第2学年3組 英語科学習指導案

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第2学年3組 英語科学習指導案"

Transcription

1 第 2 学年英語科学習指導案 日時 : 平成 27 年 11 月 25 日 ( 水 ) 第 5 校時 1 単元名 Program 9 A Priest in a Mask (Sunshine English Course 2) 2 単元について (1) 題材観本課では, 比較級 (-er), 最上級 (-est), 同等比較 (as ~ as ) を含む英文を扱う 形容詞や副詞に-er や-est を付けて,2つ( 人 ) 以上のことについて ~より だ や 一番 だ と表現したり, 形容詞や副詞の原級を用いて,as( 原級 )as で 同じくらい だ と表現したりする用法である 比較をする際によく用いる形容詞と副詞を復習し, 比較表現の文の構造を理解し, それを用いて身の回りのことを表現できるように, 様々な表現活動を用いて定着させたい この課の話題は, 不良少年だったある少年が, 神父になり, 後には覆面レスラーになるというメキシコでの実話に基づいて展開する 素行の悪さから, 教会からも追い払われてしまった主人公が, 自分のような子供たちを救うため 神父になろうと決意し,10 年後に神父になる夢を叶えたことや, 子供たちのためにお金を稼ぎ, 孤児院を設立した姿は, 中学生にとって, 今後の生き方の参考になると思われる また, その孤児院で育った子供が彼の跡を継いでいく場面は読み手に感動を与え, 人との出会いやつながりの大切さを感じることができるであろう (2) 生徒観本学級の生徒は, 誰とでも公平に会話ができる生徒が多く, 様々なペア活動やグループ活動に意欲的に取り組むことができる ALTとの授業を楽しみにしており,ALTの話している内容がわかったり, 自分が言ったことがわかってもらえたりすることに喜びや達成感を感じている生徒が多い 本校では, 英語での表現力を高めることに重点を置き, スピーキングの活動に力を入れてきた アンケートのコメント省略 5 月の時点では, 単語や文法を細かく説明して欲しい, ワークで学習したいという意見もあったが,9 月には, スピーキング活動が文法の理解や定着につながったり,ALTとの活動を通して, 日常生活で使えたりすることを知り, 話すことを楽しんだり, すすんで話そうとしたりする態度につなげることができた スピーキング活動を軸に,4 技能の基礎を養い, コミュニケーション能力を高めていきたい (3) 指導観自己表現力を高めるためには, 単語や文構造等の基礎 基本を理解させ, 繰り返し使わせることによって定着させ, それを応用して用いる機会を与えることが大切だと考え, 特にスピーキング活動を中心としたアウトプット活動を行っている 本校では, ウォームアップの帯活動として英語の歌と基本文の 25 題をインプットする活動を行っている 各月の歌と 25 題 の文は, その月に学習する表現や話題をもとにして選曲したり, 基本文をとりあげたりしている 歌も 25 題 も 1 ヶ月かけて全員が覚えられることを目標として行っている 言語活動では, 教科書で学習する言語材料の他, 帯活動で扱ったあいづちの表現や, 自分の意見の言い方等を活用できるようにし, 授業で行っている活動を全て関連づけて指導したい

2 本時の授業では, 英語教師とALTの会話を聞き取って, 会話の概要をつかみ, 文構造を理解することから, その表現を用いてペアで伝え合うことまで発展させたい 会話の概要や文構造の導入には視覚に訴えるものを効果的に用いて理解を促したい 伝え合う場面では, 英語を用いて伝え合う意味と動機付けのある話題を選び, 生徒の意欲につなげたい 3 単元の目標 (1) 自ら既習の表現を用いて英語で会話をしようとしている コミュニケーションへの関心 意欲 態度 (2) 適切に相づちをうったり, 相手の発言を繰り返したりしながら, 会話をすすめようとしている コミュニケーションへの関心 意欲 態度 (3) 比較級, 最上級, 同等比較の表現を用いて, 身近なことを適切に表現したり, 相手にたずねたり, 適切に応答したりすることができる 外国語表現の能力 (4) 比較級, 最上級, 同等比較の表現を用いて,2つ( 人 ) 以上のことを比較した結果を伝えたり, 書いたりすることができる 外国語表現の能力 (6) 教科書の本文を聞いたり, 読んだりして, 内容を正しく理解することができる 外国語理解の能力 (7) 比較級, 最上級, 同等比較を用いた文構造を理解している 言語や文化についての知識 理解 4 指導と評価の計画 (1) 指導計画 (7 時間扱い ) 時 ねらい 〇学習活動 評価の観点 関表理知 1 本時 2 3 比較級を用いた文構造を理解し, 運用する 比較級を用いて, 身近なものを比べながら説明する 本文を聞いたり読んだりすることにより, 主人公の生い立ちや功績につ いて理解する 正確に音読をする 最上級を用いた文構造を理解し, 運用する 最上級を用いて, 日本一 のものについて話したり, 書いたりする 4 5 本文を聞いたり読んだりすることにより, 神父がなぜ覆面レスラーになったのかを理解する 正確に音読をする 同等比較を用いた文構造を理解し, 運用する 同等比較を用いて, 身の回りにある同じくらいのものを探し, 伝える

3 6 本文を聞いたり読んだりすることにより, 主人公の意志を継いで同じように活動した人の活躍を理解する 正確に発音する (2) 単元の評価規準観点評価規準コミュニケーションへの関心 意 S 言語活動において, 自ら学んだ表現などを使っている ( 言語活動欲 態度への取組 ) 外国語表現の能力 S 言語活動において, 相手の問いに対して, 適切な語を用いて応答することができる ( 適切な発話 ) R 正しい強勢, イントネーション, 区切りなどを用いて音読することができる ( 正確な音読 ) W 比較の表現を活用して, 自分のことや身の周りのことについて書くことができる ( 適切な書き取り ) 外国語理解の能力 L 本文を聞き, 内容について正しく聞き取ることができる ( 正確な聞き取り ) R 本文を読み, 内容について正しく読み取ることができる ( 正確な読み取り ) 言語や文化についての知識 理解 S W 比較の表現を用いた文を構成する知識を身につけている ( 言語についての知識 ) 5 本時の学習指導 (1) 本時の目標 言語活動において, 自ら学んだ表現などを使っている コミュニケーションへの関心 意欲 態度 2つのものの違いについて, 適切な語を用いて話して伝えることができる 外国語表現の能力 (2) 本時の展開 過程 学習活動 学習内容 評価規準との関連 指導上の留意点 総括的評価へ 形成的評価 1 Greeting 英語のあいさつをし, 日付, 曜日, 天気を確認する 英語の学習を始める雰囲気を作る 教師,ALTともに歌い, 全員で歌う 導 2 Song 雰囲気を高める 入 I Just Called to Say I Love You 資料 1 今日のポイントを押さえ歌う 今日のポイントを伝え, 意識させる 25 題の基本文の日本語を見て, 英語で言うことができる ( 後日並べ替えテスト ) Sentences Challenge! 資料 2 ペアでチェックしながら基本 ( 知 ) 文の語順についての知識 トピックに沿って,1 分間ペアで会話

4 分 文の練習をする をする 4 One Minute Talk 相手を変えてもう一度行い, 話す機会 を増やす 5 Introduction of Comparative 2 人の有名人の写真を見て,ALT と会話 ( 理 ) 適切な聞き取り 聞いて概要を把握することができる をしながら, 歳を比較した文を理解する ALT : Who is this? 展 開 Ss: He is Namihei. ALT: How old is he? Ss: 60? 55? ALT: He is 52 years old. He is old. How about him? How old is Samma? Ss: 50? 60? ALT: He is 60 years old. Namihei is old. But Samma is older. Samma is older than Namihei. 35 形容詞の変化と than の使用を説明する ( 知 ) 言語についての 分 羽生市とバギオ市の面積や今日の気温を 知識 形容詞の語尾に -er, -r がつくものを導入 比較した対話を聞き, 様々な形容詞の変 する 化を知り, 比較表現を Input する ALT: I have lived in Hanyu for 3 years. How old is Hanyu city? JTE: It s an old city. Hanyu is 127 years old. How about Baguio? ALT: Baguio is 107 years old. So, Hanyu is older. Hanyu is older than Baguio. JTE: I see. How about the size? Hanyu is km2. ALT: It s 57.5 km2. Hanyu is larger than Baguio. 比較表現の Pattern Practice をする 様々な形容詞を用いて, 定着させる 6 Speaking Activity Who ate the cookies? ペアになり, 犯人の情報が書かれたシートをもらう 資料 3 クッキーを食べた犯人の情報を比較級を用いて相手と伝え合い,2 人で犯人を確定する 7 Writing 比較表現を用いて, あるキャラクターと自分の身長や, 歳, 体重を比較した文を書く ( 関 ) 言語活動への取組 ( 表 ) 適切な発話 ( 知 ) 正確な語法 活動に意欲的に取り組んでいる ( 観察 ) 比較級を用いて, ペアに犯人の情報を伝えることができる ( 観察 ) 活動のフィードバックを行う 2つの事件を用意し, ペアを変えてもう一度行う 比較級を用いて, 自分のことを書くことができる ( ワークシート )

5 整理 2 分 10 Consolidation 本時の学習を振り返り, 英語カードに記入をする 11 Greeting 英語であいさつをする 本時のねらいを確認し, 教師から評価 をする

い文章を読んで内容をつかむ読解力や正しく単語を書いたり文構造を意識しながら正しく英文を 書いたりする力が弱い (3) 指導観ステップコースの指導にあたっては, 基本的な新出文構造の並べかえ活動を行い, 視覚的に理解させていく またペアワークで, 形容詞の比較級 最上級の形を繰り返し読ませて定着を図る

い文章を読んで内容をつかむ読解力や正しく単語を書いたり文構造を意識しながら正しく英文を 書いたりする力が弱い (3) 指導観ステップコースの指導にあたっては, 基本的な新出文構造の並べかえ活動を行い, 視覚的に理解させていく またペアワークで, 形容詞の比較級 最上級の形を繰り返し読ませて定着を図る 英語科学習指導案 指導者ステップコース谷口康 難波未来 ジャンプコース高寄京子 1 日時平成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 5 校時 2 学年第 2 学年ステップコース 15 人 ジャンプコース 17 人 3 単元名 SUNSHINE NEW ENGLISH COURSE 2 PROGRAM 9 A Priest in a Mask 4 単元について (1) 単元観本単元は, 不良少年であったメキシコの若者セルジオ

More information

生徒の活動

生徒の活動 第 3 学年外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 日時平成 24 年 11 月 7 日 ( 水 ) 授業者 T1 能海観水 T2 ミシェル ジマーマン場所 3 年 2 組教室 1. 単元名 New Horizon English Course 3 Unit 4 Learn by Losing 2. 単元のねらい ペアワークなどにおいて 間違うことを恐れずに話す ( コミュニケーションへの関心 意欲 態度

More information

Microsoft Word - 英語科指導案 公開研 2学年_H _.docm

Microsoft Word - 英語科指導案 公開研 2学年_H _.docm 英語科学習指導案 指導者中島厚子谷口康 1 日時平成 25 年 10 月 16 日 ( 水 ) 第 4 校時 (13:40~14:30) 2 学年 学級第 2 学年 16 名 ( 男子 8 名 女子 8 名 ) 17 名 ( 男子 8 名 女子 9 名 ) 3 指導形態 場所少人数制 2 階 2 年生教室, 3 階英語教室 4 単元 Sunshine English Course 2( 開隆堂 )

