がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 平成 27 年度 5 大学連携 医療フォーラム 1月 京都市 医療フォーラム 高度催吐性抗悪性腫瘍剤の悪心 嘔吐に対するホスアプレピタント メグルミン投与下のデ キサメタゾンの薬物動態についての検討 島本福太郎 第 18 回近畿消化器内視鏡ガイドライン講習会

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 平成 27 年度 5 大学連携 医療フォーラム 1月 京都市 医療フォーラム 高度催吐性抗悪性腫瘍剤の悪心 嘔吐に対するホスアプレピタント メグルミン投与下のデ キサメタゾンの薬物動態についての検討 島本福太郎 第 18 回近畿消化器内視鏡ガイドライン講習会"

Transcription

1 学 会 発 表 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium ASCO-GI January 21-23, 月 San Francisco, U.S.A. poster Efficacy and feasibility of neoadjuvant chemotherapy and chemoradiotherapy for elderly patients with stage IB/II/III (excluding T4) esophageal cancer, retrospective study Miyamoto T, Terazawa T, Goto M, Asaishi K, Shimamoto F, Kuwakado S, Nishitani H, Kii T, Kawai M, Higuchi K NEXT Lecture Meeting 1月 1月 1月 神戸 1月 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の現況とその予防 OMC カプセル内視鏡カンファレンス 一般口演 医科大学における大腸カプセル内視鏡の実際と運用 - 今後の課題 能田 Taiho Gastric 貞治 Cancer Forum in West JAPAN オキサリプラチンで変わる胃癌化学療法 後藤 昌弘 クローン病研究会 タクロリムス治療歴のある難治性潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの治療成績 柿本 一城 がんプロ 5 大学連携 シンガポール国立がんセンター合同教育セミナー 1月 シンガポール 合同教育セミナー Feasibility of neoadjuvant S-1 and oxaliplatin followed by surgery for resectable advanced gastric adenocarcinoma 寺沢 哲志 60

2 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 平成 27 年度 5 大学連携 医療フォーラム 1月 京都市 医療フォーラム 高度催吐性抗悪性腫瘍剤の悪心 嘔吐に対するホスアプレピタント メグルミン投与下のデ キサメタゾンの薬物動態についての検討 島本福太郎 第 18 回近畿消化器内視鏡ガイドライン講習会 1月 1月 1月 高槻 1月 高槻 1月 1月 司会 第 3 回関西消化管カンファレンス 消化器癌の化学療法 演題未定 西谷 仁 第 9 回三島圏域がん研究会 当日世話人 / 開会挨拶 /session2 座長 後藤 昌弘 高槻市薬剤師会研修会 大腸癌化学療法 寺沢 哲志 稀な腸疾患内視鏡像を勉強する会 一般口演 骨髄異形成症候群に合併した小腸潰瘍症の 2 例 中 悠 第 18 回消化器病フォーラム 一般口演 FD NERD の実臨床の工夫 61

3 第 41 回和歌山東臨床研究会 1月 和歌山 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD H.pylori 除菌の両面から 第 6 回 OMC カプセル研究会 1月 循環器疾患患者におけるカプセル内視鏡検査の有用性 第 9 回日本カプセル内視鏡学会ス ペシャルシンポジウム発表演題 太田 和寛 第 12 回日本消化管学会総会 2月 東京 一般演題 12 当院における切除不能進行 再発胃癌のオキサリプラチンとナブパクリタキセルの使用経験 紀 貴之 コアシンポジウム 3 GERD と機能性ディスペプシアのオーバーラップに対する治療戦略 ラベプラゾールへの アコチミアドの上乗せ効果の検討 国際セッション Quantitative real-time PCR for the detection of cytomegalovirius infection in colonic mucosa of ulcerative colotis patients before and after treatment of excerbated colitis 井上 拓也 司会 ランチョンセミナー 樋口 司会 ワークショップ 13 樋口 ワークショップ 12 PPI 抵抗性 GERD 症状に対する半夏瀉心湯の有効性の検討 62

4 ワークショップ 13 DAPT および OAC 服用者における上部消化管顕性出血の検討 小嶋 融一 ワークショップ 7 接触コントロールによるマウス DSS 腸炎に対する治療効果についての検討 岡田 俊彦 第 48 回胃病態機能研究会 2月 東京 2月 東京 主題 2-1 GERD 症状と食道運動機能性疾患の関連性の検討 川口 真平 第 9 回日本カプセル内視鏡学会学術集会 一般演題Ⅱ 当院での PillCam SB3 使用における電波干渉の実態と MG ベストの使用経験 井口 宗威 教育 小腸内視鏡検査診療ガイドラインの概要 カプセル内視鏡を中心に 樋口 主題演題 大腸カプセル内視鏡の polyp に対する診断能の検討 能田 貞治 スペシャルシンポジウム 循環器疾患患者におけるカプセル内視鏡検査の有用性 太田 和寛 セミナー 大腸カプセル内視鏡ハンズオンセミナー 能田 貞治 63

5 第 104 回日本消化器病学会近畿支部例会 2月 Freshman Session7 化学療法に伴う悪心 嘔吐と鑑別を要した上腸間膜動脈症候群の一例 関根 一臣 島本福太郎 後藤 昌弘 紀 貴之 桑門 心 西谷 仁 寺沢 哲志 浅石 健 宮本 敬大 樋口 真平 井上 陽介 高橋 良明 江戸川祥子 小嶋 融一 Freshman Session7 胃好酸球性肉芽腫の 1 例 大西 俊和 川口 江頭由太郎 樋口 Young Investigator Session8 後腹膜脂肪肉腫に対して経皮的ラジオ波焼灼術を行った一例 田中 泰吉 朝井 章 福西 新弥 津田 泰宏 朝井 章 樋口 座長 Freshman Session7 紀 貴之 座長 Young Investigator Session 小倉 健 シンポジウム 2 アダリムマブに免疫調整剤併用は必要か 当院クローン病患者での検討 岡田 俊彦 井上 拓也 樋口 ワークショップ 1 標準治療不能肝細胞癌における定位放射線治療を中心とした放射線治療の有効性 中村 憲 津田 泰宏 高橋 正嗣 樋口 ワークショップ 2 胆膵疾患における適切な栄養療法導入のための呼気試験による消化吸収能の評価 瀧井 道明 増田 大介 樋口 ワークショップ 2 肝細胞癌患者における経皮的な肝動脈塞栓術時におけるL カルニチンの有用性 津田 泰宏 朝井 章 福西 新弥 樋口 64

6 第 12 回日本消化管学会総会 2月 東京 2月 2月 2月 一般演題 PPI 抵抗性 NERD 症状に対する食道運動機能検査による評価 川口 真平 第 10 回天王寺消化器クリニカルカンファレンス 抗血栓薬による上部消化管出血リスクとその予防 ESD 後出血を含めて NEXT Lecture Meeting Web 胃酸関連疾患の最新の知見 GERD 治療の観点から 医科大学 第 3 回市民公開セミナー 胃癌予防のために ピロリ除菌の勧め 胃癌が見つかったら 早期胃癌の内視鏡治療 市民会 2月 本学 3月 胃がん化学療法の進歩 後藤 昌弘 サイトプロテクション研究会 一般演題 炎症関連マウス大腸発癌モデルにおける O-GlcNAc 修飾の役割について 平田 好正 柿本 一城 井上 拓也 江戸川祥子 岡田 中川 孝俊 朝日 通雄 樋口 在宅難病医療支援事業研修会 柿本 3月 消化管領域の難病疾患 俊彦 潰瘍性大腸炎とクローン病について 一城 65

7 2nd Announcement Colorectal Cancer Forum in Osaka 3月 座長 後藤 昌弘 GI ミーティング 3月 名古屋 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から 第 88 回日本胃癌学会総会 3月 大分 ポスター オキサリプラチン投与後にパクリタキセルを投与した場合の末梢神経障害 寺澤 哲志 後藤 昌弘 宮本 敬大 浅石 西谷 仁 紀 貴之 樋口 健 島本福太郎 桑門 心 ポスター 経口摂取困難や腎障害を合併した切除不進行再発胃がんに対する mfolfox6 療法の後方 視的検討 岡本 紀夫 寺澤 哲志 宮本 敬大 浅石 西谷 仁 紀 貴之 後藤 昌弘 樋口 健 島本福太郎 桑門 心 大腸癌のより良い治療を考える会 3月 市 西谷 仁 在宅難病医療支援事業研修会 3月 3月 愛知 消化管領域の難病疾患 柿本 潰瘍性大腸炎とクローン病について 一城 小牧 春日井 Clinical Conference 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から 66

8 第 221 回日本内科学会近畿地方会 3月 京都 一般演題 循環器疾患患者におけるカプセル内視鏡検査の有用性 太田 和寛 松井 將太 横矢 樋口 悠太 土本 雄亮 東野 第 34 回 Cytoprotection 研究会 健 能田 貞治 3月 京都 4月 東京 一般口演 O-linked-b-N-accetylglucosamine 修飾と肝細胞癌の関連について 西川 知宏 Gastroenterology Seminar in Johoku 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から NEXT Lecture Meeting 4月 横浜 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から NEXT Lecture Meeting in TAKATSUKI 4月 4月 4月 東京 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の現況とその予防 進行再発大腸癌治療に関するエリアアドバイザー会議 研究会 後藤 昌弘 第 102 回日本消化器病学会総会 一般演題 糖尿病の分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍に対する悪性度に関する検討 増田 大介 67

9 一般演題 当科におけるルビプロストンの安全性と治療効果についての検討 岡田 俊彦 シンポジウム 10 より安全な超音波内視鏡下胆道ドレナージ術の検討 194 例の臨床経験から 小倉 健 都木 航 樋口 司会 パネルディスカッション 樋口 ポスター 肝膿瘍に対する超音波内視鏡下ドレナージ術の有用性 恩田沙緒里 ポスター 外科手術と経過観察例の比較検討による主膵管型 IPMN の悪性度因子 都木 航 ポスター タクロリムス治療により寛解を得た難治性潰瘍性大腸炎の再燃に関する検討 柿本 一城 ポスター 当院における NS5A 領域の耐性変異とダグラスタビル + アスナプレビル併用療法の早期治療 宮地 克彦 ワークショップ 4 PPI 抵抗性 GERD の背景因子と PPI 切り替え効果の検証 常用量 PPI から倍量 PPI への スイッチ試験 小嶋 融一 樋口 ワークショップ 5 DAPT および NOAC 服用者における上部消化管顕性出血の検討 小嶋 融一 樋口 68

10 第 179 回医薬品適正使用研究会 4月 胃癌化学療法のマネジメント 後藤 オキサリプラチン承認を受けて 昌弘 第 2 回紀州臨床腫瘍研究会 4月 和歌山 4月 名古屋 後藤 昌弘 第 14 回 AGORA21 一般口演 高齢者に適した酸分泌抑制剤とは H2RA を見直す Chugai Gastric Cancer Meeting 5月 当センターにおける胃癌術後補助化学療法の現状 後藤 昌弘 DDW2016 5月 San Diego Lafutidine, an H2 Receptor Antagonist with Mucosal Protective Properties, Attenuates 5-Fluorouracil-induced Intestinal Mucositis in Mice by Reducing Secondary Inflammation via Activation of Sensory Afferent Neurons Sano T, Utsumi D, Amagase K, Matsumoto K, Tominaga M, Higuchi K, Takeuchi T, Kato S EUS-Guided FNA for Biliary Disease As First-Line Modality to Obtain Histological Evidence Onda S, Ogura T, Okuda A, Takagi W, Sano T, Imoto A, Masuda D, Higuchi K Association of Diabetes Mellitus for Progression of Branch Duct IPMN Masuda D, Okuda A, Takagi W, Onda S, Sano T, Ogura T, Imoto A, Higuchi K 69

