日比弓紀

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日比弓紀"

Transcription

1 Vol. 55 No 顎二腹筋の破格を伴う巨大な舌下型類表皮囊胞の 1 例 日比弓紀子 大野清二 本田博之笹部衣里 山本哲也 A case of giant sublingual epidermoid cyst with anomaly of the digastric muscle HIBI Yukiko OHNO Seiji HONDA Hiroyuki SASABE Eri YAMAMOTO Tetsuya Abstract: We report a case of giant sublingual epidermoid cyst extending bilaterally to the submandibular region because of an anomaly of the digastric muscle. A 29-year-old man was referred to our clinic because of a painless swelling in the left submandibular region. Magnetic resonance imaging revealed a well-defined dumbbell-like mass that extended bilaterally from the sublingual area to the submandibular region. Signal density of the mass was homogeneously intermediate on both T1- and T2-weighted images. The lesion was extraorally extirpated with the patient under general anesthesia. The mass was located inferiorly to the geniohyoid muscle and superiorly to the mylohyoid and digastric muscles. Its central portion was constricted by the aberrant anterior bellies of the digastric muscle. The extirpated mass was an cm well-encapsulated cyst containing yellowishbrown paste. It was identified to be an epidermoid cyst on histopathological examination. The postoperative course has been uneventful, without recurrence for about 11 months. Since 1957, 11 cases of giant dermoid or epidermoid cyst more than 5 cm in diameter have been reported in Japan. Our case is the biggest epidermoid cyst so far, and the aberrant shape seemed to be caused by the anomaly of the anterior belly of the digastric muscle. Key words: anomaly( 破格 ), digastric muscle( 顎二腹筋 ), epidermoid cyst( 類表皮囊胞 ), submandibular region ( 顎下部 ) 緒 類皮囊胞および類表皮囊胞は, 先天的には胎生期の迷入 外胚葉組織, 後天的には炎症や外傷などにより迷入した上 皮組織に由来すると考えられている軟組織囊胞で, 肛門や 卵巣に好発するとされているが, 顎口腔領域においても発 生する. 顎口腔領域では口底部の正中に好発し, 数 cm 大 のものが多いとされているが, まれに 5 cm を超える大き なものも報告されている 1, 2). 本囊胞の形態はほとんどが 球形ないしは類球形で, 巨大になると周囲組織を圧迫し二 重舌や二重オトガイを呈するが, 囊胞自体にくびれが生じ ることは極めてまれである. 今回われわれは, 顎二腹筋前 腹が復古型の破格であったために両側の顎下部に進展し, ダンべル状を呈したと考えられた巨大な舌下型類表皮囊胞 高知大学医学部歯科口腔外科学講座 ( 主任 : 山本哲也教授 ) Department of Oral and Maxillofacial Surgery Kochi Medical School, Kochi University(Chief: Prof. YAMAMOTO Tetsuya) 受付日 : 2008 年 5 月 7 日採択日 : 2008 年 11 月 25 日 言 の 1 例を経験したので報告する. 症例患者 : 29 歳, 男性. 初診 : 平成 19 年 7 月. 主訴 : 左側顎下部の無痛性腫脹. 既往歴, 家族歴 : 特記事項なし. 現病歴 : 1 年程前, 左側顎下部の腫脹を自覚するも, 疼痛がないため放置していた. しかし腫脹が消失しないことより, 某病院歯科口腔外科を受診したところ, 当科での精査 加療を勧められ, 紹介により来科した. 現症 : 全身所見 ; 体格中等度, 栄養状態良好で, 異常所見は認めなかった. 口腔外所見 ; 左側顎下部からオトガイ下部, さらには右側顎下部にかけて弾性軟のびまん性の腫脹を認めた. 表面皮膚は正常で, 圧痛は認めなかったが, 弱い波動が触知された ( 写真 1A). 21

2 62 日本口腔外科学会雑誌 Feb 口腔内所見 ; 両側の口底部に腫脹はなく, 両側のワルトン管からの唾液流出は正常で, 舌運動にも異常は認めなかった. 穿刺吸引物所見 : 左側顎下部より試験穿刺を行ったところ, 茶褐色, 泥状の内容物が吸引された ( 写真 1B). 画像所見 : MRI では, 左側顎下部から正中を通り右側顎下部にまで拡がる, 大きさ cm, 境界明瞭で, T1 強調像および T2 強調像いずれにおいてもほぼ均一な中間信号を呈する病変が認められた ( 写真 2). 病変はオトガイ舌筋およびオトガイ舌骨筋の下方で顎舌骨筋の上方に位置し, 正中部では下顎骨の後方から舌骨にまで及んでいるものの, 中心部でくびれ, 左右は内頸静脈前方にまで拡がっていた. 臨床診断 : 類皮囊胞あるいは類表皮囊胞の疑い. 処置および経過 : 平成 19 年 7 月 17 日, 全身麻酔下に摘 写真 1 初診時の顔貌 (A) および内容物 (B) 出術を行った. 左側顎下部から右側顎下部にかけて下顎下縁下方の皮膚に切開を加えて剥離し, 広頸筋を切離すると, 写真 2 MRI 画像 T1 強調像水平断 (A), T2 強調像前額断 (B) および矢状断 (C : 右側, D : 正中, E : 左側 ) 22

3 Vol. 55 No. 2 両側顎下部に進展した巨大な舌下型類表皮囊胞 63 左右の顎二腹筋前腹が板状をなし舌骨に付着しているのが確認された. 顎二腹筋前腹およびその上方の顎舌骨筋を切離し, 病変を周囲組織より剥離した. 病変は周囲組織と癒着しておらず, 容易に一塊として摘出できた. 摘出標本は cm 大, 表面平滑な類球形の腫瘤で, 薄い結合組織で囲まれ, 内部には黄褐色の泥状物が含まれていた ( 写真 3). 創は 1 次閉鎖したが, 創の治癒は良好で, 術後合併症もなく, 現在経過観察中である. 病理組織学的所見 : 重層扁平上皮で被覆された囊胞組織で, 正角化を呈する上皮は比較的薄く, 平坦な基底層を有していた ( 写真 4). 線維性囊組織から成る囊胞壁には炎症性細胞浸潤はなく, 脂腺や毛囊などの皮膚付属器も認めなかった. 病理組織学的診断 : 類表皮囊胞. 考察類皮囊胞および類表皮囊胞の顎顔面領域における発生はそれ程まれなものではなく, 20 歳代を中心として口底部正中や顎下部に認められ, その大きさは 4 cm 以下のものが多いと報告されている 1, 2). しかし, 5 cm を超える大きな類皮および類表皮囊胞も認められ, 本邦では 1957 年の稲守 3) の報告以降, 自験例を含め 12 例が報告されている ( 表 1) 2 12). これらのうち 7 例は類表皮囊胞, 5 例は類皮 写真 3 摘出標本写真 4 摘出標本の病理組織像 (H-E 染色, 100) 23

