Windows Server 2008 R2での注意事項

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Windows Server 2008 R2での注意事項"

Transcription

1 更新日 2018 年 1 月 4 日 1. はじめに R2 での注意事項 本書は PCサーバ FUJITSU Server PRIMERGYで R2を使用する際のメディアとライセンスに関する注意事項を掲載しています 読者対象について本書の読者対象は以下のとおりです - R2の製品および機能の概要を理解している方 - Server のと購入経路別のOSメディアについて理解している方 本書の注釈について注釈は 巻末にまとめています 注釈については巻末を参照してください 2. R2 の情報について R2の情報については下記 WEBで確認してください PRIMERGYにおける R2サポート情報は下記 WEBで確認してください PRIMEQUESTにおける R2サポート情報は下記 WEBで確認してください 3. R2 のについて R2では 使用するメディアによって プロダクトキーの要否が異なります また 後にライセンス認証が必要な場合がありますのでご注意ください なお PRIMERGYに添付されている R2 は富士通が提供するサーバ (PRIMERGY / PRIMEQUEST) で R2をサポートしている機種にのみが可能です 3.1. R2 を物理環境にする場合 物理環境に R2をする際 プロダクトキーの要否とライセンス認証の有無 PRIMERGY 添付の R2メディアを用いたに関して 注意事項があります 1

2 プロダクトキーの要否とライセンス認証の有無物理環境に R2をする際 使用するメディアと環境によって 表 -1のようなプロダクトキーとライセンス認証が必要です 表 -1. R2を物理環境にする時に使用するメディアに対して 必要なプロダクトキーと後のライセンス認証の有無 使用するメディア 先 プロダクトキーの要否 後のライセンス認証 プロダクトキーの入手 Server 2008 R2 プレインス トール / バンドル もしくは 不要不要不要 Server 2012 R2 ダウングレ ードモデルに添付 OEM メディア R2 プレ / バンドルタイプに添付もしくは Server 2012 R2 ダウングレードモデルに添付 Server 2008 R2サポートのサーバ 必要 必要ただし 先によっては不要 (3.1.2 参 (*1) Server 2008 R2プレ / バンドルタイプの PRIMERGYのCOAラベルより入手 ( 物理環境用のPhysical product keyを使用 ) なお Server 2012 R2 ダウングレードモデルに添付のメディア使用時はダウングレードモデル の PRIMERGY に Server 2008 R2 向け COA が ないため物理環境用 の Physical product key 入手不可 R2 メディアキット (*2) Server 2008 R2サポートのサーバ 必要必要 (*1) メディアキット添付の Product key Cardより入手 ( 物理環境用の Physical product key を使用 ) 2

3 FPP メディア ボリュームライセンス (VL) メディア Server 2008 R2 サポートのサーバ 必要 必要 (*3) Server MAKライセンス 2008 R2 サポートの認証の場合 : 必要サーバ KMSライセンス認証の 必要 場合 : 不要 パッケージ内のプロダクトキーステッカーより入手 ( 物理環境用の Physical product key を使用 ) マイクロソフトWebサイトもしくは電話により入手 (*4) 3

4 OEM の R2 メディアで物理環境へする場合先によりライセンス認証の有無が異なりますのでご注意ください なお 以下に 不要 と記載していてもライセンスが不要ということではありません ライセンス認証の作業が不要という意味です R2 を使用する場合は R2 のライセンスを所有している必要があります 表 -2. PRIMERGY 添付の R2 メディアで物理環境へした場合のライセンス認証の有無 先とライセンス認証の有無 PRIMERGY 添付 メディア OS (*5) メディア型名 Server 2003 R2 プレ / バンドルタイプ プレ / バンドルタイプ R2 プレ / バンドルタイプ (2012 年 9 月以前出荷 ) R2 プレ / バンドルタイプ (2012 年 10 月以降出荷 ) Server 2012/R2 プレ / バンドルタイプ ディスク レスタイプ R2 Standard R2 Enterprise R2 Datacenter R2 Foundation R2 Standard SP1 R2 Enterprise SP1 R2 Datacenter SP1 R2 Foundation SP1 R2 Standard SP1 R2 Enterprise SP1 R2 Datacenter SP1 R2 Foundation SP1 CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) CA41534-D162 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 不要 不要 必要 (*1) CA41534-D163 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 不要 不要 必要 (*1) CA41534-D164 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 不要 不要 必要 (*1) CA41534-D165 必要 (*1) 必要 (*1) 不要 不要 不要 必要 (*1) 4

5 R2 Standard SP1 CA41534-J893 必要 (*1) 必要 (*1) 不要不要不要必要 (*1) 表 -3. R2 メディアキットで物理環境へした場合のライセンス認証の有無 先とライセンス認証の有無 メディアキット (*2) 型番 Server 2003 R2 プレ / バンドルタイプ プレ / バンドルタイプ R2 プレ / バンドルタイプ (2012 年 9 月以前出荷 ) R2 プレ / バンドルタイプ (2012 年 10 月以降出荷 ) Server 2012/R2 プレ / バンドルタイプ ディスク レスタイプ R2 Standard R2 Enterprise PYBWBS82 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) PYBWBE82 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 必要 (*1) 3.2. R2 を仮想環境にする場合 仮想環境に R2 をする際 以下に関して 注意事項があります プロダクトキーの要否とライセンス認証の有無 PRIMERGY 添付の R2 メディアで仮想環境にする場合 VMware 上の仮想環境にする場合 KVM 上の仮想環境にする場合 プロダクトキーの要否とライセンス認証有無仮想環境に R2 をする際 使用するメディアと環境によって 表 -4 のようなプロダクトキーとライセンス認証が必要です なお R2 をゲストとして動作させるには 物理環境が 以降である必要があります 5

6 表 -4. R2 を仮想環境にする時に使用するメディアに対して 必要なプロダクトキーと後のライセンス認証の有無 使用するメディア 先 プロダクトキーの要否 後のライセンス認証 Server の Hyper-V 上で 稼動するゲストマ シン ただし ゲストマシ ンに SP1 適用済み R2 プレインスの OEM メディアでトール / バンドルする場タイプに添付合 先 必要 必要 (*1) (*6) の OS 環境によっ ては不 可 (2.2.1 参 OEM Server メディア の Hyper-V 上で Server 2012 稼働するゲストマ R2 ダウングレシンただし インスードモデルに添トール先の OS 環付の 境によってはインス トール不可 (3.2.2 R2メディア参 必要 必要 (*1)(*6) プロダクトキーの入手 R2プレ / バンドルタイプの PRIMERGYのCOAラベルより入手 ( 仮想環境用のVirtual product key を使用 ) Server 2012 R2 ダウングレードモデルに添付の R2 の Virtual product key Cardより入手 ( 仮想環境用のVirtual product key を使用 ) R2メディアキット (*2) Server の Hyper-V 上で稼動するゲストマシン 必要必要 (*1) (*6) メディアキット添付の Product key Cardより入手 ( 仮想環境用の Virtual product key を使用 ) Server パッケージ内のプロダク FPP メディア の Hyper-V 上で稼動するゲストマ 必要必要 (*3) トキーステッカーより入手 ( 仮想環境用のVirtual シン product key を使用 ) ボリュームライセンス (VL) メディア Server の Hyper-V 上で稼動するゲストマシン MAKライセンス認証の場合 : 必要 KMSライセンス認証の場合 : 不要 必要 マイクロソフトWebサイトもしくは電話により入手 (*4) 6

7 PRIMERGY 添付の R2 SP1 適用済みメディアで仮想環境にする場合物理にされた OS 環境によっては 仮想環境にこのメディアを用いて R2 SP 1 をできない場合がありますので ご注意ください 表 -5. PRIMERGY 添付の R2 SP1 適用済みメディアでの仮想環境への可否 物理環境にする OS 物理環境の OS に使用するメディア PRIMERGY プレインスト ール / バンドルタイプに添 付のメディア OS メディアキット (*2) FPP メディア ボリュームライセンス (VL) メディア N/A SP2 N/A R2 可 N/A Server 2008 R2 P1 可 Server 2012 可 Server 2012 R2 可 表 -5 の不可となるケースでは 次のようなタイミングでエラーメッセージが出力されます 図 1 エラーメッセージと出力タイミング 7

