( 学術論文 : 英文 ) 著者名. 表題. 雑誌名. 発行年 ; 巻 ( 号 ): 頁 - 頁. Hayashi Y, Shima H, Kita D, Kinoshita M, Yoshida Y, Hasegawa M, Hamada J. Intracranial extension of

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 学術論文 : 英文 ) 著者名. 表題. 雑誌名. 発行年 ; 巻 ( 号 ): 頁 - 頁. Hayashi Y, Shima H, Kita D, Kinoshita M, Yoshida Y, Hasegawa M, Hamada J. Intracranial extension of"

Transcription

1 専任教員の教育 研究業績 所属医学部脳神経外科職名教授氏名大学院における研究指導担当資格の有専門分野脳腫瘍学位医学博士無有 Ⅰ 教育活動教育実践上の主な業績年月日概要 1 教育内容 方法の工夫 ( 授業評価等を含む ) 2 作成した教科書 教材 参考書 下記 ( 著書 : 和文 ) の全てが該当する 3 教育方法 教育実践に関する発表 講演等 4 その他教育活動上特記すべき事項 Ⅱ 研究活動 ( 著書 : 英文 ) 著者名. 表題. In: 編者名, editors. 書名. 発行所所在地 : 発行所 ; 発行年. p. 頁 - 頁. Koichiro Yoshida Tsukasa Kawase Junko Matsuyama Yuichi Hirose Foramen magnum meningioma Essential Practice of Neurosurgery IV-5; ( 著書 : 和文 ) 著者名. 表題. 編者名, 編. 書名. 発行所所在地 : 発行所 ; 発行年. p. 頁 - 頁. 眼窩先端部腫瘍 NS NOW No.15 傍鞍部病変の手術 ( 塩川芳昭編集 ),2011 年 ; pp 視神経管周囲から視交叉前方部腫瘍の手術脳腫瘍の外科第 15 巻 ( 大畑建治編 ),2011 年 ;pp 吉田耕一郎 長久伸也 安達一英 松山純子 廣瀬雄一 安倍雅人頭蓋底髄膜腫における剥離操作脳腫瘍の外科第 15 巻 ( 大畑建治編 ),2011 年 ;pp 円蓋部髄膜腫イラストレイテッド脳腫瘍外科学 ( 編集河本圭司 ) 2011 年 ; pp 脳の話 22 罪な脳ドック? ROOS 2012 年 4 月号 [ 第 145 号 ] 中日メディアブレーン 脳の話 23 てんかん ROOS 2012 年 5 月号 [ 第 146 号 ] 中日メディアブレーン 脳の話 24 IC と IA ROOS 2012 年 6 月号 [ 第 147 号 ] 中日メディアブレーン 錐体斜台髄膜腫の治療戦略ビジュアル脳神経外科,2012 年 ;7;pp 片側顔面痙縮今日の治療指針 2012 年 ;pp792 第 4 回東海若手脳腫瘍手術研究会 ~ これまでと今後の展開 ~ 脳神経外科速, :22(1) ; Transcondylar approach の基本と応用脳神経外科ジャーナル, 2012; 21, 脳腫瘍 脳卒中専門医からみた 最新のてんかん薬物治療戦略 Pharma Medica 30(3) 年メディカルレビュー社 川瀬司 廣瀬雄一 安倍雅人 岡部麻子 熊澤文久 桐山諭和 塚本徹哉 浦野誠 黒田誠白血病の治療から約 20 年後に発生した high grade glioma の 1 例藤田学園医学会誌,2012;36; 林拓郎 安達一英 西山悠也 長久伸也 今井文博 廣瀬雄一微小血管減圧術におけるベリプラスト P の有用性 ~ ベリプラスト P コンビセットエアーレスデバイスを用いて ~ Medical Torch,2013;1(9);60-62 我那覇司 稲桝丈司 廣瀬雄一 安倍雅人髄膜腫における腫瘍被膜 - 脳組織境界部の外科病理所見の検討藤田学園医学会誌 2012;36;95-99

2 ( 学術論文 : 英文 ) 著者名. 表題. 雑誌名. 発行年 ; 巻 ( 号 ): 頁 - 頁. Hayashi Y, Shima H, Kita D, Kinoshita M, Yoshida Y, Hasegawa M, Hamada J. Intracranial extension of meibomian gland carcinoma with pagetoid changes. J Clin Neurosci Apr;16(4): Fujisawa H, Hasegawa M, Ueno M. Clinical features and management of five patients with supratentorial subependymoma. J Clin Neurosci Feb;17(2): Shima Hiroshi, Hasegawa Mitsuhiro, Tachibana Osamu, Nomura Motohiro, Yamashita Junkoh, Ozaki Yuzo, Kawai Jun, Higuchi Masanori, Kado Hisashi Ocular dominance affects magnitude of dipole moment: An MEG study NeuroReport.2010;21(12): Hirose Y, Sasaki H, Miwa T, Ohba S, Ikeda E, Abe M, Ikeda S, Kobayashi M, Kawase T, Hasegawa M, Yoshida K. Whole genome analysis from microdissected tissue revealed adult supratentorial grade II-III gliomas are divided into clinically relevant subgroups by genetic profile. Neurosurgery. 2011; 69(2): Kondo A, Date I, Endo S, Fujii K, Fujii Y, Fujimaki T, Hasegawa M, Hatayama T, Hongo K, Inoue T, Ishikawa M, Ito M, Kayama T, Kohmura E, Matsushima T, Munemoto S, Nagahiro S, Ohno K, Okamura T, Ryu H, Shigeno T, Shirane R, Tagusagawa Y, Tanabe H, Yamada K, Yamakami I. A proposal for standardized analysis of the results of microvascular decompression for trigeminal neuralgia and hemifacial spasm. Acta Neurochir (Wien) May;154(5):773-8 Hirose Y,Sasaki H, Abe M, Hattori N, Adachi K, Nishiyama Y, Nagahisa S, Hayashi T, Hasegawa M, Yoshida K. Subgrouping of gliomas on the basis of genetic profile. Brain Tumor Pathology.2013 ;30(4): Nagahisa S, Watabe T, Sasaki H, Nishiyama Y, Hayashi T, Hasegawa M, Hirose Y. Surgical navigation-assisted endoscopic biopsy is feasible for safe and reliable diagnosis of unresectable solid brain tumors. Neurosurg Rev.2013;36(4): Hayashi T, Hasegawa M, Inamasu J, Kaito T, Abe M, Hirose Y. Subfrontal Schwannoma With Ancient Change: A Case Report. Neurosurgery Quarterly (3): Yamada Y, Inamasu J, Moriya S, Oguri D, Hasegawa M, Abe M, Hirose Y. Subdural hematoma caused by epithelioid angiosarcoma originating from the skull. Head Neck Pathol.2013.;7(2): Nishiyama Y, Sasaki H, Nagahisa S, Adachi K, Hayashi T, Yoshida K, Kawase T, Hattori N, Murayama K, Abe M, Hasegawa M, Hirose Y. Radiological features of supratentorial gliomas are associated with their genetic aberrations. Neurosurg Rev 2013 Dec.21[Epub ahead of print] ( 学術論文 : 和文 ) 著者名. 表題. 雑誌名. 発行年 ; 巻 ( 号 ): 頁 - 頁. 眼窩内腫瘍への経頭蓋的到達手術のバリエーションと工夫脳神経外科速報 19(7); 年 吉田耕一郎 前田晋吾 廣瀬雄一 川瀬小脳テントに付着部を持つ髄膜腫に対する手術戦略脳腫瘍の外科 pp 年 司 佐野公俊 垣内孝史 岡本禎一 内山尚之 東馬康郎 無症候性脳腫瘍の治療方針日本がん検診 診断学会誌 17(2); 年 脳腫瘍摘出術の現状と展望日本外科系連合学会誌 34(4); , 2009 年 視神経, 視交叉近傍髄膜腫の手術手技 視機能の改善のために 脳神経外科速報 , 19(12), 2009 年 症候性脳腫瘍の治療方針日本がん検診 診断学会誌, 17(2) : 113, 2009 年 脳腫瘍摘出術の現状と展望日本外科系連合学会誌 34(4), , 2009 年 眼窩内腫瘍への経頭蓋的到達手術のバリエーションと工夫脳神経外科速報 , 19(7), 2009 年 Hemifacial spasm に対する脳神経減圧術 - 基本手技とピットフォール - 脳神経外科速報 20(5)52; 年 無症候性脳腫瘍の治療方針日本がん検診 診断学会誌 17(3); 年 岡本禎一 垣内孝史 ロサルタン / ヒドロクロロアチアジド合剤の脳血管障害患者に対する降圧効果と酸化ストレスに与える影響 血圧 17(3), , 2010 年 深谷賢司 骨粗鬆性脊椎における経皮的椎弓根スクリュー挿入の工夫 J Spine Res 2 (7); , 2011 年

