工学教育表紙.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "工学教育表紙.indd"

Transcription

1 ISSN vol.61 no.3 特集 効果的な教授法

2 工学教育特集 効果的な教授法 Journal of JSEE 61 巻 3 号 平成 25 年 5 月 工教言日本の産業と教育木村隆一 2 特集号趣旨 効果的な教授法 特集号の趣旨 長嶺拓夫 3 清水優史 講義における効果的な技法 論 説教育工学の視点から見た工学教育の改善 松田稔樹 4 高次のアクティブラーニングの評価 谷口哲也 10 eラーニング活用による教授法の再構築に向けて 鈴木克明 14 科学の目を育てる理科の効果的な教授法 左巻健男 19 肯定的自己イメージが人間力を育成する 大石加奈子 22 学生の特性を把握する間接評価 : 教学 IRの有用性 山田礼子 27 創成能力や応用能力の向上を意図した対話型講義 宮里心一 33 新入生の実態に合わせたカリキュラム開発 岡田佐織 39 論 文エンジニアリング デザインの基礎力を養成する 比屋根 均 45 技術者倫理の教育法運動習慣獲得におけるポートフォリオの効果 青木 隆 51 主体的学習を促す 与えない 演習の実践 佐藤和彦 56 倉重健太郎 寺本 渉 岡田吉史工藤康生佐賀聡人 結晶構造学習のための携帯用体験型教材の試作と実践 中釜達朗 62 鉄鋼材料実験における指導法改善と教育効果 森 智広 68 谷本明逸 小口英樹 岸 悠 山脇貴士 権田 岳 高専電気系学科における専門学科教員による低学年からの 徳田将敏 74 数学授業 藤本 晶 森 徹 佐久間敏幸 事 例 紹 介万人に効果的な教授法はあり得るか 小林晋平 80 大学の学修への期待感を高めるための初年次物理基礎教育 小池雅子 85 小池正史 授業方法改善のための学内支援サイトKU:TOの構築 本間里見 90 神戸大学工学部におけるFD 活動の取り組みについて 小川真人 94 鈴木 洋 阪上隆英 授業改善ハンドブック あっとおどろく授業改善 小田隆治 99 - 山形大学実践編 - の文脈高専における過去の教授法の試みから得たこと 塚本公秀 105

3 事 例 紹 介マインドマップ, 記憶術とコーチングの要素を統合した 貝原巳樹雄 108 酸化還元反応の教材 ( 化学の森 ) 整数格子を活用した三角比の視覚的教材と数学教育の実践研究河野 ( 平田 ) 典子 113 鷲尾勇介 寄 書我が恩師ハーバート C ブラウン先生について 鈴木 章 116 岡本剛先生の混沌 今風に言えば複雑系システムの教育方法 四ツ柳隆夫 117 学問的情熱こそ教育の源泉 吉川弘之 118 初心を忘れずに学生と一緒に学ぶ熱意を持った先生 土肥紳一 119 伝えたい教師像について 佐々木 元 120 学生と向き合う 小林幸人 121 グローバル時代の大学教育 服部拓也 122 オ ア シ ス我が人生の師, そして学問の師 石原好宏 123 広場 - 教育士の思い- 工学教育に携わって38 年 矢島善次郎 124 高等教育機関 高専における教育士 市坪 誠 125 報 告日本工学教育協会 JSEEアワード審査経過報告 中山良一 126 日工教からのお知らせ特集 : 工学教育におけるFDの現状と課題 記事募集 128 日本工学教育協会 北陸信越工学教育協会第 61 回年次大会プログラム 129 科学する心を育む工学教育 ~つぎなる10 年間にむけて~ 第 61 回年次大会 ( 平成 25 年度 ) 130 工学教育研究講演会ならびに国際セッション開催案内第 61 回年次大会行事 -シンポジウムのご案内 146 第 61 回年次大会行事 - 教育士 ( 工学 技術 ) コーナーのご案内 147 オアシス 記事募集案内 147 平成 25 年度工学教育連合講演会開催案内と参加募集 148 工学士に期待される学士力とその養成 平成 25 年度実施 教育士 ( 工学 技術 ) 受審案内 149 日工教ニュース第 17 回 ( 平成 24 年度 ) 工学教育賞結果のお知らせ 155 編 集 後 記 158

4 オアシス O a s i s 我が人生の師 そして学問の師 前) 短期大学コンソーシアム九州 研究センター研究員 石原 好宏 最初に私の人生に強い影響を与えた方々を挙げ つまで続くか判らぬ資金援助を申し出て 毎月一人 る 一人目として私は亡き妻 彌榮を敢えて挙げた 1千円ずつのカンパをしてくれたのだった それが い 彼女は昨年末 闘病の甲斐なく逝ってしまった 7ヶ月に及んだ時点で 私は幸いにも日本育英会か 2009年3月に大腸癌が発覚して手術を受けた後 抗 ら奨学金の貸与を受けることができた 私が就職し 癌剤の強い副作用に悩まされながらも懸命の闘病を て給料を貰うようになった時に返済を申し出たが 続けた4年足らず 彼女は泣き言一つ言わず治療に 彼らは そんなお金があるのなら 一冊でも多く本 励んだ その一方で 書道 弓道 山歩き コーラ を買って もっと勉強しろ と言って受け取ってく ス 水泳 俳句と多くの趣味にも勤しみ 健康な人 れなかった 彼らのこうした善意がなければ今の私 たちに負けないほど人生を楽しんだ 病気を余り感 はない 感謝の一言あるのみである じさせない見事な生き様であった 多趣味で交友関 次は私の学問の師である その数も多いが 敢え 係も広かったため 通夜祭と告別式にご会葬くださ て挙げるとすれば次の3人となる 最初が学部卒業 った方々の数は 公職に一度も就かなかった専業主 後の九州大学大学院への進学を勧めてくださった鍋 婦としては珍しいと思われる延べ180人にも上った 島敏先生である 先生は厳しくも人情味溢れる素晴 彼女が旅立って初めて その偉大さと凄さに驚かさ らしい師であった 次が九州大学大学院で自然語の れたのであった こんな妻を我が人生の師の一人と 機械処理研究に私を導いてくださった田町常夫先生 言わずして何と言うべきか である 先生は日本の機械翻訳研究の先達のお一人 次に鹿児島大学工学部時代の卒業研究仲間の7人 で 自動翻訳機 KT-1の論理設計も手掛けられた を挙げたい 家の経済状態に目をつぶり 私は九州 最後は私が私立短大の教員として公務多忙の中 学 大学大学院への進学を決めた しかし 進学早々に 位論文の筆が一向に進まないのを辛抱強く学位取得 経済的な破綻が襲った そこに救いの手を差し伸べ までお導きくださった日高達先生である こうした てくれたのがこの7人の仲間達であった 彼らは新 先生方の手助けがなければ今の私はない 深謝ある 卒の年度であり 給料はおそらく手取りで月額1万 のみである 円を僅かに上回る程度であったと思う それでもい ご存知ですか 工学教育 の前身誌 工業教育 創刊号から 論文や論説が Web で簡単に 科学技術振興機構 JST の行う が J-stage と統合され使いやすくなりました 1953 年の創刊号から ど なたでも閲覧が可能です 日工教のホームページ からどうぞ 新制大学における工業教育 内田俊一 東京工業大学長 工業教育 第1巻1号 p 工学教育 J.of JSEE,

5 日工教からのお知らせ Ⅰ Information 特集 工学教育における FD の現状と課題 記事募集 1 特集号企画趣旨 ファカルティ ディベロップメント FD は 平成 求められる教員像と FD の位置づけ FD の改善に向けた有効性の評価 20年4月に施行された大学設置基準 高等専門学校設 置基準の一部改正により 授業の内容及び方法の改善 を図るための組織的な研修及び研究を実施するものと 特徴ある FD 活動の事例紹介 組織的な取り組みとしての有効性を高めるための 工夫 する と義務付けられたこともあって どの高等教育 機関においても制度としては定着してきている状況に あります しかし 義務化されたことの裏返しとして 2 発行 工学教育 2014年3月号 Vol.62 No.2 3 記事種別 論文 論説 解説 各刷上がり4 6 ページ 事例紹介 報告 各刷上がり2 6ペー 形骸化してきている点もあると思われます 比較的多く行われている FD の形態としては 教育 や就学指導に関連したテーマについて講師を招いた講 ジ 寄書 Vision21 各刷上がり1 2ページ 広告 4 原稿締切り 2013年11月29日 演会などがありますが さらに多様な実施形態の工夫 があるのではないでしょうか また 多くの教員が目 的意識を持って主体的に FD に参加するためのテーマ 設定や実施内容などに関しても考えるべき点も少なく ないのではないでしょうか こうした FD そのものの 改善は 工学教育全般の改善に必要不可欠であると考 えられます こうした状況に鑑みて 工学分野での FD のあり方 FD に関する先進的な取り組み事例などに関して考え 方や情報を共有し 各高等教育機関における工学分野 のFDの充実に資することを目的に特集号を企画し 幅 広く原稿を募集します 参考のために 以下に内容例 を示しますが これらに限定することなく奮ってご投 稿ください FD のあり方に関する提言 5 投稿規定 執筆要領 工学教育 2013年3月号 Vol.61 No.2 84 90ページを参照してくださ い 6 投稿原稿の取り扱い 所定の審査を経て掲載可否 が決定されます 状況により一般号に回る場合が あります 7 詳細は事務局編集担当までお問い合わせください 原稿提出先 公益社団法人 日本工学教育協会 編集 出版委員会 担当 川上 東京都港区芝5 建築会館4F Tel Fax URL 工学教育 J.of JSEE,

6 日工教からのお知らせ Ⅱ 日本工学教育協会 Information 北陸信越工学教育協会 第 61 回年次大会プログラム 科学する心を育む工学教育 つぎなる 10 年間にむけて 日 会 主 時 平成25年8月29日 31日 場 新潟大学五十嵐キャンパス 新潟市西区五十嵐2の町8050番地 Tel 催 日本工学教育協会 北陸信越工学教育協会 第1日目 8月29日 受付 工学教育研究講演会Ⅰ 会場 総合教育研究棟 B 棟各教室 開会挨拶 各室座長 講 演 会 年次大会開会式 会場 中央図書館ライブラリーホール 司会 年次大会実行副委員長 鳴海 敬倫 開会の辞 北陸信越工学教育協会会長 年次大会実行委員長 金子 双男 会長挨拶 日本工学教育協会会長 松本洋一郎 祝 辞 文部科学大臣 下村 博文 新潟大学長 下條 文武 表彰式 会場 中央図書館ライブラリーホール 工学教育賞経過報告 選考委員長 水野 明哲 表彰式及び受賞代表挨拶 特別講演 会場 中央図書館ライブラリーホール 司会 北陸信越工学教育協会会長 年次大会実行委員長 金子 双男 ⑴ 演題 工学教育の現状と進むべき道 講師 文部科学省高等教育局専門教育課長 内藤 敏也 ⑵ 演題 Recent Activity of ASEE 講師 アメリカ工学教育協会会長 Walter W. Buchanan ⑶ 演題 工学教育と工学研究について 講師 新潟大学理事 副学長 仙石 正和 ⑷ 演題 Do Engineering Graduating the Engineer of 2020 講師 National Instruments Corporation Dave Wilson ⑸ 演題 新潟清酒の特徴 講師 新潟県醸造試験場専門研究員 金桶 光起 交流会 会場 生協第1食堂 司会 年次大会実行副委員長 田邉 裕治 開会挨拶 北陸信越工学教育協会会長 年次大会実行委員長 金子 双男 挨 拶 日本工学教育協会会長 松本洋一郎 次期開催地区協会代表 中国 四国工学教育協会 乾 杯 北陸信越工教工学教育協会副会長 加納 重義 閉会挨拶 日本工学教育協会専務理事 剣持 庸一 工学教育 J.of JSEE, 第2日目 8月30日 受付 工学教育研究講演会Ⅱ 会場 総合教育研究棟 B 棟各教室 国際セッションⅠ 会場 総合教育研究棟 B 棟 B353教室 教育士コーナー 会場 総合教育研究棟 B 棟 B350教室 シンポジウムⅠ これからの工学部 女性を増やすには何 が必要か 会場 総合教育研究棟 B 棟 B355教室 基調講演 演題 日本の高等教育における男女共同参画について 講師 文部科学省高等教育局長 板東久美子 パネルディスカッション ファシリテーター ダイバーシティWG 主査 内海 房子 国際セッションⅡ 会場 総合教育研究棟 B 棟 B353教室 工学教育研究講演会Ⅲ 会場 総合教育研究棟 B 棟各教室 工学教育研究講演会Ⅳポスターセッション 会場 総合教育研究棟 B 棟2階 開会挨拶 工学教育研究講演会委員長 野口 博 講 演 会 第3日目 8月31日 受付 工学教育研究講演会Ⅴ 会場 総合教育研究棟 B 棟各教室 シンポジウムⅡ 北陸信越地区における特色ある工学教育への取組み 会場 総合教育研究棟 B 棟 B355教室 閉会式 会場 総合教育研究棟 B 棟 B355教室 閉会司会 年次大会実行副委員長 鳴海 敬倫 JSEE 研究講演会発表賞 ポスター発表賞結果報告 工学教育研究講演会委員長 野口 博 閉会の辞 北陸信越工学教育協会会長 年次大会実行委員長 金子 双男 Exposition 展示 8月29日 月31日 会場 総合教育研究棟 B 棟 B254教室 参加費用 事前払込 大会参加費 含資料代 日工教 北陸信越工教個人正会員 上記以外 当 日 大会参加費 含資料代 日工教 北陸信越工教個人正会員 上記以外 学生割引価格 なお シンポジウムⅠのみの聴講は無料 10,000円 12,000円 11,000円 13,000円 6,000円 129

7 日工教からのお知らせ Ⅲ Information 第 61 回年次大会 平成 25 年度 工学教育研究講演会ならびに国際セッション開催案内 日時 平成25年8月29日 31日 会場 新潟大学五十嵐キャンパス総合教育研究棟 会 日本工学アカデミー 日本工学会 日本工 業英語協会 日本数学会 日本数式処理学会 新潟市西区五十嵐2の町8050番地 Tel 主催 日本工学教育協会 北陸信越工学教育協会 日本図学会 日本生体医工学会 日本設計工学 会 日本セラミックス協会 日本塑性加工学会 日本デザイン学会 日本鉄鋼協会 日本トライ 協賛 五十音順 IEEE Education Society Japan Chapter 応用 物理学会 化学工学会 教育システム情報学会 ボロジー学会 日本人間工学会 日本防錆技術 協会 日本ロボット学会 PMI 日本支部 表面 技術協会 プロジェクトマネジメント学会 空気調和 衛生工学会 計測自動制御学会 資 源 素材学会 システム制御情報学会 自動車 技術会 情報処理学会 照明学会 初年次教育 オーガナイズドセッション オーガナイザー コミュニケーションスキル能力の強化 森村久美子 東京大学大学院工学系研究科国際工 学会 精密工学会 繊維学会 ターボ機械協会 電気学会 電子情報通信学会 土木学会 日本 液体微粒化学会 日本応用数理学会 日本音響 学会 日本感性工学会 日本機械学会 日本技 術史教育学会 日本教育工学会 日本金属学会 日本経営工学会 日本原子力学会 日本建築学 学教育推進機構 大学全入時代の工学教育 青木克比古 西 誠 金沢工業大学基礎教育部 数理工教育研究センター プロジェクトマネジメントと PBL 井上 雅裕 芝浦工業大学大学院理工学研究科 講演会プログラム 講義室番号 教室名 第1室 B251 テーマ (10)e-ラーニング 8月29日 木 OSコミュニケーションスキル 能力の強化 OS大学全入時代の工学教育-Ⅰ OS大学全入時代の工学教育-Ⅱ 8月30日 金 OSエンジニアリング デザイン 教育 第2室 B253 第3室 B255 講演番号 テーマ 講演番号 テーマ (08)リ メ デ ィ ア ル 教 育 補 習 (17)産学連携教育-Ⅰ 教育 導入教育-Ⅰ WS WS WS (08)リ メ デ ィ ア ル 教 育 補 習 教育 導入教育-Ⅱ (11)教育ソフトウェア OSプロジェクトマネジメント とPBL-Ⅰ OSプロジェクトマネジメント とPBL-Ⅱ OSプロジェクトマネジメント とPBL-Ⅲ (06)工 学 教 育 に 関 す るGood Practice-Ⅰ オープニング OSオープンコースウェアとそ の応用-Ⅰ WS (17)産学連携教育-Ⅱ OSオープンコースウェアとそ の応用-Ⅱ (09)ものつくり教育-Ⅱ (05)教材の開発-Ⅱ (09)ものつくり教育-Ⅲ (05)教材の開発-Ⅲ (09)ものつくり教育-Ⅳ WS (06)工 学 教 育 に 関 す るGood Practice-Ⅱ 第5室 B258 講演番号 テーマ (05)教材の開発-Ⅰ (09)ものつくり教育-V (07)高大院連携-Ⅰ (05)教材の開発-Ⅳ (02)専門科目の講義 演習-Ⅰ ポスターセッション23件 B棟2階 1630-開会挨拶 OS技術者倫理教育-Ⅰ 8月31日 金 P-01 P-23 OSプロジェクトマネジメント とPBL-Ⅳ OSプロジェクトマネジメント とPBL-V OS技術者倫理教育-Ⅱ 第4室 B256 講演番号 テーマ (09)ものつくり教育-Ⅰ WS OS企業における技術者継続育 成 環境変化に対応した技術 者教育施策 クロージング (22)生涯学習支援 (07)高大院連携-Ⅱ (01)基礎科目の講義 演習 WS (02)専門科目の講義 演習-Ⅱ 工学教育 J.of JSEE,

8 永谷裕子 ( 北海道大学 ), 鳴海敬倫 ( 新潟大学工学部 ), 永地恒一 ( ソニー DSBG 品質保証部門 ) オープンコースウェアとその応用 福原美三 ( 日本オープンコースウェア コンソーシアム ), 竹村治雄 ( 大阪大学サイバーメディアセンター ), 土佐尚子 ( 京都大学学術情報メディアセンター ) 学生の学習活動事例 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ), 中尾基 ( 九州工業大学工学院 ), 有光隆 ( 愛媛大学工学部 ) エンジニアリング デザイン教育 雑賀高 ( 工学院大学グローバルエンジニアリング学部 ), 別府俊幸 ( 松江工業高等専門学校 ) 技術者倫理教育 札野順 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 小林幸人 ( 熊本高等専門学校 ) 企業における技術者継続育成 環境変化に対応した技術者教育施策 仙北屋浩二 ( デンソー技研センター技術研修部 ) 国際セッションマネージャーウグルユジェル ( 日本ナショナルインスツルメンツ ), 野口啓介 ( 金沢工業大学工学部 ) 第 61 回年次大会への参加申し込み方法について本大会への参加申し込みはWebのみとさせていただきます. 日本工学教育協会のホームページ の 参加する をクリックしていただき, 参加登録受付システムよりお申し込みください. ホテル等の手配は別途各人で行ってください. 事前登録の受付は,6 月 24 日 から7 月 22 日 までです. それ以降は当日受付扱いとなります. 国内論文集は電子メディア (CD-R) での発刊となります. 事前参加登録者には, 大会 2 週間前を目途に論文集 名札他資料を送ります. 会場にはプリントアウト用設備などはありませんので, なるべく事前参加登録を利用ください. 問い合わせ先 : 日本工学教育協会事務局 Tel: Fax: 第 6 室 (B351) 第 7 室 (B354) 第 8 室 (B356) 第 9 室 (B358) 国際セッション室 (B353) 講演番号 テーマ 講演番号 テーマ 講演番号 テーマ 講演番号 テーマ 講演番号 テーマ 講演番号 (20) 地域貢献 地場産業との (03) 実験 実技 -Ⅰ (04) 工学教育の個性化 活性 (19) インターンシップ 連携 -Ⅰ 化 -Ⅰ (03) 実験 実技 -Ⅱ (18)MOT 教育 (20) 地域貢献 地場産業との (04) 工学教育の個性化 活性 連携 -Ⅱ (21) 高度専門技術者教育, 社 化 -Ⅱ 会人のための大学院工学教育 (23) 新入社員導入教育 Session greeting W (04) 工学教育の個性化 活性 W-02 OS 学生の学習活動事例 -Ⅳ OS 学生の学習活動事例 -Ⅵ International Session-I OS 学生の学習活動事例 -Ⅰ 化 -Ⅲ W W W W (04) 工学教育の個性化 活性 International Session-Ⅰ OS 学生の学習活動事例 -Ⅱ OS 学生の学習活動事例 -V OS 学生の学習活動事例 -Ⅶ 化 -Ⅳ W W W-09 W (04) 工学教育の個性化 活性 International Session-Ⅱ 化 -V W OS 学生の学習活動事例 -Ⅲ WS (16) 国際化時代における工学 (12) 体系的教育課程の構成 W-12 教育 -Ⅰ (13) 教育評価 自己点検 評 価システム-Ⅰ W International Invited Session-Ⅲ W (16) 国際化時代における工学 (20) 地域貢献 地場産業との 教育 -Ⅱ (15) 工学教育システムの個性 (13) 教育評価 自己点検 評 連携 -Ⅲ 化 活性化 -Ⅰ 価システム-Ⅱ (16) 国際化時代における工学 教育 -Ⅲ (20) 地域貢献 地場産業との (15) 工学教育システムの個性 (13) 教育評価 自己点検 評 連携 -Ⅳ 化 活性化 -Ⅱ 価システム-Ⅲ 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 131

9 口頭発表プログラム 印 = 登壇者, 無印は筆頭者が登壇者 ( 版 ) 第 1 日目 (8 月 29 日木曜日 ) 開会挨拶 第 1 室 (8:55 9:00) (10)e-ラーニング 座長 : 第 1 室 (9:00 10:30) スマートホンの普及による数学ウェブ教材の利用動向の変化 中村晃 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) オンライン協働学習におけるストレス軽減方略をもとめて 工藤雅之, 土田邦彦 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ), 中島寿宏 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 渡辺功 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 統合クラウドサービスを活用した協働学習 土田邦彦, 工藤雅之, 鈴木康広, 渡辺功, 中島寿宏 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 工学専門科目 eラーニングの継続利用による教育効果と高専学生の意識変化 森川一 ( 旭川工業高等専門学校 ) 鏡型サーバーを用いた留学予備教育機関との遠隔授業による学習支援 -サレジオ高専とマレーシアマラ工科大学との物理教育における展開事例 聴覚障害者学生支援を目指した3 次元 CAD 資格取得支援用 e-learning 教材開発 伊藤光雅, 吉野純一 ( サレジオ工業高等専門学校 ), 市村洋 ( こども教育宝仙大学こども教育学部 ) 金炯秀, 青木義男, 鈴木潔光, 泉隆, 山本寛 ( 日本大学 ) オーガナイズドセッション : コミュニケーションスキル能力の強化 座長 : 第 1 室 (10:45 12:15) 科学技術英語教授法の新体系化 森村久美子,Entzinger Jorg( 東京大学大学院工学系研究科 ) 科学教室を通して育てるコミュニケーション能力と知の創造 続木章三 ( 徳島大学工学部 ), 英崇夫 ( 徳島大学 ) 問題発見 課題設定型グループ学習のための創造的討論技術の開発 前田芳男 ( 熊本大学工学部 ) - 順位付け討論による発想触発の効果に関する考察 スピーチコンテストによる発表力の養成及びその評価システムの作成 清水富門 ( 日立製作所総合教育センタ学校教育本部日立工業専門学院 ) -EXCELによる評価システムの作成及びビデオを活用した発表指導 プロジェクトベース学習へのズーミング プレゼンテーションの導入 羽山徹彩 ( 金沢工業大学工学部 ), 須田達 ( 金沢工業大学環境 建築学部 ), 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) ワークショップ コミュニケーション能力向上のために 開会挨拶 第 2 室 (8:55 9:00) (08) リメディアル教育 ( 補習教育 ) 導入教育 Ⅰ 座長 : 第 2 室 (9:00 10:30) 導入科目 フレッシュマンセミナー における学びの試行 - 北海道工業大学機械システム工学科における試行報告 - 太田佳樹, 齋藤繁, 高島昭彦, 一ノ宮修, 竹澤聡 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 北海道工業大学における入学時学力調査と成績評価について 三田村保 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ), 見山克己 ( 北海道工 業大学創生工学部 ), 塚越久美子, 高村政志, 秋山敏晴 ( 北海道工業大 学高等教育支援センター ) 摂南大学における学習支援センターの活動 - 摂南大学におけるリメディアル教育 - 永見誠二, 荒木和彦, 田中泉, 菅波昌広 ( 摂南大学教務部学習支援センター ) 神戸高専機械工学科におけるリメディアル教育 石崎繁利, 熊野智之, 武縄悟, 吉村弥子, 北村知徳 ( 神戸市立工業高等専門学校 ) 新科目 技術者と社会 の概要 長谷川勉, 岡本延美, 山田裕憲 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) - 技術者導入教育の推進 学習の動機づけと将来目標を考えさせる初年次教育 - 学習の習慣作りとリアルな産業教育の効果 - 山田裕憲 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) (08) リメディアル教育 ( 補習教育 ) 導入教育 Ⅱ /(11) 教育ソフトウェア 座長 : 第 2 室 (10:45 12:15) 技術者を目指す学生のための職業マップ 岡本延美 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) - 技術者の仕事を知る 段階的 PBLによるエンジニアリングデザイン導入教育の試行 加納陽輔, 鷲見浩一, 山口晋 ( 日本大学生産工学部 ) - 失敗をゴールとした科目シラバスの設計 理工系初年次学生のための基礎実験の取り組み ( 第 3 報 ) 一色美博, 松尾康光, 山本淳治, 伊藤譲 ( 摂南大学理工学部 ) - 摂南大学における理工学基礎実験 工学基礎教育におけるキャリアポートフォリオの活用 奥村万規子, 森武昭, 黄啓新, 金井徳兼, 三栖貴之 ( 神奈川工科大学創造工学部 ) オープンソースと USB を利用した個人用計算機支援環境の構築と 内藤幸一郎, 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) 活用実習教育 - 早期体験型実験 演習科目開発プロジェクト 分子シミュレーションを積極的に導入した授業実践 河合孝恵 ( 富山高等専門学校 ) 開会挨拶 第 3 室 (8:55 9:00) (17) 産学連携教育 Ⅰ 座長 : 第 3 室 (9:00 10:30) 医工連携研究における工学教育の実践と課題 田邊裕治, プラムディタジョナスアディティヤ ( 新潟大学工学部 ), 坂本信, 小林公一 ( 新潟大学医学部 ), 大森豪 ( 新潟大学超域学術院 ), 古賀良生 ( 新潟医療センター ) 産学 COOP 教育を通しての地域内発型産業の企画演習 郷冨夫 ( 一関工業高等専門学校 ) プロジェクトデザイン教育および産学連携の活性化に向けた研究所設備オープン化 池永訓昭 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 瀬戸雅宏 ( 金沢工業大学ものづくり研究所 ), 斉藤博嗣 ( 金沢工業大学工学部 ) 一関高専における震災復興に関するプロジェクト マネジメント 佐藤清忠, 佐野茂 ( 一関工業高等専門学校 ), 佐藤正由 ( いわて産業振興センター ), 佐藤哲郎, 郷冨夫, 佐藤昭規 ( 一関工業高等専門学校 ) 中小規模製造業のための生産管理自己診断システムの開発と評価 三上行生, 坂井俊文, 藤田勝康 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 産学連携による学生の実践力向上に向けた教育プログラムの現状と課題 2012 大場善次郎, 尾崎晴男, 椿光太郎, 大蒔和仁, 安達由洋, 上原稔 ( 東洋大学総合情報学部 ) 132 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

10 (17) 産学連携教育 Ⅱ / (06) 工学教育に関するGood Practice( 文部科学省 GP 採択案件 ) Ⅰ 工学系学生向けのマーケティングや企画提案を中心とした企業連携学習 - 売れる モノづくりに関する実践的学習- 座長 : 第 3 室 (10:45 12:15) 三栖貴行, 金井徳兼, 奥村万規子, 黄啓新, 一色正男, 森武昭 ( 神奈川工科大学創造工学部 ) 工学力教育に関する学外支援者の活動と成果 岡徹雄, 鳴海敬倫, 阿部和久, 山内健, 坪川紀夫, 金子双男 ( 新潟大学工学部 ) 持続的就労に向けた工学教育の考察と取り組み 鎌田洋 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 産学連携による博士課程 Project Based Learning 横野泰之, 金子成彦, 丸山茂夫, 光石衛 ( 東京大学大学院工学系研究科 ) ポスター作成を通した学生の協同性の育成 - 協同作業は社会の縮図 - 松元宏行 ( 群馬大学大学教育学生支援機構 ), 天谷賢児, 弓仲康史 ( 群馬大学大学院理工学研究府 ) 下級生チームワークへのアドバイザー参加によるリーダーシップの養成 山際和明, 清水忠明, 木村勇雄, 金熙濬 ( 新潟大学工学部 ) 開会挨拶 第 4 室 (8:55 9:00) (09) ものつくり教育 Ⅰ 座長 : 第 4 室 (9:00 10:30) 高専導入教材としての簡易電気自動車キットを用いたものづくり教育その2- 教育プログラム改良による教育効果の考察と小中学生対象出張授業への適用 風に向かって進むラジコン操舵式のウインドカー - 機械系学部 2 年生向け ゼロから作るもの作り実習 での10 年 体験型学習と創成型授業によるものつくり基礎教育 - 摂南大学機械工学科における創成演習系科目 自律制御ロボット 落ちない君 によるメカトロニクス教育 -ものづくり教育の諸課題と一解決策- 斉藤純, 山下幸三, 藤野裕之, 渡邉聡, 山下健一郎 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 鳴海敬倫, 坂本秀一, 白井健司 ( 新潟大学工学部 ) 池田博一, 一色美博 ( 摂南大学理工学部 ) 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 早期体験型実験 演習科目としての 機械システム入門実習 科目の継続 坂本重彦, 藤原和人 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 学生フォーミュラ初参戦年におけるものつくり教育 岡崎昭仁 ( 日本工業大学工学部 ) (09) ものつくり教育 Ⅱ 座長 : 第 4 室 (10:45 12:15) 図形からのものづくり⑵ - 一般教育におけるものづくり教育 ⑵- 植田宏, 村山伸樹, 大渕慶史 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 療育機器の開発を通した産学連携ものづくり教育の試み - 社会の要求に応えるものづくり - 藤原和人 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大嶋康敬 ( 熊本大学技術部 ) 学術的背景の異なる夢考房プロジェクト参加学生に対する FRP 設計講座 斉藤博嗣 ( 金沢工業大学工学部 ), 坂本巧, 松石正克 ( 金沢工業大学プロジェクト教育センター ) 複雑形状を有する複合材料構造の成形を通した研究室におけるものづくり教育 田中基嗣, 斉藤博嗣 ( 金沢工業大学工学部 ), 金原勲 ( 金沢工業大学 ) 現代産業に即した軽金属鋳物教育について - 鋳物の基礎からダイカストまで まちづくり系演習改善プロジェクト - 熊本大学工学部社会環境工学科 社会 科目改善の取り組み- 布施宏 ( 大阪工業大学工学部ものづくりセンター ), 羽賀俊雄 ( 大阪工業大学工学部 ), 池田隆治 ( 大阪工業大学工学部ものづくりセンター ) 田中尚人 ( 熊本大学政策創造研究教育センター ), 柿本竜治 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 圓山琢也 ( 熊本大学政策創造研究教育センター ) 開会挨拶 第 5 室 (8:55 9:00) (05) 教材の開発 Ⅰ 座長 : 第 5 室 (9:00 10:30) Androidスマートフォンを用いたアプリケーション演習教材の開発 岡崎哲夫, 本郷節之, 稲垣潤 ( 北海道工業大学創生工学部 ) スマートフォン用 Twitterクライアントアプリ作成演習教材の開発 本郷節之, 岡崎哲夫, 稲垣潤 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 携帯電話を用いた電子クーポンシステム演習教材の開発 稲垣潤, 岡崎哲夫, 本郷節之 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 教職課程科目における ipad 導入による理科授業の実践とその評価 小川智弘 ( 近畿大学工学部 ) 伝統技能の保存と継承のためのマルチメディア活用技術の開発 ( 第 7 報 ) - 技能伝承の可能性の確認 - 大渕慶史 ( 熊本大学工学部附属革新ものづくり教育センター ), 坂本英俊 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 吉留徹 ( 下関市豊北歴史民族資料館 ), 清水学 ( 熊本大学工学部 ) 技術遺産のマルチメディアコンテンツ作成による教育効果 佐藤智明 ( 神奈川工科大学工学部 ) (05) 教材の開発 Ⅱ 座長 : 第 5 室 (10:45 12:15) 多目的組込みソフトウェア学習用教材の開発 芦田和毅, 伊藤祥一, 藤田悠, 藤澤義範, 楡井雅巳 ( 長野工業高等専門学校 ) mbedを用いた太陽電池の特性学習のための教材開発 伊藤輝 ( 北海道工業大学大学院工学研究科 ), 木村尚仁 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 風力発電用大型風車のペーパークラフト開発 - ダウンウィンド型風車の開発および公開講座の開催 - 早稲田一嘉 ( 神戸市立工業高等専門学校 ), 飯田誠 ( 東京大学先端科学技術研究センター ), 立川力, 稲垣照美 ( 茨城大学工学部 ) 美術教育用視覚教材の開発 荒井祥, 中村純生 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 音声とオブジェクトの同期技術による教材の開発 伊藤祥一, 藤澤義範 ( 長野工業高等専門学校 ) 特別支援学校向け学習支援教材の提案と開発 藤澤義範, 伊藤祥一 ( 長野工業高等専門学校 ) 開会挨拶 第 6 室 (8:55 9:00) (20) 地域貢献 地場産業との連携 Ⅰ 座長 : 第 6 室 (9:00 10:30) 地方教育における科学教育ネットワークの構築と連携 -ALL やんばる科学と教育のまちづくり - 玉城龍洋, 太田佐栄子, 神里志穂子, 田中博, 平山けい ( 沖縄工業高等専門学校 ) 松江におけるテクノカフェの実施 箕田充志, 谷口哲至, 伊藤富子 ( 松江工業高等専門学校 ) 福祉教育分野での地域貢献 藤澤義範, 伊藤祥一 ( 長野工業高等専門学校 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 133

