2006年石炭技術会議

Size: px
Start display at page:

Download "2006年石炭技術会議"

Transcription

1 特別講演 Ⅱ 液体燃料化 (GTL) 国産技術の進展 大野健二独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構石油天然ガス開発 R&D 推進グループグループリーダー 0 液体燃料化 (GTL) 国産技術の進展 平成 18 年 11 月 27 日石炭技術会議 石油天然ガス探鉱開発技術本部 R&D 推進グループ長大野健二 GTL 概論 JOGMEC-GTL CTLなど まとめ 1 特 -Ⅱ-1

2 Gas To Liquids 2 CH 4 H 2 H 2 O Syngas Production FT Synthesis Upgrade CO O 2 CO 2 蛙石, 末廣, 分離技術,2006 を修正 GTL 供給量予測 3 GTL 供給量予測 :130 万 BPD(2020 年 ) 2006METI 総合資源エネルギー調査会石油分科会石油政策小委員会 ( 第 3 回 ) 資料より抜粋 特 -Ⅱ-2

3 背景 -GTL が注目される理由 - 4 新たなガスの商品化手段 天然ガスを原料 燃料資源の多様化 ( 天然ガスからの液体燃料確保 ) 既発見 未開発ガス田 (CO2 含有ガス田等 ) の開発手段 油市場をターゲットとした地下資源の現金化 (monetizing) 低環境負荷型燃料 ( サルファーフリー アロマフリー ) GTL の現状 - 商業計画 - Country/Year Qatar QP/Sasol(Oryx) SasolChevron(Oryx-II) 34,000 BPSD 66,000 BPSD SasolChevron(Oryx-III) (postpone) SasolChevron 130,000 BPSD 130,000 BPSD Shell Shell 70,000 BPSD 70,000 BPSD ExxonMobil 154,000 BPSD ConocoPhillips (postpone) ConocoPhillips 80,000 BPSD 80,000 BPSD Marathon (postpone) 120,000 BPSD Nigeria SasolChevron 34,000 BPSD Algeria 2 Consortium Bidding 36,000 BPSD Columbia BP 2010 年前後にGTLのプロジェクトが集中 カタールで3つのプロジェクトの延期有り GTL 生産量の規模感 : カタールのGTL:39.4 万 日本の2004 年石油消費量の7.5%) 日本の石油消費量 :530 万 2005 日本エネルギー学会 vol84,number8,august8,p646( 末廣 ) 修正 5 特 -Ⅱ-3

4 世界の GTL 開発経緯 状況 Syngas F-T Product Upgrading 6 Exxon Research and bench-scale Demonstration 200 BD Commercial MBD Fluidized Bed CPOX (O 2 ) Slurry Bubble Column Hydroisomerization Sasol Coal Based Technology Commercial Operation Demonstration Pilot Plant 100 BD Commercial 34 MBD ATR (Haldor-Topsoe, O 2 ) Slurry Bubble Column Iso-cracking/ Iso-dewaxing Shell Research and benchscale Pilot Plant Commercial 12.5 MBD 2 nd SMDS TM 140 MBD POX (O 2 ) + SMR Tubular Fixed Bed Hydrocraking BP 20BD Research and bench-scale Demonstration 300 BD SMR (Compact Reformer) Tubular Fixed Bed Hydrocraking Conoco Phillips R&D Demo. 400 BD CPOX (O 2 ) in fixed bed Slurry Bubble Column Hydrocraking JOGMEC R&D Pilot Plant 7 BD SMR with CO 2 reforming Slurry Bubble Column Hydrotreating/ Hydrocraking メジャー サソールは1950 年代から研究を実施 1980 年後半から2000 年にかけて デモンストレーションプロジェクトを実施 2010 年にGTL 商業プロジェクトが実施できるように日本勢は猛追中 2005 化学工学会, 気泡塔分科会 ( 末廣 ) の資料を加筆 修正 Oryx GTL (1) QP/Sasol - 2FT Reactors (Slurry Bubble Column Reactor) /02/22-23,QP 訪問時撮影 2006/06/06にプラント稼動 ( 竣工式 ) 原料天然ガス :330MMSCFD 出典 :GTL tec2005 (Nov,2005) 17,000B/D 2 系列 製品 :LPG:1,000B/D, Naphtha:9,000B/D, GasOil: 24,000B/D 特 -Ⅱ-4

5 Oryx GTL (2) QP/Sasol - 8 Slurry Bubble Column Reactor 出典 :GTL tec2005 (Nov,2005) Catalyst Hopper 2 FT Reactor 2 (by IHI ) 10mD 60mH, 2,000t 出典 :Syngas Refiner, April2005 将来の GTL 9 Pilot Demonstration Commercial 2005 JOGMEC Statoil/PetroSA ConocoPhillips BP Rentech Syntroleum JOGMEC 2010 ExxonMobil Shell Sasol Major GTL Licensors Survive (Consultant s vision) 特 -Ⅱ-5

6 Coal Biomass Natural Gas Syngas H2,CO Raw Material LNG OCM C2H4 OCM (Japex/Cosmo Oil) OCM (RIPI/JOGMEC) Natural Gas GTL Technology Steam/CO2(Chiyoda) A-ATG(JGC/OG) D-CPOX(Chiyoda) C3H6 C4H8 MeOH DME FT AGTL Oligomerization OCM (Japex/Cosmo Oil) MeOH DME FT Upgrade Gasoline Upgrade MTO MeOH MTO ( Okado (Japex),etc) (MGC,MHI,TEC) DME(JFE) FT(NSE) Upgrade(NOC) Prof.Fujimoto Olefin Demo (500BPSD) Pilot(65BPSD) Bench(1BPSD) DTO DTO (JGC,etc) Fuel Naphtha Kerosene Gas Oil 10 GTL 製造プロセスの要素技術 (1) - 合成ガス - CH4 CPOX ConocoPhillips CH O 2 2H 2 +CO ΔH 298 =-36kJ/mol(5) 発熱 合成ガス CO H2 11 完全酸化 CH 4 +2O 2 CO 2 +2H 2 O ΔH 298 =-802kJ/mol(4) 発熱 CH 4 +H 2 O 3H 2 +CO ΔH 298 =+206kJ/mol(1) CO+H2O H2+CO2 ΔH298=-42kJ/mol (2) CH 4 +CO 2 2H 2 +2CO ΔH 298 =+248kJ/mol(3) BP JOGMEC Steam Reforming(1)(2) CO2 Reforming(3)(2) 吸熱 CH4 H2O CO2 ATR (4) (1)(2)(3) Exxon SasolChevron (Topsoe) 2004 石油 天然ガス資源の未来を拓く ( 石油技術協会 ), 末廣 P279 の図を加筆 修正 特 -Ⅱ-6

7 GTL 製造プロセスの要素技術 (2)- 合成ガス - 脱硫塔天然ガス熱交換器バーナー加熱炉 ボイラー スチーム 合成ガス 空気分離装置空気スチーム加熱炉天然ガス 脱硫塔 酸素空気分離装置バーナー空気自己天然ガス熱ガ改質スチーム急ス炉冷化型炉合成ガス水排熱ボイラー熱交換器 水循環ポンプ 酸素バーナー Steam Reforming ATR (SasolChevron) POX(Shell) プロセス名 Steam Reforming 合成ガスの組成 H 2 /CO 比 3~5 長所 実績がある 酸素が不要 運転温度が比較的低い (600~ 850 ) 合成ガス中の水素割合が高い ATR 1.5~ 3 H 2 /CO 比が調整可能 エネルギー消費が小さい 反応温度が POx 法より低い ( リアクター出口温度 1000 程度 ) POX <2 原料ガス中の脱硫が不要 未反応メタンが少ない 設備構成が単純 代表的合成ガス製造プロセスの長短所 短所 合成ガス エネルギー消費が大きい 液体燃料合成反応に対しては H 2/CO 比が高 い 装置構成が複雑 酸素が必要 反応温度が高く エネルギー消費が大きい ( リアクター出口温度 1300~ 1400 ) 酸素が必要 H 2 /CO 比が低い 2 以上が必要な場合は不利 12 洗浄塔 2004 石油 天然ガス資源の未来を拓く ( 石油技術協会 ), 末廣 P278 の図を加筆 修正 GTL 製造プロセスの要素技術 (3)-FT 合成 - 発熱反応 H2/CO=2/1 FT 反応除熱が重要 CO+2H2 -(1/n)(CH2)n-+H2O, ΔH298= -167kJ/mol-CO CH 4 H2 C2H6 H2 C3H8 H2 13 CO H2 CH 2 CH 3 CH 2 CH 3 CH 2 CH 2 連鎖成長 (Kp) 水素化脱離 (K d) 炭素鎖が増加する速度 水素化されて脱離する速度 連鎖成長確率 :α=kp/(kp+kd) 1 つの説明用モデルです α が 1 に近いほど炭素鎖が出来る傾向 2003 石油技術協会誌 vol68,no6( 末廣 ) の図を加筆 修正 特 -Ⅱ-7

