美 K Laurentianus 81, 11. End of the ninth entury. Hilary Term, 2 vols. B Vatianus Bar. 75, 13 th entury y Rainaldos of Spengel, L & Üer di

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "美 K Laurentianus 81, 11. End of the ninth entury. Hilary Term, 2 vols. B Vatianus Bar. 75, 13 th entury y Rainaldos of Spengel, L & Üer di"

Transcription

1 地球社会統合科学 第 23 巻 第 1 号 Bulletin of the Graduate Shool of Integrated Sienes for Gloal Soiety, Kyushu University Vol. 23, No pp 論文 伝アリストテレス作 大道徳学 翻訳補遺 A Supplement to a Japanese Translation of the supposedly Aristotelian Magna Moralia 2016 年5月 12 日提出 2016 年6月2日受理 美 Tatsumi NIIJIMA キーワード アリストテレス 大道徳学 Magna Moralia 版アリストテレス全集写本情報 要旨 本稿はアリストテレス作と伝えられる 大道徳学 Magna Moralia のしい日本語訳への補遺で底本として 採用された Susemihl 校訂の Teuner 版と異なるテキスト上の読みを採用した場合の写本等の裏付け資料である 大学院比較社会文化研究院 文化空間部門 文化動態講座 筆者は今春岩波書店より刊行中の版アリスト 本稿はこうした事情に鑑みTeuner 版の読みとは異 テレス全集の一巻としてアリストテレス作と伝えら なるギリシア語テキストを採用した箇所の写本情報を記 れる 大道徳学 Magna Moralia のしい日本語訳を 載して上記のしい日本語訳を補完し後学の便宜に 1 上梓した 翻訳にあたってはF. Susemihl の校訂にな 供することをめざすものである 写本情報以外にもやむ る Teuner 版を底本としつつ同版の読みとは異なる を得ず省略したものも合わせて記載した ギリシア語の読み方を採用した場合にはその旨注記し 記載方法は上記邦訳の訳者注のうち写本 等 へ た その際当初は採用された読み方を支持する写本 の言及を含むものについて巻毎 章毎に写本情報 等 情報を合わせ示していたが校正途中で編集委員より注 の部分を明示した形で記載する 当該部分を太字体 下 文が出され誠に 不本意ながら ἄκων やむなく 線付きで表示 βίᾳ 写本情報は削除を 余儀なくされた ἀναγκάζεσθαι Teuner 版の異読欄 apparatus ritius の記 載が正確で包括的なものであったならば採用されたギ リシア語の読み方の表記から写本上の根拠を推測するこ 大道徳学 のギリシア語写本のうち訳者注で言及 したものは以下の通りである C Cantarigensis Camridge University Lirary, とも可能であったであろうが旧稿でも示したように2 Teuner 版の異読欄の記述は正確さや完全さの点で不 十分なものである 従って底本とは異なる読み方を採 Ii y Niholas of Oria. P Vatianus gr End of the 13 th entury y Niholas of Oria. 用した場合の写本上の裏付けはやはりそれとして何 A Amrosianus B. 95 sup らかの仕方で明示的に指示しておくことが学問上必要と L Laurentianus 81, 18. End of the twelfth entury なる 1 2 y Ioannikios et al.. 美荻野弘之訳 アリストテレス全集 16 大道徳学エウデモス倫理学徳と悪徳について 岩波書店2016 美 伝アリストテレス作 大道徳学 のテキスト研究 Ⅰ 比較社会文化 第 16 号2010 年pp

2 美 K Laurentianus 81, 11. End of the ninth entury. Hilary Term, 2 vols. B Vatianus Bar. 75, 13 th entury y Rainaldos of Spengel, L & Üer die unter dem Namen Kallipolis. des Aristoteles erhaltenen Ethishen Shriften, V Vindoonensis phil th entury. Ahandlungen der philosophish-philologishen Classe Rav. Ravenna y Athanasios Chaleopulos. der königlih Bayerishen Akademie der Wissenshaften, III ix, pp ; III x, pp その他の文献3 Aristotelishe. Studien I, Ahandlungen テキスト der philosophish-philologishen Classe der königlih Bekker, I Aristotelis Opera, vol. II, Berlin. Bayerishen Akademie der Wissenshaften, X, pp. 127 Erasmus, D Ἀριστοτέλους Ἅπαντα, vol. II, Basel. 167 Aristotelishe ; Studien II, iid. pp Bas. と略記 Wagner, D Zur Biographie des Niasius Susemihl, F Aristotelis quae feruntur Magna Elleodius 1577 und zu seinen Notae zu der Moralia, Leipzig. 底本 aristotelishen Magna Moralia, Sitzungserihte Sylurg, F Ἀριστοτέλους τὰ єὑρισκόμενα, vol. der Heidelerger Akademie der Wissenshaften, 10, Frankfurt. philosophish-historishe Klasse, vo. 5. [ Elleodius] 近代以降の翻訳 注解 大道徳学 Armstrong, G. C Aristotle, Metaphysis Books X XIV, Oeonomia, Magna Moralia Loe Classial Lirary, Camridge, Mass. Dirlmeier, F Aristoteles, Magna Moralia, Berlin. Riekher, J Aristoteles, Große Ethik, Stuttgart. 茂手木元蔵 アリストテレス 大道徳論 翻訳 と研究 横浜市立大学 第一巻 第一章4 底本の ἠθικῶν は幾つかの写本 C, P, A, L に 従い ἠθῶν と読む... 何の部分かという問いは以下の叙述が示す 所ではどういう知識の部分かを問うものとして 提起されていることになる この点を勘案すれば 注で言及されるもの 1181 a 25 の τὸ ἦθος は 性格に関する考察 倫理 Bergk, T Sopholis Tragoediae, Leipzig. 学 という程の意味で理解しなければならないで Bonitz, H Oservationes ritiae in Aristotelis あろう f. Bonitz, Index, ; Dirlmeier, 155 ; quae feruntur Magna Moralia et Ethia Eudemia, Donini 1965, 7 n. 10 他方ἦθος にそこまでの意 Berlin. 味を読み込むことが無理だとすればἦθος を 例 Zur Textkritik der Eudemishen Ethik und えば ἠθικόν に修正する選択肢も考慮の対象となろ der Magna Moralia, Jahruh für lassishe Philologie, う... vol. 5, pp 7 底本は 1181 a 27 で 何の指示もなしに Bas. 3 およ Index Aristotelius, Berlin. び Bekker 版の ποῖόν τινα を採り Armstrong もそれ Breier, F Review of H. Bonitz [ 1844 ], Neue に倣っているが諸写本 C, P, A, L, K, B に従い Jenaishe Literatur-Zeitung, 4, ποιόν τινα と読む... Donini, P. L L'Etia dei Magna Moralia, Torino. Jaeger, W Aristotle, Foundamentals of the History of his Development, trans. R. Roinson, 2 nd ed., Oxford. Johnstone, H. M Prolegomena to A Critial a 9 の最初の ἔσται は一部の写本 C, P に 従い削除する なおDirlmeier 166 や Donini 9 note 13 に 従い1182 a 27 の καὶ συνέζευξεν は削除しない 30 Dirlmeier 170 に よ れ ば こ の 最 初 の 二 分 法 Edition of The Aristotelian Magna Moralia, Thesis はこの形式では 大道徳学 に特有のものであり sumitted for the D. Phil. degree, Oxford University, その対立は論理学的著作 例えば 分析論後書 本稿で言及されるものに限った その他の文献については拙訳の解説末尾の文献表を参照されたい 以下括弧内数字は 大道徳学 の上記日本語訳への訳者注の番号である

3 伝アリストテレス作 大道徳学 翻訳補遺 72 a 1 トピカ に由来し端的な善と われわれにとっての善の通常の区別と混同されて 第五章 7 の τῷ λόγον ἔχοντι は 幾 つ か の 写 本 C, P, A, K によりτῷ τὸν λόγον ἔχοντι と読む はならない は K 写本に従う 底本の αὐτὴ それ の πάντες はSpengel, Armstrong, 自身が ではなく幾つかの写本 C, A, L, B に Johnstone の 提 案 に 従 い πάντος と 読 む pae 従いαὕτη それが と読む Dirlmeier は諸写本 C, P, A, L, K, B に従い 第八章 τῶν κατὰ μέρος と読む a 16 の τῇ は幾つかの写本 C, P, A, L に 1186 a 37 の οἷον μοιχεία は 幾 つ か の 写 本 C, P, A, L によりοἷον ἡ μοιχεία と読む 従い削除 52 底本は 1183 a 27 で 何の指示もなしに A 写本お よび Rav. の φανερώτερα を採っているが他の写 本 C, P, L, K, B に従い φανερώτατα と読む 第九章 の θρασύτης ὑπερβολὴ οὖσα B は他 a 38 の φησὶ は幾つかの写本 A, L, K, B に 従い削除せず1183 a 39 の ἐρεῖ は幾つかの写本 C, A, L, B に従い ἐρῶ と読む の写本 C, P, A, L, K に従いὑπερβολὴ θρασύτης οὖσα と読む の ἀνελευθέρους... ἀνελεύθε の εἶναι ἀθάνατον は幾つかの写本 C, P, A, L に従いἀθάνατον εἶναι の語順で読む ροι は多くの写本に従いἀνελευθερίους... ἀνελευθέριοι の 形 で 読 む ἀνελευθερίους: C, P, A, L, K, B; ἀνελευθέριοι: C, P, A, L, B は 幾 つ か の 写 本Dirlmeier 第二章 a 23 の τοῦτο は諸写本 C, P, A, L, K, B Johnstone に従い底本の二つの冠詞 ἡ とも削除 ἡ 1 : om. C, P, A, L, K, B; ἡ 2 : om. A, L, K のまま τούτων と読む 14 この箇所 1184 a 28 は①その考察方法につい ての検討がなされているのが他ならぬ 最高善 τὸ a 3 の ἐμπεριέχον は幾つかの写本 C, P, A, L に従いμὲν περιέχον と読む ἄριστον 最も善きもの τὸ βέλτιστον 幸福 エ 17 Johnstone に 従 い1187 a 21 は 写 本 系 統 を 勘 ウダイモニア であることおよび②写本間の考 案して C, P, A, L οὐκ を削除しἀκουσίοις は 量 βέλτιστον C, P, L, K; βέλτιον A, B から底 ἑκουσίοις と読む 本の βέλτιον ではなく幾つかの写本の βέλτιστον と読む... 第一一章 a 28 の χωρὶς τούτων は一部写本 A, L の χωρὶς τῶν ὑφ ὧν と読む の τῶν は幾つかの写本 C, P, A, L に より削除する a 29 の ἀλλ は幾つかの写本 C, P, K に より削除 幾つかの写本 C, P, L, K および と 8 の言語使用によって 9 の ὁ は削除する a 34 の τῶν は幾つかの写本 C, P, A, L, K により削除 の ἐπ は諸写本 C, P, A, L, K, B の 通りἐν と読む... 第一二章 第三章 の最初の τὸ は幾つかの写本 C, P, A, K により τῷ と読む の最初の τὸ は幾つかの写本 C, P, A, L により削除する 1188 a 2 の πράττομεν は 諸 写 本 C, P, A, L, K, B の通りποιοῦμεν と読む 第四章 a 30 の ἐκεῖνο は幾つかの写本 C, P, K, B の ἐκείνῳ と読む 第一三章 a 34 の οὐδὲν は幾つかの写本 C, P, A, L の οὐδὲ と読む a の κατ ἐπιθυμίαν は幾つかの写本 C, P, A, L によりκατὰ τὴν ἐπιθυμίαν と読む 1188 a 31 の εἰδὼς τὰ κακὰ は幾つかの写本 C, 3

