Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 杉戸町 子ども 子育て支援事業計画に関する ニーズ調査結果報告書 平成 26 年 3 月 杉戸町子育て支援課

2

3 目次 1 調査の概要... 1 (1) 調査の目的... 1 (2) 調査の種類 対象者及び実施概要... 1 (3) 回収結果 集計方法... 2 (1) 報告書の見方... 2 就学前児童調査 1 お住まいの地域について 子育て環境について お子さんとご家族の状況について お子さんの保護者の就労状況について お子さんの平日の定期的な教育 保育事業の利用状況について お子さんの地域の子育て支援事業の利用状況について お子さんの土曜 休日や長期休暇中の 定期的 な教育 保育事業の利用希望について お子さんの病気の際の対応について お子さんの不定期の教育 保育事業や宿泊を伴う一時預かり等の利用について お子さんが小学校に入学してからの放課後の過ごし方について すべての方に 育児休業や短時間勤務制度など職場の両立支援制度について 子育て全般について 幼稚園 保育所を利用している保護者について 子育て支援サービスや関連する言葉について 小学生調査 1 お子さんとご家族の状況について お子さんの父親 母親の就労状況について 放課後児童クラブについて 病児 病後児の対応について 一時預かりについて 宿泊を伴う一時預かりについて ファミリー サポート センターの利用について 子育て全般について 子育て支援サービスや関連する言葉について 家事 育児について...186

4 自由記述 問 11 子育て ( 教育を含む ) をする上で 周囲 ( 身近な人 行政担当者など ) からどのようなサポート があればよいとお考えでしょうか ご自由にお書きください 問 45 最後に 教育 保育環境の充実など子育ての環境や支援に関してご意見がございましたら ご自 由にご記入ください 問 35 杉戸町の子育てサービス等について ご意見がございましたら ご自由にお書きください...217

5 1 調査の概要 (1) 調査の目的この調査は 幼稚園 保育所 学童保育室などの教育 保育 子育て支援を計画的に整備 するために 町民の利用状況や利用希望を把握することを目的としています この調査の回答 ( 施設や事業の利用希望等 ) により 施設や事業の利用の可否を決定することはありません 子ども 子育て支援法に基づく新たな制度により 教育 保育 子育て支援の充実を図るため 市町村が 子ども 子育て支援事業計画 を作成します ( 新制度は平成 27 年度から実施予定 ) (2) 調査の種類 対象者及び実施概要この調査の種類と対象者及び実施概要は下表のとおりです 調査の種類と対象者 種類 対象者 対象者数 就学前児童 平成 25 年 10 月 1 日現在 住民基本台帳に掲載されている就学前の児童を無作為抽出 1,500 人 小学生 平成 25 年 10 月 1 日現在 住民基本台帳に掲載されている小学生を無作為抽出 1,500 人 実施概要 種類対象地域調査形式配布 回収方法調査時期 就学前児童 小学生 杉戸町全域 アンケート調査 郵送配布郵送回収 平成 25 年 10 月 29 日 ~11 月 15 日 (3) 回収結果この調査の回収結果は下表のとおりです 回収結果区 分 調査票配布数 有効回収数 有効回収率 就学前児童 1, % 小学生 1, % 1

6 2 集計方法 (1) 報告書の見方 本報告書では 回答すべき箇所が回答されていないものは 無回答 として扱う 本報告書では 回答する必要のない箇所及び回答すべき箇所でないところを回答している場合は 非該当 として扱う 設問の構成比は 回答者数( 該当設問での該当者数 ) を基数として百分率 (%) で示している したがって 非該当者数は 構成比に含まれない 比率は全て百分率(%) で表し 小数点以下第 2 位を四捨五入し算出しているため合計が 100% にならない場合がある 複数回答については 回答者数を基数として百分率(%) で示している したがって 合計値は 100% にならない場合もある 2

7 就学前児童調査

8

9 1 お住まいの地域について 問 1 お住まいの地区として当てはまるとして当てはまる答えの答えの番号 1 つに をつけてください 回答者の居住地区は 中央地区 の割合が 37.5% と最も高く 次いで 西地区 が 29.5% 南地区 が 9.1% となっています 0% 10% 20% 30% 40% 西地区中央地区 29.5% 37.5% 項目度数構成比西地区 % 南地区東地区 9.1% 8.7% 中央地区 % 南地区 % 東地区 % 泉地区 8.0% 泉地区 % 無回答 % 無回答 7.1% 回答者数

10 2 子育て環境について 問 2 宛名のお子さんの生年月をご記入ください ( 内に数字でご記入数字でご記入ください 数字は一枠ください 数字は一枠に一字 ) 子どもの年齢は 0 歳 から 5 歳 までそれぞれ 1 割台の割合となっており このうち 0 歳 は 19.4% と最も高くなっています 0% 5% 10% 15% 20% 25% 平成 25 年 4 月 ~(0 歳 ) 19.4% 平成 24 年 4 月 ~ 平成 25 年 3 月 (1 歳 ) 平成 23 年 4 月 ~ 平成 24 年 3 月 (2 歳 ) 14.2% 15.7% 平成 22 年 4 月 ~ 平成 23 年 3 月 (3 歳 ) 平成 21 年 4 月 ~ 平成 22 年 3 月 (4 歳 ) 平成 20 年 4 月 ~ 平成 21 年 3 月 (5 歳 ) 16.4% 15.3% 18.5% 平成 19 年 4 月 ~ 平成 20 年 3 月 (6 歳 ) 無回答 0.1% 0.3% 生年月 ( 年齢 ) 度数 構成比 平成 25 年 4 月 ~(0 歳 ) % 平成 24 年 4 月 ~ 平成 25 年 3 月 (1 歳 ) % 平成 23 年 4 月 ~ 平成 24 年 3 月 (2 歳 ) % 平成 22 年 4 月 ~ 平成 23 年 3 月 (3 歳 ) % 平成 21 年 4 月 ~ 平成 22 年 3 月 (4 歳 ) % 平成 20 年 4 月 ~ 平成 21 年 3 月 (5 歳 ) % 平成 19 年 4 月 ~ 平成 20 年 3 月 (6 歳 ) 1 0.1% 無回答 3 0.3% 回答者数 年齢算出基準日 : 平成 25 年 4 月 1 日 6

11 問 3 宛名のお子さんのきょうだいは何人いらっしゃいますか 宛名のお子さんを含めた人数を 内に数字でご記入数字でご記入ください お 2 人以上のお子さんがいらっしゃる場合は 末子の方の生年月をご記入ください 1 世帯あたりの子どもの人数は 2 人 の割合が 45.9% と最も高く 次いで 1 人 が 31.6% 3 人 が 18.0% となっています また 2 人以上のきょうだいがいる世帯の末子の年齢は 0 歳 の割合が 28.3% と最も高くなっています きょうだい数 0% 20% 40% 60% 末子の年齢 0% 10% 20% 30% 1 人 2 人 3 人 18.0% 31.6% 45.9% 0 歳 1 歳 2 歳 3 歳 17.5% 13.8% 13.8% 28.3% 4 人 5 人以上無回答 2.5% 0.9% 1.0% 4 歳 5 歳 6 歳無回答 0.3% 8.0% 8.9% 9.4% 1 人 % 2 人 % 3 人 % 4 人 % 5 人以上 8 0.9% 無回答 9 1.0% 回答者数 歳 % 1 歳 % 2 歳 % 3 歳 % 4 歳 % 5 歳 % 6 歳 2 0.3% 無回答 % 回答者数 非該当 284-7

12 問 4 この調査票にご回答いただく方はどなたですか 宛名のお子さんからみた関係でお答えください 当てはまる当てはまる番号 1 つに をつけてください 調査票の回答者は 母親 が 91.5% に対し 父親 が 8.3% と 母親 の割合が大きく上回っています その他, 0.2% 無回答, 父親, 8.3% 母親, 91.5% 母親 % 父親 % その他 2 0.2% 無回答 0 回答者数 問 5 この調査票に回答いただいている方の配偶関係についてお答えください 当てはまる番号 1 つに をつけてください ( 問 4 で 3. その他 と回答した方は回答不要です ) 調査票の回答者の配偶関係は 配偶者がいる が 95.5% に対し 配偶者はいない が 4.4% となっています 配偶者はいない, 4.4% 無回答, 0.1% 配偶者がいる, 95.5% 配偶者がいる % 配偶者はいない % 無回答 1 0.1% 回答者数 非該当 2-8

13 問 6 宛名のお子さんの子育て ( 教育を含む ) を主に行っているのはどなたですか お子さんからみた関係で当てはまる番号 1 つに をつけてください 子どもの子育て ( 教育を含む ) を主に行っているのは 主に母親 の割合が 51.0% と最も高く 父母ともに が 47.4% と続いています 0% 20% 40% 60% 父母ともに主に母親 47.4% 51.0% 父母ともに % 主に父親主に祖父母 0.3% 0.9% 主に母親 % 主に父親 3 0.3% 主に祖父母 8 0.9% その他無回答 0.3% その他 3 0.3% 無回答 0 回答者数 お子さんとご家族の状況について 問 7 宛名のお子さんの子育て ( 教育を含む ) に日常的に関わっている方はどなた ( 施設 ) ですか お子さんからみた関係で当てはまる番号すべてに をつけてください 子どもの子育て ( 教育を含む ) に日常的に関わっている方や施設は 父母ともに の割合が 6 と最も高く 母親 が 36.1% と続いています また 祖父母 (32.4%) や 幼稚園 (31.9%) の割合もそれぞれ 3 割を超え比較的高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 父母ともに母親父親 3.2% 36.1% 6 父母ともに 母親 % 祖父母幼稚園保育所 32.4% 31.9% 19.2% 父親 % 祖父母 % 幼稚園 % 保育所 % 認定こども園その他無回答 0.3% 3.0% 0.2% 認定こども園 3 0.3% その他 % 無回答 2 0.2% 回答者数 871-9

14 問 8 宛名のお子さんの子育て ( 教育を含む ) に もっとも影響すると思われる環境すべてにすべてに をつけてください 子どもの子育て ( 教育を含む ) に もっとも影響すると思われる環境は 家庭 の割合が 95.3% と最も高く 次いで 幼稚園 が 50.9% と 5 割を超え続いています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 家庭 95.3% 地域 31.0% 幼稚園 50.9% 保育所 25.1% 認定こども園その他無回答 3.0% 2.4% 0.2% 家庭 % 地域 % 幼稚園 % 保育所 % 認定こども園 % その他 % 無回答 2 0.2% 回答者数 問 9 日頃 宛名のお子さんをみてもらえる親族 知人はいますか 当てはまる番号すべてにすべてに をつけてください 日頃 子どもをみてもらえる親族 知人の有無は 緊急時もしくは用事の際には祖父母等の親族にみてもらえる の割合が 64.2% と最も高く 日常的に祖父母等の親族にみてもらえる が 32.7% と続いています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 日常的に祖父母等の親族にみてもらえる 32.7% 緊急時もしくは用事の際には祖父母等の親族にみてもらえる 64.2% 日常的に子どもをみてもらえる友人 知人がいる 4.8% 緊急時もしくは用事の際には子どもをみてもらえる友人 知人がいる 16.2% いずれもいない 7.2% 無回答 0.9% 日常的に祖父母等の親族にみてもらえる % 緊急時もしくは用事の際には祖父母等の親族にみてもらえる % 日常的に子どもをみてもらえる友人 知人がいる % 緊急時もしくは用事の際には子どもをみてもらえる友人 知人がいる % いずれもいない % 無回答 8 0.9% 回答者数

15 問 9-1 問 9 で 1. または 2. に をつけた方にうかがいます 祖父母等の親族にお子さんをみてもらっている状況についてお答えください 当てはまる番号すべてに をつけてください 祖父母等の親族に子どもをみてもらっている状況は 祖父母等の親族の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる の割合が 58.4% と 5 割を超え最も高くなっています また 心配や不安を感じる項目では 子どもの教育や発達にとってふさわしい環境であるか 少し不安がある (4.6%) 以外は それぞれ 2 割台となっています 0% 20% 40% 60% 80% 祖父母等の親族の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる 58.4% 祖父母等の親族の身体的負担が大きく心配である 祖父母等の親族の時間的制約や精神的な負担が大きく心配である 自分たち親の立場として 負担をかけていることが心苦しい 子どもの教育や発達にとってふさわしい環境であるか 少し不安がある その他 4.6% 3.0% 20.4% 22.6% 23.0% 無回答 0.7% 項目度数構成比 祖父母等の親族の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる % 祖父母等の親族の身体的負担が大きく心配である % 祖父母等の親族の時間的制約や精神的な負担が大きく心配である % 自分たち親の立場として 負担をかけていることが心苦しい % 子どもの教育や発達にとってふさわしい環境であるか 少し不安がある % その他 % 無回答 5 0.7% 回答者数 非該当

16 問 9-2 問 9 で 3. または 4. に をつけた方にうかがいます 友人 知人にみてもらっている状況についてお答えください 当てはまる番号すべてに をつけてください 友人 知人にお子さんをみてもらっている状況は 友人 知人の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる の割合が 46.7% と最も高く 心配や不安を感じる項目では 自分たち親の立場として 負担をかけていることが心苦しい の割合が 34.5% とやや高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 友人 知人の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる 46.7% 友人 知人の身体的負担が大きく心配である 9.7% 友人 知人の時間的制約や精神的な負担が大きく心配である 自分たち親の立場として 負担をかけていることが心苦しい 子どもの教育や発達にとってふさわしい環境であるか 少し不安がある その他 1.2% 3.6% 23.6% 34.5% 無回答 4.8% 項目度数構成比 友人 知人の身体的 精神的な負担や時間的制約を心配することなく 安心して子どもをみてもらえる % 友人 知人の身体的負担が大きく心配である % 友人 知人の時間的制約や精神的な負担が大きく心配である % 自分たち親の立場として 負担をかけていることが心苦しい % 子どもの教育や発達にとってふさわしい環境であるか 少し不安がある 2 1.2% その他 6 3.6% 無回答 8 4.8% 回答者数 非該当

17 問 10 宛名のお子さんの子育て ( 教育を含む ) をする上で 気軽に相談できる人はいますか もしくは 相談できる場所はありますか 当てはまる番号 1 つに をつけてください 子育て ( 教育を含む ) をする上で 気軽に相談できる人及び場所の有無は いる / ある が 93.7% に対し いない / ない が 3.8% と いる / ある の割合が大きく上回っています いない / ない, 3.8% 無回答, 2.5% いる / ある, 93.7% いる / ある % いない / ない % 無回答 % 回答者数

18 問 10-1 問 10 で 1. はい に をつけた方にうかがいます お子さんの子育て ( 教育を含む ) に関して 気軽に相談できる先は 誰 ( どこ ) ですか 当てはまる番号はまる番号すべてに をつけてください 子育て ( 教育を含む ) に関して 気軽に相談できる先は 祖父母等の親族 (84.9%) 友人や知人 (79.0%) の割合がいずれも 7 割を超え高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% NPO 16.3% 13.1% 11.6% 13.1% 26.8% 0.2% 9.7% 1.1% 2.0% 0.1% 79.0% 84.9% 祖父母等の親族 % 友人や知人 % 近所の人 % 子育て支援施設 ( 地域子育て支援拠点 児童館等 ) NPO % 保健所 保健センター % 保育所 % 幼稚園 % 民生委員 児童委員 2 0.2% かかりつけの医師 % 自治体の子育て関連担当窓口 9 1.1% その他 % 無回答 1 0.1% 回答者数 非該当 55-14

19 問 11 子育て ( 教育を含む ) をする上で 周囲 ( 身近な人 行政担当者など ) からどのようなサポートがあればよいとお考えでしょうか ご自由にお書きください 巻末掲載 4 お子さんの保護者の就労状況について 問 12 宛名のお子さんの保護者の現在の就労状況 ( 自営業 家族従事者含む ) をうかがいます (1) 母親 父子家庭の場合は記入は不要です 当てはまる番号 1 つに をつけてください 母親 の就労状況は 以前は就労していたが 現在は就労していない の割合が 50.1% と最も高く フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) で就労しており 産休 育休 介護休業中ではない (15.2%) と パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) で就労しており 産休 育休 介護休業中ではない (19.0%) の現在の就労者の合計割合は 34.2% となっています また 産休 育休 介護休業中の割合は フルタイムとパートタイムを含め 7.3% となっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% フルタイムで就労しており 産休 育休 介護休業中ではない 15.2% フルタイムで就労しているが 産休 育休 介護休業中である パート アルバイト等で就労しており 産休 育休 介護休業中ではない パート アルバイト等で就労しているが 産休 育休 介護休業中である 1.3% 6.0% 19.0% 以前は就労していたが 現在は就労していない 50.1% これまで就労したことがない 7.5% 無回答 1.0% フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) で就労しており 産休 育休 介護休業中ではない % フルタイムで就労しているが 産休 育休 介護休業中である % パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) で就労しており 産休 育休 介護休業中ではない % パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) で就労しているが 産休 育休 介護休業中である % 以前は就労していたが 現在は就労していない % これまで就労したことがない % 無回答 9 1.0% 回答者数 非該当 1-15

20 (1) 1)-1 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 週当たりの 就労日数 1 日当たりの 就労時間 ( 残業時間を含む ) をお答えください 就労日数や就労時間が一定でない場合は もっとも多いパターンについてお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください ( 内に数字でご記入ください 数字は一枠に一字 ) 現在就労している 母親 の 1 週あたり就労日数は 5 日 の割合が 61.9% 1 日あたり就労時間 ( 残業を含む ) は 8 時間 の割合が 32.2% とそれぞれ最も高くなっています 1 週あたり就労日数 0% 20% 40% 60% 80% 1 日 2 日 3 日 4 日 2.5% 5.6% 9.2% 14.4% 1 日 9 2.5% 2 日 % 3 日 % 4 日 % 5 日 6 日 7 日無回答 5.8% 0.3% 0.3% 61.9% 5 日 % 6 日 % 7 日 1 0.3% 無回答 1 0.3% 回答者数 非該当 日あたり就労時間 ( 残業を含む ) 0% 10% 20% 30% 40% 1 時間 2 時間 3 時間 0.6% 2.5% 4.4% 4 時間 5 時間 6 時間 7 時間 14.4% 11.4% 10.6% 12.2% 8 時間 32.2% 9 時間以上 11.7% 無回答 1 時間 2 0.6% 2 時間 9 2.5% 3 時間 % 4 時間 % 5 時間 % 6 時間 % 7 時間 % 8 時間 % 9 時間以上 % 無回答 0 回答者数 非該当

