Internet Security Product Suite 導入の手引き NGX R65 バージョン

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Internet Security Product Suite 導入の手引き NGX R65 バージョン"

Transcription

1 Internet Security Product Suite 導入の手引き NGX R65 バージョン June 15, 2007

2

3 Check Point Software Technologies Ltd. All rights reserved. 本製品および関連ドキュメントは著作権法によって保護されており その使用 複写 逆コンパイルを制限するライセンス契約に基づいて配布されています 本製品または関連ドキュメントのいかなる部分も チェック ポイントの書面による事前承諾を得ない限り いかなる形態や方法によっても複製することはできません 本マニュアルを製作するにあたっては細心の注意が払われていますが チェック ポイントはいかなる誤りまたは欠落に対しても一切責任を負いません 本マニュアルおよびその記述内容は 予告なく変更される場合があります 権利の制限 米国政府による本製品の使用 複写 または開示は DFARS( 連邦国防調達規定 ) および FAR( 連邦調達規定 ) の技術データおよびコンピュータ ソフトウェアに関する権利条項 (c) (1)(ii) により制限されます 商標 Check Point Software Technologies Ltd. All rights reserved. Check Point AlertAdvisor Application Intelligence Check Point Express Check Point Express CI Check Point のロゴ ClusterXL Confidence Indexing ConnectControl Connectra Connectra Accelerator Card Cooperative Enforcement Cooperative Security Alliance CoSa DefenseNet Dynamic Shielding Architecture Eventia Eventia Analyzer Eventia Reporter Eventia Suite FireWall-1 FireWall-1 GX FireWall-1 SecureServer FloodGate-1 Hacker ID Hybrid Detection Engine IMsecure INSPECT INSPECT XL Integrity Integrity Clientless Security Integrity SecureClient InterSpect IPS-1 IQ Engine MailSafe NG NGX Open Security Extension OPSEC OSFirewall Policy Lifecycle Management Provider-1 SecureClient SecureClient Mobile SecureKnowledge SecurePlatform SecurePlatform Pro SecuRemote SecureServer SecureUpdate SecureXL SecureXL Turbocard Sentivist SiteManager-1 SmartCenter SmartCenter Express SmartCenter Power SmartCenter Pro SmartCenter UTM SmartConsole SmartDashboard SmartDefense SmartDefense Advisor Smarter Security SmartLSM SmartMap SmartPortal SmartUpdate SmartView SmartView Monitor SmartView Reporter SmartView Status SmartViewTracker SofaWare SSL Network Extender Stateful Clustering TrueVector Turbocard UAM UserAuthority User-to-Address Mapping VPN-1 VPN-1 Accelerator Card VPN-1 Edge VPN-1 Express VPN-1 Express CI VPN-1 Power VPN-1 Power VSX VPN-1 Pro VPN- 1 SecureClient VPN-1 SecuRemote VPN-1 SecureServer VPN-1 UTM VPN-1 UTM Edge VPN-1 VSX Web Intelligence ZoneAlarm ZoneAlarm Anti-Spyware ZoneAlarm Antivirus ZoneAlarm Internet Security Suite ZoneAlarm Pro ZoneAlarm Secure Wireless Router Zone Labs および Zone Labs のロゴは チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズまたはその関連会社の商標または登録商標です ZoneAlarm is a Check Point Software Technologies, Inc. Company. 本書に記載されているその他の製品名は 各所有者の商標または商標登録です 本書に記載された製品は 米国の特許 No. 5,606,668 5,835,726 6,496,935 6,873,988 および 6,850,943 によって保護されています また その他の米国における特許およびその他の国における特許で保護されているか 出願中の可能性があります サード パーティの商標および著作権については 99 ページの サード パーティの商標および著作権 を参照してください 3

4 4

5 目次 第 1 章 Internet Security Product Suite NGX R65 はじめに... 9 本書の構成 NGX R65 のドキュメント Integrity との統合 ドキュメントに関するご意見 第 2 章 はじめに 概要 製品 CD-ROM CD CD CD CD CD 初めてチェック ポイント製品をお使いになるお客様 NGX R65 の新機能 SmartCenter Firewall と SmartDefense Connectra 中央集中管理 VPN ClusterXL Eventia Analyzer Eventia Reporter SecureClient Mobile VPN-1 UTM Edge Provider-1/SiteManager

6 第 3 章 導入の手引き 第 4 章 VPN-1 Power/UTM の用語...26 Provider-1/SiteManager-1 の用語...27 ハードウェアとソフトウェアの要件...29 互換性の一覧表...29 互換性の一覧表の注記 プラットフォーム対応関係の一覧表の注記 サポートされるアップグレード パスと下位互換性...33 管理サーバのアップグレード ゲートウェイの下位互換性 NGX R65 のライセンス...35 VPN-1 Power/UTM のライセンス Provider-1/SiteManager-1 のライセンス VPN-1 Power/UTM ライセンスのアップグレード Eventia Suite のライセンス 新規インストールの実行 概要...39 VPN-1 Power/UTM のインストール...40 SecurePlatform へのインストール Windows プラットフォームへのインストール Solaris プラットフォームへのインストール Linux プラットフォームへのインストール Nokia プラットフォームへのインストール 初期設定 Provider-1/SiteManager-1 のインストール...70 概要 Provider-1 標準ネットワークの構築 初めて MDG にログインする場合 以降の手順

7 第 5 章 Eventia Suite のインストール Eventia Suite のインストール...82 スタンドアロン インストールと分散インストール...83 複数のバージョンの SmartCenter マネージメントへの Eventia Suite のインストール スタンドアロン インストール...84 Windows プラットフォーム Solaris および Linux プラットフォーム SecurePlatform 分散インストール...87 Windows プラットフォーム Solaris Linux および SecurePlatform ファイアウォール経由の接続性の有効化...90 SmartCenter での Eventia Suite の準備...92 R55 SmartCenter サーバの使用 Provider-1 MDS での Eventia Suite の準備...94 Provider-1/SiteManager-1 バージョン R55 の場合 Provider-1/SiteManager-1 バージョン R60 の場合 Provider-1/SiteManager-1 バージョン R61 以上の場合 索引 目次 7

8 8

9 Internet Security Product Suite NGX R65 第 1 章 この章の構成 はじめに 9 ページ 本書の構成 10 ページ NGX R65 のドキュメント 10 ページ Integrity との統合 11 ページ ドキュメントに関するご意見 11 ページ はじめに チェック ポイントの Internet Security Product Suite をお買い上げいただきありがとうございます このソリューションおよび弊社がご提供するサービスにご満足いただけることを心より願っています チェック ポイント製品をお選びになりますと ビジネスで最先端の最も安全なソリューションをご利用いただけます また チェック ポイントは世界各地でテクニカル サービスを提供しています 公認トレーニング センター 認定サポート パートナー およびチェック ポイントの技術サポート スタッフのネットワークを通じて トレーニング サービス 専門的サービス およびサポート サービスを利用することにより セキュリティ投資を最大限に活用できます 9

10 本書の構成 組織のセキュリティに対する要求の増大に応じてセキュリティ インフラストラクチャを拡張するために OPSEC(OpenPlatform for Security) プラットフォームの採用を検討されることをお勧めします OPSEC は業界のオープンなマルチベンダー セキュリティ フレームワークで 350 社を超えるパートナーを擁し 最善の統合アプリケーションと構成プラットフォームを幅広く選択できます NGX Internet Security Product Suite およびその他のセキュリティ ソリューションの詳細については にアクセスするか 製品を購入したパートナーまたは代理店にお問い合わせください チェック ポイント ファミリへようこそ チェック ポイントでは 現在および将来にわたって お客様のネットワーク アプリケーション および管理のセキュリティに関するあらゆるニーズにお応えしてまいります 本書の構成 本書では NGX R65 Internet Security Product Suite のアプリケーションおよびインストール手順について 簡単な概要を説明しています NGX R65 のドキュメント 技術ドキュメントは NGX R65 CD-ROM の CD2 Docs CheckPoint_Suite に収録されています また これらのドキュメントは以下の場所からも入手できます NGX R65 の新機能については NGX R65 What's New を参照してください 現在ご使用のチェック ポイント製品をアップグレードする方法については Check Point R65 Upgrade Guide を参照してください 10

11 Integrity との統合 Integrity との統合 Provider-1/SiteManager-1 および SmartCenter と Check Point Integrity 製品との統合の詳細については 以下のマニュアルを参照してください Integrity Advanced Server Installation Guide R65 SmartCenter Administration Guide ドキュメントに関するご意見 チェック ポイントは継続的にドキュメントの改善に努めています ご意見やご要望がありましたら 遠慮なく以下の宛先までお送りください 第 1 章 Internet Security Product Suite NGX R65 11

12 ドキュメントに関するご意見 12

13 第 2 章 はじめに この章の構成 概要 13 ページ 製品 CD-ROM 14 ページ 初めてチェック ポイント製品をお使いになるお客様 19 ページ NGX R65 の新機能 20 ページ 概要 NGX は 使いやすさと組織のセキュリティ環境の優れた管理機能を実現するチェック ポイント製品です SmartCenter が Connectra InterSpect および Integrity と統合され すべてのセキュリティ実施ポイントを集中的に管理 監視できるようになりました NGX R65 では VPN-1 Power のインテリジェント インスペクション技術が強化されました また 最先端のステートフル インスペクションと Application Intelligence がサポートするアプリケーションが大幅に拡大されました 13

14 製品 CD-ROM 製品 CD-ROM NGX R65 メディア パックには 以下の 5 枚の CD-ROM が含まれています CD1 Linux ディレクトリ パッケージ 内容 CPvpn 1. VPN-1 Power/UTM 2. SmartCenter Power/UTM CPrt CPportal CPppack CPedgecmp CPngcmp CPR55Wcmp CPvsxngxcmp CPdr CPuas CPinteg CPacc3 CPacc4 CPinfo CPconcmp CPconplg Eventia Reporter SmartPortal Performance Pack VPN-1 UTM Edge 互換性パッケージ R55 互換性パッケージ R55W 互換性パッケージ VSX NGX 互換性パッケージ Advanced Routing UserAuthority サーバ Integrity サーバ VPN-1 アクセラレータ カード III VPN-1 アクセラレータ カード IV CPinfo ユーティリティ Connectra 互換性パッケージ Connectra プラグイン パッケージ Windows ディレクトリ : SmartConsole for Windows SecurePlatform ディレクトリ : SecurePlatform のコンポーネント 14

15 製品 CD-ROM CD2 Windows ディレクトリ パッケージ Windows/SecureClient Mobile ディレクトリ : SecureClient モバイル セットアップ ファイル Integrity ディレクトリ 内容 CPvpn 1. VPN-1 Power/UTM 2. SmartCenter Power/UTM CPclnt CPdesktop CPrt CPportal CPedgecmp CPngcmp CPR55Wcmp CPvsxngxcmp CPuas CPinteg CPacc2 CPacc3 CPSessionAgt-50 CPinfo CPconcmp CPconplg SmartConsole for Windows i. Integrity Clientless Security VPN-1 SecuRemote/SecureClient for Windows Eventia Reporter SmartPortal VPN-1 UTM Edge 互換性パッケージ R55 互換性パッケージ R55W 互換性パッケージ VSX NGX 互換性パッケージ UserAuthority サーバ Integrity サーバ VPN-1 アクセラレータ カード II VPN-1 アクセラレータ カード III Session Agent CPinfo ユーティリティ Connectra 互換性パッケージ Connectra プラグイン パッケージ ii. Integrity SecureClient Docs ディレクトリ : ドキュメント ファイル 第 2 章はじめに 15

16 製品 CD-ROM CD3 Solaris2 ディレクトリ パッケージ 内容 CPvpn 1. VPN-1 Power/UTM 2. SmartCenter Power/UTM CPclnt CPrt CPportal CPppack CPedgecmp CPngcmp CPR55Wcmp CPvsxngxcmp CPuas CPacc2 CPacc3 CPacc4 CPinfo CPconcmp CPconplg SmartConsole Eventia Reporter SmartPortal Performance Pack VPN-1 UTM Edge 互換性パッケージ R55 互換性パッケージ R55W 互換性パッケージ VSX NGX 互換性パッケージ UserAuthority サーバ VPN-1 アクセラレータ カード II VPN-1 アクセラレータ カード III VPN-1 アクセラレータ カード IV CPinfo ユーティリティ Connectra 互換性パッケージ Connectra プラグイン パッケージ 16

17 製品 CD-ROM CD4 Linux ディレクトリ i. CPinfo CPinfo ユーティリティが含まれています ii. CPslpatIS SecurePlatform のコンポーネントが含まれています Packages ディレクトリ パッケージ 内容 CPmds Provider-1/SiteManager-1 CPvpn 1. VPN-1 Power/UTM 2. SmartCenter Power/UTM CPedgecmp VPN-1 UTM Edge 互換性パッケージ CPngcmp CPR55Wcmp CPvsxngxcmp CPconcmp CPconplg Windows ディレクトリ R55 互換性パッケージ R55W 互換性パッケージ VSX NGX 互換性パッケージ Connectra 互換性パッケージ Connectra プラグイン パッケージ i. SmartConsole Windows 用の SmartConsole が含まれています ii. Prov1Gui Windows 用のマルチドメイン GUI(MDG) が含まれています 第 2 章はじめに 17

18 製品 CD-ROM CD5 Solaris2 ディレクトリ i. CPclnt SmartConsole が含まれています ii. iii. CPinfo CPinfo ユーティリティが含まれています MDG マルチドメイン GUI が含まれています Packages ディレクトリ パッケージ CPmds 内容 Provider-1/SiteManager-1 CPvpn 1. VPN-1 Power/UTM 2. SmartCenter Power/UTM CPedgecmp CPngcmp CPR55Wcmp CPvsxngxcmp CPconcmp CPconplg VPN-1 UTM Edge 互換性パッケージ R55 互換性パッケージ R55W 互換性パッケージ VSX NGX 互換性パッケージ Connectra 互換性パッケージ Connectra プラグイン パッケージ Docs ディレクトリ : ドキュメント ファイル 18

19 初めてチェック ポイント製品をお使いになるお客様 初めてチェック ポイント製品をお使いになるお客様 初めてチェック ポイント製品をお使いになるお客様のために チェック ポイントのユーザ センターでは 以下のサービスを提供します ユーザとアカウントの管理 ライセンスのアクティベーション サポートの利用 サービス リクエストの作成 技術知識ベースの検索 ユーザ センターの利用を開始する前に ユーザ センター使用ガイド をお読みください このガイドは から PDF 形式でダウンロードできます ( 日本の国旗のアイコンをクリックすると ユーザ センター使用ガイド をダウンロードできます ) 第 2 章はじめに 19

