Microsoft Word - 下肢と骨盤109~173.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 下肢と骨盤109~173.doc"

Transcription

1 109 Lig. inguinale 鼡径靭帯 N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 Rr. cutanei anteriores (N. femoralis) 前皮枝 ( 大腿神経 ) Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 Fascia lata 大腿筋膜 B. subcutanea prepatellaris 膝蓋前皮下包 Lynn inguinales superficiales 浅鼡径リンパ節 A. et V. circumflexa ilium superficialis 浅腸骨回旋動 静脈 A. et V. epigastrica superficialis 浅腹壁動 静脈 Aa. pudendae externae (Vv. dorsales penis superf.) 外陰部動脈 ( 浅陰茎背静脈 ) Hiatus saphenus 伏在裂孔 Canalis femoralis 大腿管 Cornu inferius 下角 Margo falciformis 鎌状縁 Cornu superius 上角 V. saphena magna 大伏在静脈 110 N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 M. sartorius 縫工筋 M. tensor fasciae latae 大腿筋膜張筋 Rr. cutanei anteriores (N. femoralis) 前皮枝 ( 大腿神経 ) R. cutaneus (N. obturatorius) 皮枝 ( 閉鎖神経 ) Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 Fascia lata 大腿筋膜 M. sartorius 縫工筋 Lig. inguinale 鼡径靭帯 Trigonum femorale 大腿三角 Lynn. ingulnales profundi 深鼡径リンパ節 Anulus femoralis 大腿輪 Fascia iliaca 腸骨筋膜 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 Fascia pectinea 恥骨筋膜 V. saphena magna 大伏在静脈 R. femoralis (N. genitofemoralis) 大腿枝 ( 陰部大腿神経 ) 111 M. sartorius 縫工筋 M. tensor fasciae latae 大腿筋膜張筋 M. iliacus 腸骨筋 1

2 N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 Rr. cutanei anteriores 前皮枝 N. saphenus 伏在神経 R. femoralis (N. genitofemoralis) 大腿枝 ( 陰部大腿神経 ) M. rectus femoris 大腿直筋 M. vastus lateralis 外側広筋 M. vastus intermedius 中間広筋 M. vastus medialis 内側広筋 Lig. inguinale 鼡径靭帯 N. femoralis 大腿神経 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 A. circumflexa femoris lateralis 外側大腿回旋動脈 M. pectineus 恥骨筋 M. adductor longus 長内転筋 M. gracilis 薄筋 M. adductor magnus 大内転筋 Canalis adductorius 内転筋管 M. sartorius 縫工筋 112 M. sartorius 縫工筋 M. tensor fasciae latae 大腿筋膜張筋 M. iliopsoas 腸腰筋 R. ascendens 上行枝 A. circumflexa femoris lateralis 外側大腿回旋動脈 A. profunda femoris 大腿深動脈 R. descendens 下行枝 M. vastus lateralis 外側広筋 M. vastus intermedius 中間広筋 M. vastus medialis 内側広筋 M. rectus femoris 大腿直筋 N. femoralis 大腿神経 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 M. rectus femoris 大腿直筋 N. saphenus 伏在神経 113 A. circumflexa femoris lateralis 外側大腿回旋動脈 A. profunda femoris 大腿深動脈 N. femoralis 大腿神経 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 R. anterior (N. obturatorius) 前枝 ( 閉鎖神経 ) 2

3 M. pectineus 恥骨筋 M. adductor brevis 短内転筋 M. adductor longus 長内転筋 M. adductor magnus 大内転筋 M. gracilis 薄筋 Hiatus tendineus[adductorius] [ 内転筋 ] 腱裂孔 N. saphenus 伏在神経 A. genus descendens 下行膝動脈 R. saphenus 伏在枝 R. articularis 関節枝 114 M. rectus femoris 大腿直筋 M. articularis genus 膝関節筋 M. vastus lateralis 外側広筋 M. rectus femoris 大腿直筋 M. vastus intermedius 中間広筋 M. vastus medialis 内側広筋 115 Lamina anterior fasciae thoracodorsalis 胸腰筋膜前葉 M. quadratus lumborum 腰方形筋 A. lumbalis 腰動脈 A. iliolumbalis 腸腰動脈 *M. psoas major 大腰筋 M. iliacus 腸骨筋 M. transv. abd. 腹横筋 M. obl. int. abd. 内腹斜筋 M. obl. ext. abd. 外腹斜筋 N. iliohypogastricus 腸骨下腹神経 N. ilioinguinalis 腸骨鼡径神経 N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 N. genitofemoralis 陰部大腿神経 Anulus inguinalis profundus 深鼡径輪 M. cremaster 精巣挙筋 Lig. inguinale 鼡径靭帯 Lacuna musculorum 筋裂孔 N. femoralis 大腿神経 Lacuna vasorum 血管裂孔 Anulus femoralis 大腿輪 Lig. lacunare 裂孔靭帯 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 Aorta abdominalis 3 腹大動脈

4 V. cava inferior 下大静脈 A. et V. iliaca communis 総腸骨動 静脈 Ureter 尿管 M. transversus abdominis 腹横筋 M. obliquus internus abdominis 内腹斜筋 M. rectus abdominis 腹直筋 M. pyramidalis 錐体筋 A. et V. testicularis 精巣動 静脈 Anulus inguinalis superficialis 浅鼡径輪 Lig. reflexum 反転靭帯 N. iliohypogastricus + N. ilioinguinalis 腸骨下腹神経 + 腸骨鼡径神経 Funiculus spermaticus 精索 R. genitalis (N. genitofemoralis) 陰部枝 ( 陰部大腿神経 ) R. femoralis (N. genitofemoralis) 大腿枝 ( 陰部大腿神経 ) M. psoas minor 小腰筋 116 M. quadratus lumborum 腰方形筋 N. subcostalis 肋下神経 N. iliohypogastricus 腸骨下腹神経 N. ilioinguinalis 腸骨鼡径神経 N. genitofemoralis 陰部大腿神経 N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 N. obturatorius 閉鎖神経 N. femoralis 大腿神経 M. iliacus 腸骨筋 M. psoas major 大腰筋 A. et V. femoralis 大腿動 静脈 A. circumflexa ilium profunda 深腸骨回旋動脈 A. epigastrica inferior 下腹壁動脈 R. pubicus 恥骨枝 A. circumflexa femoris medialis 内側大腿回旋動脈 A. circumflexa femoris lateralis 外側大腿回旋動脈 A. profunda femoris 大腿深動脈 R. superficialis (A. circumflexa femoris medialis) 浅枝 ( 内側大腿回旋動脈 ) A. et V. femoralis 大腿動 静脈 M. psoas major 大腰筋 Plexus lumbalis 腰神経叢 A. iliaca communis 総腸骨動脈 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 R. anterior 前枝 R. posterior (N. obturatorius) 後枝 ( 閉鎖神経 ) M. pectineus 恥骨筋 4

5 M. adductor brevis 短内転筋 M. adductor longus 長内転筋 M. gracilis 薄筋 M. adductor magnus 大内転筋 117 M. rectus capitis anterior 前頭直筋 Mm. intertransversarii anteriores cervicis 頚前横突間筋 M. rectus capitis lateralis 外側頭直筋 Mm. intertransversarii laterales cervicis 頚外側横突間筋 Rr. ventrales (C 5 ) 前枝 ( 第 5 頚神経 ) Rr. communicantes 交通枝 Ganglion cervicale medium 中頚神経節 A. cervicalis profunda 深頚動脈 A. vertebralis 椎骨動脈 A. intercostalis suprema 最上肋間動脈 M. scalenus medius 中斜角筋 A. subclavia 鎖骨下動脈 M. scalenus anterior 前斜角筋 V. cava superior 上大静脈 V. azygos 奇静脈 Truncus sympathicus 交感神経幹 Ganglia thoracica 胸神経節 N. splanchnicus major 大内臓神経 M. longus capitis 頭長筋 M. longus colli 頚長筋 M. scalenus anterior 前斜角筋 V. jugularis interna 内頚静脈 V. subclavia 鎖骨下静脈 Ductus thoracicus 胸管 V. hemiazygos accessoria 副半奇静脈 Arcus aortae 大動脈弓 Lig. arteriosum 動脈管索 A. pulmonalis sin. 左肺動脈 Aorta thoracica 胸大動脈 Membrana intercostalis interna 内肋間膜 R. collateralis 側副枝 Aa. et Vv. intercostales posteriores 肋間動 静脈 Nn. intercostales 肋間神経 Mm. intercostales interni 内肋間筋 A. et V. subcostalis 肋下動 静脈 N. splanchnicus major 大内臓神経 M. psoas major 大腰筋 5

6 V. lumbalis ascendens 上行腰静脈 Plexus lumbalis 腰神経叢 Aa. et Vv. lumbales 腰動 静脈 Ganglia lumbalia 腰神経節 Rr. communicantes R. ventralis (Th 12 ) 前枝 ( 第十二胸神経 ) N. iliohypogastricus 腸骨下腹神経 N. ilioinguinalis 腸骨鼡径神経 R. femoralis (N. genitofemoralis) 大腿枝 ( 陰部大腿神経 ) R. genitalis (N. genitofemoralis) 陰部枝 ( 陰部大腿神経 ) N. cutaneus femoris lateralis 外側大腿皮神経 N. femoralis 大腿神経 Mm. intercostales intimi 最内肋間筋 M. subcostalis 肋下筋 Ganglion celiacum 腹腔神経節 Aorta abdominalis 腹大動脈 Plexus aorticus abdominalis 腹大動脈神経叢 Lamina anterior fasciae thoracolumbalis 胸腰筋膜前葉 M. transversus abdominis 腹横筋 M. quadratus lumborum 腰方形筋 M. psoas major 大腰筋 Plexus hypogastricus superior 上下腹神経叢 A. et V. testicularis 精巣動 静脈 A. iliaca communis 総腸骨動脈 A. iliaca interna 内腸骨動脈 A. iliaca externa 外腸骨動脈 118 Nn. clunium superiores 上殿皮神経 Nn. clunium medii 中殿皮神経 R. cutaneus lateralis (N. iliohypogastricus) 外側皮枝 ( 腸骨下腹神経 ) Nn. clunium inferiores (N. cutaneus femoris posterior) 下殿皮神経 ( 後大腿皮神経 ) Rr. perineales (N. cutaneus femoris posterior) 会陰枝 ( 後大腿皮神経 ) N. cutaneus femoris posterior 後大腿皮神経 Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 Fascia lata 大腿筋膜 119 M. semimembranosus 半膜様筋 M. semitendinosus 半腱様筋 M. biceps femoris 大腿二頭筋 M. gluteus maximus 大殿筋 Rr. perineales (N. cutaneus femoris posterior) 会陰枝 ( 後大腿皮神経 ) 6

7 Nn. clunium inferiores (N. cutaneus femoris posterior) 下殿皮神経 ( 後大腿皮神経 ) N. cutaneus femoris posterior 後大腿皮神経 Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 Lynn. poplitei 膝窩リンパ節 V. saphena parva 小伏在静脈 120 N. gluteus inferior 下殿神経 A. glutea inferior 下殿動脈 M. gluteus maximus 大殿筋 N. ischiadicus 坐骨神経 A. comitans n. ischiadici 坐骨神経伴行動脈 Tuber ischiadicum 坐骨結節 N. cutaneus femoris posterior 後大腿皮神経 Rr. perineales 会陰枝 Nn. clunium inferiores 下殿皮神経 M. adductor minimus 小内転筋 M. adductor magnus 大内転筋 A. perforans 貫通動脈 M. semimembranosus 半膜様筋 M. semitendinosus 半腱様筋 M. gluteus medius 中殿筋 M. piriformis 梨状筋 Mm. gemelli et M. obturatorius internus 双子筋 内閉鎖筋 M. quadratus femoris 大腿方形筋 Trochanter major 大転子 B. trochanterica m. glutei maximi 大殿筋転子包 M. gluteus maximus 大殿筋 Caput breve (M. biceps femoris) 短頭 ( 大腿二頭筋 ) Caput longum (M. biceps femoris) 長頭 ( 大腿二頭筋 ) Septum intermusculare femoris laterale 外側大腿筋間中隔 Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 121 N. gluteus inferior 下殿神経 A. glutea inferior 下殿動脈 Tuber ischiadicum 坐骨結節 M. adductor minimus 小内転筋 M. adductor magnus 大内転筋 M. semitendinosus 半腱様筋 M. semimembranosus 半膜様筋 N. saphenus 伏在神経 R. saphenus (A. genus descendens) 伏在枝 ( 下行膝動脈 ) V. saphena parva 小伏在静脈 7

8 R. superf. (A. glutea superior) 浅枝 ( 上殿動脈 ) R. prof. (A. glutea superior) 深枝 ( 上殿動脈 ) N. gluteus superior 上殿神経 M. gluteus medius 中殿筋 M. gluteus minimus 小殿筋 M. tensor fasciae latae 大腿筋膜張筋 M. piriformis 梨状筋 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 M. gemellus inferior 下双子筋 M. quadratus femoris 大腿方形筋 Aa. perforantes 貫通動脈 Caput longum (M biceps femoris) 長頭 ( 大腿二頭筋 ) Caput breve (M biceps femoris) 短頭 ( 大腿二頭筋 ) N. peroneus (fibularis) communis 総腓骨神経 N. tibialis 脛骨神経 122 N. cutaneus surae lateralis 外側腓腹皮神経 Fascia cruris 下腿筋膜 V. saphena magna 大伏在静脈 V. saphena parva 小伏在静脈 N. suralis 腓腹神経 N. cutaneus dorsalis lateralis 外側足背皮神経 Fascia dorsalis pedis 足背筋膜 Arcus venosus dorsalis pedis 足背静脈弓 Vv. metatarseae dorsales pedis 背側中足静脈 R. infrapatellaris (N. saphenus) 膝蓋下枝 ( 伏在神経 ) N. peroneus (fibularis) superficialis 浅腓骨神経 N. cutaneus dorsalis medialis 内側足背皮神経 N. cutaneus dorsalis intermedius 中間足背皮神経 N. peroneus (fibularis) profundus 深腓骨神経 Nn. digitales dorsales hallucis lateralis et digiti 母指外側 第二指内側の背側指神経 secundi medialis Nn. digitales dorsales 背側指神経 123 Septum intermusculare anterius cruris 前下腿筋間中隔 M. peroneus longus (M. fibularis longus) 長腓骨筋 M. peroneus brevis (M. fibularis brevis) 短腓骨筋 Retinaculum mm. peroneorum (fibularium) inferius 下腓骨筋支帯 Vagina synovialis mm. peroneorum (fibularium) 腓骨筋の総腱鞘 communis M. peroneus tertius 第三腓骨筋 8