8 VMware 上の仮想環境にする場合 VMware vsphere 上の R2 ライセンス認証の有無は Hyper-V 上と同様です このため 表 -4 を参照してください なお R2 をゲストとして動作させるには 物理環境が VMware vsphere 3.5 Update 5 または VMware vsphere 4.0 Update 1 以降である必要があります また 表 -4 の先は VMware vsphere 3.5 Update 5 または VMware vsphere 4.0 Update 1 以降の仮想環境で稼働するゲストマシン と読み替えてください PRIMERGY 添付の R2 メディアを使ってする場合には VMware vsphere に対して 前に設定が必要な場合があります 前の設定については 各バージョンの VMware vsphere ソフトウェア説明書 (PRIMERGY) を参照してください KVM 上の仮想環境にする場合 KVM 上の仮想環境に R2 をする場合 PRIMERGY 添付の Server 2008 R2 メディアを利用できません 別途 FPP メディアやボリュームライセンス (VL) メディアをご使用ください 4. ダウングレードについて R2 のダウングレード権を使用して 旧バージョンのOSをできます 所有しているライセンスより旧バージョンのOSを / ライセンス認証するには 旧バージョン向けのメディア / プロダクトキー (*7) を用意する必要があります お客様が所有している旧バージョンのOSメディア / プロダクトキー (*8) を用意してください 4.1. へのダウングレードについて ダウングレードで を物理環境にする場合 詳細は での注意事項 の 3.1. を物理環境にする場合 を参照してください ダウングレードで を仮想環境にする場合詳細は での注意事項 の 3.2. を仮想環境にする場合 を参照してください 5. ダウンエディションについて R2には 所有しているライセンスより下位エディションを使用 ( ダウンエディション ) する権利があります表 -6. ダウンエディションの権利を行使して使用可能なエディション所有しているライセンス使用可能な下位エディション R2 Datacenter R2 Enterprise R2 Standard R2 Enterprise R2 Standard 8

9 所有しているライセンスより下位エディションの OS を / ライセンス認証するには 下位エディション向けのメディア / プロダクトキー (*7) を用意する必要があります お客様が所有している下位エディションの OS メディア / プロダクトキー (*8) を用意 してください [ 補足 ] PRIMERGYに添付されているメディアは手配したエディションのOSのみできます また COAラベルには手配したエディション向けのプロダクトキーのみ記載されています このため 下位エディションを / ライセンス認証するためには 下位エディション向けのメディア / プロダクトキーを別途用意する必要があります ( 例 ) OEMの R2 Datacenterを手配した場合 R2 Datacenter 向けのメディア / プロダクトキーが添付されています この R2 Datacenterのメディアを使用して R2 Enterprise( またはStandard) をできません またCOAラベルに記載されているプロダクトキーは R2 Datacenter 向けのため R2 Enterprise( または Standard) のライセンス認証に使用できません 5. ハードディスクのセクターサイズについて R2 の物理環境に セクターサイズ 512e のハードディスクを利用する場合 SP1 または KB の適用が必要になります また Hyper-V 仮想環境を利用する場合は 仮想ハードディスク形式をセクターサイズ 512e のハードディスクへ格納できないため 非サポートとなります 詳細は以下の [ のサポート & サービス ] をご確認ください 6. サービスプロバイダー様向けライセンスプログラムについて サービスプロバイダー様がマイクロソフト社製のソフトウェア製品を利用したサービス ( 例 :ASP/SaaS アウトソーシング ホスティング等 ) を第三者に提供する場合は サービスプロバイダーライセンス (SPLA)(*9) を購入する必要がります OS をサーバ本体と同時手配し サーバ本体にまたはバンドルして出荷する OS ライセンス製品やパッケージ製品およびボリューム製品にて購入したソフトウェア製品を利用して 上記サービスを第三者に提供する事はできません 9

10 付録. 注釈一覧 *1: 認証済みのプロダクトキーを使ってインターネット経由のラインセンス認証はできません 電話にて確認 IDを申請する必要があります 電話番号は 認証ウィザードに記載された番号におかけください 確認 IDの提供は音声にて行われます 申請の最大台数は3 台 (3ID) までです ( 申請が3 台以上の場合 数回に分けての申請が必要です ) 確認 IDには有効期限があります ( 期限を超過した場合 再度申請が必要です ) *2: Server OS メディアキットにつきましては以下をご確認ください *3: 認証済みのプロダクトキーでは認証できません マイクロソフトのライセンス認証窓口 ( ) に電話して認証できるよう依頼が必要です *4: ボリュームライセンスプロダクトキー発行は以下のWebサイトもしくは電話から依頼できます マイクロソフト Web サイト :VLSC(Volume License Service Center) 電話 : ライセンス認証窓口 なお VLSCにてプロダクトキーが表示されない場合 以下の情報を準備したのち ライセンス認証窓口にお問い合わせください お客様情報 ( 会社名 担当者名 電話番号 ) ボリュームライセンス契約番号(eOpenの場合は ライセンス認証番号とライセンス番号両方 ) 希望する製品と言語 連絡方法 ( 電話 / / FAX のいずれか ) *5: PRIMERGY の機種により サポートしていないエディションがあります 使用機種のサポート OS をご確認ください *6: Virtual product key には上限値があります 上限値はエディションによって異なります 上限値を超過した場合は Virtual product key は利用不可となり 電話でのライセンス認証が必要になります *7: 使用するメディアと環境の組み合わせによっては ライセンス認証が不要な場合があります このような場合 プロダクトキーを所有していなくてもライセンス認証済みの状態で旧バージョン / 下位エディションを使用できます *8: メディア / プロダクトキーの購入経路はFPP VL OEMのいずれも可能ですが メディアとプロダクトキーはセットで利用する必要があります *9: サービスプロバイダー(SPLA) のライセンス体系については以下のサイトを参照してください マイクロソフト社サイト : お客様向け公開サイト : 以上 10

MAGNIA Windows Server 2012 / 2012 R2 構成ガイド

MAGNIA Windows Server 2012 / 2012 R2 構成ガイド Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2 構成ガイド 2017 年 7 月 Revision 2.09 東芝デジタルソリューションズ株式会社 目次 Windows Server 2012 R2 / 2012 主な強化点... 3 製品体系... 5 ライセンス... 6 ラインナップ... 10 ご購入における注意点... 15 インストールについて...

More information

目次 Windows 2003 への新規インストール... 3 Windows 2008 への新規インストール... 4 Windows 2012 への新規インストール... 6 Microsoft SQL のサポート... 8 IPv4/IPv6 のサポート... 8 制限事項... 9 Web

目次 Windows 2003 への新規インストール... 3 Windows 2008 への新規インストール... 4 Windows 2012 への新規インストール... 6 Microsoft SQL のサポート... 8 IPv4/IPv6 のサポート... 8 制限事項... 9 Web トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

Red Hat Enterprise Linux Server 6 動作確認表

Red Hat Enterprise Linux Server 6 動作確認表 Red Hat Enterprise Linux Server 6 All Rights Reserved. Copyright (C) 2017, 2018, Hitachi, Ltd. はじめに 日立アドバンストサーバ HA8000V シリーズ上で動作する Red Hat Enterprise Linux Server 6( 以下 RHEL と表記します ) の動作確認結果についてまとめた資料です

More information

0312_3_1_Licence-guide.indd

0312_3_1_Licence-guide.indd /HA ライセンスガイド 1. 購入するライセンスの数 基本的な考え方 : /HA のライセンス数 = マスタとレプリカサーバ ( ノード ) 数の合計 /HA ではエンジンをインストールするノード つまり保護対象となるマスタサーバと複製先となるレプリカサーバの合計数だけライセンスが必要です 役割が重複している場合 ( あるシナリオではマスタであり あるシナリオではレプリカである など ) でも サーバの数がであれば

More information

もくじ 2 はじめに 3 仮想化とは のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 R2 のライセンスは の実行権付きです 5 は 別のハードウェアに移動できます 5 ダウン グレードとは ダウン エディションとは [コラム] ボリューム ライセンス

もくじ 2 はじめに 3 仮想化とは のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 R2 のライセンスは の実行権付きです 5 は 別のハードウェアに移動できます 5 ダウン グレードとは ダウン エディションとは [コラム] ボリューム ライセンス OEM 版 仮想化ライセンスガイド 第 1 版 (2012 年 1 月 ) もくじ 2 はじめに 3 仮想化とは のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 3 4 4 5 200 R2 のライセンスは の実行権付きです 5 は 別のハードウェアに移動できます 5 ダウン グレードとは ダウン エディションとは [コラム] ボリューム ライセンスの 90 日ルールとは?

