報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "報告書"

Transcription

1

2 もくじ ( 日本語 ) 1 歓迎のごあいさつ 1 第 3 回 生物の多様性を育む農業国際会議 2014 実行委員会実行委員長大崎市長伊藤康志 2 基調講演 2 (Ⅰ) いのちを育てる生物多様性大桃美代子 ( タレント ) (Ⅱ) いのちにぎわう農業が持続可能な社会をつくる夏原由博 ( 名古屋大学大学院環境学研究科教授 ) (Ⅲ) 日本の田んぼの生物多様性その指標づくりと活用田中幸一 ( 独立行政法人農業環境技術研究所上席研究員 ) 3 パネル討論セッション1 8 テーマ 生物の多様性を育む農業技術の実践 座長稲葉光國 (NPO 法人民間稲作研究所理事長 ) 副座長佐々木陽悦 ( 全国エコファーマーネットワーク会長 ) (1) JAふるかわにおける環境保全米づくりの推進 高橋剛 ( 古川農業協同組合稲作振興会会長 ) (2) 環境保全米の栽培に取り組んで現在の課題未来への責任 小松庸一 ( いわでやま農業協同組合環境保全米栽培推進委員会副委員長 ) (3) 千葉県いすみ市生きものを育む有機稲作の取り組み 矢澤喜久雄 ( 千葉県いすみ市峰谷営農組合代表 ) (4) 有機農業の技術と生物多様性 佐藤繁男 ( 有機米栽培グループあふあふ倶楽部代表 ) (5) 命の農業を可能にする水田生物農法 チュ ジョンサン (icoop 生産者会主穀委員会委員長 ) (6) ウンカ常習地帯での生物多様性有機稲作の実践 その成功のポイント 趙亜夫 ( 元中国江蘇省鎮江農業科学研究所所長 ) 4 パネル討論セッション2 22 テーマ 生きもの調査と生物の多様性を育む農業技術の評価をめぐって 座長城所隆 ( 元宮城県古川農業試験場長 ) 副座長斉藤光明 (NPO 法人オリザネット代表 ) (1) 環境と生きものから見た稲作農業 向井康夫 ( 東北大学生命科学研究科群集生態分野助教 )

3 (2) 農業者を主体とした赤とんぼ保全に向けた調査 実践活動 神宮字寛 ( 宮城大学食産業学部准教授 ) (3) 中国本土における有機農業の生態系環境効果に関する現状調査 王磊 ( 中国国家環境保護省南京環境保護研究所有機食品発展センター研究部主任補佐 ) (4) 有機栽培を通して日本の農業のあり方を感じた事 安部光枝 ( 有機農産物栽培農家 ) (5) icoop 生協水田湿地調査団の田んぼの生きもの調査 キム ヒョンスク (icoop 生協水田湿地調査団 ) 5 パネル討論セッション3 33 テーマ 生物の多様性を育み農業 農村を支える地域づくり 座長呉地正行 (NPO 法人蕪栗ぬまっこくらぶ理事長 ) 副座長舩橋玲二 (NPO 法人田んぼ研究員 ) (1) ラムサール条約湿地登録渡良瀬遊水地の 賢明な活用の3 本柱 日向野貞二 ( 小山市企画財政部長 ) (2) 水田養魚にみる稲作農業遺産 陽平 ( 滋賀県立琵琶湖博物館主任学芸員 ) (3) 生物多様性を育む農業 農村を支える村づくり - 韓国 禮山 ( イェサン ) 郡のコウノトリ村づくりの事例 ソ ドンジン ( 韓国教員大学校コウノトリ生態研究院研究員 ) (4) 環境負荷低減に向けた地域資源の利活用( 循環型社会構築 ) 淺見紀夫 ( 株式会社一ノ蔵名誉会長 ) (5) 生きもの豊かな田んぼ の取り組み 橋部佳紀 ( 株式会社アレフふゆみずたんぼプロジェクト ) (6) めぐみ野( みやぎ生協の産直 ) 活動を通じた生産者と消費者の交流 大越健治 ( みやぎ生協専務理事兼産直推進本部長 ) (7) 田んぼか 田んぼでないか それが問題だ 本多清 ( 株式会社アミタ持続可能経済研究所主任研究員 ) 6 総合討論 48 進行あん まくどなるど ( 上智大学大学院地球環境学研究科教授 )

4 歓迎のごあいさつ 第 3 回 生物の多様性を育む農業国際会議 2014 実行委員会 実行委員長大崎市長伊藤康志 ( いとうやすし ) 第 3 回 生物の多様性を育む農業国際会議 2014(ICEBA2014) を ここ宮城県大崎市で開催するにあたり 日本国内のみならず 中国 韓国をはじめ海外からご参集頂いた多くの皆様方を主催者として心から歓迎いたしますとともに 開催にご尽力頂いた関係者の皆様に御礼申し上げます 当地は 古くは 300 年以上前の江戸時代中頃から米の穀倉地帯として発展し 近年は ササニシキ や ひとめぼれ といったブランド米を生み出した地域であります また 例年 10 万羽を超える日本有数のガン類の飛来地となっていますが この理由は 蕪栗沼と化女沼の2つのラムサール条約登録湿地を有するのみならず 1 万 6 千 ha を超える広大なガン類のエサ場としての水田を有しているからであります ガン類の中でも 昔から絵画や和歌のモチーフにされるほど日本人にとって身近な鳥であったマガンは 近代に入り一時絶滅が危惧されましたが 様々な保護活動とともに 当地域のような生息に適した環境が残っていることで現在のような回復傾向を見せるに至りました 当地は 渡り鳥に選ばれたまち であり まさに マガンの楽園 であります また 当地は 国内他地域に先駆けて有機農業を含む環境保全型農業に取り組んできた地域であり 現在 日本各地に普及している ふゆみずたんぼ農法 ( 冬期間に水田に水を張る農法 ) を最初に実践したのもこの地域であります アジアモンスーン気候に適応した水田稲作農業は 数千年以上も前から人々に食料を供給し 水田における生物多様性に富む農業生態系 優れた景観を形成してきました 他方 近代化 グローバル化の中で 農薬や化学肥料に頼る農業が主流化する傾向にあり リサージェンス ( 天敵不在による害虫の誘導多発生 ) や土壌の劣化 それに伴う農業生態系 生物多様性の劣化などがアジア共通の課題となっています これらの対応を議論する場として 生物の多様性を育む農業国際会議 は 日 中 韓環境創造型稲作技術国際会議 と 日 韓田んぼ生きもの調査交流会 等を経て 2010 年に豊岡市で開かれ 今回で3 回目となります アジア諸国において農薬や化学肥料に頼らない農業を実践する農業者 行政 環境 NPO 学術研究者 消費者などの多様な関係者が一堂に会し 情報交換や技術交流を行い これらの問題について共に考える枠組みがこれまで継続されていることは大変意義深いと考えます また 2010 年に 愛知目標 が確認され 生物の多様性に関する条約 第 10 回締約国会議においても 水田農業の重要性の認識などが確認され 国連が決定した 国連生物多様性 10 年 の取り組みの一環として 田んぼの生物多様性 10 年プロジェクト が始動するなど 国際的にも水田農業の持つ機能 役割が注目されており このような点でも本会議は時節を得たものと言えます 最後に 本会議において関係者間の活発な意見交換と相互理解が進み アジアにおける水田稲作農業を核とした生物多様性の向上の取り組みの進展の一助となることを祈念し 歓迎のごあいさつの結びといたします 1

5 基調講演 Ⅰ: いのちを育てる生物多様性 大桃美代子 MIYOKO OOMOMO( タレント ) 地球生きもの応援団 ( 2008 年 11 月 21 日発足 ~) 大邱観光名誉広報委員 (2013 年 5 月 8 日委嘱 ) 新潟県 魚沼特使 日本災害復興学会名誉会員 JOIN 大使 5 A DAY 食育インストラクター 農政ジャーナリスト 雑穀エキスパート ジュニア野菜ソムリエ おさかなマイスター アドバイザー パンコーディネーター 地域再生大賞選考委員 新潟県新資源管理制度総合評価委員 Official blog 桃の種 ニュース番組をはじめ 料理 クイズ バラエティ 情報番組など幅広い分野で活躍 趣味が高じて韓国に 3 か月間語学留学するほどの韓国好き 留学体験など韓国ネタを綴るブログ 韓流への道 年 10 月に起こった 中越地震 を新潟県魚沼市の実家に帰省中に被災する 2005 年 11 月に 魚沼特使 に任命され地元の復興を願い 活動をしている 食に関する資格を多数取得するなど 食育や農業に関心を持ち 中越地震復興に向けて頑張っている魚沼を全国の人に知ってもらいたいという想いから 07 年より地元魚沼で古代米 ( 桃米 ) 作りを始める 地元魚沼の子どもたちと< 食 >を見つめ直す活動として 生き物調査を始め 環境問題や生物多様性の大切さを学んでいる 田んぼが人を繋ぎ そこから文化が生まれる 活動を通して故郷の復興支援に取り組む 2

6 出版物 大桃美代子のきれいになるレシピ 天使のプッ! 大桃論 ちょっと農業してきます 日本一おいしいお米の食べ方 DVD 大桃美代子のもっと雑穀! おいしい健康レシピ 3

7 基調講演 Ⅱ: いのちにぎわう農業が持続可能な社会をつくる 夏原由博 ( なつはらよしひろ ) 名古屋大学大学院環境学研究科教授 略歴等 : 京都大学大学院博士課程農学研究科修了大阪市立環境科学研究所研究員 大阪府立大学助教授 京都大学大学院教授を経て 2010 年より名古屋大学大学院環境学研究科教授 愛知県環境審議会委員 名古屋市生物多様性センターアドバイザー ( 公 ) 大阪自然環境保全協会会長 赤とんぼがいなくなる そんなきざしがあらわれている トノサマガエルやメダカはすでに絶滅危惧種とされてしまった これらは長く田んぼで暮らしてきた生きものだ 日本の田んぼは 5,000 種を越える生きものに生きる場所を提供してきた 田んぼが支えてきたものは生きものだけではない 雨を一時貯えて 下流の洪水を緩和したり 美しい景色を提供するなど 多面的な機能を持つ その効果は年間 8 兆円に達するともいわれている 生きものが 田んぼから失われつつあることは 人間社会の未来への警告でもある 赤とんぼが減少している原因は 環境に優しいと使われ始めた農薬が 卵からかえったばかりのヤゴには優しくなかったためだ 圃場整備にともなう乾田化も産卵場所の減少や越冬卵の死亡を招いている 生産の拡大と環境保全のジレンマという古くからの課題の象徴といえる 生きものがいない田んぼがなぜ問題なのか 農業は生態系からのサービスを受けている 土の中には 空気中の窒素を直接利用できない植物に 窒素を供給する役割を果たしている微生物がいる イチゴや蕎麦など多くの作物が昆虫による受粉に頼っている 嫌われがちなクモは害虫を減らしている 害虫が発生していない時期にクモのいのちを支えているのは ユスリカなどのただの虫である 無数の生きものがつながりあって 農業をささえてきた こうした生態系サービスが失われることは 農業と人類の持続性を損なうことになる 生きものが住めない田んぼでは 安心して米作りができないことに気づいて 環境に優しい米作りを始めた農家が増えている 水田の生きものを考える上で いくつかの問題が浮き上がってきた 農薬をまかなければ生きものは増えるのだろうか 農家の労力に見合った成果があがるのだろうか これまで 害虫と天敵以外の水田の生きものについて 研究が少なかった 農家からはこんな言葉も聞かされた トキが放鳥されたところはいいが 名前もわからない虫が増えても誰が喜んでくれるのか しかし 琵琶湖に近い農家のおじさんは 田んぼで鮒や鯉をとった話もしてくれた 田んぼの生きもの調査では 孫の前で生き生きと輝いていた 農村は 食料を生産するだけの場所ではなく 人が生まれ育ち暮らす場所でもある 食料自給率の低下とともにさびれていいものではない 水田や農村の生き物が 経済的な価値を産まなくても 地域をささえる役割が発揮されると教えられた こうした生態系サービスの見える化とコモンズ管理の歴史は 世界に発信して活かすべきだ 4

8 供給サービス食物水木材と繊維燃料遺伝資源その他 調整サービス気候調節洪水調節疾病調節水質浄化その他 文化サービス自然美精神的 霊的教育レクリエーションその他 支持サービス生態系サービスを生み出すために必要なサービス物質循環 土壌形成 一次生産 その他 生物多様性 農業と生物多様性 :4 つのパターン 人の暮らしをささえる生態系サービス 農業への生態系サービス微生物や土壌動物, 植物による窒素固定や土壌形成昆虫や鳥による送粉天敵による害虫防除昆虫や鳥による除草森林による水源涵養 人と水田の生物のつながり 農業による生態系サービスの提供 項目 推定金額 洪水防止機能 3 兆 4,988 億円 / 年 河川流況安定機能 1 兆 4,633 億円 / 年 土壌浸食防止機能 3,318 億円 / 年 土砂崩壊防止機能 4,782 億円 / 年 有機性廃棄物分解機能 123 億円 / 年 気候緩和機能 87 億円 保健休養 やすらぎ機能 2 兆 3,758 億円 / 年 日本学術会議答申ほか 農業が守ってきた自然と生物 5,000 種以上ところが 絶滅しそうな キキョウ トノサマガエル タガメ ゲンゴロウ あかとんぼ メダカ ニゴロブナ... 吉田保志子 水辺環境の保全 5

9 基調講演 Ⅲ: 日本の田んぼの生物多様性その指標づくりと活用 田中幸一 ( たなかこういち ) 独立行政法人農業環境技術研究所上席研究員 略歴等 : 1987 年名古屋大学大学院農学研究科で学位取得 ( 農学博士 ) 同年農林水産省入省九州農業試験場に配属イネ害虫の防除に関する研究に従事 ( 天敵の働き 農薬の影響 抵抗性品種の利用など ) 1999 年農業環境技術研究所に異動昆虫 クモなどの個体群動態や生物多様性の研究に従事現在に至る 農耕地は 作物生産の場であるだけでなく 野生生物の生息場所も提供してきた とりわけ水田は 代替湿地として 多くの生物の生息場所となりうると考えられている たとえば 1950 年代の徳島県の水田における調査において 450 種以上の昆虫とクモが捕獲された しかも その内訳をみると イネの害虫となりうる植食者 ( 植物を食べる種 ) より害虫の天敵となりうる捕食者 ( 他の昆虫などを食べる種 ) や寄生者 ( 昆虫などに寄生する種 ) の方が多かった しかし 農業の近代化は化学物質など環境に負荷を与えるため 環境や生物多様性に負の影響を及ぼす 環境負荷を軽減するため環境に配慮した農業は 環境保全型農業 ( あるいは環境にやさしい農業 ) と呼ばれ その推進が図られている このような農業は 農業生態系に生息する生物や生物多様性を保全する効果があると考えられている しかしながら これらの生物に対する環境保全型農業の効果を 定量的に評価した研究はほとんどなかった そのため 2008~2011 年度に 農林水産省委託プロジェクト研究 農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発 が実施された 本プロジェクト研究の目的は 環境保全型農業など生物多様性を重視した農業が 生物多様性の保全 向上に及ぼす効果を 科学的根拠に基づいて現場レベルで評価できるような指標生物とその評価法を開発することであった 指標として選ぶ対象生物は 主に農業に有用な生物とした その代表的なものは 農業害虫の天敵となる昆虫類やクモ類などの捕食者と捕食寄生者である プロジェクト終了時には その成果をまとめたマニュアル 農業に有用な生物多様性の指標生物調査 評価マニュアル が刊行された 本講演では このプロジェクトとマニュアルの概要を 水田に関する部分を中心として紹介する 今後は これらの指標生物や評価法を活用することが課題であり その活用例について考えを述べる また 上記のように 指標生物は 主に農業に有用な生物である とくに害虫の天敵となる生物は 害虫が大発生するのを防ぎ 被害を軽減する働きが期待される さらに 天敵生物が有効に働くためには いわゆる ただの虫 などを含めた生物多様性が重要であるといわれている そこで 講演では 指標としての活用と合わせて それらの生物や生物多様性の働きおよびその活用についても紹介したい 6

