....

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "...."

Transcription

1

2

3

4

5

6 76 近畿中国四国農業研究センター研究報告 第6号 2007 用いた TSB培地にて28 で24時間液体振とう培養 最終的に三種の抗生物質に対する耐性変異株である した供試菌株 幼植物試験で根の伸長を促進または H3R株 D23R株及びSW3R株を得た ここで H3 抑制した菌株 の培養液100mL 1 108cfu ml 1 D23 SW3株を用いた理由としては 抗生物質耐性 を水耕液に添加した 1容器あたり8株ずつ 第1 変異株が得られたためである 図に示したように 1/2濃度の Hoagland 水耕液を H3R株 D23R株及びSW3R株を用い 2 の水耕 1mLと5cm 5cmのろ紙を縦に四つ折りしたもの 栽培試験と同様にホウレンソウを3週間栽培した を入れた試験管内で無菌的に育苗したホウレンソウ 栽培後の根に定着している接種菌の菌密度を上記3 幼苗を定植した ホウレンソウの収穫期までガラス 種の抗生物質を含むP1培地を用い希釈平板法により 温室内で約3週間栽培した 対照として菌無接種の 計数した 根面 根内の菌密度は 根を摩砕して得 TSB 培地100mL添加区を設けた 本試験は2反復 られた根摩砕液を希釈平板法により計数した 根内 で行った 対照区の草丈が25cm前後になったとき の菌密度の測定は 根を0.5gFW当たり30mLの にホウレンソウの地上部重量及び根重を調査した 1g L 1過酸化水素水中に15秒浸漬する表面殺菌を行 ホウレンソウの地上部重と根重の対照との比から った後 0.01Mリン酸緩衝液 ph7.0 で洗浄し 以 それぞれ相対生育率を算出した 後根面 根内の菌密度計測の場合と同様の操作を行 った 測定は3反復で行った 5 蛍光性 Pseudomonas 菌株の培養ろ液によるホ ウレンソウ根の生育反応 試験方法の概要を第2図に示した TSB 培地を 用い 供試菌株としてH3 D23およびSW3株を用い た 供試菌株をそれぞれ25 で24時間液体振とう培 養した その培養液を10,000rpmで1分間遠心後 上澄を採取し 0.2μmのメンブランフィルターを用 いて除菌ろ過した そのろ液 原液 またはTSB 培 地により10 100,000倍に希釈したろ液1mLを1/10 第1図 水耕栽培による生物検定法 濃度の園試処方水耕液150mLに添加し 1 で示し た染色バットを用いた幼植物試験を行った 対照と 4 接種菌株のホウレンソウ根面 根内における生 して菌株を培養していないTSB培地のろ液1mLを同 息部位 選抜した菌株のホウレンソウ根面 根内における 1ml 定着性を調べるために まず選抜菌株の抗生物質耐 1ml 1ml 䊶䊶䊶䊶䊶 性変異株を作出し 変異株の接種 回収により定着 性を評価した 抗生物質耐性菌株作出には 相野ら の方法4 に準じ 抗生物質 ストレプトマイシン 䈱 㙃䉐ᶧ 200mg L 1 アンピシリン 100mg L 1 ナリジキ シン酸 50mg L 1 を添加したP1培地37 を用いて 1ml TSB 9ml 1/10 1ml TSB 9ml 1/100 1ml 作出した TSB培地で液体振とう培養 28 24時 間 したH3株 D23株及びSW3株のそれぞれの培養 菌液を各抗生物質添加培地上に塗抹し 28 で培養 して 生じたコロニーを分離した それぞれの抗生 物質に対して得られた自然薬剤耐性変異株につい て さらに相互の抗生物質間で菌液接種を繰り返し 150ml 150ml ᨴ 䊋䉾䊃 4ᣣ 㐳 ቯ 㙃 ࠈ ᶧ ߩ ᬌ ቯ ᴺ 第2図 培養ろ液の生物検定法

7

8

9

10

11

12 ) 2) 3) 4) 5) 6)

