伊藤達也教授 Ph.D.( 言語科学 ) 専門 / フランス言語学 意味論 研究テーマ / 日仏対照言語学 語彙意味論 意味構築における語彙と文脈の相互作用 翻訳論 歴 / 慶應義塾大学文学部文学科フランス文学専攻卒 パリ第 3 大学 ( ソルボンヌ ヌーヴェル ) に塾派遣交換留学生として留学 パ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "伊藤達也教授 Ph.D.( 言語科学 ) 専門 / フランス言語学 意味論 研究テーマ / 日仏対照言語学 語彙意味論 意味構築における語彙と文脈の相互作用 翻訳論 歴 / 慶應義塾大学文学部文学科フランス文学専攻卒 パリ第 3 大学 ( ソルボンヌ ヌーヴェル ) に塾派遣交換留学生として留学 パ"

Transcription

1 専任教員略歴 亀山郁夫学長文学修士 専門 / ロシア文学 ロシア文化論 表象文化論 研究テーマ / ロシアアヴァンギャルド芸術 スターリン時代文化論 ドストエフスキーを中心とする 19 世紀ロシア文学 ロシア音楽論 現代日本文学 歴 / 東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業 同大学大学院外国語学研究科スラブ系言語専攻修了後 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学 天理大学外国語学部助手 講師 助教授 同志社大学法学部助教授 東京外国語大学助教授 教授 同大学長を経て 2013 年 4 月より本学教授 学長に就任 ワールドリベラルアーツセンター長 尾﨑明人教授 Ph.D.( 日本語学 ) 専門 / 日本語教育学 会話研究 研究テーマ / 接触場面の会話分析 地域日本語教育の方法論 歴 / 国際基督教大学教養学部語学科日本語教育専攻卒業 モナシュ大学にて Ph.D 取得 東海大学留学生別科 モナシュ大学文学部日本研究科 姫路獨協大学外国語学部 名古屋大学留学生センターを経て 2006 年 4 月に本学教授に就任 国際交流部長を務めた後 2014 年 4 月より国際コミュニケーション研究科長 名古屋大学名誉教授 ( 公社 ) 日本語教育学会前会長 浅川照夫教授博士 ( 情報科学 ) 専門 / 英語統語論 語彙意味論 英語教育 研究テーマ / 構文拡張論 前置詞意味論 Reading 教育 歴 / 東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了 博士 ( 情報科学 ) 北見工業大学一般教育等人文系講師 金沢大学文学部助教授 東北大学教養部助教授 同大学院情報科学研究科助教授 同大学院国際文化研究科教授 同高等教育開発推進センター教授 同高度教養教育 学生支援機構教授を経て 2015 年 4 月本学教授に就任 英米語学科長 浅野教 輝子授 専門 / 司法 医療通訳論通訳教育論 研究テーマ / 自治体による医療通訳者養成と活用 : あいち医療通訳システム 検証と全国モデル構築 歴 / 南山大学文学部英文学科卒業 ISS 同時通訳養成コース (3 年 ) 修了 フリーランス通訳として国際会議同時通訳 海外よりの国賓 産業界のトップの通訳を務める 名古屋地方裁判所 高等裁判所法廷通訳人 愛知県弁護士会司法通訳人 あいち医療通訳システム 推進協議会委員 医療通訳養成講座専門家委員 家庭裁判所調停委員 2008 年度より本学助教授に就任 現在教授 阿部彰彦教授 Dip.B.A 専門 / 企業金融 証券市場 研究テーマ / 金融資本市場におけるクレジット分析 歴 / 一橋大学経済学部卒業 東京銀行 ( 現三菱東京 UFJ 銀行 ) 入行 マンチェスター大学 ( 英国 ) ビジネススクール (Dip.B.A) バークレイズキャピタル証券 フィッチレーティングス ジャパン ( パブリック ファイナンス ) 国際通貨研究所 ( 客員研究員 ) を経て 2010 年 4 月本学現代国際学部教授就任 現在学生支援センター副センター長 池内正幸教授博士 ( 文学 ) 専門 / 進化生成言語学 生成文法理論 現代英語 日本語の統語論 研究テーマ / 言語の起源と進化の研究 ミニマリスト プログラムに拠る生成統語論研究 歴 / 東京教育大学大学院博士課程単位取得後退学 博士 ( 文学 )( 東京都立大学 ) 愛知県立大学助教授 上越教育大学教授 津田塾大学教授 同学長補佐を経て 2016 年 4 月本学教授に就任 英米語専攻長 1

2 伊藤達也教授 Ph.D.( 言語科学 ) 専門 / フランス言語学 意味論 研究テーマ / 日仏対照言語学 語彙意味論 意味構築における語彙と文脈の相互作用 翻訳論 歴 / 慶應義塾大学文学部文学科フランス文学専攻卒 パリ第 3 大学 ( ソルボンヌ ヌーヴェル ) に塾派遣交換留学生として留学 パリ第 7 大学言語学科修士課程修了 慶應義塾大学大学院修士課程仏語仏文学専攻修了 フランス政府給費留学生 パリ第 7 大学言語学科 DEA パリ第 10 大学言語学科博士課程修了 2003 年パリ第 10 大学言語科学博士 2005 年本学助教授に就任 2016 年より教授 井上泰夫教授博士 ( 経済学 ) 専門 / 制度経済学 歴史と制度のマクロ経済学 経済学と経営学の融合としてのレギュラシオン理論 研究テーマ / 国際地域経済統合と国内産業 雇用の維持 拡大の分析 経済 経営の再生産の歴史的 制度的分析 歴 / 和歌山大学経済学部卒業 名古屋大学大学院経済学研究科博士前期課程修了 同博士後期課程単位取得修了 フランス政府留学生としてパリ第 2 大学大学院博士課程入学 同大学博士号取得 (1981 年 ) 名古屋市立大学経済学部専任講師 助教授 教授 名古屋市立大学大学院経済学研究科長兼学部長 同附属経済研究所長 名古屋市立大学理事 副学長を経て 2016 年 4 月より本学教授 国際ビジネス学科長 ダグラス ウイルカーソン教授 Ph.D.( 東亜言語文学 ) 専門 / 東亜言語文学 研究テーマ / 東アジア演劇 文学 比較文化 歴 / エール大学大学院東亜言語文学部博士課程修了 テネシー大学ドイツ スラブ アジア語学部助教授を経て 2000 年本学助教授に就任 現在教授 日本語教育センター長を務めた後 2015 年 4 月より世界教養学科長 鵜飼尚代教授文学修士 専門 / 中国思想史 日本思想史 日本近世史 研究テーマ / 近世尾張地域における思想史の研究 尾張藩に残る記録の研究 東アジアにおける儒教伝播の研究 歴 / 大阪大学大学院文学研究科博士課程満期退学 愛知女子短期大学教授 同学東海地域文化研究所所長を経て 2001 年本学教授に就任 2012 年 4 月より保健管理センター副センター長 梅垣昌子教授修士 ( 文学 ) 専門 / アメリカ文学 アメリカ文化 研究テーマ / アメリカ南部文学 アメリカ南部大衆文化 文学と老いの表象 歴 / 京都大学大学院文学研究科英語学英米文学専攻博士後期課程単位取得後退学 2009 年 フォークナー研究所 ( サウスイーストミズーリ州立大学 ) およびミシシッピ大学派遣研究員 2014 年より本学外国語学部英米語学科教授 学長補佐 大岩昌子教授学術博士 専門 / 音声学 第二言語習得 研究テーマ / 言語のプロソディ習得 脳の言語機能 歴 / 名古屋大学大学院国際開発研究科博士後期課程修了 岡崎国立共同研究機構生理学研究所統合生理研究施設講師 (COE 非常勤研究員 ) などを経て 2001 年本学助教授に就任 2013 年より本学教授 複言語プログラム部門長 奥田隆男教授経済学修士 専門 / 社会思想史 研究テーマ / 19 世紀末から 20 世紀初にかけてのドイツを中心とした社会思想の研究 歴 / 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学 姫路日ノ本短期大学助教授を経て 1998 年本学教授に就任 2013 年度より国際教養学科長 2 加藤由香里教授博士 ( 学術 ) 専門 / 教育工学 日本語教育 メディア教育 研究テーマ / 外国語教育のための e ラーニング開発 語学教師の専門的発達を支援するオンラインシステム構築 歴 / 国際基督教大学教養学部教育学科卒業 同大学大学院教育学研究科 ( 教育方法学専攻 視聴覚教育法専修 ) 修了 電気通信大学大学院情報システム学研究科博士後期課程修了 博士 ( 学術 ) 東京農工大学留学生センター助教授 同大学大学教育センター准教授を経て 2015 年 4 月に本学教授に就任 日本語教育センター長