8 GTL 製造プロセスの要素技術 (4)-FT 合成 C1,C2 LPG Products / wt.% Naphtha Kerosene Gas Oil 灯油 軽油 WAX Chain Growth Probability(α) 生成炭化水素の割合はASF(Anderson- Shultz-Flory) 則に従う 灯油 軽油留分を最大 α=0.85~ Shellはもっと重い留分をつくり (α=0.92) 分解して 灯油 軽油収率を高くしている 2003 石油技術協会誌 vol68,no6( 末廣 ) の図を加筆 修正 α GTL 製造プロセスの要素技術 (5) FT 合成 - 熱媒体 外部熱交換式固定床リアクター 合成ガス 長所単位的構造が単純反応収率が高い接触時間の調節が容易 生成物 触媒層 生成物 触媒合成ガス 循環流動床リアクター 反応槽合成ガス+ 触媒 長所槽内の温度を均一に保持可能伝熱効率が高い触媒の連続的再生が可能圧力損失が小さい 冷却管 スラリー床リアクター 生成物 蒸気 水 合成ガス 触媒 + 流動媒体 生成物 長所温度の制御性が高い混合性が良い構造が比較的簡単であり 大型化が容易触媒の物理的損傷が流動床より小さい 15 触媒分離装置触媒 短所触媒層に温度分布が生じやすい大型化すると複雑な構造となる圧力損失が大きい触媒の充填 交換が困難採用されている主なプロセス名と規模 FT 合成 Shell SMDS 12,500 BPSD Sasol Arge 1,000 BPSD DME 合成 Halder Topsoe 2 TPSD メタノール合成 Halder Topsoe Lurgi 他 短所構造が複雑反応収率は低下する場合が少なくない流動状態が複雑なため設計法が確立していない安定な操作に熟練を要する 採用されている主なプロセス名と規模 FT 合成 SASOL Synthol 約 70,000 BPSD ( 現在は改良型に置換済 ) 代表的 FT 合成プロセスの長短所 2004 石油 天然ガス資源の未来を拓く ( 石油技術協会 ), 末廣 P280 の図を加筆 修正 短所 反応収率は低下する場合が少なくない 流動状態が複雑なため設計法が確立していない 安定な操作に熟練を要する 触媒と生成物の分離が困難 工業規模での実績が少ない採用されている主なプロセス名と規模 FT 合成 SASOL SSPD 2,500 BPSD ExxonMobil AGC BPSD Rentech 235 BPSD DME 合成 JFE 100 TPSD メタノール合成 Air Products 250 TPSD 特 -Ⅱ-8

9 GTL 製造プロセスの要素技術 (6)- アップグレード技術 - 高温反応型 (300~350 )FT 合成油のアップグレード 16 H2/CO (300~350 ) FT 合成 蒸留 軽質オレフィン ナフサ 重合 改質 ガソリン留分 灯軽油留分 低温反応型 (200~250 )FT 合成油のアップグレード H2/CO (200~250 ) FT 合成 蒸 留 ワックス留分 水素化分解 ナフサ留分灯軽油留分ワックス留分 蒸留 ワックスのアップグレードにより灯油 軽油留分を生産 2004 石油 天然ガス資源の未来を拓く ( 石油技術協会 ), 末廣 P280 の図を加筆 修正 GTL 製造プロセスの要素技術 (7)- アップグレード技術 - 17 アップグレード反応のイメージ 蛙石, 末廣, 分離技術,2006 を修正 特 -Ⅱ-9

10 内容 GTL 概論 JOGMEC-GTL CTLなど まとめ 18 Gas Composition CH4 85.0% C2H6 8.5% C3H8 3.0% C % N2 1.3% JOGMEC-GTL プロセス Yufutsu Gas Field in Hokkaido 19 (Yufutsu GTL Pilot Plant) Sapporo Yufutsu Production Scale: 7 BPSD Production Start: August 2002 Plant Scale: Syngas Reformer: Tokyo 140 OD X 13,800mm H FT Reactor: 250 OD X 15,000mm H Site of Yufutsu GTL Pilot Plant 特 -Ⅱ-10

11 JOGMEC-GTL プロセスの特徴 (1) Conventional Process Natural Gas (containing CO 2 ) Air CO 2 removal Sulfur removal Product FT upgrading Syngas synthesis production O 2 generator JOGMEC Process Natural Gas (containing CO 2 ) Sulfur removal No Need for O 2 Generator CO 2 Removal Unit Syngas Conditioning Syngas conditioning Product upgrading Syngas FT production synthesis Syngas Production Non-catalytic Partial Oxidation Auto thermal Reforming FT Synthesis Co or Fe Based Catalyst Syngas Production Steam/CO2 Reforming FT Synthesis Co Based Catalyst 1Steam/CO2 リフォーミング法 ( 原料として CO2 を利用 ) 2 既存プロセスに比べ シンプルな構成 ( コスト削減 ) 20 JOGMEC-GTL プロセスの特徴 (2) Total Feed Gas Volume Product Syngas Volume Carbon Deposition Conditions Ac>1.0 Temp.: Press.:2.1 MPa H2O/CH O/CH4 in Feed (mol/mol) CO2/CH /CH4 in Feed (mol/mol) (8)2CO C+CO2 Ac=K (Pco) 2 /Pco2 K:(8) の平衡定数 Ac>1が炭素析出領域 21 3 耐炭素析出性を有する 開発合成ガス製造触媒を使用 ( 投入エネルギー最小値付近 最適原料ガス組成での合成ガス製造 ) 2005 石油技術協会 ( 末廣 ) 参照 特 -Ⅱ-11

12 年石炭技術会議 JOGMEC-GTL プロセスの特徴 (3) BFW+Steam(outlet) 22 FT Products(gas,light oil) BFW(inlet) Slurry Bed Reactor Separation Vessel FT Products(heavy oil) Slurry Circulation Reaction Condition T=230, P=2.3MPaG, H2/CO=2/1 Syngas (H 2 /CO=2) FT 合成触媒平均粒径 :100μm 4 スラリー床反応器 (FT 反応の除熱に有効 ) 5 高生産性 物理的強度を有する開発触媒使用 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 112Nm3/h JOGMEC-GTL プロセスの特徴 (4) Natural Gas Hydro- To Vent Stuck desulfurizer IDF Gas/Oil Separator To Flare 23 Steam Drum CO2 54Nm3/h Flare Steam Drum Catalyst Filter Waste Water Light/Heavy Oil Separator Oil/Water Separator Light Oil 121kg/h RH2 BFW Reformer Water Separator Waste Water CO2 Absorber v v v v v FT Reactor Catalyst Separator 勇払 GTLパイロットプラントのプロセスフロー (7BPSD 規模 ) 最終プロダクトは粗 GTL 油 ( 水素化精製装置 水素化分解装置なし ) 現在のJOGMEC-GTLプロセスにはアップグレード部を想定 準備 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 Heavy Oil 特 -Ⅱ-12

13 Natural Gas Conversion (Observed/Equibilium 100) パイロットプラント実証試験の結果 考察 (1) 合成ガス製造系 st stage 2nd & 3rd stage 5th stage Hours on Stream Temperature (Catalyst bed outlet) : 865~895, Pressure : 1.5~1.9MPaG Feed Molar Ratio: Hydrocarbon/CO2/H2O = 1.0/0.4~0.6/1.15~1.64 累積 6,600 時間 (2004 年 10 月末 ) にわたり 反応平衡到達率 100% の触媒性能を発揮 貴金属系触媒 :CHIYODA 2005JOGMEC 成果報告会 ( 八木 ) 参照 24 パイロットプラント実証試験の結果 考察 (2) Carbon deposition, wt% s t 2 n d & 3 r d 5 th Length from catalyst top layer, m カーボン析出量は 0.1wt% 程度以下 2005JOGMEC 成果報告会 ( 八木 ) 参照 特 -Ⅱ-13

