(98) 理趣広経 の灌頂における阿閣梨の作法について ( 徳重 ) 第二に, 曼荼羅 諸尊の召請 に関して, P A の内容は, [1] 阿闍梨に相応 しい者の資格 [2] 諸尊の召請による得益, [3] 曼荼羅諸尊の召請 に分けられる. 他方, B の内容は, [1] 曼荼羅諸尊の召請, [2]

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(98) 理趣広経 の灌頂における阿閣梨の作法について ( 徳重 ) 第二に, 曼荼羅 諸尊の召請 に関して, P A の内容は, [1] 阿闍梨に相応 しい者の資格 [2] 諸尊の召請による得益, [3] 曼荼羅諸尊の召請 に分けられる. 他方, B の内容は, [1] 曼荼羅諸尊の召請, [2]"

Transcription

1 印度學佛敏學研究第 62 巻第 1 号平成 25 年 12 月 (97) 理趣広経 の灌頂における阿闍梨の作法につ いて 徳 重弘志 1. はじめに 本稿では, 理趣広経 ( 白 P) を構成する 般若分 ( 大楽金剛不空三昧耶 ), 真言分 大楽金剛秘密, 真言分 吉祥最勝本初 という 3 編のうち, 般若分 と 大楽金剛秘密 の灌頂における 阿闍梨の作法 を比較することによって, その発展過程の解明を試みた. また上述の 3 編のうち, 大楽 金剛秘密 におけ るプダク写本 (Ph ) の読みが, ツェルパ系統やテンパンマ系統とは大幅に異なる ことが判明した 1). そこで, Ph が他の系統とは異なる原因についても解明を試み た. 2. 灌頂の構成 本稿では, 般若分 に属する 大三昧耶の真実金剛と称する大儀軌王 ( 忌 P A ) 2 ) と, 大楽金剛秘密 に属する 極喜金剛秘密の供養の広大儀軌 ( B ) におけ る灌頂を考察対象として採り上げる. A の灌頂は, 曼荼羅諸尊の召請 (D ta 152b6 153a5), 阿闍梨入住 (D ta153a5 b2), 狭義の灌頂次第 (D 副 53b2 5 ), 弟子 引入 (D ta 153b5 7), 狭義の灌頂次第 (D ta 153b7 154a2), 後 方便 (D ta 154a2 4) という構成であり, が 阿闍梨の作法 に相当する. 他方, B の灌頂は, 瓶準備儀軌 (D ta 176a3 176a6), 曼荼羅 諸尊の 召請 (D ta 176a F176b3), 阿闍梨入住 (D ta 176b3 177a2), 弟子引入 (D ta 177a2 6), 投 華 (D ta 177a6), 狭義 の 灌頂次第 (D ta 177a6 177b1), 後 方便 (D ta 177bl 5) という構成であり, が 阿閣梨の作法 に相当する. 3. 阿闍梨の作法 の比較 一第に, 瓶準備儀軌 に関しては, 菖 P B にのみ該当箇所が存在し, 瓶の荘厳, 配置, 水を加持する心呪などについて説かれている. 一 432 一

