<4D F736F F D2091D994D582CC90B38FED817C836E E616C5B315D>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D2091D994D582CC90B38FED817C836E E616C5B315D>"

Transcription

1 胎盤の正常構造 : 絨毛性疾患および胎盤病変を理解するための基本 千葉大学大学院医学研究院病態病理学清川貴子 絨毛性疾患や胎盤病変の診断には, 正常構造の理解が不可欠である. ここでは, 胎盤形成期と成熟胎盤の正常構造について概説する. 1. 胎盤形成期の正常構造受精卵は受精後 6 日目ないし 7 日目に桑実期から胚盤胞の状態で子宮内膜に着床する. 着床後, 受精卵からは, 胎芽, 羊膜, 卵黄嚢, 絨毛膜が形成される. 妊娠により子宮内膜には, 子宮内膜腺のアリアス ステラ反応 Arias-Stella reaction と間質の脱落膜変化が生じる. アリアス ステラ反応とは, 内膜腺の分泌亢進により細胞質が淡明で豊富となり, 核は腫大しクロマチンに濃染する変化であり,hobnail 型細胞も認めるようになる. 上皮の偽重層化を認めることはあるが, 真の乳頭状構造を呈することはなく, 核分裂像はほとんど認めない. 妊娠時の内膜では, アリアス ステラ反応を示す子宮内膜腺と低円柱上皮の単層配列からなる拡張した内膜腺が混在する. 脱落膜変化とは, 子宮内膜間質細胞が, グリコーゲンの豊富な広い細胞質を有する多角形上皮様細胞すなわち脱落膜細胞に変化することをさす. びまん性に脱落膜細胞で置換された子宮内膜が脱落膜であり, 着床部の脱落膜を基底脱落膜 decidua basalis と呼ぶ. 胎盤は, 絨毛膜から発生した絨毛と基底脱落膜から形成される. 妊娠初期の絨毛膜は, 細胞性栄養膜細胞 (Langhans 細胞 ) とそれから分化した合胞体栄養膜細胞とからなるが, まず合胞体栄養膜細胞に裂孔が生じ, 癒合拡大し母体血が流入する. 受精後 14 日から 18 日に, 合胞体栄養膜細胞が細胞性栄養膜細胞を取り囲み索状配列する一次絨毛が, 続いて, その芯に中胚葉由来の間質細胞が侵入した二次絨毛が, 受精後 19 日から 21 日には絨毛間質に毛細血管を有する三次絨毛が形成される. 三次絨毛の先端からは栄養膜細胞が基底脱落膜方向に柱状に増殖し (trophoblastic collum) 縦軸方向に成長する一方, 基底脱落膜に達して横に広がり, 癒合して栄養膜殻 trophoblastic shell を形成する. この際, まず細胞性栄養膜細胞が増生し, これが基底膜に達すると, より大型で結合性に乏しい絨毛部中間型栄養膜細胞が形成され, 続いて着床部中間型栄養膜細胞 implantation site intermediate trophoblast に分化して基底脱落膜に ( 後には子宮筋層にも ) 浸潤する. この際, 中間型栄養膜細胞は基底脱落膜のらせん動脈壁を置換するように浸潤し, 胎児 - 母体間の血液循環が確立される. 着床部中間型栄養膜細胞は, 好酸性または両染性の細胞質とクロマチンに濃染する不整形の核や多核を有し, 浸潤性に増生するため, 悪性腫瘍と誤認されることがあるが, 核分裂像や細胞増殖活性は殆どない (Ki-67 陽性率 <1%). 細胞質内空胞を有することもある. 免疫組織化学的にサイトケラチン陽性, ヒト胎盤ラクトーゲン (hpl) 陽性である. 以上のように, 胎盤形成期には栄養膜細胞の増生は著しいが, 一定の方向に増生し極性が保たれる. また, 栄養膜細胞には

2 細胞性, 合胞体, 中間型と3 種類があるが, 後 2 者は細胞性栄養膜細胞から分化する. 完成された絨毛は, 外側の合胞体栄養膜細胞 ( 細胞質は厚く空胞を有し, 多核で核クロマチンは濃縮傾向を示す ), その内側に配列する細胞性栄養膜細胞 ( 多角形ないし類円形の上皮細胞で, 細胞質は淡明ないし顆粒状, 細胞膜は明瞭, 単核 ), 絨毛間質から構成され, 絨毛間質血管には胎児血が流れる. 絨毛間腔には母体血が流れる, 絨毛胎児への酸素および栄養は, 絨毛間腔の母体血から絨毛を被覆する栄養膜細胞を通り, 絨毛間質血管を経て胎児に送られる. 胎児の老廃物はこの逆の経路で母体血中に戻される. 合胞体栄養膜細胞はヒト絨毛性ゴナドトロピン (HCG) を産生する. 2. 成熟胎盤の正常構造成熟胎盤は円形ないし楕円形で, 径 20cm, 厚さ 2.5cm, 重量 500g 弱である. 胎盤の胎児面は羊膜で覆われ, その直下に絨毛膜 ( 板 ), 絨毛および絨毛間腔が存在し, 絨毛末端部の一部は母体側の脱落膜に付着する. 羊膜は, 単層に配列する立方上皮, 基底膜, 結合織からなる. 絨毛膜 ( 板 ) は, 結合織, 単核栄養膜細胞, 硝子化した絨毛からなり, 臍動脈および臍静脈が走行する. 胎盤の胎児面には, 肉眼的に血管が観察されるが, 動脈は交差部で静脈の胎児側 ( 上 ) を走行する. 羊膜と絨毛膜の間には狭い間隙がある. 絨毛膜からは幹絨毛が出て枝分かれし, 成熟中間絨毛, 末端絨毛が複雑な構造を呈する. 絨毛末端は, 絨毛間腔に浮遊するものと母体側の基底脱落膜に付着するものがある. 妊娠後期の絨毛は小型化し, 合胞体栄養膜細胞は扁平化し, 細胞性栄養膜細胞の数は減少し非連続的に観察される. 絨毛間質毛細血管は合胞体栄養膜細胞直下の絨毛辺縁に局在する. 胎盤の母体面は脱落膜で覆われており, 肉眼的に 15 から 20 の小分葉状構造すなわち cotyldon を形成する. 各 cotyldon の中央部から螺旋動脈の末端が流れ込む. ただし cotyldon が肉眼的に不明瞭な症例もあり, 明瞭か否かは個人差が大きい. 脱落膜は, 絨毛間腔に面する被包脱落膜 decidua capsularis( 緻密脱落膜 ) と子宮筋層に接する壁脱落膜 decidua vera( 海綿脱落膜 ) からなるが, 分娩時には2 者の間に裂隙状間隙が生じ, 胎盤が剥離, 娩出される. 臍帯 umbilical cord は, 胎盤の胎児面中央ないしやや中央からずれて胎盤に付着する. その長さは 28 週以降ほぼ不変で, 平均 55-6-cm である. 組織学的に, 臍帯の表面は羊膜に連続する単層立方上皮で覆われ, 内部には 2 本の臍帯動脈と 1 本の臍帯静脈を有し, 間質は疎な膠様結合組織からなり Wharton s jelly と呼ばれる. 参考文献 1.Benirschke K, Kaufmann P, BaergenR. Pathology of the Human Placenta 5 th ed. Springer, Kraus FT, Redline RW, Gersell DJ, et al. Atlas of nontumor pathology: Placental Pathology. AFIP, Gersell DJ, Kraus FT. Disease of the Placenta. In Blaustein s Pathology of the Female genital tract 5 th ed. Springer, 中山雅弘. 目で見る胎盤病理. 医学書院,2002

