非虚血性心疾患における血中心筋トロポニンT

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "非虚血性心疾患における血中心筋トロポニンT"

Transcription

1 循環器内科学 さとうゆきひと (1) 氏名佐藤幸人 (2) 学歴 京都大学医学部医学進学課程 京都大学医学部医学科 京都大学大学院医学研究科博士課程 京都大学大学院研修員 履歴書 昭和 56 年 4 月 1 日から昭和 58 年 3 月 31 日昭和 58 年 4 月 1 日から昭和 62 年 3 月 31 日平成 2 年 4 月 1 日から平成 6 年 3 月 31 日平成 6 年 4 月 1 日から平成 7 年 3 月 31 日 (3) 職歴 京都大学付属病院にて研修浜松労災病院にて研修兵庫県立尼崎病院循環器内科医長京都大学循環器内科 昭和 62 年 6 月 1 日から昭和 63 年 5 月 31 日昭和 63 年 6 月 1 日から平成 2 年 3 月 31 日平成 7 年 4 月 1 日から平成 13 年 3 月 31 日平成 13 年 4 月 1 日から平成 16 年 3 月 31 日 助手 病棟副医長 病棟医長 兵庫県立尼崎病院循環器内科医長 兵庫県立尼崎病院循環器内科部長 平成 16 年 4 月 1 日から 平成 19 年 4 月 1 日から (4) 賞罰 年 3 月日本内科学会第 14 回内科学会奨励賞 年 3 月日本循環器学会第 1 回高安賞 年 10 月 15 日第 10 回日本心不全学会 YIA 優秀研究賞 ( 受賞者の直接指導医 ) (5) 資格 専門医 京都大学大学院医学博士 日本内科学会認定内科医 平成 6 年 3 月 23 日取得 平成 5 年 9 月 17 日取得 日本内科学会認定内科専門医平成 5 年 12 月 10 日取得 ( 平成 20 年まで ) 日本循環器学会認定循環器専門医 日本インターベンション学会指導医 臨床修練指導医 平成 7 年 3 月 1 日取得 平成 14 年 4 月 1 日取得 平成 14 年 12 月より (6) 学術関連 日本心不全学会評議員 ( 平成 20 年より幹事 ) 平成 17 年 10 月より 心不全予防委員平成 24 年 4 月より 出版 編集委員幹事平成 24 年 4 月より 日本心臓病学会評議員 ( 平成 20 年より学会誌編集顧問 ) 平成 19 年 9 月より 国際学術交流委員平成 22 年 10 月より International Heart Journal 編集委員メディカルトリビューン編集アドバイザー京都大学臨床教授日経メディカル編集アドバイザー 平成 25 年 1 月より平成 20 年 4 月より平成 20 年 4 月より平成 20 年 8 月より 急性および慢性心筋炎の診断治療に関するガイドライン 2004 年版協力者 急性心不全ガイドライン 2011 年版協力者 サーキュレーション アッフ トゥ テ ート編集委員 CORE JOURNAL 循環器編集委員 平成 24 年 1 月より 平成 24 年 1 月より 1

2 兵庫県看護協会認定看護師教育課程慢性心不全看護コース講師兵庫県看護協会認定看護師教育課程訪問看護コース講師日本循環器看護学会誌専任査読委員 Fluid Management Renaissance 編集アドバイザーハートナーシング編集協力委員日本循環器学会心臓移植適応検討小委員会委員 (7) 専門バイオマーカー 急性心不全 慢性心不全 チーム医療 平成 23 年より平成 24 年より平成 25 年 4 月より平成 25 年 4 月より平成 25 年より平成 26 年 6 月より 2

3 英語論文 1. Sato Y, Nakagawa Y, Miki H, Suzuki H, Takahashi M. Cardiac angiosarcoma with ruptured right atrium diagnosed by echocardiography. Chest 1991;100(1): Sato Y, Matsumori A. Treatment of coxsackievirus B3 myocarditis by immunoactive peptide in an animal model. Clin Immunol Immunopathol 1992t;65(1): Kyu B, Matsumori A, Sato Y, Okada I, Chapman NM, Tracy S. Cardiac persistence of cardioviral RNA detected by polymerase chain reaction in a murine model of dilated cardiomyopathy. Circulation 1992;86(2): Sato Y, Maruyama S, Kawai C, Matsumori A. Effect of immunostimulant therapy on acute viral myocarditis in an animal model. Am Heart J 1992;124(2): Sato Y, Matsumori A, Sasayama S. Autoantibodies against vimentin in a murine model of myocarditis. Autoimmunity 1994;18(2): Hirozane T, Matsumori A, Furukawa Y, Matsui S, Sato Y, Matoba Y, Sasayama S. Beneficial effect of amrinone on murine cardiac allograft survival. Clin Exp Immunol 1995;102(1): Sato Y, Matsumori A, Sasayama S. Inotropic agent vesnarinone inhibits cytokine production and E-selectin expression in human umbilical vein endothelial cells. J Mol Cell Cardiol 1995;27(10): Koshiyama H, Sellitti DF, Akamizu T, Doi SQ, Takeuchi Y, Inoue D, Sakaguchi H, Takemura G, Sato Y, Takatsu Y, Nakao K. Cardiomyopathy associated with Graves' disease. Clin Endocrinol (Oxf) 1996;45(1): Matsumori A, Ono K, Sato Y, Shioi T, Nose Y, Sasayama S. Differential modulation of cytokine production by drugs : implications for therapy in heart failure. J Mol Cell Cardiol 1996;28(12): Sasayama S, Matsumori A, Matoba Y, Matsui S, Yamada T, Shioi T, Sato Y, Doyama K, Kishimoto C. Immunomodulation: a new horizon for medical treatment of heart failure. J Card Fail 1996;2(4 Suppl):S Review. 11. Furukawa Y, Matsumori A, Hirozane T, Matsui S, Sato Y, Ono K, Sasayama S. Immunomodulation by an adenylate cyclase activator, NKH477, in vivo and vitro. Clin Immunol Immunopathol 1996;79(1): Sato Y, Takatsu Y, Ito H, Kataoka K, Takeuchi Y, Matsumori A. Elevated circulating levels of tumor necrosis factor in patients with mitral valve disease and ventricular septum defect. Heart Vessels 1996;11(4): Sato Y, Kataoka K, Matsumori A, Sasayama S, Yamada T, Ito H, Takatsu Y. Measuring serum aminoterminal type III procollagen peptide, 7S domain of type IV collagen, and cardiac troponin T in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy and secondary cardiomyopathy. Heart 1997;78(5): Wang WZ, Matsumori A, Yamada T, Shioi T, Okada I, Matsui S, Sato Y, Suzuki H, Shiota K, Sasayama S. Beneficial effects of amlodipine in a murine model of congestive heart failure induced by viral myocarditis. A possible mechanism through inhibition of nitric oxide production. Circulation 1997;95(1):

4 15. Sato Y, Yamada T, Taniguchi R, Kataoka K, Sasayama S, Matsumori A, Takatsu Y. Serum concentration of cardiac troponin T in patients with cardiomyopathy: a possible mechanism of acute heart failure. Heart 1998;80(2): Matsumori A, Ono K, Okada M, Miyamoto T, Sato Y, Sasayama S. Immediate increase in circulating hepatocyte growth factor/scatter factor by heparin. J Mol Cell Cardiol 1998;30(10): Wang WZ, Matsumori A, Matoba Y, Matsui S, Sato Y, Hirozane T, Shioi T, Sasayama S. Protective effects of Mu-Fang-Ji-Tang against myocardial injury in a murine model of congestive heart failure induced by viral myocarditis. Life Sci 1998;62(13): Taniguchi R, Koshiyama H, Yamauchi M, Tanaka S, Inoue D, Sato Y, Sugawa A, Muramatsu Y, Sasano H. A case of aldosterone-producing adenoma with severe postoperative hyperkalemia. Tohoku J Exp Med 1998;186(3): Sato Y, Takatsu Y, Kataoka K, Yamada T, Taniguchi R, Sasayama S, Matsumori A. Serial circulating concentrations of C-reactive protein, interleukin (IL)-4, and IL-6 in patients with acute left heart decompensation. Clin Cardiol 1999;22(12): Sato Y, Taniguchi R, Yamada T, Nagai K, Makiyama T, Okada H, Matsumori A, Sasayama S, Takatsu Y. Measurement of serum concentrations of cardiac troponin T in patients with hypereosinophilic syndrome: a sensitive non-invasive marker of cardiac disorder. Intern Med 2000;39(4): Sato Y, Takatsu Y, Yamada T, Kataoka K, Taniguchi R, Mimura R, Sasayama S, Matsumori A. Interferon treatment for dilated cardiomyopathy and striated myopathy associated with hepatitis C virus infection based on serial measurements of serum concentrations of cardiac troponin T. Jpn Circ J 2000;64(4): Sato Y, Yamada T, Taniguchi R, Nagai K, Makiyama T, Okada H, Kataoka K, Ito H, Matsumori A, Sasayama S, Takatsu Y. Persistently increased serum concentrations of cardiac troponin T in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy are predictive of adverse outcomes. Circulation 2001;103: Matsumori A, Furukawa Y, Hasegawa K, Sato Y, Nakagawa H, Morikawa Y, Miura K, Ohno Y, Tamakoshi A, Inaba Y, Sasayama S. Epidemiologic and clinical characteristics of cardiomyopathies in Japan: results from nationwide surveys. Circ J 2002;66: Sato Y, Taniguchi R, Makiyama T, Nagai K, Okada H, Yamada T, Matsumori A, Takatsu Y. Serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with cardiac decompensation. Heart (Scientific letter) 2002; 88: Sato Y, Taniguchi R, Nagai K, Makiyama T, Okada H, Yamada T, Matsumori A, Takatsu Y. Measurements of cardiac troponin T in patients with hypertrophic cardiomyopathy. Heart (Scientific letter) 2003;89: Sato Y, Yamada T, Matsumori A. Hepatitis C virus and cardiomyopathy. Cardiomyopathies and heart failure. Biomolecular, infectious and immune 4

5 mechanisms (Review). P Edited by Akira Matsumori. Kluwer Academic Publishers Sato Y, Kita T, Takatsu Y, Kimura T. Biochemical markers of myocyte injury in heart failure (Review). Heart 2004;90: Taniguchi R, Sato Y, Yamada T, Ooba M, Higuchi H, Matsumori A, Kita T, Kimura T. Combined Measurements of Cardiac Troponin T and N-terminal pro-brain Natriuretic Peptide in patients with chronic heart failure. Circ J 2004;68: Kato T, Sato Y, Nagao K, Horie T, Kataoka K, Miyamoto T, Takatsu Y. Serum cardiac troponin T in cardiac amyloidosis: Serial observations in five patients. Tohoku J Exp Med 2006;208: Taniguchi R, Sato Y, Nishio Y, Kimura T, Kita T. Measurements of baseline and follow up concentrations of cardiac troponin T and brain natriuretic peptide in patients with heart failure from various etiologies. Heart Vessels 2006;21: Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Nishio Y, Kita T, Takatsu Y. Current understanding of biochemical markers in heart failure (Review). Med Sci Monit 2006;12:RA Tamura T, Furukawa Y, Taniguchi R, Sato Y, Ono K, Horiuchi H, Nakagawa Y, Kita T, Kimura T. Serum adiponectin level as an independent predictor of mortality in patients with congestive heart failure. Circ J 2007;71: Nisio Y, Sato Y, Taniguchi R, Shizuta S, Doi T, Morimoto T, Kimura T, Kita T. Cardiac troponin T versus other prognostic biochemical markers in patients with congestive heart failure. Circ J 2007;71: Kuwabara Y, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, et al. Persistently increased serum concentrations of cardiac troponin in patients with acutely decompensated heart failure are predictive of adverse outcomes. Circ J 2007;71: Sato Y, Kuwabara Y, Taniguchi R, et al. Malignant link between chronic heart failure and acute cardiac decompensation in patients with persistently increased serum concentrations of cardiac troponin (Review). Int J Cardiol 2008;126: Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Nagao K, Matsuoka T, Fukuhara Y, Isoda K, Yamane K, Nishi K, Saijyo S, Fujiwara H, Takatsu Y. The clinical and hemodynamic factors that influence the concentrations of biomarkers of myocyte injury measured by high sensitive assay PATHFAST. J Cardiol 2009;53: Sato Y, Nishi K, Taniguchi R, Miyamoto T, Fukuhara R, Yamane K, Saijyo S, Tanada Y, Yamamoto E, Goto T, Takahashi N, Fujiwara H, Takatsu Y. In patients with heart failure and non-ischemic heart disease, cardiac troponin T is a reliable predictor of long-term echocardiographic changes and adverse cardiac events. J Cardiol 2009; 54: Sato Y, Nishi K, Saijo S, Tanada Y, Goto T, Takahashi N, Yamamoto E, Fukuhara 5

6 R, Miyamoto T, Taniguchi R, Fujiwara H, Takatsu Y. Serial measurements of high sensitive cardiac troponin I in patients with acutely decompensated heart failure treated with carperitide versus nitrates. J Cardiol 2010;56: Toda K, Sato Y, Hara T, Hijiya K, Kaneko R, Okada T, Takatsu Y, Fujiwara H, Iwasaki T. Correlates of NT-proBNP concentration in patients with essential hypertension in absence of congestive heart failure. J Clin Lab Anal 2010;24: Yoshitani K, Sato Y. Prediction of Acute Heart Failure Decompensation (EDITORIAL). Circ J 2011;75: Sato Y, Yamamoto E, Sawa T, Toda K, Hara T, Iwasaki T, Fujiwara H, Takatsu Y. High-sensitivity cardiac troponin T in essential hypertension. J Cardiol 2011;58: Sato Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Biochemical markers in heart failure. J Cardiol 2012;59: Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Toma M, Taniguchi R, Fukuhara R, Saijo S, Fujiwara H, Takatsu Y. Intermittent infusions of carperitide or inotoropes in out-patients with advanced heart failure. J Cardiol 2012;59: Sato Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Cardiac troponin and heart failure in the era of high-sensitivity assays. J Cardiol 2012;60: Yamamoto E, Sato Y, Sawa T, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y. Correlation between serum concentrations of B-type natriuretic Peptide and albumin in patients with chronic congestive heart failure. Int Heart J 2012;53: Tanada Y, Sato Y, Sawa T, Fujiwara H, Takatsu Y. Serial measurements of high-sensitivity cardiac troponin I and N-terminal B-type natriuretic peptide in a patient presenting with cardiac sarcoidosis. Intern Med 2012;51(24): Sato Y. Angiotensin II receptor blockers for patients with chronic heart failure: The next step forward. J Cardiol 2013 ;61: Sato Y. Diagnostic and prognostic property of NT-proBNP in patients with renal dysfunction. J Cardiol 2013;61: Koyama S, Sato Y, Tanada Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Early Evolution and Correlates of Urine Albumin Excretion in Patients Presenting With Acutely Decompensated Heart Failure. Circ Heart Fail 2013;6: JointWorking Groups. Guidelines for the Diagnosis and Treatment of Cardiovascular Diseases(2010 Joint Working Groups Report)[Digest Version]Guidelines for Treatment of Acute Heart Failure (JCS 2011). Circ J 2013:77; Sato Y, Minatoguchi S, Nishigaki K, Hirata KI, Masuyama T, Furukawa Y, Uematsu M, Yoshikawa J, Otsuji S, Iida M, Fujiwara H. for the SHYOGI study investigators. Design of prospective study of acute coronary syndrome hospitalization after smoking ban in public places in Hyogo prefecture: Comparison with Gifu, a prefecture without a public smoking ban. J Cardiol Koyama S, Sato Y, Tanada Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Prognostic contribution of urine osmolality in patients presenting with acute heart failure.int J Cardiol 6