3 川村範行教授 ( 特任 ) 専門 / 現代中国論 日中関係論 東アジア安全保障論 日中メディア比較 研究テーマ / 現代中国の政策決定過程研究及び社会発展過程分析 現代日中関係の発展過程及び東アジア情勢への影響分析 現代中国メディア報道分析 歴 / 早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業 中日新聞社上海支局長 論説委員 出版部長 秘書部長 社長室次長を経て 2011 年度より本学外国語学部教授 ( 特任 ) に就任 現在日本日中関係学会副会長 同済大学 ( 上海 ) 顧問教授 北京城市学院客座教授 武漢大学客座研究員を兼任 木村友保教授 M.A.( 応用言語学 ) 専門 / 英語教育学 ( ライティング ESP) 研究テーマ / ビジネス学科におけるライティング指導 歴 / 南山大学経営学部経営学科および同外国語学部英米科卒業 英国マンチェスター大学大学院で Dip TESOL 取得 英国レディング大学大学院で応用言語学修士課程修了 M.A. 取得 愛知県立高等学校教諭を経て 2000 年本学助教授に就任 2006 年本学教授に昇任 2008 年より現代国際学部英語教育担当主任 2001 年より愛知県総合教育センター主催の中学校 高等学校教員研修会講師 ( 中学校は2008 年まで 高校は2011 年まで ) 2008 年 4 月より 2010 年 3 月まで JACET 中部支部長 2010 年 4 月より 2012 年 3 月まで JACET 第 2 次授業学研究特別委員会委員長 2014 年 7 月より異文化経営学会中部支部長 蔵田敏明教授文学修士 専門 / 日本文学 京都文化 研究テーマ / 日本文学に現れた思想 歴 / 大谷大学大学院仏教文化研究科修士課程修了 京都市立高校教諭 愛知女子短期大学助教授を経て 1999 年本学助教授に就任 現在教授 学生部長 学生支援センター長 劇団 創作工房 主宰 作家 黄教授文学修士 玲 専門 / 中国の現代文学 研究テーマ / 中国現代文学作品を通じて見た中国知識人の社会変革に対する認識の仕方 歴 / 京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学 神戸大学兼任講師等を経て 1988 年本学講師に就任 准教授を経て 2010 年教授に就任 小林洋哉教授法学修士 専門 / ビジネス法 ( 企業法 ) 国際取引法 ADR( 代替的紛争解決 ) 研究テーマ / 企業の国際取引紛争のADR による効果的解決 歴 / 名古屋大学法学部法律学科卒業 名城大学法学部大学院前期課程修了 三菱信託銀行 ジェイテクト ( 法務部長等 ) 勤務の傍ら 長崎大学経済学部 名城大学法学部 本学現代国際学部の非常勤講師を務め 2012 年 4 月本学現代国際学部教授に就任 2014 年 6 月中部飼料 ( 株 ) 社外取締役に就任 小山美沙子教授博士 ( 文学 ) 専門 / 19 世紀フランス女子教育史 研究テーマ / 17~19 世紀前半の女性のための知的啓蒙書 歴 / 大阪大学大学院文学研究科博士課程 ( 仏文学専攻 ) 単位取得満期退学 1988 年本学講師に就任 2008 年博士号 ( 大阪大学 ) 取得 2011 年教授に就任 近藤有美教授博士 ( 学術 ) 専門 / 日本語教育学 研究テーマ / 教室談話分析 実践研究 協働学習 歴 / 名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻博士後期課程修了 啓明大学校 ( 韓国 大邱 ) 国際学部日本学科招聘講師 長崎外国語大学国際コミュニケーション学科特任講師を経て 2012 年本学准教授に就任 2016 年より教授 三枝茂人教授文学修士 専門 / 中国文学 研究テーマ / 恋愛を主題とする中国古典文学の研究 歴 / 名古屋大学理学部卒業 京都大学文学部卒業 同大学院文学研究科博士課程中国語中国文学専攻中退 1990 年本学教員に就任 准教授を経て 2010 年より教授 3

4 佐藤一嘉教授 Ph.D.( 応用言語学 ) 専門 / 外国語教授法 教員養成 研究テーマ / カリキュラム改革と教師教育 アクション リサーチ 学習ストラテジーと第二言語習得 歴 / 名古屋大学教育学部卒業 クイーンズランド大学 ( オーストラリア ) にて M.A. Ph.D.( 応用言語学 ) を取得 クイーンズランド大学 グリフィス大学 南山大学 名古屋大学講師を経て 2000 年本学助教授に就任 2008 年より教授 佐藤教 Ph.D. 都喜子授 専門 / 人口研究 開発とジェンダー問題 健康教育論 国際協力論 研究テーマ / 女性の健康と内面的エンパワメントの関係についての実証的研究 途上国でのフィールドメソッド 歴 / ハワイ大学大学院博士課程修了 帝京大学 国際協力機構 (JICA) を経て 2013 年 4 月に名古屋外国語大学教授に就任 現在に至る ワールドリベラルアーツ副センター長 真田郷史教授文学修士 専門 / 西洋近世近代哲学 倫理学 研究テーマ / スピノザの哲学 倫理思想 価値論 歴 / 名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学 1988 年 4 月本学講師に就任 1992 年同助教授を経て 2003 年同教授 現在に至る 椎名紀久子教授博士 ( 学術 ) 専門 / 英語教育 コミュニケーション教育 研究テーマ / チャンクを認識単位とした英語聴解力 読解力養成 論理的 批判的思考力の養成 英語 CALL(Computer-Assisted Language Learning) 教材開発研究 歴 / スティーブンスカレッジ文学部 ( アメリカ文学 ) 卒業 聖心女子大学外国語外国文学部卒業 ボストン大学大学院教育学研究科修了 (M.Ed) 千葉大学大学院自然科学研究科言語行動解析専攻修了 ( 博士 ( 学術 )) 千葉大学言語教育センター / 人文社会科学研究科教授を経て千葉大学名誉教授 2015 年 4 月に本学外国語学部教授に就任 水光雅則教授文学修士 ( 英語学 ) 主専門 / 英語を主たる研究対象とした理論言語学という意味の英語学 ( 統語論 音韻論 音声学 言語習得論 文章構成論など ) 副専門 / 科学哲学 ( 理論 説明 反証 理解 とは何かなど ) と 大学英語教育論 ( 教育体制 カリキュラム開発 教材開発 自律学習 語彙習得など ) 研究テーマ / 言語習得理論に基づく英文法全体の記述と説明と 英語語彙習得 歴 / 大阪出身 東京教育大学文学研究科博士課程中退 京都大学 ( 人間 環境学研究科の言語学と外国語教育論の講座や 高等教育研究開発推進センターのカリキュラム企画開発部門 ) その他を経て 2010 年 本学教授に就任 現在外国語学部長及び言語教育開発センター長 京都大学名誉教授 蕎麦谷教授 ( 特任 ) 茂 専門 / グローバル ビジネス ヒューマンリソース マネジメント 研究テーマ / 国際ビジネスにおける日本的経営 人事制度比較 歴 / 大阪市立大学商学部卒業 トヨタ自動車勤務 愛知産業大学教授を経て 2014 年 4 月に本学現代国際学部教授 ( 特任 ) に就任 高士京子教授 Ph.D.( 言語学 ) 専門 / 応用言語学 理論言語学 研究テーマ / 社会言語学の分野における諸現象 歴 / 米国ジョージタウン大学大学院博士課程修了 ミドルベリー大学日本語 言語学助教授 国立国語研究所客員研究員 ウェイクフォレスト大学東アジア言語文学部助教授等を経て 1998 年本学助教授就任 2008 年より教授 高瀬淳一教授政治学修士 専門 / 政治学 国際関係論 研究テーマ / 政治コミュニケーション ( 情報政治学 首脳外交論 ) 歴 / 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学 1994 年本学講師に就任 現在教授 学長補佐 4

