海外在留邦人数調査統計(平成28年要約版)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "海外在留邦人数調査統計(平成28年要約版)"

Transcription

1 海外在留邦人数調査統計 Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas 平成 28 年要約版 平成 27 年 2015 年 10 月 1 日現在 外務省領事局政策課

2

3 目 次 利用の手引き 1 1. 統計の目的 調査方法及び用語の定義等 統計の目的 調査の方法 調査の対象 統計表の見方 1.5 用語の解説 在留邦人の動向 2.1 全般 2.2 海外在留邦人数推移 地域別在留邦人数推移 地域別永住者数推移 地域別長期滞在者数推移 2.4 男女別在留邦人数推移 2.5 年齢別在留邦人数 2.6 長期滞在者の地域別職業構成 国別在留邦人数上位 50 位推移 国別永住者数上位 50 位推移 国別長期滞在者数上位 50 位推移 2.8 在外公館別在留邦人数推移 2.9 就学別 地域別在留邦人 学齢期 子女数 在留邦人 学齢期 子女数推移 小学生子女数推移 中学生子女数推移 日系企業の動向 3.1 全般 3.2 日系企業 拠点 数推移 3.3 地域別日系企業 拠点 数推移 3.4 国別日系企業 拠点 数上位 50 位推移 3.5 在外公館別日系企業 拠点 数推移

4 4. 統計表 在留邦人 69 全体集計 地域別集計 70 Ⅰ アジア 72 Ⅱ 大洋州 76 Ⅲ 北米 78 Ⅳ 中米 80 Ⅴ 南米 82 Ⅵ 西欧 84 Ⅶ 東欧 旧ソ連 88 Ⅷ 中東 90 Ⅸ アフリカ 統計表 日系企業 97 全体集計 地域別集計 98 Ⅰ アジア 100 Ⅱ 大洋州 104 Ⅲ 北米 106 Ⅳ 中米 108 Ⅴ 南米 110 Ⅵ 西欧 112 Ⅶ 東欧 旧ソ連 116 Ⅷ 中東 118 Ⅸ アフリカ 在外公館の管轄区域区分 124

5 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 平成 27 年 2015 年 10 月 1 日現在 < 利用の手引き > 本調査統計のデータは どなたでも自由に利用 複製 公衆送信 翻訳 変形等の翻案等 できますが 利用する際は出典 外務省 海外在留邦人数調査統計 を明記してください また 編集 加工等して利用する場合は 上記出典とは別に 編集 加工等を行ったことを記載してください 以下外務省ホームページへのリンクは原則として自由ですので, 許可や連絡は不要です ただし, リンクの設定をされる際は, 当省サイトへのリンクである旨明記して下さい 本統計要約版には 地域別 アジアなど 国別及び在外公館別の在留邦人数と日系企業数 拠点数 を記載しています 州 県 省 郡 別 都市別の在留邦人数及び日系企業数 拠点数 については 本年中に政府刊行物として出版予定の詳細版をご覧ください 本要約版の各数値は確定値のため 誤植を除き 原則として詳細版の統計数字と同じ数値となります 過去の海外在留邦人数調査統計速報版 / 要約版 PDF 形式 は 外務省ホームページ に掲載されています また 本要約版に掲載した統計表については Excel 形式のファイルにて 同ホームページより別途ダウンロードすることも可能です 同 Excelファイルには 過去 10 年間の在留邦人数を併記することにより 利用者の利便性を高めています 詳細版につきましては 書店などで購入できる他 国立国会図書館 又は都道府県立図書館 東京都内の区立中央図書館にて閲覧することができます 外務省ホームページに掲載もしますので ダウンロードが可能になります 1 外務省領事局政策課

6 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2 外務省領事局政策課

7 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 1. 統計の目的 調査方法及び用語の定義等 1.1 統計の目的 本調査統計は 海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に資するため 旅券法の定めにより在外公館 日本国大使館 総領事館 に届出されている 在留届 を基礎資料として 各年 10 月 1 日現在の海外在留邦人の実態 所在の確認 緊急時連絡先の変更の有無等 を把握するために行うものです 本統計は 今後の領事政策の立案等に資するための重要な基礎資料として利用されています また 平成 17 年よりは海外における進出日系企業の安全確保に資するため 各年 10 月 1 日現在の進出日系企業の状況 所在の確認等 も併せて把握しています 1.2 調査の方法 本統計は わが国在外公館が平成 27 年 2015 年 10 月 1 日現在 それぞれの管轄区域 兼轄国及び属領も含む 内に在留する邦人数 進出している日系企業数 拠点数 を調査した結果を集計したものです 発表の年度から 平成 28 年要約版 としています なお 台湾については公益財団法人交流協会に 南極については文部科学省に調査を委嘱しました 在留邦人数の調査に際しては 前記のとおり旅券法の定めにより在外公館に提出されている 在留届 を基礎資料として利用しましたが 在留届を提出 更新していない邦人も多数いることが想定されるため 日系企業 日会 邦人研究者 留学生が在籍する大学 研究機関 各種学校等に調査票を配布し 協力を求めました 1.3 調査の対象 1 在留邦人 調査の対象は 海外に在留している日本国民です ア 在留期間が3か月に満たない旅行者等短期滞在者は 移動が多く特定地点における実数把握が難しいことから これら短期滞在者は除外しています 旅券法に定める在留届提出の義務も 外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在するもの に限られています また 国連専門機関である国際民間航空機関 ICAO の勧告及び査証免除協定において 外国に3か月以上滞在しようとする者を短期滞在者と異なる取扱いにしています 3 外務省領事局政策課

8 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 イ 3か月以上海外に在留している邦人は 生活の本拠をわが国から海外へ移した人々 永住者 と 海外での生活は一時的なもので いずれわが国に戻るつもりの人々 長期滞在者 とに分けて集計しています それぞれの定義 分類基準については 1.5 用語の解説 1.4 統計表の見方 を参照 ウ 日本国籍を有しない 日系人 は含まれませんが 日本国籍を有する重国籍者は含まれます エ 南極における在留邦人数は 昭和基地に滞在する隊員を始めとする滞在者全員を対象としており 文部科学省研究開発局海洋地球課からの回答に基づいています 2 日系企業 調査の対象は 海外に進出している日系企業です 現地法人化されていない企業 本邦企業 と 現地法人化されている企業 とに分けて集計しています それぞれの定義 分類基準については 1.5 用語の解説 1.4 統計表の見方 を参照 1.4 統計表の見方 1 統計表の階層 一覧性を高めるため 在留邦人数及び日系企業数 拠点数 共に 以下に示した階層に分けて掲載しています ア 総数 海外に在留している邦人総数 海外に進出している日系企業総数 総拠点数 を掲載しています イ 地域別 世界中を10の地域 アジア 大洋州 北米 中米 南米 西欧 東欧 旧ソ連 中東 アフリカ 南極 に分けて掲載しています なお 地域名のところにある 全体の割合 例 :29.27% 70.27% は その地域 例 : アジア の在留邦人数 日系企業数 拠点数 の全体 全世界 における割合を示します ウ 国 地域 別 地域毎に 国 地域 名を50 音順で掲載しています なお 国 地域 名のところにある 全体の割合 例 :0.66% 6.07% 及び 地域割合 例 :2.2 5% 8.63% は その国 例 : インド の在留邦人数 日系企業数 拠点数 の全体 全世界 における割合 当該地域 例 : アジア における割合をそれぞれ示します また 国 地域 名のところにある 順位 例 :22 3 は その国 地域 例 : インド の在留邦人数 日系企業数 拠点数 の全体 全世界 における順位を示します 4 外務省領事局政策課

9 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 エ 在外公館別 一つの国に複数の在外公館等が置かれている場合 大使館 総領事館には公館名の冒頭を1 マス空け 大使館または総領事館の出張事務所である 領事事務所 注 には 親公館の後に記載の上 事務所名の冒頭を2マス空けて記載しています 注 出張駐在官事務所 は 平成 26 年 8 月 1 日付で 領事事務所 に変更されています なお イスラエルにおいては ガザ地区 東エルサレム地区などには在外公館が置かれていませんが 当該地域の特殊性から 地区毎に区別して集計し 地区名の冒頭を1マス空けて掲載しています また 在外公館として大使館のみが設置されている国の場合には 国名がそのまま表示され 公館名は 表示されている 国名 大使館 例 : 在カンボジア大使館 となります のところにある 全体の割合 例 :0.39% 2.10% 地域割合 例 :1.34% 2.9 8% 及び 自国割合 例 :59.75% 34.55% は その公館 例 : 在インド大使館 の在留邦人数 日系企業数 拠点数 の全体 全世界 における割合 当該地域 例 : アジア における割合 その国 例 : インド における割合をそれぞれ示します 在外公館別の在留邦人数 日系企業数 拠点数 兼轄国及び属領も含む の順位は 2.8 在外公館別在留邦人数推移 3.5 在外公館別日系企業 拠点 数推移 をご覧ください 注 在留邦人数上位の50 都市も含め 州 県 省 郡 別及び都市別の在留邦人数 日系企業数 拠点数 については 本年中に政府刊行物として出版予定の詳細版をご覧ください 2 在留邦人の区分 在留邦人を 長期滞在者 と 永住者 の二つに分類し 長期滞在者についてはさらに職業別 民間企業関係者 報道関係者 自由業関係者 留学生 研究者 教師 政府関係者 その他 で区分すると共に 及びに同伴して在留する の二つに分けてそれぞれ掲載しています それぞれの定義 分類基準については 1.5 用語の解説 を参照 注 この分類は 届出された在留届の分類であり であっても 企業などで働く邦人が含まれる場合があります 3 永住権制度の有無 各国 地域 の 永住権制度 欄には 永住権制度がある場合は 有 ない場合は 無 と記載しています 注 永住権制度は国毎に有無が定められているため 1 国に複数の在外公館が置かれている場合には 在外公館の 永住権制度 欄には表示していません 5 外務省領事局政策課

10 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 4 日系企業の区分 海外に設立されている日系企業については 現地法人化されていない日系企業 本邦企業 と 現地法人化されている日系企業 に大別し 以下の6つ 区分不明を含めると7 に分類し 集計しました なお 同一企業が同じ在外公館の管轄内に複数の事業所を持つ場合には その延べ拠点数を計上しました 例 : 当該域内の3 都市にそれぞれ支店がある場合には 企業数 拠点数 は 3 日系企業区分 ア 本邦企業 現地法人化されていない日系企業 a 支店 b 駐在員事務所 出張所など イ 現地法人化されている日系企業 a 本邦企業が100% 出資した現地法人の 本店 b 同現地法人の 支店 駐在員事務所 出張所 c 合弁企業 d 日が海外に渡って興した企業 ウ 現地法人化されているか否かが不明 統計表の表示 1 本邦企業 ❶ ❷ 2 現地法人企業 ❸ ❹ ❺ ❻ 3 区分不明 注 1 統計表において 国によっては上記 ❶❻の区分で把握できず 現地法人化されているか否かも不明な場合があり その場合には 区分不明 として集計しています 注 2 企業に関する統計は 各在外公館が海外における進出日系企業の安全確保に資するため収集した情報に加え 各企業へのアンケート調査を行って得たものであり 所在国政府や諸機関による統計とは乖離がある可能性があります 1.5 用語の解説 1 在留邦人 海外に3か月以上在留している日本国籍を有する者を指します 在留邦人 は 長期滞在者 永住者 の二つに区分されます 注 1 日の子であっても 日本国籍を有しない者は含みません 注 2 自己の意思により外国籍を取得した者は 国籍喪失届を提出していない場合でも法律の定めにより自動的に日本国籍を喪失しますので 含まれません 2 長期滞在者 3か月以上の海外在留者のうち 海外での生活は一時的なもので いずれわが国に戻るつもりの邦人を指します 注 3か月以上滞在する意思があれば 調査の時点において滞在期間が3か月未満であってもこれに含めています 6 外務省領事局政策課

11 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 3 永住者 原則として 当該在留国等より永住権を認められており 生活の本拠をわが国から海外へ移した邦人を指します 注 1 永住の意思はないが 長期滞在が可能な他の資格がないために やむを得ず永住権を取得した場合や 在留国の人との婚姻により永住権を取得したが いずれ本邦に帰るので永住する意思はないといった場合には からの届出を優先し 長期滞在者 に分類した場合があります 注 2 在留国等に永住権制度がない場合であっても 婚姻などにより永住の意思を持って生活の本拠 住所 をわが国から海外に移し かつ 在留届に 永住 と届出があった者については対象に含めています 注 3 永住権制度がない場合においては 原則届出の内容に基づき集計し 上記 注 2 の例の他 永住の意思を持って居住する親の子供が自分 子供 は永住の意思はなく 将来帰国する予定であるとして 長期滞在者 と届出た場合には 届出を優先し 長期滞在者 として集計しています 4 永住権制度 外国人が在留国の国籍を所持しなくても永住することができる 永住権 制度を指します 5 職業別欄 在留届の筆頭者 を指します 住民票でいう 世帯主 に相当します 6 職業別欄 在留届の 欄に記載されている方 を指します 7 民間企業関係者 以下の方を指します ア 商社 銀行 証券 保険 製造業 運輸 船舶 航空 土木 建設 広告 宣伝 水産 鉱業 林業 旅行斡旋 倉庫 不動産 その他の営利企業及びその関連団体の職員 現地採用職員を含みます 以下同じ イ 経済団体 NGO NPO 等を含みます の職員 ウ 外国企業 本邦における支社や現地法人の有無を問いません の職員 8 報道関係者 以下の方を指します ア 新聞 雑誌 放送 通信社など報道機関の特派員 イ 上記報道機関の現地採用職員 7 外務省領事局政策課

