The Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey of Japan 靄 戯 瓣 河 嶋千 ダ 4 鬢 を國込資源に求むる窮は焦眉の急務ともられるに至つた 特化學用磁器製品 電氣用碍子及び高周波羅縁物 電鏡管等に 縞級の犖陶鯲及び輝攤の主原糀 して艫の瓢謝繝題 硲玳用騾の隠鯀鯔驪嘱篶

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "The Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey of Japan 靄 戯 瓣 河 嶋千 ダ 4 鬢 を國込資源に求むる窮は焦眉の急務ともられるに至つた 特化學用磁器製品 電氣用碍子及び高周波羅縁物 電鏡管等に 縞級の犖陶鯲及び輝攤の主原糀 して艫の瓢謝繝題 硲玳用騾の隠鯀鯔驪嘱篶"

Transcription

1 The Ceramlc Ceramic SOCIey Sociey of Japan 謬 鍵 熱 δ 烈 鏡 現下の陶磯器ヱ業を繞る賭蘭題 9 % 宛触 れ其の 儘でほ到底電簾 や縁楙斗の製造原料とは鰰 なる の で 他 } 棚 礬右誘髏母 電氣硝 ど から加里轍 硼 難いものである 從つて其の中の優良なも 4 ゴを酸疆理等ビ依酸鹽などと 7F 行して水酸化ア ) レミ a ウ湊 アルミ ナ等乃製造りつて酸能鐵分 石次分ザアルミ ナ分などを丑 來るだけ溶出除を行つて之に仰ぐべきである 第コに綜此の純アルミナを用 丶 P 去し使用可能か否か等 ( 就き速急に試駝研究すべきである ゐても想丘年の菓 矛 資等の航室機絹點火栓のジン e コ (2 ) チタンコンヂンサー ( ヂダ! ン ) として近年急に注目ルンドはアノンミ之分 90 % 以下 80 % に近く 珪酸を % 幾 されかけて來た酸化ブタン系磁器製造の主原料である酸化チ S くも含有して居る高アルミナ質磁器廼あることは孚熔燒成温 タンは他 D 塗料其 他多數の用途 こ供する ものよりも純良な 度の低下 氣孔率極小の規成の必要性から純アノレミナにヵオ ものを要しジ其の化攣成分隈度及び分訴次の日本標雑規格をリン等の配含を必要とする以上ダイァスボル ズ子石等のア 紹介瞬本邦の 4 製造工揚 D 黙が剱れも此の純度規急確ノレ証職鱒咢 ll 飄内訊料から檢討しダ酸化鐙黛分 : 塚去 IC 依りしな鯨因膿齢の不鞴原糊タ畷舞 ( 伊 ナイ原編薩劼得る と m にズ訟 讎髄簸臼 熔 ト ) が 諮威印 ws ビルマ マ ライ等から 輪入鑛石の社繦 み 焼成火度を低下し 緊密な崖成可能 D 見込のある 有望な原料 冫鉱鏃 砂鐵等も入手不依可能に であるから池念にグィア ス ポル 齢 i 何能な長崎縣五島ズ a 滿洲及び朝羊の原料尹客 りド斷略地湖抛腕酸匿汐ン含有率り多くない砂鬱鑛石飾 の有望な長野縣 f 灘 碧剥讎ご蒐其 他の産地凋肺 i s を原料としな融ばなら環 を指摘した 誨料の膨讖紲靴ズ 所倦新原料の製品罎縦な葛こ就て (3 ) 熔ア ミサ質贈麒遣囃 賦第に輕金屬ア ミ 蒄恕齢討 s ニべきである 製酬純 ル 旗啝度脚照 瑚鄰特 驫郷鱗羅響鑼鰈霧謙艤騰 級 級晶妙は稍劣るが此胖熔ア ミ頒確器製造灯 と賄加員と 餠蜘の黝授けて浤 津 勘驪鴨確もの 鞴蠶簾襲臑欝 臆 ; 論黼灘韈鋸講 : 轢羈鐔主蘇講 驫 費 5 料 現下の 陶磁器工業を繞る諸問題 河嶋 千 i 蕁 () 緒冒 戰時中特歹皹甸磁器の分野に異常互躍叢を示した我圃陀磁得 工業は終戰と共に再び李和産業の主要部門として國内に於け る屍宝庸品 戰災復與資材その他工業材料跡品等とし g V み ならす美術陶磁講其他の見返ザ牧賞として我逸産業の再鉱こ 新しい使命を臭出すに華つた 而し CJA 下の陶磁器工業を鏡つて最も緊急に對處せ らるべ き事項ぽ燃料及び壕料閥 L 冠と費あるが轄に現下の撚料事備の 惡條件は窯業部面に致命的打韆を與へ 製蛾 製鋼を初めらゆ るあ重輕鉱業の生産を阻害し殆んどその機能を麻痔状趣 ζ 陥 らしめてゐろ事は ; 周知の處で 更に本闘題 { ま交逋 食糧船 佳 面にも深刻な祗會不安を投げ とれが解決は蔓家 D 重大 既題として日も鷲巡を許さざる状況に立到つてゐる 斯くして陶磁器工業に於ける燃料對策問題は生旋當事者聞 に頻りに考究せら : れ 例 へ ば臣炭及び甥深の泯用 薪材及び 雜竹の積匝自聒用 鯊爐饑造の改善 櫨壁の斷熱及び窯詰方 J 法の改良 燃焼篠の豫熱菰斯瞬廴鵬搬の黻低ド 及び澆成時 } 肱短航倒破磁講及び不燒陶磁 納研究 鋸溺焼戌等の問題に就で種浸の濁策が試みられてゐる 就中現下の燃料嚥梼に鑑み陶磁 得の天然瓦斯及び比黙に る高温焼成法 轍近で働崗 : こ於て熱心 c 企垂せら麁 既らそ の { 部康施に β 搬提 レ ゐる事ほ嚇声灘臓ある 恥聯瓦厨嬰蝿獄群膃驪号繼必 ネ 鋤 9 静 よ 工業牝の研究は單に陶磁饗工業のみならす研磨材 欝も琺 瑯 ン畷醐火工願欝略鏤業鸚獄砲懇 に貢獻す溺薩めて大なるも z があらう 我國で l! 磁幕方匠に ; { けろ電熱の利用 }k 低盥の繪付トンネ ノL 窯に好成泣を示しゾe が 2 葡 附近以上の蘰湿陶磁靉燒戊用トンネノ L 窯は惣憾乍らフ ぐだ 写児を見るに至つてゐ気い 更 囎選方而へ曝撚糊ゴ珊 : 究廴概 醐 和 7 年筆都敢近藤 数提と共に備子の電熱熔轍轡の研究並に特許を公爽した 後この種の研究は至つて少なく叉その本洛的の工鋳黜 λ 艙用に 就てぼ歹飢ど省みられ営獺の誠に漣してゐるも D ま全く見 e 當らな砥歌であ る 莚 ザ 然雛歐湘唹ては U 暾 4 聞 隻訟天瓣乙倣び電 力費源の禾鳴の研究は窯業方旃に次第に賛施宮られヂ特に陶 磁 E YA びヱナメノ の電熱規成トンネ 窯 D 如きは シリシト グ i バー jal 二の優秀な表仕珪素張熱縫及び カンタノレ線 ゆ の如き高紹弼熱合金の發明と共に念沌に擦逹し饒に本格的に エ業侘亡られるに至つてゐろ 筆者は現下 { 青勢 で鑑み こ 昆醇の歓米に難る蜘韜瞭熟蛾職蓮の鞭を轍砺録 しで燃猟 ll 趣 ζ 對すろ 虜 ; 昆 とヂる次第で [S る して縫繍賢り參考に供せん 次烈獅臓題と共 頓乏も緊要と考へられるこ顧は原料莖攤 性題であづ 離ら鋒戰 進並として外魍 τ 依イ した朝肄 滿洲 のイゴ用窯業費源の全面!i 瀚入の杜絶に 俘つてこれが代薺踉料 S

