Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供"

Transcription

1 Microsoft iscsi Software Target を使用したクラスタへの共有ディスク リソースの提供 はじめに... 2 クラスタ ホスト エントリの作成... 3 イニシエータの設定... 7 クラスタ ノード 1 のイニシエータ... 7 クラスタ ノード 2 のイニシエータ... 7 iscsi 仮想ディスクのエクスポート... 8 iscsi デバイスの初期化 Microsoft クラスタ サービスの設定 クラスタの作成 新しいノードの追加 新しい共有ディスク リソースの追加 iscsi デバイスの変換 詳細情報... 21

2 はじめに ソフトウェアのクラスタリングとは 2 つ以上のサーバが 1 つの単位として動作する設定です 1 つのサーバに障害が発生した場合 クラスタ内の別のノードが作業負荷を引き受け クラスタは中断することなく機能し続けます Microsoft iscsi Software Target では HP All-in-One Storage System または ProLiant Storage Server がクラスタの作成に必要な外部共有ストレージ デバイスとなることが可能になり コスト効率の高いクラスタ ソリューションを提供します このドキュメントでは 共有クラスタ ディスク プロバイダとしてMS iscsi Targetを使用し クラスタを設定する方法を説明します MS iscsi Targetの他に このソリューションではMicrosoft Cluster Service Windows Server 2003 およびMS iscsi Initiatorを使用して 2 つのノード アクティブ / パッシブ クラスタを作成します Microsoftのクラスタ化テクノロジについて詳しくは 次のURLを参照してください 図 1. Microsoft iscsi Target がクラスタに提供する共有ディスク リソース 2

3 クラスタ ホスト エントリの作成 ホストとは Microsoft iscsi Target が提供するストレージ サービスを使用する任意のイニシエータ またはイニシエータのグループです この場合 ホストはクラスタになります イニシエータが MS iscsi Target に接続する前に MS iscsi Target が認識できるようにホストを作成する必要があります このステップでは クラスタに対して MS iscsi Target でホスト エントリを作成する方法を詳しく説明します 先に進む前に クラスタ マシンの iscsi Qualified Name(IQN) の準備をしておいてください 注記 : IQN は Microsoft iscsi Initiator インタフェースの [General] タブにあります Microsoft iscsi Software Target の用語では ホストは iscsi Target と呼ばれることに注意してください 1. 管理者権限を持つアカウントを使用して Storage Server にログオンします 2. Microsoft iscsi Software Target MMC インタフェースを起動します ([Start] -> [Programs] -> [Administrative Tools] -> [Microsoft iscsi Software Target] の順に選択します ) 3. iscsi Target ノードをクリックします 詳細ビュー ( 右ペイン ) を右クリックし コンテキスト メニューから [Create iscsi Target] を選択します 図 2. iscsi Target の作成 4. ウィザードの [Welcome] ページの [Next] をクリックします 5. この iscsi Target の名前を入力します 説明を入力することもできます [Next] をクリックします 3

4 図 3. iscsi Target の名前と説明 6. [iscsi Initiators Identifiers] ページで [Advanced] をクリックします [Advanced Identifiers] ウィンドウが開きます 7. [Add] をクリックします [Add/Edit Identifier] ウィンドウが開きます a. [Identifier Type] のドロップダウン リストから [IQN] を選択します b. [Value] ボックスに クラスタの最初のノードの IQN を入力します ノードの IQN を判別するには 該当するノードで iscsi Initiator ユーザ インタフェースを起動します [General] タブに IQN が表示されます c. [OK] をクリックします 8. クラスタの 2 番目のノードの Initiator IQN に対して ステップ 7 を繰り返します 9. [OK] をクリックし [Advanced Identifiers] ウィンドウを閉じます 10. ウィザードの [Next] をクリックします 4

5 図 4. Initiator の選択 11. [Finish] をクリックして iscsi Target を作成します 12. エラーが発生しなければ 新しい iscsi Target が作成されています 新しい iscsi Target がビュー ペインに表示されます 新しいエントリを右クリックし コンテキスト メニューから [Properties] を選択します 13. [Properties] ノートブックが表示されます IQN のノートを作成します ノートブック ウィンドウを閉じます 5

6 図 5. [Properties] ノートブック 6

7 イニシエータの設定 Microsoft iscsi Software Initiator は 次の Microsoft Web サイトからダウンロード可能です 825&displaylang=en 先に進む前に 両方のクラスタ マシンに MS iscsi Initiator がインストールされていることを確認します クラスタ ノード 1 のイニシエータ 1. 管理者権限を持つアカウントを使用してクラスタ ノード 1 サーバにログオンします 2. MS iscsi Initiator アプレットを起動します 3. [Discovery] タブを選択します Target Portal グループで [Add] をクリックします 4. [Add Target Portal] ウィンドウに iscsi Target ストレージ サーバの IP アドレスまたは DNS 名を入力します [OK] をクリックし ウィンドウを閉じます 図 6. ターゲット ポータルの追加 5. [Targets] タブをクリックします 今追加したターゲットの IQN を選択し [Log On] をクリックします ターゲット IQN は ページ 5 のステップ 10 にあるホスト プロパティ ウィンドウの [Target Name] と同じになっている必要があります 6. [Log On to Target] ウィンドウが開きます [Automatically restore this connection...] ボックスを選択し 永続的な接続として設定します 7. [OK] をクリックしてウィンドウを閉じ 操作を完了します 正常に完了すると イニシエータが iscsi Target にログオンした状態になっています クラスタ ノード 2 のイニシエータ 1. 管理者権限を持つアカウントを使用してクラスタ ノード 2 サーバにログオンします 2. 前に述べた クラスタ ノード 1 のイニシエータ セクションの手順に従って iscsi Target にログオンします 3. コンピュータをシャットダウンします 先に進む前に このコンピュータが完全にシャットダウンしたことを確認します 7

8 iscsi 仮想ディスクのエクスポート この部分では クォーラムおよび汎用ディスクとして使用される iscsi 仮想ディスクをクラスタにエクスポートする方法を説明します 1. 管理者権限を持つアカウントを使用して Storage Server にログオンします 2. Microsoft iscsi Software Target MMC インタフェースを起動します ([Start] -> [Programs] -> [Administrative Tools] -> [Microsoft iscsi Software Target] の順に選択します ) 3. Devices ノードをクリックします 4. Devices ノードの詳細ビューで クラスタのクォーラム ディスクとして使用するボリュームを選択します 右クリックして [Create Virtual Disk] を選択します 図 7. 新しい仮想ディスクの作成 5. ウィザードの [Welcome] ページの [Next] をクリックします 6. [File] ページで 仮想ディスクとして使用するファイルの完全パスを指定します ファイルが存在しない場合 Microsoft iscsi Target により自動的に作成されます [Next] をクリックします 8

9 図 8. ファイル パスの指定 7. [Size] ページで 仮想ディスクに使用するサイズを指定します すでにファイルが存在する場合は 新しいサイズを指定できません クォーラム ディスクの場合 ほとんどの環境ではサイズを 2GB に設定すれば十分です [Next] をクリックします 図 9. 仮想ディスク サイズの選択 9

10 8. この iscsi 仮想ディスクの説明を指定します ( この作業はオプションです ) [Next] をクリックします 9. [Access] ページで [Add] をクリックし この iscsi 仮想ディスクをクラスタ ノードに割り当てます 10. [Add Targets] ウィンドウで 前の手順で作成した Target を選択し [OK] をクリックします [Next] をクリックします 図 10. iscsi Target の追加 11. [Finish] をクリックして iscsi 仮想ディスクを作成します 12. この手順を繰り返して 汎用クラスタ ディスクとして使用する iscsi 仮想ディスクを作成します 手順が完了したら それぞれの iscsi 仮想ディスク インデックスで識別される 2 つの iscsi 仮想ディスクが作成されています 10

