表紙・裏表紙・総目次.xlsx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "表紙・裏表紙・総目次.xlsx"

Transcription

1 平成 25 年版 音更町統計書 音更町

2 はしがき 平成 25 年版 音更町統計書 を刊行いたします 本書は 音更町の姿を土地 人口 産業 福祉 教育 文化など 各分野にわたる統計資料を総合的に収録し 町勢の現況並びに発展の推移を明らかにしようとするものです 情報社会といわれる現在 この統計書が各種資料として皆様にご活用いただければ幸いに思います 編集に当たっては細心の注意をはらいましたが 内容等の不備 不完全な点は今後とも皆様のご意見 ご指導をいただき改善を図ってまいりたいと存じます なお この統計書の編集に際し 貴重な資料をご提供いただきました関係機関 並びに日頃統計調査にご協力いただいております関係各位に厚くお礼申し上げますとともに 今後とも一層のご協力をお願い申し上げます 平成 26 年 3 月 音更町長寺山憲二

3 ご利用にあたって 1. この資料は 音更町の町勢全般にわたる統計資料を収録したものです 2. 資料は 本町において直接収集したもののほか 各官庁 団体 会社から収集したものであり 資料の出所を各表の下部に掲げ 刊行物については書名を付記しました 統計資料のうち 経済センサス は 平成 21 年に創設された国の基幹統計調査であり 事業所 企業を対象とした統計調査です この調査の実施により中止又は未実施の統計調査がある場合は 経済センサスで把握した調査結果を各種統計調査の比較参考資料としていますが 調査手法が以下の点において異なることから 差異がすべて増加又は減少を示すものではありません 商業 法人登記等の行政記録の活用 会社( 外国の会社を除く ) 会社以外の法人及び個人経営の事業所の本社等において 当該本社等の事業主が当該支所等の分も一括して報告する 本社等一括調査 の導入等 3. 統計表中 年次 は暦年 (1 月 1 日から 12 月 31 日まで ) 年度 は会計年度 (4 月 1 日から 3 月 31 日まで ) を示しています 4. 数字の単位未満は四捨五入することを原則としたもので 総数と内訳の計が一致しな い場合もあります 5. 統計表中の符号の用法は 次のとおりです [ 0 ] 単位に満たないもの [ ] 該当数字のないもの [ ] 不詳又は調査を欠くもの [ ] 比較減を示す [ X ] 公表を差し控えたもの

4 統計書目次 第 1 章 地 勢 気 象 1 位置および面積 1 2 地目別土地面積 1 3 気 象 2 第 2 章 人 口 1 人口等の推移 ( 住民基本台帳 ) 3 2 人口の動態 ( 住民基本台帳 ) 4 3 人口と世帯数の推移 ( 国勢調査 ) 5 4 人口集中地区 (DID) の人口 および面積 ( 国勢調査 ) 5 5 住区別世帯数および人口の推移 ( 住民基本台帳 ) 6 6 行政区別世帯数および人口 ( 住民基本台帳 ) 8 7 年齢 5 歳階層人口 ( 国勢調査 ) 10 8 世帯の家族類型別一般世帯の推移 ( 国勢調査 ) 11 9 高齢者夫婦世帯数 男女別単身高齢者世帯 数の推移 ( 国勢調査 ) 労働力状態 男女別 15 歳以上人口 年齢 (5 歳階級 )( 国勢調査 ) 産業別 ( 大分類 ) 従業上の地位 (7 区分 ) 男女別 15 歳以上就業者数 ( 国勢調査 ) 産業別 ( 大分類 ) 年齢 (5 歳階級 ) 男女別 15 歳以上就業者数 ( 国勢調査 ) 音更町に常住する 15 歳以上就業者数 および通学者数 ( 国勢調査 ) 音更町に従業 通学する 15 歳以上就業者 数および通学者数 ( 国勢調査 ) 夜間人口 昼間人口 ( 国勢調査 ) 18 第 3 章 事 業 所 1 産業別 ( 大分類 ) 事業所数および 従業者数 19 2 産業大分類従業者規模別 事業所数 ( 民営 ) 20 3 産業大分類従業者規模別 従業者数 ( 民営 ) 22 第 4 章 農 業 1 農業の推移 ( 農業概要 ) 25 2 世帯および人口 ( 農業概要 ) 26 3 専業 兼業別農家戸数 ( 農業概要 ) 26 4 経営規模別農家戸数 ( 農業概要 ) 26 5 農業就業人口 ( 農業概要 ) 26 6 年齢別農業就業人口 ( 農業概要 ) 26 7 主要農作物作付面積の推移 ( 農業概要 ) 27 8 主要農作物収穫量の推移 ( 反当たり ) ( 農業概要 ) 27 9 野菜生産状況 ( 農業概要 ) 家畜飼養状況 ( 農業概要 ) 経営耕地の状況 ( 農林業センサス ) 販売目的で作付 ( 栽培 ) した作物の種類別 作付農家数と面積 ( 農林業センサス ) 農業用機械 ( 農林業センサス ) 家畜飼養農家数および飼養頭羽数 ( 農林業センサス ) 農家戸数の推移 ( 農林業センサス ) 年齢別農家世帯員数の推移 ( 農林業センサス ) 年齢別農業就業人口 ( 自営農業に主とし て従事した世帯員数 ) の推移 ( 農林業センサス ) 30 第 5 章 観光 商業 工業 1 観 光 ⑴ 音更町観光客数 31 2 商 業 ⑴ 産業別 ( 中分類 ) 商店数 従業者数 年間販売額 32 3 工 業 ⑴ 産業別 ( 中分類 ) 事業所数 従業者数 製造品出荷額 34 第 6 章 公園 道路 住宅 1 公園の状況 37 2 道路 橋りょうの状況 37 3 町道の種類別延長 37 4 住宅に住む一般世帯数 世帯人員 37 5 住宅建築状況 38 6 公営住宅の状況 38 第 7 章 運 輸 通 信 1 車種別自動車登録台数 39 2 電話加入状況 40 3 郵便施設 40 第 8 章 電気 上水道 下水道 1 電灯需要状況 ⑴ 口数 41 ⑵ 販売電力量 41 2 上水道給水状況 42 3 用途別水道使用量 42

5 4 口径別水道使用量 42 5 公共下水道普及状況 42 第 9 章 教 育 文 化 1 小学校 ⑴ 学校名 学級数および教職員数 45 ⑵ 学年別児童数および教職員数 45 2 中学校 ⑴ 学校名 学級数および教職員数 46 ⑵ 学年別生徒数および教職員数 46 ⑶ 卒業後の状況 ( 進路別卒業者数 ) 46 3 高等学校 ⑴ 学校名および所在地 47 ⑵ 学年別生徒数および教職員数 47 ⑶ 卒業後の状況 ( 進路別卒業者数 ) 47 4 幼稚園 ⑴ 幼稚園名および所在地 48 ⑵ 園児数および教職員数 48 5 図書館 ⑴ 図書館利用状況 49 ⑵ 図書館蔵書冊数 49 6 総合体育館利用状況 50 7 武道館利用状況 50 8 温水プール利用状況 51 9 社会教育施設一覧 社会体育施設一覧 52 第 10 章 保健 衛生 環境 1 保健医療施設 53 2 保健医療従事者数 53 3 主要死因別死亡者数 53 4 住民検診等実施状況 54 5 国民健康保険の状況 54 6 医療給付事業 54 7 ごみ し尿処理状況 56 第 11 章 社 会 福 祉 1 保育所の状況 57 2 国民年金 ⑴ 加入状況 58 ⑵ 老齢給付 58 ⑶ 障害給付 58 ⑷ 遺族給付 59 ⑸ 福祉年金給付 59 3 生活保護状況 59 4 社会福祉施設一覧 60 第 12 章 治安 事故 災害 1 刑法犯罪発生件数 61 2 交通事故発生状況 62 3 違反別交通事故発生件数 62 4 町民交通傷害保険給付状況 62 5 消防の体制 63 6 火災の概要 64 7 原因別火災発生状況 65 8 救急車の出動状況 65 第 13 章 財 政 1 各会計決算状況 67 2 歳 入 ⑴ 一般会計歳入決算 68 ⑵ 町税収納状況 70 3 歳 出 ⑴ 一般会計歳出決算 72 ⑵ 一般会計歳出の性質別分類 72 4 一般会計財政規模 74 5 財政指数等 74 6 企業会計決算 74 7 町有財産 75 8 町債状況 76 第 14 章 議会 行政 選挙 1 議 会 ⑴ 歴代議会議長氏名 79 ⑵ 歴代議会副議長氏名 79 ⑶ 議会活動 80 ⑷ 委員会活動 80 2 行 政 ⑴ 歴代町 ( 村 ) 長氏名 81 ⑵ 歴代副町長 ( 助役 ) 氏名 81 ⑶ 歴代収入役氏名 81 ⑷ 町職員数の推移 82 3 選 挙 ⑴ 選挙人名簿登録者数 83 ⑵ 投票区別選挙人名簿登録者調べ 84 ⑶ 各種選挙状況 85 4 町関係施設一覧 86 5 音更町行政機構図 87 6 北十勝消防事務組合機構図 88 第 15 章 主 要 年 表 89

6 第 1 章地勢 気象 1 位置および面積 1 2 地目別土地面積 1 3 気象 2 音更町の位置 最北端 最西端 最東端 最南端 音更町 東経 ~ 北緯 ~43 10 町 章 町木 : 白樺町花 : スズラン 町章の説明音更の頭文字の抽象デザインで若葉を表現未来に向って力強く躍進する町勢を象徴した ( 昭和 45 年制定 ) ( 昭和 55 年指定 )

7 1 位置および面積 第 1 章地勢 気象 1 方 位 最 東 端 最 西 端 最 南 端 最 北 端 経 度 緯 度 面 積 東 経 北 緯 東西 28.7km 東 経 北 緯 南北 32.8km 東経 北緯 東経 北緯 面積 km2 ( 世界測地系 ) 2 地目別土地面積 各年 1 月 1 日現在ha 年次総面積田畑宅地山林牧場原野雑種地その他 昭和 61 年 46,703 2,010 20,071 1,046 10, , ,065 昭和 62 年 46,703 2,008 20,212 1,055 10, , ,107 昭和 63 年 46,703 1,973 20,316 1,069 10, , ,106 平成元年 46,703 1,564 20,839 1,063 10, , ,123 平成 2 年 46,619 1,490 20,975 1,142 10, , ,540 平成 3 年 46,619 1,472 21,058 1,158 10, , ,595 平成 4 年 46,619 1,453 21,002 1,216 9, ,744 1,691 9,701 平成 5 年 46, ,590 1,236 9, ,700 1,715 10,095 平成 6 年 46, ,624 1,277 9, ,666 1,706 10,100 平成 7 年 46, ,646 1,300 9, ,641 1,712 10,056 平成 8 年 46, ,649 1,321 9, ,629 1,709 10,070 平成 9 年 46, ,658 1,139 10,817 1,103 1,617 1,679 6,828 平成 10 年 46, ,670 1,525 10,813 1,100 1,589 1,681 6,479 平成 11 年 46, ,693 1,554 10,781 1,100 1,552 1,677 6,501 平成 12 年 46, ,719 1,559 10,754 1,097 1,514 1,695 6,519 平成 13 年 46, ,803 1,488 11,304 1,047 1,479 1,701 6,087 平成 14 年 46, ,958 1,492 11,164 3,901 1,441 1,677 3,342 平成 15 年 46, ,465 1,579 11,064 3,882 1,120 1,675 3,307 平成 16 年 46, ,436 1,608 11,055 3,882 1,123 1,669 3,319 平成 17 年 46, ,425 1,638 10,475 4,455 1,118 1,666 3,321 平成 18 年 46, ,679 1,652 10,991 4,671 1,110 1,664 3,331 平成 19 年 46, ,716 1,669 10,966 4,671 1,094 1,659 3,338 平成 20 年 46, ,727 1,679 10,997 4,665 1,077 1,660 3,306 平成 21 年 46, ,764 1,690 11,089 4,666 1,078 1,599 3,226 平成 22 年 46, ,777 1,703 11,026 4,708 1,062 1,601 3,230 平成 23 年 46, ,810 1,724 11,024 4,708 1,051 1,600 3,192 平成 24 年 46, ,818 1,743 11,066 5,706 1,040 1,595 2,134 平成 25 年 46, ,847 1,744 10,997 5,701 1,029 1,597 2,187 資料 ; 税務課 ( 固定資産の概要調書 )