4 P, A, L によりτὰ κακὰ εἰδὼς と読む 美 7 1190 a 35 の οὗ は諸写本 C, P, A, L, K, B に よりὧν と読む 第一七章 1189 a 1 の ἔτι δὲ は幾つかの写本 C, P, L に よりδὲ を削除 の ἀποβάλλῃ 現在接続法 は幾つか 1189 a 9 の τὸ は幾つかの写本 C, P, A, L によ りτὰ と複数形で読む の写本 A, L, K 2, B により ἀποβάλῃ アオリスト 接続法 で読む 8 1189 a 14 の βέλτιον は諸写本 C, P, A, L, K, の ἐν τούτοις ὁ ὢν は幾つかの写本 C, P, A, L によりὁ ἐν τούτοις ὢν という語順で読 B によりβέλτιστον と読む a 15 の βέλτιον は幾つかの写本 C, P, A, 2 む 7 の δὴ は幾つかの写本 C, P, A, K L, B によりβέλτιστον と読む a 27 の αἱρετόν は幾つかの写本 C, P, A, によりδὲ と読む 9 の αὐτοὺς は幾つかの写本 C, P, A, L, L によりαἱρετώτερον と読む の ἄν τι γὰρ προαιρώμεθα は幾つかの 第二〇章 写本 C, P, A, L によりἃ γὰρ προαιρούμεθα と K により削除 a の τὸν [ὁ] ποῖον οὖν ἀνδρεῖον は 一 部 の 写 本 P, K に よ り τὸν ὁποῖον οὖν ἀν- 読む は先ず ὁποῖ ἂν... βελτίω の代わ りに ὁποῖον... βελτίον と読み C, P, A, L 小辞 ἂν を読まないことに即応して 接続法の φαίνηται δρεῖον と読む a 21 の παρῇ は幾つかの写本 C, P, A, L, K により削除する... は直説法の φαίνεται L と読みさらに複数形が 単数形に変わったことに応じて複数形の ταῦτα を単数形の τοῦτο に修正する また 16 の ἐξ を 一部の写本 C, P により削除する 第二一章 第二二章 5... なお1191 a 38 の τὰς は一部の写本 C, P により削除する の ἡ は一部の写本 C, P により削 で始まった文章は 14 の πάρεργα ま では 10 の e- 動詞 ἔσται に支配され主語も補語 除する も主格で表現されているが 14 の καὶ αὐτόν γε τὸν 以降構文が変わり対格形が登場するがこの 第一八章 1190 a 1 の βουλεύεσθαι は一部の写本 C, P の部分には主動詞と主語が登場せず文章 と Elleodius の 推 測 に よ り 冠 詞 を 付 加 し て τὸ が完結していない βουλεύεσθαι と読む そこで の末尾に空白 launa の報告が 1190 a 4 の κατὰ は幾つかの写本 C, P, A, L, 現をそこに補うことが考えられる 諸家の提案とし K によりπρὸς と読む a 20 の ἀρετήν の 後 の コ ロ ン は コ ン マ に 変 あるのを利用して 何かを言う 呼ぶを意味する表 えγὰρ は諸写本 C, P, A, L, K, B により削除 ては例えば と呼ぶべきである χρὴ καλεῖν Spengel と主張すべきである φατέον Bonitz, しἐστίν の後のコンマはコロンに変える また pro. Breier, Dirlmeier われわれは言うもし 1190 a 21 の ἕκαστον は幾つかの写本 C, P, A, L くはわれわれは呼ぶ λέγομεν vel καλοῦμεν によりἕκαστον γὰρ と読む Riekher, pro. Armstrong われわれは主張す る φαμεν Elleodius われわれは と呼ぶ 茂 第一九章 a 30 の ὅλως δὲ δὴ は幾つかの写本 C, P, A, L によりὅλως τε δὴ と読む 1190 a 35 の ἢ τὴν ἕξιν τὴν αὐτήν は一部の写本 A, L によりἢ τὴν ἕξιν αὐτήν と読む 5 4 手木 1967, p. 142 等が挙げられる 或いは 14 の 強意代名詞 αὐτόν の必要性に疑念が感じられる点 と連 動させ てαὐτόν の 代 わりに φατέον と主 張すべきである を読む提案 Johnstone φατέον は a 15 で六回使われている 現在アリストテレス作品の箇所を指定するための基礎となっているベッカー版の章付けが第二一章を誤ってとばしている 以 下 内はベッカー版の章付けを表す

5 伝アリストテレス作 大道徳学 翻訳補遺 やφαμέν とわれわれは主張する を読む示唆 第二九 第三〇章 章 1193 a 7 の τις は幾つかの写本 C, P, A, L, B Mihael Frede も出されている の δοκιμάζοντα は幾つかの写本 C, A, により削除する L, K, B によりδοκιμάζοντες と読む 第三〇 第三一章 章 1193 a 16 の αὖ[τὸς] は諸写本 C, P, A, L, K, B 第二二章 第二三章 の μὲν は幾つかの写本 C, P, L によ の通りαὐτὸς と読む り削除しない 第三一 三二章 章 1193 a 22 の ὄντων は幾つかの写本 C, P, A, L 第二三章 第二四章 1192 a 3 の τ は諸写本 C, P, A, L, K, B 通り によりπροσόντων と読む δ と読む またその後の ἀνελεύθερος は幾つか の写本 P 2, K 1 によりἀνελευθέριος の形を採 第三二 第三三章 章 a 29 の δὴ は一部の写本 C, D により る 1192 a 7 は一部の写本 C, P が τίς οὖν ἐστίν δὲ と読む ὁ を欠いている... 第三三章 第三四章 の二番目と三番目の冠詞 ὁ は幾つかの 第二四章 第二五章 1192 a 19 の οὔτε は諸写本 C, P, A, L, K, B 写本 A, L, K, B により削除する... 7 の二番目の ἐν ἔν は幾つかの写本 C, 通りοὐδὲ と読む P, K, V により削除する a 16 の τὴν πολιτείαν は一部の写本 C, P 第二五章 第二六章 1192 a 23 の最初の τῶν は諸写本 C, P, A, L, a 22 の ταῦτα πάνταは幾つかの写本 C, P, K, B により読まない この最後の部分は幾つかの異読がありしかも どの読みも前の部分との斉合性がもう一つスッキ リしない感じが残るがここでは1192 a 24 の καὶ μᾶλλον δὲ δὴ についてμᾶλλον δὲ は Susemihl の 提案により μᾶλλόν γε と読みδὴ は幾つかの写本 によりτὰς πολιτείαςと読む C, L, K により δεῖ と読んで全体としてκαὶ μᾶλλόν γε δεῖ と読んでみた... A によりπάντα ταῦτα の語順で読む a 24のτούτῳは一部の写本 A, L によりτοῦτο と読み25のσυνέχεινはσυνέχειと読む a 33 の δίκαιος は幾つかの写本 A, L, Rav. によりδίκαιονと読む の πολῖταί は幾つかの写本 C, A, K, V によりπολιτικοί と読む 1192 a ἀξιοῦσιν ἢ προσῆκον αὐτοῖς, μικρόψυχοι の異読 C, P を採りἀξιοῦσι, の ὁ は幾つかの写本 C, P, A, L に より読まない προσηκόντων αὐτοῖς μειζόνων, μικρόψυχοι と 読 の ἀπ αὐτοῦ についてはἀπ は諸 めば 彼らにはより大きなものどもが相応しい 写本 C, P, A, L, K, V により ὑπ と読みαὐτοῦ のに自分達はより小さなものに値すると考える は幾つかの写本 P 1, A, L, K, V により αὐτῆς と 人々は卑屈というほどの意味になろう 読む 29 幾つかの写本 C, P, A, L により の 第二六章 第二七章 ἡ の前に καὶ を読む 8 の δαπανᾷ は幾つかの写本 L, K, B によりδέον εἶναι と読む a 1 の μεταβάλλει は幾つかの写本 C, P, A, L によりμεταβάλλοι と読む a 19 の ἕνεκα は一部の写本 C, P により ἕνεκεν の形で読む 第二七章 第二八章 の μέσος は幾つかの写本 C, P, A, L, B によりμεσότης と読む a 19 の τούτων εἰδὼς は一部の写本 C, P によりεἰδὼς τούτων の語順で読む a 21 の ἀποκτείνειν 現在不定法 は幾つ 5