12 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 9 自由業関係者 以下の方を指します ただし その主たる目的が留学 研究にある者は下記 10 に分類しました ア 僧侶 宣教師 イ 文芸家 著述家 上記 8 に含まれる者は除きます ウ 弁護士 会計士 エ 碁 将棋 茶道 華道 日本舞踊 琴 尺八 三味線 柔道 空手 合気道師範等 オ 芸術家 芸能家 音楽家 美術家 写真家を含みます カ 建築家 キ 医師 獣医師 開業又は病院等に雇用されている者 ク 服装 デザイン関係者 ケ 理容師 美容師 看護師 鍼灸師 コック ひな鑑別師 大工 庭師 漁師 ファッションモデル その他の特殊技能者 コ 自営業 サ その他の自由業 10 留学生 研究者 教師 以下の方を指します ア 公費及び私費の留学生 イ 大学 研究所その他の教育 研究機関において教育又は研究に従事している者 ウ 日本語などの教師 日学校等の在外教育施設に政府より派遣されている者は下記 1 1 キ に分類しました 11 政府関係機関職員 以下の方を指します ア 在外公館の職員 派遣職員 家事補助員及び現地採用職員を含む 以下同じ イ 日本銀行及び独立行政法人 以下参照 等の職員 日本原子力研究開発機構 JAEA 日本貿易振興機構 JETRO 国際交流基金 JF 主な独立行政法人国際協力機構 JICA 国際観光振興機構 通称 : 日本政府観光局 JNTO 石油天然ガス 金属鉱物資源機構 JOGMEC ウ 日本商工会議所を始めとする公共性の高い組織の職員 公用旅券所持者 一般旅券所持者の別を問いません エ 地方自治体等の海外事務所の職員 公用旅券所持者 一般旅券所持者の別を問いません オ 技術協力のための政府派遣専門家 技術者及び協力隊員 カ 国連 その他の国際機関 以下参照 の職員 8 外務省領事局政策課

13 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 アジア開発銀行 ADB 国連食糧農業機関 FAO 国際原子力機関 IAEA 国際復興開発銀行 IBRD 国際司法裁判所 ICJ 国際開発協会 IDA 国際金融公社 IFC 国際労働機関 ILO 国際通貨基金 IMF 国際海事機関 IMO 国際電気通信連合 ITU 主な国連専門機関及び国際機関経済協力開発機構 OECD 国連教育科学文化機関 UNESCO 国連開発計画 UNDP 国連環境計画 UNEP 国連難民高等弁務官事務所 UNHCR 国連児童基金 UNICEF 万国郵便連合 UPU 世界銀行 WB 世界保健機関 WHO 世界気象機関 WMO 世界貿易機関 WTO キ 日学校等の在外教育施設に派遣教員として政府より派遣されている者 ク その他公用旅券所持者で派遣及び滞在の経費の全部又は一部が公費でありかつ派遣機関の用務に従事する者 在留資格が主として留学あるいは研究の場合は上記 10 に分類しました 12 長期滞在者職業別 欄 その他 以下の方を指します ア ホテルボーイ ハウスメイド 給仕 掃除婦 その他単純労働者 イ 外国政府職員 注 技術協力のため わが国政府より外国政府に派遣されている者は上記11 に分類しました ウ ワーキング ホリデー制度による滞在者 エ 無職 フリーター オ その他上記何れの分類にも属さない者又は分類不可能若しくは不明の者 13 日系企業 本邦企業 または日 が出資している海外の企業を指します 日系企業は 本邦企業 現地法人化されていない日系企業 と 現地法人化された日系企業 の二つに大別されます 14 本邦企業 現地法人化されていない日系企業 日本国内に登記されている 本社がある 企業を指します 本邦企業の 支店 と 駐在員事務所 出張所など の二つに区分されます 注 本邦企業が 経済協力の工事等で 一時的に事務所を設置した場合でも 調査時点で事務所を設置している場合は 駐在員事務所 出張所など として計上しました 9 外務省領事局政策課

14 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 15 現地法人化された日系企業 本邦企業 または日 が出資している海外の現地法人を指します 本邦企業が出資している海外の現地法人 と 日が海外に渡って興した企業 の二つに区分されます 注 1 本邦企業 または日 が出資している海外の現地法人が 当該国又は第三国に設立した現地法人を含みます 注 2 本邦企業 または日 が出資している海外の現地法人が 外国企業を合併 買収 M& A した場合を含みます 注 3 当該企業が海外に設立された後 本邦企業が撤退し 海外資本のみで運営されている場合を除きます 16 本邦企業が出資している海外の現地法人 本邦企業が100% 出資した現地法人 と 本邦企業が外国企業と共同で出資した現地法人 合弁企業 の二つを指します 本邦企業が100% 出資した現地法人 は 本店 と 支店 駐在員事務所 出張所 の二つに区分しました 注 1 本邦企業が出資している海外の現地法人が親会社となって設立した企業についても 第三国で法人化されている場合を含め計上しており 本邦における親会社の存在を問いません 注 2 本邦企業資本の有無により集計の対象を決定していますので 本邦企業が資本金を出資していない現地企業が 代理店契約等で単なる代理店となっているものは対象に含めていません 17 日が海外に渡って興した企業 日が 本邦企業とは関係なく 海外に渡って興した企業を指します 注 1 本邦には親会社はありませんが 設立後 本邦に支店等を設置している場合があります 注 2 日が海外に渡って興した企業 には 海外で生まれた日本国籍を所持する2 世 3 世等が興した企業についても これに含めて集計しています 10 外務省領事局政策課

15 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2. 在留邦人の動向 2.1 全般 1 在留邦人総数 平成 27 年 2015 年 10 月 1 日現在の集計で わが国の領土外に在留する邦人 日 の総数は 1 31 万 7,078 人で 前年より 2 万 6,903 人 約 2.1% の増加となり 本統計を開始した昭和 43 年以降最 多となりました このうち 長期滞在者 3 か月以上の海外在留者のうち 海外での生活は一時的なも ので いずれわが国に戻るつもりの邦人 は 85 万 9,994 人 同 6,307 人 約 0.7% の増加 で在留邦 人全体の約 65% を占め 永住者 当該在留国等より永住権を認められており 生活の本拠をわが国 から海外へ移した邦人 は 45 万 7,084 人 同 2 万 596 人 約 4.7% の増加 となっています 注 1 在外公館に提出されている 在留届 を基礎資料として算出 以下同じ 注 2 アフガニスタン イラク及びシリアについては 在留邦人の安全上の理由から邦人数等の公表を 差し控えており 本統計には含まれていません ア 増減率 増減率では 約 2.1% の増加となりました 在留邦人は この 5 年間で約 11%13 万 4,521 人 増加しています イ 男女別 男女別では が 63 万 3,383 人 約 48% が 68 万 3,695 人 約 52% であり 平成 11 年以降一貫して が を上回っています 11 外務省領事局政策課

16 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 ウ 地域別 地域別では 北米 が在留邦人全体の約 37%48 万 5,864 人 を占め 昭和 60 年以降一貫して首 位を維持しています 次いで アジア 約 29%38 万 5,507 人 西欧 約 16%21 万 1,445 人 の 順となっています これら 3 地域で全体の 8 割を占めています の増減数では 北米 8,357 人 西欧 6,734 人 アジア 6,009 人 などの地域で 在留邦人が増加した一方 南米 605 人 アフリカ 30 人 では在留邦人が減少しました エ 国別 国別では 米国 に在留邦人全体の約 32%41 万 9,610 人 中国 に約 10%13 万 1,161 人 がそれぞれ在留していて 両国で在留邦人の 4 割以上を占めています 3 位以降は オーストラリア 約 6.8%8 万 9,133 人 英国 約 5.2%6 万 7,997 人 タイ 約 5.1%6 万 7,424 人 カナダ 約 5.0%6 万 6,245 人 ブラジル 約 4.1%5 万 4,014 人 ド イツ 約 3.2%4 万 2,205 人 フランス 約 3.1%4 万 308 人 韓国 約 2.9%3 万 8,060 人 シンガポール 約 2.8%3 万 6,963 人 の順となっています これら 11 か国で全体の 8 割を占めます ブラジルは 昭和 51 年以降在留邦人数が逓減し 最多時 昭和 50 年の 14 万 6,488 人 の約 37% 相 当の人数となりました 次表参照 の増減数では 米国 5,363 人 オーストラリア 4,060 人 タイ 3,139 人 カナ ダ 2,993 人 ドイツ 2,303 人 などで在留邦人が増加した一方 中国 2,741 人 フィリピ ン 1,849 人 イタリア 388 人 ブラジル 363 人 などで在留邦人が減少しました 12 外務省領事局政策課

17 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 上位 7 か国の在留邦人数推移 各年 10 月 1 日現在 440, , , , , , , , , ,000 85,000 75,000 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 米国 中国 オーストラリア 英国 65,000 55,000 タイ 45,000 カナダ 35,000 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 ブラジル 国名 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H18 年比 米国 370, , , , , , , , , , % 13% 中国 125, , , , , , , , , , % 5% オーストラリア 59,285 63,526 66,371 71,013 70,856 74,679 78,664 81,981 85,083 89, % 50% 英国 60,751 63,459 63,017 59,431 62,126 63,011 65,070 67,148 67,258 67, % 12% タイ 40,249 42,736 44,114 45,805 47,251 49,983 55,634 59,270 64,285 67, % 68% カナダ 44,158 47,376 50,201 52,890 54,436 56,891 61,854 62,349 63,252 66, % 50% ブラジル 64,802 61,527 60,578 59,627 58,374 56,767 55,927 56,217 54,377 54, % -17% 13 外務省領事局政策課

18 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2 長期滞在者数 長期滞在者 は 前述のとおり85 万 9,994 人 6,307 人の増加 で 在留邦人全体の約 65% を占めています ア 増減率 増減率では 約 0.7% の増加でした この5 年間で長期滞在者は 約 9.9%7 万 7,344 人 増加しています イ 男女別 男女別では が45 万 7,199 人 約 53% が40 万 2,795 人 約 47% であり が を上回っています の内訳は 民間企業関係者 が約 51%23 万 4,058 人 で最も多く 次いで 民間企業関係者 約 13%6 万 1,141 人 留学生 研究者 教師 約 13%5 万 8,864 人 その他 無職など 約 6.2%2 万 8,368 人 の順となっています の内訳は 民間企業関係者 が約 33%13 万 4,179 人 で最も多く 次いで 留学生 研究者 教師 約 22%9 万 572 人 その他 無職など 約 15%5 万 9,054 人 民間企業関係者 約 8.2%3 万 3,084 人 の順となっています の増減数では が5,105 人 が1,202 人それぞれ増加しています 内訳は 民間企業関係者 2,050 人 その他 無職など 1,728 人 同 1,688 人 などが増加する一方 留学生 研究者 教師 1,671 人 同1,116 人 同969 人 などが減少しました ウ 地域別 地域別では アジア が長期滞在者の約 42%35 万 7,966 人 を占め 平成 18 年以降一貫して首位を維持しています 次いで 北米 約 30%26 万 1,179 人 西欧 約 18%15 万 994 人 の順となっています これら3 地域で長期滞在者の9 割を占めています の増減数では アジア 4,006 人 西欧 3,248 人 大洋州 1,542 人 などで長期滞在者が増加した一方 北米 2,653 人 南米 366 人 アフリカ 51 人 の地域で長期滞在者は減少しました エ 国別 国別では 米国 に長期滞在者の約 27%23 万 6,344 人 中国 に約 15%12 万 7,652 人 がそれぞれ在留していて 両国で長期滞在者の4 割以上を占めています 3 位以降は タイ 約 7.7%6 万 6,088 人 英国 約 5.7%4 万 9,066 人 オーストラリア 約 4.4%3 万 7,482 人 シンガポール 約 4.0%3 万 4,550 人 フランス 約 3.8%3 万 2,420 人 ドイツ 約 3.7%3 万 1,535 人 韓国 約 3.4%2 万 9,127 人 カナダ 約 2.9%2 万 4,834 人 マレーシア 約 2.5%2 万 1,288 人 の順となっています これら11か国で長期滞在者の8 割を占めています 14 外務省領事局政策課