8 2 第 1 章地勢 気象 3 気象 降 水 気 温 年 最大 起日 最大 起日 平均気温最高気温 起日 最低気温 起日 年次 降水量 日 1 時間 降水量 降水量 mm mm 月 / 日 mm 月 / 日 月 / 日 月 / 日 平成 9 年 月 10 日 21 8 月 10 日 月 20 日 月 5 日 平成 10 年 1, 月 28 日 13 9 月 9 日 月 16 日 月 7 日 平成 11 年 月 14 日 17 7 月 14 日 月 9 日 月 4 日 平成 12 年 1, 月 22 日 11 4 月 22 日 月 2 日 月 27 日 平成 13 年 月 11 日 19 8 月 23 日 月 28 日 月 9 日 平成 14 年 月 11 日 月 2 日 月 30 日 月 20 日 平成 15 年 月 9 日 22 8 月 10 日 月 23 日 月 6 日 平成 16 年 月 9 日 28 8 月 1 日 月 31 日 月 26 日 平成 17 年 月 7 日 15 9 月 7 日 月 5 日 月 26 日 平成 18 年 月 18 日 28 6 月 24 日 月 8 日 月 6 日 平成 19 年 月 7 日 11 9 月 7 日 月 14 日 月 14 日 平成 20 年 月 12 日 26 7 月 12 日 月 6 日 月 25 日 平成 21 年 1, 月 11 日 11 9 月 13 日 月 11 日 月 17 日 平成 22 年 1, 月 12 日 20 8 月 8 日 月 26 日 月 4 日 平成 23 年 月 14 日 月 7 日 月 11 日 月 30 日 平成 24 年 1, 月 4 日 53 8 月 6 日 月 27 日 月 26 日 平成 25 年 月 16 日 16 9 月 16 日 月 7 日 月 11 日 年次 風速日照積雪平均風速最大風速起日年間最深積雪起日日照時間 m/s m/s 月 / 日時間 cm 月 / 日平成 9 年 月 24 日 1, 月 21 日 平成 10 年 月 16 日 1, 月 19 日 平成 11 年 月 28 日 1, 月 26 日 平成 12 年 月 24 日 1, 月 10 日 平成 13 年 月 20 日 1, 月 4 日 平成 14 年 月 19 日 1, 月 18 日 平成 15 年 月 8 日 1, 月 28 日 平成 16 年 月 21 日 2, 月 23 日 平成 17 年 月 8 日 2, 月 23 日 平成 18 年 月 8 日 1, 月 11 日 平成 19 年 月 7 日 2, 月 29 日 平成 20 年 月 24 日 1, 月 24 日 平成 21 年 月 18 日 1, 月 14 日 平成 22 年 月 21 日 1, 月 6 日 平成 23 年 月 2 日 2, 月 23 日 平成 24 年 月 4 日 1, 月 27 日 平成 25 年 月 8 日 1, 月 8 日 注 1) 積雪は帯広測候所の数値 それ以外の数値はアメダス駒場観測所の数値 駒場観測所 ~ 有線ロボット気象計 昭和 52 年 10 月 20 日より観測開始 注 2) 斜めで表記されている数値については 資料不足値のため 十分な信頼性を保証するものではない 注 3) 日照時間については 観測方法 測器の変更等の理由により観測データが昭和 61 年からこの前後で均質でない可能性がある

9 第 2 章人口 1 人口等の推移 ( 住民基本台帳 ) 3 2 人口の動態 ( 住民基本台帳 ) 4 3 人口と世帯数の推移 ( 国勢調査 ) 5 4 人口集中地区 (DID) の人口および面積 ( 国勢調査 ) 5 5 住区別世帯数および人口の推移 ( 住民基本台帳 ) 6 6 行政区別世帯数および人口 ( 住民基本台帳 ) 8 7 年齢 5 歳階層人口 ( 国勢調査 ) 10 8 世帯の家族類型別一般世帯の推移 ( 国勢調査 ) 11 9 高齢者夫婦世帯数 男女別単身高齢者世帯数の推移 ( 国勢調査 ) 労働力状態男女別 15 歳以上人口 年齢 (5 歳階級 )( 国勢調査 ) 産業別 ( 大分類 ) 従業上の地位 (7 区分 ) 男女別 15 歳以上就業者数 ( 国勢調査 ) 産業別 ( 大分類 ) 年齢 (5 歳階級 ) 男女別 15 歳以上就業者数 ( 国勢調査 ) 音更町に常住する 15 歳以上就業者数および通学者数 ( 国勢調査 ) 音更町に従業 通学する 15 歳以上就業者数および通学者数 ( 国勢調査 ) 夜間人口 昼間人口 ( 国勢調査 ) 18

10 第 2 章人口 3 1 人口等の推移 各年度末現在 年 度 世帯数人口 ( 人 ) 1 世帯当り人口密度 ( 世帯 ) 総数男女人口 ( 人 ) ( 人 /Km2) 面積 (Km2) 昭和 29 年度 3,885 23,241 11,721 11, 昭和 30 年度 3,985 23,444 11,799 11, 昭和 31 年度 4,076 23,626 11,871 11, 昭和 32 年度 4,136 23,732 11,919 11, 昭和 33 年度 4,132 24,070 12,037 12, 昭和 34 年度 4,139 23,896 12,033 11, 昭和 35 年度 4,609 24,305 12,242 12, 昭和 36 年度 4,705 24,125 12,067 12, 昭和 37 年度 4,897 24,490 12,268 12, 昭和 38 年度 5,077 24,850 12,425 12, 昭和 39 年度 5,271 24,790 12,350 12, 昭和 40 年度 5,416 24,893 12,365 12, 昭和 41 年度 5,507 24,730 12,267 12, 昭和 42 年度 5,660 24,691 12,257 12, 昭和 43 年度 5,876 25,024 12,401 12, 昭和 44 年度 6,013 24,754 12,242 12, 昭和 45 年度 6,243 24,495 11,999 12, 昭和 46 年度 6,378 24,725 12,078 12, 昭和 47 年度 6,686 25,491 12,484 13, 昭和 48 年度 7,120 26,307 12,895 13, 昭和 49 年度 7,475 27,085 13,272 13, 昭和 50 年度 7,822 27,837 13,600 14, 昭和 51 年度 8,028 28,432 13,939 14, 昭和 52 年度 8,340 29,226 14,320 14, 昭和 53 年度 8,651 30,070 14,697 15, 昭和 54 年度 9,050 31,158 15,230 15, 昭和 55 年度 9,450 32,113 15,732 16, 昭和 56 年度 9,615 32,446 15,893 16, 昭和 57 年度 10,005 32,874 16,115 16, 昭和 58 年度 10,329 33,364 16,363 17, 昭和 59 年度 10,573 33,886 16,566 17, 昭和 60 年度 10,728 34,169 16,679 17, 昭和 61 年度 10,836 34,122 16,599 17, 昭和 62 年度 10,851 33,953 16,516 17, 昭和 63 年度 10,998 33,994 16,519 17, 平成元年度 11,181 34,125 16,506 17, 平成 2 年度 11,403 34,230 16,524 17, 平成 3 年度 11,761 34,792 16,786 18, 平成 4 年度 12,234 35,660 17,193 18, 平成 5 年度 12,661 36,548 17,594 18, 平成 6 年度 13,151 37,465 17,975 19, 平成 7 年度 13,536 38,030 18,232 19, 平成 8 年度 13,970 38,648 18,540 20, 平成 9 年度 14,204 38,862 18,629 20, 平成 10 年度 14,560 39,341 18,842 20, 平成 11 年度 14,874 39,607 18,912 20, 平成 12 年度 15,258 40,030 19,103 20, 平成 13 年度 15,665 40,727 19,430 21, 平成 14 年度 16,089 41,280 19,724 21, 平成 15 年度 16,530 42,032 20,088 21, 平成 16 年度 16,891 42,662 20,393 22, 平成 17 年度 17,243 43,129 20,659 22, 平成 18 年度 17,620 43,787 20,948 22, 平成 19 年度 18,092 44,402 21,151 23, 平成 20 年度 18,517 45,005 21,420 23, 平成 21 年度 18,876 45,395 21,606 23, 平成 22 年度 19,169 45,600 21,741 23, 平成 23 年度 19,293 45,564 21,671 23, 平成 24 年度 19,461 45,466 21,586 23, 注 ) 住民基本台帳法の一部改正があり 平成 24 年度は外国人を含む 資料 ; 住民基本台帳

11 4 第 2 章人口 2 人口の動態 年 度 世帯数 ( 世帯 ) 人口 ( 人 ) 人口増加数 自然動態 社会動態 自然社会その他 その他 増加数出生死亡増加数転入転出増加数増加減少 各年度末現在 婚姻 離婚 平成 5 年度 12,661 36, ,545 1, 平成 6 年度 13,151 37, ,661 1, 平成 7 年度 13,536 38, ,432 1, 平成 8 年度 13,970 38, ,493 2, 平成 9 年度 14,204 38, ,230 2, 平成 10 年度 14,560 39, ,377 2, 平成 11 年度 14,874 39, ,306 2, 平成 12 年度 15,258 40, ,236 1, 平成 13 年度 15,665 40, ,524 1, 平成 14 年度 16,089 41, ,579 2, 平成 15 年度 16,530 42, ,538 1, 平成 16 年度 16,891 42, ,442 1, 平成 17 年度 17,243 43, ,297 1, 平成 18 年度 17,620 43, ,392 1, 平成 19 年度 18,092 44, ,372 1, 平成 20 年度 18,517 45, ,211 1, 平成 21 年度 18,876 45, ,037 1, 平成 22 年度 19,169 45, ,947 1, 平成 23 年度 19,293 45, ,801 1, 平成 24 年度 19,423 45, ,695 1, 注 1) その他とは 帰化 住民設定 転出取消 職権消除等 資料 ; 住民基本台帳 注 2) 婚姻 離婚数は戸籍届出件数による

12 3 人口と世帯数の推移 回 年 人口 ( 人 ) 世帯数 ( 世帯 ) 総数 男 女 第 2 章人口 5 各年 10 月 1 日現在 1 世帯人員 人口密度 性比 (%) ( 人 ) ( 人 /Km2) 男 / 女 1 大正 9 年 3,423 18,631 9,916 8, 大正 14 年 1,881 11,002 5,779 5, 昭和 5 年 2,290 13,697 7,184 6,513 2, 昭和 10 年 2,727 16,358 8,473 7,885 2, 昭和 15 年 2,666 16,832 8,572 8, 昭和 22 年 3,481 20,468 10,221 10,247 3, 昭和 25 年 3,662 21,893 11,001 10,892 1, 昭和 30 年 4,091 23,850 11,994 11,856 1, 昭和 35 年 4,520 23,699 11,793 11, 昭和 40 年 5,223 23,729 11,708 12, 昭和 45 年 5,992 24,118 11,691 12, 昭和 50 年 7,484 26,933 13,092 13,841 2, 昭和 55 年 9,184 31,134 15,160 15,974 4, 昭和 60 年 10,188 33,970 16,531 17,439 2, 平成 2 年 10,947 33,977 16,253 17, 平成 7 年 12,898 37,528 17,784 19,744 3, 平成 12 年 14,262 39,201 18,538 20,663 1, 平成 17 年 16,021 42,452 20,080 22,372 3, 平成 22 年 17,660 45,085 21,295 23,790 2, 注 ) 昭和 25 年以前は音更村 ( 町制施行は昭和 28 年 7 月 1 日 ) なお 大正 9 年は分村前の数値である 前回調査との人口増減数 ( 人 ) 前回調査との人口増減率 (%) 資料 ; 国勢調査 4 人口集中地区 (DID) の人口および面積 人口面積 年 DID 人口 全域に対する割合 DID 面積 全域に対する割合 ( 人 ) (%) (Km2) (%) 昭和 45 年 5, 昭和 50 年 5, 昭和 55 年 12, 昭和 60 年 13, 平成 2 年 19, 平成 7 年 24, 平成 12 年 26, 平成 17 年 27, 平成 22 年 35, 資料 ; 国勢調査 注 ) 人口集中地区 (DID) 人口 5,000 人以上を有し人口密度が1Km2当たり4,000 人以上となる地域

13 6 第 2 章人口 5 住区別世帯数および人口の推移 平成 18 年度 平成 19 年度 平成 20 年度 地区名人口人口人口世帯数世帯数世帯数総数男女総数男女総数男女 1 音更市街地区 3,450 8,100 3,774 4,326 3,514 8,153 3,772 4,381 3,561 8,145 3,775 4,370 イ ) 桜が丘 北陽台 柏寿台 北明台住区 519 1, , , ロ ) 雄飛が丘住区 977 2,591 1,228 1, ,566 1,219 1, ,493 1,176 1,317 ハ ) 音更市街住区 1,843 4,301 2,005 2,296 1,872 4,315 2,001 2,314 1,866 4,233 1,973 2,260 ニ ) 緑が丘 北開進 東住吉住区 木野市街地区 9,631 22,905 10,880 12,025 9,895 23,278 11,004 12,274 10,150 23,648 11,154 12,494 イ ) 柳町 緑街住区 1,456 3,583 1,706 1,877 1,485 3,596 1,718 1,878 1,511 3,601 1,708 1,893 ロ ) 緑陽台 緑陽住区 1,378 3,529 1,671 1,858 1,392 3,521 1,668 1,853 1,407 3,550 1,685 1,865 ハ ) 北蘭住区 801 2, , ,152 1,028 1, ,143 1,022 1,121 ニ ) 青葉 中鈴蘭 すずらん台住区 877 2, , ,099 1,006 1, ,106 1,014 1,092 ホ ) 清和 南鈴蘭住区 1,015 2,407 1,161 1,246 1,080 2,502 1,201 1,301 1,114 2,598 1,244 1,354 へ ) 木野市街 ( 北 5 線以南 ) 住区 1,962 4,066 1,873 2,193 2,001 4,048 1,835 2,213 2,070 4,112 1,853 2,259 ト ) その他北 5 線以北住区 1,239 2,943 1,425 1,518 1,316 3,134 1,504 1,630 1,398 3,312 1,585 1,727 チ ) 共栄台 木野新町住区 903 2,223 1,052 1, ,226 1,044 1, ,226 1,043 1,183 3 宝来地区 2,289 5,902 2,891 3,011 2,439 6,175 3,020 3,155 2,540 6,433 3,138 3,295 イ ) 宝来 ひびき野住区 1,785 4,622 2,257 2,365 1,907 4,848 2,363 2,485 1,984 5,072 2,470 2,602 ロ ) 北宝来住区 454 1, , , ハ ) 藤が丘 北藤が丘住区 温泉地区 駒場地区 522 1, , , イ ) 駒場住区 438 1, , , ロ ) 牧場住区 ハ ) 高校 その他住区 農村東北部地区 460 1, , , イ ) 豊田住区 ロ ) 東音更住区 ハ ) 東和住区 農村東南部地区 434 1, , , イ ) 下士幌住区 ロ ) 長流枝住区 ハ ) 東旭 旭住区 農村西南部地区 402 1, , , イ ) 音更 東士狩住区 ロ ) 鈴蘭 然別住区 ハ ) 万年 高倉住区 農村西北部地区 276 1, , , イ ) 上然別住区 ロ ) 南中音更住区 ハ ) 西中音更住区 ニ ) 中音更住区 計 17,620 43,787 20,948 22,839 18,092 44,402 21,151 23,251 18,517 45,005 21,420 23,585

