sora

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "sora"

Transcription

1 敦賀市障がい者福祉計画 障害者基本法に基づく障害者基本計画 障害者総合支援法に基づく障害福祉計画 平成 27 年 3 月 敦賀市

2

3 敦賀市障がい者福祉計画の策定にあたって わが国において 平成 25 年 12 月に 障害者の権利に関する条約 ( 障害者権利条約 ) の批准が国会で承認され 翌年の2 月から発効されることとなりました そして ここに至るまでに 障害者基本法 の改正をはじめ 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律 ( 障害者差別解消法 ) の制定 障害者自立支援法 の 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 ( 障害者総合支援法 ) への改正など 各種の障がい者福祉に関する国内法が整備されてきました 一方 本市におきましては 平成 10 年 3 月に 敦賀市障がい者福祉計画 (~ふれあいと温もりのある都市づくりの実現をめざして~) を策定し その後平成 18 年度に障がい者基本計画と障がい福祉計画を一体的に策定して以降 敦賀市障がい者福祉計画 として より高い 生活の質 を目指して 障がい者施策の総合的 計画的な推進に取り組んでまいりました そして この度 前回の策定時における計画期間が平成 24 年度からの3 年間であったため 新たな 敦賀市障がい者福祉計画 を策定いたしました 本計画においては 前回の基本理念 ぬくもりに満ちたつるがで自立して共に生きる を踏襲し これまで取り組んできた施策の成果を着実に受け継いでいくとともに すべての障がい者が自分の個性を発揮して 住み慣れた地域でともに支え合いながら 自分らしく過ごせるために 地域と行政が協働し 一人ひとりが支え合うまちづくりを積極的に推進することを目標としております 今後は この計画に基づき 国 県はもとより 当事者団体の皆様や事業所 市民の皆様とも連携を図りながら 施策の一層の推進に努めてまいりますので 皆様の御理解と御協力を賜りますよう よろしくお願い申し上げます なお この計画を策定するにあたり 難病や発達障がいを含めた障がいのある方やその家族を対象としたアンケート調査 パブリックコメント等を通じ 広く市民の皆様から御意見をお伺いし 本市の障がい者施策の基本的考え方や方向性を検討したところであります 貴重な御意見 御要望をいただいた敦賀市地域自立支援協議会の委員の皆様をはじめ 多くの市民の皆様に心から感謝申し上げます 平成 27 年 3 月 敦賀市長 河瀬一治

4

5 目 次 第 1 編総論 1 1. 計画策定の趣旨と位置づけ 2 (1) 計画策定の趣旨 2 (2) 計画の位置づけ 3 (3) 計画期間 4 (4) 計画の対象者 6 (5) 策定体制と進行管理 7 (6) 対象者の意向把握 8 2. 障がい者の現状 9 (1) 人口 手帳等所持者数 9 (2) 障がい者手帳交付状況 10 (3) 障がい程度区分 ( 障がい支援区分 ) 認定 13 (4) 障がい児の現況 第 3 期障がい福祉計画の取組状況 15 (1) 指定障がい福祉サービスの実績状況 計画期間の推計人口 障がい者数の推移と推計 アンケート結果からみた現状 意向について 21 (1) 障がいのある人や家族の不安や悩み 施策への要望 21 (2) 生活支援 23 (3) 教育 育成 26 (4) 雇用 就業 就労支援 26 (5) 情報 コミュニケーション 28 (6) 保健 医療 29 (7) 生活環境 計画のめざすところ 35 (1) 基本理念 35 (2) 基本方向 36 (3) 施策の体系 43

6 第 2 編障がい者基本計画 啓発 広報の推進 47 (1) 啓発 広報の推進と広報媒体 手段の充実 47 (2) 福祉教育の推進 48 (3) ボランティア活動等地域福祉の推進 相談 生活支援 権利擁護 52 (1) 相談支援 権利擁護の推進 52 (2) 生活を支えるサービスの推進 57 (3) 在宅生活 日中活動への支援 59 (4) 居住の場への支援 62 (5) 情報 コミュニケーションの推進 保健 医療 68 (1) 障がいの原因となる疾病の予防 68 (2) 医療 リハビリテーションの充実 育成 教育 72 (1) 障がい 発達障がいの早期発見と療育支援体制の整備 72 (2) 障がい児 発達障がい児への幼児期からの継続的な支援 76 (3) 特別支援教育の推進 就業 社会参加 82 (1) 就業促進の支援 84 (2) 多様な社会活動への参加促進 生活環境 生活安全 91 (1) 人にやさしいまちづくりの推進 91 (2) 防災対策の推進 93 (3) 地域安全対策の推進 96 第 3 編障がい福祉計画 サービス提供体制の確保に関する基本的な考え方 第 4 期障がい福祉計画における変更内容 ( 国の基本指針 ) 102 (1) 福祉施設入所者の地域生活への移行 102 (2) 入院中の精神障がい者の地域生活への移行 103

7 (3) 地域生活支援拠点の整備 103 (4) 福祉施設から一般就労への移行 平成 29 年度の目標値 104 (1) 福祉施設入所者の地域生活への移行 104 (2) 入院中の精神障がい者の地域生活への移行 105 (3) 地域生活支援拠点の整備 105 (4) 福祉施設から一般就労への移行 障がい福祉サービス等の目標値の設定 108 (1) 目標値の設定 108 (2) 訪問系サービス 109 (3) 日中活動系サービス 110 (4) 居住系サービス 112 (5) 計画相談支援及び地域相談支援 112 (6) 障害児通所支援等 地域生活支援事業の目標値の設定 115 (1) 事業の実施内容 方針 115 (2) 事業の見込量及びその確保のための方策 117 第 4 編計画の推進に向けて 障がい者福祉計画の推進体制 障がい福祉計画の進行管理と評価 121 (1) 計画の評価体制 121 (2) 成果目標と活動指標 122 (3)PDCA サイクルのスケジュール 市民 障がい者 家族等による参画の推進 人材の確保 育成 行政職員の資質向上 財源の確保 124 関連資料 125 敦賀市地域自立支援協議会委員名簿 127

8

9 第 1 編総論 1

10 1. 計画策定の趣旨と位置づけ (1) 計画策定の趣旨敦賀市は 障がいのある人もない人も共に社会 経済 文化等の幅広い分野にわたって活動することが本来のあり方であるという ノーマライゼーション の理念と 障がいのある人のライフステージの全段階において全人間的復権をめざす リハビリテーション の理念のもと 平成 10 年 3 月に 敦賀市障がい者福祉計画 (~ふれあいと温もりのある都市づくりの実現をめざして~) を策定し その後平成 18 年度に障がい者基本計画と障がい福祉計画を一体的に策定して以降 敦賀市障がい者福祉計画 として障がい者施策の総合的 計画的な推進に取り組んできました 国においては 障害者権利条約が平成 25 年 12 月に国会で批准が承認され 翌年 2 月に国連において発効されました これは 平成 23 年 7 月の障害者基本法の改正に引き続き 平成 24 年 10 月の障害者虐待防止法の施行 平成 25 年 4 月の障害者総合支援法の施行 同年 6 月の障害者差別解消法の成立 ( 平成 28 年 4 月施行 ) など国内法の整備が進んだことによるものです このように現在様々な法整備により 障がいのある人もない人も共に生きる社会づくりに向けた働きかけを強化する取り組みが進んでいます これらの状況や新たな課題への取り組みを踏まえながら これまで取り組んできた障がい者に関する施策の成果を受け継いでいくとともに 今後予想される障がい者数の増加や 障がい者の社会参加意欲の一層の高まり 制度改正などに的確に対応し 障がいのあるすべての方々が 地域でいきいきと安心して暮らせるまちづくりを進めていくため 障害者基本法に基づく 敦賀市障がい者基本計画 及び障害者総合支援法に基づく 敦賀市障がい福祉計画 を策定します 敦賀市障がい者基本計画 においては 障がい者施策を総合的に展開するための指針として また 敦賀市障がい福祉計画 においては 平成 27 年度から平成 29 年度までの3 年間における障がい福祉サービス等の見込量及びその確保のための方策並びに相談支援 地域生活支援事業の提供体制の確保に係る目標等を定めるとともに 障がい者及び障がい児の地域生活を支える総合的な支援体制を推進するものとして策定します 2

11 (2) 計画の位置づけ 敦賀市障がい者福祉計画 は 障害者基本法第 11 条第 3 項 に基づき障がい者施策の基本方向を総合的 体系的に定める 敦賀市障がい者基本計画 と 障害者総合支援法第 88 条第 1 項 に基づき自立支援給付 地域生活支援事業の事業量やその確保策を定める 敦賀市障がい福祉計画 の2つの計画からなります 敦賀市障がい福祉計画 は 市が障害者総合支援法に基づく障がい者福祉サービス 相談支援及び地域生活支援事業のサービスを提供するための基本的な考え方 目標及び確保すべきサービス量 サービス量確保のための方策を定める計画です 障害者基本法第 11 条第 3 項 ( 障害者基本計画等 ) 第 11 条第 3 項市町村は 障害者基本計画及び都道府県障害者計画を基本とするとともに 当該市町村における障害者の状況等を踏まえ 当該市町村における障害者のための施策に関する基本的な計画 ( 以下 市町村障害者計画 という ) を策定しなければならない 障害者総合支援法第 88 条第 1 項 ( 市町村障害福祉計画 ) 第 88 条第 1 項市町村は 基本指針に即して 障害福祉サービスの提供体制の確保その他この法律に基づく業務の円滑な実施に関する計画 ( 以下 市町村障害福祉計画 という ) を定めるものとする 計画の位置づけ 敦賀市総合計画 地域福祉計画 各計画に共通する課題に地域で取り組む計画 高齢者健康福祉計画 障がい者基本計画 子ども 子育て 健康つるが 21 介護保険事業計画 障がい福祉計画 支援事業計画 計画 3

12 (3) 計画期間敦賀市障がい者基本計画の計画期間は平成 27 年度から 32 年度までの6 年間 敦賀市障がい福祉計画の計画期間は平成 27 年度から 29 年度までの3 年間とします また 第 4 期障がい福祉計画 では 第 3 期計画の実績を踏まえ平成 27 年度から平成 29 年度の数値目標を設定し また 平成 24 年 4 月に施行された児童福祉法の一部改正に基づいた障がい児福祉サービスの数値目標を設定するものとします 計画期間 21 年度 22 年度 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度 27 年度 28 年度 29 年度 30 年度 31 年度 32 年度 (2009) (2010) (2011) (2012) (2013) (2014) (2015) (2016) (2017) (2018) (2019) (2020) 敦賀市障がい者基本計画 障がい者基本計画策定 ( 平成 18 年度 ~) 障がい者基本計画策定 ( 平成 24 年度 ~) 障がい者基本計画策定 ( 平成 27 年度 ~ 平成 32 年度 ) 見直し見直し見直し 敦賀市障がい福祉計画 新サービス体系 への移行 新サービス体系の実施 障がい児福祉サービスの実施 第 2 期計画 ( 平成 20 年度中に策定 ) 第 1 期の実績を踏まえ 平成 21 年度 ~ 23 年度までの計画を策定 第 3 期計画 ( 平成 23 年度中に策定 ) 第 2 期の実績を踏まえ 平成 24 年度 ~26 年度までの計画を策定 第 4 期計画 ( 平成 26 年度中に策定 ) 第 3 期の実績を踏まえ 平成 27 年度 ~29 年度までの計画を策定 見直し見直し見直し 4

13 5 * 障害 については 障がい と統一します ただし 法律に基づく名称や制度名に関しては 障害 と表記致します * 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 の名称に関しては 略称である 障害者総合支援法 と表記致します 障がい者基本計画と障がい福祉計画の関係 障がい福祉計画 障がい者基本計画 相談 生活支援保健 医療育成 教育啓発 広報就業 社会参加生活環境 生活安全 自立支援給付 地域生活支援事業障害者総合支援法 ( 障がい者に関する施策の基本方向を分野ごとに明らかにする ) ( 障がい福祉サービス等の事業量と確保方策を明らかにする ) 障害者基本法

14 (4) 計画の対象者敦賀市障がい者基本計画の対象者である障がい者とは 障害者基本法第 2 条に規定する 身体障害 知的障害又は精神障害 ( 発達障害を含む ) その他の心身の機能の障害があるため 障害及び社会的障壁 ( 障害がある者にとつて日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物 制度 慣行 観念その他一切のもの ) により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者 とし てんかん及び自閉症を有する者並びに難病に起因する身体又は精神上の障がいを有する者 LD( 学習障がい ) ADHD( 注意欠陥 多動性障がい ) 高機能自閉症などを有する者で 長期にわたり生活上の支障がある者 も含むこととします また 敦賀市第 4 期障がい福祉計画の対象者である障がい者とは 障害者総合支援法の規定によるものとします 障害者基本法 第 2 条障害者身体障害 知的障害 精神障害 ( 発達障害を含む ) その他の心身の機能の障害 ( 以下 障害 と総称する ) がある者であつて 障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう 障害者総合支援法 第 4 条この法律において 障害者 とは 身体障害者福祉法第 4 条に規定する身体障害者 知的障害者福祉法にいう知的障害者のうち 18 歳以上である者及び精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第 5 条に規定する精神障害者 ( 発達障害者支援法第 2 条第 2 項に規定する発達障害者を含み 知的障害者福祉法にいう知的障害者を除く 以下 精神障害者 という ) のうち 18 歳以上である者並びに治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であって政令で定めるものによる障害の程度が厚生労働大臣が定める程度である者であって 18 歳以上であるものをいう 2 この法律において 障害児 とは 児童福祉法第 4 条第 2 項に規定する障害児をいう [ 児童福祉法第 4 条第 2 項に規定する障害児 ] 障害児とは 身体に障害のある児童 知的障害のある児童 精神に障害のある児童 ( 発達障害者支援法第 2 条第 2 項に規定する発達障害児を含む ) 又は治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であつて障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第 4 条第 1 項の政令で定めるものによる障害の程度が同項の厚生労働大臣が定める程度である児童をいう 6

15 (5) 策定体制と進行管理本計画の策定に際しては 医療 教育 保健 福祉関係機関 当事者団体 サービス事業者 市民等の代表者や学識経験者からなる 敦賀市地域自立支援協議会 を開催し協議を進めています また 障がい者基本計画 障がい福祉計画の推進にあたっては 引き続き 敦賀市地域自立支援協議会 により 相談支援 権利擁護 就労支援 地域生活支援等の方策の検討を行い 幅広い意見交換を図るとともに 計画の全体的な実施状況の点検と進行管理を行っていきます 敦賀市 情報収集 調査 計画案の提出 敦賀市 地域自立支援協議会 障がい者福祉関係団体代表者 医療 教育 保健 福祉関係者 学識経験者 市民の代表者 行政関係者 7

16 (6) 対象者の意向把握 計画の対象となる障がい者の生活実態や要望を把握するため 平成 26 年 6 月にアンケート調査を実施しました また アンケート結果については 計画の課題としてP21~34 に抜粋のうえ記載しています アンケート調査の実施概要 調査対象 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者保健福祉手帳所持者 障がい福祉サービスを受けている方 配布数 1,500 票 調査方法郵送による配布 回収 調査時期平成 26 年 6 月 回収数 681 票 回収率 45.4% 8