3 前頭蓋底手における gapless osteotomy 脳神経外科速報 21(2) 年 顔面神経の治療は?- 神経血管減圧術の立場からー Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery 2011, 27(10), 年 第 4 回東海若手脳腫瘍手術研究会 ~ これまでと今後の展開 ~ 脳神経外科速報 :22(1); 年 深谷賢司,, 白土充低侵襲腰椎固定術における合併症の予防と対策 - 経皮的椎弓根スクリューの逸脱予防と固定性強化 - Journal of Spine Reserch 3(7) ,2012 年 Transcondylar approach の基本と応用脳外ジャーナル, 21(11), , 2012 年, 林拓郎, 長久伸也, 安達一英, 森谷茂太, 我那覇司, 稲桝丈司, 早川基治, 廣瀬雄一深部髄膜腫の手術 ~ 機能温存のために~ 脳神経外科ジャーナル.2014;vol.23(1) 安達一英 腫瘍摘出にもかかわらず 水頭症の改善を認めなかった小脳腫瘍の原因とその対処法脳神経外科速報.2014;24(2) ( 学会発表 : 英文 ) 発表者名. 演題名. 学会名 ; 開催地, 開催国. 発表年., Shuei Imizu,Junpei Oda, Tatsushi Inoue Basic Microsurgical training in Neurosurgery 9th International Conference on Cerebrovascular Surgery (Nagoya JAPAN)2009 Endoscopic Cyst Observation in the Third Ventricle Assisted Following Trans-Cranial Resection of Craniopharyngioma XIV World Congress of Neurological Surgery (Boston,USA)2009 Management of meningiomas around the optic apparatus: How to improve visual out-come XIV World Congress of Neurological Surgery (Boston,USA) 2009 Posterior transpetrosal approach The 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology jointly with the 6th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (ASNO) (Yokohama JAPAN)2009 Skull base meningioma what's new CMU Neurosurgery Forum 2009,(Chiang Mai, Thailand) 2009 Petroclival meningioma How I do it CMU Neurosurgery Forum 2009, (Chiang Mai, Thailand)2009 Koichiro Yoshida Shinya Nagahisa Yuichi Hirose Surgery for orbital cavernous angioma a role of skullbase surgery The 4th Harbin International Neurosurgical Conference(Harbin, China ) 2010 Strategy for dissection of tumour capsule from surrounding neural and vascular structures in skull base meningiomas BASECON th Annual Conference of Skullbase Surgery Society of India (Trivandrum, India)2010 8th Strategy for dissection of tumor capsule from the critical neural and vascular structures in meningioma surgery - clinicopathological analysis Asian Congress of Neurological Surgeons (Kuala Lumpur, Malaysia)2010 Surgery for orbital tumor WFNS Educational Course,(Vietnam (Hannoi))2011 Anatomy and surgery for paraclinoid region and cavernous sinus WFNS Educational Course,(Vietnam (Hannoi))2011 Instructions for cadaver study of paraclinoid region and cavernous sinus WFNS Educational Course,(Vietnam (Hannoi))2011 Hasegawa M, Contemporary management of vestibular schwannomas based on surgical pathology and experimental study, The first Conference on Cerebellopontine Angle Region Micro-Dissection and Micro-Surgical Technique, (Shanghai, China )2011 M Hasegawa, Strategy for dissection of tumor capsule from the critical neural and vascular structures in skull base meningiomas, Third International MASSIN Congress July 13-15, (Seattle,USA)2011 Surgical pathology of meningioma-brain interface and its relevance for the safe tumor removal meningioma and CS Little Rock, Arkansas,2012, Shinya Nagahisa, Takuro Hayashi, Yuya NIshiyama, Kazuhide Adachi, Yuichi Hirose Surgical management of parasellar region meningiomas 第 4 回日印会議 Anatomy and surgery for para-clinoid region and cavernous sinus 13th Vietnam Congress of neurosurgeons, Ho-Chi-Minh,

