目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3.

Size: px
Start display at page:

Download "目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3."

Transcription

1 作成日 :2012 年 12 月 25 日 ポルトガル共和国 特許庁の所在地 : National Institute of Industrial Property(INPI) Campo das Cebolas, , Lisboa, Portugal Tel: Fax: Website: 1

2 目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. PCT に加盟している場合 その国内段階手続の概要 11. 留意事項 < 実用新案制度 > 1. 現行法令について 2. 実用新案出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10.( 無審査登録制度の場合 ) 第三者対抗要件について 11.PCT に加盟している場合 その国内段階手続の概要 12. 留意事項 2

3 < 意匠制度 > 1. 現行法令について 2. 意匠出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9 存続期間及びその起算日 10. 部分意匠制度の有無 11. 留意事項 < 商標制度 > 1. 現行法令について 2. 商標出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. 出願時点での使用義務の有無 11. 保護対象 12. 留意事項 3

4 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 (1) パリ条約 (Paris Convention) (2) 特許協力条約 (PCT) (3)WIPO 設立条約 (WIPO) (4) 欧州特許条約 (EPC) (5) 標章の国際登録に関するマドリッド協定 (Madrid Agreement) (6) 標章の国際登録に関するマドリッド協定議定書 (Madrid Protocol) (7) 標章の登録のための商品及びサービスの国際分類に関するニース協定 (Nice Agreement) (8) 外国公文書領事認証免除に関するヘーグ条約 (Hague Treaty) (9) 国際特許分類に関するストラスブール協定 (Strasbourg Agreement) (10) 貿易関連の側面に関する協定 (TRIPS) (11) 植物新品種の保護に関する国際条約 (UPOV) 2. 特許審査ハイウェイ実施状況日本国特許庁のウェブページに特許審査ハイウェイ (PPH: Patent Prosecution Highway) の実施状況について詳細の説明があります 日ポルトガルPPH PCT-PPHについては 以下を参照ください 3. 現地代理人の必要性有無代理人の選任は義務づけられておりません 但し 通信用のポルトガルにおけるあて名等 (Address for Service) を特許庁に登録することを勧められています 4. 現地の代理人団体の有無団体は存在しないとのことです 5. 出願言語ポルトガル語です 6. その他関係団体不明です 4

5 7. 特許情報へのアクセス でアクセスすることが可能です 特許制度 1. 現行法令について 2008 年 10 月 1 日施行の改正法が適用されております 2. 特許出願時の必要書類 (1) 願書 (Request) 出願人の名称 発明者の氏名 現地代理人の氏名 優先権主張の場合にはその情報等を記載します 現地代理人が作成し 署名して提出することができます (2) 明細書及びクレーム (Specification & Claims) 英語による書類の提出でもって 出願することができます この場合 ポルトガル語翻訳文は特許庁から提出指令を受けた場合に 期限内に提出する必要があります (3) 必要な図面及び要約 (Drawings, Abstract) (4) 委任状 (Power of Attorney) 願書中に代理人が署名している場合には 委任状の提出は要求されません (5) 優先権証明書 (Priority Document) 要求された場合にのみ提出が必要です 3. 料金表 ( 単位 : ユーロ (EUR)) (1) 出願料金 (2) 仮出願料金 (3) 調査 (4) 本特許出願料金 ( 仮出願に基づく ) (5) 指令応答料金 (6) 年金 : 5 年度 50 6 年度 75 7 年度 年度 年度 300 5

6 10 年度 年度 年度 年度 年度 年度 年度 年度 年度 年度 年度 料金減免制度について減免制度はありません 5. 実体審査の有無実体審査が行われます 6. 出願公開制度の有無出願公開制度は採用されております 7. 審査請求制度の有無出願審査請求制度は採用されておりません 8. 出願から登録までの手続の流れ (1) 出願書類が提出されますと 方式的要件 新規性 進歩性及び産業上利用性について審査されます (2) 方式審査に関して出願書類の様式 不特許事由について審査されます 出願書類等に不備が発見された場合 指定期間内に補正が命じられ 出願人は指令書発行日から2ヶ月以内に不備を補正する必要があります この指定期間内に不備が是正されなかった場合には 出願は拒絶されます (3) 不特許事由に関して以下の内容は発明とみなされず 特許を受けることができません 1 発見 科学理論や数学的方法の場合 2 計画やゲーム等の取決め 精神的活動を行うための方法の場合 3 情報の提供の場合 6

7 4 コンピュータプログラムの場合 5 人体又は動物体の治療方法の場合 6 公序良俗に反する場合 等が該当します (4) 新規性に関して 1 出願日 ( 又は優先日 ) 前に 発明が公然知られていないことが必要です 新規性の判断基準として 絶対的新規性が採用されております 2 出願日 ( 又は優先日 ) 前に行われたポルトガル出願の内容であって 出願後に公開された発明と同一である場合も該当します ( 所謂 ホールコンテントアプローチの採用です ) なお 一定の場合には新規性喪失の例外が認められます 特許を受ける権利を有する者の意に反して 発明が出願日前 6ヶ月以内に公表された場合 発明が出願日前 6ヶ月以内に国際的博覧会に出展された場合です 新規性の例外の適用を受けるためには 出願人は出願日から1ヶ月以内に証明書を提出する必要があります (5) 出願公開に関して出願は 出願日 ( 又は優先日 ) から18ヶ月経過後に公開されます PCT 国内移行出願の場合は ポルトガル語の翻訳文が提出された後に 公衆の縦覧に供せられます (6) 調査に関して : 方式審査が終了した後に 新規性や進歩性を満たしているか否かを目的として先行技術の調査が行われ 調査報告書が出願人に送付されます (7) 実体審査に関して : 1 先行技術の調査が行われた後に 審査官は新規性及び進歩性を有するか否かについて実体審査が行われます 2 審査の結果 特許要件を満たしていると判断された場合には その旨が特許公報に公告されます 一方 特許要件を満たしていないと判断された場合には その旨出願人に通知され 出願人は当該通知日から2ヶ月以内に意見書 補正書を提出することができます 3 異議申立てを目的として 出願は出願公開日から2ヶ月間公表 何人もその出願に対して異議申立てをすることができます 4 上記意見書等の提出によっても 依然として特許要件を満たしていないと判断された場合には 最終的に出願は拒絶査定されます 5 なお 明細書等の補正は 特許付与まで行うことができます 6 異議申立てがなく 又は最終的に特許要件を満たしていると判断された 7

8 場合には 特許付与通知が発行され 出願人に特許証が発行されます 7 拒絶査定に対しては 当該査定通知日から所定の期間内に裁判所に対し て不服申し立てをすることができます 8

9

10 (8) 日 ポルトガル特許審査ハイウェイ (PPH) 日本国特許庁とポルトガル国特許庁は 2012 年 4 月 18 日から特許審査ハイウェイの施行プログラムを実施しています また PCT 国際段階成果物を利用した日 ポルトガル特許審査ハイウェー (PCT-PPH) 施行プログラムに基づいて ポルトガル出願について早期審査を申請することができます (A) 申請要件 : 1 ポルトガル出願における請求項が 少なくとも一つの日本出願に基づくパリ条約に基づく優先権を主張している出願であること 又は優先権主張を伴わないPCT 出願の国内移行出願であって ポルトガル出願及び日本出願が同一のPCT 出願の国内移行出願であること 或いはポルトガル出願が 日本出願に基づくパリ条約に基づく優先権を主張したPCT 出願の国内移行出願等であること 2 対応する日本出願が 既に特許可能と判断された一又は複数の請求項を有すること 3 ポルトガル出願の全ての請求項が 対応する日本出願の特許可能と判断された一又は複数の請求項と対応していること (B) 必要な書類 : 1 日本出願に対して日本国特許庁から発行されたオフィス アクション ( 特許性に関するもの ) の写し 及びポルトガル語又は英語の翻訳文を提出すること なお オフィス アクションがAIPN( 日本特許庁のドシエアクセスシステム ) により利用可能な場合には オフィス アクションの写しの提出は不要です 2 日本出願で特許可能と判断された請求項の写し 及び当該請求項のポルトガル語又は英語の翻訳文を提出すること なお 上記 1 同様 AIPNから入手可能な場合には 請求項の写し及びその翻訳文の提出は不要です 3 ポルトガル出願の請求項と対応する日本出願において 日本国特許庁が特許可能と判断した請求項と対応していることを示す請求項対応表 4 日本出願において審査官が引用した文献の写しを提出すること 引用文献が 特許文献の場合には写しの提出を省略することが可能です なお 非特許文献の場合には提出を省略することはできません 引用文献の翻訳文の提出は不要です (C) 手続き : 1 出願人は 上記申請書と共に早期審査を申請する書類を提出する必要 10

11 があります 2 申請書等に不備がある場合には 出願人に申請が認められない旨とその理由が通知され 最終的に申請が認められない場合には 出願人に通常の順番で審査されることが通知されます 3 全ての要件が満たされていると判断された場合 審査官は出願人に出願がPPHに入った旨通知し 担当審査官は出願の早期審査を行います (D)PCT-PPH 特許審査ハイウェイ国際調査機関 又は国際予備審査機関である日本国特許庁が作成した見解書 (WO/ISA) 見解書 (WO/IPEA) 又は国際予備審査報告(IPER) のうち 最新に発行されたもの ( 最新国際成果物 ) において 特許性 ( 新規性 進歩性 産業上利用可能性のいずれも ) 有りと示された請求項が少なくとも1つ有する場合には ポルトガル出願においてPCT-PPHを申請することができます 9 特許権の存続期間及び起算日 (1) 特許権の存続期間は 出願日から20 年です 特許権の設定登録日より発生します (2) 出願維持年金は 出願日から5 年目に納付する必要があります 10.PCTに加盟している場合 その国内段階手続の概要 (1) 国内段階移行期限 : 優先日から30ヶ月以内です (2) 提出すべき書類 : 下記書類のポルトガル語による翻訳文の提出が必要です 明細書 請求の範囲 要約及び図面の文言 19 条補正がされた場合 : 補正後の翻訳文 34 条補正がされた場合 : 補正後の翻訳文 11. 留意事項 (1) ポルトガル国で発明の保護を求める形態とし パリルートによる優先権を主張して直接出願する方法 PCT 出願経由した国内特許を求める方法 及びEPC 出願を経由してポルトガル国を指定国として保護を求める方法が考えられます 従いまして ポルトガル国に出願することを決定した場合には 早期権利化の可能性や費用等の観点 及び企業の特許戦略等を考慮して 出願の形態を決定する必要があります 早期特許権の付与及び出願に関する費用の観点からは 直接ポルトガル出 11

