症例発表する意義について 大阪市北ブロック新人症例発表会大会長 大阪市北ブロックブロック長 山下彰 大阪市北ブロックでは学術技能を研鑽し 区域における理学療法技術の普及向上を図ると共に 区民の保健 医療 福祉の発展に寄与することを大きな目的としております 平成 27 年で理学療法士は 13 万人を越

Size: px
Start display at page:

Download "症例発表する意義について 大阪市北ブロック新人症例発表会大会長 大阪市北ブロックブロック長 山下彰 大阪市北ブロックでは学術技能を研鑽し 区域における理学療法技術の普及向上を図ると共に 区民の保健 医療 福祉の発展に寄与することを大きな目的としております 平成 27 年で理学療法士は 13 万人を越"

Transcription

1 第 7 回大阪市北ブロック新人症例発表会 会期平成 28 年 1 月 24 日 ( 日 ) 会場大阪コロナホテル 主催公益社団法人大阪府理学療法士会大阪市北ブロック

2 症例発表する意義について 大阪市北ブロック新人症例発表会大会長 大阪市北ブロックブロック長 山下彰 大阪市北ブロックでは学術技能を研鑽し 区域における理学療法技術の普及向上を図ると共に 区民の保健 医療 福祉の発展に寄与することを大きな目的としております 平成 27 年で理学療法士は 13 万人を越えております 平成 24 年から 27 年までは毎年 9000 から 人の理学療法士が誕生しております 日本理学療法士協会の会員数の年齢別推移では 40 代以下の会員数が約 人登録されております 今後は単に組織でルーチン業務を淡々とこなすだけで生き残るのが厳しい状況になってきております 我々が生き残るには何をすればよいのでしょうか 理学療法士にはマネージメント能力も含めて総合的な能力がサービスに必要です 世間のニードに対応するには 何かに特化していないと必要とされなくなります 我々は学術集団です 学術とは原理と応用 技術を含めた学問といった意味があります 我々の仕事は患者様の基本動作を良くすることです 最近の学会では EBM が などと良く耳にします しかし EBM はあくまで統計上の平均値になります また 一般的な統計データから得られたクリティカルパスも同様です 大事なのはパスから逸脱した症例をいかに社会参加させられるかではないでしょうか また EBM に出てくる評価方法を無理やり適応しない症例で評価するのでしょうか これらの議論は大阪市北ブロックの新人症例発表会の場で行えると幸いです 大阪市北ブロックの新人症例発表会では 新人の先生方の学会発表の第一歩と位置付けても良いですが 研究の要素を持った症例報告も期待しております そのためには 発表者と聴講者がより良い議論を提供できる場を作る最善の努力をさせて頂きます 新人症例発表会の意義は参加者全員が得られた利益を持ち帰ることで患者様へ還元することです 1

3 会場案内 ( 大阪コロナホテル ) JR 線新大阪駅東口出口 東口北側西淡路 1 丁目方面の階段を降り 右手方向へ歩いて 200m 2

4 タイムスケジュール 3

5 演題プログラム 10:00~11:20 第 1 セクション ( 会場 :200A 号室 ) 座長 彩りの都デイサービスセンター 岸哲史 1. 神経系右 MCA ACA 梗塞により重度左片麻痺と高次脳機能障害を呈し 歩行獲得に難渋した症例 JCHO 大阪病院古賀智希 P.6 2. 神経系 Pusher 現象を呈した患者に体性感覚と視覚で垂直を認知させた訓練を実施した結果, 移乗介助量が軽減した一症例 関西電力病院崎田佳希 P.7 3. 神経系左橋梗塞にて右片麻痺を呈し 歩行障害となった症例に対して 立脚後期の改善に取り組んだ一症例 森ノ宮病院井上綾 P.8 4. 神経系アテローム血栓性脳梗塞を発症した症例 北野病院鹿島愛香 P.9 5. 神経系右ヒラメ筋の痙縮に対し, Phenol Block を施注した右片麻痺患者の 1 症例 関西電力病院掛谷佳昭 P 神経系心原性脳梗塞により高次脳機能障害を呈した症例 ~ 課題指向型アプローチによる ADL 向上を目指して ~ 名取病院川﨑さくら P.11 10:00~11:20 第 2 セクション ( 会場 :200BC 号室 ) 座長 大阪医療福祉専門学校 菊地淳 7. 運動器上腕骨近位端骨折を呈した症例の肩関節屈曲 ROM 制限の原因について 牧病院山下耕平 P 運動器肩関節腱板断裂に対して保存的に治療し痛みが消失した一症例 行岡病院今泉孝典 P 運動器華道教室復帰を目指し治療を展開した人工股関節置換術後の一症例 大阪回生病院森山僚 P 運動器両側同時全人工股関節置換術施行後 腰椎前弯の増強に着目し歩容の改善を図った一症例 JCHO 大阪病院吉岡早紀 P 運動器 ACL 再建術後遺症患者のパフォーマンス向上の試み 大阪回生病院宮崎喬平 P 運動器上肢課題を取り入れた歩行練習により歩容が改善し歩行速度の向上を認めた症例について 大阪暁明館病院中園拓歩 P.17 11:30~12:40 第 3 セクション ( 会場 :200A 号室 ) 座長 北野病院 本田憲胤 13. 神経系髄膜腫後 左運動野皮質下微小出血により右片麻痺を呈し 麻痺側足部内反軽減による立位バランス向上により歩行の安 定性が改善した一症例 ボバース記念病院中村和由 P 神経系右後頭葉脳梗塞により視野障害を呈した症例 ~ 簡便化した視野刺激反復法を用いた結果 ~ 名取病院宇井比呂 P 神経系右橋出血後 左片麻痺と運動失調症を呈し 右方向転換時における麻痺側下肢の支持性向上を目標とした一症例 ボバース記念病院佐藤怜奈 P 神経系パーキンソン病患者に対する運動療法の経験 ~ 投薬調整による入退院を繰り返している症例 ~ JCHO 大阪病院内田直祐 P 神経系重度痙性麻痺を呈し自己体動困難となった頸椎症性脊髄症患者に対する運動療法の一考察 医誠会病院山田真理子 P.22 4

6 11:30~12:40 第 4 セクション ( 会場 :200BC 号室 ) 座長中之島いわき病院森本鉄也 18. 運動器 TKA 術前介入より Trendelenburg 歩行の軽減がみられた一症例千船病院佐々木宏樹 P 運動器人工膝関節置換術後の可動域不良例に対する自転車エルゴメータ運動を主体とした理学療法の経験関西電力病院中川達裕 P 運動器両側性高位脱臼性股関節症により左人工股関節全置換術を施行された症例 ~ 全荷重時の跛行軽減を目指して ~ 北野病院大泉湧 P 運動器左 THA 術後の股関節伸展制限に着目した一症例牧病院竹田数馬 P 運動器転倒により右大腿骨転子部骨折を受傷した一症例 ~ 再転倒予防を目指して ~ 大阪回生病院姜承燁 P.27 13:50~15:00 第 5 セクション ( 会場 :200A 号室 ) 座長牧老人保健施設溝邊大輔 23. ADL 歩行と洗濯物干し動作の獲得を目指した大腿骨頸部内側骨折の一症例大阪回生病院巖田将人 P ADL 慢性期脳卒中左片麻痺患者に対し 屋内 T 字杖歩行自立を目標とした症例報告ボバース記念病院和田壮太 P ADL 動的な立位バランスの向上を図り トイレ動作における下衣着脱動作が自立した一症例大阪暁明館病院大倉郁弥 P ADL 認知機能が著しく低下した大腿骨頸部骨折患者を担当した一例城東中央病院衣川百子 P ADL 自己効力感向上が自宅復帰に繋がった一症例 ~E-SASより退院後の生活を見据えて ~ 東大阪病院江口紗千 P.32 13:50~15:00 第 6 セクション ( 会場 :200BC 号室 ) 座長 JCHO 大阪病院安福祐一 28. 運動器 TKA 術後患者の歩行効率改善を目指した一症例 ~ 変形に至った経緯に着目して ~ 大阪回生病院太田尚吾 P 運動器肩関節拘縮を呈し結髪動作に制限をきたした一症例 ~ 肩甲胸郭関節に着目して ~ 東大阪病院松野慎 P 運動器上前方リーチ獲得を目指した肩関節周囲炎の一症例大阪回生病院柴大樹 P 神経系肩の安静時痛に改善を認めた脳血管障害左片麻痺一症例における 2 種の運動療法の効果ボバース記念病院櫛引翔太 P 循環器冠動脈バイパス術後にバイパスの閉塞をきたした症例に対する理学療法の経験北野病院辻本実奈美 P.37 5

7 右 MCA ACA 梗塞により重度左片麻痺と高次脳機能障害を呈し 歩行獲得に難渋した症例 JCHO 大阪病院古賀智希 はじめに 今回 重度左片麻痺に加え 遂行機能障害 注意障害 見当識障害を呈し 基本動作遂行困難な症例に対して 高次脳機能障害 及び異常筋緊張の改善 随意性の向上を図り 介助歩行可能まで至った経験をしたので報告する 尚 本症例には発表の趣旨を説明し 同意を得た 症例紹介 50 代男性 診断名は 右前大脳動脈 ( 以下 ACA)A1 中大脳動脈 ( 以下 MCA)M2 梗塞 独居で ADL 自立 2 日間連絡が取れず 背臥位で倒れている状態で発見 当院救急搬送された 既往歴は脳梗塞 (25 年前 詳細不明 ) うつ病 飲酒 喫煙歴あり 入院翌日より脳卒中ケアユニットにて理学療法開始 初期評価 ( 入院 8 日目 ) 意識レベル (Glasgow Come Scale: 以下 GCS)E4V4M6 自発性乏しく 日中臥床時間が長い Mini Mental State Examination ( 以下 MMSE) 15/30 点 前頭葉機能検査 (Frontal assessment battery: 以下 FAB)5/18 点で 注意 動作の持続が困難 Brunnstrom recovery stage test( 以下 BRS) は左上下肢 手指 Ⅱ 感覚機能は深部 表在共に左上下肢に中等度鈍麻 筋緊張は腹部で著明に低下 左上腕二頭筋軽度亢進 (Modified Ashworth Scale 以下 MAS: 1+) 左ハムストリング 頸部屈筋群中等度亢進 (MAS: 2) 左足間代出現 Trunk Control Test( 以下 TCT) は 24 点 端座位姿勢は頸部右回旋 体幹屈曲 左後方回旋 骨盤後傾 左後方回旋位 右半身の過剰努力による pushing あり 左側の転倒傾向を呈し 中等度介助を要した 立位姿勢でも同様に上肢での pushing による左側の転倒傾向あり 左右股 膝関節軽度屈曲位 左足関節内反 底屈位で 中等度介助を要した 治療プログラム 経過 痙縮筋に対して 持続伸張を実施し 寝返り 起居動作の中で 頚部 体幹の筋緊張改善を図った 座位 立位練習では 身体の位置関係の再学習と右側への重心移動を目的に 鏡による視覚的な姿勢修正を行った 同時に 座位では右手掌をベッドに沿わせたリーチ動作を行い 立位では左下肢長下肢装具装着下で右側の壁や手すりを利用し 接 地面を増やすことで精神的安心感を与え 体性感覚入力を行った 入院 12 日目に右上肢 Pushing は消失し 端座位保持自立となった その後 座位姿勢改善に向け リーチ動作にて座位バランス練習を行った 立位練習時は 麻痺側股関節を徒手的に伸展方向にコントロールし 股関節動的支持機構を働かせながら 体幹の抗重力伸展活動 左下肢伸筋筋出力向上を図った その上で 早期から歩行練習を開始し 徐々に立位での下肢伸筋筋出力向上がみられ 入院 35 日目に装具をシューホーンブレースに変更した また 理学療法介入時刻を統一し 訓練内容を症例本人と事前に話し合って組み立て 自発性の改善 意欲向上を図った 最終評価 ( 入院 44 日目 ) GCS は E4V5M6 MMSE23 点 FAB11 点に向上し 自発運動が増えた BRS は立位で左殿筋群 大腿四頭筋の随意収縮が触知可能となり下肢 Ⅱ~Ⅲ 感覚機能では関節位置覚で中等度鈍麻から軽度鈍麻まで変化した 筋緊張は左頸部 MAS1 左ハムストリングス MAS1+ 左足間代残存 腹部の低緊張改善し TCT37 点に向上 端座位姿勢は頸部右回旋 体幹屈曲 左後方回旋 骨盤後傾 左後方回旋位が軽減した 立位姿勢は左右股 膝関節軽度屈曲位が軽減し 近位監視レベルに至った 歩行は左遊脚期の下肢振り出し 立脚期の膝折れに対し 中等度介助を要した 考察 運動を遂行する際の自身の運動プログラムは頭頂葉に保存されている身体図式と照合される 1) ため 本症例は動作時の体性感覚入力を促して 空間と身体の位置関係を再学習することで 身体軸の修正が可能となった また前頭葉機能障害による自発性 意欲低下が著明であったため 基本動作を中心にアプローチし神経筋再教育を行い 課題特異的な訓練を反復して達成することで内発的動機付けの向上 機能改善を図った しかし 理学 作業療法時間以外の自発的な活動性に乏しく 運動学習の場面の減少から 歩行の大きな介助量軽減に至らなかったと考える 参考文献 1) 高草木薫 : 脳の可逆性と理学療法 : 理学療法学第 37 巻第 8 号 頁 2010 年 6

8 Pusher 現象を呈した患者に体性感覚と視覚で垂直を認知させた訓練を実施した結果, 移乗介助量が軽減した一症例関西電力病院崎田佳希 はじめに Pusher 現象を呈する症例では, 座位保持や移乗の際に介助量が増大することが知られている. また Pusher 現象に半側無視が併発することが多く, その場合の機能予後は不良となる 1). 今回, 右片麻痺および Pusher 現象, 右半側無視を呈し, 移乗動作に重度介助を要していた患者の理学療法を経験した. 体性感覚および視覚を用いて垂直を認知させることを目的に, 長下肢装具 ( 以下,KAFO) を使用して, 非麻痺側体幹 骨盤を壁またはベッドに近づけるようにし, 姿勢を正中位に矯正させ, 立位 歩行練習を実施した. 結果, Pusher 現象, 半側無視が改善し, 移乗動作の介助量が軽減したため報告する. 説明と同意 症例に本発表の趣旨を口頭で説明し, 同意を得た. 症例紹介 70 歳代女性, 利き手は左, 診断名はくも膜下出血であり, 発症同日に左中大脳動脈クリッピング術を施行された.2 日後に脳血管攣縮により左中大脳動脈領域に脳梗塞を合併した. その後, 頭蓋内圧亢進していたため開頭外減圧療法を施行された. 発症から 14 週目に回復期病棟へ入棟した. 併存症は高血圧症, 両膝変形性関節症であった. 病前 ADL は自立していた. 初期評価( 発症から 14 週目 ) Japan Coma Scale は 1,Fugl-Meyer Assessment( 以下,FMA) は右上肢 26/66 下肢 16/34 であり, 右上下肢の感覚検査において表在は軽度鈍麻, 深部は中等度鈍麻であった.Manual Muscle Testing( 以下,MMT) では股屈曲 2/4( 右 / 左 ), 膝伸展 3/4, 足背屈 3/4, 体幹屈曲 2 であった. Behavioural inattention test( 以下,BIT) は通常検査 98/146, 行動検査 24/81 であった.Pusher 現象の評価である Scale for Contraversive Pushing ( 以下, SCP) は 3.75 であった.Functional Independence Measure( 以下,FIM) は 41/126( 運動 22, 認知 19) であり, 移乗は全介助となっていた. 立位姿勢では, Pusher 現象を認め, 体幹が麻痺側後方に倒れる危険性 があった. また立位保持介助下で非麻痺側下肢支持での方向転換を促すが, さらに Pusher 現象が強く見られていた. 治療プログラム 右 KAFO( ダイヤルロック式 : 膝関節屈曲 15 固定, 足関節背屈 10 固定 ) を使用. 壁またはベッドを参照点に非麻痺側体幹 骨盤を正中位に矯正させ立位 歩行練習を実施した. 最終評価( 発症から 22 週目 ) FMA は右上肢 28/66 下肢 17/34 となり,MMT は股屈曲 3/4( 右 / 左 ), 膝伸展 3/5, 足背屈 3/4, 体幹屈曲 2 となった.BIT 通常検査 125/146, 行動検査 55/81 となり,SCP は1.0 となった. FIM は 52/126( 運動 33, 認知 19) となり, 移乗動作は最小介助となった. 立位姿勢において Pusher 現象はほとんど見られなくなり, 方向転換では殿部に触れる程度の介助で体幹 麻痺側下肢の回転が可能となった. 考察 本症例の移乗動作では立位保持および方向転換の際,Pusher 現象のため重度介助を要していた. Karnath らは Pusher 現象には, 視覚的垂直認知と, 身体的垂直認知の差異が関与することが示唆しており 2), 本症例では右半側無視により視覚的, 身体的垂直認知の歪みが生じ Pusher 現象を呈していると考えた. これらの差異を解消するため, 身体的垂直認知に対し KAFO を用いた麻痺側への荷重, 視覚的垂直認知に対して壁を用いた立位 歩行練習を実施した. 結果, 右半側無視が改善し, 立位保持および方向転換に伴う非麻痺側上下肢での Pusher 現象が改善し, 移乗動作の介助量が軽減した. 結語 Pusher 現象に対する KAFO 及び壁などの参照点を利用したアプローチは,Pusher 現象を改善させ, 移乗介助量を軽減させることに有効であることが示唆された. 参考文献 1) 網本和ら : 半側空間無視および Pusher 現象を有する患者への理学療法士の関わり : 理学療法 31 巻 5 号, ) Karnath ら :Understanding and Treating Pusher Syndrome : Physical Therapy. Vol 83 No

9 左橋梗塞にて右片麻痺を呈し歩行障害となった症例に対して 立脚後期の改善に取り組んだ一症例森之宮病院井上綾 はじめに 今回 左橋梗塞により 右片麻痺を呈した患者に対し 右立脚後期を獲得することで歩容の改善が得られた症例を経験したため これを報告する 症例紹介 70 代男性で 左橋梗塞による右片麻痺 構音 嚥下障害を呈していた 発症 1 ヶ月後 リハビリテーション目的で当院に転院し 理学療法開始となる MMSE は 30 点で コミュニケーションは良好 ニードは歩行の獲得であった 発症後 66 日目から約 3 週間の評価 治療を行った 症例には本発表の趣旨を書面にて説明し 同意を得た 初期評価( 発症 66 日目 ) ADL は起居動作 移乗動作は自立 移動は車椅子自走自立であった 運動機能は Fugl-Meyer Assessment(F/M) は上肢 44/66 点 下肢 14/34 点であった 背臥位で股 膝関節の自動的な屈伸運動は可能も 随意的な足関節背屈運動は行えなかった さらに長短母趾屈筋や小趾外転筋 掌側 背側骨間筋は短縮し 足底からの固有感覚情報に乏しい状況であった 表在感覚では右踵部に軽度の感覚鈍麻が見られたが深部感覚は良好であった Range of Motion(ROM) は右足関節背屈に可動域制限を認め 右 0 / 左 20 であった 歩行は独歩見守り 軽介助にて可能で 10m 歩行は 51 秒 46 歩であった 右立脚初期では 踵接地が消失し前外側支持となることで 立脚中期にかけて殿筋群 近位ハムストリングス 下腿三頭筋が不活性のため 前方への推進力に乏しかった 右立脚中期 後期にかけては 足関節内反位での支持となることで右下肢への重心移動が不十分で 右体幹の抗重力伸展活動の乏しさと右足関節の可動域制限により右骨盤後方回旋 右股関節は屈曲 右膝関節過伸展 右足関節底屈位での代償運動を引き起こしていた それにより股関節は伸展位へ切り替わらず 立脚後期に移行できなかったため介助を要した 治療プログラム 右立脚後期における体幹の抗重力伸展活動を維持した中で骨盤の前後方回旋中間位 股 関節伸展 内転 足関節背屈位での支持を促すために 体幹から介入し 末梢に向かってアプローチを図った 最終評価( 発症 84 日目 ) F/M は上肢 46/66 点 下肢 18/34 点であった 筋力 感覚検査で著明な変化はみられなかった 右足関節の ROM は 5 と可動域に改善が見られた さらに足関節内反を伴いながらも足関節背屈の随意運動を得られるようになった 歩行は独歩見守りにて可能で 10m 歩行は 30 秒 29 歩であった 右立脚初期 中期にかけて大殿筋 近位ハムストリングスの活性化により 前方への推進力が得られやすくなった さらに足関節背屈可動域右立脚後期における体幹の抗重力伸展活動の向上 大臀筋 ハムストリングスの活性化により 右骨盤の後方回旋軽減 右股関節伸展 内転 足関節背屈位での支持が得られやすくなったことで 右下肢へ重心移動を行うことができるようになり 立脚後期が改善された 考察 大槻は 姿勢制御と運動制御を改善するためには適切な感覚入力が必須となる 資格はもちろん 特に固有受容感覚を重要とする と述べている 1) 本症例は立脚初期 中期にかけて 大殿筋 近位ハムストリングス 下腿三頭筋の低緊張に加え 足部内在筋の短縮により屈曲 内反方向へ引かれているため 姿勢制御における足部内在筋への固有感覚入力が乏しく 足底に対して体幹の抗重力方向への活動が不十分であった 治療では立脚後期の獲得に向けて 座位にて坐骨に対する体幹の抗重力伸展活動の活性化と右足関節の可動性改善 足部内在筋の賦活を図り その後立位にて足底に対する体幹の抗重力伸展活動を高めつつ 股関節周囲筋の活性化を図った その結果 右足関節背屈 右股関節伸展 内転 右骨盤中間位での支持が可能になり 立脚後期の改善につながった それにより右立脚期 遊脚期への移行がスムーズに行えるようになり 歩行速度の上昇につながった 今後の課題としては 依然として体幹や下肢の支持力の弱さは残存しており かつ肩甲帯周囲筋の粘弾性低下により立脚後期に肩甲帯の後退が著明となるため改善が必要である 参考文献 大槻利夫: ボバースコンセプトの変遷と今後.PT ジャーナル. 第 45 巻. 第 7 号

