大阪労災病院医師卒後臨床研修プログラム

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "大阪労災病院医師卒後臨床研修プログラム"

Transcription

1 大阪労災病院 医師卒後初期臨床研修プログラム 2012 平成 24 年度 大阪労災病院研修管理委員会

2 はじめに 医師の卒後臨床研修制度は 平成 16 年度から新しい制度として再発足しております すなわち その骨子は2 年間のスーパーローテート方式研修の中で プライマリーケアを中心として医療の各分野における基本的な診療技術 倫理を修得することです 当院ではこれまでも一部ローテート方式を取り入れて研修制度を提供して参りましたが 今回は厚生労働省が提示された基本的研修プログラムに沿って 新たな研修プログラムを構築し 新時代の研修制度に力を注ぎたいと思っております 当院は南大阪地区における中核病院として 地域の住民からも信頼されています 当院の基本理念は1. 安全で開かれた医療 2. やさしく質の高い医療 3. 働く人々のための医療です この理念に沿って研修医を育て 信頼される医師 として世に送り出したいと思っています 青雲の志を有する研修医の皆さんが集結されることを期待しております 独立行政法人労働者健康福祉機構大阪労災病院長 山田義夫

3 1. プログラムの名称 : 大阪労災病院医師卒後初期臨床研修プログラム プログラムの目的と特徴 : 医師としての基盤形成の時期に 医師としての人格を涵養し 将来専門とする分野にかかわらず 医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ 一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応でき また患者を全人的に診ることができる 基本的な診療能力を身につけることを目的とする 別項 (1) に具体的な到達目標 ( 行動目標 経験目標 ) を示す 研修方式は 内科 救急部 精神科 小児科 外科 産婦人科 麻酔科ならびに地域医療を必修とするローテート方式を採用し 大阪労災病院 ( 基幹型臨床研修病院 ) にて2 年間の一貫研修を行う これらの科を含め すべての診療科から選択して10ヶ月間研修し 広範囲かつより高度な内容の研修を受けることが可能である 本プログラムでは極めて多彩な幅広い疾患群を経験できるよう構築されており 本研修プログラム完了により 厚生労働省の医師卒後臨床研修の到達目標を達成することができる 3. 病院概要 : 大阪労災病院は 労働福祉事業団法 ( 昭和 32 年法律第 126 号 ) に基づいて設立された特殊法人である労働福祉事業団により 全国で27 番目の病院として昭和 37 年 4 月に開設され 平成 16 年 4 月より独立行政法人 労働者健康福祉機構 に移行 運営されている医療機関である 現在では 22 診療科 678 床を擁し業務災害や通勤災害による被災労働者に迅速 適切な診療を行うほか 職業又は職場に関連する疾病や負傷等に対する予防から治療及びリハビリテ-ションに至る一貫した高度かつ専門的な医療である 勤労者医療 を推進する一方 地域住民の医療にも積極的に貢献し地域の中核病院として高い水準を誇っている また 当院は厚生労働省の基幹型臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 大阪府地域がん診療拠点病院 大阪府地域リハビリテ-ション地域支援センタ-である 大阪労災病院の理念 : 地域の皆様はじめ全ての方々から選ばれる病院に 安全で 開かれた医療をめざします やさしく 質の高い医療に全力を尽くします 働く人々のための医療を実践していきます 病床数 :678 床診療科目 : 内科 消化器内科 循環器内科 精神科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 歯科 歯科口腔外科 病理診断科

4 施設設備 : 1) 画像診断部 MRI MDCT X 線骨密度測定装置 多目的血管造影システム 心臓血管連続撮影装置 DICOM 超音波診断装置 内視鏡( 上部 下部消化管 ) 超音波内視鏡 2) 高度医療部人工膵臓 体外衝撃波結石破砕装置 人工透析装置 3) 救急部 4)CCU 5)ICU 高気圧酸素治療室 腹腔鏡 手術用顕微鏡 関節鏡 6) 図書室文献検索システム (IBM,CD-ROM) 蔵書(1 万冊 ) 専門医 認定医教育病院等学会の指定状況 : 日本内科学会 日本消化器病学会 日本肝臓学会 日本消化器内視鏡学会 日本循環器病学会 日本心血管インターベンション学会 日本腎臓学会 日本透析医学会 日本糖尿病学会 日本外科学会 日本消化器外科学会 日本整形外科学会 日本リウマチ学会 日本脳神経外科学会 日本麻酔科学会 日本病理学会 日本臨床細胞学会 日本医学放射線学会 日本皮膚科学会 日本眼科学会 日本耳鼻咽喉科学会 日本小児科学会 日本泌尿器科学会 日本産科婦人科学会 日本超音波医学会 日本老年医学会 日本口腔外科学会 日本放射線腫瘍学会 日本脳卒中学会 日本ペインクリニック学会 日本乳癌学会 三学会構成 心臓血管外科専門医認定機構 ( 日本胸部外科学会 日本心臓外科学会 日本血管外科学会 ) 4. 研修期間 内容 : プログラム2012: 研修 1 年次 2 年次の2 年間大阪労災病院で研修を行う <1 年次 > 内科 6ヶ月 ( 消化器内科 2ヶ月 循環器内科 2ヶ月 腎 糖尿病 高血圧卒中内科 2ヶ月 ) 救急部門 3 月 ( 救急部 2ヶ月 麻酔科 1ヶ月を含む ) 精神科 小児科 外科 産婦人科 麻酔科のうち3 科を選択し各 1 月 <2 年次 > 地域医療 1ヶ月 ( 地域診療所において研修する ) 精神科 小児科 外科 産婦人科 麻酔科のうち残り1 科を1 月選択科 10ヶ月 : 当院全科および国立病院機構近畿中央胸部疾患センター呼吸器内科のうち5 科を選択し 2ヶ月づつローテートする 同一診療科を複数回選択してもよい 1 年次研修科目および2 年次研修科目のローテート順は研修管理委員会で調整する 選択科の選択は1 年次終了時に決定する 各科における研修目標 内容は別項 (2) に示す 各科において研修医は主治医 ( 受け持ち医 ) となり 病棟 外来 当直診療教育を受ける

5 5. プログラムの運営 管理 : 本プログラムは研修管理委員会により企画 立案され 研修プログラム評価委員会の評価を得て 一般に公表される また 本プログラムは年度毎に研修の評価を行い 研修医からのプログラム評価も取り入れて必要な修正を行う 研修医は研修管理委員会に所属し 研修管理委員長が直轄する 研修管理委員会は 委員長 プログラム責任者 研修実施責任者 ( 指導医 ) 事務局長を含む委員から構成され プログラムの管理 運営の他 研修医の配置や評価 勤務実態の把握 健康管理など臨床研修に関連するすべての事項の協議 運営を行う 6. 研修医の評価 : 自己評価表 指導医による評価 ( 別項 1) を基に研修管理委員会で評価を行い 最終的に病院長が研修修了を認定するとともに 研修修了証書を発行し 厚生労働省に報告する 2 年間で院内 CPC( 年 7 回開催 ) の出席率 50% 以上が修了認定に必須である 評価の方法は次の3 段階評価とする A: 優れている B: 平均レベルに到達している C: 不十分なレベルに留まっている 7. 研修医の採用 処遇 : 1) 研修医募集定員 : プログラム 年次 12 名研修医は全国公募により募集し 規定の書類審査 面接試験により採用を決定する 公募規定はインターネット上で公表する 公募情報 : インターネット 郵送 : 大阪府堺市北区長曾根町 大阪労災病院総務課研修医募集係 TEL(072) FAX(072) ) 身分 : 研修医宿舎 : 病院敷地内に完備社会保険 : 有り勤務時間 : 平日 8:15-17:00 土 日曜 祝日休み 当直有り給与 : 月額 1 年次約 35 万円 ( 時間外手当等を含む ) 2 年次約 38 万円 ( 時間外手当を含む ) 尚 一切の兼業 ( アルバイト ) は認めない

6 8. 研修修了後のコース : 研修修了後は 当院後期研修プログラムに参加し研修嘱託医として引き続き研修を継続するか 他病院の後期研修プログラムに参加 大学などの医局に入局 大学院に進学など多彩な進路があり 研修医が選択する また 研修管理委員会は可能な限り支援を行う 9. 臨床研修協力施設 : プログラム 2012 の精神科の研修は阪南病院又は浅香山病院で 行い 地域医療の研修は市内診療所で行う 選択科として 国立病院機構近畿胸部疾患セ ンター呼吸器内科を選択できる

7 地域保健 医療について 地域医療と地域保健に分割のうえ 必修 項目より保健所 社会福祉施設 介護老人保健施設 赤十字血液セン ター 各種検診 健診の実施施設等の経験を外しています 別項 (1) 研修到達目標 自己評価表 ( 研修医手帳 ) 各項目 ( ) 内に : 修得済み : 未修得を記載 指導者評価表 各項目について ( A,B,C ) を選択 A: 優れている B: 平均レベルに到達している C: 不十分なレベルに留まっている

8 Ⅰ. 行動目標 : 医療人として必要な基本姿勢 態度 (1) 患者 - 医師関係 ( A,B,C ) 患者を全人的に理解し 患者 家族と良好な人間関係を確立するために 1) 患者 家族のニーズを身体 心理 社会的側面から把握できる 2) 医師 患者 家族がともに納得できる医療を行うためのインフォームドコンセント が実施できる 3) 守秘義務を果たし プライバシーへの配慮ができる (2) チーム医療 ( A,B,C ) 医療チームの構成員としての役割を理解し 保健 医療 福祉の幅広い職種からなる 他のメンバーと協調するために 1) 指導医や専門医に適切なタイミングで相談ができる 2) 上級および同僚医師 他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる 3) 同僚および後輩へ教育的配慮ができる 4) 患者の転入 転出にあたり情報を亣換できる 5) 関係機関や諸団体の担当者とコミュニケーションがとれる (3) 問題対応能力 ( A,B,C ) 患者の問題を把握し 問題対応型の思考を行い 生涯にわたる自己学習の習慣を身につけるために 1) 臨床上の疑問点を解決するための情報を収集して評価し 当該患者への適応を判断できる (EBMの実践ができる) 2) 自己評価および第 3 者による評価をふまえた問題対応能力の改善ができる 3) 臨床研究や治験の意義を理解し 研究や学会活動に関心を持つ 4) 自己管理能力を身につけ 生涯にわたり基本的診療能力の向上に努める (4) 安全管理 ( A,B,C ) 患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し 安全管理の方策を身につけ 危機管理に参画するために 1) 医療を行う際の安全確認の考え方を理解し 実施できる 2) 医療事故防止及び事故後の対処について マニュアルに沿って行動できる 3) 院内感染対策を理解し 実施できる

9 (5) 症例呈示 ( A,B,C ) チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な 症例呈示と意見亣換を行うために 1) 症例呈示と討論ができる 2) 臨床症例に関するカンファレンスや学術集会に参加する (6) 医療の社会性 ( A,B,C ) 医療の持つ社会的側面の重要性を理解し 社会に貢献するために 1) 保健医療法規 制度を理解し 適切に行動できる 2) 医療保険 公費負担医療を理解し 適切に診療できる 3) 医の倫理 生命倫理について理解し 適切に行動できる 4) 医薬品や医療用具による健康被害の発生防止について理解し 適切に行動できる

10 Ⅱ. 経験目標 A 経験すべき診察法 検査 手技 (1) 医療面接 ( A,B,C ) 患者 家族との信頼関係を構築し 診断 治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施するために 1) 医療面接におけるコミュニケーションの意義を理解し コミュニケーションスキルを身につけ 患者の解釈モデル 受診動機 受療行動を把握できる 2) 患者の病歴 ( 主訴 現病歴 既往歴 家族歴 生活 職業歴 系統的レビュー ) の聴取と記録ができる 3) 患者 家族への適切な指示 指導ができる (2) 基本的な身体診察法 ( A,B,C ) 病態の正確な把握ができるよう 全身にわたる身体診察を系統的に実施し 記載する ために 1) 全身の観察 ( バイタルサインと精神状態の把握 皮膚や表在リンパ節の診察を含む ) ができ 記載できる 2) 頭頸部の診察 ( 眼瞼 結膜 眼底 外耳道 鼻腔口腔 咽頭の観察 甲状腺の触診 を含む ) ができ 記載できる 3) 胸部の診察 ( 乳房の診察を含む ) ができ 記載できる 4) 腹部の診察 ( 直腸診を含む ) ができ 記載できる 5) 泌尿 生殖器の診察 ( 産婦人科的診察を含む ) ができ 記載できる 6) 骨 関節 筋肉系の診察ができ 記載できる 7) 神経学的診察ができ 記載できる 8) 小児の診察 ( 生理的所見と病的所見の鑑別を含む ) ができ 記載できる 9) 精神面の診察ができ 記載できる (3) 基本的な臨床検査 ( A,B,C ) 病態と臨床経過を把握し 医療面接と身体診察から得られた情報をもとに必要な検査を A 自ら実施し 結果を解釈できる その他 検査の適応が判断でき 結果の解釈ができる 1) 一般尿検査 ( 尿沈査顕微鏡検査を含む ) 2) 便検査 ( 潜血 虫卵 ) 3) 血算 白血球分画 A4) 血液型判定 亣差適合試験 A5) 心電図 (12 誘導 ) 負荷心電図 A6) 動脈血ガス分析

11 7) 血液生化学検査 簡易検査( 血糖 電解質 尿素窒素など ) 8) 血液免疫血清学的検査 ( 免疫細胞検査 アレルギー検査を含む ) 9) 細菌学的検査 薬剤感受性検査 検体の採取 ( 痰 尿 血液など ) 簡単な細菌学的検査 ( グラム染色など ) 10) 肺機能検査 スパイロメトリー 11) 髄液検査 12) 細胞診 病理組織検査 13) 内視鏡検査 A14) 超音波検査 15) 単純 X 線検査 16) 造影 X 線検査 17)X 線 CT 検査 18)MRI 検査 19) 核医学検査 20) 神経生理学的検査 ( 脳波 筋電図など ) 必修項目 下線の検査について経験があること * 経験 とは受け持ち患者の検査として診療に活用すること Aの検査で自ら実施する部分については 受け持ち症例でなくてもよい (4) 基本的手技 ( A,B,C ) 基本的手技の適応を決定し 実施するために 1) 気道確保を実施できる 2) 人工呼吸を実施できる ( バッグマスクによる徒手換気を含む ) 3) 心マッサージを実施できる 4) 圧迫止血法を実施できる 5) 包帯法を実施できる 6) 注射法 ( 皮内 皮下 筋肉 点滴 静脈確保 中心静脈確保 ) を実施できる 7) 採血法 ( 静脈血 動脈血 ) を実施できる 8) 穿刺法 ( 腰椎 ) を実施できる 9) 穿刺法 ( 胸腔 腹腔 ) を実施できる 10) 導尿法を実施できる 11) ドレーン チューブ類の管理ができる 12) 胃管の挿入と管理ができる

