Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9 y 北ル 千 曲 時 報 九 れ 一 露巨蔓鑑鞠讐陶目目巳嘗 塁幽陶h5竃記賢 鷹野睦二郎氏よ醜 職地遽信 乳罫 マラリヤ病が非常多く蚊居な い人 ても数名患者が居ります 今日は 支那正月で芝居混ハ他色々侃し物が 哨下氣候不順なる折柄皆々様御自愛 す限り萎畑は 円々として滲りましれo 支會逼信 三月三 百 某 胸底堅托ぜる至誠とを御推療被丁度候 憂りもなく御肚健て鮒蓉し事と御了愚 あり仲々賑かですσ小生等宮地來れ 程を御所り申上げますG 察申上ますo亭紮は疏連 打過ぎ誠申 時は人も敷へる程しか居りまゼんでし六 秩長宛 三月 八日 誹なく何卒御諒恕下さい 銃後て長期 か 今では二萬程人口となつて居りま 盛 隔ミ h堵嵩鴫瞬 ヨ置 嵩一剛 蹴 贈 昭 戦輪 へるべく國民 致し各種運動 すo從つてそ警 伽あぬつて居る我々 和 柳澤曹長より 原罰央氏より 木仕御謹力なされ居る宇を承U陣中 責任も重大なつて來れ課ですo露地 十 生微温い春風は殺風景嘗奥地さへ訪 敬塞候校長先亙は谷々御用健事 て魯戦する吾等一同深く感謝致すと共 附近風景篤眞を少し御迭り致します 四 れて來ましれo線畑も俵かし農夫 と賀し赤ります昨午八月から長い御無 誠心強く感し居る次第ですo降りて小 年 沙汰何と御詑申し て良いか解りまゼ 挫御蔭株て釜々元氣旺旛ですから御放 御鶴を御大切 委が無仙さ現れ其れは表像 凹を描く 校長宛二月廿 日 四 んc思へば昨年二月下旬校長先生如めレ浦 念下さい OG縣城は鐡遣浩線を離れ佃 もか有ります 斯くして陽春北地を 月 怨ぶ時何虎迄でも李和表徴ですo或る カ 正上田を4叩民臥旺月角格込ら 地も拘らす遙々玄油波を越え銃後よ 久芳大三氏より 地は偶々匪團査動も報じられます 二 れ小生としても母校名暑かけても充 り御迭り下さいましプ敷々お祀品々 十 分活 卵をする事を苫ひ 固き龍仁裡 を戴き 同揃つて元氣で楡快輝く年 窮啓彌生頃となりまし六か 狡長 か既皇軍指導より各村は維持會 日 結威或は自警團活動侯ち安住が保 出嚢致しましカo其後何かと色々御 を迎へまし六〇只今は激日前よUOO縣 閣下を始め御 同様は愈々御田健て 鼠睡 御尉一問伽 手紙を張き武迎長久を御 城を臨 れる事三耶証播即闘典河計門ド源晶出 u取晶剛線 御暮し事と存じますo小生も御蔭様 れれ両危急揚合は附近部隊通報 湖り されまし六も 弼ら す 御 期 翁 逆 寒村瞥備隊來UOO縣城と連絡 て盆々元氣で警備 討伐と精励致し 毅猫鈷械申阜軍出動依つて直ち き豫期反し弾丸繁貼すして絡病黛 線守死猫立勤務任して居りますo山 て居ります故何卒御安心下さい 此所 撃激注民をして彌か 自 軍名馨を轟 倒れ六とは自分不在息を何んと御託 西討伐直後敗敵至る虜集結し寳動しつ 一 は河北 山四省境近く四囲山岳囲 かぜ嚇瀟正工作實施角め附近村落 ありまし敦か再度討伐遇ひ最近租 まれ 城外を清流が流れ恰かも上田彷 出動節は支那子供等はリイペンピ 髄 して良いか言朱が無い久第です 顧みま ンシンクく迎かへる黄な聲で老妬 園 すれば咋年八月漢口攻略参加すへく南 々卒穏ですo併し當地屡々夜襲し來る 彿六るもかあり懐かしい思ひ出耽つ 励 京至り九月上旬より江酌進軍錦一部 ユ 攻勢軸じ奇襲を行ひ惹外な大打撃を て居りますo今般部隊名か愛更致しまし 手を操つて村辻々歓迎され共傍では ヨ常大成功乞牧めて居ります 雷瞥 六から御通知申上げます 遙か北丈より 亘換 班員大道講演で斯くなしれ総て 鼠ハ 潤 除として九江出壼致し証しカo江虜近軍 備隊 民衆鱈冶療所を開設すれば萄日 ケ蹄園Hよリ4城る 一Q電 曜門 現 同様御多幸を御健康をお蔽り申上 泥かりなく皇軍 訂m躍は 皿石皆 僧上 ω 役部隊として我々丈那靭屯軍より威る第 喜々として樵々治療患者が績々と押し 御 手將介石君も と溜りなく尻尾を巻い けますo敬具 三月五日 干曲合B宛 て今日では彼存在すら認められぬ仕末 OO團は何時も鄭所窟ぐられ苦職叉苦掴けると言ふ歌態ですo本日は 縣城 柳か御同情堪へぬ所謂之も支那ではメ 分班宣撫珈臨煽下近村保長會 職殊我々部除前身は一昨年座爵橋 加藤省三氏より ンフア ズとが始終斯ふし力皇軍活動 で牟一獲を獲し穴 部隊なる酋復響 村k會y9瞥備隊開催すれば卒先して こそ雫察銃後強力なる賜を確心致しま 出席する者多く 般民衆畳醒を促して 燃へ抗門口着勘識川徹底ぜる支那軍 は常 謹啓 助下残寒之候釜々御清穆段朱 すo事憂勃畿するや聖職滲二川光榮 地形利を利用し殊山岳職なる短友軍 居りますかくて近くより遠くへ亘挺工 慶賀 似 浴し中丈北支輔職其間至趣用健 とつては此れ以上囚難は有りまぜん 作か遣められ日満支提挽防共滅憲成果 陳者不肯加弘昨年 月出征以來臨扮附 でしぬ 秘密部隊我かOO部隊は名こ け畢けられ貌て此大陸東洋永速桑 近て連日詞伐並宣撫工作將亦鐵道警 て御稜威添へ氷り多少なりとも邦家 御盛しまみえ六事は是れ各位様麩誠 そ現はれませんか當る敵は學生軍とか笠 和訪九て來る日も 迷からじと硫信致し 川伽狂を以て皇軍初期日的員復梵咽遇 なる御指導と御鞭錘侮るもと深謝致 敵乍ら其防禦碓鉦さは畳 ままし ます 創し前途は幾多難關が伏オし 進致し居候へ ハ不幸も聖臓牛ばて病 しますo侮留守中於ては各位様から何 象oそ角か蜷れる者数知れず 犠牲者 て居る事でありまぜうo人 朝もO機編除 魔襲はれ浴病勝ち不得後方暫く後 かと御同情上格別なる御配庶下されま は實多く 氣土判な次第ですo小生も罹 て爆音勇しく彼地爆撃向つて行き 迭鍔去る 月二日天津陸軍病院より す事は恐挽此上もなく皆禄を思ひます 病飛昏倒する難敷回及ふも中隊で二 ますo愈々長期建設を豊悟致し皇軍使 大阪陸軍痢院込送命を受け六る次第 帖唯々感激身迫り御言葉も蓮べ難き 名幹部似袖生一人鶯九月一日上雪 命達 灰れめ御期待北同かぬ様谷々密励 兵吐滋し上等兵不足折から無理無 致す決心ですo何尋相愛らす御後援御鞭 て候 赴狂口的凌く而かも充分なる御 次第で御座いますo此上は一般自粛 木公も不得成千曲會一員として笠蜥 不素御厚思酬ゆるべく畳悟有りま 理を重ねて職闘を績行致しまし六〇十一 捷程をお願ひ申上ますo時飾柄遙かな 塊不堪候 呉後病駄経過順調進み以 す上何卒御休心下さい 扱而御 同様 月四日我々 隊最後職岡である 山 皆々撤御健勝をお商り申 ます 御蔭様去る一月二十四日大阪陸病より秋 は釜々御多忙向ふ折から角折御自愛迩 攻略終足が出す 倒れて野職病院 先は御伺ひ労々近況まで 田陸病榑途命を受け釜々加瞭努め ばされ御奮胸あらぜらる を遙か北支よ 容されまし穴o病名は右肺炎カタル 一日も早く全快上再びR取 隅職起つ州覚 り御所り致しますo 校長宛 一月廿五日 京マラリセでし乳 共後威寧 武昌と岳 疸伸 現警備地は到つて不終地て 悔御座候 州中m闘 武日日 山吻山暴 上海各病院を 從つて連絡等悪しき上亭累疎遠幾重 紳て十二月二十四目大阪上陸致し堺市 先は不敢坂以書面御挨拶迄如斯御庶候 も御許しを御願ひ致しますo先は簡軍乍 鈴木茂氏より 金岡病院入れ られ一月六日若松到 敬具 三月九日 千曲會宛 ら御一郭迄 校長宛三月三 日 第 着致Lまし表 痢院を迭られる笥病氣 御端書本日有難く訂見致しまし 長 らく御無沙汰致し申誹ありまぜんo叉色 は大腸炎脚氣黄疽等罹リ盤か衰弱して 中村幸雄氏より 々御世話相成有難く御禮甲上ますo御 百 措架 て途られる様なりまし 若松 同御慌灘由慶賀存じますo御蔭様 哨下初春候と相成りましれo呉後 來て以來郷理島つ六氣桑さからかつん で小生も釜々元氣勤務致して居ります 満洲予曲會より く良くなり 此順で行けげ鷺弟一線 は 軍 務 多 忙 取 紛 れ 惹 外 な る 御 無 音 打 九 か ら 他 事 乍 ら 御 安 心 下 さ い o 富 地 は 内 地 立 つ 日 も 近 き 事 と 専 一 養 生 務 め て 凧 り 過ぎ申課有りまゼんo御尊象様は斧々 啓 陽春候 内地は今頃からそろ より遜か暖かで皆様御考へなつて 御勇健銃後諸般御職務御黄力下され く櫻窮 ます 花恵まれ 懐かしき限り御 號 先は齪筆凱丈で失禮乍ら御託労々御通 居るより呑氣です 叉第一線とは云へ大 る御事と 遅察申上ます 降つて小兵は御 座候 体か乗ついて後は匪賊討伐みですoで 非陰様を以て元氣旺盛て最前線噌羽落 知申し上げます 助仰柄校長先生釜々 大陸呑は内地夫と異る悠興が召ρ れ 富方 同恵氣釜々熱を加え 協カ一 御沿挺あbん事を病床より御臥りして居 すから討伐かい時は庭球卓球と運 て 警 備 任 じ つ 附 近 残 敵 掃 蕩 と 致活躍致し居り候問御休心彼下度侃 動をして居りますo流行病は多いですが ります 校長宛 月 九日 治 安 工 作 遇 甦 致 し 居 り ま す か ら 他 亭 此免眞 寄書は去る二月 九日不天 チプスやコレラはあまり流行致しまゼん 乍ら御休心下さい 愈々職地も春か訪 なつめ 於て催され る冨會例會於 れましれ丈那名物楊柳は芽を萌き31汲 ける孕o有之候 同國国藁冊分聞門氣と 謹啓吟下嚴寒候校長先生は眞後お ゆ 珍 集奄 羅鰹で 舐ξ働暢 そ