7 2014:174: Sawa T, Sato Y, Matsuda M, Tanaka M, Miyazaaki S, Furukawa Y, Kita Y, Takatsu Y, Fujiwara H.Regression of Electrocardiographic Signs of Left Ventricular Hypertrophy by Combined Treatment With Thiazide Diuretic and Angiotensin-Ⅱ Receptor Blocker. Randomized Multicenter Trial- Circ J 2014:78: Shionimya H, Koyama S, Tanada Y, Takahashi N, Fujiwara H, Takatsu Y, Sato Y. Left ventricular end-diastolic pressure and ejection fraction correlate independently with high-sensitivity cardiac troponin-t concentrations in stable heart failure. J Cardiol Oct 13. 洋書和訳 1. 佐藤幸人 木村剛 Cardiac Catheterization and Interventional Cardiology Self-Assessment Program. American College Cardiology Foundation and Society for Cardiac Angiography and Interventions. 日本語訳 No.1 ヘスコインターナショナル 2002 年 11 月 15 日 2. 佐藤幸人 木村剛 Cardiac Catheterization and Interventional Cardiology Self-Assessment Program. American College Cardiology Foundation and Society for Cardiac Angiography and Interventions. 日本語訳 No.2 ヘスコインターナショナル 2003 年 5 月 15 日 3. 佐藤幸人 木村剛 Cardiac Catheterization and Interventional Cardiology Self-Assessment Program. American College Cardiology Foundation and Society for Cardiac Angiography and Interventions. 日本語訳 No.3 ヘスコインターナショナル 2003 年 11 月 15 日 4. 佐藤幸人 木村剛 Cardiac Catheterization and Interventional Cardiology Self-Assessment Program. American College Cardiology Foundation and Society for Cardiac Angiography and Interventions. 日本語訳 No.4 ヘスコインターナショナル 2004 年 5 月 28 日 日本語書籍著書 1. 佐藤幸人 : 心不全の基礎知識 100, 文光堂,2011 年 9 月 2. 佐藤幸人 : 正しい知識を身に付け チーム医療 のカギになろう! 心不全治療 看護の必修キーワード 21&63 のオキテ ( 佐藤幸人企画編集 ) HEART nursing, メディカ出版,2013 年 8 月号 3. 佐藤幸人 : チーム医療で心不全の再入院を回避する!!( 佐藤幸人企画編集 ) Heart, 医学出版,2013 年 9 月号 4. 佐藤幸人 : あなたも名医! ゼッタイ答えがみつかる心不全 ( 佐藤幸人編集 ) 日本医事新報社, 2014 年 2 月 5. 佐藤幸人 : 最強! 心不全チーム医療スペシャリスト集団になる!( 佐藤幸人編集 ) メディカ出版,2014 年 4 月 5 日 7

8 6. 佐藤幸人 : 特集疾患ごとに理解する! 循環器疾患のくすり ( 佐藤幸人企画編集 ) Heart 医学出版 2014 年 6 月号 7. 佐藤幸人 : 臨床心不全のいちばん大事なところ 60 そうだったのか! ストンと 胸 " に落ちる基礎知識 メディカ出版 2014 年 9 月 25 日 8. 佐藤幸人 : 特集心不全のチーム医療 ( 佐藤幸人企画編集 )Heart View メジカルビュー社 2015 年 1 月号 共著 1. 佐藤幸人 急性心不全 文光堂 ガイドラインに学ぶ循環器診療エッセンス 増山理編集 : P 佐藤幸人 アミオダロン 中外医学社 重症心不全の予防と治療 北風政史編著 : P 西清人 佐藤幸人 外来点滴療法 総合医学社徹底ガイド心不全 Q&A 佐藤直樹編集 P 佐藤幸人 藤原久義 動脈硬化症ハイリスク状態にあり 安静時にも持続する共通を発症した 76 歳女性 日本医事新報社 P 山本絵里香 佐藤幸人 急性心不全と慢性心不全の急性憎悪 中山書店 心不全の急性期対応 北風政史責任編集 P 佐藤幸人 急性冠症候群における血中心筋トロポニンの診断特性は? 羊土社 増刊レジデントノート診断に直結する検査の選び方 活かし方 野口善令編集 P 佐藤幸人 鷹津良樹 異所性甲状腺症例 南山堂 心臓腫瘍学 天野純編集 P 佐和琢磨 佐藤幸人 神経体液性因子 : レニン アンジオテンシン アルドステロン (RAA) 系と交感神経系 メテ ィカル サイエンス インターナショナル 心不全ケア教本 眞茅みゆき 池亀俊美 加藤尚子編集 P 佐藤幸人 心不全終末期医療の課題 南山堂 エヒ テ ンスに基づく循環器病予防医学 - 慢性心不全を防ぐ予防戦略とは?- 和泉徹監修 P 佐和琢磨 佐藤幸人 急性心不全患者における利尿薬の至適な投与戦略は? 中外医学社 EBM 循環器疾患の治療 小室一成 横井宏佳 山下武志 楽木宏実編集 P 佐藤幸人 心不全を予防し 心機能を改善するかもしれない 文光堂 そうだったんだ! 脂肪酸 - 循環器疾患との深い関係 - 伊藤浩編集 P 佐和琢磨 佐藤幸人 心不全におけるバイオマーカーと治療への応用 文光堂 心不全をマスターする病態を理解して治療できる医師になろう 服部隆一編集 P 佐藤幸人 心筋トロポニン 南江堂 豹変する心不全診療 伊藤浩編集 P 佐藤幸人 心不全 文光堂 第 4 版わかりやすい内科学 井村裕夫編集 P 佐藤幸人 病態 (P31-40) 慢性心不全の治療 (P40-51) 心不全における多職種連携 (P ) 南山堂 心不全の緩和ケア心不全患者の人生に寄り添う医療 大石醒 8

9 悟 高田弥寿子 竹原歩 平原佐斗司編集 日本語原稿 1. 佐藤幸人 松森昭 肥大型心筋症における治療 循環器科 1993;33: 佐藤幸人 松森昭 篠山重威 強心薬の免疫作用 循環器科 1995;37: 佐藤幸人 松森昭 肥大型心筋症 循環器疾患最新の治療 南光堂 佐藤幸人 鷹津良樹 経皮的冠動脈形成術 (PTCA) におけるステント留置時の簡略化抗血小板療法 兵庫県立病院学術集談会誌 1996; 佐藤幸人 竹村元三 尾野亘 竹内雄三 片岡一明 伊藤晴康 鷹津良樹 肥大型心筋症の自然経過と最近の話題 内科専門医会誌 1996;8: 佐藤幸人 竹村元三 尾野亘 竹内雄三 片岡一明 伊藤晴康 鷹津良樹 肥大型心筋症の自然経過 診療と新薬 1996;33: 佐藤幸人 竹内雄三 片岡一明 伊藤晴康 鷹津良樹 大動脈炎症候群に合併した左冠動脈起始部狭窄の一例 診療と新薬 1996;33: 鷹津良樹 竹村元三 佐藤幸人 尾野真弓 和泉俊明 竹内雄三 伊藤晴康 片岡一明 チクロピジン短期単独投与を用いた冠動脈 Palmaz-Schatz ステント留置術の臨床成績 心血管インターベンション 1996;11: 佐藤幸人 片岡一明 伊藤晴康 鷹津良樹 左冠動脈主幹部と左前下行枝にステントを植え込んだ acute coronary sydrome の一例 心血管インターベンション 1996;11: 佐藤幸人 片岡一明 谷池聡子 山田亮 金津和郎 柳田素子 槙林弘之郎 鷹津良樹 透析シャント縫縮術により心不全が軽快した慢性血液透析 循環器科 1997;42: 山田亮 谷口良司 片岡一昭 佐藤幸人 鷹津良樹 LDLアフェレーシス施行後も重症冠動脈病変が進行した家族性高コレステロール血しょうの一例 診療と新薬 1998;35: 山田亮 佐藤幸人 谷口良司 片岡一昭 鷹津良樹 心筋トロポニン T が持続的高値を示した拡張相肥大型心筋症と思われる症例 血管と心 1998;23: 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 インターフェロンを投与した C 型肝炎関連心筋症 筋症の一例 循環器科 1999;45: 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 伊藤晴康 篠山重威 拡張型心筋症における血中心筋トロポニンTの測定意義 循環器 UP TO DATE 永井書店 佐藤幸人 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 非虚血性心疾患に対する血中心筋トロポニンTの新しい使用法 ECLusys News. Roche Diagnostics. 16. 佐藤幸人 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 非虚血性心疾患における血中心筋トロポニンT 早期診断 予後推定 治療効果判定への応用 ECLusys News. Roche Diagnostics. 17. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 牧山武 永井康三 岡田英志 片岡一明 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 C 型肝炎ウイルスが原因として疑われた拡張型心筋症における血中心筋トロポニンTの経時的測定とインターフェロン治療効果判定への応用 診療と新 9

10 薬 2000;37: 佐藤幸人 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 拡張型心筋症における心筋トロポニン T の測定 Heart nursing 2000;13: 牧山武 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 永井康三 岡田英志 鷹津良樹 手術に踏み切れなかった high flow 肺高血圧を伴う心室中隔欠損症の一例 診療と新薬 2000;37: 佐藤幸人 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 非虚血性心疾患における血中心筋トロポニンT Medical View 目でみる循環器病シリーズ心筋症 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 MultiLink ステントの初期および慢性期成績 心血管 2001;16: 牧山武 佐藤幸人 谷口良司 永井康三 岡田英志 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 心嚢水貯留患者にたいする経皮的心膜生検の有用性について 呼吸と循環 2001;49: 佐藤幸人 松森昭 中外医学社 Annual Review 循環器 2002 心筋症のウイルス遺伝子診断 佐藤幸人 松森昭 心筋炎の病因 循環器科 2001;50: 佐藤幸人 古川裕 松森昭 特発性心筋症 日本臨床 59 巻増刊号 2001(8) 佐藤幸人 松森昭 心不全薬今後の展開 医薬ジャーナル社 心不全診断 治療マニュアル 佐藤幸人 松森昭 慢性心不全 Medical forum CHUGAI 2001;5: 佐藤幸人 松森昭 慢性心不全における微小心筋傷害の検出 循環器科 2002;51: 佐藤幸人 松森昭 HGF Medical View 心筋傷害と心筋 / 血管マーカー 佐藤幸人 松森昭 心不全とサイトカイン治療学 2001;35: 佐藤幸人 松森昭 サイトカインと心不全臨床医 2002;28: 佐藤幸人 松森昭 心不全の先進治療循環器科 2002;51: 佐藤幸人 松森昭 心膜炎 心筋炎内科 2002;89: 佐藤幸人 松森昭 ピモベンダンの作用機序医薬ジャーナル 2002;38: 佐藤幸人 松森昭 拡張型心筋症に対するβ 遮断薬 日本医事新報 2002;4075: 谷口良司 佐藤幸人 永井康三 牧山武 岡田英志 中島康弘 松森昭 鷹津良樹 血中心筋トロポニン T 測定にて早期診断と治療効果を確認しえた好酸球増多症候群の心臓病変の一例 心臓 2002;34: 佐藤幸人 松森昭 心筋炎から心筋症へ 呼吸と循環 2002;50: 佐藤幸人 松森昭 C 型肝炎ウイルス関連心筋症 厚生省特発性心筋症調査研究班報告書 In Press 39. 佐藤幸人 松森昭 心筋症の発症機序の解明 厚生省特発性心筋症調査研究班報告書 In Press 40. 佐藤幸人 松森昭 心筋症心不全フロンテイア 2003 メデイカルレビュー社 佐藤幸人 松森昭 心筋症ナースのための循環器科 MC メデイカ出版 p 佐藤幸人木村剛心不全評価の新しい試み Heart Nursing 2003;16: 佐藤幸人 北徹 木村剛 心不全患者における血中心筋トロポニン T の測定 総論 10

11 心臓 2003;35: 井上秀二 小野孝彦 他 佐藤幸人 他 学生定期検診の経過による腎血管性高血圧の早期発見例 Therapeutic Research 2003;24: 佐藤幸人 松森昭 南江堂今日の治療と看護特発性心筋症 心筋炎 2004: 佐藤幸人 松森昭 心筋炎 心膜炎 EBM 内科処方ノート中外医学社 2004, 佐藤幸人 慢性心不全の新しい指標 氷見医師会報 2004:55:4 48. 佐藤幸人 北徹 木村剛 鷹津良樹 心不全患者における血中心筋トロポニン T の測定 総論 呼吸と循環 2004;52: 佐藤幸人 鷹津良樹 慢性心不全の薬物治療 理論的な新しい考え方について レジデントノート 2004;6: 和泉徹他 佐藤幸人 急性および慢性心筋炎の診断 治療に関するガイドライン Circ J 2004;68:suppl 佐藤幸人 北徹 鷹津良樹 高血圧の薬物治療 レジデントノート 2005;7: 佐藤幸人 北徹 鷹津良樹 慢性心不全における心筋傷害の生化学指標 (Review) 循環器科 2005;58: 加藤貴雄 片岡一明 星野康三 松岡龍彦 長央和也 堀江貴裕 宮本忠司 佐藤幸人 鷹津良樹 Radius ステント留置後 IVUS が断裂した一例 Jpn J Interv Cardiol 2005;20: 長央和也, 片岡一明, 加藤貴雄, 堀江貴裕, 宮本忠司, 松岡龍彦, 磯田圭, 桑原康秀, 山根啓一郎, 西清人, 佐藤幸人, 鷹津良樹 経皮的血管縫合デバイス (The Closer STM) 使用後に感染性大腿動脈炎, 化膿性骨髄炎を合併した症例 Jpn J Interv Cardiol 2006;21: 佐藤幸人 北徹 鷹津良樹 高脂血症の薬物治療 レジデントノート 2006;7: 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 桑原康秀 磯田圭 松岡龍彦 西清人 山根啓一郎 北徹 鷹津良樹 迅速測定機器 PATHFAST を用いた非虚血性急性心不全治療評価の可能性について 呼吸と循環 2006;54: 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 西尾由貴子 北徹 鷹津良樹 心不全における潜在性心筋障害 心臓 2006:38: 佐藤幸人 慢性心不全の栄養管理 水分管理 服薬管理 中山書店和泉徹 筒井裕之監修 心不全を予防する 松岡龍彦 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 桑原康秀 磯田圭 西清人 山根啓一郎 北徹 鷹津良樹 入退院を繰り返す重症慢性心不全患者に対する外来での点滴治療 Heart Nursing 2007;20: 山根啓一郎 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 松岡龍彦 桑原康秀 磯田圭 西清人 北徹 藤原久義 鷹津良樹 迅速測定時代における循環器領域の生化学指標 Heart Nursing 2007;20: 佐藤幸人 北徹 藤原久義 鷹津良樹 心筋トロポニン T 日本臨床 2007;65(suppl4): 桑原康秀 佐藤幸人 北徹 藤原久義 鷹津良樹 迅速測定機器 PATHFAST 日本臨床 2007;65(suppl4): 佐藤幸人 北徹 藤原久義 鷹津良樹 バイオマーカーガイドによる管理 内科 心 11

