広瀬キャンパス教員業績公開 平成 28 年 3 月 31 日現在 教員名をクリックするとその教員の業績へ移動します 教員氏名 所属 役職 竹茂求 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 竹島久志 情報システム工学科 教授 武田拓 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 武田正則 情報システム工学科 准教授

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "広瀬キャンパス教員業績公開 平成 28 年 3 月 31 日現在 教員名をクリックするとその教員の業績へ移動します 教員氏名 所属 役職 竹茂求 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 竹島久志 情報システム工学科 教授 武田拓 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 武田正則 情報システム工学科 准教授"

Transcription

1 広瀬キャンパス教員業績公開 平成 28 年 3 月 31 日現在 教員名をクリックするとその教員の業績へ移動します 教員氏名 所属 役職 内田龍男 校長 安藤敏彦 情報システム工学科 准教授 石井誠四郎 情報ネットワーク工学科 特任教授 伊勢英明 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 今井裕司 情報ネットワーク工学科 准教授 岩井克全 情報ネットワーク工学科 准教授 袁巧微 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 大泉哲哉 知能エレクトロニクス工学科 教授 大場譲 知能エレクトロニクス工学科 助教 岡本圭史 情報システム工学科 准教授 奥村俊昭 情報ネットワーク工学科 教授 海野啓明 情報システム工学科 特任教授 笠松直 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 柏葉安宏 専攻科情報電子システム工学専攻 准教授 兼下英司 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 兼村裕介 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 川崎浩司 知能エレクトロニクス工学科 准教授 菅野浩徳 情報システム工学科 准教授 衣川昌宏 情報ネットワーク工学科 助教 久保田佳克 総合科学系 ( 広瀬 ) 教授 熊谷和志 情報システム工学科 教授 小林秀幸 情報システム工学科 助教 小松京嗣 総合科学系 ( 広瀬 ) 教授 佐久間実緒 知能エレクトロニクス工学科 准教授 佐藤公男 情報ネットワーク工学科 教授 佐藤健太郎 総合科学系 ( 広瀬 ) 助教 佐藤敏行 総合科学系 ( 広瀬 ) 教授 下田泰史 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 白根崇 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 末永貴俊 知能エレクトロニクス工学科 准教授 菅谷純一 ICT 先端開発センター 教授 鈴木隆之 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 鈴木哲 情報ネットワーク工学科 教授 關成之 知能エレクトロニクス工学科 准教授 園田潤 知能エレクトロニクス工学科 教授 高橋晶子 専攻科情報電子システム工学専攻 准教授 高橋薫 情報システム工学科 教授 竹内素子 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授

2 広瀬キャンパス教員業績公開 平成 28 年 3 月 31 日現在 教員名をクリックするとその教員の業績へ移動します 教員氏名 所属 役職 竹茂求 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 竹島久志 情報システム工学科 教授 武田拓 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 武田正則 情報システム工学科 准教授 千葉慎二 ICT 先端開発センター 教授 東畑陽介 総合科学系 ( 広瀬 ) 助教 那須潜思 知能エレクトロニクス工学科 教授 羽賀浩一 専攻科情報電子システム工学専攻 特任教授 早川吉弘 情報システム工学科 教授 林忠之 専攻科情報電子システム工学専攻 教授 速水健一 専攻科情報電子システム工学専攻 准教授 馬場一隆 知能エレクトロニクス工学科 教授 朴槿英 総合科学系 ( 広瀬 ) 助教 平塚眞彦 情報ネットワーク工学科 教授 福地和則 総合科学系 ( 広瀬 ) 教授 藤木なほみ 知能エレクトロニクス工学科 教授 藤原和彦 情報ネットワーク工学科 准教授 穂坂紀子 総合科学系 ( 広瀬 ) 准教授 松枝宏明 専攻科情報電子システム工学専攻 准教授 矢澤睦 総合科学系 ( 広瀬 ) 教授 矢島邦昭 情報ネットワーク工学科 教授 與那嶺尚弘 知能エレクトロニクス工学科 准教授 力武克彰 情報システム工学科 准教授 脇山俊一郎 情報ネットワーク工学科 教授

3 1 / 11 基本情報 教員氏名 : 内田龍男所属学科 : 役職 : 校長学位 : I. 教育業績 1. 担当授業科目 2. 教材開発 ( 教科書執筆 ウェブ教材の作成等 ) II. 研究業績 1. 学術論文 ( 紀要 学会発表 解説 研究会報告等を含む ) 1. Molecular Arrangement of Nematic Liquid Crystals Japanese Journal of Applied Physics, Vol.11, No.10, pp (1972) T. Uchida, H. Watanabe and M. Wada 2. ネマチック液晶セルの分子配列に関連した諸特性電子通信学会論文誌, Vol.56-C, No.1, pp (1973) 内田龍男, 和田正信 3. Properties of Nematic Liquid Crystal Cells in Connection with their Molecular Alignments Electronics and Communications in Japan, Vol.56-C, No.1, pp (1973) T. Uchida and M. Wada 4. コレステリック ネマチック相転移形液晶セルの特性に及ぼす表面処理の効果電子通信学会誌 ( 技術談話室 ), Vol.57-C, No.3, pp (1974) 内田龍男, 宍戸千代子, 和田正信 5. コレステリック ネマチック相転移形液晶セルの蓄積現象と表面処理の関係電子通信学会論文誌, Vol.57-C, No.10, pp (1974) 内田龍男, 宍戸千代子, 和田正信 6. Effect of Surface Treatments on the Optical Storage Phenomenonin Cholesteric - Nematic Phase - Transition Liquid Crystal Cells Electronics and Communications in Japan, Vol.57-C, No.10, pp (1974) T. Uchida, C. Shishido and M. Wada 7. 液晶による非晶質薄膜の温度測定応用物理 ( 寄書 ), Vol.44, No.2, pp (1975) 加藤周一, 内田龍男, 渡辺英夫, 和田正信 8. シラン処理したガラス表面に対するネマチック液晶分子の配向電子通信学会論文誌, Vol.58-C, No.4, pp (1975) 内田龍男, 宍戸千代子, 和田正信 9. Molecular Alignment of Nematic Liquid Crystals Silane - Treated Glass Surface Electronics and Communications in Japan, Vol.58-C, No.4, pp (1975) T. Uchida, C. Shishido and M. Wada

4 2 / ゲスト ホスト形液晶セルの基礎特性電子通信学会論文誌, Vol.59-C, No.3, pp (1976) 内田龍男, 磯田豊, 宍戸千代子, 和田正信 11. Some Properties of Guest - Host Interactions in Nematic Liquid Crystal Cells Electronics and Communications in Japan, Vol.59-C, No.3, pp (1976) T. Uchida, Y. Isoda, C. Shishido and M. Wada 12. Guest - Host Interactions in Liquid Crystal Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.39, No.1/2, pp (1977) T. Uchida, C. Shishido, H. Seki and M. Wada 13. Liquid Crystal Color Display Devices with Phase Transition Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.39, No.1/2, pp (1977) T. Uchida C. Shishido and M. Wada 14. Dichroic Dyes for Guest - Host Interactions in Liquid Crystal Molecular Crystals and Liquid Crystals (Letters), Vol.34, No.7, pp (1977) T. Uchida, C. shishido, H. Seki, M. Wada 15. DSM 型液晶セルにおよぼす誘電異方性の効果応用物理 ( 寄書 ), Vol.46, No.2, pp (1977) 石井裕, 内田龍男, 和田正信 16. The Electro - Optic Effects of Smectic Liquid Crystals Molecular Crystals and Liquid Crystals (Letters), Vol.34, No.7, pp (1977) F. Dasai, T. Uchida and M. Wada 17. コレステリック ネマチック混合液晶の電気光学的特性 : 光散乱モード応用物理 ( 寄書 ), Vol.47, No.3, pp (1978) 石井裕, 内田龍男, 和田正信 18. 相転移による液晶カラー表示素子の特性電子通信学会論文誌, Vol.61-C, No.3, pp (1978) 内田龍男, 三村芳人, 和田正信 19. 有機表面処理剤による液晶の配向制御電子通信学会論文誌, Vol.61-C, No.3, pp (1978) 内田龍男, 石川清, 和田正信 20. Effect of Dielectric Anisotropy on DSM - Type Display Devices IEEE Transactions on Electron Devices, Vol.ED - 25, No.3, pp (1978) Y. Ishii, T. Uchida and M. Wada 21.DSM 型液晶表示素子における導電率異方性および誘電率異方性の効果応用物理 ( 寄書 ), Vol.47, No.6, pp (1978) 内田龍男, 石井裕, 和田正信 22. 液晶の偏光解消モードを用いた新しい表示方式電子通信学会論文誌 ( 技術談話会 ), Vol.62-C, No.1, pp (1979) 内田龍男, 石井裕, 和田正信 23. TN 液晶セルにおけるコレステリック液晶の効果電子通信学会論文誌, Vol.62-C, No.9, pp (1979) 内田龍男, 高橋庸夫, 和田正信 24. The Characteristics of the New Display Device Using the Depolarization of a Liquid Crystal (DTN-Cell) Japanese Journal of Applied Physics, Vol.18, Supplement 18-1, pp (1979) T. Uchida, Y. Ishii and M. Wada 25. Guest - Host Interactions in Nematic Liquid Crystal Cells with Twisted and Tilted Alignment Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.54, No.3/4, pp (1979) T. Uchida, H. Seki, C. Shishido and M. Wada 26. The Role of Cholesteric Liquid Crystals in Twisted - Nematic Liquid Crystal Cells Electronics Communications of Japan, Vol.62-C, No.9, pp (1979) T. Uchida, Y. Takahashi, M. Wada 27. Guest - Host Interaction in Nematic Liquid Crystals with Negative Dielectric Anisotropy IEEE Transactions on Electron Devices(Briefs), Vol.ED - 26, No.9, pp (1979) T. Uchida, H. Seki, C. Shishido and M. Wada 28. A Display Device Using the Depolarization in a Twisted Nematic Liquid Crystal Layer IEEE Transactions on Electron Devices(Briefs), Vol.ED - 26, No.9, pp (1979)

5 3 / 11 T. Uchida, Y. Ishii and M. Wada 29. Liquid Crystal Alignment and Surface Energy Molecular Crystals and Liquid crystals, Vol.60, No.1/2, pp (1980) T. Uchida, K. Ishikawa and M. Wada 30. Properties of a Display Device Using Depolarization in a Twisted Nematic Liquid-Crystal Layer (DTN-Cell) Proceedings of the Society for Information Display, Vol.21, No.2, pp (1980) T. Uchida, Y. Ishii and M. Wada 31. Light - Stability of Dichroic Guest - Host Cells Japanese Journal of Applied Physics (Letter), Vol.19. No.8, pp. L501 - L503 (1980) H. Seki, T. Uchida and C. Shishido 32. Liquid Crystal Orientation on the Surface of Obliquely - Evaporated Silicon Monoxide with Homeotropic Surface Treatment Japanese Journal of Applied Physics(Letter), Vol.19, No.11, pp (1980) T. Uchida, M. Ohgawara and M. Wada 33. TN 液晶セルにおける屈折率異方性とセル厚の効果応用物理 ( 速報論文 ), Vol.50, No.1, pp (1981) 高橋庸夫, 内田龍男 34. DTN 液晶セルのマトリクス表示特性電子通信学会論文誌, Vol.J64-C, No.2, pp (1981) 福田一郎, 内田龍男 35. DTN 液晶セルのマトリクス駆動特性電子通信学会論文誌, Vol.J64-C, No.4, pp (1981) 内田龍男, 赤塚實 36. 各種液晶表示方式のマトリクス動作電子通信学会論文誌, Vol.64-C, No.7, pp (1981) 福田一郎, 内田龍男 37. 基板表面の清浄度と液晶の分子配向応用物理, Vol.50, No.8, pp (1981) 大河原雅夫, 内田龍男 38. TN セルにおける屈折率異方性とセル厚の効果に関する理論解析電子通信学会論文誌, Vol.64-C, No.9, pp (1981) 高橋庸夫, 内田龍男 39. New Method to Determine Elastic Constants of Nematic Liquid Crystal from C - V Curve Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.72, pp (1981) T. Uchida, Y. Takahashi 40. Liquid Crystal Orientation on Various Surface Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vo.74, pp (1981) M. Ohgawara, T. Uchida, M. Wada 41. A Liquid Crystal Multicolor Display Using Color Filters Proceedings of the First European Display Research Conference, pp (1981) T. Uchida, M. Wada 42. Effect of Impurities on Liquid Crystal Molecular Orientation on Inorganic Surface Japanese Journal of Applied Physics(Letter), Vol.20, No.1, pp. L75 - L78 (1981) M. Ohgawara and T. Uchida 43. Relation between Polarity of Substrate Surface and Liquid Crystal Molecular Orientation Japanese Journal of Applied Physics(Letter), Vol.20, No.3, pp. L237 - L240 (1981) M. Ohgawara, T. Uchida and M. Wada 44. Bright Dichroic Guest - Host LCDs without a Polarizer Proceedings of the Society for Information Display, Vol.22, No.1, pp (1981) T. Uchida, H. Seki, C. Shishido and M. Wada 45. Guest - Host Type Liquid Crystal Displays Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.63, pp (1981) T. Uchida and M. Wada 46. The Effect of Various Parameters on TN - LCDs Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.66, pp (1981) Y. Takahashi, T. Uchida and M. Wada 47. Light - Stability of Guest - Host Cells