3

4 胎盤の正常構造 : 絨毛性疾患および胎盤病変を理解するための基本 千葉大学大学院医学研究院病態病理学清川貴子 目次 1. 胎盤形成期の正常構造 胞状奇胎の診断 を理解するた め 2. 成熟胎盤の正常構造 胎盤のみかた を理解するため 胎盤形成期 胎盤形成期の正常構造 受精卵 胎芽卵黄嚢羊膜絨毛膜 絨毛 子宮内膜間質 : 脱落膜変化 * 胎盤 * 基底脱落膜 decidua basalis (DB): 着床部の脱落膜 基底脱落膜 絨毛 胎芽 絨毛膜腔 合胞体栄養細胞 卵黄嚢 絨毛 栄養膜細胞層 ( ラングハンス細胞 ) 1

5 妊娠時の内膜の変化 間質 : 脱落膜変化 妊娠時の内膜の間質の変化脱落膜変化 腺 : アリアス ステラ反応 着床部内膜の変化中間型栄養膜細胞の浸潤 妊娠時の内膜腺の変化アリアス ステラ反応 妊娠時の内膜腺の変化アリアス ステラ反応 胎盤形成期 妊娠初期の絨毛膜細胞性栄養膜細胞 (CT), 合胞体栄養膜細胞 (ST) STに裂孔が生じ, 癒合拡大し母体血が流入 14 日 ( 以下受精後の日数 ) から 18 日一次絨毛の形成 STがCTを取り囲み索状配列二次絨毛の形成芯に中胚葉由来の間質細胞が侵入 2

6 胎盤形成期 19 日から21 日三次絨毛の形成 : 絨毛間質に毛細血管形成栄養膜殻の形成三次絨毛の先端から中間型栄養膜細胞 (IT) が増殖し, 基底脱落膜に達する 栄養膜殻を形成着床部で中間型栄養膜細胞が脱落膜に浸潤錨絨毛 anchoring villi 胎盤形成期 : 栄養膜殻の形成 胎盤形成期 : 栄養膜殻の形成 胎盤形成期 : 栄養膜殻の形成 栄養膜殻の形成 脱落膜への中間型栄養膜細胞の浸潤 胎盤形成期 : 三次絨毛 胎盤形成期 : 三次絨毛 絨毛間質血管 絨毛間質毛細血管. 栄養膜細胞の一定方向への増生. 3

7 胎盤形成期 : 三次絨毛 細胞性栄養膜細胞 合胞体栄養膜細胞 中間型栄養膜細胞 絨毛の成熟による ( 経時的 ) 変化 正常着床部 : 子宮体上, 後壁, 正中 絨毛は時間と共に変化 = 成熟絨毛は小型化合胞体栄養膜細胞 (ST) の層は菲薄化細胞性栄養膜細胞 (CT) は非連続化血管は辺縁へ 絨毛の成熟による ( 経時的 ) 変化 初期 中期 後期 末梢絨毛径 170μm 70μm 40μm ST 立方状, 核は 扁平化, 核の 合胞体結節 均等に配列 不均一分布 CT 連続性 非連続性 (16w ごく僅か ~ 不明瞭 ) 絨毛間質 疎 線維芽細胞, 膠原線維の増加 絨毛内血管 中心性 辺縁 ST 直下 STと癒合 ST: 合胞体栄養膜細胞,CT: 細胞性栄養膜細胞 絨毛は週数とともに小型化する 妊娠 6 週 妊娠 23 週 妊娠 35 週 妊娠 39 週 京都医療センター研究検査科南口早智子先生のご厚意による 胎盤形成期のポイント 1. 栄養膜細胞は著しい増生を示すが, 方向性をもって増生し ( 栄養膜細胞柱 ) 極性が保たれている 2. 栄養膜細胞細胞性栄養膜細胞 ( 幹細胞 ) 分化合胞体栄養膜細胞中間型栄養膜細胞 分化 Key words 栄養膜殻 trophoblastic shell 栄養膜細胞柱 trophoblastic collum 栄養膜細胞 trophoblast 合胞体栄養膜細胞 syncytialtrophoblast 細胞性栄養膜細胞 cytotrophoblast 中間型栄養膜細胞 intermediate trophoblast (IT) villous IT, chorionic IT implantation site IT, 絨毛 : 幹絨毛, 未熟中間型絨毛, 末梢絨毛 4

8 成熟胎盤 成熟胎盤の正常構造 円形ないし楕円形 : 径 20cm, 厚さ2.5cm, 重量 500g 弱 羊膜絨毛膜絨毛および絨毛間腔絨毛末端部の一部は母体側の脱落膜に付着部 脱落膜被包脱落膜 ( 緻密脱落膜 ): 絨毛間腔に面する壁側脱落膜 ( 海綿脱落膜 ): 子宮筋層に接する分娩時には2 者の間に裂隙状間隙が生じ, 胎盤が剥離, 娩出される 成熟胎盤 成熟胎盤 胎児面 母体面 臍帯 卵膜 ( 絨毛膜無毛部 ) cotyldon Chorionic plate 成熟胎盤 成熟胎盤の組織像 羊膜 絨毛膜 ( 板 ) Terminal villi 末端絨毛 絨毛間腔 Decidua 脱落膜 Stem villi 幹絨毛 絨毛 京都医療センター研究検査科南口早智子先生のご厚意による 5

