目次 1. データ型 BLOB_FILE キャスト関数 DECIMAL 関数 VALUE 関数 CHAR 関数 TIMESTAMP 関数 TIME 関数

Size: px
Start display at page:

Download "目次 1. データ型 BLOB_FILE キャスト関数 DECIMAL 関数 VALUE 関数 CHAR 関数 TIMESTAMP 関数 TIME 関数"

Transcription

1 マイグレーションおよびアップグレード アプリケーション移行ガイド

2 目次 1. データ型 BLOB_FILE キャスト関数 DECIMAL 関数 VALUE 関数 CHAR 関数 TIMESTAMP 関数 TIME 関数 DIGIT 関数 STRIP 関数 LENGTH 関数 FLOAT / INTEGER 関数 LOCATE 関数 日付と時間の処理 日付関連フォーマット 日付フォーマットの例 ROW / HIERARCHICAL QUERY / NEXTVAL / SYSIBM.SYSDUMMY 行関連関数 階層問い合わせ NEXTVAL (SEQUENCE) SYSIBM.SYSDUMMY 関連関数 関数の移行 ( 共通 ) Windowsでは使用不可 FC_SECONDSDIFF TIMESTAMPDIFF FC_GREATEST / FC_LEAST / FC_SECONDSDIFF 集合演算子 SQLCODE 一時表の処理 の未サポート項目 機能の変換 トリガーの変換

3 アプリケーション移行ガイド 1. データ型 - データ型は表の列を定義し プロシージャ / 関数の引数に使用される値を格納する方式を決定します では データ型によって同じ値が異なるように処理されます たとえば NUMBER データ型に格納される数字には他の数字を足したり引いたりすることができますが RAW データ型に格納される数字表現には足したり引いたすることができません - のデータ型は 大きく組み込みデータ型 (Built-In Data Type) とユーザー定義データ型 (User Defined Data Type) に区分され 組み込みデータ型はスカラー データ型の性格を持ちます - 組み込みデータ型は格納されるデータの性格によって CHARACTER データ型 NUMBER データ型 DATE データ型 バイナリー データ型に分けることができます - CHARACTER データ型には CHAR NCHAR VARCHAR2 NVARCHAR2 CLOB NCLOB LONG データ型があります - 数字は NUMBER データ型のみを提供します SMALLINT, INTEGER, BIGINT, FLOAT, REAL, DOUBLE, DECIMAL(p,s) BIGINT, SQLINT16, SQLINT32, SQLINT64 VALUES ( ThresholdIndexSeqNum.NEXTVAL, CAST(? AS BIGINT) ) NUMBER SHORT, INT, LONG VALUES ( ThresholdIndexSeqNum.NEXTVAL, CAST(? AS NUMBER) ) CHAR/NCHAR データベースの文字セット データを固定長で格納します NCHAR 型はデータベースの各国語文字セット (National Character Set) データを固定長で保証するために使用されるデータ型です 各国語文字セット データは UNICODE を使用する必要があります (UTF8 のみ可能 ) VARCHAR2/NVARCHAR データベースの文字セット データを可変長で格納します NVARCHAR2 型はデータベースの各国語文字セット データを可変長で格納するために使用されるデータ型です NVARCHAR2 型も NCHAR 型のように では UNICODE を使用する必要があります 各国語文字セットによって AL16UTF16 の場合は 2 バイト UTF8 の場合は 3 バイトが基本です CLOB/NCLOB LOB(Large Object) データ型の一部で 最大 4GB まで文字データを格納するために使用されます CLOB はデータベースの文字セットでデータを格納するのに対し NCLOB は各国語文字セットでデータを格納し UNICODE を使用する必要があります LONG 下位バージョンに対する互換性のために存在し 役割は CLOB/NCLOB と同様に文字データを格納します 違いは 別途のセグメントにデータを格納するのではなく 表内の他のデータと一緒に格納します LONG データ型も変動長の文字データ型で 最大長を指定せず 1 つの行には 1 つの LONG データ型のみ使用できます CHAR(n) / VARCHAR(n) LONG VARCHAR(n), CLOB(2GB) BLOB(n), CLOB(n), DBCLOB(n) CHAR(n), NCHAR(n) / VARCHAR2(n), NVARCHAR2(n) LONG BLOB, CLOB, NCLOB 3

4 1.1. BLOB_FILE BLOB_FILE 配列を利用した移行 - の BLOB_FILE は でサポートされないため 配列を宣言して ESQL 文法である LOB WRITER によって使用する必要があります EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION; SQL TYPE IS BLOB_FILE blobfile; EXEC SQL END DECLARE SECTION; static int SendHelpFile(FBUF *rcvbuf, FBUF **sndbuf) FILE *sw_file; Byte *comprfile = NULL; Int ret, comprfilelen ; char l_fullfilename[100]; char rmcmd[100]; unsigned long uncomprlen ; EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION; char h_clientfilename[60+1]; char h_uploadtime[19+1]; char h_filedir[25+1]; sqlint32 comprsize, uncomprsize; short lobind; EXEC SQL END DECLARE SECTION; EXEC SQL HELPFILE, HELPFILECOMPRSIZE, HELPFILEUNCOMPRSIZE, HELPFILEDIRECTORY, SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 1, 4) SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 5, 2) SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 7, 2) SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 9, 2) SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 11, 2) SUBSTR(HEX(HELPFILETIME), 13, 2) HELPFILETIME INTO :blobfile :lobind, :comprsize, :uncomprsize, :h_filedir, : h_uploadtime CLIENTHELPINFO WHERE HELPFILENAME = :h_clientfilename; /* Structure for VARRAW */ typedef struct long_varraw ub4 len; text buf[1]; long_varraw; EXEC SQL TYPE long_varraw IS LONG VARRAW REFERENCE; static int SendHelpFile(FBUF *rcvbuf, FBUF **sndbuf) long_varraw *image; OCIBlobLocator *blob; long bloblen; int ret; ub4 amt = 0; EXEC SQL BEGIN DECLARE SECTION; char h_clientfilename[60+1]; char h_uploadtime[19+1]; char h_filedir[25+1]; int comprsize, uncomprsize; EXEC SQL END DECLARE SECTION; EXEC SQL ALLOCATE :blob; EXEC TIBERO OPTION (CHAR_MAP=STRING); EXEC SQL HELPFILE, HELPFILECOMPRSIZE, HELPFILEUNCOMPRSIZE, HELPFILEDIRECTORY, TO_CHAR(HELPFILETIME, 'YYYYMMDDHH24MISS') HELPFILETIME INTO :blob :bloblen, :comprsize, :uncomprsize, :h_file Dir, :h_uploadtime CLIENTHELPINFO WHERE HELPFILENAME = :h_clientfilename; EXEC TIBERO OPTION (CHAR_MAP=CHARZ); if(sqlcode < 0 SQLCODE == NOTFOUND) 4

5 if (lobind < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, MakeMsg("[%s] 該当するファイルを探せません ", h_clientfilename)); setprocessingresult(sndbuf, SQLMSG, "", 'F'); return ERROR; if(sqlcode < 0 SQLCODE == NOTFOUND) PutDbErr(LOG_FATAL, NULL, MakeMsg("[%s] CLIENTHELPINFO 表の照会中にエラーが発生 ", h_clientfilename)); setprocessingresult(sndbuf, SQLMSG, "", 'F'); return ERROR; EXEC SQL COMMIT WORK; Log(LOG_DEBUG, "HelpFileComprSize : %ld, HelpFileUnComprSize : %ld\n", comprsize,uncomprsize); EXEC SQL FREE :blob; PutDbErr(LOG_FATAL, NULL, MakeMsg("[%s] CLIENTHELPINFO. 表の照会中にエラーが発生 ", h_clientfilename)); setprocessingresult(sndbuf, SQLMSG, "", 'F'); return ERROR; Log(LOG_DEBUG, "HelpFileComprSize : %ld, HelpFileUnComprSize : %ld\n", comprsize,uncomprsize); if((image = (long_varraw *)malloc(sizeof(ub4)+bloblen)) == NULL) EXEC SQL FREE :blob; Log(LOG_FATAL, "malloc failed.\n"); setprocessingresult(sndbuf, fbstrerror(fberror), "", 'F'); return ERROR; image->len = bloblen; /* Loaclにファイルを読み込む */ comprfilelen =(int)comprsize; sw_file = fopen(l_fullfilename, "r"); if((comprfile = (Byte*)malloc(comprFileLen)) == NULL) free((char *)comprfile); Log(LOG_FATAL, "malloc failed.\n"); setprocessingresult(sndbuf, fbstrerror(fberror), "", 'F'); return ERROR; EXEC SQL LOB READ :amt :blob INTO :image WITH LENGTH :bloblen; if(sqlcode < 0 ) free(image); EXEC SQL FREE :blob; PutDbErr(LOG_FATAL, NULL, "Failed to query [MctpaGetDoc_OUT_HelpFile]\n"); setprocessingresult(sndbuf, SQLMSG, "", 'F'); return ERROR; 2. キャスト関数 2.1. DECIMAL 関数 DECIMAL 関数 --> TRUNC 関数 (1) - DECIMAL 引数として受けた数字 数字を表現する文字列を小数に変換して返す関数です では INT BIGINT FLOAT DOUBLE REA L SMALLINT などの関数が DECIMAL 関数と似た機能をします では TO_NUMBER 関数ですべての数字と関連して変換処理を行います - TRUNC (number) num1 を小数点以下 num2 の位置で切り捨てた (Truncation) 値を返します 5

6 DECIMAL(NUMBER) CASE WHEN DECIMAL(e.CustomerCount) THEN '1' WHEN DECIMAL(e.CustomerCount) THEN '2' ELSE '6' TURNC(NUMBER) CASE WHEN TRUNC(e.CustomerCount) THEN '1' WHEN TRUNC(e.CustomerCount) THEN '2' ELSE '6' DECIMAL 関数 --> TRUNC 関数 (2) - で DECIMAL( 列 桁数 小数点桁数 ) 関数は 戻り値が 0 であっても小数点桁数を表示します ( 例 ) DECIMAL( 123,6,3) = ) - はこの機能を TO_CHAR 関数でサポートします つまり TO_NUMBER では小数点以下の数字が 0 の場合 表示できません 一般的には DECIMAL 関数を TO_CHAR に変換します しかし DECIMAL を CASE 文と一緒に使用する場合 他の条件で数字型を返すと ( つまり CASE ~~ THEN 0( 数字 )) エラーが発生します このとき TO_CHAR を TO_NUMBER に変換すると 小数点以下の桁数は表示されません 小数点以下の桁数を必ず表示しなければならない場合は case 文内で最終戻り値を文字型に変換する方法しかありません TIBERO CASE WHEN 1=1 THEN 'T' WHEN 1=2 THEN 0 END DUAL; DECIMAL(STR) / DECIMAL(STR, p) DECIMAL(STR,p,s) CHAR(DECIMAL(STR)) CHAR(DECIMAL(STR,p)) CHAR(DECIMAL(STR,p,s)) TRUNC(TO_NUMBER(STR)) TRUNC(TO_NUMBER(STR),s) TO_CHAR(TO_NUMBER(str), ) [0 の数 : 15] TO_CHAR(TO_NUMBER(str), ) [ フォーマット ストリングで0の数がp 個である ] TO_CHAR(TO_NUMBER(str), ) [ フォーマット ストリングで. 前の0の数がp-sで. 後ろの 0の数がs 個である ] 2.2. VALUE 関数 VALUE 関数 --> NVL 関数 - VALUE First-expression の NOT NULL 値を返す関数です では VALUE 関数に対応する関数で argument が 2 つの場合は NVL を使用し 2 つ以上の場合は COALESCE を使用できます COALESCE を使用するときは argument のデータ型を一致させます 6