12 願する形態の方が出願人にとって有利ではないかと思われます (2) 拒絶理由通知を受けた場合には 必ず特許庁からの通知書も送付してもらうようにすべきでしょう 現地代理人からの拒絶理由通知の英訳文だけですと 応答期限等に英訳文の誤記が時々見受けられ 正しい期限を確認することができないからです (3)EPC 出願経由によりポルトガル国において特許権を取得する場合 ポルトガル国は現在ロンドン協定 (London Agreement) に加盟しておりませんので EPC 出願が特許になった日から (EPC 特許の公告日 )3ヶ月以内にEPC 特許の全体のポルトガル語翻訳文を提出する必要がありますので 留意して下さい (4) 代理人の選任に関して : PCT 出願ポルトガル国内段階移行出願の場合 公認された代理人の選任が義務付けられておりますので 留意して下さい 12

13 実用新案制度 1. 現行法令について 2008 年 10 月 1 日施行の改正法が適用されています 2. 実用新案出願時の必要書類 (1) 願書 (Request) 出願人の名称及び住所 代理人の氏名及び住所 優先権を主張する場合は 国名 出願年月日及び出願番号を記載します (2) 明細書及び請求の範囲 (Specification & Claims) 英語による書類の提出でもって 出願することができます この場合 ポルトガル語翻訳文は特許庁から提出指令を受けた場合に 期限内に提出する必要があります (3) 図面 (Drawings) (4) 委任状 (Power of Attorney) 願書中に代理人が署名している場合には 委任状の提出は要求されません (5) 優先権証明書 (Priority Document) 要求された場合に 提出が必要となります 3. 料金表 ( 単位 : ユーロ (EUR) (1) 出願料金 (2) 審査手数料 (3) 指令に対する応答費用 (4) 年金 : 5 年度 年度 年度 年度 年度 年度 料金減免制度について減免制度はありません 5. 実体審査の有無原則として 方式審査のみ行われます 13

14 6. 出願公開制度の有無採用されております 7. 審査請求制度の有無採用されておりません 8. 出願から登録までの手続の流れ特許出願の場合と異なり 以下のものは実用新案登録を受けることができません 考案が 公序良俗又は公衆の衛生に反する場合 考案が 生物学的材料に関わる場合 考案が 化学又は薬剤に係る物質に係る場合 審査手続きは次の通りです (1) 原則として 方式的要件についてのみ審査されます (2) 調査報告書の作成 : 方式的要件の審査後 考案について審査の請求がされた場合には 新規性や進歩性の要件が満たされているか否かについて 調査が行われます 調査報告書は 出願人に送付されます (3) 出願公開に関して : 方式的要件を満たした出願は 出願日から6ヶ月以内に行われます なお 出願人から請求があった場合には 出願日( 又は優先日 ) から 18ヶ月延長することができます (4) 出願の実体審査は 出願人又は第三者から請求があった場合に行われます 1 審査の請求がなく 第三者からの異議申立てもなかった場合には 実用新案権が仮に付与され その旨出願人に通知されます なお 仮実用新案の効力は 考案について審査が請求された場合には終了されるとされております 2 なお 審査の請求は出願段階又は仮実用新案が有効である間に請求することができます 3 審査を請求する場合 請求日から1ヶ月以内に審査手数料を納付する必要があります 4 審査により 拒絶理由を発見できなかった場合には その旨通知され 実用新案公報に公告されます 5 一方 拒絶理由が発見された場合には 拒絶理由通知が出願人に送付され 出願人は通知日から2ヶ月以内に応答することができます 6 上記応答に対して 依然として拒絶理由が解消できていないと判断され 14

15

16 9. 存続期間及びその起算日 (1) 実用新案権の存続期間は 出願日から6 年間です 更に 2 年間に付き2 回延長することができ 最長 10 年間となります (2) 存続期間の更新は 期間満了前 6ヶ月以内にする必要があります 10.( 無審査登録制度の場合 ) 第三者対抗要件についてこのような規定はありません 11.PCTに加盟している場合 その国内段階手続の概要 PCT 出願において ポルトガルを指定した場合実用新案として保護を求めることができます (1) 国内段階移行時期 : 優先日から30ヶ月以内です (2) 提出すべき書類 : ポルトガル語による下記書類の翻訳文の提出が必要です 国際出願時の明細書 請求の範囲 図面中の説明 19 条補正がされた場合 : 補正書及び陳述書 34 条補正等がされた場合 : 補正書等 12. 留意事項原則として 特許出願の場合と同様です 16

17 意匠制度 1. 現行法令について 2008 年 10 月 1 日施行の改正法が適用されております 2. 意匠出願時の必要書類出願には次の書類の提出が必要です (1) 願書 (Request) 出願人名 創作者 優先権主張の情報 意匠の物品名 登録の延期を望む場合はその旨等を記載します 代理人が署名して提出することができます (2) 意匠の写真又は図面 (Photograph & Drawings) (3) 委任状 (Power of attorney) 特許出願と同様です (4) 優先権証明書 (Priority Document) 出願人は 特許庁から優先権証明書の提出を求められた場合に限り 提出する必要があります 3. 料金表 ( 単位 : ユーロ (EUR)) (1) 出願料金 : 1 5 物品までの料金 各物品の追加手数料 (2) 指令に対する応答料金 (3) 公告の繰延料金 (4) 存続期間の更新料金 : 1 2 回目の5 年間 回目の5 年間 回目の5 年間 回目の5 年間 料金減免制度についてありません 5. 実体審査の有無登録性及び新規性について審査が行われます 1の意匠出願に ロカルノ分類の同一クラスに属することを条件に100 物品まで含めることができます 17

18 (1) 方式要件の審査 1 最初に方式的要件を満たしているか否かについて審査されます 2 方式要件を満たしていない場合には 指令が発せられ ( オフィス アクション ) 指定期間内に不備を是正することができます この期間内に不備を是正しない場合には 出願は拒絶されます (2) 不登録事由意匠とは 物品自体の形状 線 外郭 質感 色彩又は材料及びその装飾の特徴から生じる 物品全体又は一部の外観と 定義されています 次のような意匠は 登録を受けることができません 1 公序良俗に反する意匠の場合 2 外部から視認できる物品の特徴であって 専ら物品の技術的機能に基づくものである場合 (3) 新規性出願日 ( 又は優先日 ) 前に 国内又は外国のいずれかにおいて公衆に利用可能となっている意匠は 新規性を有しません ( 絶対的新規性の採用 ) 但し 以下の場合は 新規性喪失の例外が認められます 1 意匠登録を受ける権利を有する者が 出願日 ( 又は優先日 ) 前 12ヶ月以内に意匠を公表した場合 2 意匠登録を受ける者の意に反して 出願日 ( 又は優先日 ) 前 12ヶ月以内に意匠が公表された場合 3 出願日前の6ヶ月以内における国際的博覧会において意匠を公表した場合 (4) 出願公開出願公開日から2ヶ月以内に異議申立てすることができます (5) 実体的要件の審査 1 出願にかかる意匠が 以下の事由に該当するか否か審査されます 国や自治体 又はポルトガルや外国の公私の団体の表象 紋章 記章 赤十字その他類似の団体の記章及び名称か否か ( 許可されている場合は除く ) 宗教的表象等の高い象徴的価値を有する標識か否か ( 許可されている場合は除く ) 意匠が 専らポルトガルの国旗又はその要素の一部からなるものか否か 他の要素に混じってポルトガルの国旗を包含しているか否か 使用者に与える全体的な印象が 出願日又は優先日前に公表された意匠が当該使用者に与えた全体的な印象と異ならないか否か ( 識別性を有しない場合 ) 18

19 新規性のない意匠に該当するか否か 等です 2 審査官が 上記いずれかの事由に該当すると判断した場合には 拒絶理由通知を発行し 出願人は当該通知日から1ヶ月以内に 拒絶理由を解消するために補正等をすることができます なお 出願人は上記期限の延長を1 回限り 請求することができます 3 拒絶理由が発見されなかった場合 又は上記拒絶理由通知に対して当該理由が解消された場合には 出願は登録されます 4 なお 拒絶理由が解消されなかった場合には 出願は拒絶査定されます この拒絶査定に対して不服を有する出願人は 当該査定日から2ヶ月以内に裁判所等に上訴することができます 6. 出願公開制度の有無出願公開制度は採用されております 7. 審査請求制度の有無出願審査請求制度は採用されておりません 出願はすべて登録性及び新規性の審査の対象になります 19

20

21 10. 部分意匠制度の有無意匠とは 物品自体の外郭 線 形状 質感若しくは材料又はその装飾の特徴から生じる物品の全体又は一部の外観であると 定義されております 従いまして 部分意匠制度は採用されております 11. 留意事項 (1) 意匠登録出願の際 : 意匠登録出願は 1つの意匠又は複数の意匠について行うことができます 但し 複数意匠の保護を求める場合には それぞれの意匠がロカルノ協定に基づく国際分類の同一クラスに属することが条件とされていることに留意して下さい また 複数意匠の場合には それぞれの意匠について手数料の納付が必要となります (2) 新規性喪失の例外の適用を受ける場合 : 出願日 ( 又は優先日 ) 前 12ヶ月以内に 出願に係る意匠を公表した場合には 新規性喪失の例外の適用を受けることができます 但し この適用を受ける場合には 出願日から1ヶ月以内に公表した日付及び場所を表示し 公表した意匠を示す証拠書類を提出しなければなりませんので 留意して下さい 21

22 商標制度 1. 現行法令について 2008 年 10 月 1 日施行の改正商標法が適用されております 2. 商標出願時の必要書類商標及びサービスマークの出願に必要な事項及び書類は以下の通りです 1つの商標登録出願において ニース協定に基づく商品及びサービスの国際分類の複数のクラスについて 行うことができます (1) 願書 (Request) 出願人の名称 優先権主張の情報等を記載します (2) 商標を使用する商品またはサービス及びその区分 ( 国際分類に従い 1 又は2 以上の区分 商品 サービスを指定することができます ) (3) 商標見本 (Mark) (4) 優先権証明書 (Priority Document) 提出要求があった場合に提出が必要です (5) 委任状 (Power of Attorney) 提出不要です 3. 料金表 ( 単位 : ユーロ (EUR)) (1) 基本出願料 (1クラス) 120 追加クラス料金 (1クラス当たり) (2) 登録証発行料金 (3) 更新出願料金 (1クラス) 120 追加クラス料金 (1クラス当たり) 料金減免制度についてありません 5. 実体審査の有無商標出願は方式的要件 出願自体の登録要件 又他の商標との識別性について審査されます (1) 出願は まず方式的要件 指定商品等の分類が所定の要件を満たしているか否か 審査されます (2) その後 利害関係人の異議申立てのために 出願が工業所有権公報に公開されます 異議申立期間は 公開日から2ヶ月 (1ヶ月延長可能) で 出願人は異議 22