9 成熟胎盤の組織像 : 絨毛膜無毛部 羊膜 絨毛膜 成熟胎盤の組織像 : 絨毛膜無毛部 羊膜上皮基底膜結合織 絨毛膜 ( 板 ) 結合織単核栄養膜細胞硝子化した絨毛 脱落膜 脱落膜 成熟胎盤の組織像 : 絨毛 臍帯 umbilical cord 2 臍動脈,1 臍静脈 V A Wharton s jelly A 妊娠末期の子宮 壁側脱落膜 ( 海綿脱落膜 ) 壁側脱落膜 ( 海綿脱落膜 ) 子宮筋層 6

沖縄医報 Vol.44 No.1 2008 生涯教育 超音波所見 c 胎盤と子宮壁の間に見られる低輝度境界線 a 胎盤が虫食いまたはスイスチーズ様を示す placental lacuna の存在 脱落膜エコー の欠落 d 子宮漿膜面と膀胱壁の間に血管増生 拡張 b 胎盤付着部の子宮筋層の菲薄化 以上の所見が認められる 写真 1 2 経膣超音波による診 断の精度は高く 特に 妊娠 20 週以降にこれら

More information

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor α μ μ μ μ 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE

More information

テイーチングマッペ書式

テイーチングマッペ書式 内膜腺管の拡張 線毛上皮化生 AiCCLS 愛知県臨床検査標準化協議会 細胞診アトラス 子宮体部内膜シリーズ (13) 患者年齢 50 歳代性別女性検体種類 : 子宮内膜擦過 ( エンドサイト ) 臨床所見 : 閉経 子宮内膜厚 6.8mm 細胞判定 疑陽性 Ⅲ 細胞診断 白血球 内膜間質細胞 macrophage を背景に嚢胞状や球状に拡張した腺管をみる ( 写真 1 2) また好酸性上皮化生 線毛上皮化生

More information

1.中山&内田 P1-9

1.中山&内田 P1-9 図2. 肺肉眼像 図3. 肺の割面肉眼像 ホルマリン固定後 最大で直径約3cmの 結節病変が全葉に散在性に認められる 直径約1cmの周囲との境界不明瞭な白色結 節病変が認められる 図4 心臓肉眼像 図5 肝臓肉眼像 ホルマリン固定後 右心室から肺動脈内に 多数の犬糸状虫成体が寄生 心室壁にはび まん性ないし結節状の淡色部が認められる ホルマリン固定後 硬く表面は顆粒状不整 図6 肺と心臓のT1強調MRI

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー Department of Obstetrics and Gynecology, Tokyo Medical University, Tokyo ( 表 1) Biophysicalprofilescoring(BPS) 項目 呼吸様運動 Fetalbreathingmovements (FBM) 大きい胎動 Grossbodymovements 胎児筋緊張 Fetaltone ノン ストレステスト

More information

48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht

48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht 48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht 36 306 BUN 5mg dl MCV 932fl CRE O 4 m9 dl MCII 30 9P9

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

日産婦誌61巻4号研修コーナー

日産婦誌61巻4号研修コーナー ( 表 E-8-3)-(4)-1) 子宮頸癌取扱い規約組織分類 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約, 改訂第 2 版 1) より一部改変 ) ( 図 E-8-3)-(4)-1) 微小浸潤扁平上皮癌の計測 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約. 改訂第 2 版 1) ) 浸潤の深さと縦軸方向の広がりはいずれも組織標本上での計測により mm 単位で記載する.

More information

<4D F736F F D2091E63789F192B796EC8A6791E593E08E8B8BBE8CA48B8689EF82DC82C682DF>

<4D F736F F D2091E63789F192B796EC8A6791E593E08E8B8BBE8CA48B8689EF82DC82C682DF> ( 敬称略 ) 症例 4 80 歳代 女性症例呈示は佐藤病院小澤俊文読影は信州大学消化器内科長屋匡信が行った 現病歴 :2011 年 6 月 近医の EGD にて早期胃癌と診断され精査加療目的に紹介 前医の病変以外に新たに病変が発見された H. pylori は陰性 長屋の読影は以下の通りである ( 図 1) 白色光は 4 枚 周辺粘膜としては萎縮 化生が目立つ胃粘膜で 前庭部小彎に大きさは 10mm

More information

1 1 Q 1 卵巣がんとはどのような病気ですか 卵巣がある場所 図表1 悪性腫瘍の種類と 発生する場所 卵管 表層 上皮 卵 上皮性 間質性悪性腫瘍 90% いわゆる 卵巣がん 卵巣 子宮 体部 子宮頸部 間質 腟 胚細胞悪性腫瘍 5% 10 20代に 多いがん 性索間質性腫瘍 4% 1 2 2 2 Q 2 3 3 3 3 4 3 3 4 3 3 4 3 3 4 3 3 4 4 4 4 6 4

More information

(Microsoft PowerPoint \210\244\225Q\221\345\212w\203n\203\223\203h\203A\203E\203g.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h])

(Microsoft PowerPoint \210\244\225Q\221\345\212w\203n\203\223\203h\203A\203E\203g.ppt [\214\335\212\267\203\202\201[\203h]) 愛媛病理研究会 2015 年 1 月 24 日 目次 子宮頸部腺系病変基本と 2014 WHO 分類の概要 東京慈恵会医科大学病理学講座 1. 子宮頸管腺とは 2. 頸管腺のパターン別鑑別診断 3. 頸部腺癌 :WHO 2014 の概要 清川貴子 頸管腺 頸管表層から連続性に間質内に深く嵌入し分枝する裂隙構造 (cleft) を粘液産生円柱上皮が覆う 組織切片上横断面があたかも間質内に存在する腺管のように観察されるため,