12 13) 局所麻酔法を実施できる 14) 創部消毒とガーゼ亣換を実施できる 15) 簡単な切開 排膿を実施できる 16) 皮膚縫合法を実施できる 17) 軽度の外傷 熱傷の処置を実施できる 18) 気管挿管を実施できる 19) 除細動を実施できる 必修項目 下線の手技を自ら行った経験があること (5) 基本的治療法 ( A,B,C ) 基本的治療法の適応を決定し 適切に実施するために 1) 療養指導 ( 安静度 体位 食事 入浴 排泄 環境整備を含む ) ができる 2) 薬物の作用 副作用 相互作用について理解し 薬物療法 ( 抗菌薬 副腎皮質ステロイド薬 解熱薬 麻薬 血液製剤を含む ) ができる 3) 基本的な輸液ができる 4) 輸血 ( 成分輸血を含む ) による効果と副作用について理解し 輸血が実施できる (6) 医療記録 ( A,B,C ) チーム医療や法規との関連で重要な医療記録を適切に作成し 管理するために 1) 診療録 ( 退院時サマリーを含む ) をPOS(Problem Oriented System) に従って記載し管理できる 2) 処方箋 指示箋を作成し 管理できる 3) 診断書 死亡診断書 死体検案書その他の証明書を作成し 管理できる 4)CPC( 臨床病理検討会 ) レポートを作成し 症例呈示できる 5) 紹介状と 紹介状への返信を作成でき それを管理できる (7) 診療計画 ( A,B,C ) 保健 医療 福祉の各側面に配慮しつつ 診療計画を作成し 評価するために 1) 診療計画 ( 診断 治療 患者 家族への説明を含む ) を作成できる 2) 診療ガイドラインやクリニカルパスを理解し活用できる 3) 入退院の適応を判断できる ( デイサージャリー症例を含む ) 4)QOLを考慮にいれた総合的な管理計画 ( リハビリテーション 社会復帰 在宅医 療 介護を含む ) へ参画する

13 必修項目 1) 診療録の作成 2) 処方箋 指示書の作成 3) 診断書の作成 4) 死亡診断書の作成 5)CPCレポート (*) の作成 症例呈示 6) 紹介状 返信の作成 上記 1)~ 6) を自ら行った経験があること (* CPC レポートとは 剖検報告の事 ) B 経験すべき症状 病態 疾患 研修の最大の目的は 患者の呈する症状と身体所見 簡単な検査所見に基づいた鑑別診 断 初期治療を的確に行う能力を獲得することにある (1) 頻度の高い症状 ( A,B,C ) 必修項目 下線の症状を経験し レポートを提出する * 経験 とは 自ら診療し 鑑別診断を行うこと 1) 全身倦怠感 2) 不眠 3) 食欲不振 4) 体重減尐 体重増加 5) 浮腫 6) リンパ節腫脹 7) 発疹 8) 黄疸 9) 発熱 10) 頭痛 11) めまい 12) 失神 13) けいれん発作 14) 視力障害 視野狭窄 15) 結膜の充血 16) 聴覚障害

14 17) 鼻出血 18) 嗄声 19) 胸痛 20) 動悸 21) 呼吸困難 22) 咳 痰 23) 嘔気 嘔吐 24) 胸やけ 25) 嚥下困難 26) 腹痛 27) 便通異常 ( 下痢 便秘 ) 28) 腰痛 29) 関節痛 30) 歩行障害 31) 四肢のしびれ 32) 血尿 33) 排尿障害 ( 尿失禁 排尿困難 ) 34) 尿量異常 35) 不安 抑うつ (2) 緊急を要する症状 病態 ( A,B,C ) 必修項目 下線の病態を経験すること * 経験 とは 初期治療に参加すること 1) 心肺停止 2) ショック 3) 意識障害 4) 脳血管障害 5) 急性呼吸不全 6) 急性心不全 7) 急性冠症候群 8) 急性腹症 9) 急性消化管出血 10) 急性腎不全 11) 流 早産および満期産

15 12) 急性感染症 13) 外傷 14) 急性中毒 15) 誤飲 誤嚥 16) 熱傷 17) 精神科領域の救急 (3) 経験が求められる疾患 病態 ( A,B,C ) 必修項目 1.A 疾患については入院患者を受け持ち 診断 検査 治療方針について症例レポートを提出すること 2.B 疾患については 外来診療または受け持ち入院患者 ( 合併症を含む ) で自ら経験すること 3. 外科症例 ( 手術を含む ) を1 例以上受け持ち 診断 検査 術後管理等について症例レポートを提出すること * 全疾患 (88 項目 ) のうち70% 以上を経験することが望ましい (1) 血液 造血器 リンパ網内系疾患 ( A,B,C ) B1) 貧血 ( 鉄欠乏貧血 二次性貧血 ) 2) 白血病 3) 悪性リンパ腫 4) 出血傾向 紫斑病 ( 播種性血管内凝固症候群 :DIC) (2) 神経系疾患 ( A,B,C ) A1) 脳 脊髄血管障害 ( 脳梗塞 脳内出血 くも膜下出血 ) 2) 痴呆性疾患 3) 脳 脊髄外傷 ( 頭部外傷 急性硬膜外 硬膜下血腫 ) 4) 変性疾患 ( パーキンソン病 ) 5) 脳炎 髄膜炎 (3) 皮膚系疾患 ( A,B,C ) B1) 湿疹 皮膚炎群 ( 接触皮膚炎 アトピー性皮膚炎 ) B2) 蕁麻疹 3) 薬疹 B4) 皮膚感染症

16 (4) 運動器 ( 筋骨格 ) 系疾患 ( A,B,C ) B1) 骨折 B2) 関節の脱臼 亜脱臼 捻挫 靭帯損傷 B3) 骨粗鬆症 B4) 脊柱障害 ( 腰椎椎間板ヘルニア ) (5) 循環器系疾患 ( A,B,C ) A1) 心不全 B2) 狭心症 心筋梗塞 3) 心筋症 B4) 不整脈 ( 主要な頻脈性 徐脈性不整脈 ) 5) 弁膜証 ( 僧帽弁膜症 大動脈弁膜症 ) B6) 動脈疾患 ( 動脈硬化症 大動脈瘤 ) 7) 静脈 リンパ管疾患 ( 深部静脈血栓症 下肢静脈瘤 リンパ浮腫 ) A8) 高血圧症 ( 本態性 二次性高血圧症 ) (6) 呼吸器系疾患 ( A,B,C ) B1) 呼吸不全 A2) 呼吸器感染症 ( 急性上気道炎 気管支炎 肺炎 ) B3) 閉塞性 拘束性肺疾患 ( 気管支喘息 気管支拡張症 ) 4) 肺循環障害 ( 肺塞栓 肺梗塞 ) 5) 異常呼吸 ( 過換気症候群 ) 6) 胸膜 縦隔 横隔膜疾患 ( 自然気胸 胸膜炎 ) 7) 肺癌 (7) 消化器系疾患 ( A,B,C ) A1) 食道 胃 十二指腸疾患 ( 食道静脈瘤 胃癌 消化性潰瘍 胃 十二指腸炎 ) B2) 小腸 大腸疾患 ( イレウス 急性虫垂炎 痔核 痔瘻 ) 3) 胆嚢 胆管疾患 ( 胆石 胆嚢炎 胆管炎 ) B4) 肝疾患 ( ウイルス性肝炎 急性 慢性肝炎 肝硬変 肝癌 アルコール性肝障 害 薬物性肝障害 ) 5) 膵臓疾患 ( 急性 慢性膵炎 ) B6) 横隔膜 腹壁 腹膜 ( 腹膜炎 急性腹症 ヘルニア )

17 (8) 腎 尿路系 ( 体液 電解質バランスを含む ) 疾患 ( A,B,C ) A1) 腎不全 ( 急性 慢性腎不全 透析 ) 2) 原発性糸球体疾患 ( 急性 慢性糸球体腎炎症候群 ネフローゼ症候群 ) 3) 全身性疾患による腎障害 ( 糖尿病性腎症 ) B4) 泌尿器科的腎 尿路疾患 ( 尿路結石 尿路感染症 ) (9) 妊娠分娩と生殖器疾患 ( A,B,C ) B1) 妊娠分娩 ( 正常妊娠 流産 早産 正常分娩 産科出血 乳腺炎 産褥 ) 2) 女性生殖器およびその関連疾患 ( 月経異常 ( 無月経を含む ) 不正性器出血 更年期障害 外陰 膣 骨盤内感染症 骨盤内腫瘍 乳腺腫瘍 ) B3) 男性生殖器疾患 ( 前立腺疾患 勃起障害 精巣腫瘍 ) (10) 内分泌 栄養 代謝系疾患 ( A,B,C ) 1) 視床下部 下垂体疾患 ( 下垂体機能障害 ) 2) 甲状腺疾患 ( 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能低下症 ) 3) 副腎不全 A4) 糖代謝異常 ( 糖尿病 糖尿病の合併症 低血糖 ) B5) 高脂血症 6) 蛋白および核酸代謝異常 ( 高尿酸血症 ) (11) 眼 視覚系疾患 ( A,B,C ) B1) 屈折異常 ( 近視 遠視 乱視 ) B2) 角結膜炎 B3) 白内障 B4) 緑内障 5) 糖尿病 高血圧 動脈硬化による眼底変化 (12) 耳鼻 咽喉 口腔系疾患 ( A,B,C ) B1) 中耳炎 2) 急性 慢性副鼻腔炎 B3) アレルギー性鼻炎 4) 扁桃の急性 慢性炎症性疾患 5) 外耳道 鼻腔 咽頭 喉頭 食道の代表的な異物 (13) 精神 神経系疾患 ( A,B,C ) 1) 症状精神病

18 A2) 痴呆 ( 血管性痴呆を含む ) 3) アルコール依存症 A4) 気分障害 ( うつ病 躁うつ病を含む) A5) 統合失調症 ( 精神分裂病 ) 6) 不安障害 ( パニック症候群 ) B7) 身体表現性障害 ストレス関連障害 (14) 感染症 ( A,B,C ) B1) ウイルス感染症 ( インフルエンザ 麻疹 風疹 水痘 ヘルペス 流行性耳下 腺炎 ) B2) 細菌感染症 ( ブドウ球菌 MRSA,A 群レンサ球菌 クラミジア ) B3) 結核 4) 真菌感染症 ( カンジダ症 ) 5) 性感染症 6) 寄生虫疾患 (15) 免疫 アレルギー疾患 ( A,B,C ) 1) 全身性エリテマトーデスとその合併症 B2) 慢性関節リウマチ B3) アレルギー疾患 (16) 物理 化学的因子による疾患 ( A,B,C ) 1) 中毒 ( アルコール 薬物 ) 2) アナフィラキシー 3) 環境要因による疾患 ( 熱中症 寒冷による障害 ) B4) 熱傷 (17) 小児疾患 ( A,B,C ) B1) 小児けいれん性疾患 B2) 小児ウイルス感染症 ( 麻疹 流行性耳下腺炎 水痘 突発性発疹 インフルエ ンザ ) 3) 小児細菌感染症 B4) 小児喘息 5) 先天性心疾患

19 (18) 加齢と老化 ( A,B,C ) B1) 高齢者の栄養摂取障害 B2) 老年症候群 ( 誤嚥 転倒 失禁 褥瘡 ) C 特定の医療現場の経験 必修項目にある現場の経験とは 各現場における到達目標の項目のうち一つ以上経験す ること (1) 救急医療 ( A,B,C ) 生命や機能的予後に係わる 緊急を要する病態や疾病 外傷に対して適切な対応をするために 1) バイタルサインの把握ができる 2) 重症度および緊急度の把握ができる 3) ショックの診断と治療ができる 4) 二次救命処置 (ACLS=Advanced Cardiovascular Life Support 呼吸 循環管理を含む ) ができ 一次救命処置 (BLS=Basic Life Support) を指導できる *ACLSは バッグ バブル マスク等を使う心肺蘇生法や除細動 気管挿管 薬剤投与等の一定のガイドラインに基づく救命処置を含み BLS には 気道確保 心臓マッサージ 人工呼吸等の 機器を使用しない処置が含まれる 5) 頻度の高い救急疾患の初期治療ができる 6) 専門医への適切なコンサルテショーンができる 7) 大災害時の救急医療体制を理解し 自己の役割を把握できる 必修項目救急医療の現場を経験すること (2) 予防医療 ( A,B,C ) 予防医療の理念を理解し 地域や臨床の場での実践に参画するために 1) 食事 運動 休養 飲酒 禁煙指導とストレスマネージメントができる 2) 性感染症予防 家族計画を指導できる 3) 地域 職場 学校保健事業に参画できる 4) 予防接種を実施できる 必修項目予防医療の現場を経験すること

20 (3) 地域医療 ( A,B,C ) 地域医療を必要とする患者とその家族に対して 全人的に対応するために 1) 患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療 ( 在宅医療を含む ) について理解し 実践する 2) 診療所の役割 ( 病診連携への理解を含む ) について理解し 実践する 3) へき地 離島医療について理解し 実践する 必修項目 へき地 離島診療所 中小病院 診療所等の地域医療の現場を経験すること (4) 周産 小児 成育医療 ( A,B,C ) 周産期 小児 成育医療を必要とする患者とその家族に対して 全人的に対応するた めに 1) 周産期や小児の各発達段階に応じて適切な医療が提供できる 2) 周産期や小児の各発達段階に応じて心理社会的側面への配慮ができる 3) 虐待について説明できる 4) 学校 家庭 職場環境に配慮し 地域との連携に参画できる 5) 母子健康手帳を理解し活用できる 必修項目周産期 小児 成育医療の現場を経験すること (5) 精神保健 医療 ( A,B,C ) 精神保健 医療を必要とする患者とその家族に対して 全人的に対応するために 1) 精神症状の捉え方の基本を身につける 2) 精神疾患に対する初期的対応と治療の実際を学ぶ 3) デイケアなどの社会復帰や地域支援体制を理解する 必修項目精神保健福祉センター 精神病院等の精神保健 医療の現場を経験 すること (6) 緩和ケア 終末期医療 ( A,B,C ) 緩和ケアや終末期医療を必要とする患者とその家族に対して 全人的に対応するために 1) 心理社会的側面への配慮ができる 2) 基本的な緩和ケア (WHO 方式がん疼痛治療法を含む ) に参加できる

21 3) 告知をめぐる諸問題への配慮ができる 4) 死生観 宗教観などへの配慮ができる 必修項目臨終の立ち会いを経験すること (7) 地域保健地域保健を必要とする患者とその家族に対して 全人的に対応するために 保健所 介護老人保健施設 社会福祉施設 赤十字社血液センター 各種検診 健診の実施施設等の地域保健の現場において 1) 保健所の役割 ( 地域保健 健康増進への理解を含む ) について理解し 実践する 2) 社会福祉施設等の役割について理解し 実践する

22 別項 (2) 各科の研修目標 特徴 内容

23 リハビリテーション科研修 研修目標および特徴医師として必要なリハビリテーション医療に関する知識および技術を習得し日本リハ医学会の認定医 専門医の養成を目指す 研修内容入院患者を担当し 各種疾患の障害の把握とリハ治療方針決定までの能力を養成 外来 回診 義肢装具クリニック 症例検討会 抄読会 勉強会などのリハ科の各種行事への参加 リハ医学に関する基礎臨床研究および学会等での発表 論文作成 抄読会 勉強会 ( 週 1 回 ) 症例検討会( 週 1 回 ) 講演会( 月 1 回 リハ科スタッフ 他科医師 外部講師などによる ) 地域リハ関連会議等に参加 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 部長平林伸治昭和 58 年卒 日本リハビリテーション学会専門医 指導医日本整形外科学会専門医日本超音波学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備入院患者 12 例外来患者一日 170 例 ( 他科入院患者 ) 多い疾患 : 整形外科疾患 脊髄損傷 リウマチ 切断 脳卒中特徴的な設備 : 義肢工房 各種工作機器 歩行補助装置 筋力測定装置 歩行介助ロボット 超音波診断装置 筋電図 神経伝達速度計測装置など週間スケジュール曜日 AM PM 月脳カンファレンス 火 抄読会 リハカンファレンス嚥下カンファレンス 水 回診 13:00~ 義肢装具クリニック 14:00~ 嚥下造影検査 木 金 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本リハビリテーション学会認定施設