2 The Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey of Japan 靄 戯 瓣 河 嶋千 ダ 4 鬢 を國込資源に求むる窮は焦眉の急務ともられるに至つた 特化學用磁器製品 電氣用碍子及び高周波羅縁物 電鏡管等に 縞級の犖陶鯲及び輝攤の主原糀 して艫の瓢謝繝題 硲玳用騾の隠鯀鯔驪嘱篶現 を見た朝鱆カオリン ( 河勅オリ y ) め入手不能による代替原料下の陶磁器工業と騒鬲聯して直ちに實施に移ざるべき幾多の事の如き 或鮃壊粘土 長攤腫 復州粘土その他醐物用項が逡されてゐる ゴ 圏 靴頁岩類鋤鄭 } 師メ〆鰯長灘玉石として無二の吻黼來螂殉磁紅業の齷の爲に皹廠上の工黜の 良材とせられた朝鮮戚鏡北道産遮湖石の如き 或は濾遯用陶課問題のみならす純學瑾的の基礎研究部面に就 も早急に世 器の最迸原料として知られた朝鮮慶徇北遘甘浦螻珪藻上の錨勺水準にまで進歩向上せ しむべきほ茲に贅言する迄もない 痴き 特殊陶磁器の溝洲滑石及び朝響産珪線石礦物頚の如察で吾汝窯業技銜者は日本産業の再建をめざして現下のあら 画製鐵製鋼力而に莫大嬬婪を見 Ox あつた滿洲 北鮮ゆる悪條 ca di 克服し 各自の職責に夫咥力を傾注すタきで / 瀚菱薫土礦及び マゲネシアクリン W の如急更繍あらう 斟麗 石 纏方面の石識石膏及び稀土類 (2 ) 陶磁器の電熱燒成法蹴て 驩九味沈砂 獲物資源の如きは何れも我國の主要窯業畷料として不可缺の齦近窯業方面に天然耳斯又は電熱煙成の問題び次第に撻頭 纈であり :ζ 耡玳翻糀して舳螻癩痴澗並瞭たつ醸 覲下の贈騒問駛蠍して當然の云畢に求知の諭贅源乃藪見董に臨發はこの際最も早念にへ着手せらやう 低濃の繪付トンネル窯賦既に我圓でも大症時代から乞べきであらう 日本陶器切め迸代施設を有する工湯に於て現に燦業が續けら 難 陶簾 稍子灘 繍 酬 として國癆養灘 乱 瀰 i ゐ黝 q2 4 隴 旺 黝 の高瀞贓 器麓鑼 砂 硼酸 酸化鉛 唐土 ( 鹽基性表酸鉛 ) コぴノレマント ガ に就 τ は朱浴遺憾乍ら實現を見るに 至つ て ) ゐない その直接 ろク P ム 二労ノ ウラン等の各媒舗粍艶源料の醐は電熱焼成の鯲握る麟徽は魏胝抗脚歩數 等を海外よい踰入する方策等に就ても憙速にこ車が封策を考 於てば歐米流晶に匹敵する優秀製品が容易に入手し得られ慮す琴きで蓼らう なかつた事こもあろが我國の窯業界が今譱でこれ等め電熱燒 の羣礁麟て購騰躰協會嘆 礎腦委ど歔就て上麟鞭勺襴舜た黝働齢糶らう 暁設置し / 山内會長を初めとし 十數名の委員が中心とな? て (:S : 近軍本邦 こも x レマ徠海電極 ) テコランダム ( 日本電與 ) 等 着瞭儲を進めづ豆るが 先づ國内の粘土類の調査 號の憾鎌巒 : 醐贈鱒れてゐるが鞭股の癩囎み生産翫 に就ては末野悌六才牀瞠兩委員及び筆著の雛がこれな澹の P 下を特に望みたい ) 當し () 北海道地區 (2 ) 京北 開東及び中部地方地麗 (3) 硝子工業方面に蜘ナる天然互斯の利扇は現に薪潟油田地區 近畿 中爾地方及び四國地揮 (4 ) 九蠖地埴憂と夫々各地匿毎にに小規摸乍ら蜘こ實施せられてゐるが陶磁器焼成 N の利用は 地方姿員匙委囑して調陛に萬全を期ずると頬 τ 學衛 ll 勺の研究戰騒中二 三の企書を見た儘で現住は巾絶の歌况に立到つで 謝面に翼しては失々專門委員を選定して粘土類の地質 蕨物ゐる 叉硝子方面への電熱の利用 C 就ては既に昭秘ア年筆者 學的研究並に物理 化擧及び窯業工學的の基礎研究を實施し は敏近擦狭授と共に硲子自體を電氣傳導體とする硝子の電 g 8 (f7 ) て急遮膕畷卿開紐その工雑業的硼蹴て具肭黼輌薪究 ( 本誌 昭 740 ( 4 ) 廴 3 ) 方策を進めんとしてゐる を實葹し 數十種の硲子組成己就ての溶融試驗結集並に少量 筆者は之に先だし醜こ數年前よ朔内陶磁器費源 D 調莓研! の酸鰡互鉛齢窒加して昇灘電亟による鮹子の汚染を防止する 兜を鱒し滯腑蜘器概類鯛磁器纈妙てり瀦特許鰄齢河瀞尋第 9 跚號 ) 及び黝と酸化碯と偲 ( 就て研究を進め來た g た示 隅礁器のみならす耐火物其 の反籬 温度の決定に就ての研究を發表した 更に筆者は本法 他の費源としても r 應國内に症けろ原料調査の必要を認めたの如き電熱利月 の研究は牆來過剩置力の利罵法として大規鏡 サので各地試驗所及び陶磁關業髫に夫 k 陶磁器原料蹕在表を遘の工叢 rン驗に際しては寳材其他の窯爐設計に充分な毒問的僉 附して資料の提出を催嬪しだ所幸ひ各位の熱誠なる御協力に討を畑ふる事によ? て粘當有利に企業化し得べき事を詭明 よ匁噫蜥黜鋤激の碧蜘を礁額輪繍 托滝力罐富な鰄 そ Qva by 性を黼した 産彫 ) 欟要を記載して廣く參考資料に供せんとするものであ然るに陶磁器の電熱燵成は外劇に於ては既に 8 印年に實 名 徇本稿は單に今後に瑛ける銀撲原料委員會に對する費料用化老らSk 單に陶磁器のみならす m メノし蝶成窯耳も實施噛その討細な内容に就ては更に後日して女藏續を收め 近黶に優秀な發熱胝抗髏の出現によつ の勍と除さんもので の調査 研究によつて夫汝へ逍襁改訂を加て公表する豫定て 蜘鐙鮒近までの高温度の陶磁罫黻が可能どなり工業冖である 更に筆者は都緜地區毎に粘土礦床其他 K 源の現地的に既に本隋的つ操業が行はれてゐ瑚状である 調査の言蹉を勘べく町準讎であそ叔れ蹴てぼ騨蹇熱鰄窯の特碕利とする所は ω 融融の容搬る 埴方醐係機蘭友び會員諸氏の熱誠なる郷支援と御致示を懇願こと ( 飢窯内濃度の均 ( 3 窯内が濡淨なるた鉢鱒匣を全廢す歓獅ある 若くぼ鰄し得る と鋤焼蘂繝囎し嘘晦 5 ノ の 拶翼欟下の陶灘工業を繞鍾要纐としては規格臆翻 (6) 黻不歸の減少 σ) 欝徽び麟代の鰍 (8 ) 戰災復興資材としての屋根瓦共他の建築用陶磁器の量釐問熱效牽の特 IC 良好なること等である 反之比職的 r 利とすう 題 最近急激に需要を見つ 工ある電承製鹽及び硫安髪遣制の 所は l) 築遘設傭費の嵩むこと (2 ) 優秀な發熱體の 入手困 ダ 0 忌 L 丁