19 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 の増減数では タイ 3,027 人 ドイツ 1,662 人 フランス 1,572 人 などで長期滞在者が増加した一方 米国 4,137 人 中国 3,035 人 フィリピン 2,003 人 英国 617 人 などで長期滞在者は減少しました オ 職業別 職業別では 民間企業関係者 が長期滞在者の約 54%46 万 2,462 人 で最も多く 次いで 留 学生 研究者 教師 約 21%17 万 8,449 人 その他 無職など 約 17%14 万 4,536 人 自由 業関係者 約 5.5%4 万 7,237 人 政府関係者 約 2.7%2 万 3,463 人 の順となっています の増減数では その他 無職など 6,164 人 民間企業関係者 3,350 人 自由業関係者 990 人 報道関係者 182 人 が増加した一方 留学生 研究者 教師 4,008 人 政府関係者 371 人 が減少しました 民間企業関係者 の増減数では 西欧 2,228 人 アジア 2,014 人 大洋州 31 1 人 中米 200 人 などの地域で増加した一方 北米 1,362 人 南米 225 人 などの地域 で減少しました 国別では タイ 2,317 人 ドイツ 946 人 ベトナム 927 人 台湾 721 人 英国 603 人 などで 民間企業関係者 が増加した一方 中国 2,426 人 フィリピン 1, 715 人 米国 1,478 人 などで 民間企業関係者 が減少しました 留学生 研究者 教師 の増減数では 大洋州 732 人 中東 45 人 などの地域で増加した一方 北米 3,142 人 西欧 1,279 人 アジア 246 人 などの地域で減少しました 国別では カナダ 758 人 フランス 594 人 オーストラリア 428 人 ドイツ 237 人 などで 留学生 研究者 教師 が増加した一方 米国 3,900 人 英国 1,935 人 中国 636 人 イタリア 255 人 スペイン 214 人 などで 留学生 研究者 教師 が減少しました 自由業関係者 の増減数では 西欧 521 人 アジア 372 人 などの地域で増加した一 方 南米 67 人 地域で減少しました 国別では ドイツ 238 人 英国 154 人 タイ 144 人 フランス 98 人 ベトナム 97 人 などで 自由業関係者 が増加した一方 中国 79 人 米国 50 人 パラグアイ 47 人 などで 自由業関係者 は減少しました 15 外務省領事局政策課

20 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 3 永住者数 永住者 は 前述のとおり45 万 7,084 人 2 万 596 人の増加 で在留邦人全体の約 35% を占めています ア 増減率 増減率では 約 4.7% の増加でした この5 年間で永住者は 約 14%5 万 7,177 人 増加しています イ 男女別 男女別では が17 万 6,184 人 約 39% が28 万 900 人 約 61% であり が を上回っています の増減数では が7,778 人 が1 万 2,818 人それぞれ増加しています ウ 地域別 地域別では 北米 が永住者の約 49%22 万 4,685 人 を占め 次いで 南米 約 16%7 万 2,1 93 人 大洋州 約 14%6 万 4,716 人 西欧 約 13%6 万 451 人 の順となっています これら4 地域で永住者の9 割以上を占めています の増減数では 北米 1 万 1,010 人 大洋州 3,991 人 西欧 3,486 人 アジア 2,003 人 などの地域で永住者が増加した一方 南米 239 人 地域で永住者は減少しました エ 国別 国別では 米国 に永住者の約 40%18 万 3,266 人 オーストラリア に約 11%5 万 1,651 人 ブラジル に約 11%5 万 573 人 がそれぞれ在留していて 3か国で永住者の6 割を超えています 4 位以降は カナダ 約 9.1%4 万 1,411 人 英国 約 4.1%1 万 8,931 人 アルゼンチン 約 2.5%1 万 1,238 人 ドイツ 約 2.3%1 万 670 人 ニュージーランド 約 2.1%9,652 人 韓国 約 2.0%8,933 人 フランス 約 1.7%7,888 人 の順となっています これら10か国で永住者の8 割以上を占めています の増減数では 米国 9,500 人 オーストラリア 3,062 人 カナダ 1,509 人 英国 1,356 人 などで永住者が増加した一方 ペルー 139 人 ブラジル 116 人 パラグアイ 83 人 などで永住者は減少しました 16 外務省領事局政策課

21 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 17 外務省領事局政策課

22 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2.2 海外在留邦人数推移 各年 10 月 1 日現在 平成元年平成 2 年平成 3 年平成 4 年平成 5 年平成 6 年平成 7 年平成 8 年平成 9 年平成 10 年平成 11 年平成 12 年平成 13 年平成 14 年平成 15 年平成 16 年平成 17 年平成 18 年平成 19 年平成 20 年平成 21 年平成 22 年平成 23 年平成 24 年平成 25 年平成 26 年平成 27 年 長期滞在者永住者 340, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,578 1,012, ,317 1,063, ,774 1,085, ,269 1,116, ,559 1,131, ,569 1,143, ,907 1,182, ,859 1,249, ,747 1,258, ,488 1,290, ,084 1,317, , , , ,000 1,000,000 1,200,000 1,400, 外務省領事局政策課

23 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 年 長期総数永住者滞在者 平成元年 586, % N/A N/A 114, , % 246, % N/A N/A 131,541 平成 2 年 620, % 319, , , , % 246, % 300, , ,771 平成 3 年 663, % 339, , , , % 250, % 323, , ,935 平成 4 年 679, % 347, , , , % 254, % 331, , ,028 平成 5 年 687, % 353, , , , % 254, % 334, , ,851 平成 6 年 689, % 352, , , , % 261, % 337, , ,291 平成 7 年 728, % 373, , , , % 267, % 355, , ,128 平成 8 年 763, % 388, , , , % 271, % 375, , ,458 平成 9 年 782, % 396,711 N/A N/A 507, % 274, % 385,857 N/A N/A 平成 10 年 789, % 394, , , , % 278, % 394, , ,008 平成 11 年 795, % 393, , , , % 280, % 402, , ,293 平成 12 年 811, % 397, , , , % 285, % 414, , ,506 平成 13 年 837, % 409, , , , % 293, % 428, , ,245 平成 14 年 873, % 421, , , , % 285, % 452, , ,315 平成 15 年 911, % 443, , , , % 291, % 467, , ,653 平成 16 年 961, % 467, , , , % 302, % 493, , ,406 平成 17 年 1,012, % 490, , , , % 310, % 522, , ,348 平成 18 年 1,063, % 513, , , , % 328, % 549, , ,236 平成 19 年 1,085, % 528, , , , % 339, % 557, , ,939 平成 20 年 1,116, % 539, , , , % 361, % 577, , ,037 平成 21 年 1,131, % 544, , , , % 373, % 587, , ,391 平成 22 年 1,143, % 548, , , , % 384, % 594, , ,197 平成 23 年 1,182, % 570, , , , % 399, % 612, , ,235 平成 24 年 1,249, % 602, , , , % 411, % 646, , ,025 平成 25 年 1,258, % 607, , , , % 418, % 650, , ,797 平成 26 年 1,290, % 620, , , , % 436, % 669, , ,082 平成 27 年 1,317, % 633, , , , % 457, % 683, , , 外務省領事局政策課

24 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 地域別在留邦人数推移各年 10 月 1 日現在 平成 18 年 19 年 277, ,157 78,099 82, , ,116 8,780 88,662 9,021 85, , , 年 292,632 86, ,532 9,292 85, , 年 302,469 91, ,308 9,546 85, , 年 312,767 91, ,900 9,784 83, , 年 331,796 95, ,835 10,167 82, , 年 362, , ,835 11,112 81, , 年 362, , ,996 11,352 82, , 年 379, , ,507 12,125 80, , 年 385, , ,864 12,354 79, ,445 アジア 大洋州 北米 中米 南米 西欧 東欧 旧ソ連 中東 アフリカ 平成 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年全体比 アジア 277, , , , , , , , , , % 1.58% 大洋州 78,099 82,491 86,553 91,189 91,186 95, , , , ,436 9% 5.08% 北米 414, , , , , , , , , ,864 37% 1.75% 中米 8,780 9,021 9,292 9,546 9,784 10,167 11,112 11,352 12,125 12, % 1.89% 南米 88,662 85,974 85,750 85,009 83,831 82,029 81,754 82,756 80,213 79,608 6% -0.75% 西欧 174, , , , , , , , , ,445 16% 3.29% 東欧 旧ソ連 7,656 8,002 8,051 7,916 7,823 8,112 8,783 8,968 9,061 9, % 2.07% 中東 7,685 8,845 9,754 9,832 9,695 9,452 9,606 9,773 10,083 10, % 4.82% アフリカ 6,351 7,317 7,658 7,888 7,963 8,102 8,236 8,037 8,050 8, % -0.37% 南極 % 8.33% 全世界 1,063,695 1,085,671 1,116,993 1,131,807 1,143,357 1,182,557 1,249,577 1,258,263 1,290,175 1,317, % 2.09% 20 外務省領事局政策課

25 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 地域別永住者数推移各年 10 月 1 日現在 10,671 平成 18 年 19 年 13,435 36,311 39, , ,739 3,174 3,202 83,400 80,828 41,226 43, 年 17,944 43, ,052 3,202 80,137 46, 年 19,475 46, ,087 3,260 79,107 47, 年 20,950 49, ,130 3,147 77,946 48, 年 22,750 52, ,256 3,194 76,168 50, 年 23,705 55, ,949 3,288 74,751 52, 年 23,018 57, ,641 3,347 74,733 53, 年 25,538 60, ,675 3,414 72,432 56, 年 27,541 64, ,685 3,573 72,193 60,451 アジア 大洋州 北米 中米 南米 西欧 東欧 旧ソ連 中東 アフリカ 平成 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年全体比 アジア 10,671 13,435 17,944 19,475 20,950 22,750 23,705 23,018 25,538 27, % 7.84% 大洋州 36,311 39,553 43,236 46,724 49,840 52,908 55,669 57,613 60,725 64,716 14% 6.57% 北米 150, , , , , , , , , ,685 49% 5.15% 中米 3,174 3,202 3,202 3,260 3,147 3,194 3,288 3,347 3,414 3, % 4.66% 南米 83,400 80,828 80,137 79,107 77,946 76,168 74,751 74,733 72,432 72,193 16% -0.33% 西欧 41,226 43,141 46,772 47,833 48,304 50,204 52,911 53,798 56,965 60,451 13% 6.12% 東欧 旧ソ連 ,028 1,119 1,163 1,192 1, % 9.23% 中東 1,393 1,382 1,433 1,520 1,644 1,746 1,804 1,767 1,834 1, % 3.00% アフリカ % 2.95% 南極 % - 全世界 328, , , , , , , , , , % 4.72% 21 外務省領事局政策課

26 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 地域別長期滞在者数推移各年 10 月 1 日現在 平成 18 年 19 年 267, ,722 41,788 42, , , , , ,688 43, , , 年 282,994 44, , , 年 291,817 41, , , 年 309,046 42, , , 年 24 年 338,317 44, , , 年 339,860 47, , , 年 353,960 48, , , 年 357,966 49, , ,994 アジア 大洋州 北米 中米 南米 西欧 東欧 旧ソ連 中東 アフリカ 平成 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年 全体比 アジア 267, , , , , , , , , ,966 42% 1.13% 大洋州 41,788 42,938 43,317 44,465 41,346 42,290 44,651 47,454 48,178 49, % 3.20% 北米 263, , , , , , , , , ,179 30% -1.01% 中米 5,606 5,819 6,090 6,286 6,637 6,973 7,824 8,005 8,711 8, % 0.80% 南米 5,262 5,146 5,613 5,902 5,885 5,861 7,003 8,023 7,781 7, % -4.70% 西欧 132, , , , , , , , , ,994 18% 2.20% 東欧 旧ソ連 6,862 7,129 7,156 6,985 6,855 7,084 7,664 7,805 7,869 7, % 0.99% 中東 6,292 7,463 8,321 8,312 8,051 7,706 7,802 8,006 8,249 8, % 5.22% アフリカ 5,799 6,696 7,060 7,266 7,323 7,449 7,573 7,370 7,337 7, % -0.70% 南極 % 8.33% 全世界 735, , , , , , , , , , % 0.74% 22 外務省領事局政策課