7 VALUE VALUE(SUM(REQ_AMT), 0) ACE.TEBUGMKE WHERE ACC_YEAR = :WK-ACC-YEAR AND (ORG_CD = :WF-ORG-CD OR 0=1) AND BIZ_CD = :WF-BIZ-CD AND DEPT_TYP = '4' AND REQ_SANC_CHARG <> '' NVL, COALESCE NVL(SUM(REQ_AMT), 0) ACE.TEBUGMKE WHERE ACC_YEAR = :WK-ACC-YEAR AND (ORG_CD = :WF-ORG-CD OR 0=1) AND BIZ_CD = :WF-BIZ-CD AND DEPT_TYP = '4' AND REQ_SANC_CHARG <> '' COALESCE(INP-YMD, TO_DATE( ) ) ACE.TEBUGMKE WHERE ACC_YEAR = :WK-ACC-YEAR AND (ORG_CD = :WF-ORG-CD OR 0=1) AND BIZ_CD = :WF-BIZ-CD AND DEPT_TYP = '4' AND REQ_SANC_CHARG <> '' 2.3. CHAR 関数 CHAR 関数 --> TO_CHAR 関数 - CHAR 固定長の文字列を返す関数です では TO_CHAR 関数を使用できます CHAR 関数を使用するとき datetime-expression の表現を表すときに ISO USA EUR JTI LOCAL の引数値を以下のように使用できます これらのフォーマットは で直接表現する形で使用します ( yy/mm/dd ) たとえば db2 : CHAR(YMD,ISO) : TO_char(YMD, yyyy-mm-dd ) に置き換えます CHAR si.serverid, si.hostname, si.serverip, si.osversion, NVL(si.ServerAlias,''), sca.itemname, sca.alertname, sca.alertmsg, FC_CODE1(' サーバー状態情報 ', CHAR(sca.AlertStatus)), sca.threshold, sca.value ServerInfo si, CurServerAlarm sca WHERE sca.serverid = si.serverid AND sca.itemid IN (140001, , 10001, 40001) TO_CHAR si.serverid, si.hostname, si.serverip, si.osversion, NVL(si.ServerAlias,''), sca.itemname, sca.alertname, sca.alertmsg, FC_CODE1(' サーバー状態情報 ', TO_CHAR(sca.AlertStatus)), sca.threshold, sca.value ServerInfo si, CurServerAlarm sca WHERE sca.serverid = si.serverid AND sca.itemid IN (140001, , 10001, 40001) 7

8 2.4 TIMESTAMP 関数 TIMESTAMP 関数 --> TO_TIMESTAMP 関数 - TIMESTAMP 引数として受けた値をタイムスタンプで返します TIMESTAMP TO_TIMESTAMP c.alarmseqnum, TO_CHAR(TO_DATE(c.OCCURREDTIME, 'YYYYMM')) AS PATITIONKEY, c.locationcode, c.stackmodulenum, SLOTNUMBER, OCCURREDTIME, TIMESTAMP('%s') AS TOUCHTIME, '3' PROCESSINGSTATE, FAULTSTATUSCODE, FAULTCAUSEGROUPCODE, CurInfraAlarm c c.alarmseqnum, TO_CHAR(TO_DATE(c.OCCURREDTIME, 'YYYYMM')) AS PATITIONKEY, c.locationcode, c.stackmodulenum, SLOTNUMBER, OCCURREDTIME, TO_TIMESTAMP('%s') AS TOUCHTIME, '3' PROCESSINGSTATE, FAULTSTATUSCODE, FAULTCAUSEGROUPCODE, CurInfraAlarm c 2.5 DAYS 関数 DAYS 関数 --> TO_TIMESTAMP 関数 - DAYS 日付を integer 表現で表す関数 0001 年 1 月 1 日からの日数から 1 を引いた整数 - DAYS の応用 : 曜日使用タイプ : Days(:wk-ymd)-Days(:wk-ymd)/7*7 分析 : Days 戻り値 : 10 Days_return /7 : 1 Days_return /7*7 : 7 Integer 型の数を 7 で割って さらに 7 を掛ける処理をして曜日を表す数を出す 結果値が 0 である場合は日曜日 1 の場合は月曜日 ~ 6 の場合は土曜日である DAYS TO_DATE DAYS(DATE(:WK-AC-YMD)) INTO :WK-AC-YMD SYSIBM.SYSDUMMY1 DAYS(DATE(:WK-AC-YMD)) - DAYS(DATE(:WK-AC-YMD))/7*7 SYSIBM.SYSDUMMY1 01 )- 1 INTO :WK-AC-YMD DUAL; TO_DATE(:WK-AC-YMD) TO_DATE( 方法 1> SELCT (TO_DATE((:WK-AC-YMD)-TO_DATE((:WK- AC-YMD)-1) - (trunc((to_date((:wk-ac-ymd)-to_date((:wk-ac- YMD)-1)/7)*7) DUAL 8

9 方法 2> to_number(to_char(to_date(:wk-ac- YMD,'yyyy-mm-dd'),'D'))-1 DUAL; 2.6 TIME 関数 TIME --> TO_TIMESTAMP / SUBSTR 引数として受けた値を HOUR MINUTE SECOND 値に変換して返す関数 では TO_TIMESTAMP 関数と SUBSTR 関数を使用して同じ形で変換できます TIME TIME は時間の経過時間 (duration) を意味し 後ろの時間がより大きい値を持つ場合 サインが付きます TIME( 11:02:26 ) TIME( 00:32:56 ) は という数字で 意味は 10 時間 29 分 30 秒です 結果データ型は decimal(6,0) です - TIME 関数の演算 TIME TIME 演算 TIME duration ( ex, 5 SECONDS) Decimal(6,0) TIME 結果データ型 TIME TO_TIMESTAMP / SUBSTR TIME( 01:01:01 ) SYSIBM.SYSDUMMY1 TIME(:WK-CURR-TIME) 5 SECONDS SYSIBM.SYSDUMMY1 TIME(:WK-TIME1) TIME(:WK- TIME2) SYSIBM.SYSDUMMY1 TO_CHAR(TO_TIMESTAMP('01:01:01','HH24:MI:SS'),'HH24:MI:SS') DUAL; TO_CHAR(TO_TIMESTAMP(:WK-CURR-TIME, HH24:MI:SS ) 5/60/60/24, HH24:MI:SS ) DUAL; < 結果値はnumber 型 : 値が正数のみ存在する場合 > SUBSTR(TO_TIMESTAMP(:WK-TIME1, HH24:MI:SS ) TO_TIMESTAMP(:WK-TIME2, HH24:MI:SS ),12,8) DUAL; < 結果値はnumber 型 : 正数と負数の値が両方存在する場合 > TO_NUMBER(REPLACE(REPLACE(REPLACE((TO_TIMESTAMP(:WKTIME1,' HH24:MI:SS') TO_TIMESTAMP(:WK-TIME2,'HH24:MI:SS')) DAY TO SECOND(0),'+00 '),'-00 ','-'),':')) DUAL; 2.7 DIGIT 関数 NUMERIC 値を引数として受けて 絶対値に変換して文字列で返します データ型は SMALLINT INTEGER DECIMAL で 正確な数字データである必要があります この関数の結果はデータのスケールに関係なく 引数の絶対値を表す固定長の文字列です - (DIGITS 関数の 変換資料 ) データ型 Small integer 5 ストリング長 9

10 large integer 10 decimal with a precision of p p - ARGUMENT INTEGER TYPE CONVERSION の桁数 DIGITS 関数 のDIGITS 関数を 用に変換する方法 small integer number(5) DIGITS(a) TO_CHAR(ABS(a), ) large integer number(10) DIGITS(a) TO_CHAR(ABS(a), ) - ARGUMENT INTEGER TYPE CONVERSION A.AST_CD CONCAT DIGITS(A.AST_SEQ) > :K-AST-NO SUBSTR(DIGITDS(YEAR(A.SUM_YMD) SUBSTR(DIGITDS(MONTH(A.SUM_YMD) A.AST_SEQ 列が number(10) である場合 AND CONCAT(A.AST_CD, TO_CHAR(ABS(A.AST_SEQ), ) > :K-AST-NO TO_CHAR(A.SUM_YMD, YYYY ) TO_CHAR(A.SUM_YMD, MM ) 2.8 LEFT / RIGHT LEFT / RIGTH --> SUBSTRB LEFT : 左から 2 番目の引数値の分を取得 RIGHT : 右から 2 番目の引数値の分を取得 では SUBSTRB を利用して解決します LEFT / RIGTH /*+ <CTKO84H_3> +*/ LEFT ( TRIM ( : WK_CAR_NO ), 8 ) '-' RIGHT ( TRIM ( : WK_CAR_NO ), 4 ) INTO : WK_CAR_NO2 SYSIBM.SYSDUMMY1 SUBSTRB /*+ <CTKO84H_3> +*/ SUBSTRB( TRIM ( : WK_CAR_NO ),1,8 ) '-' SUBSTRB( TRIM ( : WK_CAR_NO ),-4,4 ) INTO : WK_CAR_NO2 DUAL; 2.9 STRIP 関数 STRIP --> TRIM STRIP 関数は 変数または文字列の最初または最後 または両方からブランクまたは指定された文字 (strip-character) を削除します strip-character が指定されていない場合 削除される値はブランクです STRIP 関数のオプション STRIP(column-name,B,strip-cha) STRIP(column-name,L,strip-cha) STRIP(column-name,T,strip-cha) STRIP(column-name,L,strip-cha) STRIP(column-name,T,strip-cha) STRIP 関数のオプションに対応する 関数 TRIM(BOTH strip-cha from column-name) TRIM(LEADING strip-cha from column-name) TRIM(TRAILING strip-cha from column-name) LTRIM(column-name, strip-cha) RTRIM(column-name, strip-cha) 10

11 strip-character は省略された場合 共にブランク ( ) を意味します db2 共に デフォルト値は BOTH です の LEADING オプションは LTRIM 関数に TRAILING オプションは RTRIM 関数に置き換えられます で strip-character が省略される場合 BOTH LEADING TRAILING は省略できません STRIP TRIM 1) データ値の前後のブランクを削除するために使用する関数です では TRIM 関数を使用できます STRIP(LOC_NM) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) TRIM(LOC_NM) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) または TRIM(BOTH LOC_NM) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) 2) データ値の前のブランクまたは特別な文字列を削除する場合 では LTRIM 関数を使用できます STRIP(LOC_NM,L, 0 ) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) (CHAR(9)) 文字列は L( 文字列の前の部分で ある場合は L 文字列の後ろの部分である場合は T) オプシ ョンによって 前の部分の 0 が削除され 値を返 します TRIM(LEADING 0 LOC_NM) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) または LTRIM(LOC_NM, 0 ) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) 3) データ値の後ろのブランクまたは特別な文字列を削除する場合 では RTRIM 関数を使用できます STRIP(LOC_NM,T, 0 ) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) (CHAR(9)) 文字列は T( 文字列の前の部分である場合はL 文字列の後ろの部分である場合はT) オプションによって 後ろの部分の 0 が削除され 値を返します TRIM(TRAILING 0 LOC_NM) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) または RTRIM(LOC_NM, 0 ) INTO :WK-ADDR CSM.TBR060 WHERE POST_CD1 = :WK-POST-CD1 AND POST_CD2 = :WK-POST-CD2 AND DUP_SEQ IN ( 0, 1, 999 ) 11

