Microsoft Word - Hongyin2.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - Hongyin2.doc"

Transcription

1 洪吟二 李洪志 堅定 堅定 覺悟者出世為尊精修者心篤圓滿巨難之中要堅定精進之意不可轉 覚悟せし者出世して尊と為り精修者は心篤く円満成就す巨難の中堅定を要し精進の意は転ずるべからず 一九九九年五月三日 二零零四年二月修改 一九九九年五月三日 二〇〇四年二月修正 無題 無題 大法看人心世人要清醒神人鬼畜滅位置自己定 大法人心を看る世人は頭冴えるべし神 人 鬼 畜 滅位置は自己が定める 一九九九年五月三日 二零零四年二月修改 一九九九年五月三日 二〇〇四年二月修正 見真性 真性を見る 堅修大法心不動提高層次是根本考驗面前見真性功成圓滿佛道神 大法を堅く修めて心動かず次元向上するは是根本試練を面前にして真性が見ゆ功成り円満 ( 成就 ) して仏 道 神 一九九九年五月八日 一九九九年五月八日 1

2 2 心自明法度眾生師導航一帆升起億帆揚放下執著輕舟快人心凡重難過洋風雲突變天欲墜排山搗海翻惡浪堅修大法緊隨師執著太重迷方向船翻帆斷逃命去泥沙淘盡顯金光生死非是說大話能行不行見真相待到它日圓滿時真相大顯天下茫一九九九年十月十二日二零零零年五月二十二日發表心自ずから明らか法は衆生を度し師は航路を導く一つの帆昇れば億の帆揚がる執着を放下して軽舟快 ( はや ) し人心凡俗で重ければ洋を過ぐること難し風雲急変して天墜ちんとす山を排し海を搗く悪浪翻る大法を堅く修めてしっかりと師に随い執着重過ぎれば方向に迷う船翻り帆断たれ命を逃れて去り泥沙濯ぎ尽くして金光顕る生死は大言を説くに非ず能く行うか行わざるかに真象が見ゆ待ち到る他日円満の時真象大いに顕れて天下茫たり一九九九年十月十二日二〇〇〇年五月二十二日発表報應末世爛鬼多披著人皮作間隔一除盡世上擺油鍋二零零零年九月一日庚辰年八月四日報応末世爛鬼多し人の皮を被りて作す間隔を除き尽すと世上に油の鍋を並べる二〇〇〇年九月一日庚辰年八月四日

3 法網 法網 明慧救度有緣者新生可去腦中惡人民刀筆鬼生愁法輪大法是正見 明慧は有縁の者を済度し新生は脳中の悪を去る可し人民の刀筆は鬼に愁いを生ぜしめ法輪大法は是正見 二零零一年一月十七日 庚辰年十二月二十三日 二〇〇一年一月十七日 庚辰年十二月二十三日 正大穹 大穹を正す 邪惡逞幾時盡顯眾生志此劫誰在外笑看眾神癡 邪悪の逞しきは幾時までか衆生の志尽く顕れる此の劫は誰が外に在る衆神の癡なるを笑って看る 二零零一年二月十日 辛巳年正月十八日 二〇〇一年二月十日 辛巳年正月十八日 普照 普く照らす 神佛世上走邪惡心生愁亂世大法解截窒世下流 神仏世上を行く邪悪の心に愁い生ずる乱世を大法が解く世の墜落を截窒 ( ふさぎとめ ) る 二零零一年二月十七日 辛巳年正月二十五日 二〇〇一年二月十七日 辛巳年正月二十五日 3

4 除惡 除悪 車行十萬里揮劍消惡急天傾立掌擎法正去陰罹 車行きて十万里剣を揮い悪を消すこと急天傾きて掌を立てて擎え法は正しくて陰罹を去る 二零零一年二月十九日 辛巳年正月二十七日 二〇〇一年二月十九日 辛巳年正月二十七日 無 無 無無無空無東西無善無惡出了極進則可成萬萬物退去全無永是迷 無無く空無く東西無し善無く悪無く極を出る進めば則ち萬萬物と成る可し退けば全ても無く永遠の謎なり 二零零一年二月二十二日 二〇〇一年二月二十二日 留意 留意 一路征塵一路風萬惡除盡萬眾生勞心力解淵怨事難得歡心看風景 一路の征塵に一路の風萬の悪を除き尽して萬の衆が生ず心を労し力 ( つと ) めて解く淵怨の事歓心をもって風景を見るは得難し 二零零一年二月二十二日 二〇〇一年二月二十二日 4

5 行中 行中 天涯何處險一覽峽中天神仙何處尋對面不識仙 天涯何処 ( いずこ ) か険し一覧す峡中の天神仙を何処に尋ぬ対面して仙なるを不識 ( しらず ) 二零零一年二月二十二日 於美國大峽谷 二〇〇一年二月二十二日 アメリカの大峡谷にて 解大劫 大劫を解く 多少人間亂事歷經重重恩怨心惡業大無望大法盡解淵源 多々なる人間 ( じんかん ) の乱れ事重々なる恩怨を経歴す心悪しく業大にして望み無し大法尽く淵源を解く 二零零一年二月二十二日 二〇〇一年二月二十二日 得道明 得道して明らか 一朝天子一朝眾朝朝接緣把法等別管當朝緣中事圓滿回家萬事通二零零一年二月二十四日 一朝の天子に一朝の衆朝朝縁を接ぎ法を等 ( ま ) つ縁による今朝の事に管 ( かか ) わる別 ( なか ) れ円満成就となって家に回 ( もど ) れば万事通ず 二〇〇一年二月二十四日 5

6 無迷 無迷 誰是天之主層層離法徒自命主天穹歸位期已近看誰還糊塗 誰か天の主次元次元に法徒離れて自ら命じ天穹を主宰す帰位の期 ( とき ) 己に近し誰かいまだ糊塗するを看る 二零零一年三月十四日 二〇〇一年三月十四日 道中行 道中行 大道世間行救度迷中生淘去名情利何難能阻聖 大道世間を行く迷中の衆生を救済す名 情 利を淘 ( よな ) ぎ去れば何れの難能 ( よ ) く聖を阻まん 二零零一年三月十九日 二〇〇一年三月十九日 去執 執を去る 雖言修煉事得去心中執割捨非自己都是迷中癡 修煉の事言うと雖も心中の執着を去るべし自己に非 ( あらざ ) るを切り捨てそれらすべて是迷中の痴 二零零一年四月十六日 辛巳年三月二十三日 二〇〇一年四月十六日 辛巳年三月二十三日 6

7 無阻 阻む無し 修煉路不同都在大法中萬事無執著腳下路自通 修煉は路同じからず都 ( すべて ) 大法の中に在り万事執着無ければ脚下に路自ずから通ず 二零零一年四月十六日 辛巳年三月二十三日 二〇〇一年四月十六日 辛巳年三月二十三日 緣結蓮開 縁結ばれて蓮開く 風流人物今何在大法開壇相繼來歲月悠悠千百度緣結正果眾蓮開 風流人物今何 ( いずこ ) に在る大法開壇して相継いで来る歳月悠々千百度縁正果を結び衆蓮開く 二零零一年六月十九日 二〇〇一年六月十九日 漸齊 漸く斉す 惡浪翻中見霞跡各項劫數已漸齊蒼穹法正乾坤定返還世間掐蝨蟣 悪浪翻る中に霞の跡見ゆ各項の劫已に漸く斉す蒼穹法正して乾坤定まり世間に返還し虱と虱卵を掐 ( つぶ ) す 二零零一年七月十七日 二〇〇一年七月十七日 7

8 真言神佛來世間句句吐真言天地人神事真機為法傳二零零一年八月十九日 真言神仏世間に来る句句吐くは真言天地人神の事真機は法を伝える為なり二〇〇一年八月十九日 秋風涼 秋風涼し 邪惡之徒慢猖狂天地復明下沸湯拳腳難使人心動狂風引來秋更涼 邪悪之徒猖 ( たけり ) 狂ってはならん天地再び明るめば沸湯に下される拳脚は人心を動かせ難し狂風引き来る秋更に涼し 二零零一年十月二十五日 二〇〇一年十月二十五日 預 預 秋不去春已到人不信全來到天開口大地燒邪惡躲壞人逃功湧進鬼哭嚎大法徒上九霄主掌天地正人道二零零一年十二月三十日 秋去らざるに春已に到る人信ぜずも全て来到す天は口を開け大地は焼ける邪悪は躱 ( かわ ) し壊 ( あく ) 人は逃れる功は湧進し鬼は哭き吠える大法の徒九天に上り天地を主宰し人道を正す二〇〇一年十二月三十日 8

9 大道行 大道を行く 舉目望青天洪微皆是眼上下聚焦處大道行世間 目を挙げて晴天を望めば洪微皆 ( すべて ) 是眼 ( まなこ ) 上下焦点の聚 ( あつま ) る処大道世間を行く 二零零二年一月十五日 二〇〇二年一月十五日 劫黯黯陰雲幾日渾嚴寒盡逝已見春眾生醒見驚心事中原半壁覆沙塵二零零二年一月二十二日 劫黯黯たる陰雲幾日渾 ( にご ) る厳寒尽く逝きて已に春見ゆ衆生醒めて見る驚愕の事中原半ば砂塵が覆う二〇〇二年一月二十二日 掃除陰雲過風還急赤龍斬人還迷邪惡處有陰霾大法徒單掌立除餘惡正念起講真相救眾生滅惡盡掃寰宇二零零二年一月二十三日 掃除陰雲過ぎ風還 ( なお ) 急赤龍切らるるも人還 ( なお ) 迷う邪悪の処陰霾あり大法の徒掌を立て余悪を除き正念を起こす真相を講じ衆生を救う悪を滅し尽して寰宇を掃く二〇〇二年一月二十三日 9