4 The 13th Congress of Vietnam Neurosurgical Society Vietnam (Ho Chi Minh) Cranial Base Approaches (WFNS training course) The 13th Congress of Vietnam Neurosurgical Society Vietnam (Ho Chi Minh) Instructions and reviews on cranial base approaches Anterior transpetrosal approach(kawase) Orbitozygomatic approach Dolenc approach The 13th Congress of Vietnam Neurosurgical Society Vietnam (Ho Chi Minh) ,Shinya Nagahisa,Takuro Hayashi,Kazuhide Adachi,Tsukasa Ganaha,Shigeta Moriya,Joji Inamasu,Yuichi Hirose Functional Outcomes of Parasellar Meningioma Surgery The Fourth International MASSIN Congress, Japan(Kobe) 2013, Tsukasa Ganaha, Shinya Nagahisa, Takuro Hayashi, Kazuhide Adachi,Yuya Nishiyama, Joji Inamasu, Yuichi Hirose, Masato Abe Surgical pathology of meningioma-brain adhesion and its predictive factors 15th World Congress of Neurosurgery, Korea(Seoul) 2013 The efficacy of 320-row area detector CT for Skull Base Surgery 15th Annual Meeting of The Skull Base Surgery Society of India( 招待講演 ) India(Chandigarh) 2013 The efficacy of 320-row area detector CT for Skull Base Surgery 15th Annual Meeting of The Skull Base Surgery Society of India( 招待講演 ) India(Chandigarh),2013 Functional Outcomes of Parasellar Meningioma Surgery,Shinya Nagahisa,Takuro Hayashi,Kazuhide Adachi,Tsukasa Ganaha,Shigeta Moriya,Joji Inamasu,Yuichi Hirose The Fourth International MASSIN Congress.Japan(Kobe)2013 Surgical pathology of meningioma-brain adhesion and its predictive factors, Tsukasa Ganaha, Shinya Nagahisa, Takuro Hayashi, Kazuhide Adachi,Yuya Nishiyama, Joji Inamasu, Yuichi Hirose, Masato Abe 15th World Congress of Neurosurgery,Korea(Seoul) 2013 ( 学会発表 : 和文 ) 発表者名. 演題名. 学会名 ; 開催地. 発表年. 髄膜腫の手術第 1 回東海脳腫瘍手術手技研究会 ( 名古屋 )2009 年 吉田耕一郎 前田晋吾 川瀬司 廣瀬雄一 佐野公俊 垣内孝史 岡本禎一眼窩内海綿状血管腫の手術 - 頭蓋底手術の役割 - 第 21 回日本頭蓋底外科学会 ( 福岡 )2009 年 ナビゲーションが脳腫瘍手術に与えたインパクト日本脳神経外科学会第 68 回学術総会イブニングセミナー ( 東京 )2009 年 前床突起近傍髄膜腫の手術日本脳神経外科学会第 68 回学術総会 無症候性脳腫瘍の手術第 17 回日本がん検診 診断学会総会 ビデオシンポジウム ( 東京 )2009 年 シンポジウム ( 名古屋 )2009 年 三叉神経痛と片側顔面痙攣の治療第 9 回藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院学術講演会 ( 名古屋 )2009 年 髄膜腫の手術 - 手術アプローチの選択 工夫 - 第七回福岡脳脊髄治療懇話会 ( 福岡 )2009 年 脳神経減圧術の基本手術手技第 12 回脳神経減圧術研究会 ( 東京 )2009 年 安達一英 石原興平 藤沢弘範 山下純広 林裕脳神経外科手術 table モニタリングの有用性 - これまでの使用経験と今後の展望 - 第 10 回日本脳神経外科術中画像研究会 ( 広島 )2010 年 廣瀬雄一 吉田耕一郎 垣内孝史眼窩先端部近傍病変への頭蓋底アプローチ第 22 回日本頭蓋底外科学会 ( 久留米 )2010 年 廣瀬雄一 吉田耕一郎 長久伸也 垣内孝史 川瀬頭蓋底髄膜腫における剥離操作第 15 回日本脳腫瘍の外科学会 ( 大阪 )2010 年 司 安達一英 石原興平 視神経管周囲から視交叉前方部腫瘍の手術第 15 回日本脳腫瘍の外科学会 ( 大阪 )2010 年 廣瀬雄一 川瀬司 吉田耕一郎 長久伸也 松山純子 垣内孝史眼窩内腫瘍性病変の外科的治療戦略と機能温存日本脳神経外科学会第 69 回学術総会 ( 福岡 )2010 年 transpetrosal approach 基本手技日本脳神経外科学会第 69 回学術総会 モーニングセミナー ( 福岡 )2010 年 吉田耕一郎 安達一英 廣瀬雄一脳神経減圧術における必須事項と無駄第 13 回日本脳神経外科減圧術学会 ( 広島 )2011 年

5 眼窩内腫瘍の外科治療第 31 回日本脳神経外科コングレス総会 ( 横浜 )2011 年 吉田耕一郎 長久伸也 松山純子 廣瀬雄一 安倍雅人髄膜腫剥離操作における脳 腫瘍境界面の外科病理所見第 29 回日本脳腫瘍病理学会 ( 東京 )2011 安達一英 吉田耕一郎 井水秀栄 長久伸也 林拓郎 垣内孝史 松山純子 井水秀栄 早川基治 廣瀬雄一視神経近傍髄膜腫の治療戦略第 16 回日本脳腫瘍の外科学会 ( 横浜 )2011 安達一英 林拓郎 長久伸也 西山悠也 井水秀栄 廣瀬雄一 村山和宏 安倍雅人前頭蓋底髄膜腫の手術手技と機能予後日本脳神経外科学会第 70 回学術総会 ( 横浜 )2011 年 前頭蓋底腫瘍の摘出の基本第 4 回東海若手脳腫瘍研究会 ( 名古屋 )2011 年 眼窩内手術の基本と応用第 4 回東海若手脳腫瘍研究会 ( 名古屋 )2011 年 廣瀬雄一 松山純子 吉田耕一郎 長久伸也 安達一英 安倍雅人頭蓋底髄膜腫における腫瘍被膜と周辺重要脳組織の剥離操作第 23 回日本頭蓋底外科学会 ( 千里 )2011 年 Dynamic stenosisと考えられた腰椎椎間孔狭窄の4 例第 81 回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 ( 福井 )2011 年 髄膜腫の手術第 197 回福井脳 神経疾患談話会 ( 福井 )2011 年 髄膜腫の手術のこころがまえ第 197 回福井脳 神経疾患談話会 ( 福井 )2011 年 長久伸也 林拓郎 西山悠也 安達一英 廣瀬雄一 吉田耕一郎鞍結節部髄膜腫の剥離操作のコツとピットフォール第 21 回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) ( 名古屋 )2012 年, 長久伸也, 安達一英, 林拓郎, 吉田耕一郎, 廣瀬雄一前頭蓋底 眼窩病変に対する開頭術における工夫と問題点第 5 回日本整容脳神経外科学会 ( 大阪 )2012 年 Transcallosal approach 若手のための微小脳神経外科解剖セミナー 2012( 教育講演 ) ( 東京 )2012 年 Trascondylar Approach の基本と応用第 32 回日本脳神経外科コングレス総会 ( 東京 )2012 年 脳腫瘍外科における症候性てんかんのマネージメント第 11 回秋田脳神経フォーラム ( 秋田 )2012 年 安達一英 長久伸也 林拓郎 西山悠也 廣瀬雄一 Orbitozygomatic approachの適応と手術手技第 24 回日本頭蓋底外科学会 ( 東京 )2012 年 傍鞍部腫瘍の手術第 17 回日本脳腫瘍の外科学会 ( 横浜 )2012 年 早川基治 村山和宏 長久伸也 林拓郎 西山悠也 安達一英 吉田耕一郎 廣瀬雄一 片田和広脳腫瘍手術における320-row area Detector CTの有用性と限界第 17 回日本脳腫瘍の外科学会 ( 横浜 )2012 年 脳腫瘍外科における症候性てんかんのマネージメント脳神経外科とてんかん疾患を考える会 ( 京都 )2012 年 長久伸也 我那覇司 林拓郎 西山悠也 早川基治 廣瀬雄一 吉田耕一郎 安倍雅人 Huge/giant meningiomaに対する治療戦略日本脳神経外科学会第 71 回学術総会 ( ビデオシンポジウム ) ( 大阪 )2012 年 脳腫瘍のトータルケア -てんかんのフォローアップを中心に- 日本脳神経外科学会第 71 回学術総会 ( ランチョンセミナ-) ( 大阪 ) 2012 年 Surgery for foramen magnum tumors-usefulness of skull model, cadaver study, pre- and intraoperative simulation- 第 5 回東海若手脳腫瘍研究会 ( 名古屋 ) 2012 年 脳腫瘍外科における症候性てんかんのマネージメント脳神経外科とてんかん疾患を考える会 ( 京都 )2012 年 吉田耕一郎林拓郎長久伸也西山悠也井水秀栄廣瀬雄一片側顔面けいれんの手術を困難にする因子の考察第 15 回日本脳神経減圧術学会 ( 岡山 )2013 年 1 月