6 かの写本 C, P, A, V によりἀποκτενεῖν 未来 不定法 と読む... 美 a 26 の αὐτὴ は諸写本 C, P, A, L, K 2, V によりαὕτη と読む a 22 の οὐθένα は一部の写本 A, L により οὐθέν と読み副詞的に解する a 29 の ταὐτά は諸写本 C, P, A, L, K, V によりταῦτα と読む a 33 の πίνειν は幾つかの写本 A, L, K, V a 37 の ἄλλο τι 何か別のもの は諸写本 C, P, A, L, K, V によりἄλληλα と読む によりπιεῖν と読む a 34 の καὶ は幾つかの写本 C, P, K, V により削除する a 37 の τὸ は幾つかの写本 C, P, A, L に よりτῷ と読む の ἢ ἄλλο τι は幾つかの写本 C, P, A, L によりἤ τι ἄλλο の語順で読む の διὰ τοῦτο は諸写本 C, P, A, L, K, V により διὰ τούτων と読む の εἰ δὲ μὴ ἀδικεῖται, οὐδὲ ἑκὼν ἄρα. は幾つかの写本 C, P, A, L, V によりεἰ δὲ μὴ, ἀδικεῖται. と読む 底本が採用する写本 K の 読みを採れば ところがもし不正行為をされて はいないのならばそれゆえ本意から 不正行為を されているの ではないことになるからであると の περὶ は諸写本 C, P, A, L, K, V によりὑπὲρ と読む a 1 の εἰσὶ は幾つかの写本 C, P, A, L, V によりἔστι と読む a 8 の οὐδ αὖ ὁ は幾つかの写本 C, P, A, L によりὁ δ αὖ と読む a 15 の οὗτοι は幾つかの写本 C, P, K, V いうような意味になる の τοῖς τοιούτοις λόγοις は諸写本 C, P, A, L, K, V によりτοὺς τοιούτους λόγους と 読む によりοὕτως と読む a 25 の καὶ は諸写本 C, P, A, L, K, B に より削除する の αὑτὸν は幾つかの写本 C, P, A, L a 29 の αὐτὴ は一部の写本 A, L により αὕτη と読む によりἑαυτὸν と読む の βλάπτει は一部の写本 C, P によ の ὅπως γὰρ αὕτη προστάξει は一部の りβλάπτει δ と読む またβλάπτει から次行の 写本 A, L によりὅπως γὰρ ἂν αὕτη προστάξῃ と読む εἰδώς までは括弧に入れる の κωλύσει は幾つかの写本 C, P, A, L によりκωλύει と読む の οἳ は諸写本 C, P, A, L, K, V によ りοἱ と読む の γε は幾つかの写本 C, P, A, L に の ἀλλά, φησίν, αὕτη は幾つかの写本 C, P, A, L によりἀλλὰ φησὶν ὅτι αὕτη と読む より削除する の αὐτὸν は幾つかの写本 C, P, K, V によりαὐτὸς と読む 第二巻 a 6 の ταῦτα は幾つかの写本 C, P, A, L 第一章 の ἐβούλετο は幾つかの写本 C, P, A, によりτοιαῦτα と読む a 28 の ἐστι は諸写本 C, P, A, L, K, V L によりἠβούλετο と読む により削除する a 29 の δὲ は諸写本 C, P, A, L, K, V に 第二章 1199 a 1 は幾つかの写本 C, P, A, L, K によ よりγὰρ と読む りἄνευ の後に τῆς を補う 1199 a 2 の δὴ は幾つかの写本 C, P, A, L に 第三四章 第三五章 の ἕτερά ἐστιν ἀλλήλων は 幾 つ か の 写 本 C, P, A, L に よ りἕτερα ἀλλήλων よりἤδη と読む またκαὶ は幾つかの写本 C, P, K, V により削除しない ἐστιν の語順で読む の ἐπεὶ δὴ は幾つかの写本 C, P, A, 7 の οὐκ は諸写本 C, P, A, L, K, V L によりἐπεὶ δ と読む 7 は幾つかの写本 C, P, A, L により εἶναι の後に δεῖ を読む 6 第三章 により削除し文末は疑問文ではなく平叙文で読 む

7 伝アリストテレス作 大道徳学 翻訳補遺 8 の τὸ σῶμα は 幾 つ か の 写 本 C, 見られまた一部の写本 C, P は だが酔い P, A, L によりτῷ σώματι と読む なおa 19 の τῆς は幾つかの写本 C, a は内容上先行する部分との重複が が取り去られると再び同じ人物であるの一文を読 まないが底本のまま訳出した P, A, K により削除する a 22 の γὰρ は諸写本 C, P, A, L, K, V a 20 は幾つかの写本 C, P, A により τινες を読まずοἱ は諸写本 C, P, A, L, K, V によりδὲ のままで読む a 26 の παραγενομένοις は一部の写本 A, によりοἳ と読む の ψεκτὰ εἶναι δεῖ は幾つかの写本 C, L によりπαραγινομένοις と読む a 27 の παραγενομένης は一部の写本 A, P, A, L によりδεήσει ψεκτὰ εἶναι と読む a 4 の ἔχειν は諸写本 C, P, A, L, K, V L によりπαραγινομένης と読む a 29 の δὴ ἡ は幾つかの写本 A, L, K に よりδὴ と読み二番目の ἡ は幾つかの写本 A, L, に よ りἔχει と 読 む ま たa 3 の συμφορώτατα の後のコンマをピリオドに変える a 6 の εὐιατότερος は一写本 P の訂正に K, V により削除する 従いἀνιατότερος と読む a 7 の ἴσως οὐχ は幾つかの写本 C, P, A, L, 第四章 1200 a 35 の μὲν は諸写本 C, P, A, L, K, V V により読まない a 25 の ἔστιν は一部の写本 C, P により によりμὲν οὖν と読む ἔνεστιν と読む a 30 は一部の写本 C, P によりεἴδη の 第五章 の βελτίων は幾つかの写本 C, P, L, 後に οἷον を補う a 34 の μετὰ τοῦ λόγου は幾つかの写本 C, V によりβέλτιον と読む... A, L によりμετὰ λόγου と読む の ἢ οἷός τε は幾つかの写本 C, A, L, 第六章 の οὐκ ἂν δόξειεν. ἄτοπον γὰρ は 幾 つかの写本 C, P, A, L によりἂν δόξειεν ἄτο- K によりἢ οἷός γε と読む の οὔτε は諸写本 C, P, A, L, K, V によりοὐδὲ と読む πον と読む 1201 a 8 の συμβαίνειν ἐποίουν は幾つかの写本 P 1, K, V によりσυμβαίνειν と読む の γενομένων は諸写本 C, P, A, L, K, V によりγινομένων と読む 9 1201 a の箇所は写本上も意味上も問題が 多い ここでは取りあえず1201 a 14 の μή は削除 せずa 15 の ὁ は諸写本 C, P, A, L, K, V によ 第七章 の μὲν は幾つかの写本 C, P, A, L, V 2 により読まない りοὐ と読んでおく a 33 の ἤγαγεν は幾つかの写本 C, P, A, L, K によりἦγεν と読む の οὐκ は幾つかの写本 C, P, A, L により読まない の δόξης ἐχούσης τὸ に つ い てδόξης は幾つかの写本 C, P, A, K, V により δόξας と ἐχούσης は幾つかの写本 L, K, V により ἔχουσι とτὸ は幾つかの写本 A, L, K, V により τῷ と読 む すなわち全体としてはδόξας ἔχουσι τῷ と 読む は 一 部 の 写 本 K, V に よ りτῆς ψυχῆς の後に ᾗ を補う の二番目の τὸ は諸写本 C, P, A, L, K, V により削除する a 16 の αἱ は幾つかの写本 C, P, A, L, V により読まない で 否 定 辞 οὔ を 読 む の か ど う か に つ い a の ἐν Ἰρεῖ は 一 写 本 L お よ び て写本は分かれている 元々否定辞を読んでい Sylurg の示唆により冠詞 ἡ を補うと共に一部 る写本は L 写本と V 写本のみでP, A, K の各写本 の写本 C, P 並びに Bergk の示唆により Ἰλεῖ を は後からの修正で否定辞を追加している それ故 Νηλεῖ と読むことによってἡ ἐν Νηλεῖ と読む 1 1 C, P, A, K の各写本は否定辞を読んでいない ことになる a 25 の δόξαιεν は幾つかの写本 C, P, A, L によりδόξειεν と読む 7

8 の ἐστίν は一部の写本 C, P により 美 によりφήσει と読む a 39 の παραδιδόναι は 幾 つ か の 写 本 C, 読まない の最初の καὶ は一部の写本 C, P に P, A, L, K によりπαραδοῦναι と読む より読まない の μὴ は幾つかの写本 C, P, A, L に よりοὐ と読む の二つの ὅμοιον は幾つかの写 a 11 の τὰ は幾つかの写本 C, P, A, L に より読まない 本 C, P, L, V によりὁμοῖον というアクセント で読む a 21 の ἢ は諸写本 C, P, A, L, K, V によ と 13 の κεραμῖδος は諸写本 C, P, A, L, K, V によりκεραμίδος というアクセント りκαὶ と読む 58 Dirlmeier 410 は1206 a 25 の ἀπ αὐτῆς に 注 目 してこの文の主語は徳と解しているがその語 句は ἀπ αὐτοῦ, s. τοῦ πράττειν 1206 a 10 を意味 で読む の κεραμῖδι は幾つかの写本 C, P, A, L, V によりκεραμίδι というアクセントで読む... なお は幾つかの写本 C, P, しうると付言している a 31 の ἄλλος は諸写本 C, P, A, L, A, L によりπέδον の後に ᾖ を補う の οὔτε は諸写本 C, P, A, L, K, V K, V によりἄλλως と読む はτούτοις の後にコンマを打ち幾つ 第一一章 によりοὐδὲ と読む の 二 番 目 の καὶ は 幾 つ か の 写 本 C, かの写本 C, P, L により τοῦ は読まない の ὕστερος は一部の写本 L, V によ P, A, L, K により削除する a 2 の αὑτῷ は幾つかの写本 A, K, V に りὕστερον と読む... よりαὐτῷ と読む a 7 の τὸ ἡδὺ εἶναι καὶ τὸ συμφέρον は 幾 第八章 の τίς は幾つかの写本 C, P, A, L に よりτί と読む つかの写本 L, K 1, V 2 によりτὸ ἡδεῖ εἶναι καὶ τὸ συμφέροντι と読む... 8 1207 a 6 の θεῶν は幾つかのギリシア語写本 C, P, A, L およびラテン語訳 Bf6 によりθεοῦ と a 16 は幾つかの写本 C, P, A, L により φιλητέον の後に ἔστιν を補う a 35 の κατ は幾つかの写本 C, P, A, L 読む a 15 は幾つかの写本 C, P, L, K により により削除しない a 38 の最初の ὁ は幾つかの写本 C, P, A, εὔνοια の後に ἡ を補う L, V により読まない の ὁ は幾つかの写本 C, P, A, L によ 第九章 の τὰ は幾つかの写本 C, P, A, L, V り読まない の φίλοι は諸写本 C, P, A, L, K, V により読まない は諸写本 C, P, A, L, K, V により によりφίλος と読む はἀλλὰ を Elleodius の 推 測 に よ り εἴη の後に καὶ を読む の οἷον は一部の写本 C, P により ἀλλ ἅμα と読みσυμμεταπίπτει は諸写本 C, P, A, L, K, V によりμεταπίπτει と読む 削除しない a 13 は幾つかの写本 C, P, A, K, V に よりκαὶ の後に ὁ を補う... 第一〇章 1208 a 19 の ἐνεργεῖν は幾つかの写本 C, P, A, L によりἐπιτελεῖν と読む によりπέδον の後に ᾖ を補う 1208 a 24 の αἰσθάνομαι はJaeger 442 の示唆に よりαἰσθανώμαι と読む 7 1208 a 27 の φησί は幾つかの写本 P, A, K, V 8 de ona fortuna -- ommunis translatio a 21 の ἐὰν は一部の写本 C, P により ἂν と読む a 14 は幾つかの写本 C, P, L, V は 幾 つ か の 写 本 P, A に よ り

