日本糖尿病学会誌第58巻臨時増刊号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本糖尿病学会誌第58巻臨時増刊号"

Transcription

1 III P CGMによりSGLT阻害薬投与初期を観察し得た型糖尿 病患者7例の検討 三好 美穂 筒山はるな 奥山 圭介 住田 安弘 独 四市羽津医療セン糖尿病内科 目的 SGLT阻害薬の投与開始直後の効果発現についてCGMを用いて検 討する 方法 型糖尿病患者7名 平均年齢5.6±.5歳 にCGM検査を 施行しながらSGLT阻害薬を投与し 投与開始前後の血糖変動 標準偏差 SD 及び体重 尿量 尿糖について検討する 結果 血糖値は 投与前 を00 とした場合の変化率 血糖値 にて解析したところ 投与目 9.5 目90.9 3目87.7 4目8.0 の有意な低下を認めた P 体重変化は 体重変化率について有意差を認め P 目99.4 3目99.4 4目98.8 と低下した 尿糖は 実測値にて有 意差を認め P 0.00 投与前9.3g day 4目75.9g dayと上昇を認め た SD 尿量の有意差は認めなかった 結論 SGLT阻害薬は投与当 より速やかに効果を発現し 血糖低下 体重減少 尿糖の増加を認める III P リラグリチドとイプラグリフロジンが糖代謝の及ぼす効果 の検討 食事負荷試験 CGMを用いて 岡田 早未 寺見 隆宏 林 恭加 森本 栄作 梶谷 展生 伊勢田 泉 肥田 和之 独立行政法人国立病院機構岡山医療セン内分泌 代謝内科 背景 糖毒性状態におけるイプラグリフロジン Ipra リラグルチド Lira 併用による糖代謝改善効果は明らかでない 目的 糖毒性状態にてGLP 受容体作動薬からIpraへ変更後 Lira併用による糖代謝への影響を検討し た 対象 方法 エキセナチド メトホルミン併用にてコントロル不良 の型糖尿病患者に糖尿病薬を中止しIpraを投薬し 投薬3目にLiraを追加 し治療前後で食事負荷試験を施行した 治療前食事負荷試験にて 高血糖 インリン分泌能低下を認めIpra投与により食前血糖改善を認め たが 食後血糖改善は不十分であった Liraにより食後血糖 インリン 分泌能 グルカゴン奇異性分泌の改善を認めた 結語 Ipra投薬によるFPG 改善後Lira併用はインクレチン効果増強作用の観点から有効な治療法であ ることが示唆された III P 3 新規SGLT阻害薬の本人型糖尿病患者へのCGMによ る効果の検証 渡邊 侑衣 鈴木 博史 北川楠奈子 森 豊 宇都宮一典 東京慈恵会医科大学糖尿病 代謝 内分泌内科 背景と目的 SGLT阻害薬は他の薬剤とは作用機序が異なり β細胞機能 及びインリン抵抗性に依存せずに 尿中グルコ排泄を直接標的にす る また 体重減少 内臓脂肪減少など型糖尿病患者にとって望ましい効 果も期待できる薬剤である 今回 SGLT阻害薬の効果を4時間持続血糖 モニリング Continuous Glucose Monitoring CGM や各種マカを 用いて検証することとした 方法 対象は当院通院中の型糖尿病患者6名 SGLT阻害薬の導入前後の血糖値をCGMを用いて検証し 導入3か月 6か 月後の各種マカ 血糖値 HbAc 体重 アディネクチン PAI 尿中8 イソプラン hs CRP や 内臓脂肪の測定 腹部CT 等を行っ た CGMにおいて平均血糖値の有意な低下を認めた MAGEは有 意差を認めなかった 他のマカや内臓脂肪の変化量についても検討を 行ったのでここに報告する III P 4 5種類のSGLT阻害薬の特性をCGMで検討し得た一症例 小谷 圭 こたに糖尿病内科クリニック 目的 04年に本邦では5種類のSGLT阻害薬 SGLTi が使用可能となっ たが 薬剤間に大きな相違は無いと看做す意見もある そこで各薬剤の特 徴を調べるため薬剤を変更しCGM 連続血糖測定 した症例を経験したの で報告する 方法 症例は48歳男性の型糖尿病患者 大血管合併症 細 小血管合併症なし ベトな薬剤を服用したいとの希望があり イプラ トホ ダパ ルセオ カナの順に約ヶ月間服用し 切り替えの前後でiPro を使用しCGMを行った HbAcや体重低下作用に目立った相違は 無いが 切り替え前後の血糖プロフィルをCGMで見ると大きな相違が あった 半減期の違いで夜間での血糖低下作用が 蛋白結合率の違いで効 果発現までの時間が SGLT選択性によって食後の血糖曲線に差があるこ とが確認された 総括 CGMで検討すると各SLGTiの効果には相違があ る III P 5 糖毒性解除に対するSGLT阻害剤の有用性 インリン 治療群とのCGMの比較検討を中心に 丹村 敏則 愛知県厚生農業協同組合連合会知多厚生病院内科 対象と方法 糖毒性解除目的でSGLT阻害剤 以下S剤 を使用した例 以下S群 とインリン療法を実施した8例 以下イ群 を対象にした 結 果 S群は人 男7 女5 でイプラグリフロジン5人 トホグリフロジン7 人 年齢は63.3±7.0歳 BMIは5.6±4.7 入院時血糖9.±08.4mg dl HbAc0.4±.3 開始後9目の朝食前と昼食前の血糖 mg dl は開始 に比して有意に低下した 7.9±39. 7.±8.0 p ± ±46.0 p 0.03 CGM 持続血糖モニリング の結果は 平均血 糖 mg dl はS群が46.9±3.8で イ群が4.8±8. 標準偏差がS群が6.8± 6.7 イ群が5.4±9.3 で両群に有意な差は認めなかった 結論 CGMで はインリン療法と差がなく 糖毒性解除目的にS剤の使用は有用な治療法 である可能性が示唆された III P 6 型糖尿病に対するイプラグリフロジンの血糖コントロ ルおよび体組成への影響の検討 仲本 信也 道口佐多子 髙瀬美津子 鈴木真由美 遅野井雄介 石田 英則 玉澤 敦子 斎藤三代子 遅野井 健 仲本内科クリニック 那珂記念クリニック 目的 選択的SGLT阻害薬イプラグリフロジンの有効性 安全性を検討す るため 同薬内服に伴う血糖値や体組成の変化を詳細に観察する 対象 方法 食事 運動療法および既存の経口糖尿病治療薬にてコントロル中 の成人型糖尿病患者でBMI.0kg m以上 HbAc6.5 以上8.5 未満の症 例に イプラグリフロジン50mg を6ヵ月間経口投与し 体重 ウエト 周囲径 体組成 体脂肪 体水分量 空腹時血糖値 HbAc 血中IRI 血清脂質の変化を後ろ向きに解析する 体組成は体成分分析装置InBodyを 用いて計測する また 投与前および投与3ヵ月後にCGMによる血糖内 変動を計測し 低血糖の有無 平均血糖値 MAGEを比較検討する 結果 考察 04年7月から被験者組み入れを開始しており これらの解析結果か らイプラグリフロジンをより有効かつ安全に使用できる患者背景および併 用薬剤を検討する III P 7 当院でのイプラグリフロジンの使用経験 糖尿病教育入院 における短期使用例の検討 重松 照伸 渡邉謙太郎 岡田 震一 早川 信彦 宮下 雄博 岡崎 守宏 総合病院岡山赤十字病院総合内科 総合病院岡山赤十字病院糖尿病 内分泌内科 H6年4月以降当院で使用したイプラグリフロジンは男性0名 女性5名で あった 平均年齢5.9歳 平均罹病期間7.3年 平均HbAc9.6 であった 全例が他の血糖降下薬に上乗せで使用した 3ヶ月経過を追えた症例は例 あり HbAcは9.6 から7.49 と改善が認められた 平均体重は8.3kgか ら80.kg BMIも3.9から3.0と低下を認めたが脂質に関しては特に有意な 変化は見られなかった SGLT阻害薬は糖質制限と同様の効果を示し糖毒 性解除に有用と考えられる 次に糖尿病教育入院で短期使用した6症例につ いて検討を行った結果 いずれの例でもインリンを早期に減量または離 脱できた 肥満症例では短期の教育入院のみでは十分な糖毒性解除が得ら れない症例があるが食事療法と強化インリン療法に加えイプラグリフロ ジンを併用することで比較的早期に糖毒性解除できる可能性があると考え られた III P 8 実地医家におけるSGLT阻害薬の使用経験について 波多野雅子 波多野淑弘 野口 雄一 栗原 進 稲葉 宗通 片山 茂裕 粟田 卓也 埼玉医科大学内分泌糖尿病内科 波多野医院 背景 目的 型糖尿病患者に対してSGLT阻害薬による効果を評価した 対象 波多野医院に通院中の型糖尿病40例 方法 SGLT阻害薬開始前 と4 8週の体重 HbAc 血清Cr 尿中アルブミン値を測定 年 齢67±.歳 BMI7.±0.4kg m 体重70.5±.3 69.±.6kgと有意に低 下 血圧は有意な低下はなかった HbAc 6.9±0. 6.8±0. と低下傾向 だった 血清Crは有意な上昇を認め尿中アルブミン値は低下傾向だった 脱落例は3例 皮疹 気分不快 金銭面の各例 考察 SGLT阻害薬は 利尿作用もあり脱水が懸念される薬剤である 今回有意な血圧変動は認め なかったが腎機能悪化を認めており十分な注意を要する HbAcに有意差 を認めなかったため積極的な栄養指導の介入が必要だった S 40

2 III P 9 メトホルミン投与中の肥満型糖尿病患者におけるイプラ グリフロジンの有効性と安全性の検討 下川耕太郎 医療法人社団糖祐会ゆうてんじ内科 目的 メトホルミン Met は 欧米において型糖尿病の一選択薬で あり本でも頻用されている 肥満型糖尿病におけるMetとイプラグリフ ロジン Ip との併用効果を検討 対象と方法 Met週以上服用中でHbAc7.0 以上かつBMI 5 kg m以 上の型糖尿病患者にIp50mgを週間投与 HbAc 体重 ウエト周囲 径 血清脂質 血圧 空腹時血糖値 アディネクチン及び体組成計によ る測定結果を検討 HbAc7.96±0.69 N 5 から4週後7.59±0.60 N 5 空 腹時血糖値59.9±3.4 mg dl N 5 から3.8±35.6mg dl N 5 体重76.89±0.4 N 5 から75.45±0.36kg N 5 ウエト周囲長 は98.43±6.cm N 5 から97.6±6.60cm N 5 に低下 III P 0 当院における型糖尿病患者を対象としたトホグリフロジ ン投与による臨床効果 野 晃 松下 健次 綱島 武彦 綱島会厚生病院糖尿病セン 目的 当院に受診中の型糖尿病患者を対象にトホグリフロジン TOFO の有用性について検討を行った 方法 既存の治療薬で効果不十分な型 糖尿病患者34例 男性7例 5 を対象にTOFO0 0mg を投与し 投与前後 中央値 4ヶ月 のHbAc NGSP値 血糖 体重および各種 パラメの変化を評価した TOFO投与前後にてHbAc p 血糖94mg dl 60mg dl p の改善が確認された また体重は平均.kg の減少が確認され 同時に尿酸 中性脂肪の有意な改善も確認された 一 方 試験期間を通じ 重篤な副作用については確認されなかった 結論 新規糖尿病治療薬であるSGLT阻害薬TOFOは 肥満型型糖尿病 患者の治療に有用と考えられた III P SGLT阻害薬投与例のINBODYによる体内組成の変化の検討 澤村 祐一 社医 北楡会札幌北楡病院糖尿病代謝腎臓病内科 SGLT阻害薬 n 3例 イプラグリフロジン7例 ダパグリフロジン3例 ルセオグリフロジン例 カナグリフロジン例 を 4歳から63歳 男6例 女7例 において 受診毎に体成分分析装置INBODYにて 体重 徐脂肪量 骨格筋量 脂肪量 水分量を 同時に血液尿生化学検査を測定し 個々の 結果を継時的に解析した 最大体重減少を示した症例 イプラグリフロジ ン投与 は 43歳 7cm 女性 投与後7か月で 体重 Kg 体 脂肪量 Kg 骨格筋量 Kg 体水分量 Kg Ht 血圧 随時血糖8 mg dl HbAc TG33 35 HDL34 37 GOT04 5 GPT53 78 尿酸 SGLT 阻害薬投与例において 脂肪減少 デの改善には 食事量法と有酸素 運動と適度な筋力強化運動の組み合わせがなければ 骨格筋量の維持と脂 肪量の減少が期待できない 選択的SGLT阻害薬の使用経験 網頭 慶太 あとう内科クリニック SGLT阻害薬を主に肥満を伴う型糖尿病患者に使用した 投与開始にあた りDPP4阻害薬を中止した症例が5例で αgiを中止した症例が例であった 投与開始後3ヶ月まで経過観察できた9症例のうち既存の治療薬にSGLT阻 害薬を追加した3例においてはHbAcが平均8.70から7.0へと著明に改善し たが 他剤からの変更でSGLT阻害薬を開始した6例においてはHbAcが 平均7.6から8.3へと上昇傾向をみとめた BMIについては追加 変更症例 のいずれもわずかな減少をみとめた 体重減少効果の乏しい症例において は空腹感に伴う食事量 間食の増加傾向がみとめられた SGLT阻害薬はイ ンリン分泌能が保たれている患者に対して体重を増加させずに血糖コン トロルを改善させる有用な治療薬であるが 投与に際しては適切な生活 指導が不可欠であると考えられた III P 4 当院におけるダパグリフロジンの使用経験 野 晃 松下 健次 綱島 武彦 綱島会厚生病院糖尿病セン 背景 目的 本人糖尿病患者のBMIは年々上昇しており 体重増加をき たさない あるいは体重減少が期待できる治療薬が求められている SGLT 阻害薬は血糖のみならず体重の改善も期待できる新薬であるが 発売から まだが浅く 臨床使用経験を重ねていく必要がある 今回 ダパグリフ ロジンの使用デを得たため ここに報告する 対象 方法 当院に通う患者のうち 肥満傾向の患者 従来の経口血糖降 下薬で血糖コントロル不十分な患者に対しダパグリフロジンを導入し 投与開始時と週経過後のHbAcと体重の変化を解析した また 食欲に ついて独自にアンケトを行った 結果 考察 週間のダパグリフロジン投与によって HbAc 体重 BMI の有意な減少が見られた 忍容性も良好であり 糖尿病治療の新たな一手 として期待できることが示唆される III P III P 3 当院におけるイプラグリフロジンの使用経験 小梁川直秀 越谷 剛 秋川 和聖 帯広厚生病院3内科 目的 型糖尿病患者においてイプラグリフロジン 以下Ipra の有効性 および安全性について検討した 対象と方法 当科通院中の型糖尿病患 者で 3ヶ月以上継続してIpra50mg内服中の患者について HbAc 体重 egfr 肝機能 脂質について後方視的に検討した 患者背景 患者は4 人 男性7人 女性7人 年齢49.9±.6歳 罹病期間9.4±5.5年 BMI34.6± 7.4 HbAc8.±.0 egfr83.4±7.3であった SU薬使用例は0例おり Ipra投与開始時に 4例は減量 例は中止した Ipra投与開始後3 ヶ月でHbAcは8.±.0 から7.7±0.9 p 0.0 と有意に改善した AST ALT LDL cholについても有意に改善を認めた SU薬使用例0例 についての解析でもHbAcは8.5±.0 から7.9±0.9 p 0.03 と有意に 改善を認めた 有害事象は軽症低血糖例のみであった 結語 Ipraは大 きな有害事象なくHbAc 肝機能 脂質を有意に改善させた III P 5 イプラグリフロジンの脂質代謝と肝機能に対する影響につ いて 清水 淳一 堀井 剛史 石田千香子 内田 順子3 渥美 義大3 大澤 昌也3 杉山 輝明3 沖杉 真理3 富田 益臣3 壁谷 悠介3 康 島田 朗3 香月 健志3 及川 洋一3 加藤 清恵3 中村 東京都済生会中央病院薬剤部 東京都済生会中央病院栄養管理科 東京都済生会中央病 院内科3 目的 SGLT阻害薬であるイプラグリフロジン 以下 イプラ 週投与の脂 質代謝と肝機能への影響を検討した 対象と方法 04年5月以降 当院でイプラが週間以上継続して投与され受 診された8例 M F 5 3 平均年齢54.0±8.7歳 を対象に体重 HbAc TC HDL C LDL C TG non HDL C AST ALT γ GTPの変化を後ろ向きに 調査を行った 体重 p 0.00 HbAc p 0.00 は有意に低下し 脂質においてTC HDL C LDL C TG non HDL Cに有意な変化はみられなかった 肝機能は ALT p 0.0 AST p 0.0 γ GTP p 0.00 で有意な低下を認めた 結論 イプラは 週間投与で血糖改善効果と体重減少効果が表れるが 脂質 代謝に影響を与えなかった AST ALT およびγ GTPを有意に低下させたこ とから脂肪肝の改善効果が期待される III P 6 トホグリフロジン併用が奏功したインリン治療中の型 糖尿病の3症例 坪内 博孝 西 勇一 本田 啓子 宮崎 博臣 宮永病院内科 宮永病院看護部 症例 39歳女性 糖尿病歴年 治療歴なし BMI 30.6 デグルデク T 40U メトホルミン000mgにてHbAc.7 トホグリフロジン To 追 加4週後にはT3Uまで減量するもHbAc 9.8 まで改善 体重kg減少 症例 45歳女性 糖尿病歴年 治療歴なし BMI 8.6 併用前HbAc 6.5 リプロ44U デテミル D 5U使用 4週後D36Uまで減量するもHbAc 6. に改善 体重kg減少 症例3 66歳女性 糖尿病治療歴3年 転倒し安静目的で入院中 HbAc 7.6 BMI 30.8 グルリジン5U T3U使用 To投与当から著明な血 糖低下を認め 8後にはT中止とするも4週後HbAc 7.3 体重kg減少 まとめ いずれの症例も持効型インリンは著減した S 4