6 4 / 11 Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.66, pp (1981) H. Seki, C. Shishido, T. Uchida and M. Wada 48. Two Frequency Addressing of a DTN-Cell Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.68, pp (1981) I. Fukuda, M. Akatsuka, T. Uchida and M. Wada 49. 液晶層の薄層化と補償板による DTN 液晶セルの特性改善電子通信学会論文誌, Vol.J65-C, No.2, pp (1982) 福田一郎, 内田龍男 50. DTN 形液晶表示素子によるテレビ画像表示テレビジョン学会誌, Vol.36, No.5, pp (1982) 内田龍男 51. 液晶ディスプレイ電子通信学会誌, Vol.65, No.7, pp (1982) 内田龍男 52. Dichroic Azo Dyes for Guest - Host Liquid-Crystal Cell Japanese Journal of Applied Physics(Short Notes), Vol.21, No.1, pp (1982) H. Seki, C. Shishido, S. Yasui and T. Uchida 53. 液晶表示素子の動向画像電子学会誌, Vol.12, No.5, pp (1983) 内田龍男 54. A Full-Color Matrix Liquid-Crystal Display with Color Layers on the Electrodes IEEE Transactions on Electron Devices, Vol.24, No.4, pp (1983) T. Uchida, S. Yamamoto and Y. Shibata 55. A Full-Color Matrix Liquid-Crystal Display with Color Layers on the Electrodes Proceedings of the Society for Information Display, Vol.24, No.2, pp (1983) T. Uchida, S. Yamamoto and Y. Shibata 56. Liquid Crystal Orientation on Inorganic Surface Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.98, pp (1983) T. Uchida, M. Ohgawara and Y. Shibata 57. Multicolored Liquid Crystal Displays Optical Engineering May/June 1984, Vol.23, No.3, pp (1984) T. Uchida 58. Evaluation of Brightness and Contrast of Twisted - Nematic and Guest - Host Cells Proceedings of the Society for Information Display, Vol.25, No.4, pp (1984) H. Seki, T. Uchida and Y. Shibata 59. Application and Device Modeling of Liquid Crystal Displays Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.123, pp (1985) T. Uchida 60. Grain Boundaries Observation of Polycrystalline Silicon Using Nematic Liquid Crystals with Positive Dielectric Anisotropy Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.127, pp (1985) T. Takeuchi, T. Takahashi and T. Uchida 61. Dichroic Dyes for Guest - Host Liquid-Crystal Cells Japanese Journal of Applied Physics, Vol.24, No.5, pp. L299 - L301 (1985) H. Seki, T. Uchida and Y. Shibata 62. Reflective Multicolor Liquid-Crystal Display Proceedings of The Society for Information Display, Vol.27, No.3, pp (1986) T. Uchida, T. Katagishi, M. Onodera and Y. Shibata 63. Dichroic Dyes for Guest - Host Liquid-Crystal Cells Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.138, pp (1986) H. Seki, T. Uchida and Y. Shibata 64. Reflective Multicolor Liquid-Crystal Display IEEE Transactions on Electron Device, Vol.ED - 33, No.8, pp (1986) T. Uchida, T. Katagishi, M. Onodera and Y. Shibata 65. 反射型マルチカラー液晶ディスプレイテレビジョン学会誌, Vol.40, No.10, pp (1986) 内田龍男, 片岸智之, 小野寺政信, 柴田幸男

7 5 / A Stereoscopic Display Using LCDs Proceedings of the Society for Information Display, Vol.28, No.1, pp (1987) T. Uchida and T. Miyashita 67. Effect of Various Parameters on Matrix Display Characteristics of SBE - Liquid Crystal Cells Proceedings of the Society for Information Display, Vol.28, No.2, pp (1987) Y. Kotani, I. Fukuda and T. Uchida 68. Alignment of Ferroelectric Liquid Crystals on a Ferroelectric Transparent Ceramic Plate Japanese Journal of Applied Physics Supplements, Vol.26, No.2, pp (1987) H. Seki, T. Uchida and Y. Masuda 69. Flat - Panel Direct - View Stereoscopic Display Using Liquid-Crystal Cells Proceedings of the Society for Information Display, Vol.28, No.4, pp (1987) T. Uchida, T. Miyashita and S. Nagata 70. Reflective Multicolor LCD(I) : Consideration on the Color Purity and Brightness Proceedings of the Society for Information Display, Vol.29, pp (1988) K. Tadokoro, T. Koizumi and T. Uchida 71. Reflective Multicolor LCD(II) : Improvement in the Brightness Proceedings of the Society for Information Display, Vol.29, pp (1988) T. Koizumi and T. Uchida 72. Optical Parallel Logic Devices Using Liquid Crystal The Society of Photo - Optical Instrumentation Engineers, Vol.936, pp (1988) T. Uchida and K. Tadokoro 73. Liquid Crystal Television Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.165, pp (1988) T. Uchida and S. Morozumi 74. 液晶材料とその特性応用物理, Vol., No. (1989) 内田龍男 75. Director Orientation of Ferroelectric Liquid Crystal on Substrates with Rubbing Treatment:The Effect of Surface Anchoring Strength Liquid crystals Liquid Crystals, Vol.5, No.4, pp (1989) T. Uchida, M. Hirano and H. Seki 76. Effect of Molecular Structure of Dichroic Dye and Ordering of Liquid Crystal on the Dichroism of Dye in Dye - Liquid Crystal Binary Mixture Liquid Crystals, Vol.5, No.5, pp (1989) W.S. Park and T. Uchida 77. Achromatic Supertwisted Nematic LCD Using Birefringent Film Proceedings of the Society for Information Display, Vol.30, No.3, pp (1989) I. Fukuda, Y. Kotani and T. Uchida 78. Alignment of Liquid Crystals on a Ferroelectric Transparent Ceramic Plate Japanese Journal of Applied Physics, Vol.28, No., pp (1989) H. Seki, T. Uchida and Y. Masuda 79. 画像処理機能を有する液晶ディスプレイ電子情報通信学会論文誌, Vol.J73-C - II, No.11, pp (1990) 浜野広, 内田龍男 80. Tilted Homeotropic Alignment of Liquid-Crystal Molecules Using the Rubbing Method Japanese Journal of Applied Physics, Vol.29, pp. L L2238 (1990) H. Seki, Y. Itoh, T. Uchida and Y. Masuda 81. Optimization of Electro - Optical Properties in Achromatic Super Twisted Nematic LCD Using Birefringent Film Proceedings of Society for Information Display, Vol.31, pp (1990) I. Fukuda, Y. Kotani and T. Uchida 82. Cause of Fatigue and Its Improvement in Stereoscopic Display Proceedings of Society for Information Display, Vol.31, pp (1990) T. Miyashita and T. Uchida 83. Novel Multicolor LCD without a Color Filter Proceedings of Society for Information Display, Vol.32, pp (1991) K. Sato, N. Kato, S. Kano, Y. Hanazawa and T. Uchida 84. Tilted Homeotropic Alignment of Liquid-Crystal Molecules Using the Rubbing Method

8 6 / 11 Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.199, pp (1991) H. Seki, Y. Masuda, Y. Itoh and T. Uchida 85. A Double - Layer Electrically Controlled Birefringence Liquid-Crystal Display with a Wide-Viewing-Angle Cone Japanese Journal of Applied Physics, Vol.30, pp. L L1299 (1991) Y. Itoh, H. Seki, T. Uchida and Y. Masuda 86. Optical Image Processing Using Liquid Crystal Panels Japanese Journal of Applied Physics, Vol.31, No.3B, pp. L349 - L351 (1992) Y. Hanazawa and T. Uchida 87. Control of Polymer Orientation in Polymer Dispersed Liquid Crystal (PDLC) Japanese Journal of Applied Physics, Vol.31, No.3B, pp. L352 - L354 (1992) E. Shimada and T. Uchida 88. Relationship between Rubbing Strength and Surface Anchoring of Nematic Liquid Crystal Japanese Journal of Applied Physics, Vol.31, No.5B, pp. L579 - L581 (1992) Y. Sato, K. Sato and T. Uchida 89. A Double-Layer Electrically Controlled Birefringence Liquid-Crystal Display with a Wide-Viewing-Angle Cone Japanese Journal of Applied Physics, Vol.31, No.7B, pp. L L1299 (1992) Y. Itoh, H. Seki, T. Uchida and Y. Masuda 90. Evaluation of the Tilted Homeotropic Alignment of Liquid-Crystal Molecules Using the Rubbing Method Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.223, pp (1992) H. Seki, Y. Itoh, T. Uchida and Y. Masuda 91. Accurate Determination and Measurement Error of Pretilt Angle in Liquid Crystal Cell Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.2B, pp. L (1993) K.Y. Han, T. Miyashita and T. Uchida 92. Optically Compensated Double - Layer Electrically Controlled Birefringence Liquid Crystal Display with Wide - Viewing - Angle Cone Liquid Crystals, Vol.14, No.2, pp (1993) H. Seki, Y. Masuda and T. Uchida 93. Layer Structure and Electrical Properties of Stripe - Shaped Domains Observed in the Initial Alignment State of Surface - Stabilized Ferroelectric Liquid Crystal Cells Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.4B, pp. L604 - L606 (1993) Y. Asao and T. Uchida 94. Electro - Optical Properties of a Double - Layer ECB - LCD with a Wide Viewing - Angle Cone Journal of the Society for Information Display, Vol.1, No. 2, pp (1993) H. Seki, Y. Itoh, T. Uchida and Y. Masuda 95. Study of Memory Alignment of Nematic Liquid Crystals on Polyvinyl Alcohol Coatings Japanese Journal of Applied Physics., Vol.32, No.9A, pp. L L1241 (1993) P. Vetter, Y. Ohmura and T. Uchida 96. Determination of Molecules Inclination in Rubbed Polymer for Liquid Crystal Alignment by Measuring Retardation Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.9A, pp. L L1244 (1993) K.Y. Han, P. Vetter and T. Uchida 97, Orientation of Polymer Molecules in Rubbed Alignment Layer and Surface Anchoring of Liquid Crystals Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.9B, pp. L L1341 (1993) E.S. Lee, P. Vetter and T. Uchida 98. Control of Liquid Crystal Alignment Using Stamped - Morphology Method Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.10A, pp. L L1438 (1993) E.S. Lee, P. Vetter, T. Miyashita, T. Uchida, M. Kano, M. Abe and K. Sugawara 99. Detailed Morphology of Rubbed Alignment Layers and Surface Anchoring of Liquid Crystals Japanese Journal of Applied Physics, Vol.32, No.12B, pp. L L1825 (1993) E.S. Lee, Y. Saito and T. Uchida 100. 位相差板を用いた TN モード反射形 LCD 電子情報通信学会論文誌 ( 研究速報 ), Vol.J77-C - II, No.8, pp (1994) 福田一郎, 坂井栄治, 小谷勇慶雄, 内田龍男 101. Relationship between Azimuthal Surface Anchoring Strength and Chiral Pitch Required for Twisted - Nematic Liquid Crystal Display without Reverse - Twist Domain Japanese Journal of Applied Physics, Vol.33, No.10A, pp. L L1422 (1994) E.S. Lee and T. Uchida 102. Accurate Measurement of the Pretilt Angle in a Liquid Crystal Cell by an Improved Crystal Rotation Method Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.241, pp (1994)

9 7 / 11 K.Y. Han, T. Miyashita and T. Uchida 103. 位相差を用いた反射形 STN - LCD 電子情報通信学会論文誌, Vol.J78-C - II, No.2, pp (1995) 福田一郎, 坂井栄治, 北村晶亮, 小谷勇慶雄, 内田龍男 104. 反射型液晶ディスプレイ電子情報通信学会誌, Vol.78, No.7, pp (1995) 内田龍男 105. 高分子配向法を用いた液晶セルの熱処理による液晶分子配向への影響テレビジョン学会誌, Vol.49, No.12, pp (1995) 韓官栄, 内田龍男 106. Wide - Viewing - Angle Display Mode Using Bend - Alignment Liquid Crystal Cell Japanese Journal of Applied Physics, Vol.34, No.2A, pp. L177 - L179 (1995) T. Miyashita, Y. Yamaguchi and T. Uchida 107. On the Improvement of the Optical Properties Dichroic Dyes and Liquid Crystal Mixtures. A Model Studies Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.258, pp (1995) M. Wnek and T. Uchida 108. Temperature Dependence of LC - Molecular Alignment on Rubbed Polymer Layer Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.262, pp (1995) K.Y. Han and T. Uchida 109. Reflective Electrically Controlled Birefringence Mode LCDs Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.263, pp (1995) H. Seki, Y. Masuda and T. Uchida 110. A Study of the Relation between Surface Alignment of Polymers and Liquid-Crystal Pretilt Angle Journal of the Society for Information Display, Vol.3, No.1, pp (1995) K.Y. Han and T. Uchida 111. Wide - Viewing - Angle Display Mode for Active - Matrix LCDs Using a Bend - Alignment Liquid-Crystal Cell Journal of the Society for Information Display, Vol.3, No.1, pp (1995) T. Miyashita, P.J. Vetter, Y. Yamaguchi and T. Uchida 112. The Kimura s Approach to the Short - Range Interactions between a Liquid Crystal and a Polymer Alignment Layer. A Model Molecular Crystals and Liquid Crystals., Vol.265, pp (1995) M. Wnek, K.Y. Han and T. Uchida 113. Optimum Dark - State Voltage for Wide - Viewing - Angle Optically-Compensated - Bend - Mode Liquid-Crystal Displays Japanese Journal of Applied Physics, Vol.34, No.10B, pp. L L1364 (1995) C - L. Kuo, T. Miyashita, M. Suzuki and T. Uchida 114. Crucial Influences of K33/K11 Ratio on Viewing Angle of Display Mode Using a Bend - Alignment Liquid-Crystal Cell with a Compensator Applied Physics Letters, Vol.68, No.11, pp (1996) C - L. Kuo, T. Miyashita, M. Suzuki and T. Uchida 115. Rubbing Effect on Geometrical Anisotropy of Alignment Surface of Liquid Crystal Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.282, pp (1996) H. Seki, Y. Masuda and T. Uchida 116. Optically Compensated Bend Mode (OCB Mode) with Wide Viewing Angle and Fast Response IEICE Transactions on Electronics, Vol.E79-C, No.8, pp (1996) T. Miyashita and T. Uchida 117. A Novel Optical Measurement Method for the Determination of LC Pretilt Angle without a Restriction of Pretilt Magnitude and a Cell Gap of LC Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.302, pp (1997) K.Y. Han, T. Uchida and S.B. Kwon 118. A New Reflective Color Guest - Host Display with Scattering Effect Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.304, pp (1997) H. Seki, N. Sugiura, M. Shimizu and T. Uchida 119. Relation Among Micro - Structure of Rubbing Fiber, Shape of the Microgroove of Rubbed Polymer and its Anchoring Strength Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.304, pp (1997) K. Wako, K.Y. Han and T. Uchida 120. 高精細溶融熱転写インクリボンの検討電子情報通信学会論文誌, Vol.J81-C - II, No.4, pp , 日比野郁夫, 小野昭一, 内田龍男