More information

英語科学習指導案(2年授業参観)

英語科学習指導案(2年授業参観) 英語科学習指導案 指導者日高高等学校附属中学校教諭佐々木建 1 日時平成 25 年 5 月 15 日 ( 水 ) 第 5 限 2 場所 2 年 A 組教室 3 学級 2 年 A 組 ( 男子 20 名 女子 20 名 計 40 名 ) 4 単元名 LESSON 5 My Dream NEW CROWN ENGLISH SERIES 2 5 生徒観学習課題に前向きに取り組めている 4 月当初はクラス替え直後の人間関係のぎこちなさが見られたが

More information

4 単元の評価規準 コミュニケーションへの関心 意欲 態度 外国語表現の能力 外国語理解の能力 言語や文化についての知識 理解 与えられた話題に対し 聞いたり読んだりした 1 比較構文の用法を理解 て, ペアで協力して積極 こと, 学んだことや経 している 的に自分の意見や考えを 験したことに基づき

4 単元の評価規準 コミュニケーションへの関心 意欲 態度 外国語表現の能力 外国語理解の能力 言語や文化についての知識 理解 与えられた話題に対し 聞いたり読んだりした 1 比較構文の用法を理解 て, ペアで協力して積極 こと, 学んだことや経 している 的に自分の意見や考えを 験したことに基づき 高等学校第 1 学年英語表現 Ⅰ 学習指導案 日時平成 9 年 11 月 7 日 ( 火 ) 第 校時 指導者教育センター所員相島倫子 1 単元名 Lesson 8 比較を使って表現する (DUALSCOPE English Expression 数研出版 ) 単元について 英語表現 Ⅰ の目標は, 英語を通じて, 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成するとともに, 事実や意見などを多様な観点から考察し,

More information

5 主体的 対話的で深い学びの視点 (1) 主体的な学びとしての視点主体的な学びとして 本単元ではプレゼンテーションを作成する段階で 聞き手の関心を最大限ひきつけることができるようなテーマの設定を生徒たち自身に行わせたい このことにより 教師から与えられたテーマではなく 自分たち自身もより興味 関心

5 主体的 対話的で深い学びの視点 (1) 主体的な学びとしての視点主体的な学びとして 本単元ではプレゼンテーションを作成する段階で 聞き手の関心を最大限ひきつけることができるようなテーマの設定を生徒たち自身に行わせたい このことにより 教師から与えられたテーマではなく 自分たち自身もより興味 関心 第 2 学年英語科学習指導案 指導者大津賀洋介 ( 千葉市立蘇我中学校 ) 1 単元名 NEW CROWN 2 LESSON7 Presentation ( 比較級 最上級 同等比較 副詞の比較級 ) 2 単元の目標 聞き手が理解しやすいように また内容が効果的に伝わるように比較級 最上級等を用いたプレゼンテーションをすることができる 比較級 最上級を用いたプレゼンテーションを聞いて その内容を理解することができる

More information

新潟市立亀田西中学校

新潟市立亀田西中学校 中学校英語科 7( 平成 23 年度 ) 第 1 学年英語科学習指導案 1 単元名 NEW HORIZON English Course 1 Unit6 グリーン家の人々 2 単元の目標 3 人称単数現在形の形, 意味, 用法を理解し, 表現できる 強勢, イントネーション, 区切りなどを意識して, 正しく音読することができる 家族や友人, 隣の人などの身近な人について, 簡単な紹介を 5 文程度の英文ですることができる

More information

第3学年3組英語科学習指導案

第3学年3組英語科学習指導案 松江市立島根中学校第 2 学年外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 日時 : 平成 24 年 11 月 21 日 ( 水 ) 5 校時 (14:05~14:55) 場所 : 2 年教室 ( 教室棟 2 階 ) 指導者 : 坂田直子 (JTE) / Elena Imaoka (ALT) 1. 単元 Unit 5 A New Language Service (New Horizon English Course

More information

という目的を明確にするため 次のような場面を設定した 高知県の観光地に英文で書かれた看板がある そこで英語圏ではない外国人と出会う 相手は英語を少し話すことができるが十分に読むことができないため, その人に対して英文を読み取りリテリングをする必要がある という設定である よくある場面ではないかもしれ

という目的を明確にするため 次のような場面を設定した 高知県の観光地に英文で書かれた看板がある そこで英語圏ではない外国人と出会う 相手は英語を少し話すことができるが十分に読むことができないため, その人に対して英文を読み取りリテリングをする必要がある という設定である よくある場面ではないかもしれ 第 1 学年英語科学習指導案 平成 28 年 10 月 21 日第 5 校時須崎市立朝ヶ丘中学校 1 年 C 組生徒 23 名 ( 男子 11 名女子 13 名 ) 場所 1 年 C 組教室指導者 1 単元名 SUNSHINE ENGLISH COURSE 1( 開隆堂 ) PROGRAM7 The Wonderful Ocean 2 単元について 単元観本単元は 由紀とマイクが北海道の釧路沖でシャチウォッチングに参加して

More information

Microsoft Word - 英語科指導案_H _part2.doc

Microsoft Word - 英語科指導案_H _part2.doc 英語科学習指導案 指導者中島厚子 1 日時平成 24 年 7 月 11 日 ( 水 ) 第 5 校時 (13:40~14:30) 2 学年 学級第 2 学年 20 名 ( 男子 9 名 女子 11 名 ) 3 指導形態 場所習熟度別 2 階 2 年教室 4 単元 Sunshine English Course 2( 開隆堂 ) PROGRAM 3 Charity Walk 5 単元について (1)

More information

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Lesson 1 ( 15 時間 ) 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 Get Your Goal with English より多くの相手とコミュニケーションをとる 自己紹介活動を行う コミュニケーションを積極的にとろうとしている スピー

4 学習の活動 単元 ( 配当時間 ) Lesson 1 ( 15 時間 ) 題材内容単元の目標主な学習内容単元の評価規準評価方法 Get Your Goal with English より多くの相手とコミュニケーションをとる 自己紹介活動を行う コミュニケーションを積極的にとろうとしている スピー 学校番号 405 平成 30 年度外国語科 教科科目単位数指導学年教材名 副教材名 英語コミュニケーション英語 Ⅰ 3 第 1 学年 増進堂 NEW FLAGⅠ 1 担当者からのメッセージ ( 学習方法等 ) 1 本文 新出表現は繰り返し音読すること 音読することで英語の理解が深まり 記憶にも残りやすくなる 2 語彙力が読解力を高める鍵である 本文に出てくる新出語は取りこぼしのないようにその都度復習すること

More information

第1学年4組 英語科学習指導案

第1学年4組 英語科学習指導案 第 1 学年 2 組外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 日時平成 25 年 11 月 8 日 ( 金 ) 第 5 校時場所第 1 学年 2 組生徒数男子 17 名女子 17 名合計 34 人指導者佐東かすみ 1 題材名 Sunshine English Course 1 PROGRAM 8 Origami 2 題材について (1) 教材観本課では大介が教室で 折り紙の人形をクラスメートに見せながら

More information

英語科指導案

英語科指導案 第 2 学年 4 組英語科学習指導案 日時平成 26 年 10 月 14 日 ( 火 ) 場所宮原中学校授業者長岡陽 1 教材 SUNSHINE ENGLISH COURSE 2 Gulliver s Travels Program5-3 2 教材について本課で取り扱っている ガリバー旅行記 は アイルランドの風刺作家ジョナサン スウィフトにより 1726 年に初版が出版されるとすぐに評判になり それ以来現在もなお子どもから大人に至るまで人気の小説である

More information

英語科学習指導案 1 平成 16 年 10 月 26 日 ( 火 ) 第 6 校時 2 年 2 組 D( 男子 6 名 女子 7 名計 13 名 ) 指導者黛ゆかり Andy Fosset 第 1 時間目 (1) 本時のねらい ~ すること と目的語として使われる動名詞の表現に慣れる 英字新聞を話題

英語科学習指導案 1 平成 16 年 10 月 26 日 ( 火 ) 第 6 校時 2 年 2 組 D( 男子 6 名 女子 7 名計 13 名 ) 指導者黛ゆかり Andy Fosset 第 1 時間目 (1) 本時のねらい ~ すること と目的語として使われる動名詞の表現に慣れる 英字新聞を話題 英語科学習指導案 1 平成 16 年 10 月 26 日 ( 火 ) 第 6 校時 第 1 時間目 (1) 本時のねらい ~ すること と目的語として使われる動名詞の表現に慣れる 英字新聞を話題とした会話を読み取り 適切に音読することができる (2) 準備教科書 ワークシート フラッシュカード ピクチャーカード センテンスカード CD リピーター あいさつ 2 分 英語でのあいさつの後 既習事項を用いた質問を全員の生徒が答えられるようにリズミカルに行う

More information

中学校第 3 学年英語科学習指導案日時平成 26 年月日 ( ) 第校時 : ~ : 対象第 3 学年 組 名学校名 中学校授業者職 氏名会場 階 教室 1 単元名 Lesson 3 Rakugo Goes Overseas NEW CROWN ENGLISH SERIES 3 2 単元の目標 (1) 学んだ表現を用いて積極的に言語活動を行う (2) 正しい英語の音声で意味内容にふさわしい音読を行う

More information

グリーン家の人々

グリーン家の人々 中学校外国語 ( 英語 ) の実践事例 5 評価 技能 聞く 写真を使って説明しよう 話す ~ グリーン家の人々 NEW HORIZON (1 年 ) Unit 6 ~( 活用の時間 ) 指導内容 指導内容 つけたい力 絵や写真を用いて 身近な人物について説明す一般動詞を習得させ 実際に活用させ写真を用いて Show and Tell を行い 内容について質問 応答す内容にまとまりのある英文を読み

More information

時制などの文構造について復習する 修学旅行の思い出 (9) 修学旅行で外国人にインタビューする 修学旅行の思い出についてスピーチをする 6 The 5 Rs to Save the Earth(8) 特定の動作に対する自分の感じ方 を 伝える 物事のやり方を知っているかを伝 え る 他者に行動を依頼

時制などの文構造について復習する 修学旅行の思い出 (9) 修学旅行で外国人にインタビューする 修学旅行の思い出についてスピーチをする 6 The 5 Rs to Save the Earth(8) 特定の動作に対する自分の感じ方 を 伝える 物事のやり方を知っているかを伝 え る 他者に行動を依頼 月学習単元 内容 ねらい ( 時数 ) 4 Classroom English(1) 授業で用いられる英語を用い てコミュニケーションを図る 辞書を読んでみよう (1) 辞書を用いて英語についての知識を身につける A History of Vegetables(8) されたことを説明する 完了したことを報告する 完了したかをたずねる Listening & Speaking 旅行 ( 機 内で )(2)

More information

第○学年 ○○科指導計画

第○学年 ○○科指導計画 1 日時 : 平成 28 年 12 月 1 日 ( 木 ) 第 5 校時 2 場所 : 3 年 2 組教室 3 学年 学級 : 第 3 学年 2 組 ( 男子 14 名女子 17 名計 31 名 ) 4 単元名 : Lesson 4 The Story of Sadako (1) 単元観 三原市立宮浦中学校第 3 学年英語科学習指導案単元名 :Lesson4 The Story of Sadako

More information

15 英語(菊池)