23 申立てがあった場合には 答弁書を提出することができます (3) 異議申立期間経過後 出願について登録可能性や他の商標との識別性について実体審査が行われます (4) 登録拒絶理由について ; 1 商標が 視覚的に表示することができない標識で構成されている場合 2 商標が 識別性に欠ける標識で構成されている場合 3 国 自治体又はその他のポルトガル若しくは外国の公私の団体の標章 紋章 記章又は勲章 赤十字又はその他の類似の団体の記章又は名称の場合 4 法律 公序良俗に反する商標の場合 5 商標の対象である商品等の性質 特性 効用又は原産地に関して公衆に誤認を生じさせるおそれがある標識の場合 6 同一又は類似する商品等について先に他人が登録した商標の全部又は一部の複製や模倣であり 消費者に誤認又は混同を生じさせるおそれがある場合 等です (5) 異議申立てがあり 異議申立て理由が正当であると判断された場合は 登録は拒絶されます (6) 異議申立てが行われず 又異議申立てが行われたが理由が正当でないと判断された場合において 実体審査の結果拒絶理由があると判断された場合には 拒絶理由通知が発行され 出願人はこの拒絶理由通知日から 2ヶ月以内に補正書等を提出することができます この期間内に応答しない場合には 出願は拒絶査定されます 上記拒絶理由通知に対する応答が 当該理由を解消できなかった場合にも 出願は拒絶査定されます (7) 登録について異議申立てがなく 又異議申立てが正当でないと判断された場合 更に審査において拒絶理由が発見されなかった場合には 登録されます なお 登録証は出願人が所定の料金を納付することにより 発行されます (8) 不服申立てについて拒絶査定に対して 不服を有する場合は 拒絶査定があった日から2ヶ月以内に裁判所に上訴することができます 6. 出願公開制度の有無出願公開制度は採用されております 7. 審査請求制度の有無審査請求制度は採用されておりません 出願は全件審査されます 23

24

25 10. 出願時点での使用義務の有無 (1) 出願時に商標を使用している必要はありません また 使用する意思も登録要件とはされていません (2) 登録後に継続して5 年間指定商品等について登録商標を使用していない場合には 不使用に付き正当な理由がある場合を除き 特許庁に登録の取消しを請求することができます 11. 保護対象 (1) 商標として保護されるのは 識別性を有し視覚で認識できるような表現可能なものです 特に 言葉 ( 人名を含む ) 図形 文字 数字 商品又はその包装の形態を含む三次元商標 ( 商品の性質に由来する形状 技術的結果を得るために必要とされる形状のみの場合 または同一性確認以外の目的を意図する形態のみからなる標識の場合は 除く ) です (2) 保護対象となる商標 1 団体商標事業者を構成員とする団体は 構成員に使用させる商標について団体商標として登録を受けることができます 2 証明商標証明商標とは 商品又はサービスを規制する 又は商品若しくはサービスに関して守らなければならない基準を定める法人に属する特定の標識をいいます 3 音響商標保護を受けることができます 12. 留意事項 (1) 登録商標の使用 : 上述しましたように 登録後継続して5 年以上 登録商標の使用をしていない場合には 登録が取消される可能性があります (2) マドリッド協定及びマドリッド議定書に基づく国際登録ポルトガルを指定する上記国際登録出願において 通常のポルトガル出願と同様に商標登録の保護を求めることができます ポルトガル居住者以外の出願人による暫定拒絶への応答は ポルトガル国内の代理人を選任する必要があります (3) 譲渡 使用許諾 1 商標出願 商標権は 事業の移転とは関係なく譲渡することが可能です 25

26 2 商標権について使用許諾をすることができます 但し 使用許諾を第三者に対抗するためには 特許庁に登録する必要があります 26

特許制度 1. 現行法令について 2001 年 8 月 1 日施行 ( 法律 14/2001 号 ) の2001 年改正特許法が適用されています 2. 特許出願時の必要書類 (1) 願書 (Request) 出願人の名称 発明者の氏名 現地代理人の氏名 優先権主張の場合にはその情報等を記載します 現

特許制度 1. 現行法令について 2001 年 8 月 1 日施行 ( 法律 14/2001 号 ) の2001 年改正特許法が適用されています 2. 特許出願時の必要書類 (1) 願書 (Request) 出願人の名称 発明者の氏名 現地代理人の氏名 優先権主張の場合にはその情報等を記載します 現 作成日 :2012 年 1 月 5 日 インドネシア共和国 特許庁の所在地 : Department of Law and Legislation, Directorate General of Intellectual Property Direktorat Jenderal Hak Cipta, Paten dan Merek, Departemen kehakiman R.I., J1. Daan

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3.

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 作成日 :2013 年 12 月 5 日 フィンランド共和国 特許庁の所在地 : Ministry of Trade and Industry National Board of Patents and Registration of Finland (NBPR) Arkadiankatu 6A, 00100 Helsinki, Finland Tel:358 9 6939 500 Fax:358

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 ( 連絡先 ) 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 ( 連絡先 ) 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金 作成日 :2011 年 1 月 5 日 イスラエル国 特許庁の所在地 Israel Patent Office The Technology Park, Bldg. 5, Malcha, Jerusalem 96951, Israel P. O. Box 53420 Jerusalem 91533 TEL: 972 2 5651 795 FAX: 972 2 5651 616 E-mail: Michaelb@justice.gov.il

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 作成日 :2011 年 2 月 1 日 オーストリア共和国 特許庁の所在地 : Federal Ministry for Economic Affairs, Austrian Patent Office Dresdner StraBe 87, P.O.Box 95, A-1200 Wein, Austria T e l:43 1 53424-0 Fax:43 1 53424-200 E-Mail:

More information

ウルグアイ東方共和国 (UY) ORIENTAL REPUBLIC OF URUGUAY ウルグアイの概要 : ウルグアイは 南米大陸の大西洋側に位置しブラジル及びアルゼンチンと国境を接しております ウルグアイの総面積は 約 17.6 万 k m2で人口は約 343 万人 首都はモンデビデオにありま

ウルグアイ東方共和国 (UY) ORIENTAL REPUBLIC OF URUGUAY ウルグアイの概要 : ウルグアイは 南米大陸の大西洋側に位置しブラジル及びアルゼンチンと国境を接しております ウルグアイの総面積は 約 17.6 万 k m2で人口は約 343 万人 首都はモンデビデオにありま 作成日 :2006 年 10 月 1 日 ウルグアイ東方共和国 特許庁等所在地 Ministerio de Industria, Energia y Mineria, Direccion Nacional de la Propiedad Industrial Rincon 717, Montevideo Uruguay TEL: 598-2-902-5771 FAX: 598-2-903-1140

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度につ

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度につ 作成日 :2013 年 12 月 5 日 ベトナム社会主義共和国 特許庁の所在地 : Ministry of Science, Technology and the Environment National Office of Industrial Property (NOIP) 384-386 Nguyen Trai Street, Thanh Xuan District, Hanoi, Vietnam

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 作成日 :2011 年 2 月 1 日 スロバキア共和国 特許庁の所在地 : Industrial Property Office of the Slovak Republic Jana Svermu 43, P.O.Box 7, 974 04 Banska Bysstrica 4, Slovakia T e l:421 48 430 01 00 Fax:421 48 413 25 63 E-Mail:upv@indprop.gov.sk

More information

作成日 :2012 年 1 月 5 日 ルーマニア 特許庁の所在地 : State Office for Inventions and Trademarks Office de l Etat pour les Inventions et les Marques B. P. 52, Buc

作成日 :2012 年 1 月 5 日 ルーマニア 特許庁の所在地 : State Office for Inventions and Trademarks Office de l Etat pour les Inventions et les Marques B. P. 52, Buc 作成日 :2012 年 1 月 5 日 ルーマニア 特許庁の所在地 : State Office for Inventions and Trademarks Office de l Etat pour les Inventions et les Marques B. P. 52, 70418 Bucarest Romania T e l :40 1 313 24 92 Fax:40 1 312 38

More information

パラグアイ共和国 (PY) REPUBLIC OF PARAGUAY パラグアイの概要パラグアイ共和国は 南米大陸の内部に位置しブラジルやアルゼンチン又ボリビアと国境を接しております 総面積は約 41 万 k m2で 日本の約 1.1 倍の面積があります 総人口は約 607 万人で首都はアスンシオン

パラグアイ共和国 (PY) REPUBLIC OF PARAGUAY パラグアイの概要パラグアイ共和国は 南米大陸の内部に位置しブラジルやアルゼンチン又ボリビアと国境を接しております 総面積は約 41 万 k m2で 日本の約 1.1 倍の面積があります 総人口は約 607 万人で首都はアスンシオン 作成日 :2006 年 10 月 1 日 パラグアイ共和国 特許庁所在地等 Ministerio de Industria y Comercio, Direccion de la Propiedad Industrial The Industrial Property Office (IPO) Casilla de Correo 1375, Asuncion Paraguay TEL: 595-21-444-231

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度につ

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度につ 作成日 :2012 年 1 月 5 日 ブルネイ ダルサラーム国 特許庁の所在地 : 特許の場合 Ministry of Law, Permanent Secretary, Patent Office The Law Building, Bandar Seri Begawan 1160 Tel: 673 2 244 872 Fax: 673 2 241 428 Website:http://www.age.gov.bn

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3 作成日 :2017 年 10 月 21 日 タイ王国 Kingdom of Thailand 特許庁の所在地 : Ministry of Commerce, Department of Intellectual Property(DIP) 563 Nonthaburi 1 Rd., Bangkrasor, Muang, Nonthaburi, 11000 Thailand 知的所有権登録等に関する問い合わせ先

More information

1 アルゼンチン産業財産権庁 (INPI) への特許審査ハイウェイ試行プログラム (PPH) 申請に 係る要件及び手続 Ⅰ. 背景 上記組織の代表者は

1 アルゼンチン産業財産権庁 (INPI) への特許審査ハイウェイ試行プログラム (PPH) 申請に 係る要件及び手続 Ⅰ. 背景 上記組織の代表者は 1 アルゼンチン産業財産権庁 (INPI) への特許審査ハイウェイ試行プログラム (PPH) 申請に 係る要件及び手続 -------------------------------------------------------------------------- Ⅰ. 背景 上記組織の代表者は 2016 年 10 月 5 日 ジュネーブにおいて署名された 特許審査手続における協力意向に係る共同声明