14 第 2 章人口 7 平成 21 年度 平成 22 年度 平成 23 年度 各年度末現在 平成 24 年度 人口人口人口人口世帯数世帯数世帯数世帯数総数男女総数男女総数男女総数男女 3,630 8,232 3,820 4,412 3,708 8,316 3,883 4,433 3,761 8,384 3,904 4,480 3,754 8,312 3,878 4, , , , , ,470 1,158 1, ,412 1,132 1, ,401 1,130 1, ,348 1,099 1,249 1,959 4,429 2,081 2,348 2,031 4,585 2,169 2,416 2,085 4,683 2,203 2,480 2,103 4,684 2,209 2, ,372 23,894 11,280 12,614 10,529 24,006 11,321 12,685 10,548 23,880 11,271 12,609 10,628 23,781 11,186 12,595 1,523 3,574 1,701 1,873 1,524 3,533 1,673 1,860 1,547 3,505 1,651 1,854 1,556 3,449 1,614 1,835 1,432 3,553 1,691 1,862 1,460 3,539 1,691 1,848 1,463 3,506 1,660 1,846 1,470 3,475 1,641 1, ,171 1,038 1, ,194 1,049 1, ,198 1,053 1, ,201 1,057 1, ,131 1,033 1, ,158 1,040 1, ,162 1,036 1, ,154 1,024 1,130 1,142 2,653 1,284 1,369 1,177 2,750 1,337 1,413 1,188 2,765 1,351 1,414 1,192 2,758 1,335 1,423 2,127 4,169 1,860 2,309 2,160 4,180 1,865 2,315 2,148 4,105 1,840 2,265 2,154 4,076 1,825 2,251 1,462 3,393 1,618 1,775 1,480 3,411 1,626 1,785 1,481 3,416 1,646 1,770 1,519 3,484 1,676 1, ,250 1,055 1, ,241 1,040 1, ,223 1,034 1, ,184 1,014 1,170 2,622 6,576 3,197 3,379 2,683 6,674 3,256 3,418 2,760 6,833 3,304 3,529 2,811 6,943 3,349 3,594 2,047 5,167 2,504 2,663 2,085 5,223 2,540 2,683 2,145 5,355 2,577 2,778 2,185 5,444 2,613 2, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,876 45,395 21,606 23,789 19,169 45,600 21,741 23,859 19,293 45,564 21,671 23,893 19,423 45,416 21,568 23,848 資料 ; 住民基本台帳

15 8 第 2 章 人 口 平成 25 年 3 月末 2 木野市街 3 宝来 世帯数総数男女世帯数総数男女 6 行政区別世帯数及び人口の推移柳町北 宝来第 音更市街 柳町仲 宝来第 世帯数総数男女緑街 宝来第 イ北陽台 柳町南区東 宝来第 柏寿台 柳町南区西 宝来第 桜が丘 小計 1,556 3,449 1,614 1,835 ひびき野西町第 イイ桜が丘西 緑陽台北区第 ひびき野西町第 桜が丘団地 緑陽台仲区東 ひびき野仲町 1 丁目 老人ホーム 緑陽台仲区西 ひびき野仲町 2 丁目 小計 584 1, 緑陽台南 ひびき野東町 1 丁目 ロ雄飛が丘北 緑陽台北区第 ひびき野東町 2 丁目 雄飛が丘南区第 緑陽 469 1, 小計 2,185 5,444 2,613 2,831 雄飛が丘南区第 晩成園 ( 緑陽台 ) 北宝来 雄飛が丘南区第 小計 1,470 3,475 1,641 1,834 北宝来 ロロ雄飛が丘仲区第 北蘭西 北宝来 雄飛が丘仲区第 北蘭東 小計 574 1, 雄飛が丘中央団地 ハ北蘭北 藤ヶ丘 小計 984 2,348 1,099 1,249 北蘭新町 ハ北藤ヶ丘 北明 小計 879 2,201 1,057 1,144 小計 新生 国療 計 2,811 6,943 3,349 3,594 双葉 中鈴蘭 511 1, 三交 ニ青葉 親和 すずらん台 にこにこ 小計 929 2,154 1,024 1,130 4 温泉 六新 清和 580 1, 世帯数 総数 男 女 七福 南鈴蘭 イ温泉 ホ新緑 鈴蘭公園通 計 東新緑 小計 1,192 2,758 1,335 1,423 東栄北 大橋 ハ東栄南 千隆 東泉 木野 駒場 泉 木野 世帯数 総数 男 女 新泉 木野 西駒場 若葉 木野 イ駒場 弥生 木野 小計 461 1, 梢 ヘ木野 牧場 ロ花園 木野 小計 南花園 木野 中駒場 北花園 木野西 北駒場 更葉園 木野西 ハ高校 小計 2,103 4,684 2,209 2,475 木野西 朝日 緑が丘 神田 小計 北開進 小計 2,154 4,076 1,825 2,251 計 538 1, 二東住吉 あやめ 小計 開進 計 3,754 8,312 3,878 4,434 9 線大和 ト楓 農村東南部共栄 世帯数総数男女 むつみ 栄進 共栄南 栄 小計 1,519 3,484 1,676 1,808 北進 木野新町 桜田 イ共栄高台 春日 共栄団地 相生 共栄台北 富丘 チ共栄台南 小計 共栄台東 長流枝 ロ共栄台中央 小計 小計 929 2,184 1,014 1,170 東旭 計 10,628 23,781 11,186 12,595 ハ旭 小計 計 445 1,

16 6 農村東北部 9 農村西北部 世帯数 総数 男 女 世帯数 総数 男 女 豊秋 上然別 柏葉 北上 イ東豊田 イ誉 光 北栄 小計 小計 東平和 牧 元林 北柏 北林 南柏 ロ富士 大盛 忍 下牧 武儀 小計 ロ南武儀 更生 勲 共力 稲穂 友進 ハ瑞穂 西中 南中新政 上牧 小計 小計 八千代 東中音更 報徳 共進 錦 大牧 ニ稔 光和 北昭和 西大牧 西昭和 小計 ハ 東昭和 計 中昭和 元昭和 昭和 福平 共和 集 音幌 小計 , 農村西南部 世帯数 総数 男 女 8 東士狩 矢部 門前 東昭栄 イ昭栄 住吉 晩成園 ( 東士狩 ) 小計 大和 ロ ハ 計 鈴蘭 然別 南大和 小計 鎮錬 万年 高倉 小計 計 406 1, 前年比 第 2 章人口 9 計 世帯数 総 数 男 女 音更市街 3,754 8,312 3,878 4,434 木野市街 10,628 23,781 11,186 12,595 宝 来 2,811 6,943 3,349 3,594 温 泉 駒 場 538 1, 農村東北部 454 1, 農村東南部農村西南部 ,038 1, 農村西北部 計 19,423 45,416 21,568 23,848 世帯数 総 数 男 女 音更市街 木野市街 宝 来 温 泉 駒 場 農村東北部 農村東南部 農村西南部 農村西北部 計

17 10 第 2 章人口 7 年齢 5 歳階層人口 区分 各年 10 月 1 日現在 年齢総数男女総数男女総数男女総数男女総数男女 年齢 5 歳区分別人口 ( 人 ) 平成 2 年平成 7 年平成 12 年平成 17 年平成 22 年 総数 33,977 16,253 17,724 37,528 17,784 19,744 39,201 18,538 20,663 42,452 20,080 22,372 45,085 21,295 23,790 0~4 歳 1, ,007 1, ,987 1, ,181 1,126 1,055 2,218 1,122 1,096 5~9 歳 2,304 1,177 1,127 2,101 1,037 1,064 2,231 1,137 1,094 2,341 1,224 1,117 2,504 1,305 1,199 10~14 歳 2,526 1,271 1,255 2,492 1,275 1,217 2,137 1,054 1,083 2,426 1,237 1,189 2,491 1,314 1,177 15~19 歳 2,499 1,172 1,327 2,462 1,052 1,410 2, ,184 1, ,043 2, ,074 20~24 歳 1, , ,223 2, ,207 1, , ~29 歳 2, ,063 2,140 1,008 1,132 2,568 1,191 1,377 2,568 1,177 1,391 2,233 1,049 1,184 30~34 歳 2,173 1,053 1,120 2,480 1,178 1,302 2,414 1,172 1,242 3,226 1,554 1,672 2,961 1,402 1,559 35~39 歳 2,734 1,304 1,430 2,506 1,223 1,283 2,745 1,327 1,418 2,825 1,369 1,456 3,544 1,696 1,848 40~44 歳 3,002 1,472 1,530 2,999 1,441 1,558 2,550 1,254 1,296 2,933 1,417 1,516 3,068 1,502 1,566 45~49 歳 2,310 1,108 1,202 3,148 1,554 1,594 2,964 1,414 1,550 2,636 1,309 1,327 3,024 1,453 1,571 50~54 歳 2,245 1,076 1,169 2,474 1,168 1,306 3,194 1,557 1,637 2,974 1,386 1,588 2,664 1,320 1,344 55~59 歳 2,304 1,155 1,149 2,412 1,144 1,268 2,549 1,181 1,368 3,252 1,578 1,674 3,058 1,410 1,648 60~64 歳 1, ,022 2,399 1,210 1,189 2,482 1,193 1,289 2,681 1,225 1,456 3,361 1,635 1,726 65~69 歳 1, , ,036 2,372 1,171 1,201 2,512 1,195 1,317 2,717 1,219 1,498 70~74 歳 1, , , ,277 1,094 1,183 2,432 1,126 1,306 75~79 歳 , , , , ,142 80~84 歳 , , ~89 歳 ~94 歳 ~99 歳 歳以上 年齢不詳 年齢 3 区分別人口 15 歳未満 6,599 3,320 3,279 6,600 3,321 3,279 6,355 3,232 3,123 6,948 3,587 3,361 7,213 3,741 3,472 15~64 歳 22,899 10,937 11,962 25,202 11,937 13,265 25,711 12,143 13,568 26,729 12,677 14,052 27,537 13,126 14, 歳以上 4,451 1,978 2,473 5,726 2,526 3,200 7,076 3,130 3,946 8,736 3,787 4,949 10,295 4,398 5,897 年齢別割合 (%) 15 歳未満 ~64 歳 歳以上 平均年齢 資料 ; 国勢調査

18 8 世帯の家族類型別一般世帯数の推移 第 2 章人口 11 各年 10 月 1 日現在 区分平成 2 年平成 7 年平成 12 年 平成 17 年 平成 22 年 世帯総数 A 親族世帯 Ⅰ 核家族世帯夫婦のみの世帯夫婦と子供から成る世帯男親と子供から成る世帯女親と子供から成る世帯 Ⅱ その他の親族世帯夫婦と両親から成る世帯夫婦とひとり親から成る世帯夫婦 子供と両親から成る世帯夫婦 子供とひとり親から成る世帯その他 B 非親族世帯 C 単独世帯 ( 再掲 ) 母子世帯父子世帯 10,918 12,872 14,192 15,953 17,621 9,116 10,275 11,028 12,126 12,999 7,291 8,377 9,229 10,375 11,423 2,497 3,102 3,589 4,095 4,523 4,101 4,460 4,574 5,024 5, ,093 1,373 1,825 1,898 1,799 1,751 1, ,792 2,567 3,101 3,742 4, 資料 ; 国勢調査 9 高齢者夫婦世帯数 男女別単身高齢者世帯数の推移 各年 10 月 1 日現在 区分 平成 2 年 平成 7 年 平成 12 年 平成 17 年 平成 22 年 高齢者夫婦世帯数 65 歳以上の単身者の世帯数 うち男性 872 1,102 1,542 1,917 2, ,121 1, うち女性 ,132 資料 ; 国勢調査注 ) 高齢者夫婦世帯とは いずれかが65 歳以上の夫婦 1 組のみの一般世帯 ( 他の世帯員がいないもの )