15 英語(菊池) 第 1 学年 英語科学習指導案 日 時 平成 27 年 11 月 19 日 ( 木 )5 校時 学 級 金ケ崎町立金ケ崎中学校 1 年 5 組 男子 15 名 女子 16 名 計 31 名 授 業 者 教 諭 菊 池 満 1 単元名 PROGRAM8 Origami ( SUNSHINE ENGLISH COURSE 1 開隆堂 ) 2 単元について (1) 教材についてこの単元は大介が教室で 折り紙の人形をクラスメートに見せながら

More information

多いので, 簡潔に説明した後, 多めに練習をさせて定着を図る また, 複数回に渡って復習を入れることで, 確実に身に付けさせる 本文の学習においては, 一般動詞の三人称単数現在形の疑問文を話す練習にもなるので, 教科書本文を何度も音読させ, ペアで暗唱させることにより自然に一般動詞の三人称単数現在形

多いので, 簡潔に説明した後, 多めに練習をさせて定着を図る また, 複数回に渡って復習を入れることで, 確実に身に付けさせる 本文の学習においては, 一般動詞の三人称単数現在形の疑問文を話す練習にもなるので, 教科書本文を何度も音読させ, ペアで暗唱させることにより自然に一般動詞の三人称単数現在形 江田島市立能美中学校第 1 学年英語科学習指導案単元名 :Unit 6 オーストラリアの兄 日時 場所 平成 28 年 11 月 18 日 ( 木 ) 第 2 校時 1 年 2 組教室 学年 学級 1 学年 2 組 ( 男子 11 名女子 13 名計 24 名 ) 単元について 本単元は, 咲がスピーチでオーストラリアにいる兄について生活ぶりを紹介し, その内容についてアレックスが質問したり, さらにオーストラリアに生息する動物について咲がベッキーと対話をしたりする,

More information

Taro11-案5-3.jtd

Taro11-案5-3.jtd 第 5 学年外国語活動指導案指導者 1 日 時 平成 21 年 6 月 3 日 ( 水 )2 校時 9:20~10:05 3 題 材 わたしの時間割 (1) 教科の言い方を知 積極的に聞き取った言ったする ピクチャーカード ( 教科 ) 英語ノート付録のカード( 教科 ) 振返カード 時間 学 活 動 5 1 ウオーミングアップ い をする How are you? さ Good morning ~.

More information

会話の中では感覚的にそれほど 違い を意識して使っているものではないと考え 今回は 同じ can を用いての表現として一連の学習として扱うことにした また 語 学習得において 自分の表現したいこと がはじめにあり それを何とか表現しよ うとする過程を通して初めて自分の言葉として言語を獲得できるという

会話の中では感覚的にそれほど 違い を意識して使っているものではないと考え 今回は 同じ can を用いての表現として一連の学習として扱うことにした また 語 学習得において 自分の表現したいこと がはじめにあり それを何とか表現しよ うとする過程を通して初めて自分の言葉として言語を獲得できるという 外国語科学習指導案 1 日時 2 学級第 1 学年 1 組 3 場所 1 年 1 組教室 4 単元名 Unit 10 あこがれのボストン, Daily Scene 6 ちょっとお願い NEW HORIZON English Course 1 ( 東京書籍 ) 5 単元の目標及び CAN-DO リストとの関連 できることやできないことについて聞いたり 読んだりして理解することができ できることやできないことについて話したり

More information

(3) 教材観本単元ではジェスチャーの違いと異文化理解が題材となっている グローバル化が進む中で 文化的な背景の異なる人々とコミュニケーションを取ることがますます大切になってきている そのためこの単元の学習を通して 身振りやアイコンタクトなどのコミュニケーションスキルを高めることの必要性を理解させる

(3) 教材観本単元ではジェスチャーの違いと異文化理解が題材となっている グローバル化が進む中で 文化的な背景の異なる人々とコミュニケーションを取ることがますます大切になってきている そのためこの単元の学習を通して 身振りやアイコンタクトなどのコミュニケーションスキルを高めることの必要性を理解させる 中学校第 2 学年英語科学習指導案 日時平成 26 年月日 ( ) 第校時 : ~ : 対象第 2 学年 組 名学校名 授業者職 氏名会場 階 年 組教室 1 単元名 Lesson 2 Gestures いろいろなジェスチャー TOTAL ENGLISH 2 2 単元の目標 (1) 学んだ表現を用いて ペアで協力して積極的に言語活動を行い コミュニケーションを図る (2) 過去進行形や複文 ( 接続詞

More information

Listening 天気予報と予定 (2) 天気などの身近な情報を表すを正しく身につけ運用す 6 What Can We Do for Others?(8) 義務について伝え 必要か不必要かを伝え 自分の考えを伝え Speaking 電話 ( 依頼する 誘う )(2) 電話で用いる定型を身につけ運用

Listening 天気予報と予定 (2) 天気などの身近な情報を表すを正しく身につけ運用す 6 What Can We Do for Others?(8) 義務について伝え 必要か不必要かを伝え 自分の考えを伝え Speaking 電話 ( 依頼する 誘う )(2) 電話で用いる定型を身につけ運用 月学習単元 内容 ねらい ( 時数 ) 4 Classroom English(1) 授業で用いられる英語を用いて コミュニケーションを図 辞書を読んでみよう (1) 辞書を用いて英語についての知識を身につけ Did You Enjoy Your Vacation?(8) 自分の体験を説明す ものの様子を描写す 行動を描写す Writing 連休の思い出 (2) まとまりのある英語を書いて, す 5

More information

第 3 学年英語科学習指導案 日時 :2010 年 7 月 18 日 ( 日 ) 模擬授業 3 学年 : 第 3 学年場所 :323 教室授業者 : 高木麻衣 1. 単元名 :Sunshine English Course 3 Program7 Yuki in London 2. 単元について (1

第 3 学年英語科学習指導案 日時 :2010 年 7 月 18 日 ( 日 ) 模擬授業 3 学年 : 第 3 学年場所 :323 教室授業者 : 高木麻衣 1. 単元名 :Sunshine English Course 3 Program7 Yuki in London 2. 単元について (1 第 3 学年英語科学習指導案 日時 :2010 年 7 月 18 日 ( 日 ) 模擬授業 3 学年 : 第 3 学年場所 :323 教室授業者 : 高木麻衣 1. 単元名 :Sunshine English Course 3 Program7 Yuki in London 2. 単元について (1) 教材観本単元は 由紀が仕事でロンドンにいる父とクリスマスを共に過ごすため ロンドンを訪れるという内容である

More information

<4D F736F F D E7793B188C A778D5A8A4F8D918CEA89C EC90AC8BB A2E646F63>

<4D F736F F D E7793B188C A778D5A8A4F8D918CEA89C EC90AC8BB A2E646F63> 外国語科学習指導案 三原市立久井中学校教諭川成由佳 ALT Sofara Aiono 1 日時平成 26 年 7 月 10 日 ( 木 ) 第 4 校時 2 場所英語教室 3 学年 学級第 2 学年 A 組 ( 男子 13 名, 女子 19 名 ) 4 単元 LESSON4 Enjoy Sushi NEW CROWN ENGLISH SERIES 2( 三省堂 ) 5 単元について (1) 単元観本単元は,

More information

本学級の生徒に, 英語科に関する興味 関心を問うアンケートを実施したところ, 以下のようになった (28 年 9 月実施 ) はいややあまりいいえ英語の授業が好きだ 65% 29% 0% 6% ペア活動に積極的に取り組んでいる 68% 32% 0% 0% グループ活動に積極的に取り組んでいる 70%

本学級の生徒に, 英語科に関する興味 関心を問うアンケートを実施したところ, 以下のようになった (28 年 9 月実施 ) はいややあまりいいえ英語の授業が好きだ 65% 29% 0% 6% ペア活動に積極的に取り組んでいる 68% 32% 0% 0% グループ活動に積極的に取り組んでいる 70% 単元観 本単元は, 中学校学習指導要領外国語活動の言語活動の指導事項 書くこと における ( イ ) 語と語のつながりなどに注意して正しく文を書くこと と, 話すこと における ( ウ ) 聞いたり読んだりしたことなどについて, 問答したり意見を述べ合ったりなどすること を受けて構成されている この単元では, 咲が文化祭で兄を紹介するスピーチを行い, クラスメイトがその内容に関して, 様々な質問をする場面が設定されている

More information

保健体育科学習指導案

保健体育科学習指導案 特別支援学級英語科学習指導案 日時平成 24 年 11 月 21 日 ( 木 )6 校時場所学級 授業者 1 単元名 Day and night? What time do you get up? 何時に起きる? 2 単元について (1) 教材について中学校学習指導要領の外国語の目標は 外国語を通じて 言語や文化に対する理解を深め 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り 聞くことや話すことなどの実践的コミュニケーション能力を養う

More information

3 人権教育の視点英語科の授業を通して 文化や習慣には多様性があることを理解させる そしてその中から 表現の仕方の違いや考え方の違いに気づかせ 互いに違いを認め合い尊重しながら共に生きようとする態度 他者 文化に興味 関心をもち 良い人間関係を築きながら生活する力を持った生徒を育成したい そこでこの

3 人権教育の視点英語科の授業を通して 文化や習慣には多様性があることを理解させる そしてその中から 表現の仕方の違いや考え方の違いに気づかせ 互いに違いを認め合い尊重しながら共に生きようとする態度 他者 文化に興味 関心をもち 良い人間関係を築きながら生活する力を持った生徒を育成したい そこでこの 第 1 学年英語科学習指導案 平成 27 年 1 月 16 日金曜日第 1 校時高知県立宿毛高等学校 1 年 1 2 組生徒数 13 名場所 1-1 教室指導者岡村和枝 1 単元名 Discovery English CommunicationⅠ( 開隆堂 ) Lesson9 Manufacturing Excellence 2 単元について 単元観 3-D 3K という言葉を取り上げた単元である

More information

答えさせる場合でも, 単語中心の発話にならないように, 帯学習から Q&A を取り入れ, 主語 動詞に着目させるようにする また, 事前に英語で原稿を作成させ, まとまった英文で Show & Tell が行えるように指導したい My Project 2 では, 自分の好きな人を紹介するスピーチを行

答えさせる場合でも, 単語中心の発話にならないように, 帯学習から Q&A を取り入れ, 主語 動詞に着目させるようにする また, 事前に英語で原稿を作成させ, まとまった英文で Show & Tell が行えるように指導したい My Project 2 では, 自分の好きな人を紹介するスピーチを行 英語第 1 学年東広島市立八本松中学校 単元名 PROGRAM 8 Origami & My Project 2 (Sunshine English Course 1) 本単元で育成する資質 能力 人間関係形成力, 主体性, 思考力 判断力 表現力 単元について (1) 単元観本課では, 大介が教室で折り紙の人形をクラスメートに見せながら Show & Tell を行う その後, 大介がマイクとウッド先生と折り紙について対話をするという形式をとっている

More information

教科 : 外国語科目 : コミュニケーション英語 Ⅰ 別紙 1 話すこと 学習指導要領ウ聞いたり読んだりしたこと 学んだことや経験したことに基づき 情報や考えなどについて 話し合ったり意見の交換をしたりする 都立工芸高校学力スタンダード 300~600 語程度の教科書の文章の内容を理解した後に 英語