10 8 / 高精細溶融熱転写プロセスの検討電子情報通信学会論文誌, Vol/J81 - c - II, No.6, pp , 日比野郁夫, 小野昭一, 内田龍男 122. Optical Design of R - OCB Mode Full-Color Reflective LCD with Wide Viewing Angle and High Contrast Journal of the SID, Vol.6, No.4, pp (1998) T. Ishinabe, T. Miyashita and T. Uchida 123. Reflective Color - Sequential LCD without Micro-Color Filters Using Color Polarizers Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.331, pp (1999) T. Inomata, T. Miyashita, R. Mizoguchi, O. Okamoto and T. Uchida 124. Optical Designing for a Bright Reflective Direct - Matrix - LCD Using Homeotropically Aligned Liquid Crystal Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.331, pp (1999) Y. Iwakura, T. Sugiyama, S. Inoue, T. Miyashita and T. Uchida 125. Mechanism of Excellent Fast Response and Recover in OCB-Cell with Bend Alignment Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.331, pp (1999) S. Onda, T. Miyashita and T. Uchida 126. Color Matching of Guest - Host Liquid Crystal Displays Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.331, pp (1999) H. Seki, T. Uwano and T. Uchida 127. Investigation of Anisotropic Scattering Films with Unique Function such as Light Scattering Polarizer Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.331, pp (1999) M. Miyatake, Y. Fujimura, T. Miyashita and T. Uchida 128. 反射型共焦点レーザ顕微鏡を用いたネマティック液晶セルの分子配向方位の測定電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-C, No.6, pp , 鵜川雄成, 内田龍男 129. Reflection Effect to Linear Polarizer on Reflective LCDs Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.368, pp (2001) T. Uwano, K. Seino, H. Seki and T. Uchida 130. An Advanced Active Optical Pickup with Cross - Stripe Liquid Crystal Device for Compensation of Spherical Aberration Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.368, pp (2001) H. Yoshikawa, S. Hasegawa and T. Uchida 131. Field Sequential LCD Using Organic EL Backlighting Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.368, pp (2001) N. Ogawa, T. Uchida, T. Miyashita and M. Kosugi 132. Molecular Alignment of Liquid Crystal on Microgroove Surface Molecular Crystals and Liquid Crystals, Vol.368, pp (2001) M. Ishiyama, T. Tanaka, M. Sato, H. Seki and T. Uchida 133. New Concept of the Wide Viewing Angle Liquid Crystal Display without Grayscale Inversion Japan Journal of Applied Physics, Vol.40, No.12B, pp. L L1376 (2001) M. Shibazaki, T. Ishinabe, T. Miyashita, T. Uchida and T. Sunata 134. A Novel Driving Method for Field Sequential Color Using an OCB TFT - LCD Journal of the tsociety for Information Display, Vol.9, No.4, pp (2001) N. Koma, T. Miyashita and T. Uchida 135. Wide - Viewing - Angle Polarizer with a Large Wavelength Range Japanese Journal of Applied Physics, Vol.41. No.7A, pp (2002). T. Ishinabe, T. Miyashita and T. Uchida 136. Reflective Liquid-Crystal Displays and Materials MRS BULLETIN / NOVENBER 2002, pp (2002). T. Uchida, T. Ishinabe 137. A new solution for splay - bend transition in OCB mode a twisted area Journal of the SID, Vol.11, No.3, pp (2003) I. Inoue, T. Miyashita, T. Uchida, Y. Yamada and Y. Ishii 138. Novel screen technology for high - contrast front - projection display by controlling ambient - light reflection Journal of the SID, Vol.11, No.3, pp (2003) B. Katagiri, T. Miyashita, T. Ishinabe and T. Uchida 139. A New Wide - Viewing - Angle Liquid Crystal Display without Grayscale Inversion Mol. Cryst. Liq. Cryst., Vol.410, pp (2004)

11 9 / 11 T. Higano, T. Ishinabe, T. Miyashita, T. Uchida 140. Improvement of Viewing Angle Properties of IPS - Mode LCD by Using Super - Wide - Viewing - Angle Polarizer Mol. Cryst. Liq. Cryst., Vol.410, pp (2004) Takahiro Ishinabe, Tetsuya Miyashita, Tatsuo Uchida 141. The Transiton from the Splay to Bend State in the OCB Cell Mol. Cryst. Liq. Cryst., Vol.410, pp (2004) Ken Kuboki, Tetsuya Miyashita, Takahiro Ishinabe, Tatsuo Uchida 142. Order parameters of the liquid crystal interface layer at a rubbed polymer surface Journal of Applied Physics, Vol.96, No.4, pp (2004) Li Xuan, Takeshi Tohyama, Tetsuya Miyashita, Tatsuo Uchida 143. Liquid Crystal Biaxiality at the Polymer Alignment Surface Studied Using Infrared Dichroism Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.2B, pp. L312 - L314 (2004). Xibin SHAO, Tastuo UCHIDA 144. Design of Light - Diffusing Film for Full-Color Reflective Liquid Crystal Display with High Contrast and Wide Viewing Angle Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.9A, pp (2004). Takahiro ISHINABE, Takanori NAKAYAMA, Tetsuya MIYASHITA, Tatsuo UCHIDA 145. A Bright Reflective Full-Color Liquid Crystal Display Using Optically Compensated Bend Cell with High Contrast Ratio and Wide Viewing Angle Range Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.9A, pp (2004). Takahiro ISHINABE, Tetsuya MIYASHITA, Tatsuo UCHIDA, Makoto SUZUKI 146. Progress in Viewing - Angle Properties of Liquid-Crystal Display Journal of the Society for Information, Vol.12, No.3, pp (2004). Tatsuo Uchida, Takahiro Ishinabe 147. A Novel Reflective Liquid Crystal Display with High Resolution and Full Color Capability Japanese Journal of Applied Physics, Vol.43, No.12, pp (2004). Tatsuo Uchida, Takahiro ISHINABE, Takanori NAKAYAMA, Makoto SUZUKI, Tetsuya MIYASHITA 148. Evaluation of Optical Parameter in Liquid Crystal Layer Mol. Cryst. Liq. Cryst., 434, pp (2005). Yuya Sato, Isao Nakamura, Nobuhiro Horii, Matsuo Sato, Kazuhiro Wako, Tatsuo Uchida, Hidehiro Seki 149. Evaluation of Optical Parameter in Liquid Crystal Layer Mol. Cryst. Liq. Cryst., 434, pp , 2005 Yuya Sato, Isao Nakamura, Nobuhiro Horii, Matsuo Sato, Kazuhiro Wako, Tatsuo Uchida, Hidehiro Seki 150. Electrochemical Investigations of Al-Carbon Hybrid Bipolar Plate Meterials for Polymer Electrolyte FuelCells Electrochmistry, Vol.75, No.2, pp Dongzhu YIN, Takashi ITOH, Kazumasa TOKI, Atsuo KASUYA, Muneyoshi YAMADA, Tatsuo UCHIDA 151. Synthesis and Physical Properties of Novel Fluorine-Containing U-Shaped Compounds Japanese Journal of Applied Physics, Vol.46, No.4A, pp (2007). Fumitaka OGASAWARA,Tatsuo UCHID,Atsushi YOSHIZAWA 152. Analysis of the surface order parameter of liquid crystal ona polymer surface using the phase Transition droplet method Journal of Applied Physics, Vol.102, No.1, pp , 2007 S. J. Oh, K. Kuboki, T. Miyashita, T. Uchida 153. Generation mechanism of residual direct current voltage in a liquid crystal display and its Evaluation parameters related to liquid crystal and alignment layer materials Journal of Applied Physics, Vol.102, No.1, pp , 2007 Masanobu Mizusaki, Tetsuya Miyashita, Tatsuo Uchida, Yuichiro Yamada, Yutaka Ishii, Shigeaki Mizushima 154. High-Precision Measurement of the Polar Anchoring Strength of Several Vertical Alignment Layer Materials by Psi Delta Hybrid Aligned Liquid Crystal Cell Method Japanese Journal of Applied Physics, Vol.47, No.2, pp , 2008 Yuji Ohno, Takahiro Ishinabe, Tetsuya Miyashita, Tatsuo Uchida 155. High Performance OCB-mode for Field Sequential Color LCDs Journal of the Society for Information Display, Vol. 16, Issue 2, pp ( ). T. ISHINABE, K. WAKO, K. SEKIYA, T. KISHIMOTO, T. MIYASHITA and T. UCHIDA 156. Temperature dependence of residual DC voltage and its evaluation parameter related to liquid-crystal and alignment-layer materials Journal of the Society for Information Display, vol.16, No. 4, pp , 2008 Masanobu Mizusaki, Tetsuya Miyashita, Tatsuo Uchida, Yuichiro Yamada, Yutaka Ishii, Shigeaki Mizushima 157. Nematic Optically Compensated Birefringence(NCB) Mode LCD の作製と評価

12 10 / 11 映像情報メディア学会誌, Vol.62. No.10, pp , 2008 中村亮, 石鍋隆宏, 内田龍男, 森裕行 158. High-Precision Measurement of Polar Anchoring Strength and Elastic Constant Ratio using Hybrid Alignment Nematic Cell Japanese Journal of Applied Physics, Vol.47, No.12, pp , 2008 Takahiro ISHINABE, Yuji OHNO, Tetsuya MIYASHITA, Tatsuo UCHIDA 159. Chiral Additive Effects on the Bend Growth Rate for An Optically Compensated Bend Mode Liquid Crystal Display Japanese Journal of Applied Physics, Vol.48, No.5, pp , 2009 Fumitaka OGASAWARA, Ken KUBOKI, Kazuhiro WAKO, Tatsuo UCHIDA, Atsushi YOSHIZAWA 160. High Accurate Method for Measuring Ordinary and Extraordinary Refractive Indices of Liquid Crystal Materials, Cell Thickness, and Pretilt Angle of Liquid Crystal Cells Using Ellipsometry Japanese Journal of Applied Physics, Vol.48, No. 5, pp , 2009 Y. Ohno, T. Ishinabe, T. Miyashita, T. Uchida 161. Improvement of Transmittance and Viewing Angle of Optically Compensated Bend Mode Liquid Crystal Display Using Wide-Viewing-Angle Circular Polarizer Japanese Journal of Applied Physics, Vol.48 No.9, pp , 2009 T. Ishinabe, T. Miyashita, T. Uchida, K. Wako, T. Kishimoto, K. Sekiya 2. 特許 3. 外部資金の獲得 ( 科研費 寄付金 受託研究費等 ) 4. 学会賞等の受賞 1985 年 7 月第 13 回テレビジョン学会鈴木記念賞 ゲスト ホスト型液晶セルの特性 1986 年 3 月第 32 回大河内記念技術賞 ゲスト ホスト型二層式大型カラー液晶表示器の開発と量産化 1986 年 4 月第 28 回科学技術庁長官賞 科学技術功労者賞 ゲスト ホスト型二層式カラー液晶表示の開発 1987 年 5 月第 27 回テレビジョン学会丹羽高柳賞 論文賞 反射型マルチカラー液晶ディスプレイ 1988 年 5 月 Society for Information Display Special Recognition Award ( 米国情報表示学会 特別業績賞 ) For his important contributions to liquid crystal display technology, especially his development of technology for full color displays( 液晶ディスプレイ技術 特にフルカラーディスプレイ技術の開発への重要な貢献 ) 1990 年 5 月 Society for Information Display "1989 International Symposium Best Paper Award"( 米国情報表示学 1989 年国際シンポジウム ベスト論文賞 ) Homeotropic alignment Full-Color LCD ( ホメオトロピック配向フルカラー液晶ディスプレイ ) 1990 年 5 月第 31 回テレビジョン学会 丹羽高柳賞 業績賞 高画質フルカラー液晶ディスプレイの基礎技術の確立 1993 年 4 月新技術開発財団 市村賞 ( 貢献賞 ) カラー液晶ディスプレイの考案と開発 1994 年 5 月 Society for Information Display Fellow ( 米国情報表示学会フェロー ) For his important contributions to the theory and technology of liquid crystal displays, and for his leadership in the display community( 液晶ディスプレイの理論と技術への重要な貢献およびディスプレイ学会におけるリーダーシップ 2001 年 7 月科学技術振興事業団 井上春成賞 超低消費電力反射型カラー液晶ディスプレイ 2001 年 9 月日本液晶学会 業績賞 液晶ディスプレイに関する技術および産業発展への貢献 2003 年 9 月電子情報通信学会 フェロー 液晶の分子配向機構の解明と制御およびカラー液晶ディスプレイの開発における極めて顕著な功績 2004 年 5 月 Society for Information Display Jan Rajchman Prize( 米国情報表示学会 Jan Rajchman 賞 ) For his outstanding contributions to the science of liquid-crystal molecular alignment and the technology of high-performance LCDs( 液晶ディスプレイの分子配向および高性能化技術への極めて顕著な貢献 ) 2005 年 4 月文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門 サイエンスサマースクール開催による地域理科教育の普及啓発 2005 年 6 月内閣府産学官連携功労者表彰 文部科学大臣賞 超低電力反射型カラー液晶ディスプレイの開発

