との相互作用界面だけでなく 抗体可変領域間 (VH-VL) 相互作用も重要である 変異抗体の選択を行い TEL に対して高い親和性を持つクローンを選択した 34) 2 つのリゾチーム間で構造の異なる領域の 1 つを認識している重鎖の相補性決定領域 2(CDR H2) に着目し 4 部位 ( 位 ) について変異を導入した 選択により得られた変異体はいずれも 58 位に Phe を有していた また それ以外の 3 カ所については コンセンサス配列はなかった 次に これらの変異体を用いて リゾチームとの相互作用を等温滴定型熱量測定により解析した 野生型に比べ 選択された変異体の TEL に対する結合定数は 3~4 倍上昇し HEL に対しては 1/30~1/7 に減少していた ( 図 4) K a /10 7 M -1 at 308K WT Tyr Ser Ser Tyr SFSF Ser Phe Ser Phe AEAF Ala Glu Ala Phe ETKF Glu Thr Lys Phe Y58F Tyr Ser Ser Phe 生体が インフルエンザなどのある特定の抗原に対する抗体を準備していても その抗原への変異導入により 抗体の結合活性が失われる という例が多く知られている 抗原への変異導入に対して 抗体がどのようにして自身の抗原認識領域 ( パラトープ ) を変化させ 野生型と同じ領域 ( エピトープ ) を認識できるか について理解することは 抗体の抗原認識機構の記述においてもきわめて興味深い そこで HyHEL 10 について 親和性が低下する変異抗原のモデルとしてシチメンチョウリゾチーム (TEL) を用い ファージディスプレイ法を用いて変異導入個所に対して特異的分子認識能を創出する 図 4 ファージディスプレイにより選択された各変異体の HEL TEL に対する親和性 灰色 : 元の抗原 ( ニワトリリゾチーム,HEL) に対する親和性 黒 : 変異抗原 ( シチメンチョウリゾチーム,TEL) に対する親和性 図の下のアミノ酸は 位のアミノ酸残基を示す また すべての変異体で選択された Phe への変異のみで TEL に対する親和性の上昇は達成されていたものの HEL への親和性も低下しなかった 58 位以外の 3 カ所におけるアミノ酸残基により特異性変換が実現したこと また 興味深いことに親和性向上はいずれも負のエンタルピー変化量の上昇によることが明らかとなった 34) 親和性成熟前と後 Drug Delivery System 28 5,

9 の抗体の抗原相互作用に関する熱力学的解析は 皿 井ら 古川らによって 抗ニトロフェノール (NP) 抗体で負のエンタルピー変化量の上昇に伴うもので あることが明確に示されており 35, 36) 人工変換によ り達成された親和性向上は これと一致するもので あった このような特異性変換機構を 得られた変異抗体 と抗原複合体について結晶構造解析を行うことで 原子レベルで記述した 37) この特異性変換は 標的 部位において相補性を改善するというわけではな く むしろ 抗体の抗原認識において貢献する各 CDR の微調整 VH VL 間相互作用の微調整 さら には抗原認識領域全体の微調整により創出されるこ とが示された 38) 蛋白質性抗原については 構造情 報に基づいて相補性そのものを改良しようと試みる 戦略も重要であるが 本研究結果から明らかになっ たように 特異性 親和性の調節が 相互作用界面 だけではなく 可変領域相互作用の微調整 38~40) によ り行われることを十分考慮する必要がある 可変領 域相互作用の重要性は後述の抗体のヒト化でも強調 されることになる 5. マウス抗体のヒト化 : 抗原認識面を別のフレームワークに移植する際も VH-VL 相互作用を制御することが特異性 親和性保持に重要である マウス抗体はヒトに対しては異物となることから マウス抗体をヒトへと投与した場合 異物と認識され 投与したマウス抗体に対するヒト抗体が産生されることによる副作用が懸念される そこで マウス抗体のヒト型化技術が開発されてきた これは マウス抗体の CDR をヒト抗体に移植 ( これをグラフティングと呼ぶ ) するというものである 英国 MRC の Riechmann らは グラフティングによるマウス抗体のヒト型化を試みた 41) ところ 単に CDR を移植しただけでは抗原結合活性がなく CDR の立体構造を維持するために必要と考えられるアミノ酸残基をさらに移植したところ 抗原結合活性が回復することが明らかとなった この結果は CDR グラフティングに CDR のループ構造を安定化するフレームワーク上のアミノ酸残基を組み合わせることが ヒト型化には重要であることを示してい る 中西らは マウス抗体のヒト型化が標的抗原に対する特異性あるいは親和性に与える影響を明らかにするために ニワトリリゾチーム抗体 HyHEL 10 をヒト型化し その抗原との相互作用を精査した 42) 骨格領域はもっとも相同性の高いヒト抗体由来配列を用い 6 つある CDR 配列をそのままグラフティングした デザインした抗体可変領域について その分子認識特性を解析した 等温滴定型熱量測定によれば ヒト型化によって 抗体の親和性は 10 倍低下していた しかしながら 相互作用により形成される非共有結合の数をおおよそ反映するエンタルピー変化の絶対量が上昇した (Table 3) Table 3 Thermodynamic parameters of the interactions between hen lysozyme and humanized, mutated humanized, and mouse HyHEL-10 Fvs(303 K) 1) Mutants stoichiometry ΔG [kj mol -1 ] ΔH [kj mol -1 ] ΔS [kj mol -1 K -1 ] humanized HW47Y HQ39K W47Y mouse )VP ITC を用いて決定した これは ヒト型化によって 相互作用のエネルギー獲得に不利なエントロピー変化量が大きくなり 結果として親和性を低下させていることを意味する 相互作用界面に存在するアミノ酸残基はマウス抗体とヒト型化抗体ですべて同じなので 負のエンタルピー変化量が上昇していることは 相互作用時に形成される非共有結合に差があることを示唆する 不利なエントロピー変化量が大きくなる ということの要因として 水和構造の変化ならびに相互作用に伴う蛋白質高次構造の変化が考えられる 中西らは この抗体の可変領域間相互作用に着目した HyHEL 10 には VH VL 界面に特徴的なアミノ酸残基を 2 つ (Gln39,Trp47) 有している そこで まず Trp47 をマウス型の Tyr に変異させたところ エンタルピー変化量がヒト型化抗体とほぼ等しい状態で親和性が回復した 次に さらに Gln39 をマウ 420 Drug Delivery System 28 5, 2013