4 64 日本口腔外科学会雑誌 Feb 図 1 本症例における顎二腹筋の MRI 画像および破格 図 2 本囊胞の位置の模式図 ( 前額断 ) 囊胞で, 類表皮囊胞が過半数を占め, 発生部位としては舌 下 オトガイ下の正中および顎下部が大多数を占めてい た. 類皮囊胞および類表皮囊胞は, Bergmann 13) 14) 萩崎 の分類により病変が顎舌骨筋より上方に位置するものを舌 下型, 下方に位置するものをオトガイ下型, 両方にまたが っているものを舌下 オトガイ下型とされているが, 本 症例はこの分類によると舌下型と考えられた. しかし, 舌 下 オトガイ下型でもこれまでの報告例のなかでは自験 例のように両側の顎下部に進展したものは認められず, さ らには大きさも自験例以外はいずれも 10cm 以下であり, 自験例が本邦におけるこれまでの報告のなかでは最大で, しかも極めて特異な形態の類表皮囊胞であった. 上述のように, 本症例は舌下型にもかかわらず両側の顎 下部に進展するという極めて特異な拡がり方をしていたが, その原因としては顎二腹筋の破格が考えられた. 山田 によると, 顎二腹筋の前腹には異常筋束が多く, 復古型, M. digastrlcomyiohyoideus 型, M. mentohyoideus 型および混合型の 4 つの破格があり, それぞれ 1 3 %, 20 %, 7 15) 24

5 Vol. 55 No. 2 両側顎下部に進展した巨大な舌下型類表皮囊胞 65 8 % および 1 4 % の頻度で認められるとされている. 本症例の顎二腹筋前腹は, 術前の MRI 画像において通常のように左右に分離しておらず ( 図 1), さらに, 術中所見において左右の顎二腹筋前腹の筋束は板状をなして舌骨に付着していたことより, 復古型であると考えられた. 画像および術中所見より, 囊胞はオトガイ舌骨筋の下方で, 顎舌骨筋より上方に位置しており, これらと囊胞との位置関係を模式化すると図 2 のごとくとなるが, 上方に向かってはオトガイ舌骨筋があるために拡大できず, 一方, 下方に向かっては顎舌骨筋および顎二腹筋を多少押し広げるものの, 復古型の顎二腹筋が在在するため, それ以上は押し広げることができず, 左右の顎舌骨筋の後縁を超えて顎下部に拡がり, くびれを生じたものと考えられた. そこで問題となるのはこの破格が先天的に生じたものか, あるいは囊胞のために後天的に生じたものかという点である. 本囊胞は正中部に発生したと考えられることより, 囊胞によって破格が生じたとするならば顎二腹筋の左右の前腹を押し拡げるような破格になるのが自然で, 左右の前腹が板状を呈する復古型になるのは不自然であると考えられる. したがって, 本症例における顎二腹筋前腹の破格は先天的に生じたと考えるのが妥当であると思われる. 本囊胞の治療としては, 完全摘出が原則である. 囊胞が舌下型の場合は口内法, オトガイ下型の場合は口外法, 舌下 オトガイ下型では両者の併用が一般的とされている. しかし, 大きな舌下型囊胞の場合は, 口内法では十分な術野の確保ができず摘出が困難であることより, 内容物を一部除去して減量したのち口腔内より摘出する方法も取られる. 本症例の場合, 口底部には全く腫脹は認められず, 病変は両側の顎下部から内頸静脈前方にまで進展していたため, 口腔内から減量摘出術を行っても舌神経や舌下神経, さらには, 舌下腺や顎下腺を損傷する可能性は否定できなかった. そこで, それらの点を患者ならびに家族に説明したところ, 術後の審美的障害は余り問題にせず, 機能障害のない完全な摘出を強く希望したことより, 口腔外からのアプローチを選択した. 類表皮囊胞の再発率はきわめて低いとされているが, まれに再発例も報告されていることより 1), 今後も経過観察が必要であると考えられる. 類表皮囊胞の 1 例を経験したので報告した. 本症例では, 顎二腹筋が復古型の破格を有していたため, 舌下部に発生 した囊胞が両側の顎下部に拡大したと考えられた. 本論文の要旨は, 第 55 回 NPO 法人日本口腔科学会中国 四国地方部会 (2007 年 11 月, 徳島 ) において発表した. 引用文献 1) 小林裕, 木野孔司, 他 : 口腔顎顔面領域の類皮囊胞および類表皮囊胞の臨床的観察. 口科誌 47: ) 石原茂人, 黒岩裕一朗, 他 : 巨大な舌下型類表皮囊胞の 1 例 本邦における報告例との大きさ比較. 愛院大歯誌 43: ) 稲守浩一郎 : 巨大な口腔底皮様囊腫の 1 例. 耳鼻臨床 50: ) 山崎正, 細野純, 他 : 巨大な顎下部側方型類皮囊胞の 1 例. 口科誌 29: ) 嬉野智子, 久保秀郎, 他 : 手拳大の顎下部類表皮囊胞の 1 例. 日口外誌 34: ) 小林園生, 大村進, 他 : 顎下型ラヌーラを疑った片側性類表皮囊胞の 1 例. 口科誌 39: ) 土井上輝夫, 天野大助, 他 : オトガイ下部に腫脹をきたした巨大な口底部類表皮囊胞の一例. 北海道歯誌 16: ) 堅田裕, 石川好美, 他 : 傍咽頭間隙と顎下隙に及んだ類表皮囊胞の 1 例. 日口外誌 47: ) 栗田ゆかり, 高久暹, 他 : オトガイ下部に生じた比較的大きな類表皮囊胞の 1 例. 明海大歯誌 31: ) 石川均, 長谷川和樹, 他 : 閉塞性睡眠時無呼吸症候群を生じた舌下型類皮囊胞の 1 例. 日口外誌 51: ) 金子允子, 新井康仁, 他 : 長期経過をたどった口底部類皮囊胞の 1 例. 日口診誌 20: ) 坂田明子, 安田真也, 他 : 左側口底部に生じた比較的大きな類皮囊胞の一例. 日口診誌 20: )Bergmann, E.: Handbuch der praktischen Chirurgie. 4 Auf. Bd. 1. Stuttgart, 1913, p ) 萩崎為行 : 巨大なる口腔底皮様囊腫の一例, 耳喉 2: ) 森於菟, 小川鼎三, 他 : 解剖学第 1 巻. 第 11 版, 金原出版, 東京, 1952, p300. 結 今回われわれは, 両側の顎下部に進展した巨大な舌下型 語 25