12 2.10 LENGTH 関数 LENGTH --> LENGTHB で length は日本語の可否に関係なく 1 バイトが基準ですが では日本語と他の入力処理とで違いがあります 日本語の場合 2 バイト 1 文字を 1 で表現します そのため すべての入力値を 1 バイト基準で処理する lengthb を使用すると db2 と同じ結果が得られます LENGTH length( あ ) SYSIBM.SYSDUMMY1 LENGTHB lengthb( あ ) DUAL 2.11 FLOAT / INTEGER 関数 FLOAT / INTEGER TO_NUMBER / TRUNC FLOAT(1.234) COM.PARM -> TO_NUMBER(1.234) DUAL -> INTEGER(11.8) COM.PARM -> 11 TRUNC(11.8) DUAL -> LOCATE 関数 LOCATE--> INSTR の LOCATE 関数は 1 つの文字列が他の文字列で最初に現れる位置を返す関数です で対応する関数は INSTR 関数です LOCATE SUBSTR(TABNAME, LOCATE('_', TABNAME) + 1, 4) '-' SUBSTR(TABNAME, LOCATE('_', TABNAME) , 2) '-' SUBSTR(TABNAME, LOCATE('_', TABNAME) , 2) ' ' '00:00:00', INSTR SUBSTR(TABNAME, INSTR(TABNAME, '_') + 1, 4) '-' SUBSTR(TABNAME, INSTR(TABNAME, '_') , 2) '- ' SUBSTR(TABNAME, INSTR(TABNAME, '_' ) , 2) ' ' '00:00:00', 12

13 3. 日付と時間の処理 3.1. 日付関連フォーマット と 共に 時間と日付を表示するための DATE 型および TIME 型のデータ型を持っており 関連して時間および日付情報を照会し 照会されたデータのフォーマットを変更する関数も提供しています CURRENT TIMESTAMP / CURRENT DATE / CURRENT TIME INSERT INTO ClientHelpInfo ( HelpFileName, HelpFile, HelpFileUnComprSize, HelpFileComprSize, HelpFileDirectory, HelpFileTime) VALUES (:h_filename, :blobfile, :h_uncomprsize, :fieldlen, :h_clientfiledir, CURRENT TIMESTAMP); CURRENT DATE SYSIBM.SYSDUMMY1 SYSTIMESTAMP / SYSDATE / TO_CHAR(SYSTIME, 'HH24:MI:SS') INSERT INTO ClientHelpInfo ( HelpFileName, HelpFile, HelpFileUnComprSize, HelpFileComprSize, HelpFileDirectory, HelpFileTime) VALUES (:h_filename, :blobfile, :h_uncomprsize, :fieldlen, :h_clientfiledir, SYSTIMESTAMP); SYSDATE DUAL; CURRENT TIME SYSIBM.SYSDUMMY1 TO_CHAR(SYSTIME, HH24:MI:SS ) DUAL; TIMESTAMP_FORMAT(string_exp, YYYY-MM-DD HH24:MI:SS ) SUBSTR(CHAR(HEX(date_exp)), 1, 8) / SUBSTR(CHAR(HEX(date_exp)), 9, 4) SUBSTR(HEX()) / CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND TO_DATE(string_exp, YYYY-MM-DD HH24:MI:SS ) TO_CHAR(date_exp, YYYYMMDD ) / TO_CHAR(date_exp, HH24MI ) TO_CHAR() / SYSTIMESTAMP-1/24/60/60 MINUTE /24/60 TIMESTAMP_FORMAT(:qry_datetime, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP -1 SECOND), 1, 8) SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP -1 SECOND), 9, 4) (CASE WHEN OCCURREDTIME > (CURRENT TIMESTAMP) THEN OCCURREDTIME + 1 MINUTE ELSE TO_DATE(:qry_datetime, YYYY-MM-DD HH24:MI:SS ) TO_CHAR(SYSTIMESTAMP-1/24/60/60, 'YYYYMMDD') TO_CHAR(SYSTIMESTAMP-1/24/60/60, 'HH24MI') CASE WHEN OCCURREDTIME > (SYSTIMESTAMP) THEN OCCURREDTIME+1/24/60 13

14 3.2. 日付フォーマットの例 SUBSTR(CHAR(HEX(CURRENT TIMESTAMP)), 1, 6) SUBSTR(CHAR(HEX(date_exp)), 1, 8) / SUBSTR(CHAR(HEX(date_exp)), 9, 4) TIMESTAMP(CAST(? AS VARCHAR(20))) TIMESTAMP(CAST(? AS VARCHAR(14))) SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 1, 4) '-' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 5, 2) '-' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 7, 2) ' ' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 9, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 11, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP - 1 SECOND), 13, 2) SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 1, 4) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 5, 2) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 7, 2) ' ' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 9, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 11, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 13, 2) WritingTimeGUI TO_CHAR(SYSTIMESTAMP, 'YYYYMM') TO_CHAR(date_exp, YYYYMMDD ) / TO_CHAR(date_exp, HH24MI ) TO_TIMESTAMP(?, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') TO_TIMESTAMP(?,'YYYYMMDDHH24MISS') TO_CHAR(TO_TIMESTAMP(SYSTIMESTAMP, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') TO_CHAR(TO_DATE(sysdate, HH24:MI:SS')) AS WritingTimeGUI 'YYYY/MM/DD 4. ROW / HIERARCHICAL QUERY / NEXTVAL / SYSIBM.SYSDUMMY 行関連関数 ROWNUM は ROWNUM という仮想列 (PSEUDO COLUMN) を利用して SQL 文から返される行の数をチェックします では FETCH FIRST n ROWS ONLY 文を使用して の ROWNUM と同じ機能を実行します FETCH FIRST 1 ROW ONLY WHERE ROWNUM < 2, AND ROWNUM <= 10 ROW_NUMBER() OVER () LocationCode, StackModuleNum, EquipAlias ROWNUM * ( LocationCode, StackModuleNum, EquipAlias 14

15 Equip e1, IFLinkL2 ln WHERE ln.fromlocationcode = CAST(? AS CHAR(9)) AND ln.fromstackmodulenum = CAST(? AS CHAR(2)) AND ln.tolocationcode = e1.locationcode AND ln.tostackmodulenum = e1.stackmodulenum FETCH FIRST 1 ROW ONLY); ROW_NUMBER() OVER () - 1 ROWNUM - 1 Equip e1, IFLinkL2 ln WHERE ln.fromlocationcode = CAST(? AS CHAR(9)) AND ln.fromstackmodulenum = CAST(? AS CHAR(2)) AND ln.tolocationcode = e1.locationcode AND ln.tostackmodulenum = e1.stackmodulenum ) WHERE ROWNUM < 2" ); 4.2. 階層問い合わせ 階層問い合わせ (Hierarchical Query) 階層問い合わせ (Hierarchical Query) は 表に含まれた行間に上下の階層関係が成立する場合 その階層関係に従って行を出力する問い合わせです 1つの対象表に階層関係を 1つ以上を定義できます 階層問い合わせは 1つの表または結合された 2つ以上の表に対しても定義できます 階層問い合わせのためには 文内に START WITH CONNECT BY 句を使用します - START WITH 句は 階層内のルート行を指定します - CONNECT BY 句は 行間の上下関係を定義します - START WITH 句とCONNECT BY 句には1 つの条件式が含まれます この条件式には 単純条件式と複合条件式の両方を使用できます 文でWITHで定義される共通表式を利用 EXEC SQL DECLARE CUR_SERVERTREE CURSOR FOR WITH ServerTree(Code, NodeLevel, ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType) AS ( CAST('1' AS CHAR(100)) Code, Root.NodeLevel, Root.ParentNodeIndex, Root.NodeIndex, Root.NodeName, Root.NodeEngName, Root.NodeType ServerNodeInfo Root WHERE NodeLevel = '0' UNION ALL RTRIM(Parent.Code) '.' CONNECT BY~START WITH 句を使用 またはインライン ビューを利用 EXEC SQL DECLARE CUR_SERVERTREE CURSOR FOR NodeLevel, NVL(ParentNodeIndex, -1) AS ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType ( SUBSTR(SYS_CONNECT_BY_PATH(DECODE (LEVEL,1,RTRIM(CAST('1' AS CHAR(100))),RTRIM(CAST(NodeIndex AS CHAR(100)))), '.'), 1) Code, NodeLevel, ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType ServerNodeInfo START WITH NodeLevel = '0' 15

16 RTRIM(CAST(Child.NodeIndex AS CHAR(100))) Code, Child.NodeLevel, Child.ParentNodeIndex, Child.NodeIndex, Child.NodeName, Child.NodeEngName, Child.NodeType ServerTree Parent, ServerNodeInfo Child WHERE Parent.NodeIndex = Child.ParentNodeIndex ) NodeLevel, VALUE(ParentNodeIndex, -1) AS ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType ServerTree ORDER BY Code; CONNECT BY PRIOR NodeIndex = ParentNodeIndex ) ServerTree ORDER BY Code;" SYS_CONNECT_BY_PATH SYS_CONNECT_BY_PATH は ルートからノードまでの列の値のパスを返す関数です この関数は階層問い合わせでのみ有効で す 返されたパスで 列値は char によって分離されます 文でWITHで定義される共通表式を利用 EXEC SQL DECLARE CUR_SERVERTREE CURSOR FOR WITH ServerTree(Code, NodeLevel, ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType) AS ( CAST('1' AS CHAR(100)) Code, Root.NodeLevel, Root.ParentNodeIndex, Root.NodeIndex, Root.NodeName, TIBERO CONNECT BY~START WITH 句を利用 EXEC SQL DECLARE CUR_SERVERTREE CURSOR FOR NodeLevel, NVL(ParentNodeIndex, -1) AS ParentNodeIndex, NodeIndex, NodeName, NodeEngName, NodeType ( SUBSTR(SYS_CONNECT_BY_PATH(DECODE (LEVEL,1,RTRIM(CAST('1' AS CHAR(100))),RTRIM(CAST(NodeIndex AS CHAR(100)))), '.'), 1) Code, 16

17 4.3. NEXTVAL (SEQUENCE) NEXTVAL (SEQUENCE) NEXTVAL FOR COLUMN_NAME EXEC SQL NEXTVAL FOR ImportantMsgSeqNum, SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 1, 4) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 5, 2) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 7, 2) ' ' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 9, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 11, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 13, 2) WritingTime INTO :stimportantmessagequery.ldseqnum, :stimportantmessagequery.szwritingtime SYSIBM.SYSDUMMY1; COLUMN_NAME.NEXTVAL TIBERO EXEC SQL ImportantMsgSeqNum.NEXTVAL TO_CHAR(TO_DATE(SYSTIMESTAMP, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')) AS WritingTime INTO :stimportantmessagequery.ldseqnum, :stimportantmessagequery.szwritingtime DUAL; 4.4. SYSIBM.SYSDUMMY1 SYSIBM.SYSDUMMY1 --> DUAL DUAL ( ダミー表 ) は DUAL というダミー表を使用して様々なシステム情報を照会できます も同様の表が存在します 使用方法は 以下のとおりです SYSIBM.SYSDUMMY1 NEXTVAL FOR ImportantMsgSeqNum, SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 1, 4) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 5, 2) '/' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 7, 2) ' ' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 9, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 11, 2) ':' SUBSTR(HEX(CURRENT TIMESTAMP), 13, 2) WritingTime INTO :stimportantmessagequery.ldseqnum, :stimportantmessagequery.szwritingtime SYSIBM.SYSDUMMY1; DUAL ImportantMsgSeqNum,. NEXTVAL, TO_CHAR(TO_DATE(SYSTIMESTAMP, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')) AS WritingTimeINTO INTO :stimportantmessagequery.ldseqnum, :stimportantmessagequery.szwritingtime DUAL; 17