19 12 第 2 章人口 10 労働力状態男女別 15 歳以上人口 年齢 (5 歳階級 ) 男女年齢 (5 歳階級 ) 総 数 総 数 総数 主に仕事 労働力就業者 家事のほか仕事 通学のかたわら 休業者 総数 37,832 22,364 21,249 17,599 3, ~19 歳 2, ~24 歳 1,572 1,283 1,148 1, ~29 歳 2,233 1,804 1,685 1, ~34 歳 2,961 2,354 2,241 1, ~39 歳 3,544 2,894 2,749 2, ~44 歳 3,068 2,584 2,465 2, ~49 歳 3,024 2,596 2,483 1, ~54 歳 2,664 2,270 2,198 1, ~59 歳 3,058 2,380 2,264 1, ~64 歳 3,361 2,065 1,975 1, ~69 歳 2, ~74 歳 2, ~79 歳 2, ~84 歳 1, 歳以上 1, ( 再掲 ) 65 歳以上 10,295 1,797 1,748 1, ~74 歳 5,149 1,417 1,376 1, 歳以上 5, 男 17,524 12,348 11,667 11, ~19 歳 ~24 歳 ~29 歳 1, ~34 歳 1,402 1,326 1,256 1, ~39 歳 1,696 1,607 1,524 1, ~44 歳 1,502 1,417 1,358 1, ~49 歳 1,453 1,384 1,319 1, ~54 歳 1,320 1,256 1,203 1, ~59 歳 1,410 1,303 1,231 1, ~64 歳 1,635 1,251 1,179 1, ~69 歳 1, ~74 歳 1, ~79 歳 ~84 歳 歳以上 ( 再掲 ) 65 歳以上 4,398 1,108 1, ~74 歳 2, 歳以上 2, 女 20,308 10,016 9,582 6,192 3, ~19 歳 1, ~24 歳 ~29 歳 1, ~34 歳 1,559 1, ~39 歳 1,848 1,287 1, ~44 歳 1,566 1,167 1, ~49 歳 1,571 1,212 1, ~54 歳 1,344 1, ~59 歳 1,648 1,077 1, ~64 歳 1, ~69 歳 1, ~74 歳 1, ~79 歳 1, ~84 歳 歳以上 1, ( 再掲 ) 65 歳以上 5, ~74 歳 2, 歳以上 3,

20 第 2 章人口 13 平成 22 年 10 月 1 日現在 人 口 非労働力人口 ( 再掲 ) 雇用者労働力状態完全家事の通学の総数家事通学その他不詳総数主に仕事休業者失業者ほか仕事かたわら 17,268 14,450 2, ,115 14,585 5,654 1,733 7, , , , ,464 1, ,942 1, ,381 1, ,124 1, ,138 1, ,763 1, ,785 1, ,498 1, , , , , , , , , , , , ,436 2, , ,700 1,250-2, , , ,348 9, , , ,067 1, ,320 1, ,154 1, ,105 1, , , , , , , ,920 5,278 2, ,860 5, , , , , , , , ,173 1, , ,253 1,167-1, , , 資料 ; 国勢調査

21 14 第 2 章人口 11 産業別 ( 大分類 ) 従業上の地位 (7 区分 ) 男女別 15 歳以上就業者数 総 数 雇用者 産業 ( 大分類 ) 総数 総 数 正規職員 従業員 労働者派遣事業所の派遣社員 パート アルバイト その他 役 員 雇人のある業主 雇人のない業主 家族従業者 家庭内職者 総数 21,249 16,313 10, , ,392 1, A 農業, 林業 2, ,298 - うち農業 2, ,295 - B 漁業 第 1 次産業 2, ,298 - C 鉱業, 採石業, 砂利採取業 D 建設業 2,051 1,465 1, E 製造業 2,082 1,848 1, 第 2 次産業 4,145 3,324 2, F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 1,150 1, I 卸売業, 小売業 3,391 2,965 1, , J 金融業, 保険業 K 不動産業, 物品賃貸業 L 学術研究, 専門 技術サービス業 M 宿泊業, 飲食サービス業 1,330 1, N 生活関連サービス業, 娯楽業 O 教育, 学習支援業 P 医療, 福祉 2,615 2,480 1, Q 複合サービス事業 R サービス業 ( 他に分類されないもの ) 1, S 公務 ( 他に分類されるものを除く ) 第 3 次産業 13,803 12,260 7, , T 分類不能の産業

22 第 2 章人口 15 総数 総数 雇用者 正規職員 従業員 労働者派遣事業所の派遣社員 男 パート アルバイト その他 役 員 あ雇る人業の主 な雇い人業の主 従家業者族 内家職者庭 総数 正規職員 従業員 労働者派遣事業所の派遣社員 パート アルバイト その他 平成 22 年 10 月 1 日現在 11,667 8,582 7, , , ,582 7,731 3, , , 総数 雇用者 女 役 員 あ雇る人業の主 な雇い人業の主 従家業者族 内家職者庭 1, , , , , , ,781 1,282 1, ,285 1, ,078 2,421 2, , ,620 1,343 1, ,771 1, , ,071 2,023 1, ,703 5,753 4, ,100 6,507 2, , 資料 ; 国勢調査

23 16 第 2 章人口 12 産業別 ( 大分類 ) 年齢 (5 歳階級 ) 男女別 15 歳以上就業者数 男女 (5 歳階級 ) 総 数 第 1 次産業 A 農業, 林業うち農業漁業 第 2 次産業 B C D E F G H 鉱業, 採石業, 砂利採取業 建設業 製造業 電気 ガス 熱供給 水道業 情報通信業 運輸業, 郵便業 総数 21,249 2,781 2, ,051 2, ,150 15~19 歳 ~24 歳 1, ~29 歳 1, ~34 歳 2, ~39 歳 2, ~44 歳 2, ~49 歳 2, ~54 歳 2, ~59 歳 2, ~64 歳 1, ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 ~84 歳 歳以上 平均年齢 ( 再掲 ) 65 歳以上 1, ~74 歳 1, 歳以上 男 11,667 1,552 1, ,781 1, ~19 歳 ~24 歳 ~29 歳 ~34 歳 1, ~39 歳 1, ~44 歳 1, ~49 歳 1, ~54 歳 1, ~59 歳 1, ~64 歳 1, ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 ~84 歳 歳以上 平均年齢 ( 再掲 ) 65 歳以上 1, ~74 歳 歳以上 女 9,582 1,229 1, ~19 歳 ~24 歳 ~29 歳 ~34 歳 ~39 歳 1, ~44 歳 1, ~49 歳 1, ~54 歳 ~59 歳 1, ~64 歳 ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 ~84 歳 歳以上 平均年齢 ( 再掲 ) 65 歳以上 ~74 歳 歳以上

24 第 2 章人口 17 卸売業, 小売業 平成 22 年 10 月 1 日現在 第 3 次産業 I J K L M N O P Q R S T 学術研サービス生活関連公務 ( 他に不動産究, 専宿泊業, 業 ( 他に金融業, サービス教育, 学医療, 福複合サー分類される分類不能の業, 物品門 技術飲食サー分類され保険業業, 娯楽習支援業祉ビス事業ものを除産業賃貸業サービスビス業ないも業く ) 業の ) 3, , , , , , , 資料 ; 国勢調査

25 18 第 2 章人口 13 音更町に常住する 15 歳以上就業者数および通学者数 年 平成 7 年 平成 12 年 区分 総数 音更町で従業 通学 他市町村で従業 通学 各年 10 月 1 日現在 総数自宅自宅外総数帯広市士幌町上士幌町鹿追町芽室町幕別町池田町その他 就業者数 19,251 11,350 3,699 7,651 7,901 6, 通学者数 2,035 1,159-1, 合計 21,286 12,509 3,699 8,810 8,777 7, 就業者数 19,859 11,219 3,457 7,762 8,640 6, 通学者数 1, 合計 21,613 12,191 3,457 8,734 9,422 7, 就業者数 20,882 11,638 3,259 8,379 9,244 7, 平成 17 年通学者数 1, 合計 22,485 12,481 3,259 9,222 10,004 7, 就業者数 20,791 10,862 3,057 7,805 9,929 7, 平成 22 年通学者数 1, 合計 22,492 11,657 3,057 8,600 10,835 8, 資料 ; 国勢調査 14 音更町に従業 通学する 15 歳以上就業者数および通学者数 年 平成 7 年 平成 12 年 平成 17 年 平成 22 年 区分 総数 音更町に常住 他市町村に常住 各年 10 月 1 日現在 総数自宅自宅外総数帯広市士幌町上士幌町鹿追町芽室町幕別町池田町その他 就業者数 14,390 11,350 3,699 7,651 3,040 2, 通学者数 1,441 1,159-1, 合計 15,831 12,509 3,699 8,810 3,322 2, 就業者数 14,668 11,219 3,457 7,762 3,449 2, 通学者数 1, 合計 15,942 12,191 3,457 8,734 3,751 2, 就業者数 15,597 11,638 3,259 8,379 3,959 2, 通学者数 1, 合計 16,694 12,481 3,259 9,222 4,213 3, 就業者数 14,947 10,862 3,057 7,805 4,085 2, 通学者数 1, 合計 15,990 11,657 3,057 8,600 4,333 3, 資料 ; 国勢調査 15 夜間人口 昼間人口 年 常住地人口 ( 夜間人口 ) 従業地 通学地人口 ( 昼間人口 ) 常住地人口に対する比率 (%) 流入人口 総数就業者通学者 各年 10 月 1 日現在流出人口 総数就業者通学者 平成 7 年 37,528 32, % 3,324 3, ,790 7, 平成 12 年 39,142 33, % 3,754 3, ,437 8, 平成 17 年 42,413 36, % 4,335 4, ,015 9, 平成 22 年 45,085 38, % 4,337 4, ,681 9, 資料 ; 国勢調査注 1) 労働力不詳を含む 注 2) 流入人口とは 他市町村に居住し 音更町で就業する者 (15 歳以上 ) と通学する者 (15 歳未満を含む ) の合計 注 3) 流出人口とは 音更町に居住し 他市町村で就業する者 (15 歳以上 ) と通学する者 (15 歳未満を含む ) の合計

26 第 3 章事業所 1 産業別 ( 大分類 ) 事業所数 および従業者数 19 2 産業大分類従業者規模別事業所数 ( 民営 ) 20 3 産業大分類従業者規模別従業者数 ( 民営 ) 22

27 1 産業別 ( 大分類 ) 事業所数および従業者数 第 3 章事業所 19 総 産業大分類総数民営国 地方公共団体 数 事業所数従業者数事業所数従業者数事業所数従業者数 1,338 13,612 1,263 12, ,318 A~C 農林漁業 D 鉱業 E 建設業 203 1, , F 製造業 62 1, , 電気 ガス G 熱供給 水道業 H 情報通信業 I 運輸業 J 卸売 小売業 308 2, , K 金融 保険業 L 不動産業 M 飲食店 宿泊業 127 1, , N 医療 福祉 110 1, , O 教育 学習支援業 P 複合サービス事業 Q サービス業 平成 18 年 (10 月 1 日現在 ) ( 他に分類されないもの ) 286 1, , 公務 R ( 他に分類されないもの ) 資料 ; 事業所 企業統計調査 平成 21 年 (7 月 1 日現在 ) 平成 24 年 (2 月 1 日現在 ) 産 業 大 分 類 総 数 民 営 民 営 事業所数 従業者数 事業所数 従業者数 事業所数 従業者数 総 数 1,336 15,296 1,264 14,126 1,251 12,347 A~B 農 林 漁 業 C 鉱業, 採石業, 砂利採取業 D 建 設 業 204 1, , ,271 E 製 造 業 ,123 F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情 報 通 信 業 H 運 輸 業, 郵 便 業 I 卸 売 業, 小 売 業 287 3, , ,078 J 金 融 業, 保 険 業 K 不動産業, 物品賃貸業 L 学術研究, 専門 技術サーヒ ス業 M 宿泊業, 飲食サーヒ ス業 139 1, , ,588 N 生活関連サーヒ ス業, 娯楽業 O 教 育, 学 習 支 援 業 P 医 療, 福 祉 125 1, , ,657 Q 複 合 サ ー ビ ス 事 業 R サービス業 ( 他に分類されないもの ) 97 1, , 公 務 S ( 他に分類されないもの ) 資料 ; 平成 21 年経済センサス- 基礎調査 平成 24 年経済センサス- 活動調査

28 20 第 3 章事業所 2 産業大分類従業者規模別事業所数 ( 民営 ) 1 平成 16 年 ~ 16 年 18 年 16 年 18 年 16 年 18 年 1, A~C 農林漁業 D 鉱業 E 建設業 F 製造業 電気 ガス G 熱供給 水道業 H 情報通信業 I 運輸業 J 卸売 小売業 K 金融 保険業 L 不動産業 M 飲食店 宿泊業 N 医療 福祉 O 教育 学習支援業 P 複合サービス事業 Q 2 平成 21 年 ~ サービス業 ( 他に分類されないもの ) 総数 1~4 人 5~9 人 21 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 1,264 1, A~B 農林漁業 C 鉱業, 採石業, 砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気 ガス 熱供給 水道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 I 卸売業, 小売業 J 金融業, 保険業 K 不動産業, 物品賃貸業 L M N 学術研究, 専門 技術サービス業 宿泊業, 飲食サービス業 生活関連サービス業, 娯楽業 O 教育, 学習支援業 P 医療, 福祉 Q 複合サービス事業 R S 産業大分類 総 産業大分類 総 数 数 総数 1~4 人 5~9 人 サービス業 ( 他に分類されないもの ) 公務 ( 他に分類されないもの )