13

14

15

16

17

18 88 近畿中国四国農業研究センター研究報告 最大容水量の50 になるように かん水を行った 第6号 2007 第3表 土壌水分が一定の場合のH3R菌株の ホウレンソウ根への移動 同様にプラスチックチューブを使用せずポット上面 全体からのかん水区も設けた 上方からのかん水区 をTop 中ほどからのかん水区をCenter 下方から のかん水区をBottom及びポット上面全体からのか ん水区をCont.とした 2週間 気温28 湿度70 明暗12時間の人工 ND 検出限界 ND 1.82 FW 新鮮重 A B Cは根箱における根の位置を示す A 0-10cm B 10-20cm C 20-37cm 気象器内で栽培した 栽培後に ポットから根を取 り出し 根を滅菌水で洗浄した後にP1培地 カナマ 第4表 かん水量が一定の場合のH3R菌株の ホウレンソウ根への移動 イシン 50mg kg 1含有 に静置して 28 で20時間 培養した 培養後に1-デカナールを添加し 3 で 検討した撮影条件を用い CCDカメラで撮影した 測定は3反復で行った 䊖䉡䊧䊮䉸䉡 ሶ ND 検出限界 ND 2.39 FW 新鮮重 A B Cは根箱における根の位置を示す A 0-10cm B 10-20cm C 20-37cm శᕈ䉲䊠䊷䊄䊝䊅䉴 第5表 かん水量が一定の場合のH3R菌株の根箱中の 䊖䉡䊧䊮䉸䉡 土壌への移動 㪌㫄㪣 䊒䊤䉴䉼䉾䉪䉼䊠䊷䊑 䊘䉾䊃㩿 ᓘ㪈㪇㪺㫄㪀 䊒䊤䉴䉼䉾䉪䉼䊠䊷䊑䉕 䊘䉾䊃䈮Ꮕ䈚ㄟ䉃㪅 㪈㪄䊂䉦䊅䊷䊦 㪉ㅳ㑆 ἠ 䈲䊒䊤䉴䉼䉾䉪䉼䊠䊷䊑䉕 䈚䈩ⴕ䈉 㪧㪈 䋨䉦䊅䊙䉟䉲䊮 㪌㪇㫇㫇㫄 䋩 㪚㪚㪛䉦䊜䊤䈪 ᓇ 㪈㪎 ND 検出限界 ND 1.39 DW 乾物重 A Cは根箱における土壌の位置を示す A 0-10cm C 20-37cm 䈎 䉖 䈮 䉋 䉎 శ ᕈ 第17図 かん水位置による蛍光性 Pseudomonasの 䈱 ቯ 㛎 根定着試験 量の根箱と同程度の5.95 log cfu g 1 FW-root 検出 2 結 果 された しかし B C部分の根からは検出限界以下 1 根箱試験 であった これに対して かん水量が10 100mL 根箱試験における接種菌株の根及び土壌への移動 day 1の場合は A B C部分のいずれの根から の結果を第3表に示した 土壌水分が一定となるよ も log cfu g 1 FW-rootの接種菌株が検出 うに霧吹きを用いてかん水した場合 根箱内で上方 され 根先端の菌密度は 株元と同程度であった から下方への水の流れが少ない は 根箱の水分含 同様に 第5表に示したように かん水量が1 量が最大容水量の30 80 と土壌水分の多少に関わ ml day 1の場合以外はC部分の土壌から接種菌株 らず ホウレンソウの株元であるA部分の根からは が検出された さらに かん水量が10mL及び50mL 1 FW-root day 1の場合はA C部分の土壌の接種菌密度は概 と同程度であった これに対して B部分の根から ね同程度であり かん水量の多い100mL day 1の場 は 80 の多水分条件以外では接種菌株は検出され 合はA部分の菌密度は低めで C部分の菌密度が高 なかった 根の先端であるC部分の根からは どの かった 多量のかん水により接種菌が根箱下部に移 水分条件の根箱からも接種菌株が検出されなかった 送されたものと思われる 接種菌株の菌密度は log cfu g 第4表に示したように 根箱上方から かん水量 を一定にした場合 根箱内で 上方から下方への水 の流れがある 1mL day 1 とかん水量が少ない場 合は 根の株元であるA部分の根からは他のかん水 2 生物発光遺伝子の蛍光性 Pseudomonas への導 入 生物発光遺伝子のH3株及びHS1株への導入に接合

19 Center Bottom Cont.

20

21

22

23 浦嶋 PGPR 利用法の開発 第21図 93 有機物施用が菌密度におよぼす影響 細菌 放線菌 糸状菌 かったため 比増殖速度が算出できなかった 蛍光性Pseudomonas H3R株 の結果から 微少熱量計は微生物の増殖に対してス トレスとなる塩類集積のような要因を解析可能と判 3 考 察 断された 第20図において ベタインの場合は 塩 蛍光性 Pseudomonas の根定着にとって 根面及 類集積土壌におけるH3株の増殖抑制が緩和されて び根圏における増殖速度は 根圏定着の菌株間の競 いる 植物を高塩類条件で栽培した場合に 浸透圧 合を決める重要な特性である 根圏環境で増 殖速度が高い菌株が優先して根に定着できる 塩類集積土壌において炭素源があるにもかかわら ず 塩類非耐性菌株であるH3株の増殖が抑制され ることが微少熱量計を用いて解析可能であった こ 調節のために細胞質にベタインが蓄積されることは 知られており 蛍光性 Pseudomonas の場合にも ベタインが浸透圧調節に関与しているために 塩類 集積土壌での増殖抑制が緩和されたと推察した 土壌中の養分含量 塩類濃度 と蛍光性 Pseudomonas

24

25

26

27

28 HS23 HS23

29 BLAST 522 H3 1.15% 522 Pseudomonas fluva 2.68% 522 Pseudomonas staminae 3.45% 522 Pseudomonas fluorescens G bt 3.83% 522 Pseudomonas agarici 4.02% 522 Pseudomonas fuscovaginae 4.41% 522 Pseudomonas putida 4.41% 522 Pseudomonas asplenii 4.60% 522 Pseudomonas fluorescens A bt 4.60% 522 Pseudomonas mucidolens 4.60% 522 Pseudomonas synxantha Pseudomonas fluorescens A (bt) Pseudomonas mucidolens Pseudomonas synxantha H Pseudomonas fulva Pseudomonas straminae Pseudomonas agarici Pseudomonas fluorescens G (bt) Pseudomonas fuscovaginae Pseudomonas putida Pseudomonas asplenii Bacillus subtilis subtillis TGGAGAGTTTGATCCTGGCTCAGATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTC GAGCGGATGAAGGGAGCTTGCTCCTGAATTCAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCCTAG GAATCTGCCTGGTAGTGGGGGACAACGTTTCGAAAGGAACGCTAATACCGCATACGTCC TACGGGAGAAAGCAGGGGACCTTCGGGCCTTGCGCTATCAGATGAGCCTAGGTCGGATT AGCTAGTTGGTGrGGTAATGGCTCACCAAGGCGACGATCCGTAACTGGTCTGAGAGGAT GATCAGTCACACTGGAACTGAGACACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGG AATATTGGACAATGGGCGAAAGCCTGATCCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGTCTT CGGATTGTAAAGCACTTTAAGTTGGGAGGAAGGGTTGTAGATTAATACTCTGCAATTTT GACGTTACCGACAGAATAAGCACCGGCTAACTCTGTGCCAGCAGCCGCGGTA