2 4 3 cm Composix TM mesh mesh 4 MRICT cm,65 kg 10 cm A B

2 4 3 cm Composix TM mesh mesh 4 MRICT cm,65 kg 10 cm A B 46 2112 116 2007 2 61 8 6 cmct MRI Composix TM mesh2 91 10 cmct 3cm Surgipro TM mesh mesh mesh Grynfelt-Lesshaft's triangle Petit's triangle mesh 149 cm56.1 kg 8 6 cm X CT 61 2002 1 2002 12 2007 9 3 570-8540

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 80 QOL QOL VAS Score MRI MRI MRI Ra Rb MRI 81 お 名 前 VAS VAS Score 82 奥ほか 症例 手術時間 出血量 食事開始日 術後入院期間 分 ml 日 日 平均 SD 9 備考 排尿障害 創部感染 図 直腸子宮内膜症症例の MRI ゼリー法によ る画像所見 図 当院で直腸子宮内膜症に対して直腸低位前方切 除術を施行した症例の内訳 子宮内膜症では

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 91 QOL G P VAS blue berry spot GnRH mm cm TTiso inten- 92 blue berry spot MRI iso intensity sity r ASRM stage mm T T PDS 膀胱子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術 病変の位置と膀胱の縫合修復の工夫 図5 尿管ステント留置 収縮した状態で尿管口との距離は5mm 以上保 っていた 図6 膀胱修復

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号

日本職業・災害医学会会誌第51巻第5号 太田ら 同時多発性高血圧性脳葉出血の 1 手術例 図 1 搬入時 CT 上段 単純 CT 下段 造影 CT 図 2 術後の脳血管撮影検査では明らかな出血源は認めない 379 Reprint request: MULTIPLE SIMULTANEOUS HYPERTENSIVE LOBAR HEMORRHAGE Hirotsugu OHTA M.D. 1) and Akira YOKOTA M.D.

More information

日産婦誌61巻4号研修コーナー

日産婦誌61巻4号研修コーナー ( 表 E-8-3)-(4)-1) 子宮頸癌取扱い規約組織分類 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約, 改訂第 2 版 1) より一部改変 ) ( 図 E-8-3)-(4)-1) 微小浸潤扁平上皮癌の計測 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約. 改訂第 2 版 1) ) 浸潤の深さと縦軸方向の広がりはいずれも組織標本上での計測により mm 単位で記載する.

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 86 QOL S Masson Irritable Bowel Syndrome IBS Visual Analog Scale VAS IBS MRI S pelvic side wall W pelvic side wall PDS figure 過敏性腸炎様の症状を呈した直腸子宮内膜症の症例 87 図1 術前 MRI ゼリー法の結果 1 症例1の術前所見 症例の術前所見では に直腸子宮内膜症を疑う

More information

東洋医学雑誌

東洋医学雑誌 Vol.61 No.7 924-929, 2010 a b c d Naoki OKADA ad Masaru NATSUAKI b Takashi NISHIMOTO ac Nishimoto Clinic, 2-8-31 Koshienguchi, Nishinomiya, Hyogo 663-8113, Japan Department of Dermatology, Hyogo College

More information

<924A814092BC8EF72E656339>

<924A814092BC8EF72E656339> @ 膵分節切除を施行した膵 の 例 α 本邦報告 例の発生部位および手術術式 膵内分泌機能の低下は膵切除量に応じて発生リ スクが高まる イヌを用いた実験的検討では糖 尿病発現からみた膵切除率の限界は正常膵の場 合で 慢性膵炎などの線維化膵で と されている 本症例を門脈上で切離する体 尾部切除を行うと仮定し術前 を用いてボ リューメトリーで解析したところ 社製 膵全体の体積は約 で膵切除 体尾部の体積が約

More information

13120701PDF_Œ{Ł¶PDF.pdf

13120701PDF_Œ{Ł¶PDF.pdf 北勤医誌第 35巻 2013年 12月 1Y 2Y8M 図 1 ストーマの経時変化 直後から 2Y8M まで) こで低侵襲で 余剰腸管の切除とメッシュによ 術後経過 数日して腹痛を訴え CT をとった る補強とストーマ孔の拡大防止をストーマ孔か ところイレウスはないがストーマ孔に小腸が陥 らのアプローチで行なう術式を計画した 入していると診断し再手術を行った 前回腹腔 術式 2層メッシュComposix

More information

Title 全 上 下 顎 同 時 移 動 術 を 行 った 高 度 顎 変 形 症 の1 例 Author(s) 扇 内, 秀 樹 ; 野 村, 真 弓 ; 名 取, 正 喜 ; 山 崎, 卓 ; 三 宮, 慶 邦 Journal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 62(6/7):573-578, 1992 URL http://hdl.handle.net/10470/8191 Twinkle:Tokyo

More information

琉球医学会 Ryukyu Medical Association Title [ 症例報告 ] 下顎骨延長術による閉塞性睡眠時無呼吸症候群の改善後に歯科矯正治療を施行した一例 Author(s) 天願, 俊泉 ; 比嘉, 努 ; 新垣, 敬一 ; 仲宗根, 敏幸 ; 上田, 知念, 克二 ; 國仲, 梨香 ; 新崎, 章 ; 砂川, 元 Citation 琉球医学会誌 = Ryukyu Medical

More information

沖縄医報 Vol.44 No.1 2008 生涯教育 超音波所見 c 胎盤と子宮壁の間に見られる低輝度境界線 a 胎盤が虫食いまたはスイスチーズ様を示す placental lacuna の存在 脱落膜エコー の欠落 d 子宮漿膜面と膀胱壁の間に血管増生 拡張 b 胎盤付着部の子宮筋層の菲薄化 以上の所見が認められる 写真 1 2 経膣超音波による診 断の精度は高く 特に 妊娠 20 週以降にこれら

