4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 第 1 表 4 月上旬 ~5 月中旬の気温と日射量の平年比 ( 福井 ) 平均気温 平年差 平均日射量 平年比 備考 ( ) ( ) (MJ/ m2 /

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 第 1 表 4 月上旬 ~5 月中旬の気温と日射量の平年比 ( 福井 ) 平均気温 平年差 平均日射量 平年比 備考 ( ) ( ) (MJ/ m2 /"

Transcription

1 Ⅰ 水稲 実況 5 月の連休時は多照であったが その後 気象状況の変動が大きく 10 日 ~11 日は大雤警報が出されるなど降雤が続いた 育苗では 大きな病害発生はみられず 苗質が前年よりも改善されたものが多かったようであるが 4 月の育苗では苗の草丈不足や根張りの不良 5 月の育苗では 徒長やヤケ苗 葉齢の不揃い等が散見された 気象状況の変動を受け 移植時期や播種時期 本田管理の差により 生育差が大きい傾向となっている 1 移植栽培 1) 移植後の気象と生育 4 月上中旬は 降水量は尐なく 日照は多め 気温は低い傾向となった 下旬は日照が尐なくなった 5 月上旬は 2 日以降晴れや曇りとなり 日射は回復した 9 日までは晴れて暖かくほぼ平年並以上の気温となったが 10 日 ~11 日には大雤警報が出されるなど 2 日間で降水量 174mm のまとまった降雤があり 冠水する育苗ハウスもあった ( 第 1 表 第 1 図 第 2 図 ) 5 月中旬移植用のコシヒカリ育苗では 前年よりも育苗管理が徹底されたためか概ね良好な苗となり 根のマット形成も良好なものが多かった ただ 一部で温度管理や水管理が不備なもの等では徒長や苗の葉が焼けたものがみられた また 育苗用床土の窒素施肥量を減肥しなかったところで徒長苗となった 逆に コシヒカリと同じ肥料の尐ない床土を使い育苗されたハナエチゼンを中心に 育苗期間の低温寡照の影響もあり 前年ほどではなかったが やはり苗丈が伸びなかった 根張りが悪かった という事例があった 移植後の生育では 連休植え コシヒカリの適期田植えともに活着は良好であった 5 月 10~11 日に大雤が降ったため その直前に除草剤を田植え同時散布した圃場では除草効果低下が懸念されるため 今後の雑草の生育に注意が必要である 農試気象対策試験 (5 月 2 日移植 ) では 5 月 27 日現在 草丈がやや大きく 茎数が尐ない状況となっている 深水傾向で推移したことが影響したと思われた また 移植時の葉齢のバラツキが大きいことが 現在 生育ムラにつながっているようである 5 月 20 日移植のものでは 5 月 27 日現在 活着根が伸長し 4 葉目が抽出中となっている しかし まだ葉色は淡い 県下各地の生育基準圃の生育調査結果でも 5 月上旬移植では草丈がやや大きく 茎数は平年並 ~やや尐ない傾向となっている 5 月中旬移植では ほぼ前年並の生育となっている 5 月中旬が低温であったことの影響が出ているようである また 5 月後半となって雤が多いこともあり やや深水傾向となっている圃場も目立つ

2 4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 4/1 4/8 4/15 4/22 4/29 5/6 5/13 5/20 第 1 表 4 月上旬 ~5 月中旬の気温と日射量の平年比 ( 福井 ) 平均気温 平年差 平均日射量 平年比 備考 ( ) ( ) (MJ/ m2 / 日 ) (%) 4 月上旬 /31~4/7 降水量 0mm 4 月中旬 /12~4/17 降水量 0mm 最低気温 12 日 月下旬 最低気温 17 日 日 月上旬 降水量 10 日 87.5mm 11 日 76.5mm 5 月中旬 最高気温 19 日 日 平均気温 ( ) 平年値 ( ) 30 日射量 (MJ/ m2 day) 第 1 図平均気温 ( 福井 4 月 ~5 月 ) 第 2 図日射量 ( 福井 4 月 ~5 月 ) ( 図中の本年の値はいずれも 5 月 22 日までのデータ ) 第 2 表農試気象対策試験の生育状況 (5 月 26 日現在 ) 項目 移植日 草丈 (cm) 茎数 ( 本 / 株 ) 葉齢 ( 枚 ) 葉色 品種名 ( 月 / 日 ) 23 年 平年 比 23 年 平年 比 23 年 平年 比 23 年 平年 比 ハナエチセ ン 5/2 コシヒカリ 5/2 コシヒカリ 5/20 イクヒカリ 5/2 あきさかり 5/2 日本晴 5/2 注 ) コシヒカリの 5/20 移植の括弧内の平年値は 5/10~5/30 頃移植の値 ( 平均 5/16)

3 2 湛水直播栽培の生育 1) 苗立ち期の生育状況と除草剤散布 播種は 4 月 25 日頃から 5 月 15 日頃まで行われた この期間の気温の経過は穏やかで 出 芽 苗立ちは全般に良好だったと見られる 5 月 10~11 日の大雤の影響も小さかった 2) 現在の生育状況農試の5 月 13 日播種のものでは 5 月 26 日現在 2 葉目抽出 ~ 展開中となっており 例年に比べて生育の進度はやや遅めとなっている 県内各地の湛水直播圃場でも 2 葉目展開中 ~3 葉目抽出中となっているものが多いようである 直播圃場でも 苗立ち数の違いが生育の違いとなっているが 圃場による茎数の差が大きい状態で 湛水直播の生育基準圃における茎数は 40 本 / m2~106 本 / m2程度となっている また 現地では コエカワや表層剥離の発生圃場はみられているが前年よりは尐ないようである 稲の生育遅れ等の関係で除草剤散布が遅くなった圃場ではノビエの葉齢が進んでいたために殺草されずにヒエが残っているものもみられる さらに 湛水直播栽培を数年継続した圃場で雑草発生が増加しているという報告もあり その要因と対応策の検討も必要である 3 病害虫発生状況 5 月下旬現在 葉いもちの発生は確認されていない また 害虫では イネミズゾウムシ イネゾウムシ イネヒメハモグリバエ等が県内各地で発生が確認されている 特に 5 月後半の気温がやや低めで 雤が多く 圃場の水深がやや深めとなったためか イネヒメハモグリバエの発生が目立つ 対策 気象予報では これから 1 ヶ月は気温は平年並と予測されており 特に 5 月末頃はやや高い そこで 生育状況や病害虫発生に注意し 栽培管理が後手にならないよう留意する 1 移植栽培 1) 水管理 5 月上旬に移植されたものでは 既に分げつも始まっており 茎数が増加している 本田での栽植密度は 近年 疎植化傾向にあるが 栽植密度が異なっても面積あたり目標茎数は大きく変わることはないと思われる 面積あたりの生育量がどれくらいかを意識して管理する 具体的には中干しまでは 分げつ発生を促進し 稲体の徒長を抑制する 特に 活着が遅れたり 分げつの発生が遅い圃場を中心に 晴れた日の日中は浅水にして地温を高め 分げつ発生を

4 促進する 遅くなってからの分げつは 茎が細くなりやすく 登熟の良い大きな穂をつけにくい また 一般的に幼穂形成期に3 枚以上の葉をつけた茎でないと穂ができないといわれ 小さい分げつは穂をつけずに枯れてしまう無効分げつとなる 5 月中旬移植のものでは 新葉の抽出展開 新根の伸長もはじまっている やはり浅水にして地温上昇を図り分げつ発生を促進する 目標茎数が確保されたら 中干しにはいる 2) 溝切り 中干し 5 月上旬に移植されたものでは 6 月上旬のうちに溝切りをする 特に圃場の大区画化が進む地域では 圃場内での均一な水管理を速やかに行うためには大切である 目標茎数が確保されたら 速やかに中干しを行う 中干し開始時期は品種や圃場条件によっても異なるが 概ね茎数が 350 本 ~420 本 / m2程度が目安となる 5 月上旬移植では 6 月 10 日頃に目標茎数が確保されると思われる 中干しの程度は 湿田ではやや強めに ( 土壌表面にヒビが入る程度 ) 乾田では弱めに が基本であるが, 生育過剰の場合は強くするなど 稲の状態をみて調整することも必要となる 中干しは 幼穂形成期直前まで継続する ただし 幼穂形成期直前まで田の様子を見に行かずに入水しなくて良いというものでない この頃は一般的に雤が多く 排水を中心に考える時期であるが カラ梅雤の場合は 表面の土のヒビが大きくなりすぎないよう 表面の土が白く乾かないように 様子を見ながら 時々通水が必要な場合もある 特に 砂質の地力の低い浅耕田では 干しすぎないように注意が必要である 5 月中旬移植コシヒカリでは 目標茎数は 350 本 ~380 本 / m2程度と5 月中旬移植並 ~やや尐ない さらに5 月中旬移植では 5 月上旬移植よりも草丈が小さかったり 茎が細いうちに茎数が増加することが多いので 稲体が小さくみえる そのため中干しの時期が稲の生育段階に比べて遅れがちとなりやすい そのため茎数増加に より注意が必要である 5 月 15 日頃の移植栽培では 6 月 20 日頃に目標茎数が確保される時期となると思われる 先に述べたように 幼穂形成期の頃に3 枚以上の葉が付いた分げつ ( 幼穂形成期の約 3 週間前に出てきた分げつ ) でなければ無効分げつとなる可能性が高い したがって 株できが遅くても 6 月 25 日頃までには中干しを開始し 稲体の健全化を図る必要がある 生育状況には年次差や地域差 圃場差があることを認識し 中干し開始時期が近づいたら 必ず生育量の把握を行い 生育に応じた管理作業に心がける 中干しの目的は 1 過剰分げつを抑制し無効茎数を尐なくすること 2 土壌の還元を抑制し 根腐れを防止し 根張りを促進すること 3 土をある程度硬くして地耐力を向上させることで収穫直前までの間断通水を可能とすること である これらの目的を達成できるように管理作業を行う 中干しの頃は梅雤時期と重なるので 充分に干せないことが多い 圃場の乾き方や梅雤時期の雤の降り方をみながら 圃場の管理を行う

5 2) 病害虫防除今のところ 病害の発生は多くはない 害虫については イネミズゾウムシやイネゾウムシ イネヒメハモグリバエ等が県内各地で発生している 今後気温の上昇や梅雤入り後の多雤 寡照に伴って 葉いもちの発生が懸念される 山間の日照が短かく稲体が軟弱となりやすいところや常発地 遅植えや直播栽培では 特に注意する 補植用の置き苗が残っている場合は 置き苗が葉いもちの発生源となるので 早急に撤去する いもち病予防粒剤は6 月上旬のうちに施用する 中旬に入り 中干しの最中では 粒剤施用後の水管理が困難となる 苗箱施薬してある圃場については 基本的には本田での粒剤散布の必要はないが 発病していないか注意し 病斑がみられたときは 早急に治療効果のある薬剤で防除する また いままでのところ イクヒカリでいもち病の発生は確認されていないが 作付開始から年数が経過し 作付面積も拡大しているので 発病に注意が必要である 害虫についても 全体的な発生は多くなくても 局所的に多発することがあるので 発生に注意し 早めに対処する また ニカメイチュウについては 被害の多い地域は限定されてはいるが 近年その被害地域が拡大しており 注意が必要である 前年は福井平野北部の西側で被害が大きかったが 本年のフェロモントラップでの誘殺数はこれまでのところ前年の約 2 倍とかなり多い 1 化期の防除時期は 粉剤や液剤では 6 月 20 日頃 粒剤では 6 月 10 日頃である 前年発生が多かった地域とその周辺地域では 地域全体で防除することが大切である 3) 雑草対策初期剤や中期剤 ( 初中期剤 ) 散布後に雑草発生がみられる場合は 後期除草剤で対応する ノビエにはクリンチャーやヒエクリーン 広葉雑草にはバサグラン 両方みられるときはクリンチャーバスやワイドアタック SC ヒエクリーンバサグランというように 発生している草種に応じた剤を選択する 除草剤の使用にあたっては 使用基準を守る 4) 農薬使用上の注意点 農薬使用にあたっては 使用時期 使用回数 使用量 使用法といった使用基準を遵守する 同一薬剤や同系統薬剤の連用によって 薬剤に抵抗性が生ずる場合もあるので注意する 5) 早生の穂肥 ( 分施体系の場合 ) 6 月下旬となると早生品種の幼穂形成期となる 分施体系の場合 幼穂長が 2mm となったのを 確認して 穂肥を施肥する

6 2 直播栽培 1) 水管理 中干し浅水管理で分げつを促進する 湛水直播栽培では茎の生長点の位置が移植栽培に比べて浅いので 茎数が増加しやすい また 晩植栽培と同様 草丈が短く 茎が細いうちに目標茎数となるので 生育量を見誤りやすい そのため茎数の確認により 中干しを遅れないようにする 中干しの開始時期の目安は茎数が 300 本 ~350 本 / m2程度となったときである ( 通常では 5 月上旬移植栽培での中干し開始時期とあまり違わない ) 苗立数が多かったところや地力の高いところで 遅れないように特に注意が必要となる また 圃場内の苗立ち数の差は移植より大きいので 今後 圃場ごとの生育状況を適切に把握して生育に応じた管理作業を実施する 2) 病害虫防除 雑草防除直播栽培では 移植栽培よりも稲体が軟弱となりやすい そのため 葉いもちや害虫が発生しやすく 被害も大きくなりやすいので注意が必要である 6 月前半が低温となる予測はないが 深水になる所についてはイネヒメハモグリバエにも注意する また 除草剤散布時期が遅れ 残草がみられる圃場も散見される 後期除草剤は 残った雑草の草種に応じて 直播栽培に登録のある薬剤を選択する 薬剤使用にあたっては 使用基準を必ず守る 3) 新技術 中期深水による茎数抑制 について農業試験場作物部から出された新技術 中期深水による茎数抑制 を行う圃場では 5~6 葉期頃になったら茎数を確認し 6 葉期 (5 月 1 日播種で6 月 10 日頃 ) から水深 10cm 程度とし 茎数の抑制を図る その後 9 葉期 (6 月末頃 ) から幼穂形成期直前まで中干しを行って 根の健全化や地耐力の向上を図る 茎数調査で極端に茎数が尐ない場合は深水を行わず 浅水管理で茎数増加を促す また本技術では 除草剤散布回数を減らせる可能性があるが 既に発生している雑草は 深水によって枯死することはない 深水開始時期に 雑草発生の有無を調査し 雑草発生がみられる場合は2 回目の除草剤散布を行う必要がある なお本技術は 砂質土で水持ちの悪い圃場ではその効果が劣るので 水持ちの良い圃場で行う 本年も県内各地の水稲生育調査結果等を基に 稲作情報 を提供しているので 最新の 稲作情報 を参考に 栽培管理や指導を実施して下さい

7 Ⅱ 麦 大豆等 実況 1 大麦 3~4 月の低温で平年より出穂はやや遅く 嶺北平坦地で4 月下旬から5 月上旬 奥越地区で5 月中旬 嶺南地域では4 月下旬であった 5 月に入り高温が続き 登熟は進んだものの 成熟期は例年よりやや遅れ 嶺北平坦地で6 月上旬 奥越地区で6 月中旬 嶺北地域も6 月上旬となる見込みである 5 月 20 日時点では倒伏はなく 赤かび病の発生はごくわずかである 2 夏そば 降雨等により播種時期がやや遅れた地域が見られる また 播種後の降雨により発芽苗立ちが不良と なった事例が認められる しかし 苗立ちした個体については生育は順調である 3 気象条件 2011 年の半旬別気象状況 ( 福井地方気象台 ) 平均気温の推移 年平年値 30 最高気温の推移 年 平年値 最低気温の推移 年 平年値 mm 降水量の推移 年 平年値 60 h 日照時間の推移 2011 年 平年値 mj/ m2 30 日射量の推移 2011 年 平年値

8 穀粒水分 (%) 穀粒水分 (%) 対策 1 大麦 6 月初めから順次収穫が始まる 収穫作業は 大麦栽培で仕上げの作業となる 播種作業から始まりこれまで努めてきた高品質麦生産を確保 維持できるかどうかは 収穫作業にかかっている (1) 品質を重視して 適期に収穫品質を重視して 収穫時の穀粒水分は 30% 以下を原則とする ( カントリ- 利用上の指針は 25% 以下 ) 早刈りは空洞麦の発生が多くなる 一方 収穫適期を過ぎると稈折れ 首折れが増加して穀粒損失が増すとともに 雨によって色沢が悪くなるので注意する (2) 収穫適期登熟過程における穀粒水分の低下は図のとおりである 出穂期の翌日から毎日の気温を積算し 750 となった日がおおよそ成熟期となり 出穂期 ~ 成熟期までの期間は概ね 40~42 日であるが 年によって 生育の良否によって 10 日程度前後する ( 図 ) 出穂後日数 ファイハ - スノウ ( 00) ミノリムキ ( 00) ファイハ - スノウ ('99) ミノリムキ ('99) 図ファイバースノウとミノリムギの出穂後日数と穀粒水分との関係 出穂後日数 '96 生育良 '02 生育良 '02 生育標準 図出穂後日数と穀粒水分との関係の年次ならびに生育状態による変異品種はミノリムギ 穀粒水分の一時的な上昇は 1mm 以上の降雨による土壌水分 成熟期が近づいたら圃場で調査を行い 穀粒水分や形態を調べる 穀粒水分が 55~40% くらいまでは 1.2~1.6%/ 日 40% 以下から収穫適期までは 2.1~3.2%/ 日の割合で低下する傾向があることから 次式による収穫適期の予測がある程度可能である しかし 40% 以下になると晴天日には 1 日に5~ 6% と急激に低下するので この点に留意する D=(W-40)/1.4+4 水分 30% 以下ただし D: 調査日から収穫適期までの予測日数 ( 日 ) W: 調査日の穀粒水分 ( 50%) 55% までは可能穀粒水分の測定は 絶乾法 (105 で 24 時間通風乾燥して 穀粒重とその減尐量とから水分割合を求める方法 ) が良いが 30% 以下になれば携帯型の電気抵抗式水分計でも可能である 成熟期における形態的な特徴としては 1 全体的には穂軸や茎葉が完全に黄化している 2 粒については爪先で押しつぶしたとき弾力性がなく ろうの硬さになっている こと等である

