ロコアテープ 新医薬品の「使用上の注意」の解説

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ロコアテープ 新医薬品の「使用上の注意」の解説"

Transcription

1

2 はじめに 変形性関節症は関節疾患の中で最も高頻度に見られる疾患であり その患者数は高齢者の増加に伴って当面増加が続くと推定されております 変形性関節症が進行すると介護や手術の必要性が高まるため 早期から適切に治療することが重要と言われています 非ステロイド性消炎鎮痛剤 ( 以下 NSAIDs) は変形性関節症の薬物療法において中心的に使用されてきました NSAIDs 経口剤では消化管障害の発現頻度が高いことから これを回避するため外用剤が開発されました しかし NSAIDs 外用剤は 経皮吸収性と標的部位である深部組織への移行性が不十分であると考え 大正製薬株式会社と株式会社トクホンはこれらを克服して 確実な臨床効果を示す NSAIDs 貼付剤を目指して共同開発を行ってきました ロコアテープはエスフルルビプロフェンとハッカ油を有効成分とする NSAIDs 外用剤です 主要な有効成分であるエスフルルビプロフェンは 経口剤は1970 年代から 貼付剤は1980 年代から使用されているフルルビプロフェン ( 光学異性体である S 体とR 体が1:1 で存在するラセミ体 ) の活性本体 ( S 体 ) です わが国で実施した臨床試験では 変形性膝関節症患者を対象としたプラセボまたは実薬との比較試験及び変形性関節症患者を対象とした長期投与試験などにおいて本剤の有効性及び安全性が確認されたことから 2014 年 10 月に医薬品製造販売承認申請を行い 2015 年 9 月に 変形性関節症における鎮痛 消炎 の効能 効果で製造販売承認を取得しました 本冊子では ロコアテープのご使用に際しての注意事項を項目ごとに解説いたしました 本剤の適正使用の一助になれば幸甚に存じます

3 目 次 効能 効果 2 用法 用量 2 用法 用量に関連する使用上の注意 2 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 4 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) 6 2. 重要な基本的注意 相互作用 副作用 24 (1) 重大な副作用 26 (2) その他の副作用 高齢者への投与 妊婦 産婦 授乳婦等への投与 小児等への投与 適用上の注意 その他の注意 38 変形性膝関節症患者を対象とした 2 週間試験 (OA) における副作用発現プロファイル ( 承認時 ) 40 変形性関節症患者を対象とした長期投与試験における副作用発現プロファイル ( 承認時 ) 41 安全性解析を行った各試験概要 42 1

4 効能 効果 / 用法 用量 / 用法 用量に関連する使用上の注意 効能 効果 変形性関節症における鎮痛 消炎 用法 用量 1 日 1 回 患部に貼付する 同時に 2 枚を超えて貼付しないこと 用法 用量に関連する使用上の注意 本剤 2 枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから 1 日貼付枚数は2 枚を超えないこと 本剤投与時は他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用は可能な限り避けることとし やむを得ず併用する場合には 必要最小限の使用にとどめ 患者の状態に十分注意すること アルミ内袋 ( 表 ) アルミ内袋 ( 裏 ) ライナー 2

5 法 用量に関連する使用上の注意能 効果/用法 用量/解 説 用効1 枚 10cm 14cm 中エスフルルビプロフェン 40mg 日局ハッカ油 36.2mg 健康成人男性を対象とした臨床薬理試験 高用量安全性試験 (SFPP-01-CP01) において 本剤 2 枚 ( エスフルルビプロフェン 80mg) 反復貼付 7 日目の全身曝露量 (AUC 0-23h :47000ng h/ml) は フルルビプロフェン経口剤 (40mg 1 日 3 回 ) の定常状態の全身曝露量 (AUC 0-24h ) ss :48000ng h/ml と同程度であったことから 用法 用量は 同時に2 枚を超えて貼付しないこと とし 用法 用量に関連する使用上の注意において 1 日貼付枚数の制限が必要となる根拠を記載し 重ねて注意喚起することとしました また 本剤は全身曝露が高く 既承認の貼付剤と同様の方法でNSAIDs 経口剤と併用されると消炎鎮痛成分の過剰投与につながる可能性があります これらにかかる懸念は用法 用量に関連した一連のものであることから 他の全身作用を期待する消炎鎮痛剤との併用の注意についても用法 用量に関連する使用上の注意に記載し 注意喚起することとしました なお 使用枚数に関する注意 1 日最大 2 枚まで を製品のアルミ内袋 ライナー部に記載してあります 参 考 本剤及び既存のフルルビプロフェン経口剤における反復投与時の未変化体の C max 及び AUC 0-23h ( 平均値 ± 標準偏差 ) の推定値は下表のとおりです 本剤及び既存のフルルビプロフェン経口剤の S 体の全身曝露量の比較 1 日用量用法 Cmax (ng/ml) 平均値 ± 標準偏差 エスフルルビプロフェン血漿中濃度 AUC0-23h (ng h/ml) 平均値 ± 標準偏差 ロコアテープ ( 反復 7 日目 ) 1) 40mg 2 1 日 1 回貼付 2,710 ± ,000 ± 10,100 フルルビプロフェン経口剤 2) 40mg 3 1 日 3 回経口 4,100 ± ,000 ± 7,760 3) 1) 大正製薬 ( 株 ) 社内資料 ( 健康成人を対象とした高用量安全性試験 ) 2) フルルビプロフェン錠 40mg の添付文書の薬物動態データを用い 定常状態におけるエスフルルビプロフェンの Cmax 及び AUC0-24h を算出した 3)AUC0-24h 3

6 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 消化性潰瘍のある患者 ( ただし 慎重投与 の項参照 )[ プロスタグランジン合成阻害作用による胃粘膜防 御能の低下により 消化性潰瘍を悪化させるおそれがある ] 2. 重篤な血液の異常のある患者 [ 血液障害があらわれ 血液の異常を更に悪化させるおそれがある ] 3. 重篤な肝障害のある患者 [ 肝機能異常があらわれ 肝障害を更に悪化させるおそれがある ] 4. 重篤な腎障害のある患者 [ プロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下等により 腎障害を更に 悪化させるおそれがある ] 5. 重篤な心機能不全のある患者 [ プロスタグランジン合成阻害作用による水 ナトリウム貯留が起こり 心機能 不全が更に悪化するおそれがある ] 6. 重篤な高血圧症のある患者 [ プロスタグランジン合成阻害作用による水 ナトリウム貯留が起こり 血圧を更 に上昇させるおそれがある ] 7. 本剤の成分又はフルルビプロフェンに対し過敏症の既往歴のある患者 8. アスピリン喘息 ( 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発 ) 又はその既往歴のある患者 [ 喘息発作 を誘発するおそれがある ] 9. エノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシン プルリフロキサシンを投与中の患者 ( 相互作用 の項参照 ) 10. 妊娠後期の女性 ( 妊婦 産婦 授乳婦等への投与 の項参照 ) 4

7 忌解 説 本剤 2 枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから フルルビプロフェン製剤の添付文書 1) を参考に記載しました 1. プロスタグランジン合成阻害作用による胃粘膜防御能の低下により 消化性潰瘍を悪化させるおそれがあるため 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (1) (2) P.6 参照 ) 2. 本剤の臨床試験では重篤な血液の異常のある患者における使用経験はありませんが トロンボキサン A2の生合成を抑制し 血小板凝集能を低下させること フルルビプロフェンにおいて血液障害があらわれ 血液の異常を更に悪化させるおそれがあることから 本剤の投与は避けてください 3. 本剤の臨床試験では重篤な肝障害患者における使用経験はありませんが フルルビプロフェンにおいて肝機能異常があらわれ 肝障害を更に悪化させるおそれがあるため 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (5) P.8 参照 ) 4. 本剤の臨床試験では重篤な腎障害患者における使用経験はありませんが フルルビプロフェンと同様にプロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下等により 腎障害を更に悪化させるおそれがあることから 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (6) P 副作用 (1) 重大な副作用 2) P.26 参照 ) 5. 及び6. 本剤の臨床試験では重篤な心機能不全患者 重篤な高血圧症患者における使用経験はありませんが プロスタグランジン合成阻害作用により 水及びナトリウムの貯留が起こり 浮腫 高血圧症を呈する傾向があり また レニン -アンジオテンシン系のアンジオテンシンⅡ の血管収縮作用とプロスタグランジンの血管拡張作用のバランスが損なわれ 循環系のバランスが保てなくなるおそれがあることから 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (7) (8) P.14 参照 ) 7. 薬剤により過敏症を生じた患者に同一成分を含有する薬剤が再投与された場合 アレルギー症状を呈する可能性が高く ショック等の重篤な副作用を生じるおそれがあるため 本剤の成分又はフルルビプロフェンに対し過敏症の既往歴のある患者さんには 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (9) P.16 参照 ) 8. アスピリン及び非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作の原因は明らかではありませんが 機序としてシクロオキシゲナーゼ系の阻害によりリポキシゲナーゼ系が亢進し 喘息誘発作用を有するロイコトリエン類の生成が促進すること等が考えられるため 本剤の投与は避けてください ( 1. 慎重投与 (10) P.16 参照 )( 4. 副作用 (1) 重大な副作用 5) P.26 参照 ) 9. 本剤の臨床試験ではエノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシン プルリフロキサシンとの併用経験はありませんが ニューキノロン系抗菌薬のGABA 阻害作用が併用により増強され痙攣があらわれるおそれがあり エノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシンについてはフルルビプロフェンアキセチル ( 注射剤 ) との併用により痙攣があらわれたとの報告があり プルリフロキサシンについても痙攣があらわれるおそれがあることから これらの薬剤を使用する場合には 本剤の投与は避けてください ( 2. 重要な基本的注意 (5) P.18 参照 3. 相互作用 (1) 併用禁忌 P.20 参照 ) 10. 妊娠後期のラットに投与した試験において 分娩への影響として母動物の死亡 分娩遅延 出生率の低下及び死産児数の増加が認められたこと フルルビプロフェンを妊娠後期のラットに投与した実験で 胎児の動脈管収縮が高度であったと報告されていることなどから本剤の投与は避けてください ( 6. 妊婦 産婦 授乳婦等への投与 P.36 参照 ) 1) フロベン錠 40 フロベン顆粒 8% 添付文書 2012 年 4 月改訂 ( 第 13 版 ) 禁(次の患者には投与しないこと)5

8 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (1) 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で 本剤の長期投与が必要であり かつミソプロストール等による治療が行われている患者 [ ミソプロストール等による治療に抵抗性を示す消 化性潰瘍もあるので 本剤を継続投与する場合には 十分経過を観察し 慎重に投与すること ] (2) 消化性潰瘍の既往歴のある患者 [ 消化性潰瘍を再発させるおそれがある ] (3) 血液の異常又はその既往歴のある患者 [ 血液の異常を悪化又は再発させるおそれがある ] (4) 出血傾向のある患者 [ 血小板機能低下が起こり 出血傾向を助長するおそれがある ] 6

9 使用上の注意1慎重投与参考 解 説 本剤 2 枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから フルル ビプロフェン製剤の添付文書を参考に設定しました (1) 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与にみられる胃潰瘍及び十二指腸潰瘍 を効能 効果として有するミソプロストールと非ステロイド性消炎鎮痛剤間における使用上の注意の整合を図る平成 10 年 2 月 3 日付の厚生省 ( 現厚生労働省 ) 医薬安全局安全対策課事務連絡により設定しました 非ステロイド性消炎鎮痛剤の投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制として その後承認されたエソメプラゾール等のプロトンポンプインヒビターの使用も考えられるため ミソプロストール等としました 非ステロイド性消炎鎮痛剤による消化性潰瘍のある患者さんで これらの薬剤を使用している場合には慎重に投与してください (2) 本剤の臨床試験において消化性潰瘍の既往歴のある患者への投与例に胃潰瘍及び十二指腸潰瘍が発現していること また 胃粘膜への直接作用やプロスタグランジン合成阻害作用による胃粘膜防御能の低下等により消化性潰瘍を再発させることがあることから 消化性潰瘍の既往歴のある患者さんには慎重に投与してください 消化性潰瘍の既往歴があり 胃潰瘍及び十二指腸潰瘍を発現した症例概要 ( 長期投与試験 :80mg 群 ) 事象名 性別年代 重篤性程度 合併症 貼付部位一日投与量 ( 投与期間 ) 発現までの貼付日数 処置 転帰 ( 転帰までの期間 ) 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 男 70 代 非重篤軽度 非重篤軽度 なし 右膝 左膝 2 枚 (80mg) (125 日 ) 57 日目休薬 57 日目休薬 回復 (189 日後 ) 回復 (84 日後 ) 併用薬 : 精製ヒアルロン酸ナトリウム関節内注射液 ケトプロフェンテープ治療薬 : ポラプレジンク ファモチジン OD 既往歴 : 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 貼付 57 日目の臨床検査にて赤血球数 ヘモグロビン量 ヘマトクリット値の経時的な低下が認められ 貼付 121 日後に実施した便潜血検査が陽性でした 貼付 141 日目に他院にて内視鏡検査を実施し 胃潰瘍一部瘢痕 ( ステージ H2 S1) 及び十二指腸潰瘍瘢痕 ( ステージ S2) が認められたことから 貼付 57 日目に遡って胃潰瘍及び十二指腸潰瘍が発現していたと判断されました 胃潰瘍の転帰は発現 189 日後に消失又は回復 十二指腸潰瘍の転帰は発現 84 日後に消失又は回復と判断されました (3) トロンボキサン A 2 の生合成を抑制し 血小板凝集能を低下させること また フルルビプロフェンにおいて血液障害があらわれ 血液の異常を更に悪化させるおそれがあるため 血液の異常又はその既往歴のある患者には慎重に投与してください (4) トロンボキサン A 2 の生合成を抑制し 血小板凝集能を低下させ 出血傾向を助長するおそれがあることから出血傾向のある患者には慎重に投与してください 7