6 脳腫瘍患者とてんかん ~700 例の自験例より~ 第 3 回三河てんかん研究会 2013 年 2 月 長久伸也林拓郎西山悠也村山和宏安倍雅人廣瀬雄一下垂体機能不全で発症し内視鏡下経鼻手術を行ったXanthogranuloma of the sellar region の1 例第 23 回日本間脳下垂体腫瘍学会 ( 鹿児島 )2013 年 3 月 脳腫瘍患者とてんかん ~ 自験例 750 例の脳腫瘍患者より~ 第 3 回脳神経外科医のためのてんかん治療フォーラム ( 東京 )2013 年 3 月, 早川基治, 村山和宏, 長久伸也, 林拓郎, 西山悠也, 安達一英, 廣瀬雄一, 片田和広脳腫瘍手術における 320-row area Detector CT の応用と術中リアルタイムシミュレーションの可能性第 22 回脳神経外科手術と機器学会 松本 , 長久伸也, 林拓郎, 安達一英, 西山悠也, 我那覇司, 稲桝丈司, 廣瀬雄一深部髄膜腫の手術 機能温存のためにー第 33 回日本脳神経外科コングレス総会 大阪 傍鞍部髄膜腫の手術第 61 回千葉神経外科研究会 ( 特別講演 ), 千葉 髄膜腫の手術第 8 回手術セミナー ( 特別講演 ), 香川 傍鞍部腫瘍の開頭手術手技ー dos and don'ts ー第 18 回日本脳腫瘍の外科学会 ( イブニングセミナー ) 大津 機能温存のための頭蓋底正中部髄膜腫の手術第 18 回日本脳腫瘍の外科学会 ( ビデオシンポジウム ), 大津 , 林拓郎, 長久伸也, 安達一英, 森谷茂太, 廣瀬雄一, 我那覇司, 安倍雅人頭蓋底正中 傍正中部に局在する髄膜腫に対する治療戦略日本脳神経外科学会第 72 回学術総会, 横浜 神経血管減圧術非治癒症例の検討第 16 回日本脳神経減圧術学会 ( パネルディスカッション ) 大阪 Ⅲ 学会等および社会における主な活動 日本脳神経外科学会 ( 評議員 ) 日本頭蓋底外科学会 ( 監事 ) 日本脳腫瘍の外科学会 ( 理事 ) 日本臨床分子形態学会 ( 評議員 ) 日本聴神経腫瘍研究会 ( 世話人 ) 日本脳腫瘍病理学会 ( 評議員 ) 日本脳神経減圧術研究会 ( 世話人 ) 脊髄疾患 VTR 技術研究会 ( 世話人 ) a member of WFNS Skull Base Surgery Committee 脳神経外科編集同人 Brain Tumor Pathology reviewer Neurologia medico-chirurgica review board

第27回日本頭蓋底外科学会プログラム抄録集.indd

第27回日本頭蓋底外科学会プログラム抄録集.indd 179 1 1 4F 141142 9:009:10 S01I 9:1010:30 3D S01I1 S01I2 3D 3D S01I3 Magnetic Resonance Electography S01I4 3D S01I5 3 S01I6 3D 32 O01 14:3015:05 O011 O012 1 O013 O014 S02I 15:0516:25 S02I1 S02I2 S02I3

More information

Unknown

Unknown Journal of Breast and Thyroid Sonology Journal of Breast and Thyroid Sonology Vol.3, No.3 July 2014 Original Article Clinical significance of classification of mixed-pattern tumor by breast ultrasound...

More information

11. 井川房夫マスターしたいクリッピング術に必要な技術と戦略 ( 基本編 ) 社団法人日本脳神経外科学会第 70 回学術総会, , 横浜市 12. 井川房夫脳動脈瘤治療を安全に行うために - 合併症回避の工夫 - 第 41 回日本脳卒中の外科学会 STROKE2012 第 37

11. 井川房夫マスターしたいクリッピング術に必要な技術と戦略 ( 基本編 ) 社団法人日本脳神経外科学会第 70 回学術総会, , 横浜市 12. 井川房夫脳動脈瘤治療を安全に行うために - 合併症回避の工夫 - 第 41 回日本脳卒中の外科学会 STROKE2012 第 37 ご依頼を受けた講演 セミナー等一覧 1. 井川房夫やさしい MRA の読み方紅葉会, 1996.10.13, 広島 2. 井川房夫脳血管写 (MRA) の読み方広島県内科会総会, 1997.6.7, 広島 3. 井川房夫 栗栖薫 有田和徳最新 MR を用いた脳循環検査の臨床応用 -MRA, Diffusion weighted image, Perfusion image の実際 - 第 37 回日本エム

More information

Unknown

Unknown Journal of Breast and Thyroid Sonology Journal of Breast and Thyroid Sonology Vol.2, No.3 July 2013 Report The 30 th Meeting of Japan Association of Breast and Thyroid Sonology... 1 Department of Organ

More information

第56巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第56巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背 Feature articlesthe Front of Stroke Management Originals α Imaging protocol for apoplexy of acute phase Masafumi Harada, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Mayumi Takeuchi, Sonoka Hisaoka, Toshiko Okada,

More information

I

I I. 学会発表 A. 国内学会および研究会 1) 2) 3) 4) 5) 6) 7) 8) 9) 10) 11) 12) 13) 14) 15) 16) 17) 18) 19) 20) 21) 22) 23) 24) 25) 26) 27) 28) 29) 30) 31) 32) 33) 34) 35) 36) 37) 38) 日本食道学会日本医学会総会日本医学放射線学会日本胃癌学会日本化学療法学会日本核医学会日本画像医学会日本癌学会日本癌治療学会日本気管食道科学会日本胸部外科学会日本形成外科学会日本外科学会日本外科感染症学会日本外科系連合学会日本サイコオンコロジー学会日本再生医療学会日本磁気共鳴医学会日本自己血輸血学会日本消化管学会日本消化器がん検診学会日本消化器癌発生学会日本消化器外科学会日本消化器内視鏡学会日本消化器内視鏡学会地方会日本消化器病学会日本小児外科学会日本組織培養学会日本超音波医学会日本頭頸部癌学会日本頭頸部外科学会日本内科学会日本内視鏡外科学会日本ハイパーサーミア学会日本ヒト細胞学会日本病理学会日本腹部救急医学会日本放射線腫瘍学会

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

An embolic bow hunter's stroke associated with anomaly of cervical spine( 査 読 付 ) Paraspinal arteriovenous fistula presenting with subarachnoid hemorr

An embolic bow hunter's stroke associated with anomaly of cervical spine( 査 読 付 ) Paraspinal arteriovenous fistula presenting with subarachnoid hemorr 所 属 職 名 氏 名 大 学 院 における 研 究 指 導 医 学 部 臨 床 医 学 脳 神 経 外 科 学 1 期 限 付 講 師 戸 井 宏 行 担 当 資 格 の 有 無 ( 有 ) Ⅰ 教 育 活 動 教 育 実 践 上 の 主 な 業 績 年 月 日 概 要 1 教 育 内 容 方 法 の 工 夫 ( 授 業 評 価 等 を 含 む) 2 作 成 した 教 科 書 教 材 参 考 書

More information

名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 耳 鼻 咽 喉 科 西 尾 直 樹 S-08 6 頭 蓋 底 手 術 シミュレーションにおける 多 視 点 3D 解 剖 システムの 有 用 性 岡 山 大 学 大 学 院 脳 神 経 外 科 黒 住 和 彦 A 会 場 13:10~13:20

