業発展のための諸要因に関しては一旦捨象されていることになる 年代におけるラテンアメリカ自動車産業の櫛造と従来の理論 1.R0. ジェンキンズの見解および国連の報告をつうじて ラテンアメリカ諸国, 特にブラジル, アルゼンチン, メキシコの域内先進国において, 消費財の輸入代替工業化過程

Size: px
Start display at page:

Download "業発展のための諸要因に関しては一旦捨象されていることになる 年代におけるラテンアメリカ自動車産業の櫛造と従来の理論 1.R0. ジェンキンズの見解および国連の報告をつうじて ラテンアメリカ諸国, 特にブラジル, アルゼンチン, メキシコの域内先進国において, 消費財の輸入代替工業化過程"

Transcription

1 ブラジルにおける自動車産業とその貿易について 田中祐二 ( 立命館大学 ) はじめに 年代におけるラテンアメリカ自動車産業の構造と従来の理論 Ⅱ.1970 年代のブラジル自動車産業部品貿易の展開 ⅢTNCの世界戦略とブラジル自動車部品貿易 はじめに 本稿で述べるものは, ブラジル自動車部品貿易の特徴と多国籍企業 (TransnationalCorporation:TNC) の世界戦略との関係, およびそこから知ることができる限りでのブラジル自動車産業の発展に関する諸特質である やや一般的に言うなら, これは, いわゆる新興工業諸国 (NICS) を取り巻く世界経済の現状に- 歩迫るためにNICSの一つであるブラジルの工業発展の変化およびその貿易構造をTNCの行動との関係の中で捉えようとするものである ブラジルは,1960 年中葉以降急速に工業発展を遂げてきた 中でも顕著な部門が自動車産業であった 2~3 万点もの部品を必要とするこの産業にあっては, 自動車メーカーの周辺に多数の部品メーカーが形成される必要があり, 技術水準の低い発展途上国にとっては, その発展は困難なものである にもかかわらず, ブラジル自動車産業は1970 年代に, 手厚い保護政策のもとにありながらも, 生産コストの低下を実現し, さらに生産の一部を輸出するという, いわば先進国型の生産 販売構造の方向へ発展しようとしている そこで, 本稿の課題であるが, まず,1970 年代にこの産業の飛躍的な発展の特色を, その貿易構造をつうじて捉え直し, 加えてその展開の起動力となった TNCの戦略を考察することにある したがって, ここで次のような課題に対する限定を置くことになる すなわち, 自動車および自動車部品 TNCの対ブラジル進出の意味を問うという視点からの分析であり, また, ブラジル国内からの工 31

2 業発展のための諸要因に関しては一旦捨象されていることになる 年代におけるラテンアメリカ自動車産業の櫛造と従来の理論 1.R0. ジェンキンズの見解および国連の報告をつうじて ラテンアメリカ諸国, 特にブラジル, アルゼンチン, メキシコの域内先進国において, 消費財の輸入代替工業化過程の最も重要かつ困難な部門である自動車産業部門の飛鼠的発展は1960 年代に生まれた, この模様をR0. ジェキンズ (RhysOwenJenkins) の見解 '), および国連の報告 2) を通じて,3 点にわたって見ていくことになる 第一点目は,1960 年代の自動車産業の世界的動向は, もはや価格競争を行っているのではなく, 非価格競争を, すなわち一定期間中におけるモデル チェンジ回数の増加と, モデルそれ自身の多様化とを挺子に競争を展開し, そして集中を実現したということである モデルの短命化は, 小企業にとってはかなりの負担になりが機械設備, 特にボディー スタンピング用のダイスが消耗しつくす前に, それらの取り換えを強要することになった また, モデルの多様化は,50 年代以来の買手市場のもとで進んでいった すなわち, 関税が引き下げられ, しかも価格の差別化によって, 国内市場に輸入圧力が生じたことがモデルの多様化の主たる原因となっている 第二点目は, このような競争形態がなにも先進諸国に限ったことではなく, ラテンアメリカ諸国においてもまた展開されたということである したがって, 新モデルの導入に関しては, アルゼンチンのフォードとブラジル, メキシコのフォルクスワーゲン ピートルを除くと, 親会社の実践をそのまま受けついでいると言われている 般後に第三点目は, ラテンアメリカにおけるこの非価格競争の条件は何であったかという問題である この点について, まず考慮に入れるべきは, ラテンアメリカ各国政府による保護政策によって, 自動車価格が高く維持されえたということである しかも, 所得格差の拡大により莫大な所得が上位部分に集中したということである 3) すなわち, ラテンアメリカの自動車産業は, その需要を所得上位部分に限定したということ, そして, この上位部分は, 力 の保護政策によって 32

3 守られた高価格の自動車を買うことが可能になっただけでなく, 力 の頻繁なモデ ル チェンジ戦略が強要する短期の買い換えに耐えることもできたのであった 2.70 年代の変化一課題設定一 1970 年代に入ると, ブラジル自動車産業の動向に変化が起こってくる その変化は次の三点において現れることになる 第一に, ブラジルとほぼ同様の発展段階にある他の発展途上国, とりわけメキシコおよびアルゼンチンと比較すれば, ブラジルは自動車生産の増加率が際立って高いということである 第一表はそのことを示している 1971 年に41 万 6,000 台の自動車をこの国は生産していだが,74 年にはその2 倍の85 万 8,480 台に増加し,1978 年に至っては,100 万台を突破している 一方, メキシコにあっては, その生産台数, 増加率ともにブラジルよりはるかに低いものであり, アルゼンチンは後退すらしている 変化の第二点目は, ブラジルにおいて自動車および自動車部品輸出が急増していることである 詳しくは,Ⅱにおいて考察する予定であるが,1971 年から80 年にかけて, この輸出額はほぼ42 倍になっている 11 最後に,70 年代の変化の第三の点は, 自動車価格が低下していることである ブラジル フォルクスワーゲンの社誌 ( アトゥアリダーデス ) によって, フォルクスワーゲンのカフカについてみると, その価格は1964 年に約 4,231 クルゼイロと上昇している ところが, ブラジルにおける法外なインフレ率を考慮に入れるために, この間の最低賃金をみるなら, それは64 年には42クルゼイロであったものが,79 年には2,268クルゼイロと急上昇している そこで最低賃金に対するフスカ価格の倍率を考えるなら,64 年には100.7 倍であったにもかかわらず,79 年にはわずか39.5 倍にまで下がっているのであった 5) このように, ブラジルにおいては自動車価格は着実に下がっていると言える 以上, 考察してきたように, ブラジル自動車産業は, 生産台数, 輸出増加率および自動車価格において, 大きな変化を経験したのである そこで, 以下の節においては, このような変化の内容を貿易構造の性格およびTNCの戦略をとおしてみてゆくことになる 33

4 - 噂俸 鋪 1 表各国自動車生産台数 (41 位 : 色 ) 978 アノリカ合衆国ロ本西ト イツフランスイ好リスイタリアカナタスペインスウユーテンプラジルノ弁シコア ) しゼンチンインIF J o750OO86 2p , ,159, `033 89, , M6 18 7, 劃 , 露 3, , , ,430 j 鋼 9, , , , NIB 1?o68lo 酒 2.153o941 L957o994 1o574oB ,036 麹 , 碗 , , , BD360 85a4T , , , 瓢獅噸鵡躯 岬即油噸蠅 蝿 0,0 U690CGBG9 靭郎蠅他祗瓢即醗 鎚勢坤闘 Ⅱ 2,702,782 B`5M`522 4,,216 3, , D583o917 L775D465 1, Ba ` , , , , , , o530 LO620I9T , 回.) 出所 ) 凹助 41 生風古歓 13 鰍 H1n$ バス. およびトラックカ ら成る. 日卒自動中工藁金 主陵 1m 日勤 H[ 暁 :1J 蛇 4 巣 9754J. 脚醜 6 集 1977 年および I 則軸 8 集 1979 年より fi 皮.

5 Ⅱ1970 年代のブラジル自動車部品貿易の展開 l ブラジルにおける輸出の意義 1970 年代のブラジル自動車部品貿易の展開を考察する前に考慮に入れておかなければならないことは, ブラジルにおける自動車部品輸出の意義である 周知のように, ブラジルは世界最高の累積債務国であり, したがって, 輸入それ自体がこの累積債務の圧力のもとにあり自由がききにくくなっている このような状況のもとでは, とりわけ当該生産部門の輸出による外貨痩得が重要になることになる L Oマリーニョは, 次のように言っている 長期にわたる成長を維持するためには, ラテンアメリカの輸出によって生じた外国為替が少なくとも対外償務の利子と同じ率で成長すべきである ) そこで, ブラジルにおいては輸出依存度より, 輸出の増加率が重要な鍵となり, その点アジアNICSと異なる点である 2. ブラジル自動車部品輸出の急増 第 2 表は,1971 年から81 年までの自動車部品輸出を相手国別に算定したものである 輸出相手国は, 先進諸国,LAFTA 諸国およびその他の諸国に分けており, さらに先進国については, アメリカ合衆国, 西ドイツ, イタリアをはじめ9カ国,LAFTA 諸国は, アルゼンチン, ボリビア, チリをはじめブラジルを除く10カ国に分類している 輸出合計 (G) では,71 年にわずか1,500 万ドルであったものが,76 年には1 億 1,500 万ドル, そして 981 年には7 億 1,900 万ドルに上昇している これを, 先進国についてみると (A),832 万ドルから3 億 9,7 00 万ドルへと実に47 倍に急成長している しかも, 輸出合計に対する先進国輸出の割合 (H) は,75 年まで40~50パーセントになっている 一方, 対 LAFTA 輸出 (E) は,649 万ドルから,2 億 3,598 万ドルへと約 36 倍に増加している そして, 同様に輸出合計に対する対 LAFTA 輸出の比率をみると (1), この11 年間にやや低下傾向を示しているものの,30パーセント前後の比率を保っている したがって, ここで, ブラジルの自動車部品の輸出 35