5 高梨芳郎教授教育学修士 Ed.D.( 応用言語学 英語教授法 ) 専門 / 英語科教育の研究 研究テーマ / 英語教育における動機づけ 学習方略と指導法 評価の研究 歴 / 東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学 英レスター大学大学院博士課程修了 福岡教育大学教授 同大学院教育学研究科教授を経て 福岡教育大学名誉教授 2013 年 2 月より本学教授に就任 英米語学科長を経て 現在副学長 高柳美香教授 (M.S. in Integrated Marketing Communications) 専門 / マーケティング論及びマーケティング コミュニケーション論 研究テーマ / メディアとマーケティング 歴 / 奈良女子大学卒業 筑波大学大学院博士課程中退 Northwestern 大学にて MS 取得 専修大学経営学部准教授 明治大学経営学部准教授を経て 2016 年 4 月本学教授に就任 田中真理教授博士 ( 学術 ) 専門 / ライティング研究 日本語教育 習得研究 ( 視点 ヴォイス ) 研究テーマ / 第二言語としてのライティング研究 ( 特にライティング評価 ) 歴 / 神戸大学文学部英米文学科卒業 国際基督教大学大学院比較文化研究科博士前期課程修了後 2001 年学位取得 インドネシア大学文学部日本研究科客員講師 国際基督教大学教養学部語学科日本語教育プログラム講師 電気通信大学留学生センター助教授 同大学国際交流推進センター助教授を経て 2007 年本学教授に就任 玉井俊紀教授文学修士 専門 / 英語学 言語文化学 研究テーマ / 英語統語論 歴 / 東北大学大学院文学研究科英文学英語学言語学専攻博士課程中退 愛知県立大学助教授 大阪大学教授 同大学院言語文化研究科長を経て 2000 年 9 月本学教授に就任 現在副学長 現代国際学部長 津田守教授 M.A.( 社会学 ) 専門 / グローバル人流論 フィリピン研究 多言語多文化共生社会論 公益通訳翻訳論 研究テーマ / 近現代における ( フィリピン人及び日本人の ) グローバルディアスポラ 多言語多文化共生政策 司法 ( 法廷 ) 通訳翻訳と通訳翻訳人 歴 / 青山学院大学文学部教育学科 東京大学教育学部 フィリピン国立大学 (UP) 文理系大学院 オーストラリア国立大学アジア太平洋研究院に学ぶ UP 専任講師 UP ロースクール上級研究員 四国学院大学専任講師 大阪外国語大学教授 大阪大学グローバルコラボレーションセンター教授 ( 現在 名誉教授 ) ハーバードロースクール客員研究員 デ ラ サール大学客員教授 北京語言大学客座教授などを歴任 警察 弁護士会 司法支援センター 地方検察庁 地方 簡易 家庭 高等裁判所 拘置所 刑務所 入国管理局等での通訳翻訳業務も 20 数年間務める 2013 年 4 月より本学教授に就任 中道真木男教授文学修士 専門 / 日本語学 日本語教育 研究テーマ / 日本語基本語彙の用法記述 日本語学習者種別に対応する学習内容の整理 歴 / 東京大学文学部言語学専修課程卒業 東京外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了 雇用促進事業団 朝日カルチャーセンター オーストラリア国立大学 香港中文大学等で日本語教育に従事 国立国語研究所日本語教育センター日本語教育教材開発室研究員 同室長を経て 2000 年本学教授に就任 現在日本語学科長 西川真子教授文学修士 専門 / 中国近代史 研究テーマ / 中国近現代の女性史 教育と教科書の問題 歴 / 京都大学大学院文学研究科博士後期課程東洋史学専攻満期退学 1999 年本学講師に就任 准教授を経て 2014 年 4 月より本学教授 林良児教授文学修士 専門 / フランスの絵画と文学 研究テーマ / 19 世紀から 20 世紀初頭にいたるフランスの絵画と文学の総合的研究 歴 / 中央大学大学院文学研究科仏文学専攻博士課程単位取得満期退学 愛知県立大学講師 助教授 教授 同大学院国際文化研究科教授 ( フランス文学研究 ヨーロッパ文化研究 [ 絵画芸術 ]) を経て 同大学名誉教授 2015 年 4 月本学教授に就任 フランス語学科長 5

6 広瀬教 授 徹 歴 / 東京外国語大学英米語学科卒業 1971 年株式会社電通入社 電通にて SP 局 マーケティング局 電通総研 経営計画室 IR 室などに勤務 2004 年株式会社電通退社 2006 年南山大学ビジネス研究科教授 2015 年 3 月南山大学退職 2015 年 4 月本学教授に就任 船越達志教授博士 ( 文学 ) 専門 / 中国文学 研究テーマ / 中国古典小説 とくに 紅楼夢 歴 / 広島大学大学院文学研究科博士課程後期修了 1999 年本学講師に就任 准教授を経て 2015 年 4 月より本学教授 山内進教授 M.A.( 外国語教育 ) 専門 / 応用言語学 外国語教育 研究テーマ / 第二言語習得論 英語リーディング研究 歴 / 琉球大学英語英文学科卒業 テキサス大学オースティン校外国語教育センターにて M.A. 取得 琉球大学教養部講師 助教授 同大学教育学部教授及び琉球大学名誉教授等を経て 2015 年 4 月本学教授に就任 現在に至る 兪曉軍教授博士 ( 人間科学 ) 専門 / 中国工業経済 経営情報学 研究テーマ / 日本企業の対中直接投資 (FDI) 日本的経営 BCT など 歴 / 中国人民大学工業経済管理専攻 中国機械工業省科学技術情報研究所経営科学課課長 文教大学言語文化研究所研修生 筑波大学大学院経営政策研究科研究生 常磐大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了 経営情報学専攻 明海大学講師 常磐大学講師 東洋大学講師などを経て 2003 年本学助教授に就任 現在教授 中国語学科長 林慶雲教授 M.B.A. 専門 / 管理会計 国際財務管理 研究テーマ / 企業結合とそれに関する財務 会計問題 歴 / Dalhousie 大学 ( カナダ ) の Business School 修了 名古屋大学大学院経済学研究科博士課程 名古屋大学経済学部助手 名古屋文理大学情報文化学部助教授を経て 2007 年本学准教授に就任 2009 年より教授 専門 / コーポレート コミュニケーション ( 広告 広報 企業の芸術文化支援 ) 研究テーマ / コーポレート コミュニケーションのフレームワーク創成 戦間期都市文化の様態 出版社社主 俳人 籾山仁三郎 ( 梓月 ) の事蹟 ローラン アヌカン准教授修士 ( 第二言語習得研究 ) 専門 / フランス語教授法 会計学 企業経営学 研究テーマ / 商業フランス語教授法 歴 / 上級公認会計士国家資格取得 スタンダール グループノーブル第 3 大学フランス語教授法修士課程修了 名古屋外国語大学 愛知県立大学 南山大学等の非常勤講師を経て 2010 年本学准教授就任 阿部新准教授博士 ( 学術 ) 専門 / 社会言語学 方言学 日本語教育学 研究テーマ / テキストマイニング データマイニングによるアンケート調査自由回答の分析 ( 言葉に対する意識 言語教育 言語学習ビリーフ ) 新方言の全国における分布の分析研究日本語母語話者への日本語教育 ( 特にライティング ) に関する研究 歴 / 2002 年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得満期退学 2005 年博士 ( 学術 )( 東京外国語大学 ) マドリード自治大学文学部客員講師を経て 2008 年本学講師に就任 現在准教授 宇治谷映子准教授 M.A.( 英語教育 ) Ed.D.( 教育学 ) 専門 / 英語教育 異文化コミュニケーション 研究テーマ / 大学における異文化接触 歴 / 南イリノイ州立大学大学院修士課程修了 マードック大学 ( オーストラリア ) 博士課程修了 2001 年本学助教授に就任 現在に至る 6

7 大橋保明准教授修士 ( 教育学 ) 専門 / 教育社会学 教師教育研究 研究テーマ / 学校教育と社会教育の協働論 教員研修制度の比較研究 歴 / 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学 名古屋女子大学文学部専任講師 いわき明星大学人文学部准教授 福岡県立大学大学院非常勤講師等を経て 2012 年本学准教授に就任 現在に至る デュエイン キント准教授 Ph.D.( 応用言語学 ) 専門 / Language learning, Classroom dynamics and materials design 研究テーマ / Tools for increasing proficiency in speaking, A complex systems view of course design, Increasing autonomy with recorded conversations 歴 / レスブリッジ大学卒業 SIT 大学院修士課程修了 バーミンガム大学大学院博士課程修了 南山大学助手を経て 2001 年本学講師就任 現在准教授 ワニータ ハイアム准教授 M.A.( 英語教育 ) 専門 / 英語教育 研究テーマ / Learner autonomy, curriculum design and teacher development 歴 / イリノイ大学にて M.A. 取得 University of Cambridge ESOL にて International Diploma in Language Teaching Management 2006 取得 椙山女学院大学准教授 慶應義塾大学招聘講師を経て 2016 年本学准教授に就任 サイモン J. ハンフリー准教授 M.Phil.( 応用言語学 ) M.Phil.( 教育学 ) M.A.(TEFL) 専門 / Applied Linguistics, Educational Psychology 研究テーマ / Sociocultural Theory with a particular focus on how the tenets of activity theory, dynamic assessment, and cognitive mediation play out through the course of dialogical interaction. 歴 / マセイ大学卒業 バーミンガム大学大学院 TEFL 修士課程修了 ケンブリッジ大学大学院英語学応用言語学博士課程修了 ケンブリッジ大学大学院教育学博士課程修了 名古屋外国語大学招聘教員を経て 2008 年本学准教授に就任 眞鍋和弘准教授博士 ( 経営学 ) 専門 / 会計学 計量経済学 研究テーマ / 会計情報に関する計量モデルの構築 歴 / 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科博士後期課程修了 博士 ( 経営学 ) 福井工業大学工学部経営情報学科専任講師を経て 2013 年本学専任講師に就任 2016 年より准教授 劉綺紋准教授博士 ( 言語文化学 ) 専門 / 台湾語学 中国語学 研究テーマ / 台湾語学 歴 / 大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了 2006 年本学助教授に就任 現在に至る 余求真招聘准教授文学修士 専門 / 現代漢語文法 対外漢語教育 研究テーマ / 現代漢語文法 対外漢語教育 歴 / 北京師範大学中文系卒業 北京師範大学中文系修士課程修了 1997 年より北京外国語大学中文学院講師 現在に至る 2009 年より 2011 年まで 名古屋外国語大学中国語学科招聘准教授 2013 年より 2014 年まで南デンマーク大学中文系教師等を歴任 7