10 6.CDR 領域の構造を支える Vernier 残基の役割 図 5 V H ス型の Lys に変異させたところ 負のエントロピー 変化量が減少し 親和性が向上した 42) (Table 3) ヒト型化抗体 - 抗原 二重変異導入ヒト型化抗体 - 抗原複合体の結晶構造解析を行ったところ ( 図 5) 相互作用界面に形成される相互作用 それらに関与 するアミノ酸群はパラトープ エピトープともにほ とんど変わりがなく 唯一 変異を導入した VH VL 間相互作用に変化を生じていることが明らかと なった 42) 以上の結果は マウス抗体のヒト型化に おける特異性あるいは親和性の低下の原因の 1 つ が 可変領域間の相互作用にあることを示してお り マウス抗体のヒト型化においては 単に抗原と の相互作用界面を移植するだけでなく 抗体の抗原 認識様式そのものを正しく移植するために 骨格領 域における相互作用界面の微調整が重要であること を強く示唆している ヒト型化抗体の親和性 ある いは特異性をマウス抗体と同等のものにしていくう えで 6 つある CDR を適切な構造に置くこと そ して可変領域間相互作用を考慮することが重要であ る ということになる HEL V L ヒト型化抗体 - 抗原複合体と変異導入ヒト型化抗体 - 抗原複合体の構造比較 灰色 : ヒト型化抗 HyHEL-10 黒 :HQ39KW47Y 変異体 骨格領域中の CDR ループ構造を支えるアミノ酸 残基群は Vernier ゾーンと呼ばれる 43~45) ヒト型化 においてもこの Vernier ゾーンのアミノ酸残基が重 要であることが指摘されてきた 真壁らは この領 域が抗体の抗原に対する高特異性 親和性創出に果 たす役割を考察するために ヒト上皮成長因子受容 体 (EGFR) 特異的マウス抗体 528 の可変領域に着目 した まず 528Fv 領域にもっとも相同性の高い ヒト抗体可変領域の骨格領域を選び出し マウス抗 体 528 の CDR 領域を移植することでヒト型化 528 抗体を構築した 46) このヒト型化 528 抗体が持つ抗 原に対する親和性は マウス抗体 528 に比して 40 分の 1 程度に低下した 等温滴定型熱量測定によれ ば この親和性の低下は 相互作用に伴う負のエン タルピー変化量の大幅な減少に起因していた 抗原 認識に関与するすべての領域を移植しているにもか かわらず 負のエンタルピー変化量が減少している ことから 相互作用様式がヒト型化によって変化し ている可能性が考えられた ヒト型化抗体とマウス 抗体の結晶構造を解析したところ CDR ループ構 造も含め 顕著な構造の相違は見いだされなかった そこで両者で異なる Vernier ゾーンのアミノ酸残 基に着目した ( 図 6) VL 鎖の Vernier ゾーン残基 図 6 V L CDR-loops V H ヒト抗体とマウス抗体で異なる Vernier 残基 2 つの抗体で異なる Vernier 残基を CPK により示した Drug Delivery System 28 5,

11 は全く同じであったことから VH 鎖で異なる残基に着目し ヒト型化抗体の Vernier ゾーン残基をマウス抗体のものに変異させたところ 以下が明らかとなった 1いくつかの部位あるいはその組み合わせによって エンタルピー変化量はマウス抗体と同等の値に回復していた また このような変化の見られない部位 組み合わせも存在した 2 親和性はヒト型化抗体に比して 4 倍程度の上昇に留まっていた また 蛋白質水和構造の変化の指標となる定圧モル比熱変化量の絶対値が大幅に上昇していた 3 親和性の上昇を阻んでいるのは 他の相互作用と同様に エンタルピー -エントロピー補償に起因していた 4エントロピー変化が不利に働く要因として コンフォメーショナルエントロピーの減少が示唆された これらの結果から Vernier ゾーン残基は 抗原抗体相互作用において エンタルピー的寄与 すなわち 相互作用形成を促進させる方向には向かわせる貢献を果たしているものの コンフォメーショナルなエントロピー損失を招く 例えば その貢献は構造変化 あるいは水和水の固定などの効果 によって補償されてしまうことになる CDR とその周辺構造を抗原認識のための最適な状態に固定することの難しさを改めて浮き彫りにする結果となっている 7. おわりに本稿では 抗体開発における相互作用解析について概説したのち 我々の研究結果を中心に 構造 物性解析から明らかにした標的抗原に対して抗体が特異性 親和性を創出する仕組みを述べた 蛋白質工学という概念が 1983 年に提唱された際に そのモデルとして最適な分子として抗体が挙げられている 47) 創薬研究や生命科学研究における分子認識素子としての重要性は増すばかりである 構造解析と物性解析のクロストークから 相互作用の機構解明だけでなく 分子デザインの指針が示されつつある 抗体の自在な改良 改変がいよいよ現実的な課題になってきているといえる 文献 1)Colman, P.M. (1988)Adv. Immunol. 43, 99 2)Braden, B.C. & Poljak, R.J. (1995)FASEB J. 9, 9 3)Davies, D.R. & Cohen, G.H. (1996)Proc. Natl. Acad. Sci. USA 93, 7 4)Chothia, C. Lesk, A.M., Tramontano, A., Levitt, M., Smith- Gill, S.J., Air, G., Sheriff, S., Padlan, E.A., Davies, D., Tulip, W.R. et al. (1989)Nature 342, 877 5)Shirai, H. Nakajima, N., Higo, J., Kidera, A., & Nakamura, H. (1998)J Mol Biol. 278, 481 6)Padlan, E.A. (1996)Adv. Protein Chem., 49, 57 7)Tsumoto K, Yokota A, Tanaka Y, Ui M, Tsumuraya T, Fujii I, Kumagai I, Nagumo Y, Oguri H, Inoue M, Hirama M (2008). J Biol Chem. 283, )Ui M, Tanaka Y, Tsumuraya T, Fujii I, Inoue M, Hirama M, Tsumoto K. (2008)J Biol Chem. 283, )Schultz, P.G., Yin, J., & Lerner, R.A. (2002)Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 41, )Bhat, T.N., Bentley, G.A., Boulot, G., Greene, M.I., Tello, D., Dall'Acqua, W., Souchon, H., Schwarz, F.P., Mariuzza, R.A., & Poljak, R.J. (1994)Proc. Natl. Acad. Sci. USA 91, )Ladbury, J. E. (1996)Chem. Biol. 3, )Janin, J. & Chothia, C. (1990)J. Biol. Chem. 265, )Lo Conte, L., Chothia, C., & Janin, J. (1999)J. Mol. Biol. 285, )Bogan, A.A., & Thorn, K.S. (1998)J. Mol. Biol. 280, 1 15) 津本浩平 (2006) 生化学 78,93 16)Mian, I.S., Bradwell, A.R., & Olson, A.J. (1991)J. Mol. Biol. 217, )Tsumoto, K., Ogasahara, K., Ueda, Y., Watanabe, K., Yutani, K., & Kumagai, I. (1995)J. Biol. Chem. 270, )Shiroishi M, Tsumoto K, Tanaka Y, Yokota A, Nakanishi T, Kondo H, Kumagai I (2007)J. Biol. Chem. 282, )Dunitz, J.D. (1995)Chem Biol. 2, )Hunter, C.A., & Tomas, S. (2003)Chem. Biol. 10, )Sharp, K. (2001)Protein Sci. 10, )Fellouse, F.A., Wiesmann, C., & Sidhu, S.S. (2004)Proc. Natl. Acad. Sci. USA 101, )Fellouse, F.A., Li, B., Compaan, D.M., Peden, A.A., Hymowitz, S.G., & Sidhu, S.S. (2005)J. Mol. Biol. 348, )Novotny, J. & Sharp, K. (1992)Prog Biophys Mol Biol. 58, )Kumar, S. & Nussinov, R. (2002)ChemBioChem 3, )Sinha, N., & Smith-Gill S.J. (2002)Curr Protein Pept Sci. 3, )Tsumoto, K., Ogasahara, K., Ueda, Y., Watanabe, K., Yutani, K., & Kumagai, I. (1996)J. Biol. Chem. 271, )Shiroishi, M., Yokota, A., Tsumoto, K., Kondo, H., Nishimiya, Y., Horii, K., Matsushima, M., Ogasahara, K., Yutani, K., & Kumagai, I. (2001)J. Biol. Chem. 276, )Shiroishi, M., Kuroki, K., Tsumoto, K., Yokota, A., Sasaki, T., Amano, K., Shimojima, T., Shirakihara, Y., Rasubala, L., van der Merwe, P.A., Kumagai, I., Kohda, D., & Maenaka, K. (2006)J. Mol. Biol. 355, )Velazquez-Campoy, A., Todd, M.J. and Freire, E. (2000) Biochemistry 39, )Sakamoto S, Caaveiro JM, Sano E, Tanaka Y, Kudou M, Tsumoto K. (2009)J. Mol. Biol. in press. 32)Yokota, A., Tsumoto, K., Shiroishi, M., Kondo, H., & Kumagai, I. (2003)J. Biol. Chem. 278, Drug Delivery System 28 5, 2013