18 5. 関連関数 5.1. 関数の移行 ( 共通 ) - 以下の関数は と で共通して使用する関数です FC_ALARMCODE FC_BWSPEEDCODE FC_BWSPEED FC_CODE1 FC_CODE2 FC_CUSTNODENAME FC_DURATIONTOTIME FC_EQUIP_GROUP FC_EQUIP_TYPE FC_EQUIP_USG FC_IF_GROUP FC_IF_USG FC_NETWORKNODE FC_NODEINFO_IDX01 FC_NODEINFO_IDX02 FC_NODENAME FC_NODETYPE FC_NODINDEX FC_SERVERCODE1 FC_SVCNETWORK TABLE MIDNIGHT_SECONDS FC_ALARMCODE FC_BWSPEEDCODE FC_BWSPEED FC_CODE1 FC_CODE2 FC_CUSTNODENAME FC_DURATIONTOTIME FC_EQUIP_GROUP FC_EQUIP_TYPE FC_EQUIP_USG FC_IF_GROUP FC_IF_USG FC_NETWORKNODE FC_NODEINFO_IDX01 FC_NODEINFO_IDX02 FC_NODENAME FC_NODETYPE FC_NODINDEX FC_SERVERCODE1 FC_SVCNETWORK TABLE MIDNIGHT_SECONDS 5.2. Windows では使用不可 FC_SECONDSDIFF - 2 つの変数間の時間の差を秒で表す関数 FC_SECONDSDIFF STANDARD.SECONDS_BETWEEN 18

19 DISTINCT MALARMSEQNUM, c.alarmseqnum, c.locationcode, c.stackmodulenum, IFNAME, SUBSTR(CHAR(HEX(OCCURREDTIME)), 1, 6), ALARMIP, ALARMLOCATION, ALARMOBJECTTYPE, ALARMSOURCE, CURRENT TIMESTAMP, '0', CLEAREDSOURCE, FC_SECONDSDIFF(CURRENT TIMESTAMP, OccurredTime), AUTOCLEAR, LINKAGEYN, DISTINCT MALARMSEQNUM, c.alarmseqnum, c.locationcode, c.stackmodulenum, IFNAME, SUBSTR(CHAR(HEX(OCCURREDTIME)), 1, 6), ALARMIP, ALARMLOCATION, ALARMOBJECTTYPE, ALARMSOURCE, SYSTIMESTAMP, '0', CLEAREDSOURCE, STANDARD.SECONDS_BETWEEN (SYSTIMESTAMP, OccurredTime), AUTOCLEAR, LINKAGEYN, TIMESTAMPDIFF TIMESTAMPDIFF --> DATEDIFF - 組み込み関数 TIMESTAMPDIFF DISTINCT EVENTDATE,EVENTTIME SUBSTR(CHAR(HEX(TIMESTAMP(EVENTDATE EVENTTIME '00') + TIMESTAMPDIFF(2, CHAR(TIMESTAMP(EVENTDATE DURATION) - TIMESTAMP(EVENTDATE '000000'))) SECOND)),9,4) AS EVENTTIME DATEDIFF DISTINCT EVENTDATE,EVENTTIME TO_CHAR(TO_TIMESTAMP(EVENTDATE EVENTTIME '00') + DATEDIFF( TO_CHAR(TO_TIMESTAMP(EVENTDATE DURATION) - TO_TIMESTAMP(EVENTDATE '000000')), 'S') /24/60/60)),'HH24MI') AS EVENTTIME\ FC_GREATEST / FC_LEAST / FC_SECONDSDIFF - 組み込み機能に変換が可能 FC_GREATEST FC_LEAST FC_SECONDSDIFF GREATEST LEAST SECONDS_BETWEEN 6. 集合演算子 UNION UNION ALL EXCEPT INTERSECT COALESCE(MANAGER_ID, No Manager ) UNION UNION ALL MINUS INTERSECT NVL(MANGER_ID, No Manager ) 19

20 7. SQLCODE - は次のような ISO/ANSI SQL 標準に従います SQLCODE 0 > SQLCODE 実行に失敗 実行に失敗 0 = SQLCODE 正常に実行 正常に実行 0 < SQLCODE 警告メッセージと一緒に実行 警告メッセージと一緒に実行 エラーコードに対応する のエラーコード 0 Successful Execution 0 Successful Execution +100 NO DATA FOUND, +100 TIBERO MODE の場合に String constant is too long input parameter string is too long -117 The number of values in the INSERT does not match the number of columns Bad data in Date/Time/Timestamp Invalid syntax 7009 Exceeded the maximum number of available columns Illegal use of the specified keyword 5014 specified format code is not valid -205 Column name not in table Invalid column name(s) -216 Not the same number of expressions on both sides of the comparison in a. FETCH invalid regular expression in regexp functions 7116 invalid datatype of default expression 8007 missing boolean expression 8008 missing expression Invalid cursor -502 Opening cursor that is already open cursor already open -803 Duplicate key on insert or update unique constraint violated -811 More than one row retrieved in INTO 9095 Too many rows are returned in select -818 Plan and program: timestamp mismatch TO_TIMESTAMP for this type does not take format 5004 invalid timestamp value 5012 invalid time format -911 Deadlock or timeout. Rollback has been done Deadlock Detected Timeout on resource +304 Value cannot be assigned to this host variable because it is out of range invalid host variable name 9017 Array size of host variable \'%1$s\' is mismatched. It should be a number of 1 or more Host variable type is not compatible with column type 9138 Invalid host variable - PL/SQL 例外処理の例 DECLARE past_due EXCEPTION; 20

21 due_date DATE := trunc(sysdate) - 1; todays_date DATE := trunc(sysdate); BEGIN IF due_date < todays_date THEN RAISE past_due; END IF; END; EXCEPTION WHEN NO_DATA_FOUND THEN statements WHEN OTHERS THEN statements END; 8. 一時表の処理 - 1 つ以上の句をフェッチするために使用します ではサポートしないため の ESQL 文法を利用して一時表関数を再定義して使用します EXEC SQL DECLARE GLOBAL TEMPORARY TABLE ETNINFO AS ( NodeIndex EquipToNode ) DEFINITION ONLY ON COMMIT PRESERVE ROWS NOT LOGGED WITH REPLACE; if (SQLCODE < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, "Fetch Failed.\n"); return ERROR; char szquery[1024]; memset(szquery, 0x00, sizeof(szquery)); cnttemptable = 0; sprintf(szquery, ""select count(*) from user_objects where object_name = 'ETNINFO'""); EXEC SQL PREPARE SQL_GET_CNT :szquery; EXEC SQL DECLARE CUR_GET_CNT CURSOR FOR SQL_GET_CNT; if(sqlcode!= 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, ""Cursor Open Failed. \n""); return ERROR; EXEC SQL FETCH CUR_GET_CNT INTO :cnttemptable; if(sqlcode < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, ""Cursor Fetch Failed. \n""); EXEC SQL CLOSE CUR_GET_CNT; return ERROR; EXEC SQL CLOSE CUR_GET_CNT; if (cnttemptable = 1) <- 一時表が存在する場合 EXEC SQL DROP TABLE ETNINFO; if (SQLCODE < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, ""Fetch Failed.\n""); 21

22 return ERROR; Log(LOG_TRACE, ""Temp Table Drop Because Temp Table already exists""); if (cnttemptable = 0) <- 一時表が存在しない場合に作成する構文 Log(LOG_TRACE, ""Temp Table Not exists""); EXEC SQL CREATE GLOBAL TEMPORARY TABLE ETNINFO AS NodeIndex EquipToNode; if (SQLCODE < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, ""Fetch Failed.\n""); return ERROR; EXEC SQL CREATE UNIQUE INDEX ETNINFO_INDEX ON ETNINFO(NodeIndex); if (SQLCODE < 0) PutDbErr(LOG_ERROR, NULL, ""Fetch Failed.""); return ERROR; return SUCCESS;" 9. の未サポート項目 EXEC SQL SET CURRENT QUERY OPTIMIZATION = 1 WITH UR 未サポート 未サポート 10. 機能の変換 - create 関数 または replace 関数宣言句のパラメータ データ型の桁数を削除 - RETURNS -> RETURN - specific ~~ registers を削除 - 結果値を返す変数を宣言 ( ただし ここではデータ型の桁数を含む ) - SQL 文を BEGIN ~ END 句に変更し 結果値を返す変数を利用してリターン処理 - ESLEIF -> ESLIF - 戻り値が表である関数は 戻り値を構成する変数タイプでパッケージを作成した後利用例 ) 22