6 3 郎二表ブラジルによる相手国別自動車部品軸出 ( 単位 :1000 ドル ) l 先述銘国 Uo アメリカ合衆国 8 西ドイツ イタリア 11 日本イギリスフランス カナダ スウェーデン スペイン LAFTA 践国 13 アルゼンチンポリピア チリ コロンピア エクアドル〆寿シコ パラグアイ ーくルー ウノレグアイベネズエラモの他 (F) 8` NA 6j m iu , イ J26 NA I5, 鋼 靱理噸妬過醜畑獅 0 釦趣率叩蝿皿鋼 醐遜蠅躯 CD 副 , 躯麺 麺 師鰯燕麺鋼躯卿麹 噸迩輌鏥麺醜繩獅 ]B , , , , ,568 12, 蠅釦噸碑 哩偲掴鏥醜曄噸卸麺蠅騨靭噸揮醗諏如 I F9,D P 0 P000, IJ 1 13 鈍魂卿麺鋼唖剰蜘恥噸麺哩師總麹魂 縄輌鐘麺叩 21 蛸刎鍾 翻率麺曄魏砥魎鰯轆綴獅郵釦蠅迩師鏥池蹴繩掴苅 鎚鹿鋼刀 6932 塑鋼 4 露 鎚噸哩蛎鰹蘇噸卿咄籾躯蝉鞠姻翅率蠅郵翻即瓢騨 0999DB ひ 382, m , , ,382 63,803 5, ` OI2I , , , ,158 合計 3 15`216126`973137, , , (Ay(G)00 ( 図 / (1) (Fy(G)U) 18)+に )+( MA) , の調弱 5 恥 別 巳 即鋼川騨 o z 艶塑面即 出所 )BancodoH ご sils/acace)l C 劫懸アヒ 掛り &k71b7 Bms 腿巳 j 7 カ回 より 11. 皮.

7 先に関しては, 先進国とLAFTA 諸国がそのほとんどを占めているということになる 次にTNCの在ブラジル子会社の母国を, すなわち, ゼネラル モーターズ, フォードおよびクライスラーがアメリカ合衆国, フォルクスワーゲンおよびメルセデス ベンツが西ドイツ, そしてフィアットおよびフィアット ディーゼルがイタリアと, この3 国であるが, この3 国をとり上げ, この3 国合計の対先進国比率 (K) をみれば, それは1976 年,80 年以外の年ではなんと90パーセント以上を占めている もっとも,80 年に関しては, この3 国以外の日本およびカナダが,79 年にはそれぞれ58 万ドル5308 万ドルであったものが80 年には急に増加し, 日本が2,673 万ドル, カナダが4,082 万ドルになっているために, この3 国の比率が相対的に小さくなっている, と考えられる いずれにしても, 輸出に関しては, 輸出相手国は先進 9カ国とLAFTA 諸国でほぼ構成されていること, そして対先進国輸出においてはその90パーセント以上がブラジルに子会社を持つ自動車メーカーの母国 3 国で占められていたということ, この二点が明らかになった 3. ブラジル自動車部品産業による輸入の展開 第 3 表は, ブラジル自動車部品輸入をその相手国別に示したものである これによれば, 輸入合計に対する先進国の割合 (G) は,80~90パーセントとなっており, したがって輸入相手国は先進国に集中していると言える また, 例の3 国, すなわち, アメリカ, 西ドイツ, イタリアの比率は, 輸出の場合と比べるとやや低いものの, やはり70~80パーセントと高い率を占めている そこで, われわれは次のことを確認することができるのである すなわち, 第一に, 債務国ブラジルにあっては, 経済発展に必要な輸入を対 LAFTA 輸出および対先進国輸出によって可能にしたということ, 第二に, そのことにとどまらず, 第 4 表で明らかなように, 自動車部品年産部門の貿易収支は,1978 年以降, 輸出超過となっているということ, これである 後者の点に関しては, ブラジル自動車部品産業が70 年代に大きく飛躍したことを示している, と言える 対先進国収支は78 年以降黒字に転化し, 以後黒字幅が増加している 一方, 対 LAFTA 収支は一貫してブラジルの黒字で, その額は拡大の一方にある 37

8 単 12 節 3 衣ブラジルによる和手国別ロ 脚部品輸入 ( 即位 ドル ) ] 先ア西イ日イワヵススぞ カ近リドタキラベ二のウメ 團同ヅア衆賭舎イリ デリンナィ一他 卿 8 11 ヰススタンン 5 39, M Oo341 3p ,856 3`166 57`839 23,945 3,735 4,233 5,694 2,987 1,7m 忽 20 75,283 28, J ` ,000 53, ,907 8, , , ,020 66,982 43,551 3,824 22, , ,417 ao29 I7` ,928 82ユ o445 U5o62O 27p58 195, , , ,210 43' , ,233 9pO7B 19DOR6 2,437 2,568 4m A86 209, ,568 29,804 22,739 割 g12 aj90 ' , ,462 27, , ,433 86, , zd6g9 1C 合計 (F) 42`800 63,159 88, , , , , , ` , `727 (A)/( 勵 Ba に )/(no J9.3 28,3 8.0 (B)-1 に )+( )/(A)(1) 出所 )MlnisI6nodaF 息 ngnda S18crela iadarecciiaf 画 c al C 駒 935 面 0 母 lmbrdbbmsill 駒 pop 西 6 通 より什成.

9 節 4 表ブラジルにおける自動車部品生産部門の貿易収支 (111 位 :1000 ドル ) 全休 帖出 帖入 18) 貿賜収支 (B) 八 A) 対孔巡圃 鮪出化 ) 帖入 ( ) 貿場収支 11/ 対 LAFTA 職出に ) Oii 入伯 貿易収支 ( / に ) 5, , `g73 63J59-36JB , , 所 ) 軸旦圦およびヨ没とMmj 剖 GriOdaFnZGnda SCC 礎 lanadar eilafpderal 妙鯏よりfI; 虞 , ,

10 ⅢTNC の世界戦略とブラジル自動車部品貿易 ここでは,Ⅱ で分析した自動車部品貿易の特徴と,TNCの行動との関係について考察していく, 自動車部品における貿易を考える際無視出来ないのがLA FTA, すなわち ラテンアメリカ自由貿易連合 の存在である このLAFT Aが, ブラジル自動車部品貿易にいかなる影響を与えたか, しかもそれにTNC がどのように関係するのかを考察する必要がある 年代のラテンアメリカ地域統合計画における TNC の立場 1960 年代後半の地域統合計画におけるTNCの立場を研究しているのがR M ムーアの 他国籍企業とラテンアメリカ自動車産業の地域化 である 7) この著作によれば, 地域統合計画に対する, ブラジル政府, ブラジル中小部品メーカー, そしてTNCの三つの立場を区別している ブラジル政府は 国民的自立 を高めるために- 国レペルの経済の自立的発展を諸政策によって実現しようとしていたがゆえ, 地域統合の熱意は最初から持っていなかった, ということである また, 中小ブラジル部品企業の場合は, 外資との競争により垂直的統合および脱国民化の危険性が大きいがために, 統合計画に猛反対している 最後のアセンブラーであるTNCこそが地域統合の最も強力な主唱者であった ブラジル フォルクスワーゲンは,1965 年の第一回公式自動車地域会議において, 貿易の自由化による利益をみとおした上で完成車や部品の域内での相互交換を主張した また,1967 年のブラジルおよびアルゼンチン間のアセンブラー協定においても,TNCは域内からの輸入はナショナル コンテントとみなすことを主張して, 自立政策をとっている政府を刺激して, 部品の相互交換計画を主張したのであった いずれにしても,TNCが地域統合の最も強力な立唱者であったことは自明である すなわち, 域内関税の低下による部品の相互交換を利用した利潤獲得を実現しようとしていたのである ところが,70 年代におけるLAFTAの展開はTNCの計画どおりにならなかったといえる ラテンアメリカにおいて,1978 年までに相互補完協定は第 25 号まで調印されているにもかかわらず, その中に自動車用部品は存在していない ) しかし,LAFTAの国別リストは, 自動車用エンジン, ディーゼル. 40

11 エンジンおよびセミ ディーゼル エンジン, シリンダー ジャケット, キャプレター, ピストン, ピストンリング, パルプ, そしてその他のエンジン部品があがっている,) すなわち, 国別リストには, エンジンおよびエンジン部品がかなり存在し, その他の部品は極めて少ないものであった 第 5 表は, ブラジルにおける自動車部品について, エンジンおよびエンジン部品輸出額を部品全輸出額で割ったものを相手国別に算定したものである これによれば, エンジンおよびエンジン部品輸出は極めて対先進国に偏っており, とりわけ76 年以後は対先進国輸出の比率が上昇し,80.81 年には70パーセント近くにまで上がっている 逆に対 LAFTA 輸出はその比率がかなり小さくなっており,78 年,80 年にはやっと20パーセント台になっているも, その他の年には10パーセント台あるいはそれ以下となっている したがって, 国別リストに存在しているにもかかわらず,LAFTA 内の相互補完が, ブラジルに おいて, 進展していないことを示している 輸入に関しては, 第 3 表のとおり,LAFTAからの輸入それ自体がとるに足らぬ量であるので, これもまた, 相互補完が進展していないことになる したがって,60 年代に盛んに議論されたにもかかわらず,LAFTAという組織を利用することにより利潤を極得しようとしたTNCの意図は成功したとは言えないものであった それゆえ,LAFTA 利用というよりむしろTNC 独自の世界戦略が問題にされなければならない 2.TNC の世界戦略一ブラジルの生産拠点化および企業内国際取引と自動車 部品貿易 第 6 表は, ブラジルにおける自動車生産の会社別シェアを示している 一瞥して明らかなことは, フォルクスワーゲンの占有率が圧倒的であるということであり,1976 年および77 年にそれぞれ50.4パーセント,51.4パーセントを占めている これにアメリカ2 社, すなわち, ゼネラル モーターズとフォードを加えると, 実に80パーセントを超えるシェアとなる それゆえ, 分析はフォルクスワーゲンとアメリカ企業, そして部品供給企業に関して行われることになる 41