17 2. 障がい者の現状 (1) 人口 手帳等所持者数 平成 25 年度末時点における本市の人口は 67,911 人となっています そのうち 障がい者手帳等の所持者数は 4,271 人で 人口に占める手帳等の所持者 の割合は 6.3% を占めています 人口については 減少傾向で推移しており 平成 23 年度から平成 25 年度にかけて 851 人 (1.2%) 減少しています 一方 障がい者手帳等の所持者数は 年々増加傾向 にあり 平成 23 年度から平成 25 年度にかけて 136 人 (3.3%) が増加しています こ のように 総人口に占める障がい者手帳等の所持者の割合も年々高まっています 人口 障がい者手帳等所持者数( 各年度末現在 ) 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 人口 (A) 68,762 人 68,300 人 67,911 人 障がい者手帳所持者数 (B) 4,135 人 4,207 人 4,271 人 B/A 6.0% 6.2% 6.3% 人口及び障がい者手帳所持者数の推移 ( 単位 : 人 ) 100,000 90,000 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10, ,135 4,207 4,271 68,762 68,300 67,911 平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 人口 障がい者手帳所持者数 9

18 (2) 障がい者手帳交付状況平成 25 年度末時点の本市の身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者保健福祉手帳の交付人数は 身体障がい者数 3,352 人 ( 身体障がい者手帳交付人数 ) 知的障がい者数 527 人 ( 療育手帳交付人数 ) 精神障がい者数 392 人 ( 精神障がい者保健福祉手帳交付人数 ) で 手帳交付所持者合計で 4,271 人となっています 障がい別では 各手帳所持者ともに 増加傾向で推移し 平成 23 年度から 25 年度にかけて身体障がい者手帳所持者は 82 人 (2.5%) 療育手帳所持者は 30 人 (6.0%) 精神障がい者保健福祉手帳所持者は 24 人 (6.5%) 増加し 全体では 136 人 (3.3%) 増加しています 障がい者手帳交付状況( 単位 : 人 )( 各年度末現在 ) 4,000 3,500 3,270 3,323 3,352 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 身体障がい者手帳 3,270 人 3,323 人 3,352 人 療育手帳 497 人 512 人 527 人 精神障がい者保健福祉手帳 368 人 372 人 392 人 合計 4,135 人 4,207 人 4,271 人 10

19 1 身体障がい者手帳交付状況平成 25 年度末時点の身体障がい者手帳所持者数は 3,352 人 (1 級 :894 人 2 級 : 424 人 3 級 :788 人 4 級 :954 人 5 級 :123 人 6 級 :169 人 ) となっています 等級別の交付では この2 年間で 4 級の方が 62 人と比較的増加しています 障がい種類別の交付状況は 平成 25 年度末では肢体不自由が 57.2% と半数を超え 次いで内部障がいが 28.4% 聴覚 平衡機能障がいが 7.8% となっています 身体障がい者手帳級別交付状況 ( 各年度末現在 単位 : 人 ) 3,352 平成 25 年度 ,323 平成 24 年度 ,270 平成 23 年度 身体障がい者手帳所持者 1 級 身体障がい者手帳所持者 3 級 身体障がい者手帳所持者 5 級 身体障がい者手帳所持者 2 級 身体障がい者手帳所持者 4 級 身体障がい者手帳所持者 6 級 障がい種類別交付状況 ( 平成 25 年度末現在 単位 :%) 内部障がい 28.4% 視覚障がい 5.8% 聴覚 平衡機能障がい 7.8% 音声 言語障がい 0.8% 肢体不自由 57.2% 障がい種類別交付状況は統計等級に基づく 11

20 2 療育手帳交付状況療育手帳所持者数は 平成 25 年度末時点で 527 人 ( 療育手帳 A1が 199 人 療育手帳 A2が6 人 療育手帳 B1が 169 人 療育手帳 B2が 153 人 ) となっています 平成 23 年度からの推移では 2 年間で 30 人増加しています 療育手帳交付状況( 各年度末現在 単位 : 人 ) 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 療育手帳 A1 療育手帳 A2 療育手帳 B1 療育手帳 B2 計 12

21 3 精神障がい者保健福祉手帳交付状況精神障がい者保健福祉手帳所持者数は 平成 25 年度末時点で 392 人 ( 精神障がい者保健福祉手帳 1 級が 29 人 精神障がい者保健福祉手帳 2 級が 277 人 精神障がい者保健福祉手帳 3 級が 86 人 ) となっています 平成 23 年度からの推移では 2 年間で 24 人増加しています 精神障がい者保健福祉手帳保持者の状況( 各年度末現在 単位 : 人 ) 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 精神障がい者保健福祉手帳 1 級 精神障がい者保健福祉手帳 2 級 精神障がい者保健福祉手帳 3 級 (3) 障がい程度区分 ( 障がい支援区分 ) 認定 平成 25 年度末時点の障がい程度区分認定者でかつ支給決定者は 300 人 ( 区分 1が 22 人 区分 2が 66 人 区分 3が 72 人 区分 4が 48 人 区分 5が 36 人 区分 6が 56 人 ) にのぼり 区分 3 が多く 区分 2 が続いています 障がい程度区分( 障がい支援区分 ) 認定の状況 ( 各年度末現在 単位 : 人 ) 区分 6 区分 5 区分 4 区分 3 区分 2 区分 平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 13

22 (4) 障がい児の現況 本市の障がい児の現況は 平成 25 年度末時点で身体障がい者手帳所持者が 53 人 療 育手帳所持者が 118 人 精神障がい者保健福祉手帳所持者が 2 人となっています 平成 24 年度と比較すると 身体障がい者手帳所持者及び精神障がい者保健福祉手帳所持者 の増減はありませんが 療育手帳所持者が 12 人増加しています また 身体障がい者手帳所持者の中での障がいの種類は 平成 25 年度では 肢体不 自由 が 28 人ともっとも多く ついで 内部障がい が 16 人 聴覚 平衡機能障が い が 7 人となっています 本市の( 手帳種別 ) 障がい児数の推移 ( 各年度末現在 ) 平成 23 年 平成 24 年 平成 25 年 1 級 級 級 身体障がい者手帳所持者 ( 人 ) 4 級 級 級 合計 A A 療育手帳所持者 ( 人 ) B B 合計 級 精神障がい者保健福祉手帳 2 級 所持者 ( 人 ) 3 級 合計 身体障がい者手帳所持者 ( 人 ) 本市の( 身体障がい種類別 ) 障がい児数の推移 ( 各年度末現在 ) 平成 23 年 平成 24 年 平成 25 年 視覚障がい 聴覚 平衡機能障がい 音声 言語障がい そしゃく 肢体不自由 運動機能障がい 脳原性機能障がい 肢体不自由 上肢機能障がい 下肢機能障がい 上下肢機能障がい 小計 内部障がい 心臓 じん臓 呼吸器 ぼうこう 直腸 小腸 免疫 肝臓 小計 合計

23 3. 第 3 期障がい福祉計画の取組状況 訪問系 日中活動系 (1) 指定障がい福祉サービスの実績状況 第 3 期計画における各サービスの計画値と平成 23 年度 ~ 平成 25 年度の実績値は以下 のとおりです 各サービスの平成 23 年度 ~ 平成 25 年度の見込量に対する実績率 ( 計画値に対する実 績値の割合 ) をみると 自立支援給付のサービスでは 自立訓練 ( 機能訓練 ) の平成 24 年度が 225% と特に大きく計画値を上回っています 児童通所支援事業では 平成 25 年度は各事業ともに大きく計画値を上回り特に放課後デイサービスは 400% となって います 地域生活支援事業では 平成 25 年度の介護 訓練支援用具 (175%) 生活サ ポート事業 (167%) が計画値を大きく上回っています 自立支援給付のサービス事業量 (1 ヶ月あたりの事業量 ) 事業名平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 居宅介護 重度訪問介護 同行援護 行動援護 重度障がい者等包括支援 生活介護 自立訓練 ( 機能訓練 ) 自立訓練 ( 生活訓練 ) 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 見込量 実績値 1,924 時間 2,434 時間 3,079 時間 57 人 65 人 74 人 1,930 時間 1,814 時間 1,799 時間 60 人 58 人 49 人 120 時間 120 時間 120 時間 1 人 1 人 1 人 0 時間 0 時間 0 時間 0 人 0 人 0 人 446 時間 446 時間 446 時間 14 人 14 人 14 人 366 時間 446 時間 545 時間 17 人 19 人 22 人 0 時間 0 時間 0 時間 0 人 0 人 0 人 0 時間 0 時間 0 時間 0 人 0 人 0 人 0 時間 0 時間 0 時間 0 人 0 人 0 人 0 時間 0 時間 0 時間 0 人 0 人 0 人 1,544 人日 3,000 人日 3,000 人日 92 人 150 人 150 人 1,579 人日 2,494 人日 2,601 人日 93 人 135 人 143 人 9 人日 9 人日 9 人日 4 人 4 人 4 人 11 人日 150 人日 95 人日 4 人 9 人 7 人 89 人日 89 人日 89 人日 4 人 4 人 4 人 131 人日 60 人日 27 人日 5 人 2 人 1 人 15

24 居住系 その他 事業名平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 就労移行支援 就労継続支援 (A 型 : 雇用 型 ) 就労継続支援 (B 型 : 非雇 用型 ) 療養介護 短期入所 共同生活援助 共同生活介護 施設入所支援 計画相談支援 地域相談支援 見込量 772 人日 852 人日 932 人日 41 人 45 人 49 人 実績値 671 人日 518 人日 488 人日 54 人 28 人 28 人 見込量 432 人日 460 人日 500 人日 22 人 23 人 25 人 実績値 458 人日 436 人日 546 人日 23 人 22 人 27 人 見込量 1,013 人日 1,300 人日 1,300 人日 60 人 65 人 65 人 実績値 1,221 人日 1,544 人日 1,692 人日 71 人 89 人 96 人 見込量 6 人 20 人 20 人 実績値 3 人 16 人 18 人 見込量 71 人日 71 人日 71 人日 14 人 14 人 14 人 実績値 84 人日 79 人日 122 人日 17 人 16 人 20 人 見込量 9 人 9 人 9 人 実績値 9 人 8 人 9 人 見込量 24 人 24 人 24 人 実績値 23 人 27 人 26 人 見込量 40 人 85 人 82 人 実績値 38 人 83 人 85 人 見込量 11 人 / 年 80 人 / 年 150 人 / 年 実績値 11 人 / 年 111 人 / 年 283 人 / 年 見込量 1 人 / 年 2 人 / 年 2 人 / 年 実績値 - 0 人 / 年 2 人 / 年 児童 児童通所支援事業の事業量 事業名 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 104 人日 140 人日 150 人日見込量児童発達支援 14 人 22 人 25 人 (H23 年度は児童デイサービス ) 118 人日 173 人日 232 人日実績値 16 人 21 人 32 人 放課後等デイサービス 見込量 - 30 人日 180 人日 - 5 人 15 人実績値 - 5 人日 230 人日 - 3 人 35 人 計画相談支援 見込量 - 5 人 / 年 25 人 / 年実績値 - 3 人 / 年 94 人 / 年 保育所等訪問支援 見込量 人日実績値 - 0 人日 14 人日 16

25 地域生活支援事業 地域生活支援事業の事業量 事業名 平成 23 年度 平成 24 年度 平成 25 年度 相談支援事業 障がい者相談支援委託 見込量 3 箇所 3 箇所 3 箇所 事業 実績値 3 箇所 3 箇所 3 箇所 基幹相談支援センター 見込量 なし あり あり の設置 実績値 なし あり あり 成年後見制度利用園児 見込量 0 人 1 人 1 人 事業 実績値 0 人 0 人 0 人 コミュニケーション支援事業 手話通訳者派遣事業 見込量 13 人 13 人 13 人実績値 13 人 13 人 12 人 手話通訳者設置事業 見込量 1 人 1 人 1 人実績値 1 人 1 人 1 人 日常生活用具給付事業 介護 訓練支援用具 見込量 4 件 4 件 4 件実績値 4 件 3 件 7 件 自立生活支援用具 見込量 12 件 12 件 12 件実績値 16 件 8 件 9 件 在宅療養等支援用具 見込量 13 件 13 件 13 件実績値 15 件 19 件 13 件 情報 意思疎通支援用具 見込量 18 件 18 件 18 件実績値 20 件 8 件 9 件 排泄管理支援用具 見込量 1,400 件 1,400 件 1,400 件実績値 1,422 件 1,638 件 1,610 件 住宅改修費助成 見込量 2 件 2 件 2 件実績値 2 件 1 件 0 件 344 人 358 人 373 人移動支援事業見込量 4,887 時間 4,476 時間 4,100 時間上段 : 実利用者数 326 人 213 人 268 人下段 : 延利用時間実績値 4,705 時間 1,273 時間 1,663 時間 1 箇所 1 箇所 1 箇所 見込量 445 人 440 人 435 人 1 箇所 1 箇所 1 箇所 12 人 12 人 12 人 地域活動支援センター事業上段 : 市内事業所下段 : 市外事業所 任意事業 訪問入浴サービス事業上段 : 実利用者数下段 : 延利用件数 知的障がい者職親委託制度事業 日中一時支援事業上段 : 実利用者数下段 : 延利用件数 生活サポート事業 社会参加促進事業手話奉仕員養成研修事業 実績値 1 箇所 1 箇所 1 箇所 429 人 362 人 363 人 1 箇所 1 箇所 2 箇所 12 人 12 人 16 人 見込量 71 人 84 人 99 人 482 件 564 件 660 件 実績値 71 人 74 人 81 人 490 件 497 件 579 件 見込量 1 人 1 人 1 人 実績値 1 人 1 人 1 人 見込量 968 人 1,086 人 1,218 人 9,363 件 9,756 件 10,166 件 実績値 978 人 1,065 人 1,059 人 9,458 件 9,344 件 9,757 件 見込量 5 人 12 人 12 人 実績値 5 人 12 人 20 人 見込量 20 人 26 人 26 人 実績値 20 人 21 人 14 人 17

26 自立支援給付のサービス事業量の見込量に対する実績率 (%) 地域相談支援 100 計画相談支援 施設入所支援共同生活介護共同生活援助短期入所療養介護就労継続支援 (B 型 ) 就労継続支援 (A 型 ) 就労移行支援自立訓練 ( 生活訓練 ) 自立訓練 ( 機能訓練 ) 生活介護 重度障がい者等包括支援 行動援護 同行援護 重度訪問介護 居宅介護 平成 23 年度平成 24 年度平成 25 年度 保育所等訪問支援 児童通所支援事業の見込量に対する実績率 (%) 340 計画相談支援 ( 新規作成のみ ) 放課後等デイサービス 児童発達支援 年度 24 年度 25 年度 注 : 実績率 (%)= 実績値 / 計画値 *100 18

27 4. 計画期間の推計人口 人口推計は 平成 22 年度から平成 26 年度の各年 9 月末の住民基本台帳を用いて コーホート変化率法により行いました ( コーホートとは 同年に出産した集団のことをいい コーホート変化率法とは 性別 年齢別変化率等を用いて将来の人口予測を計算する方法です ) 平成 27 年度は 67,520 人 目標年度の平成 29 年度は 66,766 人と推計されます 計画期間の人口推計 ( 各年度 9 月末 )( 単位 : 人 ) ( 人 ) 80,000 70,000 60,000 実績 推計 67,845 67,520 67,159 66,766 17,026 17,485 17,771 18,012 50,000 40,000 30,000 41,316 40,632 40,134 39,598 20,000 10, ,503 9,403 9,254 9,156 平成 26 年度平成 27 年度平成 28 年度平成 29 年度 0~14 歳 15~64 歳 65 歳以上 19