10 必然眾惡齊下何等狂欺世大謊翻天揚戲做人丑發盡飆烘托大法後下湯二零零二年一月三十日 必然諸悪一斉に下りて 何と狂うものだろう世を欺く大嘘 天を翻して撒き散らす人世の醜悪役を為して 飆風を発し尽し大法を浮き立たせた後に 煮湯に下される二〇〇二年一月三十日 淘天傾地覆落沙塵毒害凡世幾億人慈悲救度知多少中原處處添新墳二零零二年一月三十一日 淘天傾き地覆って砂塵落つ俗世の幾億人を毒害す慈悲救済されるはどれほどいるか中原処処に新墳が添う二〇〇二年一月三十一日 大舞台人世五千載中原是戲台心癡戲中事陸離多姿彩醒來看你我戲台為法擺二零零二年二月一日 大舞台人の世五千載中原は是劇の舞台心は劇中の事に迷い込み陸離として多様多彩醒めて来たり看る汝と我舞台は法の為に擺 ( ひら ) く二〇〇二年二月一日 10

11 戲一台天作幕地是台運乾坤天地開萬古事為法來法輪轉新三才二零零二年二月五日 劇一台天は幕と作り地は是舞台乾坤を運び天地開く万古の事法の為に来る法輪転じて新たな三才二〇〇二年二月五日 精進正悟學法不怠變在其中堅信不動果正蓮成二零零二年四月六日 精進正悟学法を怠らざれば変は其の中に在り堅信して動かざれば果は正なり蓮は成る二〇〇二年四月六日 法正乾坤慈悲能溶天地春正念可救世中人二零零二年四月六日 法正乾坤慈悲は能く天地の春を溶かし正念は世中の人を救う可し二〇〇二年四月六日 大法好法輪大法好大穹法光照正法洪勢過方知無限妙法輪大法好 大法好法輪大法好大穹は法光が照らす正法の洪勢が過ぎて方 ( はじめて ) 知る無限の妙法輪大法好漸く世人の道に入る 11

12 漸入世人道眾生切莫急神佛已在笑二零零二年四月二十五日 衆生は急ぐ切莫 ( なかれ ) 神仏は已に笑っている 二〇〇二年四月二十五日 鐘樓洪聲震法界法音傳十方二零零二年五月五日 鐘楼洪声法界を震わし法音十方に伝わる二〇〇二年五月五日 鼓樓重錘之下知精進法鼓敲醒迷中人二零零二年五月五日 鼓楼重錘之下精進を知る法鼓敲いて迷いの中の人を醒ます二〇〇二年五月五日 佛法無邊香爐盡收亂法鬼寶鼎熔化不法神二零零二年五月五日 仏法無辺香炉は法を乱す鬼を収め尽くし宝鼎は不法な神を溶化す二〇〇二年五月五日 12

13 入無生之門騎虎難下虎人要與神賭惡者事幹絕堵死自生路二零零二年五月十三日 無生之門に入る騎虎しつつも虎より下り難し人が神に賭けんとす悪者事をやり尽くし自ら生路を塞ぎ切る二〇〇二年五月十三日 如來帶著如意真理來灑灑脫脫走四海法理撒遍世間道滿載眾生法船開二零零二年五月十三日 如来如意真理を帯びて来る洒脱として四海を歩む法理を世間にくまなく撒き散らし衆生を満載して法船は出帆す二〇〇二年五月十三日 正念正行大覺不畏苦意志金剛鑄生死無執著坦蕩正法路二零零二年五月二十九日 正念正行大覚は苦を畏れず意思は金剛より鋳られる生死に執着無く坦坦たり正法の路二〇〇二年五月二十九日 13

14 神路難悠悠萬世緣大法一線牽難中煉金體何故步姍姍二零零二年五月三十日 神の路難し悠々たる萬世の縁大法の一線より牽く難中に金体を煉し何故か蹣跚と歩む二〇〇二年五月三十日 正神正念正行精進不停除亂法鬼善待眾生二零零二年五月三十日 正神正念正行精進停まらず法を乱す鬼を除き衆生を善く遇す二〇〇二年五月三十日 天又清天昏昏地暗暗神雷炸陰霾散橫掃亂法爛鬼別說慈悲心淡二零零二年六月十六日寫給美國中部法會 天又清し天昏昏 地暗暗神雷炸けて陰霾 ( ばい ) 散ず法を乱す爛鬼を一掃するに慈悲の心淡きと説くなかれ二〇〇二年六月十六日米国中部法会に寄せて 14

15 震懾神筆震人妖快刀爛鬼消舊勢不敬法揮毫滅狂濤二零零二年七月二十八日 震懾神筆人妖を震わし快刀爛鬼を消す旧勢力法を敬わず揮毫して狂涛を滅す二〇〇二年七月二十八日 快講大法徒講真相口中利劍齊放揭穿爛鬼謊言抓緊救度快講二零零二年八月二十一日 快講大法の徒真相を講ず口中の利剣齊しく放つ爛鬼の謊言を暴き出し 急いで救度して速く講ず二〇〇二年八月二十一日 清醒大法徒抹去淚撒旦魔全崩潰講真相發正念揭謊言清爛鬼二零零二年九月一日 清醒大法の徒涙を拭いたまえサタンの魔全て崩潰真相を講じ正念を発し謊言を暴き爛鬼を清める二〇〇二年九月一日 15

16 誰迷細細微微一塵埃造化眾生土中埋迷中世人能得法愚狂反在塵世外二零零二年九月五日 誰か迷う細々微々たる一塵埃造化の衆生は土中に埋まる迷いの中世人能く法を得愚狂は反って塵世の外に在り二〇〇二年九月五日 網在收暴惡幾時狂秋風已見涼爛鬼心膽寒末日看絕望二零零二年九月十四日 網収めつつある暴悪幾時まで狂う秋風已に涼し爛鬼心怖がり末日に絶望を看る二〇〇二年九月十四日 還吧十年傳法大門開多少眾生進不來迷在世間忘了本狂風起時隨著壞二零零二年十二月十二日 償えよ十年伝法して大門開くどれほどの衆生入って来られず世間に迷いて本を忘れ狂風起こる時伴って壊れる二〇〇二年十二月十二日 16

17 神威塵消霧散氣漸清世人迷醒眼中驚大法洪勢漫人世再看神佛世上行二零零二年十二月廿八日壬午年十一月廿五日 神威塵消霧散して気漸く清し世人迷いより醒めて眼中驚く大法洪勢人の世に満ち溢れ再び看る神仏の世上を行くを二〇〇二年十二月二十八日壬午年十一月二十五日 圍剿天翻地覆人妖邪欺世大謊陰風切大法眾徒講真相正念法力搗妖穴二零零三年一月二十三日 圍剿 ( 包囲殲滅す ) 天地ひっくり返り人妖の邪世を欺く大嘘の陰風は切なり大法の衆徒真相を講じて正念法力妖穴を搗く二〇〇三年一月二十三日 梅元曲 梅元曲 濁世清蓮億萬梅寒風姿更翠連天雪雨神佛淚盼梅歸勿迷世中執著事堅定正念從古到今只為這一回 濁世に清蓮億万の梅寒風に姿更に青翆なり連日の雪雨は神仏の涙待ち望む梅の帰るを世中の執着事に迷う勿れ正念を堅く定め古より今まで只この一回の為なり 二零零三年一月二十八日 二〇〇三年一月二十八日 17

18 18 下塵法輪轉時必有狂國力傾盡為吾忙靜觀丑角妖戲盡只剩殘土風中揚輪迴五千雲和雨撣去封塵看短長大戲誰是風流主只為眾生來一場壬午年臘月二十九日二零零三年一月三十一日下塵法輪の転る時必ず狂有り国力を傾け尽して吾の為に忙しがる丑角の妖戯尽きるを静観し只剩る残土が風の中に揚がる輪廻五千年の雲と雨封塵を払い除けて短き長きを看る大いなる劇は誰か是風流の主只衆生の為に一場来たれり壬午年腊月二十九日二〇〇三年一月三十一日大法行宋詞法輪大法深未測成大蒼穹造眾生三字真言理白言明常人知表得厚福官吏知淺明如鏡王知理安邦治國得太平出盛世君臣正延陰福民安定五穀年年豐修者更明一朝得法入道中精進實修功法成反迫害大法行宋詞法輪大法深きこと測り知れず大いなる蒼穹を成し衆生を造る三字の真言理明白で言明晰常人それの表を知れば厚福を得官吏それの浅きを知れば明にして鏡の如し王その理を知れば安邦治国太平を得盛世が現れ君臣も正し陰福を延ばし民は安定し五穀年々豊か修者は更に明らか一朝法を得て道中に入る精進実修して功法成る