24 脳神経外科研修 研修目標および特徴将来他科専門医を目指す者を対象とするスーパーローテートと将来脳神経外科専門医を志す者を対象とするスーパーローテート後研修に分けられる この内後者は大阪大学脳神経外科研修プログラムにそって行われる 研修内容スーパーローテート : 研修期間は3ケ月 病棟患者の受け持ち 手術を通じて 脳神経外科診療に要求される一般的検査 診断治療の知識と基本的技術を習得する 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 山本和己昭和 53 年卒日本脳神経外科学会専門医 日本脳卒中学会専門医石原正浩平成 15 年卒日本脳神経外科学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備平成 22 年度手術件数は 97 件 脳脊髄腫瘍の直達手術は 33 例 脳動脈瘤 動静脈奇形の直達手術は 9 例 頚動脈内膜剥離術 3 例 医療設備 :MRI MDCT SPECT リニアックナイフ(radiosurgery) キューサー 高気圧酸素治療室 ICU 週間スケジュール曜日 AM PM 月手術手術 火病棟勤務回診 症例検討会 水手術手術 木病棟勤務神経合同カンファ 金病棟勤務脳血管造影 症例検討会 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本脳神経外科学会専門医訓練施設の A 項指定

25 麻酔科研修 研修目標および特徴麻酔の理論および実践方法の習得術後あるいは重症患者の病態の把握および各種治療法の習得神経ブロックをはじめとする手技および鎮痛方法の習得一次救命処置 二次救命処置技術の習得ペインクリニック 緩和ケアの習得 研修内容各科の麻酔 周術期管理 術後鎮痛 重症患者管理 ペインクリニック 緩和ケア 二次救命処置コース受講とインストラクター指導 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 寺井岳三 ( 昭和 59 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 日本蘇生学会指導医 ペインクリニック専門医 ) 宮田嘉久 ( 昭和 59 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 ) 矢部充英 ( 平成 4 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 ペインクリニック専門医 ) 中本達郎 ( 平成 4 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 ペインクリニック専門医 日本心療内科学会登録医 日本医師会健康スポーツ医 ) 水谷光 ( 平成 5 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 日本医療機器学会第 2 種滅菌技士 ) 藤井崇 ( 平成 6 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 周術期経食道心エコー認定医 心臓血管麻酔専門医 ) 松浦康司 ( 平成 6 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 麻酔科指導医 救急科専門医 ) 高橋佳代子 ( 平成 14 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 麻酔科専門医 ) 山本俊介 ( 平成 15 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 周術期経食道心エコー認定医 ) 山本陽子 ( 平成 17 年卒 麻酔科標榜医 麻酔科認定医 ) 診療実績 ( 年間 ) 診療設備麻酔科管理手術症例数 : 約 4000 例ペインクリニック外来患者数 : 約 1500 名 週間スケジュール 麻酔 曜日 AM PM 月 抄読会 カンファレンス 術前診察 術前診察 麻酔 術後回診 麻酔 火 カンファレンス 術前診察 麻酔 術前診察 麻酔 術後回診 水 抄読会 カンファレンス 術前診察 術前診察 麻酔 術後回診

26 麻酔 木 カンファレンス 術前診察 麻酔 術前診察 麻酔 術後回診 金 カンファレンス 術前診察 麻酔 術前診察 麻酔 術後回診 ICU 当直 ペインクリニック曜日 AM PM 月 ペインクリニック外来 火水 ペインクリニック外来 緩和ケアチーム回診 木金 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況日本麻酔科学会麻酔科認定病院日本ペインクリニック学会指定研修施設認定心臓血管麻酔専門医認定施設

27 高血圧 卒中内科初期研修 研修目標および特徴急性期脳梗塞患者について 救急来院時から退院 ( 転院 ) までの診療の流れを経験し習得すること 研修内容 1) 脳梗塞急性期に必要な病歴を正確に聴取できること 2) 脳梗塞急性期の神経学的所見 ( 意識レベル 運動 感覚障害 脳神経症状 失調 高次機能障害 ) をとれるようになること また その所見と病巣局在との対応が考えられるようになること 3) 各種画像診断との組み合わせにより ラクナ梗塞 アテローム血栓性梗塞 心原性脳塞栓症 その他の病型分類ができるようになること 4) 頸動脈エコー 経食道心エコー 脳血流 SPECT 脳血管造影に参加すること 5) 各種病型に応じた治療 ( 安静度 輸液 投薬 ) を学ぶこと 6) 急性期に引き続く後療法 ( 動脈硬化危険因子の管理を含む ) を選択できること 7) 後遺症の判定と家族との関わり合いの中で急性期加療後の方針が立てられること 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 橋本弘行 : 平成元年卒. 日本内科学会総合内科専門医. 日本脳卒中学会脳卒中専門医. 日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士. 臨床研修指導医吉川卓也 : 平成 4 年卒. 日本内科学会総合内科専門医. 日本脳卒中学会脳卒中専門医. 日本核医学会核医学専門医. 植松俊彦 : 平成 14 年卒. 日本内科学会認定内科医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備平成 22 年入院患者数 248 例 ( 脳梗塞 182 例 急性期脳梗塞 121 例 t-pa 静注療法施行 2 例 ) 脳卒中センター Stroke Care Unit(SCU) 週間スケジュール月火水木金午前脳血流 SPECT (IMP 定量) 午後 脳血管造影頸動脈エコー経食道心エコー 午後 5 時頭部 CT 読影頭部 CT 読影頭部 CT 読影頭部 CT 読影頭部 CT 読影 その他 内科 リハビリ科 内科医局会 回診 症例検 合同カンファレ ( 第 1 週 ) 討会 ンス

28 on call 体制にも参加 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本脳卒中学会教育指定病院

29 形成外科研修プログラム 当科の概略 大阪労災病院形成外科は成人および小児形成外科疾患の幅広い領域にわたり診療し 指導 スタッフは充実しており 専門医育成のために充分な経験を提供しうる 当科で扱う領域先天性の外表異常としては頭蓋顔面骨形成異常症 唇裂口唇裂 眼瞼下垂症 小耳症 埋没耳 多指症 合指症 漏斗胸 尿道下裂 外性器分化異常 出臍などの身体の表面に現れる形態の異常 黒あざ 茶あざ 赤あざなどの色調の異常などが対象疾患であり 臭いの異常である腋臭症も対象疾患である 後天性の外表異常としては 外傷 熱傷 手術などによる外表組織欠損 瘢痕 変形 瘢痕性脱毛 皮膚潰瘍 顔面骨折 耳下腺腫瘍 顔面神経麻痺 切断指 指欠損 爪欠損 陥入爪 巻き爪 下肢静脈瘤 皮膚軟部組織良性腫瘍 皮膚軟部組織悪性腫瘍 慢性殿部膿皮症などの治療の他 診療各科から眼窩内腫瘍 甲状腺眼症 食道癌術後の食道欠損 気管欠損 気管狭窄 気管皮膚瘻 乳癌術後 乳房欠損 腹壁瘢痕ヘルニア 直腸膣瘻など実に様々な疾患の治療依頼を受けて対応している その他形成外科医に必要な形成外科領域の知識と専門診療技術の修得およびそれらの応用能力の獲得を目指す また患者 - 医師 医師 - 医師 パラメディカル- 医師のそれぞれの良好な関係を構築でき 優れたチーム医療を主宰できるような全人的な教育を行う また 希望に応じて一般外科 麻酔科など他科ローテーションも可能である さらに将来リーダーとして後進の医師を指導できる教育能力と 診療の成果を学会や論文によって発信し医療を発展させる能力の養成も行う 指導スタッフ 久保盾貴日本形成外科学会専門医 日本マイクロサージャーリー学会評議員 大崎陽子日本形成外科学会専門医 専門医 教育病院など学会の指定状況 日本形成外科学会認定施設に指定済

30 修練の目安研修は形成外科的な手術手技の獲得を中心とし 以下の一覧を目安として修練する 研修 2 年以内 : 形成外科的な皮膚の縫合法簡単な皮膚皮下の腫瘍の摘出術簡単な植皮 皮弁手術顔面神経麻痺に対する静的再建手術腋臭症手術多指症 合指症手術各種の皮面レーザー治療 研修 4 年以内 : 皮膚皮下悪性腫瘍の摘出術鼡径リンパ節郭清術腋窩リンパ節郭清術筋皮弁手術耳下腺腫瘍の摘出術眼瞼下垂症の手術顔面骨骨折の手術簡単なマイクロサージャリー切断指再接着整容的な植皮 皮弁手術漏斗胸手術 研修 6 年以内 : 頚部リンパ節郭清術難易度の高いマイクロサージャリー唇裂口蓋裂手術小耳症手術乳房再建手術頭頚部再建手術頭蓋顎顔面外科手術顔面神経麻痺に対する動的再建手術

31 週間スケジュール 月火水木金 午前外来 手術外来外来 手術外来 手術外来 手術 午後 手術 勉強会 外来 手術 回診 症例検討会手術手術手術

32 循環器内科研修 目標および特徴以下を目標とする 1) 循環器疾患全体の理解 2) 虚血性心疾患での心カテの読影と治療方針の決定 3) 心不全の管理 4) 不整脈の診断と治療 5) 非侵襲的検査の施行とそれによる診断本院循環器科の特徴は invasive noninvasive に偏らず幅広い知識を持った cardiologist としての研修ができることと週 3 回ある心臓外科医とのミーティングで内科サイドに偏らない治療の考え方が身につくことである 研修内容循環器科としての基本的診察 検査 手技を身につけ カルテ記載や患者説明を習得する 心エコーを含めた noninvasive な検査技術を身につけ その読影がいかに治療方針に生かされるかを習得する また invasive な検査 治療にもチームの一員として参加する 指導医と共に当直し救急疾患に対する対処を研修し 夜間の心筋梗塞などの緊急検査 治療にチームの一員として参加し緊急医療の実際を習得する 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 田内潤 ( 昭和 50 年卒 内科学会認定医 内科学会指導医 循環器学会専門医 心臓病学会特別正会員 (FJCC) 超音波学会専門医 超音波学会指導医) 西野雅巳 ( 昭和 59 年卒 内科学会認定医 内科学会指導医 内科学会認定専門医 米国心臓病学会正会員 (FACC) 循環器学会専門医 心臓病学会特別正会員 (FJCC) 心血管インターベンション学会認定医 心血管インターベンション学会指導医 超音波医学会専門医 超音波医学会指導医 頚動脈ステント認定医 ) 加藤弘康 ( 平成 3 年卒内科学会認定医 ) 習田龍 ( 平成 7 年卒内科学会認定医 循環器学会専門医 ) 江神康之 ( 平成 10 年卒内科学会認定医 循環器学会専門医 ) 牧野信彦 ( 平成 11 年卒内科学会認定医 ) 谷池正行 ( 平成 12 年卒 ) 李泰治 ( 平成 18 年卒 ) 吉村貴裕 ( 平成 18 年卒内科学会認定医 ) 中村大輔 ( 平成 18 年卒 )

33 診療実績 心臓カテーテル検査 1301 例 / 年 経皮的冠動脈形成術 425 例 / 年 (ACS20 例ステン ト DCA, ロータブレーターを含む ) 末梢血管形成術 87 例 / 年 Ablation61 例 / 年 Tilt 試験 27 例 / 年 心エコー検査 6325 例 / 年 うち経食道心エコー法 183 例 / 年 トレッドミル検査及びエルゴメーター検査 144 例 / 年 心筋シンチ検査 383 例 / 年 ペースメーカー植え込み術 61 例 / 年 ICD4 例 / 年 CRTD14 例 / 年 冠動脈 CT381 例 / 年 大動脈 CT245 例 / 年 週間スケジュール 循環器外来はスタッフを中心に毎日午前 午後 2~4 診 月 水 金 17 時または内 科ミーティング後からは前日および当日の心カテ (PCI( 経皮的冠動脈形成術 ) や EPS Ablation の所見を心エコーなどの noninvasive 検査結果と合わせ心臓外科医を交えて 検討 治療方針の決定を行う心カテミーティング 火 木 18 時からは EPS Ablation 検討を中心とした CCU ミーティングを行っており抄読会は木曜日の CCU ミーティン グ後に行っている 曜日 AM PM 月 心カテ (PCI,EVT,Ablation を含む ) 心カテ心エコー CTA 心カテミーティング (17:15~) 火 心カテ心エコー心筋シンチ 心カテ心エコー CTA トレッドミル Tilt 試験心カテミーティング (17:15~) EPS Ablation ミーティング(18 時 ~) EPS 勉強会 (19:00~) 水 心カテ心エコー 心カテ心エコー CTA 心カテミーティング (17:15~) 木 心カテ心エコー 心カテ CTA トレッドミル心カテミーティング (17:15~) EPS Ablation ミーティング& 抄読会 (18 時 ~) EPS 勉強会 (19:00~)

34 金 心カテ心エコー心筋シンチ 心カテ心エコー (DSE) CTA 心カテミーティング (17:15~) 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本内科学会 日本循環器学会 日本心臓病学会 日本心血管インターベンション学会 日本超音波医学会 日本心エコー図学会 CRTD 認定施設 頚動脈ステント植込み術 認定施設

35 耳鼻咽喉科研修 研修目標および特徴 将来 耳鼻咽喉科専門医資格を獲得するため 選択研修プログラムを4ヶ月間行 い さらに引き続き耳鼻咽喉科で継続して研修を行うことにより日本耳鼻咽喉科学 会認定耳鼻咽喉科専門医制度の認定耳鼻咽喉科試験の受験資格を取得することが できる 研修内容 研修内容と到達目標 病棟および外来において耳鼻咽喉科疾患の主要症候および疾患に関する診察技術 と知識を学ぶ また厚生労働省の到達目標すなわち 一般目標 基本的診療法 基 本的検査法 基本的治療法 基本的手技 末期医療 文書記録などを習得する 耳 鼻咽喉科における到達目標については 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専 門医制度カリキュラムに準拠する 教育に関連する行事 部長回診および症例検討会 :1 週間に1 回 術前術後検討会 :1 週間に3 回 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 北原糺 平成 4 年卒日本耳鼻咽喉科学会専門医 梶川泰 平成 5 年卒日本耳鼻咽喉科学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備診療 診療実績 主な手術件数 鼓室形成術 120 口蓋扁桃切除術 70 乳突削開術 65 アデノイド切除術 14 鼓膜形成術 2 甲状腺腫瘍手術 9 アブミ骨手術 3 唾液腺腫瘍摘出術 18 内リンパ嚢手術 24 舌腫瘍手術 5 人工内耳埋込術 4 咽喉頭腫瘍手術 11 顔面神経減圧術 2 頚部リンパ節郭清術 20 下甲介切除術 18 喉頭微細手術 45 鼻中隔矯正術 14 気管切開術 18 内視鏡鼻手術 131 咽頭 食道異物摘出術 1 眼窩底整復術 1 その他 突発性難聴 244 ベル麻痺 ハント症候群 66

36 診療設備 純音オ-ジオメ-タ語音聴力検査装置インピ-ダンスオ-ジオメ-タ自記オ-ジオメ-タ聴性誘発反応検査装置耳管機能検査装置 ENG 視運動癌新検査装置指標追跡検査装置回転検査装置重心動揺計顔面神経電気刺激装置鼻腔通気度検査装置赤外線フィレンツエル基準嗅覚検査装置電気味覚検査装置電子鼻咽喉ファイバ-スコ-プ手術用顕微鏡人工内耳埋込術器械人工内耳マッピング器機伝音難聴手術用機器鼻副鼻腔内視鏡手術用器機高気圧酸素治療機器等 週間スケジュール曜日 AM PM 月 手術外来診察 手術 火 手術 外来診察 手術 水外来診察検査 木外来診察検査 金 手術 外来診察 手術 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本耳鼻咽喉科学会認定医教育病院