9 M. tibialis anterior 前脛骨筋 M. extensor digitorum longus 長指伸筋 M. extensor hallucis longus 長母指伸筋 Retinaculum mm extensorum superius 上伸筋支帯 Retinaculum mm. extensorum inferius 下伸筋支帯 Vagina tendinum m. extensoris digitorum pedis longi 長指伸筋の腱鞘 Vagina tendinis m. extensoris hallucis longi 長母指伸筋の腱鞘 M. extensor hallucis brevis 短母指伸筋 M. extensor digitorum brevis 短指伸筋 124 R. perforans (A. peronea (fibularis)) 貫通枝 ( 腓骨動脈 ) M. peroneus longus 長腓骨筋 M. peroneus brevis 短腓骨筋 M. peroneus tertius 第三腓骨筋 M. extensor digitorum brevis 短指伸筋 M. extensor digitorum longus 長指伸筋 N. peroneus profundus 深腓骨神経 A. tibialis anterior 前脛骨動脈 M. extensor hallucis brevis 短母指伸筋 M. extensor hallucis longus 長母指伸筋 125 N. peroneus communis 総腓骨神経 N. peroneus superficialis 浅腓骨神経 N. peroneus profundus 深腓骨神経 M. peroneus longus 長腓骨筋 M. extensor digitorum longus 長指伸筋 M. extensor hallucis longus 長母指伸筋 R. perforans (A. peronea) 貫通枝 ( 腓骨動脈 ) M. peroneus brevis 短腓骨筋 A. recurrens tibialis anterior 前脛骨反回動脈 A. tibialis anterior 脛骨動脈 A. malleolaris anterior medialis 前内果動脈 A. malleolaris anterior laterales 前外果動脈 A. tarsea medialis 内側足根動脈 A. dorsalis pedis 足背動脈 A. tarsea lateralis 外側足根動脈 A. arcuata 弓状動脈 Aa. metatarseae dorsales 背側中足動脈 Aa. digitales dorsales 背側指動脈 9

10 126 M. sartorius 縫工筋 V. saphena parva 小伏在静脈 V. saphena magna 大伏在静脈 Rr. cutanei cruris mediales 内側下腿枝 N. cutaneus surae mediales 内側腓腹皮神経 Fascia cruris 下腿筋膜 N. tibialis 脛骨神経 N. peroneus communis 総腓骨神経 N. cutaneus surae lateralis 外側腓腹皮神経 R. communicans peroneus 腓腹神経との交通枝 N. suralis 腓腹神経 Rr. calcanei laterales 外側踵骨枝 127 M. semimembranosus 半膜様筋 M. semitendinosus 半腱様筋 M. gracilis 薄筋 M. sartorius 縫工筋 V. saphena parva 小伏在静脈 V. saphena magna 大伏在静脈 N. saphenus 伏在神経 N. cutaneus surae medialis 内側腓腹皮神経 N. tibialis 脛骨神経 N. peroneus communis 総腓骨神経 Fossa poplitea 膝窩 Caput fibulae 腓骨頭 Caput laterale (M. gastrocnemius) 外側頭 ( 腓腹筋 ) Caput mediale (M. gastrocnemius) 内側頭 ( 腓腹筋 ) N. cutaneus surae laterals 外側腓腹皮神経 R. communicans peroneus 腓腹神経との交通枝 N. suralis 腓腹神経 Tendo calcaneus (Achillis) 踵骨 ( アキレス ) 腱 128 Hiatus tendineus 腱裂孔 M. semimembranosus 半膜様筋 M. gracilis 薄筋 M. semitendinosus 半腱様筋 M. sartorius 縫工筋 A. genus superior medialis 内側上膝動脈 A. genus inferior medialis 内側下膝動脈 10

11 Pes anserinus 鵞足 M. popliteus 膝窩筋 M. plantaris 足底筋 M. soleus ヒラメ筋 A. et V. poplitea 膝窩動 静脈 Lynn. poplitei 膝窩リンパ節 N. tibialis 脛骨神経 N. peroneus communis 総腓骨神経 A. genus superior lateralis 外側上膝動脈 A. genus media 中膝動脈 A. genus inferior lateralis 外側下膝動脈 B. subtendinea m. gastrocnemii medialis 腓腹筋の内側腱下包 Arcus tendineus m. solei ヒラメ筋腱弓 Caput laterale 外側頭 Caput mediale 内側頭 M. gastrocnemius 腓腹筋 Tendo calcaneus (Achillis) 踵骨 ( アキレス ) 腱 129 M. popliteus 膝窩筋 Arcus tendineus m. solei ヒラメ筋腱弓 N. interosseus cruris 下腿骨間神経 A. tibialis posterior 後脛骨動脈 A. peronea (fibularis) 腓骨動脈 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 M. tibialis posterior 後脛骨筋 A. et V. poplitea 膝窩動 静脈 N. tibialis 脛骨神経 M. plantaris 足底筋 M. soleus ヒラメ筋 Septum intermusculare posterius cruris 後下腿筋間中隔 B. tendinis calcanei (Achillis) 踵骨 ( アキレス ) 腱の滑液包 Tendo calcaneus (Achillis) 踵骨 ( アキレス ) 腱 130 A. tibialis posterior 後脛骨動脈 N. tibialis 脛骨神経 Rr. calcanei (Rr. malleolares mediales) 踵骨枝 ( 内果枝 ) Rr. calcanei mediales (N. tibialis) 内側踵骨枝 ( 脛骨神経 ) Retinaculum mm. flexorum 屈筋支帯 Aponeurosis plantaris 足底腱膜 Lig. metatarseum transversum superficiale 浅横中足靭帯 11

12 Aa. digitales plantares propriae 固有底側指動脈 Tendo calcaneus (Achillis) 踵骨 ( アキレス ) 腱 M. peroneus longus 長腓骨筋 Nn. digitales plantares communes 総底側指神経 Nn digitales plantares proprii 固有底側指神経 131 Retinaculum mm. flexorum 屈筋支帯 N. et A. plantaris medialis 内側足底神経 動脈 M. abductor hallucis 母指外転筋 M. flexor hallucis brevis 短母指屈筋 N. et A. plantaris lateralis 外側足底神経 動脈 M. abductor digiti minimi 小指外転筋 M. flexor digitorum brevis 短指屈筋 132 A. et N. plantaris medialis 内側足底動脈 神経 M. abductor hallucis 母指外転筋 M. flexor hallucis brevis 短母指屈筋 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 M. flexor digitorum brevis 短指屈筋 Vaginae tendinum digitorum pedis 足指の腱鞘 A. et N. plantaris lateralis 外側足底動脈 神経 M. abductor digiti minimi 小指外転筋 Vagina tendinum m. flexoris digitorum pedis longi 長指屈筋の腱鞘 Vaginae fibrosae digitorum pedis 足指の線維鞘 133 N. tibialis 脛骨神経 A. tibialis posterior 後脛骨動脈 M. tibialis posterior 後脛骨筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 N. plantaris medialis 内側足底神経 A. plantaris medialis 内側足底動脈 R. superficialis 浅枝 R. profundus 深枝 M. quadratus plantae 足底方形筋 M. flexor hallucis brevis 短母指屈筋 Mm. lumbricales 虫様筋 12

13 N. peroneus communis 総腓骨神経 A. poplitea 膝窩筋 A. tibialis anterior 前脛骨動脈 R. circumflexus fibulae (A. tibialis posterior) 腓骨回旋枝 ( 後脛骨動脈 ) N. interosseus cruris 下腿骨間神経 A. peronea 腓骨動脈 M. peroneus longus 長腓骨筋 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 N. plantaris lateralis 外側足底神経 R. profundus 深枝 R. superficial 浅枝 A. plantaris lateralis 外側足底動脈 Arcus plantaris 足底動脈弓 R. superficialis 浅枝 Nn. digitales plantares communes 総底側指神経 Nn. digitales plantares proprii 固有底側指神経 134 M. tibialis posterior 後脛骨筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 M. quadratus plantae 足底方形筋 Caput obliquum m. adductor hallucis 母指内転筋斜頭 Caput transversum m. adductor hallucis 母指内転筋横頭 M. flexor hallucis brevis 短母指屈筋 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 N. et A. plantaris lateralis 外側足底神経 動脈 R. profundus (N. plantaris lateralis) 深枝 ( 外側足底神経 ) R. superficialis (N. plantaris lateralis) 浅枝 ( 外側足底神経 ) Arcus plantaris 足底動脈弓 R. superficialis 浅枝 M. flexor digiti minimi brevis 短小指屈筋 M. opponens digiti minimi 小指対立筋 Mm. lumbricales 虫様筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 M. flexor digitorum brevis 短指屈筋 135 N. et A. plantaris medialis 内側足底神経 動脈 R. superficialis 浅枝 R. profundus 深枝 M. peroneus longus 長腓骨筋 M. flexor hallucis brevis 短母指屈筋 13

14 M. adductor hallucis 母指内転筋 N. et A. plantaris lateralis 外側足底神経 動脈 R. profundus 深枝 R. superficialis 浅枝 Arcus plantaris 足底動脈弓 R. superficialis 浅枝 Rr. perforantes 貫通枝 M. opponens digiti minimi 小指対立筋 M. flexor digiti minimi brevis 短小指屈筋 Aa. metatarseae plantares 底側中足動脈 Aa. digitales plantares propriae 固有底側指動脈 136 Tibia 脛骨 Sulcus tendinis m. tibialis posterior 後脛骨筋腱溝 Sulcus tendinis m. flexoris digitorum longi 長指屈筋腱溝 Sulcus tendinis m. flexoris hallucis longi 長母指屈筋腱溝 M. abductor hallucis (O) 母指外転筋 ( 起始 ) M. flexor digitorum brevis (O) 短指屈筋 ( 起始 ) M. flexor hallucis brevis (O) 短母指屈筋 ( 起始 ) M. adductor hallucis (O) 母指内転筋 ( 起始 ) M. tibialis posterior (I) 後脛骨筋 ( 停止 ) M. tibialis anterior (I) 前脛骨筋 ( 停止 ) M. peroneus longus (I) 長腓骨筋 ( 停止 ) Ligg. plantaria 底側靭帯 Lig. metatarseum transversum profundum 深横中足靭帯 M. abductor hallucis (I) 母指外転筋 ( 停止 ) M. adductor hallucis (I) 母指内転筋 ( 停止 ) M. flexor hallucis longus (I) 長母指屈筋 ( 停止 ) M. flexor hallucis longus (O) 長母指屈筋 ( 起始 ) M. peroneus brevis (O) 短腓骨筋 ( 起始 ) Fibula 腓骨 Syndesmosis (Articulatio) tibiofibularis 脛腓靭帯結合 ( 関節 ) Art. talocruralis 距腿関節 M. triceps surae (I) 下腿三頭筋 ( 停止 ) Tuber calcanei 踵骨隆起 M. abductor digiti minimi (O) 小指外転筋 ( 起始 ) M. quadratus plantae (O) 足底方形筋 ( 起始 ) M. flexor digiti minimi brevis (O) 短小指屈筋 ( 起始 ) M. opponens digiti minimi (O) 小指対立筋 ( 起始 ) Lig. plantare longum 長足底靭帯 Sulcus tendinis m. peronei longi 長腓骨筋腱溝 M. peroneus brevis (I) 短腓骨筋 ( 停止 ) 14

15 M. abductor digiti minimi (I) 小指外転筋 ( 停止 ) Mm. interossei plantares 底側骨間筋 Mm. interossei dorsales 背側骨間筋 M. abductor digiti minimi (I) 小指外転筋 ( 停止 ) M. flexor digiti minimi brevis (I) 短小指屈筋 ( 停止 ) M. opponens digiti minimi (I) 小指対立筋 ( 停止 ) M. flexor digitorum brevis (I) 短指屈筋 ( 停止 ) M. flexor digitorum longus (I) 長指屈筋 ( 停止 ) 137 M. adductor magnus (I) 大内転筋 ( 停止 ) Epicondylus medialis 内側上顆 M. semimembranosus (I) 半膜様筋 ( 停止 ) M. sartorius (I) 縫工筋 ( 停止 ) M. gracilis (I) 薄筋 ( 停止 ) M. semitendinosus (I) 半腱様筋 ( 停止 ) M. tibialis posterior (O) 後脛骨筋 ( 起始 ) M. flexor digitorum longus (O) 長指屈筋 ( 起始 ) M. flexor hallucis longus (O) 長母指屈筋 ( 起始 ) Tibia 脛骨 M. tibialis posterior 後脛骨筋 M. flexor digitorum longus 長指屈筋 M. flexor hallucis longus 長母指屈筋 Malleolus medialis 内果 Tuberculum mediale et laterale (Proc. posterior tali) 内側 外側結節 ( 距骨後突起 ) Sustentaculum tali 載距突起 Sulcus tendinis m. flexoris hallucis longi 長母指屈筋腱溝 Femur 大腿骨 Epicondylus lateralis 外側上顆 Caput mediale (M. gastrocnemius) (O) 内側頭 ( 起始 ) Caput laterale (M. gastrocnemius) (O) 外側頭 ( 起始 ) M. plantaris (O) 足底筋 ( 起始 ) M. biceps femoris (I) 大腿二頭筋 ( 停止 ) M. popliteus (O) 膝窩筋 ( 起始 ) M. popliteus (I) 膝窩筋 ( 停止 ) M. soleus (O) ヒラメ筋 ( 起始 ) M. soleus (O) ヒラメ筋 ( 起始 ) M. peroneus longus (O) 長腓骨筋 ( 起始 ) M. peroneus brevis (O) 短腓骨筋 ( 起始 ) Fibula 腓骨 M. peroneus longus 長腓骨筋 M. peroneus brevis 短腓骨筋 Malleolus lateralis 外果 M. triceps surae (I) 下腿三頭筋 ( 停止 ) 15

16 Tuber calcanei 踵骨隆起 138 Tractus iliotibialis 腸脛靭帯 Retinaculum patellae laterale 外側膝蓋支帯 M. biceps femoris (I) 大腿二頭筋 ( 停止 ) Caput fibulae 腓骨頭 Fibula 腓骨 M. peroneus longus (O) 長腓骨筋 ( 起始 ) M. peroneus brevis (O) 短腓骨筋 ( 起始 ) Membrana interossea cruris 下腿骨間膜 Syndesmosis (Articulatio) tibiofibularis 脛腓靭帯結合 ( 関節 ) Lig. tibiofibulare anterius 前脛腓靭帯 Malleolus lateralis 外果 Calcaneus 踵骨 Os cuneiforme laterale 外側楔状骨 Os cuboideum 立方骨 M. peroneus brevis (I) 短腓骨筋 ( 停止 ) M. peroneus tertius (I) 第三腓骨筋 ( 停止 ) Mm. interossei dorsales 背側骨間筋 Mm. lumbricales (I) 虫様筋 ( 停止 ) M. rectus femoris 大腿直筋 M. vastus lateralis 外側広筋 M. vastus medialis 内側広筋 Patella 膝蓋骨 Retinaculum patellae mediale 内側膝蓋支帯 Lig. patellae 膝蓋靭帯 Tuberositas tibiae 脛骨粗面 Pes anserinus 鵞足 Tibia 脛骨 M. extensor digitorum longus (O) 長指伸筋 ( 起始 ) M. tibialis anterior (O) 前脛骨筋 ( 起始 ) M. extensor hallucis longus (O) 長母指伸筋 ( 起始 ) M. extensor hallucis brevis (O) 短母指伸筋 ( 起始 ) M. extensor digitorum brevis (O) 短指伸筋 ( 起始 ) Art. talocruralis 距腿関節 Malleolus medialis 内果 Os naviculare 舟状骨 Os cuneiforme intermedium 中間楔状骨 Os cuneiforme mediale 内側楔状骨 M. tibialis anterior (I) 前脛骨筋 ( 停止 ) M. extensor hallucis brevis (I) 短母指伸筋 ( 停止 ) M. extensor hallucis longus (I) 長母指伸筋 ( 停止 ) M. extensores digitorum longus et brevis (I) 長 短指伸筋 ( 停止 ) 16