27 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2.4 男女別在留邦人数推移各年 10 月 1 日現在 地域別男女比率 平成 27 年 0% 50% 100% 48% 52% 全世界 62% 38% アジア 37% 63% 大洋州 42% 58% 北米 56% 44% 中米 53% 47% 南米 39% 61% 西欧 54% 46% 東欧 旧ソ連 51% 49% 中東 55% 45% アフリカ 平成 18 年 平成 19 年 平成 20 年 平成 21 年 平成 22 年 平成 23 年 平成 24 年 平成 25 年 平成 26 年 平成 27 年 男女比率推移 0% 50% 100% 48.3% 48.7% 48.3% 48.1% 48.0% 48.2% 48.2% 48.3% 48.1% 48.1% 51.7% 51.3% 51.7% 51.9% 52.0% 51.8% 51.8% 51.7% 51.9% 51.9% 男 女 男 女 地域平成 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年全体比 全世界 アジア 大洋州 北米 中米 南米 西欧 東欧 旧ソ連 中東 アフリカ 南極 男 513, , , , , , , , , , % 2.08% 女 549, , , , , , , , , , % 2.09% 男 171, , , , , , , , , , % 1.38% 女 106, , , , , , , , , , % 1.92% 男 28,853 30,433 31,749 33,179 33,482 34,849 36,648 38,459 39,879 42, % 6.07% 女 49,246 52,058 54,804 58,010 57,704 60,349 63,672 66,608 69,024 72, % 4.51% 男 179, , , , , , , , , , % 1.81% 女 235, , , , , , , , , , % 1.71% 男 4,582 4,707 4,848 5,078 5,171 5,368 5,962 6,206 6,704 6, % 2.28% 女 4,198 4,314 4,444 4,468 4,613 4,799 5,150 5,146 5,421 5, % 1.40% 男 46,644 45,032 44,952 44,552 43,913 43,009 42,813 43,494 42,280 41, % -0.69% 女 42,018 40,942 40,798 40,457 39,918 39,020 38,941 39,262 37,933 37, % -0.83% 男 70,841 70,364 72,165 70,621 68,420 70,675 75,559 75,680 79,512 82, % 4.28% 女 103, , , , , , , , , , % 2.66% 男 4,212 4,396 4,436 4,342 4,229 4,368 4,733 4,880 4,889 5, % 2.41% 女 3,444 3,606 3,615 3,574 3,594 3,744 4,050 4,088 4,172 4, % 1.68% 男 4,177 4,968 5,452 5,285 5,121 4,890 4,807 4,871 5,068 5, % 5.51% 女 3,508 3,877 4,302 4,547 4,574 4,562 4,799 4,902 5,015 5, % 4.13% 男 3,442 4,121 4,439 4,546 4,438 4,528 4,674 4,619 4,537 4, % -2.12% 女 2,909 3,196 3,219 3,342 3,525 3,574 3,562 3,418 3,513 3, % 1.88% 男 % 4.17% 女 % - 23 外務省領事局政策課

28 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2.5 年齢別在留邦人数平成 27 年 10 月 1 日現在 20 歳未満 150, , , 歳代 65,825 87, , 歳代 102, , , 歳代 121, , , 歳代 91,933 73, , 歳以上 100,685 75, , , , , , , ,000 地域 総数 60 歳以上 50 歳代 40 歳代 30 歳代 20 歳代 20 歳未満 計計計計計計 アジア 385,507 47,948 40,656 7,292 61,947 48,063 13,884 92,873 57,305 35,568 65,180 34,962 30,218 28,370 13,075 15,295 89,189 45,591 43,598 大洋州 114,436 6,321 2,667 3,654 8,410 2,762 5,648 18,887 5,259 13,628 27,222 7,685 19,537 23,065 8,661 14,404 30,531 15,267 15,264 北米 485,864 61,243 26,831 34,412 61,568 25,849 35, ,198 36,137 66,061 88,892 33,799 55,093 64,290 27,851 36, ,673 54,383 53,290 中米 12,354 1,701 1, ,513 1, ,532 1,451 1,081 2,638 1,330 1,308 1, ,576 1,342 1,234 南米 79,608 41,028 21,923 19,105 8,080 4,557 3,523 8,582 4,462 4,120 8,216 4,163 4,053 5,638 2,810 2,828 8,064 4,074 3,990 西欧 211,445 16,631 6,377 10,254 20,903 7,457 13,446 45,228 13,719 31,509 49,290 17,617 31,673 26,809 10,965 15,844 52,584 26,779 25,805 東欧 旧ソ連 9, , ,970 1, ,086 1,028 1,058 1, ,111 1,083 1,028 中東 10, , ,424 1,182 1,242 2,438 1,151 1,287 1, ,937 1,426 1,511 アフリカ 8, , , , , , 南極 全世界 1,317, , ,685 75, ,617 91,933 73, , , , , , , ,341 65,825 87, , , ,583 注 各歳別の在留邦人数は 外務省ホームページ 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 Excel 2 に掲載しています 24 外務省領事局政策課

29 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2.6 長期滞在者の地域別職業構成平成 27 年 10 月 1 日現在 300, , , , ,000 50,000 0 民間企業 アジア 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 20,000 15,000 10,000 5,000 0 民間企業 大洋州 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 120, ,000 80,000 60,000 40,000 20,000 0 民間企業 北米 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 民間企業 報道 中米 自由業 留学 研究 政府 その他 4,000 3,000 2,000 1,000 0 民間企業 報道 南米 自由業 留学 研究 政府 その他 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 民間企業 西欧 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 4,000 3,000 2,000 1,000 0 東欧 旧ソ連 民間企業 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 民間企業 報道 中東 自由業 留学 研究 政府 その他 3,000 2,000 1,000 0 民間企業 アフリカ 報道 自由業 留学 研究 政府 その他 地域 民間企業 報道 自由業 留学 研究者 政府 その他 アジア 254,488 1,029 13,965 22,866 6,896 58, ,966 大洋州 9, ,871 21, ,614 49,720 北米 123,589 1,867 13,111 85,243 4,233 33, ,179 中米 5, ,159 8,781 南米 4, ,018 1,142 7,415 西欧 54, ,801 45,728 4,454 30, ,994 東欧 旧ソ連 3, , ,947 中東 5, ,767 8,680 アフリカ 1, ,246 1,387 7,286 南極 全世界 462,462 3,847 47, ,449 23, , , 外務省領事局政策課

30 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 国 地域 別在留邦人数上位 50 位推移各年 10 月 1 日現在 順位 国 地域 名 平成 27 年 在留邦人数 国 地域 名 平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 1 米国 419, % 米国 414, % 米国 412, % 米国 410, % 米国 397, % 2 中国 131, % 中国 133, % 中国 135, % 中国 150, % 中国 140, % 3 オーストラリア 89, % オーストラリア 85, % オーストラリア 81, % オーストラリア 78, % オーストラリア 74, % 4 英国 67, % 英国 67, % 英国 67, % 英国 65, % 英国 63, % 5 タイ 67, % タイ 64, % カナダ 62, % カナダ 61, % カナダ 56, % 6 カナダ 66, % カナダ 63, % タイ 59, % ブラジル 55, % ブラジル 56, % 7 ブラジル 54, % ブラジル 54, % ブラジル 56, % タイ 55, % タイ 49, % 8 ドイツ 42, % ドイツ 39, % ドイツ 37, % ドイツ 38, % ドイツ 36, % 9 フランス 40, % フランス 38, % 韓国 36, % フランス 34, % 韓国 30, % 10 韓国 38, % 韓国 36, % フランス 32, % 韓国 33, % フランス 29, % 11 シンガポール 36, % シンガポール 35, % シンガポール 31, % シンガポール 27, % シンガポール 26, % 12 マレーシア 22, % マレーシア 22, % マレーシア 21, % マレーシア 20, % 台湾 22, % 13 台湾 20, % フィリピン 18, % フィリピン 17, % フィリピン 17, % フィリピン 17, % 14 インドネシア 15 ニュージーランド 18, % 台湾 18, % 台湾 16, % 台湾 15, % ニュージーランド 17, % インドネシア 16 フィリピン 17, % ニュージーランド 17, % インドネシア 16, % ニュージーランド 16, % インドネシア 15, % ニュージーランド 13, % 14, % イタリア 12, % 14, % インドネシア 17 ベトナム 14, % イタリア 13, % イタリア 13, % イタリア 13, % アルゼンチン 18 イタリア 13, % ベトナム 13, % ベトナム 12, % アルゼンチン 19 アルゼンチン 11, % アルゼンチン 11, % アルゼンチン 12, % 11, % 11, % マレーシア 10, % 12, % ベトナム 11, % ベトナム 9, % 20 スイス 10, % スイス 10, % スイス 9, % スイス 9, % スイス 9, % 21 メキシコ 9, % メキシコ 9, % メキシコ 8, % メキシコ 8, % スペイン 7, % 22 インド 8, % インド 8, % インド 7, % スペイン 7, % メキシコ 7, % 23 スペイン 7, % スペイン 8, % スペイン 7, % インド 7, % オランダ 6, % 24 オランダ 7, % オランダ 6, % オランダ 6, % オランダ 6, % インド 5, % 25 ベルギー 6, % ベルギー 5, % ベルギー 5, % ベルギー 5, % ベルギー 5, % 注 在留邦人 : 海外に 3 か月以上在留している日本国籍を有する者 長期滞在者 と 永住者 に区分される 26 外務省領事局政策課

31 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 国 地域 名 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 国 地域 名 在留邦人数 26 グアム ハガッニャ総 4, % グアム ハガッニャ総 4, % グアム ハガッニャ総 4, % グアム ハガッニャ総 4, % グアム ハガッニャ総 4, % 27 アラブ首長国連邦 3, % ペルー 3, % ペルー 3, % パラグアイ 3, % パラグアイ 3, % 28 スウェーデン 3, % パラグアイ 3, % パラグアイ 3, % ペルー 3, % スウェーデン 3, % 29 パラグアイ 3, % アラブ首長国連邦 3, % アラブ首長国連邦 3, % スウェーデン 3, % ペルー 3, % 30 ペルー 3, % スウェーデン 3, % スウェーデン 3, % アラブ首長国連邦 3, % アラブ首長国連邦 3, % 31 オーストリア 3, % オーストリア 3, % オーストリア 2, % ボリビア 2, % ボリビア 2, % 32 ボリビア 2, % ボリビア 2, % ボリビア 2, % オーストリア 2, % オーストリア 2, % 33 ロシア 2, % ロシア 2, % ロシア 2, % ロシア 2, % ロシア 2, % 34 カンボジア 2, % カンボジア 2, % トルコ 1, % アイルランド 1, % アイルランド 1, % 35 トルコ 2, % トルコ 2, % カンボジア 1, % トルコ 1, % トルコ 1, % 36 アイルランド 1, % アイルランド 1, % アイルランド 1, % チェコ 1, % チェコ 1, % 37 フィンランド 1, % フィンランド 1, % チェコ 1, % フィンランド 1, % 南アフリカ 1, % 38 チェコ 1, % チェコ 1, % フィンランド 1, % 南アフリカ 1, % フィンランド 1, % 39 ミャンマー 1, % チリ 1, % 南アフリカ 1, % カンボジア 1, % デンマーク 1, % 40 チリ 1, % デンマーク 1, % チリ 1, % デンマーク 1, % ハンガリー 1, % 41 デンマーク 1, % 南アフリカ 1, % デンマーク 1, % チリ 1, % カタール 1, % 42 南アフリカ 1, % コロンビア 1, % コロンビア 1, % ハンガリー 1, % コロンビア 1, % 43 コロンビア 1, % ミャンマー 1, % ポーランド 1, % コロンビア 1, % チリ 1, % 44 ハンガリー 1, % ハンガリー 1, % ハンガリー 1, % ポーランド 1, % カンボジア 1, % 45 ポーランド 1, % ポーランド 1, % カタール 1, % カタール 1, % ポーランド 1, % 46 ネパール 1, % ネパール 1, % ネパール 1, % エジプト 1, % エジプト 1, % 47 イスラエル及びガザ地区等 1, % ノルウェー 1, % スリランカ 1, % イスラエル及びガザ地区 等 % 北マリアナ諸島 サイパン事 48 サウジアラビア 1, % エジプト 1, % エジプト % パキスタン % イスラエル及びガザ地区等 1, % % 49 ノルウェー 1, % スリランカ 1, % ノルウェー % スリランカ % パキスタン % 50 スリランカ 1, % イスラエル及びガザ地区 等 % イスラエル及びガザ地区等 % 北マリアナ諸島 サイパン事 % スリランカ % 27 外務省領事局政策課