10

11 千 曲 時 報 饗濾 槻 磁 月二日朝 至りて荊歌次第宜敷から 學生捗室で初めて会属つ染始まるo 君 と 僕 僕と君が初めて知り合つれは今から 九年前 共專門學校入學試瞼時 るo す 脈搏頻激となり 苦痛を塘し やが 生まかぜ六 等語あり 絢傍人々 君は下伊那郡山本村出身 今年六し 君鰐惹 句 俳句 手術壁登り か四十歳働き盛りであるo生家は通稻 てを即吟披露する飴俗さであつれ由o 竹腰と言ひ昔は此地方切つて豪族 手術後は少時小康を持綬ぜるも 翌三 で駈分朋振をきかゼれ家なさうだoそれ が何代前か没落して今は営時面影も ないが 然し屋敷跡お城様な石垣其 一四 四 一九 夜稿 が君幾し象足跡は大きい 立派人間 として責務は果してゐるoどうか安ら か眠つて欲しいo 事を霊してゐるo短かい一生ではあつれ く胸迫つて堪へられなかつ六であ 畏友竹村暑急逝を悼む ては 蟹際吾は助かる者か 等不安を感 それから科も違ふ何故こんな仲 他は今猜往年豪塗跡が想像され つ象 じ出し 傍手足其他をもみ居六る近 るo よくなっれかはそれはお互わからぬが 野口新太郎 昭 臨終模橡 親顔も曇るO此頃から署帥より近親 沼父は學校先生だつれで幼年時 兎も角以來無二親友として深い交際を p U区 ヰ 和 代は父任地を所々傳住して此生家 績けて旅六であるo あ頑健な粘力其も様な君か何 急 を 告 ぐ べ し と 庄 意 あ り 線 者 遠 近 全 去る三月三日朝である 農は用事 故死んだだらうo之は君を知ゐ入誰 以來常下宿も一緒して全く文字通 十 部集まりて看護怠りなかりしも如何せん は趣く幼少時四 五歳までゐれだけださ 四 ぬめ少し迂れて登佼すると 伐登校を もがき 乳い事であらうo僕が葬儀前 り同じ鍋飯を食ひ枕を並べて寝れも 病臥次第進み 同日午後四時最早絶望 うだ 年 待ち詫びてゐ六本棺電話交換手から 中學へ入ろ糠なつてからはつつと飯 であるo僕上田於ける學生生活は几 晩御逼夜をしなから遺族から聞い大君 陥る 本人も亦之を悟りて家内を初め て君と共演であつて 僕行く所必す 田税戚居て それから上田へ入學し 四 先刻飯田吉澤さんから電話がかΣり 臨 終 概 様 は 斯 う で あ る o 近 親 一 人 宛 を 枕 頭 呼 び 後 事 を 依 損 す 君 を作つれもであるo君とつても亦 月 竹村さんが咋夜急逝されれ云々 と告 個人純 冨として全國有以慧種製造業 特嗣子龍之助君到しては 父後を 六課である 同じ璋であつれ鐸だらうo今こうして當 君は費性器落 明朗 全く竹を割つれ 時事上ハ追想すると懐しい思出が次々 二 げられ穴o 何鷲利君が死んだと そんな 喬木館長として そ輕菅を 手切り しつかり守れ 立舐な人問となれ 等 十 巧鹿な事かとも思ふれが 然し電話がか 廻してゐ六君は卒索常鑑奔西走休む暇 々懇々と論す所あり 集る者も見る堪 様な氣持男であつ六〇然し又其一面 繰り擾げられて書きる所がないo 日 xつて來六からは嘘もあるまいo 非常優しい涙もろい親切な所があっ 愈々三ケ年學生生昇伯を終へて別わる なく 此二月十七日も新年度計劃樹立 へざりしと去ふ やがて もう云はんと 呼竹村君が死んだか 嶋呼竹村沼か 六〇從つて交友は極めて旧圓濃で誰もよ 時如何悲しかつ六か それも今はつ れめ午前十一時食て名古屋 静岡 する所なし と言ひ 次第呼吸困難を きり畳えてゐるoそれから僕は北陸紡 死んだか 僕は何回も自ら反問して係 く好かれれもであるo 東京 上田 族へ出象 各地で夫々用 訴 へ 自 分 は 今 迄 意 志 で 生 き 意 志 て 進 ん 第 績會赴へ 君は伊那喬木館へ入つて暫 り葱外な通知しはし呆然として涙も 小さい時から素晴しい立派な体絡で 件を果して上田へは二十四日廻つて來 で來表此意志を以て此病氣を乗 らく稽疎遠なつ乳如く見へれが そ 三 出ない有橡であつ距o 又まれ見る萬能蓮動家でもあつ六〇 れoρ僕と會見も之が最後語り草と 切れぬか 等悲痛な曽口あり 更午後 後叉僕が上田母校戻る及ん て 二 颯踵 それしても此頃竹村端が僕を訪ね 就中創道は最も君得意とする所 學 なつカであろ o此頃から少し身艦 十一時二十分頃苦旛 贋櫓し六る時 自 人交際は一暦密接なつれ 殊最近 暁 て呉れれは まだ一週間も輝六ないっ 具合悪数とて 戸倉温泉で三日滞在して 分肉盟は既死んでゐるが精聯は生き 生時代餅 三段腕払川で 膏田時獄 尋創 はよく訪ねて呉れ六〇 物 ひ最近事である いつもと少しも異ら 道部竹村と云へば誰知らぬ者ない具 最後會つ六はまだつひ最近二月 二月二十六日午後婦飯 恰も當夜干曲會 てゐて自分はまだ死なぬとは之如何 等 認 ない一兀氣な様子で瓢然僕家玄關 現 道強豪であつ六〇具他或は庭球 或 二十四日夕方であつれoいつも様 れて 今日は忙しいからゆつくり出來な 龍川支會総會あり鍋はすぐ其足で之 と言ひ午後十時三十分途ひ悲しき臨絡 は競技 行くとして可ならぎるなく 瓢然僕玄關現れ 今日は急ぐから 臨んだが 例如き元氣なく 酒量も となる 何れも富時殿專蓮動部超弩級物であ 寄らない と云ふを僕は無理引止め 節して居れ様子 常ならば二次會 三次 最後まで心境確かりしてゐ六事は驚 て二時間程話して露つ であるo今 つれもだつれO 會等卒先主唱する筈君が 此日は何 くべきもで 流石創近注人 傑物 して思へば轟知らゼかそ時話は例 君は學校を卒業するとすぐ下伊那郡 象るを思はぜ覧惜しい限りであつれと 哨とはなし閉會前濁り抜けて露宅 似すしんみりしれもであつ六 子供 喬木館養慧部入り創道で鍛へ六不擁 云ふ 旗色もよくなかつ六ときくo 将來話は特思ひ當る筋があろoそ 精紳を以つて慧種製造虫T念し六〇 葬 武 れから町田君事 母袋沼噂 川船君 二月二十七日 二十八日は平常如く 以來色々浮沈もあつれが 数年前賓 清息 門田君近況等々O 葬儀は三月六日午前飯田市外松尾村喬 事務所川現れ 六博か識色甚だ悪く從轟来口貝 本 も 濁 立 し 君 自 ら 館 長 と な ろ や 近 年 慧 そして僕は騨まで見逡つて氣輕別れ 連中も心配して早く静養する様肋めれが 木館前庭で 又午後三時から郷里山本 種製造か稽々もすれば不振なり勝際 れであつ穴が之が僕と君と二十年 消はつひ絡口軌務して齢宅 そ晩午 利君生家で 何れも紳式て嚴粛 君非凡経蕾手腕はよく共業績を向 最後幕なつ六であるo人生無常と 上して 今や全國有数大慧種業者とし 一吟頃から急湖微腹痛を錐へ直ち 行はれれ は一訴ふが誠あつけない別れ方で今以つ 混仮 加藤啓帥來診を求むo盲腸炎如き症 流石南信慧綜業界大物 會葬者非 て年製造額凡百万瓦達し 正今費り て其時事がうらめしくてならないo いL とてすぐ蹄らうとするを僕は無理 欺て次第苦痛 を檜す 或は腸捻樽 常多敷 術璽前は君生前活動を物 出し新進實業家として 君前愈は各 蓮 族 方面等しく囑目する所となつてゐれo とも豫想さるo絡夜蜘藤整師懇切な手 語る花環 供物等敷多く取飾られて 全 引止めて一緒夕食をし二時間程話して 君はつひ今度族行立つ二日前生 圓取近君は全く丈字通り乗奔西走 昂つて行つ六であるが そ時まさか 當を受けれるも病駄宜磁からす 家族皆 く田舎は例を見ない盛儀であつれo伐 れぬ女晃を加へて ぬしか 今年十工域 も親友として叉千曲會本部代表として 多忙さでだつ六がよく寸暇を作つて僕 こんな事かあらう様子は露感ぜられなか 心配しつ 翌三月 日兎角外科大 所を訪ねて呉れ索oそして門外僕へも 長男を頭二男三女父である筈だ そ 會葬し 伺郷里で行はれれ埋葬式も加 れまだうら若い令閨と年老ひれ母堂 家石井讐帥來診を乞ひて 加藤 醤師 つ象事である 色々慧綜業現歌や將來見通し等話し 僕は之等御遺族事を思ふと今更御氣 て呉れ 素人ながらもそ勝れれ識見や 毒で何ともなぐさめ言葉もないo それからすぐ君家電話で様子を聞 瀧澤簿士 立合口て診察結果痒臓炎 はつて終りまでお供して臨つれo 君が永遠眠る墓地は飯田西南一里 抱 負 は 敬 服 し て ゐ 六 も だ つ れ o いてみる 病名は暮臓炎 入院してすぐ 妖充分 直ち切開手術要ありと意見 女子倶丈けでは到底あ事業は綴げな 君は仲々酒蒙で飲めば談論風獲痛快 手術し六か一書夜で駄目だつれと 今晩 いo叉縄いでは危いo折角此虎まで染い 一致し 午後八時牛飯田市石井病院へ 牛 君生家程近い谷川臨む丘陵 一角 景勝地であるo墓地周團は木 な氣畑を塞 げれもであるoそ事業家 距君事業も惜しいが 御蓮族将來 茶火附し葬叡は六日等々 愈々ま鷺れ 入院すo櫨尿結果愈々痒臓炎と碓定 即 として洗練され象交際振は學生時代 第 もない現貧事賃であるo 刻石井瞥師執刀 瀧澤博士立會 近親伺 立が繁り中は櫻樹も交つてゐれo春と 武骨さを知るだけ全く一鷺異値する 就ては更一暦關心事であるo幸ひ此 華就いては御親戚も御遺族も共充 僕はすぐ駆けつけ橡と考へ敦か飯田ま 添ひて腹部切開手術を行ふ 此時午後 もなれば花も炭かう 夏は谷風が凍しい もがあつれ 分な御決心下深甚な考慮が沸はれつ 百 では時問もか るoすぐ出掛けてもそ 一時なり 果ぜる哉痒臓炎症を起し かも知れぬo俵も近親と共君瞑祠を 豪放嘉落で而も寸暇なき多忙身拘 Σある由であるが どうか御遺族安泰 蒔りながら静沼蓮骨を埋れば過去二 日は問含はぬoそれ生憎學年試瞼 居り椙雷膿ありて切開ぜざれは敷時間 はらす君は亦思ひがけないゆかしい趣 して 御蓮児達揃つて立瓜生育あ 九 最中で行くは色寿留守依燈もして置 して倒わる担命だつ六と言ふ 手術は 十年長かつれ君と交際思出が一時 味があつ六〇即ち折ふれて時折俳句や らん事願ふ事切であるo こみ上げて來てどうする事も出來なかつ 和 歌 を 物 し て 武 骨 そ も 如 き あ 瞑祠を酷る かねばならぬo僕ははやる氣持を押へて 極めて順調蓮び 本人は局部疵痺なれ 六であつれo 君似もつかぬやさしい情緒を描い六も 號 そ日は 學校思ひ止つ穴o 鳴呼田ズ友四竹村謂漏 誕れは最愛 遺族を遺 ば意誠明断て しつかり顛む 萬事先 である こんな所もゆかしい君人 し事 業牛ぱして挫折してどんなか無 略 歴 となりが偲ばれて敬服してゐれもであ 念であらう 然し絡ては天命だ 劉は人 家婦つて女房竹村謡が死んだと告 けても鯨り意外一なかく信じないo 十 そ晩口 取近愈々繁くよ訪Lて叉孔れ君 思出を顧みて あ時はこんな晶をし 一 て昂つ六 そ時はどうし六禽々懐しい 記憶を繰り鑛げれば今更親友死がひし