10 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (5) 肝障害又はその既往歴のある患者 [ 肝障害を悪化又は再発させるおそれがある ] 肝機能異常を合併とする基準観察開始時の ASTまたは ALTのいずれかが 医薬品等の副作用の重篤度分類基準について におけるグレード1 以上 * に相当かつ貼付開始時も同様の基準に相当 または SMQ(MedDRA 標準検索式 (Standardised MedDRA Queries)) で 肝障害 に該当する合併症あり *:1.25 基準範囲上限以上 または 50 U/L 観察開始時および貼付開始時に検査を実施している試験で一方のデータが欠測または不採用となった場合 他方のデータから判断する 8

11 用上の注意解 説 (5) フルルビプロフェンにおいて肝機能異常があらわれることがあり 肝障害を悪化又は再発させるおそれがあることから慎重に投与してください なお 本剤の臨床試験において肝機能関連疾患の既往歴のある患者 1 例に本剤が使用されましたが 副作用は発現しませんでした また 肝機能異常のある患者において肝機能がより悪化する傾向は認められませんでした 参 考 1使慎重投与皮膚炎 1 2 週間試験 (OA) 長期投与試験 肝機能異常合併なし 肝機能異常合併あり 肝機能異常合併なし 肝機能異常合併あり 40mg 40mg 40mg 80mg 40mg 80mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 24(4.5) 2 (9.5) 6 (6.5) 9 (10.1) 0 (0.0) 3 (27.3) 副作用発現件数 耳および迷路障害回転性めまい 1(0.2) 1 (0.2) 胃腸障害腹部不快感上腹部痛 4 (0.8) 3 (0.6) 1 (4.8) 1 (4.8) 3 (3.2) 1 (1.1) 5 (5.6) 1 (9.1) 1 (9.1) 1 (9.1) 十二指腸潰瘍消化不良胃潰瘍出血性胃潰瘍胃炎胃食道逆流性疾患嘔吐心窩部不快感 1 (0.2) 1 (0.2) 1 (1.1) 1 (1.1) 1 (1.1) 1 (1.1) 1 (1.1) 3 (3.4) 1 (1.1) 肝胆道系障害肝機能異常 1 (1.1) 1 (1.1) 臨床検査アラニンアミノトランスフェラーゼ増加アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加血中ビリルビン増加血中クレアチニン増加血中乳酸脱水素酵素増加血中尿素増加 18 (3.4) 1 (0.2) 1 (0.2) 2 (0.4) 6 (1.1) 2 (0.4) 10 (1.9) 1 (4.8) 1 (4.8) 1 (4.8) 2 (2.2) 1 (1.1) 1 (1.1) 4 (4.5) 2 (2.2) 1 (9.1) 1 (9.1) 好酸球数増加尿中ブドウ糖陽性尿中血陽性単球数増加尿中蛋白陽性便潜血陽性 1 (0.2) 2 (0.4) 1 (0.2) 1 (0.2) 1 (0.2) 1 (1.1) 2 (2.2) 1 (1.1) 1 (1.1) 良性 悪性および詳細不明の新生物 ( 嚢胞およびポリープを含む ) 大腸腺腫 1 (9.1) 1 (9.1) 皮膚および皮下組織障害発疹 1 (0.2) 1 (0.2) 1 (1.1) (1.1) 変形性関節症患者を対象とした臨床試験における肝機能異常を有する患者での副作用発現率は2 週間試験 (OA) で9.5%(2 例 /21 例 ) 長期投与試験で 80mg 群 27.3%(3/11 例 ) でした (40mg 群では合併症例での副作用なし ) 肝機能異常の有無別 投与期間別の副作用発現状況は以下の通りでした 肝機能異常合併の有無別での貼付部位以外の副作用発現状況 (2 週間試験 (OA):40mg 群 長期投与試験 :40mg 群 80mg 群 ) 9

12 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (6) 腎障害又はその既往歴のある患者あるいは腎血流量が低下している患者 [ 腎障害を悪化又は再発あるいは 誘発させるおそれがある ] egfrを基に右記基準に基づき腎機能異常を層別下式により算出される推定糸球体濾過量男性 :194 クレアチニン 年齢女性 : 男性の egfr なお 年齢は初回同意取得時 部分集団解析におけるクレアチニンは治験薬投与開始日の値を使用する 慢性腎臓病の重症度分類の基準に準じて層別した 90 egfr G1 正常または高値 60 egfr<90 G2 正常または軽度低下 30 egfr<60 G3a 軽度 中等度低下 G3b 中等度 高度低下 egfr<30 G4 高度低下 G5 末期腎不全 (ESKD) 10

13 用上の注意解 説 (6) フルルビプロフェンにおいて腎機能異常があらわれることがあり 腎障害を悪化又は再発させるおそれがあることから慎重に投与してください なお 本剤の臨床試験では 腎機能関連の既往歴のある患者における使用経験はありませんでした また 腎機能の低下した患者において腎機能がより悪化する傾向は認められませんでした 参 変形性関節症患者を対象とした臨床試験における腎機能異常を有する患者での副作用発現状況を慢性腎臓病の重症度分類の基準に準じて層別解析した結果は表 1(2 週間試験 (OA):40mg 群 ) 表 2( 長期投与試験 : 40mg 80mg 群 ) の通りでした 表 1 腎機能異常合併の有無別での貼付部位以外の副作用発現状況 (2 週間試験 (OA):40mg 群 ) 考 1使慎重投与発疹 1(1.1) egfr<30 30 egfr<60 60 egfr<90 90 egfr 40mg 40mg 40mg 40mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 12(11.7) 12(2.3) 2(2.3) 耳および迷路障害回転性めまい 1(1.0) 1(1.0) 胃腸障害腹部不快感嘔吐心窩部不快感 5(1.4) 4(1.1) 1(0.3) 1(0.3) 臨床検査アラニンアミノトランスフェラーゼ増加アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加血中ビリルビン増加血中クレアチニン増加血中乳酸脱水素酵素増加血中尿素増加好酸球数増加尿中ブドウ糖陽性尿中血陽性単球数増加 11(10.7) 1(1.0) 1(1.0) 1(1.0) 5(4.9) 1(1.0) 5(4.9) 1(1.0) 7(1.9) 1(0.3) 1(0.3) 1(0.3) 1(0.3) 1(0.3) 4(1.1) 1(0.3) 1(0.3) 1(1.1) 1(1.1) 1(1.1) 1(1.1) 尿中蛋白陽性 1(1.0) 皮膚および皮下組織障害 1(1.1) 11

14 使用上の注意 解 説 表 2 腎機能異常合併の有無別での貼付部位以外の副作用発現状況 ( 長期投与試験 :40mg 群 80mg 群 ) egfr<30 30 egfr<60 60 egfr<90 90 egfr 40mg 80mg 40mg 80mg 40mg 80mg 40mg 80mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 0 (0.0) 0 (0.0) 6 (8.8) 11 (15.5) 0 1 (8.3) 胃腸障害 腹部不快感上腹部痛十二指腸潰瘍消化不良胃潰瘍出血性胃潰瘍胃炎胃食道逆流性疾患 3 (4.4) 1 (1.5) 1 (1.5) 1 (1.5) 6 (8.5) 1 (1.4) 1 (1.4) 1 (1.4) 1 (1.4) 1 (1.4) 3 (4.2) 1 (1.4) 肝胆道系障害 肝機能異常 1 (1.4) 1 (1.4) 臨床検査血中クレアチニン増加血中尿素増加尿中血陽性尿中蛋白陽性便潜血 2 (2.9) 1 (1.5) 1 (1.5) 1 (1.5) 5 (7.0) 3 (4.2) 2 (2.8) 1 (1.4) 1 (1.4) 良性 悪性および詳細不明の新生物 ( 嚢胞およびポリープを含む ) 大腸腺腫 1 (8.3) 1 (8.3) 皮膚および皮下組織障害皮膚炎 1 (1.5) 1 (1.5) 12

15 用上の注意1使慎重投与13

16 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (7) 心機能異常のある患者 [ 心機能異常を悪化させるおそれがある ] (8) 高血圧症のある患者 [ 血圧を上昇させるおそれがある ] 14

17 使用上の注意1慎重投与解 説 (7) (8) プロスタグランジン合成阻害作用により 水及びナトリウムの貯留が起こり 浮腫 高血圧症を呈する傾向があります また レニン - アンジオテンシン系のアンジオテンシンⅡ の血管収縮作用とプロスタグランジンの血管拡張作用のバランスが損なわれ 循環系のバランスが保てなくなるおそれがありますので慎重に投与してください なお 本剤の臨床試験において心機能に関する副作用として動悸が1 例報告され 血圧に関する副作用は報告されておりません 参 考 動悸を発現した症例概要 (2 週間試験 (OA):10mg 群 ) 事象名 性別年代 重篤性程度 合併症 貼付部位一日投与量 発現までの貼付日数 処置 転帰 ( 転帰までの期間 ) 悪心 非重篤軽度 2 日目中止 回復 (1 日後 ) 浮動性めまい 女 80 代 非重篤軽度 骨粗鬆症腰椎脊柱管狭窄症変形性頸椎症 片膝 10mg * 2 日目中止 回復 (1 日後 ) 動悸 非重篤軽度 1 日目中止 回復 (2 日後 ) 併用薬 : アレンドロン酸ナトリウム水和物 リマプロスト チザニジン *: 本剤の承認された用量は 1 日最大 2 枚 (80mg) まで 15

18 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (9) 過敏症の既往歴のある患者 (10) 気管支喘息のある患者 [ 気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており それらの患者では喘息発作を誘発するおそれがある ] (11) 高齢者 ( 重要な基本的注意 及び 高齢者への投与 の項参照 ) (12) 潰瘍性大腸炎の患者 [ 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある ] (13) クローン病の患者 [ 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤で症状が悪化したとの報告がある ] 16

19 使用上の注意1慎重投与解 説 (9) 過敏症の既往歴のある患者では アレルギー性の副作用があらわれやすいため慎重に投与してください (10) 気管支喘息患者の 10% 前後にアスピリン喘息患者が含まれているとも言われており アスピリン喘息と気づ かず投与された場合 重篤なアスピリン喘息発作を起こすおそれがあるため慎重に投与してください (11) 本剤の臨床試験において年齢 (65 歳未満 65 歳以上 ) により副作用の発現に大きな違いはありませんでしたが 高齢者は加齢に伴い代謝 排泄等の身体機能が低下しており 副作用があらわれやすいため 観察を十分に行い 慎重に投与してください ( 5. 高齢者への投与 P.32 参照 ) (12) (13) 潰瘍性大腸炎 クローン病は炎症性腸疾患であり 非ステロイド性消炎鎮痛剤の投与はプロスタグランジン合成阻害作用を抑制し 粘膜防御機構を脆弱にすることにより 症状を悪化させるおそれがあります また 潰瘍性大腸炎やクローン病の患者に非ステロイド性消炎鎮痛剤を投与した場合に 症状を悪化させることが報告されておりますので 慎重に投与してください 17

20 使用上の注意 2. 重要な基本的注意 (1) 過敏症状を予測するため十分な問診を行うこと (2) 消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること (3) 長期投与する場合には次の事項を考慮すること 1) 定期的に臨床検査 ( 尿検査 血液検査及び肝機能検査等 ) を行うこと また 異常が認められた場合には休薬等の適切な措置を講ずること 2) 薬物療法以外の療法も考慮すること (4) 患者の状態を十分観察し 副作用の発現に留意すること 過度の体温下降 虚脱 四肢冷却等があらわれるおそれがあるので 特に高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患の患者においては 投与後の患者の状態に十分注意すること (5) フルルビプロフェンアキセチルで エノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシンとの併用により まれに痙攣があらわれるとの報告があるので これらニューキノロン系抗菌剤との併用は避けること また 他のニューキノロン系抗菌剤との併用は避けることが望ましい (6) 本剤の貼付により皮膚症状が発現した場合には 本剤を休薬又は本剤の使用を中止するなど 症状に応じて適切な処置を行うこと (7) 高齢者には副作用の発現に特に注意し 必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること 18

21 使用上の注意2重要な基本的注意解 説 (1) 十分に問診を行い 過去に NSAIDs による過敏症状 ( 皮疹 発熱 肝障害 血液障害等 ) が発現されたと考えら れる場合には 本剤の投与は避けてください (4) 解熱作用を有する消炎鎮痛解熱剤を 特に高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患の患者に投与した場合 急激な 体温下降やそれに伴う虚脱等があらわれることが報告されていますので 注意をする必要があります (5) 禁忌 9 P.4 参照 (6) 本剤の臨床試験において 総症例 1,391 例中 適用部位皮膚炎 111 例 (8.0%) 適用部位紅斑 44 例 (3.2%) 適用部位湿疹 32 例 (2.3%) 発現しており 皮膚症状の発現には十分に注意をお願いします 貼付部位の副作用による中止 参考 2 週間試験 (OA) 長期投与試験 20mg 以下 40mg 40mg/ 部位 安全性解析対象例数 中止に至った副作用発現例数 (%) 9(1.4) 8(1.4) 13(4.3) 一般 全身障害および投与部位の状態 9(1.4) 7(1.3) 13(4.3) 適用部位皮膚炎 9(1.4) 7(1.3) 10(3.3) 適用部位そう痒感 3(1.0) 皮膚および皮下組織障害 1(0.2) 発疹 1(0.2) *: 本剤の承認された用量は 1 日最大 2 枚 (80mg) まで 処置なし :11 例処置あり :19 例 ( ベタメタゾン吉草酸エステル ゲンタマイシン硫酸塩 11 例 ベタメタゾン 3 例 ジフルプレドナート 3 例 ヘパリン類似物質 2 例 その他 4 例 複数使用あり ) (7) 5. 高齢者への投与 P.32 参照 19