3 III P 7 III P 高度肥満症例におけるSGLT阻害薬の使用経験 川田 哲史 小川 知子 小早川真未 亀井 望 国立病院機構呉医療セン 中国がんセン内分泌 糖尿病内科 目的 体重00kg以上の高度肥満症例において SGLT阻害薬の効果を検 討する 対象 方法 高度肥満例 肥満例の他の経口血糖降下薬でコントロル 不良の型糖尿病患者 男性例 女性例 年齢44.5±.6歳に対して イプ ラグリフロジン 例 トホグリフロジン 3例 を導入し 体重 BMI HbAcを検討した 体重0.±6.5kg BMI 38.5±4.5 kg m 糖尿病罹病期間は8.8±.5 年 SGLT阻害薬開始時のHbAcは0.0±0.7 であった 観察期間0.3±.9 週で体重0.8±3.6kg 8.3kg BMI 37.6±4.5 kg m 0.9kg m に低 下 HbAc 8.3±0.5.7 に低下した 考察 本人の報告では体重 3kg HbAc 程度の改善とするも のが多い 高度肥満例においてはSGLT阻害薬がより効果的に作用する可 能性が示唆される III P 8 肥満型糖尿病患者おけるイプラグリフロジン導入直後の 代謝 循環動態の変化の特徴 竹内 崇人 南 勲 藤田 政道 福田 達也 秋久 桃子 中野雄二郎 西谷 里枝 大原 徳彦 坊内良太郎 泉山 肇, 橋本 貢士,3 吉本 貴宣 小川 佳宏 東京医科歯科大学分子内分泌代謝学 糖尿病 内分泌 代謝内科 東京医科歯科 大学医学部附属病院医療連携支援セン 東京医科歯科大学メボ先制医療講座3 目的 イプラグリフロジン IPG の代謝へ短期 長期間の影響を比較 検討する 対象 入院中の型糖尿病患者6例 男性例 女性4例 BMI3.4± 5.5 方法 IPG50mg投与前 3目 3ヶ月後で体重 代謝 循環動態 に関する指標を測定した 体重84.8± ±3.3 p ±0.3kg p FPG 34±8.5 05±6 p 0.0 9± mg dl p 0.3 HDL C 47±5 45± p ±7.4mg dl p 0.0 血中総ケトン体49±79 665±473mg dl p ±560mg dl p 0.34 尿酸5.9±.6 5.±.4 p ±0.9mg dl p 0.06 考察 IPGの導入により短期間で体重 糖 脂質代謝の改善を認めたが食 事の影響を受けやすい一部の項目の改善効果は長期的には減弱していた また尿酸値については短期的にも上昇しなかった III P 9 当院でイプラグリフロジンを導入した型糖尿病患者の臨 床的検討 尾形 絵美 金成 文平 鴻野 央征 岩崎麻里子 塚越 千尋 菅谷 芳幸 平井 裕之 工藤 明宏 渡辺 毅 佐藤 博亮 福島県立医科大学腎臓高血圧 糖尿病内分泌代謝内科学講座 目的 SGLT阻害薬の臨床的有効性について検討した 方法 当科外来通院中の型糖尿病患者で イプラグリフロジンを新規投 与した0症例につき投与前 投与ヶ月後 ヶ月後について検討した 投与前 ヶ月後 ヶ月後の変化は HbAc 体重 kg と有意に低下したが Hct と有意に上昇 egfr ml min.73m と有意に低下し た 体重 HbAc Hct egfrの変化量の相関を検討した結果 HbAcの 改善は投与ヶ月目は尿糖排泄による改善 投与ヶ月目は体重減少による 改善 体重減少は投与ヶ月目は体液減少 egfrの低下は投与ヶ月目は脱 水による腎機能低下が考えられた 結論 SGLT阻害薬は型糖尿病治療において血糖降下作用が期待できる が 副作用発現においては慎重な経過観察が必要であることが示唆された III P 0 型糖尿病患者に対するSGLT阻害薬の併用治療に関する 検討 藤島圭一郎 原 久美子 後藤 忍 名古屋記念病院代謝 内分泌内科 目的方法 型糖尿病0名にSGLT阻害薬を追加投与 HbAc前7.7 か月後6.64 4か月後6.9 体重か月後 0.9 kg 4か月後 3.98kg BMI前3.5 か月後3. 4か月後9.9 血圧 TG HDL C LDL C 尿酸 AST ALT Cr egfrに関しては改善や増悪な し 副作用もなし 考察 SGLT阻害薬の併用によりHbAc 体重 BMIは有意に低下 そ れ以外のパラメは変化なし SGLT 阻害薬の少量併用が奏功したインリン療法中の 型糖尿病の例 小澤 剛史 高野 靖子 高井 孝典 茂木 瑞恵 照屋 亮 小宮 朋子 社 至誠会二病院糖尿病内科 インリン含む既存薬剤で血糖コントロルが非常に困難な型糖尿病症例 に SGLT 阻害薬イプラグリフロジン グラ 5 mg 併用で大幅 な改善を経験したので報告する 症例 6歳女性 BMI 3.5 kg m イ ンリン4単位 グリメピリド6 mg など内服薬4剤処方 HbAc 前後で経過 イプラグリフロジン併用後6ヶ月でHbAc に改善 した 症例 56歳男性 BMI 7.8 kg m インリン36単位 ビルダ グリプチン00 mg など内服薬剤処方 HbAc 前後で経過 同剤 併用後6ヶ月でHbAc に改善した III P SGLT阻害薬トホグリフロジンの短期間使用例 石井 秀人, 浅野 裕幸 浅野内科クリニック 東京医科歯科大学先進倫理医科学 背景 SGLT阻害薬は 投薬を中止するとすぐに体重が増加し 短期間で 元の体重に戻ってしまうというリバウンドの傾向がある 目的 我々はど のような方法でSGLT阻害薬を中止すればリバウンドを抑制できるかを検 討した 方法 SGLT阻害によるSGLTの代償的機能亢進を少なくするためSGLT 阻害薬の中で半減期が最も短いトホグリフロジンをヶ月という短期間の み使用した 上記治療法を例実施した 例目は43歳男性でHbAc は9.4 だった トホグリフロジンヶ月のみの投与で投与終了後もHbAc 6. と良好で体重の再増加もなかった 例目は44歳男性で例目と同様に トホグリフロジン終了後も血糖 体重のコントロルは良好だった 考察 SGLT阻害薬の短期使用にて投薬終了後も良好な血糖コントロルと体重 コントロルが得られた III P 3 CGMを通じて観察したDPP 4阻害薬とSGLT阻害薬の効 果発現の比較検討 田中栄太郎 豊田 雅夫 金山 典子 宮武 範 宮内 雅晃 山本 直之3 木村 守次 梅園 朋也4 深川 雅史 東海大学医学部附属病院腎内分泌代謝内科 東名厚木病院 東海大学医学部付属八 王子病院糖代謝内科3 伊勢原協同病院4 目的 DPP 4阻害薬とSGLT阻害薬を他の経口血糖降下薬に追加投与した 際の血糖変化を持続血糖測定 CGM で観察し比較した 方法 既に3ヶ 月以上同じ経口血糖降下薬を投与され安定している患者に CGM装着後3 間は従来治療 4目からDPP 4阻害薬もしくはSGLT阻害薬の追加投与 し 血糖変動のプロファイルを調査した DPP 4阻害薬投与群では 追加前と比較して変動は認めなかったが SGLT阻害薬投与群では速やか に平均血糖が下がり始め 症例によっては低血糖に近い血糖低下を示した 考察 SGLT阻害薬はDPP 4阻害薬と比べ 投与目から効果を発揮す るため 経口血糖降下薬に追加する際は 適正使用のrecommendationの遵 守に加え 投与数での急速な血糖低下に十分な注意を払う必要があると 考えられた III P 4 当院におけるカナグリフロジンの使用経験 帖佐 理子 緒方 孝子 有村 洋 医 大誠会若松記念病院 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科糖尿病 内分泌内 科学 当院におけるSGLT阻害剤カナグリフロジン CANA の使用経験につい て報告する 症例は男性5例 女性3例の計8例 導入前患者背景は 平均年 齢50.8±8. 歳 BMI6.7±3.4 kg m 罹病期間6.4±4.4 年 HbA c7.9±0.9 であった HbAcおよび空腹時血糖値は 投与4週後から確実に下がり その後 5週 に渡って 緩やかに低下した また 体重も5週に渡る減少効果が認めら れた 投与前の体重 BMIに関わらず 絶対的な体重減少効果が認められ た 更に収縮期血圧 HDL C及びALT等の改善効果が認められた 当院での検討においては 副作用を認めなかったが 患者の適応年齢 併 用薬などを慎重に判断し 適正に使用すれば 体重減少など 患者自身が 効果を実感できるSGLT阻害薬は有用な薬剤であると思われた S 4

4 III P 5 III P 9 当クリニックのSGLT阻害薬の治療成績 九島 健二 安島 美保 沢 丞3 石心会川崎幸クリニック内科 石心会川崎幸クリニック内科 糖尿病科 石心会川 崎幸病院内科3 当クリニックでのSGLT 阻害薬の使用状況と 使用成績について報告す る 症例 方法 カルテ上検索された イプラグリフロジン例と ルセオグ リフロジン6例について HbAcと体重 内服後の感想 有害事象 の経過 を見た イプラグリフロジン例中0例でHbAcは低下し有効であったと考 えるが 例は無効であった 体重は0例で減少し例で増加した 使用後 の感想は 排尿回数 尿量増多が5例 体重減少が3例等であった ルセオ グリフロジン6例では全例でHbAcは低下し有効であったと考える 体重は 例で増加した 使用後の感想は 排尿回数 尿量増多が3例 腹部膨満感 が例 口渇が例であった 考案 結語 HbAcに関しては一定の効果があったが 一部の症例で体重 が増多し 体重を減らす効果は期待程無かった 使用後の感想は ルセオ グリフロジンで腹部膨満感が多い傾向であった III P 6 ナトリウム グルコ共輸送体 SGLT 阻害薬によ ると考えられる皮疹3例の臨床経験 松永 仁恵 野田 薫 JCHO 下関医療セン糖尿病 内分泌内科 緒言 SGLT阻害薬の皮疹は本邦発売以前には問題視されておらず 原因 究明と対処方法の確立が求められている 目的 3例の臨床経過を報告し 発症機序 対処方法について考察する 症例 47歳女性 イプラグリフロジン 以下Ipra 内服目に全身性 の皮疹が生じた 抗アレルギ剤 テロイドホルモン剤の内服と軟膏に て皮疹は消退した その間Ipraは継続し 現在も継続している 症例 84 歳男性 Ipra内服5目より痒みが生じ 8後には掻き毟る擦過傷を認 めた テロイド軟膏にて軽快した 症例3 49歳男性 カナグリフロジ ン内服0後より皮疹を認め 擦過すると硬結を作った 内服中止後 軽 快した 考察 皮疹は3例すべてにおいて 投与ヶ月以内の早期に出現した アレ ルギ反応と薬剤が皮膚に移行 残存されるための刺激反応が原因と考え られた 症例より 皮疹は克服できる可能性が示唆された III P 7 生体腎移植後の肥満症に対してSGLT 阻害薬が無効だっ た一例 座覇 明子 島袋 充生 真境名豊文 井口 梓 當眞 武 益崎 裕章3 比嘉 盛丈 社会医療法人友愛会豊見城中央病院糖尿病 生活習慣病セン 徳島大学大学院 心臓血管病態医学講座 琉球大学大学院内分泌代謝 血液 膠原病内科学講座3 症例 30歳男性 経過 幼少期から肥満傾向 4歳時に型糖尿病と診断 高校から大学時代はラグビをして体重が激減し 薬物療法は不要だった 卒後就職し 再び肥満 高血糖となり インリン療法を行うも血糖管理 は不良で 7歳時に血液透析が導入された 8歳時に父をドナとする生 体腎移植が行われ 手術は成功したが術後の体重および血糖管理ができず 腎機能が悪化したため当科紹介 現病歴 仕事や上司に不満が強く 時に 暴飲暴食を制御できなかった ダパグリフロジンを投与したが 尿糖排泄 がほぼなかった 考察 移植腎では効果が乏しい可能性が示唆された III P 8 イプラグリフロジン内服開始後に腎機能の変動を認めた 例 高野 善成 加藤 雅彦 独立行政法人国立病院機構北海道医療セン糖尿病脂質代謝内科 症例は44歳男性 30歳時に診断された型糖尿病でBMI5kg mと高度肥満 があった 食事療法 運動療法及び経口血糖降下薬にて加療されていたが 直近数か月間はHbAc 前後で推移しており血糖コントロルは極めて 不良であった 入院加療やインリン導入は患者が拒まれていたため 中 等度腎機能障害があり効果が減弱する可能性を説明した上で イプラグロ フロジン5mg 内服を開始した 加療後は一時HAc7.5 まで低下し 糖 毒性が解除されたと考えられる程度まで血糖コントロルは改善して経過 した 一方でイプラグリフロジンを含めたSGLT阻害薬は投与開始後に一 過性に腎機能が低下するとされているが 週間後の検査でCr 0.85 mg dl egfr 78 ml min とCr値は低下しており その後もCr値は変動して経過 した SGLT阻害薬が腎機能に与える影響について文献的考察を加えて報 告する 当院でのSGLT 阻害薬使用経験 腎盂腎炎から敗血症 ショックを生じた症例を含めて 福永麻希子 大久保美那 猪島 俊朗 関上 泰二 荒木 栄一 JCHO 熊本総合病院糖尿病セン 熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科 方法 肥満型糖尿病患者を イプラグリフロジン名 トホグリフロジ ン0名に無作為に割り付け比較した また トホグリフロジン投与中腎盂 腎炎から敗血症ショックを生じた症例を経験したため考察した イ プラグリフロジン群において HbAc BMIの有意な改善を認めた HbA c8.± ±0.7 BMI33.6± ±6.0 トホグリフロジン 群でも HbAc BMIの有意な改善を認めた HbAc8.3± ± 0.7 BMI8.9±5.3 8.±5.0 症例報告 54歳女性 BMI 38.4 トホグリフロジン投与中敗血症ショック のため救急搬送となった 腎盂腎炎の敗血症と診断 抗生剤投与開始後は 全身状態も改善し退院した 結語 SGLT 阻害薬は HbAc BMIに対して改善効果が得られた 腎 盂腎炎の敗血症ショックを経験し 薬剤使用や患者選択において慎重に検 討が必要と思われた III P 30 SGLT阻害薬と筋力低下との関連について 井田 諭 伊勢赤十字病院糖尿病代謝内科 背景 目的 Sodium glucose contransporter SGLT 阻害薬使用者の筋力の経過に ついて検討した 対象と方法 04年8月から05年4月までの当院外来患者0例 型糖尿病 男性7例 女性3例 を対象とした SGLT阻害薬の投与前 ヶ月後 3ヶ月後 6ヶ 月後に 握力 大腿四頭筋筋力 内臓脂肪面積の測定を行った SGLT阻害薬投与後ヶ月後 3ヶ月後 6ヶ月後のいずれにおいても 握力 大腿四頭筋筋力に低下は認めなかった 内臓脂肪面積については投与後3ヶ 月後 6ヶ月後において有意に低下を認めた また高齢者 BMIが低い患者 では 握力 大腿四頭筋筋力低下が大きい傾向が見られた まとめ SGLT阻害薬投与後に握力 大腿四頭筋筋力の低下は認めなかった 内臓 脂肪面積は有意に低下を認めた III P 3 SGLT阻害薬ダパグリフロジンにおけるケトシの検 討 小暮晃一郎 今村 誠 奈良 知子 加嶋美由紀 白岩真由美 小野田房子 高橋まゆみ 宮間 大輔 齊藤 望 原町赤十字病院 今回われわれはSGLT阻害薬ダパグリフロジン投与前後の血中ケトン体の 増減を検討したため報告する 対象 36歳 73歳の型糖尿病患者人 う ち65歳以上は人 方法 ダパグリフロジン5mg投与前 週間後の血中ケ トン体を測定した 結果 ダパグリフロジン投与前後で総ケトン体 3 ヒ ドロキシ酪酸のどちらも正常範囲内であり 有意差は認められなかった 考 察 ダパグリフロジン内服により血中総ケトン体が平均00 00μmol L増 加するといった報告もあるが 今回のわれわれの検討では総ケトン体 3 ヒドロキシ酪酸とも有意な増加は認められなかった この原因として ダ パグリフロジン投与が短期間であったなどが考えられる いずれにせよ今 後の注意深い観察が必要であるとおもわれた III P 3 SGLT 阻害剤の有効な投与対象 中止時期 注意事項 の検討 鎗水 浩治 野村 香代 河野真理子 溝部 昌子3 山田みゆき 那須 勝 中村 太郎 恵愛会大分中村病院糖尿病内科 恵愛会大分中村病院 恵愛会中村病院3 SGLT 阻害剤は 体重減少 血糖改善する薬剤であるが 多くの場合中 止後に体重は増加し血糖コントロルは悪化する この薬の血糖改善効果 を長期に得るためには 体重コントロルが最も重要であり この点に留 意し通院患者 現在名 に投与した 血糖低下よりも体重減少を目標と し HbAcの悪化がない程度に併用薬を減量し 栄養指導を頻回に行った 投与中は多くの症例で体重減少を認めたが 7か月間以上の長期投与を行っ ている症例では体重の下げ止まりを認めている 投与中止後では 体重減 少を継続 維持できる症例が多く 以前の薬を再投与する場合には減薬が 必要であった 同剤投与において 対象の選定 体重減量継続の動機付け 体重の減少量 HbAcなど血液検査結果の改善 薬剤数の減少 医療費の 減少 頻回の栄養指導 中止 再開時期の検討は重要である S 43