28 5. 障がい者数の推移と推計 平成 26 年度当初の障がい者手帳所持者は 4,271 人 ( 身体障がい者手帳所持者数が 3,352 人 療育手帳所持者数が 527 人 精神障がい者保健福祉手帳所持者数が 392 人 ) です 過去の推移に基づき 平成 29 年度の人数を推計すると 4,613 人 ( 身体障がい者手帳所持者数が 3,563 人 療育手帳所持者数が 599 人 精神障がい者保健福祉手帳所持者数が 450 人 ) と推計されます 市の総人口は減少傾向にありますが 障がい者数は増加傾向にあり 障がい福祉サービス全体の増加につながっています 障がい者数の推移と推計( 単位 : 人 ) ( 人 ) 6,000 推移 推計 5,000 4,000 3,000 4,135 4,207 4,271 4,453 4,533 4, ,000 1,000 3,270 3,323 3,352 3,467 3,516 3,563 0 平成 24 年度平成 25 年度平成 26 年度平成 27 年度平成 28 年度平成 29 年度 身体障害者手帳保持者療育手帳所持者精神障害者保健福祉手帳所持者 なお 上記の推計障がい者数は 平成 22 年度から平成 26 年度の各年 9 月末の住民基本台帳 を用いたコーホート変化率法による人口推計に基づき算出しています 参考までに 人口問題研究所による基礎数値をもとに推計した人口推計 ( 国勢調査人口を もとにした算出 ) による推計障がい者数は以下のとおりです H24 年度 H25 年度 H26 年度 H27 年度 H28 年度 H29 年度 身体障がい者手帳所持者 3,270 3,323 3,352 3,377 3,411 3,444 療育手帳所持者 精神障がい者保健福祉手帳所持者 合計 4,135 4,207 4,271 4,337 4,397 4,459 各年度当初 ( 単位 : 人 ) 20

29 6. アンケート結果からみた現状 意向について 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査結果 ( 以下 障がい者アンケート とい う ) から 敦賀市の障がい者を取り巻く現状や意向は以下のとおりです (1) 障がいのある人や家族の不安や悩み 施策への要望 1 不安や悩みについて障がい者アンケートにおいて 生活での不安や困っていることは 身体障がい者では 自分の健康や体力に自信がない 特に困っていることや不安に思うことはない 家族など介助者の健康状態が不安 知的障がい者では 将来にわたる生活の場 施設があるか 家族など介助者の健康状態が不安 特に困っていることや不安に思うことはない 精神障がい者では 十分な収入が得られない 将来にわたる生活の場 施設があるか 家族など介助者の健康状態が不安 がそれぞれ多くみられ 地域で生活することへの様々な不安がみられました 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 身の回りのいっしょに介助や支援を暮らす人がしてくれる人いないがいない 問 37 生活での不安や困っていること (5 つまで ) 趣味や適当な働き口十分な収入が生きがいをがない得られない持てない 生活するうえ自分の健康や で必要な情報体力に自信が を得られないない 必要な保健 特に困って家族など介助将来にわたる隣人などとの福祉 医療いることや者の健康生活の場 その他関係サービスが不安なことは状態が不安施設があるか受けられないない 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 21

30 2 心配や悩みの相談先について障がい者アンケートでは 悩みや困っていることの相談先として 全体的に 家族 親戚 が最も多くみられます それ以外では 身体障がい者では 友人 知人 医師 看護師等医療機関の職員 知的障がい者では 福祉施設の職員 相談支援センター等の相談支援専門員 精神障がい者では 医師 看護師等医療機関の職員 友人 知人 が多くなっています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体家族 親戚友人 知人 市の職員 問 38 心配や悩みの相談先 ( すべて ) 保育園 幼稚園 学校 医師 看護師等福祉施設職場 会社の人医療機関の職員の職員 ボランティア 二州健康福祉 敦賀児童相談所センター ( 保健所 ) 民生委員 児童委員 相談支援障がい者 ( 児 ) ホームヘルパーセンター等のの団体相談支援専門員 相談相手社会福祉協議会がいない その他 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 22

31 3 これからの暮らしについて 希望する今後の暮らしは 身体障がい者 知的障がい者 精神障がい者ともに 今の まま生活したい と答える人が最も多く 現状を維持したいと考える傾向がみられます 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 32 将来 地域で生活したいと思うか グループ一般の住宅で今のまま生活家族と一緒にホームなどを独り暮らしをその他したい生活したい利用したいしたい 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 (2) 生活支援 1 地域で生活するために必要な支援について地域で生活するためにあればよい支援として 障がい者に共通しているのは 経済的な負担の軽減 が最も多くみられました 次いで 必要な在宅サービスが適切に利用できること 在宅で医療ケアなどが適切に得られること 生活訓練等の充実 相談対応等の充実 があがっています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 33 地域で生活するためにあればよい支援 ( すべて ) 在宅で医療必要な在宅障がい者にケアなどがサービスが適した住居の適切に適切に利用確保得られることできること 生活訓練等の 充実 経済的な 負担の軽減 相談対応等 の充実 地域住民等 の理解 その他 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 23

32 2 障害福祉サービスについて 全体 障がいのある人が地域で生活し続けるためには 暮らしを支える多様なサービスが必 要ですが 現在利用しているサービスは 身体障がい者は 日常生活用具給付事業 居 宅介護 ( ホームヘルプ ) 相談支援 知的障がい者は 相談支援 日中一時支援事業 自立訓練 ( 機能訓練 生活訓練 ) 就労継続支援 (A 型 B 型 ) 精神障がい者は 地 域活動支援センター事業 就労継続支援 (A 型 B 型 ) 相談支援 が比較的多くみ られます また 利用したいサービスは 身体障がい者は 相談支援 居宅介護 ( ホームヘル プ ) 日常生活用具給付事業 知的障がい者は 相談支援 短期入所 ( ショートステ イ ) 行動援護 精神障がい者は 相談支援 地域活動支援センター事業 就労継 続支援 (A 型 B 型 ) が多く このような潜在的なニーズに対応したサービスの基盤 整備が求められています 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 居宅介護重度訪問 ( ホームヘルプ ) 介護 問 25-1 利用しているサービス 同行援護 行動援護 重度障がい者等包括支援 生活介護 自立訓練 ( 機能 訓練 生活訓練 ) 就労継続支援就労移行支援療養介護 (A 型 B 型 ) 短期入所 ( ショートステイ ) 共同生活援助 ( グループホーム ) 施設入所支援相談支援 児童発達支援 放課後等保育所等デイサービス訪問支援 医療型児童発達支援 福祉型児童入所支援 医療型児童入所支援 地域活動支援 センター事業 訪問入浴生活サポートサービス事業事業 成年後見制度 利用支援事業 意思疎通支援事業 日常生活用具給付事業 移動支援事業 日中一時支援事業 資料 : 敦賀市障がい者福祉 に関するアンケート調査 24

33 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 身体障がい者手帳 療育手帳 精神障がい者 保健福祉手帳 全体 居宅介護重度訪問 ( ホームヘルプ ) 介護 問 25-2 利用したいサービス 同行援護 行動援護 重度障がい者等包括支援 生活介護 自立訓練 ( 機能 訓練 生活訓練 ) 就労継続支援就労移行支援療養介護 (A 型 B 型 ) 短期入所 ( ショートステイ ) 共同生活援助 ( グループホーム ) 施設入所支援相談支援 児童発達支援 放課後等保育所等デイサービス訪問支援 医療型児童発達支援 福祉型児童入所支援 医療型児童入所支援 地域活動支援 センター事業 訪問入浴生活サポートサービス事業事業 成年後見制度 利用支援事業 意思疎通支援事業 日常生活用具給付事業 移動支援事業 日中一時支援事業 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 25

34 (3) 教育 育成ノーマライゼーションの進展の中で できるだけ地域の学校で教育を受けようとする希望が増えています 近年は高機能自閉症や学習障がい等の軽度発達障がいへの理解や 支援に関する専門機関の必要性も高まっていますが 平成 17 年の 発達障害者支援法 の施行により 国 県においてはライフステージに応じた総合的な支援策が検討されており 引き続き 本市においてもその対応が求められることになります 障がい者アンケートから見られる学校教育への要望としては 知的障がい児は 子どもの能力や障がいの状態に適した指導の実施 が最も多く 就学 進路相談など相談体制の充実 学校等の介助体制や障がいに配慮した施設の整備 が続いています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 34 教育に望むこと ( すべて ) 子どものまわりの学校等の就学 進路能力や子どもの介助体制や通常学級特に希望相談など障がいの理解を障がいにへの受入れすることはその他相談体制の状態に深めるよう配慮したの推進ない充実適した指導な交流機会施設の整備の実施の拡充 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 (4) 雇用 就業 就労支援障害者総合支援法がめざす理念の一つとして 働く意欲をもつ人が働ける社会づくり が掲げられています 地域で自立して生活するために 就労 は所得を得るという点で大変重要ですが 働くことは自分らしさを発揮する場として捉えることも大切です しかし 事業主や職場の人が障がいの特性を理解できないことや 企業の求める人材がいないといったことなど就労を希望する障がい者を取り巻く環境は容易なものではありません このことは 障がい者アンケートにおいて障がい者が働くために 職場の上司や同僚に障がいの理解があること 短時間勤務や勤務日数等の配慮 通勤手段の確保 を求める声が多くあがっていることからもうかがえます 26

35 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 17 障がい者の就労支援として必要なこと ( すべて ) 通勤手段 の確保 勤務場所に おける バリアフリ ー等の配慮 短時間勤務 や勤務日数 等の配慮 在宅勤務の 拡充 職場の上司 や同僚に 障がいの 理解がある こと 職場で介助 や援助等が 受けられる こと 就労後の フォロー など職場と 支援機関の 連携 企業ニーズ に合った 就労訓練 仕事に ついての 職場外での 相談対応 支援 その他 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 また 収入を得て仕事をしている方は 身体障がい者で 14% 知的障がい者で 16% 精神障がい者は 19% となっています このうち勤務形態について身体障がい者は 正職員で他の職員と勤務条件等に違いはない 自営業 農林水産業など パート アルバイト等の非常勤職員 派遣職員 知的障がい者は 正職員で他の職員と勤務条件等に違いはない パート アルバイト等の非常勤職員 派遣職員 精神障がい者は 正職員で短時間勤務などの障がい者配慮がある パート アルバイト等の非常勤職員 派遣職員 が多くなっています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 正職員で他の職員と勤務条件等に違いはない 正職員で 短時間勤務などの 障がい者配慮がある 問 14 勤務形態 パート アルバイト等の非常勤 職員 派遣職員 自営業 農林水産業など その他 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 27

36 収入を得る仕事への希望は 全体的に 仕事はしたくない できない の方が 仕事 をしたい よりもやや多いものの 仕事をしたい はそれぞれ 4 割前後みられます 今 後 就労を支援する体制の整備に取り組む必要があります 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 15 今後 収入を得る仕事をしたいと思うか 仕事はしたく 仕事をしたいない できない 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 (5) 情報 コミュニケーション障がいのある人が地域での生活を送っていく上で 福祉サービスや災害時の情報などは重要ですが 障がい者それぞれが持つネットワークの大きさで得られる情報量が異なるのが現状です 障がい福祉サービスの利用状況や今後の意向を見ると 制度を知らないために利用していなかった様子もうかがわれます 障がい者アンケートで情報の入手先をたずねたところ 身体障がい者は 広報紙や市からのお知らせ テレビ RCNチャンネル ラジオ 新聞 雑誌 社会福祉協議会 知的障がい者は 相談支援センター等の相談支援専門員 福祉施設の職員 障がい者 ( 児 ) の団体 精神障がい者は 医師 看護師等医療機関の職員 家族 親戚 広報紙や市からのお知らせ が多くみられました 日常生活で必要な手話や点字などのコミュニケーションの確保とともに 市の広報紙 社会福祉協議会の掲載内容の在り方など あらゆる障がい者に等しく情報が届く伝達手段の工夫 団体に加入していない あるいは広報紙等が届かない障がい者も視野に入れた情報提供が求められています 28

37 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 家族 親戚友人 知人 問 27 情報の入手先 ( すべて ) 保育園 幼稚園 学校 医師 看護師等福祉施設の職場 会社市の職員医療機関の職員 職員 二州健康 福祉 センター ( 保健所 ) 民生委員 児童委員 社会福祉 協議会 相談支援広報紙やセンター等障がい者市からのの相談支援 ( 児 ) の団体お知らせ専門員 テレビ RCN ボランティチャンネル その他アラジオ 新聞 雑誌 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 (6) 保健 医療障がい者アンケートによると 自分の健康や体力に自信がない について 身体障がい者は 38% 知的障がい者は 13% 精神障がい者は 24% が回答しています また 家族など介助者の健康状態が不安 について 身体障がい者は 22% 知的障がい者は 25% 精神障がい者は 35% となっています 一方 介助者が困ることでは 精神的に疲れる とする回答が多く 身体障がい者は 24% 知的障がい者は 47% 精神障がい者は 47% に上り 健康の保持 増進のための支援の充実が必要です 29

38 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 身の回りのいっしょに介助や支援を暮らす人がしてくれる人いないがいない 問 37 生活での不安や困っていること (5 つまで )( 再掲 ) 趣味や適当な働き口十分な収入が生きがいをがない得られない持てない 生活するうえ自分の健康や で必要な情報体力に自信が を得られないない 必要な保健 特に困って家族など将来にわたる隣人などとの福祉 医療いることや介助者の健康生活の場 その他関係サービスが不安なことは状態が不安施設があるか受けられないない 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 睡眠不足に なりがち 問 64 介助者が困ること (3 つまで ) 腰痛など身 体が疲れる 精神的に 疲れる 自分の時間 が持てない 買物などの 外出が できない 他の家族の 世話が できない 仕事に 出たいが 出られない 経済的な 負担が かかる 特にないその他無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 30

39 脳卒中や糖尿病などの生活習慣病を原因とする障がいに代表されるように 予防が可能であったり 早期発見 早期治療が大きな効果をもたらす慢性疾患や障がいは少なくありません 健康診査や保健指導の充実 保健 医療 福祉 教育の連携により 早い段階で障がいを発見することが大切です 肢体機能などの障がいの中には適切なリハビリテーションにより 障がいの軽減や機能回復ができることもあります また 障がい者と医療との関係が不可欠であることは 障がいのある人の相談先として 医師 看護師等医療機関の職員 が身体障がい者は 15% 知的障がい者は 5% 精神障がい者は 35% と比較的多い現状から推測されるところですが 障がいの特性に合った適切な医療やリハビリテーションが提供できる地域医療が求められています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体家族 親戚友人 知人 市の職員 問 38 心配や悩みの相談先 ( すべて )( 再掲 ) 保育園 幼稚園 学校 医師 看護師等福祉施設職場 会社の人医療機関の職員の職員 ボランティア 二州健康福祉 敦賀児童相談所センター ( 保健所 ) 民生委員 児童委員 相談支援障がい者 ( 児 ) ホームヘルパーセンター等のの団体相談支援専門員 相談相手社会福祉協議会がいない その他 無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 31

40 (7) 生活環境障がい者の社会参加は進んできており 外出機会が増えています 外出時の不便や困ることについて 障がい者アンケートによると 身体障がい者は 特にない 外出しない 電車 バスなど交通機関の利用が不便 障がい者用の駐車スペースが不備 少ない 知的障がい者は 電車 バスなど交通機関の利用が不便 特にない 外出しない 人の視線や言葉が気になる 精神障がい者は 人の視線や言葉が気になる 電車 バスなど交通機関の利用が不便 特にない 外出しない という回答が多くみられました 障がいのある人も 高齢者も子ども連れでも 誰もが安心して外出できる 人にやさしいまちづくりが求められています 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 電車 バス など交通 機関の利用 が不便 問 42 外出時の不便や困ること ( すべて ) 休憩できる建物内の障がい者用歩道に問題場所が設備が利用の駐車が多い少ない ( 身近しにくいスペースが ( 狭い 段差な公園 歩道 ( 階段 不備 少ないがあるなど ) のベンチトイレなど ) など ) 人の視線や 言葉が 気になる 介助者 がいない 特にない 外出しないその他無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 32