11 Association of Diabetes and Neural Invasion in Pancreatic Cancer Imoto A, Okuda A, Takagi W, Onda S, Sano T, Ogura T, Usama A, Masuda D, Higuchi K Does the Stent Length Have a Predictive Value of Adverse Events in Endoscopic Ultrasound-Guided Hepticogastrostomy? Usama A, Ogura T, Okuda A, Takagi W, Onda S, Sano T, Imoto A, Masuda D, Higuchi K The Minute Endoscopic Findings in Initial Stage of Ulcerative Colitis. What Is a Predictive Factor for Intractability? Okada T, Hara A, Henmi Y, Naka Y, Kakimoto K, Nouda S, Kawakami K, Takeuchi T, Inoue T, Higuchi K Factors Predictive of Surgery in the Treatment of Ulcerative Colitis With Tacrolimus, a Calcineurin Inhibitor Kakimoto K, Inoue T, Henmi Y, Hara A, Naka Y, Kojima Y, Okada T, Nouda S, Kawakami K, Takeuchi T, Higuchi K The Role of Protein O-GlcNAcylation in Relationship Between Colonic Inflammatory Carcinogenesis and O-GlcNAcylation Hirata Y, Nakagawa T, Edogawa S, Okada T, Kakimoto K, Takeuchi T, Inoue T, Asahi M, Higuchi K Long-Term Treatment With a Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor, Sitagliptin, Suppresses Intestinal Tumors in Models of Diabetes and Obesity Fujiwara K, Yorifuji N, Inoue T, Nouda S, Kakimoto K, Okada T, Kawakami K, Takeuchi T, Higuchi K 70

12 O-GlcNAcylation Contribution in Colonic Cancer of Type 2 Diabetes Patients Naka Y, Okuda T, Kobayashi E, Hara A, Henmi Y, Hirata Y, Kakimoto K, Nouda S, Kawakami K, Takeuchi T, Inoue T, Egashira Y, Hirose Y, Asahi M, Uchiyama K, Higuchi K The Beneficial Effects on Liver Function After Administration of a Direct Acting Antiviral Drug Therapy in Chronic Hepatitis C Tsuda Y, Yokohama K, Nakamura K, Ohama H, Sujishi T, Tsuchimoto Y, Asai A, Fukunishi S, Higuchi K Sitagliptin, a Dipeptidyl Peptidase-4 (DPP-4) Inhibitor, Can Be Effective Drug for Hepatic Iron Metabolism Fukunishi S, Asai A, Tsuda Y, Higuchi K How Should It Be Prevented the Hemorrhage After ESD of the Patients Taking an Antithrombotic Agents? Takeuchi T, Kawaguchi S, Takahashi Y, Inoue Y, Harada S, Ota K, Kojima Y, Higuchi K Efficacy of Hangeshashinto on Gastrointestinal Symptoms in Patients With Gastroesophageal Reflux Disease Refractory to Proton Pump Inhibitor Therapy Takeuchi T, Kawaguchi S, Takahashi Y, Inoue Y, Harada S, Ota K, Kojima Y, Higuchi K Effect of Proton Pump Inhibitor Therapy and Healing Effect of Irsogladine on Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drug-Induced Small-Intestinal Lesions in Healthy Volunteers Kojima Y, Takeuchi T, Kawaguchi S, Takahashi Y, Inoue Y, Ota K, Harada S, Edogawa S, Higuchi K 71

13 Endoscopic Treatment for Nonampullary Duodenal Epithelial Tumors ---EMR vs ESD--Kojima Y, Takeuchi T, Kawaguchi S, Takahashi Y, Inoue Y, Ota K, Harada S, Edogawa S, Higuchi K How Doses Are Adequate for Rebamipide, a Gastric Mucoprotective Drug, to Prevent Low-Dose Aspirin-Induced Gastrointestinal Mucosal Injury?: Study in Healthy Volunteers Ota K, Takeuchi T, Kojima Y, Edogawa S, Kawaguchi S, Takahashi Y, Harada S, Nouda S, Kuramoto T, Higuchi K Indomethacin-Induced Small Intestinal Mucosal Damage Is Diminished By Deficiency of Autophagy Through Activation of the ERK/Nrf2/HO-1 Pathway Harada S, Nakagawa T, Takeuchi T, Ota K, Edogawa S, Kojima Y, Takahashi Y, Kawaguchi S, Inoue T, Asahi M, Higuchi K Investigation of Overt Upper Gastrointestinal Hemorrhage in Patients Administered DAPT and NOAC Takeuchi T, Kawaguchi S, Takahashi Y, Inoue, Y, Harada S, Ota K, Kojima Y, Higuchi K Evaluation of Proton-Pump-Inhibitor (PPI) -Resistant Gastroesophageal Reflux Disease (GERD) By Esophageal Motility Tests Kawaguchi S, Inoue Y, Takahashi Y, Harada S, Ota K, Kojima Y, Takeuchi T, Higuchi K Usefulness of PPIs in the Healing of Ulcers After ESD for Early Esophageal Cancer: Comparison Using Propensity Score Matching Takahashi Y, Takeuchi T, Kawaguchi S, Inoue Y, Harada S, Ota K, Kojima Y, Okada T, Kakimoto K, Nouda S, Kawakami K, Inoue T, Higuchi K 72

14 Relationship Between Gastric Cancer and O-GlcNAcylation Inoue Y, Moriwaki K, Asai M, Higuchi K Gastric Cancer Forum in 高知 5月 高知 5月 千葉 胃癌治療は外来で 寺沢 SOX 療法のマネジメント 哲志 第 52 回日本肝臓学会 一般演題 Wilson 病における病型と肝機能の関連 朝井 章 大濱日出子 土本 雄亮 福西 新弥 津田 泰宏 樋口 桂介 筋師 徹也 ポスター 当院における TACE 後のソラフェニブの使用について 大濱日出子 朝井 土本 雄亮 福西 章 西川 知宏 中村 新弥 津田 泰宏 樋口 憲 横濱 第 91 回日本消化器内視鏡学会総会 5月 東京 JGES Core Session 3 ワークショップ 超音波内視鏡下胆道ドレナージ術における偶発症防止の工夫 小倉 健 恩田沙緒里 樋口 座長 一般演題 井上 拓也 口演 22 肝膿瘍に対する超音波内視鏡下ドレナージ術の有用性 経皮アプローチと比較して 佐野 達志 小倉 宮野 亮 増田 健 恩田沙緒里 都木 大介 樋口 航 奥田 口演 23 高齢者に対する超音波内視鏡下胆道ドレナージ術は安全性か 都木 航 小倉 健 樋口 73 篤 井元 章

15 口演 67 当科における ERCP 後膵炎の検証 - 最重症膵炎予測因子の解析 増田 大介 小倉 奥田 篤志 樋口 健 井元 章 恩田紗緒里 佐野 達志 都木 航 口演 72 難治性良性食道狭窄に対する一時的ステント留置術の可能性 高橋 良明 樋口 小嶋 融一 川口 真平 井上 ビデオワークショップ 3 十二指腸ステント留置下における超音波内視鏡下胆道ドレナージ術 小倉 健 恩田沙緒里 樋口 ワークショップ 15 慢性膵炎による膵管狭窄に対する 6mm 径 Covered Metallic Stent の使用経験 小倉 健 宮野 亮 樋口 ワークショップ 2 NSAIDs 起因性小腸障害に対する PPI の影響とイルソグラジンの効果 小嶋 融一 樋口 司会 ワークショップ 2 樋口 ワークショップ 5 自走式カプセル内視鏡によるヒトの消化管の観察 能田 貞治 太田 和寛 樋口 ワークショップ 8 DAPT および NOAC 服用患者における上部消化管顕性出血の検討 小嶋 融一 樋口 ワークショップ 9 胆道疾患に対する EUS-FNA の位置付け 恩田沙緒里 小倉 健 樋口 74 陽一

16 地域がん診療連携拠点病院 第 6 回がん化学療法セミナー 5月 和歌山 胃癌化学療法の新展開 後藤 昌弘 守口市医師会学術会 5月 5月 5月 癌化学療法 消化器癌を中心に 後藤 昌弘 緩和ケア研修会 PEACE プロジェクト 2016 桑門 心 消化器疾患勉強会 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管傷害の両面から 第 76 回日本消化器内視鏡技師学会 5月 5月 香川 セミナー 小腸カプセル内視鏡ハンズオンセミナー 能田 貞治 第 5 回香川 IBD seminar 症例提示 クローン病の十二指腸狭窄に対して抗 TNF-α抗体と内視鏡的バルーン拡張術が有効であ った症例 川上 研 井上 拓也 ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2016 ESMO-GI 6月 Barcelona, Spain poster A retrospective analysis of real-world clinical practice on the use of first-line gemcitabine + nab-paclitaxel in advanced pancreatic cancer patients Yamaguchi T, Ueno H, Mitsuhito S, Sakamoto Y, Kondo S, Morizane C, Okusaka T 75

17 K - 消化管研究会 6月 6月 高知 6月 座長 特別 Kochi Digestive Cancer Cross Meeting-Colorectal Cancer チームで始める SOX 療法 西谷 仁 Next Lecture Meeting in 南河内 春秋会城山病院における消化器内視鏡診療 - カプセル内視鏡による小腸疾患検索の有用性 / 必要性について 太田 和寛 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD H.pylori 除菌の両面から 第 212 回日本内科学会近畿地方会 6月 消化器 1 繰り返す胆道出血を伴った肝細胞癌の1例 奥野 隆祐 朝井 樋口 章 井元 章 増田 大介 福西 大腸疾患研究会 新弥 津田 泰宏 6月 6月 一般口演 形態変化を伴った MPS の 1 例 川上 研 大腸病態研究会 一般口演 本学で経験した潰瘍性大腸炎関連性胃十二指腸炎の 2 例 邉見雄二郎 76

18 日本消化器内視鏡学会近畿支部第 96 回支部例会 6月 京都 fresh endoscopist session 1 有茎性ポリープの形態を呈した粘膜下異所性胃腺の一例 渡邊 創太 小嶋 江頭由太郎 樋口 融一 川口 真平 高橋 良明 井上 陽介 座長 紀 貴之 司会 ハンズオンセミナー シンポジウム S 小腸過誤腫瘍性 polyp に対する内視鏡的アプローチについて 能田 貞治 川上 研 江頭由太郎 樋口 第 22 回日本ヘリコバクター学会学術集会 ランチョンセミナー 2 6月 大分 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から 第 5 回香川 IBD seminar 6月 香川 一般口演 クローン病の十二指腸狭窄に対して抗 TNF-α抗体とバルーン拡張術が有用であった 1 例 川上 研 尼崎消化器疾患懇話会 6月 6月 京都 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD H.pylori 除菌の両面から 日本消化器内視鏡学会近畿支部第 96 回支部例会 座長 食道 1 福西 新弥 77

19 北 中河内患者の QOL を考える会 6月 6月 東京 逆流性食道炎における酸分泌抑制の重要性 IBD Club Jr. 大腸全摘後に潰瘍性大腸炎関連胃十二指腸病変および回腸嚢炎が出現し 十二指腸狭窄を 来した一例 岡田 俊彦 第 213 回大腸疾患研究会 6月 7月 7月 7月 神戸 研究会 経過中に形態変化を来たした MPS の 1 例 川上 研 Digestive disease Next Generation Summit 2nd 一般口演 GERD における治療戦略 座長 パネルデイスカッション 胃研究会 一般口演 早期大腸癌 SM 癌 の 1 例 川上 研 第 14 回日本臨床腫瘍学会学術集会 アンコールセッション 再発 転移性頭頸部扁平上皮がんに対するニボルマブと治験医師選択治療の比較 田原 後藤 信 長谷川泰久 高橋 俊二 横田 和哉 岩江 昌弘 Robert L. Ferris Manish Monga 清田 78 信法 清水 尚臣 康