5 III P 33 肝機能障害合併型糖尿病患者におけるルセオグリフロジ ンの効果 澁谷 高志 伏見 宣俊 蜂谷 紘基 湯村 崇之 武石 宗一 伊藤 隼 河合 洋美 大橋 憲嗣 森 昭裕 一宮西病院 目的 ルセオグリフロジン L の肝機能障害合併型糖尿病患者における 効果を検討 対象と方法 型糖尿患者でLを追加した症例のうちALT 30 IU lかつウイル 薬剤 アルコルの影響のない5例を検討 HbAc BMI ALTを投与前 週後で評価した 4例でCT値の肝臓 脾臓比 L S 比 を評価した ①HbAc 有意な変化なし ②BMI kg mと有意に低下 p ③ALT 54 4 IU lと有意に低下 p 0.04 ④ΔBMIとΔALTは有意に相関 p 0.0 ⑤CT4例でΔALTとΔL S比は相関する傾向を示した 考察 ①L投与でALT低下を認めCTのL S 比は改善したことよりALTの改善は脂肪肝の改善を反映している可能性が ある ②L投与によるALTの低下とBMIの低下は相関し体重減少がALTの 改善に関与している可能性があるが BMIの低下の程度はわずかであり 体重減少以外の機序でALTが改善した可能性もある III P 34 CGMを用いた糖尿病患者のSGLT阻害薬の有用性の検 討 症例から 加来真理子 正門 光法 江藤 知明 桶田 俊光3 山内 照章 梅田 文夫 医療法人森和会行橋中央病院内科糖尿病 代謝内分泌内科 同やまうち内科クリ ニック 同赤坂おけだ内科クリニック3 目的 BOT 強化インリン療法中の糖尿病患者におけるSGLT阻害薬 の有用性をCGMを用いて検討した 方法 BOT 強化インリン療法中 の糖尿病患者例にSGLT阻害薬投与を行い 投与前後 各間 でCGM を施行し各種指標 間の平均値 を比較検討した BOT症例 強化インリン療法症例のいずれにおいてもSGLT阻害薬追加投与前後の CGMを比較したところ 投与例では血糖変動幅の減少 高血糖出現頻度の 減少を伴う血糖の改善を認めたが SGLT阻害薬投与を行わなかった対照 例ではCGMの前半 後半において 血糖変動幅や高血糖出現頻度に変化を 認めなかった まとめ BOT 強化インリン療法患者のいずれにおいて もSGLT阻害薬を投与することで投与直後より血糖変動幅の減少とともに 血糖は改善し 低血糖は認められなかった III P 35 当院における型糖尿病患者に対する選択的SGLT 阻害 剤導入前後での臨床効果の検討 澤口 達也 太田 一樹 宮村慧太朗 加計 剛 澤井 瑞貴 池田信一郎 渡辺 孝之 横浜市立みなと赤十字病院糖尿病内分泌内科 目的 型糖尿病患者に対する選択的SGLT 阻害剤の有用性および安全性 を検討する 対象 方法 当院通院中の型糖尿病患者4例 男性9例 女 性5例 BMI 3.9±6.0kg m egfr 86.9±37.8ml min. に選択的SGLT 阻害剤を導入し 投与前後でのHbAc 体重の変化 副作用症状の発現を 検討した HbAc は 前値8.±.3から3ヶ月後7.6±.と低 下した 体重 kg は 前値88.±4.6から3ヶ月後85.9±.7と減少してい た なお副作用は例 7. にTIA様症状が認められたが 投与中止となっ た例はなかった 選択的SGLT阻害薬は型糖尿病患者の血糖改善 および体重コントロルに有用である III P 36 当院におけるイプラグリフロジン ダパグリフロジンの使 用経験 内田 里奈 古庄 正嗣 大礒 洋 藤澤 和夫 宮崎 勇次 廣瀬 豊樹 丸山 英樹 西田 健朗3 荒木 栄一4 国保水俣市立総合医療セン代謝内科 国保水俣市立総合医療セン循環器 科 熊本中央病院内分泌代謝科3 熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学4 目的 イプラグリフロジン I ダパグリフロジン D の有効性につい て検討 対象 当院外来通院中で新規にI Dを開始した型糖尿病患者 方 法 I D開始前および3ヶ月後のHbAcおよび体重の変化 ΔBW につ いて検討 患者背景因子と ΔHbAcやΔBWとの関連について検討 結 果 HbAcは 7.8±.3 から7.5±.0 と有意に改善 P 0.0 体重 は84.4±6.4kgから8.7±6.6kgと有意に減少 P 0.0 ΔHbAcは egfr との間に有意な負の相関 P 0.04 ΔBWとの間に有意な正の相関を認め た P 0.0 egfrとδbwは相関なし P 0.45 結語 IもしくはDの 投与により HbAcおよび体重の有意な減少 ΔHbAcはΔBW egfrの間 に有意な相関を認めた III P 37 当院におけるSGLT阻害薬投与後のインリン使用量の 変化と治療効果の検討 医療費減少効果も含め 中島 芳樹 なかじま糖尿病内科 熊本宣言では血糖コントロル困難な患者でもHbAc 8.0 未満達成が推奨 されているが インリン治療あるいはインクレチン治療を併用しても目 標達成困難な患者も散見され さらに両薬併用による医療費高騰および患 者自己負担増の問題もある SGLT阻害薬投与患者例 A インリン減量可能例 B GLP受 容体作動薬減量 中止可能5例 C その他4例 について体重 BMIおよ びHbAc変化を調べたところ いずれも有意な改善 あるいは改善傾向 を認めた さらに A では総投与量 基礎および追加インリン投与量 投与回数のいずれも有意に減少していた SGLT阻害薬投与により体重 BMI HbAc改善効果以外にもインリン 投与回数や追加インリン投与量減量効果も期待されるため 患者QOL改 善や医療費軽減に寄与するものと考えられた III P 38 アンケト調査からみたSGLT阻害薬投与後の摂食行動 の推移 森本美由紀 金子 緑 勝山 由香 田中麻由子 米田 紘子3 一般財団法人本バプテト連盟医療団本バプテト病院栄養科 一般財団法人 本バプテト連盟医療団本バプテト病院看護部 一般財団法人本バプテ ト連盟医療団本バプテト病院糖尿病内科3 目的 SGLT阻害薬投与後の食欲食行動の変化をアンケト調査を行い調 査した 対象 04年7月以降当院糖尿病内科でSGLT阻害薬を使用した 肥満型糖尿病患者 男性5人女性人 平均年齢44.9歳 平均BMI34.8 平 均HbAc8.4 方法 服用開始から血糖 体重の変化 ヶ月ごとのアン ケト調査と栄養指導を同時に行い評価した すべての症例で体重 減少を認め特に指示カロリが守れている群で0kg程の減少もあった HbAcは ヶ月遅れ低下傾向を認めるが3ヶ月後には指示カロリと摂取 カロリの差が大きい群で体重減少にも関わらず上昇した また体重減少 幅の良好群と不良群では食事摂取量 間食 運動が関係し摂食行動にも特 徴を認めた 結語 SGLT阻害薬の効果を十分に得るには総摂取カロリ を守りバランの良い食事を行うこと特徴を捉えた栄養指導介入が有効で あることが示唆された III P 39 当院におけるIpragliflozinの使用経験 有効性と安全性の検 討 大村 寧 林 健一郎 福山 佳代 小橋 修平 小山 哲朗 山川 勇 渋谷 和之 小河 秀郎 山田 衆 公立甲賀病院内科 公立甲賀病院薬剤部 目的 対象 Ipragliflozinを処方した0名 男3 女7 を対象に 週間 の有効性 安全性について検討した 患者は平均年齢5.±.6歳 35 73歳 推定罹病期間0.±5.年 BMI 3.±8.0 HbAc 8.9±.6 体重87.±6.7kg Ht 43.8±3.0 であった 週後HbAcは.0±. 低 下 体重は.5±.63kg減少 Htは.3±. 上昇した 表記はMEAN±SD BMI 30 HbAc 0 の患者ほどHbAcの改善度が大きかった 3名が 有害事象のため中止 名にHt 5.8 上昇がみられた 考察 Ipragliflozin は肥満でHbAc高値の患者により有効である可能性があるが 有害事象報 告も多く 適応には慎重を要する III P 40 肥満型糖尿病におけるSGLT阻害薬の臨床効果 藤田 真隆, 與語 彩 山内 晃 医療法人社団梨慶会するがクリニック 慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科 目的 肥満型糖尿病におけるSGLT阻害薬 SGLT I の臨床効果につい て検討した 対象と方法 肥満型糖尿病8例 男5女3 に対し SGLT I イプラ3 例 ダパ例 ルセオ例 トホ例 を週間投与した 年齢49.7±9.0歳 罹病期間8.9±4.7年 結果 観察週でHbAcは8.6±.6 から7.5±.0 随時血糖は99.±65.8 mg dlから64.±5.9 mg dlへ有意に改善し 体重は88.7±6.kgから86.4± 6.9kgへ有意に減少した 尿中アルブミン排泄量は 40.6±60.0から.9±3.4 mg g Cre と低下傾向を示した 便秘 顔面神経麻痺により各例投与 中止した 結論 肥満型糖尿病患者においてSGLT Iの追加療法の有用性が示唆され た S 44

6 III P 4 III P 45 実地臨床におけるSGLT阻害薬の使用経験 生井 一之 加藤 泰一 さいたま赤十字病院糖尿病内分泌内科 目的 実地臨床でSGLTiの効果を検討 対象と方法 既存糖尿病薬で効 果不十分 HbAc7.5 以上 な症例に SGLTi 4剤 イプラグリフロジン 50mg ダパグリフロジン5mg トホグリフロジン0mg ルセオグリフロ ジン.5mg のいずれかを併用し週まで経過観察できた9例 男9 女0例 年齢5.±9.9歳 BMI 9.0±4.7 罹病期間.0±6.0年 前糖尿病 薬はIns GLP RAも剤として 平均3.0±0.8剤 Ins0例 GLP RA8例 併用4例 開始時と週後の臨床成績は 体重74.9± ±5.7kg BMI 9.0± ±4.8 HbAc 9.5±.3 8.6±. egfr 85.6±.5 8.4±8.4とそれぞれ有意に低下 総括 平均糖尿病治療薬3剤の症例に SGLTiを追加投与し 週後HbAc低下 体重減少の効果が得られた SGLT iは 濃厚治療例でも適応を考慮して使用すれば有効性の高い薬剤と考え られた III P 4 アログリプチンから他のDPP 4阻害薬への切り替えにお ける血糖コントロルの差異に関する後ろ向き検討 加藤 大也 草野 仁美4 釜谷 直人 前田 佳照 杉浦 令奈 澤井 喜邦 林 安津美 加藤 美里3 松本 早苗3 鈴木 泰子3 戸倉由美子4 山田 幸司5 片田 直幸 鈴木 敦詞6 伊藤 光泰6 JA愛知厚生連豊田厚生病院内科 JA愛知厚生連豊田厚生病院栄養科 JA愛知厚生 連豊田厚生病院看護部3 JA愛知厚生連豊田厚生病院薬剤科4 JA愛知厚生連豊田厚 生病院臨床検査技術科5 藤田保健衛生大学医学部内分泌 代謝内科6 目的 アログリプチンから他のDPP 4阻害薬への切り替えにおける血糖コ ントロルの差異に関する後ろ向き検討 方法 アログリプチン ALO を週以上服用中であり 試験観察中インリンや経口血糖降下薬の追加 増量がない型糖尿病患 者 7 名 を 他 の DPP 阻 害 薬 テ ネ リ グ リ プ チ ン TEN リナグリプチン LIN ビルダグリプチン VIL シグプチン SIT に変更し 変更後4週後のHbAc BMI 脂質代謝 egfr 肝酵 素について後ろ向きに解析を行った HbAcではVIL群 TEN群に おいてALOから切り替え後において有意に改善を認めた 結語 ALOか らVIL TENに切り替えることによりHbAcは改善した III P 43 型糖尿病患者におけるglimepirideからvidagliptin変更時の 影響 甲田 拓之 新谷 哲司 塩見 亮人 三津田容子 仙波 英徳 神崎さやか 坂尾ひとみ 眞鍋 健一 古川 慎哉 松山市民病院臨床研修科 松山市民病院内科 目的 インリン 以下 Ins 療法を実施している型糖尿病患者へのビ ルダグリプチン 以下 Vil 追加投与の影響の血糖管理状況による相違を 明らかにする 方法 Ins治療中の型糖尿病患者43例を血糖管理良好群 HbAc 7 と不十分群 7 HbAc に分類した Vil00mg投与後 にIns量を調節し 投与前後における各指標の変化について検討した 結 果 両群ともにHbAcは改善し その傾向は不十分群のほうが強かった Ins 投与量は両群ともに減少し その傾向は良好群のほうが強かった Ins投与 回数も両群ともに減少したが 両群に差は見られなかった 結論 血糖管 理状況に関わらずIns療法を実施している型糖尿病患者へのVil追加投与は 効果的であるが 血糖管理が不十分な症例ではHbAcが下がり 良好な症 例では投与量が減少する III P 46 III P 44 DPP 4阻害薬切り替えからみた糖代謝への投与回数の影 響 山下 優 吉村 治彦 會澤 佳昭 原 豊道 鈴木 章彦 岩見沢市立総合病院内科 背景 DPP 4阻害薬間の糖代謝への影響の違いは明らかではない 投与回 数が回と回の種類のDPP 4阻害薬の投与法が存在するがその影響も 明らかではない 方法 回投与シグリプチン シ 5mg ビルダ グリプチン ビル 50mg群 8名 回シ50mg 回ビル00mg 群 3名 回ビル00mg アナグリプチン アナ 00mg群 0名 変更前と変更週間後のHbAc,5AG 脂質の変化を検討した 結果 シ5mg ビル50mg群HbAc6.8± ±0.7 NS,5AG5.9± ±6.0 NS シ50mg ビル00mg群HbAc7.8±. 7.±0.9 p 0.008,5AG.0±7. 3.0±7.6 p 0.0 ビル00mg アナ00mg群 HbAc 6.6± ±0.5 NS,5AG7.9± ±0.9 NS チン投与群でHDL C 46.5± ±0. p 0.04 考察 DPP 4阻害 剤の投与回数は 糖代謝に影響を与える可能性がある 回投与DPP4阻害薬からビルダグリプチン 回投与 への切り替え後の治療効果 各種血糖マカ及び血中イ ンクレチン濃度の推移 小松 勝利 西山 孝三 小澤 恵 松永 英之 吉見 輝也 医療法人社団青葉会小松クリニック 医療法人社団青葉会吉見内科クリニック 目的 回投与型DPP4阻害薬からビルダグリプチン V 回投与 へ切り替え投与後の血糖マカ 血中インクレチン濃度の変化を解析す る 方法 症例は型糖尿病30例 平均63.歳 Vへの変更前 3か月 3 M 後 6か月 6M 後のHbAc FPG PPG,5AG 尿中Alb Cr比な ど うち6例は空腹時IRI グルカゴン IRG 活性型GLP 活性型GIP なども測定した 結果 HbAc は前値7.9±.0に比し3M 7.5±0.9 p M 7.4±0.9 p 0.00 と有意に低下した 6MFPG 3MPPG 3,6 M尿中Alb Cr比も有意に低下し,5AGは有意に上昇した 変更前HbAcが 高い程HbAc低下度は有意に大きかった 相関係数r 0.44 p 0.00 Vへの変更3M後活性型GLP の上昇傾向 活性型GIPの低下傾向 活性型 GLP GIP比の有意な上昇を認めた 結語 回投与型DPP4阻害薬内 服中 HbAc約8 以上であればVへの変更は血糖改善に有効な可能性が高 い III P 47 岡田 拓也 岡島 由佳 長谷川智弘 木村 嶺 川口 竹男 小田原市立病院 背景 厳格な糖尿病管理でsulphonylureaの増量は低血糖発作の危険性があ る DPP 4阻害薬は低血糖発作を軽減し 厳格な血糖コントロルを行え ると考えた 方法 対象はHbAc6.5 以上 sulphonylureaを内服していな い患者にvidagliptin00mg dayを導入した群をcontrol群 glimepirideから vidagliptin00mg dayに変更した群をchange群とし比較検討した 結果 control群でhbac 6.86±0.7 vs 6.7±0.35 p 0.00 n 3 が低下 change群で体重 58.8±.3 vs 57.6±.7kg p 0.03 n が低下 4 例に認めた低血糖発作は変更後はなかった 考察 control群でfbgでは差 がなくHbAcが低下したことは食後血糖の上昇を抑えることが示唆され た change群でhbacの低下はなかったが 体重を低下させ過剰なイン リン分泌の抑制を示唆した 両群ともvidagliptinで低血糖はなく 安全性 が示された インリン療法を実施している型糖尿病患者へのビルダ グリプチン追加投与の影響は血糖コントロル状況による 異なる 回投与のDPP 4阻害薬の臨床的有用性 別府 浩毅 近藤 学 東 信之 綜合病院山口赤十字病院糖尿病内科 武田総合病院糖尿病セン 目的 回投与および回投与のDPP 4阻害薬の違いを検討する 方法 回製剤のシグリプチン投与中の型糖尿病患者57例に対して ビルダグリプチン50mg アナグリプチン00 mg 回投与に変更し 6ヵ 月後におけるHbAc及び血糖変化について観察した HbAcは へと有意に低下した p 0.0 特にHbAc切替え前値が7 以上 の6例については と有意な低下 p 0.00 を認めた 結論 回のDPP4阻害薬から回のDPP4阻害薬に切替える事で有意な血糖 低下効果が得られた 特にHbAcが7 を超える症例群では平均0.44 の有 意な低下を認め 回投与DPP4阻害薬の臨床的有用性が示唆される III P 48 糖尿病性腎症患者におけるリナグリプチンの有効性と安全 性の検討 佐藤 賢 公益社団法人有隣厚生会富士病院糖尿病内科 はじめに リナグリプチンは糖尿病性腎症病期にかかわらず投与が可能 尿中アルブミン排泄量 以下ACR を指標用いた腎保護効果の報告あり 外来患者で有効性と安全性を検討 対象 新規に開始し6ヶ月間観察した34名 結果 開始時患者背景 年齢66.6歳 罹病期間.7年 HbAc8.9 ACR 70.5 mg gcr egfr8.7ml min 腎症病期は期名 期97名 3期6名 4 期0名 6ヶ月後 副作用を認めずHbAc8.08 ACR 68.0 mg gcr egfr 83.3 ml min 腎症期の名は進行 期は維持89名 3期は維持名 4期 は維持9名 期の維持群のうちACRが減少した患者83名 増加88名 まとめ HbAcは0.83 低下 ACRは.5 mg gcr低下 期は大半が病期 維持 ACR減少83名 増加88名 結論 腎臓保護効果にはレンダ ノンレンダが存在する可能 性があり 4期までの糖尿病患者においては安全に使用可能 S 45