19 救度眾生神道行二零零三年三月二日癸未年正月三十日 迫害に反し衆生を救度し神の道を行く二〇〇三年三月二日癸未年正月三十日 一念中坦坦蕩蕩正大穹巨難伴我天地行成就功德腦後事正天正地正眾生真念洪願金剛志再造大洪一念中癸未年五月十三日 一念中坦坦蕩蕩として大穹を正す巨難伴って我天地を行く功徳を成就すは心にあらず天を正し地を正し衆生を正す真念洪願金剛の志大洪を再び造るは一念の中癸未年五月十三日 唐風身在此山中神思遊仙境誰是古中原不知大唐風癸未六月 唐風身は此の山中に在りて神思は仙境を遊ぶ誰か是古の中原大唐風を知らず癸未六月 19

20 看好世間雖小大穹盡照滿天是眼眾神聚焦穹蒼從組乾坤再造爾要它要可悲可笑法主正穹何物可逃二零零三年六月十九日 好く看たまえ世間小なりと雖も大穹を尽く照らす満天是 ( これ ) 眼 ( まなこ ) 衆神焦点をあてる穹蒼を重ねて組み乾坤を再び造る爾も要る彼も要る悲しむ可し笑う可し法主穹を正して何の物逃れる可し 二〇〇三年六月十九日 讀學員文章 学員の文章を読む 利筆著華章詞勁句蘊強科學滿身洞惡黨衣扒光 利筆は華章を著 ( あらわ ) し詞剄 ( つよ ) く句強みを蘊む科学は満身の洞悪党の衣は尽く剥ぎ取られる 二零零三年七月二十二日 二〇〇三年七月二十二日 亂世宋詞 乱世宋詞 中原上下五千年朝朝代代換新顏末世天無道行惡又行妖豺狼世上走亂黨妖領頭不是惡不報洪勢就來到 中原上下五千年朝朝代代新顔に換わる末世天に道無く悪を行い又妖を行う豺狼世上を走り乱党を妖が率先す悪報われずにあらず洪勢すぐに来到す 20

21 二零零三年八月一日 二〇〇三年八月一日 正法看宋詞 正法を看る宋詞 漢室天下韓信打大唐太宗朝疆大岳飛六郎保中原為了啥眾生來此要得法 漢室の天下は韓信が打ち取り大唐太宗の朝は疆大き岳飛 六郎は中原を保る何の為か衆生此に来て法を得んとす 二零零三年八月十五日 二〇〇三年八月十五日 征 征 馳騁萬里破妖陣斬盡黑手除惡神管你大霧狂風舞一路山雨洗征塵 万里馳駆して妖陣を破る 黒手を斬り尽くして悪神を除く大霧にせよ狂風舞うにせよ一路の山雨征塵を洗う 二零零三年九月二日 二〇〇三年九月二日 理智醒覺 理智醒覚 少息自省添正念 明析不足再精進 少なからずに休み自省して正念を添え 不足を明らかに分析して再び精進す 二零零三年九月四日 二〇〇三年九月四日 21

22 金剛志 金剛の志 秋高氣漸清靄靄陰霾過時日掐指算大穹去無多迷眾各逞亂巨危不知迫力挽崩裂前怎容爛鬼禍志念超金剛洪微是我做二零零三年九月四日 秋高く気漸く清し靄靄たる陰霾 ( ばい ) 過ぎ指折りて時日を算 ( かぞ ) え 大穹去るは多からず衆を迷わせて各々乱れを示し巨大危険されど緊迫を知らず炸裂す前に全力で挽回し爛鬼の禍害すを怎で容れん志念は金剛を超え洪微は是我が做す 二〇〇三年九月四日 法正一切 法は一切を正す 衝出三界外空無顯大宇法正乾坤久預歇惡又起四大已風化舊法在解體天體無限大寰體又洪極大穹已去遠主位更絢麗天性豪氣洪消磨也不去意如金剛志一統大法理 三界の外へ衝出し空無に大宇顕れる法は乾坤を正して久しく休まんとすれば悪又起こる四大は已に風化し舊法は解体しつつある天体は無限に大きく寰体は又極めて洪し大穹は已に去ること遠し主位は更に絢麗なり天性の豪気は洪し消磨しども去らず意は金剛の志の如く大法の理を一統す 二零零三年九月二十日 二〇〇三年九月二十日 22

23 龍泉寺 龍泉寺 壯麗古剎密林間晨霧繚繚起湖面樓台亭閣白雲下唐風新寺有真仙 壮麗たる古刹密林の間晨霧繚繚として湖面に起こる楼台亭閣白雲の下唐風新寺に真仙有り 二零零三年九月三十日 二〇〇三年九月三十日 大法徒宋詞 大法の徒宋詞 大法徒蒙難在中原天地無道爛鬼狂正法洪勢在眼前法正人世間 大法の徒難を蒙りて中原に在り天地は無道にして爛鬼狂う正法の洪勢眼前に在り法は人世を正す 大法徒重任擔在肩救度眾生講真相清除毒害法無邊神路不算遠 大法の徒重き任を肩に担う衆生を救度し真相を講じ毒害を清除して法は無辺神の路はさほど遠からず 二零零三年十月一日 二〇〇三年十月一日 法輪常轉 法輪常転 大法圓容乾坤正 法王慈悲造大穹 大法は圓容にして乾坤が正し 法王は慈悲にして大穹を造る 二零零三年十月三日 二〇〇三年十月三日 23

24 洪誓大願 洪誓大願 歷盡滄桑洪願了 歲月蹉跎一念中 滄桑を遍歴して洪願了す 歳月蹉跎にして一念の中 二零零三年十月七日 二〇〇三年十月七日 救大穹 大穹を救う 古今不曾有將來天地久看恆古大穹蒼誰還敢再下走 古今曾つて有らず将来天地久し恆古たる大穹蒼を看て誰か還た敢えて再び下走す 二零零三年十月十二日 二〇〇三年十月十二日 劫數元曲 劫数元曲 中原大地五千文明風浪不止西來幽靈害眾生破古風人快醒神州大法開行 中原の大地五千の文明風浪止まらず西より幽霊来たり衆生を害し古風を破る人快 ( はや ) く醒めよ神州は大法が動き出す 二零零三年十一月十一日 二〇〇三年十一月十一日 24

25 危 危 世風日下眾助流爛鬼帶頭人跟走我為世人愁人不為己憂 世の気風日ごとに下り 衆人助長す爛鬼率先して人跟いて行く我は世人の為に愁うるも人は己の為に憂れず 二零零三年十一月二十日 二〇〇三年十一月二十日 蓮元曲 蓮元曲 萬朵淨蓮我栽嚴寒傲雪齊開天晴滿園春來仙枝百態香風沁飄天外 萬輪の浄蓮を我が栽す厳寒にて雪に傲りて齊しく開く天晴れ園に満ちて春来たる仙枝百態香風沁みて天外に飄す 二零零三年十二月一日 二〇〇三年十二月一日 斷元曲 断つ元曲 修不難心難去幾多執著何時斷都知苦海總無岸意不堅關似山咋出凡 修難からず心去り難し幾多の執着は何時に断つ皆も知る苦海総て岸無しを意堅からざれば関は山に似て如何にして凡を出づ 二零零四年一月一日 二〇〇四年一月一日 25

26 香蓮淨蓮法中生慈悲散香風世上洒甘露蓮開滿天庭二零零四年元旦 香蓮浄蓮法中に生ず慈悲にして香風を散らし世上に甘露を洒ぎ蓮は開いて天庭に満つ二〇〇四年元旦 法正人間時爛鬼已滅絕黑手化膿血世人幹的事必遭惡疫虐二零零四年一月一日 法が世間を正す時爛鬼已に絶滅し黒手は膿血に化す世人幹 ( なせ ) る事必ずや悪疫の虐すに遭う二〇〇四年一月一日 蠢元曲 蠢 ( うごめ ) く元曲 狂狂狂跳上樑烏鴉遮太陽蠢惡謊大曝光忌火攻心現原象蟾蜍躥下油湯 狂 狂 狂梁の上に跳び烏鴉 ( からす ) が太陽を遮る蠢 悪 謊大いに暴かれる忌みの火心に攻り原像を現し蟾蜍は油の熱湯に跳び下りる 二零零四年一月八日 二〇〇四年一月八日 26

27 別哀身臥牢籠別傷哀正念正行有法在靜思幾多執著事了卻人心惡自敗二零零四年一月十三日 哀しむ別れ身は牢屋に臥すれど傷み哀しむ別れ正念正行して法在り静かに思う幾多の執着の事を人心を片付けば悪は自ずから敗る二〇〇四年一月十三日 腰鼓隊元曲 腰鼓隊元曲 腰鼓陣法中神法鼓聲聲都是真善忍三界除惡救世人雄姿正念震天門爛鬼哪遁 腰鼓の陣法中の神法鼓声声すべて真善忍三界で悪を除き世人を救い雄姿正念天門を震わす爛鬼何処に遁す 二零零四年一月二十二日 二〇〇四年一月二十二日 難千辛萬苦十五秋誰知正法苦與愁只為眾生能得救不出洪微不罷休二零零四年一月二十二日 難千辛萬苦十五秋誰か知る法を正す苦と愁いを只衆生救われる為に洪微出でずば決して休まず二〇〇四年一月二十二日 27