10 指標生物 : どんな生物が選ばれたか 作目全国共通北日本関東中部 水田 アシナガグモ類 コモリグモ類 トンボ類 カエル類 水生コウチュウ 水生カメムシ類 トンボ類 トンボ類 カエル類 カエル類 水生コウチュウ 水生水生コウチュウ類カメムシ類 果樹 野菜など ゴミムシ類等 クモ類 寄生蜂類 テントウムシ類 ヒラタアブ類 アリ類 カブリダニ類 寄生蜂類 捕食性カメムシ類 カブリダニ類 寄生蜂類 テントウムシ類 捕食性カメムシ類 アリ類 カブリダニ類 ハサミムシ類 作目近畿中国 四国九州 水田 トンボ類 カエル類 水生コウチュウ類 カエル類 トンボ類 水生コウチュウ 水生水生コウチュウ類カメムシ類 果樹 野菜など 寄生蜂類 捕食性カメムシ類 寄生蜂類 テントウムシ類 ハネカクシ類 アリ類 カブリダニ類 テントウムシ類 捕食性カメムシ類 ハネカクシ類 アリ類 4 7

11 セッション 1 テーマ : 生物の多様性を育む農業技術の実践 趣旨 座長 : 稲葉光國 ( いなばみつくに ) 略歴等 : NPO 法人民間稲作研究所理事長 1976 年 ( 昭和 51 年 ) の冷害を契機に病害虫に強い稲作技術の開発に取り組む成苗 疎植の田植機稲作によって冷害に強い稲作を実現 1997 年 ( 平成 9 年 ) より 生物の多様性を育む有機稲作 の技術開発に取り組み 温湯消毒機を開発 2 回代かきと深水管理による抑草技術を提案 2011 年 3 月の東電福島原発事故による農地の放射能汚染を克服するために 油脂作物による植物除染を提案 油脂作物が大量のセシウムを吸収しながら可食部の油には全く移行しないことを実証 副座長 : 佐々木陽悦 ( ささきようえつ ) 略歴等 : 全国エコファーマーネットワーク会長 農林水産省生物多様性戦略 推進会議委員 JA みどりの理事 宮城県大崎市田尻生まれ 1967 年から農業に従事 1970 年代後半 から生産者の健康を阻害するダイオキシンやパラコート 航空散布 等化学農薬の危険性を訴え環境保全型農業と生協産直を始める 環境ホルモン の問題が出た 1990 年代後半から有機農業をはじ めとした化学物質の大幅削減を地域ぐるみで実施 2000 年から田ん ぼの生きもの調査を始め宮城県の研究者との共同研究を始める 生産者米価が 60 kgあたり 8,000 円台に暴落し 慣行栽培が深刻な経営破たんに直面しているなか で 農薬や化学肥料の使用量を減らし 環境保全に取り組んでいるお米の値段は一定のプレミアムが 加算され 大暴落を免れている 特に生物の多様性を育む農法で生産された特別栽培米や有機栽培米 は 60 kgあたり 16,000 円 ~20,000 円の生産者米価を維持し 需要も伸びる傾向になっている 食味 や栄養価は勿論 水田やその周辺の生き物たちを育て それを活かした稲作 = 生物多様性農法による 稲作は 21 世紀の農業として消費者や国内外の環境保護団体からも高い評価を受けている その表 れとして再生産の出来る価格が形成されるようになってきた このセッションでは こうした生物多 様性農法が国際的にも認知されてきていることから 多面的機能を発揮する日本型直接支払の中心農 法として位置づけられるよう提案したいと思う その上で 宮城県大崎市で展開されている環境保全型農業の取り組みをご報告頂き その内容とそ の意義 そしてその技術的課題を共有して頂くとともに 農薬の使用回数を半減しただけの環境保全 型農業の限界とそれを克服した生物の多様性を育み それを活用している無農薬有機農業の実践報告 を発表していただく 誰でもどこでも出来る生物の多様性を活用した有機稲作は 5 月 7 日にならないと用水が入らない 新潟県魚沼市や北海道でも成功し 昨年まで雑草に覆われ四苦八苦した水田でも 1 年で雑草が抑え られ 田植え後は田んぼに入らない農法に成功した事例 ジャンボタニシ農法の盛んな韓国において も その実践がはじまり またウンカの常襲地帯である中国でもその有用性が実証されてきた 韓国 正農会のチェさん 中国全人代 ( 日本の国会議員に相当 ) 趙先生のご報告を拝聴しながら 生物多様 性農法の技術的ポイントをアジアの共有財産にしたいと思う 8

12 セッション 1 報告 : JA ふるかわにおける環境保全米づくりの推進 氏名 : 高橋剛 ( たかはしつよし ) 略歴等 : 昭和 23 年 1 月生まれ 昭和 41 年小牛田農林高校卒業後就農 水稲 400a 施設園芸 500 坪 ( 半促成トマト 抑制キュウリ ) エコファーマー JA 古川稲作振興会会長 JA 古川敷玉地区稲作部会長 桑針地区活動組織代表 ( 日本型直接支払事業 ) 報告 JA 古川では米の主産地として 消費者から信頼される産地づくりを目指し JAグループ宮城による取り組みである 環境保全米づくり全県運動 を踏まえ 減農薬減化学肥料栽培米の作付拡大を推進している 生産基準では種子更新を 100% 実施し 化学合成農薬の使用回数と 化学窒素成分量を宮城県の慣行栽培の5 割以下と設定している 平成 26 年産のJA 古川管内の特別栽培米は 環境保全米ひとめぼれ 509ha 環境保全米つや姫 142ha 提携米ササニシキ 106ha の計 757ha で 全作付面積の 16.5% である このような環境保全米づくりは 安全で安心な農産物を消費者へ提供することと 水田周辺の環境改善にもつながっている 化学肥料を減らした分は 堆肥の投入または稲ワラの発酵をすすめる微生物資材等の使用を推進している 農薬の使用回数を減らすために 種モミは温湯消毒の実施を原則としており 除草 いもち病 カメムシ防除についても それぞれ1 回のみの使用に制限している しかし 環境保全米の作付面積は全体の 16% 程度にしか至っていない 水田の条件によっては カメムシ防除が1 回だけでは2 等米になる確率が高い地域もある 温湯消毒の普及により ばか苗病の発生も増加しており 被害が大きくなると米の収量 品質に影響を及ぼす また 生産方法に制限がある環境保全米に取り組んでも 米の価格に大きく反映されないことも作付面積が増えない要因となっている 無農薬 有機栽培は目指していくべき栽培技術ではあるが 高齢化や担い手の不足による大規模経営農家などへの集積が進む中で いかに経営できるかが課題であると思う また 水田周辺の川の水質を保全するために 水田除草剤散布後の7 日間は用水を川に流さないよう周知を行なっている 敷玉地区の農家は過去に 地区の中心を流れる川の上流にある企業の汚染排水によって 農地がカドミウムに汚染された公害問題を経験している 汚染された土は 入れ替え作業が行なわれたが 地力が無くなり肥料を通常の3 倍量投入しないと収量が確保できない状況となり あらためて農業における水と土の大切さを認識させられた 古川地域についても下水道が整備され 企業や生活排水の流出も減少し 川の水質が改善されたため 以前より魚や野鳥も増えてきている 一方で水田の大区画整備事業が進み 水田周辺の小さな堀は減少し生物の住む場所は少なくなっている 地区活動組織では 毎年 8 月に子供達と一緒に生き物調査を行なっているが 大騒ぎしながら生き物に触れている姿を見ると嬉しくなる 子供達の未来 生き物の棲む環境を維持するためにも 水田は作物と 生き物も育てる大切な場所であることを認識し 環境保全米づくりを推進していきたい 9

13 桑針地区活動組織生き物調査 ( 平成 26 年 8 月 ) 10

14 セッション 1 報告 : 環境保全米の栽培に取り組んで現在の課題未来への責任 報告 氏名 : 小松庸一 ( こまつよういち ) 略歴等 : 50 歳ひとめぼれ採種農家 ( 認定農業者 ) 耕作面積 18ha 凍り豆腐製造 6 代目 元無人ヘリオペレーター いわでやま農業協同組合 環境保全米栽培推進委員会副委員長 元青年部長 元農研機構東北農業研究センター水稲冷害研究チームモニター大崎土地改良区理事 環境保全米は 全農みやぎと宮城県全 JA が取り組んでいる減農薬減化学肥料で栽培しているお米 の総称である 地域の環境保全 向上をしつつ 高品質でおいしく安全で安心な米を消費者に届ける ことを趣旨にしている米の販売促進活動である 今までの通常栽培より 半分の農薬使用 半分の化学合成肥料で 土壌改良資材や堆肥を使用する ことを条件に JA ごとに統一した栽培マニュアルでお米を栽培している JA いわでやまでは 宮城県の環境保全米の栽培をする以前から 認定農業者と農協がこだわり米 栽培委員会を立ち上げて 良食味で高品質のお米を栽培し 地域の農業環境保全をしていくという活 動を行ってきた そのお米を JA いわでやま独自ルートや あら伊達な道の駅 で直接販売して農家の所得向上につ なげるという難しい課題に挑戦してきた 環境保全米に取り組んでみて感じたことは なかなか農家の所得向上と品質向上につながりにくい ということである まず減農薬栽培では 種子の温湯消毒を行うが その後 農家の種子管理の不全で 採種農家の頭 のいたい バカ苗病 という稲の伝染病が発生することがある バカ苗病が発生すると周囲 200m の 採種圃場が失格となる 大崎市岩出山地区はひとめぼれ種子栽培を約 100ha を全国最大規模で行いる ため大きな問題となる 採種は 主要作物種子法 という法律で厳しく管理されており バカ苗病が発生すると猛暑の時期 に抜き取り作業があり 一般農家と採種農家の摩擦も起きている 私も有機栽培を行っている産地を 見に行く機会があったがバカ苗病が多いことに驚かされた しかし 地元の農家に聞けば 当たり前 の水田風景とのことだ また 減農薬栽培では 水稲除草剤の使用回数と成分もマニュアル化されており 圃場の整備と時 期や水管理を誤ると雑草が増えて 稗だらけの田んぼになってしまう 慣行栽培では もう一度除草 剤ということになるが 環境保全米栽培では禁止となり認証されない さらに カメムシ米の発生することである 減農薬栽培で殺虫剤も 2 回と制限されていて その年 の気候や地域的に大量発生することがあり 高品質で見栄えを気にする日本の消費者にとって大きな 問題となっている 消費者によっては白米に異物が混入していると訴える方もいる 現在は色彩選別 機を使用して 消費者にカメムシ米が届くことは少なくなっているが カメムシ被害が発生すれば農 11

15 家所得が減ることは確かである カメムシの発生を抑えるため夏の畦の草刈作業が大切であるが これが重労働で 毎年 何人かは熱中症で倒れている 次に 肥料であるが 慣行栽培の半分の化学肥料で栽培している 不足する部分を有機肥料と堆肥を使い 土壌改良剤を使い補完している JAいわでやまのこだわり米栽培の最初の時期に 有機肥料 100% で栽培を行った時は 稲の初期生育がかなり抑えられて 収穫量不足になったこともあり 環境保全米ではこのことを反省材料に毎年 使用資材の検討を行い 地域に合う施肥体系を手探りで探している 環境保全米は一般の米の栽培と違い 少ない化学肥料であるため 変動する毎年の気候に寄り添いながら生育していくが この5 年はかなり安定して収穫量が見込まれるようになった また食味についても一般栽培の米と負けず劣らずになってきた この栽培活動に取り組んでから 10 年以上の歳月が経過した きっかけは 18 年前に無人ヘリのオペレータをしていて カメムシの防除作業などを行っていた その時は最新の農業機械を使用して農家をしているかっこいい農家を目指していた しかし ある時 田んぼを飛んでいたアキアカネが無人ヘリコプターで空中散布中に パタっと落ちて死んだ その時 私は初めてカメムシ防除をしているだけなく 田んぼの昆虫 生きものすべてを殺しているのだと気づくとともに 最後は私か? と思った 確かにその後体調も思わしくなかった 平成 5 年には大冷害があった 平成 6 年に東北農業研究センターに冷害研究チームが組織され平成 23 年までそのチームのモニターをしていた それは当時普及してきたインターネット環境を利用し 研究者と農家が協力しながら水稲の生育モデルと気候の推移を合致させながら季節の移り変わり 冷害や干害 いもち病の発生予測や高温障害予測をしていく研究でありモニターとしてネットを活用しながら水稲の農薬使用の時期や追肥の時期を見極めるという活動をしていた そのことで 農薬の有効的活用と減農薬を行う技術を身につけていくことができた 例えば いもち病は空梅雨には発生しにくく 高温の夏には紋枯れ病になりやすい 雪の多い年 杉の花粉が多い年にはカメムシの発生が多い イナゴの発生が多い年はカメムシの発生が少ないなど 以前は伝承であった農業技術がネット環境を活用し 多くの情報が共有されることで明らかになっていった この研究は 現在は岩手大学が受け継ぎ スマートフォンでも情報提供されている また 趣味と健康維持のため 自転車ロードバイクで夕食後にサイクリングに出かけるが 道を走っていると6 月下旬から7 月初旬は 蛍が舞っている光景を目にする 以前は少なくなったと感じていたが 環境保全米の栽培面積の拡大や下水道の整備などもあり カワニナやタニシ ハヤ メダカ ドジョウも多くなったのだと思う 環境保全米の水田には 多くのタニシやカエルが発生し サギやアオサギが沢山舞い降りるようになり 稲刈り後には カモやハクチョウが落穂を食べに来るが 以前よりも増えている様に感じる 慣行栽培の田んぼより環境保全米の田んぼに選んだように舞い降りる エサが多いのか 安全と感じるのか 理由は定かではないが 人が千年以上ここで米を作り田んぼを整え動植物と共存している 現在 水稲農家は高齢化しており 環境を整えることも難しくなっている しかし 現状を維持しながら 世界的な気候変動に対処し 地域の生物多様性を維持しながら 高品質でおいしい米を栽培することで農家所得を維持し 人と自然が作り上げたこの大崎市の美しい水田風景を保ち ここで生きることの大切さを感じながら 生物多様性を育む農業を継続していきたい 12

16 セッション 1 報告 : 千葉県いすみ市生きものを育む有機稲作の取り組み 氏名 : 矢澤喜久雄 ( やざわきくお ) 略歴等 : 千葉県立高校退職後 2013 年に峰谷営農組合の組合長に就任 峰谷営農組合は2004 年 一会計の集落営農 として 集落全ての農家にあたる22 戸で設立し 水稲 15haのほか柿 食用菜花を栽培 水稲 柿 菜花は千葉県認証制度 ちばエコ農業産地 指定 2013 年から無農薬栽培に挑戦 2014 年にいすみ市とともに進める いのち育むモデル水田事業 で有機稲作技術を導入 2009 年度農業農村整備優良地区コンクール 農林水産大臣賞 受賞地区 ( 全国で3 地区 ) 報告 : 千葉県いすみ市で 生きものを育む無農薬 有機稲作技術を確立しようとする私たちの取り組み経過を報告する 関東地方でコウノトリ トキの舞う魅力的な地域づくりをめざす コウノトリ トキの舞う関東自治体フォーラム に加盟しているいすみ市では 環境と経済の調和に向けたまちづくり 自然と共生する里づくり を進めている 2013 年に 誰かが具体的な一歩を踏み出さなければプロジェクトが進まないと思い 峰谷営農組合が手探りの無農薬栽培に挑戦した 生きものへの配慮からビオトープ 水田魚道を設置したが 栽培方法は慣行栽培から単に農薬と化学肥料の使用を省いただけのもので 予想どおり過酷な除草作業に追われることとなった しかし アマガエルの大発生が功を奏したのかカメムシ等の害虫被害はなかった 翌 2014 年からは有機稲作の技術を学びなから その効果を検証し 当地域にあった栽培体系を確立しようとする いのち育むモデル水田事業 に取り組みが発展した 病害虫や雑草 珪藻類や微生物等の生態や関係性を学び 活かしながら イネが本来持っているチカラを最大限に引き出そうとする有機稲作 作業のねらいや適期の見極めも明確であった 2014 年の耕作では田植え後は田んぼに一度も入ることなく 昨年苦労した草取りから解放された 抑草については いすみ市で取り組んだ全ての農家が成果を得ることができた しかし 収穫時期についての理解が不十分であったため収量が今一歩伸びなかった 無農薬栽培に取り組み 田んぼに多様な生きものが増えることが確認でき その豊かな生態系の働きが米づくりに大きく影響することを実感した 産物や取組のPRを兼ねた対面販売の機会では 安全なものを安心して食べたいと考える消費者が多いことに改めて気付かされた 2015 年の耕作では 引き続き抑草に焦点をあて技術の研鑚に努め その効果を検証しながら安定多収につながる技術も身につけていきたい 学校給食への導入が決まったことで 子どもたちの未来を支える米づくりという新たな喜びを得た 来年の米づくりではさらに多くの仲間が加わることに期待したい 13