2 (98) 理趣広経 の灌頂における阿閣梨の作法について ( 徳重 ) 第二に, 曼荼羅 諸尊の召請 に関して, P A の内容は, [1] 阿闍梨に相応 しい者の資格 [2] 諸尊の召請による得益, [3] 曼荼羅諸尊の召請 に分けられる. 他方, B の内容は, [1] 曼荼羅諸尊の召請, [2] 諸尊の召請によ る得益 に分けられる. ただし, 語 P B の [2] における得益の内容は, P A の [1] で説かれた内容とほぼ一致している. また B の [1] には, 自 P A の [3] には 存在しない印相や心呪に関する記述が増広されている. 第三に, 阿闇梨入住 に関して, 菖 P A の内容は, [1] 曼荼羅に入る作法, [2] 世尊 ( 金剛手 ) の観想, [3] 曼荼羅に入ることによる得益 に分けられる. 他 方, B の内容は, [1] 曼荼羅に入る作法, [2] 曼荼羅諸尊の観想, [3] 曼 茶羅に入ることによる得益 に分けられる. また B の [1] には, 金剛杵を 持っ ての金剛慢 3) という印契女との瑜伽 によって, 金剛阿闍梨 自身が 曼 茶羅に 入るべきである (D ta 176b4) という記述や, 吉祥最勝本初 の三三昧 耶授与の場面でも用いられている偈頌 4) ( D ta 176b5) が存在するように, 三三昧 耶 ( 金剛杵と鈴と大印 ) と関連する記述が増広されている. ただし, B では鈴 について言及されていないため 5 ), 厂大楽金剛秘密 の段階で三三昧耶という枠 組みが成立していたと断定することは難しい. 第四に, 狭義の灌頂次第 に関しては, P B では 弟子引入 の後に弟子が 阿闍梨から灌頂を授かるとい う規定であるのに対して, 臼 P A ではにおい て観 想の中で阿闍梨が世尊 ( 金剛手 ) から灌頂を授かり 6 ), におい て弟子が阿闍梨 から灌頂を授かるという規定になっ てい る. また語 P A の 狭義の灌頂次第 の うち, には名灌頂と金剛杵灌頂のみが非常に簡潔に説かれており, 水灌頂に関 する規定は省略されている. 他方, では, に準 じて灌頂を行うことのみが説 かれている. 4. プダク写本と 吉祥最勝本初広釈 の 大楽金剛秘密 における Ph の読みは, 他 の系統とは大幅に異なってい る 7). その相違は, 偈頌において特に顕著なので, 以下に忌 P B における二つの 偈頌と, それに対する 吉祥最勝本初広釈 鋤における註釈を示しておく 8 ). なお箕褫に関しては, 下線が からの引用でありボール, ド体が Ph と語句が 一致することを示している. 一 431 一

3 The Japanese Assooiation Association of Indian 工 and Buddhist Studies 理趣広経 の灌頂における阿闍梨の作法について ( 徳重 ) (99) 偈頌 A [ ッェルパ系統 テンパンマ系統 ] 9) [Ph] 16 ) phy g gy ch n p y m g h 9 ) t d b hi g y i1) mdzub i2) 1 g ky by 13) 11 dgug pa dini lan gcig14 ) gis grub ste 15) rab tu gzhug parbya 11 phyag rgya chen por mnyam bzhag ste!de bzhin g yas dzub lcagskyur bya! de snyed dgug pa i dngos grub ni!lhancig mchog tu gugs par byed 11 [lika ] 17 ) 一 h by ba ni!b m ldan d d rj em dp i phyag rgya chen po bcingba e 19) 1!de bzhin g yas mdzub lcags1( yur bya zhes bya ba ni!9 yas pa imdzub mo lcagskyur byas lade bzhinzhes bya ba rnam pa dis20 ) phyag rgya chen po i dngos grub tu gyur ro zhes bya ba itha tshiggo 21 > didag ni dgug pa o lhan cig mchog tu gugs par by d ce 22) by b ni!d b hi d phy g gy ch n p i lcag ky b i g 1 23> eles th ) 9 nyidan og nas bshad pa i/ 偈頌 B [ ッェルパ系統 テンパンマ系統 ] 25 ) [Ph ] ee ) de nas rtag tu bcom ldan das dkyil khor du ni rang nyid byon 26 ) dg g i g b g 27) brt n p d ng db g d 28 ) gy hi g 9 ub P yi 1! d n b m 1da d ang yid dkyirkh d by n p 1!f dg g P d ng!b ug3 ) P d ng 1 hi tu 31 ) mnan pa dang!dbang du bya gyur pa grubpa dang 1 [7ihaO] 32 ) de nas bcom ldan das rdo ile can rde 均 e sems dpa rang nyid dkyil khor du byon par gyur pa ni bris pa i dkyirkhor du byon nas! gnas jiltaba bzhindu zhugs par gyur ro zhes ston pa yin no 以上のように, P ているが, その相違点が箕腋 B における Ph の語順や語句は, 他 r に引用された とは多くの箇所で の系統とは大幅に異なっ 一致することが 判明した. このことから, 大楽金剛秘密 における Ph ( 年頃 ) 33 ) は, 箕緬 ( 年 ) 34> が訳出される際に参照された帥の写本か, あ 体を参照して編纂されたと推定することができる. 5. おわりに るいは T,kd 自 本稿では, r A と B の灌頂における 阿闇梨の作法 について考察を行っ 一 430 一 NII-Electronic N 工工一 Eleotronio Library Service