12 不全予防 2007;99: 西清人 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 松岡龍彦 桑原康秀 磯田圭 山根啓一郎 藤原久義 鷹津良樹 末期慢性心不全患者に対する外来での点滴治療 J Cardiol 2007;49: 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 藤原久義 鷹津良樹 本態性高血圧における血液生化学指標の可能性 血圧 2007;14: 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 桑原康秀 藤原久義 鷹津良樹 非虚血性急性心不全における血液生化学指標 循環器科 2007;62: 西清人 佐藤幸人 西城さやか 桑原康秀 磯田圭 山根啓一郎 福原怜 谷口良司 宮本忠司 藤原久義 鷹津良樹 末期慢性心不全患者に対する外来オルプリノン投与 呼吸と循環 2007;55:S 宮本忠司 高橋由樹 西清人 西城さやか 山根啓一郎 磯田圭 桑原康秀 福原怜 谷口良司 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 診断と新薬 2007;44: 桑原康秀 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 脂質異常症の薬物療法 レジデントノート 2008;9: 桑原康秀 佐藤幸人 西城さやか 西清人 山根啓一郎 磯田圭 福原怜 谷口良司 宮本忠志 藤原久義 鷹津良樹 急性心不全における心筋傷害 拡張型心筋症 2 症例の検討より 心臓 2008;40: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 急性心不全 J Cardiol Jpn Ed 2008;1: 佐藤幸人 宮本忠志 谷口良司 桑原康秀 藤原久義 鷹津良樹 Acute Decompensated Heart Failure 呼吸と循環 2008;56: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 栄養管理と心血管不全 Life Style Medicine. 2008;2: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 急性冠症候群と心不全のバイオマーカー レジデントノート 2008;10: 佐藤幸人 心不全の予後予測因子 血中心筋トロポニン 医学のあゆみ 2008;224: 佐藤幸人 藤原久義 肥大型心筋症 循環器内科治療ガイドライン総合医学社. 77. 佐藤幸人 藤原久義 急性冠症候群のバイオマーカー日本医事新報 2008;4397: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 血中心筋トロポニン測定新しい高感度測定系への期待 検査と技術 2008;36: 佐藤幸人 藤原久義 迅速測定機器コバス h232 の使用 ~ 急性冠症候群 心不全の診断における 血中心筋トロポニン T NT-proBNP 測定の必要性 ~ Modern Physician 2008;28: 佐藤幸人 藤原久義 高尿酸血症を合併した高血圧症の治療 Modern Physician. 2008;28: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 循環器疾患における血中 BNP NT-proBNP 測定の意義 J Cardiol Jpn Ed 2008;2: 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 福原怜 山根啓一郎 西清人 西城さやか 高橋由樹 後藤太祐 棚田洋平 山本絵里香 藤原久義 鷹津良樹 高感度 POC 検査機器 PATHFAST 循環器科 2008;64:

13 83. 佐藤幸人 藤原久義 先端医学社 DATA UPDATE 循環系第 4 版 発行 ACTION p 佐藤幸人 藤原久義 先端医学社 DATA UPDATE 循環系第 4 版 発行 TNT p 佐藤幸人 藤原久義 先端医学社 DATA UPDATE 循環系第 4 版 発行 OSIRIS p 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 循環器診療の最前線 分子心血管病 2009;10: 佐藤幸人 心不全と急性冠症候群のバイオマーカー血中 NT-proBNP とトロポニン T 医療情報誌シュネラー 2009;69: 高橋由樹 佐藤幸人 心筋疾患の心臓カテーテルでの評価 心臓カテーテルの検査の基本とコツ 中川義久編集 羊土社 89. 佐藤幸人 入院回避 コスト削減を目的とした末期慢性心不全患者に対する外来点滴システム 心臓 2009;41: 戸田圭三 佐藤幸人 原智子 網代直子 泥谷憲朗 金子龍太郎 岡田龍雄 鷹津良樹 藤原久義 岩崎敏明 ケミルミ ADVIA Centaur XP による高感度心筋トロポニン I 測定試薬の検討 医学と薬学 2009;61: 佐藤幸人 藤原久義 睡眠の改善は冠動脈疾患を予防するか? 毎日 Medical journal 2009;5: 西清人 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 福原怜 山根啓一郎 西城さやか 山本絵里香 棚田洋平 後藤太祐 高橋由樹 藤原久義 鷹津良樹 外来点滴による末期慢性心不全患者の医療費抑制と入院日数抑制の可能性について 心臓 2009;41: 佐藤幸人 坂本論文に対する Editorial Comment 心臓 2009;41: 戸田圭三 岩崎敏明 藤原久義 鷹津良樹 佐藤幸人 高感度心筋トロポニン T 測定試薬の性能評価と新たな可能性 医学と薬学 2009;62: 増山理 向井幹夫 佐藤幸人 上松正朗 RA 系抑制役による治療座談会記録 血圧 2009;16(suppl 3): 佐藤幸人 利尿薬の使い方 レジデント 2010;3: 佐藤幸人 心筋障害の早期検出 外来点滴 栄養介入について 循環器 plus 2010;10: 棚田洋平 佐藤幸人 西城さやか 藤原久義 鷹津良樹 ハンプ vs. 硝酸薬 呼吸と循環 2010;58:S 西城さやか 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 ANP 診断と治療 2010;6: 佐藤幸人 大石論文に対する Editorial Comment- 実臨床において心アミロイドーシスを疑う根拠 心臓 2010;42: 佐藤幸人 NT-proBNP 測定 呼吸と循環 2010;58: 佐藤幸人 心筋トロポニン Vascular Medicine 2010;6: 佐藤幸人 中村論文に対する Editorial Comment 心臓 2011;43: 佐藤幸人 循環器の救急におけるバイオマーカー CLINICIAN 2011;58: 佐藤幸人 急性心不全の治療 -2 強心薬の使い方 心臓 2011;43: 佐藤幸人 一般病院における末期心不全治療へのチーム医療の可能性 呼吸と循環 13

14 2011;59:S12-S 佐藤幸人 小坂万理 弓場広美 藤長敬子 神村政行 藤原久義 鷹津良樹 入院回避を目的として, 外来にて硝酸イソソルビドを点滴投与した慢性心不全の悪化症例 心臓 2011;43: 佐藤幸人 心不全におけるバイオマーカーの治療的意義 内科 2011;108: 戸田圭三 佐藤幸人 原智子 杉山祐香 藤原久義 鷹津良樹 岩崎敏明 本態性高血圧における NT-proBNP および高感度トロポニン T の評価 臨床検査 2011;55: 佐藤幸人 冠動脈病変を合併した心不全の治療 CIRCULATION Up-to-Date 2011;6: 佐藤幸人 棚田洋平 高感度心筋トロポニン I で診る, 新たな展開 - 心筋梗塞からその他の心疾患への応用 - 最新医学 2011;66: 佐藤幸人 心筋梗塞の二次予防としての薬物療法 日本循環器看護学会誌 2011;7: 小山智史 佐藤幸人 高齢者心不全の診断のポイント Geriatric Medicine 老年医学 2012;50: 佐藤幸人 職種や病診を超えた包括管理と緩和ケア 循環器専門医 2012;19: 佐藤幸人 生活習慣病における NT-proBNP を用いた心疾患スクリーニングの有用性 医療情報誌 Schneller 2012;82: 福原怜 佐藤幸人 鷹津良樹 藤原久義 心筋虚血と急性心不全 Cefiro 2012;15: 山本絵里香 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 高 K 血症 Fluid Management Renaissance 2012;2; 佐藤幸人 心不全管理プログラムの必要性と今後の課題 Heart View 2012;16: 佐藤幸人 ナースが理解しておきたいガイドラインに準拠した慢性心不全の治療 HEART nursing 2012;25: 佐藤幸人 エビデンスによるループ利尿薬の使用方法とは? CORE Journal 循環器 2012;1: 佐藤幸人 藤原久義 鷹津良樹 心不全における心筋トロポニン測定 J Cardiol Jpn Ed 2012;7: 革島真奈 佐藤幸人 急性心不全 Emergency Care 2012;25: 佐藤幸人 藤原久義 藤原兌子 鷹津良樹 心不全患者におけるカヘキシー J Cardiol Jpn Ed 2012;7: 小山智史 佐藤幸人 心不全時の尿蛋白の変化 CARDIAC PRACTICE 2012;23: 佐藤幸人 心不全における心筋トロポニン測定高感度測定系の時代を迎えて 日本心不全学会 News Letter 2012;16: 佐藤幸人 急性心不全での点滴強心薬の使用方法とは? CORE Journal 循環器 2012;2: 稲住英明 佐藤幸人 慢性期にむけての課題と対策 medicina 2012;49:

15 128. 佐藤幸人 末期状態にある患者の治療指針 : 末期心不全患者のチーム医療の取り組み Heart 2013;3: 佐藤幸人 慢性心不全 レジデント 2013;6: 佐藤幸人 高齢者心不全患者の薬物療法 ~ケアを見据えた対処法 ~ 月刊循環器 CIRCULATION 2013;3: 佐藤幸人 麻喜論文に対する Editorial Comment 心臓 2013;45: 佐藤幸人 心不全患者では太っているほうが予後良好なのか? CORE Journal 循環器 2013;3:66. ライフサイエンス出版 133. 佐藤幸人 心不全のチーム医療とは? HEART nursing 2013;26: メディカ出版 134. 佐藤幸人 心不全の自覚症状, 他覚所見 HEART nursing 2013;26: メディカ出版 135. 佐藤幸人 実地医療による循環器薬の使い方 Q&A 心不全におけるβ 遮断薬 Medical Practice 2013;30: 文光堂 136. 四宮春樹 佐藤幸人 病態と対処法 : カルペリチド Fluid Management Renaissance 2013;3: メディカルレビュー社 137. 佐藤幸人 心不全における心筋と間質のバイオマーカー 循環器内科 2013;74: 科学評論社 138. 佐藤幸人 前田靖子 座長まとめ 末期心不全患者への看護 日本循環器看護学会誌 2013; 佐藤幸人 バイオマーカーで診る : 現状のガイドライン推奨のバイオマーカーから将来のマルチバイオマーカーアプローチの概念まで Heart View 2014;18; メジカルビュー社 140. 佐藤幸人 バイオマーカーから見たトルバプタン投与の意義 医薬ジャーナル 2014;50; 医薬ジャーナル社 141. 佐藤幸人 StageD: 終末期医療と絡めて 内科 2014;3; 南江堂 142. 佐藤幸人 心不全におけるナトリウム摂取をどう考えるべきか?CORE JOURNAL 循環器 2014;4; ライフサイエンス出版株式会社 143. 佐藤幸人 心不全の診断と治療におけるバイオマーカー Medical Practice 2014;3; 文光堂 144. 佐藤幸人 バイオマーカーから見たトルバプタン投与の意義 医薬ジャーナル 2014;2; 医薬ジャーナル社 145. 蔵垣内敬 小山智史 佐藤幸人 高齢者心不全 臨床循環器 CIRCURATION 2014;3; 医学出版社 146. 佐藤幸人 ANP,BNP 血管医学 2014;15; メディカルレビュー社 147. 佐藤幸人 心不全に伴う全身の代謝異常 月刊細胞 2014;7; ニューサイエンス社 148. 佐藤幸人 血液バイオマーカを使いこなす medicina 2014;9; 医学書院 149. 佐藤幸人 高感度アッセイで変わる心筋トロポニンT 測定 医療と検査機器 試薬 2014;37(5); 堀田幸造 佐藤幸人 なぜ利尿薬抵抗性心不全となるのか?Heart View 2014;11;

16 151. 蔵垣内敬 佐藤幸人 急性心不全 (CS1) の第一選択薬は利尿薬ですか 血管拡張薬です か Heart View 2014;12; (11 月増刊号 ) 152. 中山寛之 佐藤幸人 心不全における疼痛 不穏 せん妄 Heart View 2015;1;62-66 監修 1. こんな症状ありませんか? 2011 SIEMENS 2. 慢性心不全手帳 2011 第一三共株式会社 3. 心不全のおはなし 2012 sysmex 4. トロポニン測定における 高感度アッセイ の意義 2013 Roche 5. 心筋炎における血中心筋トロポニンⅠ 測定の有用性 2013 SIEMENS 6. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:1:82-86 メディカ出版 7. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:2:72-75 メディカ出版 8. 臨床に役立つ循環器バイオマーカー vol.1 NT-proBNP と BNP 2014 sysmex 9. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:3:72-75 メディカ出版 10. 臨床に役立つ循環器バイオマーカー vol.2 トロポニン T とトロポニン I 2014 sysmex 11. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:4:76-83 メディカ出版 12. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:5:65-69 メディカ出版 13. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:6:76-80 メディカ出版 14. 心不全のおはなし英語版 中国語版 2014 sysmex 15. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:7:60-65 メディカ出版 16. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:8:75-79 メディカ出版 17. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:9:74-78 メディカ出版 18. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:10:83-87 メディカ出版 19. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:11:65-69 メディカ出版 20. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2014;27:12:75-79 メディカ出版 21. 心不全の技あり症例検討 HEART nursing 2015;28:1:74-78 メディカ出版 座談会 1. 急性心不全の最新の知見 (Medical Tribune) 2. 急性心不全症候群における PDE Ⅲ 阻害薬の使い方 : 新たなコンセプト 2010 Inotropes Conference( エーザイ株式会社 ) 3. 虚血に伴う心不全 長期予後を見据えた治療戦略 第 74 回日本循環器学会総会 学術集会プレセッション 1( 第一三共株式会社 ) 4. 抗凝固薬療法における新しい展開 心房細動患者の医療連携における第 Xa 因子阻害剤の役割 (Medical Tribune) 5. 入院早期でのトルバプタンの位置付けを考える~ 入院早期でのトルバプタンの可能性を探る~ (Medical Tribune) 6. 急性期心不全におけるトルバプタンの可能性 ( 日経メディカル 6 月号 ) 7. 心不全治療におけるトルバプタンの位置づけ- 神経体液性因子を含む ( 日経メディカル 12 月号 ) 16