23 CREATE FUNCTION MCASTDB.FC_ADDRESS (IN_ADDRESSCODE VARCHAR(10) ) RETURNS VARCHAR(50) SPECIFIC MCASTDB.FC_ADDRESS LANGUAGE SQL DETERMINISTIC READS SQL DATA STATIC DISPATCH CALLED ON NULL INPUT NO EXTERNAL ACTION INHERIT SPECIAL REGISTERS RETURN address address where addresscode=in_addresscode; CREATE FUNCTION MCASTDB.FC_CHECKYN (IN_PPINFOYN CHARACTER(1), IN_PROFILEYN CHARACTER(1) ) RETURNS CHARACTER(1) SPECIFIC MCASTDB.FC_CHECKYN LANGUAGE SQL DETERMINISTIC READS SQL DATA STATIC DISPATCH CALLED ON NULL INPUT EXTERNAL ACTION INHERIT SPECIAL REGISTERS BEGIN ATOMIC DECLARE OUT_TYPE CHAR(1) DEFAULT '' ; IF IN_PPINFOYN = 'N' THEN SET OUT_TYPE = 'N'; ELSEIF IN_PPINFOYN = 'Y' THEN IF IN_PROFILEYN = 'Y' THEN SET OUT_TYPE = 'Y'; ELSE SET OUT_TYPE = 'N'; END IF; END IF; RETURN OUT_TYPE; END; CREATE FUNCTION MCASTDB.FC_NODEINFO_IDX01 (NODEINDEXIN BIGINT ) RETURNS TABLE (NODEINDEX BIGINT, PARENTNODEINDEX BIGINT, NODETYPE VARCHAR(2) ) SPECIFIC MCASTDB.FC_NODEINFO_IDX01 LANGUAGE SQL DETERMINISTIC READS SQL DATA STATIC DISPATCH CALLED ON NULL INPUT NO EXTERNAL ACTION INHERIT SPECIAL REGISTERS BEGIN ATOMIC RETURN WITH h_nodeinfo(nodeindex, ParentNodeIndex, NodeType ) AS ( root.nodeindex, root.parentnodeindex, root.nodetype NodeInfo root WHERE NodeIndex = NodeIndexIn UNION ALL child.nodeindex, child. ParentNodeIndex, child.nodetype h_nodeinfo parent, NodeInfo child WHERE parent.nodeindex = child.parentnodeindex ) NodeIndex, ParentNodeIndex, NodeType h_nodeinfo; END; TIBERO CREATE OR REPLACE FUNCTION MCASTDB.FC_ADDRESS (IN_ADDRESSCODE VARCHAR) RETURN VARCHAR IS v_address VARCHAR(50); BEGIN address INTO v_address address WHERE addresscode=in_addresscode; RETURN v_address; END; CREATE OR REPLACE FUNCTION MCASTDB.FC_CHECKYN (IN_PPINFOYN CHAR, IN_PROFILEYN CHAR) RETURN CHAR IS OUT_TYPE CHAR(1) DEFAULT ''; BEGIN IF IN_PPINFOYN = 'N' THEN OUT_TYPE := 'N'; ELSIF IN_PPINFOYN = 'Y' THEN IF IN_PROFILEYN = 'Y' THEN OUT_TYPE := 'Y'; ELSE OUT_TYPE := 'N'; END IF; END IF; RETURN OUT_TYPE; END; CREATE OR REPLACE PACKAGE PKG01 IS TYPE NODEINFO01 IS RECORD(NODEINDEX NUMBER, PARENTNODEINDEX NUMBER, NODETYPE VARCHAR(2)); TYPE TBL_NODEINFO01 IS TABLE OF NODEINFO01; END; CREATE OR REPLACE FUNCTION MCASTDB.FC_NODEINFO_IDX01(NODEINDEXIN IN NUMBER) RETURN PKG01.TBL_NODEINFO01 PIPELINED AS v PKG01.NODEINFO01; CURSOR c IS NodeIndex, ParentNodeIndex, NodeType NodeInfo START WITH NodeIndex = (NodeIndexIn) CONNECT BY prior NodeIndex = ParentNodeIndex; BEGIN OPEN c; LOOP FETCH c INTO v; EXIT WHEN c%notfound; PIPE ROW(v); 23

24 END LOOP; CLOSE c; END; 11. トリガーの変換 - SET CURRENT SCHEMA 句 SET CURRENT PATH 句を削除 - SQL 文法に変更 EX) CREATE PROCEDURE MCASTDB.SP_ALARMEQUIPD (IN IN_LOCATIONCODE CHARACTER(9), IN IN_STACKMODULENUM CHARACTER(2)) SPECIFIC MCASTDB.SP_ALARMEQUIPD LANGUAGE SQL NOT DETERMINISTIC CALLED ON NULL INPUT MODIFIES SQL DATA INHERIT SPECIAL REGISTERS BEGIN DECLARE h_alarm INTEGER;-- DECLARE h_custalarm INTEGER;-- set h_custalarm = ( COUNT(*) CUSTCOUNTEQUIP WHERE LocationCode = IN_LOCATIONCODE AND StackModuleNum = IN_STACKMODULENUM);--... END; CREATE OR REPLACE PROCEDURE MCASTDB.SP_ALARMEQUIPD (IN_LOCATIONCODE IN CHAR, IN_STACKMODULENUM IN CHAR) IS h_alarm INTEGER; h_custalarm INTEGER; BEGIN COUNT(*) INTO h_custalarm CUSTCOUNTEQUIP WHERE LocationCode = IN_LOCATIONCODE AND StackModuleNum = IN_STACKMODULENUM;.... END; 24

25 Copyright 2014 TmaxData Co., Ltd. All Rights Reserved. Trademarks RDBMS is a registered trademark of TmaxData Co., Ltd. Other products, titles or services may be registered trademarks of their respective companies. Contact Information TmaxData can be contacted at the following addresses to arrange for a consulting team to visit your company and discuss your options. Korea TmaxData Co., Ltd 5, Hwangsaeul-ro 329beon-gil, Bundang-gu, Seongnam-si, Gyeonggi-do. South Korea Tel: Fax: Web (Korean): Technical Support: USA TmaxSoft, Inc. 560 Sylvan Avenue Englewood Cliffs, NJ U.S.A Tel: Fax: Web (English): Russia Tmax Russia L.L.C. Grand Setun Plaza, No A204 Gorbunova st.2, Moscow, Tel: +7(495) Web (Russian): Singapore Tmax Singapore Pte. Ltd. 430 Lorong 6, Toa Payoh #10-02, OrangeTee Building. Singapore Tel: United Kingdom TmaxSoft UK Ltd. Surrey House, Suite 221, 34 Eden Street, Kingston-Upon- Thames, KT1 1ER United Kingdom Tel: + 44-(0) Web (English): Japan TmaxSoft Japan Co., Ltd. 5F Sanko Bldg, Mita, Minato-Ku, Tokyo, Japan Tel: Fax: Web (Japanese): China TmaxSoft China Co., Ltd. Beijing Silver Tower, RM 1508, 2 North Rd Dong San Huan, Chaoyang District, Beijing, China, China Tel: ~8 Fax: Web (Chinese): Brazil TmaxSoft Brazil Avenida Copacabana, andar 18 do Forte Empresarial, Alphaville - Barueri, Sao Paulo, SP-Brasil CEP TN-TRWB-D

目次 1. ロードランナーの紹介 ロードランナーの概要 ロードランナーの構成 ロードランナーの環境構成 ロードランナーの使用例 使用例 (Native-Protocol Driver)

目次 1. ロードランナーの紹介 ロードランナーの概要 ロードランナーの構成 ロードランナーの環境構成 ロードランナーの使用例 使用例 (Native-Protocol Driver) その他の知識 Tiberoの性能をテストするためのロードランナーの使用方法 2014. 04. 10. 目次 1. ロードランナーの紹介... 3 1.1. ロードランナーの概要... 3 1.2. ロードランナーの構成... 3 1.3. ロードランナーの環境構成... 4 2. ロードランナーの使用例... 6 2.1. 使用例 (Native-Protocol Driver)... 6 2 Tibero

More information

PostgreSQL カンファレンス 2013 証券取引バックオフィスにおける Oracle から PostgreSQL への マイグレーション SBI ジャパンネクスト証券株式会社 イアン バーウィック

PostgreSQL カンファレンス 2013 証券取引バックオフィスにおける Oracle から PostgreSQL への マイグレーション SBI ジャパンネクスト証券株式会社 イアン バーウィック PostgreSQL カンファレンス 2013 証券取引バックオフィスにおける Oracle から PostgreSQL への マイグレーション SBI ジャパンネクスト証券株式会社 イアン バーウィック PostgreSQL カンファレンス 2013 証券取引バックオフィスにおける Oracle から PostgreSQL への マイグレーション SBI ジャパンネクスト証券株式会社 イアン バーウィック

More information

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String

1.SqlCtl クラスリファレンス SqlCtl クラスのリファレンスを以下に示します メソッドの実行中にエラーが発生した場合は標準エラー出力にメッセージを出力します (1)Connect() メソッド データベースへ connect 要求を行います boolean Connect(String 目次 1.SqlCtl クラスリファレンス 2 (1)Connect() メソッド 2 (2)DisConnect() メソッド 3 (3)Commit() メソッド 3 (4)Rollback() メソッド 4 2.SqlStm クラスリファレンス 5 (1)Prepare() メソッド 5 (2)Execute() メソッド 6 (3)Release() メソッド 6 (4)Immediate()

More information

Exam : J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10

Exam : J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10 PASSEXAM http://www.passexam.jp Exam : 70-461J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10 1. あなたが ContosoDb 付きの Microsoft SQL Server 2012 のデータベースを管理します 展示に示すように テーブルが定義されています ( 図表ボタンをクリックします

More information

0 第 4 書データベース操作 i 4.1 データベースへの接続 (1) データベースチェックポイントの追加 データベースチェックポイントを追加します (2)ODBC による接続 ODBC を使用してデータベースへ接続します SQL 文を手作業で指定する場合 最大フェッチ行数を指定する場合はここで最大行数を指定します ii 接続文字列を作成します 作成ボタンクリック > データソース選択 > データベース接続

More information

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc

Microsoft Word - 430_15_Developing_Stored_Procedure.doc Java Oracle 1998 11 Java 3 Java Web GUI Java Java Java Oracle Java Oracle8i Oracle / Oracle Java Virtual Machine VM CORBA Enterprise JavaBeans Oracle Java Java Java Oracle Oracle Java Virtual Machine Oracle

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx データベース 第 11 回 (2009 年 11 月 27 日 ) テーブル結合と集計 ( 演習 ) 第 11 回のテーマ 前回より シラバスから離れ 進捗状況に合わせて全体構成を変更しています テーマ1: テーブルの結合 テーマ 2: 結合した結果からの様々な検索 テーマ3: 集計の方法 今日学ぶべきことがら Select 文のさまざまな表現 Natural join sum(*) orrder

More information

MOTIF XF 取扱説明書

MOTIF XF 取扱説明書 MUSIC PRODUCTION SYNTHESIZER JA 2 (7)-1 1/3 3 (7)-1 2/3 4 (7)-1 3/3 5 http://www.adobe.com/jp/products/reader/ 6 NOTE http://japan.steinberg.net/ http://japan.steinberg.net/ 7 8 9 A-1 B-1 C0 D0 E0 F0 G0

More information

KeySQL R5.1 Release Note

KeySQL R5.1 Release Note KeySQL for Microsoft Windows 5.1 2005 10 : B19176-02 Copyright 2005, Oracle Corporation All Right Reserved Oracle Oracle Oracle Corporation KeySQL for Microsoft Windows 5.1 : B19176-02 Copyright 2005,

More information

KeySQL for Microsoft Windows 6.0 : B28350-01 Copyright 2006, Oracle Corporation. All rights reserved. Printed in Japan. * Oracle Corporation Oracle Co

KeySQL for Microsoft Windows 6.0 : B28350-01 Copyright 2006, Oracle Corporation. All rights reserved. Printed in Japan. * Oracle Corporation Oracle Co KeySQL for Microsoft Windows 6.0 2006 3 : B28350-01 Copyright 2006, Oracle Corporation All Right Reserved Oracle Oracle Oracle Corporation KeySQL for Microsoft Windows 6.0 : B28350-01 Copyright 2006, Oracle

More information

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc

Microsoft Word - Meta70_Preferences.doc Image Windows Preferences Edit, Preferences MetaMorph, MetaVue Image Windows Preferences Edit, Preferences Image Windows Preferences 1. Windows Image Placement: Acquire Overlay at Top Left Corner: 1 Acquire

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

...5...6...7...8...9...10...12...12...12...18...21...23...23...23...24...24...24...24...25...26...26...26...27...33...33...33...33...33...34...35...36

...5...6...7...8...9...10...12...12...12...18...21...23...23...23...24...24...24...24...25...26...26...26...27...33...33...33...33...33...34...35...36 REVISION 2.85(6).H ...5...6...7...8...9...10...12...12...12...18...21...23...23...23...24...24...24...24...25...26...26...26...27...33...33...33...33...33...34...35...36...36...36...37...38...39 2 ...39...42...42...42...43...43...44...45...46...46...47...48...48...49...50...51...52...53...55...56...56...58...60...62...64...66...68...68...69...71...71...71...71...72...72...73...74...74...74...74