10 アテローム血栓性脳梗塞を発症した症例北野病院鹿島愛香 1 はじめに今回 アテローム血栓性脳梗塞を発症した患者様に対し 歩行の重心位置や関節角度 姿勢に着目してアプローチした結果 歩容の改善を認めたため 発表に関する同意を得た上で報告する 2 症例紹介 68 歳の男性 現病歴として 2015/8/15 早朝に突然左下肢の動かしにくさを自覚 8/17 の 4 時半自宅で転倒し当院に救急搬送される BAD タイプのアテローム血栓性脳梗塞と診断され 当日入院 8/18 より理学療法開始 併存症として右椎骨動脈瘤 既往歴としてうつ病 統合失調症 高血圧がある 3 初期評価(2015/8/18) 意識レベル : 清明 Br.stage: 左下肢 Ⅳ ミンガッチーニ徴候 : 左下肢下垂 感覚 ( 位置覚 ): 左下肢鈍麻 MMT( 右 / 左 ): 股屈曲 5/4 膝伸展 4/4- 足背屈 4/4- 触診 : 左大殿筋 腹筋群の筋緊張低下 歩行動作 : 支持物なしで見守り~ 軽介助 点滴棒支持では自力で可能 全歩行周期にかけて頭頸部や体幹の屈曲を認める 左踵接地認めない 左初期接地 ~ 左立脚中期にかけて左股関節が屈曲位のままであり 身体重心の上方移動を認めない 体幹は立脚肢より前方に位置している 4 治療プログラム触診により左大殿筋 腹筋群の筋緊張低下を認めることや 歩行動作より全歩行周期にかけて頭頸部や体幹の屈曲を認めること 左初期接地 ~ 左立脚中期にかけて左股関節の伸展を認めず屈曲位であることから 大殿筋と腹筋群の筋緊張低下が問題点であると考えた 大殿筋や腹筋群の筋緊張の改善を図るため 膝立ちやブリッジ運動を反復して実施した 5 最終評価(2015/9/7) 意識レベル : 清明 Br.stage: 左下肢 Ⅵ ミンガッチーニ徴候 : 左下肢軽度下垂 感覚 ( 位置覚 ): 左下肢軽度鈍麻 MMT( 右 / 左 ): 股屈曲 5/4 膝伸展 5/4 足背屈 5/4 触診: 初期評価時と比較して左大殿筋 腹筋群の筋緊張改善 歩行動作 : 独歩見守り 全歩行周期にかけて初期評価より頭頸部や体幹の屈曲が軽減 左 踵接地軽度出現 左初期接地 ~ 左立脚中期にかけて左股関節が伸展し 体幹が立脚肢上に位置する 6 考察アテローム血栓性脳梗塞の患者様の歩容に改善を認めた その中でも 麻痺側立脚中期の重心位置や関節角度 姿勢に着目した 1) 石井によると 歩行動作の初期接地 ~ 立脚中期にかけて 身体重心は股関節が伸展して上方へ移動する 股関節は屈曲 20 ~30 から 0 まで伸展し 重心は最高到達点に達する 体幹は立脚肢上に位置する 本症例の左初期接地 ~ 左立脚中期にかけて 頭頸部 体幹の屈曲や 左股関節が屈曲位のままであり 身体重心の上方移動を認めず体幹が立脚肢より前方に位置していることが正常な歩行動作から逸脱していると考える 改善するためには股関節の伸展モーメントが必要であり 大殿筋へのアプローチが必要であると考えた また 触診により腹筋群の筋緊張の低下を認めたことより 腹筋群に対してのアプローチも必要であると考え 膝立ちやブリッジ運動を実施した 膝立ちに関して中村ら 2) は 膝立ち位は立位と比較して身体重心が前方に位置し大殿筋の筋活動が高くなると報告している 藤原ら 3) は 膝立ち位により抗重力位における腹筋群の賦活を促し体幹の安定性が向上したことで股関節周囲の単関節筋群の筋出力向上を認めたと報告している ブリッジ運動に関して岩月ら 4) は ブリッジ運動は大殿筋を賦活すると報告している 本症例も 膝立ちやブリッジ運動により大殿筋や腹筋群が賦活し 歩行時の股関節伸展が出現して身体重心の上方移動を認め 体幹屈曲位も改善したと考える 7 文献 1) 石井慎一郎 : 動作分析臨床活用講座バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践 :MEDICAL VIEW 2) 中村香織ら : 膝立ち位における筋活動の特性 - 立位 骨盤傾斜との比較 -: 理学療法基礎系 ) 藤原亜希子ら : 膝立ち位アプローチにより体幹の安定性が向上し歩行時痛が消失した症例 : 理学療法群馬 23: ) 岩月宏泰 木山喬博 室賀辰夫 : ブリッジ運動の運動学的解析 : 運動生理 3(4)

11 右ヒラメ筋の痙縮に対し, Phenol Block を施注した右片麻痺患者の 1 症例関西電力病院リハビリテーション科掛谷佳昭 はじめに 脳卒中ガイドラインでは痙縮に対する治療法として神経ブロックが有効とされている. 過去の報告では Phenol Block( 以下, PB) 施注群はボツリヌス毒素 ( 以下,BTX) 施注群と比して効果の持続期間が短いと言われている. 今回, 左被殻出血を発症し右片麻痺を呈した症例を担当した. 右足関節底屈筋の痙縮により歩行障害が生じていたため, 右ヒラメ筋に対し PB を施注した. 施注後, 階段昇降練習を中心に理学療法介入した結果, 施注 4 週後 BTX と同等の効果が得られ, 歩行能力が向上し屋内歩行自立となり自宅退院に至ったので報告する. 症例紹介 50 歳代女性で診断名は左被殻出血である. 発症同日に開頭血腫除去術を施行し, 第 46 病日に当院回復期病棟転院となる. 転院時, Fugl-Meyer Assessment( 以下, FMA) が下肢運動機能 3/34 点, 感覚 1/12 点でADLは全介助であった. その後, 理学療法を介入し, 第 176 病日時点で FMA 下肢運動機能 8/34 点, 感覚 6/12 点まで改善し, T-cane とプラスティック短下肢装具を使用し歩行可能となった. しかし, 歩行時に Foot clonus を生じることから歩行の安定性が低下し介助を要していた. 病前 ADL は全自立であった. 説明と同意 症例とその家族に本発表の趣旨を説明し口頭にて同意を得た. 施注前評価 ( 第 176 病日 ) FMA は下肢運動機能 8/34 点, 感覚 6/12 点であった. 右膝蓋腱反射, 右アキレス腱反射 ( 以下, ATR) は亢進し, 右 Foot clonus 陽性であった. 感覚は右表在, 深部とも中等度鈍麻, 筋緊張は Modified Ashworth Scale( 以下, MAS) 右足関節背屈 2であった. 10m 歩行は 35.3 秒 34 歩, 歩行率 57.6 steps/min, 歩行速度 0.28 m/sec, 重複歩距離 58.4 cm であった. Functional Independence Measure( 以下, FIM) は 95/126 点で移動は車イスを使用していた. 経過 PB 施注前,1%Xylocaine 注射液の施注を行い, 筋緊張低下による歩行時の支持性低下がないことを確認した上でPB 施注となった. PB 施注後, ATR が減弱し, Foot clonus は陰性となり, 足関節背屈の MAS は 1 と低下を認めた. 治療プログラム 麻痺側足関節背屈持続伸張, 起立 歩行練習, 階段昇降練習, ADL 動作練習 最終評価( 第 206 病日 ) FMA は下肢運動機能 8/34 点, 感覚 6/12 点であった. 反射は右 ATR 正常, 右 Foot clonus 陰性となり, 筋緊張は MAS 右足関節背屈 1 に低下を認めた. 10m 歩行は28.7 秒 31 歩, 歩行率 64.8 steps/min, 歩行速度 0.34 m/sec, 重複歩距離 64.4 cm に向上した. FIM は 95/126 点と変化しなかったが, 移動方法が歩行となり屋内歩行が自立した. 考察 PB は筋緊張低下の即時効果はあるが, BTX と比較してその持続期間は短い. 本症例は施注後より階段昇降練習を中心に実施した結果, 施注 4 週後, 筋緊張の亢進なく歩行能力の向上を認めた. BTX 施注前と施注 4 週後の歩行能力を比較した報告 ¹) と本症例を比較すると歩行率, 歩行速度, 重複歩距離において BTX 施注 4 週後と同等の改善を認めた. Sakamoto²) らは中等度負荷による立位での非麻痺側運動が麻痺側の筋緊張を低下させることを報告している. 加えて, Alison ³) らは脳卒中片麻痺患者における階段昇降は非麻痺側に対する中等度の抵抗運動であると報告しており, PB 施注後の階段昇降練習が PB の持続期間の延長と歩行能力を向上させた要因の一つであったと考える. 以上のことから, PB 施注後に併用療法として階段昇降練習等の非麻痺側下肢に対する運動療法を実施することは BTX と同等の歩行能力の改善を図れる可能性がある. 引用文献 1). 藤田和樹, 他 : 慢性期脳卒中片麻痺患者に対する下肢ボツリヌス療法後の立位および歩行パラメータの変化. 理学療法学. 30(3): , ).Keiko Sakamoto, 他 :Immediate Effects of Unaffected Arm Exercise in Poststroke Patients with Spastic Upper Limb Hemiparesis. Cerebrovasc Dis 2014;37: ).Alison C. Novak, 他 :Strength and Aerobic Requirements During Stair Ambulation in Persons With Chronic Stroke and Healthy Adults. Arch Phys Med Rehabil Vol 93, April

12 心原性脳梗塞により高次脳機能障害を呈した症例 ~ 課題指向型アプローチによる ADL 向上を目指して ~ 名取病院リハビリテーション科川﨑さくら はじめに 今回右中大脳動脈 後大脳動脈領域での心原性脳梗塞を発症し 更に同領域に出血性梗塞を呈した症例を担当した 本症例は重度の高次脳機能障害及び全失語が認められ 更に感覚障害や注意の分配 転換 選択性の低下等が認められた そのため左半身の管理が不十分であり 歩行時等において左半身が壁やドア等にぶつかってしまう状態であった そこで今回 課題指向型アプローチを行うことで左側への注意を促し ADL が向上したためここに報告する 説明と同意 家族には本発表の趣旨を説明し 書面にて同意を得た 症例紹介 H27 年 3 月心原性脳梗塞及び出血性梗塞を発症し 同年 5 月に頭蓋骨形成術施行 左片麻痺 重度の高次脳機能障害及び全失語を呈する 家族はトイレまでの移動とトイレ内動作の自立を望まれており 自宅退院には左側への注意力と ADL の向上が必要である 初期評価(8 月 29 日 ~9 月 1 日 ) 主訴: 聴取困難 BRS- t: 左上肢 Ⅴ 左下肢 Ⅴ 感覚 ( 表在 深部 ): 精査不可能も中等度 ~ 重度鈍麻バランステスト :FR 0cm 片脚立位右 5 秒左実施不可能 BBS40/56 点注意 :TMT-A 実施不可能探索 :4~5/10 枚歩行 : 左側をぶつけてしまうため接触介助必要 また病棟内では車椅子移動全介助 トイレ動作 : 下衣操作介助要 更衣 : 上衣と下衣の識別不可 袖や裾の左右認識不可 また下衣操作においても介助要 整容 : 準備等の一部に介助要 FIM:50 点 治療プログラム(9 月 7 日 ~10 月 4 日 ) 左側の壁に本症例の趣味であったパチンコのイラストを複数枚貼り それらを見ながらの左側への注意を促すよう歩行を行った 更にトイレ時 自宅では左開きのドアであるためまずは難易度を上げるため衝立を代用し その後ドアを使用して訓練を行った 最終評価(10 月 5 日 ~10 月 8 日 ) 主訴: 聴取困難 BRS-t: 左上肢 Ⅴ 左下肢 Ⅴ 感覚 ( 表在 深部 ): 精査不可能も中等度鈍麻バランステスト : FR18.5cm 片 脚立位右 11 秒左 3 秒 BBS46/56 点注意 :TMT-A 実施不可能探索 :8~10/10 枚歩行 : 病棟内独歩にて移動自立トイレ動作 : 自立更衣 : 自立整容 : 自立 FIM: 103 点 考察 課題指向型アプローチを実施した結果 左側に対する注意力の向上が認められた それに伴い病棟内の ADL 向上が得られた まず左側の壁に本症例の趣味であったパチンコのイラストを複数枚貼り それらを見ながらの左側への注意を促すよう歩行を行った これはシステム理論に基づいており 個体はある特定の環境の中で遂行されている課題の要求に合わせようとし 課題と環境要求とが適合するとされている ²) 本症例の場合 左側を見るような環境下にて行ったため この運動課題に合わせて自己組織化機構が働いたことで左側を見るといった環境適応が生じたと考えた また本症例は口頭指示が困難であるため 趣味を利用することで能動的に行えるよう実施した 次に左開きドアの開閉訓練であるが これは運動学習に基づいていると考えた 運動学習の過程では転移性 動機付け 行動変化 保持が重要な要素とされている ³) そこで自宅環境と同様に行ったことでの類似性転移 無意識的な動機付け 衝立から行うことで難易度を下げ繰り返し行いその都度フィードバックを行った またフィードバックに関してはぶつかることで一連の動作が止まってしまい 自動的に左側への注意が誘導されることで視覚での内在的フィードバックが可能となった 外在的フィードバックでは表情での教示を行った その後保持が認められたため 運動学習により行動がスキル化されたと考えた 参考文献 1) 原寛美 : 脳卒中理学療法の理論と技術メジカルビュー社 2) 諸橋勇 : 課題指向型アプローチに基づく歩行トレーニング理学療法 29 巻 7 号 ) 塩見泰蔵 : 脳卒中に対する課題指向型アプローチの概要理学療法 27 巻 12 号

13 上腕骨近位端骨折を呈した症例の肩関節屈曲 ROM 制限の原因について牧病院山下耕平 はじめに 今回 上腕骨近位端骨折を呈した症例に対し 筋機能と肩屈曲可動域制限との関係を調査した 肩屈曲主動作筋の三角筋前部 中部 後部線維 ( 以下 三角筋群 ) 肩甲骨上方回旋筋の僧帽筋 前鋸筋( 以下 肩甲骨周囲筋群 ) 臼蓋骨頭リズムに作用する棘上筋 棘下筋 小円筋 肩甲下筋 ( 以下 腱板筋群 ) の 3 群を中心に徒手療法を行い 治療前後に ROM 改善について考察し 若干の知見を得たため報告する なお 症例には研究の趣旨を説明し同意を得た 対象症例 50 代男性 左上腕骨近位端骨折で プレート固定されている X 線画像にて上腕骨頭の内反偏移がみられる ( 図 1) 介入当初からセルフケアは自立されていた 治療方法 上記 3 群に対して徒手療法を行った 治療の順番による影響を考慮し 3 群を組み合わせた 6 通りの治療順序で実施した 各群を最初に介入する機会のデータを 100% とし 治療前後 ROM 平均値と改善度を以下の表に表している ( 表 1) ROM は臥位にて 自他動運動で測定を行った 結果 自動運動では腱板筋群に最も改善がみられ 107% の改善度で ROM は 7.5 増大した また 肩甲骨周囲筋群は 104% の改善度で 5 増大がみられた 三角筋群は著変が見られなかった また 他動での ROM に著変は見られなかった 向上したことで 上腕骨頭は関節窩に引きつけられ固定性が向上し 肩関節運動を円滑に行うことが出来たと考える また 肩甲骨周囲筋群治療後 若干の自動 ROM が向上したことについて 僧帽筋 前鋸筋の収縮向上によって 肩屈曲時の肩甲骨上方回旋が行われたため ROM が改善したと考える 三角筋においては上腕骨が屈曲する際 腱板筋による上腕骨頭の関節窩への固定性低下により三角筋の機能が十分に発揮されないため 著変がなかったと考える 他動 ROM については 本症例における ROM 制限の因子として肩屈曲に関わる筋群の拮抗筋へのアプローチが少なかったため 著変がみられなかったと考える X 線画像から 上腕骨頭の内反偏移によって骨アライメント不良であることから ROM 制限が残存していると考える おわりに 本症例における肩屈曲 ROM 制限について 骨折による上腕骨頭のアライメントにより ROM が制限されているが 今回の研究により腱板筋機能低下による肩関節包内運動の逸脱が自動 ROM 制限に関与していることが示唆された また 肩関節屈曲に作用する筋の相互的な作用を踏まえて介入することの必要性 重要性を学んだ ( 表 1) 治療前後 ROM 平均値と改善度 腱板筋群 肩甲骨周囲筋群 三角筋群 A / % / % / % B / % / % / % ( 図 1) 術後 X 線画像 (A: 自動 ROM B: 他動 ROM ROM 平均値 : 治療前 / 後 ) 考察 今回 本症例に対し徒手療法を行った結果 治療後の自動 ROM 改善がみられた 徒手療法により筋の収縮が促され 自動運動が改善したと考える 腱板筋において 徒手療法によって腱板筋の収縮が 12

14 肩関節腱板断裂に対して保存的に治療し痛みが消失した一症例行岡病院今泉孝典 はじめに 今回 肩関節挙上及び外転時にインピンジメントによる痛みの訴えが強かった症例を経験したのでここに報告する 症例紹介 70 代男性 無職 診断名は右肩腱板断裂 ( 棘上筋腱中断裂 )Goutallier 分類 Stage2 主訴は 半年前から肩を動かすと引っかかって痛い であった 説明と同意 症例には本発表の趣旨を説明し同意を得た 初期評価 関節可動域 ( 他動 ) は肩屈曲 170 外転 160 であり 自動では屈曲 120 外転 90 であった 自動運動で屈曲 120 位で NRS7 外転 90 位で NRS7.5 の痛みがあった 1st 外旋は 40 2nd 外旋 70 3rd 内旋 0 であった 肩屈曲 外転筋力については MMT3 レベルで抵抗を加えると痛みが出現した 棘上筋テスト陽性 elbow push test にて前鋸筋 left off test にて肩甲下筋の筋力低下を認めた インピンジメントテストは Neer Hawkins ともに陽性であった 大胸筋 小胸筋 棘下筋 広背筋などに特に強い圧痛を認めた 上腕骨頭は前方に偏位し 肩甲骨は挙上及び外転 前傾位であり アライメントに左右差が認められた また自動での肩挙上及び外転時 肩甲骨の上方回旋が著明であった JOA スコアは 55.5/100 点であり日常生活動作の評価項目では 結帯動作 上着を着る などに減点が見られた 我々が実施している僧帽筋下部の筋力評価では 重錘負荷なしで 10 回が限界であった 治療プラグラム 週 1~2 回の外来フォローを約 4 ヶ月間実施した 治療内容は肩後面筋の tightness に対しては主に 3rd 内旋のストレッチング 肩前面筋 ( 大胸筋 小胸筋 ) に対してはダイレクトストレッチを行った 肩甲胸郭関節のモビライゼーションを行った後に 肩甲骨周囲筋の筋力強化を図った 僧帽筋下部に対しては肩甲骨内側及び下角に直接徒手で抵抗を加えて行った 痛みが軽減してからは 腱板筋のトレーニングを段階的に実施した 最終評価 関節可動域 ( 他動 ) は肩屈曲 170 外転 170 1st 外旋 60 2nd 外旋 90 3rd 内旋 10 と向上し 自動運動での痛みは消失した 筋力については MMT4レベルまで改善した インピンジメントテストは陽性のままであったが その際に生じる疼痛は軽減した 初期評価時に見られていた筋の圧痛も軽減し 上腕骨頭の前方偏位や肩甲骨外転などのアライメント異常は 初期に比べ改善が見られたが 肩甲骨の挙上と過度の上方回旋の代償は残存している ( 図 1) JOA スコアは 92/100 点となり 疼痛 筋力 機能面すべての項目で点数が向上し 初期評価時では不可だった 結帯動作 上着を着る の項目は 疼痛なしで動作が獲得できた など痛みなく可能となった また僧帽筋下部の筋力評価では 重錘負荷 500gで 30 回可能となり Shoulder36(V1.3) では ほぼ全ての項目で動作可能までに改善した 考察 棘上筋の内方ベクトルと三角筋の外方ベクトルにより安定した肩関節の外転運動が行われる 1) が 棘上筋が断裂すると内方及び下方へのベクトルが失われ骨頭は上方に偏位し 肩峰下でインピンジメントが生じる 本症例は痛みが長期化していることと 肩関節 3rd 内旋が 0 と制限が見られていることから 後面筋や後下方の関節包は短縮していることも骨頭の下方への滑りを阻害してインピンジメントを起こしている原因と考えた また骨頭は内旋位を呈しており 小胸筋に強い圧痛が認められたことから肩甲骨は前傾していることも痛みの原因であると考えた これらの問題点に対して まず tightness を改善させることから始め その後 肩甲骨の mobility を引き出し 軽い負荷から腱板筋のトレーニングを行った結果 骨頭が動作時 求心位を保持できるようになり痛みが消失し ADL 動作を スムーズな動作が再獲得出来たと考えた : 脊柱 : 肩甲骨図 1 最終評価 < 左 : 屈曲 90 右 : 外転時の肩甲骨のアライメント > 引用文献 1) 林典雄 ( 監修 ): 肩関節拘縮の評価と運動療法.2014 ( 運動と医学の出版社 ) 13