14 パイロットプラント実証試験の結果 考察 (4) FT 合成系 Data ExxonMobil ExxonMobil Sasol Sasol ConocoPhillips Shell JOGMEC Temperature[ ] CO conversion[%] C5+ selectivity α Productivity[g/kg-cat h] Reactor SBCR SBCR SBCR SBCR SBCR Fixed Bed SBCR Catalyst Co/TiO2 Co/TiO2 Co/Al2O3 CoRu/Al2O3 Co/Al2O3 CoRe(Ru)/TiO2 Co/SiO2 Reference USPatent (19 95), (1996) USPatent (2003) 高生産性 :1,325g/kg-cat hを記録 公称 GTL 粗油生産能力 :7BPSD を記録 触媒の物理的強度維持を確認 非貴金属系触媒 :Nippon Steel Corp 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 USPatent (2003) USPatent (2004) USPatent (2005) USPatent (2004) 26 JOGMEC CO 転化率 C5+ 選択率は世界レベル 高 Productivity の触媒活性 GTL 油のサンプリング状況 27 Raw GTL Sampling 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 Cooling Solidification Heavy Oil C14-C67 Light Oil C4-C24 特 -Ⅱ-14

15 GTL 粗油 製品 -GTL 油調整一例 - 28 JIS2 号 JIS2 号適合例 * JIS2 号不適合例 ** 規格 CSM I 期 NSC II 期 CSM I 期 引火点 ( ) 50 以上 T90( ) 350 以下 流動点 ( ) -7.5 以下 目詰まり点 ( ) -5 以下 セタン指数 45 以上 (mm 2 /s) 2.5 以上 * 直留基材と分解基材を用いて調製 ** 直留基材のみを用いて調製 規格値適合規格値不適合 GTL 油基材 100% により JIS2 号規格適合品を調製 JIS2 号規格適合品を調製するためには 直留基材のみでは難しく 分解基材も配合する必要がある 2005JOGMEC 成果報告会 ( 清水 ) 参照 JOGMEC-GTL プロセスの特徴 (5) - アップグレード技術 - Sasol (ChevronTexaco) Shell NOC( 新日石 ) 29 Metal Sulfur compound (W, Mo) Noble metal (Pt, Pd) Noble metal (Pt) Catalyst Support Amorphous (weak acid) Amorphous (weak acid) Zeolite (strong acid) +Amorphous (weak acid) Cracking Activity Fair Fair Very good MD Selectivity Good Good Very good Note Need to inject sulfur to keep catalyst activiy. Amorphous = Silica-Alumina. Controllable MD selectivity by Zeolite/Amorphous combination. この分野の触媒はメジャーが沢山有している ShellやChevronは有名 NOC( 新日本石油 ) 殿は高 MD( 灯油 軽油 ) 収率の触媒を有している プロセスは既存石油系リファイナリーの外挿だけでは出来ない部分有り ( 開発要素がある ) 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 特 -Ⅱ-15

16 JOGMEC-GTL の経済性試算 (1) 30 JOGMEC GTL Process - Material and Heat Balance Natural Gas SynGas Preparation Synthesis Gas FT Synthesis FT Oil (Wax) Upgrading (Hydrocracking) Naphtha Kerosene Gas Oil 200,000 Nm3/h ( +24,200 Nm3/h as Fuel) (CO2 Content:40 Vol%) H2+CO:440,000 Nm3/h ( H2/CO = 2.0 ) 74 ton/h Naphtha :4374 bbl/d Kerosene:6069 bbl/d Gas Oil :4557 bbl/d Plant Capacity = 15,000 bbl/d ラボ 勇払 PP の運転結果等をもとに 物質 熱収支を算出 2005 石油技術協会 ( 末廣 ) 参照 JOGMEC-GTL の経済性試算 (2) Conditions NG Price : US$ 1.2 / MMBTU IRR : 10% Estimated Product Oil Price 5,000 BPSD : US$ 30.4 / bbl 10,000 BPSD : US$ 26.5 / bbl 15,000 BPSD : US$ 24.6 / bbl Plant capacity vs. Estimated Product Oil Price 31 Plant Capacity (BPSD) Product Oil Price ($/bbl) プラント規模 15,000BPSDの時 原料天然ガス販売価格 US$1.2/MMBTU 内部利益(IRR) 10% を得るのに必要なGTL 製品販売価格は US$24.6/bblと試算 (2004 年時 ) プラントコスト1.5 倍 NG$3.0/MMBTUと仮定し IRR10% となるのは GTL 燃料油製品 47$/bblの時 2005 石油技術協会 ( 末廣 ) に加筆 修正 特 -Ⅱ-16

17 JOGMEC-GTL の経済性試算 (3) ATR とのプラントコスト比較 32 JOGMEC 原料 NG 中 CO2: 30% 程度 ATR 原料 NG 中 CO2: ~0% JOGMEC ATR Plant Cost (Relative Value) GTLプラントコストの構成は ( 大雑把に ) 合成ガス:FT: アップグレード =5:3:2 原料 NG 中にCO2を30% 程度含む時 JOGMECは他システムよりも20% のコスト減 特研 GTL(JOGMEC) プルタミナFS(JOGMEC) など各種資料より作成 Oil&Gas Journal vol99(foster Wheeler Energyの推算結果 ) なども参照されたい 今後の展望 -GTL 技術実証研究 - 33 リフォーマ FT 反応器 JOGMEC-GTL GTL 実証化プラントイメージ 水素化反応器タンクヤードローリー出荷設備計器室管理棟用役エリア 研究期間 : 2006(H18)~ 2010(H22) 年度 参加会社 : 国際石油開発 新日本石油 石油資源開発 コスモ石油 新日鉄エンジ 千代田化工建設 2010 年度に商業化可能な GTL 技術を確立 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 参照 特 -Ⅱ-17

18 内容 GTL 概論 JOGMEC-GTL CTLなど まとめ 34 CTL など CTL 石炭の資源量の観点から企業は注目 ( 中国 アメリカ オーストラリア カナダ ) もちろん石炭ガスからの製造も可能 DME JFE の直接法 ( 釧路 5 トン /d プラントは石炭ガス ) 技術 (100t/D 実績 ) とツール (FS)( 天然ガス原料 ) ビジネスチャンスを窺う段階 35 BTL カーボンニュートラル (CO2 排出 ) の観点から注目 2006 石油学会新エネルギー部会 ( 末廣他 ) 加筆 修正 特 -Ⅱ-18

19 CTL(1) CTL 30 件のプロジェクトが計画 (by 中国政府 ) 全て実現すれば 30 万 BPDのCTLが生産 8 万 BPD 2 神華集団公司 (Shenhua Group) と関連会社 Sasolと事業化可能性調査(2 nd phase) を実施中 Shell Gas&Powerとも事業化可能性調査を実施することに合意 36 CTL(2) 37 出典 :Green Car Congress の HP Sasol の CTL プロジェクト (8 万 BPD 2) 特 -Ⅱ-19

20 まとめ 純国産の天然ガス液体燃料化 (GTL) 技術があります パイロットプラント試験を完了し エネルギー効率 転換率などで国際的な競争力があることが判明しています 民間企業 6 社とJOGMECは商業化の一歩手前である実証試験プラントの2009 年稼動を目指しています XTL 技術です ( 原料は天然ガス 石炭ガス 石炭 バイオマスなどが可能 ) GTL の先行企業が中国に対し CTL のアプローチを強めています 38 参考文献 39 末廣能史, 国産 GTL 技術の現状とその可能性, 触媒, Vol48, No.4, 2006 JOGMEC, JOGMEC 年報 Aug Y.Suehiro et al., New GTL Process - Best Candidate for Reduction of CO2 in Natural Gas Utilization, SPE88628 APOGCE, 2004 特 -Ⅱ-20