More information

Chapter 1 1-1 2

Chapter 1 1-1 2 Chapter 1 1-1 2 create table ( date, weather ); create table ( date, ); 1 weather, 2 weather, 3 weather, : : 31 weather -- 1 -- 2 -- 3 -- 31 create table ( date, ); weather[] -- 3 Chapter 1 weather[] create

More information

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な レセプトデータ 分 析 に 関 する 教 育 プログラム 馬 場 園 明 ゼミ 1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な 分 野 での 活 用

More information

2

2 8 24 32C800037C800042C8000 32 40 45 54 2 3 24 40 10 11 54 4 7 54 30 26 7 9 8 5 6 7 9 8 18 7 7 7 40 10 13 12 24 22 22 8 55 8 8 8 8 1 2 3 18 11 54 54 19 24 30 69 31 40 57 23 23 22 23 22 57 8 9 30 12 12 56

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E6358FCD B8F88979D B F2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2091E6358FCD B8F88979D B F2E707074> 第 5 章エラー処理コーディング お断り : 当資料は DB2 Universal Database for Linux, UNIX and Windows V8.2 をベースに作成されています この章で学ぶこと エラーハンドリングとは? SQL プロシージャで使用可能なエラーハンドリング手法 SQLCODE と SQLSTATE シグナル 条件ハンドラー ロギング エラーハンドリング実装時の注意点

More information

NSR-500 Create USB Installer Procedures

NSR-500 Create USB Installer Procedures Creating NSR-500 USB Installer Overview This document describes how to create the USB installer for the NSR- 500 series. Applicable Model NSR-500 Series To Be Required * Windows (XP, Vista or 7) installed

More information

Section1_入力用テンプレートの作成

Section1_入力用テンプレートの作成 入力用テンプレートの作成 1 Excel には 効率よく かつ正確にデータを入力するための機能が用意されています このセクションでは ユーザー設定リストや入力規則 関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します STEP 1 ユーザー設定リスト 支店名や商品名など 頻繁に利用するユーザー独自の連続データがある場合には ユーザー設定リスト に登録しておけば オートフィル機能で入力することができ便利です

More information

ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3

ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3 Web 2.0 Web Web Web Web Web Web Web I II I ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3 1. 1.1 Web... 1 1.1.1... 3 1.1.2... 3 1.1.3... 4 1.2... 4 I 2 5 2. HTMLCSS 2.1 HTML...

More information

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3 エンタープライズ コンソーシアム 技 術 部 会 WG#2 SQL 移 行 調 査 編 製 作 者 担 当 企 業 名 SRA OSS, Inc. 日 本 支 社 2013 Enterprise Consortium 改 訂 履 歴 版 改 訂 日 変 更 内 容 1.0 2013/04/22 初 版 ライセンス 本 作 品 は CC-BY ライセンスによって 許 諾 されています ライセンスの 内

More information

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera はじめに 本ドキュメントでは AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダのファームウエアバージョン 5.5x 以降で 任意の間隔で画像を FTP サーバへ送信するための設定手順を説明します 設定手順手順 1:AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダの設定ページにアクセスする 1. Internet Explorer などの Web ブラウザを起動します 2. Web ブラウザの URL

More information

Oracle Database 10gの新しいSQL性能: 正規表現、ネイティブ値、LOBパフォーマンスおよびその他の機能

Oracle Database 10gの新しいSQL性能: 正規表現、ネイティブ値、LOBパフォーマンスおよびその他の機能 Oracle Database 10g SQL : LOB Geoff Lee, Oracle Corporation Peter Linsley, Oracle Corporation Jonathan Gennick, O'Reilly & Associates Oracle SQL Oracle Detabase Oracle SQL API Oracle Database 10g SQL Oracle

More information

M-JUSD2471b

M-JUSD2471b JUSD 2471b 2 www.pall.com 3 4 www.pall.com 5 6 www.pall.com 7 TM AllegroSystems The Single-Use Solution Visit us on the Web at www.pall.com/japan/biopharm.asp e-mail us at allegro@pall.com 163-1325 651TEL.03(6386)0995

More information

FileMaker 15 SQL リファレンスガイド

FileMaker 15 SQL リファレンスガイド FileMaker 15 SQL 2013-2016 FileMaker, Inc. All Rights Reserved. FileMaker, Inc. 5201 Patrick Henry Drive Santa Clara, California 95054 FileMaker FileMaker Go FileMaker, Inc. FileMaker WebDirect FileMaker,

More information

6 50G5S 3 34 47 56 63 http://toshibadirect.jp/room048/ 74 8 9 3 4 5 6 3446 4755 566 76373 7 37 3 8 8 3 3 74 74 79 8 30 75 0 0 4 4 0 7 63 50 50 3 3 6 3 5 4 4 47 7 48 48 48 48 7 36 48 48 3 36 37 6 3 3 37

More information

How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際

How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際 How to Use In-flight Wi-Fi service ご利用ガイド 3 Flight Plan will be available for international connecting flights within 24 hours. 3 フライトプランは24時間以内であれば 国際線のお乗り継ぎの便でもご利用いただけます When downloading large amounts

More information

基本サンプル

基本サンプル SQLCompiler for LINQ(C#) のサンプル (LINQPad 用 LINQ to Entities 基本サンプル ) 本サンプルで使用した Visual Studio プロジェクトの pubs データベースの概念モデルは 以下のテーブル名とカラム名が 直接 SQL Sever へクエリする場合と異なるので が補正されています テーブル名が異なるもの employee employees

More information

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera

Upload path ファイル送信先ディレクトリのパスを指定します ホームディレクトリに画像を送信する場合は空白のまま サブディレクトリに画像を送信する場合はディレクトリ名を指定します さらに下位のディレクトリを指定する場合は \ マークを利用します 例 ) ホームディレクトリ以下の camera はじめに 本ドキュメントでは AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダのファームウエアバージョン 5.4x 以降で 定期的に画像を FTP サーバへ送信するための設定手順を説明します 設定手順手順 1:AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダの設定ページにアクセスする 1. Internet Explorer などの Web ブラウザを起動します 2. Web ブラウザの URL

More information

H8000操作編

H8000操作編 8 26 35 32H800037H800042H8000 49 55 60 72 2 3 4 48 7 72 32 28 7 8 9 5 7 9 22 43 20 8 8 8 8 73 8 13 7 7 7 55 10 49 49 13 37 49 49 49 49 49 49 12 50 11 76 8 24 26 24 24 6 1 2 3 18 42 72 72 20 26 32 80 34

More information

TM-m30 詳細取扱説明書

TM-m30 詳細取扱説明書 M00094101 Rev. B Seiko Epson Corporation 2015-2016. All rights reserved. 2 3 4 5 6 7 8 Bluetooth 9 Bluetooth 10 1 11 Bluetooth 12 1 13 1 2 6 5 4 3 7 14 1 1 2 3 4 5 15 16 ONF 1 N O O N O N N N O F N N F

More information

2 3 12 13 6 7

2 3 12 13 6 7 2 8 17 42ZH700046ZH700052ZH7000 28 43 54 63 74 89 2 3 12 13 6 7 3 4 11 21 34 63 65 8 17 4 11 4 55 12 12 10 77 56 12 43 43 13 30 43 43 43 43 10 45 14 25 9 23 74 23 19 24 43 8 26 8 9 9 4 8 30 42 82 18 43

More information

エレクトーンのお客様向けiPhone/iPad接続マニュアル

エレクトーンのお客様向けiPhone/iPad接続マニュアル / JA 1 2 3 4 USB TO DEVICE USB TO DEVICE USB TO DEVICE 5 USB TO HOST USB TO HOST USB TO HOST i-ux1 6 7 i-ux1 USB TO HOST i-mx1 OUT IN IN OUT OUT IN OUT IN i-mx1 OUT IN IN OUT OUT IN OUT IN USB TO DEVICE

More information

Taro-cshプログラミングの応用.jt

Taro-cshプログラミングの応用.jt c s h プログラミングの応用 0. 目次 1. 課題 課題 1 : 与えられたパス名からディレクトリ名とファイル名を分離し出力せよ 課題 2 : オプション (-in) の後に続く文字列とオプション (-out) の後に続く文字列をそれぞれまとめる オプションの指定がなく文字列から始まるとき -in を仮定する 課題 3 : 複数のファイルから与えられたパターンとマッチする文字列を含む行を取り出せ

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

L3 Japanese (90570) 2008

L3 Japanese (90570) 2008 90570-CDT-08-L3Japanese page 1 of 15 NCEA LEVEL 3: Japanese CD TRANSCRIPT 2008 90570: Listen to and understand complex spoken Japanese in less familiar contexts New Zealand Qualifications Authority: NCEA

More information

HARK Designer Documentation 0.5.0 HARK support team 2013 08 13 Contents 1 3 2 5 2.1.......................................... 5 2.2.............................................. 5 2.3 1: HARK Designer.................................

More information

MIDI_IO.book

MIDI_IO.book MIDI I/O t Copyright This guide is copyrighted 2002 by Digidesign, a division of Avid Technology, Inc. (hereafter Digidesign ), with all rights reserved. Under copyright laws, this guide may not be duplicated

More information

NSR-500 Create DVD Installer Procedures

NSR-500 Create DVD Installer Procedures Creating NSR-500 DVD Installer Overview This document describes how to create DVD installer for the NSR-500 series. Applicable Model NSR-500 Series To be required * Windows (XP, Vista or 7) installed PC

More information

189 2015 1 80

189 2015 1 80 189 2015 1 A Design and Implementation of the Digital Annotation Basis on an Image Resource for a Touch Operation TSUDA Mitsuhiro 79 189 2015 1 80 81 189 2015 1 82 83 189 2015 1 84 85 189 2015 1 86 87

More information

Z7000操作編_本文.indb

Z7000操作編_本文.indb 2 8 17 37Z700042Z7000 46Z7000 28 42 52 61 72 87 2 3 12 13 6 7 3 4 11 21 34 61 8 17 4 11 4 53 12 12 10 75 18 12 42 42 13 30 42 42 42 42 10 62 66 44 55 14 25 9 62 65 23 72 23 19 24 42 8 26 8 9 9 4 11 18

More information

137. Tenancy specific information (a) Amount of deposit paid. (insert amount of deposit paid; in the case of a joint tenancy it should be the total am

137. Tenancy specific information (a) Amount of deposit paid. (insert amount of deposit paid; in the case of a joint tenancy it should be the total am 13Fast Fair Secure PRESCRIBED INFORMATION RELATING TO TENANCY DEPOSITS* The Letting Protection Service Northern Ireland NOTE: The landlord must supply the tenant with the Prescribed Information regarding

More information

elemmay09.pub

elemmay09.pub Elementary Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Number Challenge Time:

More information

5 11 3 1....1 2. 5...4 (1)...5...6...7...17...22 (2)...70...71...72...77...82 (3)...85...86...87...92...97 (4)...101...102...103...112...117 (5)...121...122...123...125...128 1. 10 Web Web WG 5 4 5 ²

More information

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma

// このクラスの有効期間中の各呼び出しに使用される キャッシュされた Socket オブジェクト Socket socket = null; // 非同期処理が完了したことを通知するために信号を送るオブジェクト static ManualResetEvent clientdone = new Ma HOW DO I ソケットで通信を行うには ここでは以下の手順で説明します ソケットクライアントを作成するデータを送信するデータを受信するソケットクライアントを使用する ソケットクライアントを作成する 1. このコンテンツのサポートファイルの Start フォルダから "UDPClient" プロジェクトを開きます 2. クライアントを動作させるため コンピューターで簡易 TCP/IP サービスを有効にする必要があります