30 TGGAGAGTTTGATCCTGGCTCAGATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTC GAGCGGATGAmrrGAGCTTGCTCyykrATTCAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCCTAGGA ATCTGCCTGGTAGTGGGGGACAACGTTTCGAAAGGAACGCTAATACCGCATACGTCCTA CGGGAGAAAGCAGGGGACCTTCGGGCCTTGCGCTATCAGATGAGCCTAGGTCGGATTA GCTAGTTGGTGAGGTAATGGCTCACCAAGGCGACGATCCGTAACTGGTCTGAGAGGATG ATCAGTCACACTGGAACTGAGACACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGGA ATATTGGACAATGGGCGAAAGCCTGATCCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGTCTTC GGATTGTAAAGCACTTTAAGTTGGGAGGAAGGGywkTArmyTAATACkyTrswrTTTTGACG TTACCGACAGAATAAGCACCGGCTAACTCTGTGCCAGCAGCCGCGGTA Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes Pseudomonas oleovorans Pseudomonas alcaligenes Pseudomonas fulva Pseudomonas straminae Pseudomonas agarici Pseudomonas fluorescens G (bt) Pseudomonas fuscovaginae Pseudomonas putida Pseudomonas asplenii Bacillus subtilis subtillis BLAST 522 D % 522 Pseudomonas putida 4.21% 522 Pseudomonas fluorescens G bt 4.21% 522 Pseudomonas asplenii 4.21% 522 Pseudomonas fuscovaginae 4.41% 522 Pseudomonas fluva 4.41% 522 Pseudomonas agarici 5.17% 522 Pseudomonas alcaligenes 5.75% 522 Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes 5.94% 522 Pseudomonas oleovorans 5.94% 522 Pseudomonas straminae TGGAGAGTTTGATCCTGGCTCAGATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTC GAGCGGATGACGGGAGCTTGCTCCCTGrTTCAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCCTAGG AATCTGCCTGGTAGTGGGGGACAACGTCTCGAAAGGGACGCTAATACCGCATACGTCCT ACGGGAGAAAGCAGGGGACCTTCGGGCCTTGCGCTATCAGATGAGCCTAGGTCGGATT AGCTAGTTGGTGAGGTAATGGCTCACCAAGGCGACGATCCGTAACTGGTCTGAGAGGAT GATCAGTCACACTGGAACTGAGACACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGG AATATTGGACAATGGGCGAAAGCCTGATCCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGTCTT CGGATTGTAAAGCACTTTAAGTTGGGAGGAAGGGCATTAACCTAATACGTTAGTGTTTT GACGTTACCGACAGAATAAGCACCGGCTAACTCTGTGCCAGCAGCCGCGGTA Pseudomonas fluorescens Pseudomonas fulva Pseudomonas alcaligenes Pseudomonas oleovorans Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes Pseudomonas agarici Pseudomonas fluorescens G (bt) Pseudomonas fuscovaginae Pseudomonas putida Pseudomonas asplenii Bacillus subtilis subtillis

31 BLAST 522 HS1 1.34% 522 Pseudomonas fluorescens G bt 1.34% 522 Pseudomonas agarici 1.72% 522 Pseudomonas fuscovaginae 1.92% 522 Pseudomonas putida 1.92% 522 Pseudomonas asplenii 4.02% 522 Pseudomonas oleovorans 4.02% 522 Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes 4.41% 522 Pseudomonas fluva 4.41% 522 Pseudomonas fluorescens 4.60% 522 Pseudomonas alcaligenes TGGAGAGTTTGATCCTGGCTCAGATTGAACGCTGGCGGCAGGCCTAACACATGCAAGTC GAGCGGATGAAGAGAGCTTGCTCTCTGATTCAGCGGCGGACGGGTGAGTAATGCCTAG GAATCTGCCTGGTAGTGGGGGACAACGTCTCGAAAGGGACGCTAATACCGCATACGTCC TACGGGAGAAAGCAGGGGACCTTCGGGCCTTGCGCTATCAGATGAGCCTAGGTCGGATT AGCTAGTTGGTGAGGTAATGGCTCACCAAGGCGACGATCCGTAACTGGTCTGAGAGGAT GATCAGTCACACTGGAACTGAGACACGGTCCAGACTCCTACGGGAGGCAGCAGTGGGG AATATTGGACAATGGGCGAAAGCCTGATCCAGCCATGCCGCGTGTGTGAAGAAGGTCTT CGGATTGTAAAGCACTTTAAGTTGGGAGGAAGGGCAGTAAATTAATACTTTGCTGTTTT GACGTTACCGACAGAATAAGCACCGGCTAACTCTGTGCCAGCAGCCGCGGTA Pseudomonas oleovorans Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes Pseudomonas alcaligenes Pseudomonas nitroreducens Pseudomonas flavescens HS23 Pseudomonas agarici Pseudomonas fluorescens G (bt) Pseudomonas fuscovaginae Pseudomonas putida Pseudomonas asplenii Bacillus subtilis subtillis BLAST 522 HS % 522 Pseudomonas oleovorans 2.30% 522 Pseudomonas pseudoalcaligenes pseudoalcaligenes 2.68% 522 Pseudomonas alcaligenes 3.26% 522 Pseudomonas putida 3.26% 522 Pseudomonas asplenii 3.45% 522 Pseudomonas agarici 3.45% 522 Pseudomonas fuscovaginae 3.83% 522 Pseudomonas nitroreducens 3.83% 522 Pseudomonas fluorescens G bt 3.83% 522 Pseudomonas flavescens