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現 作成日 :2017 年 10 月 21 日 スペイン王国 Kingdom of Spain 特許庁の所在地 : Ministry of Industry, Tourism and Trade Spanish Patent and Trademark Office (SPTO) Paseo de la Castellana 75, 28046 Madrid, Spain TEL:34-90-215-7530

More information

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ 作成日 :2016 年 11 月 1 日 エジプト アラブ共和国 Arab Republic of Egypt 特許庁の所在地 : ( 特許 実用新案の場合 ) 科学研究技術院 エジプト特許庁 ASRT, Ministry of Scientific Research /Egyptian Patent Office 101, Kasr E1 Ainy Street, P.O.Box 11516 Cairo

More information

作成日 :2012 年 1 月 5 日 フィリピン共和国 特許庁の所在地 : Department of Trade and Industry, Intellectual Property Office P. O. Box 296 Manila Philippines T e l:

作成日 :2012 年 1 月 5 日 フィリピン共和国 特許庁の所在地 : Department of Trade and Industry, Intellectual Property Office P. O. Box 296 Manila Philippines T e l: 作成日 :2012 年 1 月 5 日 フィリピン共和国 特許庁の所在地 : Department of Trade and Industry, Intellectual Property Office P. O. Box 296 Manila Philippines T e l:63-2-890-4862 Fax:63-2-890-4936 Website:http://www.ipophil.gov.ph

More information

Microsoft Word - 01.表紙、要約、目次

Microsoft Word - 01.表紙、要約、目次 平成 26 年度特許庁産業財産権制度各国比較調査研究等事業 海外での早期権利取得を支援する特許審査の運用 に関する調査研究報告書 平成 27 年 3 月 一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI JAPAN フィリピン (1) 利用可能な PPH の種類フィリピンは グローバル PPH に未参加である JPO の成果物を利用して 以下の PPH を申請することができる 通常型 PPH PCT-PPH

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1 作成日 :2017 年 10 月 21 日 台湾 ( 中華民国 ) Taiwan, Republic of China 特許庁の所在地 : 経済部 :Ministry of Economic Affairs (MOEA) 所属の台湾知的財産局 :Taiwan Intellectual Property Office(TIPO) 3F, 185 Hsin-Hai Road, Sec. 2, Taipei

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性の有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 >

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性の有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 作成日 ;2015 年 11 月 7 日 アイルランド 特許庁等所在地 Patents Office Department of Jobs, Enterprise & Innovation Government Buildings, Hebron Road, Kilkenny, Ireland Tel: 353-56-7720111 Fax: 353-56-7720100 Email: patlib@patentsoffice.ie

More information

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ 作成日 :2016 年 11 月 1 日 ドイツ連邦共和国 Federal Republic of Germany 特許庁の所在地 : ドイツ特許商標庁 Deutsches Patent-und Markenamt German Patent and Trademark Office (DPMA) Zweibrückenstraße 12, 80331 München, Germany Tel:49-89-2195-1000

More information

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ 作成日 :2016 年 11 月 1 日 コロンビア共和国 Republic of Colombia 特許庁の所在地 : コロンビア商工監督局 (SIC) Ministerio de Desarrollo Economico, Superintendencia de Industria y Comercio(SIC) Superintendence of Industry and Commerce

More information

作成日 :2017 年 10 月 21 日 インドネシア共和国 Republic of Indonesia 特許庁の所在地 : Directorate General of Intellectual Property (DGIP) Ministry of Law and Human Rights J

作成日 :2017 年 10 月 21 日 インドネシア共和国 Republic of Indonesia 特許庁の所在地 : Directorate General of Intellectual Property (DGIP) Ministry of Law and Human Rights J 作成日 :2017 年 10 月 21 日 インドネシア共和国 Republic of Indonesia 特許庁の所在地 : Directorate General of Intellectual Property (DGIP) Ministry of Law and Human Rights J1 H.R. Rasuna Said Kav. 8-9 Jakarta Selatan 12940,

More information

作成日 :2017 年 10 月 21 日 インド India 特許庁の所在地 : Ministry of Commerce and Industry Office of the Controller General of Patents, Designs and Trademarks (CGPDT

作成日 :2017 年 10 月 21 日 インド India 特許庁の所在地 : Ministry of Commerce and Industry Office of the Controller General of Patents, Designs and Trademarks (CGPDT 作成日 :2017 年 10 月 21 日 インド India 特許庁の所在地 : Ministry of Commerce and Industry Office of the Controller General of Patents, Designs and Trademarks (CGPDTM) Bhoudhik Sampada Bhavan, Near Antop Hill Head Post

More information

目次 ( 共通情報 ) 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 ( 特許制度 ) 1

目次 ( 共通情報 ) 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 ( 特許制度 ) 1 作成日 :2016 年 11 月 1 日 フランス共和国 French Republic 特許庁の所在地 : フランス工業所有権庁 フランス特許庁 Institut National de la Propriete Industrielle (INPI) National Institute of Industrial Property (INPI) 26bis, rue de St. Petersbourg,

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3.

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 作成日 :2014 年 11 月 21 日 イギリス 特許庁の所在地 : Intellectual Property Office( UKIPO) Concept House, Cardiff Road, Newport, South Wales, NP10 8QQ United Kingdom Tel:44-1633-81-40-00 Fax:44-1633-81-77-77 E - Mail:information@ipo.gov.uk

More information

作成日 :2006 年 10 月 1 日 世界知的所有権機関 World Intellectual Property Organization (WIPO) 所在地 :34 chemin des Colombettes, 1211 GENEVE 20, Switzerland Tel : (41 2

作成日 :2006 年 10 月 1 日 世界知的所有権機関 World Intellectual Property Organization (WIPO) 所在地 :34 chemin des Colombettes, 1211 GENEVE 20, Switzerland Tel : (41 2 作成日 :2006 年 10 月 1 日 世界知的所有権機関 World Intellectual Property Organization (WIPO) 所在地 :34 chemin des Colombettes, 1211 GENEVE 20, Switzerland Tel : (41 22) 338 91 11 Fax : (41 22) 733 54 28 E-mail: wipo.mail@wipo.int

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 1 作成日 ;2015 年 11 月 7 日 スウェーデン王国 特許庁の所在地 : The Swedish Patent and Registration Office (PRV) Patent Department: P. O. Box 5055, SE-102 42 Stockholm Designs & Trademarks Department: P. O. Box 530, SE-826 27,

More information

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -AL AL 1 頁 工業所有権総局 (GDIP) ( アルバニア ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 AL.Ⅰ 委任状 附属書 AL.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : 工業所有権総局 (GD

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -AL AL 1 頁 工業所有権総局 (GDIP) ( アルバニア ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 AL.Ⅰ 委任状 附属書 AL.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : 工業所有権総局 (GD 1 頁 工業所有権総局 (GDIP) ( アルバニア ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 委任状 附属書.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : 工業所有権総局 (GDIP)( アルバニア ) APL: 2008 年 7 月 7 日のアルバニア工業所有権法 No.9947, 2017 年 2 月 16 日の法律 No.17/2017によって改正

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 現地代理人の必要性有無 3. 現地の代理人団体の有無 4. 出願言語 5. その他関係団体 6. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 作成日 :2012 年 1 月 5 日 インドネシア共和国 特許庁の所在地 : Department of Law and Legislation, Directorate General of Intellectual Property Direktorat Jenderal Hak Cipta, Paten dan Merek, Departemen kehakiman R.I., J1. Daan

More information

日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ ベトナム国家知的財産庁 (IP Viet Nam) と日本国特許庁 (JPO) との間の特許審査ハイウェイ試行プログラムに関するベトナム国家知的財産庁への申請手続 ( 仮訳 ) 日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ

日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ ベトナム国家知的財産庁 (IP Viet Nam) と日本国特許庁 (JPO) との間の特許審査ハイウェイ試行プログラムに関するベトナム国家知的財産庁への申請手続 ( 仮訳 ) 日本国特許庁の国内出願の審査結果を利用した特許審査ハイウェイ ベトナム国家知的財産庁 (IP Viet Nam) と日本国特許庁 (JPO) との間の特許審査ハイウェイ試行プログラムに関するベトナム国家知的財産庁への申請手続 ( 仮訳 ) 出願人は 日本出願に基づく日ベトナム間の特許審査ハイウェイ ( 以下 PPH という) 試行プログラムに基づいて 以下の申請要件を満たすベトナム国家知的財産庁への出願 ( 以下 当該出願 という ) につき 関連する書類の提出を含む所定手続を行うことで早期審査を申請することができます

More information

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -SA S A 1 頁 サウジ特許庁 (SPO) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 SA.Ⅰ 略語のリスト国内官庁 : サウジ特許庁 (SPO) Law: 特許, 集積回路配置デザイン, 植

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -SA S A 1 頁 サウジ特許庁 (SPO) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 SA.Ⅰ 略語のリスト国内官庁 : サウジ特許庁 (SPO) Law: 特許, 集積回路配置デザイン, 植 1 頁 サウジ特許庁 (SPO) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 略語のリスト国内官庁 : サウジ特許庁 (SPO) Law: 特許, 集積回路配置デザイン, 植物品種及び意匠に関する2004 年 7 月 16 日の法律 Regulations: 2004 年 7 月 16 日の法律の施行規則 指定 ( 又は選択 ) 官庁 サウジ特許庁

More information

第1回 基本的な手続きの流れと期限について ☆インド特許法の基礎☆

第1回 基本的な手続きの流れと期限について ☆インド特許法の基礎☆ インド特許法の基礎 ( 第 1 回 ) ~ 特許付与までの基本的な手続きの流れと期限について ~ 河野特許事務所 弁理士安田恵 インド特許出願の基本的な手続きの流れを説明する 典型例として, 基礎日本出願に基づいてPCT 出願を行い, インドを指定する例を説明する 今回は特に出願から特許付与までの手続きにおいて, 注意を要する時期的要件について説明する 期限に対するインド特許庁の対応は比較的厳しく,

More information

欧州特許庁における審査期間短縮手段 背景欧州出願は 日本 米国と比較して係属期間が長い また 欧州出願では 登録まで出願維持年金を特許庁に支払う必要があり 係属期間が長くなると費用が高くなる そこで 早期権利化と 権利化にかかる費用の削減のために 欧州特許庁における審査期