41 さらに 移動に制約がある障がい者にとっては災害時の不安が常にあるため 地域に障がい者がいることを前提とした災害時ネットワークシステムの構築が求められており 防災 福祉の役所庁内の連携はもとより 地域との連携が不可欠となっています 障がい者アンケートによると 風水害や地震等の災害時に困ることは 身体障がい者は 安全なところまで 迅速に避難することができない 避難所の設備 ( トイレ等 ) や生活環境が不安 投薬や治療が受けられない 知的障がい者は 安全なところまで 迅速に避難することができない 周囲とコミュニケーションがとれない 避難所の設備 ( トイレ等 ) や生活環境が不安 精神障がい者は 投薬や治療が受けられない 避難所の設備 ( トイレ等 ) や生活環境が不安 安全なところまで 迅速に避難することができない 周囲とコミュニケーションがとれない という回答が多くみられました また 災害時の避難に頼れる人は 身体障がい者は 家族 親戚 近所の人 知的障がい者は 家族 親戚 福祉施設 精神障がい者は 家族 親戚 近所の人 という回答が多くみられました 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 全体 問 52 風水害や地震等の災害時に困ること ( すべて ) 補装具や日常安全なところ救助を求める投薬や治療が補装具の使用生活用具のまで 迅速にことが受けられないが困難になる入手が避難することできないできなくなるができない 被害状況 避難場所 などの情報 が入手 できない 周囲と コミュニケ ーションが とれない 避難所の 設備 ( トイレ 等 ) や生活 環境が不安 特にないその他無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 33

42 全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳全体身体障がい者手帳療育手帳精神障がい者保健福祉手帳 問 53 風水害や地震等の災害時に頼りにしたい人 (3 つまで ) 全体家族親戚友人 知人民生委員近所の人職場の人 障がい者の ための団体 や組織 福祉サービス ボランティアを受けている福祉施設 事業所 市役所などの消防や警察行政 頼りにしたい人はいないその他無回答 資料 : 敦賀市障がい者福祉に関するアンケート調査 34

43 7. 計画のめざすところ 本計画の基本理念 基本方向を次のように定めます (1) 基本理念 基本理念 ぬくもりに満ちたつるがで自立して共に生きる 本計画では これまでの敦賀市障がい者基本計画の理念を踏襲し 市民と行政が共に 障がい者に対する取り組みを推進していくための基本理念 ( 前提とする考え方 ) を ぬ くもりに満ちたつるがで自立して共に生きる とします まちづくりの指針である第 6 次敦賀市総合計画では 健康福祉分野の基本目標である ぬくもりに満ちたまちづくり を目標に そのなかで どのような制度であっても障がい者福祉の本旨は 障がい者の地域社会との共生と地域社会での自立 であることを明示しています 本計画は この目標に基づき 障がい者に関する専門的 個別的な領域を担うものです 公助 による支援だけでは 障がい者の暮らしを確実に向上させることは困難であることから 公助 のみならず 市民 地域 事業所 団体などの様々な主体による 自助 共助 の取り組みを推進していくとともに これまでの取り組みを踏まえ だれもが安心して自立した生活を送れること すべての障がい者が自分の個性を発揮して 住み慣れたまちで自分らしく過ごせるために 地域と行政が協働し また 一人ひとりが支え合うまちづくりを積極的に推進するものとします 35

44 (2) 基本方向 本計画では 分野ごとの基本方向を以下のとおり掲げます 1 啓発 広報の推進 障がいの有無に関わらず 地域で共に生きる ノーマライゼーション の理念に基づき 障がい者への偏った見方の解消へ向け 啓発 広報活動に引き続き取組んでいきます 国においては 障害者権利条約が平成 25 年 12 月に国会で批准が承認され 障害のない人との平等を基礎として といった基本的な考え方のもと あらゆる障がいを有する人が当たり前に地域で生活できるような環境やまちづくりが求められています 障がいは特別なことではなく 人生の中で誰もが起こりうるものであったり 関わりを持つものであったりするという認識のもと 身体障がい 知的障がい 精神障がい 発達障がいなど 様々な障がい特性の理解促進を図るため 研修会の実施や住民への啓発活動を推進していきます 特に 地域に密着したネットワークなどの協力が欠かせないことから 障がい者相談員や民生委員児童委員等 市内で障がい福祉に関わる人々の研修会の実施を行い 地域支援力の向上を図っていきます さらに 障がい者やその家族 地域の住民などが自発的に行う活動に対する支援を行うとともに 地域福祉に携わる人材の育成を支援します 障害者基本法では 手話は言語と規定されたことを踏まえ 今まで以上に手話奉仕員 手話通訳者の養成や点訳 音訳奉仕員の養成も強化し 地域において様々な障がい者が少しでも意思疎通を図ることができるように ソフト面でのバリアフリーに努めます 障がい児への支援については 児童発達支援や保育所等訪問支援等の児童福祉法に基づく障がいを有する児童を対象とする施策 事業との連携のほか 特別支援学校や教育機関との連携を強化していきます 平成 28 年 4 月に 障害者差別解消法が施行されることに向け 地域の中で どのようなことが差別にあたるのか その解消のためにどのような対応をしていくことができるのか等について検討を重ねます そして 障がい者が安心して地域生活を続けることができる環境を整備し 家庭 学校 会社 地域などにおいて すべての住民が互いに尊重し合い 協力し合う社会づくりを目指します 36

45 ノーマライゼーション : 障がい者など社会的に不利益を受けやすい人々が 社 会の中で他の人々と同じように生活し 活動することが社会の本来あるべき姿 であるという考え方 2 相談 生活支援 権利擁護 障がい者ができる限り住み慣れた地域で生活できるようにするためには 障がい者の日々の生活を支援するとともに 地域全体で障がい者も含めたまちづくりをしていく必要があります 障がい者の日々の生活支援として 障害者総合支援法による自立支援給付 地域生活支援事業や その他の各種生活支援サービスの充実を図ります 障がい者の心身の状況やニーズに応じた多様な支援サービスを実施し 障がい者一人ひとりの生活の質 (QO L) の向上を図っていきます これらの制度を必要な方が適切に利用することができるように 相談体制の充実も図ります 障がい特性を十分理解し 専門的な相談対応ができるように敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい が主体となり 各種相談機関における連携体制の強化を進めていくことが重要です 地域自立支援協議会の相談支援部会において 事例検討を行い 対人援助技術の向上を図るとともに 障がい特性に応じた支援の方法について研修会を開催するなど専門性の向上を図ります 一方 障がいが重いこと 介助者がいないことで施設利用者は多い状況ですが 地域移行が可能な施設入所者については 本人の希望に応じて できる限り地域で暮らせるように支援していく必要があります さらに 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律が一部改正 ( 平成 26 年 4 月施行 ) され 精神障がい者の地域移行や地域定着も推進していく必要があります グループホームの不足は圏域内においても重要な課題となっており 住まいの場を確保するための支援 地域生活を支えるサービスや支え合い活動などを推進することが重要になっています 地域全体で障がい者も含めた街づくりをしていくため 関係機関が相互に連携しながら相談体制の充実に努めるとともに 地域の方々による 地域に密着したネットワークなどの協力が欠かせません その為に 地域活動支援センター 障がい者相談員 民生 37

46 委員児童委員等がそれぞれの課題を持ち寄り 顔の見える関係づくりを図ることで連携体制を構築し 地域支援力の向上を図ることが重要となります また 知的障がいや精神障がいなどにより判断能力が不十分な人については 本人の希望を尊重しつつ様々な権利を守るしくみが必要です 日常生活自立支援事業や成年後見制度などの権利擁護についての理解も促進していきます 障がい者の虐待防止にも取り組み 虐待の早期発見 早期対応ができる体制を明確にしていきます 生活の質 (QOL) の向上 :Quality of Life( クオリティ オブ ライフ ) の略で この場合は いかに人間らしく 満足した日常生活をおくることができるようにするかという意味で用いられる 3 保健 医療 障がいなどの早期発見 早期治療 リハビリテーションは 健やかな暮らしを支えます 厚生労働省は 平成 24 年に地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾病として 脳卒中 急性心筋梗塞 糖尿病 がんに加え 新たに精神疾患を入れ5 大疾病としました 特に 精神障がい者の急増に対し早期発見 早期対応を図るとともに 急性期を過ぎても社会的入院が長期化している現状から 国の方針に基づき地域移行 地域定着を推進し 地域で当たり前に暮らすことができるよう支援します その他様々な疾患についても予防 早期発見 早期治療を図ることで 後遺症としての障がいの発生を防止します また 更生医療 育成医療 ( 自立支援医療 ) においては 障がい部位に対する手術等により障がいを軽減し 日常生活の便宜を図ります 精神通院 ( 自立支援医療 ) においては 医療費の公費負担を行うことで通院を継続することの経済的な負担を軽減し 精神疾患の維持 回復を支援します さらに 発達障がいについては 敦賀市健康管理センターによる 1 歳 6か月児健診 3 歳児健診等を通じて早期発見につとめ 相談機関 医療機関等と連携し早期療育を行い 児童の発達の支援及び保護者の不安の解消に努めます このように 障がい者の心身の健康の維持 増進 回復を図るため 関係機関と密に連携しながら ライフステージや心身の状況に応じた保健 医療 リハビリテーションの的確な提供に努めていきます 38

47 4 育成 教育 障がいのある子どもが地域で共に学び 育つことは その子の将来の生活を豊かにするためにとても重要です そのため 敦賀市や教育委員会は 特別支援学校 地域の学校 幼稚園 保育園と連携しながら 障がいの状況や特性等に応じて 一人ひとりの個性や可能性を伸ばす教育の推進を図ります また 社会の一員として主体的に生活を営む力を育成するため 基本的生活習慣の確立に努めるとともに 適切な進路相談 指導によるサポートに努めます 幼児期の発達障がい児に対して具体的な働きかけの方法を示すことにより 子育てのしにくさによるネグレクトを防止するとともに 家庭環境を把握の上適切な支援につなげていきます 発達障がい児については 早期の対応を図ることで 二次障がいを防ぎ 成人後も社会の中で役割を持って いきいきと生活をしていくことができるような体制づくりが求められています 特に 20 歳までの発達障がい者については 小学校高学年や中学校以降に少なからず迫害体験を受ける可能性があり 後々に自己否定感やうつ症状等の二次障がいにもつながっていくおそれがあるため 教育委員会が主体となって特別支援学校等との継続した連携が必要になっています 敦賀市においては 敦賀市立子ども発達支援センター パラレル が平成 25 年 4 月に設置されており 児童発達支援 放課後等デイサービス 日中一時支援 保育所等訪問支援 障害児相談支援事業のほか 敦賀市立子ども発達支援センターを主体として医療 保健 教育 福祉分野の関係者からなる 敦賀市療育連携会議 等において 市内の療育体制の充実と連携強化 地域の課題などについて随時協議 検討を行っています 児童福祉法による障がい児通所サービスや相談支援事業所の拡充に努め 切れ目のない支援体制を作ります 39

48 5 就業 社会参加 障がい者が地域でいきいきと働くことは 経済的自立のためだけでなく 主体的に生きがいある生活を送るために重要です 市においては 障害者優先調達推進法に基づく敦賀市障がい者優先調達方針に基づき 市各課に優先的な調達について働きかけるとともに 物品の購入や役務の調達 作業の委託などを推進しています 行政のみならず事業所においても障がい者の雇用に努めるとともに 就労継続支援や就労移行支援による一般就労に向けた訓練等により民間事業所における雇用を積極的に促進し 障がい者の就業創出 雇用拡大をサポートします また 一般企業などへの就職が困難な方への福祉的就労の場の確保 充実を図るため 労働部門と福祉部門が連携しながら 障がい者が就業や通所を安定的に続けていくための生活支援に努めます 障がい者が 多様な場で活躍することができる社会参加のしくみづくりは 地域で暮らす障がい者の大きな願いです 障がいのある人もない人も当たり前に 共に活躍できる様々な機会の創出を支援します また 外出やコミュニケーションへの支援などを通じて 生涯学習 スポーツ活動 まちづくり活動など 幅広い活動に参加するための条件整備を支援し 障がい者一人ひとりの個性や能力をまちづくりに最大限に生かします また 学校卒業後の発達障がい者が 言語による指示理解の困難さや コミュニケーション能力の低さなどから 一般就労を短期間で退職することを繰り返しうつ病などの二次障害を発生するリスクを回避することが必要です そのために 教育機関とも連携し 就学や進学時の相談体制の確保や 適切な就労に向けた支援を行うとともに 一般就労退職後にもハローワーク 障がい者就業 生活支援センター及び地域活動支援センター等との連携体制を構築し 切れ目のない支援の継続に努めます 40

49 6 生活環境 生活安全 障がい者が 地域で安心 安全に暮らしていくためには 防犯や交通安全 防災などの面での障がい者への配慮や バリアフリー ユニバーサルデザイン の生活空間づくりが欠かせません 平成 23 年 3 月に発生した東日本大震災をはじめとする大規模地震や 毎年のように発生する洪水 土砂災害等の風水害は 多くの尊い生命 財産を奪うとともに地域に甚大な被害をもたらしています 敦賀市においては 平成 25 年 9 月の台風 18 号通過時に 笙の川周辺への洪水の避難勧告に続き 市全域への土砂災害に対する避難勧告を発令しています 近年の自然災害を踏まえ 地域を中心として 障がいのある人の安否確認や避難等について事前の心構えや準備を行うとともに 避難所などにおいても障がいのある人が安心して過ごせる体制を整備していく必要があります また 敦賀市避難行動要支援者名簿への登録を進めるとともに 福祉避難所への避難誘導支援や避難所運営体制の整備を図っていきます また 障がい者を含めた地域の住民が安心して暮らすことができる社会づくりを目指すために 老障介護世帯や障がい者の独居世帯等で必要がある時には ケアネットづくりを推進していきます 民生委員児童委員や障がい者相談員が 地域の障がい者 住民と顔の見える関係づくりを促進することで ごみ出し 粗大ごみの処分等細かい生活場面においてもスムーズな対応ができる体制づくりを図ります さらには 公営住宅や公共公益施設のバリアフリー化 点字ブロックの敷設や歩車道の段差の解消などによる視覚障がい者や車いす利用者に配慮した道路の整備 ハートフルパーキングの整備導入支援などの環境整備に努めます バリアフリー : 障がい者や高齢者などが暮らしやすくなるために 道路の段差など目に見える障壁をなくすことをいうとともに 心理的社会的な障壁の除去も意味する ユニバーサルデザイン : 健常者 障がい者を問わず すべての人にやさしいデザインであるという考え方で バリアフリーのさらに進化した概念といえる 41

