2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果"

Transcription

1 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会

2 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 回答者の担当製品分野について 回答者の部門について 回答者の技術分野について 使用している表記法 ( 設計書 ) について 昨年度までとの比較 昨年度までとの比較 : 回答者の製品分野について 昨年度までとの比較 : 回答者の部門について 昨年度までとの比較 : 使用している表記法 ( 設計書 ) 7.4 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) 7.5 昨年度までとの比較 : 使用している CASE ツール 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい CASE ツール 8. 分析 考察 使用している表記法 ( 設計書 ) について 工程別 ) 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) について 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) について 工程別 ) 6.8 使用している CASE ツール 今後 採用してみたい CASE ツール 利用している技術及びツールの効果について 形式手法への取り組み Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 2

3 1. アンケート実施の目的 本アンケートの目的は 状態遷移表を用いた設計手法の標準化を推進するにあたり 現場で使用されている 設計手法 設計書 の現状を調査し その妥当性を検証することにある 調査項目については 4. 実施したアンケートの内容 を参照のこと Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 3

4 2. アンケートの実施対象 2011 年 11 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) で開催された ET2011(Embedded Technology 2011) の来場者を対象として アンケート収集を行った Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 4

5 3. アンケート回答数 来場者は昨年並みであったが アンケート回収数は昨年から大きく減少し 158 件となった アンケート入力を端末からの入力方式に今年度より変更したため 端末の台数制限や 入力の手間などの影響によるものと考えられる アンケートの収集方式は 再検討が必要である 2007 年から 2011 年までのアンケート回答数と来場者の推移 30,000 26,643 26, ,000 22,117 21,988 22, , , ,000 5, 来場者数 アンケート回答数 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 5

6 4. 実施したアンケートの内容 (1/2) 以下に 実施したアンケートの内容を示す Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 6

7 4. 実施したアンケートの内容 (2/2) Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 7

8 5. アンケート回答者の構成 以下に 2011 年度 の本アンケートの回答者の構成グラフを示す 100% 100% 100% 90% その他 90% その他 90% その他 80% 70% 60% 管理部門, 設計 開発 ( 全体 ) 設計 開発 ( ハード ) 80% 70% 60% 航空 宇宙関 OA 機器アミューズメント連医療機器機器 FA 機器 通信端末 80% 70% 60% ドライバーデータ処理 50% 50% 自動車関連 50% 40% 40% 家電 40% 制御 30% 20% 10% 0% 設計 開発 ( ソフト ) 部門 30% 20% 10% 0% コンピュータ 情報機器 製品分野 30% 20% 10% 0% 通信 UI 技術分野 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 8

9 6. アンケート集計結果 以下に 2011 のアンケート集計結果を示す CASE ツールについては 以下のカテゴリに分類し集計を行った 表 6 # カテゴリツール名 1 UMLツール Rational Rhapsody ARTiSAN STUDIO 2 モデルベースツール IIOSS MATLAB/ Simulink Rational Rose RealTime EclipseUML astah*(jude) Enterprise Architect ZIPC 3 車載システム開発ツール DaVinci SystemDesk Rational Test RealTime Ratiojnal Tau Rational Rose IAR visualstate Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 9

10 6.1 回答者の担当製品分野について 有効回答数 129 件 OA 機器, 4 アミューズメント機器, 1 航空 宇宙関連, 0 医療機器, 4 その他, 27 コンピュータ 情報機器, 47 FA 機器, 10 通信端末, 11 自動車関連, 17 家電, 8 図 6.1 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 10

11 6.2 回答者の部門について 有効回答数 129 件 品質管理部門, 2 生産支援部門, 2 管理部門, 5 その他, 17 設計 開発部門 ( 全体 ), 18 設計 開発部門 ( ソフト ), 77 設計 開発部門 ( ハード ), 8 図 6.2 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2010 年度設計手法標準化アンケート集計結果 11

12 6.3 回答者の技術分野について 有効回答数 129 件 UI, 12 その他, 23 通信, 13 ドライバー, 14 データ処理, 16 制御, 51 図 6.3 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2010 年度設計手法標準化アンケート集計結果 12

13 状態遷移図 フローチャート シーケンス図 状態遷移表 タイミングチャート クラス図 ユースケース図 DFD ER 図 コンポーネント図 PAD SDL フィーチャー図 MARTE AADL AUTOSAR DSL SysML EAST-ADL その他 6.4 使用している表記法 ( 設計書 ) について 有効回答数 158 件 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 61%60% 55% 45% 41% 32% 26% 20% 19% 10% 6% 5% 2% 1% 0% 1% 1% 1% 0% 8% 図 6.4 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 13

14 6.5 使用している表記法 ( 設計書 ) について ( 工程別 ) 有効回答数 158 件 図 6.5 状態遷移図 フローチャート シーケンス図 状態遷移表 タイミングチャート クラス図 ユースケース図 DFD ER 図 コンポーネント図 PAD SDL フィーチャー図 MARTE AADL DSL AUTOSAR SysML EAST-ADL Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 14

15 ユースケース図 クラス図 状態遷移図 コンポーネント図 状態遷移表 シーケンス図 タイミングチャート DFD ER 図 フローチャート フィーチャー図 AUTOSAR DSL SysML SDL EAST-ADL AADL MARTE PAD その他 6.6 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) について 有効回答数 158 件 20% 18% 16% 14% 12% 10% 8% 6% 4% 2% 0% 19% 16% 8% 18% 4% 5% 8% 4% 3% 2% 4% 3% 5% 10% 0% 1% 2% 1% 0% 4% 図 6.6 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 15

16 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) について ( 工程別 ) 図 6.7 有効回答数 158 件 120 ユースケース図クラス図 100 状態遷移図コンポーネント図状態遷移表 80 シーケンス図タイミングチャート DFD ER 図フィーチャー図フローチャート AUTOSAR SysML DSL EAST-ADL SDL PAD MARTE AADL その他 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 16