21 (1)-2 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 家を出る時刻と帰宅時刻をお答えください 時刻が一定でない場合は もっとも多いパターンについてお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 時刻は 必ず ( 例 )08 時 ~18 時のように 24 時間制でお答えください ( 内に数字でご記入ください 数字は一枠に一字 ) 現在就労している 母親 の家を出る時刻は 8 時 の割合が 39.2% 帰宅時刻は 18 時 の割合が 29.7% とそれぞれ最も高くなっています また 家を出てから帰宅するまでの時間は 11 時間以上 の割合が 37.3% と最も高くなっています 家を出る時刻 0% 10% 20% 30% 40% 50% 6 時前 1.7% 項目度数構成比 6 時 3.3% 6 時前 6 1.7% 7 時 8 時 9 時 10 時 11 時 12 時 13 時以降無回答 1.7% 1.4% 2.2% 6.9% 4.4% 16.9% 22.2% 39.2% 6 時 % 7 時 % 8 時 % 9 時 % 10 時 6 1.7% 11 時 5 1.4% 12 時 8 2.2% 13 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当 帰宅時刻 0% 10% 20% 30% 40% 13 時前 13 時 14 時 15 時 16 時 17 時 18 時 19 時 20 時 21 時以降無回答 2.2% 3.9% 5.6% 5.3% 6.1% 10.3% 5.3% 6.9% 4.4% 20.3% 29.7% 13 時前 8 2.2% 13 時 % 14 時 % 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時 % 20 時 % 21 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当

22 家を出てから帰宅するまでの時間 0% 10% 20% 30% 40% 1 時間 2 時間 3 時間 4 時間 5 時間 6 時間 7 時間 8 時間 9 時間 10 時間 11 時間以上無回答 1.0% 1.2% 4.2% 3.4% 6.7% 3.4% 3.6% 6.0% 0.2% 37.3% 1 時間 0 2 時間 0 3 時間 5 1.0% 4 時間 6 1.2% 5 時間 % 6 時間 % 7 時間 % 8 時間 % 9 時間 % 10 時間 % 11 時間以上 % 無回答 1 0.2% 回答者数 非該当 7 - (1)-3 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 就労先の市町村をお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えくださ休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 母親 の就労先の市町村は 杉戸町内 の割合が 33.3% と最も高く 次いで 春日部市 が 16.7% 幸手市 が 11.4% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 杉戸町内 33.3% 幸手市春日部市 11.4% 16.7% 宮代町久喜市 4.2% 4.4% その他 27.8% 無回答 2.2% 杉戸町内 % 幸手市 % 春日部市 % 宮代町 % 久喜市 % その他 % 無回答 8 2.2% 回答者数 非該当

23 (1)-4 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 就労先への交通手段 ( 駅名は 内にご記入ください ) をお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 母親 の就労先への交通手段は 自家用車 の割合が 68.3% と最も高く 次いで 電車 が 17.8% 自転車 が 10.3% となっています 0% 20% 40% 60% 80% 自家用車 68.3% 電車自転車その他無回答 17.8% 10.3% 6.4% 2.8% 自家用車 % 電車 % 自転車 % その他 % 無回答 % 回答者数 非該当 (2) 父親 母子家庭の場合は記入は不要です 当てはまる番号 1 つに をつけてください 父親 の就労状況は フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) で就労しており 育休 介護休業中ではない の割合が 91.8% と最も高くなっています 育休 介護休業中の割合は フルタイムとパートタイムを含め 0.2% となっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% フルタイムで就労しており 育休 介護休業中ではない 91.8% フルタイムで就労しているが 育休 介護休業中である 0.2% パート アルバイト等で就労しており 育休 介護休業中ではない 0.7% パート アルバイト等で就労しているが 育休 介護休業中である 以前は就労していたが 現在は就労していない 1.9% これまで就労したことがない 無回答 5.3% 19

24 フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) で就労しており 育休 介護休業中ではない % フルタイムで就労しているが 育休 介護休業中である 2 0.2% パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) で就労しており 育休 介護休業中ではない 6 0.7% パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) で就労しているが 育休 介護休業中である 0 以前は就労していたが 現在は就労していない % これまで就労したことがない 0 無回答 % 回答者数 非該当 37-20

25 (2)-1 (2) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 1 週当たりの 就労日数 1 日当たりの 就労時間 ( 残業時間を含む ) をお答えください 就労日数や就労時間が 一定でない場合は もっとも多いパターンについてお答えください 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください ( 内に数字でご記入ください 数字は一枠に一字 ) 現在就労している 父親 の1 週あたり就労日数は 5 日 の割合が 58.4% 1 日あたり就労時間 ( 残業を含む ) は 11 時間以上 の割合が 37.0% とそれぞれ最も高くなっています 1 週あたり就労日数 0% 20% 40% 60% 80% 1 日 2 日 3 日 4 日 0.4% 0.6% 0.9% 1 日 0 2 日 3 0.4% 3 日 5 0.6% 4 日 7 0.9% 5 日 6 日 7 日無回答 3.4% 2.2% 34.1% 58.4% 5 日 % 6 日 % 7 日 % 無回答 % 回答者数 非該当 97-1 日あたり就労時間 ( 残業を含む ) 0% 10% 20% 30% 40% 1 時間 2 時間 3 時間 4 時間 5 時間 6 時間 7 時間 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 1.6% 8 時間 23.1% 9 時間 11.0% 10 時間 23.1% 11 時間以上 37.0% 無回答 3.5% 1 時間 1 0.1% 2 時間 1 0.1% 3 時間 1 0.1% 4 時間 1 0.1% 5 時間 1 0.1% 6 時間 1 0.1% 7 時間 % 8 時間 % 9 時間 % 10 時間 % 11 時間以上 % 無回答 % 回答者数 非該当 97-21

26 (2)-2 (2) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 家を出る家を出る時刻時刻と帰宅時刻時刻をお答えくださをお答えください 時刻が一定でない場合は もっとも多いパターンについてお答えください 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 時刻は 必ずについてお答えください 時刻は 必ず ( 例 ) 08 時 ~18 時のように 24 時間制でお答えください ( 内に数字でご記入ください 数字は一枠に一字 ) 現在就労している 父親 の家を出る時刻は 7 時 の割合が 36.2% 帰宅時刻は 19 時 の割合が 19.4% とそれぞれ最も高くなっています また 家を出てから帰宅するまでの時間は 13 時間 の割合が 19.3% と最も高くなっています 家を出る時刻 0% 10% 20% 30% 40% 6 時前 6.8% 6 時 23.3% 7 時 36.2% 8 時 21.7% 9 時 10 時 11 時 12 時 13 時以降無回答 4.1% 0.4% 0.4% 0.6% 1.9% 4.5% 6 時前 % 6 時 % 7 時 % 8 時 % 9 時 % 10 時 3 0.4% 11 時 3 0.4% 12 時 5 0.6% 13 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当 97 - 帰宅時刻 0% 5% 10% 15% 20% 25% 13 時前 4.9% 13 時 14 時 15 時 16 時 17 時 0.1% 0.3% 0.3% 0.8% 2.2% 18 時 10.1% 19 時 20 時 21 時 19.4% 17.3% 16.9% 22 時 23 時以降 12.5% 10.5% 無回答 4.8% 13 時前 % 13 時 1 0.1% 14 時 2 0.3% 15 時 2 0.3% 16 時 6 0.8% 17 時 % 18 時 % 19 時 % 20 時 % 21 時 % 22 時 % 23 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当 97-22

27 家を出てから帰宅するまでの時間 0% 10% 20% 30% 1 時間 ~5 時間 6 時間 ~10 時間 11 時間 12 時間 13 時間 14 時間 15 時間 16 時間以上無回答 3.1% 6.7% 10.3% 13.8% 19.3% 17.1% 10.5% 14.3% 4.9% 1 時間 ~5 時間 % 6 時間 ~10 時間 % 11 時間 % 12 時間 % 13 時間 % 14 時間 % 15 時間 % 16 時間以上 % 無回答 % 回答者数 非該当 97 - (2)-3 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 就労先の市町村をお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 父親 の就労先の市町村は 杉戸町内 の割合が 16.0% と最も高く 次いで 春日部市 が 9.4% 幸手市 久喜市 がそれぞれ 4.5% と続いています また その他 の割合も約 6 割と高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 杉戸町内 16.0% 幸手市春日部市宮代町久喜市 4.5% 9.4% 2.2% 4.5% その他 60.2% 無回答 3.1% 杉戸町内 % 幸手市 % 春日部市 % 宮代町 % 久喜市 % その他 % 無回答 % 回答者数 非該当 97-23

28 (2)-4 (1) で 1.~4. ( 就労している ) に をつけた方にうかがいます 就労先への交通手段 ( 駅名は 内にご記入ください ) をお答えください 産休 育休 介護休業中の方は 休業に入る前の状況についてお答えください 父親 の就労先への交通手段は 自家用車 の割合が 51.9% と最も高く 次いで 電車 が 32.8% 自転車 が 6.6% となっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 自家用車 51.9% 電車自転車その他無回答 3.0% 6.6% 10.6% 32.8% 自家用車 % 電車 % 自転車 % その他 % 無回答 % 回答者数 非該当 97 - 問 13 問 12 の (1) または (2) で 3.4. ( パート アルバイト等で就労している ) に をつけた方にうかがいます 該当しない方は 問 14 へお進みください フルタイムへの転換希望はありますか 当てはまる番号 1 つに をつけてください (1) 母親パート アルバイト等で就労している 母親 のフルタイムへの転換希望は パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の就労を続けることを希望 の割合が 46.0% と最も高く フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) への転換希望があり 実現できる見込みがある の割合は 7.4% フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない の割合は 25.6% となっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% フルタイムへの転換希望があり 実現できる見込みがある 7.4% フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない 25.6% パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の就労を続けることを希望 パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) をやめて子育てや家事に専念したい 3.4% 46.0% 無回答 17.6% 24

29 フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) への転換希望があり 実現できる見込みがある % フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない % パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の就労を続けることを希望 % パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) をやめて子育てや家事に専念したい 6 3.4% 無回答 % 回答者数 非該当 (2) 父親パート アルバイト等で就労している 父親 のフルタイムへの転換希望は フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない が 3 件とやや多くなっています 0 件 1 件 2 件 3 件 4 件 フルタイムへの転換希望があり 実現できる見込みがある 1 フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない 3 パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の就労を続けることを希望 パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) をやめて子育てや家事に専念したい 0 0 無回答 2 フルタイム ( 週 5 日 1 日 8 時間程度 ) への転換希望があり 実現できる見込みがある % フルタイムへの転換希望はあるが 実現できる見込みはない 3 5 パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の就労を続けることを希望 0 パート アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) をやめて子育てや家事に専念したい 0 無回答 % 回答者数 6 10 非該当

30 問 14 問 12 の (1) または (2) で 5. 以前は就労していたが 現在は就労していない または 6. これまで就労したことがない に をつけた方にうかがいます 該当しない方は 問 15 へお進みください 就労したいという希望はありますか 当てはまる番号 記号就労したいという希望はありますか 当てはまる番号 記号それぞれ 1 つに をつけ 該当する 内には数字をご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) (1) 母親 以前は就労していたが 現在は就労していない または これまで就労したことがない と回答した 母親 の就労希望は 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい の割合が 45.5% と最も高く 次いで 子育てや家事などに専念したい ( 就労の予定はない ) が 17.0% すぐにでも もしくは 1 年以内に就労したい が 12.8% となっています また 就労を希望する時期 ( 一番下の子どもの年齢 ) は 7 歳以上 の割合が 44.3% と最も高くなっています さらに 現在就労していない 母親 の今後希望する就労形態は パートタイム アルバイト等 ( フルタイム 以外 ) の割合が 41.8% と高くなっています 希望する就労形態がパートタイム アルバイト等の場合の1 週あたりの勤務日数は 3 日 の割合が 36.1% 1 日あたりの勤務時間は 3~5 時間 が 95.1% といずれも高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 子育てや家事などに専念したい ( 就労の予定はない ) 17.0% 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい 45.5% すぐにでも もしくは 1 年以内に就労したい 12.8% 無回答 24.8% 子育てや家事などに専念したい ( 就労の予定はない ) % 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい % すぐにでも もしくは1 年以内に就労したい % 無回答 % 回答者数 非該当

31 就労を希望する時期 ( 子どもの年齢 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 歳 2 歳 3 歳 4 歳 1.8% 3.5% 14.9% 11.4% 1 歳 4 1.8% 2 歳 8 3.5% 3 歳 % 4 歳 % 5 歳 6 歳 7 歳以上無回答 3.1% 0.9% 20.2% 44.3% 5 歳 7 3.1% 6 歳 % 7 歳以上 % 無回答 2 0.9% 回答者数 非該当 希望する就労形態 0% 20% 40% 60% 80% フルタイム 5.1% パートタイム アルバイト等 41.8% 無回答 53.1% フルタイム ( 週 5 日程度 1 日 8 時間程度 ) % パートタイム アルバイト等 ( ア 以外 ) % 無回答 % 回答者数 非該当 希望する就労形態がパートタイム アルバイト等の場合の希望する勤務日数 時間 (1 週あたり勤務日数 ) 0% 20% 40% 60% 80% 1 日 1 日 0 2 日 2 1.6% 2 日 1.6% 3 日 % 3 日 4 日 36.1% 32.0% 4 日 5 日無回答 % 27.0% 3.3% 5 日 27.0% 回答者数 無回答 3.3% 非該当

32 (1 日あたり勤務時間 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1~2 時間 1.6% 95.1% 3~5 時間 6~8 時間 8 時間以上無回答 3.3% 1~2 時間 2 1.6% 3~5 時間 % 6~8 時間 0 8 時間以上 0 無回答 4 3.3% 回答者数 非該当 (2) 父親 以前は就労していたが 現在は就労していない または これまで就労したことがない と回答した 父親 の就労希望は すぐにでも もしくは 1 年以内に就労したい が 3 件となっています また 現在就労していない 父親 の今後希望する就労形態は フルタイム ( 週 5 日程度 1 日 8 時間程度 ) が 2 件となっています 0 件 2 件 4 件 6 件 8 件 10 件 12 件 14 件 子育てや家事などに専念したい ( 就労の予定はない ) 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい 0 0 すぐにでも もしくは 1 年以内に就労したい 3 無回答 13 子育てや家事などに専念したい ( 就労の予定はない ) 0 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい 0 すぐにでも もしくは1 年以内に就労したい % 無回答 % 回答者数 非該当 就労を希望する時期 ( 子どもの年齢 ) 1 年より先 一番下の子どもが ( ) 歳になったころに就労したい の回答はなし 28

33 希望する就労形態 0 件 1 件 2 件 3 件 フルタイム 2 パートタイム アルバイト等 0 無回答 1 フルタイム ( 週 5 日程度 1 日 8 時間程度 ) % パートタイム アルバイト等 ( ア 以外 ) 0 無回答 % 回答者数 3 10 非該当 希望する就労形態がパートタイム アルバイト等の場合の希望する勤務日数 時間 (1 週あたり勤務日数 ) 回答なし (1 日あたり勤務時間 ) 回答なし 29

34 5 お子さんの平日の定期的な教育 保育事業の利用状況について ここでいう 定期的な教育 保育事業 とは 月単位で定期的に利用している事業を指します 具体的には 幼稚園や保育所など 問 15-1 に示した事業が含まれます 問 15 宛名のお子さんは現在 幼稚園や保育所などの 定期的な教育 保育の事業 を利用されていますか 当てはまる番号 1 つに をつけてください 定期的な教育 保育の事業の利用状況は 利用している の割合が 60.4% に対し 利用していない が 39.6% と 利用している 割合が上回っています 無回答, 利用していない, 39.6% 利用している, 60.4% 利用している % 利用していない % 無回答 0 回答者数

35 問 15-1 問 15-1~ 問 15-4 は 問 15 で 1. 利用している に をつけた方にうかがいます 宛名のお子さんは 平日どのような教育 保育の事業を利用していますか 年間を通じて 定期的に 利用している事業をお答えください 当てはまる番号すべてに をつけてください 平日の教育 保育の事業の利用種別は 1. 幼稚園 ( 通常の就園時間の利用 ) の割合が 62.4% と最も高く 3. 認可保育所 ( 都道府県等の認可を受けたもの ) が 31.6% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 1. 幼稚園 62.4% 2. 幼稚園の預かり保育 5.7% 3. 認可保育所 31.6% 4. 認定こども園 5. 家庭的保育 6. 事業所内保育施設 7. 家庭保育室 ナーサリールーム 8. その他の認可外の保育施設 9. 居宅訪問型保育 10. ファミリー サポート センターその他無回答 0.2% 1.3% 0.4% 1.5% 1.0% 2.3% 0.2% 項目度数構成比 1. 幼稚園 ( 通常の就園時間の利用 ) % 2. 幼稚園の預かり保育 (1 の通常の就園に加え 就園時間を延長して預かる事業 定期的な利用の場合 ) % 3. 認可保育所 ( 都道府県等の認可を受けたもの ) % 4. 認定こども園 ( 幼稚園と保育施設の機能を併せ持つ施設 ) 1 0.2% 5. 家庭的保育 ( 保育者の家庭等で 5 人以下の子どもを保育する事業 保育ママ ) 0 6. 事業所内保育施設 ( 企業が主に従業員用に運営する施設 ) 7 1.3% 7. 家庭保育室 ナーサリールーム ( 市町村の指定 認定を受けた認可外保育施設 ) 2 0.4% 8. その他の認可外の保育施設 8 1.5% 9. 居宅訪問型保育 ( ベビーシッターのような保育者が子どもの家庭を訪問し保育する事業 ) ファミリー サポート センター ( 保育所への送迎や保育施設終了後に一時的に子どもを預かる事業 ) 5 1.0% その他 % 無回答 1 0.2% 回答者数 非該当