4 (100 ) 理趣広経 の灌頂における阿闍梨の作法について ( 徳重 ) た. 研究の結果, A と B における 阿闍梨の作法 に関しては, 後者の方 が内容が整理 増広されていることが判明した. さらに, を構成する 3 編のうち, 大楽金剛秘密 における Ph の読みが, ツェルパ系統やテンパンマ系統とは大幅に異なることが判明した. 調査の結果, 罪緬における からの引用の相当数が, Ph のみと語順や語句が一致することが 判明した. このことから, 大楽金剛秘密 における Ph は, 箕 ka が訳出される際 に参照された の写本か, あるいは箕緬 自体を参照して編纂されたと推定する ことができる. 1 ) チベット大蔵経諸版の概要や年代に関しては, 佐藤 [2008 : 71 92] および渡辺 [1995 : (1 ) 一 (12 ) ] を参照. なお Ph は, ツェルパ系統やテンパンマ系統とは原本が異なって いた可能性が指摘されている. これについては, 佐藤 [2008: 76 77] を参照. 2 ) 本章に関しては, 理趣広経 の翻訳研究会 [2013コに校訂テクストが存在する. 3 ) 箕 ka ( 中華大蔵経 丹珠尓 vol,.30 : 695) では, 金剛慢 とは 金剛薩堙の大印 であると註釈されている. 4 ) この偈頌 ( 金剛薩墟偈 ) については, 拙稿 [2013 : 14, 19] を参照されたい. 5 ) Pkd ( 中華大蔵経 丹珠尓, vol.30 : 696) では, 金剛杵と大印とともに, 鈴につ いても言及されている, 6 ) GuhyasamaJ ama44alavidhi や翫 η 恥 ψ 励傭 e 肋 v ゴ 4 痂にも, 弟子を灌頂する前に阿闍梨 自身が観想により部族主から灌頂と印可を受ける, という規定が存在している. これ については, 桜井 [1996: コを参照. 7 ) 管見の限りでは, 般若分 や 吉祥最勝本初 では, Ph とそれ以外の系統の読みが, 大 楽金剛秘密 における読みほど極端に異なってはいない. 吉祥最勝本初 における 各版本の読みについては, 拙稿 [2013 コを参照されたい. 8 ) 紙幅の都合上, 二つの偈頌のみを採り上げたが, 軍航に引用された が Ph のみと一致する用例が, B ではこれ以外の偈頌や, 偈頌以外の個所にも頻繁に見られる. 9 ) D ta 176a7. なお紙幅の都合上,D 以外の版本の位置については省略した. 10)gzhag コ DHLNPTU : bzhagcjs. 11) su add.hlnst. 12) mdzub ]CDHJLNSTU : dzubp. 13)kyurbya]DJPU ; kyubya C ; kyus H LNST. 14)gcig]JLNPTY : cigcdhsu 15) ste ]CDJPU : parlnst ; sterh. 16)Phno.477, tha I33b ) 中華大蔵経 丹珠尓, vo 且.30 : 693S94. 18)par add.n P. 19)bcingba o ]NP : bcings pa o C D. 一 429 一