11 6-104 東日本大震災の被災地支援をテーマとした実習授業の実施 - 女川町子育て支援センターでのテラス制作実習 - 八十川淳 ( 東北文化学園大学科学技術学部 ) シリコン太陽電池作製実験教材の地域貢献事業及び国際交流事業への展開 辻琢人 ( 鈴鹿工業高等専門学校 ), 長岡史郎 ( 香川高等専門学校 ), 若 原昭浩 ( 豊橋技術科学大学工学研究科 ), 井頭卓也 ( 鈴鹿工業高等専門 学校 ) パネル型ソーラークッカーの製作と教育活用 - 地域企業との協力と教育機関との連携 - 大和田正勝 ( 昭和理化学器械 ), 中條祐一 ( 足利工業大学 ), 周藤澄男 ( 昭和理化学器械 ), 大木忠行 ( 大木紙業 ), 関口朋伸, 山田和範 ( 東洋アルミニウム 箔事業部 ) (20) 地域貢献 地場産業との連携 Ⅱ 座長 : 第 6 室 (10:45 12:15) 九州沖縄地区高専科学技術教育支援ネットワーク 宮内真人 ( 北九州工業高等専門学校 ) - 高専サイエンス支援ネットin 九州沖縄 工作を通して音の科学を学ぶ理科教室 : 手づくり音楽会 佐々木大輔, 河野昭彦, 斉藤博嗣, 平澤一樹 ( 金沢工業大学工学部 ), 池淵哲朗 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 歴史への興味向上を目指した児童向けペーパークラフトの制作 青木啓介, 中村純生 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 全盲児の点字学習を支援する学生協働型社会貢献プロジェクトの実践 - 音声式点字タイプ教具の導入による点字授業での改善成果報告 - 須惠耕二, 大嶋康敬, 松田樹也, 寺村浩徳 ( 熊本大学工学部技術部 ) 理科モノづくり教室開催による地域児童への科学技術啓発の取り組みその 2 木村尚仁, 鈴木和彦, 矢神雅規 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 伊藤輝, 杉山俊和 ( 北海道工業大学大学院工学研究科 ), 今井和明 ( 北海道工業大学 ) これって不思議だねと低学年児童に思わせる水の科学実験講座の紹介 須田達 ( 金沢工業大学環境 建築学部 ), 鶴谷奈津子 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ), 羽山徹彩 ( 金沢工業大学工学部 ), 宮崎慶輔, 堂本光子, 奥下洋司 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 開会挨拶 第 7 室 (8:55 9:00) (03) 実験 実技 Ⅰ 座長 : 第 7 室 (9:00 10:15) 義肢装具養成課程におけるバイオメカニズム体験学習の紹介 昆恵介 ( 北海道工業大学医療工学部 ) - 力の可視化による生体力学の体験型学習 マイコンH8と Arduino とのロボット教育に対する差別化とその効果 竹澤聡, 高島昭彦, 長松昌男, 中村香恵子 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 福岡貴広 ( 北海道工業大学大学院工学研究科 ), 伊藤豪志 ( 釧路市役所 ) 機構部品の取扱いや組立技術を課題としたメカトロニクス技術者教育の手 小野伸幸, 堀口勝三, 鈴木伸哉, 岸佐年 ( 長野工業高等専門学校 ) 法 自動車整備教育における重量認識能力の開発過程について 鈴木規文, 三品明博, 掛布知仁, 小野秀文, 中島守 ( 愛知工科大学自動車短期大学 ) コンバージョン PHV( プラグインハイブリッドカー ) の開発 CO 2 削減と電力のスマートグリッド化推進のためのコンバージョン PHV の試作 浅川拓克, 大黒正敏 ( 八戸工業大学工学部 ), 四宮悠斗 ( 八戸工業大学大学院工学研究科 ) (03) 実験 実技 Ⅱ 座長 : 第 7 室 (10:30 11:45) kW 風力発電装置を用いた再生可能エネルギー教育とその効果 山下健一郎, 斉藤純, 渡邉聡, 加藤雅彦 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 建築環境工学演習 熱 空気分野の教育拡充 長谷川麻子, 村山伸樹 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史 ( 熊本大学工学部革新ものづくりセンター ) 高専の低学年で実践している土木分野の CAD 教育 北畠正巳, 小林睦 ( 豊田工業高等専門学校 ) 創造実験の実験計画の策定における特許情報の活用事例 宮崎慶輔, 新聖子, 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 創造実験の取り組みに対する学生の意識調査 ( 第 3 報 ) 新聖子, 宮崎慶輔, 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 開会挨拶 第 8 室 (8:55 9:00) (19) インターンシップ 座長 : 第 8 室 (9:00 10:30) 学生の就業に対する関心と不安 -マーケット インターンシップを通して見えたこと- 阿部和久, 鳴海敬倫, 岡徹雄 ( 新潟大学工学部 ) 企業と大学が連携したインターンシップ - 新入社員研修の手法を大学生用にアレンジした取り組み 夏期実習からインターンシップへ - 変わらぬもの, 変わったもの Challenging Exploratory Experiment: Improving Communication Skills thru Internships in Singapore 伊藤譲, 森脇俊道 ( 摂南大学理工学部 ), 山北剛 ( パナソニック 人材開発カンパニー ) 高橋敬雄, 大川秀雄, 泉宮尊司, 阿部和久, 佐伯竜彦 ( 新潟大学工学部 ), 紅露一寛 ( 新潟大学自然科学研究科 ) 坂部俊行 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 内藤永 ( 北海学園大学経営学部 ), 三浦寛子 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 宇都宮大学工学部における国際インターンシップの取り組みについて 渡邊信一, 丸岡正知, 原紳 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ), 松井貞, 桜井哲真 ( 宇都宮大学 ), 横田和隆 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ) 工学教育としての国際インターンシップ (Ⅱ) - 北海道大学大学院工学研究院工学系教育研究センターの国際インターンシップへの取り組み- 山下徹 ( 北海道大学大学院工学研究院 ) (18)MOT 教育 /(21) 高度専門技術者教育, 社会人のための大学院工学教育 / (23) 新入社員導入教育 座長 : 第 8 室 (10:45 12:15) 学生フォーミュラ静的審査種目へのMOTの適用 岡崎昭仁 ( 日本工業大学工学部 ) クラウドコンピューティングを活用したスポーツ映像配信の実験 新井敏夫 ( 工学院大学大学院工学研究科 ) - 事業性の検証 次世代技術経営人材育成プログラム 伯田晃, 河原弘幸 ( FUJITSUユニバーシティビジネス研修グループ ) PBL 教育を重視した大学院カリキュラムの構築と実践 森武昭, 武尾英哉, 黄啓新, 金井徳兼, 小室貴紀, 瑞慶覧章朝 ( 神奈川工科大学 ) 134 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

12 8-111 主として病院勤務臨床工学技士に対する大学院社会人教育の試み 菅原俊継, 守田憲崇, 敦賀健志, 黒田聡, 有澤準二, 木村主幸 ( 北海道工業大学医療工学部 ) 技術系新入社員配属後 1 年の意識調査と新人教育のあり方 鎌田修 ( 東京エレクトロン ) - 配属後 1 年の新入社員の5 年継続意識調査から見えた新人教育への要求 - 開会挨拶 第 9 室 (8:55 9:00) (04) 工学教育の個性化 活性化 Ⅰ 座長 : 第 9 室 (9:00 10:30) 夏季集中講座における内容変更に伴う学生意欲の分析 - サレジオ高専による一事例 - 稲毛達朗, 米盛弘信, 相川智洋, 吉田将司, 吉野純一, 高橋孝 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 夏季休業を利用した自学実習による品質管理検定受験 梁川甲午 ( 一関工業高等専門学校 ) データを援用した学生指導の試み 牧田太郎, 小池稔 ( 産業技術短期大学 ) - 出席の促進と着席位置の誘導に向けて 工学基礎教育の組織的な実践 - 金沢工業大学の最近の取り組み - 三嶋昭臣, 青木克比古, 山野剛助, 大藪又茂 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 工学基礎教育の授業補充としての支援講座の実践 中勉, 高香滋, 中江友久, 小谷勇慶雄 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 沼津高専におけるミニ研究の導入 大庭勝久, 勝山智男, 鈴木正樹, 松田伸也, 大沼巧, 押川達夫 ( 沼津工業高等専門学校 ) (04) 工学教育の個性化 活性化 Ⅱ 座長 : 第 9 室 (10:45 12:15) 課外活動支援としての理工学基礎プロジェクト 新坂恭士, 三嶋昭臣, 河端裕, 高村松三 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) - 平成 24 年度におけるプロジェクトの活動 学外イベント, コンペ参加に関する考察 飯田晴彦, 大渕慶史 ( 熊本大学工学部附属革新ものづくり教育センター ) チーム学習を取り入れた新しい基礎物理授業の実践 西誠, 中村晃 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 函館高専の高度化再編に向けた教育課程の編成 浜克己, 小林淳哉, 鳴海雅哉, 森谷健二, 岩熊敏夫 ( 函館工業高等専門学校 ) 少年期の技術教育の問題点と工夫点 - 教員養成機関における教育の問題点と現行制度の盲点 を経験しての工学教育の課題 - 人類生存のための工学 - 第 2 日目 (8 月 30 日金曜日 ) 依田勝, 渡邉聡 ( サレジオ工業高等専門学校 ), 江刺宏恭 ( サレジオ学院 ), 高崎隆雄 ( エナックス ), 四戸哲 ( オリンポス ), 堀田昌吾 ( ピアテック ) 黒田光太郎 ( 名城大学大学院学校 大学づくり研究科 ) オーガナイズドセッション : 大学全入時代の工学教育 Ⅰ 座長 : 第 1 室 (9:00 10:30) 歴史をたどる力学教育 有光隆, 八木秀次 ( 愛媛大学大学院理工学研究科 ) 工学系学生の活動履歴と 就職決定力 の関係性に関する研究 碇山恵子 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ), 湯川恵子 ( 神奈川大学経営学部 ), 細川和彦 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 木村尚仁, 川上敬 ( 北海道工業大学創生工学部 ) スカラーシップ入学生と通常の入学生との混在下における教育方法の検討について 長松昌男, 一ノ宮修, 竹澤聡, 平元理峰, 北川浩史, 吉田協 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 自ら学ぶ意識を育てるための授業アンケートとその分析 (2 報 ) 中村裕一, 岩部司 ( 熊本高等専門学校 ) 教員 学生間の良好な関係づくりのためのファーストタッチ ( 自己紹介法 ) 大堀隆文 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ), 秋山敏晴, 内田尚志 の調査 研究 ( 北海道工業大学高等教育支援センター ), 木下正博 ( 北海道工業大学 未来デザイン学部 ), 竹澤聡, 中村香恵子 ( 北海道工業大学創生工学 部 ) ワークショップⅠ 大学全入時代の工学教育 オーガナイズドセッション : 大学全入時代の工学教育 Ⅱ 座長 : 第 1 室 (10:45 12:15) 文理融合型学部の数学基礎教育の導入 石井晃, 西誠, 谷口進一, 山岡英孝 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) - 金沢工業大学での初年次教育 数学に関する学生の意識 学力と期待される教育の在り方について 水町龍一 ( 湘南工科大学工学部 ) 初年次数学教育における授業デザイン 今井順一 ( 千歳科学技術大学総合光科学部 ) 経済学部の授業で本当に使いたい数学と本当に使える数学 江口潜 ( 新潟産業大学経済学部 ) -ギャップを埋めようとしてきた一体験談 学習内容を繋げたユニットプログラムの実践 黄啓新, 奥村万規子, 三栖貴行, 白滝順, 金井徳兼, 森武昭 ( 神奈川工科大学創造工学部 ) ワークショップⅡ 大学全入時代の工学教育 オーガナイズドセッション : エンジニアリング デザイン教育 座長 : 第 1 室 (14:15 16:30) エンジニアリング デザイン教育を意識した学生実験 ( 第 2 報 ) - 八戸工業大学工学部電気電子システム学科の取り組み 事例研究に基づく, 工学知識の獲得 - 工学院大学システムデザイン専攻の PBL 事例 - 信山克義, 関秀廣 ( 八戸工業大学工学部 ), 神原利彦, 柴田幸司, 花田一磨, 佐々木崇徳 ( 八戸工業大学 ) 中山良一 ( 工学院大学グローバルエンジニアリング学部 ), 大木榮二郎 ( 工学院大学情報学部 ), 新井敏夫 ( 工学院大学グローバルエンジニアリング学部 ) 品質工学に基づいた製品開発型 PBL における自由度の設定高久馨 ( 高久総合研究所 ), 山際和明 ( 新潟大学工学部 ) プロジェクト提案型エンジニアリングデザインの試み - 応用化学分野における課題 - 金子隆司, 今泉洋, 佐藤峰夫, 鈴木敏夫, 児玉竜也 ( 新潟大学工学部 ) エンジニアリング デザインによる社会基盤の統合設計演習プログラムの創成 星野裕司, 葛西昭 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史, 村山伸樹 ( 熊本大学工学部革新ものづくりセンター ) 年間の創造デザイン実習におけるエンジニアリング デザイン教育の試み 佐藤博之, 木村広幸, 高野修治 ( 湘南工科大学工学部 ), 和田精二 ( 元湘南工科大学工学部 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 135

13 1-228 エンジニアリングとデザインの連携による高専ロボコンのロボット製作 - エンジニアリングとデザインを連携させたロボット開発の実例報告 - 渡邉聡, 織田豊一, 大島真樹, 斉藤純, 杉島一男 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 防災をテーマにした機械工学科におけるエンジニアリングデザイン教育 尾崎純一, 黒住亮太 ( 神戸市立工業高等専門学校 ) エンジニアリング デザイン能力育成の試み 別府俊幸, 箕田充志, 高橋信雄, 原元司, 田邊喜一, 堀内匡 ( 松江工業高等専門学校 ) オーガナイズドセッション : プロジェクトマネジメントと PBL Ⅰ 座長 : 第 2 室 (9:00 10:30) オープニング 井上雅裕 ( 芝浦工業大学大学院理工学研究科 ) 工学院大学システムデザイン専攻で実施しているPBL 授業の成果分析とそ 我妻隆夫 ( 工学院大学大学院工学研究科 ) の改善策 価値創出を狙った PBL の設計 桐山聰 ( 鳥取大学大学教育支援機構 ), 坂本英俊 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) 面白さを導入した PBL の提案 五百井俊宏 ( 千葉工業大学社会システム科学部 ), 千葉達士郎 ( 元千葉工業大学社会システム研究科 ) ものづくりによる PBL から研究を中心とした PBL への展開 - 学内 GPによるプロジェクトから理数学生育成支援事業での取組へ PBLによるプロジェクトマネジメント教育 - 産業技術大学院大学における PM 教育の事例 - 鳴海敬倫, 阿部和久, 岡徹雄, 山内健, 田邊裕治, 坪川紀夫 ( 新潟大学工学部 ) 酒森潔 ( 産業技術大学院大学産業技術研究科 ) オーガナイズドセッション : プロジェクトマネジメントと PBL Ⅱ 座長 : 第 2 室 (10:45 12:15) PMBOK シミュレータによるプロジェクトマネジメント教育支援システム 立川結貴, 丸山広, 中村太一 ( 東京工科大学大学院バイオ 情報メディア研究科 ) 共創的環境に基づく複合思考型人材の育成 英崇夫, 小西正暉 ( 徳島大学 ) - 大学院教育への展開 プロジェクトベース学習におけるチーム編成に関する一考察 羽山徹彩 ( 金沢工業大学工学部 ), 須田達 ( 金沢工業大学環境 建築学部 ), 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) システム思考の工学に基づいた国際 + 世代 + 領域間混成による Global Project Based Learning グローバルPBL(Global Project Based Learning) のアウトカムとアセスメント グローバル PBL(Global Project Based Learning) 体験報告 - 学生からの報告, そして, 次回のラーニングファシリテータとしての抱負 - 長谷川浩志, 井上雅裕, 間野一則, 古川修, 山崎敦子 ( 芝浦工業大学大学院理工学研究科 ), 橘雅彦 ( 芝浦工業大学国際推進課 ) 井上雅裕, 長谷川浩志, 間野一則, 古川修 ( 芝浦工業大学大学院理工学研究科 ),Khantachawana Anak(KingMongkut s University of Technology Thonburi), 石川純一 ( リアセックキャリア総合研究所 ) 橋口茉希, 永海雄太, 草野修平, 柴崎夏美, 長谷川浩志, 井上雅裕 ( 芝浦工業大学大学院理工学研究科 ) オーガナイズドセッション : プロジェクトマネジメントと PBL Ⅲ 座長 : 第 2 室 (14:15 16:15) ワークショップ 社会で活かせる人材育成 人間力育成のヒント オーガナイズドセッション : オープンコースウェアとその応用 Ⅰ 座長 : 第 3 室 (9:00 10:30) オープンコースウェアの現状と将来展望 福原美三 ( 明治大学国際総合研究所 ) - 世界, アジアにおける日本の位置付けと連携の可能性 京都大学オープンコースウェアの新たな試み 土佐尚子 ( 京都大学情報環境機構 ) - 拡大と進化に向けて 名古屋大学 OCW( 名大の授業 ) の紹介 山里敬也 ( 名古屋大学教養教育院 ) - 遊び, 体験から学ぶ授業 放送大学オープンコースウエアの現状と課題 山田恒夫 ( 放送大学教育支援センター ) ゲーミフィケーションとモバイル端末を利用したOCW 活用の事例 山脇智志 ( キャスタリア ), 福原美三 ( 明治大学 ) - 競争と協力を通じた効果的学習の実現 九州大学における OCW,YouTube,iTunes U の現状と展望 井上仁 ( 九州大学情報基盤研究開発センター ), 藤村直美 ( 九州大学大学院芸術工学研究院 ) オーガナイズドセッション : オープンコースウェアとその応用 Ⅱ 座長 : 第 3 室 (10:45 12:15) OCWからOER へ その転換は可能か? 竹村治雄 ( 大阪大学サイバーメディアセンター ) 東京大学 OCW の応用 大瀧友里奈, 藤原毅夫 ( 東京大学大学総合教育研究センター ) - 電子教科書 Todai-eTEXT 筑波大学 OCW の取り組み 岡瑞起, 長谷部浩二 ( 筑波大学システム情報系 ), 加藤和彦 ( 筑波大学大学院システム情報工学研究科 ) オープン教材を使った反転授業の分析 重田勝介, 布施泉 ( 北海道大学情報基盤センター ), 岡部成玄 ( 北海道大学 ) ワークショップ オープンエデュケーションの展望 (06) 工学教育に関するGood Practice( 文部科学省 GP 採択案件 ) Ⅱ 座長 : 第 3 室 (14:15 15:45) 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 1 - 全体像と取組が目指すもの 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 2 -ナンバリングルール決定と科目連関への取組 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 3 - 到達目標とシラバスとの整合性 - 小林淳哉, 市坪誠, 岡根正樹, 櫻庭弘, 野口健太郎, 黒田大介 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ) 江崎修央 ( 鳥羽商船高等専門学校 ), 小林淳哉 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ), 水野正志 ( 長野工業高等専門学校 ), 水井真治, 横井克則, 小島隆史 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ) 野口健太郎 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ), 小山慎哉 ( 函館工業高等専門学校 ), 小林淳哉, 池田耕, 横井克則, 小島隆史 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ) 136 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