17 139 Fossa iliaca 腸骨窩 Crista iliaca 腸骨稜 M. obl. ext. abd. 外腹斜筋 M. obl. int. abd. 内腹斜筋 M. trans. abd. 腹横筋 M. psoas major 大腰筋 M. iliacus 腸骨筋 Spina iliaca anterior superior 上前腸骨棘 Spina iliaca anterior inferior 下前腸骨棘 M. tensor fasciae latae 大腿筋膜張筋 M. sartorius 縫工筋 M. rectus femoris 大腿直筋 M. vastus lateralis 外側広筋 M. vastus intermedius 中間広筋 M. vastus medialis 内側広筋 N. obturatorius 閉鎖神経 A. et V. iliaca externa 外腸骨動 静脈 M. pectineus 恥骨筋 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 M. adductor minimus 小内転筋 M. adductor longus 長内転筋 M. adductor brevis 短内転筋 M. gracilis 薄筋 R. profundus (A. circumfl. fem. med.) 深枝 ( 内側大腿回旋動脈 ) R. superficialis (A. circumfl. fem. med.) 浅枝 ( 内側大腿回旋動脈 ) A. et V. femoralis 大腿動 静脈 A. profunda femoris 大腿深動脈 A. perforans 貫通動脈 M. adductor magnus 大内転筋 M. adductor brevis 短内転筋 M. adductor longus 長内転筋 140 N. et A. glutea superior 上殿神経 動脈 N. gluteus inferior 下殿神経 N. cutaneus femoris posterior 後大腿皮神経 Rr. perineales (N. cut. fem. post.) 会陰枝 ( 後大腿皮神経 ) Tuber ischiadicum 坐骨結節 M. semitendinosus 半腱様筋 Caput longum (M. biceps femoris) 長頭 ( 大腿二頭筋 ) M. semimembranosus 半膜様筋 M. adductor minimus 小内転筋 17

18 M. adductor magnus 大内転筋 M. gluteus minimus 小殿筋 M. gluteus medius 中殿筋 M. piriformis 梨状筋 M. gemellus superior 上双子筋 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 M. gemellus inferior 下双子筋 M. quadratus femoris 大腿方形筋 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 A. circumflexa femoris medialis (R. profundus) 内側大腿回旋動脈 ( 深枝 ) Aa. perforantes 貫通動脈 Linea aspera 粗線 Caput breve (M. biceps femoris) 短頭 ( 大腿二頭筋 ) 141 Crista iliaca 腸骨稜 Spina iliaca posterior superior 上後腸骨棘 Spina iliaca posterior inferior 下後腸骨棘 Lig. sacrotuberale 仙結節靭帯 N. et A. glutea superior 上殿神経 動脈 N. et A. glutea inferior 下殿神経 動脈 N. cutaneus femoris posterior 後大腿皮神経 Tuber ischiadicum 坐骨結節 M. semitendinosus (O) 半腱様筋 ( 起始 ) Caput longum (M. biceps femoris) (O) 長頭 ( 大腿二頭筋 )( 起始 ) M. semimembranosus (O) 半膜様筋 ( 起始 ) M. adductor minimus (I) 小内転筋 ( 停止 ) M. pectineus (I) 恥骨筋 ( 停止 ) M. adductor brevis (I) 短内転筋 ( 停止 ) M. adductor longus (I) 長内転筋 ( 停止 ) M. adductor magnus (I) 大内転筋 ( 停止 ) M. latissimus dorsi (O) 広背筋 ( 起始 ) M. obliquus externus abdominis (I) 外腹斜筋 ( 停止 ) M. gluteus medius (O) 中殿筋 ( 起始 ) M. gluteus minimus 小殿筋 M. gluteus maximus (O) 大殿筋 ( 起始 ) M. gluteus medius (I) 中殿筋 ( 停止 ) Trochanter major 大転子 M. piriformis 梨状筋 M. gemellus superior 上双子筋 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 M. gemellus inferior 下双子筋 M. quadratus femoris 大腿方形筋 18

19 M. gluteus maximus (I) 大殿筋 ( 停止 ) M. vastus lateralis (O) 外側広筋 ( 起始 ) M. vastus medialis (O) 内側広筋 ( 起始 ) M. vastus intermedius (O) 中間広筋 ( 起始 ) Labium mediale (Linea aspera) 内側唇 ( 粗線 ) Labium laterale (Linea aspera) 外側唇 ( 粗線 ) Caput breve (M. biceps femoris) (O) 短頭 ( 大腿二頭筋 )( 起始 ) 142 M. obl. ext. (adb.) abd. 外腹斜筋 M. obl. int. abd. 内腹斜筋 M. trans. abd. 腹横筋 M. iliacus (O) 腸骨筋 ( 起始 ) M. sartorius (O) 縫工筋 ( 起始 ) M. tensor fasciae latae (O) 大腿筋膜張筋 ( 起始 ) M. gluteus minimus 小殿筋 M. gluteus medius (I) 中殿筋 ( 停止 ) M. rectus femoris (O) 大腿直筋 ( 起始 ) M. vastus lateralis (O) 外側広筋 ( 起始 ) M. vastus intermedius (O) 中間広筋 ( 起始 ) M. vastus medialis (O) 内側広筋 ( 起始 ) M. articularis genus (O) 膝関節筋 ( 起始 ) N. obturatorius 閉鎖神経 (B. iliopectinea) ( 腸恥包 ) Tuberculum pubicum 恥骨結節 M. pectineus (O) 恥骨筋 ( 起始 ) M. adductor longus (O) 長内転筋 ( 起始 ) M. adductor brevis (O) 短内転筋 ( 起始 ) M. gracilis (O) 薄筋 ( 起始 ) M. adductor minimus (O) 小内転筋 ( 起始 ) M. adductor magnus (O) 大内転筋 ( 起始 ) B. subtendinea iliaca 腸骨筋の腱下包 M. iliopsoas (I) 腸腰筋 ( 停止 ) 143 Fibula Lig. talofibulare anterius Malleolus lateralis Art. subtalaris Lig. calcaneofibulare Tuber calcanei Lig. talocalcaneum laterale Tibia 19 腓骨前脛腓靭帯外果距骨下関節踵腓靭帯踵骨隆起外側距踵靭帯脛骨

20 Lig. tibiofibulare anterius 前脛腓靭帯 Art. talocruralis 距腿関節 Pars tibionavicularis (Lig. mediale) 脛舟部 ( 内側靭帯 ) Collum tali 距骨頚 Lig. talonaviculare 距舟靭帯 Art. talocalcaneonavicularis 距踵舟関節 Lig. calcaneonaviculare (Lig. bifurcatum) 踵舟靭帯 ( 二分靭帯 ) Lig. calcaneocuboideum (Lig. bifurcatum) 踵立方靭帯 ( 二分靭帯 ) Ligg. tarsi dorsalia 背側足根靭帯 Art. cuneonavicularis 楔舟関節 Ossa cuneiformia 楔状骨 Artt. tarsometatarseae 足根中足関節 Tuberositas ossis metatarsalis V 第五中足骨粗面 Os cuboideum 立方骨 Art. calcaneocuboidea 踵立方関節 144 Tibia 脛骨 Sulcus malleolaris 内果溝 Art. talocruralis 距腿関節 Facies superior (Trochlea tali) 上面 ( 距骨滑車 ) Malleolus medialis 内果 Pars tibiotalaris posterior (Lig. mediale) 後脛距部 ( 内側靭帯 ) Pars tibiocalcanearis (Lig. mediale) 脛踵部 ( 内側靭帯 ) Tuberculum mediale (Proc. post. tali) 内側結節 ( 距骨後突起 ) Tuberculum laterale (Proc. post. tali) 外側結節 ( 距骨後突起 ) Sustentaculum tali 載距突起 Sulcus tendinis m. flexoris hallucis longi 長母指屈筋腱溝 Fibula 腓骨 Lig. tibiofibulare posterius 後脛腓靭帯 Syndesmosis (Art.) tibiofibularis 脛腓靭帯結合 ( 関節 ) Facies malleolaris lateralis (Trochlea tali) 外果面 ( 距骨滑車 ) Malleolus lateralis 外果 Lig. fibulocalcaneare 腓踵靭帯 Lig. talofibulare posterius 後距腓靭帯 Art. subtalaris 距骨下関節 Tuber calcanei 踵骨隆起 145 Tibia Art. talocruralis Trochlea tali Collum tali Lig. talonaviculare 20 脛骨距腿関節距骨滑車距骨頚距舟靭帯

21 Art. talocalcaneonavicularis Os naviculare Art. cuneonavicularis Ligg. tarsi dorsalia Os cuneiforme mediale Art. tarsometatarsea I Os metatarsale I 距踵舟関節舟状骨楔舟関節背側足根靭帯内側楔状骨第一足根中足関節第一中足骨 Tuberositas ossis cuboidei 立方骨粗面 Tuberositas ossis metatarsalis V 第五中足骨粗面 Lig. calcaneocuboideum plantare 底側踵立方靭帯 Lig. calcaneonaviculare plantare 底側踵舟靭帯 Lig. plantare longum 長足底靭帯 Pars tibionavicularis (Lig. mediale) 脛舟部 ( 内側靭帯 ) Pars tibiotalaris (Lig. mediale) 脛距部 ( 内側靭帯 ) Pars tibiocalcanearis (Lig. mediale) 脛踵部 ( 内側靭帯 ) Sustentaculum tali 載距突起 Tuberculum mediale (Proc. posterior tali) 内側結節 Tuber calcanei 踵骨隆起 Malleolus medialis 内果 Fibula 腓骨 146 Proc. posterior tali Proc. lateralis tali Sustentaculum tali Sulcus tendinis m. flexoris hallucis longi Lig. calcaneonaviculare plantare Lig. calcaneocuboideum plantare Ligg. tarsi plantaria Art. cuneonavicularis Artt. tarsometatarseae Art. tarsometatarsea I Ossa sesamoidea Ligg. collateralia Artt. metatarsophalangeae Artt. interphalangeae pedis Tuber calcanei Proc. medialis tuberis calcanei Proc. lateralis tuberis calcanei Art. subtalaris Art. calcaneocuboidea Tuberositas ossis cuboidei Sulcus tendinis m. peronei longi 距骨後突起距骨外側突起載距突起長母指屈筋腱溝底側踵舟靭帯底側踵立方靭帯底側足根靭帯楔舟関節足根中足関節第一足根中足関節種子骨側副靭帯中足指節関節足の指節間関節踵骨隆起踵骨隆起内側突起踵骨隆起外側突起距骨下関節踵立方関節立方骨粗面長腓骨筋腱溝 21

22 Tuberositas ossis metatarsalis V Ligg. tarsometatarsea plantaria Ligg. metatarsea plantaria Ossa metatarsalia Phalanges proximales (pl.) Phalanges mediae (pl.) Phalanges distales (pl.) 第五中足骨粗面底側足根中足靭帯底側中足靭帯中足骨基節骨中節骨末節骨 147 Calcaneus 踵骨 Lig. talocalcaneum mediale 内側距踵靭帯 Sinus tarsi 足根洞 Sulcus calcanei 踵骨溝 Lig. talocalcaneum laterale 外側距踵靭帯 Lig. calcaneonaviculare (Lig. bifurcatum) 踵舟靭帯 ( 二分靭帯 ) Lig. calcaneocuboideum (Lig. bifurcatum) 踵立方靭帯 ( 二分靭帯 ) Os cuboideum 立方骨 Lig. cuboideonaviculare dorsale 背側立方舟靭帯 Ligg. tarsi dorsalia 背側足根靭帯 Artt. tarsometatarseae 足根中足関節 Ligg. tarsometatarsea dorsalia 背側足根中足靭帯 Ligg. metatarsea dorsalia 背側中足靭帯 Facies articularis calcanea posterior Facies articularis talaris posterior Sulcus tali Facies articularis calcanea media Facies articularis talaris media Facies articularis calcanea anterior Facies articularis talaris anterior Facies articularis navicularis Talus Lig. talonaviculare Os naviculare Art. cuneonavicularis Ossa cuneiformia Art. tarsometatarsea I Ossa metatarsalia Artt. metatarsophalangeae Phalanges proximales (pl.) Ligg. collateralia 後踵骨関節面後距骨関節面距骨溝中踵骨関節面中距骨関節面前踵骨関節面前距骨関節面舟状骨関節面距骨距舟靭帯舟状骨楔舟関節楔状骨第一足根中足関節中足骨中足指節関節基節骨側副靭帯 148 Femur 大腿骨 Condylus medialis (Femur) 内側顆 ( 大腿骨 ) 22

23 Condylus lateralis (Femur) 外側顆 ( 大腿骨 ) Fibula 腓骨 B. suprapatellaris 膝蓋上包 Facies patellaris (Femur) 膝蓋面 ( 大腿骨 ) Plica synovialis infrapatellaris 膝蓋下滑膜ヒダ Corpus adiposum infrapatellare 膝蓋下脂肪体 Plicae alares 翼状ヒダ Facies articularis (Patella) 関節面 ( 膝蓋骨 ) M. quadriceps femoris 大腿四頭筋 B. suprapatellaris 膝蓋上包 Tibia 脛骨 149 Epicondylus lateralis Condylus lateralis Lig. cruciatum posterius Meniscus lateralis Lig. collaterale fibulare Lig. capitis fibulae anterius Fibula 外側上顆外側顆後十字靭帯外側半月外側側副靭帯前腓骨頭靭帯腓骨 Facies patellaris 膝蓋面 Epicondylus medialis 内側上顆 Condylus medialis 内側顆 Lig. cruciatum anterius 前十字靭帯 Meniscus medialis 内側半月 Lig. collaterale tibiale 内側側副靭帯 B. infrapatellaris profunda 深膝蓋下包 Lig. patellae 膝蓋靭帯 Facies articularis (patella) 関節面 ( 膝蓋骨 ) M. quadriceps femoris 大腿四頭筋 Tibia 脛骨 150 Facies poplitea Linea intercondylaris Epicondylus medialis Condylus medialis Lig. cruciatum anterius Meniscus medialis Lig. collaterale tibiale Linea m. solei Tibia 膝窩面顆間線内側上顆内側顆前十字靭帯内側半月内側側副靭帯ヒラメ筋線脛骨 23

24 Epicondylus lateralis 外側上顆 Condylus lateralis 外側顆 Lig. cruciatum posterius 後十字靭帯 Meniscus lateralis 外側半月 Lig. collaterale fibulare 外側側副靭帯 Art. tibiofibularis (Lig. capitis fibulae posterius) 脛腓関節 ( 後腓骨頭靭帯 ) Fibula 腓骨 151 Condylus lateralis 外側顆 Apex capitis fibulae 腓骨頭尖 Lig. capitis fibulae anterius 前腓骨頭靭帯 Caput fibulae 腓骨頭 Fibula 腓骨 Syndesmosis (Art.) tibiofibularis 脛腓靭帯結合 ( 関節 ) Lig. tibiofibulare anterius 前脛腓靭帯 Malleolus lateralis 外果 Eminentia intercondylaris Facies articularis superior Condylus medialis Tuberositas tibiae Membrana interossea cruris Margo anterior Tibia Malleolus medialis Facies articularis malleoli (malleolaris) Facies articularis inferior Facies articularis malleoli (malleolaris) 顆間隆起上関節面内側顆脛骨粗面下腿骨間膜前縁脛骨内果内果関節面下関節面外果関節面 152 Medulla spinalis Lig. nuchae Lig. supraspinale Ligg. interspinalia Ligg. flava Cauda equina Dura mater spinalis 脊髄項靭帯棘上靭帯棘間靭帯黄色靭帯馬尾脊髄硬膜 M. scalenus posterior 後斜角筋 Mm. intercostales externi 外肋間膜 R. cutaneus medialis (Rr. dorsales) (Th 6 et Th 8 ) 内側皮枝 ( 後枝 )( 第六 第八胸神経 ) R. cutaneus lateralis (Rr. dorsales) (Th 6 et Th 8 ) 外側皮枝 ( 後枝 )( 第六 第八胸神経 ) Rr. dorsales (Aa. intercostales posteriores X et XI) 背枝 ( 第十 第十一肋間動脈 ) R. medialis (R. dorsalis (L2)) 内側枝 ( 第二腰神経後枝 ) 24