3 The 工 Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey of Japan 丶 儲 62i 號現下の陶磁器ヱ薬を綫る諸間題 P l 戴なること (3 ) 壌熱體の消耗又は破損のため取換へに經費を 蓼すること (4 ) 輻加熱のだの窯の斷面積に制限せらる x こ と ( 句還元以成じ特殊の技術を必票とすること等である 倒焔式單猥窯に於ては熱量の大部分が匝鉢 窯道具の燒成 及び窯壁の蓄熱等に淌費せ られ製品に樹芝ろ熱効奉ジ極めて 低率である事は周知の夙である 吏に通常 Q トンネル窯に於 て箱中に封入し 所要の燒成温度で金屬が熔融すると自動的 ても匣鉢のに飾滅よつて葺己く熱効攀が高められ 碗へば沸國 Scfim Fic!e K 如 (Trans Cθram Soa 部に還元写斯を導入する弓とによつで窯勾を CO 3 30% 程度の還元雰圍氣に保ち得た旨を報告し E Sch 煙 m (ifelain R 麗贓 ア 205) は同樣の目的の爲に臺羣の上に油の 容器を乘せて加熱帶に逹したとき之を揮發せしめ 或は木片 及び木炭の如き固體燃料を所定の澀塵で熔融す吊傘屡を以つ に窯内で蓋が閉き邏元の 目的を逹する特殊の 方法を案謁し た 倫發熱體り酸化を防止する保護雰圍氣は CO 2% 程度の 57) の如きも燃燒瓦塒中の荻分 炭素粒 有害瓦斯等を完全 遐乖が最も潭當であべく旨を逹そゐる に除去し何奪阨鉢を使用せすじて約 30 唄 0 % の熱經擠が得 R Bvckkrerler ζb : 夢 rdeukeranθes られたと報告してゐる事實から搾定しても粍熱焼成トンネル 窯は彳疋來の窯爐に民較してこの黒 雌かに右利な條件 C ある事に容易に首肯し得られる ; ; 斯くして歐米に於ての陶鑼の電熱焼成法は襲に本格的の 實施を見るに至り ζ 乂 0 宝燗に念淳な進歩を遒げっ x ある ので以下それ等の諫爐に關す 3 主要文献に就ての抄録を集録 して今後に於ける我篋 陶磁器工業の進歩に對する何等か ol 參 考に供し度いと思ふ な 印ち LL Bullin ( Trα ns Oerαm Soe ) は 樋去數輛の陶嚇蹴の進歩に就て言載し 從來駆企圖 せ られた黒鉛電程加熱の樣式は結局電極の燃燒を防止する事 が困難で不成 加こ終つたが 輸朕トンネノし窯では扉装置を用幻ひ窯内を各室毎に區分する方法を採用し 食挽施黜などもこ の様式!C よつて解決し得たと説明してゐる 又電熱焼成トン ネレ窯ノでぽ煙域瞳闇が著しく短縮をられるが全長 25ff 200 c fj 或 ) ノ 型 ト冫ネ ル窯 (r ま齧 6 罫寺間 長さ 56 fi300 る所は加熱軆の費用 L 電力費 諱台讚及び賜讃物嵩む事 C 焼成の窯では約 26 時間で燬域を終つたと報じてゐ 邏元燒成に特殊の技術を必要とする事等である ろ R Goilc M To }le and M 潔 elson (4 aeg ηθγ # mt A Ri ge 妊 0 ram d エ25 ) は 20Q Soe 附近以下の蔑成澀度では Ni 晃 7 220) は電禦醗成トンネノレ : 窯の得失に就 L Cr 合金 Megapyr Kanal て線等の Fe N 广 Cr 淪述し () 優秀な高澀發熟 ;} 豊の入手困癬なること (2 ) もむサめ Co 系耐熱合金を夫凌使用する それ以上輻射のみに依るカr; 熱の否利なること β ) 製晶の表面のみ磁蹄 の誘温焼成が充分工業的 C 成功しながつた原因ば優秀な發熱 抵揃體が容易に得られなかつた爲で 近 de F Si 工 i 及び Gleber 等の如き優秀な炭化珪素系の發熱體の出現によつて初めて C 附近の電熱規成が可能となつた 電熱燒成トン ネル窯 : 章陶磁器の上繪仙釉焼窯にも應用せられ從來のトン ネ丿 L 窯に較べで約 50s の熱經濟となるのみなら歩規成時聞 はイ淑窯の約!0 程度で 發熱鱧は約 20eo 時聞の使に月ノ灘得証述べてゐる F Demer (B 群 Deuscん Ke aen Ges 工 Q6 23δ ) は電熱煖戚トンネル窯では艱の臨面積犂特 c 小さく設 計する ζ とによつて燒成時間を著しく短縮するととが出來 爐壁こ斷嬰瞭瓦を使用した小型トンネル窯は飫にエナメ丿 燒 付 硝子 φ 徐寵陶磁器製品の繪付及び慕雌陰 食器及びダィ ノ噸の焼成に髄である 洋食器 スナ蝿珂嚶品の本雛 窯では約 6 時間 陶器の釉焼及び彿燒では約 7 0 咼聞の短用にへ耐得ること 上記の方法で還元氣瀕が比較的容易に得 時間で焼成を絡つたと述べでゐる R Gould and M Tool られたことなどに就て夫 ぐ報告してゐる (C8rQmic rndusry ウ ) 35) は優秀な發熱胝抗體ゐ使肘によつて約 4500 Rilg }n (SPrech8an ) は電熱焼成トンネル附近まで鰲に於て比較的低澀で窯内察氣の張制循還を行ふことに依つ の電熱燒成に麟功した 叉 900vlooq 附遞に於て窯の底て熱の饉導示良イなり鰆 に多輓溢式の 3 ンネル窯に痴ては ff l 22) 娜旬磁屡の電熱孅トンネ 窯の設計には築難 經濟 燒或技術の諸點 特忙 ( ) 窯の構造及び焼成方法あ改善 (2 ) 斷熱煉瓦の使用によつて壁からの燒顕失を極力防止すをこと (3 う製品の損傷を起さな h 程度にカ 墾時間を短縮するこど (4 ) 冷却時間を短縮して焼成回數を塘す ζ と等に就て持に留 意すべぎ事を彈調してゐる 發熱體としては 00 以下は Cr Ni 合金 (NiChrome )eos 二 250 は Cr AI Fe Co 合金 (Megapyr Kanhal ) 250 v450 は炭化麁素發熱 體 (SiliGlober ) を夫 k 使用した 誠花珪素裘熱體り壽命 は使用澀度ジ鯊爐内の雰圍氣等によつて相違するが } 大體 時問程度である 電熱焼成法の刹點は匣鉢の全廢に依つて窯詰容積を激増し得る事 焼成邏度及び時間を任意 に調節出來る事 褞度分 fii の坊 繪付光澤の 良好なる事 勞賃の輕減及び製品娯傷の僅少はる事で h るがその不利とす 化の恐れあること (4 ) 石炭 重油に比して高價なる ζ と等の 不利な點もある力叛面その利點は () 窯内清淨で SO 婁 O H20 CO2 σ0 を含まない事 (2 ) 澀度の調制任意なること (3 ) 匣鉢の篩減 ( 4 ) 燒成喫甘護 の縮箆耳 ( 5 ) 酸化 遐元の選擇可 能なこと (6 > 煙突の不要 (7) 生産額の墳加によつて築造費 を淌却出來ること (8) 燒成品の不良め少ないこと等を擧げて ゐる 著者は蕘ミの長さ 55f 幅 2f in 高さ f( 燒 成帶嬢さ i ユ 5f 幅 2fL i 高さ f 0irr ) の小型ト X * 丿レ戴を設計したが加熱攫として黒鉛化炭素棒を使用し 木炭片を小型發生爐で燃燐せしめて發隼し た CO 35 40%CO2 2 5% の瓦斯を 時聞 450 f3 の割合で窯内に導入し 燒 成帶附近で CO 5 % の遐元雰圍氣が得られたと述べてゐる 焼鑷は殆んど純白で電力費 ρ 安臆る霞囎採糊能なび と 黔臼發熱甄抗體も適當な條件にては 2DOO 時間程度の使 J 〆

4 The Ceramic & mlc Sociey SOCIe y of Japan 轟 2 曾 河嶋 華辱第 E40 集 熱 D 交換踉くなるため 瞳壁勵 ilし勸聯約が 昧る ま額繍 kw 緲全長 30 m 生齢力 礑り 6 00 磁べてゐる 麺綱畷て綿ヒせられた樹鰤焼齟ゼ 4 幻腰繍罫製蹠勘 06 w 鍵タ し線嫻乙のト ネ 儻 (0 鋤 掘 蜘 晒 r2 4GINI 2 IOO F 槻 で攤して居る T ( に難 ; 生縦鰍用としごF 様で蹴隅卿韈よ 6 脚 9 F 9 な響 が紡総糧 5 蝿複靴窯ク厳 7 n ; 醐 50 2SOO F の 3 部 區飛られ 第 及醐 2 撫 i 彌斷 i O 6 06 麟量二製 鷹誉夢 3v5W である _ 勲金第 伽 α 加發 遡駄を齟 h 佛 縺軸纛剃廟 事獣 注自す煙事での鋤を竰とす 燒端 撫昏 継鷹熱 る 934 年髄唹て鰍舫縦もの熔量 3 こ W b を緻し 高醗薦破さ脚 4 尉である 雌及び天や歪長 9 聯硬 d936 顛太禾 i 殲醐 c lk つ井から蠣身拠 麟の歹 主廐騨総 燃トせられ 七灘ち鰔も嚇晒蝿窯娠 9 伽で b 璽 v 瑚 伽は 限畝 第 2 琴宥に購酬姫瀕 3 獣! まバー及び リ ト徽託 劇 弋麗として繼備 320 耐燃聴鰭 L てゐる 褫 8 鯲して下揖業居る誤他多甑の最新式隧 A 懐 9 n 伽 伽 肋 岬 エ938 曇! 9 頼 3 ) 灘嘆設も行齢てゐるが塒は隙も繍鯏月 カ { 勸 ては陶磁 骸初電聽礁の緲鷹礁發獄即醐イ 利に解樮晞塒端度黝略城事實鳳つて としての嶮付灘雑凧孅窯 (2F 勾マゆ繼灘釉噺 の耡失 重防 J} C 對する創的舗綱ノー 補焔郭よりて 魁窯 (3 蹴畿 麟礪黔 頒して韓從鵜障鄭の損髄繍賜止ず硬灘來る 署詳繭權糊 於て臘せらM d 携礁の縱 α 餽 3 窯の蝿糧 窯 麟旗醐獄雛翹 : 焼癬麟 際しての緇 F 臟嬢灘蹴総 生醗力 單イ劇 iの生酢要する賓眦靴討捕ひ卿鸚の氣孑鴎嶽び撫孅等腰離量 不漸窯との上瞰勲の點噺てヰ 嘶襯齷蹴ても上ヒ拠腿窯の懃萌利藤實蹴て逋べて居る 騰繕礁して居る 洗づ電鰍の繪贓騾擁ゆ騨 f 後磁勦本燒騰としては L 解 C ユ90 噸 て於で 90 礬鷲 翳 器嘘購器雛 縞準鎌毳蠶鯤雛囎巌裂撫纛奮 る聯 疎る 鍛例としては en に ig 9 ピ職 鯲て 6 した : 93 含 年 { よ四 を力 飆耀として 4 O 甑攤 弍黔雄 4 のも 嶽 られ lll lc 9 鯲 長孝 i 脳髀焼成 行硬に 935 二瑞典鯲てはシ年腱造せられ蝿のは 4S r 鞦初もので鰕さ 35 リ トを繍抵麗とし礁タ長 3 ] のもの腱設し専ら 織羅慧礫難羅麟籌聡響窺華驫灘瓣鰻遙か賄利なる黷蹴て迚ぺて鵬磁脚難 lll 髄窯翻力 日 3500k 丿腰蝿氣璽製 齣 a62 氏 恥聯としてはユ93ぎ年 ランダ鯲て容 : 量 甑 W 複軌窯で飜滯ぽ金騒黻 Z 燉脚はグ バ冖捌フ體を使 r の醐贓 0 83m 籔工 60 のも繍 灘せられ肌て 40 C て嘩操業し翫鑢を傑つ揚合には沐片 Cl 其戯激は 85 生産 勤 ま鱗 65k であるが謙轍入した 肚の樣 電よる鰹麟燒 戉窯媒鰈皺 慧翻灘鸞誉飜逐黶雛暫雛野 徽製灘鵜螽韓繼驚膿驚羅 崕の隧縢鞭膿度も低く kf; の髄も蹶的騨翻厳黜腿元翻氣こ保 螻である と舗今飽究研 に俟つべが多い o 導嬉地 であるために特に水力電氣の豊富な國に於て頗る有望であゴる畝に F 磁獄 の 陞電氣蝋難して 93 F 駄利之 關 て ま綱 Age ) 燃鯲て イ の鯱覊腱設戯もの臆額 w 癡 吐螺燒 然轆黔並列し識轍トジネレ韮馨ノ 卿籔 22m 蟷旨力 礑児 啾窯蚋醐 了唾車 藍行と共 2 伽移颯懸 陣駲し窯醐也攤 032 O38in で腰磁繩 iま郷瓩尠 6kWn で の綱と響 L 更に CO 瓦軅鞦繊木豚雕 7 引あ吶 2 鯲て鰈し鳩る 共後 933 年鯲ては 等を撚す 事礁づ ぞ峰内雛元雰蘇褓ち 約憲ご霧艷顎 謂獅 難騰 i 饕謝 c 驚蠶欝緇 諾螺難醗飜 礑り 7 2 櫛孀氣糊量は 55 W る 更に 騨焼雌 は約 3 依贓 得祉泣ぺてゐ 7s コ = 齢燒 934 年鯲て幽班臓黻 於て脳燒戊肋雌驪成鰍して糧謝せら糠難礑の h ンネノ 窯 E J ] じく 灘蘿灘馨灘難鱗講畿戳難 2 黜癡黻 8G 伽生産能ノ } を鮒たが他蘇飜 撤 冷艢の羣郎 脈れ誘鷲 D 以下