欧州特許庁における審査期間短縮手段 背景欧州出願は 日本 米国と比較して係属期間が長い また 欧州出願では 登録まで出願維持年金を特許庁に支払う必要があり 係属期間が長くなると費用が高くなる そこで 早期権利化と 権利化にかかる費用の削減のために 欧州特許庁における審査期 欧州特許庁における審査期間短縮手段 1 1. 背景欧州出願は 日本 米国と比較して係属期間が長い また 欧州出願では 登録まで出願維持年金を特許庁に支払う必要があり 係属期間が長くなると費用が高くなる そこで 早期権利化と 権利化にかかる費用の削減のために 欧州特許庁における審査期間を短縮する手段について紹介する (1) 欧州出願における特許査定までの平均係属期間パリルート :66ヶ月(12 年 )

More information

2.2.2 外国語特許出願の場合 2.4(2) を参照 2.3 第 184 条の 5 第 1 項に規定された書面 (1) 日本語特許出願 外国語特許出願を問わず 国際特許出願の出願人は 国内書面提出期間 ( 注 ) 内に 出願人 発明者 国際出願番号等の事項を記載した書面 ( 以下この部において 国

2.2.2 外国語特許出願の場合 2.4(2) を参照 2.3 第 184 条の 5 第 1 項に規定された書面 (1) 日本語特許出願 外国語特許出願を問わず 国際特許出願の出願人は 国内書面提出期間 ( 注 ) 内に 出願人 発明者 国際出願番号等の事項を記載した書面 ( 以下この部において 国 第 VIII 部国際特許出願 この部における 国際特許出願 とは 特許協力条約に基づく国際出願であって国内移行されたもの ( 特許出願に係るもの ) を意味する また 日本語特許出願 とは 日本語でなされた国際特許出願を意味し 外国語特許出願 とは 外国語でなされた国際特許出願を意味する 1. 概要 特許協力条約 (PCT) に基づく国際出願は 国際出願日が認められると各指定国において国際出願日から正規の国内出願としての効果を有するとされ

More information

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ

目次 共通情報 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 特許制度 1. 現行法令につ 作成日 :2016 年 11 月 1 日 チリ共和国 The Republic of Chile 特許庁の所在地 : チリ工業所有権庁 Instituto Nacional de la Propiedad Industrial (INAPI) National Institute for Industrial Property Av. Libertador Bernardo O Higgins 194,

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性の有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 >

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性の有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス方法 < 特許制度 > 作成日 :2015 年 11 月 7 日 バングラデシュ人民共和国 特許庁の所在地 : Ministry of Industries Department of Patents, Designs and Trade Marks Shilpa Bhaban 91 Motijheel Commercial Area Dhaka-1000 TEL: 880-2-956-0696 FAX: 880-2-955-6556

More information

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -MY MY 1 頁 マレーシア知的所有権公社 ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 MY.Ⅰ 国内段階移行手数料 ( 特許様式 No.2A) 附属書 MY.Ⅱ 特許代理人の選任又は変更 ( 特

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -MY MY 1 頁 マレーシア知的所有権公社 ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 MY.Ⅰ 国内段階移行手数料 ( 特許様式 No.2A) 附属書 MY.Ⅱ 特許代理人の選任又は変更 ( 特 1 頁 マレーシア知的所有権公社 ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 国内段階移行手数料 ( 特許様式 No.2A) 附属書.Ⅱ 特許代理人の選任又は変更 ( 特許様式 No.17) 附属書.Ⅲ 出願人が特許を受ける権利を証明する申立 ( 特許様式 No.22) 附属書.Ⅳ 実体審査請求書 ( 特許様式 No.5) 附属書.Ⅴ 簡略化された実体審査請求書

More information

作成日 :2016 年 11 月 1 日 台湾 ( 中華民国 ) Taiwan, Republic of China 特許庁の所在地 : 経済部 :Ministry of Economic Affairs (MOEA) 所属の 台湾知的財産局 :Intellectual Property Offic

作成日 :2016 年 11 月 1 日 台湾 ( 中華民国 ) Taiwan, Republic of China 特許庁の所在地 : 経済部 :Ministry of Economic Affairs (MOEA) 所属の 台湾知的財産局 :Intellectual Property Offic 作成日 :2016 年 11 月 1 日 台湾 ( 中華民国 ) Taiwan, Republic of China 特許庁の所在地 : 経済部 :Ministry of Economic Affairs (MOEA) 所属の 台湾知的財産局 :Intellectual Property Office(TIPO) 3F, 185, Sec. 2, Sinhai (Xinhai) RD., Da-an

More information

指定 ( 又は選択 ) 官庁 CL PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL 国立工業所有権機関 ( チリ ) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 CL 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1

指定 ( 又は選択 ) 官庁 CL PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL 国立工業所有権機関 ( チリ ) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 CL 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -CL C L 1 頁 国立工業所有権機関 ( チリ ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 CL.Ⅰ 国内段階移行様式 附属書 CL.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : 国立工業所有権機関 ( チリ ) PL: 2005 年法律第 19.996 号及び2007 年法律第 20.160 号で改正された工業所有権法第

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1.

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 作成日 :2014 年 11 月 21 日 シンガポール共和国 特許庁の所在地 Intellectual Property Office of Singapore (IPOS) 51 Bras Basah Road, #04.01 Plaza by the Park, Singapore 189554 TEL: 65-6339- 8616 FAX: 65-6339- 0252 E-mail: ipos_enquiry@ipos.gov.sg

More information

目次 1. 現行法令について 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 加盟国について 4. 現地代理人の必要性有無 5. 出願言語 6. 特許出願時の必要書類 7. 料金表 8. 料金減免制度について 9. 実体審査の有無 10. 出願公開制度の有無 11. 審査請求制度の有無 12. 出願から登録

目次 1. 現行法令について 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 加盟国について 4. 現地代理人の必要性有無 5. 出願言語 6. 特許出願時の必要書類 7. 料金表 8. 料金減免制度について 9. 実体審査の有無 10. 出願公開制度の有無 11. 審査請求制度の有無 12. 出願から登録 作成日 :2012 年 12 月 25 日 欧州特許庁 European Patent Office: EPO 特許庁の所在地 本部 : Headquarter at Munich D-80298 Munich, Germany Tel:(+49-89) 2399-0 Fax:(+49-89) 2399-4465 E-Mail:epoline@epo.org Website: http://www.epo.org

More information

作成日 :2014 年 11 月 21 日 南アフリカ共和国 特許庁の所在地 Companies and Intellectual Property Commission (CIPC) 77 Meintjies Street, Sunnyside, Pretoria, 0002 Republic o

作成日 :2014 年 11 月 21 日 南アフリカ共和国 特許庁の所在地 Companies and Intellectual Property Commission (CIPC) 77 Meintjies Street, Sunnyside, Pretoria, 0002 Republic o 作成日 :2014 年 11 月 21 日 南アフリカ共和国 特許庁の所在地 Companies and Intellectual Property Commission (CIPC) 77 Meintjies Street, Sunnyside, Pretoria, 0002 Republic of South Africa Tel: 27-12-394-9500 Fax: 27-12-394-9501

More information

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - ベトナム国家知的所有権庁 (NOIP) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (3) に基づく期間 : 優先日から 31 箇月 PCT 第 39 条 (1)(b)

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - ベトナム国家知的所有権庁 (NOIP) 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (3) に基づく期間 : 優先日から 31 箇月 PCT 第 39 条 (1)(b) PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - 1 頁 ベトナム国家知的所有権庁 (NOIP) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 譲渡証明書 附属書.Ⅱ 略語のリスト国内官庁 : ベトナム国家知的所有権庁 (NOIP) GD: 工業所有権に関する細則についての政令 (1996 年 10 月 24 日,No.63/CP,2001 年

More information

目次 1. 現行法令について 2. 意匠出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. 部分意匠制度の有無 11. 留意事項 12. 非登録

目次 1. 現行法令について 2. 意匠出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. 部分意匠制度の有無 11. 留意事項 12. 非登録 作成日 :2012 年 1 月 5 日 欧州共同体意匠制度 European Community Design System OHIM の所在地 : Office for Harmonization in the Internal Market (Trade Marks and Designs) Avenida de Europa 4 E-03080 Alicante, Spain 電話 : +34-96

More information

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -RU RU 1 頁 連邦知的所有権行政局 (ROSPATENT)( ロシア連邦 ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 RU.Ⅰ 特許国内処理請求様式 附属書 RU.Ⅱ 実用新案国内処理請求

PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 -RU RU 1 頁 連邦知的所有権行政局 (ROSPATENT)( ロシア連邦 ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書 RU.Ⅰ 特許国内処理請求様式 附属書 RU.Ⅱ 実用新案国内処理請求 1 頁 連邦知的所有権行政局 (ROSPATENT)( ロシア連邦 ) ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 特許国内処理請求様式 附属書.Ⅱ 実用新案国内処理請求様式 附属書.Ⅲ 略語のリスト国内官庁 : 連邦知的所有権行政局 (Rospatent)( ロシア連邦 ) 1 RCC: ロシア連邦民法 RPR: 発明特許の出願, 審査及び後のロシア発明特許の発行に関して国家が課す機能を

More information

Taro-052第6章1節(p ).jtd

Taro-052第6章1節(p ).jtd 第六章 出願の補助的手続 667 第一節 出願書類等の閲覧及び交付 何人も特許庁長官に対し提出した書類等の閲覧の請求ができます ( 特 86( 実 55() 準用 意 63 ) ( 商 7 ) ( 注 ) オンラインシステムを使用して行われた手続 磁気ディスクの提出により行われた手続 書面の 提出により行われた手続 さらにはオンラインシステムを使用して行われた処分等 文書をもって 行われた処分等はすべてがファイルに記録されます

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1.