29 第 3 章事業所 21 10~19 人 20~29 人 30 人以上 16 年 18 年 16 年 18 年 16 年 18 年 資料 ; 事業所 企業統計調査 10~19 人 20~29 人 30 人以上派遣 下請従業者のみ 21 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 資料 ; 平成 21 年経済センサス - 基礎調査 平成 24 年経済センサス - 活動調査

30 22 第 3 章事業所 3 産業大分類 従業者規模別従業者数 ( 民営 ) 1 平成 16 年 ~ 産 業 大 分 類 総数 1~4 人 5~9 人 16 年 18 年 16 年 18 年 16 年 18 年 12,294 1,474 1,567 A~C 農林漁業 D 鉱業 E 建設業 1, F 製造業 1, 電気 ガス G 熱供給 水道業 H 情報通信業 I 運輸業 J 卸売 小売業 2, K 金融 保険業 L 不動産業 M 飲食店 宿泊業 1, N 医療 福祉 1, O 教育 学習支援業 P 複合サービス事業 Q 2 平成 21 年 ~ サービス業 ( 他に分類されないもの ) 1, 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 14,126 12,347 1,515 1,468 1,598 1,592 A~B 農林漁業 鉱業, 採石業, 砂利採 C 取業 D 建設業 1,399 1, E 製造業 973 1, 電気 ガス 熱供給 水 F 道業 G 情報通信業 H 運輸業, 郵便業 I 卸売業, 小売業 3,196 3, J 金融業, 保険業 K 不動産業, 物品賃貸業 L 学術研究, 専門 技術サービス業 M 宿泊業, 飲食サービス業 1,608 1, N 生活関連サービス業, 娯楽業 O 教育, 学習支援業 P 医療, 福祉 1,651 1, Q 複合サービス事業 R S 総 産業大分類 総 数 数 総数 1~4 人 5~9 人 サービス業 ( 他に分類されないもの ) 1, 公務 ( 他に分類されないもの )

31 第 3 章事業所 23 10~19 人 20~29 人 30 人以上 16 年 18 年 16 年 18 年 16 年 18 年 2,151 1,452 5, , , 資料 ; 事業所 企業統計調査 10~19 人 20~29 人 30 人以上 派遣 下請従業者のみ 21 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 21 年 24 年 2,163 2,295 1,398 1,151 7,452 5, ,664 1, , 資料 ; 平成 21 年経済センサス- 基礎調査 平成 24 年経済センサス- 活動調査

32 24 第 3 章事業所

33 第 4 章農業 1 農業の推移 ( 農業概要 ) 25 2 世帯および人口 ( 農業概要 ) 26 3 専業 兼業別農家戸数 ( 農業概要 ) 26 4 経営規模別農家戸数 ( 農業概要 ) 26 5 農業就業人口 ( 農業概要 ) 26 6 年齢別農業就業人口 ( 農業概要 ) 26 7 主要農作物作付面積の推移 ( 農業概要 ) 27 8 主要農作物収穫量の推移 ( 反当たり ) ( 農業概要 ) 27 9 野菜生産状況 ( 農業概要 ) 家畜飼養状況 ( 農業概要 ) 経営耕地の状況 ( 農林業センサス ) 販売目的で作付 ( 栽培 ) した作物の種類別作付農家数と面積 ( 農林業センサス ) 農業用機械 ( 農林業センサス ) 家畜飼養農家数および飼養頭羽数 ( 農林業センサス ) 農家戸数の推移 ( 農林業センサス ) 年齢別農家世帯員数の推移 ( 農林業センサス ) 年齢別農業就業人口 ( 自営農業に主として従事した世帯員数 ) の推移 ( 農林業センサス ) 30

34 1 農業の推移 作付面積 区 農家戸数 農用地面積 1 戸当たり面積 水 豆 類 馬鈴しょ てん菜 小 麦 飼料作物 野 分 稲 菜 その他 第 4 章 農 業 25 年 平成 19 年 平成 20 年 平成 21 年 平成 22 年 平成 23 年 平成 24 年 ( 戸 ) (ha) 21,700 21,700 21,697 21,690 21,648 21,647 (ha) (ha) (ha) 3,668 3,693 3,941 3,954 4,001 4,151 (ha) 2,221 2,118 2,070 2,063 1,959 2,000 (ha) 3,353 3,344 3,191 3,054 2,918 2,939 (ha) 7,436 7,466 7,421 7,302 7,536 7,385 (ha) 2,437 2,528 2,581 2,692 2,639 2,458 (ha) 964 1,128 1,185 1,163 1,212 1,189 (ha) 計 (ha) 20,483 20,682 20,791 20,701 20,854 20,750 家畜 牛 頭 数 ( 頭 ) 8,349 8,454 8,718 8,956 8,771 8,454 乳 量 (t) 42,850 44,053 43,748 46,364 42,054 40,483 馬 ( 頭 ) 総生産額 農産 畜産 水 稲 ( 千円 ) 1,386 3,244 3,429 3,868 4,441 5,341 豆 類 ( 千円 ) 2,342,517 2,797,336 2,243,942 2,396,155 2,938,042 3,636,537 馬鈴しょ ( 千円 ) 2,257,491 2,106,999 2,350,156 2,553,617 2,176,043 1,899,385 て ん 菜 ( 千円 ) 3,305,820 3,474,747 3,244,121 2,634,555 3,092,741 2,783,910 小 麦 ( 千円 ) 5,985,457 6,511,501 4,301,034 4,153,804 5,245,202 6,385,569 そ の 他 ( 千円 ) 3,522,234 4,421,618 3,844,848 4,107,498 3,522,818 3,664,906 小 計 ( 千円 ) 17,414,905 19,315,445 15,987,530 15,849,497 16,979,287 18,375,648 乳 代 ( 千円 ) 3,022,246 3,473,731 3,586,803 3,415,579 3,441,707 3,418,768 そ の 他 ( 千円 ) 1,144,451 1,109,538 1,132,649 1,179,512 1,206,671 1,195,648 小 計 ( 千円 ) 4,166,697 4,583,269 4,719,452 4,595,091 4,648,378 4,614,416 総 計 ( 千円 ) 21,581,602 23,898,714 20,706,982 20,444,588 21,627,665 22,990,064 農外収入 ( 米生産調整 ) ( 千円 ) 366, ,497 2,429,311 2,795, , ,119 生産性 1 戸当たり収入額 ( 千円 ) 29,540 32,666 32,000 32,594 31,909 33,727 1 戸当たり所得額 ( 千円 ) 12,403 13,637 15,103 15,676 13,706 14,239 稼働者 1 人当たり所得 ( 千円 ) 4,140 4,593 4,961 5,055 4,365 4,503 資料 ; 音更町農業概要

はしがき 平成 26 年版 音更町統計書 を刊行いたします 本書は 音更町の姿を土地 人口 産業 福祉 教育 文化など 各分野にわたる統計資料を総合的に収録し 町勢の現況並びに発展の推移を明らかにしようとするものです 情報社会といわれる現在 この統計書が各種資料として皆様にご活用いただければ幸いに思

はしがき 平成 26 年版 音更町統計書 を刊行いたします 本書は 音更町の姿を土地 人口 産業 福祉 教育 文化など 各分野にわたる統計資料を総合的に収録し 町勢の現況並びに発展の推移を明らかにしようとするものです 情報社会といわれる現在 この統計書が各種資料として皆様にご活用いただければ幸いに思 はしがき 平成 26 年版 音更町統計書 を刊行いたします 本書は 音更町の姿を土地 人口 産業 福祉 教育 文化など 各分野にわたる統計資料を総合的に収録し 町勢の現況並びに発展の推移を明らかにしようとするものです 情報社会といわれる現在 この統計書が各種資料として皆様にご活用いただければ幸いに思います 編集に当たっては細心の注意をはらいましたが 内容等の不備 不完全な点は今後とも皆様のご意見 ご指導をいただき改善を図ってまいりたいと存じます

More information

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県 平成 26 年経済センサス - 基礎調査速報結果の概要 平成 27 年 7 月 北海道総合政策部情報統計局統計課 060-8588 札幌市中央区北 3 条西 7 丁目北海道総合政策部情報統計局統計課経済統計グループ電話 011-204-5145( ダイヤルイン ) URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tuk/ Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

(2) 金沢市の世帯数の動向 350, , ,000 ( 人 世帯 ) ( 人 / 世帯 ) 世帯数 世帯人員 , , , , ,1

(2) 金沢市の世帯数の動向 350, , ,000 ( 人 世帯 ) ( 人 / 世帯 ) 世帯数 世帯人員 , , , , ,1 第 1 章金沢市の概況と住宅事情 1. 金沢市の概況 (1) 金沢市の人口の動向 500,000 ( 人 ) 430,481 442,868 453,975 456,438 454,607 443,050 400,000 300,000 200,000 100,000 0 S60 H2 H7 H12 H17 H27 推計 (2) 金沢市の世帯数の動向 350,000 300,000 250,000

More information

35

35 金沢中部地区 34 35 金沢南部地区 36 37 金沢地区 38 39 六浦東地区 40 41 六浦地区 42 43 六浦西地区 44 45 釜利谷地区 46 47 第2期金沢区地域福祉保健計画参考資料 金沢区の人口統計 ( 横浜市統計ポータルサイトより ) 人口構成等の特徴 ( 平成 17 年 9 月 -22 年 9 月 ) 人口構成別に見ると 生産年齢人口 (15 ~ 64 歳 ) が減少する中で

More information

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測

( ウ ) 年齢 区分別人口割合の推移と予測 平成 年に, 老年人口の割合が年少人口の割合を上回るとともに, 生産年齢人口の割合も減少に転じている 平成 年以降は, 老年人口の割合のみが増加しており, 平成 年には 人に 人以上が高齢者となることが予測されている % 年齢 区分別人口割合の推移と予測 函館市の現状等 () 社会経済状況 ア人口および世帯 ( ア ) 人口 世帯数の推移と予測 人口は, 昭和 年 () の, 人をピークに減少している 世帯数は, 核家族化の進展により増加し続けていたが, 平成 年 () の 8, 世帯をピークに減少に転じている 人口 世帯数 ( 人 世帯 ),,,,,,,, 総人口 総世帯数の推移と予測.. S. から. の伸び. 率 S S S S H H H H

More information

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については 世帯類型別の受益と負担について 参考資料 2-4(2) 未定稿 平成 23 年 6 月 8 日内閣府 類型 世帯主年齢 性別 配偶者 子ども人数 1 20 代男性 なし ( 単身 ) なし 2 20 代女性 なし ( 単身 ) なし 3 30 代男性 なし ( 単身 ) なし 4 30 代男性 あり なし 5 30 代男性 あり 1 人 6 30 代男性 あり 2 人 7 30 代男性 あり ( 共働き

More information

県内市町等の福利厚生事業の状況について(H 更新版)

県内市町等の福利厚生事業の状況について(H 更新版) 平成 27 年度 福利厚生事業調査結果の概要 ( 平成 27 年 4 月 1 日現在 ) 平成 28 年 2 月 栃木県総合政策部市町村課 1 互助会等に対する公費支出の見直し内容 ( 県内市町 ) 公費を伴う福利厚生事業の見直しについては 平成 26 年度は県内市町のうち 2 団体が実施し 平成 17 年度から平成 25 年度までを含めると 県内の 25 市町の全てが実施しています このうち 平成

More information

untitled

untitled 2 清水町の子育ての現況と課題 (1) 子ども達を取り巻く町の概況 1 人口 減少が続く人口 総人口の推移 15,000 本町の総人口は減少が続いてお 13,281 12,033 り 国勢調査でみると 平成 12 年 11,325 10,988 は 10,988 人と昭和 60 年から 10,000 2,293 人少なくなっており 過疎化が進んでいる状況がうかがえま 5,000 す また 平成 16

More information

90 80 鹿角市の統計 70 60 50 40 30 20 10 平成 27 年版 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 100 80 60 40 鹿角市 20 0 1 2 3 4 5 はじめに 平成 27 年版 鹿角市統計書 をここに刊行します 本書は 人口 産業 経済 社会及び教育などの各分野における基本的な統計資料を総合的に収録し 市勢の現状及び推移を明らかにしたもので 本市の姿を理解していただくとともに

More information

図表 1 金融や貯蓄への関心

図表 1 金融や貯蓄への関心 図表参 -1 保有金融商品の合計額の分布状況の推移 ( 万円 ) 100 100~200 300~500 500~700 700~ 1000 1500 1500~ 2000 平均値 昭和 63 年 21.3 11.0 11.6 13.2 7.7 6.4 4.5 2.5 5.1 16.7 550.5 平成 3 年 17.9 9.7 10.9 13.9 9.4 8.4 6.3 3.2 7.1 13.2

More information

長野県の少子化の現状と課題

長野県の少子化の現状と課題 第 1 章長野県の少子化と子育て環境の現状 1 少子化の現状 (1) 合計特殊出生率 出生数の推移 長野県の平成 25 年 (213 年 ) の合計特殊出生率は1.54で 全国平均の1.43を上回っていますが 長期的な低下傾向にあり少子化が進行しています 出生数は 平成 13 年 (21 年 ) から減少傾向が顕著であり 平成 25 年 (213 年 ) では16,326 人で 第 2 次ベビーブーム

More information

1

1 あなたと議会をむすぶ 29 単位 : 千円歳入歳出差引特別会計 2,578,441 2,559,366 19,075 企業会計 2,689,639 3,090,669 401,030 水道事業 219,084 262,007 42,923 収益的収支 171,127 160,769 10,358 資本的収支 47,957 101,238 53,281 下水道事業 623,224 781,728