More information

本書の使い方 前半では サーバーを見積るための基本を説明し 後半では ライセンス について掘り下げて説明しております 本書では 特に OEM Server OS である バンドルプラス (ROK) について 詳細に説明しております 仮想化 サーバー統合 については 別途マイクロソフトの Web サイ

本書の使い方 前半では サーバーを見積るための基本を説明し 後半では ライセンス について掘り下げて説明しております 本書では 特に OEM Server OS である バンドルプラス (ROK) について 詳細に説明しております 仮想化 サーバー統合 については 別途マイクロソフトの Web サイ サーバー見積 虎の巻 サーバー販売は 今がチャンスです 理由1 全国30万台のサーバーに乗り換え時期が到来しています 古いサーバー5台を4年間持ち続けると なんと運用コストは1,809万円 理由2 仮想化 の認知が広がり 仮想化 を検討/導入する企業が 増えています 理由3 コスト削減の雄 サーバー統合 する企業が増えています Windows Server の見積もりの基本 サーバー本体を選ぶ ライセンスの形態を選ぶ

More information

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること SQL Server 2017 Microsoft SQL Server 2017 は 以下の製品群で構成されています データベース サーバ SQL Server 2017 Enterprise Edition SQL Server 2017 Enterprise Edition は 非常に優れたパフォーマンス 無制限の仮想化 およびミッションクリティカルなワークロードのための高水準のサービスレベル構築に適したエディションです

More information

Windows Server 2019 システム構成ガイド

Windows Server 2019 システム構成ガイド 1-1.OS Windows Server 2019 Windows Server 2019 は Windows Server 2016 をベースに ハイブリッドクラウドの活用 ハイパーコンバージドインフラストラクチャの強化 セキュリティの強化 アプリケーション実行環境の強化などを施した 最新 OS です 機能の詳細は マイクロソフト社 Web サイトをご覧ください https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server-comparison

More information

改版履歴 版数 改版 内容 新規作成 Microsoft.NET Framework のダウンロード先 URL を追記 バージョンアップに伴い改版 i

改版履歴 版数 改版 内容 新規作成 Microsoft.NET Framework のダウンロード先 URL を追記 バージョンアップに伴い改版 i リリースメモ 2017 (Apr) NEC Corporation はじめに ライセンス 動作要件 StorageSaver のインストール StorageSaver のアンインストール StorageSaver のアップデートインストール セットアップ マニュアル 補足事項 注意事項 改版履歴 版数 改版 内容 1.0 2015.3 新規作成 2.0 2016.3 Microsoft.NET Framework

More information

目次 Windows Server 2016 主な強化点... 3 製品体系... 4 ライセンス... 5 ラインナップ ご購入における注意点 インストールについて

目次 Windows Server 2016 主な強化点... 3 製品体系... 4 ライセンス... 5 ラインナップ ご購入における注意点 インストールについて Windows Server 2016 構成ガイド 2018 年 5 月 Revision 1.04 東芝デジタルソリューションズ株式会社 目次 Windows Server 2016 主な強化点... 3 製品体系... 4 ライセンス... 5 ラインナップ... 10 ご購入における注意点... 18 インストールについて... 20 2 Windows Server 2016 主な強化点 1.

More information

動作環境 WebSAM Storage VASA Provider 2.4 istorage M110 istorage M310 istorage M310F 対象ディスクア istorage M510 istorage M710 istorage M710F レイ ストレージ制御ソフトリビジョン

動作環境 WebSAM Storage VASA Provider 2.4 istorage M110 istorage M310 istorage M310F 対象ディスクア istorage M510 istorage M710 istorage M710F レイ ストレージ制御ソフトリビジョン WebSAM Storage VASA Provider 製品概要 WebSAM Storage VASA Provider は VMware vcenter Server のストレージ管理インターフェースである VASA(vStorage API for Storage Awareness) をサポートし 管理者に vcenter Server を通じて ストレージの構成情報 ( 例えば SSD

More information

Windows Server 2012 システム構成ガイド

Windows Server 2012 システム構成ガイド 1-1.OS Windows Server 2016 Windows Server 2016 は クラウドで培われたコンピューティング ネットワーキング ストレージ セキュリ ティに関する新技術をオンプレミス環境で実現する最新のオペレーティングシステムです 機能の詳細は マイクロソフト社 Web サイトをご覧ください https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server-comparison

More information

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

ETERNUS VSSHP サポート情報

ETERNUS VSSHP サポート情報 [ETERNUS VSSHP サポート情報 ] 2013 年 11 月 20 日富士通株式会社 CA ARCserve Backup での ETERNUS VSS Hardware Provider サポートについて 版数 2.1.0 以降の ETERNUS VSS Hardware Provider ( 以降 ETERNUS VSSHP) を 富士通から購入された CA ARCserve Backup

More information

もくじ Linux サブスクリプションサービスとは... 2 Linux サブスクリプションサービス概略仕様... 3 Linux サブスクリプションサービスのライセンス... 4 本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります MAGNIA は東芝デジタルソリューションズ株式会社の登録商

もくじ Linux サブスクリプションサービスとは... 2 Linux サブスクリプションサービス概略仕様... 3 Linux サブスクリプションサービスのライセンス... 4 本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります MAGNIA は東芝デジタルソリューションズ株式会社の登録商 Linux サブスクリプションサービス 構成ガイド 2017 年 7 月 Rev. 02 東芝デジタルソリューションズ株式会社 もくじ Linux サブスクリプションサービスとは... 2 Linux サブスクリプションサービス概略仕様... 3 Linux サブスクリプションサービスのライセンス... 4 本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります MAGNIA は東芝デジタルソリューションズ株式会社の登録商標です

More information

ETERNUS VSS Hardware Provider サポート情報

ETERNUS VSS Hardware Provider サポート情報 ETERNUS VSS Hardware Provider サポート情報 2019 年 3 月版 目次 本書の表記について... 3 ETERNUS VSS Hardware Provider について... 3 OS (Operating System)... 4 ストレージシステム... 5 ETERNUS DX60, ETERNUS DX80, ETERNUS DX90... 5 ETERNUS

More information

Red Hat Enterprise Linux Server 7 動作確認表

Red Hat Enterprise Linux Server 7 動作確認表 Red Hat Enterprise Linux Server 7 All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, 2018, Hitachi, Ltd. はじめに Red Hat Enterprise Linux Server 7( 以下 RHEL と表記します ) の動作確認結果についてまとめた資料です 注意事項 ( 必ずお読みください ) 本資料で公開している動作確認結果は

More information

ボリュームライセンス簡易ガイド Windows および Microsoft Office を Mac で使用するためのライセンス Mac で使用するためのライセンス この簡易ガイドはすべてのボリュームライセンスプログラムを対象とします 目次 概要... 1 この簡易ガイドの更新内容... 1 詳細.

ボリュームライセンス簡易ガイド Windows および Microsoft Office を Mac で使用するためのライセンス Mac で使用するためのライセンス この簡易ガイドはすべてのボリュームライセンスプログラムを対象とします 目次 概要... 1 この簡易ガイドの更新内容... 1 詳細. ボリュームライセンス簡易ガイド Mac で使用するためのライセンス この簡易ガイドはすべてのボリュームライセンスプログラムを対象とします 目次 概要... 1 この簡易ガイドの更新内容... 1 詳細... 1 Mac 用 Windows オペレーティングシステムのライセンス... 1 Microsoft Office for Windows と Microsoft Office for Mac のライセンス...

More information

istorage ReplicationControl SQL Option 製品概要 istorage ReplicationControl SQL Option は データレプリケーション機能 (DynamicDataReplication RemoteDataReplication) またはス

istorage ReplicationControl SQL Option 製品概要 istorage ReplicationControl SQL Option は データレプリケーション機能 (DynamicDataReplication RemoteDataReplication) またはス istorage ReplicationControl SQL Option 製品概要 istorage ReplicationControl SQL Option は データレプリケーション機能 (DynamicDataReplication RemoteDataReplication) またはスナップショット機能 (DynamicSnapVolume) と組み合わせて適用することにより istorage

More information

1 自動ライセンス認証を実施する場合 ホスト OS が Windows Server 2016 Datacenter Edition でライセンス認証済みであり ゲスト OS が Windows Server 2016 Standard Datacenter または Essentials Editi

1 自動ライセンス認証を実施する場合 ホスト OS が Windows Server 2016 Datacenter Edition でライセンス認証済みであり ゲスト OS が Windows Server 2016 Standard Datacenter または Essentials Editi プロダクトキー置換手順 Windows Server 2016 ゲスト OS のプロダクトキー置換とライセンス認証手順について説明します Windows Server 2012 R2 以降の OS には 自動ライセンス認証 (AVMA: Automatic Virtual Machine Activation) 機能が追加されています Windows Server

More information

FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager Lite Edition V13.5 機能紹介資料

FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager Lite Edition V13.5 機能紹介資料 FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager Lite Edition V13.5 機能ご紹介 2014 年 3 月富士通株式会社 目次 特長 機能 システム構成 プラットフォーム 各エディションの機能比較表 < ご参考 > Systemwalker Centric Manager Lite Edition は 被管理サーバの数が数台 ~30 サーバ以内の規模で