25 R. lateralis (R. dorsalis (L2)) 外側枝 ( 第二腰神経後枝 ) Mm. intertransversarii mediales lumborum 腰内側横突間筋 M. quadratus lumborum 腰方形筋 153 Medulla spinalis 脊髄 Foramina intervertebralia 椎間孔 Ganglion spinale 脊髄神経節 R. ventralis (N. thoracicus IX) 前枝 ( 第九胸神経 ) R. dorsalis (N. thoracicus IX) 後枝 ( 第九胸神経 ) Nucleus pulposus (Disci intervertebrales) 髄核 ( 椎間円板 ) Anulus fibrosus (Disci intervertebrales) 線維輪 ( 椎間円板 ) Canalis vertebralis 椎孔 Cauda equine 馬尾 154 R. ventralis (C 2 -C 8 ) 第二 - 第八頚神経前枝 A. vertebralis 椎骨動脈 A. cervicalis profunda 深頚動脈 A. intercostalis suprema 最上肋間動脈 Gang]ion cervicale medium 中頚神経節 Ganglion cervicothoracicum (stellatum) 頚胸 ( 星状 ) 神経節 Ganglion thoracicum II 第二胸神経節 Truncus sympathicus 交感神経幹 Rr. communicantes 交通枝 Aa. et Vv. intercostales posteriores 肋間動 静脈 Ganglion lumbale I 第一腰神経節 Aa. et Vv. lumbales 腰動 静脈 R. ventralis 前枝 155 Intumescentia cervicalis Fissura mediana anterior Funiculus anterior Funiculus lateralis Fila radicularia Radix ventralis Radix dorsalis Ganglion spinale Intumescentia lumbalis Conus medullaris Filum terminale Pars cervicalis 25 頚膨大前正中裂前索側索根糸前根後根脊髄神経節腰膨大脊髄円錐終糸頚部

26 Pars thoracica Pars lumbalis L 1 L 2 L 3 L 4 L 5 胸部腰部第一腰神経第二腰神経第三腰神経第四腰神経第五腰神経 156 Lig. longitudinale posterius 後縦靭帯 Ligg. flava 黄色靭帯 Membrana intercostalis interna 内肋間膜 Ligg. intertransversaria 横突間靭帯 Ligg. costotransversaria 肋横突靭帯 Artt. costotransversariae 肋横突関節 Proc. mamillaris (Vertebra lumbalis I) 乳頭突起 ( 第一腰椎 ) Proc. accessorius (Vertebra lumbalis I) 副突起 ( 第一腰椎 ) Ligg. intertransversaria 横突間靭帯 157 Tuberculum posterius 後結節 Tuberculum anterius 前結節 Proc. transversus (Vertebra cervicalis VI) 横突起 ( 第六頚椎 ) Foramen intervertebrale 椎間孔 Lig. capitis costae radiatum 放線状肋骨頭靭帯 Fovea costalis transversalis 横突肋骨窩 Fovea costalis superior 上肋骨窩 Fovea costalis inferior (Vertebra thoracica VI) 下肋骨窩 ( 第六胸椎 ) Lig. costotransversarium superius 上肋横突靭帯 Foramen costotransversarium 肋横突孔 Membrana intercostalis interna 内肋間膜 Fovea costalis (Vertebra thoracica XI) 肋骨窩 ( 第十一胸椎 ) Disci intervertebrales 椎間円板 Lig. longitudinale anterius 前縦靭帯 Proc. costarius (Vertebra lumbalis III) 肋骨突起 ( 第三腰椎 ) 158a M. obturatorius intenus 内閉鎖筋 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 M. piriformis 梨状筋 Lig. sacrotuberale 仙結節靭帯 Lig. sacrospinale 仙棘靭帯 Lig. anococcygeum 肛門尾骨靭帯 A. rectalis inferior 下直腸動脈 26

27 A. pudenda interna 内陰部動脈 N. pudendus 陰部神経 A. et N. gluteus inferior 下殿動脈 神経 Rr. perineales (N. cutaneus femoris posterior) 会陰枝 ( 後大腿皮神経 ) N. ischiadicus 坐骨神経 M. levator ani 肛門挙筋 M. sphincter ani externus 外肛門括約筋 M. transversus perinei superficialis 浅会陰横筋 M. transversus perinei profundus 深会陰横筋 M. ischiocavernosus 坐骨海綿体筋 M. bulbocavernosus 球海綿体筋 Nn. rectales inferiores 下直腸神経 Nn. perineales 会陰神経 A. perinealis 会陰動脈 Rr. scrotales posteriores 後陰嚢枝 Nn. scrotales posteriores 後陰嚢神経 159a Funiculus spermaticus 精索 Fascia spermatica interna 内精筋膜 Tunica vaginalis testis (Lamina visceralis) 精巣漿膜 ( 臓側板 ) Fascia spermatica externa 外精筋膜 Scrotum 陰嚢 Glans penis 陰茎亀頭 M. cremaster + Fascia cremasterica 精巣挙筋 + 精巣挙筋膜 Lig. suspensorium penis 陰茎提靭帯 N. dorsalis penis 陰茎背神経 V. dorsalis penis 陰茎背静脈 A. dorsalis penis 陰茎背動脈 160a Bulbus penis Crus penis Corpus spongiosum penis Corpus cavernosum penis Glans penis Corona glandis 尿道球陰茎脚尿道海綿体陰茎海綿体陰茎亀頭亀頭冠 N. dorsalis penis 陰茎背神経 A. pudenda interna 内陰部動脈 A. urethralis 尿道動脈 A. bulbi penis 尿道球動脈 27

28 M. transversus perinei profundus 深会陰横筋 N. dorsalis penis 陰茎背神経 A. profunda penis 陰茎深動脈 A. dorsalis penis 陰茎背動脈 161a Ductus deferens Plica umbilicalis medialis Plica umbilicalis mediana Vesica urinaria Os pubis Spatium retropubicum 精管内側臍ヒダ正中臍ヒダ膀胱恥骨恥骨後隙 Peritoneum 腹膜 Plica vesicalis transversa 横膀胱ヒダ Excavatio rectovesicalis 直腸膀胱窩 Spatium retroperitoneale 腹膜後隙 Rectum 直腸 Ureter 尿管 Vesicula seminalis 精嚢 Ductus deferens 精管 Prostata 前立腺 Diaphragma urogenitale 尿生殖隔膜 Urethra masculina 男の尿道 Bulbus penis 尿道球 Corpus cavernosum penis (Crus penis) 陰茎海綿体 ( 陰茎脚 ) 162a Plexus deferentialis Ductus deferens Vesicula seminalis Urethra masculina Diaphragma urogenitale 精管神経叢精管精嚢男の尿道尿生殖隔膜 Plexus hypogastricus superior (N. presacralis) 上下腹神経叢 ( 前仙骨神経 ) Plexus hypogastricus inferior (Plexus pelvinus) 下下腹神経叢 ( 骨盤神経叢 ) V. iliaca interna 内腸骨静脈 Truncus sympathicus 交感神経幹 A. rectalis superior 上直腸動脈 Plexus rectalis superior 上直腸動脈神経叢 Plexus rectales medii 中直腸動脈神経叢 Rectum 直腸 Plexus vesicales 膀胱神経叢 Vesica urinaria 膀胱 Plexus prostaticus 前立腺神経叢 28

29 Prostata 前立腺 163a A. et V. iliaca externa 外腸骨動 静脈 A. et V. iliaca interna 内腸骨動 静脈 A. glutea superior 上殿動脈 A. glutea inferior 下殿動脈 A. iliolumbalis 腸腰動脈 A. obturatoria 閉鎖動脈 A. ductus deferentis 精管動脈 A. pudenda interna 内陰部動脈 A. testicularis 精巣動脈 Plexus pampiniformis (V. testicularis dextra) 蔓状静脈叢 ( 右精巣静脈 ) Aorta abdominalis 腹大動脈 V. cava inferior 下大静脈 Plexus hypogastricus superior (N. presacralis) 上下腹神経叢 ( 前仙骨神経 ) Ureter 尿管 Lig. umbilicale medianum 正中臍索 Apex vesicae 膀胱尖 Lig. umbilicale mediale ( laterale) 臍動脈索 A. vesicalis inferior 下膀胱動脈 Aa. vesicales superiores 上膀胱動脈 Plexus vesicalis 膀胱神経叢 A. rectalis media 中直腸動脈 N. et A. dorsalis penis 陰茎背神経 動脈 164a Plica interureterica Ostium urethrae internum Trigonum vesicae Ostium ureteris Ureter Ductus deferens Uvula vesicae Sinus prostaticus Pars prostatica Utriculus prostaticus Ductus ejaculatorius Colliculus seminalis Crista urethralis Pars spongiosa Lacunae urethrales Fossa navicularis urethrae 尿管間ヒダ内尿道口膀胱三角尿管口尿管精管膀胱垂前立腺洞前立腺部前立腺小室射精管精丘尿道稜海綿体部尿道凹窩尿道舟状窩 29

30 Fundus vesicae 膀胱底 Corpus vesicae 膀胱体 Pars pelvina (Ureter) 骨盤部 ( 尿管 ) Ductus deferens 精管 Vesicula seminalis 精嚢 Ampulla ductus deferentis 精管膨大部 Diverticula ampullae 膨大部憩室 Lobus dexter (Prostata) 右葉 ( 前立腺 ) Facies posterior (Prostata) 後面 ( 前立腺 ) Ductus deferens 精管 Appendix epididymidis 精巣上体垂 Caput epididymidis 精巣上体頭 Appendix testis 精巣垂 Extremitas superior 上端 Margo anterior 前縁 Facies lateralis 外面 Extremitas inferior 下端 Margo posterior (Testis) 後縁 Cauda epididymidis 精巣上体尾 Corpus spongiosum penis Glans penis Ostium urethrae externum 陰茎海綿体陰茎亀頭外尿道口 158b Lig. anococcygeum 肛門尾骨靭帯 Lig. sacrospinale 仙棘靭帯 Lig. sacrotuberale 仙結節靭帯 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 M. piriformis 梨状筋 M. levator ani 肛門挙筋 M. sphincter ani externus 外肛門括約筋 M. transversus perinei superficialis 浅会陰横筋 M. transversus perinei profundus 深会陰横筋 M. ischiocavernosus 坐骨海綿体筋 M. bulbocavernosus 球海綿体筋 Labium minus pudendi 小陰唇 Labium majus pudendi 大陰唇 Commissura labiorum anterior 前陰唇交連 A. rectalis inferior 下直腸動脈 Nn. rectales inferiores 下直腸神経 N. dorsalis clitoridis 陰核背神経 Rr. perineales (N. cutaneus femoris posterior) 会陰枝 ( 後大腿皮神経 ) 30

31 A. glutea inferior 下殿動脈 N. ischiadicus 坐骨神経 Nn. perineales 会陰神経 A. perinealis 会陰動脈 Rr. labiales posteriores 後陰唇枝 Nn. labiales posteriores 後陰唇神経 Vestibulum vaginae 腟前庭 Ostium vaginae 腟口 Ostium urethrae externum 外尿道口 Frenulum clitoridis 陰核小帯 Glans clitoridis 陰核亀頭 Preputium clitoridis 陰核包皮 159b M. sphincter ani externus 外肛門括約筋 M. levator ani 肛門挙筋 M. transversus perinei profundus 深会陰横筋 M. ischiocavernosus 坐骨海綿体筋 M. bulbocavernosus 球海綿体筋 Bulbus vestibuli 前庭球 Ostium vaginae 腟口 Ostium urethrae externum 外尿道口 N. pudendus 陰部神経 A. pudenda interna 内陰部動脈 N. dorsalis clitoridis 陰茎背神経 Crus clitoridis 陰核脚 Corpus clitoridis 陰核体 Glans clitoridis 陰核亀頭 160b Lig. teres uteri Plica umbilicalis medialis Plica umbilicalis mediana Vesica urinaria Excavatio vesicouterina Urethra feminina Clitoris Ureter Peritoneum Lig. suspensorium ovarii Tuba uterina Ovarium Parametrium 31 子宮円索内側臍ヒダ正中臍ヒダ膀胱膀胱子宮窩女の尿道陰核尿管腹膜卵巣提索卵管卵巣子宮傍組織

32 Uterus 子宮 Excavatio rectouterina 直腸子宮窩 Rectum 直腸 M. sphincter ani externus 外肛門括約筋 Vagina 腟 Bulbus vestibuli 前庭球 161b Ureter 尿管 A. et V. ovarica 卵巣動 静脈 Ovarium 卵巣 Tuba uterina 卵管 Uterus 子宮 Lig. teres uteri 子宮円索 Lig. umbilicale medianum 正中臍索 Apex vesicae 膀胱尖 Vesica urinaria 膀胱 Urethra feminina 女の尿道 Clitoris 陰核 Bulbus vestibule 前庭球 A. et V. rectalis superior 上直腸動 静脈 Plexus rectalis superior 上直腸動脈神経叢 Plexus hypogastricus superior (N. presacralis) 上下腹神経叢 ( 前仙骨神経 ) Plexus hypogastricus inferior (Plexus pelvinus) 下下腹神経叢 ( 骨盤神経叢 ) Plexus rectales medii 中直腸動脈神経叢 Plexus uterovaginalis 子宮腟神経叢 Plexus vesicales 膀胱神経叢 Rectum 直腸 M. sphincter ani externus 外肛門括約筋 162b A. iliolumbalis 腸腰動脈 Aorta abdominalis 腹大動脈 V. cava inferior 下大静脈 Plexus hypogastricus superior (N. presacralis) 上下腹神経叢 ( 前仙骨神経 ) A. et V. iliaca communis 総腸骨動脈 A. et V. iliaca externa 外腸骨動脈 A. et V. iliaca interna 内腸骨動脈 A. et V. rectalis superior 上直腸動 静脈 Plexus rectalis superior 上直腸静脈叢 Rectum 直腸 A. et V. ovarica 卵巣動 静脈 A. uterina 卵管動脈 Plexus venosus uterinus et vaginalis 子宮 腟静脈叢 32

33 Tuba uterina 卵管 Lig. teres uteri 子宮円索 Uterus 子宮 Lig. umbilicale medianum 正中臍索 A. vesicalis inferior 下膀胱動脈 Lig. umbilicale mediale ( laterale) 臍動脈索 Plexus venosus vesicalis 膀胱静脈叢 Bulbus vestibuli 前庭球 V. dorsalis clitoridis 陰核 N. et A. obturatoria 閉鎖神経 動脈 163b Lig. teres uteri Uterus Vestibulum vaginae Vesica urinaria Ostium ureteris Trigonum vesicae Ostium urethrae internum Crista urethralis Ostium urethrae externum 子宮円索子宮腟前庭膀胱尿管口膀胱三角内尿道口尿道稜外尿道口 164b Isthmus tubae uterinae 卵管峡部 Pars uterina (Tuba uterina) 子宮部 ( 卵管 ) Ostium uterinum tubae 卵管子宮口 Endometrium 子宮内膜 Myometrium 子宮筋層 Perimetrium 子宮外膜 Lig. teres uteri 子宮円索 Fundus (Corpus uteri) 底 ( 子宮体 ) Corpus uteri 子宮体 Cavum uteri 子宮腔 Isthmus uteri 子宮峡 Cervix uteri 子宮頚 Portio vaginalis [cervicis] 腟部 Ostium uteri [ 外 ] 子宮口 Columna rugarum posterior 後皺柱 Columna rugarum anterior 前皺柱 Rugae vaginales 腟粘膜皺 Carina urethralis vaginae 腟の尿道隆起 Ostium vaginae 腟口 Ampulla tubae uterinae 33 卵管膨大部