教科 : 外国語科目 : コミュニケーション英語 Ⅰ 別紙 1 話すこと 学習指導要領ウ聞いたり読んだりしたこと 学んだことや経験したことに基づき 情報や考えなどについて 話し合ったり意見の交換をしたりする 都立工芸高校学力スタンダード 300~600 語程度の教科書の文章の内容を理解した後に 英語 教科 : 外国語科目 : コミュニケーション英語 Ⅰ 別紙 1 聞くこと 学習指導要領ア事物に関する紹介や対話などを聞いて 情報や考えなどを理解したり 概要や要点をとらえたりする 都立工芸高校学力スタンダード 聞き取れない単語や未知の語句があっても 前後関係や文脈から意味を推測し 聞いた内容を把握することが出来る 事物に対する紹介や対話などまとまりのある内容を聞き取り おおまかなテーマ 概要を理解することができる

More information

○○○

○○○ 中学校外国語中学校外国語 ( 英語 ) の 活用の時間 実践例 ( 英語 ) の 活用の時間 実践例 ( 様式 2) 中学校外国語 ( 英語 ) の実践事例 11 自分の 使える英語 でディベートを体験してみよう 評価 技能 聞く 書く ~ Boxed Lunches or School Lunches? ONE WORLD (3 年 ) Lesson 7 ~ 指導内容 指導内容 つけたい力 身近な内容について自分の考えや意見をもたせる

More information

英語科授業案 日時 平成 28 年 3 月 7 日 ( 月 )2 校時 生徒 2 年 B 組男子 16 名, 女子 16 名 計 32 名 授業場 2 年 B 組教室 授業者 造田あかね 1 単元名 Sunshine English Course 2 Program11 Yui To Share I

英語科授業案 日時 平成 28 年 3 月 7 日 ( 月 )2 校時 生徒 2 年 B 組男子 16 名, 女子 16 名 計 32 名 授業場 2 年 B 組教室 授業者 造田あかね 1 単元名 Sunshine English Course 2 Program11 Yui To Share I 英語科授業案 日時 平成 28 年 3 月 7 日 ( 月 )2 校時 生徒 2 年 B 組男子 16 名, 女子 16 名 計 32 名 授業場 2 年 B 組教室 授業者 造田あかね 1 単元名 Sunshine English Course 2 Program11 Yui To Share Is to Live. 2 単元について (1) 単元観本単元 Program11 では白川郷を題材に受け身の学習をする

More information

補足資料 2 How many を用いる数の尋ね方について理解する 3 買い物特有の表現や数を尋ねる言い方を用いて, 買い物ごっこに積極的に参加しようとする 4 Let s を用いた文と一般動詞から始まる命令文についての文の構造を知る 5 相手からの指示や提案に対して, 簡単な言葉や動作などで反応す

補足資料 2 How many を用いる数の尋ね方について理解する 3 買い物特有の表現や数を尋ねる言い方を用いて, 買い物ごっこに積極的に参加しようとする 4 Let s を用いた文と一般動詞から始まる命令文についての文の構造を知る 5 相手からの指示や提案に対して, 簡単な言葉や動作などで反応す 評価規準評価方法補足資料 4 中学校外国語科 ( 英語 ):4 領域の 1 つに重点を置いた単元計画例 ここでは,4 領域の 1 つに重点を置いた単元計画例とその評価規準例を提示してあります 単元の評価規準と評価方法の表には総括的評価 ( 単元の評価規準に即して子どもの力を判定し, 観点別評価及び評定に反映するための評価 ) を, 単元計画表には形成的評価 ( 授業の目標に照らし, 子どもの学びの状況

More information

英語科 「単元名 unit6」(1年)

英語科 「単元名 unit6」(1年) 外国語第 1 学年江田島市立能美中学校指導者松浦美香単元名Unit6 オーストラリアの兄 ~ 私の好きなマンガ ( アニメ ) を紹介しよう ~ ( 出典 : 東京書籍 ) 本単元で育成する資質 能力 情報整理 分析力, 協同的態度 1 単元について (1) 単元観単元は, 咲がスピーチでオーストラリアにいる兄について生活ぶりを紹介し, その内容についてアレックスが質問したり, さらにオーストラリアに生息する動物について咲がベッキーと対話をしたりする,

More information

<4D F736F F D208CA48B8682CC82DC82C682DF2E646F63>

<4D F736F F D208CA48B8682CC82DC82C682DF2E646F63> 3 英語科 英語科学習指導案 授業者教諭川渕和彦伊藤由紀子単元名 Do it TALK4 (New Crown English Course New Edition 1 ) 単元について (1) 教材観本単元では 今何時ですか 何時に~しますか と時刻や時間をたずねたり 答えたりすることができるようにする 本教材の登場人物であるポールと久美が時刻をたずねたり 映画に誘ったりする場面である What

More information

第3学年英語科学習指導案

第3学年英語科学習指導案 英語科学習指導案 日時平成 24 年 11 月 21 日 ( 水 )6 校時場所 2 年 A 組教室学級 2 年 A 組男子 18 名女子 16 名計 34 名授業者田中美恵子 Shari D Andra Kaimi Bedasse 1 単元名 PROGRAM 6 A Work Experience Program( 開隆堂 SUNSHINE ENGLISH COURSE 2) 2 単元について (1)

More information

5 単元の評価規準 アコミュニケーションへの関心 意欲 態度 イ外国語表現の能力 ウ外国語理解の能力 エ言語や文化についての知識 理解 ( 言語活動への取組 ) 1 間違いを恐れず 積極的に話している 2 積極的に音読している 3 間違いを恐れず 積極的に書いている ( 適切な筆記 ) 1 場面や状

5 単元の評価規準 アコミュニケーションへの関心 意欲 態度 イ外国語表現の能力 ウ外国語理解の能力 エ言語や文化についての知識 理解 ( 言語活動への取組 ) 1 間違いを恐れず 積極的に話している 2 積極的に音読している 3 間違いを恐れず 積極的に書いている ( 適切な筆記 ) 1 場面や状 第 2 学年 3 組英語科学習指導案 日 時平成 28 年 12 月 2 日 ( 金 ) 第 5 校時 生徒数男子 19 名女子 21 名合計 40 名 指導者教諭印南佐代 1 単元名 Program9 A Video Project Sunshine English Course2 ALT Sakurai Brian 2 単元について (1) 教材観学校行事や部活動は 生徒たちにとってもっとも身近な学校生活の活動である

More information

第○学年 ○○科指導計画

第○学年 ○○科指導計画 1 日時 : 平成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 第 6 校時 2 場所 : 1 年 2 組教室 三原市立宮浦中学校第 1 学年英語科学習指導案単元名 :LESSON 8 School Life in the USA 3 学年 学級 : 第 1 学年 2 組基礎クラス (12 名 ) 4 単元名 : LESSON 8 School Life in the USA 指導者 : 三原市立宮浦中学校吉田祐介

More information

H28.9【比嘉美佐代】英語科学習指導案

H28.9【比嘉美佐代】英語科学習指導案 英語科学習指導案 日時 : 平成 28 年 9 月 29 日 ( 木 )5 校時学級 : 名護市立屋部中学校 1 年 C 組男子 11 名女子 12 名計 23 名授業者 : 比嘉美佐代アルドリン エブエン 1. 単元名 Presentation 1 自己紹介 2. 単元目標 聞いたことについて 即興で質問等して話題を膨らませようとする 関心 意欲 態度 学んだ表現を使って 伝えたい内容について書いて口頭で自己紹介をする

More information

ていきたい 題材は, 平和市で起こった小さい女の子の事故をきっかけに, 現在ある公園を駐輪場に作り替えるかどうかという議論に発展していく内容となっている 近年は公共のマナーの話題をよく耳にすることもあり, 生徒にとって, 身近なテーマと言える 賛否の論点を整理し, 自分の意見をまとめる活動を通し,

ていきたい 題材は, 平和市で起こった小さい女の子の事故をきっかけに, 現在ある公園を駐輪場に作り替えるかどうかという議論に発展していく内容となっている 近年は公共のマナーの話題をよく耳にすることもあり, 生徒にとって, 身近なテーマと言える 賛否の論点を整理し, 自分の意見をまとめる活動を通し, 中学校英語科 1( 平成 23 年度 ) 第 2 学年英語科学習指導案 1 単元名 NEW HORIZON English Course 2 Unit5 A Park or a Parking Area? 2 単元の目標本単元では, 従属接続詞 (if,that,when,because) を学習する 従属接続詞を用いることで, 条件や理由, 意見や考えなどをより具体的に説明したり, 描写することができるようになる

More information

学習指導要領解説 P.12 2 内容 (1) 言語活動ア聞くこと ( オ ) まとまりのある英語を聞いて 概要や要点を適切に聞き取ること ( 略 ) ここでは内容的にまとまりのある複数の英文を聞き その全体の概要や内容の要点をとらえることができるようになることを述べている まとまりのある英語 とは

学習指導要領解説 P.12 2 内容 (1) 言語活動ア聞くこと ( オ ) まとまりのある英語を聞いて 概要や要点を適切に聞き取ること ( 略 ) ここでは内容的にまとまりのある複数の英文を聞き その全体の概要や内容の要点をとらえることができるようになることを述べている まとまりのある英語 とは 3 各部 ( 領域 ) ごとの結果分析 ( ) 内の数値は調査協力学級の正答率 (Ⅱ 部以下も同様 ) Ⅰ 部 聞くこと 話すこと 配点 34 点平均点 22. 点平均点の割合 64.6% 1 動作 状況 比較表現を聞き取り 絵を選択する問題 (97.5%) 2 会話を聞き 場面に応じた適切な表現を答える問題 (75.9%) 3 まとまりのある英文を聞き 内容に関する質問に答える問題 (5.3%)

More information

< F2D95F18D908F E522E6A7464>

< F2D95F18D908F E522E6A7464> 群教セ G09-02 平 27.257 集 英語 - 中 伝えたい情報を正しい英文で書くことができる生徒の育成 音声 視覚 表現 の学習ステップに モデル文の活用を取り入れて Ⅰ 研究テーマ設定の理由 特別研修員中山仁 はばたく群馬の指導プラン では まとまりのある文を正しい英語で書くこと が外国語の課題の1 つとして挙げられており 解決に向けて伸ばしたい資質 能力の1つとして 正しい語順で英文を書くことができる

More information

4 学習の活動 単元 Lesson 1 (2 時間 ) 主語の決定 / 見えない主語の発見 / 主語の it 外国語表現の能力 適切な主語を選択し英文を書くことができる 外国語理解の能力 日本の年中行事に関する内容の英文を読んで理解できる 言語や文化についての知識 理解 適切な主語を選択 練習問題の

4 学習の活動 単元 Lesson 1 (2 時間 ) 主語の決定 / 見えない主語の発見 / 主語の it 外国語表現の能力 適切な主語を選択し英文を書くことができる 外国語理解の能力 日本の年中行事に関する内容の英文を読んで理解できる 言語や文化についての知識 理解 適切な主語を選択 練習問題の 学校番号 310 平成 29 年度英語科 教科科目単位数指導学年教材名 副教材名 英語英語表現 4(2 単位 2) 第 2 学年 Vision Quest English Expression Ⅱ( 啓林館 ) 同 WORKBOOK Hope ( 啓林館 ) 1 担当者からのメッセージ ( 学習方法等 ) 英語表現 4 単位を 2 年生 3 年生で 2 単位ずつ履修する 教科書は 3 つのパートに分かれており

More information

平成29年度 中学校英語科教育 A校の実践

平成29年度 中学校英語科教育 A校の実践 第 1 学年英語科学習指導案 1 単元名 PROGRAM 7 The Wonderful Ocean (SUNSHINE ENGLISH COURSE 1) 2 単元について (1) 教材観本単元は, 主人公のユキとマイクが北海道の釧路沖でシャチウォッチングに参加し, ガイドの笹森さんからシャチの説明を聞くところから始まる Section 1 では, ユキがパンフレットを見て, 笹森さんのことを知り,