名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 耳 鼻 咽 喉 科 西 尾 直 樹 S-08 6 頭 蓋 底 手 術 シミュレーションにおける 多 視 点 3D 解 剖 システムの 有 用 性 岡 山 大 学 大 学 院 脳 神 経 外 科 黒 住 和 彦 A 会 場 13:10~13:20 第 2 日 目 A 会 場 A 会 場 8:30~10:00 シンポジウムS-07 頭 蓋 顔 面 頭 蓋 底 外 科 領 域 における 教 育 システムの 構 築 1 座 長 : 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 脳 神 経 外 科 吉 田 一 成 名 古 屋 大 学 医 学 部 形 成 外 科 亀 井 譲 S-07 1 Thiel 法 による 解 剖 実 習 体 を 用 いた 手 術 アプローチの

More information

Special IssueMedical Care and Education in Tokushima : Their Present and Future Reviews Original Case report スポーツと腰痛 1 3 図1 2 腰椎分離症の病期分類 図1 5 成人発症新鮮腰椎分離症 陸上 五輪選手 断に難渋する謎の腰痛となることもある 図1 6は CT

More information

Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology

Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology 神 1 1. left : in the right ted MRI, callosum. parietal. right : ICH in 保 洋 之 他 ICHs 4 Ti-weighthe 1. left: rrhagic corpus infarction

More information

<837D815B8350836583428393834F967B95B6816983758362834E816A2E696E6462>

<837D815B8350836583428393834F967B95B6816983758362834E816A2E696E6462> 第 8 巻 第 1 号 2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 χ α 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号 1-9,2013 第 8 巻 第 1 号

More information

#11 ‚“’à „´fic 4“Z*

#11 ‚“’à „´fic 4“Z* 21 2 15 25 2006 RED CT 6 15 15 RED 409-3898 1110 2006 7 21 2006 7 21 RED rigid, external, distraction Polley Figueroa 1,2 1 1999 3 RED RED 16 RED Martin halo traction hook 1 halo 9 6 A halo 1 RED a halo

More information

untitled

untitled Japanese Journal of Administrative Science Volume 21, No.3, 2008, 239-251. Case Study 中国における知識創造マネジメントの実践的な展開 海爾集団を事例として The Practice of Knowledge Creation Management in Chinese Companies: The Case of

More information

Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children Toshiyuki Horikawa 1) Shinji Tatsutomi 2) Tomokazu Yoshizaki 2 1) Department of Otolaryngology, F

Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children Toshiyuki Horikawa 1) Shinji Tatsutomi 2) Tomokazu Yoshizaki 2 1) Department of Otolaryngology, F 学 会 発 表 講 演 ~ 2011 年 度 第 11 2 回 日 本 耳 鼻 咽 喉 科 学 会 総 会 2011.5 京 都 周 術 期 のワーファリン 休 薬 中 に 心 原 性 脳 塞 栓 を 来 たした 一 例 清 水 良 憲 田 中 妙 子 津 田 豪 太 2010 年 度 第 111 回 日 本 耳 鼻 咽 喉 科 学 会 総 会 2010.5 仙 台 耳 下 腺 手 術 への Facelift

More information

第4回 JISSスポーツ科学会議 ポスターセッション

第4回 JISSスポーツ科学会議 ポスターセッション - 33 - - 34 - - 35 - - 36 - - 37 - - 38 - 投 球 方 向 1 日 目 3 日 目 50cm - 39 - [First half] [Second half] Segment angle (deg) 40 30 20 110 100 90 80 70 60 50 40 30 80 70 Torso Thigh CM Z Torso Y Thigh Shank

More information

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA Title 成人知的障害者の加齢に伴う外観的変化に関する研究 : 知的障害者用外観的老化微候測定法を用いた検討 Author(s) 春日井, 宏彰 ; 菅野, 敦 ; 橋本, 創一 ; 桜井, 和典 ; 片瀬, Citation 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 56: 415-425 Issue Date 2005-03-00 URL http://hdl.handle.net/2309/2097

More information

1) Bakamjian VY: A two-stage method for pharyngo-esophageal reconstruction with a primary pecto ral skin flap. Plast Reconstr Surg (1965) 36, 173-184. 3) Ariyan S: The pectoralis major myocutaneous flap.

More information

業績集

業績集 発表論文 脳血管障害 臨床の論文 1) 緒方敦之 岡本浩昌 坂田修治 高瀬幸徳 松島俊夫破裂内頚動脈瘤塞栓術後に Posterior reversible encephalopathy syndrome(pres) を発症した 1 例脳卒中の外科 40:188-193,2012 2)Nakahara Y. Ogata A. Takase Y.Maeda K.Okamoto H. Matsushima

More information

untitled

untitled 27 4 1 50 151 80.8 1037.9 66.2 52.5 26 13 4 17 1 8 10 3 1 8.4 2741 13 68.4 4 21.1 2 10.5 3 2 5 25 1 8 40 4 20 3 15 27 4 1 48 151 151 501 A B 26 89.5 4133.8. 62.2 1 12 25 1 2 1 1 2 2 25 4.5 2741 32 74.4%

More information

*特集〜資料01/ブック

*特集〜資料01/ブック Journal of Health Counseling PrefaceTsunetsugu Munakata Hiroaki Kukitome Special Issues A Brief History of Psychotherapy : from Hypnotism to Cognitive-Behavioral Therapy Osamu Oashi Well-Being Seen

More information

ODA NGO NGO JICA JICA NGO JICA JBIC SCP

ODA NGO NGO JICA JICA NGO JICA JBIC SCP ODA NGO NGO JICA JICA NGO JICA JBIC SCP - - NGO NGO NGO NGO NGO NGO Roger A Hart - Potuvil UGM UGM APU NGO APU APU NGO APU NGO NGO APU APU Matara NGO ODA NGO ODA http://www.jica.go.jp/partner/college/index.html#partnership

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 Japan Marketing Academy Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012

More information

TAIHO_E&S

TAIHO_E&S 2006 Environmental and Social Report INDEX 2 3 5 6 7 9 11 12 13 14 15 17 18 19 21 23 25 26 27 28 29 30 1 TAIHO Environmental and Social Report 2006 2 3 TAIHO Environmental and Social Report 2006 Company

More information

untitled

untitled Volume 24 Supplement 2007 http://www.anahotel-kumamoto.com/ 2 The 25 th Annual Meeting of the Japan Society of Brain Tumor Pathology 860-8575 TEL.096-354-2111 FAX.096-354-2260 http://www.anahotel-kumamoto.com/

More information

検索方法と選別基準 今回の論文は,1996/1/1~2015/5/28 の期間で, Posterior reversible encephalopathy syndrome(pres) あるいは Reversible posterior leukoencephalopathy(rpls) について発

検索方法と選別基準 今回の論文は,1996/1/1~2015/5/28 の期間で, Posterior reversible encephalopathy syndrome(pres) あるいは Reversible posterior leukoencephalopathy(rpls) について発 Lancet Neurol.2015 Sep;14(9):914-25. 慈恵 ICU 勉強会 研修医酒巻大輔 2015.11.24 検索方法と選別基準 今回の論文は,1996/1/1~2015/5/28 の期間で, Posterior reversible encephalopathy syndrome(pres) あるいは Reversible posterior leukoencephalopathy(rpls)

More information

représentation re- représentation représentation 2-1-1 rasen@ipc.ibaraki.ac.jp http//www.infocul.edu.ibaraki.ac.jp/syarin/

More information

A9R7CAF.tmp

A9R7CAF.tmp Clinical Training for Postgraduates:2 years after establishment of the new clinical training system Masatoshi Hayashi MD Department of Pediatrics, Uwajima City Hospital Goten-machi, Uwajima, Ehime 798-8510,