20 NGX R65 の新機能 NGX R65 の新機能 このセクションでは NGX R65 が提供する新機能の概要について説明します このセクションの構成 SmartCenter 20 ページ Connectra 中央集中管理 21 ページ VPN 22 ページ ClusterXL 22 ページ Eventia Analyzer 22 ページ Eventia Reporter 23 ページ SecureClient Mobile 23 ページ VPN-1 UTM Edge 24 ページ Provider-1/SiteManager-1 24 ページ SmartCenter NGX R65 では 管理プラグインを使用可能にする追加インフラストラクチャが導入されています 新しいプラグイン アーキテクチャにより 新機能および新製品のサポートを動的に追加できるようになりました 管理プラグインは 現在の NGX R65 SmartCenter または Provider-1/SiteManager-1 でサポートされていないゲートウェイと機能の中央管理を実現します 管理プラグインは 新しいゲートウェイ製品や特定の機能の管理に必要なコンポーネントのみで構成される 新しい別個のパッケージを提供します これにより 次回のリリース時に全体的なアップグレードを行う必要はなくなります 各プラグインには以下の特徴があります 関連するドキュメントと共に提供されます SmartCenter サーバまたはゲートウェイ上にインストールされます 特定のバージョンの SmartDashboard が必要です 20

21 NGX R65 の新機能 詳細については 以下のマニュアルを参照してください CheckPoint_R65_SmartCenter_AdminGuide.pdf CheckPoint_R65_Provider1_AdminGuide.pdf または 以下の Web サイトを参照してください Firewall と SmartDefense Linux ゲートウェイと SecurePlatform ゲートウェイにおける AMT のサポート アグレッシブ エージングによるパフォーマンスの向上 EPS( エンドポイント セキュリティ ) の実施 Web(URL) フィルタリング レイヤ 2 ファイアウォール構成 VoIP の SIP の強化 SYN クッキー Connectra 中央集中管理 新しい Connectra タブ SmartDefense と Web Intelligence の更新用の新しいタブ Provider-1/SiteManager-1 のサポート SmartView Monitor カウンタのサポート 第 2 章はじめに 21

22 NGX R65 の新機能 VPN VTI での同一のローカル IP アドレスとクラスタ IP アドレス IPSO でのアンナンバード インタフェースのアンチ スプーフィング クラスタでのリモート VTI のダイナミック ルーティングのサポート 設定可能なダイヤルアップ ルートのメトリック SecurePlatform と IPSO の相互運用性の向上 ルート ベース VPN の機能向上 VPN ピア用のカスタマ定義スクリプト ルート ベースの VPN と IP クラスタリングのサポート IPSO での RIM パフォーマンスの向上 ClusterXL ハイ アベイラビリティ構成で完全メッシュ冗長トポロジを作成するためのインタフェース ボンド マルチキャスト ルーティング フェイルオーバーのサポート Eventia Analyzer 中央リポジトリでネットワーク イベントを収集 関連付け および統合できる Eventia Analyzer が R65 製品スイートに追加されました 22

23 NGX R65 の新機能 Eventia Reporter IPv6 のレポート DNS の実装 リモートでのライセンス管理 インストール オプション R54 以上に対する複数の SmartCenter サーバのサポート Eventia Analyzer との統合 構成内における複数の Eventia Reporter のサポート レポートの制限 SecureClient Mobile Integrity SecureClient Mobile はモバイル デバイス向けの新しいクライアントで VPN とファイアウォールの機能を備えており セキュリティとコンプライアンスの各種機能を含む追加機能に対応する次世代のプラットフォームです Integrity SecureClient Mobile は SecureClient for PocketPC に代わるものです 複数のプラットフォームに対応し 簡単に導入およびアップグレードできます 詳細については What's New を参照してください このドキュメントは からダウンロードできます 第 2 章はじめに 23

24 NGX R65 の新機能 VPN-1 UTM Edge VPN-1 UTM Edge では ログ ファイルの場所を選択できるようになりました SmartCenter サーバまたは Syslog(UNIX ベースのコンピュータの標準ログ メカニズム ) を選択できます Provider-1/SiteManager-1 管理プラグイン ビュー ダイナミック オブジェクトへのインストール ゲートウェイ機能指向のグローバル ポリシー グローバル マネージャ 24

25 第 3 章 導入の手引き この章の構成 VPN-1 Power/UTM の用語 26 ページ Provider-1/SiteManager-1 の用語 27 ページ ハードウェアとソフトウェアの要件 29 ページ 互換性の一覧表 29 ページ サポートされるアップグレード パスと下位互換性 33 ページ NGX R65 のライセンス 35 ページ この章では NGX R65 のインストールに役立つ情報と用語について説明します 25

26 VPN-1 Power/UTM の用語 VPN-1 Power/UTM の用語 この章全体を通して 以下の VPN-1 Power/UTM の用語を使用します 分散構成 : ゲートウェイと SmartCenter サーバを異なるコンピュータにインストールする構成を指します ゲートウェイ : 組織のセキュリティ ポリシーを実施し セキュリティ実施ポイントとして動作する VPN-1 エンジンを指します セキュリティ ポリシー : 通信の着信および発信を制御するためにシステム管理者が作成するものです SmartCenter サーバ : システム管理者がセキュリティ ポリシーの管理に使用するサーバです 組織のデータベースとセキュリティ ポリシーは SmartCenter サーバに格納され ゲートウェイにダウンロードされます SmartConsole: セキュリティ ポリシー実施のさまざまな要素を管理するために使用される GUI アプリケーションです たとえば SmartView Tracker は ログを管理する SmartConsole アプリケーションです SmartDashboard: システム管理者がセキュリティ ポリシーを作成し 管理するために使用する SmartConsole の GUI アプリケーションです スタンドアロン構成 : セキュリティ ポリシーを管理する役割を持つチェック ポイント コンポーネント (SmartCenter サーバとゲートウェイ ) を同じコンピュータにインストールする構成を指します 26

27 Provider-1/SiteManager-1 の用語 Provider-1/SiteManager-1 の用語 この章全体を通して 以下の Provider-1/SiteManager-1 の用語を使用します カスタマ : VPN-1 ゲートウェイ VPN-1 UTM Edge アプライアンス またはその他のチェック ポイント互換ファイアウォールによってネットワークが保護されているビジネス エンティティまたはその部門です カスタマのセキュリティ ポリシーとネットワーク アクセスは Provider-1/SiteManager-1 を使用して管理します カスタマ ログ モジュール (CLM): 単一カスタマ用のログ サーバを指します カスタマ マネージメント アドオン (CMA):Provider-1 で単一カスタマ用の SmartCenter サーバに相当するものです 管理者は CMA を使用してセキュリティ ポリシーを作成し カスタマ ゲートウェイを管理します GUI クライアント : Provider-1 MDG およびその他の SmartConsole アプリケーションなど チェック ポイントの GUI インタフェースを実行するコンピュータを指します 内部認証局 (ICA): ICA は 管理者とユーザを認証し さらに VPN-1 ゲートウェイ間の SIC(Secure Internal Communication) 用の X.509 準拠証明書を作成して 管理します MDS には Provider-1 管理ドメインをセキュリティ保護する ICA があります 各 CMA には固有の ICA があり それぞれカスタマの管理ドメインのセキュリティを保護します マルチドメイン ログ モジュール (MLM): ログの収集と格納専用の MDS コンテナを指します MLM は カスタマ ログ モジュール (CLM) のコンテナです 第 3 章導入の手引き 27

28 Provider-1/SiteManager-1 の用語 マルチ ドメイン サーバ (MDS): Provider-1 システム情報を格納するサーバを指します MDS には Provider-1 構成 管理者 およびカスタマ管理に関する情報が含まれます MDS には以下の 2 種類があります マネージャ : Provider-1 構成を実行し 管理者の Provider-1 環境への入り口となります コンテナ : カスタマ マネージメント アドオン (CMA) を保持します MDS は マネージャかコンテナのいずれかまたは両方にすることができます Provider-1 管理者 : Provider-1 システムの特定の部分を管理する詳細な権限が割り当てられたセキュリティ管理者です 以下の 4 つの権限レベルを割り当てることができます Provider-1 スーパーユーザ : すべての MDS サーバ あらゆる権限レベルのすべての管理者 すべてのカスタマおよびすべてのカスタマ ネットワークを含む Provider-1 システム全体を管理します カスタマ スーパーユーザ : 低い権限レベルのすべての管理者 すべてのカスタマおよびすべてのカスタマ ネットワークを管理します グローバル マネージャ : MDG の新しい種類の管理者アカウントです グローバル マネージャは Global SmartDashboard にアクセスでき グローバル ポリシーとグローバル オブジェクトを管理できます グローバル マネージャが CMA ポリシーにもアクセスできるようにするためには 読み取り / 書き込みのアクセス権または部分的なアクセス権を特別に割り当てる必要があります カスタマ マネージャ : 特定のカスタマのカスタマ ネットワークを管理します この権限レベルを持つ管理者はMDGアプリケーションを使用できますが この管理者に割り当てられたカスタマしか表示および管理できません 権限なし : 特定のカスタマのカスタマ ネットワークを管理しますが MDG アプリケーションにはアクセスできません 28

29 ハードウェアとソフトウェアの要件 ハードウェアとソフトウェアの要件 各製品とプラットフォームに適用されるハードウェアとソフトウェアの全要件については 以下の Web サイトで該当するリリース ノートの最新版を参照してください 互換性の一覧表 すでにインストールされているチェック ポイント製品の中に NGX R65 がサポートしない製品が含まれている場合は NGX R65 のインストールが中止されます 表 3-1 と表 3-2 に NGX R65 がサポートするチェック ポイント製品とプラットフォーム別のクライアントの一覧を示します 第 3 章導入の手引き 29

30 互換性の一覧表 表 3-1 NGX R65 がサポートする製品とプラットフォームの対応関係 Check Point Solaris Microsoft Windows RHEL Check 3.0 Point Nokia 2000 Ultra- Server XP Advanced Kernel Secure ISPO SPARC 2003 Server Pro Home/ Server Platform SP1 2 SP1 4 SP1 4 Pro SP1 4 VPN-1 Power / UTM X X X X X X 1 X 2 SmartCenter X X X X X X X 3 Provider-1/SiteManager-1 MDS X X 4 X VPN-1 Power VSX 5 X Integrity Advanced Server X X X X X Eventia Suite X X X X X X UserAuthority X X X X X X X X X 7 SSL Network Extender X X X X X X X SmartConsole X 8 X X X X X Provider-1/ SiteManager-1 MDG X X X X X X SmartPortal X X X X X X SmartLSM X 9 X X X X X X ROBO/CO ClusterXL X X 10 X X X X X 11 VPN-1 Accelerator Driver II X 12 VPN-1 Accelerator Driver III X X X X X X VPN-1 Accelerator Driver IV X X X Advanced Routing X X 13 Performance Pack X X X 14 SecureXL Turbocard X 15 OSE Nortel 7.x 8.x 9.x 10.x 11.x 12.x Cisco OS 9.x 10.x 11.x 12.x 互換性の一覧表の注記 1. SecurePlatform にはアンチウイルスと Web(URL) フィルタリングの機能が含まれています 2. アンチウイルスと Web(URL) フィルタリングは Nokia IPSO 4.2 でのみサポートされています 3. VPN-1 UTM Edge デバイスは Nokia IPSO プラットフォームで動作する SmartCenter サーバからは管理できません 30

31 互換性の一覧表 4. Provider-1/SiteManager-1 は RHEL 3.0 AS と ES の両方でサポートされます 5. VPN-1 Power VSX ゲートウェイは Crossbeam Systems X シリーズのセキュリティ サービス スイッチでもサポートされます 6. Eventia Suite には Eventia Reporter サーバ Eventia Analyzer サーバ および Eventia Analyzer 相関ユニットが含まれています 7. UserAuthority は Nokia のフラッシュ ベースのプラットフォームではサポートされません 8. Solaris UltraSPARC プラットフォームは 一部の SmartConsole クライアントをサポートしていません サポートされないのは SmartView Monitor SmartLSM Eventia Reporter クライアント Eventia Analyzer クライアント および SecureClient Packaging Tool です 9. ROBO ゲートウェイは Solaris プラットフォームではサポートされません 10. HA Legacy モードは Windows Server 2003 ではサポートされません 11. ClusterXL は サード パーティ モードで VRRP 機能または IP クラスタリング機能を使用する構成でのみサポートされます 12. VPN-1 Accelerator Driver II は Solaris 8 のみでサポートされます 13. Nokia は Advanced Routing を IPSO の一部として提供しています 14. Nokia は SecureXL を IPSO の一部として提供しています 15. NGX 互換の Turbocard ドライバは からダウンロードできます 第 3 章導入の手引き 31

32 互換性の一覧表 表 3-2 NGX R65 がサポートするクライアントとプラットフォームの対応関係 Check Point Server 2003 SP Advanced Server SP1 4 Windows Mac Linux 2000 Server SP Pro SP1 4 XP Home/ Pro Mobile SE 5.0 SecuRemote X X X X X SecureClient X X X X X X SecureClient Mobile X SSL Network Extender X X X X Integrity 1 X X X OS X プラットフォーム対応関係の一覧表の注記 1. Integrity クライアントのインストールには Microsoft Installer のサポートが必要です 32

33 サポートされるアップグレード パスと下位互換性 サポートされるアップグレード パスと下位互換性 SmartCenter サーバとゲートウェイの構成はさまざまです NGX R65 にアップグレードできる管理サーバとゲートウェイのバージョンを確認するには 表 3-3 と表 3-4 を参照してください 管理サーバのアップグレード 以下のバージョンの SmartCenter サーバは NGX R65 にアップグレードできます 表 3-3 SmartCenter サーバのアップグレード パス リリース NGX NG バージョン VPN-1 Power/UTM NGX R62 VPN-1 Pro/Express NGX R61 VPN-1 Pro/Express NGX R60A VPN-1 Pro/Express NGX R60 VPN-1 Pro NG with Application Intelligence R55W VPN-1 Pro/Express NG with Application Intelligence R55 VPN-1 Pro/Express NG R55P VPN-1 Pro/Express NG with Application Intelligence R54 VPN-1 Pro/Express NG FP3 Express CI R57( 高度なアップグレードのみ ) GX 2.5 VSX VSX VSX NG AI VSX NG AI Release 2 第 3 章導入の手引き 33

34 サポートされるアップグレード パスと下位互換性 ゲートウェイの下位互換性 NGX R65 SmartCenter サーバでは 以下のバージョンのゲートウェイがサポートされます 表 3-4 ゲートウェイの下位互換性 リリース NGX NG バージョン VPN-1 Power/UTM NGX R62 VPN-1 Pro/Express NGX R61 VPN-1 Pro/Express NGX R60A VPN-1 Pro/Express NGX R60 VPN-1 Pro NG with Application Intelligence R55P VPN-1 Pro NG with Application Intelligence R55W VPN-1 Pro/Express NG with Application Intelligence R55 VPN-1 Pro/Express NG with Application Intelligence R54 VPN-1 Pro/Express NG FP3 R NGX Express CI GX VSX VSX VSX NG AI VSX NG AI Release 2 VSX NGX InterSpect Connectra NGX NGX R62 注 :NGX R65 では NG NG FP1 NG FP2 のバージョンのゲートウェイを管理できません 34