12 33)Tsumoto, K. Ueda, Y., Maenaka, K., Watanabe, K., Ogasahara, K., Yutani, K., & Kumagai, I. (1994)J. Biol. Chem. 269, )Nishimiya, Y., Tsumoto, K., Shiroishi, M., Yutani, K., & Kumagai, I. (2000)J. Biol. Chem., 275, )Torigoe, H., Nakayama, T., Imazato, M., Shimada, I., Arata, Y., & Sarai, A. (1995)J. Biol. Chem. 270, )Furukawa, K., Akasako-Furukawa, A., Shirai, H., Nakamura, H., & Azuma, T. (1999)Immunity 11, )Kumagai, I., Nishimiya, Y., Kondo, H., & Tsumoto, K. (2003)J. Biol. Chem. 278, )Bhat, T.N., Bentley, G.A., Fischmann, T.O., Boulot, G., & Poljak, R.J. (1990)Nature 347, )Takahashi, H., Tamura, H., Shimba, N., Shimada, I., & Arata, Y. (1994)J. Mol. Biol. 243, )Ueda, H., Tsumoto, K., Kubota, K., Suzuki, E., Nagamune, T., Nishimura, H., Schueler, P.A., Winter, G., Kumagai, I., & Mahoney, W.C. (1996)Nature biotechnol. 14, )Riechmann, L., Clark, M., Waldmann, H., & Winter, G. (1988) Nature 332, )Nakanishi T, Tsumoto K, Yokota A, Kondo H, Kumagai I. (2008)Protein Sci. 17, )Foote, J., & Winter, G. (1992)J. Mol. Biol. 224, )Holmes, M.A., Buss, T.N., & Foote, J. (1998)J. Exp. Med. 187, )Holmes, M.A., & Foote, J. (1997)J Immunol. 158, )Makabe K, Nakanishi T, Tsumoto K, Tanaka Y, Kondo H, Umetsu M, Sone Y, Asano R, Kumagai I. (2008)J Biol Chem. 283, )Ulmer KM (1983)Science 219, 666. Drug Delivery System 28 5,

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード] 熱力学 Ⅱ 第 章自由エネルギー システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻 金子暁子 問題 ( 解答 ). 熱量 Q をある系に与えたところ, 系の体積は膨張し, 温度は上昇した. () 熱量 Q は何に変化したか. () またこのとき系の体積がV よりV に変化した.( 圧力は変化無し.) 内部エネルギーはどのように表されるか. また, このときのp-V 線図を示しなさい.. 不可逆過程の例を

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

昆虫と自然 2010年12月号 (立ち読み)

昆虫と自然 2010年12月号 (立ち読み) 食糞性コガネムシの輝く色 構造色のメカニズム 赤嶺 し Seago et al. 5 真由美 近 雅博 は上記の単純 な多層膜による干渉とは異なる 干渉メカニズム circularly polarizing reflectors もこの範疇 に含めている このことについ ては後述する 2 Three-dimensional photonic crystals は 密に集まったオパー ルに類似した六角形の配列ある

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

PEC News 2004_3....PDF00

PEC News 2004_3....PDF00 2004 March 3 C O N T E N T S Petroleum Energy Center News 1 13 1 2 3 3 4 3 5 6 3 7 8 3 9 ロ 芳香環の水素化 通常の縮合多環芳香族の水素化には 図17 芳香環の水素化 水素化活性の強化 NiMo系あるいはNiW系触媒が有効であり これらの水素化活性を高めることでメチル 基による反応阻害を緩和し 4,6DMDBT等

More information

WTENK5-6_26265.pdf

WTENK5-6_26265.pdf 466 2014年秋季 極域 寒冷域研究連絡会 の報告 海 カラ海 北大西洋 北米大陸の北部 東アジアで が多重に見られることが多い 南極昭和基地 69.0 S, 寒気質量の減少傾向が 中央シベリアの内陸部とベー 39.6 E における PANSY レーダー Sato et al.2014 リング海で寒気質量の増加傾向が5つの再解析データ のデータは このような小さな に共通して見られた 中央シベリアの内陸部の寒気質

More information

Word Pro - matome_7_酸と塩基.lwp

Word Pro - matome_7_酸と塩基.lwp 酸と 酸と 酸 acid 亜硫酸 pka =.6 pka =.9 酸 acid ( : 酸, すっぱいもの a : 酸の, すっぱい ) 酸性 p( ) 以下 酸っぱい味 ( 酸味 ) を持つ リトマス ( ) BTB( ) 金属と反応して ( ) を発生 ( 例 )Z l Zl リン酸 P pka =.5 pka =. pka =.8 P P P P P P P 酸性のもと 水素イオン 塩化水素