22 使用上の注意 3. 相互作用 エスフルルビプロフェンは 主として肝代謝酵素 CYP2C9 で代謝される (1) 併用禁忌 ( 併用しないこと ) 薬剤名等臨床症状 措置方法機序 危険因子 エノキサシン水和物ロメフロキサシン [ ロメバクト ] [ バレオン ] ノルフロキサシン [ バクシダール ] プルリフロキサシン [ スオード ] フルルビプロフェンアキセチルで併用により痙攣があらわれたとの報告がある 併用により痙攣があらわれるおそれがある ニューキノロン系抗菌剤の GABA 阻害作用が併用により増強されるためと考えられる 20

23 使用上の注意3相互作用解 説 参 考 薬物動態学的薬物相互作用ヒト肝ミクロソームを用いて エスフルルビプロフェンのヒト CYP 分子種 (CYP1A2 CYP2A6 CYP2B6 CYP2C8 CYP2C9 CYP2C19 CYP2D6 CYP2E1 及び CYP3A4) に対する阻害能を検討した その結果 CYP2C9 に対する阻害が最も強く IC 50 値は90.7 μmol/lであった 1) 健康成人男性に本剤 2 枚 (80mg) 2) を反復貼付したときの C max (2710 ng/ml 11.1 μmol/l) 及び in vitro 血漿蛋白結合率 (99.95%) から算出したエスフルルビプロフェンの最高血漿中遊離型濃度 (0.006 μmol/l) と比較すると IC 50 値の方が 倍以上高いことから 本剤の貼付によりエスフルルビプロフェンの CYP 阻害作用に起因する薬物相互作用が発現する可能性は低いと考えられた 1) 大正製薬 ( 株 ) 社内資料 ( ヒト CYP 阻害作用に関する検討 :in vitro) 2) 大正製薬 ( 株 ) 社内資料 ( 健康成人を対象とした高用量安全性試験 ) 本剤の臨床試験ではエノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシン プルリフロキサシンとの併用経験はありませんが ニューキノロン系抗菌薬のGABA 阻害作用が併用により増強され痙攣があらわれるおそれがあり エノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシンについてはフルルビプロフェンアキセチル ( 注射剤 ) との併用により痙攣があらわれたとの報告があり プルリフロキサシンについても痙攣があわられるおそれがあることから これらの薬剤を使用する場合には 本剤の投与は避けてください 21

24 使用上の注意 3. 相互作用 (2) 併用注意 ( 併用に注意すること ) 薬剤名等臨床症状 措置方法機序 危険因子 ニューキノロン系抗菌剤 ( ただし エノキサシン水和物 ロメフロキサシン ノルフロキサシン プルリフロキサシンは併用禁忌 ) オフロキサシン等クマリン系抗凝血剤ワルファリンメトトレキサートリチウム製剤炭酸リチウムチアジド系利尿薬ヒドロクロロチアジド等ループ利尿薬フロセミド等副腎皮質ホルモン剤メチルプレドニゾロン等 CYP2C9 阻害作用を有する薬剤フルコナゾール等 併用により痙攣があらわれるおそれがある クマリン系抗凝血剤 ( ワルファリン ) の作用を増強するおそれがあるので 用量を調節するなど注意すること メトトレキサートの作用が増強され 中毒症状 ( 貧血 血小板減少等 ) があらわれるおそれがあるので 用量を調節するなど注意すること リチウムの血中濃度が上昇し リチウム中毒を呈するおそれがあるので 併用する場合にはリチウムの血中濃度をモニターするなど観察を十分に行い 慎重に投与すること これら利尿薬の作用を減弱するおそれがある 相互に消化器系の副作用 ( 消化性潰瘍 消化管出血等 ) が増強されるおそれがある エスフルルビプロフェンの血中濃度が上昇するおそれがある ニューキノロン系抗菌剤の GABA 阻害作用が併用により増強されるためと考えられる エスフルルビプロフェンがワルファリンの血漿蛋白結合と競合し 遊離型ワルファリンが増加するためと考えられる エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により腎血流が減少し メトトレキサートの腎排泄が抑制されることにより メトトレキサートの血中濃度が上昇すると考えられる エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により 腎でのナトリウム排泄が減少してリチウムクリアランスを低下させ リチウムの血中濃度が上昇すると考えられる エスフルルビプロフェンのプロスタグランジン合成阻害作用により 水 塩類の体内貯留が生じるためと考えられる 両薬剤の消化器系の副作用が併用により増強されると考えられる 代謝酵素 (CYP2C9) の競合によりエスフルルビプロフェンの代謝が阻害されると考えられる 22

25 使用上の注意3相互作用解 説 本剤の臨床試験ではニューキノロン系抗菌剤 クマリン系抗凝血剤 チアジド系利尿薬 ループ利尿薬 副腎皮質ホルモン剤及びCYP2C9 阻害作用を有する薬剤を併用した患者において 各薬剤で懸念される有害事象の発現率が高まる傾向は認められませんでしたが 併用する場合には注意してください 本剤の臨床試験ではメトトレキサート リチウム製剤との併用経験はありませんでしたが フルルビプロフェンと併用することによりメトトレキサート リチウムの血中濃度を上昇させることから同様に併用する場合には注意してください 23

26 使用上の注意 4. 副作用 臨床試験において 総症例 1,391 例中 副作用が認められたのは 269 例 (19.3%)415 件で 主なものは 適用部位皮膚炎 111 例 (8.0%) 適用部位紅斑 44 例 (3.2%) 適用部位湿疹 32 例 (2.3%) であった 24

27 使用上の注意4副作用解 説 臨床試験における副作用の発現状況の概要を記載しました 25

28 使用上の注意 4.(1) 重大な副作用 1) ショック アナフィラキシー : フルルビプロフェンにおいて ショック アナフィラキシー ( いずれも頻度不明 ) が あらわれることがあるので 観察を十分に行い 胸内苦悶 悪寒 冷汗 呼吸困難 四肢しびれ感 血圧低下 血管浮腫 蕁麻疹等があらわれた場合には投与を中止し 適切な処置を行うこと 2) 急性腎不全 ネフローゼ症候群 : フルルビプロフェンにおいて 急性腎不全 ネフローゼ症候群 ( いずれも頻度不明 ) 等の重篤な腎障害があらわれることがあるので 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い 乏尿 血尿 尿蛋白 BUN 血中クレアチニン上昇 高カリウム血症 低アルブミン血症等が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと 3) 胃腸出血 : フルルビプロフェンにおいて胃腸出血 ( 頻度不明 ) があらわれることがあるので 観察を十分に行い 異常が認められた場合には投与を中止し 適切な処置を行うこと 4) 再生不良性貧血 : フルルビプロフェン経口剤において 再生不良性貧血 ( 頻度不明 ) があらわれるとの報告が あるので 観察を十分に行い 異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと 5) 喘息発作の誘発 ( アスピリン喘息 ): フルルビプロフェンにおいて 喘息発作 ( 頻度不明 ) を誘発することがある ので 乾性ラ音 喘鳴 呼吸困難感等の初期症状が発現した場合は投与を中止すること なお フルルビプロ フェン貼付剤による喘息発作の誘発は 貼付後数時間で発現している 26

29 重大な副作用解 説 本剤 2 枚貼付時の全身曝露量がフルルビプロフェン経口剤の通常用量投与時と同程度に達することから フルルビ プロフェン製剤の添付文書を参考に記載しました 1) フルルビプロフェンにおいてショック アナフィラキシーがあらわれることがあるので 本剤においても観察を十 分に行い 症状が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください なお 臨床試験において報告はありませんでした 2) フルルビプロフェンにおいて急性腎不全 ネフローゼ症候群があらわれることがあるので 本剤においても定期的に検査を行うなど観察を十分に行い 異常が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください 臨床試験において腎機能の障害に至る重篤な副作用の報告はありませんでしたが 腎機能に関する下記の臨床検査値異常が認められております [ 血中クレアチニン増加 血中カリウム増加 血中尿素増加 尿中血陽性 尿中蛋白陽性 ] 3) フルルビプロフェンにおいて胃腸出血があらわれることがあるので 本剤においても観察を十分に行い 異常が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください 臨床試験において胃腸出血に関連した副作用として出血性胃潰瘍が1 例報告されております 出血性胃潰瘍を発現した症例概要 ( 長期投与試験 :40mg 群 ) 事象名 性別年代 合併症 貼付部位一日投与量 ( 投与期間 ) 発現までの貼付日数 処置転帰 ( 転帰までの期間 ) 出血性胃潰瘍 男性 70 代 高血圧糖尿病腰部脊柱管狭窄症萎縮性胃炎 腰 1 枚 40mg (148 日 ) 130 日目 入院内視鏡的止血術 回復 (81 日後 ) 併用薬 : ピオグリタゾン塩酸塩 バルサルタン アムロジピンベシル酸塩 ボグリボース治療薬 : ランソプラゾール OD レバミピド クエン酸第一鉄ナトリウム オメプラゾールナトリウム水和物注射剤 4) フルルビプロフェンにおいて再生不良性貧血があらわれることがあるので 本剤においても観察を十分に行い 異常が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください なお 臨床試験において報告はありませんでした 5) フルルビプロフェンにおいて喘息発作の誘発 ( アスピリン喘息 ) をおこすことがあるので 本剤においても初期症状が発現した場合は投与を中止してください フルルビプロフェン貼付剤では 貼付後数時間で発現しているので注意してください なお 臨床試験において報告はありませんでした 4使(1) 用上の注意27

30 使用上の注意 4.(1) 重大な副作用 6) 中毒性表皮壊死融解症 (Toxic Epidermal Necrolysis: TEN) 皮膚粘膜眼症候群 (Stevens-Johnson 症候群 ) 剥脱性皮膚炎: フルルビプロフェンにおいて 中毒性表皮壊死融解症 皮膚粘膜眼症候群 剥脱性皮膚炎 ( いずれも頻度不明 ) があらわれることがあるので 観察を十分に行い 異常が認められた場合には投与を中止し 適切な処置を行うこと 7) 意識障害 意識喪失を伴う痙攣 : フルルビプロフェンアキセチルにおいて 意識障害 意識喪失を伴う痙攣 (0.1% 未満 ) があらわれるとの報告があるので 観察を十分に行い 異常が認められた場合には投与を中止し 適切な処置を行うこと 28

31 重大な副作用解 説 6) フルルビプロフェンにおいて中毒性表皮壊死融解症などがあらわれることがあるので 本剤においても観察を十分に行い 異常が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください なお 臨床試験において報告はありませんでした 7) フルルビプロフェンアキセチル ( 注射剤 ) において意識障害 意識喪失を伴う痙攣があらわれることがあるので 本剤においても観察を十分に行い 異常が認められた場合には 投与を中止し適切な処置を行ってください なお 臨床試験において報告はありませんでした 4使(1) 用上の注意29

32 使用上の注意 4.(2) その他の副作用 下記のような副作用があらわれた場合には 症状に応じて適切な処置を行うこと 5% 以上 1 5% 未満 0.2 1% 未満 適用部位障害 皮膚炎 紅斑 そう痒感 湿疹 発疹 神経系障害 胃腸障害 浮動性めまい 腹部不快感 胃炎 臨床検査 血中尿素増加 血中クレアチニン増加 AST(GOT) 増加 ALT (GPT) 増加 尿中血陽性 血中ビリルビン増加 血中乳酸脱水素酵素増加 尿中ブドウ糖陽性 尿中蛋白陽性 30

33 解 説 その他の副作用には本剤の臨床試験において 1,391 例中 3 例 (0.2%) 以上に発現した副作用を記載しました 項目別副作用発現頻度及び臨床検査値異常一覧を下記に示します 安全性解析対象例数 1,391 例 副作用発現例数 (%) 269 例 (19.3%) 心臓障害 副作用発現件数 415 件 耳および迷路障害 胃腸障害 副作用の種類発現例数 (%) 動悸 回転性めまい 腹部不快感上腹部痛十二指腸潰瘍消化不良胃潰瘍出血性胃潰瘍胃炎胃食道逆流性疾患歯肉痛悪心口内炎嘔吐心窩部不快感 一般 全身障害および投与部位の状態適用部位皮膚炎適用部位紅斑適用部位刺激感適用部位そう痒感適用部位発疹適用部位湿疹適用部位内出血適用部位変色適用部位出血 肝胆道系障害 肝機能異常 19(1.4) 7(0.5) 2(0.1) 4(0.3) 219(15.7) 111(8.0) 44(3.2) 26(1.9) 15(1.1) 32(2.3) 2(0.1) 2(0.1) 4使作用全身性皮疹 用(2) 上そのの他注の意副副作用の種類 発現例数 (%) 臨床検査アラニンアミノトランスフェラーゼ増加アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加血中ビリルビン増加血中クレアチニン増加血中乳酸脱水素酵素増加血中カリウム増加血中尿素増加好酸球数増加 γ- グルタミルトランスフェラーゼ増加尿中ブドウ糖陽性尿中血陽性リンパ球数減少単球数増加好中球数増加白血球数増加尿中蛋白陽性血中アルカリホスファターゼ増加便潜血尿中ウロビリノーゲン増加 45(3.2) 6(0.4) 6(0.4) 3(0.2) 8(0.6) 3(0.2) 2(0.1) 21(1.5) 3(0.2) 4(0.3) 3(0.2) 2(0.1) 良性 悪性および詳細不明の新生物 ( 嚢胞およびポリープを含む ) 大腸腺腫 神経系障害 3(0.2) 浮動性めまい 3(0.2) 皮膚および皮下組織障害 3(0.2) 皮膚炎発疹 31

