00 表紙・奥付・しきり紙等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "00 表紙・奥付・しきり紙等"

Transcription

1 平成 25 年度 学校保健統計調査報告書 平成 26 年 1 月 栃木県県民生活部統計課

2

3 目 次 Ⅰ 調査の概要ページ 1 調査の目的 1 2 調査の範囲 対象 1 3 調査事項 1 4 調査の期日及び方法 1 5 報告書利用上の留意点 1 6 調査実施状況 2 7 検査項目の調査対象者 2 8 報告書利用上の注意 2 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 児童等の身長 体重 座高 3 (2) 終戦直後の世代及び30 年前 ( 親世代 ) の体格との比較 5 (3) 身長 体重 座高の全国平均値との比較 7 (4) 肥満 痩身傾向児の出現率 11 (5) 年間発育量の推移 13 2 健康状態 (1) 被患率等の高い疾病 異常の状況 16 (2) 主な疾患 異常等の推移 17 (3) むし歯( う歯 ) のある者 18 (4) 永久歯の1 人当り平均むし歯 ( う歯 ) 等数 の推移 19 (5) 裸眼視力 1.0 未満 の者 20 (6) 相談員 カウンセラーの配置状況 21 Ⅲ 統計表第 1 表栃木県と全国の身長 体重 座高の平均値及び標準偏差 22 第 2 表男女別 年齢別栃木県平均値の年次別 (5 年間隔 ) 推移 ( 栃木県 ) 23 第 3 表栃木県の年齢別疾病 異常被患率等 24 第 4 表全国の年齢別疾病 異常被患率等 26 Ⅳ 参考資料 都道府県別身長 体重 座高の平均値及び標準偏差 (5 歳 ~17 歳 ) 28

4 Ⅰ 調査の概要 1 調査の目的 この調査は 学校における幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育状態及び健康状態を明らかにすることを目的とします 2 調査の範囲 対象 (1) 調査の範囲は 学校教育法第 1 条に定められている幼稚園 小学校 中学校 高等学校及び中等教育学校のうち 文部科学大臣があらかじめ指定した学校 ( 以下 調査実施校 という ) です (2) 調査の対象は 調査実施校に在籍する児童等のうち 文部科学省が定めた方式によって抽出された者です ただし 次の者は調査対象外です ア 5 歳未満の幼児 全日制課程及び定時制課程に在籍する18 歳以上の生徒 イ通信制課程の生徒 3 調査事項 (1) 児童等の発育状態身長 体重及び座高 (2) 児童等の健康状態 栄養状態 せき柱 胸郭の疾病 異常の有無 視力 聴力 眼の疾病 異常の有無 耳鼻咽頭疾患 皮膚疾患の有無 歯 口腔の疾病 異常の有無 結核の有無 心臓の疾病 異常の有無 尿 寄生虫卵の有無 その他の疾病 異常の有無及び結核に関する検診の結果 4 調査の期日及び方法 (1) 学校保健安全法による健康診断の結果に基づき 平成 25 年 4 月 1 日から 6 月 30 日の間に調査を実施しました (2) 調査系統は 次のとおりです 文部科学大臣都道府県知事調査実施校の長 5 報告書利用上の留意点 (1) この報告書は 文部科学省が取りまとめて公表した 平成 25 年度学校保健統計調査速報 から 本県における児童等の発育状態及び健康状態をまとめたものです ( 相談員 スクールカウンセラーの配置状況は平成 24 年度確定値 ) なお この報告書の数値は 速報値を使用しています 後日 文部科学省が公表する 平成 25 年度学校保健統計調査報告書 の数値と異なるときは 同報告書の数値が確定値になります (2) 本県の数値は 調査実施校の平均値です このため 全数調査をした場合の平均値と一致しない場合があります (3) 健康状態調査は 調査実施校によっては実施しない検査項目があるため 標本数が少ない場 合があります (4) 年齢は 平成 25 年 4 月 1 日現在における満年齢です (5) この報告書における 中学校 には 中等教育学校の前期課程を含みます また 高等学 校 には中等教育学校の後期課程を含みます -1-

5 6 調査実施状況 (1) 本県における調査実施状況は 次のとおりです 調査区分 発育状態 健康状態 学 校 種 別 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 計 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 計 学校数 A ( 校 ) 調査実施校数 B ( 校 ) 抽出率 在学者数 B/A 100 C (%) ( 人 ) , , , , , , , , , ,605 調査対象者数 D ( 人 ) 1,326 5,483 4,561 2,325 13,695 2,540 26,845 18,522 25,446 73,353 抽出率 D/C 100 (%) (2) 学校数 A 及び 在学者数 C は 平成 25 年度学校基本調査の結果に基づきます (3) 発育状態調査は 調査実施校 B の在学者のうち 年齢別男女別に抽出された者が対象です 学校種別の標本数は次のとおりです ただし 指定人数に満たない場合は 対象年齢の在学者全員が対象となります (4) (5) 幼稚園 (5 歳児男女別に各 22 人計 44 人 ) 小学校 ( 年齢別男女別に各 8 人計 96 人 ) 中学校 ( 年齢別男女別に各 20 人計 120 人 ) 高等学校 ( 年齢別男女別に各 15 人計 90 人 ) 健康状態調査は 調査実施校 B の在学者全員が対象です 在学者数 C には 18 歳以上の生徒を含みます ただし 高等学校の定時制第 4 学年の生徒を除きます 7 検査項目の調査対象者健康状態調査の調査項目については 次表のとおり調査対象年齢が限定 ( 印が調査対象 ) されているものがあります 区 聴 力 検 査 結 核 検 査 結核に関する検診 心 電 図 検 査 尿 糖 検 査 寄 生 虫 卵 検 査 永久歯のう歯等数 上 記 以 外 の 検 査 8 報告書利用上の注意 分 幼稚園 小学校中学校高等学校 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 1 年 2 年 3 年 1 年 2 年 3 年 5 歳 (1) 表中に用いた符号は 次のとおりです 0.0 計数が0ではないが 表示単位未満の場合 X 疾病 異常被患率等の標準誤差が5% 以上 受検者数が100 人 (5 歳は50 人 ) 未満又は回答校が1 校以下のため統計数値を公表しない場合 調査対象とならなかった場合 - 該当者がいない場合 数値がマイナスの場合 (2) 表示単位未満は四捨五入しているので 合計欄の数値と内訳の計が一致しない場合があります -2-