14 3-226 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 4 - 組込み到達度試験 e-test の実践 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 5 - 到達度保証のための共用試験 (CBT) の構築 分野別到達目標に対するラーニングアウトカム評価による質保証 6 - 到達目標におけるエンジニアリングデザイン能力 - 櫻庭弘 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ), 佐藤淳 ( 鶴岡工業高等専門学校 ), 野口健太郎 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ), 輿那嶺尚弘 ( 仙台高等専門学校 ), 水野正志 ( 長野工業高等専門学校 ), 江崎修央 ( 鳥羽商船高等専門学校 ) 黒田大介, 小林淳哉, 市坪誠, 櫻庭弘, 岡根正樹, 池田耕 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ) 市坪誠, 横井克則, 池田耕, 黒田大介, 岡根正樹, 水井真治 ( 国立高等専門学校機構本部事務局 ) (09) ものつくり教育 Ⅲ 座長 : 第 4 室 (9:00 10:30) ソーラーカー製作とレース参加による創造的工学教育の展開 - プロジェクト学生自主運営化の経過報告 - 大渕慶史 ( 熊本大学工学部附属革新ものづくり教育センター ), 平英雄 ( 熊本大学工学部 ) 機械創造実習における競技ロボット製作の取り組み後藤孝行 ( 旭川工業高等専門学校 ) 大阪工業大学 MONOLAB. ロボットプロジェクトのロボットコンテストを利用した短期集中型ものづくり教育 - ロボットコンテストとライントレースロボットを利用した電子工作 ソフトウェアを学ぶ学生の教育について - 近藤隆路, 池田隆治, 岩田英樹, 小川直樹, 羽賀俊雄 ( 大阪工業大学工学部 ) 卒業研究における競技用ロボットの開発 2012 石崎繁利, 武縄悟, 朝倉義裕, 東義隆, 中辻武 ( 神戸市立工業 高等専門学校 ) ものづくりデザイン授業 - イルミネーションコンテストへの参加 - 飯田晴彦, 大渕慶史 ( 熊本大学工学部附属革新ものづくり教育センター ) 熊本大学工学部におけるものづくりコンテストの新たな試みとその効果 坂本重彦 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 吉本惣一郎 ( 熊本大学大学院先導機構 ), 和田健志, 村山伸樹 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史 ( 熊本大学工学部革新ものづくり教育センター ) (09) ものつくり教育 Ⅳ 座長 : 第 4 室 (10:45 12:15) 夢考房における学生の安全推進活動 - 学生の活動記録の分析 工学におけるデザイン教育と成果 -CDIO 教育からのアプローチ 熊本大学マテリアル工学科におけるものづくり実験実習の取り組み - 早期におけるものづくり教育の効果と学生の意識改革 - 太田誠鉄, 浅野泰樹, 坂本巧, 高羽正人, 吉江則雄, 新保絵理佳 ( 金沢工業大学プロジェクト教育センター ) 小髙有普, 南出章幸, 竹俣一也, 中村純生 ( 金沢工業高等専門学校 ) 小塚敏之, 横井裕之, 安藤新二 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 学内で実施できるユーザ指向型ものづくり教育による総合力醸成畝田道雄 ( 金沢工業大学工学部 ), 石川憲一 ( 金沢工業大学 ) ものづくり教育における集中型 PBL の実践報告 -プロジェクト管理へのシステム思考導入 PBLを活性化するプロジェクトリーダーについて -プロジェクトリーダーの役割とは何か- 庫本篤 ( 豊田工業高等専門学校 ), 蟹江知彦 ( 蟹江技術士事務所 ), 藤井昌之 ( 近畿職業能力開発大学校 ) 三木功次, 木村壽里, 中牟田宴子, 鈴木真二 ( 東京大学大学院工学系研究科 ) (09) ものつくり教育 Ⅴ /(07) 高大院連携 Ⅰ 座長 : 第 4 室 (14:15 16:15) 臨床知としての特異点探索 小林一郎 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) 情報系学生とのものづくり 原紳, 横田和隆, 渡辺信一, 丸岡正知 ( 宇都宮大学工学部 ) 簡易化された開発環境を利用した組込みシステム開発実習の教育効果 前田貴信 ( 佐世保工業高等専門学校 ) Webサービスを利用した Androidアプリケーション開発 実装体験 吉岡昌雄, 谷口勝紀, 大村悦彰, 山口倫, 青木敏裕, 仲間祐貴 ( 熊本大学工学部 ) Arduinoマイコンを用いたバーサライタ製作によるものつくり教育 高瀬冬人, 片田喜章, 奥野竜平, 山本啓三, 井上雅彦 ( 摂南大学理工学部 ) ものづくりコンテストを活用した高校生向け PBL 体験講座 - エコと安全を考えた模型車の設計 製作 評価を行うプロジェクト活動 - 赤坂剛史 ( 金沢工業大学工学部 ), 織田光秋, 松本重男, 磯崎俊明 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 山岸進 ( 金沢工業大学プロジェクト教育センター ) エレキギターとアナログ エフェクターを用いた高大連携授業における音響 松崎博季, 真田博文 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 教育 学部学生教育補助者の積極的活用による高大連携教育 物理実験の試み 内田尚志 ( 北海道工業大学高等教育支援センター ), 小川直久 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 峰友典子 ( 北海道工業大学医療工学部 ), 木村信行, 増田貴宏 ( 北海道工業大学創生工学部 ) (05) 教材の開発 Ⅲ 座長 : 第 5 室 (9:00 10:30) 光音響効果を用いて気体の温室効果を視覚的に理解する実験教材の開発 福原朗子 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 小川直久 ( 北海道工業大学創成工学部 ), 金子文俊 ( 大阪大学理学研究科 ) 基礎的な放射線測定実験のための安全な測定装置とその計装 山本淳治 ( 摂南大学理工学部 ), 堀口哲男 ( 近畿大学原子力研究所 ), 吉田茂生 ( 東海大学工学部 ) オムニホイールロボット制御独習用指導書の開発 島岡三義, 櫟弘明, 道下貴広 ( 奈良工業高等専門学校 ), 福山広, 脇田良夫 ( シーエス-ワキタ事業開発部 ) 地上デジタル放送実験 実習システムの教材開発 蟹江知彦 ( 蟹江技術士事務所 ) XCOSを利用した制御教育システムの開発 川谷亮治 ( 福井大学大学院工学研究科 ), 高田直人 ( 長野県飯田 OIDE 長姫高等学校 ) 学生と教員による副教材の共同開発 塚本公秀 ( 鹿児島工業高等専門学校 ), 東雄一 ( 鹿児島工業高等学校 ) (05) 教材の開発 Ⅳ 座長 : 第 5 室 (10:45 12:00) 自動車整備教育に特化したリンク機構教材の開発 掛布知仁, 三品明博, 中島守 ( 愛知工科大学自動車短期大学 ) 平面タイリングと数学教育の視覚的教材 - 数学ソフトウェア活用による数学導入教育の教材作り - 鷲尾勇介 ( 日本大学大学院理工学研究科 ), 鈴木潔光, 河野 ( 平田 ) 典子 ( 日本大学理工学部 ) 振動教育用加振台の開発松本幸市, 瀧口三千弘 ( 広島商船高等専門学校 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 137

15 5-222 振動現象学習用教材の開発 -3 自由度片持ちはり振動系の場合 - 瀧口三千弘, 松本幸市 ( 広島商船高等専門学校 ) 宝石を素材として用いた実験の開発と実践河合孝恵 ( 富山高等専門学校 ) (02) 専門科目の講義 演習 Ⅰ 座長 : 第 5 室 (14:15 16:15) アーティストによって統合力と創造力を育む建築学科 1 年次の造形演習 - 授業 造形表現の改善 - 伊東龍一 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 建築教育における建築現場の計画と施工方法の認識に関する一考察油浅耕三 ( 新潟工科大学 ) Arduinoを利用した情報系学生向け ICT 入門教育の試み 真田博文, 松﨑博季, 竹沢恵, 上野健治 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 地方自治体のWEBサイトを用いた防災教育の試み 鍋島康之 ( 明石工業高等専門学校 ) 微粒子材料の構造設計を通して論理的思考を促すエンジニアリングデザイ 木村勇雄 ( 新潟大学工学部 ) ン演習 プログラム教育における moodle の活用と課題 大高武士, 高田脩平, 立小野健 ( 鹿児島大学大学院理工学研究科 ) -レポート作成と採点について 組込み技術学習教材の開発とカリキュラムの提案 藤澤義範 ( 長野工業高等専門学校 ) 工学系の学生のためのビジネスコミュニケーションの講義に関する考察 山口佳和 ( 千葉工業大学社会システム科学部 ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅰ 座長 : 第 6 室 (9:00 10:45) 後輩に伝えるモノづくり技術 -イルミネーション製作を通した世代交代の一事例 タイ王国の学生との国際交流プログラムについて -( 公社 ) 自動車技術会関東支部の国際交流事業報告 - 安達匡一, 飯島卓弥, 中村航太, 小山輝, 福井直生, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 長澤拓 ( 工学院大学大学院工学研究科 ), 加藤幹夫, 雑賀高 ( 工学院大学グローバルエンジニアリング学部 ) 学生主体とした小学生向けものづくり教室の実施 三宅一敬, 玉井千絵, 伊藤裕美子 ( 山口大学大学院理工学研究科 ), 桐 原昭雄 ( 宇部おもちゃ病院 ), 崎山智司 ( 山口大学大学院理工学研究科 ) クラスメイト共同によるものづくり活動を通した PBL 教育の涵養 山中湖アートイルミネーションコンテスト参加作品の製作 - 飯島卓弥, 小山輝, 中村航太, 福井直生, 安達匡一, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) プロジェクトの企画運営における多角的視点と工学以外の知識の役割 谷口諒太郎, 佐々木重信, 村松正吾 ( 新潟大学工学部 ), 原伸太郎 ( 新潟大学大学院自然科学研究科 ), 島田泰奨 ( 新潟大学工学部 ) 文化祭を利用した工学部の宣伝 矢野恕雅, 渡部杏伍, 江良和久, 森和也 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 基礎的なプログラミング及びリアルタイムレンダリング技術の教育 - 部活動と卒業研究を対象としたプログラミング教育 - 伊藤拓海, 米盛弘信, 相川智洋, 冨田雅史, 小出由起夫, 稲毛達朗 ( サレジオ工業高等専門学校 ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅱ 座長 : 第 6 室 (10:45 12:15) モノづくりにおける学科を超えた知識の重要性 島田泰奨, 野沢瑛斗, 中島久嗣, 原武史, 羽田卓史 ( 新潟大学工学部 ) プラットフォームを使ったコミュニティ活性化サービスの設計 児島良典, 新井敏夫 ( 工学院大学大学院工学研究科 ), 坂井常雄 ( テクノネット ) 関東甲信越高校生溶接コンクールへの出場と後輩指導 片倉嘉之, 山本亮汰, 海野翼, 前田理志, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) モバイルICUの開発 - 災害時に対応するための移動型 ICU 製作事例 講義科目 信号処理応用 でのチーム学習とその成果 -DTMFデコーダのアルゴリズムの作成- 浅川拓克, 大黒正敏 ( 八戸工業大学工学部 ), 四宮悠斗 ( 八戸工業大学大学院工学研究科 ) 川端啓太, 斎藤博人 ( 東京電機大学情報環境学部 ) 知育玩具の開発 - 立体が分かるおもちゃ - 山崎晴菜, 中山良一 ( 工学院大学大学院 ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅲ 座長 : 第 6 室 (14:15 16:15) ワークショップ 学生の学習活動事例 オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅳ 座長 : 第 7 室 (9:00 10:30) 橋梁模型製作大会 (JSBC2012) への参加で培った橋梁工学の知識 - 鋼橋模型製作を通じた構造力学および橋梁工学の理解 - 井上天, 葛西昭 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 岡部翔平 ( 熊本大学工学部 ), 山尾敏孝 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) ものづくりにおける新入生指導のあり方 石郷岡玄一郎, 田部田晋, 堀川秀司, 羽田卓史, 鳴海敬倫, 三村宣 治 ( 新潟大学工学部 ) 学年の壁を超えたものづくり活動によるソーラーバイクレース 2012 in 浜松への参加 - 軽量化を目指した車体製作と技術の習得 - 山本亮汰, 丸山諒, 土屋樹生, 根岸拓矢, 岩下真輝, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) ジェスチャ操作型ボール投球ロボットの開発 和田義久, 小森拓弥, 松本裕介, 田中昭雄 ( 小山工業高等専門学校 ) NHK 大学ロボコン出場を目指して 松本翼, 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) 赤外線センサによる競技用ロボットの誘導 安部賢広, 石崎繁利 ( 神戸市立工業高等専門学校 ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅴ 座長 : 第 7 室 (10:45 12:15) 電動モビリティの製作とレース参戦 大久保圭朗, 古賀拓未, 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) TOKIWAファンタジアイルミネーションコンテストへの参加 - 目の残像現象を利用した機械仕掛けの作品製作 マテリアル アート展 -マテリアル アズ デザイン 福井工業高等専門学校におけるもの創り教育活動 - 小水力発電アイディアコンテストへの参加報告 - 中里廉, 内山弘世, 丸山諒, 藤原章裕, 安達匡一, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 西田昇平, 横井裕之, 岸大地, 野田修平 ( 熊本大学工学部 ) 宮川敬, 藤田克志, 竹本泰敏, 田安正茂, 吉田雅穂, 丸山晃生 ( 福井工業高等専門学校 ) 138 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

16 7-221 学年の壁を超えたものづくり活動によるソーラーバイクレース 2012 in 浜松への参加 - バイクに搭載する回路の製作を通した技術伝承 - 岩下真輝, 丸山諒, 山本亮汰, 土屋樹生, 根岸拓矢, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 少人数グループでの分野の違いによる技術伝承における問題 田部田晋, 羽田卓史, 中村美里, 今井啓太 ( 新潟大学工学部 ) (16) 国際化時代における工学教育 Ⅰ 座長 : 第 7 室 (14:15 16:30) 標準教育の手法の変遷と今後の方向 田中正躬 ( 日本規格協会 ) 大阪大学大学院における国際標準化教育 中西浩 ( 大阪大学学際融合教育研究センター ) 学生主体の環境マネジメント分野の標準化教育 もし社長だったら 伊藤佳世 ( 中部大学経営情報学部 ) 企業における標準の普及取り組みと課題 岡本秀樹 ( アズビル 環境 標準化推進部 ) 早稲田大学における標準化教育の実績と今後の進め方 佐藤拓朗 ( 早稲田大学大学院国際情報通信研究科 ) システム安全専攻の教育プログラムにおける安全関連国際規格の利用状況 三上喜貴 ( 長岡技術科学大学専門職大学院技術経営研究科 ) について 国際標準とソーシャルICT 岩垂邦秀 ( 日本規格協会標準化研究センター ), 田中正躬 ( 日本規格協会 ), 池田宏明, 吉田均 ( 日本規格協会標準化研究センター ) 標準化教育の普及に向けて 吉田均 ( 日本規格協会標準化研究センター ) - 工学系教育における標準化教育の必要性 東京農工大学 MOT における標準化教育の取組 長田直俊 ( 建材試験センター ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅵ 座長 : 第 8 室 (9:00 10:30) 理数学生育成支援事業 : スマート ドミトリーによるトップ グラジュエイツ育成プログラムの一事例 - エネルギー社会を支える未来材料 装置の開発 水素循環によるエコ社会の実現に向けて 地域の児童が希望するソーラーバイクの具現化 - 市民参加によるマシンコンセプトの決定 スマートドミトリーにおける研究活動の展開 - 看護学 - 工学連携研究プロジェクトに参加して これからの工学教育を考える - ある建築学生の視点 - 川村佳弘, 福田章悟, 泰川恵多朗 ( 新潟大学工学部 ), 松沢雅人 ( 新潟大学大学院自然科学研究科 ), 村上貴洋, 坪井望 ( 新潟大学工学部 ) 丸山諒, 藤原章裕, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 土井裕介 ( 新潟大学工学部 ), 川合功 ( 新潟大学大学院自然科学研究科 ), 田邊裕治 ( 新潟大学工学部 ), 坂本信, 定方美恵子 ( 新潟大学医学部 ) 黒岩翼 ( 九州工業大学工学部 ), 中尾基 ( 九州工業大学工学研究院 ) 距離測定モジュールの製作を通した産学連携の一事例土屋樹生, 根岸拓矢, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 高温超伝導の研究と環境浄化への応用 - 新潟大学工学部 スマート ドミトリー での活動 - 大沼翔馬, 稲垣智大 ( 新潟大学工学部 ), 竹内良知, 棚橋祐樹 ( 新潟大学 ), 吉沢直人, 岡徹雄 ( 新潟大学工学部 ) オーガナイズドセッション : 学生の学習活動事例 Ⅶ 座長 : 第 8 室 (10:45 12:15) シリコン型太陽電池の製作および評価 尾崎隆一 ( 九州工業大学工学部 ), 高槻晃士 ( 九州工業大学大学院工学府 ), 中尾基 ( 九州工業大学工学研究院 ) 企業からのテーマを取り入れたプロジェクト科目の活動事例 廣瀬貴大, 斎藤博人 ( 東京電機大学情報環境学部 ) - 話速変換技術を利用した音声圧縮手法の検討 共鳴方式による大電力長距離非接触給電システムの構築 増子豪, 結城拓海, 堀内優, 菅井友彦, 本手亮太郎, 鈴木孝昌 ( 新潟大学工学部 ) M2M に活用できる太陽光発電システム監視用センサの製作と評価 - 先輩たちの研究をサポートする遠隔監視システムの構築 - 根岸拓矢, 土屋樹生, 中川寛淑, 佐藤雅史, 米盛弘信 ( サレジオ工業高等専門学校 ) 電磁界共鳴方式を用いた多方向電力伝送に関する調査研究 岩田樹, 石山優, 杉浦孝俊, 東條竜児, 羽生健人, 菅原晃 ( 新潟大学工学部 ) PBLでPBLを斬る 阿部優作, 浦田忠宜 ( 九州工業大学工学部 ), 高槻晃士 ( 九州工業大学大学院工学府 ), 中尾基 ( 九州工業大学工学研究院 ) (12) 体系的教育課程の構成 座長 : 第 8 室 (14:15 16:15) 工学的内容を取り入れた理科教育の必要性 胸組虎胤 ( 鳴門教育大学大学院学校教育研究科 ) 学生の能力育成に着目し, 全教育課程を通して行う技術者倫理教育の実質化について -カリキュラムマネジメントの観点から- 西村秀雄 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 企画実践型 PBL を機軸とするリーダー育成のための大学院教育プログラム開発 の総括 プロジェクトによる学校改革へのアプローチ - 学校活動の体系化, 及び体系に基づく学校改革へむけた方法論の提案 人文社会系教養科目の実質化を目指して - 教育改善のためのシラバスの改善と成績報告書の管理 学士力を育成する全学共通基盤教育 - 神奈川工科大学における新教育体系 学部学科横断型環境教育の試み - 追跡調査から見た4 年間を終わっての成果と問題点 ユニットプログラムを柱とした学部専門教育の体系化 - 神奈川工科大学の新教育体系 - 渡邊信一 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ), 高木淳二 ( 元宇都宮大学大学院 ), 原紳, 丸岡正知, 横田和隆 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ) 清水計雄 ( プロジェクトマネジメント インキュベーション協会 ), 柳沢富夫 ( ラウンドテーブルコム ), 伊東緑 ( プロジェクトマネジメント インキュベーション協会 ), 仁科斉 ( 日本アイビーエム ), 楠徳生 ( NTT データ ), 清水康太郎 ( SIJ テクノロジ ) 伊藤譲, 森脇俊道, 小川英一 ( 摂南大学理工学部 ), 田中圭二, 日野上暢昭 ( 摂南大学理工学部事務室 ) 黄啓新, 金井徳兼, 藤村陽, 今井健一郎, 平野多嘉弘, 中込寛 ( 神奈川工科大学 ) 高橋肇, 斎藤貴 ( 神奈川工科大学工学部 ), 野田毅 ( 神奈川工科大学応用バイオ科学部 ), 佐藤智明, 今井健一郎, 鳴海明 ( 神奈川工科大学工学部 ) 金井徳兼, 黄啓新 ( 神奈川工科大学創造工学部 ), 飯田泰広 ( 神奈川工科大学応用バイオ科学部 ), 鳥井秀幸 ( 神奈川工科大学情報学部 ), 平野多嘉弘 ( 神奈川工科大学学生支援本部 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 139