More information

PRIMERGY システム構成図 (2010年4月版) ハードウェア一覧

PRIMERGY システム構成図 (2010年4月版) ハードウェア一覧 (1) SP: 記載の SP のみ適用可, : 適用不可,: 添付される媒体を示す (SP はディスクレスタイプに準ずる ),: ディスクレスタイプの適用 OS に準ずる, 項品名型名提供時期 5R:Red Hat Enterprise 5 (for Intel64),4A:Red Hat Enterprise AS (v.4 for EM64T), :Red Hat Enterprise ES (v.4

More information

1部2部3. ライセンスの順位 第 3 章ライセンスガイド第CA ARCserve Replication / High Availability のライセンスは 以下のように順位が決められており 上位ライセンスを下位の環境に適用することが可能です Enterprise > Standard > V

1部2部3. ライセンスの順位 第 3 章ライセンスガイド第CA ARCserve Replication / High Availability のライセンスは 以下のように順位が決められており 上位ライセンスを下位の環境に適用することが可能です Enterprise > Standard > V 2部1. 購入するライセンスの数 基本的な考え方 : CA ARCserve Replication/HA のライセンス数 = マスタとレプリカサーバ ( ノード ) 数の合計 3 ライセンスガイド第1部第 3 章ライセンスガイド CA ARCserve Replication / HA ではエンジンをインストールするノード つまり保護対象となるマスタサーバと複製先となるレプリカサーバの合計数だけライセンスが必要です

More information

START UP! Client Access License

START UP! Client Access License S T A R T U P! C l i e n t A c c e s s L i c e n s e これだけは知っておきたい 2012 CAL ~ CAL の思わぬ不正利用を防ぐために ~ 本ガイドブックは 2012 における CAL (Client Access License) の概要について説明しています を利用するには 単純にサーバーを購入すればそれでいいとお考えではありませんか? サーバーソフトウェアを購入しただけでは

More information

UCS B シリーズ :Bare Metal ホスト OS - ゲスト OS ソフトウェア / ハードウェア相互運用性マトリクス 注意 シスコ製品をご使用になる前に 安全上の注意 ( をご確認ください 本書は 米国シスコ発行ドキ

UCS B シリーズ :Bare Metal ホスト OS - ゲスト OS ソフトウェア / ハードウェア相互運用性マトリクス 注意 シスコ製品をご使用になる前に 安全上の注意 (  をご確認ください 本書は 米国シスコ発行ドキ B シリーズ :Bare etal ホスト OS - ゲスト OS ソフトウェア / ハードウェア相互運用性マトリクス 注意 シスコ製品をご使用になる前に 安全上の注意 (www.cisco.com/jp/go/safety_warning/) をご確認ください 本書は 米国シスコ発行ドキュメントの参考和訳です リンク情報につきましては 日本語版掲載時点で 英語版にアップデートがあり リンク先のページが移動

More information

ServerView RAID Manager VMware vSphere ESXi 6 インストールガイド

ServerView RAID Manager VMware vSphere ESXi 6 インストールガイド ServerView RAID Manager VMware vsphere ESXi 6 インストールガイド 2018 年 11 月 27 日富士通株式会社 アレイを構築して使用する場合 RAID 管理ツールの ServerView RAID Manager を使用します VMware vsphere ESXi 6.x ( 以後 ESXi 6 または ESXi と略します ) サーバで ServerView

More information

スライド 1

スライド 1 Double-Take Availability Ver6.0 のご紹介 2012 年 12 月 1 Double-Take Availability Ver6.0 Double-Take Availability Ver6.0 2013 年 1 月 28 日リリース Windows Server 2012 対応 統合コンソール Node-Locked License 2 Double-Take Availability

More information

[重要]WindowsUpdate で公開された「CVE :Microsoft SQL Server

[重要]WindowsUpdate で公開された「CVE :Microsoft SQL Server [ 重要 ]WindowsUpdate で公開された CVE-2017-8516:Microsoft SQL Server Analysis Services の情報漏えいの脆弱性 について 2017 年 08 月 09 日 富士通株式会社 平素は 富士通製品をご愛用いただき誠にありがとうございます 08 月 09 日に Windows Update にてマイクロソフト社から公開された CVE-2017-8516:Microsoft

More information

プロダクトキー置換手順 <Windows Server 2019> プロダクトキー置換手順 <Windows Server 2019> Windows Server 2019 ゲスト OS のプロダクトキー置換とライセンス認証手順について説明します Windows Server 2012 R2 以降

プロダクトキー置換手順 <Windows Server 2019> プロダクトキー置換手順 <Windows Server 2019> Windows Server 2019 ゲスト OS のプロダクトキー置換とライセンス認証手順について説明します Windows Server 2012 R2 以降 Windows Server 2019 ゲスト OS のプロダクトキー置換とライセンス認証手順について説明します Windows Server 2012 R2 以降の OS には 自動ライセンス認証 (AVMA: Automatic Virtual Machine Activation) 機能が追加されています Windows Server 2019 ゲスト OS で自動ライセンス認証を実施する場合

More information

もくじ 2 はじめに 3 化とは ますます増える化 マシンの大幅増加 Hyper-V が化ソフトウェアの導入企業数でトップを獲得 のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 R2 のライセンスは の実行権付きです は 別のハードウェア

もくじ 2 はじめに 3 化とは ますます増える化 マシンの大幅増加 Hyper-V が化ソフトウェアの導入企業数でトップを獲得 のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 R2 のライセンスは の実行権付きです は 別のハードウェア マイクロソフト OEM 版 化ライセンスガイド 第 1 版 (2012 年 1 月 ) もくじ 2 はじめに 3 化とは ますます増える化 マシンの大幅増加 Hyper-V が化ソフトウェアの導入企業数でトップを獲得 のライセンスの考え方 本ガイドで使用する用語について ライセンスの基本 3 3 3 3 4 4 5 2008 R2 のライセンスは の実行権付きです は 別のハードウェアに移動できます

More information

HA8000/RS220 AN1システム構成図

HA8000/RS220 AN1システム構成図 1.3 その他オプション リモートコンソールオプション リモートコンソールオプション仕様 コンソール端末と接続してリモートコンソール機能を可能にします ( リモート電源操作機能 リモート KVM 機能 リモート FD 機能 リモート CD/DVD 機能 ) リモートコンソール機能使用の場合でも キーボード マウス及びディスプレイ装置 ( ディスプレイ / キーボードユニット含む ) の接続を推奨します

More information

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること SQL Server 2016 Microsoft SQL Server 2016 は 以下の製品群で構成されています データベース サーバ SQL Server 2016 Enterprise Edition SQL Server 2016 Enterprise Edition は ミッションクリティカルなシステムおよびデータウェアハウスの構築に適したエディションです 高可用性 災害対策 負荷分散を同時に実現できる

More information

Windows Server 2016 System Center 説明会

Windows Server 2016 System Center 説明会 本日の内容 はじめに新ライセンス体系ライセンスの数え方と買い方 EA における契約期間中の扱いソフトウェアアシュアランスお得な買い方 使い方 Q & A 2016 アプリケーションとインフラストラクチャ向けに 新しいセキュリティ層と Azure を基にしたイノベーションを提供するクラウドレディのサーバーオペレーティングシステムです OS レベルのセキュリティ 組み込みのセキュリティ機能 ID の保護

More information

Windows Server 2016に関するFAQ

Windows Server 2016に関するFAQ Windows Server 2016 に関する FAQ Windows Server 2016 は Lenovo の x86 サーバー製品 (ThinkSystem System x NeXtScale および Flex System) に導入してご使用いただくことができます ここでは Windows Server 2016 を ThinkSystem System x NeXtScale および

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)Microsoft(R) Office 2003 Editions

アプリケーション補足説明書(Office2003)Microsoft(R) Office 2003 Editions 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 本書の表記.................................................. 2 商標および著作権について.....................................

More information

OpenStack (IceHouse) 向け動作環境 / ( 1) UFSM37-E UFSM37-H UFSM37-E UFSM37-H UFSM37-E UFSM37-H istorage M100 UFSM

OpenStack (IceHouse) 向け動作環境 / ( 1) UFSM37-E UFSM37-H UFSM37-E UFSM37-H UFSM37-E UFSM37-H istorage M100 UFSM istorage OpenStack Cinder ドライバサービスセット 製品概要 istorage OpenStack Cinder ドライバサービスセットは オープンソースソフトウェア (OSS) で構成された OpenStack を IaaS 基盤とするシステムにおいて istorage M をブロックストレージ (Cinder ボリューム ) として利用するための Cinder ドライバとサポートサービスを提供します

More information

WS_EOS_user_Web

WS_EOS_user_Web 2003 2003 Server and Cloud Platform Microsoft Azure http://aka.ms/ws03mig http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/#fbid=sct1bzgkj36 http://www.microsoft.com/japan/msbc/express/campaign/azure/ http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies

More information

目次 1. 本書の役割 Windows Agent サポート OS とエディション サポート言語 Agent 稼働前提条件 Azure SDK リリース済み Windows Agent のサポート

目次 1. 本書の役割 Windows Agent サポート OS とエディション サポート言語 Agent 稼働前提条件 Azure SDK リリース済み Windows Agent のサポート App Bridge Monitor Agent サポートリスト 2018/10/25 目次 1. 本書の役割... 1 2.Windows Agent... 2 2.1 サポート OS とエディション... 2 2.2 サポート言語... 2 2.3 Agent 稼働前提条件... 3 2.4 Azure SDK... 4 2.5 リリース済み Windows Agent のサポートについて...