17 6.8 (1) 使用している CASE ツール UML ツール ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 78 件 Rational Rhapsody, 3 Rational Rose, 6 ARTiSAN STUDIO, 2 Enterprise Architect, 21 astah*(jude), 30 EclipseUML, 16 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 17

18 6.8 (2) 使用している CASE ツール モデルベースツール ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 39 件 Rational Rose RealTime, 3 IIOSS, 0 Rational Tau, 0 IAR visualstate, 0 Rational Test RealTime, 3 ZIPC, 17 MATLAB/Simuli nk, 16 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 18

19 6.8 (3) 使用している CASE ツール 車載システム開発ツール ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 4 件 SystemDesk, 2 DaVinci, 2 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 19

20 6.9 (1) 今後 採用してみたい CASE ツール UML ツール ARTiSAN STUDIO, 1 ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 70 件 Enterprise Architect, 20 EclipseUML, 20 Rational Rhapsody, 9 astah*(jude), 20 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 20

21 6.9 (2) 今後 採用してみたい CASE ツール モデルベースツール IIOSS, 1 Rational Tau, 0 IAR Rational Rose visualstate, 0 RealTime, 3 ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 58 件 Rational Test RealTime, 6 ZIPC, 18 MATLAB/ Simulink, 32 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 21

22 6.9 (3) 今後 採用してみたい CASE ツール 車載システム開発ツール ( カテゴリ別に分類 ) 有効回答数 4 DaVinci, 1 SystemDesk, 3 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 22

23 6.10 (1) 利用している技術及びツールの効果について 効果がなかった, 15 作業の標準化, 143 その他, 5 生産性向上, 118 効果があった, 369 その他, 4 生産性, 2 品質, 6 品質向上, 291 作業の標準化, 7 効果があった 図 効果がなかった Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 23

24 6.10 (2) 利用している技術及びツールの効果について 効果があったツール 0 ZIPC astah*(jude) MATLAB/Simulink Enterprise Architect EclipseUML DaVinci IIOSS Rational Test RealTime Rational Rhapsody Rational Rose 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 24

25 6.11 形式手法への取り組み 有効回答数 131 件 使用している, 8 研究中, 10 使用しておらず興味がない, 58 使用していないが興味がある, 55 図 6.11 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 25

26 7. 昨年度までとの比較 2007 年度から 2011 年度までの比較グラフを示す 年度毎の集計対象は 以下の通りである 2007 年度は 職種 で 設計 技術 と回答したアンケートを対象とした 2008 年度以降は 部門 で 設計 開発部門 と回答したアンケートを対象とした 2011 年度は 全アンケートを対象とした Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 26

27 7.1 昨年度までとの比較 : 回答者の担当製品分野について 100% 90% その他, 22% その他, 24% その他, 27% その他, 29% その他, 25% 80% 70% 60% 50% 40% 医療機器, 3% 医療機器, 3% 通信端末, 9% 通信端末, 8% 家電, 9% 家電, 8% 自動車関連, 10% 自動車関連, 11% FA 機器, 13% FA 機器, 10% 医療機器, 3% 通信端末, 9% 家電, 11%. 自動車関連, 12% 医療機器, 4% 通信端末, 13% 家電, 8% 自動車関連, 10% 医療機器, 3% 通信端末, 9% 家電, 6% 自動車関連, 13% FA 機器, 8% 30% FA 機器, 14% FA 機器, 9% 20% 10% コンピュータ 情報機器, 34% コンピュータ 情報機器, 36% コンピュータ 情報機器, 24% コンピュータ 情報機器, 28% コンピュータ 情報機器, 36% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 7.1 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 27

28 7.2 昨年度までとの比較 : 回答者の部門について 100% 90% 80% 70% その他, 15% 管理部門, 5% その他, 21% 管理部門, 7% その他, 11% 管理部門, 9% その他, 29% 管理部門, 6% その他, 13% 管理部門, 7% 60% 50% 40% 30% 設計 開発部門, 80% 設計 開発部門, 72% 設計 開発部門, 80% 設計 開発部門, 65% 設計 開発部門, 80% 20% 10% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 7.2 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 28

29 7.3 昨年度までとの比較 : 使用している表記法 ( 設計書 ) 100% 90% 80% 70% その他, 6% その他, 8% ER 図, 3% ER 図, 3% DFD, 6% DFD, 3% 状態遷移表, 13% 状態遷移表, 14% UML, 9% UML, 11% その他, 11% ER 図, 5% DFD, 6% 状態遷移表, 12% その他, 17% ER 図, 4% DFD, 4% 状態遷移表, 10% その他, 11% ER 図, 3% DFD, 5% 状態遷移表, 11% 60% UML, 12% UML, 17% タイミングチャート, 15% タイミングチャート, 11% UML, 19% 50% タイミングチャート, 12% タイミングチャート, 8% 40% シーケンス図, 14% シーケンス図, 14% シーケンス図, 13% タイミングチャート, 9% シーケンス図, 14% 30% 20% フローチャート, 17% フローチャート, 18% フローチャート, 14% シーケンス図, 11% フローチャート, 11% フローチャート, 15% 10% 状態遷移図, 17% 状態遷移図, 18% 状態遷移図, 16% 状態遷移図, 15% 状態遷移図, 16% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 7.3 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 29

30 7.4 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい表記法 ( 設計書 ) 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% その他, 4% PAD, 3% ER 図, 7% フローチャート, 2% DFD, 8% シーケンス図, 7% タイミングチャート, 6% 状態遷移図, 11% 状態遷移表, 11% その他, 10% その他, 5% PAD, 4% PAD, 3% ER 図, 5% ER 図, 6% フィーチャ図, 6% フィーチャ図, 4% フローチャート, 3% フローチャート, 6% DFD, 7% DFD, 8% シーケンス図, 6% シーケンス図, 8% タイミングチャート, 9% タイミングチャート, 9% 状態遷移図, 10% 状態遷移図, 9% 状態遷移表, 10% 状態遷移表, 9% その他, 24% その他, 36% PAD, 2% ER 図, 5% フィーチャ図, 5% フローチャート, 5% ER 図, 2% フィーチャ図, 4% DFD, 5% フローチャート, 2% DFD, 4% シーケンス図, 6% シーケンス図, 4% タイミングチャート, 5% タイミングチャート, 7% 状態遷移図, 7% 状態遷移図, 7% 状態遷移表, 6% 状態遷移表, 4% 20% 10% UML, 41% UML, 32% UML, 31% UML, 30% UML, 30% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 7.4 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 30