11 iscsi デバイスの初期化 iscsi 仮想ディスクをエクスポートする場合 イニシエータ マシンには新しいディスク デバイスとして表示されます これらのデバイスをクラスタ ディスクとして使用するには まず初期化する必要があります 1. 管理者権限を持つアカウントを使用してクラスタ ノード 1 サーバにログオンします 2. Computer Management コンソールを起動します 3. [Disk Management] を選択します 4. ウィザードに従い 新しいディスクを初期化します Windows が提供するデフォルトの設定を使用します デフォルトでは ディスクがベーシックディスクとして初期化されます MSCS が動作するのは基本ディスクだけです 5. ウィザードによる初期化が完了したら 未割り当てのスペースを右クリックし [New Partition] を選択します ウィザードの手順に従い クォーラム ディスクとして使用するための NTFS パーティションを作成します Windows が提供するデフォルトの設定を使用します ( ほとんどの環境では デフォルトの設定で十分です ) 図 11. 新しい NTFS パーティションの作成 6. 他のディスク デバイスに対して ステップ 5 を繰り返します この新しいパーティションは 汎用クラスタ ディスクです 11

12 図 12. 汎用クラスタ ディスクとしての新しいパーティションの作成 7. このサーバをシャットダウンします 完全にシャットダウンされたら クラスタ ノード 2 サーバを再起動します 8. 管理者権限でログオンします 9. Computer Management を起動し [Disk Management] を選択します クラスタ ノード 1 と同一のドライブレターにする必要がありますので 異なる場合は同一のドライブレターに変更します 図 13. ドライブ文字の変更 10. クラスタ ノード 2 サーバをシャットダウンします クラスタ ノード 2 サーバが完全にシャットダウンされたら クラスタ ノード 1 サーバを再起動します 12

13 注記 : クラスタ内に 2 つ以上のノードがある場合 先に進む前に 前に述べた手順を繰り返して すべてのクラスタ サーバ上の iscsi 仮想ディスクを初期化してください Microsoft クラスタ サービスの設定 この時点で 必要となるすべての共有ストレージの作成が完了しています 残りの作業としてクラスタを作成し これらのリソースを使用するように設定します クラスタの作成 1. クラスタ ノード 1 サーバで [Cluster Administration] コンソールを起動します 2. [Open Connection to Cluster] ウィンドウの [Action] ドロップダウン リストから [Create new cluster] を選択します 図 14. 新しいクラスタの作成 3. [New Server Cluster] ウィザードの [Welcome] ページで [Next] をクリックし クラスタの作成を開始します 4. [Cluster Name and Domain] ページで該当するクラスタとドメイン名を指定します 13

14 図 15. クラスタ名とドメインの指定 5. ウィザードの [Select Computer] ページの [Next] をクリックします クラスタ内の最初のノードのコンピュータ名がすでに入力されています 入力されていない場合は 編集ボックスのコンピュータ名を指定します ウィザードにより 共有リソースとネットワーク接続などの設定が分析されます エラーが発生しなかった場合は [Next ボタンが有効になります エラーが発生した場合は 先に進む前に情報を分析し エラーを修正してください 6. [Next] をクリックします 7. [IP Address] ページでクラスタの IP アドレスを指定します このアドレスはクラスタ名にマップされ 他のコンピュータが使用することはできません [Next] をクリックします 8. [Cluster Service account] ページでサービスを実行するドメイン アカウントを指定します このアカウントは管理者権限を持つドメイン ユーザになっている必要があります [Next] をクリックします 9. [Proposed Cluster Configuration] ページのすべての情報が正しいことを確認します [Next] をクリックし クラスタを作成します ウィザードによりクラスタの作成が開始されます このプロセスには数分かかります エラーが発生した場合 ログとエラー メッセージを分析し 問題のトラブルシューティングを行います 完了したら [Next] ボタンが有効になります 10. [Next] をクリックします 14

15 図 16. [Create cluster status] ページ 11. [Finish] をクリックします これでクラスタが機能するようになり 追加ノードをクラスタに追加できます 新しいノードの追加 1. クラスタ ノード 2 サーバを起動します 2. 管理者権限を持つアカウントを使用してサーバにログオンします 3. [Cluster Administrator] コンソールを起動します 4. [Open Connection to Cluster] ウィンドウの [Action] ドロップダウン リストから [Add nodes to the cluster] を選択します 5. [Cluster or server name] ドロップダウン リストで 新規作成したクラスタの名前を指定します [OK] をクリックし このサーバをクラスタに追加します 図 17. クラスタへのノードの追加 6. [Welcome] ページの [Next] をクリックします 15

16 7. [Select Computers] ページで [Add] をクリックし クラスタにサーバを追加します [Next] をクリックします 図 18. クラスタへのサーバの追加 ウィザードにより すでにある設定が分析されます エラーが発生しなかった場合は [Next ボタンが有効になります エラーが発生した場合は 先に進む前に詳細情報を分析し エラーを修正してください 8. [Next] をクリックします 9. クラスタ サービスを実行するために提供される ユーザのパスワードを入力して [Next] をクリックします 10. [Proposed Cluster Configuration] ページで [Next] をクリックし このサーバをクラスタに追加します 11. [Finish] をクリックします サーバがクラスタのノードになりました 16

17 新しい共有ディスク リソースの追加 クラスタに追加ディスクが必要になるときがあります まず 1 つを除きすべてのクラスタ ノードをシャットダウンします このノードがすべての共有リソースを完全に制御できることを確認します iscsi 仮想ディスクをクラスタ ノードにエクスポートして初期化するには 8 ページの iscsi 仮想ディスクのエクスポート と 11 ページの iscsi デバイスの初期化 セクションを参照してください 次に 以下の手順に従ってディスクをクラスタ リソースに追加します 注記 : iscsi 仮想ディスクをクラスタ ディスクに変換する前に 1 つのクラスタ サーバだけが常に新規作成した iscsi 仮想ディスクにアクセスできることを確認してください この確認ができていないと iscsi 仮想ディスクのデータが破壊されます iscsi デバイスの変換 1. 管理者権限を持つアカウントを使用してアクティブ クラスタ ノードにログオンします 2. [Cluster Administrator] コンソールを起動し クラスタへの接続を開きます 図 19. クラスタへの接続を開く 3. Resource ノードを右クリックし [New] -> [Resource] の順に選択します 17

18 図 20. 新しいリソースの作成 4. 新しいリソースの名前を指定します [Resource Type] で リストから [Physical Disk] を選択します [Group] で リソースが属するグループを選択します [Next] をクリックします 図 21. 新しいリソースのプロパティ 5. [Possible Owners] ページで 可能な所有者としてクラスタのすべてのノードを指定します [Next] をクリックします 18

19 図 22. 可能なリソース所有者の指定 6. [Dependencies] ページの [Next] をクリックします ディスク リソースには 依存関係は必要ありません 7. ディスクのリストから新規作成パーティションを選択します [Finish] をクリックします 図 23. 新規作成パーティションの選択 8. Resource ノードの詳細ビューに 新しいリソースがオフラインとして表示されます リソースを右クリックし コンテキスト メニューから [Bring Online] を選択します 完了すると ディスクがクラスタ ディスクになります クラスタ内の他のサーバを起動します 19

20 図 24. リソースのオンライン化 20

21 詳細情報 HP StorageWorks All-in-One Storage Systems について詳しくは または にアクセスしてください 2007 Hewlett-Packard Development Company, L.P. ここに記載された情報は予告なく変更されることがあります HP の製品とサービスに付属する保証書のみによって規定されます 本書のいかなる掲載物も追加保証を意味するものではありません HP は 本書に含まれる技術的または編集上の誤りあるいは脱落に責任を負いません Linux は 米国における Linus Torvalds の登録商標です Microsoft および Windows は米国における Microsoft Corporation の登録商標です UNIX は The Open Group の登録商標です 2007 年 3 月 21