More information

iNetSec Smart Finder サポートプラットフォーム一覧

iNetSec Smart Finder サポートプラットフォーム一覧 inetsec Smart Finder サポートプラットフォーム一覧における略記と商標 略記について ( 1) 略記 正式表記 ( 2) Windows(R) XP Professional operating system Windows Server(R) 2003, Standard Edition operating system Windows Server(R) 2003 R2, Standard

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)Microsoft(R) Office 2003 Editions

アプリケーション補足説明書(Office2003)Microsoft(R) Office 2003 Editions 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 本書の表記.................................................. 2 商標および著作権について.....................................

More information

PRIMERGY システム構成図 (2010年3月版) ハードウェア一覧

PRIMERGY システム構成図 (2010年3月版) ハードウェア一覧 (1) SP: 記載の SP のみ適用可, : 適用不可,: 添付される媒体を示す (SP はディスクレスタイプに準ずる ),-: ディスクレスタイプの適用 OS に準ずる, 5R:Red Hat Enterprise 5 (for Intel64),4A:Red Hat Enterprise AS (v.4 for EM64T), :Red Hat Enterprise ES (v.4 for EM64T),

More information

Interstage Application ServerのTLS 1.1/1.2サポートについて(広報)

Interstage Application ServerのTLS 1.1/1.2サポートについて(広報) 2016 年 9 月 23 日 ( 初版 ) 富士通株式会社 Interstage Application Server の TLS 1.1/1.2 サポートについて ( 広報 ) Interstage Application Server の TLS 1.1 および TLS 1.2 対応について お知らせいたします 脆弱性に対する予防およびセキュリティ強化の動向より SSL による暗号化通信利用時に指定するプロトコルバージョンとして

More information

サーババンドル版ライセンス NX7700x シリーズ Express5800 シリーズのサーバと同時に購入することで パッケージ製品よりも安価 に導入することのできるライセンスも提供しています ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよ

サーババンドル版ライセンス NX7700x シリーズ Express5800 シリーズのサーバと同時に購入することで パッケージ製品よりも安価 に導入することのできるライセンスも提供しています ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよ SQL Server 2014 Microsoft SQL Server 2014 は 以下の製品群で構成されています データベース サーバ SQL Server 2014 Enterprise Edition SQL Server 2014 Enterprise Edition は ミッションクリティカルなシステムおよびデータウェアハウスの構築に適したエディションです Business Intelligence

More information

MS SQL の Point-in-Time リストア A - - v6.5 Update4 以降サポート Active Directory 詳細レベルリストア A A A v5 Update2 以降サポート 小さいパーティションへのBMR A A A v5 Update2 以降サポート リモートレ

MS SQL の Point-in-Time リストア A - - v6.5 Update4 以降サポート Active Directory 詳細レベルリストア A A A v5 Update2 以降サポート 小さいパーティションへのBMR A A A v5 Update2 以降サポート リモートレ Windows エージェント : バックアップ & リストア & 災対 継続増分バックアップ A A A ローカルディスク / 共有フォルダへのバックアップ A A A フル / 増分運用 ( 復旧セット ) バックアップ A A A ローカルディスク / 共有フォルダへバックアップ時 RPS へのバックアップ ( 重複排除有効 ) A A A v6.0 以降 : デフォルトブロックサイズを 4KB

More information

ボリュームライセンスのアップグレードライセンス : Windows アップグレードライセンスは ライセンスが最初に割り当てられたデバイスでのみ使用できるため 再割り当てを行うことはできません ただし ボリュームライセンスでは 適切なライセンスを取得した交換用のデバイスにソフトウェアアシュアランスを再

ボリュームライセンスのアップグレードライセンス : Windows アップグレードライセンスは ライセンスが最初に割り当てられたデバイスでのみ使用できるため 再割り当てを行うことはできません ただし ボリュームライセンスでは 適切なライセンスを取得した交換用のデバイスにソフトウェアアシュアランスを再 ボリュームライセンス簡易ガイド オペレーティングシステムのライセンス要件 この簡易ガイドは すべてのマイクロソフトボリュームライセンスプログラムに適用されます 目次 概要... 1 この簡易ガイドの更新内容... 1 定義... 1 詳細... 2 オペレーティングシステムの購入条件... 2 ボリュームアクティベーション... 3 キーマネージメントサービスおよびマルティプルアクティベーションキーによるライセンス認証...

More information

2015 年 12 月 19 日以降は ShadowProtect SPX として保守契約更新となります ( 標準単価は同一価格となります ) ShadowProtect 5 シリーズのライセンスは 引き続き販売を継続いたします 2015/12/18 ShadowProtect 5 for Smal

2015 年 12 月 19 日以降は ShadowProtect SPX として保守契約更新となります ( 標準単価は同一価格となります ) ShadowProtect 5 シリーズのライセンスは 引き続き販売を継続いたします 2015/12/18 ShadowProtect 5 for Smal 2015 年 12 月 19 日以降は ShadowProtect SPX として保守契約更新となります ( 標準単価は同一価格となります ) ShadowProtect 5 シリーズのライセンスは 引き続き販売を継続いたします 2015/12/18 ShadowProtect 5 Server ShadowProtect SPX(Windows Server) の保守更新型番となります ShadowProtect

More information

2. セットアップ手順の開始 セットアップ手順を進める前に OS をインストールするパーティションのサイズを決定して ください システムをインストールするパーティションのサイズは 次の計算式から求めること ができます インストールに必要なサイズ + ページングファイルサイズ + ダンプファイルサイズ

2. セットアップ手順の開始 セットアップ手順を進める前に OS をインストールするパーティションのサイズを決定して ください システムをインストールするパーティションのサイズは 次の計算式から求めること ができます インストールに必要なサイズ + ページングファイルサイズ + ダンプファイルサイズ 大切に保管してください Express5800/ R320a-M4, R320a-E4 Windows Server 2008 32bit インストール手順書 表記対象製品に Windows Server 2008 Enterprise 32-bit(x86) Edition をインストールする手順について説明します Windows Server 2008 Enterprise 32-bit(x86)

More information

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する各製品の注意点 最後に 7. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) 利用中の環境で Arcserve Backup の上書きインス

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する各製品の注意点 最後に 7. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) 利用中の環境で Arcserve Backup の上書きインス Arcserve Backup r17.5 下位互換サポート 2017/03/03 下位互換サポートについて Arcserve Backup は 同一バージョン間だけではなく 下位バージョンのエージェント製品を利用したバックアップも可能です 下位互換を利用することで バージョンアップができない環境や アップグレードに時間がかかる環境において バックアップ運用を継続できます 下位互換とは バックアップサーバから下位バージョンのエージェントに接続する環境を指します

More information

Slide 1

Slide 1 Adobe ColdFusion 2016 ライセンスの考え方 2016.9. アドビ ソフトウェア事業部 ColdFusion ビジネスユニット 目次 1. エディション ライセンスの種類 2. ライセンスの数え方 3. メーカーサポート 4. ColdFusion 11 へのダウングレード 5. アップグレードにおけるライセンスの注意点 6. ColdFusion on AWS について 2 1.