More information

10_12A-20.pdf

10_12A-20.pdf No.13 2011 13 No. 2011 Contents 3 Case Study Report 1 7 13 Case Study Report 2 14 20 general remarks Junko Ayuzawa Thromboembolism Prophylaxis Nonhazardous Procedures Ehancement of Healthcare- Associated

More information

05_藤田先生_責

05_藤田先生_責 This report shows innovation of competency of our faculty of social welfare. The aim of evaluation competency is improvement in the Social welfare education effects, by understanding of studentʼs development

More information

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に とうかい Vol.52 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 各 務 原 市 須 衛 会 本 新 池 ( 稲 田 園 前 )です INDEX 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から

More information

1 Web [2] Web [3] [4] [5], [6] [7] [8] S.W. [9] 3. MeetingShelf Web MeetingShelf MeetingShelf (1) (2) (3) (4) (5) Web MeetingShelf

1 Web [2] Web [3] [4] [5], [6] [7] [8] S.W. [9] 3. MeetingShelf Web MeetingShelf MeetingShelf (1) (2) (3) (4) (5) Web MeetingShelf 1,a) 2,b) 4,c) 3,d) 4,e) Web A Review Supporting System for Whiteboard Logging Movies Based on Notes Timeline Taniguchi Yoshihide 1,a) Horiguchi Satoshi 2,b) Inoue Akifumi 4,c) Igaki Hiroshi 3,d) Hoshi

More information

Title 近江湖北の神事をめぐる心理臨床学的研究 Author(s) 井上, 明美 Citation 京都大学大学院教育学研究科紀要 (2009), 55: 267-279 Issue Date 2009-03-31 URL http://hdl.handle.net/2433/72722 Right Type Departmental Bulletin Paper Textversion publisher

More information

™…{,

™…{, 57 th Annual Meeting of The Japanese Society of Child Health The 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Child Health 3 4 The 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Child Health 5 6 The

More information

medicaljournal8.pdf

medicaljournal8.pdf Medical Journal of Aizawa Hospital Vol. 8 (2010) Key words Neuropsychopharmacology Neuroscientist Curr Opin Neurol Clin Rehabil J Neurol Neurosurg Psychiatry J Neurol Neurosurg Psychiatry Lancet

More information

Vol.2.indb

Vol.2.indb 74 Migration Policy Review 2010 Vol.2 75 76 Migration Policy Review 2010 Vol.2 77 78 Migration Policy Review 2010 Vol.2 79 80 Migration Policy Review 2010 Vol.2 81 82 Migration Policy Review 2010 Vol.2

More information

Special IssueOncology Nutrition Reviews Proceeding DNA β Nutrition and physical activity and the prevention of cancer Yutaka Taketani Department of Clinical Nutrition, Institute of Health Biosciences,

More information

1) Perissat J, Collet DR, Belliard R : Gallstones ; laparoscopic treatment, intracorporeal lithotripsy followed by cholecystotomy on cholecystectomy. Endoscopy 21 : 373-374, 1989 2) Kato K, Matsuda M,

More information

(12th) R.s!..

(12th) R.s!.. 41 4 43 4 48 7 54 4 56 4 57 4 60 12 4 3 1 6 1 6 4 14 4 50 9 57 4 62 12 5 3 M D ) 10 7 3 15 11 1. 2. 1. 51 4 52 10 41 12 33 34 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. Le Clézio Peuple du cíel 14. 15. 16.

More information

阿部Doc

阿部Doc Bulletin of Osaka University of Pharmaceutical Sciences 1 (2007) Articles Medical Reform and Medical Service Market for Restructuring of the Community Medical System Isao ABE Osaka University of Pharmaceutical

More information

NINJAL Research Papers No.8

NINJAL Research Papers No.8 (NINJAL Research Papers) 8: 177 196 (2014) ISSN: 2186-134X print/2186-1358 online 177 3 3 3 1940 3 late adoption real time 3 apparent time * 1. 1 2 3 1.1 3 1 1953 * 2014 3 18 2014 5 13 109 NINJAL 2012

More information

A9R7022.tmp

A9R7022.tmp A 15-year review of parotid tumors Shin-ichi Kageyama Ken-ichiro Koga Ryuichi Aibara Kenji Kurihara Department of Otolaryngology, Department of Pathology, Uwajima Municipal Hospital, Goten-machi, Uwajima,

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

Medical Journal of Aizawa Hospital Medical Journal of Aizawa Hospital Vol. 8 (2010) Key words Neuropsychopharmacology Neuroscientist Curr Opin Neurol Clin Rehabil J Neurol Neurosurg Psychiatry

More information

夢 チャンス やりが い 無 限 の 可 能 性 を 秘 めている 脳 神 経 外 科 へ 日 本 の 脳 神 経 外 科 は 脳 脊 髄 に 関 わる 全 ての 分 野 を 包 括 した 診 療 科 です 当 然 ですが 脳 脊 髄 に 関 わる 疾 患 の 全 て の 外 科 的 治 療 を 施

夢 チャンス やりが い 無 限 の 可 能 性 を 秘 めている 脳 神 経 外 科 へ 日 本 の 脳 神 経 外 科 は 脳 脊 髄 に 関 わる 全 ての 分 野 を 包 括 した 診 療 科 です 当 然 ですが 脳 脊 髄 に 関 わる 疾 患 の 全 て の 外 科 的 治 療 を 施 君の未来はここにある 脳をみる 人をみる 一般社団法人 日本脳神経外科学会 Japan Neurosurgical Society 夢 チャンス やりが い 無 限 の 可 能 性 を 秘 めている 脳 神 経 外 科 へ 日 本 の 脳 神 経 外 科 は 脳 脊 髄 に 関 わる 全 ての 分 野 を 包 括 した 診 療 科 です 当 然 ですが 脳 脊 髄 に 関 わる 疾 患 の 全 て

More information

名称未設定-1+

名称未設定-1+ Asian Breeze NGO JICA NGO WSSD JICA WSSD Part CSW Part WSSD NGO JICA NGO CSW KFAW ICT CSW NGO + CSW CSW ESD RCE CSW ESD ESD CSW KFAW YWCA CWPDI CWPDI CSWKFAW ESD KFAW YMCA KFAW CWPDI CSW CSW CWPDI CWPDI

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

Ⅱ Ⅲ Ⅳ Assertive community treatment - Issues from scientific and clinical literature with implications for practice The Impact of Supported Employment and Working on Clinical and

More information

NST/ASSESSMENT NETWORK NST/ASSESSMENT NETWORK Nutrition Support Journal 5 Nutrition Support Journal 5 NS DIETITIAN Nutrition Support Journal 5 NS ADMINISTRATION NS PHARMACIST NS PHARMACIST Nutrition

More information

Special IssueTo save our life from myocardial infarction -what can we do before and after heart attack- Reviews Originals Case reports et al et al et al et al et al et al et al et al et al et al et

More information

”Лï−wŁfl‰IŠv‚æ89“ƒ/‚qfic“NŸH

”Лï−wŁfl‰IŠv‚æ89“ƒ/‚qfic“NŸH March Servio P KURATA YASUMICHI, A Consideration on Change of Welfare Institutions for the Aged through the History of Japan JAPAN JOURNAL OF SOCIAL SERVICES, MAY, NUMBERJAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY

More information

28_3-03-伊勢坊 中原先生-原著③.indd

28_3-03-伊勢坊 中原先生-原著③.indd Japanese Journal of Administrative Science Volume 28, No.3, 2016, 233-247 Article How do executive secretaries learn from their experiences? Aya ISEBO Tokyo University Jun NAKAHARA Tokyo University The