17 14

18 セッション1 報告: 有機農業の技術と生物多様性 氏名 : 佐藤繁男 ( さとうしげお ) 略歴等 : 1952 年 1 月生まれ 62 歳 42 歳にて有機農業に目覚めそれ以降全作有機農業 稲作 150a 畑作 10a 有機米栽培グループ あふあふ倶楽部 代表 民間稲作研究所認証センター検査員 自然農法センター認定事務局委託検査員 報告 : 魚沼市 南魚沼市の5 軒の農家で あふあふ倶楽部 という有機栽培米の生産部グループを作っており その代表となり 20 年が経過した 各会員は1~2ha と魚沼では普通の規模である 私は 35 年間魚の養殖 水中動植物の仕事に携わりながら兼業農家を続けていたが 有機農産物の日本農林規格が出来たと同時に認定機関に申請し それ以降認定を継続している 仕事柄 長年水中の動植物を見てきたおかげで 田んぼの動植物にも関心があり有機水田の生き物の多様性には関心している 魚沼は毎年積雪が3m 前後ありいわゆる豪雪地帯であり農業にとっては冬の間には農作業はできないそんな私の有機水田のことを技術と動植物に分けて書いてみた 長年冬期湛水を続けてきたたんぼはアカガエルをはじめ私が確認できた5 種類のカエルの大繁殖地となったが それはたった1ペアのアカガエルから始まった 昔 子供のころにはアカガエルが我が家の田んぼに居たのは見たが 近年はまったく気づかず その元になったであろうと思われる1ペアのアカガエルが死んだことによって気がついたのだった 春になって苗代の雪を消していたら1 匹の大きなアカガエルが死んでいた その時は気づかなかったが その後苗が大きくなりかけた頃にまた1 匹の大きなアカガエルが苗の上で動かずにジッとしている 具合が悪そうだなと思いそのままにしておいたのだが 次の日には苗の上から降りて死んでいた それで前に死んだアカガエルと今死んだアカガエルとはペアだったことが分かった わずか 10aばかりの田んぼから数千匹か数万匹かわからないが カエルが生まれるようになり またそれを求めて昼間には親子連れのカモ ヘビが 夜にはアオサギが多数集まってくる 夕方にはコウモリ ツバメ オニヤンマが有機水田から飛び立つ小さな昆虫類を求めて上空を乱舞する光景は私を幸せにしてくれる その他 有機水田の動植物の多様性やそれらを生み出す生産性はすばらしく有機農業をやっていてよかったと思わせてくれる瞬間でもある それはたった1ペアのアカガエルからはじまったと思っている 新潟平野では行き過ぎた圃場整備と除草剤の使用でトノサマガエルがいなくなり それを餌としていたアオサギは魚沼に移り棲まざるをえなくなった 人間の都合で住む場所や餌が無くなる動物のため有機農業は最後の砦となるだろう 1 人でも多くの農業者が目覚めてくれることを希望する 15

19 私は 親も亡くなり委託していた方も亡くなった その頃 偶然にも有機栽培を行っていた方と知 り合い感化され 有機稲作を始めた 最初の 5 年間位は 耕作面積 60a で出た草は全圃場手で取っ た 朝 4 時位に起きて会社へ出かけるまで草取り 会社から帰るとまた田んぼに行くという 6 7 月 であった これではきりがないと カモ を放鳥した これもカモの世話やネット張り 思うように草をとっ てくれないなど 5 年位でやめた 有機栽培を始めたものの思うようにはならず 技術的にも有機栽培 の理念や理想なども整理が出来ず悩む日が続いた 丁度その頃 偶然にも地元の新聞に農業関係の講 習会があるとの記事が載り聞きに行くことにした そこに講師の 1 人として稲葉先生がおられ 話を 聞きその場で民間稲作研究所の会員にしてもらった それ以来 民間稲作研究所の技術や理想に感化 され一緒に行動するという日々が続いている 同じ志を有する全国の方々との会話や研修旅行など有 意義な楽しい日々が続いている 稲葉先生の 田植え後には田んぼに入らない という技術 信念に同感している 年齢も 60 歳を 過ぎれば泥田に入っての過酷な作業は当然難しくなる 田んぼに入らず一定の収量を上げると言う技 術は最も大事なものと思う 次に 私の有機稲作の技術的なことを書いてみる 雑草に負けない稲を作る 草に負けずに共存し あわよくば稲自らが草を抑えて収穫に十分な生長を果たす それにはひとつのことを実行すれば良い のではなく いくつかのことを連動させなければならない 十分生長した大きな苗をつくる 大きな苗をつくるのにもいくつも方法はあると思うが 私はポ ット育苗で 5 葉以上の苗を目指す 大きな苗の一番の利点は害虫 稲水象虫の被害が目立たなく なったことである それまでは植えてから数週間も苗が生長しないことが毎年のことであった その結果 稲が自ら草を抑えるということはまったくできない状況が起こっていたが 現在は自 ら抑えるという理想に近づいていると思う 大きな苗を植え その生長をさらに持続するため重要になるのは十分な基肥であると思う 現在 は有機農産物にいろいろな考えがあるが草に負けない稲自らが草を抑え生長を持続するため には十分な基肥を施用する 自分は米ヌカ おから 菜種粕 魚粕 グアノなどを EM 菌で発酵さ せ 120~150kg/10a 前後を施用している また 代掻きから植えるまでの時間をできるだけ長くとり 発生した草を田植えまでの間に処理 する いわゆる 2 回代掻きも重要である 魚沼は例年 3m 前後の積雪があり 3m を超えると雪解 けも遅れるが 出来る限り時間をとるようにしている 大きな苗の利点のひとつに移植と同時に深水に出来ることがある 稲が十分に生長する間 それ を助けるために深水を維持することは重要であると思う ヒエを抑え コナギなどの低層に生え る草などを抑制できると思う また この時期に発酵資材などを 20kg/10a 程度施用すると浮 き草やアミミドロなどの発生を促し 水に色を付けるなど 雑草の抑制効果が期待できると思う 田んぼには水を入れ続ける 水を温めるために止めたりはしない 最高の水深を維持し続ける 植えてから 40 日前後で田んぼは乾かす いつまでも水を張っているとコナギなどの水生植物は いつまでも生長を続けるからである 大きな苗 2 回代掻き 深水 十分な基肥の 4 点が水稲の有機栽培の低労力にとって重要であり, 以上の作業を繰り返すことにより 田んぼに入ることなく年々雑草は数を減らすものと思っている 16

20 セッション 1 報告 : 命の農業を可能にする水田生物農法 氏名 : チュ ジョンサン ( 주정산 ) 略歴 : icoop 生産者会主穀委員会委員長 ホンソン icoop 協同組合推進委員長生物多様性を育む農法についての研究 田んぼの生きもの調査交流会 循環農業 疎植栽培についての生産者教育活動 icoop 地域活動家への稲作教育 報告 : 2004 年から 環境に配慮した農産物 ( 親環境農産物 ) が過剰生産になり また消費量が生産量より少ないため 農産物の販売が不振になった 親環境稲作の場合 2003 年までは生産と消費のバランスが取れていたため販売に負担を与えなかったが 2004 年から消費者数の増加が少なくなって農産物が少しずつ残るようになり 2004 年産の米はさらに大量の米が余った 韓国の農業の場合 質よりも量を重要視していた 量を重要視すると コメの味を考慮せずに量だけにこだわる農業が続き 消費者から背を向けられるようになった この事が 農民たちが量より質を向上するための努力を開始するきっかけになった 洪城 ( ホンソン ) では農民 5 人が 親環境農業研究会 を作り 米の質を向上させる新たな農法を開発するための試験栽培をすでに始めていたが その後 2006 年に日本の水田生物調査プロジェクトチームが icoop 生協の主要穀物生産地の一つである忠清南道洪城郡にあるプルム穀物法人を訪問した icoop 生協とともに韓日田んぼの生きもの調査を行ってお互いに交流することを論議し 同年 7 月 16 日から 18 日まで洪城郡ホンドン面一帯で第 1 回韓日田んぼの生きもの調査を開催することになった その時 日本の稲葉先生の講演会に接して 研究会は 20 人余りの参加農家を増やし その稲作方法を翌年から試験的に実施するようになり この 9 年間の努力で疎植栽培の重要性を認識した 疎植栽培の場合 栽培方法を地域に合う方式で調整しながら 病虫害防除 台風 除草の効果 歩留まりや質の向上などを通じて地域の親環境農家の参加が拡大して行き 現在 親環境農家の 80% 以上が疎植栽培を行う地域になった その間の韓国式農業を発展させ 現在では地域循環農業の体系を作ったが まだ有機農業では除草の問題と病虫害の問題のうち 除草の問題が解決していない 除草の問題をさらに研究して 農民たちに伝える努力が必要である 栽培技術 1) 冬期湛水管理 = 秋の収穫が終わると 田に水を溜め 生き物が暮らせる生息地を提供する その 17

21 時 ドゥムボン ( 伝統的なため池 ) は生物たちの避難所の役割をすることになる また 水を溜めることによって田の有機物の分解を促進して次の年の農作業を準備する 2) 基礎肥料投入 = 冬の間 分解が完了した水田に元肥として畜糞 油粕 米ぬかなどを使用する 畜糞の場合 自家畜糞か抗生物質無投与畜糞を十分に発酵させてから田に投入する 米ぬかの場合 200 坪当たり 150kg(225kg/10a) を基準とするが 窒素が油粕よりも多いために量を適切に調節しなければならず 油粕も畜糞や米ぬかの投入量と水田の特性に従って調節して散布する必要がある 3) 畦造成 = 水をたくさん入れて除草の効果を見るため できるだけ広くて高く畦を造成する 4) 湛水管理や代掻き = 田起こしの後 最初の水張りは雑草が生える時期と田植えをする時期をよく区分して行う 草の量と田植えをする時期により時期が変わるが 1 回目の代掻きで種の発芽を誘導する また 苔が多く発生する水田は最大限 水を遅く張る 2 回目の代掻きはできるだけ浅くして種が上がってこないようにしながら 平らにする 5) 種子の選別 / 熱湯消毒 = 種子は 2.2 ミリ以上の籾を選別して使用 熱湯消毒はウイルス性病原菌を抑えるためで 粳米 (60 度で 10 分 ) もち米(60 度で 7 分 ) の消毒をする 6) 浸種 / 播種 / 苗床積み / 苗代 = 芽が出るときは 1 ミリ以下にして あまり長く芽を出さない 田んぼの生きもの農法の播種方法は 1. 成苗播種 ( 播種量 130g) 2. 条播種 ( 播種量 80g) 3. ポット播種 ( 播種量 40g) の方法があり できる限り苗板は風通しをよくして丈夫な苗を育てることが重要だ 播種後 苗床箱は 15 個以上は積まないようにする なぜなら 風通しの影響で苗にカビが生えたり腐ったりする現象を防ぐためである この後 ビニールと保温カバーで温度を維持し 苗を育てる 7) 田植え = 通常の苗の田植えでは 10cm 程度の苗を植えるが 水張りが難しく 自然と草が多くなり除草剤を使用することになる しかし 20cm 以上の大きさの成苗では水を高く張ることができるので 水位管理だけで除草を行うことができる 8) 除草管理 = 水田の生物多様性農業では除草方法に米ぬかを使用する 米ぬかは田植えの後 48 時間以内に 300 坪 (10a) 当たり生米ぬか 80kg を基準に散布する 米ぬかを散布すると 水面に薄い膜ができて雑草の発芽を抑制することになり 成苗を植えたので水を十分に張ることができ除草効果がさらに大きくなる 9) 親環境農業では籾を選別する過程から病害虫をどうすれば防げるか悩むことになる 播種量を少なくし 間隔を広くとって植え 十分に水を張るなど 慣行農業より簡単な栽培技術が身につけば 誰でも簡単に親環境農業を行うことができる - 結論 - これまでの数多くの試行錯誤を経て 新しい除草技術 病害 虫害防止 米の質の向上などで発展してきた 農業従事者の年齢が高くなると地域の農業には新しい農法が必要となり 今より簡単な有機農業の栽培方法を作る必要がある これによって誰でも簡単に有機農業ができるようになって 参加農家を拡大して高齢による農業人口の減少を防ぐこともできる 簡単な有機農業の栽培技術の中に除草と病虫害問題があるが 今回の発表では除草に関して重点的に発表する 18

22 セッション1 報告: ウンカ常習地帯での生物多様性有機稲作の実践 その成功のポイント 氏名 : 趙亜夫 (Zhao Yafu) 元江蘇省鎮江市農業科学研究所所長 略歴 : 江蘇省鎮江農業科学研究所研究員 句容市戴庄村有機農業合作社顧問 1941 年江蘇省生まれ鎮江農業科学研究所所長 鎮江市人大常務委員会副主任などを歴任 農業技術 農民組織化の現場指導者として活躍中 また 1982 年には 中国からの初期の農業研修生として来日 以後 鎮江市の農村現場で 農業技術や理念を通した中日両国の交流を推進してきた 著書に 草苺品種及栽培技術 桃樹栽培技術図解 など 2013 年 3 月に日本の国会に当たる中国全国人民代表大会代表に選出 任期は 5 年 報告 : 江蘇省鎮江市は 長江下流に立地しており アジア モンスーン地帯に属する地域である こうような気候条件の下で 水田における稲作を表作とし 裏作に麦 なたねなどを作付けする 水田の高度利用システムが古くから成立していた 江蘇省の水稲の単収は 日本の約 1.3 倍に増加した一方 化学肥料と農薬の使用量はそれぞれ日本の 4 倍と 2 倍に当たり 品質の低下は著しく 環境汚染も深刻になっている 今後 多収第一というこれまでの路線を改め ある程度の収量の確保と同時に 資源節約 環境保全型の品種開発と栽培技術研究に重点を置かなければならない 稲作農家の収益向上を図り 農薬と化学肥料の害から農家と消費者を守るためにも この水稲の優良品種開発と有機栽培技術の研究 普及は 必ず大きな課題になるに違いない 2004 年から鎮江市では良質 安全安心な有機米の試作が始まった (1) 品種の選択有機米づくりの場合は まずその土地に合うよい品種を選び 食味に重点を置く栽培を行なう 鎮江市で栽培されている主な品種は 日本で 30 年にわたり作付面積連続一位のコシヒカリと九州など夏の高温地域で栽培されているヒノヒカリである 句容市天王鎮戴庄村有機農業合作社は コシヒカリを 200ha そして丹徒区上党鎮五塘村有機米合作社は ヒノヒカリを 100ha それぞれ作っている (2) 病害虫の防除江蘇省でもっとも被害の大きい害虫はウンカとコブノメイガである ウンカには 地元で越冬するヒメトビウンカと南方から飛来してくるトビイロウンカ セジロウンカ等がある そしてコブノメイガも同様に南方から飛来してくる ヒメトビウンカにより縞葉枯病が発生し この他に 紋枯病 イモチ病及びメイガ等による被害も少なくない そのため 害虫別に以下のような対処方法が実施されている 1ヒメトビウンカ 防虫ネットで苗代を覆うようにする 小麦畑に生息するヒメトビウンカの飛来ピーク時を避けて田植えが出来るように 育苗と田植えの時期を調整する 19