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... -

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... - NX7700x シリーズ Windows Server 2012 R2 Windows Server Failover Cluster インストール手順書 Microsoft Windows Windows Server は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他 記載されている会社名 製品名は 各社の登録商標または商標です 免責条項

More information

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 Windows Server Failover

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 Windows Server Failover NX7700x シリーズ Windows Server 2008 R2 Enterprise/ Windows Server 2008 R2 Datacenter Windows Server Failover Cluster インストール手順書 1.0 版 2014/5/30 Microsoft Windows Windows Server は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です

More information

Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または 別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの 移動

Cisco Unity  8.x サーバの名前の変更または 別のドメインへの  Cisco Unity  8.x サーバの 移動 CHAPTER 7 Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの移動 この章は 次の項で構成されています Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの移動 ( フェールオーバーなしの場合 ) (P.7-1) 両方の Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの

More information

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ Windows MultiPoint Server 2011 OEM 版インストールガイド 2012.06 目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメディアを使う場合の起動方法

More information

Transitioning from Microsoft® Exchange Server 2003 to Exchange Server 2007 while using HP StorageWorks All-in-One Storage System for storage

Transitioning from Microsoft® Exchange Server 2003 to Exchange Server 2007 while using HP StorageWorks  All-in-One Storage System for storage ストレージに HP Storage Works All-in-One Storage System を使用しながらの Microsoft Exchange Server 2003 から Exchange Server 2007 への移行 はじめに... 2 対象読者... 2 概要... 3 移行オプション... 3 パブリック フォルダとExchange Server 2007... 4 移行プロセス...

More information

マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 2018/10/15 Version 3.0 マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシン

マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 2018/10/15 Version 3.0 マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシン マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 1/36 著作権情報 本ドキュメントは 著作権法で保護された著作物で その全部または一部を許可なく複製したり複製物を配布 したり あるいは他のコンピュータ用に変換したり 他の言語に翻訳すると 著作権の侵害となります

More information

Symantec AntiVirus の設定

Symantec AntiVirus の設定 CHAPTER 29 Symantec AntiVirus エージェントを MARS でレポートデバイスとしてイネーブルにするためには Symantec System Center コンソールをレポートデバイスとして指定する必要があります Symantec System Center コンソールはモニタ対象の AV エージェントからアラートを受信し このアラートを SNMP 通知として MARS に転送します

More information

iStorage NS500Bx系 管理者ガイド (詳細編)

iStorage NS500Bx系 管理者ガイド (詳細編) 5 istorage NS のその他の使い方 ネットワーク上のプリンタを使う iscsi を使う 削除済みのファイルを完全に消去する istorage NS 上のファイルを高速検索する 238 5.1 ネットワーク上のプリンタを使う 5.1.1 ネットワークプリンタの追加 istorage NS にプリンタを追加するには 以下の手順に従ってください なお プリンタに添付された プリンタドライバがある場合は

More information

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 Microsoft Windows Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上での HP ProLiant 用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 設定手順書第 4 版 はじめに...2 ソフトウェア要件...2 インストール手順...2 チーミングソフトウェアのアンインストール...3 HP Network Teamの作成...5 HP Network Teamの解除...10

More information

音声認識サーバのインストールと設定

音声認識サーバのインストールと設定 APPENDIX C 次のタスクリストを使用して 音声認識ソフトウェアを別の音声認識サーバにインストールし 設定します このタスクは Cisco Unity インストレーションガイド に記載されている詳細な手順を参照します ドキュメントに従って 正しくインストールを完了してください この付録の内容は Cisco Unity ライセンスに音声認識が含まれていること および新しい Cisco Unity

More information

目次 はじめに StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする 必要なソフトウェアを確認する ダウンロードする インストールを実行する Window

目次 はじめに StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする 必要なソフトウェアを確認する ダウンロードする インストールを実行する Window クイックスタートガイド StorageCraft Recovery Environment for Windows (uefi 環境版 ) 2015 年 2 月 13 日 ストレージクラフトテクノロジー合同会社 目次 はじめに... 3 1. StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする... 4 1.1. 必要なソフトウェアを確認する...

More information

VPN 接続の設定

VPN 接続の設定 VPN 接続の設定 AnyConnect 設定の概要, 1 ページ AnyConnect 接続エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる接続エントリの追加, 2 ページ 手動での接続エントリの追加, 3 ページ ユーザ証明書について, 4 ページ ハイパーリンクによる証明書のインポート, 5 ページ 手動での証明書のインポート, 5 ページ セキュアゲートウェイから提供される証明書のインポート,

More information

Client Management Solutions および Mobile Printing Solutions ユーザガイド

Client Management Solutions および Mobile Printing Solutions ユーザガイド Client Management Solutions および Mobile Printing Solutions ユーザガイド Copyright 2007 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります

More information

. 目次 概要 リストア環境の設定... 3 ステップ 1-1 Recovery Environment メディアからの起動... 3 ステップ 1-2 タイムゾーンの選択... 4 ステップ 1-3 必要なドライバの読み込み... 5 ステップ 1-4 ネットワークドライブの割り当

. 目次 概要 リストア環境の設定... 3 ステップ 1-1 Recovery Environment メディアからの起動... 3 ステップ 1-2 タイムゾーンの選択... 4 ステップ 1-3 必要なドライバの読み込み... 5 ステップ 1-4 ネットワークドライブの割り当 ベストプラクティスガイド 回復パーティションを含む UEFI マシンのリストア 2015 年 4 月 20 日 . 目次 概要... 3 1. リストア環境の設定... 3 ステップ 1-1 Recovery Environment メディアからの起動... 3 ステップ 1-2 タイムゾーンの選択... 4 ステップ 1-3 必要なドライバの読み込み... 5 ステップ 1-4 ネットワークドライブの割り当て

More information

(6) コンボドライブのドライブ文字の変更 コンピュータの管理 ウィンドウの右下側フレームの CD-ROM 0 DVD (E:) と書かれた箱 ( 図 02-2) にマウスのポインタを合わせ, 右ボタンをクリックしてメニューを表示する メニューから ドライブ文字とパスの変更 (C)... を選択する

(6) コンボドライブのドライブ文字の変更 コンピュータの管理 ウィンドウの右下側フレームの CD-ROM 0 DVD (E:) と書かれた箱 ( 図 02-2) にマウスのポインタを合わせ, 右ボタンをクリックしてメニューを表示する メニューから ドライブ文字とパスの変更 (C)... を選択する Microsoft Windows XP Professional のドライブとパスの設定 再インストールの続き 1. コンボドライブのドライブ文字の変更 ( ドライブ文字の固定 ) (0) コンボドライブの接続ノート PC を起動した後にコンボドライブの USB ケーブルを接続する 電源コンセントの数が足りない場合には, ノート PC はバッテリを使用して, コンボドライブの AC アダプタのみ電源コンセントを利用する

More information

目次 1 VirtualBoot for Hyper-V とは バックアップを実行するマシンの設定 確認すべきこと SPX によるバックアップ VirtualBoot for Hyper-V を実行するマシンの設定 確

目次 1 VirtualBoot for Hyper-V とは バックアップを実行するマシンの設定 確認すべきこと SPX によるバックアップ VirtualBoot for Hyper-V を実行するマシンの設定 確 ShadowProtect SPX Hyper-V VirtualBoot 2016 年 3 月 11 日 ストレージクラフトテクノロジー合同会社 1 目次 1 VirtualBoot for Hyper-V とは... 4 2 バックアップを実行するマシンの設定... 5 2.1 確認すべきこと... 5 2.2 SPX によるバックアップ... 5 3 VirtualBoot for Hyper-V

More information

目次 はじめに StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする 必要なソフトウェアを確認する ダウンロードする インストールを実行する Window