21 独立行政法人 石油天然ガス 金属鉱物資源機構技術センター 千葉市美浜区浜田 Phone: Fax: trc.jogmec.go.jp/ 特 -Ⅱ-21

22 特 -Ⅱ-22

23 おおのけんじ 氏名 : 大野健二独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構石油 天然ガス開発 R&D 推進グループ リーダー 現在の担当業務 ( 研究テーマ 研究内容等 ) 1) 基盤的研究を通じた技術力の蓄積 伸長と企業の操業を技術的に支援すること 産油国との国際共同プロジェクトを進展させること 天然ガスや非在来型資源の研究をバランスよく推進するべくグループ (5 研究チーム ) を統括する 2) メキシコ国営石油会社 PEMEX-E&P 社との共同研究チコンテペック堆積盆地開発最適化プロジェクトを推進する 専門分野油層工学 石油工学 IOR/EOR 職歴 現職 独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構技術センター石油技術企画 G 石油公団技術部技術企画室長 石油公団技術センター採油増進研究室長 油層研究室長 石油公団ヒューストン事務所副所長 石油公団技術センター油層研究室室長代理 ADMA-OPCO 社 (UAE) 石油開発部石油エンジニアリング課 ( 出向 ) 石油公団技術センター油層研究室 開発技術研究室 石油公団計画第 2 部 石油公団技術部石油 ( 開発 ) 公団入団 技術部 計画部を経て石油開発技術センターにて技術開発に従事 専門 : 石油工学 とくに石油の回収向上技術 (IOR/EOR) 中東マルチナショナル石油開発操業会社への出向時に企業の技術力とこれを支える技術開発組織の重要性を痛感させられたことから 石油公団 ( 現資源機構 ) 技術センターの拡充 整備に注力 またこれまでにトルコ クウエート メキシコなどの国営石油会社との国際共同研究を推進 現在は同センターで天然ガス液体燃料化技術開発やメタンハイドレート開発研究を含む5つの研究チームを統括 学歴 1978 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了 ( 石油工学 ) 特 -Ⅱ-23

24 1976 早稲田大学資源工学科卒業 加入学会石油技術協会理事 ( 編集委員 1 期, 生産技術委員 2 期, 国際委員会幹事 3 期 幹事 1 期 ) SPE 日本支部ダイレクター (ATW1999, APCIMAM2000 開催委員 ) 石油学会資源部会長 最近の著作 大野健二 石油生産ピークを遠のかせる埋蔵量成長 これからのエネルギーを支える IOR/EOR 技術 石油 天然ガスレビュー Vol.39 No.3 p25-38 Ohno K., Zamora Gurrero G., et al, Modeling and EOR Performance Predictions Of a Fractured Carbonate Reservoir, presented at 13th Int l Oil, Gas & Petrochmical Congress in Tehran January 26, 2005 Ohno, K., X. Hong et al, MEOR/MIOR Field Applications - Biotechnological Know-How is Key to the Success, presented at 13th Int l Oil, Gas & Petrochmical Congress in Tehran January 25, 2005 Ohno K., Emerging Gas Technology, presented at 12 th Oil, Gas & Petrochmical Congress in Tehran February 2003 Ohno,K., Sarma, H.K.,et al, Implementation and Performance of Microbial Enhanced Oil Recovery Field Pilot in Fuyu Field, China, SPE Asia Pacific Oil & Gas Conference & Exhibition April, 1999 住所 / 連絡先独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構石油 天然ガス開発 R&D 推進グループ 千葉市美浜区浜田 Tel: ,Fax: 特 -Ⅱ-24

寄稿 合成燃料 GTL 計画の動向 成否を左右する投資サイクル 兼 子 弘 1 GTL計画に影を落とすカタールの挫折 日本ガス合成 取締役 りますが 同時に極めて積極的なGTL GasTo-Liquids 事業を展開しつつあることで知ら れており やがて 世界のGTLの首都になる 2007年2月21日に カタール 図1参照 に と言われておりました 滞在していた筆者は その日の現地英字紙 ザ ペニンシュラ

More information

Microsoft Word - E&ID_06212012rev.doc

Microsoft Word - E&ID_06212012rev.doc 国 際 開 発 学 会 工 学 と 国 際 開 発 研 究 部 会 2012 年 度 第 3 回 研 究 会 地 域 的 条 件 を 考 慮 した 化 学 プロセス 2012 年 6 月 20 日 東 京 工 業 大 学 江 頭 竜 一 はじめに 化 学 プロセス( 地 域 的 条 件 を 考 慮 した 化 学 プロセス ) - もの,エネルギーの 生 産, 廃 物 の 処 理 ; もの,エネルギーの

More information

1102_cover.qxd

1102_cover.qxd Top Interview ! Top Interview " # $ % & ' 1108_本文.qxd 11.11.8 16:48 ページ 10 先進環境技術紹介 Eco Frontiers 去が困 しやす 題があ 海水淡水化の前処理コストを低減する TT TEP Trap 処理技術 去でき 膜の性 る その 世界的な水不足が懸念される中 逆浸透膜 RO 法を用いた海水淡水化技術への関心が高まっている

More information

[制度名]

[制度名] [] 2002 CO2 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 ( ) (10 ) ( ) 39 290 350 420 420 452 443 525 456 405 3357 39 290 350 420 420 452 443 525 456 405 3357 ( ) 10 7 183 105 55 10 14 9 20 1.NEDO 1 1.1NEDO 1 1.2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8354837D838A815B836583938376838C815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A8354837D838A815B836583938376838C815B83672E646F63> IEEJ: 2008 年 7 月 掲 載 サマリー 合 成 燃 料 の 現 状 と 今 後 の 動 向 について 平 井 晴 己 松 尾 雄 司 宇 野 宏 永 富 悠 石 炭 天 然 ガス バイオマスなど 炭 化 水 素 を 起 源 とするものの そのまま 利 用 するに は 制 約 があるため ガス 化 ( 分 解 ) 合 成 を 行 い 新 たな 炭 化 水 素 ( 常 温 常 圧 で 液 体

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai 生まれた断熱材ですヨ パーフェクトバリアの構造 電子顕微鏡写真 地球環境にやさしいエコ素材 主原料が再生ポリエステルだから 石油原料からポリ エステル繊維をつくる場合に比べ 使うエネルギーは 回収 約1/5 CO2排出量も抑え 地球温暖化に配慮するエコ 再繊維化 パーフェクトバリアの 製造プロセス 素材です 再生ポリエステル繊維 低融点ポリエステル繊維 おもな特性 カビ 虫などに影響されにくい 吸湿性が低く

More information

第29回日中石炭関係総合会議

第29回日中石炭関係総合会議 1 2 3 4 5 6 闞 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 闞 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

More information

PEC News 2004_3....PDF00

PEC News 2004_3....PDF00 2004 March 3 C O N T E N T S Petroleum Energy Center News 1 13 1 2 3 3 4 3 5 6 3 7 8 3 9 ロ 芳香環の水素化 通常の縮合多環芳香族の水素化には 図17 芳香環の水素化 水素化活性の強化 NiMo系あるいはNiW系触媒が有効であり これらの水素化活性を高めることでメチル 基による反応阻害を緩和し 4,6DMDBT等

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

2

2 1 2 3 8,475 177.36 12379 470 BP2008OECD/NEA,IAEAURANIUM2006 4 ( /1000kcal) EDMC Energy Trend 5 BP 2008 7 200455.7203096.6 2.1% 1.7 t 10,000 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 27% 23% 20042030

More information

Table 1. Assumed performance of a water electrol ysis plant. Fig. 1. Structure of a proposed power generation system utilizing waste heat from factori

Table 1. Assumed performance of a water electrol ysis plant. Fig. 1. Structure of a proposed power generation system utilizing waste heat from factori Proposal and Characteristics Evaluation of a Power Generation System Utilizing Waste Heat from Factories for Load Leveling Pyong Sik Pak, Member, Takashi Arima, Non-member (Osaka University) In this paper,

More information

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発

2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報 の 例 特 開 - 特 願 平 -. 特 許 庁 研 究 開 発 - 平 成 27 年 度 特 許 出 願 技 術 動 向 調 査 GTL 関 連 技 術 の 調 査 結 果 のご 紹 介 - 平 成 28 年 7 月 特 許 庁 2 特 許 情 報 とは 発 明 者 企 業 等 発 行 国 どこへの 出 願 か 特 許 分 類 どのような 技 術 か ( 大 まかな 分 類 ) 技 術 開 発 成 果 の 開 示 ( 特 許 出 願 ) 公 開 特 許 公 報

More information

カナダ・オイルサンドの開発状況

カナダ・オイルサンドの開発状況 PISAP ミニレポート 2005-026 平 成 18 年 1 月 20 日 カナダ オイルサンドの 開 発 状 況 < 原 油 製 品 > カナダのオイルサンドは アルバータ 州 の Athabasca Cold Lake および Peace River の 3 地 区 に 分 布 しており 総 可 採 埋 蔵 量 は 1745 億 バレルである そのうち 既 存 の 開 発 プロ ジェクトの