More information

28 1 1a 1b 2 MRI T2 3 CT C3 N95 N95 6ml 90

28 1 1a 1b 2 MRI T2 3 CT C3 N95 N95 6ml 90 2015 28 1 89 93 CT C3 Tb PCR XP WBC 7 600/mm 3 CRP 4 08mg/dl MRI MRI CT MRI WBC 9 700/mm 3 CRP 6 09mg/dl CT C3 C2 C7 low density area CT 89 28 1 1a 1b 2 MRI T2 3 CT C3 N95 N95 6ml 90 28 1 4 CT C2 C7 low

More information

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor α μ μ μ μ 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE

More information

ADENOCARCINOMA OF RETE TESTIS Takashi OHIGASHI and Tadashi YAMAMOTO From the Department of Urology, National Tochigi Hospital We report a case of aden

ADENOCARCINOMA OF RETE TESTIS Takashi OHIGASHI and Tadashi YAMAMOTO From the Department of Urology, National Tochigi Hospital We report a case of aden Title 精巣網腺癌の 1 例 Author(s) 大東, 貴志 ; 山本, 正 Citation 泌尿器科紀要 (1989), 35(10): 1787-1790 Issue Date 1989-10 URL http://hdl.handle.net/2433/116698 Right Type Departmental Bulletin Paper Textversion publisher

More information

日本職業・災害医学会会誌第54巻第6号

日本職業・災害医学会会誌第54巻第6号 Reprint request: A CASE OF PRESENTED VARIOUS FUNCTIONAL DISTURBANCES AFTER AN INJURY Taketoshi NOGAKI, Nobusuke HOUCHI, Tomoko SUGIUCHI, Naohiko WATANABE and Hiroyuki ZUSHO Department of Otolaryngology,

More information

40: 127-130, 1994 11) Damjanov I, Moriber K, Catalano E, et al: Myelolipoma in a heterotopic adrenal gland. Light and electron microscopic findings. Can cer 44: 1350-1356, 1979 12) DeNavasquez S: Case

More information

518 松 浦 梅 春 安 (図1)治 (図2)治 療 後 原 五 郎 佐 療 前 藤 実 血 液像,肝 機能 な ど異 常 な し. 治 療:昭 10mgを 和36年4月19日 よ りPredonine 局 所 注射 した とこ ろ劇的 効 果 を奏 し, 1週 間後 に来 院 せ る時 に は腫

518 松 浦 梅 春 安 (図1)治 (図2)治 療 後 原 五 郎 佐 療 前 藤 実 血 液像,肝 機能 な ど異 常 な し. 治 療:昭 10mgを 和36年4月19日 よ りPredonine 局 所 注射 した とこ ろ劇的 効 果 を奏 し, 1週 間後 に来 院 せ る時 に は腫 518 松 浦 梅 春 安 (図1)治 (図2)治 療 後 原 五 郎 佐 療 前 藤 実 血 液像,肝 機能 な ど異 常 な し. 治 療:昭 10mgを 和36年4月19日 よ りPredonine 局 所 注射 した とこ ろ劇的 効 果 を奏 し, 1週 間後 に来 院 せ る時 に は腫脹 ほ とん ど消失 し,疼 痛 な らびに圧 痛 は全 く認 め な かつ た. その 後 約2年

More information

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号 図 1 アクアポリンの 構 造 アクアポリンはアミノ 酸 にして 300 以 下 の 短 い 1 本 の ポリペプチド 鎖 からなり, 細 胞 膜 を 6 回 貫 通 する.N 末 端 と C 末 端 はいずれも 細 胞 内 に 伸 びている. 細 胞 内 の loopbと 細 胞 外 の loopeには,アスパラギン プ ロリン アラニン(アミノ 酸 の 一 文 字 表 記 により NPA)からなる

More information

FEMALE EPISPADIAS WITH URINARY INCONTINENCE Shudo Takai, Shogo Shimamura and Masao Kadono Department of Urology, Sapporo Medical College (Director. Prof. S. Takai) Epispadias of a 2-year-old girl with

More information

‘¬“û”qFinal

‘¬“û”qFinal 3 6 12 20 26 32 38 44 50 56 66 72 80 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

1 Department of Legal Medicine, Toyama University School of Medicine 2 3 4 5 6 7 8 Department of Ophthalmology, Graduate School of Medicine and Pharmaceutical Sciences, University of Toyama VEGF Key words

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

TUBERCULOSIS OF THE PENIS : REPORT OF A CASE AND REVIEW OF THE LITERATURE Katsumi TANIKAWA, Kazuo MATSUSHITA and Masaaki OHKOSHI From the Department o

TUBERCULOSIS OF THE PENIS : REPORT OF A CASE AND REVIEW OF THE LITERATURE Katsumi TANIKAWA, Kazuo MATSUSHITA and Masaaki OHKOSHI From the Department o Title 陰茎結核の 1 例 Author(s) 谷川, 克己 ; 松下, 一男 ; 大越, 正秋 Citation 泌尿器科紀要 (1985), 31(6): 1065-1070 Issue Date 1985-06 URL http://hdl.handle.net/2433/118504 Right Type Departmental Bulletin Paper Textversion publisher

More information

1-A-01-胸部X線写真の読影.indd

1-A-01-胸部X線写真の読影.indd A B normal variant Keats Atlas of normal Roentgen variants that may simulate disease 1973 1207 normal variant borderlands Borderlands of normal and early pathological findings in skeletal radiography 1910

More information

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺

明海大学歯学雑誌 37‐2/1.秦泉寺 J Meikai Dent Med 37, 153 158, 8 153 1 7 5ml /1 min Wong-Baker Face Rating Scale FS 5 1 9. g 3 5ml /1 min, FS 1 66 6ml /1 min FS 5 1 9. g 3 6ml /1 min, FS 3 Two Cases of Xerostomia that Showed an Improvement

More information

1.中山&内田 P1-9

1.中山&内田 P1-9 図2. 肺肉眼像 図3. 肺の割面肉眼像 ホルマリン固定後 最大で直径約3cmの 結節病変が全葉に散在性に認められる 直径約1cmの周囲との境界不明瞭な白色結 節病変が認められる 図4 心臓肉眼像 図5 肝臓肉眼像 ホルマリン固定後 右心室から肺動脈内に 多数の犬糸状虫成体が寄生 心室壁にはび まん性ないし結節状の淡色部が認められる ホルマリン固定後 硬く表面は顆粒状不整 図6 肺と心臓のT1強調MRI

More information

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を とうかい Vol.56 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 いぎやま こみち 鵜 沼 小 伊 木 町 伊 木 山 のふもと あじさいの 小 径 です 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ INDEX Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入