12

13

十 句 文 学 部 教 授 文 学 科 本 文 学 専 修 加 藤 定 彦 十 十 新 本 安 妨 理 由 発 行 停 止 処 受 停 止 解 除 週 間 十 そ 面 解 停 社 告 巻 頭 論 説 被 災 状 況 取 材 雑 報 惨 記 特 派 員 ナンパチ 実 記 特 派 員 犬 骨 坊 掲 載

十 句 文 学 部 教 授 文 学 科 本 文 学 専 修 加 藤 定 彦 十 十 新 本 安 妨 理 由 発 行 停 止 処 受 停 止 解 除 週 間 十 そ 面 解 停 社 告 巻 頭 論 説 被 災 状 況 取 材 雑 報 惨 記 特 派 員 ナンパチ 実 記 特 派 員 犬 骨 坊 掲 載 資 料 展 示 < 歴 史 見 災 2 正 岡 子 規 : 新 本 風 俗 画 報 > 雨 / / ふ 皐 寒 / / 正 岡 子 規 1867-1902 29 1896 節 句 5 5 新 暦 6 15 東 北 方 瞬 2 万 2 千 命 奪 奥 中 名 以 降 般 的 使 東 本 災 同 様 洋 プレト 型 巨 冒 頭 俳 句 清 勝 利 浮 立 当 新 本 ぽ 記 者 正 岡 子 規 酸 鼻

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

野村傅四_散歩した事

野村傅四_散歩した事 散 5 明 治 八 九 年 頃 即 ち 千 駄 木 代 よ 散 食 前 食 後 散 多 散 川 芳 太 郎 氏 放 送 よ ば 定 千 駄 木 本 郷 丁 目 字 路 東 曲 湯 島 天 神 脇 切 通 下 池 端 根 津 権 現 社 内 抜 帰 宅 有 種 散 御 供 明 瞭 憶 持 ち 合 せ ぬ 又 別 四 間 亙 6 散 往 々 之 誘 御 自 分 主 唱 者 判 然 せ ぬ 兎 角 よ

More information

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移 酒 陽 工 業 専 学 校 研 究 要 第 心 酒 陽 Youko SAKAIRI 康 始 康 開 治 新 足 権 東 照 宮 営 悪 憐 令 犬 挟 歴 影 薄 楽 呼 死 東 叡 手 厚 葬 贈 贈 華 栄 姉 栃 浪 娘 乳 春 産 ゆ 義 妊 際 世 継 ぎ 産 都 留 南 都 留 知 義 稿 心 問 題 ア プ ロ ー チ 厳 巻 側 経 緯 贈 楽 都 賀 処 太 ゝ む 織 某 聞 娶

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

あらすじに目を通したものの、この物語に疑念を抱えている向きもあろう

あらすじに目を通したものの、この物語に疑念を抱えている向きもあろう 邪 馬 台 志 島 平 27/7/7 田 康 利 1 島 如 何 想 生 叶 島 関 係 強 調 期 壇 均 式 親 交 即 盛 堯 跡 託 舜 臨 体 動 対 摂 報 寒 暑 星 旱 精 進 潔 斎 川 ぼ 丘 陵 衍 聖 賢 玉 収 吉 選 並 居 臣 分 与 守 到 有 九 州 贈 会 衡 八 西 崋 着 恒 同 振 舞 度 狩 功 禹 公 幼 助 稷 棄 農 耕 邪 馬 台 志 島 平 27/7/7

More information

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧 拝 察 5 5 ぐ 歴 史 残 伴 津 波 北 太 側 被 冥 福 被 舞 淡 路 灯 鎮 魂 祭 営 淡 路 約 倍 福 基 爆 放 射 漏 ウ 影 響 真 ひ ひ 5 ブ 故? 栄 雪 害 遭 状 況 敬 広 則 就 ぐ 補 充 末 式 則 暮 勇 櫻 ポ 募 締 ぬ 印 層 水 振 返 届 録 紹 介 足 端 録 書 創 周 遂 伴 堀 茂 泰 船 副 根 安 5 二 5 芦 5 5 足 志