23 2コブノメイガ 水田の地力 前作の品種及び施肥の状況を総合的に勘案し基肥と追肥の施用量を調整し 6 月末まで稲の葉色を濃くせず生長を抑える 3トビイロウンカ セジロウンカ コブノメイガと同じ長距離移動性害虫のため 同様の施肥管理を行ない 成虫の飛来量と水田内の個体数を減少させる この他に 当地ではマメ科植物由来成分であるマトリン (Matrine) を含有する有機認証の殺虫 剤 苦参碱 が開発されている ウンカ大発生の年に 苦参碱 を使用する (3) 育苗育苗では防虫ネットの使用により苗の生長が早まるので 稲の葉齢が 25 日程度短くなるように 播種時期を遅らせて調整する 苗代播種量は 10a 当たりに 60~75kg とし 本田は 10a 当たりに 2.25kg とする 苗代は 冬の間に耕うんし 十分に熟成した有機肥料を入れておく その上に稲わら 麦わらの炭 ( またはもみがらの炭 ) を入れると 苗の生長にもよく 肥料効果も上がる (4) 疎植当地の慣行栽培では 10a 当たりに 2.4 万株植えるのは普通である それに対して 戴庄村の有機栽培では 約 1.33 万株である 稲の株間が 30cm 25cm(13.3 株 / m2 ) に広くなると 風通しも日当たりもよく 水田内の生長環境を改善し 稲株の光合成作用を高め病害虫の繁殖を抑制することになる このように有機栽培での病害虫のリスクを減らす 後期の倒伏防止にも有効である (5) 施肥有機米づくりに求められているのは まず米の食味 次に化学由来の農薬を使用しないという安全性 すなわち一定の収量が得られる場合 増収よりも品質と安全性を優先することである このため 有機米づくりでは基肥にレンゲを使用し 除草と分けつ肥に米ぬかを散布する他 追肥をあまり行なわない そのために 戴庄村の水田では冬季にレンゲ等の緑肥を栽培し ガチョウ 羊を放牧し 地力向上に努めている 具体的な施肥方法は次の通りある 14 月中旬に緑肥をすき込み (10a 当たりに 3,000kg)2 田植え後の 1 週間以内に米ぬかを 10a 当たりに 75kg 施用する 緑肥 米ぬかの分解が遅いため前期の肥効が弱くて中期が高いというのは大きな特徴である (6) 除草 田植え後に 米ぬかまたは酢の粕を原料とする発酵堆肥を施用し 深水管理を行なう そのため 湿生雑草と水生雑草の生長が抑制される 句容市天王鎮戴庄村有機農業合作社は 上述した農法を 10 年以上連続して実施しほぼ成功した そして 2009 年からすべての有機米ほ場で化学由来 植物由来及び微生物由来ともいずれの農薬も使 用せずに栽培を行なってきている 20

24 毎年の 8 月に有機栽培のほ場で実施された検査結果では 稲株に生息する天敵のクモの数はウンカの数より数倍ないし数十倍多いことが判明した そのため 害虫の発生を抑制することが出来た そして戴庄村の有機栽培水田では 鳥や蛇の種類が著しく増加し小動物も大幅に増えている 隣接地域の慣行栽培水田と比較して動物の種類が 107 種多いという調査結果も出ている 戴庄村では 2007 年から 7 年間連続で水田と傾斜地に米 野菜及び果樹の有機栽培を行ない これに村内及び周辺の生態林面積を加えると 約 500ha 以上の農用地で有機栽培を行ない 2014 年に有機栽培の農地面積が 580ha に達し 村全体農地面積の 60% を占めるようになった そのため 生物多様性の保護と農業生態系の修復が進んでいる 戴庄村の農家も有機農業の普及により生活水準が大幅に向上している 有機米ほ場の害虫と天敵に関する調査結果 品種 出穂期 ウンカクモ調査天敵倍数 ( 匹 / 株 ) ( 匹 / 株 ) ほ場数時期 コシヒカリ 8 月上旬 碧風 8 月下旬 コシヒカリ 8 月上旬 コシヒカリ 8 月上旬 注 :2008 年にウンカの発生数が多く 2011 年と 2012 年に少ない 21

25 セッション 2 テーマ : 生きもの調査と生物の多様性を育む農業技術の評価をめぐって 座長 : 城所隆 ( きどころたかし ) 略歴等 : 元宮城県古川農業試験場長 東京都出身 信州大学農学部卒 弘前大学大学院修士課程修了 応用昆虫学を専攻し 集合性昆虫の生態や昆虫の光周反応による季節適応について研究 1975 年宮城県職員に採用され 研究機関や病害虫防除所などで害虫の発生予察や総合的管理 (IPM) に関する研究や調査業務に従事 2009 年に 寒冷地における稲作害虫の発生予察法と IPM に関する研究 で日本応用動物昆虫学会賞受賞 農地における生物多様性管理 (IBM) にも関心がある 副座長 : 斉藤光明 ( さいとうみつあき ) 略歴等 : NPO 法人オリザネット代表 1973 年から秩父多摩国立公園内の石灰石採掘問題と自然保護に取り組む多摩川上流の自然を守る会に参画 ほか多摩川水系自然保護 ひらかたエコ 団体協議会 荒川下流の自然を考える会 あらかわ学会 平方 ネットプロジェクトチーム 2003 年より現職 主として河川と農業の生物多様性に関する活動 越谷市環境推進市民会議会長 趣旨 : 農業は ヒトにとって有用な資源である作物を生産する その作物を様々な生物が加害し 収量や品質を低下させる これを排除するため 神頼みの時代 天然物や単純な化合物による防除の時代を経て ようやく効果の高い化学合成農薬の時代がやってくる しかし極端に農薬に依存した病害虫防除は やがて抵抗性の発達 潜在害虫の顕在化 環境中への長期残留などの問題を引き起こした その反省から総合的有害生物管理 (Integrated Pest Management=IPM) の考えが生まれ この半世紀の間に少しずつ農業現場に定着していった IPM で登場する生物は 利害の中心にいる生きものであるヒトとの関係で 有用な作物 有害な生物 そして防除手段の一つである天敵などに限られる ところで 水田とこれに付随した環境 ( 畦畔 用排水路 ため池など ) に生息する生きものをリストアップした 田んぼの生きもの全種リスト ( 桐谷編 2010) には 5,000 種以上が掲載されている その大部分が 有用でも有害でもない ただの虫 ただの生きもの である 害虫とされる種類でも 数が少なければ ただの虫 と考えれば 有害生物はさらに少なくなる 農地を含む里地里山には 絶滅危惧種の半数以上が生息するといわれ IPM と生物保全を両立させる 総合的生物多様性管理 =Integrated Biodiversity Management=IBM ( 桐谷 2004 など ) が提案された 農業現場でそれをどのように実現するかは 多くがこれからの課題といってよいだろう セッション2では 農業生産の場で多様な生きものが存在する意味を考えながら その調査法や 得られた結果の評価法 生物多様性と農業技術の関係などについて議論し今後の方向を探りたい キーワード 農地の生物多様性 IPM IBM 生きもの調査 環境評価 環境指標 生物保全 22

26 (2004) Integrated Pest Management 2004 IBM IPM EIL EIL

27 セッション 2 報告 : 環境と生きものから見た稲作農業 ここに写真を添付ください 氏名 : 向井康夫 ( むかいやすお ) 略歴等 : 東北大学生命科学研究科群集生態分野助教大阪出身 大阪府立大学大学院博士後期課程修了 ( 農学博士 ) 応用昆虫学を専攻し 稲作地域にすむ水生昆虫の生活史と季節的な生活場所利用について研究 水生昆虫だけでなく 人間を含め 水田に関わる1mm 以上の大型水生および陸生動物の多様性 生活様式 種間の相互作用に興味を持ち 研究を続けている 報告 : 湿地は世界中で最も生産性が高く 特有の生活様式を持った生物相を擁する 生物多様性の高い環境のひとつである また 湿地は高い生物多様性だけではなく 洪水の緩和や水の供給 漁獲 炭素の貯蔵 窒素や燐酸の循環といった多面的な機能をもち 高層湿原のように恒常的なものから 水溜りや河川後背湿地 氾濫原のような一時的なものまで 持続期間や規模は非常に多様な環境である 湿地は世界中に分布しており 陸地の 5% を占めるとの報告もある しかし 世界中で湿地の農地への転換や埋め立てによる陸地化が行われてきた結果 原生の湿地は急激に減少しつつある 全世界では 全湿地の 50% 以上が消失したと考えられている 生息地の消失に伴い 湿地生態系の生物多様性の低下や 種の絶滅が起こりつつある 近年 湿地の価値が見直されつつあり 1971 年に締結されたラムサール条約では 主に水鳥の保全のための生息地として多数の湿地が保全されるようになった モンスーンアジアの河川周辺では 雨季に河川や湖の氾濫により氾濫原ができ 乾季には規模が縮小もしくは水域が消失する という一時的な湿地の季節変動が見られた それらの湿地を止水性の水生生物が多様な方法で利用して生存してきたと考えられている このような湿地環境は稲作農業の発展に伴い 氾濫原や扇状地などの湿地環境の多くは 水田に転換されてきた 水田は 稲作のために 毎年同様の季節に同様の管理が行われるため 規模 湛水期間 水深などの条件が非常に強く制御された 正確な季節性を持つ湿地環境である 水生生物にとって水田は 稲作農業が行われる以前にあった不定期の氾濫ででき 規模や持続時間の不安定な氾濫原に比べて 予測しやすい環境 と思われる 一般的に 生息地の改変は生息する生物に大きな影響を与えると考えられている しかし 自然湿地のほとんどが縮小 消失もしくは生物の生息地としての機能が低下しつつある現在 多くの水生生物が水田およびその周辺の水域に依存して生活している 水田環境が氾濫原など自然湿地起源の生物にとって好適 と言い切ることはできないが 現在 水田環境には多くの野生生物が生息しており その季節性に依存していることが明らかになりつつある 氾濫原などの一時的な湿地は 長期 広域的に見ると 洪水などの不定期的な撹乱により維持されてきた しかし 現在多くの水生動物を擁する水田は 湧水地などを除くと 耕作放棄後 植生遷移により陸地化し 水生生物の生息地としての機能を失ってしまう 水田は農業者が持続させている湿地環境であり 稲作農業の継続は 衰退しつつある水生生物に 予測性の高い生息地を提供し続けることを意味すると考えられる 24

28 25

29 セッション 2 報告 : 農業者を主体とした赤とんぼ保全に向けた調査 実践活動 氏名 : 神宮字寛 ( じんぐうじひろし ) 略歴等 : 東京都生まれ 東京農工大学連合大学院修了後 秋田県立大学を経て2007 年 4 月より宮城大学食産業学部の教員 農村地域の水辺に生息する動植物の保全に有効な農業農村整備技術について研究している 報告 : 童謡 赤とんぼ は 日本人が好む愛唱歌アンケートの 1 位となることが多く 日本人にとって最も親しい昆虫のひとつである 秋の夕やけに照らされた赤とんぼの群れは 農村の原風景ともいえる しかし 近年 研究者らの指摘によって赤とんぼの舞う風景が過去のものとなりつつあることがわかってきた 上田 (2008) が行った調査によれば 全国的にアキアカネの減少が著しいものとなっている アキアカネの減少要因は 水田環境の変化と関係があり 複合的な要因によるものと考えられる しかし 2000 年以降の急激な減少は 育苗箱に施用する農薬の影響が大きいと指摘されている 育苗箱に施用する農薬とは 浸透移行性農薬と呼ばれる殺虫剤である この農薬は稲体に成分を吸収させ害虫の食害を防ぐことを目的とし 分解速度が速いといわれている したがって 環境負荷が少ない薬剤として注目されている また 従来の農薬に比べて 農業者の人体への曝露影響が少ないことも利点となっている この現状に疑問をいだき 自らの水田農業を赤とんぼの視点で見つめ直す取り組みが 宮城県大崎市の農村地帯で進められている この取り組みは 農業者 JA 消費者 生協および大学が連携して赤とんぼの舞う水田風景の復活に向けた取り組みである ( 図 2) この取り組みでは 農業者が自らの水田で発生する赤とんぼの種数や個体数を調査する 調査した羽化殻や農法に関するデータを JA に提出し その結果の分析を大学が行い 結果を農業者に還元している 農協は調査に係る事務的な窓口となり農業者の相談に応じる体制をとっている この取り組みは 2009 年から始まり今年で 6 年目を迎えた その間 水田から発生する赤とんぼの現状把握から 赤とんぼを増やす農業への取り組みに発展している 例えば より赤とんぼに影響の少ない殺虫剤の選択や農薬の散布量を減らす技術の導入など 赤とんぼを増やす農業技術の導入が行われている ( 図 3) この取り組みに参加した農業者の意見は様々である 例えば 圃場に行ってヤゴを見つけるのが楽しみでした 環境と安全に配慮した農業! 実践することは自らも幸せに感じます といった意見がある一方で 毎日の調査は大変だった また いないので面白くなかった 全然みつけられず 残念だった 楽しみながら通ったのに 1 個のみだった といったアンケートの回答があった 省力化や大規模化を目的とした農業技術は ともすると農業者が水田を赤とんぼの目線で観察する機会を奪ってしまうのかもしれない 水田の価値を図るには 経済的価値という物差しが必要不可欠なのは言うまでもない しかし 生物多様性を直感的に理解できる価値 例えば 赤とんぼの舞う風景を生み出す水田 という価値で水田を図ることも大切な事だといえる 26

30 図 1 アキアカネの減少曲線日本自然保護協会会報 自然保護 2012 年 9 10 月号 新 生命の輪 より 図 2 農業者を主体とした赤とんぼ調査の組織体制 図 3 赤とんぼ調査の取り組み内容 27

31 セッション 2 報告 : 中国本土における有機農業の生態系環境効果に関する現状調査 氏名 : 王磊 (Wang Lei) 略歴等 : 中国国家環境保護省南京環境保護研究所有機食品発展センター研究部主任補佐 2009 年 ~2012 年中国科学院南京土壌研究所 2012 年 ~ 現在中国国家環境保護省南京環境保護研究所有機食品発展センター 報告 : 慣行農業との比較を見ると 有機農業生産が生態系の環境効果に及ぼす影響については 中国本土では明らかになっていない 本研究の目的は 中国本土から代表的な有機農業生産地を選定し 主要農産物の生産団地を調査対象に それぞれ有機農業と慣行農業の下では生物多様性 面的汚染源 土壌環境の質に生じた違いを調査することである 本報告では 中国江南地方の例を取り上げて長期にわたる有機野菜栽培 米麦栽培による生物多様性 面的汚染源 土壌環境の質に及ぼした影響を紹介する 資料構成 1. 研究課題の概況 1) 研究背景有機農業の効果 地力向上 汚染源の抑制 地域環境の改善 生物多様性の増加 生態系環境の改善現状調査は 有機農業による生態系環境効果をデータで示す 2) 研究方法定点観測 4 か所黒竜江省の大豆農場 河北省の野菜農場 江蘇省の米農場 江西省の茶園センサス調査地 13 か所アンケート調査 40~50 件 3) 調査方法 1 植生層動物多様性の調査方法 2 土壌層動物多様性の調査方法 3 水田動物多様性の調査方法 4 面的汚染源の調査方法 ( 実験圃場の整備 ) 2. 江南地方の有機野菜 米麦の栽培を例に ( 江蘇省の野菜農場 江西省と湖南省の茶園 湖南省の果樹園 江蘇省と上海の米農場 ) 1) 動物多様性 2) 面的汚染源の紹介 3) 窒素 燐の流失 4) 温室効果ガスの排出 5) 土壌質の現状 ( 土壌の重金属 ) 6) 土壌微生物の多様性 28

32 セッション 2 報告 : 有機栽培を通して日本の農業のあり方を感じた事 氏名 : 安部光枝 ( あべみつえ ) 略歴等 : 有機農産物栽培農家 稲作 40ha 大豆 7ha その他野菜 0.2ha の大部分を有機栽培し 生産行程管理責任者として栽培を含め従事している 2013 年 3 月 カネサオーガニック味噌工房を設立し 自家栽培している 有機米 有機大豆を使用した有機米麹 有機味噌の販売を目指しただ今申請中 報告 : 多くの農薬や化学肥料を使用する事で 自然に与える影響を憂慮し わずかずつ始めた有機栽培でしたが その技術を確立しようとする努力を続けているうちに 有機栽培した農作物は厳しい天候に耐えうる力を持っている事 土がとろとろに変わっていき 水田を覗けばそこには 足の踏み場に迷う程のカブトエビが発生し草を取り 表層剥離を抑え藻の発生も抑制する働きをしてくれている事などが実感できる様になった 環境保全型農業は一般にも受け入れられる様になり その取組に参加する農業者も増えたが 農地の集約化や米価格の下落に伴いコスト削減の重視で効率の良い農業を推し進められる風潮にあるのではないかと心配している はたして日本の農業はコスト削減のみを重視して このまま持続していけるのだろうか 美しい風景や里山を守り そこに住んでいる様々な生き物と共存する術はないのだろうか そこには日本の国の将来を見通せる政策が不可欠ではないかと思っている それを我々農家がアプローチするためには生き物調査を全国的なネットワークにし 且つ継続的な取り組みが必要なのだと感じた 調査方法や 得られた結果の発信方法を学び 有機栽培農家として 毎日田んぼで出会っている生き物達の活き活きとした姿を皆様にお知らせしたい 29