35 NGX R65 のライセンス バージョン 4.0 と 4.1 のアップグレード NG より前のバージョン (4.0 ~ 4.1) からのアップグレードはサポートされません FireWall-1 バージョン 4.0 ~ 4.1 をアップグレードするには 事前に VPN-1 NG with Application Intelligence R55 にアップグレードしてください (NG with Application Intelligence R55 の Upgrade Guide を参照してください) VPN-1 NG with Application Intelligence R55 へのアップグレードが完了したら NGX R65 へのアップグレードを実行してください 構成をアップグレードする方法の詳細については Check Point R65 Upgrade Guide を参照してください NGX R65 のライセンス SmartCenter サーバとゲートウェイにはライセンスが必要です SmartConsole 管理クライアントには ライセンスは必要ありません チェック ポイント ゲートウェイは ゲートウェイを経由するユーザ数によって ゲートウェイにインストールするライセンスのサイズが決定されます 最大ユーザ数に達すると コンソールに警告メッセージが送信されます この CD に収録されているソフトウェアは 評価期間として自動的に 15 日間にわたって有効になります パーマネント ライセンスを取得するか 評価期間を延長するには 次のチェック ポイントのユーザ センターにアクセスしてください VPN-1 Power/UTM のライセンス チェック ポイントのソフトウェア製品の評価期間を延長するには 製品メディア パックの背面に記載されている certificate key をアクティベーションします certificate key は お客様が評価または購入する製品のライセンス キーを生成するために使用されます チェック ポイント製品の購入については 弊社パートナーにご相談ください 第 3 章導入の手引き 35

36 NGX R65 のライセンス チェック ポイントのユーザ センターを初めて利用する場合は 以下の Web サイトから ユーザ センター使用ガイド をダウンロードして参照してください 日本の国旗のアイコンをクリックすると 日本語版の ユーザ センター使用ガイド をダウンロードできます ) ライセンスについて さらにご不明な点がある場合は または までお問い合わせください ライセンス キーの取得 チェック ポイントのユーザ センターからライセンス キーを取得するには 以下の手順に従います 1. [Accounts & Products]>[Add Products] を選択して ユーザ センター アカウントに必要なチェック ポイント製品 / 評価版製品を追加します 2. [Accounts & Products]>[Products] を選択して 製品 / 評価版製品のライセンスを生成します 製品を選択して [Activate License] をクリックします これで 選択した製品 / 評価版製品がライセンス キーに追加されました 3. 以下の手順に従って インストールおよび設定プロセスを完了します a. End Users License Agreement を読んで 承諾します b. 製品ライセンス キーをインポートします ライセンスをインポートするには Configuration Tool または SmartUpdate を使用します SmartUpdate を使用すると チェック ポイントのソフトウェア製品とライセンスを中央から管理およびアップグレードできます Certificate Key によって 製品のライセンスが SmartCenter サーバに関連付けられます 取得したライセンス キーは チェック ポイント ゲートウェイの IP アドレスを変更した場合も有効のままとなります 1 つの IP アドレスですべてのライセンスを取得できます チェック ポイント ゲートウェイからライセンスを切り離して 別の実施モジュールに割り当てることができます 36

37 NGX R65 のライセンス Provider-1/SiteManager-1 のライセンス Provider-1/SiteManager-1 のライセンスは ライセンス登録された IP アドレスに関連付けられています Provider-1 Multi-Domain Server(MDS) ライセンスは サーバの種類 ( マネージャ コンテナ マネージャとコンテナの組み合わせ またはマルチドメイン ログ マネージャ (MLM)) に基づいています マネージャ : 管理者の Provider-1/SiteManager-1 環境への入り口となるライセンス マルチドメイン GUI(MDG) および Global SmartDashboard ツールは このライセンスを使用してのみ MDS サーバに接続できます コンテナ : MDS コンピュータ上で動作する CMA の最大数を定義するライセンス Provider-1 Enterprise Edition ライセンスを除いて 複数のコンテナ ライセンスをまとめて 1 つのコンテナに追加して そのコンテナで最大 250 の CMA を保持できます さらに 各 CMA には 固有の CMA ライセンスが必要です CMA レベルで追加の管理機能を可能にする CMA Pro Add-on のライセンスは一括購入できます これらの購入パッケージは Pro Add-ons for MDS と呼ばれます マネージャとコンテナの組み合わせ : このライセンスは 特定の数の CMA 用にマネージャとコンテナのライセンスを組み合わせたものです SiteManager-1 ライセンスの場合 マネージャとコンテナのライセンスを別々に使用することはできず 使用できるのはマネージャとコンテナを組み合わせたライセンスだけです MLM: ホストするカスタマ ログ モジュール (CLM) を含む包括的なライセンスです CLM が MLM でホストされている場合は CLM ライセンスを別途取得する必要はありません CLM が MDS サーバでホストされている場合は 固有の CLM ライセンスが必要です ゲートウェイごとに 個別のライセンスが必要です ライセンスは ゲートウェイによって保護されるコンピュータ デバイス ( ノード ) の数に応じて付与されます Provider-1 ライセンスは コマンド ラインのライセンス ツールまたは Provider-1 の MDG を使用してインポートできます 詳細については Check Point Provider-1/SiteManager-1 Administration Guide を参照してください 第 3 章導入の手引き 37

38 NGX R65 のライセンス VPN-1 Power/UTM ライセンスのアップグレード 弊社製品のバージョン NG をご利用で それらの製品を NGX R65 にアップグレードする場合は アプリケーションのアップグレード作業を開始する前に ライセンスをバージョン NGX にアップグレードする必要があります バージョン NG のライセンスでは NGX R60 のアプリケーションを使用することはできません ソフトウェア サブスクリプション サービス ( エンタープライズ ベース サポートおよび CES(Collaborative Enterprise Support) の Co-Standard 以上 ) に加入されたお客様は アップグレード手続きは無料です NG より前のバージョンのライセンスは 直接 NGX にアップグレードすることはできません まず NG にアップグレードして そのライセンスを NG から NGX にアップグレードする必要があります ライセンスのアップグレード手順では license_upgrade コマンドを実行します これにより ライセンスを簡単に自動アップグレードできます ライセンスのアップグレードの詳細については CheckPoint R65 Upgrade Guide の Upgrading VPN-1 Power/UTM Licenses to NGX R65 を参照してください Eventia Suite のライセンス すべての Eventia Suite ライセンスは 管理サーバではなく Eventia Suite サーバにインストールされます 相関ユニットのライセンスは Eventia Analyzer サーバに接続するユニットの数に応じて付与されます 38

39 新規インストールの実行 第 4 章 この章の構成 概要 39 ページ VPN-1 Power/UTM のインストール 40 ページ Provider-1/SiteManager-1 のインストール 70 ページ 以降の手順 79 ページ 概要 チェック ポイントのソフトウェアは 複数のプラットフォームおよび事前設定済みのアプライアンスで機能するように設計されています インストール方法は 採用するプラットフォームによって異なります この章では VPN-1 Power/UTM と Provider-1/SiteManager-1 のインストール方法について説明します 39

40 VPN-1 Power/UTM のインストール VPN-1 Power/UTM のインストール このセクションの構成 SecurePlatform へのインストール 41 ページ Windows プラットフォームへのインストール 53 ページ Solaris プラットフォームへのインストール 55 ページ Linux プラットフォームへのインストール 57 ページ Nokia プラットフォームへのインストール 60 ページ 初期設定 63 ページ NGX R65 は 以下の 2 種類の構成でインストールできます スタンドアロン構成 : セキュリティ ポリシーを管理する役割を持つチェック ポイント コンポーネント (SmartCenter サーバとゲートウェイ ) を同じコンピュータにインストールします 分散構成 : ゲートウェイと SmartCenter サーバを異なるコンピュータにインストールします どちらの構成でも 以下の手順を実行して SmartConsole を任意のコンピュータにインストールできます セキュリティ ポリシーを管理および実施するコンポーネント (SmartCenter サーバ ゲートウェイ ログ サーバなど ) をインストールします VPN-1 Power/UTM の各機能を管理するために 1 つまたは複数の SmartConsole クライアントをインストールします たとえば 管理者は SmartDashboard を使用して セキュリティ ポリシーを管理および作成できます 1 台のコンピュータに 任意の数の SmartConsole GUI アプリケーションをインストールできます 注 : 製品のインストールを開始する前に TCP/IP ネットワーク プロトコルをインストールし 適切に設定して稼動可能な状態にしておく必要があります 40

41 VPN-1 Power/UTM のインストール SecurePlatform へのインストール このセクションの構成 NGX の CD-ROM による SecurePlatform のインストール 41 ページ ネットワークを使用したインストール 43 ページ SecurePlatform での NGX 製品のインストール 50 ページ WebUI を使用した NGX のインストール 53 ページ NGX の CD-ROM による SecurePlatform のインストール NGX R65 の CD を使用して SecurePlatform をインストールするには 以下の手順に従います 1. ブート可能な NGX R65 CD を CD-ROM ドライブに挿入し コンピュータを再起動します 再起動すると Check Point SecurePlatform のインストール画面が表示されます 90 秒以内に Enter キーを押さない場合は コンピュータはハードディスク ドライブから起動します 2. [OK] を選択し Enter キーを押します インストール プログラムがロードされ 以下のオプションが表示されます Device List: 選択すると [Hardware Scan Details] メニューが表示されます Add Driver: 選択すると [Devices] メニューが表示されます 更新されたハードウェアによっては 以前のバージョンのドライバと互換性がない場合があります このような場合には 適切なドライバが検出されないため インストール時にエラーが表示されることがあります または インストールは完了しても ハードウェアが正しく機能しないことがあります [Add Driver] オプションを選択すると インストール プロセスで適切なドライバを追加できます 3. [OK] を選択してインストールします [System Type] 画面が開きます 第 4 章新規インストールの実行 41

42 VPN-1 Power/UTM のインストール 4. 購入したライセンスに応じて [What type of system would you like to install?] という質問で 以下のいずれかのオプションを選択します SecurePlatform SecurePlatform Pro(Advanced Routing Suiteと 管理者のRADIUS 認証などの追加の機能強化が含まれます ) [Keyboard Selection] メニューが開きます 5. キーボードの種類を選択します 6. [Network Interface Configuration] メニューで 最初のネットワーク インタフェース ( 通常は eth0) を管理インタフェースとして選択し IP アドレス ネットマスク およびデフォルト ゲートウェイを指定します 7. [HTTPS Server Configuration] メニューから SecurePlatform の WebUI を使用して Web ベースの設定を有効または無効にします 注 :VPN-1 のリモート アクセスまたは Integrity ソフトウェアを導入する場合は 443 以外のポートを選択してください 8. [OK] を選択します ハードディスク ドライブがフォーマットされることを通知するメッセージが表示されます 警告 : フォーマット手順を実行すると ハードディスク ドライブの情報がすべて消去されます 9. [OK] を選択して ハードディスク ドライブをフォーマットし SecurePlatform ソフトウェア コンポーネントを抽出してインストールします インストール プロセスが完了するまで数分程度かかります 10. ドライブからインストール CD を取り出します 11. [OK] を選択してシステムを再起動します 42

43 VPN-1 Power/UTM のインストール ネットワークを使用したインストール インストール対象のコンピュータからアクセス可能なリモート ファイル サーバ上で CD 配布ファイルを見つけることによって ネットワークを使用して SecurePlatform をインストールできます 以下の 3 つのタイプのサーバおよびプロトコルを使用できます FTP HTTP(Web) NFS ネットワーク ベースのインストールを実行するには 以下の手順に従います 1. ファイル サーバを準備します 2. インストール対象のコンピュータを SecurePlatform 起動フロッピー ディスクから起動します 3. インストール プログラムでサーバを指定します ネットワーク インストール サーバの準備 サポートされているいずれかのリモート ファイル サーバ上で CD 配布ファイルを指定することによって ネットワーク インストール サーバを準備します 注 :Windows コンピュータは インストール用の FTP または HTTP サーバとして使用できません FTP FTP サーバをネットワーク インストール サーバとして準備するには 以下の手順に従います 1. ローカル ネットワーク内のコンピュータに FTP サーバをインストールするか 既存のサーバを使用します 2. ユーザ アカウントを作成します (FTP インストールでは匿名ユーザまたは認証されたユーザを使用できます ) 第 4 章新規インストールの実行 43

44 VPN-1 Power/UTM のインストール 3. 配布ファイルを格納する FTP クライアントからアクセス可能なファイル サーバ ディレクトリを作成します 4. SecurePlatform CD の全内容を 手順 3 で作成したファイル サーバ ディレクトリにコピーします 注 : ユーザ アカウントとパスを使用してファイルにアクセスします 5. インストールを実行する前に リモート コンピュータからの FTP 接続性をテストします HTTP HTTP サーバをネットワーク インストール サーバとして準備するには 以下の手順に従います 1. ローカル ネットワーク内のコンピュータに HTTP サーバをインストールするか 既存のサーバを使用します 2. 配布ファイルを格納する HTTP クライアントからアクセス可能なディレクトリを作成します 3. SecurePlatform CD の全内容を 手順 2 で作成したファイル サーバ ディレクトリにコピーします 注 :URL を使用してファイルにアクセスします 4. インストールを実行する前に リモート コンピュータから適切な URL へのアクセスをテストします NFS NFS サーバをネットワーク インストール サーバとして準備するには 以下の手順に従います 1. ローカル ネットワーク内のコンピュータに NFS サーバをインストールするか 既存のサーバを使用します 2. 配布ファイルを格納する NFS クライアントからアクセス可能な新しいディレクトリを共有サブディレクトリの下に作成します 44

45 VPN-1 Power/UTM のインストール 3. SecurePlatform CD の全内容を 手順 2 で作成したファイル サーバ ディレクトリにコピーします CD 自体をエクスポートしてマウントすることもできます 注 : パスを使用してファイルにアクセスします 4. インストールを実行する前に リモート コンピュータから マウントされたディレクトリへのアクセスをテストします ネットワーク インストール起動フロッピー ディスクの準備 SecurePlatform は FTP HTTP または NFS サーバを使用して ネットワークからインストールできます そのためには cpawrite ユーティリティを使用して 特別なネットワーク インストール起動フロッピー ディスクを準備する必要があります 以下のものを用意する必要があります 空の ( フォーマット済みの )1.44 インチ フロッピー ディスク SecurePlatform CD Windows PC 1. フロッピー ディスクと CD を PC に挿入します 2. CD の SecurePlatform/Images ディレクトリを参照します 3. bootnet.img ファイルを cpawrite のアイコンにドラッグします これにより ネットワーク インストール起動フロッピー ディスクを作成するプロセスが開始されます FTP HTTP または NFS サーバを使用して SecurePlatform をインストールするには 以下の手順に従います 1. 作成した起動フロッピー ディスクをフロッピー ディスク ドライブに挿入し 起動します 再起動した後で [SecurePlatform with Application Intelligence Installation] 画面が表示されます 第 4 章新規インストールの実行 45