7 III P 49 腎機能低下患者でのゲを用いたリナグリプチンの有 効性と安全性に関する検討 泉 辻 香里 阿部 康治 百々 修司 彦坂 麻美 島田 独立行政法人国立病院機構豊橋医療セン薬剤科 独立行政法人国立病院機構豊 橋医療セン内科 目的 腎機能低下患者におけるリナグリプチンの血糖降下作用および血糖 変動幅縮小作用について 投与前後のゲを用いて検討した 方法 対象は 03年月から04年0月の間に当院にてリナグリプチン の投与を開始したCcr50mL min未満の患者とした 方法は 投与前後での 7検のゲを用いて検討した 血糖変動幅は毎食前後の血糖値の差 の平均を用いて検討した 腎機能低下群では 投与前後のゲは夕食後h 3時において 有意に低下していた 毎食前後の血糖値の差の平均も有意に低下していた 考察 リナグリプチンにおける血糖降下作用は 腎機能に関係なく得られ ていたが 血糖変動幅縮小作用は 腎機能低下患者でより強く得られてい た また 低血糖の発生はなく 腎機能低下患者においても安全に投与す ることが可能であると考えられる III P 50 小林 朋子 神谷 絵梨 栗本 隼樹 森山 佳奈 伊藤 崇浩 佐藤 哲彦 垣屋 聡 稲垣 朱実 山本 貴之 平光 高久 鳴海 俊治 渡井 至彦 名古屋二赤十字病院糖尿病 内分泌内科 名古屋二赤十字病院移植外科 目的 当院での腎移植後糖尿病患者に対するDPP 4阻害薬の有効性と安全 性を検討 対象と方法 対象は当院通院中の腎移植後型糖尿病患者のう ちDPP 4阻害薬を新規投与した3名 DPP 4阻害薬投与開始前 開始後3カ 月後にHbAc egfr 体重推移を調査し有効性 安全性を検討 HbAcの変化は7.63±. から6.90±0.97 で有意に改善を認めた egfr の変化は43.9±4.6から47.0±3.7で 体重の変化は6.0±.kgから6.9± 3.3kgで有意な変化は認められず カルシニュリン阻害剤のAUCをDPP 4阻害薬投与前後で測定できた5名において有意な変化は認められず 結 語 腎移植後糖尿病患者におけるDPP 4阻害薬投与は腎機能や体重のコン トロルを悪化させずに血糖コントロルを改善させられる可能性が示唆 された 限られた症例数ではあるがDPP 4阻害薬投与により免疫抑制剤の 吸収は影響されず III P 5 腎機能低下本人型糖尿病患者にインリンとリナグリ プチン併用投与時の血糖低下作用と安全性 国際共同試験 サブグルプ解析 志岐 甲介 高橋亜希子 Hehnke Uwe 林 直之 本ベリンガインゲルハイム株式会社医薬開発本部 Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co. KG 目的 国際共同臨床試験のサブグルプ解析により インリン治療下の 腎機能障害を有する本人型糖尿病患者にリナグリプチン Lina 併用投 与時の有効性 安全性を検討した 方法 Lina 5mg q.d. 週間投与時の 有効性をプラセボ P と比較し さらにLinaを40週間長期投与時の安全性 を PをSU薬に切り替えて比較した サブグルプ解析は 国際共同試験 全体 35例 に含まれた本人 4例 のうち インリン治療下の30例 が対象とされた 平均年齢は66.9歳 ベライン時のHbAcは7.9± 0.8 であった 週後のHbAcはLina群でP群と比べて 0.68 有意に低下 し 5週時まで低下効果は継続した 全例 00 に有害事象が認められ 多くは軽度であった 低血糖はLina群で50.0 対照群で83.3 に発現した 結論 インリン治療下の腎機能低下本人型糖尿病患者において Lina は有効性と良好な忍容性を示すと考えられた III P 5 型糖尿病をもつ慢性透析患者における胆汁排泄型DPP 4 阻害薬への切替療法の長期的有用性および安全性に関する 検討 堤 厚之 松岡 寛幸 岩下 裕一 堤 悦朗 本島 寛之 荒木 栄一 山口 康平 医 回生会堤病院代謝内科 熊本大学大学院生命科学研究部代謝内科学 目的 実臨床では認知機能低下や独居等の問題でやむなくSU薬を糖尿病 透析患者 HD に用いる場合も存在する HDでのSU薬またはインリン より胆汁排泄型DPP 4阻害薬linagliptinへの切替の有用性を検討した 対象と方法 当院通院の型HD 5例 前治療はSU薬6 インリン9例 でグリコアルブミン GA と食後血糖 PPG mg dl 低血糖発生等 を経時評価した 血糖悪化例以外の4例で治療継続 切替前 6 4ヶ月後のGA とPPG 括弧内 は3.9±3.7 88±63.4±4.8 73±37.4±4.7 7±57 0.±4.7 59±35 と推移 低血糖は消失 検査デに影 響はなかった 結論 5例中4例で長期に低血糖なく良好な血糖管理が得られ 有用と考 えられた 当院におけるalogliptin開始後年間の腎機能別用量におけ る効果と安全性の検討 egfr Study 安田 玲那 表 孝徳 岡村 香織 桜町 惟 桑田 仁司 渡邊 好胤 田中 永昭 安原 章浩 矢部 大介 黒瀬 健 清野 裕 egfr Study Group 関西電力病院糖尿病 代謝 内分泌セン 関西電力病院腎臓内科 目的 alogliptinは腎機能別に用量が設定されている薬剤である egfrによ るalogliptinの用量に従って投与した際の 長期に渡る有効性と安全性を検討 する目的で 前向き観察研究 egfr Study に登録した症例の治療開始後 年間の検討を行った 方法 当院において egfr Studyに登録した6. HbAcの型糖尿病患 者に対して egfrにより設定された用量のalogliptinを投与し 長期の血糖control 体重 egfr値の変化 有害事象の発生等について検討した 04年月時点で症例数は0名 男 女 75 6 年齢は66.±0.7 歳 HbAcは7.6±.0 から 5週後6.8±0.8 04週後6.8±0.8 と有意な改 善を長期に渡り示した HbAcの改善は 用量別 egfr別に検討しても認め られた 04週後においてeGFR値に変化なく 体重は低下傾向にあり 心血 管イベント 癌の発症 重症低血糖は認めなかった III P 54 腎移植後患者におけるDPP 4阻害薬の使用経験 III P 53 DPP 4阻害薬の普及と腎不全期における糖尿病治療の変化 本間 博之 森田 愛 佐々木敦美 八代 諭 冨樫 弘文 半谷 真理 中野理恵子 中川理友紀 小田 智靖 小野 光隆3 松井 瑞絵 笹井 賢良 長澤 幹 梶原 隆 武部 典子 高橋 義彦 佐藤 譲 石垣 泰 岩手医科大学附属病院糖尿病代謝内科 NTT東本東北病院 盛岡市立病院糖尿病代 謝内科3 目的 DPP 4阻害薬の登場で腎不全患者の糖尿病治療は大きく変化したと思 われ DPP 4阻害薬の発売前後で糖尿病腎症4 5期の症例の治療内容を検討し た 方法 糖尿病腎症4 5期の症例で008年時点に加療されていた8例と03 年時点の99例の間で治療内容とGA HbAcを比較した 008年の主な 治療はインリンが例 78.6 でうち強化インリン療法が7例 77.3 経口薬はαGIが0例 35.7 GA. HbAc7.05 であった 03年には インリンが57例 57.6 でうち強化インリン療法が4例 7.9 と減 少し DPP 4阻害薬が36例 36.4 αgiは0例 0. と経口薬が増加し ていた GA8. HbAc7. であり 008年と比べGAは有意に改善して いた まとめ DPP 4阻害薬の登場で腎不全患者の糖尿病治療はインリン 中心から経口薬を使用したものへ大きく変化し GAの有意な改善を認めた III P 55 インリン治療中の型糖尿病透析患者に対しビルダグリ プチン併用が有効であった5症例 下村菜生子 辻本 吉広 土蔵 尚子 岸本 博至 田畑 勉 庄司 哲雄 絵本 正憲3 稲葉 雅章3 医 蒼龍会井上病院内科 大阪市立大学大学院医学研究科老年血管病態学 大阪市 立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学3 はじめに 血糖が不安定なインリン治療中の型糖尿病透析患者にビルダ グリプチンの併用が有効であった5症例を報告する 症例 維持血液透析患者5例 男性4例 女性例 年齢68.6±9.8歳 BMI8.8±.9 GA3.7±.0 透析前血糖86.±33.7mg dl インリン単位数0± 8.単位 インリン注射回数は3名が3回 名が回であった インリン治療中の5例にビルダグリプチン50mg を併用し 血糖に応じ てインリン量の調節をした 併用3か月後の経過でGAは.7±3.6 に低下した インリン回数も3回注 射3名のうち名が回注射へ 名が回注射に減らすことができた イン リン単位数は9.6±6.単位 に減量することができた 結語 ビルダグリプチン追加投与によりGA値改善およびインリン投与回 数 投与量を減らすことができた III P 56 腎機能低下例における各種DPP 4阻害薬の有効性と安全 性についての検討 井出 陽子 許 櫻華 大谷 大輔 細川 友誠 下田平眞生子 中村 嘉夫 兵庫県立尼崎病院糖尿病 内分泌内科 目的 腎機能低下例で各種DPP 4阻害薬の有効性と安全性について検討す る 方法 代謝経路が異なるシグリプチン S ビルダグリプチン V リナグリプチン L テネリグリプチン T の4種のDPP 4阻害薬を投与 したeGFR 60未満の糖尿病患者98人で 投与開始6か月前からか月後まで のHbAcとeGFRの推移を検討した いずれの薬剤においてもeGFRの低下なくHbAcの改善を認めた S4例とL例で投与後にeGFRが低下し薬剤を変更 中止したが いずれも 投与前からeGFRが低下し 変更 中止後もeGFR低下が継続したことから 薬剤の腎機能悪化への関与は不明であった 結語 腎機能低下例でもDPP 4阻害薬は有効かつ比較的安全であるが 腎 機能推移に注意する必要がある S 46

8 III P 57 透析患者におけるインリン療法からリナグリプチン投与 への切り替え症例に関する検討 肥後 里実 芳野 啓 播 悠介 東内 雄亮 大森 靖弘 谷尻 力 土橋 大輔 西岡 千晴 山田 浩幸 北垣 一成 六甲アイランド甲南病院内科 目的 血液透析患者においてインリン療法を中止し胆汁排泄型DPP 4 阻害薬であるリナグリプチン5mg投与に変更し 血糖 GAに及ぼす影響に ついて検討した 症例 59歳女性 型糖尿病歴30年 透析歴年 超速 効型インリン7単位 注射 切り替え前GA8.9 カ月後GA8.5 6カ月後GA8.8 症例 70歳女性 関節リウマチに対しテロイド内服 中 糖尿病歴6年 透析歴8年 超速効型インリン4 6単位 注射 切り 替え前GA9.4 カ月後GA7.9 6カ月後GA7. 症例3 73歳男性 型糖尿病歴6年 透析歴6年 持効型インリン4単位 注射 切り替え 前GA9.4 カ月後GA0.6 6カ月後GA0.9 結語 リナグリプチ ンは透析 非透析にかかわらず 低血糖のリクなく安全に同等な血 糖コントロルが可能であった III P 58 CKD合併型糖尿病患者におけるLinagliptin Teneligliptin の有用性 安全性の検討 井上 広基 中内佳奈子 岩 優 村上 尚嗣 金崎 淑子 新谷 保実 徳島赤十字病院代謝内分泌科 目的 腎機能による用量調整不要のDPP 4阻害薬であるLinagliptin L とTeneligliptin T の有用性を検討する 方法 AまたはG3期以上のCKD 合併型糖尿病患者4例 男4 女7 年齢65± Mean±SD 歳 BMI5.5± 5.kg m にL5mgまたはT0mg を投与し 血糖コントロル 腎機能 等への影響を3 ヵ月評価した HbAcは 前 7.7±. 3 M 7.3±. 6M 6.9±0.9 と低下した 新規例 n 切替例 n L群 n T群 n とも同様に改善 体重 脂質に有意変化なし 3 血清Crは 前.45±.09 3M.58±.35 6M.60±.3mg dlと末期腎不全例を 中心に漸増 尿蛋白は全体での変化ないが 微量Albuminの減少する例あ り 総括 L TはCKD合併糖尿病の治療に有用かつ安全である III P 59 DPP 4 阻 害 薬 追 加 に よ る 型 糖 尿 病 患 者 の 血 中 MCP Monocyte Chemotactic Protein レベルの変動 細井 雅之 生野 淑子 武内 真有 岡田めぐみ 飯田 宏美 栗原 琴美 玉井 杏奈 吉田 陽子 薬師寺洋介 上野 宏樹 山上 啓子 福本まりこ 川崎 勲 大阪市立総合医療セン糖尿病内分泌セン糖尿病内科 大阪市健康局健康推進 部 目的 インリン療法にDPP4阻害薬を追加併用した症例における血中MCP レベルへの影響を検討する 対象 DPP4阻害薬を追加した5名 D群 と 他の治療で経過をみた63名 C群 方法 投与前後の血清MCP濃度を前後 比較した D群では内服追加後HbAc 8.3± ±.4 と有意な p 0.0 改善を示した 血清MCP 濃度は77.± pg ml から80.5± pg mlと有意な変動はなかった C群でも血清 MCP 濃度は75.± から78.7± pg mlと 有意な変動はなかった D群での検討では 血清MCP濃度の前値および 変 化量と性別 HbAc BMIとの関連性について重回帰分析を用いて検討した が 有意な関連性は見いだせなかった 結語 インリン使用患者でのDPP 4阻害薬追加ではMCP レベルの有意な変動は認められなかった III P 6 型糖尿病患者に対するteneligliptinの血糖コントロル及 び脂質に対する影響について 末次麻里子 竹林 晃三 岡本 翔 森田 邦和 櫻井慎太郎 堀 賢一郎 寺沢 智子 成瀬 里香 原 健二 土屋 天文 犬飼 敏彦 獨協医科大学越谷病院糖尿病内分泌 血液内科 目的 今回 我々はteneligliptinの血糖コントロル及びその脂質に対す る影響について検討した 対象と方法 HbAcが6.5 以上で他のDPP4阻 害薬が投与されていない型糖尿患者Teneligliptinのか月の投与 n 3 により空腹時血糖値 HbAcは有意に低下した 治療6か月後 n 9 においてLDL Cは有意ではないが低下の傾向を示し 特にベライ ンのLDL C値が0 mg dl以上 あるいは40 mg dl以上の患者において は有意ではないがより強い低下の傾向を示した それぞれ約9 約3 の 低下 結論 型糖尿病患者においてteneligliptinの投与により血糖コン トロルは有意に改善し LDL Cに関しては有意ではないが低下の傾向を 示した III P 6 脂質異常症合併型糖尿病患者に対するアナグリプチンの 効果 酒井 健輔 方波見卓行 浅井 志高 佐々木要輔 村山 桂 田中 逸 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院代謝 内分泌内科 聖マリアンナ医科大学代 謝 内分泌内科 目的 脂質コントロル不十分な型糖尿病に対するアナグリプチンの有 用性を検討した 対象 方法 食事 運動または薬物治療導入後も ①HbA c 7 以上 ②LDL Cが0 80mg dlをともに満たす外来通院中の型糖 尿病患者8例 介入前 介入後8週 6週 4週での糖 脂質パラメ を比較した FPG HbAcは低下 GAは低下傾向を示し,5AG は上昇した BMIとHOMA IRは低下傾向を示した 脂質ではTC TG non HDL Cは有意に低下 LDL C HDL C LDL C HDL C比に有意差はな かった 考察 アナグリプチンは血糖非依存性LDL C低下作用の報告もあ るが 本研究ではLDL Cの低下はTG TC non HDL Cの改善に比し軽微 だった 結語 アナグリプチンは食後を含めた血糖低下効果と脂質プロファ イル改善作用を有し 脂質異常症合併型糖尿病患者での有用な選択肢とな りうる III P 63 アログリプチンの脂質低下作用 米光 新 加藤 朋子 村上 隆亮 松田 優樹 南部 拓央 武呂 誠司 隠岐 尚吾 大阪赤十字病院糖尿病 内分泌内科 目的 アログリプチンの実臨床レベルでの脂質改善効果は明らかでない 方法 当院外来通院中の型糖尿病患者のアログリプチン5mg投与前と 週後について検討した 患者は300名 男性75名 女性5名 年 齢は69.5±0.6才 BMI4.57±0.3 アログリプチンを週継続していた症 例は37例 アログリプチン前後のHbAcは7.64 から7.5 p 0.0 に 低下 LDLコレテロルは05.mg dlから0.4mg dl p 0.07 と低下 していた HDLコレテロル 中性脂肪の変化はなかった 総括 アロ グリプチン5mg開始により 血糖コントロル改善と共にLDLコレテ ロルの低下作用を実臨床においても確認できた III P 60 当院における ア ナ グ リ プ チ ン 投 与 時 の 血 糖 改 善 作 用 と LDL コレテロルへの影響 根田 保 大和田里奈 大塚 博紀 小野田教高 埼玉石心会病院内分泌代謝内科 さやま総合クリニック健診セン 目的 実臨床におけるアナグリプチンの血糖とLDL Cに対する効果を検討 する 対象と方法 型糖尿病患者4名 平均年齢 60.5歳 男 女 5 9 平均BMI 6.5kg m に対し アナグリプチン00mgを回投与した また 肥満 BMI 5kg m 非肥満 BMI 5kg m 症例における血 糖降下作用を比較した HbAcは8. から7.6 血糖値は9mg dlから76mg dl LDL Cは38mg dlからmg dlに低下した HbAc 変化量はBMI 5kg mで.0 5kg mで 0.7 であった 考察 ア ナグリプチンは実臨床においても型糖尿病患者に対し優れた血糖降下作用 およびLDL C低下作用を示した III P 64 Sitagliptin投与による脂質改善効果の検討 二報 鶴田 信慈 金子 浩明 谷口 友里 長澤千奈美 塚本 雄介 板橋中央総合病院内科 型糖尿病5例におけるSitagliptinの脂質改善効果を検討した 45 に大血 管障害を認め 7.5 にStatinの投薬あり 0 に脂質異常症を認めない 投薬前値は Tcho 74.3±36.0 TG 58.6±40.7 HDL 54.6±7.5 LDL 99.8± 8. 観察期間はM 血糖およびHbAcは有意差 P 0.05 をもっ て改善 脂質マカでは Tcho 3M P 0.09 TG M P L H比 M P NEFA 9M P RLPC M P で有意差が得られた一方で HDLは6M以外では有意差 M 3M 9M M P 0.05 をもって低下した Tcho TG HDL LDL L H比 non HDL RLPC Lp a リン脂質の9因子 関連因子の重複は除く の総合 的な検討では 例 44 で3因子以上の改善を認め 因子の改善も得 られない症例は例のみであった 結語 Sitagliptinは多面的な脂質改善効 果を有する可能性がある S 47