12 一関 飾亙奥ブラジルによるエンジンおよびエンジン部品輸出と全部品輸出に対するその比率 (111 位 :1000 ドル O 形 ) 先辺 田 アノリウ企喰田 西ドイヅ イ, リア 日乍 イ V リス フランス カナダ スウェーデン スペイン LAFTA 路田 アルゼン + ン ボリビア ナリ コロンピア エクア IF ル ノキシコ パラグアイ ペルー ウルクアイ ペィ L ズエヲ その瞳 齢 f i 僧 ) 比例 3. fi1ji,m11111` 伯 111 B` hgo(in6iusiiml,cmex, 出所 )B[ 伯丘 1971 笛 比価 翻晦勘迺 0 A I 釦 A 釦 DD J11 N N 3 胆詞旧 000J ウロ ヨロ ー 7 3 口 0FnA 回上 DAβ115Jn$3234 仰 4 J 加瀦釦蝿 0N0 画弱 Ⅱ の勺 1172 柳川刺 901 伽伽創 0 0 ] DC 03I 1 加釦餌 I AI9 鯛伽調 I1 N 9 口中 Ⅱ 屯 I0 13 鼬 ltoi 6 : 日忍偲 9 恩 9 必 464sS A949 ユ 91 心 11Ⅲ 側 no 勧旧 N 勺 幻 価風 197 コ 05 騨蝿蝉 Ⅲ7 冊 13 聾罰 0 醒翠臼岨 6 割 M 利郵 加識 C 60I I I, 比 : 侭 J00 b1g 巴 ロ申泌醐弱 0 期動的加伯甑 07 苫 I 川蝿凹幻猛 1974 炮田比.P 淫 1 日 1075 エンジン赫上ぴエンジン祁品伯 lh XIC()&mFmgI に Jr 廊した & のである. 柳郷揮麺 : 函 4 刮印 0 魎鰯卿翻湖湖汕飢郵加鯏鈍師 J q 一古 gq 已已 1 DC 郵幻側蝿 1 河 4g 師 0 町加回 I 万 別 6.07U M8J 072 比 笛風 1976 比や!x,-2 キ ユニーニ 2L 上り作 JIK ( n い I 31 鋤 gal NA q ユ,0 5 ユ I CAI I 型 2U2 鯉 0 甜朋 l 1 IDI 弧 j Uo7 紬 口ユユ刀 JA49β9 円 4J 好 114 日日勧郵阿鰯旧弧嚇剖拠 N 旧 Ⅲ7 塑喝 79Ⅲ 刻扣卯 コ ( 0, IOU 叫 4 C B 型 27 コ 3U1 17U 0 コ 71 勘 udn 6 割 I 1.0 虫 1 ZO97u 財. 碗 ぬ仇塒 0 鋼盟漣鱈 012Ⅲ 価切 ヨェ S 釦剖塑咀調 483J の C 一 の 一 m 1977 瞳 比, 炉 勤仙 8F 9 CD 皿 N 加郎 別心酬河 A 靭吻蝿卿川叩鰯叩噸訓輌迦噸 25 Ia 万 口円 3lS482A 卯蛇渕沸 例 Ⅱ 旧鉋胞肥加如幅 7 剥川 M 呵沁 苫 露.00J Ⅱ 0 口 2 回 0.6 羽 ZO( 41 2m 日昶 似 ZOO 的! 3.GCG 671 を 甑 I BO2SZ 鋼 G 6 コ 地煩 忍 62Z06 5 白 巴中山の 氏 0 的 狐狸旧蛇脇佃塑 9 騨鉤加川 0 凹餌 旧斑 IJ I7 9 4 $ 0979 帥騨岬岬 I 麺泳劃蝉鋤醐蜘釧翻抑鋤幽蛎魂鰹獅叫 I 駒 比中 の 0, の 巳 ロ巴 配弱脇郵 o 鋤胸肥 Ⅶ 羽錨河蛇蜀旭蝿訂 671:8 521 狸 楓 翻祁酉鱒型 09 羽 8 11 胴 動 I I 虫 00 如暉訓帥肱が鋤卿鋺岬川亜函叩翻翻麹跡銅噸卿剰醐 5 0 CB D O 1 比巾 的豹伽 11 鋺駝鉤列飽 6 羽 脚陀脚 Ⅲ 蛇 句 J Z の の 11 Sb 七甲 I 8 万.S0I ti8o4ii 70 3 熱 0. 池.Z 田 1 蝿 Ⅱ 4 五 07! 8. 鰹 811 幻.9 U6o81i 0.0 噸 3D 0 的. 7 判 0. 淀 泥 訂 6α5 I 側 ' 昭 じゃ 日 c 凸 卜 土 の p P ) 5 鱒ね睡動帥努 0 伯帖弱 6 Ⅲ 鉤 Ⅲ3 蚕 9 閲兜鱒

13 擁 表ブラジルにおける会社別自動車生産 ( 単位 8 台 ) ililllllii 二 l 出所 WolkswagemdoB7 型 1s.A, 且型些 ど222ユZS20Paujob 陸 b 垣 y,1978,p 兄 118m M aa38lau- 冷一 ,660 13, ,685,332 一率噸 23, 魂 6, ,528 一 塀一輝騨 仰一 474,467 55, , ab 巴 G 岳 C 印 , ,965 48,572 27, , n CG 中 巳 硯胆 Ⅳ 輸出 ( 鵠 fに含まれている ) , `2 霊 : 雲 魂

14 ー ー 節 '7 表了メリカ多国範企難の子会社による輸出先 (197 坪 ) アメリカへの輸出全帖出 ( 価額 ) 企武内取引 (%) 便柧企盆内取引 (%) ( 単位 :100 万ドル 完 ラテンアメリカへの 企繁内取引 輸出 ( 侭 (%) エ灘製品 食品 化学製品 すム 金属 31Ⅱ 気概器 電気侭器 畭避用撞離 エ学樋風 ブラジルノキシ 印や 馴油訂 I 郷 ブラジルメキシコブラジル〆尭シコブラジルメキシコブラジルメキシコプラジル 期 P 弓 凸 出所 )Ma inluo LC., と 7Aで71M, エ,,`MM21 尻,WIC1 店 (,, ; P. つり,P 29J') 作式 の 1 幻 勺 Sc CG 割鋼 0 ' M 抗 'l el A, 酬的卸麗 0 期伽印的 の 甲 0 い の鰯鯛騨鰯騨酎鰯加印 I go 巾 識 1 dmlqfi1t fwilrfvj ぞ H 甲. 印古? 鐘 〆発シー 餌 縦鯵 ' 1W 伽叱略伜 十,4 い jwf,/ /,

15 まずアメリカ企業の実態は, 第 7 表に占めされている これは, アメリカTN Cの子会社による輸出先を示しているのであるが, 大部分が自動車関連部品と考えられる輸送用機器では, 在ブラジル子会社の輸出総額の88.1パーセントが企業内取引であることを意味している また, 本国アメリカへの輸出の100パーセントが企業内取引で, さらに対ラテンアメリカ輸出額,2,430 万ドルの8 6.1パーセントが企業内取引になっている これらの比率は工学機械部門を除くと, 諸部門の中で最も高い数値を示していることになる 同様の事態を輸入についてみるなら ( 第 8 表 ), ブラジル子会社の輸入額, 約 1,400 万ドルのうち,64.5パーセントが親企業からの輸入である このように, 末系企業は企業内取引の比率がかなり高いものであることを知ることができるのである 第 9 表は, ブラジル フォルクスワーゲン社の輸出状況を示している これによると, フォルクスワーゲン社はエンジン, トランスミッション, そしてCKD の輸出が主要なものと言えるが, この点を第 1 図と照合させれば, エンジンとトランスミッションは西ドイツ本国へ輸出し,CKD 形態でポルトガル, インドネシア, 台湾, ナイジェリアなどへ輸出していることになる ここで注目すべきは, ブラジル子会社が, 自動車 TNCであるフォルクスワーゲンの世界戦略上の生産拠点としての位極にあるということである 特にエンジンやトランスミッションのような多額の初期投資を必要とし, 高度な技術水準を要求する部品を, 西ドイツ本国へ輸出していることは重要である しかも, このような状況がなにもフォルクスワーゲンに限ったことではないことは, 次の第 10 表から明らかである この表は, ブラジルに存在する主要な自動車部品輸出企業が, そこに挙げられた部品を, 右端の欄に示された諸国あるいは諸地域へ輸出していることを示している その際, それらの部品は, 右から二番目の欄に書かれているブラジルおよび輸出先のアセンブリ プラントヘイン プットされていることを意味している 例えば, 上から二番目のロパート ポッシュ ド ブラジル ( 西ドイツの部品メーカーの子会社 ) は, 西ドイツ, アメリカ合衆国, メキシコ, アルゼンチン, ベネズエラ, コロンビアなどの諸国のアセンブラー, すなわち, フォルクスワーゲン, フィアット, ゼネラル モーターズ, メルセデス ペンツ, サーブ スカニア, ポルポ, フォード等に電装部品を出荷している あるいは, エクィプメントス クラーク社は, アメリカ合衆国, メキシコ, 西ドイツ, チリに存在するゼネラル モーターズ, フォード, フィアット 45

16 -- 節 表ブラジルおよびメキシコに存在するアメリカ多国籍企業子会社の輸入元 (1972 年 ) 輪入合計 (100 万ドル ) 親企業からの輸入 (%) 部門ブラジルメキシコブラジルメキシコ 非電久機器 矼欠機器 輪送用機器 化学製品 その他 合計 a 注 )a ゴム庶戴を除く出所 ) 極,p 第 7 友フ ラシ ル VW 社の輸出状況 年完成叩 CKD エンジン トランスミッション 価額 (100 万ドル ) ] ] ] ,] , ] 合計 出所 )VolkswagcndoBrasilSA. Lid2dC ユ Fcvcrtiro,1979,p12. 46

17 節 1 図世界に存在する VW 社の生産およびアセンブリ プラント $2 つ 0 Ⅳ TjW9h; 末脚 ゴ列ら勺叶始 JIlFJfijiiiiJii I 態 ぺ几午一 ト ツ ツ シ ュー馳拶 アリヅ几 γ 無ゾグ巾 R1I イン 0 0P ユーゴ ナイプコリァ NSJ ゾリウ KID PklI ゴ ' H1 所 ) 艶 kalym.it., UniversityDfOtta 群 apress 1981.P 162.