目次 はじめに StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする 必要なソフトウェアを確認する ダウンロードする インストールを実行する Window クイックスタートガイド StorageCraft Recovery Environment for Windows (BIOS 版 ) 2015 年 2 月 13 日 ストレージクラフトテクノロジー合同会社 目次 はじめに... 3 1. StorageCraft Recovery Environment Builder をインストールする... 4 1.1. 必要なソフトウェアを確認する... 4

More information

管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法

管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法 管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法 TACACS+ サーバを設定して下さい TACACS+ サーバの VPN 3000 コンセントレータのためのエントリを追加して下さい TACACS+ サーバのユーザアカウントを追加して下さい TACACS+ サーバのグループを編集して下さい

More information

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc WebSAM DeploymentManager (HP-UX) における Java 2 Runtime Environment の更新について Rev.6 2008 年 4 月 NEC 本文書では WebSAM DeploymentManager (HP-UX) をご使用のお客様におきまして Java 2 Runtime Environment を更新する際の手順についてお知らせいたします Java

More information

ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800 / ftサーバ

ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800 / ftサーバ ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800/ft サーバ クイックスタートガイド 第 1 版 - 2016 年 9 月 20 日 Copyright 2016 NetJapan, Inc. 無断複写 転載を禁止します 本ソフトウェアと付属ドキュメントは株式会社ネットジャパンに所有権および著作権があります ActiveImage Protector ActiveImage

More information

Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製

Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製 バックアップおよび復元ユーザガイド Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製品およびサービスに対する保証は 当該製品およびサービスに付属の保証規定に明示的に記載されているものに限られます

More information

HP ThinUpdateを使用したWESシンクライアントイメージリストア手順書

HP ThinUpdateを使用したWESシンクライアントイメージリストア手順書 Technical white paper HP ThinUpdate を使用した Windows Embedded シンクライアント OS のイメージリカバリ手順 2015 年 11 月 目次 HP ThinUpdate とは? 2 対応する機種と OS イメージ 2 HP ThinUpdate のインストール 3 HP ThinUpdate を使用した OS リカバリ用 USB メモリの作成 9

More information

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme)

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme) Veritas System Recovery 16 Monitor Readme この README について Veritas System Recovery 16 Monitor でサポートされなくなった機能 Veritas System Recovery 16 Monitor について システムの必要条件 ホストコンピュータの前提条件 クライアントコンピュータの前提条件 Veritas System

More information

1. Microsoft Loopback Adapter のインストール 1) ノートパソコンにおいて そのパソコンの管理者アカウントによりログオンします 2) [ スタート ] > コントロールパネルを開きます 3) 表示方法 : カテゴリの場合には ハードウェアとサウンド > デバイスマネージ

1. Microsoft Loopback Adapter のインストール 1) ノートパソコンにおいて そのパソコンの管理者アカウントによりログオンします 2) [ スタート ] > コントロールパネルを開きます 3) 表示方法 : カテゴリの場合には ハードウェアとサウンド > デバイスマネージ Windows 7 ノートパソコン上での SPLM 2012 の設定 10/24/2014 SmartPlant License Manager (SPLM) では ライセンスマシンに固定 IP アドレスを使用する必要があります Microsoft Loopback Adapter を使用して仮想ネットワークアダプタをノートパソコンにインストールすることで この要求を実現することができます このドキュメントでは

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Microsoft IIS 10.0 証明書インストール手順書 ( サーバー移行用 ) サイバートラスト株式会社 2017 年 03 月 13 日 2017 Cybertrust Japan Co.,Ltd. SureServer EV はじめに! 本手順書をご利用の前に必ずお読みください 1. 本ドキュメントは Microsoft 社の Internet Information Services

More information

DigiCert SSL/TLS 証明書 Microsoft IIS 8.0/8.5 証明書コピー/サーバー移行手順書

DigiCert SSL/TLS 証明書 Microsoft IIS 8.0/8.5 証明書コピー/サーバー移行手順書 DigiCert SSL/TLS 証明書 Microsoft IIS 8.0/8.5 証明書コピー/サーバー移行手順書 2018/08/09 サイバートラスト株式会社 はじめに! 本手順書をご利用の前に必ずお読みください 1. 本ドキュメントは Microsoft 社の Internet Information Services 8.0/8.5( 以下 IIS8.0/8.5) の環境下で DigiCert

More information

Microsoft Word - ESX_Setup_R15.docx

Microsoft Word - ESX_Setup_R15.docx 解決!! 画面でわかる簡単ガイド : 仮想環境データ保護 (VMWARE ESX) ~ 仮想マシン 丸ごと バックアップ環境の設定手順 ~ 解決!! 画面でわかる簡単ガイド CA ARCserve Backup r15 仮想環境データ保護 (VMware ESX) ~ 仮想マシン 丸ごと データ保護環境の設定手順 ~ 2011 年 4 月 CA Technologies 1 目次 はじめに... 3

More information

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書 Technical white paper HP Device Manager4.7 インストール アップデート手順書 目次 はじめに 2 HPDM の構成の概要 3 1. インストール先のサーバーの準備 4 2.HPDM Softpaq の入手と展開 6 3.HPDM の新規インストール 9 4. マスターリポジトリの設定 17 5.HPDM のアップデート 20 1 はじめに 本資料では HP

More information

Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製

Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製 バックアップおよび復元ユーザガイド Copyright 2007, 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製品およびサービスに対する保証は 当該製品およびサービスに付属の保証規定に明示的に記載されているものに限られます

More information

R76/Gaia ブリッジ構成設定ガイド

R76/Gaia ブリッジ構成設定ガイド R76/GAiA ブリッジ構成設定ガイド ( スタンドアロン構成 ) Last updated Aug 16, 2013 Ver 1.0 はじめに 本章の手順は 以下の項目が満たされている事を前提条件としています 事前に GAiA R76 のインストールが完了していること 管理コンソールに SmartConsole がインストールされていること 対象となるアプライアンス機器は Model 2200

More information

Microsoft Windows XP Professional x64 Editionインストール方法説明書

Microsoft Windows XP Professional x64 Editionインストール方法説明書 Microsoft Windows XP Professional x64 Edition インストール方法説明書 HP Business Desktop dx5150 MT シリーズ この度は Microsoft Windows XP Professional x64 Edition アップグレードキット をご購入いただきありがとうございます このガイドでは 同梱のキットを使用して Microsoft

More information

SQL Server または MSDE のバージョン、およびサービス パック レベルの確認

SQL Server または MSDE のバージョン、およびサービス パック レベルの確認 SQL Server または MSDE のバージョン およびサービスパックレベルの確認 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法 Microsoft SQL Server 2000 のクエリアナライザの使用 Microsoft SQL Server 7.0 のクエリアナライザの使用 MSDE の OSQL の使用正常に終了した OSQL のバージョンクエリの解釈 OSQL クエリのトラブルシューティング一般的な問題現在の

More information

Road Hog / Road Hog Full Boar コンソール Flying Pig Systems 2012/06 起動可能な USB フラッシュドライブを使用したリストア USHIO LIGHTING Ver 1.0 この資料は コンソールのフル又はパーシャルリストアに使用できる USB

Road Hog / Road Hog Full Boar コンソール Flying Pig Systems 2012/06 起動可能な USB フラッシュドライブを使用したリストア USHIO LIGHTING Ver 1.0 この資料は コンソールのフル又はパーシャルリストアに使用できる USB Road Hog / Road Hog Full Boar コンソール Flying Pig Systems 2012/06 起動可能な USB フラッシュドライブを使用したリストア USHIO LIGHTING Ver 1.0 この資料は コンソールのフル又はパーシャルリストアに使用できる USB フラッシュドライブ (USB メモリー ) の作成方法とリストア方法を解説しています 起動可能な USB

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO for Windows Ver7.0/8.0 Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 第 4 版 2007 年 5 月 21 日 本手順書では CLUSTERPRO 環境における Windows Server 2003 Service Pack 1/2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

Microsoft Word - L08_Backup_Lab.docx

Microsoft Word - L08_Backup_Lab.docx バックアップおよび復元機能の確認 この実習では 手動バックアップ 自動バックアップのスケジュール作成 ファイルとフォルダの回復 および WinRE を使用したシステム障害への備えとシステム障害からの復元を行います この実習の推定所要時間 : 1 時間 開始する前に この実習を開始するための前提条件を次に示します エンタープライズ環境における Windows Server 2003 のサポート経験があること

More information

次 はじめに ブラウザーサポート デフォルトのIPアドレスについて

次 はじめに ブラウザーサポート デフォルトのIPアドレスについて ユーザーマニュアル 次 はじめに............................................... 3 ブラウザーサポート........................................ 3 デフォルトのIPアドレスについて............................. 4 AXIS IP Utility..............................................