50 本市の障がい者への支援ネットワーク体制を以下の体制で推進していきます < 全市的レベルでのネットワーク > 総合的な相談支援 障がい者福祉サービス利用支援等 社会生活力を高める支援 社会資源の活用支援 専門機関へ紹介等 障がい者 ( 利用者 ) 家族 敦賀市立子ども発達支援センター パラレル 敦賀市障害者地域生活支援センター こだま 嶺南障害者就業 生活支援センター ひびき 二州健康福祉センター 保健 医療関係機関 特別支援学校 教育関係機関 敦賀警察署 敦賀市 敦賀市地域自立支援協議会 相 談 支 援 部 会 在宅 者 地域 支 援部 会 就 労 支 援 部 会 療 育 部 会 地 域 生 活 支 援 部 会 権利擁護 虐待防止部会 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい 敦賀市高齢者 障害者日常生活自立支援センター 地域活動支援センター はあとぽーとさくらヶ丘 障がい者団体等 障がい福祉サービス事業所 企業 就労支援関係機関 敦賀児童相談所 県発達障害児者支援センター スクラム福井 他関係機関 部会は平成 26 年度時点の組織 個別レベルでの支援ネットワーク 問題発見連携 協力 相談支援専門員 障がい者相談員 障がい者団体 自治会 民生委員児童委員福祉委員障がい福祉サービス事業所 NPO 地域で暮らす障がい者世帯 地域住民 ( 地域福祉 ) 主任児童委員 地域活動支援センター 各種ボランティア 42

51 (3) 施策の体系 基本理念 施策の体系 1 啓発 広報の推進 1 啓発 広報の推進と広報媒体 手段の充実 2 福祉教育の推進 3 ボランティア活動等地域福祉の推進 ぬくもりに満ちたつるがで自立して生きる 2 相談 生活支援 権利擁護 1 相談支援 権利擁護の推進 2 生活を支えるサービスの推進 3 在宅生活 日常活動への支援 4 居住の場への支援 5 情報 コミュニケーションの推進 3 保健 医療 1 障がいの原因となる疾病の予防 2 医療 リハビリテーションの充実 4 育成 教育 1 障がい 発達障がいの早期発見と療育支援体制の整備 2 障がい児 発達障がい児への幼児期からの継続的な支援 3 特別支援教育の推進 5 就業 社会参加 1 就業促進の支援 2 多様な社会活動への参加促進 6 生活環境 生活安全 1 人にやさしいまちづくりの推進 2 防災対策の推進 3 地域安全対策の推進 第 4 期敦賀市障がい福祉計画 43

52 44

53 第 2 編障がい者基本計画 45

54 46

55 1. 啓発 広報の推進 啓発 広報の推進 (1) 啓発活動の推進と広報媒体 手段の充実 (2) 福祉教育の推進 (3) ボランティア活動等地域福祉の推進 (1) 啓発 広報の推進と広報媒体 手段の充実 現状と課題 障害者差別解消法が 平成 28 年 4 月 1 日に施行されるため 差別を解消するための措置 ( 差別的取扱いの禁止 合理的配慮の不提供の禁止 ) や 差別を解消するための支援措置 普及 啓発活動等の対策について検討していきます 障がい者施策に対する理解 啓発については 市が中心になり関係機関等に委託して実施しています また 毎年障害者週間に伴い 内閣府からのポスターを窓口等に掲示して広報活動を行っています 権利擁護 虐待防止に関しても一層 PR に取り組んでいく必要があります 制度の改正などがあったときには しおりを更新するとともに 広報つるが RCN で特集を組んでいます 障がい者に対する理解促進のため 一般市民対象に行っている事業は少ないのが現状ですが 障がい者団体が開催する行事に協力し 多くのボランティアの参加を得ること等により 理解を深める活動を行っています 市職員についても 研修に参加し 障がい者福祉への意識向上を図っています 障がい者自身の自立意識については 当事者団体の活動支援をはじめ ピアカウンセリングなどで促進されていますが 今後も継続して取り組んでいくべき課題です 施策展開の方向 障がい者施策に対する理解 啓発については 引き続き市が中心になり実施していきます 各種団体と協力しながら 各種行事やイベントの開催を図ります 地域生活支援事業の必須事業である 理解促進研修 啓発事業の実施や障がい者理解促進のための研修 啓発事業 ( 障がい特性の理解の普及 広報活動 ) を推進します 障がい者施策に関する広報については 毎年 12 月の 障害者週間 に併せて 障がい及び障がい者について 理解を促す啓発の充実を図ります 47

56 広報つるがへの掲載については 障がい者及び障がいに関する理解が深まるような特集を作成し 市民への周知を深めていきます 制度の改正などがあったときには 広報つるが等で随時取り上げて また 該当者に直接案内する等の周知を図ります 障がい及び障がい者に対する理解については ホームページやパンフレット等により理解を促す啓発の充実を図っていきます 出前講座等により 学生や市民に対して障がいへの理解 福祉教育の充実を図ります 障がい者の支援ネットワークの充実のため 県等の行政機関をはじめ 市内の障がい者関係施設 相談機関 雇用関係者等との連携を深めていきます 市民の積極的参加による福祉事業の推進を図るとともに 障がい者や市民がより参加しやすい環境整備に努めます 主な施策 事業 啓発活動 年 12 回発行の広報つるがや 市ホームページへの掲載等により実施します 案内パンフレットの作製 配布 あいあい パラレル こだま ひびき 等の障がい者関係機関の案内パンフレットを作製し 周知を図っています 社会生活訓練プログラム 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい において 市内の在宅の身体障がい者等を対象として 社会生活訓練プログラム ( 身体障がい者さわやかカフェ 身体障がい者料理教室 身体障がい者パソコン教室等 ) ピアカウンセリングを実施します 歳末たすけあい事業 社協事業 障がい者のふれあいのひろば ( クリスマス会 ) 障がい者わくわく交流会を開催します 福祉関係図書 ビデオソフト等による啓発活動 社協事業 福祉関係の図書 ビデオソフト DVD ソフト等の無料貸出による啓発活動を行っています (2) 福祉教育の推進 現状と課題 学校では 思いやりや奉仕の精神に関わる道徳的価値を重視し 総合学習や道徳の時間をはじめ学校教育全体において福祉の心を育んでいます 委員会活動やクラブ活動 児童 生徒会活動の一環として各福祉施設へ訪問し交流するなどの活動を行っています 48

57 市社会福祉協議会や各種団体等との協力体制を確立するとともに 障がい者福祉に対する理解と認識を深めるような場を捉えて働きかけています 各学校における福祉活動推進の主な事業は次のとおりです 1 社会福祉施設等への訪問活動 2 体育祭 文化祭等の学校行事での交流 3 近隣地域における各種の奉仕活動の参加 4 福祉講演会の開催や 学校新聞を利用した広報活動の実施 5クリーン作戦など校区内の清掃活動の実施 6アイマスク体験 車いす体験など体験学習 生涯学習においても 福祉や障がいに関する講座は 福祉活動の推進を図る上で重要な役割を担っています 施策展開の方向 小中学校の総合学習や道徳等の時間をはじめとする学校教育全体の中で 障がい者福祉の教育を図ります 市社会福祉協議会が実施している福祉教育推進校事業を支援し 各学校における福祉活動の更なる推進を図ります また 市社会福祉協議会と連携し 人権や福祉に関する生涯学習講座の充実及び参加促進を図ります 人権意識や福祉意識は家庭環境の影響が大きいことを保護者が認識し 保護者自身が日常生活を通じて身をもって子どもに示していくようにします 市民が生涯に渡って 福祉や障がいについて学んでいけるように 福祉教育の充実を図ります 主な施策 事業 福祉教育推進校事業 社協事業 児童福祉対策事業の一環として 福祉教育推進校事業を推進し 市内全小中学校を福祉教育推進校に指定します 各小中学校での福祉教育 福祉活動 各小中学校で人権意識や福祉意識を高めるため 関係教科等で学習し ボランティア活動を実践しています 保護者には福祉に対する理解と認識を深めるための働きかけを行います 児童生徒を対象に 一学級一福祉などの名称による活動を実践しており その際は必ず教員も同じ講座を受講しています ボランティア出前講座 小 中学校等において 障がい者による講話 ボランティアの指導による音訳体験 点訳体験 手話体験などを実施 49

58 学校での福祉教育 社協事業 市社会福祉協議会の指導 援助等により 各学校では道徳の時間をはじめ学校教育全体において福祉の心を学びます 各種団体と児童生徒の交流活動 社協事業 地域の各種団体等では活動 ( 交流 ) を継続的に行っています (3) ボランティア活動等地域福祉の推進 現状と課題 市社会福祉協議会においてボランティアセンターを開設し ボランティア活動についての相談受付や登録 あっせん 啓発 普及 各種ボランティア養成講座の開催などさまざまな事業を展開しています 障がい者の福祉ニーズは 年々多種多様化してきており ボランティアによる福祉活動に寄せられる期待も高まっているが ボランティアの高齢化などもみられ 活動の担い手を増やし 活動の幅を広げていくことが課題となっています 施策展開の方向 市社会福祉協議会に委託しているボランティアセンター運営事業を 今後も引き続き行っていきます 市社会福祉協議会と連携をとり 障がい者とボランティアとの橋わたし役となるボランティアコーディネーター等の専門的知識をもった人材育成に努め ボランティアの研修の機会の増加等を図っていきます 男性や若い世代のボランティア活動への参加を積極的に呼びかけます 定年退職者や子育て経験者の知識や技術等の活用を図ります ボランティア活動に参加するきっかけづくりやボランティア活動を広く認知してもらえるように広報していきます 関係機関と十分に連携を図り より一層のボランティア活動の推進に努めます 主な施策 事業 ボランティアセンター運営事業 ボランティア活動啓発推進事業 ボランティア養成研修事業 ボランティア活動推進事業 福祉ボランティアグループ連絡協議会事業 ボランティア活動登録相談 斡旋 調整基盤づくり事業を実施します 50

59 ボランティアコーディネーター等を配置 ボランティアコーディネーター等が障がい者や市民等からのボランティア活動に関する相談などに対応します 各種ボランティア養成研修事業 布おもちゃ作りボランティア講座 子育てサポートボランティア講座 調理ボランティア講座 聴き上手 ボランティア講座 音訳ボランティア初級講座 音訳ボランティア研修会 点訳ボランティア初級講座 点訳ボランティア研修会 知的障がい者等支援ボランティア講座等を開催します 51

60 2. 相談 生活支援 権利擁護 (1) 相談支援 権利擁護の推進 (2) 生活を支えるサービスの推進 相談 生活支援 (3) 在宅生活 日中活動への支援 (4) 居住の場への支援 (5) 情報 コミュニケーションの推進 (1) 相談支援 権利擁護の推進 1 相談支援の充実 現状と課題 敦賀市地域自立支援協議会の相談支援部会においては随時部会を開催し 主に以下の 検討を行っています 平成 25 年度以降の検討状況は以下のとおりです 開催日検討内容課題 検討結果等 4 月 19 日 ( 金 ) 第 1 回会議 5 月 17 日 ( 金 ) 第 2 回会議 6 月 21 日 ( 金 ) 第 3 回会議 7 月 19 日 ( 金 ) 第 4 回会議 8 月 19 日 ( 月 ) 第 5 回会議 9 月 20 日 ( 金 ) 第 6 回会議 10 月 18 日 ( 金 ) 第 7 回会議 11 月 15 日 ( 金 ) 第 8 回会議 相談支援事業所の PR 活動について 事例からみえる地域の共通課題について 相談支援事業所の PR 活動について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 相談支援事業所の PR 活動について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 相談支援事業所の PR 活動について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 相談支援事業所の PR 活動について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 計画相談のチラシの作成について 事例からみえる地域の共通課題について 相談支援事業所の PR 活動について 計画相談のチラシの作成について グループホームに関する相談について 事例からみえる地域の共通課題について 12 月 19 日 ( 木 ) 計画相談に関する協議第 9 回会議 計画相談実施状況の報告 各相談支援事業所の計画相談実施状況を確認 各相談支援事業所から 現状の人員体制では新規利用者への対応は大変厳しい 52

61 開催日検討内容課題 検討結果等 1 月 17 日 ( 金 ) 平成 26 年 1 月から平成 27 年 3 月まで第 10 回会議のサービス等計画相談案 障害児相談支援利用計画案の提出依頼予定数の報告 2 月 21 日 ( 金 ) 状況説明を受けながら情報交換第 11 回会議 3 月 19 日 ( 水 ) 状況説明を受けながら情報交換第 12 回会議 相談支援部会の使用様式に グループホームに関する相談 項目を追加し 相談件数等を把握 [ 平成 26 年度 ] 計画相談の実施状況について 4 月 18 日 ( 金 ) 情報交換と市内全体の課題等の協議第 1 回会議 5 月 22 日 ( 木 ) 状況説明を受けての情報交換第 2 回会議 6 月 20 日 ( 金 ) 状況説明を受けての情報交換第 3 回会議 今後の計画相談依頼件数を推測すると 現在の相談支援事業所の人員体制で対応していくのは大変厳しい 計画相談の請求できる場合 できない場合を整理してまとめる必要 市内の相談支援事業所及び相談支援専門員が少ないため 利用者への対応が間に合っておらず 平成 26 年度末に完全実施をすることが難しい 計画相談に関する諸手続きが不明確なところが多い 計画相談の内容を 障がいのある方々や家族等へ向けて積極的に PR する必要 計画相談の作成 立案の仕方についての検討の場が必要 国立病院機構福井病院に入所している方の計画相談の依頼が 他県他市からも多くきており 今後 国立病院機構福井病院に入所されている方の計画相談をどのように行っていくか検討が必要 障がい者や家族に対する相談については 地域生活支援事業の障害者相談支援事業として 相談支援事業者に委託して実施しているほか 市役所窓口においては 精神保健福祉士等の専門職の配置に努めながら 各種相談に対応しています 地域においては 民生委員児童委員や市の委嘱による身体障がい者相談員 知的障がい者相談員が日頃から相談等の活動を行っています 計画相談に関する諸手続きについては 市内の相談支援事業所及び相談支援専門員が少ないため 平成 26 年度末に完全実施となっている計画相談の利用者への対応が大変厳しい状況にあります また 敦賀市内分だけでなく 他県他市からも相談支援事業所に計画相談の依頼が多くきている状況です 計画相談に関しては 障がいのある方々や家族等に広く案内するとともに 制度の周知を図っています 様々な相談窓口からの相談が担当課や相談支援事業者につながるように 各種相談支援機関のネットワーク化を図るため 地域自立支援協議会の相談支援部会において継続的に検討を行っています 苦情解決の仕組みについては各事業者が 利用契約時等に利用者に情報提供を行っているほか 市役所窓口においても 個々に苦情の内容を伺い対応しています 53

62 計画相談支援事業 区分 平成平成平成平成 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度 指定相談支援事業者数 ( ヶ所 ) 障害児相談支援事業者数 ( ヶ所 ) 平成 26 年度は 2 月 1 日現在 施策展開の方向 多様化する相談内容に対応するため 敦賀市地域自立支援協議会 の相談支援部会において 相談支援事業所の状況等を確認しながら市及び各相談機関が連携を強化し 引き続き医療機関 労働関係機関 教育機関 障がい福祉サービス事業所等を含めたネットワーク体制の強化を図ります 市役所窓口においては社会福祉士 精神保健福祉士 保健師等の専門職の配置に努め 障がい者の福祉 保健 医療等の各種相談に専門的に対応できる体制を確保するとともに 市役所窓口に手話通訳者を配置し 聴覚障がい者の相談等に対応します 障害者総合支援法に基づく 地域生活支援事業として 障がい者等からの相談に応じ 必要な情報の提供等を行うための障害者相談支援事業を重視して実施します 平成 27 年度からは 障がい児 障がい者の福祉サービス利用者全員に 特定相談支援事業者及び障がい児相談支援事業者が作成する利用計画が必須となります 個別に相談支援専門員が 障がい者の心身の状況 置かれている環境 サービスの利用に関する意向などを確認し 事業者等と連携し 一人一人の障がい者の支援体制を明確にするものです 全ての事業者に対して 苦情解決の仕組みの整備が図られるように 社会福祉法に基づく法人 施設の監査等あらゆる機会を通じて 苦情解決の仕組みの整備とサービス利用者等への周知について 指導 助言を行います 事業者段階の苦情解決がより適切かつ円滑に行われるように 福井県社会福祉協議会の 福井県運営適正化委員会 が行う研修等への参加を呼びかけていきます 市民に対しては 福井県運営適正化委員会 による苦情解決の仕組みについて 普及啓発を図るとともに 障がい福祉サービスに関する苦情が 適切 迅速かつ円滑に解決されるように 関係機関との連携体制を整備します 指定相談支援事業者 障害児相談支援事業者の指定ならびに拡充を図ります 54