18 ディーゼル, フオルクスワーゲン トラック, プーマなどにギア, トランスミッ ション ケースを出荷している このように, これらの主要な自動車部品輸出企 業の輸出先は, 先進諸国およびラテンアメリカ諸国が圧倒的な比重を占めている のであり, この点こそ, 先に第 2 表で確認した事実と合致するものである 最後に, ブラジル自動車部品輸出総額に対して, 外国企業による輸出がいかな る比率を占めているのかをみておかなければならない 第 11 表は,1982 年, 83 年および 84 年の 1 月から 6 月までのもので,(A) 欄は, 外国企業 38 社 の輸出合計であり,(B) 欄は輸出総計を示している そして (C) 欄は (A)/ (B) を算定したもので,82 年には 69.2 パーセント,83 年が 72.6 パー セント, そして 84 年の 6 カ月間は 81.5 パーセントと高率を占めている し かもこの数値は外国企業のわずか 38 社に関するものであり, それゆえ, 外国自 動車部品企業全体の輸出はさらに高い比率を示すことは疑いをいれないものであ る そこで, もう一度第 2 表の結果とこの第 10 表, 第 11 表を考え合わせると, ブラジル自 Zii 車部品輸出の特徴, すなわち, 対先進国輸出入および対ラテンアメ C リカ輸出は, 自動車 TNC および自動車部品 TNC による企業内取弓 およびプラ 巳 ジルの輸出生産拠点化という事実を反映している点が明確になる レーモンド セカリは, 1975 年にフオルクスワーゲンのブラジルプラン トは全生産の 11.8 パーセントである 5 万 9,000 台を輸出したこと,O それ が, メキシコやペルーのフォルクスワーゲン プラントやポルトガル, ウルグア イおよびフィリピンへ CKD 形態で輸出していること,p 西ドイツの親会社へは, パサトやアウディ モデルのエンジンおよびトランスミッションを輸出したこと っなどを報告している 10) また,J-M, ポーマーも同様に, フォルクスワーゲンとメルセデス ベンツ は, ラテンアメリカ市場のみならず, アメリカ合衆国やヨーロッパ市場への販売 も, その輸出基盤をブラジル子会社においている, と言っている 11) さらに, ジョージ マクシーは, イタリア企業フィアットも, ブラジル子会社 をエンジン供給基地にし,1977 年には 13 万 3,000 基のエンジンを本国 イタリアへ供給していること, また, 小型ディーゼル エンジン搭載のリールド カー 2 万台をヨーロッパへ輸出する予定であること, などを明らかにしてい る 2) 48

19 ひ 第ノ c 表ブラジルにおける主要自動 j1 噸品企錐による輸出状況 グーウー 民 T 令ケプ 9- Tl 了う 牝 人低 Db4GoHj & オ 2 0 B U T O 0 コカ 刈 卸 05 泌 測 W 陪 狩 鉾 21 缶 B ユ f6 羽 m TF m 画 注 $ ph 申 JLPwS ノハ b 迪笘 垈記 P- 仏舎空ニョ qn 上 Nhb 企 & ニロ 肘 dte 凶司且 K 古 bⅥbdbcmn 四 UI 2I 哩舘 =FBb と〆 nwf KQE 土 V 薊 - 坪ノ 也卑庄戸司苣は ロゴ t 釘 UO TFWThm 毎 mdppm= 釘 A R 隼 h 域 Zr 614WA p 完 出色上 M 18A 娯鮖凸 8 胡泄面 2pDdU 碗 CbdD 凸已凹 B 向 2r0,$ 臼コハ エュユリし 14 T 凸粘旺山 b 酉 P/J1 凶 f 要蜜鷲 H` I 塒 -A 出の時 & 民 0A F 垈旦 = ぜ -FA 丘 19 坐 hb 和匹 ph 坤武 的一 u 凶凶 ハーコ ATT rw UEm 師已戸 UPm 好一山 h 世辿 1 段 UO 全囚 FP ゴロ 全 凶 -t-qg9ahduc 己 h 山武句凹 ぬ画陪 unn 凹凸 と口舜コ & 14 $FA 当 uq-l 哩二 T 印一 pdsw 唾捉 6 回 8 エ p 七一 WG 辿士 17 再 些旦といねヨ且 ja 錨出師 万 L 凶 L aul 曙 UGm A nhm 函且 'A 巡り [ 迺茄 ピユ lipp 丘生 T 苗 TII シゲ マプ,-. 伊礼 し U ザ T アザーク -... おり 几. ピニ I か ol3pr $ 匂 ToI ワヶエ Q 守レロ岸 十一兵 PC か 1. 月ぱ且. ユシ IF:P ウ汀凡 T 9 倍 ピユリシ. ピシ クヲマチ.,, エシ 1J み中 jd 丹丁 頂 何.Ⅲfl 伍迂ユ TPzP 典缶企 GnO ユピー rl-f- ケープ伜 汀ィら エア 01;, 民 - 共デリル坑 ruja 几 I T クキーワー イゲニ干し s シ 18 三丁りシゲ Ⅱ,L エ分 O も 9.7- 几,:P 魂 po-q>7111 r ワイア レマラ I.' ィ歩 レャワト I? お ZE- ら 汐 on T 好 U あり p-.$ イ丹 4 勺 丁 74 几 -0 ツマ午 Qo0 沖, 兄 I, イロロ 11r F- 几 ヅロイ :'0 句 時 ユ且 ザイ dd-da-,-.qi どご 0 句 二丁 ヲ qnp-.Ⅳol0t0l,- ワツゴヘ 守丁 AT9 塊 AT, イ抄レニレークー ヰイ品ルー几丙 勺 U-F- ばげ りべ TQTIq IP 丁 I TIPO イグムとりみ 夕, 奥,-074T 守 90 色剥 4.P 丹セテユ 0 m2汐 0H 宙ロ.V 百. 一歩 -C Wf 寸 0 丁わ.C 凶. グ品令ケユ 気 BPT マーブ ユ 丁 があざ o7q r 勺 TUT.,OUT17- 几七 71 ペケ P ヰープ 共 QSToqLVWOTrS 砧 00 邑弓 T0-WCbtnPd 丁や 1. 町 - マッ oqtuvw WF CLlD7 -IFOTGTmDD 凡七ケユ マター 守一 呂呵各 7.F & ぬ七十. 八弐ケ q ヲ O-rD7qT ヤリ O-E 恥 q マーアロエ令坐 7. い? 1W 鋲 Pb 軍 C 凶 T -rb7qt `0.7o= ざ几.VWO, マサ.T-Qb GH070-r 獅乢 ' 品 tf し o ベケヱケ O マケ. 匹牢. 千 UT 鰺 09 V 宙 7q-ybCHq ワ マレーヲ T プリン 亡 1. 已 口キブピラョフ 0 丁午 ID イーマ品 7q-r C 孔 な, 且 ICβ キリ且 0 m2お TU T オーレ. 色凶.V 済 0 ラマゴロマレー T ThP CDT ロ.GUwIq 丁 d-rqt - 酢 DST, グー.EnVW マレー DTT アゾツ 00-4 ヶ pldt0t JIS ユ,9 タグヶト氏. 一発ゲイ T '0cfd- 芒心 Tn-18C しグ岾宅テルくち -J 弓 &PP 千 TUT 勺 0. OTT1.70-rLp 子 q-ilc L マーマ J ルセアュベコタ oto-irotdtfi VwI, ザ.41 午守 兒転孔が GhU 0TTP fttiofo- 仁几.TUT 丁 I Tql 出 Tq-PbC 比 OhOgoj 才 D 守一丁 L 二典ダム七十瓜 ベヶ強 W 777 外.T 主 ru- 兵 汎ティー几.EBT qtfbp,-., ウーワ. 二 3,3' 守勺 U 懐ログ月七?1 乱鈩筑ラ q-if.c 比マーア 1141T T ヴトナイーゼぬり V 宙 CDU,Tu-rQJ 几七丁酢託ち印.70 丁勺 0. ユ 二丁 ' ん年 瓜 ベシ強 CBT.n 千 F ぜ?-.T アサ凡 H 鷲 ub 寺一丁 ユ 二 T:C 狐 サレ シ由 け 几 β ld-jp-.77 グザ 3,.TOT 寺 I TW 色乢?OTT00 勺 -ro 斗狙.E WF07c-rbC 凶? T71.F 出,09.' ザ 域,' 凡ぞテユバ汐 JP VW 局七? ニベナ子.TE-lgoCH. ottlo 丸の二丁.FL 由り, ロ 7q-r. 匹了 otti CLLJ 升七 7A くち了 やよ 7 丁ダザ a 口 V 虹グルセケニロペ 8, 魂 C 処 Tq-I`DTqT 00 ヶ U-qr 几 マープ ユオニ 7 句 タラ O19-. ティ TTI O 寺 18dTqTT0pTd-98C 比フ ーヤョ テ o-r.v 熟 TOT I. なら兵年ヤク 巳以丁品 14OI3uoF 二年 5 T 民子 砂 J PDI 且 9- 子 G7 守 0. 勺 -F.CLLs LT- 冠 VWb キー ' テグリ分 HP ゥ -F 亀 T7 d ローユ f 生.DHWq Wbln 奇 7 円くち魂ラヴ =rbe 比 VWO9. ウ. ラボ了守 ODFO- ど凡句? G To-PD -4 歩染 βn 円ビケニベか?W 官 ペケ了 夛勺 QPDWwI9 P JR 房 tt ユ司曰夕守 OT0-r6 しばし - 句 色テグリ分.qoRTJU5. テグリ.p-11DJ 屯丁ョ TOT ヲ W9. 句 -1090, 丁 11 IF イザ 06 巴 βq しず 0 丁 ぞみ f 抄.PGO ズニ, 可 おど T 寺 T, 歩路 PUTbUL 黙イヶ. 丁把 4F と f み f り o< 妃一 白色屋 p011to. ユタ Tr 几.fUoT0 リ Q ルロイシ IrO ら丁. Q ロリニ 15 P べ几 - 口 筏 T ラ qi5 1, イ乳可, み THP, い 4 勺 4FT9ETDT ルゼケ十ケ 幻一八 サリ 7 斗 T ルゼ &,f み 5 几ワァイロ十 V ペルー ロ ケピ T パ O ズニヶロユタ Tr 台 民 jqsp ラ 0,0. 弓 Pbpq リ G 1 呵十民 βq レコ 中 RTJU5. テグリ. -. ひぺ丁寸 #' 丁ノア 亡 IhLfoI ロコロケピ玩べ 氏, 台危瓜 RI, イザ べ O 尽二, TTV4q5 寸尻 r 一八 I テリア b マレー LTq 分亡匹 UW ず. おマー JoT4JL9 抄民しみ可な 几. 寸一 A01qIT P5 ニイヮ u ヒイ FqDT 佃肘子 UqrIi 忠可一ユ Cl 叩冤心寸民ナイリ UT イエ, 勝卜可 T ヒ と ヶ. ボリピ Tcf リロュクテ r 品 ニラ 71.1,01 亜 βq お ~L-q nw.t みず,.T 鮎ゼケチ抄ロ守勺ラアラピ T 可一ユリ,uTofOJq 抄占垰汀 - 刀 6 匹 ILLRl, イ T 拭几 -0 基 0 戸ニラ. T 丁リ志.11. ヰーユ 0 ウリ 7. イウタコ ぶりピ Tb O11T イ.6 亜匡ウ兵シ T1. 0I Tn 戸ピケ f 歩 CFO リピ T6fMO= 包みビア. 二渉丁 0. 台と侭ラ dqw 抄. 可ロル勺ロ T q1 分い イ了.T ルゼゲチおりヰーニ 09WTC チリ 凸凹 L'09jPT イ.< 玲一 U ロ匹記 0 再二,0 十イヅ aut` 謝りピケ I イ JOT 丹ヤクチケ T 歩ピケ 98,. 千 0J. 品ワァイ.do,γ アイ 年リピ T ニフ TIP 凡 b 塾 り イザロ 十 ザ 1 丁. 几 IⅣ 品. マレーケ T 抄出 HP 舐一品 臣 TTU. r イヤ. - 兵 I 分り T,α10 ピ T f 鈴チリ. 争ロケ ETS,?3PTJU. TβTHD - LTTv 分 中 T シ f 夢. 宗リビア O9v ユ ヨグピ T ユンア O ユタ TI 几. 世 挺 ぺ O 友ニラ. 己包みピァ Drl&. 乱ベイン fqd テロ F ピケ f 汐 可几プ T イ '0? T イロボリ UfT OL 弓 が WGFTGdol プァイ. 二,T 品. ウ的 7 丁イ '4HP ヨ o キリピ Tb 竜 OZ ユ,. や, ローユ,P11 ユリ T 外 再 JO-q T 凡乍と と. オリピ 7.9 叩. p 抄と T Z7T 几. 且吊イ qtt, べ砧 -0 00, プ丁 1. ワワ汐 11.4 品 7 丁 4 句 nirot. -11M 丁.14 寸坑ロ イ Q,1 坐可一 A リケリ笈 一色,,Uq T 鮨ヤジ f か ウ且プ TO 5 夕丁イ リビア of 叩 ~ Q ベゥズ 9. グヘヶヨ 丁品ぐむ f か中 5 几 rt ィ ; ウロラァアイ 0 丘キビ Tb 墨の -.=13 ケピ T ユシ Tr 幻口 止晄 ISU 迪浜宅処. 己 if ± 色次 土 ロ日切 E 酌 2 凸 L ロ h 臼!ⅡfE m-l,t TQM 佃孔 odb 低 fr 且近 Lu の 低み且瓜 丁以 Tm 欄 見所 田幻午 ペーリより什成. 3