28 師徒恩狂惡四年颮穩舵航不迷法徒經魔難重壓志不移師徒不講情佛恩化天地弟子正念足師有回天力二零零四年二月一日 師徒の恩狂悪は飆風四年吹き荒る舵穏やかで航に迷わず法徒魔難を経て重圧に志移らず師徒は情を講ぜず佛恩は天地を化す弟子正念足りれば師は回天の力有り 二〇〇四年二月一日 神醒眾生快快醒中原設陷阱都是為法來何故理不清二零零四年二月十七日 神醒める衆生速く醒め中原に落とし穴設けられるすべて法の為に来たれり何故理に清 ( きやけ ) からず二〇〇四年二月十七日 天門已開佛恩浩蕩度眾生再造乾坤大法來洪願穹體天地固正微正洪正三才世人能醒正念出萬古天門從此開二零零四年二月二十八日 天門已に開く佛恩浩蕩として衆生を度す乾坤を再造して大法来る洪願により穹体天地固まり正微 正洪 正三才世人能く醒め正念出ずれば万古の天門此れ従り開く二〇〇四年二月二十八日 28

29 怕啥你有怕它就抓念一正惡就垮修煉人裝著法發正念爛鬼炸神在世證實法二零零四年二月二十九日 何を恐れる汝に恐れ有らば它はじきに抓む念を正しくすれば悪はじぐに崩る修煉の人法を持っており正念を発すれば爛鬼炸く神世に在りて法を実証す 二〇〇四年二月二十九日 轉輪百年紅朝一路殺乾坤倒運戲中華看明此時紅花盛可曉它日開蓮花二零零四年三月五日 転輪百年の紅朝一路殺す乾坤逆さまに運び中華に戯る此の時の紅花盛りなるを明らかに看れば他日蓮花開くを暁る可し二〇〇四年三月五日 洪劫法正洪穹除舊塵天地茫茫處處春悠悠萬古洪勢過再看新宇佛道神二零零四年三月八日 洪劫法は洪穹を正し旧塵を除く天地は茫茫たるも処処に春悠悠たる万古の洪勢過ぎれば再び看る新宇の佛道神を二〇〇四年三月八日 29

30 30

第 六 三 号 2016 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 ISSN X

第 六 三 号 2016 京 都 大 学 人 文 科 学 研 究 所 ISSN X Title 人 文 第 63 号 Author(s) Citation 人 文 (2016), 63: 1-61 Issue Date 2016-06-30 URL http://hdl.handle.net/2433/216023 Right Type Article Textversion publisher Kyoto University 第 六 三 号 2016 京 都 大 学 人 文 科

More information

喜 ~ 雲 の 五 H~ き 汝 ~t 汝 2 か ~ 2~7

More information

京 線 ダイヤ 改 正 に 伴 い 日 中 および 夜 間 のダイヤパターンが 変 更 となります このページでは 時 間 帯 別 のダイヤパターンイメージをご 案 内 します 1.ダイヤパターン 変 更 のポイント (1) 準 特 急 の 停 車 駅 に を 追 加 ( 新 宿 ~ 京 八 子 新

京 線 ダイヤ 改 正 に 伴 い 日 中 および 夜 間 のダイヤパターンが 変 更 となります このページでは 時 間 帯 別 のダイヤパターンイメージをご 案 内 します 1.ダイヤパターン 変 更 のポイント (1) 準 特 急 の 停 車 駅 に を 追 加 ( 新 宿 ~ 京 八 子 新 京 線 ダイヤ 改 正 に 伴 い 日 中 および 夜 間 のダイヤパターンが 変 更 となります このページでは 時 間 帯 別 のダイヤパターンイメージをご 案 内 します 1.ダイヤパターン 変 更 のポイント (1) 準 特 急 の 停 車 駅 に を 追 加 ( 新 宿 ~ 京 八 子 新 宿 ~ 尾 山 口 新 宿 ~ 橋 本 間 を 運 行 ) 〇 平 日 10 時 頃 ~17 時 頃

More information

岡 社 回 奉 訴 禁 止 判 決 結 際 奉 知 司 設 許 可 訴 状 1 池 吉 字 柏 河 宇 誉 徳 津 瀬 1 1 1 呉 服 錺 浄 博 労 断 馬 浄 向 淡 切 1 茂 1 勘 1 1 1 伏 0 1 浜 料 奉 司 設 置 際 考 奉 意 体 惣 寄 尋 ね 対 返 答 頁 度

岡 社 回 奉 訴 禁 止 判 決 結 際 奉 知 司 設 許 可 訴 状 1 池 吉 字 柏 河 宇 誉 徳 津 瀬 1 1 1 呉 服 錺 浄 博 労 断 馬 浄 向 淡 切 1 茂 1 勘 1 1 1 伏 0 1 浜 料 奉 司 設 置 際 考 奉 意 体 惣 寄 尋 ね 対 返 答 頁 度 1 台 期 1 最 来 東 へ へ 供 給 充 分 可 能 廻 船 海 側 及 形 勢 価 値 然 連 必 価 値 価 値 遅 咲 開 花 期 迎 政 治 済 済 呼 領 域 無 視 意 有 開 花 着 領 域 無 視 意 有 領 域 移 動 居 住 軌 道 乗 自 然 提 意 味 奉 支 配 奉 対 権 動 状 況 許 早 商 職 座 団 体 形 幕 府 政 針 反 商 職 結 禁 暦 団 結 権

More information

男 子 学 校 対 抗 順 位 学 校 名 順 位 北 陽 台 高 等 学 校 海 星 高 等 学 校 東 高 等 学 校 青 雲 高 等 学 校 5 明 誠 高 等 学 校 5 6 工 業 高 等 学 校 6 7 南 高 等 学 校 7 8 南 山 高 等 学 校 8 9 西 彼 杵 高 等 学

男 子 学 校 対 抗 順 位 学 校 名 順 位 北 陽 台 高 等 学 校 海 星 高 等 学 校 東 高 等 学 校 青 雲 高 等 学 校 5 明 誠 高 等 学 校 5 6 工 業 高 等 学 校 6 7 南 高 等 学 校 7 8 南 山 高 等 学 校 8 9 西 彼 杵 高 等 学 順 位 氏 名 学 年 所 属 順 位 氏 名 学 年 所 属 田 盛 人 北 陽 台 田 添 莉 奈 瓊 浦 井 上 康 生 北 陽 台 大 石 夏 実 女 子 商 業 酒 井 想 和 海 星 野 田 美 希 奈 女 子 商 業 山 邉 大 樹 海 星 毎 熊 穂 乃 香 女 子 商 業 ベ ス ト 8 ベ ス ト 6 7 ~ 平 成 7 年 度 県 高 等 学 校 新 人 体 育 大 会 卓 球

More information

Taro-寿量品第十六HP用.jtd

Taro-寿量品第十六HP用.jtd み よ う ほ う れ ん げ き よ う に よ ら い じ ゆ り よ う ほ ん だ い じ ゆ う ろ く 妙 法 蓮 華 経 如 来 寿 量 品 第 十 六 し や か む に ぶ つ 釈 迦 牟 尼 仏 の 真 理 と 正 しい 教 えを 白 蓮 華 に 譬 えたお 経 く お ん 第 十 六 章 釈 迦 牟 尼 仏 の 久 遠 の 寿 命 を 解 き 明 かした 章 じ が と く ぶ

More information

SG Deel 1 Emoto

SG Deel 1 Emoto M W OFFICE MASARU EMOTO M E 1 2 オランダ語版 3 T M W / T H M W 45 75. T 2.5. J, K, C, T, T, I, I/M, R, E, U, L, P, H, C, R, B, T, A, H, G, S, S, C, I, G, S, P, F, D, D, S, N, I, F, E, M/S, B/P 4 5 T 3 W S D.

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

たより8月号(2015)

たより8月号(2015) 1 2015 8 1 愛 県 活 同 組 合 < 発 行 > 愛 県 活 同 組 合 部 局 4 6 0-0 0 2 1 古 屋 区 平 和 2-2 - 3 電 話 0 5 2-3 3 1-4 8 5 3 FA X 0 5 2-3 3 1-2 7 3 5 ホ ム http://a ichik oreik y o.web.fc2.com/ 2 0 1 5 第 2 0 1 号 8 テ 1 テ / 今 /

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

150331-P1

150331-P1 五節句について 日付 一月七日 三月三日 五月五日 七月七日 九月九日 節句名称 概 要 人日の節句 七草の節句 一月七日の朝に春の七草 セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ の入った七草粥を作り ようやく芽吹いた春の七草の 気 をいただき その一年の無病息災を願って食べます これは冬に不足しがち なビタミンCを補い また祝い酒で弱った胃を休める為とも言われています 七草粥の具は地方によって変わることがあります

More information

第1回 オリエンテーション

第1回 オリエンテーション 損 保 ジャパン 総 合 研 究 所 小 林 篤 第 5 回 保 険 の 歴 史 - 日 本 における 近 代 保 険 事 業 の 導 入 発 展 現 在 の 保 険 システムは 欧 州 において 歴 史 的 に 形 成 された 近 代 的 な 保 険 システムである 第 3 回 から 第 6 回 まで 海 上 保 険 火 災 保 険 生 命 保 険 と 順 次 近 代 的 な 保 険 システムが

