Microsoft Word - IBIS2012_Progra m_˙$B8x3+MQ˙(B_1018_3.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - IBIS2012_Progra m_˙$B8x3+MQ˙(B_1018_3.doc"

Transcription

1 第 15 回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2012) ( 第 11 回電子情報通信学会情報論的学習理論と機械学習 (IBISML) 研究会 ) プログラム 日時 : 2012 年 11 月 7 日 ( 水 ) 09:20~18: 年 11 月 8 日 ( 木 ) 09:20~17: 年 11 月 9 日 ( 金 ) 09:30~17:30 会場 : 筑波大学東京キャンパス文京校舎 11 月 7 日 ( 水 ) 8:30 受付開始 9:20-9:30 開会挨拶 9:30-12:00 企画セッション : 学習理論のフロンティア 鈴木大慈 ( 東京大学 ) 統計的学習理論チュートリアル : 基礎から応用まで 福水健次 ( 統計数理研究所 ) カーネル法の新しい展開 - その理論と方法 - 植野剛 ( 科学技術振興機構 ) 確率推論による強化学習 確率最適制御 12:00-13:20 昼食 13:20-15:30 企画セッション : ビジネスと機械学習の接点照井伸彦 ( 東北大学 ) ブランドに対する 飽き の動的変化の個人別測定と製品 品揃え戦略森正弥 ( 楽天株式会社 ) E-commerce 企業におけるビッグデータへの挑戦と課題 機械学習への期待について 濱田晃一 Mobage の大規模データマイニングと意思決定 ( 株式会社ディー エヌ エー ) 15:30-18:00 ポスターセッション 1 11 月 8 日 ( 木 ) 8:50 受付開始 9:20-12:10 企画セッション : ヘルスケアと機械学習 山西芳裕 ( 九州大学 ) 医薬品の標的分子や副作用の予測における機械学習 牛場潤一 ( 慶應義塾大学 ) 脳の学習と機械の学習 ブレイン マシン インター フェースで脳の可塑性を引き出すには? 白石友一 ( 東京大学 ) がんの病態, 発病機序を理解するためのゲノム解析 小山洋平 ( 理化学研究所 ) 蛍光計数分布からの生体分子結合状態の自動推定 : 複合ポアソン分布による定式化

2 12:10-13:30 昼食 13:30-15:00 特別招待講演 Jean Philippe Vert (Mines ParisTech/Institut Curie) Learning with structured sparsity in computational biology 15:00-17:30 ポスターセッション 2 18:30-21:00 ディスカッションと夕食会 11 月 9 日 ( 金 ) 9:00 受付開始 9:30-11:40 企画セッション : マルチメディアと機械学習 篠田浩一 ( 東京工業大学 ) コミュニケーションとしての映像とその検索技術 渡辺太郎 ( 情報通信研究機構 ) 最適化問題としての機械翻訳 亀岡弘和 ( 日本電信電話株式会社 ) 生成モデルアプローチによる音声音響信号処理 11:40-13:00 昼食 13:00-15:15 オーラルセッション広瀬俊亮 (SAS Institute Japan 株式会社 ) 高畠一哉, 赤穂昭太郎 ( 産業技術総合研究所 ) 石黒勝彦, 上田修功, 澤田宏 ( 日本電信電話株式会社 ) 清水佳奈 ( 産業技術総合研究所 ), 荒井ひろみ ( 理化学研究所 ), 縫田光司 ( 産業技術総合研究所 ), 浜田道昭 ( 東京大学 ), 津田宏治, 広川貴次, 花岡悟一郎 ( 産業技術総合研究所 ), 佐久間淳 ( 筑波大学 ), 浅井潔 ( 東京大学 ) 野村行弘, 増谷佳孝, 三木聡一郎, 根本充貴, 花岡昇平, 吉川健啓, 林直人, 大友邦 ( 東京大学医学部附属病院 ) 二次形式の大域的最適化によるクラスタリング新グラフィカルモデル 発火過程ネットワーク 学習が簡単な新モデル サブセット無限関係モデル化合物データベースの秘匿検索技術の開発医用画像におけるコンピュータ支援検出 / 診断のための機械学習 : 遠隔読影環境による多施設臨床使用下での識別器の更新 大野健太, 海野裕也, 岡野原大 輔, 比戸将平 ( 株式会社プリファー ドインフラストラクチャー ) Jubatus: 大規模データ解析向け分散オンライン機械学 習基盤

3 15:15-15:45 休憩 15:45-17:15 企画セッション : 気候変動問題に挑む機械学習 Claire Monteleoni Climate Informatics: Recent Advances and Challenge (George Washington University) Problems for Machine Learning in Climate Science 望月崇 ( 海洋研究開発機構 ) Toward quantifying and reducing uncertainty in decadal climate prediction 17:15-17:30 閉会の辞 諸連絡

4 ポスターセッション 1 11 月 7 日 ( 木 ) 15:30-18:00 発表 ID 著者 ( 所属 ) 概要 テクニカルトラック T-1 Makoto Yamada(NTT CS Labs), Leonid Sigal, Michalis Raptis(DRP) No Bias Left Behind: Covariate Shift Adaptation for Discriminative 3D Pose Estimation T-2 木下俊貴, 三好誠司 ( 関西大 ) 大画像の複層ベイズ超解像と回転中心の一般化 T-3 原聡, 鷲尾隆 ( 阪大 ) 異常箇所同定のためのグラフィカルモデルの学習 T-4 石黒勝彦, 上田修功, 澤田宏 (NTT) サブセット無限関係モデル T-5 Hayato Kobayashi(Toshiba) Perplexity on Reduced Corpora T-6 大工廻和美, 渡辺澄夫 ( 東工大 ) 混合ベルヌーイ分布の変分ベイズ学習におけるモデル選択 T-7 Takayuki Osogami(IBM Japan) Robustness of time-consistent Markov decision processes T-8 広瀬俊亮 (SAS) 二次形式の大域的最適化によるクラスタリング T-9 中村文士, 渡辺澄夫 ( 東工大 ) 変分ベイズ法の局所解における自由エネルギーと汎化誤差の関係 T-10 竹内孝, 石黒勝彦, 木村昭悟, 澤田宏 (NTT) T-11 山崎啓介 ( 東工大 ), 渡辺一帆 ( 奈良先端大 ), 梶大介 ( コニカミノルタエムジー ) T-12 三川健太, 石田崇, 後藤正幸, 平澤茂一 ( 早大 ) snmf : 非負値制約下における複数行列の同時分解法 ~ ソーシャルメディア解析を応用例として ~ 自由エネルギーによる潜在変数推定精度の計算法テキスト分類問題におけるカテゴリ情報を用いた適応的距離学習に関する一考察 T-13 佐久間淳 ( 筑波大 ) 半正定値行列の差分プライバシー T-14 小林浩一, 山崎啓介 ( 東工大 ) 交通流の時空図における ZRP のパラメータ推定と能動学習 T-15 木脇太一, 牧野貴樹, 合原一幸 ( 東大 ) エントロピー最小化による Restricted Boltzmann Machine の学習の正則化 T-16 須子統太, 堀井俊佑 ( 早大 ), 小林学 ( 湘 南工科大 ), 後藤正幸, 松嶋敏泰, 平澤茂 一 ( 早大 ) プライバシー保護を目的とした線形回帰モデルにおける最小二乗推定量の 分散計算法について T-17 坂田綾香, 樺島祥介 ( 東工大 ) Dictionary Learning におけるサンプル複雑度の典型時解析 T-18 吉井和佳, 後藤真孝 ( 産総研 ) 音楽音響信号解析のためのガンマ過程に基づく無限複合自己回帰モデル T-19 中村泰, 石黒浩 ( 阪大 ) Gaussian process regression を用いた確率的方策に対する方策勾配法 T-20 大畑亮介, 植野真臣 ( 電通大 ) ベイジアンネットワークを用いた LDA の特徴選択 T-21 Naoya Inoue, Kazeto Yamamoto, Yotaro Watanabe, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui(Tohoku Univ.) Online Large-margin Weight Learning for First-order Logic-based Abduction T-22 岡留有哉, 中村泰, 石黒浩 ( 阪大 ) ハッシュ関数を用いた Gaussian Process Regression の高速化 T-23 富永将至, 下坂正倫, 福井類, 佐藤知正 ( 東大 ) T-24 植野剛 (JST), 林浩平 ( 東大 ), 鷲尾隆, 河原吉伸 ( 阪大 ) 入れ子階層ディリクレ過程による文書 トピック同時クラスタリング 重み付き最尤推定に基づく方策探索法 T-25 烏山昌幸, 馬見塚拓 ( 京大 ) ラベル伝播アルゴリズムにおける複数グラフのスパース結合法 T-26 阿座上誠也, 池田成夫, 井上真郷 ( 早大 ) 有限客数待ち行列のモデル解析