More information

Aはベストスピーカーには選出されなかったもの の 同じグループ内の生徒から Aさんが将来の夢を しっかりもっていて 偉いなと思いました と評価さ れ スピーチ後はうれしそうな表情を見せた 単元最 後の振り返りには 将来は夢を叶えたい 人を幸せに してあげられる存在になりたい と感想を書いた makepeople happy という表現にこだわりをもち 将来について生き生きと英語でスピーチするAの姿に

More information

たがって, 石川遼選手の作文に加えて, 教師自身の夢も英文で示すことを通して, 夢をもつということをより身近なものとして感じさせ, 自も書いてみよう という気持ちをもたせたい 5 単元の目標 読み手が理解しやすい英文を書くために, 英文を読み直したり書き直したりすることができる モデル文を聞いたり読

たがって, 石川遼選手の作文に加えて, 教師自身の夢も英文で示すことを通して, 夢をもつということをより身近なものとして感じさせ, 自も書いてみよう という気持ちをもたせたい 5 単元の目標 読み手が理解しやすい英文を書くために, 英文を読み直したり書き直したりすることができる モデル文を聞いたり読 外国語科学習指導案 指導者広島市立 中学校教諭 1 日時 場所平成 24 年 11 月 日 ( ) 2 学年 対象第 2 学年 組 3 単元名 My Project 5 将来の夢を語ろう Sunshine English Course 2 4 単元設定の理由 教材観 My Project は, これまで使用してきた教科書には設定されていなかった, 特徴のある課 ( 単元 ) であり, 4 技能の総合的な育成

More information

(Microsoft Word - \207U\202P.doc)

(Microsoft Word - \207U\202P.doc) ( 科目別結果別結果の経年変化 平均通過率 通過率 % 以上の生徒の割合 通過率 % 以上の生徒の割合 国語数学外国語 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題 A 問題 B 問題国語国語数学数学 Ⅰ 数学数学 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ OCⅠ 英語 Ⅰ 総合総合基礎基礎 H3 7.3 73. 35. 9..1. 5.1 9.7.5 7. H 73. 7. 3. 71. 57. 73.. 9.9 5.5

More information

研究主題 自分の考えや意見を英語で発信できる力を育てる指導の一試み中学校 - 基礎 基本の定着を図り, アウトプット活動につなげる指導の工夫を通して - 研究分野英語科 中学校第 2 学年英語科学習指導案 実施日時 : 平成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 9:40~10:30 実施場所

研究主題 自分の考えや意見を英語で発信できる力を育てる指導の一試み中学校 - 基礎 基本の定着を図り, アウトプット活動につなげる指導の工夫を通して - 研究分野英語科 中学校第 2 学年英語科学習指導案 実施日時 : 平成 24 年 10 月 17 日 ( 水 ) 9:40~10:30 実施場所 補助資料 自分の考えや意見を英語で発信できる力を育てる指導の一試み - 基礎 基本の定着を図り, アウトプット活動につなげる指導の工夫を通して - - 補助資料内容 - 1. 学習指導案 1 ~ 3 2. ボキャストシート 4 3. ワークシート 5 ~ 6 4. 授業で使用したスライド 7 ~ 8 宮城県教育研修センター長期研修員 C 柴田町立槻木中学校菊地健一 研究主題 自分の考えや意見を英語で発信できる力を育てる指導の一試み中学校

More information

<4D F736F F D E7793B188C D915F88E48FE38BB E646F63>

<4D F736F F D E7793B188C D915F88E48FE38BB E646F63> 基にして小 三原市立久井中学校第 2 学年国語科学習指導案単元名 : いろいろな説明を書き分けよう書き分けよう 食の世界遺産食の世界遺産 小泉武夫 指導者 : 三原市立久井中学校井上靖子 1 日時 : 平成 2 6 年 1 2 月 16 日 ( 火 ) 第 2 校時 9:4 5~1 0:3 5 2 場所 : 2 年 A 組教室 3 学年 学級 : 第 2 学年 A 組 ( 男子 1 3 名女子 1

More information

<4D F736F F D E590BC816A91E6328A77944E CEA89C88A778F4B8E7793B188C42E646F6378>

<4D F736F F D E590BC816A91E6328A77944E CEA89C88A778F4B8E7793B188C42E646F6378> 2 学年 4 組英語科学習指導案平成 22 年 10 月 26 日指導者大西三輪 (JTE) Shane Kearney(ALT) 1. 単元名 Unit 4 Homestay in the United States ~NEW HORIZON English Course Book 3~ 2. 単元の目標 コミュニケーションへの関心 意欲 態度 必要に応じて辞書を活用する 表現の能力 have to

More information

Taro-小学校第5学年国語科「ゆる

Taro-小学校第5学年国語科「ゆる 第 5 学年 国語科学習指導案 1 単元名 情報を集めて提案しよう教材 ゆるやかにつながるインターネット ( 光村図書 5 年 ) 2 単元目標 ( は重点目標) インターネットを通じた人と人とのつながりについて考えるために, 複数の本や文章を比べて 読み, 情報を多面的に収集しようとする ( 国語への関心 意欲 態度 ) 意見を述べた文章などに対する自分の考えをもつために, 事実と感想, 意見などとの関係を押

More information

<4D F736F F D F E7793B188C45F89708CEA81408AE290F A2E646F63>

<4D F736F F D F E7793B188C45F89708CEA81408AE290F A2E646F63> 英語科学習指導案 日時平成 20 年 9 月 3 日 ( 水 )5 校時学級岩泉町立岩泉中学校 3 年 A 組 40 名 ( 男子 20 名女子 20 名 ) 場所 3 年 A 組教室指導者教諭田中美恵子 AET Jeff Holscher 1 単元名 Speaking Plus 1 コンサートに行こう ( 東京書籍 NEW HORIZON English Course 3) 2 単元について (1)

More information

< 児童の実態 > 男子 23 名, 女子 12 名, 計 35 名の学級である 男女の仲がよく, 休み時間など活発に遊んでいる様子が見られる いろいろなことに興味を持ち, 集中して努力することができる 最上級生として, 学校の中での活躍も見られるようになっている 学習に対する意欲は高くなってきてい

< 児童の実態 > 男子 23 名, 女子 12 名, 計 35 名の学級である 男女の仲がよく, 休み時間など活発に遊んでいる様子が見られる いろいろなことに興味を持ち, 集中して努力することができる 最上級生として, 学校の中での活躍も見られるようになっている 学習に対する意欲は高くなってきてい 第 6 学年 外国語活動学習指導案 指導者小林恵 ALT SarahWilczynski 1 単元名 Lesson 8 What do you want to be? 2 単元について本単元は,2 年間の外国語活動のまとめとして 将来の夢 を題材にしている 本単元の最後には, これまでの外国語活動の学習を生かして, 各児童が将来どのような職業につきたいかを発表する 夢宣言 という活動を設定しているが,

More information

Microsoft Word - 社会科

Microsoft Word - 社会科 社会科学習指導案 学級 : 3 年 1 組 29 人場所 : 3 年 1 組教室指導者 : 教諭阪本晃年 1 単元名 くらしと経済 2 単元について (1) 教材観本単元は, 私たちの暮らしと経済 の第 1 節にあたり, 消費, 流通, 生産についての基本的な社会的事象を取り上げ, 経済活動の意味や意義を身近な生活と結びつけて学習していく 学習指導要領では, 個人や企業の経済活動が様々な条件の中での選択を通じて行われるという点に着目させるとともに,

More information

<4D F736F F D A4F8D918CEA AC A20819B2E646F63>

<4D F736F F D A4F8D918CEA AC A20819B2E646F63> 英語科学習指導案 三次市立塩町中学校教諭松川真紀子 1 日時平成 26 年 5 月 16 日 ( 金 ) 第 5 校時 2 学年 学級 3 指導形態 場所 4 単元名 第 3 学年 A 組 34 名 ( 男子 18 名女子 16 名 ) 少人数指導 17 名少人数 英語 1 教室 Program 1 How Does Your School Chime Sound?( 開隆堂 ) 5 単元設定の理由

More information

英語科学習指導案

英語科学習指導案 英語科学習指導案 授業者 : 光田拓 NET : Peter Cheng 1. 日時平成 25 年 6 月 24 日 ( 月 ) 6 校時 /14:25~15:15(50 分 ) 2. 場所枚方市立第三中学校生徒支援 2 教室 3. 学年 組第 2 学年 2 組少人数 基礎クラス ( 男子 8 人 女子 11 人 ) 4. 単元名 NEW HORIZON ENGLISH COURSE 2 ( 東京書籍

More information

2 単元の目標 動物の言い方に興味をもち, 楽しんで発話する 動物の言い方に慣れ親しむ 動物の言い方を知り, 日本語と英語との言い方の違いに気付く 3 単元の内容 主としてコミュニケーションに関すること 主として言語や文化に関すること アニマルランドでクイズに答えたり友達と一緒に動物の名前を言ったり

2 単元の目標 動物の言い方に興味をもち, 楽しんで発話する 動物の言い方に慣れ親しむ 動物の言い方を知り, 日本語と英語との言い方の違いに気付く 3 単元の内容 主としてコミュニケーションに関すること 主として言語や文化に関すること アニマルランドでクイズに答えたり友達と一緒に動物の名前を言ったり 外国語活動指導案 あにまるらんどへいこう 日時平成 27 年 9 月 17 日 ( 木 ) 第 5 校時場所かがやきの部屋学年第 1 学年 3 組男子 12 名女子 12 名計 24 名指導者下瀬真子 1 単元について 単元観 本単元では, 動物の言い方を取り扱う 1 年生は動物が大好きである 生活科でうさぎとふれあったり, 国語科で動物の体の特徴や身の守り方を学習したりして, 動物への関心が高まっている

More information

うな活動を工夫して設定していく そして様々なバリエーションを体験させる中で何度も want との出会いを児童が繰り返し 自然と want への理解を深めたり want を使 って思いを伝えたりできるようにしたい 単元の目標 積極的にアルファベットの大文字を読んだり I want. の表現を使って 進

うな活動を工夫して設定していく そして様々なバリエーションを体験させる中で何度も want との出会いを児童が繰り返し 自然と want への理解を深めたり want を使 って思いを伝えたりできるようにしたい 単元の目標 積極的にアルファベットの大文字を読んだり I want. の表現を使って 進 第 5 学年外国語活動学習指導案 平成 24 年 11 月 1 日 ( 火 ) 第 5 校時活動場所教室 1 単元名 (Hi,friends Lesson 6) 2 単元について (1) 児童観 省略 (2) 教材観本単元では 積極的にアルファベットの大文字を読んだり I want. の表現を使って 外国語を用いたコミュニケーションを図ろうとする態度を育成することを目標としている アルファベットは

More information

アコミュニケーションへの関心 意欲 態度 イ外国語表現の能力 ウ外国語理解の能力 エ言語や文化についての知識 理解 1( 言語活動への取組 ) 1( 正確な発話 ) 1( 正確な読み取り ) 1( 言語についての知識 ) 間違うことを恐れず 語句や表現 文法事項 語句や表現 文法事項な 比較級 最上

