インストールガイド PowerChute™ Network Shutdown v4.2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "インストールガイド PowerChute™ Network Shutdown v4.2"

Transcription

1 インストールガイド PowerChute Network Shutdown v4.2 Windows Linux /Unix Mac OS X Hyper-V /SCVMM VMware M /2017

2 Schneider Electric 法律に関する免責事項 Schneider Electric は 本マニュアルに記載される情報に関し 正式なものであること 誤記がないこと または完全であることを保証しません 本マニュアルは 施設固有の詳細な運用開発プランに取って代わるものではありません したがって Schneider Electric は 損傷 法律違反 不適切なインストール システム障害 または本マニュアルを使用した結果生じるその他の問題に関し 一切の賠償責任を負いません 本マニュアルに記載される情報は 現状のまま提供され データセンターの設計および構造を評価することを唯一の目的として用意されています 本マニュアルは Schneider Electric が誠実に編集したものです ただし 本マニュアルに記載される情報の完全性または正確性に関し 明示または黙示を問わず いかなる意見表明も保証もされません SCHNEIDER ELECTRIC 本社 または SCHNEIDER ELECTRIC の親会社 関連会社もしくは子会社 またはその担当役員 担当取締役もしくは担当従業員は 本マニュアルまたはその内容を使用したり その使用に関連したり あるいはそれを使用できなかったりすることで生じる直接的 間接的 付随的 懲罰的 特別の または偶発的損害 ( 事業 契約 収益 データ 情報の喪失 または事業中断など ) について たとえ SCHNEIDER ELECTRIC がかかる損害の可能性を明示的に把握していた場合でも 一切の賠償責任を負いません SCHNEIDER ELECTRIC は 本マニュアルまたはそのフォーマットに関する項目またはその内容に関して いつでも予告なく変更または更新する権利を留保します 内容 ( ソフトウェア 音声 ビデオ テキスト および写真など ) の著作権 知的財産権 およびその他すべての所有権は Schneider Electric またはそのライセンサーに帰属します 内容に含まれるすべての権利は 本文書で明示的に付与および留保されません いかなる種類の権利もライセンス許諾または譲渡されません また 当該情報にアクセスするユーザーにその他の手段で受け渡すことも禁止します 本マニュアルの全部または一部を再販売することは禁止されています

3 はじめに PowerChute TM Network Shutdown (PowerChute) は UPS Network Management Card (NMC) と併用することで 複数のコンピューターシステムをネットワーク経由でシャットダウンします UPS に重大イベントが発生した場合 このソフトウェアは UPS のバッテリーが尽きる前に システムを自動的にシャットダウンします 保護できるシステムの数は UPS の容量にのみ制約を受けます お使いの環境における PowerChute の使用方法の詳細については アプリケーションノートを参照してください インストール後は PowerChute セットアップウィザードを使用してソフトウェアを設定する必要があります これにより PowerChute は UPS の重大イベントを検知して システムを保護します 製品センター PowerChute の [ 製品センター ] ページには 役に立つ最新情報のリンクが数多く記載されています これには 仮想化や通信の損失に関する基本的な情報 および UPS 構成例をはじめ 様々な分野の問題を解説するアプリケーションノートも含まれます

4 ソフトウェアおよびハードウェア要件 PowerChute Network Shutdown (PowerChute) をインストールするには以下の要件を満たしている必要があります サポートされているオペレーティングシステムと Web ブラウザー (Web サイトの オペレーティングシステムおよび互換性一覧 を参照 ) VMware で使用する場合は ESXi の有償ライセンスが必要です PowerChute では無償版の ESXi はサポート対象外です ディスク領域 タスク PowerChute Network Shutdown インストールプロセスを開始する 仮想アプライアンスを使用して PowerChute Network Shutdown をインストール - ディスクフォーマット : シンプロビジョニング済み 仮想アプライアンスを使用して PowerChute Network Shutdown をインストール - ディスクフォーマット : シックプロビジョニング済み プライベート JRE とともに PowerChute Network Shutdown をインストール パブリック JRE がインストール済みの場合に PowerChute Network Shutdown をインストール 必要なディスク領域 100 MB 2 GB 3 GB 135 MB 15 MB JRE 各オペレーティングシステム用のサポートされている Java Runtime Environment (JRE) も必要です PowerChute では プライベート JRE をインストールすることもできます サポート対象バージョンのパブリック JRE が OS 上にインストールされていない場合は プライベート JRE オプションを選択しなければインストールを続行できません サポートされている最も古いバージョンの JRE は Java 8 です Java Runtime Environment は ほとんどの OS で からダウンロードできます 注意 : Mac OS X では JDK 8 をインストールしてください JRE には PowerChute を実行するために必要なファイルが含まれていません JDK 8 をダウンロードするには Oracle 社の WEB サイトにアクセスし JDK ダウンロードオプションを選択してください コンピューターのハードウェア要件として 700 MHz 以上のプロセッサと 256MB 以上のメモリが必要です PowerChute とのグラフィカルインターフェイス : 1024x768 以上 ( 最低 800x600 以上 ) の解像度のモニターをお勧めします