More information

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc 眼部腫瘍 UICC における 眼部腫瘍の所属リンパ節耳前リンパ節 顎下リンパ節 頸部リンパ節 1) 眼瞼眼 TX 原発腫瘍の評価が不可能 T0 原発腫瘍を認めない 癌 腫瘍の大きさに関係なく瞼板に浸潤していない腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm 以下の腫瘍 瞼板に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm をこえるが 10mm 以下の腫瘍 眼瞼全層に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が

More information

2009年論文と発表

2009年論文と発表 1 2012 年 学 会 発 表 および 論 文 1. 平 成 23 年 度 第 4 回 CPC 及 び 第 6 回 青 森 県 立 中 央 病 院 院 内 症 例 検 討 会 (1 月 25 日 青 森 ) 動 脈 瘤 を 形 成 せず 侵 襲 性 アスペルギルス 血 管 炎 の 破 綻 によりくも 膜 下 出 血 を 呈 した1 剖 検 例 三 木 康 生 冨 山 誠 彦 今 智 矢 芳 賀 理

More information

本文.indd

本文.indd +,-(!./,(*00123(4--/506(78(/,-(92:20()7;5-/=(?@A(20B(=>=()CDE=+()FGH=G> 第 26 回 土 2015 年 3 月 14 日 日本眼瞼義眼床手術学会!"#$%&%#'() *+ 場所北海道大学医学部学友会館 フラテ 会 長 野田実香 ( 北海道大学病院眼科 ) 特別講演 1 ランチョンセミナー 講師野平久仁彦先生 (

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

MP730/MP700 基本操作ガイド

MP730/MP700 基本操作ガイド FHFL3/JP/BG 消耗品 オプション製品のご購入ご相談窓口 消耗品 オプション製品はお買い上げ頂いた販売店 またはお近くの キヤノン製品取り扱い店にてお買い求めください ご不明な場合は 下記お客様相談センターまでご相談ください 修理サービスご相談窓口 基本操作ガイド 修理のご相談は お買い上げ頂いた販売店にご相談ください ご不明な場合は 下記お客様相談センターまでご相談ください キヤノン株式会社

More information

第57巻2号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第57巻2号/投稿規定・目次・表2・奥付・背 Feature articlesdiet in a society with a growing elderly population and a low birth rate Original The problems of breastfeeding Kazuhisa Maeda, Ryuji Mitani, Satoko Endo, Yoshika Saijo, and Toshihiro

More information

日本内科学会雑誌第103巻第8号

日本内科学会雑誌第103巻第8号 β 高齢化社会で注意しておきたい神経内科のcommon diseases トピックス 図 3. RBDスクリーニング問診票日本語版 14 5 点以上でレム睡眠行動異常症 RBD 疑い 脳血管障害のリスクと関連している 中等症以 PSG 検査が必須にて確定診断のうえ AHI 上のOSASは脳血管障害の独立した危険因子とな 20 以上では 経鼻的持続陽圧呼吸 nasal continu- 17 る可能性があり

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

01_舘野.indd

01_舘野.indd 論 文 Hospitality in the Tourism Industry: Present Conditions and Problems Kazuko TATENO and Ryozo MATSUMOTO Abstract The meaning and usage of hospitality varies according to different fields of study and

More information

9 1, , , 2002, 1998, 1988,

9 1, , , 2002, 1998, 1988, J. Japan Soc. Hydrol. & Water Resour. Vol. 20, No.1, Jan. 2007 pp. 34-46 Dushmanta, Srikantha, 2004 "basin wide integrated flood management strategy" IV.2.50 9 1,893 333 3 528 109 54, 1987 50 9, 2002,

More information

Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 認知症高齢者と家族介護者間のコミュニケーション改善のために訪問看護師が実施した支援のプロセス : 共依存事例について (The Support Process in Improving Communication Between Elderly with Dementia and the Family

More information

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System Vol. 52 No. 1 257 268 (Jan. 2011) 1 2, 1 1 measurement. In this paper, a dynamic road map making system is proposed. The proposition system uses probe-cars which has an in-vehicle camera and a GPS receiver.

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

OLIF Hybrid PF 2012 OLIF 1, 2 OLIF OLIF OLIF Open Hybrid Rigidity, Single stage Two-stage MIS 1, 2 MIS Sagittal Adjusting Screw SAS + LONGITUDE II Dir

OLIF Hybrid PF 2012 OLIF 1, 2 OLIF OLIF OLIF Open Hybrid Rigidity, Single stage Two-stage MIS 1, 2 MIS Sagittal Adjusting Screw SAS + LONGITUDE II Dir OLIF Hybrid PF CLYDESDALE Spinal System CAPSTONE PTC Spinal System Gary K. Michelson, M.D. OLIF Hybrid PF 2012 OLIF 1, 2 OLIF OLIF OLIF Open Hybrid Rigidity, Single stage Two-stage MIS 1, 2 MIS Sagittal

More information

2

2 The Japanese Division of the lnternational Academy of Pathology Published quarterly by the Japanese Division of the International Academy of Pathology 2016 Number 1 OFFICERS PRESIDENT R. Katoh, M.D. (

More information

The Empirical Study on New Product Concept of the Dish Washer Abstract

The Empirical Study on New Product Concept of the Dish Washer Abstract The Empirical Study on New Product Concept of the Dish Washer Abstract t t Cluster Analysis For Applications International Conference on Quality 96 in Yokohama Clustering Algorithms

More information

学位論文題目 Title 氏名 Author 専攻分野 Degree 学位授与の日付 Date of Degree Resource Type 報告番号 Report Number URL Kobe University Repository : Thesis Analysis of the Cloud Observations by Radar and Lidar 岩崎, 杉紀 博士 ( 理学 )

More information

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6)

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6) 1 2 1 3 Experimental Evaluation of Convenient Strain Measurement Using a Magnet for Digital Public Art Junghyun Kim, 1 Makoto Iida, 2 Takeshi Naemura 1 and Hiroyuki Ota 3 We present a basic technology

More information

Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution of female patients with blad

Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution of female patients with blad Key words: Female with bladder irritability, Subjective symptoms, Pyuria, Bacteriuria Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution

More information

44 2012 2013 3 195 210 教養教育のカリキュラムと実施組織に関する一考察 2011 教養教育のカリキュラムと実施組織に関する一考察 197 2011 2011 1999 2004 1963 1 1991 29 2002 2 10 2002200320032004 20052002 2008 2011 198 44 2 34 5 6 1995 1999 2001 2005 2006

More information

”Лï‡Æ™²“¸_‚æ4“ƒ__‘dflÅPDF‘‚‡«‘o‡µ.pdf

”Лï‡Æ™²“¸_‚æ4“ƒ__‘dflÅPDF‘‚‡«‘o‡µ.pdf No.4 1 1 2 No.4 No.4 2 3 4 5 6 No.4 7 8 9 No.4 10 3 No.4 No.4 4 No.4 No.4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Assessment Class and Conformity: A Study in Values, With a Reassessment Research in Social Stratification

More information

Microsoft Word - cvj

Microsoft Word - cvj 履 歴 書 奥 村 綱 雄 (Tsunao Okumura) http://www.okumura.ynu.ac.jp/ okumura@ynu.ac.jp 勤 務 先 住 所 240-8501 神 奈 川 県 横 浜 市 保 土 ヶ 谷 区 常 盤 台 79-4 横 浜 国 立 大 学 大 学 院 国 際 社 会 科 学 研 究 院 TEL: 045-339-3524 E-mail: okumura@ynu.ac.jp

More information

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号 太田ら 同時多発性高血圧性脳葉出血の 1 手術例 図 1 搬入時 CT 上段 単純 CT 下段 造影 CT 図 2 術後の脳血管撮影検査では明らかな出血源は認めない 379 Reprint request: MULTIPLE SIMULTANEOUS HYPERTENSIVE LOBAR HEMORRHAGE Hirotsugu OHTA M.D. 1) and Akira YOKOTA M.D.

