を知ることができる. 実際 GRS 擁壁のジオシンセティックス補強材の引張り力の測定例は豊富である. 一般に 建設材の物性 荷重 構造体の構成と形状 境界条件等の不確実さに備えて 1.0 を超える全体安全率 ( あるいは それぞれの設計要因に対して部分安全率 ) を用いる. これらの安全率の内容は

Size: px
Start display at page:

Download "を知ることができる. 実際 GRS 擁壁のジオシンセティックス補強材の引張り力の測定例は豊富である. 一般に 建設材の物性 荷重 構造体の構成と形状 境界条件等の不確実さに備えて 1.0 を超える全体安全率 ( あるいは それぞれの設計要因に対して部分安全率 ) を用いる. これらの安全率の内容は"

Transcription

1 GRS 擁壁の安定性における冗長性の重要性 龍岡文夫 1 Dov Leshchinsky 2 これまで 少なくない数のGRS(Geosynthetic-Reinforced Soil) 擁壁が崩壊している. 我国では豪雨と地震によるものが 米国では民間工事のものが多い. これらは 経済性の過度の追求に伴う構造形式 設計 施工の不備のために冗長性が不十分であったためと言える. 盛土の実際のせん断強度は設計値よりも高く 設計ではサクションによる見掛けの粘着力と壁面工基礎前面の受働土圧を無視しているため 本来は設計で想定した地震荷重が作用した時でも擁壁の安定性には設計安全率を超えた冗長性があり このため常時にはかなり大きな冗長性がある. その前提は適切な構造形式と適切な設計 施工である. 常時に十分大きな冗長性があれば 長期に亘る維持管理コストを低下しGRS 擁壁の崩壊事例を減少することによって Life Cycle Cost が減じる. キーワード : 構造形式 GRS 擁壁, 設計 施工, 冗長性 1. はじめに これまで多数の GRS(Geosynthetic-Reinforced Soil) 擁壁が崩壊している. 我国では豪雨と地震によるものが多く 米国では民間工事のものが多い. これらは 壁面工の安定性不足 壁面工と補強材の連結強度不足 盛土の締固め不足 排水不良 支持地盤処理不良等の構造形式 設計 施工に何らかの不備があり 構造物の安定性に十分な冗長性 (redundancy) が無かったためと言える. この背景には 経済性の過度な追求があると思われる. ここでいう冗長性は a) 設計で各種要因の不確定性に対する備えて安全率として表現された余裕度と b) それを超えていて設計で安全率では表現されない部分から構成される. 要素 b) は 設計過程での 1 盛土の締固め度の過小評価とサクションによる見掛けの粘着力の無視によるせん断強度の過小評価やジオシンセティック強度の過小評価などの材料工学上の安全側の設定と 2 壁面工下端の受働土圧の無視や壁面工の剛性による靭性と一体性の安定性に対する効果の過小評価などの構造工学での安全側のモデル化によるものから構成される. 本論文では 重要であるが看過されがちな要因 b) を主に議論する. また 耐震設計をしていない擁壁が地震で崩壊しなかった例があることや地震で崩壊したら復旧した方が経済的 という理由付けから 耐震設計不要論がある. また 耐震設計をした場合でも 設計震度が低すぎる場合もある. しかし 長期に亘る GRS 擁壁全体の安定性を対象にした時 設計で異常時 ( 豪雨 地震等 ) に対する考慮が不足すると 常時において十分な大きな冗長性が無くなり異常時に崩壊する事例が多くなる. 設計で異常状態を一定程度考慮した場合でも その想定した異常状態において も一定の冗長性がないと 想定を超える異常事態で崩壊する事例が出てくる. GRS 擁壁は 従来形式の擁壁と比較すると歴史が浅いため 崩壊事例が続くと信頼性が失われて一般技術として定着するのが困難になる.Life Cycle Cost で評価すれば 適切な冗長性を確保するためのコスト増よりも 冗長性の不足による維持管理のコスト増と崩壊が生じた場合のコスト増の方が遥かに大きい. 特に GRS 擁壁に対する信頼が失われることによるコスト増は 計り知れないほど大きい. 本論文は 両著者の日本と米国での GRS 擁壁の挙動と構造形式 設計 施工に関する経験を総括したものである 1). 冗長性の意義とその構造を説明した上で 適切な冗長性を確保する方法を論じる. 2. 冗長性の意義 無補強の斜面 盛土 擁壁の安定解析による安全率 (the safety factor) は破壊に対する安全性の余裕 (margin) であり その逆数は土のせん断強度の平均的動員率である. 安全率 =1.5 では 土のせん断強度の 67% のせん断応力が動員されている. 通常 原位置での実際に動員されている土のせん断強度は測定できないため 原位置の安全率は未知である. しかし 長い経験によって土の設計せん断強度として安全側の値を採用して適切な解析法によって計算した安全率が 1.5 のようであれば その土構造物は想定した条件に対して安全であることが知られている. 一方 補強土擁壁は補強材が無ければ安定性を保てないため 無補強の土構造物の場合と異なり 補強材力を測定できれば補強材の長期破断強度に対する安全率を知ることができて 全体安定性のレベル 1 正会員, 東京理科大学理工学部土木工学科, 嘱託教授 ( 千葉県野田市山崎 2641) 2 非会員,Department of Civil and Environmental Engineering, University of Delaware, USA

2 を知ることができる. 実際 GRS 擁壁のジオシンセティックス補強材の引張り力の測定例は豊富である. 一般に 建設材の物性 荷重 構造体の構成と形状 境界条件等の不確実さに備えて 1.0 を超える全体安全率 ( あるいは それぞれの設計要因に対して部分安全率 ) を用いる. これらの安全率の内容は ここでは論じない. 図 -1 に模式的に示すように 殆どの場合測定された補強材力 T m が補強材の長期破断強度の設計値 T d よりも遥かに低く 両者の差を全体安全率では全く説明できない. すなわち 設計で明示される全体安全率は ここで議論する冗長性の一部にしか過ぎない.GRS 擁壁では 適切な冗長性の確保が非常に重要であるが設計では通常明示されない. さらに T d は新製品の急速引張り試験による引張り破断強度 (T ult ) を各種の低減係数で除して大きく低減した値なので T m <<T d <<T ult ということになる. したがって 設計には過度の冗長性 ( 無駄 ) があるように見える. このことから このような測定結果に基づいて設計荷重を低減して無駄を取り除くのが合理的に思えてくる. しかし これらの実測データの殆どは常時に測定されたものであり 豪雨 地震等の異常時に測定されたものではない. このような異常時は構造物の供用期間中に何回か遭遇するので 常時での冗長性は異常時に対する備えとなる. 耐震設計をしていない擁壁でも 常時に多少なりとも冗長性を持っているため 地震で崩壊しない例も出てくる. さらに 設計での想定したレベルを超えた異常事態に備えるためには 常時に十分大きな冗長性が必要となる. また 通常の設計では明示されないが この常時の冗長性によって長期残留変形 変位が抑制される. 仮に 常時での実測値 T m << 設計長期破断強度 T d という実構造物の挙動に基づいて 現在の設計法は過度に安全側 ( つまり非経済 ) である と判断して 現在の設計 施工レベルを低下させるならば 冗長性は全般的に低下して十分な冗長性が無い GRS 擁壁の数が増加する. その結果 異常時に崩壊する事例が多くなる. 崩壊例が増加して GRS 擁壁に対する信頼性が失われる事態は 避けなければならない. 一方 数多く建設されても長期に亘って崩壊事例が無いという意味で十分大きな冗長性があるが従来形式の擁壁よりも経済的な GRS 擁壁の設計 建設は 可能である. 実際 剛な一体壁面工を持つ GRS 擁壁は そのような実績から鉄道擁壁構造物の標準工法となっている. 北海道新幹線の建設では 従来形式の擁壁と盛土は全てこの形式の GRS 擁壁に置き換わり 橋台も 橋桁を GRS 擁壁の剛な一体壁面工で支承を介して支持する耐震性橋台 に置換されている 2). 上記を念頭に置いて GRS 擁壁の実挙動 設計 冗長性の関連を以下で議論する. 2 単位幅当たりの引張り力, T 擁壁完成時の荷重 ~ ひずみ状態 ( この関係は 建設速度等の要因の影響を受ける ) 常時に測定された荷重 T m 設置時の損傷 一定荷重でのクリープ過程 新製品の急速引張り試験による引張り破断強度, (T ult ) クリープ破断 長期破断強度の設計値, (T d )* 供用期間終了時の荷重 ~ ひずみ状態 ( 化学的生物学的劣化後 ) 図 -1 材料強度 T ult, 設計長期強度 T d, 常時荷重 T m の関係 3. 実測値と設計値に差がある理由 引張りひずみ, ε (T d )=(T ult )/[ 設置時損傷低減係数 クリープ低減係数 * 長期劣化係数 ]/ 全体安全率 (* 耐震設計では考慮しない ) GRS 擁壁で 常時での実測値 T m << 設計長期破断強度 T d となる主要因は 設計時における (1) 土の締固め度の過小評価によるせん断強度の過小評価 (2) サクションによる見かけの粘着力の無視 (3) 壁面工基礎前面の受働土圧抵抗の無視 (4) 耐震設計の実施である. まず 要因 (1)~(3) を議論する. (1) 土の設計せん断強度日米の土構造物の設計指針 (design code) で共通して 良質な盛土材を用いて適切に締固めることを前提にした擁壁の安定解析のための標準的設計せん断強度を提示している. 我国では c=0 として貧配合の砂では φ 0 =30 o 一般の砂 礫では φ 0 =35 o 良配合砂礫等では φ 0 =40 o を用いることが多い 3 ). AASHTO では φ 0 の標準値を 34 o 上限値を 40 o としている. これらの値の意味を検討するために 現場で使用された多様な良配合の砂礫 ( 図 -2a, b) を用いて拘束圧 50 kpa で排水三軸圧縮試験を行った ( 豊浦砂は 例外の研究用の貧配合砂 ) 4, 5). 供試体は 1Ec あるいは 4.5Ec での最適含水比で締固めた. 供試体を飽和化したのは 設計では豪雨等に盛土の飽和度が高くなりサクションが消えることを想定して擁壁の安定性を検討するからである. 図 -3a に飽和供試体の c=0 とした内部摩擦角 φ 0 を 1.0Ec での締固め度 D c に対して 図 -3b に締固めた不飽和状態と飽和状態での φ 0 を 4.5Ec での D c に対してプロットした. 締固めるほど不飽和状態での強度は飽和状態での強度よりも大きくなる. 図 -3a, b を見ると 上記の標準的設計せん断強度は 1.0Ec での D c = 90% 程度 4.5Ec の D c = 85% 程度での φ 0 に相当する. これは 締固めが悪い状態でのピーク強度に相当する. 一方 近代的機械施工では盛土はこの状態よりも遥かに締固まる. 図 -4 に示す例では D c の管理値 ( 全測定値の許容下限値 ) は 92% である. この図