More information

A3_ペラ

A3_ペラ とは メカトロニクス エレクトロニクスおよび関連する専門領域の最新技術と 製品が展示され 各領域に対応した技術シンポジウムが開催される アジ ア最大級の専門トレードショー カンファレンスです 各要素技術が一堂 に会することで 相互の技術の関連性が最大限に引き出され 幅広い分野 の開発設計 生産技術者にとって 未来をかたちづくる最新情報を得る場 課題解決のための商談の場 となっています TECHNO-FRONTIER

More information

‰à„^›œŁt.ai

‰à„^›œŁt.ai プラスチック用金型製作の技術 技能マニュアル 1 私たちの暮らしとプラスチック製品 1 私たちの暮らしとプラスチック製品 私たちの身の周りには 様々なプラスチック製品があります 家庭用品や家電製品 そして自動車 新幹線 航空機などの様々な部分にプラスチックが使われています 携帯電話のケースやノートパソコンのキーボードなどハイテク製品でもプラスチック製 品が多用されています 現代社会において プラスチック製品は欠くことのできない存在になっています

More information

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期)

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期) 2015 年 0 月 30 日日本たばこ産業株式会社 Japan Tobacco International (JTI) 海外たばこ事業実績補足資料 (2015 年 1-3 月期 ) JTI 力強いプライシングにより為替一定ベースで増収増益 1-3 月 前年同期比 総販売数量 1 881 877 0.5% GFB 販売数量 1 600 553 8.% 自社たばこ製品売上収益 2 2,369 2,761-1.2%

More information

QOBU1011_40.pdf

QOBU1011_40.pdf 印字データ名 QOBU1 0 1 1 (1165) コメント 研究紹介 片山 作成日時 07.10.04 19:33 図 2 (a )センサー素子の外観 (b )センサー基板 色の濃い部分が Pt 形電極 幅 50μm, 間隔 50μm (c ),(d )単層ナノ チューブ薄膜の SEM 像 (c )Al O 基板上, (d )Pt 電極との境 界 熱 CVD 条件 触媒金属 Fe(0.5nm)/Al(5nm)

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 1 2 3 4 27,500 5 6 2000 7 8 9 10 11 12 < 13 SPECIFICATION CHARACTERISTICS UNIT Regular Gasoline Premium Gasoline METHOD A Type C Type A Type C Type ABNT ASTM Color - (1) (2) (1) (2) Appearance - (4) (4)

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

2012MEIKO-...^-...e.f.[.^.qxd

2012MEIKO-...^-...e.f.[.^.qxd ドイツ マイコ社 衛生管理 作業環境 ランニングコストを重視する業務用食器洗浄機の専門メーカーです マイコ社の業績推移 1927年にわずか5名の 製作所 から始まったマイコ社 今では洗浄機の専門メーカーとして世界のリーディング 企業の地位を確立しました グラフはここ35年間の企業 としての成長を示しています 売 上 単位 百万ユーロ 年 売 上 本社単独 従業員数 本社単独 世界各国に現地法人 代理店を展開

More information

特-4.indd

特-4.indd 1 000 Ni-Cr Tribological Characteristics of Ni-Cr Alloy at 1 000 C in Air R&D 1 000 Ni-Cr 1 000 Ni-Cr alloy sliding tests in atmosphere at 1 000 C were carried out and the process in which a glazed oxide

More information

8

8 7 8 9 10 11 12 13 14 15 過剰に増殖した活性汚 泥 余剰汚泥 を除去 上澄液を放流 図1 4 活性汚泥法のイメージ図 ① 連続式の運転をする活性汚泥法 a 連続式活性汚泥法 連続式活性汚泥法は 畜舎汚水の活性汚泥処理法の基本的な方法です 図 1 5 BOD 容積負荷を 0.5kg/ 日以下の条件で短時間に処理する方法で 基本的な処理条件を満たしていれば 処理水の色度も比較的低く

More information

untitled

untitled Japanese Journal of Administrative Science Volume 21, No.3, 2008, 239-251. Case Study 中国における知識創造マネジメントの実践的な展開 海爾集団を事例として The Practice of Knowledge Creation Management in Chinese Companies: The Case of

More information

12琴平町197_0324

12琴平町197_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 琴平町の観光を軸にした産業振興の今後の方向性を 把握できたほか 農業に強みがあることを見出した 琴平町の産業についてRESASによって分析を行った結果 琴平町における観光産業の位置付けの確認と 更なる 振興の方向性が把握できたほか 競争力の高い産業として農業に可能性があることを確認することができた まず 産業構造については観光に関連する産業の売上高及び付加価値額双方が際立って高く

More information

ä÷ìåèoóÕ (Page 2)

ä÷ìåèoóÕ (Page 2) 3 1 2 21 58 59 60 62 63 64 65 15 16 57 44 69 61 6 71 68 1 2 3 4 5 6 7 8 9 5 5 5 6 6 6 7 7 7 10 11 12 13 14 15 8 8 8 9 9 9 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 10 10 10 11 11 11 12 12 12 13 13 13 14 29

More information

04-西城惠一-3.02

04-西城惠一-3.02 Bull. Natl. Mus. Nat. Sci., Ser. E, 30, pp. 33 44, December 21, 2007 169 0073 3 23 1 Prism Binoculars Made by Tokyo Gas and Electric Corporation Keiichi SAIJO and Takashi NAKAJIMA Department of Science

More information

北杜市新エネルギービジョン

北杜市新エネルギービジョン 概 要 版 平 成 18 年 3 月 山 梨 県 北 杜 市 1 新エネルギーとは 深刻化する地球温暖化 心配される化石燃料の枯渇といった課題への対策として注目されているのが 新エネル ギー です 新エネルギー とは 太陽や風 森林などの自然のエネルギーなどを活用するもので 石油代替エネ ルギーとして導入が期待されているものの コストなどの制約から普及が十分でないため 積極的に促進を図る必 要があるもの

More information

1910 1930 1940 1950 1960 1970 1980 1990 2000 2010 化成事業 斬新な発想で ケミカルの新分野を開拓 化成事業は 1957年の有機過酸化物事業創業 以来 着実に事業領域を拡大し 現在では 有機 過酸化物製品 機能性ポリマー製品 石油化学製 品を柱として 多彩な事業を展開しています 有機過酸化物製品事業では 積極的な製品開発と 新規用途開拓に努め 世界有数の総合有機過酸化

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

ISMS認証機関認定基準及び指針

ISMS認証機関認定基準及び指針 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS 認証機関認定基準及び指針 JIP-ISAC100-3.1 2016 年 8 月 1 日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 106-0032 東京都港区六本木一丁目 9 番 9 号六本木ファーストビル内 Tel.03-5860-7570 Fax.03-5573-0564 URL http://www.isms.jipdec.or.jp/ JIPDEC

More information

環境問題に対する出光の取組み

環境問題に対する出光の取組み Refining strategy of IDEMITSU for Environment-Friendly Fuels Production Technology & Engineering Department Petroleum Refining Technology Center Idemitsu Kosan Co., Ltd. 1 CONTENTS Chapter 1 Outline of

More information

九州大学総合研究博物館ニュース No.18

九州大学総合研究博物館ニュース No.18 The Kyushu University Museum NEWS October 2012 1/8 No.18 九州大学総合研究博物館ニュース 始まる 程 課 新 ための 成 養 員 学芸 ねらい ることを 向上させ 資質を め 高 を ました の専門性 程となり 員 課 芸 新 学 が たに から 加し 新 養成課程 増 員 この 4 月 に 芸 位 学 単 た 物館 9 科目19 わりまし として博

More information

< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364>

< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364> 2014 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2014 年 9 月 8 日 10 日 第 1 日 倫理委員会セッション 社会 環境部会 第 31 回全体会議 社会 環境部会セッション 特別講演 理事会セッション 第 2 日 原子力安全部会セッション 休 憩 保健物理 環境科学部会セッション 放射線工学部会セッション 教育委員会セッション

More information

水冷式冷却専用チラー5~20馬力

水冷式冷却専用チラー5~20馬力 2008 東芝キヤリア空調機器ハンドブック セントラル空調システム R407C RUW P1502 P2242 P3002 P4502 P6002 Ⅰ. 標準形 1. 仕様表 4 2. 外形図 5 3. 配線図 6 4. 使用範囲 10 5. 性能特性 5 ー 1. 能力線表の見方 11 5 ー 2. 能力線図 12 5 ー 3. 能力表 15 6. 水圧損失 20 7. 内部構造図 21 8. 冷媒配管系統図