34 使用上の注意 5. 高齢者への投与 高齢者では副作用があらわれやすいので 患者の状態を観察しながら慎重に投与すること 32

35 用上の注意解説 5使高齢者への投与適用部位変色 3(1.6) 参 考 貼付部位の副作用発現状況 (2 週間試験 (OA)) 65 歳未満 65 歳以上 40mg 40mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 24(11.5) 37(10.8) 一般 全身障害および投与部位の状態 24(11.5) 36(10.5) 適用部位皮膚炎 7(3.3) 18(5.2) 適用部位紅斑 8(3.8) 7(2.0) 適用部位そう痒感 4(1.9) 5(1.5) 適用部位発疹 3(1.4) 4(1.2) 適用部位湿疹 5(2.4) 3(0.9) 適用部位内出血 1(0.3) 皮膚および皮下組織障害 1(0.3) * 発疹 1(0.3) *: 貼付部位を含め全身にも発生したので別集計として記載した 65 歳未満 65 歳以上 40mg/ 部位 40mg/ 部位 安全性評価部位数 副作用発現部位数 (%) 44(39.3) 97(51.3) 一般 全身障害および投与部位の状態 44(39.3) 97(51.3) 適用部位皮膚炎 21(18.8) 67(35.4) 適用部位紅斑 9(8.0) 8(4.2) 適用部位そう痒感 5(4.5) 5(2.6) 適用部位湿疹 11(9.8) 21(11.1) 本剤の臨床試験において年齢 (65 歳未満 65 歳以上 ) により副作用の発現に大きな違いはありませんでしたが 高齢者は加齢に伴い代謝 排泄等の身体機能が低下しており 副作用があらわれやすいため 観察を十分に行い 慎重に投与してください 65 歳以上の高齢者 65 歳未満の非高齢者別の副作用発現状況 本剤の臨床試験において 65 歳未満 65 歳以上の高齢者での副作用発現状況は以下のとおりでした 表 1 表 2 貼付部位の副作用発現状況 ( 長期投与試験 ) 33

36 使用上の注意 解 説 表 3 貼付部位以外の副作用発現状況 (2 週間試験 (OA):40mg 群 ) 65 歳未満 65 歳以上 40mg 40mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 7(3.3) 19(5.5) 耳および迷路障害回転性めまい 1 (0.3) 1(0.3) 胃腸障害腹部不快感嘔吐 1 (0.5) 4 (1.2) 4(1.2) 1(0.3) 心窩部不快感 1(0.5) 臨床検査アラニンアミノトランスフェラーゼ増加アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加血中ビリルビン増加血中クレアチニン増加血中乳酸脱水素酵素増加血中尿素増加好酸球数増加尿中ブドウ糖陽性尿中血陽性単球数増加尿中蛋白陽性 6 (2.9) 1(0.5) 1(0.5) 1(0.5) 1(0.5) 1(0.5) 3(1.4) 1(0.5) 1(0.5) 13 (3.8) 1(0.3) 1(0.3) 1(0.3) 5(1.5) 1(0.3) 7(2.0) 2(0.6) 1(0.3) 1(0.3) 皮膚および皮下組織障害発疹 1 (0.3) 1(0.3) 表 4 貼付部位以外の副作用発現状況 ( 長期投与試験 :40mg 群 80mg 群 ) 65 歳未満 65 歳以上 40mg 80mg 40mg 80mg 安全性解析対象例数 副作用発現例数 (%) 2(5.6) 7(18.4) 4(6.2) 5(8.1) 胃腸障害 1 (2.8) 4 (10.5) 2 (3.1) 2 (3.2) 腹部不快感上腹部痛 1(2.8) 1(2.6) 1(2.6) 十二指腸潰瘍 1(1.6) 消化不良 1(2.6) 胃潰瘍 1(1.6) 出血性胃潰瘍胃炎胃食道逆流性疾患 2(5.3) 1(2.6) 1(1.5) 1(1.5) 1(1.6) 肝胆道系障害 1 (1.6) 肝機能異常 1(1.6) 臨床検査 1 (2.8) 3 (7.9) 1 (1.5) 2 (3.2) 血中クレアチニン増加 1(2.8) 血中尿素増加 2(5.3) 1(1.5) 1(1.6) 尿中血陽性尿中蛋白陽性 1(2.8) 1(2.6) 1(1.6) 1(1.6) 便潜血 1(2.6) 良性 悪性および詳細不明の新生物 ( 嚢胞およびポリープを含む ) 大腸腺腫 1 (2.6) 1(2.6) 皮膚および皮下組織障害 1 (1.5) 皮膚炎 1(1.5) 34

37 用上の注意5使高齢者への投与35

38 使用上の注意 6. 妊婦 産婦 授乳婦等への投与 (1) 妊娠後期の女性には投与しないこと [ 妊娠後期のラットに投与した実験において ヒトに本剤 2 枚を貼付し た場合に得られる血漿中曝露量 (AUC) の等倍未満で 母動物の死亡 分娩遅延 出生率の低下 死産児数 の増加が認められている ] (2) 妊婦 ( 妊娠後期以外 ) 又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断され る場合にのみ投与すること [ 妊娠中の投与に関する安全性は確立していない ] (3) 授乳中の女性に投与することを避け やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること [ 動物実験 ( ラッ ト ) で乳汁中へ移行すること 及び ヒトに本剤 2 枚を貼付した場合に得られる血漿中曝露量 (AUC) の約 3 倍 を示す母動物において出生児の体重増加抑制が認められている ] 36

39 使用上の注意6妊婦 産婦 授乳婦等への投与解 説 (1) 妊娠後期のラットに投与した実験において 分娩への影響として ヒトに本剤 2 枚を貼付した場合に得られる AUCの等倍未満で 母動物の死亡 分娩遅延 出生率の低下及び死産児数の増加が認められたこと また フルルビプロフェンを妊娠後期のラットに投与した実験において 胎児の動脈管収縮が高度であったと報告されていることから 妊娠後期の女性に対しての使用は避けてください (2) ラットの受胎能及び初期胚発生に関する試験で黄体数の減少に起因した着床数及び生存胚数の減少が認められていること ウサギの胚 胎児に関する試験で早期吸収胚の増加が認められたこと ラットにおいて胎児への移行が認められたことを踏まえ 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ使用してください (3) 授乳期のラットへの投与により ヒトに本剤 2 枚を貼付した場合に得られる AUCの約 3 倍を示す母動物において出生児の体重増加抑制及び初期行動発現の遅延が認められたこと ラットにおいて乳汁中への移行が認められたことから 授乳中の女性に投与する場合には授乳を避けてください 参 考 1) 乳汁移行性分娩後 13 日目の授乳 SDラットに 14 C 標識エスフルルビプロフェンを 1mg/kg 単回皮下投与したときの血漿及び乳汁中放射能を測定した 乳汁中放射能濃度は 投与後 4.3 時間にC max を示し 時間の経過に伴って低下した 血漿に対する乳汁中放射能濃度比は 投与後 1 24 時間で であった 授乳ラットに 14 C 標識エスフルルビプロフェン 1mg/kg を単回皮下投与したときの血漿及び乳汁中放射能濃度 時間 / パラメーター血漿乳汁 乳汁 / 血漿中放射能濃度比 1 時間後 7.89 ± ± 放射能濃度 (μg eq./ml) 4 時間後 4.63 ± ± 時間後 3.10 ± ± 時間後 0.36 ± ± C max (μg eq./ml) 7.89 ± ± 0.08 AUC 0-24h (μg eq. h/ml) ± ± 2.31 t max (h) 1.0 ± ± 3.5 平均値 ± 標準偏差 (n=3) : 算出せず 1) 大正製薬 ( 株 ) 社内資料 ( 乳汁移行性に関する検討 : ラット ) 37

40 使用上の注意 6. 妊婦 産婦 授乳婦等への投与 (4) 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し 胎児動脈管収縮が起きたとの報告 がある 7. 小児等への投与 低出生体重児 新生児 乳児 幼児又は小児に対する安全性は確立していない [ 使用経験がない ] 8. 適用上の注意 (1) 貼付部位 : 1) 損傷皮膚及び粘膜に使用しないこと 2) 湿疹又は発疹の部位に使用しないこと 3) 貼付部の皮膚の状態に注意しながら慎重に使用すること (2) 貼付時 : 本剤を剥離する際は皮膚の損傷を避けるため ゆっくりと慎重に剥離すること 9. その他の注意 非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において 一時的な不妊が認められたとの報告がある 38

41 使用上の注意6妊婦 産婦 授乳婦等への投与使用上の注意7小児等への投与使用上の注意8適用上の注意使用上の注意9その他の注意解 説 (4) ケトプロフェンの外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し 胎児動脈管収縮が起きたとの報告があることから記載 しました ( 平成 26 年 3 月 25 日付厚生労働省医薬食品局安全対策課長通知 ) 低出生体重児 新生児 乳児 幼児又は小児に対する臨床試験は実施しておらず 安全性は確立していません 非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において 一時的な不妊が認められたとの報告がありま すのでご注意ください ( 平成 13 年 4 月 25 日付厚生労働省医薬局安全対策課事務連絡 ) 参 非ステロイド性消炎鎮痛剤の投与において シクロオキシゲナーゼ阻害によりプロスタグランジンの合成を 1-4) 減少させ 女性の可逆的不妊症の原因になり得るとの報告がある 考 1)Akil, M. et al.:br. J. Rheumatol. 1996;35: )Smith, G. et al.:br. J. Rheumatol. 1996;35: )Mendonca, L.L.F. et al.:rheumatology 2000;39: )Calmels, C. et al.:rev. Rhum. Engl. Ed 1999;66(3):

42 発現件軽減(情報なし882~1~34~74~中止回復不変不明1明変形性膝関節症患者を対象とした 2 週間試験 (OA) における副作用発現プロファイル ( 承認時 ) 2 週間試験 (OA) 転帰回復までの日数 ( 日目 ) 非数重篤情重報高篤な度し中重篤度 重症度 発現までの日数 ( 日目 ) 軽度等度副作用発現時の本剤の処置最情報な終評価日休薬継続し副作用処置薬剤投与 治療実情報な無処置し施37~14 15 ~17 不軽快)~14 15 ~28 29 ~84 85 ~168 不明心臓障害 耳および迷路障害 胃腸障害 一般 全身障害および投与部位の状態 臨床検査 動悸 回転性めまい 腹部不快感 胃潰瘍 歯肉痛 悪心 口内炎 嘔吐 心窩部不快感 適用部位皮膚炎 * 適用部位紅斑 適用部位刺激感 適用部位そう痒感 適用部位発疹 適用部位湿疹 適用部位内出血 適用部位出血 アラニンアミノトランスフェラーゼ増加 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加 血中ビリルビン増加 血中クレアチニン増加 血中乳酸脱水素酵素増加 血中カリウム増加 血中尿素増加 好酸球数増加 γ- グルタミルトランスフェラーゼ増加 尿中ブドウ糖陽性 尿中血陽性 リンパ球数減少 単球数増加 好中球数増加 白血球数増加 尿中蛋白陽性 血中アルカリホスファターゼ増加 神経系障害 尿中ウロビリノーゲン増加 皮膚および皮下組織障害 浮動性めまい 発疹 全身性皮疹 発現までの日数 = 副作用発現日 治験薬貼付開始日 + 1 日 2 週間試験 (OA):4 試験 ( 前期第 Ⅱ 相臨床試験 後期第 Ⅱ 相臨床試験 1 後期第 Ⅱ 相臨床試験 2 第 Ⅲ 相比較試験 ) の統合 前期第 Ⅱ 相臨床試験データは下記基準で集計した 処置薬 処置 の集計項目が無かったため コメントから判断して集計し 判断できないものについては 情報なし とした臨床検査値異常変動の 重篤度 重症度 の集計項目がなかったため 情報なし とした副作用の 転帰 因果関係 の判断は 医師の判断による集計である *: 発現から 34 日後時点 40

43 発現件軽減(軽快)2~34~71~34~7中止回復不変1プロファイル(承認時)副作用発現変形性関節症患者を対象とした長期投与試験における副作用発現プロファイル ( 承認時 ) 長期投与試験 (52 週間 ) 重篤度重症度発現までの日数 ( 日目 ) 転帰回復までの日数 ( 日目 ) 数非中等度重篤高度軽度重篤副作用発現時の本剤の処置 最終評価日休薬継続副作用処置薬剤投与 治療実施無処置8~15~29~85~169 ~ ~15~29~85~169 ~ 胃腸障害 腹部不快感 上腹部痛 十二指腸潰瘍 消化不良 胃潰瘍 出血性胃潰瘍 胃炎 * 胃食道逆流性疾患 一般 全身障害および投与部位の状態 適用部位皮膚炎 適用部位紅斑 適用部位そう痒感 適用部位湿疹 適用部位変色 肝胆道系障害 肝機能異常 臨床検査 血中クレアチニン増加 血中尿素増加 尿中血陽性 尿中蛋白陽性 便潜血 良性 悪性および詳細不明の新生物 ( 嚢胞およびポリープを含む ) 大腸腺腫 皮膚および皮下組織障害 皮膚炎 発現までの日数 = 副作用発現日ー治験薬貼付開始日 + 1 日 長期投与試験 :(40mg 群 101 例 80mg 群 100 例 計 201 例 ただし貼付部位の安全性 については 301 部位 (80mg 群は 1 例 2 部位で算出 ) を評価部位としている ) *: 発現から 178 日後時点 内視鏡検査にて表層性胃炎と診断されたが自覚症状なく症状の変化はなし 他院担当医が同様の理由で転帰を不変と判断しているが 症状なく治験としての追跡は終了とした 41