3 三軸圧縮での内部摩擦角 TC angle of internal friction,, φ peak peak (deg.) ( 度 ) 三軸圧縮での内部摩擦角 TC angle of internal friction,, peak φ (deg.) 0 ( 度 ) ( 各層 15 回 RI 測定の平均値 ) の数 通過重量百分率 CBG1) 千葉礫 (1) CBG2) 千葉礫 (2) CCA) 破砕コンクリート CGR) 粒度調整砕石 RGYY) 新山本山ダム円礫 RGSZ) 静岡空港円礫 NS) 成田砂 IS-I) 稲城砂 Ⅰ IS-Ⅱ) 稲城砂 Ⅱ IS-Ⅳ) 稲城砂 Ⅳ TS) 豊浦砂 YG) 吉野川礫 ( 剪頭粒度 ) DG) 土器川礫 ( 剪頭粒度 ) NS, IS-I, IS -Ⅱ & IS-Ⅳ TS CBG1 CBG2 RGSZ DG CGR CCA RGYY YG 値は 98 % 程度であり 管理値の 92% よりもかなり大きく 対応する φ 0 は 50 o ~55 o にもなる. 標準的設計値として φ 0 =35 o を用いた時の主働土圧係数 K A は であり 良く締固まった盛土を代表して φ 0 =50 o を用いた時の K A は であるので 擁壁の安定に必要な補強材力は両者で二倍程度の差になる. したがって 良く締固めた場合で φ 0 =35 o を用いると 大きな冗長性が生まれることになる. 0 a) b) 含水比, w (%) 図 -2 各種砂礫材料 :a) 粒度特性 ; b) 締固め曲線 ( 修正 4, 5) プロクター 4.5Ec) a) 乾燥密度, d (g/cm 3 ) E 粒径 d, [mm] CBG2 RGYY DG RGSZ IS-I IS-Ⅳ IS-Ⅱ CGR YG CCA NS 4.5 Ec Degree b) 締固め度 of compaction,, (D D c4.5ec c ) (%) 図 -3 砂礫の c=0 とした φ 0 ( 拘束圧 50kPa): a)1ec と 4, 5) b)4.5ec での締固め度に対するプロット に示す D c の値は既に各層でラジオアイソトープ (RI 計器 ) によって 15 回測定した値の平均値であるから 個々の D c の測定値に対して設定する管理値は 90% となる. この場合 D c の全測定値の平均 TS IS-I) 稲城砂 Ⅰ IS-Ⅱ) 稲城砂 Ⅱ IS-Ⅳ) 稲城砂 Ⅳ NS) 成田砂 TS) 豊浦砂 RGYY) 新山本山ダム円礫 RGSZ) 静岡空港円礫 CCA) 破砕コンクリート CBG2) 千葉礫 (2) CGR) 粒度調整砕石 YG) 吉野川礫 ( 剪頭粒度 ) DG) 土器川礫 ( 剪頭粒度 ) 70 1Ec 締固めエネルキ (compacted - 標準プロクター at w ) & opt (1.0Ec) での最 sheared 大乾燥密度に対する締固め度 saturated or unsaturated D c 60 飽和良配合礫質土 50 Z.A.V.L 飽和良配合礫質土 飽和良配合砂質土 飽和良配合砂質土 Degree of compaction, D c1ec (%) 締固め度, (D c ) 1.0Ec (%) 4.5E 締固めエネルキ c (compacted - 修正プロク at w opt ) & sheared ター (4.5Ec) saturated での最大乾燥密 or 度に対する締固め度 unsaturated D c 飽和貧配合砂質土 ( 豊浦砂 ) 不飽和良配合礫質土 飽和貧配合砂質土 ( 豊浦砂 ) ,500 1, 管理値 = 92 % > 110 締固め度, D c (%) 路盤 1Ec (standard Proctor) D c の平均値 = 98.0 % 路床 4.5Ec (modified Proctor) D c の平均値 = 97.4 % 図 -4 高速道路盛土での締固め管理記録 (200kN 級振動ローラ 施工箇所 1 層ごとに 1 日 15 点 RI 測定 2004 年 11 月 ~2008 年 6 月 19,245 データ (94 工事 ), 最大粒径 40 mm 以下で細粒分含有率が 20 % 以下 ) 6) (2) 見掛けの粘着力擁壁の裏込め盛土は通常多少の細粒分を含み 常時は不飽和状態であるためサクションによる見掛けの粘着力を有する. このため GRS 擁壁が常時の安定に実際に必要な補強材力は 設計で想定する見掛けの粘着力が無い場合と比較すると大幅に小さい (1/10 の場合もある ). 設計で見掛けの粘着力を無視するのは 長期に亘る供用期間には何回か降雨や排水不良 あるいは両方のために 飽和度が高くなりサクションが消滅する可能性があるからである. 実際は十分な排水工が設置してあれば 豪雨時でも擁壁の裏込め盛土は一定の不飽和状態を保ち一定の見掛けの粘着力を発揮される. それでも 信頼できる値は予測できないため 安全側の処置として無視している. したがって 排水工が整備されているほど冗長性は高いであろう. また 地震と豪雨が同時生起する確率は低いが 1968 年十勝沖地震や 2004 年新潟県中越地震では豪雨直後に生じた. 耐震設計でも通常は擁壁の裏込め盛土の見掛けの粘着力は無視し飽和単位体積重量を用いている. これによって地震時での一定の冗長性が生まれる. (3) 壁面工基礎前面の受働土圧 GRS 擁壁では 通常壁面工の基礎は一定の根入れをするので その前面には一定の受働土圧が発揮される. そのため 補強材の実際に作用する引張り力は 受働土圧を無視して計算した値よりもかなり小さくなる. しかし 設計では壁面工の前面の地盤の不測の洗掘 掘削に備えて受働土圧抵抗を無視し

4 ている. このために GRS 擁壁は通常の状態ではかなり大きな冗長性を持つことになる. 少なくとも上記要因 (1)~(3) のために設計では GRS 擁壁の安定性を大きく過小評価しているため 通常は 常時での実測値 T m << 設計長期破断強度 T d となり 常時には大きな冗長性がある. 仮に設計で一定の見掛けの粘着力を考慮しただけでも 通常の GRS 擁壁ではジオシンセティックス補強材は常時では不要になる. 実際 一定の細粒分を含む砂質土の盛土では 補強材が無くてもかなりの高さまで常時には自立する ( 図 -5). しかし常時に十分大きな冗長性がないと 長期供用期間には何回か遭遇する豪雨等の異常時に対処できない. 構造形式 設計 施工の要因で冗長性が低いことに加えて 耐震設計をしていないか 十分に高い震度での耐震設計をしていなかったため 常時での冗長性が十分でなかった と思われる. 上記に基づくと 常時の測定値 T m << 設計長期破断強度 T d という事実に基づいて GRS 擁壁の設計荷重 ( すなわち設計土圧 ) を現在の設計値よりも下げるか あるいは耐震設計を実施しないとすると GRS 擁壁が持つ冗長性は全般的に低下して 異常時での崩壊事例が増加することになる. 両者を同時に実施すれば 冗長性は全般的に著しく低下して異常時の崩壊事例は確実に増加する. 図 -5 中細砂の盛土での鉛直掘削面 ( 見掛けの粘着力のため安定している ) 4. 耐震設計不要論について 以下 要因 (4)( 耐震設計 ) を議論する. 鉄道構造物設計標準 3) では 擁壁は高さによらずレベル 2 の設計地震動に対して耐震設計を行う. 一方 現在の AASHTO の設計指針では ( 水平最大加速度 )/ ( 地球の加速度 )= a/g<0.4 と設定された地域では擁壁の耐震設計が基本的に不要である. 我が国の道路土工擁壁工指針 7) では 高さ 8m 以下の擁壁は常時での作用に対して適切に設計 施工すれば耐震性が十分にある という趣旨が述べられている. これら耐震設計不要論は 耐震設計をしていな擁壁でも一定の地震動で崩壊しなかった事例に基づいている. そのような事例は 少なくとも前節で指摘した三つの要因 (1)~(3) のために常時で一定の冗長性を持っていたため と理解すべきである. 後に議論するように このような冗長性が適切に確保できるような構造形式 設計 施工を採用する必要がある. しかし 現状では適切な冗長性を確保する重要性が確実に認識されていない. そのため冗長性の大きさは 偶発的な面が強く異なる擁壁の間で一貫性がなく 定量化が困難であり信頼できない. 実際 従来形式の擁壁と GRS 擁壁を含む補強土擁壁が a/g<0.4 でも また高さ H<8.0 m でも 地震で崩壊した事例は少なくない. 図 -6 に示す重力式の擁壁含め多くの H<8m の擁壁が 1955 年阪神淡路地震で倒壊した 8).2011 年東日本大地震で a/g~0.3 で崩壊した補強土擁壁は少なくとも 2 例ある 9). 崩壊した擁壁は 図 年阪神淡路地震で倒壊した阪神電鉄石屋川駅周辺の重力式擁壁 (k h =0.2 で設計 ) 8) 上記の耐震設計不要論は特定の条件での事例に基づいた経験主義であり 次の基本的な問題がある. まず 耐震設計を行わなくても一定の耐震性があることを上記のように冗長性に基づいて説明する必要があるが なされていない. また 特定の条件で得られた経験は 一般的な条件に無条件に適用できない. たとえば 裏込め盛土の天端面が水平な擁壁と様々な勾配を持つ擁壁など多様な条件を持つ擁壁の常時と地震時の安定性を 特定の経験だけに基づいて予測できない. これらは 適切な安定解析によって初めて関連付けられる. さらに 耐震設計不要とする擁壁を地震動 a/g と擁壁高さ H の特定の制限値によって決めると a/g= 0.39 と 0.41 の間や H=7.9 m と 8.1 m の間のように 設計が不自然に不連続になる. そもそも a/g<0.40 あるいは H<8m で耐震設計が不要となる擁壁の全てが同様な耐震性を持つと想定することになるが それは事実に反する. 5. ジオシンセティックス補強材の引張り強度に関連した冗長性 ジオシンセティックス補強材の設計破断強度 T d は 図 -1 に示すように 新製品の急速引張り試験によって測定した引張り破断強度 (T ult ) を次式に従