More information

ベース0516.indd

ベース0516.indd QlikView QlikView 2012 2 qlikview.com Business Discovery QlikTech QlikView QlikView QlikView QlikView 1 QlikView Server QlikTech QlikView Scaling Up vs. Scaling Out in a QlikView Environment 2 QlikView

More information

Hadoop Introduction

Hadoop Introduction Hadoop Introduction はじめに Agenda Hadoopおさらい 1 HadoopStreaming 2 Hive 3 Demo (Apacheログ解析) 4 5 まとめ Hadoop の概要 Hadoop の特徴 Hadoop クラスタ構成 マスターサーバ バッチの進捗状況管理 Map/Reduce タスク割振り NameNode JobTracker HDFS 管理 DataNode

More information

PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 $PBASIC directive PIN type New DEBUG control characters DEBUGIN Line continuation for comma-delimited lists IF THEN ELSE * SELEC

PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 $PBASIC directive PIN type New DEBUG control characters DEBUGIN Line continuation for comma-delimited lists IF THEN ELSE * SELEC PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 BASIC Stamp Editor / Development System Version 2.0 Beta Release 2 2.0 PBASIC BASIC StampR PBASIC PBASIC PBASIC 2.5 Parallax, Inc. PBASIC 2.5 PBASIC 2.5 support@microbot-ed.com 1

More information

20050314_02-4.ppt

20050314_02-4.ppt Oracle Database 10g Oracle XML DB 2005 3 14 1 Agenda Oracle XML DB XML SQL Oracle Database 10g Release 2 Copyright Oracle Corporation, 2005 All right reserved. 2 XML Oracle Database 10g Release 2 Oracle

More information

セッションの 目 的 とゴール セッションの 目 的 SQL Server 2008 R2 で 何 が 変 わって 何 が 変 わっていないのかをご 理 解 いただく セッションのゴール SQL Server 2008 R2 で 何 が 変 わったの? という 質 問 に 答 えられるようになる S

セッションの 目 的 とゴール セッションの 目 的 SQL Server 2008 R2 で 何 が 変 わって 何 が 変 わっていないのかをご 理 解 いただく セッションのゴール SQL Server 2008 R2 で 何 が 変 わったの? という 質 問 に 答 えられるようになる S SQL Server 2008 R2 概 要 ~ 新 機 能 のダイジェスト ~ 2010 年 9 月 17 日 マイクロソフト 株 式 会 社 デベロッパー&プラットフォーム 統 括 本 部 エバンジェリスト 荒 井 省 三 セッションの 目 的 とゴール セッションの 目 的 SQL Server 2008 R2 で 何 が 変 わって 何 が 変 わっていないのかをご 理 解 いただく セッションのゴール

More information

! " # $ % & ' ( ) +, -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = >? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z [ ] ^ _ ` a b c d e f h i j k l m n o p q r s t u v w x y z { } ~ This product is

More information

Microsoft Word - PPH-JPO-OSIM-form.doc

Microsoft Word - PPH-JPO-OSIM-form.doc Example form of on-line procedures (Example of the request based on the claims indicated patentable/allowable in the written opinion of the report on the state of the art) 書 類 名 早 期 審 査 に 関 する 事 情 説 明

More information

メールをサーバーに保存する 実行 SD カードに保存したメールデータを サーバーに保存します ほかの携帯電話でも利用可能な形式で保存するため データの一 部が破棄 または変更される場合があります 保存が開始されます 保存を中断する場合は キャンセルをタップします 中断した場合 データは保存されません

メールをサーバーに保存する 実行 SD カードに保存したメールデータを サーバーに保存します ほかの携帯電話でも利用可能な形式で保存するため データの一 部が破棄 または変更される場合があります 保存が開始されます 保存を中断する場合は キャンセルをタップします 中断した場合 データは保存されません あんしんバックアップアプリを利用する あんしんバックアップの特徴 本アプリケーションは スマートフォン本体の電話帳 / ブックマー ク / カレンダー /E メールのそれぞれのデータをクラウドサーバーや SD カードなどに保存したり サーバーのデータをスマートフォンに 読み込むことができます スマートフォンの機種変更時に これまでお使いの機種から新たな 機種にデータを移動したい場合にも便利です 譲渡などの契約変更を行う場合には必ず事前にデータを削除して

More information

10 2000 11 11 48 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) CU-SeeMe NetMeeting Phoenix mini SeeMe Integrated Services Digital Network 64kbps 16kbps 128kbps 384kbps

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 演習 9 入力した条件に従いデータベースからデータを抽出する 1 演習 9 製品情報を取得するサンプル パソコン製品情報が格納された表から 任意のメーカー IDを取得するプログラムの構造を検討する sample1.htm sample1.asp SDEV_MST_PRODUCT 2 データベース クライアント サーバー PC_KATABAN KOBAN MAKER_ID HD-0001 1 NED

More information

2 3

2 3 RR-XR330 C Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.2001 2 3 4 + - 5 6 1 2 3 2 1-3 + + - 22 +- 7 22 8 9 1 2 1 2 1 2 3 12 4 1 2 5 12 1 1 2 3 1 2 1 2 10 11 1 2 $% 1 1 2 34 2 % 3 % 1 2 1 2 3 1 2 12 13 1 2

More information

WordPress Web

WordPress Web 0948011 1 1 1.............................. 1 2 WordPress....................... 2 3........................ 3 4........................ 4 2 4 1 Web......... 4 3 5 1 WordPress...................... 5 2..........................

More information

2 except for a female subordinate in work. Using personal name with SAN/KUN will make the distance with speech partner closer than using titles. Last

2 except for a female subordinate in work. Using personal name with SAN/KUN will make the distance with speech partner closer than using titles. Last 1 北陸大学 紀要 第33号 2009 pp. 173 186 原著論文 バーチャル世界における呼びかけ語の コミュニケーション機能 ポライトネス理論の観点からの考察 劉 艶 The Communication Function of Vocative Terms in Virtual Communication: from the Viewpoint of Politeness Theory Yan

More information

2 3

2 3 * This device can only be used inside Japan in areas that are covered by subscription cable TV services. Because of differences in broadcast formats and power supply voltages, it cannot be used in overseas

More information

iPhone/iPad接続マニュアル

iPhone/iPad接続マニュアル / JA 2 3 USB 4 USB USB i-ux1 USB i-ux1 5 6 i-mx1 THRU i-mx1 THRU 7 USB THRU 1 2 3 4 1 2 3 4 5 8 1 1 9 2 1 2 10 1 2 2 6 7 11 1 2 3 4 5 6 7 8 12 1 2 3 4 5 6 13 14 15 WPA Supplicant Copyright 2003-2009, Jouni

More information

西川町広報誌NETWORKにしかわ2011年1月号

西川町広報誌NETWORKにしかわ2011年1月号 NETWORK 2011 1 No.657 平 成 四 年 四 の 開 校 に 向 け て 家 庭 教 育 を 考 え よ う! Every year around the winter holiday the Japanese custom of cleaning out your office space is performed. Everyone gets together and cleans

More information

ABSTRACT The "After War Phenomena" of the Japanese Literature after the War: Has It Really Come to an End? When we consider past theses concerning criticism and arguments about the theme of "Japanese Literature

More information

02: 変数と標準入出力

02: 変数と標準入出力 C プログラミング入門 総機 1 ( 月 1) 11: 動的メモリ確保 Linux にログインし 以下の講義ページを開いておくこと http://www-it.sci.waseda.ac.jp/ teachers/w483692/cpr1/ 2015-06-22 1 まとめ : ポインタを使った処理 内容 説明 呼び出し元の変数を書き換える第 9 回 文字列を渡す 配列を渡す 第 10 回 ファイルポインタ

More information

6 4 45 ZS7ZS4ZS 5 59 7 8 94 05 4 5 6 4 5 5 6 8 8 40 45 48 56 60 64 66 66 68 7 78 80 8 7 8 0 0 0 90 0 0 4 4 4 4 6 57 64 69 66 66 66 69 4 0 7 48 5 4 4 5 4 4 4 7 46 46 6 46 8 46 48 46 46 4 46 46 4 4 5 4

More information

A comparison of abdominal versus vaginal hysterectomy for leiomyoma and adenomyosis Kenji ARAHORI, Hisasi KATAYAMA, Suminori NIOKA Department of Obstetrics and Gnecology, National Maizuru Hospital,Kyoto,

More information

imt_817_tuning_11_1822.PDF

imt_817_tuning_11_1822.PDF intermedia Text Tuning Guide Creation Date: Mar 12, 2001 Last Update: Apr 19, 2001 Version: 1.1 4 intermedia Text 4 5 5 5 6 6 intermedia 6 6 6 7 7 7 7 8 8 8 8 R816 9 10 10 10 12 12 13 14 15 catalog index

More information

C 04 D 10 D 11 D 12 D A 14 D 16 D 17 D 18 D 19 D 419 29 D A A A 33 D 2933 2028 3445 20 D A 21 D 22 D 23 D 23 D 24 D 27 D 34 D 35 D 36 D 38 D A A 40 D

C 04 D 10 D 11 D 12 D A 14 D 16 D 17 D 18 D 19 D 419 29 D A A A 33 D 2933 2028 3445 20 D A 21 D 22 D 23 D 23 D 24 D 27 D 34 D 35 D 36 D 38 D A A 40 D C C D D D D D D C Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.All Rights Reserved. C 04 D 10 D 11 D 12 D A 14 D 16 D 17 D 18 D 19 D 419 29 D A A A 33 D 2933 2028 3445 20 D A 21 D 22 D 23 D 23 D 24 D 27 D 34

More information

Title 出 産 に 関 わる 里 帰 りと 養 育 性 形 成 Author(s) 小 林, 由 希 子 ; 陳, 省 仁 Citation 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 院 紀 要, 106: 119-134 Issue Date 2008-12-18 DOI 10.14943/b.edu.106.119 Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/35078

More information

C. S2 X D. E.. (1) X S1 10 S2 X+S1 3 X+S S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S S X+S2 X A. S1 2 a. b. c. d. e. 2

C. S2 X D. E.. (1) X S1 10 S2 X+S1 3 X+S S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S S X+S2 X A. S1 2 a. b. c. d. e. 2 I. 200 2 II. ( 2001) 30 1992 Do X for S2 because S1(is not desirable) XS S2 A. S1 S2 B. S S2 S2 X 1 C. S2 X D. E.. (1) X 12 15 S1 10 S2 X+S1 3 X+S2 4 13 S1S2 X+S1+S2 X S1 X+S2. 2. 3.. S X+S2 X A. S1 2

More information

32C2100操作編ブック.indb

32C2100操作編ブック.indb 02 08 32C2100 18 24 31 37 2 3 12 13 6 7 68 67 41 42 33 34 3 4 11 8 18 4 11 4 22 13 23 11 23 12 13 14 15 10 18 19 20 20 10 9 20 18 23 22 8 8 22 9 9 4 30 10 10 11 5 13 13 16 15 26 24 37 40 39 6 7 8 1 2 29

More information

Windows Cygwin Mac *1 Emacs Ruby ( ) 1 Cygwin Bash Cygwin Windows Cygwin Cygwin Mac 1 Mac 1.2 *2 ls *3 *1 OS Linux *2 *3 Enter ( ) 2

Windows Cygwin Mac *1 Emacs Ruby ( ) 1 Cygwin Bash Cygwin Windows Cygwin Cygwin Mac 1 Mac 1.2 *2 ls *3 *1 OS Linux *2 *3 Enter ( ) 2 September 2016 1 Windows Cygwin Mac *1 Emacs Ruby 1 1.1 ( ) 1 Cygwin Bash Cygwin Windows Cygwin Cygwin Mac 1 Mac 1.2 *2 ls *3 *1 OS Linux *2 *3 Enter ( ) 2 ~/16:00:20> ls 2 2 ls ls -a ~/16:00:20> ls -a

More information

アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2

アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2 Oracle Direct Seminar 試験対策ポイント解説 11g SQL 基礎 Ⅰ 日本オラクル株式会社 アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2 資格体系 実務エキスパートの認定

More information

SMART USER'S GUIDE_0804.ai

SMART USER'S GUIDE_0804.ai CONNECT with your SMARTPHONE PADRONE SMART CC-PA500B STRADA SMART CC-RD500B The Bluetooth word mark and logos are owned by Bluetooth SIG, Inc. and any use of such marks by CATEYE Co., Ltd. is under license.