44 安全性解析を行った各試験概要 前期第 Ⅱ 相臨床試験 目 的 変形性膝関節症患者を対象に 本剤の有効性における用量反応関係及び安全性を無作為化二重盲検並行群間比較法により検討した 試験デザイン 多施設共同プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験 対 象 変形性膝関節症患者 256 例 基剤 ( プラセボ ) 群 65 例 5mg 群 65 例 10mg 群 64 例 20mg 群 62 例 試験方法 本剤 5mg 10mg 20mg 又は基剤を 1 日 1 回 1 枚 2 週間連続貼付する 後期第 Ⅱ 相臨床試験 1 目 的 変形性膝関節症患者を対象に 本剤又は基剤を二重盲検下で 2 週間貼付したときの有効性及び安全性を検討し 本剤の用量反応性を確認するとともに至適用量を設定する 試験デザイン 多施設共同プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験 対 象 変形性膝関節症患者 409 例 基剤 ( プラセボ ) 群 102 例 10mg 群 102 例 20mg 群 103 例 40mg 群 102 例 試験方法 本剤 10mg 20mg 40mg 又は基剤を 1 日 1 回 1 枚 2 週間連続貼付する 後期第 Ⅱ 相臨床試験 2 目 的 変形性膝関節症患者を対象に 本剤又は基剤を二重盲検下で 2 週間貼付したときの有効性及び安全性を検討し 本剤の用量反応性を確認するとともに至適用量を設定する 試験デザイン 多施設共同プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験 対 象 変形性膝関節症患者 509 例 基剤 ( プラセボ ) 群 127 例 10mg 群 121 例 20mg 群 127 例 40mg 群 134 例 試験方法 本剤 10mg 20mg 40mg 又は基剤を 1 日 1 回 1 枚 2 週間連続貼付する 第 Ⅲ 相比較試験 目 的 変形性膝関節症患者に対する本剤 40mg2 週間貼付の有効性について フルルビプロフェン水性貼付剤 ( 以下 FP) に対する優越性を検証し かつ安全性について検討する 試験デザイン 多施設共同実薬対照無作為化非盲検並行群間比較試験 非盲検試験ではあるが 可能な限り盲検に近いデザイン ( 被験者 治験担当医師 治験依頼者は盲検 治験協力者は非盲検 ) 対象変形性膝関節症患者 633 例 (40mg 群 316 例 FP 群 317 例 ) 試験方法 本剤 40mg を 1 日 1 回 1 枚又は FP40mg を 1 日 2 回 (1 回 1 枚 )2 週間連続貼付する 第 Ⅲ 相長期投与試験 目 的 変形性関節症患者を対象に 本剤 40mg1 枚又は 2 枚を長期間貼付した際の安全性 有効性及び薬物動態を検討する 試験デザイン 多施設共同非対照非盲検試験 対象変形性関節症患者 201 例 (1 枚貼付群 101 例 2 枚貼付群 100 例 ) 試験方法 本剤 40mg を 1 日 1 回 1 枚又は 2 枚 評価部位 1 部位につき 1 枚を 52 週間連続貼付する 42

45

46

p 13

p 13 p 12 p 13 p 14 p 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 10. 安全性 (1) 副作用 ( 臨床検査値異常を含む ) 総症例 1030 例中 副作用が報告されたのは 519 例 (50.4%) でした 主な症状は鼓腸 197 例 (19.1%) 下痢 188 例 (18.3%) 腹部膨満

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

Microsoft Word - sa_niflec_ doc

Microsoft Word - sa_niflec_ doc 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい 効能又は効果 用法及び用量 使用上の注意改訂のお知らせ 経口腸管洗浄剤 発売 2009 年 4 月 製造販売 この度 経口腸管洗浄剤ニフレック 内用において 効能又は効果 用法及び用量 の追加承認を取得したことに伴い 添付文書を以下のとおり改訂致しましたのでご案内申し上げます 今後のご使用につきましては 下記内容をご参照下さいますようお願い申し上げます

More information

副作用収集状況 市販直後調査期間中 (2011 年 4 月 11 日 ~2011 年 10 月 31 日 ) に収集された副作用は 200 例 258 件でした そのうち 重篤な副作用は 8 例 14 件でした 副作用の内訳を表 1 に示します 重篤な副作用は 高カルシウム血症 3 件 意識変容状態

副作用収集状況 市販直後調査期間中 (2011 年 4 月 11 日 ~2011 年 10 月 31 日 ) に収集された副作用は 200 例 258 件でした そのうち 重篤な副作用は 8 例 14 件でした 副作用の内訳を表 1 に示します 重篤な副作用は 高カルシウム血症 3 件 意識変容状態 医師 薬剤師の先生方へ 2012 年 1 月 中外製薬株式会社 安全管理責任者 エディロール R カプセル 0.5µg 0.75µg 市販直後調査結果のご報告 市販直後調査期間 :2011 年 4 月 11 日 ~2011 年 10 月 31 日 謹啓 先生方におかれましては ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます エディロール カプセル 0.5µg

More information

一般名 : オファツムマブ ( 遺伝子組換え ) 製剤 はじめに ( 適正使用に関するお願い )4 治療スケジュール6 投与に際しての注意事項 7 7 8 8 9 1 1 11 12 13 14 15 重大な副作用とその対策 18 18 28 32 34 36 4 42 44 45 参考資料 5 付録 55 55 55 64 3 1 はじめに4 はじめ 5 に1 2 治療スケジュール6 対象患者の選択インフォームドコンセント投与準備

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 図 1 基準範囲の考え方 2

STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 図 1 基準範囲の考え方 2 STEP 1 検査値を使いこなすために 臨床検査の基礎知識 検査の目的は大きく 2 つ 基準範囲とは 95% ( 図 1) 100 5 図 1 基準範囲の考え方 2 STEP 1 血算 2 押さえておきたい検査の特徴 1 血算 項目略称基準範囲 白血球数 (white blood cell count) WBC 3.3 ~ 8.6 10 3 /μl 好中球数 (neutrophil) Neut 40.0

More information

Epilepsy2015

Epilepsy2015 Key Concepts 1. 患者個々の治療のゴールをできるだけ早く設定 てんかんの薬物治療 薬物治療学 小川竜一 か または他の抗てんかん薬へ切り替える 第一 選択薬とは異なる作用機序の薬物 3. 年齢や合併症 服薬コンプライアンスなどの基本 情報も抗てんかん薬の選択に影響 2. 抗てんかん薬の投与が中止できる患者も存在する 決定する必要がある 50%~70%は単剤で管理でき る 2 慢性の脳の病気

More information

扶桑薬品工業 再審査結果のお知らせ 無水エタノール注

扶桑薬品工業 再審査結果のお知らせ 無水エタノール注 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください 再審査結果 使用上の注意改訂のお知らせ 経皮的エタノール注入療法用剤 処方せん医薬品 ( 注意 医師等の処方せんにより使用すること ) 無水エタノール注 フソー このたび経皮的エタノール注入療法用剤無水エタノール注 フソー につきまして 薬事法第 14 条の 4 第 3 項の規定による再審査が終了し 再審査結果が通知されました その結果 効能

More information

審査結果 平成 25 年 9 月 27 日 [ 販売名 ] アナフラニール錠 10 mg 同錠 25 mg [ 一般名 ] クロミプラミン塩酸塩 [ 申請者名 ] アルフレッサファーマ株式会社 [ 申請年月日 ] 平成 25 年 5 月 17 日 [ 審査結果 ] 平成 25 年 4 月 26 日開

審査結果 平成 25 年 9 月 27 日 [ 販売名 ] アナフラニール錠 10 mg 同錠 25 mg [ 一般名 ] クロミプラミン塩酸塩 [ 申請者名 ] アルフレッサファーマ株式会社 [ 申請年月日 ] 平成 25 年 5 月 17 日 [ 審査結果 ] 平成 25 年 4 月 26 日開 審査報告書 平成 25 年 9 月 27 日独立行政法人医薬品医療機器総合機構 承認申請のあった下記の医薬品にかかる医薬品医療機器総合機構での審査結果は 以下のとおりである 記 [ 販売名 ] アナフラニール錠 10 mg 同錠 25 mg [ 一般名 ] クロミプラミン塩酸塩 [ 申請者名 ] アルフレッサファーマ株式会社 [ 申請年月日 ] 平成 25 年 5 月 17 日 [ 剤形 含量 ]

More information

消化性潰瘍(扉ページ)

消化性潰瘍(扉ページ) 患者さんと家族のための 消化性潰瘍 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 消化性潰瘍の理解のために 2 消化性潰瘍の原因は 日本での消化性潰瘍の原因は

More information

Microsoft Word - ランソプラゾール.doc

Microsoft Word - ランソプラゾール.doc 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい 使用上の注意改訂のお知らせ 平成 23 年 5 月 処方せん医薬品処方せん医薬品処方せん医薬品処方せん医薬品 プロトンポンプ インヒビターランソラールカプセル 15 ランソラールカプセル 30 ランソプラゾールカプセルランソプラゾール OD 錠 15mg 日医工 ランソプラゾール OD 錠 30mg 日医工 ランソプラゾール口腔内崩壊錠製造販売元日医工株式会社富山市総曲輪

More information

5_使用上の注意(37薬効)Web作業用.indd

5_使用上の注意(37薬効)Web作業用.indd ちん 20 鎮 うん暈 薬 ( 乗物酔い薬 ) 使用上の注意と記載条件 ( 守らないと現在の症状が悪化したり, 副作用 事故が起こりやすくなる ) 1. 次の人は服用しないことあ 6 歳未満の乳幼児 アミノ安息香酸エチルを含有する製剤に記載 ただし, アミノ安息香酸エチルと塩酸プロメタジン又はプロメタジンメチレンジサリチル酸塩の両方を含有する製剤には, いのみを記載 い 15 歳未満の小児 塩酸プロメタジン又はプロメタジンメチレンジサリチル酸塩を含有する製剤に記載

More information

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人

3 病床数 施設 ~19 床 床 床以上 284 (3 施設で未回答 ) 4 放射線専門医数 ( 診断 治療を含む ) 施設 ~5 人 226 6~10 人 人 造影剤使用に関するアンケート調査 集計報告 2015.7.21 日本医学放射線学会造影剤安全性委員会 ヨードおよびガドリニウム造影剤の安全使用に関して 国内における使用実態を調査するために 2015 年 2 月に 全国の総合修練施設 191 施設 修練施設 521 施設 特殊修練施設 13 施設 計 724 施設にアンケート回答を要請いたしました 計 329 施設から回答を得ましたので ( 回答率

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

市販直後調査の実施状況 デベルザ 錠 アプルウェイ 錠 一般的名称 イプラグリフロジン L- プロリン ダパグリフロジンプロピレン グリコール水和物 ルセオグリフロジン水和物 トホグリフロジン水和物 調査実施期間 製造承認 2014/04/30 製造承認 2014/08/22 製造承認 2014/0

市販直後調査の実施状況 デベルザ 錠 アプルウェイ 錠 一般的名称 イプラグリフロジン L- プロリン ダパグリフロジンプロピレン グリコール水和物 ルセオグリフロジン水和物 トホグリフロジン水和物 調査実施期間 製造承認 2014/04/30 製造承認 2014/08/22 製造承認 2014/0 市販直後調査の副作用集計 市販直後調査期間 : 各販売元市販直後調査第三回中間報告より 市販直後調査の実施状況 デベルザ 錠 アプルウェイ 錠 一般的名称 イプラグリフロジン L- プロリン ダパグリフロジンプロピレン グリコール水和物 ルセオグリフロジン水和物 トホグリフロジン水和物 調査実施期間 製造承認 2014/04/30 製造承認 2014/08/22 製造承認 2014/08/14 製造承認

More information

バイエル薬品工業 改訂のお知らせネクサバール錠

バイエル薬品工業 改訂のお知らせネクサバール錠 医薬品の適正使用に欠かせない情報です. 必ずお読み下さい. 使用上の注意改訂のお知らせ No.2010-23 注 ) 注意 - 医師等の処方せんにより使用すること 2010 年 11 月 このたび, 標記製品の 使用上の注意 を下記のとおり改訂致しましたのでお知らせ申し上げます. 今後のご使用に際しましては 使用上の注意 に十分ご留意賜りますようお願い申し上げます. なお, このたびの改訂添付文書を封入した製品がお手元に届くまでには若干の日数を要すると思われますので,

More information

Microsoft Word - kipres_Info.doc

Microsoft Word - kipres_Info.doc 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読み下さい 使用上の注意改訂のお知らせ 2014 年 9 月 謹啓平素は格別のご高配を賜わり厚く御礼申し上げます さて この度弊社のキプレス 錠 5mg キプレス 錠 10mg キプレス チュアブル錠 5mg キプレス 細粒 4mg について 使用上の注意 を改訂致しましたので ご案内申し上げます なお 改訂添付文書を封入した製品が お手元に届くまでに若干の日時を要しますので

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) β β β β β β β β β β シンポジウム 1 創薬物語 科学者としての喜びの瞬間 4 レボフロキサシンに至る創薬研究 よりよい薬を求めて 第一三共株式会社 研究開発本部 研究開発企画部 早川勇夫 レボフロキサシン クラビット 1 は 1993 年上市された世界初の光学活性のニューキノロン系抗菌薬 以 下 ニューキノロンと略 である 1 は 1985 年に上市されたラセミ体のオフロキサシン