5 って各種の 1.0 を超える低減係数で除して求める. Tult Td (1) RF RF RF ( FS) CR D ID overall RF CR はクリープ破断の可能性 RF D は長期化学的 生物学的劣化 RF ID は敷設時の損傷に対する低減係数であり (FS) overall は様々な不確定性をカバーするための全体安全率である. この方法には かなりの冗長性が含まれている. まず RF D と RF ID を掛け合わせていることは 両者を独立に扱い至る所で両者が同様に生じると仮定していることになる. この二つの現象は非常に不確定性が高いので この仮定は安全側の処置として採用されていると解釈できる. しかし 実際にはそのようなことは生じない. さらに 設計でクリープが生じるとする持続引張り荷重は設計破断強度 T d であるが 実際の常時での長期持続荷重 T m は T d よりも遥かに小さい ( 図 - 1). したがって クリープ破断の可能性はこの要因によって相当過大評価されている. 加えて (1) 式では RF CR と RF D を掛け合わせているが これは 全供用期間で長期劣化で強度低下後に 再度全供用期間に亘って持続荷重によってクリープ変形が生じる ことを意味する 10). 実際は 二つの現象は同時に進行するため この想定もクリープ破断の可能性を過大評価する. 以上のことから 実際にはクリープ破断の可能性は非常に低い. 実際 筆者はクリープ破断で崩壊した GRS 擁壁の事例を知らない. おそらく (1) 式に含まれる冗長性は GRS 擁壁全体の安定性を損なうことなく また過大な長期残留変形を生じさせることなく 一定程度低減できるであろう. 文献 11) では 地震時荷重に加えて常時の長期持続荷重に対してもクリープ低減係数を 1.0 にする設計法を提案している. (1) 式での各種低減係数を減少させると GRS 擁壁の安定に必要な所定の設計長期破断強度 T d から求めた材料強度 T ult は低下する. 一方 常時の測定値 T m << 設計長期破断強度 T d という事実に基づいて設計荷重 ( 主働土圧 ) を低下させた場合は 必要設計強度 T d が低下して必要材料強度 T ult は低下する. しかし 両者は同じ提案ではない. つまり 前者では設計荷重の低下を提案していないが 後者ではの設計荷重の低下を提案しているので 材料強度 T ult の低下だけでなくジオシンセティックス補強材の引抜け強度 壁面工と補強材の間の連結強度の低下 壁面工への作用土圧の低下 ( したがって壁面工の安定性の低下 ) に繋がる. 一方 盛土の良い締固めと排水工の整備の奨励には繋がらない. つまり 全般的な冗長性の低下となる.Koener ら 12) が行った 171 の補強土擁壁の崩壊事例の解析によると ジオシンセティックス補強材の破断で崩壊した事例はない. むしろ 盛土の不十分な締固め 排水工の不備 壁面工の過大な変形 崩壊 壁面工 補強材の連結部の破壊で崩壊した事例が殆どである. このことは GRS 擁壁全体を見れば 後者の提案 ( 設計荷重の低下 ) による冗長性の低下は崩壊事例の増加に繋がることを示唆している. 6. 幾つかの事例 (1) 見掛けの粘着力図 -7 は GRS 擁壁の角部がジオシンセティックス補強材の敷設を手抜きしたために崩壊した事例である. これは当然の帰結であるが この崩壊は建設後 1 年経過してから生じたことから 崩壊まで見掛けの粘着力が崩壊を防いでいたことが推察される. また 仮にこのような手抜きが無くて補強材が敷設されていたとすると 設計値よりも非常に小さな引張り力しか測定されていないはずである. 図 -7 ジオシンセティックス補強材が配置されていないため崩壊した GRS 擁壁の角部 ( 米国 ) 図 -8 は GRS 擁壁の実大模型の鉛直載荷試験を示す. 建設後数年に亘る長期観測を行ったが非常に安定していたため 天端からの鉛直載荷によって破壊させて壁面工の構造が GRS 擁壁の安定性に与える影響を検討した. 図 -8c に パネル式壁面工の試験区間を鉛直載荷で破壊させた後 崩壊メカニズムを調べるために掘削して露出した鉛直面を示す. 壁面工が無いのにも関らず 補強部だけでなく中央の無補強部も安定した鉛直自立壁面となっている. この状態での補強部のジオシンセティックス補強材の引張り力は 設計値よりも遥かに小さいはずである. これは 盛土材 ( 稲城砂 ) の細粒分含有率は 15% であり ( 図 8d) 不飽和状態であったため 見掛けの粘着力があったためである. この事例は例外ではない. しかし 設計は常時のこのような状態を対象としていない. 仮に 設計土圧をこのような挙動に基づいて決定した場合は非常に小さい値となり 安定に必要な補強材は非常に少量になる ( あるいは不要になる ). しかし 供用期間中降雨時には極めて危険な状態になることは自明である. (2) 盛土の不十分な締固め図 -9 に示す事例では 盛土の不十分な締固めのため 補強領域内に配置されていた縦排水孔と水平排水パイプの連結部が盛土の沈下によって破断した. このため 雨水が盛土内に浸透して盛土の飽和度が上昇し見掛けの粘着力が減少して沈下が進行するという悪循環が生じ 盛土が大変形した 15). 元来排水設備を補強領域内に設置すべきではないが この現場で仮に盛土の締固めが良ければ 湿潤化しても有害なコラプス沈下を防ぐことができたはずである

6 重量通過百分率 a) 1995 年阪神淡路大震災でのレベル 2 地震動に耐えた. これは 耐震設計に冗長性があったからである. すなわち 盛土材は良配合な砂であり 1Ec での締固め度の管理値が 90% であり 実際の φ 0 の値は 42 o と推定される 16). しかし 設計では標準的な値の φ 0 =35 o を用いた. これは 実際の値を過小評価していたと思われる. また 盛土材の細粒分含有率は 9% であり 地震前は晴天がかなり続いていた. したがって 見掛けの粘着力は一定程度あったと推定されるが 設計では無視した. さらに 設計では壁面工基礎の受働土圧も無視したが 図 -10b を見ると実際には一定の受働土圧が発揮されたと思われる. b) a) c) 稲城砂バッチ No. 8 G s = 2.69 D 50 = mm U c = 18.8 FC = 15 % b) 図 -10 JR 西神戸線の たなた での剛な一体壁面工を持つ GRS 擁壁 :a) 建設直後 (1992 年 );b)1995 年阪神淡路地震の一週間後 13, 16) 0 1E-4 1E d) 粒径, D (mm) 図 -8 鉄道総合技術研究所に建設された実大 GRS 擁壁の 13, 載荷試験 14) : a) 載荷方法 ; b) 載荷中 ; c) パネル式壁面工の試験区間の鉛直掘削断面 ( はすべり面の位置を示す ); d) 稲城砂の粒度分布 このタイプの GRS 擁壁は現在ではレベル 2 地震動に対して耐震設計している.2011 年東日本大震災では 数多くのこのタイプの GRS 擁壁が a/g> 0.4 であっても無被害であった 17). しかし これ以外の GRS 擁壁も同様な耐震性を持っているとは限らない. 少なくとも二つの他のタイプの補強土擁壁が a/g=0.30 で崩壊した 9). これらのことは a/g の値だけで一律に耐震設計が必要か不要かを決定することはできないことを示している. 7. 適切な冗長性を確保するためには? 18) 図 -9 本来低コストの GRS 擁壁を高コストのアンカー工法 15) で補修した例 (3) 冗長性により地震による崩壊を免れた GRS 擁壁図 -10 に示す剛な一体壁面工を有する GRS 擁壁は レベル 1 設計地震動に対して設計されていたが 適切な冗長性の前提は 適切な構造形式 構造形式の選定以外での適切な設計 適切な施工である. (1) 適切な構造形式の三つの要因 (a) 破壊開始に必要な荷重 ( 破壊強度 ) が大きい. (b) 構造靭性 (ductility) が大きい : 破壊開始後の構造安定性の低下率が低く 完全な崩壊に至るのに必要なエネルギーが大きい