9 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 栽培面積 (ha) 単収 (kg/10a) 図大麦の成熟期判定の目安 2 大豆ここ 10 年 本県大豆の作付面積は 1,200~ 1,900ha の間 単収は 80~180kg/10a の間で推移し 気象や栽培管理が影響し 年次変動が大きい 大豆の収量品質を安定させる上では 土づくり意識の向上による地力や土壌 ph の改善 ならびに湿害防止 夏期のかん水 病害虫防除など これらの 1つ1つの基本技術の実施が不可欠である 耕うん同時畝立て播種 は 水ストレス軽減技術として期待されており その導入面積の拡大による湿害軽減が期待される 併せて 地力低下圃場で 大豆の栽培面積 単収の推移 作付面積単収 の対策として 栽植密度を高める 狭畦密植無培土栽培 も 当面の収量向上対策として期待される 本年は 前作大麦の成熟 収穫が遅れたため 大豆播種が7~10 日程度遅れる場合がある見込みである 大豆晩播では個体が小さく群落生育量が不足するので 播種量を増やし 個体数で群落生育量を確保する また 大豆個体が小さい場合に有望な栽培法としては 狭畦密植栽培がある < 大豆栽培基本技術 > ( ア ) 排水対策の徹底溝を手直しして活用する 排水口 ( 水戸尻 ) が額縁明渠底面より高い場合は 切り下げを行なう ( イ ) 土壌改良資材の施用によるpHの適正化酸度矯正とカルシウムの補給のため 石灰類を施用する 県内の水田は近年酸性化が進んでいるため 石灰類の施用は必須である ダイズの生育に好適なpHは6~6.5である ( ウ ) 麦藁鋤き込みによる土づくり麦藁は有機物資源となるだけでなく 土が膨軟となり通気性が高まって発芽 初期生育の向上にもつながるので 確実に鋤きこむ フタスジヒメハムシによる葉の食害 ( エ ) 深耕深耕により根域の拡大と養水分の安定吸収を図る ( オ ) フタスジヒメハムシの初期防除フタスジヒメハムシは生育初期の葉を食害し その被害が大きいと初期生育が不十分となる 大豆は初期生育の安定確保が収量 品質に大きく影響するため 被害防止対策として クル

10 降水量 (mm) 日照時間 (hr) SPAD 値 ーザー FS 水和剤を種子塗布処理する ( カ ) 培土 培土の適期実施により 倒伏防止と除草を図る ( キ ) 乾燥時の畝間灌水の徹底 大豆は梅雨明け後に 莢の伸長 登熟が行なわれる こ の時期の水ストレスは 莢の落下や登熟不良 青立ちの 原因となるため 葉が裏返り始めたら 畝間灌水を実施 する 畝上部にまでかん水したら 早急に排水する ( 参考 : 平成 19 年畝間灌水試験結果 ) 降水量日照時間 /8 8/15 8/22 8/29 灌水 9/5 9/12 無灌水 9/19 ( ク ) 病害虫防除 8/20 頃にフタスジヒメハムシ カメムシ防除 9/10 頃にカメムシ防除を実施する また 7/ 下に ウコンノメイガによる葉巻きが見られたら 適宜防除を散布する ( ケ ) 収穫 図 1 8 月の降水量と日照時間 ( 福井 ) 図 2 畝間灌水試験葉色 (SPAD 値 ) の推移 表成熟期 収量調査結果 区 主茎長 節当た粗粒重粒大比率全重百粒重ちりめん皺裂皮率り莢数慣行比大粒中粒小粒率 cm 莢 / 節 kg/10a kg/10a % % % % g % % 灌水 無灌水 注主茎長 節当たり莢数は生育中庸な5 株平均 収穫前に 青立ち株 雑草を除去する また 水分 22% で収穫し 亀甲じわの発生低減を図る 3 夏そば夏型品種では開花しつつある 収穫は 秋作ソバと同様に 黒化率 80% を目安に行うことを基本とするが 梅雨の降雨と重なる場合には早期収穫 ( 黒化率 40~70% での収穫 普通収穫の1~2 週間前 ) を組み合わせ 玄ソバの品質低下を避ける

11 Ⅲ 野菜 実況 1 施設野菜果菜類 (1) トマト若狭地区では 2 月上旬に定植した圃場では 5 月上旬から収穫が始まっており 例年より 1 週間程度遅くなっている ( 昨年 4 月 23 日 ~ 収穫開始 ) 2 月下旬に定植した圃場では 6 段目が開花期となっている 福井地区では2 月下旬に定植した圃場で 草丈 220 cm 葉数 30 枚 7 段果房開花期となっている 5 月上旬から収穫が始まっており 5 月 16 日から選果場が稼働している 灰色かびが微発である 南越地区では 3 月上旬に定植した圃場で 1 段目収穫開始 5~ 6 段目が開花期なっている 一部で草勢が低下している 1 月末定植で 2 段目収穫中 8 段開花中である (2) ミディトマト福井 坂井 南越 二州 若狭地区の土耕半促成栽培は3 月中旬 ~ 4 月上旬にかけて定植されたものが 5~ 7 段開花期となっている 定植後の低温により生育が緩慢な圃場や樹勢が弱い圃場があったが 5 月の天候の回復とともに生育は概ね平年並みとなっており 1 段目が着色期となっている 奥越地区では 4 月下旬から定植され現在 1 番花房が開花中となっている 水稲育苗ハウスでは 5 月 1 8 日に苗を配布しており順次定植する予定となっている 全体的には病害虫の発生は少ないものの一部の圃場で葉かび病 灰色かび病微発 アザミウマ類 アブラムシ類が極微 ~ 少発である 坂井地区の 2 月 23 日に定植した樽栽培が 5 月 18 日から出荷が始まっている 樽栽培で葉かび病微発である (3) キュウリ若狭地区では 3 月上旬に定植した圃場で 4 月 11 日から収穫が始まっており現在中段を収穫中である 一部でうどんこ病が微発である 福井地区では 3 月 10 日定植が 5 月上旬に主枝摘心 ( 23 節前後 ) 終了となっている 現在 主枝 20 節 側枝 10 節を収穫中となっている 菌核病 灰色かび病小発 うどんこ病微発である 丹生地区は 3 月下旬に 二州地区では4 月上旬定植が低温により生育が遅れており草丈は100~150cmとなっている 5 月下旬より収穫が始まっている 南越地区では3 月末定植が親つる22 節で摘心となっている すでに 4 月 25 日から収穫開始 ( 現在 15~18 節を収穫中 ) なっている (4) ハウススイカ砂丘地では 3 月 15 日から 坂井北部丘陵地では 3 月 19 日から定植が開始され 定植後は低温の影響で生育は緩慢であったが その後の好天により生育は平年並みに回復となっている 開花 着果状況は 丘陵地で 4 月 25 日から始まり多くは 5 月初旬からの開花となっている 着果状況は 4 月末の開花は良好で果形も良いがごくわずかで 5 月 2~ 5 日の開花は着果不良または極端な変形果で着果状況は悪くなっている ( 次の花も着果せず 着果率は低い状況 ) 5 月 5~ 10 日の開花は比較的ミツバチの活動や花粉の発生状況もよく着果は良くなっている 5 月 10~11 日の開花は大雨影響で着果不良となっている 全体に5 月初めの開花となった作型は着果率が 7 割程度となっている 特に草勢の強いところ 圃場の低いところは着果状況は悪くなっている 開花ピークは 5 月 6~ 9 日頃と平年より1 週間遅くなっている 4 月定植は 5 月 17 日頃から開花が始まっており 着果は良好であるが 両性花が多くなっている アブラムシ 菌核病が一部で微発である 砂丘地では 4 月下旬の開花は順調に着果したが 5 月 2~ 5 日の花はほとんど落果となっている

12 着果状況は非常に悪く バラつきも大きい 4 月下旬着果で果径 18 17cmにとなっている うどんこ病少発である (5) メロン坂井北部丘陵地のプリンスメロンは 3 月 19 日から定植され 生育は平年並みで 4 月 15 日から着果開始となっている ( 昨年 4 月 17 日 ~ ) 5 月 27 日から本格的に出荷開始される計画になっている 坂井北部丘陵地のアールスメロンは昨年と同時期の 3 月 19 日頃から 砂丘地では 4 月 2 日頃からの定植となっている 開花は丘陵地では 4 月 28~ 始まったが 5 月 1~ 5 日頃の花は夜間の低温等の影響で花落している 5 月 12 日以降の開花を中心に着果となっている 現在 4 月に着果縦 ~ 横ネットが出始めになっている べト病が微発である 砂丘地では 5 月 10 日までの花は落ちてしまったが 5 月 12~13 日を中心に着果となっている 生育にややバラつきが見られる 奥越地区では低温で生育が遅れ 昨年より 4 日程度遅い 4 月中旬から定植が行われ 5 月中旬から着果始めとなっている アンデスメロンは 3 月 27 日 ( 盛期 4 月 3 日 ) から定植され 4 月 28 日 ( 盛期 5 月 7 日 ) からの着果となっている 現在 摘果作業中となっている マルセイユメロンは坂井丘陵地で3 月 23 日 ( 盛期 3 月 29 日 ) から定植され 4 月 17 日からの着果となっている ( 昨年 4 月 20 日から ) 早いところでネット完成期となっている やや小玉傾向で推移している べと病小発 菌核病局中発である 鯖江市で 4 月 3~ 5 日にかけて定植となっている 定植後の低温による生育遅れ 一部で高温よる葉焼が見られる 5 月 10 日より着果し始めとなっている (6) 高設栽培イチゴ収穫終期で 3 ~4 番果房を収穫中となっている 全体的に小粒傾向になってきている 一部の施設では 5 月中旬で収穫終えている 収穫は 6 月中旬まで続く見込みとなっている 地域により発病の差はあるものの うどんこ病少発 炭疽病が中発 アブラム類 チビクロキノコバエ等が少 ~ 微発 ハダニ類が一部局多発である (7) 一寸ソラマメ坂井地区では 10 月下旬 ~ 11 月上旬に定植されたものが 草丈 1 ~ 1.5m 分枝数 5~ 7 本で 4 月下旬から収穫が始まり 5 月上中旬が盛期となっている 葉根菜類 (1) 軟弱野菜福井地区では ホウレンソウ コマツナの生育は概ね順調である ただし やや徒長気味の圃場が見られる 坂井地区ではホウレンソウで5 月に入り生育が極端に促進され 30 日で収穫となり 株張り悪く徒長し過ぎで廃棄したハウスも散見されている ホウレンソウケナガコナダニ アブラムシ アザミウマ類が微 ~ 少発である 坂井地区ではマルトビムシ局多発である (2) 春ダイコン ( ハウス栽培 ) 砂丘地では 2 月 4 日から播種 ( 15 日頃に播種ピーク ) したものは 生育前半は低温で生育が遅れたものの 4 月に入り回復しており平年並みの 4 月 28 日から出荷となっている (3) コカブ砂丘地では天候の影響なく順調な出荷となっている (4) ニンジン砂丘地では 2 月 19 日に播種され 葉数 9~ 10 枚 葉長 36.3cmの生育となっている アブラムシが微初である

13 2 露地野菜果菜類 (1) ピーマン丹生地区では4 月下旬から順次定植され 接ぎ木苗は 5 月上旬に定植している 自根 接ぎ木苗とも生育は良好である (2) スイカ丘陵地では 4 月下旬定植で つる長 1m~2mで平年より葉が小さく茎細くなっている 生育量は小さく 5~ 7 日程度の遅れ気味となっている しかし 5 月第 4 半旬の好天により生育が大きく促進されてきている 早い人で 5 月 19 日からトンネル除去開始 ( 裾喚起 ) となっており ( 多くは 5 月月 23 日頃から除去 ) 6 月上旬に開花見込みである 砂丘地では 4 月 5 日 8 日 10 日に定植となっており 早いもので葉数 16~17 枚 つる長 130cmとなっている トンネル除去は 5 月 21 日から行っている 平年より 10 日遅くなっている 武生地区では 5 月 3~ 8 日にかけて定植が行われ 分枝数 3~ 4 つる長さ 30cmとなっている 丹生地区では 5 月 5 日頃から定植となっており活着は良好でトンネルで保温中となっている (3) ナス若狭地区では 5 月 10 日 ~16 日に定植となっている 定植後の低温により活着が遅れとなっている また 強風による葉茎の傷み 一部に生長点の損傷が見られたが現在回復中となっている 奥越地区では平年並みの 4 月 20 日に定植が始まっている 例年 4 月 20 日にはトンネル除去するが現在継続中となっている 草丈 4 6 cm 2 番花開花中 生育は良好となっている (4) カボチャ丘陵地のトンネル栽培では 4 月 6 日から定植されている 一部で定植後に高温障害も見られたが 生育は良好となっている 丹生地区では 5 月上旬に定植完了活着は良好となっている (5) 一寸ソラマメ若狭地区では 春先の低温により草丈は短く着果段数も 8~ 13 段と地域 個体差がみられる 収穫時期も 5 月 25 日からで例年より約 7 日遅れ また収穫量も減少する見込みとなっている 一部で赤色斑点病称発である 坂井地区では生育の良い圃場で若莢 10~15cm 程度となっている 平年より生育が遅く 低収の見込みである 収穫開始は 5 月末からの予定している 5/11の大雨後赤色斑点病が少 ~ 中発である 一部の圃場で立ち枯れ病多発である (6) ナス南越地区では 5 月中旬定植 本葉 7~ 8 枚 草丈 25 cmとなっている 葉菜類 (1) ブロッコリー丘陵地の秋まき ( 越冬 ) の作型は 4 月末で収穫終了となっている 収穫量は前年より少なくなる見込みである 春まきの作型では福井地区では 3 月下旬 ~ 4 月上旬にかけて定植され 葉数 11~15 枚 草丈 10~14cm 6 割の株で花蕾 ( 1 ~ 2 cm ) の確認となっている 例年よりやや遅くなっている 南越地区では4 月中旬から定植開始 若狭地区では4 月上中旬に定植されたが本葉 8~ 13 枚と生育はやや遅れとなっている 福井地区でコナガ少発である (2) ネギ奥越地区の夏まき ( 越冬 ) の作型では本葉が 4 ~5 枚程度となり5 月 17 日から青ネギとして出荷となっている 白ネギは 5 月 23 日から軟白 2 0 cm規格で出荷している

14 抽台が序々に始まっている 春まきの作型は奥越地区では 4 月上旬定植苗で草丈 2 7 cmと例年並みの生育となっている 一部の圃場で霜による生育遅延や 5 月中旬の大雨により根の損傷でカルシュウム欠乏症が見られる 坂井地区では 4 月上旬定植は順調に生育となっている 福井地区では 4 月 7 日から定植され 順次土入れ作業を行っている 若狭地区では 5 月定植が 5 月 18 日から開始となっている 4 月定植のものは現在草丈 25~ 35cmとなっており生育は良好となっている 二州地区では 5 月上中旬に定植となっている (3) キャベツ福井地区の秋まき ( 越冬 ) の作型で 5 月中旬から収穫開始となっている 例年より 1 週間程度遅くなっている アオムシが少発である (4) シソ福井市木田地区では 3 月中旬から播種され 草丈 7 cmで平年よりやや遅れ気味となっている (5) スィートコーン永平寺町では 4 月 15 日から定植が始まり 早いもので草丈 45cm 葉数 8.5 枚程度の生育となっている 若狭地区では 4 月末から 5 月中旬にかけて順次播種され 4 月末について出芽始めとなっている 根菜類他 (1) カンショ坂井地区では 4 月 29 日から定植が始まっており 5 月中旬時で 40% の進捗率となっている (2) ダイコン砂丘地では 3 月 10 日の播種で5 月 23 日から収穫始めとなっている 平年より 5 日程度遅れている (3) サトイモ大野市内の 4 月上旬定植のもので地上部出芽始め 葉数 1 枚程度となっている 勝山地区では圃場準備が遅れたため 4 月下旬頃からの定植になっている (4) ニンジン砂丘地の3 月 20 日播種したものは 葉数 7 枚 葉長 12cmになっている アブラムシ微初である 丘陵地の 3 月 29 日播種したものは葉数 5 枚 葉長 10cmと生育やや遅れとなっている (5) タマネギ永平寺町では草丈 60cm 球径 5cm とう立ちは少なくなっている 白色疫病 べと病が小発である (6) ニンニク永平寺町では葉長 90 cm 茎径 2.5 cm 球径 3.6 cm 葉数 8.2 枚で生育は遅気味となっている (7) ラッキョウ葉長 45 cm程度 球の肥大は平年と比べるとやや小ぶりとなっている 収穫時期を遅らせて肥大を確保している 5 月 26 日から収穫開始の予定となっている 三年子は大雪の影響で分球は少ない上に今年はさび病被害が少ないことから大粒になる見込みである 灰色かび病 さび病微発である