5 理趣広経 の灌頂における阿闍梨の作法について ( 徳重 ) (101) 20) dis] CD : dinp. 21 )go ] CD 二 ginp. 22) byed ces ]CD :byed pa zhes N P. 23) la]np : pa icd. 24 ) laadd.n P. 25 ) D ta 176bl 2. 26)byon] CDHJPU : byinlnst. 27)bcug nas ]CDJPSU :bcug gnas H L N ;btsugnas T. 28) gyur]cdhjlnstu : gyurpy. 29)Ph no.477,tha 133b )bcug]CDHJLNPSU : bzhugph ; btsugt. 31)tu] em. : du Ph. 32) 中華大蔵経 丹珠尓, vol.30 : ) 佐藤 [2008 : 76] を参照. 34) 訳出年代については明らかではないので, 訳者であるリンチェンサンボの生存年代を記しておいた. なお, 高橋 [1999 : (10)] が指摘しているように, 著者であるアーナンダガルバは, 9 10 世紀に活躍した人物である. 略号と参照文献 > add.: added in.c : チョネ版 D : デルゲ版. em.: emended.guhyasamby ama44alavidhi : Skt. ed.centra 且 Instituteof Higher Tibetan Studies, Dipa 血 karabhadra, Dhih 42 (2006), 109 5riguhyasamdijama η4atavidhi of Acarya 154.H : ラサ版.J: ジャンサタム / リタン版. L : ロンドン / シェルカル写本.N : ナルタン版 P : 北京版.Ph : プダク写本.S : トク パ レス写本.Sa ηpdsiptdbhis. ekavidhi : Skt.ed. 桜井 1996, α : 理趣広経 ( 岳 ψ α m 擁一 dya) : Dnos ;Pnos ; 中華大蔵経 甘珠尓, vol T :.85, 東京写本. 蹄 4 : 吉祥最勝本初広釈 (S riparamfidya tikfi ) : Dno.2512 ;Pno.3335 : 中華大蔵経 丹珠尓 vols,.30 31, , U : ウルガ版.Y : 永楽版桜井 1996 : 桜井宗 信 インド密教儀礼研究後期インド密教の灌頂次第 ( 法蔵館, 1996). 佐藤 2008 : 佐藤直実 蔵漢訳 阿闕仏国経 研究 ( 山喜房佛書林, 2008). 高橋 1999 : 高橋尚夫 アーナンダガルバ研究一序説一 ( 豊山教学大会紀要 27,1999, (1) 一 (16)), 徳重 2013 : 徳重弘志 理趣広経 弟子引入広大儀軌のタントラ における潅頂和訳および校訂テクスト ( 高野山大学大学院紀要 13, 2013,11 29). 渡辺 1995 : 渡 辺章悟 大般若と理趣分のすべて ( 北辰堂, 1995). 理趣広経 の翻訳研究会 2013 : 理 趣広経 の翻訳研究会 Sriparamfidya 校訂テクスト第 1 章 ( 大正大学綜合佛教研究所年報 35, 2013, (134) 一 (166)). キーワード 灌頂, 理趣広経, プダク写本 ( 高野山大学密教文化研究所受託研究員 ) 一 428 一

Y_木村.indd

Y_木村.indd 駒 澤 大 學 佛 教 學 部 論 集 第 1 號 平 成 22 年 10 月 (95) ジャムヤンシェーパ 作 学 説 綱 要 書 毘 婆 沙 師 章 についての 報 告 木 村 誠 司 はじめに チベットの 学 説 綱 要 書 (grub mtha )の 重 要 性 については 今 さら 説 明 の 必 要 もないであろう 数 ある 書 の 中 でも ジャムヤンシェーパ Jam dbyangs

More information

ル札幌市公式ホームページガイドライン

ル札幌市公式ホームページガイドライン 平 成 16 年 1 月 8 日 総 ) 広 報 部 長 決 裁 企 ) 情 報 化 推 進 部 長 決 裁 最 近 改 正 平 成 23 年 3 月 10 日 ...3...3...4...5...5...5...5...6...6...7...8...9...9...10...11...11...12...12...13...13...14...15...15...16...17...18...19...20

More information

Microsoft Word - DAI THUA 100 PHAP _hoan chinh_.doc

Microsoft Word - DAI THUA 100 PHAP  _hoan chinh_.doc Sáng tác: Bồ tát Thiên Thân Hán dịch: Pháp sư: Huyền Tráng Soạn thuật: Cư sĩ: Giản Kim Võ Việt dịch: Cư sĩ: Lê Hồng Sơn LUẬN ĐẠI THỪA 100 PHÁP Phật Lịch: 2557 - DL.2013 Luận Đại Thừa 100 Pháp 1 Việt dịch:

More information

全 仏 第3種郵便物認可 1990年6月1日 黙 大正大学助教援 多 田孝 科学的な仏教学が創設されていった が 一貫し というもの それぞれのグループが持つ悩み 置かれ 大乗仏教の諸経典は成立過程において はない 時に 同グループからできて来たもので 典は中国語化され しかも同一人物であ 中国には一度に花開く様に入って来た経 訳される事になってしまったのである 紀元五世紀に渡来した鳩摩羅什の翻訳

More information

316 long shar phyogs pa mon pa lho mtshams pa bkra shis gyang tse pad ma dga' tshal bsam grub ljongs mkhar spa ro thim phu dbang dus haa mgar sa chu k

316 long shar phyogs pa mon pa lho mtshams pa bkra shis gyang tse pad ma dga' tshal bsam grub ljongs mkhar spa ro thim phu dbang dus haa mgar sa chu k 315 'brug gi rgyal yongs tshogs 'du 'brug yul snga Bhutan Broadcasting Service BBS bkra shis sgang mong sgar lhun rtse 316 long shar phyogs pa mon pa lho mtshams pa bkra shis gyang tse pad ma dga' tshal

More information

- - - cf.b PS a Toh. a cf. b p. a - mdzes par bzhugs cf. p. a bhadra bhadra greng bu greng bar p. bsgreng ba p. ff. lcang lo can, Atakāvatī cf. p. not

- - - cf.b PS a Toh. a cf. b p. a - mdzes par bzhugs cf. p. a bhadra bhadra greng bu greng bar p. bsgreng ba p. ff. lcang lo can, Atakāvatī cf. p. not Jigs med chos ldan pa Thugs rje gzhan phan dpal bzang rgyal mkhan po Grags pa rgyal mtshan - - - cf.b PS a Toh. a cf. b p. a - mdzes par bzhugs cf. p. a bhadra bhadra greng bu greng bar p. bsgreng ba p.

More information

WinXPBook.indb

WinXPBook.indb 35 使 ってみよう! Windows XP 第 4 章 4.1 キーボードの 上 手 な 使 い 方 36 第 4 章 / 日 本 語 入 力 に 挑 戦 しよう 4.2 英 数 字 の 入 力 4.2.1 エディタとワープロ エディタ 特 徴 使 用 目 的 ワープロ 特 徴 使 用 目 的 4.2 英 数 字 の 入 力 37 4.2.2 メモ 帳 を 使 う 4.2.3 英 数 字 の 入

More information

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e

1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e No. 1 1 1 H Li Be Na M g B A l C S i N P O S F He N Cl A e K Ca S c T i V C Mn Fe Co Ni Cu Zn Ga Ge As Se B K Rb S Y Z Nb Mo Tc Ru Rh Pd Ag Cd In Sn Sb T e I X e Cs Ba F Ra Hf Ta W Re Os I Rf Db Sg Bh

More information

取扱説明書[d-01G]

取扱説明書[d-01G] d-01g 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 T 18 1 2 19 3 1 2 4 3 4 20 21 1 2 3 4 22 1 T 2 T 1 T 2 T 23 1 T 1 2 24 25 1 2 26 1 T 27 1 2 3 1 2 3 28 29 30 1 2 1 2 31 1 2 3 32 1 2 3 4 5 1 2 3 4 33 1

More information

2 1 2 3 27 2 6 2 5 19 50 1 2

2 1 2 3 27 2 6 2 5 19 50 1 2 1 2 1 2 3 27 2 6 2 5 19 50 1 2 2 17 1 5 6 5 6 3 5 5 20 5 5 5 4 1 5 18 18 6 6 7 8 TA 1 2 9 36 36 19 36 1 2 3 4 9 5 10 10 11 2 27 12 17 13 6 30 16 15 14 15 16 17 18 19 28 34 20 50 50 5 6 3 21 40 1 22 23

More information

2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222

2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222 11 2013 * 1 reflection 2007 p. 1997 2008 2005 2010 * redfern51a @gmail.com 221 2 2010 p. 72 1997 2007 2002 p. 282 2006 2001 2009 2 1990 2001 222 11 2013 2010 pp. 72-77 1998 p. 158 2010 p. 77 19922002 3