15 華道教室復帰を目指し治療を展開した人工股関節置換術後の一症例大阪回生病院森山僚 はじめに 今回, 右人工股関節全置換術 ( 以下 :THA) を施行した症例を経験した. 華道教室講師に就き職場で階段昇降が必要であった. 問題点を考察し治療を展開することで, 動作が改善し華道教室開催の実現,QOL 向上が得られたので報告する. 症例紹介 発表の趣旨に同意を得た 70 代女性. 両側変形性股関節症. 右側のみ THA 施行 ( 図 1). 既往歴は両側臼蓋形成不全 ( 幼少時 ), 左副腎腫瘍摘出手術 (20 年前 ) であった. 評価 初期評価 : 術後 日, 最終評価 : 術後 日 ( 初期 最終の順で記載 ) カナダ作業遂行測定 ( 遂行度 満足度の順で記載 ) は, 華道に参加できる ( ) 華道準備時にバケツを持って安全に歩ける ( ) 綺麗な昇段動作ができる ( )( 図 2).SF36v2 TM 下位尺度を用いた QOL 評価では, 身体機能 (14 21), 全体的健康観 (23 25), 社会生活機能 (5 8), 精神日常役割機能 (11 12) の 4 項目が改善した. 関節可動域 (Rt/Lt 単位 : ) は股関節屈曲 85/60 85/65, 伸展 -5/0 5/0. 徒手筋力検査は股関節屈曲 3/2 3/2, 伸展 3/3 4/4, 内転 3/2 3/2, 外転 4/4 4/4. 初期評価時の昇段動作では右体重受容期に体幹右側屈. 右引き上げ期に左膝関節屈曲を用いた体幹後傾, 骨盤右後方回旋が出現した ( 図 3). 最終評価時では上記 2 つの相の代償動作が軽減した. 治療 初期は両側股関節屈筋群に徒手療法, 右殿筋群の筋出力を促通. その後, 問題点を再考し体幹伸展位保持を促した上で右股関節伸展機能に着目した治療を展開した. 考察 本症例の階段昇段動作が困難になっていた要因として以下を挙げる. 手術侵襲と長期に渡る臼蓋形成不全のため, 骨頭を求心位保持しようと右股関節内転筋を過剰に収縮させていた. そのため, 右股関節外転筋の遠心性収縮での筋出力低下が考えられる. さらに, 右股関節伸展可動域制限と左股関節屈曲可動域制限のため遊脚下肢を昇段する際, 身体重心を後方移動させる counter-weight の戦略を使用していると考えた. し かし治療を継続するも, 代償動作は残存した. そこで問題点を再考し,20 年前の左副腎腫瘍摘出手術による体幹機能低下に着目した. 体幹機能低下が両側股関節の機能低下を助長させていると考えた. 開放手術による疼痛回避姿勢や筋 皮膚の癒着により, 日常的に右股関節屈曲位をとり, 右脊柱起立筋の過活動が生じていると考えた. 脊柱起立筋が過活動することで, 椎体の回旋方向への運動が減少する. そのため, 骨盤右後方回旋の代償を上部体幹が行い, 骨盤との分離した運動を行いづらくなる. それらが体幹伸展位保持を作れない悪循環に陥っていると考えた. その後, 体幹伸展位保持した状態で股関節の選択的な運動を試みた結果, 代償動作が軽減した. 活動が改善し, 華道教室開催ができたことが参加に繋がり,QOL 向上に至ったと考えた. おわりに 問題点は現疾患に限らず既往歴にも存在し, 効果の検証を行い治療を改変していく事を学んだ. 図 1 レントゲン写真 ( 左 : 術前, 右 : 術後 ) カナダ作業遂行測定 ( 重要度順に記載 ) 1 華道に参加できる. 2 華道準備時にバケツを持って安全に歩ける. 3 綺麗な昇段動作ができる. 遂行度満足度図 2 カナダ作業遂行測定 ( 左 : 遂行度, 右 : 満足度 ) A B A B 図 3 昇段動作 ( 左 : 初期, 右 : 最終 A: 右体重受容期 B: 右引き上げ期 ) 14

16 両側同時全人工股関節置換術施行後 腰椎前弯の増強に着目し歩容の改善を図った一症例 JCHO 大阪病院吉岡早紀 はじめに 両側変形性股関節症に対し両側同時全人工股関節置換術 ( 以下 THA) を施行した症例について腰椎前弯の増強に着目し アプローチを行い改善がみられたため報告する なお 本症例には発表の趣旨を説明し書面にて同意を得た 症例紹介 60 歳代後半 女性 5 年前より起立時に両股関節痛が出現しその後増悪した 両側変形性股関節症の診断にて当院で後外側アプローチの両側同時 THA を施行された 独居で入院前は独歩で移動していた 初期評価( 術前 ) 日本整形外科学会股関節機能判定基準 ( 以下股関節 JOA): 合計 31 点 Barthel Index100 点 関節可動域測定 ( 以下 ROM-t 右/ 左 単位 で表記 他動的に測定 ): 股関節屈曲 70/70 伸展 0/0 内転 10/10 外転 10/10 徒手筋力検査( 以下 MMT 右/ 左で表記 ) 股関節屈曲 4-/4- 伸展 4+/4+ 外転 3/4+ 腹直筋 5 腹斜筋 5/5 下肢長( 右 / 左で表記 単位はcm ): 棘果長 70.5/72.5 臍果長 82.5/81.5 疼痛 (Numeric Rating Scale 以下 NRS): 両股関節運動時痛 9 荷重時痛 9 夜間時痛 3 両膝荷重時痛 4 腰痛 9 静止立位アライメント : 骨盤前傾 左回旋位 腰椎前弯増大 股関節正面 x 線画像での最大縦径 (L) と骨盤腔の最大横径 (T) の比率 ( 以下 L/T) は 0.75 骨盤傾斜角 :9.65 歩行 : 腰背部筋の筋緊張亢進し 腰椎前弯増強認めた 右立脚期 trendelenburg 歩行であった 両立脚中期 ~ 後期にかけて立脚側への骨盤回旋認めた 両下肢振り出しの際に股関節屈曲不十分であった 10m 速歩 : 独歩で 秒 Time Up and Go test( 以下 TUG): 独歩で 秒 Thomas test 変法 : 陽性 治療プログラム 経過 静止立位アライメントから認めていた腰椎前弯の増強に着目しアプローチした 股関節伸展 ROM 制限および大殿筋筋力低下に対して 腸腰筋の持続伸張 大腿直筋の収縮 弛緩を用いた股関節伸展の他動的な関節可動域訓練 ( 以下 ROM-ex) および股関節伸展運動を行った 腰椎前弯増強に対して 立位とベッド上での股関節周囲筋の筋力増強訓練は腹横筋エクササイズとして腹部引き込み運動 ( 以下ドローイン ) で腹横筋の収縮を用いながら実施した 術後 15 日には 杖歩行時の腰椎前弯増強が軽減した 術後 16 日からは右立脚期のtrenderenburg 跛行の軽減を認めた 術後 29 日には独歩でも 1~2m 腰椎前弯増強せずに歩行可能であった 最終評価 ( 術後 30 日目 ) 股関節 JOA: 合計 82 点 Barthel Index100 点 ROM-t: 股関節屈曲 95/90 伸展 5/10 内転 5/15 外転 20/20 MMT: 股関節屈曲 5/5- 伸展 5-/5- 外転 5/5 腹直筋 5 腹斜筋 5/5 下肢長: 棘果長 71.5/72.0 臍果長 84.0/84.0 疼痛 : 右膝疼痛 + 静止立位アライメント : 骨盤前傾 左回旋位 腰椎前弯増強を認めていたが初期評価時に比較し軽減を認めた L/T は 0.7 骨盤傾斜角 12.9 歩行 : 右立脚期の trendelenburg 歩行の軽減および両下肢振り出しの際に股関節屈曲改善認めた 両立脚中期 ~ 後期にかけて立脚側への骨盤回旋認めた 独歩では歩行距離延長と共に腰背部筋緊張亢進し 腰椎前弯増強みとめた 10m 速歩 : 独歩で 9.59 秒 TUG: 独歩で 秒 考察 本症例は術前より静止立位アライメントで腰椎前弯の増強が認められていた 腸腰筋 大腿直筋の短縮により 両股関節伸展の関節可動域制限が生じ 腰椎前弯が増強していると考えた 腸腰筋 大腿直筋の伸張と大殿筋の収縮を促す為に 股関節伸展 ROM-ex と共に股関節伸展運動を行った また 腹横筋には一般的に姿勢保持作用と腹圧上昇作用がある ドローインを行いながら股関節周囲筋の筋力増強訓練を行うことで体幹の姿勢保持機能を高め 股関節周囲筋の筋の再教育になったと考える 腹横筋の作用により腹圧が高まることで腰背部筋の緊張が軽減し 歩行中の腰椎前弯が軽減したと考える また ベッド上と立位で行うことで静止立位や歩行時の腰椎前弯の軽減に繋がったと考える さらに 股関節伸展 ROM の拡大と大殿筋 中殿筋の筋力増強に伴って歩幅が拡大し 10m 速歩が改善したと考える 15

17 ACL 再建術後遺症患者のパフォーマンス向上の試み Key Words: 前十字靭帯損傷 膝関節屈筋群 スポーツ動作大阪回生病院リハビリテ -ションセンタ - 宮崎喬平 < 評価 > 片脚垂直跳び ( 初期 :17cm 最終 :32cm) 初期 最終 はじめに 10 年前に半腱様筋腱を用いた左 ACL 再建術を施行した症例を経験した 残存する膝関節屈筋群と足関節戦略に着目した治療を展開し 跳躍や切り返し動作に改善が認められた為 考察を加え報告する 症例紹介 本発表について説明を行い同意を得た 30 歳代男性 趣味のフットサル参加時に出現する左膝関節の慢性的な脱力感 疼痛 恐怖心にて 積極的なプレーが制限されていた 評価 : 初期 最終 関節可動域に顕著な異常はなし 左膝関節の疼痛と脱力感の NRS は 5 2/10 Isoforce GT-380( オージー技研 ) にて測定した左膝関節の最大等速性筋力 / 体重 (Nm/kg) は伸展 屈曲 競技特性より 運動を垂直成分と水平成分に分解した評価を施行 片脚垂直跳びは右 27 34cm 左 17 32cm 反復横跳びでは 低重心で強く蹴る事が可能となった また 降段動作の体重受容相では 左踵の急激な落下と左膝関節の過屈曲が軽減 カナダ作業遂行測定では 恐怖心なく跳躍できる 恐怖心なく切り返せる 等の項目が挙がり 各々の遂行度 / 満足度が 2/2 7/5 3/3 8/7 と有意に向上した 治療プログラム 膝関節屈筋群に対する徒手療法 足部 足関節の Mobilization 及び 腓腹筋 薄筋 ハムストリングスの協調的筋活動を促通する運動療法を中心に行った 考察 ACL 再建術後の後遺症である不安定性の評価と治療では 単純な筋力の増減や高強度の動作に着目する傾向があるが 機能解剖学的に考えると出力の大きさよりも筋の協調性が重要であると考えられる また 自立した ADL の中にも 高強度な運動のパフォーマンスに関わる重要な手掛かりは隠されており 本症例では 残存する膝関節屈筋群の協調的筋活動と階段動作にみられた足関節戦略を改善する事がパフォーマンス改善に繋がったと考えられる 反復横跳び ( 低重心で強く蹴る事が可能となった ) 階段降段 ( 自立 ADL の評価 ) < 治療 > 徒手療法 初期 ( 右 体重受容相 ) 初期 初期 ( 左 体重受容相 ) 膝関節屈筋群の協調性促通運動 最終 最終 ( 左 体重受容相 ) 足部 足関節の Mobilization 16

18 上肢課題を取り入れた歩行練習により歩容が改善し歩行速度の向上を認めた症例について大阪暁明館病院中園拓歩 はじめに 右脛骨顆間隆起剥離骨折を受傷した症例に対し上肢課題を使用した歩行練習を行った 結果として歩行速度の向上を認めたため 報告する なお 症例には本発表の主旨を説明し同意を得た 症例紹介 74 歳 女性 20 年前に左視床出血を発症 腰部脊柱管狭窄症により 2 年前に TH9~L1 L2~S1 椎体固定術を施術 受傷前は屋内伝い歩き自立 屋外杖歩行はシューホーン装着で自立 簡単な家事も行っていた 今回 屋外歩行中に転倒し右脛骨顆間隆起剥離骨折を受傷 観血的プレート固定術を施術 術後 4 週目より回復期病棟へ転棟 ( 発表者の介入開始 ) 15kg 荷重開始し 8 週目に全荷重 (43kg) 開始した A: 初期評価 ( 術後 4 週目 15kg 荷重 ) 右 / 左 Brunnstrom recovery stage( 以下 BRS) は右上肢 Ⅵ 手指 Ⅵ 下肢 Ⅵ 感覚は右 L5~S1 神経領域で表在 深部感覚共に中等度鈍麻し 母趾 小趾は消失していた 関節可動域 ( 以下 ROM) は右足関節背屈 5 徒手筋力検査 ( 以下 MMT) は股関節外転 2/3 外旋 2/3 膝関節屈曲 2/3 伸展 3/4 足関節背屈 2/4 脊柱円背 左凸の側弯のアライメント不良を生じていた 平行棒内部分荷重歩行では右立脚期に右足関節底屈位で足尖部のみで接地していた B: 中間評価 ( 術後 8 週目 全荷重開始 ) 荷重は 15.0kg/28.0kg Functional Reach Test( 以下 FRT) は右 16.2cm 10m 歩行 ( 杖 シューホーン装着 ) は 25.6 秒 (42 歩 ) であった 歩行は右荷重応答期 ~ 立脚中期 ( 以下 LR~MSt) に体幹 骨盤の前傾 右回旋 膝ロッキング トレンデレンブルグ徴候を認めた 動作中の体幹 股関節の抗重力伸展活動を意識させると上肢 肩甲帯の過剰努力となりふらつきが増加した C: 最終評価 ( 全荷重開始から 4 週目 ) MMT は股関節外転 3/4 外旋 4/5 膝関節屈曲 4/5 伸展 4/5 足関節背屈 2/4 荷重は 21.0kg/22.0kg FRT は右 18.1cm 10m 歩行 ( 杖 シューホーン装着 ) は 秒 (35 歩 ) であった 立位にて右踵部への荷重が可能となり足底全面で接地可能となった 右 LR~MSt での骨 盤前傾 トレンデレンブルグ徴候は修正され右立脚期は延長し 歩行速度が向上していた 治療プログラム A-B 間は右足底感覚入力と下肢筋力増強を中心に行い 荷重量の増加に応じて立ち上がり練習 ステップ練習 歩行練習へと移行した B-C 間で独歩可能となった時点で 上肢課題を与えた練習を行った 課題として 1kg 重錘を両上肢で把持した状態で歩行練習やリーチ動作を行い 重錘の重さや移動距離は動作の安定性に応じて変更した 課題の遂行に意識を向けることで上肢 肩甲帯の過剰努力は軽減し 体幹の抗重力伸展活動が持続する様子が観察された 考察 本症例は右 LR~MSt において右膝をロッキングし体幹前傾 骨盤前傾 右回旋により股関節屈曲を強めた状態で重心移動を行っていた 右股関節伸展筋 外転筋の十分なモーメントが得られず 体幹の抗重力伸展活動も乏しかった為 左下肢を振り出す際に骨盤が崩れることで 右立脚期は短縮し歩行効率は低下していたと考える そこで重錘把持という課題に意識を向け その背景で行われる姿勢バランス制御から意識を外した それにより上肢 肩甲帯の過剰努力を抑え ふらつきを軽減した状態で 無意識下での予測的姿勢制御による体幹の抗重力伸展活動と股関節伸展 外転モーメントの発揮を促した 介入当初からの股関節伸展 外転筋の筋力増強に加え 足底全面での接地により支持基底面を拡大し また足底感覚入力を行うことで右下肢支持による姿勢制御を行う為の条件を整えた さらに 課題を反復し無意識下の学習 ( 暗示的学習 ) 1) が進むことで持続的な体幹の姿勢制御に加え 適切なタイミングで股関節伸展モーメントが発揮されたと考える また 課題の難易度を変更し 様々な条件下で課題を繰り返すことで成功体験となり強化学習に繋がったと考える 結果 右 LR~MSt において骨盤前傾 トレンデレンブルグ徴候が修正された状態で立脚中期 後期への移行が可能となり 股関節伸展による推進力が得られやすくなったことで 立脚期が延長 歩行速度が向上し 歩行効率が向上したと考える 参考文献 1) 潮見泰蔵 : 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニング,p139~140, 東京,

19 髄膜腫発症後 左運動野皮質下微小出血により右片麻痺を呈し 麻痺側足部内反軽減による立位バランス向上により歩行の安定性が改善した一症例ボバース記念病院中村和由 はじめに 脳卒中右片麻痺により歩行時に麻痺側足部内反による引っ掛かりが生じ 麻痺側へバランスを崩しやすく見守りが必要な症例を経験した 脳卒中片麻痺患者のバランスに関して 簡便なバランス検査と歩行自立の関係を検討した報告は多い しかしながら諸家の報告では 立位バランスの改善が歩容改善と関連付けられた運動療法の介入効果を比較検討した報告はない そこで本症例では 立位動的バランスを改善させることで 足部内反を軽減し 歩行安定性を向上させることを目的に運動療法 A と B を実施した その結果 歩行の安定性が改善したので報告する 症例紹介 60 歳代女性 髄膜腫発症後 腫瘍摘出術施行 術後左運動野皮質下に微小出血発症 発症 21 日経過後 リハビリテーション目的で当院へ入院 介入期間は 125 病日から計 10 日間 感覚は表在 固有共に良好 起居動作自立 右上肢の随意性は良好で セルフケアは両上肢にて自立 歩行は T 字杖と軟性短下肢装具にて見守り 初回の歩行は 全歩行周期に腰椎前弯と体幹左側屈が観られ 右 Mid stance( 以下 MSt) から Terminal stance( 以下 TSt) に右股関節伸展と足関節背屈が低下していた その後 右 Initial swing( 以下 ISw) から Mid swing( 以下 MSw) に骨盤を右挙上することで下肢を振り出し右足部内反が強まっていた 右足部の内反増強の主要問題は 両側腹斜筋 多裂筋の低緊張により体幹中枢部が不安定となり 右股関節伸展活動が低下していると考えた その結果 右立脚期に十分な股関節伸展と足関節背屈が得られず 遊脚期の蹴り出しが不十分となり 代償的に骨盤を挙上し足部の内反が増強すると仮説した 方法 体幹中枢部に対する介入方法の違いより 単一症例検討を A-B デザインと設定した 治療 A は下肢の運動に伴う下肢 体幹筋の活性化を行う方法 治療 B は主要問題となる体幹筋の直接的な活性化を行う方法とした A 期 B 期共に介入期間をそれぞれ 5 日間とした 評価項目は Fugl-Meyer Assessment( 以下 FMA) 下肢項目 右足関節 Range of motion( 以下 ROM) 体幹 右下肢姿勢筋緊張検査 (MSt~TSt) 右足関節底屈筋 Modified Ashworth Scale( 以下 MAS) Berg Balance Scale( 以下 BBS) Functional Reach Test( 以下 FRT) 10m 最大歩行テストを各期開始時 終了時に測定した 結果 A 期開始時 A-B 期移行期 B 期終了時 FMA( 下肢項目 ) 17 /34 19/34 21/34 ROM( 膝関節伸展位右足関節背屈 ) MAS ( 右足関節底屈筋 ) 姿勢筋緊張検査 (MSt~TSt) 両側多裂筋 中等度低緊張軽度低緊張 軽度低緊張 両側内腹斜筋 中等度低緊張軽度低緊張 軽度低緊張 両側脊柱起立筋 高緊張 高緊張 軽度高緊張 右大臀筋 中殿筋 中等度低緊張軽度低緊張 軽度低緊張 右ハムストリングス 中等度低緊張軽度低緊張 軽度低緊張 右ヒラメ筋 過緊張 軽度過緊張 軽度過緊張 右腓腹筋 中等度低緊張軽度低緊張 軽度低緊張 BBS 37/56 点 42/56 点 43/56 点 FRT 20cm 23.5cm 26cm 10m 最大歩行テスト 27 秒 30 歩 22 秒 28 歩 19 秒 27 歩 表 :A 期開始時 A-B 期移行期 B 期終了時評価 治療 A では MSt から TSt の股関節伸展と足関節背屈が 向上し その後の ISw から MSw の骨盤の右回旋が促さ れ歩幅が拡大した また 右足部内反の出現が軽減し たことで T 字杖と装具にて病棟内歩行が自立となっ た しかし 装具を使用しない場面では右足部内反に よりバランスを崩す場面がみられた 治療 B では TSt の腰椎前弯と体幹左側屈が軽減した また TSt の股 関節伸展が向上し ISw から MSw の骨盤の右挙上と右 足部内反が A-B 期移行期より軽減した その結果 屋 内において装具を使用しない場面であっても引っ掛か りが消失し歩行の安定性が向上した FRT は 初期と 比較し股関節屈曲による体幹の前傾が出現しリーチ距 離が向上した また B 期終了時では体幹の伸展を伴 う前傾が可能となった その他 表を参照 考察 治療 A では 右股関節の伸展活動が促され 右下肢安定性が向上し FRT が向上した 結果的に 右 TSt の股関節伸展と足関節背屈が向上し 振り出しが 改善したことで右足部内反が軽減した しかし 腰椎 前弯と体幹左側屈の代償パターンが残存し 装具を使 用しない場面では右足部内反による引っ掛かりが観ら れた 治療 B では 両側の腹斜筋と多裂筋の活性化に より 持続的に体幹が安定したことで FRT は体幹の伸 展を伴うことで向上した また 歩行では右下肢への 荷重が増大し TSt の十分な蹴り出しが促され 装具を 使用しない場面においても引っ掛かりは消失した 18