36 問 15-2 平日に定期的に利用している教育 保育の事業について る教育 保育の事業について どのくらい利用どのくらい利用していますか また 希望としてはどのくらい希望としてはどのくらい利用利用したいですか 1 週当たり何日 1 日当たり何時間 ( 何時から何時まで ) かを 内に具体的な数字でご記入数字でご記入ください ( 一枠内に数字は一字 ) 時刻は 必ず ( 例 )09 時 ~18 時のように 24 時間制でご記入ください (1) 現在平日の教育 保育の事業の日数などの利用状況は 1 週あたりの日数については 5 日 の割合が 89.4% 1 日あたりの時間については 4 時間 ~6 時間 の割合が 54.6% と それぞれ最も高くなっています また 利用時間帯は 登園時刻については 9 時 (62.9%) 帰園時刻については 14 時 (44.5%) の割合がそれぞれ最も高くなっています 1 週あたり日数 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 日 2 日 3 日 4 日 0.8% 3.0% 1.3% 0.8% 5 日 89.4% 6 日 7 日無回答 3.0% 1.7% 1 日 4 0.8% 2 日 % 3 日 7 1.3% 4 日 4 0.8% 5 日 % 6 日 % 7 日 0 無回答 9 1.7% 回答者数 非該当 日あたり時間 0% 20% 40% 60% 1 時間 ~3 時間 4 時間 ~6 時間 7 時間 ~10 時間 11 時間以上無回答 3.6% 4.8% 2.7% 34.4% 54.6% 1 時間 ~3 時間 % 4 時間 ~6 時間 % 7 時間 ~10 時間 % 11 時間以上 % 無回答 % 回答者数 非該当

37 利用時間帯 ( 登園時刻 ) 0% 20% 40% 60% 80% 6 時以前 7 時 8 時 9 時 10 時 11 時 12 時 13 時以降無回答 5.9% 6.7% 0.2% 0.4% 2.9% 21.1% 62.9% 6 時以前 0 7 時 % 8 時 % 9 時 % 10 時 % 11 時 1 0.2% 12 時 0 13 時以降 2 0.4% 無回答 % 回答者数 非該当 ( 帰園時刻 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 12 時以前 13 時 14 時 15 時 16 時 17 時 18 時 19 時以降無回答 1.1% 3.0% 7.8% 11.8% 10.6% 13.9% 4.0% 3.2% 44.5% 12 時以前 6 1.1% 13 時 % 14 時 % 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当

38 (2) 希望平日の教育 保育の事業の日数などの利用希望は 1 週あたりの日数については 5 日 の割合が 69.0% 1 日あたりの時間については 7 時間 ~10 時間 の割合が 42.6% と それぞれ最も高くなっています また 利用希望時間帯は 登園時刻については 9 時 (52.3%) 帰園時刻については 15 時 (25.1%) の割合が比較的高くなっています 1 週あたり日数 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 日 0.8% 現在 2 日 3.0% 希望 1.3% 3 日 1.3% 1.1% 4 日 0.8% 0.8% 89.4% 5 日 69.0% 6 日 7 日無回答 3.0% 8.9% 0.2% 1.7% 18.6% 1 日 0 2 日 7 1.3% 3 日 6 1.1% 4 日 4 0.8% 5 日 % 6 日 % 7 日 1 0.2% 無回答 % 回答者数 非該当 日あたり時間 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 時間 ~3 時間 4 時間 ~6 時間 7 時間 ~10 時間 11 時間以上無回答 3.6% 現在 0.4% 希望 54.6% 30.4% 34.4% 42.6% 4.8% 6.3% 2.7% 20.3% 1 時間 ~3 時間 2 0.4% 4 時間 ~6 時間 % 7 時間 ~10 時間 % 11 時間以上 % 無回答 % 回答者数 非該当

39 利用時間帯 ( 登園時刻 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 6 時以前 7 時 8 時 5.9% 6.1% 21.1% 18.6% 現在希望 9 時 62.9% 52.3% 10 時 11 時 12 時 13 時以降無回答 6.7% 3.2% 0.2% 0.4% 0.4% 2.9% 19.4% 6 時以前 0 7 時 % 8 時 % 9 時 % 10 時 % 11 時 0 12 時 0 13 時以降 2 0.4% 無回答 % 回答者数 非該当 ( 帰園時刻 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 12 時以前 13 時 1.1% 0.2% 3.0% 0.2% 現在希望 14 時 7.6% 44.5% 15 時 7.8% 25.1% 16 時 17 時 18 時 19 時以降無回答 11.8% 18.6% 10.6% 12.2% 13.9% 10.8% 4.0% 5.9% 3.2% 19.4% 12 時以前 1 0.2% 13 時 1 0.2% 14 時 % 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当

40 問 15-3 現在 利用している教育 保育事業の実施場所についてうかがいます のいずれかに をつけてください 2. 他の市町村 を選んだ場合は 実施場所の市町村名を記入してください 現在 利用している教育 保育事業の実施場所については 杉戸町内 の割合が 86.1% に対し 他の市町村 が 13.5% となっています 無回答, 0.4% 他の市町村, 13.5% 杉戸町内, 86.1% 杉戸町内 % 他の市町村 % 無回答 2 0.4% 回答者数 非該当 問 15-4 平日に定期的に教育 保育の事業を利用されている理由についてうかがいます 主な理由として当てはまる番号すべてに をつけてください 平日に定期的に教育 保育の事業を利用している理由は 子どもの教育や発達のため の割合が 77.6% と最も高く 子育てをしている方が現在就労している が 39.4% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 子どもの教育や発達のため 77.6% 子育てをしている方が現在就労している 39.4% 子育てをしている方が就労予定がある / 求職中である子育てをしている方が家族 親族などを介護している子育てをしている方に病気や障害がある子育てをしている方が学生であるその他無回答 1.5% 0.2% 1.1% 0.8% 1.7% 0.8% 36

41 子どもの教育や発達のため % 子育てをしている方が現在就労している % 子育てをしている方が就労予定がある / 求職中である 8 1.5% 子育てをしている方が家族 親族などを介護している 1 0.2% 子育てをしている方に病気や障害がある 6 1.1% 子育てをしている方が学生である 4 0.8% その他 9 1.7% 無回答 4 0.8% 回答者数 非該当 問 15-5 問 15 で 2. 利用していない に をつけた方にうかがいます 利用していない理由は何ですか 理由としてもっとも当てはまる番号すべてすべてに をつけてください 定期的な教育 保育事業を利用していない理由は 子どもがまだ小さいため ( 歳くらいになったら利用しようと考えている ) の割合が 55.7% と最も高くなっています また 利用する必要がない ( 子どもの教育や発達のため 子どもの母親か父親が就労していないため等 ) の割合も 51.0% と同程度に高くなっています 教育 保育事業の利用開始年齢は 3 歳 の割合が 63.0% と最も高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 利用する必要がない ( 子どもの教育や発達のため 子どもの母親か父親が就労していないため等 ) 51.0% 子どもの祖父母や親戚の人がみている 5.5% 近所の人や父母の友人 知人がみている利用したいが 教育 保育の事業に空きがない利用したいが 経済的な理由で事業を利用できない利用したいが 延長 夜間等の時間帯の条件が合わない利用したいが 事業の質や場所など 納得できる事業がない 0.3% 3.2% 5.2% 2.6% 2.9% 子どもがまだ小さいため ( 歳くらいになったら利用しようと考えている ) 55.7% その他 8.4% 無回答 3.2% 37

42 項目度数構成比 利用する必要がない ( 子どもの教育や発達のため 子どもの母親か父親が就労していないため等 ) % 子どもの祖父母や親戚の人がみている % 近所の人や父母の友人 知人がみている 1 0.3% 利用したいが 教育 保育の事業に空きがない % 利用したいが 経済的な理由で事業を利用できない % 利用したいが 延長 夜間等の時間帯の条件が合わない 9 2.6% 利用したいが 事業の質や場所など 納得できる事業がない % 子どもがまだ小さいため ( 歳くらいになったら利用しようと考えている ) % その他 % 無回答 % 回答者数 非該当 教育 保育事業の利用開始年齢 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 1 歳前 1 歳 2 歳 3 歳 4 歳 5 歳 6 歳 8.3% 4.2% 18.2% 1.0% 0.5% 63.0% 1 歳前 0 1 歳 % 2 歳 8 4.2% 3 歳 % 4 歳 % 5 歳 2 1.0% 6 歳 1 0.5% 7 歳 1.0% 7 歳 2 1.0% 無回答 3.6% 無回答 7 3.6% 回答者数 非該当

43 問 16 すべての方にうかがいます 現在 利用している 利用していないにかかわらず 現在 利用している 利用していないにかかわらず 宛名のお子さんの平日の教育 保育の事業として 定期的に 利用したいと考える事業 定期的に 利用したいと考える事業をお答えください 当てはまる番号はまる番号すべてに をつけてください なお これらの事業の利用には 一定の利用者負担が発生します 認可保育所の場合 世帯世帯収入に収入に応じた利用じた利用料が設定されています 平日の教育 保育の事業の利用意向は 1. 幼稚園 ( 通常の就園時間の利用 ) の割合が 75.0% と最も高く 次いで 2. 幼稚園の預かり保育 (1の通常の就園に加え 就園時間を延長して預かる事業 定期的な利用の場合 ) が 39.5% 3. 認可保育所 ( 都道府県等の認可を受けた保育所 ( 定員 20 人以上 )) が 30.7% となっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1. 幼稚園 2. 幼稚園の預かり保育 3. 認可保育所 4. 認定こども園 5.7% 0.2% 16.4% 31.6% 30.7% 39.5% 62.4% 75.0% 5. 小規模な保育施設 6. 家庭的保育 7. 事業所内保育施設 8. 家庭保育室 ナーサリールーム 9. その他の認可外の保育施設 10. 居宅訪問型保育 11. ファミリー サポート センター その他無回答 5.7% 2.1% 1.3% 10.2% 0.4% 2.0% 1.5% 1.3% 2.1% 1.0% 1 2.3% 2.1% 0.2% 2.1% 現在の利用利用意向 項目度数構成比 1. 幼稚園 ( 通常の就園時間の利用 ) % 2. 幼稚園の預かり保育 (1 の通常の就園に加え 就園時間を延長して預かる事業 定期的な利用の場合 ) % 3. 認可保育所 ( 都道府県等の認可を受けた保育所 ( 定員 20 人以上 )) % 4. 認定こども園 ( 幼稚園と保育施設の機能を併せ持つ施設 ) % 5. 小規模な保育施設 ( 市町村の認可を受けた定員概ね 6~19 人のもの ) % 6. 家庭的保育 ( 保育者の家庭等で 5 人以下の子どもを保育する事業 ) % 7. 事業所内保育施設 ( 企業が主に従業員用に運営する施設 ) % 8. 家庭保育室 ナーサリールーム ( ひよこ保育室等 ) % 9. その他の認可外の保育施設 % 10. 居宅訪問型保育 ( ベビーシッターのような保育者が子どもの家庭で保育する事業 ) % 11. ファミリー サポート センター ( 保育所への送迎や学童保育終了後に一時的に子どもを預かる事業 ) 87 1 その他 % 無回答 % 回答者数

44 問 16-1 教育 保育事業を利用したい場所についてうかがいます のいずれかいずれかに をつけてください 2. 他の市町村 を選んだ場合は 実施場所の市町村名を記入してください 利用したい教育 保育事業の実施場所については 杉戸町内 の割合が 89.1% に対し 他の市町村 が 7.2% となっています 無回答, 他の市町村, 7.2% 杉戸町内, 89.1% 杉戸町内 % 他の市町村 % 無回答 0 回答者数

45 6 お子さんの地域の子育て支援事業の利用状況について 問 17 宛名のお子さんは 現在 地域子育て子育て支援拠点支援拠点事業 ( 親子が集まってまって過ごしたり 相談をしたり 情報提供提供を受けたりする場で つどいのけたりする場で つどいの広場 子育て場 子育て支援セ支援センター 等とンター 等と呼ばれています ) を利用していますか 次の中から 利用されているものの中から 利用されているものすべてに をつけてください また おおよその利用回数 ( 頻度 ) を 内に数字でご記入数字でご記入ください ( 一枠内に数字は一字 ) 地域子育て支援拠点事業の利用状況は 地域子育て支援拠点事業 ( 子育て支援センター つどいの広場 ) を利用している割合が 25.7% に対し 利用していない が 70.8% となっています 地域子育て支援拠点事業の利用回数は 1 週あたりでは 1 回 の割合が 12.1% とやや高く 1 ヶ月あたりでは 1 回 ~3 回 の割合が 73.7% と高くなっています また その他杉戸町で実施している類似の事業の利用は 43 件とやや少なくなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 地域子育て支援拠点事業 ( 子育て支援センター つどいの広場 ) 25.7% その他杉戸町で実施している類似の事業 4.9% 利用していない 70.8% 無回答 2.6% 地域子育て支援拠点事業 ( 子育て支援センター つどいの広場 ) % その他杉戸町で実施している類似の事業 % 利用していない % 無回答 % 回答者数 地域子育て支援拠点事業の利用 (1 週あたり回数または1ヶ月あたり回数 ) (1 週あたり回数 ) 0% 20% 40% 60% 80% 1 週あたりの回数 度数 構成比 1 回 12.1% 1 回 % 2 回 7.1% 2 回 % 3 回 5.4% 3 回 % 4 回 3.6% 4 回 8 3.6% 5 回 0.4% 5 回 1 0.4% 6 回 0 6 回 7 回 0 7 回 71.4% 無回答 % 無回答回答者数 非該当

46 (1 ヶ月あたり回数 ) 0% 20% 40% 60% 80% 1 回 ~3 回 73.7% 4 回 ~10 回 11 回 ~20 回 21 回以上 6.3% 無回答 20.1% 1ヶ月あたりの回数 度数 構成比 1 回 ~3 回 % 4 回 ~10 回 % 11 回 ~20 回 0 21 回以上 0 無回答 % 回答者数 非該当 その他杉戸町で実施している類似の事業の利用 (1 週あたり回数または1ヶ月あたり回数 ) (1 週あたり回数 ) 1 週あたりの回数 度数 構成比 1 回 % 2 回 0 3 回 0 4 回 0 5 回 1 2.3% 6 回 0 7 回 0 無回答 % 回答者数 非該当 (1ヶ月あたり回数) 1ヶ月あたりの回数 度数 構成比 1 回 ~3 回 % 4 回 ~10 回 2 4.7% 11 回 ~20 回 0 21 回以上 0 無回答 4 9.3% 回答者数 非該当

47 問 18 問 17 のような地域子育て子育て支援拠点支援拠点事業について 事業について 今は利用していないができれば利用したい あるいは 利用日数を増やしたいと思いますか 当てはまる番号 1 つに をつけて て おおよその利用回数 ( 頻度 ) を 内に数字でご記入ください ( 数字は一枠に枠に一字 ) なお これらの事業の利用には 一定の利用者負担が発生する場合がありする場合があります 地域子育て支援拠点事業の新規の利用及び利用拡大の意向は 利用していないが利用したい (26.4%) と すでに利用しているが利用日数を増やしたい (14.4%) の合計割合が 40.8% に対し 新たに利用したり 利用日数を増やしたいとは思わない が 51.3% となっています 地域子育て支援拠点事業の利用回数は 新規の利用及び利用拡大ともに 1 週あたりでは 1 回 の割合 1ヶ月あたりでは 1 回 ~3 回 の割合が高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 利用していないが利用したい 26.4% すでに利用しているが利用日数を増やしたい 14.4% 新たに利用したり 利用日数を増やしたいとは思わない 51.3% 無回答 7.9% 利用していないが利用したい % すでに利用しているが利用日数を増やしたい % 新たに利用したり 利用日数を増やしたいとは思わない % 無回答 % 回答者数 利用していないが今後利用したい (1 週あたり回数または1ヶ月あたり回数 ) (1 週あたり回数 ) 0% 20% 40% 60% 80% 1 回 30.4% 1 週あたりの回数 度数 構成比 1 回 % 2 回 7.0% 2 回 % 3 回 1.3% 3 回 3 1.3% 4 回 4 回 0 5 回 0.4% 5 回 1 0.4% 6 回 6 回 0 7 回 7 回 0 無回答 60.9% 無回答 % 回答者数

48 (1 ヶ月あたり回数 ) 0% 20% 40% 60% 80% 1 回 ~3 回 67.0% 4 回 ~10 回 11 回 ~20 回 21 回以上無回答 11.7% 0.4% 20.9% 1ヶ月あたりの回数 度数 構成比 1 回 ~3 回 % 4 回 ~10 回 % 11 回 ~20 回 1 0.4% 21 回以上 0 無回答 % 回答者数 利用回数を更に増やしたい (1 週あたり回数または1ヶ月あたり回数 ) (1 週あたり回数 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 週あたりの回数 度数 構成比 1 回 30.4% 1 回 % 2 回 3 回 13.6% 8.8% 2 回 3 回 % 8.8% 4 回 5 回 6 回 7 回 1.6% 0.8% 4 回 5 回 6 回 7 回 % 0.8% 無回答 44.8% 無回答 % 回答者数 (1 ヶ月あたり回数 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 回 ~3 回 44.0% 4 回 ~10 回 11 回 ~20 回 21 回以上無回答 22.4% 33.6% 1ヶ月あたりの回数 度数 構成比 1 回 ~3 回 % 4 回 ~10 回 % 11 回 ~20 回 0 21 回以上 0 無回答 % 回答者数