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

下痢 消化管粘膜が損傷をうけるために起こります 好中球 白血球 減少による感 染が原因の場合もあります セルフケアのポイント 症状を和らげる 下痢になると 体の水分と電解質 ミネラル が失われるので ミネラルバ ランスのとれたスポーツドリンクなどで十分補うようにしましょう 冷えすぎた飲み物は 下痢を悪化させることがあるので控えましょう おなかが冷えないよう腹部の保温を心がけましょう 下痢のひどいときは

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

2.0 概要治験情報 : 治験依頼者名 : 武田薬品工業株式会社 大阪市中央区道修町四丁目 1 番 1 号 治験課題名 : 健康成人男性を対象に TAK-536TCH の最終製剤を単回経口投与したときの食事の影響を検討する第 1 相無作為化非盲検クロスオーバー試験 治験課題名の短縮

2.0 概要治験情報 : 治験依頼者名 : 武田薬品工業株式会社 大阪市中央区道修町四丁目 1 番 1 号 治験課題名 : 健康成人男性を対象に TAK-536TCH の最終製剤を単回経口投与したときの食事の影響を検討する第 1 相無作為化非盲検クロスオーバー試験 治験課題名の短縮 この試験情報は一般公開のみを目的に作成されたものです この試験情報はあくまで単一の試験から得られた結果であり この試験の医薬品から得られるすべての情報を基にした全体的なベネフィットとリスクを反映したものではない可能性があります 医療関係者の皆様は 武田薬品の医薬品のご使用にあたり 必ずそれぞれの国または地域の添付文書の情報を必ず確認してください 2.0 概要治験情報 : 治験依頼者名 : 武田薬品工業株式会社

More information

第43号(2013.5)

第43号(2013.5) 第43号 MAY 22, 2013 長寿医療研究センター病院レター 高齢者の臨床検査について はじめに 高齢者では 生来健康で壮健な方から大病を克服しながら齢を 重ねた方まで その年齢に至るまでの人生は当に百人百様 検査 成績にも当然ながら個人差が見られます 一方 検査結果の受け 止め方もそれぞれ異なります 私ども医療従事者には 臨床検査 の実施や結果の説明において 個々の考え方を尊重しつつ 真 に相対することが求められています

More information

BMP7MS08_693.pdf

BMP7MS08_693.pdf 106 第IX章 写真 1 胆囊捻転症症例 1 重症胆囊炎) ab cd a. 術中写真 1 b. 術中写真 2 c. 腹部超音波検査 d. 浮遊胆囊 Gross の分類 写真 2 胆囊捻転症症例 2 重症胆囊炎) ab c a. CT 胆囊壁の肥厚と造影不良(A) 胆囊周囲液体貯留(B) b. MRI T 2強 調 像 に お け る pericholecystic high signal 矢 印

More information

2. 改訂内容 ( ) 自主改訂 オルメテック錠 5mg 錠 10mg 錠 20mg 錠 40mg 改訂後改訂前 3. 相互作用併用注意 ( 併用に注意すること ) 薬剤名等 リチウム製剤炭酸リチウム -2- 臨床症状 措置方法 血清カリウム値が上昇することがある 血中リチウム濃度が上昇し リチウム

2. 改訂内容 ( ) 自主改訂 オルメテック錠 5mg 錠 10mg 錠 20mg 錠 40mg 改訂後改訂前 3. 相互作用併用注意 ( 併用に注意すること ) 薬剤名等 リチウム製剤炭酸リチウム -2- 臨床症状 措置方法 血清カリウム値が上昇することがある 血中リチウム濃度が上昇し リチウム 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください 使用上の注意改訂のお知らせ 高親和性 AT1 レセプターブロッカー オルメサルタンメドキソミル錠 処方せん医薬品 : 注意 - 医師等の処方せんにより使用すること 高親和性 ARB/ 持続性 Ca 拮抗薬配合剤 オルメサルタンメドキソミル / アゼルニジピン配合錠 処方せん医薬品 : 注意 - 医師等の処方せんにより使用すること 製造販売元

More information

劇薬 外用合成副腎皮質ホルモン剤 R ジフルコルトロン吉草酸エステル製剤 ネリゾナ ユニバーサルクリーム 0.1 ネリゾナ クリーム 0.1 ネリゾナ 軟膏 0.1 ネリゾナ ソリューション 0.1 薬価基準収載 効能 効果 用法 用量 禁忌を含む使用上の注意等に つきましては製品添付文書をご参照ください 2013年3月作成 201304 NSO-4.0 FL/DI 資材記号 NSO-10-0003

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

64 は認められなかった 術前に施行したIVIgの効 きた 特に 小児例では血漿交換は肉体的侵襲が 果が明らかでなかったため 2月20日より単純血 大きく Blood Accessも難iしいことから1 IVIg 漿交換を施行した 第1回施行直後より 開瞼3 mmまで可能となり 眼球運動も改善 3回目終了 が推奨されてきている11 12 後より水分経口摂取開始 4回目終了後には人工 呼吸器から離脱が可能となり著明な改善効果を認

More information

-~ E M~

-~ E M~ Title 表 紙, 目 次, 奥 付 等 Author(s) Journal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 85( 臨 時 増 刊 1( 医 学 部 外 科 学 ( 第 2) 講 座 亀 岡 信 悟 教 授 退 任 記 念 特 別 2)), 2015 URL http://hdlhandlenet/10470/31036 Twinkle:Tokyo Women's Medical University

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLF

治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLF フォルフィリ FOLFIRI 療法を受けられる患者さんへ 監修福井大学医学部長外科学 1 教授山口明夫 治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLFIRI

More information

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例

改訂の理由及び調査の結果直近 3 年度の国内副作用症例の集積状況 転帰死亡症例 国内症例が集積したことから専門委員の意見も踏まえた調査の結果 改訂することが適切と判断した 低カルニチン血症関連症例 16 例 死亡 0 例 ピボキシル基を有する抗菌薬の 使用上の注意 の改訂について 成分名該当商品名効能 効果改訂の概要 成分名該当商品名 ( 承認取得者 ) 1セフカペンピボキシ 1フロモックス小児用細粒 100mg 同錠ル塩酸塩水和物 75mg 同錠 100mg( 塩野義製薬株式 2セフジトレンピボキ会社 ) 他シル 2メイアクト MS 小児用細粒 10% 同 3セフテラムピボキシ MS 錠 100mg(Meiji Seika

More information

消化器病市民向け

消化器病市民向け Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 肝硬変とは 2 肝硬変の合併症 たんらくろ 流れにくくなった門脈血は 体のあちらこちらにできた短絡路 シャント を通っ て肝臓を通らずに上大静脈や下大静脈に流れ込みます

More information

PT51_p69_77.indd

PT51_p69_77.indd 臨床講座 特発性血小板減少性紫斑病 ITP の登場によりその危険性は下がりました また これまで 1 ヘリコバクター ピロリの除菌療法 治療の中心はステロイドであり 糖尿病 不眠症 胃炎 ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 は 胃炎や胃 十二指 満月様顔貌と肥満などに悩む患者が多かったのですが 腸潰瘍に深く関わっています ピロリ菌除菌療法により約 受容体作動薬によりステロイドの減量 6 割の患者で 血小板数が

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め 1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP 125 6 7 alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O 7 137 DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認められない PAIgG 177 3ng 107 cell meq 1 砂糖水試験 一 Fe 236 μg

More information

ラピアクタ点滴静注液バッグ・バイアル

ラピアクタ点滴静注液バッグ・バイアル **2016 年 4 月改訂 ( 第 7 版, 薬生安通知等に基づく使用上の注意の項の改訂 ) *2013 年 7 月改訂貯法 : 室温保存使用期限 : 外箱等に表示抗インフルエンザウイルス剤処方箋医薬品注 1) 日本標準商品分類番号 87625 バッグ バイアル 承認番号 22300AMX01152 22300AMX01151 薬価収載 2012 年 6 月 2012 年 6 月 販売開始 2010

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

95_財団ニュース.indd

95_財団ニュース.indd NO. 95 平成 21 年 7 月 1 日発行 No.95 日本リウマチ財団ニュース 表 1 ACR-EULAR 関節リウマチ診断基準 分類基準 試案 eular 2009, 岡田正人 訳 上を診断とするかはこれから決 score 0 22 34 定され また この項目と点数 0 6 印象も受けるが 時代とともに PIP,MCP,MTP, 手関節 4箇所以上非対称性 4箇所以上対称性 10

More information

Microsoft Word - メロキシカム錠(IF)214A doc

Microsoft Word - メロキシカム錠(IF)214A doc 2011 年 8 月改訂 ( 第 2 版 ) 日本標準商品分類番号 871149 医薬品インタビューフォーム日本病院薬剤師会の IF 記載要領 2008 に準拠して作成 非ステロイド性消炎 鎮痛剤メロキシカム錠 5mg YD メロキシカム錠 10mg YD MELOXICAM TABLETS 5mg MELOXICAM TABLETS 10mg 剤 形素錠 製剤の規制区分劇薬 規格 含量 一般名 錠

More information

OK__

OK__ 0年月改訂の製品情報概要より ゼローダ錠 00 単剤療法における副作用発現状況の概要 0年月改訂の製品情報概要より つづき 0年月改訂の製品情報概要より 0年月改訂の製品情報概要より 0年月改訂の製品情報概要より 0年月改訂の製品情報概要より 他の抗悪性腫瘍剤との併用投与時における副作用発現状況の概要 承認時迄の調査例 注 において 副作用は例(00 )に認められた 主な副作用は 神経毒性 末梢性感覚ニューロパシー

More information

...c.L.T...\1-4.S..-..

...c.L.T...\1-4.S..-.. CONTENTS 1 2 3 4 5 1 6 7 8 9 10 2 1 4 5 2 3 6 11 3 d - 12 13 4 14 15 5 16 6 17 7 18 a 19 20 a 21 a a 22 23 a 24 25 A 26 27 1 a 28 29 2 30 3 4 31 5 6 32 7 8 33 9 10 11 34 12 35 36 37 38 A 39 & A A A A A

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

Microsoft Word - 【旭化成版】エトドラク錠_1406_4_D1.docx

Microsoft Word - 【旭化成版】エトドラク錠_1406_4_D1.docx 2014 年 6 月改訂 ( 第 4 版 ) 日本標準商品分類番号 871149 医薬品インタビューフォーム日本病院薬剤師会の IF 記載要領 2013 に準拠して作成 非ステロイド性鎮痛 抗炎症剤 エトドラク錠 剤 形フィルムコーティング錠 製剤の規制区分劇薬 規格 含量 1 錠中日局エトドラク 200mg 含有 一般名 製造販売承認年月日 薬 価 基 準 収 載 発 売 年 月 日 開発 製造販売

More information

3. 改訂理由 厚生労働省医薬食品局安全対策課長通知( 薬食安通知 ) による改訂 主に米国において オルメサルタン含有製剤との因果関係が否定できない重度の下痢を症状とするスプルー様腸疾患が報告されたため 米国添付文書が改訂されました 国内においても 同様の報告があったことから 重大な副作用 の項に

3. 改訂理由 厚生労働省医薬食品局安全対策課長通知( 薬食安通知 ) による改訂 主に米国において オルメサルタン含有製剤との因果関係が否定できない重度の下痢を症状とするスプルー様腸疾患が報告されたため 米国添付文書が改訂されました 国内においても 同様の報告があったことから 重大な副作用 の項に 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください 使用上の注意改訂のお知らせ 高親和性 AT1 レセプターブロッカー オルメサルタンメドキソミル錠 処方せん医薬品 : 注意 - 医師等の処方せんにより使用すること 2013 年 10 月 このたび 標記製品の 使用上の注意 の一部を改訂いたしましたので ご連絡申し上げます つきましては 今後のご使用に際しご参照いただくとともに 副作用等の治療上好ましくない有害事象をご経験の際には

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

目 次 1. 市販直後調査実施状況 1 2. 副作用収集状況 収集状況の概要 重篤な副作用の収集状況 5

目 次 1. 市販直後調査実施状況 1 2. 副作用収集状況 収集状況の概要 重篤な副作用の収集状況 5 目 次 1. 市販直後調査実施状況 1 2. 副作用収集状況 1 2.1 収集状況の概要 1 2.2 重篤な副作用の収集状況 5 - 1-1. 市販直後調査実施状況本報告の集計対象期間 (2010 年 7 月 20 日 ~2010 年 10 月 19 日 ) における市販直後調査の実施状況は以下の通りです 表 1 市販直後調査実施状況調査実施医療機関数 291 施設推定投与患者数 1177 例 1)

More information

改 訂 後 ( 下 線 部 は 追 加 箇 所 ) < 効 能 効 果 に 関 連 する 使 用 上 の 注 意 > 1. 非 ステロイド 性 抗 炎 症 薬 投 与 時 における 胃 潰 瘍 又 は 十 二 指 腸 潰 瘍 の 再 発 抑 制 の 場 合 2. 低 用 量 アスピリン 投 与 時

改 訂 後 ( 下 線 部 は 追 加 箇 所 ) < 効 能 効 果 に 関 連 する 使 用 上 の 注 意 > 1. 非 ステロイド 性 抗 炎 症 薬 投 与 時 における 胃 潰 瘍 又 は 十 二 指 腸 潰 瘍 の 再 発 抑 制 の 場 合 2. 低 用 量 アスピリン 投 与 時 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい プロトンポンプ インヒビター 2013 年 2 月 エソメプラゾールマグネシウム 水 和 物 カプセル この 度 ネキシウムカプセルにおいて ヘリコバクター ピロリ におけるヘリコバクター ピロリの 除 菌 の 補 助 の 効 能 が 追 加 されました この 医 薬 品 製 造 販 売 承 認 事 項 一