33 JAS 30

34 セッション 2 報告 : icoop 生協水田湿地調査団の田んぼの生きもの調査 氏名 : キム ヒョンスク ( 김현숙 ) 略歴等 : icoop 生協水田湿地調査団 生協の組合員として物品の購入をしていたが 2008 年ホンソンでの水田生態教育を受け 水田の魅力にとりこになり 現在に至る 都市農村交流事業担当 テグ幸福 icoop 生協理事 報告 : 消費者と生産者の協働で韓国農業の代案を作り 実践している icoop 生協は重要な主要食糧品であるコメの二重価格制を実施するなど 主穀のコメ消費を増やす努力をしてきた 2006 年 icoop 生協は主要穀物生産地の米の味の品質問題をきっかけに 生物多様性を生かす農法でコメの質を高めながら生産者と消費者 市民団体と研究者そして地域住民が参加して田んぼの生きもの調査をしている日本と初めて交流を始めた 日韓の交流会を基点にして 2008 年 市民調査団メンバーは6つの生産地のテスト水田で本格的な調査活動を始め 2014 年現在まで全国 12 の地域の水田で 768 種 ( 2014 年 icoop 生産地生物多様性の報告書 より ) の生物を観察した ほとんどの市民調査団メンバーは田んぼや生きものとはほとんど接することのない都市の消費者で構成されていて 田んぼに入ることから不慣れの連続だった 植物 水生生物 両生類 トンボやカメムシなど 様々な分野の専門家たちの教育と現場経験によって 生き物たちが息づく田んぼの魅力にだんだん夢中になった しかし 1ヵ月に1 2 回の調査では不慣れな生物の名前を覚えることすら困難であった 2010 年までに合計 544 種の生き物が調査され記録されたが 地道な調査によって調査方法と同定能力が向上し また資料の蓄積で種の分類を細かくできるようになり 確認種数が増加した 田んぼの生きもの調査を集中的に行う水田湿地調査団とともに 地域生協の都市消費者たちの多様な農作業体験 ( 種籾の消毒 代掻き 田んぼの生きもの体験 田植えと収穫など ) と田んぼの学校への参加は 田んぼという空間が稲を初めとする多様な生命体を育てる湿地として機能するところであることを教えてくれた また 生物多様性を活かす農業を実践し 農村の環境を復元することが 未来に向けた持続可能な農業であることに共感する大事な経験だった 2013 年 全国 15 地域 2,700 人余りの市民が田んぼの学校に参加しており 生産地の田んぼまで簡単に行くことのできないアクセスの問題は 都心の田んぼを借りて稲作をしたり また売場の横や屋上にバケツ稲を植えて育てる方法で参加の多様化を試みている この活動を持続して発展させるための活動メンバーの確保と田んぼの生きもの調査や啓蒙活動を積極的に知らせ 実践する市民活動家育成プログラムである ' 田んぼの生態案内者コース ' は活動の体系化をも 31

35 たらし 持続する力になった また 韓国水田湿地ネットワークで発行した < 田んぼの生きもの図鑑 > < 田んぼの生きもの調査マニュアル> < 田んぼの生きもの下敷き>は初心者はもとより 既存の生きもの調査に役立つ資料として現場で積極的に活用されている そして 田んぼの学校を実践する基本情報と事例を盛り込んだ< 田んぼの学校体験資料集 ' 田んぼであそぼう '>は田んぼの学校を初めて実践するところでも容易に活用できるように役に立っている 2014 年 icoop 生協水田湿地調査団の生物調査は水田だけに限らず 畑の生物調査も並行した その最初が有機の梨畑での生物多様性調査である 畑の生物は蛾の幼虫 甲虫類などの専門家の助けなしには同定がむずかしい生物たちが多くてたいへんだが この活動をもとに来年は様々な生産地で多様な生物を生産者 消費者そして 調査団が一緒に参加して確認する都市と農村交流プログラムとして実施する予定である これは親環境農業や持続可能な農業に対する生産者と消費者間の利害の違いを埋め 倫理的消費と生産を拡大発展させる都市と農村の共生のステップになるだろう 韓国の生物多様性 CBD COP 年 10 月 韓国で開かれた生物多様性条約第 12 回締約国会議 (CBD COP12) で 水田湿地ネットワークは 10 月 6 日から 13 日まで8 日間 田んぼのブースとコウノトリ村のサイドイベントを実施し 参加者の注目を集めた 10 月 17 日に閉幕した CBD COP12 は 議長国として韓国政府の失望に値するほどの不十分な総会の準備 生物多様性を向けた努力と政策の不在 名古屋議定書をついに批准しなかったことなど 実践が伴わない言葉だけの< 江原道宣言文 >が採択された 韓国の生物多様性も正しく守ることができないのに どのようにして生物多様性のために国際社会をリードしていけるのかどうか疑わしいが 国際社会で 2020 年の ' 愛知目標 ' に向けて重い足取りで進んでいくことを希望している <2014 年 icoop 生協生産地生物多様性調査結果 > 月 調査産地 調査生物種 ( 植物種 / 動物種 ) 調査 年数 総確認 種数 特別種 5 月全北プアン 87 種 (37/50) 5 年 200 ヨコエビ サンショウウオ ヨシノボリ ( ハ ゼの 1 種 ) 6 月全北コサン 122 種 (55/67) 4 年 400 チョウセンブナ カブトエビ 全北ハムラ 88 種 (37/51) 2 年 150 マルミズムシ 忠南イェサン 64 種 ( 動物 ) 1 年チョウセントノサマガエル タウナギ 7 月忠南ホンソン 125 種 (63/62) 4 年 349 ザリガニ タウナギ タマカイエビ ヨシノボリ ( ハゼの 1 種 ) 8 月 忠南チョナン ( 梨畑 ) 83 種 (51/32) 1 年 江原ヤンク タンホ ン 107 種 (50/57) 1 年 トカゲ ギンヤンマ 江原ヤンク ハ ンチホ ール 94 種 (52/42) 1 年 ホソミオツネントンボ 9 月 慶北サンジュ 112 種 (59/53) 5 年 331 ミナミヌマエビ カブトエビ 2014 年同定できなかったもの植物 8 種 動物 31 種 32

36 セッション 3 テーマ : 生物の多様性を育み農業 農村を支える地域づくり 座長 : 呉地正行 ( くれちまさゆき ) 略歴等 : NPO 法人蕪栗ぬまっこくらぶ理事長神奈川県出身 東北大学理学部卒 日本雁を保護する会会長を務め 日本へ渡来する雁とその生息地を保護 保全する活動に取り組む傍ら ラムサール条約湿地の蕪栗沼などを舞台に市民参加型の自然再生運動や地域興しを実践している 特に最近の循環型農業や生物多様性水田の新たな展開として注目されている ふゆみずたんぼ の啓蒙普及に力を注いでいる 副座長 : 舩橋玲二 ( ふなはしれいじ ) 略歴等 : NPO 法人田んぼ研究員東京都出身 ( 財 ) 日本生態系協会勤務の後 フリー 日本文理大学環境科学研究所客員研究員 NPO 法人田んぼでは 津波被災地の水田復元事業等に参加 里地に住むカエルやサワガニ等の生きもの調査をしながら 生きもののいることの大切さ 地域らしさや地域の誇りを実感してもらえるよう努力している NPO 自治会等 様々な立場で活動をしながら地域環境の向上を模索している 趣旨 : 近代農業は 単一作物を大規模に栽培するために農法の改良や圃場の整備が行われてきたが 整備が進むにつれて生物の豊かさは大きく失われてきた 元々 水田等の農地では主とする作物以外にも多様で身近な動植物が生育 生息し これを利用してきた 生物多様性は 地域の豊かさ そのものでありごく当たり前の存在でありながら 衣 食 住に関わる様々な産物を得られたり 環境調節や防災機能 精神的な安らぎや文化の醸成など多様な価値を有している セッション3では地域の生物多様性を育む上で農業の果たす役割について またそれを支える仕組みや地域づくりについて議論する 生物多様性の向上を目指す取り組みは 継続的で地道な努力の積み重ねであると同時に 地域の気候風土 社会的慣習 圃場等の整備状況などとうまく整合させなくては実現できない 各パネラーからは 生物の多様性を育む農業と地域づくりについて 行政 企業 消費者 研究者 NGOがそれぞれの立場からのアプローチをご紹介いただく さらに 生きものを育む農業を進める上で 特に初期の段階では様々な課題に直面するが 課題克服にむけたリスク負担の工夫 農業従事者のメリットにも目を向け これから生きものを育む農業に取り組む地域へのメッセージとしたい また 次世代につながる持続的な農業 地域づくり 人づくりについて議論を深めたい キーワード 生きものを育む農業地域資源地域づくり環境負荷低減 6 次産業循環型社会 33

37 セッション 3 報告 : ラムサール条約湿地登録渡良瀬遊水地の ( 賢明な活用の 3 本柱 ) 氏名 : 日向野貞二 ( ひがのていじ ) 略歴等 : 小山市企画財政部長 報告 : 平成 24 年 7 月 3 日に 世界のラムサール条約湿地に登録された渡良瀬遊水地は 小山市の 宝 であり 小山市は 第 1に治水機能確保を最優先とした エコミュージアム化 第 2に トキ コウノトリの野生復帰 そして第 3に 環境にやさしい農業を中心とした地場産業の推進 を 賢明な活用の3 本柱 として 平成 26 年 3 月に 渡良瀬遊水地関連振興 5ヶ年計画 を策定し その推進に努めている 第 1の治水機能確保を最優先とした エコミュージアム化 は 国土交通省が渡良瀬遊水地第 2 調節池の掘削により整備する 浅い池 深い池 それらをつなぐ 水路 等を活用し そこに園路や木道等を整備し 東京圏の小中学生や 親子連れ ハイカーなどに 自然観察や自然体験の場を提供する エコミュージアム として 整備を図っていく 平成 26 年度については 生井桜づつみ南の近傍の約 8.6ha の掘削により 湿地再生が進められており これにより整備される 浅い池 深い池 等を国土交通省と連携して 自然観察や自然体験の場として活用していきたいと考えている 第 2の トキ コウノトリの野生復帰 については その実現のため ふゆみずたんぼ を活用し トキやコウノトリの餌となるドジョウやカエル 小魚などが年中生息できる環境整備を推進するほか 自然放鳥されたトキやコウノトリが 第 2 調節池及び周辺地域に飛来し 採餌 巣作りがおもいがわできるよう 渡良瀬遊水地第 2 調節池 思川の湿地再生等を そして周辺水田の湛水化による環境整備を図っていく なお 去る 10 月 18 日 ( 土 ) 午前 11 時頃 渡良瀬遊水地上空に7 羽のコウノトリが飛来し トキ コウノトリの野生復帰に向けての追い風となった 第 3の 環境にやさしい農業を中心とした地場産業の推進 については ふゆみずたんぼ を活用した 無農薬 無化学肥料による安全 安心な ラムサールふゆみずたんぼ米 の生産拡大 農家の経営所得の安定 向上を図るための川魚 ホンモロコ 養殖の拡大 市内小中学校へのヨシズ設置をはじめとした ヨシ紙やヨシ堆肥づくりなど地場産業の振興につなげていきたい 34

38 35

39 セッション 3 報告 : 水田養魚にみる稲作農業遺産 氏名 : 楊平 ( ようへい ) 略歴等 : 筑波大学大学院人文社会科学研究科を経て 2007 年より琵琶湖博物館に勤務 社会学専攻 博士 ( 社会学 ) 湖 を主なフィールドとして 水や水田環境 や 自然と人 について環境社会学的調査研究をしている 報告 : 東アジアでも有数の稲作地帯の湖である長江下流域の太湖は 稲作農耕と漁業が盛んである その集水域には 稲作と養魚を相互促進させることによって 自然との互恵関係をもつ稲作農業システムを成立させた 特に伝統的な 稲漁共作 や 桑基魚塘 ( 農業 養魚が結合した農業 ) といった資源の多様的利用による水田稲作システムが特徴である 太湖の内の水田においても 水田と養殖池の配置による水田漁撈の工夫や 用排水 魚類や動植物等の資源利用も多様である ここでは長江下流域の太湖周辺で行う 水田養魚 をめぐる稲作農業について紹介する 36

40 37

41 ねい セッション3 報告: 生物多様性を育む農業 農村を支える村づくり - 韓国 禮山 ( イェサン ) 郡のコウノトリ村づくりの事例 氏名 : ソ ドンジン ( 서동진 Suh Dongjin) 略歴等 : 韓国教員大学校コウノトリ生態研究院研究員イェサンコウノトリ公園主任研究員コウノトリ農業連合会営農組合法人理事イェサン郡親環境農業人連合会副会長 報告 : 禮山郡と地域住民のコウノトリ復元事業活動の沿革 2009 年忠清南道禮山郡 コウノトリ復元対象地選定 ( 文化財庁の公募事業 ) 2010 年禮山郡光時面 ( グワンシミョン ) 大里 ( デリ ) コウノトリ故郷村選定コウノトリ棲息地造成のため親環境作物班 コウノトリ水田暮らし 1 班 が発足 2011 年コウノトリ生態農業連合会発足 ( 村の作物班で構成 ) コウノトリ生態農業研究会発足 2012 年禮山コウノトリ圏域事業着手禮山コウノトリ公園造成着工 研究 試験水田運営 ( 魚道, ビオトープ設置 ) 2013 年禮山コウノトリ公園竣工 ( 社 ) コウノトリ サラン コウノトリ保護活動 2014 年コウノトリ帰郷式コウノトリ放鳥準備のための田んぼの生きもの調査 ( 田んぼの生物 70 種を調査 ) 2015 年コウノトリ野生復帰 コウノトリ生態農業連合会の経緯 年度面積 (ha) 農家数集落数 無農薬認定 生産量 (M/T) 有機認定 備考

42 関連事業の進行状況 事業名 事業概要 事業費 ( 百万ウォン ) 事業 期間 関連部署 備考 合計 69, ~2013 禮山コウノトリ公園 造成事業 研究施設 (136,958 m2 ) 19, ~2013 文化財庁 禮山コウノトリ故郷棲息地環境造成事業 コウノトリ故郷の森事業 (200ha) 12, ~2017 環境部 コウノトリ棲息地 禮山コウノトリ圏域単位総合整備事業 基礎生活基盤拡充事業 4, ~2015 農林畜産部 魚道ビオトープ コウノトリ村侵入道路建設事業 1.65km(B12m) 7, ~2015 国土交通部 光時面所在地総合整備計画 水辺駐車公園看板整備など 9, ~2015 農林畜産部 ムハン川生態河川復元事業 水質浄化湿地造成 (9km) 15, ~2016 環境部 生態河川 デリ小河川 ( デリ川 アンサルモク川 ) 整備事業 生態河川整備 (936m) 1, ~2012 消防防災庁 魚道 コウノトリ生態親環境農業団地造成 コウノトリ放鳥親環境農業 (200ha) ~2016 農林畜産部 コウノトリ棲息地 課題 生物多様性を通した自然回復 所得増大 地域内の親環境物質循環構造をどのように構築するか 親環境ネットワークの拡大 非交易的な価値の強化を通した地域特化 親環境的な行動 思考と暮らしの質の向上 39

43 セッション 3 報告 : 環境負荷低減に向けた地域資源の利活用 ( 循環型社会構築 ) 氏名 : 淺見紀夫 ( あさみのりお ) 略歴等 : 株式会社一ノ蔵名誉会長 1945 年仙台市生まれ 1967 年東京農業大学醸造学科卒 1973 年県内 4 酒造会社により株式会社一ノ蔵設立 1998 年株式会社一ノ蔵代表取締役社長 2010 年株式会社一ノ蔵代表取締役名誉会長 2014 年株式会社一ノ蔵名誉会長関係団体おおさき発酵と食文化研究会代表宮城県食品産業協議会会長 報告 : 1. 一ノ蔵と農業の関わり経営理念 一ノ蔵は人と伝統を大切にし 醸造発酵の技術を活用して 安全で豊かな生活の提案をすることにより社員 顧客 地域社会のより高い信頼を得ることを使命とする 1 手作り高品質の酒造りでブランド力向上と使用玄米数量の拡大 結果製造販売数量は 40 年間で当初の5 倍 それに伴う原料米の購入数量は8 倍となった 2 松山町酒米研究会の発足酒造用米の品質向上と契約栽培の促進 3 NPO 環境保全米ネットワーク災害に強い 環境にやさしいコメ作りを行う団体の会員で他に毎年金銭支援 4 蕪栗沼の ふゆみずたんぼ 有機栽培農家との契約栽培と ふゆみずたんぼ米仕込純米酒 の販売 金銭支援 年一ノ蔵農社の設立目的酒造用米の品質向上と栽培技術の蓄積松山町酒造用米特区申請栽培農家の高齢化とたんぼ賃借で農作放棄回避減反転作作物の農産加工ソバ 大豆 野菜 年おおさき発酵と食文化研究会を発会 醸造発酵産業による農業の振興と地域の活性化 大崎地方は清酒 味噌醤油 糀 納豆などの伝統発酵産業の県内最大集積地 活動目的は発酵による農業振興 発酵による地域活性化 発酵による市民の健康増進 現在まで温泉旅館などの飲食店 弁当給食店での発酵を取り入れたメニュー開発 スイーツ菓子店の発酵商品開発 農産加工業者の発酵食品開発を推進 今年度からは大崎市民と飲食店の糠漬け等の発酵漬物の普及を行う 40