5 The Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey / of Japan 縁 レ 〆 笛 62L 騰 現下の陶磁器工業を繞る驂掏題 多 臺の車 } q20k 卿鸚と β50 : kg の臘 が焼齢 ら 厂 ) れ 虜ミ燒窯は本燒窯か飫熱を完全に利用する 復軌式の〆 亦長さ 0m } 400kWh の衛生陶器燒成窯に於て 融帶の特殊髄と繭臺の斷方向が囓 R Gr 蕊 nzer (Elekrow 蕊 rme 938Jul : は 7 とな ρ て その種のに辮就て嘆例 皀防長 描畷 さ 90m 雕が 35 % に達するこどを指摘し 凝に硲熔融 64Q W の5 驍艮び窯及び締殿成用鶴ゴヱナカ 搬爐 i 蹴銘 言及してゐろ 9 ρ 趨蜘ン層窯嘶勵臓に於て 脚遞の窯眦して 20 倍唖鉢獅系厂ノが得られ i k J4 P { 幽 k ( 跏 初磊粥 938 J lll96 98) は繪付 σ の温変まで達せられる旨を迹べてゐ L5 用 S 7 b ネ紐 レ樋嫉蜆られる窯蹴き夫礁眞亦磁謬力給付電熱トンネノ囎唹て i 920 [ : X D をFie て詭明して居るが舞在屐恵多い電熱式ト 938 ンネル窯は長 簸で力薗へ髄取嗾さ 3 il m 幅 6 ) m 高さ 6 2 及び修繕腰凶 U920 年の製昂 騨電 5kgllkWh が 938 年で力 klvn で 製品當 の所要電力ぼ は 4kgilkWh とな夢製鴣ユ0( : 理伍に勤する所要電力もの徽勲於モば kw から 65 W 04kW 紅 kg 撫 fooo 300 ヒに苣 f 減された旨を報告してゐる こ於ては 04 kwn 程度廼ある s ざ 番號 ( ) ( 2 ) 3) (5 ) 窯 單軾 復 ぎ 継 の 螺 型 浮 蠶 ッ 武 も ^ ネ ネ わ ハ レ 窰 窯窮 壷 各種窯爐の電熱燒成樣式長さ 斷面穢焼成了ぐ度 m 9735 M2 C 焼成晶 o 繪 付 35065e 繪付 耐火精士 痴器 9 牛磁噐 衞生陶器ユ E 騰蠶蠹繖饗騰繍鑠 鱗 ト 鯖灘数繍籍銘謀 欝誇峯鬟飯案驫蠶 牛磁器鵆生タイル 燒戌顎力鉦 〆 24 ) 寧 ODq o 炉 00こレ 電力〆寰品電力 k Vh ド kg jcw O : え 4σ0 50 碁 6J の广 鞠 2 ) 峨で遜軌恥に騰裝置瞰つて勘られ漉瑚 ( 款媒 贓糠船膠ル醸 玉石謝燃齪 備 考 カソタル癲抗線 シ リ y 卜發黙醗 銭糧秘考欝認潔 驤饌 { 孝黠釁讚鷙 繍蒲響 ) 灘 金 = 黌黔 磁 盤 A 慧叢 纂灘灘 勲爨鱗 戴 l 繋穂 7

6 The Ceramlc Ceramic Sociey S of f Japan 6 ll 河 鴫千凡尋鰯 620 艦 略藍地にそ飆化 Ψ 働と推定せられ睇 3 継肚勵撥吩類せられ 生粘土嶄の鏡舩碗の鱗膨搬び牧辭逵し 初喘獅げ騾雲騨崗岩 醸花 鯲跖泥 つてもそ畔蒔酪齢を嚇嶇來る淌含有勸郷張石 賑石 黷馭は嫻石を主成分とするが繊分は Qua z ) hδ lase Pagicclase Mu ε c vie Se ici として繝石 蹶石該 磁躑な轄触れて Bip i Li n ni H m ie M 騨 ie Chb e ゐ畜訊基盤の胡 黶納岩湛岩 塩諏岩 嬲 互麿 Z ゴ 6{ 4i cg H p d E 二 Ci ie 等で其他臘別 之を貫いて黒鶏黼岩が擁辱郷瓣 D 謝蹴鰻騨な麟縦勵と鐵齢糠鑼か戯ゐるよ蟹岩 頁岩 黻岩認曙榔風よ瀕撒泊粘土滋目 彡 に 岐轍碾鰾樫鰍度鯲素地の蝦 * ミ Eとして多繍 囎 e 黼騰更鷹 6 呼輝 讐吉二 擁罷軅 4 蠶 欝濃論鬻醗 噺く して碑縣下磁日及び緇 粘土翫騨部鶴剛源て側亅してゐるがこれ爛娼鞴的嫻柵躑ま蹴て殆 附近 土鄰多 台肺牝覗郡卿村御近 惠娜耕ん蹟施されて肱いカ ; 鰈資溺醜用の立揚からも主要町及び苗木町附近等に夫タ譲達した第 3 紀暦中に賦存するがな研突事項である 尚沙婆土は岐阜縣土岐郡稻津町 鶴里村 蛙購土騰函鰍近及び止癬町 貅肺生 H] 川 小惠驪鶴岡札釜陶謡木鰍渺花騨腑及饌燐名醐滑崖 大畑 市之倉 柘町 妻木町駄嫡笠原 醐茂糊賄 寵鋤説碍囎何れ鵬騨 灘驫蠍響 聖 次に愛知縣下の粘土轡 特に木節粘土は瀬戸市を 蠶騾顳灘 及び轍郷銅膕ご域地 麟瞬る 中心とがこれは目下三河色陶石 ( 鳳來寺陶石 ) 服部陶瓦松前陶 凾躑保鮒 瀏蹴鰍イ解く劇す 諦庖劭利用 蹴 二 三の工揚鯲 橢研究が進ゆる 加傾は誰鳳第 3 磁沖 nv コ 6 胡鳳よ粘板 Rk } ンメ 内張及慨石として辮な轢醜覦石の代替ば び癬唖暦 策 3 紀柵暦は砂類岩及び觝羅風砂三河嘶力最も耀祗せら驫史略購磁黥料としての 巓糯 幟暦 : ま嬲 蛙目粘土泳節概鰍び 國 bk け珊行 菱苦土麟源躙題珪彩薪灘嶝 蕨艇と砂 Z lli :Jiay 聯勵礫 C ある 見 金默胸鑼舗とし の鰍庸諏鵬蜊躙禾飾粘土は瀬肺燗鉢牀節 琳昧節 猿攤附題 幽 ( 度轍び磁黥料としての心ト言各卩瓶犠眼 近礁蝋槻肋丘馳旗賦仔する攤櫛八靺び麒鴎の特 Pll ]s へ蜊用 天然碑啾極プコ聴題 節等が最も著名で晶質及び礦量の點 f 我國有數の資源地觜をなども時局柄特写考喧せらるべきであらう ヂ成ごてゐる 徇蛙目粘 ± 妙加茂祁膝原村デ保見村 猿投 (4 ) 結 言 [ 旗知劃するがこれ抑優良資齣亂朧防ヒし雛利肚瀦 覲下嚥鑼蝶轆繍驩あち豪繊料脈依つて蘇褓酬撮よ將細我幽嬲工勦鹸及び琳 韆蹴 の酬並 Jrr 信皺礎したが最後酪地 _ を繞つ磁瞋剣に考睡らるべきで顛脇らう 陶嬲關賭か源料麺劃 寄せられた研鯑望の主なる C カオ 滴謝鰰財 艫入中緯瀞 最む磁掲ぐれ嵌 蝋である 鵬 ( 孵 ) 粘 ec 酸蠍除 も深 V 關心が寄せられてゐる 我闥内地 のカオリ冫資源よ各去法 (2 ) 陶石中の硫化鐵 D 除去法 (3 丿ボ節粘土中の有機物駅磯せられ ゐ 棚鵜噂 さく特 顯定し御 ( 特に距炭 ) の工業的 徐去法 (3 ) 鰍麟及び素 也のゲご enz (4) Vimaがその工業的黼に羅大 * な癖紘つて 6 る 駆騨及び天然 / : 斯による磁暑驥成珊究 (5 城 彫時用の JnE アルミナ資源と b て各地に開發せられた礦床に有望と思鱈れ石鹸代用品の研究 (6 ) 珪砂 ClHik 籔 ) 中の長石粒除去叉は轡 るものがあるが本礦床に就ては早急に現地調査を實施し其胆 { 含為量を定にする票 (7 ) 顔料代替啄料の研究 ( g ) 無 a 發利月 を計る豫定である 叉俗に臘石と呼ばれてゐる粘土資無硼砂釉 D 研究 (9 ) 蝓出向磁誰の研究 (0 ) 珪薬土を利用す 鰰肋オ 94 を蝋分と福もの耡り 栃欟 { 遡噺鄭噺究 ) 灘土鏃齢脳と して鍍蹴 頻蠶 如 嵩蠶鬻獣な舞咢犠騒鶲轟離蠶瓢 盟驪箒灘灘臑 数依つては朝鮮赫リ派替原料として充分喋的 滞 ll 電蜘 操卸搬 (7 賊形檄械の改良研究 8 薩齢 し得るものも含ま れゼゐるが之等のカオリン資源 κ 蘭する研原料としての苦土資源調査 (9) 化喜磁賠及び高壓碍モの研 ur (26) 彩臘料 び i 鑠噺嘗で 料に其遡殫黥對究稠査は時局押最も緊急に實施せらるべきである 蠹鷺翫蠶議讐謬鰹酵窒鼎灣蹴禦豪駑纛鬣雙器蟹膿灘嵩 る 筆者慨磁年前からイ趣拙 宝ガ { 蜥究特晦器製晶糾びて趣脇きものがある 与し の原料とし碾矧鞠絆軈の τ 湘粘土曝珊究渡羇叫上 言己述が轍鯲ける臓器つ臆らす窯 ll: 分 施したので近く その詳細に就て發表する豫定でぢろ 本也野に於ける燃料及ひ原料問題些對する方策として單に工業 ノ 方の粘土は著者の研究結果から大體 頁岩 Sa e ) (2 ) 屶面に限らす學術的分野に於ける芝考資料の助ともなり得瀕頁岩 (S ndy Shal ) (3) 砂岩 (S nd S e ) 系 ckk 蠍罐外か蜘である d4