37 放射線科研修 研修目標および特徴画像診断 : 画像の解析学にとどまらず その対象である個々の患者を把握し 主治医に対し検査 治療に関する適切なアドバイスをする事が出来る 研修では さらに CT MR 透視撮影および簡単な特殊検査の習熟を目標とする 放射線治療 : 悪性新生物に対する集学的治療の一本の柱としての役割を認識できる 研修内容 1) バリウムスタディ : 管腔臓器の特徴を生かした検査法を理解し実践する 2) 経静脈性腎盂造影 : 水溶性ヨード造影剤による経静脈造影検査の基礎を理解し実践する 3) CT:CT 解剖を知り疾患に応じた検査法を学ぶ 4) MR: 画像構成の基礎と検査の特質を学ぶ 5) RI: アイソトープの特殊性を知り 各種検査法を学ぶ 6) 血管造影検査 : セルディンガー法の手技と IVR の基礎を学ぶ 7) 非血管 IVR: 手技と適応について学ぶ 8) 放射線治療 : 放射線治療の基礎と適応疾患を学ぶ 9) 放射線防護 : 医療被曝の位置づけを知り 患者の不安に答えられる知識を得る 10) 症例検討会 : 個々の患者の検査適応や治療選択の考え方を学ぶ 11) 読影会 : 基礎的な画像診断法を学ぶ 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 茶谷正史 (S53 卒 ) 日本医学放射線学会放射線治療専門医 放射線腫瘍学会認定医 放射線腫瘍学会指導医 岸本陽督 (S63 卒 ) 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 前田宗宏 (S58 卒 ) 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR 指導医 栗生明博 (H10 卒 ) 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備(2010 年 )

38 MR(1.5T) 装置 2 台 7788 件 MDCT 装置 2 台 件 血管造影装置 1 台血管造影 215 件 ガンマカメラ2 台 1588 件 X 線テレビ4 台 胃透視 注腸 5274 件 リニアック ( ラジオサージェリー搭載 )1 台 6820 件 腔内照射装置 1 台 286 件 位置決め装置 1 台 位置決め専用 CT1 台 放射線治療計画装置 1 台 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関 ( 全部門 ) 認定番号総 133 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 3 名 日本医学照射腺学会 放射線治療専門医 1 名 放射線腫瘍学会認定医 1 名 放射線腫瘍学会指導医 1 名 日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR 指導医 1 名 臨床研修指導医 2 名

39 泌尿器科初期研修 研修目標および特徴豊富な臨床経験を経ることを第一目標として 内視鏡手術の基本的操作 体外衝撃波結石破砕術の適応と考え方 各種の泌尿器癌疾患の手術方法および抗癌剤投与の適応と考え方を習得する 研修内容毎週火曜日主治医は全症例の提示を行い全員で検討会を行う ( レントゲン読影 治療方針など ) 手術日では主治医は全例に助手として参加し また経験および熟練度により積極的に術者としても参加する 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 三好進昭和 49 年卒日本泌尿器科学会指導医 専門医 泌尿器腹腔鏡技術認定医 日本癌治療学会暫定教育医辻畑正雄平成 1 年卒日本泌尿器科学会指導医 専門医泌尿器腹腔鏡技術認定医 日本癌治療学会認定医任幹夫平成 5 年卒日本泌尿器科学会指導医 専門医泌尿器腹腔鏡技術認定医氏家剛平成 13 年卒日本泌尿器科学会専門医泌尿器腹腔鏡技術認定医 日本癌治療学会認定医川村憲彦平成 16 年卒日本泌尿器科学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備泌尿器科として35 床を有する手術は約 400 件 ( 腹腔鏡下手術 経尿道的手術 開腹手術 ) 施行 さらに体外衝撃波結石破砕術を延べ約 250 件行っている 週間スケジュール曜日 AM PM 月 病棟処置 手術 火 病棟処置体外衝撃波結石破砕術 レントゲン検査前立腺生検内視鏡検査症例検討会 水 病棟処置 手術 手術 木 病棟処置 前立腺生検内視鏡検査

40 体外衝撃波結石破砕術 ウロダイナミック検査 金 病棟処置 手術 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本泌尿器科学会専門医教育施設

41 外科研修 研修目標および特徴 1) 外科疾患の理解 2) 諸検査の計画 3) 手術適応の決定 4) 手術内容の把握 5) 術前術後管理 6) 末期患者の管理 研修内容病棟において患者を担当し, 外科疾患に関する知識, 診療技術および態度を学ぶ 特に術前術後の病態の把握につとめ, 基本的術前術後管理について理解を深める その間に, 基本的診察法, 基本的検査法, 基本的治療法, 基本的手技, カルテ記載法などを修得する 手術室においては助手として手術に参加し, 外科的基本手技についての修練を行う 中央画像診断部での診療に参加することにより, 内視鏡検査, 超音波検査などの基本を習得する 手術不能症例, 術後再発症例を担当し, 医師としての患者および家族に対する基本的対応方法を修得するとともに末期医療についても修練を行う 指導医とともに当直を行い, 入院患者の急変時の治療や救急医療を学ぶ 2 年次 4ヶ月間 ( 外科志望者 ) においては, ヘルニア, 虫垂炎等の術者として手術を完遂できるまでの修練を行う また, 興味ある症例を積極的に学会発表し論文として投稿する 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 根津理一郎昭和 53 年卒日本外科学会指導医 専門医 認定医日本消化器外科学会指導医 専門医 認定医日本大腸肛門病学会指導医 専門医松並展輝昭和 58 年卒日本外科学会専門医 認定医日本乳癌学会専門医 認定医日本消化器外科学会認定医長谷川順一昭和 61 年卒日本外科学会指導医 専門医 認定医日本消化器外科学会指導医 専門医 認定医日本消化器病学会専門医 日本大腸肛門病学会専門医

42 三方彰喜 昭和 62 年卒 日本外科学会指導医 専門医 認定医日本消化器外科学会専門医 認定医日本乳癌学会認定医 清水潤三 平成 3 年卒 日本外科学会指導医 専門医 認定医日本消化器外科学会指導医 専門医 認定医 金 鏞国 平成 5 年卒 日本外科学会専門医 認定医日本消化器外科学会認定医 森島宏隆 平成 6 年卒 日本外科学会指導医 専門医 認定医日本乳癌学会専門医 認定医日本消化器外科学会認定医 相馬大人 平成 11 年卒 日本外科学会専門医 認定医 廣田昌紀 平成 11 年卒 日本外科学会専門医 認定医 廣瀬創 平成 13 年卒 日本外科学会専門医 認定医日本消化器内視鏡学会専門医 金浩敏 平成 13 年卒 日本外科学会専門医 認定医日本消化器病学会専門医日本消化器内視鏡学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備 病床数 67 床 手術件数 (2010 年 ) 全麻年間 842 例 腰麻年間 150 例 週間スケジュール曜日 AM PM 月 手術 手術 超音波検査 内視鏡検査 造影検査 内視鏡検査 17:00~カンファレンス 火 手術 手術 水 抄読会 回診 手術超音波検査内視鏡検査 手術造影検査 内視鏡検査 17:00~カンファレンス 木 手術 手術 金手術手術

43 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況日本外科学会認定医制度修練施設 日本消化器外科学会専門医修練施設 日本乳癌学会認定施設 日本大腸肛門病学会専門医修練施設日本がん治療認定医機構認定研修施設

44 眼科研修 研修目標および特徴当科は眼科疾患の外科的治療が専門であり 白内障のみならず糖尿病網膜症や網膜剥離 穿孔性眼外傷などの難治性網膜硝子体疾患を中心に手術加療を行っている 研修にあたっては 他施設では類をみない豊富な症例をもとに 角結膜疾患や ぶどう膜炎 神経眼科疾患などはもちろんのこと 当科の特徴である網膜硝子体疾患や 緊急性のある眼外傷に対し適切に診断し 速やかに対応する能力の育成を目標とする 研修内容 a) オリエンテーション (1 週間 ) 外来 病棟 手術室での指示方法 事務的処置についてマスターする b) 各人の経験歴により 外来 手術助手から開始 病棟患者の受持ちは 研修医期間全てに渡って義務とする マンツーマン指導により手術方法や執刀医としての考え方を学び 将来に向け自立することを目標とする c) スライドカンファレンスに参加し 各種症例に対し質疑応答を繰り返すことで多様な疾患について深く理解するとともに対応能力を獲得する d) 臨床研修のみならず 学会発表 論文発表などについても積極的に行う 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 部長恵美和幸昭和 52 年卒日本眼科学会専門医 大阪大学臨床教授日本眼科手術学会理事医員池田俊英平成 4 年卒日本眼科学会専門医坂東肇平成 8 年卒日本眼科学会専門医佐藤達彦平成 13 年卒日本眼科学会専門医大浦嘉仁平成 15 年卒日本眼科学会専門医西牟田明伸平成 15 年卒日本眼科学会専門医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備年間の総手術件数は約 5800 件以上で 内訳は白内障手術約 4700 件 硝子体手術 970 件 ( 同時手術 780 件 ) 網膜剥離手術 220 件 緑内障手術その他 130 件である 外来で行う処置では 網膜光凝固術などのレーザー治療約 2000 件である 設備面では フルオレセイン蛍光眼底造影 (FAG) インドシアニングリーン蛍光眼底造影 (ICG) 光干渉断層計(OCT) 超音波生体顕微鏡(UBM) 走査レーザー検眼鏡 (SLO) 網膜厚解析装置(RTA) など大学病院以上の最新

45 機器を取り揃えている 週間スケジュール 曜日 AM PM 月 外来診療 病棟診察 院内 CPC 火外来診療病棟診察 水 手術助手 病棟診察スライドカンファ手術助手 木 手術助手 病棟診察手術助手 金外来診療病棟診察 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本眼科学会臨床研修指定病院 眼科研修プログラム施行施設 ( 認定 2282 号 )

46 病理科研修 研修目標および特徴病理学的手法により臨床医学を検証し 治療法を論じられる [ 治療のための病理診断 ] と主疾患から派生して出現する各臓器の病変等が理解できるようになることを最終目標とする 研修内容指導医に従って 外科病理診断 ( 生検 手術切除標本 ) 術中迅速診断の診断書作製および細胞診に関して研修を行う また 一件以上の病理解剖を行い 最終病理解剖診断書を作製する 院内各科との術前 術後検討会ならびに CPC に積極的に参加して 臨床的思考法やプライマリーケアへの理解を深める 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 三輪秀明 ( 平成 7 年卒 病理専門医 細胞診指導医 ) 米田玄一郎 ( 平成 9 年卒 病理専門医 細胞診指導医 ) 診療実績 ( 年間 ) 診療設備病理組織検査数 ;10,098 件 / 年 術中迅速診断検査数 ;439 件 / 年 細胞診検査数 ;11,040 件 / 年および病理解剖は 20 件あります 週間スケジュール曜日 AM PM 月 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 症例検討 ( マンツーマン指導 ) 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 火病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 症例検討 ( マンツーマン指導 ) 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 水病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 症例検討 ( マンツーマン指導 ) 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 臨床病理検討会 木病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 症例検討 ( マンツーマン指導 ) 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 臨床病理検討会 金病理診断 ( 迅速 細胞診を含む ) 症例検討 ( マンツーマン指導 ) 病理診断 ( 迅速 細胞診を含む )

47 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本病理学会 日本臨床細胞学会認定病院であり十分な材料が供給されているま すので 病理並びに細胞診専門医の指導のもので疾病を理解することができます

48 腎臓内科研修 研修目標および特徴急性 慢性腎疾患の診断と治療につき 血液浄化療法を含めその概略を習得するとともに 医師として必須の水 電解質 酸塩基平衡異常の病態把握と管理について研修する 研修内容腎生検の適応と実際の手技 腎生検所見の見方と腎炎の診断 腎炎の薬物治療と生活指導 腎不全の診断と治療 血液透析の適応と管理 腹膜透析の適応と管理 慢性透析患者の合併症の治療 各種血液浄化療法の適応と実際の手技 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 山内淳 ( 昭和 56 年卒 内科認定医 内科専門医 内科指導医 腎臓専門医 腎臓指導医 透析専門医 透析指導医 ) 竹治正展 ( 平成 8 年卒 内科認定医 内科専門医 腎臓専門医 透析専門医 ) 村田尚子 ( 平成 16 年卒内科認定医 ) 診療実績 ( 年間 ) 診療設備腎生検 :60 例 透析新規導入 :80 例 透析患者の手術およびインターベンション例 :200 例 / 年 週間スケジュール曜日 AM PM 月透析 病棟シャント手術 火 腎生検 病棟ミーティング腎内抄読会腎生検検討会 水 透析 病棟 内科ミーティング腎内回診 木 透析 病棟 金 透析 病棟 CAPD 外来透析ミーティング 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本腎臓学会 日本透析医学会

49 大阪労災病院糖尿病内科初期研修プログラム 研修目標および特徴 1) 糖尿病並びに代表的な内分泌 代謝疾患の基礎的な病態を理解し 各種合併症の診断方法を習得する 2) 糖尿病並びに代表的な内分泌 代謝疾患の基本的な治療法を理解 実践し 同時に疾病管理 生活管理 指導法を習得する 3) 糖尿病合併症 ( 昏睡 壊疽 腎症 神経障害 ) の診断 治療 指導方針に関しての理解を深める 研修内容スタッフとのマンツーマン方式にて 指導を行う 研修スタッフ ( 卒業年度 専門医 指導医 ) 野村誠 (S52 卒 日本内科学会 糖尿病学会 内分泌学会認定指導医 ) 大橋誠 (S53 卒 日本内科学会 糖尿病学会 内分泌学会認定指導医 ) 久保田昌詞 (S55 卒 糖尿病学会専門医 ) 良本佳代子 (H 元年卒 日本糖尿病学会認定指導医 ) 狭間洋至 (H10 年卒 日本糖尿病学会員 ) 診療実勢 ( 年間 ) 診療設備教育入院患者数 ( 年間約 300 名 他科患者共観コンサルテーションは除く ) 外来患者数 ( 年間 2000 名 ) CSII ( 現在外来にて5 例実施中 ) 診療設備 ( 労災病院設備を参照 ) 週間スケジュール受け持ち症例に関して 随時指導を行います 腎臓内科 脳卒中内科も同時に研修が行われます 毎月第 1 月曜日 : 午後 5 時から院内 CPC( 必修 ) 毎週月曜日 午前 : 病棟 午後 : 糖尿病教室毎週火曜日 午前 : 病棟 午後 4 時 30 分から糖尿病 内分泌内科 meeting 毎週水曜日 午前 : 病棟 午後 : 病棟多種職合同カンファレンス毎週木曜日 午前 : 病棟 午後 : 病棟専門回診毎週金曜日 午前 : 病棟 午後 : 病棟カンファレンス 金曜日 午前 : 病棟 午後 : 病棟カンファレンスその他日本糖尿病学会地方会 ( 毎年秋 ) 日本糖尿病学会総会( 毎年 5 月 ) 日本内分泌学会地方会 ( 毎年秋 ) 日本職業災害医学会( 毎年秋 ) 各種研究会 大学連携研究会にて 随時症例発表を担当予定 専門医研修教育施設認定状況日本糖尿病学会 日本内分泌学会認定教育施設