5 Smart Slot およびファームウェアバージョンが 以上の Network Management Card ( パーツ番号 AP9617 AP9618 AP9619 AP9630 AP9631 AP9635) を備えた UPS または Symmetra PX2 (Network Management Card (OG-9354) を内蔵 ) - APC Web サイトから NMC ファームウェアを入手して NMC ファームウェアを更新できます PowerChute Network Shutdown を PowerNet SNMP Adapter (Card) で使用することはできません ご使用のカードのパーツ番号が AP9605 AP9606 AP9205 または AP9603 の場合 PowerChute Network Shutdown と互換性がありません 各 NMC の IP アドレスをあらかじめ控えておいてください PowerChute は Network Management Card との通信で IPv4 または IPv6 を使用できます IPv6 がサポートされるのは Network Management Card ファームウェア 6.0.x 以上のみです ファイアーウォール PowerChute は NMC Web アクセスポート ( デフォルト :TCP port 80) に接続し UDP ポート 3052 に着信するデータを受信できる必要があります SNMP が有効である場合 PowerChute は インストール時に設定されている SNMP ポート ( デフォルトは 161) でデータを受信できる必要があります また 設定されているトラップレシーバーのポートに送信されるトラップを許可するようにファイアーウォールを設定しなければなりません Windows ファイアーウォールが有効な場合は PowerChute のインストール時に 必要なポートを使用できるようにファイアーウォールを自動的に設定できます PowerChute で Hyper-V をサポートする場合は Windows PowerShell 2.0 以上が必要です PowerShell 2.0 を Windows Server 2008 にインストールする方法については を参照してください インストーラーを実行するには 管理者または Root 権限が必要です PowerChute Network Shutdown をインストールする前に PowerChute Plus PowerChute Business Edition PowerChute Personal Edition および PowerChute Server をアンインストールする必要があります SNMP MIB ネットワーク管理システム (NMS) を使用して SNMP 経由で PowerChute Network Shutdown にアクセスするには まず最初に NMS に APC PowerNet MIB をインストールする必要があります 以下の手順で PowerNet MIB の最新バージョンを入手します : 1. APC の Web サイト ( にアクセス 2. ソフトウェア / ファームウェアドロップダウンリストから ファームウェアのアップグレード - MIB を選択 3. NMS ユーザーガイドの指示にしたがい NMS に MIB をインストール PowerNet MIB は PowerChute インストールディレクトリーのグループ 1 フォルダからも入手可能です

6 インストールの準備 PowerChute Network Shutdown ソフトウェアのインストールを実行する前に 以下の手順を完了してください 1. PowerChute のインストールを開始する前に UPS に Network Management Card (NMC) を装着して IP アドレスを割り当ててください 装着の手順については Network Management Card インストールガイド を参照してください 2. NMC ユーザーインターフェイスを使って UPS と Network Management Card を設定します 最低でも 次の項目を設定してください b a. シャットダウンの設定では [ バッテリ残量低下持続時間 ] フィールドの値を5 分以上に設定します b. 管理者の認証フレーズを設定します NMC と PowerChute では 管理者の認証フレーズとユーザー名は同じものを使用する必要があります NMC の場合 デフォルトの管理者ユーザー名とパスワードは両方とも apc であり デフォルトの認証フレーズは admin user phrase です セキュリティ上の理由から これらの値をデフォルト値から変更することをお勧めします 異なる NMC アカウントタイプと PowerChute ファームウェアバージョン 以上の NMC では 複数のユーザーを異なるアカウントタイプ ( 管理者 デバイス リードオンリー ネットワークオンリー ) で追加できます PowerChute は 組み込まれている apc アカウントの代わりに管理者またはデバイスアカウントを使用して NMC と通信できます 手順は次の通りです 1. [Configuration] - [Security] - [Local Users] - [Management] の順に選択して 管理者またはデバイスアカウントで NMC のアカウントを作成します 新しいユーザーを追加するには スーパーユーザーアカウント (apc) でログオンする必要があります 2. NMC ユーザーインターフェイスで [Configuration] - [Shutdown] ページを開きます 3. [PowerChute Shutdown Parameters] の下にある [User Name] ドロップダウンリストから 作成した新しいアカウントを選択します 4. PowerChute でも同じ名前を使用します 認証フレーズも一致しなければなりません