5 T-27 荒井ひろみ ( 理研 ), 佐久間淳 ( 筑波大 ) 類似検索におけるプライバシ漏えいの評価及び差分プライバシの保証 T-28 石垣司, 照井伸彦 ( 東北大 ), 佐藤忠彦 ( 筑波大 ) T-29 鈴木幸一郎, 安倍満, 佐藤育郎 ( デンソー IT ラボ ) 潜在クラス型階層ベイズプロビットモデルによる大規模購買行動モデル データ分布の 2 次モーメントのみにもとづくバイナリコーディング手法 T-30 納竜也, 佐久間淳 ( 筑波大 ) ユーザのステレオタイピングに基づく推薦 インダストリアルトラック I-1 坪井祐太 ( 日本 IBM) 模倣学習による依存構造解析 I-2 日高徹司 ( 株式会社博報堂 ), 佐藤忠彦 ( 筑波大学 ) I-3 橋本英明, 松尾啓吾 ( 日本電信電話株式会社 ) 階層ベイズモデルによる消費者異質性を考慮したクロスメディア効果推定 データセンタの省電力化に向けた ICT 機器吸込温度予測手法の検討 I-4 井上友彦, 佐藤忠彦 ( 筑波大学 ) 動的残存効果モデルによる市場反応分析の高度化 I-5 山本忠, 吉田稔, 中川裕志 ( 東京大学 ), 渋谷久恵, 前田俊二 ( 日立製作所 ) 製品修理作業レポートと付随する数値データの関係性分析 I-6 礒部正幸 ( アドファイブ株式会社 ) 小規模スタートアップにおける先進技術事業化の試み I-7 石田実 ( アークエンジン ) 購買履歴データを用いた消費者の選好構造の空間的表現手法の提案 ディスカッショントラック D-1 松田源立 ( 青山学院大学 ) 高次統計量推定における誤差分布を利用した独立成分分析 D-2 小宮山純平, 佐藤一誠, 中川裕志 ( 東京大 学 ) バンディット問題の非定常状態への拡張について D-3 荒野俊平, 鹿島久嗣 ( 東京大学 ) 凸最適化を用いたネットワーククラスタリング D-4 麻生英樹, 城真範, 神嶌敏弘, 赤穂昭太郎 ( 産業技術総合研究所 ), 興梠貴英 ( 東京大学 ) D-5 川喜田雅則, 山口耕太郎, 高橋規一 ( 九州先端科学技術研究所, 九州大学 ), 竹内純一 ( 九州大学 ) D-6 梶野洸 ( 東京大学 ), 坪井祐太 ( 日本 IBM), 鹿島久嗣 ( 東京大学 ) エピソード時系列データ分析のための強化学習ツール RLearn 情報理論に基づく超解像可能条件ワーカーのグループ構造を取り入れたクラウドソーシングを用いた教師付き学習 D-7 坂井良樹, 山西健司 ( 東京大学 ) 確率モデルベースの関係データクラスタリングとモデル選択規準 D-8 牧野貴樹, 小田也寸志, 合原一幸 ( 東京大 学 ) POMDP ポリシーの高速再計算法と勾配計算法 D-9 成田敦博, 佐藤一誠, 中川裕志 ( 東京大学 ) 大規模問題のためのオンライン転移学習法 D-10 森村哲郎, 恐神貴行 (IBM), 白井朋之 ( 九州大学 ) D-11 村下瑛 ( 東京大学 ), 坪井祐太 ( 日本 IBM), 鹿島久嗣 ( 東京大学 ) D-12 江原遥, 佐藤一誠, 大岩秀和, 中川裕志 ( 東京大学 ) Markov 決定過程での統計的推測のための混合時間正則化 クラウドソーシングを用いた系列ラベリング学習 グラフ上のラベル伝搬法による半教師あり学習 能動学習の大規模化

6 D-13 小山聡 ( 北海道大学 ), 馬場雪乃 ( 東京大 学 ), 櫻井祐子 ( 九州大学 ), 鹿島久嗣 ( 東京 大学 ) ワーカーの確信度を用いたクラウドソーシングにおけるラベル統合 D-14 木村大翼, 鹿島久嗣 ( 東京大学 ) XBW を用いた大規模かつ省メモリな木カーネルの SVM 学習 D-15 大岩秀和, 佐藤一誠, 中川裕志 ( 東京大学 ) スパースな線形ガウス状態空間モデルとその解法 D-16 小川晃平, 鈴木良規, 新村祐紀, 竹内一郎 ( 名古屋工業大学大学院 ) サポートベクトルマシンのための Safe Shrinking ルール D-17 松野司, 石原直樹, 竹内一郎 ( 名古屋工業大学大学院 ) D-18 十河泰弘 ( 大阪大学 ), 植野剛 ( 科学技術振興機構 ), 河原吉伸 ( 大阪大学 ), 鷲尾隆 ( 大阪大学 ) ランキング上位の整合性に特化した効率的なランキング学習法 Density Power Divergence を利用したノイジーオラクル下における能動学 習 D-19 井本康宏 ( 京都大学 ) ベイズ推定による顕微鏡画像の三次元再構成 D-20 勝木孝行, 森村哲郎, 井手剛 (IBM 東京基 礎研究所 ) 低画質な定点画像からの教師なし車両台数推定 D-21 山内康一郎 ( 中部大学 ) Soft-projection method for incremental learning on a budget D-22 岩田一貴 ( 広島市立大学 ) 同種類の形状にランドマークを自動的に配置する方法 D-23 前田新一 ( 京都大学 ) 逐次近似による格子上のグラフの推論

7 ポスターセッション 2 11 月 8 日 ( 木 ) 15:00-17:30 発表 ID 著者 ( 所属 ) 概要 テクニカルトラック T-32 得丸公明 ( システムエンジニア ) 論文精読によるシステムズのシステム工学 言語という複雑系システムを解析する手法の提案 T-33 Agus Zainal Arifin, Ahmad Mustofa Hadi, Anny Yuniarti, Wijayanti Nurul Khotimah, Arya Yudhi Wijaya(ITS), Eha Renwi Astuti(Unair) T-34 Shinichi Nakajima(Nikon), Ryota Tomioka(Tokyo Univ.), Masashi Sugiyama(Titech), S. Derin Babacan(Illinois Univ.) Classification and Numbering on Posterior Dental Radiography using Histogram Intersection On Dimensionality Recovery Guarantee of Variational Bayesian PCA T-35 村上和謙, 尾関智子 ( 東海大 ) Concurrent Q Learning と Sarsa Q 学習の動的環境への適応能力 T-36 Daiki Suehiro, Kohei Hatano, Eiji Takimoto(Kyushu Univ.) Efficient AUC Maximization by Approximate Reduction of Ranking SVMs T-37 広瀬俊亮 (SAS) 線形代数的アプローチによるノード置換不変な行列カーネルの構成 T-38 三木拓史, 渡辺澄夫 ( 東工大 ) 逐次的な重点サンプリングを用いた WAIC 計算法 T-39 新村祐紀, 竹内一郎 ( 名工大 ) パス追跡を用いた再重み付け L1 最小化アルゴリズム T-40 石原直樹, 久留美里織, 竹内一郎 ( 名工大 ) パラメトリック計画法を用いたマルチインスタンス SVM T-41 鈴木良規, 竹内一郎 ( 名工大 ) パラメトリック計画法を用いた SVM ブートストラップ計算の高速化 T-42 苫米地大, 保坂忠明, 浜本隆之 ( 東理大 ) 圧縮センシングに基づく自由視点画像合成の高効率化 T-43 Takamitsu Araki, Kazushi Ikeda(NAIST) An Efficient Sampling Algorithm for Bayesian Variable Selection T-44 竹田晃人, 樺島祥介 ( 東工大 ) 事後確率最大化推定に基づく圧縮センシングのデータ復元アルゴリズム T-45 林浩平 ( 東大 ), 藤巻遼平 (NECLA) 疎データに対する並列確率勾配法のための属性割当最適化 T-46 高畠一哉, 赤穂昭太郎 ( 産総研 ) 新グラフィカルモデル 発火過程ネットワーク 学習が簡単な新モデル T-47 野村亮介 ( 東大 ), 日野英逸, 村田昇 ( 早 大 ), 吉田朋広 ( 東大 ) 漸近展開による近似精度の予測可能性 T-48 新里隆 ( 秋田県立大 ) 収益率が相互に影響する銘柄群と複数の制約条件を持つポートフォリオ 最適化問題の情報統計力学 T-49 Diana Purwitasari, Achmad Affandi, Umi Laili Yuhana, Daniel Oranova Siahaan(ITS), Yoshifumi Chisaki, Tsuyoshi Usagawa(Kumamoto University) Usage of Winnowing Algorithms and WordNet for Recognizing the Possibilities of Paraphrasing Sentences in Academic Papers T-50 有竹俊光, 日野英逸, 村田昇 ( 早大 ) スパースコーディングにおける基底生成のための単一母基底の学習 T-51 松尾恒, 牧野貴樹 ( 東大 ) 特定物体認識とマルコフ確率場によるモノクロ画像の自動彩色法 T-52 藤原幸一 ( 京大 ), 澤田宏 (NTT), 加納 学 ( 京大 ) 線形回帰モデルにおける NC スペクトラルクラスタリングを用いた入力変数 選択