9 伝アリストテレス作 大道徳学 翻訳補遺 πότερον δ ἔστιν αὐτοφιλία, καὶ πρὸς αὑτὸν φιλία... と読む の αὑτῷ は幾つかの写本 C, A, L, K, V によりαὐτῷ と読み1211 a 1 の αὐτὸν は幾 つかの写本 C, P 2, B によりαὑτὸν と読む a 3 の γὰρ は 幾 つ か の 写 本 C, P, A, L, V 2 によりδὲ と読む a 22 の βουλόμεθα は幾つかの写本 A, L, V によりβουλοίμεθα と読みそれに連動して μάλλιστα の後に ἂν を補う a 24 の ἔστι は幾つかの写本 A, K, V に より読まない また一部 A, L の写本により φιλία の前に ἡ を補う の二つ目の ἴσον は幾つかの写本 C, P, A, L によりἴσος と読む 第一二章 の καὶ は幾つかの写本 C, P, A, L により削除しない の εὖνοι は諸写本 C, P, A, L, K, V によりεὔνοοί と読む 1212 a 4 の εὖνοι は一部の写本 C, P により εὔνοοι と読む 7 1212 a 7 の φιλίας ἡ εὔνοια は幾つかの写本 C, P, A, L, K によりἡ εὔνοια φιλίας の語順で読む 第一三章 1212 a 35 の αὑτοῖς δεῖν は 一 部 の 写 本 C, P によりδεῖν αὑτοῖς と読む... 第一六章 の οὔτ ἐπὶ τῶν ἄλλων ὁμοίως ἁπάντων. は 一 写 本 C に 従 いοὔτ ἐπὶ τῶν ἄλλων, ὁμοίως καὶ ἐπὶ πάντων. と読む 第一七章 の δὴ は幾つかの写本 C, P, A, L に よりοὖν と読む7 7 この他に拙訳印刷の途中で編集上の理由によりやむなく削除されたものとして旧版アリストテレス全集第 14 巻の茂手木元 蔵氏による 大道徳学 の翻訳においては以下の三箇所が訳し落とされていることの指摘がある ① 第一巻第二十三章 第二十四章 1192 a それではそれは誰のことか そうすべきものへそうすべきだけのものを そうすべき時に支出するひとがそれである ② 第二巻第六章 1201 a 26 なぜなら立派なことを行為する限りで賞賛に値するから ③ 同巻同章 それゆえより一層非難に値する 9

10 美 A Supplement to a new Japanese Translation of the supposedly Aristotelian Magna Moralia Tatsumi NIIJIMA Astrat This artile is a supplement to my new Japanese translation of the supposedly Aristotelian Magna Moralia. It mainly onsists of Greek manusript data, when readings different from those in Susemihl s Teuner edition are adopted. 10

and καὶ Α καὶ Β A B both also 3 auto- iste D in orthan asso forwhen thatso that

and καὶ Α καὶ Β A B both also 3 auto- iste D in orthan asso forwhen thatso that 1. 2. 3. 4. ὁ, ἡ, τό ὅς, ἥ, ὅ αὐτός, -ή, -ό καί 5. 6. 7. 8. δέ τίς, τί τις, τι οὗτος, αὕτη, τοῦτο 9. 10. 11. 12. ἤ ἐν μὲν... δέ γάρ 13. 14. 15. 16. οὐ, οὐκ, οὐχ μή ὡς τε and καὶ Α καὶ Β A B both also 3

More information

andκαὶακαὶβa B bothalso 3 even auto- iste D in orthan asso forwhen thatsothat (G) (G) (A) (A) (G) (G) (D) (A) (A) (A) (G) (A) + subj. (G) (G) (D) (D)

andκαὶακαὶβa B bothalso 3 even auto- iste D in orthan asso forwhen thatsothat (G) (G) (A) (A) (G) (G) (D) (A) (A) (A) (G) (A) + subj. (G) (G) (D) (D) 1. ὁ,ἡ,τό 2. ὅς,ἥ,ὅ 3. αὐτός, -ή, -ό 4. καί 5. δέ 6. τίς, τί 7. τις, τι 8. οὗτος, αὕτη, τοῦτο 9. ἤ 10. ἐν 11. μὲν... δέ 12. γάρ 13. οὐ,οὐκ,οὐχ 14. μή 15. ὡς 16. τε 17. εἰς 18. ἐπί 19. κατά 20. ἐγώ 21.

More information

εἰς ἐπί κατά ἐγώ ἡμεῖς πρός ἐ ᾱν διά ἀλλά ἐκ,ἐξ περί ὅστις,ἥτις,ὅτι ἄν σύ ῡμεῖς ἀνά

εἰς ἐπί κατά ἐγώ ἡμεῖς πρός ἐ ᾱν διά ἀλλά ἐκ,ἐξ περί ὅστις,ἥτις,ὅτι ἄν σύ ῡμεῖς ἀνά 1. 2. 3. 4. ὁ,ἡ,τό ὅς,ἥ,ὅ αὐτός, -ή, -ό καί 5. 6. 7. 8. δέ τίς, τί τις, τι οὗτος, αὕτη, τοῦτο 9. 10. 11. 12. ἤ ἐν μὲν... δέ γάρ 13. 14. 15. 16. οὐ,οὐκ,οὐχ μή ὡς τε 17. 18. 19. 20. εἰς ἐπί κατά ἐγώ 21.

More information

* ἅ ὅς 03 05(06) 0 ἄβιος,-ον, ἄβροτον ἄβροτος ἄβροτος,-ον, 08 17(01)-03 0 ἄβυσσος,-ου (ἡ), 08 17(01)-03 0 ἀβύσσου ἄβυ

* ἅ ὅς 03 05(06) 0 ἄβιος,-ον, ἄβροτον ἄβροτος ἄβροτος,-ον, 08 17(01)-03 0 ἄβυσσος,-ου (ἡ), 08 17(01)-03 0 ἀβύσσου ἄβυ Complete Ancient Greek 2010 (2003 ) October 15, 2013 * 25 04-23 0 ἅ ὅς 03 05(06) 0 ἄβιος,-ον, 15 99-02 0 ἄβροτον ἄβροτος 15 99-02 0 ἄβροτος,-ον, 08 17(01)-03 0 ἄβυσσος,-ου (ἡ), 08 17(01)-03 0 ἀβύσσου ἄβυσσος

More information

予稿集(1)の表紙

予稿集(1)の表紙 京都大学人文科学研究所共同研究プロジェクト: 情報処理技術は漢字文献からどのような情報を 抽出できるか 人文情報学の基礎を築く 文字と非文字のアーカイブズ モデルを使った文献研究 文字資料アーカイブズの現在 特に検索可能性を中心に 岡本 真 動画のテキスト処理 安岡孝一 写真の検索可能性について考える 守岡知彦 ネットワーク分析からみた共観福音書間の比較研究 三宅真紀 異なる文献間の数理的な比較研究をふり返る

More information

13西洋文化史(8)

13西洋文化史(8) 第 13 講クセルクセスの背後にあるペルシア帝国膨張の論理近代 ( 現代 ) の価値観は過去に適用できるのか? 国境外への遠征 領土拡大を規制する内的要因は存在しない 今日との相違 : 帝国主義が国際法に違反 ( ウェストファリア条約による国家主権尊重の原則 ) 外国の主権の侵犯 他国領への侵略 他国領の併合に対する道徳的 倫理的批判の欠如繰り返される対外遠征と侵略 : 初代のキュロス以来の伝統キュロス

More information

Lieber Herr Schmidt, 佐藤太郎様 Λιγότερο επίσημη επιστολή, ο αποστολέας είχε ήδη πάρε-δώσε με τον παραλήπτη προηγουμένως Lieber Johann, 佐藤太郎様 Ανεπίσημη επι

Lieber Herr Schmidt, 佐藤太郎様 Λιγότερο επίσημη επιστολή, ο αποστολέας είχε ήδη πάρε-δώσε με τον παραλήπτη προηγουμένως Lieber Johann, 佐藤太郎様 Ανεπίσημη επι - Εισαγωγή γερμανικά ιαπωνικά Sehr geehrter Herr Präsident, Εξαιρετικά επίσημη επιστολή, ο παραλήπτης έχει ένα ειδικό τίτλο ο οποίος πρέπει να χρησιμοποιηθεί αντί του ονόματος του Sehr geehrter Herr, Επίσημη

More information

1 17 b ὁ δίκαιος LXX 1 ὁ δίκαιος 1:17a ἐκ πίστεως εἰς πίστιν :4b ἐκ πίστεως ὁ δίκαιος ζήσεται 17 a 2:4b ὁ δίκαιος 1 ὁ δίκαιος ὁ δίκαιος 17 δικαι

1 17 b ὁ δίκαιος LXX 1 ὁ δίκαιος 1:17a ἐκ πίστεως εἰς πίστιν :4b ἐκ πίστεως ὁ δίκαιος ζήσεται 17 a 2:4b ὁ δίκαιος 1 ὁ δίκαιος ὁ δίκαιος 17 δικαι ロマ書 1 章 17 節 b における ὁ δίκαιος( 義人 ) は誰か? 武久 盾 1 16-17 2:4b ἐκ πίστεως 4 b MT LXX 1:17b 1 3:11b 1:17b 2:4b ἐκ πίστεώς LXX δικαιοσύνη ἐκ πίστεώς 2 ἐκ πίστεως 1:17b ἐκ πίστεως ὁ δίκαιος ζήσεται 3 4 5 1:17b

More information

@08460207ヨコ/立花 220号

@08460207ヨコ/立花 220号 παιδεραστεία παιε ραστεύωε ράω ιλέωιλία ε ράω by ιλέω ιλητόν ιλητόν τελεὶα ιλία μέσον α κρότη θεωρειν definition John M. Cooper morally good (in some respect, in some degree) character friendship Cooper