32 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 国 地域 別永住者数上位 50 位推移各年 10 月 1 日現在 順位 国 地域 名 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 平成 23 年 永住者数 1 米国 183, % 米国 173, % 米国 164, % 米国 161, % 米国 156, % 2 オーストラリア 51, % ブラジル 50, % ブラジル 52, % ブラジル 53, % ブラジル 54, % 3 ブラジル 50, % オーストラリア 48, % オーストラリア 45, % オーストラリア 44, % オーストラリア 42, % 4 カナダ 41, % カナダ 39, % カナダ 37, % カナダ 36, % カナダ 35, % 5 英国 18, % 英国 17, % 英国 17, % 英国 16, % 英国 15, % 6 アルゼンチン 11, % アルゼンチン 11, % アルゼンチン 11, % アルゼンチン 11, % アルゼンチン 11, % 7 ドイツ 10, % ドイツ 10, % ドイツ 9, % ドイツ 9, % ドイツ 8, % 8 ニュージーランド 9, % ニュージーランド 8, % ニュージーランド 8, % 韓国 8, % 韓国 8, % 9 韓国 8, % 韓国 8, % フランス 6, % ニュージーランド 8, % ニュージーランド 7, % 10 フランス 7, % フランス 7, % 韓国 6, % フランス 7, % フランス 6, % 11 フィリピン 5, % フィリピン 5, % フィリピン 4, % フィリピン 4, % フィリピン 5, % 12 スイス 5, % スイス 5, % スイス 4, % スイス 4, % スイス 4, % 13 イタリア 4, % イタリア 4, % イタリア 4, % イタリア 4, % イタリア 4, % 14 中国 3, % パラグアイ 3, % パラグアイ 3, % パラグアイ 3, % パラグアイ 3, % 15 パラグアイ 3, % 中国 3, % 中国 2, % スペイン 2, % スペイン 2, % 16 グアム ハガッニャ総 2, % グアム ハガッニャ総 2, % グアム ハガッニャ総 2, % グアム ハガッニャ総 2, % グアム ハガッニャ総 2, % 17 スペイン 2, % スペイン 2, % スペイン 2, % ボリビア 2, % ボリビア 2, % 18 ボリビア 2, % ペルー 2, % ペルー 2, % 中国 2, % ペルー 2, % 19 スウェーデン 2, % ボリビア 2, % ボリビア 2, % ペルー 2, % スウェーデン 2, % 20 ペルー 2, % スウェーデン 2, % スウェーデン 2, % メキシコ 2, % メキシコ 2, % 21 メキシコ 2, % メキシコ 2, % メキシコ 2, % スウェーデン 2, % 中国 2, % 22 シンガポール 2, % シンガポール 2, % シンガポール 1, % シンガポール 1, % 台湾 1, % 23 台湾 2, % 台湾 1, % 台湾 1, % 台湾 1, % オランダ 1, % 24 オランダ 1, % オランダ 1, % マレーシア 1, % オランダ 1, % シンガポール 1, % 25 マレーシア 1, % マレーシア 1, % オランダ 1, % マレーシア 1, % マレーシア 1, % 注 永住者 :3 か月以上の海外在留者のうち 在留国などより永住権を認められており 生活の本拠を我が国から海外に移した邦人 28 外務省領事局政策課

33 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 国 地域 名 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 永住者数 国 地域 名 永住者数 26 タイ 1, % タイ 1, % タイ 1, % タイ 1, % タイ 1, % 27 オーストリア 1, % オーストリア 1, % オーストリア % オーストリア % デンマーク % 28 インドネシア 1, % インドネシア 1, % インドネシア % インドネシア % インドネシア % 29 ベルギー 1, % デンマーク % デンマーク % デンマーク % オーストリア % 30 デンマーク 1, % フィンランド % フィンランド % フィンランド % フィンランド % 31 フィンランド % ベルギー % コロンビア % コロンビア % コロンビア % 32 コロンビア % コロンビア % アイルランド % アイルランド % ドミニカ % 33 アイルランド % アイルランド % ドミニカ % ドミニカ % アイルランド % 34 イスラエル及びガザ地区等 % イスラエル及びガザ地区等 % イスラエル及びガザ地区等 35 トルコ % ドミニカ共和国 % チリ % イスラエル及びガザ地区等 % パキスタン % パキスタン % % イスラエル及びガザ地区等 % 36 ドミニカ共和国 % チリ % パキスタン % チリ % チリ % 37 パキスタン % トルコ % トルコ % トルコ % ギリシャ % 38 チリ % パキスタン % ギリシャ % ギリシャ % イラン % 39 ギリシャ % ギリシャ % ベルギー % イラン % トルコ % 40 ノルウェー % イラン % イラン % ベルギー % ベルギー % 41 イラン % ノルウェー % ノルウェー % ノルウェー % ノルウェー % 42 ポルトガル % ポルトガル % 43 ハンガリー % 44 北マリアナ諸島 サイパン 北マリアナ諸島 サイパン 北マリアナ諸島 サイパン % 北マリアナ諸島 サイパン % 北マリアナ諸島 サイパン % % ポルトガル % ポルトガル % ポルトガル % % ポーランド % ポーランド % ポーランド % ベネズエラ % 45 ポーランド % ハンガリー % ウルグアイ % ウルグアイ % ウルグアイ % 46 チェコ % インド % ハンガリー % ハンガリー % ハンガリー % 47 ベネズエラ % チェコ % ベネズエラ % ベネズエラ % 南アフリカ % 48 南アフリカ % 南アフリカ % 南アフリカ % エジプト % ポーランド % 49 インド % ウルグアイ % チェコ % 南アフリカ % エジプト % 50 ウルグアイ % ベネズエラ % インド % チェコ % チェコ % 29 外務省領事局政策課

34 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 国 地域 別長期滞在者数上位 50 位推移 各年 10 月 1 日現在 順位 国 地域 名 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 平成 23 年 長期滞在者数 1 米国 236, % 米国 240, % 米国 247, % 米国 249, % 米国 241, % 2 中国 127, % 中国 130, % 中国 132, % 中国 147, % 中国 138, % 3 タイ 66, % タイ 63, % タイ 58, % タイ 54, % タイ 48, % 4 英国 49, % 英国 49, % 英国 50, % 英国 48, % 英国 47, % 5 オーストラリア 6 シンガポール 37, % オーストラリア 34, % シンガポール 36, % オーストラリア 7 フランス 32, % フランス 30, % シンガポール 36, % オーストラリア 34, % オーストラリア 32, % 33, % 韓国 29, % ドイツ 29, % ドイツ 28, % 8 ドイツ 31, % ドイツ 29, % ドイツ 28, % シンガポール 29, % フランス 27, % シンガポール 24, % 25, % フランス 22, % 9 韓国 29, % 韓国 28, % フランス 25, % 韓国 25, % 韓国 22, % 10 カナダ 24, % カナダ 23, % カナダ 24, % カナダ 25, % カナダ 21, % 11 マレーシア 21, % マレーシア 20, % マレーシア 19, % マレーシア 18, % 台湾 20, % 12 台湾 18, % インドネシア 13 インドネシア 16, % インドネシア 17, % 台湾 16, % 台湾 15, % インドネシア 15, % 台湾 14, % フィリピン 12, % 13, % インドネシア 11, % 14 ベトナム 14, % フィリピン 13, % フィリピン 13, % フィリピン 13, % ベトナム 9, % 15 フィリピン 11, % ベトナム 13, % ベトナム 12, % ベトナム 11, % マレーシア 9, % 16 イタリア 8, % イタリア 9, % イタリア 9, % イタリア 8, % イタリア 8, % 17 インド 8, % インド 8, % インド 7, % インド 6, % ニュージーランド 5, % 18 ニュージーランド 8, % ニュージーランド 7, % ニュージーランド 7, % ニュージーランド 6, % インド 5, % 19 メキシコ 6, % メキシコ 6, % メキシコ 6, % メキシコ 5, % メキシコ 5, % 20 オランダ 5, % オランダ 5, % ベルギー 5, % ベルギー 5, % ベルギー 4, % 21 ベルギー 5, % スペイン 5, % スイス 5, % スイス 5, % スイス 4, % 22 スペイン 5, % スイス 5, % オランダ 5, % オランダ 4, % スペイン 4, % 23 スイス 5, % ベルギー 4, % スペイン 4, % スペイン 4, % オランダ 4, % 24 アラブ首長国連邦 3, % ブラジル 3, % ブラジル 3, % アラブ首長国連邦 3, % アラブ首長国連邦 2, % 25 ブラジル 3, % アラブ首長国連邦 3, % アラブ首長国連邦 3, % ブラジル 2, % ロシア 2, % 注 長期滞在者 :3 か月以上の海外在留者のうち 海外での生活は一時的なものであり いずれ我が国に戻るつもりの邦人 30 外務省領事局政策課

35 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 国 地域 名 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 国 地域 名 長期滞在者数 26 ロシア 2, % ロシア 2, % ロシア 2, % ロシア 2, % ブラジル 2, % 27 カンボジア 2, % カンボジア 2, % オーストリア 1, % オーストリア 1, % オーストリア 1, % 28 オーストリア 1, % オーストリア 1, % カンボジア 1, % グアム ハガッニャ総 1, % グアム ハガッニャ総 1, % 29 ミャンマー 1, % グアム ハガッニャ総 1, % グアム ハガッニャ総 1, % カンボジア 1, % チェコ 1, % 30 グアム ハガッニャ総 1, % チェコ 1, % チェコ 1, % チェコ 1, % カタール 1, % 31 トルコ 1, % トルコ 1, % トルコ 1, % 南アフリカ 1, % 南アフリカ 1, % 32 チェコ 1, % ミャンマー 1, % ペルー 1, % トルコ 1, % カンボジア 1, % 33 アイルランド 1, % アイルランド 1, % 南アフリカ 1, % スウェーデン 1, % スウェーデン 1, % 34 南アフリカ 1, % 南アフリカ 1, % アイルランド 1, % アイルランド 1, % トルコ 1, % 35 ネパール 1, % ネパール 1, % カタール 1, % カタール 1, % アイルランド 1, % 36 チリ 1, % ハンガリー 1, % ネパール % ハンガリー 1, % ハンガリー 1, % 37 ポーランド % チリ 1, % ポーランド % ペルー % ポーランド % 38 サウジアラビア % カタール % ハンガリー % ポーランド % ペルー % 39 ハンガリー % ポーランド % スリランカ % ネパール % スリランカ % 40 フィンランド % スリランカ % チリ % スリランカ % エジプト % 41 カタール % フィンランド % ミャンマー % エジプト % ネパール % 42 スリランカ % ペルー % スウェーデン % チリ % サウジアラビア % 43 スウェーデン % バングラデシュ % フィンランド % フィンランド % ケニア % 44 バングラデシュ % サウジアラビア % バングラデシュ % バングラデシュ % チリ % 45 ペルー % スウェーデン % サウジアラビア % ケニア % フィンランド % 46 ケニア % エジプト % エジプト % サウジアラ北マリアナ諸ビア % 島 サイパン駐 % 47 エジプト % ケニア % ケニア % ミャンマー % バングラデシュ % 48 ラオス % ラオス % ラオス % 北マリアナ諸島 サイパン駐 % アルジェリア % 49 コロンビア % コロンビア % コロンビア % ラオス % ラオス % 50 ノルウェー, ルクセンブルク % アルゼンチノルウェー % 6.0% ン % コロンビア % ミャンマー % 31 外務省領事局政策課

36 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 2.8 在外公館別在留邦人数推移各年 10 月 1 日現在 順位 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 平成 23 年 在留邦人数 1 ロサンゼルス総 95, % ロサンゼルス総 96, % ロサンゼルス総 97, % ロサンゼルス総 98, % ニューヨーク総 97, % 2 ニューヨーク総 86, % ニューヨーク総 89, % ニューヨーク総 93, % ニューヨーク総 95, % ロサンゼルス総 96, % 3 英国大 65, % 英国大 65, % 英国大 65, % 上海総 78, % 上海総 73, % 4 タイ大 63, % 上海総 62, % 上海総 64, % 英国大 63, % ロンドン総 英国大 61, % 5 上海総 60, % タイ大 60, % タイ大 55, % タイ大 51, % タイ大 46, % 6 サンフランシスコ総 7 サンパウロ総 8 シンガポール大 9 バンクーバー総 44, % サンフランシスコ総 40, % サンパウロ総 36, % シンガポール大 43, % サンパウロ総 41, % サンフランシスコ総 33, % シカゴ総 33, % シンガポール大 10 シカゴ総 33, % バンクーバー総 11 フランス大 33, % フランス大 31, % バンクーバー総 42, % サンパウロ総 41, % サンフランシスコ総 43, % サンパウロ総 41, % サンフランシスコ総 44, % 39, % 35, % シカゴ総 32, % シカゴ総 31, % シカゴ総 30, % 31, % バンクーバー総 31, % シドニー総 29, % 31, % シドニー総 30, % シドニー総 30, % バンクーバー総 30, % フランス大 27, % シンガポール大 28, % 26, % 12 シドニー総 32, % シドニー総 31, % 韓国大 30, % 韓国大 27, % 韓国大 24, % 13 韓国大 31, % 韓国大 30, % フランス大 25, % シンガポール大 14 香港総 27, % アトランタ総 15 デトロイト総 16 メルボルン総 17 ブリスベン総 27, % デトロイト総 25, % アトランタ総 26, % 香港総 27, % 香港総 24, % デトロイト総 22, % デトロイト総 25, % アトランタ総 27, % アトランタ総 24, % 香港総 23, % 24, % 25, % フランス大 23, % 25, % 香港総 22, % 交流協会台北事務所 19, % 21, % 広州総 20, % 広州総 20, % ボストン総 20, % ホノルル総 18, % 18 ホノルル総 21, % ブリスベン総 20, % ホノルル総 20, % 広州総 19, % ボストン総 18, % 19 広州総 21, % ホノルル総 20, % ボストン総 19, % ホノルル総 19, % デトロイト総 20 アトランタ総 20, % メルボルン総 20, % ブリスベン総 21 ボストン総 19, % ボストン総 19, % メルボルン総 19, % ブリスベン総 18, % メルボルン総 18, % 18, % 広州総 17, % 17, % メルボルン総 22 トロント総 18, % トロント総 17, % トロント総 17, % トロント総 17, % ブリスベン総 23 マレーシア大 24 交流協会台北事務所 18, % マレーシア大 17, % 交流協会台北事務所 16, % マレーシア大 16, % 交流協会台北事務所 17, % 16, % 16, % 中国大 16, % トロント総 16, % 14, % マレーシア大 15, % 中国大 15, % 25 米国大 15,066 - フィリピン 14,413 大 4.0% フィリピン交流協会台 13,853 大 2.4% 13,748 北事務所 -28.4% マニラ総 フィリピン 13, % 大 注 1 在外公館が複数の国 地域を管轄している場合 巻末の 在外公館の管轄区域区分 を参照 は 兼轄国 地域 属領を加算して集計しています 注 2 在留邦人数が同数の場合は 原則として 50 音順で順位付けをしています 注 3 大 は大使館 総 は総領事館 事 は領事事務所 駐 は出張駐在官事務所を示します 32 外務省領事局政策課