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 ( 存在する場合は連絡先も含む ) 5. 出願言語 6. その他関係団体 ( 連絡先 ) 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 作成日 :2014 年 11 月 21 日 ブラジル連邦共和国 特許庁の所在地 Ministry of Industry, Commerce and Tourism, National Institute of Industrial Property Brazilian Patent and Trademark Office (BPTO) Praca Maua 7, 18 andar-centro,

More information

手続きガイドライン ( 日本語仮訳 ) ( ラオス関連特許出願に対する特許の付与円滑化に関する協力に基づく早期特許査定申請 ) 日本国特許庁 (JPO) により付与された特許を有する出願人は JPO での特許出願の審査結果を利用したラオス関連特許出願の 特許の付与円滑化に関する協力 ( 以下 CPG

手続きガイドライン ( 日本語仮訳 ) ( ラオス関連特許出願に対する特許の付与円滑化に関する協力に基づく早期特許査定申請 ) 日本国特許庁 (JPO) により付与された特許を有する出願人は JPO での特許出願の審査結果を利用したラオス関連特許出願の 特許の付与円滑化に関する協力 ( 以下 CPG 手続きガイドライン ( 日本語仮訳 ) ( ラオス関連特許出願に対する特許の付与円滑化に関する協力に基づく早期申請 ) 日本国特許庁 (JPO) により付与された特許を有する出願人は JPO での特許出願の審査結果を利用したラオス関連特許出願の 特許の付与円滑化に関する協力 ( 以下 CPG という) に基づいて ラオス人民民主共和国科学技術省知的財産局 (DIP) の特許に関する規定及び関連文書に基づいた所定の手続を行うことで

More information

出願人のための特許協力条約(PCT) -国際出願と優先権主張-

出願人のための特許協力条約(PCT)    -国際出願と優先権主張- 特集 国際出願 - 国際出願と優先権主張 - 弁理士下道晶久 はじめに 日本の出願人は, 特許協力条約 (PCT) に基づく国際 出願をするとき, 多くの場合, 先の日本の国内出願に基 づきパリ条約による優先権を主張して国際出願する 2004 年 1 月 1 日以降の新しい指定制度の下では, 国際出願すると出願日時点における日本を含むすべての PCT 締約国を指定したものとみなされる そのため, 先の日本の国内出願に基づきパリ条約による優先権を主張して国際出願した場合,

More information

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 国内段階 国内編 オーストリア特許庁 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1)(a) に基づく期間 : 優先日から 3

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 国内段階 国内編 オーストリア特許庁 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1)(a) に基づく期間 : 優先日から 3 PCT 出願人の手引 国内段階 国内編 1 頁 オーストリア特許庁 ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 委任状 附属書.Ⅱ 略語のリスト 国内官庁 : オーストリア特許庁 PatG: 特許法 [Patentgesetz] PatV: 特許条約を導入するための法律 [PatentverträgeEinführungsgesetz] GMG:

More information

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - ドイツ特許商標庁 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1)(a) に基づく期間 : 優先

指定 ( 又は選択 ) 官庁 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - ドイツ特許商標庁 国内段階に入るための要件の概要 3 頁概要 国内段階に入るための期間 PCT 第 22 条 (1) に基づく期間 : 優先日から 30 箇月 PCT 第 39 条 (1)(a) に基づく期間 : 優先 PCT 出願人の手引 - 国内段階 - 国内編 - 1 頁 ドイツ特許商標庁 ( 指定官庁又は選択官庁 ) 目 次 国内段階 - 概要 国内段階の手続 附属書手数料 附属書.Ⅰ 国内処理申請様式 ( 特許 ) 附属書.Ⅱ 国内処理申請様式 ( 実用新案 ) 附属書.Ⅲ 発明者宣誓書 附属書.Ⅳ 委任状 附属書.Ⅴ 略語のリスト国内官庁 : ドイツ特許商標庁 PatG: 1981 年ドイツ特許法 [Patentgesetz

More information

第41回 アクセプタンス期間と聴聞手続(2016年版) ☆インド特許法の基礎☆

第41回 アクセプタンス期間と聴聞手続(2016年版) ☆インド特許法の基礎☆ インド特許法の基礎 ( 第 41 回 ) ~アクセプタンス期間と聴聞手続 (2016 年版 )~ 2016 年 10 月 20 日河野特許事務所弁理士安田恵 1. はじめにインド特許法はアクセプタンス期間制度を採用している ( 第 21 条 ) アクセプタンス期間制度は, 所定の期間内に特許出願を特許付与可能な状態にしなければ, 当該特許出願を放棄したものとみなす制度である インド特許法におけるアクセプタンス期間は,

More information

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3.

目次 < 共通情報 > 1. 加盟している産業財産権関連の条約 2. 特許審査ハイウェイ実施状況 3. 現地代理人の必要性有無 4. 現地の代理人団体の有無 5. 出願言語 6. その他関係団体 7. 特許情報へのアクセス < 特許制度 > 1. 現行法令について 2. 特許出願時の必要書類 3. 作成日 :2013 年 12 月 5 日 アメリカ合衆国 特許庁の所在地 : Ministry of Commerce United States Patent and Trademark Office (USPTO) P.O. Box 1450 Alexandria, VA 22313-1450, U.S.A. TEL: 1-703-305-8600 FAX: 1-703-305-8665 E-mail:IP.Policy@uspto.gov

More information

目次 1. 現行法令について 2. 商標出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. 出願時点での使用義務の有無 11. 保護対象 12.

目次 1. 現行法令について 2. 商標出願時の必要書類 3. 料金表 4. 料金減免制度について 5. 実体審査の有無 6. 出願公開制度の有無 7. 審査請求制度の有無 8. 出願から登録までの手続の流れ 9. 存続期間及びその起算日 10. 出願時点での使用義務の有無 11. 保護対象 12. 作成日 :2017 年 10 月 21 日 欧州連合知的財産庁 European Union Intellectual Property Office (EUIPO) ( 旧名称 : 欧州共同体商標意匠庁 ) (Office for Harmonization in the Internal Market (Trade Marks and Designs)) (OHIM) EUIPO の所在地 :

More information

マレーシア

マレーシア マレーシア 目次 概要 1 代理人制度 2 特許制度 3 意匠制度 6 商標制度 8 概要 2004 年 12 月 (2008 年 12 月改訂 ) 加入条約パリ条約 PCT TRIPs 手続言語英語所管官庁 Ministry of Domestic Trade and Consumer Affairs Intellectual Property Division 住所 27 & 32 nd Floor,

More information

Ⅰ. はじめに 近年 企業のグローバル化や事業形態の多様化にともない 企業では事業戦略上 知的財産を群として取得し活用することが重要になってきています このような状況において 各企業の事業戦略を支援していくためには 1 事業に関連した広範な出願群を対象とした審査 2 事業展開に合わせたタイミングでの

Ⅰ. はじめに 近年 企業のグローバル化や事業形態の多様化にともない 企業では事業戦略上 知的財産を群として取得し活用することが重要になってきています このような状況において 各企業の事業戦略を支援していくためには 1 事業に関連した広範な出願群を対象とした審査 2 事業展開に合わせたタイミングでの 事業戦略対応まとめ審査ガイドライン 平成 26 年 10 月 1 日 調 整 課 意 匠 課 商 標 課 Ⅰ. はじめに... 2 Ⅱ. まとめ審査の対象となる出願群... 4 Ⅲ. まとめ審査の申請... 5 1. 申請ができる者と申請方法... 5 2. 申請に関する留意事項... 7 Ⅳ. まとめ審査の進め方... 8 1. スケジュールの調整... 8 2. 事業説明... 9 3. 面接

More information

Microsoft Word - 01第17版Part1-表紙.doc

Microsoft Word - 01第17版Part1-表紙.doc 第 1 部 欧州特許の取り方 出願人のためのガイド 2018 年 6 月 ( 第 18 版 ) 2018 年 4 月 1 日現在 目次 まえがき ---------------------------------------------------------------------------- 7 A. 概要 --------------------------------------------------------------------------

More information

調査報告書 ~ASEAN 各国における産業財産権権利化に係る費用及び期間 ~ 第 1 はじめに本報告書は 独立行政法人日本貿易振興機構バンコク事務所 ( 以下 貴機構 という ) の委託を受けて 弊事務所が行ったインドネシア マレーシア フィリピン シンガポール タイ及びベトナムにおける産業財産権の

調査報告書 ~ASEAN 各国における産業財産権権利化に係る費用及び期間 ~ 第 1 はじめに本報告書は 独立行政法人日本貿易振興機構バンコク事務所 ( 以下 貴機構 という ) の委託を受けて 弊事務所が行ったインドネシア マレーシア フィリピン シンガポール タイ及びベトナムにおける産業財産権の 特許庁委託事業 ASEAN 各国における産業財産権の権利化 に係る費用及び期間に関する調査 2014 年 4 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP 1 調査報告書 ~ASEAN 各国における産業財産権権利化に係る費用及び期間 ~ 第 1 はじめに本報告書は 独立行政法人日本貿易振興機構バンコク事務所 ( 以下 貴機構 という

More information

第26回 知的財産権審判部☆インド特許法の基礎☆

第26回 知的財産権審判部☆インド特許法の基礎☆ インド特許法の基礎 ( 第 26 回 ) ~ 知的財産権審判部 ~ 河野特許事務所 弁理士安田恵 1. はじめにインドには知的財産権審判部 (IPAB: Intellectual Property Appellate Board) が設置されており 審判部は 中央政府又は特許意匠商標総局の長官によって行われた各種決定 命令 指示に対する審判請求事件 特許取消などの事件を管轄している 審判部における審理対象を概観する

More information

2.1 提供方法 提供形態 登録されたサービス利用者に発行される ID パスワードによりアクセス できるダウンロードサイトから オンラインで提供される 提供周期 新規発生分 / 更新処理分のデータは 日次及び週次で提供される ただし 週次データにおいて期間内に更新又は削除が複

2.1 提供方法 提供形態 登録されたサービス利用者に発行される ID パスワードによりアクセス できるダウンロードサイトから オンラインで提供される 提供周期 新規発生分 / 更新処理分のデータは 日次及び週次で提供される ただし 週次データにおいて期間内に更新又は削除が複 2.1 提供方法 2.1.1 提供形態 登録されたサービス利用者に発行される ID パスワードによりアクセス できるダウンロードサイトから オンラインで提供される 2.1.2 提供周期 新規発生分 / 更新処理分のデータは 日次及び週次で提供される ただし 週次データにおいて期間内に更新又は削除が複数行われた場合は 前回の新 規発生分 / 更新処理分のデータからの差分のデータのみが提供される 2.1.3

More information

間延長をしますので 拒絶査定謄本送達日から 4 月 が審判請求期間となります ( 審判便覧 の 2.(2) ア ) 職権による延長ですので 期間延長請求書等の提出は不要です 2. 補正について 明細書等の補正 ( 特許 ) Q2-1: 特許の拒絶査定不服審判請求時における明細書等の補正は

間延長をしますので 拒絶査定謄本送達日から 4 月 が審判請求期間となります ( 審判便覧 の 2.(2) ア ) 職権による延長ですので 期間延長請求書等の提出は不要です 2. 補正について 明細書等の補正 ( 特許 ) Q2-1: 特許の拒絶査定不服審判請求時における明細書等の補正は 拒絶査定不服審判 Q&A 1. 期間の延長について 拒絶理由通知の応答期間の延長 ( 特許 ) Q1-1: 特許について 拒絶査定不服審判請求後 ( 前置審査中を含む ) に受けた拒絶理由通知に対する応答期間を延長することはできますか A1-1: 出願人が国内居住者のときは 以下の理由 (1) を満たすときに 1 回 ( 最大 1 か月 ) 限りの延長が認められます 出願人が在外者のときは 以下の理由