34 Ostium abdominale tubae uterinae 卵管腹腔口 Fimbriae tubae 卵管采 Fimbria ovarica 卵巣采 Appendices vesiculosae 胞状垂 Epoophoron 卵巣上体 Ovarium 卵巣 Lig. ovarii proprium 固有卵巣索 Plicae palmatae 棕状ヒダ Labium posterius 後唇 Labium anterius 前唇 Fornix vaginae 腟円蓋 Paries anterior (Vagina) 前壁 ( 腟 ) Paries posterior (Vagina) 後壁 ( 腟 ) Carunculae hymenales 処女膜痕 165 A. iliaca interna 内腸骨動脈 N. pudendus 陰部神経 M. coccygeus 尾骨筋 Anus 肛門 Diaphragma urogenitale 尿生殖隔膜 N. m. levatoris ani 肛門挙筋神経 M. levator ani 肛門挙筋 (Arcus tendineus m. levatoris ani) ( 肛門挙筋腱弓 ) Fascia obturatoria 閉鎖筋膜 166 Plicae transversales recti 直腸横ヒダ Columnae anales 肛門柱 Sinus anales 肛門洞 Zona hemorrhoidalis 痔帯 ( 痔輪 ) Canalis analis 肛門管 M. sphincter ani internus 内肛門括約筋 Ampulla recti 直腸膨大部 167 A. et V. iliaca externa 外腸骨動脈 A. et V. iliaca interna 内腸骨動脈 Truncus sympathicus 交感神経幹 A. iliolumbalis 腸腰動脈 A. umbilicalis 臍動脈 Rr. viscerales (A. iliaca interna) 臓側枝 ( 内腸骨動脈 ) A. glutea superior 上殿動脈 A. glutea inferior 下殿動脈 34

35 Plexus sacralis 仙骨神経叢 M. piriformis 梨状筋 Nn. splanchnici pelvini 骨盤内臓神経 N. pudendus 陰部神経 Plexus coccygeus 尾骨神経叢 Lig. sacrotuberale 仙結節靭帯 Lig. sacrospinale 仙棘靭帯 Foramen ischiadicum minus 小坐骨孔 Foramen ischiadicum majus 大坐骨孔 N. m. levatoris ani 肛門挙筋神経 N. pudendus 陰部神経 A. pudenda interna 内陰部動脈 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 A. obturatoria 閉鎖動脈 N. obturatorius 閉鎖神経 168 Lig. sacrospinale 仙棘靭帯 Lig. sacrotuberale 仙結節靭帯 Tuber ischiadicum 坐骨結節 M. piriformis 梨状筋 M. obturatorius internus 内閉鎖筋 M. obturatorius externus 外閉鎖筋 Foramen ischiadicum majus Foramen ischiadicum minus Fossa trochanterica Trochanter minor Crista intertrochanterica Trochanter major 大坐骨孔小坐骨孔転子窩小転子転子間稜大転子 169 Pelvis minor Pelvis major Crista iliaca Fossa iliaca Spina iliaca anterior superior Spina iliaca anterior inferior Articulatio coxae Trochanter major Lig. iliofemorale Lig. pubofemorale Trochanter minor 小骨盤大骨盤腸骨稜腸骨窩上前腸骨棘下前腸骨棘股関節大転子腸骨大腿靭帯恥骨大腿靭帯小転子 35

36 Lig. iliolumbale Articulatio sacroiliaca Ligg. sacroiliaca ventralia Vertebra lumbalis V Promontorium Foramina sacralia pelvina Linea arcuata Foramen ischiadicum majus Lig. sacrospinale Foramen ischiadicum minus Lig. sacrotuberale Os sacrum Os coccygis Pecten ossis pubis Eminentia iliopubica Symphysis pubica Discus interpubicus Tuberculum pubicum Canalis obturatorius Membrana obturatoria Tuber ischiadicum 腸腰靭帯仙腸関節前仙腸靭帯第五腰椎岬角前仙骨孔弓状線大坐骨孔仙棘靭帯小坐骨孔仙結節靭帯仙骨尾骨恥骨櫛腸恥隆起恥骨結合恥骨間円板恥骨結節閉鎖管閉鎖膜坐骨結節 170 Vertebra lumbalis V Foramina sacralia dorsalia Os sacrum Os coccygis Membrana obturatoria Processus falciformis Tuber ischiadicum Collum femoris Fossa trochanterica Trochanter minor Crista intertrochanterica Trochanter major Crista iliaca Tuberositas iliaca Spina iliaca posterior superior Articulatio sacroiliaca Ligg. sacroiliaca dorsalia Spina iliaca posterior inferior Foramen ischiadicum majus Lig. sacrotuberale Spina ischiadica 第五腰椎後仙骨孔仙骨尾骨閉鎖膜鎌状突起坐骨結節大腿骨頚転子窩小転子転子間稜大転子腸骨稜腸骨粗面上後腸骨棘仙腸関節後仙腸靭帯下後腸骨棘大坐骨孔仙結節靭帯坐骨棘 36

37 Foramen ischiadicum minus Incisura ischiadica minor Articulatio coxae Lig. ischiofemorale 小坐骨孔小坐骨切痕股関節坐骨大腿靭帯 171 Fossa iliaca 腸骨窩 Pelvis major 大骨盤 Pelvis minor 小骨盤 Crista iliaca 腸骨稜 Spina iliaca anterior superior 上前腸骨棘 Spina iliaca anterior inferior 下前腸骨棘 Eminentia iliopubica 腸恥隆起 Linea arcuata 弓状線 Pecten ossis pubis 恥骨櫛 Tuberculum pubicum 恥骨結節 Ramus superior ossis pubis 恥骨上枝 Discus interpubicus (Symphysis pubica) 恥骨間円板 ( 恥骨結合 ) Ramus inferior ossis pubis 恥骨下枝 Promontorium Articulatio sacroiliaca Ligg. sacroiliaca ventralia Foramina sacralia pelvina Canalis sacralis Facies pelvina Os sacrum Foramen ischiadicum majus Incisura ischiadica major Spina ischiadica Lig. sacrospinale Foramen ischiadicum minus Incisura ischiadica minor Lig. sacrotuberale Processus falciformis Tuber ischiadicum Ramus ossis ischii Canalis obturatorius Membrana obturatoria Crista obturatoria 岬角仙腸関節前仙腸靭帯前仙骨孔仙骨管前面仙骨大坐骨孔大坐骨切痕坐骨棘仙棘靭帯小坐骨孔小坐骨切痕仙結節靭帯鎌状突起坐骨結節坐骨枝閉鎖管閉鎖膜恥骨稜 172 Lig. sacrotuberale Tuber ischiadicum Ramus ossis ischii 37 仙結節靭帯坐骨結節坐骨枝

38 Ramus inferior ossis pubis Ramus superior ossis pubis Articulatio coxae Lig. pubofemorale Lig. ischiofemorale Zona orbicularis Fossa trochanterica Trochanter major Crista intertrochanterica Collum femoris Trochanter minor 恥骨下枝恥骨上枝股関節恥骨大腿靭帯坐骨大腿靭帯輪帯転子窩大転子転子間稜大腿骨頚小転子 173 Spina iliaca anterior superior Spina iliaca anterior inferior Caput femoris Collum femoris Capsula articularis 上前腸骨棘下前腸骨棘大腿骨頭大腿骨頚関節包 Eminentia iliopubica 腸恥隆起 Pecten ossis pubis 恥骨櫛 Tuberculum pubicum 恥骨結節 Sulcus obturatorius 閉鎖溝 Crista obturatoria 閉鎖稜 Foramen obturatum 閉鎖孔 Tuber ischiadicum 坐骨結節 Lig. capitis femoris 大腿骨頭靭帯 Labrum acetabulare Facies lunata (Acetabulum) 月状面 ( 寛骨臼 ) 38

Latin 1 Tibia 2 Malleolus medialis 3 Talus 4 Lig. collaterale mediale [Lig. deltoideum] 5 Lig. talonaviculare 6 Os naviculare 7 Ligg. tarsi dorsalia 8

Latin 1 Tibia 2 Malleolus medialis 3 Talus 4 Lig. collaterale mediale [Lig. deltoideum] 5 Lig. talonaviculare 6 Os naviculare 7 Ligg. tarsi dorsalia 8 M34 M34/1 M34 M34/1 Latin 1 Tibia 2 Malleolus medialis 3 Talus 4 Lig. collaterale mediale [Lig. deltoideum] 5 Lig. talonaviculare 6 Os naviculare 7 Ligg. tarsi dorsalia 8 Os metatarsi I [Os metatarsale

More information

Microsoft Word - kankothu1.mht

Microsoft Word - kankothu1.mht 寛骨 1 腸骨稜 2 腸骨窩 3 上前腸骨棘 4 下前腸骨棘 5 寛骨臼 6 腸恥隆起 7 閉鎖孔 8 坐骨体 9 弓状線 10 恥骨櫛 11 恥骨結節 12 恥骨体 13 耳状面 14 大坐骨切痕 15 坐骨棘 16 恥骨結合面 17 坐骨結節 Crista iliaca Fossa iliaca Spina iliaca anterior superior Spina iliaca anterior

More information

<4D F736F F D2091E68E6C94C F096558A7782CC8CA9926E82A982E7817A>

<4D F736F F D2091E68E6C94C F096558A7782CC8CA9926E82A982E7817A> 解剖学の見地から (1) 解剖学的基礎 理論的には骨髄は 含気骨以外のすべての長骨 短骨 扁平骨に存在する 臨床的にも検査目的での骨髄血採取部位として 腸骨以外に 胸骨 肋骨 肩甲骨 椎骨 頭蓋骨などの体表から触知できる扁平骨と短骨とが使われる 長骨は加齢とともに骨端近くの骨髄が脂肪組織に置き換わることと 四肢の中心に位置し 採取困難なため骨髄採取されることは少ないと思われる 分類上の扁平骨に区分される腸骨翼は

More information

骨学実習書

骨学実習書 骨 学 実 習 書 山 口 大 学 医 学 系 研 究 科 機 能 神 経 解 剖 学 分 野 担 当 目 次 総 論 1 各 論 5 I. 胴 幹 骨 Ossa trunci 5 A. 脊 柱 Columna vertebralis 5 B. 胸 郭 Thorax 7 II. 上 肢 骨 Ossa membri superioris 9 A. 上 肢 帯 Cingulum membri superioris

More information

足関節

足関節 一般撮影のおさらいと工夫 ~ 膝関節から足まで ~ 松戸整形外科病院 反町祐司 膝関節 第 24 回東葛放射線画像セミナー 1 正面 坐位で下肢を完全進展し やや内旋して外側顆および内側顆の後縁を結んだ線をフィルムに対して水平にする 膝蓋骨尖 1cm 下に頭足 10 で入射する < ポイント > 膝蓋骨は外側上顆と内側上顆の中央に描出 膝関節腔を描出 膝関節腔中央に顆間隆起を描出 腓骨頭の一部が脛骨と重複して描出

More information

52 レニン 腎臓から分泌 細胞外液量の減少, 血圧低下, 交感神経興奮, 立位などにより分泌促進 レニン アンジオテンシン アルドステロン系の活性化 Na + と水の再吸収促進 体液の保持 血管収縮による血圧上昇 糸球体傍装置の主なもの 糸球体傍細胞 レニンを分泌 緻密斑 NaCl( 特に Cl

52 レニン 腎臓から分泌 細胞外液量の減少, 血圧低下, 交感神経興奮, 立位などにより分泌促進 レニン アンジオテンシン アルドステロン系の活性化 Na + と水の再吸収促進 体液の保持 血管収縮による血圧上昇 糸球体傍装置の主なもの 糸球体傍細胞 レニンを分泌 緻密斑 NaCl( 特に Cl 尿細管における再吸収 * 近位でおおまかな調整 それ以降で細かい調整 1. 近位尿細管での再吸収 : 等張液 栄養素 ( グルコース, アミノ酸など ): 二次性能動輸送 Na +,Cl - : 主に二次性能動輸送 水 : 浸透 51 2. ヘンレのループでの再吸収 : 高張から低張へ a) 下行脚 水の再吸収 * 下へ行くほど濃度が高いから ( 間質が高張 ) 浸透していく b) 上行脚 Na +,Cl

More information

pdf

pdf 体表解剖学 I. ねらい 健康 体力科学 ( 筋電図, 心電図, 血圧測定, 身体計測, キネシオロジーなど ) に必要な解剖学的構造を生体で理解する. ここでは, 生きている人体を外から視察 触察して, 生体の体表や内部の形と構造, および器官の機能を理解しようとする学問領域の体表解剖学を実習する. II. 実習のすすめかた A. 用具解剖学の参考書 ( 星野一正 : 臨床に役立つ生体の観察. 医歯薬出版

More information

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版 1) 一般用語 外転筋 1 迷 2 副 内転筋 3 口 2) 4 輸入 5 付着 6 集合 7 翼 / 翼状 8 白 3) 9 白 3) 10 白 3) 11 胞 / 胞 4) 12 膨大 ; 膨大部 / 膨大 ; 膨大部 5) 13 吻合 / 吻合 14 角 / 角 6) ワナ 15 洞 7) 16 輪 / 輪 8) 17 口 2) 18 尖 / 尖 19 腱膜 / 腱膜 20 突起 ; 骨突起

More information

A883.indd

A883.indd A3 Latin 1 M. biceps brachii 2 M. triceps brachii, caput mediale 3 M. pronator teres 4 M. flexor digitorum profundus, origo 5 M. flexor pollicis longus, origo Ulna 7 M. pronator quadratus Radius 9 M. brachioradialis

More information

症状へのアプローチ

症状へのアプローチ 症状からのアプローチ 23 実践編 起因痛 部位別の症状表現を基に起因予想と整復を行うシンプルに解かり易く 統合医療 和合医療? セミナーの進行予定 ( 毎回完結 ) 1 回目 総論を基本を中心に行います 症状からのアプローチを浅く全身を網羅します ソーマ治療も沿ったものになります 2 回目 3 回目総論を運動を中心に行います (1 時間 ) 各関節の運動による症状を2 回 ( 第 11 胸椎下部上部

More information

電話帳

電話帳 2 52 1 muscles 53 muscles 1 trapezius levator scapulae rhomboideus rhomboid minor rhomboid major serratus anterior subclavius latissimus dorsi deltoid supraspinatus infraspinatus teres minor / teres major

More information

Microsoft Word - 体幹47~108.doc

Microsoft Word - 体幹47~108.doc 47 M. splenius capitis 頭板状筋 M. splenius cervicis 頚板状筋 M. serratus posterior superior 上後鋸筋 M. serratus posterior inferior 下後鋸筋 Vertebra lumbalis I 腰椎 Fascia thoracolumbalis 胸腰筋膜 Vertebra prominens 隆椎 M.