6 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 児童等の身長 体重 座高 ( 表 1 図 1~3) 本県の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における児童等の身長 体重及び座高の平均値と男女差を年齢別にみると 表 1のとおりである 調査対象のうち 最高学齢である17 歳 ( 高等学校第 3 学年 ) について本県の平均値をみると 男子は身長 170.1cm 体重 63.4kg 座高 91.7cmとなっている また 女子は身長 157.2cm 体重 53.4kg 座高 85.7cmとなっている 年齢別の男女差をみると 女子の平均値が男子の平均値を上回っているのは 身長が10 歳及び11 歳 体重が11 歳 座高が10 歳から12 歳となっている 表 1 年齢別身長 体重 座高の平均値 年齢較差 男女差 ( 栃木県 ) 身長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 区分男子女子男女差男子女子男女差男子女子男女差 A 前年齢との差 B 前年齢との差 前年齢前年齢前年齢 A-B A B A-B A B との差との差との差 前年齢との差 A-B 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校

7 図 1 身長 体重 座高の男女比較 ( 栃木県 ) ( cm kg ) 身長 ( 男子 ) 身長 ( 女子 ) ( 男子 ) 座高 ( 男子 ) 座高 ( 女子 ) 体重 ( 男子 ) 体重 ( 女子 ) 身長 ( 女子 ) ( 男子 ) 90.0 座高 80.0 ( 女子 ) 70.0 ( 男子 ) 体重 ( 女子 ) ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校 -4-

8 図 2 年齢較差の比較 ( 栃木県 男子 ) 図 3 年齢較差の比較 ( 栃木県 女子 ) ( cm kg ) ( cm kg ) 身長身長体重体重 座高座高 ( 歳 ) ( 歳 ) 小学校 中学校 高等学校 小学校 中学校 高等学校 (2) 終戦直後の世代及び30 年前 ( 親世代 ) の体格との比較 ( 表 2) 本県の平成 25 年度における児童等の身長 体重及び座高を 終戦直後の昭和 23 年度 ( 座高は昭和 24 年度 ) 及び30 年前 ( 親世代 ) の昭和 58 年度と比較すると 表 2 及び次のとおりである ア終戦直後 ( 昭和 23 年度 ) との差が最大となる年齢男子の身長は14 歳 (18.1cm 増 ) 体重は15 歳 (17.3kg 増 ) 座高は13 歳 (8.1cm 増 ) で差が最大となっている 女子の身長は12 歳 (16.0cm 増 ) 体重は12 歳 (11.7kg 増 ) 座高は11 歳 (6.5cm 増 ) で差が最大となっている イ 30 年前 ( 親世代 昭和 58 年度 ) との差が最大となる年齢男子の身長は13 歳 (2.5cm 増 ) 体重は16 歳 (3.1kg 増 ) 座高は13 歳 (1.6cm 増 ) で差が最大となっている 女子の身長は11 歳 (1.9cm増) 体重は11 歳 (2.1kg増) 座高は11 歳 (1.4cm 増 ) で差が最大となっている ウ終戦直後 ( 昭和 23 年度 ) の最高学齢生徒 (17 歳 ) を上回る年齢男子の身長は13 歳 体重は14 歳で上回っている 女子の身長は12 歳 体重は14 歳で上回っている エ 30 年前 ( 親世代 昭和 58 年度 ) の最高学齢生徒 (17 歳 ) を上回る年齢男子の身長は17 歳で同じとなり 体重は16 歳で上回っている 女子は いずれの年齢でも下回っている 座高は昭和 24 年度から調査しているため 比較には昭和 24 年度の数値を使用した -5-

9 表 2 年齢別終戦直後の世代及び 30 年前 ( 親世代 ) の体格との比較 ( 栃木県 ) 男子 区 分 身長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 平成昭和 昭和 平成昭和 昭和 平成昭和 昭和 25 年度 23 年度 差 58 年度 差 25 年度 23 年度 差 58 年度 差 25 年度 24 年度 差 58 年度 差 A B A-B C A-C A B A-B C A-C A B A-B C A-C 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校 女子 身 長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 区 分 平成昭和 昭和 平成昭和 昭和 平成昭和 昭和 25 年度 23 年度 差 58 年度 差 25 年度 23 年度 差 58 年度 差 25 年度 24 年度 差 58 年度 差 A B A-B C A-C A B A-B C A-C A B A-B C A-C 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校

10 (3) 身長 体重 座高の全国平均値との比較 ( 表 3 図 4 参考 1 参考 2) 本県平均値と全国平均値を比較すると 身長は男子が 7 歳 12 歳及び 13 歳で 女子が 6 歳及び 7 歳で全国平均値を上回っている 体重は男子が 5 歳を除く全ての年齢で 女子が 8 歳及び 10 歳を除く全ての年齢で全国平均値を上回っている 座高は男子が 5 歳 7 歳から 9 歳 12 歳及び 13 歳で全国平均値を上回っている 女子が 5 歳から 7 歳で全国平均値を上回っている また 児童 (11 歳 ) 及び生徒 (14 歳 17 歳 ) の 身長に占める足の長さ ( 身長から座高を引く ) の割合は参考 1 のとおり 最高学齢生徒 (17 歳 ) の都道府県順位は参考 2 のとおりである 表 3 年齢別身長 体重 座高の全国平均値との比較 男子 区 分 身長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 栃木県 全 国 差 栃木県 全 国 差 栃木県 全 国 差 A B A-B A B A-B A B A-B 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校 女子 区 分 身長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 栃木県 全 国 差 栃木県 全 国 差 栃木県 全 国 差 A B A-B A B A-B A B A-B 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校

11 図 4 年齢別身長 体重 座高の全国平均値との差 ( 栃木県 ) ( cm ) 身長男子女子 ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校 ( kg ) 体重 男子 女子 ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校 ( cm ) 座高 男子 女子 ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校 -8-

12 参考 1 身長と座高の差及び身長に占める足の長さの割合 区分 小 学 校 男 身長に占める足の身長座高身長と座高の差長さの割合年度 A ( cm ) B ( cm ) A-B ( cm ) (A-B)/A (%) 栃木県全国差栃木県全国差栃木県全国差栃木県全国差 (a) (b) (a-b) (a) (b) (a-b) (a) (b) (a-b) (a) (b) (a-b) S 第子 H 学 S 年 (48 女 歳子 H ) 歳 H 中 S 学 男 校 第 子 H 学 年 S (48 女 子 ) S 高 等男 学 校子 H 第 学 S 年 (48 女 歳子 H )