More information

p. 201 ε áν ε ν áν ε Ind. Präs., Ind. Perf. Ind. Imperfekt ε ε ν 6 p Der sprechende deutet an, welches Verhältnis des bedingenden Satzes zur

p. 201 ε áν ε ν áν ε Ind. Präs., Ind. Perf. Ind. Imperfekt ε ε ν 6 p Der sprechende deutet an, welches Verhältnis des bedingenden Satzes zur P.93 conditional sentences, Konditionalsätze ε 10 11 12 3 p. 201 ε áν ε ν áν ε Ind. Präs., Ind. Perf. Ind. Imperfekt ε ε ν 6 p. 150-155 Der sprechende deutet an, welches Verhältnis des bedingenden Satzes

More information

ント州立大学の古典学の准教授である Rick Newton の英訳を入手することがで きた この英訳および Rick Newton の解説文から多くの示唆を受けた 1. リッツォス詩 エピタフィオス について 1936 年 4 月にメタクサス将軍が副首相から首相に昇格した後 議会を休会させて 労働界

ント州立大学の古典学の准教授である Rick Newton の英訳を入手することがで きた この英訳および Rick Newton の解説文から多くの示唆を受けた 1. リッツォス詩 エピタフィオス について 1936 年 4 月にメタクサス将軍が副首相から首相に昇格した後 議会を休会させて 労働界 研究ノート ミキス テオドラキス作曲 ヤニス リッツォス エピタフィオス - 言語芸術 音楽芸術と政治との関係について - 土居本稔 はじめにヤニス リッツォス (1909-1990) は 二人のノーベル賞詩人 ヨルゴス セフェリス (1900-1971) とオディッセアス エリティス (1911-1996) に並ぶ現代ギリシアの大詩人である 1958 年に作曲家ミキス テオドラキス (1925 -)

More information

2 可能であった. ローマ市民およびアレクサンドリア, ナウクラティス, プトレマイス, そして 130 年に設立されたアンティノポリスの 4 つのギリシア都市の市民以外の属州住民は, 実際の人種にかかわらず エジプト人 という劣格身分に属した. エジプト人 は 州都民 とそうではないもの, 便宜的

2 可能であった. ローマ市民およびアレクサンドリア, ナウクラティス, プトレマイス, そして 130 年に設立されたアンティノポリスの 4 つのギリシア都市の市民以外の属州住民は, 実際の人種にかかわらず エジプト人 という劣格身分に属した. エジプト人 は 州都民 とそうではないもの, 便宜的 ローマ期エジプトにおける地方名望家 2 世紀アルシノイテス州のパトロン家の事例から * 髙橋亮介 はじめに ローマ帝国はエジプトを属州として支配するにあたり既存の官僚機構を活用しただけでなく, 他の属州と同様に都市を通じた支配体制の確立を試みた. エジプトに 40 余りを数えた州 nomos の中心市, 州都 metropolis には, 地方行政の中核としての機能が求められ, 富裕な州都住民から選ばれる公職者

More information

(2) 品詞はいつも語形コードの中で最初のフィールドで示される ルドがコードセット内の配置のために許されるかを決定する それは 以降のどのフィー. 形容詞...J. 名詞...N. 定冠詞...D. 代名詞...R. 動詞...V. 接続詞...C. 助動詞...B. 間投詞...I. 前置詞...

(2) 品詞はいつも語形コードの中で最初のフィールドで示される ルドがコードセット内の配置のために許されるかを決定する それは 以降のどのフィー. 形容詞...J. 名詞...N. 定冠詞...D. 代名詞...R. 動詞...V. 接続詞...C. 助動詞...B. 間投詞...I. 前置詞... (1) ロゴスバイブルソフトウェア ギリシャ語語形コードの解説 (LOGOS 社による ) 作業中 村上定幸 インタリニアのギリシャ語の上にカーソルを置くと 品詞が表示されます この code ですが 解説がマニュ アルにはみられません ( 添付されている日本語のファイ ル help から見ることができる英文の解説にも ) そこ で 初めて見る者には ギリシャ語原形の下におる 何 ケタかのアルファベットの表記を分かりにくいものに

More information

1 ( ) 1 4 5 1 J. L. eiberg (ed.) rchimedis Opera Omnia cum Commentariis utocii (3 vols.) Teubner 18801881 2 J. L. eiberg (Iterum didit). S. Stamatis (Corrigenda diecit) rchimedis Opera Omnia cum Commentariis

More information

Men and Women in Early Christianity Early Christian Centuries Conference 2013 The Relation between male and

Men and Women in Early Christianity Early Christian Centuries Conference 2013 The Relation between male and 1 15 45 2 2-3 16 150 215 185 254 310 398 1 Men and Women in Early Christianity Early Christian Centuries Conference 2013 The Relation between male and female in Alexandrian Exegetical Tradition 2 Albert

More information

18 福岡大学研究部論集 A 10(2)2010 ジュネーヴ大学文学部の支援による出版物 alle nostre due mamme 私たちの二人の母に捧げる ( 伊語 ) Couverture: François Meyer, Grafix fondrie, Carouge Composition

18 福岡大学研究部論集 A 10(2)2010 ジュネーヴ大学文学部の支援による出版物 alle nostre due mamme 私たちの二人の母に捧げる ( 伊語 ) Couverture: François Meyer, Grafix fondrie, Carouge Composition 17 Alessandra Lukinovich Madeleine Rousset 古典ギリシア語文法 水崎博明監訳福岡西洋古典愛好会 ( 主宰水崎博明 ) 訳 18 福岡大学研究部論集 A 10(2)2010 ジュネーヴ大学文学部の支援による出版物 alle nostre due mamme 私たちの二人の母に捧げる ( 伊語 ) Couverture: François Meyer, Grafix

More information

ロマ書 1 章 17 節 a の ἐκ πίστεως εἰς πίστιν の解釈について 論 ( participatory soteriology) が北米を中心に提起されている 3 その場合 救済論は キリストの義認 への我々の参与として理解される 従来の信仰義認理解とは異なり こうした新し

ロマ書 1 章 17 節 a の ἐκ πίστεως εἰς πίστιν の解釈について 論 ( participatory soteriology) が北米を中心に提起されている 3 その場合 救済論は キリストの義認 への我々の参与として理解される 従来の信仰義認理解とは異なり こうした新し ロマ書 1 章 17 節 a の ἐκ πίστεως εἰς πίστιν の解釈について 武久盾 はじめに ロマ書 1 章 16-17 節 1 では 手紙全体の主題が述べられる その内容は 神からの義 (δικαιοσύνη θεοῦ) すなわち救い(σωτηρία) は福音 (εὐαγγέλιον) として啓示される (ἀποκαλύπτεται) である このパウロ独自の救済論の根拠づけが義認論であり

More information

アプロディシアスのアレクサンドロス『運命について』日本語訳・注(Ⅱ)

アプロディシアスのアレクサンドロス『運命について』日本語訳・注(Ⅱ) Title アプロディシアスのアレクサンドロス 運命について 日本語訳 注 (Ⅱ) Author(s) 近藤, 智彦 Citation 北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science Issue Date 2015-03-20 DOI 10.14943/bgsl.145.l1 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/58314

More information

Taro-2014倫理02源流思想

Taro-2014倫理02源流思想 第 2 What shall I do? のはじまり 源流思想 1 初期ギリシア哲学 ミュトスからロゴスへ ( 西洋古代哲学 ) [025] 自然哲学 主な自然哲学者 アルケー (αρχη) を追求した BC 6C 頃 ギリシアの自然哲学者と呼ばれる人々が出現し 万物の根源 ( アルケー ) を論じた [024] ギリシア哲学の見取り図 自然哲学 ( タレス等 ) アルケー ソフィスト ソクラテス

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I) κ κ κ κ κ κ μ μ β β β γ α α β β γ α β α α α γ α β β γ μ β β μ μ α ββ β β β β β β β β β β β β β β β β β β γ β μ μ μ μμ μ μ μ μ β β μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ β

More information

2007_3.doc

2007_3.doc アリストテレスの随意性論 強制文脈と無知文脈についての若干の考察 藤澤郁夫 1. はじめに 随意性論の諸前提 随意性 (1) は そもそも人間に責任能力があるのか あるとすればどのような場合に責任が生じるのかといった問題に関る EE には以上の問題への原理的考察がある 人間がその始点であって 人間がそれを自由に ( 好きなように ) できる [ それの主人である ] かぎりのものは 生じることも生じないこともありうる

More information

ローマ書におけるピスティスとノモス (2)E * 太田修司 パウロは固有名 ピスティス( 信 ) の意味と用語法を彼以前の宣教者たちから 学び, 受け継ぎ, 彼独自の視点から発展させた, と考えるだけの十分な理由があ る (1). パウロ以前の段階から ピスティス は, それによって指示

ローマ書におけるピスティスとノモス (2)E * 太田修司 パウロは固有名 ピスティス( 信 ) の意味と用語法を彼以前の宣教者たちから 学び, 受け継ぎ, 彼独自の視点から発展させた, と考えるだけの十分な理由があ る (1). パウロ以前の段階から ピスティス は, それによって指示 Title ローマ書におけるピスティスとノモス (2)E Author(s) 太田, 修司 Citation 人文 自然研究, 10: 30-73 Issue 2016-03-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://doi.org/10.15057/27826 Right Hitotsubashi

More information

(64) 新約聖書におけるイエスの祈り伝承をめぐって ( 土居 ) そこで マルコ同様ヨハネも手にした可能性を想定し得る受難物語における イエスの祈り 伝承古層の存在を想定しながら 先ずは現行の双方の受難物語における祈り描写を比較すると それは物語上の大枠においては共通の場に配置されているといえるが

(64) 新約聖書におけるイエスの祈り伝承をめぐって ( 土居 ) そこで マルコ同様ヨハネも手にした可能性を想定し得る受難物語における イエスの祈り 伝承古層の存在を想定しながら 先ずは現行の双方の受難物語における祈り描写を比較すると それは物語上の大枠においては共通の場に配置されているといえるが 駒澤大學佛教學部硏究紀穀第 73 號徘成 27 年 3 月 (63) 新約聖書におけるイエスの祈り伝承をめぐって 受難物語 ヘブライ人への手紙 を軸として 土居由美 1. はじめにイエスの祈りについて新約聖書に多く記されてはいない 最もよく知られるものは どのように祈るべきかイエスによって教えられたものとしてマタイ / ルカに伝えられる 主の祈り であろう しかし イエス自身の祈りの描写としては 少なくともその独自性という観点からすれば