9 III P 65 型糖尿病患者におけるanagliptinの脂質改善作用について の検討 藤原 裕矢 江田 照美 米村 和恵 田中裕美子 山口 徳子 西沢 斉子 浅川 英子3 根井由紀子3 萱嶋 裕美4 義本美穂子4 芳野ユカ子5 北嶋 優一6 原田 真弓6 荒木 悠平6 義本 正二7 名和田 新 牟田 和男 医療法人誠和会牟田病院内科 医療法人誠和会牟田病院看護部 医療法人誠和会牟田病院薬 剤科3 医療法人誠和会牟田病院栄養管理科4 医療法人誠和会牟田病院臨床検査科5 医療法 人誠和会牟田病院リハビリテション科6 医療法人誠和会牟田病院画像診断科7 目的 Anagliptin Ana の脂質改善作用の検討 方 法 型 糖 尿 病 患 者 例 vildagliptin例 sitagliptin7例 nateglinide例 未治療3例 にAnaを投薬し HbA c LDL C L H比 体重などを評価した投薬4.4±0.9か月後 HbAc改 善群 HbAc7.±.3 6.±0.7 p 0.0 でLDL C 98.9± ±3.0mg dl p L H比.±0.8.8±0.8 p に有意な低下を認めた HbA c悪化群 7.0±.5 7.7±.8 p ではLDL C 0.4± ±7.5mg dl p L H比.6±..8±. p は有意な上昇を認めず 体重 の有意な上昇 57.4± ±8.0kg p を認めた 結語 HbAc改善 群でLDL C L H比が有意に改善し HbAc悪化群で有意な体重増加に関わらず LDL C L H比が悪化を認めなかったことは Anaによる脂質改善効果の可能性が ある III P 66 籠島 可奈 小山 昌平 後藤 尚 工藤 宏仁 秋田赤十字病院代謝内科 目的 血糖季節変動への糖尿病治療薬の影響を比較する 対象 方法 Glimepiride Gm 又はMitiglinide Mt 内服下に夏 秋季HbAc AC 7.5 未満だった時期にDPP4iへ切替えた8例を対象に 切替え前後年4回の ACの変動をCV値により評価した Gm先行7例 Gm群 とMt先 行例 Mt群 とで切替え前の年平均ACは それぞれ6.6±0.7 M±SD 6.7±0.5 と同等 CV値は0.9±6.9 M±SD 3.±.0 とGm群で高値 p 0.00 DPP4iへ切替え後 Gm群では年平均ACは6.8±0.4 CV値 は7.±.9 と切り替え前と比べてCV値が低下 p Mt群では年平 均AC 6.9±0.6 CV 6.3±4.0 で 切替え前と比べてCV値が上昇 p 結語 夏 秋季AC 7.5 未満例でGmからDPP4iへの切替えるこ とで季節変動が減少する可能性がある 本人糖尿病患者におけるDPP 4阻害薬と急性膵炎の関 連性についての検討 健康保険デベを用いた解析 岡村 香織 矢部 大介,,3 桑田 仁司 金子真紀子4 伊藤 千恵4 錦野 りえ4 室谷 健太5 黒瀬 健 清野 裕 関西電力病院糖尿病 代謝 内分泌セン 関西電力病院疾患栄養治療セン 神戸大学大学院医学研究科分子代謝医学3 株式会社本医療デセン 4 名古屋大学医学部附属病院先端医療 臨床研究支援セン5 目的 本人において DPP4阻害薬と急性膵炎の関連性を検討した 方 法 本医療デセンのデベを使用し 急性膵炎の発症を DPP 4阻害薬と他の経口糖尿病薬で比較した DPP 4阻害薬と他の 経口糖尿病薬では急性膵炎の発症に有意差はなく Fisher exact test p 0.64 過去の使用についても同様であった Fisher exact test p.0000 カプラン マイヤ曲線による解析では 膵炎発症までの期間は 群間で差は生じなかった 他のリク因子による補正後も DPP 4阻害薬 は急性膵炎発症のリク因子にはなり得なかった 補正ハザド比 CI 0.5. p 結論 DPP 4阻害薬は本人において膵炎 発症のリクを高めないことが示唆された III P 68 DPP 4阻害薬の服用症例における血清アミラゼ値の年 間における変化の検討 小林 庸子 浅間 泉 髙橋 久子 栗山 絹世3 永瀬 惟4 比佐 有紀4 盛田 久美4 炭谷 由計4 田中 利明4 近藤 琢磨4 保坂 利男4 犬飼 浩一4 石田 均4 杏林大学医学部付属病院薬剤部 看護部 栄養部3 杏林大学医学部三内科 糖尿 病 内分泌 代謝内科 4 目的 DPP 4阻害薬 i には急性膵炎や膵臓癌に対する注意喚起がある 外来通院中にDPP 4 iを同一医師から処方された症例の血清アミラゼ値 AMY の変化を検討した 方法 本剤を処方された95名の年間のAMYの 変化を比較検討した 年齢68.3±.8歳 HbAc 7.0±0.7 AMYが0 以上の上昇は3名 60 以上の上昇は名 その増減が0 以内は48名であっ た 5種のDPP 4 iの中で有意に高頻度の上昇を示す薬剤はなかった 投与開 始後に一過性に上昇が例 さらに基準値を超える上昇と下降を繰り返す症例 も存在した 考察 基準値の範囲内であるものの この値が徐々に上昇して いる症例には継続的な注意が必要と思われる 上昇と下降を繰り返している 症例には 食事療法をはじめとした常生活が薬剤とともに影響していると 思われる AMYの変化に留意した療養指導や服薬指導が重要と思われる テロイド投与 非投与時でインリン強化療法 リキシセ ナチド 基礎インリン療法の切り替えが有効なテロイ ド糖尿病の例 石亀 昌幸 三宅美有紀3 野際 俊希3 中尾隆太郎 増井 由毅 浦木 沙耶 中 啓吾 南條輝志男 和歌山労災病院内科 和歌山労災病院薬剤部 症例 6歳 女性 008年7月 多発性骨髄腫のためVAD療法を開始 04 年月よりRd療法を開始 0月PPG558mg dlとなり紹介 50cm 49kg BMI.8 本年春頃より口渇 多飲 多尿あり 空腹感強く3時頃に間食をして いた HbAc.0 GA34.5 尿CPR55.9ug day ΔG.3 尿糖99.4g day ACR345.5mg g.cre テロイド投与時はインリンアルパルトとデグルデ ク併用で 血糖値04 69mg dl 平均±SD70±33 だったが 空腹感が 強かった 非投与時はリキシセナチドとデグルデクの併用で 血糖値43 0 mg dl 平均±SD09±6 で空腹感が消失した テロイド糖尿病におい て インリンとGLPの併用は有用と考えられる III P 70 血糖季節変動への糖尿病治療薬の影響に関する検討 III P 67 III P 69 クリニカルパ 短期入院 4間 を用いて持続性エキ セナチド注射剤を導入した症例の検討 飯塚 隆史 嵩 龍一 八木 稔人 ベルランド総合病院内分泌 代謝科 持続性エキセナチド注射剤は週回で利便性のある注射剤だが 手技が煩雑 である そこで クリニカルパで本剤を導入した 対象 外来通院中の HbAc 0 未満の型糖尿病5症例 方法 目にグルカゴン負荷試験 ΔCPR と糖尿病教育 手技指導を行い 退院に本剤を注射した 結果 投与前と4カ月目のHbAcの比較検討では8.58 から7.9 と有意に低下し た 体重は.±.5kgであった 手技は5例中例で取得困難であった HbA c 0.5 以上低下した改善群は8例 非改善群は7例であった 改善群では ΔCPR 以上例が87.5 で 非改善群では未満例が7.4 であった 投与前 体重 投与前後の体重変化との相関はなかった 考察 本剤より治療法変 更を余儀なくされた場合 失望感は大きく 適応例の検討は重要である 結論 今回の検討では 本剤導入には ΔCPRが少なくとも以上が必要条 件と推定された III P 7 肥満型糖尿病患者におけるSGLT阻害薬の使用効果と 尿糖排泄量との関連性についての検討 宮内 雅晃 豊田 雅夫 深川 雅史 社医 三思会東名厚木病院腎代謝内科 東海大学医学部付属病院腎内分泌代謝内科 目的 肥満型糖尿病患者におけるSGLT阻害薬の効果と尿糖排泄量との関連性 について検討した 対象と方法 BMI 5kg m以上の型糖尿病患者でイプラグリフロジン50mgを新規開始し た6例を対象とし 投与前と投与ヶ月後のHbAc 体重 4時間蓄尿による 尿糖排泄量の変化と各種臨床指標との相関を調査した 結果 HbAcおよび体重は投与後有意に低下し 平均尿糖排泄量は約45g day増 加していた HbAcの変化量と体重の変化量は有意な正相関を認めたものの 尿糖排泄量の変化量とは相関を示さなかった 結語 肥満型糖尿病患者におけるSGLT阻害薬の使用はHbAcの低下 体重の減 量効果が認められたが 尿糖排泄量との関連性が認められなかった点は興 味深く 詳細なメカニズムの解明が必要と考えられた III P 7 減量を目的としたGLP 受動体作動薬の長期成績 伊藤 純子 吉川 昌江,3 水野 美華4 イトウ内科クリニック キュアファマ 金城学院大学薬学部3 原内科クリニッ ク4 GLP 受動体作動薬 以下GLP RA はその作用として中枢性食欲抑制 消化管運動抑制があり減量治療薬として検討されている 当院通院中の糖 尿病患者で 減量を主な目的としてGLP RAを投与した患者で その長期 成績を調査した 調査対象 GLP RA 主にエキセナチド を投与した89 例で年以上 注射を継続した30例 結果 30例のプロフィルは 男例 女8例 年齢50.3±9.6歳 平均±標準偏差 糖尿病罹患歴3.0±6.5年 GLP RA投与前HbAc 8.4±.8 投与後7.6±.5 投与前BMI 30.9±4.5 投 与後9.±4.9 投与前よりBMIが以上減少例 男4 女8 未満 以 上減少0例 男4 女6 未満減少 不変6例 男3 女3 BMI増加例 男 考察 年以上GLP RAを継続した症例の73 でBMI 以上の減量 を維持しており 減量手段の一つとして考慮する価値があると思われた S 48

10 III P 73 型糖尿病患者でのリキシセナチド投与が食行動に与える 影響について 田中 紀實 山岡 正弥 小澤 純二 北村 哲宏 安田 哲行 西澤 均 前田 法一 松岡 孝昭 大月 道夫 今川 彰久 船橋 徹 下村伊一郎 大阪大学医学部附属病院内分泌代謝内科 背景 目的 GLPアナログ製剤は膵β細胞でのインリン分泌刺激に加え 胃運動 胃内容排泄 遅延作用を有する 食欲の亢進した肥満型糖尿病患者に対して有効な治療となり 我々はGLP アナログ製剤で食行動の改善を認めることを明らかとした 本研究で はGLPアナログ製剤であるリキシセナチド LIX が 食行動に与える影響に関し て検討した 対象 方法 当院当科に入院した型糖尿病患者6名を対象とした LIX投与前後に本肥満学会 肥満症治療ガイドラインの食行動質問表を用いて食行動の変化を調査した LIX治療による治療前後では体重 ウエト周囲長に有意な減少を認め 推定内臓 脂肪面積も低下傾向を認めたが食行動には有意な改善を認めなかった 結論 考察 短期間のLIX投与で有意な食行動の改善は確認できなかった III P 74 強化インリン療法にリラグルチドを併用し CGMにて 評価した肥満型糖尿病の一例 齋藤利比古 佐藤 愛 大濱 俊彦 田中 聡 粂川 真理 原 健二 大川原美保 末次麻里子 勝盛 弘三 済生会川口総合病院糖尿病 内分泌内科 目的 強化インリン療法の症例にリラグルチドを追加投与し CGMに て血糖変動の評価をした 対象と方法 5歳 男性 BMI39.0 型糖尿病にて強化インリン療法 TDD39 にメトホルミン50mg併用していたが随時血糖 79mg dl HbA c 7.9 と管理不良のため入院加療した 食事療法及びインリン量の調 節 TDD43 メトホルミン50mgにて血糖安定化後にCGMを装着 リラ グルチドを追加投与し血糖変動の推移を観察した リラグルチドの追加投与により平均血糖の改善を認め 基礎イン リンを減量できた 昼夕の追加インリンをミチグリニド0mgに変更後 TDD8 もSD値の変化は認めなかった 考察 強化インリン療法とリラグルチド併用にて平均血糖が改善し イ ンリン使用量及び注射回数の減量が可能であった III P 75 エキセナチド長期投与によるHbAc 体重に対する影響の 検討 III P 77 インリン療法後 GLP 製剤に変更し厳格な血糖管理が 維持出来た肥満型糖尿病症例 清彦 早川 勇二 池田 雅彦 高屋 豊 澤崎 美幸 岸 3 河中 正裕 久保田 稔 明和病院総合診療科 明和病院内科 関西学院大学保健館3 症例 50歳男性 身長74.0cm 体重0kg HbAc5.5 尿中Cペプチド 5.9μg Q Qmix療法からグラルギン単位 シグリプチンのBOT療 法にて血糖管理良好 過体重に対しGLP 療法に変更 ケ月後HbAc 5.5 体重4kg 症例 飲酒歴ない39歳男性 身長63.0cm 体重70.4kg HbAc.3 尿中Cペプチド59.μg 軽度肝障害と高度脂肪肝 イン リン強化療法にメトホルミン リナグリプチン併用後 BOT療法 メト ホルミン リナグリプチン ミチグリニド ボグリボ グラルギン0 単位 か月後 体重67.0kg HbAc5.8 尿中Cペプチド95.μg とな り 減量目的でGLP 療法変更3週間後 体重64.3kgと減少し HbAc5.8 と維持 内因性インリン分泌が保たれた肥満型糖尿病患者で インリ ンによる厳格な血糖管理後のGLP 療法への変更は 厳格な血糖コントロ ルの維持と体重減少を達成した III P 78 GLP 受容体作動薬の使用により尋常性乾癬の改善を認め た型糖尿病患者の例 南 陽平 関口 直孝 石内真理子 岡本 実里 近藤和花子 市野 功 林田 英一,3 迫 康博 佐々木修二3 髙柳 涼一3 井口登與志3 福岡県済生会福岡総合病院 福岡県済生会飯塚嘉穂病院 九州大学大学院医学研究 院病態制御内科学3 6歳男性 病歴0年の型糖尿病患者 経口血糖降下剤を投与していたが HbA c0 前後と血糖コントロル不良であった 内服自己中断か月後に異常 高血糖を認め緊急入院 強化インリン療法による血糖コントロル後 GLP 受容体作動薬 リラグルチド エキセナチド に変更した 5年来の 尋常性乾癬があったが GLP 受容体作動薬開始後より掻痒感と皮疹は著明 に改善 以前もインリン加療による血糖コントロルを行った際には乾癬 の改善は認めなかったことから 血糖には依存しないGLP 受容体作動薬に よる乾癬改善効果が示唆された GLP 受容体作動薬が乾癬に有効であると する報告は 海外にいくつかあるものの国内では殆どみられない 今回型 糖尿病および尋常性乾癬にGLP 受容体作動薬が有効であった症例を経験し たため 文献的考察を加えて報告する III P 79 演題取り下げ III P 80 リラグルチドの肝硬変合併糖尿病における長期的効果と安 全性の検討 中谷 資隆 渡部 拓 板谷 利 林下 晶子 高階 知沙 大平 洋 辻野 一三 大塚 吉則 西村 正治 北海道大学医学部内科I 目的 方法 当院通院中で0年7月 3年6月に新たにエキセナチドを開 始した6名 男9例 女7例 について後ろ向きに解析を行った また 8 か月間エキセナチドの治療を継続した0名 男7名 女3名 について 開 始直前 開始6 8か月後のHbAc 体重について比較検討した 3名が副作用で脱落 名が減量成功し治療中止 名が血糖悪化で インリン治療となった 8か月治療継続した0例で HbAcは9.±. 6か月目6.7±0.6 8か月目7.4±0.8 といずれもp 0.00と有意差を認 めるも 6か月目と8か月目を比較してp 0.0と有意な上昇を認めた 体 重は80.±0.9 kg 6か月目76.±.5 kg 8か月目76.0±3.3 kgであり いずれも約4kgの体重減少を認めた 総括 エキセナチドの長期治療により 体重の減少は維持されたが HbA cは改善したのち若干の悪化傾向を認めた III P 76 Lixisenatideの食後血糖への影響について 齋藤 暁美 石丸 安明 中村 尚広 佐藤富美子 大嶋由加里 齊藤 智之 亮 穂苅 美月 松澤 義浩5 矢田 浩子5 関東 裕美4 浅野 智子 三好 片山 茂裕3 さいとうハト キッズクリニック内科 医療法人安和会石丸安世記念熊谷ディアベテク リニック 埼玉医科大学内分泌 糖尿病内科3 東邦大学医療セン大森病院キンヘル セン4 みやび薬局5 目的 Lixisenatide Lx で治療中型糖尿病 TDM 症例において食後血糖に 対する影響を検討 方法 TDMにLx投与し前 Vor からヶ月 m 毎にHbAc AC や至適カ ロリ食負荷で食前後血糖を測定 Lx回0μg投与で調節不良または拒絶の可能性 のある例で0μg回 投与に変更して血糖値推移などを観察 検討 30例54.3y 病歴3.y MBP88.5 BMI3.0 以下vor m 3m 5mの各値を 示す AC F hr hr hrPG mg dl vorに対しm 3m 5mのすべて有意低値 MBP BMIに有意変動無し 回投与に変 更後の拒絶 離脱例無し まとめ なお検討を要するが Ly投与により食後血糖は有意に低下し その影響 は0μg回 より0μg回 投与でより効率的になる可能性が示唆された 浜本 芳之 徳本 信介 山口恵理子 柴山 惟 岡村 絵美 和田 良春 本庶 祥子 濵 暁洋 池田 弘毅, 公財 田附興風会医学研究所北野病院糖尿病内分泌セン 医療法人社団正名 会池田病院 背景 肝硬変を合併した糖尿病患者は食後高血糖を呈することが多く高用 量のインリンを必要とすることも多い 肝硬変合併糖尿病患者 LC DM にリラグルチド Lira が有効であるか またその安全性について検討し た 方法 LC DM8例にLiraを投与し年間のHbAc 体重や肝胆膵酵素 血小板数の変化などについて検討した また年齢調整したLiraを投与した 肝硬変非合併型糖尿病患者 TDM 0名を対照として比較検討した 結 果 変更前総インリン量はLC DMで多い傾向が見られたが有意差は なかった TDM vs LC DM 9.0±4.6 vs 38.3±7.9 p 0.8 ヶ月 後のHbAc低下は両群同等であった.±.6 vs.±.4 p 0.44 肝胆膵酵素 血小板数にも有意な変化はなく異常変動を示した症例もなかっ た 結語 Liraは肝硬変を合併する糖尿病症例でも有効性 安全性に問題 は見られなかった S 49