7 The Ceramlc Ceramic Sociey SOCIey of o JaPan Japan ノ ジ 第 i2 嫐 現下の陶磁器工業を焼る諸聞題 5 本稿草に對して有力な助言を奥へられた共立原料株式會嶋二氏囎厚志に謝し 併ぜて陶磁器原料調査喪に墾 し回答 : )ilた孜の會耳各位に # L て茲に深甚なる認意を表す 北漉遘窯業品徴制組合ド小原製陶所 覊島縣會沖工業指簍窯粱部 枳馬陶磁器有限會勲 栃ホ縣窯業指導ろ大倉陶閲 龠痂土石製陶ワち巧赤陶瓧 井出イ匕二匚株式會甦 陶磁器試験所 驗場 株式 & 杜名古屋製陶所 日本碍子株式脅鼬 松村硬質 式會転 佐治工業合賢會秕 高島製陶所 柴田茂商店 束京 氣株式曾祗耐火物製造所刈谷工揚 机式會薩 株式會沚瑠井製陶所 伊 常滑陶器施設組合 岐阜縣陶磁器試驗揚 美濃窯 h 會鮭 滋縣立窯業試驗場 商工 陵磁器試檢所 高山 f;illi 器株式會秕 日本特殊磁器株式會肚 六阪席大産業臼驫研究 重 孫窯業試鍮場 三誌縣窯業試瞼揚 賀分場 兵庫 UP 戸工 所出石窯業支所 開硫酸株式會肚祁野製陶所 淡陶株式會 工揚 島根縣工業試瑜揚窯業部 帝國窯業株式會肚 砥部 陶業株式會謎 佐賀縣窯業指導所 岩凡磁器工業株式會 鵺有曚鰍 asena {en fi H 本 β 腔靆株式 曾厳 大分縣工業試驗揚 長崎縣窯業ト旨導所 合名會 瀧嘉泉製陶所 ( 敬穣略 ) 餌搬料の蝶整理蹴て経贓誠な磯物與 せられた奥田 今井 吉永 岸田 亀畆貯ドの各研究 室員の勞に對して衷心感謝の意を表するものである ( 朿京工業入學陶磁饕工學硯究室 ) ( ) 蛙 R 粘土 30D4 土岐匚 } 蛙口 4* 蛙目 43 4 原 蛙目 42 蛙 目 4 i う3 灘戸蛙自 五位塚蛙目愛知縣掻戸市五位塚 ズ b り 52 噛御作蛙目 ( 山ノ 蛙目髪知縣颪加茂郡藤岡村卸作 5 蛙 H 愛タ 縣 掻加蔑郡 呆貝村 猿投村 59 伊負蛙目 59J (2 ) 木篩 * 占こヒ 26 盤蟻木節 44 小名田木節 44 生田木節 \ 4? 細野木節 43 木 節 ? 粥休節 42 木 4 原 太 節齣 5 璽 丶 本叡こ於ける主要陶磁蹶料 ( 教鴇細上 飜鷲め e 岐阜縣 E 岐郡土岐 r 細 土岐口ぼ岐阜縣土岐郡下石町 妻木町 駄矣 i 町 岐阜縣土岐郡笠原町 HE h 町 岐阜縣惠が郡鶴岡村原 鼓阜縣惠規郡蕾木町山之田 三重縣河山郡丸柱村 ; 河合村 王 瀧村丶 写重縣珂山鄰柄団村 島ケ原村 上野市附近 編島縣石鍼郡樹 ; 村小瀧 嘉納 岐阜鰥多治兄市小名田 岐? 縣多治見市生田 岐阜縣土岐郡鶴岡村 岐阜縣 i 岐郡 i 蚊 岐阜縣 τ 廊姫治村 野 田 ] と岐口 岐阜縣 兒郡春里村 岐阜縣惠贋郡芭氷町山之則 岐皐縣惠那郡落合村 岐阜縣惠那郡鶴岡村原 r & (35 本山木飾 味本 Li 木節 八草木篩 大畑木節 猿淡木飾 木節 : 品野木節 3 小 Ul 戸木節 9 伊賀木節 ; 愛知縣頬戸市 愛知縣瀬戸市赤 K 津愛知縣西加茂郡尿見村八草 愛却縣 蚕加茂郡尿貝村 畑 / 尸 愛知縣画加茂郡猿投村西枝下 愛知縣西海戊郡藤岡村御作 愛知縣西加茂郡藤岡村飯野譲知縣愛知郡幡山村 广愛知縣東春隅郡吊野興 愛知縣東春 n 井郡晦ケ坪 三重縣阿山那丸柱村 河合村 薫鬯瀧村 三重縣阿 ij 郡鞆朗村 友生村 野市附近 ( 島ケ原木節 ) 三重縣阿山郡島ケ原村 カオ リン 岩手材 巓美 ( 粘土 ) 7 肘折カオリン 22 鱸脇リシ 29 刑黒カオリン 34 上儒カオリン 三重縣名賀郡美野波多村 三重縣名負郡花垣村 岩手縣匹盤チレ都蔽美村附近山形縣最上郡大藏村字肘折 縮島縣耶痲郡熱鯔温泉栃木縣湧畊隔黒村字宮山田 撹飃縣吾妻郡驫戀村字干俣 大字総認コ継 ): 謙嬲総霧 岬 上