More information

男 子 年 生 -kg 級 0//0 1 木 嶋 壮 太 平 山 昂 横 田 崚 介 富 田 林 少 年 推 進 会 横 尾 隼 丞 3 幸 山 凱 星 中 野 太 陽 30 河 野 斡 也 枚 岡 道 場 滝 下 勝 生 大 川 柔 道 場 31 荒 嶋 春 希 関 口 魁 箕 面 少 年 推 進

男 子 年 生 -kg 級 0//0 1 木 嶋 壮 太 平 山 昂 横 田 崚 介 富 田 林 少 年 推 進 会 横 尾 隼 丞 3 幸 山 凱 星 中 野 太 陽 30 河 野 斡 也 枚 岡 道 場 滝 下 勝 生 大 川 柔 道 場 31 荒 嶋 春 希 関 口 魁 箕 面 少 年 推 進 男 子 年 生 0kg 超 級 1 石 橋 晃 晴 0//0 池 辺 颯 二 郎 佐 々 木 大 斗 門 真 市 南 柔 道 教 室 山 出 光 輝 3 岡 田 航 太 郎 梶 本 涼 泰 平 賀 煌 佐 古 斗 希 相 川 心 音 宮 下 晟 田 仲 海 男 子 年 生 0kg 級 1 森 岡 楽 大 大 平 幸 生 松 龍 誠 志 郎 富 田 林 少 年 推 進 会 東 向 唯 永 1 3 西

More information

与謝蕪村

与謝蕪村 四 季 俳 句 与 謝 蕪 村 冬 五 一 秋 三 九 夏 二 三 春 目 次 1 i ii 春 -1 - 春 雨 や 暮 れ な む と し て け ふ も あ り -2 - 春 風 や 堤 つ つ み 長 う し て 家 遠 し -3 - 遅 き 日 つ も り て 遠 き む し な -4 - や ぶ 入 り 夢 や 小 豆 あ づ き 煮 え る う ち -5 - 燭 し ょ く 火 を

More information

目 次 P1 目 次 P2 開 運 は 経 営 者 の 人 間 力 とする 命 題 P3 人 財 力 について P4 商 品 力 について P5 サービス 力 について P6 宣 伝 力 仕 組 み について P7 益 力 について P8 経 運 力 P9 造 化 の 運 勢 と 称 して 観 るこ

目 次 P1 目 次 P2 開 運 は 経 営 者 の 人 間 力 とする 命 題 P3 人 財 力 について P4 商 品 力 について P5 サービス 力 について P6 宣 伝 力 仕 組 み について P7 益 力 について P8 経 運 力 P9 造 化 の 運 勢 と 称 して 観 るこ 一 問 一 答 の 経 営 力 其 仙 流 開 運 コンサルタント 和 泉 堂 p. 0 目 次 P1 目 次 P2 開 運 は 経 営 者 の 人 間 力 とする 命 題 P3 人 財 力 について P4 商 品 力 について P5 サービス 力 について P6 宣 伝 力 仕 組 み について P7 益 力 について P8 経 運 力 P9 造 化 の 運 勢 と 称 して 観 ることが 出 来

More information

部 科 省 助 民 講 座 細 尾 懐 料 菊 乃 井 田 吉 弘 ハ 関 連 堀 堀 厚 参 元 留 遠 ざ 局 兄 弟 二 兄 廃 分 教 次 営 元 取 戻 始 英 語 名 Innovtive Globliztion of Kyoto's Heritge Industries 歴 培 ゼ 時

部 科 省 助 民 講 座 細 尾 懐 料 菊 乃 井 田 吉 弘 ハ 関 連 堀 堀 厚 参 元 留 遠 ざ 局 兄 弟 二 兄 廃 分 教 次 営 元 取 戻 始 英 語 名 Innovtive Globliztion of Kyoto's Heritge Industries 歴 培 ゼ 時 安 保 障 以 ご 指 導 4 月 母 望 存 緯 留 ワ 専 攻 勤 務 野 総 研 証 券 仕 得 安 保 障 研 専 門 以 安 保 障 重 分 野 専 門 笑 ぜ 設 阪 語 阪 移 営 風 pecil Interview ガ ゲ ポ チ 呼 存 増 源 匠 揮 7 進 裕 三 教 授 部 科 省 助 民 講 座 細 尾 懐 料 菊 乃 井 田 吉 弘 ハ 関 連 堀 堀 厚 参 元 留 遠

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

スライド 1

スライド 1 第 6 回 保 険 システムの 発 展 日 本 における 保 険 事 業 の 導 入 と 発 展 1 明 治 期 の 産 業 化 と 近 代 的 保 険 システムの 導 入 2 明 治 期 の 保 険 システム 運 営 の 整 備 3 大 正 期 の 国 営 生 命 保 険 の 開 始 と 財 閥 の 進 出 4 第 二 次 大 戦 後 の 経 済 復 興 規 制 緩 和 の 時 代 5 大 停 滞

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

40木村Y2.indd

40木村Y2.indd 379 57 1458148 9/101632/1633 16 264 ( 15) 170321705 21745 18 31820 51834 1861 10 379 493 凡 例 1 3 2 ( 16) 263 3 9/101632/33 1968 16170315 21705 192007 21745 1944 31820 2 1974 51834 21975 11861 41969 12

More information

特集 一橋フォーラム21.indd

特集 一橋フォーラム21.indd 011 012 013 014 カウト さ れ る こ と に な り ま す 明治新政府は版籍奉還から廃藩置県と大改革の時期です と くに大蔵省は猫の手も借りたい時期にありました その大蔵省 を牛耳っていたのが大隈重信と伊藤博文でしたが 渋沢を引見 に承諾させた と まあ この写真を見てください これは パリ時代の袴姿で すが 面構えがいいでしょう 大隈にあった時もこの威勢だっ たんですね いう権幕

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

平 成 23 年 7 月 16 日 第 93 回 全 国 高 等 学 校 野 球 石 川 大 会 試 合 結 果 鶴 来 3 0 1 2 1 0 1 1 0 9 寺 井 2 6 1 0 1 1 3 0 X 14x 1 回 戦 鶴 来 投 手 礪 波 昌 太 長 木 郁 弥 済 田 昂 希 奥 谷 崚

平 成 23 年 7 月 16 日 第 93 回 全 国 高 等 学 校 野 球 石 川 大 会 試 合 結 果 鶴 来 3 0 1 2 1 0 1 1 0 9 寺 井 2 6 1 0 1 1 3 0 X 14x 1 回 戦 鶴 来 投 手 礪 波 昌 太 長 木 郁 弥 済 田 昂 希 奥 谷 崚 開 会 式 :7 開 会 式 月 :7 16 月 日 16 ( 日 土 ( 土 )10:00 県 - 石 川 県 立 野 球 場 石 川 県 立 立 野 球 野 場 球 場 番 号 の 若 い 方 が 一 塁 側 ベンチ 遊 学 館 1 26 星 稜 20 日 県 12x5 7x7 20 日 県 1 9:00 2 0 314:00 石 川 高 専 2 27 松 任 23 日 県 7x7 4x 23

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感 紙 写 祖 遠 庭 様 描 絵 推 岩 瀬 庫 蔵 之 図 抜 粋 信 憑 江 戸 達 祖 徳 謝 勢 ぶ 資 料 楽 僧 遠 供 舞 夢 精 進 努 北 震 描 想 泡 未 未 練 ぎ 凡 愚 鈍 恥 共 支 援 精 杯 裂 細 胞 織 破 壊 築 家 族 夫 婦 絆 破 壊 末 訪 福 N o. 8 紹 介 財 コ ミ 仕 飲 込 果 未 誌 面 面 竹 橋 太 氏 描 遠 絵 飢 饉 苦 民

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

彙報.indd

彙報.indd 七 年 度 卒 業 並 び 科 指 導 民 米 雄 活 言 影 響 力 千 琢 我 無 我 転 泰 キ ス ト 較 近 悦 常 活 よ 批 判 政 看 話 黙 徴 治 習 合 探 っ 斎 淳 宏 智 韓 交 流 治 期 運 動 哉 古 住 雀 邊 惇 諒 布 矢 巌 量 機 宏 妖 怪 侑 紀 森 浩 輔 随 聞 豊 哲 愛 捶 摂 竹 育 園 編 纂 敬 乘 通 こ こ ろ え 陽 両 祖 鳥 順

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴 1 7 下 7 下 赤 坂 憲 雄 想 像 力 欲 望 フ ロ ト 敷 衍 エ ロ ス 暴 力 対 抗 根 底 横 悪 利 己 欲 動 げ 利 他 社 会 欲 動 転 換 可 能 秘 エ ロ ス = 愛 力 四 十 億 年 2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳

More information

退職互助だより第138号/第138号

退職互助だより第138号/第138号 部 だ よ 水分補給ヤシノ実 移 動 す ワ ゴ 車 六 溺 考 え せ 勿 論 熱 帯 本 違 う 石 油 文 明 若 連 婦 大 阪 今 回 利 用 社 設 定 コ ロ 若 姿 目 立 列 サ ー フ ィ ボ ー ド 携 帯 笑 顔 農 園 拓 く 居 周 樹 木 繁 せ 水 引 涼 く 啼 戒 キ 社 種 ア 現 ゲ 心 通 共 圧 地 グ 過 存 ヒ 倒 運 サ す つ 的 転 く 道 長