More information

トリチウム分離に係る工業技術

トリチウム分離に係る工業技術 資 料 2 トリチウム 分 離 に 係 る 工 業 技 術 平 成 26 年 1 月 15 日 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 山 西 敏 彦 山 本 徳 洋 目 次 1. 主 な 水 素 同 位 体 の 分 離 技 術 と 特 徴 1-1 蒸 留 法 1-1-1 水 蒸 留 1-1-2 水 素 蒸 留 ( 深 冷 分 離 ) 1-2 同 位 体 交 換 法 1-3 電 気 分 解 法

More information

5 11 3 1....1 2. 5...4 (1)...5...6...7...17...22 (2)...70...71...72...77...82 (3)...85...86...87...92...97 (4)...101...102...103...112...117 (5)...121...122...123...125...128 1. 10 Web Web WG 5 4 5 ²

More information

スライド 0

スライド 0 資料 3 使用済製品の現行回収スキーム 及び回収状況 平成 24 年 3 月経済産業省 家電 4 品目における回収の現状 年間排出量 :3,848 万台 ( 平成 22 年度推計 ) 回収スキーム : 主に一般家庭から排出され 家電リサイクル法に基づき小売店等から製造事業者等に引き渡され リサイクルプラントにおいてリサイクル 家電リサイクル法に基づく回収量は 2,579 万台 リユースを除いた年間排出量

More information

Taro11-報告書Final.jtd

Taro11-報告書Final.jtd - 1 - - 2 - LNG LPG KHK KHK KHK KHK - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - 4.1 3 5.1 1.5 1.3-7 - 1.25 1.1-8 - - 9 - - 10 - DCS - 11 - DCS DCS DCS 1/2 DCS - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - C C C - 17 - C C C C C C C

More information

スライド 1

スライド 1 ソフトウェアを活用した 石炭ボイラの省エネ 環境改善技術 2012 年 8 月 6 日 出光興産株式会社 出光能源諮詢 ( 北京 ) 有限公司 目次 2 1. 出光グループの事業活動 2. 中国での事業展開 3. 出光の石炭事業 技術 4. ソフトウェア技術を活用した省エネ 環境改善 5. 省エネ 環境改善のための技術メニュー 6. ビジネスモデル 1. 出光グループの事業活動 3 石炭鉱山開発 外航輸送

More information

Microsoft Word - Translation Parsons

Microsoft Word - Translation Parsons CCS の採用を促進する 回収 を促進する 回収 CO2 の工業利用 2011 年 3 月 The executive summary of ACCELERATING THE UPTAKE OF CCS: INDUSTRIAL USE OF CAPTURED CARBON DIOXIDE has been translated from English into Japanese for convenience.

More information

ECOM Journal 2008

ECOM Journal 2008 -Contents- 1 3 5 6 7 8 20 30 38 50 58 63 情報共有化基盤整備グループ 情報共有化技術推進委員会 次世代電子商取引推進協議会 主席研究員 菅又久直 Committee 活動概要 わが国における EDI は 業界または企業グルー 表1 プごとに発展し それぞれの業界や企業グループ における生産性向上に大いに寄与してきた

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード]

Sol-005 可視化とRCSA _ppt [互換モード] 資料番号 SOL-005 RCSA 管理 (Risk Control Self Assessment ) 株式会社アイグラフィックス (1) オペリスクの可視化 業務プロセスにオペレーション関す潜在リスクや固有リスクの情報を記述し リスクの頻度や損失規模に関する情報も加え業務プロセス指向で可視化と管理を行います 内部統制管理で記述されたリスクやコントロール情報を参照することでリスクの漏れを防ぎ網羅性のあるオペリスク管理が行えます

More information

SHOWA SHELL SEKIYU K.K CIS ,758 5, ,000, ,850,400 48,

SHOWA SHELL SEKIYU K.K CIS ,758 5, ,000, ,850,400 48, CORPORATE PROFILE 2016 135-8074 2 3 2 http://www.showa-shell.co.jp/ 03-5531-5793 FSC 2016.3 Printed in Japan 2016 4 1 2016 4 1 SHOWA SHELL SEKIYU K.K. 135-80742 3 2 1942 8 1 1900 4 11 1985 1 1 3 CIS 12

More information

J. Jpn. Inst. Light Met. 65(6): 224-228 (2015)

J. Jpn. Inst. Light Met. 65(6): 224-228 (2015) 65 62015 224 228 ** Journal of The Japan Institute of Light Metals, Vol. 65, No. 6 (2015), 224 228 2015 The Japan Institute of Light Metals Investigation of heat flow behavior on die-casting core pin with

More information

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果

2008年度 設計手法標準化アンケート 集計結果 2011 年度 設計手法普及調査アンケート 集計経過報告 2012 年 2 月社団法人組込みシステム技術協会状態遷移設計研究会 目次 1. アンケート実施の目的 3 2. アンケートの実施対象 4 3. アンケート回答数 5 4. 実施したアンケートの内容 6 5. アンケート回答者の構成 8 6. アンケート集計結果 9 6.1 回答者の担当製品分野について 10 6.2 回答者の部門について 11

More information

Nov 11

Nov 11 http://www.joho-kochi.or.jp 11 2015 Nov 01 12 13 14 16 17 2015 Nov 11 1 2 3 4 5 P R O F I L E 6 7 P R O F I L E 8 9 P R O F I L E 10 11 P R O F I L E 12 技術相談 センター保有機器の使用の紹介 当センターで開放している各種分析機器や計測機器 加工機器を企業の技術者ご自身でご利用できます

More information

2010.2.20 2. 1) 1 2 1. Origins. 2. History. 3. Earth Structure and Plate Tectonics. 4. Ocean Basins. 5. Sediments. 6. Water and Ocean Structure. 7. Ocean Chemistry. 8. Circulation of the Atmosphere.

More information

第122号.indd

第122号.indd -1- -2- -3- 0852-36-5150 0852-36-5163-4- -5- -6- -7- 1st 1-1 1-2 1-3 1-4 1-5 -8- 2nd M2 E2 D2 J2 C2-9- 3rd M3 E3 D3 J3 C3-10- 4th M4 E4 D4 J4 C4-11- -12- M5 E5 J5 D5 C5 5th -13- -14- NEWS NEWS -15- NEWS

More information

再生可能エネルギー 入力支援システム操作マニュアル

再生可能エネルギー 入力支援システム操作マニュアル 再生可能エネルギー年報報告操作マニュアル 年報報告者の方向け 平成 26 年 10 月 31 日 Ver.1.3 1 目次 1. はじめに (1) 本マニュアルについて 3 (2) 画面構成図 ( 簡易版 ) 4 2. ログインとログアウト (1) ログインする 5 (2) ログアウトする 7 3. 年報報告 ( 設置費用報告 ) の手続き (1) 設置費用の登録を行う 9 (2) 設置費用報告の登録を行う

More information

05JPOWER_p1-40PDF.p....

05JPOWER_p1-40PDF.p.... 2005 目次 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 財務状況 1 日本の電気事業概要 1 1 連結財務ハイライト 15 2 当社の発電事業データ 3 2 連結財務諸表 17 3 当社と国内 海外電力会社との比較 5 3 連結収益 費用構成 21 4 単体財務ハイライト 22 7 5 単体財務諸表 23 卸電気事業 7 6 単体電気事業営業収益 費用の分析 29 (1)火力発電 8

More information

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378>

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378> 資料 10 エラー 特定事業者 ( 特定連鎖化事業者 ) 定期報告書 ( 特定表 指定表 ) エラー 参考 : 平成 25 年度工場等判断基準遵守状況等分析調査エラー 様式 様式 9 で作成されている 表の抜け 特定 1~8 10 12 表に記入がある 全体 表の抜け 特定 10 表に指定工場等が記載されている場合 工場毎に指定 1 2 4~9 表がある 指定工場のエネルギー使用量と事業者全体のエネルギー使用量の関係

More information

1. 用役 ( ユーティリティー ) と用役設備 用役 ( ユーティリティー ) の種類 用役 ( ユーティリティー ) の起動手順 電力供給設備 電力の種類と電圧 電力供給設備とは 発電設備.