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に

52 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 方 が 主 導 したためか 武 家 は 表 高 に 対 して 負 担 を 分 担 させられるのではなく 屋 敷 地 の 四 方 間 数 に 応 じて 分 担 していたことを 明 らかにした これらから 公 共 空 間 に 東 洋 大 学 人 間 科 学 総 合 研 究 所 紀 要 第 11 号 (2009) 51-60 51 若 手 研 究 者 育 成 研 究 所 プロジェクト 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公 共 空 間 に 関 する 基 礎 的 研 究 平 成 20 年 度 における 活 動 とその 成 果 の 報 告 * 松 本 剣 志 郎 研 究 課 題 名 : 江 戸 大 名 屋 敷 と 都 市 公

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

謹 挨 拶 春 迎 存 素 賜 厚 礼 岩 陸 五 三 三 東 早 甚 体 途 福 島 故 放 射 能 風 評 昨 末 円 高 デ 円 株 価 値 景 望 不 透 状 ふ 課 環 境 変 対 応 運 営 強 取 営 街 空 洞 防 止 組 織 強 待 受 難 円 ぎ 懸 念 消 費 税 増 税 基

謹 挨 拶 春 迎 存 素 賜 厚 礼 岩 陸 五 三 三 東 早 甚 体 途 福 島 故 放 射 能 風 評 昨 末 円 高 デ 円 株 価 値 景 望 不 透 状 ふ 課 環 境 変 対 応 運 営 強 取 営 街 空 洞 防 止 組 織 強 待 受 難 円 ぎ 懸 念 消 費 税 増 税 基 1 ぎ 17 号 / 25 2 1 編 集 / 広 報 久 弘 数 /542 名 H25.1 末 在 印 刷 / 及 印 刷 主 / 負 ね!! 秋 彦 ョ 謹 挨 拶 春 迎 存 素 賜 厚 礼 岩 陸 五 三 三 東 早 甚 体 途 福 島 故 放 射 能 風 評 昨 末 円 高 デ 円 株 価 値 景 望 不 透 状 ふ 課 環 境 変 対 応 運 営 強 取 営 街 空 洞 防 止 組 織

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

研報60_t03小松.indd

研報60_t03小松.indd 賢 司 維 新 研 究 精 力 進 宮 正 氏 降 巨 大 転 換 期 大 歴 特 徴 対 民 各 層 ほ 欲 求 ろ 述 べ 幕 末 維 新 期 テ ー マ 重 要 性 指 摘 商 品 幕 権 力 厳 弾 圧 状 況 産 流 業 全 需 要 層 自 蒐 発 体 価 交 換 形 特 質 端 指 摘 テ ー マ 研 究 最 研 究 中 豊 穣 果 評 ほ 況 呈 テ ー マ 大 論 点 特 質 能 動

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

P38-P42.indd

P38-P42.indd ナ 倍 俊 彦 文 肆 矢 純 通 喧 噪 抜 細 小 路 ぐ 秀 喜 ユ ォ 数 々 守 素 材 厳 丁 寧 堪 能 不 議 ぬ 隠 ナ 伺 勉 強 以 外 夢 米 置 賜 身 経 緯 早 稲 田 4 辞 ) ぼ ャ 勉 強 縁 始 9 歳 ロ ウ 授 業 普 通 進 ゅ 喫 茶 仲 退 屈 始 喫 茶 家 三 鷹 国 際 基 教 ぐ 空 借 ミ サ 車 余 リ 夜 ガ 工 電 工 以 外 38

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋 番 号 63 年 代 正 保 年 間 表 題 加 賀 国 四 郡 絵 図 ( 下 書 ) 法 量 320 496 加 賀 国 四 郡 絵 図 内 一 河 北 郡 七 万 五 千 七 十 石 二 斗 一 升 一 石 河 郡 拾 六 万 六 千 九 百 四 十 五 石 九 斗 八 升 一 能 美 郡 拾 壱 万 五 千 二 百 四 十 四 石 五 斗 六 升 容 一 江 沼 郡 六 万 五 千 六 百

More information

男 子 1500m1 組 1 20 近 藤 慧 山 梨 学 院 大 学 附 属 高 校 山 梨 4:12.34 2 11 河 原 佑 哉 東 京 実 業 高 校 東 京 4:17.53 3 27 細 田 琳 太 朗 東 京 高 校 東 京 4:19.61 4 22 山 口 純 平 山 梨 学 院 大

男 子 1500m1 組 1 20 近 藤 慧 山 梨 学 院 大 学 附 属 高 校 山 梨 4:12.34 2 11 河 原 佑 哉 東 京 実 業 高 校 東 京 4:17.53 3 27 細 田 琳 太 朗 東 京 高 校 東 京 4:19.61 4 22 山 口 純 平 山 梨 学 院 大 女 子 1500m1 組 1 4 金 杉 侑 香 東 京 高 校 東 京 4:52.76 2 3 小 林 朱 里 東 京 高 校 東 京 4:53.29 3 5 宮 田 彩 子 東 京 高 校 東 京 4:55.38 4 2 中 江 佑 莉 日 本 大 学 鶴 ヶ 丘 高 校 東 京 5:26.97 5 1 木 下 楓 日 本 大 学 鶴 ヶ 丘 高 校 東 京 5:34.67 男 子 1500m1

More information

寺崎3.indd

寺崎3.indd 考 察 1 考 察 寺 崎 修 武 蔵 学 政 経 済 学 授 夜 埼 玉 秩 父 郡 原 青 員 要 請 南 政 府 偵 怪 員 俊 ピ 射 起 偵 呼 戸 覚 蔵 陲 史 史 伊 藤 痴 遊 巨 星 亨 伊 藤 痴 遊 全 集 巻 昭 秘 録 伊 藤 痴 遊 全 集 巻 昭 沢 育 委 員 沢 誌 昭 方 田 稔 畦 正 歴 史 学 研 究 号 昭 萩 原 進 勇 先 駆 運 動 見 田 宗 介

More information

Microsoft Word - 武士道レジュメ _3_.doc

Microsoft Word - 武士道レジュメ _3_.doc 月 木 式 ~ 分 ~ 分 H 東 京 多 目 ホ ル ス ケ ジ ュ ル 式 ~ 分 塩 郎 紹 介 挨 拶 口 克 彦 副 挨 拶 野 晋 也 専 見 ~ 分 挨 拶 塩 郎 系 譜 笠 谷 比 際 セ 授 植 宏 連 盟 委 儒 岡 泰 財 郷 岡 篤 館 矢 作 幸 雄 庁 誨 筑 波 山 権 宮 司 ビ ジ ネ ス 口 克 彦 H 総 合 締 司 多 百 局 式 N O 1 紹 介 順 笠