More information

Cpk=36.5 μg/ml =0.99 meq/l Cav=27.9 μg/ml =0.75 meq/l Ctr=20.7 μg/ml = 0.56 meq/l 4) 躁病治療の有効血中濃度は 0.3~1.2mEq/L であるが この投与量で治療効果が得られるか? Li は 2 分子含まれているの

Cpk=36.5 μg/ml =0.99 meq/l Cav=27.9 μg/ml =0.75 meq/l Ctr=20.7 μg/ml = 0.56 meq/l 4) 躁病治療の有効血中濃度は 0.3~1.2mEq/L であるが この投与量で治療効果が得られるか? Li は 2 分子含まれているの 臨床薬理学の基礎 ( 薬物投与と血中濃度計算 ) 最初に 薬理学総論を一読してから この章をお読み下さい ここでは 実際の添付書類に記載されている薬物動態の各種パラメータや図を利用して 薬物を投与したときの血中濃度を推定する計算例を示す 治療薬は 単回投与よりも反復投与する場合が多いし また点滴により持続注入することが多いので これらを中心に述べる 自分で実際に計算をして確かめて欲しい 計算には Excel

More information

はじめに レブラミド カプセル 5mg( 一般名 : レナリドミド水和物 )( 以下 レナリドミド ) は 米国 Celgene Corporation が創製した免疫調節薬 (IMiDs) で 経口投与可能な再発又は難治性の多発性骨髄腫の治療薬です レナリドミドはサイトカイン産生調節作用及び造血器

はじめに レブラミド カプセル 5mg( 一般名 : レナリドミド水和物 )( 以下 レナリドミド ) は 米国 Celgene Corporation が創製した免疫調節薬 (IMiDs) で 経口投与可能な再発又は難治性の多発性骨髄腫の治療薬です レナリドミドはサイトカイン産生調節作用及び造血器 Revlimid Capsules はじめに レブラミド カプセル 5mg( 一般名 : レナリドミド水和物 )( 以下 レナリドミド ) は 米国 Celgene Corporation が創製した免疫調節薬 (IMiDs) で 経口投与可能な再発又は難治性の多発性骨髄腫の治療薬です レナリドミドはサイトカイン産生調節作用及び造血器腫瘍細胞に対する増殖抑制作用などを介して抗悪性腫瘍効果を示すと考えられています

More information

Z_O_IF_1409_06.indb

Z_O_IF_1409_06.indb 2014 年 9 月改訂 ( 改訂第 6 版 ) 日本標準商品分類番号 872649 医薬品インタビューフォーム IF 2013 外用ビタミン A 剤 ビタミン A 製剤 剤形 製剤の規制区分 規格 含量 一般名 製造販売承認年月日薬価基準収載 発売年月日 開発 製造販売 ( 輸入 ) 提携 販売会社名 医薬情報担当者の連絡先 問い合わせ窓口 1g A 5mg A 5,000 A A Vitamin

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー Department of Obstetrics and Gynecology, Tokyo Medical University, Tokyo ( 表 1) Biophysicalprofilescoring(BPS) 項目 呼吸様運動 Fetalbreathingmovements (FBM) 大きい胎動 Grossbodymovements 胎児筋緊張 Fetaltone ノン ストレステスト

More information

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常 生殖補助医療に関する同意書 体外受精 顕微授精 受精卵の凍結保存 融解移植に際しては 下記の同意書 が必要です ご夫婦で署名捺印した上で提出してください 体外受精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 顕微授精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 受精卵凍結保存に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 凍結受精卵融解胚移植に関する同意書 ( その都度必要 ) 同意書は 保管用 と 提出用 の 2 部からなります

More information

タリオン 錠 5mg, タリオン 錠 10mg タリオン OD 錠 5mg, タリオン OD 錠 10mg 製造販売承認事項一部変更承認申請書 添付資料 第 2 部 ( モジュール 2) 2.7 臨床概要 2.7.1 生物薬剤学試験及び関連する分析法 田辺三菱製薬株式会社 1 2.7.1 生物薬剤学試験及び関連する分析法 略語 略号一覧 略語 略号 略していない表現 ( 英語 ) 略していない表現

More information

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例 日血外会誌 4巻1号 106 7 T -{コーー 症例1 {mafd )3s W 一一 一 症例2 一 症例3 血清尿素窒素値 j面 I一 25 一正常上限 15 一正常下限 珊 5 術前 5 15 10 X 25 術後日数 ' 血清クレアチニン値 (mg^i)2 辰匯j 正常上限 1 正常下限 0 術前 5 10 15 X S 術後日数 萌[41 図3 術前後の血清尿素窒素値とクレアチニン値の変動

More information

アントシアニン

アントシアニン 肝機能改善効果を有する 紫サツマイモジュースの開発 1. 紫サツマイモ について ( アントシアニンの構造等 ). 紫サツマイモ アントシアニンの体内吸収性 3. 紫サツマイモ の有効性とメカニズム アントシアニン アヤムラサキ について 商品特性 : 1. 紫サツマイモ アヤムラサキ の搾汁を 100% 使用したサツマイモ搾汁飲料. 着色料 甘味料不使用 3. 食物繊維 0.4g (15mLあたり)

More information

カムシア配合錠LD「あすか」/カムシア配合錠HD「あすか」

カムシア配合錠LD「あすか」/カムシア配合錠HD「あすか」 2015 年 8 月作成 ( 第 1 版 ) 日本標準商品分類番号 872149 劇薬 持続性アンジオテンシン Ⅱ 受容体拮抗薬持続性 Ca 拮抗薬配合剤 承認番号薬価収載販売開始 LD 22700AMX00832 薬価基準未収載 HD 22700AMX00833 日本薬局方カンデサルタンシレキセチル アムロジピンベシル酸塩錠 処方箋医薬品注 ) 貯法 : 気密容器, 室温保存使用期限 : 外箱等に表示

More information

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール 日本小児科学会推奨の予防接種スケジュールの主な変更点 2012 年 4 月 20 日 1) ヒブワクチン ヒブワクチンの追加接種 (4) に関して 添付文書上は 3 からおおむね 1 年あけるとありますが 追加接種による効果は 早期に得られるべきであると 考えます したがって 4 は 12 から接種することで適切な免疫が早期にえられる という 1 文を加えました 2) ワクチン 5 価ワクチンのスケジュールを加えました

More information

次の目的で処方されます ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法 この薬は 体調がよくなったと自己判断して使用を中止したり 量を加減したりすると病気が悪化することがあります 指示どおりに飲み続けることが重要です この薬を使う前に 確認すべきことは? この薬を使用する前に ダニ抗原によるアレル

次の目的で処方されます ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法 この薬は 体調がよくなったと自己判断して使用を中止したり 量を加減したりすると病気が悪化することがあります 指示どおりに飲み続けることが重要です この薬を使う前に 確認すべきことは? この薬を使用する前に ダニ抗原によるアレル この薬は? 販売名 一般名 含有量 (1 錠中 ) アシテアダニ舌下錠 100 単位 (IR) アシテアダニ舌下錠 300 単位 (IR) IR: アレルゲン活性単位 アシテアダニ舌下錠 100 単位 (IR) Actair House Dust Mite Sublingual Tablets 100 units(ir) ヤケヒョウヒダニエキス原末 50 単位 (IR) コナヒョウヒダニエキス原末

More information

IF 利用の手引きの概要 日本病院薬剤師会 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載された情報を

IF 利用の手引きの概要 日本病院薬剤師会 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載された情報を 2014 年 1 月改訂 ( 第 2 版 ) 日本標準商品分類番号 :873399 医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会の IF 記載要領 2013 に準拠して作成 抗血小板剤 Aspirin Enteric-coated Tablets 剤形錠剤 ( フィルムコーティング錠 ) 製剤の規制区分該当しない 規格 含量 1 錠中日局アスピリン 100.0mg 含有 一般名製造販売承認年月日薬価基準収載

More information

5 37 処方箋 4 14 体力中等度で上腹部がはって苦しく 舌苔を生じ 口中不快 食欲不振 時により微熱 悪心などのあるものに適応し 諸種の急性熱性病 肺炎 気管支炎 気管支喘息 感冒 リンパ腺炎 慢性胃腸障害 産後回復不全の改善 ならびに慢性肝炎における肝機能障害の改善を目的として処方される 2 in vitro in vitro O インターフェロン インターフェロン

More information

2005年 vol.17-2/1     目次・広告

2005年 vol.17-2/1     目次・広告 2 0 0 5年1 2月2 5日 総 7 丸井 外来における心不全診療とそのピットフォール 説 外来における心不全診療とそのピットフォール 丸 井 伸 行 はじめに るいは左心あるいは右心不全を判別する事が心不 外来における心不全診療は急性期の初期診療と 全の病状の理解に役立つ 実際の臨床の現場では 慢性期心不全管理の二面から理解する必要があ 症状を時系列にとらえ 身体所見を系統的にとら る 循環器

More information

はじめに ビムパット R 錠 ( 一般名 : ラコサミド ) は 米国の国立神経疾患 脳卒中研究所のプロ グラムにより 抗けいれん薬候補化合物として合成された機能性アミノ酸の一種であり 複数のてんかん動物モデルで有効性が認められ 開発された薬剤です ラコサミドは 既存の抗てんかん薬とは異なる作用機序

はじめに ビムパット R 錠 ( 一般名 : ラコサミド ) は 米国の国立神経疾患 脳卒中研究所のプロ グラムにより 抗けいれん薬候補化合物として合成された機能性アミノ酸の一種であり 複数のてんかん動物モデルで有効性が認められ 開発された薬剤です ラコサミドは 既存の抗てんかん薬とは異なる作用機序 2016 年 7 月作成 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 使用前に必ずお読みください 新医薬品の 使用上の注意 の解説 抗てんかん剤 ラコサミド錠 劇薬処方箋医薬品 : 注意 - 医師等の処方箋により使用すること 禁忌 ( 次の患者には投与しないこと ) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 重度の肝機能障害のある患者 [ 使用経験がなく ラコサミドの血中濃度が上昇するおそれがある

More information

医療用医薬品 OTC EU 2013 年 6 月実施 4 疼痛緩和目的での使用について 12 歳未満の小児への使用を禁忌 疼痛緩和目的での使用について 扁桃摘除術又はアデノイド切除術を受けた 18 歳未満の患者を禁忌 2015 年 4 月実施 5 鎮咳目的での使用について 12 歳未満の小児への使用

医療用医薬品 OTC EU 2013 年 6 月実施 4 疼痛緩和目的での使用について 12 歳未満の小児への使用を禁忌 疼痛緩和目的での使用について 扁桃摘除術又はアデノイド切除術を受けた 18 歳未満の患者を禁忌 2015 年 4 月実施 5 鎮咳目的での使用について 12 歳未満の小児への使用 資料 3-1 コデインリン酸塩等の小児等への使用制限について ( 案 ) 平成 29 年 6 月 22 日 安全対策課 1 経緯 ( 注 ) 米国 FDA は4 月 20 日に 副作用の危険性等から コデインリン酸塩 ジヒドロコデ インリン酸塩 ( 以下 コデイン類 という ) 及びトラマドール塩酸塩 ( 以下 トラマドー ル という ) を含む医療用医薬品の 12 歳未満の小児等への使用を禁忌等とすることを発表

More information

ポテリジオ点滴静注20mg

ポテリジオ点滴静注20mg Information - 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください - 適正使用に関するお知らせ 生物由来製品 劇薬 処方せん医薬品注 1) 抗悪性腫瘍剤注 2) ヒト化抗 CCR4 モノクローナル抗体 モガムリズマブ ( 遺伝子組換え ) 製剤 注 1) 注意 医師等の処方せんにより使用すること注 2)CCR4:CC chemokine receptor 4(CC ケモカイン受容体

More information

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 に 基 づ く 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 による 削 除 クラビット 錠 250mg 錠 500mg 細 粒 10% 改 訂 後 意 識 障 害 等 があらわれることがあるので 自 動 車 の 運 転 等 危 険 を 伴

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 に 基 づ く 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 による 削 除 クラビット 錠 250mg 錠 500mg 細 粒 10% 改 訂 後 意 識 障 害 等 があらわれることがあるので 自 動 車 の 運 転 等 危 険 を 伴 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 日 本 薬 局 方 広 範 囲 経 口 抗 菌 製 剤 レボフロキサシン 錠 日 本 薬 局 方 レボフロキサシン 細 粒 処 方 せん 医 薬 品 : 注 意 医 師 等 の 処 方 せんにより 使 用 すること ニューキノロン 系 注 射 用 抗 菌 製 剤

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

CW3_AZ259A01.indd

CW3_AZ259A01.indd 薬 に関する セルフチェック確認チャレンジ!! 医薬品の正しい使い方 医薬品と健康 についての学習はいかがでしたか 学習後に 再度 薬 に 関するセルフチェック の確認のためにチャレンジしてみてください なお の数字は冊子の各章に対応しています 病院などで出される 薬 は ① といい 医師 歯科医師による ② ラッグストア 等でも買える 薬 は ③ といい ② が必要です 一方 薬店 ド は不要ですが

More information

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載され

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載され 2016 年 8 月改訂 ( 第 7 版 ) 日本標準商品分類番号 :871149 医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会の IF 記載要領 2013 に準拠して作成 鎮痛 抗炎症 解熱剤 日本薬局方ロキソプロフェンナトリウム錠 J P Loxoprofen Sodium Tablets 剤形錠剤 ( 裸錠 ) 製剤の規制区分該当しない 規格 含量 1 錠中に日本薬局方ロキソプロフェンナトリウム水和物

More information

第169・218回関東支部-9indd.indd

第169・218回関東支部-9indd.indd Mycobacterium gordonae Aspergillus fumigatus Mycobacterium gordonae Aspergillus fumigatus Mycobacterium gordonae Mycobacterium gordonae Aspergillus fumigatus 抗悪性腫瘍剤 薬価基準収載 特定生物由来製品