More information

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Windows) プロキシ経由編

サーバセキュリティサービス 導入手順書 Deep Security 9.5SP1 (Windows) プロキシ経由編 サーバセキュリティサービスアップグレード手順書 Deep Security 9.6SP1 (Linux) NEC 第 2 版 2017/08/29 本資料に関して 本資料は サーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご利用中のお客様向けの資料です サーバセキュリティサービスでは 2017/7/30 付で提供サービス基盤の Deep Security

More information

サーバセキュリティサービスアップグレード手順書 Deep Security 9.6SP1 (Windows) NEC 第 1 版 2017/08/23

サーバセキュリティサービスアップグレード手順書 Deep Security 9.6SP1 (Windows) NEC 第 1 版 2017/08/23 サーバセキュリティサービスアップグレード手順書 Deep Security 9.6SP1 (Windows) NEC 第 1 版 2017/08/23 本資料に関して 本資料は サーバセキュリティサービス with Trend Micro Deep Security をご利 中のお客様向けの資料です サーバセキュリティサービスでは 2017/7/30 付で提供サービス基盤の Deep Security

More information

Microsoft Word - 15_ver6_WS2008R2SP1.doc

Microsoft Word - 15_ver6_WS2008R2SP1.doc NEC Express5800 シリーズ Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 適用について Microsoft Windows Windows Server Active Directory Hyper-V は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他 記載されている会社名 製品名は 各社の登録商標または商標です

More information

PRIMERGY システム構成図 (2009年1月版) ハードウェア一覧

PRIMERGY システム構成図 (2009年1月版) ハードウェア一覧 R2 2: 適用 OS 欄の は Windows Server 2008 Datacenter (64-bit) を示す 希望小売価格 3: 適用 OS 欄の は Windows Server 2008 Enterpriser (64-bit) を示す 4: 適用 OS 欄の は Windows Server 2008 Standard (64-bit) を示す ( 税別, 円 ) 5: 適用 OS

More information

proventia_site_protector_sp8_sysreq

proventia_site_protector_sp8_sysreq SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件 2010 年 7 月 26 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件... 1 Service Pack 8.1 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 8.1 仮想環境... 1 Service Pack 8.1 - Express

More information

目次はじめに... 2 Office365ProPlus のインストール 複数の Office 製品の共存インストールについて ソフトウェア使用許諾契約の確認 Office365 ProPlus のダウンロードとインストール

目次はじめに... 2 Office365ProPlus のインストール 複数の Office 製品の共存インストールについて ソフトウェア使用許諾契約の確認 Office365 ProPlus のダウンロードとインストール Office 365 ProPlus インストール アンインストールマニュアル (Windows) Ver. 1.0 情報システム事務室 2018 年 8 月 1 日 目次はじめに... 2 Office365ProPlus のインストール... 3 2-1. 複数の Office 製品の共存インストールについて... 3 2-2. ソフトウェア使用許諾契約の確認... 6 2-3. Office365

More information

アドバンスト・フォーマットディスクのパフォーマンス

アドバンスト・フォーマットディスクのパフォーマンス White Paper アドバンスト フォーマットディスクのパフォーマンス White Paper FUJITSU Storage ETERNUS DX S4/S3 series アドバンスト フォーマットディスクのパフォーマンス 物理 4K セクターを使用した HDD の新技術により ストレージ密度 およびエラー訂正機能が向上されています その新技術の HDD が ETERNUS DX S4/S3

More information

他の章は下記をクリックして PDF 一覧からお入り下さい IT ライブラリー (pdf 100 冊 ) 目次番号 270 番 Windows Server Enterprise 2008 R2 完全解説 ( 再入門 )

他の章は下記をクリックして PDF 一覧からお入り下さい IT ライブラリー (pdf 100 冊 )   目次番号 270 番 Windows Server Enterprise 2008 R2 完全解説 ( 再入門 ) IT ライブラリーより (pdf 100 冊 ) http://www.geocities.jp/ittaizen/itlib1/ サーバー仮想化の秘密をひもとく Hyper-V 2.0 の誤解と真実 Hyper-V 2.0 と VMware では 本当のところ何が違うのか? 他の章は下記をクリックして PDF 一覧からお入り下さい IT ライブラリー (pdf 100 冊 ) http://www.geocities.jp/ittaizen/itlib1/

More information

目次 1. はじめに Kaspersky Security Center 10 に関する注意事項 インストール前 動作環境 Kaspersky Security Center 9.x から Kaspersky Securit

目次 1. はじめに Kaspersky Security Center 10 に関する注意事項 インストール前 動作環境 Kaspersky Security Center 9.x から Kaspersky Securit ご使用前に必ずご確認ください! Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows / Kaspersky Security Center 10 ~ ご使用にあたっての注意事項 ~ 株式会社カスペルスキー 第 1.1 版 (2013 年 7 月 ) 目次 1. はじめに...3 2. Kaspersky Security Center 10 に関する注意事項...4

More information

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.2 for Windows 導入ガイド 第 4 版 2014 年 3 月 日本電気株式会社

CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.2 for Windows 導入ガイド 第 4 版 2014 年 3 月 日本電気株式会社 CLUSTERPRO MC ProcessSaver 1.2 for Windows 導入ガイド 第 4 版 2014 年 3 月 日本電気株式会社 目次 はじめに 本製品のねらい こんな障害が発生したら 導入効果 適用例 1 適用例 2 ProcessSaver 機能紹介 ProcessSaver とは? 消滅監視の概要 運用管理製品との連携 システム要件 製品価格 保守 / サービス関連情報 購入時のご注意

More information

Microsoft Word - MAR Win10セットアップ_リカバリー手順_1802.docx

Microsoft Word - MAR Win10セットアップ_リカバリー手順_1802.docx IBM Refreshed PC (MAR) Window10 PC セットアップ & リカバリー手順書 IBM Refreshed PC をご購入いただきましたお客様へ この度は弊社再生パソコンをご購入いただき誠にありがとうございます 当製品には マイクロソフトの再生中古 PC 用の正規 Windows 10 がインストールされています ご使用前に 当ガイドに従いセットアップを行ってください 設定上のご注意

More information

OpenRulesモジュール

OpenRulesモジュール リリースノート初版 2014-09-01 1 改訂情報 変更年月日 変更内容 2014-09-01 初版 目次 2 はじめに 本書の目的 本書では OpenRules を intra-mart で利用するためのモジュールのリリース内容について記載されています なお OpenRules 製品本体のリリースについては OpenRules のリリースノートをご確認ください 製品の利用対象 次の利用者を対象としています

More information

- 主な機能 - 設定機能キャッシュメモリをキャッシュセグメントに分割し 業務で使用する論理ディスクを割り付けるための設定を行います WebSAM istoragemanager のクライアント画面から操作が可能です キャッシュセグメント作成 削除機能キャッシュセグメントの作成 削除を可能にします

- 主な機能 - 設定機能キャッシュメモリをキャッシュセグメントに分割し 業務で使用する論理ディスクを割り付けるための設定を行います WebSAM istoragemanager のクライアント画面から操作が可能です キャッシュセグメント作成 削除機能キャッシュセグメントの作成 削除を可能にします istorage VirtualCachePartitioning 製品概要 istorage VirtualCachePartitioning は ストレージのキャッシュメモリを複数の区画 ( キャッシュセグメント ) に分割する機能をサポートします キャッシュ分割は 仮想化環境における各テナントでの占有量を制限して I/O 帯域を確保することで 仮想化環境の高安定性を実現するための機能です この機能を導入することにより

More information

改版履歴 版数改版内容 新規作成 i

改版履歴 版数改版内容 新規作成 i リリースメモ 2015(Mar) NEC Corporation はじめに ライセンス 動作要件 ProcessSaver のインストール ProcessSaver のアンインストール ProcessSaver のアップデートインストール セットアップ マニュアル 改版履歴 版数改版内容 1 2015.3 新規作成 i はしがき 本書は ( 以後 ProcessSaver と記載します ) の動作に必要な手順について説明します

More information

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ

下位互換サポートの注意点 下位互換サポートにはいくつか注意点があります 1. 全体的な注意点 と 利用する製品の注意点 最 後に 8. そのほかの注意点 をすべて確認してください 1. 全体的な注意点 ライセンスキーの登録 ( 重要 ) Arcserve Backup r17 からライセンスの登録モ Arcserve Backup r17 下位互換サポート 2016/03/03 下位互換サポートについて Arcserve Backup は 同一バージョン間だけではなく 下位バージョンのエージェント製品を利用できます 下位互換を利用することで バージョンアップができない環境や アップグレードに時間がかかる環境において バックアップ運用の継続ができます 下位互換とは バックアップサーバとなる Arcserve

More information

Agenda 1. 今回のバージョンアップについて a. バージョンアップ概要 b. バージョンアップ目的 c. 新バージョンのシステム要件に関する注意事項 d. 現行バージョンのサポート期間 2. 対応プラットフォームの追加 3. 新機能の追加および機能強化 2

Agenda 1. 今回のバージョンアップについて a. バージョンアップ概要 b. バージョンアップ目的 c. 新バージョンのシステム要件に関する注意事項 d. 現行バージョンのサポート期間 2. 対応プラットフォームの追加 3. 新機能の追加および機能強化 2 サーバセキュリティ (SS) あんしんプラス バージョンアップのご案内 DeepSecurity Ver9.6SP1 から Ver10.0 へ 2018/9/7 Agenda 1. 今回のバージョンアップについて a. バージョンアップ概要 b. バージョンアップ目的 c. 新バージョンのシステム要件に関する注意事項 d. 現行バージョンのサポート期間 2. 対応プラットフォームの追加 3. 新機能の追加および機能強化