More information

胆嚢十二指腸瘻を伴う早期胆嚢癌の一例 かった Ⅰ 術後経過 合併症なく術後 日目に退院となった 考 病理診断 マクロ 赤線で示された範囲に癌を 認めた 瘻孔部 矢印 には癌は認めなかった 察 胆嚢十二指腸瘻は胆嚢と十二指腸との間に瘻 は特発性 孔が形成された病態である 福永ら2 内胆汁瘻 例を分類し 胆石胆嚢炎が 十二指腸潰瘍が 胆嚢癌 であったと報 告している また 下山ら3 は 例を分類し 悪性腫瘍は

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

K06_アウトライン前.indd

K06_アウトライン前.indd CT 画 像 を 用 いた 肺 の 呼 吸 機 能 の 定 量 化 * ** * Quantification of the Respiratory Activity of the Lung using CT Images Takayuki HASHIMOTO* Caihua WANG**,and Jun MASUMOTO* Abstract We have developed a system to

More information

A comparison of abdominal versus vaginal hysterectomy for leiomyoma and adenomyosis Kenji ARAHORI, Hisasi KATAYAMA, Suminori NIOKA Department of Obstetrics and Gnecology, National Maizuru Hospital,Kyoto,

More information

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,,

1., 1 COOKPAD 2, Web.,,,,,,.,, [1]., 5.,, [2].,,.,.,, 5, [3].,,,.,, [4], 33,.,,.,,.. 2.,, 3.., 4., 5., ,. 1.,,., 2.,. 1,, THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS TECHNICAL REPORT OF IEICE.,, 464 8601 470 0393 101 464 8601 E-mail: matsunagah@murase.m.is.nagoya-u.ac.jp, {ide,murase,hirayama}@is.nagoya-u.ac.jp,

More information

BMP7MS08_693.pdf

BMP7MS08_693.pdf 106 第IX章 写真 1 胆囊捻転症症例 1 重症胆囊炎) ab cd a. 術中写真 1 b. 術中写真 2 c. 腹部超音波検査 d. 浮遊胆囊 Gross の分類 写真 2 胆囊捻転症症例 2 重症胆囊炎) ab c a. CT 胆囊壁の肥厚と造影不良(A) 胆囊周囲液体貯留(B) b. MRI T 2強 調 像 に お け る pericholecystic high signal 矢 印

More information

Ø Ø Ø

Ø Ø Ø Ø Ø Ø 脳解剖について 画像 高草木薫公開資料より 小脳 水平面断での動脈支配領域 各葉の角度分類と血管支配領域 穿通動脈の血管支配 各支配動脈 尾状核 前大脳動脈 被殻 中大脳動脈 視床 後大脳動脈 大脳基底核を中心とした穿通動脈 幸田剣 頭部CTおよびMRI等の画像所見の見方.2010 Ø Ø Ø 画像所見の読み取り方 各レベル毎の 水平面断上での 所見の読み取り方と

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

医科的 に診 た外歯瘻 図1 症 例1:右 鼻翼 基 部の瘻 孔 図2 凝 血が付着 して いる 症 例1:初 耳 展 図3 症 例1:抜 歯 後4 50: 1 日 治癒 してい る 右上 犬歯 歯 肉 の発赤 腫 脹 が 見 ら れ る 図4 症 例2:初 図5 頬 部皮 膚の 浸潤 性 発 赤腫 脹 が 見 症 例2:蜂 窩 織 炎 の 所 見 を示 図6 症 例2:初 診 か ら10日 後 に瘻

More information

11_渡辺_紀要_2007

11_渡辺_紀要_2007 56 1 19 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 56, No.1 (Cult. & Soc.), 2007 115 19 Why is Kidney Dysfunction Caused by Cadmium (Cadmium Nephropathy) not Officially Recognized as a Pollution-related Disease by the

More information

症例_菅原先生.indd

症例_菅原先生.indd 症例報告 JNET 6:46-50, 2012 頚動脈ステント留置術により網膜中心動脈閉塞を発症した 1 例 1 1 2 3 3 4 2 2 2 1 1 3 2 Central retinal arterial embolization after carotid artery stenting in the carotid stenosis Takeshi SUGAHARA 1) Koya NAKAJIMA

More information

乳幼児期の健康診査(カラー)4-1-2

乳幼児期の健康診査(カラー)4-1-2 * * 特異的か 1 2 か月 問診 3 4 か月 見えない方向から声をかけると 見ようとしますか 6 7 か月 テレビやラジオの音がし始めると すぐ見ますか 共通 聞こえていないのではないかと 感じることがありますか 臍ヘルニアあり + 還納できない あるいはしにくい 臍ヘルニアあり + 保護者の希望あり 両側を触知せず片側を触知せず (3 か月未満 ) 両側を触知せず 片側を触知せず

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常

体外受精についての同意書 ( 保管用 ) 卵管性 男性 免疫性 原因不明不妊のため 体外受精を施行します 体外受精の具体的な治療法については マニュアルをご参照ください 当施設での体外受精の妊娠率については別刷りの表をご参照ください 1) 現時点では体外受精により出生した児とそれ以外の児との先天異常 生殖補助医療に関する同意書 体外受精 顕微授精 受精卵の凍結保存 融解移植に際しては 下記の同意書 が必要です ご夫婦で署名捺印した上で提出してください 体外受精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 顕微授精に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 受精卵凍結保存に関する同意書 ( 初回採卵に必要 ) 凍結受精卵融解胚移植に関する同意書 ( その都度必要 ) 同意書は 保管用 と 提出用 の 2 部からなります

More information

B_01田中.indd

B_01田中.indd A Study on the Image of the City in Contemporary Korea: Democracy and Busan Satoru Tanaka Abstract Busan has been the biggest harbor city in Korea, and ranked as one of the centers in democratization history

More information

Microsoft Word - program.doc

Microsoft Word - program.doc 1. 研修プログラムの特色 北海道医療大学歯科医師臨床研修プログラム 患者および家族とのより良い人間関係を築き 全人的な視点から得られた医療情報を理解し それに基づいた総合治療計画を立案する 歯科疾患予防および治療における基本的技能を身につけるとともに 自ら行なった処置の経過を観察 評価し 診断と治療に常にフィードバックする態度 習慣を身につける 2. 臨床研修の目標 ( 到達目標 ) 臨床研修の目標の概要歯科医師臨床研修の目標は

More information

01.PDF

01.PDF Video-assisted thoracoscopic surgery VATS スタッフステーション ミクロの世界で診断を支える 病理検査科 科長 うえ むら ひろ ゆき 植村 弘幸 1000分の1ミリの作業をこなす 病理検査とは手術や処置で患者さんから採取した組織や 細胞を病理医が顕微鏡で調べて病名をつける検査です そのために この組織や細胞を薄く切り 染色した標本を 提供するのが 病理検査技師