11 III P 8 III P 85 リラグルチドの脂質 腎機能に対する有用性の検討 伊藤 俊 宮下 徹 相模原赤十字病院内科 相模原赤十字病院 はじめに リラグルチド R を投与し 脂質 腎機能の影響を検討 方法 対象は当科通院中の型糖尿病患者名 男性9名女性名 年齢64.7± 7.歳 罹病期間6.9±5.年 R投与前後のBody Mass Index 随時血糖 HbA c TC LDL C 直接法 HDL C TG non HDL BUN Cr egfr ACRを比較検討 脂質 腎機能の各項目に有意な変化を認めず 食事運動療法から切 替例でLDLが有意な低下 他薬剤から切替例ではHDL C及びeGFRが有意 に低下 腎症有群ではeGFRが有意に低下 腎症なし群ではHDL C及びeGFR がそれぞれ有意に低下 結語 一部症例でLDLの低下を認めたが多くはHDL egfrは有意に低下 し 脂質および腎機能について保護的に作用しなかった III P 8 リラグルチドおよびインリン治療後の腎機能の変化につ いての検討 本庶 祥子 浜本 芳之 河崎祐貴子 藤本 寛太 岡村 絵美 柴山 惟 徳本 信介 山口恵理子 和田 良春 池田 弘毅 藤川 潤 濱崎 暁洋 公財 田附興風会医学研究所北野病院糖尿病内分泌セン 公財 田附興風会 医学研究所北野病院臨床検査部 目的 血糖コントロル不良の糖尿病患者においてリラグルチド L イ ンリン I 治療後の腎機能の変化を後ろ向きに検討した 方法 L群7 例 男性0例 平均年齢58歳 と年齢性別をマッチさせたI群7例を比較検 討した 結果 両群とも治療介入にてHbAcは有意に低下し群間差は認め なかった 両群で腎症病期の分布に差はなかった I群では3ヶ月後 ヶ 月後のeGFRは持続的な低下がみられた ΔeGFR 3か月後 6. ヶ月後 7.6mL min.73m vs開始前p 0.05 のに対し L群はヶ月後まで有意 な低下を認めなかった ΔeGFR.3mL min.73m p 0.7 群間比較を 行うと3ヶ月後のΔeGFRに有意差を認めた p 0.05 結論 I群では治療 開始後の持続的な腎機能の低下を認めたが L群では有意な低下は認めな かった III P 83 腎移植後の型糖尿病患者におけるGLP 受容体作動薬の 忍容性とその効果 佐藤 哲彦, 垣屋 聡 小林 朋子 伊藤 崇浩 神谷 絵梨 栗本 準樹 森山 佳奈 加藤 朋子 稲垣 朱実 名古屋二赤十字病院糖尿病 内分泌内科 増子記念病院糖尿病内科 目的 型糖尿病腎移植患者 DMKTR に対してGLP 作動薬 GLP RA による治療介入を施行し 忍容性と有効性を検討した 方法 DMKTR 名 男性7名女性5名 に対してGLP RAを投与し 投与前後の体重 HbA cとグリコアルブミン GA 値を測定しその効果を検証した 同時に忍容 性について カルシニュリン阻害剤 CNI の吸収に影響を及ぼすかど うか検討した 結果 投与前の体重は87.6±7.8kgでBMIは3.±4.59と肥満を認め 有意 な体重減少 83.5±.3kg とBMI低下 9.6±3.46 を認めた HbAcは 有意な変化を認めなかったがGAは.5±5.34 より8.9±6.9 と有意な低 下を認めた さらに使用インリン単位数は投与前43.6±9.単位より投与 後5.6±4.4単位と激減した またCNIの血中濃度は著変を認めなかった 結 論 DMKTRの血糖管理と肥満対策にGLP RAは一定の効果と安全性が期 待される III P 84 糖尿病透析患者におけるインリンデグルデク IDeg と リラグリチド Lira 併用効果 CGM 皮下連続式グルコ 測定 による検討 船越 哲 原田 孝司 李 嘉明 一ノ瀬 浩 橋口純一郎 佐々木 修 澤瀬 健次 江藤 りか 山下万紀子 畠山今子 森 豊 宇都宮一典 長崎腎病院内科 東京慈恵会医科大学糖尿病 代謝 内分泌内科 目的 糖尿病血液透析患者におけるIDegとリラグリチドLiraの併用効果を検 討する 対象 方法 当院でIGlarを含むインリン療法またはLira投与群 ベラ イン群 のうち比較的血糖コントロル困難な症例で IDegとLiraの併用 併 用群 に移行した8例において 併用前後の血糖およびCGMを比較した IGlarからIDegへの変更により 平均グリコアルブミンは34.5 から 7.4 に有意な減少した CGMによる平均MAGEは ベライン群と併用 群を比較したところ 透析で4.5mg dlから86.5mg dl 非透析で64.5 mg dlから40.35mg dlと 併用群において高い有意差をもって減少した p 0.00 考案 IDegとLiraの併用の糖尿病透析患者における有用性が期待された 型糖尿病治療におけるGLP 受容体作動薬 インリン 製剤併用療法の有用性および安全性の検討 松原 淳 松井久未子 東野 洋一 矢賀 健 労働者健康福祉機構山口労災病院糖尿病 内分泌内科 背景 目的 GLP 受容体作動薬 GLP RA であるリラグルチド リ キシセナチドとインリン製剤との併用療法の有用性 安全性について検 討 対象 方法 当科で治療中の型糖尿病患者のうち リラグルチドま たはリキシセナチドとインリンとの併用例につき 初期治療導入例 SU剤 GLP RAからの切り替え例 3 インリン 経口血糖降下薬から の切り替え例 4 インリン頻回注射からの切り替え例について その有 用性 安全性について検討 血糖コントロルは不変 改善が得ら れる例が多かったが 飲酒 過食などが原因で悪化した例もあった 低血 糖は無く 嘔気 心窩部不快感以外の副作用は認めなかった 考察 GLP RAとインリン製剤の併用は 低血糖のriskを低減しつつ治療法を簡素化 し 血糖コントロルを改善することのできる 有用な治療法であること が示唆された III P 86 GLP 受容体作動薬のインリン療法への追加投与の効果 に関する検討 丸岡あずさ 西村久美子 笠井乃梨子 岸本 菜央 高橋佐和子 中野美由紀 野田亜未香 林 展之 藤尾 智紀 岩崎 真佳 野村惠巳子 浮田千津子 西川 光重 塩島 一朗 豊田 長興 関西医科大学二内科 インリン療法にGLP 受容体作動薬であるリラグリチド Lir の追加投 与の効果を検討した 症例は 49歳女性 現病歴 5歳時に糖尿病と診断 33歳時よりインリン療法が開始 メトホルミン,000mg リプロ L 38単位 デグルデク D 0単位 でHbAc.7 と不良の為入院 身長 58.0cm 体重9.4kg グルカゴン負荷試験 負荷前CPR 0.9 後.3ng ml 入院8病 体重89.4kg L 単位 D 8単位 で血糖コントロル良 好 9病よりLirを追加し 3病より0.9mg に増量 8病 体重86.6kg L 6単位 D 単位 で血糖コントロル良好 インリン 製剤にLirの追加は インリンの必要量を減らし 体重減少に有効と考え られた III P 87 インリン療法中の型糖尿病患者に対するリラグルチド 併用効果 CGMを用いた検討 佐藤 文紀 樋口 正憲 川 元樹 香宗我部知子 室屋 洋平 平澤 麗子 櫻田 麻耶 西田 賢司 辻野 元祥 小川 佳宏 東京都立多摩総合医療セン内分泌代謝内科 東京医科歯科大学大学院分子内分泌 内科学 糖尿病 内分泌 代謝内科 目的 インリン Ins とリラグルチド Lg の併用効果を評価 対象と 方法 Ins療法中の型糖尿病患者3例に入院下でLg 0.3mg dayを追加 Lg追 加前後にCGMで血糖を評価 の血糖の平均 mpg と標準偏差 SD MAGE 退院後のHbAcも評価 症例 77歳女性 HbAc 8.5 アパルト デグルデク Lg追加後 mpg 5 7 mg dl SD mg dl MAGE 05 3 mg dl 退院か月後 HbA c 7. に改善 症例 7歳女性 HbAc 0.0 デグルデク Lg 追加後 mpg 7 0 mg dl SD 7 30 mg dl MAGE mg dl 退院か月後 HbAc 8.5 に改善 症例3 45歳女性 HbA c 9. グルリジン グラルギン Lg追加後 mpg mg dl SD 3 30 mg dl MAGE 6 66 mg dl 結語 InsとLg併用は糖尿病治療における有用な選択肢となり得る III P 88 インリンとリラグリチドとの併用療法の有効性の検討 吉本 幸子 岡本 拓也 窪田 美幸 小松市民病院内科 目的 インリンとリラグリチドの併用療法の有効性の検討 対象 イン リンまたはリラグリチドにてコントロル不十分な型糖尿病患者 方 法 5か月以上併用療法を継続している患者 HbAcと体重について併用前 後の変化の有無を検討03年8月から04年6月まで名が併用療 法を開始 M F 3 8 平均年齢6歳 35 8歳 BMI 経 過観察期間 8.か月 5 5か月 リラグリチドにインリン加薬7例 全例 インリンは持効型回 インリンにリラグリチド加薬4例 3例はbasal bolus法 例は混合型回うち 併用開始5か月後までの解析を行った 5か月 までの毎月のHbAcは前8.44±.5 3か月後7.35±0.78 5か月後7.69±.8と有意差をもって改善 体重は68.5±3.5kg 5か月後69.±.9と不変 結論 インリンとリラグリチドの併用療法は有用であった S 40

12 III P 89 III P 93 インリンとリラグルチドの併用療法について 芳川 篤志 伊藤 直彦 山本 研人 常田 和宏 飯尾まゆ奈 檀 倫子 沖田 考平 兵庫県立西宮病院糖尿病 内分泌内科 目的 インリン療法中の型糖尿病患者にリラグルチドを追加した時の 血糖コントロルの変動を明らかにする 対象 インリン療法中の型糖尿病患者で リラグルチドを追加した外 来患者8名および 入院患者3名 方法 外来患者では追加後のHbAc 体重変化を評価 入院患者ではCGM を施行し 血糖変動を評価 外来患者は年齢63±7歳 HbAc9.±.3 体重73.5±5.7kg 開 始か月後のHbAcは8.6±.4 と有意な低下を認めたが p 0.0 体重 は73.4±5.7kgと有意な変化を認めなかった また 入院下で試行したCGM では開始後 平均血糖 MAGEは低下傾向で 標準偏差 M値は有意に低 下した ともにP 0.0 結論 インリンにリラグルチドを併用することにより 体重を増加させ ることなく 血糖コントロルは改善する III P 90 随時尿を用いた推定食塩摂取量の糖尿病腎症テジ 変化への影響と摂取量別の特徴 武田 祐美 鈴木 真理 木村 友美 西村 公宏 三澤 美和 児玉 憲一 江川 克也 長浜赤十字病院医療技術部栄養課 長浜赤十字病院糖尿病 内分泌内科 目的 随時尿を用いた推定食塩摂取量と糖尿病腎症テジ テジ 変化の関係を明 らかにし 糖尿病透析予防指導における減塩指導に活かすことを目的とした 方法 外来に通院中の患者53名に対し 4時間Na排泄量推定値を測定し推定食塩摂取量を 算出した 摂取量別にI群 6g未満 II群 6 0g未満 III群 0g以上とした 同時に 塩分チェック表 を用いてアンケト調査を実施した テジが改善した者は8名 変化のなかったものは9名 悪化したものは6名であっ た テジが悪化しているものはI群0 II群7 III群5 でありIII群で多くなっていた 塩分チェック表の点数と随時尿での推定食塩摂取量は有意に相関していた 考察 随時尿を用いた食塩摂取量が多い群ほどテジが悪化している者が多く存在し 減塩 指導の必要性が示唆された III P 9 糖尿病透析予防指導後の食事療法実行度 4時間蓄尿検 査での検証 糖尿病透析予防指導の効果について 竹本 昌代 石並 楓 芳野 弘 川上 恭子 岡田 初美3 八田 友見3 岡本 和恵3 林 まゆみ3 新家 早苗3 芳野 原 特定医療法人慈恵会新須磨病院栄養課 特定医療法人慈恵会新須磨病院糖尿病セン 特定医療法人慈恵会新須磨病院看護部3 目的 当院通院中の糖尿病症例35名に対して行った糖尿病透析予防指導の 効果に与える因子について考察する 方法 当院通院中の糖尿病性腎症期以上の35例に糖尿病透析予防指導を 行い その効果に影響を与える因子を検索した 対象 症例35名の内訳は男女77対58うち BMI5以上の肥満者は男女34対 9であった 結果 BMI30以上の肥満女性群では指導後に血糖値の改善が見られるにも 関わらず 明らかに腎機能の改善例が少なかった 結論 糖尿病透析予防指導の効果を左右する因子として 女性では介入時 のBMI30以上の肥満がその効果を減弱する可能性が示唆された 肥満合併 女性糖尿病症例では合併症を起こす以前に減量の指導が重要である事が考 えられた III P 94 当院にける外来糖尿病透析予防相談の現状と介入年後の 指導効果の検討 齊賀 桐子 山田英二郎 宮田 洋子3 大友 崇 齋藤 従道 多賀谷裕子 大崎 綾 澁澤 良 下田 容子 小暮光一郎 佐藤 哲郎 岡田 秀一 山田 正信 群馬大学医学部附属病院栄養管理部 群馬大学大学院医学系研究科病態制御内科 学 群馬大学医学部附属病院看護部3 目的 糖尿病透析予防相談実施例の傾向と実施後の効果に関して検証を行 う 方法 当院において行った糖尿病透析予防相談を行った9名および 年後の経過が追えた8症例を対象に調査を行った 介入後年のBMI は5.3±6.5 HbAcは7.04±0.57 であり介入の効果を認めなかった 収 縮期血圧は33.7±4.3から7.9±と有意差を認めなかったが軽快傾向で あった 腎症の病期に関しては不変が5例 63 軽快が3例 38 で増 悪例はなかった さらに軽快例のうち例は3期から期であった 考察 今回の検討で糖尿病透析予防指導相談での介入で患者の腎症の進行の抑 制 緩解が可能である事が示唆された 今後は症例数を増やしていくシ テムの構築と同時に糖尿病透析予防相談を受けていない症例とも比較検討 する必要があると考えられる III P 95 当院の透析予防指導の実態 橋本 佳明 二村 梓 泉 綾子 岡田 佳子 森 美枝子3 井上ゆみ子3 加藤 牧子3 得尾亜貴子4 上尾中央総合病院生活習慣病セン 上尾中央総合病院栄養科 上尾中央総合病 院看護部3 上尾中央総合病院医療情報管理課4 目的 4時間蓄尿検査によって食事療法の実行度を検証した 方法 対 象は透析予防指導後半年以上たって4時間蓄尿検査を行った腎症3期と4期 の男性34名 女性4名 栄養士が 食塩6g 未満 たんぱく質0.8g kg 標準体重 の指導を さらに高カリウム K 血症がある場合には.5g 未満のK摂取制限も指導した 男性と女性の平均食塩摂取量 は それぞれ3.3g.6g 6g 未満率は8.8 0 で たんぱく質 kg 標準 体重 は.0g.0g たんぱく質0.8g kg 標準体重 以下率は であった K制限指導有群 5名 と無群 33名 の尿中K は.88g.88 gで両群間に差が認められなかった 結論 食事指導後半年以上たつと男 女とも食塩 たんぱく質 K摂取制限を実行できていないことが判明し た 定期的に実行度を確認しながら 個人に合った食事指導をしていく必 要がある III P 9 糖尿病透析予防指導の尿中アルブミン排泄に対する効果と その要因 渡邊 薫子 田中 順也 林 佑紀 前田 文 藤澤 智巳3 地方独立行政法人堺市立病院機構市立堺病院栄養管理科 地方独立行政法人堺市立 病院機構市立堺病院看護部 地方独立行政法人堺市立病院機構市立堺病院腎代謝免 疫内科3 目的 糖尿病透析予防指導の尿中アルブミン排泄 UAE に対する効果 とその要因について検証した 方法 当院糖尿病外来通院中の糖尿病性腎 症 4期の患者で03年月 04年8月に糖尿病透析予防指導を受けた患 者 介入群N 43 と同時期に通院していたが指導を受けなかった患者 対 照群N 53 を対象に指導前後3ヶ月の体重 HbAc 平均血圧 尿中Na CRE UAEを検討した 指導3ヵ月後 体重 平均血圧 尿中Na CREは両群とも変化なし 介入群ではHbAc p 0.0 UAE p 0.00 に有意の変化を認めたが対照群では認めなかった 介入群ではUAE変化率 は尿中Na CRE変化率と相関 r 0.4 p 0.0 を認めた 総括 糖尿 病透析予防指導は尿中アルブミン排泄の低下に効果があり その効果の要 因として特に塩分摂取の減少が関与することが示唆された 井上貴美子 薬師神江利 酒井 武則 此上 保美3 谷本千鶴子3 河野 早紀4 橋本 妙子5 市立八幡浜総合病院栄養療法科 内科 看護部3 臨床病理科4 地域医療連携室5 目的 当院の糖尿病透析予防指導の実態と指導の成果について検討する 方法 平成4年に糖尿病透析予防指導管理料の算定を開始してから半年以 上が経過している糖尿病患者80例 男00例 年齢7.6±0.6歳 糖尿病罹 病期間7.5±9.8年 指導回数5.7±4.3回 指導開始からの経過8.5±8.0ヶ月 を対象に 指導前後のΔeGFRとHbAc egfr 推定塩分摂取量を比較し た 対象の腎症病期は期59名 3a期47名 3b期5 4期名で 指 導前後でHbAc 7.3±. vs 7.±.0 egfr ml min.73m 5.3± 0.6 vs 49.7±0.4 推定塩分摂取量 g 9.0±.7 vs 9.±.7と悪化はなく 維持されていたが ΔeGFRは指導前後で.59±6.4 vs.0±0.と有意に 改善されていた 結論 積極的な介入で腎症の進展を遅らせる事が可能で ある III P 96 小児糖尿病患児に対するサマキャンプによる療養行動変 化に関する考察 木下茂奈美 好川有希子 成宮 学 独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院看護部 独立行政法人国立病院機構西埼 玉中央病院内分泌代謝内科 サマキャンプを通し 大腿部以外の部位にインリン注射ができなかっ た患児の療養行動の変化を経験したので報告する 患児は他の部位への注射に対して恐怖心を抱えていた そこで 他の患児 の注射場面を見学させ実際の過程を想像させた また 痛みが軽減する方 法を提案した上で注射部位を本人に選択させた さらに 同年代同士で声 をかけあい 一緒に同じ部位に注射をしたり 他の患児と成功体験を相互 に褒めあったりするように働きかけた その結果 他の部位にも注射を行 うことが出来るようになった これらのケアによって 恐怖心が和らぎ行 動変容に繋がったと考える サマキャンプでは 同じ糖尿病の患児達が 主体的かつ相互的に取り組み 困難を乗り越えたという達成感や満足感な どのジティブなイメジをもつことができるように 医療者は環境を整 え 調整することが重要であると示唆された S 4