44 3. 宮城県食品産業協議会は オールみやぎの食品づくり を推進するため 東北大学農学部や 公設試験場と共に食品開発研究プラットホームを構築 産学官連携により中小規模食品製造業が開発にかかわる技術 知財 マーケティングなどをワンストップで行える仕組み 県産農産物を原料とした食品の開発を行うことで 県農水産業の振興を支援する 4. 今後の対応 1 加工原料米としての高品質で多様なコメ作りの推進 2 たんぼの集約推進と農業経営の効率化 3 有機栽培米など環境にやさしいコメを原料とした商品群の拡大 4 伝統作物など地域特産作物の発酵による加工食品開発 5 農産物を原料とする発酵食品の市場拡大 41

45 セッション 3 報告 生きもの豊かな田んぼ の取り組み 氏名 : 橋部佳紀 ( はしべよしのり ) 略歴等 : 2000 年 ( 株 ) アレフ入社 恵庭エコプロジェクトに配属 2003 年 省エネ推進チームリーダー (2013 年まで ) 2005 年 ふゆみずたんぼ ( 冬期湛水水田 ) を中心とした農薬や化学肥料を使用しない稲作の北海道への普及を目指す ふゆみずたんぼプロジェクト 立ち上げ 立ち上げから携わり リーダーとして現在に至る 2011 年から分析センター 2013 年から農業チームのリーダーを兼務 報告 : 株式会社アレフはハンバーグレストラン びっくりドンキー を中心に全国に約 300 店舗を展開するレストランチェーンである 現在アレフでは年間約 4,000t のお米をレストランの食材として調達しています お米の取り組みは 1996 年から 省農薬米 の取り組みとして始まり 今日ご紹介する 生きもの豊かな田んぼ の取り組みに発展している 1. 省農薬米 : 栽培期間中に除草剤 1 回のみ農薬の使用を認めた アレフのオリジナル規格のお米である 理念に共感する生産者との契約を増やし 2006 年にはびっくりドンキー全店で 省農薬米 の提供が可能になった 産地では 農薬を減らしたことで生きものが戻ってきた といった声が聞かれるようになった 2. ふゆみずたんぼプロジェクト : 宮城県などで行われていた ふゆみずたんぼ の北海道での実証と普及を行うため 2005 年にふゆみずたんぼプロジェクトを立ち上げた 北海道恵庭市の自社敷地内に 1,000 m2の実証田を作り 従業員が自ら米づくりを行うとともに 従業員や一般市民が農作業や生きもの調査を体験できる場として公開している また興味を持った生産者の水田でも北海道型のふゆみずたんぼの実証を行ってきた 3. 生きもの豊かな田んぼ : これら2つの取り組みを発展させ 2009 年より 生きもの豊かな田んぼ の取り組みを開始した 田んぼの生物多様性を 本業を通じて 生産者とお客さまとともに守ることが目的である 生きもの豊かな田んぼ の栽培基準は 農薬 化学肥料を使用しない栽培 生産者自らによる田んぼの生きもの調査 ビオトープ 魚道 ふゆみずたんぼなど 生物多様性の向上に資する取り組みを行うことである 2011 年には 生きもの豊かな田んぼ の作付面積は 100ha を超え ( 調達量全体の約 10%) 年度にはびっくりドンキー 22 店舗でライスとしてのべ 400 万食を提供している 42

46 43

47 セッション3 報告: めぐみ野( みやぎ生協の産直 ) 活動を通じた生産者と消費者の交流 氏名 : 大越健治 ( おおこしけんじ ) 略歴等 : 1964 年宮城県多賀城市生まれ 1983 年山形市立商業高校卒業 1988 年富山大学卒業 1988 年みやぎ生協入協 2011 年みやぎ生協産直推進本部事務局統括 2013 年みやぎ生協生活文化部長 2014 年みやぎ生協専務理事兼産直推進本部長 報告 : みやぎ生協はメンバー数 67 万人 県内世帯数対比で7 割を超える加入率の生協である 店舗事業 共同購入 ( 宅配 ) 事業を中心に 暮らしに関わる様々な取り組みを行っている みやぎ生協の産直は 1970 年に開始された いわゆる一般的に言われている 産直 = 産地直送 とは違う 産消直結 中間流通を省略して 単純に産地から売り場へ届けるのではなく 産地と消費者が直接結びついていること 生産者と消費者が対等の立場に立って物事を決めていることが大きな特徴である 産直の各提携先とは 産消提携基本協定書 を交わしている その中で 提携することの目的として以下の3 点を掲げている 1 全な食生活の確立と 食料の安全性を高めること 2 食料自給率の向上を目指し 宮城県と日本の農 畜 水産業を守り 発展させる国民合意の運動を進めること 3 消提携活動に積極的に取り組むことを通じて 日本と宮城県の経済と文化の発展 自然環境保全に寄与すること 一般的に言われている 産直 とみやぎ生協の産直を差別化するために 震災後の 2011 年 9 月 めぐみ野 というブランドを立ち上げた イメージキャラクター ロゴ 包材 演出物などの統一を行い 親しみを感じてもらいながら わかりやすく産直の意義を伝えていきたいと思っている めぐみ野として商品を扱う場合に満たさなければならない基準は 3 つである 1. だれ ( 生産者 ) が どこ ( 産地 ) で作ったかがわかること 2. どのように ( 栽培 飼育方法 ) 作られているかがわかること 3. 生産者とみやぎ生協のメンバーの交流があること 1 と 2 の基準は他でいう産直も同じ基準だと思うが 生協の産直の大きな特徴は 生産者と消費者 の交流 があること みやぎ生協では メンバー活動の中でもこのめぐみ野活動を大きな柱として取 り組んでいる 44

48 主な学習 交流内容 産地研修会 年 10 回程度 職員やメンバー代表が直接産地をバスで訪れ 栽培の苦労を実感した り 商品のこだわりを学んでいる 店頭推奨活動 毎月 15 日 ( お米は第 1 土曜日 ) に 生産者とメンバーがともに店頭でめぐみ野の 推奨活動を行う 我が家の味噌作り体験 毎日食べる味噌の原料の米 大豆を自分たちで育てて 味噌作りをする 田植え 大豆 かぼちゃ さつまいもの植付けをして 5 月 ~11 月まで 6 回の農作業を現地で行 う 12 月に味噌作りの実習 参加者限定 ( 基本親子 家族で ) の人気企画 田植え 稲刈り交流会 田植え 稲刈りを実際に体験 終了後生産者と交流 店頭での 秋祭り 収穫の秋には各店舗でメンバー 職員 生産者が一緒になって店頭で めぐみ 野祭り ( 秋祭り ) を開催している 各店毎年の行事 田んぼの生き物調査 子どもたちと一緒に 田んぼに棲んでいる生き物を見つけて 生物多様性 水田の重要性を実感してもらう バケツ稲コンテスト バケツ 苗 土をお渡しして各家庭で稲を育て 観察しながらお米について 学んでもらう 店舗ごとに上手に育てた人に対して表彰を行う 2013 年度 17 店舗で 538 人参加 めぐみ野学習塾 ミニ交流会 生産者を呼んで 苦労話や栽培のこだわりなどを話してもらい 交 流する 2013 年度学習塾 39 回開催 885 人参加 ミニ交流会 10 回開催 301 人参加 めぐみ野交流集会 年 1 回 仙台国際センターで メンバー 生産者 提携団体 取引先 生協職員 が一同に集まる大集会 全体会では 1 年間の振り返りや情勢の学習 先進事例の報告などを行い 午後から各分野 ( 野菜 果物 米 畜産 水産等々 ) ごとに分科会を行う 2013 年度 1,353 人参加 45

49 セッション 3 報告 : 田んぼか 田んぼでないか それが問題だ 顔写真 ここに写真を添付ください 氏名 : 本多清 ( ほんだきよしペンネーム : 多田実 ) 略歴等 : 所属 ( 役職 ):( 株 ) アミタ持続可能経済研究所主任研究員無名塾卒業後 ジャーナリスト ( 多田実 ) として国内の環境問題や野生生物の保全等を主なテーマに活動後 2005 年より現職 専門は生物多様性保全向上に資する農林水産業の持続可能な発展に向けた施策や 民間企業の生物多様性戦略の策定および実施支援等のコンサルティング 保全型ビジネスの展開等 滋賀県高島市には トキやコウノトリのような それ 1 種で強いシンボル性を発揮するような 特別な生きもの はいない 数万羽のガンが一斉に飛び立つ際の圧倒的なスケールで感動させるような 特別な風景 もない あるのは かつて全国で当たり前に見られたはずの 多種多様な 普通の生きもの たちと その生息環境である田園風景である こうした条件の元でも 消費者や市場に共感を生み出す 特別な物語 を育んでいくことは可能である たかしま生きもの田んぼプロジェクトは この 物語 を豊かに育むことを推進力にしている 農家は まず自分の圃場の生物を 四季を通じて観察し その中から自身が感情移入をしやすい生きもの ( こいつ面白いな 可愛いな 等々 ) を3 種以上選定し それらを 自慢の生きもの に設定する 自慢の生きものの選定基準は 各自農家の水田を生息環境にしていること以外 何もない ( ただし外来生物は選定できない ) そして その生きものがより豊かに暮らしていけるための保全策 ( 水田魚道やスロープの設置 ビオトープの造成など ) を施すことが たかしま生きものたんぼ米 の生産条件になっているのである このような取組の特筆すべき長所の一つとして 水田の多面的な保全機能が総合的に評価される ということがある いうまでもなく水田は 四季を通じて極めて多面的な生物多様性の保全機能を擁する環境 である つまり 例えば冬期湛水のような一時的なステージや限定的な管理方法に過剰な期待や価値をおいてしまうと それ以外のステージや管理方法の価値を可視化することの妨げにもなりかねない 乾田の しかも秋耕起した圃場へ選択的に群れ集まる渡来直後のマガンたちの姿は何を物語っているのであろうか 本来 乾田と湛水田の間に生物多様性保全上の価値の差などないはずなのである 乾田や湛水田という多様な管理方法があることで より豊かな保全ステージが水田地帯に生まれるという原則を忘れてはならない そして水田の生産のステージの中心は 何といっても冬以外の季節である 春から夏 秋にかけての生きものたちが豊かに暮らせる環境こそが重要なのである いま 私たちが最も重視するべき 田んぼの生きもの は 他ならぬ稲作農家である その稲作農家の後継者が育たず 絶滅危惧種 となっている現実を直視しなくてはならない 米価下落が続く現在 地域で結婚し 子育てをする若手の稲作農家を確保するためには 高付加価値化したブランド米の札束で横面をひっぱたく のが最上の方策である それでも反収はせいぜい 20 万円が良いところだ 干拓農地に適した転作作物のスイカやレンコンなら同じ面積で数倍もの稼ぎが見込める かつての広大な干拓水田が 一面のスイカ畑やハス田が広がる風景となってから後悔しても遅いのである 今こそ 誰もが広範囲かつ安定的に取組める農法での水田の価値を新たに可視化し 農家の営農実態に即した稲作経済を再構築しなくては 水田の生物多様性の未来は厳しいと言える 46

50 47

51 総合討論 進行 : あん まくどなるど 略歴 : 上智大学大学院地球環境学研究科教授 慶應義塾大学特任教授 環境省地球環境局国連 気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 関連業務専門アドバイザー カナダ出身 高校 大学時代に日本に留学して以来 20 年以上に 渡り日本全国の農村 漁村のフィールドワークを続けている 2008 年から 2012 年に 国連大学高等研究所いしかわ かなざわオペレ ーティング ユニット の所長を務め 能登の里山里海 の世 界農業遺産登録に携わる 全国環境保全型農業推進会議委員 ( 農 林水産省 ) や 里地里山保全 活用検討会議委員 ( 環境省 ) など 政府関係の委員を数多く務める 著書に 日本の農漁村とわたし カナダの元祖 森人たち 48

52

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

関経連_事業報告書CS4.indd

関経連_事業報告書CS4.indd 3 アジアとの人 ビジネスの交流拡大 連携強化による活力ある地域への成長 イ インバウンド推進 事業項目 ❶関西広域観光戦略に基づくインバウン ド推進 広域観光振興の推進体制の確立 各地域が共通して取り組む事業を推進する体制の確立に向 け 関西の自治体や経済界 観光推進団体 国の出先機関な どの参画を得て 関西国際観光推進本部 を設立 3月 目標 目指す成果 広域観光振興の推進体制の確立 関西の官民が一致協力して広域観光振興に取り組む

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

みずき Vol.249

みずき Vol.249 Vol.249 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16 米 稲作 部会 稲作研 究会 く づ りを担う 当地区の基幹作物の 米 そろそろ25年度産米作りが始まるシーズンを迎えます 各地区の稲作組織の意気込みをうかがいました 食味鑑定コンクール参加を 市内学校給食米を1,600俵 袖ケ浦稲作研究会会長 時田 善夫さん 君津地区稲作部会会長 鈴口 昌治さん 袖ケ浦市上泉 君津市西猪原 わたしたち研究会は栽培技術の確立のため

More information

CSRコミュニケーションブック

CSRコミュニケーションブック 地域との 地域とともに 森を育て守っています 共生を目指して 全国に広がる森林保全活動 JTの森 JTグループは 事業活動において葉たばこ 紙 野菜 茶葉などを原材料として使用しており 事業を支える自然の恵みに 対する感謝の想いと企業の社会的責任の観点から 森林保全活動 JTの森 に取り組んでいます JTの森 は国内各地の森林 を一定期間借り受け 専門家や地元の方々との対話を重ねながら 森づくりに必要な手入れを支援するしくみです

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

121022資料1さっぽろビジョン(素案)

121022資料1さっぽろビジョン(素案) 3 札 幌 市 おける 物 多 様 性 の 現 状 と 課 題 自 然 林 自 然 草 原 ( 湿 原 ) 二 次 林 26 はじめ 物多様性さっぽろビジョン 1 人工林 白旗山 トドマツ林 3 札幌市おける生物多様性の現状と課題 白旗山 カラマツ林 2 ビジョン策定あたって 明治以降の伐採後トドマツやカラマツなどが植林された場所です これらは樹種が単一 で 手入れをしないと生態系の構成種が単純なりますが

More information

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172 宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 4 宮城の将来ビジョンにおける 3 つの政策推進の基本方向に関する調査分析結果宮城の将来ビジョンで定めている政策推進の 3 つの基本方向ごとに, 認知度及びさらに力を入れる必要があると考える取組について調査したところ, 次のような結果となりました (1) 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ < 概要 >

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

sangi_p2

sangi_p2 私たちは ふるさと と 人々のくらし を支える 未来の土木エンジニアを待っています 土木 は 英語で Civil Engineering と言い 市民生活を支え 発展させるための 技術を意味します 具体的には 道路や橋 ダムや港 公園など 私たちのくらしや経済活動を支える社会 資本 インフラ をつくり 守っていく仕事です 交通ネットワークの整備による産業や観光の振興 美しいまちなみや景観の形成 洪水

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

<4D F736F F D C A838A815B B438CF395CF93AE91CE8DF D48505F205F F8DC58F4994C5205F838D835393FC82E88F4390B3816A2E646F63>

<4D F736F F D C A838A815B B438CF395CF93AE91CE8DF D48505F205F F8DC58F4994C5205F838D835393FC82E88F4390B3816A2E646F63> プレスリリース 平成 23 年 8 月 11 日 ( 独 ) 農業環境技術研究所 ( 独 ) 農業 食品産業技術総合研究機構 ( 独 ) 国際農林水産業研究センター ( 独 ) 森林総合研究所 ( 独 ) 水産総合研究センター Web サイト 地球温暖化と農林水産業 の運用開始 http://gpro.dc.affrc.go.jp/ ポイント 地球温暖化と農林水産業の関わりに関する研究成果や関連情報を広く提供するポータルサイトの運用を8

More information

20 102 5-6 -

20 102 5-6 - 20 20-5 - 20 102 5-6 - 2.65 631 101 102.1641 102.1 211 100.8101.4 308 114.0 80 347 141 307 20 601.45 696 19 80.721 120.78 941 20-7 - 20 8 94.9102 7 3 1,896 19 34 12 1 1 22,431 20 102 JA 4,185 JA 78 1 24,500