31 7.5 (1) 昨年度までとの比較 : 使用している CASE ツール UML ツール ( カテゴリ別に分類 ) 100% 90% 80% 70% 60% 50% その他, 2% その他, 3% その他, 2% その他, 2% その他, 3% Rational Rose, Rational Rose, 6% Rational Rose, 8% Rational Rose, 8% Rational Rose, 11% Rational Rhapsody, 8% 21% Rational Rhapsody, 7% Rational Rhapsody, 4% Rational Rhapsody, 8% Rational Rhapsody, 6% Enterprise Architect, 13% EclipseUML, 11% Enterprise Architect, 12% EclipseUML, 18% Enterprise Architect, 19% EclipseUML, 25% Enterprise Architect, 23% Enterprise Architect, 27% EclipseUML, 24% EclipseUML, 20% 40% 30% 20% astah*(jude), 47% astah*(jude), 48% astah*(jude), 40% astah*(jude), 36% astah*(jude), 38% 10% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 31

32 7.5 (2) 昨年度までとの比較 : 使用している CASE ツール モデルベースツール ( カテゴリ別に分類 ) 120% 100% Rational Test RealTime その他 その他 その他 Rational Test RealTime Rational Test RealTime, 8% 80% ZIPC Rational Test RealTime Rational Test RealTime 60% ZIPC ZIPC ZIPC ZIPC, 47% 40% 20% MATLAB MATLAB MATLAB MATLAB MATLAB, 44% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 32

33 100% 90% 80% 70% 7.6 (1) 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい CASE ツール UML ツール その他 Enterprise Architect, 7% Rational Rhapsody, 28% その他 Enterprise Architect, 8% Rational Rhapsody, 24% Enterprise Architect, 14% Rational Rhapsody, 16% その他 Enterprise Architect, 12% Rational Rhapsody, 12% ( カテゴリ別に分類 ) その他 Enterprise Architect, 27% 60% 50% 40% astah*(jude), 21% astah*(jude), 10% astah*(jude), 27% astah*(jude), 37% Rational Rhapsody, 12% astah*(jude), 22% 30% 20% 10% EclipseUML, 38% EclipseUML, 52% EclipseUML, 43% EclipseUML, 37% EclipseUML, 27% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 33

34 7.6 (2) 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい CASE ツール モデルベースツール ( カテゴリ別に分類 ) 100% 90% 80% Rational Tau, 4% その他, 6% Rational Tau, 3% その他, 4% IAR Rational RealTimeStudio, visualstate, その他 Tau,, 2% 0% 0% Rational Rose RealTime, 5% RealTimeStudio, 4% Rational Tau, 1% RealTimeStudio, 3% Rational Tau, 2% RealTimeStudio, 2% IAR visualstate, 1% IAR visualstate, 5% IAR visualstate, 4% Rational Rose RealTime, 5% IAR visualstate, 3% Rational Test RealTime, 8% Rational Test Rational Rose RealTime, 4% Rational Rose RealTime, 5% RealTime, 7% Rational Test RealTime, 3% Rational Test Rational Test RealTime, 15% RealTime, 10% 70% MATLAB, 25% 60% 50% MATLAB, 39% MATLAB, 32% MATLAB, 39% MATLAB, 52% 40% 30% ZIPC, 56% 20% 10% ZIPC, 42% ZIPC, 44% ZIPC, 34% ZIPC, 31% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 34

35 7.6 (3) 昨年度までとの比較 : 今後 採用してみたい CASE ツール 車載システム開発ツール ( カテゴリ別に分類 ) 100% 90% 80% 70% SystemDesk, 25% ASCET, 29% SystemDesk, 18% SystemDesk, 50% 60% ASCET, 25% SystemDesk, 75% 50% 40% 30% 20% DaVinci, 50% DaVinci, 71% DaVinci, 82% DaVinci, 50% 10% DaVinci, 25% 0% 2007 年度 2008 年度 2009 年度 2010 年度 2011 年度 図 Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 35

36 8. 分析 考察 (1/2) 現在使用している表記法 今後採用してみたい表記法において, 状態遷移表 状態遷移図は依然として大きな割合を占めている また今後 採用したい表記法の適用工程では 要求定義やアーキテクチャ設計の上流工程への適用検討が増加傾向にあり それに伴う UML や SysML の関心度が高い 状態遷移設計は 基本設計や詳細設計では適用事例も多く定着化傾向にあるので 上流工程とのプロセス連携や下流工程への適用など 適用範囲を広げる研究の必要性がある Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 36

37 8. 分析 考察 (2/2) 本研究会は 今後も継続的にアンケート調査を実施し 研究の方向性に反映していくこととする Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 37

38 東京都中央区日本橋浜町 東実年金会館 8F TEL : FAX : URL : Copyright 2012 JASA. All Rights Reserved. 組込みシステム技術協会 2011 年度設計手法標準化アンケート集計結果 38

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2012 年度 設計手法普及調査アンケート 集計報告 2013 年 2 月一般社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 技術分野 対象 OS 開発言語について 10 6.2 使用している開発方法論について

More information

Copyright 2008 All Rights Reserved 2

Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 1 Copyright 2008 All Rights Reserved 2 Copyright 2008 All Rights Reserved 3 Copyright 2008 All Rights Reserved 4 Copyright 2008 All Rights Reserved 5 Copyright 2008 All

More information

ハピタス のコピー.pages

ハピタス のコピー.pages Copyright (C) All Rights Reserved. 10 12,500 () ( ) ()() 1 : 2 : 3 : 2 4 : 5 : Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All Rights Reserved. Copyright (C) All

More information

初心者にもできるアメブロカスタマイズ新2016.pages

初心者にもできるアメブロカスタマイズ新2016.pages Copyright All Rights Reserved. 41 Copyright All Rights Reserved. 60 68 70 6 78 80 Copyright All Rights Reserved. FC2 97 Copyright All Rights Reserved. Copyright All Rights Reserved. Copyright All Rights

More information

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved.