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. * 表示量 溶出規格 規定時間 溶出率 10mg/g 45 分 70% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 :

すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. * 表示量 溶出規格 規定時間 溶出率 10mg/g 45 分 70% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 : モサプリドクエン酸塩散 Mosapride Citrate Powder 溶出性 6.10 本品の表示量に従いモサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) 約 2.5mgに対応する量を精密に量り, 試験液に溶出試験第 2 液 900mLを用い, パドル法により, 毎分 50 回転で試験を行う. 溶出試験を開始し, 規定時間後, 溶出液 20mL

More information

<82E082CC82C382AD82E88DFB8E712096DA8E9F8F E696E6464>

<82E082CC82C382AD82E88DFB8E712096DA8E9F8F E696E6464> 1 1 4 4 1 2 3 4 5 3 10 Web 15 16 12 16 4 15 11 5 8 1 5 16 13 16 16 14 11 4 1 11 6 1 5 5 䉒 䈏 䈱䇸 䈵 䈫 䉒 䈙䇹 㪧㪩 䉲䊷 䊃㩷 ಽ㘃ͳ ડ ⷐ㩷 㩷 ળ ฬ 㩷 㩷 ኈ 㩷 ਥⷐ 㩷 ᚲ 㩷 㔚 㧛(#: ภ 㩷 ᧄ㊄㧔 㧕 㧼㧾 㗄 4 ಽ㘃ฬ⒓ 㔚 䊶㔚ሶ ㅧ䊶 ઍ ฬ ጊ 㩷

More information

化学療法2005.ppt

化学療法2005.ppt 1. ( 2. 3. 4. 1) β- 2) 3) : 5. T. Nakazawa 1 MIC MBC, MRSA MSSA, VRE T. Nakazawa compromised host MRSA T. Nakazawa 肺炎気管支炎 胃炎腸炎 結核 図1. 日本における主な死亡原因の変遷 女 PC: ペニシリン CP: クロラムフェニコール TC: テトラサイクリン SM: ストレプトマイシン

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) 24 イミペネム耐性緑膿菌に対するシタフロキサシ ンの抗菌活性について 聖マリアンナ医科大学 大学 微生物学 1 福島県立医科 感染制御 臨床検査医学 2 東北大学大学院 内科病態学講座感染制御 検査診断学分野 3 竹村 弘1 寺久保繁美1 嶋田甚五郎1 金光敬二2 賀来満夫3 中島秀喜1 目的 近年カルバペネム薬耐性緑膿菌の増加が MRSA や VRE と同様に問題になっており 菌に よっては現在我が国で使用可能な抗菌薬のほとんど

More information

第9回 大 切なことを 川からいっぱい学んできました 活動 記録 活動記 録 開催場所 開 催 日 2009年 9 月5日 土 受付 11 45 開会式 12 15 6日 日 受付 8 30 主催 第9回 川に学ぶ体験活動全国大会inひろしま実行委員会 共催 NPO法人 川に学ぶ体験活動協議会 主会場 中国新聞社7Fホール 広島市中区土橋町7-1 後援 国土交通省 文部科学省 環境省 中国地方整備局太田川河川事務所

More information

食品及び食品加工 調理 物中に含まれる有用抗酸化成分及び抗菌成分の探索 49 Fig. 2 パスピュール写真 Fig. 1 各食材エキスのラット脳脂質過酸化抑制活性 食材0.5g分のエキスを順次希釈して試験し 脂質過酸化を50 以上 抑制した希釈率を縦軸として示した Table1 各食材エキスの抗Bacillus subtilis活性 食材名 阻止円直径 mm 非熱処理 熱処理 黄金タモギ 行者ニンニク

More information

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 使い古した土の活用 使 古し 使い 古した土 た土の活 た土 の活 活用 5 Q 5 Q Q & A よくある質問 A よく よくある よく ある質問 ある 質問 鉢やプランターで栽培した後の土は 捨てないで再利用しましょう 古い土には作物の 病原菌がいることがあるので 透明ポリ袋に入れ水分を加えて密封し 太陽光の良く当た る所に1週間おいて太陽熱殺菌します

More information

23 3 11 14 46 9.0 7 10m 40.1m 15,883 2,681 25 4 10 39 40 800 180 24 2425 22 21 24 5 3 21 24 10,899 20,472 13,723 33,007 667 400 79,167 8,620 11,694 10,089 25,131 690 215 56,439 13,614 20,897 15,200 32,213

More information

180 140 22

180 140 22 21 180 140 22 23 25 50 1 3 350 140 500cm 600 140 24 25 26 27 28 29 30 31 1/12 8.3 1/15 6.7 10 1/8 12.5 1/20 140 90 75 150 60 150 10 30 15 35 2,000 30 32 1 1 1 2 1 3 1 4 1 5 1 6 1 7 1 8 1 9 % 100 50 33.3

More information

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464>

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464> 1 2 (90cm 70cm 2015) 3 (68cm 28cm 30cm 12kg 2015) (77.5 109.5cm 2015) 4 (22cm 50cm 50cm 4.6kg 2015) (45cm 62.5cm 2015) (47.4cm 62.5cm 2014) 5 (28.5cm 23.5cm) (45cm 62cm 2015) (97cm 107cm 2015) 6 7 8 9

More information

6 12 10661 93100 227213202 222208197 85kg cm 20 64.521 106856142 2 1 4 3 9767 100 35 cm 7747 208198 90kg 23 5828 10661 93100 cm 227213202 10639 61 64.521 85kg 78kg 70kg 61 100 197204.5 cm 15 61