49 問 19 下記の事業で知っているものや これまでに利用したことがあるもの 記の事業で知っているものや これまでに利用したことがあるもの 今後今後 利用したいと思うものをお答えください 1~7 の事業ごとに A~C のそれぞれについて はい いいえ のいずれかに をつけてください 認知度は 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 (82.9%) 2 保健センターの情報 相談事業 (85.2%) 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 (72.7%) の割合がいずれも 7 割を超え高くなっています 認知度 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 82.9% 11.7% 5.4% 2 保健センターの情報 相談事業 85.2% 9.5% 5.3% 3 家庭教育に関する学級 講座 26.1% 68.8% 5.2% 4 教育相談センター 教育相談室 37.9% 57.3% 4.8% 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 72.7% 20.4% 6.9% 6 子育ての総合相談窓口 42.1% 52.7% 5.2% 7 町が発行している子育て情報誌 42.6% 52.6% 4.8% 知っている知らない無回答 項目 知っている 知らない 無回答 回答者数 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 % 11.7% 5.4% 10 2 保健センターの情報 相談事業 % 9.5% 5.3% 10 3 家庭教育に関する学級 講座 % 68.8% 5.2% 10 4 教育相談センター 教育相談室 % 57.3% 4.8% 10 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 % 20.4% 6.9% 10 6 子育ての総合相談窓口 % 52.7% 5.2% 10 7 町が発行している子育て情報誌 % 52.6% 4.8% 10 45

50 利用度は 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 (45.8%) 2 保健センターの情報 相談 事業 (44.3%) 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 (45.9%) の割合がいずれも 5 割弱と高くな っています 利用度 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 45.8% 47.0% 7.2% 2 保健センターの情報 相談事業 3 家庭教育に関する学級 講座 4 教育相談センター 教育相談室 5.5% 4.0% 44.3% 83.2% 84.0% 47.3% 8.4% 11.3% 11.9% 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 6 子育ての総合相談窓口 4.9% 45.9% 83.6% 45.5% 8.6% 11.5% 7 町が発行している子育て情報誌 25.9% 63.1% 10.9% 利用したことがある利用したことがない無回答 項目 これまでに利用したことがある これまでに利用したことがない 無回答 回答者数 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 2 保健センターの情報 相談事業 3 家庭教育に関する学級 講座 4 教育相談センター 教育相談室 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 6 子育ての総合相談窓口 7 町が発行している子育て情報誌 % 47.0% 7.2% % 47.3% 8.4% % 83.2% 11.3% % 84.0% 11.9% % 45.5% 8.6% % 83.6% 11.5% % 63.1% 10.9% 10 46

51 利用意向は 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 (64.4%) 7 町が発行している子育て情報誌 (67.5%) の割合がいずれも 7 割弱と高くなっています 利用意向 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 34.1% 54.4% 11.5% 2 保健センターの情報 相談事業 55.6% 33.4% 11.0% 3 家庭教育に関する学級 講座 40.5% 48.8% 10.7% 4 教育相談センター 教育相談室 42.3% 46.7% 11.0% 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 64.4% 25.8% 9.8% 6 子育ての総合相談窓口 48.7% 40.6% 10.7% 7 町が発行している子育て情報誌 67.5% 22.7% 9.8% 今後利用したい利用する必要はない無回答 項目 1 母親 ( 父親 ) 学級 両親学級 育児学級 2 保健センターの情報 相談事業 3 家庭教育に関する学級 講座 4 教育相談センター 教育相談室 5 保育所や幼稚園の園庭等の開放 6 子育ての総合相談窓口 7 町が発行している子育て情報誌 今後利用したい 今後利用予定はない 無回答 回答者数 % 54.4% 11.5% % 33.4% 11.0% % 48.8% 10.7% % 46.7% 11.0% % 25.8% 9.8% % 40.6% 10.7% % 22.7% 9.8% 10 47

52 7 お子さんの土曜 休日や長期休暇中の 定期的 な教育 保育事業の利用希望について 問 20 宛名のお子さんについて 土曜土曜日と日日と日曜日 日 祝日に 定期的な教育 保育の事日に 定期的な教育 保育の事業 の利用希望はありますか ( 一時的な利用は除きます ) 希望がある場合は 利用したい時間帯を ( 例 )09 時 ~18 時のように 24 時間制でご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) 教育 保育事業とは 幼稚園 保育所 認可外保育施設などの事業を指しますが 親族 知人による預かりは含みません (1) 土曜日土曜日の定期的な教育 保育の事業の利用希望は 利用する必要はない の割合が 69.9% に対し ほぼ毎週利用したい (6.7%) と 月に 1~2 回は利用したい (21.6%) の合計割合は 28.3% となっています また 利用したい時間帯は 登園時刻については 9 時 (39.0%) 帰園時刻については 17 時 (16.3%) 18 時 (16.7%) の割合が比較的高くなっています さらに 1 日あたりの利用希望時間は 7 時間 ~10 時間 の割合が 42.3% と最も高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 利用する必要はない 69.9% ほぼ毎週利用したい 6.7% 月に 1~2 回は利用したい 21.6% 無回答 1.8% 利用する必要はない % ほぼ毎週利用したい % 月に1~2 回は利用したい % 無回答 % 回答者数

53 利用時間帯 ( 登園時刻 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 6 時以前 7 時 6.9% 8 時 22.0% 9 時 39.0% 10 時 11.0% 11 時 12 時 12 時以降 2.8% 無回答 18.3% 6 時以前 0 7 時 % 8 時 % 9 時 % 10 時 % 11 時 0 12 時 0 12 時以降 7 2.8% 無回答 % 回答者数 非該当 ( 帰園時刻 ) 0% 5% 10% 15% 20% 11 時以前 0.4% 12 時 6.9% 13 時 4.1% 14 時 15 時 16 時 9.3% 11.4% 11.0% 17 時 18 時 16.3% 16.7% 19 時以降 5.7% 無回答 18.3% 11 時以前 1 0.4% 12 時 % 13 時 % 14 時 % 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時以降 % 無回答 % 回答者数 非該当 日あたり利用時間 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 時間 ~3 時間 9.3% 4 時間 ~6 時間 23.6% 7 時間 ~10 時間 42.3% 11 時間以上 6.5% 1 時間 ~3 時間 % 4 時間 ~6 時間 % 7 時間 ~10 時間 % 11 時間以上 % 無回答 % 回答者数 非該当 無回答 18.3% 49

54 (2) 日曜 祝日日曜 祝日の定期的な教育 保育の事業の利用希望は 利用する必要はない の割合が 83.5% に対し ほぼ毎週利用したい (2.1%) と 月に 1~2 回は利用したい (12.1%) の合計割合は 14.2% となっています また 利用したい時間帯は 登園時刻については 9 時 (41.5%) 帰園時刻については 17 時 (21.1%) 18 時 (18.7%) の割合が比較的高くなっています さらに 1 日あたりの利用希望時間は 7 時間 ~10 時間 の割合が 47.2% と最も高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 利用する必要はない 83.5% ほぼ毎週利用したい 2.1% 月に 1~2 回は利用したい 12.1% 無回答 2.4% 利用する必要はない % ほぼ毎週利用したい % 月に1~2 回は利用したい % 無回答 % 回答者数 利用時間帯 ( 登園時刻 ) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 6 時以前 7 時 0.8% 4.1% 8 時 23.6% 9 時 41.5% 10 時 11.4% 11 時 12 時 12 時以降 0.8% 2.4% 無回答 15.4% 6 時以前 1 0.8% 7 時 5 4.1% 8 時 % 9 時 % 10 時 % 11 時 1 0.8% 12 時 0 12 時以降 3 2.4% 無回答 % 回答者数 非該当

55 ( 帰園時刻 ) 0% 5% 10% 15% 20% 25% 11 時以前 0.8% 12 時 9.8% 13 時 2.4% 14 時 6.5% 15 時 16 時 10.6% 8.1% 17 時 18 時 21.1% 18.7% 19 時以降 6.5% 無回答 15.4% 11 時以前 1 0.8% 12 時 % 13 時 3 2.4% 14 時 8 6.5% 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時以降 8 6.5% 無回答 % 回答者数 非該当 日あたり利用時間 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 時間 ~3 時間 4 時間 ~6 時間 12.2% 17.9% 47.2% 7 時間 ~10 時間 11 時間以上 7.3% 1 時間 ~3 時間 % 4 時間 ~6 時間 % 7 時間 ~10 時間 % 11 時間以上 9 7.3% 無回答 % 回答者数 非該当 無回答 15.4% 51

56 問 20-1 問 20 の (1) もしくは (2) で 3. 月に 1~2 回は利用したい に をつけた方にうかがいます 毎週ではなく たまに利用したい理由はなんですか? 当てはまる番号すべてに をつけてください 土曜日や日曜 祝日の教育 保育の事業を毎週ではなく たまに利用したい理由は 月に数回仕事が入るため の割合が 49.3% と最も高く リフレッシュのため が 46.9% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 月に数回仕事が入るため 49.3% 平日に済ませられない仕事をまとめて済ませるため 36.5% 親族の介護や手伝いが必要なため 2.8% リフレッシュのため 46.9% その他 15.6% 無回答 1.9% 月に数回仕事が入るため % 平日に済ませられない仕事をまとめて済ませるため % 親族の介護や手伝いが必要なため 6 2.8% リフレッシュのため % その他 % 無回答 4 1.9% 回答者数 非該当

57 問 21 幼稚園 を利用されている方にうかがいます 宛名のお子さんについて 宛名のお子さんについて 夏休み 休み 冬休みなど長期の休期の休暇期間中の教育 保育の事業の利用を希望しますか 希望がある場合は 利用した期間中の教育 保育の事業の利用を希望しますか 希望がある場合は 利用したい時間帯を ( 例 )09 時 ~18 時 ( 例 ) のように 24 時間制でご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) 利用利用料料 :2,000 円 / 日程度 幼稚園利用者の夏休み 冬休みなどの長期の休暇中の定期的な教育 保育の事業の利用希望は 利用する必要はない の割合が 45.7% に対し 休みの期間中 ほぼ毎日利用したい (10.7%) と 休みの期間中 週に数日利用したい (41.5%) の合計割合は 52.2% となっています また 利用したい時間帯は 登園時刻については 9 時 の割合が 62.6% 帰園時刻については 14 時 (21.6%) 15 時 (25.1%) が比較的高くなっています さらに 1 日あたりの利用希望時間は 4 時間 ~6 時間 の割合が 47.4% と最も高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 利用する必要はない 45.7% 休みの期間中 ほぼ毎日利用したい 10.7% 休みの期間中 週に数日利用したい 41.5% 無回答 2.1% 利用する必要はない % 休みの期間中 ほぼ毎日利用したい % 休みの期間中 週に数日利用したい % 無回答 7 2.1% 回答者数 非該当

58 利用時間帯 ( 登園時刻 ) 0% 20% 40% 60% 80% 6 時以前 7 時 0.6% 1.8% 8 時 21.6% 9 時 62.6% 10 時 9.9% 11 時 12 時 12 時以降無回答 1.2% 2.3% 6 時以前 1 0.6% 7 時 3 1.8% 8 時 % 9 時 % 10 時 % 11 時 0 12 時 0 12 時以降 2 1.2% 無回答 4 2.3% 回答者数 非該当 ( 帰園時刻 ) 0% 10% 20% 30% 11 時以前 12 時 13 時 2.9% 1.2% 14 時 15 時 16 時 21.6% 25.1% 19.9% 17 時 18 時 11.7% 12.3% 19 時以降無回答 3.5% 1.8% 11 時以前 0 12 時 5 2.9% 13 時 2 1.2% 14 時 % 15 時 % 16 時 % 17 時 % 18 時 % 19 時以降 6 3.5% 無回答 3 1.8% 回答者数 非該当 日あたり利用時間 0% 10% 20% 30% 40% 50% 1 時間 ~3 時間 4 時間 ~6 時間 7 時間 ~10 時間 11 時間以上無回答 3.5% 4.7% 2.3% 47.4% 42.1% 1 時間 ~3 時間 6 3.5% 4 時間 ~6 時間 % 7 時間 ~10 時間 % 11 時間以上 8 4.7% 無回答 4 2.3% 回答者数 非該当

59 問 21-1 問 21 で 3. 週に数日利用したい に をつけた方にうかがいます 毎日ではなく たまに利用したい理由はなんですか? 当てはまる番号すべてに をつけてください 幼稚園利用者の夏休み 冬休みなどの長期の休暇中の定期的な教育 保育の事業を毎週ではなく たまに利用したい理由は 買い物等の用事をまとめて済ませるため (48.5%) リフレッシュのため (5) の割合がいずれも 5 割前後と高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 週に数回仕事が入るため 29.4% 買い物等の用事をまとめて済ませるため 48.5% 親族の介護や手伝いが必要なため 1.5% リフレッシュのため 5 その他 22.1% 無回答 1.5% 週に数回仕事が入るため % 買い物等の用事をまとめて済ませるため % 親族の介護や手伝いが必要なため 2 1.5% リフレッシュのため 68 5 その他 % 無回答 2 1.5% 回答者数 非該当

60 8 お子さんの病気の際の対応について ( 平日の教育 保育を利用する方のみ ) 問 22 平日の定期的な教育 保育の事業を利用していると答えた保護者の方 ( 問 15 で 1 に をつけ た方 ) にうかがいます 利用していらっしゃらない方は 問 23 にお進みください この 1 年間 に 宛名のお子さんが病気や気やケガケガで通常の事業が利用できなかったことはありますか 平日の定期的な教育 保育の事業の利用者のうち 子どもの病気やケガで通常の事業が利用でき なかった経験は あった の割合が 64.7% に対し なかった が 27.0% と あった の割合が 上回っています 無回答, 8.4% なかった, 27.0% あった, 64.7% あった % なかった % 無回答 % 回答者数 非該当

61 問 22-1 宛名のお子さんが病気やけがで気やけがで普段利用している教育 保育の事業が利用できなかった場合に この 1 年間に行った対処方法として当てはまる記号として当てはまる記号すべてに をつけ それぞれの日数も 内に数字でご記入数字でご記入ください ( 半日程度程度の対の対応の場合もの場合も 1 日とカウカウントしてください 数字は一枠に一字 ) 子どもの病気やケガで通常の事業が利用できなかった場合の この1 年間に行った対処方法は 母親が休んだ の割合が 54.1% と最も高く 次いで 父親または母親のうち就労していない方が子どもをみた が 38.9% ( 同居者を含む ) 親族 知人に子どもをみてもらった が 27.6% となっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 父親が休んだ 20.6% 母親が休んだ 54.1% ( 同居者を含む ) 親族 知人に子どもをみてもらった 27.6% 父親または母親のうち就労していない方が子どもをみた 38.9% 病後児の保育を利用した 6.8% ベビーシッターを利用した ファミリー サポート センター事業による病児 病後児の預かりを利用した 仕方なく子どもだけで留守番をさせた その他 無回答 0.8% 2.0% 2.3% 項目度数構成比 父親が休んだ % 母親が休んだ % ( 同居者を含む ) 親族 知人に子どもをみてもらった % 父親または母親のうち就労していない方が子どもをみた % 病後児の保育を利用した % ベビーシッターを利用した 0 ファミリー サポート センター事業による病児 病後児の預かりを利用した 3 0.8% 仕方なく子どもだけで留守番をさせた 0 その他 7 2.0% 無回答 8 2.3% 回答者数 非該当

62 年間対処日数 ( 父親 ) ( 母親 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 6 8.2% 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 2 2.7% 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 1 1.4% 21 日 ~30 日 8 4.2% 31 日以上 0 31 日以上 3 1.6% 無回答 1 1.4% 無回答 8 4.2% 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( 親族 知人 ) ( 就労していない保護者 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 6 6.1% 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 0 21 日 ~30 日 8 5.8% 31 日以上 2 2.0% 31 日以上 2 1.4% 無回答 1 1.0% 無回答 % 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( 病児 病後児保育 ) ( ファミリー サポート センター ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 0 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 1 4.2% 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 0 21 日 ~30 日 0 31 日以上 0 31 日以上 0 無回答 1 4.2% 無回答 0 回答者数 回答者数 3 10 非該当 非該当

63 ( その他 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 0 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 0 4 日 ~7 日 0 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 0 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 0 21 日 ~30 日 0 31 日以上 0 31 日以上 0 無回答 % 無回答 0 回答者数 7 10 回答者数 3 10 非該当 非該当 ベビーシッター 子どもだけで留守の回答はなし 問 22-1 で ア. イ. のいずれかに回答した方にうかがいます 問 22-2 その際 できれば できれば病後児病後児のための保育施設等を利用したい と思われましたか 当てはまる番号 1 つに をつけ 日数についても 内に数字でご記入数字でご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) なお 病後児のための事業等の利用には 一定の利用のための事業等の利用には 一定の利用料がかかり 利がかかり 利用前にかかりつけ用前にかかりつけ医の受診受診が必要となります 利用利用料料 :2,000 円 / 日程度 子どもの病気やケガで通常の事業が利用できなかった場合の 病後児保育施設の利用希望は できれば病後児保育施設等に預けたい の割合が 28.0% に対し 利用したいとは思わない が 70.5% となっています また 利用希望日数は 4 日 ~7 日 の割合が 25.9% と最も高くなっています 無回答, 1.4% できれば病後児保育施設等に預けたい, 28.0% 利用したいとは思わない, 70.5% できれば病後児保育施設等に預けたい % 利用したいとは思わない % 無回答 3 1.4% 回答者数 非該当