17 国際学会 1. Matsumori A, Sato Y. Treatment of Coxsackievirus B3 myocarditis by a new immunoactive peptide, FK-565 in a murine model. American Heart Association s 64 th scientific sessions program 1991 Anaheim. 2. Sato Y, Maruyama S, Matsumori A. Immunostimulant therapy of acute viral myocarditis with a new synthetic peptide FK565 in an animal model. American Heart Association s 64 th scientific sessions program 1991 Anaheim. 3. Kataoka K, Sato Y, Ito H, Takatsu Y. Palmaz-Schatz stent implantation with 10 days ticlopidine treatment. American Heart Association s 69 th scientific sessions program 1996 New Orleans. 4. Sato Y. Clinical features of hepatitis C virus cardiomyopathy. International Congress on Cardiomyopathies and Heart failure. 6/ Kyoto. 5. Sato Y. Cardiac troponin T and BNP in cardiomyopathies and heart failure. International Congress on Cardiomyopathies and Heart failure. 6/ Kyoto. 6. Yamada T, Sato Y, Matsumori A. Immunohistochemical detection of hepatitis C virus antigen in the heart tissue of patients with hepatitis C virus cardiomyopathy. International congress on cardiomyopathies and heart failure Kyoto. 7. Taniguchi R, Sato Y, Yamada T, Higuchi H, Ooba M, Takeyasu S, Matsumori A. Measurements of serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with heart failure. International congress on cardiomyopathies and heart failure Kyoto. 8. Yamada T, Sato Y, Matsumori A. Immunohistochemical detection of hepatitis C virus antigen in the heart tissue of patients with hepatitis C virus cardiomyopathy. American Heart Association s 75 th scientific sessions program Chicago. 9. Matsumori A, Yamada T, Sato Y. Clinical manifestation of Hepatitis C virus cardiomyopathy. Second Asia Pacific Science Forum June 8-10, 2003, Hnolulu, Hawaii. 10. Sato Y, Kita T, Takatsu Y. Measurements of cardiac troponin T in heart failure. ESC/JCS joint symposium Yokohama. 11. Nishio Y, Sato Y, Shizuta S, Doi T, Nishiyama K, Kimura T, Kita T. Risk prediction with cardiac troponin T versus biochemical markers associated with cardiac remodeling. American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, March 13, 2006, Atlanta. 12. Taniguchi R, Sato Y, Kimura T, Kita T. Cardiac Troponin T and Brain Natriuretic Peptide in Patients with Heart Failure and Preserved Versus Depressed Left Ventricular Systolic Function. American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, March 12, 2006, Atlanta. 13. Taniguchi R, Sato Y, Kita T, Kimura T. Combined Measurements of Cardiac Troponin T and Brain Natriuretic Peptide in Patients With Congestive Heart Failure From Various Etiology. American College of Cardiology 56th Annual Scientific Session. 17

18 March 2007, New Orleans. 14. Kuwabara Y, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Isoda K, Yamane K, Nishi K, Fujiwara H, Takatsu Y. Myocyte injury in patients with acutely decompensated chronic heart failure. The 8 th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases Tokyo. 15. Yamane K, Sato Y, Nishi K, Kuwabara Y, Isoda K, Fukuhara R, Taniguchi R, Miyamoto T, Fujiwara H, Takatsu Y. Persistently increased serum concentrations of cardiac troponin in patients with acutely decompensated heart failure are predictive of adverse outcomes. ESC Heart Failure Conference Italy. 16. Taniguchi R, Sato Y, Morimoto T, Kita T, Kimura T, Miyamoto T, Takatsu Y, Fujiwara H. Cardiac troponin T and BNP in patients with heart failure. ESC congress Germany. 17. Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Fukuhara R, Fujiwara T, Fujiwara H, Takstsu Y. In patients with heart failure, cardiac troponin T is a reliable predictor of long-term echocardiographic changes and adverse cardiac events. 17 th Asian Pacific Congress of Cardiology Kyoto. 18. Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Fukuhara R, Fujiwara T, Fujiwara H, Takstsu Y. IN PATIENTS WITH ADVANCED HEART FAILURE, OPTIMAL OUTPATIENT INFUSION THERAPY MAY LOWER THE LENGTH OF HOSPITALIZATION AND DECREASE THE COST. 17 th Asian Pacific Congress of Cardiology Kyoto. 19. Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Fukuhara R, Fujiwara T, Fujiwara H, Takstsu Y. In patients with advanced heart failure, outpatient infusion therapy may lower the length of hospitalization and decrease the cost. ESC Heart Failure Congress Nice, France 20. Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Fukuhara R, Fujiwara T, Fujiwara H, Takstsu Y. In patients with heart failure, cardiac troponin t is a reliable predictor of long-term echocardiographic changes and adverse cardiac events ESC Heart Failure Congress Nice, France 21. Nishi K, Sato Y, Miyamoto T, Toma M, Taniguchi R, Fukuhara R, Saijo S, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y. In Patients With Advanced Heart Failure, Outpatient Infusion Therapy May Lower The Length Of Hospitalization And Decrease The Cost. The 10th US-Japan-Asia Dialogue on Cardiovascular Diseases and Young Investigator Competition Tokyo. 22. Yamamoto E, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Toma M, Fukuhara R, Nishi K, Saijo S, Tanada Y, Takahashi N, Goto T, Sawa T, Kiyonaka T, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y. Myocardial Injury In Hypertensive Heart. ACC Atlanta, USA Yamamoto E, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Toma M, Fukuhara R, Nishi K, Saijo S, Tanada Y, Takahashi N, Goto T, Sawa T, Kiyonaka T, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y. Myocardial Injury In Hypertensive Heart. XXth World Congress of the International Society for Heart Research Kyoto. 24. Sato Y. Clinical advantages of high sensitive troponin. XXth World Congress of 18

19 the International Society for Heart Research Kyoto. 25. Tanada Y, Sato Y, Nishi K, Fujiwara H, Takstsu Y. In patients with heart failure, cardiac troponin T is a reliable predictor of long-term echocardiographic changes and adverse cardiac events. XXth World Congress of the International Society for Heart Research Kyoto. 26. Tanada Y, Sato Y, Saijo S, Yamamoto E, Sawa T, Fujiwara H, Takatsu Y. Persistently increased serum concentrations of high sensitive cardiac troponin I in patients with acutely decompensated heart failure with inotropic use. XXth World Congress of the International Society for Heart Research Kyoto. 27. Saijyo S, Sato Y, Sawa T, Tanada Y, Yamamoto E, Nishi K, Fukuhara R, Taniguchi R, Toma M, Miyamoto T, Fujiwara H, Takatsu Y. Serial measurements of high sensitive cardiac troponin I in patients with acute decompensated heart failure treated with carperitide versus nitrates. XXth World Congress of the International Society for Heart Research Kyoto. 28. Sawa T, Sato Y, Tananda Y, Yamamoto E, Nishi K, NOge S, Nakai Y, Matsumoto A, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y. Independent prognostic value of serum albumin in chenic heart failure. XXth World Congress of the International Society for Heart Research Kyoto. 29. Tanada Y, Sato Y, Yamamoto E, Sawa T, Noge S, Nakai Y, Matsumoto A, Fujiwara T, Fujiwara H, Takatsu Y, (Amagasaki and Kyoto,JP). Independent prognostic value of serum albumin in chronic heart failure.esc-hf Berlin. 30. Saijyo S, Sato Y, Sawa T, Tanada Y, Yamamoto E, Nishi K, Miyamoto T, Fujiwara H, Takatsu Y, (Hyogo,JP). Serial measurement of high sensitive cardiac troponin I in patients with acutely decompensated heart failure treated with carperitide versus nitrates. ESC-HF Berlin. 31. Sawa T, Sato Y, Koyama S, Kawashima M, Yamamoto E, Tanada Y, Taniguchi R, Miyamoto T, Fujiwara H, Takatsu Y. High-sensitivity ctnt in essential hypertension. ESC Heart Failure Sweden. 32. Sawa T, Sato Y, Koyama S, Kawashima M, Tanada Y, Yamamoto E, Taniguchi R, Miyamoto T, Fujiwara H, Takatsu Y. Correlation between hemodynamic parameters and high-sensitivity cardiac troponin T. ESC Heart Failure Sweden. 33. Sato Y. Serum Concentrations of Cardiac Troponin in Patients with Chronic and Acute Heart Failure. ACC/JCC Joint Symposium Kobe. 34. Sato Y. Cardiac Troponin Measurements in Patients with Heart Failure. AHA-JCS Joint Symposium Fukuoka. 35. Koyama S, Sato Y,Takahashi Y, Sawa T, Tanada Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Correlations between hemodynamic parameters and serum high sensitive troponin-t. ESC Munich. 36. Koyama S, Sato Y, Inazumi H, Tanada Y, Fujiwara H, Takatsu Y. Persistent cardiac troponin elevation during acute heart failure syndrome and catecholamine use. AHA LosAngeles. 19

20 37. Koyama S, Sato Y, Inazumi H, Sawa T, Tanada Y, Fujiwara H, Takatsu Y. High urine osmolality on admission predicts better prognosis. ESC Heart Failure Lisbon Portugal. 38. Inazumi H, Sato Y, Koyama S, Tanada Y, Saga S, Kawashima M, Kujira K, Fujiwara H, Takatsu Y.The Change of Cystatin C During the Treatment of Decompensated Heart Failure is a Predictor of Short Term Prognosis. ESC Heart Failure Lisbon Portugal. 学会発表 1. 片岡一明 佐藤幸人 伊藤晴康 鷹津良樹 拡張型心筋症における IV 型コラーゲン7 S の測定について 第 81 回日本循環器学会近畿地方会 2. 片岡一明 佐藤幸人 伊藤晴康 山田亮 鷹津良樹 経皮的心膜生検を施行した血性心嚢水貯留の一例 第 82 回日本循環器学会近畿地方会 3. 佐藤幸人 児玉良典 竹内雄三 片岡一明 伊藤晴康 鷹津良樹 左冠動脈主幹部と左前下行枝にステントを留置した acute coronary syndrome の一例 第一回日本心血管インターベンション学会近畿地方会 1996 年 6 月 1 日京都 4. 佐藤幸人 片岡一明 伊藤晴康 山田亮 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 左室収縮能の比較的保たれた心疾患における血中サイトカインの検出 第 83 回日本循環器学会近畿地方会 1997 年 7 月 5 日大阪 5. 鷹津良樹 佐藤幸人 片岡一明 山田亮 Palmaz-Schatz と Gianturco-Rubin ステントの臨床成績 第 45 回日本心臓病学会学術集会 1997 年 9 月 26 日札幌 6. 片岡一明 佐藤幸人 竹内雄三 伊藤晴康 鷹津良樹 経過中に巨大な冠動脈瘤を形成した冠動脈拡張症の一例 第 5 回日本心血管インターベンション学会学術集会 7. 伊藤晴康 山田亮 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 完全閉塞性病変に対する staged intervention 後に心嚢液貯留を伴った心外膜炎をきたした一例 第 6 回日本心血管インターベンション学会学術集会 8. 山田亮 佐藤幸人 片岡一明 鷹津良樹 心筋トロポニン T が持続高値を示した拡張相肥大型心筋症と思われる一例 第 84 回日本循環器学会近畿地方会 1997 年 11 月 15 日神戸 9. 佐藤幸人 片岡一明 山田亮 鷹津良樹 松森昭 伊藤晴康 篠山重威 拡張型心筋症における血中可溶性コラーゲンと心筋トロポニン T 第一回日本心不全学会総会 1997 年 10 月 11 日京都 10. 大橋直弘 松森昭 垣尾国史 篠山重威 佐藤幸人 鷹津良樹 心筋症における C 型肝炎ウイルス感染の意義 第 95 回日本内科学会講演会 1998 年 4 月 11 日福岡 11. 山田亮 伊藤晴康 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 完全閉塞病変に対する staged intervention 後に心嚢液貯留を伴った心外膜炎をきたした一例 第 7 回日本心血管インターベンション学会学術集会 1998 年 6 月 18 日熊本 12. 鷹津良樹 佐藤幸人 片岡一明 山田亮 谷口良司 董頭輝 待機的 Gianturco-RubinII ステントの臨床成績 第 7 回日本心血管インターベンション学会学術集会 1998 年 6 月 18 日熊本 13. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 正常左室駆出率を示し 20