15 対策春先の低温により生育遅れや樹勢が弱い圃場があるため 気象や生育状況に応じたこまめな管理 ( 温度 かん水 施肥等 ) を行う 曇天が続くと軟弱に育ちやすく 病害の発生も多くなりやすい また 土壌水分の過多や日照不足は根群を衰弱させて草勢の低下を起しやすい さらに 降雨による急激な土壌水分の変化によって果菜類の食味低下や裂果を発生させる等品質低下を招きやすくなる このため 梅雨入り前に排水対策を徹底するとともに ハウス換気 整枝 摘葉 追肥 防除等の適正な管理を行なう 1 施設野菜果菜類 (1) トマト上段花房の肥大期となるので 土壌水分を確保し 込み合ったところの葉を摘除または剪葉するとともに 換気を十分にしてハウス内の気温や湿度を下げ 養分消耗の抑制と葉かび病 灰色かび病等の発生防止に努める また 土壌水分の急激な上昇は裂果の原因になるので ハウス周囲の排水溝を整備して降雨等の浸透を防ぐ (2) ミディトマト高夜温 日照不足で糖度の上昇が悪くなるので ハウス換気 摘葉を行う また 潅水を控えめにして糖度の上昇を促進するが 特に水田地帯のハウスでは周辺水田からの浸水や多雨による地下水の上昇が糖度低下や裂果の原因となるので ハウス周囲の排水溝を整備し ハウス内土壌の乾燥に努める さらに 葉かび病 灰色かび病 オンシツコナジラミ ミカンキイロアザミウマ等の防除を徹底して 健全な葉を維持し 草勢や果実品質の低下を防ぐ 特に ミカンキイロアザミウマは金粉果の発生原因やトマト黄化えそウイルスを媒介するので注意する 抑制栽培では高温期の植付けになるが 定植した苗の活着遅れや極端な萎れは落花や上段の花数減少の原因となるので 植付け前に十分潅水し 土壌水分の確保と適切な遮光による植物体温の低下を図る 特に プラグ苗による定植では 過度のかん水で上根中心の草姿となりやすいため 活着までは根が地下部にいきわたるよう手かん水等こまめなかん水管理を実施する (3) キュウリ草勢が低下すると曲がり果や尻細り果等が多くなるので 着果量を考慮しながら追肥 潅水を行う また 親づるの摘葉 子づるや孫づるの整枝等を行って日当たりや通風を良くするとともにハウス換気を十分にして 生育の安定と灰色かび病やべと病の予防に努める なお 摘葉は 1 度に多くの葉を摘除すると草勢を低下させるので 1 回当り 2 枚程度とする (4) スイカ肥大が急激に進む開花後 25 日間程度は土壌水分を確保するが その後は糖度上昇を促進するため潅水を控えめにする しかし 極端な草勢低下は食味を悪くするので 収穫期までに著しく草勢が低下しないよう適宜潅水を行う また 果実の肥大盛期を過ぎると再びつる先に着果して肥大を始め 収穫する果実の肥大や品質を低下させるので 必ず摘果しておく さらに 収穫の 2 週間程度前に玉倒しをして果実底部の着色を促すとともに 病害虫防除を行って健全葉を確保する (5) ネットメロンネット完成期以降に養水分が過剰になると 2 次肥大による稜角果や微細なネットが発生する原因になる また 収穫前の土壌水分過剰は糖度不足や裂果の原因になるので

16 潅水を控え目にする しかし 土壌乾燥による石灰吸収抑制や草勢低下は発酵果の原因 になるので ( また低温の場合も発生するので ) 注意する また つる枯病 菌核病等の 防除を行う 葉根菜類 (1) 軟弱野菜ホウレンソウ等は高温によって急激に生育が進むため 収穫遅れにならないよう計画的な収穫に努める なお これから播種する場合は 高温や日照不足によって徒長しやすいので 播種密度を下げるとともに 換気を十分に行い 多潅水を避ける また 高温のため収穫適期幅が狭くなるので 段播きを徹底する 2 露地野菜果菜類 (1) スイカ梅雨入り前の 6 月上旬に一斉着果させ 着果後早めに追肥を行い 潅水量を増やして果実肥大を促す 着果が梅雨に入る場合は 花が雨に遭わないようにトンネル等で雨よけを行う またソフトボール大になったら果形の良いものを 2 つるに 1 果を残して着果標識を立て 他の果実を摘除する さらに 着果後は根群発達が悪くなって収穫前の急激な草勢低下や病害を発生させやすくなるので 着果節位よりつる先の側枝を放任して根群の維持を図るとともに つる枯病等の病害防除を徹底する (2) ナス ピーマン収穫開始頃から追肥を始めるとともに 土壌水分を確保して 草勢の維持と果実品質の向上に努める 特に土壌水分の不足は 果実肥大を悪くするだけでなく 日焼け果や尻腐れ果の発生を助長するので 畦間 ( 通路 ) が常に湿っている程度に潅水を行う また 梅雨から盛夏を越えて秋まで長期に栽培されるナスやピーマンは根群の健全化が特に重要であり 排水対策を徹底する さらに 病害虫防除を徹底して健全葉の確保に努める (3) キュウリ初期生育確保のため主枝は 7 節目位から着果させ 収穫始め頃から追肥を行う 梅雨に入るとべと病が発生しやすくなるので 込み合ったところの摘葉を行って通風を良くし 予防散布を徹底する (4) カボチャ親づるでは 12~15 節 子づるでは 8 ~ 10 節に着果させるので 着果節位までの側枝や雌花は早めに除去する また 開花期に訪花昆虫が少ない場合は午前 9 時頃までに人工交配を行う 1 番果の着果が確認されたら次の果実を摘除し 果実が野球ボール大になった頃に 草勢が弱く つる先が立っていなければ つる先付近に追肥を行う (5) イチゴ親株は発生したランナーを 20cm 程度の間隔に配置する 土が乾燥するとランナーの発生が悪いので 適宜潅水を行う ハダニ アブラムシの防除を徹底する 薬剤抵抗性を回避するため同一系統の薬剤を連用しない いも類 (1) サトイモ 6 月中旬頃から子いもが着生し始めるので 覆土が浅い場合は土寄せを行い 過剰な子いもの着生を押さえて肥大を促す また アブラムシやハダニの防除を行い 健全葉

17 を確保する (2) カンショ植付けが遅れると地温が上がりすぎていもの形成が悪くなるので 6 月中旬までに定植を終える また 定植は曇天や夕方行い 株元に土を置いて萎れた葉がマルチに接しないようにする 3 入梅前および梅雨期の管理 (1) 草勢維持対策アハウスや圃場周囲の排水溝 畝間を整備し 雨水等を速やかに排水して 畝間に滞水しないようにする イ草勢 葉色 果実肥大速度等をみながら適宜追肥を行う ウ夜間の温度が高い時は 換気を十分に行って呼吸による養分消耗を抑制する エ整枝 摘葉等を行い採光を良くする (2) 病害虫防止対策アハウスの破損部分を補修し 雨漏りによる作物の濡れを防ぐ イ強風時の降雨の場合は ハウスを閉めて雨が吹き込まないようにする ウ整枝 摘葉等は晴天日に行い 傷口を早く乾かすようにするとともに 採光 通風を良くする エマルチや敷きわらをして作物への雨による土の跳ね上がりを防ぐ オマルチ上に水溜りができる場合は 穴を開けて排水する カ雨が連続する場合には 雨の止み間に病害の予防散布を行う キ高温で害虫が発生しやすくなるので防除を徹底する

18 地区名福井 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 トマト半促成麗容 + サポート 軟弱野菜 施設周年 ホウナ : ミラージュほかコマツナ : ナカマチほか キュウリ半促成モンドール ダイコン露地美春 貴宮 ミディトマト ジャガイモ 露地 華小町 華小町 デジマ (50%) サヤカ (25%) ニシユタカ (2 白ネギ露地ホワイトスター キャベツ ブロッコリー イチゴ 露地春 露地春 YR 春空 SE グランドーム緑帝 紅ほっぺ 紅ほっぺ 章姫 タマネギ露地七宝甘 70 ニンニク露地ホワイト六片 スイートコーン 半促成 施設 露地 ピクニックコーン シソ露地木田チリメンシソ 東安居約 4ha 東安居北部 佐野約 1ha 白方約 2.0ha 白方約 1.0ha 福井市南部 0.2ha 白方約 0.2ha JA 福井市管内約 4.0ha ( 見込み ) 清水 0.7ha 北部 2.3ha 北部 1.5ha 北部 6a 東安居 7a 白方 3a 永平寺約 3.0ha 永平寺約 1.5ha 永平寺 3.5ha 木田 0.8ha 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 土耕栽培の早いもので草丈 220cm 葉数 30 枚 7 段花房開花期となっている 5 月上旬 ~ 収穫開始 5 月 16 日 ~ 選果場稼働 生育はおおむね順調であるが やや軟弱気味の圃場が見られる 一部のハウスでは土壌消毒を実施している 4 月末 ~5 月上旬に 23 節前後で摘心作業実施 現在 主枝 20 節前後 10 節前後の側枝の収穫中 灰色かび病 : 尐発 ケナガコナダニ : 微発アザミウマ類 : 微発 菌核病 灰色かび : 少発うどんこ病 : 微発 出荷量 :150 ケース程度単価 800 円 / ケース ホウレンソウ 1 日 4,000~5,000 束出荷 1 束 80 円前後コマツナ 1 日 2,000 束前後出荷 1 束 40 円前後 100~150 ケース / 日 3 月 12 日播種で根径 6cm 程度 5 月末 ~ 収穫予定 月 18 日定植で草丈 120~130cm 6~7 段開花期となっている 1 段果房着色開始 5 月 27 日目揃会 3 月 20 日定植で草丈 135cm 葉数 16 枚 第 4 花房開花中 第 1 花房の結実数は尐ない 果実径は 3cm 程度 - アサ ミウマ類 : 極微発 4 月 10 日前後に定植 草丈 25~30cm - - 1/26~ 播種 4/7~ 定植され その後追肥 土入れ作業が実施されている - - 収穫始め (5/18 調査時点で約 10% 早いところで 30% 程度 ) 前年より遅れている ( 前年は 5 月上旬 ~ 収穫開始 ) 球の直径 10~18cm 1~2 割収穫 アオムシ : 尐発 草丈 10~14cm 葉数 11~15 枚 約 6 割の株で花蕾確認 1~2cmのものが多い ( 前年 2~3cm 遅い?) コナガ : 尐発 - 現在 4 番花を収穫中 ( 紅ほっぺ ) 若干 奇形が見られる 収穫は 6 月中 ~ 下旬までの予定 白方の章姫は収穫終了期 ハダニ : 尐発 草丈 60cm 7 葉 球径 5cm 前後 とう立ち は尐ない 白色疫 べと病 : 尐発 - 草丈 90cm 茎径 2.5cm 球径 3.6cm 8.2 葉前後で生育は遅れ気味 葉枯 春腐病 : 尐発 - 早いもので草丈 45cm 葉数 8.5 枚 月中旬播種で草丈 7cm 平年よりやや遅れ気味 日 100 円 / 箱

19 イチゴ 地区名坂井 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 ハウス 章姫 あわら市丘陵地 11a 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 8/31~9/1メリクローン苗定植 10/4 アブラムシ微発 うど ポット苗定植 :11/5 頃開花 ( 尐々 )11/15 頃からハチ導入 現在 んこ病尐発 ヨトウムシ 3 番果収穫中 6 月中頃で収穫終了予定 微発 チビクロバネキノコバ エ尐発 章姫 紅ほっぺ 坂井町 23a 8/21~ メリクロン苗を定植 9/10~ 自家育苗苗を定植 5 月中頃で収穫終了 うどんこ病少発 スイカプリンスマルセイユアンデスアールス ハウス 半促成 ハウス 半促成 春のだんらん 縞無双 H 丘陵地 14ha 浜四郷 1.2ha ごく一部 4/25 頃開花始め 多くは5/ 初の開花始め (3/20 定植 ) 4 月の着果は良好で果形アブラムシ一部で微発も良いがごくわずか 5/2~5の開花は着果不良または 極端な変形果で非常に着果状菌核病一部で微発況は悪い ( 次の花も着果せず 着果率は低い ) 5/5 以降は比較的ミツバチの活動や花粉の状況もよく着果は良い 5/10~11 開花は大雨で着果不良 全体に5 月初めの開花となった作型は着果率 7 割程度 とくに草勢の強いところ 圃場の低いところは着果状況悪い 開花ピークは5/6~9 頃と平年より1 週間遅い 4 月定植は5/17 頃から開花が始まっており 着果は良好であるが 両性花が多い 3/15~ 定植 ( 購入苗 ) 定植日から 3/ 中下旬の低温で初期生育は遅れたが 4 月の好天で生育量が回復 4/ 下旬の花は順調に着果したが 5/2~5 の花はほとんど落果 着果状況は非常に悪く バラつきも大きい 4/ 下旬着果で果径 18 17cm くらい 露地 味きらら 丘陵地 つる長 1m~2m 平年より葉が小さく茎細い 生育量は小さく5~7 日程度の遅れ 5 月第 4 半旬は生育が大きく促進された 早い人で5/19トンネル除去 多くは5/23 頃除去予定 6 月上旬開花 露地 夢きらら 浜四郷 7.8ha ハウス プリンスPF 半促成ハウス マルセイユ半促成ハウス HN27 半促成ハウス アールス系半促成 [ アールスモネ早春晩秋 ] [ ヘ ネチア夏 Ⅰ] [ アールスナイト夏 Ⅱ] ハウス アールス系半促成 [ アールスナイト春秋系 ] あわら市丘陵地 192a あわら市丘陵地 303a あわら市丘陵地 217a 現在摘果あわら市丘陵地約 2.6ha 浜四郷 0.7ha 4/ 定植 5/17 生育調査で葉数 16~17 枚 つる長 130cm 5/21~トンネル除去の見込み ( 平年より10 日遅れ 播種開始穂木 2/5~ 台木 2/13~,3/19~ 定植 (3/22 頃盛期 ) 4/15 頃 ~ 着果 5/27~ 本格的な出荷開始 2/20~ 播種開始 3/23~ 定植 (3/29 頃盛期 ) 4/17 頃 ~ 着果はやいところでネット完成期やや小玉傾向 2/25~ 播種開始 3/27~ 定植 (4/3 頃盛期 ) 4/28~ 着果開始 ( 盛期 5/7 頃 ) 2/23~ 播種開始 3/19~ 定植 (3/25 頃盛期 ) 本葉 15~16 枚 4 月 28~ 頃から開花始 5/1~5 ころまでは花落ちしてしまった 5/12~ を中心に着果 現在 4 月に着果縦 ~ 横ネットが出始めた 4/2 から定植始 4/9 盛期 ( 平年より 5 日ほど遅め ) 5/10 までの花は落ちてしまったが 5/12~13 を中心に着果 ややバラつきが見られる 開花期に水を切ったが果柄が長くなった うどんこ病少発 特に無し 特に無し べと病少 べと病少菌核病局中特に無し べと病微発アブラムシ 菌核病局多 特に無し

20 ダイコン 地区名坂井 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 ハウス 役者紀行 浜四郷 1.5ha 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 2/4~ 播種始 2/15 頃ピーク 前半の遅れは 4 月の好天で回復 4/28 出荷始 日量約 300c/s/ 単価秀 L900 円 /c/s 露地 YR 鉄人 浜四郷 4.0ha 3/10~ 播種 後半の肥大が緩慢で出荷は 5/23 から開始 ( 平年より 5 日ほど遅め ) コカブ ハウス 白かもめ白鷹京小町玉里 浜四郷 8.3ha 順調な出荷 カンショ 露地 とみつ金時 あわら市丘陵地 2/12~ウイルスフリー苗育苗床定植 約 25ha 堆肥散布 畦立て等ほ場準備中 4/29~ 定植開始進捗率 40% ニンジン 翔彩 翔彩 ミディトマト 半促成 越のルビー華小町 半促成 華小町 華クイン 半促成 越のルビー 華小町 半促成 華クイン華クイン 華小町 浜四郷 0.7ha 波松 0.4ha 丸岡町 48a 坂井町 25a あわら市 77a 春江町 27a ホウレンソウハウストラッド7ほか加戸 コマツナ 春播き ハウス ハウス 2/19 播種 露地 3/20~ 播種始 ハウス : 葉数 9~10 枚 葉長 36.6 cm露地 : 葉数 7 枚 葉長 12 cm 露地 3/29 播種葉数 5 枚葉長 10cm 品種比率小町 : ルビー : クィン =83 : 14 : 3 たる栽培 (25a)2/1~ 育苗開始 2 月 23~27 日定植 5 月 18 日から出荷開始 品種比率小町 : クイン=85:15 3 月 10 日定植で7 段開花 0 段果オレンジ色 3 月下旬定植で5 段開花 全般に樹勢は強め 5 月は極端に生育が促進され 30 日程度で収穫と早すぎ 株張り悪く徒長 伸びすぎて廃棄したハウスも散見 生育促進 ネギ露地ホワイトスターあわら市丘陵地 4 月定植のチェーンポット苗の初期生育は良好 コナガ初発特に無しアブラムシ微発樽栽培で葉かび病微発一部で葉かび病 灰色かび病微発ケナガ アブラムシ微 ~ 少発マルトビムシ局多発 日量 100c/s 秀 L で 80 円 ラッキョウ 3 年子一年掘 ラクダ系在来種浜四郷葉長 45cm程度 球の肥大は平年と比べるとやや小ぶり 収穫時期を遅らせて肥大を待っ灰色かび病微発た 大雪の影響で分球は少ない上に今年はさび病被害が少ないことから 三年子は大粒さび病微発になる見込み 5/26 目揃会 出荷始 一寸ソラマメハウス越冬ハウス陵西 加戸 坂井 丸岡 あわら 10/25すぎから定植始め (11/7 頃まで ) 草丈 =1~1.5m 摘芯ずみ分枝数 =ハウス5~7 本ハウスでは上段開花 早い所で4 月下旬から収穫 4 月末ころから出荷 5 月上中旬に出荷最盛 露地越冬 若莢 10~15cm 程度 平年より生育遅く 低収 5 月末 ~ 収穫開始 赤色斑点病 5/11の大雨後に発生 少 ~ 中発一部圃場で 立ち枯れ病多発 ブロッコリー 春穫り 盛緑 番堂野 波松 他 4.0ha 播種 8 月下旬 定植 9 月下旬 ~10 月下旬 ( プラグ苗本葉 3 枚 ) 越冬期間中は生育停滞 葉傷みあり 2 月中 ~ 追肥本葉 13~14 枚株張り 35~40 cm低温続きのため生育はやや遅い 収穫 3 月 20 日 ~4 月末花蕾は 2L 中心で比較的大きい 特に無し 6/1 目揃え会日量 1500~2000kg