More information

(1) 単純 X 線はいわゆる レントゲン である その基本的な仕組みは 身体に X 線を照射して 身体の後部のフィルムを感光させるというもので 身体組織ごとに X 線透過度が異なることによって陰影が映る 画像は原則として 透過度低い= 白く映る ( 骨 造影剤など ) 透過度高い= 黒く映る (

(1) 単純 X 線はいわゆる レントゲン である その基本的な仕組みは 身体に X 線を照射して 身体の後部のフィルムを感光させるというもので 身体組織ごとに X 線透過度が異なることによって陰影が映る 画像は原則として 透過度低い= 白く映る ( 骨 造影剤など ) 透過度高い= 黒く映る ( 解剖実習配布資料解答と解説 文責 : 木下貴文 ( 医学科 2008 年度入学 ) 2009.7.12 初版公開 2009.7.27 追記と修正 APPENDIX を追加 以下の問題は解答を修正 2-2 2-6 3-7 3-8 3-12 4-7 4-8 2009.7.29 修正 以下の解答を修正 2-4 3-15 第三解剖の解剖実習中に配布 口頭試問された問題に 解答と解説をつけました 資料画像 (

More information

検査ハンドブック

検査ハンドブック エビデンス 診察手順 1 第 8 章と趾の病態 C H A P T E R 8 と趾の病態 趾 診察手順 問 診 既往歴 現病歴 視 診 機能評価 の一般的視診の一般的分類 Feiss 線距骨下関節中間位におけるの位置の評価 趾の視診趾の位置第 1 趾の位置 内側を構成する組織の視診内側縦アーチ 外側を構成する組織の視診第 5 中骨 背の視診長趾伸筋腱 底の視診底腱膜踵骨内側結節仮骨 水泡形成 後部の視診アキレス腱踵骨踵骨後方外骨腫と踵のアライメントの視診距骨下関節中間位の評価

More information

当院における足部・足関節領域のMRI

当院における足部・足関節領域のMRI 第 24 回東葛放射線画像セミナー 当院における足部 足関節領域の MRI 医療法人社団紺整会船橋整形外科病院 診療放射線部阿戸章悟 2015/02/21 船橋整形外科病院概要 病床数 72 床 専門外来 スポーツ医学センター ( 下肢 ) 肩関節 肘関節センター ( 上肢 ) 脊椎 脊髄センター 人工関節センター 手術件数 : 約 5000 件 (2014 年 ) 放射線技師 22 名 船橋整形本院

More information

cervical branch of facial nerve parotid gland submandibular gland submandibular lymph nodes trapezius muscle accessory nerve external occipital protub

cervical branch of facial nerve parotid gland submandibular gland submandibular lymph nodes trapezius muscle accessory nerve external occipital protub mandible angle of the mandible mastoid process thyroid cartilage clavicle jugular notch acromion sternum sternal angle xiphoid process ribs costal arches infrasternal angle anterior superior iliac spine

More information

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭

上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈 骨 尺 骨 手 の 骨 手 根 骨 舟 状 骨 月 状 骨 三 角 骨 豆 状 骨 大 菱 形 骨 小 菱 形 骨 有 頭 上 肢 の 運 動 器 骨 01 関 節 10 筋 22 横 断 33 動 脈 34 静 脈 36 神 経 37 神 経 支 配 41 東 京 有 明 医 療 大 学 木 村 明 彦 2015 年 10 月 01 日 変 更 上 肢 の 骨 1 上 肢 の 骨 は 上 肢 帯 ( 肩 甲 帯 )と 自 由 上 肢 が 区 別 される 上 肢 帯 骨 鎖 骨 肩 甲 骨 自 由 上 肢 上 腕 骨 橈

More information

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1

2 1 内 側 顆 2 3 脛 骨 粗 面 4 脛 骨 体 5 内 側 縁 6 外 側 縁 7 前 縁 8 内 側 面 9 骨 間 縁 10 内 果 11 内 果 関 節 面 12 下 関 節 面 13 外 果 14 内 側 面 15 外 側 面 16 腓 骨 体 17 骨 間 縁 18 後 縁 1 1 1 大 腿 骨 頭 2 大 腿 骨 頚 3 小 転 子 4 大 腿 骨 体 5 内 転 筋 結 節 6 内 側 上 顆 7 内 側 顆 8 膝 蓋 面 9 外 側 顆 10 外 側 上 顆 11 転 子 間 線 12 大 転 子 13 転 子 窩 問 1. 図 に 示 す 骨 の 名 称 を 日 本 語 と 英 語 で 書 きなさい 大 腿 骨 : femur 問 2. 左 図 の 骨 の 上

More information

untitled

untitled 関節疾患理学療法研究会セミナー 臨床的推論に役立つ 機能解剖学 最新の知見 平成19 年 4月 28日 東京ウィメンズプラザ 主催 関節疾患理学療法研究会 http://jt-disease.hp.infoseek.co.jp/ Knee Rt 脛骨上関節面への半月周縁の固定力の違い 伸展時の半月運動制動 内側 : 半膜様筋 外側 : 膝窩筋 屈曲における半月運動と膝窩筋 膝窩筋は 半月を誘導する!?!?

More information

総頚動脈 common carotid artery である. 5は気管 trachea である. 図の下半分は縦隔 mediastinum と呼ばれる領域にかかっているが, この内部では循環絡みの器官 ( 心臓, 血管, 気管 ) は前, 消化管である食道はその後ろである ( だから食道がんの手術

総頚動脈 common carotid artery である. 5は気管 trachea である. 図の下半分は縦隔 mediastinum と呼ばれる領域にかかっているが, この内部では循環絡みの器官 ( 心臓, 血管, 気管 ) は前, 消化管である食道はその後ろである ( だから食道がんの手術 肉眼解剖学平成 18 年度本試験 解答解説 ( 文責 : 矢野寿 ) 1. 甲状腺とその周辺についてコメント ( 大問 1 全般について ): 本当は, 解剖学が基礎になって問題文で資料提示されている外科の教科書が書かれているわけで, 解剖を深く知っていれば外科の知識も暗記ではなく推定の対象なのだというメッセージが聞こえてきそうです. が, 実際には, 予め臨床の知識がある場合を除いて文章を手掛かりにして先に穴を埋めるのは難しく,

More information

Taro-16Chapter05_Osteology

Taro-16Chapter05_Osteology 第 5 章 骨格系 こっかく骨格系 skeletal system は 体を支えるとともに 骨格筋が付き運動するため の器官として使われ さらに脳や心臓などを保護する働き 血球などを形成す る機能 カルシウムなどを貯蔵する働き などがあります ほね骨格系の構成単位は骨です ヒトの場合には200 数個の骨が存在します 骨かんせつほうじんたいは 密性結合組織で構成された関節包や靭帯などで互いにつながって骨格を形

More information

< F2D8FCD95CA81408F4397B E6A7464>

< F2D8FCD95CA81408F4397B E6A7464> 章別理解度確認テスト 注意 : 卒業試験を受ける前に行って下さい 研修の始めに行ってもあまり効果はありません 第 1 章 ~ 第 4 章までの理解度確認テスト 第 5 章 ~ 第 8 章までの理解度確認テスト 第 9 章 ~ 第 11 章までの理解度確認テスト 第 12 章 ~ 第 13 章までの理解度確認テスト 説明を要する問題の解答は用意しておりません 全て 入門編と標準編の教科書の中に記されています

More information

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版

「解剖学用語 改訂13版」解剖学会ホームページ公開版 感 覚 器 感 覚 器 視 覚 器 眼 および 関 連 する 構 造 視 神 経 眼 球 内 部 篩 板 前 部 篩 板 内 部 篩 板 後 部 眼 窩 部 管 内 部 ; 視 神 経 管 部 頭 蓋 内 部 視 神 経 外 鞘 視 神 経 内 鞘 鞘 間 鮎 眼 球 前 極 後 極 赤 道 経 線 外 眼 球 軸 内 眼 球 軸 視 軸 眼 球 前 区 眼 球 後 区 眼 胞 眼 杯 眼 球 線

More information

Microsoft Word - 脳218~262.doc

Microsoft Word - 脳218~262.doc 218 Granulationes arachnoideales クモ膜顆粒 A. meningea media 中硬膜動脈 Dura mater encephali 脳硬膜 219 Dura mater encephali Arachnoidea encephali 脳硬膜脳クモ膜 220 Falx cerebri 大脳鎌 N. opticus 視神経 Hypophysis 下垂体 A. carotis

More information

膝蓋大腿関節 (PFJ) と大腿脛骨関節 (FTJ) Femur Tibia Patella

膝蓋大腿関節 (PFJ) と大腿脛骨関節 (FTJ) Femur Tibia Patella 膝各論 検査法 膝蓋大腿関節 (PFJ) と大腿脛骨関節 (FTJ) Femur Tibia Patella 圧痛部位別病変部位の類推 1 2 3 4 5 6 7 8 9 発育期の膝関節疾患 1 小児の膝変形 症状 生理的範囲のものが多いが以下のものに注意を要する原因 内反膝 外反膝 : 乳幼児でO 脚 6 歳にはX 脚 ( 外反 5 ) が生理範囲 反張膝 : 乳幼児で20 成人で0 ~5 が伸展正常域

More information

解剖学用語基本1000語versin 1_4K

解剖学用語基本1000語versin 1_4K 基本解剖学用語 1000 語 Basic Anatomical Terms 1000 基本解剖学用語 1000 語 ( 寺島版 ) version 1.3 前文より抜粋 現在 英語を母国語としない多くの国で医学教育は英語で行われている ことに開発途上国は英語で医学教育がなされているといって間違いない 我が国の学生は母国語だけで医学教育を受けられるのは幸せであるが 反面 国際化という観点からたつとこれが弱点となる

More information

画像解剖学

画像解剖学 索引 あ アウエルバッハ 173 アウエルバッハ神経叢 177 アキレス腱 86 アキレス腱断裂 113 亜区域 183 足の骨 61 アセチルコリン 21 亜脱臼 94 アダムキュービッツ動脈 128 アーチファクト 246 圧排効果 272 圧迫骨折 101 アデノイド 150 アテローム 288 アドレナリン 245 アブミ骨 43,281 アブミ骨筋 45 アルドステロン 245 鞍関節 91

More information

2

2 g o i n g o n e s t e p f u r t h e r A82/1 (1000164) 2 Latin 1 Femur 2 Condylus lateralis femoris 3 Ligamentum cruciatum anterius 4 Meniscus lateralis 5 Ligamentum collaterale fibulare 6 Caput fibulae

More information

Microsoft Word - 解剖学用語基本1000語versin 1_2.docx

Microsoft Word - 解剖学用語基本1000語versin 1_2.docx 基 本 解 剖 学 用 語 1000 語 Basic Anatomy Terms 1000 in vivo, in vitro, in utero 1 一 般 用 語 General terms ふく abdomen 英 ラ 腹 はら がいてんきん abductor 英 ラ 外 転 筋 がいてん abduction, abductio 外 転 ふく ふく accessory, accessorius

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

GE巻頭言103.indd

GE巻頭言103.indd 112 16 7 2 2002 6 1.はじめに CPM (Continuous Passive Motion) [1 VR VR 2 VR 3 VR VR 4 VR 2.VR 技 術 を 用 いたリハビリテーション VR 2. 1 リハビリテーション 用 力 覚 呈 示 装 置 の 開 発 VR Kim [2] SPIDAR PC 16 JVRSJ Vol.7 No.2 June, 2002 113

More information

腰痛症のしくみと説明

腰痛症のしくみと説明 膝の障害と外傷の診かた 千賀啓功 ( せんがよしのり ) 自己紹介 昭和 30 年 11 月 18 日生まれ 58 才東京出身 昭和 57 年千葉大学医学部卒 日本整形外科学会整形外科専門医日本体育協会公認スポーツドクター 勤務歴千葉大学医学部付属病院沼津市立病院国立佐倉病院鹿島労災病院君津中央病院国立柏病院習志野第一病院 吉祥寺千賀整形外科 院長千賀啓功 得意分野外傷 骨折などの一般整形外科腰痛などの脊椎

More information

目 次 第 1 章肩の解剖学 1 第 1 節総論... 1 第 2 節肩の骨格... 2 第 3 節肩に関連する筋の解剖学 第 1 項肩甲骨 鎖骨に関連する筋 第 2 項肩関節に関連する筋 第 3 項肘関節に関連する筋 第 4 項体幹に関連する筋...

目 次 第 1 章肩の解剖学 1 第 1 節総論... 1 第 2 節肩の骨格... 2 第 3 節肩に関連する筋の解剖学 第 1 項肩甲骨 鎖骨に関連する筋 第 2 項肩関節に関連する筋 第 3 項肘関節に関連する筋 第 4 項体幹に関連する筋... Physical Therapy for Shoulder Disorders 肩関節疾患と理学療法 監修 鈴木俊明三浦雄一郎森原徹渡邊裕文 共著 後藤淳 赤松圭介 大工谷新一 岩田圭生 高崎恭輔 浦上さゆり 嘉戸直樹 小野淳子 谷万喜子 鬼形周恵子 福島秀晃 楠田啓介 伊藤正憲 阪野栄一 大沼俊博 仙波正博 末廣健児 永野敬祐 高木綾一 萩尾亜弥 高田毅 藤原聡 山口剛司 松田俊樹 米田浩久 山口紀子

More information

第2回 骨格系

第2回 骨格系 第 2 回骨格系 日紫喜光良 医学概論 2016.4.19 概要 1 骨の機能 形状 リモデリング 体を支えるだけではない 骨は絶えず壊され 作られている 2 関節の構造 可能な動き 機能維持 関節をつくる骨以外の構成要素とその働きにも注目 3 さまざまな骨 頭蓋骨と骨盤の構造 脊柱の構造などに特に注目 4 代表的な傷病 (1~3 の中で紹介 ) 骨折とその合併症 関節の傷病 2 骨の機能 支持作用

More information

<4D F736F F D F E93FA967B957390AE96AC8A7789EF815E96A E835C835E838D815B838B81798A C5817A2E646F63>

<4D F736F F D F E93FA967B957390AE96AC8A7789EF815E96A E835C835E838D815B838B81798A C5817A2E646F63> 医療技術評価提案書 ( 保険未収載技術用 ) 概要版 各項目のポイントを簡潔に記載すること 技術の概要を平易な用語や図表を用いて A4 用紙 1 枚でまとめた資料を添付すること 既に記載されている様式を変更することなく 空欄を埋める形で記載し 1 枚に収めること 申請団体名 技術名 技術の概要 対象疾患名 保険収載の必要性 評価項目 Ⅰ-1 有効性 治癒率 死亡率 QOL の改善等 学会のガイドライン等

More information

班手術適応の決定 日本精神神経学会の 性同一性障害に関する診断と 治療のガイドライン ( 第 3 版 ) 1 ) に基づき, 身体的治 療の施行およびその内容は, 本人の自己責任のもとに 自己決定することができる. しかし, 不可逆的な身体 的治療の施行には,GID クリニック会議における慎 重な討

班手術適応の決定 日本精神神経学会の 性同一性障害に関する診断と 治療のガイドライン ( 第 3 版 ) 1 ) に基づき, 身体的治 療の施行およびその内容は, 本人の自己責任のもとに 自己決定することができる. しかし, 不可逆的な身体 的治療の施行には,GID クリニック会議における慎 重な討 口外会誌 lll (3 ) : 171 175,2010 靉鞴難韆難鞘鼕灘 1 羃 鑿攤灘羅齷鞴韈 一性同 性障害 (gender identitydisorder) の外科治療 札幌医科大学泌尿器科 舛森直哉 1 鑼畿羅灘鑼灘縫灘錣韈鏘萋講讖鼕鑢鑓韈驪鱗驪垂靆難覊騨鱒難灘覊欝軈蒙纐爨轢覊鑾繼鑾塗邏驪驪轢驪鱗難難蠶霆韓爨憲麹懿驪糶覊覊萋羈蕘讌鑾韆韈華難贈簑莚婆 一 性同一性障害, 性別適合手術,Male