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

誕 従 来 呼 増 加 伴 横 須 賀 手 狭 ぜ 広 霞 移 翌 独 土 メ ッ カ 東 亜 勃 発 躍 増 加 土 保 奈 良 鹿 児 松 山 福 岡 倉 敷 滋 賀 松 戸 富 士 水 沢 宝 塚 宇 ノ 宮 野 山 ~ 増 設 膨 数 前 述 及 文 字 通 ケ タ 区 他 丙 簡 単 説

誕 従 来 呼 増 加 伴 横 須 賀 手 狭 ぜ 広 霞 移 翌 独 土 メ ッ カ 東 亜 勃 発 躍 増 加 土 保 奈 良 鹿 児 松 山 福 岡 倉 敷 滋 賀 松 戸 富 士 水 沢 宝 塚 宇 ノ 宮 野 山 ~ 増 設 膨 数 前 述 及 文 字 通 ケ タ 区 他 丙 簡 単 説 得 還 文 字 通 酷 非 情 法 守 意 競 例 見 凛 冽 却 現 荒 廃 占 少 象 徴 例 連 司 令 全 布 告 全 % 占 徒 陣 備 徒 〇 % 残 % 及 語 少 誕 従 来 呼 増 加 伴 横 須 賀 手 狭 ぜ 広 霞 移 翌 独 土 メ ッ カ 東 亜 勃 発 躍 増 加 土 保 奈 良 鹿 児 松 山 福 岡 倉 敷 滋 賀 松 戸 富 士 水 沢 宝 塚 宇 ノ 宮 野 山

More information

札幌ジュニア20160604

札幌ジュニア20160604 平 成 8 年 度 札 幌 ジュニア 柔 道 体 重 別 選 手 権 大 会 入 賞 者 ( 日 ) サブアリーナ 段 別 優 勝 準 優 勝 第 三 位 55kg 級 60kg 級 66kg 級 73kg 級 8kg 級 90kg 級 00kg 級 00kg 超 級 鷲 見 仁 義 木 村 祐 太 菅 原 一 生 鎌 田 龍 翔 山 崎 裕 大 高 橋 佑 人 高 田 大 樹 丹 羽 福 太 朗

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

14 ナポレオン ナポレオン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 23) ライオン 皇 帝 15 ニュートン 16 ノーベル 17 パスツール ニュートン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 51) りんごはなぜお ちるか ノーベル ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 41)

14 ナポレオン ナポレオン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 23) ライオン 皇 帝 15 ニュートン 16 ノーベル 17 パスツール ニュートン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 51) りんごはなぜお ちるか ノーベル ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 41) < 伝 記 > 被 伝 者 の 五 十 音 順 です 被 伝 者 書 名 (シリーズ 名 ) 出 版 社 分 類 冊 数 1 2 アインシュタイン アンネ フランク この 人 を 見 よ! 歴 史 をつくった 人 びと 伝 8 ポプラ 社 289 1 アインシュタイン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 105) 科 学 の 巨 人 アンネ フランク (おもしろくてやくにたつ 子 どもの 伝

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

< F2D8E848A778F9590AC8E9197BF8F F F2E6A7464>

< F2D8E848A778F9590AC8E9197BF8F F F2E6A7464> 1. 公 教 育 を 担 う 私 立 高 校 (1) 法 律 で 公 教 育 として 明 確 に 位 置 づけられた 私 立 学 校 教 育 を 受 ける 権 利 は 私 立 も 公 立 も 平 等 です 経 済 的 理 由 による 教 育 の 差 別 禁 止 経 済 的 理 由 で 修 学 困 難 な 生 徒 への 国 県 の 支 援 も 義 務 づけられています 日 本 国 憲 法 第 26 条

More information

學 2 6 交 敷 鮮 栄 謳 謳 又 奏 奏 此 7 帝 紹 介 携 引 契 樹 宴 坐 夜 過 ぎ 端 殊 掌 双 足 頂 退 面 処 愛 娯 承 衣 服 飲 食 珍 翫 浴 8 幻 衣 服 セ 創 詩 馬 鳴 母 弟 主 題 語 妻 引 離 連 妻 描 9 代 払 購 疲 遊 10 33 森

學 2 6 交 敷 鮮 栄 謳 謳 又 奏 奏 此 7 帝 紹 介 携 引 契 樹 宴 坐 夜 過 ぎ 端 殊 掌 双 足 頂 退 面 処 愛 娯 承 衣 服 飲 食 珍 翫 浴 8 幻 衣 服 セ 創 詩 馬 鳴 母 弟 主 題 語 妻 引 離 連 妻 描 9 代 払 購 疲 遊 10 33 森 1 西 則 述 1 違 全 員 献 カ キ パ ニ ャ 指 摘 向 抹 豪 油 鬘 2 ハ 登 様 魅 ガ ル ヴ ァ 舞 踊 器 娯 3 グ チ 略 ゥ ヴ ァ 及 踊 眼 腰 尻 揺 乳 房 媚 甘 奪 乱 4 踊 奉 仕 妖 艶 官 乱 珍 述 何 去 去 礙 礙 皮 膚 骨 筋 脈 血 小 疲 産 目 眴 則 則 赤 此 5 何 障 害 障 害 皮 膚 骨 筋 血 管 小 疲 労 産 瞬 由

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

<5461726F2D8251927A8D828C9F92E882678251825596E291E8814089F0939A>

<5461726F2D8251927A8D828C9F92E882678251825596E291E8814089F0939A> 平 成 26 年 度 築 高 検 定 解 説 現 築 高 問 題 第 1 問 ~ 第 15 問 第 1 問 築 館 高 校 の 校 訓 は 共 助 研 鑽 あと 一 つは 何 でしょう 2 進 取 第 2 問 現 在 の 校 歌 の 作 詞 者 はだれでしょう 3 佐 野 督 郎 第 3 問 第 4 問 現 在 の 校 歌 1 番 の 歌 詞 で 語 りて 扶 け 合 い に 入 る 文 字 は なんでしょう

More information

平成 24 年 5 URL http://www.kashiwagi.ac.jp/ 月号 No.86 奇数月発行 箱根宿泊研修 入学式 生徒による我ら五訓 柏木学園高等学校 入学式 柏木実業専門学校 大和商業高等専修学校 園庭遊び 都筑ヶ丘幼稚園 なせば成る なせば成る ということばであるが よく使われる 成 そうという強い意思があれば何事も成すことができる という 意味であり 心強いことばである

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

平 成 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 特 別 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 埼 玉 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 監 査 委 員 目 次 第 1 審 査 の 対 象 1 第 2 審 査 の 期 間 1 第 3 審 査 の 方 法 1 第 4 審 査 の 結 果 1 第 5 審 査 の 概 要 2 1 決 算 の 総 括

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

卓 球 ( 単 ) No. 亀 川 聖 中 島 松 山 篠 原 瑠 里 桑 原 松 山 河 野 圭 悟 小 野 松 山 松 田 未 咲 椿 松 山 矢 野 憲 三 津 浜 松 山 松 浦 莉 菜 帆 広 見 宇 和 島 北 宇 和 4 豊 嶋 大 基 余 土 松 山 黒 田 み ず き 中 萩 5

卓 球 ( 単 ) No. 亀 川 聖 中 島 松 山 篠 原 瑠 里 桑 原 松 山 河 野 圭 悟 小 野 松 山 松 田 未 咲 椿 松 山 矢 野 憲 三 津 浜 松 山 松 浦 莉 菜 帆 広 見 宇 和 島 北 宇 和 4 豊 嶋 大 基 余 土 松 山 黒 田 み ず き 中 萩 5 第 65 回 愛 媛 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 個 人 競 技 結 果 No. 体 操 競 技 ( 県 総 体 個 人 総 合 成 績 ) 福 原 涼 太 城 西 松 山 山 本 愛 子 城 北 宇 和 島 北 宇 和 引 地 翔 余 土 松 山 西 村 涼 夏 松 前 伊 予 影 浦 大 輝 余 土 松 山 田 口 比 菜 久 米 松 山 体 操 競 技 ( 四 国 大 会 個 人

More information

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc

Microsoft Word - サブマリンダンス_8P_千装.doc 6 飛 び 乗 新 幹 線 座 席 確 保 苦 労 東 京 向 新 幹 線 故 郷 離 十 近 経 帰 省 回 末 ぐ 三 十 才 過 付 壮 域 家 今 部 屋 ほ ぼ 誰 使 勉 机 埃 ぶ サ 置 帰 省 際 車 背 番 号 サ ぬ 稔 名 聞 以 外 好 看 主 在 二 軍 今 回 サ ブ 青 森 県 東 北 地 方 色 白 朴 訥 表 情 長 痩 躯 校 甲 園 卒 業 位 入 団 働 期

More information

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

18 10 2 挨 拶 役 紹 介 阿 征 執 春 例 役 並 承 認 紹 介 致 再 任 又 任 願 致 退 任 謝 阿 征 副 福 郎 副 冨 鈴 計 西 崎 矢 島 健 森 太 郎 郎 貞 冨 仲 男 冨 西 敏 治 原 島 升 旧 軒 賀 久 米 米 黒 須 秀 雄 北 関 沢 公 岩 岡