50 小児科研修 研修目標および特徴当院小児科研修の特徴は 小児科全般についての基本的診療から高度医療まで幅広く勉強できることである 感染症を中心とした一般的な症例の主治医になることで小児診療に必要な基礎的知識と技術を修得するとともに 重症例や稀な症例の精査治療過程を見学することで 小児医療への理解を深めることを目指す また PALS (Pediatric Aduanced Life Support) のプロバイダー 2 名により 小児蘇生におけるガイドラインと実技も習得してもらえる 研修内容 A. 外来研修午前中の外来診療では 午前 9 時から問診 診察見学および処置などの業務ならびに患者への応対態度を指導医の指導のもとに習熟する 午後の特殊外来 ( 心身症 血液腫瘍 内分泌 乳児発達 アレルギー 神経 ) および超音波検査 聴力検査などの見学を通して 特殊検査法や診療の実際を学ぶ B. 病棟研修 A) 第 1 期 ( 前 1 か月 ) 研修医オリエンテーション : 病棟業務の実際 ( 指示の出し方 各種書類の扱い方 カルテの書き方他 ) 研修医セミナー ( 午後 5 時から1 時間 ) 総論 基本的技術 各論 各種検査 PALS プロバイダーマニュアル & 小児 1 次究明処置訓練など 指導医が主治医 研修医は副主治医となって実際の診療にあたる B) 第 2 期 ( 後 1~2か月 ) 主治医となる マンツーマンで指導医がつく ( 主治医が診断 治療に主導的立場にあり 指導医は方針を協議 確認の上 主治医の診療に責任を持つ ) C) 院外研修堺市泉北夜間休日診療所の夜間救急 ( 小児 1 次救急 ) の見学と実戦 指導スタッフ川村尚久昭和 60 年卒 ( 血液腫瘍 感染 内分泌 腎臓 ワクチン ) 日本小児科学会専門医 日本感染症学会専門医 指導医日本糖尿病学会臨床研修指導医 ICD( 感染症制御医 ) PALS プロバイダー 日本化学療法学会 抗菌化学療法指導医吉川聡介平成 10 年卒 ( 神経 夜尿 ) 日本小児科学会専門医 PALS プロバイダー

51 宮崎敬士平成 14 年卒 ( 消化器 肝臓病 画像診断 ) 診療実績 ( 年間 ) 診療設備 25 床院内学級プレイルーム超音波診断装置人工呼吸器クリーンベット新生児室 ( 産婦人科 ) 外来平均患者数 80 人 平均入院患者数 24 人 入院患者プロフィール (2007 年度入院患者より ) 扁桃炎 クループ 肺炎 気管支炎 細気管支炎 急性胃腸炎 (O157 含む ) 尿路感染症 無菌性及び化膿性髄膜炎 化膿性関節炎 SSSS 無呼吸合併百日咳 ヘルペス口内炎 免疫不全( 好中球減尐症 高 IgM 血症など ) 気管支喘息 重症アトピー性皮膚炎 アレルギー性紫斑病 川崎病 先天性心疾患 (VSD,ECD,TOF など ) 起立性調節障害症異物誤飲 再生不良性貧血 血小板減尐性紫斑病 血球貪食症候群 下垂体性小人症甲状腺機能異常症尿崩症肝炎先天性胆道閉鎖症胃食道逆流症腸重積症急性虫垂炎肥厚性幽門狭窄症潰瘍性大腸炎クローン病白血病慢性腎炎ネフローゼてんかん多発性硬化症熱性けいれん神経性食思不振症ヒステリー先天性心疾患低出生体重児 RDS TTN 高ビリルビン血症無呼吸発作新生児仮死頭蓋内出血など 週間スケジュール 曜日 AM PM 月 一般外来診察 乳児後期健診 病棟診察 火 一般外来診察 心身症外来 1ケ月健診 病棟診察 水 一般外来診察 血液腫瘍外来 心臓超音波検査 病棟診察 内分泌成長外来 新生児聴力検査 抄読会 木 一般外来診察 神経 学習障害外来 腹部超音波検査 病棟診察 心身症外来 乳児発達外来 カンファレンス 金 一般外来診察病棟診察 予防接種 アレルギー外来 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本小児科学会専門医認定施設 日本感染症学会専門医認定施設 日本糖尿病学会認定教育施設

52 消化器内科研修 研修目標および特徴日常診療で高頻度に遭遇する消化器主要疾患 ( 消化器救急疾患を含む ) の診断 治療について習得する 研修内容病棟患者の主治医となって診療を行うと同時に 下記の週間スケジュールに示した検査 治療に参加して修練を積む また 外来診療の修練も一部行う 指導スタッフ ( 卒業年度 専門医 指導医 ) 吉原冶正昭和 54 年卒内科学会指導医 消化器病学会指導医 肝臓学会指導医消化器内視鏡学会指導医山田幸則昭和 59 年卒内科学会指導医 消化器病学会指導医 肝臓学会指導医消化器内視鏡学会専門医小森真人平成 7 年卒内科学会指導医 消化器病学会指導医 肝臓学会専門医 消化器内視鏡学会指導医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備 1) 病床数 86 床 年間入院患者数約 2210 人 2) 腹腔鏡下肝生検 18 件 超音波ガイド下肝生検 186 件 3)B 型 C 型慢性肝炎のインターフェロン療法 15 件 90 件 4) 肝癌エタノール局注療法 32 件 ラジオ波焼灼術 75 件 肝切除 20 件 肝動脈塞栓術 100 件 5) 上部消化管内視鏡検査 4113 件 超音波内視鏡 (EUS)39 件 内視鏡下ポリープ摘除術 10 件 早期胃癌の粘膜下剥離術 (ESD)43 件 食道静脈瘤結紮術 硬化療法 112 件 緊急止血術 163 件 胃ろう造設術 10 件 イレウス管挿入 20 件 異物除去 3 件 6) 下部消化管内視鏡検査 1734 件 内視鏡下大腸ポリープ摘除術 393 件 7) 内視鏡的逆行性胆管膵管造影 ドレナージ (ERCP,ENBD)300 件 経皮経肝胆道ドレナージ (PTCD)40 件 内視鏡的十二指腸乳頭切開術 (EST) 52 件 胆道狭窄に対するステント留置 111 件 8) 食道腫瘍 大腸腫瘍のESD ダブルバルーン小腸内視鏡 カプセル内視鏡を平成 22 年度より開始した 医療設備 : 各種電子内視鏡 ハーモニックパワードプラーエコー 電子腹腔鏡 超音波内視鏡 血管造影 (DSA) ラジオ波焼灼術装置 リアルタイムバーチャルソノグラフィー (RVS)

53 週間スケジュール曜日 AM PM 月 上部消化管内視鏡 US 下肝生検 下部消化管内視鏡 ERCP EIS 火 上部消化管内視鏡 腹部 US 腹部 US ESD,ERCP 内視鏡検討会 (6PM-) 水 木 上部消化管内視鏡 EUS,FNAB 腫瘍生検下部消化管内視鏡 ESD 下部消化管内視鏡 ERCP 消内 Meeting(5PM-) 部長回診下部消化管内視鏡 ERCP ESD,EIS 金上部消化管内視鏡腹部 US RFA PEIT RFA: ラジオ波焼灼術 PEIT: 経皮的エタノール局注療法 ERCP: 内視鏡的逆行性胆管膵管造影消内 Meeting: 研修医受け持ちの全症例について検討内視鏡検討会 : ファイリング画像で検討 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況日本内科学会 日本消化器病学会 日本肝臓学会 日本消化器内視鏡学会の指導施設

54 心臓血管外科研修 研修目標および特徴 1 循環器疾患の急性期医療の醍醐味を経験する 2 外科専門医および外科系サブスペシャリティの専門医を目指す研修医においては 外科専門医修練カリキュラム必須の心臓 大血管手術および末梢血管手術の症例を実際に経験する 3 内科系サブスペシャリティ その他のスペシャリティを目指す研修医においては 心臓外科手術の術前 術後管理を通じて 心不全患者の循環管理 呼吸器管理を習得する 4 研修 ( ローテート ) 期間はフレキシブルに設定 (1~3ヶ月が適当 ) 土 日の勤務は原則オフ 5 女性研修医のローテートも大歓迎します 研修内容 1) 心臓 大血管 末梢血管の外科手術の基本手技を経験する 2) 循環器疾患の術前評価 手術適応の決定など初期診療に関する知識 臨床能力を身につける 3) 心臓血管手術の術後管理 (ICUおよび循環器病棟における) 特に心不全患者 術後患者の循環 呼吸管理の実際面を経験し プライマリケアへの理解を深める 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 谷口和博 ( 部長 ) 昭和 52 年卒心臓血管外科専門医 循環器学会専門医外科学会認定医 指導医胸部外科学会認定医 指導医 評議員大阪大学医学部臨床教授船津俊宏 ( 副部長 ) 平成 4 年卒心臓血管外科専門医 外科学会認定医近藤晴彦 ( 医長 ) 平成 7 年卒心臓血管外科専門医 外科学会認定医甲斐沼孟 ( 研修医 ) 平成 19 年卒 診療実績 ( 年間 ) 手術件数 ( 平成 21 年 1 月 1 日 ~ 平成 21 年 12 月 31 日 ) 先天性心疾患 2 例 心臓弁膜症 58 例 冠動脈疾患 32 例 胸部 胸腹部大動脈瘤 22 例

55 腹部大動脈瘤 4 例 末梢血管手術 4 例 不整脈 ( 心房細動 ) 23 例 その他 55 例 合計 186 例 ( 重複あり ) ( 上記のうち届出の人工心肺使用手術および冠動脈バイパス手術件数 124 例 ) 週間スケジュール 曜日 AM PM 月心臓超音波検査 病棟 ICU 病棟 ICU 業務 夕 : 循環器内科 心外科ミ - ティング 火手術 ( 主に心臓 大動脈瘤手術 ) 手術 ( 主に心臓 大動脈瘤手術 ) 水部長回診 病棟 ICU 業務術前 術後検討会 抄読会 夕 : 循環器内科 心外科ミーティング 木手術 ( 心臓 大動脈瘤手術 ) 手術 ( 主に心臓 大動脈瘤手術 ) 金手術 ( 心臓 大動脈瘤手術 ) 手術 ( 心臓 大動脈瘤手術 ) 夕 : 循環器内科 心外科ミ - ティング 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 三学会構成日本心臓血管外科学会専門医認定機構 基幹施設 日本胸部外科学会認定医認定制度 指定施設 特色詳しくは 大阪労災病院ホームページ の心臓血管外科ホームページへ問い合わせは 谷口 ) まで お気軽にどうぞ

56 精神科研修 ( 阪南病院 ) (Ⅰ) 研修目標臨床医として患者を全人的にとらえること すなわち患者の持つ問題を身体面のみならず 精神面や社会的側面からも理解し感性をみがき 患者や家族 さらに医療スタッフと良好な人間関係を築き 精神障害の診断 治療 社会復帰などに必要な基礎的な知識と技術を習得できるよう努力する (Ⅱ) 研修内容 臨床医として持つべき精神医学的素養として 以下のことを院内外 ( 外来 病棟 OT DC GH 地域生活支援センターなど ) において実習する 1. 良好な患者 家族 - 医師関係を確立するための診療 面接法患者の主訴や家族の訴えをしっかり受け止め 来院に至った動機や経緯 病にかかわる諸々の恐れや不安などを同じ目線で共感的に傾聴し問題点を明らかにする その際 会話の内容だけでなく 話し方 表情 姿勢など非言語的な面も注意深く観察し総合的な所見を得るようにする 2. 基本的な精神症状のとらえ方を習得する不眠 痙攣発作 不安 抑鬱などの症状を聞き出し そのタイプや重症度を判断できるようにする 精神科救急にかかわる意識障害 精神運動興奮 昏迷 自殺念慮 ( 企図 ) についても診断できるようにし さらに躁状態 幻覚 妄想などの病的体験についても その特徴や内容を把握できるようにする 3. 精神疾患に対する初期的対応および治療通常の初診患者に対する初期対応のあり方や治療を始めるにあたっての要領を身につける 受診にあたっての諸々の不安や恐れを察知し その解消をはかるため 患者や家族の訴えに耳を傾け 診断やこれからの治療方針などを 納得のいくように充分患者や家族に説明する 4. 主要な精神疾患の診断と治療 統合失調症 うつ病および痴呆については入院患者を主治医とともに受け持ち 診断 検査 治療方針についてケースレポートを提出する

57 5. 精神科領域の救急 意識障害 精神運動興奮 昏迷 自殺企図に対する救急治療に参加し経験する 6. 社会復帰訓練や地域支援体制 デイケア 作業療法 SST や地域生活支援センターの実際を経験する 7. チーム医療 Dr,Ns,CP,OTR,PSW など医療 保健 福祉の幅広い専門職チームで患者 中心の医療を経験し チームリーダーのあり方を把握する 8. 精神保健福祉法非自発的入院 ( 医療保護入院 措置入院 ) や隔離 拘束に際し人権を十分配慮すべく精神保健福祉法が制定されていることや 具体的な法的手続き 精神保健指定医の役割を把握する 9. リエゾン精神医学他科と精神科との境界領域にあるストレス関連精神障害などを主として治療しているメンタルケア病棟および 睡眠障害治療の実際を経験し 今後のリエゾン コンサルテーションに役立てる 上記研修内容は研修期間 (1 カ月 ~3 カ月 ) により変更する (Ⅲ) 研修指導者 指導責任者 ( 院長 精神保健指定医黒田健治 ) 他精神保健指定医 6 名

58 精神科研修 ( 浅香山病院 ) (Ⅰ) 研修の目的精神医療 保健 福祉 介護を必要としている患者及びその家族に全人的 ( 社会的 倫理的 心理的 身体的 ) に対応し 援助するために 1 利他 受容 共感 支持といった臨床家にとっての基本的態度 姿勢を育成 賦活する 2 実地臨床の基本となる面接技法を習得する 3プライマリケアにおいて必要な精神医学的知識を習得する 4 精神疾患 精神障害の 見立て 手当 養生指導 生活支援 の実際を経験し 習得する (Ⅱ) 研修の方法 ( 協力型 1ヶ月 ) 1~2 週目精神科リハビリテーションの実際 社会復帰活動 地域支援等を理解するために 当院が提供している精神医療 保健 福祉 介護サービスについての実施研修を受け レポートを提出 医療福祉相談室 臨床心理室 作業療法室 デイ ケア ナイト ケア 生活訓練施設及び地域生活支援センター 認知症センター 精神科訪問看護 家族教室 地域作業所 地区の保健センター等 2 週目 精神科閉鎖病棟での入院生活の体験実習 2~4 週目統合失調症 感情障害 認知症の入院 3 症例につき 指導医の指導監督のもと 集中的に診療関与し ケース レポートを作成 同時に各々の精神疾患 精神障害の診断 治療について自習し レポートを提出 (Ⅲ) 研修指導者 (1) 指導医田伏薫 ( 指導責任者 ) 谷口典男 ( 指導副責任者 )

59 須藤良隆 ( 指導副責任者 ) (2) 指導担当医田中秀樹清家正人石田剛士太田吉彦 (Ⅳ) 研修の達成目標及び評価 1 ヶ月コースについては提出されたレポートでの評価とする (1) 基本的態度 姿勢及び面接 1 利他のこころ が賦活され 受容 共感 指示 援助等の臨床家にとって基本的な態度 姿勢を自ずと示すことができる 2 上記態度 姿勢をもとに 患者及びその家族との間に良好な関係を樹立することができる ( 信頼を得て安心を贈る ) 3 患者及び家族に治療への協力要請ができ その協力を引き出すことができる ( 自然回復力とセルフ コ-ピンクの援助 ) 4 状況 状態をわかりやすく説明し 治療選択肢の程度 説明ができ その選択を援助することができる ( インフォームド コンセント ) 5 精神保健 福祉法 について詳細に理解している (2) 診断 ( 主な精神疾患 障害についての十分な知識と理解を前提として ) 1どこにポイントがあるかを把握しての 簡にして要を得た病歴聴取ができる 2 主訴についての評価をはじめとした初診等での問診により おおまかな 見立て 鑑別診断 ができる 3 必要に応じて 神経学的診察 簡易な心理テスト 構造化された診断面接が行える 4 諸検査についての適応を理解し 適切な依頼と評価ができる 脳 CT 脳 MRI SPECT 脳波 心理テスト (3) 治療 1 以下の向精神薬について その適応 使用量 副作用 使用上の注意 禁忌についてよく理解し 当該の患者に対して 適切に処方することができる 抗不安薬 抗うつ剤 抗精神病薬 睡眠薬 睡眠導入剤 抗パーキンソン剤 抗躁剤 抗ケイレン薬 抗認知症薬等 2 疾患 障害の状態に応じた 広義 の精神療法的対応 手当 ができることと 狭義 の精神療法( 精神分析療法 認知 行動療法 森田療法 ロジャース派