21 地区名奥越 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 サトイモ 露地 大野在来 大野市 勝山市 110ha( 計画 ) 白ネギ 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 4 月上旬定植で地上部出芽はじめ 葉数 1 枚程度 特に勝山地区では圃場準備が遅れ 4 月下旬頃からの定植となった 露地ホワイトスター大野市 4 月上旬定植で草丈 27cm 程度 ( 昨年 28cm) 葉鞘径 6mm( 昨年 5mm) 勝山市 28ha( 計霜による生育遅延や 5/ 中旬の大雨後により根が傷んだのかカルシウム欠乏症などが一部画 ) 発生している 露地羽緑一本太 ( 越冬 ) 大野市勝山市 2ha( 計画 ) 5/17 から青ネギとして出荷開始 白ネギは 5/23~ 軟白 20cm 規格で出荷開始予定 抽台が徐々に始まっている 越冬ネギ ( 青 )1000 円 / 箱程度白ネギ 500~800 円 / 箱 ナス 露地夏秋千両 2 号 大野市 勝山市 2.0ha( 計画 ) 草丈 46cm 程度 葉数 12 枚 2 番花開花 概ね生育順調 昨年は 5 月 20 日頃にトンネル撤去したが現在もトンネルのまま管理中 ミディトマト夏秋 華小町華クイン華ロケット 勝山市 0.75ha( 計画 ) 4 月下旬定植 :1 段目開花生育概ね順調 5 月 18 日苗配布水稲育苗終了後順次定植予定 メロン 施設 アールスナイト他 勝山市若猪野 大野市上野 1.3ha 4 月中旬定植 : 着果初め生育概ね順調 地区名丹南 ( 南越 ) 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 大玉トマト ( 越前市 鯖江市 南越前町 ) 半促成 抑制 桃太郎コルト ヨーク武生 :a 促成 RW: 桃太郎ファイト土耕 : 麗容 りんか 鯖江 :57a 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) JA 越前たけふ春トマト部会 3/5~3/20 定植りんか 1 段目収穫開始 5~6 段開花一部で草勢低下麗容 1 段目収穫開始 5~6 段開花 RW 桃太郎ヨーク 1 月末定植 2 段目収穫 8 段開花 5/23 日目揃会出荷開始 RW: 半促成 定植順次開始一番花着果肥大期 三番花房開花期 JA 越前たけふ 5/23 目揃い会その後選果場開始 ミディトマト 半促成 鯖江 今立 : 華小町池田 : 華小町 越のルビー 鯖江 :90a 今立 21a 池田 : イチゴ 促成 章姫 ( 一部紅ほっぺ ) 武生 :21a 鯖江 :12a 鯖江 :3/ 下 ~ 一部で定植開始低温による活着不良, 高温害による葉枯れが一部で散見される ( 昨年ほどでない ) 早いところで1 段目着果期 1 段目はキク果が多め 今立 :4 月上旬から一部定植開始一部で低温による活着不良 また高温による葉枯れがみられる 早いところで1 段目着果期 武生 : 章姫小粒多く 着色早い ダニ多発 鯖江全域 : 白ろう果尐発したが 現在回復中今咲いている花 (3-4 番 ) で終了しそうな生育状態 ハダニ局多発 うどんこ 灰色かび病尐発

22 マルセイユメ半促成 マルセイユ 3 月 3 日から本格的播種 4 月 3 日頃から定植開始 3-5の間に定植した人多い ( 天気よなんぷ病微発 ロン かったため ) 定植後の低温等により活着が遅れ気味になっている また 日中のハウス内高温により一部で葉枯れが発生 4 月下旬から順次みつばち導入開始一部で株元になんぷ病発生し 対応中 5 月 10 日ごろからようやく着果開始 ブロッコリー 初夏どり 鯖江 3 月上旬から播種が始まった やや徒長ぎみの感じ 高温によりやいてしまったところ一部あり 撒きなおし 17 日の積雪等 圃場準備ができず 育苗をどうにか引っ張りながら ( 育苗は順調ハウス内気温高いため生育がやや早い ) どうにか定植作業を実施中実施後の夜間の低温や雨が少ないことから 活着 生育がなかなか進まない状況現在 早いところで本葉 11 枚程度 3 月上旬播種で早期出蕾発生 スイカ 露地 縞無双 味きらら 祭越前市 :10ha ばやし777 台木ドン K かちどき 多くが 5 月 3~8 日で定植 連続キャップ 子づる長いもので 30cm 分枝数 3~4 一部で葉焼けあるが例年より少ない キュウリ 半促成 ときわ節成 台木ときわZ2 武生 3 月末定植 4 月 25 日頃から収穫開始 親つる 22 節 2m 付近でほぼ摘芯済み 子つるも早いものでは摘芯済み 親つるの 15~18 節を収穫中 ナス 露地 千両 2 号 越前市 南越前 町 5 月中旬定植 本葉 7~8 枚 草丈 25cm

23 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 地区名丹南 ( 丹生 ) 作目 作型 为要品種 地区 面積 作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況 出荷状況と品質 ピーマン 露地 グリーン300 宮崎他 接ぎ木苗 ( 台木 : 台パワー ) が5 月上旬に定植された 自根苗 接ぎ木苗ともに活着は良好である 台木を変更したが 台負け現象は見られない キュウリ ハウス半促成 シャープ7 織田他 ハウスものは草丈 150cmくらい ( 大きいもの ) で 春先低温条件であったため 節間も狭 く 雌花の着生も悪く 着果位置が高くなっている 6 月になってから収穫予定 露地は6/3より苗の配布予定 一部圃場でつる枯病少発 ~ 中発 出荷は例年より遅れ 早い物で 5 月下旬の見込み スイカ 露地 味きらら ( 大玉 ) 大和小町クール ( 小玉 ) イチゴ 高設 章姫 紅ほっぺ 宮崎 高設 : 朝日 宮崎 :6a 5 月上旬に苗が搬入され定植された 穴あけトンネル テクテクキャップで保温中 苗質が良かったため 活着は昨年度より良好である 朝日の高設イチゴは炭疽病により 株が枯れ 収量は昨年より尐ない見込み ( 前年比 5 割 ) 元親株が搬入され 育苗苗の育成準備中である 宮崎の高設イチゴは 管理者が水田作業で多忙で 収穫等が遅れ気味 ( 管理者はおそらく交代する予定 ) 朝日 : 炭疽病中発宮崎 : ハダニ アブラムシ坪状に多発 うどんこ病小発 カボチャ 露地 平安小菊 朝日 5 月上旬に定植が完了した 活着は今のところ良好 一部苗に生理障害と思える葉焼けが 小発 タケノコ露地宮崎 5/25 収穫終了 38t ( 前年 118t) 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 地区名二州 作目作型主要品種地区 面積作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況出荷状況と品質 キュウリ 半促成 アルファ節成 敦賀 4 月 1 日苗配布 4 月上旬定植 5 月 20 日現在 草丈 100~130cm 为枝収穫開始 白ネギ ホワイトスター 敦賀 100a 三方 100a ミディトマト 華小町 敦賀 7a 2 月 日に共同播種し 芽出し後各自で育苗 5 月 6~10 日定植 土入れ中 3 月 10 日 JA が播種し各自で育苗 5 月 16~ 定植 ポット苗 3 月 23 日配布 5 月 20 日現在草丈 100 cm 4 段開花 アブラムシ類少発 黒エダマメ たんくろう 美浜 敦賀 5 月上旬から本格的に播種 現在早いところで本葉展開始め 4 月に播種したものは降雨の影響で発芽悪い

24 ハウス陵西 トマト 施設 桃太郎ファイト コル ト 桃太郎はるか 0.2ha 小浜 若狭 高浜 おおい 3.0ha 小浜 0.5ha 小浜 0.5ha 小浜 若狭 おおい 高浜 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 地区名若狭 作目 作型 为要品種 地区 面積 作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況 出荷状況と品質 ミディトマト 半促成 華小町小浜 若狭 高 5/17 現在 3/31 定植で 4 段開花期である 4 月は低温障害等で草勢はやや弱かったが 浜 おおい 5 月に入り生育も順調に回復し 全般的に草勢は 普通からやや強くなった 一寸ソラマメ露地越冬 キュウリ 施設 揮世紀 フレスコ100 白ネギ露地ホワイトスター 3 月 4 月の低温により草丈が低く 摘芯位置も低くなった 着果段数も 8~13 段と地域 個体差がある 収量も減少する見込み 5 月 19 日に目揃い会を開催 出荷は高浜地区で 25 日頃を予定 小浜上中地区では 28 日頃から出荷予定 定植 2 月下旬 :5 月上旬より出荷開始 6 段開花 (5/15) 3 月定植で子づる中段を収穫中 4 月 14 日 ~18 日定植 2 回目は 5 月 18 日から定植 4 月定植は 草丈 25cm~35cm 茎径 5mm~8mm 生育良好 赤色斑点病少発 うどんこ病微発 平年より安値 800 円 平年より安値 15~20 円 / 本 夏秋ナス露地千両 2 号 スイートコーン 10.5ha 小浜 若狭 高浜 おおい 0.7ha ブロッコリー初夏どりピクセル スバル若狭やや生育が遅れ気味 葉数 8~13 枚 (5/19) 3ha 露地 ゴールドラッシュ 若狭 4 月末 5 月上中旬 5 月下旬に播種 4 月末については出芽始めである 1ha 苗定植は 5/10~16 定植直後の低温により活着遅れ 全体的に強風による茎葉の傷み 一部では生長点の折損あり

25 野菜の生育状況 (23 年 5 月 ) 地区名園芸振興センター 作目 作型 主要品種 地区 面積 作業状況と生育概況 ( 定植 活着 草丈 開花等 ) 病害虫発生状況 出荷状況と品質 大玉トマト半促成麗容 9a 2/7 苗搬入 2/8 鉢植え 2/23~25 定植 5/18~ 収穫 7 段目開花 (5/18 現在 ) 摘芯開始 灰色かび病中発 尻腐れ果 ( 特に秀麗で ) ミディトマト半促成華小町 3.9a 隔離ベッド栽培 9 段目開花 (2/28 定植 ) 5/18~ 収穫 一部で焼け バッグ栽培 7 段目開花 (3/10 定植 ) ーー ハウススイカ 露地スイカ ハウス 露地 春のだんらん ( 品種比較 ) 春のだんらんR V DR-60 他味きらら ( 品種比較 ) DR-60 NW a 2/10 台木播種 2/16 穂木播種 2/24 接木 3/18 定植 5/7-15 着果ーー 18a 3/7 台木播種 3/10 穂木播種予定 3/19 接木 4/15~21 定植ーー 小玉スイカ露地ひとりじめ bonbon 2a 3/20 台木播種 3/23 穂木播種 4/1 接木 4/27 定植ーー カボチャ露地味平他 5a 3/31 播種 4/29-5/2 定植ーー メロン アスパラガス ハウス半促成 ハウス立茎 アールスナイト夏 Ⅱ モネ 811 早春晩秋系ペルル スーパーウェルカム 1.5a 9a 播種 2/25~ 定植 3/22~ 開花 4/22~ 玉吊り 4/28~ ーー ハウス内トンネル等設置による収穫期前進化と単収向上 目標 4t/10a 2/22 ハウス被覆 施肥耕起 2/23 堆肥散布 整地 2/24 かん水チューフ 設置 2/25 内トンネル等設置 3/8~ かん水開始 3/28~ 収穫開始立茎期間 4/15~5/11(5 本 / 株 ) 収量 (3/28-5/18): トンネル被覆区 676kg/10a( 対照 600kg/10a) ポリべた掛区 1,139kg/10a( 対照 789kg/10a) ーー

26 Ⅳ 花き 実況 1 キク奥越の秋植え夏ギクの草丈は 5 月 19 日調査で 無摘心の 白舟 ( 小 白 ) で 33cm とび丸 ( 小 黄 ) で 27~29cm やよい あかね ( 小 赤 ) で 18~45cm と生育は昨年並みで 平年より遅れている 一昨年 あかね では発蕾が 5 月中旬よりみられたが昨年同様今年も見られていない 春植え8 月咲きギクの摘心は 5 月下旬までに終了した 9 月咲きギクの定植は 5 月下旬に行われた 10 月咲きギクは挿し芽が 5 月下旬に行われた 害虫ではナモグリバエが全域で発生が見られ 多発生となっている オオタバコガの越冬世代が大野市では 5 月 17 日頃から確認された 白さび病はほぼ見られていない カスミカメムシ類の被害はみられるものの多くはない 福井南部の秋植え夏ギクの草丈は (5 月 20 日調査 ) 60cm で発蕾しており害虫では8 月咲きギクでナモグリバエが尐発生である 清水の4 月中旬定植 8 月咲きギクの草丈は 恋心 17cm 小鈴 15cm うたげ 16 cm 翁丸 13cm である 生育は平年より遅れ気味 昨年と同じ傾向 (5 月 18 日調査 ) 永平寺の4 月上旬定植 8 月咲きギクの草丈は (5 月 20 日調査 ) はじめ 5cm で昨年より生育は遅れている あわら市の秋植え夏ギクは 春風 が昨年は開花初めであったが今年はまだである 害虫では ナモグリバエ多発 アブラムシ類尐発である 春植え夏秋ギクは 小鈴 が 6cm 花えくぼ が 23cm 花絵 が 1.5cm はじめ が 3cm となっており昨年並みのせいいくである (5 月 20 日調査 ) 越前市では 3 月中下旬定植の 7 月咲きでは 草丈は 20 cmである 3 月 22~25 日に挿し芽 4 月 14~19 日に定植した 8 月咲きの はじめ 翁丸 夏ひかり やよい は 4 月 29 日に摘心した 小鈴 は草丈 17cm と低温の影響は若干あるが回復傾向である (5 月 20 日調査 ) 丹生の春植え8 月咲きギクでは 4 月 7 日 ~10 日に定植した 小鈴 は側枝 17 cm (14cm 昨年同時期 ) と低温で遅れ気味であったが生育が回復傾向である ハモグリバエとカスミカメムシは微発生 9 月咲きギクは 5 月 10 日から定植を開始した (5 月 20 日調査 ) 二州の春植え8 月咲きギクは定植同時に摘心が行われたところが多く草丈は 10~15cm で昨年よりも順調である (5 月 20 日調査 ) 若狭の 11 月上旬植え夏小ギクの草丈は サンバ が 52cm 蕾径 4mm つるき 48cm とび丸 34cm である 春植え8 月咲きギクの摘心は 4 月末までに終わりで腋芽は 10~15cm で順調である 病害虫はハモグリバエが尐発生である 9 月咲きキクが 5 月 18 日頃から定植されている (5 月 19 日調査 ) 2 ユリ奥越のシンテッポウユリ オーガスタ の生育は葉長 5~11cm で遅れている (5 月 19 日調査 ) 福井ユリの リリ シリーズは 5 月 2 日から出荷が始まった 永平寺の レッド の草丈は 132cm で 収穫は 5 月下旬になりそうである イエロー で草丈 80cm 出蕾間近である ピンク は 90cm で出蕾間近であり 昨年より生育はよいが開花が遅れている (5 月 20 日調査 ) 春江の 11 月中旬定植の レッド が 90cm で蕾長 4.5cm イエロー が 45cm で出蕾間近 ピンク が 67cm で出蕾間近となっている 一方 球根配布後 1 月上中旬の定植まで冷蔵をおこなっていた レッド が 128cm 蕾長 7cm で収穫最盛期であり 冷蔵なしのものと比べて早くなっている 同様に イエロー が 62cm で出蕾間近 ピンク が 76cm で未出蕾である (5 月 20 日調査 )

27 南越の レッド が草丈 100cm で生育中 5 月 25 日から出荷予定 病害虫はアブラムシが尐 ~ 中発 葉枯病尐発性である 3 スイセン葉の枯れ上がりは 平年よりやや遅い 全域で斑点病が多発 年内に施肥を行った養成圃で被害が尐ない また 病害防除でトップジンM1500 倍希釈液を 2 回散布すると 被害は抑制されている ( 写真 1) 促成栽培用球根の掘り上げが 5 月 20 日頃から開始された 写真 1 トップジン M1500 倍液散布の効果 左 : トップジン M 処理区 右 : 無処理区 4 トルコギキョウあわら市では抑制栽培の切り下株の草丈が 46cm となっており昨年より生育がよい 同じく加温を行ったものは草丈 64cm であり 一部品種で1 番花の開花がみられる 葉先枯れ症が尐発である 3 月初旬播種 5 月初旬定植したものは草丈 2~2.5cm 4 対葉となっている (5 月 20 日調査 ) 大野市では 2 月 15 日に播種され 4 月下旬に定植された中生八重 アクロポリスホワイト は 草丈 3cm 葉数 5 対 ロジーナグリーン ver.2 が 3cm 5 対 中生一重 ノーブルレッド が 2cm 4 対 ノーブルバイオレット が 3cm 5 対となっている (5 月 19 日調査 ) 南越では アクロポリス ロジーナ 北斗星 の二度切り栽培は草丈 27cm 本葉 19 対程度である (5 月 10 日調査 ) 二州では 5 月上旬に定植された スモールキング などは本葉 4~5 対である 3 月下旬に播種された ニューリネーションシリーズ ロジーナシリーズ 等が 5 月下旬に定植される予定である 5 その他福井市のヒマワリは3 月末播種したものが 88cm で出蕾 4 月下旬播種が 30cm となっている 品種はサンリッチシリーズである 一部でダニが微発 (5 月 19 日調査 ) 永平寺のヒマワリは 28cm となっている (5 月 20 日調査 ) 南越のヒマワリは 4 月 20 日播種で草丈 9~10cm 葉数 7 枚 ダニが小発 (5 月 10 日調査 ) 奥越のシャクヤクは5 月 23 日が初出荷で 昨年より1 週間程度遅れている 出荷先は福井 なにわ 金沢市場である 春江のアリウムギガンチュームは花茎長 119~136cm で花の直径は 3.5~4cm である (5 月 20 日調査 ) 初出荷は 5 月 25 日 ( 予定 ) で 昨年より1 週間程度遅れている 出荷先は 福井 神戸 金沢市場である 奥越のアリウムギガンチュームは花茎長 83cm 花の直径は 2.4cm となっている (5 月 19 日調査 )