Graduate Division 1 2 3 博士後期課程 ( 学位 : 博士 ) 博士前期課程 修士課程 ( 学位 : 修士 ) 国際学研究科 国際人文社会科学専攻 国際学研究科 国際学専攻 ( 博士前期課程 ) 国際協力専攻 ( 修士課程 ) 修士課程 ( 学位 : 修士 ) 経営学研究科 経営学専攻 言語教育研究科 日本語教育専攻 英語教育専攻 心理学研究科 臨床心理学専攻 健康心理学専攻

More information

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA >

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA > 講師略歴 教育講演 平成27年度 第3回卒後教育講座 医療事故調査制度におけるAiの役割 国際医療福祉大学 保健医療学部 放射線 情報科学科 准教授 樋口 清孝 先生 略歴 平成8年 鈴鹿医療科学技術大学 保健衛生学部 卒業 平成8年 国立津病院 現 三重中央医療センター 他 勤務 非常勤 平成10年 鈴鹿医療科学技術大学大学院 医療画像情報学研究科 修了 保健衛生学修士 平成10年 国際医療福祉大学

More information

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科 Graduate School of Agricultural Science Kobe University 2016 Graduate School of Agricultural Science Kobe University From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University

More information

プリント

プリント Contents 79 平成 22 年度 役職者 事務局長代行 事務局次長 理事長 内部監査室長 総務部長 財務部長 法人本部 土橋 芳邦 評議員 武内 清利 重里 サテライト事務局担当部長 孔子学院事務局部長 綜合企画室長 政司 岸田 理事 評議員 サテライト長代行 雅之 中角 雅行 理事 評議員 人間環境学部長 人間環境学研究科長 学長 理事 経営学部長 大学院 大 学 短 大 峠 加藤

More information

100人委員会 私も応援しています 21 特定非営利活動法人 オール アバウト サイエンス ジャパン代表理事 京都大学名誉教授 1973年京都大学医学部卒業 京都大学結核胸部疾患研究所で7年医師として31歳まで勤務 その後 基礎医学に 転身 1980年ドイツ ケルン大学遺伝学研究所に留学 1987年より熊本大学医学部教授 1993年より京都大学大 学院医学研究科 分子遺伝学教授を歴任 2002年京都大学を退職し

More information

< E968BC695F18D908F E696E6464>

< E968BC695F18D908F E696E6464> 2011 年度 事業報告書 学校法人 明海大学 日本語学科 明海大学 外国語学部 英米語学科 中国語学科 経済学部 経済学科 不動産学部 不動産学科 不動産研究センター ホスピタリティ ツーリズム学部 ホスピタリティ ツーリズム学科 基礎教育部門 浦安キャンパス総合教育センター 人間力形成教育部門 歯学部 歯学科 キャリア教育部門 明海大学 PDI 埼玉歯科診療所 付属明海大学病院 PDI

More information

コンサルタント養成講座のご案内 生涯生活設計コンサルタント 養成講座 PREP ライフコンサルタント 生涯生活設計に関する相談を受け 指導 アドバイスできる人材を養成する講座です 学問的に 認められた 唯一の資格 すぐに 役立つ 講師への道 職業生活から 地域 家庭生活 PREP とは PREP プレップ Pre & Post Retirement Education and Life Planning

More information

Try*・[

Try*・[ 特集 2 日本のCMのぜんぶ 1953-2012 歴史を通して未来が見える テレビ コマーシャルからの証言 アーカイブが開く地平 テレビ コマーシャルは 社会変動や時代の感性をどう捉え 自らをどう変容 進化させてきたのか 社会学者として幅広い研究分野をもつ著者に アカデミズムの立場からCM研究の理論パラダイムの動向と CMイメージの歴史的な変転を具体的な作品を通して概説していただくとともに グローバルなアーカイブの構築によって開かれる新しいCM研究の可能性についてご提示いただいた

More information

Microsoft Word docx

Microsoft Word docx 別表 Ⅰ-A 学校教育教員養成課程履修基準 () 卒業所要単位数 (ABP 留学生コースを 除く ) 科目区分及び必修 選択の別 必修及び選 択の単位数 備考 英語 基軸教育科目 初修外国語 情報処理 教養科目 必修 選択 現代教養科目 教職等資格科目 基軸教育科目 ( 学部指定履修科目 ) 健康体育 個別分野科 目 4 学際科目 教職教養科 目 小計 0 初修外国語 新入生セミ ナー 6 * 教育の原理

More information

高校生に聞いた大学ブランドランキング2010

高校生に聞いた大学ブランドランキング2010 高校生に聞いた大学ブランドランキング 2010 ( 進学ブランド力調査 2010 より ) 2010 年 7 月 28 日 株式会社リクルート ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長兼 CEO: 柏木斉 ) では 高校生の大学選びの動向を明らかにするため 進学ブランド力調査 を実施しております このたび 2011 年 3 月卒業予定の高校生を対象にした 大学の志願度 知名度 大学に対するイメージなどに関する集計がまとまりましたので

More information

Test of Legal Proficiency 20627 206. 004 2 0 5 団体受験の実施状況 205年 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 北海道 北海道大学 専修大学 長野 信州大学 広島 広島修道大学 北海道 札幌学院大学 経済大学 静岡 静岡大学 香川 香川大学 北海道 北海学園大学 法律専門学校 愛知 南山大学 愛媛 愛媛大学

More information

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に R enouveau KYOTO NOTRE DAME UNIVERSITY Vol.88 副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に対応した人材育成

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

1 キャリア支援 女性研究者ネットワークの構築 平成23年度前期研究支援員制度 メール配信 ホームページに掲示板設置 交流会開催 ひめルーム相談室開設 利用者は平成23年度前期3人 後期13人 愛 媛 大 学 女 性 研 究 者 育 成 プ ラン 実施体制 3 学長 学内 平成23年6月27日 参加者 18名 連携 学部 大学院 研究センター 事務部門 平成23年1月5日 7日 利用児童 9名 平成23年7月21日

More information

NO31_P1

NO31_P1 NO. 年度 学位授与状況 年度に当研究科 GSID より授与された学位数は以下の とおりです 課程博士取得者7名 論文博士取得者名 課程博士取得者 を専 攻別に見ると 国際開発専 攻 DID 名 国際協力専 攻 DICOS 8名 国際コミュニケーション専攻 DICOM 6名です 修士学位取得者は名 取得者を専攻別に見ると DIDが 名 DICOSが8名 DICOMが名です 博士学位取得者記念撮影

More information

Graduate School of Japanese Applied Linguistics CONTENTS

Graduate School of Japanese Applied Linguistics CONTENTS 早稲田大学大学院 日 本 語 教育 研究 科 Graduate School of Japanese Applied Linguistics Guide Book 2016-2017 Graduate School of Japanese Applied Linguistics CONTENTS Graduate School of Japanese Applied Linguistics Graduate

More information

.{...i.....j.R.c

.{...i.....j.R.c はじめに 研修生 技能実習生が日本語を学ぶ意義 4 新ガイドライン策定の趣旨 5 派遣前日本語教育の位置づけ 6 派遣前日本語教育の到達目標 6 派遣前日本語教育の学習範囲 7 1 文字と数字 7 2 コミュニケーション力 8 3 健康管理や危険回避の言葉 9 4 日本で生活するために必要なルールやマナーの言葉 9 派遣前日本語教育の期間と時間数 9 派遣前日本語教育のカリキュラム作成 10 派遣前日本語教育の教材

More information

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd 6 Jul 2010 Contents P.2 P.3 P.4 P.6 P.11 P.12 P.14 P.15 P.16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 奨学生からのメッセージ 平成22年度竜の子奨学生 将来への夢をご紹介します 第4回奨学金贈呈式 第3回卒業式 祝賀会を通じて 他の奨学生とも交流を深めることができたと同時に 先輩方 の熱意に感化されたことでやる気を更に増やすことができました

More information

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教 (音楽科選修)(図画工作科選修)入試区分 小学校教員養小学校教員養成課程前期前期後期前期後期前期後期前期前期前期センター 特色型入試 2次試験2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試センタ2次試センタ2次試センタ2次試セン2次セン2次試験3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 7 3 7 国通常型入試 政治 経済数学千葉大学 学部国際教養学部文学部教育学部科庭(/国学科

More information

No. 605 2005.10 目次 大学の動き 京都大学総合体育館等のアスベスト対策について 2002 理事 副学長等が発令される 2003 部局長の交替等 2004 APRU AEARUリサーチシンポジウム 環太平洋地域における地震危険度 その予測と防災 を開催 2005 全学教育シンポジウム 学部教育 大学院教育の 質の改善と自己点検 評価 を開催 2005 尾池総長の復旦大学百周年記念式典出席