20 右後頭葉脳梗塞により視野障害を呈した症例 ~ 簡便化した視野刺激反復法を用いた結果 ~ 名取病院リハビリテーション科宇井比呂 はじめに 右後頭葉脳梗塞により視野障害を呈した症例を担当した 視野障害によりバランス能力が低下 恐怖心の訴えが強くリハビリテーションを拒否していた 視野障害に対するアプローチを行うことで恐怖心が軽減し 動作能力が向上したためここに報告する 症例紹介 平成 24 年 2 月右前頭葉アテローム脳梗塞により左片麻痺を呈する 退院後 居室からトイレまでの距離 (7m) の歩行 跨ぎ動作を杖で自立していた 平成 26 年 9 月転倒し左大腿骨骨折 人工骨頭置換術施行 その後は自宅で寝たきりの生活を行っていた 平成 27 年 4 月 2 日右後頭葉に再梗塞が見つかる 家族は骨折前の ADL を望まれており 自宅退院には1 立位保持の安定 2 杖歩行 跨ぎ動作見守りが必要である 説明と同意 症例には本発表の趣旨を書面にて同意を得た 初期評価 主訴: 怖い 見えへん BRS-t: 左上肢 Ⅱ 左下肢 Ⅲ 感覚 : 表在 10/10 左半身疼痛フェイススケール 4 視覚 : 左 下方視野欠損 ( 中央より左へ -8.85cm) バランステスト : 立ち直り反応頭頚部右 (+) 左 (-) その他の評価拒否立位 : 手すり使用し見守り 支持物なしの立位は拒否 歩行 : 杖で接触介助 進行方向右に逸れる 治療プログラム バランス練習 ( 立位でのリーチ動作など ) 歩行の反復練習を考案 拒否が強く実施困難 視野障害からの恐怖心を軽減するため 視覚的アプローチとして1 環境設定 2 機能的アプローチを行った 1 床に赤テープを張り進行方向を示し 注視させながら歩行練習を行った 2 視野刺激反復法 ¹) を実施した 視野刺激反復法とは視野欠損部に反復刺激を行うものである まず方眼紙を上下左右二等分し その交点を固視点とする 患者に固視点を注視させ セラピストは方眼紙を左側から指でなぞる セラピストの指を刺激点とし 患者に刺激点が見えた時点で手を上げさせる 刺激点を 3cm 間隔で上方へ移動させる 視野刺激反復法を 1 ヶ月間実施した 最終評価 BRS-t: 左上肢 Ⅱ 左下肢 Ⅲ 感覚 : 表在 10/10 左半身疼痛フェイススケール 4 視覚 : 左視野欠損 ( 中央より左へ 10.6cm) バランステスト : 立ち直り反応頭頚部右 (+) 左 (-)FR17.5cm 立位 : 支持物なしで見守り 上肢挙上などの内乱にも対応可 歩行 : 杖で見守り 進行方向逸れることなく 10m 可 考察 視野刺激反復法を実施した結果 視野が拡大し恐怖心の訴えが無くなった それに伴いリハビリテーションに対する拒否が軽減し 動作能力の向上が認められた 下園らは視野欠損境界領域の同一点を反復刺激することで効果的に視覚路の再建 強化がなされた ²) と報告している 本症例においても同様に視覚路の再建 強化がなされ視野が拡大したと考えた 脳卒中後立位バランス保持の感覚運動機能は視覚系への依存が高まる ³) とされている 視覚障害軽減によりバランス能力が向上し 立位 歩行の安定性が向上したと考える また転倒恐怖感がバランス能力と歩行速度の調和に関連する⁴) とのことから立位 歩行の安定性向上により恐怖心が軽減したと考えた 視覚機能へのアプローチを行い視野障害の改善が確認されたことで 理学療法を進める上で視覚機能へのアプローチも重要であることが示唆された しかし現在の研究では 視覚刺激の部位や回数 期間などの細かな条件設定はなされていない また固視持続が必要であることや課題に対する理解が必要であり 対象者が限られるという問題点がある 今後視野障害を呈した症例に対し治療を行い 細かな条件設定や簡便な治療方法などを検討したい 引用文献 1) 又吉達山口健 : 脳卒中後の視野障害に対するリハビリテーションの新たな試み. 沖縄県医師会沖縄県医師会報,8 号, ) 下園由理香 : コンピューター化視野訓練装置による視覚反復刺激によって四分盲が改善した脳卒中の 1 例. 日本リハビリテーション医学会誌,44: ,2007 3) 佐直信彦中村隆一 : 脳卒中片麻痺患者の立位バランスの決定因子. リハビリテーション医学,vol.30 No.6, ) 樋口由美 : 虚弱高齢者における転倒恐怖感と歩行 バランス能力との関連.J Rehabil Health Sci1:18-22,

21 右橋出血後 左片麻痺と運動失調症を呈し 右方向転換時における麻痺側下肢の支持性向上を目標とした一症例ボバース記念病院佐藤伶奈 はじめに 右橋出血後 左片麻痺と運動失調症を呈した患者に対し右方向転換時の麻痺側 ( 以下左 ) 立脚中期 ~ 後期 ( 以下 MSt~TSt) の支持性向上や動的な左骨盤前方回旋の獲得により病棟内独歩自立に至った症例を経験したので報告する 症例紹介 79 歳男性 右橋出血 ( 左片麻痺 運動失調症 ) を呈し 発症から 43 日後リハビリテーション目的で当院へ転院となる 当院リハビリ施行期間は発症から 44 日後 ~197 日後である 発症から 44 日後 ~147 日後は主に歩行時の左下肢の支持性向上を目的に介入を行い 病棟内歩行器歩行が自立した 147 日後以降は右方向転換時の左下肢の支持に伴った左骨盤の動的安定に伴う独歩自立と設定した 方法 発症から 153 日後以降から2 週間毎に初期 中間 最終評価を実施した ADL 評価として FIM 片麻痺機能評価法としてFugl-Meyer Assessment( 以下 FMA) 運動失調症検査として Scale for the assessment and rating of ataxia ( 以下 SARA) バランス機能評価として Berg Balance Scale ( 以下 BBS) 体幹機能評価として Trunk Impairment Scale ( 以下 TIS) 歩行機能評価として 10m 歩行速度と歩数 Timed Up and Go( 以下 TUG) 関節可動域検査( 以下 ROM-T) 姿勢筋緊張検査 ( 触診 ) を用いた 対象者に本発表の趣旨を説明し 同意を得た上で実施した 結果 初期評価時 ADL は病棟内 U 字型歩行器歩行自立レベル 独歩は軽介助 ~ 近位見守りレベルであった 直線歩行は安定していたが右方向転換時の左下肢支持の際に左骨盤が後方回旋し左股関節屈曲 内転 外旋位となり左後方への転倒リスクを認めた また姿勢筋緊張より両側腹部と左殿筋群の低緊張を認めたため 治療目標を左 MSt~ 左 TSt の支持性向上と動的な左骨盤前方回旋の獲得とした 治療では背臥位でボトムアップや座位で骨盤の前後傾運動により両側腹部と左殿筋群の活性化を促した また体幹の抗重力伸展活動と左下肢の支持性向上を目的に 立位で左下肢を治療台 へ乗せ 前後への体重移動を行うことで左殿筋群と体 幹の同時収縮を促した 中間評価では右方向転換時の 左 MSt~ 左 TSt で見られていた左骨盤後方回旋や左股 関節屈曲が減少し独歩が見守りで可能となった しか し体幹屈曲の著明な改善は見られず 右方向転換時に 体幹の回旋が乏しいため 新たに寝返りや起き上がり 動作の中で左胸郭の前方回旋を促し 左片脚立位で右 下肢の空間での操作により動的な左下肢の支持性向上 を図った 最終評価では左 TSt で体幹と骨盤の回旋が 見られ病棟内独歩自立に至った 評価項目では SARA BBS TUG 等で改善が見られた 初期評価 中間評価 最終評価 FIM 106/126 点 107/126 点 108/126 点 FMA ( 下肢項目 ) 23/34 点 23/34 点 26/34 点 SARA 6.5 点 6.5 点 5.5 点 BBS 34/56 点 36/56 点 40/56 点 TIS 11/23 点 13/23 点 13/23 点 10M 歩行 6 13 秒 /15 歩 6 07 秒 /14 歩 6 00 秒 /13 歩 TUG ( 右回り ) 秒 /21 歩 秒 /17 歩 秒 /16 歩 ( 左回り ) 秒 /21 歩 秒 /18 歩 秒 /16 歩 姿勢筋緊張 ( 触診 : 左立脚期 ) 左内腹斜筋 中等度低緊張 軽度低緊張 軽度低緊張 右内腹斜筋 中等度低緊張中等度低緊張軽度低緊張 左腹横筋 中等度低緊張 軽度低緊張 軽度低緊張 右腹横筋 中等度低緊張中等度低緊張軽度低緊張 左ハムストリングス 中等度低緊張 軽度低緊張 軽度低緊張 左大 中殿筋 中等度低緊張 軽度低緊張 軽度低緊張 表 : 初期評価 中間評価 最終評価の各検査結果 考察 初期評価時 体幹への治療により右方向転換 時の左立脚期で左内腹斜筋による遠心性制御が改善し たことで左下肢の支持性が向上し 中間評価時には病 棟内独歩が見守りで可能になったと考える 櫻井らは 健常者において方向転換の際に体幹伸展と進行方向と 同方向への回旋が起こる 1) と報告しており 本症例で は中間評価以降 体幹と骨盤の回旋への治療で右方向 転換時の左下肢に対する左骨盤の前方回旋が改善し 右下肢への円滑な重心移動が可能となり病棟内独歩が 自立したと考える 独歩は自立したが残存問題は 2 つ 存在し 1 つ目は体幹 股関節屈曲による固定したパ ターンから十分に脱却できず 体幹伸展位 左股関節 伸展 外転 外旋位での十分な支持には至っていない 点である 2 つ目は右方向転換時での左立脚期は改善 したが 右回りでの左遊脚期では失調症による左下肢 の空間での制御が不十分であり 過度な左下肢の拳上 や股関節内転が出現することが課題である 引用文献 1) 櫻井好美 他 : 歩行関連動作のバイオ メカニクス PT ジャーナル 第 47 巻 第 6 号

22 パーキンソン病患者に対する運動療法の経験 - 投薬調整による入退院を繰り返している症例 - JCHO 大阪病院内田直祐 はじめに 近年 パーキンソン病(PD) 患者に対する理学療法において 動作の大きさに焦点を当てた理学療法プログラムが注目されている 今回 PD の長期罹患により投薬調整のために入退院を繰り返している症例に対し 動作の大きさに焦点を当てた運動療法を実施する経験を得たためこれに報告する 尚 症例には発表の趣旨を説明し 書面にて同意を得た 症例紹介 70 代女性 20 年前から左上下肢の動きにくさを自覚し当院受診 PD の診断を受け当院外来にて診察を受けていたが 2013 年頃から投薬調整のため入退院を繰り返すようになる 今回 不随意運動の増悪と幻覚出現のため 投薬調整目的に当院入院となり 翌日から理学療法介入となった 初期評価 ( 入院 2 日目 ) Hoehn-Yahr 重症度分類 (H-Y 分類 ):Ⅳ Mini Mental State Examination(MMSE): 30/30 Unified Parkinson s Disease Rating Scale (UPDRS): 67 点 ( 精神症状 :7 点 ADL:23 点 運動機能 :24 点 治療の合併症状 :13 点 ) 筋緊張 : 四肢では Modified Ashworth Scale(MAS):0 体幹は立位 座位共に姿勢保持ができず低緊張であった 姿勢反射として立位では前方 側方はステッピング反応 立ち直り反応ともに消失し 後方への外乱で突進現象が見られた 粗大筋力では MMT で体幹屈曲 :5 体幹伸展 : 2 相当であった 関節可動域 (ROM) は体幹伸展 :-30 度 股関節伸展 :-5/-5 度 ( Rt/Lt) 膝関節伸展 :-10/-10 度であった 10m 歩行 :17.5 秒 Timed up and Go Test (TUGT): 14.1 秒 歩行は T-cane 歩行で歩幅は 30cm 体幹前傾増強 上肢の振りは消失し小刻み歩行であった 方向転換時や障害物を避ける際にすくみ足が見られていた 不随意運動時間は一日 分であり 不動時間は一日 分であった 治療プログラム 投薬調整と並行し 運動療法として 座位では両肩可動域全域の運動及び体幹屈曲 伸展 回旋を伴った運動を行い 立位では下肢の振り出しと同時に上肢 体幹の運動を実施した 全ての動作 において 体幹の伸展を促しながら大きく動くことを指導した 最終評価 ( 入院 21 日目 ) H-Y 分類 :Ⅳ UPDRS:48 点 ( 精神 :3 点 ADL:15 点 運動 :21 点 治療 :9 点 ) 筋緊張 姿勢反射に変化なし 筋力にも変化はなかった ROM は股関節伸展が 0/0 度 (Rt/Lt) と改善が見られたが 他は変化なし 10m 歩行 :14.4 秒 TUGT: 13.8 秒 歩行は T-cane 歩行で歩幅は 37.5cm 小刻み歩行はやや改善したが体幹前傾や上肢の振りの消失に変化は見られなかった 方向転換時 障害物を避ける際のすくみ足歩行も不動時のみの出現となった 不随意運動時間は 1 日 分 不動時間は 1 日 分と改善が見られ 入院 22 日目で退院となった 1) 考察 坂元らの報告によると 動作の大きさに焦点を当てた運動療法を実施したことで UPDRS は改善するとされている 本症例においても UPDRS は 68 点から 48 点へと改善し 特に UPDRS の運動機能項目において動作緩徐の項目は中等度の動作緩徐から軽度に改善がみられている 動作緩徐と歩幅が改善したことによって歩行効率が向上し 10m 歩行 TUGT ともに改善したものと考える PD の運動障害である無動や動作緩徐は 補足運動野 運動前野の活動低下により 随意運動時の皮質運動野の機能低下を生じた結果であるといわれている 2) 本症例では運動の大きさを意識させることにより 上記運動野の活動が増加し 動作緩徐の改善につながったものと考えられる おわりに PD に対して運動の大きさに焦点化した理学療法プログラムは有効な手段であり 簡単な動作の組み合わせであるため理解が得られやすく 自主練習としても導入しやすかった 今後はバランス能力を定量的に評価し治療プログラムに加えることによってより効率的な運動療法の提供ができるものと考える 参考文献 1) 坂元千佳子ほか :LSVT BIG によるパーキンソン病患者のリハビリテーション. メディカルリハビリテーション,135, ) 山口明 : パーキンソン病のリハビリテーション.Journal of clinical rehabilitation,vol.11 No.12, ,

23 重度痙性麻痺を呈し自己体動困難となった頸椎症性脊髄症患者に対する運動療法の一考察医誠会病院山田真理子 はじめに 今回 長期にわたる痙性の進行により自己体動困難となった症例を担当し 社会復帰するにあたり歩行の獲得を目標に介入した その中で正しい動作を反復し学習する重要性を認識したので 考察を加えここに報告する なお 症例には発表の主旨を説明し 同意を得た 症例紹介 30 歳代男性 母親と 2 人暮らし 平成 24 年に頚椎症性脊髄症に対し 他院にて頸椎後方固定術 (C2/3/4) を施行 平成 26 年 11 月より手指の巧緻運動障害 右下肢の強張り等を自覚 その後 徐々に歩行障害が進行し 平成 27 年 3 月に外出した際 転倒し自己体動困難となり他院へ救急搬送される 頸椎の後弯変形が著明の為 5 月に当院へ手術目的で転院 入院 2 日後にハローリングを装着 ハローリング装着 3 日後に前後同時固定術 (C3/4,4/5,5/6) と後方固定術 (C1/2,2/3,6/7,C7/T1) を施行 医療関係の仕事をしており 復職願望が強い 初期評価( 術後 12 日目 ) 術前同様 痙性は強く筋緊張は亢進しており MAS3 動作時には MAS4 まで亢進を認めた 筋力は概ね MMT4~5 保持されていた 下肢の深部感覚は中等度鈍麻を認めた 座位では左側への荷重偏倚を認め 両下肢ともに屈筋パターンとなり骨盤が後傾していた 体幹は左側腹筋群の収縮が乏しく 右の肩甲帯は外転 外旋位を認め 体幹右側屈位であった 立ち上がり動作全相において体幹 両下肢ともに伸展筋群の高緊張を認めた また 体幹前傾相で十分な下腿の前傾が不十分なまま臀部離床相へと移行し 上肢を挙上する為 後方へ重心が残存し後方へ姿勢の崩れを認めた 姿勢の自己修正は困難であった 離床開始後 介助下での歩行を実施したが上肢屈曲位 下肢伸展位と全身の筋緊張亢進を認めた 振り出しを介助するも痙性歩行を認めた 立脚期では両下肢ともに重心の前方移動を介助すると膝折れを認め 10m 歩行は困難であった 痙性の助長 転倒リスクの高さより現段階では訓練可能レベルではないと判断した JOA スコア 4.5 点であった 中間評価( 術後 19 日目 ) ハローリングからフィラデルフィラカラーへ変更 筋緊張の軽減を認めるもその他著明な改善は認めず 立ち上がり時の足関節底屈は残存しており臀部離床時に介助を要する状態であった 痙性を助長すると考え 歩行訓練は未実施とした JOA スコアも前回同様変化を認めなかった 治療プログラム 下肢の深部感覚低下 体幹の Stability の低下 下肢の筋緊張の亢進上記 3 つに着目し介入した 内容として 座位姿勢において体幹 Stability 賦活 立ち上がりを用いた神経筋再教育 足底接地を目的とした足関節背屈位での下肢伸展運動 片脚支持獲得を目的とした重心移動を実施した 最終評価 自己にて筋緊張調整が可能となり MAS2 となった それに伴い下肢の可動域の改善と分離運動を認めた また 座位姿勢の崩れは軽減し 立ち上がり時の後方への不安定性は大幅な改善を認めた 歩行は右片松葉杖歩行が 10m 以上近位監視下で可能となった 10m 歩行の結果は 秒 30 歩であった JOA スコア 12 点となった 考察 Handa らによると頸椎性脊髄症患者の予後予測因子として術前 JOAスコアが12 点以下の群は予後が不良であるといわれているが 本症例は歩行獲得を達成した 二瓶らによると痙性に対して主動作筋と拮抗筋の交互運動を実施することで痙性抑制につながるという そこで 立ち上がりや歩行訓練は有力であると考えた また Bennett によると 神経筋再教育とは骨格筋の随意運動の発達 または回復を目的とした運動療法の方法とされている 治療対象に脊髄の中枢神経障害が含まれる為 本症例に対し有力な介入方法であると考えた 治療する際には簡単な動作から複雑な動作へと段階を踏み 介入する必要がある 難易度が高い場合 他の固定筋が活動してしまいそこで 正しい動作の獲得が阻害されてしまうからである したがって 歩行訓練を実施する前に立ち上がり動作の中での神経筋再教育を試みた このように動作は異なるが収縮するタイミング 活動様式を正しく学習することは非常に重要であると考える 運動難易度を下げ 反復する事が歩行獲得へ繋がったと考える 22