60 カウンセリング システムズアプローチ等 ) に関して その適応と理論 技法についての知識を持つこと 3 精神科リハビリテーションの実際を理解し 適切にリハビリテーションプログラムへの処方 指示ができること 4 看護師 PSW 臨床心理士 作業療法士等と適切なコミュニケーションがとれ チーム医療の中心的役割をになうことができること

61 産婦人科研修 研修目標および特徴産婦人科領域の基礎的診療知識を身につける 研修内容 1) 正常妊娠妊娠の診断 週数と予定日の計算 尿中妊娠反応の実施 つわり 胎動の出現時期 妊娠中の使用可能な薬剤についての知識 2) 正常妊婦の診察妊婦の定期健診 子宮底長の測定 超音波検査により胎児計測を行い 胎児の評価が出来る 3 ) 分娩時 産褥期の管理分娩経過の判断 妊娠中毒症 常位胎盤早期剥離 前置胎盤の診断 陣痛 胎児心拍の計測及び異常の診断 帝王切開術の適応 児娩出の介助 臍帯 胎盤の処置 会陰切開と縫合 軟産道損傷の有無の診断 子宮収縮状態の把握 Apgar score 4 ) 新生児新生児の日常的ケアができる スクリーニング検査 5 ) 婦人科診察子宮の大きさ 子宮筋腫の診断ができ 子宮頸部 膣部の細胞診 超音波検査により子宮 卵巣の異常を判断できること 6 ) 婦人科疾患の取り扱い緊急疾患 ( 子宮外妊娠 卵巣出血 骨盤内炎症疾患 ) の診断更年期障害の知識悪性腫瘍の治療指針の知識 7) 不妊症の知識 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 志岐保彦平成 5 年卒日本産婦人科学会専門医 母体保護法指定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本婦人科腫瘍学会腫瘍専門医 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 日本内視鏡外科学会技術認定医磯部真倫平成 14 年卒日本産婦人科学会専門医細井文子平成 16 年卒日本産婦人科学会専門医 母体保護法指定医 診療実績 ( 年間 ) 診療設備分娩数 595 件 帝王切開 134 例婦人科手術数 580 例

62 子宮頚癌 33 例 子宮体癌 37 例 卵巣癌 32 例 その他悪性腫瘍 5 例 子宮頚部上皮内腫瘍 101 例子宮筋腫 ( 開腹 ) 59 例卵巣腫瘍 ( 開腹 ) 23 例腹腔鏡手術 211 例子宮鏡手術 58 例超音波診断装置 子宮鏡 腹腔鏡 コルポスコ-プ レゼクトスコ-プ 体外受精 リネアック ラルストロン 高周波電気メスキュウサ- マイクロウエ-ブ 週間スケジュール 曜日 AM PM 月病棟病棟 火手術手術 水 病棟回診 症例検討会子宮卵管造影手術 木 手術 手術 金手術手術 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本産婦人科学会卒後研修指導施設 日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設

63 皮膚科研修 研修目標および特徴皮膚科疾患を通して患者の全身状態を把握するとともに その検査法 治療法を理解する なお 平成 21 年 4 月より 皮膚科から形成外科が独立した 皮膚外科に関心がある場合 形成外科と相談して その方面の勉強も可能である (1) 発疹を観察し 的確な表現と記載ができるようにする (2) 皮膚科検査法 ( 真菌検査 パッチテストなど ) を経験する (3) 基本的な軟膏療法 創処置 ( 消毒 包交 ) ができるようにする (4) ステロイド外用剤の適応と副作用を理解する (5) 熱傷の初期治療ができるようにする (6) 急性蕁麻疹 アナフィラキシーショックの診断 治療ができるようにする (7) 代表的な皮膚癌 ( 悪性黒色腫 有棘細胞癌 基底細胞癌 乳房外 Paget 病など ) を経験する (8) 膠原病の皮膚症状を経験する (9) 褥瘡の管理と治療ができるようにする (10) 基本的な皮膚外科手技 ( デブリードマン 皮膚縫合法など ) ができるようにする 研修内容 (1) 経験したほうがよい主要疾患湿疹 皮膚炎 急性湿疹 慢性湿疹 アトピー性皮膚炎 接触性皮膚炎など蕁麻疹 痒疹 急性蕁麻疹 慢性痒疹など紅斑 紅皮症 多型滲出性紅斑 結節性紅斑 紅皮症など紫斑 単純性紫斑 老人性紫斑 アレルギー性紫斑病など循環障害 糖尿病性壊疽など膠原病と類症 全身性エリテマトーデス 強皮症 皮膚筋炎 シェ グレン症候群 CREST 症候群 アレルギー性血管炎 ベーチェット病など肉芽腫 サルコイドーシスなど物理化学的皮膚障害 熱傷 凍瘡など薬疹 薬疹 固定薬疹など水疱症 膿疱症 尋常性天疱瘡 水疱性類天疱瘡 掌蹠膿疱症など炎症性角化症 尋常性乾癬 類乾癬など代謝異常 アミロイドーシス 黄色腫症皮膚腫瘍と形成異常 老人性疣贅 粉瘤 日光角化症 ボーエン病 有棘細胞癌 基底細胞癌 悪性黒色腫 菌状息肉症 乳房外 Paget 病 色素性母斑など

64 感染症 単純ヘルペス 帯状疱疹 伝染性軟属腫 癰 蜂窩織炎足爪白癬 体部白癬 皮膚カンジダ症など (2) 研修すべき主な診断 検査法真菌鏡検 真菌培養 細菌培養 皮膚生検 皮膚病理学 パッチテスト 光線テスト (3) 研修すべき治療法軟膏療法 ( ステロイド軟膏 非ステロイド軟膏 抗生剤軟膏 抗真菌剤など ) 光線療法 (PUVA 療法 ) 内服療法 ( 抗ヒスタミン剤 抗アレルギー剤 抗生剤 抗真菌剤 抗ウイルス剤 ステロイドなど ) 消毒 包交 包帯法 ( 熱傷処置 創部処置など ) 皮膚外科 ( 皮膚縫合法 デブリードマン 腫瘍切除法など ) 指導スタッフ ( 卒業年度 認定医 指導医 ) 土居敏明 ( 昭和 55 年卒 ) 日本皮膚科学会専門医 日本皮膚科学会代議員 日本皮膚科学会中部支部代議員 日本皮膚科学会大阪地方会運営委員日本臨床皮膚科医会近畿ブロック理事 堺市医師会皮膚科医会会長 診療実績 ( 年間 ) 診療設備 外来患者数平均 60 名 / 日手術件数 : 平成 21 年 4 月に形成外科が独立新設されたので 手術は原則として形成外科で施術設備 : デルマレイ ( 光線治療器 ) CO2 レーザー ( 形成外科と共用 ) 週間スケジュール曜日 AM PM 月 皮膚科外来 (1,2 診 ) 処置係病理検討勉強会 火 皮膚科外来 (1,2 診 ) パッチテスト 皮膚生検など 病棟業務 水 皮膚科外来 (1,2 診 ) 皮膚科外来 (1 診 ) 病棟業務 皮膚生検など 木 皮膚科外来 (1,2 診 ) 病棟業務 病棟業務 金 皮膚科外来 (1,2 診 ) 病棟業務 病棟回診症例カンファレンス 専門医 認定医 教育病院など学会の指定状況 日本皮膚科学会研修指定病院

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

水光No49 最終.indd

水光No49 最終.indd 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1 : 00~ 5 : 15 診療時間午前

More information

一般内科

一般内科 産婦人科カリキュラム (2 ヶ月水準 ) 1. 研修内容 : (1) 産婦人科は産科と婦人科では診療内容がかなり異なる 産科研修では正常及び異常の妊娠 分娩経過を理解することを目標とし 婦人科研修では婦人科良性 悪性腫瘍 感染症について基本的な病態把握を目標とする また 産婦人科救急疾患の診断 治療の基本を研修する 研修期間は 1~2 ヶ月とする (2) 診療 ( 産科 ) 妊婦 (low risk

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

最終.indd

最終.indd 部署紹介リハビリテーション部 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1

More information

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に とうかい Vol.52 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 各 務 原 市 須 衛 会 本 新 池 ( 稲 田 園 前 )です INDEX 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から

More information

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 )

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 ) 食道がん胃がん小腸がん大腸がん GIST 消化管 肝臓 / 胆道 / 膵臓 病院名 : 大阪大学医学部附属病院 期間 : 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日. がんに関する臨床試験 治験の昨年度の実施状況 ( 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日 ) 担当診療科 プロトコール件数 対象疾患名 泌尿器科 9 前立腺癌 腎細胞癌 臨床試験 治験の実施状況および問い合わせ窓口 対象疾患名 の項目は 以下の表の疾患名を用いて記載してください

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

2014 Junuary 内 外 診療科 科 心臓血管センター ( 新患 ) 呼吸器 ( 再診 ) 血 液 消化器 腎 臓 科 心臓血管外科 循環器 ( 新患 ) 内科 ( 再診 ) 月 熊部 山口 外山 中村 竹田 大地 福嶋 安藤 火 山口 須加原 外山 工藤 黒木 山本 水 外山 松本 中村 新名 木 須加原 山口 外山 大地 山本 福嶋 公文栗原栗原整形外科勝 公文市原森田市原

More information

L5214_⑥カリキュラム(産婦人科)

L5214_⑥カリキュラム(産婦人科) 長野県立木曽病院 産婦人科カリキュラム Ⅰ 研修スケジュール 1 研修スケジュール 上旬中旬下旬 分娩見学 入院患者把握 産褥期の把握 分娩 1 期からの計画立案 入院患者の担当 褥婦の担当 分娩を中心に外来から入院 分娩 退院 1カ月健診までの担当 超音波検査の実施 手術の助手 流産術の助手 手術患者の担当 手術患者の担当 超音波検査の実施 2 週間スケジュール ( 分娩見学は適宜 ) 月火水木金

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

後期高齢者医療概況

後期高齢者医療概況 疾病分類統計の状況は KDB システムの以下のデータを基に作成しています 108 ページの市区町村別データは KDB システムの健康課題の把握メニュー より抽出 109 ページ以降の大分類及び細小分類データは KDB システムの疾病別医療費分析メニューより抽出 データの内容 件数及び点数 平成 25 年 4 月診療分 ~ 平成 26 年 3 月診療分の合計 被保険者数 平成 26 年 3 月末現在の人数

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

地域公開講演会 2007.3.24

地域公開講演会 2007.3.24 世界保健機構 (WHO( WHO) 国家的がん対策プログラムを提唱 (National Cancer Control Program) 国家的がん対策の背景 既存の知識技術だけでも 目的を達成することは可能 1/3 は予防可能 1/3 は検診 治療で救命可能 残りは治療 緩和ケアで QOL 向上可能 問題は如何に対策として実行するか? 予防 検診 ( 早期発見 ) 診断 治療 緩和ケアを包括し 効率よく運営する仕組みが必要

More information

H1

H1 桜十字病院広報誌 August 2010 vol.4 夏号 CONTENTS vol.4 August 2010 TEL:096-378-1111 FAX:096-378-1119 URL:http://wwww.sakurajyuji.or.jp 01 夏号 02 03 04 05 06 07 08 09 News vol.2 ビビンそうめん 2 Report 4 23 5 6 キムチは効果的に乳酸菌が摂取でき

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

きずな 第9号.indd

きずな 第9号.indd 当院は 教育病院として 人に愛され 信頼され 尊敬される医療人を育成します を基本方針の1 つとし 医育機関としての役割も担っています 大学 病院で研鑽され 現在 各方面でご活躍されている卒業生の先生をご紹介します 第 2 回は昭和 58 年卒で 南河内郡河南町で開業されている前田重成先生です 前田重成先生 私は昭和 58 年に近畿大学を卒業いたしました その後第一外科に入局し救急救命センターを中心に

More information

saisyuu2-1

saisyuu2-1 母斑の例 早期発見対象疾患 専門機関への 紹介ポイント る 1歳頃の始語 ママ マンマ等のことばの出始め を経て 有意味語が増えているか 早い児であれ ば 二語文 パパ カイシャ等 が出てくる 簡単ないいつけ ことばでの指示 に従えるか 平成16年度に 1歳6か月児健診から二次精査を経て三次精査機関に紹介された38例のうち 両 側に中等度以上の難聴は3例 7.9 滲出性中耳炎も3例 7.9 聴力正常22例

More information

妊娠分娩と産褥期の管理 ならびに新生児の医療に必要な基礎知識とともに 育児に必要 な母性とその育成を学ぶ また妊産褥婦に対する投薬の問題 治療や検査をする上での制限な どについての特殊性を理解することはすべての医師に必要不可欠である 2. 行動目標 (SBO: Specific Behavior O

妊娠分娩と産褥期の管理 ならびに新生児の医療に必要な基礎知識とともに 育児に必要 な母性とその育成を学ぶ また妊産褥婦に対する投薬の問題 治療や検査をする上での制限な どについての特殊性を理解することはすべての医師に必要不可欠である 2. 行動目標 (SBO: Specific Behavior O 産婦人科カリキュラム Ⅰ. 研修スケジュール伊那中央病院における産婦人科には 1ヶ月と3 ヶ月コースの 2つのプログラムがある 1 ヶ月研修が選択必修プログラムであり 3ヶ月研修は各研修医に割り当てられた自由選択枠によって産婦人科を選択した者がうけるプログラムである 1ヶ月研修でも 3ヶ月研修でも研修期間を通じて 指導医のもとで産科 婦人科の研修を同時に行う 1. 週間スケジュール表 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日

More information

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票)

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票) < 様式 1> 個人情報ファイル簿 診療諸記録 医療情報部 情報管理室 医療サービスの提供 医療保険事務 医療事故等の報告 症例研究のために利用する 1 氏名 2 性別 3 病歴 4 診療経過 5 身体状況 国立循環病研究センターで受診した患者様 ( 昭和 52 年度以降 ) 患者様から提出された保険証 患者様の診療 < 様式 1> 個人情報ファイル簿 照射録 放射線部 医療サービスの提供 エックス線照射の記録

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

認知症医療従事者等向け研修事業要領

認知症医療従事者等向け研修事業要領 認知症医療従事者等向けの研修に係る要領 26 福保高在第 954 号 平成 2 7 年 3 月 1 9 日 1 趣旨この要領は 東京都認知症疾患医療センター運営事業実施要綱 ( 平成 23 年 2 月 1 日付 22 福保高在第 536 号 )( 以下 実施要綱 という ) 第 6の1(3) 第 7の5(2) に基づき 地域拠点型認知症疾患医療センターが実施する研修に関して必要な事項を定めるものとする

More information

rihabili_1213.pdf

rihabili_1213.pdf Ⅰ 総 論 A モデル システム開発の研究検証結果より 九州労災病院 勤労者予防医療センター 豊永 敏宏 1 再就労とリハビリテーション 発症前に就業していた障害者の最大の QOL 生活の質 の獲得は再就労である そして それを支援するのが 障害者の QOL 向上を目的とするリハビリテーション医学である 図 1 リハビリテーション医学とは 日本リハビリテーション医学会作成 解説 脳卒中で緊急入院し