13 11 / 年 5 月映像情報メディア学会 フェロー 映像情報メディア分野における業績及び貢献 2008 年 5 月 Society for Information Display Slottow-Owaki Prize( 米国情報表示学会 Slottow-Owaki 賞 ) For his remarkable contributions to the education of students and company researches in the field of liquid-crystal displays( 液晶ディスプレイの分野における学生および企業の研究者の教育に関する顕著な貢献 ) 2009 年 5 月電子情報通信学会 業績賞 広視野角 高速液晶ディスプレイモードの研究開発およびその高精細フルハイビジョン液晶ディスプレイヘの応用 2010 年 1 月第 59 回河北文化賞 液晶の基礎研究おおよび高性能液晶ディスプレイの開発 5. 学会 学術団体等での活動 1) Society for Information Display 日本支部評議員 (1986 年 8 月 ~ 現在 ). 2) The 9th International Display Research Conference (Japan Display) プログラム委員会副委員長 (1987 年 5 月 ~1989 年 10 月 ). 3) 液晶討論会世話人 (1987 年 5 月 ~1997 年 10 月 ). 4) The 12th International Display Research Conference (Japan Display) プログラム委員長 (1990 年 5 月 ~1992 年 10 月 ). 5) テレビジョン学会評議員 (1993 年 5 月 ~1995 年 5 月 ) 6) AM-LCD 国際会議プログラム副委員長 (1993 年 ~1994 年 ). 7) AM-LCD 国際会議実行副委員長 (1994 年 ~1995 年 ). 8) 電子情報通信学会電子ディスプレイ研究会副委員長 (1995 年 5 月 ~1997 年 5 月 ). 9) The 18th International Liquid Crystal Conference 実行委員長 (1996 年 10 月 ~2000 年 7 月 ). 10) The International Display Workshops プログラム委員長 (1996 年 11 月 ~1997 年 11 月 ). 11) 電子情報通信学会電子ディスプレイ研究会委員長 (1997 年 5 月 ~1999 年 5 月 ). 12) 映像情報メディア学会評議員 (1997 年 5 月 ~1999 年 5 月 ). 13) 日本液晶学会理事 (1997 年 10 月 ~1999 年 10 月 ). 14) International Liquid Crystal Society 選奨委員 (1998 年 ~ 現在 ). 15) AM-LCD 国際会議副組織委員長 (1999 年 ~2000 年 ). 16) 応用物理学会理事 (2001 年 4 月 ~2003 年 3 月 ) 17) 映像メディア学会情報ディスプレイ研究会委員長 (2001 年 5 月 ~2003 年 5 月 ) 18) 映像情報メディア学会評議員 (2002 年 5 月 ~2004 年 5 月 ). 19) International Liquid Crystal Society Board member(2002 年 ~ 現在 ). 20) The International Display Workshops 組織委員長 (2002 年 12 月 ~2003 年 12 月 ). 21) 応用物理学会評議員 (2003 年 4 月 ~2008 年 3 月 ). 22) 映像情報メディア学会東北支部長 (2003 年 5 月 ~2004 年 5 月 ) 23) 映像情報メディア学会副会長 (2004 年 5 月 ~2006 年 5 月 ). 24) 映像情報メディア学会評議員 (2006 年 5 月 ~2008 年 5 月 ). 25) 日本液晶学会副会長 (2007 年 1 月 ~2007 年 12 月 ) 26) 日本液晶学会会長 (2008 年 1 月 ~2008 年 12 月 ) 27) 映像情報メディア学会評議員 (2009 年 5 月 ~2011 年 5 月 ). 28) 映像情報メディア学会会長 (2011 年 5 月 ~ 現在 ).

14 1 / 2 教員業績 基本情報 教員氏名 : 安藤敏彦所属学科 : 広瀬 情報システム工学科役職 : 准教授学位 : 博士 ( 情報科学 )2002 年 3 月東北大学 I. 教育業績 1. 担当授業科目 2015 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プロジェクト実習 (IS2) プログラミング (IS3) ソフトウェア分析設計 (IS4) 情報システム実験 I(IS4) 情報システム演習 II(IS4) 情報セキュリティ (IS5) オペレーティングシステム (IS5) 情報システム概論 (IS5) 情報システム実験 II(IS5) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 知識工学 ( 専攻 2 年 ) 2014 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プロジェクト実習 (2IS) プログラミング (3IS) ソフトウェア分析設計 (4IS) ネットワーク I(4IS) ネットワーク II(4IS) 情報システム実験 I(4IS) 情報セキュリティ (5IS) オペレーティングシステム (5IS) ネットワーク III(5IS) ネットワーク IV(5IS) 情報システム概論 (5IS) 情報システム実験 II(5IS) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 知識工学 ( 専攻 2 年 ) 2013 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プロジェクト実習 (2IS) 情報システム基礎実験 (3IS) プログラミング (3IS) ソフトウェア分析設計 (4IS) ネットワーク I(4IS) ネットワーク II(4IS) 情報システム実験 I(4IS) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 知識工学 ( 専攻 2 年 ) 2012 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プロジェクト実習 (2IS) 情報システム基礎実験 (3IS) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 知識工学 ( 専攻 2 年 ) 2011 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プロジェクト実習 (2IS) プログラミング基礎 II(3I) 電子回路 (3I) 電気電子工学実験 (3I) ネットワークシステム (4I) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 知識工学 ( 専攻 2 年 ) 2010 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プログラミング基礎 I(2I) プログラミング基礎 II(3I) 電子回路 (3I) ネットワークシステム基礎 (3I) 電気電子工学実験 (3I) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 攻実験 演習 II( 専攻 2 年 ) 2009 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プログラミング基礎 I(2I) プログラミング基礎 II(3I) 電子回路 (3I) ネットワークシステム (4I) 電気電子工学実験 (3I) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : ネットワーク基礎論 I( 専攻 1 年 ) 専攻実験 演習 I( 専攻 1 年 ) 2008 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) プログラミング基礎 I(2I) プログラミング基礎 II(3I) 電子回路 (3I) ネットワークシステム基礎 (3I) 電気電子工学実験 (3I) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : ネットワーク基礎論 I( 専攻 1 年 ) ソフトウェア工学 I( 専攻 1 年 ) 2007 学科 : 創造工学実習 (1 年 ) 計算機とプログラミング (2I) 電子回路 (3I) ネットワークシステム (4I) 情報工学実験 A(4I) 情報工学実験 B(5I) 専攻科 : ネットワーク基礎論 I( 専攻 1 年 ) ソフトウェア工学 I( 専攻 1 年 ) 2. 教材開発 ( 教科書執筆 ウェブ教材の作成等 ) 2015 プロジェクト実習教材作成 (Web 製作 ) プログラミング教材作成 2014 プロジェクト実習教材作成 (Web 製作 ) プログラミング教材作成 ソフトウェア分析設計教材作成 (Android タブレットアプリ開発 ) 2013 プロジェクト実習教材作成 (Web 製作 ) プログラミング教材作成 ソフトウェア分析設計教材作成 2012 プロジェクト実習教材作成 (Web 製作 ) プログラミング教材作成 ソフトウェア分析設計教材作成 2011 ネットワークシステム教材作成 プログラミング教材作成 プロジェクト実習教材作成 2010 ネットワークシステム基礎教材作成 プログラミング Web 教材作成 2009 ネットワークシステム基礎教材作成 プログラミング Web 教材作成 2008 ネットワークシステム基礎教材作成 2007 ネットワークシステム他教材共有用サーバの構築 2006 創造工学実習教材作成 2005 計算機とプログラミング Web 教材の作成 情報システム設計論 ( 福島大学教育学部 )Web 教材の作成 II. 研究業績

15 2 / 2 1. 学術論文 ( 紀要 学会発表 解説 研究会報告等を含む ) 第 6 回知識共創フォーラム (Mar.12-13, 金沢市 ) 平成 27 年度情報処理学会東北支部研究会 ( 山形大学 ) 電子情報通信学会 2016 年総合大会 (Mar.15-18, 九州大学 )(2 件 ) IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering 2015(TALE 2015) 平成 27 年度東北地区高等専門学校専攻科産学連携シンポジウム (2 件 ) 第 20 回高専シンポジウム講演 情報処理学会全国大会講演 FIT2015 講演 (2 件 ), 第 80 回形の科学シンポジウム講演 FIT2014 講演 東北地区高等専門学校産学連携シンポジウム 情報処理学会全国大会講演, 東北地区高等専門学校産学連携シンポジウム 情報処理学会東北支部講演 情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会講演 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループシンポジウム講演 電気関係学会東北支部連合大会講演 ASTSA 情報処理学会東北支部講演 FIT2009 講演 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループシンポジウム講演 情報処理学会東北支部講演 ヒューマンインタフェース学会講演 FIT2007 講演 情報処理学会東北支部講演 信学会 HCS 研究会講演 形の科学会シンポジウム 情報処理学会東北支部講演 情報処理学会東北支部講演 2001 電波高専紀要 2000 Computer Networks 2000 電波高専紀要 ICPP-99 講演, 情報処理学会 DPS 研究会講演 情報処理学会 ITS 研究会 1998 信学論英文誌 情報処理学会東北支部講演 2. 特許 なし 3. 外部資金の獲得 ( 科研費 寄付金 受託研究費等 ) 2011~2013: 科研費 ( 基盤 (C)) 人 人工物共存のための演劇におけるコミュニケーションデザイン ( 課題番号 ) 2010: 豊橋技科大高専連携教育研究プロジェクト 2009:( 株 )NJC コミュニケーションズ共同研究 2008: 豊橋技科大高専連携教育研究プロジェクト 2007: 豊橋技科大高専連携教育研究プロジェクト 2001~2002: 科研費 ( 若手 B) パフォーミング アートにおける演技者の身振りによる情報伝達と同期に関する研究 4. 学会賞等の受賞 2007: 平成 18 年度宮城県芸術選奨新人賞 5. 学会 学術団体等での活動 電子情報通信学会 情報処理学会 日本物理学会 形の科学会 ACM 国際演劇協会

16 1 / 4 基本情報 教員氏名 : 石井誠四郎所属学科 : 広瀬 情報ネットワーク工学科役職 : 特任教授学位 : 博士 ( 工学 ) 筑波大学 I. 教育業績 1. 担当授業科目 2012 年度, 創造工学 (1IN), プロジェクト実習 (2IN), 電子回路基礎 (3IN), ネットワーキング基礎 (3IN) 2013 年度, 創造工学 (1IN), プロジェクト実習 (2IN), 電子回路基礎 (3IN), ネットワーキング基礎 (3IN), 電子回路 C(4IN) 2014 年度, 創造工学 (1IN), プロジェクト実習 (2IN), 電子回路基礎 (3IN), ネットワーキング基礎 (3IN), 電子回路 C(4IN), 電磁波工学 Ⅲ(5IN), 無線通信システム (5IN) 2015 年度, 創造工学 (IN1), プロジェクト実習 (IN2), 電子回路基礎 (IN3), ネットワーキング基礎 (IN4), 電子回路 C(IN4), 電磁波工学 Ⅲ(IN5), 無線通信システム (IN5) 2. 教材開発 ( 教科書執筆 ウェブ教材の作成等 ) II. 研究業績 1. 学術論文 ( 紀要 学会発表 解説 研究会報告等を含む ) Ⅰ. 学会論文誌 ジャーナル誌論文 ( 査読付 ) (19) Seishiro Ishii, Masahiro Kinugawa, Shunichiro Wakiyama, Shuji Sayama, Toshihisa Kamei, Rain attenuation in the micro-wave to terahertz waveband, Scientific Research Publishing, Wireless Engineering and Technology, Vol. 7, No. 2, pp (2016). (18) 松隈敏治, 佐山周次, 石井誠四郎 : シークラッタの統計的性質に影響を与える要因, 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.135-A, No.1, pp.1-8 (2015) (17) Syuji Sayama, Seishiro Ishii: " Suppression of Log-normal Distributed Weather Clutter Observed by an S-band Radar ", Scientific Research Publishing, Wireless Engineering and Technology, Vol.4, No.3, pp (2013). (16) 佐山周次, 石井誠四郎 : CA LOG/CFAR 回路を改良した対数正規 CFAR 回路によるウェザークラッタの抑圧, 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.132-A, No.10, pp (2012) (15) 佐山周次, 石井誠四郎 : MDL 原理によるシークラッタの統計的性質 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.132-A, No.10, pp (2012) (14) 佐山周次, 石井誠四郎 : S バンドレーダによって観測された市街地と丘陵地のグランドクラッタの統計的性質, 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.131-A, No.11, pp , (13) Seishiro Ishii, Syuji Sayama, Koichi Mizutani : Effect of Changes in Sea-Surface State on Statistical Characteristics of Sea Clutter with X-band Radar, Scientific Research Publishing, Wireless Engineering and Technology, Vol.2, No.3, 2011, pp (12) Seishiro Ishii, Syuji Sayama, Toshihisa Kamei : Measurement of Rain Attenuation in Terahertz Wave Range, Scientific Research Publishing, Wireless Engineering and Technology, Vol.2, No.3, pp , (11) 石井誠四郎, 岡本洋介, 宇都宮俊男 : X バンドレーダによる海面状態変化のシークラッタの統計的性質に与える影響の検討, 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.131-A, No.4, pp , (10) S. Ishii, S. Sayama, K. Mizutani : Rain Attenuation at Terahertz, Wireless Engineering and Technology, Vol.1, No. 2, pp.92-95, (9) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダによる港湾部近辺におけるクラッタの抑圧, 電気学会論文誌 (A) 基礎 材料 共通部門誌, Vol.129-A, No.8, pp , (8) M. Sekine, S. Ishii, S. Hwang, S. Sayama : Weibull Raindrops-Size Distribution and its Application to Rain Attenuation from 30 GHz to 1000 GHz, International Journal of Infrared and Millimeter Waves, Vol.28, No.5, pp , (7) S. I. Hwang, S. Ishii, S. Sayama, M. Sekine : Detection of Aircraft Embedded in Ground Clutter by Means of Non-Doppler X-band Radar, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol. 126, No. 6, pp , (6) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine : Amplitude Statistics of Weather Clutter Observed by L-band Radar, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol. 126, No. 6, pp , 2006.