17 (04) 工学教育の個性化 活性化 Ⅲ 座長 : 第 9 室 (9:00 10:30) 文理融合学科におけるプログラミング教育 - 短時間実習課題実施の効果 - 伊丸岡俊秀 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 知的財産管理技能検定への取り組み貝原巳樹雄, 佐々木伸一 ( 一関工業高等専門学校 ) 学生の相互評価によるアクティブラーニング型授業 (Ⅰ) - プレゼンテーションの向上を目指す取り組み 学生の相互評価によるアクティブラーニング型授業 (Ⅱ) - レポート作成能力の向上を目指す取り組み - 河野昭彦, 斉藤博嗣, 佐々木大輔, 平澤一樹 ( 金沢工業大学工学部 ), 須田達 ( 金沢工業大学環境 建築学部 ), 鶴谷奈津子 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 平澤一樹, 河野昭彦, 斉藤博嗣, 佐々木大輔 ( 金沢工業大学工学部 ), 鶴谷奈津子 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ), 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 先端研究を通じた実践的工学教育プログラムとその実施状況 岡徹雄, 原田修治, 山内健, 鳴海敬倫, 菅原晃, 金子双男 ( 新潟大学工学部 ) 多機能グラフ電卓を活用した新たな化学工学教育の展開 福村卓也, 梁川甲午, 貝原巳樹雄, 佐藤和久, 照井教文, 梅野善雄 ( 一関工業高等専門学校 ) 宇都宮大学大学院における PBL 形式必修科目 創成工学プロジェクト の実施について 渡邊信一, 丸岡正知, 原紳 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ), 松井貞, 桜井哲真 ( 宇都宮大学 ), 横田和隆 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ) (04) 工学教育の個性化 活性化 Ⅳ 座長 : 第 9 室 (10:45 12:15) 初年次からのプロジェクトデザイン教育 その1 新聖子, 宮崎慶輔, 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) -カリキュラム再編後の入門科目における取り組み 初年次からのプロジェクトデザイン教育 その2 宮崎慶輔, 新聖子, 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) -カリキュラム再編後の基礎科目における取り組み 初年次を対象とした域学協働による地域体験プログラムの実践 吉村充功, 池畑義人, 杉浦嘉雄, 園田一則 ( 日本文理大学工学部 ) - 地方で活躍できる建築土木技術者マインドを育む プロジェクト演習 自ら行動する人材育成を意識した数理科目の授業構築 - 第 1 報 : 学生が自分の学習意欲を確認できる演習課題の実施 - 北庄司信之 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 北海道工業大学における学生の学習意欲 学習動機に関する研究 - 学習動機の 2 要因モデルに基づく状況の把握 - 渡辺功, 北守一隆, 石塚文嘉, 鈴木康広, 福田菜々 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) (04) 工学教育の個性化 活性化 Ⅴ / (13) 教育評価 自己点検 評価システム Ⅰ 座長 : 第 9 室 (14:15 16:15) PBL 教育におけるグループ討議の活用 -BS 法にみるグループ討議の効果と利用法 - 松本重男, 磯崎俊明, 竹俣一也, 千徳英一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 大澤敏 ( 金沢工業大学バイオ 化学部 ) メカトロダーツ競技会を通じた低学年工学基礎実験における PBL 教育 青木悠祐, 大沼巧, 江上親宏, 松田伸也, 大久保進也, 芹澤弘秀 ( 沼 津工業高等専門学校 ) Web エンジニア育成を目指した実践型プロジェクト学習教育の実施報告 - コア科目 プロジェクト Ⅰ の教育内容とその取組み - 曽超 ( 福岡工業大学短期大学部 ), 石原好宏 ( 元福岡工業大学短期大学部 ) 課題発見 解決型を目指した設計製図の試行 新田勇, 櫻井篤 ( 新潟大学工学部 ) 工学 技術者教育におけるアクティブラーニングに関する一考察 佐藤恵一 ( 金沢工業大学工学部 ) - 金沢工業大学の 総合力 ラーニングにおいて 流体力学関連科目における授業のアクティブ化への試み 杉本康弘, 新井山一樹, 佐藤恵一 ( 金沢工業大学工学部 ) - 実施例紹介と学生アンケート分析 種々のアンケートから見える教員の教育意識 山川一三男 ( 日本大学生産工学部 ) アンケートとインタビューに基づいた授業満足度と学習成果の向上の提案 武市祥司 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ), 堀亮介 ( 元金沢工業大学情報学部 ) 第 3 日目 (8 月 31 日土曜日 ) オーガナイズドセッション : 技術者倫理教育 Ⅰ 座長 : 第 1 室 (9:00 10:45) 技術者倫理における工学的知識からの発想の否定の必要性 比屋根均 ( ラーテン技術士事務所 ) -エンジニアリング デザインの 省察的実践 力と倫理力の本質的同等性 専門職業倫理教育における倫理学理論の位置づけ 川北晃司 ( 明治薬科大学薬学部 ) Aschの協調性実験を用いた技術者倫理教育の取組 山際和明 ( 新潟大学工学部 ) 仮想事例における心理描写が及ぼす影響 安居光國 ( 室蘭工業大学工学研究科 ) 共通アンケートによる授業改善 大来雄二 ( 金沢工業大学科学技術応用倫理研究所 ) - 授業アンケートの共同開発と授業改善につながる枠組みの構築 授業アンケートの分析に基づく技術者倫理教育のブラシアップ 丸山武男 ( 新潟大学工学部 ) 技術者倫理教育の実践の具体 - 何のために, 何を, どのように 教えているのか?- 空健太 ( 岐阜工業高等専門学校 ) オーガナイズドセッション : 技術者倫理教育 Ⅱ 座長 : 第 1 室 (11:00 12:15) ワークショップ わが国における技術者倫理教育の成果と今後の展望 オーガナイズドセッション : プロジェクトマネジメントと PBL Ⅳ 座長 : 第 2 室 (9:00 10:15) 企業におけるプロジェクトマネジメントへの期待と実践 篠崎哲雄 (NTTデータ先端技術 ) - 工学教育へのプロジェクトマネジメントの効果の反映 若手社員向けプロジェクトマネジメント教育の事例紹介 三好きよみ ( 産業技術大学院大学産業技術研究科 ) 継続実施研修の行動特性変容への効果に関する研究 濱久人 (NTTデータユニバーシティ) - 研修成果の向上に向けて 企業内プロジェクトマネジメント教育の現状と今後の課題 永地恒一 ( ソニー DSBG 品質保証部門 ) 技術者向けマネジメント教育における創発を促すファシリテーションの実践 - 予定調和や付和雷同をいかに克服するか?- 伊藤衡 ( 富士ゼロックス総合教育研究所 ) 140 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

18 オーガナイズドセッション : プロジェクトマネジメントと PBL Ⅴ 座長 : 第 2 室 (10:30 12:00) PMI 日本支部における PM 教育の取り組み における大学等教育機関向け PM 教育取り組み実績のご紹介 北海道大学におけるパーソナル スキル講座の事例紹介 -8 年間にわたるパーソナル スキル講座から見えたもの - 斉藤学 (PMI 日本支部 ) 永谷裕子 ( アスカプランニング ), 濱久人 (NTT データ ユニバーシティ ) フロネシス プロジェクトマネジメントの背景と教育プログラム 本間利久 ( 北海道大学サステナビリティ学教育研究センター ), 永谷裕 子 ( 北海道大学大学院情報科学研究科 ) ワークショップ型プロジェクトマネジメント教育の事例紹介 - 八戸工業大学第一高等学校での実施例 高校生を対象としたプロジェクト遂行型実践教育 - ロケットガール養成講座 と 缶サット甲子園 の試み- 十返文子 (PMI 日本支部教育委員会 ), 名久井康宏, 上野毅稔 ( 八戸工業大学第一高等学校 ) 土岐仁 ( 秋田大学大学院工学資源学研究科 ), 秋山演亮 ( 和歌山大学宇宙教育研究所 ), 長田奉公 (JAXA 宇宙教育センター ) クロージング 永地恒一 ( ソニー DSBG 品質保証部門 ) オーガナイズドセッション : 企業における技術者継続育成 環境変化に対応した技術者教育施策 座長 : 第 3 室 (9:00 11:15) ものづくりのための企業内教育 - リーマンショック後の機械系新入社員の研究体制 - 平野重雄 ( 東京都市大学 ), 喜瀬晋, 関口相三, 奥坂一也 ( アルトナー ) 富士通における公差設計力の診断とスキル教育体系長倉正直 ( FUJITSU ユニバーシティテクノロジ研修グループ ) 新入社員向け技術教育から見る新入社員の特徴 2 -ハードウェアコース受講生のバックグラウンドと講座理解度などとの相関分析 社内調査から見た技術系社員の実態と新時代社員教育の在り方 - 調査結果から社員の現実が見え新しい時代を生きぬく社員教育を考察する 強度設計のスキルアップ教育の取り組み - 強度計算と応力測定の誤差と不確かさを考察させる実習 - 三宅裕子, 小林俊裕, 古東豊 ( FUJITSU ユニバーシティテクノロジ研修グループ ) 鎌田修 ( 東京エレクトロン ) 岡部健一, 小島清美 ( 日立製作所日立研究所ソリューションセンタ ) ワークショップ 企業における技術者継続育成 環境変化に対応した技術者教育施策 (22) 生涯学習支援 座長 : 第 3 室 (11:30 12:15) 自動車関連製造業の女性技術職と女性一般職のキャリア形成に関する意識 磯貝恵美子, 鶴岡信治 ( 三重大学大学院地域イノベーション学研究科 ) の違い 女性技術職員と女性教員の協同による小中学生のための 考作 セミナーの実施 奥本幸, なでしこプロジェクト ( 徳山工業高等専門学校 ) お年寄りの学びの意欲に応えて -ALL やんばる科学と教育のまちづくり - 平山けい, 太田佐栄子, 田中博, 神里志穂子, 玉城龍洋 ( 沖縄工業高等専門学校 ) (07) 高大院連携 Ⅱ 座長 : 第 4 室 (9:00 10:45) 機械系学生資格取得に係る高大連携 ( 第 5 報 ) - 青森県機械系学生資格取得支援連絡協議会の5ヶ年の活動 機械系学生資格取得に係る高大連携 ( 第 6 報 ) - 活動範囲の拡大と新規活動の展望 高大連携による数理教育研究プロジェクトの展開 - 数学の基礎学力について- 齋藤正博, 大黒正敏, 太田勝 ( 八戸工業大学工学部 ), 黒滝稔, 玉川邦夫, 三上晃 ( 八戸工業大学工作技術センター ) 黒滝稔, 玉川邦夫 ( 八戸工業大学工作技術センター ), 日影学, 齋藤正博, 大黒正敏, 太田勝 ( 八戸工業大学工学部 ) 谷口祐弘, 三嶋昭臣 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 井上正浩 ( 石川県立能登高等学校 ), 青木克比古 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 高校教員のためのものづくりワークショップの試み 後藤伸太郎, 中木村雅史 ( 名古屋大学全学技術センター ), 川口一郎 ( 愛知県立一宮高等学校 ), 兼子一重, 酒井康彦 ( 名古屋大学大学院工 学研究科 ) 高大連携による高校生の課題研究 - 列車の騒音の測定と解析 高校生に対する工学への動機付けに対する一試み - 大学入試センター試験の物理出題問題に見る先端技術 里山実地教育を通しての学習が自己形成に及ぼす教育効果 - 住民との交流, 里山の文化, 歴史, 環境の学びと自己形成学習プログラム - 織田光秋 ( 金沢工業大学基礎教育部 ), 松石正克 ( 金沢工業大学研究支援機構 ), 山口泰司 ( 石川県立小松高等学校 ) 佐々木正巳 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 鈴木康広 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 若松昭秀 ( 工学院大学科学教育センター ), 椎名智之 ( 文京学院大学女子高等学校 ), 矢ケ崎隆義 ( 工学院大学科学教育センター ) (01) 基礎科目の講義 演習 座長 : 第 4 室 (11:00 12:15) webアンケートシステムを活用した工学基礎数学の教育実践 藤井利江子, 戸塚英臣, 鈴木潔光 ( 日本大学理工学部 ) -アンケートシステムのクリッカー的活用を通じて 年次の学生実験の成績と GPA の関係 鯉沼陸央, 吉本惣一郎, 谷口貴章 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) エンジニアリングデザイン能力を養成するコンテスト型授業 P-1グラン 片桐信, 頭井洋, 田中賢太郎 ( 摂南大学理工学部 ) プリ 大学生 1 年生の運動習慣の現状と大学体育 中島寿宏, 秋野禎見 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 片桐康博, 工藤雅之 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 教室内私語による学習妨害に対する授業スライドの抑止効果 松下裕 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) (02) 専門科目の講義 演習 Ⅱ 座長 : 第 5 室 (9:00 11:00) 熊本大学マテリアル工学科におけるモノづくり実験実習の取り組み - マテリアル工学実験 創造編での学外共同研究の実施 - 山崎倫昭 ( 熊本大学先進マグネシウム国際研究センター ), 小塚敏之, 横井裕之 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ) 製図教育における CAD の導入と学生の反応 八木秀次, 有光隆 ( 愛媛大学大学院理工学研究科 ) データ解析による問題発見能力の育成 高田佳和 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史 ( 熊本大学工学部 ) 画像解析を利用した計測アプリケーション実習 渡邉信行 ( 日本ナショナルインスツルメンツ ) -LabVIEW PC カメラを利用した自動計測システムの構築 ローテクコミュニケーションを活用した医工連携分野の講義 飯島淳彦 ( 新潟大学工学部 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 141