21 た C 型肝炎関連心筋症の一例 第 85 回日本循環器学会近畿地方会 1998 年 6 月 27 日 14. 山田亮 佐藤幸人 片岡一明 谷口良司 鷹津良樹 待機的 Gianturco-RubinII ステントの臨床成績 多発した急性 亜急性冠閉塞 第 46 回日本心臓病学会学術集会 1998 年 9 月 9 日東京 15. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 篠山重威 インターフェロンを投与した C 型肝炎関連心筋症 筋症の一例 第 20 回心筋生検研究会 1998 年 10 月 24 日盛岡 16. 山田亮 佐藤幸人 谷口良司 鷹津良樹 片岡一明 松森昭 篠山重威 インターフェロン治療を行った C 型肝炎関連心筋症 筋症の一例 第 86 回日本循環器学会近畿地方会 1998 年 12 月 5 日奈良 17. 董頭輝 佐藤幸人 片岡一明 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 Gianturco-Rubin ステント留置術遠隔期の病変部位の変化 第 7 回日本心血管インターベンション学会ウインターミーテイング 1999 年 1 月 31 日沖縄 18. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 片岡一明 鷹津良樹 三村六郎 松森昭 篠山重威 C 型肝炎によると考えられた拡張型心筋症における血中心筋トロポニンTの経時的測定とインターフェロン治療効果判定への応用 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成 11 年度班会議 1999 年 9 月 17 日京都 19. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 篠山重威 急性左心不全患者における血中 C-reactive protein (CRP), interleukin 第 63 回日本循環器学会総会 1999 年東京 20. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 篠山重威 拡張型心筋症患者における血中心筋トロポニン T の測定とその臨床的意義について 第 63 回日本循環器学会総会 1999 年東京 21. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 篠山重威 インターフェロンを投与した C 型肝炎関連心筋症 筋症の一例 第 96 回日本内科学会講演会 1999 年 4 月 1 日東京 22. 山田亮 佐藤幸人 岡田英志 永井康三 牧山武 谷口良司 鷹津良樹 発生直前に sildenafil を服用していた急性心筋梗塞の一例 第 87 回日本循環器学会近畿地方会 1999 年 6 月 26 日大阪 23. 永井康三 佐藤幸人 岡田英志 牧山武 谷口良司 山田亮 文元健宇 高梨秀一郎 鷹津良樹 心嚢水貯留 心筋変性 冠動脈狭窄および大動脈閉鎖不全症を認めた SLE の一例 第 87 回日本循環器学会近畿地方会 1999 年 6 月 26 日大阪 24. 谷口良司 佐藤幸人 岡田英志 永井康三 牧山武 山田亮 鷹津良樹 血中心筋トロポニンTにて早期診断と治療効果を確認し得た好酸球増多症候群の心臓病変の一例 第 87 回日本循環器学会近畿地方会 1999 年 6 月 26 日大阪 25. 牧山武 佐藤幸人 岡田英志 永井康三 谷口良司 山田亮 鷹津良樹 血中心筋トロポニンTの心アミロイドーシスにおける測定意義 日本循環器学会近畿地方会 1999 年 12 月 18 日神戸 26. 谷口良司 佐藤幸人 岡田英志 永井康三 牧山武 山田亮 鷹津良樹 当院における透析患者の冠動脈造影所見および治療成績の検討 第 88 回日本循環器学会近畿地方会 1999 年 12 月 18 日神戸 21

22 27. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 篠山重威 C 型肝炎ウイルスによると考えられた拡張型心筋症における血中心筋トロポニンTの経時的測定とインターフェロン治療効果判定への応用 第 97 回日本内科学会講演会 2000 年京都 28. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 松森昭 片岡一明 篠山重威 C 型肝炎ウイルスが原因として疑われた拡張型心筋症における血中心筋トロポニンTの経時的測定とインターフェロン治療効果判定への応用 第 64 回日本循環器学会総会 2000 年大阪 29. 谷口良司 佐藤幸人 山田亮 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 慢性腎不全透析患者におけるインターベンション治療 日本心血管インターベンション学会第 8 回ウインターミ テイング 2000 年 1 月 29 日盛岡 30. 岡田英志 山田亮 佐藤幸人 谷口良司 永井康三 牧山武 鷹津良樹 ステント留置により発作が著明に減少した治療抵抗性異型狭心症の一例 第 5 回日本心血管インターベンション学会近畿地方会 2000 年 6 月 3 日京都 31. 岡田英志 山田亮 佐藤幸人 谷口良司 永井康三 牧山武 鷹津良樹 ステントを留置した治療抵抗性異型狭心症の一例 第 9 回日本心血管インターベンション学会学術集会 2000 年 6 月 15 日滋賀 32. 佐藤幸人 山田亮 谷口良司 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 待機敵 Multi-Link ステントの初期および慢性期成績 第 9 回日本心血管インターベンション学会学術集会 2000 年 6 月滋賀 33. 牧山武 佐藤幸人 岡田英志 永井康三 谷口良司 鷹津良樹 心嚢水貯留患者に対する経皮的心膜生検の診断的有用性について 第 89 回日本循環器学会地方会 2000 年 6 月 24 日大阪 34. 佐藤幸人 谷口良司 永井康三 牧山武 岡田英志 鷹津良樹 松森昭 山田亮 片岡一明 伊藤晴康 篠山重威 拡張型心筋症患者における血中心筋トロポニン T の経時的測定 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成 12 年度班会議 2001 年 1 月 19 日京都 35. 牧山武 佐藤幸人 谷口良司 永井康三 岡田英志 中島康弘 鷹津良樹 Stent-in stent の初期および慢性期成績 第 10 回日本心血管インターベンション学会学術集会 2001 年 7 月東京 36. 永井康三 佐藤幸人 谷口良司 牧山武 岡田英志 中島康弘 鷹津良樹 Nir stent の初期および慢性期成績ならびに Multilink stent との比較 第 10 回日本心血管インターベンション学会学術集会 2001 年 7 月東京 37. 安枝真由美 小坂万里 平野晶子 柴垣伊都子 山本早代子 佐藤幸人 鷹津良樹 血管止血縫合器を使用した経皮的冠動脈形成術後の安静時間短縮の試み 第 10 回日本心血管インターベンション学会学術集会 2001 年 7 月東京 38. 佐藤幸人 慢性心不全における微小心筋傷害の検出 第 8 回心不全と不整脈フォーラム 2001,12 東京 39. 藤井寿人 佐藤幸人 谷口良司 山田亮 樋口博一 大庭宗夫 竹安伸午 木原康樹 松森昭 巨大な心房拡大をきたし 心筋炎後心筋症と考えられた一例 第 93 回近畿地方会 2002 年 6 月 29 日滋賀 22

23 40. 山田亮 佐藤幸人 松森昭 HCV 心筋症の心筋組織からの HCV 抗原の免疫組織学的同定 第 24 回心筋生検研究会 2002 年 11 月 29 日東京 41. 谷口良司 佐藤幸人 山田亮 樋口博一 大庭宗夫 竹安伸午 松森昭. Measurements of serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with heart failure. 第 66 回日本循環器学会総会 学術集会 札幌 42. 谷口良司 佐藤幸人 山田亮 樋口博一 大庭宗夫 竹安伸午 永井康三 牧山武 松森昭. Measurements of serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with heart failure. 第 6 回日本心不全学会学術集会 東京 43. 谷口良司 佐藤幸人 山田亮 樋口博一 大庭宗夫 松森昭 木村剛 北徹. Measurements of serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with heart failure. 第 3 回京都糖尿病 動脈硬化研究会 京都 44. Yamada T, Sato Y, Matsumori A. Immunohistochemical detection of hepatitis C virus antigen in the heart tissue of patients with hepatitis C virus cardiomyopathy. 第 66 回日本循環器学会総会 札幌 45. Yamada T, Sato Y, Matsumori A. Immunohistochemical detection of hepatitis C virus antigen in the heart tissue of patients with hepatitis C virus cardiomyopathy. 第 50 回日本心臓病学会 名古屋 46. 永井康三 佐藤幸人 宮本忠司 山田亮 谷口良司 牧山武 鷹津良樹 ステント長と血管径が再狭窄にあたえる影響 第 50 回日本心臓病学会 名古屋 47. 佐藤幸人 山田亮 松森昭 C 型肝炎心筋症の臨床像 第 50 回日本心臓病学会 名古屋 48. 佐藤幸人 鷹津良樹 山田亮 谷口良司 永井康三 牧山武 松森昭 重症心不全患者における外来での olprinone 短時間点滴投与 第 50 回日本心臓病学会 名古屋 49. Yamada T, Sato Y, Matsumori A. Immunohistochemical detection of hepatitis C virus antigen in the heart tissue of patients with hepatitis C virus cardiomyopathy. 第 6 回日本心不全学会 東京 50. Taniguchi R, Sato Y, Tasuku Y, Yamada T, Higuchi H, Ooba M, Kimura T, Matsumori A, Kita T, Measurements of Serum Cardiac Troponin T and plasma Brain Natriuretic Peptide in patients with heart failure. 第 67 回日本循環器学会総会 福岡 51. 伊藤能永 大庭宗夫 永井康三 古川裕 佐藤幸人 木村剛 北徹 右房穿破をきたした仮性動脈瘤破裂の症例 大動脈 第 95 回日本循環器学会地方会 大阪 52. Taniguchi R, Sato Y, Yamada T, Ooba M, Higuchi H, Matsumori A, Kimura T, Kita T. The significance os serum cardiac troponin T and brain natriuretic peptide in patients with decompensated heart failure. 第 7 回日本心不全学会 大阪 53. 西岡敬祐 他佐藤幸人 木村剛 北徹 若年発症の脳梗塞を機に発見された心筋梗塞との鑑別が困難であった心筋症の一例 第 96 回日本循環器学会近畿地方会 京都 23

24 54. 牛呂幸司 他 佐藤幸人 木村剛 北徹 右室心尖部ペーシングから両室ペーシングに step-up することにより IABP から離脱し得た拡張型心筋症の一例 第 96 回日本循環器学会近畿地方会 京都 55. Ryoji Taniguchi, Yukihito Sato, et al., Measurements of serum cardiac troponin T and plasma brain natriuretic peptide in patients with heart failure. 第 68 回日本循環器学会総会 Tokyo 56. 谷口良司 佐藤幸人 小笹寧子 西尾由貴子 春名克純 田村俊寛 木村剛 北徹 慢性心不全患者における血中心筋トロポニン T および N 端 BNP の同時測定の意義 第 52 回日本心臓病学会 京都 57. 西尾由貴子 佐藤幸人 北徹 木村剛 心筋傷害が疑われる症例における血中心筋 Troponin T とその他の生化学指標の解析 第 52 回日本心臓病学会 京都 58. Taniguchi R, Sato Y, Nishio Y, Ozasa N, Haruna Y, Tamura T, Matsumori A, Kimura T, Kita T. Combined measurements of cardiac troponin T and N-terminal pro-brain natriuretic peptide in patients with chronic heart failure. 第 8 回日本心不全学会 岐阜 59. Miyamoto T, Sato Y, Kato T, Takatsu Y. Non-ischemic ventricular dysfunction with atrial fibrillation should not be diagnosed as dilated cardiomyopathy when limited to first onset. 第 8 回日本心不全学会 岐阜 60. Nishio Y, Sato Y, Kita T, Kimura T. Correlation between cardiac troponin T and other biochemical markers in patients with myocyte injury. 第 8 回日本心不全学会 岐阜 61. 加藤貴雄 佐藤幸人 宮本忠司 松岡龍彦 長央和也 堀江貴裕 中島康弘 片岡一明 鷹津良樹 心アミロイドーシスにおける血中トロポニン T の測定 第 8 回日本心不全学会 岐阜 62. 佐藤幸人 宮本忠司 片岡一明 加藤貴雄 堀江貴裕 長央和也 松岡龍彦 鷹津良樹 生化学指標を用いた心不全の評価 平成 16 年度兵庫県立病院学会 三宮 63. 宮本忠司 佐藤幸人 片岡一明 加藤貴雄 堀江貴裕 長央和也 松岡龍彦 鷹津良樹 Non-ischemic ventricular systolic dysfunction with atrial fibrillation should not be diagnosed as dilated cardiomyopathy when limited to first onset. 第 11 回心不全と不整脈フォーラム 東京 64. 菅長麗依 長央和也 宮本忠司 山根啓一郎 松岡龍彦 堀江貴裕 加藤貴雄 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 心電図変化を認めなかったタコツボ心筋症の 1 例 第 98 回日本循環器学会近畿地方会 2004 年 12 月 11 日京都 65. 杉山宏和 宮本忠司 山田隆平 松岡龍彦 長央和也 堀江貴裕 加藤貴雄 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 蘇生処置にて回復後に心肺停止に陥った広範囲肺腫瘍塞栓症の一例 第 98 回日本循環器学会近畿地方会 2004 年 12 月 11 日京都 66. 松岡龍彦 堀江貴裕 長央和也 加藤貴雄 片岡一明 宮本忠司 佐藤幸人 鷹津良樹 IABP,PCPS 及び開胸心嚢血腫除去術を施行し救命しえた劇症型心筋炎の一例 第 98 回日本循環器学会近畿地方会 2004 年 12 月 11 日京都 67. 長央和也 佐藤幸人 片岡一明 宮本忠司 堀江貴裕 加藤貴雄 松岡龍彦 桑原康 24

25 秀 磯田圭 山根啓一郎 鷹津良樹 糖尿病 高脂血症 高血圧は心不全患者のBN P 値に影響を及ぼすか 第 3 回京都心血管疾患フォーラム 2005 年 1 月 10 日 68. 長央和也 佐藤幸人 片岡一明 宮本忠司 堀江貴裕 加藤貴雄 松岡龍彦 桑原康秀 磯田圭 山根啓一郎 鷹津良樹 急性心不全加療における生化学指標の検討 PDE Ⅲ 阻害剤症例検討会平成 17 年 2 月 26 日 ( 土 ) 尼崎 69. Miyamoto T, Sato Y, Matsuoka T, et al. Non-ischemic ventricular systolic dysfunction with atrial fibrillation should not be diagnosed as dilated cardiomyopathy. 第 69 回日本循環器学会総会 2005 年 3 月 19 日横浜 70. Miyamoto T, Sato Y, Matsuoka T, et al. Cardiac ECM degradation is actually occurring in patients with decompensated CHF: Measurement of serum carboxyterminal telopeptide of type-1 collagen. 第 69 回日本循環器学会総会 2005 年 3 月 19 日横浜 71. Nishio Y, Sato Y, Kita T, et al. Correlation between cardiac troponin T and th eother biochemical markers in patients with myocyte injury. 第 69 回日本循環器学会総会 2005 年 3 月 21 日横浜. 72. 桑原康秀 佐藤幸人 山根啓一郎 磯田圭 松岡龍彦 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 急性心不全加療における生化学指標の検討臨床心不全フォーラム 大阪 73. 宮本忠司 山根啓一郎 磯田圭 桑原康秀 松岡龍彦 長央和也 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 循環器領域における新規の小型自動免疫分析装置 PATHFAST の臨床的有用性に関する検討 第 3 回兵庫県立病院学会 神戸 74. 佐藤幸人 慢性心不全 急性心不全における心筋傷害と生化学指標 高血圧フォーラム 尼崎 75. 西尾由貴子 佐藤幸人 北徹 木村剛 血中心筋 Troponin T とその他の生化学指標および予後との関連 第 53 回日本心臓病学会 大阪 76. 桑原康秀 佐藤幸人 山根啓一郎 磯田圭 松岡龍彦 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 急性心不全加療における生化学指標の検討第 12 回関西心不全研究会 大阪 77. 佐藤幸人 宮本忠司 長央和也 磯田圭 桑原康秀 松岡龍彦 山根啓一郎 片岡一明 鷹津良樹 重症慢性心不全患者に対する外来での low dose 強心薬点滴治療システムの検討兵庫県立尼崎病院循環器科第 44 回全国自治体病院学会 神戸 78. 佐藤幸人 宮本忠司 長央和也 磯田圭 桑原康秀 松岡龍彦 山根啓一郎 片岡一明 鷹津良樹 生化学指標を用いた慢性心不全患者の評価の検討 兵庫県立尼崎病院循環器科第 44 回全国自治体病院学会 神戸 79. Yukiko Nishio, Yukihito Sato, Kita Toru, Takeshi Kimura. Risk stratification with cardiac tropoin T and other biochemical markers associated with cardiac remodeling. 第 9 回日本心不全学会 山口 80. Ryoji Taniguchi, Yukihito Sato, Takeshi Kimura, Toru Kita. Combined measurements of cardiac troponin T and Brain natriuretic peptide in congestive heart failure. 第 9 回日本心不全学会 山口 25