17 2 / 4 (5) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine : Suppression of Log-Weibull Distributed Sea-Ice Clutter Using a Modified LOG/CFAR, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.126, No.6, pp , (4) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine : Amplitude Statistics of Sea Clutter Observed by L-band Radar, IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.126, No.6, pp , (3) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine : Amplitude Statistics of Sea Clutter Observed by a Millimeter Wave Radar Analyzed by Minimum Description Length (MDL) Principle, International Journal of Infrared and Millimeter Waves, Vol.25, No. 10, pp , (2) 石井誠四郎, 土田英紀 : 無線タグを用いた遠隔測定システムの検討, 電気学会論文誌 (C) 電子 情報 システム部門誌, Vol.125-C, No.2, pp , (1) Seishiro Ishii: Rain Attenuation at Millimeter Wavelength of 1.33mm, International Journal of Infrared and Millimeter Waves, Vol.25, No.10, pp , Ⅱ. 国際会議論文 ( 査読付 ) (4) H. Watanabe, K.Yamamoto, T. Tsugawa, S. Ishii, T. Nagatsuma, et al.:"implementation of an Integrated Management System for Global Multipoint Observation", Proceeding of the 1st ICSU WDS Conference on Data Science Journal, (3) M. Sekine, S. Ishii, S. Sayama, Rain Attenuation from Weibull Raindrop-Size Distribution, Proceedings of the 28th Symposium on Remote Sensing for Environmental Sciences, , pp (2) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine, Suppression of Sea-Ice Clutter Using a Modified LOG/CFAR System, Proceedings of the 27th Symposium on Remote Sensing for Environmental Sciences, , pp (1) S. Sayama, S. Ishii, M. Sekine, Statistical Properties of Weibull-Distributed Weather Clutter Using a Doppler Radar, Proceedings of the 27th Symposium on Remote Sensing for Environmental Sciences, , pp Ⅲ. 紀要論文 (15) 佐山周次, 石井誠四郎 : 対数正規 CFAR 回路によるウェザークラッタの抑圧, 防衛大学校理工学研究報告第 50 巻, 第 2 号, , pp (14) 権藤佳奈, 石井誠四郎, 佐山周次 : X バンドレーダにおける降雨による影響の解析, 防衛大学校理工学研究報告第 49 巻, 第 2 号, , pp.1-8. (13) 田口直樹, 石井誠四郎, 佐山周次 : ワイブル CFAR 処理における船舶の大きさによる影響の検討, 防衛大学校理工学研究報告第 49 巻, 第 1 号, , pp (12) 山崎貴友, 石井誠四郎, 佐山周次 : 適応 Q-Q 確率プロットによる市街地を含むグランドクラッタの解析, 防衛大学校理工学研究報告第 48 巻, 第 2 号, , pp.1-7. (11) 田中領作, 石井誠四郎, 佐山周次 : ワイブル分布または対数正規分布に従うクラッタの抑圧, 防衛大学校理工学研究報告第 48 巻, 第 1 号, , pp (10) 川端秀和, 石井誠四郎, 佐山周次 : 適応 Q-Q 確率プロットによるレーダ干渉波を含むクラッタの解析, 防衛大学校理工学研究報告第 47 巻, 第 2 号, , pp.1-7. (9) 今村真美, 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダと X バンドレーダによるウェザークラッタの統計的性質, 防衛大学校理工学研究報告, 第 47 巻, 第 1 号,2009.9, pp (8) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダによる港湾エリアでのクラッタの抑圧, 防衛大学校理工学研究報告第 46 巻, 第 2 号, , pp (7) 山崎正人, 石井誠四郎, 佐山周次 : X バンドレーダによるグランドクラッタの統計的性質, 防衛大学校理工学研究報告第 45 巻, 第 1 号, , pp (6) 高原光希, 石井誠四郎, 佐山周次 : 混合型分布の混合比の決定方法, 防衛大学校理工学研究報告第 45 巻, 第 2 号, , pp (5) 島田佳和, 黄聖人, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫 : S バンドレーダにより観測された市街地を含むクラッタの抑圧, 防衛大学校理工学研究報告第 45 巻, 第 1 号, , pp (4) 黄聖人, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫 : 改良型 LOG/CFAR システムによるレーダクラッタ抑圧, 防衛大学校理工学研究報告第 44 巻, 第 2 号, , pp (3) S. Ishii, S. I. Hwang, S. Sayama, M. Sekine : Measurements of rain attenuation in millimeter waves at National Defense Academy of Japan, Memoirs of the National Defense Academy,Japan, Vol.46, No.2, , pp.1-3. (2) 安井浩憲, 黄聖人, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫, 他 3 名 : シークラッタを含むレーダ干渉波の統計的性質, 防衛大学校理工学研究報告第 43 巻, 第 1 号, , pp (1) 黄聖人, 奥田弘雄, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫 : L バンドレーダにより観測されたウェザークラッタの MDL 原理による分析, 防衛大学校理工学研究報告第 43 巻, 第 2 号, , pp.1-7. Ⅳ. 国際会議発表 (4) Hidenobu Watanabe, Kazunori Yamamoto, Takuya Tsugawa, Seishiro Ishii, et al.: "Implementation of Integrated Management System for Global Multipoint Observation",The 1st ICUSU World Data System Conference, (3) S. Ishii, T. Kamei, and S. Sayama : System for Measuring Rain Attenuation in Terahertz Wave Ranges, Progress In Electromagnetics Research Symposium, Marrakesh, Morocco, March 20-23, Abstracts, 2011, p (2) S. Sayama, S. Ishii, M.Sekine, Amplitude Statistics of Sea Clutter Observed by an X-band Radar Analyzed by MDL Principle, Progress In Electromagnetics Research Symposium, 2006-TOKYO, Session 3P7b, , p.397. (1) S. I. Hwang, S. Ishii, S. Sayama, M.Sekine, Detection of Aircraft Embedded in Ground Clutter, Progress In Electromagnetics Research Symposium, 2006-TOKYO, Session 3P7b, , p.396. Ⅴ. 国内学会等発表 (39) 石井誠四郎, 衣川昌彦, レーダリモートセンシングシステム観測による航空機とそのレーダ断面積, 電気学会計測研究会 ( 仙台市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , pp (38) 石井誠四郎, 衣川昌彦, 岡田麻美, 堀江直樹 レーダリモートセンシングシステムによるグランドクラッタの季節変化の観測, 電気学会計測研究会 ( 電気学会本部 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , pp.1-6. (37) 石井誠四郎, 衣川昌彦 レーダリモートセンシングシステムによる降雪の観測, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , pp (36) 遠藤郁也, 松浦星良, 石井誠四郎 レーダリモートセンシングシステムによるウェザークラッタの観測とその統計的な性質, 電気学会計測研究会 ( 仙台市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , (35) 石井誠四郎, 脇山俊一郎, レーダリモートセンシングシステムによる種類の異なる目標物の観測, 電気学会計測研究会 ( 日本大学 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , pp (34) 石井誠四郎, 平塚眞彦, 亀井利久, 佐山周次 : テラヘルツ波帯における降雨減衰による影響の検討, 電気学会計測研究会 ( 仙

18 3 / 4 台市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM , , pp (33) 石井誠四郎, 山本和則, 脇山俊一郎, 亀井利久, 佐山周次 : レーダリモートセンシングデータとその転送に関する検討, 電気学会計測研究会 ( 仙台市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-13-23, pp (32) 石井誠四郎, 渡邊英伸, et al. : グローバルセンシングに向けたデータ転送システムの構築, 極域科学計算機システムを活用したデータベース構築と大規模シミュレーション技術に関する研究会, 国立極地研究所研究会資料, (31) 岡本要介, 石井誠四郎, 宇都宮俊男 : 海面状態変化によるシークラッタの統計的性質への影響, 2011 年電子情報通信学会総合大会 ( 東京都 ), 電子情報通信学会総合大会講演論文集, (30) 岡本要介, 石井誠四郎, 宇都宮俊男 : ターゲットを含むシークラッタの統計的性質, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-10-59, pp (29) 佐山周次, 石井誠四郎 : LOG/CFAR によるレイリー分布に従わないクラッタの抑圧, 平成 22 年電気学会基礎 材料 共通部門大会 ( 那覇市 ), 講演会論文集 XXⅥ-7, , p.515. (28) 佐山周次, 石井誠四郎 : 適応 Q-Q 確率プロットによるグランドクラッタの分布推定, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-10-50, , pp (27) 岡本要介, 石井誠四郎, 宇都宮俊男 : X バンドレーダ観測による海面変化に依存したシークラッタの解析, 電気学会計測研究会 ( 奈良市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-10-40, , pp (26) 佐山周次, 石井誠四郎 : LOG/CFAR を用いたワイブル分布に従うクラッタの抑圧, 電気学会計測研究会 ( 奈良市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-10-39, pp (25) 佐山周次, 石井誠四郎 : LIN/CFAR によるレイリー分布に従わないクラッタの抑圧, 2010 年電子情報通信学会総合大会 ( 仙台市 ), 電子情報通信学会総合大会講演論文集, (24) 岡本要介, 石井誠四郎, 宇都宮俊男 : S バンドレーダによるターゲットを含むシークラッタの解析, 電気学会計測研究会 ( 新潟市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-10-25, , pp (23) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダ観測による港湾部近辺でのクラッタの分布推定, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-09-52, , pp (22) 佐山周次, 石井誠四郎 : X バンドレーダにより観測したグランドクラッタの適応確率プロットによる解析, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-09-52, pp (21) 佐山周次, 石井誠四郎 : 適応 Q-Q 確率プロットによるクラッタの分布推定, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-09-43, , pp.1-6. (20) 佐山周次, 石井誠四郎 : S バンドレーダと X バンドレーダで観測したウェザークラッタ, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-09-41, , pp (19) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダと X バンドレーダにより観測されたウェザークラッタの統計的性質, 電気学会計測研究会 ( 山形市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-09-31, , pp (18) 佐山周次, 石井誠四郎 : S バンドレーダにより観測したレーダ干渉波の解析, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-56, , pp (17) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダによる港湾エリアにおけるクラッタの抑圧, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-56, , pp (16) 佐山周次, 石井誠四郎 : ビーム幅を考慮した CFAR によるクラッタの抑圧, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-46, , pp.1-5. (15) 佐山周次, 石井誠四郎 : ワイブル分布と対数正規分布に従うシークラッタ, 電気学会計測研究会 ( 大阪市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-35, , pp.1-5. (14) 佐山周次, 石井誠四郎 : X バンドレーダで観測したグランドクラッタの統計的性質, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-33, , pp (13) 佐山周次, 石井誠四郎 : 対数正規分布に従うレーダクラッタ, 電気学会計測研究会 ( 仙台市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-08-20, , pp (12) 佐山周次, 石井誠四郎 : S バンドレーダによるウェザークラッタの抑圧, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-07-37, , pp (11) 石井誠四郎, 佐山周次 : S バンドレーダと X バンドレーダ観測によるシークラッタ抑圧の検討, 電気学会計測研究会 ( 佐賀市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-07-36, , pp (10) 佐山周次, 石井誠四郎 : 混合型ワイブル分布に従うクラッタの統計的性質, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-07-28, , pp (9) 佐山周次, 石井誠四郎 : S バンドレーダによる市街地を含むクラッタの観測とその抑圧, 電気学会計測研究会 ( 横浜市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-07-08, , pp (8) 佐山周次, 石井誠四郎, 関根松夫 : 一般化されたガンマ関数分布に従うウェザークラッタ, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-06-68, , pp (7) 黄聖人, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫 : 標準偏差の規格化によるグラウンドクラッタの抑圧, 電気学会計測研究会 ( 東京都 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-06-67, , pp.1-5. (6) 佐山周次, 石井誠四郎, 関根松夫 : L- バンドレーダによるグランドクラッタの MDL 原理による解析, 2006 年電気学会基礎 材料 共通部門 (A 部門 ) 大会 ( 熊本市 ), 電気学会基礎 材料 共通部門大会論文集, , pp.499. (5) 黄聖人, 石井誠四郎, 佐山周次, 関根松夫 : しきい値モーメント制御により CFAR 化する方法, 2006 年電気学会基礎 材料 共通部門 (A 部門 ) 大会 ( 熊本市 ), 電気学会基礎 材料 共通部門大会論文集, , pp.401. (4) 石井誠四郎, 黄聖人, 佐山周次, 関根松夫 : ミリ波帯における降雨減衰量の計測, 2006 年電気学会基礎 材料 共通部門 (A 部門 ) 大会 ( 熊本市 ), 電気学会基礎 材料 共通部門大会論文集, , pp.498. (3) 石井誠四郎, 関根松夫, 佐山周次 : ミリ波, サブミリ波降雨減衰の統計的性質, 電気学会計測研究会 ( 松山市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-05-63, , pp (2) 佐山周次, 石井誠四郎, 関根松夫 : MDL 原理に基づいたウェザークラッタの分布推定, 電気学会計測研究会 ( 大阪市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-05-37, , pp (1) 石井誠四郎 : 無線タグを用いた遠隔測定システムの提案, 電気学会計測研究会 ( 大阪市 ), 電気学会計測研究会論文集, IM-04-24, , pp 特許 (7) 石井誠四郎他 : テレメトリシステム, 特許第 号 ( ) (6) 石井誠四郎他 : ATM HEC 同期回路, 特許第 号 ( ) (5) 石井誠四郎他 : ATM 伝送信号制御法, 特許第 号 ( )

19 4 / 4 (4) 石井誠四郎他 : "ATM 伝送装置, 特許第 号 ( ) (3) 石井誠四郎他 : 受信信号変換回路, 特許第 号 ( ) (2) 石井誠四郎他 : チャネルアクセス方式, 特許第 号 ( ) (1) 石井誠四郎他 : 芯線対照装置, 実登第 号 ( ) 3. 外部資金の獲得 ( 科研費 寄付金 受託研究費等 ) 4. 学会賞等の受賞 5. 学会 学術団体等での活動 所属学会 (1) 電子情報通信学会 (2) 電気学会 (3) 環境プランニング学会 (4) 人間情報学会 2008 年 6 月 - 現在, 学会論文誌論文査読委員

20 1 / 2 基本情報 教員氏名 : 伊勢英明所属学科 : 広瀬 総合科学系 ( 広瀬 ) 役職 : 准教授学位 : I. 教育業績 1. 担当授業科目 ~ 国語 (1~4 年 ) 2. 教材開発 ( 教科書執筆 ウェブ教材の作成等 ) 一般的作文技術と理科系文書作成の基礎 ( 仙台電波高専 ) を共同執筆 新国語総合学習課題ノート ( 教育出版 ) を共同執筆 II. 研究業績 1. 学術論文 ( 紀要 学会発表 解説 研究会報告等を含む ) 原著論文 紫式部日記 成立に関する試論 ( 文芸論叢 第 3 号 ) 紫式部日記 作者の精神的位層 ( 文芸研究 第 110 集 ) 紫式部日記 作品論の試み ( 仙台電波高専研究紀要 第 15 号 ) 紫式部日記 冒頭部をめぐって ( 文芸研究 第 116 集 ) 紫式部日記 に 書かれた主題 ( 文芸論叢 第 6 号 ) 紫式部日記 における 侍り についての一試論 ( 文芸研究 第 127 集 ) 芥川龍之介 蜜柑 試論 ( 仙台電波高専研究紀要 第 23 号 ) 紫式部日記 所載和歌をめぐって ( 日本文芸の潮流 おうふう ) 夏目漱石 坊つちやん 試論 ( 仙台電波高専研究紀要 第 27 号 ) 竹取物語 試論 ( 仙台電波高専研究紀要 第 30 号 ) 伊勢物語 試論 ( 仙台電波高専研究紀要 第 35 号 ) 古事記 所載物語における貴種流離譚 ( 一 ) ( 仙台電波高専研究紀要 第 36 号 ) 古事記 所載物語における貴種流離譚 ( 二 ) ( 仙台電波高専研究紀要 第 37 号 ) 古事記 所載物語における貴種流離譚 ( 三 ) ( 仙台電波高専研究紀要 第 38 号 ) 講演 ( 口頭発表 ) 紫式部日記 作品論の試み ( 本校研究紀要投稿予定者講演会 ) 紫式部日記 の主題 ( 日本文芸研究会 ) 紫式部日記 における 侍り について ( 中古文学会 ) 芥川龍之介 蜜柑 における貴種流離譚的構造について ( 本校研究紀要投稿予定者講演会 ) 坊つちやん における貴種流離譚的構造について ( 東北大学国文学会 ) 竹取物語 における貴種流離譚的構造について ( 平安詩文会 ) 解説 レヴュー 島内景二著 漱石と鴎外の遠景 ( 月刊国語教育 ) 2. 特許 ありません