More information

QOBU1011_40.pdf

QOBU1011_40.pdf 印字データ名 QOBU1 0 1 1 (1165) コメント 研究紹介 片山 作成日時 07.10.04 19:33 図 2 (a )センサー素子の外観 (b )センサー基板 色の濃い部分が Pt 形電極 幅 50μm, 間隔 50μm (c ),(d )単層ナノ チューブ薄膜の SEM 像 (c )Al O 基板上, (d )Pt 電極との境 界 熱 CVD 条件 触媒金属 Fe(0.5nm)/Al(5nm)

More information

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 RIETI Policy Discussion Paper Series 13-P-023 RIETI Discussion Paper Series 13-P-023 2013 年 12 月 地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 相馬亘 ( 日本大学理工学部 ) 藤田裕二 ( 日本大学理工学研究所 ) 内藤祐介 ( 株式会社人工生命研究所 ) 西田正敏 ( 株式会社人工生命研究所

More information

Slide 1

Slide 1 3. 溶解 沈殿反応 天然水の化学組成 大陸地殻表層 (mg kg ) 河川水 (mg kg ) Al 77.4.5 Fe 3.9.4 Ca 9.4 3.4 Na 5.7 5. 8.6.3 Mg 3.5 3.4 Andrews et al. (3) An introduction to Environmental Chemistry 天然水の特徴 天然水の金属イオンは主に岩石の風化により生じる ただし

More information

60 秒でわかるプレスリリース 2008 年 2 月 19 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス反応を増強する重要分子 PDC-TREM を発見 - 形質細胞様樹状細胞が Ⅰ 型インターフェロンの産生を増幅する仕組みが明らかに - インフルエンザの猛威が続いています このインフルエンザの元凶であるインフルエンザウイルスは 獲得した免疫力やウイルスに対するワクチンを見透かすよう変異し続けるため 人類はいまだ発病の恐怖から免れることができません

More information

キレート滴定2014

キレート滴定2014 キレート滴定 本実験の目的本実験では 水道水や天然水に含まれるミネラル成分の指標である 硬度 を EDTA Na 塩 (EDTA:Ethylene Diamine Tetra Acetic acid) を利用して分析する手法を学ぶ さらに本手法を利用して 水道水および二種類の天然水の総硬度を決定する 調査項目キレート 標準溶液と標定 EDTA の構造ならびに性質 キレート生成定数 ( 安定度定数 )

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

報道発表資料 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - ポイント マイクロ RNA が翻訳の開始段階を阻害 標的 mrna の尻尾 ポリ A テール を短縮

報道発表資料 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - ポイント マイクロ RNA が翻訳の開始段階を阻害 標的 mrna の尻尾 ポリ A テール を短縮 60 秒でわかるプレスリリース 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - 生命は 遺伝子の設計図をもとにつくられるタンパク質によって 営まれています タンパク質合成は まず DNA 情報がいったん mrna に転写され 次に mrna がタンパク質の合成工場である

More information

K06_アウトライン前.indd

K06_アウトライン前.indd CT 画 像 を 用 いた 肺 の 呼 吸 機 能 の 定 量 化 * ** * Quantification of the Respiratory Activity of the Lung using CT Images Takayuki HASHIMOTO* Caihua WANG**,and Jun MASUMOTO* Abstract We have developed a system to

More information

8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性 座標独立性 曲線上の点を直接に計算可能 多価の曲線も表現可能 gx 低次の多項式は 計

8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性 座標独立性 曲線上の点を直接に計算可能 多価の曲線も表現可能 gx 低次の多項式は 計 8. 自由曲線 曲面. 概論. ベジエ曲線 曲面. ベジエ曲線 曲面の数学. OeGLによる実行. URS. スプライン関数. スプライン曲線 曲面. URS 曲線 曲面 4. OeGLによる実行 8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性

More information

<4D F736F F D2089FC92E82D D4B CF591AA92E882C CA82C982C282A282C42E727466>

<4D F736F F D2089FC92E82D D4B CF591AA92E882C CA82C982C282A282C42E727466> 11 Application Note 光測定と単位について 1. 概要 LED の性質を表すには 光の強さ 明るさ等が重要となり これらはその LED をどのようなアプリケーションに使用するかを決定するために必須のものになることが殆どです しかし 測定の方法は多種存在し 何をどのような測定器で測定するかにより 測定結果が異なってきます 本書では光測定とその単位について説明していきます 2. 色とは

More information

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関 Title 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 大西, 正俊 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120523 Right Type Thesis or Dissertation

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

学報_台紙20まで

学報_台紙20まで M 平成23年度 科学研究費補助金の決定 研究推進課 平成23年度科学研究費補助金 文部科学省 独 日本学術振興会 が決定しま した 新学術領域研究及び若手研究 スタートアップ 等を除く平成23年5月6日 現在の状況は表のとおりです 来年度に向け より積極的な申請をよろしくお願いします 奈 良 県 立 医 科 大 学 学 報 12 採択件数 金額 H23年度 145件 H22年度比

More information

氏 名 田 尻 恭 之 学 位 の 種 類 博 学 位 記 番 号 工博甲第240号 学位与の日付 平成18年3月23日 学位与の要件 学位規則第4条第1項該当 学 位 論 文 題 目 La1-x Sr x MnO 3 ナノスケール結晶における新奇な磁気サイズ 士 工学 効果の研究 論 文 審 査

氏 名 田 尻 恭 之 学 位 の 種 類 博 学 位 記 番 号 工博甲第240号 学位与の日付 平成18年3月23日 学位与の要件 学位規則第4条第1項該当 学 位 論 文 題 目 La1-x Sr x MnO 3 ナノスケール結晶における新奇な磁気サイズ 士 工学 効果の研究 論 文 審 査 九州工業大学学術機関リポジトリ Title La1-xSrxMnO3ナノスケール結晶における新奇な磁気サイズ効果の研究 Author(s) 田尻, 恭之 Issue Date 2006-06-30 URL http://hdl.handle.net/10228/815 Rights Kyushu Institute of Technology Academic Re 氏 名 田 尻 恭 之 学 位

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 薬品分析化学第 8 回 HendersonHasselbalch の式 ( 復習 ) ph 緩衝液 (p 55 ~) 溶液中に共役酸 塩基対が存在しているとき ph p 共役酸 塩基の濃度関係を表す 8 弱酸 HA の平衡式 O H O A において HA H A = mol/l, [A= mol/l とすると O [A より O A A [A となり ph p が導かれる 〇弱酸 HA ( mol/l)

More information

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X (

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X ( 第 週ラプラス変換 教科書 p.34~ 目標ラプラス変換の定義と意味を理解する フーリエ変換や Z 変換と並ぶ 信号解析やシステム設計における重要なツール ラプラス変換は波動現象や電気回路など様々な分野で 微分方程式を解くために利用されてきた ラプラス変換を用いることで微分方程式は代数方程式に変換される また 工学上使われる主要な関数のラプラス変換は簡単な形の関数で表されるので これを ラプラス変換表