More information

10_12A-20.pdf

10_12A-20.pdf No.13 2011 13 No. 2011 Contents 3 Case Study Report 1 7 13 Case Study Report 2 14 20 general remarks Junko Ayuzawa Thromboembolism Prophylaxis Nonhazardous Procedures Ehancement of Healthcare- Associated

More information

皮膚科 初期臨床研修プログラム 初期臨床研修プログラム 1 目標と特徴 大学病院内外での診療科をローテートすることにより 全人的な医療やプライマリ ケアを習得し さらに 皮膚科を選択科とすることにより 幅広い皮膚科の知識と技術を身につけることができる 皮膚科診療 GIO 皮 膚科外来 病棟の診療を通

皮膚科 初期臨床研修プログラム 初期臨床研修プログラム 1 目標と特徴 大学病院内外での診療科をローテートすることにより 全人的な医療やプライマリ ケアを習得し さらに 皮膚科を選択科とすることにより 幅広い皮膚科の知識と技術を身につけることができる 皮膚科診療 GIO 皮 膚科外来 病棟の診療を通 皮膚科診療科紹介皮膚科 部長 赤坂 俊英 ( あかさか としひで ) 教授 出身 ( 大学 都道府県 )/ 岩手医科大学 岩手県 専門分野 / 皮膚腫瘍病理学 皮膚ポルフィリン代謝 皮膚生理機能 得意分野 / 皮膚癌治療学 母斑症 美容皮膚科学 経歴 /1980 年岩手医科大学皮膚科助手 講師を経て 1989 年同助教授 1990 年岩手県立中央病院皮膚科部長 1992 年岩手医科大学皮膚科助教授

More information

KangoGakkai.indb

KangoGakkai.indb 75 検討課題 ( 平成 22 年 12 月 20 日第 9 回チーム医療推進のための看護業務検討 WG 資料 ) 現行の看護基礎教育で対応可能であり看護師の更なる活用が望まれる業務 行為 医療現場等で一定のトレーニングを積み重ねた看護師が実施すべき業務 行為 特定看護師 ( 仮称 ) の要件 ( 案 ) 大学院修士課程等において一定の系統的な教育 研修を受けた看護師が実施すべき業務 行為 他職種による実施が適当な業務

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

2005年 vol.17-2/1     目次・広告

2005年 vol.17-2/1     目次・広告 2 0 0 5年1 2月2 5日 総 7 丸井 外来における心不全診療とそのピットフォール 説 外来における心不全診療とそのピットフォール 丸 井 伸 行 はじめに るいは左心あるいは右心不全を判別する事が心不 外来における心不全診療は急性期の初期診療と 全の病状の理解に役立つ 実際の臨床の現場では 慢性期心不全管理の二面から理解する必要があ 症状を時系列にとらえ 身体所見を系統的にとら る 循環器

More information

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を とうかい Vol.56 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 いぎやま こみち 鵜 沼 小 伊 木 町 伊 木 山 のふもと あじさいの 小 径 です 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ INDEX Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入

More information

Microsoft Word - program.doc

Microsoft Word - program.doc 1. 研修プログラムの特色 北海道医療大学歯科医師臨床研修プログラム 患者および家族とのより良い人間関係を築き 全人的な視点から得られた医療情報を理解し それに基づいた総合治療計画を立案する 歯科疾患予防および治療における基本的技能を身につけるとともに 自ら行なった処置の経過を観察 評価し 診断と治療に常にフィードバックする態度 習慣を身につける 2. 臨床研修の目標 ( 到達目標 ) 臨床研修の目標の概要歯科医師臨床研修の目標は

More information

2009年8月17日

2009年8月17日 医師 2,000 人超の調査結果を多数掲載中です https://www.facebook.com/medpeer 2013 年 8 月 1 日 メドピア株式会社 マイコプラズマ感染症診断における迅速診断キットの使用状況 について 半数以上はキットを使用していない 医師約 6 万人が参加する医師専用サイト MedPeer ( メドピア https://medpeer.jp/) を運営するメドピア 株式会社

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

乳がん術後連携パス

乳がん術後連携パス 私の治療カルテ 大腸連携パス ( 術後フォローアップ ) 堺市立総合医療センター はじめに 連携パス とは 地域のと堺市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と堺市立総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は堺市立総合医療センターが行いますので

More information

はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが

はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが 大腸がん術後連携パス 大阪市立総合医療センター 大阪府がん診療連携協議会 はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが行いますので ちょっとしたケガや日常の相談は

More information

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例 ピボキシル基を有する抗菌薬の 使用上の注意 の改訂について 成分名該当商品名効能 効果改訂の概要 成分名該当商品名 ( 承認取得者 ) 1セフカペンピボキシ 1フロモックス小児用細粒 100mg 同錠ル塩酸塩水和物 75mg 同錠 100mg( 塩野義製薬株式 2セフジトレンピボキ会社 ) 他シル 2メイアクト MS 小児用細粒 10% 同 3セフテラムピボキシ MS 錠 100mg(Meiji Seika

More information

手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです 実施が認められるのは 1 妊娠の継続又は分娩が 身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害する恐れがあるもの 2 暴行もしくは脅迫によって妊娠の場合母体保護法により母体保護法指定医だけが施行できます 妊娠 22 週 0

手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです 実施が認められるのは 1 妊娠の継続又は分娩が 身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害する恐れがあるもの 2 暴行もしくは脅迫によって妊娠の場合母体保護法により母体保護法指定医だけが施行できます 妊娠 22 週 0 性犯罪被害に遭ったときや避妊に失敗した時などに 内服薬で緊急的に避妊する方法です ポイント 性交から内服まで 72 時間 (3 日間 ) を超えないようにしましょう 受診時のポイント 受診する場合は 事前に産婦人科に連絡しましょう 健康保険は適応されません( 犯罪被害の場合 警察に届けることで公費負担の制度を利用することができます ) 16 手術や薬品などを用いて 人工的に胎児とその付属物を母体外に排出することです

More information

dockguide2016-5web.indd

dockguide2016-5web.indd 人間ドック総合ガイド大丈夫 人間ドックで健康リスクがわかっても 放置している人がほとんどです 4 4 4 再検査などちゃんと病院へ行って あなたの 大丈夫 をつくりましょう 87.8% 87.8% 3,435 1,760 1,10921.3 1312.5 1 1 1,49428.8 64612.4 68013.1 72013.9 1522.9 2635.1 1,400 87.8 19.0% 21.1%

More information

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章 3-1 応急手当の原則 傷病者が発生した場合 その場に居合わせた人 ( バイスタンダーという ) が応急手当を行えば救命効果の向上や 治療の経過にも良い影響を与えることは医学的にも明らかになっている 災害時等 緊急の事態において適切な応急手当を実施するために 日頃から応急手当の技術と知識を身に付けておく必要がある 応急手当の 的救 命 止 苦痛の ー ーの救命 36 三章適切な応急手当と 3-2 手当の基本

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 80 QOL QOL VAS Score MRI MRI MRI Ra Rb MRI 81 お 名 前 VAS VAS Score 82 奥ほか 症例 手術時間 出血量 食事開始日 術後入院期間 分 ml 日 日 平均 SD 9 備考 排尿障害 創部感染 図 直腸子宮内膜症症例の MRI ゼリー法によ る画像所見 図 当院で直腸子宮内膜症に対して直腸低位前方切 除術を施行した症例の内訳 子宮内膜症では

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

p 13

p 13 p 12 p 13 p 14 p 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 10. 安全性 (1) 副作用 ( 臨床検査値異常を含む ) 総症例 1030 例中 副作用が報告されたのは 519 例 (50.4%) でした 主な症状は鼓腸 197 例 (19.1%) 下痢 188 例 (18.3%) 腹部膨満

More information

1508目次.indd

1508目次.indd 成人の溶連菌感染の診断 國島広之 成人の溶連菌感染の診断についてご教示ください 日常診療において 成人で咽頭痛 扁桃に膿栓 高熱を認める場合があります 1. 成人における溶連菌感染の頻度 2. 感染の迅速診断キットの有用性 3. 成人においても治療はペニシリンの10 日間服用が基本処方でしょうか 4. センタースコアは 成人にも適応できますか 國島 5 15% 10% 5 15% 國島 59

More information

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常 生殖補助医療に関する同意書 体外受精 顕微授精 受精卵の凍結保存 融解移植に際しては 下記の同意書 が必要です ご夫婦で署名捺印した上で提出してください 体外受精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 顕微授精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 受精卵凍結保存に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 凍結受精卵融解胚移植に関する同意書 ( その都度必要 ) 同意書は 保管用 と 提出用 の 2 部からなります

More information

H1.eps

H1.eps 2009 33 新しい 腹膜透析室が透析室内に出来ました 腹膜透析 CAPD とは おなかの中に腹膜透析液を入れて 腹膜を利用して老廃物や余分な水分を取り除く治療です 新しいバッグと交換 腹膜透析のしくみ 腹膜 バッグに排液する 排液完了 新しい透析液を注液する 注液完了 腹膜透析を始める前には 透析液を出し入れするために腹部にカテーテル 柔らかいチューブ を挿入する必要 があります 基本的に透析液の交換は1日に4回必要です

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

大腸がん術後連携パス

大腸がん術後連携パス 大腸がん術後連携手帳 埼玉医科大学総合医療センター 消化管 一般外科 連携施設名 連携手帳とは この手帳は 手術を施行した病院とが協力し 専門的な医療と総合的な診療をバランスよく提供する共同診療体制を構築することを目的に作成されました 内容は 1 共同診療に必要な診療情報 25 年間の診療予定表 35 年分の診療記録 4 病気に関する説明 の 4 つに分かれています 診療記録のところには患者さん自身に記入してもらう欄が設けてあります

More information

神経内科・神経難病センター

神経内科・神経難病センター 小児科 Ⅰ. プログラムの名称 国際医療福祉大学病院小児科初期研修 後期研修プログラム Ⅱ. プログラムの目的と特徴研修 2 年目の必須研修期間では研修医全員が小児科を3ヵ月間にわたり研修する この間の研修目的は 小児医療を適切に行うために必要な必須的知識 技能 態度を習得することである さらに健康な小児に対する保健指導 育児支援 予防接種などの知識や技術を習得する 本プログラムは 初期 2 年間の研修中の選択ローテーションおよび初期研修後の後期研修用のためのプログラムである

More information

2. 転移するのですか? 悪性ですか? 移行上皮癌は 悪性の腫瘍です 通常はゆっくりと膀胱の内部で進行しますが リンパ節や肺 骨などにも転移します 特に リンパ節転移はよく見られますので 膀胱だけでなく リンパ節の検査も行うことが重要です また 移行上皮癌の細胞は尿中に浮遊していますので 診断材料や

2. 転移するのですか? 悪性ですか? 移行上皮癌は 悪性の腫瘍です 通常はゆっくりと膀胱の内部で進行しますが リンパ節や肺 骨などにも転移します 特に リンパ節転移はよく見られますので 膀胱だけでなく リンパ節の検査も行うことが重要です また 移行上皮癌の細胞は尿中に浮遊していますので 診断材料や 動物の腫瘍インフォメーション シート 4 犬の膀胱腫瘍 膀胱腫瘍とは 膀胱内貼りの粘膜から発生する腫瘍で 血尿などを起こします 犬の膀胱腫瘍のうちの多くは 移行上皮癌 ( いこうじょうひがん ) とよばれる悪性腫瘍ですが 良性の腫瘍や 慢性の膀胱炎によるポリープなどもみられることがあります 良性のものは 基本的には手術で切除すれば完治可能です ここでは 主に悪性の移行上皮癌について 検査法や治療オプションをご説明します

More information

平成18年度 黒石病院 臨床研修要項

平成18年度 黒石病院 臨床研修要項 平成 28 年度 三沢市立三沢病院臨床研修プログラム 三沢市立三沢病院 目次 Ⅰ 臨床研修プログラム概要 1 1 プログラムの名称 1 2 研修プログラムの特色 1 3 臨床研修の目標 1 4 プログラム責任者 1 5 プログラムの管理運営体制 1 6 研修指導体制 1 7 研修プログラム年間スケジュール 2 8 募集人員 3 9 研修の評価 3 10 修了の認定 3 11 研修専念義務 3 12

More information

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法 頭頸部放射線療法 放射線化学療法の患者への歯科治療 口腔ケア (1) 総論 1) 頭頸部の放射線 化学放射線療法の特徴 2) 頭頸部がん放射線療法による口腔への影響 3) 頭頸部放射線療法における歯科の役割 (2) 放射線治療による口腔合併症 ( 有害事象 ) と対処 1) 局所療法と急性 晩期障害 2) 口腔粘膜炎 3) 口腔乾燥症 4) 歯性感染症 カンジダ性口内炎 5) 味覚異常 6) 放射線性骨髄炎

More information

Power Point用 スライドマスタテンプレート

Power Point用 スライドマスタテンプレート 平成 22 年度肝炎 免疫センター看護師研修会 看護師による肝疾患ワーキング グループの活動報告 山口大学医学部附属病院 邑田真紀子 平成 22 年 12 月 10 日 ( 金 ) 理念 目的 病床数 736 床看護職員約 700 名 1. 患者の立場に立った全人的医療を実施する 2. 将来を担う医療人を育成する 3. 世界に発信する高度先進医療を推進する 4. 地域医療を発展させる 看護部の理念

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します 内容 講師 回生病院 医師 桑島正道先生 あなたやご家族の健康を守るため 正しい知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へお越しください 血糖が高い状態が続くと全身の血管を傷めます 無症状だか らと放置していると 心筋梗塞や脳梗塞 失明 透析 足の切 断などの合併症を引き起こしてしまいます

More information

診断群分類別患者数等 ( 診療科別患者上位 3 位まで ) 内科 xx03xx0x x099x0xx xx99000x 小腸大腸の良性疾患 ( 良性腫瘍を含む ) 内視鏡的消化管止血術等副傷病なし 肺炎 急性気管支炎 急性細気管支炎 (15 歳以上 ) 手術なし手

診断群分類別患者数等 ( 診療科別患者上位 3 位まで ) 内科 xx03xx0x x099x0xx xx99000x 小腸大腸の良性疾患 ( 良性腫瘍を含む ) 内視鏡的消化管止血術等副傷病なし 肺炎 急性気管支炎 急性細気管支炎 (15 歳以上 ) 手術なし手 平成 27 年度関西医科大学香里病院病院指標 年齢階級別退院患者数 年齢区分 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 患者数 319 96 113 196 372 437 880 1,352 807 118 患者数 1,600 1,400 1,200 1,000 800 600 400 200 0 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 患者数 319 96 113

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

‚æ17“ƒ*

‚æ17“ƒ* 三原市医師会病院広報誌 診療体制一覧表 表 月 内 科 檜井俊英 火 奥崎 水 健 木 三玉康幸 科 健 小武家和博 清原大輔 隔 週 佐藤幸雄 伊藤正興 笹田伸介 佐藤幸雄 手 術 日 整形外科 休診日 手 術 日 透 析 土 受付時間 休診日 中森正博 神経内科 外 奥崎 金 笹田伸介 伊藤正興 安永裕司 心石敬子 隔 週 週 午前 8 30 午前 30 12 00 00 休診日 休 休 休診

More information

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20 窓 宍 道 湖 臨 広 青 空 緑 恵 玉 湯 丘 期 待 応 病 院 目 指 No.20 2010 理 念 1. 私 たちは 医 療 人 としての 責 任 を 自 覚 し 研 修 をお こたらず 安 全 で 水 準 の 高 い 医 療 の 提 供 に 努 めます 2. 私 たちは 患 者 さまが 自 立 した 生 活 を 送 れるよう 身 体 機 能 の 回 復 維 持 日 常 生 活 動 作 の