28 対策 1 圃場の排水徹底梅雨期 畝溝へ滞水すると根腐れをおこし 下葉の枯れ上がりや耐病害虫性の低下などの品 質が低下する そこで 次の対策を行う 1) 畝溝の排水 水の通りを良くするため 溝さらえや除草を行う 2) 畝溝と直角に交わる集水溝を畝の両側 ( できれば圃場周囲 ) に必ず設け 排水溝に落と す すでに設置してある場合は清掃や除草を行う 3) 排水溝が高い場合は 雨の時に強制排水を行うため 排水溝の端に集水桝を設置し こ こからポンプで強制排水を行う 2 秋植え夏秋ギクの管理 1) 花芽分化後の乾燥は 花弁の伸びが悪く小輪となるため 中輪品種では乾燥させないよ うに注意する 2) 花芽分化後 ( 開花の 40 日前 ) に 止め肥として 10a 当たり窒素成分で 5kg 程度を 畝 の肩部分に施用し 肥料の分解と上根の発根促進のため 土寄せを必ず行う 3) 止め肥施用後 降雨が多い年は生育後半に肥料が切れる 葉色が落ちた場合は OKF-1 ハイポネックス等の 500 ~1000 倍で葉面散布をする 4) 中輪品種では発蕾始めに花首の伸長を抑制するためにビーナイン水溶剤 80 を散布する 10a 当たり 1000~1500 倍液 50~150 リットルを上位葉中心に散布する 3 梅雨期の病害虫防除 1) キク白さび病 気温が 25 以下の湿潤な時期に発生する 草丈 50~60cm まではジマンダイセンフロアブル やコロナフロアブルなどで 1 週間に 1 回の予防散布をする 散布時期は雨前が基本であるが 発病が多い場合は 雨の止み間に ラリー乳剤 チルト乳剤 25 アンビルフロアブル サプ ロール乳剤 ( 展着剤は浸透性の高いものを使用 ) や ストロビルリン系 ( ストロビーフロア ブルおよびアミスター 20 フロアブル これらは品種によって薬害の恐れがあるので多剤の混 用を行わず 展着剤も加用しない ) の治療剤を散布するが 耐性菌の出現に注意する 2) キクのアザミウマ類 他地域から 苗を新たに導入した場合は特に注意して防除する キクを加害するアザミ ウマ類はミカンキイロアザミウマ ミナミキイロアザミウマ ヒラズハナアザミウマ ク ロゲハナアザミウマ ネギアザミウマなどの各種があるので 種を確認した上で効果や抵 抗性を考慮して薬剤を選定する 特に圃場での切り残し花が発生源となるので早期に除去 する ミカンキイロアザミウマはキクのえそ病 (TSWV) を媒介するので特に注意する 3) キクのマメハモグリバエ 初期防除を徹底する マメハモグリバエは幼虫が黄色で 幼虫はさなぎになる前に葉か ら落下し地中やマルチ上でさなぎとなる 5~7 月に発生が多い 発生予察は黄色粘着シ ートで可能である 4) ユリ葉枯病 ( ボトリチス菌 ) 雨よけ栽培を行う 花芽分化期以降 葉枯病に感染しやすく 圃場排水が悪い条件では特 に発生が多くなるので防除を徹底する 露地で出荷の 30~40 日前 施設で 50 日前までは フ ロンサイド水和剤やダコニール 1000 などの保護殺菌剤を 1 週間に 1 回は散布する 発病を 認めたら 初期にトップジン M 水和剤等の治療剤を散布する 展着剤では 保護殺菌剤には パラフィン系展着剤 治療剤には浸透性展着剤を用いる 4 促成スイセンの花芽分化促進処理 1) 高温処理開始までに球根の表皮が親指の腹で簡単にむけるくらいに十分球根を乾燥させ

29 る 高温処理開始予定日になっても球根水分が多い場合は 高温処理期間を 3~4 日長く し その間は除湿機等を稼働させて極力水分低下を図るようにする 2) 高温処理は 32 で 2 週間行う 3) くん煙処理は高温処理後にモミガラを 1 日 3 時間の割合で 3 日間燃やして行う 4 ) 処理後は植え付けの 7 月下旬まで 風通しのよい納屋や車庫などで保管 (25 程 度で ) する 5 ) 腐敗した球根は取り除き 7 月末日ぐらいをめどに定植する 5 トルコギキョウの葉先枯れ症 1) 葉先枯れ症は極端な水分ストレスにより 生育中期に上位葉の葉先が褐変や萎縮し ひど い場合には心止まりになる カルシウム欠乏が大きく関与しているため 組織中にカルシウ ムが尐ない品種は出やすくなる 2) 昼温が高いほど発生しやすくなるので ハウス内の換気に努める ハウス内の空気が動 いている場合は発生が尐ないとされるため 内気扇も有効である 3) 発生がひどいと思われる品種については 花芽分化の時期を中心にカルプラス等を数回 葉面散布する 6 梅雨期の切り花出荷 梅雨時期に出荷する場合 出荷箱内での花や葉から ムレにより灰色かび病等による荷いた みが生じやすいので次のことに注意する 1) 収穫前にハウスの換気を十分に行う 2) 露地栽培の切り花を 降雨時に収穫した場合は 茎の下を持って振り 花弁の間や葉に たまった水を極力取り除く 3) 収穫後に切り花の基部を水中で切り戻し 水揚げを円滑にする 水切り 等によってで きる 切り下の茎や葉はいけ水に溜まらないようにする いけ水は頻繁に交換して新鮮な ものを使う 4) 収穫後 箱詰めまでに花全体が乾くように風通しをよくする 咲きすぎた花は調整時に 除く エアコンの除湿運転や扇風機などで花をできるだけ乾かす 5) 出荷箱に詰めてからも 出荷間際まで箱をあけておき 花全体をできるだけ乾かす

30 果重 (g) Ⅴ 果樹 実況 1 ウメ (1) 生育状況 ( 園芸試験場 ) 紅サシ の硬核完了期は 5 月 16 日であり 平年よ りも 6 日遅かった 胚固化率は 5 月 23 日時点で 18. 5% であり このまま進めば 胚固化完了期は前年より 1 日 平年より 6 日遅い 6 月 6 日頃と予想される ( 表 1) 着果量が多いため 果重は平年 前年よりも小玉傾向 で推移することが予想される ( 図 1) 気温が平年並に推移した場合 開花盛期からの平均気 温の積算値からの収穫始期の目安 ( 紅サシ 1,300 剣先 1,150 ) は 紅サシ が 6 月 13 日 剣先が 6 月 7 日である 胚固化完了期の果重から完熟落果盛期および落果盛 期の果重が予測できる ( 平成 18 年度普及に移した技術 ) 今後 平年並の気温で推移するとして予測すると 園芸 試験場では 落果盛期が 7 月 5 日頃であり 完熟落果平 均果重は 32.3g で平年並みと予測される 本年は着果量が多いものの 生理落果の量は少なく推移している ウメシロカイガラムシ第一世代幼虫のふ化始期は 前年より 4 日遅い 5 月 11 日であった 黒星病 の初発は 5 月 18 日であり 平年並みであった 平年値 2009 年 2010 年 2011 年 4/16 5/1 5/16 5/31 6/15 6/30 図 1 紅サシの年度別果実肥大 果重 (M) は果実横径 (w) の測定値から計算式 {M = π w 3 /5.88} を用いて算出した 表 1. 紅サシの年度別発育ステージ 年度短果枝花芽完全花率結実率開花期 ( 月 / 日 ) 開花日数硬核期 ( 月 / 日 ) 胚固化期 ( 月 / 日 ) ( 個 / cm ) (%) (%) 始期 盛期 終期 ( 日 ) 始期 完了期 始期 完了期 2004 (H.16) /21 3/14 3/ /24 5/11 5/10 5/ (H.17) /22 3/18 4/1 41 4/30 5/13 5/10 5/ (H.18) /11 3/26 4/4 25 5/8 5/12 5/22 6/ (H.19) /13 2/26 3/7 24 5/1 5/11 5/14 5/ (H.20) /2 3/17 3/ /30 5/12 5/16 6/ (H.21) /4 2/23 3/ /28 5/10 5/15 5/ (H.22) /25 3/6 3/ /30 5/15 5/24 6/ (H.23) /26 3/19 4/1 36 5/6 5/16 5/23 平年値 (H9-H22) /19 3/10 3/ /30 5/10 5/12 5/31 平年比 前年比 99% 113% 121% % 108% 162% (2) 地域状況これまでの低温傾向により展葉が遅れていたが 5 月に入り天候が回復し 展葉が旺盛になってきている 着果量が多めであることから やや小玉で推移しているが 強風や降雹など大きな気象災害は見られず 生育は全般に順調である 2 ナシ

31 (1) 生育状況 ( 農業試験場 ) 4 月初めから開花始期までの平均気温 ( 平年比 ) は 幸水 で-1.43 豊水 で-1.08 と低温傾向で 開花期間も 幸水 で-2.13 豊水 で-2.89 と低く 開花は平年に比べ遅れた 幸水 の開花始期は4 月 22 日 ( 前年 4 月 15 日 ) 盛期は4 月 26 日 ( 前年 4 月 22 日 平年 4 月 19 日 ) 終期は5 月 4 日 ( 前年 4 月 25 日 ) 豊水 の開花始期は4 月 19 日 ( 前年 4 月 13 日 ) 盛期は4 月 22 日 ( 前年 4 月 19 日 平年 4 月 17 日 ) 終期は4 月 29 日 ( 前年 4 月 23 日 ) 豊水 の開花直前である4 月 19 日に降雹があり 果実肥大とともに陥没した部分が目立った 幸水においても被害が見られた 幸水 の収穫期( カラーチャート値で 4.0 到達日 ) は開花日と細胞分裂期 ( 開花後 33 日間 ) の平均気温の関係 (y=-1.24t y: 開花期から成熟期までの日数 t: 開花後 33 日間の平均気温 ) により推定できる 今年の開花期 ( 開花盛期 ) が平年より7 日遅い4 月 26 日であったため 開花後 33 日に未達であるが 平均収穫日は8 月末と平年よりも9 日遅くなる見込みである (2) 地域状況低温の中で生育が進んでいるため 例年になく連休過ぎまで開花が見られ 品種によっては通常と異なる果形や有てい果が発生している 3 カキ (1) 生育状況 ( 農業試験場 ) 平核無 の発芽期は4 月 6 日 ( 前年 :3 月 20 日 ) で前年より17 日遅く 平年より7 日遅かった 展葉期は4 月 20 日 ( 前年 :4 月 13 日 ) で前年より7 日遅く 平年より8 日遅かった 刀根早生 の発芽期は4 月 7 日 ( 前年 :3 月 20 日 ) で前年より18 日遅く 平年より10 日遅かった 展葉期は4 月 22 日 ( 前年 :4 月 13 日 ) で前年より9 日遅く 平年より11 日遅かった 開花は低温等の影響により遅れており 5 月 23 日現在 開花始期には至っていない ( 前年の開花始期は 平核無 5 月 28 日 刀根早生 5 月 27 日 ) (2) 地域状況生育の遅れから あわら市では5 月中旬までの摘蕾進捗は3 割程度で作業も遅くなっている 開花は6 月になってからと見込まれる 4 イチジク (1) 生育状況 ( 農業試験場 ) 3 月 9 日からハウスを締め切り 保温を開始した 5 月 23 日現在の展葉数は5~7 枚程度 ( 昨年同時期 10 枚程度 ) (2) 地域状況若狭管内では5 月 23 日現在 展葉 7~9 枚 花芽着生 1~3 節で 平年よりやや生育が遅れている 対策 1 ウメ (1) 青ウメの適期収穫青ウメの収穫始期は 開花盛期からの日平均気温積算値で 紅サシ は 1,300 である 胚の成熟

32 を観察している場合は 胚が固まってから 7~10 日後が収穫開始の目安となる 未熟な果実を収穫すると 出荷後に 陥没果 になる恐れがある 陥没果 は市場評価を低下させて 販売を困難にするので適期収穫を心がける なお 気温が高くて日射が強い日に収穫した果実は 果実の蒸散が激しく 陥没果 の発生を助長する 気温が高く日射の強い日の収穫は早朝に行い 早めに切り上げるようにする (2) 加工ウメのネット収穫収穫用のネット敷設やセイロ 塩など一次加工の準備を遅れないようにする 落下した果実は長期間放置しておくとケシキスイが食入するので 必ず朝夕 2 回収穫するようにする (3) 選別 出荷出荷規格に従って自家選別する 青ウメも一次加工も樹脂障害果が混入しないように選別を徹底し 品質向上に努める また かいよう罹病果や傷果の混入にも十分注意する (4) 高品質白干梅加工 食品衛生管理の徹底手洗い 室内清掃 器具洗浄に努める 髪の毛など異物の混入を防ぐため 帽子 マスク等を必ず着用し 食品衛生管理を徹底する 漬込み前の水洗いと漬込み収穫したウメにはゴミや汚れが付着しているので 必ず洗浄機等で水洗する また ケシキスイの侵入果は必ず取り除く 塩は生梅重量の 18% を基準とし ウメと交互に振って 樽の底は少なめに 上に行くほど多めにふる 重石は 押しぶたが浮き上がらない程度の軽めの方が歩留まりはよくなる 梅酢が上がって 液面がウメを覆うようになったら 重石を減らす 紅サシ は梅酢の上がりが早い品種なのでこまめに観察する (5) 礼肥の施用収穫後の施肥は 果実生産で消耗した樹勢の早期回復と翌年のための貯蔵養分蓄積が目的である 花芽分化期は8 月下旬 ~9 月上旬であり この頃までに樹勢を回復させ 葉中窒素含量を高めることが次年度の花芽着生を良好にする 成木の場合には 収穫直後に窒素成分で 10a 当たり 12 kg施用する なお 樹勢の回復が遅れると翌年への影響があるので 特にネット収穫をしている園では遅れないようにする また 9 月には土づくりとして牛ふん堆肥等を積極的に施用する 2 ナシ (1) 仕上げ摘果仕上げ摘果は6 月上旬 ( 満開後 45 日 ) までに実施する 仕上げ摘果の遅れや着果過多による小玉化しないようにする すでに果実形質ははっきりしているので 大きさ 果形 病害虫の被害などに注意しながら行う 着果数は4 果そうに1 果 ( 約 15 cm間隔 ) を目安に 成木で 10a 当たり 幸水 で 10,000 果 豊水 で 12,000 果とする 幸水 は梅雨時期の裂果対策として着果予定量より 10% 程度多く着果させる (2) 摘心 幸水 では満開後 40~50 日後 (6 月中旬 ) に側枝先端部の2 本程度の新梢を残し その他の新

33 梢は基部の果そう葉を残して摘心する 摘心後に再伸長した新梢も随時摘心する 6 月中旬以降に側枝の先端部の新梢が倒伏した場合は 立ち上げて誘引する 摘心は棚面にある果そう葉の受光環境を良くして 花芽着生を良好にする効果がある ただし 側枝数が少ない場合は 過度に摘心すると葉数不足となり 果実肥大に影響を及ぼすので注意する (3) 新梢管理 幸水 のような長梢のえき花芽を利用する品種は 翌年の側枝の確保のために 新梢の伸びが停止する前後の6 月下旬から7 月上旬にかけて骨格枝の側面から発生した長梢を仰角 45 に誘引する 時期が早すぎると枝の二次伸張を助長するので注意する なお 主枝 亜主枝の上面からしか新梢の発生がない場合には 基部をねじるようにしてから誘引すると翌年の側枝としての利用が期待できる また 徒長枝が発生しないように主枝 亜主枝の先端は支柱を添えて立てる なお 再度園地を巡回して 弓なりに誘引された側枝は誘引し直す (4) 二十世紀 の大袋掛け小袋掛け後 30 日を目安に大袋掛けを行う 梅雨に入り 黒斑病菌の活動が活発になる時期なので 袋掛け前に薬剤防除を行う (5) 追肥の施用果実の生長と花芽形成を促すために 樹勢の弱い樹を中心に年間施用量の 10% 程度の追肥を施す 幸水 豊水 は多肥を好む性質があるが 二十世紀 は黒斑病の発生の助長や糖度の低下の原因になるので注意する (6) 病害虫防除黒星病および黒斑病の防除を引き続き行う 第二次伝染時期を迎える 梅雨時期で 防除のタイミングを逃しがちになるが 雨のやみ間をぬって薬剤散布を行い まん延を防ぐ 特に黒斑病は徒長枝や発育枝に病斑が拡大してくるのでていねいに散布する また ハダニは発生初期の防除が決め手になるので 圃場を巡回し 発生状況をよく観察する 草刈り後ナシ樹に上がってくるので 草刈と同時に防除を行う (7) 土壌管理梅雨時期は湿害を防ぎ 根の活力を維持するために排水溝 明きょなどにより圃場の排水をすみやかに行う 3 カキ (1) 摘果有利販売のため 2L 級以上の大玉果生産を目指す 園内を再度見回り 摘蕾の見落としがあれば早急に摘果する (2) 新梢管理主枝 亜主枝のわん曲した部分 大枝のせん定切り口などから発育枝が発生する 骨格枝の真上から発生し 樹冠内部を暗くするような新梢は早めに芽かきする ただし やりすぎると日焼け等が発生するので 数回に分けて行い 日焼け防止のために弱い枝は残すようにする (3) 樹勢の強い樹における生理落果防止および花芽着生対策環状剥皮 ノコ目および金具バンド処理などの生理落果防止対策は 樹勢の強い樹のみに実施し