More information

Hitachi Storage Adapter -Hitachi Storage Adapter for VMware vCenter- サポートマトリックス

Hitachi Storage Adapter -Hitachi Storage Adapter for VMware vCenter- サポートマトリックス Hitachi Storage Adapter - Hitachi Storage Adapter for VMware vcenter - サポートマトリックス リビジョン : 11-00 発行日 : 2015/8/25 発行元 : ( 株 ) 日立製作所 ITプラットフォーム事業本部プロダクト統括本部管理ソフトウェア開発本部 1 All Rights Reserved, Copyright (C)2013,

More information

VMware vsphere 6 Essentials Kit for 3 ホスト /3 サーバーライセンスを購入し ESXi ホスト 3 台で運用し付属の vcenter Server for Essentials を利用して管理しています この構成に ESXi ホストをさらに 1 台追加すること

VMware vsphere 6 Essentials Kit for 3 ホスト /3 サーバーライセンスを購入し ESXi ホスト 3 台で運用し付属の vcenter Server for Essentials を利用して管理しています この構成に ESXi ホストをさらに 1 台追加すること VMware FAQ ライセンス サブスクリプション管理編 VMware vsphere のライセンス サブスクリプションの管理についてお問い合わせの多い質問を掲載します ご提案 運用時の参考にして下さい VMware の仕様や管理方法に関してお問い合わせが多い質問は 以下の VMware FAQ 仕様 管理編にて掲載しております 併せてご参照ください VMware FAQ 仕様 管理編 http://www.lenovojp-cms.com/cmscontents/gdfiles.php?md=117

More information

ServerView RAID Manager VMware vSphere ESXi 5 インストールガイド

ServerView RAID Manager VMware vSphere ESXi 5 インストールガイド ServerView RAID Manager VMware vsphere ESXi 5 2017 年 9 月 5 日富士通株式会社 インストールガイド アレイを構築して使用する場合 RAID 管理ツールの ServerView RAID Manager を使用します VMware vsphere ESXi 5.x( 以後 ESXi 5 または ESXi と略します ) サーバで ServerView

More information

SQL Server 2017 ライセンス購入ガイド

SQL Server 2017 ライセンス購入ガイド Microsoft SQLServer2017 ライセンス購入ガイド 2017 年 12 月第 1.0 版富士通株式会社 更新履歴 版数更新 更新内容 1.0 2017/12 初版 P.2 はじめに 本資料は 本マイクロソフト社のデータベース製品 SQLServer2017 を購入する際の 必要なライセンス数の計算方法について説明したものです [ 留意事項 ] 本資料は 2017 年 12 月現在の

More information

仮想化環境における 電源管理構成図

仮想化環境における 電源管理構成図 における 電源管理構成図 日本電気株式会社 2018 年 04 月版 1. はじめに 本構成図は Express5800/100 シリーズサーバ および ブレードサーバのに ESMPRO/UPSManager ESMPRO/AutomaticRunningController 製品 あるいは SigmaSystemCenter/ 電源管理基本パックを導入し 自動運転 電源管理を行う場合の構成例です

More information

業務サーバパック for 奉行シリーズスタートアップガイド

業務サーバパック for 奉行シリーズスタートアップガイド 業務サーバパック for 奉行シリーズスタートアップガイド 1.6 版 ビッグローブ株式会社 2018 年 3 月 16 日 (OBC 推奨環境 ) 奉行 10 環境要件 1/2 奉行 10 をクラウドサーバで利用する場合の推奨環境は以下のとおりです 詳細は 以下ページの クラウドサーバーの必要システム環境 をご確認ください https://cdn2.hubspot.net/hubfs/2684654/obc/assets/pdf/bugyo/kanjo/spec_02.pdf?t=1521178981264

More information

PrimeCollect

PrimeCollect ServerView Suite PrimeCollect Edition August 2009 製品名称の表記 本書では 本文中の製品名称を 次のように略して表記します 製品名称 Microsoft Windows Server 2008 Standard Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Microsoft Windows Server 2008

More information

DataKeeper for Windows リリースノート

DataKeeper for Windows リリースノート DataKeeper for Windows リリースノート Version 7.4.2 (Version 7 Update 4 Maintenance 2) 重要 本製品をインストールまたは使用する前に 必ずこのドキュメントをお読みください! このドキュメントには インストール時とその前後に留意すべき重要な項目に関する情報が記載されています はじめに SteelEye DataKeeper Cluster

More information

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2の留意事項一覧

System Center Virtual Machine Manager 2008 R2の留意事項一覧 System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 の留意事項一覧 System Center Virtual Machine Manager 2008 R2( 以降 SCVMM2008R2) をご利用になる前に 下記のリリースノートをよくお読みください System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 リリースノート

More information

Windows VDA の権利を取得する方法 Windows VDA の権利は 3 つのライセンス形態を通じて取得できます これらの使用権により ライセンスを取得したデバイスは 使用するライセンス形態に応じてリモートまたはローカルで仮想 Windows デスクトップにアクセスすることができます Wi

Windows VDA の権利を取得する方法 Windows VDA の権利は 3 つのライセンス形態を通じて取得できます これらの使用権により ライセンスを取得したデバイスは 使用するライセンス形態に応じてリモートまたはローカルで仮想 Windows デスクトップにアクセスすることができます Wi ボリュームライセンス簡易ガイド 仮想マシンを使用した Windows デスクトップオペレーティングシステムのライセンス 目次 この簡易ガイドは すべてのマイクロソフトボリュームライセンスプログラムに適用されます 概要... 1 詳細... 1 Windows VDA の権利を取得する方法... 2 Windows VDA の権利の比較... 3 ソフトウェアのインスタンスの実行... 3 ローミング使用権...

More information

セットアップガイド

セットアップガイド タイムカード メーカー for サイボウズ Office インストールマニュアル 2012 年 7 月更新版 目次 はじめに... 1 1 章概要... 2 1.1 動作環境... 2 1.2 インストーラーの入手方法... 2 1.3 ファイル構成... 3 2 章インストール... 4 2.1 インストール前の確認事項... 4 2.1.1.NET Framework について... 4 2.1.2

More information

システム要件 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントのシステム要件 OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] (32bit) Wind

システム要件 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントのシステム要件 OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] (32bit) Wind Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントの OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] Windows XP (SP1/SP2/SP3) [Professional] Windows Vista (SP なし /SP1/SP2) [Business

More information

CLUSTERPRO MC StorageSaver 1.1 for Linux リリースメモ 2015(Jun) NEC Corporation ライセンス パッケージのインストール セットアップ マニュアル 補足事項 注意事項

CLUSTERPRO MC StorageSaver 1.1 for Linux リリースメモ 2015(Jun) NEC Corporation ライセンス パッケージのインストール セットアップ マニュアル 補足事項 注意事項 リリースメモ 2015(Jun) NEC Corporation ライセンス パッケージのインストール セットアップ マニュアル 補足事項 注意事項 はしがき 本書は ( 以後 StorageSaver と記載します ) の 動作に必要な手順について説明します (1) 商標および登録商標 Red Hat は 米国およびその他の国における Red Hat,Inc. の商標または登録商標です SUSE

More information

CA ARCserve D2D r16 for Windows製品をインストールする前にお読みください

CA ARCserve D2D r16 for Windows製品をインストールする前にお読みください CA ARCserve D2D r16 for Windows 製品をインストールする前にお読みください 富士通株式会社 この度は CA ARCserve D2D r16 for Windows( 以後 ARCserve D2D と表記 ) 製品をお買い上げいただき 誠にありがとうございます 本書は ARCserve D2D 製品の留意事項について記載しております 製品ご使用の前には必ず 本書 および別紙

More information

テクニカルガイド

テクニカルガイド (2014/10/15) Fibre Channel 関連 1. 概要 Fibre Channel ディスクアレイ装置とサーバ間を高速なインタフェースで接続する Fibre Channel 関連製品 型名 製品名 備考 Fibre Channel コントローラ N8190-153 Fibre Channel コントローラ (1ch) PCI EXPRESS Gen2 (x8) バス接続 2003/R2

More information

HULFT-WebConnectサービス仕様書

HULFT-WebConnectサービス仕様書 HULFT-WebConnect サービス仕様書 第二版 2015 年 7 月 3 日 株式会社セゾン情報システムズ 1/13 改訂履歴 版数 改訂日付 改訂内容及び理由 1 2015 年 4 月 制定 2 2015 年 7 月 V1.1 差分更新 2/13 目次 1. はじめに... 4 1.1. 本書の位置づけ... 4 1.2. 用語説明... 4 2. サービスの概要... 5 2.1. HULFT-WEBCONNECT