7 インストールガイド PowerChute Network Shutdown Windows

8 PowerChute Network Shutdown のインストール 以下の項目を参照してください Windows および Windows Server Core でのインストール ソフトウェアのアップグレード Windows でのアンインストール ソフトウェアの自動インストール

9 Windows および Windows Server Core でのインストール Windows にインストールして VMware ホストを監視する場合は 本ヘルプの VMware のセクションを参照してください Hyper-V または SCVMM でのインストール方法については 本ヘルプの Hyper-V/SCVMM のセクションを参照してください 以下の手順に従ってください 1. PowerChute のインストール実行ファイル (Setup-x32.exe または Setup-x64.exe) は PowerChute CD (Windows & Linux 版 ) または DVD (Virtualization 版 ) の Windowsx86 および Windows-x86-64 フォルダにあります または APC の Web サイトからダウンロードします インストーラーの実行には管理者権限が必要です ファイルをダブルクリックします (Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は Zip ファイルを解凍する必要があります ) 2. Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は 次の警告ダイアログボックスが表示されます [ はい ] ボタンをクリックします 3. [Welcome] ダイアログボックスで [Next] をクリックして続行します [License Agreement] ダイアログボックスで ライセンス利用許諾書の内容に同意する場合は [I Agree] をクリックして続行します 4. Java Runtime Environment (JRE) の設定において PowerChute インストーラーは Windows レジストリをチェックしてサポートされているパブリック JRE がインストールされているか特定します 有効なパブリック JRE が検出された場合は その JRE を使用するか PowerChute と一緒に提供されているプライベート JRE を使用するかを選択できます パブリックおよびプライベート JRE の詳細については JRE を参照してください

10 5. [SNMP サポート ] ダイアログボックスが表示されます [SNMP サポートを有効にする ] チェックボックスを選択します 注意 : インストール時に SNMP サポートを有効に設定しないと 以後 PowerChute 構成ウィザードで有効にすることはできず Web ユーザーインターフェイスや構成 INI ファイルで SNMP に関連するオプションは利用できなくなります [SNMP ディスカバリーポート ] を指定します デフォルト値として 161 が自動的に入力されますが このポートがすでに使用されている場合は他の値に変更できます 指定したポート番号が利用できるかどうかが自動的に確認され 利用できない場合は別の番号を入力しなければ次に進むことはできません Windows ファイアーウォールが有効である場合は PowerChute がポート 161 へのデータを受信できるようにしてください 詳細については ファイアーウォール を参照してください SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります [ 次へ (Next)] をクリックして継続します

11 6. Hyper-V が検出されない場合は 次の [VMware サポートの設定 (VMware Support)] ダイアログボックスが表示されます [VMware サポートを有効にしない (Do not enable VMware Support)] を選択します 日本語版の Windows & Linux 版では 上記の [VMware サポートの設定 (VMware Support)] ダイアログボックスと下記の [Hyper-V サポートの設定 (Hyper-V Support)] ダイアログボックスのどちらも表示されません Hyper-V が検出された場合は 次の [Hyper-V サポートの設定 (Hyper-V Support)] ダイアログボックスが表示されます [Hyper-V サポートを有効にしない (Do not enable Hyper-V Support)] を有効にし [ 次へ (Next)] をクリックして続行します