1. 用役 ( ユーティリティー ) と用役設備 用役 ( ユーティリティー ) の種類 用役 ( ユーティリティー ) の起動手順 電力供給設備 電力の種類と電圧 電力供給設備とは 発電設備. cq comtecquest 件名基本設計演習 用役プロセス設計指針 作成年月日 2011 年 1 月 10 日 1 1. 用役 ( ユーティリティー ) と用役設備... 3 1.1 用役 ( ユーティリティー ) の種類... 3 1.2 用役 ( ユーティリティー ) の起動手順... 3 2. 電力供給設備... 4 2.1 電力の種類と電圧... 4 2.2 電力供給設備とは... 4 2.3

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc 4 54 55 56 ( ( 1994 1st stage 2nd stage 2012 57 / 58 365 46.6 120 365 40.4 120 13.0 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 4 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97

More information

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8

第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 部 ペップトークとは ( 言葉がけ 1 つで実現する生産性の向上 ) 7 第 1 部 ペップトークとは 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1 今を肯定し 未来を描く発想 8 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤 1.1.1 人事 雇用制度の変化 1.1.2 国際競争激化の時代 9 第 1 部 ペップトークとは 1.1.3 プラスの選択 10 第 1 章 新時代のマネジメントを築く起爆剤

More information

最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バ

最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バ 最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バイオマス流動層ガス化発電システム のしくみ 現場を訪ねて さらなる飛翔へ 活況を呈する 航空機 宇宙

More information

資料8-1

資料8-1 NOx 100 0 Automotive Fuels Reference Book 5562 JARI JARI 12 JARI 12 JARI 63 11 JARI 5562 JARI 5562 JARI 5562 JARI 5562 JARI - 80 - - - - - - SASOL - Al(OH) 3 6R-H - SASOL - 2Al6R-OH 2Al(O-R) 3 3H

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

2

2 1 2 2008, 2.2%,, 10.3% 8.9%, 2.9% 5 (1.4%), 48.7%, 9.8%, 17.2% 2008 40 (4.6%), 63.0%,, 1.9% 2.3%, 10.3%, 1.9%, 9.1%, 11.5% 3 1 繊維 ファッション産業は衰退産業か 2 リーマンショック以降 生産レベルが急激に減少し 以降 低レベルで推移 低価格ジーンズやファストファッションの登場等により

More information

本扉~プロ

本扉~プロ 平成18年度文部科学省科学研究費補助金 研究成果公開発表 A 代表者 巽 和行 名古屋大学物質科学国際研究センター 制作 株式会社クバプロ 1020072 千代田区飯田橋31115 UEDAビル6階 TEL 0332381689 FAX 0332381837 Emai l symposi um@kuba. j p 平成 18年10月14日 土 15日 日 一橋記念講堂 千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター

More information

多 段 型 生 成 吸 収 ヒートポンプの 開 発 ヒートポンプ システム Heat pump system 冷 却 塔 tower 排 Waste hot 生 成 吸 収 ヒートポンプ generation Absorption heat pump 排 熱 源 ( 工 場 排 熱 など) Wast

多 段 型 生 成 吸 収 ヒートポンプの 開 発 ヒートポンプ システム Heat pump system 冷 却 塔 tower 排 Waste hot 生 成 吸 収 ヒートポンプ generation Absorption heat pump 排 熱 源 ( 工 場 排 熱 など) Wast 論 文 多 段 型 生 成 吸 収 ヒートポンプの 開 発 福 住 幸 大 入 江 智 芳 山 田 宏 幸 井 上 修 行 Generation by a Three-stage Boosting Absorption Heat Pump by Yukihiro FUKUSUMI, Hiroyuki YAMADA, Tomoyoshi IRIE, & Naoyuki INOUE Heat sources,

More information

橡

橡 CO2 Laser Treatment of Tinea Pedis Masahiro UEDA:,' Kiyotaka KITAMURA** and Yukihiro GOKOH*** Table I Specifications 1. Kind of Laser 2. Wavelength of Lasers. Power of Laser. Radiation Mode. Pulse Duration.

More information

学位論文題目 Title 氏名 Author 専攻分野 Degree 学位授与の日付 Date of Degree Resource Type 報告番号 Report Number URL Kobe University Repository : Thesis 有機強誘電体薄膜の構造 配向制御および焦電デバイス応用に関する研究 黒田, 雄介 博士 ( 工学 ) 2013-03-25 Thesis or

More information

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008 Colloquium 第88 回 運輸政策コロキウム 少子高齢社会における交通のあり方 運輸事業者の人材確保と技術の継承に対する認識と対応 平成19年10月30日 運輸政策研究機構 大会議室 1. 講師 運輸政策研究所少子高齢社会研究グループ 内田 傑 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所主任研究員 日比野直彦 前 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所研究員 現 政策研究大学院大学助教授 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所客員研究員

More information

内の他の国を見てみよう 他の国の発電の特徴は何だろうか ロシアでは火力発電が カナダでは水力発電が フランスでは原子力発電が多い それぞれの国の特徴を簡単に説明 いったいどうして日本では火力発電がさかんなのだろうか 水力発電の特徴は何だろうか 水力発電所はどこに位置しているだろうか ダムを作り 水を

内の他の国を見てみよう 他の国の発電の特徴は何だろうか ロシアでは火力発電が カナダでは水力発電が フランスでは原子力発電が多い それぞれの国の特徴を簡単に説明 いったいどうして日本では火力発電がさかんなのだろうか 水力発電の特徴は何だろうか 水力発電所はどこに位置しているだろうか ダムを作り 水を 中学第 1 学年社会科 ( 地理的分野 ) 学習指導案単元名 : 日本の資源 エネルギー問題 授業者 : 教育学部第二類社会系コース学生番号 :B130301 氏名 : 池田葵 本時の学習 ⑴ 本時の目標 日本は資源に乏しく 国内で使用されている資源のほとんどを海外からの輸入に頼っていることを理解する 日本では現在火力発電が発電のほとんどを占めているが 火力発電には原料の確保が海外の動向に左右されることや

More information

seika.PS

seika.PS Carrier Gas Distiled Water Heater Mixed Gas Carrier gas with H 2 O Mixed Gas Inlet Sample Purge Ar gas Quartz Rod Quartz Tube Furnace Thermo Couple Clucible (Molten Salt) Gas Outlet アクティブ制御を用いた長尺アームの制振制御

More information

Maximo_PDF_Final_070927.pdf

Maximo_PDF_Final_070927.pdf Special Interview IBM Special Interview IBM Maximo Asset Management 1 Special Interview AM PM PM LM CM IBM Maximo Asset Management 2 Special Interview IBM Maximo Asset Management 3 Special Interview LCMにはユーザーズ

More information

a b Chroma Graphein Chromatography

a b Chroma Graphein Chromatography a b Chroma Graphein Chromatography (Stationary Phase) (Mobile Phase) CHROMATOGRAPHY GAS SFC LIQUID GSC GLC Column Planar NP RP IEC SEC TLC Paper Normal Phase Reverse Phase GPC GFC Thin Layer Chromato.

More information

LIBRA7月号

LIBRA7月号 表が 2 年に 1 度集まり 各弁護士会が取り組んでいる 問題などについて忌憚のない意見交換をしています いつも市民に向き合っている都市弁護士会との付き合 いは 国別の弁護士会にはない雰囲気があります 世 界大都市弁護士会会議への参加については ①各都市 の弁護士会および弁護士から有益な情報を得られるこ と ②会議が大規模でないことから親密な交流ができ ることなどの長所があります 今後 2010 年の大会の

More information

1

1 1 3,000kl/ ( 1,500kl/ H19 200 300 3000 2,000 300 2 3 4 5 6 http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/hinpyo/ 7 品名 形名 消費電力量 定格内容積 外形寸法 機器本体の表示 製造事業者等の氏名又は名称 8 機器名表示事項表示場所 エアコンディショナー 蛍光灯ランプのみを主光源とする照明器具

More information

20 m Au 2. 現行のマイクロバンプ形成技術における課題 Au Au Au 2 WB 11 m m 1 m 2008 Au FC m 10 m 30 m OTK Au 表 1 マイクロバンプ形成におけるめっき法の比較 3. 無電解めっきによる Au

20 m Au 2. 現行のマイクロバンプ形成技術における課題 Au Au Au 2 WB 11 m m 1 m 2008 Au FC m 10 m 30 m OTK Au 表 1 マイクロバンプ形成におけるめっき法の比較 3. 無電解めっきによる Au Fabrication technology of Au micro-bump by electroless plating. 関東化学株式会社技術 開発本部中央研究所第四研究室德久智明 Tomoaki Tokuhisa Central Research Laboratory, Technology & Development Division, Kanto Chemical Co., Inc. 1.