37 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 26 インドネシア大 27 デュッセルドルフ総 14, % インドネシア大 13, % 中国大 13, % フィリピン大 13, % シアトル総 12, % シアトル総 13, % デュッセルドルフ総 28 シアトル総 13, % ミュンヘン総 29 ミュンヘン総 30 フィリピン大 12, % デュッセルドルフ総 13, % 中国大 12, % インドネシア大 12, % デュッセルドルフ総 31 中国大 11, % アルゼンチン大 32 アルゼンチン大 33 ナッシュビル総 11, % アルゼンチン大 11, % ナッシュビル総 11, % ナッシュビル総 11, % ミュンヘン総 12, % アルゼンチン大 12, % ミュンヘン総 12, % インドネシア大 13, % デュッセルドルフ総 12, % アルゼンチン大 12, % 11, % 11, % シアトル総 11, % 11, % ミュンヘン総 10, % 10, % ナッシュビル総 9, % 10, % シアトル総 10, % デンバー総 9, % 9, % ナッシュビル総 10, % ジャカルタ総 インドネシア大 8, % 10, % オークランド総 9, % マイアミ総 9, % マイアミ総 8, % マイアミ総 8, % 34 オークランド総 9, % マイアミ総 9, % オークランド総 9, % デンバー総 8, % カルガリー総 7, % 35 マイアミ総 9, % メキシコ大 9, % パース総 8, % オークランド総 8, % ヒューストン総 7, % 36 ヒューストン総 9, % ヒューストン総 8, % メキシコ大 8, % メキシコ大 8, % オークランド総 7, % 37 メキシコ大 9, % デンバー総 7, % ヒューストン総 8, % パース総 7, % ミラノ総 7, % 38 パース総 7, % ミラノ総 7, % カルガリー総 8, % カルガリー総 7, % メキシコ大 7, % 39 ホーチミン総 7, % パース総 7, % ミラノ総 7, % ミラノ総 7, % パース総 7, % 40 デンバー総 7, % カルガリー総 7, % デンバー総 7, % ヒューストン総 7, % ポートランド総 6, % 41 オランダ大 7, % ホーチミン総 7, % ポートランド駐 6, % ポートランド総 6, % オランダ大 6, % 42 カルガリー総 7, % オランダ大 6, % ホーチミン総 6, % スイス大 6, % スイス大 6, % 43 ミラノ総 7, % スイス大 6, % スイス大 6, % オランダ大 6, % マレーシア大 6, % 44 ベトナム大 6, % ポートランド事 6, % オランダ大 6, % フランクフルト総 6, % 大連駐 6, % 45 スイス大 6, % 釜山総 6, % 大連駐 6, % ホーチミン総 6, % フランクフルト総 5, % 46 ポートランド事 6, % ベトナム大 6, % 釜山総 6, % 大連駐 5, % 釜山総 5, % 47 イタリア大 6, % フランクフルト総 6, % フランクフルト総 5, % 釜山総 5, % ベルギー大 5, % 48 釜山総 6, % イタリア大 6, % イタリア大 5, % イタリア大 5, % イタリア大 5, % 49 ベルギー大 6, % 大連事 5, % ベルギー大 5, % ベルギー大 5, % ホーチミン総 5, % 50 フランクフルト総 5, % ベルギー大 5, % ベトナム大 5, % ベトナム大 5, % ハンブルク総 4, % 注 出張駐在官事務所 は 平成 26 年 8 月 1 日付で 領事事務所 に変更されています 除くジョホール バル出張駐在官事務所 33 外務省領事局政策課

38 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 51 大連事 5, % インド大 5, % ハンブルク駐 5, % ハンブルク総 4, % ベトナム大 4, % 52 インド大 5, % ハンブルク事 4, % インド大 4, % ハガッニャ総 4, % ハガッニャ総 4, % 53 モントリオール総 54 ニュージーランド大 5, % モントリオール総 4, % ハガッニャ総 4, % インド大 4, % スペイン大 4, % 4, % ハガッニャ総 4, % モントリオール総 4, % スペイン大 4, % クリチバ総 3, % 55 ハンブルク事 4, % ニュージーランド大 4, % スペイン大 4, % クリチバ総 3, % チェンマイ総 3, % 56 ハガッニャ総 4, % スペイン大 4, % ドイツ大 4, % ドイツ大 3, % ドイツ大 3, % 57 クリチバ総 4, % ドイツ大 4, % ペルー大 3, % チェンマイ総 3, % ケアンズ駐 3, % 58 ドイツ大 4, % チェンマイ総 3, % チェンマイ総 3, % モントリオール総 3, % インド大 3, % 59 スペイン大 4, % ケアンズ事 3, % ニュージーランド大 3, % ペルー大 3, % スウェーデン大 3, % 60 チェンマイ総 3, % クリチバ総 3, % クリチバ総 3, % スウェーデン大 3, % モントリオール総 3, % 61 ケアンズ事 3, % ペルー大 3, % ケアンズ駐 3, % ケアンズ駐 3, % 交流協会高雄事務所 3, % 62 ペナン総 3, % バルセロナ総 3, % バルセロナ総 3, % ニュージーランド大 3, % ニュージーランド大 3, % 63 スウェーデン大 3, % ペナン総 3, % ペナン総 3, % バルセロナ総 3, % バルセロナ総 3, % 64 リヨン事 3, % ジュネーブ事 3, % ジュネーブ駐 3, % リヨン駐 3, % ペルー大 3, % 65 ジュネーブ事 3, % リヨン事 3, % スウェーデン大 3, % ジュネーブ駐 3, % 青島総 3, % 66 バルセロナ総 3, % スウェーデン大 3, % リヨン駐 3, % ペナン総 3, % ジュネーブ駐 2, % 67 ペルー大 3, % マルセイユ総 3, % マルセイユ総 3, % マルセイユ総 3, % クライストチャーチ駐 2, % 68 マルセイユ総 3, % オーストリア大 3, % 青島総 2, % クライストチャーチ駐 2, % マルセイユ総 2, % 69 クライストチャーチ事 3, % セブ事 2, % クライストチャーチ駐 2, % オーストリア大 2, % リヨン駐 2, % 70 オーストリア大 3, % クライストチャーチ事 2, % オーストリア大 2, % 青島総 2, % オーストリア大 2, % 交流協会 71 高雄事務所 2, % 青島総 2, % ベレン総 2, % セブ駐 2, % ペナン総 2, % 72 デンパサール総 2, % デンパサール総 2, % ドバイ総 2, % ベレン総 2, % ベレン総 2, % 73 ドバイ総 2, % ドバイ総 2, % セブ駐 2, % サンタクルス駐 2, % セブ駐 2, % 74 セブ事 2, % サンタクルス事 2, % デンパサール総 2, % デンパサール総 2, % サンタクルス駐 2, % 75 サンタクルス事 2, % ベレン事 2, % サンタクルス駐 2, % ドバイ総 2, % デンパサール総 2, % 34 外務省領事局政策課

39 海外在留邦人数調査統計 平成 28 年要約版 順位 平成 27 年平成 26 年平成 25 年平成 24 年平成 23 年 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 在留邦人数 76 ベレン事 2, % 交流協会高雄事務所 2, % リオデジャネイロ総 2, % リオデジャネイロ総 2, % ドバイ総 2, % 77 カンボジア大 2, % カンボジア交流協会高交流協会高大 2, % 雄事務所 2, % 雄事務所 2, % リオデジャネイロ総 2, % 78 青島総 2, % リオデジャネイロ総 2, % エディンバラ総 1, % エンカルナシオン駐 2, % エンカルナシオン駐 2, % 79 エディンバラ総 2, % エディンバラ総 2, % ロシア大 1, % カナダ大 1, % エディンバラ総 1, % 80 ロシア大 2, % ロシア大 2, % エンカルナシオン駐 1, % エディンバラ総 1, % パラグアイ大 1, % 81 リオデジャネイロ総 2, % エンカルナシオン事 1, % 瀋陽総 1, % ロシア大 1, % ロシア大 1, % 82 アイルランド大 1, % アイルランド大 1, % カンボジア大 1, % 瀋陽総 1, % 瀋陽総 1, % 83 エンカルナシオン事 1, % フィンランド大 1, % アイルランド大 1, % パラグアイ大 1, % カナダ大 1, % 84 フィンランド大 1, % チェコ大 1, % パラグアイ大 1, % アイルランド大 1, % アイルランド大 1, % 85 チェコ大 1, % カナダ大 1, % カナダ大 1, % チェコ大 1, % チェコ大 1, % 86 ミャンマー大 1, % パラグアイ大 1, % チェコ大 1, % フィンランド大 1, % フィンランド大 1, % 87 パラグアイ大 1, % 瀋陽総 1, % レシフェ駐 1, % ダバオ駐 1, % ダバオ駐 1, % 88 イスタンブール総 1, % チリ大 1, % フィンランド大 1, % カンボジア大 1, % デンマーク大 1, % 89 チリ大 1, % ダバオ事 1, % ダバオ駐 1, % デンマーク大 1, % ハンガリー大 1, % 90 デンマーク大 1, % イスタンブール総 1, % イスタンブール総 1, % チリ大 1, % マナウス総 1, % 91 カナダ大 1, % デンマーク大 1, % チリ大 1, % ハンガリー大 1, % イスタンブール総 1, % 92 ダバオ事 1, % コロンビア大 1, % デンマーク大 1, % イスタンブール総 1, % カタール大 1, % 93 瀋陽総 1, % ミャンマー大 1, % 米国大 1, % コロンビア大 1, % コロンビア大 1, % 94 コロンビア大 1, % ハンガリー大 1, % コロンビア大 1, % ポーランド大 1, % チリ大 1, % 95 ハンガリー大 1, % レシフェ事 1, % ポーランド大 1, % マナウス総 1, % カンボジア大 1, % 96 ポーランド大 1, % ポーランド大 1, % ハンガリー大 1, % スリランカ大 1, % ポーランド大 1, % 97 オーストラリア大 1, % スリランカ大 1, % マナウス総 1, % カタール大 1, % レシフェ駐 1, % 98 ベンガル - ル事 1, % マナウス総 1, % スリランカ大 1, % エジプト大 1, % スリランカ大 1, % 99 スリランカ大 1, % オーストラリア大 1, % 重慶総 1, % レシフェ駐 1, % エジプト大 1, % 100 レシフェ事 1, % ベンガルール事 1, % オーストラリア大 1, % オーストラリア大 1, % サイパン駐 1, % 注 バンガロール出張駐在官事務所 後に領事事務所 は 平成 27 年 1 月 1 日付で ベンガルール領事事務所 に変更されています 35 外務省領事局政策課

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム ) 面積 449 万 km2 日本 (37.8 万 km2 ) の11.9 倍 世界 (1 億 3,43

1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム ) 面積 449 万 km2 日本 (37.8 万 km2 ) の11.9 倍 世界 (1 億 3,43 目で見る ASEAN -ASEAN 経済統計基礎資料 - 1.ASEAN 概要 1 2.ASEAN 各国経済情勢 9 3. 我が国と ASEAN との関係 13 平成 29 年 8 月 アジア大洋州局地域政策課 1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

海外在留邦人数調査統計速報印刷版H24

海外在留邦人数調査統計速報印刷版H24 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 年 速 報 版 ( 平 成 年 月 日 現 在 ) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 ( 平 成 年 速 報 版 ) 本 調 査 統 を 転 載 する 場 合 には 事 前 に 領 事 IT 班 ( - 千 代 田 区 霞 が