13 参考 2 最高学齢生徒 (17 歳 ) の都道府県順位 男子女子 身 長 ( cm ) 体 重 ( kg ) 座 高 ( cm ) 身 長 ( cm ) 体 重 ( kg ) 座 高 ( cm ) 全国平均値 全国平均値 62.8 全国平均値 92.0 全国平均値 全国平均値 52.9 全国平均値 85.9 順位都道府県平均値順位都道府県平均値順位都道府県平均値順位都道府県平均値順位都道府県平均値順位都道府県平均値 1 富 山 秋 田 鳥 取 秋 田 福 島 宮 城 秋 田 宮 城 北海道 神奈川 秋 田 富 山 神奈川 岩 手 宮 城 富 山 青 森 山 形 北海道 山 形 山 形 東 京 岩 手 秋 田 京 都 群 馬 富 山 山 形 山 形 東 京 鳥 取 青 森 福 井 石 川 宮 城 石 川 新 潟 福 井 京 都 宮 城 群 馬 北海道 長 野 奈 良 秋 田 千 葉 富 山 神奈川 愛 知 北海道 新 潟 大 阪 徳 島 福 井 大 阪 大 分 滋 賀 北海道 大 分 三 重 石 川 徳 島 長 崎 埼 玉 岡 山 滋 賀 滋 賀 佐 賀 東 京 鳥 取 長 崎 兵 庫 奈 良 富 山 長 野 山 梨 栃 木 鳥 取 青 森 新 潟 奈 良 滋 賀 山 梨 青 森 千 葉 鳥 取 徳 島 岐 阜 茨 城 岩 手 東 京 長 崎 青 森 群 馬 埼 玉 群 馬 福 井 栃 木 岩 手 新 潟 熊 本 千 葉 山 形 茨 城 群 馬 福 井 大 阪 山 梨 徳 島 和歌山 神奈川 愛 知 静 岡 静 岡 宮 城 熊 本 石 川 三 重 兵 庫 岡 山 埼 玉 鹿児島 静 岡 兵 庫 和歌山 長 崎 和歌山 宮 崎 大 阪 奈 良 千 葉 埼 玉 長 崎 石 川 和歌山 青 森 岐 阜 新 潟 熊 本 岐 阜 熊 本 和歌山 北海道 京 都 茨 城 滋 賀 宮 崎 島 根 新 潟 大 阪 群 馬 京 都 佐 賀 岡 山 広 島 和歌山 静 岡 千 葉 埼 玉 長 崎 香 川 茨 城 佐 賀 香 川 愛 知 岩 手 宮 崎 奈 良 宮 崎 山 梨 三 重 広 島 鹿児島 島 根 岩 手 島 根 島 根 福 岡 石 川 高 知 兵 庫 愛 知 高 知 熊 本 三 重 鹿児島 高 知 福 島 鹿児島 鹿児島 島 根 福 島 福 岡 三 重 茨 城 茨 城 愛 媛 52.6 栃 木 鹿児島 高 知 千 葉 京 都 滋 賀 52.5 広 島 栃 木 福 岡 岡 山 徳 島 山 口 52.5 大 分 山 梨 長 野 栃 木 大 分 佐 賀 長 野 岐 阜 広 島 山 梨 静 岡 神奈川 愛 知 三 重 東 京 岐 阜 長 野 長 野 徳 島 島 根 静 岡 兵 庫 香 川 奈 良 福 岡 大 分 岡 山 広 島 福 島 高 知 熊 本 岡 山 山 口 福 岡 91.7 栃 木 東 京 岐 阜 広 島 埼 玉 福 島 91.6 山 口 愛 知 香 川 香 川 神奈川 大 分 佐 賀 京 都 佐 賀 福 島 大 阪 香 川 高 知 福 岡 山 口 85.4 山 口 兵 庫 愛 媛 宮 崎 福 井 愛 媛 愛 媛 沖 縄 沖 縄 愛 媛 鳥 取 沖 縄 沖 縄 愛 媛 山 口 沖 縄 沖 縄 宮 崎

14 (4) 肥満 痩身傾向児の出現率 ( 表 4 図 5) 肥満傾向児の出現率は 男子が6 歳から12 歳及び14 歳から17 歳で 女子が5 歳及び6 歳 9 歳及び11 歳から17 歳で全国値を上回っている また 痩身傾向児の出現率は 男子が5 歳から7 歳 9 歳及び16 歳で 女子が5 歳 7 歳 10 歳 12 歳及び13 歳で全国値を上回っている 表 4 年齢別肥満 痩身傾向児の出現率 計 男 子 女 子 ( 注 ) 区 分 肥満傾向児の出現率 (%) 痩身傾向児の出現率 栃木県全国差栃木県全国差 A B A-B A B A-B 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校 幼稚園 5 歳 小学校 中学校 高等学校 性別 年齢別 身長別標準体重から肥満度を算出し 肥満度が 20% 以上の者を肥満傾向児 -20% 以下の者を痩身傾向児としている 肥満度 = 実測体重 ( kg )- 身長別標準体重 ( kg ) / 身長別標準体重 ( kg ) 100(%) -11-

15 図 5-1 年齢別肥満傾向児の出現率 (%) 男 子 栃木県 全 国 (%) 女 子 栃木県 全 国 ( 歳 ) ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校幼稚園小学校中学校高等学校 図 5-2 年齢別痩身傾向児の出現率 (%) 男 子 栃木県 全 国 (%) 女 子 栃木県 全 国 ( 歳 ) ( 歳 ) 幼稚園小学校中学校高等学校幼稚園小学校中学校高等学校 -12-

16 (5) 年間発育量の推移 ( 表 5 図 6) 平成 25 年度の児童等の年間発育量を 10 年前 ( 平成 15 年度 ) 20 年前 ( 平成 5 年度 ) と比較 すると 表 5 及び図 6 のとおりである 表 5 年間発育量の推移 ( 栃木県 ) 男子区小学校中学校高等学校 身長 ( cm ) 体重 ( kg ) 座高 ( cm ) 分 H5 年度 H15 年度 H25 年度 H5 年度 H15 年度 H25 年度 H5 年度 H15 年度 H25 年度歳 女子 区小学校中学校 高等学校 分 身 長 ( cm ) 体 重 ( kg ) 座 高 ( cm ) H5 年度 H15 年度 H25 年度 H5 年度 H15 年度 H25 年度 H5 年度 H15 年度 H25 年度 歳 ( 注 ) 年間発育量とは 例えば平成 25 年度の 5 6 は 平成 25 年度の 6 歳の体格から平成 24 年度の 5 歳 の体格を差し引いたものである -13-

17 図 6-1 年間発育量の推移 ( 栃木県 男子 ) ( cm ) 身 長 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) ( kg ) 体 重 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) ( cm ) 座 高 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) -14-

18 図 6-2 年間発育量の推移 ( 栃木県 女子 ) ( cm ) 身 長 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) ( kg ) 体 重 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) ( cm ) 座 高 H5 年度 H15 年度 H25 年度 ( 歳 ) -15-