More information

第 32 回 1 級 ( 特許専門業務 ) 実技試験 一般財団法人知的財産研究教育財団知的財産教育協会 ( はじめに ) すべての問題文の条件設定において, 特に断りのない限り, 他に特殊な事情がないものとします また, 各問題の選択枝における条件設定は独立したものと考え, 同一問題内における他の選

第 32 回 1 級 ( 特許専門業務 ) 実技試験 一般財団法人知的財産研究教育財団知的財産教育協会 ( はじめに ) すべての問題文の条件設定において, 特に断りのない限り, 他に特殊な事情がないものとします また, 各問題の選択枝における条件設定は独立したものと考え, 同一問題内における他の選 ( はじめに ) すべての問題文の条件設定において, 特に断りのない限り, 他に特殊な事情がないものとします また, 各問題の選択枝における条件設定は独立したものと考え, 同一問題内における他の選択枝には影響しないものとします 特に日時の指定のない限り,2018 年 9 月 1 日現在で施行されている法律等に基づいて解答しなさい PartⅠ 精密機器メーカー X 社の知的財産部の部員甲は, 自社の電磁波測定器に係る発明

More information

審査の品質管理において取り組むべき事項 ( 平成 27 年度 ) 平成 27 年 4 月 28 日 特許庁 特許 Ⅰ. 質の高い審査を実現するための方針 手続 体制の整備 審査の質を向上させるためには 審査体制の充実が欠かせません そこで 審査の効率性を考慮しつつ 主要国と遜色のない審査実施体制の確

審査の品質管理において取り組むべき事項 ( 平成 27 年度 ) 平成 27 年 4 月 28 日 特許庁 特許 Ⅰ. 質の高い審査を実現するための方針 手続 体制の整備 審査の質を向上させるためには 審査体制の充実が欠かせません そこで 審査の効率性を考慮しつつ 主要国と遜色のない審査実施体制の確 審査の品質管理において取り組むべき事項 ( 平成 27 年度 ) 平成 27 年 4 月 28 日 特許庁 特許 Ⅰ. 質の高い審査を実現するための方針 手続 体制の整備 審査の質を向上させるためには 審査体制の充実が欠かせません そこで 審査の効率性を考慮しつつ 主要国と遜色のない審査実施体制の確保に向け 引き続き必要な数の審査官の確保に不断に努めていきます 審査の質を向上させるためには 品質管理体制の充実も欠かせません

More information

第 6 章国際事務局に対する手続 第 6 章 国際事務局に対する手続 第 1 節手続の原則 1. 手続の原則 (1) 国際事務局に対する手続の差出書面には 国際事務局が定めた公式様式 MM2 M M4~MM9 及び MM13~MM18 及び任意様式 MM10~MM12 及び MM19~ MM21 並

第 6 章国際事務局に対する手続 第 6 章 国際事務局に対する手続 第 1 節手続の原則 1. 手続の原則 (1) 国際事務局に対する手続の差出書面には 国際事務局が定めた公式様式 MM2 M M4~MM9 及び MM13~MM18 及び任意様式 MM10~MM12 及び MM19~ MM21 並 第 6 章 国際事務局に対する手続 第 1 節手続の原則 1. 手続の原則 (1) 国際事務局に対する手続の差出書面には 国際事務局が定めた公式様式 MM2 M M4~MM9 及び MM13~MM18 及び任意様式 MM10~MM12 及び MM19~ MM21 並びに様式化されていない手続があります 様式化されていない手続としては 代理人の選任の記録の取消し請求等があります 様式化されていない手続を行う場合には

More information

平成22年度 特許庁

平成22年度 特許庁 マドリッド協定議定書に基づく国際商標出願に関する 各国商標法制度 運用 - 暫定的拒絶通報を受領した場合 の手続を中心に - 報告書 平成 23 年 2 月 特許庁 (15) ベトナム国家知的所有権庁ウェブサイト等からの入手可能な情報 1 商標検索システム 参照アドレス :http://iplib.noip.gov.vn/ipdl_ext/webui/wsearch.php 検索手順 : 手順 1:

More information

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆

第5回 特許出願(2) ☆インド特許法の基礎☆ インド特許法の基礎 ( 第 5 回 ) ~ 特許出願 (2)~ 河野特許事務所 弁理士安田恵 1. はじめに 1 インドは パリ条約及び特許協力条約 2 の加盟国である 従って パリルート又は PCT ルートによるインドへの特許出願が可能である 以下 パリルート及び PCT ルートの特 許出願に求められる基本的な要件を確認し 優先権書類 出願権の証拠に関する実務的 な運用について説明する 2. 条約出願

More information

1. 特許法条約及び商標法に関するシンガポール条約とは 特許法条約 (PLT) 及び商標法に関するシンガポール条約 (STLT) は 各国で異なる国内出願手続の統一化及び簡素化に関する条約である 近年 出願件数が多い欧米諸国の加入が進んでおり 両条約の締約国は PLT が 36 か国 STLT が

1. 特許法条約及び商標法に関するシンガポール条約とは 特許法条約 (PLT) 及び商標法に関するシンガポール条約 (STLT) は 各国で異なる国内出願手続の統一化及び簡素化に関する条約である 近年 出願件数が多い欧米諸国の加入が進んでおり 両条約の締約国は PLT が 36 か国 STLT が 特許法条約 (PLT) 及び商標法に関する シンガポール条約 (STLT) への加入について 平成 26 年 10 月特許庁 1 1. 特許法条約及び商標法に関するシンガポール条約とは 特許法条約 (PLT) 及び商標法に関するシンガポール条約 (STLT) は 各国で異なる国内出願手続の統一化及び簡素化に関する条約である 近年 出願件数が多い欧米諸国の加入が進んでおり 両条約の締約国は PLT が

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1. ハーグ協定のジュネーブ改正協定の概要 2. 国際出願時の手続 3. 指定国官庁としての日本国特許庁への手続 4. 国際出願時の図面作成のポイント 15 (1) 国際出願時の手続 直接出願の場合は WIPO 国際事務局に 願書 [DM/1] を提出 又はオンラインで出願 間接出願の場合は 日本国特許庁に 願書 [DM/1] を提出する 直接出願 願書 [DM/1] 郵送 E-filing 出願人

More information

特許出願の審査過程で 審査官が出願人と連絡を取る必要があると考えた場合 審査官は出願人との非公式な通信を行うことができる 審査官が非公式な通信を行う時期は 見解書が発行される前または見解書に対する応答書が提出された後のいずれかである 審査官からの通信に対して出願人が応答する場合の応答期間は通常 1

特許出願の審査過程で 審査官が出願人と連絡を取る必要があると考えた場合 審査官は出願人との非公式な通信を行うことができる 審査官が非公式な通信を行う時期は 見解書が発行される前または見解書に対する応答書が提出された後のいずれかである 審査官からの通信に対して出願人が応答する場合の応答期間は通常 1 シンガポールにおける特許 審査での審査官面接 Ai Ming Lee ( 弁護士 ) Chang Jian Ming ( 弁理士 ) Dentons Rodyk 法律事務所 Willie Lim Dentons Rodyk 法律事務所は 1861 年に設立された シンガポールで最も歴史があり最大の法律事務所の一つである 約 200 名の弁護士が国内および海外の法律サービスを提供している Lee Ai

More information

インド知的財産ニュースレター第 号 インド知的財産ニュースレター 第 号 2016 年 5 月 18 日 特許規則 2016 年改正 発行者株式会社サンガム IP 東京都千代田区永田町 アイオス永田町 415

インド知的財産ニュースレター第 号 インド知的財産ニュースレター 第 号 2016 年 5 月 18 日 特許規則 2016 年改正 発行者株式会社サンガム IP 東京都千代田区永田町 アイオス永田町 415 インド知的財産ニュースレター 第 2016-6 号 2016 年 5 月 18 日 特許規則 2016 年改正 発行者株式会社サンガム IP 100-0014 東京都千代田区永田町 2-17-17 アイオス永田町 415 www.sangamip.jp 免責事項本ニュースレターは インドの知的財産に関する情報を届けることを目的としており 個別の法律問題について回答やアドバイスするものではありません

More information

なって審査の諸側面の検討や評価が行われ 関係者による面接が開始されることも ある ベトナム知的財産法に 特許審査官と出願人またはその特許代理人 ( 弁理士 ) の間で行われる面接を直接定めた条文は存在しない しかしながら 審査官は 対象となる発明の性質を理解し 保護の対象を特定するために面接を設定す

なって審査の諸側面の検討や評価が行われ 関係者による面接が開始されることも ある ベトナム知的財産法に 特許審査官と出願人またはその特許代理人 ( 弁理士 ) の間で行われる面接を直接定めた条文は存在しない しかしながら 審査官は 対象となる発明の性質を理解し 保護の対象を特定するために面接を設定す ベトナムにおける特許審査での審査官 面接 INVESTIP Intellectual Property Agency ( 知的財産事務所 ) Nguyen Thanh Quang ( 弁護士 ) IINVESTIP 事務所はベトナム国家知的財産庁出身の経験豊富な第一人者たちによって 1988 年に設立された事務所であり ベトナムで最も有名な知的財産事務所の 1 つとして ベトナムのみならず ラオスやカンボジア

More information

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお

ことができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している さらに 台湾専利法第 76 条は 特許主務官庁は 無効審判を審理する際 請求によりまたは職権で 期限を指定して次の各号の事項を行うよう特許権者に通知することができる 1. 特許主務官庁に出頭して面接に応じる と規定している なお 台湾における特許出願および意匠出願の審査官面接 理律法律事務所郭家佑 ( 弁理士 ) 理律法律事務所は 1965 年に創設され 台湾における最大手総合法律事務所である 特許 意匠 商標 その他知的財産に関する権利取得や 権利行使 訴訟 紛争解決 会社投資など 全ての法律分野を包括するリーガルサービスを提供している 郭家佑は 理律法律事務所のシニア顧問で 台湾の弁理士である 主な担当分野は 特許ならびに意匠出願のプロセキューション

More information

第10回 出願公開 ☆インド特許法の基礎☆

第10回 出願公開 ☆インド特許法の基礎☆ インド特許法の基礎 ( 第 10 回 ) ~ 出願公開 ~ 河野特許事務所 弁理士安田恵 1. はじめに 2002 年特許法改正 1 により, 出願公開制度が審査請求制度と共に導入され, 特許庁に係属している特許出願は, 原則として出願日又は当該出願の優先日から18ヶ月 ( 規則 24 条 ) が経過すると公開されることになった ( 特許法第 11A 条 (1)) また20 05 年特許法改正 2

More information

(2) 国内優先権主張を伴う特許出願を行う場合 後の出願の願書に新規性喪失の例外証明書を援用する旨の表示をしなくても 先の出願について提出した新規性喪失の例外証明書が後の出願においても提出されたものとみなされますか ( 特 実 ).. 10 問 国との共同出願における手数料の納付国と国以

(2) 国内優先権主張を伴う特許出願を行う場合 後の出願の願書に新規性喪失の例外証明書を援用する旨の表示をしなくても 先の出願について提出した新規性喪失の例外証明書が後の出願においても提出されたものとみなされますか ( 特 実 ).. 10 問 国との共同出願における手数料の納付国と国以 出願等の手続の方式審査に関する Q&A 目次 1. 出願の手続... 8 問 1-1. 願書に記載する発明者の表示 ( 特 実 意 ) 発明者が外国人の場合 願書に記載する発明者の氏名はどのように記載するのですか また 発明者が中国人の場合は 漢字で記載することはできますか... 8 問 1-2. 発明者の氏名の旧姓使用 ( 特 実 意 ) 特許出願をするときに発明者の氏名に旧姓を使用してもよいですか...