46 VPN-1 Power/UTM のインストール 2. Enter キーを押して インストールすることを確認します 続行しないことを選択した場合は CD またはフロッピー ディスクを取り出して再起動するように要求されます 確認したあとに [Welcome] メニューが表示されます 図 4-1 SecurePlatform インストールの [Welcome] メニュー 3. [OK] を選択し Enter キーを押します [Installation Method] メニューが表示されます 46

47 VPN-1 Power/UTM のインストール 図 4-2 [Installation Method] メニュー 4. 以下のいずれかのネットワーク インストール方法を選択し [OK] を選択して Enter キーを押します NFS イメージ FTP HTTP [Interface Selection] メニューが表示されます 第 4 章新規インストールの実行 47

48 VPN-1 Power/UTM のインストール 図 4-3 [Interface Selection] メニュー 5. ファイル サーバが実行されているネットワークに接続されたネットワーク インタフェース カードを選択し [OK] を選択して Enter キーを押します [Configure TCP/IP] メニューが表示されます 48

49 VPN-1 Power/UTM のインストール 図 4-4 [Configure TCP/IP] メニュー 6. このコンピュータの IP アドレス設定を指定し [OK] を選択し Enter キーを押します これらの IP アドレスの設定は ファイル サーバへの TCP セッションを作成するために使用され インストールの完了後も引き続き有効となります ネットワーク インストール方法 (FTP HTTP NFS) に応じて セッション パラメータを要求する選択ウィンドウが表示されます 7. セッションの詳細を入力し [OK] を選択して Enter キーを押します パスを要求されたら SecurePlatform がインストールされているディレクトリのパスを入力します 匿名ではない FTP を使用している場合は アカウントの詳細を尋ねられます インストール プログラムによってネットワークから配布ファイルが読み取られ [Welcome] メニュー (46 ページの図 4-1) が表示されます 注 : インストール対象のコンピュータを再起動するように指示されるまで ネットワーク接続を切断しないでください 第 4 章新規インストールの実行 49

50 VPN-1 Power/UTM のインストール SecurePlatform での NGX 製品のインストール オペレーティング システムのインストールが完了し コンピュータが再起動されたら 以下の手順に従います 1. SecurePlatform のブート メニューから [Start in normal mode] を選択します 2. ユーザ名とパスワードに Admin を使用して ログインします 3. プロンプトが表示されたら このデフォルトのユーザ名とパスワードを変更します 新しいパスワードは 7 文字以上とし 大文字 小文字 および数字を組み合わせてください 4. cpconfig コマンドを実行します 初期設定ウィザードが開き [Welcome] メッセージが表示されます 5. N キーを押して次のメニューに進みます 以下の [Network Configuration] メニュー オプションが表示されます オプション Host Name Domain Name Domain Name Servers Network Connections Routing 目的 ホスト名を設定および表示します ドメイン名を設定および表示します DNS サーバを追加 削除 および表示します ネットワーク接続を追加 設定 削除 および表示します デフォルト ゲートウェイを設定および表示します 6. メニュー オプションを使用して以下の情報を設定します ホスト名 ドメイン名および 1 つ以上の DNS サーバ コンピュータのネットワーク インタフェース デフォルト ゲートウェイ ( 必要な場合 ) 50

51 VPN-1 Power/UTM のインストール 7. [Network Configuration] が完了したら [Time and Date Configuration] メニュー オプションを選択して 以下の項目を設定します Time zone Date Local time Show date and time settings 8. N キーを押します [Import Check Point Products Configuration] ウィンドウが開き [Fetch Import file from TFTP Server] オプションが表示されます 別の SecurePlatform インストールの設定をエクスポートしている場合は この時点でその設定をインポートできます 詳細については CheckPoint R65 UpgradeGuide を参照してください 9. N キーを押します チェック ポイント製品のインストール ウィザードが実行されます 10. End-User License Agreement を読んで 承諾します 11. インストールする VPN-1 のバージョンとして [Check Point Power] または [Check Point UTM] を選択します 12. [New Installation] または [Installation Using Imported Configuration] ( 手順 8 でインポートした設定 ) を選択します 手順 11 で選択した VPN-1 のバージョンに応じて 製品一覧が表示されます Check Point Power VPN-1 Power User Authority SmartCenter Eventia Suite Check Point UTM VPN-1 UTM User Authority SmartCenter UTM Eventia Suite 第 4 章新規インストールの実行 51

52 VPN-1 Power/UTM のインストール Integrity Performance Pack SmartPortal Integrity Performance Pack SmartPortal 13. 該当する製品を選択して N キーを押します a. SmartCenter を選択した場合は SmartCenter をプライマリ SmartCenter とセカンダリ SmartCenter のどちらとしてインストールするか ログ サーバもインストールするかを決定します b. Connectra Management NGX プラグインをインストールするかどうかを選択します このプラグインは Connectra NGX R62CM ゲートウェイの中央管理を可能にします 14. SmartCenter サーバの選択を確認するメッセージが表示されます N キーを押します SmartCenter サーバがインストールされます チェック ポイントの Configuration Tool に従って 以下を定義します i. ライセンス ii. iii. iv. 管理者 GUI クライアント 認証局 67 ページの Unix システムでの Configuration Tool の使用方法 を参照してください 15. コンピュータを再起動します IP 転送が自動的に無効になり デフォルトのセキュリティ ポリシーがゲートウェイに適用されます デフォルトのセキュリティ ポリシーでは コントロール接続 ( たとえばポリシーのインストール操作など ) 以外の着信接続がすべて禁止されます デフォルトのポリシーは 最初のセキュリティ ポリシーをインストールするまで有効です 52

53 VPN-1 Power/UTM のインストール WebUI を使用した NGX のインストール ネットワーク設定の構成 ライセンスの適用 および製品のインストールと設定は WebUI を使用して行うこともできます システムが再起動したあと ブラウザを使用して 42 ページの手順 6 で指定した IP アドレスに接続します Windows プラットフォームへのインストール Windows プラットフォームでは GUI を使用して NGX R65 をインストールします インストール時に表示される画面は インストールするチェック ポイント製品のコンポーネントによって異なります Windows プラットフォームで新規インストールを行うには 以下の手順に従います 1. 管理者としてログオンし CD-ROM を挿入します ラッパーが自動的に起動し [Congratulations] メッセージが表示されます [Evaluation Options] を確認するか [Read More about Installation] を選択し [Forward] をクリックします 2. End-Users License Agreement の条件を承諾します 3. インストールする VPN-1 のバージョンとして [Check Point Power] または [Check Point UTM] を選択します 4. 以下のいずれかのインストール オプションを選択します Demo installation(smartconsole のみ ) New installation Installation using an imported configuration( 詳細については CheckPoint R65 UpgradeGuide を参照) 第 4 章新規インストールの実行 53

54 VPN-1 Power/UTM のインストール 5. [Forward] をクリックします [Installation Using Imported Configuration] を選択した場合は インポートした設定ファイルの場所を入力するように求められます 手順 3 で選択した VPN-1 のバージョンに応じて 製品一覧が表示されます Check Point Power VPN-1 Power SmartCenter Eventia Suite SmartConsole Integrity VPN-1 Client SmartPortal User Authority Check Point UTM VPN-1 UTM SmartCenter UTM Eventia Suite SmartConsole Integrity VPN-1 Client SmartPortal User Authority 6. 該当する製品を選択して [Forward] をクリックします a. SmartCenter を選択した場合は SmartCenter をプライマリ SmartCenter とセカンダリ SmartCenter のどちらとしてインストールするか ログ サーバもインストールするかを決定します b. Connectra Management NGX プラグインをインストールするかどうかを選択します このプラグインは Connectra NGX R62CM ゲートウェイの中央管理を可能にします 7. 選択した製品のインストールを確認します [Forward] をクリックします 選択した製品がインストールされます 54

55 VPN-1 Power/UTM のインストール 8. インストールを完了するには チェック ポイントの Configuration Tool を使用して SmartCenter サーバまたは実施ゲートウェイを設定します 初めてインストールするときは Configuration Tool が自動的に起動し 以下の操作を行うように求められます a. ライセンスを追加する b. 管理者を追加する c. 管理者が SmartCenter サーバにログインするのに使用するリモート クライアントを指定する d. 内部認証局を初期化する e. SmartCenter サーバのフィンガープリントをテキスト ファイルにエクスポートする詳細については 63 ページの Configuration Tool の概要 を参照してください 9. コンピュータを再起動します IP 転送が自動的に無効になり デフォルトのセキュリティ ポリシーがゲートウェイに適用されます デフォルトのセキュリティ ポリシーでは コントロール接続 ( たとえばポリシーのインストール操作など ) 以外の着信接続がすべて禁止されます デフォルトのポリシーは 最初のセキュリティ ポリシーをインストールするまで有効です Solaris プラットフォームへのインストール Solaris プラットフォームでは コンソールから NGX R65 をインストールします インストールはコマンド ラインから実行し 画面の指示に従ってインストール作業を進めます Solaris プラットフォームで新規インストールを実行するには 以下の手順に従います 1. CD を関連サブディレクトリにマウントします 2. CD のルート ディレクトリから./UnixInstallScript コマンドを実行します ラッパーの [welcome] メッセージが表示されます 第 4 章新規インストールの実行 55

56 VPN-1 Power/UTM のインストール 3. N キーを押します 4. End-user License Agreement の条件を読んで 承諾します 5. インストールする VPN-1 のバージョンとして [Check Point Power] または [Check Point UTM] を選択します 6. [New Installation] または [Installation Using Imported Configuration] を 選択します 7. 手順 5 で選択した VPN-1 のバージョンに応じて 製品一覧が表示され ます Check Point Power VPN-1 Power SmartCenter Eventia Suite SmartPortal User Authority Check Point UTM VPN-1 UTM SmartCenter UTM Eventia Suite SmartPortal User Authority 8. 該当する製品を選択して N キーを押します a. SmartCenter を選択した場合は SmartCenter をプライマリ SmartCenter とセカンダリ SmartCenter のどちらとしてインストールするか ログ サーバもインストールするかを決定します b. Connectra Management NGX プラグインをインストールするかどうかを選択します このプラグインは Connectra NGX R62CM ゲートウェイの中央管理を可能にします 9. SmartCenter サーバの選択を確認するメッセージが表示されます N キーを押します 56

57 VPN-1 Power/UTM のインストール 10. 製品のインストールが完了したら チェック ポイントの設定プログラムを使用して以下の項目を設定します a. ライセンスを追加します チェック ポイントの設定プログラムがこのコンピュータ上で管理するのは ローカルのライセンスだけです SmartUpdate を使用してライセンスを管理することをお勧めします b. GUI クライアントを設定します (SmartConsole を使用してこの SmartCenter サーバに接続できるホストの一覧が表示されます ) c. グループ名を指定して グループの権限を設定します d. 暗号化操作に使用する文字のプールを指定します プログレス バーがいっぱいになるまで ランダムにキー入力を実行します (Solaris 2.9 の場合のみ このプロセスは自動的に行われます ) e. 認証局を設定し 認証局のフィンガープリントをファイルに保存します f. インストールした製品を起動します 詳細については 67 ページの Unix システムでの Configuration Tool の使用方法 を参照してください 11. コンピュータを再起動します Linux プラットフォームへのインストール Linux プラットフォームでは コンソールから NGX R65 をインストールします インストールはコマンド ラインから実行し 画面の指示に従ってインストール作業を進めます Linuxプラットフォームで新規インストールを行うには 以下の手順に従います 1. CD を関連サブディレクトリにマウントします 2. CD のルート ディレクトリから./UnixInstallScript コマンドを実行します 3. N キーを押します 4. End-user License Agreement の条件を読んで 承諾します 第 4 章新規インストールの実行 57

58 VPN-1 Power/UTM のインストール 5. インストールする VPN-1 のバージョンとして [Check Point Power] または [Check Point UTM] を選択します 6. [New Installation] または [Installation Using Imported Configuration] を選択します 7. 手順 5 で選択した VPN-1 のバージョンに応じて 製品一覧が表示されます Check Point Power VPN-1 Power User Authority SmartCenter Eventia Suite Integrity Performance Pack SmartPortal Check Point UTM VPN-1 UTM User Authority SmartCenter UTM Eventia Suite Integrity Performance Pack SmartPortal 8. 該当する製品を選択して N キーを押します a. SmartCenter を選択した場合は SmartCenter をプライマリ SmartCenter とセカンダリ SmartCenter のどちらとしてインストールするか ログ サーバもインストールするかを決定します b. Connectra Management NGX プラグインをインストールするかどうかを選択します このプラグインは Connectra NGX R62CM ゲートウェイの中央管理を可能にします 9. SmartCenter サーバの選択を確認するメッセージが表示されます N キーを押します 58

59 VPN-1 Power/UTM のインストール 10. 製品のインストールが完了したら チェック ポイントの Configuration Tool を使用して以下の項目を設定します a. ライセンスを追加します チェック ポイントの設定プログラムがこのコンピュータ上で管理するのは ローカルのライセンスだけです SmartUpdate を使用してライセンスを管理することをお勧めします b. GUI クライアントを設定します (SmartConsole を使用してこの SmartCenter サーバに接続できるホストの一覧が表示されます ) c. グループ名を指定して グループの権限を設定します d. 暗号化操作に使用する文字のプールを設定します プログレス バーがいっぱいになるまで ランダムにキー入力を実行します (Solaris 2.9 の場合のみ このプロセスは自動的に行われます ) e. 認証局を設定し 認証局のフィンガープリントをファイルに保存します f. インストールした製品を起動します 詳細については 67 ページの Unix システムでの Configuration Tool の使用方法 を参照してください 11. コンピュータを再起動します IP 転送が自動的に無効になり デフォルトのセキュリティ ポリシーがゲートウェイに適用されます デフォルトのセキュリティ ポリシーでは コントロール接続 ( たとえばポリシーのインストール操作など ) 以外の着信接続がすべて禁止されます デフォルトのポリシーは 最初のセキュリティ ポリシーをインストールするまで有効です 第 4 章新規インストールの実行 59