More information

1510.indd

1510.indd 17 平成27年10月号 広報ひらお 休日や平日夜間の医療案内 柳井健康福祉センター相談日 診療は あくまで応急的診療であり 専門的な診 療は受けられない場合があります 柳井市古開作 22 3631 骨髄バンク登録検査 要予約 前日まで 11月11日 9 00 10 00 柳井地域休日夜間応急診療所 柳井市中央1丁目5番3号 22 9001 下記診療時間内 B C型肝炎抗体検査 要予約 前日まで 11月11日

More information

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに 平成 26 年 12 月 1 日から 児童扶養手当法 の一部が改正されます 大切なお知らせです! これまで 公的年金 を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが 平成 26 年 12 月以降は 年金額が児童扶養手当額より低い方は その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります 児童扶養手当を受給するためには お住まいの市区町村への申請が必要です 遺族年金 障害年金 老齢年金 労災年金 遺族補償など

More information

281

281 m3 m3 m3 280 281 m3 m3 282 283 ⑴ ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 284 ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 ⑶ ⑷ 285 ⑴ 286 ⑵ ⑶ 287 (1) 92.3 288 289 (2) 40,700 () () () () () () () () () () () ( ) () () () () (ha)

More information

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意 第 1 章 アンケート調査概要 1 調査の目的 宮崎県における男女共同参画に関する意識と実態を統計的に把握し 今後の男女共同参画施策 の一層の推進を図るための基礎資料を得ることを目的として実施した 2 調査の設計と内容 1 調査地域 : 宮崎県全域 2 調査対象 : 宮崎県在住の 20 歳以上の男女 3,000 人 ( 男女各 1,500 人 ) 3 抽出方法 : 無作為抽出 4 調査方法 : 郵送配付

More information

はじめに 平成 24 年版 鹿角市統計書 をここに刊行します 本書は 人口 産業 経済 社会及び教育などの各分野における基本的な統計資料を総合的に収録し 市勢の現状及び推移を明らかにしたもので 本市の姿を理解していただくとともに 市民の皆さまをはじめ多くの方々にご活用いただければ幸いに存じます 本書

はじめに 平成 24 年版 鹿角市統計書 をここに刊行します 本書は 人口 産業 経済 社会及び教育などの各分野における基本的な統計資料を総合的に収録し 市勢の現状及び推移を明らかにしたもので 本市の姿を理解していただくとともに 市民の皆さまをはじめ多くの方々にご活用いただければ幸いに存じます 本書 90 80 鹿角市の統計 70 60 50 40 30 20 10 平成 24 年版 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 100 80 60 40 鹿角市 20 0 1 2 3 4 5 はじめに 平成 24 年版 鹿角市統計書 をここに刊行します 本書は 人口 産業 経済 社会及び教育などの各分野における基本的な統計資料を総合的に収録し 市勢の現状及び推移を明らかにしたもので 本市の姿を理解していただくとともに

More information

2 ( 178 9)

2 ( 178 9) ( 1,876.58 km2) 98 ( 11 ) ( 21 ) 4 17 (8 9 ) 28 6 1? H25.12 11,998 489.5 H26.12 13,392 111.6% 565.5 115.5% H27.12 13,828 103.3% 476.8 84.3% H25.12 84 4.5 H26.12 132 157.1% 5 111.1% H27.12 95 72.0 2.56

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

と思えばよい ) と短時間労働者 2) の区別に加えて, 職場での呼称別の設問を追加した いわゆる 正社員 ( 正式には事業所において正社員 正職員とする者 ) と 正社員 正職員以外 ( 正式には常用労働者のうち 正社員 正職員 以外の者 ) である 興味深いのは, それだけでなく雇用期間の定めの

と思えばよい ) と短時間労働者 2) の区別に加えて, 職場での呼称別の設問を追加した いわゆる 正社員 ( 正式には事業所において正社員 正職員とする者 ) と 正社員 正職員以外 ( 正式には常用労働者のうち 正社員 正職員 以外の者 ) である 興味深いのは, それだけでなく雇用期間の定めの 学習院大学経済論集 第 47 巻第 4 号 (2011 年 1 月 ) 正社員 正社員以外の社員の雇用期間の定めの有無と労働時間の長短 賃金センサスを用いて 脇坂 明 1 はじめに 筆者は, これまで 非正規社員 という言葉の不適切性を指摘してきた ( 脇坂 2009,2010) 理由はいくつかあるが, とにかく職場の実態とそぐわないからである 正社員 / 非正社員の2 区分を用い, 後者の増加と雇用の不安定さや処遇の低さについて,

More information

場前掲書, 第 1 部第 7 節 (86~107 ページ ) 地勢は中国山脈の背陵地で, 林野率 83% と林地が多く, 標高 120~830 m の急峻な山々に固まれている 耕地は標高 120~550 O 歳 ~14 歳 15 歳 ~64 歳 45~50 年 16.0% 減少, 50~55 65 才以上は 45~50 年 5.0% 増, 50~55 年 17.0% 増 m~700m

More information

no126_1_151023

no126_1_151023 126 1 50th 126 2 126 3 126 4 4 19.7 19.6 19.5 19.9 19.3 19.0 19.6, 6 5 民営事業所数の推移 ( 全産業 ) 民営事業所従業者数の推移 ( 全産業 ) ( 単位 : 事業所 %) ( 単位 : 人 %) 大阪府 東京都 神奈川県 愛知県 全国 調査年 シェア シェア シェア シェア 昭和 61 年 530,887 8.2 785,419

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

改 定 版 田 原 市 都 市 計 画 マ ス タ ー プ ラ ン 案 平 成 28 年 月 田 原 市 目 次 序 Ⅰ 計 画 の 策 定 にあたって 2 1. 背 景 2 2. 目 的 2 3. 目 標 年 次 2 4. 都 市 計 画 マスタープランの 位 置 づけと 関 連 計 画 3 5. 対 象 区 域 3 6. 計 画 の 構 成 4 7. 地 域 の 呼 称 5 Ⅱ 改 定 版 第

More information

12琴平町197_0324

12琴平町197_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 琴平町の観光を軸にした産業振興の今後の方向性を 把握できたほか 農業に強みがあることを見出した 琴平町の産業についてRESASによって分析を行った結果 琴平町における観光産業の位置付けの確認と 更なる 振興の方向性が把握できたほか 競争力の高い産業として農業に可能性があることを確認することができた まず 産業構造については観光に関連する産業の売上高及び付加価値額双方が際立って高く

More information

Microsoft Word - ‡µ‡¨‡Î‡ç

Microsoft Word - ‡µ‡¨‡Î‡ç 高齢者世帯の資産 収入 消費の特性 2 ( 単身世帯 ) 塩原秀子 はじめにこのシリーズの目的は 高齢者世帯における経済生活の特性を明らかにすることである 2 人以上の世帯についてはすでに [1] で発表した 本論では単身世帯 (65 才以上一人暮らし ) について分析を試みる 高齢者単身世帯は2000 年 302 万 7 千世帯 ( 人 ) で 男は70 万 6 千人 女は232 万 1 千人である

More information

02帯広市029_0323

02帯広市029_0323 1 R E S A S を 使 った 分 析 例 帯 広 市における道 外 観 光 客 の 分 析 第2-1-1図 観光マップ From-to分析 滞在人口 [2014年 休日 ] 再編加工 第2-1-2図 観光マップ From-to分析 滞在人口 [2014年 休日 ] 再編加工 0.0 1.5 1.5 3.2 0.6 1.7 4.4 17.5 0.5 3.1 2.1 5.8 管内他市町村からの滞在人口合計

More information

広報たかす

広報たかす CONTENTS 2 4! 16! 10 10 13 14 11 15 13! 24.10 24.10 1 0 0 0 戸 を 超 え 和の時代 町 内 に は 鷹栖の農家 知る 昭 る農家がありまし た し か し 時代の流れとともに年々 減少し 年前に 比 べ 半 分 お米づくりをはじめ 農業が基幹産業である鷹栖町 単収 では道内で多くの品 た 今 年 も 天 候 に 恵 ま れ 618 で豊作となりまし

More information

県 旗 47 目 次 ご利用のみなさまへ 表紙説明 沈金箱 秋すだれ ( ちんきんばこ あきすだれ ) 前史雄 ( まえふみお ) 作 平成 年制作 石川県立美術館所蔵

県 旗 47 目 次 ご利用のみなさまへ 表紙説明 沈金箱 秋すだれ ( ちんきんばこ あきすだれ ) 前史雄 ( まえふみお ) 作 平成 年制作 石川県立美術館所蔵 県 旗 47 目 次 2 4 6 7 8 2 3 4 5 8 9 2 2 22 24 26 27 28 3 32 6 ご利用のみなさまへ 表紙説明 沈金箱 秋すだれ ( ちんきんばこ あきすだれ ) 前史雄 ( まえふみお ) 作 平成 年制作 石川県立美術館所蔵 沿 革 78 3747574823 47 488 58 577 58 583 2584 87 872 873876 4886883 位

More information

木更津市統計書 平成 26 年版 市章説明木更津市の市章は 木更津市の 木 を図案化し 円は港を意味し 上部は港口を示し 合わせて 市民の団結 発展を表したものです 昭和 22 年 12 月 22 日制定 木更津市

木更津市統計書 平成 26 年版 市章説明木更津市の市章は 木更津市の 木 を図案化し 円は港を意味し 上部は港口を示し 合わせて 市民の団結 発展を表したものです 昭和 22 年 12 月 22 日制定 木更津市 木更津市統計書 2014 年版 木更津市 木更津市統計書 平成 26 年版 市章説明木更津市の市章は 木更津市の 木 を図案化し 円は港を意味し 上部は港口を示し 合わせて 市民の団結 発展を表したものです 昭和 22 年 12 月 22 日制定 木更津市 はしがき ここに平成 26 年版 木更津市統計書 を刊行いたします 本書は 木更津市の人口をはじめ産業 経済 社会 教育 文化および財政など 各分野における基本的な統計資料を収集し

More information

第4部

第4部 第 4 部 資料編 1 附属統計 目次 資料 1 人口の推移 ( 福岡県 全国昭和 30 年 ~ 平成 22 年 ) 資料 2 年齢階級 (3 階級 ) 別人口の推移 ( 福岡県昭和 30 年 ~ 平成 22 年 ) 資料 3 高齢化率の推移 ( 福岡県 全国昭和 30 年 ~ 平成 22 年 ) 資料 4 県内市町村別高齢化率 ( 福岡県平成 22 年 ) 資料 5 世帯人員別一般世帯数の推移 (

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) を前年度と比較すると 男子は 5~8,10,11,16 歳で 女子は 7~12,15,17 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 7 減少 4 女子は増加 8 減少 3) 全国平均と比較すると 男子は全ての年齢で 女子は 9~11 歳を除 平成 28 年度学校保健統計調査結果速報 ( 香川県分 ) 文部科学省から公表された平成 28 年度学校保健統計調査結果速報のうち 香川県分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内 149 校 ( 幼稚園 ( 幼保連携型認定こども園を含む

More information

- -

- - - - - - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - () () - 9 - 移転候補地調査 整理表 市庁舎の移転候補地として 市有地かつ 市域においてどこからも遠隔地とな らず 概ね市の中心部に位置し まとまった面積を有する敷地を選出し 各々を5 項目から調査しました 1 候補地 位置図 2 候補地 調査一覧 - 防災性() N 春日部駅 谷原グラウンド

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し

(2) 体重 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の体重 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 2) 男子の体重は 6 歳 11 歳 13~17 歳で 前年度の同年齢より.2~2. kg増加しており 最 も増加し Ⅱ 調査結果の概要 1 発育状態調査結果 (1) 身長 平成 25 年度の幼稚園 小学校 中学校及び高等学校における幼児 児童及び生徒の身長 ( 県平均値 以下同じ ) については次のとおりである 1 前年度との比較 ( 表 1) 男子の身長は 6 歳 11~12 歳 14~16 歳で 前年度の同年齢より.1~.7 cm増加しており 最も増加しているのは 16 歳の.7 cmである 1 歳及び 17

More information

Microsoft Word  資料編.doc

Microsoft Word  資料編.doc 資料編 人名簿 1 愛知県教育委員会 ( 23.4.1 現在 ) - 162 - ( 23.4.1 現在 ) - 163 - 2 愛知県社会教育委員 24.3.31 現在 ) 3 愛知県文化財保護審議会委員 24.3.31 現在 ) - 164 - 4 銃砲刀剣類登録審査委員 24.3.31 現在 ) 5 愛知県産業教育審議会委員 24.3.31 現在 ) - 165 - 6 愛知県スポーツ推進審議会委員

More information

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC 東近江市補助金制度に関する改革指針 の答申 1 1. 法令または契約等によって地方公共団体が負担することとなるもの (1) 特定の事業について 地方公共団体が当該事業から特別の利益を受けることに対して その事業に要する経費の全部または一部の金額を負担する場合 (2) 一定の事業等について 財政政策上またはその他の見地からその事業等に要する経費の負担割合が定められているときに その負担区分により負担する場合