More information

フ ロ ー テ ィ ン グ か け る た め 段 組 枠 に し て ま す 論文 民国時期における職業会計士制度生成の諸相 Some Aspects of Professional Accountants during the Period of Republic of China 藍 要 旨

フ ロ ー テ ィ ン グ か け る た め 段 組 枠 に し て ま す 論文 民国時期における職業会計士制度生成の諸相 Some Aspects of Professional Accountants during the Period of Republic of China 藍 要 旨 タイトル 著者 引用 民国時期における職業会計士制度生成の諸相邵, 藍蘭札幌学院大学経営論集 : Sapporo Gakuin Unive Review of Business Administration 発行日 2014-03-05 URL http://hdl.handle.net/10742/1791 札幌学院大学総合研究所 069-8555 北海道江別市文京台 11 番地電話 :011-386-8111

More information

理解のための教材開発と授業 (宮内).PDF

理解のための教材開発と授業 (宮内).PDF - 25 - Y ( ) () () Y - 26 - CD Y Y Y Y Y Y Y - 27-10 11 12 Y Y - 28 - Y 100 6 2 4 Y PTA Y Y Y - 29 - 1 Y Y Y Y - 32 - T Y Y Y T Y Y T Y T Y T Y T T Y Y T db Y Y T Y B T - 34 - T Y Y T Y T Y T Y Y T

More information

(1) 2000 ( ) ( ) 1000 2000 1000 0 http://www.spacepark.city.koriyama.fukushima.jp/ http://www.miraikan.jst.go.jp/ http://www.nasda.go.jp/ 3000 1 1 http://www.city.nara.nara.jp/citizen/jyugsidu/jgy/jsj/

More information

1 1 2 2 3 10 4 13 5 18 1 20 24 3 26 28 2 32 33 36 40 LAN 43 44 47 48 51 53 55 57 58 60 61 62 63 64 65 66 68 70 71 4 72 1 7 13 11 14 13 10.5 86.1 8 14 71.7 13.7 7 14 31.8 1.9 9 50.0 9.4 50.8 7 1 44.6 3.1

More information

arthasattvapratibhāsasyānākāratvāt ātmavijñaptipratibhāsasya ca vitathapratibhāsatvāt I 2 arthasattvapratibhāsasyānākāratvāt II 2012 II Bhāvive

arthasattvapratibhāsasyānākāratvāt ātmavijñaptipratibhāsasya ca vitathapratibhāsatvāt I 2 arthasattvapratibhāsasyānākāratvāt II 2012 II Bhāvive 19, 2012. 3 Madhyāntavibhāga I 3 1 Madhyāntavibhāgakārikā I 3 grāhya grāhaka I-3 Vasubandhu Madhyāntavibhāgabhāṣya I-3 1) 2) 1) MAVBh: arthasattvātmavijñaptipratibhāsaṃ prajāyate/ vijñānaṃ nāsti cāsyārthas

More information

untitled

untitled Japanese Standards Association 2014 http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/qc-top.asp

More information

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 fvszɕʑxɣ ppʰbttʰdtstsʰʣ ʨʨʰʥkkʰgʨʨʰɕʧʧʰʃ p pʰ b m f v t tʰ d n ts ʦʰ ʣ s z ʨ ʨʰ ʥ ɕ ʑ k kʰ g ŋ x ɣ ø

More information

Tài chính Quan hệ Cộng đồng Quản trị căn bản Pháp lý Các loại rủi ro Dự án Tình hình Tài chính Mục tiêu công ty Giá cả Môi trường - Tử vong - Thương t

Tài chính Quan hệ Cộng đồng Quản trị căn bản Pháp lý Các loại rủi ro Dự án Tình hình Tài chính Mục tiêu công ty Giá cả Môi trường - Tử vong - Thương t Giảng viên: Trần Quang Trung Mục tiêu môn học Kết thúc chương trình này người học có thể: Lưu ý nhiều hơn các vấn đề có yếu tố rủi ro Nhận biết và phân loại các rủi ro của đơn vị Áp dụng một số kỹ thuật