More information

150811_23日のセミナーレター.pages

150811_23日のセミナーレター.pages 溝江達英博士緊急来日 本年最初で最後の一般公開来日セミナーが開催決定 なぜ日本人はいつまで経って も なかなか英語をマスターす ることができないのか 絶対語感 があなたの英語力を激変させる こんにちは 原田翔太です 今年も あの13ヶ国語を操る稀代の天才言語学者 溝江達英 みぞえ たつ ひで 博士が 日本にやってきました 溝江博士は 私の言葉の師匠であり 私が言葉を使う仕事に携わるきっかけを作った方でもあり

More information

Try*・[

Try*・[ 特集 日本のCMのぜんぶ 1953-2012 歴史を通して未来が見える テレビCMの文化力 テレビCMは日本人の生活様式や価値観にどんな影響を及ぼしてきたのか 広告 を原論的 構造的に捉える独自の理論を展開されている著者に 人間学 としてのテレビCMというパースペクティブのもと 歴史的な文脈を解き明かすとともに その視線の先に 東日本大震災を契機に生まれつつある日本人の新たな価値観を どのような 像

More information

2 202

2 202 1 北陸大学 紀要 第27号 2003 pp. 201 213 日本と中国の歴史教育について 近現代史を中心として 笠 原 祥士郎 History Education in Japan and in Caina Focusing on Modern History Shouziro Kasahara Received October 31, 2003 はじめに 筆者は中国哲学を専攻し おもに漢代の思想家

More information

NO35_P1

NO35_P1 1 2 3 4 5 6 7 NO.35 H26 寺尾 康 静岡県立大学国際関係学部 教授 研究課題 言語産出研究 - 方法論における課題と展望 間 平成26年7月 平成26年9月 沢畑 亨 水俣市久木野ふるさとセンター愛林館 館長 研究課題 わが国における草の根レベルの実践的農村地域振興 間 平成26年5月 平成26年9月 西川 芳昭 龍谷大学経済学部 教授 研究課題 農村開発における地域資源の把握

More information

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11 オープンキャンパス2015プログラム NANZAN UNIVERSITY OPEN CAMPUS PROGRAM 2015 2 5 2015 7/19 アンケート P14 15 に答えて 南山オリジナルフリクションボールペン 瀬戸キャンパスへの見学ツアーもあります 瀬戸キャンパスでの企画はツアーに合わせて行います 是非見学ツアーにご参加ください 大学スタッフが撮影した写真は 南山大学 Web ページ等で使用します

More information

2012 3月 国連大学高等研究所との単位互換協定を締結 修了式 博士課程前期167名 博士課程後期16名が修了 2月 藤江教授 松田教授 多々見准教授が研究優秀者表彰を受賞 1月 リスク共生型環境再生リーダー育成 実施期間 2009年度 13年度 中間評価において 総合結果 A を受ける 12 月

2012 3月 国連大学高等研究所との単位互換協定を締結 修了式 博士課程前期167名 博士課程後期16名が修了 2月 藤江教授 松田教授 多々見准教授が研究優秀者表彰を受賞 1月 リスク共生型環境再生リーダー育成 実施期間 2009年度 13年度 中間評価において 総合結果 A を受ける 12 月 Progress 2011 Toward a Sustainable and Creative Society 2012 3月 国連大学高等研究所との単位互換協定を締結 修了式 博士課程前期167名 博士課程後期16名が修了 2月 藤江教授 松田教授 多々見准教授が研究優秀者表彰を受賞 1月 リスク共生型環境再生リーダー育成 実施期間 2009年度 13年度 中間評価において 総合結果 A を受ける

More information

いかに活かすか再チャレンジ!‐社会人大学院生に求められるもの‐

いかに活かすか再チャレンジ!‐社会人大学院生に求められるもの‐ Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation いかに 活 かすか 再 チャレンジ! 社 会 人 大 学 院 生 に 求 められるもの 室 谷, 雅 美 ; 柳 井, 妙 子 大 学 院 生 の 自 主 企 画 による 研 究 セミナー : 奈 良 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 魅 力 ある 大 学 院

More information

表紙1−4/木下 中村

表紙1−4/木下 中村 平成15年度 長崎大学概要 長崎養生所のスケッチ 附属図書館医学分館 医学部附属病院の前身である我国最初の洋式病院 120病床 文久元年 1861年 8月16日開院 平成15年度 長崎大学概要 編集発行 長崎大学総務部総務課 852-8521 長崎市文教町1-14 TEL 095-819-2014 Homepage http://www.nagasaki-u.ac.jp/ 20 03 長崎大学概要

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

TSRマネジメントレポート2014表紙

TSRマネジメントレポート2014表紙 2014 TSRマネジメントレポート 理事長あいさつ 事業報告の概要 TSRマネジメントリポートの位置付け 3つの経営基盤 5つの社会的責任 用語集 事業の概要 資金収支計算書 消費収支計算書 貸借対照表 主な経営指標等の推移 経年比較 活動報告 FD活動実績報告 教育における活動報告 学生生活における活動報告 就職指導について 学生指導について 学校法人の概要 建学の精神 智慧と慈悲の実践 教育ビジョン

More information

京大広報665.indd

京大広報665.indd No. 665 2011.3 松本総長がブータン王国 ケサン チョゼン ワンチュク王女殿下ご夫妻と懇談 裏千家 今日庵でのお茶席参加者 関連記事 本文3388ページ 目次 京大教育のこれまでと今後 教育担当理事 副学長 淡路 敏之 3380 大学の動き 平成23年度入学者選抜学力試験 個別学力検査 の第 1 段階選抜状況 3383 寸言 自主 自律の精神 木村 宏 3384 随想 ニュース番組について

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

1 3 4 4 7 7 10 12 12 16 17 18 22 26 28 30 33 34 34 36 38 39 40 43 44 45 46 48 JICE30 1 2 JICE 1 2 特集 3 特集 日本国内の活性化 国際化に 波及する多彩な取り組み 日本国内の活性化 国際化に波及する多彩な取り組み 3 日本で研修員受入事業が開始されてから 半世紀以上が経ちまし た この 間

More information

2015 SEIUNKAI HANDAI HOUGAKUBU DOUSOUKAI

2015 SEIUNKAI HANDAI HOUGAKUBU DOUSOUKAI 平成27年5月31日 編集 発行 青雲会 大阪大学法学部同窓会 2015年 会長 初谷 勇 5月 事務局 560-0043 豊中市待兼山町1-6 大阪大学大学院法学研究科内 TEL&FAX.06-6850-5198 E-mail ishibashi@seiunkai.net http://www.seiunkai.net/ 号 印 刷 株式会社 絆コーポレーション 平成27年度 青雲会総会のご案内

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

広報誌Meio第32号

広報誌Meio第32号 2012.6 vol. 主要日誌 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科 看護学科 行事予定 平成24年7月 平成24年9月 7月 7日 土 I Tスクール2012 7月14日 土 7月31日 火 学期末試験期間 8月 6日 月 3月31日 土 学年終了および後学期終了 4月 1日

More information

2012.3 vol. 主要日誌 平成23年12月 平成24年2月 12月17日 土 AO入学試験Ⅱ期 推薦入学試験Ⅱ期 特別選抜試験 国際学群 12月21日 水 創立記念日 学内合同企業説明会 12月27日 火 冬季休業 1月10日 火 行事予定 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度 卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後学期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科

More information

科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 5 学年外 国 語 V A 外 国 語 V B 健 康 学 A 哲 学 A 日 本 史 学 A 社 会 経 済 学 A 健 康 学 B 哲 学 B 日 本 史 学 B 社 会 経 済 学 B 生 物 学 地 球 科 学 総 合 科 目 A 長

科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 5 学年外 国 語 V A 外 国 語 V B 健 康 学 A 哲 学 A 日 本 史 学 A 社 会 経 済 学 A 健 康 学 B 哲 学 B 日 本 史 学 B 社 会 経 済 学 B 生 物 学 地 球 科 学 総 合 科 目 A 長 科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 1 学年国 語 Ⅰ 地 理 英 語 Ⅰ A 英 語 Ⅰ B 保 健 体 育 Ⅰ 基 礎 数 学 A 基 礎 数 学 B 物 理 Ⅰ 化 学 Ⅰ 芸 術 2 学年国 語 Ⅱ 世 界 史 倫 理 英 語 Ⅱ A 英 語 Ⅱ B 保 健 体 育 Ⅱ 微 分 積 分 Ⅱ 代 数 幾 何 物 理 Ⅱ 化 学 Ⅱ 3 学年国 語 Ⅲ 国 語 表 現 政

More information

高等教育の経済効果

高等教育の経済効果 2015 9 1 調査レポート 高等教育の経済効果 ~ 限界を迎える大学教育と専門教育への特化 ~ 10 20 30 300 6 3 1000 7.2 15.2 105-8501 5-11-2 TEL03-6733-1070 27 26 25 大学院 ( 博士課程 ) 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 大学院 ( 修士課程 ) 高等専門学校 ( 専攻 ) 大学 ( 一般 技術科学など