20 口演 中等度催吐性化学療法の悪心 嘔吐に対するアプレピタント併用のランダム化比較検討 浅石 健 後藤 寺澤 哲志 宮本 後藤 昌弘 昌弘 紀 貴之 桑門 敬大 樋口 心 西谷 仁 島本福太郎 司会 ポスター がんサポート外来 における経口抗がん薬レンバチニブの副作用管理 後藤 愛実 細見 河田 了 有田 誠 牧 智恵子 紀 由美 西原 貴之 西谷 雅美 勝間田敬弘 後藤 仁 東野 正明 昌弘 ポスター 経口摂取困難もしくは全身状態不良な切除不能進行性胃癌症例に対して mfolfox6 を施 行した 9 例の検討 岡本 紀夫 寺沢 島本福太郎 後藤 哲志 浅石 昌弘 紀 健 宮本 貴之 樋口 敬大 西谷 仁 桑門 心 ポスター 切除可能食道癌の高齢者に対する術前補助化学療法と放射線化学療法に関する検討 由上 博喜 寺沢 哲志 後藤 島本福太郎 浅石 健 宮本 昌弘 紀 貴之 西谷 敬大 樋口 仁 桑門 心 ポスター 大腸癌サルベージラインにおけるレボラフェニブ単独療法と TAS-102 単独療法の比較 青木 雅彦 後藤 浅石 健 宮本 昌弘 紀 貴之 西谷 敬大 樋口 仁 桑門 心 寺沢 哲志 口演 3-14 切除不能進行 再発膵癌に対する Gemcitabine+nab-Paclitaxel 併用療法の実臨床での 後方視的検討 山口 敏史 上野 奥坂 拓志 秀樹 佐々木満仁 坂本 79 康成 近藤 俊輔 森実 千種

21 第 3 回肝臓と糖尿病 代謝研究会 7月 石川 7月 一般口演 Tenegliptin は マウス NAFLD の発想において予防薬として有用である 中村 憲 第 53 回日本消化器免疫学会総会 一般演題 2 炎症性腸疾患関連大腸発癌における O-GlcNAc 修飾の影響 平田 好正 井上 拓也 柿本 一城 江戸川祥子 岡田 中川 孝俊 朝日 通雄 樋口 俊彦 一般演題 5 炎症性腸疾患モデルマウスに対する薬剤封入 PLGA ナノ粒子抱合脂肪幹細胞の炎症抑制効果 柿本 一城 伊井 正明 原 岡田 俊彦 能田 貞治 川上 あずさ 邊見雄二郎 中 研 朝日 悠 平田 通雄 樋口 好正 司会 イブニングセミナー 樋口 シンポジウム 1 NAFLD における O-linked-b-N-accetylglucosamine 修飾の関連と kupffer 細胞への影響 西川 知宏 朝井 章 福西 新弥 津田 徳島大腸癌化学療法会 泰宏 樋口 7月 徳島 7月 7月 大腸癌化学療法における SOX 療法 西谷 仁 稀な腸疾患内視鏡像を勉強する会 一般口演 潰瘍性大腸炎に NK/T 細胞リンパ腫を合併した一例 中 悠 高槻市芥川地区医療従事者研究会 薬剤起因性消化管粘膜傷害のマネージメント 80

22 春日井消化器フォーラム 7月 名古屋 胃酸関連疾患の最新の話題 患者の満足度を高める GERD 治療を中心に 第 11 回の大学 学び フェア 7月 7月 7月 京都 7月 7月 7月 模擬講義 泳ぐカプセル内視鏡 能田 貞治 第 49 回近畿内視鏡懇談会 早期食道癌の拾い上げの基本 第 7 回日本炎症性腸疾患学会学術集会 アフタヌーンセミナー 潰瘍性大腸炎患者における 検査の新しい選択肢 大腸カプセル内視鏡 能田 貞治 Digestive Disease Next Generation Summit2 初学者のための大腸内視鏡検査の挿入と拡大観察のコツ 岡田 俊彦 第 446 回胃研究会 研究会 直腸 SM 癌の 1 例 川上 研 中 悠 江頭由太郎 日本消化器免疫病学会 一般演題 炎症関連マウス大腸発癌モデルにおける O-GlcNAc 修飾の役割について 平田 好正 柿本 一城 井上 拓也 江戸川祥子 岡田 中川 孝俊 朝日 通雄 樋口 81 俊彦

23 9th Round Conference 8月 8月 8月 岐阜 8月 8月 仙台 カプセル内視鏡の有用性 - 臨床使用経験から 能田 貞治 Digestive disease Osaka Meeting 座長 特別 Next Lecture Meeting in 美濃加茂 2016 胃酸関連疾患の最新の話題 患者の満足度を高める GERD 治療を中心に 第 32 回 IBD クラブジュニアウエスト コメンテーター 回腸の潰瘍性病変 柿本 一城 第 47 回日本膵臓学会大会 一般演題 A retrospective analysis of real-world clinical practice on the use of first-line gemcitabine + nab-paclitaxel in advanced pancreatic cancer patients Yamaguchi T, Ueno H, Mitsuhito S, Sakamoto Y, Kondo S, Morizane C, Okusaka T 第 69 回日本酸化ストレス学会学術集会 8月 仙台 一般 DPP-4 阻害薬であるシダグリプチンは NAFLD の進展においてハイドロキシラジカルの 発現を抑制する 福西 新弥 横濱 桂介 中村 朝井 章 津田 泰宏 樋口 憲 西川 雄亮 オープンセミナー in ASHIYA 9月 薬剤起因性消化管傷害の最新の知見 知宏 大濱日出子 土本 82 神戸

24 社内研修会 9月 9月 奈良 9月 東京 9月 大腸癌化学療法におけるロンサーフの位置づけ 島本福太郎 消化器癌診療セミナー 寺沢 哲志 早期胃癌研究会 一般口演 完全型虫垂重積症を来たした虫垂腫瘍の 1 例 川上 研 第 19 回関西がんチーム医療研究会 研究会 医科大学附属病院の骨転移がん患者への取り組み 木下 裕希 島本福太郎 後藤 昌弘 佐浦 隆一 吉川 馬場 一郎 松上美由紀 黒岩 敏彦 樋口 信彦 山本 和宏 研究会 当院のがん患者への苦痛のスクリーニングを行っている医師 看護師の評価 今井麻里子 桑門 岡本 洋平 西口 心 後藤 只之 藤原 愛実 高橋智恵子 西藤奈菜子 田所 俊介 後藤 洋司 昌弘 第 213 回日本内科学会近畿地方会 9月 一般演題 長年にわたり発作を繰り返し ついに家族性地中海熱 FMF と診断し得た一例 久保山知彦 中 岡田 俊彦 柿本 悠 原 一城 川上 あずさ 邊見雄二郎 平田 研 有基 平田 江頭由太郎 樋口 第 12 回 Single Topic Conference 好正 9月 金沢 ポスター Suppression of tumor progression in patients with advanced stage of hepatocellular carcinoma by CCL1 ODN gene therapy Asai A, Fukunishi S, Yokohama K, Tsuchimoto Y, Tsuda Y, Higuchi K 83

25 第 44 回日本潰瘍学会 9月 旭川 一般演題 12 胃腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の胃潰瘍治療の検討 平井 あい 小嶋 融一 時岡 聡 樋口 一般演題 5 経皮的冠動脈形成術後の抗血小板薬服用中の患者に対する小腸粘膜傷害の検討 原 あずさ 樋口 第 52 回日本胆道学会学術集会 9月 横浜 口演 14 細径バルーンカテーテルを用いた超音波内視鏡下胆道ドレナージ術の前向き臨床試験 奥田 篤 他 口演 15 総胆管結石に対する ERCP 前コンベックス型 EUS の有用性 井元 章 他 口演 2 SpyGlass DS Direct Visualization の使用経験 都木 航 他 ビデオセッション 2 EUS guidedbiliarydrainage における成功率向上および偶発症防止のコツと工夫 小倉 健 他 ワークショップ 2 胆道疾患に対する超音波内視鏡の有用性 佐野 達志 他 大腸疾患研究会 9月 司会 川上 研 84

26 日本消化器病学会近畿支部 第 105 回例会 9月 9月 ワークショップ 難治性潰瘍性大腸炎におけるタクロリムス休薬後の再燃に関する検討 柿本 一城 岡田 俊彦 樋口 機能性消化管疾患セミナー 機能性消化管疾患の ABC 胃食道逆流症と機能性ディスペプシアに対する Strategy 第 105 回日本消化器病学会近畿支部例会 9月 Freshman Session 4 ヘリコバクター ピロリ菌除菌により致死的合併症を呈した一例 渡部 中 修子 川口 悠 平田 樋口 真平 邉見雄二郎 原 有基 小嶋 融一 岡田 あずさ 高橋 俊彦 柿本 良明 井上 陽介 一城 川上 研 真平 高橋 良明 俊彦 柿本 一城 Freshman Session 保存的加療で軽快した餅による食餌性イレウスの一例 森下 文乃 能田 貞治 邉見雄二郎 原 中 悠 平田 有基 平田 好正 小嶋 川上 研 樋口 あずさ 川口 融一 岡田 座長 小嶋 融一 座長 教育 第 10 回脳疾患地域連携ジョイントセミナー 9月 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管傷害の両面から 85

27 OMC 研究会 9月 9月 9月 東京 10 月 アダリムマブに免疫調整剤併用は必要か 当院クローン病患者での検討 岡田 俊彦 京都若手 IBD 研究会 座長 : 潰瘍性大腸炎に対するチオプリン製剤 柿本 一城 早期胃癌研究会 研究会 完全型虫垂重積を来たした虫垂腫瘍の 1 例 川上 研 佐野村 誠 時岡 聡 江頭由太郎 GI net club パネリスト Next Symposium 10 月 名古屋 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 治療を中心に Next Symposium in Kitaku 10 月 10 月 滋賀 10 月 横浜 胃酸関連疾患の最新の話題 患者の満足度を高める GERD 治療を中心に 第 13 回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース 胃癌治療の Up-to-Date 後藤 昌弘 第 54 回日本癌治療学会学術集会 シンポジウム 14 市販後臨床試験の現状 辻仲 利政 佐藤 太郎 後藤 昌弘 藤谷 86 和正

28 ミニシンポジウム 29 Nivolumab vs investigator s choice for recurrent or metastatic (R/M) squamous cell carcinoma of the head and neck (HNSCC) 高橋 俊二 清田 尚巨 長谷川泰久 横田 知哉 岩江 難波 良信 Robert.Ferris Manish Monga 田原 抗血栓療法 Total Management Seminar in 信法 後藤 昌弘 信 10 月 10 月 10 月 10 月 10 月 抗血栓療法における消化管傷害のマネジメント 実地臨床勉強会 胃酸関連疾患の最新の話題 薬剤起因性上部消化管傷害 島本町医学講座 早期発見 胃がん検査の最前線 北摂リウマチ性疾患 Frontline Seminar 薬剤起因性消化管傷害の最新の知見 門真守口消化器疾患セミナー 胃酸関連疾患の最新の話題 GERD 薬剤起因性上部消化管粘膜傷害の両面から 高槻市民公開講座 10 月 撲滅を目指した C 型肝炎治療 朝井 章 87

29 AASLD 月 Boston Rosuvastatin prevents the development of hepatocellular carcinoma in mice with nonalcoholic fatty liver disease Yokohama K, Fukunishi S, Asai A, Tsuda Y, Higuchi K The effect of interferon-free therapy on tumor recurrence in HCV patients with treatment history of hepatocellular carcinoma Tsuda Y, Nishikawa T, Nakamura K, Yokohama K, Ohama H, Sujishi T, Tsuchimoto Y, Asai A, Fukunishi S, Higuchi K APDW 月 神戸 oral session Prospective clinical study of EUS-guided biliary drainage using novel balloon catheters 小倉 健 Effect of CCL1 antisense ODN gene therapy against Gut bacteria-associated sepsis in Alcoholics Asai A, Fukunishi S, Higuchi K Treatment of direct acting antivirals was improved the insulin resistance in patients with chronic hepatitis C Asai A, Fukunishi S, Higuchi K Co-administration of a Kampo drug, Saireito enabled withdrawal from corticosteroid in an aged female with autoimmune hepatitis Okamoto N, Fukunishi S, Higuchi K デジタルポスターセッション Significant factor for progression of branch duct IPMN with diabetes mellitus 増田 大介 88