7 (c) 構造一体性 (integrity) が高い : 部分破壊が全体破壊に至りにくい. 例えばパネル式の壁面工は パネル一枚の破損が壁面工全体から擁壁全体の破壊に至る場合があり 構造一体性が低い. GRS 擁壁では 剛な一体壁面工の採用によってこれらの要因のレベルは向上すると考えられる. (2) 適切な設計の三つの要因 (a) 適切な耐震設計 : これによって常時の冗長性が確保されて 残留変位 変形が減少して維持管理が容易になる. (b) ジオシンセティックス補強材の適切な配置 ( 十分な強度 長さ 密度 ) 安定な壁面工と 壁面工と補強材の高い連結強度が重要である. (c) 適切な構造形式の採用と適切な施工の実施を奨励する設計法 : ピーク摩擦角 φ peak は締固め度が向上するほど増加するので 残留摩擦角 φ residual に加えて φ peak も設計で用いることによって より良い締固めが奨励される.φ peak と φ residual を用いる動土圧算定法として修正物部岡部法 19) が φ peak と φ residual を用いる残留すべり量の算定法として修正 Newmark 法 20, 21) が実用化されている 3). 地震時の残留変位 変形は 構造延性が大きいと小さくなるので これで安定性を評価すれば延性の高い構造形式の採用が奨励される. 一方 盛土材の粒径が大きくなるほど摩擦角の φ peak から φ residual への低下に伴うすべり量が大きくなることから 上記修正 Newmark 法の解析でより延性的な挙動を示すことになる. しかし 現在の設計 3) ではこの要因は考慮していない. また 構造一体性も設計で考慮できれば一体性が高い構造形式が奨励される. 剛で一体壁面工を使用すると天端近くの集中荷重に対して高い構造一体性を示すことは 現在の設計法 3) で考慮されている. 一方 部分破壊が全体安定に及ぼす影響の評価には強度のばらつきを考慮した三次元安定解析が必要であるが 現在の段階ではその解析法は提案されていないようである. (d) 設計では 適切な構造形式 設計 施工によって生み出された安定性の全ては考慮しない. このことによって 安全率を超えた冗長性を確保する. 例えば φ peak を設計で用いる場合でも安全側に設定し 排水工が十分でも見掛けの粘着力を無視し 壁面工基礎前面の受働土圧を無視する. また 現在の設計では構造延性と構造一体性の評価が不十分であるから 実際にこれらの要因が大きい構造形式ほど 冗長性が大きくなっている. (3) 適切な施工の三つの要因 (a) 出来るだけ締固まりやすく排水性の良い盛土材を用いる. (b) 出来るだけ良く締固める ( これについては 文献 22) で詳細に論じている ) (c) 十分な排水設備 : 豪雨時に正の間隙水圧が発生しないようにする. サクションが維持できれば 図 -3b に示すように良く締固めることよってせん断強度が増加する. 適切な構造形式 適切な設計 適切な施工が総合されて冗長性が十分に確保されれば 常時の維持管理が容易になり 不測の異常事態でも崩壊しない確率が高くなる.GRS 擁壁全体を供用期間に亘って見れば このような冗長性の確保に必要なコストは 冗長性が不足した場合の維持管理費の増加と崩壊事例の増加によるコスト増加よりも低い. また 従来形式の擁壁よりも低いコストで 十分高い冗長性を確保した GRS 擁壁を建設できた実績がある 2, 8, 17). 8. まとめ 本来 GRS 擁壁は経済的で耐力が高く 構造延性があり比較的大きな変形が可能で脆性的には崩壊しない. しかし 壁面の過度の変形を伴って崩壊する例が非常に多い. それは 主に壁面工と補強材の連結部の破損 ( その部分でのジオシンセティックス補強材の破断も含む ) が関連している. これは 盛土の締固め不足や排水不良などによる冗長性の低下によって引き起こされる. 適切な ( あるいは十分大きな ) 冗長性の確保には 適切な構造形式の選択と適切な設計が必要である. 設計では 通常の土構造物と同様に盛土の締固め度を安全側に想定して安全側のせん断強度を採用して見掛けの粘着力を無視するとともに 壁面工基礎前面の受働土圧を無視するのが適切である. 同時に 壁面工自体の安定性と壁面工とジオシンセティックス補強材の連結部の強度の確保が重要であり 適切な耐震設計が必要である. 適切な解析法によって 想定する極限状態における擁壁全体の安定性を適切な盛土の設計せん断強度とジオシンセティックス補強材の設計破断強度を用いて確認する必要がある. 適切な施工とは 設計で想定した状態 ( 許容下限値に等しい締固め度 サクションゼロ 壁面工基礎前面の受働土圧ゼロ ) の実現ではなく 出来るだけ良い盛土材を用いて出るだけ良く締固め 排水工を整備することによって適切な冗長性を生み出すものである. また 締固め度の向上によって増加する盛土材のピーク強度を設計で用いることによって 良い締固めが奨励される. 排水工の整備によって豪雨時でもサクションは残留する可能性が高くなり 安定性が向上する. その上で 設計で上記のように創出された安定性の全ては考慮しない. そのことによって 冗長性が確保される. 十分大きな冗長性を持つ GRS 擁壁は 維持管理費が低減し設計で想定したレベルを超える異常時にも生き残る可能性が高くなる. そのために必要なコストは 冗長性の不足による維持管理費の増加と破壊対応のコスト増加よりも小さい. 参考文献

8 1) Leshchinsky, D. and Tatsuoka, F.: Performance, design, and redundancy, Geosynthetics, June/July, pp.12-21, ) 高野裕輔 米澤豊司 山崎貴之 館山勝 龍岡文夫 : 北海道新幹線における様々なジオシンセティックス補強土構造物 IGS 日本支部学術誌ジオシンセティック論文集 Vol.28, ) 鉄道構造物等設計標準 同解説 ( 耐震設計 )( 平成 11 年 10 月 ): 鉄道総合技術研究所編 丸善, ) Tatsuoka, F.: Laboratory stress-strain tests for the development of geotechnical theories and practice, Bishop Lecture, Prof. 5 th International Conference on Deformation Characteristics of Geomaterials, Seoul, Korea, Sept., pp.3-50, ) 龍岡文夫 : 連載 地盤工学 技術ノート 第 2 回盛土の締固め 2 雑誌基礎工 8 月号, 頁, ) 横田聖哉 中村洋丈 : 高速道路盛土における締固めの設計と管理 雑誌基礎工 7 月号, 頁, ) 道路土工擁壁工指針 ( 平成 24 年度版 ): 第 5 コンクリート擁壁, 89 頁, ) Tatsuoka, F., Tateyama, M, Uchimura, T. and Koseki, J.: Geosynthetic-Reinforced Soil Retaining Walls as Important Permanent Structures, Mercer Lecture, Geosynthetic International, Vol.4, No.2, pp , ) Kuwano, J., Koseki, J. and Miyata, Y.: Performance of reinforced soil walls in the 2011 Tohoko Earthquake, Proc. of Geosynthetics Asia 2012, 5th Asian Regional Conference on Geosynthetics, Bangkok, ) Kongkitkul, W. Tatsuoka, F. and Hirakawa, D.): Creep rupture curve for simultaneous deformation and degradation of geosynthetic reinforcement, Geosynthetics International, Vol.14, No.4, pp pp , ) 龍岡文夫 篠田昌弘 内村太郎 : ジオシンセティック補強材の設計破断強度におけるクリープ低減係数の意味について IGS 日本支部学術誌ジオシンセティック論文集 Vol.19,pp , ) Koerner, R. M., Naei, P. E. and Koerner, G. R.: Failed geosynthetic-reinforced mechanically stabilized earth (MSE) walls, Geosynthetics and Geomembranes, Vol.40, October, pp.20-27, ) Tatsuoka, F., Koseki, J., and Tateyama, M.: Performance of reinforced soil structures during the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake, Special Lecture, International Symposium on Earth Reinforcement (IS Kyushu 96), Balkema, Vol.2, pp , ) Tatsuoka, F., Tateyama, M., Tamura, Y. and Yamauchi, H.: Lessons from the failure of full-scale models and recent geosynthetic-reinforced soil retaining walls, Proc. the second Asian Geosynthetics Conference, GeoAsia 2000, Kuala Lumpur, Vol.1, pp.23-53, ) Leshchinsky, D. and Ling, H. I.: 米国と豪州での二つの補強土擁壁の崩壊例と教訓 特集 : 補強土壁の信頼性 雑誌基礎工 10 月号 頁, ) Tatsuoka, F., Koseki, J., Tateyama, M., Munaf, Y. and Horii, N.: Seismic stability against high seismic loads of geosynthetic-reinforced soil retaining structures, Keynote Lecture, Proc. 6 th Int. Conf. on Geosynthetics, Atlanta, 1: pp , ) Tatsuoka, F., Tateyama, M. and Koseki, J.: GRS structures recently developed and constructed for railways and roads in Japan, Keynote lecture, Proc. 2 nd International Conference on Transportation Geotechnics (IS-Hokkaido 2012) (Miura et al., eds.), pp.63-84, ) 龍岡文夫 : 補強土擁壁が信頼されるには? 特集 : 補強土壁の信頼性 雑誌基礎工 10 月号 2-11 頁, ) Koseki, J., Tatsuoka,F., Munaf, Y., Tateyama, M. and Kojima, K.: A modified procedure to evaluate active earth pressure at high seismic loads, Soils and Foundations, Special Issue, , ) Duttine, A. 龍岡文夫 堀井克己 矢崎澄雄 毛利栄征 : ひずみ軟化と非排水繰返し載荷による強度低下を考慮したニューマーク法による地震時斜面変位推定 48 回地盤工学会研究発表会 ( 富山 ), ) 矢崎澄雄 Duttine, A. 龍岡文夫 毛利栄征 : 載荷中の強度低下を考慮したニューマーク法による地震時斜面変位の解析例 48 回地盤工学会研究発表会 ( 富山 ), ) 龍岡文夫 : 乾燥密度と飽和度に基づく盛土の締固め管理 第 10 回地盤工学会関東支部発表会 (GeoKanto 2013), 10 月, IMPORTANCE OF REDUNDANCY IN THE STABILITY OF GRS RETAININIG WALLS Fumio TATSUOKA and Dov LESHCHINSKY A number of Geosynthetic-Reinforced Soil Retaining Walls (GRS RWs) collapsed during heavy rainfalls and earthquakes in Japan. In the US, most collapse cases are in the private sector. The collapse is due to insufficient redundancy resulting from excessively economical, therefore inadequate, structure type, design and construction. As the actual soil density is higher than the design value while the apparent cohesion due to suction and the passive earth pressure on the front face of the facing base are ignored in design, GRS RWs have redundancy that is not covered by the safety factor. They have rather large redundancy under normal ordinary conditions and it increases by seismic design. The redundancy increases by good structure, good design and good construction, reducing the long-term maintenance cost and the cost by failure/collapse. The method to have relevant redundancy is discussed. KEYWORDS: Construction, Design, GRS Retaining Wall, Redundancy, Structure Type

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6 不静定力学 Ⅱ 骨組の崩壊荷重の計算 不静定力学 Ⅱ では, 最後の問題となりますが, 骨組の崩壊荷重の計算法について学びます 1 参考書 松本慎也著 よくわかる構造力学の基本, 秀和システム このスライドの説明には, 主にこの参考書の説明を引用しています 2 崩壊荷重 構造物に作用する荷重が徐々に増大すると, 構造物内に発生する応力は増加し, やがて, 構造物は荷重に耐えられなくなる そのときの荷重を崩壊荷重あるいは終局荷重という

More information

技術解説_有田.indd

技術解説_有田.indd Acceleration / G 2 18 16 14 12 1 8 6 4 2 Damping : 1. Period / s XY.1.1 1. 6533 283 3333 423 155 15 (X) 26.12 Hz 15 12 (Y) 28.32 Hz (Z) 43.98 Hz GS Yuasa Technical Report 211 年 6 月 第8巻 水平方向 X_3G 1.7e+7

More information

解析センターを知っていただく キャンペーン

解析センターを知っていただく キャンペーン 005..5 SAS 問題設定 目的 PKパラメータ (AUC,Cmax,Tmaxなど) の推定 PKパラメータの群間比較 PKパラメータのバラツキの評価! データの特徴 非反復測定値 個体につき 個の測定値しか得られない plasma concentration 非反復測定値のイメージ図 測定時点間で個体の対応がない 着目する状況 plasma concentration 経時反復測定値のイメージ図

More information

WTENK5-6_26265.pdf

WTENK5-6_26265.pdf 466 2014年秋季 極域 寒冷域研究連絡会 の報告 海 カラ海 北大西洋 北米大陸の北部 東アジアで が多重に見られることが多い 南極昭和基地 69.0 S, 寒気質量の減少傾向が 中央シベリアの内陸部とベー 39.6 E における PANSY レーダー Sato et al.2014 リング海で寒気質量の増加傾向が5つの再解析データ のデータは このような小さな に共通して見られた 中央シベリアの内陸部の寒気質