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

02

02 学習院大学通信 12 January 2016 vol.68 CONTENTS 改めて皆さんで確認してください 学習院NOW 第30回記念 全日本視覚障害者柔道大会 優勝 総合12連覇ならず 第66回四大学運動競技大会 平成27年度 学生の提言 受賞者について 第46回大学祭 桜凛祭 第60回学習院大学対甲南大学 運動競技総合定期戦 02 02 国際研究教育機構 外国語教育研究センター 計算機センター

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

3 学科共通のディプロマ ポリシー 3学科共通のDP(キーワード)DP5 社会性 文学科カリキュラムマップ ( ポリシーマップ ) 建学の精神 ( 学則第 1 条 ) 学校教育法及び教育基本法に基づき 専門の学 教育理想 ( 教育理念 ) 真理を求めいつくしむ知性ある女性 建学の精神に基づく教育理念のもと 学科の別を超えて 教養 を涵養すべく DP1 知識 理解 3 学科共通のカリキュラム ポリシー

More information

syokou

syokou しょこう 川内北キャンパスプラザ 広場 が芝生に生まれ変わりました 〇全学教育を実践して 学ぶものと教えるものの共通理解 これから問われる総合的判断力 21世紀ではばたくために 東北大学理事 教育 情報システム担当 根元 義章 2 農学研究科教授 山口 高弘 8 東北大学における全学教育の意義と展望 高等教育開発推進センター副センター長 関内 学務審議会教務委員会委員長 特別寄稿 隆 4 総長特命教授

More information

みなさんはどうして留学したいのですか

みなさんはどうして留学したいのですか 海外大学院留学説明会 東京大学 2014.12.22 南出将志 (東大工学部 ペンシルバニア州立大学気象学科) みなさんはどうして留学したいのですか みなさんはどうして留学しないのですか Page. 4 それだけの理由が 学位留学にはあります n 学費 生活費がかからない - 特に理系 PhDの場合 - 詳細は大学によって異なります 研究費 スポンサー ( 産 官 軍 etc) 研究成果 教授 /

More information

ふるさと大使等の活用に向けて 伊那市では市の出身又は市にゆかりがあり 様々な分野で活躍されている方々に 伊那市ふるさと大使 伊那市特命大使 伊那市ふるさと公使 及び 伊那市ふるさとメッセンジャー を委嘱しています ふるさと大使等の皆様には 市政推進に関する助言及び各種情報の提供 市の魅力の紹介及び啓

ふるさと大使等の活用に向けて 伊那市では市の出身又は市にゆかりがあり 様々な分野で活躍されている方々に 伊那市ふるさと大使 伊那市特命大使 伊那市ふるさと公使 及び 伊那市ふるさとメッセンジャー を委嘱しています ふるさと大使等の皆様には 市政推進に関する助言及び各種情報の提供 市の魅力の紹介及び啓 ふるさと大使等の活用に向けて 伊那市では市の出身又は市にゆかりがあり 様々な分野で活躍されている方々に 伊那市ふるさと大使 伊那市特命大使 伊那市ふるさと公使 及び 伊那市ふるさとメッセンジャー を委嘱しています ふるさと大使等の皆様には 市政推進に関する助言及び各種情報の提供 市の魅力の紹介及び啓発 市のイメージアップの推進等をお願いしております それぞれの分野で活躍されている皆様ですので 講演会の講師や市が実施する各種行事への協力などにご活用ください

More information

〈各種報告〉近畿大学語学研修(中国語圏・台湾大学)に関する報告

〈各種報告〉近畿大学語学研修(中国語圏・台湾大学)に関する報告 教養 外国語教育センター紀要 最少催行人数は 10 名 先着順で参加者を決定することが多い 応募資格者は 近畿大 学で中国語を学修したことのある在学生である 今後 参加者が増え 定員を越えること が増えた場合に備えて 先着以外の選抜方法を考えておく必要がある 本研修の目的は 参加者が自らの語学力を高めるだけでなく 異文化に触れることで他 者への理解を深め 多様な価値観を身につけることにある さらに

More information

m006_232524派遣留学報告書.indd

m006_232524派遣留学報告書.indd C O N T E N T S 平成 21 年度派遣留学生からのレポート 蘇州大学 大学 中国 曽山 泰賀 曽山 泰賀 人間社会学域人文学類 曽山 人間社会学域人文 北村 彩子 北村 彩子 文学部文学科 北京師範大学 中国 清水万里恵 清水万里恵 文学部文学科 清水万 三浦 宏平 三浦 宏平 文学部文学科 北京語言大学 中国 野末 桃子 野末 桃子 教育学部人間環境課程 人 台湾師範大学 台湾 江口

More information

ブック1

ブック1 エリア 学校 北海道 専門学校北海道体育大学校 北海道 札幌リゾート & スポーツ専門学校 ( アスレティックトレーナー科 ) 北海道 北海道メディカル スポーツ専門学校 北海道 北翔大学短期大学部 ( ライフデザイン学科 ) 北海道 東海大学 ( 国際文化学部 ) 北海道 道都大学 ( 経営学部 ) 北海道 北星学園大学 ( 文学部 経済学部 社会福祉学部 ) 北海道 札幌大学 ( 文化学部 )

More information

64

64 本学主催の国際シンポジウム 東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科博士課程 開設 10 周年記念 国際シンポジウム 転換期におけるメディアとしての出版 開催日 2012 年 10 月 20 日 土 21 日 日 会 場 東京経済大学 国分寺キャンパス 2 号館 B301 番教室 主 催 東京経済大学学術研究センター 共 催 日本出版学会 参加者 131 人 63 64 65 66 67 はじめに.

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

398-111-305_0130.indd

398-111-305_0130.indd / INDEX 東京国際航空宇宙産業展 東京国際航空宇宙産業展 デモフライト会場 屋外 2010年6月に 展示しました 併催カンファレンス 次頁に内容を紹介しています 東北復興支援特別出展 いただきました ました 東展示棟 屋外 展示しました 東京 ビッグ サイト 10 26( 水 ) 展示 販売しました 10 27( 木 ) 10 28 ( 金 ) ました ました 会場内で 東日本大震災の被災地支援のため

More information

2 3

2 3 2 3 4 5 将来の仕事として法曹を考えるあなたへ 法曹 になるための2つのルート 弁護士 裁判官 検察官 法曹になるためには にすることが必要です の受験資格を取得するルート 1年 大学1年 大学3年 大学4年 1年 大学2年 月 講義で学んだ法律論文の書き方の実践演習です 併願もサポートします だったと思います さかぐち しょうま 坂口将馬さん 予備試験時 早稲田大学法学部4年在学中 法曹 の仕事

More information

CONTENTS Part Part

CONTENTS Part Part 2014.11 [ 視点 ] 経験学習の質を高める 京都大学大学院教授楠見孝氏 学びのメカニズムを学ぶ 大阪大学大学院教授三宮真智子氏 自己決定感がやる気を高める 玉川大学教授松元健二氏 訓練主義から探究力の育成へ 河合塾成田秀夫氏 [ 企業事例 ] マースジャパンネクスト [ 経営者育成のグランドセオリー ] CONTENTS Part 1 03 06 09 12 Part 2 15 17 2014.11

More information

特 集 新たなる研究への 推進体制 理事 副学長 研究担当 小林 俊郎 08 特 集 目標評価室の 運営ビジョン 目標評価室長 寺嶋 一彦 目標立案プロセス 計画プロセス 情報化プロセス 社会 環境 大学 個人のビジョン 点検 改善プロセス 図1 目標評価システム 10 評価プロセス 公開プロセス 工学教育国際協力研究センター 教授 本間 寛臣 36

More information

cs_京大広報714号.indd

cs_京大広報714号.indd No. 714 2015.9 吉村瑶子さんがロレアル ユネスコ女性科学者日本奨励賞を受賞 写真 日本ロレアル提供 関連記事 本文4499ページ 目次 巻頭言 35年振りの京都 総務 労務 人事担当理事 清木 孝悦 4490 大学の動き 京都大学基金 感謝の集い を開催 4492 京都市と国際学術都市としての魅力向上に関す る連携協定を締結 4493 第2回京都大学 稲盛財団合同京都賞シンポジ ウムを開催

More information

Nagoya Keizai University Meieki Satellite Campus Floor guide 10F 8F 5F 1F

Nagoya Keizai University Meieki Satellite Campus Floor guide 10F 8F 5F 1F Vol.25 Nagoya Keizai University Meieki Satellite Campus Floor guide 10F 8F 5F 1F は マ ー テ の 今年 n o s r e P o t n o s Per 企業の 社会的責任を テーマに 第28回 消費者問題研究所の公開講演会 開催決定 2008名経祭 10/18 sat 10/19 sun 6月11日 名古屋ガーデンパレスにおいて