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

EVALUATION OF NOCTURNAL PENILE TUMESCENCE (NPT) IN THE DIFFERENTIAL DIAGNOSIS OF IMPOTENCE Masaharu Aoki, Yoshiaki Kumamoto, Kazutomi Mohri and Kazunori Ohno Department of Urology, Sapporo Medical College

More information

09056175-03.indd

09056175-03.indd : 15 1 I. Hermann Hesse 1877-1962 1 Jugendgedenken 1911 Das Nachtpfauenauge 2 1931 Jugendgedenken Würzburger- General - Anzeiger 8 1 Jugendgedenken 3 1940 1947 4 2 6 5 1911 1911 34 20 1931 54 16 11 2010

More information

琉 球 医 学 会 Ryukyu Medical Association Title[ 総 説 ] 口 腔 癌 の 潜 在 性 頚 部 リンパ 節 転 移 に 関 する 諸 問 題 Author(s) 平 塚, 博 義 ; 砂 川, 元 ; 仲 盛, 健 治 ; 津 波 古, 判 ; 喜 舎 場, 野, 岳 史 ; 喜 友 名, 淳 子 Citation 琉 球 医 学 会 誌 = Ryukyu Medical

More information

乳がんの疑いがある といわれたあなたへ 乳がんの疑いがあるといわれ 気が動転しているのではないでしょうか これからの人生がどうなるのか 心配でいっぱいかもしれません 乳がんは 比較的治癒率の高いがんで 新しい治療も開発されています 乳房を温存したり 再建したり 女性らしい体を保つ治療法もあります 納得のいく治療を受けるために 今 あなたができること まずは正確な情報を集めましょう もっと 知ってほしい

More information

saisyuu2-1

saisyuu2-1 母斑の例 早期発見対象疾患 専門機関への 紹介ポイント る 1歳頃の始語 ママ マンマ等のことばの出始め を経て 有意味語が増えているか 早い児であれ ば 二語文 パパ カイシャ等 が出てくる 簡単ないいつけ ことばでの指示 に従えるか 平成16年度に 1歳6か月児健診から二次精査を経て三次精査機関に紹介された38例のうち 両 側に中等度以上の難聴は3例 7.9 滲出性中耳炎も3例 7.9 聴力正常22例

More information

調査 統計 歯科治療における細胞診の有用性 - 東京歯科大学千葉病院臨床検査部における細胞診の統計 - 1),2) 村上聡 * 松坂賢一 1),3) 監物真 3) 塚本葉月 1) 田村美智 1) 秦暢宏 川原由里香 1) 草野義久 1) 劉潁鳳 1) 杜岩 1) 辛承一 1) 井上孝 1) 東京歯科

調査 統計 歯科治療における細胞診の有用性 - 東京歯科大学千葉病院臨床検査部における細胞診の統計 - 1),2) 村上聡 * 松坂賢一 1),3) 監物真 3) 塚本葉月 1) 田村美智 1) 秦暢宏 川原由里香 1) 草野義久 1) 劉潁鳳 1) 杜岩 1) 辛承一 1) 井上孝 1) 東京歯科 歯科治療における細胞診の有用性 : 東京歯科大学千葉病 Title 院臨床検査部における細胞診の統計 村上, 聡 ; 松坂, 賢一 ; 監物, 真 ; 塚本, 葉月 ; 田村, Author(s) 美智 ; 秦, 暢宏 ; 川原, 由里香 ; 草野, 義久 ; 劉, 潁鳳 ; 杜, 岩 ; 辛, 承一 ; 井上, 孝 Journal 日本口腔検査学会雑誌, 2(1): 74-77 URL http://hdl.handle.net/113/1924

More information

新 T~.1の3) 35 Investigation and training of key points in the handover process at a psychological clinic Tetsuya ISHIDA, Reiji SASAKI Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu University Psychological

More information

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組 Title Author(s) Citation Issue date 1997-12 Resource Type Resource Version URL Kobe University Repository : Kernel ヒト口腔扁平上皮癌細胞および組織片のヌードマウス舌への同所性移植による浸潤 リンパ節転移に関する実験的研究 (Experimental study of invasion

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

駒田朋子.indd

駒田朋子.indd 2 2 44 6 6 6 6 2006 p. 5 2009 p. 6 49 12 2006 p. 6 2009 p. 9 2009 p. 6 2006 pp. 12 20 2005 2005 2 3 2005 An Integrated Approach to Intermediate Japanese 13 12 10 2005 8 p. 23 2005 2 50 p. 157 2 3 1 2010

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

明海大学歯学雑誌 43‐1☆/目次(43‐1)

明海大学歯学雑誌 43‐1☆/目次(43‐1) 94 J Meikai Dent Med 43 1, 94 100, 2014 1 1 1 1 2 1 1 2 75 2 A Case of Occlusal Discomfort Treated by Fixed Partial Denture Fabricated by Double-cast Technique Takafumi FUJITA 1, Tomoaki IIZUKA 1, Takuya

More information

16_研修医講義.ppt

16_研修医講義.ppt ,. 2016.10.19 1978Steptoe & Edwards 36 393,745 2010 46,008 HP AMH :, AMH AMH Inhibin B FSH Estradiol 120 85 14 La Marca. Hum Repro 2009 Seifer. Fertil Steli 2011 AMH,... MnSOD(. MnSOD ,, 1992Palermo et

More information

日本職業・災害医学会会誌第54巻第6号

日本職業・災害医学会会誌第54巻第6号 274 日本職業 災害医学会会誌 JJOMT Vol. 54, No. 6 図 1 初診時所見 上 左足は足背の全体と踵部以外の足底が III 度熱傷であった 下 右足は足底の踵部から足背外踝部にかけて III 度熱傷であり それ以外は深達性 II 度熱傷であった 図 2 受傷後 19 日目に左足の III 度熱傷のデブリードメンと第 1 趾 の壊死した末節骨 第 2 5 趾の中節骨 1/2 より末梢の切除を行

More information

Taro-22.学術論文 第49回超音波

Taro-22.学術論文 第49回超音波 第 49 回 超音波研修会 広げよう超音波検査 藤枝市立総合病院 秋山 敏一 はじめに 広げよう超音波検査 と題して FAST 消 に異常がみられなくても 時間をおいて反復し て施行する必要がある 化管 唾液腺 陰嚢 運動器 軟部組織の超音 波検査について解説したが 紙面の関係で主な 疾患のみ記載する FAST FAST(Focused assessment with sonography for