60 VPN-1 Power/UTM のインストール Nokia プラットフォームへのインストール Nokia プラットフォームでは コンソールまたは Nokia Network Voyager( 安全な Web ベースのネットワーク エレメント管理アプリケーション ) から NGX R65 をインストールします コンソールを使用して 初期設定を行います Nokia Horizon Manager を使用して チェック ポイント製品のコンポーネントを同時に複数の Nokia アプライアンスにインストールして設定することもできます 詳細については Nokia Support Web サイトにある Nokia Horizon Manager のドキュメントを参照してください Nokia IPSO 4.1 および 4.2 用の NGX R65 ソフトウェア パッケージは 以下のチェック ポイントのダウンロード センターから入手できます Nokia プラットフォームで新規インストールを行うには 以下の手順に従います 1. IPSO パッケージをネットワーク上の FTP サーバにコピーします 2. コンソールからパッケージをインストールするには newpkg コマンドを実行します Voyager を使用してインストールするには 手順 3 に進み ます 3. Voyager のホーム ページから [Manage IPSO images] を選択します イメージが 4.1 と 4.2 のどちらかであることを確認します 4. Voyager のホーム ページから [System Configuration]>[Manage Installed Packages]>[FTP and Install Packages] を選択します 5. 適切な情報を入力して FTP サイトに接続し パッケージをダウンロードして [Apply] をクリックします 6. [Site Listing] フィールドからパッケージを選択し [Apply] をクリックします 7. [Select a package to unpack] 領域で関連パッケージを選択し [Apply] をクリックします 60

61 VPN-1 Power/UTM のインストール 8. インストール リンクをクリックします このプロセスには数分かかることがあります 9. [Install] ボックスの [Yes] を選択し [Apply] をクリックします 古いパッケージが自動的に無効になり 削除されます 新しいパッケージがインストールされますが アクティベーションされていません 10. コンソールから Nokia プラットフォームに接続します 11. cpconfig コマンドを実行します 12. End-User License Agreement の条件を読んで 承諾します 13. [Check Point Power] または [Check Point UTM] を選択します 14. インストールの種類を選択します Stand Alone: VPN-1 ゲートウェイと SmartCenter をインストールします Distributed: VPN-1 ゲートウェイ SmartCenter またはログ サーバ あるいはその両方をインストールします 注 :Connectra 中央集中管理プラグインは自動的にインストールされます 15. 製品のインストールが完了したら チェック ポイントの Configuration Tool を使用して以下の項目を設定します a. ライセンスを設定します b. ライセンスを追加します c. チェック ポイント製品の管理者を設定します 第 4 章新規インストールの実行 61

62 VPN-1 Power/UTM のインストール d. GUI クライアントを設定します GUI クライアントは信頼済みのホストで 管理者はここから Windows/X-Motif GUI を使用して SmartCenter サーバにログオンできます GUI クライアントは以下の情報で設定できます IP アドレス コンピュータ名 制限なしの任意の IP アドレス IP/ ネットマスク アドレスの範囲 ワイルド カード (IP のみ )- たとえば * など e. グループの権限を設定します f. 暗号化操作に使用するデータのランダム プールを指定します プログレス バーがいっぱいになり 警告音が鳴るまで ランダムにキー入力を実行します g. 認証局を設定します ( 内部 CA の初期化に数分かかる場合があります ) h. 認証局のフィンガープリントを設定します 16. コンピュータを再起動します 62

63 VPN-1 Power/UTM のインストール 初期設定 このセクションの構成 Configuration Tool の概要 63 ページ Windows システムでの Configuration Tool の使用方法 64 ページ Unix システムでの Configuration Tool の使用方法 67 ページ 初めてログインする場合 69 ページ Configuration Tool の概要 インストール プロセスが完了すると Configuration Tool が自動的に実行されます cpconfig コマンドを実行して Configuration Tool を手動で実行することもできます Configuration Tool を使用して以下の項目を設定します ライセンス : SmartCenter サーバとゲートウェイのライセンスを生成します 管理者 : SmartCenter サーバにアクセスする権限を持つ管理者を作成します この管理者には 最初のセキュリティ ポリシーを作成するための読み取り / 書き込み権限を付与する必要があります GUI クライアント : SmartConsole を使用して この SmartCenter サーバに接続できるコンピュータの名前またはIP アドレスの一覧を作成します Key Hit Session: さまざまな暗号化に使用するランダム シードを作成します 認証局 : このウィンドウで定義した内容により内部認証局 (ICA) が開始されます ICA により SmartCenter サーバと各ゲートウェイの間の安全な通信が可能になります Windows など 一部のオペレーティング システムでは ICA が置かれているホストの名前を指定する必要があります デフォルト名を使用しても 任意の名前を付けてもかまいません ICA 名は hostname.domain という形式にする必要があります ( 例 :ica.checkpoint.com) 第 4 章新規インストールの実行 63

64 VPN-1 Power/UTM のインストール フィンガープリント : 初めて SmartConsole にログインするときに SmartCenter サーバの身元を検証するために使用します SmartConsole にログインすると フィンガープリントが表示されます このフィンガープリントが Configuration Tool のウィンドウに表示されるフィンガープリントと一致していなければ認証は成功しません SmartConsole に初めてログインしたときの確認用に このフィンガープリントをエクスポートすることもできます Windows システムでの Configuration Tool の使用方法 Windows システムで Configuration Tool を使用して NGX R65 を設定するには 以下の手順に従います 1. [ スタート ]>[ ファイル名を指定して実行 ]>[cpconfig] を選択して Configuration Tool を開きます 2. [Licenses] タブで 以下の手順のいずれか または両方を実行します a. ファイルから 1 つ以上のライセンスを取得 i. [Fetch from File] をクリックします ii. ライセンス ファイルを参照から選択し [Open] をクリックします このホストに所属するライセンスが追加されます b. ライセンスを手動で追加 i. [Add] をクリックします [Add License] ウィンドウが開きます ii. iii. [Add License] ウィンドウで該当するオプションを設定します [OK] をクリックすると 新しく設定したライセンスが追加されます 3. [Next] をクリックします 4. [Administrators] タブで [Add] をクリックします SmartConsole を使用して SmartCenter サーバに接続する管理者を追加します NGX R60 から Configuration Tool を使用して追加できる管理者は 1 人だけです SmartDashboard を使用すると さらに管理者を追加できます 64

65 VPN-1 Power/UTM のインストール 5. [Add Administrator] ウィンドウで必要なパラメータを設定し [OK] を クリックします 6. [Next] をクリックします 7. [GUI Clients] タブで GUI クライアントを追加します 注 : ここで GUI クライアントを追加しない場合 SmartCenter サーバは SmartCenter サーバと同じコンピュータにインストールされている GUI クライアントからしか管理できなくなります 8. GUI クライアントの名前を [Remote hostname] ボックスに入力します 9. [Add] をクリックします GUI クライアントを追加するときは 以下の形式を使用します IP アドレス : たとえば など IP/ ネットマスク : アドレスの範囲 たとえば / など コンピュータ名 : たとえば Alice Alice.checkpoint.com など Any: 任意の IP アドレス IP1-IP2: アドレスの範囲 たとえば など ワイルド カード : たとえば など 10. [Next] をクリックします 11. [Certificate Authority] タブに < ホスト名 >.< ドメイン名 > の形式の名前を追加します (< ホスト名 >.checkpoint.com など ) このオプションを使用すると SmartCenter サーバの内部認証局 (ICA) と SmartCenter サーバの SIC(Secure Internal Communication) 証明書を初期化できます SIC 証明書は チェック ポイントの通信コンポーネント間 またはチェック ポイントの通信コンポーネントと OPSEC アプリケーション間の通信を認証します 注 : 認証局が初期化され 各コンポーネントに SIC 証明書が発行されるまで コンポーネント間の通信はできません 第 4 章新規インストールの実行 65

66 VPN-1 Power/UTM のインストール 12. [Next] をクリックします [Fingerprint] ウィンドウが開いて SmartCenter サーバのフィンガープリントが表示されます フィンガープリントとは SmartCenter サーバの証明書から取得されるテキスト文字列で SmartConsole 経由でアクセスされる SmartCenter サーバの ID を検証するために使用されます 初めて SmartConsole からこの SmartCenter サーバに接続するときは この文字列を SmartDashboard に表示される文字列と比較してください 13. [Fingerprint] ウィンドウで [Export to file] をクリックし ファイルを保存します フィンガープリントがテキスト ファイルにエクスポートされます SmartConsole クライアント コンピュータからこのファイルにアクセスして SmartCenterサーバのフィンガープリントを確認できます 14. Configuration Tool を使用した設定が完了したら 以下の手順を実行します a. SmartConsole から SmartCenter サーバへ初回の接続を実行します SmartCenter サーバのフィンガープリントが表示されます b. SmartCenter サーバのフィンガープリントが SmartConsole に表示されるフィンガープリントと一致することを確認します 注 :SmartCenter サーバのフィンガープリントを使用できない場合 および SmartConsole に表示されるフィンガープリントと一致しない場合 SmartConsole から SmartCenter サーバに対する初回の接続は実行しないでください 15. Configuration Tool を終了します 66

67 VPN-1 Power/UTM のインストール Unix システムでの Configuration Tool の使用方法 インストール プロセスを完了するには Configuration Tool を使用して SmartCenter サーバまたは実施ゲートウェイを設定します Unix システムで Configuration Tool を使用して NGX R65 を設定するには 以下の手順に従います 1. Configuration Tool にアクセスします 注 : 初めてインストールするときは Configuration Tool が自動的に実行されます インストールの完了後に cpconfig コマンドを使用して Configuration Tool を実行することもできます 2. ライセンスを追加します ライセンスは 手動で追加するか またはファイルから取り込むことができます 3. 管理者を追加します SmartConsole を使用して SmartCenter サーバに接続する管理者を追加します Configuration Tool を使用して追加できる管理者は 1 人だけです SmartDashboard を使用すると さらに管理者を追加できます 4. GUI クライアントを定義します GUI クライアントを追加するときは 以下の形式を使用します IP アドレス : たとえば など IP/ ネットマスク : アドレスの範囲 たとえば / など コンピュータ名 : たとえば Alice Alice.checkpoint.com など Any: 任意の IP アドレス IP1-IP2: アドレスの範囲 たとえば など ワイルド カード : たとえば など 第 4 章新規インストールの実行 67

68 VPN-1 Power/UTM のインストール 5. 内部認証局を初期化します このオプションを使用すると SmartCenter サーバの内部認証局 (ICA) と SmartCenter サーバの SIC(Secure Internal Communication) 証明書を初期化できます SIC 証明書は チェック ポイントの通信コンポーネント間 またはチェック ポイントの通信コンポーネントと OPSEC アプリケーション間の通信を認証します 注 : 認証局が初期化され 各コンポーネントに SIC 証明書が発行されるまで コンポーネント間の通信はできません 6. GUI クライアントのフィンガープリントをテキスト ファイルにエクスポートします フィンガープリントとは SmartCenter サーバの証明書から取得されるテキスト文字列で SmartConsole 経由でアクセスされる SmartCenter サーバの ID を検証するために使用されます 初めて SmartConsole からこの SmartCenter サーバに接続するときは この文字列を SmartDashboard に表示される文字列と比較してください 7. インストールした製品を起動します 68

69 VPN-1 Power/UTM のインストール 初めてログインする場合 ログイン プロセス 管理者は すべての SmartConsole クライアントに共通の手順を使用し SmartDashboard 経由で SmartCenter サーバに接続します 最初に管理者と SmartCenter サーバが認証され 安全な通信チャネルが作成されます その後 選択した SmartConsole が起動します 初回のログイン後 管理者はその後のログインに使用する証明書を作成できます 証明書の作成方法については R65 SmartCenter Administration Guide を参照してください 管理者の認証 管理者を認証するには 以下の手順に従います 1. [ スタート ]>[ プログラム ]>[Check Point SmartConsole NGX R65]> [SmartDashboard] を選択して SmartDashboard を開きます 2. SmartCenter サーバのインストール時に Configuration Tool の [Administrators] ページの [User Name] に指定したユーザ名と [Password] に指定したパスワードを入力してログインします 3. 対象となる SmartCenter サーバの名前または IP アドレスを指定して [OK] をクリックします 4. SmartCenter サーバのフィンガープリントと Configuration Tool の設定中に表示されたフィンガープリントを目で比較して 一致することを確認します 注 :SmartCenter サーバが認証されると フィンガープリントは SmartConsole がインストールされているコンピュータのレジストリに保存されるため この手順は初回のログイン時にのみ必要です 第 4 章新規インストールの実行 69

70 Provider-1/SiteManager-1 のインストール Provider-1/SiteManager-1 のインストール このセクションの構成 概要 70 ページ Provider-1 標準ネットワークの構築 72 ページ MDS のインストールと設定 73 ページ SmartConsole と MDG クライアントのインストール 75 ページ 初めて MDG にログインする場合 77 ページ 概要 一般に MSP(Management Service Provider) は さまざまなカスタマ システムを取り扱います Provider-1/SiteManager-1 は 広範なカスタマのセキュリティ スキーマや製品構成に対応できます 図 4-5 は Provider-1 構成の例を示しています 70

71 Provider-1/SiteManager-1 のインストール 図 4-5 Provider-1 構成の例 Provider-1 の基本構成のコンポーネントは以下のとおりです MDS: それぞれの Provider-1 ネットワークには 少なくとも 1 つのマネージャと 1 つのコンテナが必要です これらは 同一サーバまたは別々のサーバにインストールできます MDG および SmartConsole アプリケーション : これらのアプリケーションは GUI クライアントにインストールされ 集中システム管理をサポートします CMA: 各 CMA では 単一のカスタマ ドメインのネットワークを管理します CMA は コンテナ MDS にインストールされます カスタマ ゲートウェイ : カスタマのネットワークを保護します 第 4 章新規インストールの実行 71

72 Provider-1/SiteManager-1 のインストール NOC ゲートウェイ : MSP の本社およびネットワーク / セキュリティ オペレーション センターを保護します 注 : システムの仕様に応じて NOC ゲートウェイをスタンドアロンの SmartCenter で管理するか Provider-1 システムで管理するかを決めます Provider-1 システムの場合 通常 Provider-1 カスタマを NOC カスタマ専用にします Provider-1 標準ネットワークの構築 このセクションでは 図 4-6 に示した作業手順に従って 初めて Provider-1 オペレーション センターを構築する場合の手順を説明します 図 4-6 ネットワークの設定 MDS サーバ ホストと VPN-1 ゲートウェイは TCP/IP の通信が有効である必要があります MDS サーバとなるコンピュータは 1 つ以上の IP アドレスを持つインタフェースを含み 他のコンピュータ名の IP アドレスを解決するために DNS サーバを照会できる必要があります 適宜 下記のコンポーネント間で IP 通信を可能にするようにルーティングが正しく設定されていることを確認します CMA/CLM とその管理対象ゲートウェイ MDS とシステム内の他の MDS CMA と同じカスタマの CLM 72