More information

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙 2014年12月 福島大学研究年報 第10号 93 地域ブランド戦略研究所 所 長 西 川 和 明 研究目的 企業がマーケティングにおいて自社ブランドの認知 度を図るための戦略を取るのと同様に いわゆる 地 域産品 のマーケティングにおいても 消費者に受け 入れられるための 地域ブランド戦略 が重要であ る ところが 企業に比べて地域においてはその取り 組みが不十分であるために 製品としてはいいもので

More information

Master's Thesis / 修士論文 携帯メールを介した対人コミュニケーショ ンの研究 篠塚和賢 三重大学, 2012. 三重大学大学院教育学研究科博士前期課程学校教育専攻学校教育専修 http://hdl.handle.net/10076/13374 f

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

cs_京大広報712号.indd

cs_京大広報712号.indd No. 712 2015.6 赤﨑 勇 博士に名誉博士の称号を授与 関連記事 本文4459ページ 目次 一人ひとりが全学的視野をもって 財務 施設 環境安全保健担当理事 副学長 佐藤 直樹 4454 大学の動き 副学長事務代理が発令される 4456 ペドロ パソス コエーリョ ポルトガル首相 が本学を訪問 4456 山極壽一 総長が第4回日独6大学学長会議に 参加 4456 マハ チャクリ シリントーン

More information

diversity_0710

diversity_0710 三菱東京UFJ銀行 ダイバーシティレポート 2012 巻末付録 わたしのダイバーシティチャート 下のレーダーチャートとキャッチフレーズを完成させて 自分の価値観を再確認しましょう 完成したレーダーチャートとキャッチフレーズを周囲の人と見せ合うことで 自分と他者との価値観の違いに 気づき ダイバーシティの理解につながります 使い方 1 下の6つの項目それぞれについて 自分の理想 こうだったらいいなと思う状態

More information

中国留学生から見た青森県の地域活性化について

中国留学生から見た青森県の地域活性化について 特別審査委員賞 留学生の部 中国留学生から見た 青森県の地域活性化について 弘前大学大学院 人文社会科学研究科 修士課程 2 年 金 春海 きん はるみ 中国 青森県産のりんごを出発点にした 青森と世界という複眼的な思考に独自性がありました 留学 生として青森で生活する筆者にしか書けない 実感に基づく具体性に富んだ記述や 図表を用い た考察のユニークさ 多様な調査を実施した積極性も評価されました 少子高齢化が急速に進んでいる地方

More information

Distance会社紹介資料.key

Distance会社紹介資料.key 会社概要 - 案件比率 国別クライアント比率 日本企業 日系企業(ベトナム) ベトナム企業 業務内容比率 Webアプリケーション スマートフォンアプリケーション 業務システム コンサルティング その他 Distance実績 Dreams様 アメリカで開発されたMagentoという システムを利用し ECサイトを構築 ポイントシステム 会員種別 先行販 売等のカスタマイズを行っています Distance実績

More information

植草報告書(表14).ai のコピー

植草報告書(表14).ai のコピー 特色 GP 07 選定 記念講演 シンポジウム実施報告書 障害のある子ども 気になる子どもへの保育現場での支援のあり方を考える 平成 20 年 2 月 16 日 ( 土 ) 13 時 ~16 時 30 分 記念講演 小田 豊 記念シンポジウム木下勝世 赤田憲一 御園愛子 青山春美 NPO 共に豊かに生きる社会実現を願い < 地域で共に生きる> < 心の教育 > Head Health Hand Heart

More information

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査 8. 平成 28 年度公立学校教員採用選考 試験の実施状況調査 平成 28 年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況について 1 概要 本調査は 平成 27 年度に 68 の各都道府県 指定都市 豊能地区 ( 大阪府 ) 教育委員会 ( 以下 県市 という ) において実施された平成 28 年度公立学校教員採用選考試験 ( 以下 平成 28 年度選考 という ) の実施状況について その概要を取りまとめたもので

More information

旧 正 宗 寺 三 匝 堂 ( 通 称 : さざえ 堂 ) 構 造 調 査 報 告 会 会 津 さざえ 堂 いま と これから 2009 年 11 月 14 日 ( 土 ) 13:30 16:00 於 : 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 An 棟 コンベンションホール 主 催 会 津 さ

旧 正 宗 寺 三 匝 堂 ( 通 称 : さざえ 堂 ) 構 造 調 査 報 告 会 会 津 さざえ 堂 いま と これから 2009 年 11 月 14 日 ( 土 ) 13:30 16:00 於 : 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 An 棟 コンベンションホール 主 催 会 津 さ 旧 正 宗 寺 三 匝 堂 ( 通 称 : さざえ 堂 ) 構 造 調 査 報 告 会 会 津 さざえ 堂 いま と これから 2009 年 11 月 14 日 ( 土 ) 13:30 16:00 於 : 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 An 棟 コンベンションホール 主 催 会 津 さざえ 堂 を 愛 する 会 お 問 い 合 わせ 会 津 さざえ 堂 いまとこれから 実 行 委 員

More information

下関市立大学広報第71号

下関市立大学広報第71号 The Shimonoseki City University Public Relations 2013年11月1日 第71号 発行 下関市立大学広報委員会 751-8510 下関市大学町 2-1-1 TEL. 083-252- 0288 FAX. 083-252-8099 http://www.shimonoseki-cu.ac.jp/ オープンキャンパス 学生の顔が見えるオープンキャンパス 教授

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

Microsoft Word  資料編.doc

Microsoft Word  資料編.doc 資料編 人名簿 1 愛知県教育委員会 ( 23.4.1 現在 ) - 162 - ( 23.4.1 現在 ) - 163 - 2 愛知県社会教育委員 24.3.31 現在 ) 3 愛知県文化財保護審議会委員 24.3.31 現在 ) - 164 - 4 銃砲刀剣類登録審査委員 24.3.31 現在 ) 5 愛知県産業教育審議会委員 24.3.31 現在 ) - 165 - 6 愛知県スポーツ推進審議会委員

More information

組H0909911-1(表紙)

組H0909911-1(表紙) ようこそ山口大学へ 人文学部人文社会学科 3年 森 智志 新入生の皆さん ご入学 おめでとうございます 皆さんが心より この大 学でよかった と思って 過ごせることを願います ご入学 おめでとうございます 新留学生へ 工学部知能情報工学科 4年 VILIVONG Meckhali 工学部循環環境工学科 3年 留学中に留学生の友 達だ け で なく日本 の 友 達もつく り 仲良くして大学生活を楽 しみ

More information

未来2017.indd

未来2017.indd Sapporo Odori High School 2 2017 Guidebook 3 Sapporo Odori High School 4 2017 Guidebook 5 6 Sapporo Odori High School 例③ 企画立案から運営 実施 まちづくりの活動に高校生も参画 さっぽろの各所で 大人によって企画運営されるまちづくりの活動があります ここに参画して 当日の運営ボランティアから

More information

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 部 ペップトークとは ( 言葉がけ 1 つで実現する生産性の向上 ) 7 第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1.1 人事 雇用制度の変化 1.1.2 国際競争激化の時代 9 第 1 部 ペップトークとは 1.1.3 プラスの選択 10 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤

More information

金沢医科大学報第124号

金沢医科大学報第124号 No. 123 August 2005 第17回総合医学研究所市民公開セミナー 予告 金沢医科大学医学会30周年記念式典 祝賀会 学事 平成18年度入学試験要項 第33回解剖学実習解剖体納棺式 新任教授紹介 名誉教授の称号授与 第32回教育懇談会 第1学年早期臨床体験実習 第16回医学教育セミナーとワークショップ 附属看護専門学校 第18回戴帽式 報告 ハワイ大学医学教育ワークショップ 報告 医学教育における行動科学教育の重要性

More information

関経連_事業報告書CS4.indd

関経連_事業報告書CS4.indd 3 アジアとの人 ビジネスの交流拡大 連携強化による活力ある地域への成長 イ インバウンド推進 事業項目 ❶関西広域観光戦略に基づくインバウン ド推進 広域観光振興の推進体制の確立 各地域が共通して取り組む事業を推進する体制の確立に向 け 関西の自治体や経済界 観光推進団体 国の出先機関な どの参画を得て 関西国際観光推進本部 を設立 3月 目標 目指す成果 広域観光振興の推進体制の確立 関西の官民が一致協力して広域観光振興に取り組む

More information

大学の設置等の認可申請・届出に係る提出書類の様式

大学の設置等の認可申請・届出に係る提出書類の様式 別記様式第 3 号 ( その ) 教員名簿 ( 用紙日本工業規格 A 縦型 ) 学長の氏名等 調書番号 役職名 フリガナ氏名 < 就任 ( 予定 ) 年月 > 年齢 保有学位等 月額基本給 ( 千円 ) 現職 ( 就任年月 ) アサクラヒサシ鈴峯女子短期大学 学長朝倉尚学長 < 平成 6 年 月 > ( 文学 ) ( 平成.) ( 注 ) 高等専門学校にあっては校長について記入すること 別記様式第