30 デジタルポスターセッション Clinical utility of Endoscopic ultrasound-guided biliary drainage as a rescue of re-intervention procedure for high-grade hilar stricture 佐野 達志 デジタルポスターセッション EUS-FNA can be effective procedure for the transesophagealdrainage of intraperitoneal abscess Hara A, Hukunishi S Henmi Y, Naka Y, Hirata Y, Hirata Y, Kakimoto K, Okada T Kawakami K, Higuchi K デジタルポスターセッション Complete Appendiceal Intussusception Induced by Primary Appendiceal Adenocarcinoma Kawakami K, OkadaT, Kakimoto K, Higuchi K デジタルポスターセッション EUS-FNA can be effective procedure for the transesophagealdrainage of intraperitoneal abscess Hara A FD 診断治療 WEB シンポジウム 11 月 11 月 神戸 Web 残存する上腹部症状に対する治療戦略 JDDW 2016 ESD Hands-on seminar1 JDDW 2016 ハンズオンセミナー 1 ESD 座長 デジタルポスターセッション 増田 大介 サテライトシンポジウム発表 ボノプラザンによる逆流性食道炎治療戦略の新たな提言 樋口 89

31 デジタルポスターセッション 慢性膵炎による膵性糖尿病に対する DPP-4 阻害薬シタグリプチン投与の有用性についての 検討 瀧井 道明 デジタルポスターセッション 新しい経口胆道内視鏡 SpyGlass DS Direct Visualization System の使用経験 都木 航 デジタルポスターセッション 慢性膵炎に伴う膵管狭窄に対する 6mm 径 Covered metallic stent 留置 佐野 達志 デジタルポスターセッション 十二指腸ステントにおけるカバー付の有無による比較検討 恩田沙緒里 デジタルポスターセッション 高脂肪食が引き起こすマウス上部消化管病変 平田 有基 デジタルポスターセッション 2 型糖尿病を合併した大腸癌患者での O-GlcNAc 化について 中 悠 デジタルポスターセッション スタチン封入 PLGA ナノ粒子抱合脂肪幹細胞による炎症性腸疾患モデルマウスに対する治 療効果の検討 柿本 一城 デジタルポスターセッション シタグリプチンは 2 型糖尿病及び肥満発症マウスの NAFLD の進展過程において酸化ス トレスの発現を阻害する 福西 新弥 90

32 デジタルポスターセッション DAPT および NOAC 服用者における上部消化管顕性出血の検討 小嶋 融一 座長 : デジタルポスターセッション 増田 胆道 良性疾患 機能性疾患含む 1 大介 座長 デジタルポスターセッション 樋口 胃 十二指腸 その他 2 デモンストレーター ESD Hands-on seminar1 パネルディスカッション 8 アダリムマブに対する免疫調整剤併用の是非 岡田 俊彦 ワークショップ 1 中小規模市中病院消化器内科における小腸疾患診療のあり方 カプセル内視鏡検査の位置 付け 太田 和寛 東野 司会 ワークショップ1 樋口 健 樋口 カプセル内視鏡の更なる発展を目指して ワークショップ 2 Teneligliptin は マウス NAFLD の発現において予防薬として有効である 中村 憲 消化器内視鏡学会特別企画 1 Expanding indication 肝門部胆管閉塞に対する EUS-guided biliary drainage 右肝 内胆管アプローチも含めて 小倉 健 司会 Digital 樋口 Small Intesitine Others 1 91

33 発表 Usefulness of Image-enahnced Endoscopy in routine examination 樋口 OMC 消化器カンファレンス 11 月 11 月 埼玉 11 月 京都 紀 貴之 西谷 仁 後藤 昌弘 座長 小腸研究会 一般口演 家族性地中海熱の小腸内視鏡像 中 悠 日本消化器内視鏡学会近畿支部第 97 回支部例会 fresh endoscopist session 2 小腸病変に対し積極的な内視鏡治療が有用と考えられた Peutz Jeghers Syndrome の 1 例 松野 潤 原 平田 好正 岡田 樋口 あずさ 能田 俊彦 柿本 貞治 邊見雄二郎 中 一城 川上 悠 平田 有基 研 江頭由太郎 航 佐野 達志 奥田 young endoscopist session 6 新しいデジタル型胆道内視鏡の有用性の検討 児玉 紘幸 小倉 健 植野沙緒里 都木 天野 美緒 井元 章 増田 大介 樋口 座長 島本福太郎 司会 ワークショップ 2 92 篤

34 シンポジウム 当院における潰瘍性大腸炎サーベイランスの現況と新しいモダリティの可能性 邊見雄二郎 柿本 一城 岡田 俊彦 江頭由太郎 樋口 ワークショップ 1 十二指腸 胆管閉塞を合併した進行膵癌に対する Interventional ESD 奥田 篤 小倉 健 樋口 ワークショップ 2 胃 腫 瘍 に 対 す る 内 視 鏡 的 粘 膜 下 層 剥 離 術 後 の 胃 潰 瘍 治 療 の 検 討 Vanoprazan と Rabeprazole の前向き比較試験 原田 平成 28 年度 智 小嶋 融一 坂本 洋城 樋口 5 大学連携 医療フォーラム 11 月 京都 11 月 埼玉 フォーラム 各大学の取組と成果について 後藤 昌弘 第 54 回小腸研究会 シンポジウム ヒトの全消化管スクリーニングを目指した自走式カプセル内視鏡の開発の現況 能田 貞治 太田 樋口 和寛 小嶋 融一 井口 宗威 柿本 一城 一般口演 血液透析患者に対する小腸粘膜障害の検討 尾崎 晴彦 ESMO Asia 2016 Congress 12 月 Singapore 口演 Efficacy and safety of nivolumab for recurrent or metastatic (R/M) squamous cell carcinoma of the head and neck (SCCHN) in Asia: checkmate 141 subgroup analysis Hasegawa Y, Kiyota N, Takahashi S, Yokota T, Yen C.J, Iwae S, Shimizu Y, Hong R.L, Goto M, Namba Y, Robert L. Ferris, Manish Monga, Mark Lynch, Hagihara S, Tahara M 93

35 Next Lecture Meeting in Hokusetsu 12 月 12 月 12 月 東京 抗血栓療法継続の為の治療戦略 薬剤起因性潰瘍予防について Next Symposium in North Osaka 抗血栓療法継続の為の治療戦略 薬剤起因性潰瘍予防について 第 41 回日本肝臓学会東部会 一般演題 無脈性心室頻拍に対しアミオダロン内服開始し 経過中にアミオダロン肝を認めた 1 例 岡本 紀夫 福西 新弥 山田 真規 由上 金泉 美紗 横濱 桂介 中村 憲 朝井 津田 泰宏 樋口 博喜 上田 康裕 原 美紀 章 佐々木有一 佐野村 誠 一般演題 血漿交換療法により救命しえた溶血性貧血を伴った Wilson 病の 1 例 吉田 裕一 朝井 津田 泰宏 樋口 章 西川 知宏 橋本斯廬恵 中村 憲 福西 新弥 シンポジウム 2 当院における TACE 不応例肝細胞癌に対するマイクロスフィア使用成績について 中村 憲 津田 泰宏 樋口 特別企画 1 薬物性肝障害が誘因と考えられた男性の自己免疫性肝炎の 1 例 山田 真規 横濱 桂介 福西 新弥 パネルディスカッション 1 肝癌治療後症例における C 型インターフェロンフリー治療の肝癌再発に対する効果 津田 泰宏 福西 新弥 樋口 ワークショップ 3 府三島地域におけるC型肝炎撲滅に向けた取り組み 朝井 章 福西 新弥 樋口 94

36 ワークショップ 5 アルコール過剰摂取に対する断酒治療は 肝及び腸管マクロファージを介して易感染性を 改善しうる 朝井 章 福西 新弥 樋口 第 45 回日本免疫学会学術集会 12 月 沖縄 Oral Antibacterial resistance of alcohol fed mice recovered 7 days after alcohol abstinence Ohama H, Asai A, Yasuoka H, Nishikawa T, Yokohama K, Nakamura K, Sujishi T, Tsuchimoto Y, Fukunishi S, Tsuda Y, Higuchi K 日本内科学会 第 214 回近畿地方会 12 月 一般演題 S-1 シスプラチン イリノテカン併用療法が奏効し根治切除が可能となった切除不能進 行胃癌の 1 例 木下 祐希 島本福太郎 後藤 寺沢 哲志 浅石 昌弘 紀 健 95 貴之 桑門 心 西谷 仁

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

消化性潰瘍(扉ページ)

消化性潰瘍(扉ページ) 患者さんと家族のための 消化性潰瘍 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 消化性潰瘍の理解のために 2 消化性潰瘍の原因は 日本での消化性潰瘍の原因は

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

どく拡張する ( 中毒性巨大結腸症 ) こともあります. このような場合には緊急に手術が必要です. また 大腸癌になった場合にも手術が必要になります. 内科的治療が効きにくい難治例や重症例の場合にも 内科的治療のバランスの点から手術を選択することがあります. 手術の方法は 大腸全摘ですが 肛門を残す

どく拡張する ( 中毒性巨大結腸症 ) こともあります. このような場合には緊急に手術が必要です. また 大腸癌になった場合にも手術が必要になります. 内科的治療が効きにくい難治例や重症例の場合にも 内科的治療のバランスの点から手術を選択することがあります. 手術の方法は 大腸全摘ですが 肛門を残す 1. 炎症性腸疾患 (Inflammatory Bowel Disease, IBD) とは消化管に炎症 潰瘍を生じ 出血 下痢 体重減少 発熱などの症状をおこす疾患の総称で 一般には 潰瘍性大腸炎とクローン病の2 疾患をいいます. 世界では 欧州 北米 北欧に高頻度で 日本 オーストラリア ニュージーランド 南アフリカは中等度 他のアジア アフリカ 南米には少ないとされています. 人種的には ユダヤ人

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

64 は認められなかった 術前に施行したIVIgの効 きた 特に 小児例では血漿交換は肉体的侵襲が 果が明らかでなかったため 2月20日より単純血 大きく Blood Accessも難iしいことから1 IVIg 漿交換を施行した 第1回施行直後より 開瞼3 mmまで可能となり 眼球運動も改善 3回目終了 が推奨されてきている11 12 後より水分経口摂取開始 4回目終了後には人工 呼吸器から離脱が可能となり著明な改善効果を認

More information

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 )

8 整形外科 骨肉腫 9 脳神経外科 8 0 皮膚科 皮膚腫瘍 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫 神経膠腫 脳腫瘍 膠芽腫 頭蓋内原発胚細胞腫 膠芽腫 小児神経膠腫 /4 別紙 5( 臨床試験 治験 ) 食道がん胃がん小腸がん大腸がん GIST 消化管 肝臓 / 胆道 / 膵臓 病院名 : 大阪大学医学部附属病院 期間 : 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日. がんに関する臨床試験 治験の昨年度の実施状況 ( 平成 6 年 月 日 ~ 月 3 日 ) 担当診療科 プロトコール件数 対象疾患名 泌尿器科 9 前立腺癌 腎細胞癌 臨床試験 治験の実施状況および問い合わせ窓口 対象疾患名 の項目は 以下の表の疾患名を用いて記載してください

More information

循環器HP Suppl-3

循環器HP Suppl-3 2015年 京都大学 小児循環器グループ ニュース 1月 あけましておめでとうございます 今年の小児循環器メンバーは以下の通りです 馬場 志郎 助教 豊田 直樹 医員 田口 周馬 医員 平田 拓也 大学院生 吉永 大介 大学院生 本年もよろしくお願いいたします 1月4日 宴会 今月も例月通り年始から小児科病棟Aチーム看護師 小児循環器医 飲み会を鳥料理屋さん で開催しました 小児心臓血管外科 小児外科の先生も参加しました