73 Provider-1/SiteManager-1 のインストール CMA とその高可用性 CMA ピア GUI クライアントと MDS マネージャ GUI クライアントと CMA/CLM ゲートウェイのインストール NOC ゲートウェイとカスタマのゲートウェイをインストールします ゲートウェイのインストールは Internet Security Product Suite CD を使用して行います 詳細については 40 ページの VPN-1 Power/UTM のインストール を参照してください 注 : ゲートウェイのインストール中に 各ゲートウェイの管理サーバで SIC を初期化するために使用したアクティベーション キーを記録してください MDS のインストールと設定 MDS のすべてのタイプ ( マネージャ コンテナ MLM) は同じインストール プロセスを使用して作成されます プライマリ マネージャを作成するには 以下の手順に従います 1. スーパーユーザ権限を持っていることを確認します 2. マウントされたディレクトリから MDS サーバのオペレーティング システムに対応するサブディレクトリ (solaris2 または linux) に移動します 注 :MDS を SecurePlatform にインストールする場合は CD の SecurePlatform インストーラを使用してインストールしてください mds_setup スクリプトを直接実行しないでください 3. Solaris と Linux の場合は mds_setup スクリプトを実行します 注 : この段階で入力する情報は後で変更できます 変更するには mdsconfig ユーティリティを再度実行します 第 4 章新規インストールの実行 73

74 Provider-1/SiteManager-1 のインストール 4. MDS の役割を以下の中から選択します マネージャ コンテナ マネージャとコンテナ MLM MDS をマネージャ ( またはマネージャとコンテナの両方 ) にする場合は この MDS をプライマリ マネージャにするかどうかを指定します 少なくとも 1 つのプライマリ マネージャを作成する必要があります 5. 再起動するたびに MDS を自動的に起動するかどうかを指定します 自動的に起動することをお勧めします 自動的に起動するように選択すると プロンプトが表示され デフォルトのベース ディレクトリを選択します 6. License Agreement を読んで 承諾します MDS 上のネットワーク インタフェースの一覧が表示されます 7. プライマリ インタフェースの名前を入力します これは MDS と Provider-1/SiteManager-1 ネットワーク上のほかの MDS との通信に使用されるインタフェースです 注 : コンテナ MDS の場合は Provider-1/SiteManager-1 によって このインタフェースに対する CMA のマッピングが追加で行われます 日間のトライアル ライセンスが自動的に適用されます 有効なパーマネント ライセンスをお持ちの場合は ここで入力します 9. MDS ファイルへのアクセスを許可する オペレーティング システムのユーザ グループを選択します ユーザ グループを選択しない場合 ルート ユーザ グループにファイルへのアクセス権限が付与されます 10. プライマリ マネージャの ICA を初期化します 信頼関係が確立されて MDS と管理者がシステムと安全に通信できるように ICA は MDS と管理者に証明書を発行します サーバ用のフィンガープリントが生成されます 後の参照用にこのフィンガープリントを保存することをお勧めします 74

75 Provider-1/SiteManager-1 のインストール 11. 管理者を作成します 名前とパスワードを入力し 管理者の権限レベルを割り当てます Provider-1/SiteManager-1 ネットワークを設定するための Provider-1 スーパーユーザを 1 人以上作成します ほかの管理者はこのときに またはあとで作成します 台以上のコンピュータを GUI クライアント (MDG にアクセスする権限があるコンピュータ ) として設定します GUI クライアントは IP アドレスまたは名前 ( 名前がネットワーク上で解決可能な場合 ) で識別できます ほかの GUI クライアントはこのときに またはあとで追加します 13. mdsconfig ユーティリティが完了したら シェルに応じて以下のコマンドを実行してソース パスを設定します csh - source /opt/cpshared/5.0/tmp/.cpprofile.csh sh -. /opt/cpshared/5.0/tmp/.cpprofile.sh MDS を起動するたびにこのソース パス コマンドを実行する手間を省くには.cshrc または. profile ファイルに上記の行を追加してください 14. スクリプト mdsstart を実行して MDS を起動します 現在のシェルが sh または bash の場合は MDS の起動後にシェルを終了する必要があります SmartConsole と MDG クライアントのインストール ここでは Windows プラットフォームに SmartConsole アプリケーションをインストールする手順について説明します SmartConsole のインストール SmartConsole を Windows プラットフォームにインストールするには 以下の手順に従います 1. Provider-1 製品 CDのwindows/SmartConsoleディレクトリに移動します 2. SmartConsole 実行可能ファイルを一時ディレクトリにコピーします 第 4 章新規インストールの実行 75

76 Provider-1/SiteManager-1 のインストール 3. SmartConsole 実行可能ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します 4. インストールが完了したら Windows で [ スタート ]>[ プログラム ]> [Check Point SmartConsole R65]>[SmartDashboard] を選択して SmartConsole アプリケーションを実行します MDG のインストール MDG パッケージをインストールするには 以下の手順に従います 1. Provider-1 製品 CD の windows/mdg ディレクトリに移動します 2. Prov1Gui 実行可能ファイルを一時ディレクトリにコピーします 3. Prov1Gui 実行可能ファイルをダブルクリックしてインストールを開始します 4. インストールが完了したら Windows で [ スタート ]>[ プログラム ]> [Check Point SmartConsole R65]>[Provider-1] を選択して MDG を実行します MDS または MDG のアンインストール MDS をアンインストールするには Linux と Solaris では mds_remove を実行します 注 : このコマンドは SecurePlatform では使用できません MDG アプリケーションと SmartConsole アプリケーションをアンインストールするには 以下の手順に従います Windows で [ スタート ]>[ 設定 ]>[ コントロールパネル ]>[ プログラムの追加と削除 ] を選択します 76

77 Provider-1/SiteManager-1 のインストール 初めて MDG にログインする場合 MDG へのログイン MDG へのログイン中に 管理者のコンピュータ (GUI クライアント ) と MDS の間に安全な通信チャネルが作成されます 管理者が正常に認証されると MDG が起動します 初めて MDG にログインするには 以下の手順に従います 1. MDS のインストール時に設定したユーザ名とパスワードを使用してログインします 2. MDS の名前または IP アドレスを指定して [OK] をクリックします 注 : 初めて MDS サーバにログインすると 正しい MDS ホストに接続していることを確認するために ICA のフィンガープリントと MDS のインストール時に保存したフィンガープリントを比較するように求めるプロンプトが表示されます 第 4 章新規インストールの実行 77

78 Provider-1/SiteManager-1 のインストール MDG の [General] ペインが [Customer Contents] モードで表示されます 図 4-7 MDG の [General] ペイン - [Customer Contents] モード MDG の [General] ペインの [Customer Contents] モードでは以下の情報が表示されます Provider-1/SiteManager-1 のルート カスタマ (Flowers Good-Bank Perfect-Luggage など ) 各カスタマの CMA( たとえば Good-Bank というカスタマには Single_CMA_For_Good-Bank という 1 つの CMA があります ) 各カスタマに属するゲートウェイ 78

79 以降の手順 デモ モード MDG を起動するときは デモ モードで開くこともできます このモードには認証や MDS への接続が不要です デモ モードでは 実際のシステムを作成する前に さまざまなオブジェクトや機能を試用できます 事前に設定されたカスタマ CMA ゲートウェイ およびポリシーのサンプルが表示されます デモ モードを使用して MDG のさまざまなペインやモードに慣れてください デモ モード中に実行された操作はローカル データベースに保存されます このため 前回のセッションで中断した時点からデモ セッションを継続できます 以降の手順 以上で NGX R65 のインストールと初期設定が完了しました これで チェック ポイント製品に関するさらに詳しい情報を参照する準備が整ったことになります チェック ポイントのマニュアルは PDF 形式で Check Point CD に収録されており 以下のテクニカル サポートのダウンロード サイトにも掲載されています また チェック ポイントの SmartConsole クライアントを使用する際には オンライン ヘルプも活用してください 本書に記載されていない技術的な情報については 以下の SecureKnowledge を 参照してください 第 4 章新規インストールの実行 79

Mobile Access簡易設定ガイド

Mobile Access簡易設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズ ( 株 ) アジェンダ 1 SSL VPN ポータルの設定 2 3 4 Web アプリケーションの追加 Check Point Mobile for iphone/android の設定 Check Point Mobile for iphone/android の利用 2 変更履歴

More information

Mobile Access IPSec VPN設定ガイド

Mobile Access IPSec VPN設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド Check Point Mobile for Windows 編 Check Point Mobile VPN for iphone/android 編 アジェンダ 1 Check Point Mobile for Windows の設定 2 3 4 Check Point Mobile for Windows の利用 Check

More information

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための TimeTracker FX 補足資料 SQL Server 2005 インストール方法 2007 年 1 月 TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するためのものです

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート ================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ Windows MultiPoint Server 2011 OEM 版インストールガイド 2012.06 目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメディアを使う場合の起動方法

More information

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange NortonAntiVirus for MicrosoftExchange インストール手順書 このドキュメントは NortonAntiVirus 2.5 for MicrosoftExchange のインストール手順を示します 2001 年 7 月 1 1.. Norton AntiVirus for Microsoft Exchange のアンインストール まず 以前のバージョンの NortonAntiVirus

More information

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.2 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド

エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド Sophos Web Appliance Sophos UTM ( バージョン 9.2 以降 ) Sophos Enterprise Console Sophos Endpoint Security and Control ドキュメント作成日 : 2016 年 4 月 目次 1 エンドポイントにおける Web コントロール...3 2 Enterprise

More information

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 2016.10.14 v1.6 ご利用の前に 目次 - 01. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3 1. 推奨環境について... 3 2. Windows8 Windows8.1 について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 02. SAMWEB の初期設定... 7 1. セキュリティ設定... 7 2.

More information

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ ソースネクストいきなり PDF シリーズ セットアップ手順書 本手順書は グループポリシーを使用したソフトウェア配布およびサイレントインストールについて記 述しています 以下の項目をご確認いただき インストールを行なってください 目次 1. 事前準備 1 1-1. ライセンス管理ページの作成 1 1-2. 接続許可 2 1-3. プログラムのダウンロード (CD-ROM のバージョン番号が 1.0.0.0

More information

『テクノス』V2プログラムインストール説明書

『テクノス』V2プログラムインストール説明書 土木積算システム テクノス V2 プログラム インストール説明書 ( 第 3 版 ) 目 次 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要...3 2. テクノス V2 のプログラム ドライバ インストール...4 3. テクノス V2 の初期起動...10 4. アンインストール...11 5. 補足 ( 動作環境 )...11 2. 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要

More information

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 本書の表記.................................................. 2 1 Office 2003 について......................................

More information

VP-100C

VP-100C 第 2 章インストール アプリケーションソフトから印刷するには お使いのコンピュータにあらかじめプリンタドライバを組み込んでおく必要があります 以下の手順でインストールを行ってください WindowsNT4.0 Windows2000またはWindowsXPでプリンタドライバの組み込みを行うためには アドミニストレータの権限が必要です 1. プラグアンドプレイによるインストール お使いの環境によっては

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)

アプリケーション補足説明書(Office2003) 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 1 Office 2003 について...................................... 4 お使いになれるアプリケーション...............................

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web KATANA for Windows Ver.1.0 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/11/04 改訂 : 2015/11/12 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件... 3 3. 準備... 4 3.1 インストール環境の確認...

More information

エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド

エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド Sophos Web Appliance Sophos Enterprise Console Sophos Endpoint Security and Control ドキュメント作成日 : 2011 年 12 月 目次 1 エンドポイントにおける Web アクセス制御...3 2 Enterprise Console のみ...4 3 Enterprise

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X for Windows Windows Server 2008 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2009 年 6 月 23 日 本手順書では CLUSTERPRO X 2.0/2.1 環境における Windows Server 2008 Service Pack 2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました 以下より 該当する現象を選択してください 2014.4.30 改定 ver. 目次 0. 必ずお読み下さい ユーザサポートツールが新しくなりました 2 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 3 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 7 3. Windows8

More information

1

1 Office2010 マニュアル (Windows 版 ) 2011/04/01 改訂 ビジネス ブレークスルー大学 目次 1. Office2010 の ISO ファイルのダウンロード... 1 2. ISO 解凍ソフト (virtual clone drive) のインストール... 3 3. Office2010 のインストール... 6 3.1 管理者権限がない PC にインストールを行う場合...

More information

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378>

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378> USB キーでの操作手順書 STR 目次 目次 -------------------------------------------------------------------------------------- 1. パッケージをご利用いただくまでの手順 1 (1) ユーザ専用ページから 該当パッケージをダウンロードする 手順 2 (2) 該当パッケージをインストールする 手順 5 (3)

More information

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2 Vectorworks サイトプロテクションネットワーク版 - 情報 2 セットアップリスト A&A セットアップリストについて 概要 ) 本リストは Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版 ( 以下 SPN 版 ) のサーバアプリケーションが正しくセットアップされたかを確認する為のリストです 本リストを全てクリアすれば SPN 版が使用できる環境が整った事を意味します 使い方 )

More information

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供 Microsoft iscsi Software Target を使用したクラスタへの共有ディスク リソースの提供 はじめに... 2 クラスタ ホスト エントリの作成... 3 イニシエータの設定... 7 クラスタ ノード 1 のイニシエータ... 7 クラスタ ノード 2 のイニシエータ... 7 iscsi 仮想ディスクのエクスポート... 8 iscsi デバイスの初期化... 11 Microsoft

More information

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン エンドポイントウィルス対策サービス モバイル端末利用者向けマニュアル [ エンドポイントウィルス対策サービス利用者さま向け ] 0 年 8 月 日 Version.0 bit-drive Copyright 0 Sony Business Solutions Corporation 目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ安心ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡単マニュアル onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) のインストール onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の初期設定 onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の使い方 ( ブラウザ ) onlyタフ レットフィルタリンク

More information

Citrix Receiver導入の手引き

Citrix Receiver導入の手引き Citrix Receiver 導入の手引き 株式会社インターネットイニシアティブ 目次 1. 仮想デスクトップ体験サトへゕクセスする前に... 2 2. Windows へのンストール... 3 3. Mac へのンストール... 7 4. ipad へのンストール... 15 5. iphone へのンストール... 21 6. Android へのンストール... 25 2011 Internet

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web Server Security Suite Dr.Web Anti-virus for Windows Servers Ver.10 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/02/23 改訂 : 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件...