More information

ServerView Suite V

ServerView Suite V 2010 年 4 月 20 日富士通株式会社 ServerView Suite V10.10.04 V10.10.02 より以下の変更を行っております PRIMERGY TX200 S5 に対応しました ServerView Deployment Manager に対応しました 1. 対象 OS および対象機種 対象 OS TX200 S5 Windows Server 2003 R2, Web Edition(SP2)

More information

Presentation Headline Subhead

Presentation Headline Subhead SPSS FCT 保守サービス (Software Subscription & Support ) のご案内 ~SPSS FCT 保守契約 ( サブスクリプション & サポート ) ご利用ガイド ~ 1 2016/3/10 保守サービスご利用方法について SPSS FCT 保守契約 ( サブスクリプション & サポート ) をご継続 ( 更新 ) いただきまして 誠にありがとうございます 保守サービスをご利用いただくためのご案内をさせていただきます

More information

富士通サーバ「PRIMEQUEST」/「PRIMERGY」、ストレージ「ETERNUS」とEaton製UPS「9PX6K」および電源管理ソフトウェア「Intelligent Power Manager」との動作検証報告

富士通サーバ「PRIMEQUEST」/「PRIMERGY」、ストレージ「ETERNUS」とEaton製UPS「9PX6K」および電源管理ソフトウェア「Intelligent Power Manager」との動作検証報告 富士通サーバ PRIMEQUEST PRIMERGY ストレージ ETERNUS Eaton 製 UPS 9PX6K および電源管理ソフトウェア Intelligent Power Manager との動作検証報告 2016 年 2 月ダイトエレクトロン株式会社グリーン ファシリティ部 1 目次 検証趣旨 概要 3 検証場所 期間 3 検証環境 3 検証内容 4 検証テスト 1 IPM 1.52 物理環境シャットダウン

More information

改版履歴 Ver. 日付 履歴 初版 2010/9/13 - 第 1.1 版 2011/6/24 P4,P12 の Stop Error 事象に関する情報を修正 P5,P12 に仮想マシンが起動できない事象に関する情報を追記 P30 に システムのアップデート もしくは Starter Pack の

改版履歴 Ver. 日付 履歴 初版 2010/9/13 - 第 1.1 版 2011/6/24 P4,P12 の Stop Error 事象に関する情報を修正 P5,P12 に仮想マシンが起動できない事象に関する情報を追記 P30 に システムのアップデート もしくは Starter Pack の NEC Express5800 シリーズ Windows Server 2008 R2 Hyper-V 2.0 インストール手順書 第 1.2 版 2013/8/30 Microsoft Windows Windows Server Active Directory および Hyper-V は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他

More information

JP1 Version 11

JP1 Version 11 JP1 Version 11 システム構成例と概算価格 バックアップ管理 Hitachi, Ltd. 2016, 2018. All rights reserved. バックアップ管理システム構成例一覧 (1/2) バックアップ管理 ( マルチプラットフォーム環境向け ) NBU - 01 マルチプラットフォーム環境を統合的にバックアップし データを管理する場合の構成 JP1/VERITAS NetBackup

More information

Microsoft Word - 13_ver6_Win7SP1.doc

Microsoft Word - 13_ver6_Win7SP1.doc NEC Express5800 シリーズ Windows 7 Service Pack 1 適用について Microsoft Windows は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他 記載されている会社名 製品名は 各社の登録商標または商標です 本書の内容は将来予告なしに変更することがあります 無断転載を禁じます 本書または本書に記述されている製品や技術に関して

More information

Citrix Commercial License Program Guide

Citrix Commercial License Program Guide プログラムガイド Citrix Commercial Licensing Program 目次 CITRIX ボリュームライセンス イントロダクション... 2 概要... 2 CITRIX ライセンスの要点... 2 COMMERCIAL LICENSE PROGRAM... 3 Enterprise License Agreement (ELA) Program... 3 EASY License

More information

WSUS Quick Package

WSUS Quick Package WSUS 簡易導入パッケージのご紹介 デル プロフェッショナル サービス事業部 1 ソリューション概要 課題 - 日々増えるセキュリティパッチとサイバーアタック - 手動で管理しきれない程多くのパッチがリリース - 脆弱性を修正しない事が即システム被害に繋がります - パッチの適用忘れの危険 - 端末台数が多い場合 手動では当て忘れの危険 - Few days attackの危険 - パッチリリース後すぐに脆弱性を攻撃される事例も

More information

UEFI環境におけるWindows Serverバックアップのシステム回復手順

UEFI環境におけるWindows Serverバックアップのシステム回復手順 UEFI 環境における Windows Server バックアップのシステム回復手順 2011 年 7 月 富士通株式会社 改訂履歴 改版日時 版数 改版内容 2011.7.12 1.0 新規作成 -2- 目次 UEFI 環境における Windows Server バックアップのシステム回復手順 はじめに...4 1 システム回復手順...5 1.1 パーティション作成...6 1.2 Windows

More information

ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800 / ftサーバ

ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800 / ftサーバ ActiveImage Protector 2016 R2 for Express5800/ft サーバ クイックスタートガイド 第 1 版 - 2016 年 9 月 20 日 Copyright 2016 NetJapan, Inc. 無断複写 転載を禁止します 本ソフトウェアと付属ドキュメントは株式会社ネットジャパンに所有権および著作権があります ActiveImage Protector ActiveImage

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)

アプリケーション補足説明書(Office2003) 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 1 Office 2003 について...................................... 4 お使いになれるアプリケーション...............................

More information

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件 2012 年 2 月 13 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件... 1 Service Pack 9.0 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 9.0 仮想環境... 1 Deployment Manager のインストール要件...

More information

HULFT-DataMagic Ver2.2.0 製品対応OS

HULFT-DataMagic Ver2.2.0 製品対応OS Ver2.2.0 製品対応 OS 2014 年 2 月 5 日以降適用 版最新 Version 2.2.0 for コード変換 オプション for DB 接続 オプション (Oracle) for DB 接続 オプション (DB2) for DB 接続 オプション (PostgreSQL) for DB 接続 オプション (SQL Server) for Excel オプション for テンプレート

More information

Microsoft PowerPoint RHEL_サブスクリプション構成ガイド.pptx

Microsoft PowerPoint RHEL_サブスクリプション構成ガイド.pptx Red Hat Enterprise Linux 2013 モデル構成ガイド サブスクリプションのカウント 法 2017/07/03 改訂 サイオステクノロジー株式会社 基本の考え 2013 モデルサブスクリプションカウント 法 2 2013 モデルサーバ 製品ラインアップ 無制限ゲスト 製品名 :Red Hat Enterprise Linux Server ( ) 仮想サーバに利 する場合 2

More information

Arcserve Backup 間違いやすいライセンスー目次 Client Agentが必須になるパターン Disaster Recovery Option Tape Library Option 仮想環境でのライセンス この資料は Arcserve Backup 利用時の間違いやすいライセンスにつ

Arcserve Backup 間違いやすいライセンスー目次 Client Agentが必須になるパターン Disaster Recovery Option Tape Library Option 仮想環境でのライセンス この資料は Arcserve Backup 利用時の間違いやすいライセンスにつ Arcserve Backup 間違いやすいライセンス Arcserve Backup 間違いやすいライセンスー目次 Client Agentが必須になるパターン Disaster Recovery Option Tape Library Option 仮想環境でのライセンス この資料は Arcserve Backup 利用時の間違いやすいライセンスについて記載しています 一般的なライセンスについては

More information

CLUSTERPRO X 4.0 for FileMaker Server ご紹介資料

CLUSTERPRO X 4.0  for FileMaker Server ご紹介資料 CLUSTERPRO X 4.0 for FileMaker Server ご紹介資料 2018 年 5 月日本電気株式会社クラウドプラットフォーム事業部 (CLUSTERPRO) 目次 1. 製品概要 2. 特長 3. 構成例 / 概算見積り 4. 型番一覧 5. 動作環境と注意事項 6. プログレッシブバックアップ連携 7. Web 公開利用時の障害を自動回復 8. 保守 1. 製品概要 FileMaker

More information

テクニカルガイド Fibre Channel 接続機器

テクニカルガイド Fibre Channel 接続機器 (2013/04/26) Fibre Channel 関連 1. 概要 Fibre Channel ディスクアレイ装置とサーバ間を高速なインタフェースで接続する Fibre Channel 関連製品 型名 製品名 備考 Fibre Channel コントローラ N8190-127 Fibre Channel コントローラ PCI EXPRESS(x4) バス接続 2003/R2 SP1/SP2 2008/R2

More information