More information

Cisco CallManager および Cisco Unity でのパスワード変更の設定例

Cisco CallManager および Cisco Unity でのパスワード変更の設定例 Cisco CallManager および Cisco Unity でのパスワード変更の設定例 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法背景説明 Cisco CallManager でのパスワード変更 CCMPWDChanger ツール Admin Utility を使用した CallManager サービスパスワードの変更 Cisco Unity でのパスワード変更 Cisco Unity

More information

WES7シンクライアントIE11アップデート手順書

WES7シンクライアントIE11アップデート手順書 Technical white paper Windows Embedded Standard 7 シンクライアント IE11 アップデート手順書 Contents はじめに 2 対応する機種と OS イメージ 2 IE11 アドオンのダウンロードと展開 2 IE11 アドオンのインストール ( 手動インストール ) 5 HP Device Manager を使用した IE11 アドオンのインストール

More information

ソフトウェアの更新ユーザーガイド

ソフトウェアの更新ユーザーガイド ソフトウェアの更新ユーザーガイド Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Windows および Windows Vista は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です 製品についての注意事項 このユーザーガイドでは ほとんどのモデルに共通の機能について説明します 一部の機能は

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation IDENTITY AWARENESS 設定ガイド (AD クエリ編 ) 1 はじめに 本ガイドは AD サーバと連携してユーザ ( グループ ) ベースでアクセス制御を実現する手順を解説します (AD クエリ ) 本ガイドでは基本的な設定 ポリシーはすでにセットアップ済みであることを想定しています 構成については 分散構成セットアップ ガイド スタンドアロン構成セットアップ ガイド等を参照してください

More information

HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Editionサポート マトリックス

HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Editionサポート マトリックス HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack - Windows Edition サポートマトリックス 製品番号 :315379-593 第 12 版 :2006 年 11 月 製品バージョン :3.10 ご注意 Copyright 2002 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 本書で取り扱っているコンピュータソフトウェアは秘密情報であり

More information

Microsoft Word - nvsi_090200jp_r1_nvbsvr_mscs.doc

Microsoft Word - nvsi_090200jp_r1_nvbsvr_mscs.doc Article ID: NVSI-090200JP_R1 Created: 2010/2/4 Revised: 2010/9/17 NetVault Backup サーバと Windows Server 2008 / フェールオーバークラスタとの統合 1. 検証目的 Windows Server 2008 では アプリケーションの可用性を高めるフェールオーバークラスタ機能を提供しています 本検証では

More information

(株) 殿

(株) 殿 医療機関様向け VPN Client/ 証明書導入手順書 2017 年 1 月 27 日 本資料は Windows7 IE11 を前提とした手順です 環境が異なる場合は 手順や適用する証明書 ソフトウェアが異なる場合があります - 目次 - 1. VPN クライアント導入までの流れ... 1 2. VPN クライアントソフトインストール手順... 3 3. ルート証明書インストール手順... 7 4.

More information

Cisco MXE のリカバリ

Cisco MXE のリカバリ CHAPTER 7 注意 このリカバリプロセスでは Cisco MXE 3500 をリセットし お客様にお届けしたときと同じ状態と設定に戻します 変更内容および Cisco MXE 3500 にコピーされたコンテンツはすべて削除されます 他のトラブルシューティングのオプションがすべて失敗した場合のみ リカバリプロセスを実行してください この項では 次のトピックを扱います リカバリの準備 (P.7-1)

More information

アカウント情報連携システム 操作マニュアル(一般ユーザー編)

アカウント情報連携システム 操作マニュアル(一般ユーザー編) アカウント情報連携システム V4L01 () 富士通株式会社 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 2013 年 5 月 はじめに この度は 本製品をお買い求めいただきまして まことにありがとうございます 本書では の使用方法について説明しています 2013 年 5 月 高度な安全性が要求される用途への使用について 本ソフトウェアは 一般事務用 パーソナル用 家庭用 通常の産業等の一般的用途を想定して開発

More information

簡単設定でスマホをブロック!仮想化時代の情報漏えい対策に最適なツール

簡単設定でスマホをブロック!仮想化時代の情報漏えい対策に最適なツール 使える シンクライアント の選び方 (13) 簡単設定でスマホをブロック! 仮想化時代の情報漏えい対策に最適なツール Ver.1.0 Copyright 2015 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Page 0 目次 本書の取り扱いについて... 2 0. ユースケースとベネフィット... 3 1. はじめに... 4 2. システム要件... 4

More information

プリンタドライバのインストール. Windows で使用する場合 Windows プリンタドライバのインストール方法は 接続方法や使用するプリンタドライバによって異なります また コンピュータの OS によってインストール方法が異なります お使いのコンピュータの OS に合わせて 以下の参照ページを

プリンタドライバのインストール. Windows で使用する場合 Windows プリンタドライバのインストール方法は 接続方法や使用するプリンタドライバによって異なります また コンピュータの OS によってインストール方法が異なります お使いのコンピュータの OS に合わせて 以下の参照ページを プリンタドライバのインストール.1 プリンタドライバの種類と対応 OS 本プリンティングシステムを使用するためには プリンタドライバのインストールが必要です プリンタドライバとは 出力するデータの処理などを制御するプログラムで 使用する前に付属の CD からコンピュータにインストールします 付属の CD に含まれるプリンタドライバと 対応しているコンピュータの OS は以下のとおりです 必要なプリンタドライバをインストールしてください

More information

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc AI 人物検索サービス クラウド監視カメラパッケージ リモート接続設定手順書 Windows 8 版 Ver1.0 NTT コミュニケーションズ株式会社 Copyright 2017 NTT Communications Corporation, All Rights Reserved. 目次 1. はじめに...2 2. 実施前ご確認事項...2 3. VPN 接続設定手順について (IPsec

More information

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 8-2.1. 接続確認... - 8-2.2. 編集... - 11-2.3. インポート... - 14-2.4. 削除... - 15-2.5 フォルダショートカットの作成... - 16-3. 動作環境... - 18-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について

More information

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール 第 1 版 作成日 :2007 年 7 月 31 日 更新日 :2007 年 7 月 31 日 目次 はじめに... 3 Ⅰ. インストール作業... 4 Ⅱ. 起動状況の確認... 8 Ⅱ-1. Oracle BI Administration Tool の起動... 8 Ⅱ-2.

More information

アーカイブ機能インストールマニュアル

アーカイブ機能インストールマニュアル Microsoft SQL Server 2008 SQL Server Management Studio データベースバックアップ設定マニュアル 1. 注意事項... 1 2. データベースのバックアッププラン作成方法... 2 3. データベースのバックアップ... 8 4. データベースの復元方法について... 11 5. データベースのログの圧縮... 13 Copyright(c)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション BrightSignNetwork クイックスタートガイド 1 この度は BrightSignNetwork サブスクリプションパックをお買い上げいただき 誠にありがとうございます このクイックスタートガイドは BrightSignNetwork を使って 遠隔地に設置した BrightSign プレイヤーのプレゼンテーションを管理するための手順をご説明します ジャパンマテリアル株式会社 Rev.