64 利用希望日数 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 1 日 ~3 日 4 日 ~7 日 8 日 ~10 日 24.1% 25.9% 22.4% 11 日 ~20 日 21 日 ~30 日 3.4% 5.2% 31 日以上 無回答 19.0% 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 2 3.4% 21 日 ~30 日 3 5.2% 31 日以上 0 無回答 % 回答者数 非該当 問 22-3 問 22-2 で 1. できれば病後児病後児保育施設等を利用したい に をつけた方にうかがいます 上記の目的で子どもを預ける場合 ける場合 下記のい記のいずれの事業ずれの事業形態形態が望ましいと思われますか 当てはまる番号すべてに をつけてください 病児 病後児保育施設の望ましい事業形態は 小児科に併設した施設で子どもを保育する事業 の割合が 82.8% と最も高く 他の施設 ( 例 : 幼稚園 保育園等 ) に併設した施設で子どもを保育する事業 が 69.0% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 他の施設 ( 例 : 幼稚園 保育園等 ) に併設した施設で子どもを保育する事業 69.0% 小児科に併設した施設で子どもを保育する事業 82.8% 地域住民が子育て家庭の身近な場所で保育する事業 ( 例 : ファミリー サポート センター等 ) その他 無回答 1.7% 5.2% 項目度数構成比 他の施設 ( 例 : 幼稚園 保育園等 ) に併設した施設で子どもを保育する事業 % 小児科に併設した施設で子どもを保育する事業 % 地域住民が子育て家庭の身近な場所で保育する事業 ( 例 : ファミリー サポート センター等 ) 3 5.2% その他 1 1.7% 無回答 0 回答者数 58 - 非該当

65 問 22-4 問 22-2 で 2. 利用したいと思わない に をつけた方にうかがいます そう思われる理由について当てはまる番号すべてに をつけてください 子どもの病気やケガで通常の事業が利用できなかった場合の 病児 病後児保育施設を利用したいと思わない理由は 病児 病後児を他人に看てもらうのは不安 (5) 親が仕事を休んで対応する (49.3%) の割合がいずれも約 5 割と高くなっています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 病児 病後児を他人に看てもらうのは不安 5 地域の事業の質に不安がある 2.1% 地域の事業の利便性 ( 立地や利用可能時間日数など ) がよくない 8.2% 利用料がかかる 高い 30.1% 利用料がわからない 6.8% 親が仕事を休んで対応する 49.3% その他 21.2% 無回答 3.4% 病児 病後児を他人に看てもらうのは不安 73 5 地域の事業の質に不安がある 3 2.1% 地域の事業の利便性 ( 立地や利用可能時間日数など ) がよくない % 利用料がかかる 高い % 利用料がわからない % 親が仕事を休んで対応する % その他 % 無回答 5 3.4% 回答者数 非該当

66 問 22-1 で ウ. から ケ. のいずれかに回答した方にうかがいます 問 22-5 その際 できれば父母のいずれかが できれば父母のいずれかが仕事を休んで事を休んで看たい と思われましたか 当てはまる番号 1 つに をつけ ウ から から ケ の日数のう の日数のうち仕ち仕事を休んで事を休んで看たかった日数についても数字でご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) 子どもの病気やケガで通常の事業が利用できなかったときの対処方法で 父親や母親が休んだ以外を回答した保護者のうち できれば父母のいずれかが仕事を休んで看たい と思ったかについては できれば仕事を休んで看たい の割合が 37.3% に対し 休んで看ることは非常に難しい が 31.3% と できれば仕事を休んで看たい の割合がやや上回っています また 父親や母親が休んで子どもを看たい日数は 1 日 ~3 日 の割合が 48.4% と最も高くなっています 無回答, 31.3% できれば仕事を休んで看たい, 37.3% 休んで看ることは非常に難しい, 31.3% できれば仕事を休んで看たい % 休んで看ることは非常に難しい % 無回答 % 回答者数 非該当 休んで子どもを看たい日数 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 1 日 ~3 日 48.4% 4 日 ~7 日 29.0% 8 日 ~10 日 11.8% 11 日 ~20 日 21 日 ~30 日 31 日以上無回答 1.1% 3.2% 6.5% 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 1 1.1% 21 日 ~30 日 0 31 日以上 3 3.2% 無回答 6 6.5% 回答者数 非該当

67 問 22-6 問 休んで看ることはることは非常に常に難しい に をつけた方にうかがいます そう思われる理由について当てはまる番号すべてに をつけてください 子どもの病気やケガで通常の事業が利用できなかったとき 父親や母親が休んで看ることは難しいと回答した理由は 子どもの看護を理由に休みがとれない の割合が 63.3% と最も高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 子どもの看護を理由に休みがとれない 63.3% 自営業なので休めない 7.6% 休暇日数が足りないので休めない 25.3% その他 11.4% 無回答 6.3% 子どもの看護を理由に休みがとれない % 自営業なので休めない 6 7.6% 休暇日数が足りないので休めない % その他 % 無回答 5 6.3% 回答者数 79 - 非該当

68 9 お子さんの不定期の教育 保育事業や宿泊を伴う一時預かり等の利用について 問 23 宛名のお子さんについて 日中の定期的な保育やついて 日中の定期的な保育や病気のため以気のため以外に に 私用 親の通用 親の通院 不定 不定期の就労等の目的で不定期不定期に利用している事業はありますか ある場合は 当てはまる番号に利用している事業はありますか ある場合は 当てはまる番号すべすべてに をつけ 1 年間の利用日数 ( おおよそ ) も 内に数字で数字でご記入ご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) 日中の定期的な保育や病気のため以外に 私用 親の通院 不定期の就労等の目的で不定期に利用している事業は 一時預かり (2.4%) 幼稚園の預かり保育 (4.8%) の割合がそれぞれ数パーセントとなっており 利用していない の割合が 88.9% と高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 一時預かり幼稚園の預かり保育ファミリー サポート センター夜間養護等事業 : トワイライトステイベビーシッターその他 2.4% 4.8% 0.8% 0.1% 0.1% 0.2% 利用していない 88.9% 無回答 2.9% 項目度数構成比 一時預かり ( 私用など理由を問わずに保育所などで一時的に子どもを保育する事業 ) % 幼稚園の預かり保育 ( 通常の就園時間を延長して預かる事業のうち不定期に利用する場合のみ ) ファミリー サポート センター ( 保育所への送迎や学童保育終了後に一時的に子どもを預かる事業 ) % 7 0.8% 夜間養護等事業 : トワイライトステイ ( 児童養護施設等で休日 夜間 子どもを預かる事業 ) 1 0.1% ベビーシッター 1 0.1% その他 2 0.2% 利用していない % 無回答 % 回答者数

69 年間利用日数 ( 一時預かり ) ( 幼稚園の預かり保育 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 2 9.5% 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 0 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 1 4.8% 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 % 21 日 ~30 日 2 4.8% 31 日以上 % 31 日以上 4 9.5% 無回答 0 無回答 0 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( ファミリー サポート センター ) ( トワイライトステイ ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 日 ~7 日 0 4 日 ~7 日 0 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 0 11 日 ~20 日 % 11 日 ~20 日 0 21 日 ~30 日 0 21 日 ~30 日 0 31 日以上 0 31 日以上 0 無回答 % 無回答 0 回答者数 7 10 回答者数 1 10 非該当 非該当 ( ベビーシッター ) 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 0 4 日 ~7 日 0 8 日 ~10 日 0 11 日 ~20 日 0 21 日 ~30 日 0 31 日以上 1 10 無回答 0 回答者数 1 10 非該当 その他の回答はなし 65

70 問 23 で 7. 利用していない と回答した方にうかがいます 問 23-1 現在利用していない理由は何ですか 当てはまる番号すべてにすべてに をつけてください 私用 親の通院 不定期の就労等の目的で不定期に事業を利用していない理由は 特に利用する必要がない の割合が 8 と最も高くなっています また 利用料がかかる 高い (18.9%) 自分が事業の対象者になるのかどうかわからない(10.2%) 事業の利用方法 ( 手続き等 ) がわからない (12.8%) の理由についてもそれぞれ 1 割を超えやや高くなっています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 特に利用する必要がない利用したい事業が地域にない地域の事業の質に不安がある地域の事業の利便性がよくない利用料がかかる 高い利用料がわからない自分が事業の対象者になるのかどうかわからない事業の利用方法 ( 手続き等 ) がわからないその他無回答 5.4% 4.0% 4.4% 18.9% 9.7% 10.2% 12.8% 4.7% 1.3% 8 特に利用する必要がない 利用したい事業が地域にない % 地域の事業の質に不安がある % 地域の事業の利便性 ( 立地や利用可能時間 日数など ) がよくない % 利用料がかかる 高い % 利用料がわからない % 自分が事業の対象者になるのかどうかわからない % 事業の利用方法 ( 手続き等 ) がわからない % その他 % 無回答 % 回答者数 非該当 97-66

71 問 24 宛名のお子さんについて 私用 親の通用 親の通院 不定期の就労等の目的 不定期の就労等の目的で 年間何日くらい事業を利用する必要利用する必要があると思いますか 利用希望のがあると思いますか 利用希望の有無有無について当てはまる番号 記号について当てはまる番号 記号すべてに をつけ 必要な日数をご記入ください ( 利用したい日数の合計と 目的と 目的別の内の内訳の日数をの日数を 内に数字でご記入くださください 数字は一枠い 数字は一枠一字字 ) 利用利用料料 :2,000 円 / 日程度 私用 親の通院 不定期の就労等の目的での事業の利用希望は 利用したい の割合が 28.2% に対し 利用する必要はない が 60.5% となっています また 利用目的別では 私用 ( 買物 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の習い事等 ) リフレッシュ目的 冠婚葬祭 学校行事 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の通院等 の割合がいずれも 64.6% と高く 年間利用日数の合計では 11 日 ~20 日 の割合が 22.0% と最も高くなっています 無回答, 11.3% 利用したい, 28.2% 利用する必要はない, 60.5% 利用したい % 利用する必要はない % 無回答 % 回答者数 利用目的 0% 20% 40% 60% 80% 私用 ( 買物 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の習い事等 ) リフレッシュ目的 冠婚葬祭 学校行事 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の通院等 64.6% 64.6% 不定期の就労 26.8% その他 4.9% 無回答 3.3% 私用 ( 買物 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の習い事等 ) リフレッシュ目的 % 冠婚葬祭 学校行事 子ども ( 兄弟姉妹を含む ) や親の通院等 % 不定期の就労 % その他 % 無回答 8 3.3% 回答者数 非該当

72 年間利用日数 ( 年間合計 ) 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 % 31 日以上 % 無回答 9 3.7% 回答者数 非該当 ( 私用 リフレッシュ目的 ) ( 冠婚葬祭 学校行事 子どもや親の通院等 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 % 11 日 ~20 日 % 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 7 4.4% 21 日 ~30 日 7 4.4% 31 日以上 9 5.7% 31 日以上 3 1.9% 無回答 4 2.5% 無回答 7 4.4% 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( 不定期の就労 ) ( その他 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 % 8 日 ~10 日 % 8 日 ~10 日 0 11 日 ~20 日 % 11 日 ~20 日 % 21 日 ~30 日 5 7.6% 21 日 ~30 日 1 8.3% 31 日以上 % 31 日以上 1 8.3% 無回答 0 無回答 0 回答者数 回答者数 非該当 非該当

73 問 24-1 問 24 で 1. 利用したい に をつけた方にうかがいます 問 24 の目的でお子さんを預ける場合 下記のいずれの事業記のいずれの事業形態形態が望ましいと思われますか 当てはまる番号が望ましいと思われますか 当てはまる番号すべてにすべてに をつけてください 私用 親の通院 不定期の就労等の目的で子どもを預ける場合の事業形態は 大規模施設で子どもを保育する事業 の割合が 65.4% と最も高く 小規模施設で子どもを保育する事業 ( 例 : 地域子育て支援拠点等 ) が 45.5% と続いています 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 大規模施設で子どもを保育する事業 ( 例 : 幼稚園 保育所等 ) 65.4% 小規模施設で子どもを保育する事業 ( 例 : 地域子育て支援拠点等 ) 45.5% 地域住民等が子育て家庭等の近くの場所で保育する事業 ( 例 : ファミリー サポート センター等 ) 25.6% その他 0.8% 無回答 10.2% 項目度数構成比 大規模施設で子どもを保育する事業 ( 例 : 幼稚園 保育所等 ) % 小規模施設で子どもを保育する事業 ( 例 : 地域子育て支援拠点等 ) % 地域住民等が子育て家庭等の近くの場所で保育する事業 ( 例 : ファミリー サポート センター等 ) % その他 2 0.8% 無回答 % 回答者数 非該当 問 25 この 1 年間に 保護者の用事 ( 冠婚葬祭 保護者 家族の 保護者 家族の病気など ) により 宛名のお子さんを泊りがけりがけで家族以で家族以外にみてもらわなければならないことはありましたか ( 預け先が見つからなかった場合も含みます ) あった場合は この 1 年間の対処方法として当てはまる番号と記号すべてに をつけ それぞれの日数も 内に数字でご記入数字でご記入ください ( 数字は一枠一字 ) この1 年間に 保護者の用事 ( 冠婚葬祭 保護者 家族の病気など ) により 子どもを泊りがけで家族以外にみてもらわなければならないことがあった経験は あった の割合が 15.5% に対し なかった が 78.6% となっています また そのときの対処方法は ( 同居者を含む ) 親族 知人にみてもらった の割合が 92.6% と最も高く その年間対処日数は 1 日 ~3 日 の割合が 47.2% と最も高くなっています 69

74 無回答, 5.9% あった, 15.5% なかった, 78.6% あった % なかった % 無回答 % 回答者数 対処方法 0% 20% 40% 60% 80% 100% ア.( 同居者を含む ) 親族 知人にみてもらった 92.6% イ. 短期入所生活援助事業 ( ショートステイ ) を利用した ( 児童養護施設等で一定期間 子どもを保護する事業 ) ウ. イ以外の保育事業 ( 認可外保育施設 ベビーシッター等 ) を利用した エ. 子どもを同行させた 13.3% オ. 子どもだけで留守番をさせた カ. その他 無回答 項目度数構成比 ア.( 同居者を含む ) 親族 知人にみてもらった % イ. 短期入所生活援助事業 ( ショートステイ ) を利用した ( 児童養護施設等で一定期間 子どもを保護する事業 ) 0 ウ. イ以外の保育事業 ( 認可外保育施設 ベビーシッター等 ) を利用した 0 エ. 子どもを同行させた % オ. 子どもだけで留守番をさせた 0 カ. その他 0 無回答 0 回答者数 非該当

75 年間対処日数 ( 親族 知人 ) ( 子どもを同行 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 ~3 日 % 1 日 ~3 日 % 4 日 ~7 日 % 4 日 ~7 日 0 8 日 ~10 日 9 7.2% 8 日 ~10 日 0 11 日 ~20 日 7 5.6% 11 日 ~20 日 0 21 日 ~30 日 1 0.8% 21 日 ~30 日 0 31 日以上 6 4.8% 31 日以上 1 5.6% 無回答 8 6.4% 無回答 % 回答者数 回答者数 非該当 非該当 イ. 短期入所生活援助事業 ウ. イ以外の保育事業 ( 認可外保育施設 ベビーシッター等 ) オ. 子どもだけで留守番 カ. その他の回答はなし 問 25 で 1. あったア.( 同居者を含む ) 親族 知人にみてもらったみてもらった と答えた方にうかがいます ア. 以外を選択した方は問 26 へ問 25-1 その場合の困難度困難度はどのはどの程度程度でしたか 当てはまる番号 1 つに をつけてください 子どもを泊りがけで家族以外にみてもらわなければならなかった困難度は 困難 ( 非常に困難 (18.4%) と どちらかというと困難 (28.0%) の合計 の割合が 46.4% に対し 特に困難でない が 48.0% と 困難でない割合がやや上回っています 0% 20% 40% 60% 80% 100% 5.6% 困難度 18.4% 28.0% 48.0% 非常に困難どちらかというと困難特に困難ではない無回答 非常に困難 % どちらかというと困難 % 特に困難ではない % 無回答 7 5.6% 回答者数 非該当

76 10 お子さんが小学校に入学してからの放課後の過ごし方について 問 26~ 問 29 は 5 歳以上が対象 問 26 宛名のお子さんについて 小学校低学小学校低学年年 (1~3 年生 ) のうちは は 放課後 ( 平日の小学校終了後 ) の時間をどのような場所で過ごさごさせたいと思いますか 当てはまる番号たいと思いますか 当てはまる番号すべてすべてに をつけ それぞれ希望する週当たり日数を数字でご記入数字でご記入ください また ください また 放課後児童クラブ放課後児童クラブ の場合には 利用を希望する時刻も 内に数字でご記入数字でご記入ください 時刻は必ず ( 例 )18 時のように 24 時間制でご記入ください ( 数字は一枠に一字 ) 放課後児童クラブ 地域によって学童保育などと呼ばれています 保護者が就労等により昼間家庭にいない場合などに 指導員の下 子どもの生活の場を提供するものです 平均利用料 ( 月額 ):6,000 円程度 小学校低学年 (1~3 年生 ) のうちの希望する子どもの放課後の過ごし方は 自宅 の割合が 63.7% と最も高く 次いで 習い事 ( ピアノ教室 サッカークラブ 学習塾など ) が 48.3% 放課後児童クラブ 学童保育 が 27.4% となっています 0% 20% 40% 60% 80% 自宅 63.7% 祖父母宅や友人 知人宅 17.9% 習い事 ( ピアノ教室 サッカークラブ 学習塾など ) 48.3% 児童館 放課後子ども教室 5.5% 12.4% 放課後児童クラブ 学童保育 27.4% ファミリー サポート センター 0.5% その他 ( 公民館 公園など ) 無回答 11.9% 16.9% 自宅 % 祖父母宅や友人 知人宅 % 習い事 ( ピアノ教室 サッカークラブ 学習塾など ) % 児童館 % 放課後子ども教室 % 放課後児童クラブ 学童保育 % ファミリー サポート センター 1 0.5% その他 ( 公民館 公園など ) % 無回答 % 回答者数 非該当