More information

untitled

untitled 1 日目 10 月 27 日 木 第 1 会場 国際会議室 開会の辞 12 15 12 20 ランチョンセミナー 1 12 20 13 10 共催 大鵬薬品工業株式会社 LS- 1 座長 齊藤 博昭 鳥取大学医学部 病態制御外科学分野 今度どうなる 胃癌の術後補助化学療法 小寺 泰弘 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 主題 1 高齢者進行胃癌に対する治療戦略 定型か縮小か 13 20 14

More information

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6>

<4D F736F F D2089BB8A7797C C B B835888E790AC8C7689E6> 2012 年 4 月更新作成者 : 宇根底亜希子 化学療法看護エキスパートナース育成計画 1. 目的江南厚生病院に通院あるいは入院しているがん患者に質の高いケアを提供できるようになるために 看護師が化学療法分野の知識や技術を習得することを目的とする 2. 対象者 1 ) レベル Ⅱ 以上で各分野の知識と技術習得を希望する者 2 ) 期間中 80% 以上参加できる者 3. 教育期間 時間間 1 年間の継続教育とする

More information

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2

健康な生活を送るために(高校生用)第2章 喫煙、飲酒と健康 その2 11 1 長期にわたる大量飲酒が 引き起こす影響 脳への影響 アルコールは 脳の神経細胞に影響を及ぼし その結果 脳が縮んでいきます 脳に対 するアルコールの影響は 未成年者で特に強いことが知られています 写真B 写真A 正常な脳のCT 写真C 写真D アルコール 依 存 症 患者の脳の 正常な脳のCT Aに比べてやや CT Aとほぼ同じ高さの位置の 低い位置の断面 断面 脳の外側に溝ができ 中央

More information

肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 切 除 前 neoadjuvant chemotherapy の 検 討 第 38 回 リザーバー 研 究 会 ( 高 松 市 ) 2013/6/28 切 除 不 能 大 腸 癌 肝 転 移 症 例 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 の 検 討 第 38 回

肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 切 除 前 neoadjuvant chemotherapy の 検 討 第 38 回 リザーバー 研 究 会 ( 高 松 市 ) 2013/6/28 切 除 不 能 大 腸 癌 肝 転 移 症 例 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 の 検 討 第 38 回 2013 年 度 < 消 化 器 内 科 > 乏 血 性 高 分 化 型 肝 細 胞 癌 における 造 影 超 音 波 所 見 と 動 注 CT EOB-MRI との 比 較 検 討 第 86 回 日 本 超 音 波 学 会 ( 大 阪 市 ) 2013/5/24-25 予 後 延 長 のための 進 行 肝 細 胞 癌 に 対 する 肝 動 注 化 学 療 法 第 49 回 日 本 肝 臓 学 会

More information

2. 転移するのですか? 悪性ですか? 移行上皮癌は 悪性の腫瘍です 通常はゆっくりと膀胱の内部で進行しますが リンパ節や肺 骨などにも転移します 特に リンパ節転移はよく見られますので 膀胱だけでなく リンパ節の検査も行うことが重要です また 移行上皮癌の細胞は尿中に浮遊していますので 診断材料や

2. 転移するのですか? 悪性ですか? 移行上皮癌は 悪性の腫瘍です 通常はゆっくりと膀胱の内部で進行しますが リンパ節や肺 骨などにも転移します 特に リンパ節転移はよく見られますので 膀胱だけでなく リンパ節の検査も行うことが重要です また 移行上皮癌の細胞は尿中に浮遊していますので 診断材料や 動物の腫瘍インフォメーション シート 4 犬の膀胱腫瘍 膀胱腫瘍とは 膀胱内貼りの粘膜から発生する腫瘍で 血尿などを起こします 犬の膀胱腫瘍のうちの多くは 移行上皮癌 ( いこうじょうひがん ) とよばれる悪性腫瘍ですが 良性の腫瘍や 慢性の膀胱炎によるポリープなどもみられることがあります 良性のものは 基本的には手術で切除すれば完治可能です ここでは 主に悪性の移行上皮癌について 検査法や治療オプションをご説明します

More information

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法

70 頭頸部放射線療法 放射線化学療法 頭頸部放射線療法 放射線化学療法の患者への歯科治療 口腔ケア (1) 総論 1) 頭頸部の放射線 化学放射線療法の特徴 2) 頭頸部がん放射線療法による口腔への影響 3) 頭頸部放射線療法における歯科の役割 (2) 放射線治療による口腔合併症 ( 有害事象 ) と対処 1) 局所療法と急性 晩期障害 2) 口腔粘膜炎 3) 口腔乾燥症 4) 歯性感染症 カンジダ性口内炎 5) 味覚異常 6) 放射線性骨髄炎

More information

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に

Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から 胃癌 大腸癌に対する腹腔鏡下手術を本格導入しており 術後の合併症もなく 早期の退院が可能となっています 4月からは 内視鏡外科技術認定資格を有する 日比健志消化器外科部長が赴任し 通常の腹腔 鏡下手術に とうかい Vol.52 公 立 学 校 共 済 組 合 東 海 中 央 病 院 各 務 原 市 須 衛 会 本 新 池 ( 稲 田 園 前 )です INDEX 表 紙 写 真 募 集 のお 知 らせ 過 去 のとうかいはこちらからご 覧 になれます http://www.tokaihp.jp/tokai/ Vol.52 2013夏号 最先端の腹腔鏡下手術を本格導入 東海中央病院では 平成25年1月から

More information

胆嚢十二指腸瘻を伴う早期胆嚢癌の一例 かった Ⅰ 術後経過 合併症なく術後 日目に退院となった 考 病理診断 マクロ 赤線で示された範囲に癌を 認めた 瘻孔部 矢印 には癌は認めなかった 察 胆嚢十二指腸瘻は胆嚢と十二指腸との間に瘻 は特発性 孔が形成された病態である 福永ら2 内胆汁瘻 例を分類し 胆石胆嚢炎が 十二指腸潰瘍が 胆嚢癌 であったと報 告している また 下山ら3 は 例を分類し 悪性腫瘍は

More information

表紙69-5,6_v10.eps

表紙69-5,6_v10.eps 2 1 6 宇佐美 眞 他 に対応する管理を行う3 4 癌と栄養代謝 悪液質 cachexia とその前段階の前悪液質 precachexia は 図2に示す体重減少と BMI の変化 サルコペニア の有無 食欲不振と代謝変化によって定義されている3 悪液質は 腫瘍の種類と存在部位により極めて多様な 病態を呈するが その病態は図3の様に 代謝変化臓器 として骨格筋減少 サルコペニア が中心におかれて理

More information

3 感 覚 性 神 経 障 害 (コースを 超 えて 継 続 する Grade 2 および 7 日 以 上 継 続 する Grade 3) 4 その 他 の 非 血 液 毒 性 (Grade 3) 1. 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 して 推 奨 されるオキサリプラチンを 含 む

3 感 覚 性 神 経 障 害 (コースを 超 えて 継 続 する Grade 2 および 7 日 以 上 継 続 する Grade 3) 4 その 他 の 非 血 液 毒 性 (Grade 3) 1. 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 して 推 奨 されるオキサリプラチンを 含 む 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 に 対 するオキサリプラチンの 適 応 拡 大 について 日 本 胃 癌 学 会 は オキサリプラチンの 切 除 不 能 進 行 再 発 胃 癌 への 適 応 拡 大 についての 要 望 書 を 厚 生 労 働 省 に 提 出 していたが このたび 医 療 上 の 必 要 性 の 高 い 未 承 認 薬 適 応 外 薬 検 討 会 議 および 薬 事 食 品

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society 1-1 9:00 9:08 会場 公演時間 演題番号 1 第一会場 橘 1-1 34 2 第二会場 萩 2-35 69 3 第三会場 白橿1 3-70 100 4 第四会場 白橿2 4-101 129 1 9:00 9:08 重症急性膵炎後の患者が 長期間にわたり運動療法で 血糖コントロールできた1例 公益財団法人宮城厚生協会 坂総合クリニック運動療法センター1,

More information

1508目次.indd

1508目次.indd 成人の溶連菌感染の診断 國島広之 成人の溶連菌感染の診断についてご教示ください 日常診療において 成人で咽頭痛 扁桃に膿栓 高熱を認める場合があります 1. 成人における溶連菌感染の頻度 2. 感染の迅速診断キットの有用性 3. 成人においても治療はペニシリンの10 日間服用が基本処方でしょうか 4. センタースコアは 成人にも適応できますか 國島 5 15% 10% 5 15% 國島 59

More information

前付けブック.indb

前付けブック.indb プログラム 抄 録 集 特 別 講 演 特 別 講 演 1 12 月 5 日 ( 金 ) 11:15~11:55 第 1 会 場 ( 大 分 オアシスタワーホテル/5 階 孔 雀 2 ) だから 胆 膵 はおもしろい- 胆 膵 内 視 鏡 の 魅 力 - 演 者 : 仙 台 市 医 療 センター 仙 台 オープン 病 院 消 化 器 内 科 藤 田 直 孝 司 会 : 大 分 大 学 医 学 部 消

More information

化学療法

化学療法 第 60 回 医 療 者 がん 研 修 会 2015/9/17 もっと 知 りたい 膀 胱 癌 治 療 尿 管 癌 膀 胱 癌 の 化 学 療 法 広 島 市 立 広 島 市 民 病 院 泌 尿 器 科 副 部 長 弓 狩 一 晃 泌 尿 器 科 での 化 学 療 法 経 尿 道 的 投 与 経 静 脈 動 脈 的 投 与 膀 胱 癌 治 療 1 表 在 癌 経 尿 道 的 膀 胱 腫 瘍 切 除

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 10 11 12 1 2 1 2 1 2 13 14 3 17 15 1 2 3 D Usefulness of Tc-99m MIBI SPECT in predicting multidrug resistance gene expression level in non-small cell lung cancer a preliminary

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

第79回_プログラム.indd

第79回_プログラム.indd Regulation of ghrelin signaling by a leptin-induced gene, negative regulatory element-binding protein, in the hypothalamic neurons. Phase I clinical trial using peptide vaccine for human vascular endothelial

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 86 QOL S Masson Irritable Bowel Syndrome IBS Visual Analog Scale VAS IBS MRI S pelvic side wall W pelvic side wall PDS figure 過敏性腸炎様の症状を呈した直腸子宮内膜症の症例 87 図1 術前 MRI ゼリー法の結果 1 症例1の術前所見 症例の術前所見では に直腸子宮内膜症を疑う

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

018_整形外科学系

018_整形外科学系 整形外科学系 よき臨床医の育成を最優先し 幅広い分野で高度の整形外科医療を学べます 日本大学医学部附属3病院をはじめ 実践的で臨床教育にすぐれた関連病院が多数あり 多数の臨床経験を積むことができます 研究面では自由 創造性を重視して指導しています 国際性を尊重し 海外留学を奨励しています 龍 順之助 整形外科分野主任教授 関節班 日本有数の人工関節手術数 特に両側同時人工膝関節置換が世界的に有名 龍教授

More information

Microsoft Word - todaypdf doc

Microsoft Word - todaypdf doc 2014 年 4 月 9 日放送 急性急性胆管胆管炎 胆嚢炎胆嚢炎診療診療ガイドライン 2013 の活用法活用法 帝京大学外科准教授三浦文彦はじめに 2013 年 1 月に改訂 出版された急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドライン (Tokyo Guidelines 2013 以下 TG13) について お話しさせていただきます 急性胆管炎 胆嚢炎診療ガイドラインは 2005 年 9 月に日本語版第 1 版が

More information

H26大腸がん

H26大腸がん 2 3 6 8 9 11 12 24 27.8% 8.0% 46.1% で行っています 緊急を要する場合や他の疾患により全身麻酔に制約がある場合以外は ほと んどの症例が腹腔鏡手術です 手術器械の進歩なくして腹腔鏡手術の普及はあり得ず そのお かげで手技も安定してきています そして明らかに術後の患者さんは楽に過ごされているよう に見えます 表情もよく 早期離床をして 経口摂取も順調です