More information

グループ事業内容 グループ事業内容 トップシステムフロア エコエアーフローリング トップシステムフロア エコエアーフローリング オリジナルフローリング 管理 01 02

グループ事業内容 グループ事業内容 トップシステムフロア エコエアーフローリング トップシステムフロア エコエアーフローリング オリジナルフローリング 管理 01 02 トップシステムフロア トップ三段ゴム の特長 乾式二重床の床衝撃音レベル低減性能は共振周波数を低くすることで改善することが知られています 共振周波数を低くするには支持脚 ゴム形状が重要なポイントです ツバあり支持脚を採用している トップ三段 ゴム は共振周波数が低く 優れた床衝撃音レベル低減性能を発揮します その理由はツバ下面で受けた振動を トップ三段ゴム がコンクリートスラブに徐々に伝えることでゴムの硬化を防ぎ共振周波数が低くなります

More information

国際関係研究 日本大学 第 36 巻 1 号 平成 27 年 10 月 15 公的年金の将来 鍵を握る賃金 物価と労働生産性 2014 年財政検証を基に 法 專 充 男 Mitsuo HOSEN. Future of Japan s Public Pension: Crucially Dependent on Wage, Price and Labour Productivity. Vol.36,

More information

16 コンクリートの配合設計と品質管理コンクリートの順に小さくなっていく よって, 強度が大きいからといってセメントペーストやモルタルで大きい構造物を作ろうとしても, 収縮クラックが発生するために健全な構造物を作ることはできない 骨材は, コンクリートの収縮を低減させ, クラックの少ない構造物を造る

16 コンクリートの配合設計と品質管理コンクリートの順に小さくなっていく よって, 強度が大きいからといってセメントペーストやモルタルで大きい構造物を作ろうとしても, 収縮クラックが発生するために健全な構造物を作ることはできない 骨材は, コンクリートの収縮を低減させ, クラックの少ない構造物を造る 1 コンクリートの基本的性質と配合 コンクリートは, セメントと岩石の粒である骨材に水を加えて混合したものである 混合直後には粘りのある液体であるが, セメントは水との化学反応により硬化していくため, 時間の経過とともに固まっていく セメントと水の反応は 水和反応 と呼ばれる 骨材は,5 mm のふるい目を通る粒径のものを 細骨材, それより大きい粒径のものを 粗骨材 と呼ぶ 水とセメントの混合物を

More information

Microsoft PowerPoint - stat-2014-[9] pptx

Microsoft PowerPoint - stat-2014-[9] pptx 統計学 第 17 回 講義 母平均の区間推定 Part-1 014 年 6 17 ( )6-7 限 担当教員 : 唐渡 広志 ( からと こうじ ) 研究室 : 経済学研究棟 4 階 43 号室 email: kkarato@eco.u-toyama.ac.j website: htt://www3.u-toyama.ac.j/kkarato/ 1 講義の目的 標本平均は正規分布に従うという性質を

More information

0100表紙(160401) END.xls

0100表紙(160401) END.xls 施工パッケージ型積算方式における基準単価 ( 東京 ) 対応一覧 目 次 1.[ 一般土木 ] ----------------------------------------------- 基準単価 ( 東京 )- 1 2.[ 港湾 ] ----------------------------------------------- 基準単価 ( 東京 )- 11 2.[ 空港 ] -----------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 00.マニュアル表紙.docx

Microsoft Word - 00.マニュアル表紙.docx 土木用木材の使い方 (Ver.1) - 平成 24 年 6 月 - 大分県農林水産研究指導センター林業研究部 1 2 3 4 5 樹種基準強度 (N/ mm2 ) これらの基準強度の単位は N/ mm2であり 実際の強度は 圧縮 引張り せん断強度は面 6 7 許容応力度 ( 単位 :N/ mm2 ) 8 9 (N/ mm2 ) (N/ mm2 ) (kn/ mm2 ) また 等級区分しないときの

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

<4D F736F F F696E74202D B C48D A8893AE8FF38BB55F8C9A8B408BA62E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B C48D A8893AE8FF38BB55F8C9A8B408BA62E B8CDD8AB B83685D> 米国におけるIC( インテリジェントコンパクション ) に関わる活動状況 2008. 10. 24 1. アイオワ州で実施された IC ワークショップについて 2. ミネソタ州での当社製システムによるデモ施工についてに 酒井重工業 ( 株 ) 技術研究所内山 IC( インテリジェントコンパクション ) について 米国 FHWA(Federal Highway Administration; 連邦道路庁

More information

untitled

untitled ② ICM & Safety Division Newsletter No.24 解 説 ISO12100とはどのような内容か 長岡技術科学大学システム安全系 福田 隆文 ISO12100は機械安全の基本規格で 本ニュースレタ それぞれの技術原則を提示している 具体的な内容はぜ ーでも何回か取り上げられているように機械安全の実現 ひ規格を見て頂きたい 自分の担当している機械 設備 の仕方の原則を決めている

More information

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc ハンディサーチ NJJ-105 の平均波処理について 2010 年 4 月 株式会社計測技術サービス 1. はじめに平均波処理の処理アルゴリズムの内容と有効性の度合いを現場測定例から示す まず ほぼ同じ鉄筋かぶりの密接鉄筋 壁厚測定時の平均波処理画像について また ダブル筋 千鳥筋の現場測定例へ平均波処理とその他画像処理を施し 処理画像の差について比較検証し 考察を加えた ( 平均波処理画像はその他の各処理画像同様

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

6-3

6-3 6-3 6-3-1 2 3 2 168 6-10 169 6-3-2 空間形成への影響要因 以上のような過程を経て白山 2 丁目地区の斜面地は現在の状況を呈するようになるわけだが 斜面地の空間形成に関わる要因としては 次の 3 点が挙げられる 例えば 白山地区の台地端に 向かって南北に伸びる袋小路周辺 以下 A 図 6-10 では 3 つの因子が複合作用しながら斜 面地空間を構造的に規定するとともに

More information

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています : 該当なし

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています : 該当なし NAS 251 RAID の概要 RAID でストレージボリュームをセットアップする A S U S T O R C O L L E G E コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. RAID とそのさまざまな構成の基本的理解を深める 2. RAID で新しいストレージボリュームをセットアップする 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています

More information

seika.PS

seika.PS Carrier Gas Distiled Water Heater Mixed Gas Carrier gas with H 2 O Mixed Gas Inlet Sample Purge Ar gas Quartz Rod Quartz Tube Furnace Thermo Couple Clucible (Molten Salt) Gas Outlet アクティブ制御を用いた長尺アームの制振制御

More information

Maximo_PDF_Final_070927.pdf

Maximo_PDF_Final_070927.pdf Special Interview IBM Special Interview IBM Maximo Asset Management 1 Special Interview AM PM PM LM CM IBM Maximo Asset Management 2 Special Interview IBM Maximo Asset Management 3 Special Interview LCMにはユーザーズ

More information

.....u..

.....u.. 研究報告 新潟県中越地震による信濃川の河川堤防被害調査について 折敷秀雄 調査第一部 河川流域管理室長 防のうち 今回 再度被災した区間があったこと S39年新潟地震で被災して原型復旧し その後に緩 傾斜堤防とした区間が今回無被災であったこと 本稿では 上記被災堤防について調査 研究した以下 研究の背景と目的 の事項について記述している 本復旧工法の提案に関する事項 平成16年10月23日 日 17時56分頃

More information

製品ラインナップ2015年2月版

製品ラインナップ2015年2月版 Check Point 2 3 4 5 6 7 8 9 SecurityPowerとは セキュリティ アプライアンスの実際の性能を評価し 将来の要件にも対応するアプライアンスを把握する指標 SecurityPower 従来 特定の導入環境に最適なセキュリティ アプライアンスを選定することは容易な作業ではありませんでした コンピューティング環境の セキュリティ要件は組織によって大きく異なり セキュリティ

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

<4D F736F F F696E74202D E9197BF C A8B9091E5926E906B82D682CC91CE899E82CC95FB8CFC90AB2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D E9197BF C A8B9091E5926E906B82D682CC91CE899E82CC95FB8CFC90AB2E B8CDD8AB B83685D> 資料 3-3 地震を巡る最近の動きと 今後の対応について 平成 25 年 3 月経済産業省商務流通保安グループ 目次 ページ 1 産業保安各法令で求める耐震基準 2~3 2 地域係数のマップの比較 4 3 地震動予測の変化 5 4 想定する頻度による地震動の違い 6 5 東日本大震災を踏まえた耐震基準の検討結果 7 6 南海トラフ巨大地震 首都直下地震等の想定 8 7 地震を巡る今後の対応を検討するに当たり考慮すべき事項

More information

01.eps

01.eps 岐阜県内の主な活断層と海溝型地震 層 断 地 断 大原 山 寺 地域の危険度マップ 地震ハザードマップを作成するにあたり 震 地震 層帯 町では 地震による被害が大きいとされる 関ヶ原 養老断層系地震 と 切迫性の 高い 複合型東海地震 を想定地震として 町で予想される震度 建物の被害状況を 平成17年3月に内閣府が策定した 地震防災マップ作成技術資料 にもとづき計算 阿 高 跡 川 津 地域の危険度マップとは

More information

H1101162/研究紀要Ⅶ(表紙).indd

H1101162/研究紀要Ⅶ(表紙).indd 写 真 1 香 川 県 庁 舎 旧 本 館 と 丹 下 健 三 ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 写 真 2 浅 田 孝 ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 写 真 3 神 谷 宏 治 ( 右 )と 金 子 正 則 ( 左 ) ( 工 学 院 大 藤 森 研 究 室 所 蔵 ) 図 1 南 庭 プレ 案 ( 香 川 県 所 蔵 図 面 をトレース) 写 真 4 南

More information

ISMS認証機関認定基準及び指針

ISMS認証機関認定基準及び指針 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS 認証機関認定基準及び指針 JIP-ISAC100-3.1 2016 年 8 月 1 日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 106-0032 東京都港区六本木一丁目 9 番 9 号六本木ファーストビル内 Tel.03-5860-7570 Fax.03-5573-0564 URL http://www.isms.jipdec.or.jp/ JIPDEC

More information

平成14年3月11日

平成14年3月11日 戦 -11 土 構 造 物 の 特 性 を 踏 まえた 性 能 設 計 に 関 する 研 究 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 ( 一 般 勘 定 ) 研 究 期 間 : 平 1~ 平 4 担 当 チーム: 材 料 地 盤 研 究 グループ( 土 質 振 動 ) 研 究 担 当 者 : 佐 々 木 哲 也 榎 本 忠 夫 中 島 進 要 旨 本 研 究 は 従 来 の 経 験 技 術 を