24 TKA 術前介入より Trendelenburg 歩行の軽減がみられた一症例千船病院佐々木宏樹 はじめに Trendelenburg 歩行を呈している右変形性膝関節症の患者に対し 術前から歩容に着目して理学療法を行った その結果 退院時に術前より改善を認めたため報告する 症例紹介 50 代後半の女性 身長 157.5cm 体重 84.6kg BMI 年前より当院受診し X-P にて両側変形性膝関節症と診断され 1 年前に左人工膝関節全置換術 ( 以下 TKA) を施行 今年に右 TKA 施行し その約 1 ヶ月前より外来理学療法を開始した 既往歴に糖尿病があり 股関節疾患はみられない 説明と同意 症例には本発表の趣旨を説明し 同意を得た 初期評価( 手術 43 日前 ) FTA は右 左 であった 疼痛は歩行時に右膝関節内側部にみられ 数値的評価スケール ( 以下 NRS) で 5/10 であった 関節可動域 ( 以下 ROM 右/ 左 ) は膝関節屈曲 125 /120 伸展 0 /0 であった 徒手筋力検査 ( 以下 MMT 右/ 左 ) は股関節外転 4/4 股関節屈曲位での外転 5/5 股関節内転 5/5 股関節伸展 5/5 膝関節伸展 5/5 であり ハンドヘルドダイナモメーター ( 以下 HHD) は股関節外転筋力右 0.046kgf/kg 左 0.050kgf/kg 膝関節伸展筋力右 0.295kgf/kg 左 0.258kgf/kg であった 歩容は右立脚初期に膝 Lateral Thrust 右立脚中期 ~ 後期に遊脚側への骨盤傾斜がみられた 10m 最大歩行速度は 7.98 秒 Timed up and go test( 以下 TUG) は 8.45 秒であった 片脚立位は右 9.86 秒 左 秒であった 治療プログラム 外来理学療法は膝関節へのアプローチのほか 股関節外転筋力増強運動を中心に週 1 回 2 単位実施した 自主トレーニングにおいても股関節外転筋力増強運動を指導した 中間評価( 手術 7 日前 ) 疼痛は歩行時に右膝関節内側部にみられ NRS で 2/10 と軽減した ROM MMT は変化ないが HHD は股関節外転筋力右 0.078kgf/kg 左 0.081kgf/kg と向上し 膝関節伸展筋 力右 0.252kgf/kg 0.227kgf/kg であった 歩容は右立脚初期の膝 Lateral Thrust は残存 右立脚中期 ~ 後期の遊脚側への骨盤傾斜の軽減がみられた 10m 最大歩行速度は 6.58 秒 TUG は 7.73 秒と向上がみられた 片脚立位は右 秒 左 30 秒以上可能と向上がみられた 最終評価 ( 術後 23 日目 退院時 ) FTA は右 であった 疼痛は歩行時に右膝関節周囲にみられ NRS で 3/10 であった ROM は膝関節屈曲 120 /120 伸展 0 /0 であった MMT は股関節外転 4/4 膝関節伸展 4/5 で その他は変化なかった HHD は股関節外転筋力右 0.121kgf/kg 左 0.136kgf/kg と向上し 膝関節伸展筋力右 0.201kgf/kg 左 0.278kgf/kg と右膝関節伸展筋力は術前の約 68% まで改善した 歩容は右立脚初期の膝 lateral Thrust は改善 右立脚中期 ~ 後期の遊脚側への骨盤傾斜の軽減がみられた 10 m 最大歩行速度は 7.78 秒 TUG は 8.97 秒であった 片脚立位は右 秒 左 30 秒以上可能であった 考察 本症例では長期間の内反変形により股関節外転筋力低下が生じ 右立脚中期 ~ 後期に遊脚側への骨盤傾斜がみられ Trendelenburg 歩行となっていた それにより膝関節内反ストレスが増加し 膝関節内側部の疼痛が増加したと考えた 変形性膝関節症ガイドライン 1 ) では術前理学療法は術後運動機能改善に有効であると報告している また 津村ら 2 ) は股関節外転筋を強化することで内側型 OA の症状が軽快することが期待できると述べている 本症例も約 1 ケ月の術前介入で股関節外転筋力の向上がみられ 右立脚中期 ~ 後期の遊脚側への骨盤傾斜の軽減 膝関節内反ストレス軽減による疼痛軽減がみられた 一方 退院時の右膝関節伸展筋力は術前の約 68% であり 歩行速度 TUG の改善は不十分であった しかしながら 術前より着目していた股関節外転筋力は向上しており Trendelenburg 歩行の軽減がみられた 参考文献 1) 変形性膝関節症理学療法診療ガイドライン 2) 津村弘 他 : 股関節外転筋力増強訓練の有効性と限界. 臨床スポーツ医学,28(6),

25 人工膝関節置換術後の可動域不良例に対する自転車エルゴメータ運動を主体とした理学療法の経験関西電力病院リハビリテーション科中川達裕 はじめに 一般的に, 人工膝関節置換術 ( 以下 TKA) 後の膝屈曲角度は 120 以上が excellent,90 以下が poor とされており,TKA 術後の屈曲可動域は, 約 110 が平均とされている. さらに, 術後 2 週目で 90 に満たない症例では, 術前の可動域を獲得する可能性が低いとされている. 今回, 術後 3 週目において, 屈曲可動域 90 と獲得可動域不良な症例を担当した. 本症例に対し, 自転車エルゴメータ運動を積極的に実施した結果, 炎症反応と疼痛が軽減し, 膝関節可動域の改善を認めたため, 経過を報告する. 症例紹介 1 年前より右変形性膝関節症との診断を受けた 70 歳代男性. 併存症に糖尿病, 脂質異常症があった. 病前 ADL は自立, 術前の膝関節可動域は屈曲 120, 伸展 -10 であった. 術中所見としては, コンポーネントに ScorpioPS が使用された. 術後翌日より理学療法開始が開始され, 術後 3 週目に可動域と歩容の改善のために当院回復期リハビリテーション病棟に転院となった. 説明と同意 尚, この発表を行うにあたり, 患者には, 口頭にて同意と承認を得た. 初期評価( 術後 3 週目 ) 右膝内側に安静時 VAS3, 運動時 VAS5 程度の疼痛があり, 右膝関節可動域は屈曲 90, 伸展 10, 足関節背屈 5 であった. 炎症所見として, 右膝関節周囲に熱感, 発赤が残存しており, 周径は膝蓋骨上で ( 右 / 左 )37.0cm/34.5cm と腫脹を認めた.MMTは右膝周囲筋が4, 左は 5であった.Timed Up & Go Test( 以下 TUG) は 秒, 歩行は杖使用にて自立であり,10m 歩行は 秒であった. Functional Independence Measure( 以下 FIM) は 123 点 ( 下衣の更衣, 歩行, 階段昇降での減点 ),QOL の評価である Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index( 以下 WOMAC) は 45/96 点であった. 治療プログラム アイシング, 自転車エルゴメータ運動 (20W/30 分 ), 下肢ストレッチ, 下肢筋力強化練習, 階段昇降練習を 5 回 / 週,5 週間実施した. 最終評価( 術後 8 週目 ) 安静時 VAS0, 運動時 VAS3 と疼痛は軽減し, 関節可動域は膝関節屈曲 125, 伸展 5, 足関節背屈 0 となった. 熱感, 発赤は消失し, 周径は膝蓋骨上で 36.0cm/34.5cm と腫脹の改善を認めた.MMT は左右膝関節周囲筋ともに 5 レベルであった.TUG は 8.3 秒, 歩行は独歩自立となり,10m 歩行は 7.03 秒と改善した.FIM は 125 点 ( 階段昇降のみ減点 ),WOMAC は 20/96 点と改善した. 考察 本症例は,TKA 術後 3 週目において膝関節屈曲可動域が 90 であり, 術前の可動域の獲得は困難である可能性があった. しかし,5 週間の訓練の結果, 屈曲可動域は 125 まで改善し, 術前の可動域を獲得し, 平均以上の治療成績となった. 本症例の可動域制限の原因としては, 炎症反応の遷延化により腫脹, 疼痛が残存し, 膝周囲筋に防御収縮が発生していたためと考えられた. この点に対し, 自転車エルゴメータを用いて, 疼痛自制内で, 筋収縮と自動運動による可動域運動を実施した. 下肢骨折術後の症例に対し, 自転車エルゴメータ運動などによる血流量の改善が組織修復につながったとの報告があり, また TKA 術後症例に対しては, 自動可動域運動の有用性が述べてられている. つまり, 自転車エルゴメータ運動による自動可動域運動によって, 下肢筋ポンプ作用が循環動態に影響を与え, 腫脹や疼痛, 防御収縮が緩和され, 可動域の改善につながったと考える. また, このことにより歩行機能の向上や ADL,QOL の改善がもたらされたと考えられる. TKA 術後の運動療法では, 他動可動域運動に比べ, 自動可動域運動が推奨されており, 炎症反応や疼痛, 防御収縮により可動域の獲得が遷延化している場合は, 自転車エルゴメータ運動を用いた自動可動域運動は有効であることが示唆された. 参考文献 龍順之助他 : 人工膝関節置換術後の可動域を左右する因子. 日関外誌 Ⅷ (2), ,1994. 福島浩史他 : 人工膝関節置換術後の可動域練習方法の違いが膝関節可動性と疼痛に及ぼす影響. 理学療法学 25 (2), ,

26 両側性高位脱臼性股関節症により左人工股関節全置換術を施行された症例 ~ 全荷重時の跛行軽減を目指して ~ 北野病院大泉湧 はじめに 通常の人工股関節全置換術 ( 以下 THA) で補正可能な脚長は 4 cmが限界と言われている 1) 高位脱臼性股関節症は骨頭が臼蓋から上方に脱臼し 通常の股関節より高い位置で関節を形成している そのため従来の THA では神経麻痺などの合併症が高頻度で出現するため手術適応外となっていた 2) しかし 近年では高位脱臼性股関節症に対し 骨切り併用 THA が施行されている 今回 両側性高位脱臼性股関節症により左 THA を施行された症例を担当させていただく機会を得た 特に前額面上の跛行軽減のために介入を行ったため ここに報告する 症例紹介 本症例は 60 代女性主婦であり 両側性原発性股関節症で 2013 年から両股関節部痛あり 左 THA を目的に 7/7 入院 既往歴に先天性股関節脱臼 27 年前のバイク事故による両下肢創外固定がある 術式は Dall s direct lateral approach であり 全荷重時の跛行の軽減を目的に介入を行った 尚 発表に際し本症例には同意を得た 術前評価 左右両側とも股関節全可動域に制限を認め 筋力もほぼ全方向低下を認めた 脚長差は左下肢が 1.5 cm延長を認め 術前の歩行に関しては独歩であり左立脚期 Duchenne 歩行著明であった 問題点として高位脱臼による筋萎縮や拘縮 手術侵襲による大殿筋や外旋筋の筋スパズムによる関節可動域制限や 疼痛による筋出力の低下などが挙げられた 治療プログラム 術後 2 週目までは完全免荷であり 術後 3 週目より 1/3 荷重が可能となり その後 2 週起きに 1/2 2/3 荷重開始となった 新たに形成された股関節の安定化を図るために内外旋筋の筋力強化や協調トレーニングを中心とし 手術侵襲により筋出力の低下を認めた腸腰筋や高位脱臼により萎縮を認めた中殿筋のトレーニン グを術後 2 週目より開始した 立位では 1/3 荷重開始となった時点で 積極的に立位 松葉杖歩行を行った 最終評価術後 42 日目 脚長差はほぼ改善し 術後疼痛に関しては術後 1 週間でほぼ消失しており 最終評価時は疼痛は認めなかった また 可動域 筋力ともに向上を認めた 2/3 荷重時の直立姿勢において左下肢に体重をかけようと体幹の左側屈 股関節戦略で代償している動作が見受けられた 歩行に関しても左立脚期 体幹左側屈の状態での歩行であった また荷重量 up に伴う新たな跛行の出現は認めなかった 2/3 荷重の時点で退院となり PT 介入終了となった 考察 高度な高位脱臼性股関節症患者では 術前より下肢筋力の低下や脚長差による跛行がみられる 1) 本症例においても術前股関節周囲の筋力低下や Duchenne 歩行が出現していた 本症例において術前より外旋筋群の萎縮 手術侵襲による腸腰筋剥離が問題点として挙げられ 股関節運動時の回転軸の形成が不十分である 2) ことが考えられた 石井は 身体運動を行う際の機能解剖学的要求より 関節の回転運動軸の形成と動的安定化に関わる要求が必要とされており 股関節の回転軸は 腸腰筋と閉鎖筋によって形成されていると報告している これらの筋力強化により骨頭の安定化が図られることで より強い中殿筋の活動が行え 荷重量増加時も新たな跛行の出現を防ぐことが出来たと考える 本症例は松葉杖歩行にて 2/3 荷重の段階で退院されており 全荷重の段階の歩行が確認できていないことや 右下肢 体幹の問題を十分に評価できていないことが課題として挙げられた 文献 1) 清兼清彦他 : 骨切り併用人工股関節置換術を施行した症例. 理学療法福井 12(3): 55-59, ) 河野俊介他 : 両側高位脱臼股症例の歩行時動揺性に関する 3 次元動作解析. 整形外科と災害外科,62(3): , ) 石井慎一郎 : 総論. 理学療法,23(9): ,

27 左 THA 術後の股関節伸展制限に着目した一症例牧病院竹田数馬 はじめに 今回 左変形性股関節症に対し THA を施行された患者を担当した 術後 股関節伸展可動域制限に着目し評価 治療を行ったためここに報告する 症例紹介 60 歳代男性 診断名は左変形性股関節症で左 THA を前側方アプローチにて施行 主訴は左遊脚初期の左股関節痛であった 説明と同意 本症例に本発表の趣旨を説明し 口頭にて同意を得た 経過 10 年前より歩行開始時に左股関節の疼痛が生じ 1 年前より疼痛が増強したため手術の運びとなる 入院前活動量 職業は警備 交通誘導員で週 5 日 8 時間勤務であった 仕事内容は主に車の誘導で長時間の立位と誘導時の歩行が必要であった また 趣味として 2 時間の散歩を行っていた 術前評価 疼痛( 以下 NRS) は術創部 左中殿筋 大腿筋膜張筋 大腿直筋に伸長時痛 3/10 関節可動域( 以下 ROM 右/ 左 単位 ) は股関節屈曲 120/100 伸展 15/-10 膝関節伸展 0/-5 徒手筋力検査 ( 以下 MMT 右 / 左 ) は股関節伸展 5/2 外転 5/3 膝関節伸展 5/2 棘果長 ( 以下 SMD 右/ 左 単位 cm) は 81.0/79.0 転子果長 ( 以下 TMD 右/ 左 単位 cm) は 76.0/76.0 左 sharp 角は 51 左 CE 角は 55 歩容 ( 以下独歩 ) は左立脚中期から骨盤前傾 腰椎前弯位が増強し 左立脚後期の短縮が見られた 初期評価( 術後 3 日目 ) NRS は術創部 左中殿筋 大腿筋膜張筋 大腿直筋に伸張時痛 3/10 ROM( 左 ) は股関節屈曲 75 伸展-20 膝関節伸展 -10 MMT( 左 ) は股関節伸展 2 外転 2 SMD は 81.0/83.0 TMD は 76.0/76.0 独歩は左立脚中期の短縮 立脚後期の消失が生じ また 術前評価時と比べ左立脚初期から中期にかけて膝関節屈曲角度が増加していた 最終評価( 術後 18 日目 ) NRS は左中殿筋 大腿直筋 大内転筋に伸張時痛 2/10 大腿筋膜張筋 中殿筋に荷重時痛 2 ROM( 左 ) は股関節屈曲 85 伸展 0 左膝関節伸展 0 MMT( 左 ) は股関節伸展 4 外転 4 膝関節伸展 5 独歩は左立脚中期が延長し 立脚後期が出 現した また 初期評価時と比べ左立脚初期から中期にかけて膝関節屈曲角度が減少した 治療プログラム 術後の脚延長による左股関節伸展制限と術前の歩容に対するリハビリテーションを行った 術後の脚延長に対しては 腸腰筋 大腿直筋のストレッチを行った 術前の歩容に対するアプローチとして座位 膝立ち位での側方リーチ ステップ ex 立位での上方リーチを行った 考察 本症例は臼蓋形成不全があり 術前より左股関節可動域制限 左立脚後期の短縮が見られた また 手術後においてもそれらの増悪が見られた 一般的に 臼蓋形成不全では骨頭の前方部分の被覆が不十分になりやすく 骨盤を前傾し 相対的に股関節を屈曲 内旋位することで被覆率を増大させ 股関節の安定化を図る 1) と言われている 本症例においても 長期にわたる経過や活動量の多さにより 左股関節伸展制限を呈した 加えて手術による脚延長で柔軟性が低下したことが 術後 3 日目において さらなる左股関節伸展制限を招いたと考えられる そのため 術後早期より脚延長による筋の柔軟性の増加に加え 術前の歩容の改善といった 2 つの目的に対して治療プログラムを実施した それらにより 左股関節伸展角度に伴う 左立脚後期の増加による歩行の実用性の向上が見られた おわりに 今回の症例を担当することにより 術後だけでなく 術前の生活の影響を加味した上で介入していく重要性を感じた また 本症例は左股関節伸展制限が残存しており 改善が見込めるのか評価しつつ 介入していく必要性がある 参考文献 1) 林典雄, 他 ( 編 ): 関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション- 下肢, 株式会社メジカルビュー,

28 転倒により右大腿骨転子部骨折を受傷した一症例 ~ 再転倒予防を目指して ~ 大阪回生病院姜承燁 はじめに 今回 転倒により三度骨折した症例を担当した 転倒原因を考察しアプローチを実施した結果 若干の改善が得られたため報告する 症例紹介 発表の趣旨を説明し同意を得た 80 歳代女性 右大腿骨転子部骨折を受傷し右 γ nail 施行 20 年前に橋梗塞 両上腕骨近位端骨折の既往あり ( 図 1) 娘と二人暮らし ( 娘健康状態 : 不良 ) 理学療法評価( 初期受傷後 21 日目 最終 35 日目 ( 初期 最終 Rt/Lt) 関節可動域測定は股関節伸展 -10 / /-10 徒手筋力検査は股関節外転 2P/4 3/4 10m 歩行 ( 秒 歩数 ) 二重課題 ( 課題 : 計算と歩行 を実施 ) は課題遂行不可 48 秒 ロンベルグ率 ( 総軌跡長 矩形面積単位 : cm2 ) ( 図 2) 立位姿勢は 頸部過伸展 体幹屈曲 骨盤後傾位 ( 図 3) 歩行では デュシェンヌ歩行 両上肢の固定や方向転換時の頭頚部と体幹の固定 ( 図 4) を呈していたが 最終では改善が得られた 治療プログラム( 図 5) 固有感覚入力を目的とした足内在筋の伸張 胸椎部を伸展させ骨盤前後傾と歩行の誘導 アーチパットを挿入 考察 ロンベルグ率の結果より 視覚優位で頭頚部 上肢 体幹を固定した姿勢戦略をとっていたと推察した 足底からの固有感覚入力を試み治療展開したことで姿勢戦略の改善が得られ 方向転換時の姿勢 動作改善及び二重課題の達成に繋がったと考える おわりに 日常生活において活動範囲が広く 転倒に至った要因を分析し治療する必要があった 注意配分や二重課題は転倒との関連性が報告されており それらの改善は再転倒予防に繋がると考えた 図 1: 股関節 上腕骨レントゲ ン画像 脳コンピューター断 層画像 開眼 閉眼 総軌跡長 矩形面積 初期 最終 単位 ( cm2 ) 図 3: 立位姿勢 図 2: 重心動揺検査 図 4: 独歩 ( 点線 ) 方向転換 ( 直線 )( 左 : 初期 右 : 最終 ) 図 5: 治療プログラム左上段 : 足底の固有感覚入力を促通右上段 : 広背筋 頭頸部筋を伸張性向上下段 : 胸椎 体幹伸展を伸展した中での動作誘導 27