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅 いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅広い仕事で県民の暮らしを 支えています 民間と比べて 仕事のやりがいは 仕事の種類は どのくらい あるの

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

NICnet80

NICnet80 i-japan 2015 Towards Digital inclusion & innovation TOPICS 20 2 N a t i o n a l S m a l l B u s i n e s s I n f o r m a t i o n P r o m o t i o n C e n t e r 表1 3 本戦略のスコープ i-japan戦略2015の視点 2001 2006 2009

More information

1c_本文118号.indb

1c_本文118号.indb 42 笑んがわ市の憩いのコーナー 中野地区 概ね小学校区単位で 計30の地域自主組織 笑んがわ市に集まる移動販売 中野地区 非常勤数名が標準 は地域自主組織が直接雇用する 財政支援に関しては 当初は地域振興補助金とい う形で支給していたが 平成23年度からより自由度の 地域自主組織は平成17年度から19年度にかけて 高い 地域づくり活動等交付金 になった 人口や高 市内全地域で設立された 名称は 振興会

More information

市民自治をめざす1000人の会NEWS

市民自治をめざす1000人の会NEWS NEWS NEWS NEWS 市 民 参 加 の 市 立 病 院 建 設 を 求 めて < 市 民 住 民 運 動 の 現 場 から> 売 却 しない 住 民 に 情 報 公 開 をすること 住 民 が 参 加 した 跡 地 検 討 委 員 会 の 開 催 を を 求 めて 市民 住民運動の現場から 五香に児童館をつくる会 がスタート 民間版の児童館づくりをめざして 去る6月 7 日 五香公会堂に於いて

More information

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd 6 Jul 2010 Contents P.2 P.3 P.4 P.6 P.11 P.12 P.14 P.15 P.16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 奨学生からのメッセージ 平成22年度竜の子奨学生 将来への夢をご紹介します 第4回奨学金贈呈式 第3回卒業式 祝賀会を通じて 他の奨学生とも交流を深めることができたと同時に 先輩方 の熱意に感化されたことでやる気を更に増やすことができました

More information

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年)

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年) 八街市民憲章 わたくしたちの八街は 開拓の歴史と恵まれた自然環境の中で 先人の努力によって栄えてきたまちです わたくしたちは ヒューマンフィールドやちまた を目指して 調和のとれたよりよいまちづくりのために この憲章を定めます 1. 郷土を愛し 文化のかおり高いまちにしましょう 1. 自然を大切にし 潤いのある美しいまちにしましょう 1. きまりを守り 明るく住みよいまちにしましょう 1. おもいやりのある

More information

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行 国立研究開発法人 経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行うことのできる機関として 活動を行っております 発足当初から10年は研究開発組織として技術実証による技術基盤の獲得を行い

More information

広報たかす

広報たかす CONTENTS 2 4! 16! 10 10 13 14 11 15 13! 24.10 24.10 1 0 0 0 戸 を 超 え 和の時代 町 内 に は 鷹栖の農家 知る 昭 る農家がありまし た し か し 時代の流れとともに年々 減少し 年前に 比 べ 半 分 お米づくりをはじめ 農業が基幹産業である鷹栖町 単収 では道内で多くの品 た 今 年 も 天 候 に 恵 ま れ 618 で豊作となりまし

More information

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 使い古した土の活用 使 古し 使い 古した土 た土の活 た土 の活 活用 5 Q 5 Q Q & A よくある質問 A よく よくある よく ある質問 ある 質問 鉢やプランターで栽培した後の土は 捨てないで再利用しましょう 古い土には作物の 病原菌がいることがあるので 透明ポリ袋に入れ水分を加えて密封し 太陽光の良く当た る所に1週間おいて太陽熱殺菌します

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

農業だより

農業だより INDEX 近年 中山間地域の農家を大変 苦しめているのが野生獣類 特に イノシシによる被害です 市農政課が平成二十年 市内の 農家を対象に実施した 豊田市鳥 獣被害アンケート によると イ ノシシの被害件数は 一 九二五 件 被害面積四〇 三六 被害 金額三千三百万円余です 作物の被害状況は 水稲が一番 多く 野菜 サツマイモ等の作物 が全般的に被害を受けていること が判明しました また

More information

平成 26 年度補正予算 :200 億円 1

平成 26 年度補正予算 :200 億円 1 地方局等担当説明用 稲作農業の体質強化緊急対策事業の概要平成 26 年度補正事業 平成 27 年 1 月農林水産省生産局 平成 26 年度補正予算 :200 億円 1 1. 内容及び助成対象者 平成 27 年産の主食用米の生産を行う農業者が 生産コスト低減計画を策定し それに基づいた肥料 農薬代などの資材費の低減や労働時間を短縮する取組 直播栽培 農業機械の共同利用など生産コスト低減の取組の実施を約束する場合

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

1 課題 目標 山陽小野田市のうち 山陽地区においては 5 つの集落営農法人が設立されている 小麦については新たに栽培開始する法人と作付面積を拡大させる法人があり これらの経営体質強化や収量向上等のため 既存資源の活用のシステム化を図る 山陽地区 水稲 大豆 小麦 野菜 農業生産法人 A 新規 農業

1 課題 目標 山陽小野田市のうち 山陽地区においては 5 つの集落営農法人が設立されている 小麦については新たに栽培開始する法人と作付面積を拡大させる法人があり これらの経営体質強化や収量向上等のため 既存資源の活用のシステム化を図る 山陽地区 水稲 大豆 小麦 野菜 農業生産法人 A 新規 農業 法人間連携 YUI システムの確立 波及 美祢農林事務所農業部河村剛英 1 課題 目標 宇部市及び山陽小野田市のほとんどの集落営農法人は 設立時から新たな土地利用型作物 ( 小麦 大豆 ) の導入を行っている しかしながら 経営初期の大型機械の装備等には経営上のリスクや課題がある 宇部市 山陽小野田市の法人組織 山陽地区 課題 1 新たに土地利用型作物を導入 土地利用型作物の面積拡大 機械装備のための投資が大

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

Try*・[

Try*・[ 特集 2 日本のCMのぜんぶ 1953-2012 歴史を通して未来が見える テレビ コマーシャルからの証言 アーカイブが開く地平 テレビ コマーシャルは 社会変動や時代の感性をどう捉え 自らをどう変容 進化させてきたのか 社会学者として幅広い研究分野をもつ著者に アカデミズムの立場からCM研究の理論パラダイムの動向と CMイメージの歴史的な変転を具体的な作品を通して概説していただくとともに グローバルなアーカイブの構築によって開かれる新しいCM研究の可能性についてご提示いただいた

More information

10_1

10_1 農林中央金庫グループの 活動状況 当金庫グループでは さまざまな取組みを通じて より良い環境 住みやすい地域 豊かな社会づくりに貢献しています 農林 中 央金庫 C S R報告書20 1 4 48 人づくり 人的交流 の強化 農中 JA JA信農連 県中央会 今年2月の大雪で 組合員が受けたイ チゴやトマト等の施設ハウスの甚大な 被害を目の当たりにしました JA グ JA JA信農連 県中央会への出向

More information

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙 2014年12月 福島大学研究年報 第10号 93 地域ブランド戦略研究所 所 長 西 川 和 明 研究目的 企業がマーケティングにおいて自社ブランドの認知 度を図るための戦略を取るのと同様に いわゆる 地 域産品 のマーケティングにおいても 消費者に受け 入れられるための 地域ブランド戦略 が重要であ る ところが 企業に比べて地域においてはその取り 組みが不十分であるために 製品としてはいいもので

More information

2

2 特集に当たって 本年の警察白書の特集テーマは 安全 安心なインターネット社会を目指して である 我が国においては 2005年度までに世界最先端のIT国家となる との目標を掲げた e-japan戦略等の5年間において ブロードバンドインフラの整備と利用の広がり等の面で 世界最先端を実現するなど 国民生活の利便性が飛躍的に向上し 情報通信ネットワーク が社会 経済活動上 極めて重要なインフラとなった 一方で

More information

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科 Graduate School of Agricultural Science Kobe University 2016 Graduate School of Agricultural Science Kobe University From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University

More information

01-02_入稿_0415

01-02_入稿_0415 2017年度 学校案内 日本農業経営大学校 http://jaiam.afj.or.jp/ お問い合わせ先 日本農業経営大学校 一般社団法人アグリフューチャージャパン 108-0075 東京都港区港南2丁目10番13号 農林中央金庫品川研修センター5階 TEL 03-5781-3751 admission@afj.or.jp 日本の農業を切り拓く 農業経営者へ 農業の可能性を具現させる農業経営者の育成に

More information

12琴平町197_0324

12琴平町197_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 琴平町の観光を軸にした産業振興の今後の方向性を 把握できたほか 農業に強みがあることを見出した 琴平町の産業についてRESASによって分析を行った結果 琴平町における観光産業の位置付けの確認と 更なる 振興の方向性が把握できたほか 競争力の高い産業として農業に可能性があることを確認することができた まず 産業構造については観光に関連する産業の売上高及び付加価値額双方が際立って高く

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

1c_本文118号.indb

1c_本文118号.indb 連 載 第21回 コア人材たる 職員に期待する 公務員として何をすべきか考えるだけでなく 積極的に提案 実践できる職員を目指せ 福岡県築上町長 新川 久三 あらかわ ひさみ 福岡県東部に位置する築上町は 平成18年1月に椎田町と築城町が合併して誕 生した 瀬戸内海の西端で北部は周防灘に面して浜の宮海岸には美しい黒松林 が連なり 南部は山々に抱かれて 美しい自然と豊かな歴史 文化遺産が残る 昭 和21年

More information

siho pdf

siho pdf ᴡ ሶ 7. o N 関金温泉若女将 地域おこし協力隊 一人一人の積み重ね イベントが大勢の人でにぎわう様 風呂の屋根が杉皮で復活するまで も 文化祭のチラシ完成まで 露天 努力の積み重ねがあるんです 今回 そこに至るまでには 多くの人の 深めるとともに 地域社会のニーズ こ れ か ら も 続 け て い き 新 た な 道 産業 自然などを学び 地域理解を 験学習 では 山陰地域の文化 歴史 一つである

More information

別紙 1: 経済産業省試算 本戦略の効果 本戦略を中心とする様々な政策努力の効果が発現し 世界経済の回復が相まって 2009 年度から 2011 年度までの 3 年間で 累計 40 兆円 ~60 兆円程度の需要 140 万人 ~200 万人程度の雇用が生まれること 2020 年度には 実質 GDP が 120 兆円程度押し上げられること が視野に入ると期待される ( ) ( ) これらの諸計数は 種々の不確実性を伴うため

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

UAEL 5 No. 2011.5 都市アメニティの輪を広げる ニュースレター第 5 号 2 3 4 5 6 7 8 本荘さくらまつり 鶴舞温泉の桜が見ごろでした 撮影 小川 宏樹 秋田県立大学 建築環境システム学科 計画学講座 都市アメニティ工学研究室 ここで 修論 卒論 卒計を代表して小熊さん 金子さんの論文と菅原さんの卒業設計を紹介します 菅原功子 子育て講座 子育て料理教室 子育て相談室

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

2015 2015 ユニセフの地域ごとの事業支出割合 2014年 計41億3,100万ドル 57 サハラ以南のアフリカ 18 アジア 14 中東と北アフリカ 4 ラテンアメリカとカリブ海諸国 3 中部 東部ヨーロッパ 独立国家共同体 残り4 は 地域間にまたがる事業 ユニセフ協会 国内委員会 がある国と地域 ユニセフ事務所とユニセフ協会の両方がある国 この地図は国境の法的地位についての何らかの立場を示す

More information

①.xlsx

①.xlsx 世田谷ナンバー 世田谷ナンバー の位置付け 地域振興 安全安心まちづくりの推進 第 9 次世田谷区交通安全計画 観光振興 産業活性化 まちなか観光の推進 世田谷区産業ビジョン 世田谷区産業振興計画 ( 調整計画 ) 世田谷区観光アクションプラン 世田谷区産業振興懇話会提言 安全安心まちづくりの推進 事業主体 警察 交通安全協会 世田谷区など地域を大切にするセーフティードライブや急発進や急停止をしないゆとりあるエコな運転など

More information

04ニーズ手引きブック.indb

04ニーズ手引きブック.indb 災害時には 被災地市民の生命財産を守る緊急 応急対応に引き続いて 被災者の生計 被災家屋の再建などに関連する各種の被災者支援業務を迅速 円滑に実施することで 被災者の不安を軽減して生活の再建に向けた取り組みを援助することが重要となります これまで 行政の対応計画策定は ややもすると緊急対応のみに重きがおかれ 被災者支援業務を効果的に実施することの重要性に対する認識が高いといえないのが実態です また

More information

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 I SSN1349 371X Contents So c i a lde s i gner 発行 立教大学大学院 P1 2 巻頭インタビュー 社会の進化 を支え 手伝っていきたい NPO法人エティック 代表理事 宮城治男さん P3 ドイツからの便り 留学生のその後 社会人 大学院生 P4 キャンパスの声 P5 退任あいさつ 着任あいさつ P6 インタビュー長有紀枝

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

東京大学学内広報 NO.1405 ( )

東京大学学内広報 NO.1405 ( ) for communication across the UT 2010.11.24 No.1405 2 No.1405 2010. 11. 24 No.1405 2010. 11. 24 3 4 No.1405 2010. 11. 24 No.1405 2010. 11. 24 5 6 No.1405 2010. 11. 24 No.1405 2010. 11. 24 7 8 No.1405 2010.

More information

日新火災は お客さまの視点で考えます 日新火災は お客さまから選ばれ成長するリテール損害保険会社 を目指し 商品 サービス 代理店業務のあり方全般をお客さまの視点で変革することに取り組んでいます お客さまにとって シンプル で わかりやすい 商品をお届けするために お客さまに最も近い代理店とともに お客さまの期待にお応えするために お客さまにより一層 ご安心いただけるように 損害保険は 内容が複雑でわかりづらいと言われています

More information

三浦市長 吉 田 英男 新年明けまして おめでとうございます 市民の皆様には 気持ちも新たに 素晴らしい新年をお 迎えになられたこととお喜び申し上げます 昨年は 消えた年金問題 薬害肝炎犠牲者への対応 安倍首相の突然の辞任 ねじれ国会 による審議の停滞など 国政においては 国民に目を向けているとは思

三浦市長 吉 田 英男 新年明けまして おめでとうございます 市民の皆様には 気持ちも新たに 素晴らしい新年をお 迎えになられたこととお喜び申し上げます 昨年は 消えた年金問題 薬害肝炎犠牲者への対応 安倍首相の突然の辞任 ねじれ国会 による審議の停滞など 国政においては 国民に目を向けているとは思 三浦市長 吉 田 英男 新年明けまして おめでとうございます 市民の皆様には 気持ちも新たに 素晴らしい新年をお 迎えになられたこととお喜び申し上げます 昨年は 消えた年金問題 薬害肝炎犠牲者への対応 安倍首相の突然の辞任 ねじれ国会 による審議の停滞など 国政においては 国民に目を向けているとは思えないような事柄が多々あ り 政治はいつの日も 国民の側に立って行われなければならないことを 再認識した年でありました

More information

P1

P1 Ⅴ 1 4 6 7 8 10 14 15 16 18 20 Ⅱ Ⅱ Ⅱ Ⅱ 10 日本文化と韓国文化の交流を深める 神奈川学習センター 韓国語同好会 和訳 要約 韓国語同好会は2005年10月1日に発足したサーク ルです 同年春 神奈川学習センターの面接授業 初 日本の放送大学神奈川学習センター韓国語同好会の皆さんが 私どもの大学を訪問 2月 してくださったことから 縁がうまれ

More information

表 ごあいさつ JA 全 国 監 査 機 構 は 都 道 府 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 の 監 査 事 業 をJA 全 中 ( 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 )に 統 合 した 農 協 法 に 基 づく 農 業 協 同 組 合 の 外 部 監 査 組 織 です 平 成 14 年 の 設 立 以 来 監 査 の 体 制 充 実 や 技 術 の 向 上 等 監 査 の 品 質 向

More information

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県 平塚市市街化調整区域の土地利用方針 1 方針策定に当たって (1) 背景と必要性 高度経済成長期における都市への急速な人口や産業の集中による市街地の無秩序な拡散 ( スプロール ) に対処するため 昭和 43 年に市街化区域及び市街化調整区域の区域区分制度 ( 線引き制度 ) 開発許可制度が制定された 本市においても 昭和 45 年に線引きを行い 市街化調整区域においては 市街化の抑制を基本とし 農地や山林等を保全する一方