77 1 週あたり利用希望日数等 ( 自宅 ) ( 祖父母宅や友人 知人宅 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 % 1 日 % 2 日 % 2 日 % 3 日 % 3 日 0 4 日 % 4 日 0 5 日 % 5 日 3 8.3% 6 日 2 1.6% 6 日 0 7 日 5 3.9% 7 日 0 無回答 8 6.3% 無回答 2 5.6% 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( 習い事 ) ( 児童館 ) 日数 度数 構成比 日数 度数 構成比 1 日 % 1 日 % 2 日 % 2 日 % 3 日 % 3 日 0 4 日 0 4 日 0 5 日 2 2.1% 5 日 0 6 日 0 6 日 0 7 日 0 7 日 0 無回答 1 1.0% 無回答 1 9.1% 回答者数 回答者数 非該当 非該当 ( 放課後子ども教室 ) 日数 度数 構成比 1 日 % 2 日 % 3 日 1 4.0% 4 日 0 5 日 0 6 日 1 4.0% 7 日 0 無回答 0 回答者数 非該当

八尾市就学前児童調査票

八尾市就学前児童調査票 お住まいの地域についてうかがいます 問 1 お住まいの小学校区名の番号に をつけてください 1. 麻生 2. 宮内 3. 砥部 4. 玉谷 5. 広田 6. 高市 封筒の宛名のお子さんとご家族の状況についてうかがいます 問 2 宛名のお子さんの生年月及び学年を ( ) 内に数字でご記入ください 平成 ( ) 年 ( ) 月生まれ ( ) 学年 問 3 宛名のお子さんの兄弟姉妹は何人いらっしゃいますか

More information

問 3 宛名のお子さんのきょうだいの人数 宛名のお子さんを含めた人数で記入 2 人以上の子は 末子の生年月を記入 きょうだいの人数 度数 構成比 1 人 % 2 人 % 3 人 % 4 人 % 5 人 1 0.1% 6 人 1 0.1% 無

問 3 宛名のお子さんのきょうだいの人数 宛名のお子さんを含めた人数で記入 2 人以上の子は 末子の生年月を記入 きょうだいの人数 度数 構成比 1 人 % 2 人 % 3 人 % 4 人 % 5 人 1 0.1% 6 人 1 0.1% 無 子ども 子育て支援事業計画の作成に向けたニーズ調査について ( 中間報告, 未就学児のみ ) 問 1 住まいの地区 資料 8 古河第一小学校区 34 4.5% 古河第二小学校区 45 5.9% 古河第三小学校区 37 4.9% 古河第四小学校区 34 4.5% 古河第五小学校区 15 2.0% 古河第六小学校区 46 6.0% 古河第七小学校区 29 3.8% 釈迦小学校区 13 1.7% 下大野小学校区

More information

<4D F736F F D2090E78DCE8E738E7182C782E08E7188E782C48E B836792B28DB895F18D908F912D30955C8E862E646F6378>

<4D F736F F D2090E78DCE8E738E7182C782E08E7188E782C48E B836792B28DB895F18D908F912D30955C8E862E646F6378> 1. お子さんとご家族の状況について 1. (1) 家族構成 [ 就学前 ]P.33 [ 小学生 ]P.117 両親とお子さん ひとり親とお子さん が全体の約 9 割 その他は 1 割弱 両親とお子さん は 就学前 は 91.0% 小学生 は 78.3% と多数を占めています ひとり親とお子さん は 就学前 の 4.5% に対し 小学生 が 11.8% と増えています 家族構成 0% 20% 40%

More information

資料 1 国の子ども 子育て会議に おける決定事項

資料 1 国の子ども 子育て会議に おける決定事項 第 6 回東京都北区子ども 子育て会議次第 日時 : 平成 26 年 3 月 11 日 ( 火 ) 午後 6 時 30 分 ~ 会場 : 北とぴあ 14 階スカイホール 1 開会 2 議事 (1) 国の子ども 子育て会議における決定事項の確認 (2) ニーズ調査結果及び 量の見込み 算出結果 (3) 北区次世代育成支援行動計画 ( 後期計画 ) の評価 (4) その他 (( 仮称 ) 北区次世代育成支援計画の施策体系の確認

More information

1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口 1 億人程度を

1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口 1 億人程度を 資料 2 出産 子育てアンケート調査結果報告 平成 27 年 7 月 津山市こども保健部こども課 津山市総合企画部地域創生戦略室 1 1 調査目的 今年度策定する 津山市総合戦略 で 子どもを産み 育てやすい環境づくりに 向けた取組みを進めるにあたり 出産 子育ての現状を把握するために実施した 2 調査内容の背景と設問設定理由国では 出生率を 2.07 まで高めることで 2060 年に現状の社会構造を維持できる人口

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問

第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2 結婚について (1) 問 柏原市地方創生に向けた戦略策定アンケート結果速報版 ( 年齢別 / 結婚 出産 子育て 定住 ) 平成 27 年 8 月 4 日 第 1 章アンケートの概要 1-1 調査の目的 1-2 対象者 1-3 調査方法 1-4 実施期間 1-5 調査結果サンプル数 1 1 1 1 1 第 2 章アンケート調査結果 2-1 回答者自身について (1) 問 2: 年齢 (2) 問 5: 同居している家族 2-2

More information

目次 調査の概要 1 1. 調査の目的 2. 調査の方法 3. 配付 回収数 4. 注意事項 調査結果 3 Ⅰ. 子どもと家族の状況について 3 Ⅱ. ふだんの保育について 17 Ⅲ. 放課後の過ごしかたなどについて 41 Ⅳ. 病気や用事の際の子どもの世話について 63 Ⅴ. 望ましい保育所 (

目次 調査の概要 1 1. 調査の目的 2. 調査の方法 3. 配付 回収数 4. 注意事項 調査結果 3 Ⅰ. 子どもと家族の状況について 3 Ⅱ. ふだんの保育について 17 Ⅲ. 放課後の過ごしかたなどについて 41 Ⅳ. 病気や用事の際の子どもの世話について 63 Ⅴ. 望ましい保育所 ( 次世代育成支援に関するニーズ調査結果報告書 平成 21 年 3 月 伊賀市 目次 調査の概要 1 1. 調査の目的 2. 調査の方法 3. 配付 回収数 4. 注意事項 調査結果 3 Ⅰ. 子どもと家族の状況について 3 Ⅱ. ふだんの保育について 17 Ⅲ. 放課後の過ごしかたなどについて 41 Ⅳ. 病気や用事の際の子どもの世話について 63 Ⅴ. 望ましい保育所 ( 園 ) のすがたについて

More information

流山市子ども・子育て会議

流山市子ども・子育て会議 1 流山市子ども 子育て会議 ~ 第 1 回会議資料 ~ 子育ての現状 2 子ども 子育て支援新制度がスタート! 3 子ども 子育て関連 3 法の成立 子ども 子育て支援事業計画の策定 子ども 子育て支援新制度スタート 子ども 子育て関連 3 法 4 子ども 子育て支援法 施設型給付 地域型保育給付の創設 地域の子ども 子育て支援の充実 認定こども園法の一部改正法 幼保連携型認定こども園以外の子ども園の充実

More information

Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163

Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163 Ⅲ 単 純 集 計 結 果 1 就 学 前 児 童 調 査 (1)あて 名 のお 子 さんご 本 人 と ご 家 族 の 状 況 などにつ いて 問 1 お 住 まいの 地 区 ( 町 丁 目 )をお 答 えください 問 1 地 区 コミュニティ 区 分 2877 (100.0) 1 湊 町 163 ( 5.7) 2 宮 本 211 ( 7.3) 3 本 町 53 ( 1.8) 4 海 神 151

More information

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育 四 日 市 市 子 ども 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 0 目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的

More information

.T.v...ec6

.T.v...ec6 子育て支援推進都市をめざして 鈴鹿市は 子育て支援の先進都市をめざして取り組んでいます その一環として市は平 成16に 子育て支援総合推進モデル市町村事業 を導入しました これは 次世 代育成支援行動計画において各種の子育て支援事業に積極的に取り組もうとする市町村 を国が指するもので 全国で49市町村が指されたものです このため 鈴鹿市では 通常の市町村がを設するサービスよりも多くのメニューについてを設して

More information

- 目 次 - 1. 調 査 の 概 要... 3 (1) 調 査 の 目 的... 3 (2) 調 査 の 実 施 状 況... 3 2. 調 査 の 結 果... 5 (1) 就 学 前 児 童 (0~5 歳 ) 調 査... 5 (2) 就 学 児 童 ( 小 学 生 ) 調 査... 133

- 目 次 - 1. 調 査 の 概 要... 3 (1) 調 査 の 目 的... 3 (2) 調 査 の 実 施 状 況... 3 2. 調 査 の 結 果... 5 (1) 就 学 前 児 童 (0~5 歳 ) 調 査... 5 (2) 就 学 児 童 ( 小 学 生 ) 調 査... 133 宜 野 湾 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 策 定 に 係 る ニーズ 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 沖 縄 県 宜 野 湾 市 1 - 目 次 - 1. 調 査 の 概 要... 3 (1) 調 査 の 目 的... 3 (2) 調 査 の 実 施 状 況... 3 2. 調 査 の 結 果... 5 (1) 就 学 前 児 童 (0~5 歳 ) 調 査... 5

More information

子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 策 定 に 伴 うアンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 白 老 町 目 次 調 査 概 要 1 就 学 前 児 童 調 査 お 住 まいの 地 域 について 5 封 筒 の 宛 名 のお 子 さんとご 家 族 の 状 況 について 5 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 について 7 保 護 者 の 就 労 状 況 について 11

More information

冊子.indd

冊子.indd 一時保育及び病院保育のニーズ調査 子育て支援研究チーム 北陸学院大学福井逸子 アライブキャリア 髙井新司 子育て支援アンケート調査 1. 目的本調査は 金沢市内を概ね5つの地域に分類した上で 各々の地域にある保育所を1カ所ずつ抽出して そこに通う保育園児の保護者を対象として 子育て支援に関するアンケート調査を行ったものである この調査を通して 保護者の求める保育サービスを明確化するとともに 昨今 特に必要性が高まっている

More information

Microsoft Word - 02_2‘Í_‹É’¨„´†j.doc

Microsoft Word - 02_2‘Í_‹É’¨„´†j.doc 第 2 章子どもと子育て家庭を取り巻く状況 1 少子化の動向 (1) 人口の動向 図表 1 年齢 3 区分別人口の推移 ( 伊勢原市 ) 平成 17 年 14.4 71.0 14.6 平成 18 年 14.4 70.1 15.5 平成 19 年 14.2 69.4 16.3 平成 20 年 14.1 68.7 17.2 平成 21 年 14.0 67.8 18.2 0 20 40 60 80 100

More information

Microsoft Word - 0526_京田辺市子ども(比較グラフなし)_報告書

Microsoft Word - 0526_京田辺市子ども(比較グラフなし)_報告書 京 田 辺 市 子 ども 子 育 て 支 援 に 関 するニーズ 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 26 年 3 月 京 田 辺 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1 調 査 の 目 的... 1 2 調 査 対 象... 1 3 調 査 期 間... 1 4 調 査 方 法... 1 5 回 収 状 況... 1 6 調 査 結 果 の 表 示 方 法... 1 Ⅱ 調 査

More information

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意 第 1 章 アンケート調査概要 1 調査の目的 宮崎県における男女共同参画に関する意識と実態を統計的に把握し 今後の男女共同参画施策 の一層の推進を図るための基礎資料を得ることを目的として実施した 2 調査の設計と内容 1 調査地域 : 宮崎県全域 2 調査対象 : 宮崎県在住の 20 歳以上の男女 3,000 人 ( 男女各 1,500 人 ) 3 抽出方法 : 無作為抽出 4 調査方法 : 郵送配付

More information

2. 調査結果概要 問 1 性別 男性 が 32.2% 女性 が 67.8% となっています 問 2 回答者年齢 30 歳代 が最も多く 44.6% 次いで 40 歳代 が 29.8% 20 歳代 が 24.8% となっています 問 3 世帯構成 二世代居住 が最も多く 57.9% 次いで 二人暮

2. 調査結果概要 問 1 性別 男性 が 32.2% 女性 が 67.8% となっています 問 2 回答者年齢 30 歳代 が最も多く 44.6% 次いで 40 歳代 が 29.8% 20 歳代 が 24.8% となっています 問 3 世帯構成 二世代居住 が最も多く 57.9% 次いで 二人暮 結婚 出産 子育てに関する意識 希望調査集計結果 ( 泉大津市結婚 出産 子育てに関するアンケート調査集計結果 ) 1. 調査の概要 泉大津市在住の市民の結婚 出産 子育てに関する意識や実態等を把握 分析することで 泉大津市まち ひと しごと創生総合戦略における施策検討等に活用することを目的に実施する 調査の方法及び概要対象 : 市内在住の 20~49 歳の男女 ( 無作為抽出した市民 500 名

More information

第 16 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 就業状況別 124 第 17 表独身者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 142 第 18 表有配偶者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 148 第 19 表仕事あり者数 性 年齢階級 配偶者の有無 親との同居の有無 職業別 154 第 20 表仕事あ

第 16 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 就業状況別 124 第 17 表独身者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 142 第 18 表有配偶者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 148 第 19 表仕事あり者数 性 年齢階級 配偶者の有無 親との同居の有無 職業別 154 第 20 表仕事あ 目 次 まえがき Ⅰ 調査の概要 11 Ⅱ 結果の概要 1 独身者の結婚意欲 36 2 独身者の交際状況 37 3 独身女性の結婚後の就業継続意欲 39 参考 40 利用に際しての留意点 43 Ⅲ 統計表 統計表一覧 46 1 基本属性 (1) 被調査者第 1 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 配偶者の有無 子どもの有無別 56 第 2 表被調査者数 性 年齢階級 親との同居の有無 配偶者の有無 子どもの有無別

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6A90EC8E7182C782E08E7188E782C4836A815B835992B28DB895F18D908F91817988F38DFC81698A54977694C582C882B5816A817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6A90EC8E7182C782E08E7188E782C4836A815B835992B28DB895F18D908F91817988F38DFC81698A54977694C582C882B5816A817A2E646F6378> 桂 川 町 子 ども 子 育 て 支 援 に 関 する ニーズ 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 桂 川 町 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 就 学 前 児 童 調 査 結 果 1 対 象 者 及 び 保 護 者 の 特 性... 4 2 祖 父 母 などにみてもらえる 状 況... 5 3 保 護 者 の 就 労 状 況 について... 6 4 平 日 の 定 期 的 な

More information

<4D F736F F D A8EB388BE8E738E7182C782E08A C52D38702DB6D7B0>

<4D F736F F D A8EB388BE8E738E7182C782E08A C52D38702DB6D7B0> 概要版 平成 27 年度 ~ 平成 31 年度 平成 27 年 3 月 宍粟市 計画の概要計画策定の背景と趣旨 わが国の少子化は急速に進む一方 夫婦が理想とする子どもの人数と実際の子どもの人数の間には開きがあり その理由として 子育てに関する不安感や 仕事と子育てとの両立に対する負担感があると指摘されています 宍粟市では 平成 22 年 3 月に 第 2 次宍粟市少子化対策推進総合計画 ( しそう子ども

More information

中国人ママの育児用品の購入に関する調査(2016)

中国人ママの育児用品の購入に関する調査(2016) 2016 年 2 月 4 日 中国人ママの育児用品の購入に関する調査 (2016) 越境 EC は よく利用する 23% たまに利用する 64% 品質が高い商品が多い 安心 安全な商品が多い が 2 大利用理由 関心のある商品は ベビースキンケア ベビー服 妊婦向けサプリメント 健康食品 など 株式会社リクルートライフスタイル ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長 : 淺野健 ) に設置された出産

More information

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ 就実短期大学潜在保育士アンケート結果報告 1. アンケート調査の概要は以下のとおりである 1) アンケートの構成アンケートは 以下のような内容で構成されている ( 詳細は アンケート調査表原本を参照 ) A 調査協力者の属性 B 保育士 幼稚園教諭現職者に対する質問 C 保育士 幼稚園教諭経験者 ( 現在未就労 ) に対する質問 D 保育士 幼稚園教諭として就労経験がない方への質問 E 保育士復職研修会

More information

式第 2 号 ( 第 2 条 第 10 条 第 12 条関係 ) 施設型給付費 地域型保育給付費等支給認定申請書兼保育所等利用申込書 ( 保育児童台帳 ) 利用保育所 整理番号 小田原市福祉事務所長申込日平成 施設型給付費 地域型保育給付費等支給認定及び保育所等への利用について 関係書類を添えて次の

式第 2 号 ( 第 2 条 第 10 条 第 12 条関係 ) 施設型給付費 地域型保育給付費等支給認定申請書兼保育所等利用申込書 ( 保育児童台帳 ) 利用保育所 整理番号 小田原市福祉事務所長申込日平成 施設型給付費 地域型保育給付費等支給認定及び保育所等への利用について 関係書類を添えて次の 式第 1 号 ( 第 2 条関係 ) 施設型給付費支給認定 (1 号 ) 申請書 利用施設 整理番号 申込日 施設型給付費 (1 号 ) の認定について 次のとおり申請します なお 保育料や資格調査等のため 住民記録及び課税台帳等を職権にて閲覧等することに同意し また関係する親族等からも同意を得ています 申込者 ( 保護者 ) 住所 小田原市フリガナ建物 室番号フリガナ 電話番号 自宅緊急連絡先 父携帯

More information

Microsoft Word 送迎アンケート報告版.doc

Microsoft Word 送迎アンケート報告版.doc 北九州市 あなたの年齢について 200 9 歳以下 10 代 150 20 代 30 代 40 代 100 50 代 60 代 50 70 代 80 代以上 0 未記入 持っている手帳について 500 400 身障手帳 300 療育手帳精神手帳 200 持っていない 未記入 100 0 北九州市 身体障害の内訳 上肢 下肢体幹 視覚 心臓 聴覚 平衡機能 音声 言語 じん臓 呼吸器 ぼうこう 直腸小腸

More information

untitled

untitled 市 西予 すくすく 子育て ガイド もしものために 知っておこう 病気やケガ 子どもの具合が悪くなったときに慌てることのないよう 普段からかかりつけ医を見つけておきましょう 具合が悪いとき 夜間休日の医療機関 日曜祝日等の当番医制度を行っています 小児在宅当番医での外科治療は対応困難のた め ケガ等の場合は 当日の外科系の当番医または救急病院をご利用ください