More information

特産種苗 第16号 ߆ࠄ ߒߚᣂߒ 図-4 ストロンを抑制しない場合の株の様子 図-3のカンゾウはモンゴル由来の種子から育苗 した苗を移植し 露地圃場で6ヶ月栽培した株で あり 収穫時 根の生重量は490g であった ストロンを抑制しない場合の生育の例を図-4に 図-2 筒側面に沿って生長したストロ

特産種苗 第16号 ߆ࠄ ߒߚᣂߒ 図-4 ストロンを抑制しない場合の株の様子 図-3のカンゾウはモンゴル由来の種子から育苗 した苗を移植し 露地圃場で6ヶ月栽培した株で あり 収穫時 根の生重量は490g であった ストロンを抑制しない場合の生育の例を図-4に 図-2 筒側面に沿って生長したストロ 特産種苗 第16号 特集 地域における特徴的な取り組み 地方自治体と連携した甘草栽培プロジェクト 株式会社新日本医薬 岩国本郷研究所 新日本製薬株式会社 1 はじめに 開発事業室 吉岡 長根 達文 寿陽 全国の自治体と連携し カンゾウ実用栽培試験を 重要生薬甘草の基原植物であるウラルカンゾウ 開始した Fisher 及びスペインカン ゾウ Linne はマメ科の薬用植物であ 2 ストロン抑制短筒栽培法

More information

p05.p65

p05.p65 特 集 論 文 特 集 : 防 災 技 術 石 積 壁 の 地 震 時 安 定 性 評 価 と 耐 震 補 強 工 の 設 計 太 田 直 之 * 杉 山 友 康 * 布 川 修 * Method of Evaluating Stability During Earthquake and Design for Quakeproof Reinforcement for Masonry Walls Naoyuki

More information

札臨カタログWeb

札臨カタログWeb 10 30 37 48 53 64 77 83 85 91 98 103 105 107 114 I 1 7 9 10 10 11 12 13 15 16 18 19 21 22 23 9 7 1 30 30 31 31 32 32 32 32 32 32 32 33 37 38 38 40 41 43 44 44 45 48 53 54 55 57 57 59 61 61 61 64 67 69

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

Microsoft Word - ゴールドコーストマラソン2014.docx

Microsoft Word - ゴールドコーストマラソン2014.docx 2014 2014 7 3 7 14:25 16:20 22:25 6:25 10:55 19:00 22:55 0:35 42.195Km 7,300km 537,844 2013 6 30 6 2 1 Dr. 1 20 10 Q1 Q1 8m 2 7 4 15 J B H..S 45 30 7 20 49 20 15 3 45 4 3 50 28 35 km 40km 4 4 6 15km 20km

More information

saibo_ver2_05.indd

saibo_ver2_05.indd 各種細胞培養にご利用ください 細胞培養用 液体培地 Ver. 2 液体培地 弊社では D-MEM, E-MEM, RPMI-1640 などの液体培地を取り揃えています ろ過滅菌済みですので 培養温度 37 付 近 に温めてそのままご利用ください ご要望の多い品目は1L 包装を追加しました 品質試験 マイコプラズマ試験 エンドトキシン試験 無菌試験 細胞増殖能試験 適合 L- グルタ フェノー ピルビン酸

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

院内感染対策相談窓口 質疑応答集(平成26年度)

院内感染対策相談窓口 質疑応答集(平成26年度) Q MRSA -------------------------------- Q MRSA ------------------ Q ----------------------------------- Q -------------------------- Q --------------- Q ----------------------- Q ----------------------------

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 大 学 AGS 研 究 2011 年 年 次 報 告 会 空 調 システムにおけるマイクロ 波 の 微 生 物 制 御 に 関 する 研 究 マイクロ 波 による 微 生 物 の 殺 菌 加 藤 信 介 はじめに 空 調 システム 内 の 微 生 物 による 汚 染 空 調 システムは 温 湿 度 調 節 及 び 良 好 な 室 内 空 気 質 を 維 持 する ダクト 加 湿 器 フィルター

More information

陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2

陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2 陰極線を発生させるためのクルックス管を黒 いカートン紙できちんと包んで行われていた 同時に発生する可視光線が漏れないようにす るためである それにもかかわらず 実験室 に置いてあった蛍光物質 シアン化白金バリウ ム が発光したのがレントゲンの注意をひい た 1895年x線発見のきっかけである 2 ? 1895 9 1896 1898 1897 3 4 5 1945 X 1954 1979 1986

More information

−‰«„¤_ qxd

−‰«„¤_ qxd 2 1 2 1 1 2 1 2 20 l 3 3 10 4 300 600 1 2 6 10 4 0 003 153 2 5 10 4 0 038 l µl l µlµl µ l µl l l µl l µl l l l l l l l l l l l l l l l µl l l l l l l µl µl µl µl µl µl µl µl l l l l l l l l l l l l

More information

1pi~iii

1pi~iii 1998 3 1988 1989 2006 1988 89 1950 28 66 98 3 3 3 88 3 2 50 2007 i iii 1 16852 116 16892 530 16936 1890 (1701)? 2 1818-87 1831 1834 1845 1848 1852 1863 1754 1641 255 1779 ) ) 18 1797 17732 1757() 17183

More information

無印良品 2012 自転車 カタログ

無印良品 2012 自転車 カタログ 26 897895321,000 140cm 76.0cm 16.0kg H LED 3 263 897896025,000 140cm 76.0cm 16.5kg H 3 LED 20 8978984 8978977 19,800 134cm 73.0cm 15.0kg LED 2620 2620 8486656550 5536207483 14512372,100 8279999840 26 77342561,417