19 5-337 工学系メディア専攻学生のスケッチスキル構築と活用 中村純生, 青木啓介, 荒井祥, 工藤武人 ( 金沢工業大学情報フロンティア学部 ) 学生の学習履歴とレポート作成能力について 鈴木康広 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ), 佐々木正巳 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 三田村保, 渡辺功, 土田邦彦 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 研究室大学院教育に対するコンピュータ援用システムの開発 林洋次 ( 早稲田大学理工学術院 ) (20) 地域貢献 地場産業との連携 Ⅲ 座長 : 第 6 室 (9:00 10:30) 東北地域の産業復興を行う技術者人材育成 - 東北地域をカバーする連携体制の構築と運営 安全安心なエコタウン構築についての人材教育 - 東北地域の産業復興を行う技術者人材育成 津波浸水農地の土壌塩分除去等土壌改良についての人材教育 - 東北地域の産業復興を行う技術者人材教育 リスク対応独立分散電源による分散セキュリティシステムの構築に関わる人材育成 八戸 三陸地域における東日本大震災からの防災教育に関する人材育成 - 東北 6 高専震災復興人材育成事業 - 内海康雄, 柴田公博, 吉田徹, 引地智, 岩淵喜悦, 吉野秀明 ( 仙台高等専門学校 ) 引地智, 内海康雄 ( 仙台高等専門学校 ), 保田和成 ( エボテック ), 小野寿光 ( 馬淵工業所 ), 佐野木良生 ( 伊藤忠テクノソリューションズ ), 佐藤伸寿 ( 東松島みらいとし機構 ) 岩渕喜悦, 内海康雄, 吉野秀明 ( 仙台高等専門学校 ), 八木登喜雄 ( 宮城県東松島市議会 ), 佐藤伸寿 ( 東松島みらいとし機構 ), 小野信之 ( アークジャパン ) 神田和也, 本橋元, 三村泰成, 佐藤貴哉, 内海哲史 ( 鶴岡工業高等専門学校 ) 矢口淳一, 河村信治, 清原雄康 ( 八戸工業高等専門学校 ) 地域復興に向けた ICT 活用に関する人材育成の試み 管隆寿, 佐藤陽悦, 千田栄幸, 小保方幸次, 佐藤亮太 ( 一関工業高等専門学校 ) (20) 地域貢献 地場産業との連携 Ⅳ 座長 : 第 6 室 (10:45 12:15) 企業技術者および学生を対象とした地域連携による 3 次元設計技術者育成事業 藤原康宣, 原圭祐, 若嶋振一郎, 関根孝次, 村上明, 福村卓也 ( 一関工業高等専門学校 ) 企業技術者を対象にした Java & Android 開発セミナー藤田悠, 伊藤祥一, 芦田和毅, 楡井雅巳 ( 長野工業高等専門学校 ) 地域と連携したデザインプロジェクトの実践 -CDIO アプローチによる工学設計教育 - 竹俣一也, 南出章幸, 小髙有普 ( 金沢工業高等専門学校 ), 中村純生 ( 金沢工業大学 ) 寒地環境エネルギーシステム研究所の役割と取り組み 大竹秀雄, 白濱芳朗, 平元理峰 ( 北海道工業大学創生工学部 ), 魚住昌広, 細川和彦 ( 北海道工業大学空間創造学部 ), 矢神雅規 ( 北海道工業大学創生工学部 ) 社会人 学生協働型研修の提案 - 筑波大学 サービスカイゼン研修コース の取り組み- 倉田久, 高木英明, 張勇兵 ( 筑波大学システム情報系 ) OJE 法による工学教育 -19. 徳島県阿南市との地域連携による工学教育の実践 - 倉敷哲生, 森裕章, 若本和仁, 池田順治, 上西啓介, 大村悦二 ( 大阪大学 ) (16) 国際化時代における工学教育 Ⅱ 座長 : 第 7 室 (9:00 10:15) 海外提携校におけるプロジェクトベース工学教育 武沢英樹, 雑賀高, 中山良一, 平尾篤利 ( 工学院大学グローバルエンジニアリング学部 ) 国際連携ものづくりコンテストによるエンジニアリングデザイン教育の展開 ( 第 3 報 ) 村山伸樹 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 大渕慶史, 増山晃太 ( 熊本大学工学部附属革新ものづくり教育センター ) 国際理解に基づく医療エンジニア教育の試み 秋山敏晴 ( 北海道工業大学高等教育支援センター ), 坂部俊行 ( 北海道 工業大学空間創造学部 ), 三浦寛子 ( 北海道工業大学未来デザイン学部 ) 東アジアからの留学生への放射線教育の在り方と今後の課題 - 留学生への基礎的な放射線講義及び実習例 建築 土木専攻学生による外国研究 - 新潟大学における卒業研究 修士論文を例に- 渡邉優香, 工藤和彦 ( 九州大学東アジア環境研究機構 ), 島岡隆行 ( 九州大学大学院工学研究院 ) 寺尾仁 ( 新潟大学工学部 ) (16) 国際化時代における工学教育 Ⅲ 座長 : 第 7 室 (10:30 11:30) 工学系学部生の留学と英語学習への意識 松元宏行 ( 群馬大学大学教育学生支援機構 ) - 海外への興味を妨げているものは何か 芝浦工業大学でのグローバル人材育成と工学専門科目英語化の取り組み 山崎敦子 ( 芝浦工業大学工学部 ) 東海工学教育協会高専部会の活動報告とその成果 - 国際化教育の現状と課題 - 大石哲男 ( 鳥羽商船高等専門学校 ), 稲葉成基 ( 岐阜工業高等専門学校 ), 勝山智男 ( 沼津工業高等専門学校 ), 伊東孝 ( 豊田工業高等専門学校 ), 井上哲雄 ( 鈴鹿工業高等専門学校 ), 藤田稔彦 ( 鳥羽商船高等専門学校 ) グローバル化における高等教育の動向 吉田眞 ( 東京大学大学院工学系研究科 ) (15) 工学教育システムの個性化 活性化 Ⅰ 座長 : 第 8 室 (9:00 10:30) 授業時間割の改善や初年度教育の充実等による修学支援と退学者減少対策 今野克幸, 白石悟, 細川和彦, 井田直人, 福原朗子, 木内伸洋 ( 北海道工業大学空間創造学部 ) 理工系学生のための基礎英語力向上の組織的取り組み - 共通試験の実施と単語学習システム 基礎数理科目におけるアクティブ ラーニング型授業 - 教育目標に基づくアクティブ ラーニング型授業の分類 理工学部学生のための科学技術教養授業 - 専門外の科学技術の本質をわかり易く伝える- 伊藤譲, 小川英一 ( 摂南大学理工学部 ), 西川眞由美 ( 摂南大学外国語学部 ), 橋本はる美 ( 摂南大学情報メディアセンター ), 岡本一央 ( 摂南大学理工学部事務室 ) 西誠, 石井晃, 中村晃, 谷口進一, 北庄司信之, 山岡英孝 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 頭井洋, 森脇俊道, 伊藤譲 ( 摂南大学理工学部 ) 高度工学力を有するトップ グラジュエイツ育成プログラムでの取り組み 山内健, 鳴海敬倫, 阿部和久, 岡徹雄, 坪川紀夫, 金子双男 ( 新 潟大学工学部 ) 企画実践型 PBL を機軸とするリーダー育成のための大学院教育プログラム開発 事業の総括 横田和隆, 丸岡正知, 渡邊信一, 原紳, 入江晃宣, 杉山均 ( 宇都宮大学大学院工学研究科 ) 142 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013)

20 (15) 工学教育システムの個性化 活性化 Ⅱ 座長 : 第 8 室 (10:45 12:15) 看護工学分野の開発と教育 坂本信 ( 新潟大学医学部 ), 田邊裕治 ( 新潟大学工学部 ), 定方美恵 子 ( 新潟大学医学部 ), 笠井美香子, 井越寿美子, 佐藤富貴子 ( 新潟大 学医歯学総合病院看護部 ) PBLにおいて課題解決に向かう議論の特性について - 参加者の概念整理と効果的な議論 八戸工業大学キャンパスソフトハウス の立上げ - 学生による起業活動の支援 科学教育センターが主催する SST 養成講座に SST-TA として参加する大学院生にもたらされる教育効果 - 現職教員向け理科実技研修会に大学院生がティーチングアシスタントとして参加する学習プログラム 科学教育センターが主催する教育振興事業に支援者として参加する学生にもたらされる学習効果 - 科学教育面における各種事業等に支援参加する新しい学習プログラム- 中牟田宴子, 三木功次, 鈴木真二, 美馬秀樹 ( 東京大学大学院工学系研究科 ) 栗原伸夫, 小玉成人 ( 八戸工業大学工学部 ) 坪池淳, 若松昭秀, 矢ケ崎隆義 ( 工学院大学科学教育センター ) 矢ケ崎隆義 ( 工学院大学工学部 ), 豊泉国利, 田中豊 ( 工学院大学科学教育センター ) サレジオ高専における外部資金獲得の支援体制と成果の一事例 吉野純一, 山下健一郎, 清水哲也, 真島顕子, 菅原由佳, 平岡一則 ( サレジオ工業高等専門学校 ) (13) 教育評価 自己点検 評価システム Ⅱ 座長 : 第 9 室 (9:00 10:30) 目標の達成度の評価 点検システムの開発と実施 鷲見浩一, 佐藤弘史, 加納陽輔 ( 日本大学生産工学部 ) ジェネリックスキルの客観的評価法の確立を目指して 山岡英孝, 谷口進一 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) - 課題の個性に惹きつけられる人間性 ジェネリックスキルに対する意識における尺度構成評価 谷口進一, 青木克比古, 西誠, 中勉, 高香滋, 山岡英孝 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 画像処理を用いた頭部方向推定による授業集中度評価システムの開発 瀬島吉裕, 岡田秀希, 崎山智司, 三浦房紀 ( 山口大学大学院理工学研究科 ) 呼応度を用いた授業の分析 ⑴ 小林俊公, 柳沢学, 池田博一 ( 摂南大学理工学部 ) - 呼応度の定義と授業での測定結果 呼応度を用いた授業の分析 ⑵ - 呼応度の測定結果の分析と考察 - 柳沢学, 小林俊公, 池田博一 ( 摂南大学理工学部 ) (13) 教育評価 自己点検 評価システム Ⅲ 座長 : 第 9 室 (10:45 12:15) 工学設計教育における学生の能力の自己評価 ( その2) 磯崎俊明, 松本重男, 千徳英一 ( 金沢工業大学 ) 学生の社会人基礎力評価に向けた取り組みと課題 - 基礎力測定テストの活用に関する一考察 工学部二部電気電子工学科におけるプログラミング入門教育の教授の工夫 - 授業改善を目指した授業評価尺度の活用 - 伊藤雅 ( 広島工業大学工学部 ), 土井章充, 加藤浩介, 長坂康史 ( 広島工業大学情報学部 ), 石井義裕 ( 広島工業大学工学部 ) 土肥紳一, 宮川治, 今野紀子 ( 東京電機大学情報環境学部 ) 試験の採点データの独立成分を用いた学習傾向の比較 高村松三 ( 金沢工業大学基礎教育部 ) 工業高校のプログラミングの授業における学習評価方法の改善 田村健一 ( 埼玉県立浦和工業高等学校 ), 綿貫啓一 ( 埼玉大学大学院理工学研究科 ) 長年使用の社員スキルコンピテンシーの再構築 - 変化の時代に固定化した社員コンピテンシー評価の弊害は人材の固定化になっている- 鎌田修 ( 東京エレクトロン ) ポスター発表プログラム 第 2 日目 (8 月 30 日金曜日 ) 総合教育研究棟 B 棟 2 階 (16:30 17:00) 開会挨拶 (16:30 16:35) 野口博 ( 工学教育研究講演会委員長 / 工学院大学 ) (01) 基礎科目の講義 演習 P - 01 電磁気学の単位を取ってもらう工夫について 槌本昌則 ( 北海道工業大学創生工学部 ) P - 02 トランジスタラジオの製作によるものづくり入門授業の実践 松島章 ( 熊本大学大学院自然科学研究科 ), 岩田一樹, 吉岡昌雄 ( 熊本大学工学部 ) (02) 専門科目の講義 演習 P - 03 座学 コンピュータ実習 発表を統合した電気系専門科目の授業改善 - 再発表会の実施による電磁気学と電気機器の理解度向上の試み- 島和男, 深見正 ( 金沢工業大学工学部 ) (04) 工学教育の個性化 活性化 P - 04 独楽つくりを通じた慣性モーメントの学習 岩部洋育 ( 新潟大学工学部 ), 藤田剛, 畠山泰亮, 下條遼大, 菊池恭平 ( 新潟大学大学院自然科学研究科 ) P - 05 汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発に関する活動 丸山健太, 皆川翔, 林直希, 狩野直樹, 金熙濬 ( 新潟大学工学部 ) P - 06 スマートドミトリーにおける研究体験を通して学んだこと 佐藤圭, 河野邊泰之, 山際和明 ( 新潟大学工学部 ) P - 07 スマート ドミトリーにおけるバイオミメティクスと飛行に関する研究活動 - 理数学生育成支援事業の取組で学部 3 年生までに体験するグループ研究活動 - 渡辺敏博, 柳谷梢太, 鳴海敬倫 ( 新潟大学工学部 ) (05) 教材の開発 P - 08 ものづくり教育での活用を目的としたプラスチック成形機の開発 尾崎純一 ( 神戸市立工業高等専門学校 ) (06) 工学教育に関するGood Practice( 文部科学省 GP 採択案件 ) P - 09 質の高い大学教育推進プログラム 三村宣治 ( 新潟大学工学部 ) - 初動からの工学教育プログラム ( 福祉人間工学科実施事例 ) - P - 10 新潟大学工学部機能材料工学科における工学リテラシー入門 武田直也 ( 新潟大学工学部 ), 中野智仁, 穴田泰士 ( 新潟大学自然科学研究科 ) 工学教育 (J.of JSEE), 61 3(2013) 143

21 07 高大院連携 P - 11 地域貢献をテーマとした高校大学大学院プロジェクトの実践 高校生によるレゴ教材を活用したスマートスクールの提案 中島義人 神奈川工科大学大学院工学研究科 金澤 哲 山梨県立甲 府工業高校 内入島雅明 群馬県立伊勢崎工業高校 鳥井秀幸 金 井徳兼 神奈川工科大学大学院工学研究科 飯島慶一郎 山梨県立甲 府工業高校 09 ものつくり教育 P - 12 携帯情報端末を介する情報工学創造実験 胡 振程 伊賀崎伴彦 田邉将之 熊本大学大学院自然科学研究科 谷口勝紀 小嶌一生 熊本大学工学部技術部 村山伸樹 熊本大学大 学院自然科学研究科 P - 13 無人搬送車の製作をテーマにしたものづくりの工程を学ぶ総合実験演習 鈴木伸哉 中山英俊 市川敬夫 加藤正幸 大久保雄也 小野伸幸 長 野工業高等専門学校 P - 14 PAD と Scratch を利用した構造化プログラミング基礎教育の取組 設計力と会話力を重視した明星大学電気電子工学系の体験教育 嶋 好博 伊庭健二 大矢博史 明星大学理工学部 野澤昭雄 青山 学院大学理工学部 星野 勉 宮村典秀 明星大学理工学部 P - 15 高専の工作実習における安全教育の充実 事故に対しての原因究明と再発防止方法の提案 市川敬夫 三尾 等専門学校 P - 16 早期体験型実験 演習科目開発プロジェクト 初心者のための CAD 製図 倉田 Mechanical drawing for beginners P - 17 革新ものづくりプロジェクト 薄膜スパッタ装置の作製 山室賢輝 吉永 部 徹 松田樹也 神澤龍市 里中 P - 18 LEGOマインドストームNXT による ものづくり入門実習 第2報 久我守弘 山口 倫 熊本大学工学部 敦 加藤正幸 大久保雄也 小野伸幸 長野工業高 大 中村秀二 熊本大学工学部 忍 熊本大学工学 10 e-ラーニング P - 19 カリキュラム補完型自学 演習用補助教材の開発 大村悦彰 鬼束優香 大嶋康敬 矢北孝一 有吉剛治 廣田将輝 熊 本大学工学部 11 教育ソフトウェア P - 20 3DCAD 演習 Solidworks を用いた設計製図 月山陽介 新潟大学工学部 16 国際化時代における工学教育 P - 21 国際化におけるバリアフリーとしての国際交流と工場見学 世界で一番近い海外の大学と工場の訪問 森 和也 徳臣佐衣子 藤原和人 熊本大学大学院自然科学研究科 P - 22 学生の視点から見たグローバル エンジニア育成カリキュラムに必要な学習 札野寛子 金沢工業大学基礎教育部 項目とは何か 日本人学生の米国研修旅行参加報告 インタビュー調査事例より 20 地域貢献 地場産業との連携 P - 23 OJE 法による工学教育 松村暢彦 加賀有津子 山本孝夫 大阪大学大学院工学研究科 18. 徳島県阿南市における実践型教育を通した継続的な地域貢献活動 2013 JSEE Annual Conference 版 Library Hall 29.Aug Chair Plenary Session plenary in Japanese Toshiya Naito Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology in Japan plenary Recent Activity of ASEE Walter W, Buchanan American Society for Engineering Education/Texas A & M Univ. plenary in Japanese Masakazu Sengoku Niigata University Break plenary Do Engineering Graduating the Engineer of 2020 Dave Wilson National Instruments Corporation plenary in Japanese Mitsuoki Kaneoke Niigata Prectural Inst. of Brewing Reception No. B353 lecture room 30.Aug Chair International Session Ⅰ Session greeting W Virtual and Real Exchange with Overseas Universities to Enhance Language and Learning W Engineering education in Syria W Philosophical Education in Regard to Japanese-Style Manufacturing in the Philippines 8 J. O. Entzinger, K. Morimura, S. Suzuki University of Tokyo Ghamra Rifai, Takeshi Yamauchi and Shingo Tamesue Niigata Univ. Yoshikazu Yoshida Toyo Univ.), Virgilio Abellana, Jeremiah Badana University of San Jose-Recoletos), Waku Miller Translator, Tokyo, Japan), Yoshikazu Kanesaka KanePackage Co. Ltd., 工学教育 J.of JSEE,

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に R enouveau KYOTO NOTRE DAME UNIVERSITY Vol.88 副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に対応した人材育成

More information

2015.10 10 11 12 13 14 15 更新スケジュール 特集ラインナップ 2015 年 1 0 1 1 1 2 月 関東ブロック 東京 神奈川 千葉 埼玉 埼玉北 商品の詳細 料金などについてはメディアガイド本編をご覧ください その他ご不明な点に関しては営業担当までお問い合わせください 関西ブロック 大阪 京都 滋賀 奈良 兵庫 和歌山 毎週月 木曜日更新 特集の表示期間は掲載開始から

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

3-110 産 学 連 携 による 博 士 課 程 Project Based Learning 横 野 泰 之, 金 子 成 彦, 丸 山 茂 夫, 光 石 衛 ( 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 ) 3-111 ポスター 作 成 を 通 した 学 生 の 協 同 性 の 育