20 - - 第 11 窪 l 鋤 ';i 部,W,TNC 子公 it による輪 11I 状 ilmli1ii 位 :IIwiF,L, 1 合 161 AIlDbnru 長 s,a InduFtnncCcmcrEio, A1 cdtercsdodtasillndublriaccomerciollda, BendixdoBm 兵 ilequipamcn( 良 pnmaulov6icuiosllda lborr WurncrdoBrn 軍 illndu 県 lriaecomerci6ltda COFAPCompanhi 副 FabTicndoradcPcGna CommnhinGcodyenrdonr 打 siiidrmul11 急 dch DTTnEhn, EaInnCorporalimdollraSil EquipmcnlosCInTkLtdH, 圧 hlindob nsils.a Indu&IriacComerciQ FialAul6movCiSaA FialDi 醇 CldoBTngilS.A, FN1BS 八 PTodul 藤 S 化 laiu 収 icos, Fnrdnr 罪 ils.a GencrnI ハ lnlonibr 非 ils 八. IIondaBloIordonrnsilLtda JICnFCdoBra 薊 '&Cia Komm 輝 ubrasilsa. K ppmetalu 収 icncampolimpoltdn KubolaTekkodoBrasiIlndustriaeComcTcioLlda, LukdonrasilEmbT6aqen 岳 Ltda McTECd 鐸 BcnzdoDra 薊 1s A M1m1Mntorc 急 DiGscILldn. N 副 kni 刊.Rikcnlndu 軍 trinccoms cios.a PirCⅡis.A Cia lndu 釦 ialbrn 魚 iicira ProjCmr SCibiBdoB asils.a RobcTtBo 麺 hdobta 袋 ils.a RockwcIldoBrasiIInddstriaeComGr 唾 ioltd 旬. Rolamcnt6gFAGLld 几. RolmmcntosSchnclnerdon agil SnabSmniadOBT 懇 ilsa SikoS.A Terc 髄 donrasilltd5h, TRWdoBTaSilSA VoIkFwajZcnCuminhoe 民 Ltdn. VolkSMF5MZCndoBrasilS.A VolTodoBra さ ils1olot 曝 eveicuiossa, I1rbcrdonrasil5.A ZFdoBrn 餌 ils.a, ,2 3. Z MuH 12.97J 2IL7IIZ L591i om1nh コ6 47.IIIl7 2n 2Iui :ll7pl k1.451j 1.4m) 33H 7.31XO Illn 87J ;. 51 ljy12 型行.237 1: , MR 5.n75 lh1 3.nIl9 H37 25.l1Ii5 S5n II LW)7, Ii7Ii コ 当 n.iii5l 2$.Ii 蝿 : 雛 Il Oi3 TIin 1LnHJ 5.Ui2g 37 Ii9;oi I5n TIl7 Il l Ii 型 I 2.W.lOiH m 511 1,. 柳 ;lq L 習〆 X 1.1,11 :RLOilui l:1k 2.71M) 月 n.fiiit Ij 狐 () 691) Ii O2.ⅡZ 2m : 勺 Ⅱ -Ⅲ1 0 旧むめ 例 l 1 勺 01 町孕 QI mj nm 一切 I J P 初 0 勺 1 l I 0 P P 幼勺 ワ 小 HⅢn 勺脚乱心 110 勺 ずロ I9 乳 5511 け H{m0p071 HP 卯 EjⅡ11450 bl 561q H7705 伽 n} 副血鈩叩 11 杁叩,Ⅲl1131HSH q 0F ひ q 百つ 11n.80 刎叩 0 0 ず 32Ⅲ18 例択叩銀 11H 17 印 少 珀 H 即獅 l 勿 l mj つどワ 血叩 1 8 用っ 日 日 c 印 5 00 智 1.lx 円 1.1UUII 40iJ 品 I Hjbl 了 :11..1MH HI.;' l77 :15.7IHU T9U l57. IHI 59. 池 : :1,.H1Ul lo)l5ii 型 In DD0D 3. テ 局 Ⅱ.oinOi slu7 L2lM 5.X:M. ;I 2.9:201 帥.Z71b Joi 品脚 凹凹 : Z.0..1 鑓 2 和 501 苫 6.10i ll11in l IRIB Ii. 税 1. 兜 0コ 咄.1 1.m 当局 H1t の伯 lilfiw;iw IlIU I0j Lz7z.76 乱?0 白 NIH I(I い 1.7 当 (.OiI4 くや偽 111 に t' 十る JRⅡt 袷 813 の飼介 (Ay( l( IilZ) 子 IpIt4IW 二川して I ユヒ flul 分である. IIIl0nflllnnCndonraRil,CACEX 内マイク ブイ ' シュよ 01Ⅱ 當皮 50

21 以上のように,Ⅱ で分析したブラジルにおける自動車部品貿易の動向, すなわち, 対先進国輸出 人, 対ラテンアメリカ輸出という特徴は,TNCによるブラジルの生産拠点化, あるいは輸出生産拠点化, という事実を反映したものであり, しかもそれが, 自動車メーカーの企業内取引によるものばかりでなく, 自動車メーカーと直接関係のない外資系自動車部品メーカーによってもまた, 周辺諸国のアセンブリ プラントヘイン プットされているという事実は, 輸出拠点としてのブラジルの地位を如実に物語っているのであった 最後に, 次の点について, 若干コメントしておく必要がある それは, ブラジルの自動車および自動車部品輸出は,BEFIEX( 税制恩典による輸出特別計画 :BeneflciosFiscaisaProgramasEspeciaisdeExporta6zIb) を中心としたブラジル政府の輸出振興策の産物とする見解である それは,K S メリクルや1983 年の国連報告, またアルトシューラーなどのグループのR プリュドムなどのものであるが, 彼らが考慮に入れるべきは,TNCの役割である 輸出のほとんどが外資によって行なわれ, しかも輸出の大きな部分が企業内取引によるものであるという事実は, ブラジル自動車部品輸出がTNCのチャンネルを通じて, その世界戦略の体系の中で行なわれえたことを意味している したがって, この部門の輸出要因は, ブラジル政府の政策とTNCの戦略の両方に求めなければならないと言える おわりに 以上において考察してきたように, ラテンアメリカNICSであるブラジルの工業発展, とりわけ自動車産業における70 年代の飛躍的発展は,TNCが在ブラジル子会社を止塵拠点に据えたことによって加速されたと考えることができる しかし,TNCが発展途上国を輸出生産基地にしようと, 当該国市場をにらんだ進出であろうと, 資本と技術の所有によって発展途上国の企業を支配し従属せしめるものであることに変わりはないのである このように, 従属をますます深化させながら工業発展を実現しているのがブラジルをはじめその他のNICSの経済発展の特色である したがって, このような状況を, われわれは発展途上国における資本主義の 従属的発展 として捉えることができるであろう 51