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

KOIDE_32236.pdf

KOIDE_32236.pdf 図3 カメラの横位置に撮影による画像処理の例 A 1 A 3 カメラを手持ちで撮影した3枚の元画像 B Aの画像を連続するように並べたもので枠は元の画像の範 囲 C Bの画像をステッチした後のもの D Cの画像を四角くトリミングした完成画像 22 図4 カメラの縦位置に撮影による画像処理の例 A 1 A 4 カメラを手持ちで撮影した4枚の元画像 B Aの画像を連続するように並べたもので枠は元の画像の範

More information

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾 2 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾向が強い 多剤耐性緑膿菌は5類感染症定点把握疾患 赤痢菌属 グラム陰性通性嫌気性桿菌 腸内細菌科

More information

(別紙)

(別紙) 糖類ゼロ低アルコール清酒の製造技術に関する研究 Study on Production Technoloy of Zero Saccharide Low Alcohol Refined Sake 西尾昭 Akira Nishio 電子 有機素材研究所発酵生産科 低カロリーでありながら旨味を残した低アルコール清酒の開発を目的に製造条件を検討した その結果 麹の使用割合を増加させ なおかつ乳酸菌添加による乳酸発酵を導入することにより

More information

普通救命講習会を開催します 消防本部警防課 鹿児島県出身沖縄戦没者追悼式参列者の募集について 県庁社会福祉課 財部 ( 福祉事務所 ) 末吉 ( 保健課 ) 大隅 ( 保健福祉課 )

普通救命講習会を開催します 消防本部警防課 鹿児島県出身沖縄戦没者追悼式参列者の募集について 県庁社会福祉課 財部 ( 福祉事務所 ) 末吉 ( 保健課 ) 大隅 ( 保健福祉課 ) 戦没者の妻及び父母等の皆さまへ 県庁社会福祉課 099-286-2830 財部 ( 福祉事務所 ) 0986-72-0936 末吉 ( 保健課 ) 0986-76-8807 大隅 ( 保健福祉課 ) 099-482-5925 移動援護相談を実施します 県庁社会福祉課恩給係 099-286-2828 普通救命講習会を開催します 消防本部警防課 099-482-0579 鹿児島県出身沖縄戦没者追悼式参列者の募集について

More information

p05.p65

p05.p65 特 集 論 文 特 集 : 浮 上 式 鉄 道 技 術 とその 応 用 超 電 導 磁 気 軸 受 と 永 久 磁 石 磁 気 クラッチの 電 磁 力 解 析 と 評 価 清 野 寛 * 長 谷 川 均 * 池 田 雅 史 ** 長 嶋 賢 * 村 上 雅 人 *** Numerical Analysis and Evaluation of Electromagnetic Forces in Superconducting

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 6.ビルピット 排 水 の 硫 化 水 素 と 臭 気 に 関 する 実 態 調 査 6.1 調 査 の 目 的 下 水 道 施 設 からの 悪 臭 を 防 止 するためには 発 生 原 因 となっているビルピット 排 水 が 悪 臭 防 止 法 の 規 制 に 違 反 しているかを 調 査 した 上 で, 適 正 に 対 処 する 必 要 がある しかしな がら 下 水 道 管 理 者 は 悪 臭

More information

蛋白質科学会アーカイブ ストップト・フロー法を用いた速度論測定

蛋白質科学会アーカイブ ストップト・フロー法を用いた速度論測定 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 蛋白質科学会アーカイブ, 3, e058 (2010) 図 4:apoMb のアンフォールディング反応曲線と 天然状態 ほどけた状態の相対蛍光強度 混合後の溶液条件は 5μM apomb / 10 mm クエン酸ナトリウム / 4.5 M 尿素 (ph 5.7, 25 )である 天然状態にあった蛋白質が ほどけた状態へと変化する

More information

untitled

untitled -- -- -3- % % % 6% % % 9 66 95 96 35 9 6 6 9 9 5 77 6 6 5 3 9 5 9 9 55 6 5 9 5 59 () 3 5 6 7 5 7 5 5 6 6 7 77 69 39 3 6 3 7 % % % 6% % % (: ) 6 65 79 7 3 36 33 9 9 5 6 7 3 5 3 -- 3 5 6 76 7 77 3 9 6 5

More information

untitled

untitled NO. 2007 10 10 34 10 10 0570-058-669 http://www.i-nouryoku.com/index.html (40 ) () 1 NO. 2007 10 10 2.2 2.2 130 70 20 80 30 () () 9 10 () 78 8 9 () 2 NO. 2007 10 10 4 7 3 NO. 2007 10 10 40 20 50 2 4 NO.

More information

Microsoft Word - 表紙資料2-4

Microsoft Word - 表紙資料2-4 (1) / 130 g 25 g 520% 170 g 30 g 560% 70 mg 600 mg 11.6% 0 10.5 mg 0% (1) (2) / 50100 g 25 g 200400% 50100 g 30 g 167333% 5001000 mg 600 mg 83167% 1020 mg 10.5 mg 95190% (2) / (1) 45.6 g 30 g 152% (2)

More information

1 2

1 2 1 2 ECO 3 4 5 6 7 8 全てのゾーンには 新規納入からメンテナンスに至るまで お客様をサポートします 抗菌が要求されます 一般清潔区域 病院内全てのゾーンで生活環境を汚染する菌類からの汚染防止対策として 抗菌フィルター をお勧めします 高度清潔区域 清 潔 区 域 準清潔区域 ① 細菌類 ② 真菌類 酵母類 製 作 ご 提 案 銀 ゼ オライトの 抗 菌 抗 カ ビ の メ カ ニ