More information

2005年勉強会供覧用

2005年勉強会供覧用 肝臓 胆管系の勉強会 外科 玉木 今回の勉強会は肝臓 胆管系全般ついて勉強したいと 考えています 盛りだくさんですが消化 不良で下痢しないようにして下さい 先ずは 肝臓とはどういった臓器なのかを患者さんから聞かれたときに返答できる様になりまし ょう 肝臓の形態と働き 1 肝臓の構造 肝臓は 人体の中でもっとも重い臓器で 成人では約1400g 体重の約50分の1の重さが あります 肝臓の血管系には 主に栄養を運ぶ役割をもつ門脈と

More information

Microsoft Word - 2012 年度業績word _1_.docx

Microsoft Word - 2012 年度業績word _1_.docx 2012 年 度 論 文 総 説 解 説 1. 岩 間 毅 夫, V. 消 化 器 ( 管 ) ポリポーシス 1. 遺 伝 性 大 腸 癌 症 候 群. 内 科 109:1198.1201,2012 2. 熊 谷 洋 一, 戸 井 雅 和, 石 畝 亨, 川 田 研 郞, 石 田 秀 行, 河 野 辰 幸. 血 管 新 生 の 見 地 からみた 食 道 癌 の 発 育 進 展. 胃 と 腸 47:1428.1434,2012

More information

PT51_p69_77.indd

PT51_p69_77.indd 臨床講座 特発性血小板減少性紫斑病 ITP の登場によりその危険性は下がりました また これまで 1 ヘリコバクター ピロリの除菌療法 治療の中心はステロイドであり 糖尿病 不眠症 胃炎 ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 は 胃炎や胃 十二指 満月様顔貌と肥満などに悩む患者が多かったのですが 腸潰瘍に深く関わっています ピロリ菌除菌療法により約 受容体作動薬によりステロイドの減量 6 割の患者で 血小板数が

More information

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他

TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います もちろん われわれ救急医と看護師は 患者さんの救命を第一に考え どんな絶望の状況でも 他 CONTENTS 1 2 3 4 5 6 7 8 2008 8 980-8574 1 1 T E L 022 717 7000 T E L 022 717 7131 FAX 022 717 7132 SPECIAL 1 TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL 今回はすこし長文です このミニコラムを読んでいただいているみなさんにとって 救命救急センターは 文字どおり 命 を救うところ という印象が強いことと思います

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

再生医科学研究所年報 Annual Report of the Institute for Frontier Medical Sciences Kyoto University Institute for Frontier Medical Sciences 1 2 3 4 5 6 Institute for Frontier Medical Sciences 1 Annual Report 2011

More information

H24_大和証券_研究業績_p indd

H24_大和証券_研究業績_p indd Circulating tumor cell 測定を用いた新たな大腸癌切除後予後 再発予測方法の開発 がん研有明病院消化器外科 医員小西毅 ( 共同研究者 ) 獨協医科大学越谷病院第一外科 教授 大矢雅敏 がん研有明病院化学療法科 部長 畠清彦 担当部長水沼信行 医員 松阪諭 帝京大学外科 教授 渡邉聡明 背景および目的 Stage II-III の切除可能大腸癌では 手術が標準治療である Stage

More information

untitled

untitled Japan Community Health care Organization 神経内科について 神経内科 鈴 木 秀一郎 神経内科が主に診療している病気は れば後遺症なく完治できる病気も少なか 脳 脊髄 末梢神経 筋肉の病気になり らずあります 精神的な問題ではなく手 ますが 近年人口の高齢化と共に患者数 足に力が入らない 思うように動かすこ が増えています 具体的な病気としては とができないなど体が不自由になった場

More information

400 46 THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 65 6 Dec. 2012 LVFX 100 mg 3 / 7 150 mg 2 / 7 2 2006 2008 9 LVFX PK PD 2009 7 100 mg 1 3 500 mg 1 1 AUC/MIC

400 46 THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 65 6 Dec. 2012 LVFX 100 mg 3 / 7 150 mg 2 / 7 2 2006 2008 9 LVFX PK PD 2009 7 100 mg 1 3 500 mg 1 1 AUC/MIC Dec. 2012 THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 65 6 399 45 2012 11 5 LVFX 500 mg 1 1 20 Chlamydia trachomatis C. trachomatismycoplasma genitalium M. genitalium LVFX 1 500 mg 1 1 7 22 22 C. trachomatis 17

More information

大腸がん術後連携パス

大腸がん術後連携パス 大腸がん術後連携手帳 埼玉医科大学総合医療センター 消化管 一般外科 連携施設名 連携手帳とは この手帳は 手術を施行した病院とが協力し 専門的な医療と総合的な診療をバランスよく提供する共同診療体制を構築することを目的に作成されました 内容は 1 共同診療に必要な診療情報 25 年間の診療予定表 35 年分の診療記録 4 病気に関する説明 の 4 つに分かれています 診療記録のところには患者さん自身に記入してもらう欄が設けてあります

More information

Microsoft Word - 43_12_JRNRF_Suzuki.docx

Microsoft Word - 43_12_JRNRF_Suzuki.docx ( 様 式 4) 二 国 間 交 流 事 業 共 同 研 究 報 告 書 平 成 26 年 7 月 2 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 理 事 長 殿 共 同 研 究 代 表 者 所 属 部 局 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 内 科 学 ( 消 化 器 ) (ふりがな) すず き ひでかず 職 氏 名 准 教 授 鈴 木 秀 和 1. 事 業 名 相 手 国 ( 韓 国

More information

Table 1. Numbers of Cancerous Pleurisy Cases According to Primary Site Table 2. Histological Type of Lung Carcinoma with Cancerous Pleurisy at Autopsy

Table 1. Numbers of Cancerous Pleurisy Cases According to Primary Site Table 2. Histological Type of Lung Carcinoma with Cancerous Pleurisy at Autopsy Clinicopathological Studies on Cancerous Pleurisy, with Emphasis on Extra-Pulmonary Malignancy Table 1. Numbers of Cancerous Pleurisy Cases According to Primary Site Table 2. Histological Type of Lung

More information

大阪医科大学医師会会報 第37号

大阪医科大学医師会会報 第37号 NO. 37 1 2 4 6 8 21 24 25 28 31 34 37 39 46 47 49 49 50 53 55 56 58 61 62 63 66 70 72 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 写真1 勤務医会総会創設時 写真3 写真2 の交流も盛んとなり 市内の病院間での連 の勤務医と合同で

More information

症例_菅原先生.indd

症例_菅原先生.indd 症例報告 JNET 6:46-50, 2012 頚動脈ステント留置術により網膜中心動脈閉塞を発症した 1 例 1 1 2 3 3 4 2 2 2 1 1 3 2 Central retinal arterial embolization after carotid artery stenting in the carotid stenosis Takeshi SUGAHARA 1) Koya NAKAJIMA

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

Osamu NEMOTO, M.D. Clinical and Bacteriological Research of Sucrose/ Povidone-Iodine Ointment (U-PASTA kowa) for Pressure Sores and Skin Ulcers Osamu Nemoto Department of Dermatology,Tonan Hosptal

More information

K06_アウトライン前.indd

K06_アウトライン前.indd CT 画 像 を 用 いた 肺 の 呼 吸 機 能 の 定 量 化 * ** * Quantification of the Respiratory Activity of the Lung using CT Images Takayuki HASHIMOTO* Caihua WANG**,and Jun MASUMOTO* Abstract We have developed a system to

More information

日本消化器外科学会教育集会

日本消化器外科学会教育集会 図 1 健常人における消化管の働き 図 2 胃の運動機能 図 3 胃切除術 ( 幽門側胃切除 Roux-en-Y 再建 ) が消化管機能に及ぼす影響 図 4 胃切除術が他の消化器に及ぼす影響 I. 病因論的 1) ダンピング症候群 2) 術後吻合部潰瘍 3) 貧血 4) 栄養障害 5) 下痢 6) 乳糖不耐症 7) 骨代謝障害 8) 残胃胃炎 9) 逆流性食道炎 10) 輸入脚症候群 11) 胃切除後胆石

More information

7 1 2 7 1 15 1 2 (12 7 1 )15 6 42 21 17 15 21 26 16 22 20 20 16 27 14 23 8 19 4 12 6 23 86 / 230) 63 / 356 / 91 / 11.7 22 / 18.4 16 / 17 48 12 PTSD 57 9 97 23 13 20 2 25 2 12 5

More information

乳がん術後連携パス

乳がん術後連携パス 私の治療カルテ 大腸連携パス ( 術後フォローアップ ) 堺市立総合医療センター はじめに 連携パス とは 地域のと堺市立総合医療センターの医師が あなたの治療経過を共有できる 治療計画表 のことです 連携パス を活用し と堺市立総合医療センターの医師が協力して あなたの治療を行います 病状が落ち着いているときの投薬や日常の診療はが行い 専門的な治療や定期的な検査は堺市立総合医療センターが行いますので

More information

p 13

p 13 p 12 p 13 p 14 p 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 10. 安全性 (1) 副作用 ( 臨床検査値異常を含む ) 総症例 1030 例中 副作用が報告されたのは 519 例 (50.4%) でした 主な症状は鼓腸 197 例 (19.1%) 下痢 188 例 (18.3%) 腹部膨満

More information

地域公開講演会 2007.3.24

地域公開講演会 2007.3.24 世界保健機構 (WHO( WHO) 国家的がん対策プログラムを提唱 (National Cancer Control Program) 国家的がん対策の背景 既存の知識技術だけでも 目的を達成することは可能 1/3 は予防可能 1/3 は検診 治療で救命可能 残りは治療 緩和ケアで QOL 向上可能 問題は如何に対策として実行するか? 予防 検診 ( 早期発見 ) 診断 治療 緩和ケアを包括し 効率よく運営する仕組みが必要

More information

1 1 1 1 1 1 1 2 2 Q 2 Q 2 2 Q 2 Q 3 3 3 3 4 4 Q 4 Q 4 4 Q 5 5 5 Q 最も多い症状である 黄疸の治療について教えてください 5 ERBD 内視鏡的逆行性胆管ドレナージ 鼻あるいは口から十二指腸まで 内視鏡を挿入して 胆管に細いチューブをつなげ 詰まった部分を通らずに 胆汁が流れるように 別の道をつくる方法 もっと 知ってほしい 胆道 がん

More information

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾 2 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾向が強い 多剤耐性緑膿菌は5類感染症定点把握疾患 赤痢菌属 グラム陰性通性嫌気性桿菌 腸内細菌科

More information

Special IssueMedical Care and Education in Tokushima : Their Present and Future Reviews Original Case report スポーツと腰痛 1 3 図1 2 腰椎分離症の病期分類 図1 5 成人発症新鮮腰椎分離症 陸上 五輪選手 断に難渋する謎の腰痛となることもある 図1 6は CT

More information

第76回日本皮膚科学会東京支部学術大会 ランチョンセミナー4 213年2月16日 土 京王プラザホテル 東京 座 長 日本大学医学部皮膚科学教室 教授 照井 正 先生 講 演1 アトピー性皮膚炎の多様な病態 角層バリア障害 フィラグリン遺伝子変異 から内因性アトピーまで 名古屋大学大学院医学系研究科皮膚病態学分野 教授 秋山 真志 先生 講演2 アトピー性皮膚炎に対する外用療法 ステロイド外用薬による

More information

001

001 チーム医療推進協議会 http://www.team-med.jp/ 医療リンパドレナージ セラピスト 歯科衛生士 言語聴覚士 作業療法士 医療ソーシャル ワーカー 理学療法士 管理 栄養士 臨床心 理士 診療放射線技師 細胞検査士 薬剤師 診療情報管理士 看護師 臨床工学技士 医師 保健師 救 急救命士 家族 あなた ご挨拶 近年 病院や在宅医療の現場では 一人の患者さんに多職種が連携し治療やケアにあたる