13 III P 97 III P 0 糖尿病が恥ずかしい の発言から行動変容に至るまで 高橋 朋美 田中 悦子 松浦 美輪 西山須美子 竹内 健人3 原 賢太3 西山 勝人4 安友 佳朗4 横野 浩一4 北播磨総合医療セン看護部 北播磨総合医療セン栄養管理室 北播磨総合 医療セン糖尿病 内分泌内科3 北播磨総合医療セン内科 老年内科4 症例は30歳代の妊娠希望の女性 6歳でミトコンドリア糖尿病を発症しイ ンリン治療中である 介入時 通院の継続が精一杯な心理状態であったため 主治医や管理栄養 士と協働し患者の言動を否定せず関わるよう統一した 患者の訴えと療養 行動が一致しないため支援に難渋したが 患者に寄り添うように関わるこ とで信頼関係が構築でき 糖尿病が恥ずかしい という感情の表出に繋がっ た このことが病気を発症してからの軌跡を語るきっかけとなった その結果 過去の気持ちに折り合いをつけて教育入院をするという現実的な目標を達 成でき 退院後の自己管理に対する言動が変化した 患者をありのまま受 け入れ傾聴する姿勢で関わったことでエンパワメントでき 行動変容に 繋がったといえる III P 98 倉田 徹 永田 景子 開 弘美 藤田由紀江 荻野 博美 吉澤 都 家城 恭彦 黒部市民病院 はじめに 治療中断は若年者で多い報告もあり重症化予防の点からもより 一層中断させない取り組みが必要となっている 今回は主治医を中心とし た糖尿病診療チムで支えてきた一症例について報告する 症例 6歳女性 H3.4 口渇 多尿 倦怠感のため近医を受診 血糖475 mg dl HbAc を指摘され当院へ紹介され入院となった 様々な問題 を抱えており再診時だけでなく電話やメルで患者や家族の声を傾聴し 逐一主治医に上申しながら指示を仰ぎ治療中断しないよう努めてきた 考察 糖尿病を受け入れることができない背景には様々な要因が関与して いるものと推測された それらを解決するためには 主治医を中心とした チムによるきめ細やかな対応を継続していくことが治療中断をさせず重 症化予防の上でも必要と考えられた III P 99 精神遅滞 強迫神経症を有し医療職とのトラブル歴もあ る 指導困難な独居肥満型糖尿病女性患者の継続的な療 養支援から学んだ事 大都千賀子 菅原精一郎 宮崎 亜紀 住友 秀孝 ふくしま薬局 立川相互病院 目的 精神遅滞 強迫神経症を有し医療職とのトラブル歴もある 独居肥 満型糖尿病患者に療養支援を継続する事でQOLを改善することが出来る か 症例 46歳肥満女性 型糖尿病 BMI 37.6 精神遅滞 強迫神経症 あり 生活保護受給中 母が老人ホム入居後 HbAc.4 NGSP ま で上昇 受診間隔が半年となる事あり よりよい療養指導のために信頼関 係の構築が必須と考えた 患者の変化 定期受診が可能となり 受診以 外も毎週 薬局でのエクササイズを積極的に実施 結果 考察 糖尿病患 者の行動変容には時間が必要 精神遅滞 強迫神経症を有すれば更に長い 時間が必要である 療養態度の変化を待つ根気強さ 拒絶されても寄り添 う覚悟も必要だ 一人で寂しい 孤独感を抱える糖尿病患者の治療継続に は 母のように受け止め 継続的な 他職種と連携した見守り 自立を促 す事が大切と考える III P 00 松本 清美 鈴木美華子 飯島 香織 鳩貝 友美 山本 純子 尾林 秀幸3 酒井 直4 東大宮総合病院看護科 同栄養科 同総合内科3 同総合診療科4 背景 糖尿病の治療中断はJ DOIT試験で積極的な介入により抑制できる ことが示されている 目的と方法 再開時の状況を知るため04年3月か ら糖尿病患者03人にアンケト調査を行い 認知症以外の原因で3ヶ月を 超えて中断後に受診再開した6人と継続中の97人を比較した 再開 群で有意に高かったのは医療費負担 通院困難 治療をやめても不変 納 得のいく説明 理解が得られない 年齢40 50代であった カルテでの理由 は仕事 経済的理由 介護4 血糖値安定 不明 再開時HbAcは平均± SD 0.±3.4 通院をやめようと思わない 思ったことがない 60歳以上 が中断に対して有意な負の因子であった 考察 本調査でも40 50代の仕 事 介護 経済的な問題や血糖安定が中断の主な原因であった 通院する メリットが感じられる工夫と 再中断に対するセフティネット構築が必 要と考えた III P 0 糖尿病診療チムで支えてきた思春期発症の例 患者と主治医の性格の組み合わせが糖尿病患者教育効果に 及ぼす影響 太田 友樹 大倉 毅 古志谷理恵3 吉持 智恵3 金子 周平4 加藤 雅彦 谷口 晋一5 山本 一博 島田 美樹 鳥取大学医学部附属病院薬剤部 鳥取大学医学部病態情報内科学 鳥取大学医学部附 属病院看護部3 鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座4 鳥取大学医学部地域医 療学講座5 糖尿病患者の性格と主治医の性格との組み合わせが 糖尿病教育入院後のHbA cの経過に関与するのかどうか検討した 平成4年6月から平成5年9月の期 間中に 糖尿病教育目的で入院した患者36名を対象とし 質問紙により ア ナライザ A サ S コントロラ C プロモ P の性格に患者を分類した 主治医も同様の方法で性格を分類した 結果 S の患者に対して S の主治医の場合 教育入院年後のHbAcは対象の6人 全員が7.0 以下であった S の患者に対する効果的なコミュニケション 法は 相手のペでゆっくりと リラックしてもらい意見をきき答える 時間を与える とされている 今回の結果は S の主治医の特徴 強み を発揮できたのではないかと考えている 糖尿病患者と主治医との性格には 治療効果を得るための組み合わせが存在する可能性がある 糖尿病治療中断の要因アンケト 治療再開時と治療継続 期 型糖尿病患者の血糖コントロルに関連する心理 社会 的要因 5報 家族機能による治療遵守不良の予測 高石 美樹, 佐伯 俊成3 石田 和史4 河面 智之5 山脇 成人 広島大学大学院医歯薬保健学研究院精神神経医科学 医療法人社団更生会草津病院 精神科 市立三次中央病院緩和ケア内科3 厚生連廣島総合病院糖尿病代謝内科4 医療法人一陽会原田病院糖尿病内科5 目的 治療遵守不良な型糖尿病患者の血糖コントロルにおよぼす抑う つと家族機能の影響を明らかにする 方法 型糖尿病成人患者3例とそ の家族75例を対象として 教育入院時および退院後6か月における患者の身 体的因子 患者 家族の不安と抑うつ 家族機能などを評価した 多変量解析の結果 糖尿病網膜症の病期 p.00 SDSコア p.039 介護者からみた家族機能の 行動統制 コア p.035 が 教育入院6 か月後のHbAc値と有意に正相関していた 考察 教育入院前に介護者か らみて家族内の 行動統制 がとれていないと感じているほど教育入院6か 月後の血糖コントロルが不良であったことから 家族内のルルを遵守 し家族成員が一貫した協調行動を維持できるように援助する家族介入が患 者の治療遵守に寄与する可能性が示唆された III P 03 HbAcの理解度に関する実態調査 患者の意識とHbAc の推移 小野 詠子 蜂谷 洋香 中野 聖子 岩崎紀代美 青山 雅3 社会医療法人全仁会倉敷平成病院栄養科 社会医療法人全仁会倉敷平成病院看護 部 社会医療法人全仁会倉敷生活習慣病セン3 目的 HbAcの理解度についての調査 方法 平成6年8月 9月に当院受 診した糖尿病患者に対し HbAcとは何を表すか 前回受診時の自分のHbA c値を覚えているかについて聞き取り調査を行い 性別 年齢 BMI HbA cとの関連について検討した 対象者09名 男性50名 女性59名 平均年齢65.9±3.0歳 のうち HbAcとは何を表すかについての正解者は 0名 8.3 で 不正解群と比較すると平均年齢が若く 平均BMI 平均 HbAcが低値であった 前回のHbAc値について正確に覚えていたのは34 名 3. で 覚えていなかった群に比べ今回のHbAcが改善した患者 が多かった 考察 今回の調査より HbAcについてや 自分のHbAc 値を正確に理解できている患者ほどHbAcは改善していたため HbAcに 対する正しい理解が良好な血糖コントロルに結びつくと考えられる III P 04 採血時 ミニを用いたワンイント糖尿病療養指 導の試み 久保 純子 堤 浩子 田中 綾子 吉岡 敬治 吉岡内科クリニック 目的 糖尿病療養ミニを用い 採血時ワンイント療養指導の有 用性を検討 方法 糖尿病患者57名 平均年齢6.歳 平均糖尿病歴3.7 年 を対象に採血時 糖尿病療養ミニを0項目掲示し説明と指導 を行いアンケト調査を実施 の見やすさ 理解しやすさ 役立ち度 療養指導後の実践度は8 9 と高く による指導と 動機づけに有用であった 興味のもてた項目の内 炭水化物の摂り方 が 位 フットケア が位 3位の 歯周病 への関心が高かった また 熱中症やインフルエンザ対策など季節毎の身近なテマの指導が有 用であった 結論 ミニによる採血時ワンイント療養指導は 患者とのコミュニケションの架け橋となり 糖尿病療養に関する認識を 個別に修正でき更に動機づけ 行動変容に導くのに有用である S 4

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

第43号(2013.5)

第43号(2013.5) 第43号 MAY 22, 2013 長寿医療研究センター病院レター 高齢者の臨床検査について はじめに 高齢者では 生来健康で壮健な方から大病を克服しながら齢を 重ねた方まで その年齢に至るまでの人生は当に百人百様 検査 成績にも当然ながら個人差が見られます 一方 検査結果の受け 止め方もそれぞれ異なります 私ども医療従事者には 臨床検査 の実施や結果の説明において 個々の考え方を尊重しつつ 真 に相対することが求められています

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

タイトル 著者 引用 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 : 国立大学病院と公立大学病院の比較須藤, 絢子 ; Sudo, Ayako 北海学園大学大学院経営学研究科研究論集 (14): 29-40 発行日 2016-03 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 須藤) 表 2-2 属 性 性別 項 35 立大学病院の手術室看護師における属性 11項目と尺度との比較 目

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例 日血外会誌 4巻1号 106 7 T -{コーー 症例1 {mafd )3s W 一一 一 症例2 一 症例3 血清尿素窒素値 j面 I一 25 一正常上限 15 一正常下限 珊 5 術前 5 15 10 X 25 術後日数 ' 血清クレアチニン値 (mg^i)2 辰匯j 正常上限 1 正常下限 0 術前 5 10 15 X S 術後日数 萌[41 図3 術前後の血清尿素窒素値とクレアチニン値の変動

More information

PT51_p69_77.indd

PT51_p69_77.indd 臨床講座 特発性血小板減少性紫斑病 ITP の登場によりその危険性は下がりました また これまで 1 ヘリコバクター ピロリの除菌療法 治療の中心はステロイドであり 糖尿病 不眠症 胃炎 ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 は 胃炎や胃 十二指 満月様顔貌と肥満などに悩む患者が多かったのですが 腸潰瘍に深く関わっています ピロリ菌除菌療法により約 受容体作動薬によりステロイドの減量 6 割の患者で 血小板数が

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63>

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63> 2 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究 研究者 ( 代表者 ) 清水聡小川赤十字病院内科部長 宮崎大学医学部社会医学講座公衆衛生学分野大学院生 -85- 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究小川赤十字病院清水聡 要旨 中小事業所では 交代制勤務者 ( シフトワーカー ) が数多く それらは 睡眠障害のみならず 高血圧症等心血管系の問題を抱えていることが多い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 33 回長崎県糖尿病治療研究会 症例検討会 使用したスライドは近日中に研究会の HP へ掲載いたします http://www.mh.nagasaki-u.ac.jp/ndmm/ 症例 48 歳 男性 2 型糖尿病 不安障害 高血圧 痛風 脂質異常症 生活歴 : アルコール (-) 喫煙 (-) 現病歴 : 平成 20 年に高血圧で初診 この時の体重 88kg HbA1c 5.9% その後 不安症状やストレスで過食となり心療内科受診

More information

95_財団ニュース.indd

95_財団ニュース.indd NO. 95 平成 21 年 7 月 1 日発行 No.95 日本リウマチ財団ニュース 表 1 ACR-EULAR 関節リウマチ診断基準 分類基準 試案 eular 2009, 岡田正人 訳 上を診断とするかはこれから決 score 0 22 34 定され また この項目と点数 0 6 印象も受けるが 時代とともに PIP,MCP,MTP, 手関節 4箇所以上非対称性 4箇所以上対称性 10

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

kainoki26_A4タイプ

kainoki26_A4タイプ 2013 vol.26 快正適しない夏知時識間でを 夏体調管理の 03 04 05 vol.11 06 1 2 3 4 1 2 4 3 1 2 3 5 6 7 10 1 2 3 5 6 7 10 07 坂 戸 中 央 健 康 管 理センター か ら のご 案 内 平成25年度 特定健診 国保 について メタボリックシンドロームを予防 解消し 生活習慣病を予防しましょう メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満に加え

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

Power Point用 スライドマスタテンプレート

Power Point用 スライドマスタテンプレート 平成 22 年度肝炎 免疫センター看護師研修会 看護師による肝疾患ワーキング グループの活動報告 山口大学医学部附属病院 邑田真紀子 平成 22 年 12 月 10 日 ( 金 ) 理念 目的 病床数 736 床看護職員約 700 名 1. 患者の立場に立った全人的医療を実施する 2. 将来を担う医療人を育成する 3. 世界に発信する高度先進医療を推進する 4. 地域医療を発展させる 看護部の理念

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 (ICD10: C81 85, C96 ICD O M: 9590 9729, 9750 9759) 治癒モデルの推定結果が不安定であったため 治癒モデルの結果を示していない 203 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 71 68 50 53 52 45 47 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 43 38 41 76

More information

下痢 消化管粘膜が損傷をうけるために起こります 好中球 白血球 減少による感 染が原因の場合もあります セルフケアのポイント 症状を和らげる 下痢になると 体の水分と電解質 ミネラル が失われるので ミネラルバ ランスのとれたスポーツドリンクなどで十分補うようにしましょう 冷えすぎた飲み物は 下痢を悪化させることがあるので控えましょう おなかが冷えないよう腹部の保温を心がけましょう 下痢のひどいときは

More information

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め 1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP 125 6 7 alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O 7 137 DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認められない PAIgG 177 3ng 107 cell meq 1 砂糖水試験 一 Fe 236 μg

More information

説明書

説明書 説明書 研究課題 2 型糖尿病患者の歯周治療による血糖改善効果 にご協力ください 2 型糖尿病とは 1 インスリンの出る量が少なくなって起こる病気 2 肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる ( インスリンの働きが悪い ) ために ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる病気 インスリンとはからだの中で唯一血糖を下げるホルモンで 食後に血糖が上がらないように 調節するはたらきがあります

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

Microsoft Word - sa_niflec_ doc

Microsoft Word - sa_niflec_ doc 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい 効能又は効果 用法及び用量 使用上の注意改訂のお知らせ 経口腸管洗浄剤 発売 2009 年 4 月 製造販売 この度 経口腸管洗浄剤ニフレック 内用において 効能又は効果 用法及び用量 の追加承認を取得したことに伴い 添付文書を以下のとおり改訂致しましたのでご案内申し上げます 今後のご使用につきましては 下記内容をご参照下さいますようお願い申し上げます

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い 患者さんの状態が良くないことが多い上に 吸入薬を中心に 指導が煩雑である から 小児科門前薬局 吸入薬の手

Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い 患者さんの状態が良くないことが多い上に 吸入薬を中心に 指導が煩雑である から 小児科門前薬局 吸入薬の手 薬局繁忙期 まもなく到来! 秋 冬 に役立つ 指導箋 のご紹介 管理薬剤師 200名に聞いた 秋冬の時期に服薬指導が大変な 疾患疾病ランキングをご紹介 秋冬の時期に活用している指導箋を アンケートよりご紹介 Q2 なぜ上記の疾患について服薬指導が大変だと思いますか インフル エンザ その場で吸入をしてもらったほうがいいけれど 時間がかかるのと 熱でぼーっ 一般内科門前薬局 としていると 理解が薄い

More information

卸-11-2.indd

卸-11-2.indd Q ①国家備蓄に関し およそこの10年 緊急にワク No.1450 コレラワクチンの販売中止について 2009年10月 チンを接種したケースがない ②現在のコレラの治療方針について 基本的には 経口または点滴で水分と電解質を補い 並行し て抗生物質による抗菌治療を実施するとされて コレラワクチンは コレラ菌による急性感染性 おり 以上の併用治療により 大体死亡率は 腸炎であるコレラの予防に用いるもので

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します 内容 講師 回生病院 医師 桑島正道先生 あなたやご家族の健康を守るため 正しい知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へお越しください 血糖が高い状態が続くと全身の血管を傷めます 無症状だか らと放置していると 心筋梗塞や脳梗塞 失明 透析 足の切 断などの合併症を引き起こしてしまいます

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

讐讐禦汀を活用した療養支援法の開発と利旧H 8 30 9 06 座長 峯石裕之 松江医療センタ 1 筋ジストロフイ 病棟患者におけるソ シャルネットワ キングサ ビス SNS 2 各施設の筋ジストロフィー患者のインターネット IT利用の活用に関する具体 小関 敦 がもたらす効用に関する研究 奥野信也 的事例調査 多施設協働研究 3 ipadを使用した行事活動について 第2報 4 高齢 重症化する患者へのPC支援内容の検討

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

日本糖尿病学会誌第57巻臨時増刊号

日本糖尿病学会誌第57巻臨時増刊号 I P 型糖尿病におけるインリンデグルデクの有効性につい ての検討 田村 遥 山川 正 渡辺 宏美 千葉ゆかり 鈴木 淳 永倉 穣 重松絵理奈 寺内 康夫 横浜市立大学附属市民総合医療セン内分泌糖尿病内科 横浜市立大学大学院医 学研究科分子内分泌 糖尿病内科学 目的 型糖尿病患者におけるインリンデグルデクの有効性を検討す る 方法 外来通院中のインリン使用中の型糖尿病例に対し 既存 の基礎インリンからIDegに変更し

More information

P01-16

P01-16 はじめに 名と栄養士1名が働 臨床栄養マネジメント室には 管理栄養士 いています 当財団内の芦ノ牧温 泉病院 介護老人保健施設エミネ ンス芦ノ牧 竹田指定居宅介護支 援事業所へは当室の管理栄養士が 出向しています それぞれの施設 で治療の一つとして必要な食事療 法の説明や 食欲や食事量が低下 しやすい高齢の方 疾患を持つ方 の食事を個別に調整し より良い 栄 養 状 態 と す る た め の 栄

More information

表紙69-5,6_v10.eps

表紙69-5,6_v10.eps 2 1 6 宇佐美 眞 他 に対応する管理を行う3 4 癌と栄養代謝 悪液質 cachexia とその前段階の前悪液質 precachexia は 図2に示す体重減少と BMI の変化 サルコペニア の有無 食欲不振と代謝変化によって定義されている3 悪液質は 腫瘍の種類と存在部位により極めて多様な 病態を呈するが その病態は図3の様に 代謝変化臓器 として骨格筋減少 サルコペニア が中心におかれて理

More information

資料3-2-5「光学的血糖値測定システムを応用した埋込み型イン…

資料3-2-5「光学的血糖値測定システムを応用した埋込み型イン… 3-2-5 1 制度名 産業科学技術研究開発制度 事業名 医療福祉機器技術研究開発 連続的に測定された血糖値をもとに Closed Loop 制御でインス リンを門脈に注入することで 厳格な血糖値管理を行いうる体 内埋込み型人工膵臓の実現をめざし 非観血的 非侵襲で即時 測定を連続的に可能にする光学的血糖値測定システム および 生体適合機能を有し 糖尿病患者の体内で長期的に安定動作す る体内埋込み型インスリン注入システムを開発する

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

H26大腸がん

H26大腸がん 2 3 6 8 9 11 12 24 27.8% 8.0% 46.1% で行っています 緊急を要する場合や他の疾患により全身麻酔に制約がある場合以外は ほと んどの症例が腹腔鏡手術です 手術器械の進歩なくして腹腔鏡手術の普及はあり得ず そのお かげで手技も安定してきています そして明らかに術後の患者さんは楽に過ごされているよう に見えます 表情もよく 早期離床をして 経口摂取も順調です

More information

+ 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に 関東甲信越ブロックの 造血細胞移植に携わる医師 歯科医師 看護師 管理栄養士を対象に 管理栄養士が同種移植患 者に関わる上での有

+ 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に 関東甲信越ブロックの 造血細胞移植に携わる医師 歯科医師 看護師 管理栄養士を対象に 管理栄養士が同種移植患 者に関わる上での有 + 厚生労働省 造血幹細胞移植医療体制整備事業 第3回東海大学医学部付属病院造血幹細胞移植推進拠点病院関東甲信越ブロックセミナー 第1回造血幹細胞移植患者の味覚障害と栄養管理セミナー 2016年6月11日 TKP新宿ビジネスセンター スカイ会議室B + 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人 造影剤使用に関するアンケート調査 集計報告 2015.7.21 日本医学放射線学会造影剤安全性委員会 ヨードおよびガドリニウム造影剤の安全使用に関して 国内における使用実態を調査するために 2015 年 2 月に 全国の総合修練施設 191 施設 修練施設 521 施設 特殊修練施設 13 施設 計 724 施設にアンケート回答を要請いたしました 計 329 施設から回答を得ましたので ( 回答率

More information

背景及び趣旨 我が国は国民皆保険のもと世界最長の平均寿命や高い保健医療水準を達成してきた しかし 急速な少子高齢化や国民の意識変化などにより大きな環境変化に直面しており 医療制度を持続可能なものにするために その構造改革が急務となっている このような状況に対応するため 高齢者の医療の確保に関する法律