26 81. Tadashi Miyamoto, Yukihito Sato, Yasuhide Kuwahara, Kei Isoda, Tatsuya Matsuoka, Kazuya Nagao, Kazuaki Kataoka, Yoshiki Takatsu. The compact automated innunoassay analyzer (PATHFAST) is a useful tool for the rapid assay of hematological markers in cardiovascular diseases. 第 9 回日本心不全学会 山口 82. Yukihito Sato, Tadashi Miyamoto, Kazuaki Kataoka, Yoshiki Takatsu. Biochemical markers in patients with hypertension. 第 9 回日本心不全学会 山口 83. Tadashi Miyamoto, Yukihito Sato, Yasuhide Kuwahara, Kei Isoda, Tatsuya Matsuoka, Kazuya Nagao, Kazuaki Kataoka, Yoshiki Takatsu. Cardiac ECM degradation is actually occurring in patients with decompensated heart failure-measurements of serum carboxyterminal telopeptide of type-1 collagen. 第 9 回日本心不全学会 山口 84. 長央和也 佐藤幸人 西清人 磯田圭 桑原康秀 松岡龍彦 山根啓一郎 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 慢性心不全の急性期加療における生化学指標の変化をベッドサイド迅速定量機器 PATHFAST を用いて評価した症例 第 9 回日本心不全学会 山口 85. 桑原康秀 佐藤幸人 磯田圭 松岡龍彦 山根啓一郎 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 PATHFAST にて心筋トロポニンI, ミオグロビン CK-MB BNP の経時的変化を観察しえた拡張型心筋症の急性増悪 第 9 回日本心不全学会 山口 86. 松岡龍彦 堀江貴裕 長央和也 加藤貴雄 片岡一明 宮本忠司 佐藤幸人 鷹津良樹 IABP,PCPS 及び開胸心嚢血腫除去術を施行し救命しえた劇症型心筋炎の一例 第 52 回春秋会 神戸 87. 桑原康秀 佐藤幸人 磯田圭 松岡龍彦 山根啓一郎 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 PATHFAST にて心筋トロポニンI, ミオグロビン CK-MB BNP の経時的変化を観察しえた拡張型心筋症の急性増悪 第 100 回日本循環器学会近畿地方会 奈良 88. 山根啓一郎 宮本忠司 西清人 桑原康秀 磯田圭 松岡龍彦 長央和也 片岡一明 佐藤幸人 鷹津良樹 僧帽弁において疣贅と粘液腫様変化の鑑別が困難であった感染性心内膜炎の一例 第 100 回日本循環器学会近畿地方会 奈良 89. 松岡龍彦 佐藤幸人 宮本忠司 片岡一明 桑原康秀 磯田圭 長央和也 山根啓一郎 鷹津良樹 入退院を繰り返す重症慢性心不全患者に対する外来での点滴治療システムの検討 第 4 回京都心血管疾患フォーラム 京都 90. 桑原康秀 佐藤幸人 山根啓一郎 磯田圭 松岡龍彦 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 急性心不全加療における生化学指標の検討 急性心不全カンファレンス 尼崎 91. Taniguchi R, Sato Y, Kimura T, Kita T. Combined measurements of cardiac troponin T and brain natriuretic peptide in heart failure. 第 70 回日本循環器学会総会 名古屋 92. Taniguchi R, Sato Y, Kimura T, Kita T. Cardiac troponin T and brain natriuretic peptide in patients with heart failure and preserved versus depressed left ventricular systolic function. 第 70 回日本循環器学会総会 名古屋 93. Kuwabara Y, Sato Y, Miyamoto T, Kataoka K, Nagao K, Matsuoka T, Isoda K, Yamane 26

27 K, Takatsu Y. Discrepancy between the markers of myocardial load and myocyte injury measured by PATHFAST in patients with acutely decompensated heart failure. 第 70 回日本循環器学会総会 名古屋 94. Miyamoto T, Yamane K, Kuwabara Y, Matsuoka T, Nagao K, Kataoka K, Sato Y, Takatsu Y. The compact automated immunoassay analyzer (PATHFAST) is a useful tool for the rapid assay of hematological markers in cardiovascular diseases. 第 70 回日本循環器学会総会 名古屋 95. Nishio Y, Sato Y, Shizuta S, Doi T, Nishiyama K, Kimura T, Kita T. Risk prediction with cardiac troponin T versus biochemical markers associated with cardiac remodeling. 第 70 回日本循環器学会総会 名古屋 96. 桑原康秀 佐藤幸人 磯田圭 松岡龍彦 山根啓一郎 長央和也 片岡一明 宮本忠司 鷹津良樹 PATHFAST にて心筋トロポニンI, ミオグロビン CK-MB BNP の経時的変化を観察しえた拡張型心筋症の急性増悪例 第 53 回春秋会 尼崎 97. 松岡龍彦 佐藤幸人 宮本忠司 片岡一明 桑原康秀 磯田圭 長央和也 山根啓一郎 鷹津良樹 入退院を繰り返す重症慢性心不全患者に対する外来での点滴治療システムの検討 第 2 回むこがわ心不全セミナー 西宮 98. 桑原康秀 佐藤幸人 松岡龍彦 磯田圭 山根啓一郎 西清人 谷口良司 宮本忠司 鷹津良樹 非虚血性急性心不全における BNP と心筋障害の検討ミルリーラを用いて第 2 回 PDE III 阻害薬症例検討会 尼崎 99. 松岡龍彦 佐藤幸人 宮本忠司 片岡一明 桑原康秀 磯田圭 長央和也 山根啓一郎 鷹津良樹 入退院を繰り返す重症慢性心不全患者に対する外来での点滴治療システムの検討 第 24 回兵庫心不全研究会 神戸 100. 松岡龍彦 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 桑原康秀 磯田圭 山根啓一郎 西清人 鷹津良樹 入退院を繰り返す重症慢性心不全患者に対する外来での点滴治療システムの検討 急性心不全カンファレンス 尼崎 101. 桑原康秀 佐藤幸人 宮本忠司 谷口良司 松岡龍彦 磯田圭 山根啓一郎 西清人 鷹津良樹 急性心不全加療における心筋障害 第 13 回関西心不全研究会 大阪 102. 松岡龍彦 片岡一明 西清人 山根啓一郎 磯田圭 桑原康秀 長央和也 谷口良司 宮本忠司 佐藤幸人 鷹津良樹 急性心筋梗塞における bare metal stent 留置後のステント血栓症の検討 第 54 回日本心臓病学会学術集会 鹿児島 103. 桑原康秀 佐藤幸人 西清人 山根啓一郎 磯田圭 松岡龍彦 宮本忠司 谷口良司 鷹津良樹 急性心不全加療中に PATHFAST にて観察しえた BNP と心筋障害マーカーの乖離 第 54 回日本心臓病学会学術集会 鹿児島 104.Taniguchi R, Sato Y, Nishio Y, Tamura T, Ozasa N, Haruna Y, Miyamoto T, Takatsu Y. Kimura T, Kita T. Cardiac troponin T and brain natriuretic peptide in patients with heart failure and preserved versus depressed left ventricular systolic function. 第 10 回日本心不全学会 東京 105.Kuwabara Y, Sato Y, Miyamoto T, Taniguchi R, Matsuoka R, Isoda K, Tatatsu Y. Discrepancy between the myocardial load and myocyte injury measured by PATHFAST in acute decompensated heart failure. 第 10 回日本心不全学会 東京 27

2005年 vol.17-2/1     目次・広告

2005年 vol.17-2/1     目次・広告 2 0 0 5年1 2月2 5日 総 7 丸井 外来における心不全診療とそのピットフォール 説 外来における心不全診療とそのピットフォール 丸 井 伸 行 はじめに るいは左心あるいは右心不全を判別する事が心不 外来における心不全診療は急性期の初期診療と 全の病状の理解に役立つ 実際の臨床の現場では 慢性期心不全管理の二面から理解する必要があ 症状を時系列にとらえ 身体所見を系統的にとら る 循環器

More information

新規文書1

新規文書1 日 本 循 環 器 学 会 日 本 心 不 全 学 会 合 同 ステートメント バソプレシン V2 受 容 体 拮 抗 薬 の 適 正 使 用 に 関 するステートメント 策 定 委 員 小 室 一 成 ( 東 京 大 学 循 環 器 内 科 学 ) 増 山 理 ( 兵 庫 医 科 大 学 循 環 器 内 科 ) 百 村 伸 一 ( 自 治 医 科 大 学 さいたま 医 療 センター 循 環 器 科

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 10 11 12 1 2 1 2 1 2 13 14 3 17 15 1 2 3 D Usefulness of Tc-99m MIBI SPECT in predicting multidrug resistance gene expression level in non-small cell lung cancer a preliminary

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

循環器HP Suppl-3

循環器HP Suppl-3 2015年 京都大学 小児循環器グループ ニュース 1月 あけましておめでとうございます 今年の小児循環器メンバーは以下の通りです 馬場 志郎 助教 豊田 直樹 医員 田口 周馬 医員 平田 拓也 大学院生 吉永 大介 大学院生 本年もよろしくお願いいたします 1月4日 宴会 今月も例月通り年始から小児科病棟Aチーム看護師 小児循環器医 飲み会を鳥料理屋さん で開催しました 小児心臓血管外科 小児外科の先生も参加しました

More information

H24_大和証券_研究業績_p001-143.indd

H24_大和証券_研究業績_p001-143.indd 早 期 再 分 極 群 における 突 然 死 の 高 リスク 群 の 同 定 に 関 する 研 究 新 潟 大 学 大 学 院 医 歯 学 総 合 研 究 科 循 環 器 血 液 内 分 泌 代 謝 学 分 野 教 授 相 澤 義 房 ( 共 同 研 究 者 ) 新 潟 大 学 大 学 院 医 学 部 保 健 学 科 准 教 授 池 主 雅 臣 新 潟 大 学 医 歯 学 総 合 病 院 第 一 内

More information

胸痛の鑑別診断持続時間である程度の鑑別ができる 数秒から1 分期外収縮筋 骨格系の痛み 心因性 30 分以内 狭心症食道痙攣 逆流性食道炎 30 分以上 急性心筋梗塞 解離性大動脈瘤 肺塞栓症 急性心膜炎自然気胸 胸膜炎胃 十二指腸潰瘍 胆嚢炎 胆石症帯状疱疹 急性心筋梗塞の心電図変化 R P T

胸痛の鑑別診断持続時間である程度の鑑別ができる 数秒から1 分期外収縮筋 骨格系の痛み 心因性 30 分以内 狭心症食道痙攣 逆流性食道炎 30 分以上 急性心筋梗塞 解離性大動脈瘤 肺塞栓症 急性心膜炎自然気胸 胸膜炎胃 十二指腸潰瘍 胆嚢炎 胆石症帯状疱疹 急性心筋梗塞の心電図変化 R P T 2013 8 21 TOPIX Medical cooperation TSUTSUJI 01 胸痛の鑑別診断持続時間である程度の鑑別ができる 数秒から1 分期外収縮筋 骨格系の痛み 心因性 30 分以内 狭心症食道痙攣 逆流性食道炎 30 分以上 急性心筋梗塞 解離性大動脈瘤 肺塞栓症 急性心膜炎自然気胸 胸膜炎胃 十二指腸潰瘍 胆嚢炎 胆石症帯状疱疹 急性心筋梗塞の心電図変化 R P T T 波増高

More information

座談会 Round Table Discussion 末梢動脈疾患におけるこれからの脂質低下療法を考える PAD に対しては, 脚の病変部分だけでなく, 冠動脈疾患や脳血管障害の予防を見据えた治療対策を常に考慮しておく必要があります 中村正人 ( 座長 ) 東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授

座談会 Round Table Discussion 末梢動脈疾患におけるこれからの脂質低下療法を考える PAD に対しては, 脚の病変部分だけでなく, 冠動脈疾患や脳血管障害の予防を見据えた治療対策を常に考慮しておく必要があります 中村正人 ( 座長 ) 東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授 提供 : サノフィ株式会社 座談会 Round Table Discussion 末梢動脈疾患におけるこれからの脂質低下療法を考える Round Table Discussion Taketsugu Tsuchiya Daizo Kawasaki Masato Nakamura Katsuhiko Sato 出席者 ( 発言順 / 敬称略 ) 中村正人 ( 座長 ) 東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

上原記念生命科学財団研究報告集, 27 (2013)

上原記念生命科学財団研究報告集, 27 (2013) 上原記念生命科学財団研究報告集, 27 (2013) 151. オートファジーからみた重症心不全に対する左室形成術の効果 新宮康栄 Key words: オートファジー, 左室形成術 * 北海道大学病院循環器外科 緒言左室形成術は左心室容積を縮小させることで, ラプラスの法則 ( 球体の壁応力は内圧と半径に比例し, 壁厚に反比例する ) により壁応力を減少させ心機能を改善させる可能性がある. 臨床においては

More information

本文.indd

本文.indd CQ ACC/AHA PECO PatientExposure Comparison OutcomePECO low-density lipoprotein cholesterol LDL C cholesterol cholesterol intensive OR agressive CQ target LDL C PubMed Systematic Reviews Clinical Study

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

64 は認められなかった 術前に施行したIVIgの効 きた 特に 小児例では血漿交換は肉体的侵襲が 果が明らかでなかったため 2月20日より単純血 大きく Blood Accessも難iしいことから1 IVIg 漿交換を施行した 第1回施行直後より 開瞼3 mmまで可能となり 眼球運動も改善 3回目終了 が推奨されてきている11 12 後より水分経口摂取開始 4回目終了後には人工 呼吸器から離脱が可能となり著明な改善効果を認

More information

心房細動の機序と疫学を知が, そもそもなぜ心房細動が出るようになるかの機序はさらに知見が不足している. 心房細動の発症頻度は明らかに年齢依存性を呈している上, 多くの研究で心房線維化との関連が示唆されている 2,3). 高率に心房細動を自然発症する実験モデル, 特に人間の lone AF に相当する