29 歩行と洗濯物干し動作の獲得を目指した大腿骨頸部 内側骨折の一症例 大阪回生病院巖田将人 はじめに 今回 左大腿骨頸部内側骨折を受傷し 人工骨頭置換術を施行した症例を担当した 入院前より本人 家族の転倒不安で日常生活関連動作 ( 以下 IADL) が制限されていた 受傷後 更なる IADL 低下に至ると考え 歩行と洗濯物干し動作の共通要素に着目し治療した結果 若干の改善が得られたため報告する 症例紹介 本発表の趣旨を説明し同意を得た 70 歳代後半女性 左大腿骨頸部内側骨折を受傷 30 年前に腰椎圧迫骨折 5 年前に右下腿の閉塞性動脈硬化症 ( 以下 PAD) を発症 移動は屋内車椅子 洗濯物干しはヘルパーに依頼していた 理学療法評価( 初期 最終 ) 関節可動域測定 (Rt/Lt) 股関節伸展 0/-5 5/0 徒手筋力検査股関節伸展 3/2 4/4 外転 3/2 4/4 足底触覚検査 5/10 変化なし TUG-t( 右回り 左回り ) 54.7 秒 58.8 秒 23.2 秒 25.1 秒 歩行左 Mst にて左上肢の外転反応 右 IC で骨盤右偏移 ( 図 1) 洗濯物干し動作は右上肢でのリーチの際に右側への重心移動と股関節伸展の不足が観察されたが最終では改善した ( 図 2) 退院後は洗濯物干しをヘルパー監視下で実施可能となり SF-36v2( 図 3) の項目においても改善を認めた 治療プログラム( 図 4) 固有感覚入力を目的とし右足内在筋の伸張を実施 立ち座り ステップ動作にて股関節伸展活動を促通した 考察 歩行と洗濯物干し動作には殿筋の筋活動が重要である 本症例は右 PAD による感覚低下と 受傷による筋損傷で両側殿筋出力が困難であった 右足底からの感覚入力を行い 立ち座り ステップ動作の中で左股関節伸展可動域拡大と両側殿筋の筋出力向上を図った結果 両動作の改善が得られた 基本動作と IADL の構成要素を治療することで退院後の廃用症候群を予防できる活動につながったと考える 図 1 歩行 ( 上 : 初期 下 : 最終 ) 図 2 洗濯物干し ( 左 : 初期 右 : 最終 ) 図 3 健康関連 QOL(SF36v2) 図 4 治療プログラム 左 : 右足底の固有感覚入力中央 : 立ち座りの中での両下肢遠心性収縮 右 : ステップ動作にて左股関節伸展活動 28

30 慢性期脳卒中左片麻痺患者に対し 屋内 T 字杖歩行自立を目標とした症例報告ボバース記念病院和田壮太 はじめに 慢性期脳卒中左片麻痺を呈した患者に対し 主要問題点を左立脚中期から後期の支持性低下と評価し 治療を行うことで屋内 T 字杖歩行自立に至った症例を経験したので報告する 症例紹介 70 歳代男性 18 年前に右被殻出血を発症し 屋外歩行は自立していた 今回 嘔吐による 2~3 週間の臥床に伴う廃用のため歩行困難となり入院となった 入院時の Functional Independence Measure( 以下 FIM) は 103 点 移動は車椅子自走 トランスファーは自立 T 字杖歩行は中等度介助であった 入院から 1 ヶ月半までの期間は 左立脚初期から中期の支持性向上に対し治療することで屋内 T 字杖歩行が軽介助で可能となった 方法 入院 1 ヶ月半後からの評価 治療について 1 ヶ月間の経過を報告する 症例及び症例家族には本発表の趣旨を説明し 同意を得た 評価項目は ADL を FIM 麻痺側機能評価を Fugl-Meyer Assessment( 以下 FMA) 体幹機能評価を Trunk Impairment Scale( 以下 TIS) 筋緊張検査を Modified Ashworth Scale( 以下 MAS) 及び触診 バランス機能評価を Berg Balance Scale( 以下 BBS) Functional reach test( 以下 FR) 関節可動域 ( 以下 ROM) の測定を行った 初期評価 = 入院 1 ヶ月半時 主訴は 入院前のように自由に歩きたい であった T 字杖歩行は軽介助レベル 左立脚中期から後期に体幹右側屈 左骨盤後方回旋 左股関節屈曲 左足関節底屈 内反を認め 左後側方への転倒リスクがみられた このため 治療目標を左立脚中期から後期の支持性向上に設定した 評価では左内腹斜筋 左大殿筋 左ハムストリングスの低緊張 左足関節背屈 外反 ROM 制限 左股関節伸展 ROM 制限を認めた ( 表参照 ) 歩行介助の中で左立脚時の左骨盤の前方回旋を促すことで支持性の改善を認めたことから 主要問題点を左骨盤前方回旋と左股関節伸展の保持に必要な左内腹斜筋 左殿筋群の筋緊張低下に設定した 治療 治療介入初期は内腹斜筋の低緊張改善を目的 にブリッジ動作 寝返り動作の中で左骨盤の前方回旋 を促した 歩行時における左骨盤後方回旋の改善に伴 い左足関節背屈 外反の ROM 改善を図った 同時に座 位 立位で左右への重心移動や立位で麻痺側後方ステ ップ位での支持練習を行った 最終評価 = 入院 2 ヶ月半時 T 字杖歩行では左立脚中 期から後期の体幹右側屈 左骨盤後方回旋が軽減し 屋内 T 字杖歩行が自立した また短距離独歩が可能と なった 測定項目では TIS BBS 筋緊張改善を認めた 初期評価 最終評価 FMA( 上肢 ) 25/66 点 26/66 点 FMA( 下肢 ) 22/48 点 24/48 点 BBS 31/56 点 36/56 点 FR 24cm 26cm FIM 104/126 点 105/126 点 ROM( 左股関節伸展 ) 0 0 ( 左足関節背屈 ) 0 0 ( 左足関節外反 ) 5 5 TIS 13/23 点 15/23 点 MAS( 左足関節背屈 ) 0 0 筋緊張検査 ( 立位 : 触診 ) 左外腹斜筋 中等度低緊張 軽度低緊張 左内腹斜筋 中等度低緊張 軽度低緊張 左大 中殿筋 中等度低緊張 軽度低緊張 左ハムストリングス 中等度低緊張 軽度低緊張 左大腿四頭筋 中等度低緊張 軽度低緊張 表 : 初期評価 最終評価 考察 本症例は 18 年前に右被殻出血を発症し 歩行 は自立していたが 嘔吐による 2~3 週間の臥床に伴う 廃用性筋萎縮により歩行困難となった 臥床による廃 用の影響として 1 週間で 10~15% の筋力低下が起こる と報告されており 1) 左大腿四頭筋や左腹斜筋群を中 心とした近位部に筋緊張低下を認めていた 歩行獲得 に向けて問題点を明確化するために左立脚中期 ~ 後期 の支持性低下を主要問題点に設定した 治療では 左 内腹斜筋 殿筋群の低緊張改善に焦点を当てることで 左下肢の支持性が向上し T 字杖歩行が自立したと考 える 健常人において立脚中期に内腹斜筋の筋活動が ピークに達すると報告されており 2) TIS や BBS の結 果からも体幹やバランス機能の改善を認めることから 歩行自立に至ったと考える 今後の課題としては左上 肢と非麻痺側が歩行に及ぼす影響について考察を深め ていきたい 参考文献 1) 上田敏他編集 : リハビリテーション基礎 医学, 医学書院, 東京,2010,p ) 鈴木敏明他監修 :The Center of the Body, アイペッ ク, 東京,2013,p

31 動的な立位バランスの向上を図り トイレ動作における下衣着脱動作が自立した一症例大阪暁明館病院大倉郁弥 はじめに 頚髄症 (C3~C6) および腰部脊柱管狭窄症 (L4/L5 L5/S1) により 両上下肢に重度の感覚障害を呈し 椎弓形成術 (C3~C6) を施行した症例に対して トイレ動作獲得のため下衣着脱時の動的な立位バランスの向上に着目した 症例には発表の趣旨を説明し同意を得た 症例紹介 70 代女性 14 年前より両上下肢に痺れが出現し徐々に悪化した 半年前から両手の痺れ 手指運動障害および下肢全体の痺れがあり 5 月初旬当院整形外科を初診し 5 月中旬に椎弓形成術を施術される 手術以前から感覚障害の訴えあり 術後も継続している 本人の主訴としてトイレ動作自立を強く希望されていた 初期評価 ( 術後 24 日 ~30 日 ) 以下右 / 左で示す下肢筋力は徒手筋力テスト ( 以下 MMT) にて 股関節は屈曲 3/4 伸展 3/4 外転 2/2 内転 2/2 である 膝関節伸展は 4/4 足関節は背屈 3/4 底屈 2+/2+ 足趾屈曲 3/4 である 関節可動域 ( 以下 ROM) は膝関節伸展 0 /-5 足関節背屈 0 /0 である 表在感覚は L4 ~S1 領域にかけて重度鈍麻である 四肢全域に痺れの訴えが強い 深部感覚は両下肢とも軽度鈍麻である 立位保持は 22.0 秒可能だが ふらつきがあり恐怖心が大きい 骨盤後傾位で 体幹右回旋位である Functional Reach Test( 以下 FRT) は 6cm 可能で 足底は全面接地されており 骨盤後傾位である 前後のふらつきがみられ転倒リスクは高い 体重は 48kg で静止立位時での荷重量は右 15kg 左 33kg である Berg Balance Scale( 以下 BBS) は 14/56 点である トイレ動作では 下衣着脱時は動的な立位姿勢保持が困難であり 手すりを把持してもらい 全介助する必要がある 治療アプローチ 立位での踵上げの反復運動にて 重心前方移動と下腿三頭筋の筋力増強を試みた しかし前足部への荷重が困難であるため 踵部に 1cm の板を当て 前足部への荷重を促した また 踵を降ろす速度を遅くし 下 腿三頭筋の遠心性収縮を促した 続いて足趾屈筋の筋力向上のため タオルギャザーを実施した また片脚ブリッジ 起立 着座練習にて 股関節周囲筋への筋力増強を図った 動作練習ではリーチ練習 トイレ動作練習を実施した 最終評価 ( 術後 52 日 ~58 日 ) 変化点のみ記載 MMT では 股関節屈曲 4/4 伸展 4/4 外転 4/4 内転 3/4 となり 膝関節伸展は 5/5 となった 足関節底屈 3/3 足趾屈曲 4/4 となった ROM は足関節背屈 10 /10 となった 立位保持は 45.0 秒可能となり 恐怖心が軽減した 初期評価時と比較して骨盤の後傾が軽減している FRT は 10cm 可能で 踵部が離地され 前足部での荷重が可能となった 前後のふらつきも軽減した 体重は 45.0kg となり静止立位時での荷重は右 20kg 左 25kg である BBSは29/56 点である トイレ動作は 膝関節屈伸と股関節内外転を伴った 両上肢を使用した下衣着脱動作が可能となり自立となった 考察 本症例はトイレ動作の自立に向けて 下衣着脱時の膝関節屈伸に伴う重心の制御が必要であった まず下衣着脱の際に必要な底屈モーメントを獲得するため 下腿三頭筋の筋力増強を実施した また重心の前後制御に必要な足趾屈筋群の筋力低下も認められたため 筋力増強を実施し 足部での立位姿勢の制御を促した さらに股関節伸展モーメントの獲得のため 起立 着座練習を行い 大殿筋の筋力増強を行った しかし本症例には下衣着脱動作の獲得において重心の前後移動の制御のみでは不十分であり より効率的な動作の遂行のために股関節内外転による側方の制御が必要であると考えた そこで片脚ブリッジにて中殿筋を強化し 股関節内外転による重心の側方制御も図った FRT が 6cm から 10cm に改善したように 立位の動的安定性が向上した 股関節周囲筋と足関節周囲筋の筋力増強により 下衣着脱時に必要な内的な足関節底屈モーメントと股関節伸展モーメントが十分に働き さらに股関節内外転による側方への重心制御が可能となり 下衣着脱動作が自立となった その結果トイレ動作の自立へと繋がったと考えられる 30

32 認知機能が著しく低下した大腿骨頸部骨折患者を担当した一例城東中央病院衣川百子 はじめに 今回 入院前より認知機能の低下があり 理学療法の実施に工夫を要した左大腿骨頸部骨折の症例を経験したため これを報告する 症例紹介 80 歳代女性 身長 145cm 体重 47.4kg BMI22.5 長女様と 2 人暮らし 介護度は要介護 2 受傷前は屋内を手引き歩行または伝い歩きで移動し 排泄などの ADL 動作は自立 4 月 30 日に自宅の玄関先で転倒し 受傷より 1 週間後に当院へ入院 左大腿骨頸部骨折と診断され 5 月 14 日に人工骨頭置換術施行 翌日より PT 介入 1 週間後に OT 介入となった 本症例 家族様の Hope は自宅退院であった 説明と同意 症例の家族様に本発表の趣旨を説明し同意を得た 初期評価 (5 月 15 日 ~6 月 1 日 ) N 式老年者用精神状態尺度 (MN スケール ) は 11 点と重度認知症と判定 基本的動作は 指示理解をされても移乗は重度介助 歩行は伝い歩きが中等度介助を要した 歩容は骨盤が常時左側下制し 膝折れがみられており 左立脚期の短縮が生じて揃え型歩行であった ROM-T では左股関節屈曲 95 伸展 0 で左股関節前面部に疼痛があり 腸腰筋の短縮により大腿骨頭と関節窩の位置関係が変わり 骨とうが前方へ位置することで股関節屈曲時にインピンジメントを生じて疼痛が出現していた 歩行訓練中には腰部の疼痛がみられ 脊柱起立筋の過剰収縮による動作時の疼痛が出現していた 両下肢筋力では右股関節屈曲以外は MMT2 レベルであったが 右側と比較して左側の収縮は弱い状態であった 特に 中殿筋 大殿筋に関して収縮の弱さが著明にみられた 治療経過 本症例は術後より理学療法介入し離床を図ったが 独語が多く情動失禁がみられ 指示が入りにくい状態であり治療 訓練に難渋した 動作の促しに工夫が必要と考え 介入方法について OT と相談した 回想法やバリデーション療法の考えより 過去の体験を聴き 共感し 傾聴することで感情を落ち着かせ不穏な状態の 軽減を試みた 実施したところ指示が入りやすくなったが 注意散漫であることが多く 動作の遂行は困難なことがあった 三好によると 動作を促す際に目標物に向かって歩くなどの目的があると 介助なくもしくは介助量が軽減し動作を遂行できるとあった 本症例の訴えを傾聴し 目的のある声掛けを行うと自発的な動作がみられるようになり動作訓練を中心に取り組むことができた 歩行訓練では目標物を設置することで注意が集中し動作の遂行が可能となった また 骨盤を水平位に保持するよう介助し 重心の誘導を行い左下肢への荷重を促すことで歩容の改善がみられ それに伴い可動域の改善 疼痛の軽減がみられた 最終評価 ( 初期評価から 8 週間後 ) MN スケールは 15 点と軽度の改善がみられ 独語や情動失禁の頻度は軽減した ROM-T は左股関節屈曲 100 となり 疼痛がみられなくなった 両下肢筋力は MMT3 レベルとなった 疼痛は歩行訓練中 脊柱起立筋の過剰収縮により疼痛は継続してみられたが 基本的動作は指示が入りやすくなり介助量が軽減した 寝返り~ 起居が近位監視 起立が近位監視 立位が近位監視 ~ 軽介助 移乗が軽介助 ~ 中等度介助 歩行においては伝い歩きが軽介助となった 考察 今回 認知機能が低下されている患者に対して 動作訓練時の介入方法を他部門からのアドバイスや文献を参考にし 回想法やバリデーション療法の考えを取り入れ訓練を行った その為 情動面が落ち着き 指示が入りやすくなったことで 大殿筋 中殿筋の筋力発揮を動作訓練で促すことができたと考えられる また アライメントの改善に伴い可動域の改善 疼痛の軽減が得られ 8 週間後には移乗動作 歩行動作の安全性が向上し Hope であった自宅退院が実現した 本症例では訴えを傾聴し 動作遂行時に 自宅退院 を目標に声かけを統一したことで 動作を通して Impairments の改善がみられたと考える 今回の症例を通して 認知機能や疼痛の検査と評価 認知面を考慮した治療 訓練を実施すること 不穏時や注意の持続方法などについて自宅生活での家族様への退院指導の課題が残った 31

33 自己効力感向上が自宅復帰に繋がった一症例 ~E-SAS より退院後の生活を見据えて ~ 医療法人社団有隣会東大阪病院江口紗千はじめに転倒に対する恐怖心が強く退院後の生活に不安を抱いている症例に着目した 機能的アプローチに加え 退院後の生活を見据えた客観的評価として Elderly Status Assessment Set( 以下 E-SAS) を用いて関わったことにより 自己効力感の向上に伴い運動機能が改善され 自宅復帰に繋がったことを報告する 症例紹介 A 氏 80 代女性 疾患名 右大腿骨転子部骨折 現病歴 術日 3 日前の早朝に自宅寝室にて転倒 X 日に観血的骨接合術 (SYNTHES 社 PFNA) を施行 術後 5 週目に当院転入 理学療法評価 * 術後 5 週目から 1 週間 身体機能面 NRS:0/10( 安静時 動作時 ) MMSE:29 点 ROM は股関節伸展 R:0(5) L:0(5) 足関節背屈 ( 膝伸展位 )R:0(0) L:0(5)*() 内は passive MMT は大殿筋 R:2 L:3 中殿筋 R:2 L:3 大腿四頭筋 R:3 L:3 下腿三頭筋 R:2 L:3 動作能力 FBS42 点 10m 歩行 26 秒 TUG26.5 秒 歩行器歩行にて 右 MSt にトレンデレンブルグ徴候と時折膝折れが出現 右 Ts~PSw に踵離地の前に右膝関節屈曲し 左 IC が先行する * 独歩困難 ADL は院内車椅子自走 入浴はリフト浴 その他は自立 E-SAS * 頂点から右回り生活空間 :90 点 ころばない自信 :14 点 自宅入浴動作能力 :7 点 TUG:26.5 秒 連続歩行距離 :2 点 (10~50m 未満 ) 人とのつながり :12 点治療プログラム E-SAS より生活空間が90/120 点と高値であったことから 元の活動範囲を目標に外出機会の継続が必要であると考えた そこで 移動能力の安全性向上 連続歩行距離の向上と転倒に対する恐怖心の軽減を中心に介入した 初期の歩行について 右下肢に荷重した際の膝折れに対する転倒恐怖心が動作能力を抑制し 歩速低下させている要因と考えた 膝折れの要因として 中殿筋 大殿筋 大腿四頭筋 下腿 三頭筋の筋力低下を挙げ筋力トレーニングを行った また 速度低下の要因としてフォアフットロッカーの機能低下を挙げ 両足関節背屈 ROM-Ex ステップ練習を行った 転倒に対する恐怖心について E-SAS よりころばない自信が 14/40 点と低値であったことから リハビリ中の恐怖心を点数化し自己評価を促した また 他患者と関わるきっかけを作り 他者から評価を得られやすいよう環境面にも配慮した 理学療法評価 * 術後 15 週目から 3 日間 身体機能面 ROM は股関節伸展 R:5(5) L:5(5) 足関節背屈 R:5(5) L:5(5) )*() 内は passive MMT は大殿筋 R:4 L:5 中殿筋 R:4 L:5 大腿四頭筋 R:4 L:5 下腿三頭筋 R:5 L:5 動作能力 FBS46 点 10m 歩行 17.5 秒 TUG18.6 秒 独歩にて 右 MSt でのトレンデレンブルグ徴候は軽減 右 TSt~PSw に右膝関節屈曲せず踵離地する ADL は院内杖歩行自立 屋外杖歩行 1 時間獲得 入浴自立 E-SAS ころばない自信 :28 点 自宅入浴動作能力 :10 点 TUG:18.6 秒 連続歩行距離 : 5 点 (1~5km 未満 ) ** 生活空間 人とのつながりは入院前評価の為変化なし考察歩行に関して 初期評価時の歩行器歩行で見られたトレンデレンブルグ徴候と膝折れが最終評価時の独歩においても改善を認めた この要因として 他者との関わりを持つことで恐怖心に対する自己評価と他者評価の差異を認識し 自己評価が修正され 自己効力感が向上したと考える それにより 院内での日中活動量が増え 下肢筋力が向上し歩容改善に繋がったと考える また E-SAS より移動能力の改善を認め 元の活動範囲の獲得に至ったが 今回 E-SAS を用いたことによる関わりが退院後の生活にどのように反映するのか今後検討していく必要がある まとめ今回 E-SAS を用いた介入により 漠然とした不安を細分化し 一番の問題点を A 氏とセラピスト間で共有することができた また 潜在的な NEEDS に介入したことが今回の結果に至ったと考える 32