More information

PDF用.indd

PDF用.indd P OINT P OINT POINT P OINT 1 BARRIERLESS FLOOR BARRIERLESS FLOOR CONTENTS POINT 1-2 3-4 5-6 7-8 POINT 1 9-10 11 12 13 14 15 16 17-18 19-20 21-22 2 3 23-24 25-26 27-28 29-30 BARRIERLESS FLOOR 2 実証主義 KIRIIはより良い製品を皆様にお届けするために

More information

大阪のまちづくり Vol.17

大阪のまちづくり Vol.17 大阪の 快適で安全な街をめざして 大阪府都市整備推進センターの取り組み情報をお届けします 17 Vol. 2 0 1 2 年 6 月 特 集 エリアマネジメント 土地区画整理事業の事例紹介 密集市街地整備の事例紹介 まち育てについて 河川賑わい空間創出事業 ちきりニュース まちづくり活動 まちづくり活動支援 INFORMATION お知らせ 情報BOX まちづくりの輪 環境共生型まちづくり事 業 ちきりアイランドの

More information

<834B8343836883758362834E8D5C90AC8D8096DA31322E786C73>

<834B8343836883758362834E8D5C90AC8D8096DA31322E786C73> 4 大地震時 阪神 淡路大震災 の被害例 被害を受けた事例 被害の様子を実際の例で紹介します 地盤が悪い場合の例 地盤 基礎 土台に問題がある場合の例 擁壁と共に地盤が崩れ 建物基礎が崩壊している 建物が斜めに沈下している こうなると 建物は足元から崩れてしまう 白蟻か雨水かにより 土台が腐っている場合の例 壁量が足りない場合の例 壁も崩落している 1階の柱が傾斜し 壁が崩落している 柱と土台の緊結がされておらず

More information

<4E6F2E3835955C8E8687408743205B8D5890568DCF82DD5D2E6169>

<4E6F2E3835955C8E8687408743205B8D5890568DCF82DD5D2E6169> ストックマネジメント ① 施設の状況 面バンド工法を採用しました 対象となる管水路は ダグタイル鋳鉄管で管経 本工法による施工は 以下の手順で行いました φ 700 1000 で昭和 42 年に完成し 40 年程が ⅰ ゴムの輪を継ぎ手に沿ってセットする 写 経過しています 近年 漏水事故が毎年のように 発生しており 畑かんの断水 周辺への浸水が発 真 3 ⅱ ステンレスの輪をゴムの輪に沿わせる 写

More information

LFB_H1-4_0916out [更新済み]

LFB_H1-4_0916out [更新済み] EPS EPS With shorter construction time, minimization of space and affiliated works, it highly reduces the total construction costs. LITEFIL TM brand polystyrene foam blocks can be installed without using

More information

9 2

9 2 NW 9 9 2 リア ル モ バ イ ル の た め に 積 み 重 ねられ た 優 れ た 堅 牢 性 へ のこだわり ねじれに強く 高い剛性を発揮する 東芝オリジナルのボディ構造を全面採用 薄型軽量パネルを採用 液晶パネル バスタブ構造 液晶パネルの軽量化は ノートCを90度以上開いた状態でも重量バランス 東芝は 薄さを維持しながら高いボディ剛性を実現するオリジナル設計の を適切に保つために重要なポイントです

More information

2

2 特集に当たって 本年の警察白書の特集テーマは 安全 安心なインターネット社会を目指して である 我が国においては 2005年度までに世界最先端のIT国家となる との目標を掲げた e-japan戦略等の5年間において ブロードバンドインフラの整備と利用の広がり等の面で 世界最先端を実現するなど 国民生活の利便性が飛躍的に向上し 情報通信ネットワーク が社会 経済活動上 極めて重要なインフラとなった 一方で

More information

図3 2からみると 要求希望賃金が就職率に大きな影響を与える たとえば 要求希望 賃金が 1000元以下 の場合 就職率が一番低く 要求希望賃金が 2000 3000元 の場 合 就職率が一番高い 2000 3000元 の範囲を超えると 要求希望賃金が高くなるほ ど 就職率も下がっていく 樋口美雄の就業決定モデルでは 市場賃金が留保賃金12より 高いとき 就業すると指摘している 今回の調査では 延辺大学生の要求希望賃金は

More information

ETVAAA+ArialMT Adobe Identity 0

ETVAAA+ArialMT Adobe Identity 0 1335650 ヲ ヲオヲァヲャヲ ヲアヲゥヲイ ヲウヲァヲイ ヲェヲエヲ ヲ ヲアヲュヲァヲイヲ ヲクヲイ (ヲウヲ ヲエヲカヲッヲイ 6メ2ヲ ヲエヲウヲ ヲアヲッ) 2009-12-23 ICS: 93.160 1 71 71 71 7 1 71 7 1501-11-02-05-00:2009 1 71 71 71 71 71 71 7H 1 71 71 71 71 71 71 7 1 71

More information

untitled

untitled Japanese Journal of Administrative Science Volume 21, No.3, 2008, 239-251. Case Study 中国における知識創造マネジメントの実践的な展開 海爾集団を事例として The Practice of Knowledge Creation Management in Chinese Companies: The Case of

More information

西松建設技報

西松建設技報 西松建設技報 VOL.33 東京国際空港 D 滑走路の施工について The Construction of Tokyo International Airport D-Runway Shuji Kimura Kazuyuki Ishihara Hitoshi Mori Hidetoshi Hanafusa 要 約 D 1,600 t 1 100 mm 23 mm 125 mm 31 mm SGMSuper

More information

FD12_02-09_下

FD12_02-09_下 2 0 0 7 12 vol.12 2007 03-09 10-13 14-15 16 2 2 0 0 7 3 2007Vol.12 4 Grand Prix Special Prizes and contest participants 6 5 2007Vol.12 R E V I E W 7 2007Vol.12 8 Discussion 9 2007Vol.12 R E V I E W 10

More information

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回>

【NanotechJapan Bulletin】10-9 INNOVATIONの最先端<第4回> 企画特集 10-9 INNOVATION の最先端 Life & Green Nanotechnology が培う新技術 < 第 4 回 > プリンテッドエレクトロニクス時代実現に向けた材料 プロセス基盤技術の開拓 NEDO プロジェクトプロジェクトリーダー東京 学教授染 隆夫 に聞く 図6 4 3 解像度を変えた TFT アレイによる電子ペーパー 提供 凸版印刷 株 大面積圧力センサの開発

More information

<4D F736F F D CF906B C98AD682B782E982B182C A2E646F63>

<4D F736F F D CF906B C98AD682B782E982B182C A2E646F63> 耐震診断に関すること 1. 耐震診断とは どのようなことをするのですか? [1-A] 図面と建物を確認し 計算により耐震性を算出します 耐震診断は 建物の地震に対する強さを計算するもので 建物が建っている土地の状況や建物基礎 壁の量と強さ 屋根の種類 建物の老朽度などを調べます このため 図面を参考にしながら 建物の外回りを目視で確認するとともに 室内から床下や天井裏を調査します また 必要により基礎の鉄筋の有無や建物の傾斜を測定することもあります

More information

越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドール

越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドール 越智啓太 福田由紀 のが現状である そこで本論文では 主としてアメリカ の研究者によって追試されている たとえば August とイギリスにおける心理学的手法を用いた性的虐待の識 Forman 1989 は 性的虐待被害児童は アナトミカ 別についての研究の状況を調査し これらの方法を本邦 ルドールに対して攻撃行動をしやすかったり 性器をさ の虐待関係の現場に導入することを念頭に置きながら わったりいじっている時間が多かったり

More information

6 6. 圧密理論 6. 圧密理論 6.. 圧密方程式の誘導 粘土層の圧密原因とメカニズム 地下水位の低下 盛土建設 最終圧縮量と圧縮速度 6. 圧密理論 記号の統一間隙水圧 ( 絶対圧 ): u 間隙水圧 (gauge 圧 ): u u p a ( 大気圧 ) 過剰間隙水圧 : Δu ( 教科書は これを u と記している 初期状態が u p a で u の時で uδu の状態を対象にしている ) 微小の増分

More information

draft Japan PV comments final v2_Japanese_Reviewed_For Client ICCT comments 1020_Clean Version +dr

draft Japan PV comments final v2_Japanese_Reviewed_For Client ICCT comments 1020_Clean Version +dr 1225 I Street NW Suite 900 Washington DC 20005 +1 202.534.1600 www.theicct.org 2011 9 22 100-8931 1-3-1 100-8910 2-1-3 International Council on Clean Transportation ICCT 2020 ICCT ICCT ICCT ICCT 1998 ICCT

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情 1 1 2 1 2 2 3 4 4 3 4 3 5 1400 53 8.8 11 35 6 5 6 20012Q 926 1,438 15.032.2 4 ART 7 8 9 7 8 9 5 19712000 30 33 60 10 33 10 60 70 30 40 6 12 3000 2000 7 沈降した後 付近の流れに乗って海中を水平に漂流するように設計されている その後 予め設定した時間間隔

More information

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai

ハーフェクトハリア_H1-H4_ _cs2.ai 生まれた断熱材ですヨ パーフェクトバリアの構造 電子顕微鏡写真 地球環境にやさしいエコ素材 主原料が再生ポリエステルだから 石油原料からポリ エステル繊維をつくる場合に比べ 使うエネルギーは 回収 約1/5 CO2排出量も抑え 地球温暖化に配慮するエコ 再繊維化 パーフェクトバリアの 製造プロセス 素材です 再生ポリエステル繊維 低融点ポリエステル繊維 おもな特性 カビ 虫などに影響されにくい 吸湿性が低く

More information

陦ィ邏・3

陦ィ邏・3 研 究 ニ ュ ー ス 地震波で覗いた マントル最下部まで沈んだ 表面地殻の岩石質 ロバート ゲラー 地球惑星科学専攻 教授 私たちの立っている地殻のもとには D" 層はマントル対流における熱境界層 行った 図 1 その結果 他の地域で 地球の全体積の 8 割を超える 岩石で であり そこでは温度の不均質や組成の の D 領域構造と異なる S 波速度の 構成されているマントル そしてさらに 分化の可能性が示唆されており

More information

01 P51 P52 P52 P52 1

01 P51 P52 P52 P52 1 01 P51 P52 P52 P52 1 02 P27 03 P68 0 P69 2 05 P58 06 P73 07 P90 3 08 P87 09 P78 01 P51 5 02 イチオシ製品 ストレート コイルド ポリブテンパイプ らく楽パイプは お客様から高い評価をいただいています 施工現場でお客様からの高い評価をいただき おかげさまでらく楽パイプは2013年度グッドデザイン賞 を受賞しました