More information

11仲谷美沙子 論文 胎児共存奇胎 査読後

11仲谷美沙子 論文 胎児共存奇胎 査読後 2014 年第 3 巻第 1 号 50 頁 胎児共存部分胞状奇胎の 3 症例 Three cases of partial hydatidiform mole coexistent with a fetus 磐田市立総合病院 1) 浜松医科大学 2) 産婦人科仲谷美沙子 1) 田島浩子 1) 川西智子 1) 高橋慎治 1) 内田季之 2) 鈴木一有 2) 古田直美 2) 伊東宏晃 2) 徳永直樹 1)

More information

1-A-01-胸部X線写真の読影.indd

1-A-01-胸部X線写真の読影.indd A B normal variant Keats Atlas of normal Roentgen variants that may simulate disease 1973 1207 normal variant borderlands Borderlands of normal and early pathological findings in skeletal radiography 1910

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号 図 1 アクアポリンの 構 造 アクアポリンはアミノ 酸 にして 300 以 下 の 短 い 1 本 の ポリペプチド 鎖 からなり, 細 胞 膜 を 6 回 貫 通 する.N 末 端 と C 末 端 はいずれも 細 胞 内 に 伸 びている. 細 胞 内 の loopbと 細 胞 外 の loopeには,アスパラギン プ ロリン アラニン(アミノ 酸 の 一 文 字 表 記 により NPA)からなる

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 91 QOL G P VAS blue berry spot GnRH mm cm TTiso inten- 92 blue berry spot MRI iso intensity sity r ASRM stage mm T T PDS 膀胱子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術 病変の位置と膀胱の縫合修復の工夫 図5 尿管ステント留置 収縮した状態で尿管口との距離は5mm 以上保 っていた 図6 膀胱修復

More information

東京都健康安全研究センター研究年報

東京都健康安全研究センター研究年報 Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst. P.H., 55, 2004 透過電子顕微鏡による広視野観察のための試料作製法の検討 Specimen Preparation for Wide Area Observation Using Transmission Electron Microscope Nobutaka FUKUMORI and Akio OGATA Keywords wide

More information

α

α Title 病理診断アトラス (10) : 泌尿器系 1: 腫瘍性病変 Authr() 石川, 文隆 ; 小田, 秀明 Jurnl 東京女子医科大学雑誌, 78(4):182-188, 2008 URL http://hdl.hndle.net/10470/27834 Twinkle:Tky Wmen' Medicl Univerity - http://ir.twmu.c.jp/dpce/ α β

More information

Ttle 病 理 診 断 アトラス(15) 女 性 生 殖 器 系 2 : 卵 巣 子 宮 Autho(s) 河 上, 牧 夫 ; 山 田, 律 子 ; 鈴 木, 正 章 Jounal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 79(4):149-164, 2009 URL http://hdl.handle.net/10470/28369 Twnkle:Tokyo Women's Medcal Unvesty

More information

Title 重症熱傷と肝臓障害 : 剖検例ならびに動物実験例より Author(s) 平山, 峻 ; 林, 道義 ; 野崎, 幹弘 Journal 東京女子医科大学雑誌, 50(2):154-162, 1980 URL http://hdl.handle.net/10470/4033 Twinkle:Tokyo Women's Medical University - http://ir.twmu.ac.jp/dspace/

More information

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc 眼部腫瘍 UICC における 眼部腫瘍の所属リンパ節耳前リンパ節 顎下リンパ節 頸部リンパ節 1) 眼瞼眼 TX 原発腫瘍の評価が不可能 T0 原発腫瘍を認めない 癌 腫瘍の大きさに関係なく瞼板に浸潤していない腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm 以下の腫瘍 瞼板に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm をこえるが 10mm 以下の腫瘍 眼瞼全層に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が

More information

1 卵胞期ホルモン検査 ホルモン分泌に関して卵巣や脳が正常に機能しているかを知る目的で測定します FSH; 卵胞刺激ホルモン脳の下垂体から分泌されて 卵子を含む卵胞を成長させる作用を持ちます 低いと卵胞の成長がおきませんが 卵巣の予備能力が低下している時には反応性に高くなります LH; 黄体化ホルモ

1 卵胞期ホルモン検査 ホルモン分泌に関して卵巣や脳が正常に機能しているかを知る目的で測定します FSH; 卵胞刺激ホルモン脳の下垂体から分泌されて 卵子を含む卵胞を成長させる作用を持ちます 低いと卵胞の成長がおきませんが 卵巣の予備能力が低下している時には反応性に高くなります LH; 黄体化ホルモ 亀田総合病院 ART センター 1 卵胞期ホルモン検査 FSH LH PRL E2 (AMH 空腹時血糖 インスリン値) 2 胞状卵胞数の計測 ( 超音波検査 ) 3 子宮卵管造影 4 卵胞計測 ( 超音波検査 ) 8 黄体期ホルモン検査 P4 E2 (5 尿中 LH 検査 ) 7 排卵確認 月経 6 性交後検査 初診時検査 9 内診 10 経膣超音波検査 11クラミジア抗原検査 12 子宮頚部細胞診

More information

Microsoft PowerPoint - ASC-Hの分析について.ppt

Microsoft PowerPoint - ASC-Hの分析について.ppt ベセスダシステム ASC-H 判定の分析 ( 株 ) AKH research center 阿部一之助 金子翔 齊藤千佳 高橋正人 佐藤伸 南條博 子宮頸部細胞診報告様式 ベセスダシステムの背景 ( 米国 ) 1980 年代後半 米国内において 婦人科がん検診の細胞診と組織診の不一致率が高いこと 細胞診報告様式や用語が統一されていないため 臨床的な取り扱いに混乱を生じていることを大きく取り上げ 婦人科がん検診における細胞診が社会問題となった

More information

立命館21_松本先生.indd

立命館21_松本先生.indd 2143-552010 1 2 () 1 2 3 456 78- Key Words 1 3 12007 2 3 508 19992008 1 23 4 43 2120107 4 2008 1992 2003 2005 1989 2008 4 2 2-1 10 4 4 6 5 4 5 2946 1 155 11 41 44 45 4 2-2 2003 1 21 2 1 3 4 5 6 7 3 2120107

More information

立命館20_服部先生.indd

立命館20_服部先生.indd 20 93-105 2010 2 () ' - 1 ( ) ( ' 2005) Key Words 2 1967 93 20 2010 1 94 1 ' 2002 2 2 1996 1996 1999 2 2 2 1993 1999 4 1 2 1985 1989 1986 1994 4 1 2 1 1 4 2 4 4 1 4 1966 4 10-1970 20 1993-1972 95 20 2010