34 TKA 術後患者の歩行効率改善を目指した一症例 ~ 変形に至った経緯に着目して ~ 大阪回生病院太田尚吾 諸言 今回 人工膝関節置換術 ( 以下 TKA) を施行した右変形性膝関節症患者を担当した 右 TKA 後に生じた右大腿四頭筋の収縮不全は早期に改善されたが 術前からの左足部剛性低下により歩行効率の低下を認めた症例を担当した 足部機能に着目し治療展開した結果 改善が得られたので報告する 症例紹介 本発表に同意を得た 80 代女性 3 年前左 TKA を施行 3 年前までは頻回にヒールの高い靴を着用し 現在左外反母趾と両偏平足が認められている 経過 理学療法評価: 術後 12 日 20 日 創部痛 NRS5 2/10 関節可動域測定 ( 単位 ) 右膝関節屈曲 伸展 -5 0 徒手筋力検査 : 右大腿四頭筋 3 5 両下腿三頭筋 2+ 3 右下腿三頭筋の過緊張が残存 歩行では左 MSt~TSt での右側への急激な重心移動 ( 図 1) が起こるこにより右 IC~LR において右膝関節過伸展 ( 図 2) の問題点が残存した 足部機能の評価により Leg Heel Alignment が外反右 10 左 15 内側縦アーチ高が右 3.0cm/2.5cm 左 3.0cm/2.0cm( 非荷重下 / 荷重下 ) を認めた 理学療法と結果 術後早期より右大腿四頭筋 下腿三頭筋の収縮不全に対し筋徒手療法を実施し その後筋出力を促通 またアーチパッド装着下で左 TSt を意識して右下肢への荷重受け渡し練習を行った ( 図 3) 術後 30 日での結果 COP の軌跡が修正され 歩行時での代償動作と PCI の改善が得られた ( 図 4 図 5) 考察 本症例は両側扁平足を呈し 脛骨が外転することにより膝内側部への力学的負荷が繰り返され変形に至ったと推察した そのため 術侵襲により損傷を受けた部位の改善は得られたが 足部の剛性は保てないため 右 MSt に移行できず膝関節の過伸展が出現したと考えた TKA は変形の治療する整形外科的手術である しかし 術後も変形に至った原因が治療されなければ 根本原因は解決しない 歩行動作の改善を目指すうえで 変形に至った原因を評価し 治療を展開する必要があると考えた ( 図 1 左 MSt~TS: 急激な右側への重心移動 ) ( 図 2 右 IC~LR: 右膝関節過伸展 ) ( 母趾荷重訓練 ) beat/m ( 図 3 治療内容 ) 0.15 ( 術後 12 日 ) ( アーチパッドなし ) ( アーチパッド ) PCI 0.06 ( 術後 30 日 ) ( アーチパッドあり ) ( 図 4 PCI(Physiological Cost Index): 単位 beat/m) ( 術後 12 日 ) ( 術後 30 日 ) ( アーチパッドなし ) ( アーチパッドあり ) ( 図 5 COP の軌跡 ) 33

rihabili_1213.pdf

rihabili_1213.pdf Ⅰ 総 論 A モデル システム開発の研究検証結果より 九州労災病院 勤労者予防医療センター 豊永 敏宏 1 再就労とリハビリテーション 発症前に就業していた障害者の最大の QOL 生活の質 の獲得は再就労である そして それを支援するのが 障害者の QOL 向上を目的とするリハビリテーション医学である 図 1 リハビリテーション医学とは 日本リハビリテーション医学会作成 解説 脳卒中で緊急入院し

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

選考会実施種目 強化指定標準記録 ( 女子 / 肢体不自由 視覚障がい ) 選考会実施種目 ( 選考会参加標準記録あり ) トラック 100m 200m 400m 800m 1500m T T T T33/34 24

選考会実施種目 強化指定標準記録 ( 女子 / 肢体不自由 視覚障がい ) 選考会実施種目 ( 選考会参加標準記録あり ) トラック 100m 200m 400m 800m 1500m T T T T33/34 24 選考会実施種目 強化指定標準記録 ( 男子 / 肢体不自由 視覚障がい ) 選考会実施種目 ( 選考会参加標準記録あり ) トラック T11 11.66 11.79 T12 11.38 11.48 T13 11.38 11.50 T33 24.93 27.44 T34 17.98 18.96 T35 14.74 15.53 T36 13.47 14.04 100m T37 12.41 12.81 T38

More information

untitled

untitled 関節疾患理学療法研究会セミナー 臨床的推論に役立つ 機能解剖学 最新の知見 平成19 年 4月 28日 東京ウィメンズプラザ 主催 関節疾患理学療法研究会 http://jt-disease.hp.infoseek.co.jp/ Knee Rt 脛骨上関節面への半月周縁の固定力の違い 伸展時の半月運動制動 内側 : 半膜様筋 外側 : 膝窩筋 屈曲における半月運動と膝窩筋 膝窩筋は 半月を誘導する!?!?

More information

2011ver.γ2.0

2011ver.γ2.0 Rehabilitation after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction In any rehabilitation, the important factor is your belief. Without belief there can be no successful outcome. TABLE OF CONTENTS Continued

More information

演題プログラム 9:45~11:05 第 1 セクション ( 会場 :E703 号室 ) 座長大阪回生病院森憲一 1. 神経系左被殻出血にて重度右片麻痺 重度失語症を呈し 家族介助下で手すり歩行獲得を目標とした一症例ボバース記念病院阪倉麻美 P.3 2. 運動器頚椎症性脊髄症により四肢麻痺を呈し 座

演題プログラム 9:45~11:05 第 1 セクション ( 会場 :E703 号室 ) 座長大阪回生病院森憲一 1. 神経系左被殻出血にて重度右片麻痺 重度失語症を呈し 家族介助下で手すり歩行獲得を目標とした一症例ボバース記念病院阪倉麻美 P.3 2. 運動器頚椎症性脊髄症により四肢麻痺を呈し 座 第 6 回大阪市北ブロック新人症例発表会 会期平成 27 年 1 月 25 日 ( 日 ) 会場会場 CIVI 研修センター新大阪東 主催社団法人大阪府理学療法士会大阪市北ブロック 演題プログラム 9:45~11:05 第 1 セクション ( 会場 :E703 号室 ) 座長大阪回生病院森憲一 1. 神経系左被殻出血にて重度右片麻痺 重度失語症を呈し 家族介助下で手すり歩行獲得を目標とした一症例ボバース記念病院阪倉麻美

More information

Ø Ø Ø

Ø Ø Ø Ø Ø Ø 脳解剖について 画像 高草木薫公開資料より 小脳 水平面断での動脈支配領域 各葉の角度分類と血管支配領域 穿通動脈の血管支配 各支配動脈 尾状核 前大脳動脈 被殻 中大脳動脈 視床 後大脳動脈 大脳基底核を中心とした穿通動脈 幸田剣 頭部CTおよびMRI等の画像所見の見方.2010 Ø Ø Ø 画像所見の読み取り方 各レベル毎の 水平面断上での 所見の読み取り方と

More information

6F 80 周年記念ホール 4F 402 教室 2F 202 教室 9:00 受付開始 9:30 開会式 学術局長 : 千葉 一雄 大阪医療福祉専門学校 大会長 : 権藤 要 星ヶ丘医療センター 9:40 第 1セッション 神経系 第 1セッション 神経系 第 1セッション その他 内部障害 1 左

6F 80 周年記念ホール 4F 402 教室 2F 202 教室 9:00 受付開始 9:30 開会式 学術局長 : 千葉 一雄 大阪医療福祉専門学校 大会長 : 権藤 要 星ヶ丘医療センター 9:40 第 1セッション 神経系 第 1セッション 神経系 第 1セッション その他 内部障害 1 左 第 7 回 北河内ブロック症例発表大会 抄録集 開催日 :2016 年 1 月 24 日 ( 日 ) 会場 : 四條畷学園短期大学清風学舎主催 : 公益法人大阪府理学療法士会担当 : 北河内ブロック 6F 80 周年記念ホール 4F 402 教室 2F 202 教室 9:00 受付開始 9:30 開会式 学術局長 : 千葉 一雄 大阪医療福祉専門学校 大会長 : 権藤 要 星ヶ丘医療センター 9:40

More information

脳梗塞により右片麻痺を呈した症例に対し麻痺側遊脚期の改善により杖歩行が獲得できた 症例 発表者中村大悟 ), 藤井良憲 2) ) 医療法人吉栄会吉栄会病院理学療法士 2) 医療法人吉栄会吉栄会病院医師 はじめに 脳梗塞により右片麻痺を呈した症例に対し 非麻痺側への重心移動に伴う右下肢の振り出しの運動学習を行った結果 遊脚前期で振り出しが安定し 杖歩行動作の獲得と ADL 能力向上に繋がったので報告する

More information

紀要 Vol 6.indb

紀要 Vol 6.indb 左立脚初期で左側方への転倒傾向を認めた右小脳出血患者の一症例 右立脚中期以降の同側体幹筋の筋収縮の遅延に着目して 症例報告 左立脚初期で左側方への転倒傾向を認めた右小脳出血患者の一症例 右立脚中期以降の同側体幹筋の筋収縮の遅延に着目して - 吉岡芳泰 1) 米田浩久 2) 高田毅 1) 鈴木俊明 2) 1) 玉井整形外科内科病院 2) 関西医療大学保健医療学部臨床理学療法学教室 要旨歩行の左立脚初期に転倒傾向を認め

More information

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病

図表 リハビリテーション評価 患 者 年 齢 性 別 病 名 A 9 消化管出血 B C 9 脳梗塞 D D' E 外傷性くも幕下出血 E' 外傷性くも幕下出血 F 左中大脳動脈基始部閉塞 排尿 昼夜 コミュニ ケーション 会話困難 自立 自立 理解困難 理解困難 階段昇降 廊下歩行 トイレ歩行 病 大阪 転倒転落の要因と分析 B 福岡メディカル研究会 座長 株式会社メディカルクリエイト表パートナー 遠山 峰輝 : 北山 后子 はじめに 背景と目的 社会の変化とともに医療界の事故がマスコミなどにより大き 今回 転倒 転落 を選択した理由は 患者の自発行 く取りざたされるようになってきた 訴訟も年々増加の傾向に 動による転倒転落が 占めるという理由 そして患者に与え ある 昨年より厚生労働省も各施設に安全管理委員会の設置

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

...S.....\1_4.ai

...S.....\1_4.ai * ** ** * ** 20 10 19 61 19 31.1% 20 14 19 [ ] [ ] 13 [ ] [ ] 2007 U22 W 2008 W 114 [ ] J [ ] [ ] over use [ ] [ ] [10] [11][12][13] 19 O 61 20.4 115 1.20 18 23 19 10 10 12 22 [14] A [15] 1 PedscopeVTS120

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

第2回神戸市サッカー協会医科学講習会(PDF)F.pptx

第2回神戸市サッカー協会医科学講習会(PDF)F.pptx 部位別発生率 障害 1000時間あたりの発生率 J群 0.65 0.2 Y群 0.51 J群では骨端症が圧倒的に多く Y群では腱炎や靭帯炎が多い 0.15 脊柱障害の発生率は J群Y群間での差はなかった 0.1 J群 Y群 0.05 0 脊 柱 肩 関 節 肘 関 節 2004年4月から2008年3月までの7年間に 下部組織に所属していた選手全員を対象 手 関 節 手 指 股 関 節 膝 関 節 下

More information

和光市高齢福祉センター 介護予防トレーニング

和光市高齢福祉センター 介護予防トレーニング 大田原市介護サービス事業者連絡協議会 ケアマネージャー連絡協議会合同研修会 21-12-1 筋力低下防止に関する講演会 -高齢者に対する簡便な運動療法について- 国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科 下井俊典 自己紹介 理学療法士 認定理学療法士 介護予防 福祉住環境コーディネータ2級 経歴 2001 平成13 年 国際医療福祉大学保健学部 理学療法学科卒業 国際医療福祉大学クリニック デイケアセンター

More information

School of Health &Physical Education University of Tsukuba

School of Health &Physical Education University of Tsukuba University of Tsukuba School of Health & Physical Education University of Tsukuba http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp School of Health &Physical Education University of Tsukuba School of Health & Physical

More information

untitled

untitled 表2 3 その他 育児中の場合など子どもを抱いたりするときは 手 や足に負担がかからず重さがかからないように工夫し てもらうようにおすすめします 乳がんの方の場合 非手術側で乳幼児を抱きながら座って支えるというよ うな方法です 仕事で長時間立位をとる場合は 筋を動かすことで 筋のポンプ作用を使えるような軽い体操を指導してい ます また重いものを持つ場合は小分けにして持つよ うにします 筋のポンプ作用を利用したリンパ液還流の促進

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

身体平衡学レポート

身体平衡学レポート 2013 年度 文京学院大学 理学療法士臨床ブラッシュアップ 1 年コース 発表会抄録 平成 25 年 12 月 21 日 22 日 文京学院大学ふじみ野キャンパス 発表会次第 12 月 21 日 ( 土 ) 14:00 開会の言葉 14:10 Session 1 発表者約 8 名 5 分 (40 分 ) 15:00 ポスターディスカッション (40 分 ) 15:30 Session 2 発表者約

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

Osakafu rigaku ry-oh-oshikai senshu burokku

Osakafu rigaku ry-oh-oshikai senshu burokku 第 11 回 泉 州 ブロック 新 人 症 例 発 表 会 Osaka Physiotherapy Association Senshu Block 11th Congress 泉 州 ブロック 新 人 症 例 発 表 会 Vol.11 11th 日 時 : 平 成 28 年 1 月 31 日 ( 日 ) 会 場 :エブノ 泉 の 森 ホール( 小 ホール) 主 催 : 公 益 社 団 法 人 大

More information

!"# $%&'(

!# $%&'( !"#$$%&$$'!"# $!"#$!"#$% &'#()# *+#,# -.#/0# 12#3# 456# 78#9:# ;##?@#AB# %&!'(## )*!+,# -./# 012345# !"# $%&'( !"#$% &'#( )*#+, )*&+ 産業保健 4. 経絡治療による治療例 以下では 経絡治療による治療例を紹 介します 症例

More information

日産婦誌58巻9号研修コーナー

日産婦誌58巻9号研修コーナー Department of Obstetrics and Gynecology, Tokyo Medical University, Tokyo ( 表 1) Biophysicalprofilescoring(BPS) 項目 呼吸様運動 Fetalbreathingmovements (FBM) 大きい胎動 Grossbodymovements 胎児筋緊張 Fetaltone ノン ストレステスト

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 1)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 1) 第 1 回問題 89 運動障害の評価法で正しいのはどれか 1 足関節の基本肢位を 90 とするのは誤りである 2 徒手筋力テストは 4 段階評価法である 3 ブルンストロームのステージは末梢性麻痺に対する評価段階である 4 長谷川式スケールは関節可動域の評価法である 第 1 回問題 90 正常歩行の周期について誤っているのはどれか 1 歩行周期には立脚期と遊脚期とがある 2 立脚中期には全体重が一方の足にかかる

More information

札幌鉄道病院 地域医療連携室だより           (1)

札幌鉄道病院 地域医療連携室だより           (1) 1 2 リハビリ室 主任理学療法士 夏目 健文 筋力評価は スポーツ外傷や障害の予防 メディカルトレーニングの進歩 状況を把握し スポーツ活動への復帰を判断する上で欠かせません 当院で行っている膝関節の筋力測定評価方法について紹介いたします リハビリテーション室では 整形外科疾患の術前術後の患者さ ん 外来受診の患者さんに対して筋力測定器による筋力評価を行 っています 筋力測定器は CybexNORM(サイベックスノルム)

More information

3 運動器の機能向上 ~ 運動機能向上を目指す考え方と評価 プログラムのあり方 ~ 1 介護予防での運動器の機能向上の意義と目的 グループ 平均年齢 1 年前 1 年後 筋量の変化 筋トレ週 2 回 65.2 歳 10.5 12.1 9.5% 増 筋トレ週 1 回 67.1 歳 11.7 11.5 1.7% 減 非実施 68.0 歳 10.3 9.5 8.4% 減 コラム 運動しましょう! さあ

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

2

2 2008 No.236 2 4 5 6 7 9 8 11 10 12 [ ESSAY ] MY HOBBY IS RADIO PROGRAMS PRODUCTION 13 85 81 82 83 84 90 85 86 87 88 90 89 91 92 メタボ対策にもってこい 特定健診 特定健診 異常値を早期発見し 早期治療 へ導くための健診でした 異常値になる前にそのリスク対象者を発見して 生活習慣を改善し健康へ導くための健診です

More information

1 経 緯

1 経 緯 平成 25 年 12 月 25 日現在 肢体不自由 ( 人工関節等置換者 ) の障害認定基準の見直しについて 厚生労働省社会 援護局障害保健福祉部企画課 1 経 緯 2 肢体不自由 ( 人工関節等置換者 ) の障害認定基準の見直しについて 現在の取扱い 身体障害者手帳の認定では 肢体不自由における人工関節等を置換している方は 1 股関節 膝関節に人工関節等を置換している場合は一律 4 級 2 足関節に人工関節等を置換している場合は一律

More information

Microsoft Word - 抄録集.docx

Microsoft Word - 抄録集.docx 演題番号 :1 慢性期脳卒中片麻痺者に週 2 回の頻度で促通反復療法を取り入れた効果 林拓児, 石川定, 河村隆史 2), 中川大樹 3) 社会医療法人平成記念病院リハビリテーション課 2) 社会医療法人平成記念病院リハビリあ える神宮前リハビリテーション課 3)a エル株式会社リハビリあ えるリハビリテーション課 キーワード : 促通反復運動 慢性期片麻痺 頻度 はじめに 目的 促通反復療法は これまで明らかになった運動機能改善を伴う脳の可塑的な変化を最大限実現するための方法論に基づいており

More information

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会

標準的な健診・保健指導の在り方に関する検討会 第 3 章保健指導対象者の選定と階層化 (1) 保健指導対象者の選定と階層化の基準 1) 基本的考え方生活習慣病の予防を期待できる内臓脂肪症候群 ( メタボリックシンドローム ) の選定及び階層化や 生活習慣病の有病者 予備群を適切に減少させることができたかを的確に評価するために 保健指導対象者の選定及び階層化の標準的な数値基準が必要となる 2) 具体的な選定 階層化の基準 1 内臓脂肪型肥満を伴う場合の選定内臓脂肪蓄積の程度を判定するため

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

理学療法学43_supplement 1

理学療法学43_supplement 1 1 2 3 運動器理学療法のトピックス 19 図 4 意識下における右膝関節内の感覚閾値 9 Dye SF, et al.: onsciousneurosensory mapping of the internal structures of the human knee without intraarticular anesthesia. Am J Sports Med, 26: 773 777,

More information

足関節

足関節 一般撮影のおさらいと工夫 ~ 膝関節から足まで ~ 松戸整形外科病院 反町祐司 膝関節 第 24 回東葛放射線画像セミナー 1 正面 坐位で下肢を完全進展し やや内旋して外側顆および内側顆の後縁を結んだ線をフィルムに対して水平にする 膝蓋骨尖 1cm 下に頭足 10 で入射する < ポイント > 膝蓋骨は外側上顆と内側上顆の中央に描出 膝関節腔を描出 膝関節腔中央に顆間隆起を描出 腓骨頭の一部が脛骨と重複して描出

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

健康だより Vol.71(夏号)

健康だより Vol.71(夏号) 亡率が減少傾向にあるものの 日本では依然として上昇傾向が 続いています いまや 人に1 2,000 す 乳がんは 内臓や骨にで きるがんと違い身体の表面であ る乳房にできるので ご自身で 触診することで発見できる可能 性がある数少ないがんです 触 診でしこりを見つけるヒントと しては メロンパンを押すと中 ない乳房腫瘤です 一部の乳が 状のうち 以上は痛みを伴わ 性化したものです 乳がんの症 の通り道である乳管の細胞が悪

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

身体平衡学レポート

身体平衡学レポート 2012 年度 文京学院大学 ブラッシュアップ 1 年コース 発表会抄録 平成 25 年 1 月 12 日 13 日 文京学院大学 発表会次第 1 月 12 日 ( 土 ) 14:00 開会 14:10 望月久先生講義 (80 分 ) 15:30 Session 1 発表者 8 名 5 分 (40 分 ) 16:10 ポスターディスカッション (30 分 ) 16:40 Session 2 発表者

More information

Title 幼 児 期 の 気 になる 子 の 心 理 発 達 的 援 助 を 目 指 す のびのび どっしり 体 操 の 言 語 化 の 試 み Author(s) 榊 原, 久 直 ; 中 野, 弘 治 Citation 大 阪 大 学 教 育 学 年 報. 19 P.69-P.82 Issue 2014-03-31 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/26906

More information

転倒教室評価項目について

転倒教室評価項目について 転倒 骨折予防について 超高齢社会の到来 2015年には国民の4人に1人が65歳以上 要介護者が2025年には倍増し600万人以上 高齢者の骨折 衰弱が増加の一途 運動の習慣化が重要とされている 貞松病院 理学療法士 大場 裕之 骨格筋量の変化 骨格筋量の変化 加齢に伴う筋量減少は ラテン語で サルコペニアと呼ばれ 早ければ30歳代 出典 中高年の元気長寿のための運動プログラム 理学療法 Vol.28

More information

月刊トレーニング・ジャーナル 2013年2月号

月刊トレーニング・ジャーナル 2013年2月号 予防トレーニングの実際 2 5 筋力強化 大見頼一 スポーツ傷害予防チームリーダー 日本鋼管病院リハビリテーシ で股関節の使い方に違いがみられる ョン科理学療法士 保健医療学修士 という研究報告がなされていま これまでの解説を踏まえ 今回は 筋力強化 トレーニングをどのように行 Deckerらによれば Drop landingで うかについて 写真を使いながら説明していく 男子と比べて女子は接地時の股関節