More information

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾 2 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾向が強い 多剤耐性緑膿菌は5類感染症定点把握疾患 赤痢菌属 グラム陰性通性嫌気性桿菌 腸内細菌科

More information

蚊を介した感染経路以外にも 性交渉によって男性から女性 男性から男性に感染したと思われる症例も報告されていますが 症例の大半は蚊の刺咬による感染例であり 性交渉による感染例は全体のうちの一部であると考えられています しかし 回復から 2 ヵ月経過した患者の精液からもジカウイルスが検出されたという報告

蚊を介した感染経路以外にも 性交渉によって男性から女性 男性から男性に感染したと思われる症例も報告されていますが 症例の大半は蚊の刺咬による感染例であり 性交渉による感染例は全体のうちの一部であると考えられています しかし 回復から 2 ヵ月経過した患者の精液からもジカウイルスが検出されたという報告 2016 年 8 月 3 日放送 ジカウイルス感染症 国立国際医療研究センター国際感染症センター忽那賢志ジカ熱とはジカ熱とは フラビウイルス科フラビウイルス属のジカウイルスによって起こる蚊媒介感染症です ジカウイルス感染症 ジカ熱 ジカウイルス病など さまざまな呼び方があります ジカ熱を媒介する蚊は 主にネッタイシマカとヒトスジシマカです ジカ熱は近年 急速に流行地域を拡大しており 2013 年のフランス領ポリネシア

More information

アレセンサを服用される患者さんへ 近年 医療技術や治療薬の進歩により 特定の遺伝子を標的として 患者さんひとりひとりの原因に合わせた個別化治療が拡がってきました 非小細胞肺がんの原因として ALK 融合遺伝子という特殊な遺伝子が関与していることがわかりました ALK 融合遺伝子が認められる患者さんは

アレセンサを服用される患者さんへ 近年 医療技術や治療薬の進歩により 特定の遺伝子を標的として 患者さんひとりひとりの原因に合わせた個別化治療が拡がってきました 非小細胞肺がんの原因として ALK 融合遺伝子という特殊な遺伝子が関与していることがわかりました ALK 融合遺伝子が認められる患者さんは アレセンサハンドブック 監修 : 国立がん研究センター中央病院 大江裕一郎 副院長 / 呼吸器内科長 アレセンサを服用される患者さんへ 近年 医療技術や治療薬の進歩により 特定の遺伝子を標的として 患者さんひとりひとりの原因に合わせた個別化治療が拡がってきました 非小細胞肺がんの原因として ALK 融合遺伝子という特殊な遺伝子が関与していることがわかりました ALK 融合遺伝子が認められる患者さんは非小細胞肺がんの100

More information

改訂内容 ( 部追加 改訂 部削除 ) ビ シフロール 錠, ミラペックス LA 錠 共通 改 訂 後 改 訂 前 2. 重要な基本的注意 2. 重要な基本的注意 (5) レボドパ又はドパミン受容体作動薬の投与により 病的賭博 ( 個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず 持続的に

改訂内容 ( 部追加 改訂 部削除 ) ビ シフロール 錠, ミラペックス LA 錠 共通 改 訂 後 改 訂 前 2. 重要な基本的注意 2. 重要な基本的注意 (5) レボドパ又はドパミン受容体作動薬の投与により 病的賭博 ( 個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず 持続的に 医薬品の適正使用に欠かせない情報です 必ずお読みください 使用上の注意改訂のお知らせ 2013 年 8 月日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 ドパミン作動性パーキンソン病治療剤レストレスレッグス症候群治療剤注 ) 劇薬 処方せん医薬品 ( プラミペキソール塩酸塩水和物製剤 ) ドパミン作動性パーキンソン病治療徐放性製剤注 ) 劇薬 処方せん医薬品 ( プラミペキソール塩酸塩水和物徐放錠 ) 注

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

はじめに : 適正使用に関するお願い アグリリン カプセルはキナゾリン誘導体のアナグレリド塩酸塩水和物 ( アナグレリド ) を有効成分とする本態性血小板血症治療剤です アグリリン はこれまでに最初に承認された米国 (1997 年 3 月 ) のほか欧州連合 (24 年 11 月 ) を含む海外の計

はじめに : 適正使用に関するお願い アグリリン カプセルはキナゾリン誘導体のアナグレリド塩酸塩水和物 ( アナグレリド ) を有効成分とする本態性血小板血症治療剤です アグリリン はこれまでに最初に承認された米国 (1997 年 3 月 ) のほか欧州連合 (24 年 11 月 ) を含む海外の計 日本標準商品分類番号 874299 アグリリン カプセル.5mg 適正使用ガイド 本冊子ではアグリリン 投与にあたっての対象患者の選択治療期間中の注意事項 副作用とその対策について解説しています 最新の添付文書を確認し本冊子を熟読の上本剤を使用してください 警告 本剤は緊急時に十分対応できる医療施設において造血器悪性腫瘍の治療に対して十分な知識 経験を 持つ医師のもとで本剤の使用が適切と判断される症例についてのみ投与すること

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

薬物動態試験 : 単回投与後の組織分布 ( その3) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き ) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き )...

薬物動態試験 : 単回投与後の組織分布 ( その3) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き ) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き )... 2.6.5 目次 2.6.5...4 2.6.5.1 薬物動態試験 : 一覧表 ( その1)...4 2.6.5.1 薬物動態試験 : 一覧表 ( その2)...5 2.6.5.1 薬物動態試験 : 一覧表 ( その3)...6 2.6.5.1 薬物動態試験 : 一覧表 ( その4)...7 2.6.5.1 薬物動態試験 : 一覧表 ( その5)...8 2.6.5.2 薬物動態試験 : 分析方法及びバリデーション試験

More information

GCP 遵守の陳述本治験は, ヘルシンキ宣言 に基づく倫理的原則, 薬事法第 14 条第 3 項, 第 80 条の 2 に規定する基準, 並びに医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 ( 平成 9 年 3 月 27 日付厚生省令第 28 号 ) を遵守して実施された すべての治験にかかわる文書,

GCP 遵守の陳述本治験は, ヘルシンキ宣言 に基づく倫理的原則, 薬事法第 14 条第 3 項, 第 80 条の 2 に規定する基準, 並びに医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 ( 平成 9 年 3 月 27 日付厚生省令第 28 号 ) を遵守して実施された すべての治験にかかわる文書, 1. 標題ページ 治験の標題 E3810 臨床第 Ⅲ 相試験 非びらん性胃食道逆流症 治験総括報告書 非びらん性胃食道逆流症患者を対象とした E3810 の有効性と安全性を検討するプラセボ対照の二重盲検比較試験 治験薬名 E3810[ 一般名 : ] 対象疾患 デザイン比較目的 期間 用量 被験者母集団治験依頼者治験実施計画書番号開発のフェーズ 非びらん性胃食道逆流症 多施設共同無作為化二重盲検比較試験プラセボ非びらん性胃食道逆流症患者を対象として,E3810

More information

Microsoft Word - todaypdf doc

Microsoft Word - todaypdf doc 2014 年 4 月 9 日放送 急性急性胆管胆管炎 胆嚢炎胆嚢炎診療診療ガイドライン 2013 の活用法活用法 帝京大学外科准教授三浦文彦はじめに 2013 年 1 月に改訂 出版された急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドライン (Tokyo Guidelines 2013 以下 TG13) について お話しさせていただきます 急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドラインは 2005 年 9 月に日本語版第 1 版が

More information

Step1 医学 薬学英 日 テーマ A 治験 (1) 臨床 非臨床 目次 例題... 5 練習課題... 17 添削課題... 25 添削課題 M-101 Population, age and inclusion and exclusion criteria for Phase III studies... 26 添削課題 M-102 Results of Repeat-Dose Oral Toxicity

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

クラビット 錠 250mg 錠 500mg 細 粒 10% 改 訂 後 下 記 の 副 作 用 があらわれることがあるので 異 常 が 認 められた 場 合 には 必 要 に 応 じ 投 与 を 中 止 するなど 適 切 な 処 置 を 行 うこと ) 1 ~ 5% 未 満 1% 未 満 頻 度 不

クラビット 錠 250mg 錠 500mg 細 粒 10% 改 訂 後 下 記 の 副 作 用 があらわれることがあるので 異 常 が 認 められた 場 合 には 必 要 に 応 じ 投 与 を 中 止 するなど 適 切 な 処 置 を 行 うこと ) 1 ~ 5% 未 満 1% 未 満 頻 度 不 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください 使 用 上 の 意 改 訂 のお 知 らせ 広 範 囲 経 口 抗 菌 製 剤 レボフロキサシン 水 和 物 製 剤 処 方 せん 医 薬 品 : 意 医 師 等 の 処 方 せんにより 使 用 すること ニューキノロン 系 射 用 抗 菌 製 剤 レボフロキサシン 水 和 物 処 方 せん 医 薬 品 : 意

More information

saisyuu2-1

saisyuu2-1 母斑の例 早期発見対象疾患 専門機関への 紹介ポイント る 1歳頃の始語 ママ マンマ等のことばの出始め を経て 有意味語が増えているか 早い児であれ ば 二語文 パパ カイシャ等 が出てくる 簡単ないいつけ ことばでの指示 に従えるか 平成16年度に 1歳6か月児健診から二次精査を経て三次精査機関に紹介された38例のうち 両 側に中等度以上の難聴は3例 7.9 滲出性中耳炎も3例 7.9 聴力正常22例

More information

卸-11-2.indd

卸-11-2.indd Q ①国家備蓄に関し およそこの10年 緊急にワク No.1450 コレラワクチンの販売中止について 2009年10月 チンを接種したケースがない ②現在のコレラの治療方針について 基本的には 経口または点滴で水分と電解質を補い 並行し て抗生物質による抗菌治療を実施するとされて コレラワクチンは コレラ菌による急性感染性 おり 以上の併用治療により 大体死亡率は 腸炎であるコレラの予防に用いるもので

More information

オメプラール錠お知らせ文書

オメプラール錠お知らせ文書 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい 添 付 文 書 改 訂 のお 知 らせ プロトンポンプ インヒビター 2010 年 6 月 オメプラゾール 錠 この 度 オメプラール 錠 を 用 いたヘリコバクター ピロリ 除 菌 に 関 する 効 能 効 果 が 追 加 承 認 されました これに 伴 い 効 能 効 果 及 びその 他 の 関 連 箇

More information

どく拡張する ( 中毒性巨大結腸症 ) こともあります. このような場合には緊急に手術が必要です. また 大腸癌になった場合にも手術が必要になります. 内科的治療が効きにくい難治例や重症例の場合にも 内科的治療のバランスの点から手術を選択することがあります. 手術の方法は 大腸全摘ですが 肛門を残す

どく拡張する ( 中毒性巨大結腸症 ) こともあります. このような場合には緊急に手術が必要です. また 大腸癌になった場合にも手術が必要になります. 内科的治療が効きにくい難治例や重症例の場合にも 内科的治療のバランスの点から手術を選択することがあります. 手術の方法は 大腸全摘ですが 肛門を残す 1. 炎症性腸疾患 (Inflammatory Bowel Disease, IBD) とは消化管に炎症 潰瘍を生じ 出血 下痢 体重減少 発熱などの症状をおこす疾患の総称で 一般には 潰瘍性大腸炎とクローン病の2 疾患をいいます. 世界では 欧州 北米 北欧に高頻度で 日本 オーストラリア ニュージーランド 南アフリカは中等度 他のアジア アフリカ 南米には少ないとされています. 人種的には ユダヤ人

More information

3年次後期 専門科目群Ⅰ (必修科目) 2単位                  臨床薬理学          10回目

3年次後期 専門科目群Ⅰ (必修科目) 2単位                  臨床薬理学          10回目 4 年次前期専門科目群 Ⅰ ( 選択科目 ) 2 単位 薬剤疫学 8 回目 生物薬剤学講座児玉庸夫 1 講義の内容 (1) 第 1 回薬剤疫学の役割 第 2 回最小二乗法による回帰 ( 小テスト ) 第 3 回帰無仮説 信頼区間 ( 小テスト ) 第 4 回パラメトリック検定とノンパラメトリック検定 二群間の平均値の差の検定法 ( 小テスト ) 第 5 回二群間の平均値の差の検定法 χ2 検定 (

More information

「第2回小児薬物療法検討会議」

「第2回小児薬物療法検討会議」 アセトアミノフェンの 小児科領域における解熱 報告書作成中間サマリー 本サマリーは報告書作成の中間段階のものであり内容は確定していない 今後の検討を経て最終的な報告書が確定される予定である 1. 医療上の必要性について 子どもの発熱や痛みは その子どもにとって大きな肉体的 精神的ストレスとなるのみならず 家族にとっても大きな負担をもたらす 必要に応じて適切に解熱 鎮痛をはかることは 子どもの医学的ケアに必須であるのみならず

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

(Lung Health Study) FEV1 の変化 80 76 軽症 COPD: 可逆性大炎症 2682 2335 208 2059 152 1818 134 重症 COPD: 可逆性小炎症 なし 124 年齢 ( 歳 ) 150 125 100 75 実年齢 肺年齢 *:p

More information

IF

IF 2016 年 5 月改訂 ( 第 11 版 ) 日本標準商品分類番号 871149 医薬品インタビューフォーム日本病院薬剤師会の IF 記載要領 2013 に準拠して作成 鎮痛 抗炎症 解熱剤 日本薬局方ロキソプロフェンナトリウム錠 LOXOPROFEN Na ロキソプロフェンナトリウム製剤 剤 形 細粒 10%: 細粒剤錠 60mg : 割線入り素錠 製剤の規制区分該当しない 規格 含量 一般名

More information