More information

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 Key Words 2002 3 1 2 3 3 1 2 3 1969 1987 69 1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 15 71 72 1 22 6 32 9 200 6 3 1 2 2000 10 1 2003 10 2005 6 5 4

More information

立命館16_坂下.indd

立命館16_坂下.indd 1669-792008 1 - ' 85- -108 ' Key words 1 2 2003 69 1620082 5 3 1990 1997 4 5 2001 1307 6 7 1 1 1 1996 100 2 1997 71 3 1998 71 4 1999 96 5 2000 95 6 2001 145 7 2002 191 8 2003 174 9 2004 120 10 2005 122

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 1 77 5 Key words 1 23 3 11417 14310045 20022004 2 2003 20022005 20022004 2 10200511 3 2003 1152003 59 1995 3 32003 19932002 20032003 2005 20052005 4 1997 2000521986 2001 42001 3 1981 6 1 7 5 1000248 1632647

More information

立命館21_川端先生.indd

立命館21_川端先生.indd 21 119-132 2010 ( ) ' Key Words 119 21 2010 7 1962 2001 2001 2007 1982 1988 1997 2007 1997 1998 1863 1880 1 1998 1998 2001 1599 120 121 1599 1695 8 1695 1714 4 1714 1715 5 1715 100 1812 9 1812 1864 2001

More information

立命館14_前田.indd

立命館14_前田.indd 1499-1122007 1 ) ) ) ) ) (1) -- ) ) ) ) ) ) ( ) ) ' ) ) ) ) - 1) 2)' 3) Key words 19811994 1721 99 1420073 100 20012004 2005 2004 2002 33 34 10 1987 45 20002003 2002 1 1 2000 1 1 2001 2 200341 12004 2

More information

立命館17_坂下.indd

立命館17_坂下.indd 1793-1052008 1 () -- -- - Key words 1 93 1720088 2 3 2003 15 1996 50 3040 2 3 4050 50 10 1980 1995 1950 1958 1968 1972 94 95 1987 4 4 70 3 3 1 2000 2001 4 1720088 96 2001 2003 2 1978 1990 1997 130 2 3

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 49 00 7 Key words 980 995 50 0005 90 997 99 990 994 99 99 99990 99 996 988988 994 99 995 995 995 994 984 988 986 997 997 00 995 00 5 7 5 5 999 997 997 998 6 998 999 997 997 998 0040000 994 996 000 00 5

More information

立命館19_椎原他.indd

立命館19_椎原他.indd 191-132009 1 ( ) ' Key Words 1 11 12007 2007 200520062 201120062 7558 4009 1 1920098 2007 2 2000 028 2005 1999 12 1999 13 1968 2 3 '1992 2007 2001 20052001 1977 2005 2005 2007 21 21 22 461927 3 13 1920098

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 61 10 1990 Key words 1 102005 11 62 2000 1 1920 10 1892 63 1 1 19 100 1914 100 1 1 20 1 2 102005 11 64 1946 21 4 1947 1949 1947 22 1 3 1956 1959 1958 2 1964 65 2 10 1975 7080 70 2 1 1987 1990 40 1989 1989

More information

立命館19_徳田.indd

立命館19_徳田.indd 1991-1022009 1 2 () )--) 28 2827 1 2 Key Words 1 (1721 2000 20012001 20082009 91 1920098 92 20042004 2004 2001 12 2005 20082009 2005 3 1997 200820096 2007 2 20082009 93 20012001 12 2008 2009 19611966 1

More information

<4D F736F F F696E74202D20925F CF82CC D8F8A8CA9836E FC95D246494E414C5B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D F736F F F696E74202D20925F CF82CC D8F8A8CA9836E FC95D246494E414C5B93C782DD8EE682E890EA97705D> 胆嚢隆起性病変の病理所見 栃木県立がんセンター病理診断科五十嵐誠治 RAD-US 2010.6.19 本日の話題 Ⅰ. 胆嚢の構造と特徴 Ⅱ. 腫瘍様病変コレステロールポリープ炎症性ポリープ過形成性ポリープ腺筋症 Ⅲ. 腫瘍性病変腺腫腺腫内癌腺癌 Ⅳ. 胆嚢癌の進展様式 胆嚢 Gallbladder 胆嚢の肉眼所見 長さ 7-10cm 幅 3-4cm 西洋梨型の袋 容積 50-60ml 肝右葉下面

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表 2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS 4 10 50 160 90mmHg691836.3 X 2 重篤な血管性疾患 表 2 72 73 表 1 腹痛をきたす疾患の緊急度と治療担当診療科による分類 1 2 3 4 5 表 2 3 血管性疾患と炎症性疾患の症状 腹膜刺激症状 表 1 表 3 74 75 表 3 腹膜刺激症状を修飾する因子

More information

医学雑誌 mcd

医学雑誌 mcd 316 佐々木 図1 健 介 プリオン病の病理変化 A-C 孤発性 CJD 大脳皮質 A 海綿状変化 B 反応性アストロサイトの 増生 C シナプス型プリオン蛋白沈着 病期の進行とともに神経細胞脱落 反応性グリアの増生が顕著となり 基質は粗鬆化する D E GSS 小脳 D アミロイド コア 矢頭 E Kuru 斑型のプリオン蛋白沈着 F PrPresが type 2 の孤発性 CJD 大脳皮質 空胞周囲型プリオン蛋白沈着が

More information

Kiyosue

Kiyosue 図1 Padget説による眼 動脈の発生の模式図 Lasjaniasによる眼動脈の発達 図2 (2) 1 VODはPadgetの説と同様にanterior division 将来の前大脳動脈 から起始し眼胞に供血するが DOAはより尾側 C4 より起始するとされ 将来の上眼窩裂を通り眼窩に入りVOAと吻合する 2 続いてDOAは退縮する またVOAが眼窩に入る前の部分で内頚動脈に取り込まれ それより近

More information

皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の

皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の 紹介となる 術前の ~ I 二検では上皮性成分がなく肉腫と診断されたが 細胞診では肉 JJ 重成分由来と考えられる非上皮性悪 皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の 混合腫傷と定義され 子宮体部悪性腫揚の約 1 ~ 2 % 市 III 胞診 組織診のや I ~ 前の正診率はあまり高くはな 1O ~ 30% であり 組織診でも術前に癌肉 JI 重と診断し得 たものは 30 ~ 60%