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

92_himawari.indd

92_himawari.indd [ 愛 謝 奉 仕 ] 92 号 月 2 4 5 6 11 紹 法 創 立 30 周 特 別 寄 稿 東 海 牧 野 通 紹 ( ぬ) 各 10 ュ 12 30 周 案 内 / 編 集 記 vol.92 2 22 5 月 20 3 vol.92 22 5 月 20 vol.92 4 22 5 月 20 庭 育 低 下 題 久 モ 欠 育 無 関 放 増 無 難 題 込 む 現 社 全 縮 図 現 巻

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

<926A8E71918D8D872E786C7378>

<926A8E71918D8D872E786C7378> 聖 一 朗 和 歌 山 県 和 歌 山 市 和 歌 山 北 岡 大 和 歌 山 県 日 郡 - 奥 貴 和 歌 山 県 海 南 市 走 食 系 男 子 林 直 樹 和 歌 山 県 和 歌 山 市 和 歌 浦 走 友 会 杉 山 寛 汰 和 歌 山 県 和 歌 山 市 - 岡 親 和 歌 山 県 和 歌 山 市 花 王 陸 部 山 友 希 和 歌 山 県 市 和 歌 山 県 中 祐 馬 大 阪 府 東

More information

Taro-r81.jtd

Taro-r81.jtd -- 初 対 応 岡 康 臣 延 栄 宝 暦 条 述 貞 卿 京 昨 談 味 貞 略 送 凡 勢 ヲ 構 雨 天 建 着 到 殿 車 舎 外 軒 臥 此 度 訴 早 速 払 程 退 茂 又 帰 詮 第 与 勿 論 往 道 筋 少 茂 憚 甚 浄 ミ 夫 故 木 消 木 ひ 殊 更 火 気 遣 永 堅 ク 仰 京 神 官 持 勢 構 困 対 策 訴 効 果 的 火 火 気 遣 動 抑 ほ 主 峰 花

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

実用書の体裁で直接 間接に大衆の手に届くよ うになり 医学的専門知から 市井の人々の日 常知へと昇格する そして自分のさまざまな疾 患がオナニーに由来すると煩悶する人々を大量 に産み出していく 明治期では1906年 明治39 年 に 私は手 の害か知りませんが陰茎睾丸 その 自漬 で 私はこんな半分病気のやうな 変なからだになるとは どうも思へないので御 座います 自漬 が それほどに 私の からだに害があることと思はれないのは

More information

か L はらす 1 材 料 の 敷 は 猶 際 少 数 であった 叉. 比 較 検 討 すべさ 費 料 も 甚 だ 乏 しいのは 遺 憾 めて 重 要 視 せらるべきものたること 言 を 侯 たな\, o

か L はらす 1 材 料 の 敷 は 猶 際 少 数 であった 叉. 比 較 検 討 すべさ 費 料 も 甚 だ 乏 しいのは 遺 憾 めて 重 要 視 せらるべきものたること 言 を 侯 たな\, o か L はらす 1 材 料 の 敷 は 猶 際 少 数 であった 叉. 比 較 検 討 すべさ 費 料 も 甚 だ 乏 しいのは 遺 憾 めて 重 要 視 せらるべきものたること 言 を 侯 たな\, o (20)~feinshausen(2l) 民 等 の 地 域 別 粛 査 等 があるが 之 等 は 職 業 自 身 によ~ 影 響 の 外 に A (lg) 南 俊 治 坑 夫 の 腫 格 に 闘

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information

鶴 澤 甚 造 年 表 明 治 20 年 11 月 9 日 東 浅 井 郡 河 毛 村 ( 現 長 浜 市 湖 北 町 河 毛 ) 生 れる 明 治 45 年 東 浅 井 郡 小 谷 村 大 字 河 毛 伊 吹 甚 家 養 子 入 る 大 正 13 年 長 浜 曳 山 春 日 山 鎌 倉 代 記 初

鶴 澤 甚 造 年 表 明 治 20 年 11 月 9 日 東 浅 井 郡 河 毛 村 ( 現 長 浜 市 湖 北 町 河 毛 ) 生 れる 明 治 45 年 東 浅 井 郡 小 谷 村 大 字 河 毛 伊 吹 甚 家 養 子 入 る 大 正 13 年 長 浜 曳 山 春 日 山 鎌 倉 代 記 初 曳 山 祭 関 連 展 曳 山 支 え ち 子 ど も 歌 舞 伎 中 心 す る 長 浜 曳 山 祭 は 地 元 だ け な 長 浜 以 外 多 よ っ 成 り 立 っ い す 本 展 示 は 子 ど も 歌 舞 伎 欠 こ き な い 役 ( 振 付 味 線 ) な ら 味 線 中 心 紹 介 す 役 は 現 在 プ ロ ア マ 問 わ ず 日 本 各 地 多 が 担 っ き 彼 ら お 曳 山

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増

ても 1 日 の 業 務 量 が 一 定 せず 例 えば 次 の(ア) 又 は(イ)に 該 当 するような 状 態 が 発 症 直 前 に3か 月 程 度 継 続 しているような 場 合 をいうものであるこ と (ア) 通 常 の1 日 の 業 務 量 のおおむね20% 以 上 業 務 量 が 増 上 肢 業 務 に 基 づく 疾 病 の 取 扱 いについて の 実 施 について 平 成 9 年 4 月 1 日 地 基 補 第 104 号 各 支 部 事 務 長 あて 補 償 課 長 第 1 次 改 正 平 成 16 年 4 月 19 日 地 基 補 第 105 号 標 記 の 件 については 下 記 事 項 に 留 意 のうえ その 実 施 に 遺 漏 のないように 取 り 扱 われたい なお

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑 務 局 央 道 北 昭 和 広 告 社 TEL 粋 vol. 粋 vol. www.showa-ad.co.jpchibasoba 秋 満 産 声 十 美 浜 ホ テ グ リ タ ワ 幕 張 階 イ デ パ 於 祝 賀 々 招 代 表 席 総 勢 席 盛 午 腰 副 辞 始 挨 拶 鵜 飼 良 熊 谷 俊 等 御 祝 辞 美 術 常 任 神 谷 紀 雄 乾 杯 金 専 務 経 過 報 告 味 線 藤

More information

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹 館 紀 9 号 平 8 6 - - 館 戦 併 旧 継 蔵 半 降 代 含 周 辺 社 糸 安 南 区 旧 高 宮 安 北 区 旧 高 陽 起 益 紛 関 末 尾 添 平 位 岸 注 落 占 背 城 備 位 停 再 燃 根 深 表 稿 最 初 読 策 策 該 頃 概 略 3 ざ 腰 区 樹 切 厳 ゆ 洪 水 害 防 落 決 至 召 腰 民 委 ね 薪 牛 馬 飼 畑 肥 供 給 源 腰 民 個 別

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

14 1 紫 野 標 野 野 守 袖 振 〇 額 田 王 海 皇 夫 夫 首 2 飯 食 安 忘 題 妻 夫 題 及 び 左 編 夫 夫 3 宇 奈 良 根 柔 小 菅 げ 忘 我 忘 九 疎 遠 恨 夫 婦 外 断 他 美 達 根 柔 小 菅 比 喩 移 恨 依 然 忘 東 東 因 忘 軽 親 愛