8 The Ceramic Sociey SOCIey of Japan! e 騰辱 霧麗 集 43 醐 オ ( 45 鹽河ヵオリン シウガ n 54 束彡離カオリン 65 湯艦ノ力零リン 67 中山カオリン 鑼 ) 岐轜土岐郡土岐齣醐山 岐阜縣可契郡春塑村大宇鹽河 愛知縣愛知郡東鉈村大字諍輪字尼 4 根 e 京都府祁樂郡湯船村字土盛 大阪府南河離郡長野町中山 28 寺岶土栃禾縣鹽犠腺村字尉時山鴇畫ユ 釜 rr 粘土栃木縣芳負 : 郡釜 ゴ町 前山 前山 85 ニヒ ) ゴ匕彡部谷 (# 彡巳 : 谷土 ) 振革白土 56 櫓原粘土 56 富貴米占土 56 板山粘土ウツミ 56 内油粘土 33 新編寺土栃木縣芳賀郡 丿 村 新編寺 86 : 匕茂安場雪土 33 : 笠艮冒 * 古ヒ 茨城県系西茨払謝 笠聞町丁 87 弓野粘土 35 深斧瓦王埼玉縣深谷町 87 三軒長粘土 丶 36 宥梅粘土東京都愛多摩郡霞村 2エ 岩 ζ 船粘土〆村上粘 二 ) 新潟縣岩謔郡鹽野町火 ノ戸 83 日出些粘土 Y 蠹トナイト新潟縣東蒲原郡ヨ II 村 92 霧 4 粘土イプ 2 蒲原粘土酸性自土 ) 新潟縣北蒲原郡川朿村 9 スギ & 揖宿粘土 39 赤 M 粘土長野縣 L 伊 fi IB 朝日村赤砌 5 38 玉川ア岐粘土 ) 長野縣諏訪葦肝川村 7 40 オリン? 瀞剛孫田力郡 隔野描蹶 守で乍 ド } 繪土 ( カオ 美村 リン ) 岐阜県系惠机君琴臨木町 IIIF[ { 用 岐阜縣可晃罵大森村 姫箏村 蜘白績甥 ) 岐輛多治肺 k 田 F 愛鈷縣北設樂郡駈草村 騨鮮囃騨 鵬驫村礁 畷 ヂ尹ゴニ 大迸土目尾粘 rli 白川ホ土 陶石類 幡溪陶石 愛知縣知多郡塑灌町椎原 靉知縣矢 r 多郡冨賓村 河和町 嚢知縣知多郡牛田市板山 愛知縣知多郡内 ll 町 rx: 蔗寺愛釘縣矢 多郡内添町鈴ケ谷 74 風 罫力 i リ γ 廣島縣賀茂郡安藝主津町 古名村 56 層 鈴ケ P 谷粘土西條町附近 56 野聞粘土嚢矣 r 縣知多瑯野間町 72 寞津カオ リン 岡山縣苫円郡奥津村字細田 5ε 三河粘土 袈知縣碧 郡高泓町 新川町 明 釧捌 脳爲嚴鮒 ( 治村 依 左美村 櫻井村耀 麟 (4 ) その他の粘土類 54 ( 貨車土 ) 愛女 縣碧派郡高 FiT 村 匹加茂 i 郡擧 築別粘土酎火粘土 ) 北海道論騰翊幌町築鵬 f* 彊 } 9j 町附近 4 茘幌噛占土耐火粘土 ) 北淘道空夕三笠町駕 幌内茨坑 53 水羇粘土愛臾縣冫 k 春ロヲト郡水野村 沼牛粘 冨蛛粘土 ) 北海洫稲巨看蹴癇 XJi 寸 i τ 馳 件 53 大馴工 粘土愛知縣戸市シサガフキ 吉鬮粘土り( 耐火粘土 ) 北溶逍松試郡吉匱村吉岡 62 信樂粘土 ( ゴ 瀬土 ) 滋貿縣 浪那雲井村字黄瀬 厂仲洞爺 * 占二丘北漉道有珠那壯瞥村 f l {F [ 爺 62 h 赤川粘土北陶道亀 li 郡亀田村 ls 齟少川 62 琶 ( fi 輿休粘土 ) 滋賀縣 ril 賀郡伝樂町江 [ 鯵 [ 輿レ く ( 三! 了 粘爽 ) 滋賀縣甲質瓢 樂 eq T;I lに勦 Li 畑土北準道上川郡聯樂村字祕樂丘 67 山下白土 大阪胸 泉倖郡大土村 7E f し 北溌道鉾市測鹽谷村ヲタモイ附近 60 丸杜粘土三重縣阿山郡丸柱村 } 田土北淌道小樽市有附近 6 田土ノソポロ 山土三 重縣阿 rl 郡河合村 柄田村 石 L 里ユ幌結土北溶道札幌郡江別町野磽植町 洞爺粘土北漁道有瑚郡爺洞湖檸 60 馳環土 山土三重縣 5 山郡府中村 三 瀧村 中 ベントナイ 青森縣南淳輕郡 彫右ポ 瀬村 L 七環粘土 青森縣上北郡ヒ戸町 6 三重縣名賀郡名張町 2 プし 警岩占ニヒ岩手縣遅戸耳 B 丿し慈 町 58 赤土三重縣四日市字翡沖地内インペ 3 岩手粘土鮒火緩ニヒ ) 岩手縣下 捌郡 朔村 73 伊部粘土 eelli 縣和家郡伊削町 ミ 4E 雀蚤占土岩 π} 二理系花 L 町 76 カ水 卜粘ニヒ 島根縣那賀郡皮利村セマシウ 4 心トナイト山彩縣 l:i 寸山郡山フ e6 村石州粘土掌根縣丿 噴郡江沸町 20 大峠粘土 ( 大峠白土 ) 山形 孫商置賜郡三澤村人 N 澤 79 小野田粘土山口縣小野田市附近 青眞砂 / 赤 & 酸陸白 Ijl 形縣細ゴ川郡黒川村浜孑 iψ ユ6 新庄米占土山形縣看支 ヒ町ヴ新庄町拝付遲へ 80 津布 il 粘土山口縣厚狹郡吉田村津布田 ll 鵬 縣占二郡大道村 醐倉 7 縣嘉望郡 配ド 丁 佐賀縣璽松沂郡盲田町自川 佐賀縣 養基郡北茂安村梺山 佐賀縣 乍島郡亙川劃寸弓野 佐賀縣藤庫郡久聞村字上久間三軒 ノゆ崖 六分縣玖璃郡森町 鹿兒農縣哈良郡枚睦 : 村 iiinl 川 鹿兒 自縣揖昏郡指宿町鰻ケ池 北海道有堺郡牡瞥村仲洞爺 松前陶石北海迸松前郡小島村 9 千歳土 日蔭土 } 舞山匱彦市千薩 lu 日蔭山 高戸屋 [lr 鶴 : ヒ カ丸山土丸山 24 砂利石 ( 大久保 ) 前臨縣大沼郡本郷町 30 幽日光陶石 ( 文狹陶石栃木縣河色郡 J }ny 村字猪倉 39 赤 M 陶石長野縣上伊が郡朝日村大字赤砌 6

9 Ceramic The Ceamlc Sociey Soqley of J Japan 叩 an 幽号 ノ曽 $ 62 競 差 48 松森陶膏 岐阜縣武儀瀧有中知村松森 47 北濃陶石 ( 郡上陶 E ) 岐阜縣郡上郡高鷲村大字鮎立 鱗 54 構縮 50 高山陶石黼石 ( 澁草陶石 ) 購吉螂馴村大孛嵎 愛騰轍樂酢手村 64 熊野陶石 京都府熊野郡榊野村イ大宇霤シ甲山 68 出石陶石 ( 柿谷陶石 ) 兵庫縣 L{ 石郡出石町柿谷 68 ( 桐野陶石 ) 兵庫縣出右郡室植村桐軒 68 ( 飛谷石 ) 兵庫縣出石郡室植村飛谷 68 ( 日野蓬鞠石 ) 要兵庫縣出石郡日野邊村 68 ( 小栗谷石 ) 兵庫縣出石 郡出石町 陶 三河色剛羅寺 ) 愛燃轍黷鯨寺楸字看 57 御花山石 57 服部陶石 57 河合陶石 57 花坂石 57 禾 n 氣土 63ド 高島陶石 66 煽 夜久野陶石 s ユノヅ 石 76 濫泉津陶石 8i 8 86 泉山石 白川山土 90 太田石 9 石川縣能美郡國府村大字鍋谷 石川縣能美郡本鶴來 石川緜能美郡鳥越村宇河合 石川縣能茱郡金野村大字花坂 石川縣能美郡國府村字 fn 氣 滋賀縣高島郡高島 京都府矢田郡下夜久野村字額田 ( 鷄塚石 ) 兵庫縣萬石郡出石町鷄塚ビ ( 柳谷陶石 ) 兵瞳縣出石郡出石町 兵庫縣田石郡字今橋村小谷 病摩縣騰郡香働田良美濃谷兵庫縣美萬郡澀泉町字湯村兵庫縣赤擢郡高雄村亂越 島根縣邇摩君膃 泉津町 紙部陶石 ( 萬年石 ) 愛媛縣伊豫郡砥部町萬年 ( 鵜 il 時石 ) 璽媛縣舮豫郡南山崎村鵜崎 佐賀縣西松浦郡有田町泉山泉山釉石 佐葺縣西揆灑郡有田町泉山 灘蟹解編 佐賀縣酉松湍郡有田町白川長崎縣東彼杵郡上波挨見村 撫鱸佐見町 9L 天 草石 熊本縣天鞴灘札高謝 〆田オ寸 者昼呂々村 (6) 螻石 ( 陶麟方面で現に使赫のもゆ 37 4 穩蝋石 長鸚 卞副鄂聡村 37 志賀蝋石 長野縣下高弁郡志賀高原地内 70 : 鶴居蝋石 兵庫縣呼崎瀧鶴居村 70 頑棚石 騨騙幡郡粟期大字幅本 7 三石蝋 石岡山縣和氣郡三石町 74 勝光山臘石廣戞縣比婆鄭川北村欝光山 77 須佐蝋石山口縣阿武郡須佐町 94 五島臘石 l 長崎縣南松浦郡五島禧江町 (7) 瑳石類 li: 諜黝羅讖鷺欝 2& 川俣珪石 7 臈島縣伊達郡飯野村 津 跏 現物囀磁器 xmees る諸問題層 44 鳥屋根珪石 54 三河珪石 幽 下 蛙目永器 : 君騾 ( (8 ) 長石類 25 幅島長石騨 P 工 7 岐串縣多治見市下澤鳥屋根 愛知縣額田郡豊雷村穰山 櫻井寺づ 冥山 鬼澤愛知縣匹加蔑郡藤岡村御作簸殘渣 ) 三軍縣阿山郡河合村大字石川及び 上野市附近 27 二 23 ( 川 俣長石 ) J 薦島縣砂逹郡川俣町 小島村オ 43 小里石粉 ( 砂婆土 ) 岐 阜縣土岐郡稻津村小里 43 柿野石 e 粉岐阜縣土岐郡鶴岡村柿野 43 釜戸長石 ( 深山長蒼 ) 岐阜縣土岐郡釜戸町深山 43 j 42 し 5 猿投長石 肛 白川 石粉 ( 砂婆土 ) 62: 59 コ肌 釜戸石粉 苗木長石 信樂長石 伊賀長石 88 謝州畏石 鸛獅川郡酬畔轍 鎚 郡白岩村 小島杜 田村郡御木澤 ; (9 ) 珪線石類 ( 蛙線石! 紅柱石 藍晶石 ) (0 ) ッ 珪藻土 s E ( ) 塹鎧 橄攬岩 / (2 ) 滑石 / 村 三春村 嚴江村 東白河郡竹貴村笹原村 鮫川村 岐阜縣惠那郡苗禾後山 愛知縣西カロ茂君 E 鍛 村 愛知縣西加茂郡藤岡村自川 滋賀縣甲賀郡信樂町大字 } 帥山 三重縣阿山郡玉瀧村槇山 河合村 成柱村 長碕縣下縣郡嚴原村尸 Il (3) 來待石 黄土 ( 鬼板 ) (4 ) 互丞互 白雲石 菱苦土礦 25 石次石 32 幅島縣田村郡三春町 P 栃氷縣安蘇郡葛生町 尸岐阜縣不 { 躍勝阪町 麓 が 自雲石 昌 82 (5 ) 石膏 石膏原石 岐 阜縣可兒郡池田村 滋賀縣坂田郡醒タ井 三重縣員淵 i; 西藤原山 ) 帶 愛媛縣越智郡小大下島 大分縣北海 部郡津久見町 六分縣北灘躑津規町 燭郡 lll 登村 薩岡縣企救郡松ケ江村吉志 大分縣北海部郡津久見町八戸 大分縣大野郡田野村宇溜水 秋田縣山本郡澤憂村水澤鑛山 W 田縣北秋油郡殫館村西館鱗山 秋田縣北秋田郡花岡村花岡鑛山 秋田縣雉勝郡秋ノ宮村 h 岩手縣和賀郡岩澤村岩澤鑛山 f 山形縣東置賜郡吉野村 ゴ