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

6-3

6-3 6-3 6-3-1 2 3 2 168 6-10 169 6-3-2 空間形成への影響要因 以上のような過程を経て白山 2 丁目地区の斜面地は現在の状況を呈するようになるわけだが 斜面地の空間形成に関わる要因としては 次の 3 点が挙げられる 例えば 白山地区の台地端に 向かって南北に伸びる袋小路周辺 以下 A 図 6-10 では 3 つの因子が複合作用しながら斜 面地空間を構造的に規定するとともに

More information

16 コンクリートの配合設計と品質管理コンクリートの順に小さくなっていく よって, 強度が大きいからといってセメントペーストやモルタルで大きい構造物を作ろうとしても, 収縮クラックが発生するために健全な構造物を作ることはできない 骨材は, コンクリートの収縮を低減させ, クラックの少ない構造物を造る

16 コンクリートの配合設計と品質管理コンクリートの順に小さくなっていく よって, 強度が大きいからといってセメントペーストやモルタルで大きい構造物を作ろうとしても, 収縮クラックが発生するために健全な構造物を作ることはできない 骨材は, コンクリートの収縮を低減させ, クラックの少ない構造物を造る 1 コンクリートの基本的性質と配合 コンクリートは, セメントと岩石の粒である骨材に水を加えて混合したものである 混合直後には粘りのある液体であるが, セメントは水との化学反応により硬化していくため, 時間の経過とともに固まっていく セメントと水の反応は 水和反応 と呼ばれる 骨材は,5 mm のふるい目を通る粒径のものを 細骨材, それより大きい粒径のものを 粗骨材 と呼ぶ 水とセメントの混合物を

More information

i 1 2 3 2 k 1 2 3 4 / 5 http://www.kepco.co.jp/service/miruden/index.html 1310nm 1550nm 1625nm 0.6 0.4 0.2 0 4 8 12 JJAPAPLPRB x x T x x T x a T T ab c x x et al Framework. ACL 2014 System

More information

ochem2_30

ochem2_30 第 30 回 有機化合物の構造決定 (2) NMR NMR NMR 質量分析法 赤外分光法 NMR 1. 質量分析法の原理 1913 Thomson (Proc. R. Soc. Lond. A 1913, 89, 1 26) Thomson Thomson 20 Ne 22 Ne Thomson mv/qb m q v B m/q Thomson 1 EI 法 ( electron ionization,

More information

Nov 11

Nov 11 http://www.joho-kochi.or.jp 11 2015 Nov 01 12 13 14 16 17 2015 Nov 11 1 2 3 4 5 P R O F I L E 6 7 P R O F I L E 8 9 P R O F I L E 10 11 P R O F I L E 12 技術相談 センター保有機器の使用の紹介 当センターで開放している各種分析機器や計測機器 加工機器を企業の技術者ご自身でご利用できます

More information

サカナに逃げろ!と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 -個性的な神経細胞のでき方の理解につながり,難聴治療の創薬標的への応用に期待-

サカナに逃げろ!と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 -個性的な神経細胞のでき方の理解につながり,難聴治療の創薬標的への応用に期待- サカナに逃げろ! と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 - 個性的な神経細胞のでき方の理解につながり 難聴治療の創薬標的への応用に期待 - 概要 名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻の研究グループ ( 小田洋一教授 渡邉貴樹等 ) は 大きな音から逃げろ! とサカナに指令を送る神経細胞 マウスナー細胞がその 音の開始を伝える機能 を獲得する分子メカニズムを解明しました これまで マウスナー細胞は大きな音の開始にたった1

More information

Novel chemical mediators in the resolution of inflammation Charles N. Serhan Key words E-mail : marita@nih.go.jp Charles N. Serhan Brigham & Women's Hospital/Harvard Medical School 1) Serhan, C. N.,

More information

Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc

Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc 崇城 大学 生物生命学部 崇城大学 1999 年 九州大学農芸化学科卒業 生物生命学部 2004 年 同大学院生物資源環境科学府 応用微生物工学科 博士課程修了 准教授 2004 年 産業技術総合研究所 糖鎖工学研究センター研究員 岡 拓二 2008 年 崇城大学生物生命学部助教 2010 年 崇城大学生物生命学部准教授 糸状菌のガラクトフラノース含有糖鎖生合成に関わる 新規糖転移酵素遺伝子の機能解析

More information

日本の少子高齢化と経済成長

日本の少子高齢化と経済成長 mio@nli-research.co.jp 1 40 NLI Research Institute REPORT January 2012 2 NLI Research Institute REPORT January 2012 41 42 NLI Research Institute REPORT January 2012 3 NLI Research Institute REPORT January

More information

Microsoft PowerPoint - 10.pptx

Microsoft PowerPoint - 10.pptx m u. 固有値とその応用 8/7/( 水 ). 固有値とその応用 固有値と固有ベクトル 行列による写像から固有ベクトルへ m m 行列 によって線形写像 f : R R が表せることを見てきた ここでは 次元平面の行列による写像を調べる とし 写像 f : を考える R R まず 単位ベクトルの像 u y y f : R R u u, u この事から 線形写像の性質を用いると 次の格子上の点全ての写像先が求まる

More information

seika.PS

seika.PS Carrier Gas Distiled Water Heater Mixed Gas Carrier gas with H 2 O Mixed Gas Inlet Sample Purge Ar gas Quartz Rod Quartz Tube Furnace Thermo Couple Clucible (Molten Salt) Gas Outlet アクティブ制御を用いた長尺アームの制振制御

More information

越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドール

越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドール 越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドールに対して攻撃行動をしやすかったり 性器をさ の虐待関係の現場に導入することを念頭に置きながら わったりいじっている時間が多かったり

More information

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝 新たな遺伝 治療 マイクロ RNA 標的核酸医療 の可能性 2013/12/4 マイクロRNAは 約 22 塩基からなるタンパク質をコードしない さなRNAである 1993 年植物シロイヌナズナで発 されて以来 その数は右肩上がりに増えて今では1600を超えている 様々な疾患の発症と関わることが明らかとなったことから マイクロRNAを標的とする新しいタイプの核酸医療に期待が寄せられている 実際 C

More information

90 Shapiroの新しい前線 低気圧モデル 第7図 気象衛星で捉えられた a 雲分布 赤外画像 と b 水蒸気分布 a は第5図の1時間後 b は更に3時間後の観測で 地上低気圧の最盛期 推定中心示度約928hPa にあたる Neiman and Shapiro 1993より引用 がわかる 5 また レーダー観測からは 第6図c に沿う強い気圧傾度や温暖核付近の対流活動などに伴 温暖核とそのすぐ周辺では対流活動が活発であること

More information

01. PART ONE 02. PART TWO 03. PART THREE 04. PART FOUR PART ONE 01. PART ONE 01. At a General Merchandise Store PART ONE At a Convenience Store PART ONE PART ONE At a Home Appliance Retailer PART