- 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. - 2 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 2-3 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. 70-4 Copyright (C) 2006. All Rights Reserved. ...1...3...7...8 1...9...14...16 2...18...20...21 3...22...23...23...24

More information

Copyright All Rights Reserved. -2 -!

Copyright All Rights Reserved. -2 -! http://ameblo.jp/admarketing/ Copyright All Rights Reserved. -2 -! Copyright All Rights Reserved. -3- Copyright All Rights Reserved. -4- Copyright All Rights Reserved. -5 - Copyright All Rights Reserved.

More information

IPA:セキュアなインターネットサーバー構築に関する調査

IPA:セキュアなインターネットサーバー構築に関する調査 Copyright 2003 IPA, All Rights Reserved. Copyright 2003 IPA, All Rights Reserved. Copyright 2003 IPA, All Rights Reserved. Copyright 2003 IPA, All Rights Reserved. Copyright 2003 IPA, All Rights Reserved.

More information

Microsoft Word - 最終版 バックせどりismマニュアル .docx

Microsoft Word - 最終版 バックせどりismマニュアル .docx ism ISM ISM ISM ISM ISM ISM Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. ISM Copyright (c) 2010 All Rights Reserved. Copyright

More information

untitled

untitled mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 1/1 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 2/2 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved. 3/3 mitsuya Copyright (C) 2007. All Rights Reserved.

More information

- 2 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved.

- 2 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved. - 2 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved. - 3 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved. - 4 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved. - 5 Copyright (C) 2009. All Rights Reserved. - 6 Copyright (C) 2009.

More information

健康保険組合のあゆみ_top

健康保険組合のあゆみ_top (1912) (1951) 2,00024,000 (1954) (1958) (1962) (1965) (1968) (1969) (1971) (1972) (1973) (1974) (1976) (1978) (1980) (1982) (1983) (1984) (1985) (1987) (1988) (1989) (1990) (1991) (1992) (1994) (1995)

More information

how-to-decide-a-title

how-to-decide-a-title Contents 3 4 5 6 8 13 13 14 14 15 15 18 19 Copyright 2014 All Rights Reserved. 2 / 21 URL AdobeReader ( ) http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html Copyright 2014 All Rights Reserved. 3 /

More information

URL AdobeReader http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html - 2 Copyright (C) 2008. All Rights Reserved.

URL AdobeReader http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html - 2 Copyright (C) 2008. All Rights Reserved. URL AdobeReader http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html - 2 Copyright (C) 2008. All Rights Reserved. - 3 Copyright (C) 2008. All Rights Reserved. ASP() ASP PayPal - 4 Copyright (C) 2008.

More information

先進的な設計 検証技術の適用事例報告書 2015 年度版 2015 年 11 月

先進的な設計 検証技術の適用事例報告書 2015 年度版 2015 年 11 月 先進的な設計 検証技術の適用事例報告書 2015 年度版 2015 年 11 月 はじめに 独立行政法人情報処理推進機構技術本部ソフトウェア高信頼化センター ( 以下 IPA/SEC) では 情報システムの信頼性向上に向けたソフトウェアエンジニアリングを推進する取組みを実施しています 今回 ソフトウェアの信頼性確保を実現するため 先進的な設計 検証技術の適用事例 を収集し 結果を報告書としてとりまとめました

More information

① Copyright 2005 Impex.,inc. All Rights Reserved 1 Copyright 2005 Impex.,inc. All Rights Reserved 2 Copyright 2005 Impex.,inc. All Rights Reserved 3 Copyright 2005 Impex.,inc. All Rights Reserved 4 Copyright

More information

弥生会計/やよいの青色申告

弥生会計/やよいの青色申告 c c c c c 1 c c c c c c c c c c c 2 3 c c 4 a a a a a a a a a

More information

<4D F736F F F696E74202D D4C82F08A B582BD A A F2E707074>

<4D F736F F F696E74202D D4C82F08A B582BD A A F2E707074> SysML を活用したシステムエンジニアリング オージス総研組み込みソリューション部 1 アジェンダ 概要編なぜシステムエンジニアリングかシステムエンジニアリングとはシステムエンジニアリングとモデリング言語 SysML の特徴実践編機能要求を検討する要求を仕様化する振る舞いを検討する構造を検討する論理ブロックを物理ブロックに割り当てる性能を検討するまとめ 2 概要編 : なぜシステムエンジニアリングか

More information

Copyright 2008 NIFTY Corporation All rights reserved. 2

Copyright 2008 NIFTY Corporation All rights reserved. 2 Copyright 2008 NIFTY Corporation All rights reserved. 2 Copyright 2008 NIFTY Corporation All rights reserved. 3 Copyright 2008 NIFTY Corporation All rights reserved. 4 Copyright 2008 NIFTY Corporation

More information

Copyright 2006 KDDI Corporation. All Rights Reserved page1

Copyright 2006 KDDI Corporation. All Rights Reserved page1 Copyright 2006 KDDI Corporation. All Rights Reserved page1 Copyright 2006 KDDI Corporation. All Rights Reserved page2 Copyright 2006 KDDI Corporation. All Rights Reserved page3 Copyright 2006 KDDI Corporation.