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

21

21 21 21 21 5 3 1 2 4 21 (n=2) 21 1.40 1.30 1.20 (n=12) (n=4) (n=5) (n=6) 1.10 1.00 0.70 0.80 0.90 1.00 1.10 1.20 1.30 0.90 0.80 0.70 0.60 214223 214223 100 100 2135 75 21 3539 40 100 cm2以上の者 ( ただし内臓脂肪面積の検査値がない場合は

More information

下痢 消化管粘膜が損傷をうけるために起こります 好中球 白血球 減少による感 染が原因の場合もあります セルフケアのポイント 症状を和らげる 下痢になると 体の水分と電解質 ミネラル が失われるので ミネラルバ ランスのとれたスポーツドリンクなどで十分補うようにしましょう 冷えすぎた飲み物は 下痢を悪化させることがあるので控えましょう おなかが冷えないよう腹部の保温を心がけましょう 下痢のひどいときは

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - todaypdf doc

Microsoft Word - todaypdf doc 2014 年 4 月 9 日放送 急性急性胆管胆管炎 胆嚢炎胆嚢炎診療診療ガイドライン 2013 の活用法活用法 帝京大学外科准教授三浦文彦はじめに 2013 年 1 月に改訂 出版された急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドライン (Tokyo Guidelines 2013 以下 TG13) について お話しさせていただきます 急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドラインは 2005 年 9 月に日本語版第 1 版が

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

160号1P表紙

160号1P表紙 IIZUKA HOSPITAL information magazine 飯塚病院だより 地域医療支援病院 臨床研修指定病院 地域がん診療連携拠点病院 ISO9001/14001認証取得 160 No. 2015年12月号 飯塚病院 監修の 女性向けヘルスケア情報サイト ピカラダ オープン 飯塚病院経営理念 We Deliver The Best まごころ医療 まごころサービス それが私達の目標です

More information

untitled

untitled 国 保 ひ と 口 メ モ MEMO 国民健康保険加入時には本人確認を行います 離職による社会保険等資格喪失で国民健康保険に加入される場合は 資格喪失日以 後14日以内に手続きをしてください 手続きには次のものが必要です 離職票または資格喪失証明書 本人確認書類 運転免許証など官公署発行の顔写真付身分証明書 印鑑 これらを持って 市役所保険課または各支所窓口相談係までお越しください 本人確認書類が無い場合は

More information

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病 大阪 転倒転落の要因と分析 B 福岡メディカル研究会 座長 株式会社メディカルクリエイト表パートナー 遠山 峰輝 : 北山 后子 はじめに 背景と目的 社会の変化とともに医療界の事故がマスコミなどにより大き 今回 転倒 転落 を選択した理由は 患者の自発行 く取りざたされるようになってきた 訴訟も年々増加の傾向に 動による転倒転落が 占めるという理由 そして患者に与え ある 昨年より厚生労働省も各施設に安全管理委員会の設置

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い 患者さんの状態が良くないことが多い上に 吸入薬を中心に 指導が煩雑である から 小児科門前薬局 吸入薬の手

Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い 患者さんの状態が良くないことが多い上に 吸入薬を中心に 指導が煩雑である から 小児科門前薬局 吸入薬の手 薬局繁忙期 まもなく到来! 秋 冬 に役立つ 指導箋 のご紹介 管理薬剤師 200名に聞いた 秋冬の時期に服薬指導が大変な 疾患疾病ランキングをご紹介 秋冬の時期に活用している指導箋を アンケートよりご紹介 Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

GEしおりA418_19p.indd

GEしおりA418_19p.indd 健康保険が使えるときと使えないとき 健康保険の給付の対象となるのは 方法として安全性や有効性が認められ あらかじめ国によって保険の適用 が認められている養に限られます こんなときは 健康保険が使えません 仕事や日常生活にさしさわり のないソバカス アザ ニキ ビ ホクロ わきがなど 3 回復の見込みがない近視 遠視 乱視など や内服 正常な妊娠 出産 経済的理由による 人工妊娠中絶 p17-1 p17-

More information

No60 2010年新年号

No60 2010年新年号 社会医療法人かりゆし会 患者さんに 来訪者に 職員同士で 笑顔で親切 ハートライフ病院 笑顔だと 気持ちいいよね 接遇向上実践中!! ハートライフ病院 表 1 平成 20~24 年度麻疹 風疹ワクチン定期予防接種対象者 ボランティア活動 参加者大募集中!! 当院では 患者さんの病気が 1 日でも早く治るように より快適な療養環境をめざし お花いっぱい運動 を行っています 職員のほか 一般の皆様のご参加もお待ちしております

More information

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人 造影剤使用に関するアンケート調査 集計報告 2015.7.21 日本医学放射線学会造影剤安全性委員会 ヨードおよびガドリニウム造影剤の安全使用に関して 国内における使用実態を調査するために 2015 年 2 月に 全国の総合修練施設 191 施設 修練施設 521 施設 特殊修練施設 13 施設 計 724 施設にアンケート回答を要請いたしました 計 329 施設から回答を得ましたので ( 回答率

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

untitled

untitled 2010 1 15 No.645 1 2010 熊歯会報 H.22.1 学術講演会 11月21日 (土) 午後3時 30分より県歯会館において 宇城 宇城三郡市合同学術講演会 が開催された 今年度は 講師に福岡歯科大学成長発 学分野 本川 渉教授をお招きし 小児歯科 達歯学講座 成育小児歯科 治療の問題点 という演題でご講演頂いた 小児歯科治療の重要性を再認識

More information

BMP7MS08_693.pdf

BMP7MS08_693.pdf 106 第IX章 写真 1 胆囊捻転症症例 1 重症胆囊炎) ab cd a. 術中写真 1 b. 術中写真 2 c. 腹部超音波検査 d. 浮遊胆囊 Gross の分類 写真 2 胆囊捻転症症例 2 重症胆囊炎) ab c a. CT 胆囊壁の肥厚と造影不良(A) 胆囊周囲液体貯留(B) b. MRI T 2強 調 像 に お け る pericholecystic high signal 矢 印

More information

中学校保健体育第 3 学年 補助資料 3 23 平成 24 年度から新学習指導要領の内容を完全実施することになっています 新学習指導要領で新しく追加になった内容を新教科書より抜粋してまとめました 追加内容 体育編 3 章文化としてのスポーツの意義 保健編 4 章 1 保健 医療機関や医薬品の有効利用 保健編 4 章 16 個人の健康を守る社会の取り組み ( 一部, 新内容 ) 3243 1 2 1

More information

出 前 講 座 私たち看護師がわかりやすくお話しします 市民病院では 病気予防のため あるいは病気を持ちながらも健康的な生活を送ることができるよう 認定看護師 とい う特別な資格を持った看護師を皆さんのところへ派遣する生涯学習出前講座 いちのみや出前一聴 を開講しています 家族が 糖尿病 がん と言

出 前 講 座 私たち看護師がわかりやすくお話しします 市民病院では 病気予防のため あるいは病気を持ちながらも健康的な生活を送ることができるよう 認定看護師 とい う特別な資格を持った看護師を皆さんのところへ派遣する生涯学習出前講座 いちのみや出前一聴 を開講しています 家族が 糖尿病 がん と言 出 前 講 座 私たち看護師がわかりやすくお話しします 市民病院では 病気予防のため あるいは病気を持ちながらも健康的な生活を送ることができるよう 認定看護師 とい う特別な資格を持った看護師を皆さんのところへ派遣する生涯学習出前講座 いちのみや出前一聴 を開講しています 家族が 糖尿病 がん と言われた 脳卒中ってどんな症状なの 最近 物がうまく飲み込めなくなってきた インフルエンザや感染症が心配

More information

健康保険が使えるときと使えないとき 健康保険の給付の対象となるのは 方法として安全性や有効性が認められ あらかじめ国によって保険の適用 が認められている養に限られます こんなときは 仕事や日常生活にさしさわり のないソバカス アザ ニキ ビ ホクロ わきがなど 17-1 回復の見込みがない近視 遠視

健康保険が使えるときと使えないとき 健康保険の給付の対象となるのは 方法として安全性や有効性が認められ あらかじめ国によって保険の適用 が認められている養に限られます こんなときは 仕事や日常生活にさしさわり のないソバカス アザ ニキ ビ ホクロ わきがなど 17-1 回復の見込みがない近視 遠視 健康保険が使えるときと使えないとき 健康保険の給付の対象となるのは 方法として安全性や有効性が認められ あらかじめ国によって保険の適用 が認められている養に限られます こんなときは 仕事や日常生活にさしさわり のないソバカス アザ ニキ ビ ホクロ わきがなど 17-1 回復の見込みがない近視 遠視 乱視 斜視 色盲 など や内服 正常な妊娠 出産 経済的理由による 人工妊娠中絶 など p17-1

More information

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

Ⅰ)長野市民病院の理念

Ⅰ)長野市民病院の理念 臨床研修プログラム : 産婦人科 ( 長野赤十字病院 ) 長野赤十字病院産婦人科における卒後研修には 1 ヶ月コースと 3 ヶ月コースがある 1 ヶ月コースは必修コースで全ての研修医が選択することになる 一方 3 ヶ月コースは産婦人科医療に興味を持つ または産婦人科医を目指す研修医が必修コース以外に履修できるコースとする ( 長野市民病院研修医は通常 1 ヶ月コース ) Ⅰ. 一般目標 (GIO:

More information

沖縄医報 Vol.44 No.1 2008 生涯教育 超音波所見 c 胎盤と子宮壁の間に見られる低輝度境界線 a 胎盤が虫食いまたはスイスチーズ様を示す placental lacuna の存在 脱落膜エコー の欠落 d 子宮漿膜面と膀胱壁の間に血管増生 拡張 b 胎盤付着部の子宮筋層の菲薄化 以上の所見が認められる 写真 1 2 経膣超音波による診 断の精度は高く 特に 妊娠 20 週以降にこれら

More information

川口工業総合病院 広報誌

川口工業総合病院 広報誌 RICE RICE B1 A DHA EPA 川口工業総合病院 休診日{日曜日 祝祭日 第3土曜日} 電話番号 048-252-4873 FAX番号 048-262-4865 受付時間 午前8時30分 午前11時 皮膚科の午後の受付は(月 木4時 水 金3時まで) 救急受付 時間外 夜間 休日の急患は電話にてお問い合わせください 外来診療案内 内科 循環器 消化器 神経 呼吸器 血液 糖尿 整形外科

More information

001

001 チーム医療推進協議会 http://www.team-med.jp/ 医療リンパドレナージ セラピスト 歯科衛生士 言語聴覚士 作業療法士 医療ソーシャル ワーカー 理学療法士 管理 栄養士 臨床心 理士 診療放射線技師 細胞検査士 薬剤師 診療情報管理士 看護師 臨床工学技士 医師 保健師 救 急救命士 家族 あなた ご挨拶 近年 病院や在宅医療の現場では 一人の患者さんに多職種が連携し治療やケアにあたる

More information

水痘(プラクティス)

水痘(プラクティス) (Varicella) 1. 臨床 潜伏期間 :10 日 ~21 日 症状 ( 図 1): 軽い発熱 倦怠感の後 掻痒感の強い小斑点状丘疹 ( 紅斑 ) で発症し 数時間で水疱疹となる 水疱疹は2~3 日で体幹部 顔面 頭部 ( 有髪部位 ) に広がり ( 図 2) 2~3 日で痂皮形成し 発症 5 日目で全水疱が痂皮化 ( 感染性消失 ) する この間 水疱 膿疱 痂皮の順に急速に進行し 3 者が同時に混在する

More information

H28_クリニカルラダー研修

H28_クリニカルラダー研修 平成 28 年度クリニカルラダー研修 オリエ新ン採用者 テーション ベーシック 者) 職業人としての接遇新 感染防止 医療安全採 精神保健福祉法用 病院経営の考え方 1 段 センターの概要 病院組織 看護部の理念 看護部教育について 専門職看護師としての階(職業倫理と責務 1 看護過程の展開 看護記録 人権擁護 インフォームドコンセント CVPPP 看護技術に自信をもって実践に活かそう < 吸引 経管栄養

More information

名称未設定-4

名称未設定-4 あなたの健康を守る 12 の飲酒ルール フラッシング反応 ビールコップ 1 杯程度の少量の飲酒で起きる 顔面紅潮 吐き気 動悸 眠気 頭痛など 1. 飲酒は1日 飲酒は1日平均 飲酒は1日平均 平均 純アルコール20g 以下 2. 女性 高齢者は 女性 高齢者は 少なめに 3. 赤型体質も 少なめに 節度ある適度な飲酒を守 りましょう 中年男性に比べて 女性や 高齢者は飲酒量を控えるこ とをお勧めします

More information

各 論 第1章 県民の生活習慣の状況 喫煙習慣のある人 モニタリング調査による 調査期日前1ヶ月間に 毎日 又は ときどき 吸う人 の割合推移 1日あたりの野菜摂取量の平均値の推移 モニタリング調査による 茨城県のがん検診受診率 平成1 6 H1 9 H2 2年 4 0 6 9歳 の 男 性 女 性 経年比較 4 0 6 9歳の女性 4 0 6 9歳の女性 上表のがん検診受診率は 市町村検診のほか

More information

<82A8926D82E782B994C531308C8E8D862E696E6464>

<82A8926D82E782B994C531308C8E8D862E696E6464> 広報小美玉 319-0192 小美玉市堅倉 835 番地 TEL 0299-48-1111 FAX 0299-48-1199 ホームページ http://www.city.omitama.lg.jp/ 1 2 市内循環バスは 10 月 1 日から運行開始 詳しくは広報おみたま 9 月号 市ウェブサイトをご覧ください 3 4 市内循環バスは 10 月 1 日から運行開始 難病患者福祉見舞金 の申請をしましょう

More information

消化性潰瘍(扉ページ)

消化性潰瘍(扉ページ) 患者さんと家族のための 消化性潰瘍 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 消化性潰瘍の理解のために 2 消化性潰瘍の原因は 日本での消化性潰瘍の原因は

More information

untitled

untitled 2016.6 vol.38 vol.17 Information インフォメーション 地域包括ケア病棟を導入しました 平成28年5月1日より 当院の西館4階病棟 50床 を地域包括ケア病棟として運用することになりました 当院は開設以来 急性期病棟のみを運用しておりましたが 急性期治療を経過した患者さまから すぐに 自宅や施設に帰るのが少し心配 もう少し家に帰る準備期間が欲しい といったようなご意見を頂くこ

More information

1510.indd

1510.indd 17 平成27年10月号 広報ひらお 休日や平日夜間の医療案内 柳井健康福祉センター相談日 診療は あくまで応急的診療であり 専門的な診 療は受けられない場合があります 柳井市古開作 22 3631 骨髄バンク登録検査 要予約 前日まで 11月11日 9 00 10 00 柳井地域休日夜間応急診療所 柳井市中央1丁目5番3号 22 9001 下記診療時間内 B C型肝炎抗体検査 要予約 前日まで 11月11日

More information

™…ゔ

™…ゔ 地 域 医 療 連 携 室より 患者の 皆 様 へ 高次脳機能障害に関わる社会制度③ 障 害 者 総 合 支 援 法と介 護 保 険 制 度 糖尿病センター 科長 河野先生が ベストドク トドクターズに選ばれました トド 今回は 障害者総合支援法と介護保険制度についてです 糖尿病センター 科長 入院部門 河野先生が米国 高次脳機能障害と障害者手帳については先月紹介しましたが 利用できるサービスについては高次脳機能障害を引き起こ

More information