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

内側膝蓋大腿靭帯再建術後の歩容、筋力、降段時の痛みの改善に身体意識が関与した症例

内側膝蓋大腿靭帯再建術後の歩容、筋力、降段時の痛みの改善に身体意識が関与した症例 内側膝蓋大腿靭帯再建術後の歩容 筋力 降段時の痛みの改善に 身体意識が関与した症例 中安健 山口梢 橋本貴幸 豊田弓恵 村野勇 渡邊敏文 3) 土浦協同病院リハビリテーション部 木戸病院リハビリテーション科 3) 土浦協同病院整形外科 キーワード : 内側膝蓋大腿靭帯再建術 身体意識 歩容 筋力低下 降段時の痛み はじめに 膝蓋骨脱臼後 内側膝蓋大腿靭帯 (MPFL) 再建術を施行した症例を担当した

More information

家政_08紀要48号_人文&社会 横組

家政_08紀要48号_人文&社会 横組 48 2008 1 2005 2006 1 2007 4 5 6 5 1-71 - 2 自閉症 傾向 軽度知的障害児の母親の主観的困難 たいへんさ と当事者による対処戦略に関する研究 1. 子どもの障害について知らされる 表1 個別での聞き取り回答者の属性 2. 子どもの障害を理解する 子どもの障害 年齢 性別 ケース 母親の年齢 1 43歳 知的障害 自閉症傾向 愛の手帳2度 18歳 男性 2 46歳

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章

高等学校「保健」補助教材「災害の発生と安全・健康~3.11を忘れない~」 第3章 3-1 応急手当の原則 傷病者が発生した場合 その場に居合わせた人 ( バイスタンダーという ) が応急手当を行えば救命効果の向上や 治療の経過にも良い影響を与えることは医学的にも明らかになっている 災害時等 緊急の事態において適切な応急手当を実施するために 日頃から応急手当の技術と知識を身に付けておく必要がある 応急手当の 的救 命 止 苦痛の ー ーの救命 36 三章適切な応急手当と 3-2 手当の基本

More information

千葉テストセンター発行 心理検査カタログ

千葉テストセンター発行 心理検査カタログ 03-3399-0194 03-3399-7082 1 CES-D うつ病 ( 抑うつ状態 ) 自己評価尺度 The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale うつ症状 精神健康 原著者 Ben Z.Locke / Dr.Peter Putnam 日本版著者 医学博士 島 悟 に関する検査 1998 年発行 世界的に広く普及しているうつ病のスクリーニングテスト

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

H1_4

H1_4 CYBERDYNE 305-0818D251 TEL029-855-3189 FAX029-855-3181 www.cyberdyne.jp CYBERDYNEROBOT SUITROBOT SUIT HALHALHAL Hybrid Assistive LimbHAL FITTable InterfaceCYBERDYNE H A L 導 入 事 例 01 H A L 介護老人保健施設

More information

untitled

untitled CONTENTS 2 3-4 5-6 7 8 9-12 13-14 1 2 3 4 リハビリテーションと 具体的対応 注意障害 記憶障害 リハビリテーション リハビリテーション 視覚的にイメージしたり 語呂合わせで関連づ 機能適応的訓練 けて覚える方法があります 日常における各々の動作の中で 注意散漫な場 記憶を保っておける間隔を段々と伸ばしていきます 面で 指摘し 修正しながら繰り返し実施し 注

More information

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20 窓 宍 道 湖 臨 広 青 空 緑 恵 玉 湯 丘 期 待 応 病 院 目 指 No.20 2010 理 念 1. 私 たちは 医 療 人 としての 責 任 を 自 覚 し 研 修 をお こたらず 安 全 で 水 準 の 高 い 医 療 の 提 供 に 努 めます 2. 私 たちは 患 者 さまが 自 立 した 生 活 を 送 れるよう 身 体 機 能 の 回 復 維 持 日 常 生 活 動 作 の

More information

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉)

診療のガイドライン産科編2014(A4)/fujgs2014‐114(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! α!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例

腎動脈が瘤より分枝し腎動脈再建を要した腹部大動脈瘤の3手術例 日血外会誌 4巻1号 106 7 T -{コーー 症例1 {mafd )3s W 一一 一 症例2 一 症例3 血清尿素窒素値 j面 I一 25 一正常上限 15 一正常下限 珊 5 術前 5 15 10 X 25 術後日数 ' 血清クレアチニン値 (mg^i)2 辰匯j 正常上限 1 正常下限 0 術前 5 10 15 X S 術後日数 萌[41 図3 術前後の血清尿素窒素値とクレアチニン値の変動

More information

下痢 消化管粘膜が損傷をうけるために起こります 好中球 白血球 減少による感 染が原因の場合もあります セルフケアのポイント 症状を和らげる 下痢になると 体の水分と電解質 ミネラル が失われるので ミネラルバ ランスのとれたスポーツドリンクなどで十分補うようにしましょう 冷えすぎた飲み物は 下痢を悪化させることがあるので控えましょう おなかが冷えないよう腹部の保温を心がけましょう 下痢のひどいときは

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc

Microsoft Word - 1 糖尿病とは.doc 2 糖尿病の症状がは っきりしている人 尿糖が出ると多尿となり 身体から水分が失われ 口渇 多飲などが現れます ブドウ糖が利用されないため 自分自身の身体(筋肉や脂肪)を少しずつ使い始めるので 疲れ やすくなり 食べているのにやせてきます 3 昏睡状態で緊急入院 する人 著しい高血糖を伴う脱水症や血液が酸性になること(ケトアシドーシス)により 頭痛 吐き気 腹痛などが出現し すみやかに治療しなければ数日のうちに昏睡状態に陥ります

More information

第 号 平成 発行日 教 授 佛淵 孝夫 く手を振って歩いてください よってお亡くなりになった方が過去に例のない数 だったようです その一方で この猛暑の中 実力 発揮し 全国高校野球選手権 大会で優勝した佐賀北高校の大健闘には驚きととも に敬意を表するばかりです 股関節だよりも今回で 号を数えることができま した これもひとえに 股関節だよりを待っていま す とおっしゃって頂いた皆様に支えられてのこ

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

前十字靭帯再建手術を終えられた皆様へ

前十字靭帯再建手術を終えられた皆様へ 前十字靭帯再建手術のリハビリに関して 八王子スポーツ整形外科 はじめに 前十字靭帯再建術を実施した後はリハビリが非常に重要です 家で簡単に実施できるリハビリメニューを紹介しますので ぜひご活用ください 2 はじめに 3 前十字靭帯とは 4 どうして切れるの? 5 前十字靭帯を損傷する危険要素 6 再受傷しないために 7 手術をする前に 8 手術後の主な流れ 9 手術後 1 日 10 歩行 11 RICE

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

2005年 vol.17-2/1     目次・広告

2005年 vol.17-2/1     目次・広告 2 0 0 5年1 2月2 5日 総 7 丸井 外来における心不全診療とそのピットフォール 説 外来における心不全診療とそのピットフォール 丸 井 伸 行 はじめに るいは左心あるいは右心不全を判別する事が心不 外来における心不全診療は急性期の初期診療と 全の病状の理解に役立つ 実際の臨床の現場では 慢性期心不全管理の二面から理解する必要があ 症状を時系列にとらえ 身体所見を系統的にとら る 循環器

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

SICE東北支部研究集会資料(2011年)

SICE東北支部研究集会資料(2011年) 269 (2011.12.12) 269-10 Basic analysis of coaching in sprint motion using three dimensional motion capture data Masahiro Nagayama,Takayuki Takahashi *, ** *Graduate School Fukushima University,**Fukushima

More information

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を

Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入 認定資格 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会指導医 専門医 消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 外科医長 渡邉 卓哉 東海中央病院では 3月から腹腔鏡下鼠径ヘルニ ア修復術を導入し この手術方法を とうかい Vol.56 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 いぎやま こみち 鵜 沼 小 伊 木 町 伊 木 山 のふもと あじさいの 小 径 です 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ INDEX Vol.56 2014夏号 最先端の腹腔鏡下鼠径 ヘルニア修復術を導入

More information

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6 不静定力学 Ⅱ 骨組の崩壊荷重の計算 不静定力学 Ⅱ では, 最後の問題となりますが, 骨組の崩壊荷重の計算法について学びます 1 参考書 松本慎也著 よくわかる構造力学の基本, 秀和システム このスライドの説明には, 主にこの参考書の説明を引用しています 2 崩壊荷重 構造物に作用する荷重が徐々に増大すると, 構造物内に発生する応力は増加し, やがて, 構造物は荷重に耐えられなくなる そのときの荷重を崩壊荷重あるいは終局荷重という

More information

‘¬“û”qFinal

‘¬“û”qFinal 3 6 12 20 26 32 38 44 50 56 66 72 80 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

国保総合保健施設の えがお や いきいきセンター で開催される健康づくりの教室を紹介します 内容 講師 回生病院 医師 桑島正道先生 あなたやご家族の健康を守るため 正しい知識を身につけましょう お申し込みは不要です 当日 直接会場へお越しください 血糖が高い状態が続くと全身の血管を傷めます 無症状だか らと放置していると 心筋梗塞や脳梗塞 失明 透析 足の切 断などの合併症を引き起こしてしまいます

More information

目次 1. アニメーションの軌跡の概要と仕組み 3 2. パノラマ写真にアニメーションの軌跡を設定 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 アニメーションの軌跡の概要と仕組み アニメーションの軌跡とは スライドに配置したオブジェクト ( テキストや図形 画像など ) を

目次 1. アニメーションの軌跡の概要と仕組み 3 2. パノラマ写真にアニメーションの軌跡を設定 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 アニメーションの軌跡の概要と仕組み アニメーションの軌跡とは スライドに配置したオブジェクト ( テキストや図形 画像など ) を PowerPoint で楽しむムービー作成講座 第 9 回 アニメーションの軌跡で風景を見渡す PowerPoint で楽しむムービー作成講座 では 12 回に分けて デジタルカメラの写真や動画を 素材に ムービー作成ソフトを使用せずに PowerPoint 2010 だけでオリジナルムービーを作成す る方法を紹介します 本テキストの作成環境は 次のとおりです Windows 7 Home Premium

More information

(4) 最小侵襲の手術手技である関節鏡視下手術の技術を活かし 加齢に伴う変性疾患に も対応 前述したようにスポーツ整形外科のスタッフは 日頃より関節鏡手技のトレーニングを積み重ねおります その為 スポーツ外傷 障害以外でも鏡視下手術の適応になる疾患 ( 加齢変性に伴う膝の半月板損傷や肩の腱板断裂など

(4) 最小侵襲の手術手技である関節鏡視下手術の技術を活かし 加齢に伴う変性疾患に も対応 前述したようにスポーツ整形外科のスタッフは 日頃より関節鏡手技のトレーニングを積み重ねおります その為 スポーツ外傷 障害以外でも鏡視下手術の適応になる疾患 ( 加齢変性に伴う膝の半月板損傷や肩の腱板断裂など スポーツ整形外科部門の特徴と紹介 スポーツ整形外科ってなに? 運動器の外傷 障害を取り扱うのが整形外科とするなら スポーツ整形外科とは何でしょうか? スポーツ選手あるいはスポーツ現場における外傷 障害を診る ことなのでしょうか? 確かにスポーツに特有な運動器疾患はあります 例えば投球障害肩や野球肘などはオーバー ヘッド アスリートに特有な障害ということになりますが スポーツによって生じる捻挫 靭帯損傷

More information

乳がんの疑いがある といわれたあなたへ 乳がんの疑いがあるといわれ 気が動転しているのではないでしょうか これからの人生がどうなるのか 心配でいっぱいかもしれません 乳がんは 比較的治癒率の高いがんで 新しい治療も開発されています 乳房を温存したり 再建したり 女性らしい体を保つ治療法もあります 納得のいく治療を受けるために 今 あなたができること まずは正確な情報を集めましょう もっと 知ってほしい

More information

Ⅰはじめに 中節骨基部掌側骨折掌側板付着部裂離骨折 はPI P関節の過伸展によって生じる外傷で 日常でしばし ばみられるPI P関節背側脱臼に合併して発生することや単なる捻挫と判断されるなど 見逃されること が多く 骨癒合不全による掌側不安定性 運動痛および関節拘縮を起こすことがあるこの骨折に対する

Ⅰはじめに 中節骨基部掌側骨折掌側板付着部裂離骨折 はPI P関節の過伸展によって生じる外傷で 日常でしばし ばみられるPI P関節背側脱臼に合併して発生することや単なる捻挫と判断されるなど 見逃されること が多く 骨癒合不全による掌側不安定性 運動痛および関節拘縮を起こすことがあるこの骨折に対する PI P関節掌側板付着部裂離骨折に対して骨折部圧迫固定法を実施した治療経験 岡村 知明 林 泰京 松本 揚 了德寺大学 健康科学部整復医療 トレーナー学科 要旨 今回我々は中節骨基部掌側骨折PI P関節掌側板付着部裂離骨折 に対して骨折部を圧迫し PI P関節を 最大屈曲した固定法を実施し 良好な治療経過が得られたため報告する 症例は 才 男性平成 年 月 日の学校の体育の時間にドッジボールで左中指を過伸展して受傷し

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

小学生の姿勢について 理学療法士 中田宏樹 目次 Ø 今の時代の子供達の姿勢は乱れてる Ø 姿勢が悪いとどうなる Ø 小学生の特徴的な姿勢は Ø 何故姿勢が乱れるの Ø 姿勢改善の効果 Ø 姿勢改善のためのアプローチ Ø Ø Ø Ø Ø Ø ü ü ü ü 便秘 下痢 姿勢が悪いとどうなるの 更にお腹の圧力が低下し 下腹が出てくる このことは 消化機能の低下の原因になり 便秘や下痢になりやすい傾向

More information

<4D F736F F D20819A918D8A E58D988BD881842E646F63>

<4D F736F F D20819A918D8A E58D988BD881842E646F63> 共同研究組織中間報告 (2010 年度 ) いわゆる滞空力における大腰筋の役割 The role of the psoas major muscle in jumping movement 主担研究員名 : 澤井亨分担研究員名 : 平井富弘 大槻伸吾 仲田秀臣 瀬戸孝幸 本研究成果 : 平成 2011 年バレーボール学会研究発表 バレーボール選手における大腰筋に関する研究 ( バレーボール研究 Vol13

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~ 調査結果詳細 夫婦にとって セックスは理解し合うための 大切なコミュニケーションツール 夫婦がお互いに理解し合うためにセックスは大切なコミュニケーションだと思いますか との質問に対し 思う (37.3%) どちらかといえば思う (49.6%) と回答 86.9% がそう感じていることがわかりました この結果は を持つ妻 全てで高い回答を得られました ほとんどの夫婦が セックスはお互いを理解するために大切なコミュニケーションツールであると考えていることがわかりました

More information

目次 1. デジタル押し花の作り方 3 2. デジタル押し花をきれいに仕上げる方法 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 デジタル押し花 マイクロソフト社のワープロソフト Word 2010( これ以降 Word と記述します ) の図ツールに搭載されている [ 背景

目次 1. デジタル押し花の作り方 3 2. デジタル押し花をきれいに仕上げる方法 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 デジタル押し花 マイクロソフト社のワープロソフト Word 2010( これ以降 Word と記述します ) の図ツールに搭載されている [ 背景 le Word で楽しむデジタル押し花 Sa mp Word の画像加工 1 本テキストの作成環境は 次のとおりです Windows 7 Home Premium Microsoft Word 2010 画面の設定 解像度 1024 768 ピクセル 本テキストは 次の環境でも利用可能です Windows 7 Home Premium 以外のオペレーティングシステムで Microsoft Word

More information

untitled

untitled 第 4 章 2 項体で感じて楽しむ ( 活動プログラム ) 1 富士山における新たな登山 散策の方向性 山本清龍 *1 櫻井倫 *1 *1 藤原章雄 *1 東京大学大学院農学生命科学研究科助教 キーワード : 富士登山 森林散策 期待 満足 カロリー消費 POMS 環境配慮意識 背景富士登山では登頂や御来光など目的となる行為が頂上付目的近に集中しているため 自然環境への負荷だけでなく混雑などの問題が生じており

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

untitled

untitled M s PT Conditioning ADL 14 28 32 2015.3.22 運動器 腰部障害への理学療法 その適応と限界 宮澤 俊介 M s PT Conditioning はじめに 理学療法士において 腰部障害は臨床上非常に多く遭遇する障害です 腰椎椎間 板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症など 画像所見や理学所見が明確にとれるものから 筋筋膜性 腰痛症など臨床所見が明確にとれないものまで幅が広い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 注 ) 当該データ及び数値を利用したことについて生じる結果について NRI は 一切の責任を負うものではなく また 当該データ及び数値の内容について 完全性 最新性 特定目的への適合性等 一切の保証を行いません また 利用者が 利用者の判断の主要な根拠として依拠すべきものではなく 利用者は 行おうとする取引について 必要に応じ ビジネス アドバイザー 弁護士 税理士 会計士等の専門家と相談するようお願いいたします

More information

6 ヘルニアが消えていくのに なぜ 今でも手術する人がいるのか 景 職業 安静がとれるかどうか な どによりますので 個々の患者さんと 良く相談しながら決めていくことにな 手術を絶対急いだ方が良い状態は ります 具体的には私は 外来では鎮 A突然下半身の強い麻痺で発症し B 痛剤の座薬を朝夕使用しても日常生活 お尻周りまでシビレがあり Cおしっ に支障がある状態 または 一カ月の こが自力で出せない状態だけと考えて

More information

<8CA788E389EF95F1303931302D485097702E717870>

<8CA788E389EF95F1303931302D485097702E717870> 沖縄医報 Vol.45 No.10 2009 生涯教育 作がほぼ消失した 認知リハビリテーションで 注意力や覚醒水準が改善し 就労に向けている ⅲ心理検査 ウエクスラー知能検査では 全 IQ60 中程度 ⅴ考察 長期間未治療の前頭葉てんかんを合併 障害 であり ウィスコンシンカード検査にて著 しており 社会適応力が低下していた 早期の 明な遂行機能障害がみられた 衝動性 脱抑制行 治療介入が望ましい事例であった

More information

273 肋骨異常を伴う先天性側弯症

273 肋骨異常を伴う先天性側弯症 273 肋骨異常を伴う先天性側弯症 概要 1. 概要小児に発症する脊柱側弯症はその原因も様々で その態様も個々の患者ごとで大変大きな差がある 成長期 特に思春期に悪化しやすいが 脊柱変形の悪化が少ないものは予後も良くQOL( 生活の質 ) の観点からも大きな問題にはならないことが多い 一方 新生児 乳幼児期に発症する脊柱変形の中にはその変形悪化が著しい症例が少なからずあり それに伴い胸郭変形も高度になり

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63>

<4D F736F F D20824F C8E AAA93AA8CBE814596DA8E9F2E646F63> 2 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究 研究者 ( 代表者 ) 清水聡小川赤十字病院内科部長 宮崎大学医学部社会医学講座公衆衛生学分野大学院生 -85- 中小事業所における交代制勤務者の高血圧症等心血管系障害の基礎的研究小川赤十字病院清水聡 要旨 中小事業所では 交代制勤務者 ( シフトワーカー ) が数多く それらは 睡眠障害のみならず 高血圧症等心血管系の問題を抱えていることが多い

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

椎間板の一部が突出した状態が椎間板ヘルニアです 腰痛やあしに痛みがあります あしのしびれやまひがある場合 要注意です 対応 : 激しい運動を控えましょう 痛みが持続するようであれば 整形外科専門医を受診して 検査を受けましょう * 終板障害 成長期では ヘルニアとともに骨の一部も突出し ヘルニア同様

椎間板の一部が突出した状態が椎間板ヘルニアです 腰痛やあしに痛みがあります あしのしびれやまひがある場合 要注意です 対応 : 激しい運動を控えましょう 痛みが持続するようであれば 整形外科専門医を受診して 検査を受けましょう * 終板障害 成長期では ヘルニアとともに骨の一部も突出し ヘルニア同様 親子のための運動器相談サイト を改訂したリーフレット A. 部位別の疾患 障害の説明と対応について 1. 側わん症 ( そくわんしょう ) 側わんは背骨が横に曲がった状態ですが 問題なのは背骨が捻れながら横に曲がった状態で 悪化すると背骨ばかりか胸郭も変形し 生活に支障を来します 7 割が特発性側わん症です 特発性とは原因不明という意味です 8 割が女性で思春期に進行します 4 つのチェックポイントがあります

More information

介護予防〜のご案内2014v2.indd

介護予防〜のご案内2014v2.indd 2014 vol. 2 このチラシに掲載の価格は 特に記載のないものは税抜表示となっております ロコモティブシンドロームの予防に 52861 新刊 86151 今日から実践 ロコモ対策 健康管理チェックシリーズ のばそう 健康寿命 防ごう ロコモティブシンドローム 2頁カラー 天のり 1冊50枚綴り 監修 中村耕三 国立障害者リハビリ テーションセンター 東北福祉大学 予防福祉健康 増進推進室 特任准教授

More information

95_財団ニュース.indd

95_財団ニュース.indd NO. 95 平成 21 年 7 月 1 日発行 No.95 日本リウマチ財団ニュース 表 1 ACR-EULAR 関節リウマチ診断基準 分類基準 試案 eular 2009, 岡田正人 訳 上を診断とするかはこれから決 score 0 22 34 定され また この項目と点数 0 6 印象も受けるが 時代とともに PIP,MCP,MTP, 手関節 4箇所以上非対称性 4箇所以上対称性 10

More information