More information

表紙69-5,6_v10.eps

表紙69-5,6_v10.eps 2 1 6 宇佐美 眞 他 に対応する管理を行う3 4 癌と栄養代謝 悪液質 cachexia とその前段階の前悪液質 precachexia は 図2に示す体重減少と BMI の変化 サルコペニア の有無 食欲不振と代謝変化によって定義されている3 悪液質は 腫瘍の種類と存在部位により極めて多様な 病態を呈するが その病態は図3の様に 代謝変化臓器 として骨格筋減少 サルコペニア が中心におかれて理

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 86 QOL S Masson Irritable Bowel Syndrome IBS Visual Analog Scale VAS IBS MRI S pelvic side wall W pelvic side wall PDS figure 過敏性腸炎様の症状を呈した直腸子宮内膜症の症例 87 図1 術前 MRI ゼリー法の結果 1 症例1の術前所見 症例の術前所見では に直腸子宮内膜症を疑う

More information

(Microsoft Word \213\343\227\325\213Z\201i\215\327\226E\201j.doc)

(Microsoft Word \213\343\227\325\213Z\201i\215\327\226E\201j.doc) 第 5 回九州臨床査技師会 細胞査精度管理調査結果報告書 はじめに今回で 5 回目となる九州臨床査技師会主催の病理 細胞査精度管理調査ですが この精度管理の目的は 個人や団の評価ではなく 九州地区の病理 細胞査に従事する臨床査技師の自己研鑽につながればという思いで事業を展開した 対象 ( 参加施設 ) および方法 1. 対象 ( 参加施設 ) 今回の参加施設は 九州全で 145 施設の協力が得られた

More information

8 8 0

8 8 0 ,07,,08, 8 8 0 7 8 7 8 0 0 km 7 80. 78. 00 0 8 70 8 0 8 0 8 7 8 0 0 7 0 0 7 8 0 00 0 0 7 8 7 0 0 8 0 8 7 7 7 0 j 8 80 j 7 8 8 0 0 0 8 8 8 7 0 7 7 0 8 7 7 8 7 7 80 77 7 0 0 0 7 7 0 0 0 7 0 7 8 0 8 8 7

More information

が分離された 分離された菌を用いて ホスフォリパーゼ C 活性測定を実施したところ 分離菌の α 毒素産生能が確認された 再現性試験として初乳中で培養を実施したところ CP の増殖が確認された 表 1 CP 分離結果 表 2 CP 菌数測定結果 (2) 病理解剖学的検査結果死亡牛 1 2 共に腹腔内

が分離された 分離された菌を用いて ホスフォリパーゼ C 活性測定を実施したところ 分離菌の α 毒素産生能が確認された 再現性試験として初乳中で培養を実施したところ CP の増殖が確認された 表 1 CP 分離結果 表 2 CP 菌数測定結果 (2) 病理解剖学的検査結果死亡牛 1 2 共に腹腔内 13 乳用子牛にみられた Clostridium perfringens A 型菌による出 血性線維素性胃炎について 宗谷家畜保健衛生所 谷口有紀子田淵博之 松岡鎮雄 はじめに 牛壊死性腸炎は Clostridium perfringens(cp)a 型菌 (CPA) により引き起こされる疾病で 小腸に壊死や出血等の病変を形成する 今回 宗谷管内において CPA に汚染された初乳を摂取した新生子牛に牛壊死性腸炎の発生があり

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア 冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア ジラベ :æ 粉の形肢と発育ならびに 7~ 粉四採集方法 さは 9~25mm の範囲で 平均 15mm 一雄花の直径は 2~25mm であった 蔚内の細胞を観察すると 数は 1~8 偶みられ 平均 3 個持った細胞が多かった これらは花粉母細胞になる前の胞原細胞と思わ 3 月上旬に入って採取した雄花は外形的

More information

16_研修医講義.ppt

16_研修医講義.ppt ,. 2016.10.19 1978Steptoe & Edwards 36 393,745 2010 46,008 HP AMH :, AMH AMH Inhibin B FSH Estradiol 120 85 14 La Marca. Hum Repro 2009 Seifer. Fertil Steli 2011 AMH,... MnSOD(. MnSOD ,, 1992Palermo et

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

男の生殖器

男の生殖器 男の生殖器は 生殖細胞である精子を生産する精巣と 精子を体外に送り出す管系 及び精子を確実に女の生殖器の一部である膣の中に送り込む交接器である陰茎とで構成されている 1 男の生殖器は 男の生殖細胞である精子を生産する精巣 ( 睾丸 ) と ここで生産された精子を体外に導く一本の管 及びこれから発生する腺 ( 精嚢 前立腺 尿道球腺など ) 並びに最終的に精子を女性生殖器の膣の中に射出するための陰茎から構成されている

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

胆嚢十二指腸瘻を伴う早期胆嚢癌の一例 かった Ⅰ 術後経過 合併症なく術後 日目に退院となった 考 病理診断 マクロ 赤線で示された範囲に癌を 認めた 瘻孔部 矢印 には癌は認めなかった 察 胆嚢十二指腸瘻は胆嚢と十二指腸との間に瘻 は特発性 孔が形成された病態である 福永ら2 内胆汁瘻 例を分類し 胆石胆嚢炎が 十二指腸潰瘍が 胆嚢癌 であったと報 告している また 下山ら3 は 例を分類し 悪性腫瘍は

More information

第43号(2013.5)

第43号(2013.5) 第43号 MAY 22, 2013 長寿医療研究センター病院レター 高齢者の臨床検査について はじめに 高齢者では 生来健康で壮健な方から大病を克服しながら齢を 重ねた方まで その年齢に至るまでの人生は当に百人百様 検査 成績にも当然ながら個人差が見られます 一方 検査結果の受け 止め方もそれぞれ異なります 私ども医療従事者には 臨床検査 の実施や結果の説明において 個々の考え方を尊重しつつ 真 に相対することが求められています