More information

1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 2 -

1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 2 - 1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 1 - 1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 2 - 1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 3 - 1000 Copyright(C)2009 All Rights Reserved - 4 - 1000 Copyright(C)2009

More information

! Copyright 2015 sapoyubi service All Rights Reserved. 2

! Copyright 2015 sapoyubi service All Rights Reserved. 2 ! Copyright 2015 sapoyubi service All Rights Reserved. 2 ! Copyright 2015 sapoyubi service All Rights Reserved. 3 Copyright 2015 sapoyubi service All Rights Reserved. 4 ! Copyright 2015 sapoyubi service

More information

report03_amanai.pages

report03_amanai.pages -- Monthly Special Interview 03 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 1 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 2 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 3 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED.

More information

report05_sugano.pages

report05_sugano.pages - - Monthly Special Interview 05 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 1 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 2 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED. 3 COPYRIGHT 2015 NBC. ALL RIGHTS RESERVED.

More information

untitled

untitled http://www.riskdatabank.co.jp The of Japan, Ltd. All rights reserved. 2 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 3 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 4 The of Japan, Ltd. All rights reserved. 5 The

More information

dekiru_asa

dekiru_asa 11 10 4 4 1 2 3 4 2 4 6 10 12 16 20 2 1 3 1 4 2 5 2 6 3 3 7 8 9 3 3 10 4 1 11 4 2 3 4 5 1 2 3 12 4 5 5 13 14 6 7 8 9 10 11 5 15 6 1 2 3 16 17 1 2 3 6 18 1 2 3 19 6 6 1 2 v 3 20 7 1 2 3 1 7 21 22 2 3 4

More information

Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 2

Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 2 Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 2 Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 4 35% Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 9 Copyright Qetic Inc. All Rights Reserved. 11 Copyright Qetic

More information

DC9GUIDEBook.indb

DC9GUIDEBook.indb ICHIKAWA SOFT LABORATORY Copyright (C) 2005,Ichikawa Soft Laboratory Co.,Ltd. All rights reserved. 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39

More information

Microsoft PowerPoint - 【最終提出版】 MATLAB_EXPO2014講演資料_ルネサス菅原.pptx

Microsoft PowerPoint - 【最終提出版】 MATLAB_EXPO2014講演資料_ルネサス菅原.pptx MATLAB/Simulink を使用したモータ制御アプリのモデルベース開発事例 ルネサスエレクトロニクス株式会社 第二ソリューション事業本部産業第一事業部家電ソリューション部 Rev. 1.00 2014 Renesas Electronics Corporation. All rights reserved. IAAS-AA-14-0202-1 目次 1. はじめに 1.1 モデルベース開発とは?

More information

Microsoft PowerPoint - QConSysML_100.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - QConSysML_100.ppt [互換モード] システムエンジニアリングプロセスへの SysML 適用のポイント ~ システムモデリングの有効利用 ~ 2012/04/17 株式会社豆蔵 井上樹 Copyright 2012 Mamezou Co.,Ltd. All rights reserved 1 アジェンダ SysMLの現在 Model-Based Systems Engineering(MBSE) とは SysML 適用のポイント Copyright

More information

Ⅴ 古陶器にみる装飾技法

Ⅴ 古陶器にみる装飾技法 中 小 企 業 総 合 事 業 団 情 報 技 術 部 12 2 105-8453 TEL 03-5470-1523 FAX 03-5470-1526 Copyright 2000 All right reserved 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 -1- 3 4 34 22.5 880 9208 12 1300

More information

Copyright 2010 Sumitomo Mitsui Banking Corporation. All Rights Reserved.

Copyright 2010 Sumitomo Mitsui Banking Corporation. All Rights Reserved. 1 2 3 4 5 3 1 2 5 4 2Copyright 2010 Sumitomo Mitsui Banking Corporation. All Rights Reserved. Copyright 2010 Sumitomo Mitsui Banking Corporation. All Rights Reserved.3 Contents 4Copyright 2010 Sumitomo

More information

Solibri Model Checker 9.5 スタードガイド

Solibri Model Checker 9.5 スタードガイド SOLIBRI MODEL CHECKER V9.5 Copyright 2014 Solibri Oy All Rights Reserved 1 Copyright 2014 Solibri Oy All Rights Reserved 2 Copyright 2014 Solibri Oy All Rights Reserved 3 Copyright 2014 Solibri Oy All

More information

PPTテンプレート集 ver.1.0

PPTテンプレート集 ver.1.0 Copyright 2012 Radishbo-ya co., Ltd All Rights Reserved. 1 !!!!!!!!!! Copyright 2012 Radishbo-ya co., Ltd All Rights Reserved. 2 Copyright 2012 Radishbo-ya co., Ltd All Rights Reserved. Copyright 2012

More information

20 180pixel 180pixel Copyright 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

20 180pixel 180pixel Copyright 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 12 300pixel 300pixel www.yahoo.co.jp Copyright 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 20 180pixel 180pixel Copyright 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 300pixel 300pixel www.yahoo.co.jp

More information

テスト設計コンテスト

テスト設計コンテスト テスト設計コンテスト 17 話題沸騰ポット (GOMA-1015 型 ) テスト設計 目次 Page 2/25 1. はじめにチーム紹介チームの立ち位置テスト設計の流れ 2. テスト要求分析テスト要求分析の流れ仕様把握と機能要求分析非機能要求分析因子水準表 3. テストアーキテクチャ設計アーキテクチャ設計の流れテストアーキテクチャ全体俯瞰図機能アーキテクチャ非機能アーキテクチャシステム全体俯瞰図 4.

More information

Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights Reserved. 2

Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights Reserved. 2 Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights Reserved. 1 Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights Reserved. 2 Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights Reserved. 3 Copyright (C) 2007 noroiya.com.all Rights

More information

Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1

Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 2 60 50 40 30 20 10 0 20173 20183 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD.