8 T-53 加藤弘之 ( 関西大 ), 岡田真人 ( 東大 / 理研 ), 三好誠司 ( 関西大 ) T-54 カクシンロ ( 神戸大 ), 安村禎明 ( 芝浦工大 ), 上原邦昭 ( 神戸大 ) M 元位相偏移変調による CDMA 通信のレプリカ解析 クラスタリングに基づく局所的半教師付きガウス過程回帰 T-55 長島主尚, 井上真郷 ( 早大 ) ロジスティック回帰モデルを組み合わせた順序回帰モデルと高速な疎 Bayes 学習 T-56 川尻亮真, 下坂正倫, 福井類, 佐藤知正 ( 東大 ) 経路アノテーションからの学習による無線 LAN 位置推定の簡易な構築 T-57 古川徹生 ( 九工大 ) 解の多重度を考慮した混合分布モデルはより良い解をもたらす T-58 Pierre Chiche, Kenji Fukumizu(ISM) Characteristic kernels for compact groups T-59 Daisuke Tatsuke, Osamu Maruyama(Kyushu Univ.) MCMC Strategy for Protein Complex Prediction Using Cluster Size Frequency T-60 渡辺駿介, 樺島祥介 ( 東工大 ) Cavity 法による次数相関のある相互依存型ネットワークの解析 インダストリアルトラック I-8 高橋俊博, 井手剛 (IBM 東京基礎研究所 ) Predicting Battery Life from Usage Trajectory Patterns I-9 野村行弘, 増谷佳孝, 三木聡一郎, 根本充 貴, 花岡昇平, 吉川健啓, 林直人, 大友 邦 ( 東京大学医学部附属病院 ) 医用画像におけるコンピュータ支援検出 / 診断のための機械学習 : 遠隔読 影環境による多施設臨床使用下での識別器の更新 I-10 ハスバガン, 山形与志樹 ( 独立行政法人国立環境研究所 ) I-11 山下博史 ( 総合研究大学院大学 ), 吉田亮, 伊庭幸人, 樋口知之 ( 統計数理研究所 ) I-12 Rudy Raymond, Sei Kato, Tetsuro Morimura ( 日本 IBM), Masato Hattori( 青山学院大学 ) I-13 大野健太, 海野裕也, 岡野原大輔, 比戸将平 ( 株式会社プリファードインフラストラクチャー ) I-14 鈴木祥子 ( 日本 IBM 株式会社東京基礎研究所 ), 比戸将平 ( 株式会社プリファードインフラストラクチャー ), 西山莉紗, 今道貴司, 高橋力矢, 森村哲郎, 大野正樹, 那須川哲哉, 井手剛 ( 日本 IBM 東京基礎研究所 ), 金平裕介, 葉田琳樹, 上野剛史 ( 日本 IBM 株式会社知的財産 ), 田島玲 ( ヤフー株式会社事業戦略統括本部 Yahoo! JAPAN 研究所 ), 渡部俊也 ( 東京大学先端科学技術研究センター ) Rough set と部分空間法を組み合わせたリモートセンシング画像分類手法創薬を支援するデータ駆動型化合物設計 An Online Map Matching based on Hidden Markov Model Jubatus: 大規模データ解析向け分散オンライン機械学習基盤 Modeling Patent Quality: A System for Large-scale Patentability Analysis using Text Mining

9 I-15 清水佳奈 ( 産業技術総合研究所 ), 荒井ひろみ ( 理化学研究所 ), 縫田光司 ( 産業技術総合研究所 ), 浜田道昭 ( 東京大学 ), 津田宏治, 広川貴次, 花岡悟一郎 ( 産業技術総合研究所 ), 佐久間淳 ( 筑波大学 ), 浅井潔 ( 東京大学 ) 化合物データベースの秘匿検索技術の開発 ディスカッショントラック D-24 城真範, 赤穂昭太郎 ( 産業技術総合研究所 ) D-25 山田誠 (NTT), Wittawat Jitkrittum( 東工大 ), Leonid Sigal (DRP), Eric P. Xing (CMU), 杉山将 ( 東工大 ) D-26 楠本英子 ( 総合研究大学院大学 ), 樋口知之 ( 統計数理研究所 ) 量子化による測定結果への影響 High-Dimensional Feature Selection by Feature-Wise Kernelized Lasso 太陽光発電量の予測 D-27 一杉裕志 ( 産業技術総合研究所 ) 大脳皮質モデルと Deep Learning を統合した認識 学習の線形時間アルゴ リズム D-28 有賀功 ( 中央大学 ) タイピング学習システムの出題法の提案 D-29 中村圭宏, 高橋大志, 長谷川修 ( 東京工業大学 ) D-30 梶大介 ( コニカミノルタエムジー ( 株 )), 山崎啓介 ( 東京工業大学 ) D-31 日野英逸 ( 早稲田大学 ), Reyhani Nima( アールト大学 ) 耐ノイズ性を有する高速多変量オンラインノンパラメトリック密度推定法複数クラスラベル付きバイナリーデータ群からの相関抽出方法と投薬データ解析への応用線型判別分析のための教師付きスパース共分散推定 D-32 長谷川修 ( 東京工業大学 ) Bayes 統計学への SOINN の導入に関する一考察 D-33 鹿内学, 水原啓暁 ( 京都大学 ) fmri 脳活動解析における統計的因果推論の適用 D-34 大羽成征 ( 京都大学 ) 系列変化点推定解像度向上の試みについて D-35 川久保秀子, 吉田裕亮 ( お茶の水女子大学 ) ヒルベルト - シュミット独立基準とランダム行列理論によるノイズ変数の除去 D-36 丸野由希, 宮本敦史 ( 奈良先端科学技術大学院大学 ), 作村諭一 ( 愛知県立大学 ), 池田和司 ( 奈良先端科学技術大学院大学 ) D-37 坂野鋭 (NTT), 大橋司 ( 同志社大学 ), 木村昭悟, 澤田宏 (NTT) D-38 王晶晶, 小山聡, 栗原正仁 ( 北海道大学 ), 鹿島久嗣 ( 東京大学 ) 軸索伸長を制御する因子の同定に関する検討 自己相関構造を考慮した判別分析 クラウドソーシングを用いた同一性判定のための機械学習方式 D-39 大木仁史偏相関係数の性質 D-40 金川元信 ( 奈良先端科学技術大学院大学 ), 西山悠 ( 統計数理研究所 ), Arthur Gretton(UCL), 福水健次 ( 統計数理研究所 ) D-41 池端久貴 ( 総合研究大学院大学 ), 吉田亮 ( 統計数理研究所 ) カーネル法によるパーティクルフィルタ タスク分割型ベイジアンモデリングに基づく DNA モチーフ配列の探索

10 D-42 宮本敦史 ( 奈良先端科学技術大学院大学 ), 梶野洸 ( 東京大学 ), 木村昭悟, 石黒勝彦, 澤田宏 ( 日本電信電話 ( 株 )) D-43 志賀元紀 ( 豊橋技術科学大学大学院 ), 馬見塚拓 ( 京都大学 ) D-44 福永修一, 中島優次 ( 東京都立産業技術高等専門学校 ) D-45 庄野逸 ( 電気通信大学 ), 岡田真人 ( 東京大学大学院 ) D-46 西山悠 ( 統計数理研究所 ), 金川元信 ( 奈良先端科学技術大学院大学 ), Arthur Gretton(UCL), 福水健次 ( 統計数理研究所 ) 関連性マルチモーダル LDA 複数のネットワーク構造情報に基づくノードラベルの半教師あり学習ポイントマス法を用いたガウス和フィルタの改良局所変分法を用いた Total Variation の画像修復への応用パラメトリックカーネル平均を用いた状態空間フィルタリングアルゴリズム

-2-

-2- -2- -3- 会場へのアクセス -4- -5- 11 月 21 日 ( 水 ) 9:25 9:30 細胞を創る 研究会 5.0 開会挨拶木賀大介 ( 東京工業大学 ) 9:30 10:30 基調講演 Chair: 木賀大介 ( 東工大 ) 大島泰郎先生 ( 共和化工 環境微生物学研究所 東京工業大学名誉教授 ) 生命の起源と Magic20 10:30 11:30 ポスター発表 ( 奇数番号 )

More information

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 RIETI Policy Discussion Paper Series 13-P-023 RIETI Discussion Paper Series 13-P-023 2013 年 12 月 地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 相馬亘 ( 日本大学理工学部 ) 藤田裕二 ( 日本大学理工学研究所 ) 内藤祐介 ( 株式会社人工生命研究所 ) 西田正敏 ( 株式会社人工生命研究所