More information

市区町村別平均寿命の全国順位の変化からみた青森県市町村平均寿命の解析

市区町村別平均寿命の全国順位の変化からみた青森県市町村平均寿命の解析 Analysis of the life expectancy at birth of the municipalities in Aomori Prefecture by the change in a nationwide order of the life expectancy at birth Koichi Takemori 1) Seiji Mikami2) Naomi Kudo 1) Yutaka

More information

χ 嶋 寺 伸 一 図 図 初発年齢 歳未満の乳児期発症例が最も多く しだ いに減少した 嵌頓時月齢 嵌頓は2 か月以下の2 例に発生し うち8 例に緊急手術が行われた その月齢は生後 か月に小さな peak を 8か月に大きな peak を認め 乳児期においてほぼ二峰性 のグラフを示した 表2 図2 嵌頓に関わる因子の検討 性別 男 女 患側 R L B 初発年齢 か月 手術時年齢 か月 手術時体重

More information

Title 重症熱傷と肝臓障害 : 剖検例ならびに動物実験例より Author(s) 平山, 峻 ; 林, 道義 ; 野崎, 幹弘 Journal 東京女子医科大学雑誌, 50(2):154-162, 1980 URL http://hdl.handle.net/10470/4033 Twinkle:Tokyo Women's Medical University - http://ir.twmu.ac.jp/dspace/

More information

6 1Bulletin of Tokyo University and Graduate School of Social Welfarepp73-86 2015, 10 372-0831 2020-1 2015 5 29 2015 7 9 : : : 1 A B C D E 4 A B A B A B A ] AB C D E 4 8 73 17 2 22 750 1 2 26 2 16 17 32

More information

112 Garré from the viewpoint of jaw development as well as the process of tooth formation in children. An early diagnosis based on specific findings l

112 Garré from the viewpoint of jaw development as well as the process of tooth formation in children. An early diagnosis based on specific findings l 臨床報告 松本歯学 40:111~116,2014 key words:garré 骨髄炎, 下顎骨骨髄炎, 小児 小児に発症した下顎骨の Garré 骨髄炎のエックス線学的検討 内田啓一 1, 山田真一郎 1, 杉野紀幸 1, 黒岩博子 1, 髙田匡基 2, 各務秀明 2, 篠原淳 2 1, 田口明 1 松本歯科大学 2 松本歯科大学 歯科放射線学講座 顎顔面口腔外科学講座 Radiological

More information

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例 日血外会誌 4巻1号 106 7 T -{コーー 症例1 {mafd )3s W 一一 一 症例2 一 症例3 血清尿素窒素値 j面 I一 25 一正常上限 15 一正常下限 珊 5 術前 5 15 10 X 25 術後日数 ' 血清クレアチニン値 (mg^i)2 辰匯j 正常上限 1 正常下限 0 術前 5 10 15 X S 術後日数 萌[41 図3 術前後の血清尿素窒素値とクレアチニン値の変動

More information

CLINICAL EXPERIENCES WITH "KIMOPSIN" IN THE FIELD OF UROLOGY Tsutomu INADA, Jisaburo SAKATOKU, Kenji SAWANISHI and Osamu YOSHIDA From the Department o

CLINICAL EXPERIENCES WITH KIMOPSIN IN THE FIELD OF UROLOGY Tsutomu INADA, Jisaburo SAKATOKU, Kenji SAWANISHI and Osamu YOSHIDA From the Department o Title キモプシンの使用経験特に泌尿器科手術患者並びに男子不妊症患者について Author(s) 稲田, 務 ; 酒徳, 治三郎 ; 沢西, 謙次 ; 吉田, 修 Citation 泌尿器科紀要 (1964), 10(1): 47-56 Issue Date 1964-01 URL http://hdl.handle.net/2433/112507 Right Type Departmental

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

日本内科学会雑誌第103巻第8号

日本内科学会雑誌第103巻第8号 β 高齢化社会で注意しておきたい神経内科のcommon diseases トピックス 図 3. RBDスクリーニング問診票日本語版 14 5 点以上でレム睡眠行動異常症 RBD 疑い 脳血管障害のリスクと関連している 中等症以 PSG 検査が必須にて確定診断のうえ AHI 上のOSASは脳血管障害の独立した危険因子とな 20 以上では 経鼻的持続陽圧呼吸 nasal continu- 17 る可能性があり

More information

2007 18 12 2 3 30 1998 16.2 10 10 1 2008 1 44.5 41.2 39.6 6.0 2.2 1819 Bostock hay fever 4 1964 5 2008 15,673 1 1998 2008 17 300 6 10 23.4 26.5 15.4 2

2007 18 12 2 3 30 1998 16.2 10 10 1 2008 1 44.5 41.2 39.6 6.0 2.2 1819 Bostock hay fever 4 1964 5 2008 15,673 1 1998 2008 17 300 6 10 23.4 26.5 15.4 2 30 2008 1,172 30 2008 39.6 3 1.5 2008 5 Pollen allergy due to Japanese cedar pollen and preventive measures by Tochigi Prefectural Government Abstract TAKAISHI Masaki, AOYAGI Tatsuya, MASUDA Takashi and

More information

...v.q.....r .C

...v.q.....r          .C March Cooper Medical College Sacrament Webster March March March March Kuakini Medical Center Young Men s Buddhist Association YMCA March March March March Eriko Yamamoto, THE EVOLUTION OF AN ETHNIC

More information

388599-P036-P041

388599-P036-P041 Die life improvement of flat type punches for hot forging Morihiko Nakasaki, Koji Era, Hiroyuki Myochin and Ichiro Takasu Synopsis: Since forged products have been required more complex and net-shape,

More information

総研大文化科学研究第 11 号 (2015)

総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 元 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 45 ..... 46 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 租借地都市大連における 満洲日日新聞 の役割に関する一考察 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 47 48 総研大文化科学研究第 11 号 (2015) 栄 租借地都市大連における 満洲日日新聞 の役割に関する一考察 総研大文化科学研究第 11 号 (2015)

More information

NINJAL Research Papers No.8

NINJAL Research Papers No.8 (NINJAL Research Papers) 8: 177 196 (2014) ISSN: 2186-134X print/2186-1358 online 177 3 3 3 1940 3 late adoption real time 3 apparent time * 1. 1 2 3 1.1 3 1 1953 * 2014 3 18 2014 5 13 109 NINJAL 2012