More information

% 11.1% +6.% 4, % %+12.2% 54,16 6.6% EV7, ,183 Copyright 216 JAPAN POST GROUP. All Rights Reserved. 1

% 11.1% +6.% 4, % %+12.2% 54,16 6.6% EV7, ,183 Copyright 216 JAPAN POST GROUP. All Rights Reserved. 1 216 3 216 5 13 848+4.4% 11.1% +6.% 4,853 495 +2.6% 1 +11.6%+12.2% 54,16 6.6% EV7,829 2 7,183 Copyright 216 JAPAN POST GROUP. All Rights Reserved. 1 15.3 16.3 16.3 11,692 96,57 5.5 % 4,926 4,115 16.5 %

More information

[ ][ ] HTML [ ] HTML HTML

[ ][ ] HTML [ ] HTML HTML COPYRIGHT 2009 MAGREX, ALL RIGHTS RESERVED. [ ][ ] HTML [ ] HTML HTML [ ][ ] / / / [ ][ ] HTML HTML URL URL [ ][ ] Cellpadding Cellspacing ID ID URL [ ][ ] ID ID URL [ ][ ] ID ID URL [ ][ ] [ ][ ] [ ]

More information

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P P.11 P.14 P.15 P.16 P.16 P.17 P.19 P.20 P.22 P P P P P P P P P

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P P.11 P.14 P.15 P.16 P.16 P.17 P.19 P.20 P.22 P P P P P P P P P 201628 3 2016 5 13 P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P.10 2016 P.11 P.14 P.15 P.16 P.16 P.17 P.19 P.20 P.22 P.23 10 P.24 11 P.26 12 P.27 13 P.28 14 P.28 15 P.29 16 P.30 17 P.31 P.33 P.34 Copyright 2016 JAPAN

More information

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P.10 P.12 P.13 P.14 P.14 P.15 P.17 P.18 P.20 P P P P P.25 P.27 P.28 Copyright 2016 JAPAN POST BA

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P.10 P.12 P.13 P.14 P.14 P.15 P.17 P.18 P.20 P P P P P.25 P.27 P.28 Copyright 2016 JAPAN POST BA 201729 3 1 2016 8 12 P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P.10 P.12 P.13 P.14 P.14 P.15 P.17 P.18 P.20 P.21 10 P.22 11 P.23 12 P.24 13 P.25 P.27 P.28 Copyright 2016 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved.

More information

第 3 回 TERAS 成果報告会 TERAS V3 紹介と今後の展開 Tool Environment for Reliable and Accountable Software 一般社団法人 TERAS 理事開発委員長渡辺政彦 2014 年 3 月 12 日

第 3 回 TERAS 成果報告会 TERAS V3 紹介と今後の展開 Tool Environment for Reliable and Accountable Software 一般社団法人 TERAS 理事開発委員長渡辺政彦 2014 年 3 月 12 日 第 3 回 TERAS 成果報告会 TERAS V3 紹介と今後の展開 Tool Environment for Reliable and Accountable Software 一般社団法人 TERAS 理事開発委員長渡辺政彦 2014 年 3 月 12 日 最新 TERAS V3 2011 年度 Ver.1 2012 年度 Ver.2 2013 年度 Ver.3 成果物間リンク - ファイル単位

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 3_2. 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 CSV 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション GSN を応用したナレッジマネジメントシステムの提案 2017 年 10 月 27 日 D-Case 研究会 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発部門第三研究ユニット 梅田浩貴 2017/3/27 C Copyright 2017 JAXA All rights reserved 1 目次 1 課題説明 SECI モデル 2 GSN を応用したナレッジマネジメントシステム概要 3 ツリー型チェックリスト分析

More information

BE-EPK732 2007 Panasonic Cycle Technology Co., Ltd. All Rights Reserved. 2 4 9 12 14 20 21 22 24 26 28 29 30 31 32 33 34 36 3 5 4 6 7 9 8 10 11 13 12 1. 5. 6. 3. 7. 2. 4. 15 14 16 17 18 19 20 21 1. 2.

More information

CW6_A1441_15_D06.indd

CW6_A1441_15_D06.indd 技術紹介 EPS 用 ECU 試作開発における MBD の適用 小林将之 1 はじめに 従来の組込み制御システム開発の多くは, ドキュメントベースの設計とハンドコーディングにより行われてきた. しかしながら, 自動車分野を中心に電子制御システムの高性能 多機能化が進む一方, 高品質 低コストかつ開発期間の短縮化が要求されている.KYBの代表的な電子制御システムの一つである電動パワーステアリング (

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27, 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 Cat.No.D1J-502-07 http://www.jfe-steel.co.jp 100-0011 2 2 3TEL03(3597)3111FAX03(3597)4860

More information

untitled

untitled 1 All Rights Reserved Copyright 2007 FUJITSU LIMITED 2 All Rights Reserved Copyright 2007 FUJITSU LIMITED 3 All Rights Reserved Copyright 2007 FUJITSU LIMITED 4 All Rights Reserved Copyright 2007 FUJITSU

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション SysML を活用したシステムエンジニアリング オージス総研組み込みソリューション部 1 アジェンダ 概要編なぜシステムエンジニアリングかシステムエンジニアリングとはシステムエンジニアリングとモデリング言語 SysML の特徴実践編機能要求を検討する要求を仕様化する振る舞いを検討する構造を検討する論理ブロックを物理ブロックに割り当てる性能を検討するまとめ 2 概要編 : なぜシステムエンジニアリングか

More information

untitled

untitled 18 16 ... 3 1... 7 2...10 3...14 4...46 1 96 56 16 3 19 17 2 2004 49.9 0.9 74.5 1.6% 2003 85 71 136 2009 2004 2007 2000 27.82004 533 155 29.1 2007 10 552 2004 709 43.3 49.918 186 141 18 2008 120 18 etc.

More information

KDDI

KDDI Copyright 2007 KDDI Corporation. All Rights Reserved page.1 Copyright 2007 KDDI Corporation. All Rights Reserved page.2 Copyright 2007 KDDI Corporation. All Rights Reserved page.3 Copyright 2007 KDDI Corporation.