22 本稿は, ラテン アメリカ政経学会第 22 回全国大会 (1985 年 11 月 16 日 17 日, 京都産業大学 ) において報告したものである 大会当日, コメンテーターの小坂允雄先生 ( アジア経済研究所 ) をはじめ多くの諸先生から貴重なコメントをいただいた この場を借りて, 深く感謝の意を表したい 注 17. 4)U N,op ciz.,p )Jenkins,R,0.,Depe"deFDZj7zdustrjqZjzQtio j IatiFDAmemcaf T7teAuComodZueJndustmノj 几 A 壇 e" ぬ,ChjZe,α 几 dmerico,new York,Preager,1977,pp )U N, α 几 s"αdjomzcb 巾 oratjofdsd 几 ZhehutermCio"QJAuZom- dustbノ,st/ctc/38,1983,pp )Mericle,K S.,ThePoliticalEconomyoftheBrazilianMotor Vehiclelndustry,inKronish,R &Mericle,K,S eds.,the POUUtjcQJEbo"omO q/ ZheZoCiFzAmericα MoCorVbhiclemdustbl, TheMITPress,Cambridge,Massachusetts,London,1984,p 5)VolkswagendoBrasilS.A,AZuQZjdtzdes,No.25-AnoⅢ,1979, p4. 6)Marinho,L,C,TheTransnationalCorporationandLatin America,sPresentFormofEconomicGrowth,inCERALRe Die 山,August,1981,p 20. 7)Moor,R M,MuZZiFmtioJmZCb 巾 o αfio 几 safzdtaeregiomzzzaffo 几 q/zhelzuzijuamericα'dauzomotjuemdustbノjactzseszudyq/brα ztu,arnopress,newyork, ) 細野昭雄編 ラテンアメリカの地域協力と工業化 アジア経済研究所 1980 年 26ページ 52

23 9) ALALCLZstaCbnsoZZdU 血 decb 几 cesio 几 es,tomol,1975,1-458~ ) 11) 12) 13) S6kaly,R R,TrmDsnQtiomZizaZiolzq/theAutomo6iZeノndusZD', UniversityofOttawaPress,1981,p l62 Baumer,J-M.,Heierli,R etal.,tm 几 sjmtionaucbl 刀 o Qtiolu mlczi 几 AnzericQ,VerlagRijegger,1982,p 138. Maxcy,G,TノカeMuZZj"QZjoJmZMolorJndustbノ,GroomHelm, London,1981.p l5q Mericle,K,S,Qp ciz.,pp l6-32 U.N,op cit7p,114.prudohomme,remy,motorvchたん ProducZdonandUSejFzDeueZOpmgCburufriesfACtEseSmdyq/ BrQzZZ,(DiscussionPaper),p LAnglade,C,TheStateand CapitalAccumulationinContemporaryBraziLmAnglade,C &Fortin,C,eds.,TlteSZqzeQlzdCtzpiZQUAccumumzioJziJzェ td 几 Ame icqvbzumejfbfqzm,chizejme 鉱 CO,Macmillan,London 1985,pP57-61,pp,93-94,p,

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

Microsoft Word 国家2種経済.doc

Microsoft Word 国家2種経済.doc NO.36 X 財と Y 財の 2 財について 所得変化及び価格変化が需要量に与える効果に関する次の記 述のうち妥当なのはどれか 1.X 財が下級財の場合には その財の需要の所得弾力性は1よりも小さくなり X 財と Y 財の間に描くことのできる所得 消費曲線は右上がりとなる 2.X 財 Y 財ともに上級財であり 両財が代替財の関係にある場合 X 財の価格が低下すると Y 財は代替効果によっても所得効果によっても需要量が減少するので

More information

2015 2015 ユニセフの地域ごとの事業支出割合 2014年 計41億3,100万ドル 57 サハラ以南のアフリカ 18 アジア 14 中東と北アフリカ 4 ラテンアメリカとカリブ海諸国 3 中部 東部ヨーロッパ 独立国家共同体 残り4 は 地域間にまたがる事業 ユニセフ協会 国内委員会 がある国と地域 ユニセフ事務所とユニセフ協会の両方がある国 この地図は国境の法的地位についての何らかの立場を示す

More information

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ デ コ サ エ サ イ デ ゴ オ ウ ウ レ ニ シ 歳 ル ウ ビ ウ ロ ラ ッ ソ イ モ ゲ 未 マ ザ ス ス リ ン ド バ ブ ン ン チ ル ア ン ナ ワ セ テ マ キ ネ テ ェ オ 勝 ク バ ク ン レ ザ ア オ ィ ワ 利 ビ ニ レ ク ロ ゥ リ ル リ チ ス ル ク ャ タ ラ ン プ 9 ぅ え ウ ヌ 1 7 2 6 馬 北 村 宏 江 田 照 柴 田 大

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

Taro-2 ①高校日本史問題例と正答例

Taro-2  ①高校日本史問題例と正答例 高 校 地 歴 専 門 問 題 例 問 題 中 の 一 部 の 図 表 につきましては, 著 作 権 の 問 題 により 公 開 できません 例 1 原 始 古 代 か ら 近 現 代 ま で の 女 性 に 関 わ る, (1)~ (7)の 問 い に 答 え な さ い (1) 女 性 を か た ど っ た と さ れ る 右 の 資 料 を 何 と 呼 ぶ か, 漢 字 で 答 え な さ

More information

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴

2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳 粛 実 個 衝 撃 ゆ 言 葉 織 テ ク ス ト 村 桂 子 歴 史 書 込 思 誌 何 第 5 章 自 己 向 歴 1 7 下 7 下 赤 坂 憲 雄 想 像 力 欲 望 フ ロ ト 敷 衍 エ ロ ス 暴 力 対 抗 根 底 横 悪 利 己 欲 動 げ 利 他 社 会 欲 動 転 換 可 能 秘 エ ロ ス = 愛 力 四 十 億 年 2 赤 坂 憲 雄 / 歴 史 民 俗 第 7 回 紡 歴 史 捉 返 多 細 胞 登 場 観 念 誕 村 桂 子 誌 洞 察 幾 重 示 唆 富 ぐ 二 元 論 自 明 対 厳

More information

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始 公 募 降 哲 四 半 紀 手 法 台 頭 P c 著 作 中 美 最 初 深 石 毛 弓 流 最 後 限 思 係 係 密 接 結 混 乱 陥 摘 哲 致 決 着 結 局 断 態 度 情 表 ほ 情 緒 陥 由 シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

案内(最終2).indd

案内(最終2).indd 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Y01a K01a Q01a T01a N01a S01a Y02b - Y04b K02a Q02a T02a N02a S02a Y05b - Y07b K03a Q03a T03a N03a S03a A01r Y10a Y11a K04a K05a Q04a Q05a T04b - T06b T08a N04a N05a S04a S05a Y12b -

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下

注 カ サ ヴ バ オ ハ バ ロ サ ト ク モ パ サ 歳 レ ェ ク リ リ ワ ズ ブ パ ズ オ ラ セ ト フ マ フ ミ セ ハ レ チ ワ ブ ァ ッ バ ッ ッ ズ ラ ヴ ク ッ ピ ト マ ト タ コ リ ィ タ レ ジ ム ッ マ グ ジ デ ョ ク フ ラ 万 ア ィ 下 注 小 パ ブ ヤ タ メ フ シ ヤ キ ロ セ ウ マ オ サ 歳 ラ マ マ ジ ャ マ ネ ゴ テ ィ ウ 未 デ ホ モ シ ニ オ マ キ ク シ ザ ィ ダ ト リ ョ マ パ ト テ ナ ャ 勝 ト ウ ザ ジ ピ ク テ パ リ ッ 利 ア ギ ラ ウ ゼ ヨ キ ア テ ブ オ モ バ カ カ マ フ グ ク ナ 9 い え ぃ え ぅ 7 9 11 馬 内 田 博 幸 武 幸

More information

13Ad m in is t r a t ie e n h u lp v e r le n in g Ad m in is t r a t ie v e p r o b le m e n,p r o b le m e n in d e h u lp v e r le n in g I n d ic

13Ad m in is t r a t ie e n h u lp v e r le n in g Ad m in is t r a t ie v e p r o b le m e n,p r o b le m e n in d e h u lp v e r le n in g I n d ic 13D a t a b a n k m r in g R a p p o r t M ィC Aa n g e m a a k t o p 19 /09 /2007 o m 09 :3 1 u u r I d e n t if ic a t ie v a n d e m S e c t o r BJB V o lg n r. 06 013-00185 V o o r z ie n in g N ie

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

.................... ~~ミノファーゲン 製 薬 本 舗 19 喝 O 年 1~ 1980 年 1~ 第 19 回 10 月 23 日 ~26 日 病 院 視 察 研 究 会 名 程 度 であり, 年 間 で 2~3 週 稼 動 しているのみ 35~6 億 の 費 用 で 地 上 3 陪, 地 下 1 陪 の 外 来 長 が 委 員 長 となり

More information

15

15 経済 産業 トピックス 金融危機後 国際競争力 はどうなったか ランキングの変動から見えるもの 高橋 健治 たかはし けんじ 常務理事 特別上席エコノミスト 1969 年山一證券入社 主に調査畑を歩む 95 年山一証券経済研究所経済調査 部長 その間 日本経済研究センター 国際金融情報センターへ出向 80 83 年 90 95 年ロンドンに駐在 98 年 3 月東レに入社 東レ経営研究所産 業経済調査部長を経て

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介

[ 広 報 ].. ネ 繁 殖 制 補 助 ネ 避 妊 去 勢 推 進 繁 殖 制 意 識 広 普 及 適 正 飼 図 費 一 部 助 補 助 額 一 匹 避 妊 去 勢 共 円 予 数 匹 補 助 愛 病 院 施 南 信 州 広 域 医 師 域 医 療 充 格 皆 録 願 指 協 運 営 紹 介 .. [ 広 報 ]... 康 更 新 現 在 使 康 被 有 効 福 祉 世 帯 該 可 能 性 宅 郵 送 続 済 福 祉 点 住 票 度 住 扶 養 除 類 的 身 明 免 許 預 通 帳 ピ 世 帯 児 童 続 済 得 児 童 得 制 度 額 未 満 福 祉 除 類 配 布 児 童 状 況 明 預 通 帳 ピ 先 庁 舎 治 振 興 窓 口 郵 送 福 祉 福 祉 世 帯 援 新 下 旬 元