19 2 健康状態 (1) 被患率等の高い疾病 異常の状況 ( 図 7) 児童等の疾病 異常の被患率等の状況をみると 幼稚園及び小学校で むし歯 ( う歯 ) が最も高い 中学校及び高等学校では 裸眼視力 1.0 未満の者 が最も高くなっている 図 7 学校段階別被患率等の高い疾病 異常の状況 (%) 幼稚園 栃木県 全国 むし歯 ( う歯 ) 鼻 副鼻腔疾患 アトピー性皮膚炎 ぜん息 その他の疾病 異常 歯列 咬合 耳疾患 その他の皮膚 疾患 ( 注 ) 幼稚園の視力検査の結果は 標本サイズ ( 受検者数等 ) が小さい等のため公表されていない その他の歯 口腔の疾病 異常 眼の疾病 異常 (%) 小学校 栃木県 全 国 むし歯 ( う歯 ) 裸眼視力 1.0 未満の者 鼻 副鼻腔疾患 その他の歯 口腔の疾病 異常 耳疾患 ぜん息 歯列 咬合 眼の疾病 異 常 心電図異常アトピー性皮膚炎 (%) 中学校 栃木県 全国 裸眼視力 1.0 未満の者 むし歯 ( う歯 ) 鼻 副鼻腔疾患 心電図異常 その他の歯 口腔の疾病 異常 蛋白検出の者 耳疾患 ぜん息 歯列 咬合 眼の疾病 異 常 (%) 高等学校 栃木県 50.0 全国 裸眼視力 1.0 未満の者 むし歯 ( う歯 ) 鼻 副鼻腔疾患 心電図異常 歯垢の状態蛋白検出の者 歯列 咬合 耳疾患 眼の疾病 異 常 歯肉の状態 -16 -

20 (2) 主な疾患 異常等の推移 ( 表 6) 主な疾病 異常等の推移は 表 6 のとおりである 表 6 学校段階別主な疾患 異常等の推移 区分 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 年度 裸 眼 視 力 1.0 未 満 耳 疾 患 鼻 副 鼻 腔 疾 患 口腔咽喉頭疾患 異常 む心し電歯(図う異歯)昭和 63 年 栃 平成 5 年 木 20 X X 県 X X 全国 昭和 63 年 栃 平成 5 年 木 県 全国 昭和 63 年 栃 平成 5 年 木 県 全国 昭和 63 年 栃 平成 5 年 木 20 X X 県 23 X 全国 ( 注 ) 調査対象とならなかった場合 X 疾病 異常被患率等の標準誤差が 5% 以上 受検者数が 100 人 (5 歳は 50 人 ) 未満又は回答校が 1 校以下のため統計数値を公表しない場合 常 蛋 白 検 出 の 者 アト ピー性皮膚炎 (%) ぜ ん 息 -17 -

21 (3) むし歯 ( う歯 ) のある者 ( 表 7 8 図 8) むし歯 ( う歯 ) のある者の割合は幼稚園 45.6% 小学校 60.4% 中学校 52.4% 高等学校 60.9% となっている むし歯 ( う歯 ) のある者のうち 処置完了者 は 幼稚園 18.2% 小学校 27.1% 中学校 28.4% 高等学校 32.9% となっており 高学年になるほど増加する傾向にある また 学校段階別に本県と全国の むし歯 ( う歯 ) のある者の割合を比較すると 全て上回っている 表 7 学校段階別 むし歯 ( う歯 ) のある者の割合 ( 栃木県 ) 区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 計 計男子女子 処置未処置歯完了者のある者 計 処置未処置歯完了者のある者 計 処置完了者 (%) 未処置歯 (%) 図 8 学校段階別 むし歯 ( う歯 ) のある者の割合 処置完了者 未処置歯のある者 栃木県全国 幼稚園 栃木県全国 小学校 栃木県全国 中学校 栃木県全国 高等学校 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 表 8 学校段階別 むし歯 ( う歯 ) のある者の推移( 栃木県 ) (%) 区分昭和 63 平成 計 処置完了者 未処置歯のある者 計 処置完了者 未処置歯のある者 計 処置完了者 未処置歯のある者 計 処置完了者 未処置歯のある者

22 (4) 永久歯の 1 人当り平均むし歯 ( う歯 ) 等数 の推移 ( 表 9 図 9) 本県の 12 歳における男女別の平均むし歯 ( う歯 ) 数は 女子が男子を上回っている また 年度別の推移では減少傾向にあったが 平成 22 年度からは横ばいになっている 表 9 12 歳の永久歯の1 人当り平均むし歯 ( う歯 ) 等数 の推移 ( 栃木県 ) ( 本 ) 区 分 昭和 63 年 平成 計 喪 失 歯 数 計男子女子 計 う処置歯数 歯未処置歯数 計 喪 失 歯 数 う 計 歯 処置歯数 未処置歯数 計 喪 失 歯 数 計 う処置歯数 歯未処置歯数 図 9 12 歳の永久歯の 1 人当り平均むし歯 ( う歯 ) 等数 の推移 ( 栃木県 ) ( 本 ) 6.0 喪失歯数 処置歯数 未処置歯数 昭和 63 平成 ( 年度 ) -19 -

23 (5) 裸眼視力 1.0 未満 の者 ( 表 10 図 10) 裸眼視力 1.0 未満 の者の割合は 小学校 26.6% 中学校 53.1% 高等学校 64.9% となっている 男女別では 女子が男子を小学校で7.9ポイント 中学校で11.1ポイント 高等学校で 13.4ポイント上回っている また 学校段階別に本県と全国の 裸眼視力 1.0 未満 の者の割合を比較すると 小学校及び高等学校で下回っているが 中学校では上回っている 表 10 学校段階別 裸眼視力 1.0 未満 の者の割合 ( 栃木県 ) 区 分 計 1.0 未満 ~ 0.7 以上 0.7 未満 ~ 0.3 以上 計 X X X 幼稚園 男子 X X X 小学校中学校高等学校 女子計男子女子計男子女子計男子女子 X X X ( 注 ) 幼稚園の数値は 標本サイズ ( 受検者数等 ) が小さい等のため 公表されない 0.3 未満 X X X (%) 図 10 学校段階別 裸眼視力 1.0 未満 の者の割合 (%) 未満 -0.7 以上 0.7 未満 -0.3 以上 0.3 未満 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 小学校 中学校 高等学校 -20 -