More information

元素戦略アウトルック 材料と全面代替戦略

元素戦略アウトルック 材料と全面代替戦略 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 23 2.2.4 スカンジウム ジウム内包フラーレンに関する研究 などがある スカンジウムはレアメタルの中でも特に希少な金属で 製 錬のプロセス技術を確立すること自体が研究課題である プ ロセスに関する研究は東京大で行われている その他 スカンジウム錯体を用いた触媒への応用 スカン 24 2.2.5

More information

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行 国立研究開発法人 経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行うことのできる機関として 活動を行っております 発足当初から10年は研究開発組織として技術実証による技術基盤の獲得を行い

More information

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回>

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回> 企画特集 10-9 INNOVATION の最先端 Life & Green Nanotechnology が培う新技術 < 第 4 回 > プリンテッドエレクトロニクス時代実現に向けた材料 プロセス基盤技術の開拓 NEDO プロジェクトプロジェクトリーダー東京 学教授染 隆夫 に聞く 図6 4 3 解像度を変えた TFT アレイによる電子ペーパー 提供 凸版印刷 株 大面積圧力センサの開発

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

【2050 低炭素ナビ】利用ガイド

【2050 低炭素ナビ】利用ガイド A User s Guide 1 2 3 4 01 02 03 04 05 06 01 02 03 06 05 04 5 6 7 8 9 1,200 1,200 Generation in Demand-side Nuclear 1,000 1,000 Hydropower Ocean Power 800 800 Geothermal Wind TWh/yr 600 400 TWh/yr 600 400

More information

Tornado Series selection SW TiCN HSS Co FAX VL PM

Tornado Series selection SW TiCN HSS Co FAX VL PM Metal Band Saw Blades Tornado Series selection SW TiCN HSS Co FAX VL PM Selection Chart Selection Chart Solids 3 Selection Teeth 4 note 1) Structurals, Tubing H section steels Light gauge steels Tube Products

More information

西松建設技報

西松建設技報 西松建設技報 VOL.33 東京国際空港 D 滑走路の施工について The Construction of Tokyo International Airport D-Runway Shuji Kimura Kazuyuki Ishihara Hitoshi Mori Hidetoshi Hanafusa 要 約 D 1,600 t 1 100 mm 23 mm 125 mm 31 mm SGMSuper

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

2006.Membranes31new.pdf

2006.Membranes31new.pdf 131 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 7 1 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 71 7 1 71 71 71 71 71 71 71 71

More information

FEATURE ARTICLE 02

FEATURE ARTICLE 02 sedb.com Singapore Business News_ シンガポール EDB 経済 投資ニュース Feb - Mar 2016 http://www.singaporeedb.jp FEATURE ARTICLE 1 ASEAN スマートマーケットがもたらす 製造メーカーにおける IoT チャンス 筆者 シンガポール経済開発庁 EDB アメリカ地域担当局長 ギャン イーセン Gian Yi-Hsen

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

7 7 行財政改革 行財政改革 取組② 借入額を年度間で平準化するため 事業実施時期の調整を行います 第3回 シリーズ行財政改革 ある年に過大に建設事業を集中させて行うと 借金の借り入れを集中して行わなければならないため 将 来の一時期に返済が集中し 必要なお金を出すことができないおそれがあります 長浜市では ある年度に建設事業が集中しないよう 事業実施期間中や 開始年度を調整することや 取 組①の繰上返済を行い

More information

H1_2014(2)

H1_2014(2) エコフィール は 従来捨ててしまっていた排ガス中の熱を回収して再利用する新しい石油給湯器です 熱効率を95 まで高めて 灯油の使用量を節約し CO2の排出量を削減する 家計にも環境にも負担が少ない経済的な石油給湯器です 排気温度が低下 1 お湯の流れ 水道から送られて きた水は 最初に補 助熱交換器で温め られます そ の 後 主 熱 交 換 器で加熱されます 熱利用2 約200 約200 になっ

More information

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用

地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 RIETI Policy Discussion Paper Series 13-P-023 RIETI Discussion Paper Series 13-P-023 2013 年 12 月 地理空間上におけるイノベーション検索システムの構築とその応用 相馬亘 ( 日本大学理工学部 ) 藤田裕二 ( 日本大学理工学研究所 ) 内藤祐介 ( 株式会社人工生命研究所 ) 西田正敏 ( 株式会社人工生命研究所

More information

01. PART ONE 02. PART TWO 03. PART THREE 04. PART FOUR PART ONE 01. PART ONE 01. At a General Merchandise Store PART ONE At a Convenience Store PART ONE PART ONE At a Home Appliance Retailer PART

More information

Y O J & Y JO CONTENTS 阪急阪神東宝グループの一員として 阪急阪神 ホールディングス グループ 5 4 森組にとって初めてのCSRレポートの発行です 森組のCSRへの考え方や活動について できる限り簡潔に

Y O J & Y JO CONTENTS 阪急阪神東宝グループの一員として 阪急阪神 ホールディングス グループ 5 4 森組にとって初めてのCSRレポートの発行です 森組のCSRへの考え方や活動について できる限り簡潔に JOY & JOY C S R R E P O R T 2 0 0 6 http://www.morigumi.co.jp Y O J & Y JO CONTENTS 03 05 11 1 15 2 17 7 21 3 25 27 31 6 阪急阪神東宝グループの一員として 阪急阪神 ホールディングス グループ 5 4 森組にとって初めてのCSRレポートの発行です 森組のCSRへの考え方や活動について

More information

JCCPニュース 2009初秋号

JCCPニュース 2009初秋号 JCCP No.201 3 8 12 15 17 19 23 26 29 30 31 33 35 47 48 1. 1 3 4 2 17 5 3 2. 1 2 6 3 5 4 3. 7 1. 1 SINOPEC 2 CNPC 8 3 SINOPEC 9 2. 1 2 SHARQ 10 3 11 1. MRRC 5 10 2. 12 3. UAE 5 11 4. 13 5. 14 15 1. 2. 3.

More information

みなさんはどうして留学したいのですか

みなさんはどうして留学したいのですか 海外大学院留学説明会 東京大学 2014.12.22 南出将志 (東大工学部 ペンシルバニア州立大学気象学科) みなさんはどうして留学したいのですか みなさんはどうして留学しないのですか Page. 4 それだけの理由が 学位留学にはあります n 学費 生活費がかからない - 特に理系 PhDの場合 - 詳細は大学によって異なります 研究費 スポンサー ( 産 官 軍 etc) 研究成果 教授 /

More information

(a) -4furne.ce Fig. I Schematic drawing of cooling chamber Fig. 2 Priventive gas velocity at nozzle 405

(a) -4furne.ce Fig. I Schematic drawing of cooling chamber Fig. 2 Priventive gas velocity at nozzle 405 Fig. 1 Experimental Apparatus Fig. 2 Typical Ion Distribution in COG-Air Flame Fig. 3 Relation between Steel Temperature and Reduction Time (a) -4furne.ce Fig. I Schematic drawing of cooling chamber Fig.

More information

Nikon AR J

Nikon AR J 40.3% 45.5% 9.4% 4.8% 05 06 07 苅谷 道郎 常務取締役 映像カンパニープレジデント お客様の操作性や利便性を重視し 従来からの銀塩カメラのお客様にも使いやすいデジタルカメ ラを開発するとともに デジタルカメラ世代のニーズに応えた 新しいタイプの製品も市場投入 していきます デジタルカメラの進化はニコンにとって 多くの新しい事業機会を生み出す原動 力です 映像事業部門 当期の市場環境は

More information

日本の少子高齢化と経済成長

日本の少子高齢化と経済成長 mio@nli-research.co.jp 1 40 NLI Research Institute REPORT January 2012 2 NLI Research Institute REPORT January 2012 41 42 NLI Research Institute REPORT January 2012 3 NLI Research Institute REPORT January

More information

394-04

394-04 Change and Development of Continuous Casting Technology Abstract It is about 60 years that history of continuous casting process in our country. From the start of commercial operation of the first continuous

More information