More information

椎間板の一部が突出した状態が椎間板ヘルニアです 腰痛やあしに痛みがあります あしのしびれやまひがある場合 要注意です 対応 : 激しい運動を控えましょう 痛みが持続するようであれば 整形外科専門医を受診して 検査を受けましょう * 終板障害 成長期では ヘルニアとともに骨の一部も突出し ヘルニア同様

椎間板の一部が突出した状態が椎間板ヘルニアです 腰痛やあしに痛みがあります あしのしびれやまひがある場合 要注意です 対応 : 激しい運動を控えましょう 痛みが持続するようであれば 整形外科専門医を受診して 検査を受けましょう * 終板障害 成長期では ヘルニアとともに骨の一部も突出し ヘルニア同様 親子のための運動器相談サイト を改訂したリーフレット A. 部位別の疾患 障害の説明と対応について 1. 側わん症 ( そくわんしょう ) 側わんは背骨が横に曲がった状態ですが 問題なのは背骨が捻れながら横に曲がった状態で 悪化すると背骨ばかりか胸郭も変形し 生活に支障を来します 7 割が特発性側わん症です 特発性とは原因不明という意味です 8 割が女性で思春期に進行します 4 つのチェックポイントがあります

More information

関節面だけでなく 骨のアライメントの変化を見ることができる CT 撮影をすることによって関節面の転位 アライメントの変化はより明確になる また治療後の評価にも有用である 踵骨骨折では転位のあるなしにかかわらず routine に CT 撮影を行うべきと考える ( 骨折の分類 ) 年に

関節面だけでなく 骨のアライメントの変化を見ることができる CT 撮影をすることによって関節面の転位 アライメントの変化はより明確になる また治療後の評価にも有用である 踵骨骨折では転位のあるなしにかかわらず routine に CT 撮影を行うべきと考える ( 骨折の分類 ) 年に 踵骨骨折 小笹泰宏 踵骨関節内骨折に対する治療方法は contorversial である 最近の比較研究では 手術療法の方が保存療法よりも結果が良好であるといった文献が多い 2,3,4,6 しかし これらの文献における保存療法とは 徒手整復を施行せず 早期可動域訓練を開始するものである 我が国では大本法による徒手整復術が広く施行され Campbell などの海外の成書にも紹介されている しかし残念ながら英語の文献で大本法に関する報告は大本本人のみであり

More information

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と

東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 2 大 脳 半 球 や 大 脳 と 小 脳 の 間 に 入 り 大 脳 鎌 小 脳 テント 硬 膜 静 脈 洞 を 構 成 する 脊 髄 硬 膜 : 脊 髄 を 包 む 外 葉 と 神 経 系 国 試 のために (2014/05/14 改 変 ) 東 京 有 明 医 療 大 学 保 健 医 療 学 部 柔 道 整 復 学 科 木 村 明 彦 神 経 系 のまとめ 1 (218-01) は 教 科 書 P219 の 図 01 を 参 照 総 論 Ⅰ. 神 経 系 総 論 (218-01) 中 枢 神 経 ( 脳 脊 髄 )と 末 梢 神 経 ( 脳 神 経 と 脊 髄 神 経 )

More information

S&C2007vol14-01(1-2合併号)

S&C2007vol14-01(1-2合併号) NSCA JAPAN Volume 14, Number 1, pages 3-8 SPORTS PERFORMANCE SERIES 4 An Anatomical and Biomechanical Analysis of the Full Golf Swing G.F. John Maddalozzo Department of Physical Education and Leisure Studies,

More information

静 脈 vein 大 静 脈 vena cava 内 頚 静 脈 internal jugular vein 動 脈 と 異 なる!! 外 頚 動 脈 external jugular v. 上 大 静 脈 superior vena cava 動 脈 は 上 行 大 動 脈 下 大 静 脈 inf

静 脈 vein 大 静 脈 vena cava 内 頚 静 脈 internal jugular vein 動 脈 と 異 なる!! 外 頚 動 脈 external jugular v. 上 大 静 脈 superior vena cava 動 脈 は 上 行 大 動 脈 下 大 静 脈 inf 動 脈 artery 大 動 脈 aorta 大 動 脈 弓 aortic arch 腕 頭 動 脈 branchiocephalic artery 鎖 骨 下 動 脈 subclavian a. 椎 骨 動 脈 vertebral a. 総 頚 動 脈 common carotid a. 内 頚 動 脈 internal carotid a. 外 頚 動 脈 external carotid a.

More information

3 Gerota nephron 1 3 minor calyx 10 major calyx pelvis l kidneyureter T 11 L l 1 Henle 1cm 1cm L 1 L 2 Gerota 1-2 L 2 L 3

3 Gerota nephron 1 3 minor calyx 10 major calyx pelvis l kidneyureter T 11 L l 1 Henle 1cm 1cm L 1 L 2 Gerota 1-2 L 2 L 3 adrenal gland 1-1 capsula adiposa Y CT 1-1 p.50 cortex medulla 3 3 Gerota nephron 1 3 minor calyx 10 major calyx pelvis 1 1-3 1-4 1 150l kidneyureter T 11 L 3 1 99 1 1.5 l 1 Henle 1cm 1cm L 1 L 2 Gerota

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

INDEX MLF 症候群 295, 297 Morgani 孔 96, 97, 98 Morison 窩 ( 肝腎陥凹 ) 61, 63 MRA 123 MRI 99 M 字 151 NSAIDs 52, 54 O P Oddi 括約筋 47 Sjögren 症候群 304 Stanford A

INDEX MLF 症候群 295, 297 Morgani 孔 96, 97, 98 Morison 窩 ( 肝腎陥凹 ) 61, 63 MRA 123 MRI 99 M 字 151 NSAIDs 52, 54 O P Oddi 括約筋 47 Sjögren 症候群 304 Stanford A 索引 記号 Ⅰ 音 124 Ⅱa 125 Ⅱp 125 Ⅱ 音 124 Ⅴ 1 Ⅴ 3 293 C Calot 三角 47 Cannon 点 42, 72, 73 Cantlie 線 46, 56, 57 Chopart 関節 143 Couinaud の肝亜区域 55, 57 Heubner 動脈 249 Hirschsprung 病 ( 先天性巨大結 腸症 ) 43, 46, 49, 51 Hodge

More information

エクセルカバー入稿用.indd

エクセルカバー入稿用.indd i 1 1 2 3 5 5 6 7 7 8 9 9 10 11 11 11 12 2 13 13 14 15 15 16 17 17 ii CONTENTS 18 18 21 22 22 24 25 26 27 27 28 29 30 31 32 36 37 40 40 42 43 44 44 46 47 48 iii 48 50 51 52 54 55 59 61 62 64 65 66 67 68

More information

今日の流れ 捻挫とは? 足の解剖から捻挫の定義まで 捻挫の受傷起点 救急処置 長期的観点から見た捻挫 再損傷予防 捻挫について 22

今日の流れ 捻挫とは? 足の解剖から捻挫の定義まで 捻挫の受傷起点 救急処置 長期的観点から見た捻挫 再損傷予防 捻挫について 22 捻挫について 捻挫について 理学療法士 中田宏樹 今日の流れ 捻挫とは? 足の解剖から捻挫の定義まで 捻挫の受傷起点 救急処置 長期的観点から見た捻挫 再損傷予防 捻挫について 22 足の解剖 脛骨 腓骨 距骨 踵骨 33 足の解剖 捻挫について 44 足の解剖 前距腓 後距腓 踵腓 捻挫について 55 足の運動学 背屈と底屈 66 足の運動学 外反と内反 77 捻挫とは 骨と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷

More information

582 理 学 療 法 科 学 第 24 巻 4 号 I. はじめに 高 齢 者 の 脊 柱 後 弯 変 形 ( 円 背 )は, 骨 粗 鬆 症 による 変 形, 体 幹 筋 の 筋 力 低 下, 体 幹 伸 展 可 動 性 の 低 下, 生 活 環 境 など 様 々な 要 因 が 影 響 する 高

582 理 学 療 法 科 学 第 24 巻 4 号 I. はじめに 高 齢 者 の 脊 柱 後 弯 変 形 ( 円 背 )は, 骨 粗 鬆 症 による 変 形, 体 幹 筋 の 筋 力 低 下, 体 幹 伸 展 可 動 性 の 低 下, 生 活 環 境 など 様 々な 要 因 が 影 響 する 高 理 学 療 法 科 学 24(4):581 585,2009 原 著 杖 の 使 用 が 立 位 時 体 幹 下 肢 筋 活 動 量 に 与 える 影 響 高 齢 者 疑 似 体 験 装 具 を 用 いた 検 討 Effect of Using a Cane on Muscle Activities of the Lower Limbs and Trunk during Standing with

More information

01_.g.r..

01_.g.r.. I II III IV V VI VII VIII IX X XI I II III IV V I I I II II II I I YS-1 I YS-2 I YS-3 I YS-4 I YS-5 I YS-6 I YS-7 II II YS-1 II YS-2 II YS-3 II YS-4 II YS-5 II YS-6 II YS-7 III III YS-1 III YS-2

More information

榎本靖士 ( 京都教育大学 ) 岡崎和伸 ( 大阪市立大学 ) 岡田英孝 ( 電気通信大学 ) 渋谷俊浩 ( びわこ成蹊スポーツ大学 ) 杉田正明 ( 三重大学 ) 高橋英幸 ( 国立スポーツ科学センター ) 高松潤二 ( 国立スポーツ科学センター ) 前川剛輝 ( 国立スポーツ科学センター ) ケ

榎本靖士 ( 京都教育大学 ) 岡崎和伸 ( 大阪市立大学 ) 岡田英孝 ( 電気通信大学 ) 渋谷俊浩 ( びわこ成蹊スポーツ大学 ) 杉田正明 ( 三重大学 ) 高橋英幸 ( 国立スポーツ科学センター ) 高松潤二 ( 国立スポーツ科学センター ) 前川剛輝 ( 国立スポーツ科学センター ) ケ ケニア人長距離選手の生理学的 バイオメカニクス的特徴の究明 ~ 日本人長距離選手の強化方策を探る ~ 榎本靖士 目 次 要約 1 緒言 2 方法 3 結果 6 考察 17 摘要 21 榎本靖士 ( 京都教育大学 ) 岡崎和伸 ( 大阪市立大学 ) 岡田英孝 ( 電気通信大学 ) 渋谷俊浩 ( びわこ成蹊スポーツ大学 ) 杉田正明 ( 三重大学 ) 高橋英幸 ( 国立スポーツ科学センター ) 高松潤二

More information

女の生殖器

女の生殖器 女 の 生 殖 器 は 生 殖 細 胞 である 卵 細 胞 を 貯 蔵 している 卵 巣 (ovarium) 排 卵 された 卵 細 胞 を 子 宮 に 運 ぶ 卵 管 (tuba uterina) 排 卵 された 卵 細 胞 が 受 精 して 原 胚 子 が 成 立 した 場 合 にはその 原 胚 子 を 受 け 入 れて 胎 児 に 育 てる 子 宮 (uterus) 胎 児 が 成 熟 した

More information

55: 巻 3 号 (2015:3) Results of nerve conduction study. Motor nerves Amplitude (mv) Conduction velocity (m/s) right median N.D. left median

55: 巻 3 号 (2015:3) Results of nerve conduction study. Motor nerves Amplitude (mv) Conduction velocity (m/s) right median N.D. left median 55:155 1 1 * 2 1 1 1 1 神経原性胸郭出口症候群, 異所性鎖骨下動脈, 腕神経叢, 単肢筋萎縮症 胸郭出口症候群 (thoracic outlet syndrome; TOS) という疾患単位は, 定義に混乱があるものの, 腕神経叢および鎖骨下動脈の絞扼によっておこる上肢のしびれ, 肩こりなどを主訴とする疾患であると本邦では解釈されている 1). そのうちのほとんどを占める神経性

More information

男の生殖器

男の生殖器 男の生殖器は 生殖細胞である精子を生産する精巣と 精子を体外に送り出す管系 及び精子を確実に女の生殖器の一部である膣の中に送り込む交接器である陰茎とで構成されている 1 男の生殖器は 男の生殖細胞である精子を生産する精巣 ( 睾丸 ) と ここで生産された精子を体外に導く一本の管 及びこれから発生する腺 ( 精嚢 前立腺 尿道球腺など ) 並びに最終的に精子を女性生殖器の膣の中に射出するための陰茎から構成されている

More information

困ったときのQ&A

困ったときのQ&A ii iii iv NEC Corporation 1997 v P A R T 1 vi vii P A R T 2 viii P A R T 3 ix x xi 1P A R T 2 1 3 4 1 5 6 1 7 8 1 9 1 2 3 4 10 1 11 12 1 13 14 1 1 2 15 16 1 2 1 1 2 3 4 5 17 18 1 2 3 1 19 20 1 21 22 1

More information

2 4 3 cm Composix TM mesh mesh 4 MRICT cm,65 kg 10 cm A B

2 4 3 cm Composix TM mesh mesh 4 MRICT cm,65 kg 10 cm A B 46 2112 116 2007 2 61 8 6 cmct MRI Composix TM mesh2 91 10 cmct 3cm Surgipro TM mesh mesh mesh Grynfelt-Lesshaft's triangle Petit's triangle mesh 149 cm56.1 kg 8 6 cm X CT 61 2002 1 2002 12 2007 9 3 570-8540

More information

<4D F736F F F696E74202D20378C8E3693FA89C193A190E690B62890AB8B40945C29>

<4D F736F F F696E74202D20378C8E3693FA89C193A190E690B62890AB8B40945C29> 1. 男性の性機能 勃起機能障害 / 射精障害 市立室蘭総合病院泌尿器科加藤隆一 性欲 勃起 極致感 ( オーガズム ) 射精 1.1 性欲とは? 1.2.1 勃起を促す神経伝達経路 食欲 睡眠欲と並ぶ 3 大欲求のうちの一つ 種族保存の欲求に直結する欲求 どのような性的刺激に対し反応するかは様々 視覚 聴覚 嗅覚 触覚 味覚 空想 視床下部 刺激伝導系 視床下部 内側視索前野 (MPOA) 室傍核

More information

<4D F736F F F696E74202D20348C8E313093FA90BC928690E690B AB8AED82CC94AD90B682C682BB82CC88D98FED29>

<4D F736F F F696E74202D20348C8E313093FA90BC928690E690B AB8AED82CC94AD90B682C682BB82CC88D98FED29> 小児泌尿器科 1 性器の発生とその異常 / 性分化異常 性とは何か? 北海道立こども総合医療センター小児泌尿器科西中一幸 染色体の性 性腺の性 性器の性 ( 内性器, 外性器 ) 身体の性 ( 性成熟 ) 心理上の性 社会上 法律上の性 性分化について Y 染色体上の精巣決定因子 (TDF: testis determining factor) (SRY 遺伝子 : sex determining

More information

虫垂は S 状結腸の続きである 盲腸 消化管の筋層は 内側が縦走筋 外側が輪状筋で構成される 逆 腹膜は壁側腹膜と臓側腹膜とにわけられる 膵臓 腎臓 副腎などは 腹膜の前に位置する 後ろ 腸間膜は 動脈 神経 リンパ節を含んでいる 胃液は塩酸を含む強酸性の無色透明の消化液である 食道から胃に移行する