24 (6) 相談員 カウンセラーの配置状況 ( 表 11 12) 本県の平成 24 年度における 小学校 中学校の相談員及びカウンセラーの配置状況は 全国平均を上 回っているが 高等学校では下回っている 表 11 相談員の配置状況の推移 年度 H 区分 小学校中学校高等学校 有 定期配置不定期週 4 時間週 4 時間配置以上未満 無 全国順位 有 定期配置 週 4 時間週 4 時間以上未満 不定期配置 定期配置 不定期配置 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 無 全国順位 有 週 4 時間週 4 時間以上未満 無 (%) 全国順位 表 12 スクールカウンセラーの配置状況の推移 年度区分定期配置不定期週 4 時間週 4 時間配置以上未満 H 小学校中学校 有有有 無 全国順位 定期配置 週 4 時間週 4 時間以上未満 不定期配置 高等学校 定期配置 週 4 時間週 4 時間以上未満 不定期配置 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 栃木県 全国 無 全国順位 無 (%) 全国順位 ( 注 ) 相談員 退職教員 保育士 民生児童委員など地域の人材であり 児童が悩みや不安を気軽に相談できる話し相手 学校と保護者 地域のパイプ役として 不登校 問題行動等の未然防止や早期発見 早期対応にあたる者 スクールカウンセラー 臨床心理士 精神科医 心理学系の大学の常勤教員など 臨床心理に関し高度に専門的な知識 経験を有する者で 心の専門家としての専門性を有し 児童生徒へのカウンセリング 教職員及び保護者に対する助言 援助を行う者 全国順位 相談員又はカウンセラーの配置率が高い全国順位 ( 無 の率が低い全国順位 ) - 該当者がいない場合 -21-

25 Ⅲ 統計表 統計表の中の記号は次のとおりです 0.0 計数が0ではないが 表示単位未満の場合 X 疾病 異常被患率等の標準誤差が5% 以上 受検者数が100 人 (5 歳は50 人 ) 未満又は回答校が1 校以下のため統計数値を公表しない場合 調査対象とならなかった場合 - 該当者がいない場合 当該数値がマイナスの場合

26 第 1 表 栃木県と全国の身長 体重 座高の平均値及び標準偏差 区 分 幼稚園小学校中学校高等学校 5 歳 6 歳 7 歳 8 歳 9 歳 10 歳 11 歳 12 歳 13 歳 14 歳 15 歳 16 歳 17 歳 身 長 栃木県 全 国 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 男 子 ( cm ) 差 (A-B) 体 重 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 ( kg ) 差 (A-B) 座 高 栃木県 全 国 栃木県 全 国 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 ( cm ) 差 (A-B) 身 長 栃木県 全 国 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 女 子 ( cm ) 差 (A-B) 体 重 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 ( kg ) 差 (A-B) 座 高 栃木県 全 国 栃木県 全 国 平均値 (A) 標準偏差 平均値 (B) 標準偏差 ( cm ) 差 (A-B) ( 注 ) 標準偏差とは データの散らばりを表す1つの尺度である 標準偏差が小さいことは 平均値のまわりの散らばり ( 分布の広がり ) の度合が小さいことを示す -22-

27 第 2 表男女別 年齢別栃木県平均値の年次別 (5 年間隔 ) 推移 ( 栃木県 ) 区分 幼稚園小学校中学校高等学校年度 5 歳 6 歳 7 歳 8 歳 9 歳 10 歳 11 歳 12 歳 13 歳 14 歳 15 歳 16 歳 17 歳 S 身 H 長 男 ( cm ) S 体 H 重 子 ( kg ) S 座 H 高 ( cm ) S 身 H 長 女 ( cm ) S 体 H 重 子 ( kg ) S 座 H 高 ( cm )

28 第 3 表栃木県の年齢別疾病 異常被患率等 区 分 裸眼視力裸眼視力難視力非矯正者の裸眼視力視力矯正者の裸眼視力 眼 未未未の計以未未未以未未未計満満満疾病上満 0.7 満 0.3 満上満 0.7 満 0.3 満 以以以以以以異常上上上上上上聴 耳鼻咽頭 耳 疾 患 鼻疾 副鼻腔患 口疾腔患咽 喉異頭常 歯 口腔むし歯 ( う歯 ) 計 処完了置者 未の処あ置る歯者 歯列 咬合 顎関節 歯垢の状態 幼稚園 5 歳 X X X X X X X X X X X X 計 小 6 歳 学 校 計 中 学 校 計 歳 高 計 等 15 歳 学 校 X X X 0.1 X X X 65.3 X X X 幼稚園 5 歳 X X X X X X X X X X X X 計 小 6 歳 学 校 男 子 中学校高等学校 計 歳 計 歳 X X X X X X X X X X X X 幼稚園 5 歳 X X X X X X X X X X X X 計 小 6 歳 学 校 女 子 中 学 校 計 歳 高計 X X 等 15 歳 学 X X X 0.1 X X X 70.7 X X X 校 X X X 0.3 X X X 70.5 X X X ( 注 ) この表は, 疾病 異常該当者 ( 疾病 異常に該当する旨健康診断票に記載のあった者 ) の割合の推定値 ( 小数点第 2 位以下を四捨五入 ) を示したものである -24 -

29 歯 口腔 歯肉の状態 疾そ病の 他異の常 永久歯の1 人当り平均むし歯 ( う歯 ) 等栄せ皮膚疾患結数むし歯 ( う歯 ) きアそ喪処未歯トの養計失計置処数柱ピー他歯歯置の 数数状性皮皮膚胸膚疾 ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) ( 本 ) 核態郭炎患 検結査核のの対精象密者 心疾病臓 異 の常 心電図異常 蛋白検出の者 尿糖検出の者 寄生虫卵保有者 その他の疾病 異常 ぜん息 腎臓疾患 言語障害 そ疾病の 他異の常 区 単位 (%) 分 歳幼稚園 計 歳 小 学 校 計 歳 中 学 校 計 計 高 歳 等 学 校 歳幼稚園 計 歳 小 学 校 計 歳 中 学 校 男 子 計 高 歳 等 学 校 歳幼稚園 計 歳 小 学 校 計 女 子 歳 中 学 校 計 高 歳 等 学 校 -25 -