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

2015 2015 ユニセフの地域ごとの事業支出割合 2014年 計41億3,100万ドル 57 サハラ以南のアフリカ 18 アジア 14 中東と北アフリカ 4 ラテンアメリカとカリブ海諸国 3 中部 東部ヨーロッパ 独立国家共同体 残り4 は 地域間にまたがる事業 ユニセフ協会 国内委員会 がある国と地域 ユニセフ事務所とユニセフ協会の両方がある国 この地図は国境の法的地位についての何らかの立場を示す

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

AFF2016_FullBrochure_Japanese_0809

AFF2016_FullBrochure_Japanese_0809 スポンサーシップ オポチュニティー AFFは2,600人を超えるグローバルな金融 ビジネス界で活躍するCEOや上級幹部の方々を迎え 貴重なマーケティングの機会 を提供します スポンサー企業のご要望に応じたスポンサーパッケージをご用意致しますので お問い合わせください 過去のAFFスポンサー企業の皆様 一部 参加料金 通常料金 早期割引料金 20% オフ 1,100USドル 880USドル 8,600香港ドル

More information

子どもの貧困第2稿.indd

子どもの貧困第2稿.indd 埼玉県議会議員 県政報告資料 Vol. NEWS 発行年月日 201 年 1 月 5 日 発行 埼玉県議会議員 小久保憲一 子どもの貧困 子どもの 貧困 現状と支援 と支援 15.7 これは 日本の子どもの貧困率です 貧困 というと 私たちは発展途上国を思い浮かべ てしまいますが これは 絶対的貧困 と呼ばれ 1日の生活費が 1.25 ドル 約 150 円 以下の 状況のことです 日本の場合 これとは別に

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

サポートされている国番号

サポートされている国番号 APPENDIX B この付録には Cisco Wireless LAN Solution がサポートされているの一覧を記載します この付録の内容は 次のとおりです (P. B-1) Cisco Wireless LAN Solution は 表 B-1 に示す々での運用を承認されている または承認される予定であり 現在のの要件を完全に満たしています ここに記載された最大規制送信電力レベル限度は 番号設定によって定義され

More information

L21_WBS_パンフ_

L21_WBS_パンフ_ レオパレス21の海外拠点 海外情報拠点 シンガポール 企業様のさらなるチカラになるために 海外展開をスピードアップさせております 海外物件仲介 紹介 レオパレス21の国内住居の契約が可能 海外物件仲介 紹介 レオパレス21の国内住居の紹介が可能 ソウル 韓国 台北 台湾 ホーチミン ベトナム ハノイ ベトナム 株式会社レオパレス21 株式会社レオパレス21 LEOPALACE21 VIETNAM CO.,

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

到 時 刻 名 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 時 刻 名 目 的 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 08:40 NH3232 仙 台 735 月 火 水 木 金 土 日 08:40 DL287 サイパン 757 月 火 - 木 金 土 - 08:45 AI306 デリー 788 -- 水 -

到 時 刻 名 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 時 刻 名 目 的 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 08:40 NH3232 仙 台 735 月 火 水 木 金 土 日 08:40 DL287 サイパン 757 月 火 - 木 金 土 - 08:45 AI306 デリー 788 -- 水 - 1 到 時 刻 名 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 時 刻 名 目 的 地 機 材 運 航 曜 日 備 考 空 港 到 06:20 AM58 モンテレイ 788 月 - 水 -- 土 日 メキシコシティ モンテレイ 経 由 06:20 QF21 シドニー 744 月 火 水 木 金 土 日 7 月 31 日 まで 運 航 06:20 TG640 バ ン コ ク( ス ワ ン ナ プ ー ム )

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

global professional Client-Focused

global professional Client-Focused 法務法人地平 global professional Client-Focused Introduction 3 Vision Values 4 Philosophy & Overview Offices 晸 5 Practice Areas 業務分野 企業買収 合併 企業一般 国際取引 ファイナンス 証券 建設 不動産 公正取引 倒産 構造調整 知的財産権 租税 労使関係 海上 刑事 家事 訴訟

More information

Microsoft PowerPoint - NRW??????2015-8

Microsoft PowerPoint - NRW??????2015-8 図で るノルトライン ヴェストファーレン州経済 ( ノルトライン ヴェストファーレン州経済関係を含む ) 在デュッセルドルフ 本国総領事館 2015 年 8 基礎データ 積 : 34,110k m2 ( 全独 4 位 ) ( 参考 :1 都 6 県 [ 東京都 神奈川県 千葉県 埼 県 茨城県 群 県 栃 県 ] の 積 32,429k m2を上回る ) 全独 357,340k m2の 10% (

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県

Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7 月 1 日現在の本道の事業所数 ( 国及び地方公共団体の事業所を含む 事業内容不詳の事業所を含む ) は 25 万 3,139 事業所 従業者数は 245 万 7,843 人となっており 全国順位は 事業所数 従業者数ともに 東京都 大阪府 愛知県 平成 26 年経済センサス - 基礎調査速報結果の概要 平成 27 年 7 月 北海道総合政策部情報統計局統計課 060-8588 札幌市中央区北 3 条西 7 丁目北海道総合政策部情報統計局統計課経済統計グループ電話 011-204-5145( ダイヤルイン ) URL http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tuk/ Ⅰ 事業所に関する集計 1 概況平成 26 年 7

More information

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期)

海外たばこ事業実績補足資料(2015 年1-3 月期) 2015 年 0 月 30 日日本たばこ産業株式会社 Japan Tobacco International (JTI) 海外たばこ事業実績補足資料 (2015 年 1-3 月期 ) JTI 力強いプライシングにより為替一定ベースで増収増益 1-3 月 前年同期比 総販売数量 1 881 877 0.5% GFB 販売数量 1 600 553 8.% 自社たばこ製品売上収益 2 2,369 2,761-1.2%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

訪日外国人旅行者数の推移 2015 年 9 月の訪日外国人旅行者数は 9 月として過去最高となる 万人 ( 前年比 46.7% 増 ) 1~9 月の合計では 1,448.8 万人 ( 前年比 48.8% 増 ) となった 10 月 9 日時点で 1500 万人を超えたことを確認しており

訪日外国人旅行者数の推移 2015 年 9 月の訪日外国人旅行者数は 9 月として過去最高となる 万人 ( 前年比 46.7% 増 ) 1~9 月の合計では 1,448.8 万人 ( 前年比 48.8% 増 ) となった 10 月 9 日時点で 1500 万人を超えたことを確認しており 資料 7-1 観光をめぐる現状と課題等について 平成 27 年 11 月 9 日 ( 月 ) 国土交通大臣 石井啓一 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 訪日外国人旅行者数の推移 2015 年 9 月の訪日外国人旅行者数は 9 月として過去最高となる 161.2 万人 ( 前年比 46.7% 増 ) 1~9 月の合計では 1,448.8

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

海外主要都市の無料Wi-Fi状況に関する調査

海外主要都市の無料Wi-Fi状況に関する調査 海外主要都市の無料 Wi-Fi 状況 に関する調査 NTT コミュニケーションズ株式会社 出典 : 日経 BP コンサルティング 15 年 月調査 アトランタ ( アメリカ ) 契約なしで利 できる ポイントの少なさでマイナス シカゴ ( アメリカ ) アメリカ屈指の Wi-Fi 都市都市部は快適に利 可能! デトロイト ( アメリカ ) 財政破綻で普及ペースが鈍化エリア限定で快適に利 可能!.7(

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

47 45 41 37 29 25 21 2 17 15 13 9 5 7 3 48 2 1

47 45 41 37 29 25 21 2 17 15 13 9 5 7 3 48 2 1 2 1 2 Corporate Social Responsibility Report KANSAI INTERNATIONAL AIRPORT CO., LTD. 47 45 41 37 29 25 21 2 17 15 13 9 5 7 3 48 2 1 関西国際空港の概要 国内で唯一 4,m 級の複数滑走路を持つ 完全 24 時間運用の国際拠点空港です 発着回数 航空旅客数 うち 国際線 7.7万回

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い

発育状態調査 身長 身長 ( 平均値 ) は 前年度と比較すると 男子は 12~15 歳で前年度を上回り 女子は 5,6,8,9,14,16 歳で前年度を上回っている (13 年齢区分中 男子は増加 4 減少 6 女子は増加 6 減少 5) との比較では 男子は全ての年齢で 女子は 5,9 歳を除い 女子の肥満傾向児の出現率 7 歳を除いた全ての年齢で平均を上回る平成 27 年度学校保健統計調査結果速報 ( 分 ) 文部科学省から公表された平成 27 年度学校保健統計調査結果速報のうち 分をまとめたものです 調査の概要学校保健統計調査は 幼児 児童及び生徒 ( 以下 児童等 という ) の発育及び健康の状態を明らかにするために 昭和 23 年度から毎年実施されている基幹統計調査です 文部科学大臣が指定した県内

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

18 アジア アセアン生産拠点別の生産台数 マレーシア ( 旧カウント ) 生産拠点 ( タイ ) ( フィリピン ) ( インドネシア ) ( マレーシア ) ( 台湾 ) ( 中国 ) ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( インド ) ( バングラデシュ ) ( ベトナム ) 合計 三菱自動車

18 アジア アセアン生産拠点別の生産台数 マレーシア ( 旧カウント ) 生産拠点 ( タイ ) ( フィリピン ) ( インドネシア ) ( マレーシア ) ( 台湾 ) ( 中国 ) ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( インド ) ( バングラデシュ ) ( ベトナム ) 合計 三菱自動車 地域別情報 アジア アセアン その他の地域での活動 主な事業拠点 タイ フィリピン ベトナム マレーシア 事業内容 : 自動車及び部品の製造 販売出資 : 三菱自動車 エイシアン トランスミッション コーポレーション 住所 : フィリピン ラグナ資本金 : 千フィリピンペソ事業内容 : 自動車トランスミッションの製造出資 : 三菱自動車 % インドネシア 事業内容 : 自動車の輸入 販売出資 : 三菱自動車

More information

18 アジア アセアン生産拠点別の生産台数 マレーシア ( 旧カウント ) 生産拠点 ( タイ ) ( フィリピン ) ( インドネシア ) ( マレーシア ) ( 台湾 ) ( 中国 ) ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( インド ) ( バングラデシュ ) ( ベトナム )

18 アジア アセアン生産拠点別の生産台数 マレーシア ( 旧カウント ) 生産拠点 ( タイ ) ( フィリピン ) ( インドネシア ) ( マレーシア ) ( 台湾 ) ( 中国 ) ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( 中国 ) * ( インド ) ( バングラデシュ ) ( ベトナム ) 地域別情報 アジア アセアン その他の地域での活動 主な事業拠点 タイ フィリピン ベトナム マレーシア 事業内容 : 自動車及び部品の製造 販売 出資 : 三菱自動車 エイシアン トランスミッション コーポレーション 住所 : フィリピン ラグナ 資本金 : 千フィリピンペソ 事業内容 : 自動車トランスミッションの製造 議決権の所有割合 : インドネシア 事業内容 : 車両販売出資 : 三菱自動車

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

平 成 27 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2015 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 27 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2015 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 管 理 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 6 月 17 日 理 事 長 松 山 良 一 訪 日 外 客 数 (2015

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798F4390B38DCF817A3130303231362093FA967B97B78D738BC68BA689EF8D7589898E9197BF816993638CFB918D8A87816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798F4390B38DCF817A3130303231362093FA967B97B78D738BC68BA689EF8D7589898E9197BF816993638CFB918D8A87816A> 空 港 の 現 状 延 べ 投 資 額 : 約 2 兆 2 千 億 円 ( 沖 合 展 開 以 降 ) 年 間 利 用 者 数 : 約 6,57 万 人 ( 平 成 2 年 度 ) 世 界 第 4 位 の 旅 客 数 我 が 国 の 国 内 旅 客 の 約 6 割 は 空 港 利 用 者 ( 国 内 線 ) 約 6,32 万 人 ( ) 約 25 万 人 国 内 定 期 便 48 都 市 433 便

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

タイの相手国別対内直接投資 TOP5 ( 2013 年認可ベース ) 4. シンガポール 3% 3. 香港 6% 5. 台湾 2% その他 9% 2. 欧州 11% 1. 日本 69% 出所 : タイ投資委員会 (BOI) Copyright (C) 2015 JETRO. All rights r

タイの相手国別対内直接投資 TOP5 ( 2013 年認可ベース ) 4. シンガポール 3% 3. 香港 6% 5. 台湾 2% その他 9% 2. 欧州 11% 1. 日本 69% 出所 : タイ投資委員会 (BOI) Copyright (C) 2015 JETRO. All rights r 日本の投資環境とタイ企業の ビジネスチャンス Chairman & CEO, Japan External Trade Organization (JETRO) Copyright (C) 2015 JETRO. All rights reserved. タイの相手国別対内直接投資 TOP5 ( 2013 年認可ベース ) 4. シンガポール 3% 3. 香港 6% 5. 台湾 2% その他 9%