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation . カーネル法への招待 正定値カーネルによるデータ解析 - カーネル法の基礎と展開 - 福水健次統計数理研究所 / 総合研究大学院大学 統計数理研究所公開講座 0 年 月 34 日 概要 カーネル法の基本 線形データ解析と非線形データ解析 カーネル法の原理 カーネル法の つの例 カーネル主成分分析 : PCA の非線形拡張 リッジ回帰とそのカーネル化 概要 カーネル法の基本 線形データ解析と非線形データ解析

More information

画像解析論(2) 講義内容

画像解析論(2) 講義内容 画像解析論 画像解析論 東京工業大学長橋宏 主な講義内容 信号処理と画像処理 二次元システムとその表現 二次元システムの特性解析 各種の画像フィルタ 信号処理と画像処理 画像解析論 処理の応答 記憶域 入出力の流れ 信号処理系 実時間性が求められる メモリ容量に対する制限が厳しい オンラインでの対応が厳しく求められる 画像処理系 ある程度の処理時間が許容される 大容量のメモリ使用が容認され易い オフラインでの対応が容認され易い

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

Microsoft Word - 補論3.2

Microsoft Word - 補論3.2 補論 3. 多変量 GARC モデル 07//6 新谷元嗣 藪友良 対数尤度関数 3 章 7 節では 変量の対数尤度を求めた ここでは多変量の場合 とくに 変量について対数尤度を求める 誤差項 は平均 0 で 次元の正規分布に従うとする 単純化のため 分散と共分散は時間を通じて一定としよう ( この仮定は後で変更される ) したがって ij から添え字 を除くことができる このとき と の尤度関数は

More information

I-1 模 倣 学 習 による 依 存 構 造 解 析 坪 井 祐 太 ( 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 ) Transition-based Dependency Parsing ( 既 存 手 法 ) 文 の 前 から 順 に 係 り 受 け 関 係 を 決 定 (マルコフ 決 定

I-1 模 倣 学 習 による 依 存 構 造 解 析 坪 井 祐 太 ( 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 ) Transition-based Dependency Parsing ( 既 存 手 法 ) 文 の 前 から 順 に 係 り 受 け 関 係 を 決 定 (マルコフ 決 定 I-1 模 倣 学 習 による 依 存 構 造 解 析 坪 井 祐 太 ( 日 本 アイ ビー エム 株 式 会 社 ) 依 存 構 造 解 析 ( 係 り 受 け 解 析 )とは? 文 中 の 単 語 間 の 修 飾 関 係 を 表 す 木 構 造 を 予 測 評 判 分 析 関 係 抽 出 機 械 翻 訳 などの 基 盤 技 術 提 案 手 法 の 効 果 少 しの 精 度 低 下 で 数 十

More information

ビッグデータのリアルタイム分析基盤技術「Jubatus」を活用し、センサデータ機械学習検証システムを構築 - ビニールハウスのデータ異常検知の自動化を実現 -

ビッグデータのリアルタイム分析基盤技術「Jubatus」を活用し、センサデータ機械学習検証システムを構築 - ビニールハウスのデータ異常検知の自動化を実現 - 2014 年 2 月 12 日住友精密工業株式会社株式会社 Preferred Infrastructure 株式会社ブリスコラ ビッグデータのリアルタイム分析基盤 Jubatus を活用し センサデータ機械学習検証システムを構築 - ビニールハウスのデータ異常検知の自動化を実現 - 住友精密工業株式会社 ( 本社 : 兵庫県尼崎市 社長 : 三木伸一 以下 住友精密 ) は クラウドコンピューティング専門の事業企画

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

MATLAB®製品紹介セミナー

MATLAB®製品紹介セミナー MATLAB における分類 パターン認識 - 入門編 - MathWorks Japan アプリケーションエンジニアリング部 ( テクニカルコンピューティング部 ) アプリケーションエンジニア大開孝文 2012 The MathWorks, Inc. 1 アジェンダ 回帰モデルと分類モデルについて 分類手法を使ったワインの品質モデリング まとめ 2 分類手法を使ったワインの品質モデリング アプローチ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 担当教員名 単位数西田健 2 単位 教室 時間 4-1A 教室火曜 4 限 目的不確定性を有する対象の制御に有効な確率システム制御理論について解説する また 確率的要因を考慮した状態推定のために 宇宙ロケットや自律ロボットなどの幅広い分野で利用されているカルマンフィルタやパーティクルフィルタについて解説し それらを用いる制御系の構成手法を教授する 授業計画 (1) ガイダンスと導入 (2) 線形動的システムの時系列モデリング

More information

OpRisk VaR3.2 Presentation

OpRisk VaR3.2 Presentation オペレーショナル リスク VaR 計量の実施例 2009 年 5 月 SAS Institute Japan 株式会社 RI ビジネス開発部羽柴利明 オペレーショナル リスク計量の枠組み SAS OpRisk VaR の例 損失情報スケーリング計量単位の設定分布推定各種調整 VaR 計量 内部損失データ スケーリング 頻度分布 規模分布 分布の補正相関調整外部データによる分布の補正 損失シナリオ 分布の統合モンテカルロシミュレーション

More information

統計的データ解析

統計的データ解析 統計的データ解析 011 011.11.9 林田清 ( 大阪大学大学院理学研究科 ) 連続確率分布の平均値 分散 比較のため P(c ) c 分布 自由度 の ( カイ c 平均値 0, 標準偏差 1の正規分布 に従う変数 xの自乗和 c x =1 が従う分布を自由度 の分布と呼ぶ 一般に自由度の分布は f /1 c / / ( c ) {( c ) e }/ ( / ) 期待値 二乗 ) 分布 c

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 非線形カルマンフィルタ ~a. 問題設定 ~ 離散時間非線形状態空間表現 x k + 1 = f x k y k = h x k + bv k + w k f : ベクトル値をとるx k の非線形関数 h : スカラ値をとるx k の非線形関数 v k システム雑音 ( 平均値 0, 分散 σ v 2 k ) x k + 1 = f x k,v k w k 観測雑音 ( 平均値 0, 分散 σ w

More information

TopSE並行システム はじめに

TopSE並行システム はじめに はじめに 平成 23 年 9 月 1 日 トップエスイープロジェクト 磯部祥尚 ( 産業技術総合研究所 ) 2 本講座の背景と目標 背景 : マルチコア CPU やクラウドコンピューティング等 並列 / 分散処理環境が身近なものになっている 複数のプロセス ( プログラム ) を同時に実行可能 通信等により複数のプロセスが協調可能 並行システムの構築 並行システム 通信 Proc2 プロセス ( プログラム

More information

Microsoft PowerPoint SCOPE-presen

Microsoft PowerPoint SCOPE-presen H19-21 SCOPE 若手 ICT 研究者育成型研究開発 楕円曲線暗号を用いた 匿名認証基盤の研究開発 岡山大学大学院自然科学研究科 中西 野上 透 保之 1 研究の背景 ユビキタス社会では ユーザ認証を通じ ユーザ認証を通じユーザの様々な履歴がサーバに蓄積 ID:Alice Pass: ***** ユーザ ID:Alice インターネットサーバ 様々な機器からの利用 様々な場所からの利用 Pass:

More information

技術開発懇談会-感性工学.ppt

技術開発懇談会-感性工学.ppt ! - 1955GNP - 1956!!!! !. - 1989, 1986 (1992)! - 4060 (1988 - - /!! ! 199810 2011913!!! 平成24年1月23日 技術開発懇談会 in 魚沼 感性工学によるデザイン 因果の順推論 感性評価 感性デザイン 因果の逆推論 物理形状 モノ イメージ 言葉 物理形状をどのように表現するか イメージをどのように表現するか 物理形状とイメージの関係づけと変換はどうするか

More information

CLEFIA_ISEC発表

CLEFIA_ISEC発表 128 ビットブロック暗号 CLEFIA 白井太三 渋谷香士 秋下徹 盛合志帆 岩田哲 ソニー株式会社 名古屋大学 目次 背景 アルゴリズム仕様 設計方針 安全性評価 実装性能評価 まとめ 2 背景 AES プロジェクト開始 (1997~) から 10 年 AES プロジェクト 攻撃法の進化 代数攻撃 関連鍵攻撃 新しい攻撃法への対策 暗号設計法の進化 IC カード, RFID などのアプリケーション拡大

More information

Title 自閉症スペクトラム障害における文脈にもとづく表情認知過程 Author(s) 日高, 茂暢 Citation 北海道大学大学院教育学研究院紀要, 114: 101-121 Issue Date 2011-12-27 DOI 10.14943/b.edu.114.101 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/48187 Right Type bulletin