More information

...1...1...1...1 mas-clsdic.csv...1...1 mas-prpdic.csv...2...2...3 mas-capdic.csv...4...4 mas-pvldic.csv...4...4...4 mas-segdic.csv...4...4 mas-clsdic

...1...1...1...1 mas-clsdic.csv...1...1 mas-prpdic.csv...2...2...3 mas-capdic.csv...4...4 mas-pvldic.csv...4...4...4 mas-segdic.csv...4...4 mas-clsdic MANDSDS01-03 MANDSDS01 ECALS CSV EC ...1...1...1...1 mas-clsdic.csv...1...1 mas-prpdic.csv...2...2...3 mas-capdic.csv...4...4 mas-pvldic.csv...4...4...4 mas-segdic.csv...4...4 mas-clsdic-occurs.csv...5...5...5

More information

2 3 12 13 6 7

2 3 12 13 6 7 02 08 22AV55026AV550 17 25 32 22AV550 26AV550 39 50 2 3 12 13 6 7 3 4 11 8 8 9 9 8 9 23 8 9 17 4 11 4 33 12 12 11 24 18 12 10 21 39 21 4 18 18 45 45 11 5 6 7 76 39 32 12 14 18 8 1 2 32 55 1 2 32 12 54

More information

02 08 32C700037C700042C7000 17 25 32 39 50 2 3 12 13 6 7 3 4 11 8 8 9 9 8 9 23 8 9 17 4 11 4 33 12 12 11 24 18 12 10 21 39 21 4 11 18 45 5 6 7 76 39 32 12 14 18 8 1 2 31 55 1 2 31 12 54 54 9 1 2 1 2 10

More information

基本操作ガイド

基本操作ガイド HT7-0199-000-V.5.0 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. Copyright 2004 CANON INC. ALL RIGHTS RESERVED 1 2 3 1 1 2 3 4 1 2 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 4 1 2 3 4 1 2 3 4 5 AB AB Step 1 Step

More information

,

, , The Big Change of Life Insurance Companies in Japan Hisayoshi TAKEDA Although the most important role of the life insurance system is to secure economic life of the insureds and their

More information

2

2 8 26 38 37Z800042Z800047Z8000 54 65 72 83 101 2 3 4 7 101 53 27 33 7 8 9 5 7 9 22 47 72 8 8 8 8 102 8 13 7 7 7 65 10 67 67 13 71 40 67 67 67 67 43 67 12 55 55 11 104 8 24 26 24 20 25 6 1 2 3 18 46 101

More information

情報の構造とデータ処理

情報の構造とデータ処理 mizutani@ic.daito.ac.jp 2014 SQL information system input process output (information) (symbols) (information structure) (data) 201411 ton/kg m/feet km 2 /m 2 (data structure) (integer) (real) (boolean)

More information

WLM-L11G導入ガイド

WLM-L11G導入ガイド 第 3 章基本設定 この章では 基本的な設定例として WLM-L11G の IP アドレス 時刻 ESS-ID 無線チャンネル WEP( 暗号 ) エアステーション名とデフォルトゲートウェイを設定する方法について説明しています 設定には Web ブラウザや Telnet などのターミナルソフトを使用できます 詳しくは 別冊 WLM-L11G 設定ガイド の第 2 章を参照してください この章には次のセクションがあります

More information

DDR3 SDRAMメモリ・インタフェースのレベリング手法の活用

DDR3 SDRAMメモリ・インタフェースのレベリング手法の活用 WP-01034-1.0/JP DLL (PVT compensation) 90 PLL PVT compensated FPGA fabric 90 Stratix III I/O block Read Dynamic OC T FPGA Write Memory Run Time Configurable Run Time Configurable Set at Compile dq0 dq1

More information

自分の天職をつかめ

自分の天職をつかめ Hiroshi Kawasaki / / 13 4 10 18 35 50 600 4 350 400 074 2011 autumn / No.389 5 5 I 1 4 1 11 90 20 22 22 352 325 27 81 9 3 7 370 2 400 377 23 83 12 3 2 410 3 415 391 24 82 9 3 6 470 4 389 362 27 78 9 5

More information

*Ł\”ƒ‚ä(DCH800)

*Ł\”ƒ‚ä(DCH800) B B B B B B B B B C * This device can only be used inside Japan in areas that are covered by subscription cable TV services. Because of differences in broadcast formats and power supply voltages, it cannot

More information

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc

Microsoft Word - MC_v4.1.1_Release_Notes_Japanese.doc MANUSCRIPT CENTRAL v4.1.1 リリース ノート 2008 年 8 月 26 日 にリリースされる Manuscript Central v4.1.1 で 予 定 されている 機 能 の 更 新 内 容 は 以 下 のとおりです この 文 書 では 各 機 能 のデフォルト 設 定 値 と 機 能 の 設 定 に 必 要 な 時 間 を 説 明 しています 質 問 がある 場 合

More information

テレビ番組による相互交流

テレビ番組による相互交流 Abstract: Import and Export of TV programs in Japan The TV programs for which contracts were concluded for export during fiscal 2001 included: Number of programs (number of titles) = 1,675 programs (series

More information

Adobe Acrobat DC 製品比較表

Adobe Acrobat DC 製品比較表 X X Adobe, the Adobe logo, Acrobat, the Adobe PDF logo, Creative Cloud, and Reader are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

More information

Hi. Hello. My name is What s your name? Nice to meet you. How are you? I m OK. Good morning. How are you? I am fine, thank you. My name is. Nice to me

Hi. Hello. My name is What s your name? Nice to meet you. How are you? I m OK. Good morning. How are you? I am fine, thank you. My name is. Nice to me - 8 - English Day 10 Discover Japan 11 12 Hi. Hello. My name is What s your name? Nice to meet you. How are you? I m OK. Good morning. How are you? I am fine, thank you. My name is. Nice to meet you. ere

More information

C C C - J TH-D TH-D TH-D C C C C C - J TH-D TH-D TH-D C - J TH-D TH-D TH-D C C C C

C C C - J TH-D TH-D TH-D C C C C C - J TH-D TH-D TH-D C - J TH-D TH-D TH-D C C C C C Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. - J TH-D TH-D TH-D C C C C - J TH-D TH-D TH-D C C C C C - J TH-D TH-D TH-D C - J TH-D TH-D TH-D C C C C - J FGIH FGIH FG IH FGIH F G FGIH - J c c c c c c C C

More information

Parallels Desktop 7 クイックスタートガイド

Parallels Desktop 7 クイックスタートガイド PD7M-P1-411-1 Parallels Desktop 7 for Mac Parallels Desktop 7 for Mac および Parallels Desktop 7 Switch to Mac Edition 兼用 クイック スタート ガイド Copyright 1999-2011 by Parallels Holdings, Ltd. and its affiliates.

More information

untitled

untitled 0 3 6 2 1 5 8 3 2 5 inquiry@j-drive-com.jp 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 20% 80% 2005 1999 2002 90% 10% 92% 94% 77% 66% 66% 65% 60% 59% 61% CAD 48% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%

More information

TOEIC(R) Newsletter

TOEIC(R) Newsletter June 2009 No.105 TOEIC Newsletter TOEIC Newsletter No.105 June 2009 2 TOEIC Newsletter No.105 June 2009 3 4 TOEIC Newsletter No.105 June 2009 TOEIC Newsletter No.105 June 2009 5 6 TOEIC Newsletter No.105

More information

Introduction to Information and Communication Technology (a)

Introduction to Information and Communication Technology (a) Introduction to Information and Communication Technology (a) 5 th week: 1.4 Transmission, exchange and evaluation of information Kazumasa Yamamoto Dept. Computer Science & Engineering Introduction to ICT(a)

More information

操作ガイド(本体操作編)

操作ガイド(本体操作編) J-1 QT5-0681-V02 1 m a b c d e f l kj i h g a b c d e f g h i j k l m n n o o s p q r p q r s w t u v x y z t u v w x y z a bc d e f g q p o n m l k j i h a b c d e f g h i j k l {}[] {}[] m n

More information

4D製品案内

4D製品案内 www.4d-japan.com 4D France (Head Office) 4D Deutschland GmbH 4D Sweden AB 4D Net Center S.A. 4D Australia Pty Ltd 60 rue d'alsace 92110 Clichy - France Tel: +33 1 40 87 92

More information

Release Notes.book

Release Notes.book 8.0.1 JMP, A Business Unit of SAS SAS Campus Drive Cary, NC 27513 SAS Institute Inc. 2009.JMP 8.0.1 Release Notes, Cary, NC: SAS Institute Inc. JMP 8.0.1 Copyright 2009, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA

More information

1 1 1.......................... 1 2.......................... 2 2 5 1........................... 5 2................... 7 3..................... 8 4..

1 1 1.......................... 1 2.......................... 2 2 5 1........................... 5 2................... 7 3..................... 8 4.. CD 1 1 1.......................... 1 2.......................... 2 2 5 1........................... 5 2................... 7 3..................... 8 4......................... 13 5 CD.................

More information

i5 Catalyst Case Instructions JP

i5 Catalyst Case Instructions JP Catalyst iphone iphone iphone ON/OFF O O Touch ID Page 01 iphone O O O O O Page 02 ( ) O OK O O O 30 30 min Page 03 ( ) 30 O iphone iphone iphone iphone iphone iphoneiphone Catalyst ON/OFF iphone iphone

More information

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ Arcserve Backup r17 下位互換サポート 2016/03/03 下位互換サポートについて Arcserve Backup は 同一バージョン間だけではなく 下位バージョンのエージェント製品を利用できます 下位互換を利用することで バージョンアップができない環境や アップグレードに時間がかかる環境において バックアップ運用の継続ができます 下位互換とは バックアップサーバとなる Arcserve

More information

A5 PDF.pwd

A5 PDF.pwd Kwansei Gakuin University Rep Title Author(s) 家 族 にとっての 労 働 法 制 のあり 方 : 子 どもにとっての 親 の 非 正 規 労 働 を 中 心 に Hasegawa, Junko, 長 谷 川, 淳 子 Citation 法 と 政 治, 65(3): 193(825)-236(868) Issue Date 2014-11-30 URL

More information