More information

Title 傾 斜 農 地 における 土 壌 の 空 間 変 動 に 関 する 研 究 Author(s) 柏 木, 淳 一 北 海 道 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 邦 文 紀 要 (Memories of the Citation Research Faculty of Agriculture, Ho 215-308 Issue Date 2008-02-29 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32914

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

untitled

untitled 1 2011 CONTENTS 2 3 Special Issue 4 5 6 武蔵野市の市有施設計画的整備の進め方 1999年 2012年 松成 JFMA賞を受賞された以降 取り組もうとされ ていること それぞれの自治体におけるFMの方 向性 具体的な活動予定をお聞きします 青森 県の場合は 次のステップとして取り組まれて いることは どんなことでしょうか 駒井 現在注力しているのは 今後の県有施設全体の

More information

Microsoft Word - ミクロ経済学02-01費用関数.doc

Microsoft Word - ミクロ経済学02-01費用関数.doc ミクロ経済学の シナリオ 講義の 3 分の 1 の時間で理解させる技術 国際派公務員養成所 第 2 章 生産者理論 生産者の利潤最大化行動について学び 供給曲線の導出プロセスを確認します 2-1. さまざまな費用曲線 (1) 総費用 (TC) 固定費用 (FC) 可変費用 (VC) 今回は さまざまな費用曲線を学んでいきましょう 費用曲線にはまず 総費用曲線があります 総費用 TC(Total Cost)

More information

熊本市耐震改修促進計画 骨子(案)

熊本市耐震改修促進計画 骨子(案) 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 1. 近 年 の 地 震 活 動 (1) 日 本 各 地 で 発 生 している 主 な 地 震 阪 神 淡 路 大 震 災 ( 兵 庫 県 南 部 地 震 ) 平 成 7 年 1 月 17 日 に

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

83

83 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 C 6 木造中高層建築に関すること もちろん 建築基準法上は主要構造部を耐火構造にすればよく 大臣認定番号を書類に記載すれば建 築確認上も問題ないわけであるが 実際の火災時に本当に所定の性能が発揮されるか 本当に安全な設 計にするためにはどのように納めるべきかなど 十分に専門家と議論を重ねながら設計を進める必要が ある段階であるといえるだろう

More information

マンション建替え時における コンテキスト効果について

マンション建替え時における コンテキスト効果について プロスペクト理論とマンションの 耐震性能の選択 中川雅之 齊藤誠 建築物の耐震基準が意味するもの ( 新耐震基準 ) 1982 年から施行 全住宅の 4 割が未だそれ以前の耐震基準に基づくもの 阪神淡路大震災における建物倒壊被害の大部分が この旧耐震基準に基づく建築物 ( 現行の耐震基準は何を保証するのか?) 震度 6 強の地震に対して倒壊しない強度を有しているしかし 大地震に遭遇して倒壊しなかったとしても

More information

SICE東北支部研究集会資料(2013年)

SICE東北支部研究集会資料(2013年) 280 (2013.5.29) 280-4 SURF A Study of SURF Algorithm using Edge Image and Color Information Yoshihiro Sasaki, Syunichi Konno, Yoshitaka Tsunekawa * *Iwate University : SURF (Speeded Up Robust Features)

More information

電気電子発送配変電二次練習問題

電気電子発送配変電二次練習問題 Copy Rght (c) 008 宮田明則技術士事務所 . ()() () n n 60 f f f 50, 60503000rp(n - ) f 60, 66060300rp(n - ) f 50, 060500300rp(n - ) f 50, 46050500rp(n - ) N N N (6) N () Copy Rght (c) 008 宮田明則技術士事務所 . r a, r a a a

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Partner logo サイエンス右揃え上部に配置 XLfit のご紹介 マーケティング部 15 年 3 月 23 日 概要 1. XLfit 機能の確認 - 特徴 3 Step Wizard - 主なツールについて - 主なグラフの表現 2. 実用例 % Inhibition 9 7 6 5 3 1-1 Comparison 1 Concentration 2 1. 基本編 1 特徴 (3 Step

More information

日本の少子高齢化と経済成長

日本の少子高齢化と経済成長 mio@nli-research.co.jp 1 40 NLI Research Institute REPORT January 2012 2 NLI Research Institute REPORT January 2012 41 42 NLI Research Institute REPORT January 2012 3 NLI Research Institute REPORT January

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

Table 1. Reluctance equalization design. Fig. 2. Voltage vector of LSynRM. Fig. 4. Analytical model. Table 2. Specifications of analytical models. Fig

Table 1. Reluctance equalization design. Fig. 2. Voltage vector of LSynRM. Fig. 4. Analytical model. Table 2. Specifications of analytical models. Fig Mover Design and Performance Analysis of Linear Synchronous Reluctance Motor with Multi-flux Barrier Masayuki Sanada, Member, Mitsutoshi Asano, Student Member, Shigeo Morimoto, Member, Yoji Takeda, Member

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

262 F s PRO A Community Investment and the Role of Non-profit Organizations: Present Conditions in the US, the UK, and Japan Takashi Koseki Abstract 1

262 F s PRO A Community Investment and the Role of Non-profit Organizations: Present Conditions in the US, the UK, and Japan Takashi Koseki Abstract 1 262 F s PRO A Community Investment and the Role of Non-profit Organizations: Present Conditions in the US, the UK, and Japan Takashi Koseki Abstract 1. The issue of SRI (Socially Responsible Investment)

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

別紙 1: 経済産業省試算 本戦略の効果 本戦略を中心とする様々な政策努力の効果が発現し 世界経済の回復が相まって 2009 年度から 2011 年度までの 3 年間で 累計 40 兆円 ~60 兆円程度の需要 140 万人 ~200 万人程度の雇用が生まれること 2020 年度には 実質 GDP が 120 兆円程度押し上げられること が視野に入ると期待される ( ) ( ) これらの諸計数は 種々の不確実性を伴うため

More information

鹿児島の海を見て 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 39 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 52 56 36 44 1983 10 37 38 39 40 58 41 42 43 44 45 46 Variation of the sea surface temperature

More information

1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2

1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2 TEKKEN Corporation s 70th anniversary 1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2 3 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 4 5 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 6 7 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 8 27621 ET18 9 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70

More information

untitled

untitled ()(H) () / (havng) W W mg ρg d (.) m ρ d d () ( d ) F ρg (.) ρg m () G B :m :W W mg ρg m ρ (.3) η ( d η) F ρg ( d η) (.4) G B :m :W η F()- F()- η ρ ρ d F W d d m g g η ρ ρ d d m g g (.5) a (.5) Laplac

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

UAEL 5 No. 2011.5 都市アメニティの輪を広げる ニュースレター第 5 号 2 3 4 5 6 7 8 本荘さくらまつり 鶴舞温泉の桜が見ごろでした 撮影 小川 宏樹 秋田県立大学 建築環境システム学科 計画学講座 都市アメニティ工学研究室 ここで 修論 卒論 卒計を代表して小熊さん 金子さんの論文と菅原さんの卒業設計を紹介します 菅原功子 子育て講座 子育て料理教室 子育て相談室

More information

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc

Microsoft Word - 要旨まとめ.doc スティック状口紅における感触の数値化 株式会社コーセー 生産部 生産技術課 津原 一寛 塗布抵抗F [gf] スティック状口紅の使用方法は 化粧品の中でも特殊な塗 布行為を行なうアイテムといえる それは 固形状の口紅に 応力を加え液状の化粧膜へと状態の変化をさせる必要があ るためである スティック状口紅を口唇へ塗布する際の感触は 配合する 油剤の粘度等により左右されるものの 上述した状態変化も 大きな割合を占めている

More information

# $ % & ' # $ % & ' 5.......9..5.7.5.9 3 6 6.4 5.3...6.9.4.....5..3....3..9.3...7..5.6.7.6..3....7 5...4.5.4....9.5.5.9 3.4.3..9..4.6.5.3.. 4 7 3 3.8.

# $ % & ' # $ % & ' 5.......9..5.7.5.9 3 6 6.4 5.3...6.9.4.....5..3....3..9.3...7..5.6.7.6..3....7 5...4.5.4....9.5.5.9 3.4.3..9..4.6.5.3.. 4 7 3 3.8. 脱臭 有害ガス除去フィルタ オドピュア # $ % & ' # $ % & ' 5.......9..5.7.5.9 3 6 6.4 5.3...6.9.4.....5..3....3..9.3...7..5.6.7.6..3....7 5...4.5.4....9.5.5.9 3.4.3..9..4.6.5.3.. 4 7 3 3.8.7...4 5.....7 6 6 5..6.4..3.7.8.3.

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 図 御嶽山における降灰後の土石流に関するシミュレーション計算結果 平成 26 年 9 月の御嶽山噴火後 土砂災害防止法に基づく緊急調査が国土交通省により実施され 降灰後の土石流に関するシミュレーション結果が公表された これにより関係市町村は

~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 図 御嶽山における降灰後の土石流に関するシミュレーション計算結果 平成 26 年 9 月の御嶽山噴火後 土砂災害防止法に基づく緊急調査が国土交通省により実施され 降灰後の土石流に関するシミュレーション結果が公表された これにより関係市町村は 第 6 節二次的な被害の防止 ~ 二次的な被害を防止する ~ 第 6 節 1 起きてはならない最悪の事態 6-1 土石流 地すべりなど土砂災害による二次災害の発生 1 現状認識 問題点の整理 ( 脆弱性評価 ) ( 土石流 地すべり ) 1 地震などの大規模災害発生後には 土石流 地すべりなど土砂災害による二次災害発生の危険性が増大します また火山噴火発生後は 堆積した火山灰が 降雨や融雪に伴い土石流化し

More information

‰à„^›œŁt.ai

‰à„^›œŁt.ai プラスチック用金型製作の技術 技能マニュアル 1 私たちの暮らしとプラスチック製品 1 私たちの暮らしとプラスチック製品 私たちの身の周りには 様々なプラスチック製品があります 家庭用品や家電製品 そして自動車 新幹線 航空機などの様々な部分にプラスチックが使われています 携帯電話のケースやノートパソコンのキーボードなどハイテク製品でもプラスチック製 品が多用されています 現代社会において プラスチック製品は欠くことのできない存在になっています

More information

56 Study on the Methodology for Predicting and Preventing Errors to Improve Reliability of Maintenance Task in Nuclear Power Plant Abstract Identification of maintenance tasks Specification of important