More information

新約外典文書におけるフィランスロピアの用例 明のものも認められる そこで 新約外典文書におけるフィランスロピアの用法を検討するにあたって注意すべきは 対象となる文書 テクストの位置づけとなろう 通説を参照しながら 評価をしていかねばならない さて検討対象となる文書の確定であるが 方法としては TLG

新約外典文書におけるフィランスロピアの用例 明のものも認められる そこで 新約外典文書におけるフィランスロピアの用法を検討するにあたって注意すべきは 対象となる文書 テクストの位置づけとなろう 通説を参照しながら 評価をしていかねばならない さて検討対象となる文書の確定であるが 方法としては TLG はじめに 神学研究 第 60 号において筆者は 使徒教父と弁証家におけるフィランスロピアの用法と救貧思想 を発表したが (1) 一般に 2 世紀のキリスト教文学にはもう一つのカテゴリーが存在すると考えられる すなわち新約外典文書である ところが 新約外典文書 (Apocryphal New Testament, Neutestamentliche Apokryphen) の定義は たとえばシュネーメルヒャーによると

More information

ヤニス・マリスの魅力と

ヤニス・マリスの魅力と 論文 使徒行伝における西方型本文の研究 杉山世民 新約聖書の 西方型テキスト と言っても そのような型の写本が そのままそっくり現存しているというのではない およそ5000から成る新約聖書本文に関する写本やその他の証言を いわゆる本文批評学者と言われる人たちが かなり科学的に比較検討した結果 得られた一つの特色と傾向を持った 読み のことを言う とは言え 西方型の読みを代表する大文字写本は 5 世紀あるいは6

More information

目次 序論 1 第 1 章 ヘシオドスとアルキロコス イソップ以前 はじめに イソップ の年代設定 ヘシオドス

目次 序論 1 第 1 章 ヘシオドスとアルキロコス イソップ以前 はじめに イソップ の年代設定 ヘシオドス 博士論文 イソップ寓話 の成立と展開に関する一考察 吉川斉 目次 序論 1 第 1 章 ヘシオドスとアルキロコス イソップ以前 10 1. はじめに.................................... 10 2. イソップ の年代設定........................... 11 3. ヘシオドス...................................

More information

ことが指摘される (5) このような状況のなか オリゲネスがカイサリアでキリスト教信仰教育や聖書講話に携わっていたときに迫害が生じ 彼を敬愛するアンブロシオスとプロトクテトスが捕えられた そのためオリゲネスは 殉教の勧め (εις μαρτύριον προτρεπτικός) を執筆した (6)

ことが指摘される (5) このような状況のなか オリゲネスがカイサリアでキリスト教信仰教育や聖書講話に携わっていたときに迫害が生じ 彼を敬愛するアンブロシオスとプロトクテトスが捕えられた そのためオリゲネスは 殉教の勧め (εις μαρτύριον προτρεπτικός) を執筆した (6) - 殉教について に関する一考察 - 梶原直美 はじめにオリゲネスは ローマ帝国内で生じたキリスト教徒迫害を 自らの生涯のなかで数回 身近に経験している (1) 彼はその一度目に自らの父親を殉教によって失い (2) また最後には自らも拷問を受けるところとなった 迫害は 身体的 精神的 社会的な暴力であり 殉教はこの場合 キリスト教を信仰していることを根拠に 死に至らしめられることである 通常は到底受け入れられることのない行為であるが

More information

ピュタゴラス学派の学問論

ピュタゴラス学派の学問論 ピュタゴラス学派の学問論 アルキュタス断片 B1 とプラトン 国家 における五つの数学的諸学科 和泉ちえ 1. 問題の所在 何故に五つの数学的諸学科 ( 数論 幾何学 立体幾何学 天文学 音階論 ) がプラトン 国家 における哲人王教育の主要部分を実質的に構成するのか その背後にアルキュタスをはじめとするピュタゴラス学派の影を躊躇なく遠望する傾向は 周知の如くとりわけキケロ以降顕著に看取される構図でもあった

More information

エウリーピデース ヒッポリュトス における この日 への言及と劇展開 堀川宏 1. 問題エウリーピデース (E. 1 ) の悲劇作品 ヒッポリュトス (Hipp.) を読んでいて気づくことの一つに, 登場人物によって この日 への言及が繰り返しなされる, ということがある 2. 次節ですぐに確認する

エウリーピデース ヒッポリュトス における この日 への言及と劇展開 堀川宏 1. 問題エウリーピデース (E. 1 ) の悲劇作品 ヒッポリュトス (Hipp.) を読んでいて気づくことの一つに, 登場人物によって この日 への言及が繰り返しなされる, ということがある 2. 次節ですぐに確認する Title エウリーピデース ヒッポリュトス における この日 への言及と劇展開 Author(s) 堀川, 宏 Citation 西洋古典論集 (2015), 23: 14-38 Issue Date 2015-07-31 URL http://hdl.handle.net/2433/198920 Right Type Departmental Bulletin Paper Textversion

More information

nsg02-13/ky045059301600033210

nsg02-13/ky045059301600033210 φ φ φ φ κ κ α α μ μ α α μ χ et al Neurosci. Res. Trpv J Physiol μ μ α α α β in vivo β β β β β β β β in vitro β γ μ δ μδ δ δ α θ α θ α In Biomechanics at Micro- and Nanoscale Levels, Volume I W W v W

More information

gr09.dvi

gr09.dvi .1, θ, ϕ d = A, t dt + B, t dtd + C, t d + D, t dθ +in θdϕ.1.1 t { = f1,t t = f,t { D, t = B, t =.1. t A, tdt e φ,t dt, C, td e λ,t d.1.3,t, t d = e φ,t dt + e λ,t d + dθ +in θdϕ.1.4 { = f1,t t = f,t {

More information

人文学と神学12表紙.indd

人文学と神学12表紙.indd 1 論 文 ペトロの第一の手紙 における奴隷への勧告 I ペトロ書 2 章 18-25 節について 吉 田 新 はじめに 1. I ペトロ書 2 : 18-25 の伝承と構造 2. 翻訳 3. I ペトロ書 2 : 18-20 の分析 4. I ペトロ書 2 : 21-25 の分析 まとめ はじめに I ペトロ書 2 章 11 節は 愛する人々よ 私は勧める Ἀγαπητοί, παρακαλῶ という

More information

C p (.2 C p [[T ]] Bernoull B n,χ C p p q p 2 q = p p = 2 q = 4 ω Techmüller a Z p ω(a a ( mod q φ(q ω(a Z p a pz p ω(a = 0 Z p φ Euler Techmüller ω Q

C p (.2 C p [[T ]] Bernoull B n,χ C p p q p 2 q = p p = 2 q = 4 ω Techmüller a Z p ω(a a ( mod q φ(q ω(a Z p a pz p ω(a = 0 Z p φ Euler Techmüller ω Q p- L- [Iwa] [Iwa2] -Leopoldt [KL] p- L-. Kummer Remann ζ(s Bernoull B n (. ζ( n = B n n, ( n Z p a = Kummer [Kum] ( Kummer p m n 0 ( mod p m n a m n ( mod (p p a ( p m B m m ( pn B n n ( mod pa Z p Kummer

More information

Microsoft Word - trinite_et_filioque_japonaise_

Microsoft Word - trinite_et_filioque_japonaise_ Lacan の La science et la vérité における三位一体と Filioque について 小笠原晋也 1965-66 年の Séminaire XIII L objet de la psychanalyse [ 精神分析の客体 ] の初回,1965 年 12 月 1 日のテクストは,La science et la vérité [ 科学と真理 ] の表題のもとに Lacan

More information

( ) 2002 1 1 1 1.1....................................... 1 1.1.1................................. 1 1.1.2................................. 1 1.1.3................... 3 1.1.4......................................

More information

CVMに基づくNi-Al合金の

CVMに基づくNi-Al合金の CV N-A (-' by T.Koyama ennard-jones fcc α, β, γ, δ β α γ δ = or α, β. γ, δ α β γ ( αβγ w = = k k k ( αβγ w = ( αβγ ( αβγ w = w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( αβγ w = ( βγδ w = = k k k ( αγδ

More information

『共形場理論』

『共形場理論』 T (z) SL(2, C) T (z) SU(2) S 1 /Z 2 SU(2) (ŜU(2) k ŜU(2) 1)/ŜU(2) k+1 ŜU(2)/Û(1) G H N =1 N =1 N =1 N =1 N =2 N =2 N =2 N =2 ĉ>1 N =2 N =2 N =4 N =4 1 2 2 z=x 1 +ix 2 z f(z) f(z) 1 1 4 4 N =4 1 = = 1.3

More information

ベース真.indd

ベース真.indd 81 言語芸術の三つの時間性とアリストテレス 詩学 梅林誠爾 はじめに人間の時間認識や時間経験については 様々な方向からのアプローチがある W. ジェイムズの Principles of Psychology 以来 心理学 生理学による実験科学的研究が重ねられ 哲学の分野では E. フッサールの現象学的研究 大森荘蔵の認識論的 知覚論的研究 M. ハイデガーの人間存在論からのアプローチ さらに N.

More information

I-2 (100 ) (1) y(x) y dy dx y d2 y dx 2 (a) y + 2y 3y = 9e 2x (b) x 2 y 6y = 5x 4 (2) Bernoulli B n (n = 0, 1, 2,...) x e x 1 = n=0 B 0 B 1 B 2 (3) co

I-2 (100 ) (1) y(x) y dy dx y d2 y dx 2 (a) y + 2y 3y = 9e 2x (b) x 2 y 6y = 5x 4 (2) Bernoulli B n (n = 0, 1, 2,...) x e x 1 = n=0 B 0 B 1 B 2 (3) co 16 I ( ) (1) I-1 I-2 I-3 (2) I-1 ( ) (100 ) 2l x x = 0 y t y(x, t) y(±l, t) = 0 m T g y(x, t) l y(x, t) c = 2 y(x, t) c 2 2 y(x, t) = g (A) t 2 x 2 T/m (1) y 0 (x) y 0 (x) = g c 2 (l2 x 2 ) (B) (2) (1)

More information

A = A x x + A y y + A, B = B x x + B y y + B, C = C x x + C y y + C..6 x y A B C = A x x + A y y + A B x B y B C x C y C { B = A x x + A y y + A y B B

A = A x x + A y y + A, B = B x x + B y y + B, C = C x x + C y y + C..6 x y A B C = A x x + A y y + A B x B y B C x C y C { B = A x x + A y y + A y B B 9 7 A = A x x + A y y + A, B = B x x + B y y + B, C = C x x + C y y + C..6 x y A B C = A x x + A y y + A B x B y B C x C y C { B = A x x + A y y + A y B B x x B } B C y C y + x B y C x C C x C y B = A

More information

量子力学A

量子力学A c 1 1 1.1....................................... 1 1............................................ 4 1.3.............................. 6 10.1.................................. 10......................................