More information

Microsoft PowerPoint - …Z…O…†…fi…g…‡…f…‰‡É‡æ‡é™ñ‘oflÅ

Microsoft PowerPoint - …Z…O…†…fi…g…‡…f…‰‡É‡æ‡é™ñ‘oflÅ セグメントモデルによる音声認識 NTTコミュニケーション科学基礎研究所南泰浩 セグメントモデルとは? HMM の欠点 継続時間モデルが導入されていない 状態内の観測系列の時間依存性を反映できない 改良 セグメントモデル HMM とセグメントモデルの違い y t y 1 y 2 y 3 y T P s (y t ) P a,t (y 1,y 2,y 3 y T ) s HMM a P(T a) セグメントモデル

More information

A3_ペラ

A3_ペラ とは メカトロニクス エレクトロニクスおよび関連する専門領域の最新技術と 製品が展示され 各領域に対応した技術シンポジウムが開催される アジ ア最大級の専門トレードショー カンファレンスです 各要素技術が一堂 に会することで 相互の技術の関連性が最大限に引き出され 幅広い分野 の開発設計 生産技術者にとって 未来をかたちづくる最新情報を得る場 課題解決のための商談の場 となっています TECHNO-FRONTIER

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Partner logo サイエンス右揃え上部に配置 XLfit のご紹介 マーケティング部 15 年 3 月 23 日 概要 1. XLfit 機能の確認 - 特徴 3 Step Wizard - 主なツールについて - 主なグラフの表現 2. 実用例 % Inhibition 9 7 6 5 3 1-1 Comparison 1 Concentration 2 1. 基本編 1 特徴 (3 Step

More information

文章のトピック 文章には様々なトピックが存在する Cuomo to Push for Broader Ban on Assault Weapons 2012 Was Hottest Year in U.S. History 2

文章のトピック 文章には様々なトピックが存在する Cuomo to Push for Broader Ban on Assault Weapons 2012 Was Hottest Year in U.S. History 2 自然言語処理プログラミング勉強会 7 - トピックモデル Graham Neubig 奈良先端科学技術大学院大学 (NAIST) 1 文章のトピック 文章には様々なトピックが存在する Cuomo to Push for Broader Ban on Assault Weapons 2012 Was Hottest Year in U.S. History 2 文章のトピック 文章には様々なトピックが存在する

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

Bluemix いつでもWebinarシリーズ 第15回 「Bluemix概説(改訂版)」

Bluemix いつでもWebinarシリーズ 第15回 「Bluemix概説(改訂版)」 IBM Bluemix オンラインセミナー Bluemix いつでも Webinar シリーズ第 19 回 AlchemyAPI 日本アイ ビー エムシステムズ エンジニアリング株式会社 ソフトウェア開発ソリューション 佐藤大輔 本日のご説明内容 AlchemyAPI とは AlchemyAPI デモ AlchemyAPI の使い方 まとめ 2 AlchemyAPI とは 3 AlchemyAPI

More information

TC1-31st Fuzzy System Symposium (Chofu, September -, 15) cremental Neural Networ (SOINN) [5] Enhanced SOINN (ESOINN) [] ESOINN GNG Deng Evolving Self-

TC1-31st Fuzzy System Symposium (Chofu, September -, 15) cremental Neural Networ (SOINN) [5] Enhanced SOINN (ESOINN) [] ESOINN GNG Deng Evolving Self- TC1-31st Fuzzy System Symposium (Chofu, September -, 15) Proposing a Growing Self-Organizing Map Based on a Learning Theory of a Gaussian Mixture Model Kazuhiro Tounaga National Fisheries University Abstract:

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

今日の要点 あぶない 時系列データ解析は やめましょう! 統計モデル のあてはめ (危 1) 時系列データの GLM あてはめ (危 2) 時系列Yt 時系列 Xt 各時刻の個体数 気温 とか

今日の要点 あぶない 時系列データ解析は やめましょう! 統計モデル のあてはめ (危 1) 時系列データの GLM あてはめ (危 2) 時系列Yt 時系列 Xt 各時刻の個体数 気温 とか 時系列データ解析でよく見る あぶない モデリング 久保拓弥 (北海道大 環境科学) 1/56 今日の要点 あぶない 時系列データ解析は やめましょう! 統計モデル のあてはめ (危 1) 時系列データの GLM あてはめ (危 2) 時系列Yt 時系列 Xt 各時刻の個体数 気温 とか (危 1) 時系列データを GLM で (危 2) 時系列Yt 時系列 Xt 相関は因果関係ではない 問題の一部

More information

sasshi.pptx

sasshi.pptx - 共催 PBL Summit実行委員会 特定非営利活動法人 CeFIL 筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 - 後援 株式会社 Fusic 株式会社 ジャパンテクニカルソフトウェア 株式会社 IDCフロンティア 株式会社 ジースタイラス 株式会社 オプト Code for Japan 日本ソフトウェア科学会 実践的IT教育研究会 repit 情報処理学会 ドキュメントコミュニケーション研究会

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

1: LAN AP 2.2 ICT ICT LAN LAN 2.3 LAN AP 2010 LAN LAN LAN 56

1: LAN AP 2.2 ICT ICT LAN LAN 2.3 LAN AP 2010 LAN LAN LAN 56 ( ) LAN 1 1 IEEE 802.11 LAN LAN (Access Point AP) 1 LAN AP LAN 2009 2010 LAN AP LAN AP AP (1) LAN (2) e- (3) LAN LAN 2 LAN LAN 2.1 LAN 1 LAN 2008 2012 17 14 iphone LAN 2010 LAN 1 support@isc.kyutech.ac.jp

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード]

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード] 資料番号 SOL-005 RCSA 管理 (Risk Control Self Assessment ) 株式会社アイグラフィックス (1) オペリスクの可視化 業務プロセスにオペレーション関す潜在リスクや固有リスクの情報を記述し リスクの頻度や損失規模に関する情報も加え業務プロセス指向で可視化と管理を行います 内部統制管理で記述されたリスクやコントロール情報を参照することでリスクの漏れを防ぎ網羅性のあるオペリスク管理が行えます

More information

XML基礎

XML基礎 基礎から学ぶ XML 特集 - 基本の基本! XML と文法 - インフォテリア株式会社 XML とは XML 1.0 W3Cの勧告 XML 1.1 XML 文書 HTMLとXML XML(Extensible Markup Language) 1.0 拡張可能なマークアップ言語 1998 年にW3Cから勧告された XML 1.0 ベンダーやプラットフォームから独立したインターネット標準 http://www.w3.org/tr/xml/

More information

umeda_1118web(2).pptx

umeda_1118web(2).pptx 選択的ノード破壊による ネットワーク分断に耐性のある 最適ネットワーク設計 関西学院大学理工学部情報科学科 松井知美 巳波弘佳 選択的ノード破壊によるネットワーク分断に耐性のある最適ネットワーク設計 0 / 20 現実のネットワーク 現実世界のネットワークの分析技術の進展! ネットワークのデータ収集の効率化 高速化! 膨大な量のデータを解析できる コンピュータ能力の向上! インターネット! WWWハイパーリンク構造

More information

研究背景 大規模な演算を行うためには 分散メモリ型システムの利用が必須 Message Passing Interface MPI 並列プログラムの大半はMPIを利用 様々な実装 OpenMPI, MPICH, MVAPICH, MPI.NET プログラミングコストが高いため 生産性が悪い 新しい並

研究背景 大規模な演算を行うためには 分散メモリ型システムの利用が必須 Message Passing Interface MPI 並列プログラムの大半はMPIを利用 様々な実装 OpenMPI, MPICH, MVAPICH, MPI.NET プログラミングコストが高いため 生産性が悪い 新しい並 XcalableMPによる NAS Parallel Benchmarksの実装と評価 中尾 昌広 李 珍泌 朴 泰祐 佐藤 三久 筑波大学 計算科学研究センター 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 研究背景 大規模な演算を行うためには 分散メモリ型システムの利用が必須 Message Passing Interface MPI 並列プログラムの大半はMPIを利用 様々な実装 OpenMPI,

More information

プレポスト【問題】

プレポスト【問題】 1/5 ページ プレポスト データベース基礎 受講日程受講番号氏名 1 データベースの特徴で間違っているものを選びなさい 1. データの一元管理が可能 2. データの重複が少ない 3. プログラムとの関係が1 対 1 4. データの整合性の確保 2 ANSI/SPARC による 3 層スキーマについて正しいものを選びなさい 1. 外部スキーマ : プログラムに必要な部分のデータ構造を定義概念スキーマ

More information

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情 1 1 2 1 2 2 3 4 4 3 4 3 5 1400 53 8.8 11 35 6 5 6 20012Q 926 1,438 15.032.2 4 ART 7 8 9 7 8 9 5 19712000 30 33 60 10 33 10 60 70 30 40 6 12 3000 2000 7 沈降した後 付近の流れに乗って海中を水平に漂流するように設計されている その後 予め設定した時間間隔

More information

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X (

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X ( 第 週ラプラス変換 教科書 p.34~ 目標ラプラス変換の定義と意味を理解する フーリエ変換や Z 変換と並ぶ 信号解析やシステム設計における重要なツール ラプラス変換は波動現象や電気回路など様々な分野で 微分方程式を解くために利用されてきた ラプラス変換を用いることで微分方程式は代数方程式に変換される また 工学上使われる主要な関数のラプラス変換は簡単な形の関数で表されるので これを ラプラス変換表

More information

Aberdeen, D., Pacovsky, O., and Slater, A., The Learning Behind Gmail Priority Inbox, In LCCC: NIPS 2010 Workshop on Learning on Cores, Clusters and Clouds, 2010.