More information

prolaps of brow fat crow s feet Sulcus zygomaticopalpebralis prolaps of lower lid fat Tränentrog Sulcus nasolabialis marionette line Sulcus mentolabia

prolaps of brow fat crow s feet Sulcus zygomaticopalpebralis prolaps of lower lid fat Tränentrog Sulcus nasolabialis marionette line Sulcus mentolabia prolaps of brow fat crow s feet Sulcus zygomaticopalpebralis prolaps of lower lid fat Tränentrog Sulcus nasolabialis marionette line Sulcus mentolabialis ᇙŴ Џ ȸЏ ƔǒƽȘȮȖǢǥȬ 7\SH 図.. a ① ② 上下口唇の種類 形態 図 上下口唇が薄い

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

ŴȘȮȔǹȨȋȬȭǺȉȭȹǸȨȴᘻგ ᧔ɷƸӞ Ԙ ሃȉȭȹȌȴDZƸ ඦ トレーニングの内容 図..①a c 図..①b 開口しながら 頭をゆっく り後方へ倒す 図..①a 口を大きく開口する トレーニングが関与する筋肉 図..①c 前歯の切端を合わせる気持 ちで口を少し閉じる 20秒間保持した 後 ゆっくり頭を元に戻す このストレッ チは 3 回繰り返す 図..①d g 顎二腹筋 前腹 耳下腺 舌骨

More information

1) Perissat J, Collet DR, Belliard R : Gallstones ; laparoscopic treatment, intracorporeal lithotripsy followed by cholecystotomy on cholecystectomy. Endoscopy 21 : 373-374, 1989 2) Kato K, Matsuda M,

More information

生駒山麓の遊園・観光開発計画の蹉跌 - 日下温泉土地を中心として -

生駒山麓の遊園・観光開発計画の蹉跌 - 日下温泉土地を中心として - Abstract From the beginning the study of land companies of Japan has mainly been developed by Dr. KYOZO TAKECHI. In general, those companies are so shortlived and historical investigation is strongly limited

More information

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め 1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP 125 6 7 alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O 7 137 DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認められない PAIgG 177 3ng 107 cell meq 1 砂糖水試験 一 Fe 236 μg

More information

Fig. 1 Clinical Appearance on the Left Leg before Therapy Fig. 2 Clinical Appearance after Therapy Fig. 3 Histopathological Features of the Skin Lesio

Fig. 1 Clinical Appearance on the Left Leg before Therapy Fig. 2 Clinical Appearance after Therapy Fig. 3 Histopathological Features of the Skin Lesio Ryoji KANDA, M.D. and Seiichiro HATA, M.D. Fig. 1 Clinical Appearance on the Left Leg before Therapy Fig. 2 Clinical Appearance after Therapy Fig. 3 Histopathological Features of the Skin Lesion, Showing

More information

”Лï−wŁfl‰IŠv‚æ84“ƒ/ı¢fic“_fiñ

”Лï−wŁfl‰IŠv‚æ84“ƒ/ı¢fic“_fiñ February 169 News Week JAPAN S DIRTY SECRET Schoolgirls Selling Sex:The New Teen Trade Raises Questions About the Country s Moral Values 170 p February 171 p p Vern & Bonnie p 172 sex work Delacoste &

More information

Medical Journal of Aizawa Hospital Medical Journal of Aizawa Hospital Vol. 7 (2009) Key words Use of food wrap or perforated polyethylene film as non-adherent dressing makes wound dressing simple

More information

06’ÓŠ¹/ŒØŒì

06’ÓŠ¹/ŒØŒì FD. FD FD FD FD FD FD / Plan-Do-See FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD JABEE FD A. C. A B .. AV .. B Communication Space A FD FD ES FD FD The approach of the lesson improvement in Osaka City University

More information

Studies on Mild School Myopia Part II. The Amplitude of Accmmodation in Mild School Myopia By Ling Nai Kay Department of Ophthalmology Okayama University Medical School (Director: Prof. Goro Akagi) By

More information

Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test conditions except for t

Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test conditions except for t Review of Seatbelt Anchorage and Dimensions of Test Bench Seat Cushion JASIC Motivation and Purpose There is no definition about whether seatbelt anchorage should be fixed or not. We tested the same test

More information

PRUNE BELLY SYNDROME WITH ATRESIA ANI AND URETHRAL STRICTURE : A CASE REPORT Yuzuru Megumi, Yasuki Horii, Tadashi Matsuda, Yoichi Arai, Hideo Takeuchi

PRUNE BELLY SYNDROME WITH ATRESIA ANI AND URETHRAL STRICTURE : A CASE REPORT Yuzuru Megumi, Yasuki Horii, Tadashi Matsuda, Yoichi Arai, Hideo Takeuchi Title 鎖肛と尿道狭窄を伴った Prune belly 症候群の 1 例 Author(s) 恵, 謙 ; 堀井, 泰樹 ; 松田, 公志 ; 荒井, 陽一 ; 竹内, 秀修 Citation 泌尿器科紀要 (1994), 40(9): 841-844 Issue Date 1994-09 URL http://hdl.handle.net/2433/115345 Right Type Departmental

More information

01_梅村佳代_紀要_2007最終

01_梅村佳代_紀要_2007最終 Bull. Nara Univ. Educ., Vol., No. (Cult. & Soc.), An Historical Study of Education in the Tajima Province, from the Late Early-Modern Times until the Early Meiji Era UMEMURA Kayo (Department of School

More information

立命館21_松本先生.indd

立命館21_松本先生.indd 2143-552010 1 2 () 1 2 3 456 78- Key Words 1 3 12007 2 3 508 19992008 1 23 4 43 2120107 4 2008 1992 2003 2005 1989 2008 4 2 2-1 10 4 4 6 5 4 5 2946 1 155 11 41 44 45 4 2-2 2003 1 21 2 1 3 4 5 6 7 3 2120107

More information

立命館20_服部先生.indd

立命館20_服部先生.indd 20 93-105 2010 2 () ' - 1 ( ) ( ' 2005) Key Words 2 1967 93 20 2010 1 94 1 ' 2002 2 2 1996 1996 1999 2 2 2 1993 1999 4 1 2 1985 1989 1986 1994 4 1 2 1 1 4 2 4 4 1 4 1966 4 10-1970 20 1993-1972 95 20 2010

More information

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 Key Words 2002 3 1 2 3 3 1 2 3 1969 1987 69 1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 15 71 72 1 22 6 32 9 200 6 3 1 2 2000 10 1 2003 10 2005 6 5 4

More information