More information

Microsoft Word - SSBR1_P1-6.doc

Microsoft Word - SSBR1_P1-6.doc 聖書と宗教 1(2011) ISSN 2186-4020 Bible and Religions 1(2011) 論文 Article 誰と共に死ぬのか ヨハネ福音書 11:16bをめぐって With whom shall we die? An interpretation of John 11:16b 前川裕 MAEKAWA, Yutaka 要旨ヨハネ福音書 11:16bのトマスの言葉は 誰と共に死ぬのか

More information

アリストテレス : 万学の祖 学問分類 理論的学 目的 : 知識 対象 : 常にそうであるところのもの 実践的学 目的 : 行為 対象 : たいていの場合そうであるところのもの 制作的学 目的 : 制作物 自然学 (physika) 数学 形而上学 ( 存在するもの を 存在するもの というかぎりに

アリストテレス : 万学の祖 学問分類 理論的学 目的 : 知識 対象 : 常にそうであるところのもの 実践的学 目的 : 行為 対象 : たいていの場合そうであるところのもの 制作的学 目的 : 制作物 自然学 (physika) 数学 形而上学 ( 存在するもの を 存在するもの というかぎりに 学術俯瞰講義 正義を問い直す アリストテレス : 幸福と徳 教養学部山本芳久 アリストテレス : 万学の祖 学問分類 理論的学 目的 : 知識 対象 : 常にそうであるところのもの 実践的学 目的 : 行為 対象 : たいていの場合そうであるところのもの 制作的学 目的 : 制作物 自然学 (physika) 数学 形而上学 ( 存在するもの を 存在するもの というかぎりにおいて考察する ) 倫理学

More information

福岡大学人文論叢 第40巻 第1号

福岡大学人文論叢 第40巻 第1号 一一七福岡大学人文論叢第四十巻第一号水*博明*福岡大学人文学部教授( 1 ) 一 問題の所在 問題は極簡明である 論題として右に示した箇所についてOCT オ クスフ ドクラシカルテクスト 所収のJ バ ネ トの左の校訂本とケンブリ ジグリ クラテ ンシリ ズのC J Rowe の左のテクストとが同じ文章でありつつ句読点の違ひだけで別の内容を与へるといふ問題である すなはち 両者を引けば AJ バ ネ

More information

Gauss Gauss ɛ 0 E ds = Q (1) xy σ (x, y, z) (2) a ρ(x, y, z) = x 2 + y 2 (r, θ, φ) (1) xy A Gauss ɛ 0 E ds = ɛ 0 EA Q = ρa ɛ 0 EA = ρea E = (ρ/ɛ 0 )e

Gauss Gauss ɛ 0 E ds = Q (1) xy σ (x, y, z) (2) a ρ(x, y, z) = x 2 + y 2 (r, θ, φ) (1) xy A Gauss ɛ 0 E ds = ɛ 0 EA Q = ρa ɛ 0 EA = ρea E = (ρ/ɛ 0 )e 7 -a 7 -a February 4, 2007 1. 2. 3. 4. 1. 2. 3. 1 Gauss Gauss ɛ 0 E ds = Q (1) xy σ (x, y, z) (2) a ρ(x, y, z) = x 2 + y 2 (r, θ, φ) (1) xy A Gauss ɛ 0 E ds = ɛ 0 EA Q = ρa ɛ 0 EA = ρea E = (ρ/ɛ 0 )e z

More information

nsg04-28/ky208684356100043077

nsg04-28/ky208684356100043077 δ!!! μ μ μ γ UBE3A Ube3a Ube3a δ !!!! α α α α α α α α α α μ μ α β α β β !!!!!!!! μ! Suncus murinus μ Ω! π μ Ω in vivo! μ μ μ!!! ! in situ! in vivo δ δ !!!!!!!!!! ! in vivo Orexin-Arch Orexin-Arch !!

More information

pues la habían sacado ellos); entonces llamó al novio 10 gerúndio Tendo... provado και ουκ... η δει...το υδωρ; et non sciebat... aquam ϕωνει...; vocat

pues la habían sacado ellos); entonces llamó al novio 10 gerúndio Tendo... provado και ουκ... η δει...το υδωρ; et non sciebat... aquam ϕωνει...; vocat 11 11 Este provou a água transformada em vinho, sem saber de onde vinha. Os que serviam estavam sabendo, pois foram eles que tiraram a água. Então o mestre-sala chamou o noivo O chefe de mesa provou a

More information

untitled

untitled 0 ( L CONTENTS 0 . sin(-x-sinx, (-x(x, sin(90-xx,(90-xsinx sin(80-xsinx,(80-x-x ( sin{90-(ωφ}(ωφ. :n :m.0 m.0 n tn. 0 n.0 tn ω m :n.0n tn n.0 tn.0 m c ω sinω c ω c tnω ecω sin ω ω sin c ω c ω tn c tn ω

More information

グラフを作成

グラフを作成 Microsoft Office を使ってグラフを作成する方法について 一例です 操作ができなかったら色々試してください 山際 1 グラフ用紙に手書きでグラフを書いた場合の利点 (1) 副目盛があるので プロットした点の座標を確認しやすい (2) 上付きや下付きの文字 分数を書きやすい (3) データ点を結んで線を引くときに 全体の傾向を正しく認識しやすい 2 Office を使って書いたグラフの欠点

More information

フランシスコ会訳 彼女は男の子を産む その子をイエスと名づけなさい その子は自分の民を罪から救うからである 日本正教会訳 彼は子を生まん 爾其名をイイススと名づけん 彼其民を其罪より救わんとすればなり 塚本虎二訳 男の子が生まれるから その名をイエス ( 訳すると 神はお救いになる ) とつけよ こ

フランシスコ会訳 彼女は男の子を産む その子をイエスと名づけなさい その子は自分の民を罪から救うからである 日本正教会訳 彼は子を生まん 爾其名をイイススと名づけん 彼其民を其罪より救わんとすればなり 塚本虎二訳 男の子が生まれるから その名をイエス ( 訳すると 神はお救いになる ) とつけよ こ Small Voice 細きほそき こえ聲 聖書研究 大いなる強き風山を裂き岩石を砕きしが風の中にはエホバ在さざりき 風の後に地震ありしが地震の中にはエホバ在さざりき 又地震の後に火ありしが 火の中にはエホバ在さざりき 火の後に静なる細微き声ありき 列王記略上 19:11 12 明治元訳聖書日本学生宣教会 マタイによる福音書 1 章 21 節 福音書対観 イエスの誕生 マタイ 1:18~25 マタイ

More information

フランシスコ会訳 そこで イエズスは仰せになった サタンよ 退け あなたの神 主を拝み ただ主のみに仕えよ と書き記さている 日本正教会訳 其時イイスス之に謂ふ サタナ 我より退け 蓋 ( けだし ) 錄せるあり 主爾の神を拜せよと 獨 ( ひとり ) 彼のみに事へよと 塚本虎二訳 そこでイエスは言

フランシスコ会訳 そこで イエズスは仰せになった サタンよ 退け あなたの神 主を拝み ただ主のみに仕えよ と書き記さている 日本正教会訳 其時イイスス之に謂ふ サタナ 我より退け 蓋 ( けだし ) 錄せるあり 主爾の神を拜せよと 獨 ( ひとり ) 彼のみに事へよと 塚本虎二訳 そこでイエスは言 Small Voice 細きほそき こえ聲 聖書研究 大いなる強き風山を裂き岩石を砕きしが風の中にはエホバ在さざりき 風の後に地震ありしが地震の中にはエホバ在さざりき 又地震の後に火ありしが 火の中にはエホバ在さざりき 火の後に静なる細微き声ありき 列王記略上 19:11 12 明治元訳聖書日本学生宣教会 マタイによる福音書 4 章 10 節 福音書縦観 荒野の試み マタイ 4:1~11 マタイ 4:1~11

More information

研修コーナー

研修コーナー l l l l l l l l l l l α α β l µ l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l

More information

untitled

untitled . 96. 99. ( 000 SIC SIC N88 SIC for Windows95 6 6 3 0 . amano No.008 6. 6.. z σ v σ v γ z (6. σ 0 (a (b 6. (b 0 0 0 6. σ σ v σ σ 0 / v σ v γ z σ σ 0 σ v 0γ z σ / σ ν /( ν, ν ( 0 0.5 0.0 0 v sinφ, φ 0 (6.

More information

加藤隆 ヴェを の意味が頭に浮かぶ その他 ヤーヴェと共にあって ヤーヴェと同様に の意味ではないかという提案がある LXX では διὰ τοῦ θεοῦ となっていて 神を通して といった意味だと言える 次のような訳が可能なのかもしれない ( 順不同 ) 1) ヤーヴェ同様 わたしはひとりの男性

加藤隆 ヴェを の意味が頭に浮かぶ その他 ヤーヴェと共にあって ヤーヴェと同様に の意味ではないかという提案がある LXX では διὰ τοῦ θεοῦ となっていて 神を通して といった意味だと言える 次のような訳が可能なのかもしれない ( 順不同 ) 1) ヤーヴェ同様 わたしはひとりの男性 千葉大学比較文化研究 3 カインはどのようにして 神のように 振る舞うことになったのか ( 創世記 4,1-16 カインとアベル のエピソード ) 気まぐれな神と 神的に気まぐれなカイン - 加藤隆 Comment Caïn est-il arrivé à se comporter comme Dieu se comporte? (Gn4,1-16 Episode de Caïn et Abel )

More information

* 1 2014 7 8 *1 iii 1. Newton 1 1.1 Newton........................... 1 1.2............................. 4 1.3................................. 5 2. 9 2.1......................... 9 2.2........................