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc

Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc 崇城 大学 生物生命学部 崇城大学 1999 年 九州大学農芸化学科卒業 生物生命学部 2004 年 同大学院生物資源環境科学府 応用微生物工学科 博士課程修了 准教授 2004 年 産業技術総合研究所 糖鎖工学研究センター研究員 岡 拓二 2008 年 崇城大学生物生命学部助教 2010 年 崇城大学生物生命学部准教授 糸状菌のガラクトフラノース含有糖鎖生合成に関わる 新規糖転移酵素遺伝子の機能解析

More information

8

8 7 8 9 10 11 12 13 14 15 過剰に増殖した活性汚 泥 余剰汚泥 を除去 上澄液を放流 図1 4 活性汚泥法のイメージ図 ① 連続式の運転をする活性汚泥法 a 連続式活性汚泥法 連続式活性汚泥法は 畜舎汚水の活性汚泥処理法の基本的な方法です 図 1 5 BOD 容積負荷を 0.5kg/ 日以下の条件で短時間に処理する方法で 基本的な処理条件を満たしていれば 処理水の色度も比較的低く

More information

目次第 1 章緒言 3 第 2 章 Cellvibrio sp. OA-2007 由来の酵素によるアルギン酸の分解 実験材料調製 実験材料 寒天分解菌の培養 粗酵素の調製 実験方法 分解反応実験 5

目次第 1 章緒言 3 第 2 章 Cellvibrio sp. OA-2007 由来の酵素によるアルギン酸の分解 実験材料調製 実験材料 寒天分解菌の培養 粗酵素の調製 実験方法 分解反応実験 5 2015 年度 卒業論文 アルギン酸分解酵素の予備精製 Prepurification of alginate lyase 高知工科大学 環境理工学群 1160207 小林史弥 指導教員有賀修准教授 2016 年 3 月 18 日 1 目次第 1 章緒言 3 第 2 章 Cellvibrio sp. OA-2007 由来の酵素によるアルギン酸の分解 4 2-1. 実験材料調製 4 2-1-1. 実験材料

More information

Ł€ŁflŁú”Ë’ü…u…b…N

Ł€ŁflŁú”Ë’ü…u…b…N 一般ポスターの見本 A4用紙に印刷してポスターを組んだ場合 一般ポスターの見本 A4 用紙に印刷してポスターを組んだ場合 A4 用紙を使った場合 上の欄には最大3 列 4 行 下の欄には最大3 列 3 行 計21 枚 A4用紙を使った場合 上の欄には最大3列 4行 下の欄には最大3列 3行 計21枚 のA4用紙が横置きで貼り付けられます のA4 用紙が横置きで貼り付けられます 演題番号は 事務局で

More information

5 曾我部國久 金山良子 坂本一光 処理した時にはラジカル量が増えた事実から推測すると 25 0 01モル濃度で1 2hr 以上のアルカリ処理は かえっ 寧 て繊維の構造破壊をもたらすものと考えられる 20 そこで アルカリ処理によって生糸から絹糸に加工さ 去 哀 れる際に 繊維自身にどのような変化が起き ラジカル 15 黒 Q 醐 ミ 十 十 10 十 長 1卜 5 十 太 合 ロ ロ 合 参 客茎婁φ

More information

完-EMCS-APN報告書本文.indd

完-EMCS-APN報告書本文.indd 2010 年度 IGES-EMECS-APN シンポジウム 気候変動と沿岸域管理 ~ 適応策を考慮した沿岸域統合管理に向けて ~ 報告書 趣旨 閉鎖性海域や沿岸域は 古来その自然的特徴や豊かな生態系により 人びとの活動の場となり 文化を育むなど人類に多大の恩恵をもたらせてきました しかしながら 近年海面上昇や台風等の自然の力の増大など気候変動の影響が顕著になってきており 沿岸域はこれらの影響を最も受けやすい地域となっています

More information

ph ph7 ph7 ph7 PH6.57.0 PH6.06.5 PH5.56.5 PH5.56.0-2 -

ph ph7 ph7 ph7 PH6.57.0 PH6.06.5 PH5.56.5 PH5.56.0-2 - - 1 - ph ph7 ph7 ph7 PH6.57.0 PH6.06.5 PH5.56.5 PH5.56.0-2 - 物 理 的 性 質 化 学 的 性 質 固 相 保 水 性, 通 気 性 透 水 性 保 肥 力 (CEC) 地 力 土 壌 酸 性 (ph), 土 壌 養 分 土 の 粒 子 40% 団 粒 構 造, やわらかさ 酸 化 還 元 力 液 相 水 30% 空 気 30% 気 相

More information

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc

Microsoft Word - FMB_Text(PCR) _ver3.doc 2.PCR 法による DNA の増幅 現代の分子生物学において その進歩に最も貢献した実験法の1つが PCR(Polymerase chain reaction) 法である PCR 法は極めて微量の DNA サンプルから特定の DNA 断片を短時間に大量に増幅することができる方法であり 多大な時間と労力を要した遺伝子クローニングを過去のものとしてしまった また その操作の簡便さから 現在では基礎研究のみならず臨床遺伝子診断から食品衛生検査

More information

まえがき

まえがき JAAS0012006 1 -------------------------------------------------------------------------------------------------------- 1 2 --------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