More information

~A1t+A2t2+A1P+A.1t1 Ai~ 40 ORI ~KANOZAN 10- ~ ~1 ~ 4, ~o ~ 9 )の{ 症 は 第 1 表 のとおりである. た Sc の 近 似 式 は,~" 岸 100 海 里 以 内 程 度 内 海 域 でも, 測 量 データの 処 現 にはト 分 な 精 度 を 保 っと 考 えられる. ~ ,~)て j1[1 肘 古 禅 ~t1i 磁

More information

年金機構業務つうしん019号(H25年9月号)

年金機構業務つうしん019号(H25年9月号) ~ 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 年 金 給 付 関 係 業 務 取 扱 要 領 P45~46 同 ~ ~ hl}t t";1, ' f : tn... ~. j. ~ヲ シ 個. ' 官,.. \.'-~ 匂,.ιー '" 吋 同 町,.. ~

More information

651†i™ƒàV”††j

651†i™ƒàV”††j Nakazawa Katsuji 5 26 27 6 1975 40 G7 7 1975 2 4 1 1 1 6 6 1975 11 17 1 2 1956 1963 5 1966 4 1967 3 1968 2 No. 651 2016 5 5 1980 1960 60 1989 2 1 1976 7 G7 15 1978 2000 2 No. 651 2016 5 6 1 1960 1963 5

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

Unknown

Unknown 学 校 国 語 科 採 用 作 品 覧 28 度 学 校 図 版 科 学 校 国 語 2 学 校 国 語 1 335 黄 色 屋 謎 堀 敏 幸 ぱ 孔 利 休 靖 孔 767 海 辺 景 安 章 海 辺 景 335 斜 陽 斜 陽 367 富 獄 百 景 靖 853 物 語 靖 物 語 後 O 贈 も O 傑 作 選 I 義 阿 族 舞 姫 阿 族 舞 姫 車 輪 セ 車 輪 橋 健 367 魔

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15 グ エ カ ナ カ レ ビ コ ピ ヤ キ ヴ ミ ク リ 歳 レ ミ リ シ ッ ュ マ ィ カ リ ネ 未 ラ テ ビ ノ ド ク ニ シ ジ ノ カ ィ ア エ キ テ リ ド ョ オ ベ ハ フ 勝 ナ チ レ モ ッ ャ ィ ラ ネ ウ ク 利 カ ャ ロ プ ガ ラ ゴ レ サ ウ ヤ ズ マ シ レ テ ッ ッ フ ザ バ マ ョ デ ィ キ シ ナ ィ ュ ミ 10 10 オ ぇ 9

More information

to~ard ~19 の数詞の不規則きである ll, 12 は, 日本語では 10 進法にもとづく算用数字の記数法そのままに わが国では 乗法九九は小学校 2 年生の後半のわずか 1~2 か月 文部省の学習指導要領によれば約 20 つけている児童の割合は 4O ~50% というほぼ一致した結果がでている とすれば このあたりがアメリカ 乞 αi~ ンり

More information

エラーコード 一 覧 コード 名 称 : 審 査 チェックエラーコード => 返 戻 事 由 と 共 有 する コード 概 要 : 審 査 において 一 次 チェック 資 格 チェックを 行 ったときにエラーとなった 項 目 に 設 定 するコード 及 び 返 戻 一 覧 に 出 力 する 返 戻

エラーコード 一 覧 コード 名 称 : 審 査 チェックエラーコード => 返 戻 事 由 と 共 有 する コード 概 要 : 審 査 において 一 次 チェック 資 格 チェックを 行 ったときにエラーとなった 項 目 に 設 定 するコード 及 び 返 戻 一 覧 に 出 力 する 返 戻 12.エラーコード 一 覧 表 エラーコードは 随 時 更 新 されます 最 新 のエラーコード 表 については 本 会 ホームページより ダウンロードできます エラーコード 一 覧 コード 名 称 : 審 査 チェックエラーコード => 返 戻 事 由 と 共 有 する コード 概 要 : 審 査 において 一 次 チェック 資 格 チェックを 行 ったときにエラーとなった 項 目 に 設 定 するコード

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

場前掲書, 第 1 部第 7 節 (86~107 ページ ) 地勢は中国山脈の背陵地で, 林野率 83% と林地が多く, 標高 120~830 m の急峻な山々に固まれている 耕地は標高 120~550 O 歳 ~14 歳 15 歳 ~64 歳 45~50 年 16.0% 減少, 50~55 65 才以上は 45~50 年 5.0% 増, 50~55 年 17.0% 増 m~700m

More information

05秋案内.indd

05秋案内.indd 1 2 3 4 5 6 7 R01a U01a Q01a L01a M01b - M03b Y01a R02a U02a Q02a L02a M04b - M06b Y02a R03a U03a Q03a L03a M08a Y03a R04a U04a Q04a L04a M09a Y04a A01a L05b, L07b, R05a U05a Q05a M10a Y05b - Y07b L08b

More information

ISTC 3

ISTC 3 B- I n t e r n a t i o n a l S t a n d a r s f o r Tu b e r c u l o s i s C a r (ÏS r c ) E d is i k e - 3 ) a =1 / < ' 3 I n t e r n a t i o n a l s t a n d a r d s f o r T B C a r e e «l i s i k e 3

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

001-014扉〜目次.indd

001-014扉〜目次.indd 嘘 1 枚 紙 知 装 丁 bookwall 診 断 タ イ プ 同 著 名 誰!? 診 断 結 果 次 ペ ジ へ 林 田 子 様 6 22 タ イ プ 003 3ペジ 特 徴 下 探 ょ 同 ぐ 持 著 名 診 断 結 果 ペジ 記 載 ペジ 内 ご 覧 華 や 志 向 タイプ 左 払 長 芥 川 龍 之 介 P74 林 リダ 気 質 横 線 大 突 出 エジソ P102 突 出 石 川 遼 P39

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ~Challenge for Growth~ 2015 年 5 月 7 日 目 次 I. 前 中 期 経 営 計 画 振 り 返 り II. 中 期 経 営 計 画 2017 ~Challenge for Growth~ 補 足 資 料 本 部 概 要 将 来 情 報 に 関 するご 注 意 資 料 に 記 載 されている 業 績 見 通 しは 当 社 が 現 在 入 手 している 情 報 及 び

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

表1-4

表1-4 2014 Mitsui's A f f i l i a t e s ニュース フラッシュ NEWS FLASH 当社の6事業分野の主な取り組みをご紹介します 金属分野 ブラジルでの自動車向け 鋼材加工センター商業生産開始 当社は ブラジルのリオデジャネイロ州レゼ 機械 インフラ分野 モロッコ国サフィ石炭火力 発電事業向け融資契約締結 当社は フランスのGDFスエズ社

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

untitled

untitled H. 報 例 期 専 処 承 認 及 び 条 例 等 程 べ 原 可 主 次 専 処 承 認 専 処 治 基 づ 本 来 必 要 項 緊 急 招 集 限 充 段 治 規 次 専 処 報 告 承 認 可 税 条 例 康 険 税 条 例 税 等 伴 後 期 高 齢 医 療 付 税 付 税 池 公 園 管 営 増 減 ゴ フ 材 料 費 払 項 ポ ツ 公 園 管 営 増 減 器 替 払 項 異 道 池

More information

untitled

untitled ド 総 診 在 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 検 査 有 希 望 当 受 付 程 度 専 用 乳 乳 幼 谷 認 定 園 長 尾 南 乳 幼 歳 未 満 乳 母 帳 持 不 幼 母 帳 前 送 付 票 持 離 乳 食 級 今 年 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 北 広 域 急 病 金 翌 朝 土 翌 朝 祝 休 翌 朝 急 病 際 看 応 じ 専 用 県 救 急 医 療 土 祝 休 急 病

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

......E.{ _ e

......E.{ _ e 特別レポートⅡ 東レ株式会社 株 東レ経営研究所共催 繊維産業シンポジウム アジアワイドの繊維ビジネス における北陸産地の位置付け は 携帯電話と似ています 少し前はパソコンで した アパレル製品は 半年に 1 回ずつ 新しいコ レクションを出して 需要を喚起していたはずで すが 実際にはあまり新しいアイテムが出ていな い それに比べると パソコンは 春のパソコン 秋のパソコン として新商品が発表されていま

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e No. 1 1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e I X e Cs Ba F Ra Hf Ta W Re Os I Rf Db Sg Bh

More information

地域開発の事後的分析 -経済指標と社会指標による考察-

地域開発の事後的分析 -経済指標と社会指標による考察- 6 5 1 (1) 44 2 611 612 2-66 - 611 45 612 3 2 16 13611 2 45 1 5 23 3-6 - 613 2 3 614 615 616-68 - 61 618 619 1 611-69 - 24 51 51 2 3 2 1 4 84 1ha 55 2 II 613 2 2 16 22628 23 - - 621 15 1 23 8 2 3 2 1.8

More information

静岡県の土地利用(平成22年版)

静岡県の土地利用(平成22年版) 平 成 22 年 版 静 岡 県 の 土 地 利 用 ( 土 地 利 用 関 係 資 料 集 ) 静 岡 県 交 通 基 盤 部 目 次 参 考 静 岡 県 における 市 町 村 合 併 等 の 動 向 1 Ⅰ 土 地 の 利 用 計 画 1 個 別 規 制 法 による 地 域 区 域 等 の 指 定 状 況 3 2 市 町 別 都 市 計 画 区 域 面 積 5 3 市 町 別 用 途 地 域

More information

眠 ヤ :':-.:!;~Y 月 刊 子 一 ~ の 水 田 跡 が 埋 没 していることがほぽ 確 実 である 古 墳 は 水 田 面 からの 比 高 35~45m ほどで 条 里 遺 構 の 範 戸 川,~.~~ 発 掘 調 査 期 間 平 成 2 年 4 月 5 日 ~10 月 5 日 ~26 日 コクサイ 航 業 ) 存 在 しなかった 保 科 小 学 校 3~6 年 児 童 ~'31