More information

金沢医科大学報第124号

金沢医科大学報第124号 No. 123 August 2005 第17回総合医学研究所市民公開セミナー 予告 金沢医科大学医学会30周年記念式典 祝賀会 学事 平成18年度入学試験要項 第33回解剖学実習解剖体納棺式 新任教授紹介 名誉教授の称号授与 第32回教育懇談会 第1学年早期臨床体験実習 第16回医学教育セミナーとワークショップ 附属看護専門学校 第18回戴帽式 報告 ハワイ大学医学教育ワークショップ 報告 医学教育における行動科学教育の重要性

More information

10_12A-20.pdf

10_12A-20.pdf No.13 2011 13 No. 2011 Contents 3 Case Study Report 1 7 13 Case Study Report 2 14 20 general remarks Junko Ayuzawa Thromboembolism Prophylaxis Nonhazardous Procedures Ehancement of Healthcare- Associated

More information

共済だより.indd

共済だより.indd 新 年 明 けましておめでとうございます 第 1 区 第 2 区 人間ドック 受けっぱなしになっていませんか 共済組合では 組合員の皆様が 健康で充実した生活を過ごしていただくための疾病予防対策とし て 人間ドック受に要した費用の助成事業を行っています 今回 平成21年4月から平成22年3月までの1年間の間に人間ドックを受された組合員の方を 対象として どのような異常を発見されたかなどを調しました

More information

治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLF

治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLF フォルフィリ FOLFIRI 療法を受けられる患者さんへ 監修福井大学医学部長外科学 1 教授山口明夫 治療法 下記 FOLFIRI 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 FOLFIRI + 療法 8~9 入 はじめに大腸癌 化学療法 手術後 再発 予防 補助化学療法 切除不能 進行再発大腸癌 対 全身化学療法 抗 剤治療 多 方法 基本 広 使 FOLFOX( ) 療法 FOLFIRI

More information

95_財団ニュース.indd

95_財団ニュース.indd NO. 95 平成 21 年 7 月 1 日発行 No.95 日本リウマチ財団ニュース 表 1 ACR-EULAR 関節リウマチ診断基準 分類基準 試案 eular 2009, 岡田正人 訳 上を診断とするかはこれから決 score 0 22 34 定され また この項目と点数 0 6 印象も受けるが 時代とともに PIP,MCP,MTP, 手関節 4箇所以上非対称性 4箇所以上対称性 10

More information

讐讐禦汀を活用した療養支援法の開発と利旧H 8 30 9 06 座長 峯石裕之 松江医療センタ 1 筋ジストロフイ 病棟患者におけるソ シャルネットワ キングサ ビス SNS 2 各施設の筋ジストロフィー患者のインターネット IT利用の活用に関する具体 小関 敦 がもたらす効用に関する研究 奥野信也 的事例調査 多施設協働研究 3 ipadを使用した行事活動について 第2報 4 高齢 重症化する患者へのPC支援内容の検討

More information

Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children Toshiyuki Horikawa 1) Shinji Tatsutomi 2) Tomokazu Yoshizaki 2 1) Department of Otolaryngology, F

Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children Toshiyuki Horikawa 1) Shinji Tatsutomi 2) Tomokazu Yoshizaki 2 1) Department of Otolaryngology, F 学 会 発 表 講 演 ~ 2011 年 度 第 11 2 回 日 本 耳 鼻 咽 喉 科 学 会 総 会 2011.5 京 都 周 術 期 のワーファリン 休 薬 中 に 心 原 性 脳 塞 栓 を 来 たした 一 例 清 水 良 憲 田 中 妙 子 津 田 豪 太 2010 年 度 第 111 回 日 本 耳 鼻 咽 喉 科 学 会 総 会 2010.5 仙 台 耳 下 腺 手 術 への Facelift

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 1 回 抗がん化学療法の概説 2011 年 4 月 20 日 福岡大学病院腫瘍 血液 感染症内科高松泰 がんによる死亡率は年々増加しており 1981 年以降日本人の死因 の第 1 位である 主な死因別にみた死亡率の年次推移 悪性新生物 平成 20 年人口動態統計月報年計の概況 ( 厚生労働省大臣官房統計情報部 ) 年間 ( 平成 20 年 ) の悪性新生物の死亡数は約 34 万人で 全死亡の 30%

More information

臨床No208-cs4作成_.indd

臨床No208-cs4作成_.indd 55 56 57 58 59 臨床核医学 問題14 甲状腺癌の131I 治療において誤ってい るのはどれか 1つ選べ a 1回の投与量は3,700 7,400 MBq が一般的 である b 前処置として甲状腺ホルモン薬 FT3 の投 与は4週間以上前より中止し FT4は2週 間前までに中止する c 放射性ヨード投与時には 血清 TSH 値が30 μiu/ml 以上であることが望ましい d 131 I

More information

NEWS_−—Łt05

NEWS_−—Łt05 2010 1 1 2 国立がん研究センターの これまでの取り組み 及びこれからの課題について 境田 正樹 2 国立がん研究センター監事に 就任して 久道 茂 3 国立がん研究センタ 監事に 就任して 長崎 武彦 3 見做しの取れた がん診療連携拠点病院 木下 平 4 5 5 がん研究センター東病院組織図 副院長挨拶 小菅 智男 6 教育担当副院長に就任して 渋井 壮一郎 7 国際共同試験とメディア力ASCO2010

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 91 QOL G P VAS blue berry spot GnRH mm cm TTiso inten- 92 blue berry spot MRI iso intensity sity r ASRM stage mm T T PDS 膀胱子宮内膜症に対する腹腔鏡下手術 病変の位置と膀胱の縫合修復の工夫 図5 尿管ステント留置 収縮した状態で尿管口との距離は5mm 以上保 っていた 図6 膀胱修復

More information

Microsoft Word - P001 未入稿  序文.doc

Microsoft Word - P001 未入稿  序文.doc 平 成 21 年 マツダ 株 式 会 社 マツダ 病 院 研 究 業 績 集 診 療 実 績 指 標 マツダ 株 式 会 社 マツダ 病 院 () ICU MRICTDSA 1 序 文 P 1 目 次 P 2 1. 発 表 P 3 循 環 器 科 P 4 消 化 器 科 P 5 糖 尿 病 内 科 P 5 小 児 科 P 6 外 科 P 6 脳 神 経 外 科 P 9 整 形 外 科 P 11 泌

More information

157号-1P表紙_web

157号-1P表紙_web IIZUKA HOSPITAL information magazine No.157 2 3 4 5 6 7 8 院内 Pickup このコーナーでは 患者さんにあまり知られていない 院内 の様々な場所の業務内容などを そこで働く人たちに紹介 してもらいます 今回は 内視鏡センターの看護師 川畑浩子さんにお話を伺いました Q.どんなことをしている部署なのですか 内視鏡センターでは 通常の内視鏡検査に加え

More information

一般名 : オファツムマブ ( 遺伝子組換え ) 製剤 はじめに ( 適正使用に関するお願い )4 治療スケジュール6 投与に際しての注意事項 7 7 8 8 9 1 1 11 12 13 14 15 重大な副作用とその対策 18 18 28 32 34 36 4 42 44 45 参考資料 5 付録 55 55 55 64 3 1 はじめに4 はじめ 5 に1 2 治療スケジュール6 対象患者の選択インフォームドコンセント投与準備

More information

NASH nonalcoholic steatohepatitis 非 アルコール 性 脂 肪 肝 炎 (NASH) 1. NASH(ナッシュ)の 概 念 肝 臓 内 に 中 性 脂 肪 の 貯 まった 状 態 を 脂 肪 肝 とい いますが アルコールをほとんど 飲 まない 人 に 起 こる 脂

NASH nonalcoholic steatohepatitis 非 アルコール 性 脂 肪 肝 炎 (NASH) 1. NASH(ナッシュ)の 概 念 肝 臓 内 に 中 性 脂 肪 の 貯 まった 状 態 を 脂 肪 肝 とい いますが アルコールをほとんど 飲 まない 人 に 起 こる 脂 NASH nonalcoholic steatohepatitis NASH nonalcoholic steatohepatitis 非 アルコール 性 脂 肪 肝 炎 (NASH) 1. NASH(ナッシュ)の 概 念 肝 臓 内 に 中 性 脂 肪 の 貯 まった 状 態 を 脂 肪 肝 とい いますが アルコールをほとんど 飲 まない 人 に 起 こる 脂 肪 肝 を 非 アルコール 性 脂

More information

1 2 D- D- 1206 D- D- -2003 120 /2004 D-FDA GRAS D D- 3 5 5 D- 75 10g/kg 14 40 20 D-101520 90 1520 20%101520 1520 D- 5(D- 2300-6700mg//) () 2024 615 D- 41220g/kg/ 1220g/kg/ 20g/kg/ 1220g/kg/ () 50 D- 10%

More information

+ 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に 関東甲信越ブロックの 造血細胞移植に携わる医師 歯科医師 看護師 管理栄養士を対象に 管理栄養士が同種移植患 者に関わる上での有

+ 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に 関東甲信越ブロックの 造血細胞移植に携わる医師 歯科医師 看護師 管理栄養士を対象に 管理栄養士が同種移植患 者に関わる上での有 + 厚生労働省 造血幹細胞移植医療体制整備事業 第3回東海大学医学部付属病院造血幹細胞移植推進拠点病院関東甲信越ブロックセミナー 第1回造血幹細胞移植患者の味覚障害と栄養管理セミナー 2016年6月11日 TKP新宿ビジネスセンター スカイ会議室B + 東海大学医学部付属病院では 造血幹細胞移植 推進拠点病院の事業の一環として 研修生の受 け入れやセミナー開催等の人材育成に取り組ん でおります 2016年6月11日に

More information

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor α μ μ μ μ 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE

More information

ねっとわーく_160(HP用)

ねっとわーく_160(HP用) Endoscopic retrograde cholangiopancreatography Endoscopic retrograde cholangiopancreatography 当院の実績 当院での取り組み ~ 治療困難結石に対する治療 ~ Endoscopic retrograde cholangiopancreatography 悪性胆道狭窄 Endoscopic retrograde

More information

(別紙様式 第1号)

(別紙様式 第1号) 試 験 実 施 計 画 書 胆 管 結 石 症 例 に 対 する 乳 頭 括 約 筋 切 開 術 下 バスケット 切 石 と 乳 頭 大 口 径 バルーン 拡 張 術 下 切 石 との 比 較 検 討 -EST-L vs EPLBD 1 関 西 EDS (Endoscopic Device Selection) ワーキンググループ 研 究 代 表 者 田 中 聖 人 連 絡 先 : 京 都 第 二

More information

消化器病市民向け

消化器病市民向け 患者さんと家族のための 慢性膵炎 ガイドブック 編集 日本消化器病学会 Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 2 慢性膵炎について 矢印がランゲルハンス島

More information

ö 第 98 回日本消化器内視鏡学会関東地方会ご案内と演題募集のお知らせ 会長 : 井上晴洋 ( 昭和大学横浜市北部病院消化器センター ) 会期 : 平成 26 年 6 月 14 日 ( 土 ) 15 日 ( 日 ) 会場 : シェーンバッハ サボー ( 102-0093 東京都千代田区平河町 2-7-5) 主題および一般演題 ( 口演 : 公募 ) 消化器内視鏡に関連する演題を広く募集いたします

More information

口腔癌の早期発見のために For the early detection of oral cancer Kazumasa Sugihara Department of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Science, Field of Oral and M

口腔癌の早期発見のために For the early detection of oral cancer Kazumasa Sugihara Department of Maxillofacial Diagnostic and Surgical Science, Field of Oral and M Title 口腔癌の早期発見のために Author(s) 杉原, 一正 Citation 鹿児島大学歯学部紀要, 34: 3-11 Issue Date 2014 URL http://hdl.handle.net/10232/20682 http://ir.kagoshima-u.ac.jp 口腔癌の早期発見のために For the early detection of oral cancer Kazumasa