More information

Microsoft PowerPoint - 集積デバイス工学7.ppt

Microsoft PowerPoint - 集積デバイス工学7.ppt 集積デバイス工学 (7 問題 追加課題 下のトランジスタが O する電圧範囲を求めよただし T, T - とする >6 問題 P 型 MOS トランジスタについて 正孔の実効移動度 μ.7[m/ s], ゲート長.[μm], ゲート幅 [μm] しきい値電圧 -., 単位面積あたりの酸化膜容量

More information

90 Shapiroの新しい前線 低気圧モデル 第7図 気象衛星で捉えられた a 雲分布 赤外画像 と b 水蒸気分布 a は第5図の1時間後 b は更に3時間後の観測で 地上低気圧の最盛期 推定中心示度約928hPa にあたる Neiman and Shapiro 1993より引用 がわかる 5 また レーダー観測からは 第6図c に沿う強い気圧傾度や温暖核付近の対流活動などに伴 温暖核とそのすぐ周辺では対流活動が活発であること

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

構造解析マニュアル@RDstr

構造解析マニュアル@RDstr 構造解析マニュアル @RDstr ~ 片持ち梁の弾性静解析 ~ 岐阜高専構造解析学研究室 H270608 版 1. 解析モデル 下に示すような長さ 1000mm 高さ 100mm 幅 200mm の片持ち梁の弾性解析を行う 2. Salome-meca でのメッシュの作成 1 1 アイコンをクリックして Salome-meca を起動する 2 2 ジオメトリのアイコンをクリックする 表示されるウィンドウで

More information

- 14 -

- 14 - - 13 - - 14 - - 15 - 14 15 2-3-1 14 (KP1.81.4) 4,000(m 3 /) 14 2-3-2 c b c a a b c - 16 - 2-3-1 15 1960 (Cs-137Pb-210) (KP1.42.5) 1960(KP-2.51.4) 132,000m 3 3,300m 3 / 116,000m 3 15,900m 3 Cs-137Pb-210

More information

Hazard_ pptx

Hazard_ pptx 1 南海トラフの巨大地震 : 新想定 予測可能性 長期評価 京都大学防災研究所橋本学 2 この 2 年間の主な所外での活動 日本地震学会東北地方太平洋沖地震対応臨時委員会委員 地震調査研究推進本部地震調査委員会長期評価部会海溝型分科会 ( その 2) 委員 内閣府南海トラフの巨大地震モデル検討会委員 内閣府南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会委員 総合科学技術会議評価専門調査会 日本海溝海底地震津波観測網の整備及び緊急津波速報

More information

20 m Au 2. 現行のマイクロバンプ形成技術における課題 Au Au Au 2 WB 11 m m 1 m 2008 Au FC m 10 m 30 m OTK Au 表 1 マイクロバンプ形成におけるめっき法の比較 3. 無電解めっきによる Au

20 m Au 2. 現行のマイクロバンプ形成技術における課題 Au Au Au 2 WB 11 m m 1 m 2008 Au FC m 10 m 30 m OTK Au 表 1 マイクロバンプ形成におけるめっき法の比較 3. 無電解めっきによる Au Fabrication technology of Au micro-bump by electroless plating. 関東化学株式会社技術 開発本部中央研究所第四研究室德久智明 Tomoaki Tokuhisa Central Research Laboratory, Technology & Development Division, Kanto Chemical Co., Inc. 1.

More information

untitled

untitled 新製品 新技術 トラッキングツール ベースライン検 査 フォローアップ検 査 図 3 トラッキングツールによる標 的 病 変 の自 動 検 出 例 3 ブックマークとデータ二次利用 ベースライン検査内でセグメンテーションされ さらにトラッキングツールによりフォローアップ検査内に検出さ れた標的病変の各種計測結果 測定者 測定日 シリーズ/イメージ番号 長径 短径 体積など は PACS 内データベースにブックマークとして保存される

More information

2 26

2 26 1 北陸大学 紀要 第27号 2003 pp. 25 36 小型和英辞書評価の試み 潮 昭 太 A Proposal for Evaluating Compact Japanese-English Dictionaries Shota Ushio Received September 19, 2003 はじめに 特に大学生や比較的若いサラリーマンが辞書を選ぶ際に参考になるような標準的な評価方法 を確立できないものか

More information

02report_chap2

02report_chap2 生活変化に対応できる計画 ひと昔前は 夫婦二人に子供二人の四人家族を標準世帯として住宅を造り また購入の基準としてい た しかし 少子高齢化の現在このような世帯は標準型とはいえない 仮にそのような標準型世帯を理 想とし将来設計を立てたとしても瞬時にそのような家族形態になることはそうそうない また家族形態 は多様化しその形態もフレキシブルである 自分自身でさえ 10 年後 20 年後のことを断定することはで

More information

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション (") の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf(" 情報処理基礎 "); printf("c 言語の練習 "); printf

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション () の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf( 情報処理基礎 ); printf(c 言語の練習 ); printf 情報処理基礎 C 言語についてプログラミング言語は 1950 年以前の機械語 アセンブリ言語 ( アセンブラ ) の開発を始めとして 現在までに非常に多くの言語が開発 発表された 情報処理基礎で習う C 言語は 1972 年にアメリカの AT&T ベル研究所でオペレーションシステムである UNIX を作成するために開発された C 言語は現在使われている多数のプログラミング言語に大きな影響を与えている

More information

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期 ( 平成 23 年 12 月 7 日報道資料抜粋 ) 年金記録に係る苦情のあっせん等について 年金記録確認沖縄地方第三者委員会分 1. 今回のあっせん等の概要 (1) 年金記録の訂正の必要があるとのあっせんを実施するもの 1 件 厚生年金関係 1 件 (2) 年金記録の訂正を不要と判断したもの 2 件 厚生年金関係 2 件 沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間

More information

表紙.tp3

表紙.tp3 国立特殊教育総合研究所研究紀要 第30巻 2003 (技術報告) アクセシビリティに配慮したWeb教材コンテンツ開発事例 特殊教育学習ソフトウェアコンクール入選作品のWeb教材化と アクセシビリティ機能の付加について 棟 方 哲 弥 船 城 英 明* 中 村 均 情報教育研究部 学研デジタルコンテンツ事業部* 要旨 平成13年度文部科学省教育用コンテンツ開発事業で公開された 特別支援教育に役立つWeb教材コンテンツ注1

More information

西原村エリア 風当地区 れた.Fig. 6 では,2 階部分の支柱だけが倒壊し,1 階と 3 階部分の支柱はそのままの形で残っているのが分かる. また,Fig. 7 では, 隣接家屋と共倒れする形で倒壊しているのが分かる. 益城町エリア 堂園地区 断層の大まかな位置 木山地区 Fig. 1 The

西原村エリア 風当地区 れた.Fig. 6 では,2 階部分の支柱だけが倒壊し,1 階と 3 階部分の支柱はそのままの形で残っているのが分かる. また,Fig. 7 では, 隣接家屋と共倒れする形で倒壊しているのが分かる. 益城町エリア 堂園地区 断層の大まかな位置 木山地区 Fig. 1 The 京都大学防災研究所年報第 59 号 B 平成 28 年 6 月 Annuals of Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., No. 59 B, 2016 益城町, 西原村及び南阿蘇村における熊本地震被害報告書 The Report of the Damage by Kumamoto Earthquake in Mashiki-machi, Nishihara-mura

More information

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度

香 川 高 等 専 門 学 校 研 究 紀 要 4(213) した 1 つは 振 動 台 に 剛 結 し, 入 力 加 速 度 を 計 測 し た もう 一 方 はブロック 木 枠 の 天 端 にピン 留 めして, 応 答 加 速 度 を 計 測 した 実 験 開 始 前 には, 重 力 加 速 度 抵 抗 板 を 設 置 した 空 積 みブロック 模 型 の 地 震 時 加 速 度 応 答 特 性 に 関 する 一 考 察 向 谷 光 彦 *, 末 松 吉 生 **, 水 越 睦 視 ***, 乃 村 智 子 *, 松 原 三 郎 *** Seismic Accelerative Response of Dry Masonry Block Retaining Wall Structure with

More information

3. 試験体および実験条件 試験体は丸孔千鳥配置 (6 配置 ) のステンレス製パンチングメタルであり, 寸法は 70mm 70mm である 実験条件は, 孔径および板厚をパラメータとし ( 開口率は一定 ), および実験風速を変化させて計測する ( 表 -1, 図 -4, 図 -) パンチングメタ

3. 試験体および実験条件 試験体は丸孔千鳥配置 (6 配置 ) のステンレス製パンチングメタルであり, 寸法は 70mm 70mm である 実験条件は, 孔径および板厚をパラメータとし ( 開口率は一定 ), および実験風速を変化させて計測する ( 表 -1, 図 -4, 図 -) パンチングメタ パンチングメタルから発生する風騒音に関する研究 孔径および板厚による影響 吉川優 *1 浅見豊 *1 田端淳 *2 *2 冨高隆 Keywords : perforated metal, low noise wind tunnel test, aerodynamic noise パンチングメタル, 低騒音風洞実験, 風騒音 1. はじめにバルコニー手摺や目隠しパネル, または化粧部材としてパンチングメタルが広く使用されている

More information

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test

Fig. 4. Configuration of fatigue test specimen. Table I. Mechanical property of test materials. Table II. Full scale fatigue test conditions and test (J. Soc. Mat. Sci., Japan), Vol. 52, No. 11, pp. 1351-1356, Nov. 2003 Fatigue Life Prediction of Coiled Tubing by Takanori KATO*, Miyuki YAMAMOTO*, Isao SAWAGUCHI** and Tetsuo YONEZAWA*** Coiled tubings,

More information

1102_cover.qxd

1102_cover.qxd Top Interview ! Top Interview " # $ % & ' 1108_本文.qxd 11.11.8 16:48 ページ 10 先進環境技術紹介 Eco Frontiers 去が困 しやす 題があ 海水淡水化の前処理コストを低減する TT TEP Trap 処理技術 去でき 膜の性 る その 世界的な水不足が懸念される中 逆浸透膜 RO 法を用いた海水淡水化技術への関心が高まっている

More information

四国大学紀要 Ser.A No.42,Ser.B No.39.pdf

四国大学紀要 Ser.A No.42,Ser.B No.39.pdf 四国大学紀要! A4 2 2 3 4 3 2 0 1 4 A4 2 2 3 4 3 2 0 1 4 Bull. Shikoku Univ.! 生きるとは! 人生論風存在論 竹原 弘 What is to live Hiroshi TAKEHARA ABSTRACT E. Husserl thought that essence of the consciousness is an intentionality.

More information