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

相続財産の評価P64~75

相続財産の評価P64~75 18 相続財産の評価 1 相続財産の評価額は国税庁が決めた評価の仕方 財産 評価基本通達 で行う 1 路線価方式とは 路線価とは国税庁が道路に設定する 1 当たりの土地の 相続財産の金銭価値を見積もる方法には いろいろなや 金額のことです 毎年 1 月 1 日時点で評価されている公 に公平さが保てません そこで 国税庁は相続財産の評価 線価をもとにその形状 接道状況によって決められている り方があります

More information

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63>

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63> 公的年金を受給されているみなさまへ 住民税の年金からの引き落としが始まります 平成 20 年 4 月の地方税法改正により これまで納付書や口座振替で納付していただいていた公的年金にかかる住民税を平成 21 年 10 月支給分の年金から直接引かせていただく制度 ( 特別徴収制度 ) が開始されます これにより この特別徴収制度対象の方は 年 4 回の納期が年 6 回になり 1 回あたりの負担額が軽減されるほか

More information

被扶養者になれる者の判定

被扶養者になれる者の判定 Ⅰ 被扶養者とは 1. 被扶養者の範囲 被扶養者とは 主として組合員の収入により生計を維持している者 で 健康保険法第 条第 7 項に規定する次に掲げる者です 1 組合員の ( 婚姻の届出をしていないが 事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む ) 子 父母 孫 祖父母 弟妹 2 組合員と同一世帯に属する三親等内の親族で1に掲げる者以外の者 組合員ので婚姻の届出をしていないが 事実上婚姻関係と同様の事情にある者の父母及び子並びに当該の死亡後におけるその父母及び子で

More information

調査結果サマリー ( 採用側の必要スキルとしての語学力と想定年収 ) 企業の掲載求人情報の想定年収平均が転職希望者の平均年収を上回る 英語力によって想定年収に差 業種別では 卸売業, 小売業 以外の全ての業種に於いて 掲載求人の下限額の平均が英語力ビジネスレベル以 上の転職希望者の平均年収を上回る結

調査結果サマリー ( 採用側の必要スキルとしての語学力と想定年収 ) 企業の掲載求人情報の想定年収平均が転職希望者の平均年収を上回る 英語力によって想定年収に差 業種別では 卸売業, 小売業 以外の全ての業種に於いて 掲載求人の下限額の平均が英語力ビジネスレベル以 上の転職希望者の平均年収を上回る結 News Release ヒューマングループ広報担当 http://www.athuman.com Tel.03-6388-0108 FAX.03-6846-1220 160-0023 東京都新宿区西新宿 7-5-25 西新宿木村屋ビル 報道各位 NO.14-000038DG 2014 年 9 月 18 日ダイジョブ グローバルリクルーティング株式会社 累積会員 43 万人 日本最大級のグローバル人材データベースを保有する

More information

2 月間事業その 2 パート 派遣 契約社員等の労働月間 非正規労働者の方にとって働きやすい職場環境の実現を後押しします! 開催日 セミナー開催時間 相談会開催時間 セミナーテーマ定員セミナー講師会場申込み先 事業全般に関する問合せ先 労働相談情報センター事業普及課 労働

2 月間事業その 2 パート 派遣 契約社員等の労働月間 非正規労働者の方にとって働きやすい職場環境の実現を後押しします! 開催日 セミナー開催時間 相談会開催時間 セミナーテーマ定員セミナー講師会場申込み先 事業全般に関する問合せ先 労働相談情報センター事業普及課 労働 80 70 60 50 40 30 20 10 0 TOKYOはたらくネット http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/ 2013 1 10 1294 今月の主な内容 11 月は東京都若者しごと応援月間 パート 派遣 契約社員等の労働月間 職業能力開発促進月間です 1~3 労働 keyword 豆知識 2 街頭労働相談 で 若者向けリーフレット等を配布 3 ポジティブメンタルヘルスで経営力アップ!

More information

(2) 被災代替住宅用地の特例について 特例の概要 被災住宅用地の所有者等が当該被災住宅用地の代替土地を平成 33 年 3 月 31 日までの間に取得した場合 当該代替土地のうち被災住宅用地相当分について 取得後 3 年度分 当該土地を住宅用地とみなし 住宅用地の価格 ( 課税標準 ) の特例を適用

(2) 被災代替住宅用地の特例について 特例の概要 被災住宅用地の所有者等が当該被災住宅用地の代替土地を平成 33 年 3 月 31 日までの間に取得した場合 当該代替土地のうち被災住宅用地相当分について 取得後 3 年度分 当該土地を住宅用地とみなし 住宅用地の価格 ( 課税標準 ) の特例を適用 東日本大震災における固定資産税の特例措置について 東日本大震災により滅失 損壊した土地 家屋及び償却資産 ( 以下資産 ) 若しくは東日本大震災により警戒区域設定指示区域内に所在した資産の代替となる資産を取得した場合 固定資産税の特例措置を受けることができます 下記に該当する方は申告することによりこの特例を受けることができますので 後段の申告の要領により申告してください 東日本大震災関係 土地に対する特例

More information

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月 空き家の発生を抑制するための特例措置 ( 空き家の譲渡所得の 3,000 万円特別控除 ) について 1. 制度の概要 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日までに 被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が 当該家屋 ( 耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り その敷地を含む ) 又は取壊し後の土地を譲渡した場合には 当該家屋又は土地の譲渡所得から

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

ここからは 更に 新宿区と渋谷区を取り上げて詳細検証を進めて見ましょう 1 人口動態 ( 年齢別 ) 人口割合 (40 代以下 ) 人口 平成 10 年 10 月現在 平成 23 年 10 月現在 新宿区 増加 61% 61% 30~40 代 /60 代以上増加が顕著 ( 別表 ) 渋谷区 増加 6

ここからは 更に 新宿区と渋谷区を取り上げて詳細検証を進めて見ましょう 1 人口動態 ( 年齢別 ) 人口割合 (40 代以下 ) 人口 平成 10 年 10 月現在 平成 23 年 10 月現在 新宿区 増加 61% 61% 30~40 代 /60 代以上増加が顕著 ( 別表 ) 渋谷区 増加 6 賃貸マーケットレポート ( 東京 編 ) 別の地域特性 ( 新宿区 渋谷区 ) 国勢調査 によると 東京 における住宅に住む世帯総数 ( 以下 世帯総数という ) は 2010 年に438.6 万世帯となっています そのうち 共同住宅に居住する民営借家世帯 ( 賃貸マンション居住世帯という ) は183.5 万世帯で 世帯総数に対する割合 41% となっています 東京 の世帯総数は 過去 10 年間

More information

平成19年度分から

平成19年度分から 平成 1 9 年度分から 個人がかわります 個人道民税と個人市町村民税をあわせて 一般に個人と呼ばれています 以下 と表記します 税源移譲により税率が変わります どのように変わるの? の所得割の税率が に統一されます の所得割の税率は 課税所得の金額に応じて 3 段階 ( 超過累進構造 ) に分けられていましたが 課税所得の多少に関わらず一律 ( 比例税率構造 ) に統一されます 税源移譲前税源移譲後平成

More information

目次 1 市民意向等の整理 分析 ) 既往市民意識調査結果の概要... 1 (1) まちづくりアンケート調査... 1 (2) 後期総合計画策定にかかる市民意識調査... 5 (3) 住まいに関する意向調査... 6 (4) 子育て支援に関するアンケート調査... 9 (5) 転入者アン

目次 1 市民意向等の整理 分析 ) 既往市民意識調査結果の概要... 1 (1) まちづくりアンケート調査... 1 (2) 後期総合計画策定にかかる市民意識調査... 5 (3) 住まいに関する意向調査... 6 (4) 子育て支援に関するアンケート調査... 9 (5) 転入者アン 資料 4 八幡平市人口ビジョン及び総合戦略検討状況 < 市民意向分析 > 平成 27 年 7 月 23 日 目次 1 市民意向等の整理 分析... 1 1) 既往市民意識調査結果の概要... 1 (1) まちづくりアンケート調査... 1 (2) 後期総合計画策定にかかる市民意識調査... 5 (3) 住まいに関する意向調査... 6 (4) 子育て支援に関するアンケート調査... 9 (5) 転入者アンケート調査...

More information

市税のしおり2016表紙再3

市税のしおり2016表紙再3 土固 地定 資 産 税 課税のしくみ 土地に対する課税 評価のしくみ 固定資産評価基準に基づき 地目別に定められた評価方法により評価します 1 地目 地目は 田 畑 あわせて農地といいます 宅地 鉱泉地 池沼 山林 牧場 原野及び雑 種地をいいます 固定資産税の評価上の地目は 登記簿上の地目にかかわりなく その年の1月1日 賦課 期日 の現況の地目によります 2 地積 地積は 原則として登記簿に登記されている地積によります

More information

はが.pwd

はが.pwd 7 3 719 あの時 この時 祖母井中心部のかつての様子 上 平成 12 年 と現在の様子 下 平成 26 年 主な内容 町制施行 6 0 周年記念特集 2 観光写真コンテスト結果発表 3 人のうごき 平成 27 年 1 月末日現在 住民基本台帳登録者数 人口 16,065 人 -14 人 4月に執行される選挙のお知らせ 6 男 8, 0 7 6 人 2 人 LRT 整備事業状況報告 7 女 7,

More information

< E81408A438A4F8FEE90A895F18D CFA984A8FC8208D918DDB89DB C96DA8E9F817C907D955C96DA8E9F817C967B95B62E696E6464>

< E81408A438A4F8FEE90A895F18D CFA984A8FC8208D918DDB89DB C96DA8E9F817C907D955C96DA8E9F817C967B95B62E696E6464> 家族 児童への経済的保障両親保険両親手当一時的両親手当妊娠手当児童手当 傷病 障害に対する経済的保障傷病手当活動補償金 傷病補償年金障害者所得補償金パーソナルアシスタンス補償金自動車補助 住宅手当障害児介護手当養育費補助遺児年金 児童遺族手当他 家族介護 ( 看取り ) 手当労災手当 高齢者への経済的保障 老齢年金 遺族年金 年金受給者住宅手当 生活転換年金 延長生活転換年金 年金受給者特別住宅手当高齢者生計費補助

More information

平成 25 年 3 月 27 日 国立社会保障 人口問題研究所 ( 厚生労働省所管 ) から 日本の地域別将来推計 人口 ( 平成 25 年 3 月推計 ) が公表されました これに基づく石川県関係分の概要は次のとおりです 目次 1 石川県の将来推計人口 1 2 県内市町 地域の将来推計人口 5 3

平成 25 年 3 月 27 日 国立社会保障 人口問題研究所 ( 厚生労働省所管 ) から 日本の地域別将来推計 人口 ( 平成 25 年 3 月推計 ) が公表されました これに基づく石川県関係分の概要は次のとおりです 目次 1 石川県の将来推計人口 1 2 県内市町 地域の将来推計人口 5 3 石川県の将来推計人口 ( 平成 25 年 3 月国立社会保障 人口問題研究所推計 ) 結果の要点 石川県の人口は平成 52(2040) 年には 100 万人を割り込む石川県の人口は長期にわたって減少が続き 平成 52(2040) 年には 100 万人を割り込み 974 千人となる ( 前回 H19.5 推計では 100 万人を割り込むのは平成 47 年 (960 千人 )) 総人口全国順位は34 位から31

More information

特集 年度 箕輪町の予算 活力あふれる 元気なまちづくりをめざす 夢を持った積極予算 平成 平成 年度の箕輪町当初予算が 町議会3月定例会で審議され成立しました 平成 年度箕輪町一般会計予算総額は 億7000万円となり 前年度に比べ1億円 増となりました これは子ども手当事

特集 年度 箕輪町の予算 活力あふれる 元気なまちづくりをめざす 夢を持った積極予算 平成 平成 年度の箕輪町当初予算が 町議会3月定例会で審議され成立しました 平成 年度箕輪町一般会計予算総額は 億7000万円となり 前年度に比べ1億円 増となりました これは子ども手当事 4 2011 No.492 特集 年度 箕輪町の予算 1.2 23 活力あふれる 元気なまちづくりをめざす 夢を持った積極予算 平成 23 23 平成 年度の箕輪町当初予算が 町議会3月定例会で審議され成立しました 平成 年度箕輪町一般会計予算総額は 億7000万円となり 前年度に比べ1億円 増となりました これは子ども手当事業の増額が影響しています 84 平成23年度 会計別歳入歳出予算一覧表 会計名

More information

04群馬県057_0323

04群馬県057_0323 2 R E S A S を 使 った 分 析 例 宿 泊業 活 性 化のための現 状 分 析 第4-2-1図 産業マップ 企業別花火図 [群馬県 宿泊業(旅館,ホテル) 販売状況] [群馬県 宿泊業(旅館,ホテル) 仕入状況] Poi n t! 宿泊産業の販売先は ほとんど東京 都に集中している 一方 仕入先は 県内との取引が多い 第4-2-2図 自治体比較マップ 事業所数 事業所数順位 [群馬県

More information

untitled

untitled February (34)9000 (34)9001 住じゅうみんか民課 (32)8012 (32)8048 お知らせは裏表紙からお知らせは裏表紙から おこしもの作り講習会 緑と花のセンター さんさんの郷 (34)6111 (34)6161 みよし悠学カレッジ一般公開講座 生涯学習課学習交流センター内 (33)3441 (34)1315 夜間労働講座 愛知県豊田加茂事務所産業労働課から