3-110 産 学 連 携 による 博 士 課 程 Project Based Learning 横 野 泰 之, 金 子 成 彦, 丸 山 茂 夫, 光 石 衛 ( 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 ) 3-111 ポスター 作 成 を 通 した 学 生 の 協 同 性 の 育 口 頭 発 表 プログラム 第 1 日 目 (8 月 29 日 木 曜 日 ) 開 会 挨 拶 第 1 室 (8:55-9:00) 20130430 版 (10)e-ラーニング 座 長 : 第 1 室 (9:00-10:30) 1-101 スマートホンの 普 及 による 数 学 ウェブ 教 材 の 利 用 動 向 の 変 化 中 村 晃 ( 金 沢 工 業 大 学 基 礎 教 育 部 ) 1-102

More information

1 キャリア支援 女性研究者ネットワークの構築 平成23年度前期研究支援員制度 メール配信 ホームページに掲示板設置 交流会開催 ひめルーム相談室開設 利用者は平成23年度前期3人 後期13人 愛 媛 大 学 女 性 研 究 者 育 成 プ ラン 実施体制 3 学長 学内 平成23年6月27日 参加者 18名 連携 学部 大学院 研究センター 事務部門 平成23年1月5日 7日 利用児童 9名 平成23年7月21日

More information

-2-

-2- -2- -3- 会場へのアクセス -4- -5- 11 月 21 日 ( 水 ) 9:25 9:30 細胞を創る 研究会 5.0 開会挨拶木賀大介 ( 東京工業大学 ) 9:30 10:30 基調講演 Chair: 木賀大介 ( 東工大 ) 大島泰郎先生 ( 共和化工 環境微生物学研究所 東京工業大学名誉教授 ) 生命の起源と Magic20 10:30 11:30 ポスター発表 ( 奇数番号 )

More information

(Microsoft Word - H25\215u\211\211\212T\227v\203\217\201[\203h.doc)

(Microsoft Word - H25\215u\211\211\212T\227v\203\217\201[\203h.doc) 口 頭 発 表 プログラム 201307 版 第 1 日 目 (8 月 29 日 木 曜 日 ) 開 会 挨 拶 第 1 室 (8:55-9:00) (10)e-ラーニング 座 長 : 野 口 博 ( 工 学 院 大 学 教 育 開 発 センター) 第 1 室 (9:00-10:30) 1-101 スマートフォンの 普 及 による 数 学 ウェブ 教 材 の 利 用 動 向 の 変 中 村 晃 (

More information

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9

»°ËÞ½ŸA“⁄†QŸA“⁄Æ�°½No9 NO 2003.11.4 9 101-0061 東京都千代田区三崎町3-5-6 造船会館4F TEL 03-3230-0465 FAX 03-3239-1553 E-mail stu stu.jtuc-rengo.jp 発 行 人 数 村 滋 全国8地連の新体制が始動 中四国地連 中部地連 九州地連 沖縄地連 北海道地連 東北地連 関西地連 関東地連 組織拡大と加盟組合支援を柱に 2 期目がスタート

More information

2012.3 vol. 主要日誌 平成23年12月 平成24年2月 12月17日 土 AO入学試験Ⅱ期 推薦入学試験Ⅱ期 特別選抜試験 国際学群 12月21日 水 創立記念日 学内合同企業説明会 12月27日 火 冬季休業 1月10日 火 行事予定 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度 卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後学期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科

More information

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11 オープンキャンパス2015プログラム NANZAN UNIVERSITY OPEN CAMPUS PROGRAM 2015 2 5 2015 7/19 アンケート P14 15 に答えて 南山オリジナルフリクションボールペン 瀬戸キャンパスへの見学ツアーもあります 瀬戸キャンパスでの企画はツアーに合わせて行います 是非見学ツアーにご参加ください 大学スタッフが撮影した写真は 南山大学 Web ページ等で使用します

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

<91E58A7792CA4D5E91E >

<91E58A7792CA4D5E91E > History も のつくり大学 01 年の歩み 10 1 ものつくり大学の これまで と これから 学長 神本武征 この 10 年のあゆみに見るように 最初の 5 年間に建 物の整備と同時に事務系の組織が充実し さらに 2005 年度に大学院が設置されて 大学としての基本的な形 が整った 2006 年以降になると諸外国の大学との協定 国内高校との教育連携など外部との連携が積極的に進め られた また建設学科の地域貢献と製造学科の産学協同

More information

濱名氏基調講演0204

濱名氏基調講演0204 文部科学省GPシンポジウム 大学教育の質保証に向けた 1 2 年次教育のあり方 基調講演 ユニバーサル高等教育と質保証 初年次教育から学士課程教育への組織的展開 関西国際大学 学長 濱名 篤 はまな あつし 1 大学全入時代における すと 皆さんの思い描いているインプリケーション 高等教育の今日的課題 感覚であって 同じことを論じているとは限りませ ん まず 大学全入時代における高等教育の今日 多様化の内容を箇条書きにしますと

More information

TSRマネジメントレポート2014表紙

TSRマネジメントレポート2014表紙 2014 TSRマネジメントレポート 理事長あいさつ 事業報告の概要 TSRマネジメントリポートの位置付け 3つの経営基盤 5つの社会的責任 用語集 事業の概要 資金収支計算書 消費収支計算書 貸借対照表 主な経営指標等の推移 経年比較 活動報告 FD活動実績報告 教育における活動報告 学生生活における活動報告 就職指導について 学生指導について 学校法人の概要 建学の精神 智慧と慈悲の実践 教育ビジョン

More information

表紙.tp3

表紙.tp3 国立特殊教育総合研究所研究紀要 第30巻 2003 (技術報告) アクセシビリティに配慮したWeb教材コンテンツ開発事例 特殊教育学習ソフトウェアコンクール入選作品のWeb教材化と アクセシビリティ機能の付加について 棟 方 哲 弥 船 城 英 明* 中 村 均 情報教育研究部 学研デジタルコンテンツ事業部* 要旨 平成13年度文部科学省教育用コンテンツ開発事業で公開された 特別支援教育に役立つWeb教材コンテンツ注1

More information

八戸高専だより第148号

八戸高専だより第148号 独立行政法人 第1 4 8号 八戸工業高等専門学校 発行 039 1192 青森県八戸市大字田面木字上野平16番地1 TEL 0178 27 7223 総務課総務係 FAX 0178 27 9379 E-mail somu-o@hachinohe-ct.ac.jp URL http://www.hachinohe-ct.ac.jp/ 平成27年7月 目 校長先生から 八戸高専の4学期制について 創立

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

000

000 Sowa Technical High School School Guide 2017 d TECH d 100%d 実習の内容 旋盤 手仕上げ 溶接 鋳造 パソコン実習 CAD( コンピュータによる自動製図 ) 特殊機械 CNC フライス盤 原動機 計測 電気実習 実習内容 電気電子計測 機械加工 ( 手仕上げ 旋盤 ) 溶接 ( アーク ガス ) NC 加工 (CNC 旋盤 マシニングセンタ

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

<4D F736F F D B92B78EF58BB38EBA939982CC8A8893AE82C6955D89BF DC58F4994C52E646F6378>

<4D F736F F D B92B78EF58BB38EBA939982CC8A8893AE82C6955D89BF DC58F4994C52E646F6378> 地域高齢者と大学の連携による現場に即応する管理栄養士の育成の実績報告 - 平成 6 年度栄養長寿教室および地域訪問栄養長寿教室の活動とその評価 - 平成 7 年 6 月 8 日 (1) はじめに食物栄養学科では管理栄養士に必要な対人指導能力の向上を図るため 平成 19 年度より 地域の高齢者を大学に招いて栄養指導と食事提供を行う栄養長寿教室を実施している 1,) 平成 5 年度からはこの栄養長寿教室を発展させ

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

A3_ペラ

A3_ペラ とは メカトロニクス エレクトロニクスおよび関連する専門領域の最新技術と 製品が展示され 各領域に対応した技術シンポジウムが開催される アジ ア最大級の専門トレードショー カンファレンスです 各要素技術が一堂 に会することで 相互の技術の関連性が最大限に引き出され 幅広い分野 の開発設計 生産技術者にとって 未来をかたちづくる最新情報を得る場 課題解決のための商談の場 となっています TECHNO-FRONTIER

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

nlsympo150128_dist.key

nlsympo150128_dist.key 教育の質向上に関するキーワードはいろいろ アクティブラーニング 授業デザイン シラバスの明確化 授業カタログではない 授業の中身が見えるシラバス 成績評価 教育 学習支援環境としての大学図書館 教育 学習支援環境としての大学図書館 国内外の事例から 国内外の事例から ルーブリックなど 授業外学習の実質化 九州大学 基幹教育院 山田政寛 やまだ まさのり 今日のテーマは2つ 昨今の 教育の質向上 キーワード

More information

Vol.22 活動例 セミコンジャパン2011 PV Expo2012 グリーンイノベーションフォーラム グリーンイノベーション推進会議 各種研究会開催 3. 医療機器関連分野 医療機器関連産業と ものづくり企業 の連携活動を促進 平成23年度は 日本医療機器工業会のアドバイザーの指導と 助力を仰ぎつつ 東北各県の支援担当者との密接な協力の下 ものづくり企業の医療機器関連産業参入の促進活動を展開

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

Test of Legal Proficiency 20627 206. 004 2 0 5 団体受験の実施状況 205年 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 所在地 団体名 北海道 北海道大学 専修大学 長野 信州大学 広島 広島修道大学 北海道 札幌学院大学 経済大学 静岡 静岡大学 香川 香川大学 北海道 北海学園大学 法律専門学校 愛知 南山大学 愛媛 愛媛大学

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

No. 605 2005.10 目次 大学の動き 京都大学総合体育館等のアスベスト対策について 2002 理事 副学長等が発令される 2003 部局長の交替等 2004 APRU AEARUリサーチシンポジウム 環太平洋地域における地震危険度 その予測と防災 を開催 2005 全学教育シンポジウム 学部教育 大学院教育の 質の改善と自己点検 評価 を開催 2005 尾池総長の復旦大学百周年記念式典出席

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 RIETI Policy Discussion Paper Series 13-P-023 RIETI Discussion Paper Series 13-P-023 2013 年 12 月 地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 相馬亘 ( 日本大学理工学部 ) 藤田裕二 ( 日本大学理工学研究所 ) 内藤祐介 ( 株式会社人工生命研究所 ) 西田正敏 ( 株式会社人工生命研究所

More information

PDF34-3

PDF34-3 ISSN 0916-3328 東京大学アイソトープ総合センター VOL. 34 NO. 3 2003. 12. 25 法人化に向けたアイソトープ総合センターの役割 影 山 和 郎 10月1日より国立大学法人法が施行されました そして来年4月1日より東京大学は国立 大学法人東京大学が設置する大学となります また教職員の身分も非公務員に移行しま す 現在 労働安全衛生について国立大学には 人事院規則10-4

More information

毎日の勉学に励んでください カリキュラムの特徴 私たちの情報工学科の英語名は Department of Computer Science and Systems Engineering です この英語名からわかるように 私たちの情報工学科では コンピュータ自体だけを学ぶのでは なく コンピュータを核にした情報システムについても学びます したがって コンピュータのハー ドウエアとソフトウェアに関する理論と技術の他に

More information

広報誌Meio第32号

広報誌Meio第32号 2012.6 vol. 主要日誌 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科 看護学科 行事予定 平成24年7月 平成24年9月 7月 7日 土 I Tスクール2012 7月14日 土 7月31日 火 学期末試験期間 8月 6日 月 3月31日 土 学年終了および後学期終了 4月 1日

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科 Graduate School of Agricultural Science Kobe University 2016 Graduate School of Agricultural Science Kobe University From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University

More information

下関市立大学広報第71号

下関市立大学広報第71号 The Shimonoseki City University Public Relations 2013年11月1日 第71号 発行 下関市立大学広報委員会 751-8510 下関市大学町 2-1-1 TEL. 083-252- 0288 FAX. 083-252-8099 http://www.shimonoseki-cu.ac.jp/ オープンキャンパス 学生の顔が見えるオープンキャンパス 教授

More information

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 回答者の担当製品分野について 10 6.2 回答者の部門について 11

More information

01-02_入稿_0415

01-02_入稿_0415 2017年度 学校案内 日本農業経営大学校 http://jaiam.afj.or.jp/ お問い合わせ先 日本農業経営大学校 一般社団法人アグリフューチャージャパン 108-0075 東京都港区港南2丁目10番13号 農林中央金庫品川研修センター5階 TEL 03-5781-3751 admission@afj.or.jp 日本の農業を切り拓く 農業経営者へ 農業の可能性を具現させる農業経営者の育成に

More information

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA >

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA > 講師略歴 教育講演 平成27年度 第3回卒後教育講座 医療事故調査制度におけるAiの役割 国際医療福祉大学 保健医療学部 放射線 情報科学科 准教授 樋口 清孝 先生 略歴 平成8年 鈴鹿医療科学技術大学 保健衛生学部 卒業 平成8年 国立津病院 現 三重中央医療センター 他 勤務 非常勤 平成10年 鈴鹿医療科学技術大学大学院 医療画像情報学研究科 修了 保健衛生学修士 平成10年 国際医療福祉大学

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

2-3.pdf

2-3.pdf 50 100 150 200 ' 8 8 8: 8 8 ' ' 4 45 ' 2016 年度 建築学科入学試験 一般入試 公募制推薦入試 大学院入試 募集 70 名 募集 10 名 造形研究科修士課程デザイン専攻建築コース 一般方式 センター A 方式 センター B 方式 募集 40 名 募集 15 名 募集 15 名 本学独自の学科 専門試験 大学入試センター試験 本学独自の専門試験

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

表紙1−4/木下 中村

表紙1−4/木下 中村 平成15年度 長崎大学概要 長崎養生所のスケッチ 附属図書館医学分館 医学部附属病院の前身である我国最初の洋式病院 120病床 文久元年 1861年 8月16日開院 平成15年度 長崎大学概要 編集発行 長崎大学総務部総務課 852-8521 長崎市文教町1-14 TEL 095-819-2014 Homepage http://www.nagasaki-u.ac.jp/ 20 03 長崎大学概要

More information

Try*・[

Try*・[ 特集 2 日本のCMのぜんぶ 1953-2012 歴史を通して未来が見える テレビ コマーシャルからの証言 アーカイブが開く地平 テレビ コマーシャルは 社会変動や時代の感性をどう捉え 自らをどう変容 進化させてきたのか 社会学者として幅広い研究分野をもつ著者に アカデミズムの立場からCM研究の理論パラダイムの動向と CMイメージの歴史的な変転を具体的な作品を通して概説していただくとともに グローバルなアーカイブの構築によって開かれる新しいCM研究の可能性についてご提示いただいた

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

Microsoft Word - 平成27年度 自己評価委員会報告書

Microsoft Word - 平成27年度 自己評価委員会報告書 平成 27 年度 学校評価表 ( 自己点検表 ) 酒田調理師専門学校 1 1. 学校の教育目標 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ 調理師としての必要な知識と基本的技術の習得に努めさせる 調理師としての職分に自覚と誇りを持たせる 有能で誠実な調理師を目指すために 常に研究と実践に努めさせる 有為な職業人になるために 健康で清潔 協調性に富む人材育成に努め 人格と識見を高めさせる 2. 本年度に定めた重点的に取り組むことが必要な目標や計画

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

2

2 2 3 名張青峰高等学校は こんな高校です たくましく生き抜く未来人を育成する高校です 新しい高校が育む 3 つの力 未来を拓く力 新時代をたくましく生き抜く未来人の育成 自己実現 進路実現を 図ることができる力の育成 広い視野とコミュニケーションスキルを持ち 将来 地域社会や 世界で活躍できる力を持った生徒を育てます グローバル化社会 で活躍する力 人とつながる力 グローバルな視点で 相互に理解し合える

More information

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9 平成 26 年度 学校関係者評価報告書 西ブロック 幌向小学校 栗沢小学校 豊中学校 栗沢中学校 第二小学校すみれ幼稚園上幌向中学校 保護者代表 有澤 学 栗沢中学校 PTA 地域住民代表吉田幸雄 来夢 21こども館 他校種代表 小山内正美 幌向保育園 推進委員 勝俣美穂子 幌向小学校 推進委員 岡部真吾 栗沢小学校 推進委員 安野信人 第二小学校 推進委員 小田亜由美 すみれ幼稚園 推進委員 山本和男

More information

765746_051126

765746_051126 オープンキャンパス 科学の祭典ともに大盛況 今年度のオープンキャンパスが終了し 延べ 373 名が参加しました 第 1 回は 7 月 23 日 土 に行われ 220 名が参加 第2回は 10 月 1 日 土 に行われ 153 名が参加と 例年どおりの大盛況となりました 当日は新潟 長岡 直江津 柏崎のほか 第1回目は県外の高崎 長野からも無料送迎バスを運行し 県内だけでなく隣 接県からも多くの参加者が集まりました

More information

弘前大学 学園だより Vol.162

弘前大学 学園だより Vol.162 3 2009 弘前大学 March 題字 遠藤正彦 学長 VOL.162 Ⅰ 巻頭言 Ⅰ 巻頭言 2 弘前大学長 遠藤正彦 Ⅱ 特集 卒業 修了 退職にあたって 人 文 学 部 教 育 学 部 医学部医学研究科 医 学 部 保 健 学 科 理 工 学 部 農 学 生 命 科 学 部 保健管理センター 事務局 附属病院 4 4 7 9 11 13 15 18 19 Ⅲ 海外だより Ⅲ 海外だより 25

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd 6 Jul 2010 Contents P.2 P.3 P.4 P.6 P.11 P.12 P.14 P.15 P.16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 奨学生からのメッセージ 平成22年度竜の子奨学生 将来への夢をご紹介します 第4回奨学金贈呈式 第3回卒業式 祝賀会を通じて 他の奨学生とも交流を深めることができたと同時に 先輩方 の熱意に感化されたことでやる気を更に増やすことができました

More information

2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B

2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B 83 846 88 2 5 3 4 8 8 28 5 9 88 Topics 9 2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B 2 3 4 5 6 333. 3,63 3,862 45.