More information

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63>

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63> 平成 23 年 2 月 12 日筑波大学 不要な mrna を選択的に分解するしくみを解明 医療応用への新規基盤をめざす < 概要 > 真核生物の遺伝子の発現は DNA のもつ遺伝情報をメッセンジャー RNA(mRNA) に写し取る転写の段階だけでなく 転写の結果つくられた mrna 自体に対しても様々な制御がなされています 例えば mrna を細胞内の特定の場所に引き留めておくことや 正確につくられなかった

More information

(fnirs: Functional Near-Infrared Spectroscopy) [3] fnirs (oxyhb) Bulling [4] Kunze [5] [6] 2. 2 [7] [8] fnirs 3. 1 fnirs fnirs fnirs 1

(fnirs: Functional Near-Infrared Spectroscopy) [3] fnirs (oxyhb) Bulling [4] Kunze [5] [6] 2. 2 [7] [8] fnirs 3. 1 fnirs fnirs fnirs 1 THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE. fnirs Kai Kunze 599 8531 1 1 223 8526 4 1 1 E-mail: yoshimura@m.cs.osakafu-u.ac.jp, kai@kmd.keio.ac.jp,

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) β β β β β β β β β β シンポジウム 1 創薬物語 科学者としての喜びの瞬間 4 レボフロキサシンに至る創薬研究 よりよい薬を求めて 第一三共株式会社 研究開発本部 研究開発企画部 早川勇夫 レボフロキサシン クラビット 1 は 1993 年上市された世界初の光学活性のニューキノロン系抗菌薬 以 下 ニューキノロンと略 である 1 は 1985 年に上市されたラセミ体のオフロキサシン

More information

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6 不静定力学 Ⅱ 骨組の崩壊荷重の計算 不静定力学 Ⅱ では, 最後の問題となりますが, 骨組の崩壊荷重の計算法について学びます 1 参考書 松本慎也著 よくわかる構造力学の基本, 秀和システム このスライドの説明には, 主にこの参考書の説明を引用しています 2 崩壊荷重 構造物に作用する荷重が徐々に増大すると, 構造物内に発生する応力は増加し, やがて, 構造物は荷重に耐えられなくなる そのときの荷重を崩壊荷重あるいは終局荷重という

More information

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未 力学 III GA 工業力学演習 X5 解析力学 5X 5 週目 立命館大学機械システム系 8 年度後期 今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未定乗数法

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc スティック状口紅における感触の数値化 株式会社コーセー 生産部 生産技術課 津原 一寛 塗布抵抗F [gf] スティック状口紅の使用方法は 化粧品の中でも特殊な塗 布行為を行なうアイテムといえる それは 固形状の口紅に 応力を加え液状の化粧膜へと状態の変化をさせる必要があ るためである スティック状口紅を口唇へ塗布する際の感触は 配合する 油剤の粘度等により左右されるものの 上述した状態変化も 大きな割合を占めている

More information

また単分子層吸着量は S をすべて加えればよく N m = S (1.5) となる ここで計算を簡単にするために次のような仮定をする 2 層目以上に吸着した分子の吸着エネルギーは潜熱に等しい したがって Q = Q L ( 2) (1.6) また 2 層目以上では吸着に与える表面固体の影響は小さく

また単分子層吸着量は S をすべて加えればよく N m = S (1.5) となる ここで計算を簡単にするために次のような仮定をする 2 層目以上に吸着した分子の吸着エネルギーは潜熱に等しい したがって Q = Q L ( 2) (1.6) また 2 層目以上では吸着に与える表面固体の影響は小さく BET 法による表面積測定について 1. 理論編ここでは吸着等温線を利用した表面積の測定法 特に Brunauer,Emmett Teller による BET 吸着理論について述べる この方法での表面積測定は 気体を物質表面に吸着させた場合 表面を 1 層覆い尽くすのにどれほどの物質量が必要か を調べるものである 吸着させる気体分子が 1 個あたりに占める表面積をあらかじめ知っていれば これによって固体の表面積を求めることができる

More information

Microsoft Word - 補論3.2

Microsoft Word - 補論3.2 補論 3. 多変量 GARC モデル 07//6 新谷元嗣 藪友良 対数尤度関数 3 章 7 節では 変量の対数尤度を求めた ここでは多変量の場合 とくに 変量について対数尤度を求める 誤差項 は平均 0 で 次元の正規分布に従うとする 単純化のため 分散と共分散は時間を通じて一定としよう ( この仮定は後で変更される ) したがって ij から添え字 を除くことができる このとき と の尤度関数は

More information

Microsoft PowerPoint - 9.pptx

Microsoft PowerPoint - 9.pptx 9/7/8( 水 9. 線形写像 ここでは 行列の積によって 写像を定義できることをみていく また 行列の積によって定義される写像の性質を調べていく 拡大とスカラー倍 行列演算と写像 ( 次変換 拡大後 k 倍 k 倍 k 倍拡大の関係は スカラー倍を用いて次のように表現できる p = (, ' = k ' 拡大前 p ' = ( ', ' = ( k, k 拡大 4 拡大と行列の積 拡大後 k 倍

More information

技術開発懇談会-感性工学.ppt

技術開発懇談会-感性工学.ppt ! - 1955GNP - 1956!!!! !. - 1989, 1986 (1992)! - 4060 (1988 - - /!! ! 199810 2011913!!! 平成24年1月23日 技術開発懇談会 in 魚沼 感性工学によるデザイン 因果の順推論 感性評価 感性デザイン 因果の逆推論 物理形状 モノ イメージ 言葉 物理形状をどのように表現するか イメージをどのように表現するか 物理形状とイメージの関係づけと変換はどうするか

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

untitled

untitled 新製品 新技術 トラッキングツール ベースライン検 査 フォローアップ検 査 図 3 トラッキングツールによる標 的 病 変 の自 動 検 出 例 3 ブックマークとデータ二次利用 ベースライン検査内でセグメンテーションされ さらにトラッキングツールによりフォローアップ検査内に検出さ れた標的病変の各種計測結果 測定者 測定日 シリーズ/イメージ番号 長径 短径 体積など は PACS 内データベースにブックマークとして保存される

More information

1) van Meer, G., Op den Kamp, J. A.: J. Cell. Biochem., 19, 193-2040982) 2) Gaffet, P., Bettache, N., Bienvenue, A.: Biochemistry, 34, 6762-6769(1995) 3) Sims, P. J., Wiedmer, T.: Thromb. Haemost., 86,

More information

238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろ

238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろ 238 古川智樹 機能を持っていると思われる そして 3のように単独で発話される場合もあ れば 5の あ なるほどね のように あ の後続に他の形式がつく場合も あり あ は様々な位置 形式で会話の中に現れることがわかる では 話し手の発話を受けて聞き手が発する あ はどのような機能を持つ のであろうか この あ に関して あいづち研究の中では 主に 理解して いる信号 堀口1 7 として取り上げられているが