背景及び趣旨 我が国は国民皆保険のもと世界最長の平均寿命や高い保健医療水準を達成してきた しかし 急速な少子高齢化や国民の意識変化などにより大きな環境変化に直面しており 医療制度を持続可能なものにするために その構造改革が急務となっている このような状況に対応するため 高齢者の医療の確保に関する法律 第 2 期特定健康診査 特定保健指導等実施計画 音羽健康保険組合 平成 25 年 4 月 背景及び趣旨 我が国は国民皆保険のもと世界最長の平均寿命や高い保健医療水準を達成してきた しかし 急速な少子高齢化や国民の意識変化などにより大きな環境変化に直面しており 医療制度を持続可能なものにするために その構造改革が急務となっている このような状況に対応するため 高齢者の医療の確保に関する法律に基づいて

More information

臨床No208-cs4作成_.indd

臨床No208-cs4作成_.indd 55 56 57 58 59 臨床核医学 問題14 甲状腺癌の131I 治療において誤ってい るのはどれか 1つ選べ a 1回の投与量は3,700 7,400 MBq が一般的 である b 前処置として甲状腺ホルモン薬 FT3 の投 与は4週間以上前より中止し FT4は2週 間前までに中止する c 放射性ヨード投与時には 血清 TSH 値が30 μiu/ml 以上であることが望ましい d 131 I

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 図 1 基準範囲の考え方 2

STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 図 1 基準範囲の考え方 2 STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 100 5 図 1 基準範囲の考え方 2 STEP 1 血算 2 押さえておきたい検査の特徴 1 血算 項目略称基準範囲 白血球数 (white blood cell count) WBC 3.3 ~ 8.6 10 3 /μl 好中球数 (neutrophil) Neut 40.0

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) β β β β β β β β β β シンポジウム 1 創薬物語 科学者としての喜びの瞬間 4 レボフロキサシンに至る創薬研究 よりよい薬を求めて 第一三共株式会社 研究開発本部 研究開発企画部 早川勇夫 レボフロキサシン クラビット 1 は 1993 年上市された世界初の光学活性のニューキノロン系抗菌薬 以 下 ニューキノロンと略 である 1 は 1985 年に上市されたラセミ体のオフロキサシン

More information

28年版 こくほのしおり.indd

28年版 こくほのしおり.indd 医療費等の動向 医療費を大切に 国保の医療費は 高度医療技術の進歩や疾病構造の変化 などに伴い年々増加しています このままの勢いで医療費が増え続けると 国保財政はさ らに圧迫され 保険税の値上げなどでわたしたちの負担が ますます大きくなってきます わたしたちが日頃から自分の健康管理に留意し 健康で 明るい生活を送ることが 医療費の節減や保険税負担の軽 減につながることになります 大分市の保険税と医療費の動き

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

名称未設定-2

名称未設定-2 Friends 高血糖 が続くと 体にどんな影響が出るの 糖尿病の合併症 網膜症 脳梗塞 血糖値が高い状態が続くと 体中の血管や神経がダメージを 受け じわじわと障害されていきます 神経障害 網膜症 腎症 といった細小血管障害は 糖尿病の三大合併症としてもよく 知られています 血管が傷ついたり詰まりやすくなったりして 歯周病 狭 心 症 心筋梗塞 動脈硬化が進行するため 心筋梗塞や脳梗塞などの大血管

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

untitled

untitled 第 4 章 2 項体で感じて楽しむ ( 活動プログラム ) 1 富士山における新たな登山 散策の方向性 山本清龍 *1 櫻井倫 *1 *1 藤原章雄 *1 東京大学大学院農学生命科学研究科助教 キーワード : 富士登山 森林散策 期待 満足 カロリー消費 POMS 環境配慮意識 背景富士登山では登頂や御来光など目的となる行為が頂上付目的近に集中しているため 自然環境への負荷だけでなく混雑などの問題が生じており

More information

家政_08紀要48号_人文&社会 横組

家政_08紀要48号_人文&社会 横組 48 2008 1 2005 2006 1 2007 4 5 6 5 1-71 - 2 自閉症 傾向 軽度知的障害児の母親の主観的困難 たいへんさ と当事者による対処戦略に関する研究 1. 子どもの障害について知らされる 表1 個別での聞き取り回答者の属性 2. 子どもの障害を理解する 子どもの障害 年齢 性別 ケース 母親の年齢 1 43歳 知的障害 自閉症傾向 愛の手帳2度 18歳 男性 2 46歳

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール 日本小児科学会推奨の予防接種スケジュールの主な変更点 2012 年 4 月 20 日 1) ヒブワクチン ヒブワクチンの追加接種 (4) に関して 添付文書上は 3 からおおむね 1 年あけるとありますが 追加接種による効果は 早期に得られるべきであると 考えます したがって 4 は 12 から接種することで適切な免疫が早期にえられる という 1 文を加えました 2) ワクチン 5 価ワクチンのスケジュールを加えました

More information

161013_pamph_hp

161013_pamph_hp H I V / エイズ の 基礎知識 公 益 財 団 法 人 エイズ 予 防 財 団 もくじ H I V / エ イズ の 理 解と早 期 検 査 1981年に新しい病気として登場した も よその国の病気でもなく 日本でも HIV感染症は 瞬く間に世界中に広が 誰もがかかり得る感染症です しかし りました それから30数年 素晴らしい HIVの感染経路は限られていますので 治療法 ART が確立され

More information

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は,

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は, Title 姿勢変化による腹部脂肪厚の変化 Author(s) 中原, 五十鈴 Citation 文化女子大学紀要. 服装学 生活造形学研究 25(1994-01) pp.67-78 Issue Date 1994-01-31 URL http://hdl.handle.net/10457/2218 Rights http://dspace.bunka.ac.jp/dspace で は, 前面において約

More information

はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが

はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが 大腸がん術後連携パス 大阪市立総合医療センター 大阪府がん診療連携協議会 はじめに 連携パス とは 地域のと大阪市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は総合医療センターが行いますので ちょっとしたケガや日常の相談は

More information

rihabili_1213.pdf

rihabili_1213.pdf Ⅰ 総 論 A モデル システム開発の研究検証結果より 九州労災病院 勤労者予防医療センター 豊永 敏宏 1 再就労とリハビリテーション 発症前に就業していた障害者の最大の QOL 生活の質 の獲得は再就労である そして それを支援するのが 障害者の QOL 向上を目的とするリハビリテーション医学である 図 1 リハビリテーション医学とは 日本リハビリテーション医学会作成 解説 脳卒中で緊急入院し

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します あなたやご家族の健康を守るため 正しい 知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へ お越しください 講師 滝宮総合病院 医師 渡邉佳樹先生 内容 腎臓の病気は自覚症状がないまま静かに進行することが多く 健診を受け ていないとむくみや疲れやすさを感じて受診した時には 透析一歩手前 と 言う可能性もあります

More information

肥満と栄養cs2-修正戻#20748.indd

肥満と栄養cs2-修正戻#20748.indd 肥満と栄養について 考える 財団法人 日本食肉消費総合センター 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 第 2 章 肥満対策 痩せ対策への取り組み 図 1 高齢者の日常生活活動能力とPEM の出現状況 厚生省 現厚生労働省 高齢者の栄養管理サービスに関する研究 70 60 60 63 55 54 50 男性 1109名 女性 1361名 53 45 40 40 37 32

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

64 は認められなかった 術前に施行したIVIgの効 きた 特に 小児例では血漿交換は肉体的侵襲が 果が明らかでなかったため 2月20日より単純血 大きく Blood Accessも難iしいことから1 IVIg 漿交換を施行した 第1回施行直後より 開瞼3 mmまで可能となり 眼球運動も改善 3回目終了 が推奨されてきている11 12 後より水分経口摂取開始 4回目終了後には人工 呼吸器から離脱が可能となり著明な改善効果を認

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で 151 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 82 76 79 61 60 53 52 51 46 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 44 40 43 Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本でパクリタキセル カルボプラチン併用療法が標準治療となった時期と一致する 0 1 2 3 4 5

More information

Microsoft PowerPoint - ポスター最終

Microsoft PowerPoint - ポスター最終 第 10 回生物試料分析科学会関東支部学術集会 テ ー マ : 糖尿病を考える ~ 検査から療養指導まで~ 会 期 : 平成 23 年 7 月 9 日 ( 土 )14:00~18:00 会 場 : 大宮ソニックシティ第一集会室 ( 市民ホール401) 集 会 長 : 鈴木優治 ( 埼玉県立大学保健医療福祉学部 ) 参 加 費 :2,000 円 ( 学生は無料 ) プログラム 1. 糖尿病関連検査の測定法について

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関 Title 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 大西, 正俊 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120523 Right Type Thesis or Dissertation

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

乳がん術後連携パス

乳がん術後連携パス 私の治療カルテ 大腸連携パス ( 術後フォローアップ ) 堺市立総合医療センター はじめに 連携パス とは 地域のと堺市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と堺市立総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は堺市立総合医療センターが行いますので

More information

Epilepsy2015

Epilepsy2015 Key Concepts 1. 患者個々の治療のゴールをできるだけ早く設定 てんかんの薬物治療 薬物治療学 小川竜一 か または他の抗てんかん薬へ切り替える 第一 選択薬とは異なる作用機序の薬物 3. 年齢や合併症 服薬コンプライアンスなどの基本 情報も抗てんかん薬の選択に影響 2. 抗てんかん薬の投与が中止できる患者も存在する 決定する必要がある 50%~70%は単剤で管理でき る 2 慢性の脳の病気

More information

1508目次.indd

1508目次.indd 成人の溶連菌感染の診断 國島広之 成人の溶連菌感染の診断についてご教示ください 日常診療において 成人で咽頭痛 扁桃に膿栓 高熱を認める場合があります 1. 成人における溶連菌感染の頻度 2. 感染の迅速診断キットの有用性 3. 成人においても治療はペニシリンの10 日間服用が基本処方でしょうか 4. センタースコアは 成人にも適応できますか 國島 5 15% 10% 5 15% 國島 59

More information

健康だより Vol.71(夏号)

健康だより Vol.71(夏号) 亡率が減少傾向にあるものの 日本では依然として上昇傾向が 続いています いまや 人に1 2,000 す 乳がんは 内臓や骨にで きるがんと違い身体の表面であ る乳房にできるので ご自身で 触診することで発見できる可能 性がある数少ないがんです 触 診でしこりを見つけるヒントと しては メロンパンを押すと中 ない乳房腫瘤です 一部の乳が 状のうち 以上は痛みを伴わ 性化したものです 乳がんの症 の通り道である乳管の細胞が悪

More information

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章 3-1 応急手当の原則 傷病者が発生した場合 その場に居合わせた人 ( バイスタンダーという ) が応急手当を行えば救命効果の向上や 治療の経過にも良い影響を与えることは医学的にも明らかになっている 災害時等 緊急の事態において適切な応急手当を実施するために 日頃から応急手当の技術と知識を身に付けておく必要がある 応急手当の 的救 命 止 苦痛の ー ーの救命 36 三章適切な応急手当と 3-2 手当の基本

More information

広報誌みなと No.37

広報誌みなと No.37 TAKE FREE 新潟臨港病院広報誌 新 ご自由にお持ちください No. 37 Spring 2014.4 Niigata Rinko Hospital 信濃川やすらぎ堤の桜と萬代橋 新潟市中央区 撮影 霜鳥 孝 顧問 Contents お 知らせ 新 年 度 新 入 職 員自己 紹 介 消費税率改定に伴う各種料金変更について 4月1日より医療保険が適用とならない各種料金につきまして ドクターズメモ

More information

改訂内容 ( 部追加 改訂 部削除 ) ビ シフロール 錠, ミラペックス LA 錠 共通 改 訂 後 改 訂 前 2. 重要な基本的注意 2. 重要な基本的注意 (5) レボドパ又はドパミン受容体作動薬の投与により 病的賭博 ( 個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず 持続的に

改訂内容 ( 部追加 改訂 部削除 ) ビ シフロール 錠, ミラペックス LA 錠 共通 改 訂 後 改 訂 前 2. 重要な基本的注意 2. 重要な基本的注意 (5) レボドパ又はドパミン受容体作動薬の投与により 病的賭博 ( 個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず 持続的に 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください 使用上の注意改訂のお知らせ 2013 年 8 月日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 ドパミン作動性パーキンソン病治療剤レストレスレッグス症候群治療剤注 ) 劇薬 処方せん医薬品 ( プラミペキソール塩酸塩水和物製剤 ) ドパミン作動性パーキンソン病治療徐放性製剤注 ) 劇薬 処方せん医薬品 ( プラミペキソール塩酸塩水和物徐放錠 ) 注

More information

5 割以上の人が年末年始で太ったことを実感 太ったパーツはお腹が最多で平均 2.09kg 増加 年末年始に調査した結果 太ったと実感している人は全体の 52.8% 太ったと感じているパーツは お腹 (92.9%) が最も多く 次いで顔 (25.4%) が多く挙げられました 増加した体重の平均は 2.

5 割以上の人が年末年始で太ったことを実感 太ったパーツはお腹が最多で平均 2.09kg 増加 年末年始に調査した結果 太ったと実感している人は全体の 52.8% 太ったと感じているパーツは お腹 (92.9%) が最も多く 次いで顔 (25.4%) が多く挙げられました 増加した体重の平均は 2. 各位 2016 年 2 月 3 日 健康コーポレーション株式会社 RIZAP 株式会社による < 正月太りとダイエットに関する調査 > TOPIC1: 発覚!? 太った実感を持つ人が最も気にしたパーツは? TOPIC2: ダイエット経験者の約 6 割がリバウンド! 今 ダイエット願望を持つ人も知らぬ間にリバウンド予備軍!? 専門家が指南 リバウンドしない正月太り解消のポイントは? 当社子会社である

More information

0゚

0゚ 患者さん向けガイド ミリオペン の正しい使 い方 のご利用方法 表面 ミリオペン の正しい使い方 を患者さんに有効活用していただくために 指導 していただきたいポイントをご紹介します 私が使うインスリン の見分け方を色で紹介 しています 月 インスリン 㾎 の色 このマークのついているは 注射前に均一に混ぜる動作が必要です 本体 注入ボタン ン 白 うぐいす インスリン グラルギン BS注ミリオペン

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 糖 尿 病 の 検 査 次 の 質 問 に 答 えてみてください 1. 血 糖 の 基 準 値 を 知 っていますか? (1 はい 2 いいえ) 2.ヘモグロビンA1cはどの 程 度 の 期 間 の 血 糖 値 の 平 均 を あらわす 指 標 ですか? (1 2~3 日 前 2 1~2 週 間 前 3 1~2カ 月 前 ) 3. 糖 尿 病 の 診 断 に 用 いるヘモグロビンA1cの 値 は?

More information

1 2015 Jan. No.599 http://www.saitama-ctv-kyosai.net 任意継続組合員 被扶養者 40歳 74歳 の皆さまへ 特定健診 は受けましたか 食事 運動 禁煙どれか少しでも気になることがあれば特定健診をお勧めします 特定健康診査受診券の有効期限は 平成27年3月31日です 特定健康診査 は 病気を発症する前の段階で異常を発見し 生活習慣の改善などで病気の発症や進

More information

一太郎 11/10/9/8 文書

一太郎 11/10/9/8 文書 受 付 番 号 008 香 煎 茶 の 肥 満 改 善 効 果 の 検 討 ( 二 重 盲 検 比 較 試 験 ) 研 究 実 施 計 画 書 研 究 責 任 者 : 静 岡 県 立 大 学 薬 学 部 分 子 病 態 学 講 座 静 岡 県 立 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 院 薬 食 研 究 推 進 センター 静 岡 県 立 総 合 病 院 臨 床 研 究 センター 心 血 管 臨 床 薬

More information

Module06.ec8

Module06.ec8 Module6 Module6 A 問題 一般問題 問題 1 進行がん患者のがん悪液質の病態に関係する記述として適切な組み合わせはど れか (1) 代謝異常が関与している (2) ホルモン異常が影響する (3) 頻度は10~15% である (4) サイトカインは関与しない (5) 基礎代謝率が低下しない a(1),(2),(3) b(1),(2),(5) c(1),(4),(5) d(2),(3),(4)

More information

160号1P表紙

160号1P表紙 IIZUKA HOSPITAL information magazine 飯塚病院だより 地域医療支援病院 臨床研修指定病院 地域がん診療連携拠点病院 ISO9001/14001認証取得 160 No. 2015年12月号 飯塚病院 監修の 女性向けヘルスケア情報サイト ピカラダ オープン 飯塚病院経営理念 We Deliver The Best まごころ医療 まごころサービス それが私達の目標です

More information

H1

H1 桜十字病院広報誌 August 2010 vol.4 夏号 CONTENTS vol.4 August 2010 TEL:096-378-1111 FAX:096-378-1119 URL:http://wwww.sakurajyuji.or.jp 01 夏号 02 03 04 05 06 07 08 09 News vol.2 ビビンそうめん 2 Report 4 23 5 6 キムチは効果的に乳酸菌が摂取でき

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

dockguide2016-5web.indd

dockguide2016-5web.indd 人間ドック総合ガイド大丈夫 人間ドックで健康リスクがわかっても 放置している人がほとんどです 4 4 4 再検査などちゃんと病院へ行って あなたの 大丈夫 をつくりましょう 87.8% 87.8% 3,435 1,760 1,10921.3 1312.5 1 1 1,49428.8 64612.4 68013.1 72013.9 1522.9 2635.1 1,400 87.8 19.0% 21.1%

More information

<8CBA95C4985F95B62E786477>

<8CBA95C4985F95B62E786477> プレス発表資料 平成 24 年 7 月 7 日琉球大学 玄米による抗肥満効果のメカニズム解明 玄米成分 γ- オリザノールが高脂肪食に対する好みを和らげる 益崎裕章琉球大学大学院医学研究科教授 小塚智沙代同大学院生らの研究グループは 玄米に高濃度に含まれる γ- オリザノールに抗肥満 抗糖尿病効果があることを明らかにしました γ- オリザノールは高脂肪食習慣によって脳 ( 視床下部 ) で亢進する小胞体ストレスを低下させ

More information

2 2

2 2 1 NEWS Kawara-Ban http://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/ 20153 96 CONTENTS 2 1 3 1 2 2 3 NEWS 3 Part 3 NEWS 名 大 病 院 NEWS 退職 退任の挨拶 退職の挨拶 退職の挨拶 大磯 ユタカ 祖父江 元 糖尿病 内分泌内科長 教授 長らくお世話になりま した名大病院を本年3月 末付けで定年退官するこ

More information

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 2008/3/4 http://research.netmile.co.jp/ 2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 : 750 ネットマイルでは子どものダイエットについて

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) 24 イミペネム耐性緑膿菌に対するシタフロキサシ ンの抗菌活性について 聖マリアンナ医科大学 大学 微生物学 1 福島県立医科 感染制御 臨床検査医学 2 東北大学大学院 内科病態学講座感染制御 検査診断学分野 3 竹村 弘1 寺久保繁美1 嶋田甚五郎1 金光敬二2 賀来満夫3 中島秀喜1 目的 近年カルバペネム薬耐性緑膿菌の増加が MRSA や VRE と同様に問題になっており 菌に よっては現在我が国で使用可能な抗菌薬のほとんど

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information