Aberdeen, D., Pacovsky, O., and Slater, A.,  The Learning Behind Gmail Priority Inbox, In LCCC: NIPS 2010 Workshop on Learning on Cores, Clusters and Clouds, 2010. Aberdeen, D., Pacovsky, O., and Slater, A., The Learning Behind Gmail Priority Inbox, In LCCC: NIPS 2010 Workshop on Learning on Cores, Clusters and Clouds, 2010. 羽藤研秋季集中論文ゼミ 2 日目 #7 2011/10/17 16:20-

More information

スライド 1

スライド 1 音声言語シンポジウム 10 周年企画 音声言語研究関連分野の 10 年の歩み 音声対話システム 音声インタフェース ( 株 ) ホンダ リサーチ インスティチュート ジャパン 中野幹生 nakano@jp.honda-ri.com 1 1999 年には何が研究開発されていたのか 研究 音声対話システムの基本構成が共有化 ( 次頁 ) さまざまな音声対話システムの試作 ARISE (EU 列車時刻案内

More information

Microsoft PowerPoint - ディスプレイ_Yahoo_金融業界向け広告提案書.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - ディスプレイ_Yahoo_金融業界向け広告提案書.ppt [互換モード] 1 2 3 5 6 7 8 9 10 12 4 13 800 28 14 15 1 2 (18 64 1 ) 3 4 / 5 ( ) 16 18 お勧め商品① ネットワーク ダイレクトレスポンス 行動ターゲティング プライムディスプレイ 行動ターゲティングに比べ より購買意向の高いユーザーに訴求 モデリング手法により 購買意向の高いユーザーを抽出しているため 効果的な広告掲載が可能です 商品名

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

Microsoft PowerPoint - 9.pptx

Microsoft PowerPoint - 9.pptx 9/7/8( 水 9. 線形写像 ここでは 行列の積によって 写像を定義できることをみていく また 行列の積によって定義される写像の性質を調べていく 拡大とスカラー倍 行列演算と写像 ( 次変換 拡大後 k 倍 k 倍 k 倍拡大の関係は スカラー倍を用いて次のように表現できる p = (, ' = k ' 拡大前 p ' = ( ', ' = ( k, k 拡大 4 拡大と行列の積 拡大後 k 倍

More information

東 京 都 小 金 井 市

東 京 都 小 金 井 市 国立研究開発法人 長波帯標準電波施設 おおたかどや山標準電波送信所 正確な日本標準時を送信します 電波時計の時刻合わせ 放送 電話の時報サービス時刻基準 高精度な周波数基準を供給します 計測器の周波数基準 無線機器の周波数合わせ はがね山標準電波送信所 国立研究開発法人 情報通信研究機構 電磁波計測研究所 時空標準研究室日本標準時グループ 東 京 都 小 金 井 市 標準電波 施設の紹介 器室で運用される高性能なセシウム原子時

More information

進捗状況の確認 1. gj も gjp も動いた 2. gj は動いた 3. gj も動かない 2

進捗状況の確認 1. gj も gjp も動いた 2. gj は動いた 3. gj も動かない 2 連立 1 次方程式の数値解法 小規模な連立 1 次方程式の解法 消去法 Gauss 消去法 Gauss-Jordan 法 ( 大規模な連立 1 次方程式の解法 ) ( 反復法 ) (Jacobi 法 ) 講義では扱わない 1 進捗状況の確認 1. gj も gjp も動いた 2. gj は動いた 3. gj も動かない 2 パターン認識入門 パターン認識 音や画像に中に隠れたパターンを認識する 音素

More information

8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性 座標独立性 曲線上の点を直接に計算可能 多価の曲線も表現可能 gx 低次の多項式は 計

8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性 座標独立性 曲線上の点を直接に計算可能 多価の曲線も表現可能 gx 低次の多項式は 計 8. 自由曲線 曲面. 概論. ベジエ曲線 曲面. ベジエ曲線 曲面の数学. OeGLによる実行. URS. スプライン関数. スプライン曲線 曲面. URS 曲線 曲面 4. OeGLによる実行 8. 自由曲線と曲面の概要 陽関数 陰関数 f x f x x y y y f f x y z g x y z パラメータ表現された 次元曲線 パラメータ表現は xyx 毎のパラメータによる陽関数表現 形状普遍性

More information

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 熱力学Ⅱ2FreeEnergy2012HP.ppt [互換モード] 熱力学 Ⅱ 第 章自由エネルギー システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻 金子暁子 問題 ( 解答 ). 熱量 Q をある系に与えたところ, 系の体積は膨張し, 温度は上昇した. () 熱量 Q は何に変化したか. () またこのとき系の体積がV よりV に変化した.( 圧力は変化無し.) 内部エネルギーはどのように表されるか. また, このときのp-V 線図を示しなさい.. 不可逆過程の例を

More information

untitled

untitled 新製品 新技術 トラッキングツール ベースライン検 査 フォローアップ検 査 図 3 トラッキングツールによる標 的 病 変 の自 動 検 出 例 3 ブックマークとデータ二次利用 ベースライン検査内でセグメンテーションされ さらにトラッキングツールによりフォローアップ検査内に検出さ れた標的病変の各種計測結果 測定者 測定日 シリーズ/イメージ番号 長径 短径 体積など は PACS 内データベースにブックマークとして保存される

More information

J_ _Global_Consumer_Confidence_2Q_2010.doc

J_ _Global_Consumer_Confidence_2Q_2010.doc News Release お問い合わせ先ニールセン株式会社広報担当西村総一郎 E メール :jpw_press@nielsen.com 電話 : 03-4363-4200 ファックス : 03-4363-4210 YouTube のスマートフォンからの利用者は 3,000 万人超 ~ ニールセン ビデオ / 映画 カテゴリの最新利用動向を発表 ~ ビデオ/ 映画 カテゴリはスマートフォンからの利用者が

More information

(fnirs: Functional Near-Infrared Spectroscopy) [3] fnirs (oxyhb) Bulling [4] Kunze [5] [6] 2. 2 [7] [8] fnirs 3. 1 fnirs fnirs fnirs 1

(fnirs: Functional Near-Infrared Spectroscopy) [3] fnirs (oxyhb) Bulling [4] Kunze [5] [6] 2. 2 [7] [8] fnirs 3. 1 fnirs fnirs fnirs 1 THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE. fnirs Kai Kunze 599 8531 1 1 223 8526 4 1 1 E-mail: yoshimura@m.cs.osakafu-u.ac.jp, kai@kmd.keio.ac.jp,

More information

IPSiO PJ WX4130N/WX4130

IPSiO PJ WX4130N/WX4130 N e t w o r k P r o j e c t o r WX4130N のみ対応 情報 共 有ツールとしての価 値を高める 充実したネットワーク対応 有線LAN/無線LAN標準対応 プロジェクター管理ユーティリティー 独自の RICOH PJ ネットワークユーティリティー TypeA により インス パソコンから ネットワーク上にある複数のネットワークプロジェクター トールや面倒な設定をせずに簡単に有線LAN/

More information

seika.PS

seika.PS Carrier Gas Distiled Water Heater Mixed Gas Carrier gas with H 2 O Mixed Gas Inlet Sample Purge Ar gas Quartz Rod Quartz Tube Furnace Thermo Couple Clucible (Molten Salt) Gas Outlet アクティブ制御を用いた長尺アームの制振制御

More information

No. 605 2005.10 目次 大学の動き 京都大学総合体育館等のアスベスト対策について 2002 理事 副学長等が発令される 2003 部局長の交替等 2004 APRU AEARUリサーチシンポジウム 環太平洋地域における地震危険度 その予測と防災 を開催 2005 全学教育シンポジウム 学部教育 大学院教育の 質の改善と自己点検 評価 を開催 2005 尾池総長の復旦大学百周年記念式典出席

More information

Microsoft PowerPoint - stat-2014-[9] pptx

Microsoft PowerPoint - stat-2014-[9] pptx 統計学 第 17 回 講義 母平均の区間推定 Part-1 014 年 6 17 ( )6-7 限 担当教員 : 唐渡 広志 ( からと こうじ ) 研究室 : 経済学研究棟 4 階 43 号室 email: kkarato@eco.u-toyama.ac.j website: htt://www3.u-toyama.ac.j/kkarato/ 1 講義の目的 標本平均は正規分布に従うという性質を