More information

KusunokiDayori

KusunokiDayori 209 KusunokiDayori 4000 200 1014 1 70 KusunokiDayori KusunokiDayori KusunokiDayori KusunokiDayori KusunokiDayori TOPICS of Radiology 20089 1.3 2.4 13.27 2 4 23 135 24 Copyright 2007 Kusunoki-Hospital.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Copyright 2008 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved. http://www.kke.co.jp Copyright 2008 KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved. http://www.kke.co.jp 1 Copyright 2008 KOZO KEIKAKU

More information

2

2 DX Simulator Copyright 2001-2002 Yamaha Corporation. All rights reserved. Version 1.2, 2002 YAMAHA CORPORATION 2 z x z x c 3 z Windows Macintosh Windows Macintosh x 4 z Windows Macintosh Windows Macintosh

More information

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P P.11 P.13 P.15 P.16 P.17 P.17 P.18 P.20 P.21 P.23 P P P P P P P P.31

P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P P.11 P.13 P.15 P.16 P.17 P.17 P.18 P.20 P.21 P.23 P P P P P P P P.31 201729 3 2017 5 15 P. 2 P. 4 P. 5 P. 6 P. 7 P. 9 P.10 2017 P.11 P.13 P.15 P.16 P.17 P.17 P.18 P.20 P.21 P.23 P.24 10 P.25 11 P.27 12 P.28 13 P.29 14 P.29 15 P.30 16 P.31 17 P.32 P.34 P.35 Copyright 2017

More information

untitled

untitled 2004 1/95 2004 2/95 2004 3/95 2004 4/95 2004 5/95 2004 6/95 2004 7/95 2004 8/95 2004 9/95 2004 10/95 2004 11/95 2004 12/95 2004 13/95 2004 14/95 2004 15/95 2004 16/95 2004 17/95 2004 18/95 2004 19/95 2004

More information

ソフトウェア要求分析から詳細設計までシームレスにつなぐ開発手法

ソフトウェア要求分析から詳細設計までシームレスにつなぐ開発手法 第 18 回 ZIPC ユーザーズカンファレンス ソフトウェア要求分析から詳細設計まで シームレスにつなぐ開発手法 2013 年 9 月 20 日 目次 1. ソフトウェア設計手順の概要 2. トレーサビリティ管理ツール導入のポイント 3. ユースケース / ユースケース記述 4. 要求を仕様化する方法が必要 5. ユースケース記述とUSDMの関係 6. 基盤方式設計と機能方式設計の関係 7. ユースケース

More information

IP IP All contents are Copyright (c) All rights reserved. Important Notices and Privacy Statement. page 2 of 39

IP IP All contents are Copyright (c) All rights reserved. Important Notices and Privacy Statement. page 2 of 39 02 08 14 21 27 34 All contents are Copyright (c) 1992-2004 All rights reserved. Important Notices and Privacy Statement. page 1 of 39 IP IP All contents are Copyright (c) 1992-2004 All rights reserved.

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Copyright 2015 CICC. All rights reserved. 1 Copyright 2015 CICC. All rights reserved. 2 Copyright 2015 CICC. All rights reserved. p p p p p Copyright 2015 CICC. All rights reserved. 4 2 (1) ( ) 2 (1) (

More information

2

2 107-0062 2-2-8 DF 6F TEL 03-4530-9268 FAX 03-6893-0901 2 2000 3 BtoB BtoC 4 3 5 TOP USP 6 TOP USP= A B 7 30% 1.3 8 A A A A B 9 A A 20 10 11 http://www.3c-s.jp/service/mystery_shopper.html http://www.3c-s.jp/contact/index.html

More information

個人依存開発から組織的開発への移行事例 ~ 要求モデル定義と開発プロセスの形式化 による高生産性 / 高信頼性化 ~ 三菱電機メカトロニクスソフトウエア ( 株 ) 和歌山支所岩橋正実 1

個人依存開発から組織的開発への移行事例 ~ 要求モデル定義と開発プロセスの形式化 による高生産性 / 高信頼性化 ~ 三菱電機メカトロニクスソフトウエア ( 株 ) 和歌山支所岩橋正実  1 個人依存開発から組織的開発への移行事例 ~ 要求モデル定義と開発プロセスの形式化 による高生産性 / 高信頼性化 ~ 三菱電機メカトロニクスソフトウエア ( 株 ) 和歌山支所岩橋正実 iwahashi@est.hi-ho.ne.jp Iwahashi.Masami@wak.msw.co.jp 1 改善効果 品質 : フロントローディングが進み流出不具合 0 継続生産性 : 平均 130% 改善 工数割合分析

More information

2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved. 02

2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved. 02 2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved. 01 2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved. 02 2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved. 03 2007 Indie s Movie Project. All Rights Reserved.

More information

untitled

untitled Copyright(c) Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2005 JITEC 1 2005.05 JITEC 2 2005.05 JITEC 3 2005.05 JITEC 4 2005.05 JITEC 5 2005.05 JITEC 6 2005.05 JITEC 7 2005.05 JITEC

More information

PLQ-20 取扱説明書 詳細編

PLQ-20 取扱説明書 詳細編 2013 Seiko Epson Corporation. All rights reserved. o n h o n n A B o C h h n h A B n C n n A B C A B C A B C D E A B C D E h o h B n C A D E F G n A C B n A B C D C n A B D F G H E n A B D C E F n A h

More information

2

2 1 2 サイトプロフィール 3 Copyright Qe.c Inc. All Rights Reserved. 5 6 7 平 日 休 日 7:00 12:00 17:00 21:00 23:00 8 9 10 バナー広告のご案内 11 12 13 14 15 16 タイアップ広告のご案内 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 掲載に関するお問い合わせ 28 29 n

More information

エンジニアリング・サービスから見たMBD導入の成功・失敗

エンジニアリング・サービスから見たMBD導入の成功・失敗 2014 年 12 月 18 日 ( 金 ) 16:40-16:55 JMAAB 中部コンファレンス エンジニアリング サービスから見た MBD 導入の成功 失敗 COPYRIGHT (C) GAIO TECHNOLOGY ALL RIGHTS RESERVED 1 ガイオ テクノロジーとは 組み込み業界向け検証ツールメーカー コンパイラ 検証 テスト 解析ツール プロトタイピングツール エンジニアリングサービス

More information

Copyright 2009, SofTek Systems, Inc. All rights reserved.