Book1

Book1 仙 台 高 専 広 瀬 キャンパス 教 員 業 績 公 開 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 教 員 名 をクリックするとその 教 員 の 業 績 へ 移 動 します No. 教 員 名 所 属 1 内 田 龍 男 校 長 2 安 藤 敏 彦 情 報 工 学 科 / 情 報 システム 工 学 科 3 伊 勢 英 明 総 合 科 学 系 4 今 井 裕 司 電 子 制 御 工 学 科 / 情

More information

名 取 キャンパス 教 員 業 績 公 開 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 教 員 名 をクリックするとその 教 員 の 業 績 へ 移 動 します 教 員 氏 名 所 属 役 職 佐 藤 徹 雄 総 合 科 学 系 理 数 科 ( 名 取 ) 准 教 授 佐 藤 友 章 マテリアル 環

名 取 キャンパス 教 員 業 績 公 開 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 教 員 名 をクリックするとその 教 員 の 業 績 へ 移 動 します 教 員 氏 名 所 属 役 職 佐 藤 徹 雄 総 合 科 学 系 理 数 科 ( 名 取 ) 准 教 授 佐 藤 友 章 マテリアル 環 名 取 キャンパス 教 員 業 績 公 開 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 教 員 名 をクリックするとその 教 員 の 業 績 へ 移 動 します 教 員 氏 名 所 属 役 職 内 田 龍 男 校 長 浅 田 格 マテリアル 環 境 工 学 科 教 授 飯 田 清 志 総 合 科 学 系 文 科 ( 名 取 ) 教 授 井 海 寿 俊 総 合 科 学 系 理 数 科 ( 名 取 )

More information

(a) 1 (b) 3. Gilbert Pernicka[2] Treibitz Schechner[3] Narasimhan [4] Kim [5] Nayar [6] [7][8][9] 2. X X X [10] [11] L L t L s L = L t + L s

(a) 1 (b) 3. Gilbert Pernicka[2] Treibitz Schechner[3] Narasimhan [4] Kim [5] Nayar [6] [7][8][9] 2. X X X [10] [11] L L t L s L = L t + L s 1 1 1, Extraction of Transmitted Light using Parallel High-frequency Illumination Kenichiro Tanaka 1 Yasuhiro Mukaigawa 1 Yasushi Yagi 1 Abstract: We propose a new sharpening method of transmitted scene

More information

xx/xx Vol. Jxx A No. xx 1 Fig. 1 PAL(Panoramic Annular Lens) PAL(Panoramic Annular Lens) PAL (2) PAL PAL 2 PAL 3 2 PAL 1 PAL 3 PAL PAL 2. 1 PAL

xx/xx Vol. Jxx A No. xx 1 Fig. 1 PAL(Panoramic Annular Lens) PAL(Panoramic Annular Lens) PAL (2) PAL PAL 2 PAL 3 2 PAL 1 PAL 3 PAL PAL 2. 1 PAL PAL On the Precision of 3D Measurement by Stereo PAL Images Hiroyuki HASE,HirofumiKAWAI,FrankEKPAR, Masaaki YONEDA,andJien KATO PAL 3 PAL Panoramic Annular Lens 1985 Greguss PAL 1 PAL PAL 2 3 2 PAL DP

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

2). 3) 4) 1.2 NICTNICT DCRA Dihedral Corner Reflector micro-arraysdcra DCRA DCRA DCRA 3D DCRA PC USB PC PC ON / OFF Velleman K8055 K8055 K8055

2). 3) 4) 1.2 NICTNICT DCRA Dihedral Corner Reflector micro-arraysdcra DCRA DCRA DCRA 3D DCRA PC USB PC PC ON / OFF Velleman K8055 K8055 K8055 1 1 1 2 DCRA 1. 1.1 1) 1 Tactile Interface with Air Jets for Floating Images Aya Higuchi, 1 Nomin, 1 Sandor Markon 1 and Satoshi Maekawa 2 The new optical device DCRA can display floating images in free

More information

Table 1. Reluctance equalization design. Fig. 2. Voltage vector of LSynRM. Fig. 4. Analytical model. Table 2. Specifications of analytical models. Fig

Table 1. Reluctance equalization design. Fig. 2. Voltage vector of LSynRM. Fig. 4. Analytical model. Table 2. Specifications of analytical models. Fig Mover Design and Performance Analysis of Linear Synchronous Reluctance Motor with Multi-flux Barrier Masayuki Sanada, Member, Mitsutoshi Asano, Student Member, Shigeo Morimoto, Member, Yoji Takeda, Member

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

日本感性工学会論文誌

日本感性工学会論文誌 pp.343-351 2013 Changes in Three Attributes of Color by Reproduction of Memorized Colors Hiroaki MIYAKE, Takeshi KINOSHITA and Atsushi OSA Graduate School of Science and Engineering, Yamaguchi University,

More information

R927清水信彦様.indd

R927清水信彦様.indd Special Issue CFRP 455-8502 9 1 Development Status of Carbon Fiber Reinforced Plastics Nobuhiko SHIMIZU Automotive Center, Toray Industries, Inc., 9-1 Oe-cho, Minato-ku, Nagoya, Aichi 455-8502 Received

More information

1

1 4 Nano Device Technologies From New Functions of Extreme Substances to Telecommunication Technologies 4-1 Controlling Intermolecular Interactions using Nano- Structural Molecules OTOMO Akira, YOKOYAMA

More information

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System

258 5) GPS 1 GPS 6) GPS DP 7) 8) 10) GPS GPS 2 3 4 5 2. 2.1 3 1) GPS Global Positioning System Vol. 52 No. 1 257 268 (Jan. 2011) 1 2, 1 1 measurement. In this paper, a dynamic road map making system is proposed. The proposition system uses probe-cars which has an in-vehicle camera and a GPS receiver.

More information

untitled

untitled Vol. 1 (2005) pp. 91-103 * ( 17 1 27 ) Approach from Bioelectronics to Bio-Interface Masashi YAOITA * Our studies for approach to bio-interface were fabrication of a needle type glucose sensor for continuous

More information

B HNS 7)8) HNS ( ( ) 7)8) (SOA) HNS HNS 4) HNS ( ) ( ) 1 TV power, channel, volume power true( ON) false( OFF) boolean channel volume int

B HNS 7)8) HNS ( ( ) 7)8) (SOA) HNS HNS 4) HNS ( ) ( ) 1 TV power, channel, volume power true( ON) false( OFF) boolean channel volume int SOA 1 1 1 1 (HNS) HNS SOA SOA 3 3 A Service-Oriented Platform for Feature Interaction Detection and Resolution in Home Network System Yuhei Yoshimura, 1 Takuya Inada Hiroshi Igaki 1, 1 and Masahide Nakamura

More information

A consideration about Moral Education based on scientific recognition: Through an analyzing of one reading, which is mainly for the field about relationship with a community and a society, in Our morality

More information

資料2 次世代太陽電池における計測機器

資料2 次世代太陽電池における計測機器 第 9 回 先 端 計 測 分 析 技 術 機 器 開 発 小 委 員 会 2010 年 11 月 24 日 次 世 代 太 陽 電 池 における 計 測 機 器 韓 礼 元 次 世 代 太 陽 電 池 センター 1 太 陽 電 池 の 分 類 太 陽 電 池 シリコン 化 合 物 単 結 晶 結 晶 系 多 結 晶 薄 膜 系 (アモルファス マイクロクリスタル 等 ) 単 結 晶 ( GaAs

More information

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6)

DPA,, ShareLog 3) 4) 2.2 Strino Strino STRain-based user Interface with tacticle of elastic Natural ObjectsStrino 1 Strino ) PC Log-Log (2007 6) 1 2 1 3 Experimental Evaluation of Convenient Strain Measurement Using a Magnet for Digital Public Art Junghyun Kim, 1 Makoto Iida, 2 Takeshi Naemura 1 and Hiroyuki Ota 3 We present a basic technology

More information

季報2010C_P031-042_3-3.indd

季報2010C_P031-042_3-3.indd 3-3 Viewing-Zone-Angle Expansion of Electronic Holography Reconstruction System SENOH Takanori, MISHINA Tomoyuki, YAMAMOTO Kenji, OI Ryutaro, and KURITA Taiichiro Electronic holography system records and

More information

Microsoft Word - takenaka_report.doc

Microsoft Word - takenaka_report.doc 05-01020 科 学 的 コミュニケーションを 支 援 するケータイを 利 用 したフィールド 学 習 支 援 システムの 開 発 とその 授 業 モデルの 提 案 ( 継 続 ) 竹 中 真 希 子 大 分 大 学 教 育 福 祉 科 学 部 准 教 授 1 2 2-1 2-2 Web 117 図1 システムの基本構成図 対象エリアをクリックすると写真一覧画面が表示される 図2 クリッカブルマップの例

More information

WATOC2005 Best Poster Diamond Certificate α -(BEDT-TTF) 2 IBr 2 H.turkmenica X H C H O Brønsted Al K Electronic structure of CeNiGe 2 x Si x studied by Ce 4d-4f resonant and angleresolved photoemission

More information

2003/3 Vol. J86 D II No.3 2.3. 4. 5. 6. 2. 1 1 Fig. 1 An exterior view of eye scanner. CCD [7] 640 480 1 CCD PC USB PC 2 334 PC USB RS-232C PC 3 2.1 2

2003/3 Vol. J86 D II No.3 2.3. 4. 5. 6. 2. 1 1 Fig. 1 An exterior view of eye scanner. CCD [7] 640 480 1 CCD PC USB PC 2 334 PC USB RS-232C PC 3 2.1 2 Curved Document Imaging with Eye Scanner Toshiyuki AMANO, Tsutomu ABE, Osamu NISHIKAWA, Tetsuo IYODA, and Yukio SATO 1. Shape From Shading SFS [1] [2] 3 2 Department of Electrical and Computer Engineering,

More information

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test (J. Soc. Mat. Sci., Japan), Vol. 52, No. 11, pp. 1351-1356, Nov. 2003 Fatigue Life Prediction of Coiled Tubing by Takanori KATO*, Miyuki YAMAMOTO*, Isao SAWAGUCHI** and Tetsuo YONEZAWA*** Coiled tubings,

More information

main.dvi

main.dvi 305 8550 1 2 CREST fujii@slis.tsukuba.ac.jp 1 7% 2 2 3 PRIME Multi-lingual Information Retrieval 2 2.1 Cross-Language Information Retrieval CLIR 1990 CD-ROM a. b. c. d. b CLIR b 70% CLIR CLIR 2.2 (b) 2

More information

Fig. 1. Relation between magnetron anode current and anode-cathod voltage. Fig. 2. Inverter circuit for driving a magnetron. 448 T. IEE Japan, Vol. 11

Fig. 1. Relation between magnetron anode current and anode-cathod voltage. Fig. 2. Inverter circuit for driving a magnetron. 448 T. IEE Japan, Vol. 11 High Frequency Inverter for Microwave Oven Norikazu Tokunaga, Member, Yasuo Matsuda, Member, Kunio Isiyama, Non-member (Hitachi, Ltd.), Hisao Amano, Member (Hitachi Engineering, Co., Ltd.). Recently resonant

More information

電子部品はんだ接合部の熱疲労寿命解析

電子部品はんだ接合部の熱疲労寿命解析 43 Evaluation for Thermal Fatigue Life of Solder Joints in Electronic Components Haruhiko Yamada, Kazuyoshi Ogawa 2 63Sn- 37Pb 95Pb-5Sn Si Cu Si 63Sn-37Pb Since automotive electronic components are used

More information

新技術_大阪_表.ai

新技術_大阪_表.ai 報 道 資 料 提 供 平 成 22 年 10 月 6 日 同 時 提 供 問 い 合 わせ 先 文 部 科 学 記 者 会 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 科 学 記 者 会 大 学 運 営 本 部 研 究 支 援 課 都 道 府 県 記 者 クラブ 担 当 田 中 雅 浩 大 阪 府 政 記 者 会 電 話 06-6605-3450( 直 通 ) 大 阪 科 学 大 学 記 者

More information

- 1 -

- 1 - Study on installation environment in consideration of electromagnetic compatibility of electrical equipment in direct current power distribution for consumers - 1 - - 2 - 1

More information

八戸高専だより第148号

八戸高専だより第148号 独立行政法人 第1 4 8号 八戸工業高等専門学校 発行 039 1192 青森県八戸市大字田面木字上野平16番地1 TEL 0178 27 7223 総務課総務係 FAX 0178 27 9379 E-mail somu-o@hachinohe-ct.ac.jp URL http://www.hachinohe-ct.ac.jp/ 平成27年7月 目 校長先生から 八戸高専の4学期制について 創立

More information

Electrochromic Properties of Zincphthalocyanine Vacuum Evaporated Thin Films Kohji Kato, Student Member, Masayoshi Masui, Member, Fujio Kaneko, Non-member, Manabu Takeuchi, Member (Ibaraki University)

More information

Fig. 1 Structure of a Sebaceous Follicle (Ref.1).