- 1 -

- 1 - - 1 - - 2 - 2 調査概要 2 1 調査日時 平成 16 年 8 月 30 日および 31 日 2 2 調査実施者 調査ポイントのマーキング 大日コンサルタント 株 コンサルタント事業部 表層調査 清水建設(株)技術研究所 2 3 調査方法 開孔方法 斜面地のポイントでは垂直に1mを開孔 するために 日立充電式ハンマードリル DH24DV 型を使用し その他のポイントで は 日立電動式ハンマードリルDH45型を

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度)

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度) 23 23 23 4 24 3 10 11 12 13 14 () 1 23 7 21 23 12 14 (19 ) 30 1.876% 60 8 24 19 78 27 1 (10) 37 (3) 2 22 9 21 23 5 9 21 12 1 22 2 27 89 10 11 6 A B 3 21 12 1 12 10 10 12 5 1 9 1 2 61 ( 21 10 1 11 30 )

More information

和県監査H15港湾.PDF

和県監査H15港湾.PDF ...1...1...1...1...1...1...1...1...2...2...2...3...3...3...5...5...10...11...12...13...13...13...14...14...14...14...14...14...15...15...15...15...15 ...16...17 14...17...18...18...19...21...23 2...25...27...27...28...28...28

More information

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3)

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 12 12 72 (1) (2) (3) 12 (1) (2) (3) (1) (2) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (1) (2) 180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 30 16 (1) 31 (2) 31 (3) (1) (2) (3) (4) 30

More information

... 6

... 6 ... 6 1) 2) No. 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 No. 1 2 2 3 3cm 4

More information

untitled

untitled 1....1 2....2 2.1...2 2.2...2 3....14 3.1...14 3.2...14 4....15 4.1...15 4.2...18 4.3...21 4.4...23 4.5...26 5....27 5.1...27 5.2...35 5.3...54 5.4...64 5.5...75 6....79 6.1...79 6.2...85 6.3...94 6.4...

More information

113 120cm 1120cm 3 10cm 900 500+240 10 1 2 3 5 4 5 3 8 6 3 8 6 7 6 8 4 4 4 4 23 23 5 5 7

More information

untitled

untitled 21 14 487 2,322 2 7 48 4 15 ( 27) 14 3(1867) 3 () 1 2 3 ( 901923 ) 5 (1536) 3 4 5 6 7 8 ( ) () () 9 10 21 11 12 13 14 16 17 18 20 1 19 20 21 22 23 21 22 24 25 26 27 28 22 5 29 30cm 7.5m 1865 3 1820 5

More information

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24 15 4 16 1988 63 28 19314 29 3 15 4 16 19283 15294 16 1930 113132 3 15 4 16 33 13 35 12 3 15 4 16 1945 10 10 10 10 40 1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11

More information

Microsoft Word - 入居のしおり.doc

Microsoft Word - 入居のしおり.doc 1 1 2 2 2 3 2 4 3 5 3 6 3 7 3 8 4 1 7 2 7 3 7 4 8 5 9 6 9 7 10 8 10 9 11 10 11 11 11 12 12 13 13 1 14 2 17 3 18 4 19 5 20 6 22 (1) 24 (2) 24 (3) 24 (4) 24 (5) 24 (6) 25 (7) 25 (8) 25 (9) 25 1 29 (1) 29

More information

( )

( ) ( ) () () 3 cm cm cm cm cm cm 1000 1500 50 500 1000 1000 1500 1000 10 50 300 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 50 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 30 10 300 1000 2000 1000 1500 1000

More information

2002 (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) (3) (4) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) No 2,500 3 200 200 200 200 200 50 200 No, 3 1 2 00 No 2,500 200 7 2,000 7

More information

-26-

-26- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38- cm -39- -40- 1 2 3 4 4 3 2 1 5 5-41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- cm -51- -52- -53- -54- -55- -56- -57- -58- -59- -60-

More information

キレート滴定

キレート滴定 4. キレート滴定 4.1 0.01MEDTA 標準溶液の調製 キレート滴定において標準溶液として用いられる EDTA は 普通 EDTA の2ナトリウム塩 H 2 Na 2 Y 2H 2 O で ETA と表示されている この試薬は結晶水以外に多少の水分を含んでいるので 通常は約 80 で数時間乾燥して使用するが 本実験では精密な分析を行うために 調製した EDTA 溶液をZnの一次標準溶液で標定して

More information

Title 二 者 状 況 と 三 者 状 況 における 体 験 から 見 た ふれ 合 い 恐 怖 的 心 性 対 人 恐 怖 的 心 性 Author(s) 永 山, 智 之 Citation 京 都 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 紀 要 (2011), 57: 195-209 Issue Date 2011-04-25 URL http://hdl.handle.net/2433/139724

More information

91846-TRC92

91846-TRC92 13 14 15 [特集]調査研究 1 TRCにおける調査研究 図5 環境分野における当社調査研究テーマの変遷 依頼が多かった時期を表示 価項目としていたが 地球温暖化問題がクローズアッ バイオテクノロジーは 世界的に極めて速いスピード プされるにつれて CO2排出量を評価項目にしたLCAが で進歩しており 我が国としても迅速な取り組みが必要 多くなり さらには京都議定書を視野に入れたCO2削減 であることから

More information

untitled

untitled - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - - 30 -

More information

家庭系パソコンの回収再資源化にかかる論点

家庭系パソコンの回収再資源化にかかる論点 1 134 1212 134 2 1 137 1212 (1) 12 12,102 40.2 4,865 2-1 12 21,497 2-2 50.1 2-3 1 kg 2 12 2-1 13 12% 2-1 (2) 2-2 4 4 7 2-3 4 (3) 13.8 2-4 46 10 80 3 3 4 3 2-5, 2-6 13 9 2-7 18 2 2 8 5,000 30 25% 25 2 2

More information