More information

発表者の利益相反関連事項開示 発表者氏名岩澤俊一郎所属 / 身分千葉大学医学部附属病院臨床腫瘍部 / 講師 企業の職員 法人の代表 企業等の顧問職 株式等 講演料等 原稿料等 研究費 ( 治験等 ) 寄附金 専門的助言 証言 臨床試験実施法人の代表 その他 ( 贈答品等 ) 該当なし 該当有りの場合

発表者の利益相反関連事項開示 発表者氏名岩澤俊一郎所属 / 身分千葉大学医学部附属病院臨床腫瘍部 / 講師 企業の職員 法人の代表 企業等の顧問職 株式等 講演料等 原稿料等 研究費 ( 治験等 ) 寄附金 専門的助言 証言 臨床試験実施法人の代表 その他 ( 贈答品等 ) 該当なし 該当有りの場合 発表者の利益相反関連事項開示 発表者氏名岩澤俊一郎所属 / 身分千葉大学医学部附属病院臨床腫瘍部 / 講師 企業の職員 法人の代表 企業等の顧問職 株式等 講演料等 原稿料等 研究費 ( 治験等 ) 寄附金 専門的助言 証言 臨床試験実施法人の代表 その他 ( 贈答品等 ) 該当なし 該当有りの場合 : 企業名等 日本医学会医学研究の COI マネージメントに関するガイドライン. 平成 23 年 2

More information

1) Perissat J, Collet DR, Belliard R : Gallstones ; laparoscopic treatment, intracorporeal lithotripsy followed by cholecystotomy on cholecystectomy. Endoscopy 21 : 373-374, 1989 2) Kato K, Matsuda M,

More information

消化器病市民向け

消化器病市民向け Copyright C THE JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY. d 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 1 肝硬変とは 2 肝硬変の合併症 たんらくろ 流れにくくなった門脈血は 体のあちらこちらにできた短絡路 シャント を通っ て肝臓を通らずに上大静脈や下大静脈に流れ込みます

More information

P01-16

P01-16 脳波検査とは 脳はその活動にともない常に微 わず 動を頭部に付けた電極で捉え 増 は準備を含めて約1時間ですが の刺激を与えた時などの脳波を調 じた時 深呼吸をした時 光や音 ていただき目を開いた時 目を閉 糊 で 取 り 付 け ま す 安 静 に し が改善するように手術を希望され ている場合は 少しでもその症状 運動麻痺などの症状が出てしまっ す 術後の日常生活は 術前に を最小限に抑えるための検査で

More information

rihabili_1213.pdf

rihabili_1213.pdf Ⅰ 総 論 A モデル システム開発の研究検証結果より 九州労災病院 勤労者予防医療センター 豊永 敏宏 1 再就労とリハビリテーション 発症前に就業していた障害者の最大の QOL 生活の質 の獲得は再就労である そして それを支援するのが 障害者の QOL 向上を目的とするリハビリテーション医学である 図 1 リハビリテーション医学とは 日本リハビリテーション医学会作成 解説 脳卒中で緊急入院し

More information

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20

院 長 に 就 任 して 三 河 義 弘 2 No.20 窓 宍 道 湖 臨 広 青 空 緑 恵 玉 湯 丘 期 待 応 病 院 目 指 No.20 2010 理 念 1. 私 たちは 医 療 人 としての 責 任 を 自 覚 し 研 修 をお こたらず 安 全 で 水 準 の 高 い 医 療 の 提 供 に 努 めます 2. 私 たちは 患 者 さまが 自 立 した 生 活 を 送 れるよう 身 体 機 能 の 回 復 維 持 日 常 生 活 動 作 の

More information

43048腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約第1版 追加資料

43048腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約第1版 追加資料 2011 4 追加資料 TURBT 2 生検および TURBT 検体のチェックリストおよび記載例 検体の属性 検体の種類 腎盂生検 尿管生検 膀胱生検 TURBT 特定困難 側性 ( 腎盂および尿管 ) 右 左 特定困難 組織学的所見 組織型 尿路上皮異形成 尿路上皮内癌 非浸潤性乳頭状尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿路上皮癌, 特殊型 扁平上皮癌 扁平上皮癌, 特殊型 腺癌 腺癌, 亜型 ( 亜型名を記載

More information

第71巻5・6号(12月号)/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第71巻5・6号(12月号)/投稿規定・目次・表2・奥付・背 μ μ μ μ μ γ 1 4 3 クリゾチニブが奏効した PS 不良 ALK 肺癌の1例 図2 入院時胸部 CT a 左鎖骨上窩 縦隔リンパ節腫大を認めた 矢印 b 左腕頭静脈から上大静脈内まで続く血栓 を認めた 矢印 c 左下葉に腫瘤影を認めた d 右肺に内部に空洞を伴う結節影を多数認めた 矢印 率は蛍光 in situ ハイブリダイゼーション FISH 法で 6 8 1 5 であり ALK 蛋白の免疫組織化学染色

More information

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関

糖 尿 患 者 の 処 方 支 援 から 糖 尿 病 腎 症 の 対 策 まで 小 川 寿 子 第 25 回 日 本 医 療 薬 学 会 年 会 (パシフィコ 横 浜 ) 整 形 外 科 病 棟 における 病 棟 薬 剤 業 務 を 通 じた 血 栓 塞 栓 症 予 防 薬 の 標 準 化 に 関 2015 年 度 薬 剤 科 学 術 業 績 学 会 発 表 第 18 回 日 本 医 薬 品 情 報 学 会 学 術 大 会 ( 岡 山 大 学 ) SGLT2 阻 害 薬 の 院 内 リスク 管 理 と 適 正 使 用 に 対 する 検 討 小 川 寿 子 病 棟 業 務 における 適 正 な 医 薬 品 情 報 提 供 の 支 援 に 関 する 検 討 佐 村 優 第 63 回 日 本 化 学

More information

Hirosaki University Repository 妊 娠 可 能 てんかん 女 性 の 治 療 管 理 基 準 設 定 に 関 する 研 Title 究 Author(s) 兼 子, 直 Citation てんかん 治 療 研 究 振 興 財 団 研 究 年 報. 4, 1992, p.24-35 Issue Date 1992 URL http://hdl.handle.net/10129/1905

More information

2014 Junuary 内 外 診療科 科 心臓血管センター ( 新患 ) 呼吸器 ( 再診 ) 血 液 消化器 腎 臓 科 心臓血管外科 循環器 ( 新患 ) 内科 ( 再診 ) 月 熊部 山口 外山 中村 竹田 大地 福嶋 安藤 火 山口 須加原 外山 工藤 黒木 山本 水 外山 松本 中村 新名 木 須加原 山口 外山 大地 山本 福嶋 公文栗原栗原整形外科勝 公文市原森田市原

More information

本文/開催および演題募集のお知らせ

本文/開催および演題募集のお知らせ 80 QOL QOL VAS Score MRI MRI MRI Ra Rb MRI 81 お 名 前 VAS VAS Score 82 奥ほか 症例 手術時間 出血量 食事開始日 術後入院期間 分 ml 日 日 平均 SD 9 備考 排尿障害 創部感染 図 直腸子宮内膜症症例の MRI ゼリー法によ る画像所見 図 当院で直腸子宮内膜症に対して直腸低位前方切 除術を施行した症例の内訳 子宮内膜症では

More information

診 療 内 容 外 来 診 療 内 視 鏡 検 査 ( 経 口 消 化 管 内 視 鏡 大 腸 内 視 鏡 ) 内 視 鏡 的 治 療 ( 止 血 術 内 視 鏡 的 切 除 :ポリープ 切 除 粘 膜 切 除 (EMR) 粘 膜 下 層 剥 離 術 (ESD) 乳 頭 括 約 筋 切 開 術 (E

診 療 内 容 外 来 診 療 内 視 鏡 検 査 ( 経 口 消 化 管 内 視 鏡 大 腸 内 視 鏡 ) 内 視 鏡 的 治 療 ( 止 血 術 内 視 鏡 的 切 除 :ポリープ 切 除 粘 膜 切 除 (EMR) 粘 膜 下 層 剥 離 術 (ESD) 乳 頭 括 約 筋 切 開 術 (E ごあいさつ この 度 2015 年 4 月 から3 名 の 常 勤 医 師 で 連 日 の 診 療 を 再 開 する こととなりましたので ごあいさつ 申 し 上 げます 当 院 には 約 5 年 間 消 化 器 内 科 の 常 勤 医 師 が 不 在 でした このた め 非 常 勤 医 師 により 週 2 日 ほどで 消 化 器 病 全 般 の 診 療 が 行 われ ておりました まだまだ スタッフの

More information

平成27年度事業報告

平成27年度事業報告 特 定 非 営 利 活 動 法 人 近 畿 がん 診 療 推 進 ネットワーク 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 [ 期 間 : 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ] 事 業 の 成 果 平 成 27 年 度 も わが 国 のがん 医 療 の 進 歩 向 上 を 促 すための 様 々な 事 業 を 活 発 に 実 施 することができました 温 かいご

More information

第155回 日本消化器内視鏡学会 東北支部例会 特別講演 テーマ : 若手や専門外の医師にも知ってほしい 内視鏡手技の基本とコツ プログラム 司会 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長兼准教授 引地 拓人 先生 超音波内視鏡下穿刺術 特別講演 1 ー今だからこそ伝えたいことー 講師 : 福島

第155回 日本消化器内視鏡学会 東北支部例会 特別講演 テーマ : 若手や専門外の医師にも知ってほしい 内視鏡手技の基本とコツ プログラム 司会 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長兼准教授 引地 拓人 先生 超音波内視鏡下穿刺術 特別講演 1 ー今だからこそ伝えたいことー 講師 : 福島 特 別 講 演 第 1 会 場 (4 F 多 目 的 ホール)10:50~11:50 若 手 や 専 門 外 の 医 師 にも 知 ってほしい 内 視 鏡 手 技 の 基 本 とコツ 司 会 引 地 拓 人 福 島 県 立 医 科 大 学 附 属 病 院 内 視 鏡 診 療 部 講 師 入 澤 篤 志 福 島 県 立 医 科 大 学 会 津 医 療 センター 消 化 器 内 科 学 講 座 小 原

More information

Microsoft PowerPoint - 大腸癌説明同意文書改訂版.ppt

Microsoft PowerPoint - 大腸癌説明同意文書改訂版.ppt 大 腸 癌 治 療 について 大 腸 と 大 腸 癌 とは? 2009 年 版 大 腸 癌 治 療 ガイドラインの 解 説 より 引 用 大 腸 とは? 大 腸 は 盲 腸 から 続 いて 上 行 結 腸 横 行 結 腸 下 行 結 腸 S 状 結 腸 と 続 き 直 腸 から 肛 門 へと 至 る 全 長 約 2mの 臓 器 です 口 から 小 腸 までの 間 に 消 化 吸 収 された 残 りの

More information

性黒色腫は本邦に比べてかなり高く たとえばオーストラリアでは悪性黒色腫の発生率は日本の 100 倍といわれており 親戚に一人は悪性黒色腫がいるくらい身近な癌といわれています このあと皮膚癌の中でも比較的発生頻度の高い基底細胞癌 有棘細胞癌 ボーエン病 悪性黒色腫について本邦の統計データを詳しく紹介し

性黒色腫は本邦に比べてかなり高く たとえばオーストラリアでは悪性黒色腫の発生率は日本の 100 倍といわれており 親戚に一人は悪性黒色腫がいるくらい身近な癌といわれています このあと皮膚癌の中でも比較的発生頻度の高い基底細胞癌 有棘細胞癌 ボーエン病 悪性黒色腫について本邦の統計データを詳しく紹介し 2012 年 12 月 6 日放送 第 111 回日本皮膚科学会総会 5 教育講演 20-1 皮膚腫瘍の最新疫学データ 筑波大学大学院皮膚科 講師藤澤康弘 はじめに皮膚癌は国立がん研究センターがとりまとめている全国集計データでも年々増加の一途をたどっており なかでも高齢者の患者の増加が目立ちます 日常の皮膚科診療でも遭遇する機会が今後も増え続けることから その発生状況を知っておくことは役に立つと思います

More information