Fig. 1 Structure of a Sebaceous Follicle (Ref.1). Importance and Countermeasures for Sebum Control in Application of Makeup Cosmetics Koichi NOMURA POLA Chemical Industries, Inc., R&D Planning Department 27-1, Takashimadai, Kanagawa-ku, Yokohama 221-0833,

More information

23 Fig. 2: hwmodulev2 3. Reconfigurable HPC 3.1 hw/sw hw/sw hw/sw FPGA PC FPGA PC FPGA HPC FPGA FPGA hw/sw hw/sw hw- Module FPGA hwmodule hw/sw FPGA h

23 Fig. 2: hwmodulev2 3. Reconfigurable HPC 3.1 hw/sw hw/sw hw/sw FPGA PC FPGA PC FPGA HPC FPGA FPGA hw/sw hw/sw hw- Module FPGA hwmodule hw/sw FPGA h 23 FPGA CUDA Performance Comparison of FPGA Array with CUDA on Poisson Equation (lijiang@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (kazuki@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (takahashi@sekine-lab.ei.tuat.ac.jp), (tamukoh@cc.tuat.ac.jp),

More information

36

36 Kanji Vocabulary Development for Intermediate and Advanced Learners Kano, Chieko In recent Japanese language teaching, a communicative approach based on the functions and needs of actual situations is

More information

learning of life long , Community Centers and Lifelong Learning: Contemporary Challenges in Lifelong Education and Learning IIDA Tetsuya : In Japan, great importance is being placed on

More information

Title 社 会 化 教 育 における 公 民 的 資 質 : 法 教 育 における 憲 法 的 価 値 原 理 ( fulltext ) Author(s) 中 平, 一 義 Citation 学 校 教 育 学 研 究 論 集 (21): 113-126 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2309/107543 Publisher 東 京

More information

Accuracy Improvement by Compound Discriminant Functions for Resembling Character Recognition Takashi NAKAJIMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA,

Accuracy Improvement by Compound Discriminant Functions for Resembling Character Recognition Takashi NAKAJIMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA, Journal Article / 学 術 雑 誌 論 文 混 合 識 別 関 数 による 類 似 文 字 認 識 の 高 精 度 化 Accuracy improvement by compoun for resembling character recogn 中 嶋, 孝 ; 若 林, 哲 史 ; 木 村, 文 隆 ; 三 宅, 康 二 Nakajima, Takashi; Wakabayashi,

More information

Research on Academic Degrees and University Evaluation The Chronicle of Higher Education Chronicle Analytical Perspectives Research Centers Directory Research Centers Directory Administrative Policies

More information

2. 研 究 の 目 的 DM Digital Mapping LIDAR Light Detection and Ranging LIDAR Mobile Mapping System MMSMMS 3 CityGML Gröger et al., 2008 LOD2 MMS MMS 2005 M

2. 研 究 の 目 的 DM Digital Mapping LIDAR Light Detection and Ranging LIDAR Mobile Mapping System MMSMMS 3 CityGML Gröger et al., 2008 LOD2 MMS MMS 2005 M GIS Theory and Applications of GIS, 2012, Vol. 20, No.2, pp.23-33 レーザ 計 測 による 地 理 空 間 データを 用 いたディジタルシティの 構 築 天 野 貴 文 * ** 吉 川 眞 Generating Digital City by Using Geo-spatial Data from Laser Measurements

More information

Δ Δ Δ 250

Δ Δ Δ 250 高エネルギー粒子用 Si検出器 第 10 章 1 特性 1-1 1-2 1-3 有感エリア 暗電流 接合容量 応答速度 2 シンチレータ式Si検出器 3 ダイレクト式Si検出器 3-1 3-2 3-3 3-4 3-5 空乏層の厚さ チャネリング効果 出力波高のばらつき ノイズとエネルギー分解能 位置検出用Si検出器 章 4 新たな取り組み 10 高エネルギー粒子用 5 応用例 粒子衝突実験 FGST

More information

Tf9-1-07-7168.dvi

Tf9-1-07-7168.dvi /Review 1 1 1 1 2 Innovation Process Technology Hideyasu KARASAWA 1, Katsuro SAGANE 1, Hidenaga KARASAWA 1, Akira KURIYAMA 1, and Minoru KOBAYASHI 2 Abstract We propose a methodology for Innovation Process

More information

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973)

Fig. 1. Horizontal displacement of the second and third order triangulation points accompanied with the Tottori Earthquake of (after SATO, 1973) Journal of the Geodetic Society of Japan Vol. 27, No. 3, (1981), pp. 183-191 Research on Fault Movement by means of Aero-Triangulation ( T) (An experiment on the earthquake fault of the Izu-Oshima Kinkai

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

J. Jpn. Inst. Light Met. 65(6): 224-228 (2015)

J. Jpn. Inst. Light Met. 65(6): 224-228 (2015) 65 62015 224 228 ** Journal of The Japan Institute of Light Metals, Vol. 65, No. 6 (2015), 224 228 2015 The Japan Institute of Light Metals Investigation of heat flow behavior on die-casting core pin with

More information

-2-

-2- -2- -3- 会場へのアクセス -4- -5- 11 月 21 日 ( 水 ) 9:25 9:30 細胞を創る 研究会 5.0 開会挨拶木賀大介 ( 東京工業大学 ) 9:30 10:30 基調講演 Chair: 木賀大介 ( 東工大 ) 大島泰郎先生 ( 共和化工 環境微生物学研究所 東京工業大学名誉教授 ) 生命の起源と Magic20 10:30 11:30 ポスター発表 ( 奇数番号 )

More information

1 UD Fig. 1 Concept of UD tourist information system. 1 ()KDDI UD 7) ) UD c 2010 Information Processing S

1 UD Fig. 1 Concept of UD tourist information system. 1 ()KDDI UD 7) ) UD c 2010 Information Processing S UD 1 2 3 4 1 UD UD UD 2008 2009 Development and Evaluation of UD Tourist Information System Using Mobile Phone to Heritage Park HISASHI ICHIKAWA, 1 HIROYUKI FUKUOKA, 2 YASUNORI OSHIDA, 3 TORU KANO 4 and

More information

暑熱順化の形成過程に関する研究 : サーモグラフィ装置によるヒト発汗部皮膚温測定

暑熱順化の形成過程に関する研究 : サーモグラフィ装置によるヒト発汗部皮膚温測定 NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title 暑 熱 順 化 の 形 成 過 程 に 関 する 研 究 : サーモグラフィ 装 置 によるヒト 発 汗 部 皮 膚 温 測 定 Author(s) 大 渡, 伸 ; 小 坂, 光 男 ; 土 屋, 勝 彦 ; 井 元, 孝 章 ; 藤 原, Citation 熱 帯 医 学 Tropical medicine 25(1).

More information

ディスプレイと携帯端末間の通信を実現する映像媒介通信技術

ディスプレイと携帯端末間の通信を実現する映像媒介通信技術 Data Transfer Technology to Enable Communication between Displays and Smart Devices 倉木健介 中潟昌平 田中竜太 阿南泰三 あらまし Abstract Recently, the chance to see videos in various places has increased due to the speedup

More information

Run-Based Trieから構成される 決定木の枝刈り法

Run-Based Trieから構成される  決定木の枝刈り法 Run-Based Trie 2 2 25 6 Run-Based Trie Simple Search Run-Based Trie Network A Network B Packet Router Packet Filtering Policy Rule Network A, K Network B Network C, D Action Permit Deny Permit Network

More information

プラズマ核融合学会誌11月【81‐11】/小特集5

プラズマ核融合学会誌11月【81‐11】/小特集5 Japan Atomic Energy Agency, Ibaraki 311-0193, Japan 1) Kyoto University, Uji 611-0011, Japan 2) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Tsukuba 305-8569, Japan 3) Central Research

More information

OS Windows Vista Windows XP PowerPoint2003 Word2003 (a Test No. OS 1 Windows Vista PPT2003 2 Windows Vista Word2003 3 Windows XP PPT2003 4 Windows XP

OS Windows Vista Windows XP PowerPoint2003 Word2003 (a Test No. OS 1 Windows Vista PPT2003 2 Windows Vista Word2003 3 Windows XP PPT2003 4 Windows XP C ommunication In embedded softwares, designing a test process that considers how to perform tests in an efficient way, has been an important problem in a whole development process. By the software test,

More information

2

2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University 2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University CHAOS Report in US 1994 http://www.standishgroup.com/sample_research/

More information

IEEE e

IEEE e 2007 IEEE 802.11e LAN VoIP 2008 2 4 3606U075-2 1 5 1.1...................................... 5 1.2...................................... 5 1.3..................................... 6 2 IEEE 802.11e LAN

More information

1: ( 1) 3 : 1 2 4

1: ( 1) 3 : 1 2 4 RippleDesk Using Ripples to Represent Conversational Noise on Internet Shigaku Iwabuchi Takaomi Hisamatsu Shin Takahashi Buntarou Shizuki Kazuo Misue Jiro Tanaka Department of Comupter Science, University

More information

年次大会原稿最終.PDF

年次大会原稿最終.PDF Structural Analysis of Coating Layer Containing Plastic Pigments Yoko Saito, Hideki Touda, Junji Kasai ZEON Corporation Hitomi Hamada, Toshiharu Enomae, Fumihiko Onabe The University of Tokyo Recently,

More information

< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364>

< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364> 2014 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2014 年 9 月 8 日 10 日 第 1 日 倫理委員会セッション 社会 環境部会 第 31 回全体会議 社会 環境部会セッション 特別講演 理事会セッション 第 2 日 原子力安全部会セッション 休 憩 保健物理 環境科学部会セッション 放射線工学部会セッション 教育委員会セッション

More information

科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 5 学年外 国 語 V A 外 国 語 V B 健 康 学 A 哲 学 A 日 本 史 学 A 社 会 経 済 学 A 健 康 学 B 哲 学 B 日 本 史 学 B 社 会 経 済 学 B 生 物 学 地 球 科 学 総 合 科 目 A 長

科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 5 学年外 国 語 V A 外 国 語 V B 健 康 学 A 哲 学 A 日 本 史 学 A 社 会 経 済 学 A 健 康 学 B 哲 学 B 日 本 史 学 B 社 会 経 済 学 B 生 物 学 地 球 科 学 総 合 科 目 A 長 科目一覧 準学士課程 一般科目 平成 26 年度シラバス 1 学年国 語 Ⅰ 地 理 英 語 Ⅰ A 英 語 Ⅰ B 保 健 体 育 Ⅰ 基 礎 数 学 A 基 礎 数 学 B 物 理 Ⅰ 化 学 Ⅰ 芸 術 2 学年国 語 Ⅱ 世 界 史 倫 理 英 語 Ⅱ A 英 語 Ⅱ B 保 健 体 育 Ⅱ 微 分 積 分 Ⅱ 代 数 幾 何 物 理 Ⅱ 化 学 Ⅱ 3 学年国 語 Ⅲ 国 語 表 現 政

More information

Influence of Material and Thickness of the Specimen to Stress Separation of an Infrared Stress Image Kenji MACHIDA The thickness dependency of the temperature image obtained by an infrared thermography

More information

On the Limited Sample Effect of the Optimum Classifier by Bayesian Approach he Case of Independent Sample Size for Each Class Xuexian HA, etsushi WAKA

On the Limited Sample Effect of the Optimum Classifier by Bayesian Approach he Case of Independent Sample Size for Each Class Xuexian HA, etsushi WAKA Journal Article / 学術雑誌論文 ベイズアプローチによる最適識別系の有限 標本効果に関する考察 : 学習標本の大きさ がクラス間で異なる場合 (< 論文小特集 > パ ターン認識のための学習 : 基礎と応用 On the limited sample effect of bayesian approach : the case of each class 韓, 雪仙 ; 若林, 哲史

More information

HIS-CCBASEver2

HIS-CCBASEver2 Information Access Interface in the Immersive Virtual World Tetsuro Ogi, *1*2*3 Koji Yamamoto, *3*4 Tadashi Yamanouchi *3 and Michitaka Hirose *2 Abstract - In this study, in order to access database server

More information

パナソニック技報

パナソニック技報 Panasonic Technical Journal Vol. 59 No. 2 Nov. 2013 Environmental Resistance Technology of Outdoor Surveillance Camera Takaya Kamimura Izumi Satou Jouji Wada Tamotsu Uchida Yuuya Jikihara Hideki Yasuda

More information

ISSN 1881 0616 ß ß ß ß ß ß ß ß ß ß ü ö ö ö ß ß ß ß ß ß ß ß ß ß Ä ä α μ μ μ ISSN

More information

Wikipedia YahooQA MAD 4)5) MAD Web 6) 3. YAMAHA 7) 8) 2 3 4 5 6 2. Vocaloid2 2006 1 PV 2009 1 1100 200 YouTube 1 minato minato ussy 3D MAD F EDis ussy

Wikipedia YahooQA MAD 4)5) MAD Web 6) 3. YAMAHA 7) 8) 2 3 4 5 6 2. Vocaloid2 2006 1 PV 2009 1 1100 200 YouTube 1 minato minato ussy 3D MAD F EDis ussy 1, 2 3 1, 2 Web Fischer Social Creativity 1) Social Creativity CG Network Analysis of an Emergent Massively Collaborative Creation Community Masahiro Hamasaki, 1, 2 Hideaki Takeda 3 and Takuichi Nishimura

More information

1 2 4 5 9 10 12 3 6 11 13 14 0 8 7 15 Iteration 0 Iteration 1 1 Iteration 2 Iteration 3 N N N! N 1 MOPT(Merge Optimization) 3) MOPT 8192 2 16384 5 MOP

1 2 4 5 9 10 12 3 6 11 13 14 0 8 7 15 Iteration 0 Iteration 1 1 Iteration 2 Iteration 3 N N N! N 1 MOPT(Merge Optimization) 3) MOPT 8192 2 16384 5 MOP 10000 SFMOPT / / MOPT(Merge OPTimization) MOPT FMOPT(Fast MOPT) FMOPT SFMOPT(Subgrouping FMOPT) SFMOPT 2 8192 31 The Proposal and Evaluation of SFMOPT, a Task Mapping Method for 10000 Tasks Haruka Asano

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 公務員の経験学習と人材育成 (Experiential Learning and Development in Public Organizations) 松尾, 睦 Citation 国民経済雑誌,204(5):31-41 Issue date 2011-11 Resource Type Resource

More information

( )

( ) NAIST-IS-MT1051071 2012 3 16 ( ) Pustejovsky 2 2,,,,,,, NAIST-IS- MT1051071, 2012 3 16. i Automatic Acquisition of Qualia Structure of Generative Lexicon in Japanese Using Learning to Rank Takahiro Tsuneyoshi