虫垂は S 状結腸の続きである 盲腸 消化管の筋層は 内側が縦走筋 外側が輪状筋で構成される 逆 腹膜は壁側腹膜と臓側腹膜とにわけられる 膵臓 腎臓 副腎などは 腹膜の前に位置する 後ろ 腸間膜は 動脈 神経 リンパ節を含んでいる 胃液は塩酸を含む強酸性の無色透明の消化液である 食道から胃に移行する 解剖生理学 短文 小脳は脳幹に含まれる 含まれない長文 横隔神経は迷走神経と同様に頸部を下行し横隔膜まで至る脳神経である 横隔膜は脳神経ではない この文より長い文章 短い文章は出ない 細胞内に最も多い陽イオンはカリウムである 末梢血管中の赤血球は無核である 血清は血漿よりプラスミノーゲンを除いたものである フェブリノーゲン 血小板は 血液の凝固に関係する 体重の 40% は体液で 大部分は水である

More information

Kiyosue

Kiyosue 図1 Padget説による眼 動脈の発生の模式図 Lasjaniasによる眼動脈の発達 図2 (2) 1 VODはPadgetの説と同様にanterior division 将来の前大脳動脈 から起始し眼胞に供血するが DOAはより尾側 C4 より起始するとされ 将来の上眼窩裂を通り眼窩に入りVOAと吻合する 2 続いてDOAは退縮する またVOAが眼窩に入る前の部分で内頚動脈に取り込まれ それより近

More information

No4リンパ基本実技

No4リンパ基本実技 リンパマッサージ基本実技 基本 ( 部位ごと ); スタートは鎖骨から基本実技 上から右側左側 どの方向からでも刺激は OK! 1 鎖骨のくぼみを ( 鎖骨の起始部から外側に指 3 本目あたり ) 軽く押す 2 鎖骨のくぼみを首から肩方向へ 肩から首の方向へ左右に軽く撫でる 3 鎖骨の両端から撫でてきて 鎖骨起始部から指 3 本目を軽く押す 体内を流れたリンパ液が最終的に心臓に戻るときに流れ込む場所で

More information

i

i i ii iii iv v vi vii viii ix x xi ( ) 854.3 700.9 10 200 3,126.9 162.3 100.6 18.3 26.5 5.6/s ( ) ( ) 1949 8 12 () () ア イ ウ ) ) () () () () BC () () (

More information

III. アブ シール南丘陵遺跡第 22 次調査概要 53 Fig.43 イシスネフェルト墓出土第 1 号人骨 ( 小児 10±2.5 歳 ) の頭蓋

III. アブ シール南丘陵遺跡第 22 次調査概要 53 Fig.43 イシスネフェルト墓出土第 1 号人骨 ( 小児 10±2.5 歳 ) の頭蓋 52 エジプト学研究別冊第 16 号 3. アブ シール南丘陵遺跡におけるイシスネフェルト墓出土人骨の再調査 および未盗掘集団埋葬墓出土人骨の予備調査 (1) はじめに 今回の 2012 年 9 月の調査では 2009 年に行われたイシスネフェルト墓出土人骨 ( 馬場 2010) の再調査と 2004 年に行われた未盗掘集団埋葬墓出土人骨 ( 平田 2005) の予備的再調査を行った イシスネフェルト墓出土人骨の再調査結果は

More information

3.4 衝 突 個 体 の 医 学 的 剖 検 による 海 ワシ 類 の 衝 突 原 因 の 考 察 3.4.1 海 ワシ 類 の 医 学 的 剖 検 結 果 ( 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 一 部 をマスキングしています) 3-72 骨 遠 位 端 を 欠 く 右 脛 腓 骨 遠 位 端 と 左 脛 腓 骨 近 位 端 に 骨 折 を 認 める 3) 剖 検 所 見 頭 骨 は 眼

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART12 ii iii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 3 1 4 5 1 6 1 1 2 7 1 2 8 1 9 10 1 11 12 1 13 1 2 3 4 14 1 15 1 2 3 16 4 1 1 2 3 17 18 1 19 20 1 1

More information

パソコン機能ガイド

パソコン機能ガイド PART2 iii ii iv v 1 2 3 4 5 vi vii viii ix P A R T 1 x P A R T 2 xi P A R T 3 xii xiii P A R T 1 2 1 3 4 1 5 6 1 2 1 1 2 7 8 9 1 10 1 11 12 1 13 1 2 3 14 4 1 1 2 3 15 16 1 17 1 18 1 1 2 19 20 1 21 1 22

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208376838C835B83938365815B835683878393312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> i i vi ii iii iv v vi vii viii ix 2 3 4 5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

More information

SC-85X2取説

SC-85X2取説 I II III IV V VI .................. VII VIII IX X 1-1 1-2 1-3 1-4 ( ) 1-5 1-6 2-1 2-2 3-1 3-2 3-3 8 3-4 3-5 3-6 3-7 ) ) - - 3-8 3-9 4-1 4-2 4-3 4-4 4-5 4-6 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6 5-7 5-8 5-9 5-10 5-11

More information

修飾語コード

修飾語コード 別 添 4 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 修 飾 語 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 修 飾 語 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 通 常 傷 病 名 の 前 後 に 使 用 する 部 位 病 因 診 断 確 定 度 等 とする (2)

More information

36 Doshisha Journal of Health & Sports Science Ⅰ 緒言 超高齢社会を迎えた日本においては 高齢者のメタ ボリックシンドロームや要介護状態に繋がるロコモ ティブシンドロームの予防 改善が 緊急かつ重大な 健康課題となっている 運動不足や老化による骨格筋の

36 Doshisha Journal of Health & Sports Science Ⅰ 緒言 超高齢社会を迎えた日本においては 高齢者のメタ ボリックシンドロームや要介護状態に繋がるロコモ ティブシンドロームの予防 改善が 緊急かつ重大な 健康課題となっている 運動不足や老化による骨格筋の Doshisha Journal of Health & Sports Science, 7, 35-44 2015 35 原 著 お手軽介護予防トレーニングプログラム Do-SAR/B 体操 の開発 第 2 報 各動作時の作動筋に関する筋電図学的検討 栁田 昌彦 1 石原 一成 2 Development of the comfortable training program (Do-SAR/B

More information

前十字靭帯再建手術を終えられた皆様へ

前十字靭帯再建手術を終えられた皆様へ 前十字靭帯再建手術のリハビリに関して 八王子スポーツ整形外科 はじめに 前十字靭帯再建術を実施した後はリハビリが非常に重要です 家で簡単に実施できるリハビリメニューを紹介しますので ぜひご活用ください 2 はじめに 3 前十字靭帯とは 4 どうして切れるの? 5 前十字靭帯を損傷する危険要素 6 再受傷しないために 7 手術をする前に 8 手術後の主な流れ 9 手術後 1 日 10 歩行 11 RICE

More information

i

i 14 i ii iii iv v vi 14 13 86 13 12 28 14 16 14 15 31 (1) 13 12 28 20 (2) (3) 2 (4) (5) 14 14 50 48 3 11 11 22 14 15 10 14 20 21 20 (1) 14 (2) 14 4 (3) (4) (5) 12 12 (6) 14 15 5 6 7 8 9 10 7

More information

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3

1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22 8... 22 3... 22 1... 22 2... 23 3... 23 4... 24 5... 24 6... 25 7... 31 8... 32 9... 3 3 2620149 3 6 3 2 198812 21/ 198812 21 1 3 4 5 JISJIS X 0208 : 1997 JIS 4 JIS X 0213:2004 http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/ 1... 1 2... 1 1... 1 2... 2 3... 2 4... 4 5... 4 6... 4 7... 22

More information

学位論文 健常者および慢性腰痛症例における体幹ローカル筋群と グローバル筋群の関連性 The Relationship Between the Trunk Local Muscles and the Trunk Global Muscles in Individuals With or Withou

学位論文 健常者および慢性腰痛症例における体幹ローカル筋群と グローバル筋群の関連性 The Relationship Between the Trunk Local Muscles and the Trunk Global Muscles in Individuals With or Withou Title 健常者および慢性腰痛症例における体幹ローカル筋群とグローバル筋群の関連性 Author(s) 三浦, 拓也 Citation Issue Date 21-3-2 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/211/879 Right Type theses (doctoral) Additional Information File Information Takuya_Miura.pdf

More information

™…

™… i 1 1 1 2 3 5 5 6 7 9 10 11 13 13 14 15 15 16 17 18 20 20 20 21 22 ii CONTENTS 23 24 26 27 2 31 31 32 32 33 34 37 37 38 39 39 40 42 42 43 44 45 48 50 51 51 iii 54 57 58 60 60 62 64 64 67 69 70 iv 70 71

More information

154

154 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 附. 宇 賀 崎 貝 塚 出 土 の 人 骨 および 犬 骨 について 独 協 医 科 大 学 第 一 解 剖 学 教 室 茂 原 信 生 江 藤 盛 治 馬 場 悠 男 人 Gトレンチの 第 6グリッドの 土 壙 墓 から 少 数 の 焼 かれて 変 形 した 人 骨 が 出 土 している

More information

Microsoft Word - 頭174~217.doc

Microsoft Word - 頭174~217.doc 174 M. constrictor pharyngis superior 上咽頭収縮筋 M. constrictor pharyngis medius 中咽頭収縮筋 M. constrictor pharyngis inferior 下咽頭収縮筋 Pharynx 咽頭 Raphe pharyngis 咽頭縫線 Gl. thyroidea 甲状腺 Esophagus 食道 Trachea 気管 M.

More information

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓

4) 心 臓 に 出 入 りする 血 管 (115) 右 心 房 に 入 る 血 管 上 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 下 大 静 脈 ( 静 脈 血 ) 1 本 頭 上 肢 から 静 脈 血 を 集 める 胸 部 腹 部 下 肢 から 集 める 冠 状 静 脈 ( 洞 ) 1 本 心 臓 D 循 環 器 系 のしくみと 働 き 1. 循 環 器 系 とは (113) 血 液 によって 酸 素 や 栄 養 を 組 織 細 胞 に 供 給 し 組 織 で 生 成 された 老 廃 物 の 二 酸 化 炭 素 や 尿 素 アンモニアなどを 処 理 する 器 官 ( 肺 と 腎 臓 )まで 運 搬 血 液 循 環 体 循 環 心 臓 ポンプで 全 身 に 動 脈 血 を 運 び 静 脈 血 を

More information

untitled

untitled 1998 6 25 ( ) 1 10 1982 10 28 37/7 1990 12 14 45/94 (WHO) 1 1989 12 8 NGO (ECE) 3 1995 10 25 ECE 1991 2 25 1992 3 17 1998 6 4 1 2 1. 2. a b c (a) (b) d 17 3. a b (a) c (b) 4. 5. 3 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.

More information

24jusei-pm

24jusei-pm 第 24 回柔道整復師国家試験午後問題 問 1 柔道整復師免許について正しいのはどれか 1. 他の人に貸与できる 2. 譲渡ができる 3. 日本国籍がなくても与えられる 4. 相続ができる 問 2 柔道整復師名簿の登録事項でないのはどれか 1. 現住所 2. 性別 3. 登録番号 4. 試験合格の年月 問 3 柔道整復師が施術を行う場合 医師の同意で正しいのはどれか 1. 打撲の患部への施術は医師の同意が必要である

More information

理学療法学43_supplement 1

理学療法学43_supplement 1 1 2 3 運動器理学療法のトピックス 19 図 4 意識下における右膝関節内の感覚閾値 9 Dye SF, et al.: onsciousneurosensory mapping of the internal structures of the human knee without intraarticular anesthesia. Am J Sports Med, 26: 773 777,

More information

活用ガイド (ハードウェア編)

活用ガイド (ハードウェア編) (Windows 98) 808-877675-122-A ii iii iv NEC Corporation 1999 v vi PART 1 vii viii PART 2 PART 3 ix x xi xii P A R T 1 2 1 3 4 1 5 6 1 7 8 1 9 10 11 1 12 1 1 2 3 13 1 2 3 14 4 5 1 15 1 1 16 1 17 18 1 19

More information

これわかWord2010_第1部_100710.indd

これわかWord2010_第1部_100710.indd i 1 1 2 3 6 6 7 8 10 10 11 12 12 12 13 2 15 15 16 17 17 18 19 20 20 21 ii CONTENTS 25 26 26 28 28 29 30 30 31 32 35 35 35 36 37 40 42 44 44 45 46 49 50 50 51 iii 52 52 52 53 55 56 56 57 58 58 60 60 iv

More information

パワポカバー入稿用.indd

パワポカバー入稿用.indd i 1 1 2 2 3 3 4 4 4 5 7 8 8 9 9 10 11 13 14 15 16 17 19 ii CONTENTS 2 21 21 22 25 26 32 37 38 39 39 41 41 43 43 43 44 45 46 47 47 49 52 54 56 56 iii 57 59 62 64 64 66 67 68 71 72 72 73 74 74 77 79 81 84

More information

これでわかるAccess2010

これでわかるAccess2010 i 1 1 1 2 2 2 3 4 4 5 6 7 7 9 10 11 12 13 14 15 17 ii CONTENTS 2 19 19 20 23 24 25 25 26 29 29 31 31 33 35 36 36 39 39 41 44 45 46 48 iii 50 50 52 54 55 57 57 59 61 63 64 66 66 67 70 70 73 74 74 77 77

More information

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2)

15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト/ 運 動 器 障 害 理 学 療 法 学 Ⅱ 目 次 執 筆 者 一 覧 ii 刊 行 のことば 序 文 v iii 16 頸 部 疾 患 (1) 総 論 三 木 屋 良 輔 1 1. 頸 部 の 構 造 2 1) 頸 椎 脊 髄 神 経 2 2) 15レクチャーシリーズ 理 学 療 法 テキスト 運 動 器 障 害 学 Ⅱ 序 文 一 般 の 人 たち,あるいは 入 学 間 もない 学 生 がイメージする リハビリテーション といえば, 運 動 器 障 害 に 対 する 理 学 療 法 ではないでしょうか.たとえば, 牽 引 やホッ トパックなどを 受 け, 足 首 に 重 りを 巻 いて 膝 関 節 を 伸 展 させたり, 滑 車 運 動

More information

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649

成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F629 持 続 的 人 格 変 化, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F639 習 慣 および 衝 動 の 障 害, 成 人 の 人 格 および 行 動 の 障 害 (F60-F69) F649 糖 尿 病 (E10-E14) E128 栄 養 障 害 に 関 連 する 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E138 その 他 の 明 示 された 糖 尿 病 の 合 併 症 を 伴 うもの 糖 尿 病 (E10-E14) E140-E149 この 範 囲 の 全 て その 他 のグルコース 調 節 および 膵 内 分 泌 傷 害 (E15-E16) E162

More information

波診断装置がデジタル化され 高周波プローブが出現したことによって CT MRIを上回る高分解能画像が容易に得られるようになり リアルタイムに運動器の損傷状態 動態 血流 組織弾性の評価が可能になった ( 図 1) また 他の診断機器と違い超音波診断装置は移動性に優れ 診察室や検査室内だけでなく病室や

波診断装置がデジタル化され 高周波プローブが出現したことによって CT MRIを上回る高分解能画像が容易に得られるようになり リアルタイムに運動器の損傷状態 動態 血流 組織弾性の評価が可能になった ( 図 1) また 他の診断機器と違い超音波診断装置は移動性に優れ 診察室や検査室内だけでなく病室や 論文 運動器超音波の新時代が到来 The New Age of Musculoskeletal Ultrasound Has Come 高橋周 Shu Takahashi 気仙沼市立病院整形外科 運動器疾患の画像診断としては単純 X 線写真 CT MRIが広く普及しており 詳細な画像診断には CT MRIが用いられる しかし 機器の価格 検査料ともに高額であり 検査の待ち時間の長さや被曝の問題から短期間での繰り返し検査ができないのが現状である

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information