アコミュニケーションへの関心 意欲 態度 イ外国語表現の能力 ウ外国語理解の能力 エ言語や文化についての知識 理解 1( 言語活動への取組 ) 1( 正確な発話 ) 1( 正確な読み取り ) 1( 言語についての知識 ) 間違うことを恐れず 語句や表現 文法事項 語句や表現 文法事項な 比較級 最上 第 2 学年 3 組英語科学習指導案 日時平成 26 年 1 月 31 日第 5 校時場所多目的教室 3 4 授業者 JTE 新井洋介 ALT 設楽クリスティン 1 教材 教科書 NEW CROWN English Series 3( 三省堂 ) 単元 LESSON7 Good Presentation 2 単元について (1) 単元観本単元では 登場人物たちが 自分たちの関心のあることについてプレゼンテーションを行っている

More information

6 年 No.12 英語劇をしよう (2/7) 英語での 桃太郎 のお話を理解し 音読する 導 あいさつをす 挨拶の後 Rows and Columns を交え 天気や時 入 候の確認 既習事項の確認をす (T1,T2) ペンマンシップ ペンマンシップ教材を用いて アルファベットの ジングル絵カー

6 年 No.12 英語劇をしよう (2/7) 英語での 桃太郎 のお話を理解し 音読する 導 あいさつをす 挨拶の後 Rows and Columns を交え 天気や時 入 候の確認 既習事項の確認をす (T1,T2) ペンマンシップ ペンマンシップ教材を用いて アルファベットの ジングル絵カー 6 年 No.11 英語劇をしよう (1/7) 世界の様々な物語に興味をもつ 日本や世界のおとぎ話に出てくる語彙 表現 ( 既習のものが中心 ) あいさつをすアルファベットジングル A~Z までのアルファベットジングルをす (T2) ジングル絵カード ペンマンシップ いろいろな物語にふれよう Activity P.26 Let s Play テキストの紙面の絵を見て知っているものを答えさせ (T1)

More information

ている それらを取り入れたルーブリックを生徒に提示することにより 前回の反省点を改善し より具体的な目標を持って今回のパフォーマンスに取り組むことができると考える 同に そのような流れを繰り返すことにより 次回のパフォーマンス評価へとつながっていくものと考えている () 本単元で重点的に育成をめざす

ている それらを取り入れたルーブリックを生徒に提示することにより 前回の反省点を改善し より具体的な目標を持って今回のパフォーマンスに取り組むことができると考える 同に そのような流れを繰り返すことにより 次回のパフォーマンス評価へとつながっていくものと考えている () 本単元で重点的に育成をめざす 英語科学習指導案 京都教育大学附属桃山中学校授業者津田優子 日 : 平成 9 年 月 5 日 ( 土 ) 公開授業 Ⅰ(0:00 ~0:50) 場所 : 授業研究室 3 対象 : 年 組 38 名 ( 男子 0 名 女子 8 名 ) 4 単元名 : プレゼンテーションをしよう 題材名 : 世界の国を紹介しよう 5 単元のねらいと研究主題との関連 () 単元のねらい新学習指導要領では 知識及び技能 について

More information

も徐々に英語の単語で答えるようになり 文章で答えようとする児童も現れてくるようになった 音声を大切にしながら繰り返し聞かせることの成果を感じている 本単元では 授業のウォームアップとして Sit Down Game を行う 担任と児童のやりとりにおいて 職業を表す単語を繰り返し聞かせていく 歌の間に

も徐々に英語の単語で答えるようになり 文章で答えようとする児童も現れてくるようになった 音声を大切にしながら繰り返し聞かせることの成果を感じている 本単元では 授業のウォームアップとして Sit Down Game を行う 担任と児童のやりとりにおいて 職業を表す単語を繰り返し聞かせていく 歌の間に 第 5 学年外国語活動学習指導案平成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 第 5 校 1 単元名 Hi,friends 2 Lesson 8 What do you want to be? 2 単元について本単元では I want to be a. という表現や職業を表す単語を扱う これを使って児童が 将来なりたいもの についての表現に慣れ親しむことをねらいとしている 児童は今までに Hi,freinds

More information

p p p

p p p 1 見開き2ページを基本とし ポイントを簡潔に記述! 2 実践に役立つワークシートや具体例を多数掲載! 3 スピーキング指導の考え方から実際の活動まで幅広く網羅! 2 1 2 15 p.36 3 3 p.68 733p.86 91 23 4 2018 7 3 CONTENTS 第 1 章 スピーキング授業に入る前に 01 スピーキングの 目標 新学習指導要領より 8 02 [ やり取り ] と [

More information

第 2 学年 1 組外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 平成 24 年 11 月 22 日 ( 木 ) 第 5 校時益田市立益田東中学校教諭上田陽一郎 1 単元 Unit 6 The Story of an Old Clock (New Horizon English Course Book 2)

第 2 学年 1 組外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 平成 24 年 11 月 22 日 ( 木 ) 第 5 校時益田市立益田東中学校教諭上田陽一郎 1 単元 Unit 6 The Story of an Old Clock (New Horizon English Course Book 2) 第 学年 組外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 平成 4 年 月 日 ( 木 ) 第 5 校時益田市立益田東中学校教諭上田陽一郎 単元 Unit 6 The Story of an Old Clock (New Horizon English Course Book ) 単元のねらい ペアやグループでの活動において 間違うことを恐れずに話す コミュニケーションへの関心 意欲 態度 自分の近所や行きたいところを口頭で説明す

More information

3 教科の課題と授業の関連教科の課題 一人ひとりを生かした分かりやすい授業とはどうあるべきか 本校の英語科の24 年度の研究主題は コミュニケーション能力を育てる指導法の研究 ~ 言語活動の充実を図る授業の工夫 である 昨年度から 新しい学習指導要領のもとで小学校高学年において英語活動が全面実施され

3 教科の課題と授業の関連教科の課題 一人ひとりを生かした分かりやすい授業とはどうあるべきか 本校の英語科の24 年度の研究主題は コミュニケーション能力を育てる指導法の研究 ~ 言語活動の充実を図る授業の工夫 である 昨年度から 新しい学習指導要領のもとで小学校高学年において英語活動が全面実施され 第 1 学年英語科学習指導案 1 単元名 Total English 1 Lesson 4 Nice to Meet You 2 単元について (1) 内容の面から本単元では ジャックがタクに新しい友達のマヤを紹介する設定となっている 3 人で浅草に遊びに行き 浅草寺や日本の代表的な食べ物の 1 つであるせんべいをタクが紹介する 中学校 1 年生にとって 外国人の友人を連れて観光地を案内するという場面に遭遇することは想像しがたいものがある

More information

untitled

untitled *1 *2 Krashen The Affective Filter Hypothesis 1991-1- 1 *2 *3 *4 *2 Long The Interact Hypothesis 1983 2000 10 *3 2005 12 *4 simultaneous interpretation -2- 次に 協力校が作成した 英語Ⅱシラバスの一部を抜粋したものを記載する 1 学習目標 1 英語の4技能をバランスよく学習することにより英語の運用力を高め

More information

問詞 + 不定詞 では, 不定詞の用法を独立させて学習するのではなく, how to ~ what to ~ のように疑問詞と不定詞を連続させて意味がとれるようにしたい なお, 不定詞であるため,to ~の後の動詞は原形であることを再確認させたい 本単元では, 日本と外国との生活様式の違いが話題にな

問詞 + 不定詞 では, 不定詞の用法を独立させて学習するのではなく, how to ~ what to ~ のように疑問詞と不定詞を連続させて意味がとれるようにしたい なお, 不定詞であるため,to ~の後の動詞は原形であることを再確認させたい 本単元では, 日本と外国との生活様式の違いが話題にな 第 3 学年 英語科学習指導案 平成 17 年 10 月 18 日 ( 火 ) 第 3 校時 指導者新潟市立木戸中学校教諭南場健一 1 単元名 New Horizon English Course 3 " An American Rakugo-ka " 2 単元の目標 疑問詞 + 不定詞 (how to ~,what to ~) の表現や It is + 不定詞 の表現を正確に用いながら, 短い英文を書くことができる

More information

H26関ブロ美術プレ大会学習指導案(完成版)

H26関ブロ美術プレ大会学習指導案(完成版) 美術科学習指導案 日時平成 26 年 月 8 日 ( 火 ) クラス 2 年 3 組生徒数 33 名指導者五月女正明 ( 横川中教諭 ) 題材名身近なモノがカタル物語 2 生徒の実態本校は 美術の授業に積極的に参加する生徒が多い 昨今は 動画やアニメーション表現が多様にあり 生徒たちも日頃目にしている そこで デジタルカメラを活用した授業を実践したいと考えた このクラスには 美術への関心の高い生徒が多く

More information

このような研究を進める中で はじめは英語での質問に日本語で答えていた児童も徐々に英語の単語で答えるようになり 文章で答えようとする児童も現れてくるようになった 音声を大切にしながら繰り返し聞かせることの成果を感じている 本単元では 授業のウォームアップとして Sit Down Game を行う 担任

このような研究を進める中で はじめは英語での質問に日本語で答えていた児童も徐々に英語の単語で答えるようになり 文章で答えようとする児童も現れてくるようになった 音声を大切にしながら繰り返し聞かせることの成果を感じている 本単元では 授業のウォームアップとして Sit Down Game を行う 担任 第 5 学年外国語活動学習指導案平成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 第 5 校 1 単元名 Hi,friends 2 Lesson 8 What do you want to be? 2 単元について本単元では I want to be a. という表現や職業を表す単語を扱う これを使って児童が 将来なりたいもの についての表現に慣れ親しむことをねらいとしている 児童は今までに Hi,freinds

More information

Microsoft Word - c_eigo.doc

Microsoft Word - c_eigo.doc 学習指導要領の新旧比較 中学校外国語 ( 英語 ) < 確定版 > 若干の追加項目はあるものの 大きな変動はない ( 注 ) は 文理 編集部による 改訂第 1 目標外国語を通じて 言語や文化に対する理解を深め 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り 聞くこと 話すこと 読むこと 書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う 第 2 目標及び内容等 1 目標 (1) 初歩的な英語を聞いて話し手の意向などを理解できるようにする

More information

3 単元の目標 英語での表現活動に積極的に取り組む ペアやグループ活動に積極的に取り組む 自分の周りの人 ( 友達, 家族, 好きなタレント ) を紹介する また, 友達が紹介した人について, 質問する 本文を読んで, 内容を正しく理解する 三人称単数現在形の形 意味 用法を理解する 4 単元の評価

3 単元の目標 英語での表現活動に積極的に取り組む ペアやグループ活動に積極的に取り組む 自分の周りの人 ( 友達, 家族, 好きなタレント ) を紹介する また, 友達が紹介した人について, 質問する 本文を読んで, 内容を正しく理解する 三人称単数現在形の形 意味 用法を理解する 4 単元の評価 第 1 学年 3 組英語科 TT 学習指導案 3 校時場所 1 年 3 組教室 ( 教室棟 3F) 指導者教諭平野あずさ教諭中島奈津美 ALT モーズアシュリン 1 単元名周りの人を紹介しよう!( 唐津市学力向上アクションプラン重点項目 4910 2 単元について (1) 生徒観 6 月に実施した Q-U の結果によると, 学級生活満足群に所属する生徒の割合が全国平均 37% に対し, 本学級は 58%