More information

第 1 章調査の概要 第 1 節調査の目的 我が国が国際経済社会の中で競争力を維持し発展を続けていくためには 世界に先んじた知財戦略を構築し 我が国企業等が国際市場において活動を行いやすい環境を整備することが求められている そして企業においては 経済のグローバル化が進展する中 日本国内だけでなく 世

第 1 章調査の概要 第 1 節調査の目的 我が国が国際経済社会の中で競争力を維持し発展を続けていくためには 世界に先んじた知財戦略を構築し 我が国企業等が国際市場において活動を行いやすい環境を整備することが求められている そして企業においては 経済のグローバル化が進展する中 日本国内だけでなく 世 平成 25 年度 商標出願動向調査報告書 ( 概要 ) - マクロ調査 - 平成 26 年 2 月 特許庁 問い合わせ先特許庁総務部企画調査課技術動向班電話 :3-3581-111( 内線 2155) - - 第 1 章調査の概要 第 1 節調査の目的 我が国が国際経済社会の中で競争力を維持し発展を続けていくためには 世界に先んじた知財戦略を構築し 我が国企業等が国際市場において活動を行いやすい環境を整備することが求められている

More information

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している

二 外 国 旅 行 本 邦 と 外 国 本 邦 以 外 の 領 域 ( 公 海 を 含 む )をいう 以 下 同 じ との 間 における 旅 行 及 び 外 国 における 旅 行 をいう 三 出 張 役 職 員 が 機 構 の 業 務 のため 一 時 その 勤 務 地 ( 常 時 勤 務 している 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-19 号 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 19 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 -

More information

untitled

untitled 省庁再編以降の国の行政組織等の職員数の動向 -9- 成十三年一月 平成十五年三 行政機関 84.1 万人 ( 除自衛官以下同じ ) 月 万 行政機関 80.7 万人 治国社港河防食登そ国湾川糧安税保衛(等 記の有 路自林係労 衛統野働計官)等 関 道 除 農 等 他 林 6.2 5.6 4.1 3.0 2.4 2.0 人 万人 万人 万人 万人 万人 郵政現業 平 1.2 8.5 0.6 28.6

More information

2020 3 5 8 11 13 16 17 2 2020 2020 1982 1996 3 1 30,000 40 340 25 19,000 8,000 1,500 21 1 2020 1 35% 35% X 24% Z 6% 2020 3 1 1 Y 1982 1996 20 34 3 Human Age 2 70 80 90 ミレニアル世代は キャリアの将来性にどれくらい自信を持っているでしょう?

More information

図表 1 金融や貯蓄への関心

図表 1 金融や貯蓄への関心 図表参 -1 保有金融商品の合計額の分布状況の推移 ( 万円 ) 100 100~200 300~500 500~700 700~ 1000 1500 1500~ 2000 平均値 昭和 63 年 21.3 11.0 11.6 13.2 7.7 6.4 4.5 2.5 5.1 16.7 550.5 平成 3 年 17.9 9.7 10.9 13.9 9.4 8.4 6.3 3.2 7.1 13.2

More information

エーシーニールセン・コーポレーション株式会社 個人情報保護方針

エーシーニールセン・コーポレーション株式会社 個人情報保護方針 開示対象個人情報 利用目的の通知申請書 ニールセン カンパニー合同会社御中 氏名 個人情報の保護に関する法律 (JISQ15001:2006:3.4.4.4) により 次の通り個人情報の利用目的通知を申請します 氏名 利用目的の通知を求める個人情報 ( 具体的に ) 人 1. 該当する に チェックをご記入ください 2. 利用目的の通知を求める個人情報については できるだけ具体的にご記入ください 3.

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い 居住用財産を譲渡した場合の課税の特例 3 000 N 個人が自分の住んでいる家屋や敷地を譲渡した場合には その譲渡による所得税 住民税を軽減する特例がいろいろと設けられています これらの特例は 売却した住宅の譲渡益に税金を課税することにより新しい住宅の購入資金から その税金分が目減りすることを防止するために設けられました 特例の適用が受けられる居住用財産の譲渡とは 次の譲渡をさします 1 個人が 現にその居住の用に供している家屋を譲渡した場合

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

お天気保証サービス説明書

お天気保証サービス説明書 お天気安心サービス説明書 1. お天気あんしんサービス とは 国内 あらかじめ指定した時間 (= 宿泊日当日の 12 時から 18 時までの合計 6 時間 ) と場所 (= 当社が指定する宿泊施設付近の気象庁アメダス設置場所 ) において ずっと雨が降り続いた場合 降水見舞金 を受け取ることができるサービスです * 6 時間ずっと雨が降る の定義とは 1 時間 ( 毎時 0 分から 60 分の 1

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

Contents

Contents Message 2011 2012 Contents 3 2 15 3 23 4 29 5 37 1 2011 2012 2 01 Shinji Asonuma Profile 510 20 Q&A Q A Q A 6 5 Q A 2 3 2011 2012 5 Q A Q A Q A Q A 4 02 Atsuko Muraki 33 30 Profile 5 2011 2012 03 Ryuichiro

More information

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会 社会福祉法人江東園個人情報保護規定 第 1 条 ( 目的 ) 社会福祉法人江東園 ( 以下 本会 という ) は 個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと 個人情報の適正な取り扱いに関して 個人情報の保護に関する法律 及びその他の関連法令等を遵守する 第 2 条 ( 利用目的の特定 ) 本会が個人情報を取り扱うに当たっては その利用目的をできる限り特定する 2 本会が取得した個人情報の利用目的を変更する場合には

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正)

Microsoft Word - 28概況(所得・貯蓄)(170929)(全体版・正) Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 平成 28 年調査 の所得とは 平成 27 年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の所得であり 貯蓄 借入金とは 平成 28 年 6 月末日の現在高及び残高である なお 生活意識については 平成 28 年 7 月 14 日現在の意識である 1 年次別の所得の状況 平成 27 年の 1 世帯当たり平均所得金額 ( 熊本県を除く ) は 全世帯 が 545

More information

2015 年 度 アンジェロ 州 立 大 学 (4 月 ) 国 立 パランカラヤ 大 学 (インドネシア)(5 月 ) スタヴァンゲル 大 学 (ノルウェー)(6 月 ) マドリード 工 科 大 学 (スペイン)(6 月 ) スインバン 工 科 大 学 (オーストラリア)(6 月 ) 南 台 科 技

2015 年 度 アンジェロ 州 立 大 学 (4 月 ) 国 立 パランカラヤ 大 学 (インドネシア)(5 月 ) スタヴァンゲル 大 学 (ノルウェー)(6 月 ) マドリード 工 科 大 学 (スペイン)(6 月 ) スインバン 工 科 大 学 (オーストラリア)(6 月 ) 南 台 科 技 サラマンカ 大 学 (スペイン)(4 月 ) 協 定 更 新 浙 江 大 学 ( 中 国 )(5 月 ) デルフト 工 科 大 学 (オランダ)(6 月 ) 2016 年 度 予 定 ミュンヘン 防 衛 大 学 (ドイツ) 交 換 プログラム( 研 修 機 械 工 学 科 (1 4-9 月 [ 約 6 カ 月 間 ] タンペレ 工 科 大 学 (フィンラン 長 期 交 換 留 学 プログラム( 特

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ブルームバーグ M&A 戦略セミナー 2015 年 4 月 21 日 SEMR ID 805875 ブルームバーブ M&A 分析 Bloomberg. L.P. All rights reserved. 2015 1 本日の内容 #1 ブルームバーグの M&A 案件分析ツール #2 日本企業の M&A のトレンド #3 ブルームバーグの M&A バリュエーションツール #4 セクター別の EBITDA

More information

<4D F736F F D E616C817A92CA8AFA5F E93788A438A4F504590AC96F18EC090D192B28DB895F18D908F E646F63>

<4D F736F F D E616C817A92CA8AFA5F E93788A438A4F504590AC96F18EC090D192B28DB895F18D908F E646F63> < 報告書目次 > 第 1 章調査実施概要... 1 1. 調査の背景 目的... 1 2. 調査の実施内容... 1 3. 調査対象... 1 3-1. 調査対象案件... 1 3-2. 調査対象企業 回答企業... 1 4. 用語と分類... 2 4-1. 主な用語の意味... 2 4-2. プラント機種分類... 3 4-3. 地域 国分類... 4 第 2 章成約実績アンケート調査... 5

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

1

1 広 告 やブランド メッセージに 対 する 信 頼 グローバル 調 査 2013 年 9 月 1 信 憑 性 が 広 告 の 効 果 を 左 右 する 友 人 家 族 の 推 薦 は 今 もなお 最 も 信 頼 できる 情 報 源 ほとんどのメディアへの 信 頼 度 が 上 昇 する 中 新 聞 広 告 に 対 しては 低 下 オウンドメディア( 企 業 が 自 社 で 所 有 しているメディア)は

More information

GGCレポート201601

GGCレポート201601 Global Gateway Club Monthly Report January 2016 GLOBAL GATEWAY CLUB 海外活用のネタ帳 2016年1月号 発行元 2013-2016 Global Gateway Ltd. all rights reserved. Global Gateway Club Monthly Report OECD のレポートによると 世界的に 高卒以上

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期 ( 平成 23 年 12 月 7 日報道資料抜粋 ) 年金記録に係る苦情のあっせん等について 年金記録確認沖縄地方第三者委員会分 1. 今回のあっせん等の概要 (1) 年金記録の訂正の必要があるとのあっせんを実施するもの 1 件 厚生年金関係 1 件 (2) 年金記録の訂正を不要と判断したもの 2 件 厚生年金関係 2 件 沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間

More information

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86>

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86> 参 考 資 料 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 について 1 県 内 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 等 に 関 する 現 状 (1) 高 校 生 の 海 外 渡 航 の 状 況... 1 (2) 海 外 高 校 生 の 受 入 れ 状 況 等... 4 (3) 県 内 教 職 員 の 海 外 研 修 等 の 実 績... 5 (4) 私 立 高 等 学 校 の 国

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 1 月 14 日 ウンコンサルティング 株 式 会 社 世 界 40 カ 国 のフェイスブック(facebook) 人 口 推 移 2015 年 1 月 ~フェイスブック 人 口 世 界 で 減 少 傾 向 フェイスブック 離 れが 進 む~ 東 京 沖 縄 台 湾 香 港 タイ シンガポール 韓 国 のジ 7 拠 点

More information

所得税の確定申告の手引き

所得税の確定申告の手引き 例 所得から差し引かれる金額に関する事項 生命保険料の支払 一般の保険料 45,000 円 地震保険料の支払 20,000 円 医療費控除 支払医療費 180,000 円 保険金などで補塡される金額 55,000 円 公的年金等の源泉徴収票 23 平成23年分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 住所 または 居所 知 っ て お き た い こ と 19 ❹ ❷ ❶ ❸ 控除対象扶養親族の数

More information

2014_AnnualReport_j

2014_AnnualReport_j ONE Annual Report 2014 BRAND FOR THE WORLD GLOBAL CONTENTS ONE 2 4 6 7 10 14 16 22 24 26 30 32 33 38 40 42 44 16 18 20 1 TOBLER DIXI machines MORI SEIKI Gildemeister MAHO DECKEL MAHO DECKEL SAUER 2 3 4

More information

20.0 10.0 0.0 20.7 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 100.0 90.0 9.4 9.5 80.0 9.6 70.0 9.5 9.3 60.0 42.8 9.0 41.5 39.

20.0 10.0 0.0 20.7 図 表 2-1 所 得 階 層 別 国 ごとの 将 来 人 口 の 推 移 ( 億 人 ) 開 発 途 上 国 中 間 国 先 進 国 100.0 90.0 9.4 9.5 80.0 9.6 70.0 9.5 9.3 60.0 42.8 9.0 41.5 39. 2. 前 提 条 件 2-1. 人 口 経 済 シナリオ 今 回 のベースライン 予 測 においては 今 後 の 気 候 変 動 の 影 響 を 踏 まえた 世 界 食 料 需 給 予 測 を 行 うことが 目 的 となっている そのため 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC 4 )で 提 示 されている 人 口 経 済 成 長 のシナリオと 気 候 変 動 の 影 響 を 一

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月 空き家の発生を抑制するための特例措置 ( 空き家の譲渡所得の 3,000 万円特別控除 ) について 1. 制度の概要 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日までに 被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が 当該家屋 ( 耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り その敷地を含む ) 又は取壊し後の土地を譲渡した場合には 当該家屋又は土地の譲渡所得から

More information

ISMS認証機関認定基準及び指針

ISMS認証機関認定基準及び指針 情報セキュリティマネジメントシステム ISMS 認証機関認定基準及び指針 JIP-ISAC100-3.1 2016 年 8 月 1 日 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 106-0032 東京都港区六本木一丁目 9 番 9 号六本木ファーストビル内 Tel.03-5860-7570 Fax.03-5573-0564 URL http://www.isms.jipdec.or.jp/ JIPDEC

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information