34 落ち着いた樹には行う必要がない (4) 病害虫防除今月は病害虫の重要な防除時期である 病気では炭そ病 落葉病を対象に 害虫ではカキミガ スリップス類 フジコナカイガラムシを対象に防除の徹底を図る 4 イチジク (1) 誘引新梢が 40~50 cm程度伸びた頃から誘引する 主枝延長枝は 支柱を使って角度 45 度に誘引する 結果枝は 架設したワイヤーにひもやビニルテープでそれぞれ誘引する (2) 病害虫防除反射シートを地表に敷くとアザミウマの被害が軽減できる また 樹冠内部の光環境等が改善され 着色向上効果がある (3) 施肥イチジクでは肥料を切らせないことが重要なので 肥効が長期間持続する有機質肥料を中心に施用する 浅根性のため 一度に多量を施用すると 濃度障害で根を傷めることがあるので分施する (4) かん水土壌が乾燥し過ぎないように 表面が乾いてきたらかん水する 水田転換園など排水の悪い圃場では 梅雨の長雨で圃場に湛水しないよう排水路を整備する 5 ブドウ (1) 芽かき 誘引芽かきは若木の樹形づくりと不要な新梢を整理することで養分の浪費を防ぎ 生育を揃えるために行う 1 回目は展葉 2~3 枚の時に不定芽 副芽を 2 回目は展葉 6~8 枚の時に花穂がない新梢 極端に強いあるいは弱い枝を根本から除去する その後も新梢数 (20~30cm 間隔 ) が多ければ継続して行う 誘引は棚面に均一に新梢を配置して 日当たりを良くするために 2 回目の芽かき後から行う しかし 開花までは折れやすいので注意する 折れそうな場合は新梢基部を捻枝する (2) 摘房着果数を制限し 無駄な養分浪費を抑えるとともに ジベレリン処理や房づくりの省力化のために行う 房づくり前に無核栽培では最終着房数の5 割増し程度の房を残し除去する さらに房づくり後に 適正着房数まで摘房する 着房数の目安は別表のとおりであるが 樹勢や樹齢 地力によって変更する (3) 房づくり房型を整えること 花蕾数を制限し養分を集中させ結実を安定させるために蕾数を減らすために行う 開花始期から無核栽培はジベレリン処理までに穂軸を切り取る ( 図 ) (4) 無核化 ( ジベレリン ) 処理無核果は大玉で種なしのため 商品性が高く 花ぶるいなどが少なくなるメリットがあるため おすすめの栽培です 反面 ジベレリン処理など手間がかかったり 樹勢を強めに維持する必要がある

35 ジベレリン処理は無核化 果粒肥大促進 着粒安定を目的に行う 1 回目の処理は種なし化 ( 無核 化 ) 2 回目の処理は果粒肥大のために行う ジベレリン浸漬用カップを用いて 一房ずつ浸漬処理 を行い 二度漬しないようにマーカー等で管理する 1 回目の処理は満開から満開 3 日で なるべく 満開 3 日後に処理する 満開を見極めるポイントはどれだけ咲いているかを見るのではなく 蕾が残 っていないかをみること 2 回目は満開 10~15 日後に処理する (5) 摘粒 粒数を制限することにより 果粒肥大 密着果粒防止および房型を整えるために行う 果粒がダイ ズ大になった頃から 表の粒数を参考に行う ポイントは内向き 下向きの果粒を切り除くつもりで 行います なお サニールージュ などはほとんど摘粒しなくてよい 表房づくり ジベレリン処理濃度 粒数の目安 ( 無核化栽培 ) 品種名 房づくり ジベレリン 1 回目 2 回目 粒 数 巨峰系 4 倍体 3.5~4cm 12.5~25 ppm 12.5~25 ppm 35 粒 / 房前後 サニールージュ 6~7cm 25ppm 25ppm 55 粒 / 房前後 品種により処理方法が異なるので 注意が必要 以上のブドウ技術対策は 雨よけ ( 無加温 ) ハウスにおいて 巨峰系 4 倍体 品種を種なし ( ジベレリ ン ) 処理することを前提として表現しています

36 Ⅵ. 畜産 実況 1 平成 23 年度第 3 回石川 福井合同肉牛枝肉販売会 ( 23 年 5 月 9 日 ) 去勢 雌 頭数単価販売価格 BMS 枝肉重量ロース芯上物率 ( 円 ) ( 円 ) ( N o ) ( kg ) 面積 ( cm2 ()% ) 福井 14 1, , 全体 30 1, , 福井 5 1, , 全体 16 1, , 最高価格は 1,215,657 円 去勢牛 ( 福之国 安平 隆桜 ) 26.3 カ月齢 A-5(BMSNo11) 枝肉重量 kg ロース芯面積 64 cm2であり 宮崎県産であった 今回は 去勢 雌とも前回に比べ 枝肉単価で 200 円ほど低下した 2 平成 23 年度第 4 回石川 福井合同肉牛枝肉販売会 ( 23 年 5 月 23 日 ) 去勢 雌 頭数単価販売価格 BMS 枝肉重量ロース芯上物率 ( 円 ) ( 円 ) ( N o ) ( kg ) 面積 ( cm2 ()% ) 福井 16 1, , 全体 29 1, , 福井 5 1, , 全体 12 1, , 最高価格は 1,238,218 円 去勢牛 ( 百合茂 金幸 糸福 ) 28.7 カ月齢 A-5(BMSNo 11) 枝肉重量 kg ロース芯面積 75 cm2であり 鹿児島県産であった 枝肉単価は前回に比べ 去勢で 130 円ほど 雌で 60 円ほど低下した 3 平成 23 年度第 1 回北陸三県和牛子牛共励会 (23 年 5 月 1 8 日 ) 去勢 雌 福井全体 福井全体 販売頭数 ( 頭 ) 平均日齢 ( 日 ) 平均体重 ( kg ) 日齢体重 ( kg ) 販売価格 ( 千円 ) 最高最低平均 平均生体単価 ( 円 / kg ) 1,423 1,508 1,299 1,270 北陸三県共励会では 雌牛の部において 山本重夫氏 ( 池田町 ) 大塩俊夫氏 ( 美浜町 ) の若狭牛各 1 頭が優等賞に選ばれた 去勢の部においては 山本重夫氏 ( 池田町 ) の若狭牛 2 頭 河合隆一郎氏 ( 若狭町 ) の若狭牛 1 頭が優等賞に 武長俊克氏 ( 美浜町 ) の若狭牛 1 頭が一等賞に選ばれた 引き続き行われた子牛市場の生体単価は 前回に比べ 去勢で 20 円 雌で 100 円ほど低下した 4 飼料作物イタリアンライグラスの 1 番草の収穫は 例年に比べ 2 週間ほど遅れ 5 月 1 2 日頃から始まった 対策 1 肉用牛の皮膚病対策について冬季から春先にかけては皮膚病の牛を多く見かけるので 牛舎中に広がり 牛に多大

37 なストレスがかかる前に治療する必要がある 真菌によって眼の回りなどが禿げている場合はナナオマイシンなどの抗真菌剤を塗布するか アストップなどの消毒薬を 100 倍希釈して塗ると効果的である 体毛の脱落があったり フケが多く痒みがあったりするようならば その部分の体毛を引き抜いて眼を凝らすと シラミなどの外部寄生虫が見える場合がある その場合はバイチコールなどの薬剤で駆虫すると改善される ただし いずれの場合も出荷制限によく注意し 肥育後期の牛には計画的に薬剤を用いるようにする必要がある 2 雌豚の種付適期について種付適期には精子がどのくらいで卵管膨大部まで到着するのか 卵子は排卵後どのくらい精子を待てるのかなどいろいろなことが作用する そこで以下のことが種付け適期の要因となる ( 1 ) 雌豚の排卵時間は発情後 26~ 36 時間後 ( 2 ) 排卵所要時間は 2 時間 ( 3 ) 卵子の受精能力保有時間は 5~ 6 時間 ( 最大 20 時間 ) ( 4 ) 精子の受精能力保有時間は 25~ 30 時間 ( 5 ) 精子の卵管到達所要時間は交尾後約 15 時間 ( 早いもので 30 分 ) 以上のことから一般的には発情開始後 10~ 25 時間の間が種付適期といわれている ただ 個体差も関係し 実際には発情の上がり方や陰部の変化などを見ながら種付をする必要がある 直接交配から人工授精に切り替えを図れば確実に作業効率が上がる その分の余った時間で発情鑑定を複合的に行うことで より精度の高い発情を見つけ出すことができ より種付け時間を絞り込むことが出来る とにかく管理者の観察眼を養うよう努力が必要である 3 鶏の暑い季節の栄養暑熱ストレスを被った鶏群は食下量が低下するが より栄養濃度を高くした飼料を給餌することで補うことが可能である ( 1 ) 脂肪を添加する 飼料摂取量が低下すると 総エネルギー摂取量が低下するので 脂肪を添加して総飼料エネルギー割合を増加する 脂肪の添加割合は 4.5% まで上げてもよいと言われており 大豆や小麦のようなエネルギー原料を使用する場合はこの方法が推奨される ( 2 ) アミノ酸などの配合割合を増やす 飼料摂取量低下に対してアミノ酸 ビタミン ミネラル リノール酸などの配合割合を増加することが推奨される ( 3 ) ビタミン C を添加する 飼料中に 200~ 300g/ t の割合でビタミン C を添加すると 暑熱ストレスを和らげる効果がある また 重曹 2~ 3kg/ t を飼料に添加することにより 血中の ph 上昇を抑え 卵殻質の低下を防ぐ 4 飼料作物 ( 1 ) 刈り遅れた牧草は 不良発酵し易いので 密封には十分注意する ( 2 ) 2 番草や 3 番草を採草する場合 1 番草や 2 番草収穫後 尿素を 1 0 アールあたり 1 0 ~ 2 0 k g 追肥し 再生を促す ( 3 ) 梅雨シーズンの湿害を防ぐため ほ場の排水の確保に努める 排水の悪いほ場には グリーンミレットなど耐湿性の強い草種を栽培する ( 4 ) 暖地型牧草を水田で栽培する場合 肥料が流亡し易いので 基肥を半量にし 残りを播種 1 ヶ月後に分施すると良い

38 ( 5 ) 種子の軽い暖地型牧草では播種しやすいコート種子が利用されているが コート剤により増量されているため 播種量に注意する ローズグラスの場合 コートしていない種子では 2 ~ 3 kg/10a が適量であるが コート種子は 5 ~ 6 kg/10a 必要である

11月表紙

11月表紙 hp://www.ja-yamachuou.jp/ JA 営農便り 麦 作 ます 鉢 上 げ 鉢上げ時の苗は 割り接ぎの台木で本葉 枚程度 よせ接ぎでは台木穂木とも 枚程度 で鉢上げします 鉢上げ作業は できるだけ 暖かい日に行い 鉢上げ後は寒冷紗で遮光し 水分の蒸散を防ぎ 活着を促進します 温度管理 発 芽 後 か ら 接 ぎ 木 ま で は 昼 間 夜 間 以上を目標に管理します

More information

Ⅲ-3-(1)施設花き

Ⅲ-3-(1)施設花き Ⅲ-3 花き (1) 施設花き 1 基本的な考え方花き類は 本県の農業生産に占める割合は3% と低いが 結婚式や葬儀などの業務用 生け花教室などの稽古用 贈答用 家庭用等幅広い需要がある 一方 花き生産の担い手が減少し高齢化が進展するとともに 切花を主体とした輸入花きが増加傾向にある そこで 花き生産を行うに当たり コスト低下と品質向上に取り組み 良品質な花き類を安定的に消費地に供給することで 生産安定を図る必要がある

More information

あけぼの255_01

あけぼの255_01 野 菜 などの 農 産 物 を 出 荷 販 売 してみたい JA NEWS JA NEWS あなたもチャレンジ 家庭菜園 板木技術士事務所 板木 利隆 7 上手なトンネル保温で春取りニンジンを 1.5 たっても発芽するまでは換気す 立春とはいえ2月初旬は平年 から選びましょう なら1月下旬からの一番寒さの 畑の準備は 種まきの半月以 る必要はありません 土が乾き 厳しい季節です そのため畑の 上前に図のように120

More information

~ 135-143~ 養賢堂. しかし, その後, 特にこの 4~5 年, 馬に関する研究 に莫大で, わが国の国家予算の 4~5% 弱に匹敵して は, およそ 20~30% 程度であり, 明らかに NRC の狙 この 4~5 年の傾向であるが, 業界最大手の生産者 ~ 重は遺伝的な限界値に近い1. 0~ 1. 4 ~12 カ月齢で 400~500 飼料としては良質粗飼に穀類 40~60%

More information

平成 26 年度補正予算 :200 億円 1

平成 26 年度補正予算 :200 億円 1 地方局等担当説明用 稲作農業の体質強化緊急対策事業の概要平成 26 年度補正事業 平成 27 年 1 月農林水産省生産局 平成 26 年度補正予算 :200 億円 1 1. 内容及び助成対象者 平成 27 年産の主食用米の生産を行う農業者が 生産コスト低減計画を策定し それに基づいた肥料 農薬代などの資材費の低減や労働時間を短縮する取組 直播栽培 農業機械の共同利用など生産コスト低減の取組の実施を約束する場合

More information

ぐに花粉の飛散シーズンに入らなかったのは 暖冬の影響で休眠打破が遅れたことが影響していると考えられます ( スギの雄花は寒さを経験することにより 休眠を終えて花粉飛散の準備に入ると言われています ) その後 暖かい日や風が強い日を中心にスギ花粉が多く飛びましたが 3 月中旬には関東を中心に寒い日が続

ぐに花粉の飛散シーズンに入らなかったのは 暖冬の影響で休眠打破が遅れたことが影響していると考えられます ( スギの雄花は寒さを経験することにより 休眠を終えて花粉飛散の準備に入ると言われています ) その後 暖かい日や風が強い日を中心にスギ花粉が多く飛びましたが 3 月中旬には関東を中心に寒い日が続 NEWS RELEASE 2016 年 4 月 8 日 ウェザーニューズ 第五回花粉飛散傾向を発表東北はスギ花粉の飛散ピーク! 西 東日本はまもなくヒノキ花粉のピークに ~ 花粉の総飛散量は西日本ほど多く 九州北部では昨年の約 1.5 倍に 株式会社ウェザーニューズ ( 本社 : 千葉市美浜区 代表取締役社長 : 草開千仁 ) は 最新の花粉飛散傾向を発表しました 現在 東北ではスギ花粉が飛散ピークを迎えており

More information

1. 地 域 概 況 1 岐 地 阜 域 県 海 概 津 況 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 長 良 岐 阜 県 海 津 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 揖 斐 三 大 河 川 が 合 流 する 地 域 で 東 部 に 愛 知 県 西 長 良 揖 斐 三 大 河 川

1. 地 域 概 況 1 岐 地 阜 域 県 海 概 津 況 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 長 良 岐 阜 県 海 津 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 揖 斐 三 大 河 川 が 合 流 する 地 域 で 東 部 に 愛 知 県 西 長 良 揖 斐 三 大 河 川 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 会 長 賞 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 会 長 賞 集 団 部 集 団 部 岐 阜 県 海 津 市 平 田 町 蛇 池 2235 じゃ 岐 阜 いけ県 えい 海 津 う市 くみ 平 田 あい町 蛇 池 蛇 池 営 農 蛇 池 営 農 組 合 組 合 代 表 者 小 山 義 春 代 表 者 小 山 義 春 - 103 - 1. 地 域 概 況

More information

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 使い古した土の活用 使 古し 使い 古した土 た土の活 た土 の活 活用 5 Q 5 Q Q & A よくある質問 A よく よくある よく ある質問 ある 質問 鉢やプランターで栽培した後の土は 捨てないで再利用しましょう 古い土には作物の 病原菌がいることがあるので 透明ポリ袋に入れ水分を加えて密封し 太陽光の良く当た る所に1週間おいて太陽熱殺菌します

More information

1. 技 術 部 (1) 野 菜 花 き 部 門 1) 果 菜 類 C 第 1 表 平 成 20 年 度 における 野 菜 花 卉 の 耕 種 生 産 概 要 a kg.,,,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,,.,,.,,,.,.,.,,.,,.,.,,.,.,.,,.,.,.,.,,.,.,,.,,.,.,,,.,,.,., No.32 2010 第 2 表 圃 場 別 作 付 け 概 要

More information

高温干ばつ対策 H20 7/25

高温干ばつ対策 H20 7/25 高温に対する農作物管理について 平成 27 年 8 月 5 日岐阜県農政部農業経営課 7 月下旬の梅雨明け以降 厳しい暑さが続いています 今後も気温の高い状態が続くと予想されます 農作物等への影響が懸念されますので 下記対策を参考に生産者等への指導をお願いします 水稲 水稲は本来 高温を好む植物であるが 近年 高温化傾向が顕著になっており 白未熟粒などの多発をもたらし米の品質を大きく低下させる原因となっている

More information

1986~ 1972~ 10~20% の乳量増加 )J が上げられている. その他, 海 ている酪農家の搾乳頭数は 80~100 頭が多い. 生乳生産量を基準として 6~8 月の月生産量を割合で ~ ~20oC で, 生産環境限 7 月までは 52~53% であったものが, とに両年 7~9 月の気象条件を比較してみると, ~11 月は 2.0 固となり, 前年に比べて 0.1 ~7

More information

スライド 1

スライド 1 農 業 の 新 技 術 No. No. 98 2011 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温

More information

カレンダー作りに挑戦する参加者カレンダー作りに挑戦する参加者カレンダー作りに挑戦する参加者 下関税務署からのお知らせ 酸性土に強い ph5.0 5.5 立春とはいえ2月初旬は平年な ら 1 月 下 旬 か らの一番 寒 さの厳 し い 季 節で す そのた め 畑 の 地 温 は 低く 霜も厳しいので露地裏畑で はとても種まきできる時 期ではあ りませんが フィルムをトンネル状 に覆い 上手に管理すれば

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<4D F736F F D B F4390B E937888CF91F58E8E8CB D90FC8B7A8EFB B838094ED95A282C982E682E CC88C092E890B68E598B5A8F7082CC8A6D97A B78DE88CA781418FBC967B816A2E646

<4D F736F F D B F4390B E937888CF91F58E8E8CB D90FC8B7A8EFB B838094ED95A282C982E682E CC88C092E890B68E598B5A8F7082CC8A6D97A B78DE88CA781418FBC967B816A2E646 委託試験成績 ( 平成 27 年度 ) 担当機関名部 室名実施期間大課題名課題名 長崎県農林技術開発センター農産園芸研究部門 野菜研究室平成 27 年度 Ⅱ 高品質 高付加価値農産物の生産 供給技術の確立熱線吸収フィルム被覆によるイチゴの安定生産技術の確立 目的 担当者名 長崎県のイチゴ主要品種は さちのか から ゆめのか へ転換しているところであるが ゆめのか は単価の高い年内収量を確保するために