More information

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3 Ⅱ 作物別作付 ( 栽培 ) 面積 1 水陸稲 ( 子実用 ) (1) 水稲平成 24 水稲 ( 子実用 ) の作付面積は157 万 9,haで 前に比べて5,ha 増加した ( 表 7) 作付面積の動向をみると 昭和 44 年の317 万 3,haを最高に 45 年以降は生産過剰基調となった米の需給均衡を図るための生産調整が実施されたこと等から 減少傾向で推移している ( 図 4) (2) 陸稲平成

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382C98AD682B782E D5F E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382C98AD682B782E D5F E646F63> 平成 28 年度税制改正に関する要望 平成 27 年 7 月 - 所得税法上および地方税法上の生命 介護医療 個人年金の各保険料控除の最高限度額を少なくとも 5 万円および 3.5 万円とすること また 所得税法上の保険料控除の合計適用限度額を少なくとも 15 万円とすること ( 所得税法第 76 条 地方税法第 34 条 同法第 314 条の 2) 平成 23 年 12 月までの契約 平成 24

More information

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題         

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題          第 2 章 子育て環境の現状と今後の課題 7 第 1 節 国における子育て環境の現状と今後の課題 国における出生数は 第 1 次ベビーブーム ( 昭和 22~24 年 ) で約 270 万人 第 2 次ベビーブーム ( 昭和 46~49 年 ) で約 200 万人と高い時代もありましたが その後 出生数は減少し続け 昭和 59 年には 150 万人を割り込み 平成 3 年以降は増減を繰り返しながら

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

「公的年金からの特別徴収《Q&A

「公的年金からの特別徴収《Q&A 市民税 県民税の公的年金からの特別徴収 Q&A Q1 どうして公的年金から市 県民税の特別徴収を行うのですか A1 納税の利便性向上に地方税法が改正されました 納税者の方は 市役所の窓口や金融機関に出向く必要がなくなり 納め忘れがなくなります また 納期が年 4 回から 6 回になり 1 回あたりの負担額が軽減されます Q2 公的年金からの特別徴収は 本人の希望に基づく選択肢はありますか A2 本人の希望で納める方法を選択することは出来ません

More information

Microsoft Word - 02_2‘Í_‹É’¨„´†j.doc

Microsoft Word - 02_2‘Í_‹É’¨„´†j.doc 第 2 章子どもと子育て家庭を取り巻く状況 1 少子化の動向 (1) 人口の動向 図表 1 年齢 3 区分別人口の推移 ( 伊勢原市 ) 平成 17 年 14.4 71.0 14.6 平成 18 年 14.4 70.1 15.5 平成 19 年 14.2 69.4 16.3 平成 20 年 14.1 68.7 17.2 平成 21 年 14.0 67.8 18.2 0 20 40 60 80 100

More information

<8D4C95F182558C8E8D8681698782363538816A68702E706466>

<8D4C95F182558C8E8D8681698782363538816A68702E706466> を記録した写真で 菰野町の懐しい風景を紹介します 今月号では下村の民家で撮影された養蚕部屋と下村の禅 林寺を紹介します 愛のかけはし基金へ 四日市東ロー タリークラブから 50 万円 菰野町 医療保健協議会から 13 万 7,102 円 社会福祉のために 三重北農業協同 組合から1万 9,490 円 老人保健 施設 友愛トピアから1万 5,628 円 匿名で 10 万円 匿名で 5,070 円 第

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ A C B ( D Other A C B ( D 1996/2/1 1996/3/1 1996/6/1 1996/8/1 1996/9/1 1997/3/1 1997/5/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/11/1 1997/11/1

More information

市報かすが12月15日号

市報かすが12月15日号 6 職員の研修および勤務成績の評定の状況 (1) 職員研修の状況 平成24年度 総事業費 区 分 556万5000円 主な内容 派遣先 コース 回数 受講人数 自主開催研修 管理職研修 文書事務研修など 10コース 26回 延べ1411人 派遣研修 福岡県市町村職員研修所 市町村職員中央研修所など 97コース 97回 延べ182人 107コース 123回 延べ1593人 合 計 (2) 勤務成績の評定状況

More information

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B)

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B) 共通問題 3 沖縄県那覇市に住む高校生のエミリーさんが行った 沖縄県とその県庁所在地である那覇市周 辺地域の調査に関して 問 1 問 4 に答えよ 問 1 エミリーさんは 資料 1 中のア エの地点の上空から 那覇港にある四つのふ頭をそれぞれ の方向に撮影した航空写真を得た このうち 資料 1 中のイから撮影した写真として 最も適切なものを あとの 1 4 のうちから一つ選べ 解答番号は 9 資料

More information

広報韮崎6月号 01.05.21 02.1.28 7:37 PM ページ 1 2001 広 も く じ 報 No.641 P2 7 財政事情の公表 P8 水は限りある資源です P9 申請はおすみですか 各種福祉 扶養手当 P10 建築物等実態調査他 P13 韮 崎図書館ニュース 子育て支援センター行事 P14 15 韮崎フォトニュース P16 17 暮らしの情報 健康Q&A P18 6月のカレンダー

More information

チェックリスト

チェックリスト 1 1 2 3 4 15 5 OK 6 1 23 5,000 OK 7 docomo au MNPSIM SIM iphone 5,000 OK 8 9 303,000 83,333 3% 51,018 5%35,837 10 11 20 100 358328 2 1 5 10 20 400 3 +6 10 20 50 失敗しない土地選びチェックシート 見学日時月日時頃 最も大事なこと その土地を実際に見てどう感じたか?

More information

表紙1−4/木下 中村

表紙1−4/木下 中村 平成15年度 長崎大学概要 長崎養生所のスケッチ 附属図書館医学分館 医学部附属病院の前身である我国最初の洋式病院 120病床 文久元年 1861年 8月16日開院 平成15年度 長崎大学概要 編集発行 長崎大学総務部総務課 852-8521 長崎市文教町1-14 TEL 095-819-2014 Homepage http://www.nagasaki-u.ac.jp/ 20 03 長崎大学概要

More information

年金受給者だより No.84 N 2015 E N K I N J U K Y U S H A D A Y O 主な掲載内容 4月から年金額が変わります 平成 27年 6 月発行 I 2 3 再就職している皆様へ 4月から9月まで 10月からの被用者年金制度の一元化について R 3 4 10 65歳未満で雇用保険法の給付を受けられる皆様へ 11 12月の送付物の変更について 12 世界遺産 カナディアン

More information

強制加入被保険者(法7) ケース1

強制加入被保険者(法7) ケース1 INDEX 目次 生計維持 :13 分 1. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 1 2. 生計維持 生計同一関係 3. 生計維持関係の認定日 4. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 2 5. 生計同一に関する認定要件 6. 収入に関する認定要件 7. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 3 8. 生計同一関係の認定基準及び認定の取扱い 9. 生計維持関係 生計同一関係の認定要件の相違点

More information

Ⅱ 調査結果の概要

Ⅱ 調査結果の概要 Ⅱ 調査結果の概要 1 身長 体重 座高の茨城県平均値 (1) 身長子の身長は, 歳,~1 歳,12 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は, 11 歳と 12 歳の間が 7.cm と最も大きく 1 歳と 17 歳の間が.3cm と最も小さい なお, 1 歳の 139.cm は過去最高となっている 子の身長は,9~11 歳,17 歳で前年度より伸びている 各年齢間の身長差は,1

More information

<8D828A7A97C3977B94EF92868AD495F18D E362E32312E786477>

<8D828A7A97C3977B94EF92868AD495F18D E362E32312E786477> (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (1) (2) (1) (2) 1 (1) 2 区分 人数 件数 金 額 重度医療 38 人 129 件 16,263,234 円 ひとり親医療 35 人 41 件 3,516,056 円 乳幼児医療 10 人 12 件 1,890,562 円 合計 83 人 182 件 21,669,852 円 3 9 4 5 (

More information

Newsletterむさしの2.indd

Newsletterむさしの2.indd News Letter 2015 February 2 Topics News Letter Topics 2 News Letter Information. 3 Area News Area News News Letter 4 News Letter Report 5 Information News Letter 6 News Letter Information 7 Information

More information

H27.6あさぎり町農委だより.indd

H27.6あさぎり町農委だより.indd 農業委員会 だより くまもとグリーン農業 平成27年 6月発行 編集発行 あさぎり町農業委員会 あさぎり町免田東 1199 番地 0966-45-7225 http://www.asagiri-town.net/ 会長あいさつ 農業委員会だよりの発刊につき 一言ご挨拶申し上げます 本町の農業 農村をめぐる情勢は 農業従事者の高齢化や担い手不足 耕作放棄地の増 加など 厳しい状況が依然として続いております

More information

<4D F736F F D208AE98BC6959F97988CFA90B690A C98AD682B782E B836792B28DB88C8B89CA95F18D908F912E646F6378>

<4D F736F F D208AE98BC6959F97988CFA90B690A C98AD682B782E B836792B28DB88C8B89CA95F18D908F912E646F6378> 平成 19 年度 企業福利厚生制度に関するアンケート調査 結果報告書 財団法人東京都中小企業振興公社総合支援部企業福利厚生課 1 目 次 Ⅰ 調査の概要 1 調査の対象 1 2 調査方法 1 3 調査時期 1 Ⅱ 調査結果報告 1 企業の属性 (1) 本社所在地 1 (2) 業種 2 (3) 従業員数 2 (4) 設立年 ( 元号 ) 3 (5) 経営形態 3 2 福利厚生制度について (1) 生活関連

More information

01.eps

01.eps 岐阜県内の主な活断層と海溝型地震 層 断 地 断 大原 山 寺 地域の危険度マップ 地震ハザードマップを作成するにあたり 震 地震 層帯 町では 地震による被害が大きいとされる 関ヶ原 養老断層系地震 と 切迫性の 高い 複合型東海地震 を想定地震として 町で予想される震度 建物の被害状況を 平成17年3月に内閣府が策定した 地震防災マップ作成技術資料 にもとづき計算 阿 高 跡 川 津 地域の危険度マップとは

More information

183873224 423644111 423661457 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/ 3 特集 市の財政状況と今後の課題 平成26年 214年 3月11日 健全財政の堅持が難しくなりつつあります 市の財政状況と今後の課題 市では これまで第5次府中市総合計画で定めた各施策の実現に向け 新 たな事業の実施や施設を整備するなど 市民サービスの向上に努めてきまし た

More information

CL.J.......Q.\.eps

CL.J.......Q.\.eps + 税 I. II. III. I. II. III. I. II. III. 第1編 従業員の手続きに関すること 抜粋 第1章 従業員を採用したときの手続き I. 採用手続き 3 子を育てるために休業するときの手続き 社会保険 3の2 子を育てるために短時間勤務するときの手続き 1 従業員の採用と社会保険 労働保険の適用 4 子を育てるために休業するときの手続き 雇用保険 2 従業員の採用と労働条件の明示

More information

ab c d 6 12 1:25,000 28 3 2-1-3 18 2-1-10 25000 3120 10 14 15 16 7 2-1-4 1000ha 10100ha 110ha ha ha km 200ha 100m 0.3 ha 100m 1m 2-1-11 2-1-5 20cm 2-1-12 20cm 2003 1 05 12 2-1-13 1968 10 7 1968 7 1897

More information

表 2 イ特別支給の老齢厚生年金老齢厚生年金は本来 65 歳から支給されるものです しかし 一定の要件を満たせば 65 歳未満でも 特別支給の老齢厚生年金 を受けることができます 支給要件 a 組合員期間が1 年以上あること b 組合員期間等が25 年以上あること (P.23の表 1 参照 ) c

表 2 イ特別支給の老齢厚生年金老齢厚生年金は本来 65 歳から支給されるものです しかし 一定の要件を満たせば 65 歳未満でも 特別支給の老齢厚生年金 を受けることができます 支給要件 a 組合員期間が1 年以上あること b 組合員期間等が25 年以上あること (P.23の表 1 参照 ) c 3 老齢給付 (1) 老齢厚生 ( 退職共済 ) 年金 ( 以下 老齢厚生年金 ) 老齢厚生年金は 組合員が退職した場合に安定した生活を送るため 支給される給付です ( そのうち一定の要件を満たした方が 6064 歳で受給できるものを特別支給の老齢厚生年金といい 施行日以降も一般厚年被保険者 ( 民間会社等の厚生年金 ) の女性の支給開始年齢とは異なります ) ア本来支給の老齢厚生年金本来 年金は65

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション RESAS 普及促進事業 RESAS 活用編 出前講座地域の研究にデータを活用してみよう! 1Ver.1.0 はじめに : 講座を担当する私たちのご紹介 地域の課題解決 成長に寄与する地域のための総合政策シンクタンク 事業内容 : 業務分野 : 行政計画策定 市民会議等のファシリテーション 社会調査 / 市場調査 プロモーション 研修企画 実施 各種コンサルティング等 産業 ( 農業 観光 サービス業

More information

年金だよりNo.86-H1_0422n

年金だよりNo.86-H1_0422n 年金受給者だより No.86 N E N K I N J U K Y U S H A 主な掲載内容 平成 28 年 6 月発行 D A Y O R I 平成28年度の年金額について 2 年金支払通知書を送付しました 3 再就職している皆様へ 4 個人番号 マイナンバー に関するお知らせ 5 雇用保険法の給付を受けられる皆様へ 5 年金に関する各種届出について 6 7 8 世界遺産 エッフェル塔 フランス

More information