More information

q π =0 Ez,t =ε σ {e ikz ωt e ikz ωt } i/ = ε σ sinkz ωt 5.6 x σ σ *105 q π =1 Ez,t = 1 ε σ + ε π {e ikz ωt e ikz ωt } i/ = 1 ε σ + ε π sinkz ωt 5.7 σ

q π =0 Ez,t =ε σ {e ikz ωt e ikz ωt } i/ = ε σ sinkz ωt 5.6 x σ σ *105 q π =1 Ez,t = 1 ε σ + ε π {e ikz ωt e ikz ωt } i/ = 1 ε σ + ε π sinkz ωt 5.7 σ H k r,t= η 5 Stokes X k, k, ε, ε σ π X Stokes 5.1 5.1.1 Maxwell H = A A *10 A = 1 c A t 5.1 A kη r,t=ε η e ik r ωt 5. k ω ε η k η = σ, π ε σ, ε π σ π A k r,t= q η A kη r,t+qηa kηr,t 5.3 η q η E = 1 c A

More information

2 σ γ l σ ο 4..5 cos 5 D c D u U b { } l + b σ l r l + r { r m+ m } b + l + + l l + 4..0 D b0 + r l r m + m + r 4..7 4..0 998 ble4.. ble4.. 8 0Z Fig.4.. 0Z 0Z Fig.4.. ble4.. 00Z 4 00 0Z Fig.4.. MO S 999

More information

PDF

PDF 1 1 1 1-1 1 1-9 1-3 1-1 13-17 -3 6-4 6 3 3-1 35 3-37 3-3 38 4 4-1 39 4- Fe C TEM 41 4-3 C TEM 44 4-4 Fe TEM 46 4-5 5 4-6 5 5 51 6 5 1 1-1 1991 1,1 multiwall nanotube 1993 singlewall nanotube ( 1,) sp 7.4eV

More information

2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222

2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222 11 2013 * 1 reflection 2007 p. 1997 2008 2005 2010 * redfern51a @gmail.com 221 2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222 11 2013 2010 pp. 72-77 1998 p. 158 2010 p. 77 19922002 3

More information

= hυ = h c λ υ λ (ev) = 1240 λ W=NE = Nhc λ W= N 2 10-16 λ / / Φe = dqe dt J/s Φ = km Φe(λ)v(λ)dλ THBV3_0101JA Qe = Φedt (W s) Q = Φdt lm s Ee = dφe ds E = dφ ds Φ Φ THBV3_0102JA Me = dφe ds M = dφ ds

More information

1

1 016 017 6 16 1 1 5 1.1............................................... 5 1................................................... 5 1.3................................................ 5 1.4...............................................

More information

(2 X Poisso P (λ ϕ X (t = E[e itx ] = k= itk λk e k! e λ = (e it λ k e λ = e eitλ e λ = e λ(eit 1. k! k= 6.7 X N(, 1 ϕ X (t = e 1 2 t2 : Cauchy ϕ X (t

(2 X Poisso P (λ ϕ X (t = E[e itx ] = k= itk λk e k! e λ = (e it λ k e λ = e eitλ e λ = e λ(eit 1. k! k= 6.7 X N(, 1 ϕ X (t = e 1 2 t2 : Cauchy ϕ X (t 6 6.1 6.1 (1 Z ( X = e Z, Y = Im Z ( Z = X + iy, i = 1 (2 Z E[ e Z ] < E[ Im Z ] < Z E[Z] = E[e Z] + ie[im Z] 6.2 Z E[Z] E[ Z ] : E[ Z ] < e Z Z, Im Z Z E[Z] α = E[Z], Z = Z Z 1 {Z } E[Z] = α = α [ α ]

More information

kawa (Spin-Orbit Tomography: Kawahara and Fujii 21,Kawahara and Fujii 211,Fujii & Kawahara submitted) 2 van Cittert-Zernike Appendix A V 2

kawa (Spin-Orbit Tomography: Kawahara and Fujii 21,Kawahara and Fujii 211,Fujii & Kawahara submitted) 2 van Cittert-Zernike Appendix A V 2 Hanbury-Brown Twiss (ver. 1.) 24 2 1 1 1 2 2 2.1 van Cittert - Zernike..................................... 2 2.2 mutual coherence................................. 3 3 Hanbury-Brown Twiss ( ) 4 3.1............................................

More information

橡博論表紙.PDF

橡博論表紙.PDF Study on Retaining Wall Design For Circular Deep Shaft Undergoing Lateral Pressure During Construction 2003 3 Study on Retaining Wall Design For Circular Deep Shaft Undergoing Lateral Pressure During Construction

More information

10:30 12:00 P.G. vs vs vs 2

10:30 12:00 P.G. vs vs vs 2 1 10:30 12:00 P.G. vs vs vs 2 LOGIT PROBIT TOBIT mean median mode CV 3 4 5 0.5 1000 6 45 7 P(A B) = P(A) + P(B) - P(A B) P(B A)=P(A B)/P(A) P(A B)=P(B A) P(A) P(A B) P(A) P(B A) P(B) P(A B) P(A) P(B) P(B

More information

O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6

O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6 O1-1 O1-2 O1-3 O1-4 O1-5 O1-6 O1-7 O1-8 O1-9 O1-10 O1-11 O1-12 O1-13 O1-14 O1-15 O1-16 O1-17 O1-18 O1-19 O1-20 O1-21 O1-22 O1-23 O1-24 O1-25 O1-26 O1-27 O1-28 O1-29 O1-30 O1-31 O1-32 O1-33 O1-34 O1-35

More information

Z: Q: R: C: 3. Green Cauchy

Z: Q: R: C: 3. Green Cauchy 7 Z: Q: R: C: 3. Green.............................. 3.............................. 5.3................................. 6.4 Cauchy..................... 6.5 Taylor..........................6...............................

More information

mains.dvi

mains.dvi 8 Λ MRI.COM 8.1 Mellor and Yamada (198) level.5 8. Noh and Kim (1999) 8.3 Large et al. (1994) K-profile parameterization 8.1 8.1: (MRI.COM ) Mellor and Yamada Noh and Kim KPP (avdsl) K H K B K x (avm)

More information

15 Ἰωάννης μαρτυρεῖ περὶ αὐτοῦ καὶ κέκραγεν λέγων, Οὗτος ἦν ὃν εἶπον, Ὁ ὀπίσω μου ἐρχόμενος ἔμπροσθέν μου γέγονεν, ὅτι πρῶτός μου ἦν. Iôanês marturei

15 Ἰωάννης μαρτυρεῖ περὶ αὐτοῦ καὶ κέκραγεν λέγων, Οὗτος ἦν ὃν εἶπον, Ὁ ὀπίσω μου ἐρχόμενος ἔμπροσθέν μου γέγονεν, ὅτι πρῶτός μου ἦν. Iôanês marturei 1 Ἐν ἀρχῇ ἦν ὁ λόγος, καὶ ὁ λόγος ἦν πρὸς τὸν θεόν, καὶ θεὸς ἦν ὁ λόγος. En archê ên ho logos, kai ho logos ên pros ton theon, kai theos ên ho logos. 2 οὗτος ἦν ἐν ἀρχῇ πρὸς τὸν θεόν. Houtos ên en archêi

More information

翻訳研究への招待 No. 13 (2015) よって 神の義 とはイスラエルとの契約における神の信実 忠実さ (faithfulness) の表れであるというパウロの主張の論点が明瞭になることを確認する その上で 既存の日本語訳を検討する それによって "πίστις" は 信仰も信実も含んだことば

翻訳研究への招待 No. 13 (2015) よって 神の義 とはイスラエルとの契約における神の信実 忠実さ (faithfulness) の表れであるというパウロの主張の論点が明瞭になることを確認する その上で 既存の日本語訳を検討する それによって πίστις は 信仰も信実も含んだことば < 研究ノート > 新約聖書ガラテヤ書 2:16 およびローマ書 3:22 における "πίστις Ἰησοῦ Χριστοῦ" の日本語翻訳検証 Examination of the Japanese translation of "πίστις Ἰησοῦ Χριστοῦ" in Galatians 2:16 and Romans 3:22 関智征 ( 日本薬科大学非常勤講師 ) Abstract

More information

Γ Ec Γ V BIAS THBV3_0401JA THBV3_0402JAa THBV3_0402JAb 1000 800 600 400 50 % 25 % 200 100 80 60 40 20 10 8 6 4 10 % 2.5 % 0.5 % 0.25 % 2 1.0 0.8 0.6 0.4 0.2 0.1 200 300 400 500 600 700 800 1000 1200 14001600

More information

na linguagem de hoje. L.H. Dois dias depois,... 2 pretérito perfeito simples, pretérito indefinido γ ιγνοµαι fio celebrarse nuptiae estar achar-se ger

na linguagem de hoje. L.H. Dois dias depois,... 2 pretérito perfeito simples, pretérito indefinido γ ιγνοµαι fio celebrarse nuptiae estar achar-se ger 12 1 2,1 No terceiro dia, houve uma festa de casamento em Caná da Galiléia, e a mãe de Jesus estava aí. No terceiro dia, houve um casamento em Cana da Galiléia. A mãe de Jesus estava lá. Três dias depois,...,

More information

‚åŁÎ“·„´Šš‡ðŠp‡¢‡½‹âfi`fiI…A…‰…S…−…Y…•‡ÌMarkovŸA“½fiI›ð’Í

‚åŁÎ“·„´Šš‡ðŠp‡¢‡½‹âfi`fiI…A…‰…S…−…Y…•‡ÌMarkovŸA“½fiI›ð’Í Markov 2009 10 2 Markov 2009 10 2 1 / 25 1 (GA) 2 GA 3 4 Markov 2009 10 2 2 / 25 (GA) (GA) L ( 1) I := {0, 1} L f : I (0, ) M( 2) S := I M GA (GA) f (i) i I Markov 2009 10 2 3 / 25 (GA) ρ(i, j), i, j I

More information

~ ~ ~ 1. 部ボート ~ ,.., u~p ととて ~" Bv(t)( 五 ~) B~ B~ θ R N= 札 ~ Vp ' ~r ~~. ~ Ej~ ~p 吐 GRB~ ~ ~V), ~, ~n2 -(1+ 会 )( 山 ~) ~) Bi=14( 山 ß~ m)( 川 ~) (~ ß~) 考察する 前節と同様在考え方て ~'\ れ [ 土ーザ +G B(~CT

More information

p.2/76

p.2/76 kino@info.kanagawa-u.ac.jp p.1/76 p.2/76 ( ) (2001). (2006). (2002). p.3/76 N n, n {1, 2,...N} 0 K k, k {1, 2,...,K} M M, m {1, 2,...,M} p.4/76 R =(r ij ), r ij = i j ( ): k s r(k, s) r(k, 1),r(k, 2),...,r(k,

More information