Copyright 2009, SofTek Systems, Inc. All rights reserved. PGI Visual Fortran Release 9.0 SofTek Copyright 2009, SofTek Systems, Inc. All rights reserved. \\\ \\ \\\ \\ \\ SofTek Systems, Inc \ SofTek Systems, Inc SofTek Systems, Inc SofTek Systems, Inc SofTek

More information

Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.

Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 2011 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 2 2011 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 2011 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 2011 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved. 2011 Fuji Xerox

More information

テスト設計コンテスト

テスト設計コンテスト でこパン 462 1/2X 1/8 チーム紹介だよ チーム名 いしえもんリーダー あずにゃん ODA 発表者 ばやしこ いいだぬき でこパン 462 は入社 2 年目 ~4 年目のテスト経験の浅いひよっこチーム 普段の業務ではシステムテストを担当している 今回はテスト設計技術向上のため コンテスト参加を決めた でこパン 462 2/8 テスト設計の流れ 次は機能観点の説明! 話題沸騰ポット (GOMA-1015

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション MATLAB 2008 5 22 Quick history - Cleve Moler s original MATLAB program Quick history The MathWorks in 1984 Cleve Moler Jack Little MATLAB/Simulink MATLAB 80 / MATLAB Toolbox 100 Simulink Blockset Stateflow

More information

Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved.

Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved. Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved. Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved. Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved. Copyright(C)2010 i-corpration All Rights Reserved.

More information

Microsoft Word - tutorial8-10.docx

Microsoft Word - tutorial8-10.docx 株式会社チェンジビジョン使用バージョン :astah* 6.0, 6.1 astah* チュートリアル [ 第 8 章構造化分析しよう ] [ 第 9 章フローチャートを使ってみよう ] [ 第 10 章トレーサビリティマップを使ってみよう ] 目次 構造化分析しよう 2 構造化分析とは 2 DFD( データフロー図 ) 3 DFD( データフロー図 ) を使ってみよう 4 フローチャートを使ってみよう

More information

h1_h4_20160219

h1_h4_20160219 NTTPC Copyright 2016 NTT PC Communications Incorporated, All Rights Reserved. Email : msone@nttpc.co.jp U R L : http://www.nttpc.co.jp/service/mastersone/ POINT4 POINT4 1 2 1 2 3 1 1 2 2 POINT4 1 2

More information

untitled

untitled 1 5,000 Copyright 1 5,000...4...4...4...4...4...4...4...5...5...5...5...5...5...6...6...6...7...8...9...9...9...10...12...12...12...12...13...14...14...14...15...15...15 Copyright 1 5,000...16...16...16...16...17...18

More information

untitled

untitled Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright 3269 34 Copyright

More information

tomo_sp1

tomo_sp1 1....2 2....7...14 4....18 5....24 6....30 7....37 8....44...50 http://blog.garenet.com/tomo/ Copyright 2008 1. Copyright 2008 Copyright 2008 Copyright 2008 Copyright 2008 Copyright 2008 Copyright 2008

More information

untitled

untitled Copyright 1 Copyright 2 Copyright 3 Copyright 4 Copyright 5 Copyright 6 Copyright 7 Copyright 8 Copyright 9 Copyright 10 Copyright 11 Copyright 12 Copyright 13 Copyright 14 Copyright 15 Copyright 16 Copyright

More information

2. (297) 91 (365) (366) (371) (673) (938) (64) 85 (91) (631) (561) (302) (616) 63 (906) 68 (338) (714) (747) (169) (718) 62 (1,063) 67 (714) (169) (90

2. (297) 91 (365) (366) (371) (673) (938) (64) 85 (91) (631) (561) (302) (616) 63 (906) 68 (338) (714) (747) (169) (718) 62 (1,063) 67 (714) (169) (90 1. (297) 91 (365) (366) (938) (371) (673) 68 (338) (473) (864) (396) (939) (217) (616) 89 (371) (673) (91) (938) (297) 82 (302) (938) (631) (297) (616) (91) 76 (203) 81 (561) (263) (64) (644) (616) 65

More information

2. (1,009) 45 (368) (226) (133) (54) (260) 25 (446) 30 (774) (156) (805) (244) (652) 22 (128) (652) (157) (597) (805) (446) 30 (774) 35 (238) (581) (1

2. (1,009) 45 (368) (226) (133) (54) (260) 25 (446) 30 (774) (156) (805) (244) (652) 22 (128) (652) (157) (597) (805) (446) 30 (774) 35 (238) (581) (1 1. (189) 42 (133) (362) (93) (1,009) (260) (331) (189) (581) (238) (123) (140) (123) (362) (140) (238) (189) (581) (140) 41 (260) (93) (362) (1,009) (189) 21 (440) 26 (805) (597) (128) (446) (157) (362)

More information

Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1

Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 1 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD. All Rights Reserved. 2 60 50 40 30 20 10 0 20173 20183 Copyright 2017 JAPAN POST BANK CO., LTD.

More information

LP-S8160 LP-S7160 LP-S6160

LP-S8160 LP-S7160 LP-S6160 NPD5266-00 2015 Seiko Epson Corporation. All rights reserved. A B K L N N N N N A B C D N N N N N N N N N N N E F A B G N A B C L D K L K C K A D B D B E G H N K L K F A B C K D E K F N K L

More information

LP-M8040シリーズ

LP-M8040シリーズ NPD4928-01 2013 Seiko Epson Corporation. All rights reserved. A B K L N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N N L L N N N N B K N N L A N C D B C E E K G F H I N N

More information