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer の設定マニュアル このマニュアルは 長崎市の入札関連システム ( ) をご利用頂くために必要なInternet Explorerの設定手順を説明します お使いのパソコンの環境 ( ブラウザのバージョンなど ) に応じて必要な設定を行ってください なお お使いのブラウザのバージョンによっては掲載する画面と異なる場合がございます あらかじめご了承ください 入札関連システム

More information

HP USB Port Managerご紹介資料 -シンクライアント

HP USB Port Managerご紹介資料 -シンクライアント HP USB Port Manager ご紹介資料 株式会社日本 HP パーソナルシステムズ事業本部クライアントソリューション本部 2015 年 11 月 ソリューションビジネス部 HP USB Port Manager とは これまで HP シンクライアント用に提供していたツールでは 書き込み 読み込み 無効化の設定はすべての USB ストレージデバイスが対象でした 新しくリリースした HP USB

More information

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1 2016/10/6 第 3.2 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2

More information

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて Keysight Software Manager (KSM) でのライセンス発行手続きについて EDA Technical Support Japan Codeword Center Updated August 1, 2014 ご自身による簡単な操作で Keysight 製品のライセンスを 即時に発行することができます Contents Keysight Software Management

More information

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在 奉行 21 シリーズ ( スタンドアロン版 ) PC 移行の手順書 新しい PC を購入したので この PC で奉行製品を利用したい など 現在ご利用の PC から別 PC で奉行製品をご利用になる場合の移行手順を説明します 次ページに各作業の流れを記載しますのでご確認ください 移行元の PC 1 データやユーザー権限情報を移行先の PC で参照可能なメディアにバックアップします 2 奉行製品をセットアップします

More information

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート

Oracle Application Expressの機能の最大活用-インタラクティブ・レポート Oracle Application Express 4.0 を使用した データベース アプリケーションへのセキュリティの追加 Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. Copyright(c) 2011, Oracle. All rights reserved. 2 / 30 Oracle Application Express 4.0 を使用した

More information

目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool の使い方 HDD Password Tool を起動

目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool の使い方 HDD Password Tool を起動 HDD Password Tool USB3.0/2.0 東芝製外付けハードディスク CANVIO 用 パスワードツールソフトウェア 取扱説明書 1.32 版 - 1 - 目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool

More information

iStorage NSシリーズ 管理者ガイド

iStorage NSシリーズ 管理者ガイド istorage NS シリーズ 管理者ガイド ( 詳細編 ) 第 3.0 版 2014 年 10 月 商標について Microsoft Windows Windows Server および Windows Vista は米国 Microsoft Corporation の米国および その他の国における登録商標です ESMPRO は日本電気株式会社の商標です Windows Server 2012

More information

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W NAS 208 WebDAV FTP への安全なファイル共有代替手段 WebDAV 経由で NAS に接続する A S U S T O R C O L L E G E コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています

More information

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 Microsoft Windows Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上での HP ProLiant 用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 設定手順書第 4 版 はじめに...2 ソフトウェア要件...2 インストール手順...2 チーミングソフトウェアのアンインストール...3 HP Network Teamの作成...5 HP Network Teamの解除...10

More information

F5 手順書

F5 手順書 BIG-IP アクティベーション手順書 Ver. 1.0 承認確認担当 2 0 11 年 0 6 月 1 0 日株式会社ネットワールドネットワーク & セキュリティ技術部ネットワークインフラストラクチャグループ - 目次 - 1 はじめに... 3 2 アクティベーション手順... 4 2.1 WebGUI へのアクセスおよびログイン... 4 2.2 Dossier の生成... 5 2.3 ライセンスの取得...

More information

1 Ver デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず Inte

1 Ver デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず Inte 1 Ver-201401 資料 : デジタル証明書の更新手順 Windows Vista Windows 7 用 1 Ver-201401 デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず

More information

インターネットフィルタリング簡単マニュアル

インターネットフィルタリング簡単マニュアル セキュリティ安心 Windows8 版フィルタリングソフト 簡単マニュアル インターネットフィルタリングのインストール インターネットフィルタリングの初期設定 インターネットフィルタリングの使い方 インターネットフィルタリングのWeb 管理 インターネットフィルタリングのアンインストール インターネットフィルタリングの再インストール よくあるご質問 お問い合わせ先 インターネットフィルタリングのインストール

More information

目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート アプリケーションの設定... 7 Step

目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート アプリケーションの設定... 7 Step Network Video Management System ライセンスガイド HAW シリーズ SOW シリーズ 2016 Sony Corporation 目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート

More information

Windows パソコンに接続する 画面表示は Windows 8 を例としています 1. EM chip <micro> を取り付けた本製品の microusb コネクタに microusb ケーブルを接続します 2. microusb ケーブルのもう一方のコネクタをパソコンの USB ポートに接

Windows パソコンに接続する 画面表示は Windows 8 を例としています 1. EM chip <micro> を取り付けた本製品の microusb コネクタに microusb ケーブルを接続します 2. microusb ケーブルのもう一方のコネクタをパソコンの USB ポートに接 Windows パソコンに接続する...56 EMOBILE GL06P ドライバをインストールする...57 Windows パソコンから取り外す...59 EMOBILE GL06P ドライバをアンインストール ( 削除 ) する場合...61 Mac に接続する...62 EMOBILE GL06P ドライバをインストールする...63 Mac から取り外す...65 EMOBILE GL06P

More information

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ Arcserve Backup r17 下位互換サポート 2016/03/03 下位互換サポートについて Arcserve Backup は 同一バージョン間だけではなく 下位バージョンのエージェント製品を利用できます 下位互換を利用することで バージョンアップができない環境や アップグレードに時間がかかる環境において バックアップ運用の継続ができます 下位互換とは バックアップサーバとなる Arcserve

More information

MIRACLE System Savior操作手順書

MIRACLE System Savior操作手順書 バックアップ / リストア作業手順書 Copyright 2000-2013 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved Ver.1.1 変更履歴日付 作成者 Revision 対象 変更内容 2013/07/02 青山雄一 1.0 全体 初版作成 2013/12/27 青山雄一 1.1 全体 V2R4 対応 Copyright 2000-2013 MIRACLE

More information

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN TeamViewer 9 マニュアル Wake-on-LAN バージョン 9.2-12/2013 TeamViewer GmbH Jahnstraße 30 D-73037 Göppingen www.teamviewer.com 目次 1 Wake-on-LAN のバージョン情報... 3 2 要件... 4 3 Windows のセットアップ... 5 3.1 BIOS の設定... 5 3.2

More information

flashplayer確認手順_ xls

flashplayer確認手順_ xls それでもうまくいかない場合 ShockWave Player について ShockWave Player がインストールされていると Flash Player のインストールが正常に行われない場合があります ShockWave Player がインストールされている場合は Flash Player を削除し Flash Player の再インストールする前に 一時的に ShockWave Player

More information

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます ダウンロードのページを開くと いく

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます  ダウンロードのページを開くと いく 2.1 Java の開発ツールを入手しよう Java の実行環境と 開発ツールの Eclipse Android 向けアプリケー ションの開発ツール Android SDK をダウンロードしましょう 本書では Windows パソコンへのインストール方法を説明します Javaをインストールしようまず 最新のJava 実行環境を入手しましょう Javaは Java 公式サイト (http://www.java.com/ja/)

More information

目次 1. はじめに 本書の目的 本書の対象 作成環境 準備 インストール環境の確認 ライセンス インストーラー インストール その

目次 1. はじめに 本書の目的 本書の対象 作成環境 準備 インストール環境の確認 ライセンス インストーラー インストール その Dr.Web Security Space for Android Ver.11 簡易インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2016/12/20 改訂 : 2017/03/29 1 / 16 目次 1. はじめに... 3 1.1. 本書の目的... 3 1.2. 本書の対象... 3 1.3. 作成環境... 3 2. 準備... 3 2.1. インストール環境の確認...

More information

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアント PC リストアガイド 2011 年 6 月 富士通株式会社 改訂履歴 改版日時 版数 改版内容 2011.6.15 1.0 新規作成 本書では 以下の略称を使用することがあります 正式名称製品名 Microsoft Windows Small Business Server 2011 Essentials

More information

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01)

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01) FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバの インストール / アンインストール (Rev.1.10) 年 月 日 合同会社クラッグ電子 (1/19) 目次 1. 初めに... 3 2. デバイスドライバのインストール... 3 2-1. インターネットに接続されている環境... 4 2-2. インターネットに接続されていない環境 ( 自動 )... 6 2-3. インターネットに接続されていない環境

More information

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14 ESET セキュリティソフトウェアシリーズ ユーザーズサイトの定義データベースを利用したオフライン更新手順書 第 3 版 2012 年 8 月キヤノン IT ソリューションズ株式会社セキュリティソリューション事業部 目 次 1 はじめに... 2 2 ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード... 3 3 オフライン更新手順... 8 4 オフライン更新設定の削除手順... 13 1/14

More information

改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 年 2 月 12 日ネットワールド 新規 I

改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 年 2 月 12 日ネットワールド 新規  I 2016 年 2 月 12 日 第 1.0 版 株式会社ネットワールド 改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 1.0 2016 年 2 月 12 日ネットワールド 新規 www.networld.co.jp/product/cisco/ I 免責事項 本書のご利用は お客様ご自身の責任において行われるものとします 本書に記載する情報については 株式会社ネットワールド ( 以下弊社 ) が慎重に作成および管理いたしますが

More information

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8 一括請求 Assist 操作マニュアル インストール編 第 1.7 版 目次はじめに...3 1 必要システム環境...4 2 インストール手順...5 2.1 インストール前の注意点... 5 2.2 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール )... 5 2.3 ライセンスの登録... 8 2.4 初期設定情報の入力... 8 2.5 インストール先の選択...

More information

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2 Mozilla Thunderbird メール編 本書では Thunderbird メールの設定方法を説明します 目次 P1 1 Thunderbirdメールのインストール P4 2 メールアカウントの登録 P11 3 メールアカウント設定の確認 P15 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P17 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P18 6 メール送信形式の設定

More information

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル ネットワーク認証 検疫システム 実施マニュアル (Windows クライアント編 ) 1. ネットワーク認証 検疫システムの流れ 福大 ID( 認証基盤システム ) を入力しネットワーク認証を行います PC の状態をチェックします 学内ネットワークに接続する際は初めに ネットワーク認証 検疫システム画面が表示されます 判定で が出た場合はネットワークに接続できません ネットワークに接続できます 診断結果を元に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Synology インストールガイド 株式会社アスク Synology NAS でできること 家庭内に設置することで簡単に写真や動画の共有が行えます ユーザーごとに閲覧可否を制御することが出来ます 専用のアプリを利用することでスマートフォンやタブレットからもアクセスできます 特定のフォルダのみ閲覧可能 外出先など外部のネットワークからアクセス 写真や動画のアップロード Synology NAS アプリを利用して閲覧

More information

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc WebSAM DeploymentManager (HP-UX) における Java 2 Runtime Environment の更新について Rev.6 2008 年 4 月 NEC 本文書では WebSAM DeploymentManager (HP-UX) をご使用のお客様におきまして Java 2 Runtime Environment を更新する際の手順についてお知らせいたします Java

More information

DNSサーバー設定について

DNSサーバー設定について JOMON インターネットサービス 固定 IP( 複数個 ) サービス DNS サーバーの設定方法 - 目次 はじめに...1 DNSサーバーのIPアドレス...4 Bindの設定...6 Windows DNSサーバーの設定...10 名前解決の確認...28 はじめに -1- はじめに 固定 IP サービスを利用しご自身で Web サーバーを運用するには インターネット接続をするネットワーク機器

More information

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド>

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド> Ver 2.70E9 AutoCAD2000-2009 for. Windows Vista XP AutoCAD LT2000-2009 目次 らくらくメニューをインストールする前に -------------------- 1 AutoCAD LT 版らくらくメニューのインストール ------------ 2 初回起動時の処理 AutoCAD LT 2006~2009の場合 ---------------------

More information

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい 問多国籍企業情報の報告コーナーにおいて エラーコード : ERR_INITIAL_001 エラーメッセージ : 通信中にエラーが発生したため 帳票表示処理を中断しました 再度処理を行って もしくはエラーコード ERR_INITIAL_005 エラーメッセージ : 帳票表示処理中にエラーが発生したため処理を中断しました ご利用の環境確認後 再度処理を行って が表示されました どうすればいいですか 答

More information

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ]

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ] SHOFU SureFile インストールマニュアル [Windows] V1.2 本マニュアルでは アイスペシャル C-Ⅱ 専用画像振り分けソフト SHOFU SureFile について 下記に示した項目を説明しています インストール 起動 アップデート アンインストール ( 削除 ) 参考 -Microsoft.NET Framework 3.5 の確認方法 参考 -Microsoft.NET

More information

LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation Guide - 日本語

LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation Guide - 日本語 User Guide - 日本語 LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation 2014 年 5 月 富士通株式会社 著作権および商標 Copyright 2014 FUJITSU LIMITED 使用されているハードウェア名とソフトウェア名は 各メーカーの商標です このドキュメントには LSI Corporation が所有する情報が含まれています LSI

More information

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS Office365 Outlook クライアント 教職員向け操作手順書 1 1 はじめに... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 メールシステムの切り替えについて... 3 1.3 お問い合わせ窓口... 3 2 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007)... 4 2.1 OUTLOOK のバージョン確認... 4 2.2 WINDOWS UPDATE を実施する場合の注意点...

More information

エクストラネット : ファイアウォール内部の内部ユーザーと特定の外部ユーザーのみがアクセスできるコンテンツ 情報またはソフトウェアをホストする Web サイト インターネット : すべてのユーザー ( 内部ユーザーと外部ユーザー ) が公的にアクセスできるコンテンツ 情報またはソフトウェアをホストす

エクストラネット : ファイアウォール内部の内部ユーザーと特定の外部ユーザーのみがアクセスできるコンテンツ 情報またはソフトウェアをホストする Web サイト インターネット : すべてのユーザー ( 内部ユーザーと外部ユーザー ) が公的にアクセスできるコンテンツ 情報またはソフトウェアをホストす ボリュームライセンス簡易ガイド Microsoft SharePoint Server 2013 のライセンス この簡易ガイドは すべてのボリュームライセンスプログラムに適用されます 目次 概要... 1 この簡易ガイドの更新情報... 1 詳細... 1 SharePoint Server ライセンスの枠組みを構成する概念... 1 Microsoft SharePoint Server 2013

More information

Managed Firewall NATユースケース

Managed Firewall NATユースケース Managed Firewall NAT ユースケース 2.0 版 2017/7/25 NTT Communications 更新履歴 版数更新日更新内容 1.0 2017/07/18 初版 2.0 2017/07/25 送信元 NAT NAPT に変更 ユースケースを追加 Use Case 1 Managed Firewall 送信先 NAT/DESTINATION NAT ~ 送信先のポート変換なし

More information

McAfee SaaS Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護

McAfee SaaS  Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 統合ガイド改訂 G McAfee SaaS Email Protection Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 Microsoft Office 365 の設定 このガイドの説明に従って McAfee SaaS Email Protection を使用するように Microsoft Office 365 と Microsoft Exchange Online

More information

Microsoft Word - e-Parcel_VCN-CommCenter7.0_Installation_manual doc

Microsoft Word - e-Parcel_VCN-CommCenter7.0_Installation_manual doc e-parcel クライアントソフト ダウンロード & インストールマニュアル e-parcel VCN-CommCenter 7.0 ( 事前準備編 ) April, 2016 イーパーセル株式会社 必要動作環境 e-parcel VCN-CommCenter7.0 CommCenter7.0 をご利用利用いただくためのいただくための必要動作環境 Microsoft Windows 2000 Server

More information

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2 作業を始める前に 作業実施の前提条件として お使いのパソコンが以下の環境の場合に作業が必要となります 他の環境の場合は作業を実施する必要はございません 対象の OS( オペレーティングシステム ) Windows7 WindowsXP をおつかいの教室につきましては作業の必要はありません 対象の InternetExplorer バージョン InternetExplorer8 バージョン確認方法につきましては

More information

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順 インストール アンインストール手順書 更新日製品バージョン OS 利用形態 2014/04/21 Maple 18 Windows 64-bit スタンドアロン SECTION 1: Maple 18 のインストール Page 1 Page 11 SECTION 2: コンパイラの設定 Page 12 Page 14 SECTION 3: コンパイラの設定の確認 Page 15 SECTION 4:

More information

導入設定ガイド

導入設定ガイド Big Bang System Corporation ExLook Online 機体認証オプション 管理者マニュアル 第 2 版平成 24 年 2 月 17 日 株式会社ビービーシステム Copyright (c) 2010, Big Bang System Corporation. All rights reserved. 本書に記載された事項で発生したいかなる事態もその責務を負いません また

More information

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11 Office 365 OneNote Online - 利用マニュアル - 発行日 2015/09/01 1 目次 第 1 章はじめに... 5 1.1. 取扱いについて... 6 1.2. 記載内容について... 6 第 2 章基本操作... 7 2.1. OneNote Online を開く... 8 2.2. ノートブックを開く... 10 2.3. ノート ( セクション ) を作成する...