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X for Windows Windows Server 2008 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2009 年 6 月 23 日 本手順書では CLUSTERPRO X 2.0/2.1 環境における Windows Server 2008 Service Pack 2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービス

2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービス 2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター (VLSC) で 新しい Microsoft のオンラインサービスをアクティブ化できます このガイドは

More information

KDDI ホスティングサービス G120 KDDI ホスティングサービス G200 WordPress インストールガイド ( ご参考資料 ) rev.1.2 KDDI 株式会社 1

KDDI ホスティングサービス G120 KDDI ホスティングサービス G200 WordPress インストールガイド ( ご参考資料 ) rev.1.2 KDDI 株式会社 1 KDDI ホスティングサービス G120 KDDI ホスティングサービス G200 WordPress インストールガイド ( ご参考資料 ) rev.1.2 KDDI 株式会社 1 ( 目次 ) 1. WordPress インストールガイド... 3 1-1 はじめに... 3 1-2 制限事項... 3 1-3 サイト初期設定... 4 2. WordPress のインストール ( コントロールパネル付属インストーラより

More information

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための TimeTracker FX 補足資料 SQL Server 2005 インストール方法 2007 年 1 月 TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するためのものです

More information

Microsoft Word - eRecovery v3-1.doc

Microsoft Word - eRecovery v3-1.doc Acer erecovery Management Acer erecovery Management は コンピュータを ハードディスクドライブの隠しパーティション 第二パーティション または光ディスクに保存されている画像から 工場出荷時設定あるいはユーザが設定したシステム設定に復元するための高速で安定した 安全な方法を提供します また Acer erecovery Management は システム設定

More information

HPE ProLiant Thin Micro TM200 サーバー Microsoft Windows Server インストール手順

HPE ProLiant Thin Micro TM200 サーバー Microsoft Windows Server インストール手順 HPE ProLiant Thin Micro TM200 サーバー Microsoft Windows Server インストール手順 2017 年 2 月第 1 版 Copyright 2017 Hewlett Packard Enterprise Development LP 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります Hewlett Packard Enterprise 製品およびサービスに対する保証については

More information

End Users

End Users CHAPTER 2 この章では Admin Portal の オプションについて説明します オプションでは エンドユーザの有効化 無効化 および管理や新しい電話のプロビジョニング 電話にインストールされている Cisco Unified Mobile Communicator のアップグレードを行うことができます また エンドユーザの電話から Cisco Unified Mobile Communicator

More information

DNSサーバー設定について

DNSサーバー設定について JOMON インターネットサービス 固定 IP( 複数個 ) サービス DNS サーバーの設定方法 - 目次 はじめに...1 DNSサーバーのIPアドレス...4 Bindの設定...6 Windows DNSサーバーの設定...10 名前解決の確認...28 はじめに -1- はじめに 固定 IP サービスを利用しご自身で Web サーバーを運用するには インターネット接続をするネットワーク機器

More information

はじめに このマニュアルには マイクロソフト社製 Windows 7/Server 2008 R2 で沖データプリンタ MICROLINE シリーズ B シリーズ C シリーズをお使いいただくためのソフトウェアのセットアップ方法が書かれています ご使用になる前に 必ず本マニュアルをお読みください 表

はじめに このマニュアルには マイクロソフト社製 Windows 7/Server 2008 R2 で沖データプリンタ MICROLINE シリーズ B シリーズ C シリーズをお使いいただくためのソフトウェアのセットアップ方法が書かれています ご使用になる前に 必ず本マニュアルをお読みください 表 MICROLINE シリーズ B シリーズ C シリーズ Windows 7/Server 2008 R2 日本語版 プリンタドライバセットアップマニュアル はじめに このマニュアルには マイクロソフト社製 Windows 7/Server 2008 R2 で沖データプリンタ MICROLINE シリーズ B シリーズ C シリーズをお使いいただくためのソフトウェアのセットアップ方法が書かれています

More information

Microsoft Word - クライアントのインストールと接続設定16109

Microsoft Word - クライアントのインストールと接続設定16109 FirstClass 16.1 日本語版 クライアントのインストールと設定方法 クライアントの動作環境 FirstClass 16.1 日本語版クライアントの動作環境 (Windows) Microsoft Windows 10 シリーズ Microsoft Windows 8.1 シリーズ Microsoft Windows 8 シリーズ OS Microsoft Windows 7 シリーズ Microsoft

More information

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx 最終更新日 :2017 年 8 月 23 日 バーチャルクラス (ILO) ログイン方法 (Blackboard) 株式会社アイ ラーニング 1 1. 受講環境の確認手順バーチャルクラスにログインする前に 以下の URL にアクセスして お使いの環境がバーチャルクラスを受講できる OS であるかどうか JavaVM がインストールされているかどうか確認してください 動作環境 OS:Windows7

More information

Mobile Access簡易設定ガイド

Mobile Access簡易設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズ ( 株 ) アジェンダ 1 SSL VPN ポータルの設定 2 3 4 Web アプリケーションの追加 Check Point Mobile for iphone/android の設定 Check Point Mobile for iphone/android の利用 2 変更履歴

More information

VNX ファイル ストレージの管理

VNX ファイル ストレージの管理 VNX ファイル ストレージの管理 この章は 次の項で構成されています VNX ファイル ストレージ管理について, 1 ページ 手順の概要, 2 ページ CIFS の使用, 3 ページ NFS エクスポートの使用, 8 ページ VNX ファイル ストレージ管理について VNX ファイル および VNX Unified アカウントでは Common Internet File System CIFS

More information

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 第 1 版 改版履歴 版数 改版日付 改版内容 1 2013/03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 目次 1. 使用しているデータベース (DPMDBI インスタンス ) を SQL Server

More information

HP StorageWorks 9000–series Virtual Library System User Guide (抜粋)

HP StorageWorks 9000–series Virtual Library System User Guide (抜粋) nl HP StorageWorks 9000 series Virtual Library System User Guide ( 抜粋 ) 製品番号 : AG306-96029 初版 : 2010 年 9 月 ファームウェアのアップデート 注意 : ファームウェアアップデートをインストールすると VLS が自動的に再起動されます VLS ファームウェアを更新するには以下の手順に従います 1. VLS

More information

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2 Vectorworks サイトプロテクションネットワーク版 - 情報 2 セットアップリスト A&A セットアップリストについて 概要 ) 本リストは Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版 ( 以下 SPN 版 ) のサーバアプリケーションが正しくセットアップされたかを確認する為のリストです 本リストを全てクリアすれば SPN 版が使用できる環境が整った事を意味します 使い方 )

More information

Microsoft Word - nvsi_090203_r1_sanboot_vaultdr.doc

Microsoft Word - nvsi_090203_r1_sanboot_vaultdr.doc Article ID: NVSI-090203JP_R1 Created: 2009/11/26 Revised: 2010/07/09 IBM BladeCenter H/HS22 と IBM DS4300 の SAN Boot 構成での VaultDR Offline 動作検証 1. 概要 NetVault Backup(NVB) の VaultDR Offline オプションは OS のバックアップを実現します

More information

HP OneView for Microsoft System Center インストールガイド

HP OneView for Microsoft System Center インストールガイド HP OneView for Microsoft System Center インストールガイド 概要 このガイドでは HP OneView for Microsoft System Center( 旧名 HP Insight Control for Microsoft System Center) のインストールについて説明します このガイドは HP ブランドのサーバーシステム製品と Microsoft