More information

平成 29 年度全国特殊報一覧 2018/03/30 特殊報イチジクラシオディプロディア落葉病 ( 仮称 ) 平成 29 年度第 4 号 福岡県 2018/03/29 特殊報ヤマノイモジャガイモクロバネキノコバエ平成 29 年度第 3 号 神奈川県 2018/03/29 特殊報ガーベラ茎えそ病 (

平成 29 年度全国特殊報一覧 2018/03/30 特殊報イチジクラシオディプロディア落葉病 ( 仮称 ) 平成 29 年度第 4 号 福岡県 2018/03/29 特殊報ヤマノイモジャガイモクロバネキノコバエ平成 29 年度第 3 号 神奈川県 2018/03/29 特殊報ガーベラ茎えそ病 ( 2. 特殊報平成 30 年度全国特殊報一覧 2018/04/11 特殊報トマト黄化病平成 30 年度第 1 号 徳島県 2018/04/10 特殊報ビワビワキジラミ平成 30 年度第 2 号 和歌山県 2018/04/10 特殊報トルコギキョウ斑点病平成 30 年度第 1 号 和歌山県 平成 29 年度全国特殊報一覧 2018/03/30 特殊報イチジクラシオディプロディア落葉病 ( 仮称 ) 平成

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

1 課題 目標 山陽小野田市のうち 山陽地区においては 5 つの集落営農法人が設立されている 小麦については新たに栽培開始する法人と作付面積を拡大させる法人があり これらの経営体質強化や収量向上等のため 既存資源の活用のシステム化を図る 山陽地区 水稲 大豆 小麦 野菜 農業生産法人 A 新規 農業

1 課題 目標 山陽小野田市のうち 山陽地区においては 5 つの集落営農法人が設立されている 小麦については新たに栽培開始する法人と作付面積を拡大させる法人があり これらの経営体質強化や収量向上等のため 既存資源の活用のシステム化を図る 山陽地区 水稲 大豆 小麦 野菜 農業生産法人 A 新規 農業 法人間連携 YUI システムの確立 波及 美祢農林事務所農業部河村剛英 1 課題 目標 宇部市及び山陽小野田市のほとんどの集落営農法人は 設立時から新たな土地利用型作物 ( 小麦 大豆 ) の導入を行っている しかしながら 経営初期の大型機械の装備等には経営上のリスクや課題がある 宇部市 山陽小野田市の法人組織 山陽地区 課題 1 新たに土地利用型作物を導入 土地利用型作物の面積拡大 機械装備のための投資が大

More information

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc)

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc) JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 8 月 の 菜 園 管 理 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 の 種 まき 秋 まき 野 菜 は 種 まきが1 日 遅 れると 収 穫 が5~7 日 遅 れると 言 います 作 業 は 計 画 的 に 行 い 適 期 に 行 いましょう 土 は 細 かくしすぎない 特 に 土 が 地 中 深 くまで 乾 燥 している 時 に 耕 起 すると 土 が 細

More information

Taro-02.台風対策(野菜)

Taro-02.台風対策(野菜) 2 野菜 1) 事前対策この時期は トマト ピーマン なす きゅうり等の果菜類や ねぎ にら ほうれんそう キャベツ等の茎葉菜類 にんじん だいこん等の根菜類等の夏秋野菜の生育及び収穫時期であり また秋冬野菜の播種 定植時期でもある (1) 共通事項 1 被害にあったら 被覆ビニールやハウス資材 病害虫防除のための薬剤への注文が殺到する他 種のまき直しや代替作物の栽培として これからの秋冬野菜の種子の注文が殺到することが考えられるので

More information

下痢 消化管粘膜が損傷をうけるために起こります 好中球 白血球 減少による感 染が原因の場合もあります セルフケアのポイント 症状を和らげる 下痢になると 体の水分と電解質 ミネラル が失われるので ミネラルバ ランスのとれたスポーツドリンクなどで十分補うようにしましょう 冷えすぎた飲み物は 下痢を悪化させることがあるので控えましょう おなかが冷えないよう腹部の保温を心がけましょう 下痢のひどいときは

More information

05-Food-JAS&Label001

05-Food-JAS&Label001 1 2 1. 2. 3. 3 " " 4 5 6 7 8 栄養表示の見方 表示 強化 低減された旨の表示 強化 増 アップ プラス や 減 オフ カット など 他の食品と比べて栄養成分が された旨の表示をする場合 その増加量 低減量が健康増進法にもとづく基準を満たしていること の明記 自社従来品 日本標準食品成分表 など 増加 低減量の表示 カット g増 など 味覚に関する 甘さひかえめ うす塩味

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A>

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A> かぼちゃ 栽 培 マニュアル 1 作 物 特 性 (1) 気 象 条 件 ア ウリ 科 の 植 物 で 原 産 はアメリカ 熱 帯 アジアとされている イ 生 育 適 温 は 17 ~ 20 かぼちゃの 中 でも 道 内 で 一 般 的 に 栽 培 されている 西 洋 かぼちゃは 比 較 的 低 温 を 好 むため 冷 涼 な 地 域 での 栽 培 が 多 い (2) 土 壌 条 件 ア 他 のウリ

More information

Microsoft Word - ジベレリン明治液剤_ _.doc

Microsoft Word - ジベレリン明治液剤_ _.doc 登録速報 ( 適用拡大 ) 農 薬 名 : ジベレリン明治液剤 登 録 番 号 : 第 6005 号 適 用 拡 大 登 録 日 : 平成 23 年 2 月 2 日 適用拡大登録内容 : 以下のとおり追加 変更し 別紙 変更後 のとおりとする 1 作物名 温州みかん の ジベレリンを含む農薬の総使用回数 を 3 回以内 に変更する を含む農薬の総使用回数 温州みかん 花芽抑制による樹勢の維持 浮皮軽減

More information

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き)

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き) 長 雨 ( 大 雨 豪 雨 ) 対 策 3. 花 き 水 害 ( 大 雨 ) 大 雨 ( 短 時 闘 に 集 中 的 に 降 るもの)だけでなく 長 時 間 降 り 続 くものや 長 時 間 降 り 続 く 中 で 短 時 間 に 集 中 する 雨 などがあり 特 に 最 後 の 例 で 大 災 害 が 起 きやすい 被 害 は 洪 水 による 冠 水 土 砂 の 流 入 や 施 設 の 破 壊 と

More information

78

78 77 78 79 80 複 合 サービス 事 業 4.2% 飲 食 店, 宿 泊 業 2.9% サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 4.9% 教 育, 学 習 支 援 業 2.6% 不 動 産 業 0.1% 金 融 保 険 業 0.5% 運 輸 業 3.0% 情 報 通 信 業 0.1% 医 療, 福 祉 7.9% 卸 売 小 売 業 11.5% 分 類 不 能 の 産 業 0.0%

More information

P01

P01 Jun 2016 Jun 2016 ふれあい組合員 太陽の下で働く喜びを感じながら あいら伊豆 News 毎月行われる様々な催事や事業の様子をお伝えいたします! あいら伊豆 News 7月 柑橘 管内青島7園地の着花 バラツキ調査結果は 葉花比は1.9枚 に1花となりました バラツキ調査でも樹毎にバラツキはありますが ほぼ一昨年同 様の収量が見込まれます 柑橘類の発育ステージは生理落果がほぼ終了し

More information

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ

穫 7 日 前 ) ハダニ 対 策 : 発 生 が 見 られれば サンマイトフロアブル( 収 穫 21 日 前 ) 等 で 防 除 する 4. 白 ねぎ 春 まき 夏 秋 秋 冬 どり 土 寄 せ: 梅 雨 に 備 え 土 寄 せを 行 いうね 間 に 排 水 溝 を 設 ける 但 し 土 寄 せ 平 成 28 年 6 月 14 日 高 岡 農 林 振 興 センター 野 菜 の 病 害 虫 防 除 および 当 面 の 技 術 対 策 本 情 報 に 記 載 された 農 薬 および 使 用 方 法 は 平 成 28 年 5 月 末 日 現 在 の 内 容 です 実 際 の 使 用 にあたっては ラベルを 確 認 して 使 用 して 下 さい 1.ほうれんそう アブラムシ 対 策 : 成 虫 の

More information

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3 Ⅱ 作物別作付 ( 栽培 ) 面積 1 水陸稲 ( 子実用 ) (1) 水稲平成 24 水稲 ( 子実用 ) の作付面積は157 万 9,haで 前に比べて5,ha 増加した ( 表 7) 作付面積の動向をみると 昭和 44 年の317 万 3,haを最高に 45 年以降は生産過剰基調となった米の需給均衡を図るための生産調整が実施されたこと等から 減少傾向で推移している ( 図 4) (2) 陸稲平成

More information

No.84表紙①④.ai

No.84表紙①④.ai ストックマネジメント 写真 1 畑の末端施設漏水状況 写真 2 電動弁及び周囲の状況 写真 3 排泥工のマクロセル腐食 写真 4 幹線系の漏水補修の工事例 地面積が小さいため トラブルの影響範囲は比較 2, 3 cm の穴ではあるが 地表下深く埋設されて 的狭い範囲で済み 短期間で復旧ができる 写真 いるため大規模な工事が必要となる 1 はブドウ畑における漏水状況であり 畑の土 国営造成施設は 個々が支配する農地面積が広

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

表 1 ナスの台木の特性と病害虫抵抗性台木品種名低温伸長性草勢半枯病青枯病半身萎凋病ネコブセンチュウ ヒラナス ( 赤ナス ) やや弱 トルバムビガー 強 トナシム 中 トレロ 中 台太郎 やや弱 3) 病害虫防除 (1) 青枯病対策 1 本病原菌は土壌伝染するため 太陽熱利用土壌消毒を行う 2 抵

表 1 ナスの台木の特性と病害虫抵抗性台木品種名低温伸長性草勢半枯病青枯病半身萎凋病ネコブセンチュウ ヒラナス ( 赤ナス ) やや弱 トルバムビガー 強 トナシム 中 トレロ 中 台太郎 やや弱 3) 病害虫防除 (1) 青枯病対策 1 本病原菌は土壌伝染するため 太陽熱利用土壌消毒を行う 2 抵 Ⅱ 野菜 花き 1. 品目別栽培技術 本稿に掲載した農薬は平成 20 年 12 月現在の農薬登録情報に基づいて作成した 農薬の使用に 当たっては 必ず最新の農薬登録情報を確認すること < 野菜 > ナス 1) 作型及び品種 作型 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下上中下 主な品種 促成 千両式部 半促成 千両

More information

「節電対策パンフレット」(家庭向け)

「節電対策パンフレット」(家庭向け) 12 電力需要は季節や気温等によって波があり 1年の中で夏の次に大きくなる冬でも 需要が大きい時間は限られます たとえば 震災前の年度の冬でも 東京電力管内の電力需要が5,000万kWを超えたのは7日で それぞれ数時間の間 でした このため ご家庭では無駄なく無理なく 長続きできる省エネ対策 を定着化させながら 必 要 なとき を 見 き わ め て しっかり節 電 を 行 い ましょう 東京電力管内の最大電力需要

More information

三条を召し上がれ 地産地消推進店へ行こう 三条市では 地産地消を進め 人もまちも元気な三条を実現するため 積極 的に地場農産物を使うお店を 三条市地産地消推進店 として認定しています 地産地消推進店には 認定証として Bon Appetit!! SANJO とかかれたプレー トが掲示してあります ぜ

三条を召し上がれ 地産地消推進店へ行こう 三条市では 地産地消を進め 人もまちも元気な三条を実現するため 積極 的に地場農産物を使うお店を 三条市地産地消推進店 として認定しています 地産地消推進店には 認定証として Bon Appetit!! SANJO とかかれたプレー トが掲示してあります ぜ 三条を召し上がれ 地産地消推進店へ行こう 三条市では 地産地消を進め 人もまちも元気な三条を実現するため 積極 的に地場農産物を使うお店を 三条市地産地消推進店 として認定しています 地産地消推進店には 認定証として Bon Appetit!! SANJO とかかれたプレー トが掲示してあります ぜんまい 春の山菜の1つです 完全に 水抜きし 1年中 食べることが できます ほうれんそう もも 主に信濃川沿いで

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 28 年 7 月 5 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 遅 くても 出 穂 1か 月 前 までに 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 く ことのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 維 持 しましょう 2

More information

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センター 干 拓 営 農 研 究 部 門 要 覧 Nagasaki Agricultural and Forestry Technical Development Center Reclaimed Land Farming Research Division 組 織 研 究 施 設 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センターの 組 織 研 究 施 設 の 概 要

More information

 宇宙vol.61.indd

 宇宙vol.61.indd 医療法人聖陵会広報誌 2015. 1 Vol.61 新年あけましておめでとうございます 年末年始は例年と比べてとても寒い日が続きましたが 皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか 昨年度は日本人ノーベル賞受賞やスポーツ選手の活躍もあり 明るいニュースもありました しかし残念ながら 広島市北部の土砂災害や 御嶽山噴火など自然災害が日本列島を襲う 痛ましいニュースもありました また 消費税率が 8% と増税され

More information

Taro-草地造成と管理.jtd

Taro-草地造成と管理.jtd 草地造成と管理 1 造成の手順 非農地や荒廃農地では起伏が激しく灌木やススキなどの前植生の処理が必要な場合もあるため 一般の耕地を対象に造成する時よりも多くの行程を必要とする 作業目的具体的作業備考 前植生処理除草剤散布 刈払い 火入れ家畜や大型機械を利用する方法もある 基盤の造成 起伏 傾斜修正 耕作土の土 土壌診断に基づいて改良資材を投入する 壌改善 草地の造成 鎮圧 気候に応じた草種を選定する

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

みずき Vol.249

みずき Vol.249 Vol.249 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16 米 稲作 部会 稲作研 究会 く づ りを担う 当地区の基幹作物の 米 そろそろ25年度産米作りが始まるシーズンを迎えます 各地区の稲作組織の意気込みをうかがいました 食味鑑定コンクール参加を 市内学校給食米を1,600俵 袖ケ浦稲作研究会会長 時田 善夫さん 君津地区稲作部会会長 鈴口 昌治さん 袖ケ浦市上泉 君津市西猪原 わたしたち研究会は栽培技術の確立のため

More information

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇

Ⅲ 麦 1 赤 かび 病 (1) 予 報 の 内 容 発 生 量 :やや 多 発 生 時 期 ( 感 染 時 期 ): 早 1 大 麦 小 麦 の 生 育 は 平 年 より 10 日 程 度 進 んでいる 2 5 月 10~11 日 に 降 雨 があり 気 温 も 高 めで 開 花 期 に 遭 遇 Ⅰ 総 括 表 病 害 虫 発 生 予 報 第 2 号 ( 向 こう1ヶ 月 間 の 発 生 予 報 ) 平 成 28 年 (2016 年 )5 月 16 日 長 野 県 病 害 虫 防 除 所 作 物 名 病 害 虫 名 地 域 発 生 量 発 生 時 期 摘 要 赤 かび 病 全 域 やや 多 早 麦 さび 病 全 域 やや 多 早 うどんこ 病 全 域 やや 多 やや 早 ニカメイチュウ 全

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

病害虫発生予察情報(11月予報)

病害虫発生予察情報(11月予報) 1. 予 報 概 況 作 物 名 イチゴ 病 害 虫 発 生 予 察 情 報 (4 月 予 報 ) 病 害 虫 名 うどんこ 病 灰 色 かび 病 炭 疽 病 アブラムシ 類 ハダニ 類 アザミウマ 類 予 報 ( 県 平 均 平 年 値 ) 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 但 し 中 部 地 域 は 多 発 生 量 : 多 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 発 生 量

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

AS-228EE5.indd

AS-228EE5.indd AS-8EE5AO-8EE5 AS-58EE5AO-58EE5 AS-88EE5AO-88EE5 4 6 7 8 0 7 4 6 0 8 9 8 9 8 9 4 45 45 7 6 7 45 9 9 5 7 7 7 8 8 9 0 6 6 7 8 4 5 6 A B 4 5 6 4 5 6 A 4 5 6 B 6 4 5 6 4 5 6 9 6 0 6 0.5.0.5 0 9.5 お手入れのしかた

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 27 年 6 月 26 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 田 面 に 小 ひびが 入 る 程 度 で 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 くこ とのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 適 切 に 保 ちましょう

More information

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai 生まれた断熱材ですヨ パーフェクトバリアの構造 電子顕微鏡写真 地球環境にやさしいエコ素材 主原料が再生ポリエステルだから 石油原料からポリ エステル繊維をつくる場合に比べ 使うエネルギーは 回収 約1/5 CO2排出量も抑え 地球温暖化に配慮するエコ 再繊維化 パーフェクトバリアの 製造プロセス 素材です 再生ポリエステル繊維 低融点ポリエステル繊維 おもな特性 カビ 虫などに影響されにくい 吸湿性が低く

More information

場前掲書, 第 1 部第 7 節 (86~107 ページ ) 地勢は中国山脈の背陵地で, 林野率 83% と林地が多く, 標高 120~830 m の急峻な山々に固まれている 耕地は標高 120~550 O 歳 ~14 歳 15 歳 ~64 歳 45~50 年 16.0% 減少, 50~55 65 才以上は 45~50 年 5.0% 増, 50~55 年 17.0% 増 m~700m

More information

2015 岩船米農作業カレンダー 今年の稲作計画を立ててみましょう 今年の経営目標 ( 前年の実績を踏まえ 収量 品質 売上の目標などを書き込みましょう ) 水稲作付計画 ( 新規需要米等も含む ) 品種名作付面積 ( アール ) 目標単収 (kg/10a) 栽培方法留意事項等 参考 平成 26 年

2015 岩船米農作業カレンダー 今年の稲作計画を立ててみましょう 今年の経営目標 ( 前年の実績を踏まえ 収量 品質 売上の目標などを書き込みましょう ) 水稲作付計画 ( 新規需要米等も含む ) 品種名作付面積 ( アール ) 目標単収 (kg/10a) 栽培方法留意事項等 参考 平成 26 年 2015( 平成 27) 年 岩船米農作業カレンダー 岩越 ( いわこし ) 家 : 父岩越岩 ( がん ) 母フネ長女米 ( まい ) 次女ひかり長男いぶき 2015 年 3 月 ~2016 年 2 月 JA 岩船米生産対策協議会 監修村上農業普及指導センター 2015 岩船米農作業カレンダー 今年の稲作計画を立ててみましょう 今年の経営目標 ( 前年の実績を踏まえ 収量 品質 売上の目標などを書き込みましょう