18 10 2 挨 拶 役 紹 介 阿 征 執 春 例 役 並 承 認 紹 介 致 再 任 又 任 願 致 退 任 謝 阿 征 副 福 郎 副 冨 鈴 計 西 崎 矢 島 健 森 太 郎 郎 貞 冨 仲 男 冨 西 敏 治 原 島 升 旧 軒 賀 久 米 米 黒 須 秀 雄 北 関 沢 公 岩 岡 18 10 1 岡 鎮 1 号 359-0002 沢 1507 務 電 04-2943-1709 宅 電 049-259-2228 何 ね 忝 涙 ぼ 西 法 師 詣 詠 句 宇 治 橋 渡 路 眺 鈴 鬱 蒼 杉 砂 利 踏 垣 進 厳 粛 気 持 ね ぐ 宝 装 束 向 昨 始 ふ ゃ 身 朝 集 領 材 原 ほ 領 迎 温 熱 気 車 綱 伸 勇 遣 音 頭 エ ヤ! エ ヤ! 声 列 頭 車

More information

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修 第 44 回 広 島 県 高 等 学 校 バドミントン 個 人 選 手 権 大 会 兼 第 55 回 中 国 高 等 学 校 バドミントン 選 手 権 大 会 第 65 回 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 バドミントン 競 技 会 広 島 県 予 選 会 総 合 成 績 男 子 学 校 対 抗 戦 の 部 安 芸 府 中 高 陽 3 国 際 学 院 3 祇 園 北 5 桜 が 丘 5

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

オオイタデジタルブック「ロマンを追って─元大分市長上田保物語─」

オオイタデジタルブック「ロマンを追って─元大分市長上田保物語─」 川 郁 著 章 ロ 追 元 市 語 デジタル 版 初 版 行 :2008 4 11 書 籍 案 内 ロ 追 元 市 語 著 者 : 川 郁 A5 版 194 ペジ 行 : 合 同 新 聞 社 行 :2003 2 15 定 価 :1600 円 税 込 み 購 問 合 : 他 合 同 新 聞 社 つ 合 同 新 聞 化 セタへ TEL:097-538-9662 合 同 新 聞 Web ペジ 奥 付 /

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

生きとし生けるものは

生きとし生けるものは 田 実 全 集 説 第 29 巻 ( 喜 劇 テ 喜 劇 古 中 新 時 期 喜 劇 古 喜 劇 時 代 力 物 名 指 攻 撃 紀 元 前 九 終 中 喜 劇 合 唱 部 分 失 ぜ 有 名 物 ぼ 物 姿 攻 撃 紀 元 前 七 終 新 喜 劇 場 合 風 デ 俗 喜 ブ 劇 ズ プ ゥ テ レ テ ィ 理 解 デ 希 英 中 辞 典 ) η κωμωδ'ια,, 6 勢 ぞ 長 男 ヨ

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51

平 成 25 年 度 入 学 者 生 徒 募 集 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 単 願 併 願 計 科 コ ー ス 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 志 願 者 入 学 者 普 通 科 特 進 コース Ⅰ 類 特 進 コース Ⅱ 類 35 34 223 17 258 51 1 法 人 の 概 要 (1) 設 置 す る 学 校 静 岡 県 富 士 見 高 等 学 校 昭 和 2 年 4 月 1 日 静 岡 県 富 士 見 女 学 校 として 開 設 教 育 方 針 建 学 の 精 神 礼 節 を 尊 び 地 域 に 貢 献 できる 有 為 な 人 材 の 育 成 に 基 づき 校 訓 至 誠 創 造 の 趣 旨 を 体 して 心 身 ともに 健 全 で 心 豊 かな

More information

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by 男 子 シングルス ( 予 選 1) 1R 2R 3R 1 2019 豊 田 優 陽 東 中 2 bye 豊 田 3 湯 澤 優 樹 足 利 山 辺 中 阿 部 4 2062 阿 部 容 士 作 新 学 院 中 5 2033 永 岡 拓 馬 晃 陽 中 永 岡 6 渡 部 衛 那 須 海 城 中 永 岡 7 bye 8 2316 天 谷 光 来 国 分 寺 中 9 1735 高 山 禎 唯 南 犬

More information

Taro 学年団だより5年5月

Taro 学年団だより5年5月 市 立 南 小 団 号 平 2 庭 緑 段 増, 緑 季 節 迎, 度 切 ヵ 過 ぎ,, 張 切 過 ご 参, 責 任 持 果 姿 見, 頼 感, 経 験 積 ね, 師 心 御 庭 御, 御 協 予 定 火 金 土 2 3 4 6 7 振 替 代 2 3 4 6 7 朝 検 尿 容 器 収 -~4 検 尿 容 器 配 布 歯 検 診 2 2 22 23 24 - 掃 除 予 備 歯 検 診 ( 用

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B2081602091538379815B835788EA8A8781798ED093E08DEC8BC6939D8D87817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B2081602091538379815B835788EA8A8781798ED093E08DEC8BC6939D8D87817A2E646F63> 1 和 歌 山 県 和 歌 山 市 戦 災 殉 難 者 供 養 塔 2 和 歌 山 市 戦 災 死 者 追 悼 法 要 追 悼 写 真 提 供 和 歌 山 市 汀 公 園 和 歌 山 県 和 歌 山 市 西 汀 丁 27 (JR 南 海 電 鉄 和 歌 山 市 駅 徒 歩 15 分 ) 和 歌 山 市 昭 和 28 年 5 月 歳 事 名 : 和 歌 山 市 戦 災 死 者 追 悼 法 要 会 場

More information

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観

11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 入 居 案 内 11. 東 北. 大 学 応 急 応 学 生 寄 急 宿 舎 の 概 学 要 生 寄 宿 舎 の 概 要 Ⅰ. 名 称 東 北 大 学 応 急 学 生 寄 宿 舎 原 則 として 東 日 本 大 震 災 で 被 災 した 学 生 が 入 居 する 施 設 ただし 施 設 の 有 効 利 用 の 観 点 から 日 本 人 学 生 及 び 外

More information

野村傅四_散歩した事

野村傅四_散歩した事 散 5 明 治 八 九 年 頃 即 ち 千 駄 木 代 よ 散 食 前 食 後 散 多 散 川 芳 太 郎 氏 放 送 よ ば 定 千 駄 木 本 郷 丁 目 字 路 東 曲 湯 島 天 神 脇 切 通 下 池 端 根 津 権 現 社 内 抜 帰 宅 有 種 散 御 供 明 瞭 憶 持 ち 合 せ ぬ 又 別 四 間 亙 6 散 往 々 之 誘 御 自 分 主 唱 者 判 然 せ ぬ 兎 角 よ

More information

9 女 子 100m 平 泳 ぎ タイム 決 勝 13 女 子 100mバタフライ タイム 決 勝 県 中 記 録 1:11.44 大 会 記 録 1:19.82 県 中 記 録 1:02.07 大 会 記 録 1:07.62 1. 阿 部 茉 倭 子 ( 山 形 二 中 ) 中 1 7 1:38.

9 女 子 100m 平 泳 ぎ タイム 決 勝 13 女 子 100mバタフライ タイム 決 勝 県 中 記 録 1:11.44 大 会 記 録 1:19.82 県 中 記 録 1:02.07 大 会 記 録 1:07.62 1. 阿 部 茉 倭 子 ( 山 形 二 中 ) 中 1 7 1:38. 1 女 子 200m 個 人 メドレー タイム 決 勝 6 男 子 100m 背 泳 ぎ タイム 決 勝 県 中 記 録 2:19.31 大 会 記 録 2:33.82 県 中 記 録 56.67 大 会 記 録 1:06.65 2. 佐 藤 杏 ( 山 形 十 中 ) 中 1 6 3:07.96 3. 池 野 まりん ( 山 形 四 中 ) 中 1 3 2:50.22 3. 井 場 涼 介 ( 山

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

2 年 男 子 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.80 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.45 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.40 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.80 9.45 9.40 28.65 2 三 田 村 泰 成 王 子 保 9.65 2 池 田 昻 正 花 筐 9.35

2 年 男 子 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.80 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.45 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.40 1 柴 田 晴 登 王 子 保 9.80 9.45 9.40 28.65 2 三 田 村 泰 成 王 子 保 9.65 2 池 田 昻 正 花 筐 9.35 1 年 男 子 1 浅 井 俐 綺 味 真 野 9.55 1 本 田 琉 之 介 味 真 野 9.40 1 田 中 凰 月 武 生 西 9.50 1 宮 田 朋 季 武 生 東 9.45 8.95 9.30 27.70 2 宮 田 朋 季 武 生 東 9.45 2 福 岡 康 太 王 子 保 9.25 2 宮 田 朋 季 武 生 東 9.30 2 浅 井 俐 綺 味 真 野 9.55 9.00 8.95

More information

奈 紀 要 43 号 205 225 ン ガ 為 等 ノ 番 號 ヲ テ ソ ノ 箇 處 ヲ 示 シ タ リ 省 社 局 ニ エ タ ル ノ 朱 筆 ヲ 別 ニ 整 理 シ テ 處 ニ 収 セ リ 而 シ テ ハ 仏 教 太 ノ ニ カ ヽ ル 分 太 具 検 証 疑 問 点 太 省 社 局 : 江