心房細動の機序と疫学を知が, そもそもなぜ心房細動が出るようになるかの機序はさらに知見が不足している. 心房細動の発症頻度は明らかに年齢依存性を呈している上, 多くの研究で心房線維化との関連が示唆されている 2,3). 高率に心房細動を自然発症する実験モデル, 特に人間の lone AF に相当する C H A P T E R 章 心房細動の機序と疫学を知る 第 I : 心房細動の機序と疫学を知る ① 心房細動の俯瞰的捉え方 心房細動の成因 機序については約 1 世紀前から様々な研究がなされてい る 近年大きな進歩があるとはいえ 未だ 群盲象を評す の段階にとどまっ ているのではないだろうか 森の木々の一本一本は かなり詳細に検討がなさ れ 実験的にも裏付けのある一定の解釈がなされているが 森全体は未だおぼ

More information

20590822 研究成果報告書

20590822 研究成果報告書 様 式 C-19 科 学 研 究 費 補 助 金 研 究 成 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 31 日 現 在 機 関 番 号 :13701 研 究 種 目 : 基 盤 研 究 (C) 研 究 期 間 :2008 ~ 2010 課 題 番 号 :20590822 研 究 課 題 名 ( 和 文 ) 冠 動 脈 不 安 定 プラーク 検 出 のための 新 しい 三 次 元 画 像 構 築 装

More information

<96DA8E9F>

<96DA8E9F> アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート 神奈川県内科医学会会報 No.32 29 30 神奈川県内科医学会会報 No.32 神奈川県内科医学会会報 No.32 31 32 神奈川県内科医学会会報 No.32 神奈川県内科医学会会報 No.32 33 神奈川県内科医学会会報

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

水光No49 最終.indd

水光No49 最終.indd 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1 : 00~ 5 : 15 診療時間午前

More information

最終.indd

最終.indd 部署紹介リハビリテーション部 診療科目総合診療科 内科 糖尿内科 呼吸器科消化器 胃腸科 循環器科 小児科リウマチ科 リハビリテーション科 外科心臓血管外科 整形外科 形成外科脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科皮膚科 泌尿器科 肛門科 放射線科麻酔科 透析センター 各種健康診断生活習慣病予防健診 人間ドック 脳ドック 受付 診療時間受付時間午前 8 : 00~12 : 00 午後 1

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

2001 2003 2005 2006 2007 2008

2001 2003 2005 2006 2007 2008 2001 2003 2005 2006 2007 2008 60 etc. http://nosmoke.hp.infoseek.co.jp/yuugaibussitu.htm http://nosmoke.hp.infoseek.co.jp/yuugaibussitu.htm 23.5% 2.8% 2.8% 3.4% 30.3% 9.9% 11.5% 15.8% AAN 65

More information

PubMed で 文 献 を 検 索 する 先 生 PubMed Clinical Queries 編 集 heart failure weight death OR mortality 先 生 編 集 Systematic Reviews 73 Filters Meta-Analysis 11 検

PubMed で 文 献 を 検 索 する 先 生 PubMed Clinical Queries 編 集 heart failure weight death OR mortality 先 生 編 集 Systematic Reviews 73 Filters Meta-Analysis 11 検 臨 床 現 場 で 生 じた 疑 問 心 不 全 患 者 では 太 っているほう が 予 後 良 好 なのか? Framingham Heart Study Kenchaiah S, et al. N Engl J Med. 2002; 347: 305-13. 6 7.5 NYHA Anker Anker SD, et al. Lancet. 1997; 349: 1050-3. obesity

More information

Amino Acid Analysys_v2.pptx

Amino Acid Analysys_v2.pptx - α- α- ガスリー法とタンデムマス法の原理 ガスリー法 フェニルアラニンの場合 1 枯草菌のフェニルアラニン依存性菌株を培地で培養 2 乾燥濾紙血をパンチアウトしたディスクを培地上に静置 3 濃度既知のフェニルアラニンを含むディスクを対照として静置 4 濾紙血ディスク周囲の菌成長面積からの比例計算でフェニルアラニン含有濃度を判定 8

More information

Unknown

Unknown Journal of Breast and Thyroid Sonology Journal of Breast and Thyroid Sonology Vol.2, No.3 July 2013 Report The 30 th Meeting of Japan Association of Breast and Thyroid Sonology... 1 Department of Organ

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

3) Balas. C. Michele, Happ. B. Beth, Yang. Wei et al: Outcomes associated with delirium in older patients in surgical ICUs, Chest, vol.135 (1), 18-25, 2009 4) Ban Thomas; Chronic disease and depression

More information

2009年8月17日

2009年8月17日 医師 2,000 人超の調査結果を多数掲載中です https://www.facebook.com/medpeer 2013 年 8 月 1 日 メドピア株式会社 マイコプラズマ感染症診断における迅速診断キットの使用状況 について 半数以上はキットを使用していない 医師約 6 万人が参加する医師専用サイト MedPeer ( メドピア https://medpeer.jp/) を運営するメドピア 株式会社

More information

a) DifcoTM Brain Heart Infusion agar, DifcoTM Brain Heart Infusion, Becton, Dickinson and Company, U.S.A.

a) DifcoTM Brain Heart Infusion agar, DifcoTM Brain Heart Infusion, Becton, Dickinson and Company, U.S.A. a) DifcoTM Brain Heart Infusion agar, DifcoTM Brain Heart Infusion, Becton, Dickinson and Company, U.S.A. [1] Buttenschon J, Svensmark B, Kyrval J: Zentralb Veterinarmedizin A, 42, 633-641 (1995) [2]

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 (ICD10: C81 85, C96 ICD O M: 9590 9729, 9750 9759) 治癒モデルの推定結果が不安定であったため 治癒モデルの結果を示していない 203 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 71 68 50 53 52 45 47 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 43 38 41 76

More information

Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology

Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology Table 1 ICHs in young adults Table 2 Five cases of undetermined etiology 神 1 1. left : in the right ted MRI, callosum. parietal. right : ICH in 保 洋 之 他 ICHs 4 Ti-weighthe 1. left: rrhagic corpus infarction

More information

Special IssueTo save our life from myocardial infarction -what can we do before and after heart attack- Reviews Originals Case reports et al et al et al et al et al et al et al et al et al et al et

More information

443 昭 和59年6月28kl 図3 図4 な が ら臨 床 症 状 は改 善 せ ず,発 熱 と咳 嗽 が 持 続 した ため 10日 よ り3日 間 に わ た り顆 粒 球 輸 注 を行 っ た. 12日 に は胸 痛,呼 吸 困難 は消 失 し,咳 嗽 も消失 した.こ の た め酸 素 投 与 を 中止 した と こ ろ,夕 刻 に 至 り再 度 呼 吸 困 難 を訴 え,口 唇 に チ

More information

Vol. No. Honda, et al.,

Vol. No. Honda, et al., A Study of Effects of Foot Bath before Exercise on Fall Prevention Yoko Honda Yoko Aso Aki Ibe Megumi Katayama Tomoko Tamaru Key Words fall prevention, foot bath, elderly, fall prevention programs Honda,

More information

P r o g M e d suppl ProgressinMedicineVolsuppl. 第9回アミオダロン研究会講演集 12月3日 12月4日 12月6日 12月25日 12月8日 2004年1月5日 図5 胸部X線とCTの経過 図6 退院7カ月後の胸部X線写真とCT 200 4年8月 期に行う必要があった 最終的には マイコプラズマ抗体が51 2倍と著増し ており ペニシリン系抗生物質およびミノサイクリン

More information

rihabili_1213.pdf

rihabili_1213.pdf Ⅰ 総 論 A モデル システム開発の研究検証結果より 九州労災病院 勤労者予防医療センター 豊永 敏宏 1 再就労とリハビリテーション 発症前に就業していた障害者の最大の QOL 生活の質 の獲得は再就労である そして それを支援するのが 障害者の QOL 向上を目的とするリハビリテーション医学である 図 1 リハビリテーション医学とは 日本リハビリテーション医学会作成 解説 脳卒中で緊急入院し

More information

表紙69-5,6_v10.eps

表紙69-5,6_v10.eps 2 1 6 宇佐美 眞 他 に対応する管理を行う3 4 癌と栄養代謝 悪液質 cachexia とその前段階の前悪液質 precachexia は 図2に示す体重減少と BMI の変化 サルコペニア の有無 食欲不振と代謝変化によって定義されている3 悪液質は 腫瘍の種類と存在部位により極めて多様な 病態を呈するが その病態は図3の様に 代謝変化臓器 として骨格筋減少 サルコペニア が中心におかれて理

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

_念3)医療2009_夏.indd

_念3)医療2009_夏.indd Evaluation of the Social Benefits of the Regional Medical System Based on Land Price Information -A Hedonic Valuation of the Sense of Relief Provided by Health Care Facilities- Takuma Sugahara Ph.D. Abstract

More information

Hirosaki University Repository 妊 娠 可 能 てんかん 女 性 の 治 療 管 理 基 準 設 定 に 関 する 研 Title 究 Author(s) 兼 子, 直 Citation てんかん 治 療 研 究 振 興 財 団 研 究 年 報. 4, 1992, p.24-35 Issue Date 1992 URL http://hdl.handle.net/10129/1905

More information

東洋医学雑誌

東洋医学雑誌 Vol.61 No.7 924-929, 2010 a b c d Naoki OKADA ad Masaru NATSUAKI b Takashi NISHIMOTO ac Nishimoto Clinic, 2-8-31 Koshienguchi, Nishinomiya, Hyogo 663-8113, Japan Department of Dermatology, Hyogo College

More information

3 4 6 7 8 9 10 12 14 2 3

3 4 6 7 8 9 10 12 14 2 3 3 4 6 7 8 9 10 12 14 2 3 POINT 4 5 3053 1323 4 7 6 1 1 4 7 Yamada N. et al : Int J Cardiol. 98, 409-411, 2005 6 7 POINT 0 20 40 60 80 100 60 80 Ota M. et al: Heart Vessels. 17, 7-11,2002 40 60 20 50 15

More information

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63>

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63> 2 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究 研究者 ( 代表者 ) 清水聡小川赤十字病院内科部長 宮崎大学医学部社会医学講座公衆衛生学分野大学院生 -85- 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究小川赤十字病院清水聡 要旨 中小事業所では 交代制勤務者 ( シフトワーカー ) が数多く それらは 睡眠障害のみならず 高血圧症等心血管系の問題を抱えていることが多い

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

第58巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第58巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背 Feature articles 1Why is it that allergic diseases have been increasing? Feature articles 2Space medicine and medicine for the future Review γ ε γ γ γγ α αβ et al et al et al et al et al et al Is nutritional

More information

Fig. 1. Structures of NM394, NAD-358 and NAD-245 Fig. 2. Typical HPLC chromatograms of NM394 in human plasma by organic solvent extraction method (a): Blank plasma (b): Plasma spiked with NM394 and internal

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

Title 骨量規定転写因子シュニュリ3の新規標的遺伝子同定と機能解析 Author(s) 石堂, 康弘 Citation Issue Date 2014-06-27 URL http://hdl.handle.net/10232/24125 http://ir.kagoshima-u.ac.jp adult (Schnurri, Shn)3/Hivep3 Runx2 Shn/Hivep Shn3

More information

Title 終末期における看護師の患者および家族とのコミュニケーションに関する文献検討 Author(s) 青柳, 道子 ; 溝部, 佳代 Citation 看護総合科学研究会誌 = Journal of Comprehensi Research, 10(1): 81-94 Issue Date 2007-03-30 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/36637

More information

Electrophysiologic and vectorcardiologic studies in a patient with Wolff-Parkinson-White syndrome Type A associated with complete right bundle branch block Yasuki Sakamoto*, Shunpei Ohkubo*, Shutaro Satake*,

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

16_研修医講義.ppt

16_研修医講義.ppt ,. 2016.10.19 1978Steptoe & Edwards 36 393,745 2010 46,008 HP AMH :, AMH AMH Inhibin B FSH Estradiol 120 85 14 La Marca. Hum Repro 2009 Seifer. Fertil Steli 2011 AMH,... MnSOD(. MnSOD ,, 1992Palermo et

More information

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA Title 成人知的障害者の加齢に伴う外観的変化に関する研究 : 知的障害者用外観的老化微候測定法を用いた検討 Author(s) 春日井, 宏彰 ; 菅野, 敦 ; 橋本, 創一 ; 桜井, 和典 ; 片瀬, Citation 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 56: 415-425 Issue Date 2005-03-00 URL http://hdl.handle.net/2309/2097

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 µ µ µ 14 15 16 17 1. Fabris P, Betterle C, Floreani A, Greggio NA, de Lazzari F, Naccarato R, Chiaramonte M: Development of type 1 diabetes mellitus during interferon alfa

More information

名称未設定-2

名称未設定-2 124 November 2005 No. 金沢医科大学国際交流 20 周年 記念式典 記念講演会 富田重亮氏 第 17 回総合医学研究所市民公開セミナー 最良のがん医療を求めて 学事 第 33 回教育懇談会 ハワイ大学 Izutsu 教授 第 33 回解剖体合同追悼法要 医学部第 2 学年看護実習 報告会 新任教授紹介 An International Association for Medical

More information

平成6年2月1日 597 87 とか 看護婦や医療ソシアルワーカーによる面接で概 どの措置をとることなどが義務付けられている なお 要をチェックし それを基にして主治医が最も重要な これらの措置は法ないし規則の定めるところであり 問題点を確かめるのがよい その通知は文書の形で行われるのが望ましい 精神衛生問題や教育問題などの援助機関として利用 前記の学校の法的義務に対する責任は 当然学校に 可能なものを準備しておき

More information

PubMed 1. CD-ROM MEDLINE MeSH PubMed 2. Automatic Term Mapping MeSH 3. Related Article 1 1. 2. MeSH Browser MeSH PreMEDLINE MeSH -2-

PubMed 1. CD-ROM MEDLINE MeSH PubMed 2. Automatic Term Mapping MeSH 3. Related Article 1 1. 2. MeSH Browser MeSH PreMEDLINE MeSH -2- PubMed MEDLINE NLM 1879 Index Medicus 1960 MEDLARS Medical Literature Analysis and Retrieval System 1970 MEDLINE MEDlars online 1966 70 4,000 170 PubMed MEDLINE NLM National Center for Biotechnology Information

More information

VOL. 17 NO. 7 CHEMOTHERAPY 1305 1) W. BRumFirr et al. : Clinical and laboratory studies with carbenicillin. Lancet 1: 1289~ 1293, 1967 2) E. T. KNUDSEN et al. : A new semisynthetic penicillin active against

More information

untitled

untitled 2016.6 vol.38 vol.17 Information インフォメーション 地域包括ケア病棟を導入しました 平成28年5月1日より 当院の西館4階病棟 50床 を地域包括ケア病棟として運用することになりました 当院は開設以来 急性期病棟のみを運用しておりましたが 急性期治療を経過した患者さまから すぐに 自宅や施設に帰るのが少し心配 もう少し家に帰る準備期間が欲しい といったようなご意見を頂くこ

More information

南燈会2008年業績

南燈会2008年業績 平 成 26 年 業 績 著 書 論 文 英 文 1. Akamizu T:Frequencies of thyroid nodules in Japanese adults and children. THYROID CANCER 2013 (Korean Thyroid Association) 23-27, 2014 2. Shimada T, Furuta H, Doi A, Ariyasu

More information

Microsoft PowerPoint - #07 Quiz Are you still with me .pptx

Microsoft PowerPoint - #07 Quiz Are you still with me .pptx Quiz: Are You Still With Me? Takumi Information Technology Maiko Akutagawa Copyright Takumi Information Techonology CORPORATION, All rights reserved. What s Direct Identifier? -level1 Is it compulsory

More information

Ⅱ Ⅲ Ⅳ Assertive community treatment - Issues from scientific and clinical literature with implications for practice The Impact of Supported Employment and Working on Clinical and

More information

第124回日本医学会シンポジウム

第124回日本医学会シンポジウム III γ γ γ α γ Molecular Mechanism of Insulin Resistance by Adipocytes TAKASHI KADOWAKI Department of Metabolic Diseases, Graduate School of Medicine, University of Tokyo Key words γ 110 124 TNFα FFA 1,2

More information

Unknown

Unknown Journal of Breast and Thyroid Sonology Journal of Breast and Thyroid Sonology Vol.3, No.3 July 2014 Original Article Clinical significance of classification of mixed-pattern tumor by breast ultrasound...