More information

Taro-12事例08.jtd

Taro-12事例08.jtd < 創作を柱にした指導 > 中学校第 1 学年 ( 事例 8) 1 題材名 リズムを楽しもう 2 題材について本題材は 簡単な音符を基にリズムの創作を通して 音楽の基礎的な能力を高めていく事例である 読譜の能力が身に付くと 聴唱による歌唱活動よりも より主体的な表現活動が展開できるとともに より音楽活動の楽しさや喜びが味わえるのではないかと考える 生徒達の創造性や個性を伸ばすためにも基本的な読譜の能力を高め

More information

単元の目標 カレーライスを作ることに興味 関心をもち, 進んで活動する カレーライスの作り方を調べ, 作り方, 材料, 用具を発表することができる カレーライス作りの活動を通して, 食材を知ったり, 道具を使う仕事にふれたりして, 生活経験を豊かにする 人との関わりを通してコミュニケーション能力を身

単元の目標 カレーライスを作ることに興味 関心をもち, 進んで活動する カレーライスの作り方を調べ, 作り方, 材料, 用具を発表することができる カレーライス作りの活動を通して, 食材を知ったり, 道具を使う仕事にふれたりして, 生活経験を豊かにする 人との関わりを通してコミュニケーション能力を身 生活単元学習指導案 指導者 1 日時平成 23 年 9 月 21 日 ( 日 ) 第 5 校時 14:10~14:55 2 学年ひまわり学級 ( 知的障害特別支援学級 ) 第 2 学年 1 名第 3 学年 1 名計 2 名 3 単元名 カレーパーティーをひらこう ~めざせカレーめいじん ~ 4 単元について 西廣俊之 児童観 単元観カレーライスは作る手順もさほど難しくなく, 調べたことを読んで発表したりレシピを作ったりすることが,

More information

生徒観本学級の生徒は 全体的に授業に前向きに取り組むことができるが 中には今までの学習内容が定着しておらず 英語に対して苦手意識を持っている生徒も少なくない そのためペアやグループ活動がスムーズに進まない場面も見られるが 各単元で設定したゴール活動や ゲーム的な要素を取り入れたグループでの取り組みに

生徒観本学級の生徒は 全体的に授業に前向きに取り組むことができるが 中には今までの学習内容が定着しておらず 英語に対して苦手意識を持っている生徒も少なくない そのためペアやグループ活動がスムーズに進まない場面も見られるが 各単元で設定したゴール活動や ゲーム的な要素を取り入れたグループでの取り組みに 学習指導要領 第 3 学年英語科学習指導案 平成 27 年 11 月 30 日 ( 月 ) 第 5 校時 3 年 1 組生徒数 27 名 場所 3 年 1 組教室 指導者 公文涼子 2 内容 (1) 言語活動エ書くこと ( オ ) 自分の考えや気持ちなどが読み手に正しく伝わるように 文と文のつながりなどに注意して文章を書くこと (2) 言語活動の取扱い ( ウ ) 言語の働き c 情報を伝える (

More information

知識・技能を活用して、考えさせる授業モデルの研究

知識・技能を活用して、考えさせる授業モデルの研究 1 単元構想図 第 1 学年国語科学習指導案 平成 28 年 10 月 24 日 ( 月 ) 第 5 校時高知市立愛宕中学校 1 年 4 組生徒数 36 名指導者菊池園 単元名 シカの 落ち穂拾い フィールドノートの記録から ( 光村図書 国語 1 )( 全 6 時間 ) 第 1 次 1 時 学習の流れ 単元を貫く課題解決的な活動 図表を用いた記録の文章を書くこと を知り 学習の見通しをもつ あかしいせいとも

More information

平成 23 年度千葉市教育研究会英語部会 10 月例会 B ブロック 英語科学習指導案 日 時 平成 23 年 10 月 18 日 ( 火 ) 授業展開 14:00~14:50 授業者 片岡亜季子 授業場所 1 年 E 組教室 研究協議 15:00~( 図書室 ) TOTAL ENGLISH Boo

平成 23 年度千葉市教育研究会英語部会 10 月例会 B ブロック 英語科学習指導案 日 時 平成 23 年 10 月 18 日 ( 火 ) 授業展開 14:00~14:50 授業者 片岡亜季子 授業場所 1 年 E 組教室 研究協議 15:00~( 図書室 ) TOTAL ENGLISH Boo 平成 23 年度千葉市教育研究会英語部会 10 月例会 B ブロック 英語科学習指導案 日 時 平成 23 年 10 月 18 日 ( 火 ) 授業展開 14:00~14:50 授業者 片岡亜季子 授業場所 1 年 E 組教室 研究協議 15:00~( 図書室 ) TOTAL ENGLISH Book1 Lesson6 Halloween 1 単元の目標 (1) 人やものについてインタビューを行い

More information

6 年 No.22 my summer vacation 夏休みの思い出を紹介しよう! 1/8 単元の目標 主な言語材料 本時の目標 夏休みに行った場所や食べた物 楽しんだこと 感想などを表す表現が分かる 過去の表現が分かり 夏休みに行った場所や食べた物 楽しんだこと 感想などを伝え合う また 夏休

6 年 No.22 my summer vacation 夏休みの思い出を紹介しよう! 1/8 単元の目標 主な言語材料 本時の目標 夏休みに行った場所や食べた物 楽しんだこと 感想などを表す表現が分かる 過去の表現が分かり 夏休みに行った場所や食べた物 楽しんだこと 感想などを伝え合う また 夏休 6 年 No.22 my summer vacation 夏休みの思い出を紹介しよう! 1/8 夏休みに行った場所を表す表現が分かる 夏休みに行った場所を交流し 英語で言えそうな表現を させることで伝えることへのモチベーションを高めさせる 発話内容を行った場所に限定させることで スモールステップで話したい気持ちを表現しやすくさせる 指導者の夏休みの思い出について聞く My summer vacation.

More information

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9291CC88E789C881408E7793B188C42E646F63>

<4D F736F F D A778D5A95DB8C9291CC88E789C881408E7793B188C42E646F63> 保健体育科学習指導案 1 日時 場所平成 24 年 1 月三次市立作木中学校体育館 三次市立作木中学校教諭有川淳 2 学年 学級第 3 学年 (16 人 ) 3 単元名器械運動 [ マット運動 ] 4 単元について 教材観器械運動は, マット運動, 鉄棒運動, 平均台運動, 跳び箱運動で構成され, 器械の特性に応じて多くの 技 がある これらの技に挑戦し, その技ができる楽しさや喜びを味わうことのできる運動である

More information

東京都立葛西南高等学校平成 28 年度コミュニケーション英語 Ⅰ(R) 年間授業計画 教科 :( 英語 ) 科目 :( コミュニケーション英語 Ⅰ(R) ) 単位数 :(2) 単位対象 :( 第 1 学年 1 組 ~7 組 ) 教科担当者 :(1 組 : 船津印 )(2 組 : 佐々木印 )(3 組

東京都立葛西南高等学校平成 28 年度コミュニケーション英語 Ⅰ(R) 年間授業計画 教科 :( 英語 ) 科目 :( コミュニケーション英語 Ⅰ(R) ) 単位数 :(2) 単位対象 :( 第 1 学年 1 組 ~7 組 ) 教科担当者 :(1 組 : 船津印 )(2 組 : 佐々木印 )(3 組 東京都立葛西南高等学校平成 28 年度コミュニケーション英語 Ⅰ(R) 年間授業計画 教科 :( 英語 ) 科目 :( コミュニケーション英語 Ⅰ(R) ) 単位数 :(2) 単位対象 :( 第 1 学年 1 組 ~7 組 ) 教科担当者 :(1 組 : 船津印 )(2 組 : 佐々木印 )(3 組 : 佐々木印 )(4 組 : 船津印 )(5 組 : 船津印 )(6 組 : 佐々木印 )(7 組

More information

第 1 問 B 身の回りの事柄に関して平易な英語で話される短い発話を聞き, それに対応するイラストを選ぶことを通じて, 発話内容の概要や要点を把握する力を問う 問 1 5 英語の特徴やきまりに関する知識 技 能 ( 音声, 語, 友人や家族, 学校生活など, 身近な話題に関する平易で短い説明を聞き取

第 1 問 B 身の回りの事柄に関して平易な英語で話される短い発話を聞き, それに対応するイラストを選ぶことを通じて, 発話内容の概要や要点を把握する力を問う 問 1 5 英語の特徴やきまりに関する知識 技 能 ( 音声, 語, 友人や家族, 学校生活など, 身近な話題に関する平易で短い説明を聞き取 英語 ( リスニング ), 及び等 第 1 問 A 身の回りの事柄に関して平易な英語で話される短い発話の聞き取りを通じて, 情報を把握する力を問う 問 1 1 短い発話を聞いて, 話者の要望を把握する 問 2 2 問 3 3 コミュニケーション英語 Ⅰ (1) ア事物に関する紹介や対話などを聞いて, 情報や考えなどを理解したり, 概要や要点をとらえたりする 英語の特徴やきまりに関する ( 音声, 語,

More information

29-池田中・2年英語 2年4組指導案(池田中細江)1

29-池田中・2年英語 2年4組指導案(池田中細江)1 平成 29 年度揖斐郡教科研究会 英語科学習指導案 平成 29 年 10 月 23 日 ( 月 ) 池田町町立池田中学校学級 :2 年 4 組教室 ( 男子 20 名女子 18 名 ) 場所 :2 年 4 組教室授業者 : 細江美香 ALT:Jasmine Evans 1. 単元名 NEW HORIZON English Course Unit 5 Enjoy Universal Design (

More information

6 指導計画 (7 時間扱い ) (1) 単元の 1: 字手紙 のねらいの確認と受取人決定指導計画 2: 手紙の基本知識の確認と書くことの内容の整理 3: 時候の挨拶作成 ひと文字練習と下書き 4: ひと文字練習と下書き 5: 相互評価 推敲 ( 本時 ) 6: 推敲および清書 7: 清書と宛名書き

6 指導計画 (7 時間扱い ) (1) 単元の 1: 字手紙 のねらいの確認と受取人決定指導計画 2: 手紙の基本知識の確認と書くことの内容の整理 3: 時候の挨拶作成 ひと文字練習と下書き 4: ひと文字練習と下書き 5: 相互評価 推敲 ( 本時 ) 6: 推敲および清書 7: 清書と宛名書き 国語科学習指導案 平成 20 年度長期研究員富田健一 1 日時平成 20 年 10 月 23 日 ( 木 ) 第 5 校時 2 学年 組第 1 学年組 37 名 3 単元名 字手紙 を書こう 4 単元目標 目的や相手を意識し 自分の気持ちを的確に伝える手紙を書く 文字の整え方 バランスのとり方に注意し 目的や相手に合った文字を書く 5 単元設定理由 本校生徒は 素直であり 人なつっこい性質を持つ者が多い

More information

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案 中学校第 3 学年英語科学習指導案期日平成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 第 5 校時場所山鹿市立山鹿中学校 3 年 5 組教室指導者教諭田﨑英明 ALT Huy Tran 1 単元名 Program 7 What Is the Most Important Thing to You? (SUNSHINE ENGLISH COURSE 3 開隆堂 ) 2 単元について (1) 単元観本単元は,

More information

Success_38_cover

Success_38_cover 効果を出すために以下の通り学習を進めてください レッスンごとに オンラインレッスン内容 と 事前学習 が設定させています 事前学習による インプット と レッスンによる アウトプット を繰り返すことで 効率的に 効果的にスピーキング力を身につけていきます インプット ( 事前学習 ) アウトプット ( レッスン ) 復習 ( 事後学習 ) インプット : レッスン前に語彙 表現の確認をし アウトプットしやすい脳を作り