14 1 紫 野 標 野 野 守 袖 振 〇 額 田 王 海 皇 夫 夫 首 2 飯 食 安 忘 題 妻 夫 題 及 び 左 編 夫 夫 3 宇 奈 良 根 柔 小 菅 げ 忘 我 忘 九 疎 遠 恨 夫 婦 外 断 他 美 達 根 柔 小 菅 比 喩 移 恨 依 然 忘 東 東 因 忘 軽 親 愛 ぐ 13 決 通 説 委 細 閲 各 ぞ 種 類 異 垣 間 整 然 通 研 究 先 研 究 管 完 璧 理 構 築 至 難 業 稿 各 顕 著 徴 少 引 原 旧 原 則 体 改 環 視 点 導 有 効 及 び ㈠ 妻 姉 妹 夫 兄 弟 様 々 ケ ぐ 藁 谷 隆 純 14 1 紫 野 標 野 野 守 袖 振 〇 額 田 王 海 皇 夫 夫 首 2 飯 食 安 忘 題 妻 夫 題 及 び 左 編

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

維 貢 献 へ 此 術 第 8 号 s 8 月 5 酒 田 条 相 蘇 秋 輩 伊 藤 興 彌 増 図 機 充 厚 省 審 役 割 強 化 論 始 駆 兵 庫 県 養 父 ぶ 秋 田 県 仙 北 家 戦 略 区 請 負 昨 状 態 派 遣 童 保 育 マ 進 派 遣 向 週 0 同 省 通 常 規

維 貢 献 へ 此 術 第 8 号 s 8 月 5 酒 田 条 相 蘇 秋 輩 伊 藤 興 彌 増 図 機 充 厚 省 審 役 割 強 化 論 始 駆 兵 庫 県 養 父 ぶ 秋 田 県 仙 北 家 戦 略 区 請 負 昨 状 態 派 遣 童 保 育 マ 進 派 遣 向 週 0 同 省 通 常 規 8 月 5 酒 田 退 第 過 迷 話 存 樹 木 剪 資 格 必 考 庭 勉 強 樹 医 資 格 得 資 格 勢 応 恵 己 責 任 寿 命 維 射 公 益 約 厚 省 近 足 補 派 遣 紹 介 条 件 約 緩 和 情 応 認 範 囲 拡 期 待 昨 喜 寿 丹 精 込 宅 庭 手 課 樹 木 剪 他 忘 冬 囲 庭 眺 寿 伸 修 発 公 益 団 酒 田 酒 田 相 町 -3-80 TEL03-33

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

かめやまway35.indd

かめやまway35.indd 常 昭 介 牛 乳 洋 ピ 坂 栄 絲 晋 泗 刀 根 瓦 斯 哉 ガ 佳 栃 監 久 嗣 号 石 朋 葬 祭 捷 治 晴 之 瑞 宝 軒 峰 憲 治 急 送 久 嗣 萱 靖 介 尾 﨑 尾 﨑 酒 落 治 落 笠 笠 清 ツ 片 片 石 樹 瀬 宏 瀬 キ 牛 乳 蔵 ズ 卓 物 洋 ピ 真 坂 栄 裕 酒 ナ 玩 具 熊 衣 裳 櫻 八 ェ 澤 駿 其 克 佛 檀 絲 晋 刀 根 衛 瓦 斯 迪

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464>

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464> 広 報 P2 第 45 回 内 一 周 駅 伝 競 走 大 会 P 4 う び 生 産 振 興 大 会 P5 新 連 載 お た 喜 界 1 P 6 喜 界 高 校 創 立 記 念 講 演 会 第 3 回 喜 高 塾 P 7 朝 崎 郁 恵 ラ イ ブ お 知 せ P8 シ マ 話 題 そ 1 ( 文 化 日 フ ェ ス タ 他 ) P 14 シ マ 話 題 そ 2 ( フ ユ ン ミ ム ッ チ

More information

01七十の夏.indd

01七十の夏.indd 1 枯 草 石 毎 橋 通 旅 町 港 眺 雨 午 町 路 地 井 戸 昔 頃 腹 鮨 詰 室 運 苦 友 意 味 苦 痛 育 授 業 ソ フ ボ 球 飛 祈 守 笑 胸 キ ュ 休 カ ビ 臭 室 ポ 屈 折 科 授 業 厳 揃 違 殴 閉 口 授 業 ホ 女 厳 情 熱 指 導 脱 線 白 引 込 科 鑑 題 紹 介 達 治 光 郎 駝 鳥 駝 鳥 ぱ 難? 優 秀 受 評 論 ゅ 共 英 男

More information

68号本文 p56に

68号本文 p56に 星薬科大学報第68号 平成20年9月 星一先生ゆかりの話 昭和25年度卒 旧制8回 栗 原 忠 聖 当時 父の仕事関連などもあって 医師になりたい と思い 中学4年の時 医科大や医学部を受験しまし たが 合格できませんでした 中学五年一学期に入っ て 医学部を有する私立総合大学の他学部予科に 補 欠募集で合格し入学しました その大学の医学部に転 部するつもりでした しかし 父が病気になり 医学部への転部費用や学

More information

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 発 令 氏 名 新 所 属 職 旧 所 属 職 主 幹 教 諭 / 新 任 千 葉 県 教 育 委 員 会 松 井 毅 夫 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 主 幹 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 等 / 異 動 名 古 屋 章 佐 倉 市 立 佐 倉 中 学 校 教 諭 佐

More information

益 団 法 沖 縄 材 環 境 最 重 件 防 止 再 防 止 検 証 現 巡 点 検 紙 ニ ュ 信 再 受 迎 以 民 サ 憩 提 供 営 設 遊 具 政 環 境 づ 提 供 営 齢 経 験 識 づ 信 頼 為 基 自 自 働 助 基 盤 群 織 献 織 制 責 制 専 門 委 課 題 調 査

益 団 法 沖 縄 材 環 境 最 重 件 防 止 再 防 止 検 証 現 巡 点 検 紙 ニ ュ 信 再 受 迎 以 民 サ 憩 提 供 営 設 遊 具 政 環 境 づ 提 供 営 齢 経 験 識 づ 信 頼 為 基 自 自 働 助 基 盤 群 織 献 織 制 責 制 専 門 委 課 題 調 査 益 団 法 沖 縄 材 所 益 団 法 沖 縄 材 - 沖 縄 丁 番 電 番 - http://www.okinawasisi 末 現 在 女 沖 縄 材 決 策 迎 期 着 見 直 献 ざ 役 丁 寧 献 両 諸 展 紹 モ ョ チ 配 布 多 様 沿 拡 掘 起 規 獲 得 般 家 庭 企 政 拡 創 出 説 相 談 ョ ワ ェ 修 衛 教 駐 ウ 接 遇 マ ナ エ 護 修 オ 他 種 訪