63 主な施策 事業 基本相談支援事業 敦賀市社会福祉協議会 ( 主に身体障がい ) 敦賀市社会福祉事業団( 主に知的障がい ) 二州青松の郷 ( 主に精神障がい ) に委託し 障がい児者やその家族に対し 日常生活等に関する相談や必要な情報の提供を行います 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい が中心となり 敦賀市障害者地域生活支援センター こだま 地域活動支援センター はあとぽーとさくらヶ丘 敦賀市立子ども発達支援センター パラレル において 障がい者等からの相談に応じ 必要な情報提供等を行うなどの相談支援を行います 計画相談支援の推進 指定相談支援事業者 障害児相談支援事業者の指定ならびに拡充を図ります サービス利用計画等の作成 ケアマネジメントの体制づくりを支援します 基幹障害者相談支援センター運営事業 障害の種別や各種のニーズに対応できる総合的な相談支援や専門的な相談支援を実施します 地域の相談支援事業者に対する訪問等による専門的な指導 助言や 地域の相談支援事業者の人材育成の支援 ( 研修会の企画 運営 日常的な事例検討会の開催等 ) 地域の相談機関 ( 相談支援事業者 身体障害者相談員 知的障害者相談員 民生委員児童委員 高齢者 児童 保健 医療 教育 就労等に関する各種の相談機関等 ) との連携強化 ( 連携会議の開催等 ) を行います 障害者支援施設や精神科病院等への地域移行に向けた普及啓発や 地域生活を支えるための体制整備に係るコーディネート等の地域移行 地域定着促進のための取組みを進めます 成年後見制度利用支援事業や 障がい者等に対する虐待防止の取組みを行います 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい が事務局となり 敦賀市地域自立支援協議会を運営します 敦賀市地域自立支援協議会及び各部会開催による地域課題の共有と検討を進めるとともに連携強化を図ります 2 権利擁護 虐待防止の推進 現状と課題 敦賀市地域自立支援協議会の権利擁護 虐待防止部会においては随時部会を開催し 主に以下の検討を行っています 平成 25 年度以降の検討状況は以下のとおりです 55

64 開催日検討内容課題 検討結果等 [ 平成 25 年度 ] 7 月 29 日 ( 月 ) 第 1 回会議 敦賀市障がい者虐待防止センターについて意見交換 敦賀市障がい者虐待防止センターの PR 気軽に相談をしてもらえる体制づくり 虐待防止に関する研修会の検討 虐待防止のネットワーク 連携体制の構築の今後協議継続 11 月 27 日 ( 水 ) 敦賀市基幹障害者相談支援センター 障害者虐待防止法に関する国や県のPR 第 2 回会議 あいあい が 11 月 1 日 ( 月 ) に開催した 平成 25 年度障がい者権利擁護セミナー を振り返っての意見交換 活動の状況について 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい が情報収集の上次回報告 権利擁護 虐待防止に関するPR 活動 PRのため 敦賀市障がい者虐待防止セ 啓発活動に関して意見交換 ンターのチラシを部会員が所属する機関 団体で配付 2 月 24 日 ( 月 ) 敦賀市基幹障害者相談支援センター第 3 回会議 あいあい が 障害者虐待防止法に関する国や県のPR 活動の状況について情報収集した結果報告 [ 平成 26 年度 ] 6 月 30 日 ( 月 ) 第 1 回会議 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい が作成した障がい者虐待 ( 疑い ) 連絡シート ( 案 ) のたたき台を基に連絡シートの検討 敦賀市障がい者虐待防止センターに連絡する際の連絡様式を作成 連絡シート ( 案 ) に対する意見等をふまえ 敦賀市基幹障害者相談支援センター あいあい で修正し 次回再検討 意見交換 権利擁護の重要性が高まっていることから 成年後見制度利用支援事業についてはこれらの制度があることを広く周知していくことが重要です 高齢者や児童の虐待の問題とともに 障がい者を取り巻く環境が変化し 課題が表面化してきています 障害者虐待防止法が平成 24 年 10 月から施行されており 虐待防止に関する正しい理解が深まるように啓発するとともに 虐待防止に向けた体制づくりが課題です 施策展開の方向 障害者虐待防止法の施行を受け 虐待防止対策として地域福祉課に敦賀市障がい者虐待防止センターを設置して 虐待防止対策に取り組み 必要時には迅速な対応をします 障がい者の人権に関しては 県が実施している 障害者 110 番 事業の利用や各相談機関との連携を深め 対応していきます また 障がいのある人の権利擁護については 市社会福祉協議会が実施する日常生活自立支援事業の広報に努め 対応の強化を図ります 障がいのある人の権利が侵されないように 障がいのある人の権利擁護について広く市民に啓発します 障がい等で判断能力が低下した障がい者の暮らしを守るため 相談に適切に対応するとともに 必要に応じて成年後見制度と日常生活自立支援事業の利用を支援します 56

65 主な施策 事業 虐待防止対策の推進 平成 24 年 10 月より敦賀市障がい者虐待防止センターを設置しており 障がい者虐待防止対策を推進します 成年後見制度利用支援事業の実施 申立人のいない障がい者に対し 市長申し立てなどの支援をします 地域自立支援協議会の運営 相談支援部会の開催により 地域課題等を共有します 専門機関を招いての勉強会を開催します 権利擁護に関する相談 委託障がい者相談支援事業者において 権利擁護に関する相談等に対応します 障がい者権利擁護セミナーを開催します 敦賀市高齢者 障害者日常生活自立支援センター ( しあわせねっと ) 社協事業 日常生活自立支援事業 ( 福井県社会福祉協議会委託事業 ) を実施します 福祉サービス利用手続きの援助や 福祉サービス利用料金の支払いの代行等を行います (2) 生活を支えるサービスの推進 1 障がい福祉サービスの推進 現状と課題 自立支援給付 と 地域生活支援事業 を実施しています 自立支援給付のサービスでは 自立訓練 ( 機能訓練 ) の利用が高く また 児童通所支援事業では 各事業ともに大きく計画値を上回り 放課後デイサービスの利用は特に高くなっています 地域生活支援事業では 日常生活用具の介護 訓練支援用具の利用が高くなっています 区分 平成平成平成平成 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度 障害者自立支援給付審査会の運営 回数 ( 回 ) 自立支援給付等事業延べ件数 ( 件 ) 5,549 6,689 9,060 6,837 平成 26 年度は 12 月支払分まで 57

66 施策展開の方向 障害者総合支援法に基づき 障がい福祉計画において 平成 27 年度から平成 29 年度までの3 年間における障がい福祉サービス等の見込量 その確保のための方策及び相談支援 地域生活支援事業の提供体制の確保に係る目標等を設定し 制度改正等の動向を踏まえながら障がい福祉サービスを推進します 主な施策 事業 障害者自立支援給付審査会の運営 公平な給付認定を実現する観点から障害支援区分の認定等を行うため 障害者自立支援給付審査会を設置し 円滑に運営します 自立支援給付等事業 敦賀市障がい福祉計画に基づき 自立支援給付サービスを実施します 受給者証の交付及び支給決定などの作業を円滑に行います 地域生活支援事業 障がい児者が自立した日常生活 社会生活を営むことができるよう 敦賀市障がい福祉計画に基づき 地域の特性に応じ各種事業を実施します 地域自立支援協議会の運営 敦賀市地域自立支援協議会及び各部会開催により地域課題の共有と検討を重ねるともに支援ネットワーク連携強化を図ります 2 その他の福祉サービスの推進 現状と課題 障がい福祉サービス以外で市等が実施しているサービスについては 引き続き必要な人 が利用でき また組み合わせて利用することで自立した暮らしにつながるようにサービ スについて周知を図るとともに 適切な相談対応に努めることが重要です 障がい者福祉バス運行事業重度身体障がい者等タクシー利用助成事業寝具洗濯サービス事業 平成平成平成平成区分 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度借り上げ件数 ( 件 ) タクシー 5,189 5,077 5,084 4,080 助成件数 ( 件 ) リフトタクシー 2,181 2,235 2,135 1,600 利用者数 ( 人 ) 平成 26 年度は 12 月末現在 58

67 施策展開の方向 障がい福祉サービス以外で実施している各種サービス等について サービスの周知を図るとともに 相談への対応 質の向上をめざします 地域において福祉 保健 医療関係専門職員がそれぞれ有する役割 能力 専門性を生かして 複数のサービスを総合的に調整して利用者に適切に提供するケアマネジメント能力を向上させることができるように 会議や研修会等を行うとともに 専門職員間の連携によるパートナーシップの構築を図ります 主な施策 事業 障がい者福祉バス運行事業 障がい者又はその家族で組織する団体などの育成と活動を支援し 自立 共生及び社会参加の促進と福祉の向上を図るため 敦賀市がこれに必要なバス料金に対して助成を行います 重度身体障がい者等タクシー利用助成事業 重度身体障がい者等 ( 身体障害者 1 級及び下肢 体幹 視力の1 種 2 級 療育手帳 A1) が タクシー及びリフトタクシーを利用した場合の基本料金を助成します 寝具洗濯サービス事業 重度身体障がい者の清潔な生活を保持し 介護者の負担の軽減を図るため 寝具を洗濯 乾燥しその費用を負担します 屋根雪おろし支援事業 積雪による住居の倒壊又は損傷を防止し 安心かつ安全な生活を確保するため 屋根雪下ろしにかかる費用の一部を支援します (3) 在宅生活 日中活動への支援 敦賀市地域自立支援協議会の地域生活支援部会においては随時部会を開催し 主に以 下の検討を行っています 平成 25 年度以降の検討状況は以下のとおりです 59

68 開催日検討内容課題 検討結果等 [ 平成 25 年度 ] 敦賀市地域自立支援協議会平成 24 年度第 5 月 9 日 ( 木 ) 2 回全体会の内容について報告第 1 回会議 学校卒業後の生活に関する部会からの引き継ぎ事項等を確認 7 月 5 日 ( 金 ) 国立病院機構福井病院で平成 25 年度から第 2 回会議実施している事業の現況説明 放課後等デイサービスなどの利用状況について意見交換 9 月 5 日 ( 木 ) 第 3 回会議 平成 24 年度に行った 日中の生活 居場所に関する状況把握のための調査 でわかった課題等について引き続き検討 地域にある課題解決に向けて 当部会と国立病院機構福井病院が今後も連携確認 第 2 回会議を振り返り意見交換 敦賀市立子ども発達支援センターパラレルの現況を聞いてみたいとの意見 相談支援部会で話し合ってきた個別ケースから見えてくる地域の課題の中で サービスが必要な状況にあっても本人または家族が断ってしまう 課題について部会で引き継ぎ今後検討 11 月 7 日 ( 木 ) 敦賀市立子ども発達支援センターパラレ第 4 回会議ルで平成 25 年度から実施している事業の現況説明 放課後等デイサービスなどの利用状況について意見交換 1 月 9 日 ( 木 ) 第 5 回会議 3 月 6 日 ( 木 ) 第 6 回会議 第 3 回 第 4 回会議の振り返りと地域の課題の確認 敦賀市障害者地域生活支援センターこだまの事例を紹介 地域の課題 サービスが必要な状況にあっても本人または家族が断ってしまう 本人 家族への支援の充実 に対する検討 意見交換 地域の共通課題 本人 家族への支援の充実 について振り返り協議内容のまとめ [ 平成 26 年度 ] 敦賀市地域自立支援協議会平成 25 年度第 5 月 1 日 ( 木 ) 2 回全体会の内容報告第 1 回会議 7 月 3 日 ( 木 ) 第 2 回会議 地域生活支援事業について 敦賀市福祉事務所発行の平成 26 年度版の障がい者福祉の手引等を参考に 地域生活支援事業の種類や内容を確認し意見交換 地域にある課題解決に向けて 当部会と敦賀市立子ども発達支援センターパラレルが今後も連携確認 敦賀市障害児福祉団体連合会内でも移動支援事業に対する要望が多数あったため 地域生活支援事業 ( 移動支援事業 ) の課題を運営会議につなぐ 1 生活基盤の安定 現状と課題 特別障害者手当 障害児福祉手当 重症心身障害児者福祉手当の支給を行っています 障がい者の社会生活の安定のための年金制度 各種手当 制度等の周知を広く図る必要がありますが 各手帳交付時や広報つるが等掲載時に周知を図っています 各種制度やサービスの充実を図るにあたり 市民の理解と協力が得られるように 市民に対する周知啓発を一層推進していく必要があります 60

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

.T.v...ec6

.T.v...ec6 子育て支援推進都市をめざして 鈴鹿市は 子育て支援の先進都市をめざして取り組んでいます その一環として市は平 成16に 子育て支援総合推進モデル市町村事業 を導入しました これは 次世 代育成支援行動計画において各種の子育て支援事業に積極的に取り組もうとする市町村 を国が指するもので 全国で49市町村が指されたものです このため 鈴鹿市では 通常の市町村がを設するサービスよりも多くのメニューについてを設して

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

2 保険者協議会からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 ( 同日開催の保険者協議会において説明も実施 ) (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意見数 25 件 ( 総論 3 件 各論 22 件

2 保険者協議会からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 ( 同日開催の保険者協議会において説明も実施 ) (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意見数 25 件 ( 総論 3 件 各論 22 件 資料 1-1 地域医療構想 ( 案 ) に対する意見について 1 市町村からの意見 ( 医療法第 30 条の 4 第 14 項の規定に基づく意見聴取 ) (1) 照会日平成 28 年 3 月 3 日 (2) 期限平成 28 年 3 月 30 日 (3) 意件数 5 件 (4 市 ) (4) 意見の内容 主な意見と県の回答 1 医療提供体制について 日常の医療 緊急時の医療 在宅医療体制の整備 特に周産期

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

untitled

untitled 1. 52 53 1. 54 55 第2章 政 策目標 ❶支え合いの心でつくる安全 安心のまち 施策目標1. 安全 安心のまちづくり 主要施策 3 交通安全と地域防犯の推進 現状と課題 交通安全対策については 近年 交通事故件数や死者数は減少しているものの 自転車 に起因する事故や高齢者ドライバーの増加などに対応できるよう 安全対策と交通ルール マナー向上への啓発 指導に地域と連携して取り組むことが必要です

More information

2

2 高齢者虐待を防ぎましょう 高 齢 者 が 尊 厳 を も っ て 安 心 し て 暮 ら せ る 社 会 に 高齢者虐待防止ネットワークさが 啓発ポスター優秀作品 画 兵藤まさし 高齢者虐待の防止 高齢者の養護者に対する支援等に関する法律 以下 高齢者虐待防 止 養護者支援法 が平成18年4月1日に施行されました 高齢者虐待は全国的に増加し 佐賀県においても年々増加しています 虐待する方が悪い とは限らず