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

2 3

2 3 2 3 4 5 将来の仕事として法曹を考えるあなたへ 法曹 になるための2つのルート 弁護士 裁判官 検察官 法曹になるためには にすることが必要です の受験資格を取得するルート 1年 大学1年 大学3年 大学4年 1年 大学2年 月 講義で学んだ法律論文の書き方の実践演習です 併願もサポートします だったと思います さかぐち しょうま 坂口将馬さん 予備試験時 早稲田大学法学部4年在学中 法曹 の仕事

More information

HANYHY1-88_27310.pdf

HANYHY1-88_27310.pdf 7 次期当番 2008年度新設国立大学歯学部 同窓会連絡協議会 鈴 同窓会副会長 挨拶 九州大学歯学部同窓会 会 8 閉会の辞 長 石井 潔 北海道大学歯学部同窓会 常務理事 木 一 郎 高橋 大郎 10月18日の全国歯科大学同窓 友会懇話会 全 村井北大歯学部同窓会長の挨拶に続き 大阪大 歯懇 に続いて翌19日の午前中 札幌アスペンホ 学歯学部同窓会顧問相談役の玉利行夫氏による1 テルにて北海道大学歯学部同窓会の主催で新設国

More information

ECOM Journal 2008

ECOM Journal 2008 -Contents- 1 3 5 6 7 8 20 30 38 50 58 63 情報共有化基盤整備グループ 情報共有化技術推進委員会 次世代電子商取引推進協議会 主席研究員 菅又久直 Committee 活動概要 わが国における EDI は 業界または企業グルー 表1 プごとに発展し それぞれの業界や企業グループ における生産性向上に大いに寄与してきた

More information

NICnet80

NICnet80 i-japan 2015 Towards Digital inclusion & innovation TOPICS 20 2 N a t i o n a l S m a l l B u s i n e s s I n f o r m a t i o n P r o m o t i o n C e n t e r 表1 3 本戦略のスコープ i-japan戦略2015の視点 2001 2006 2009

More information

PipeLinevol.41<FF08><6700><7D42><FF09><FF08>S).pdf

PipeLinevol.41<FF08><6700><7D42><FF09><FF08>S).pdf Liberal Arts 特集 教養 科目 教養科目授業の感想 意義 受講にあたっての アドバイス等 PartⅠ 者から 学生記 教養科目授業について 教養科目は大学で授業を受けるための基本であると私は考えます 初年次科目 大学基 礎論 学問基礎論 など では 大学でこれから勉強していくために必要なレポートの書き 方や本を読むこと以外での資料の探し方と選び方を学びます MATSUURA Yuuki

More information

学報_台紙20まで

学報_台紙20まで M 平成23年度 科学研究費補助金の決定 研究推進課 平成23年度科学研究費補助金 文部科学省 独 日本学術振興会 が決定しま した 新学術領域研究及び若手研究 スタートアップ 等を除く平成23年5月6日 現在の状況は表のとおりです 来年度に向け より積極的な申請をよろしくお願いします 奈 良 県 立 医 科 大 学 学 報 12 採択件数 金額 H23年度 145件 H22年度比

More information

Microsoft Word docx

Microsoft Word docx 別表 Ⅰ-A 学校教育教員養成課程履修基準 () 卒業所要単位数 (ABP 留学生コースを 除く ) 科目区分及び必修 選択の別 必修及び選 択の単位数 備考 英語 基軸教育科目 初修外国語 情報処理 教養科目 必修 選択 現代教養科目 教職等資格科目 基軸教育科目 ( 学部指定履修科目 ) 健康体育 個別分野科 目 4 学際科目 教職教養科 目 小計 0 初修外国語 新入生セミ ナー 6 * 教育の原理

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

金3582_P01P16

金3582_P01P16 キャンパスカレンダー 大 学 月 9 短 大 部 休業日 9月22日授業分 2日 金 4日 日 オープンキャンパス 16日 金 秋季 学位記授与式 入学式 20日 火 休業日 10月5日授業分 22日 木 祝 後期授業開始 22日 木 祝 28日 水 後期履修登録 23日 金 26日 月 月 月 11 No. 2016.6.7.8 REPORT テキスト販売 テキスト販売 27日 火 28日 水 10

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

プリント

プリント Contents 79 平成 22 年度 役職者 事務局長代行 事務局次長 理事長 内部監査室長 総務部長 財務部長 法人本部 土橋 芳邦 評議員 武内 清利 重里 サテライト事務局担当部長 孔子学院事務局部長 綜合企画室長 政司 岸田 理事 評議員 サテライト長代行 雅之 中角 雅行 理事 評議員 人間環境学部長 人間環境学研究科長 学長 理事 経営学部長 大学院 大 学 短 大 峠 加藤

More information

攻めのCSR小冊子_1203_4

攻めのCSR小冊子_1203_4 メディアとつながる CSRの発信拠点の 運営協力 各種プロモーション Webサイト 毎日新聞社と共に運営している は リアルイベント 毎日新聞本紙 Webサイト SNSを組み合わせた強力なクロスメディア 施策により 企業様のCSR活動の 発 信力を飛 躍 的に高める新たな メディア戦略で様々な企業様のCSR 活動の情報を発信しています リアルイベント SNS 企業コラボにつながる CS Rの企業間コラボレーションを

More information

報告書 新規

報告書 新規 30 2 15 4 14 2 12 2 23 1) 14 2 13 15 3 2) 14 2 18 20 3 2 1 2 3 4 5 6 2 12 2 13 14 15 2 16-2 17-2 18 19 20 2 23 2 27 172 笹島 茂 7. 調査結果 2月13日 水 マーカソン教授 秘書のルンドレン氏と今回の訪問 の日程と内容について話し合う 大学の教育内容につ いておおまかな説明があり

More information

Part2

Part2 VGR/AMANAIMAGESRF/AMANAIMAGES 18 Part2 5 倉 阪 秀 史 さん 2050 CO 2 2020 EU 2005 8.520 1.315 39.849 2005 9 1.7202010 2.5EU CO2 2030 5 1 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 拡 大 へ 2020 1990 25 2050 6 8 20 national geographic special

More information

いかに活かすか再チャレンジ!‐社会人大学院生に求められるもの‐

いかに活かすか再チャレンジ!‐社会人大学院生に求められるもの‐ Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation いかに 活 かすか 再 チャレンジ! 社 会 人 大 学 院 生 に 求 められるもの 室 谷, 雅 美 ; 柳 井, 妙 子 大 学 院 生 の 自 主 企 画 による 研 究 セミナー : 奈 良 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 魅 力 ある 大 学 院

More information

Copyright 2012 basercms Users Community All rights reserved!! !!!!!!!! !!!!!! !!!!! basercms !!!!!!! !!!! !!!!!!!!!! 導入事例 コーポレート ファイヤーワールド福岡 五大 http://go-dai.jp/!カスタマイズ o テーマのカスタマイズ!プロデュース o ブランコ株式会社

More information

隂 隂 隂 隂 隂

隂 隂 隂 隂 隂 平成 年 月 日 第 号 おもな 内 容 平成 年度臨時総会 第 回不動産セミナーを開催 長崎県土木部からのお願い 平成 年度宅建試験が実施されました 最近の判例から 情報トピックス 社 長崎県宅地建物取引業協会 発行人 会 公社 全国宅地建物取引業保証協会長崎本部 編集人 広報担当 松元 英史 シリーズ 長崎県内の図書館 佐世保市立図書館 佐世保市 たっけんくんネットながさき ふるさとガイドコーナーには村上龍

More information

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査 8. 平成 28 年度公立学校教員採用選考 試験の実施状況調査 平成 28 年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況について 1 概要 本調査は 平成 27 年度に 68 の各都道府県 指定都市 豊能地区 ( 大阪府 ) 教育委員会 ( 以下 県市 という ) において実施された平成 28 年度公立学校教員採用選考試験 ( 以下 平成 28 年度選考 という ) の実施状況について その概要を取りまとめたもので

More information

アジェンダ (1) 実践的 IT 人材育成の取り組み背景について (2) 当取り組みにおける 実践的 地域活性化に向けた産学連携プログラムについて 育成スケジュール カリキュラム概要 カリキュラム詳細 (3) H23 H24 年度カリキュラム成果紹介 郡山駅前活性化に資する活動について 特定業種に向

アジェンダ (1) 実践的 IT 人材育成の取り組み背景について (2) 当取り組みにおける 実践的 地域活性化に向けた産学連携プログラムについて 育成スケジュール カリキュラム概要 カリキュラム詳細 (3) H23 H24 年度カリキュラム成果紹介 郡山駅前活性化に資する活動について 特定業種に向 IPA Forum 2012 専門学校における産学連携実践的 IT 人材育成の取り組みについて 郡山情報ビジネス専門学校教務部産学連携担当紺野美紗 株式会社 NTT 東日本 - 福島オフィスアライアンス担当井澤英則 アジェンダ (1) 実践的 IT 人材育成の取り組み背景について (2) 当取り組みにおける 実践的 地域活性化に向けた産学連携プログラムについて 育成スケジュール カリキュラム概要 カリキュラム詳細

More information

プロジェクトのあらまし 平成 年度特別経費 ( プロジェクト分 新規事業 ) 大学の特性を生かした多様な学術研究機能の充実採択プロジェクト : 教授システム学 の研究普及拠点の形成 学び直しを支援する社会人教育専門家養成 [ 短期プログラム ] パッケージの開発と普及 概要 e ラーニング専門家養成

プロジェクトのあらまし 平成 年度特別経費 ( プロジェクト分 新規事業 ) 大学の特性を生かした多様な学術研究機能の充実採択プロジェクト : 教授システム学 の研究普及拠点の形成 学び直しを支援する社会人教育専門家養成 [ 短期プログラム ] パッケージの開発と普及 概要 e ラーニング専門家養成 第 253 回社会人の学び直しを支援する大学院での FD のための教材開発 教材開発プロジェクトのあらまし /3 か年計画目的 : 全国展開して 大学 ( 大学院 ) における 社会人の学び直し 機能を強化する! 社会人教育専門家 増 = 社会人学生 ( 学び直し ) 拡大! 開発教材の概要 ( 対象 : 主に教員準備段階, 運用形態 : 主にオンライン /120h 程度 ) 社会人学び直し支援の方針

More information

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 25 co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 co.2023 co.2022 co.4335 co.4331 313 co.307001 co.2053 co.2054 co.2055 co.2096 co.4342 co.4345 co.1952 co.5125 co.317001 315 316 co.307005 319 320 co.307004 co.2302

More information

表1

表1 産業 政策 価値創造経済の実現に向 けた人材 雇用政策の方 向性について 経営戦略 産業政策委員会 経営戦略 産業政策委員会は 平成 24 年 3 月 1 日 木 に谷口 進一委員長 新日本製鐵株式会 社 代表取締役副社長 の進行により開催されました 石黒 憲彦経済産業政策局長から 価値創造経済の実現に向けた人材 雇用政策の方向性 に関 する説明があり 参加者による活発な意見交換が行われました ご出席者名簿

More information

みなさんはどうして留学したいのですか

みなさんはどうして留学したいのですか 海外大学院留学説明会 東京大学 2014.12.22 南出将志 (東大工学部 ペンシルバニア州立大学気象学科) みなさんはどうして留学したいのですか みなさんはどうして留学しないのですか Page. 4 それだけの理由が 学位留学にはあります n 学費 生活費がかからない - 特に理系 PhDの場合 - 詳細は大学によって異なります 研究費 スポンサー ( 産 官 軍 etc) 研究成果 教授 /

More information

SKY TALKvol7_H1

SKY TALKvol7_H1 SKY TALK! 2014 Vol.72 JULY INTERNATIONAL EXCHANGE MAGAZINE SKY TALK! 2014 ) 31( 土 ) GIFU DAIICHI HIGH SCHOOL 2014 ) 48( 火 ) 4 4 13 GIFU DAIICHI HIGH SCHOOL GIFU DAIICHI HIGH SCHOOL INTERNATIONAL EXCHANGE

More information

2 2015年1月21日号 さまざまな就業をサポートします ものづくり 経営支援課就業支援担当 西品川1 28 3中小企業センター2階 5498 6352 問い合わせ 若者 支援 39歳以下の若者の就職活動の進め方から仕事に関する悩みに 専門相談員がアドバイス 就職活動の基礎から実践までを学べるセミ

2 2015年1月21日号 さまざまな就業をサポートします ものづくり 経営支援課就業支援担当 西品川1 28 3中小企業センター2階 5498 6352 問い合わせ 若者 支援 39歳以下の若者の就職活動の進め方から仕事に関する悩みに 専門相談員がアドバイス 就職活動の基礎から実践までを学べるセミ 2 2015年1月21日号 さまざまな就業をサポートします ものづくり 経営支援課就業支援担当 西品川1 28 3中小企業センター2階 5498 6352 問い合わせ 若者 支援 39歳以下の若者の就職活動の進め方から仕事に関する悩みに 専門相談員がアドバイス 就職活動の基礎から実践までを学べるセミナーも随時開催しています わかもの就業相談 火 金曜日午後1時 5時 祝日 年末年始を除く 1回50分

More information

目次 はじめに 1 調査結果 1. 教育機関のプロフィール 教育機関分類 学科カテゴリー 学年あたりの学生数 3 2 建築情報教育の実践 授業名称による授業分類 必修 / 選択による授業分類 履修年次

目次 はじめに 1 調査結果 1. 教育機関のプロフィール 教育機関分類 学科カテゴリー 学年あたりの学生数 3 2 建築情報教育の実践 授業名称による授業分類 必修 / 選択による授業分類 履修年次 2012 年度 建築情報教育の実態調査 ( シラバス ) 報告書 2013 年 3 月 一般社団法人日本建築学会 情報システム技術委員会 三次元設計教育小委員会 目次 はじめに 1 調査結果 1. 教育機関のプロフィール 2 1-1. 教育機関分類 2 1-2. 学科カテゴリー 3 1-3.1 学年あたりの学生数 3 2 建築情報教育の実践 3 2-1. 授業名称による授業分類 3 2-2. 必修

More information

諸外国の火山防災体制

諸外国の火山防災体制 資料 2-1 諸外国の火山防災体制 本資料内の記載事項は平成 29 年 2 月 ~6 月の間に 内閣府が各国の火山関係機関に対して現地ヒアリング 書面 電話 メール等で調査を行い 現時点のものとして得られた回答やその他公開データ 文献等に基づき整理したもの 諸外国体制の比較 ( 監視観測機関における予算規模 ) では監視観測機関 (INGV) が防災機関 (DPC) からも予算配分される仕組みとなっており

More information

SHIEN 第64号 C O N T E N T S 2P 国際舞台での活躍に備えて 3P あらためて 交通マナーはしっかりと 4P 国際交流と学生寮 雄志台 5P 新任教職員紹介 8P 新入生の声 9P 留学生紹介 編入学生紹介 3年生オリエンテーション 10P 平成2 4年度 高専体育大会等日程 11P 平成2 4年度 課外活動指導教員一覧表 自転車ロードレース大会で優勝 12P 北九州高専のロボットがJAXAから表彰されました

More information

cs_京大広報723号.indd

cs_京大広報723号.indd 2016.6 No. 723 京大広報 見学した マグネットコーナーでは国際高等教育院 教員によるポスターセッションも行われ 平成28年 度からの教養 共通教育の改革や i-arrcで開発 さ れ た 自 習 教 材 国 際 言 語 実 践 教 育 シ ス テ ム GORILLA についての説明に参加者は熱心に聞 き入っていた 式辞を述べる村中院長 挨拶する山極総長 テープカットの様子 祝辞を述べる常盤局長

More information

Contents

Contents Contents ソリューション最前線 銀行で 学校で 病院で ショッピングで 暮らしの中のさまざまなシーンを支える 日本ユニシスグループのソリューションの一例をご紹介します 次世代の学校教育を支える学習管理システム RENANDI 統合eラーニングシステム 銀行の新サービス提供を支援する 地方銀行様向け勘定系システム BankVision BankVision は 世界で初めてWindows 技術を全面採用した

More information

sus12j_pdf_H1_FIX.indd

sus12j_pdf_H1_FIX.indd 2012 V A L U E C R E A T I O N F O R A S U S T A I N A B L E S O C I E T Y 001 COMMITMENT VISION FEATURE Hitachi Group Sustainability Report 2012 002 WEB Hitachi Group Sustainability Report 2012 V A L

More information

京まち工房50_9.indd

京まち工房50_9.indd 1 no.50 2 ニュースレター 京まち工房 第50号 2010年3月 編集 発行 財 京都市景観 まちづくりセンター 3 京都 ボストン姉妹都市提携 50 周年記念 京都造形芸術大学 マサチューセッツ工科大学共同ワークショップ テーマ1 京都中心市街地における袋路再生プロジェクト テーマ2 ボストン サウスエンド地区における19世紀のタウンハウスと京都に おける町家の比較研究 毎年 祇園祭の時期にマサチューセッツ工科大学と

More information

inaokigakuen news letter 特集 声援を の 様 皆 パワーに 出場 園 子 甲 星稜サ エ ラに関する アンケート実施中! 詳しくは P14 をご覧下さい こっていない出 来 事です あの試 合 もスタン て多くの方々に応援していただきました 奇 ドからの声援は本当によく聞こえ 選手たち で試合に臨むことができました でも時間が や経験を後輩に伝えるところまでが僕たちの

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり 周囲への配慮が一層求められる 関西大学は 大学

CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり 周囲への配慮が一層求められる 関西大学は 大学 2011 年 9 月 15 日第 404 号 CAMPUS TOPICS GINGA-NET GINGA-NET 4 42 3 33313 4331 33 CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり

More information