30 第 4 表全国の年齢別疾病 異常被患率等 裸眼視力 裸眼視力 眼 難 耳鼻咽頭 視力非矯正者の裸眼視力 視力矯正者の裸眼視力 の 耳 鼻疾 口疾 未 未 未 疾 腔患 区分計以未未未以未未未計満満満病上満 0.7 満 0.3 満上満 0.7 満 0.3 満 疾 副 咽 以 以 以 以 以 以 異 鼻 喉異 上 上 上 上 上 上 常 聴 患 腔患 頭常 歯 口腔むし歯 ( う歯 ) 歯処完未の列 計了置者 処あ 置る 歯者 咬合 顎 関 節 計 幼稚園 5 歳 計 小 6 歳 学 校 中 計 学 12 歳 校 高 計 等 15 歳 学 校 男 子 幼稚園 5 歳 計 小 6 歳 学 校 中 計 学 12 歳 校 高 計 等 15 歳 学 校 女 子 幼稚園 5 歳 計 小 6 歳 学 校 中 計 学 12 歳 校 高 計 等 15 歳 学 校 ( 注 ) 1. この表は 疾病 異常該当者 ( 疾病 異常に該当する旨健康診断票に記載のあった者 ) の割合の推定値 ( 小数点第 3 位以下を四捨五入 ) を示したものである 2. 被患率等の標準誤差は 標本数と得られた被患率等により異なるが むし歯 ( 計 ) の被患率の標準誤差は 幼稚園で 0.50 小学校で 0.32 中学校で 0.41 高等学校で 0.45 裸眼視力では 幼稚園で 1.36 小学校で 0.23 中学校で 0.45 高等学校で 0.71 ぜん息では幼稚園で 0.13 小学校で 0.09 中学校で 0.09 高等学校で 0.07 心臓の疾病 異常では幼稚園で 0.04 小学校で 0.02 中学校で 0.02 高等学校で 0.04 である

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9292B28DB88C8B89CA8A549776>

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9292B28DB88C8B89CA8A549776> 平成 22 年度学校保健統計調査結果速報 調査調査結果概要 調査結果概略 1 発育状態 身長 平成 22 年度身長 ( 平均値 以下同じ ) は 5 6 8 14 15 17 歳で前年度同年齢より増加している 平均と比較では 11 歳がと同じ値であるある以外は全て平均以外は全て平均を下回った 身長は 5~7 12 14 16 17 歳で前年度同年齢より増加している 平均と比較では 12 歳が平均を上回った以外は

More information

Microsoft Word - H26_まとめ

Microsoft Word - H26_まとめ 平成 26 年度保健統計調査速報 徳島県統計戦略課 この調査は, 統計法に基づく基幹統計 ( 文部科省所管 ) として実施されるものであり, 各で保健安全法により, 毎年定期的に行われている健康診断の結果から, 児童, 生徒及び幼児 ( 以下 児童等 という ) の発育並びに健康状態を明らかにし, 保健行政上の基礎資料を得ることを目的として, 毎年全国一斉に実施されている統計調査である なお, この速報の数値は概数であり,

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除 平成 28 年度学校保健統計調査結果速報 ( 香川県分 ) 文部科学省から公表された平成 28 年度学校保健統計調査結果速報のうち 香川県分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内 149 校 ( 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

平成11年度学校保健統計調査結果(愛知県分)

平成11年度学校保健統計調査結果(愛知県分) 調査結果の概要 Ⅰ 発育状態 1 体格の平均値 平成 7 年度の幼稚園 及びにおける幼児 児童及び生徒の身長 体重及び座高 ( 平均値 以下同じ ) を年齢別 男女別に見ると次のとおりである 身長体重座高 幼稚園 5 歳 11.5 1. 1.9 19.1 1.3 1.1 歳 11..9.7 115.3.5. 7 歳 1.1 3.5 7. 11. 3.1.9 歳 1.. 7.3 17.1 5.9 9.9

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 Ⅰ 調査の概要 1 調査の目的本調査は 学校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的とする 2 調査の範囲 対象 ⑴ 調査の範囲は 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む 以下同じ ) 小学校 中学校及び高等学校のうち 文部科学大臣があらかじめ指定する学校 ( 以下 調査実施校 という ) とする ⑵ 調査の対象は 調査実施校に在籍する

More information

< A A778D5A95DB8C92939D8C7692B28DB895F18D908F912E786C73>

< A A778D5A95DB8C92939D8C7692B28DB895F18D908F912E786C73> Ⅱ 調査結果の概要 発育状態 1 身長 体重 座高の平均値平成 25 年度及び平成 24 年度の幼稚園 小学校 中学校 高等学校における幼児 児童及び生徒の身長 体重 座高の平均値を年齢別にみると 表 1のとおりである 表 1 年齢別 身長 体重 座高の平均値 身長 ( cm ) 体 重 (kg) 座 高 (cm) 区 分 女 女女 H25 H24 H25 H24 H25 H24 H25 H24 H25

More information

< F2D8C8B89CA8A F2E6A7464>

< F2D8C8B89CA8A F2E6A7464> データからみるからみるの子どもたちのどもたちの体格体格と健康健康について ~ 平成 22 年度学校保健統計調査結果から~ 平成 22 年度学校保健統計調査 の結果を基に 県内の幼稚園 小学校 中学校 高等学校における 5 歳から 17 歳までの子どもたちの体格と健康の状態を次のとおり取りまとめました Ⅰ 発育状態 1. 身長 体重体重 座高座高の平均値 ( 図 1 表 1 表 2) (1) 身長 女子の

More information

Ⅱ 調査結果の概要

Ⅱ 調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 身長 体重 座高の茨城県平均値 (1) 身長子の身長は, 歳,~1 歳,12 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は, 11 歳と 12 歳の間が 7.cm と最も大きく 1 歳と 17 歳の間が.3cm と最も小さい なお, 1 歳の 139.cm は過去最高となっている 子の身長は,9~11 歳,17 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は,1

More information

2.調査結果の概要

2.調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 図 1) 1 平成 21 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,7 歳,8 歳,15 歳及び 17 歳で前年度の同年齢より増加している また,5 歳,9 歳,11 歳から14 歳及び16 歳で前年度より減少している 女子の身長は,5 歳,11 歳及び14 歳で前年度の同年齢より増加している また, 9 歳,12 歳,13 歳及び17

More information

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態調査結果 (1) 身長 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の身長 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 1) 男子の身長は 6 歳 11~12 歳 14~16 歳で 前年度の同年齢より.1~.7 cm増加しており 最も増加しているのは 16 歳の.7 cmである 1 歳及び 17

More information

Microsoft Word - H26 学校保健概要

Microsoft Word - H26  学校保健概要 特集 26 年度校保健統計調査結果の概要 労働力 事 農林班電話 043-223-2220 Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的この調査は 統計法に基づく基幹統計調査として 校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにすることを目的とする 2. 調査の根拠統計法 ( 19 年法律第 53 号 ) 統計法施行令 ( 20 年政令第 334 号 ) 及び校保健統計調査規則 ( 昭和 27 年文部省令第

More information

Ⅱ 調査結果の概要

Ⅱ 調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 表 2, 図 1, 図 2) 1 平成 21 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,7 歳,8 歳,15 歳及び 17 歳で前年度の同年齢より増加している また,5 歳,9 歳,11 歳から14 歳及び16 歳で前年度より減少している 女子の身長は,5 歳,11 歳及び14 歳で前年度の同年齢より増加している また, 9 歳,12