More information

1 ジカウイルス感染症の認知度 問 1 あなたは, ジカウイルス感染症, いわゆるジカ熱を知っていますか この中から 1 つだけお答えください どのような病気か詳しく知っている 9.1% どのような病気かある程度知っている 44.9% 名前だけ知っているが, どのような病気かは知らない 37.7%

1 ジカウイルス感染症の認知度 問 1 あなたは, ジカウイルス感染症, いわゆるジカ熱を知っていますか この中から 1 つだけお答えください どのような病気か詳しく知っている 9.1% どのような病気かある程度知っている 44.9% 名前だけ知っているが, どのような病気かは知らない 37.7% ジカウイルス感染症に関する世論調査 の概要 平成 28 年 11 月内閣府政府広報室 調査対象 全国 18 歳以上の日本国籍を有する者 3,000 人 有効回収数 1,831 人 ( 回収率 61.0%) 調査時期 22 日 ~10 月 2 日 ( 調査員による個別面接聴取 ) 調査目的 ジカウイルス感染症に関する国民の意識を把握し, 今後の施策の参考とする 調査項目 ジカウイルス感染症の認知度ジカウイルス感染症の予防方法に関する認知度ジカウイルス感染症の予防方法に関する情報の入手先ジカウイルス感染症について知りたい情報国に望むジカウイルス感染症の予防対策

More information

1-2 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織の有無 Q: 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織がありますか ( 該当するもの1つ選択 ) [n=187] ない 46.8% ある 53.2% 連携組織がある の回答が全体の約 5 割と低い 2 基本的生活習慣について 2-1 は

1-2 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織の有無 Q: 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織がありますか ( 該当するもの1つ選択 ) [n=187] ない 46.8% ある 53.2% 連携組織がある の回答が全体の約 5 割と低い 2 基本的生活習慣について 2-1 は 区分 幼稚園 保育所 Ⅰ 調査の概要 1 調査目的 本調査は, 平成 23 年 3 月に, 幼児教育の充実のために策定した, 学ぶ土台づくり 推進 計画の進行管理を行っていく上での基礎資料とするために実施する 2 調査範囲 県内の国公立 私立の幼稚園, 保育所 ( 認可のみ ) 及び認定こども園 3 調査対象 県内の全ての国公立 私立の幼稚園, 保育所 ( 認可のみ ) 及び認定こども園の全教員と保育士

More information

Microsoft Word - 府中市報告書01_表紙~もくじ

Microsoft Word - 府中市報告書01_表紙~もくじ 府 中 市 子 ども 子 育 て 支 援 に 関 する 市 民 意 向 調 査 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 府 中 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 要 1 調 査 目 的 3 2 調 査 設 計 3 (1) 調 査 の 種 類 3 (2) 調 査 期 間 3 3 回 収 結 果 3 4 区 域 の 設 定 4 5 報 告 書 を 読 む 際 の 留 意 点 5 6 前 回

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに 平成 26 年 12 月 1 日から 児童扶養手当法 の一部が改正されます 大切なお知らせです! これまで 公的年金 を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが 平成 26 年 12 月以降は 年金額が児童扶養手当額より低い方は その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります 児童扶養手当を受給するためには お住まいの市区町村への申請が必要です 遺族年金 障害年金 老齢年金 労災年金 遺族補償など

More information

6地域報告書用クロス表2.xls

6地域報告書用クロス表2.xls 付録 度数分布表 韓国 3 地域と日本 3 地域の回答を表にまとめた 表中の値はすべて % であり横 1 行をすると 100% となる 表タイトルにある数字は仙台調査の問番号である 質問文について詳しくは仙台調査票を参照 6 つの調査に共通する問のみの結果を掲載した 1 年代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代以上 計 Area Seoul 26.9 30.9 21.0 11.0 10.2

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

16_表1-表4

16_表1-表4 あなたの子育てを応援します にいがた子育て応援アプリ 子育て応援情報 子育てに役立つ機能が充実 お知らせ配信 子育て関連施設マップ イベント情報 予防接種スケジュール帳 保育園等入園状況 子育て日記帳 for iphone ipad こども医療費 助成のご案内 for Android iosの場合はappstore Androidの場合はGooglePlayからダウンロードで きます 新潟市 子育て

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

あらゆるものは 生きて光り輝く ファミリー サポート センター 産後お助け隊事業 はじめました ①従来のファミリー サポート センター 用事があり子どもの面倒がみれない 仕事で幼 稚園 学童保育の迎えに間に合わない 忙しい日常を 離れて ちょっとリフレッシュしたい などの時に 地域 で子育てのサポートを受けたい人と行いたい人が会 員となり 支え合う有償の子育て助け合い組織です 利用会員 小学3年生までの子どもを持つ方

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル 6.( 参考 ) 育休取得 職場復帰の状況 育休を取得して働き続ける女性の割合は増えているものの 働いている女性の約 6 割が第 1 子出産前後に離職している状況は この 20 年間あまり変わっていない状況が続いています 第 1 子出生年別にみた 第 1 子出産前後の妻の就業変化 100% 3.1 3.4 3.8 4.1 5.2 80% 35.5 34.6 32.8 28.5 24.1 60% 40%

More information

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx

140327子ども用ヘルメット調査リリース(最終稿).pptx 201442 4 人に 3 人の親が自転車走行で 危ない! を経験しても 浸透しない子どもの自転車ヘルメット着用実態が明らかに! ~3 歳から小学校低学年の着用率は 4 割に留まる ~ CEO46 1531,000 200861 13 64 3 4 人に 3 人 (75.8%) が 自転車走行で危ないと感じた経験がある 子ども乗せ自転車で危ないと感じたことは 発車 停車の際 (46.2%) や駐輪中

More information

01表紙福島

01表紙福島 子育てする 新しい日本のお父さん 高度経済成長期の家族モデルのお父さんは 働いて一家を養い 子どもたちに社会のルー ルを教える存在で 日常の育児は専業主婦であるお母さんが担っていました しかし 共働きの進展とともに お父さんにも家事育児が求められるようになり お父 さんが おむつを替えたり 保育園の送迎をしたり 子どもと遊んだり 保護者会に出 席することが 特異なことではなく 自然になこととして社会に受け入れられ

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

56_16133_ハーモニー表1

56_16133_ハーモニー表1 妻 Q 男は仕事 女は家庭 という 考えについてどう思いますか 妻 はままつ女性カレッジ Q女性の働き方について どう考えますか 2.7 第2期生を取材して 6.2 32.7 1 2 16.5 3 4 5 17.5 6 27.1 8 11.9 1 58.0 2 3 4 9.4 5 6 8.7 9.4 8 賛成 どちらかといえば賛成 子どもができてもずっと働き続ける方がよい 反対 どちらかといえば反対

More information

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ

1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 第 2 章幼児教育の現状と課題 3 1 国の動向 平成 17 年 1 月に中央教育審議会答申 子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について が出されました この答申では 幼稚園 保育所 ( 園 ) の別なく 子どもの健やかな成長のための今後の幼児教育の在り方についての考え方がまとめられています この答申を踏まえ 文部科学省では 平成 18 年 10 月には 幼児教育振興アクションプログラム

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

( 案 ) 中津川市子ども 子育て支援事業計画 Photo 平成 27 年度 ~ 平成 31 年度 平成 27 年 3 月 中津川市 目次 第 1 章計画の策定にあたって 1 計画策定の背景と趣旨 1 2 子ども 子育て支援新制度の概要 2 3 計画の位置づけと期間 4 4 計画策定体制と経過 5 第 2 章子どもと家庭を取り巻く環境の状況 1 中津川市の人口動態等の現状 6 2 女性の就労状況

More information

広報にほんまつ90号_201305.indd

広報にほんまつ90号_201305.indd 広報にほんまつ 2013. 5 乳 幼 児 健 康 診 査 定 例 健 康 相 談 4カ月児健康診査 対象者 実施日 期 日 場 所 平成24年12月1日 5月8日 二本松保健センター 平成25年1月10日生 場 所 受付時間 受付時間 二本松保健センター 12 00 13 30 安達保健福祉センター 10カ月児健康診査 対象者は満10カ月を迎えた方です まだの方は 1歳前まで受診でき ますので早めに受けましょう

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 注 ) 当該データ及び数値を利用したことについて生じる結果について NRI は 一切の責任を負うものではなく また 当該データ及び数値の内容について 完全性 最新性 特定目的への適合性等 一切の保証を行いません また 利用者が 利用者の判断の主要な根拠として依拠すべきものではなく 利用者は 行おうとする取引について 必要に応じ ビジネス アドバイザー 弁護士 税理士 会計士等の専門家と相談するようお願いいたします

More information

cleaned xls

cleaned xls 所得格差に関するアンケート 2008 年 9 月 調査票タイトル所得格差に関するアンケート 調査期間 2008/01/31 ~ 2008/02/05 ステータス実査終了 調査区分本調査 リアルタイム集計閲覧期間 2008/01/31 00:00 ~ 2008/08/22 10:00 依頼数 1570 s 調査依頼した対象者数です 有効回答数 604 s 集計対象とする有効回答 ( ユーザーユニーク

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3.

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3. 17 85.4 82.7 11.9 14.8 骨折させる 77.5 81.0 18.9 16.0 打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどす 75.2 69.6 2 26.2 1.0 なぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす 71.2 67.5 25.5

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

サーモス お花見に関するアンケート調査実施

サーモス お花見に関するアンケート調査実施 NEWS RELEASE サーモス お 花 見 に 関 するアンケート 調 査 実 施 2016 年 3 月 15 日 サーモス 株 式 会 社 20~40 代 社 会 人 の 3 人 に 2 人 はお 花 見 好 き! お 花 見 で 嫌 な 事 1 位 は 人 混 み 次 いで 2 位 が 寒 いこと お 花 見 で 寒 いと 思 った 経 験 のある 人 は 79.4% 女 性 は 防 寒 具

More information

厚生労働省発表

厚生労働省発表 厚生労働省発表 平成 20 年 1 月 18 日 職業安定局高齢 障害者雇用対策部障害者雇用対策課課長吉永和生調査官濱島秀夫 電話 5253-1111( 内 )5836 3595-1173( 直通 ) 身体障害者 知的障害者及び精神障害者就業実態調査の調査結果について Ⅰ 調査の概要 1 調査の目的障害者の障害の種類 程度及び就業形態 職種等就業に係る状況の把握を行い 身体障害者 知的障害者及び精神障害者の自立と社会経済活動への参加をより一層促進するための基礎資料を得ることを目的とする

More information

美里町非常勤職員募集のお知らせ 平成28年度に勤務していただく 非常勤職員の募集を行います 非常勤職員 雇用期間は平成2 8年4月1日から平成2 9年3月3 1日までです 職 種 募集 応募資格 勤務時間等 月額報酬 保 育 士 保育士の有資格者および 月 土曜日 7 0 0 1 9 0 0のうちで 1 1人 平成28年3月31日までに 1 6 1 7 00円 週3 5時間 1日7時間 週5日 取得見込の方

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職 46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職種 歯科医 看護師 言語 性 男性 6(6.5) 女性 86 93.5 幼稚園 2 2.2 きいのは

More information

保育園・幼稚園~小学校低学年のこどもを持つお父さん、お母さん600人に聞く「こどもの教育に関する夫婦の意識調査」

保育園・幼稚園~小学校低学年のこどもを持つお父さん、お母さん600人に聞く「こどもの教育に関する夫婦の意識調査」 報道資料 2013 年 11 月 18 日 損保ジャパン ディー アイ ワイ生命保険株式会社 ~11 月 22 日はいい夫婦の日 ~ 保育園 幼稚園 ~ 小学校低学年のこどもを持つお父さん お母さん 600 人に聞く こどもの教育に関する夫婦の意識調査 こどもの教育費月々の平均額は 31,769 円 家計に占める割合は 10% 未満 が 6 割以上 家計を切り詰め 教育費を捻出する母親が 50.3%

More information

小児_各論1の2_x1a形式

小児_各論1の2_x1a形式 6 2 1 医療機関の連携 在宅医と病院主治医 8 3 地域連携の形 地域 主治医の病院 広域 行政 在宅 医療系 定期受診 基幹病院 保育 教育 連携体制 訪問診療 連携会議 子どもと 家族 医療系 コーディ ネーター 療育系 ショートステイ レスパイト入院 福祉系 在宅医 在宅小児の疾患の希少性から 健康管理をするためには専門知識をもった検査 治療などのフォローが必要であり 小児 在宅患者は2人の主治医が必要である

More information

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 資 料 1 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 について 26 年 7 月 4 日 燕 市 Tsubame City ( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって ------------------------------------------

More information

長野県の少子化の現状と課題

長野県の少子化の現状と課題 第 1 章長野県の少子化と子育て環境の現状 1 少子化の現状 (1) 合計特殊出生率 出生数の推移 長野県の平成 25 年 (213 年 ) の合計特殊出生率は1.54で 全国平均の1.43を上回っていますが 長期的な低下傾向にあり少子化が進行しています 出生数は 平成 13 年 (21 年 ) から減少傾向が顕著であり 平成 25 年 (213 年 ) では16,326 人で 第 2 次ベビーブーム

More information

4 今後の居住意向について 設問3 総合的に見て 土岐市は暮らしやすいまちですか 1つだけに 印 暮らしやすい まあまあ暮らしやすい を合計すると 63.4%の方が暮らしやすいと 回答しており 前回調査よりも0.6%多くなっています 性別では女性 年齢別では20代 職 業別では自営業の方が 暮らしやすい と回答した方の割合が高くなっています 暮らしやすい 全 体 今回 男性 11.5% 性 別 11.5%

More information

untitled

untitled 100人が参加 チクリー ンを森 ッズビー 第 1 回キ 戸で開催 S THE S UITE SCAPE 主催 保健師 助産師 看護師 学童クラブの入会申込み 学童クラブは 保護者の就労や病 気などにより 放課後帰宅しても家 管理栄養士 アルバイト 募集 子ども育成課で 主に乳幼児健診 や育児教室などの母子保健事業に携 庭に保護者がいない児童に対して を受け付けます 日 金 4月から新たに学童クラブの入会

More information

家政_08紀要48号_人文&社会 横組

家政_08紀要48号_人文&社会 横組 48 2008 1 2005 2006 1 2007 4 5 6 5 1-71 - 2 自閉症 傾向 軽度知的障害児の母親の主観的困難 たいへんさ と当事者による対処戦略に関する研究 1. 子どもの障害について知らされる 表1 個別での聞き取り回答者の属性 2. 子どもの障害を理解する 子どもの障害 年齢 性別 ケース 母親の年齢 1 43歳 知的障害 自閉症傾向 愛の手帳2度 18歳 男性 2 46歳

More information

【最終版】医療経営学会議配付資料20150613.pptx

【最終版】医療経営学会議配付資料20150613.pptx 27613 7 2012 2015 2025 H20.11 3 H25.8.6 H25.12.13 H25.8.6 2 3 5 6 1 H24643 2() 2025 1106030 10 30 43 10512 生 支 老老 人 自 病気になったら 医 療 地域包括ケアシステムの姿 介護が必要になったら 介 護 病院 急性期 回復期 慢性期 通院 入院 日常の医療 かかりつけ医 有床診療所

More information

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数

2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 2008/3/4 http://research.netmile.co.jp/ 2008/3/4 調査票タイトル : ( 親に聞く ) 子どものダイエットについてのアンケート 調査手法 : インターネットリサーチ ( ネットマイル会員による回答 ) 調査票種別 : Easyリサーチ 実施期間 : 2008/2/22 14:28 ~ 2008/2/22 21:41 回答モニタ数 : 750 ネットマイルでは子どものダイエットについて

More information

特別養護老人ホーム瑞光の里金表 ( 従来型個室 ) ( 平成 30 年 4 月 1 日現在 ) + 口腔衛生管理加算 介護職員処遇改善加算 + 所定単位数 介護度 ,867 21,516 介護度 ,975 23, 介護度

特別養護老人ホーム瑞光の里金表 ( 従来型個室 ) ( 平成 30 年 4 月 1 日現在 ) + 口腔衛生管理加算 介護職員処遇改善加算 + 所定単位数 介護度 ,867 21,516 介護度 ,975 23, 介護度 特別養護老人ホーム瑞光の里金表 ( 多床室 ) ( 平成 30 年 4 月 1 日現在 ) + 口腔衛生管理加算 介護職員処遇改善加算 + 所定単位数 介護度 1 557 19,867 21,516 介護度 2 625 21,975 23,799 30 介護度 3 695 12 13 36 14 5 24,145 26,149 +90 介護度 4 763 26,253 28,432 介護度 5 829

More information

1. 世帯のインターネットの利用状況 - 利用世帯 6 割超 - 自宅のパソコンや携帯電話などから インターネットやメールなどを利用できる環境かどうかを聞い たところ ( 世帯で ) 利用している が 62.6% と 10 年前の 25.2% から 2 倍以上に増えている ( 図 1 世帯のインター

1. 世帯のインターネットの利用状況 - 利用世帯 6 割超 - 自宅のパソコンや携帯電話などから インターネットやメールなどを利用できる環境かどうかを聞い たところ ( 世帯で ) 利用している が 62.6% と 10 年前の 25.2% から 2 倍以上に増えている ( 図 1 世帯のインター インターネット に関する調査 ( 調査結果の概要 ) 2010 年 12 月 10 日社団法人中央調査社 CENTRAL RESEARCH SERVICES,INC. 東京都中央区銀座 6-16-12 電話 03-3549-3121 世論調査 市場調査の専門機関である社団法人中央調査社 ( 会長中田正博 ) は インターネット に関する全国意識調査を実施し 調査日前の1ヶ月間におけるインターネットの利用について調査しました

More information

制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定

制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定 制度 後期高齢者医療制度とは 3 資格 被保険者 4 被保険者証 保険証 5 保険料の算定 6 保険料の納付方法 7 保険料の軽減と納付相談 8 お医者さんにかかるときの自己負担割合 10 療養費 12 接骨院 整骨院 柔道整復 のかかり方 13 訪問看護療養費 移送費 13 高額療養費 14 特定疾病 17 高額介護合算療養費 17 入院時食事療養費 生活療養費 18 葬祭費 19 医療費の支払いが困難なとき