More information

<4D F736F F D E90528DB88AEE8F8095F18D908F915B8FA D25D62>

<4D F736F F D E90528DB88AEE8F8095F18D908F915B8FA D25D62> 平成 26 年度特許庁産業財産権制度各国比較調査研究等事業 ASEAN 主要国及び台湾における特許及び商標の 審査基準 審査マニュアルに関する調査研究報告書 商標編 平成 27 年 3 月 一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI JAPAN i 2. インドネシア 2.1 インドネシアにおける商標関連法規 インドネシアにおける商標関連法規は 以下のとおりである 商標法 2001 年法律第

More information

議題提案票(韓国2017)最終版_名前無

議題提案票(韓国2017)最終版_名前無 特許法によるコンピュータプログラム自体の保護 重要度 新規 / 継続継続 コンピュータ関連発明審査基準 2.2.1によれば 記憶媒体に記憶されたコンピュータプログラムについては特許法の保護とされていますが コンピュータプログラム自体は特許法における保護となっておりません しかし 記憶媒体に記憶されたコンピュータプログラムのみを保護とし コンピュータプログラム自体を保護としないことにより 以下のような不都合が生じます

More information

特許庁委託事業 ASEAN 各国における産業財産権情報への アクセス性に関する調査 2013 年 4 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP

特許庁委託事業 ASEAN 各国における産業財産権情報への アクセス性に関する調査 2013 年 4 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP 特許庁委託事業 ASEAN 各国における産業財産権情報への アクセス性に関する調査 01 年 月日本貿易振興機構バンコク事務所知的財産部 協力 TMI Associates (Singapore) LLP Ministry of Science and Technology ) によって所管されています 特許出願人は ラオス知的財産局に必要書類を提出して特許を出願し 同 機関による方式審査 出願公開及び実体審査になります

More information

PCT ニュースレター

PCT ニュースレター http://www.wipo.int/pct/ja 2019 年 2 月号 No. 02/2019 この日本語抄訳では PCT NEWSLETTER ( 英語版 ) の主要項目の翻訳を提供しています PCT 最新情報 (PCT Information Update) の詳細 PCT セミナーカレンダー (PCT Seminar Calendar) PCT 手数料表 (PCT Fee Tables)

More information

Taro-007第1章4節(p29-37).jtd

Taro-007第1章4節(p29-37).jtd 第四節包括委任状 1. 包括委任状の援用による個別の手続における代理権の証明 包括委任状とは 手続をする者がその者の代理人に対し 特許出願等の手続について事件を特 定せずに包括的な代理権を授与したことを証明する書面です オンライン手続において委任状自 体を提出することは不可能であることから この包括委任状をあらかじめ特許庁長官に提出した 場合には 代理権を証明する書面の提出を必要とする個別手続において包括委任状を援用するこ

More information

Outline of the Patent Cooperation Treaty (PCT)

Outline of  the Patent Cooperation Treaty (PCT) PCT による国際特許出願 Okinawa Institute of Science and Technology 弁理士下道晶久 青和特許法律事務所 February 24, 2011 1 Part I パリ条約及び三原則 (Paris Convention & Three Principals) 2 1. 工業所有権の保護に関するパリ条約 三原則 (Three Principals) (1) 内外人平等

More information

( 使用承認期間 ) 第 6 条第 3 条第 3 項の規定によるキャラクターの使用の承認の期間は 当該承認の日から起算して1 年を経過する日以後の最初の3 月 31 日までとする ただし 更新することができる 2 第 4 条の規定によるキャラクターの使用内容変更承認の期間は 前項に定める当該承認の元

( 使用承認期間 ) 第 6 条第 3 条第 3 項の規定によるキャラクターの使用の承認の期間は 当該承認の日から起算して1 年を経過する日以後の最初の3 月 31 日までとする ただし 更新することができる 2 第 4 条の規定によるキャラクターの使用内容変更承認の期間は 前項に定める当該承認の元 酒田市マスコットキャラクター使用要綱 ( 目的 ) 第 1 条この告示は 本市が定めるマスコットキャラクター ( 以下 キャラクター という ) を多くの市民が自由に使用し 愛されるものにしていくため 必要な事項を定めるものとする ( キャラクターの使用 ) 第 2 条キャラクターを使用しようとするもの ( 営利を目的とするものを除く ) は 別記マスコットキャラクターポーズ一覧 ( 以下 ポーズ一覧

More information

<4D F736F F F696E74202D E82C582E08F6F978882E98AC FA967B93C18B9692A182C582CC93C18B9692B28DB895FB B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D E82C582E08F6F978882E98AC FA967B93C18B9692A182C582CC93C18B9692B28DB895FB B8CDD8AB B83685D> 誰でも出来る簡単日本特許庁での特許調査方法 2011 年 8 月独立行政法人科学技術振興機構研究振興支援業務室高橋弘 1 目次 2 はじめに 日本特許庁の電子図書館 (IPDL) は 特許 実用新案 意匠 商標の 検索が無料で行えるオンラインサービスを提供しています 本書では 特許 ( 出願 ) 公報番号からの特許公報の取得 対象特許の法的状況の調査方法を中心に 先行特許の調査方法についても簡単に解説します

More information

(2) 商標の定義 1) 商標 (Mark) は 事業者の商品又は役務を識別することができる視認可能な標章をいい 刻印又はマーキングされた容器を含む ( 商標法 121 条 商標規則 100 規則 (i)) 商品を識別するものが商標であり 役務を識別するものがサービスマークである ( 同

(2) 商標の定義 1) 商標 (Mark) は 事業者の商品又は役務を識別することができる視認可能な標章をいい 刻印又はマーキングされた容器を含む ( 商標法 121 条 商標規則 100 規則 (i)) 商品を識別するものが商標であり 役務を識別するものがサービスマークである ( 同 2 フィリピン共和国 (1) 商標法の動向等 1) フィリピン共和国 ( 以下 フィリピン という ) では 2012 年 7 月 25 日からマドリッド協定議定書が発効している フィリピンは マドリッド協定には加盟していない 2012 年 12 月 28 日現在 ROMARINで検索するとフィリピンを領域指定している国際登録は登録済が 417 件 ( 本国が日本のものは 67 件 ) 審査中のものを合わせると

More information

文書管理番号

文書管理番号 プライバシーマーク付与適格性審査実施規程 1. 一般 1.1 適用範囲この規程は プライバシーマーク付与の適格性に関する審査 ( 以下 付与適格性審査 という ) を行うプライバシーマーク指定審査機関 ( 以下 審査機関 という ) が その審査業務を遂行する際に遵守すべき事項を定める 1.2 用語この基準で用いる用語は 特段の定めがない限り プライバシーマーク制度基本綱領 プライバシーマーク指定審査機関指定基準

More information

<4D F736F F D E90528DB88AEE8F8095F18D908F915B8FA D25D62>

<4D F736F F D E90528DB88AEE8F8095F18D908F915B8FA D25D62> 平成 26 年度特許庁産業財産権制度各国比較調査研究等事業 ASEAN 主要国及び台湾における特許及び商標の 審査基準 審査マニュアルに関する調査研究報告書 商標編 平成 27 年 3 月 一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI JAPAN i 3. フィリピン 3.1 フィリピンにおける商標関連法規 フィリピンにおける商標関連法規は 以下のとおりである 知的財産法 2008 年法律第 9502

More information

平成 29 年度 外国制度相談 QA 集 外国産業財産権侵害対策等支援事業 ( 平成 30 年 3 月末終了 ) において作成 ( 委託事業者 :( 一社 ) 発明推進協会 ) 1

平成 29 年度 外国制度相談 QA 集 外国産業財産権侵害対策等支援事業 ( 平成 30 年 3 月末終了 ) において作成 ( 委託事業者 :( 一社 ) 発明推進協会 ) 1 外国制度相談 QA 集 外国産業財産権侵害対策等支援事業 ( 平成 30 年 3 月末終了 ) において作成 ( 委託事業者 :( 一社 ) 発明推進協会 ) 1 目次 特許 >> 共通事項について ( 新規性 ) Q2 3 年前に日本で特許権を取得していますが 同じ発明についてこれから海外で特許を出願して権利を取得できるかを教えて下さい 20 ( 主な国 地域 条約の新規性喪失の例外規定 ) Q9

More information

1. データベースへのアクセス トルコ特許を収録したデータベースとしては 無料のものとして下記のような情報源が存在する このミニガイドでは原則無料 かつ数年間にわたり安定運用されているトルコ特許庁のデータベースと Espacenet の検索方法を紹介する * トルコ特許制度の詳細については 世界の産

1. データベースへのアクセス トルコ特許を収録したデータベースとしては 無料のものとして下記のような情報源が存在する このミニガイドでは原則無料 かつ数年間にわたり安定運用されているトルコ特許庁のデータベースと Espacenet の検索方法を紹介する * トルコ特許制度の詳細については 世界の産 作成日 :2016 年 2 月 2 日 トルコ特許情報検索ミニガイド 目次 内容 1. データベースへのアクセス... 2 2. 特許の検索方法... 3 2.1 検索画面の表示... 3 2.2 番号検索 ( 公報番号による検索から 公報の入手まで )... 6 2.3 その他の検索項目による検索... 11 2.4 法的状況 ( リーガルステータス ) の確認... 12 3. 補足 : トルコ知的財産制度情報入手先...

More information