More information

Faculty of Education < 学部 課程の教育目的 > 学部は, 教育と関わる職業人の養成を目的とし, 学校教育教員養成課程では, 人間と教育, 科学や芸術に関する専門的知識と教育実践力を備えた教育に関わる人材を養成し, 総合教育課程では, 文化と環境についての幅広い知識を備え, そ

Faculty of Education < 学部 課程の教育目的 > 学部は, 教育と関わる職業人の養成を目的とし, 学校教育教員養成課程では, 人間と教育, 科学や芸術に関する専門的知識と教育実践力を備えた教育に関わる人材を養成し, 総合教育課程では, 文化と環境についての幅広い知識を備え, そ 学部 大学院 特別専攻科 Faculties, Graduate Schools, Postgraduate Course 学 部 Faculty 学部学科コース 科目 教育学部 Faculty of Education 経済学部 Faculty of Economics システム工学部 Faculty of Systems Engineering 観光学部 Faculty of Tourism 学校教育教員養成課程

More information

61

61 60 61 62 63 52 53 54 出来事 情動 感情 気分 組織感情 性格 組織風土 * 組織感情は J.Feel の登録商標出願済みです 55 支え合い 協力し合い 知恵を出し合い 力を出し合う 組織のチカラ つながり力の再生 第3回 人育ての連鎖 風土をつくる 上司と部下の関係性を変える ジェイフィール コンサルタント 山中 健司 図表1 組織再生 4つの取り組み はじめに 本連載では

More information

0 汽 0 \-~ 可 ぢ .. このような現代社会に必要な製品やサービスの需要を r~ 大企業よりも効率的に 充足でき 占禁止法 だけでは十分とはいえず r~ 独占の対抗勢力 ~ ~ 自由競争制度の大黒柱 ~ ~ 活力 この7 8にいう 苗床 の機能は大企業がもたない機能であり この r~ 苗床 的役割 マーシャル経済学原理 n~ 東洋経済新報社 1966

More information

理念 リニューアル POINT① 公立大学法人青森県立保健大学は 人々の健康と生活の質の向上を掲げ いのち を育んできた創造 性と四季豊かな自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め ヒューマンケアを実践できる人 間性豊かな人材を育成するとともに 青森県立保健大学を地域に開かれた大学として地

理念 リニューアル POINT① 公立大学法人青森県立保健大学は 人々の健康と生活の質の向上を掲げ いのち を育んできた創造 性と四季豊かな自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め ヒューマンケアを実践できる人 間性豊かな人材を育成するとともに 青森県立保健大学を地域に開かれた大学として地 Aomori University of Health and Welfare Graduate School of Health Science 交 通アクセス 北 海 道新 幹 線 至函館 健康科学研究科 健康科学専攻 博士前期課程 博士後期課程 森 青い 鉄 新青森駅 奥羽本線 青森県立保健大学大学院 道 東 北新 幹 線 院が 大 学 ります わ れ変 ま 生 青 森 市まで JR 東京駅

More information

京大広報617.indd

京大広報617.indd No. 617 2005. 12 2006.11 包括協定を締結後の尾池総長と米倉放医研理事長 関連記事 本文2258ページ 目次 京都大学女性研究者支援センター の発足にあたって 女性研究者支援センター長 塩田浩平 2256 大学の動き 放射線医学総合研究所と研究 教育 医療の 包括協定を締結 2258 文部科学省 平成18年度 タンパク質解析基盤 技術開発 の採択結果 2258 NEDO技術開発機構

More information

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】 第18回 研究助成 B. 実践部門 報告Ⅴ 英語能力向上をめざす教育実践 地域英語教材 15 Stories of Saitamaken Ver.2 の開発と活用 共同研究 代表者 埼玉県 鶴ヶ島市立西中学校 校長 吉田 敏明 本研究は3部構成で 平成14年度に開発 CD-ROM を開発したのである 結果的に生徒たち した中学生向けの CD-ROM 版地域英語 は 私たちの想像をはるかに超える 内容豊かな英

More information

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t

Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students A Dissertation Submitted t Exploring the Art of Vocabulary Learning Strategies: A Closer Look at Japanese EFL University Students MIZUMOTO, Atsushi Graduate School of Foreign Language Education and Research, Kansai University, Osaka,

More information

表紙.indd

表紙.indd CONTENTS 1 2 1932. 1 1946. 7 1947. 4 1948.10 1949. 4 9 1950. 3 4 1951. 3 1952. 4 1958. 4 1960. 4 1962. 4 1963. 4 1964. 4 1968. 4 1969. 4 1972. 4 1973.10 1974. 4 11 1976. 4 1977. 4 1979. 4 1980. 5 1981.

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

http://www.kairyudo.co.jp/ 113-8608 1-13-1 TEL 03-5684-6118FAX 03-5684-6155 Learning & Imaging 第15回 全国中学生 人づくり くりは ものづ 国づくり 創造ものづくり 教育フェア 中学生 ものづくり甲子園 URL http://ajgika.ne.jp/ 日時 会場 平成 27年 1月 24日 25

More information

保護者- H1-H4=訂0730.ai

保護者- H1-H4=訂0730.ai 43万m2 のキャンパスに集う 10,840 人の学生 学部学生10,550人 院生290人 ワンキャンパスに 7学部 26 学科 2015年5月現在 豊かな自然環境と先進的な 自 然 科 学 社 会 科 学 人 文 研究教育施設が調和する広 科学を網羅する学部学科が 大 な キ ャ ン パ ス に は さ ま ワンキャンパスに揃ってい ざまな夢を持つ 1 万人を超 ま す 学 生 は 所 属 学

More information

平成28年度 文部科学省委託事業   チーム学校の実現に向けた業務改善等の推進事業

平成28年度 文部科学省委託事業     チーム学校の実現に向けた業務改善等の推進事業 平成 29 年 3 月 9 日 ( 木 ) 文部科学省 3 階講堂 戸田市におけるプログラミング教育の取組 - 産官学民の知のリソースの活用 - 戸田市教育委員会 教育長戸ヶ﨑勤 1 戸田市 21 世紀型スキル育成プログラム ~ 産官学民の知のリソースの活用 ~ 超スマート社会(Society5.0), IoT, 第 4 次産業革命 の到来変化が激しく将来の予測が困難な時代にあっても 自分の人生を切り拓き

More information

CW3_T indd

CW3_T indd 米子工業高等専門学校広報誌 158 No. 平成21年10月 全国高専大会 全国高専大会 バスケットボール部男子 卓球部男子団体 男子ダブルス 準優勝 優勝 全国高専大会 陸上部男子100m 優勝 CONTENTS 目 次 イベント特集 学生主事より 主な成績一覧 クラブ別報告 オープンキャンパス クラス便り 4年学年主任より 4年機械工学科 4年電気情報工学科 4年電子制御工学科 4年物質工学科

More information

Contents

Contents Contents ソリューション最前線 銀行で 学校で 病院で ショッピングで 暮らしの中のさまざまなシーンを支える 日本ユニシスグループのソリューションの一例をご紹介します 次世代の学校教育を支える学習管理システム RENANDI 統合eラーニングシステム 銀行の新サービス提供を支援する 地方銀行様向け勘定系システム BankVision BankVision は 世界で初めてWindows 技術を全面採用した

More information

P1

P1 Ⅴ 1 4 6 7 8 10 14 15 16 18 20 Ⅱ Ⅱ Ⅱ Ⅱ 10 日本文化と韓国文化の交流を深める 神奈川学習センター 韓国語同好会 和訳 要約 韓国語同好会は2005年10月1日に発足したサーク ルです 同年春 神奈川学習センターの面接授業 初 日本の放送大学神奈川学習センター韓国語同好会の皆さんが 私どもの大学を訪問 2月 してくださったことから 縁がうまれ

More information

000

000 Sowa Technical High School School Guide 2017 d TECH d 100%d 実習の内容 旋盤 手仕上げ 溶接 鋳造 パソコン実習 CAD( コンピュータによる自動製図 ) 特殊機械 CNC フライス盤 原動機 計測 電気実習 実習内容 電気電子計測 機械加工 ( 手仕上げ 旋盤 ) 溶接 ( アーク ガス ) NC 加工 (CNC 旋盤 マシニングセンタ

More information

「安倍政権の実績をマニフェスト評価」

「安倍政権の実績をマニフェスト評価」 Copyright (c) Genron-NPO 2 . Copyright (c) Genron-NPO 3 Copyright (c) Genron-NPO 4 Copyright (c) Genron-NPO 5 Copyright (c) Genron-NPO 6 Copyright (c) Genron-NPO 7 Copyright (c) Genron-NPO 8 Copyright

More information

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21 ステークホルダー ダイアログ 日本におけるESGの普及について 金井 司 司会 企画部 CSR担当部長 社会活動統括室長 小森 博司 証券代行部 IRグループ長 川添 誠司 受託資産企画部 審議役 伊藤 雅人 不動産営業開発部 CSR担当次長 兼環境不動産推進課長 今回のステークホルダー ダイアログは BSR*のアジア統括責任者であるジェレミー プ レプサスさんとBSR北京事務所のシン チュオさんをお招きしました

More information