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します 内容 講師 回生病院 医師 桑島正道先生 あなたやご家族の健康を守るため 正しい知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へお越しください 血糖が高い状態が続くと全身の血管を傷めます 無症状だか らと放置していると 心筋梗塞や脳梗塞 失明 透析 足の切 断などの合併症を引き起こしてしまいます

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ~2 号 3 号認定用 ~ お問い合わせ 八戸市こども家庭課こども支援グループ 031-8686 八戸市内丸一丁目 1 番 1 号電話 ( 代表 ):0178-43-2111 内線 :261 262 323 362 電話 ( 直通 ):0178-43-9094 Fax:0178-43-2442( 高齢福祉課内 ) 八戸市ホームページ http://www.city.hachinohe.aomori.jp

More information

ビジネスパーソン外飲み事情

ビジネスパーソン外飲み事情 報道関係各位 ニュースリリース 2010 年 8 月 10 日株式会社インテージ ( 東証 1 部 : コード 4326) ビジネスパーソン意識調査 アフター 5 の外飲み事情 アフター 5 の 外飲み はやっぱり金曜 19 時スタート 予算は 3,000 円! 株式会社インテージ ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長 : 田下憲雄 ) は ビジネスパーソン意識調査 アフター 5 の外飲み事情

More information

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全 サイバー犯罪に対する意識調査について調査集結果 調査期間 H26.10.17 ~ H26.10.31 回答率 90.9% 回答者数 231 人 問 1 あなたがインターネットを使うとき 利用している機器は何ですか この中からいくつでもあげてください デスクトップ型パソコン 75 32.5% ノート型パソコン 123 53.2% タブレット型パソコン 30 13.0% 携帯電話機 ( スマートフォンは含まない

More information

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63>

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63> 2015 年 7 月 27 日 調査レポート 実践女子大学人間社会学部実践 ペルソナ 研究会 実践 ペルソナ 通信 (No.8) 実践女子大生の金銭感覚と貯金の実態 に関する調査結果 ~ 最もお金がかかっているのは 趣味 ひと月にお金が残る人 8 割 ~ 実践女子大学人間社会学部 ペルソナ 研究会は 実践女子大学生を対象に 金銭感覚と貯金 についてアンケート調査を実施しました 有効回答者数は 63

More information

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~ 調査結果詳細 夫婦にとって セックスは理解し合うための 大切なコミュニケーションツール 夫婦がお互いに理解し合うためにセックスは大切なコミュニケーションだと思いますか との質問に対し 思う (37.3%) どちらかといえば思う (49.6%) と回答 86.9% がそう感じていることがわかりました この結果は を持つ妻 全てで高い回答を得られました ほとんどの夫婦が セックスはお互いを理解するために大切なコミュニケーションツールであると考えていることがわかりました

More information

Ⅰ. 子ども 子育て支援新制度について 1 子ども 子育て支援新制度の概要 子ども 子育てを取り巻く課題 急速な少子化の進行 結婚 出産 子育ての希望がかなわない現状 ( 独身男女の約 9 割が 結婚し 子ども 2 人以上 を希望 ) 親の働く状況の違いによる幼児期の教育や保育の提供体制の違い 子育

Ⅰ. 子ども 子育て支援新制度について 1 子ども 子育て支援新制度の概要 子ども 子育てを取り巻く課題 急速な少子化の進行 結婚 出産 子育ての希望がかなわない現状 ( 独身男女の約 9 割が 結婚し 子ども 2 人以上 を希望 ) 親の働く状況の違いによる幼児期の教育や保育の提供体制の違い 子育 資料 3 子ども 子育て支援新制度について 目次 Ⅰ. 子ども 子育て支援新制度の概要 1 Ⅱ. 市町村子ども 子育て会議について 12 Ⅲ. 市町村子ども 子育て支援事業計画について 13 Ⅳ. 今後のスケジュール 15 Ⅰ. 子ども 子育て支援新制度について 1 子ども 子育て支援新制度の概要 子ども 子育てを取り巻く課題 急速な少子化の進行 結婚 出産 子育ての希望がかなわない現状 ( 独身男女の約

More information

B6011-3_syunyu_H01-04_0126

B6011-3_syunyu_H01-04_0126 2016.5 お取扱範囲について &LIFE 収入保障保険 契 約 年 齢 18歳 70歳 満年齢 保 険 期 間 15 20 25 30年満了 50歳 80歳満了 保 険 料 払 込 期 間 保険期間と同一 定額型 B型のみ短期払のお取扱いもあります 最 低 基 本 年 金 月 額 5万円 単位 1万円 収入保障保険 払込期間中無解約返戻金型 保険料払込方法 経路 の詳細につきましては ご契約のしおり

More information

1510.indd

1510.indd 17 平成27年10月号 広報ひらお 休日や平日夜間の医療案内 柳井健康福祉センター相談日 診療は あくまで応急的診療であり 専門的な診 療は受けられない場合があります 柳井市古開作 22 3631 骨髄バンク登録検査 要予約 前日まで 11月11日 9 00 10 00 柳井地域休日夜間応急診療所 柳井市中央1丁目5番3号 22 9001 下記診療時間内 B C型肝炎抗体検査 要予約 前日まで 11月11日

More information

Microsoft Word - 個人住民税について

Microsoft Word - 個人住民税について 住民税の税額の計算方法 住民税とは 住民税とは 市区町村民税と都道府県民税の2つからなる税金のことです 住民税は 税金を負担する能力のある人が均等の額によって負担する均等割と その人の所得金額に応じて負担する所得割の2つから構成され その年の1 月 1 日現在において住所を有する市区町村で前年の所得に基づいて課税されることになっています また 納税者の便宜を図るため都道府県民税と併せて申告と納税をしていただくことになっています

More information

出産・育児に関する実態調査(2014)

出産・育児に関する実態調査(2014) 14 年 6 月 18 日 出産 育児に関する実態調査 14 出産費用平均は 42.15 万円 立会い出産率は 2 割 代では 4 人に 1 人が経験 妊娠に向けて意欲的に行動していた人は 7 割超 不妊治療はの 1 割 代では 2 割弱が経験あり 株式会社リクルートライフスタイル 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長 : 北村吉弘 に設置された出産 育児に関する調査 研究機関 赤すぐ総研 http://akasugu.fcart.jp/souken/

More information

出産・育児・パートナーに関する実態調査(2015)

出産・育児・パートナーに関する実態調査(2015) 1 年 9 月 1 日 出産 育児 パートナーに関する実態調査 (1) 出産費用は平均 43.6 万円 立ち会い出産率は 28% で 代では 3 割以上 産後の女性は親としても異性としても自己評価が厳しい 一方 男性は妻に対して寛容で 18% が妻を 子どもの親 として 点満点と回答 株式会社リクルートライフスタイル ( 本社 : 東京都千代田区 代表取締役社長 : 淺野健 ) に設置された出産 育児に関する調査

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

Shiki City 2013.8 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 5 2014.5 Shiki City Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5 Shiki City 2014.5

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1 18 1 2.2 2 1 3 4,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 1 1953 1997 2014 1990 2 28 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/dokusho/link/

More information

利用者負担額 ( 保育料 ) の他にかかる費用の概要 正色第一保育園 施設所在地 中川区下之一色町字中ノ切 631 電話番号 ( 問合せ先 ) 費目費用 対象者 実費徴収 日用品 文房具 の教育 保育に必要な物品の購入に関する費用 日用品費 文房具費 被服費 教材費 上記に該当

利用者負担額 ( 保育料 ) の他にかかる費用の概要 正色第一保育園 施設所在地 中川区下之一色町字中ノ切 631 電話番号 ( 問合せ先 ) 費目費用 対象者 実費徴収 日用品 文房具 の教育 保育に必要な物品の購入に関する費用 日用品費 文房具費 被服費 教材費 上記に該当 特定教育 保育施設 ( ) 情報 施設情報 運営情報 開所時間 受入可能年齢 運営に関する方針 利用定員 利用定員の内訳 保育短時間 8:30 ~ 16:30 短時間延長 20 人 55 人 平日 7:30 ~ 18:30 土曜日 7:30 75 人 3 号認定子ども 2 号認定子ども ~ 18:30 保育標準時間 7:30 ~ 18:30 延長 前延長 7:30 ~ 8:30 後延長 16:30

More information

JUST NEWS RELEASE 2013_2_19

JUST NEWS RELEASE 2013_2_19 Just Research Service ニュースリリース 2013.2.19 ジャストリサーチサービス株式会社 自主調査 単身世帯の市販調味料に関する調査 結果のご案内 ジャストリサーチサービス株式会社 ( 本社 : 東京都中央区 ) は 2013 年 1 月度のオリジナル調査として自主調査 単身世 帯の市販調味料に関する調査 を実施しました 一人暮らしの女性って調味料あまらせてない? 割高になっても少量

More information

mr0610.indd

mr0610.indd 幼児はテレビをどう見ているか 平成 18 年 6 月 幼児視聴率調査 から 増田智子 はじめに 1. テレビ視聴状況 2006 平成 18 年 6 月 全国個人視聴率調査 1 テレビを見るのは 1 日 2 時間 19 分 2 6歳の幼児のテレビ視聴時間は週平 対象は全国 7 歳以上 1 と同時期に実施した 均 1 日 あ た り 2 時 間 19 分 で 前 年 2 時 間 15 幼児視聴率調査 の結果を報告する

More information

<8D4C95F195F392428E75908592AC368C8E8D862E696E6464>

<8D4C95F195F392428E75908592AC368C8E8D862E696E6464> 水 ワキ 自 然 ウルオイ 人 ヨロコブ 家族の支援が得られず ① ⑥に当て はまる人です 歳以上の日中に一人か二人で暮らし 関係者への情報公開への同意が必要です ① ている人 ②介護保険認定要介護3 5の人 ③身体障害者手帳交付1 2級の人 ④療育手帳A B判定の人 健康福祉課 地域包括支援センター 協力者 に登録を かりません 障害者や高齢者などは避難 忘れたころにやってくる と言われ ている災害は

More information

untitled

untitled No.511 3 2 10 11 16 20 21 22 Shiki City 2013.3 5 Shiki City 2013.3 Shiki City 2013.3 5 Shiki City 2013.3 Shiki City 2013.3 5 Shiki City 2013.3 Shiki City 2013.3 5 Shiki City 2013.3 Shiki City 2013.3 5

More information

申し込みに必要な書類 1. 保育所入所 2. 保育所 3. 保育に 4. 保育料を 申込書 + 入所児童 + あたれない + 決定する 家庭状況 証明書 書類 調査書 1 保育所入所申込書 ( 児童 1 人に対して1 枚必要です ) 2 保育所入所児童家庭状況調査書 ( 児童が 2 名以上でも1 枚

申し込みに必要な書類 1. 保育所入所 2. 保育所 3. 保育に 4. 保育料を 申込書 + 入所児童 + あたれない + 決定する 家庭状況 証明書 書類 調査書 1 保育所入所申込書 ( 児童 1 人に対して1 枚必要です ) 2 保育所入所児童家庭状況調査書 ( 児童が 2 名以上でも1 枚 保育所とは 保護者が仕事や病気などのため, お子さんを家庭で保育できないとき, 毎日一定時間保護者に代わって保育するところです 小学校入学の準備のため, 集団生活を体験させるため, あるいは下の子どもの保育に手がかかるためということ等では入所の対象とはなりません 入所基準 保育所に入所できる児童は, 保護者が次のいずれかの事情にあるとともに, 同居の家族その他の 方も児童を保育できない場合となります

More information

調査結果 ~~ 中の働き方 ~~ 中の 日の労働時間 約 8 時間 が最多 9 時間以上 は 割半 正社員 正職員では 9 時間以上 が 4 人に 人以上 9 時間以上 働くことが多かった早産した人では 4 人に 人 流産してしまった人では 5 人に 人の割合に 中の働き方 立ったままの仕事が多かっ

調査結果 ~~ 中の働き方 ~~ 中の 日の労働時間 約 8 時間 が最多 9 時間以上 は 割半 正社員 正職員では 9 時間以上 が 4 人に 人以上 9 時間以上 働くことが多かった早産した人では 4 人に 人 流産してしまった人では 5 人に 人の割合に 中の働き方 立ったままの仕事が多かっ 報道関係各位 働く女性のに関する調査 205 年 2 月 23 日 中の働き方 (P.2~P.3) 中の 日の労働時間 約 8 時間 が最多 9 時間以上 は 割半 9 時間以上 働くことが多かった早産した人では 4 人に 人 流産してしまった人では 5 人に 人の割合に 肉体的 精神的負担が掛かる仕事をしていた割合は 順調だった人より早産 流産した人のほうが高い傾向 職場への報告 (P.4~P.5)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

ることのできる環境の充域での包括的サポー画推進のための() 幼児教育 保育サービスの充実 幼児教育 保育施設等の充実 ア ) 幼児教育 保育施設等の整備 施策のねらい 幼児教育 保育サービスの充実 は 共働きや多様な就労形態に対応した 本市の小学校就学前児童数は平成 8 年度以降減少していますが 共

ることのできる環境の充域での包括的サポー画推進のための() 幼児教育 保育サービスの充実 幼児教育 保育施設等の充実 ア ) 幼児教育 保育施設等の整備 施策のねらい 幼児教育 保育サービスの充実 は 共働きや多様な就労形態に対応した 本市の小学校就学前児童数は平成 8 年度以降減少していますが 共 3 子育てと仕事の両立支援 1 幼児教育 保育サービスの充実 ることのできる環境の充実 2 留守家庭児童の居場所づくり 子どもを安心して産み育て ①幼児教育 保育施設等の充実 ②時間外の保育 ③一時預かり ④病児保育 ⑤その他の子育て支援 地域での 子どもと子育ての支援 2 ①放課後児童クラブ 3 事業者の子育てに対する理解促進 ①ワーク ライフ バランスの推進 子育てと仕事の両立支援 3 幼児教育

More information

Ⅱ 調査結果総括

Ⅱ 調査結果総括 Ⅳ. 調 査 結 果 就 学 前 児 童 就 学 児 童 ご 家 族 の 状 況 についてうかがいます 問 1 あて 名 のお 子 さんのお 住 まいの 地 域 はどちらですか 2.0 4.0 6.0 8.0 1 12.0 14.0 佐 方 小 学 校 区 廿 日 市 小 学 校 区 平 良 小 学 校 区 原 小 学 校 区 1.0 1.3 金 剛 寺 小 学 校 区 3.4 宮 園 小 学 校

More information

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については

本資料は 様々な世帯類型ごとに公的サービスによる受益と一定の負担の関係について その傾向を概括的に見るために 試行的に簡易に計算した結果である 例えば 下記の通り 負担 に含まれていない税等もある こうしたことから ここでの計算結果から得られる ネット受益 ( 受益 - 負担 ) の数値については 世帯類型別の受益と負担について 参考資料 2-4(2) 未定稿 平成 23 年 6 月 8 日内閣府 類型 世帯主年齢 性別 配偶者 子ども人数 1 20 代男性 なし ( 単身 ) なし 2 20 代女性 なし ( 単身 ) なし 3 30 代男性 なし ( 単身 ) なし 4 30 代男性 あり なし 5 30 代男性 あり 1 人 6 30 代男性 あり 2 人 7 30 代男性 あり ( 共働き

More information

2016 6 月号 中央区社協だより 発 行 社会福祉法人 中央区社会福祉協議会 104-0032 東京都中央区八丁堀4-1-5 第256号 中央区社協キャラクター ニジノコ 夏休み福祉 ボランティア体験 イナっこ教室2016 参加者 大 募集 この夏 福祉 ボランティア体験に参加して あなたも イナ っこから ボラ ンティア に 成長しませんか イナ は出世魚 ボラ の幼名です 今 年 も 区 内

More information

調査結果概要 留学概要について 留学の種類 私費留学 が 4 割でもっとも高い 大学経由の留学 ( 交換留学 認定留学 派遣留学 の合計 ) も同様に 4 割を占める 留学先 アメリカ がもっとも高い 留学先の 4 位までが英語圏で 6 割以上を占める 留学した学年 大学 2 年 大学 3 年 がそ

調査結果概要 留学概要について 留学の種類 私費留学 が 4 割でもっとも高い 大学経由の留学 ( 交換留学 認定留学 派遣留学 の合計 ) も同様に 4 割を占める 留学先 アメリカ がもっとも高い 留学先の 4 位までが英語圏で 6 割以上を占める 留学した学年 大学 2 年 大学 3 年 がそ NEWS RELEASE 2011 年 11 月 16 日株式会社クオリティ オブ ライフ 大学生の留学と就活に関するアンケート調査 留学のほうがグローバル企業への志望度高 就活が不安で留学から留学に変更も 留学中にもっとも使った SNS は Facebook 株式会社クオリティ オブ ライフ ( 東京都千代田区代表取締役原正紀 ) は 留学経験のある大学生向けに 留学と就活に関するアンケート調査を実施いたしました

More information

10月分_合併記念特別プラン集宅ローンチラシ

10月分_合併記念特別プラン集宅ローンチラシ 住宅ローンに安心を!! 3 大疾病 + 就業不能団信免除キャンペーン キャンペーン実施期間平成 28 年 10 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 3 つのお得!! 13 大疾病保障特約付団体信用生命保険料の免除! 2 就業不能団体信用生命保険料の免除! 3 当金庫事務手数料 32,400 円の免除! 期間限定引下げプラン 選択制全期間一律金利引下げプラン でご利用できるキャンペーンです

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します あなたやご家族の健康を守るため 正しい 知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へ お越しください 講師 滝宮総合病院 医師 渡邉佳樹先生 内容 腎臓の病気は自覚症状がないまま静かに進行することが多く 健診を受け ていないとむくみや疲れやすさを感じて受診した時には 透析一歩手前 と 言う可能性もあります

More information