10 The Ceramle Ceramic Sociey SOCIey of Japan evalo ピ 娼 凝口 曇 奏 燈 54 亀 冒 石膏原石 n ρ 山形縣西農賜郡南小國村大字小玉 s Jl 玉川鑛山 宮城縣加美郡宮崎村 宮鍼縣刈田郡頑岡村禧岡鑛山 MN 島縣北會津郡箕材石ク森 幅島縣鐔會津郡大戸村雨屋朝日鑛 山 藤島麻南會津鄭朝日討 颪島罧南會津郡松澤村高野 幅島縣安積郡月形村安積鑛山礑島縣耶麻郡加納村 新潟縣南蒲原郡長禪村大字荻堀字 川前 石川縣珠州瓢若山村大字申田 石川縣羽昨郡申甘田村 山梨縣南都留郡道志付 s 壁 ノ { 山梨縣南莨摩郡三里村新倉 脾奈川縣中都西奏野村字澁澤峠澁 澤鑛山 島根縣簸川蔀鵜鷺村鵜峠鑛山附近 島根縣簸川郡鰐淵村 ノ 島根縣邇摩郡大屋村 島根縣邇鰹郡久利村字松代佐賀縣三養基郡田代町大字田代 本 _ 覽 gel : Pした名稱並に分類は便宜上翠蹤來慣肌冰つ餓 讎假に獅し規ので 正艦囎組成賄陣 後日の調査並に研究紹果に俟つ事としたい の頒蹴ては 何力 mv ンに就てに質料不備と思はれるものけ耐火粘土と共に 括して共他め精土類の項に鞨載した 有用陶磁器原料で本調 uec 洩れたもの其他誤謬々も多あると思は れるので es 方面からの谿物提出を糊こ蜀謝るものである L 響 婦 ト b 唾 レ 厂 o 雜 録 厂〆 5 年後の窯業 $ 會 野ロ 長次 繍 36 牟 月 日 束京都 OO 區 町 番地の敵 瓧圃法人窯業協會の經營に係る鐡骨 鐵筋コンクリート地上 5 階 地下 2 階の美麗なる建築物が出現した 外裝ばクリー ム色の明るいタイル張り 窓脇 畠入ロ 桂型 バラペヅト 等は皆近代日本建築陶器工業の誇るテラカッタ張りで周圍の勸とも實によく調鰰 とれてゐる譜通稍子窓の外に脈 に硝子プロツクにより設計されたと見える透過光線の廣く入サ禰子窓槻られ戰榔から眺めただけでもさ靹部醐 るい氣 Sap よ確だらうとうなづける嘩ある 木剛磁づ 4 て瘰札を見ると内部照明を施したテラカツタの透し彫で窯 り鱠館の女字が刻れて居り 何臆く内部は a ll の檬ではあ るが そこ腟杯明るさ備ざれてゐる感 P だ ee し幅 務服を上手に着こなし貶女事務員に訊ねてみると明日は窯業 會館の開館式があるので窯業協會の總裁であらせられる 宮殿下の御台臨を仰ぐため かくは準備に忙殺されてゐるの だと云ふ 第 階の 内部は實に明るい 幇祭めよい間接照明 と豊間燈の配置が翠襠に効果的である 床綜モザイノ張砂で 脈の壁には日本書と洋書式の陶領が懸つてゐ観廊下の隅 側ては總ての窯業製晶が陳列されて居る 左側ぱ美術工藝部 ば邑畷もす 〆ると轂ふ 華な ρ は何と云つても美術瓢藝部の陶磁部と硝 門であ b 醐訌繹晶繝吻る 必要彫 子製品部である 稍子測のよく整つた陳列楙磁日棲器 洋食器を始め色々な日用品の數 a が最新 D デザインによ )ma へじのよい美感と工藝感を與るばかゆでなく人々の購買心をそ N る 若し大量に入用ならば 3 階が是等の同業組合の事雛 所蹠つて緲献嬲 も出 as る P 製造魯杜を指定したけ れば市内の出張所に直に紹介もして呉れると b ふ能傘主淺で ある e 翰禺品に甥しても夫々の專門家によつて組織された研 究機關を通して常に指導され 業者は國外 國内の事惰につ き充分知ることができるし 叉輸出の斡旋もすると云ふ 次 がタイ ルテラカツタモ ザイク 衛生陶器及屋根瓦 陶管 等め建築土木用製品が並び 購瑯製品も叉滑かな肌を現して すら りと陳列されてゐる 右側の工業静門には先づ近代科畢の粹たる通信機 テレゼジヨン等に缺くことの出來ない各種 8

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464>

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464> 広 報 P2 第 45 回 内 一 周 駅 伝 競 走 大 会 P 4 う び 生 産 振 興 大 会 P5 新 連 載 お た 喜 界 1 P 6 喜 界 高 校 創 立 記 念 講 演 会 第 3 回 喜 高 塾 P 7 朝 崎 郁 恵 ラ イ ブ お 知 せ P8 シ マ 話 題 そ 1 ( 文 化 日 フ ェ ス タ 他 ) P 14 シ マ 話 題 そ 2 ( フ ユ ン ミ ム ッ チ

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

退職互助だより第138号/第138号

退職互助だより第138号/第138号 部 だ よ 水分補給ヤシノ実 移 動 す ワ ゴ 車 六 溺 考 え せ 勿 論 熱 帯 本 違 う 石 油 文 明 若 連 婦 大 阪 今 回 利 用 社 設 定 コ ロ 若 姿 目 立 列 サ ー フ ィ ボ ー ド 携 帯 笑 顔 農 園 拓 く 居 周 樹 木 繁 せ 水 引 涼 く 啼 戒 キ 社 種 ア 現 ゲ 心 通 共 圧 地 グ 過 存 ヒ 倒 運 サ す つ 的 転 く 道 長

More information

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9 NO 2003.11.4 9 101-0061 東京都千代田区三崎町3-5-6 造船会館4F TEL 03-3230-0465 FAX 03-3239-1553 E-mail stu stu.jtuc-rengo.jp 発 行 人 数 村 滋 全国8地連の新体制が始動 中四国地連 中部地連 九州地連 沖縄地連 北海道地連 東北地連 関西地連 関東地連 組織拡大と加盟組合支援を柱に 2 期目がスタート

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ

目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行 動 経 済 学 者 ス ポ ー ツ 2012 年 同 志 社 大 学 スポーツ 健 康 科 学 部 二 宮 ゼミ 3 期 生 スポーツ マネジメント 関 連 図 書 書 評 目 次 1. サ ッ カ ー ビ ジ ネ ス の 基 礎 知 識 射 場 本 綾 2. 地 域 密 着 が 成 功 の 鍵! 日 本 一 の チ ー ム を つ く る 米 田 真 3. ス ポ ー ツ を 仕 事 に す る! 関 航 4. オ タ ク の 行

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件 を 超 え た ( 前 年 同 月 は 約 6 件 ) ま た 不 動 産 競 売 の 情 報 が イ ン タ ー ネ ッ ト で 公

Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件 を 超 え た ( 前 年 同 月 は 約 6 件 ) ま た 不 動 産 競 売 の 情 報 が イ ン タ ー ネ ッ ト で 公 29 年 12 月 重 回 帰 分 析 による マンション 競 売 物 件 の 価 格 形 成 分 析 ( 横 浜 市 内 の 事 例 より) 社 団 法 人 神 奈 川 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 会 員 伊 東 良 平 1 Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

衛 官 衛 隊 香 地 方 協 力 本 ぬ 地 域 講 習 火 水 締 切 シ バ 材 講 習 木 締 切 シ バ 材 年 採 予 職 員 採 試 験 施 試 験 区 分 採 予 数 般 行 政 卒 程 般 行 政 校 卒 程 育 士 幼 稚 園 教 諭 程 健 師 程 社 福 祉 士 程 土 木 程 第 試 験 要 項 配 布 役 民 窓 口 窓 口 引 田 窓 口 ふ 就 職 推 進 流 ラ ザ

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510)

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510) 参 考 1-4 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 の 属 性 把 握 都 市 計 画 税 については 都 市 計 画 年 報 ( 平 成 20 年 )によると 全 1429 市 区 町 村 ( 東 京 都 23 区 については 区 別 にカウント)に 対 して 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 数 が 687 市 区 町 村 都 市 計 画 税 非 徴 収 市 区 町 村 が 742

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

談 窓 口 広 報

談 窓 口 広 報 談 窓 口 広 報 情 報 ひ ろ ば Eメ 申 込 方 法 問 土 分 申 込 交 流 セ J R 瑞 浪 駅 前 容 講 演 保 護 児 童 石 原 京 子 氏 富 山 県 里 親 援 機 関 局 里 親 委 託 等 推 進 里 親 里 子 験 発 東 濃 子 談 セ 線 前 文 化 ザ ホ 閉 式 終 了 ブ 発 同 開 催 涯 習 線 施 設 大 徳 原 球 泉 町 敷 島 公 園 野

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 -

大 神 山 神 社 籠 神 社 春 日 大 社 伊 勢 神 宮 高 野 山 海 神 神 社 宇 佐 神 宮 小 豆 島 も 線 上 に あ る 石 鎚 山 も 山 岳 修 行 の 場 で 共 に 空 海 が 修 行 し た と い う 伝 説 の あ る 山 - 2 - 地 図 を 物 差 し で 測 る と 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 諏 訪 大 社 8 7 ミ リ 福 井 須 波 阿 須 疑 神 社 か ら 伊 勢 神 宮 8 7 ミ リ 伊 勢 神 宮 か ら 淡 路 島 伊 弉 諾 神 宮 8 7 ミ リ で す が 伊 弉 諾 神 宮 か ら 大 神 山 神 社 は 8 3 ミ リ で す 8 7 ミ リ と 8 3 ミ リ 距 離 は 正