More information

図3 2からみると 要求希望賃金が就職率に大きな影響を与える たとえば 要求希望 賃金が 1000元以下 の場合 就職率が一番低く 要求希望賃金が 2000 3000元 の場 合 就職率が一番高い 2000 3000元 の範囲を超えると 要求希望賃金が高くなるほ ど 就職率も下がっていく 樋口美雄の就業決定モデルでは 市場賃金が留保賃金12より 高いとき 就業すると指摘している 今回の調査では 延辺大学生の要求希望賃金は

More information

オモニ太平記

オモニ太平記 小 田 実 全 集 評 論 第 18 巻 太 平 記 目 次 フ 7 想 家 17 29 ミ ヨ 丸 デ ワ 39 ウ 首 相 妓 セ 遊 ノ 51 59 ゲ 68 海 東 海 ヘ 78 ご 飯 ソ 食 86 へ 93 宝 島 シ ネ ケ 102 明 治 111 号 120 学 士 館 化 石 129 洋 0 ダ ウ ソ 137 フ 雪 儲 146 シ ソ ウ ル 155 ベ ル 記 163 172

More information

東 北 地 方 整 備 局 津 軽 ダム 工 事 大 川 白 神 橋 補 修 KMA-230 17.20 H25.03 PC 桁 美 山 橋 新 設 KMAⅡ-230 8.40 H25.10 PC 桁 付 替 え 村 道 岩 手 河 川 国 道 新 稲 荷 橋 新 設 KMA-160 23.23 H

東 北 地 方 整 備 局 津 軽 ダム 工 事 大 川 白 神 橋 補 修 KMA-230 17.20 H25.03 PC 桁 美 山 橋 新 設 KMAⅡ-230 8.40 H25.10 PC 桁 付 替 え 村 道 岩 手 河 川 国 道 新 稲 荷 橋 新 設 KMA-160 23.23 H K MA ジョ イ ン ト 実 績 表 国 土 交 通 省 着 色 部 は 平 成 28 年 4 月 ~ 平 成 28 年 6 月 末 実 績 平 成 28 年 7 月 1 日 発 注 先 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 稚 内 開 発 建 設 部 常 盤 橋 補 修 KMA-110 15.10 H17.09 鋼 桁 国 道 275 号 旭 川 開 発 建 設 部 名 寄 大 橋 補 修

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

* (別表第1)_

* (別表第1)_ 一 般 ガ ス 供 給 約 款 別 表 第 1 平 成 28 年 10 月 1 日 実 施 北 陸 瓦 斯 株 式 会 社 ( 別 表 第 1) 供 給 区 域 新 潟 地 区 新 潟 県 新 潟 市 北 区 朝 日 町 1~4 丁 目 彩 野 1~4 丁 目 石 動 1 2 丁 目 太 田 字 法 花 鳥 屋 甲 字 法 花 鳥 屋 乙 字 城 山 字 椋 ( 市 道 豊 栄 1-630 号 線

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 1 日 公 表 )に 基 づく コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 及 び 宿 舎 使 用 料 の 見 直 しについて 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別

More information

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋 番 号 63 年 代 正 保 年 間 表 題 加 賀 国 四 郡 絵 図 ( 下 書 ) 法 量 320 496 加 賀 国 四 郡 絵 図 内 一 河 北 郡 七 万 五 千 七 十 石 二 斗 一 升 一 石 河 郡 拾 六 万 六 千 九 百 四 十 五 石 九 斗 八 升 一 能 美 郡 拾 壱 万 五 千 二 百 四 十 四 石 五 斗 六 升 容 一 江 沼 郡 六 万 五 千 六 百

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

,~,,~イ" 放 大 ~~

,~,,~イ 放 大 ~~ ?\"\J 子 1ノ7'~ ~\ ~ノ 長 j~ ,~,,~イ" 放 大 ~~ p~ 配 ~ 宇 y 工 ~ チョ~ I~ 言 益 五 て7 一 一 寸 一 一 て 一 一 六 ~ 玉 I~ 五 a 重! 勺 一 て~ 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 寸 ~. 晶 ォ.. I~ウ ~!セ ~bún ウ 工 ~ pro::essing!purcha 氏 側 e~ 日 開 外 協 加 工

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

資料6 指導要録における「行動の記録」の変遷

資料6 指導要録における「行動の記録」の変遷 指 導 要 録 における 行 動 の 記 録 の 変 遷 資 料 6 学 習 指 導 要 領 指 導 要 録 の 参 考 様 式 における 行 動 の 記 録 昭 和 33~35 年 改 訂 昭 和 43~45 年 改 訂 昭 和 52~53 年 改 訂 平 成 元 年 改 訂 平 成 10~11 年 改 訂 平 成 20~21 年 改 訂 教 育 課 程 の 基 準 としての 性 格 の 明 確

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

000 001

000 001 all-round catalogue vol.2 000 001 002 003 AA0102 AA0201 AA0701 AA0801 artistic brushes AA0602 AB2701 AB2702 AB2703 AB2704 AA0301 AH3001 AH3011 AH3101 AH3201 AH3111 AB3201 AB3202 AB2601 AB2602 AB0701 artistic

More information

生きとし生けるものは

生きとし生けるものは 田 実 全 集 説 第 29 巻 ( 喜 劇 テ 喜 劇 古 中 新 時 期 喜 劇 古 喜 劇 時 代 力 物 名 指 攻 撃 紀 元 前 九 終 中 喜 劇 合 唱 部 分 失 ぜ 有 名 物 ぼ 物 姿 攻 撃 紀 元 前 七 終 新 喜 劇 場 合 風 デ 俗 喜 ブ 劇 ズ プ ゥ テ レ テ ィ 理 解 デ 希 英 中 辞 典 ) η κωμωδ'ια,, 6 勢 ぞ 長 男 ヨ

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

27 美 術 2015.12707 号 室 町 初 期 宇 多 房 菊 葉 口 但 尻 以 尻 伯 耆 勢 桑 名 村 㝎 新 笹 露 槙 嶋 監 持 房 釣 濃 関 辰 為 継 相 為 継 軽 主 為 相 呼 巳 乙 百 腰

27 美 術 2015.12707 号 室 町 初 期 宇 多 房 菊 葉 口 但 尻 以 尻 伯 耆 勢 桑 名 村 㝎 新 笹 露 槙 嶋 監 持 房 釣 濃 関 辰 為 継 相 為 継 軽 主 為 相 呼 巳 乙 百 腰 美 術 2015.12707 号 26 第 61 回 要 等 9 1 火 ら 3 木 受 付 け 申 請 数 計 あ 昨 比 15パー セ ン ト 増 最 終 会 を 10 14 を 10 20 火 博 館 お も 総 数 博 館 建 設 資 調 達 め 準 緩 れ る う 話 流 布 る よ う す 準 公 適 わ れ お 準 を 引 き げ る こ あ せ ん 第 61 回 要 等 品 発 表

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

Nikon AR J

Nikon AR J 40.3% 45.5% 9.4% 4.8% 05 06 07 苅谷 道郎 常務取締役 映像カンパニープレジデント お客様の操作性や利便性を重視し 従来からの銀塩カメラのお客様にも使いやすいデジタルカメ ラを開発するとともに デジタルカメラ世代のニーズに応えた 新しいタイプの製品も市場投入 していきます デジタルカメラの進化はニコンにとって 多くの新しい事業機会を生み出す原動 力です 映像事業部門 当期の市場環境は

More information

XYZ.indd

XYZ.indd 小 実 全 集 小 説 第 32 巻 XYZ 目 次 10 K 通 白 卓 23 グ レ ホ 会 場 円 ド 蓋 ム 雨 35 四 雨 レ マ 天 使 49 五 X Y Z 62 六 75 七 悲 鳴 練 習 89 八 拍 103 九 兵 士 116 進 130 天 ニ 代 テ 不 義 ヲ 討 ツ 144 ジ グ レ 偉 国 158 ソ テ 伍 長 172 四 市 民 諸 君 186 五 指 先

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

01. PART ONE 02. PART TWO 03. PART THREE 04. PART FOUR PART ONE 01. PART ONE 01. At a General Merchandise Store PART ONE At a Convenience Store PART ONE PART ONE At a Home Appliance Retailer PART

More information

1212_takarazuka1【3】_再.indd

1212_takarazuka1【3】_再.indd 外 局 番 省 略 料 金 表 示 無 料 対 象 申 込 問 合 わせ 先 愛 定 員 抽 選 定 員 先 着 順 ド 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 カ 検 査 有 料 希 望 当 受 付 程 度 専 乳 わ 4 対 象 歳 乳 幼 4 対 象 歳 未 満 乳 母 帳 持 参 不 ニ ニ 4 幼 母 帳 持 参 離 乳 食 級 今 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 神 北 広 域 急 病

More information

出版人017_08月号京谷02.indd

出版人017_08月号京谷02.indd 1 ょむ 198 ネ 配 属 000 3 ネ ブ 000 へ 異 動 001 休 伴 再 び ブ00 10 広 告 へ 異 動 010 早 期 退 応 募 退 営 011 7 志 木 電 籍 成 電 籍 デ タ 検 品 正 制 作 販 手 ブ 遺 天 巻 返 周 考 ご 存 圧 倒 昭 和 都 阪 院 研 究 退 院 研 究 修 了 チ ツ ハ 留 師 博 士 右 都 際 育 福 県 1 級 弁 護

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期)

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期) 2015 年 0 月 30 日日本たばこ産業株式会社 Japan Tobacco International (JTI) 海外たばこ事業実績補足資料 (2015 年 1-3 月期 ) JTI 力強いプライシングにより為替一定ベースで増収増益 1-3 月 前年同期比 総販売数量 1 881 877 0.5% GFB 販売数量 1 600 553 8.% 自社たばこ製品売上収益 2 2,369 2,761-1.2%

More information

Microsoft PowerPoint - 14kinyu4_1.pptx

Microsoft PowerPoint - 14kinyu4_1.pptx 金融論第 4 章金融取引が生み出す利益 1 交換の利益 中村学園大学 吉川卓也 1 2 重要なセンテンス POINT 金融取引は現在のお金と将来のお金の交換 金融取引は貸し手と借り手の双方に利益をもたらす 金融取引が生む第 1 の利益は交換の利益 互いに足りないものを交換しあうことで, 貸し手と借り手の双方の状態が改善します 3 4 5 6 1 2 実物投資を実現する金融取引 重要なセンテンス 金融取引が社会を豊かにするのは,

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information