More information

2.調査結果の概要

2.調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態 (1) 身長 ( 表 1, 表 2, 図 1, 図 2) 1 平成 24 年度の男子の身長 ( 全国平均値 以下同じ ) は,6 歳,7 歳,13 歳及び 16 歳で前年度の同年齢より低くなっている また,9 歳,10 歳,12 歳及び15 歳で前年度より高くなっている その他の年齢では, 前年度と同じ数値となっている 女子の身長は,9 歳,10 歳及び14 歳で前年度の同年齢より低くなっている

More information

目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査 (

目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査 ( 26 年度学校保健統計調査福井県の概要 ( 速報 ) 27 年 1 月 福井県総合政策部政策統計 情報課 目 次 調査の概要 2 調査結果の概要 1 発育状態調査 (1) 身長 体重 座高の状況 3 ア身長 4 イ体重 4 ウ座高 5 (2) 身長 体重 座高の推移 6 ア身長 6 イ体重 8 ウ座高 10 (3) 全国平均値との比較 12 ア身長 12 イ体重 14 ウ座高 16 2 健康状態調査

More information

01_表紙

01_表紙 2 7 学校保健統調査結果 28 年 1 月 22 日 新潟県総務管理部統課 生活統班人口 教育担当 TEL 025-285-5511( 内線 2437) 025-280-5420( 直通 ) 目 次 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 結果の概要 1 発育状態 2 参考資料 都道府県別体位の比較(17 歳 ) 8 2 健康状態 9 3 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率 14 統 表 表 -1 新潟県の平均体位と全国平均との比較

More information

<8C8B89CA8A C8E DA8E9F292E786477>

<8C8B89CA8A C8E DA8E9F292E786477> 平成 25 年度 学校保健統計調査 ( 福岡県 ) 福岡県企画 地域振興部調査統計課 はじめに 学校保健統計調査は 学校における幼児 児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにし 学校保健行政上の基礎資料を得ることを目的として 文部科学省が 学校保健統計調査規則 ( 昭和 27 年文部省令第 5 号 ) 及び 学校保健統計調査要綱 に基づいて実施している基幹統計調査です この統計は 学校保健安全法に基づいて毎年

More information

[学校保健統計調査]

[学校保健統計調査] 平成 27 年度 学校保健統計調査速報 ( ) 平成 28 年 1 月 22 日 企画振興部統計企画課 目 次 学校保健統計調査の概要 1 利用上の注意 2 調査結果の概要 Ⅰ 発育状態 1 身長 5 2 体重 7 3 座高 9 Ⅱ 健康状態 1 疾病 異常の被患率等別の状況 1 2 主な疾病 異常被患率等の推移 11 3 主な疾病 異常被患率等の詳細 11 Ⅲ 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率 1

More information

教育庁 表紙のコピー

教育庁 表紙のコピー 平成 4 年度 東京都の学校保健統計書 定期健康診断疾病異常調査 平成 5 年 月 東京都教育委員会 まえがき 東京都教育委員会では 児童 生徒の健康実態を把握し 健康教育や学校保健行政の基礎資料となるよう 今年度も区市町村教育委員会及び全公立学校の御協力により 東京都の学校保健統計書 を発刊することになりました この 統計書 は 都内の公立学校の児童 生徒の全数調査であり その対象者数がおよそ 9

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子 1) 生活習慣の状況 1 朝食について 朝食を毎日食べる と答えた割合は 小中学生共に平成 15 年と比較すると 平成 年は 以上に増加していた 高校生も朝食を摂る割合がやや増加している 学年が進むにつれ朝食をとる割合の減少傾向がみられる ( 図 1) また 朝の気分が いつもすっきりしている と答えた割合は 平成 15 年と比較すると小中学生では少なくなり ( 図 ) 朝食を家族と食べる割合は小学生では.7

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

H25児童生徒の健康体力-本文4.indd

H25児童生徒の健康体力-本文4.indd 平成 5 年度 児童生徒の健康 体力 青森県教育庁スポーツ健康課 まえがき 県教育委員会では 学校における体育 スポーツ及び健康教育の充実を図るため 今年度も 悉皆による 学校保健調査 及び抽出による 体格 体力 ライフスタイル調査 を実施し この度 報告書がまとまりました 調査に御協力いただきました各校をはじめ関係機関に対し厚くお礼申し上げます さて 子どもたちを取り巻く社会環境や生活様式の急激な変化は

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

学校用(1)

学校用(1) 統計法に基づく基幹統計調査 まえがき 平成 2 8 年度 学校保健統計調査の手引 ( 学校用 ) 目 Ⅰ 調査の概要 1 Ⅱ 調査票の提出について 3 Ⅲ 調査票の作成上の注意 Ⅳ 調査対象者の抽出方法 次 5 6 Ⅴ 調査票の作成について 7 1 発育状態調査 7 2 健康状態調査 9 裸眼視力の記入例 24 Ⅵ 政府統計オンライン調査システムの利用方法 25 ( 参考 ) よくある質問集 48

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510)

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510) 参 考 1-4 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 の 属 性 把 握 都 市 計 画 税 については 都 市 計 画 年 報 ( 平 成 20 年 )によると 全 1429 市 区 町 村 ( 東 京 都 23 区 については 区 別 にカウント)に 対 して 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 数 が 687 市 区 町 村 都 市 計 画 税 非 徴 収 市 区 町 村 が 742

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査 8. 平成 28 年度公立学校教員採用選考 試験の実施状況調査 平成 28 年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況について 1 概要 本調査は 平成 27 年度に 68 の各都道府県 指定都市 豊能地区 ( 大阪府 ) 教育委員会 ( 以下 県市 という ) において実施された平成 28 年度公立学校教員採用選考試験 ( 以下 平成 28 年度選考 という ) の実施状況について その概要を取りまとめたもので

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

boshishido.exe

boshishido.exe 3 14 2010 16 1 1 1 2 3 3 5 4 7 1 8 2 1 6 11 3 2 16 4 3 17 5 4 20 22 23 26 27 2010 31 31 乳 幼 児 の 成 長 と 歯 科 保 健 の 概 要 1 p8 p10 1 6 2 p11 p16 6 2 16 2 3 1 6 2 2 2 p24 3 p17 p19 4 p20 p21 6 1 4 20 5 6 2 6