More information

乳がんの疑いがある といわれたあなたへ 乳がんの疑いがあるといわれ 気が動転しているのではないでしょうか これからの人生がどうなるのか 心配でいっぱいかもしれません 乳がんは 比較的治癒率の高いがんで 新しい治療も開発されています 乳房を温存したり 再建したり 女性らしい体を保つ治療法もあります 納得のいく治療を受けるために 今 あなたができること まずは正確な情報を集めましょう もっと 知ってほしい

More information

Q. 組織の名前 A. 単層円柱上皮 細胞が一層しかなく しかも円柱型であることを判別する Q. 矢印で示した構造名 A. 導管 細胞が一層で 立方形であることに注意 よく見ると 筋上皮も見えたハズ Q. 矢印で示された細胞 A. 破骨細胞 骨基質に接しており 多核である事 細胞自体非常に大きい事が

Q. 組織の名前 A. 単層円柱上皮 細胞が一層しかなく しかも円柱型であることを判別する Q. 矢印で示した構造名 A. 導管 細胞が一層で 立方形であることに注意 よく見ると 筋上皮も見えたハズ Q. 矢印で示された細胞 A. 破骨細胞 骨基質に接しており 多核である事 細胞自体非常に大きい事が H21 組織学本試験 スライド試験解説 ( 問題の番号は忘れたので お察しください ) 作成者 : 西澤 Q. 矢印で示された細胞 A. 形質細胞 本試験では 殆ど形質細胞で占められたスライドで 戸惑った人もいるかと思われる リンパ節には 多数の形質細胞が集まっている場合があり 本試験で出題されたのも おそらくこの部位であろうと思われる 見分けるべき点は 核の形 倍率が低く 多少見え難くても 核を判別する

More information

<4D F736F F F696E74202D2090AB A838B B6979D8A778EF68BC DC58F4994C5>

<4D F736F F F696E74202D2090AB A838B B6979D8A778EF68BC DC58F4994C5> 性腺ホルモン 1. 成人男女の生殖機能 2. 性の決定 分化 3. 性の発達 思春期 ( 二次性徴 ) by 山崎 徳永 古藤 男性 1. 成人男女の生殖機能 女性 10 a.a. =LHRH FSHRH は別にある? c c c 糖タンパクホルモン & サブユニット テストステロン 永山追加スライド 内 外性器 生殖腺 性腺ステロイドホルモン性腺ペプチドホルモン ( インヒビンン ) エストロゲン

More information

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常 生殖補助医療に関する同意書 体外受精 顕微授精 受精卵の凍結保存 融解移植に際しては 下記の同意書 が必要です ご夫婦で署名捺印した上で提出してください 体外受精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 顕微授精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 受精卵凍結保存に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 凍結受精卵融解胚移植に関する同意書 ( その都度必要 ) 同意書は 保管用 と 提出用 の 2 部からなります

More information

K Server 14010571 新潟県厚生農業協同組合 本文 14h 厚生連医誌 第 3巻 石川 07 07 2014.02.18 13.40.1 1号 7 7 0 1 4 症例報告 肺静脈瘤の診断と肺分画症における異常動脈の同定に 3 0列 CT によるダイナミック4DCT が有用だった症例 長岡中央綜合病院 放射線科 診療放射線技師 いし かわ 石川 背景 3 0列の面検出器を持つ Area

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組 Title Author(s) Citation Issue date 1997-12 Resource Type Resource Version URL Kobe University Repository : Kernel ヒト口腔扁平上皮癌細胞および組織片のヌードマウス舌への同所性移植による浸潤 リンパ節転移に関する実験的研究 (Experimental study of invasion

More information

昆虫と自然 2010年12月号 (立ち読み)

昆虫と自然 2010年12月号 (立ち読み) 食糞性コガネムシの輝く色 構造色のメカニズム 赤嶺 し Seago et al. 5 真由美 近 雅博 は上記の単純 な多層膜による干渉とは異なる 干渉メカニズム circularly polarizing reflectors もこの範疇 に含めている このことについ ては後述する 2 Three-dimensional photonic crystals は 密に集まったオパー ルに類似した六角形の配列ある

More information

13120701PDF_Œ{Ł¶PDF.pdf

13120701PDF_Œ{Ł¶PDF.pdf 北勤医誌第 35巻 2013年 12月 1Y 2Y8M 図 1 ストーマの経時変化 直後から 2Y8M まで) こで低侵襲で 余剰腸管の切除とメッシュによ 術後経過 数日して腹痛を訴え CT をとった る補強とストーマ孔の拡大防止をストーマ孔か ところイレウスはないがストーマ孔に小腸が陥 らのアプローチで行なう術式を計画した 入していると診断し再手術を行った 前回腹腔 術式 2層メッシュComposix

More information

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲン ゲル マトリックス培養法 (Collagen Gel Matrix Culture) の 実際とその応用例について 目次 Ⅰ. 細胞培養について 1 Ⅰ-1. はじめに Ⅰ-2. 細胞培養の基礎 Ⅰ-3. コラーゲンを用いる細胞培養 Ⅰ-4. 細胞の基質としてのコラーゲンの役割 Ⅱ. コラーゲンについて 5 Ⅱ-1. コラーゲンの分子構造と諸性質

More information

報道発表資料 2007 年 4 月 11 日 独立行政法人理化学研究所 傷害を受けた網膜細胞を薬で再生する手法を発見 - 移植治療と異なる薬物による新たな再生治療への第一歩 - ポイント マウス サルの網膜の再生を促進することに成功 網膜だけでなく 難治性神経変性疾患の再生治療にも期待できる 神経回

報道発表資料 2007 年 4 月 11 日 独立行政法人理化学研究所 傷害を受けた網膜細胞を薬で再生する手法を発見 - 移植治療と異なる薬物による新たな再生治療への第一歩 - ポイント マウス サルの網膜の再生を促進することに成功 網膜だけでなく 難治性神経変性疾患の再生治療にも期待できる 神経回 60 秒でわかるプレスリリース 2007 年 4 月 11 日 独立行政法人理化学研究所 傷害を受けた網膜細胞を薬で再生する手法を発見 - 移植治療と異なる薬物による新たな再生治療への第一歩 - 五感の中でも 視覚 は 私たちが世界を感知するためにとても重要です この視覚をもたらすのが眼 その構造と機能は よく カメラ にたとえられ レンズの役目 水晶体 を通して得られる光の情報を フイルムである