More information

とする ( 第 1 条 ) 障害者及び障害児が日常生活又は社会生活を営むための支援は 相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため 総合的かつ計画的に行わなければならない ( 第 1 条の 2) としています この基本的理念は 障がいのある人が地域社会で自立した日常生活や社会生活を営

とする ( 第 1 条 ) 障害者及び障害児が日常生活又は社会生活を営むための支援は 相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため 総合的かつ計画的に行わなければならない ( 第 1 条の 2) としています この基本的理念は 障がいのある人が地域社会で自立した日常生活や社会生活を営 宝塚市障害福祉計画 ( 第 4 期計画 ) の概要 障害福祉計画とは 宝塚市障害福祉計画 ( 第 4 期計画 ) とは 宝塚市にお住いの障がい者や障がい児に対する障害福祉サービス 相談支援 地域生活支援事業の提供体制の確保に関する計画で 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 ( 障害者総合支援法 ) 第 88 条の規定に基づき市町村が定める計画です ( 本文 3 ページ ) この計画は

More information

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的

このような現状を踏まえると これからの介護予防は 機能回復訓練などの高齢者本人へのアプローチだけではなく 生活環境の調整や 地域の中に生きがい 役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなど 高齢者本人を取り巻く環境へのアプローチも含めた バランスのとれたアプローチが重要である このような効果的 介護予防の推進について 1. 基本的な考え方 介護予防は 高齢者が要介護状態等となることの予防や要介護状態等の軽減 悪化の防止を目的として行うものである 特に 生活機能の低下した高齢者に対しては リハビリテーションの理念を踏まえて 心身機能 活動 参加 のそれぞれの要素にバランスよく働きかけることが重要であり 単に高齢者の運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけを目指すものではなく 日常生活の活動を高め

More information

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年)

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年) 八街市民憲章 わたくしたちの八街は 開拓の歴史と恵まれた自然環境の中で 先人の努力によって栄えてきたまちです わたくしたちは ヒューマンフィールドやちまた を目指して 調和のとれたよりよいまちづくりのために この憲章を定めます 1. 郷土を愛し 文化のかおり高いまちにしましょう 1. 自然を大切にし 潤いのある美しいまちにしましょう 1. きまりを守り 明るく住みよいまちにしましょう 1. おもいやりのある

More information

Microsoft Word 送迎アンケート報告版.doc

Microsoft Word 送迎アンケート報告版.doc 北九州市 あなたの年齢について 200 9 歳以下 10 代 150 20 代 30 代 40 代 100 50 代 60 代 50 70 代 80 代以上 0 未記入 持っている手帳について 500 400 身障手帳 300 療育手帳精神手帳 200 持っていない 未記入 100 0 北九州市 身体障害の内訳 上肢 下肢体幹 視覚 心臓 聴覚 平衡機能 音声 言語 じん臓 呼吸器 ぼうこう 直腸小腸

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

00.xdw

00.xdw 地域及び職場における 食生活改善のための取組の推進 スーハ ーマーケット 飲食店における普及啓発活動 1 地域保健福祉センター, 医療福祉施設, スーハ ーマーケット, 飲食店, 職場の食堂等における普及啓発 食育 健康づくり推進課 にいがた子ども食事バランスガイド の普及啓発 2 新潟市版食事バランスガイド の作成, 活用促進 保健所健康衛生課 にいがた地域版食事バランスガイド の 作成 活用の促進

More information

地 域 社 会 における 共 生 の 実 現 に 向 けて 新 たな 障 害 保 健 福 祉 施 策 を 講 ずるための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 の 概 要 1. 趣 旨 障 がい 者 制 度 改 革 推 進 本 部 等 における 検 討 を 踏 まえて 地 域 社 会 に

地 域 社 会 における 共 生 の 実 現 に 向 けて 新 たな 障 害 保 健 福 祉 施 策 を 講 ずるための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 の 概 要 1. 趣 旨 障 がい 者 制 度 改 革 推 進 本 部 等 における 検 討 を 踏 まえて 地 域 社 会 に 地 域 社 会 における 共 生 の 実 現 に 向 けて 新 たな 障 害 保 健 福 祉 施 策 を 講 ずるための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 について 地 域 社 会 における 共 生 の 実 現 に 向 けて 新 たな 障 害 保 健 福 祉 施 策 を 講 ずるための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 の 概 要 1. 趣 旨 障 がい 者 制 度

More information

年中児スクリーニングの事後支援 年中児スクリーニングの事後支援として 22 市町村が園巡回を実施しているが SST は 5 市町村の実施 ペアレントトレーニングは 7 市町村の実施に止まっており 事後支援を実施する市町村の拡大が課題 園巡回 : 専門職が保育所 幼稚園を巡回し 保育士等に指導 助言

年中児スクリーニングの事後支援 年中児スクリーニングの事後支援として 22 市町村が園巡回を実施しているが SST は 5 市町村の実施 ペアレントトレーニングは 7 市町村の実施に止まっており 事後支援を実施する市町村の拡大が課題 園巡回 : 専門職が保育所 幼稚園を巡回し 保育士等に指導 助言 資料 発達障害者支援の課題と方向性 ( たたき台案 ) 1. 発達障害者支援によって目指すべき社会 発達障害者の一人一人が持つ学習面 行動面 社会性 コミュニケーション等に係る課題に対して 様々な分野の関係者が連携し ライフステージ ( 乳幼児期 ~ 成人期 ) を通じて継続的に支援を提供し 対応能力の向上を図ることにより 二次的な障害の発生を防止し 成人期に企業等で一般就労を行うなど 発達障害者が自立と社会参加を実現できる社会を目指す

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

h23活動報告書

h23活動報告書 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワー ク学習事業の概要 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワーク学習事業の概要 地域とそこで暮らす市民 学校 区役所や市民館などが連携し 協力して学習活動を発展させている また 広く学習にかかわる情報や人などのネットワークづくりを進め 生涯学習活動やボランティア活動 市民活動を積極 的に支援している 1 行政区地域教育会議 行政区において 学校 家庭 地域の連携により 区内の子育てや生涯学習のネットワークづくりと

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

第 3 期きずな計画づくりスタート!! 第 3 期きずな計画づくりスタート!!

第 3 期きずな計画づくりスタート!! 第 3 期きずな計画づくりスタート!! C O N T E N T S 第 3 期きずな計画づくりスタート!! 第 3 期きずな計画づくりスタート!! きずなのまちづくり助成 助成事業決定 登別市地域福祉実践計画 きずな の趣旨に沿った地域福祉活動やボラン ティア活動に対して 赤い羽根共同募 金の支援を受け活動費の助成を行って います 今年度は28の事業に対して の助成が決定しました 平成27年度きずなのまちづくり助成 助成事業一覧

More information

0306hattatsuhyo01-hyo04

0306hattatsuhyo01-hyo04 はじめに 平成17年4月に発達障害者支援法が施行され 発達 障害 を法律に規定し 医療 教育 福祉 就労等の関 係機関が連携を図り 乳幼児期から成人期までの一貫し た支援が明確化されるとともに 発達障害者支援センタ ーの設置もうたわれました 神奈川県では 県域 横浜市 川崎市 相模原市を除 く を対象地域とし 発達障害児者とその家族 関係者 の方々への支援等を実施する専門機関として 平成17 年4月

More information

小児_各論1の2_x1a形式

小児_各論1の2_x1a形式 6 2 1 医療機関の連携 在宅医と病院主治医 8 3 地域連携の形 地域 主治医の病院 広域 行政 在宅 医療系 定期受診 基幹病院 保育 教育 連携体制 訪問診療 連携会議 子どもと 家族 医療系 コーディ ネーター 療育系 ショートステイ レスパイト入院 福祉系 在宅医 在宅小児の疾患の希少性から 健康管理をするためには専門知識をもった検査 治療などのフォローが必要であり 小児 在宅患者は2人の主治医が必要である

More information

【最終版】医療経営学会議配付資料20150613.pptx

【最終版】医療経営学会議配付資料20150613.pptx 27613 7 2012 2015 2025 H20.11 3 H25.8.6 H25.12.13 H25.8.6 2 3 5 6 1 H24643 2() 2025 1106030 10 30 43 10512 生 支 老老 人 自 病気になったら 医 療 地域包括ケアシステムの姿 介護が必要になったら 介 護 病院 急性期 回復期 慢性期 通院 入院 日常の医療 かかりつけ医 有床診療所

More information

土浦社会福祉協議会_01

土浦社会福祉協議会_01 No.136 2012.9.18 2 つちうら社協だより その他 配分の金額は 平成24年度歳末たすけあい募金によって決定します 配分金は 原則として1世帯あたり1件分の配分となります 配分の決定は 決定通知書でお知らせいたします 配分金の受渡しは 指定される口座 金融機関 への振込となります なお 平成24年12月中旬ごろ 振 込を予定しております 不正 虚偽の申請や配分の審査により 配分対象が無効になる場合や

More information

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して 38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施している学校が全体のおよ 本稿では 紙面の都合上 活動3 に光を当てて 本調査研究の経過および結果について以下に述べるこ

More information

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会 社会福祉法人江東園個人情報保護規定 第 1 条 ( 目的 ) 社会福祉法人江東園 ( 以下 本会 という ) は 個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと 個人情報の適正な取り扱いに関して 個人情報の保護に関する法律 及びその他の関連法令等を遵守する 第 2 条 ( 利用目的の特定 ) 本会が個人情報を取り扱うに当たっては その利用目的をできる限り特定する 2 本会が取得した個人情報の利用目的を変更する場合には

More information

221 新潟県長岡市 齋藤氏【自治体における組織横断的な連携~精神障害者の地域移行を通して~】

221 新潟県長岡市 齋藤氏【自治体における組織横断的な連携~精神障害者の地域移行を通して~】 1 2 3 4 H27.6.1 5 6 7 8 H27.4.1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 物件紹介依頼シート 住むところを探しています! 紹介してください! 様 記入日 : 平成年月日 所属 : 注 : 個人情報が含まれますので お取り扱いに十分お気を付け下さい 担当者名

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

さがみはらみんないいひとネットワークプラン

さがみはらみんないいひとネットワークプラン 地域ができること 地 域 の 住 民 福 祉 活 動 を 充 実 し ま す 27 G 小地域の支えあい活動の推進 地区社協は ふれあい いきいきサロン 等 小地域の支えあい活動 をふやす ことで 高齢者等支援を必要とする人の交流 仲間づくりの場を多くします 地区社協は 地区内のボランティアグループや ふれあい いきいきサロン 等 支えあい活動相互の連携を促進します 地区社協は 福祉団体 福祉事業者等と連携して把握した地域の福祉課題を計画

More information

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC 東近江市補助金制度に関する改革指針 の答申 1 1. 法令または契約等によって地方公共団体が負担することとなるもの (1) 特定の事業について 地方公共団体が当該事業から特別の利益を受けることに対して その事業に要する経費の全部または一部の金額を負担する場合 (2) 一定の事業等について 財政政策上またはその他の見地からその事業等に要する経費の負担割合が定められているときに その負担区分により負担する場合

More information

目次 第 1 章計画の概要 第 2 章西都市における障がい者の状況 第 3 章基本理念及び施策の体系

目次 第 1 章計画の概要 第 2 章西都市における障がい者の状況 第 3 章基本理念及び施策の体系 はじめに 本市では 平成 18 年度に策定いたしました 西都市障害者福祉計画 に基づき ノーマライゼーション リハビリテーション 共生のまちづくり の理念に基づき ともに支え合う生涯安全都市の実現に向け 障がい者福祉の向上に努めて参りました この間 障害者基本法の改正をはじめ 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の制定 従来の障害者自立支援法が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律へ改正されるなど

More information

-218-

-218- -217- -218- -219- -220- -221- -222- -223- -224- 52-225- -226- -227- -228- 2007 1-229- -230- -231- -232- -233- -234- 1 2-235- -236- -237- -238- -239- -240- -241- -242- -243- -244- -245- -246- -247- 95.69

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

276-P01

276-P01 一人ひとりが思いやり 心ふれあうぬくもりのまち しゃ きょう 平成27年 2015年 8 月号 Vol.276 ヘルパーは あなたの生活を支えます より良いサービスを提供するため 技術向上に努めています 毎月の定例会では様々な研修を実施 グループ会 議等では ヒヤリハット事例の共有や情報交換を 行い 日々のヘルパー活動に活かしています 救命講習 感染症講習会 P2 3 介護事業課のご案内 ふれあい訪問介護事業所

More information

市報かすが12月15日号

市報かすが12月15日号 6 職員の研修および勤務成績の評定の状況 (1) 職員研修の状況 平成24年度 総事業費 区 分 556万5000円 主な内容 派遣先 コース 回数 受講人数 自主開催研修 管理職研修 文書事務研修など 10コース 26回 延べ1411人 派遣研修 福岡県市町村職員研修所 市町村職員中央研修所など 97コース 97回 延べ182人 107コース 123回 延べ1593人 合 計 (2) 勤務成績の評定状況

More information

制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定

制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定 制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定疾病 17 高額介護合算療養費 17 入院時食事療養費 生活療養費 18 葬祭費 19 医療費の支払いが困難なとき

More information

p00000Ł\”ƒ…|…X…^†[.pdf

p00000Ł\”ƒ…|…X…^†[.pdf 伊 達 市 環 境 基 本 計 画 平 成 23 年 度 平 成 32 年 度 人 と 自 然 が 織 り な す 豊 か な 環 境 都 市 を 目 指 し て 伊 達 市 1 計画の基本的事項 2 計画の基本的事項 1 計画の位置づけ 本市における本計画の位置づけは 主に以下に示すとおりです 環境面において本市の最も基本となる計画であり 伊達市第一次総合計画 を環境面から 具現化していくための指針になるものです

More information

04ニーズ手引きブック.indb

04ニーズ手引きブック.indb 災害時には 被災地市民の生命財産を守る緊急 応急対応に引き続いて 被災者の生計 被災家屋の再建などに関連する各種の被災者支援業務を迅速 円滑に実施することで 被災者の不安を軽減して生活の再建に向けた取り組みを援助することが重要となります これまで 行政の対応計画策定は ややもすると緊急対応のみに重きがおかれ 被災者支援業務を効果的に実施することの重要性に対する認識が高いといえないのが実態です また

More information

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問 柏原市地方創生に向けた戦略策定アンケート結果速報版 ( 年齢別 / 結婚 出産 子育て 定住 ) 平成 27 年 8 月 4 日 第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 1 1 1 1 1 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

tokusyu.pdf

tokusyu.pdf LD ADHD HFA 1999/7 ADHD ADHD Q 担任の役割は Q 学校全体の役割は 担任が LDやDHD等に対する正し 担任だけの問題とせず 学校全体で支え い理解をすることが大切です る体制づくりが必要です 単なるわがままととらえたり 根性論や 新たに 校内支援委員会 を組織したり 指導力不足で片づけたりしないことが大 就学指導委員会 等を活用して 児童 切です 生徒への具体的な支援について共通理解

More information

<8D4C95F195F392428E75908592AC368C8E8D862E696E6464>

<8D4C95F195F392428E75908592AC368C8E8D862E696E6464> 水 ワキ 自 然 ウルオイ 人 ヨロコブ 家族の支援が得られず ① ⑥に当て はまる人です 歳以上の日中に一人か二人で暮らし 関係者への情報公開への同意が必要です ① ている人 ②介護保険認定要介護3 5の人 ③身体障害者手帳交付1 2級の人 ④療育手帳A B判定の人 健康福祉課 地域包括支援センター 協力者 に登録を かりません 障害者や高齢者などは避難 忘れたころにやってくる と言われ ている災害は