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

isai indd

isai indd 24 2009.4 1 2 3 4 Stereo camera Robot Inspection 5 6 7 8 研究動向紹介 修士論文概要 限られた視聴時間内における動画の効果的な時間短縮手法 中京大学大学院 情報科学研究科 情報科学専攻 伊藤 秀和 本研究は 動画共有サイトにおいて限られた時間の下で動画を効率良く視聴するための手法について 考察する 現在の配信されている動画は 最終的に視聴者に提供される段階でその再生時間は固定となっ

More information

TSKYSH.01-02

TSKYSH.01-02 1 2 61 資料2 定点観測カメラ画像 富士吉田市役所か ら見た富士山 ンロードしたものを校内LANを通して見 られるようにした 教師用コンピュータ インターネット接続 NEC PC 9821 cx13 1台 Operation System Windows 95 LAN PC Semi Netwere 回線など INSネット64DA NTT TA OMURON FW6420 ブラウザ Netscape

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Group Calendar 2011 のご紹介 画面サンプル集 OnTime Group Calendar Direct Shop ( オンタイムグループカレンダーダイレクトショップ ) https://ontimesuite.jp 画面一覧 利用者画面サンプル 1. 今までのノーツのグループスケジュール 2. これからのノーツのグループスケジュール 3. 特定の凡例だけにフォーカスできます 4.

More information

5211-shoku00-03.indd

5211-shoku00-03.indd 2 レシピ 献立検索 高橋哲朗 ( マサチューセッツ工科大学工学システム研究科 /( 株 ) 富士通研究所 ) 井手一郎 ( 名古屋大学大学院情報科学研究科 ) レシピ 献立検索の需要 処理 情報処理 ュー 情報 ュー 情報 ュー Web 理 シ 1 情報 高 理 大 シ 大 情報通 シ サー ス 高橋 研究 井手 レシピ検索サービスの紹介 トップダウン型のサービス Web ー サ ー サ 1 シ

More information

【Cosminexus V9】クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus

【Cosminexus V9】クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus http://www.hitachi.co.jp/soft/ask/ http://www.hitachi.co.jp/cosminexus/ Printed in Japan(H) 2014.2 CA-884R データ管 タ管理 理 ノンストップデータベース データ管 タ管理 理 インメモリデータグリッド HiRDB Version 9 ucosminexus Elastic Application

More information

平成18年度厚生労働科学研究費補助金

平成18年度厚生労働科学研究費補助金 19 3 19 3 目次 1 要旨 1 2 本文 第 Ⅰ 部 在宅医療計画の主旨 Ⅰ-1 在宅医療とは 3 Ⅰ-2 在宅医療計画の背景 : 国民のニーズと医療提供実態のミスマッチ 3 Ⅰ-3 医療計画における在宅医療の位置づけ 12 Ⅰ-4 在宅医療機関及び各連携機関とは 14 Ⅰ-5 在宅医療計画の展開 32 Ⅰ-6 医療費適正化計画 介護保険計画との整合性について 34 第 Ⅱ 部 利用者の視点に立った在宅医療計画の概要

More information

sus12j_pdf_H1_FIX.indd

sus12j_pdf_H1_FIX.indd 2012 V A L U E C R E A T I O N F O R A S U S T A I N A B L E S O C I E T Y 001 COMMITMENT VISION FEATURE Hitachi Group Sustainability Report 2012 002 WEB Hitachi Group Sustainability Report 2012 V A L

More information

スライド 0

スライド 0 第 2 章情報記入とプラン地図上に情報記入や 行動計画をシミュレーションするプランの説明をします 2-1 カスタム情報の記入カスタム情報とは 地図上に名称 ( タイトル ) としてアイコンと文字 ( または画像 ) を表示し 内部に住所などのコメントや写真 動画 EXCEL ファイル PDF Web リンクを持つことができるものです 初期状態 ( デフォルト ) では テキスト作成時の動作は カスタム情報記入ウィザードを開くように設定されています

More information

Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D

Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D 2013.8 Kobe Biomedical Innovation Cluster Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D Institute of Biomedical Research and Innovation : IBRI Kobe Healthcare Industry Development Center : HI-DEC

More information

学報_台紙20まで

学報_台紙20まで M 平成23年度 科学研究費補助金の決定 研究推進課 平成23年度科学研究費補助金 文部科学省 独 日本学術振興会 が決定しま した 新学術領域研究及び若手研究 スタートアップ 等を除く平成23年5月6日 現在の状況は表のとおりです 来年度に向け より積極的な申請をよろしくお願いします 奈 良 県 立 医 科 大 学 学 報 12 採択件数 金額 H23年度 145件 H22年度比

More information

プログラミング基礎

プログラミング基礎 C プログラミング Ⅰ 授業ガイダンス C 言語の概要プログラム作成 実行方法 授業内容について 授業目的 C 言語によるプログラミングの基礎を学ぶこと 学習内容 C 言語の基礎的な文法 入出力, 変数, 演算, 条件分岐, 繰り返し, 配列,( 関数 ) C 言語による簡単な計算処理プログラムの開発 到達目標 C 言語の基礎的な文法を理解する 簡単な計算処理プログラムを作成できるようにする 授業ガイダンス

More information

やってみようINFINITY-写真管理 編-

やってみようINFINITY-写真管理 編- 目次 やってみよう for Wingneo INFINITY やってみよう for Wingneo INFINITY... 1 目次... 1 システムの起動... 1 写真管理に登録する写真を準備する... 1 写真管理 ( 電子納品 ) の操作方法... 2 写真整理... 2 成果区分の設定... 4 成果管理から電納編集ツールへの操作方法... 5 電納編集ツール ( 写真管理 ) の操作方法

More information

言語モデルの基礎 2

言語モデルの基礎 2 自然言語処理プログラミング勉強会 1 1-gram 言語モデル Graham Neubig 奈良先端科学技術大学院大学 (NAIST) 1 言語モデルの基礎 2 言語モデル 英語の音声認識を行いたい時に どれが正解 英語音声 W1 = speech recognition system W2 = speech cognition system W3 = speck podcast histamine

More information

Outline

Outline エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 お問い合わせ先 エピジェネティクスの制御と生命機能 領域事務所 E-Mail sympo.epi@jst.go.jp TEL 0952-97-8523

More information

Functional Programming

Functional Programming PROGRAMMING IN HASKELL プログラミング Haskell Chapter 7 - Higher-Order Functions 高階関数 愛知県立大学情報科学部計算機言語論 ( 山本晋一郎 大久保弘崇 2013 年 ) 講義資料オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと 0 Introduction カリー化により

More information

にゃんぱすー

にゃんぱすー ビッグデータ分析技術ワークショップ ~ グラフマイニング研究の最新動向と応用事例 ~ 平成 28 年 2 月 28 日 頂点順序の最適化による 高速なグラフ分析 新井淳也 日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ この発表について 下記論文についての発表です Rabbit Order: Just-in-time Parallel Reordering for Fast Graph Analysis

More information

design071024

design071024 h t t p:// w w w.am t s. jp ソフトの 特 徴-はじめに Marketprace Transaction System アンツプロは A m a z o n マ ー ケ ッ ト プ レ イ ス で の 古 本 販 売を総合的に 支 援 す る 業 務 ソ フ ト で す そ の他 DVD C D 等 に も 対 応 煩雑な 出品 登 録 作 業 か ら 商 品 管 理 価

More information

SICE東北支部研究集会資料(2013年)

SICE東北支部研究集会資料(2013年) 280 (2013.5.29) 280-4 SURF A Study of SURF Algorithm using Edge Image and Color Information Yoshihiro Sasaki, Syunichi Konno, Yoshitaka Tsunekawa * *Iwate University : SURF (Speeded Up Robust Features)

More information

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 回答者の担当製品分野について 10 6.2 回答者の部門について 11

More information

[1] SBS [2] SBS Random Forests[3] Random Forests ii

[1] SBS [2] SBS Random Forests[3] Random Forests ii Random Forests 2013 3 A Graduation Thesis of College of Engineering, Chubu University Proposal of an efficient feature selection using the contribution rate of Random Forests Katsuya Shimazaki [1] SBS

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information

000

000 Sowa Technical High School School Guide 2017 d TECH d 100%d 実習の内容 旋盤 手仕上げ 溶接 鋳造 パソコン実習 CAD( コンピュータによる自動製図 ) 特殊機械 CNC フライス盤 原動機 計測 電気実習 実習内容 電気電子計測 機械加工 ( 手仕上げ 旋盤 ) 溶接 ( アーク ガス ) NC 加工 (CNC 旋盤 マシニングセンタ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ブルームバーグ M&A 戦略セミナー 2015 年 4 月 21 日 SEMR ID 805875 ブルームバーブ M&A 分析 Bloomberg. L.P. All rights reserved. 2015 1 本日の内容 #1 ブルームバーグの M&A 案件分析ツール #2 日本企業の M&A のトレンド #3 ブルームバーグの M&A バリュエーションツール #4 セクター別の EBITDA