More information

表紙案8

表紙案8 新しい 働き方 応援フォーラム 報告書 主催広島市男女共同参画推進センター ( ゆいぽーと ) 会社は目標を持って一緒にやっていくもの 女性が働き続けられずに仕事に穴ができると 会社にとってもその人にとっても損失女性の活躍は必要だが 女性を甘やかすことになってはよくない 女性の視点も男性の視点も必要であり 同じ給料をもらっている以上 女性もできることをしないと男性が育児休暇を取得するのは周囲の理解がなければ難しいと思う

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

61

61 60 61 62 63 52 53 54 出来事 情動 感情 気分 組織感情 性格 組織風土 * 組織感情は J.Feel の登録商標出願済みです 55 支え合い 協力し合い 知恵を出し合い 力を出し合う 組織のチカラ つながり力の再生 第3回 人育ての連鎖 風土をつくる 上司と部下の関係性を変える ジェイフィール コンサルタント 山中 健司 図表1 組織再生 4つの取り組み はじめに 本連載では

More information

攻めのCSR小冊子_1203_4

攻めのCSR小冊子_1203_4 メディアとつながる CSRの発信拠点の 運営協力 各種プロモーション Webサイト 毎日新聞社と共に運営している は リアルイベント 毎日新聞本紙 Webサイト SNSを組み合わせた強力なクロスメディア 施策により 企業様のCSR活動の 発 信力を飛 躍 的に高める新たな メディア戦略で様々な企業様のCSR 活動の情報を発信しています リアルイベント SNS 企業コラボにつながる CS Rの企業間コラボレーションを

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

は日本でただひとつ はたらく人のための 生活応援バンクです いつも をご利用いただき ありがとうございます ろうきんの理念 と銀行の違いは何ですか 60年にわたって が行う金融活動を支えてまいりました 労金連は とどのような関係にありますか 労金連にはどのような役割がありますか この 労働金庫連合会

は日本でただひとつ はたらく人のための 生活応援バンクです いつも をご利用いただき ありがとうございます ろうきんの理念 と銀行の違いは何ですか 60年にわたって が行う金融活動を支えてまいりました 労金連は とどのような関係にありますか 労金連にはどのような役割がありますか この 労働金庫連合会 2015 MINI DISCLOSURE は日本でただひとつ はたらく人のための 生活応援バンクです いつも をご利用いただき ありがとうございます ろうきんの理念 と銀行の違いは何ですか 60年にわたって が行う金融活動を支えてまいりました 労金連は とどのような関係にありますか 労金連にはどのような役割がありますか この 労働金庫連合会ミニディスクロージャー誌2015 は 労金連の と労金連の不良債権の状況について教えてください

More information

<91E58A7792CA4D5E91E >

<91E58A7792CA4D5E91E > History も のつくり大学 01 年の歩み 10 1 ものつくり大学の これまで と これから 学長 神本武征 この 10 年のあゆみに見るように 最初の 5 年間に建 物の整備と同時に事務系の組織が充実し さらに 2005 年度に大学院が設置されて 大学としての基本的な形 が整った 2006 年以降になると諸外国の大学との協定 国内高校との教育連携など外部との連携が積極的に進め られた また建設学科の地域貢献と製造学科の産学協同

More information

重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 *

重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 * 資料 1 ストーリー及び構成遺産 ( 案 ) - 1-1. 重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 20 1853 1855 1872 1881 1893 1897 30 1896 1903 1920 1926 1921 1931 1907 * - 2 - - 3-2. 近代日本の ものづくり を根底から支えた工作機械 精密機器の歩みを物語る近代化産業遺産群

More information

Vol.250 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16

Vol.250 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16 Vol.250 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16 一緒に考えてみよう TPPから私たちの国 地域 生活を守ろう TPPによる農業 暮らしへの影響は農林水産業はもとより医療 金融サービス 公共事業 残留農薬 遺伝子組み換え食品などの食の安全 安心 投資家 国家訴 訟条項による規制の撤廃 賠償金の支払いなどがあります TPPが我が国に与える さまざまな影響は何か まず農業 食料を中心にみんなで考えてみましょう

More information

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して 38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施している学校が全体のおよ 本稿では 紙面の都合上 活動3 に光を当てて 本調査研究の経過および結果について以下に述べるこ

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

表紙2

表紙2 きっと誰かの役に立つ水 を目指して 株式会社アックア アックアのこだわり ミネラルウォーターの安全性 ミネラルウォーターは本当に安全なの 近年 水質汚染の原因とされているのが 硝酸態窒素 硝酸態窒素は 水中の 硝酸イオンと硝酸塩に含まれている窒素のこと 化学肥料と家畜排泄物が硝酸態窒素による汚染の主原因と言われていますが その危険性は硝酸塩と同じで 血液の酸素運搬能力を奪い 特に乳幼児を窒息死

More information

下関市立大学広報第71号

下関市立大学広報第71号 The Shimonoseki City University Public Relations 2013年11月1日 第71号 発行 下関市立大学広報委員会 751-8510 下関市大学町 2-1-1 TEL. 083-252- 0288 FAX. 083-252-8099 http://www.shimonoseki-cu.ac.jp/ オープンキャンパス 学生の顔が見えるオープンキャンパス 教授

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 注 ) 当該データ及び数値を利用したことについて生じる結果について NRI は 一切の責任を負うものではなく また 当該データ及び数値の内容について 完全性 最新性 特定目的への適合性等 一切の保証を行いません また 利用者が 利用者の判断の主要な根拠として依拠すべきものではなく 利用者は 行おうとする取引について 必要に応じ ビジネス アドバイザー 弁護士 税理士 会計士等の専門家と相談するようお願いいたします

More information

untitled

untitled 第 4 章 2 項体で感じて楽しむ ( 活動プログラム ) 1 富士山における新たな登山 散策の方向性 山本清龍 *1 櫻井倫 *1 *1 藤原章雄 *1 東京大学大学院農学生命科学研究科助教 キーワード : 富士登山 森林散策 期待 満足 カロリー消費 POMS 環境配慮意識 背景富士登山では登頂や御来光など目的となる行為が頂上付目的近に集中しているため 自然環境への負荷だけでなく混雑などの問題が生じており

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

kouhouyazu_20.indd

kouhouyazu_20.indd 보 싣 탕 디 나 카 미 호 안 녕 하 세 요! 決 算 報 告 部 落 解 放 文 化 祭 迫 る 11 月 24 日 ( 金 ) 26 日 ( 日 ) 公 民 館 だ よ り 公 民 館 だ よ り い も 掘 り 収 穫 祭 と ウ ォ ー ク ラ リ ー を し た よ! な ん で も た い け ん 塾 & こ ど も 探 偵 団 パ ー ト 8 共 催 事

More information

17日南市277_0324

17日南市277_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 若者にとって魅力的な情報通信業を選定し 実際に2社の 企業誘致を実現することができた また 観光分野では滞在型の観光になっていない 現状が 把握できたため 点在している観光地間の回遊性を高める施策の検討に 役立てることができた 創客創人!! 日南市雇用元気プラン 及び 日南市観光振興計画 に 掲げた戦略の実施に当たって

More information

研究だより_表紙最終

研究だより_表紙最終 特集 視察報告 太田のオリーブ農家 アグリみらい 21 を訪ねて 特 集 太田のオリーブ農家 アグリみらい 21 を訪ねて 地域活性化研究所所長 中挾 知延子 本格的な冬がやってきた昨年の 12 月 13 日の午後 群馬県 敏雄さん 研究所だより 48 号掲載済み から山田さんがオ 太田市でオリーブ栽培を主体にされている農業生産法人 ア リーブの苗木を購入しているという間柄である 山田さんは グリみらい

More information

1 2 1 2 3 4 PROFILE

1 2 1 2 3 4 PROFILE AOMORI Marketing Report お知らせ あおもり産品情報サイト 青森のうまいものたち は 平成1 発行 2007. 3. 28 7年10月の開設以来 訪問者66万人を突破し 昨年7月には 外出先からも簡単にアクセスできる モバイル版サイト もオ ープン ますます便利に充実 主なコンテンツ 旬の農林水産品の生産風景や生産者のこだわりを動画で伝 える人気のコーナー あおもり産品チャンネル

More information

untitled

untitled 1. 52 53 1. 54 55 第2章 政 策目標 ❶支え合いの心でつくる安全 安心のまち 施策目標1. 安全 安心のまちづくり 主要施策 3 交通安全と地域防犯の推進 現状と課題 交通安全対策については 近年 交通事故件数や死者数は減少しているものの 自転車 に起因する事故や高齢者ドライバーの増加などに対応できるよう 安全対策と交通ルール マナー向上への啓発 指導に地域と連携して取り組むことが必要です

More information

78

78 77 78 79 80 複 合 サービス 事 業 4.2% 飲 食 店, 宿 泊 業 2.9% サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 4.9% 教 育, 学 習 支 援 業 2.6% 不 動 産 業 0.1% 金 融 保 険 業 0.5% 運 輸 業 3.0% 情 報 通 信 業 0.1% 医 療, 福 祉 7.9% 卸 売 小 売 業 11.5% 分 類 不 能 の 産 業 0.0%

More information

2

2 2 3 5 国際文化学科講師 宮城 公子 今年の教育実習は19名 中学校6名 高校 13名 が参加 教育実践研究の講義や模擬授 業や個人指導 教案の作成実践や現場教員に よる講義受講などを経て2週間実際の教育現 場に立つのは 例年の事とは言え 学生にとっ ては常に初体験 英語を生徒に 教える こ とへのやりがいを感じるとともに 自分の未 熟な部分を徹底的に自覚させられる場に立つ のですが 今年は去年にも増して各実習校か

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

CSR2014 当社の経営とCSR 日立国際電気グループの情報開示 企業理念 経営理念 に示した基本理念を 行動基準 当社グループの事業活動についての情報は 財務情報を中 と グループ行動規範 に示す活動の積み重ねにより実現 心に扱う事業報告書と 社会性や環境保全などの非財務情報 することを当社グループの CSR 方針としています を主に扱うCSR報告書に分け 定期的に開示しています 企業理念 経営理念および行動基準とCSR

More information

-1-

-1- -1- -2- -3- 環境問題についてのコラム(1) 35回九州地区真宗青年の集い 大分大会 エコーでいこうぇ その一声がこだまする 近年マスコミ等を通じエコ活動や環境問題について目や耳にしない日はないと 言っていい程になりました もはやエコバックは常識になりつつあります とこ ろで 前回書いた北極グマの生態系について 皆さんはどう感じられたでしょう か ほとんどの人は そうなのか と他人事だったのではないでしょうか

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

2008.7 Vol.38 CONTENTS 1.9% 17.5% 19.4%.4% Café Gurunpa 生活環境づくり ƮƘǓǛ ੲƠLJƢ 大好き いばらき 花いっぱい運動 花を育て飾ることは 風景を美しくするとともに人々の心に優しさや潤いを与えてくれます 大好き いば らき 県民会議では環境美化への意識や自然を愛する感性を育み そして花づくりをとおした地域コミュニティ の活性化を図るため

More information

00[1-2]目次(責).indd

00[1-2]目次(責).indd 58 韓国の歴史教科書 現在韓国では 国定教科書 検定教科書 認定教科書とい 二 現在の韓国の歴史教科書とその構成要素 が審査 認定したものです 歴史関連の教科書は 表1 の 通り 小学校以外はすべて検定教科書です 教科書を構成する諸要素と深く関係しています その構成要 どの教科がどのような種類の教科書として編纂されるかは 部が著作権を持つ教科書であり 教育部で編纂し ひとつの 素を概観してみると

More information

理事会の若返りで 事業の幅も広がる 業生が多数参加して下さり それと同時にご婦人 までもが仲良く参加されたことが大変素晴らしい ことであり さすがは暁星ボーイと暁星を見直す ことにもなりました 次に理事会の構成メンバーを充実することでし 暁星学園同窓会 た ボランティアで仕事の合間に同窓会の運営を 会長 行うのは かなりキツイものがありましたので 理事をお願いすることが大変厳しい状況でした 学園創立120周年に合わせた記念事業も

More information

untitled

untitled 農林水産大臣賞 第15回 日本水大賞 いなみ野ため池ミュージアム いなみ野ため池ミュージアム運営協議会 1 はじめに の歴史と現状 1 の歴史 は農業用の水を貯えるため 弥生時代に 始まったといわれる水田稲作の発達とともに数多 く造られてきました 現在 国内には21万ヶ所の た め池 があるといわれ 気候的 地形的条件から水の 確保が難しい瀬戸内地域に多く存在しています 都 道府県別では 図 1のとおり兵庫県の

More information

Akita University 先述したように. 1 9 9 6年に文化庁を中 心 として開 始された 近代遺跡調査 は刊行を待つばかりにな か 全 国 の 戦 争 遺 跡 の 文化財としての指定 登録も 着実に増加 しつつある. し か し 未 だ 重 要 な 史 跡 に も関わらず抜け落ちているとの指摘も多く 前述し た様に 秋田県を含む全国 1 7 の県では 文化財とし て全く指定 登録がなされていないのが現状である.

More information

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21 ステークホルダー ダイアログ 日本におけるESGの普及について 金井 司 司会 企画部 CSR担当部長 社会活動統括室長 小森 博司 証券代行部 IRグループ長 川添 誠司 受託資産企画部 審議役 伊藤 雅人 不動産営業開発部 CSR担当次長 兼環境不動産推進課長 今回のステークホルダー ダイアログは BSR*のアジア統括責任者であるジェレミー プ レプサスさんとBSR北京事務所のシン チュオさんをお招きしました

More information

69gou.indd

69gou.indd 2 第69号 一般社団法人 全国病児保育協議会ニュース 2013年 平成25年 5月1日 東 京 支 部 報 告 平成24年12月2日 日 に 東京支部合同研修 会が新宿のNSビルで行われました 東京だけでは なく 埼玉 千葉 神奈川など他県からも参加して いただき 実りのある勉強会となりました 最初の講義は 会長の稲見先生より 病児保育総 論 を 私たちが目指す保育や施設での役目 病児 保育の専門性を高める病児保育専門士について

More information

DVD DVD

DVD DVD 2 154 2 2011 4 2012 3 2 2 42 38 2 23 3 18 54 DVD DVD 3 1 3 155 1 1 2 3 1 3 1 11 12 3 DVD 156 2 3 2 12 2 1 8 1 7 1 6 3 6 3 2 6 2 1 5 9 12 2 3 10 7 6 23 1 157 1 12 2 6 10 18 6 6 2 1 1 2 3 158 2 6 2 3 70

More information

ニッスイ環境報告書2005

ニッスイ環境報告書2005 1 2 3 環 境 保 全 環境マネジメントシステム 基本的な考え方 ISO14001認証取得 環境 総合物流事業部 事業部一斉認証取得の取り組み推進 ニ ッ ス イ の 事 業 活 動 に お い て は 原 材 料 ニ ッ ス イ は 各 主 管 部 署 で の 環 境 マ ネ ジ の調達や製造工程 物流過程 製品の使用 メ ン ト シ ス テ ム 構 築 を 促 進 す る た め 環 総合物流事業部では

More information

14-1

14-1 TM Junior Chamber International Tokyo Worldwide Federat ion of Young Leaders and Entrepreneurs 暖かい日が続き 早々と桜のつぼみも見られる今日この頃 皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか? 港地区では 2 月 1 日に本年度初の港地区単独模擬委員会が 東京湾を周遊するクルーザー シンフォニーでの船上委員会として開催されました

More information

会社案内 2015

会社案内 2015 01 mandom Company Profile 02 基本理念 美 と 健 康 を 通じ 快適な生活にお役立ちする CONTENTS 人は 美 に触れたとき 心に深い感動を覚え 満足感が広がっていきます その 胸躍る感情と満ち足りた気持ちが心身に好影響を与え 健康へと結び付いていくという思いを 美と健康を通じ という言葉に込めました 生活者の美意識を呼び起こすような価値あるモノをつくり アジアでグローバ

More information

*05“Lfi⁄/ ”l

*05“Lfi⁄/ ”l な問題は一番近くの行政体 一番近くの政府が解決す る広域自治体をめざし そのために権限を移譲し 県 べきだという仕組みをつくるべきだと では 何のた はシェイプアップしていこうということです 県民起 めにやるか 人や金を落とすためではなくて 一番の 点 生活重視というのは 代表的には 施策点検シス 目標としているのは この分権システムをつくるとい テムの導入 積極的な情報公開 あるいはパブリック うことです

More information