More information

) 2) , , ) 1 2 Q1 / Q2 Q Q4 /// Q5 Q6 3,4 Q7 5, Q8 HP Q9 Q10 13 Q11

) 2) , , ) 1 2 Q1 / Q2 Q Q4 /// Q5 Q6 3,4 Q7 5, Q8 HP Q9 Q10 13 Q11 2009 0612001. 1) 2) 2 2009 3 2009 8, 10 1 3, 12 50 4) 1 2 Q1 / Q2 Q3 910203040 5060708090 Q4 /// Q5 Q6 3,4 Q7 5,6711 123 4 Q8 HP Q9 Q10 13 Q11 , A 5 2 3 3 3 3 3 2 8 5 3 3 4 A C B 1 1 KJ 1 9 1 12 12 15

More information

学位論文題目 Title 氏名 Author 専攻分野 Degree 学位授与の日付 Date of Degree 資源タイプ Resource Type 報告番号 Report Number URL Kobe University Repository : Thesis 道徳的個人主義の展開と 心 の聖化 山田, 陽子 博士 ( 学術 ) 2004-03-31 Thesis or Dissertation

More information

2) Cohn, Jahrb. f. Khk., Bd. 37, S. 187, 1918. 3) Elgood, v. Korenchevsky, The aetiology and pathology of rickets from an experimental 11) Kassowitz, Jahrb. f. Khk., Bd. 65, S. 251, point of view, P. 155,

More information

2 146

2 146 28 2004 pp. 145 159 1 Received October 29, 2004 In 1999, North Korea reversed the negative economic growth of the 90s, and displayed a positive trend which, although weak, was maintained at 1.8% in 2003.

More information

ABSTRACT The "After War Phenomena" of the Japanese Literature after the War: Has It Really Come to an End? When we consider past theses concerning criticism and arguments about the theme of "Japanese Literature

More information

琉 球 医 学 会 Ryukyu Medical Association Title[ 総 説 ] 口 腔 癌 の 潜 在 性 頚 部 リンパ 節 転 移 に 関 する 諸 問 題 Author(s) 平 塚, 博 義 ; 砂 川, 元 ; 仲 盛, 健 治 ; 津 波 古, 判 ; 喜 舎 場, 野, 岳 史 ; 喜 友 名, 淳 子 Citation 琉 球 医 学 会 誌 = Ryukyu Medical

More information

Title 人 的 資 源 の 会 計 的 認 識 : 日 英 プロサッカークラブの 実 務 を 例 として Author(s) 角 田, 幸 太 郎 Citation 經 濟 學 研 究, 55(4): 79-94 Issue Date 2006-03-09 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/5835 Right Type bulletin Additional

More information

18年度石見美術館年報最終.indd

18年度石見美術館年報最終.indd A Annual Report Annual Report B 1 Annual Report Annual Report 2 3 Annual Report Annual Report 4 Annual Report 5 Annual Report 6 7 Annual Report Annual Report 8 9 Annual Report Annual Report 10 11 Annual

More information

C O N T E N T S 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 2009 Annual Report

C O N T E N T S 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 2009 Annual Report C O N T E N T S 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 2009 Annual Report 1 1 2009 Annual Report 1. 2. 2 2 2009 Annual Report 3 3 2009 Annual Report 3. 1980 1991 1992 1993 1994

More information

Microsoft Word - 学会発表014.docx

Microsoft Word - 学会発表014.docx 565 くも 膜 下 出 血 周 術 期 における 集 学 的 治 療 ~ 香 川 大 学 医 学 部 付 属 病 院 救 命 救 急 センター~ 第 19 回 日 本 脳 神 経 外 科 救 急 学 会 富 山 2014 年 1 月 11 日 S3-2 シンポジウム3 脳 血 管 障 害 Ⅰ 河 北 賢 哉 進 藤 徳 久 藤 森 健 司 濱 谷 英 幸 切 詰 和 孝 篠 原 奈 都 代 阿 部

More information

Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture

Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture August 31, 2011 Corrections of the Results of Airborne Monitoring Surveys by MEXT and Ibaraki Prefecture The results of airborne monitoring survey by MEXT and Ibaraki prefecture released on August 30 contained

More information

物流からみた九州地方の地域的都市システムの変容

物流からみた九州地方の地域的都市システムの変容 Working Paper Series Vol. 2009-05 2009 2 Working Paper 14 10 13 18 194-0298 4342 E-mail pakugen69@hosei.ac.jp 1 Pred 1977 1985 1994 2001 Murayama 1982,1984 Friedmann 1986 1994 2001 1 2 1979 1984 1991 2005

More information

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning 要 旨 / Moodle Blended Learning Moodle キーワード:Blended Learning Moodle 1 2008 Moodle e Blended Learning 2009.. 1994 2005 1 2 93% 95% 2002, 2004, 2011 2011 1 Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning

More information

Rubin Rubin

Rubin Rubin Yamagata Journal of Health Science, Vol. 7, 2004 2 2 Sumi MISAWA, Chizu KATAGIRI, Ryoko KOMATSU, Yohko FUJISAWA The first report focused on maternal role behaviors of women in childbirth, especially the

More information

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973)

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973) Journal of the Geodetic Society of Japan Vol. 27, No. 3, (1981), pp. 183-191 Research on Fault Movement by means of Aero-Triangulation ( T) (An experiment on the earthquake fault of the Izu-Oshima Kinkai

More information

Hiroshi OSAWA A Study of Nutrition and Behavior With Particular Reference to Functional Hypoglycemia In order to understand causes of various kinds of problem behavior in the present time, it is assumed

More information

16−ª1“ƒ-07‘¬ŠÑ

16−ª1“ƒ-07‘¬ŠÑ The purpose of this study is to clarify a process that Awa dance developed into tourist resources and the factors that it spread out in all over Japan. Consideration was made with the memory magazines,

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

Core Ethics Vol. -

Core Ethics Vol. - Core Ethics Vol. - Core Ethics Vol. - Core Ethics Vol. % NICU - Core Ethics Vol. - - - - Core Ethics Vol. - NICU NICU NICU NICU http://www.arsvi.com/d/i.htm -. http://www.normanet.ne.jp/~ww/,,.,,, -.

More information

b n m, m m, b n 3

b n m, m m, b n 3 13th Annual Worlds of Flavor International Conference & Festival z x c v z x c v 2 b n m, m m, b n 3 . 0 1 2 3 4 5. 0 1 2 3 4 4 5 6 7 8 6 7 8 5 9 0 1 2 3 9 0 1 2 3 6 4 5 6 7 8 4 5 6 7 8 9 7 0 1 2 3 9 0

More information

Vol.57 No

Vol.57 No Title 合併と企業統治 : 大正期東洋紡と大日本紡の比較 Author(s) 川井, 充 Citation 大阪大学経済学. 57(3) P.38-P.72 Issue 2007-12 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/17848 DOI Rights Osaka University Vol.57 No.3

More information