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平成 26 年度英語科 1 年年間指導計画 評価計画 教科の目標外国語を通じて 言語や文化に対する理解を深め 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り 聞くこと 話すこと 読むこと 書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う 各学年 各分野の目標 (1) 初歩的な英語を聞いて話し手の意向などを理解できるようにする (2) 初歩的な英語を用いて自分の考えなどを話すことができるようにする

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「鳥獣戯画を読む」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「鳥獣戯画を読む」 6 学年 国語科学習指導案 1 単元名日本に伝わる美術絵画を鑑賞しよう教材 鳥獣戯画 を読む ( 光村図書 6 年 ) 2 単元目標 ( は重点目標) 絵画作品を鑑賞するために, 複数の文章を読み, 情報を多面的に収集しようとする ( 国語への関心 意欲 態度 ) 解説の文章などに対する自分の考えをもつために, 必要な内容を押さえて要旨をとらえて読むことができる ( 読む能力 ) 相手の考えと自分の考えとの共通点や相違点を踏まえて,

More information

< F2D C391E68CDC CBB8E788987>

< F2D C391E68CDC CBB8E788987> 中学校英語科 8( 平成 20 年度 ) 第 2 学年英語科学習指導案 1 単元名 Unit 7 My Favorite Movie (NEW HORIZON English Course 2) 2 単元の目標 4コマ漫画のストーリーをALTに英語で伝えることができる 比較表現を用いて, 様々な物や人を比べて話したり書いたりすることができる E.T. のストーリー内容を読み取り, 要約文を完成することができる

More information

平成 30 年度シラバス 3 学年前期 (1 単位 ) コミュニケーション英語 Ⅰ 教科書 ENGLISH NOW Ⅰ 開隆堂 授業時数 01 単元名 Lesson 6 Sempai and Ko hai 本時 Lesson 6 (1) 学習内容備考 常日頃から使っている 先輩 後輩 ということばを

平成 30 年度シラバス 3 学年前期 (1 単位 ) コミュニケーション英語 Ⅰ 教科書 ENGLISH NOW Ⅰ 開隆堂 授業時数 01 単元名 Lesson 6 Sempai and Ko hai 本時 Lesson 6 (1) 学習内容備考 常日頃から使っている 先輩 後輩 ということばを 平成 30 年度シラバス 3 年前期 (1 単位 ) コミュニケーション英語 Ⅰ 教科書 ENGLISH NOW Ⅰ 開隆堂 授業時数 01 単元名 Lesson 6 Sempai and Ko hai 本時 Lesson 6 (1) 常日頃から使っている 先輩 後輩 ということばを題材として 日本と英語圏の文化の違いについて考える 1. 単語 連語の練 意味確認 Textbook p.60-67

More information

< F2D87498A4F8D918CEA89C CEA A778D5A8E77>

< F2D87498A4F8D918CEA89C CEA A778D5A8E77> 第 1 学年外国語科 ( 英語 ) 学習指導案指導者 ( 英語領域専攻 ) ( 指導担当教員 ) 1. 日時平成 年 月 日 ( 曜 ) 第 校時 ( : ~ : ) 2. 学年 組第 学年 組計 名 3. 場所 学年 組教室 4. 単元名 New Horizon English Course 1, Unit 6 南半球からのメール (pp.50-53)( 東京書籍 ) 5. 単元の目標 ( コミュニケーションへの関心

More information

第3学年2組 外国語科学習指導案

第3学年2組 外国語科学習指導案 第 2 学年 5 組外国語科 ( 英語 ) 学習指導案 日時 : 平成 24 年 11 月 9 日 ( 金 ) 場所 : 出雲市立平田中学校 2 年 5 組指導者 : 教諭天野圭吾 1. 単元名 A New Language Service New Horizon English Course 2 Unit 5 Listening Plus 5 (PP.50-55) 2. 単元の目標 (1) 積極的に自分の考えを話す

More information

Microsoft Word - 研究大会指導案(3年・2年)

Microsoft Word - 研究大会指導案(3年・2年) ( 公開授業 2) 第 2 学年 D 組英語科学習指導案 1 題材名 Enjoy Sushi (New Crown English Series 2, Lesson 4) 授業者竹川由紀子 2 年 D 組教室 2 教科 題材における やりくりのたとえば 英語を学習する上での喜びは 英語を理解するだけではなく 自分の伝える英語が相手に伝わり 他者とコミュニケーションできることである だが その基本となる語彙や表現を理解すること

More information

4 本単元と情報リテラシーの関わり 課題設定担任による 説明会におけるデモンストレーションを見ることを通して 本単元を貫く言語活動としての これぞ和の文化! おすすめの 和の文化 を調べて説明会を開こう を知り 見通しを持たせ学校司書による関連図書紹介を通して 和の文化への関心を高め 進んで調べよう

4 本単元と情報リテラシーの関わり 課題設定担任による 説明会におけるデモンストレーションを見ることを通して 本単元を貫く言語活動としての これぞ和の文化! おすすめの 和の文化 を調べて説明会を開こう を知り 見通しを持たせ学校司書による関連図書紹介を通して 和の文化への関心を高め 進んで調べよう 第 5 学年国語科学習指導案 日時平成 27 年 10 月 26 日 ( 月 )2 校時場所今市っ子図書館指導者担任 学校司書 1 単元名これぞ和の文化! おすすめの 和の文化 を調べて説明会を開こう ( 教材 和の文化を受けつぐ 和菓子をさぐる 中山圭子東京書籍 5 年 ) 2 単元の目標 和の文化について進んで調べてみたい課題を探して読んだり 資料の提示の仕方を工夫して話したりしようとしてい 国語への関心

More information

j_model_all 10

j_model_all 10 中学校 1 年 英語 生徒が意欲的にコミュニケーションを図ろうとする授業 ~Interactive なスピーチ大会 ~ 1 単元名 Chapter Project 2 さんを紹介しよう (Total English Book 1) 2 単元の目標 与えられたテーマについて自分の意見や主張をまとめて書き 話すことができる 友達の発表を意欲的に聞き スピーチ内容を理解することができる 正しい語順や語法を用いてスピーチ原稿を構成する知識を身につけている

More information

ねながら書き続けてい くことができ 3 指導と評価の計画 ( 網掛けは 小学校英語活動を生かした活動 指導 ) 時ねらい ( ) と 指導上の留意点及び支援の工夫単元の 具体の評価規準 間学習活動 ( ) おおむね満足 に達していない生徒評価規 A 十分満足 への手だて準との B おおむね満足 関連

ねながら書き続けてい くことができ 3 指導と評価の計画 ( 網掛けは 小学校英語活動を生かした活動 指導 ) 時ねらい ( ) と 指導上の留意点及び支援の工夫単元の 具体の評価規準 間学習活動 ( ) おおむね満足 に達していない生徒評価規 A 十分満足 への手だて準との B おおむね満足 関連 Unit 11 それぞれのお正月 (4 時間 ) 本単元における小学校英語活動を生かした指導本単元の言語材料は過去形であ小学校英語活動では 過去形を用いた活動は少なく 夏休みの思い出を話題とした活動などが行われている程度であそのため 生徒にとって過去形は 小学校英語活動においては慣れ親しんだ表現となっていないと考えられそこで まず過去形の ed の音を音声でたくさん聞くことによって 過去形を音としてとらえられるようにしたい

More information

5 単元の指導計画と評価活動 ( 本時 3/7) 時間 ねらい 学習活動評価規準評価方法 1 to 不定詞 ( 名詞的用法 ) の文構造を理解する 自分が好きなことについて英文を書き 相手に伝える イ -1 評価カード ワークシート 教科書の本文から ~すること という表現を学ぶ 2 本文の中から不

5 単元の指導計画と評価活動 ( 本時 3/7) 時間 ねらい 学習活動評価規準評価方法 1 to 不定詞 ( 名詞的用法 ) の文構造を理解する 自分が好きなことについて英文を書き 相手に伝える イ -1 評価カード ワークシート 教科書の本文から ~すること という表現を学ぶ 2 本文の中から不 プログラムを取り入れた指導事例 ( 中学校 2 年英語 ) 1 単元名 TOTAL ENGLISH 2 Lesson 5 Career Experience 2 単元観この単元は 職場体験に関する内容を扱う 体験場所を決めかねているミクに シーマは自分のおば夫妻が経営しているスーパーを提案する ミクはスーパーでの体験を日記に記し 後日お礼の手紙を書く 本校においても 11 月に職場体験を行うため 生徒たちは関心をもって授業に取り組むことができると考えられる

More information

1 研究主題今後の国際社会を生きる児童生徒のための英語教育の在り方 ~ 英語を生活化させ豊かに伝え合う児童の育成 ~ 2 授業観察の視点 児童が 動物の世界 ( あにまるランド ) に入り込み 実感を持って英語を発するための手立ては具体的に行われ効果があったか 場面の設定は 適切だったか 特別な努力

1 研究主題今後の国際社会を生きる児童生徒のための英語教育の在り方 ~ 英語を生活化させ豊かに伝え合う児童の育成 ~ 2 授業観察の視点 児童が 動物の世界 ( あにまるランド ) に入り込み 実感を持って英語を発するための手立ては具体的に行われ効果があったか 場面の設定は 適切だったか 特別な努力 低学年部会学習指導案 第 1 学年 3 組外国語活動 あにまるらんどへいこう It s a. Let s be a. I m a. cat dog horse gorilla lion rabbit monkey giraffe elephant sheep 東広島市立東西条小学校平成 27 年 9 月 17 日 1 研究主題今後の国際社会を生きる児童生徒のための英語教育の在り方 ~ 英語を生活化させ豊かに伝え合う児童の育成

More information

伝わっていないと感じられたなら 繰り返し述べたり分かりやすく言い換えたりすればいいこ とも学ばせたい また 聞いて得た情報を整理して組み立てる段階 スピーチメモを作る段階 練習の段階 それぞれの段階で 互いに考えた内容を伝え合い 質問や助言などの意見の交流をすることでよりよいスピーチをめざしたい 発

伝わっていないと感じられたなら 繰り返し述べたり分かりやすく言い換えたりすればいいこ とも学ばせたい また 聞いて得た情報を整理して組み立てる段階 スピーチメモを作る段階 練習の段階 それぞれの段階で 互いに考えた内容を伝え合い 質問や助言などの意見の交流をすることでよりよいスピーチをめざしたい 発 中学校第 1 学年国語科学習指導案平成 27 年 12 月 11 日金曜日第 4 校時 1 年生徒数指導者 1 単元 分かりやすく紹介しよう紹介スピーチ ( 東京書籍 新しい国語 1 ) 2 単元観 キャリア観 ( キャリア教育の視点に関わる部分にアンダーライン ) (1) 教材観本教材では 身近な大人に尋ねたことを分かりやすく紹介するという学習活動 ( 話題を設定し 取材する 得た情報を整理し 発表する内容を組み立てる

More information

研修報告書

研修報告書 研修報告書 ( 中学校外国語科 ) 研修テーマ聞き取った情報を基に, 生徒が意欲的にコミュニケーション活動に取り組む授業を目指して - Small Talking の活用とワークシートの工夫を通して - 栗原市立高清水中学校菅原時江 1 目指す授業像 (1) 生徒が意欲を持って会話やスピーチなどを聞き取ろうとしたり, 聞き取った情報に即して話そうとしたりする姿が見られる授業 (2) 生徒が会話やスピーチなどを聞き取る際に,

More information