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 10 月 の 菜 園 管 理 味 覚 の 秋! キノコ クリなどが 食 欲 をさそいます! 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 類 の 追 肥 (P-4) 秋 の 訪 れとともに 気 温 の 低 下 が 早 くなります 適 期 に 追 肥 を 施 用 し 生 育 の 遅 れがないようにしましょう タマネギの 植 え 付 け(P-7) 苗 の 大 きさと 植

More information

FSMS ISO FSMS FSMS 18

FSMS ISO FSMS FSMS 18 FSMS FSMS HACCP 7 12 15 7 CCP HACCP 6 ISO/TC34 ISO 22000 7. ISO 22000 HACCP PRP OPRP ISO 22000 HACCP OPRP ISO 22000 FSMS PRP HACCP PRP PRP HACCP OPRP OPRP OPRP OPRP CCP HACCP HACCP HACCP OPRP HACCP OPRP

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

2 カンキツの摘果 夏秋梢伸長抑制剤 1. 使用薬剤 ターム水溶剤 ( 1-ナフタレン酢酸ナトリウム 22%) 2. 対象品種 カンキツ 3. 対象樹 樹勢の安定した樹 ( 健全樹 ) 対象品種 使用時期 使用目的 使用方法 一次生理落果発生期 立木全面散布 摘果 温州ミカン ( 満開 10~ 20

2 カンキツの摘果 夏秋梢伸長抑制剤 1. 使用薬剤 ターム水溶剤 ( 1-ナフタレン酢酸ナトリウム 22%) 2. 対象品種 カンキツ 3. 対象樹 樹勢の安定した樹 ( 健全樹 ) 対象品種 使用時期 使用目的 使用方法 一次生理落果発生期 立木全面散布 摘果 温州ミカン ( 満開 10~ 20 1 果樹植物成長調整剤一覧 温州ミカンの浮皮軽減剤 1. 使用薬剤ジベレリン粉末 ( ジベレリン 3.1% ) 加用プロヒドロジャスモン剤 2. 対象品種温州ミカン ジベレリン液剤 ( ジベレリン 0.5%) 加用プロヒドロジャスモン剤 毒性 : 普通物魚毒性 : A 3. 対象樹貯蔵用または樹上完熟の温州ミカン 使用目的使用時期使用方法浮皮軽減収穫予定の 3 ヶ月前果実散布但し 収穫の 45 日前まで

More information

1P.ai

1P.ai いちき串木野 イ ロ ハ 二 ア リ モ ド キ ゾ ウ ム シ 侵 入 警 戒 調 査 の 実 施 農政課 33 5635 アリモドキゾウムシ はさつまいもの大害虫で 大 きさが約7mmと発見が困難なうえ いったん発生する と駆除に多大な時間を要します 県では この害虫の未発生地域を毎年調査すること で被害を未然に防いでいます 調査実施期間中は 調査用の杭を設置しますので ご理解とご協力をお願いします

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は 第 4 章 植 物 工 場 とコスト -61- 概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は リーフレタス 120 円 / 株 の 売 価 換 算

More information

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

A 農場の自家育成牛と導入牛の HI 抗体価の と抗体陽性率について 11 年の血清で比較すると 自家育成牛は 13 倍と 25% で 導入牛は 453 倍と % であった ( 図 4) A 農場の個体別に症状と保有している HI 抗体価の と抗体陽性率を 11 年の血清で比較した および流産 加療

A 農場の自家育成牛と導入牛の HI 抗体価の と抗体陽性率について 11 年の血清で比較すると 自家育成牛は 13 倍と 25% で 導入牛は 453 倍と % であった ( 図 4) A 農場の個体別に症状と保有している HI 抗体価の と抗体陽性率を 11 年の血清で比較した および流産 加療 牛コロナウイルス病の発生とその防除対策についての検討紀北家畜保健衛生所 亀位徹上田雅彦柏木敏孝 背景と目的 管内の A 酪農場で牛コロナウイルス病 ( 以下 BCVD) が発生した BCVDは 牛コロナウイルス ( 以下 BCV) の感染による 突然の激しい水様性下痢を主症状とする感染症である 一般的に致死率は低いものの 乳用牛では乳量の減少をともない経済的被害が大きい疾病である A 農場では 12

More information

78 2013 No.147 も か る 悔す 識 知 豆 の し ら 暮 たら し 逃 見 後 載 満 報 つ情 目指せ 立 役 に 雑 学 王 暮らし 知っク ト 猛暑対策 エアコンに頼らない猛暑対策で この夏もひんやり涼しく乗り切りましょう!! 換気 夏場に部屋を密閉していると 外気よりも室内の方が高くなって いる事が多いものです すぐにエアコンのスイッチを付けて部屋 の温度を下げようと思いますが

More information

Microsoft Word - 【セット版】別添資料2)環境省レッドリストカテゴリー(2012)

Microsoft Word - 【セット版】別添資料2)環境省レッドリストカテゴリー(2012) 別添資料 2 環境省レッドリストカテゴリーと判定基準 (2012) カテゴリー ( ランク ) 今回のレッドリストの見直しに際して用いたカテゴリーは下記のとおりであり 第 3 次レッド リスト (2006 2007) で使用されているカテゴリーと同一である レッドリスト 絶滅 (X) 野生絶滅 (W) 絶滅のおそれのある種 ( 種 ) Ⅰ 類 Ⅰ 類 (hreatened) (C+) (C) ⅠB

More information

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx 201442 4 人に 3 人の親が自転車走行で 危ない! を経験しても 浸透しない子どもの自転車ヘルメット着用実態が明らかに! ~3 歳から小学校低学年の着用率は 4 割に留まる ~ CEO46 1531,000 200861 13 64 3 4 人に 3 人 (75.8%) が 自転車走行で危ないと感じた経験がある 子ども乗せ自転車で危ないと感じたことは 発車 停車の際 (46.2%) や駐輪中

More information

<4D F736F F D20944E8BE093C192A582CC92868E7E82C994BA82A4945B957495FB96402E646F6378>

<4D F736F F D20944E8BE093C192A582CC92868E7E82C994BA82A4945B957495FB96402E646F6378> 公的年金からの特別徴収の中止と 住民税の納め方について 公的年金からの特別徴収 ( 年金特徴 ) をされる方 ( 該当者 ) 次の両方に該当する方です 1. 当該年度の 4 月 1 日現在 年額 18 万円以上の公的年金を受給されている 65 歳以上の方 2. 前年の年金所得に係る住民税の納税義務がある方 どのような状態になると 特別徴収が中止になるのか 1. 北区外に転出 ( 引越 ) した場合

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ いちご 苗 の 育 て 方 プロ 農 家 が 解 説 するおいしいいちごの 育 て 方 いちご 苗 の 栽 培 スケジュール( 普 通 栽 培 ) 苗 の 定 植 追 肥 葉 欠 き 及 びマルチ 脇 芽 取 り 敷 き 藁 収 穫 10 月 中 旬 ~12 月 中 旬 2 月 ~3 月 4 月 中 旬 5 月 ~6 月 < 参 考 >その 他 の 栽 培 方 法 (プロ 農 家 の 栽 培 方 法

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

14_06_JA.indd

14_06_JA.indd Contents さて 都内は4月に肌寒い日が続 平成 年度の販売計 いた一方 5月には 度を超える夏 画や販売方針を協議 日が続くなど 寒暖の差が大きく極 生産者の手取りの最 大化を念頭に各重点 端な気象となっています 農作物の出荷では 現在 管内で 市場と一丸となって アスパラガスの出荷が始まっていま 販売目標の達成を確 す アスパラガスは 当 認しました J Aが生産面積の拡大 を図る作物であり

More information

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464>

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464> シンテッポユリ Lilium formolongi hort.ユリ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 テッポユリのような 球 根 による 栄 養 繁 殖 でなく 実 生 による 繁 殖 で 播 種 後 810ヶ 月 で 開 花 する 性 質 を 持 っているので 冬 季 に 播 種 して 春 に 定 植 すれば 1 年 以 内 に 切 り 花 ができる 球 根 養 成 期 間 が 必

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

水稲現地農談会資料

水稲現地農談会資料 平 成 28 年 産 水 稲 現 地 農 談 会 資 料 JAおうみ 冨 士 平 成 28 年 6 月 24 日 作 成 生 育 は 全 般 に 旺 盛 で 平 年 よりやや 早 い 1. 気 象 の 経 過 と 生 育 の 概 況 (1) 気 象 の 経 過 5 月 全 般 : 気 温 については 平 年 よりやや 高 く 推 移 した 日 照 時 間 は 平 年 より 多 く 特 に 中 旬 は

More information

- 14 -

- 14 - - 13 - - 14 - - 15 - 14 15 2-3-1 14 (KP1.81.4) 4,000(m 3 /) 14 2-3-2 c b c a a b c - 16 - 2-3-1 15 1960 (Cs-137Pb-210) (KP1.42.5) 1960(KP-2.51.4) 132,000m 3 3,300m 3 / 116,000m 3 15,900m 3 Cs-137Pb-210

More information

広報たかす

広報たかす CONTENTS 2 4! 16! 10 10 13 14 11 15 13! 24.10 24.10 1 0 0 0 戸 を 超 え 和の時代 町 内 に は 鷹栖の農家 知る 昭 る農家がありまし た し か し 時代の流れとともに年々 減少し 年前に 比 べ 半 分 お米づくりをはじめ 農業が基幹産業である鷹栖町 単収 では道内で多くの品 た 今 年 も 天 候 に 恵 ま れ 618 で豊作となりまし

More information

コア5年1章p indd

コア5年1章p indd 2 第 1 章 天 気 の 変 化 天 気 の 変 化 のきまり 1 じょう ほ う 天 気 の 情 報 雲 写 真 ともいう 2 天 気 の 変 化 のきまり 1 雲 があっても 雨 のふっていないところが ある 天 気 はどのように 変 化 していくのだろうか インターネットや 新 聞 などから 数 日 間 の 天 気 の 情 報 を 集 める なら 雲 の 動 きや 雨 のふっている 地 いきの

More information

untitled

untitled 1 2011 CONTENTS 2 3 Special Issue 4 5 6 武蔵野市の市有施設計画的整備の進め方 1999年 2012年 松成 JFMA賞を受賞された以降 取り組もうとされ ていること それぞれの自治体におけるFMの方 向性 具体的な活動予定をお聞きします 青森 県の場合は 次のステップとして取り組まれて いることは どんなことでしょうか 駒井 現在注力しているのは 今後の県有施設全体の

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

部屋に収容した (40 羽 /3.3 平方メートル ) 表 1 試験区分 区 ( 性別 ) 羽数 飼 料 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6w 魚粉 4% 添加 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6

部屋に収容した (40 羽 /3.3 平方メートル ) 表 1 試験区分 区 ( 性別 ) 羽数 飼 料 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6w 魚粉 4% 添加 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6 ブロイラー生産性向上に関する試験 清水正明 富久章子 吉岡正二 松長辰司 笠原 猛 要約 ブロイラーの給餌においては, 現在の日本飼養標準では3 段階の期別給与が設けられている しかしこの期別給与を用いた場合の我々研究では,5 から6 のと体重の増加幅が小さく, 逆に羽と血液の重量が急増することが明らかになった 通常, 羽の発育にはタンパク質が使われることから, この時期には正肉より羽の発育に優先的にタンパク質が消費されたのではないかと推察で

More information

design071024

design071024 h t t p:// w w w.am t s. jp ソフトの 特 徴-はじめに Marketprace Transaction System アンツプロは A m a z o n マ ー ケ ッ ト プ レ イ ス で の 古 本 販 売を総合的に 支 援 す る 業 務 ソ フ ト で す そ の他 DVD C D 等 に も 対 応 煩雑な 出品 登 録 作 業 か ら 商 品 管 理 価

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc ハンディサーチ NJJ-105 の平均波処理について 2010 年 4 月 株式会社計測技術サービス 1. はじめに平均波処理の処理アルゴリズムの内容と有効性の度合いを現場測定例から示す まず ほぼ同じ鉄筋かぶりの密接鉄筋 壁厚測定時の平均波処理画像について また ダブル筋 千鳥筋の現場測定例へ平均波処理とその他画像処理を施し 処理画像の差について比較検証し 考察を加えた ( 平均波処理画像はその他の各処理画像同様

More information

水冷式冷却専用チラー5~20馬力

水冷式冷却専用チラー5~20馬力 2008 東芝キヤリア空調機器ハンドブック セントラル空調システム R407C RUW P1502 P2242 P3002 P4502 P6002 Ⅰ. 標準形 1. 仕様表 4 2. 外形図 5 3. 配線図 6 4. 使用範囲 10 5. 性能特性 5 ー 1. 能力線表の見方 11 5 ー 2. 能力線図 12 5 ー 3. 能力表 15 6. 水圧損失 20 7. 内部構造図 21 8. 冷媒配管系統図

More information

伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ

伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ 指定介護保険事業所事務担当者説明会資料 平成 15 年 9 月 24 日 ~26 日 1 伝送通信ソフトにおける作業の 流れと事前チェックについて 岩手県国民健康保険団体連合会 介護保険課 1 伝送通信ソフトでの実際の作業の流れ 本項の画面は 国保中央会伝送通信ソフトの画面による実際の作業の流れです 1 簡易入力ソフト (Ver,3) にてデータ作成 簡易入力ソフトにてデータ作成後 送信データ送出し画面にて作成したデータを

More information

1. 有 機 栽 培 実 施 上 の 問 題 点 トマトは 野 菜 類 の 中 でも 最 も 人 気 のある 作 物 であ り 果 実 的 野 菜 を 含 む 全 果 菜 類 出 荷 量 に 占 める 割 合 は 24% (2011 年 ) と 高 い トマトは 宅 配 直 売 等 多 品 目 の

1. 有 機 栽 培 実 施 上 の 問 題 点 トマトは 野 菜 類 の 中 でも 最 も 人 気 のある 作 物 であ り 果 実 的 野 菜 を 含 む 全 果 菜 類 出 荷 量 に 占 める 割 合 は 24% (2011 年 ) と 高 い トマトは 宅 配 直 売 等 多 品 目 の 第3部 主要な果菜類の有機栽培技術 Ⅰ トマトの有機栽培技術 目 次 1 有機栽培実施上の問題点 132 6 生育期の栽培管理 164 1 定植 164 2 有機栽培を成功させるポイント 133 2 施設管理 165 3 結実管理 165 3 トマトの生理 生態特性 135 4 整枝 誘引 167 1 原産地と気候 135 5 灌水管理 169 2 性状 135 6 生理障害 169 1 温度と生育

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

PowerPoint 프레젠테이션

PowerPoint 프레젠테이션 緊急 ( 非常用 ) シャワー器 (Emergency Shower) ロッドと連結された三角ハンドルを引くと 1 秒以内にバルブがオープン (Open) されて水がシャワーヘッドから噴射されなければならない 水が 1 分あたり 20 ガロン (75.7 リットル ) 以上で 15 分以上 十分に供給されるようにしなければならない 水は床から 82 インチ (208.3cm) 96 インチ (243.8cm)

More information

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章 3-1 応急手当の原則 傷病者が発生した場合 その場に居合わせた人 ( バイスタンダーという ) が応急手当を行えば救命効果の向上や 治療の経過にも良い影響を与えることは医学的にも明らかになっている 災害時等 緊急の事態において適切な応急手当を実施するために 日頃から応急手当の技術と知識を身に付けておく必要がある 応急手当の 的救 命 止 苦痛の ー ーの救命 36 三章適切な応急手当と 3-2 手当の基本

More information

鹿児島の海を見て 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 39 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 52 56 36 44 1983 10 37 38 39 40 58 41 42 43 44 45 46 Variation of the sea surface temperature

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

1102_cover.qxd

1102_cover.qxd Top Interview ! Top Interview " # $ % & ' 1108_本文.qxd 11.11.8 16:48 ページ 10 先進環境技術紹介 Eco Frontiers 去が困 しやす 題があ 海水淡水化の前処理コストを低減する TT TEP Trap 処理技術 去でき 膜の性 る その 世界的な水不足が懸念される中 逆浸透膜 RO 法を用いた海水淡水化技術への関心が高まっている

More information

豊富な品揃えでお待ちしております J A下関 農産物直売 所 いただ きま と川 中店 では 下関産で 新鮮 安 全 安心 にこだわっ た商品を取 り揃えてい ます 現在 里芋 レン コン ホウ レンソウ ミカンなど の旬の農産物をはじめ 下関産の新米も取 り扱っています 毎月8 がつく日は 米の 日 として値引き販売をしており 今後 JAが主催する米の食味自慢コンテスト お米の品評会 の受賞米も販売予定です

More information

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15)

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15) 露 地 ショウガの 安 定 生 産 と 産 地 振 興 策 の 実 践 実 施 地 区 高 知 市 対 象 :JA 高 知 市 朝 生 姜 生 産 組 合 23 年 度 の 目 標 1 環 境 に 配 慮 した 生 産 体 制 の 構 築 2 産 地 振 興 ビジョンの 実 現 に 向 けた 実 践 活 動 3 加 工 用 仕 向 け 量 の 拡 大 取 り 組 み 結 果 現 地 検 討 会 1

More information

調査結果報告書(2)

調査結果報告書(2) 105 (7) 就職活動等の準備ができたかどうか卒業 修了前年度において 将来の進路 職業選択にあたり就職活動等の準備ができたか伺ったところ 大いにそう思う 大体そう思う と回答した学生が 52.0% 全くそう思わない あまりそう思わない と回答した学生が 34.0% であった 全体大いにそう思う大体そう思うあまりそう思わない全くそう思わないわからない無回答 7,975 833 3,318 1,941

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

HPM_381_C_0112

HPM_381_C_0112 1681 1683 New 3M 3M Tegaderm I.V. Comfort Film Dressing Tegaderm Comfort Film Dressing 1685 1688 Comfort Protect Simple Balance Please Recycle. Printed in Japan 3M 2011. All rights reserved HPM-381-C021103IT

More information