More information

第1章 単 位

第1章  単  位 H. Hamano,. 長柱の座屈 - 長柱の座屈 長い柱は圧縮荷重によって折れてしまう場合がある. この現象を座屈といい, 座屈するときの荷重を座屈荷重という.. 換算長 長さ の柱に荷重が作用する場合, その支持方法によって, 柱の理論上の長さ L が異なる. 長柱の計算は, この L を用いて行うと都合がよい. この L を換算長 ( あるいは有効長さという ) という. 座屈荷重は一般に,

More information

鹿児島の海を見て 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 39 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 52 56 36 44 1983 10 37 38 39 40 58 41 42 43 44 45 46 Variation of the sea surface temperature

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

Microsoft PowerPoint - 集積デバイス工学7.ppt

Microsoft PowerPoint - 集積デバイス工学7.ppt 集積デバイス工学 (7 問題 追加課題 下のトランジスタが O する電圧範囲を求めよただし T, T - とする >6 問題 P 型 MOS トランジスタについて 正孔の実効移動度 μ.7[m/ s], ゲート長.[μm], ゲート幅 [μm] しきい値電圧 -., 単位面積あたりの酸化膜容量

More information

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲン ゲル マトリックス培養法 (Collagen Gel Matrix Culture) の 実際とその応用例について 目次 Ⅰ. 細胞培養について 1 Ⅰ-1. はじめに Ⅰ-2. 細胞培養の基礎 Ⅰ-3. コラーゲンを用いる細胞培養 Ⅰ-4. 細胞の基質としてのコラーゲンの役割 Ⅱ. コラーゲンについて 5 Ⅱ-1. コラーゲンの分子構造と諸性質

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc 2.PCR 法による DNA の増幅 現代の分子生物学において その進歩に最も貢献した実験法の1つが PCR(Polymerase chain reaction) 法である PCR 法は極めて微量の DNA サンプルから特定の DNA 断片を短時間に大量に増幅することができる方法であり 多大な時間と労力を要した遺伝子クローニングを過去のものとしてしまった また その操作の簡便さから 現在では基礎研究のみならず臨床遺伝子診断から食品衛生検査

More information

スライド 1

スライド 1 動作検証レポート :HP IceWall SSO + VMware 日本 HP テクノロジーコンサルティング統括本部ソリューションアーキテクト 久保俊彦 1 Copyright 20102011 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 目次 はじめに 1. HP IceWall SSOとVMwareのユースケース 1.1 基本構成の統合イメージ 1.2 応用構成の統合イメージ

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

陦ィ邏・3

陦ィ邏・3 研 究 ニ ュ ー ス 地震波で覗いた マントル最下部まで沈んだ 表面地殻の岩石質 ロバート ゲラー 地球惑星科学専攻 教授 私たちの立っている地殻のもとには D" 層はマントル対流における熱境界層 行った 図 1 その結果 他の地域で 地球の全体積の 8 割を超える 岩石で であり そこでは温度の不均質や組成の の D 領域構造と異なる S 波速度の 構成されているマントル そしてさらに 分化の可能性が示唆されており

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

1102_cover.qxd

1102_cover.qxd Top Interview ! Top Interview " # $ % & ' 1108_本文.qxd 11.11.8 16:48 ページ 10 先進環境技術紹介 Eco Frontiers 去が困 しやす 題があ 海水淡水化の前処理コストを低減する TT TEP Trap 処理技術 去でき 膜の性 る その 世界的な水不足が懸念される中 逆浸透膜 RO 法を用いた海水淡水化技術への関心が高まっている

More information

学位論文題目 Title 氏名 Author 専攻分野 Degree 学位授与の日付 Date of Degree Resource Type 報告番号 Report Number URL Kobe University Repository : Thesis 有機強誘電体薄膜の構造 配向制御および焦電デバイス応用に関する研究 黒田, 雄介 博士 ( 工学 ) 2013-03-25 Thesis or

More information

本成果は 以下の研究助成金によって得られました JSPS 科研費 ( 井上由紀子 ) JSPS 科研費 , 16H06528( 井上高良 ) 精神 神経疾患研究開発費 24-12, 26-9, 27-

本成果は 以下の研究助成金によって得られました JSPS 科研費 ( 井上由紀子 ) JSPS 科研費 , 16H06528( 井上高良 ) 精神 神経疾患研究開発費 24-12, 26-9, 27- 2016 年 9 月 1 日 総務課広報係 TEL:042-341-2711 自閉症スペクトラムのリスク因子として アンチセンス RNA の発現調節が関わることを発見 国立研究開発法人国立精神 神経医療研究センター (NCNP 東京都小平市理事長 : 水澤英洋 ) 神経研究所 ( 所長 : 武田伸一 ) 疾病研究第六部井上 - 上野由紀子研究員 井上高良室長らの研究グループは 多くの自閉症スペクトラム患者が共通して持っているものの機能が不明であった

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

<96DA8E9F>

<96DA8E9F> アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート 神奈川県内科医学会会報 No.32 29 30 神奈川県内科医学会会報 No.32 神奈川県内科医学会会報 No.32 31 32 神奈川県内科医学会会報 No.32 神奈川県内科医学会会報 No.32 33 神奈川県内科医学会会報

More information

表1.eps

表1.eps Vol.1 C ontents 1 2 cell-free EMBO J Proc. Natl. Acad. Sci. USA NatureEMBO J 3 RNA NatureEMBO J Nature EMBO J 4 5 HCV HCV HCV HCV RNA HCV in situ 6 7 8 Nat Struct Mol Biol J Biol Chem Nat Commun J Virol

More information

C#の基本

C#の基本 C# の基本 ~ 開発環境の使い方 ~ C# とは プログラミング言語のひとつであり C C++ Java 等に並ぶ代表的な言語の一つである 容易に GUI( グラフィックやボタンとの連携ができる ) プログラミングが可能である メモリ管理等の煩雑な操作が必要なく 比較的初心者向きの言語である C# の利点 C C++ に比べて メモリ管理が必要ない GUIが作りやすい Javaに比べて コードの制限が少ない

More information

陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2

陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2 陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2 ? 1895 9 1896 1898 1897 3 4 5 1945 X 1954 1979 1986

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

観測的宇宙論WS2013.pptx

観測的宇宙論WS2013.pptx ì コンテンツ イントロダクション 球対称崩壊モデル ビリアル平衡 結果 まとめ イントロダクション 宇宙磁場 銀河や銀河団など様々なスケールで磁場が存在 起源や進化について未だに謎が多い 宇宙の構造形成に影響 P(k)[h -3 Mpc 3 ] 10 6 10 5 10 4 10 3 10 10 1 10 0 10-1 10-10 -3 10-4 10-4 10-3 10-10 -1 10 0 10