More information

ご注意 1) 本書の内容 およびプログラムの一部 または全部を当社に無断で転載 複製することは禁止されております 2) 本書 およびプログラムに関して将来予告なしに変更することがあります 3) プログラムの機能向上のため 本書の内容と実際の画面 操作が異なってしまう可能性があります この場合には 実

ご注意 1) 本書の内容 およびプログラムの一部 または全部を当社に無断で転載 複製することは禁止されております 2) 本書 およびプログラムに関して将来予告なしに変更することがあります 3) プログラムの機能向上のため 本書の内容と実際の画面 操作が異なってしまう可能性があります この場合には 実 周辺機器ツールセットアップガイド ( 第 1.1 版 ) ご注意 1) 本書の内容 およびプログラムの一部 または全部を当社に無断で転載 複製することは禁止されております 2) 本書 およびプログラムに関して将来予告なしに変更することがあります 3) プログラムの機能向上のため 本書の内容と実際の画面 操作が異なってしまう可能性があります この場合には 実際の画面 操作を優先させていただきます 4)

More information

2. セットアップ手順の開始 セットアップ手順を進める前に OS をインストールするパーティションのサイズを決定して ください システムをインストールするパーティションのサイズは 次の計算式から求めること ができます インストールに必要なサイズ + ページングファイルサイズ + ダンプファイルサイズ

2. セットアップ手順の開始 セットアップ手順を進める前に OS をインストールするパーティションのサイズを決定して ください システムをインストールするパーティションのサイズは 次の計算式から求めること ができます インストールに必要なサイズ + ページングファイルサイズ + ダンプファイルサイズ 大切に保管してください Express5800/ R320a-M4, R320a-E4 Windows Server 2008 32bit インストール手順書 表記対象製品に Windows Server 2008 Enterprise 32-bit(x86) Edition をインストールする手順について説明します Windows Server 2008 Enterprise 32-bit(x86)

More information

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定

PoINT Storage ManagerのWindows Failover Clusterでの動作設定 PoINT Storage Manager の Windows Failover Cluster での 動 作 設 定 (2016/5/6) 有 限 会 社 オプティカルエキスパート PoINT Storage Manager には Windows Failover Cluster での 稼 動 を 前 提 とした Cluster Option のライセンスがあり ます これは ハードウェアとソフトウェアをクラスター

More information

Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 補足資料

Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 補足資料 Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 Magic xpa 3.0/Magic xpa 2.5/uniPaaS V1Plus 補足資料 マジックソフトウェア ジャパン株式会社 2018 年 8 月 24 日 本ドキュメントは Magic xpa 3.0/Magic xpa 2.5/uniPaaS V1Plus で Team Foundation Server(

More information

株式会社スタッフ アンド ブレーン Rev 1.0 次世代ファイアウォール USG シリーズ設定例 Windows OS での VPN 接続 (L2TP over IPSec VPN 接続 ) について 構成例 Windows OS での VPN 接続 インターネット 社内環境 USG 回線終端装置

株式会社スタッフ アンド ブレーン Rev 1.0 次世代ファイアウォール USG シリーズ設定例 Windows OS での VPN 接続 (L2TP over IPSec VPN 接続 ) について 構成例 Windows OS での VPN 接続 インターネット 社内環境 USG 回線終端装置 株式会社スタッフ アンド ブレーン Rev 1.0 次世代ファイアウォール USG シリーズ設定例 Windows OS での VPN 接続 (L2TP over IPSec VPN 接続 ) について 構成例 Windows OS での VPN 接続 インターネット 社内環境 USG 回線終端装置 (ONU) WAN グローバル IP 61.xxx.yyy.9 Windows PC LAN(192.168.1.0/24)

More information

Microsoft Word - プリンター登録_Windows XP Professional.doc

Microsoft Word - プリンター登録_Windows XP Professional.doc 1- でのプリンター登録 Windows XP Professional ではPPDの設定は不要です デスクトップ画面左下の [ スタート ] をクリックすると スタートメニューが表示されます [ プリンタとFAX] をクリックします [ プリンタとFAX] ダイアログボックスが表示されます [ プリンタの追加 ] アイコンをダブルクリックします [ プリンタの追加ウィザード ] ダイアログボックスが表示されます

More information

PRIMEQUEST 1000シリーズ WS2008 NTP設定手順書

PRIMEQUEST 1000シリーズ WS2008 NTP設定手順書 Windows Server 2008 NTP 設定手順書 Copyright 2010 FUJITSU LIMITED はじめに 本書は 以下の環境におけるインターネット時刻 (NTP) の設定手順について解説するものです PRIMEQUEST 1000 シリーズ Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 Workgroup 環境 本書は PRIMEQUEST

More information

HPネットワーク コンフィギュレーション ユーティリティ エージェント ユーザ ガイド

HPネットワーク コンフィギュレーション  ユーティリティ エージェント ユーザ ガイド HP ネットワークコンフィギュレーションユーティリティエージェントユーザガイド 製品番号 381502-19K 2007 年 10 月 ( 第 19 版 ) Copyright 2006, 2007 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 本書の内容は 将来予告なしに変更されることがあります HP 製品およびサービスに対する保証については 当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています

More information

Auto Tracking Server Software 導入手順書

Auto Tracking Server Software 導入手順書 Auto Tracking Server Software 導入手順書 目次 はじめに... 3 動作環境... 3 ネットワーク... 4 本ファイルの記載について... 4 登録および登録商標について... 4 サーバーの構成について... 5 リモートカメラの設定について... 6 ソフトウェアのインストール... 7 ソフトウェアのダウンロード... 7 ソフトウェアのインストール... 7

More information

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法設定ネットワーク図 ACS 5.x を使用した CCA での認証の設定 ACS5.x の設定トラブルシューティング関連情報 概要 このドキュメントでは Cisco Secure Access Control System(ACS)5.x 以降を使用して

More information

WatchGuard XTMv スタートアップガイド

WatchGuard XTMv スタートアップガイド WatchGuard XTMv スタートアップガイド ウォッチガード テクノロジー ジャパン株式会社 2014 年 8 月 Rev-01 目次はじめに... 3 XTMv の導入... 4 XTMv のデプロイ... 4 デプロイに失敗するとき... 11 初期セットアップ... 12 XTMv デバイスの起動... 12 Web Setup Wizard の実行... 14 付録 :Virtual

More information

Microsoft® Windows Server® 2008 iSCSI接続ガイド

Microsoft® Windows Server® 2008 iSCSI接続ガイド Microsoft Windows Server 2008 iscsi 接続ガイド 2009 年 2 月 富士通株式会社 改版履歴改版日 版数 改版内容 2008/07/24 1.0 初版作成 2009/02/20 1.1 ETERNUS に接続する際に参照するガイドの情報 を追加 -2- 目次 Microsoft Windows Server 2008 iscsi 接続ガイド はじめに...4 1

More information

プリンタードライバーインストールガイド - Windows 10/8.1 - 本ガイドは 複合機 bizhub C368 を例に説明をしています 他の機種の場合も操作 法は同じです 本書では Windows 10 および 8.1 で複合機を利 するために必要なプリンタードライバーのインストール 法を

プリンタードライバーインストールガイド - Windows 10/8.1 - 本ガイドは 複合機 bizhub C368 を例に説明をしています 他の機種の場合も操作 法は同じです 本書では Windows 10 および 8.1 で複合機を利 するために必要なプリンタードライバーのインストール 法を プリンタードライバーインストールガイド - Windows 10/8.1 - 本ガイドは 複合機 bizhub C368 を例に説明をしています 他の機種の場合も操作 法は同じです 本書では Windows 10 および 8.1 で複合機を利 するために必要なプリンタードライバーのインストール 法を説明します 他の OS の場合は ユーザーズガイド を参照してください 1. インストールする前に 1.