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉

2. 花 粉 症 有 病 者 の 割 合 およそ6 人 に 1 人 日 本 アレルギー 協 会 の 平 成 15 年 の 疫 学 調 査 によると 近 畿 地 方 の 花 粉 症 の 有 病 率 は 17.4% と 全 国 の 15.6%を 上 回 る 結 果 となった また 近 年 では 花 粉 今 年 の 花 粉 飛 散 量 予 測 と 花 粉 症 対 策 について 今 年 の 花 粉 飛 散 量 は 一 部 の 地 域 を 除 いて 全 国 的 に 例 年 より 多 くなると 予 測 されている 年 々 花 粉 症 の 患 者 数 が 上 昇 するなか 一 部 の 試 算 では 花 粉 症 による 国 内 の 経 済 損 失 は 数 千 億 円 にも 上 るといわれている そこで 今 回

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

昨 年 度 の 利 用 状 況 と 分 析 1. 集 計 期 間 と 利 用 件 数 2009 年 12 月 30 日 ~2010 年 1 月 3 日 までの 5 日 間 利 用 件 数 総 計 16,567 件 2. 年 末 年 始 当 番 医 情 報 の 2009 年 12 月 31 日 ~20

昨 年 度 の 利 用 状 況 と 分 析 1. 集 計 期 間 と 利 用 件 数 2009 年 12 月 30 日 ~2010 年 1 月 3 日 までの 5 日 間 利 用 件 数 総 計 16,567 件 2. 年 末 年 始 当 番 医 情 報 の 2009 年 12 月 31 日 ~20 報 道 関 係 者 各 位 2010 年 11 月 17 日 ティーペック 株 式 会 社 年 末 年 始 の 全 国 市 町 村 の 当 番 医 に 関 する 情 報 を 一 般 公 開! 1) 好 評 につき 今 年 も 一 般 公 開 電 話 による 健 康 相 談 事 業 で 業 界 最 大 手 のティーペック 株 式 会 社 は 昨 年 創 立 20 周 年 記 念 のCSR 活 動 の

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

ま え が き 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにすることを 目 的 として 実 施 す る 国 の 最 も 基 本 的 な 統 計 調 査 で, 大 正 9 年 以 来 ほぼ5 年 ごとに 実 施 しており, 平 成 22 年 国 勢 調 査 は,その

ま え が き 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにすることを 目 的 として 実 施 す る 国 の 最 も 基 本 的 な 統 計 調 査 で, 大 正 9 年 以 来 ほぼ5 年 ごとに 実 施 しており, 平 成 22 年 国 勢 調 査 は,その ま え が き 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにすることを 目 的 として 実 施 す る 国 の 最 も 基 本 的 な 統 計 調 査 で, 大 正 9 年 以 来 ほぼ5 年 ごとに 実 施 しており, 平 成 22 年 国 勢 調 査 は,その19 回 目 に 当 たります 本 書 は, 平 成 22 年 国 勢 調 査 による 人 口 の 男

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男

(2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 連 合 会 が 細 目 を 定 めて 実 施 する イ ブロック 大 会 区 分 及 び 選 出 チーム 数 は 次 表 のとおりとする フ ロック 名 都 道 府 県 名 成 年 男 18 軟 式 野 球 競 技 1 期 日 平 成 27 年 10 月 2 日 ( 金 )から 10 月 5 日 ( 月 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 金 ) 10 月 3 日 ( 土 ) 10 月 4 日 ( 日 ) 10 月 5 日 ( 月 ) 2 回 戦 5~8 位 決 定 戦 3 4 位 決 定 戦 成 年 男 子 1 回 戦 準 々 決 勝 準 決 勝 決 勝 2 会

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

5 予 選 方 法 (1) 都 道 府 県 大 会 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 各 都 道 府 県 支 部 ごとに 細 目 を 定 めて 実 施 する (2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部

5 予 選 方 法 (1) 都 道 府 県 大 会 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 各 都 道 府 県 支 部 ごとに 細 目 を 定 めて 実 施 する (2) ブロック 大 会 ア 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 の 各 ブロック 支 部 18 軟 式 野 球 競 技 1 期 日 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 1 回 戦 2 回 戦 準 々 決 勝 準 決 勝 5~8 位 決 定 戦 決 勝 3 4 位 決 定 戦 2 会

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

06_硬式_中途.indd

06_硬式_中途.indd 公益財団法人日本高等学校野球連盟加盟の各高校責任者 学校長および野球部責任者 の皆様へ イ 平成 27年3月 新入生用中途加入用 高校野球 硬式 新入生中途加入用 賠償責任保険傷害保険 施 設賠償責任保険 スポーツ団体傷害保険特約付帯普通傷害保険 のご案内 賠償責任保険にすでにご加入の場合 新入生用に再度手続いただく必要はありません 損 害 賠 償 金や 諸 費 用を補 償 補償期間 野球競技活動中の

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

untitled

untitled 資 料 年 度 別 表 彰 分 野 受 賞 者 数 の 実 績 年 / 回 1 回 2 回 3 回 4 回 5 回 6 回 7 回 8 回 9 回 10 回 分 野 昭 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 小 計 人 命 救 助 等 93 203 156 157 213 197 235 255 230 183 1922 国 際 社 会 への 貢 献 0 青 少 年 育 成 スポーツの

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査 2012 年 9 月 14 日 エーザイ 株 式 会 社 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 参 考 資 料 Ⅰ. 調 査 設 計 Ⅱ. 調 査 結 果 この 件 に 関 する 問 い 合 わせ 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 広 報 事 務 局 ( 株 式 会 社 ジェイ ピーアール 内 ) 担 当 : 山 本 瀧 澤 TEL:03-3403-1745

More information

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑

試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 勤 務 地 試 験 の 区 分 採 用 予 定 数 採 用 時 の 勤 務 地 刑 務 A 北 海 道 約 3 0 名 刑 務 B 北 海 道 約 2 5 名 北 海 道 刑 務 A( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 務 B( 社 会 人 ) 北 海 道 刑 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 刑 務 官 採 用 試 験 - 高 等 学 校 卒 業 程 度 - 受 験 資 格 受 験 案 内 人 事 院 法 務 省 刑 務 官 は 刑 務 所 少 年 刑 務 所 又 は 拘 置 所 に 勤 務 し 被 収 容 者 に 対 し 日 常 生 活 の 指 導 職 業 訓 練 指 導 悩 みごとに 対 する 指 導 などを 行 うとともに 刑 務 所 等

More information

Microsoft Word - 海洋散骨に関するアンケート集計レポート.docx

Microsoft Word - 海洋散骨に関するアンケート集計レポート.docx 海 洋 散 骨 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 27 年 9 月 調 査 の 趣 旨 海 洋 散 骨 という 葬 法 が 全 国 的 にどれくらい 認 知 されているか 地 域 や 年 代 世 帯 構 成 によって 認 知 度 や 意 識 に 差 があるかを 調 査 するためにおこなった 調 査 時 期 2015 年 8 月 中 旬 9 月 上 旬 調 査 方 法 一 般 社 団

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information