More information

かめやまway35.indd

かめやまway35.indd 常 昭 介 牛 乳 洋 ピ 坂 栄 絲 晋 泗 刀 根 瓦 斯 哉 ガ 佳 栃 監 久 嗣 号 石 朋 葬 祭 捷 治 晴 之 瑞 宝 軒 峰 憲 治 急 送 久 嗣 萱 靖 介 尾 﨑 尾 﨑 酒 落 治 落 笠 笠 清 ツ 片 片 石 樹 瀬 宏 瀬 キ 牛 乳 蔵 ズ 卓 物 洋 ピ 真 坂 栄 裕 酒 ナ 玩 具 熊 衣 裳 櫻 八 ェ 澤 駿 其 克 佛 檀 絲 晋 刀 根 衛 瓦 斯 迪

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介 .. [ 広 報 ]... 康 更 新 現 在 使 康 被 有 効 福 祉 世 帯 該 可 能 性 宅 郵 送 続 済 福 祉 点 住 票 度 住 扶 養 除 類 的 身 明 免 許 預 通 帳 ピ 世 帯 児 童 続 済 得 児 童 得 制 度 額 未 満 福 祉 除 類 配 布 児 童 状 況 明 預 通 帳 ピ 先 庁 舎 治 振 興 窓 口 郵 送 福 祉 福 祉 世 帯 援 新 下 旬 元

More information

1212_takarazuka1【3】_再.indd

1212_takarazuka1【3】_再.indd 外 局 番 省 略 料 金 表 示 無 料 対 象 申 込 問 合 わせ 先 愛 定 員 抽 選 定 員 先 着 順 ド 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 カ 検 査 有 料 希 望 当 受 付 程 度 専 乳 わ 4 対 象 歳 乳 幼 4 対 象 歳 未 満 乳 母 帳 持 参 不 ニ ニ 4 幼 母 帳 持 参 離 乳 食 級 今 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 神 北 広 域 急 病

More information

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^)

(Microsoft Word - \215u\213`\216\300\230^) 報 道 ニ ュ - ス の 場 面 ( ア ナ ウ ン サ - を 中 村 様 ) 道 内 の ニ ュ ー ス を お 伝 え し ま す 本 日 8 月 20 日 の 午 後 2 時 ご ろ 札 幌 中 央 高 校 で の 運 動 会 の 入 場 行 進 練 習 中 に 数 名 の 生 徒 が 体 調 不 良 を 訴 え て 救 急 車 で 搬 送 さ れ う ち 1 名 の 生 徒 が 死 亡

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

せ ず 素 稿 以 外 訓 み を す べ て カ ラ 見 出 シ と し た 一 二 頚 印 を 必 ず 連 用 す る 場 合 不 期 身 後 京 山 蔵 よ う に し て 掲 出 し 三 思 山 蔵 を も 別 に 立 て カ ラ 見 出 シ と し た 一 所 蔵 者 名 は 通 称 雅

せ ず 素 稿 以 外 訓 み を す べ て カ ラ 見 出 シ と し た 一 二 頚 印 を 必 ず 連 用 す る 場 合 不 期 身 後 京 山 蔵 よ う に し て 掲 出 し 三 思 山 蔵 を も 別 に 立 て カ ラ 見 出 シ と し た 一 所 蔵 者 名 は 通 称 雅 近 時 蔵 書 印 譜 類 重 刊 復 刻 が 続 い た 蔵 書 印 は 伝 来 を 証 す る い わ ば 書 籍 履 歴 書 で あ る 印 譜 類 が 座 右 に 備 わ る こ と に よ っ て 書 物 来 歴 解 明 に 便 宜 が 与 え ら れ た こ と 言 う ま で も な い し か し 凡 蔵 書 印 譜 に は 印 影 収 集 印 文 解 読 所 蔵 ( 使 用 ) 者

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

「ベ平連」・回顧録でない回顧

「ベ平連」・回顧録でない回顧 小 田 全 評 論 第 19 巻 顧 録 顧 目 次 1 ぜ 6 2 24 3 被 害 加 害 難 死 42 4 間 間 努 力 6 5 8 6 暴 力 非 暴 力 暴 力 98 7 117 8 六 〇 保 七 〇 保 九 〇 保 135 9 間 際 帯 154 1 脱 走 兵 現 物 173 番 外 編 ザ フ 激 192 11 脱 走 兵 明 確 22 12 為 鎖 応 238 13 背 中

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾 Tokamachi 工 4-5 2016 No.482 市 ちテ 市 民 流 市 民 動 竣 工 市 街 化 拠 点 施 設 市 民 流 分 じろ 旧 市 本 分 庁 舎 市 民 動 じろ 旧 西 脇 様 4 23 竣 工 両 施 設 5 30 オ 準 備 間 様 々イベ 催 6 1 グ ラドオ :1,328 工 948-0088 市 駅 17 番 TEL025757-5111 FAX025752-6044

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下 注 小 パ ブ ヤ タ メ フ シ ヤ キ ロ セ ウ マ オ サ 歳 ラ マ マ ジ ャ マ ネ ゴ テ ィ ウ 未 デ ホ モ シ ニ オ マ キ ク シ ザ ィ ダ ト リ ョ マ パ ト テ ナ ャ 勝 ト ウ ザ ジ ピ ク テ パ リ ッ 利 ア ギ ラ ウ ゼ ヨ キ ア テ ブ オ モ バ カ カ マ フ グ ク ナ 9 い え ぃ え ぅ 7 9 11 馬 内 田 博 幸 武 幸

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各

目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必 要 性... 8 第 1 節 金 融 リ テ ラ シ ー と は... 8 第 2 節 金 融 教 育 の 目 的 現 状... 第 3 章 各 平 成 27 年 度 証 券 ゼ ミ ナ ー ル 大 会 第 1 テ ー マ A ブ ロ ッ ク 日 本 において 今 後 必 要 とされる 金 融 リテラシーについて 1 2 和 歌 山 大 学 簗 田 ゼ ミ ナ ー ル ( A 班 ) 1 目 次 は じ め に... 3 第 1 章 先 行 研 究 の サ ー ベ イ... 4 第 2 章 金 融 リ テ ラ シ ー 金 融 教 育 の 必

More information

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示

こ の 印 刷 物 は 国 等 に よ る 環 境 物 品 等 の 調 達 の 推 進 等 に 関 す る 法 律 ( グ リ ー ン 購 入 法 ) に 基 づ く 基 本 方 針 の 判 断 の 基 準 を 満 た す 紙 を 使 用 し て い ま す リ サ イ ク ル 適 正 の 表 示 平 成 23 年 度 環 境 経 済 の 政 策 研 究 持 続 可 能 な 発 展 の た め の 新 し い 社 会 経 済 シ ス テ ム の 検 討 と そ れ を 示 す 指 標 群 の 開 発 に 関 す る 研 究 最 終 研 究 報 告 書 平 成 24 年 3 月 京 都 大 学 上 智 大 学 九 州 大 学 農 林 水 産 政 策 研 究 所 名 古 屋 学 院 大 学 こ の

More information

新生FF7(凍結) ID:32744

新生FF7(凍結) ID:32744 新 7 凍 結 Safull 注 意 事 項 P D ハ メ 掲 載 品 自 動 的 P D 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 愛 少 年 神 手 違 本 棚 降 量 マ ニ 下 敷 死! 物 語 少 年 Ⅶ 主 公 転 話 次 0 m o n 転 1 1 t M o n 覚 5 2 n d M o n 会

More information

艦隊これくしょん‐艦これ‐【裏鎮守府】 ID:97387

艦隊これくしょん‐艦これ‐【裏鎮守府】 ID:97387 隊 裏 鎮 守 府 ウティ 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 鷹 野 優 ゆ 歳 奇 跡 揶 揄 超 絶 不 幸 体 質 青 年 嵐 夜 三 年 プ レ 夢 関 抽 選 漏 遂 叶 隊 プ レ ヤ

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

オモニ太平記

オモニ太平記 小 田 実 全 集 評 論 第 18 巻 太 平 記 目 次 フ 7 想 家 17 29 ミ ヨ 丸 デ ワ 39 ウ 首 相 妓 セ 遊 ノ 51 59 ゲ 68 海 東 海 ヘ 78 ご 飯 ソ 食 86 へ 93 宝 島 シ ネ ケ 102 明 治 111 号 120 学 士 館 化 石 129 洋 0 ダ ウ ソ 137 フ 雪 儲 146 シ ソ ウ ル 155 ベ ル 記 163 172

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

第  号

第  号 第 8 2 3 号 ( 平 成 2 3 年 1 1 月 15 日 発 行 ) 発 行 日 横 浜 市 報 発 行 所 横 浜 市 役 所 5 日 15 日 25 日 横 浜 市 中 区 港 町 1 丁 目 1 番 地 目 次 頁 [ 規 則 ] 横 浜 市 地 域 ケアプラザ 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 の 施 行 期 日 を 定 める 規 則 健 康 福 祉 3 局

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

92_himawari.indd

92_himawari.indd [ 愛 謝 奉 仕 ] 92 号 月 2 4 5 6 11 紹 法 創 立 30 周 特 別 寄 稿 東 海 牧 野 通 紹 ( ぬ) 各 10 ュ 12 30 周 案 内 / 編 集 記 vol.92 2 22 5 月 20 3 vol.92 22 5 月 20 vol.92 4 22 5 月 20 庭 育 低 下 題 久 モ 欠 育 無 関 放 増 無 難 題 込 む 現 社 全 縮 図 現 巻

More information

深い音

深い音 小 田 実 全 集 小 説 第 37 巻 深 音 目 次 6 16 25 ブ カ 住 35 無 用 逃 48 災 前 夜 61 忙 共 活 71 親 切 ア ホ ウ ボ イ レ ド 84 似 合 茶 飲 友 96 髪 105 役 者 全 員 113 瓦 礫 墓 123 復 興 都 市 再 開 発 計 画 135 種 友 152 サ カ ゴ 到 163 多 福 告 白 181 薬 拒 む 濁 貧 196

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information