More information

no15

no15 Development of High Performance Catalyst Temperature Sensor for NOx Catalyst Control Atsushi KURANO Kaoru KUZUOKA Sotoo TAKAHASHI Itsuhei OGATA In order to meet each countrys low emission vehicle regulations

More information

日立評論2007年3月号 : ソフトウェア開発への

日立評論2007年3月号 : ソフトウェア開発への Vol.89 No.3 298-299 Application of Statistical Process Control to Software Development Mutsumi Komuro 1 23 1985 ACM IEEE 1 195QC Quality Control 1 2 CMM Capability Maturity Model CMMI Capability Maturity

More information

Input image Initialize variables Loop for period of oscillation Update height map Make shade image Change property of image Output image Change time L

Input image Initialize variables Loop for period of oscillation Update height map Make shade image Change property of image Output image Change time L 1,a) 1,b) 1/f β Generation Method of Animation from Pictures with Natural Flicker Abstract: Some methods to create animation automatically from one picture have been proposed. There is a method that gives

More information

Principles of Agricultural Sciences MOT Advanced Applied Biological Sciences Advanced Bioenvironmental Conservation Advanced Crop Production Advanced Life and Food Science Advanced Agricultural Economics

More information

<30315F985F95B65F90B490852E696E6464>

<30315F985F95B65F90B490852E696E6464> Modeling for Change by Latent Difference Score Model: Adapting Process of the Student of Freshman at Half Year Intervals Kazuaki SHIMIZU and Norihiro MIHO Abstract The purpose of this paper is to present

More information

fiš„v5.dvi

fiš„v5.dvi (2001) 49 2 293 303 VRML 1 2 3 2001 4 12 2001 10 16 Web Java VRML (Virtual Reality Modeling Language) VRML Web VRML VRML VRML VRML Web VRML VRML, 3D 1. WWW (World Wide Web) WWW Mittag (2000) Web CGI Java

More information

untitled

untitled Japanese Journal of Administrative Science Volume 21, No.3, 2008, 239-251. Case Study 中国における知識創造マネジメントの実践的な展開 海爾集団を事例として The Practice of Knowledge Creation Management in Chinese Companies: The Case of

More information

2016国文学研究資料館概要.indd

2016国文学研究資料館概要.indd NIHU 2016 28 National Institute of Japanese Literature National Institutes for the Humanities Contents 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ⑷日本古典籍講習会 国内外の日本の古典籍を扱っている図書館や文庫の司書を対 象とし 古典籍の基礎知識

More information

百人一首かるた選手の競技時の脳の情報処理に関する研究

百人一首かるた選手の競技時の脳の情報処理に関する研究 Mem. Faculty. B. O. S. T. Kinki University No. 24 : 33 43 (2009) 33 34 Memoirs of The Faculty of B. O. S. T. of Kinki University No. 24 (2009) になる 音 の 先 頭 ゆら 平 均 30~ 羽 田 後 に 取 り 札 を 認 識 していることを 見 出 した0

More information

16

16 Empirical Analysis of the Efficiency of the Broadcasting Industry: Verification of Regionalism and a Proposal ABSTRACT Reforms in the broadcasting industry have recently been discussed and proposed, and

More information

JSAE Annual Party( 技 術 者 交 流 会 ) 5 月 24 日 ( 木 )17:30 ~ 19:00 会 議 センター 303+304 / 3F 参 加 費 正 会 員 学 生 会 員 賛 助 会 員 3,000 円 ( 消 費 税 込 ) 参 加 申 込 方 法 事 前 申 込 (オンライン 参 加 登 録 ) 事 前 申 込 (オンライン 参 加 登 録 )で, 学 術 講

More information

1..FEM FEM 3. 4.

1..FEM FEM 3. 4. 008 stress behavior at the joint of stringer to cross beam of the steel railway bridge 1115117 1..FEM FEM 3. 4. ABSTRACT 1. BackgroundPurpose The occurrence of fatigue crack is reported in the joint of

More information

日本看護管理学会誌15-2

日本看護管理学会誌15-2 The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies Vol. 15, No. 2, PP 135-146, 2011 Differences between Expectations and Experiences of Experienced Nurses Entering a New Work Environment

More information

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1

% 95% 2002, 2004, Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning 要 旨 / Moodle Blended Learning Moodle キーワード:Blended Learning Moodle 1 2008 Moodle e Blended Learning 2009.. 1994 2005 1 2 93% 95% 2002, 2004, 2011 2011 1 Dunkel 1986, p.100 1 Blended Learning

More information

Title 多重構造音響連成場の振動解析制御 Author(s) 菅野, 秀 Citation Issue Date 2012-03-25 URL http://hdl.handle.net/10748/5587 DOI Rights Type Thesis or Dissertation Textversion publisher http://www.tmu.ac.jp/ 首都大学東京機関リポジトリ

More information

5) 2. Geminoid HI-1 6) Telenoid 7) Geminoid HI-1 Geminoid HI-1 Telenoid Robot- PHONE 8) RobotPHONE 11 InterRobot 9) InterRobot InterRobot irt( ) 10) 4

5) 2. Geminoid HI-1 6) Telenoid 7) Geminoid HI-1 Geminoid HI-1 Telenoid Robot- PHONE 8) RobotPHONE 11 InterRobot 9) InterRobot InterRobot irt( ) 10) 4 Remote Hand Clapping Transmission Using Hand Clapping Machines on Live Video Streaming Masato Takahashi, Yuto Kumon,ShuheyTakeda and Masahiko Inami Abstract We propose a remote transmission system of hand

More information

Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K

Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K Core Ethics Vol. K EU Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K Team FA SA TP TP KINDER WP THP FP, KINDER World

More information

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,,

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,, THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE.,, 464 8601 470 0393 101 464 8601 E-mail: matsunagah@murase.m.is.nagoya-u.ac.jp, {ide,murase,hirayama}@is.nagoya-u.ac.jp,

More information

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回>

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回> 企画特集 10-9 INNOVATION の最先端 Life & Green Nanotechnology が培う新技術 < 第 4 回 > プリンテッドエレクトロニクス時代実現に向けた材料 プロセス基盤技術の開拓 NEDO プロジェクトプロジェクトリーダー東京 学教授染 隆夫 に聞く 図6 4 3 解像度を変えた TFT アレイによる電子ペーパー 提供 凸版印刷 株 大面積圧力センサの開発

More information

14 2012 3 Newsome and Dowling, 2006 a) 3 1990 Frey et al., 20062001 2007 5 3 Newsome and Dowling (2006 b)2008) 2011 ) 2001 2 3 2008 6

14 2012 3 Newsome and Dowling, 2006 a) 3 1990 Frey et al., 20062001 2007 5 3 Newsome and Dowling (2006 b)2008) 2011 ) 2001 2 3 2008 6 Rikkyo University Bulletin of Studies in Tourism 14 No.14 March 2012 2012 3 Rikkyo University Bulletin of Studies in Tourism No.14 March 2012 pp. 5-17. A New Type of a Geopark as a Group of Earth Heritages

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B89E6919C8A7789EF8E8F8EB7954D97768D805F93FA967B8CEA5F3134303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B89E6919C8A7789EF8E8F8EB7954D97768D805F93FA967B8CEA5F3134303430312E646F63> 日 本 画 像 学 会 誌 原 稿 執 筆 要 項 (2014 年 04 月 01 日 改 訂 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 画 像 学 会 編 集 委 員 会 1. 投 稿 形 式 投 稿 原 稿 は, 以 下 の MS-Word 原 稿 とする. 専 用 のテンプレートが 用 意 してあるので, 利 用 されたい*.なお,MS-Word 原 稿 は 投 稿 の 際 に 自 動 的 に PDF

More information

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc Image Windows Preferences Edit, Preferences MetaMorph, MetaVue Image Windows Preferences Edit, Preferences Image Windows Preferences 1. Windows Image Placement: Acquire Overlay at Top Left Corner: 1 Acquire

More information

外国語教育/斎藤

外国語教育/斎藤 A Tentative Plan for Improving English Language Teaching SAITO Eiji The purpose of the speech the writer gave at the First International Symposium sponsored by the Kansai University Graduate School of

More information

2. TMT TMT TMT 1 TMT 3 1 TMT TMT PI PI PI SA PI SA SA PI SA PI SA

2. TMT TMT TMT 1 TMT 3 1 TMT TMT PI PI PI SA PI SA SA PI SA PI SA TMT TMT 181 8588 2 21 1 e-mail: n.kashikawa@nao.ac.jp TMT TMT TMT * 1 TMT TMT TMT SAC Science Advisory Committee 2012 8 13 1 1. 1 2 3 20 * 1 609 2. TMT TMT TMT 1 TMT 3 1 TMT 8 3 4 TMT PI 1 10 50 2.1 PI

More information

Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 認知症高齢者と家族介護者間のコミュニケーション改善のために訪問看護師が実施した支援のプロセス : 共依存事例について (The Support Process in Improving Communication Between Elderly with Dementia and the Family

More information

P1: P2: P3: P4: P1 P3 API Scallop4SC API [3] P1 P2 Hadoop [4] HBase [5] Scallop4SC HBase HBase Key Value Hadoop Scallop4SC P3 P4 API 2 API API 2. 2. 1

P1: P2: P3: P4: P1 P3 API Scallop4SC API [3] P1 P2 Hadoop [4] HBase [5] Scallop4SC HBase HBase Key Value Hadoop Scallop4SC P3 P4 API 2 API API 2. 2. 1 THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE. 657 8531 1 1 E-mail: {shintaro,koupe,okushi}@ws.cs.kobe-u.ac.jp, {shinsuke,masa-n}@cs.kobe-u.ac.jp Scallop4SC

More information

27 YouTube YouTube UGC User Generated Content CDN Content Delivery Networks LRU Least Recently Used UGC YouTube CGM Consumer Generated Media CGM CGM U

27 YouTube YouTube UGC User Generated Content CDN Content Delivery Networks LRU Least Recently Used UGC YouTube CGM Consumer Generated Media CGM CGM U YouTube 2016 2 16 27 YouTube YouTube UGC User Generated Content CDN Content Delivery Networks LRU Least Recently Used UGC YouTube CGM Consumer Generated Media CGM CGM UGC UGC YouTube k-means YouTube YouTube

More information

000

000 Sowa Technical High School School Guide 2017 d TECH d 100%d 実習の内容 旋盤 手仕上げ 溶接 鋳造 パソコン実習 CAD( コンピュータによる自動製図 ) 特殊機械 CNC フライス盤 原動機 計測 電気実習 実習内容 電気電子計測 機械加工 ( 手仕上げ 旋盤 ) 溶接 ( アーク ガス ) NC 加工 (CNC 旋盤 マシニングセンタ

More information

< F30355F95AA90CD89BB8A7789EF93A2985F89EF95CA8DFB5F944F8D5A2E706466>

< F30355F95AA90CD89BB8A7789EF93A2985F89EF95CA8DFB5F944F8D5A2E706466> 75 * A 15 23 * * * * * * * * * * 25 24 B 15 23 * * * * * * * * * * * * * 25 24 C 15 23 * * * * * * * * * * * 25 24 D 15 23 25 24 E 15 23 25 24 F 15 23 SS 25 24 SS SS SS P 15 23 25 24 Y 15 23 25 24 *

More information

AŁ\”ƒ1-4

AŁ\”ƒ1-4 徳山高専だより Tokuyama College of Technology Tokuyama College of Technology 2004年度 No. 58 2003年度版 No. 57 徳山工業高等専門学校 Japan Accreditation Board for Engineering Education

More information

_念3)医療2009_夏.indd

_念3)医療2009_夏.indd Evaluation of the Social Benefits of the Regional Medical System Based on Land Price Information -A Hedonic Valuation of the Sense of Relief Provided by Health Care Facilities- Takuma Sugahara Ph.D. Abstract

More information

K06_アウトライン前.indd

K06_アウトライン前.indd CT 画 像 を 用 いた 肺 の 呼 吸 機 能 の 定 量 化 * ** * Quantification of the Respiratory Activity of the Lung using CT Images Takayuki HASHIMOTO* Caihua WANG**,and Jun MASUMOTO* Abstract We have developed a system to

More information

(4) ω t(x) = 1 ω min Ω ( (I C (y))) min 0 < ω < C A C = 1 (5) ω (5) t transmission map tmap 1 4(a) 2. 3 2. 2 t 4(a) t tmap RGB 2 (a) RGB (A), (B), (C)

(4) ω t(x) = 1 ω min Ω ( (I C (y))) min 0 < ω < C A C = 1 (5) ω (5) t transmission map tmap 1 4(a) 2. 3 2. 2 t 4(a) t tmap RGB 2 (a) RGB (A), (B), (C) (MIRU2011) 2011 7 890 0065 1 21 40 105-6691 1 1 1 731 3194 3 4 1 338 8570 255 346 8524 1836 1 E-mail: {fukumoto,kawasaki}@ibe.kagoshima-u.ac.jp, ryo-f@hiroshima-cu.ac.jp, fukuda@cv.ics.saitama-u.ac.jp,

More information

Vol. 23 No. 4 Oct. 2006 37 2 Kitchen of the Future 1 Kitchen of the Future 1 1 Kitchen of the Future LCD [7], [8] (Kitchen of the Future ) WWW [7], [3

Vol. 23 No. 4 Oct. 2006 37 2 Kitchen of the Future 1 Kitchen of the Future 1 1 Kitchen of the Future LCD [7], [8] (Kitchen of the Future ) WWW [7], [3 36 Kitchen of the Future: Kitchen of the Future Kitchen of the Future A kitchen is a place of food production, education, and communication. As it is more active place than other parts of a house, there

More information

- (20 ) 400 () 3DCG No.51 No.61 No.62 No.11 P 2 16

- (20 ) 400 () 3DCG No.51 No.61 No.62 No.11 P 2 16 - (20 ) 226-8503 1974 6 10 29 4259 Tel:045-924-5050 Fax:045-924-5016 E-mail:hase@hi.pi.titech.ac.jp Tel: Fax: E-mail: Tel:03-3786-5650 Tel:090-6036-8520 P 1 16 - (20 ) 400 () 3DCG No.51 No.61 No.62 No.11

More information