More information

スライド 1

スライド 1 解糖系 (2) 平成 24 年 5 月 7 日生化学 2 ( 病態生化学分野 ) 教授 山縣和也 本日の学習の目標 解糖系の制御機構を理解する 2,3-BPG について理解する 癌と解糖系について理解する エネルギー代謝経路 グリコーゲン グリコーゲン代謝 タンパク質 アミノ酸代謝 トリアシルグリセロール グルコース グルコース 6 リン酸 アミノ酸 脂肪酸 脂質代謝 解糖系 糖新生 β 酸化 乳酸

More information

PDF34-3

PDF34-3 ISSN 0916-3328 東京大学アイソトープ総合センター VOL. 34 NO. 3 2003. 12. 25 法人化に向けたアイソトープ総合センターの役割 影 山 和 郎 10月1日より国立大学法人法が施行されました そして来年4月1日より東京大学は国立 大学法人東京大学が設置する大学となります また教職員の身分も非公務員に移行しま す 現在 労働安全衛生について国立大学には 人事院規則10-4

More information

−‰«„¤_ qxd

−‰«„¤_ qxd 2 1 2 1 1 2 1 2 20 l 3 3 10 4 300 600 1 2 6 10 4 0 003 153 2 5 10 4 0 038 l µl l µlµl µ l µl l l µl l µl l l l l l l l l l l l l l l l µl l l l l l l µl µl µl µl µl µl µl µl l l l l l l l l l l l l

More information

(1) GGT阻害剤

(1) GGT阻害剤 (GGT) (glutathione, GSH, -L-Glu-L-Cys-Gly) Cys 1 10 mm GSSG GSH 98% - + H 3 N COO - γ- O H N O N H SH O γ-glu Cys Gly OH - (GGT, EC 2.3.2.2) GGT (GSH) GSX - Glu Cys(X)-Gly 1-2) GGT - 1 hydrolases transferases

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

プログラム

プログラム 15:00 16:00 16:45 17:00 17:00 18:30 18:40 19:00 9:30 11:00 11:30 12:30 13:40 15:00 15:10 15:20 9:00 9:30 9:40 10:10 10:20 10:40 12:40 13:30 13:40 15:10 9:00 9:20 9:30 9:50 9:50 10:10 10:20 10:40 12:40

More information

様式 F-19 科学研究費助成事業 ( 学術研究助成基金助成金 ) 研究成果報告書 平成 25 年 5 月 15 日現在 機関番号 :32612 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :2011~2012 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) プリオンタンパクの小胞輸送に関与す

様式 F-19 科学研究費助成事業 ( 学術研究助成基金助成金 ) 研究成果報告書 平成 25 年 5 月 15 日現在 機関番号 :32612 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :2011~2012 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) プリオンタンパクの小胞輸送に関与す Powered by TCPDF (www.tcpdf.org) Title プリオンタンパクの小胞輸送に関与するRAB11およびSGSMファミリーの機能解析 Author 楊, 浩 (Yang, Hao) Publisher Jtitle 科学研究費補助金研究成果報告書 (2012. ) Abstract SGSM(Small G protein Signaling Modulator) ファミリータンパクは

More information

東京都健康安全研究センター研究年報

東京都健康安全研究センター研究年報 Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst. P.H., 55, 2004 透過電子顕微鏡による広視野観察のための試料作製法の検討 Specimen Preparation for Wide Area Observation Using Transmission Electron Microscope Nobutaka FUKUMORI and Akio OGATA Keywords wide

More information

タイトル 著者 引用 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 : 国立大学病院と公立大学病院の比較須藤, 絢子 ; Sudo, Ayako 北海学園大学大学院経営学研究科研究論集 (14): 29-40 発行日 2016-03 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 須藤) 表 2-2 属 性 性別 項 35 立大学病院の手術室看護師における属性 11項目と尺度との比較 目

More information

untitled

untitled Fig.1 t O O N,N p n J J J J J t J J J J J J J J J J J t t J J J J J J J J J p Fig.2 p t Fig.3 Fig.4 synanti p Table1 Table2t Table2 synanti antisyn synanti synanti Fig.5 syn anti anti Fig.6 Table3 Table4

More information

元素戦略アウトルック 材料と全面代替戦略

元素戦略アウトルック 材料と全面代替戦略 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 23 2.2.4 スカンジウム ジウム内包フラーレンに関する研究 などがある スカンジウムはレアメタルの中でも特に希少な金属で 製 錬のプロセス技術を確立すること自体が研究課題である プ ロセスに関する研究は東京大で行われている その他 スカンジウム錯体を用いた触媒への応用 スカン 24 2.2.5

More information

™·”õ/sec3_p63_84/fiü“eflÅ

™·”õ/sec3_p63_84/fiü“eflÅ Section3 64 1 65 Section 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 1 Babara E. Ainsworth et al. Med. Sci. Sports. Exevc.1993 66 67 Section 3 1 10 9 8 1 2 3 4 7 6 5 6 7 5 1 2 3 4 68 69 Section 3 2 70 Section 3

More information

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd 第2章 1 変量データのまとめ方 本章では, 記述統計の手法について説明します 具体的には, 得られたデータから表やグラフを作成し, 意昧のある統計量を算出する方法など,1 変量データのまとめ方について学びます 本章から理解を深めるための数式が出てきますが, 必ずしも, これらの式を覚える必要はありません それぞれのデータの性質や統計量の意義を理解することが重要です 円グラフと棒グラフ 1 変量質的データをまとめる方法としてよく使われるグラフは,

More information

DNA Reck-Peterson DNA - - - - - DNA DNA DNA DNA A DNA DNA DNA DNA DNA nmnm nm B DNA DNA DNA SNAP Halo DNA DNA DNA - DNA -nm DNA DNA - A - DNA m B - C

DNA Reck-Peterson DNA - - - - - DNA DNA DNA DNA A DNA DNA DNA DNA DNA nmnm nm B DNA DNA DNA SNAP Halo DNA DNA DNA - DNA -nm DNA DNA - A - DNA m B - C !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! DNA ICT Cooperative activation of motor proteins revealed by bioimaging and a high-speed optical tweezer Kenya Furuta, Takayuki Torisawa

More information

表紙69-5,6_v10.eps

表紙69-5,6_v10.eps 2 1 6 宇佐美 眞 他 に対応する管理を行う3 4 癌と栄養代謝 悪液質 cachexia とその前段階の前悪液質 precachexia は 図2に示す体重減少と BMI の変化 サルコペニア の有無 食欲不振と代謝変化によって定義されている3 悪液質は 腫瘍の種類と存在部位により極めて多様な 病態を呈するが その病態は図3の様に 代謝変化臓器 として骨格筋減少 サルコペニア が中心におかれて理

More information