More information

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する)

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する) 第 3 章 本章では Windows 98/Me 環境で本製品を接続して TCP/IP NetBEUI および NetBIOS over TCP/IP で 印刷を行う方法について説明します Windows 98/Me 環境から TCP/IP で印刷する 本製品を TCP/IP プロトコルを利用して印刷する際の手順は以下の通りです あらかじめパソコンにプリンター ドライバーをインストールする必要があります

More information

UAC UAC Widows 7 OK Windows8.1/10-9

UAC UAC Widows 7 OK Windows8.1/10-9 多国籍企業情報の報告コーナー事前準備セットアップ (Internet Explorer 利用者向け ) 多国籍企業情報の報告コーナーを利用するにあたり 以下の準備が必要です 信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトの登録 1 帳票表示モジュールのインストール ルート証明書のインストール 2 署名モジュールのインストール 多国籍企業情報の報告コーナー用モジュールのインストール 多国籍企業情報の報告コーナー事前準備セットアップを行うことで上記の準備が整い

More information

Operation of Network Monitoring Utility:

Operation of Network Monitoring Utility: 日本語 e-dpp 4.5 2017 年 5 月 Microsoft Windows 7, 8.0, 8.1 &10, 株式会社エルテクス設計 www.eltechs.co.jp 電話 (047) 490-1010 FAX (047) 490-1011 電子メール etap@eltechs.co.jp 著作権 2017 株式会社エルテクス設計 全ての著作権は エルテクス設計に帰属します 本文書に使用されている名称およびロゴは

More information

<30312E D F898AFA93B193FC8EE88F872E786C73>

<30312E D F898AFA93B193FC8EE88F872E786C73> WEB-EDI システム Ver.20130620 1/14 WEB-EDI システム初期セットアップ手順 > 2008/10/20 初稿 2009/8/28 補足追加 2009/9/15 誤字訂正 文言修正 2010/3/12 IE8 用設定に関する補足を追加 2010/9/15 自動構成スクリプトに関する補足を追加 よくあるお問合せ を追加 2010/4/16 セキュリティレベルの変更に補足追加

More information

Windows XP で使用する 既に Windows XP がインストールされているパソコンで 本 PC カードを使用するための方法 ( サポートソフトをインストールする ) を説明します 1 度セットアップを行えば 今後は本 PC カードを接続するだけで使えるようになります 手順 ステップ 1.

Windows XP で使用する 既に Windows XP がインストールされているパソコンで 本 PC カードを使用するための方法 ( サポートソフトをインストールする ) を説明します 1 度セットアップを行えば 今後は本 PC カードを接続するだけで使えるようになります 手順 ステップ 1. お客様各位 株式会社アイ オー データ機器 Windows XP での使用方法 弊社製品をお買い上げいただきありがとうございます お買い上げいただいた製品は Windows XPでの動作確認の結果 正常動作を確認いたしました Windows XPでも安心してご使用いただけます 以下の注意事項を必ずお守りいただき 快適に弊社製品をご利用ください お使いのパソコンで Windows XP を使用するには

More information

タッチディスプレイランチャー

タッチディスプレイランチャー タッチディスプレイランチャー バージョン.0 取扱説明書 もくじ はじめに 3 ランチャーについて 4 ランチャーの操作方法 5 グループを変える 5 設定について 6 アイコンを新規登録する 7 登録したアイコンを編集する 8 グループの編集 0 壁紙を変更する その他の設定について はじめに 本ソフトウェアは ペン操作やタッチ操作で目的のソフトウェアを起動することができるソフトウェアです ソフトウェアは追加

More information

DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode署名手順書

DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode署名手順書 DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode 署名手順書 2015/07/31 はじめに! 本手順書をご利用の前に必ずお読みください 1. 本ドキュメントは Windows の環境下で DigiCert の EV コード署名証明書をご利用いただく際の署名手順について解説するドキュメントです 2. 本ドキュメントの手順は Microsoft Windows7

More information

スライド 1

スライド 1 旧設定サイトからの パスワード引継ぎ 操作ガイド 平成 2 8 年東日本電信電話株式会社 もくじ 旧設定サイトからパスワード引継ぎ P1 旧設定サイトへ接続 P6 ひかり電話設定サイトから旧設定サイトへの接続方法 P7 ご利用上の注意事項 P8 ひかり電話設定サイトとは ひかり電話設定サイトとは パソコンなどからひかり電話 / ひかり電話オフィスタイプ / ひかり電話オフィス A( エース ) における

More information

すだちくんメール法人(所属設定職員管理)_docx

すだちくんメール法人(所属設定職員管理)_docx すだちくんメール 法 管理マニュアル 所属設定 職員管理所属設定 職員管理 第 1 版 作成日 2015 年 12 月 7 日 最終更新日 2015 年 12 月 7 日 目次 概要... 2 法人管理画面... 3 ログイン... 3 所属名称管理... 5 所属 (1 階層目 ) の新規登録... 5 所属 (2 階層目以降 ) の新規登録... 6 CSV ファイルを使用した所属の一括登録...

More information

SSL サムプリントの検証 SSL サムプリントの検証はリモートユーザーがホストの信頼性を検証するために使用します この検証はリモートとホスト間の接続の安全性を確立して MITM 攻撃から保護するために実行する必要があります デフォルトで リモートユーザーが TCP/IP を使用してホストに接続しよ

SSL サムプリントの検証 SSL サムプリントの検証はリモートユーザーがホストの信頼性を検証するために使用します この検証はリモートとホスト間の接続の安全性を確立して MITM 攻撃から保護するために実行する必要があります デフォルトで リモートユーザーが TCP/IP を使用してホストに接続しよ Symantec pcanywhere のセキュリティ対策 ( ベストプラクティス ) この文書では pcanywhere 12.5 SP4 および pcanywhere Solution 12.6.7 で強化されたセキュリティ機能と これらの主要な強化機能が動作するしくみ およびセキュリティリスクを低減するためのいくつかの手順について説明します SSL ハンドシェイクと TCP/IP の暗号化現在

More information

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.5 インストールガイド

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.5 インストールガイド 2017 年 12 月 12 日富士通株式会社 ServerView ESXi CIM Provider VMware vsphere ESXi 6.5 インストールガイド VMware vsphere ESXi 6.5 をインストールしたサーバを監視 管理する場合 ServerView ESXi CIM Provider を使用するか またはリモートマネジメントコントローラを使用した サーバ監視

More information

1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 現象 ログイン後 リンクやタブをクリックしても反応がない ( 画面が変わらない ) 原因 (1)Internet Explorerの互換表示設定が外れている (2) ツールバーの アドオン と呼ばれる追加機能によりブロックされている (1)

1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 現象 ログイン後 リンクやタブをクリックしても反応がない ( 画面が変わらない ) 原因 (1)Internet Explorerの互換表示設定が外れている (2) ツールバーの アドオン と呼ばれる追加機能によりブロックされている (1) 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました また 手順が難しいものについては 映像マニュアル をご用意しました 以下より 該当する現象を選択してください 2013.5.20 改定 ver. 目次 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 2 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 4 3. Windows8

More information

目次 目次... 2 はじめに SQL Server 2005 製品版へのアップグレード SQL Server 2005 製品版へのデータベース (DPM インスタンス ) の構築 / 設定 データベース (DPM インスタンス ) の構築

目次 目次... 2 はじめに SQL Server 2005 製品版へのアップグレード SQL Server 2005 製品版へのデータベース (DPM インスタンス ) の構築 / 設定 データベース (DPM インスタンス ) の構築 目次 目次... 2 はじめに... 3 1 SQL Server 2005 製品版へのアップグレード... 4 2 SQL Server 2005 製品版へのデータベース (DPM インスタンス ) の構築 / 設定... 8 2.1 データベース (DPM インスタンス ) の構築... 8 2.2 データベース (DPM インスタンス ) の設定... 12 2.3 管理サーバ for DPM

More information

目次 目次... 本書の見かた... 商標について... 重要なお知らせ... はじめに... 4 概要... 4 使用環境について... 5 サポートされている OS... 5 ネットワーク設定... 5 印刷... 8 ipad iphone ipod touch から印刷する... 8 OS

目次 目次... 本書の見かた... 商標について... 重要なお知らせ... はじめに... 4 概要... 4 使用環境について... 5 サポートされている OS... 5 ネットワーク設定... 5 印刷... 8 ipad iphone ipod touch から印刷する... 8 OS AirPrint ガイド 本ガイドは 次のモデルを対象としています DCP-J40N MFC-J470N/J560CDW/J570CDW/J580DN 目次 目次... 本書の見かた... 商標について... 重要なお知らせ... はじめに... 4 概要... 4 使用環境について... 5 サポートされている OS... 5 ネットワーク設定... 5 印刷... 8 ipad iphone ipod

More information

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の 電子入札サービス IC カードを利用しない事業者向け Java ポリシー設定マニュアル (Windows10 用 ) 平成 28 年 6 月 目次 第 1 章はじめに 1 1.1 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 2 2.1 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン確認方法 4 3.2 Java

More information

ワイヤレスWAN プロファイル設定変更手順書

ワイヤレスWAN プロファイル設定変更手順書 CF-AX2M, CF-AX2L シリーズ CF-SX2M, CF-SX2L, CF-SX1G シリーズ CF-NX2M, CF-NX2L シリーズ (Windows 7 / Windows 8) ワイヤレス WAN プロファイル設定変更手順書 公開日 2012/10/26 本書では ワイヤレス WAN 設定変更ユーティリティを用いて上記機種のワイヤレス WAN プロファイルの設定を変更する手順について説明します

More information

システムのインストール手順 (1)Windows の確認本システムは 下記の基本ソフトウェアがセットアップされ かつ十分なメモリ容量とハードディスクの空き容量のあるパソコン環境で使用できます 下記の Windows がセットアップされていない場合は システムをインストールする前に 本体に対応した W

システムのインストール手順 (1)Windows の確認本システムは 下記の基本ソフトウェアがセットアップされ かつ十分なメモリ容量とハードディスクの空き容量のあるパソコン環境で使用できます 下記の Windows がセットアップされていない場合は システムをインストールする前に 本体に対応した W システム稼動に至るまでの初期手順 ハードディスクの残量が少なく 過去のプログラムが不要な場合は データの保存後システムのアンインストールを行います は必ず行なってください は必要な場合に行います 1. インストール済プログラムのアンインストール ( 削除 ) 平成 29 年鑑定ソフト地価公示版のインストールを行ないます 2. システムのインストール参照 市区町村マスタ等を取込みます 3. 市区町村

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23 < 本書の目的 > Internet Explorer 10 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE10) に対応しました 本書は Internet Explorer10 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P8 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

Inet-Builder Client 操作説明書

Inet-Builder Client 操作説明書 Inet Builder Inet-Builder CLIENT (Windows7 10/IE9 10 11) セットアップ説明書 目次 1.I 推奨動作環境 3 2.Inet-Builder Client セットアップ 3 2-1.Internet Explorer の起動 3 2-2.Inet-Builder Client のダウンロードおよびセットアップ 4 2-3.Inet-Builder

More information

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... -

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... - NX7700x シリーズ Windows Server 2012 R2 Windows Server Failover Cluster インストール手順書 Microsoft Windows Windows Server は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他 記載されている会社名 製品名は 各社の登録商標または商標です 免責条項

More information

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4 販売管理システムサレスプ (64bit 版 ) インストール手順書 第 001 版 2012/04/09 < 有限会社データーランド > 1 はじめに... 2 2 前準備... 2 2.1 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする... 2 3.NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール... 4 3.1.NET FRAMEWORK

More information

Nagios XI Webサイトの改ざん監視

Nagios XI Webサイトの改ざん監視 目的 この資料では Web サイトの改ざん 編集 悪意のあるコード挿入を監視する Web サイト改ざん監視ウィザードの使用方法について説明します Web サイト改ざん監視ウィザードを使用すれば Web サイトの改変を監視し Web サイトに好ましくないコンテンツが見つかったら通知することができます 対象読者 この資料は Web サイトの改ざんを監視したい Nagios 管理者およびエンドユーザーを対象としています

More information

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut Kaspersky Endpoint Security 10 オフライン環境下での定義 DB アップデート 2016/09/27 株式会社カスペルスキー法人営業本部セールスエンジニアリング部 Ver 1.0 1 目次 1. はじめに... 3 1.1. 本資料の目的... 3 1.2. 前提条件... 3 1.3. Kaspersky Update Utility... 4 2. スタンドアロン端末での定義

More information

2

2 クラウドサービス設定マニュアル (CentOS6 版 ) 第 1.1 版 2017 年 3 月 13 日 作成日 最終更新日 2016 年 7 月 29 日 2017 年 3 月 13 日 青い森クラウドベース株式会社 1 2 目次 1. はじめに... 5 2. 組織 VDC ネットワークの新規作成... 6 2-1. ネットワークタイプの選択... 7 2-2. ネットワークの構成... 8 2-3.

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24 < 本書の目的 > Internet Explorer 11 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE11) に対応しました 本書は Internet Explorer11 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P9 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.0 インストールガイド

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.0 インストールガイド 2017 年 12 月 12 日富士通株式会社 ServerView ESXi CIM Provider VMware vsphere ESXi 6.0 インストールガイド VMware vsphere ESXi 6.0 をインストールしたサーバを監視 管理する場合 ServerView ESXi CIM Provider を使用するか またはリモートマネジメントコントローラを使用した サーバ監視

More information

·

· AnyClutch Remote 接続先 PC への 遠隔接続 の方法 [iphone/ipod Touch 版 ] iphone/ipod Touch( 以下 iphone のみ表記 ) から Agent をセットアップした PC への接続方法手順となります 以下 必要スペック OS: ios 3.1 以降 3G または Wi-Fi 経由でインターネット (http:80/https:443) に接続できること

More information