More information

2016 年 2 月 忌 明 け 日 早 見 表 02 月 01 日 ( 月 ) 03 月 20 日 ( 日 ) 03 月 06 日 ( 日 ) 02 月 02 日 ( 火 ) 03 月 21 日 ( 月 ) 03 月 07 日 ( 月 ) 02 月 03 日 ( 水 ) 03 月 22 日 ( 火

2016 年 2 月 忌 明 け 日 早 見 表 02 月 01 日 ( 月 ) 03 月 20 日 ( 日 ) 03 月 06 日 ( 日 ) 02 月 02 日 ( 火 ) 03 月 21 日 ( 月 ) 03 月 07 日 ( 月 ) 02 月 03 日 ( 水 ) 03 月 22 日 ( 火 2016 年 1 月 忌 明 け 日 早 見 表 01 月 01 日 ( 金 ) 02 月 18 日 ( 木 ) 02 月 04 日 ( 木 ) 01 月 02 日 ( 土 ) 02 月 19 日 ( 金 ) 02 月 05 日 ( 金 ) 01 月 03 日 ( 日 ) 02 月 20 日 ( 土 ) 02 月 06 日 ( 土 ) 01 月 04 日 ( 月 ) 02 月 21 日 ( 日 )

More information

O157 6/23 7/4 6 25 1000 117,050 6 14:00~15:30 1 2 22 22 14:30~15:30 8 12 1 5 20 6 20 10 11 30 9 10 6 1 30 6 6 0 30 6 19 0 3 27 6 20 0 50 1 2 6 4 61 1 6 5 1 2 1 2 6 19 6 4 15 6 1 6 30 6 24 30 59

More information

untitled

untitled 5 28 EAR CCLECCN ECCN 1. 2. 3. 4. 5.EAR page 1 of 28 WWW.Agilent.co.jp -> Q&A ECCN 10020A 10070A 10070B 10070C 10071A 10071B 10072A 10073A 10073B 10073C 10074A 10074B 10074C 10076A 10229A 10240B 10430A

More information

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2 1. (1) 2. 2 (1) 4. (1) 5. (1) 6. (1) 7. (1) 8. (1) 9. (1) 10. (1) 11. (1) 12. (1) 13. (1) 14. (1) 15. (1) (3) 16. (1) 1 17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) 24. 1 (1) (3)

More information

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次 22 西山 第2表 被害程度 昭仁 小松原 琢 被害状況と被害程度 被害状況 気象庁震度階級 大 建造物の倒壊が明らかに認められるもの もしくは倒壊数が多いもの 中 小規模な建造物に倒壊はあるが 大規模な建造物に倒壊が認められないもの 小 建造物に破損が認められるもの 史料記述の信憑性 震度 5 強 6 弱程度 震度 4 5 弱程度 震度階級については以下の文献を参照した 宇佐美龍夫 歴史地震事始

More information

2

2 www.pwc.com/vn Sổ tay thuế Việt Nam 2017 2 Mục Lục Hệ Thống Thuế 6 Tổng quan Thuế Thu Nhập Doanh Nghiệp ( TNDN ) Thuế suất Ưu đãi thuế TNDN Xác định thu nhập chịu thuế TNDN Các khoản chi không được trừ

More information

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア)

平成27年度三菱重工グループ保険 フルガードくん(シニア) TEL 0120-004-443 TEL 045-200-6560 TEL 042-761-2328 TEL 0120-539-022 TEL 042-762-0535 TEL 052-565-5211 TEL 077-552-9161 TEL 0120-430-372 TEL 0120-45-9898 TEL 0120-63-0051 TEL 0120-252-892 TEL 083-266-8041

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

2009-9-2.indd

2009-9-2.indd Q No.1441 Q No.1442 Vol.33 NO.9 (2009) 30 (614) Q No.1443 Vol.33 NO.9 (2009) 31 (615) Q No.1444 Vol.33 NO.9 (2009) 32 (616) Vol.33 NO.9 (2009) 33 (617) Vol.33 NO.9 (2009) 34 (618) Q No.1445 Vol.33 NO.9

More information