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 受講ガイド目次 1. 新規アカウント登録してログインする 1. ログイン画面に移動する 2. 新規アカウント登録画面に移動 する 3. メールアドレスを入力する 4. Fisdomからのメールを確認する 5. アカウント情報を入力する 6. 新規アカウント登録を完了する 2. コースを受講登録する 1. 受講登録するコースを選択する 2. 受講登録を行う 3. 受講登録を完了する 3. コースを受講する

More information

本 社 530-0004 大 阪 府 大 阪 市 北 区 堂 島 浜 2-2-8 東 洋 紡 ビル Tel:06-6348-5420 Fax:06-6454-3626 錦 糸 町 オフィス 130-0022 東 京 都 墨 田 区 江 東 橋 2-19-7 富 士 ソフトビル Tel:03-3846

本 社 530-0004 大 阪 府 大 阪 市 北 区 堂 島 浜 2-2-8 東 洋 紡 ビル Tel:06-6348-5420 Fax:06-6454-3626 錦 糸 町 オフィス 130-0022 東 京 都 墨 田 区 江 東 橋 2-19-7 富 士 ソフトビル Tel:03-3846 本 社 530-0004 大 阪 府 大 阪 市 北 区 堂 島 浜 2-2-8 東 洋 紡 ビル Tel:06-6348-5420 Fax:06-6454-3626 錦 糸 町 オフィス 130-0022 東 京 都 墨 田 区 江 東 橋 2-19-7 富 士 ソフトビル Tel:03-3846-5467 Fax:03-3846-5471 URL:http://www.vinx.co.jp O2O

More information

20160305

20160305 About Pascal パスカルについて Googleをリアルタイムに分析するSEOツール パスカルは Googleで上位表示されているWebページの コンテンツ HTMLコ ード リンク傾向 などをスピアマンの相関係数をもとにリアルタイムで統計分析 し 検索順位との相関を数値化します さらに Googleの統計分析結果をもとに自サイトやクライアントサイト ドメイン 無制限 の内部SEOを簡単に実施することができます

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

製品ラインナップ2015年2月版

製品ラインナップ2015年2月版 Check Point 2 3 4 5 6 7 8 9 SecurityPowerとは セキュリティ アプライアンスの実際の性能を評価し 将来の要件にも対応するアプライアンスを把握する指標 SecurityPower 従来 特定の導入環境に最適なセキュリティ アプライアンスを選定することは容易な作業ではありませんでした コンピューティング環境の セキュリティ要件は組織によって大きく異なり セキュリティ

More information

Microsoft PowerPoint - sp ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - sp ppt [互換モード] // システムプログラム概論 メモリ管理 () 今日の講義概要 ページ管理方式 ページ置換アルゴリズム 第 5 講 : 平成 年 月 日 ( 月 ) 限 S 教室 中村嘉隆 ( なかむらよしたか ) 奈良先端科学技術大学院大学助教 y-nakamr@is.naist.jp http://narayama.naist.jp/~y-nakamr/ // 第 5 講メモリ管理 () ページング ( 復習

More information

2. 時系列分析 プラットフォームの使用法 JMP の 時系列分析 プラットフォームでは 一変量の時系列に対する分析を行うことができます この章では JMP のサンプルデ ータを用いて このプラットフォームの使用法をご説明します JMP のメニューバーより [ ヘルプ ] > [ サンプルデータ ]

2. 時系列分析 プラットフォームの使用法 JMP の 時系列分析 プラットフォームでは 一変量の時系列に対する分析を行うことができます この章では JMP のサンプルデ ータを用いて このプラットフォームの使用法をご説明します JMP のメニューバーより [ ヘルプ ] > [ サンプルデータ ] JMP を用いた ARIMA モデルのあてはめ SAS Institute Japan 株式会社 JMP ジャパン事業部 2013 年 2 月作成 1. はじめに JMP の時系列分析では 一変量の時系列データに対する分析や予測を行うことができ 時系列データに対するグラフ表示 時系列モデルのあてはめ モデルの評価 予測まで 対話的に分析を実行することができます 時系列データにあてはめるモデルとしては

More information

母子家庭自立支援のための

母子家庭自立支援のための 1 2 2 9 14 22 22 31 41 52 64 68 68 70 73 76 76 77 79 80 80 81 101 102 119. 127 127 130 133 134! 1) 2) 1) 2) 76!! 75!! 83 () e 10 2004/10/16-10/24 在宅就労支援センターの構築のために あごらでは以下のような活動を今後展開して

More information

TSUMiKi 導 事例 tsumiki2.0の 姉妹バージョン BIGLOBEオフィスサービストップページ NECビッグローブの中小企業向けCMSサービス ホームページ作成ツール(M) Powered by TSUMiKi として採用 全国の中小企業を中心に数多く導入されています 2

TSUMiKi 導 事例 tsumiki2.0の 姉妹バージョン BIGLOBEオフィスサービストップページ NECビッグローブの中小企業向けCMSサービス ホームページ作成ツール(M) Powered by TSUMiKi として採用 全国の中小企業を中心に数多く導入されています 2 Web制作会社向けCMS マグレックス株式会社 TSUMiKi 導 事例 tsumiki2.0の 姉妹バージョン BIGLOBEオフィスサービストップページ NECビッグローブの中小企業向けCMSサービス ホームページ作成ツール(M) Powered by TSUMiKi として採用 全国の中小企業を中心に数多く導入されています 2 tsumiki2.0は 他のCMSとは趣向が異なる Web制作会社向けCMS

More information

コース番号:

コース番号: 概要 ISM(Information Storage and Management) は データセンター環境内の各種ストレージインフラストラクチャコンポーネントについて総合的に理解するための独自のコースです 本コースを受講することで 受講者は 複雑性を増すIT 環境におけるストレージ関連テクノロジーについて情報に基づいた判断を下せるようになります IT 環境は ソフトウェアデファインドインフラストラクチャ管理と第

More information

技術名称 位相限定相関法 技術内容 位相限定相関法 (Phase Only Correlation:POC) は フーリエ変換を用いて照合画像と登録画像の相関 ( 類似性 ) を計算する過程において 振幅成分を取り除き 位相成分にのみを用いるように修正した パターンマッチングの一

技術名称 位相限定相関法 技術内容 位相限定相関法 (Phase Only Correlation:POC) は フーリエ変換を用いて照合画像と登録画像の相関 ( 類似性 ) を計算する過程において 振幅成分を取り除き 位相成分にのみを用いるように修正した パターンマッチングの一 技術名称 1-3-3-1-1 パターンマッチング方式 技術内容 パターンマッチング方式は 2 値化や細線化された登録指紋の画像と照合指紋の画像を 位置ずれや回転を補正しながら黒画素数の一致性を調べ 閾値を超えるか否かで本人か判定する方式である この方式は 特徴抽出処理を行わないため高速であるが 一般に画像の局所的な変形に弱い 図 1 にパターンマッチング ( イメージマッチング ) の原理を示す あらかじめ雑音除去した照合指紋の

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

untitled

untitled 拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます 平素は 格別のご高配を賜り心より厚くお礼申し上げます 90年以降 加速するデジタル化の流れを受け 製品やお客様での活用が大きく変化する 中 それまで 販売のリコー と評された国内販売組織にも改革の波が到来した 96年からは デジタル化への対応や ソリューション体質への変革等を打ち出し 商品 顧客の変化に応 じた戦略実行と体制変革を実施 また 05年からは更なる国内販売強化による成長戦略を

More information

等価回路図 絶対最大定格 (T a = 25ºC) 項目記号定格単位 入力電圧 1 V IN 15 V 入力電圧 2 V STB GND-0.3~V IN+0.3 V 出力電圧 V GND-0.3~V IN+0.3 V 出力電流 I 120 ma 許容損失 P D 200 mw 動作温度範囲 T o

等価回路図 絶対最大定格 (T a = 25ºC) 項目記号定格単位 入力電圧 1 V IN 15 V 入力電圧 2 V STB GND-0.3~V IN+0.3 V 出力電圧 V GND-0.3~V IN+0.3 V 出力電流 I 120 ma 許容損失 P D 200 mw 動作温度範囲 T o 小型スタンバイ機能付高精度正電圧レギュレータ 概要 NJU7241 シリーズは, 出力電圧精度 ±2% を実現したスタンバイ機能付の低消費電流正電圧レギュレータ IC で, 高精度基準電圧源, 誤差増幅器, 制御トランジスタ, 出力電圧設定用抵抗及び短絡保護回路等で構成されています 出力電圧は内部で固定されており, 下記バージョンがあります また, 小型パッケージに搭載され, 高出力でありながらリップル除去比が高く,

More information