奈 紀 要 43 号 205 225 ン ガ 為 等 ノ 番 號 ヲ テ ソ ノ 箇 處 ヲ 示 シ タ リ 省 社 局 ニ エ タ ル ノ 朱 筆 ヲ 別 ニ 整 理 シ テ 處 ニ 収 セ リ 而 シ テ ハ 仏 教 太 ノ ニ カ ヽ ル 分 太 具 検 証 疑 問 点 太 省 社 局 : 江 石 : 検 証 226 治 円 勧 進 之 浦 太 楽 史 的 重 要 意 味 詩 的 実 験 試 彼 発 点 隆 慈 円 進 画 期 的 品 西 周 辺 考 証 浦 平 仏 教 会 会 専 修 口 発 際 報 告 全 容 約 回 翻 刻 基 検 証 浦 考 証 特 説 根 著 典 略 信 憑 性 及 典 略 戦 太 収 之 左 ノ ハ 省 社 局 ノ カ ヽ ル 省 社 局 ニ ハ 朱 筆 ヲ テ

More information

女 子 ダブルス 春 季 地 区 体 育 大 会 新 潟 地 区 バドミントン 大 会 平 成 7 年 5 月 4 ~5 県 立 巻 高 等 学 校 体 育 館 1 黒 田 栃 新 潟 青 陵 43 佐 藤 中 沢 新 潟 青 陵 1 37 熊 倉 星 野 新 潟 江 南 44 二 見 五 十 嵐

女 子 ダブルス 春 季 地 区 体 育 大 会 新 潟 地 区 バドミントン 大 会 平 成 7 年 5 月 4 ~5 県 立 巻 高 等 学 校 体 育 館 1 黒 田 栃 新 潟 青 陵 43 佐 藤 中 沢 新 潟 青 陵 1 37 熊 倉 星 野 新 潟 江 南 44 二 見 五 十 嵐 平 成 7 年 度 新 潟 県 高 等 学 校 春 季 地 区 体 育 大 会 新 潟 地 区 バドミントン 競 技 大 会 大 会 結 果 報 告 書 主 催 新 潟 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 共 催 新 潟 県 教 育 委 員 会 公 財 新 潟 県 体 育 協 会 新 潟 県 バドミントン 協 会 新 潟 市 教 育 委 員 会 1 目 9:~17: 開 会 式 個 人 戦 ダブルスシングルス

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

安全報告書2014

安全報告書2014 JR 0 鮫 釜 厩 釜 釜 鮫 釜 釜 釜 釜 釜 4. 地 震 に 対 する 取 組 み これまで 当 社 では 阪 神 淡 路 大 震 災 三 陸 南 地 震 新 潟 県 中 越 地 震 等 を 教 訓 とし 次 の3 点 を 柱 として 地 震 対 策 を 進 めてきました 1 走 行 している 列 車 を 早 く 止 める 列 車 緊 急 停 止 対 策

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

捨てられた提督 ID:84353

捨てられた提督 ID:84353 捨 水 野 クルル 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ ー メ ル 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ ー メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 中 達 起 物 語 第 2 話 第 話 目 次 5 第 話 2 0 x x 年 人 類 制 権 奪 誰 奪 最 初 各 国

More information

教 区 同 朋 会 館 姫 路 広 島 完 成 このたび 教 区 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 の 記 事 業 であります 教 区 同 朋 会 館 建 設 工 事 が お 陰 をもちまして 本 年 3 31 に 姫 路 6 25 に 広 島 と 両 同 朋 会 館 の 竣 工 式 を 厳 修

教 区 同 朋 会 館 姫 路 広 島 完 成 このたび 教 区 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 の 記 事 業 であります 教 区 同 朋 会 館 建 設 工 事 が お 陰 をもちまして 本 年 3 31 に 姫 路 6 25 に 広 島 と 両 同 朋 会 館 の 竣 工 式 を 厳 修 教 区 同 朋 会 館 姫 路 広 島 完 成 このたび 教 区 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 の 記 事 業 であります 教 区 同 朋 会 館 建 設 工 事 が お 陰 をもちまして 本 年 3 31 に 姫 路 6 25 に 広 島 と 両 同 朋 会 館 の 竣 工 式 を 厳 修 し それぞれ 完 成 開 館 いたしました 改 めて 教 区 の 皆 様 宗 門 内 外 の 関 係

More information

<94D192CB2E696E6464>

<94D192CB2E696E6464> 総 空 S セ ESSION H OUSE オ 伊 藤 石 畳 毘 沙 門 天 数 多 並 ぶ 料 亭 芸 者 和 強 ゆ 東 西 線 駅 右 曲 赤 城 社 歩 突 グ 建 物 バエ ポ 音 聞 セ 世 界 活 数 多 輩 オオ 伊 藤 伺 文 飯 塚 美 香 ぬ 伊 藤 伺 結 婚 程 政 科 衣 服 研 究 研 究 室 研 究 田 舎 鹿 児 島 食 販 扱 協 同 組 屋 配 務 員 働 最

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 香 港 の 中 学 生 用 体 験 交 流 型 日 本 語 教 材 プロジェクト 日 本 語 を 必 修 科 目 として 学 習 している 中 学 生 へのアンケート 調 査 結 果 から 得 られた 示 唆 The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies: Interactivity, Praxis

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

~as ~as ~hile sho~ed kno~ledge

~as ~as ~hile sho~ed kno~ledge ~as ~as ~hile sho~ed kno~ledge し 両 者 の 密 接 な 関 連 がわかる 後 者 は 日 記 で 江 戸 帰 着 までの 全 日 程 を 記 し 博 物 語 ~; 的 記 .12 月 15 日 渋 江 長 伯 命 により 江 戸 城 二 ノ 丸 の 御 薬 局 でカワウソを 解 剖 し 内 臓 図 を 残 す(~ 博.9 月 より 11 月 まで 幕 府 侍

More information

男 子 ダブルス (H22.8.6 記 録 花 岡 理 杉 原 啓 太 横 段 和 昇 2 柳 崎 文 哉 家 敷 拓 弥 ( 安 芸 府 中 36 池 田 朋 也 丸 山 直 緒 ( 亀 崎 中 学 ( 広 島 な ぎ さ 37 御 船 晃 君 塚 智 貴 ( 福 山 工 業 3 北 林 勇 作

男 子 ダブルス (H22.8.6 記 録 花 岡 理 杉 原 啓 太 横 段 和 昇 2 柳 崎 文 哉 家 敷 拓 弥 ( 安 芸 府 中 36 池 田 朋 也 丸 山 直 緒 ( 亀 崎 中 学 ( 広 島 な ぎ さ 37 御 船 晃 君 塚 智 貴 ( 福 山 工 業 3 北 林 勇 作 第 29 回 全 日 本 ジュニアバドミントン 選 手 権 大 会 広 島 県 予 選 大 会 (ジュニアの 部 総 合 成 績 男 子 の 部 ダブルス 学 校 名 シングルス 学 校 名 箱 田 皓 司 谷 村 高 宏 誠 之 館 福 山 工 業 谷 村 高 宏 福 山 工 業 2 杉 原 啓 太 横 段 和 昇 安 芸 府 中 2 中 村 和 広 広 島 城 北 3 川 本 隆 寛 新 開 奏

More information

第 8 回 千 葉 県 小 学 生 バドミントン 学 年 別 大 会 平 成 4 年 3 月 日 男 子 シングルス/5 年 生 の 部 沢 田 健 (パイレーツ) 鈴 木 和 眞 ( 柏 南 部 ジュニア) - 3 - - - 6 細 谷 勇 太 ( 高 洲 ホープス) 山 川 圭 吾 ( 市 川

第 8 回 千 葉 県 小 学 生 バドミントン 学 年 別 大 会 平 成 4 年 3 月 日 男 子 シングルス/5 年 生 の 部 沢 田 健 (パイレーツ) 鈴 木 和 眞 ( 柏 南 部 ジュニア) - 3 - - - 6 細 谷 勇 太 ( 高 洲 ホープス) 山 川 圭 吾 ( 市 川 第 8 回 千 葉 県 小 学 生 バドミントン 学 年 別 大 会 平 成 4 年 3 月 日 男 子 シングルス/6 年 生 の 部 吉 田 昇 永 ( 市 原 ジュニア) 相 沢 桃 李 ( 松 戸 六 実 ジュニア) 二 見 真 矢 ( 鎌 ヶ 谷 ジュニア) - - 6-3 - 4 桐 谷 優 介 ( 大 森 ジュニア) 三 枝 大 吾 ( 季 美 の 森 ジュニア) 宮 田 伸 太 郎

More information

船員しんぶ12月25日号「家庭直送版」1~3面.indd

船員しんぶ12月25日号「家庭直送版」1~3面.indd 平 号 種 郵 便 認 可 支 = 河 俊 信 晴 恵 居 浜 滝 宮 ブ 睦 ゴ ペ 催 外 O 管 執 総 勢 荻 淳 支 回 期 決 針 具 化 取 皆 展 引 続 皆 解 協 願 ご 練 果 十 揮 皆 睦 深 期 待 記 念 撮 影 始 球 皮 順 頃 練 果 如 何 揮 結 果 豪 快 O 叩 晴 陽 喜 声 嘆 声 響 石 崎 植 弘 準 芸 予 馬 越 貞 位 四 O 原 建 臣 ベ

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information