More information

183873224 423644111 423661457 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/ 3 特集 市の財政状況と今後の課題 平成26年 214年 3月11日 健全財政の堅持が難しくなりつつあります 市の財政状況と今後の課題 市では これまで第5次府中市総合計画で定めた各施策の実現に向け 新 たな事業の実施や施設を整備するなど 市民サービスの向上に努めてきまし た

More information

4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施

4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施 4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施 策は あらゆる分野に関連するため 特に連携に取り組む必要のある施 施策を実現するための取組名を 施策を示しています

More information

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 第 2 章幼児教育の現状と課題 3 1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 文部科学省では 平成 18 年 10 月には 幼児教育振興アクションプログラム

More information

2016 6 月号 中央区社協だより 発 行 社会福祉法人 中央区社会福祉協議会 104-0032 東京都中央区八丁堀4-1-5 第256号 中央区社協キャラクター ニジノコ 夏休み福祉 ボランティア体験 イナっこ教室2016 参加者 大 募集 この夏 福祉 ボランティア体験に参加して あなたも イナ っこから ボラ ンティア に 成長しませんか イナ は出世魚 ボラ の幼名です 今 年 も 区 内

More information

001

001 チーム医療推進協議会 http://www.team-med.jp/ 医療リンパドレナージ セラピスト 歯科衛生士 言語聴覚士 作業療法士 医療ソーシャル ワーカー 理学療法士 管理 栄養士 臨床心 理士 診療放射線技師 細胞検査士 薬剤師 診療情報管理士 看護師 臨床工学技士 医師 保健師 救 急救命士 家族 あなた ご挨拶 近年 病院や在宅医療の現場では 一人の患者さんに多職種が連携し治療やケアにあたる

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

平成 26 年 (2014 年 )3 月 31 日 住み慣れた地域で障害者が自立できる社会を目指して市内 20 か所の障害者就労施設等の商品カタログを発行 ~クッキーや弁当販売 名刺印刷 清掃業務など豊富なメニュー ~ カタログ実物を添付枚方市は 市内障害者就労施設等で障害者がつくったケーキやクッキー アクセサリーをはじめ 弁当販売 名刺印刷 清掃業務などバラエティーに富んだ商品を 写真をメインにカラーでわかりやすく紹介した

More information

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464> 学 校 経 営 基 礎 学 校 経 営 基 礎 Ⅰ 学 校 経 営 と 組 織 マネジメント 学 校 の 経 営 管 理 ( ) 学 校 経 営 経 営 とは 一 般 的 に 目 標 を 達 成 するために 人 材 予 算 設 備 などの 経 営 環 境 を 最 も 有 効 な 手 段 を 活 用 して 組 織 活 動 を 営 む ことを 意 味 することばとして 用 いられる * *2 学 校 経

More information

高年齢者等の雇用の安定等に関する 法律の一部を改正する法律 の概要 平成24年8月29日成立 少子高齢化が急速に進展し 若者 女性 高齢者 障害者など働くことが できる人全ての就労促進を図り 社会を支える全員参加型社会の実現が求め られている中 高齢者の就労促進の一環として 継続雇用制度の対象となる 高年齢者につき事業主が定める基準に関する規定を削除し 高年齢者の雇用 確保措置を充実させる等の所要の改正を行う

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172 宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 4 宮城の将来ビジョンにおける 3 つの政策推進の基本方向に関する調査分析結果宮城の将来ビジョンで定めている政策推進の 3 つの基本方向ごとに, 認知度及びさらに力を入れる必要があると考える取組について調査したところ, 次のような結果となりました (1) 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ < 概要 >

More information

第235号 2014 平成26 年8月10日発行 地域の暮らしを支える つながりづくり 尾道市社会福祉協議会では 尾道市より委託を受け 生活 介護支援サポーター養成事業 小地域ネットワーク 推進事業及び介護予防サポート事業に取り組んでいます それぞれの事業を今年度は下記の地区社協が取り組ん でいます 江奥地区社協 花谷辰江会長 江奥は高齢化率 を超える 今 サポーター養成講座を受け た人たちが 周りの困っている

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

1 2015 Jan. No.599 http://www.saitama-ctv-kyosai.net 任意継続組合員 被扶養者 40歳 74歳 の皆さまへ 特定健診 は受けましたか 食事 運動 禁煙どれか少しでも気になることがあれば特定健診をお勧めします 特定健康診査受診券の有効期限は 平成27年3月31日です 特定健康診査 は 病気を発症する前の段階で異常を発見し 生活習慣の改善などで病気の発症や進

More information

plat12(色補正)

plat12(色補正) 0121234567890123456789012345678901212345 0121234567890123456789012345678901212345 0121234567890123456789012345678901212345 0121234567890123456789012345678901212345 0121234567890123456789012345678901212345

More information

「教育資金贈与信託」、資産の世代間移行を後押し

「教育資金贈与信託」、資産の世代間移行を後押し 2014 年 8 月 20 日 教育資金贈与信託 資産の世代間移行を後押し 新規申し込み件数が増えるも 払い出し手続きに戸惑う生活者 情報管理ソリューションのトッパン フォームズ株式会社 ( 以下 トッパンフォームズ ) は お孫さんなどの教育資金として祖父母が金銭などを信託した場合に 1 人あたり 1,500 万円まで贈与税が非課税となる制度を利用した金融商品 教育資金贈与信託 に関する調査を実施しました

More information

認知症医療従事者等向け研修事業要領

認知症医療従事者等向け研修事業要領 認知症医療従事者等向けの研修に係る要領 26 福保高在第 954 号 平成 2 7 年 3 月 1 9 日 1 趣旨この要領は 東京都認知症疾患医療センター運営事業実施要綱 ( 平成 23 年 2 月 1 日付 22 福保高在第 536 号 )( 以下 実施要綱 という ) 第 6の1(3) 第 7の5(2) に基づき 地域拠点型認知症疾患医療センターが実施する研修に関して必要な事項を定めるものとする

More information

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 1 県民への耐震知識の普及方策の概要 1 パンフレットの作成 配布 セミナー 講習会等の開催 県では市町村 建築関係団体の協力を得て わが家の 耐震診断ガイドブック 誰でもできる わが家の耐震 診断 あなたの建物は安全ですか 耐震改修工事の すすめ 等の耐震診断 耐震改修に関するパンフレッ

More information

NICnet80

NICnet80 i-japan 2015 Towards Digital inclusion & innovation TOPICS 20 2 N a t i o n a l S m a l l B u s i n e s s I n f o r m a t i o n P r o m o t i o n C e n t e r 表1 3 本戦略のスコープ i-japan戦略2015の視点 2001 2006 2009

More information

Ⅰ トラブル防止と東京都の条例 賃貸住宅紛争防止条例 では 次の点を説明することを宅地建物取引業 者に義務付けています ①退去時の原状回復 入居中の修繕の費用負担の原則 ②実際の契約の中で借主の負担とされている具体的内容 条例に基づく説明を聞き 原則における費用負担の考え方と契約上の費用 負担の内容を比較し その相違の有無や内容を十分理解したうえで契約し てください 1 トラブル相談の現状 東京には

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します 内容 講師 回生病院 医師 桑島正道先生 あなたやご家族の健康を守るため 正しい知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へお越しください 血糖が高い状態が続くと全身の血管を傷めます 無症状だか らと放置していると 心筋梗塞や脳梗塞 失明 透析 足の切 断などの合併症を引き起こしてしまいます

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

スライド 1

スライド 1 10 子どもの教育 医療無償都市大阪 をめざした取組み 子育て 教育環境の充実 大阪市のめざすべき将来像 すべてのこどもが等しく教育 医療が受けられる 子どもの教育 医療無償都市 こどもの教育 未来への投資 幼児期における教育 こども本人の能力に資することは当然として 将来を担うこどもたちが 社会を支える人材となるよう 教育を受けることが必要 特に 道徳心 社会性 知性や体力の基礎を培う重要な時期であり

More information

1c_本文118号.indb

1c_本文118号.indb 42 笑んがわ市の憩いのコーナー 中野地区 概ね小学校区単位で 計30の地域自主組織 笑んがわ市に集まる移動販売 中野地区 非常勤数名が標準 は地域自主組織が直接雇用する 財政支援に関しては 当初は地域振興補助金とい う形で支給していたが 平成23年度からより自由度の 地域自主組織は平成17年度から19年度にかけて 高い 地域づくり活動等交付金 になった 人口や高 市内全地域で設立された 名称は 振興会

More information

姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下

姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下 播磨圏域連携中枢都市圏形成 連携協約書 平成 27 年 4 月 5 日 姫路市たつの市 姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下 圏域 という

More information

1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口 1 億人程度を

1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口 1 億人程度を 資料 2 出産 子育てアンケート調査結果報告 平成 27 年 7 月 津山市こども保健部こども課 津山市総合企画部地域創生戦略室 1 1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口

More information

大阪のまちづくり Vol.17

大阪のまちづくり Vol.17 大阪の 快適で安全な街をめざして 大阪府都市整備推進センターの取り組み情報をお届けします 17 Vol. 2 0 1 2 年 6 月 特 集 エリアマネジメント 土地区画整理事業の事例紹介 密集市街地整備の事例紹介 まち育てについて 河川賑わい空間創出事業 ちきりニュース まちづくり活動 まちづくり活動支援 INFORMATION お知らせ 情報BOX まちづくりの輪 環境共生型まちづくり事 業 ちきりアイランドの

More information

後期高齢者医療制度のしおり_2013

後期高齢者医療制度のしおり_2013 平成25年6月作成 お知らせ 振り込め詐欺や個人情報の詐取などに気をつけて 厚生労働省職員などを装った還付金詐欺等の事件が多発し ています 後期高齢者医療制度に関する不審な電話 訪問等 にあった時は すぐに指示に従わず 広域連合やお住まいの 市町村担当窓口に確認の問い合わせをしてください 万一 被害に遭われた場合は すみやかに警察署に届けてください 医療機関の受診や薬局での薬の調剤について 現在 休日や夜間に軽症の患者さんの救急医療への受診が

More information

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C > 平成 18 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平成 27 年度介護報酬改定の概要 ( リハビリテーション関連 ) 詳細情報の収集や正確な解釈にあたっては 必ず厚生労働省が公開する資料等を参照ください 第 113 回 114 回 115 回 119 回社会保障審議会介護給付費分科会資料を参考に作成 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000063844.html http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000065063.html

More information

流山市子ども・子育て会議

流山市子ども・子育て会議 1 流山市子ども 子育て会議 ~ 第 1 回会議資料 ~ 子育ての現状 2 子ども 子育て支援新制度がスタート! 3 子ども 子育て関連 3 法の成立 子ども 子育て支援事業計画の策定 子ども 子育て支援新制度スタート 子ども 子育て関連 3 法 4 子ども 子育て支援法 施設型給付 地域型保育給付の創設 地域の子ども 子育て支援の充実 認定こども園法の一部改正法 幼保連携型認定こども園以外の子ども園の充実

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

2 3 4 2 2 2

2 3 4 2 2 2 2 3 4 2 2 2 ! @ # 2 3 4 ! @! 2 3 4 5 6 2 @ # 2 29年度の事業計画 予算 1 はじめに に出会い 実態を調べる取り組みとします 企画内容や諸経費の抜本的な見直しを行 い 突出した経費負担の改善を図ります 組織 事業のあり方についての抜本的な検 討をすすめ 2年度以降の組織 事業の再 構築に向け検討をすすめます 4 企業向け企画 下期に情報提供を目的とした啓発企画を予

More information

P01.indd

P01.indd 平成28年 平成28年 日号 5 月月1日号 1855 1855 シリーズ スポーツ少年団 南沼原サッカースポーツ少年団 挨拶 努力 感謝の気持ち のほか 食べ ること にも力を入れ 団員 指導者 保護者が 一丸となって日々の練習に励んでいます 今を 戦えない者に 来年とか次とか言う資格は無い 今を全力で戦い 努力しろ 設 立 昭和52年 団員数 32人 男子31人 女子1人 顧 問 金澤孝治 監

More information

_

_ ファミリーサポートセンターより 登録会員募集 登録 相談は無料 希望郷いわて国体 希望郷いわて大会記念 ファミリーサポートセンターは 子育てのお手伝いが必要な方 と 子育てのお手伝いをしてくれる方 を結ぶ支援を行っております センターの開所時間は 平日の午前9時 午後4時です 随時 会員を募集しておりますので 下記の連絡先までお気軽に ご相談ください お問い 合わせ 一関市社会福祉協議会 ファミリーサポートセンター

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

2

2 特集に当たって 本年の警察白書の特集テーマは 安全 安心なインターネット社会を目指して である 我が国においては 2005年度までに世界最先端のIT国家となる との目標を掲げた e-japan戦略等の5年間において ブロードバンドインフラの整備と利用の広がり等の面で 世界最先端を実現するなど 国民生活の利便性が飛躍的に向上し 情報通信ネットワーク が社会 経済活動上 極めて重要なインフラとなった 一方で

More information

会津若松市男女共同参画情報紙ぱーとなー

会津若松市男女共同参画情報紙ぱーとなー 1 特集① 男女共同参画 というと多くの方が それは女性のためのもの と思って いるかもしれませんが 男性にとっても重要な問題です 育児休業制度の 希望 利用意向 と現実 取得率 例えば こんな経験はないでしょうか 厚生労働省 平成20年5月発表今後の仕事と家庭の 両立支援に関する調査結果 平成22年度雇用均等基 本調査 より % 90 女性 83.7 女性 68.9 80 70 育児休業を取りた

More information

newtopia-107-B

newtopia-107-B INTERNATIONAL FRIENDSHIP ASSOCIATION OF KISHIWADA 2016.4.15. 107 No. はじめての 外 国人市民と地域社会住民 無料配布中 岸和田市国際親善協会が 作成した防災ハンドブック 無料で協会事務局にて配布 しています ご希望の方は 協会事務局 TEL. 0 7 2-4 5 7-9694 までお問い合わせ下さい のための 防災訓練 にゅーとぴあ岸和田

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

家政_08紀要48号_人文&社会 横組

家政_08紀要48号_人文&社会 横組 48 2008 1 2005 2006 1 2007 4 5 6 5 1-71 - 2 自閉症 傾向 軽度知的障害児の母親の主観的困難 たいへんさ と当事者による対処戦略に関する研究 1. 子どもの障害について知らされる 表1 個別での聞き取り回答者の属性 2. 子どもの障害を理解する 子どもの障害 年齢 性別 ケース 母親の年齢 1 43歳 知的障害 自閉症傾向 愛の手帳2度 18歳 男性 2 46歳

More information

保健事業 健康診査 糖尿病等の生活習慣病の早期発見のため 後期高齢者医療制度の被保険者を対象に健康 診査を実施しています 被保険者には毎年4月下旬頃一斉に 年度途 中に新たに75歳になられる方には誕生月の翌月 初旬に受診券をお送りしますので 受診の際は 被保険者証とともに忘れずにお持ちください 大阪府後期高齢者医療広域連合の被保険者 対 象 者 障害者支援施設 介護保険施設等に入所中の方や 病院 又は診療所に6か月以上継続して入院中の方は健康診査

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

産業21-82号.indd

産業21-82号.indd 2015.10 82 http://www.rofuku.go.jp/tabid/128/default.aspx C O N T E N T S 21 2 6 8 10 12 16 18 20 22 24 26 27 28 29 211 1 221 213 421 215 2 621 217 821 3 219 1021 4 2111 1221 2113 1421 2115 1621 2117

More information

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅 いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅広い仕事で県民の暮らしを 支えています 民間と比べて 仕事のやりがいは 仕事の種類は どのくらい あるの

More information