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為

ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8 号 春 番 6 号 初 型 貫 6 貫 ゆ ギ ャ プ 構 築 鋭 6 9 7 件 件 7 名 6 扱 国 オ 昨 国 流 題 為 発 先 局庶課 06-699-78 ホムペ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/contents/gikai/menu.html 28 ば 東久統 304完 セミ楽 2 ペ 件 7 ペ 覧 8 ペ ぐ だ 7 05 8 号 識 別 番 号 律 番 号 扱 マ ナ 始 東 久 統 ば 8 東 0 久 敷 建 8 型 貫 完 旧 滝 井 名 称 ば 久 5 丁 番 8

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

2

2 2014 6 1 2 3 4 5 6 7 日本全国なかのはるひろ旅日記 5 月 9 日 金 長野 5月半ばの週末 長野 上越 新潟とセミナー行脚 してきました 長野では初開催で 地元の皆さまに温か い笑顔で歓迎いただき 大変感激いたしました 翌朝午前中 しっかりと善光寺に詣でて 長期投資家 がどんどん増えますように と祈願して参りました そして腹ごしらえはやっぱり信州そばでしょ 老舗 の 今むらそば

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

橡2014年1月6日/午後6時14分の1頁目

橡2014年1月6日/午後6時14分の1頁目 New year 研 登 那 m essa ge 豊 小 寺 松 田 事 務 所 で 培 っ た 教 え を 天 馬 の ご と く 羽 ば た き 奔 馬 の よ う に 力 強 く 継 承 し ま す 鶴 圃 旧 年 中 は 顧 問 先 依 頼 者 の 皆 様 に は 大 変 お 世 話 に な り 調 ー ま し た 弁護 士 佐 藤 勉 過 疎 地 域 を な くし た い と の 弊 事

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 第 4 地 対 艦 ミサイル 連 隊 長 兼 八 戸 駐 屯 地 司 令 ) 1 等 陸 佐 水 落 嘉 彦 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 富 士 教 導 団 副 団 長 ) 1 等 陸 佐 藤 原 修 ( 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 1 等 海 佐 鈴 木 秀 文 防 衛 研 究

More information

13-都築久義156-166.indd

13-都築久義156-166.indd 166 稿 35 22 3 掲 形 県 現 岡 43 4 旧 番 毎 転 由 岡 岡 史 62 舞 台 5 度 小 冊 子 配 布 親 県 度 コ 海 紀 54 10 育 化 資 料 漢 抜 群 作 漢 点 英 良 読 点 点 越 塚 有 章 未 完 旅 路 35 6 房 Y 風 景 点 描 英 信 壇 訳 読 服 着 ぐ 頭 盛 壇 詳 室 ラ 懇 親 ぶ 揮 英 存 揮 英 良 得 學 懸 賞

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

56 今 敗 位 博 貿 易 挟 食 議 密 接 結 食 混 乱 因 ね 切 承 刊 食 故 起 未 為 師 係 触 齟 齬 別 原 師 玉 万 句 俳 俳 京 遅 単 独 際 京 掛 森 庄 太 森 庄 太 創 頃 ⑶ ぼ 歴 ね 森 庄 太 係 義 仕 導 脇 ⑷ 家 制 装 丁 含 総 合 外

56 今 敗 位 博 貿 易 挟 食 議 密 接 結 食 混 乱 因 ね 切 承 刊 食 故 起 未 為 師 係 触 齟 齬 別 原 師 玉 万 句 俳 俳 京 遅 単 独 際 京 掛 森 庄 太 森 庄 太 創 頃 ⑶ ぼ 歴 ね 森 庄 太 係 義 仕 導 脇 ⑷ 家 制 装 丁 含 総 合 外 55 原 寛 ~ 家 今 過 程 創 勢 秀 逸 俳 諧 興 止 議 今 卒 議 貞 享 町 経 済 福 副 収 録 敗 約 達 虚 ⑴ 現 師 吉 半 兵 衛 証 ⑵ 吉 半 兵 衛 師 気 盛 京 気 強 係 詳 滝 川 佳 56 今 敗 位 博 貿 易 挟 食 議 密 接 結 食 混 乱 因 ね 切 承 刊 食 故 起 未 為 師 係 触 齟 齬 別 原 師 玉 万 句 俳 俳 京 遅 単 独

More information

Taro-16年春表紙.jtd

Taro-16年春表紙.jtd 第 97 号 全 国 脊 髄 損 傷 連 神 奈 県 支 平 成 8 4 ペ http://www.max.hi-ho.ne.jp/yawaragi/ メア yawaragi@max.hi-ho.ne.jp 学 び 講 師 全 脊 連 古 谷 理 迎 労 災 補 償 研 修 開 催 S S 〇 九 K 六 増 刊 巻 第 四 六 第 四 種 号 郵 便 八 認 可 五 六 毎 楽 語 研 修 & 忘

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 井 神 議 長 通 告 1 番 7 番 山 本 重 信 議 員 発 言 席 か ら 一 問 一 答 方 式 で 質 問 を お 願 い し ま す 山 本 重 信 議 員 山 本 議 員 7 番 議 席 の 山 本 で す 議 長 の お 許 し を 得 ま し た の で た だ い ま か ら 一 般 質 問 を 2 点 に わ た っ て さ せ て い た だ き ま す 1 点 目 が 岩

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

将 来 の 子 供 たちへ 物 語 のある 復 興 を 陸 前 高 田 市 では 市 街 地 を 視 察 した 後 気 仙 町 今 泉 天 満 宮 ( 荒 木 真 幸 宮 司 )を 視 察 した 今 泉 天 満 宮 は 津 波 で 完 全 流 失 し 樹 齢 八 百 年 以 上 といはれる 神 木

将 来 の 子 供 たちへ 物 語 のある 復 興 を 陸 前 高 田 市 では 市 街 地 を 視 察 した 後 気 仙 町 今 泉 天 満 宮 ( 荒 木 真 幸 宮 司 )を 視 察 した 今 泉 天 満 宮 は 津 波 で 完 全 流 失 し 樹 齢 八 百 年 以 上 といはれる 神 木 岩 手 宮 城 福 島 被 災 地 の 声 に 触 れて 神 道 政 治 連 盟 事 務 局 神 道 政 治 連 盟 ( 長 曽 我 部 延 昭 会 長 )では 五 月 十 一 日 から 十 三 日 まで 東 日 本 大 震 災 により 多 大 な 被 害 に 遭 はれた 岩 手 宮 城 福 島 各 県 沿 岸 地 域 を 中 心 に 四 回 目 となる 慰 問 視 察 をおこなった 今 回 は 政

More information

褒章受章者の横顔

褒章受章者の横顔 藍 綬 褒 章 ( 弁 理 士 業 務 功 労 ) ささ 笹 じま 島 ふ 富 じ 二 雄 昭 和 17 年 9 月 19 日 生 学 歴 職 歴 昭 和 41 年 早 稲 田 大 学 理 工 学 部 機 械 工 学 科 卒 業,( 現 在 ) 笹 島 内 外 特 許 事 務 所 弁 理 士 会 歴 昭 和 49 年 弁 理 士 登 録 ( 第 7833 号 ), 同 56~57 年 常 議 員,

More information