More information

10_12A-20.pdf

10_12A-20.pdf No.13 2011 13 No. 2011 Contents 3 Case Study Report 1 7 13 Case Study Report 2 14 20 general remarks Junko Ayuzawa Thromboembolism Prophylaxis Nonhazardous Procedures Ehancement of Healthcare- Associated

More information

重要な説明事項_H1-4_A

重要な説明事項_H1-4_A 22600BZX00181000 2014 Boston Scientific Corporation or its affiliates. ll rights reserved. www.bostonscientific.jp 1404 13223 11.5 PSST20140408-0240 1. 2. 3. 4. 5. 5 1 37 2 CBG PCI 1 3 4 5 8 10 重要な説明事項

More information

Q2 はどのような構造ですか? A2 LDL の主要構造蛋白はアポ B であり LDL1 粒子につき1 分子存在します 一方 (sd LDL) の構造上の特徴はコレステロール含有量の減少です 粒子径を規定する脂質のコレステロールが少ないため小さく また1 分子のアポ B に対してコレステロールが相対

Q2 はどのような構造ですか? A2 LDL の主要構造蛋白はアポ B であり LDL1 粒子につき1 分子存在します 一方 (sd LDL) の構造上の特徴はコレステロール含有量の減少です 粒子径を規定する脂質のコレステロールが少ないため小さく また1 分子のアポ B に対してコレステロールが相対 Q1 とは何ですか? A1 LDL は比重 1.019~1.063g/ml の幅広いリポ蛋白の集合であり 粒子サイズの異なる幾つかの亜分画より構成されています このうち粒子サイズが小さく 比重の重い LDL を小型高密度 LDL( 英語では (sd LDL)) と言います Austin Krauss らは電気泳動を用いて LDL の平均粒子直径を測定し 直径 25.5nm 以下の sd LDL を主に有する症例をパターン

More information

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で

10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) (Period 法 ) Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本で 151 10 年相対生存率 全患者 相対生存率 (%) 82 76 79 61 60 53 52 51 46 1993 1997 1998 2001 2002 2006 2002 2006 (Period 法 ) 44 40 43 Key Point 1 の相対生存率は 1998 年以降やや向上した 日本でパクリタキセル カルボプラチン併用療法が標準治療となった時期と一致する 0 1 2 3 4 5

More information

Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution of female patients with blad

Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution of female patients with blad Key words: Female with bladder irritability, Subjective symptoms, Pyuria, Bacteriuria Fig. 1 Clinical findings and extent of inflammation area in female urethrocystitis Fig. 2 Classification and distribution

More information

平成14年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究 研究報告書

平成14年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究 研究報告書 226 227 µ 228 Ω 229 230 0 ppb 2000ppb DG subthreshold (µa) 91 ± 59 86 ± 68 max stim. (µa) 755 ± 287 n=37 678 ± 300 max PS (mv) 8.7 ± 3.9 7.7 ± 4.3 n=61 CA1 subthreshold (µa) 36 ± 26 32 ± 13 max stim. (µa)

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

老年医学update2007-08

老年医学update2007-08 Geriatric Medicine Update 2007-08 (ISBN978-4-7583-0298-2 C3002) Editor: Journal Publication Committee, The Japan Geriatrics Society 2007. 7. 1 1st ed MEDICAL VIEW, 2007 Printed and Bound in Japan Medical

More information

pp 427 438 2006 Dimensional Change Card Sort ****** ** 2005 9 30 2004 8 2002 4 Zelazo, P. D., Carter, A., Reznick, J. S. & Frye, D. 1997 10 2003 Zelaz

pp 427 438 2006 Dimensional Change Card Sort ****** ** 2005 9 30 2004 8 2002 4 Zelazo, P. D., Carter, A., Reznick, J. S. & Frye, D. 1997 10 2003 Zelaz Title 幼 児 の 実 行 機 能 の 発 達 過 程 : Dimensional Change C を 用 いたルールの 理 解 とその 使 用 に 関 する 検 討 Author(s) 浮 穴, 寿 香 ; 橋 本, 創 一 ; 出 口, 利 定 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 総 合 教 育 科 学 系, 57: 427-438 Issue Date 2006-02-00

More information

症例_菅原先生.indd

症例_菅原先生.indd 症例報告 JNET 6:46-50, 2012 頚動脈ステント留置術により網膜中心動脈閉塞を発症した 1 例 1 1 2 3 3 4 2 2 2 1 1 3 2 Central retinal arterial embolization after carotid artery stenting in the carotid stenosis Takeshi SUGAHARA 1) Koya NAKAJIMA

More information

201609発達・教育臨床論コース

201609発達・教育臨床論コース 葛 葛 遡 ONISHI Kimie 1971 7 14 2013 4 1900-30 2013 4 2013 4 2013 4 1950 2009 6 4 1 257-288 2012 3 4 145-187 2013 3 1 16-39 5 84-107 7 368-383 18 2008 8 80-85 100 18330178 2009 3 223-248 1930 20530686

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 86 QOL S Masson Irritable Bowel Syndrome IBS Visual Analog Scale VAS IBS MRI S pelvic side wall W pelvic side wall PDS figure 過敏性腸炎様の症状を呈した直腸子宮内膜症の症例 87 図1 術前 MRI ゼリー法の結果 1 症例1の術前所見 症例の術前所見では に直腸子宮内膜症を疑う

More information

第79回_プログラム.indd

第79回_プログラム.indd Regulation of ghrelin signaling by a leptin-induced gene, negative regulatory element-binding protein, in the hypothalamic neurons. Phase I clinical trial using peptide vaccine for human vascular endothelial

More information

第 3 節 心筋梗塞等の心血管疾患 主要な疾病 事業ごとの保健医療体制 心筋梗塞等の心血管疾患 1. はじめに 心血管疾患の代表的な疾患は 急性心筋梗塞 大動脈解離 慢性心不全です 急性心筋梗塞は 冠動脈の閉塞等によって心筋への血流が阻害され 心筋が壊死し心臓機能の低下が起きる疾患です 消防庁の 平成 () 年版 救急 救助の現況 によると 全国で1 年間に救急車で搬送される急病の約 % 約 万人が心疾患等であり

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 91 QOL G P VAS blue berry spot GnRH mm cm TTiso inten- 92 blue berry spot MRI iso intensity sity r ASRM stage mm T T PDS 膀胱子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術 病変の位置と膀胱の縫合修復の工夫 図5 尿管ステント留置 収縮した状態で尿管口との距離は5mm 以上保 っていた 図6 膀胱修復

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

22●24頁●6-16▲救急外来▲.ppt

22●24頁●6-16▲救急外来▲.ppt No. 98 No. 62 No. 92 No. 60 No. 61 No. 99 GQM No.172 A B GRMRM RM 4B 5 No.337 No.357 No.359 No.112 No.200 151226 25 No. 31 1461 30mg/dl 0.15mg/l mg/dl 20-50 51-100 101-200 201-300 301-400 401-450- 10 No.201

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表 2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS 4 10 50 160 90mmHg691836.3 X 2 重篤な血管性疾患 表 2 72 73 表 1 腹痛をきたす疾患の緊急度と治療担当診療科による分類 1 2 3 4 5 表 2 3 血管性疾患と炎症性疾患の症状 腹膜刺激症状 表 1 表 3 74 75 表 3 腹膜刺激症状を修飾する因子

More information

Microsoft PowerPoint - 2013 循環器内科 最強説

Microsoft PowerPoint - 2013 循環器内科 最強説 循 環 器 内 科 が 最 強 の 臨 床 医 を 育 てる 循 環 器 内 科 のイメージ 虚 血 性 心 疾 患 とカテーテル 治 療 急 性 心 不 全 への 迅 速 な 対 応 鋭 い 心 電 図 の 読 影 慶 應 義 塾 大 学 内 科 第 一 三 共 心 血 管 炎 症 学 寄 附 講 座 香 坂 俊 解 剖 から 機 能 的 評 価 へ ここから 一 歩 先 へ FFR の 測 定

More information

日本内科学会雑誌第103巻第8号

日本内科学会雑誌第103巻第8号 β 高齢化社会で注意しておきたい神経内科のcommon diseases トピックス 図 3. RBDスクリーニング問診票日本語版 14 5 点以上でレム睡眠行動異常症 RBD 疑い 脳血管障害のリスクと関連している 中等症以 PSG 検査が必須にて確定診断のうえ AHI 上のOSASは脳血管障害の独立した危険因子とな 20 以上では 経鼻的持続陽圧呼吸 nasal continu- 17 る可能性があり

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

第56巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第56巻6号/投稿規定・目次・表2・奥付・背 Feature articlesthe Front of Stroke Management Originals α Imaging protocol for apoplexy of acute phase Masafumi Harada, Kazuhide Yoneda, Naomi Morita, Mayumi Takeuchi, Sonoka Hisaoka, Toshiko Okada,

More information

Relationship Between One-minute Oscillation in The Oxygen Saturation Level of The Blood and The Hemoglobin Volume in The Muscular Tissue in The Lower

Relationship Between One-minute Oscillation in The Oxygen Saturation Level of The Blood and The Hemoglobin Volume in The Muscular Tissue in The Lower SURE: Shizuoka University REp http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/ Title 直 立 時 のヒト 下 腿 筋 組 織 における 血 液 酸 素 飽 和 度 及 び 総 ヘモグロビン 量 の1 分 変 動 と 体 液 量 変 動 1 分 波 との 関 係 Author(s) 稲 村, 欣 作 ; 間 野, 忠 明 ; 岩 瀬, 敏 ; 天 岸, 祥

More information

...v.q.....r .C

...v.q.....r          .C March Cooper Medical College Sacrament Webster March March March March Kuakini Medical Center Young Men s Buddhist Association YMCA March March March March Eriko Yamamoto, THE EVOLUTION OF AN ETHNIC

More information

広島県獣医学会雑誌24号.indd

広島県獣医学会雑誌24号.indd 1 1 Study on the effects of dexamethasone administration in acute coccidiosis accompanied by bloody stools TOMOYASU KUROSE Shoubara Veterinary Clinical Center, P. F. A. M. A. A -1-, Nishihonmachi, Shoubara,

More information

H1

H1 桜十字病院広報誌 August 2010 vol.4 夏号 CONTENTS vol.4 August 2010 TEL:096-378-1111 FAX:096-378-1119 URL:http://wwww.sakurajyuji.or.jp 01 夏号 02 03 04 05 06 07 08 09 News vol.2 ビビンそうめん 2 Report 4 23 5 6 キムチは効果的に乳酸菌が摂取でき

More information

Microsoft PowerPoint - ポスター最終

Microsoft PowerPoint - ポスター最終 第 10 回生物試料分析科学会関東支部学術集会 テ ー マ : 糖尿病を考える ~ 検査から療養指導まで~ 会 期 : 平成 23 年 7 月 9 日 ( 土 )14:00~18:00 会 場 : 大宮ソニックシティ第一集会室 ( 市民ホール401) 集 会 長 : 鈴木優治 ( 埼玉県立大学保健医療福祉学部 ) 参 加 費 :2,000 円 ( 学生は無料 ) プログラム 1. 糖尿病関連検査の測定法について

More information

埼玉29.indb

埼玉29.indb 16 Symposium 29 WPW 1 1 1 1 1 78 PSVT 4 cibenzoline 200mg, verapamil 80mg 2 OMI #7 100 X 51% HbA 1c 5.9% 12 1A 55/ V 1,2 Q 1B 116/ narrow QRS tachycardia av F V 1 P LVEDD/LVESD 55/38mm EF 58 PSVT RV His

More information

消化性潰瘍(扉ページ)

消化性潰瘍(扉ページ) 患者さんと家族のための 消化性潰瘍 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 消化性潰瘍の理解のために 2 消化性潰瘍の原因は 日本での消化性潰瘍の原因は

More information

臨床No208-cs4作成_.indd

臨床No208-cs4作成_.indd 55 56 57 58 59 臨床核医学 問題14 甲状腺癌の131I 治療において誤ってい るのはどれか 1つ選べ a 1回の投与量は3,700 7,400 MBq が一般的 である b 前処置として甲状腺ホルモン薬 FT3 の投 与は4週間以上前より中止し FT4は2週 間前までに中止する c 放射性ヨード投与時には 血清 TSH 値が30 μiu/ml 以上であることが望ましい d 131 I

More information

.K.C.h...C...ren

.K.C.h...C...ren 4 quality of life QOL QOL QOL 3 QOL 19 mmhg 16 mmhg 14 mmhg 1 2 7 20 30 QOL QOL QOL QOL QOL QOL QOL 4 1 1 1 2 1 2 3 1 2 4 2 2 1 2 2 2 2 1 2 3 QOL 3 2 1 1 5 1 1 2 1 Abraham Wise 1 Nd YAG 2 1 200 500 200

More information