More information

2005年勉強会供覧用

2005年勉強会供覧用 肝臓 胆管系の勉強会 外科 玉木 今回の勉強会は肝臓 胆管系全般ついて勉強したいと 考えています 盛りだくさんですが消化 不良で下痢しないようにして下さい 先ずは 肝臓とはどういった臓器なのかを患者さんから聞かれたときに返答できる様になりまし ょう 肝臓の形態と働き 1 肝臓の構造 肝臓は 人体の中でもっとも重い臓器で 成人では約1400g 体重の約50分の1の重さが あります 肝臓の血管系には 主に栄養を運ぶ役割をもつ門脈と

More information

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票)

<様式2> 個人情報ファイル簿(単票) < 様式 1> 個人情報ファイル簿 診療諸記録 医療情報部 情報管理室 医療サービスの提供 医療保険事務 医療事故等の報告 症例研究のために利用する 1 氏名 2 性別 3 病歴 4 診療経過 5 身体状況 国立循環病研究センターで受診した患者様 ( 昭和 52 年度以降 ) 患者様から提出された保険証 患者様の診療 < 様式 1> 個人情報ファイル簿 照射録 放射線部 医療サービスの提供 エックス線照射の記録

More information

Pathological Studies on Dwarf Rats Derived from Wistar Hannover GALAS Rats, with Paticular Reference to Thyroid, Pituitary and Bone

Pathological Studies on Dwarf Rats Derived from Wistar Hannover GALAS Rats, with Paticular Reference to Thyroid, Pituitary and Bone 称号及び氏名博士 ( 獣医学 ) 爰島洋子 学位授与の日付 平成 28 年 8 月 31 日 論 文 名 Pathological Studies on Dwarf Rats Derived from Wistar Hannover GALAS Rats, with Particular Reference to Thyroid, Pituitary and Bone (Wistar Hannover

More information

01.PDF

01.PDF Video-assisted thoracoscopic surgery VATS スタッフステーション ミクロの世界で診断を支える 病理検査科 科長 うえ むら ひろ ゆき 植村 弘幸 1000分の1ミリの作業をこなす 病理検査とは手術や処置で患者さんから採取した組織や 細胞を病理医が顕微鏡で調べて病名をつける検査です そのために この組織や細胞を薄く切り 染色した標本を 提供するのが 病理検査技師

More information

Title 最 近 の 電 子 顕 微 鏡 のための 包 埋 法 : 第 三 報 メチレン メタクリル 樹 脂 包 埋 法 Author(s) 串 田, 弘 ; 串 田, つゆ 香 ; 佐 々 木, 紀 元 Journal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 30(9):1633-1638, 1960 URL http://hdl.handle.net/10470/13536 Twinkle:Tokyo

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 80 QOL QOL VAS Score MRI MRI MRI Ra Rb MRI 81 お 名 前 VAS VAS Score 82 奥ほか 症例 手術時間 出血量 食事開始日 術後入院期間 分 ml 日 日 平均 SD 9 備考 排尿障害 創部感染 図 直腸子宮内膜症症例の MRI ゼリー法によ る画像所見 図 当院で直腸子宮内膜症に対して直腸低位前方切 除術を施行した症例の内訳 子宮内膜症では

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 (ICD10: C81 85, C96 ICD O M: 9590 9729, 9750 9759) 治癒モデルの推定結果が不安定であったため 治癒モデルの結果を示していない 203 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 71 68 50 53 52 45 47 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 43 38 41 76

More information

< F31312D81798A6D92E894C5817A95F18D908F915B315D2E6A7464>

< F31312D81798A6D92E894C5817A95F18D908F915B315D2E6A7464> 報告書 県立大野病院医療事故について 県立大野病院医療事故調査委員会平成 17 年 3 月 22 日 目 次 第 1 県立大野病院医療事故調査委員会 P1 1 目的 2 構成員 第 2 事故の概要 P1 1 患者及び疾患名 2 スタッフ 3 診療経過 第 3 調査項目と検討内容 P2 1 術前診断 2 手術中 第 4 調査結果 P3 1 事故原因 2 事故の要因 3 総合判断 第 5 今後の対策 P4

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

健診の手引き_0707変.indd

健診の手引き_0707変.indd 3 3 3 3 4 4 4 4 4 4 5 6 6 7 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8 8 9 9 9 9 9 9 10 10 10 10 10 11 11 11 11 11 11 11 11 11 12 12 12 12 12 12 12 13 13 13 13 13 13 13 14 14 14 14 14 15 15 15 15 16 16 16 16 17 17 17 18 18 18

More information

取扱説明書

取扱説明書 ED-601 ED-501 ED-401 2 3 4 23 14 5 6 18 10 7 1 2 6 3 4 8 9 16 16 16 12 1 2 18 10 2 1 5 12 11 1 2 1 2 12 1 2 13 16 14 3 2 4 1 1 2 16 3 4 18 15 1 2 16 2 3 1 1 2 3 18 17 18 22 19 D A C 20 A B 22 B C D 22

More information

- m m -. - -. 77

- m m -. - -. 77 論 文 安 全 安 心 な 都 市 空 間 形 成 を 目 指 して ~ 都 市 域 を 水 災 害 から 守 るために~ 大 都 市 への 人 口 集 中 が 進 み, 多 くの 人 々は 快 適 で, 文 化 的 な 生 活 を 享 受 している.しかし, 近 年, 記 録 的 短 時 間 降 雨 の 発 生 頻 度 が 増 加 しており, 下 水 道 による 雨 水 排 水 能 力 を 超 えた

More information

in vivo

in vivo Title 第 288 回 東 京 歯 科 大 学 学 会 ( 総 会 ) Journal 歯 科 学 報, 109(4): 405-443 URL http://hdl.handle.net/10130/1668 Right Posted at the Institutional Resources for Unique Colle Available from http://ir.tdc.ac.jp/

More information

5 曾我部國久 金山良子 坂本一光 処理した時にはラジカル量が増えた事実から推測すると 25 0 01モル濃度で1 2hr 以上のアルカリ処理は かえっ 寧 て繊維の構造破壊をもたらすものと考えられる 20 そこで アルカリ処理によって生糸から絹糸に加工さ 去 哀 れる際に 繊維自身にどのような変化が起き ラジカル 15 黒 Q 醐 ミ 十 十 10 十 長 1卜 5 十 太 合 ロ ロ 合 参 客茎婁φ

More information