More information

DataKeeper for Windows リリースノート

DataKeeper for Windows リリースノート DataKeeper for Windows リリースノート Version 7.4.2 (Version 7 Update 4 Maintenance 2) 重要 本製品をインストールまたは使用する前に 必ずこのドキュメントをお読みください! このドキュメントには インストール時とその前後に留意すべき重要な項目に関する情報が記載されています はじめに SteelEye DataKeeper Cluster

More information

Acronis Snap Deploy 5

Acronis Snap Deploy 5 Acronis Snap Deploy 5 クイックスタートガイド 1. はじめに... 2 2. ブータブルメディアの作成... 4 3. マスターイメージの作成... 7 4. マスターイメージの配置... 16 1 1. はじめに 本書は Snap Deploy を初めてお使いの方へインストール後の使用方法について一連の手順を説明しています Snap Deploy for PC と Snap

More information

VMware vcenter 統合とエージェント for ESX(i) の配置 目次 1. VMWare vcenter 統合 VMWare vcenter 統合の有効化 エージェント for ESX(i) の配置 vsphere Clie

VMware vcenter 統合とエージェント for ESX(i) の配置 目次 1. VMWare vcenter 統合 VMWare vcenter 統合の有効化 エージェント for ESX(i) の配置 vsphere Clie VMware vcenter 統合とエージェント for ESX(i) の配置 目次 1. VMWare vcenter 統合... 3 1.1. VMWare vcenter 統合の有効化... 3 1.2. エージェント for ESX(i) の配置... 6 1.3. vsphere Client からのエージェント for ESX(i) 配置... 9 2. ESX サーバ単体の管理...

More information

ServerView Resource Orchestrator V3.0 ネットワーク構成情報ファイルツール(Excel形式)の利用方法

ServerView Resource Orchestrator V3.0 ネットワーク構成情報ファイルツール(Excel形式)の利用方法 ServerView Resource Orchestrator V3.0 ネットワーク構成情報ファイル作成ツール mknetdevconf-tool-0300-1 本ファイルでは ServerView Resource Orchestrator V3.0 で使用する ネットワーク構成情報ファイル作成ツール の動作条件 使用方法 およびその他の重要な情報について説明しています 本ツールを使用する前に必ず最後まで目を通すようお願いします

More information

2. FileZilla のインストール 2.1. ダウンロード 次の URL に接続し 最新版の FileZilla をダウンロードします URL: なお バージョンが異なるとファイル名が

2. FileZilla のインストール 2.1. ダウンロード 次の URL に接続し 最新版の FileZilla をダウンロードします URL:   なお バージョンが異なるとファイル名が 作成 : 平成 18 年 2 月 28 日 修正 : 平成 29 年 5 月 26 日 SFTP を使用したファイル転送方法について 目 次 1. はじめに... 1 2. FileZilla のインストール... 2 2.1. ダウンロード... 2 2.2. インストール... 2 3. FileZilla の使用... 7 3.1. 起動... 7 3.2. 設定... 8 3.3. 接続...

More information

注意 : ネットワークカメラの画像を回転させて表示した場合 モーション検知ウインドウは回転しないまま表示されますが 検知ウインドウは被写体に対して 指定した場所通りに動作します モーション検知ウインドウの縦横のサイズは 8 ピクセルで割り切れるサイズに自動調整されます モーション検知ウインドウを作成

注意 : ネットワークカメラの画像を回転させて表示した場合 モーション検知ウインドウは回転しないまま表示されますが 検知ウインドウは被写体に対して 指定した場所通りに動作します モーション検知ウインドウの縦横のサイズは 8 ピクセルで割り切れるサイズに自動調整されます モーション検知ウインドウを作成 はじめに 本ドキュメントでは AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダのファームウエアバージョン 5.4x 以降で 動体検知があった際にメールを任意のアドレスに送信するための設定手順を説明します 設定手順手順 1:AXIS ネットワークカメラ / ビデオエンコーダの設定ページにアクセスする 1. Internet Explorer などの Web ブラウザを起動します 2. Web ブラウザの

More information

OKI Universal Hiper-C プリンタドライバ ユーザーズマニュアル ( セットアップと使い方編 ) 最終更新日 2012 年 9 月第 2 版

OKI Universal Hiper-C プリンタドライバ ユーザーズマニュアル ( セットアップと使い方編 ) 最終更新日 2012 年 9 月第 2 版 OKI Universal Hiper-C プリンタドライバ ユーザーズマニュアル ( セットアップと使い方編 ) 最終更新日 2012 年 9 月第 2 版 目次 1. プリンタドライバの動作環境... 3 2. プリンタドライバのセットアップ... 4 2.1 Windows 7 / Windows Server 2008 R2 でのセットアップ... 5 2.1.1 プリンターの追加でセットアップします...

More information

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Live Migration を設定するための準備 Live Migration の設定 Live Migration の運

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Live Migration を設定するための準備 Live Migration の設定 Live Migration の運 NX7700x シリーズ Windows Server 2008 R2 Enterprise/ Windows Server 2008 R2 Datacenter Live Migration 設定手順書 1.0 版 2014/5/30 Microsoft Windows Windows Server Windows PowerShell および Hyper-V は 米国 Microsoft Corporation

More information

捺印ツールを使う 捺印ツールをインストールする 1. [ パソコン決裁 6 試用版捺印ツール ] の [ ダウンロード ] ボタンをクリックします 2. [ 実行 ] ボタンをクリックし [SetupDstmp32.exe] ファイルを実行します ご利用のブラウザまたはバージョンにより画面が異なりま

捺印ツールを使う 捺印ツールをインストールする 1. [ パソコン決裁 6 試用版捺印ツール ] の [ ダウンロード ] ボタンをクリックします 2. [ 実行 ] ボタンをクリックし [SetupDstmp32.exe] ファイルを実行します ご利用のブラウザまたはバージョンにより画面が異なりま パソコン決裁 6 Standard Edition 試用版 システム概要 試用版には サンプルの印鑑データが含まれています 試用版 製品版を問わず 印鑑データを作成する機能はありません 印鑑データはシヤチハタにて作成いたします 製品版をご利用になる場合は 別途 電子印鑑パック をご購入の上 印鑑データの作成をお申込みください 著作権情報 ご覧いただいている内容は 著作権法により保護されています 表示されているファイルの内容

More information

ごあいさつ このたびは ESMPRO/AC Advance マルチサーバオプション Ver3.6(1 ライセンス ) をお買い上げ頂き 誠にありがとうございます 本書は お買い上げ頂きましたセットの内容確認 セットアップの内容 注意事項を中心に構成されています ESMPRO/AC Advance マ

ごあいさつ このたびは ESMPRO/AC Advance マルチサーバオプション Ver3.6(1 ライセンス ) をお買い上げ頂き 誠にありがとうございます 本書は お買い上げ頂きましたセットの内容確認 セットアップの内容 注意事項を中心に構成されています ESMPRO/AC Advance マ NEC Express5800 シリーズ ESMPRO /AC Advance マルチサーバオプション Ver3.6 1 ライセンス セットアップカード 1 ごあいさつ このたびは ESMPRO/AC Advance マルチサーバオプション Ver3.6(1 ライセンス ) をお買い上げ頂き 誠にありがとうございます 本書は お買い上げ頂きましたセットの内容確認 セットアップの内容 注意事項を中心に構成されています

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X 1.0 for Windows Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2007 年 5 月 21 日 本手順書では CLUSTERPRO X 環境における Windows Server 2003 Service Pack 1/2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

Microsoft Word - クライアントのインストールと接続設定

Microsoft Word - クライアントのインストールと接続設定 FirstClass 12.1 日本語版 クライアントのインストールと設定方法 クライアントの動作環境 FirstClass 12.1 日本語版クライアントの動作環境 (Windows) Microsoft Windows 10 シリーズ Microsoft Windows 8.1 シリーズ Microsoft Windows 8 シリーズ OS Microsoft Windows 7 シリーズ Microsoft

More information