12 7. インストール先のフォルダを指定するか またはデフォルトのフォルダを受け入れます 8. Windows ファイアーウォールが有効な場合は 次のメッセージが表示されたら [Yes] を選択すると ファイアーウォールを自動的に設定できます Network Management Card との通信を有効にするには Windows ファイアーウォール上で PowerChute Network Shutdown ポートを開く必要があります この設定を自動で行いますか? 詳細については ファイアーウォール を参照してください インストールが完了したら システムを保護するために PowerChute を設定する必要があります Windows では このダイアログボックスで [ 完了 (Finish)] ボタンをクリックすると PowerChute セットアップウィザードが自動的に起動します Windows Server Core の場合は 次のダイアログボックスが表示されますので 手順に従ってください

13 ソフトウェアのアップグレード PowerChute v3.1 以降がすでにインストールされている場合には インストールのプロセスで 新規インストールによる完全な置き換えではなく 既存の設定を引き継いだアップグレードインストールとして実行されることが通知されます アップグレードでは 構成の既存の設定を引き継ぐことが可能になります それより古いバージョンの PowerChute がインストールされている場合は v4.2 をインストールする前に 古いバージョンをアンインストールする必要があります Windows でアップグレードした場合は PowerChute セットアップウィザードの実行は必要ありません PowerChute を 32 ビット版から 64 ビット版へアップグレードすることはできません フルインストールを実行する必要があります また あらかじめ旧バージョンを手動でアンインストールする必要があります アップグレードインストールの実行後 PowerChute ユーザーインターフェイス機能改善が正確に適用されるためには ブラウザーの履歴を消去する必要があります Internet Explorer の場合 - [ ツール ] > [ セーフティ ] > [ 閲覧履歴の削除 ] を選択 Chromeの場合 - [ 設定 ] > [ 詳細設定を表示 ] > [ プライバシー ] > [ 閲覧履歴データの消去 ] を選択 Firefox の場合 - [ メニューを開きます ] > [ 履歴 ] > [ 最近の履歴を消去 ] を選択

14 Windows でのアンインストール Windows のスタートメニューにある [PowerChute Network Shutdown] から [ アンインストール ] を使用します Windows Server Core の場合は以下の手順に従ってください 1. コマンドプロンプトウィンドウを開きます 2. C:\Program Files\APC\PowerChute\uninstall.exe と入力して Enter キーを押します Windows Server 2012 の場合は [ プログラムの追加と削除 ] を使用して PowerChute をアンインストールしてください 1. [ スタート ] メニューの [PowerChute Network Shutdown] メニューオプションを右クリックします 2. 画面の一番下に表示されるオプションメニューから [ アンインストール ] を選択します 自動モードでアンインストールする方法 : 1. コマンドプロンプトを開きます 2. "C:\Program Files\APC\PowerChute\uninstall.exe" /S と入力して Return キーを押します

15 ソフトウェアの自動インストール 自動インストールとは インストールが無人または非対話的に行われることを指します 自動インストールでは 同じイベント設定やシャットダウン設定をロールアウトすることはできません ただし pcnsconfig.ini を使用するとロールアウトを実行できます オンラインヘルプの INI ファイルのセクションを参照してください PowerChute で自動インストールがサポートされるのは シングル 冗長および並列 UPS 構成のみです Windows での自動インストール 以下の手順を実行してください 自動インストールファイルを編集して必要なパラメーターを設定します 自動インストールファイルの編集 を参照してください 1. Windows コマンドラインに次の1 行を入力します Setup.exe /S /F silentinstall.ini 自動インストールが失敗した場合は 付録 A: 自動インストールのエラーコード を参照してください

16 自動インストールファイルの編集 Windows オペレーティングシステムでは 自動インストールの設定を行うファイルは silentinstall.ini です このファイルはプレーンテキストファイルであるため 標準的なテキストエディタで編集できます 各フィールドまたは行には インストーラーがインストールを実行するために必要な値が含まれています 自動インストールファイルのフィールドを下表に示します フィールド名 applicationdirectory= ACCEPT_EULA=yes *INSTALL_JAVA= System PCNS 説明 インストールフォルダを指定します (=) の後にフォルダ名を入力します 使用しているオペレーティングシステムで有効な文字が使用されていることを確認してください 注意 : インストールパスには 日本語などで使用されるマルチバイト文字や 一部のシングルバイトの拡張 ASCII 文字 (ß, é, ä など ) は使用できません yes はソフトウェア使用許諾契約の受諾を示します ここで yes を指定しない限り インストールは続行しません ここで System という値は PowerChute のインストールでパブリック JRE を使用することを表します PCNS という値は プライベート JRE を使用することを表します * インストールで JRE が要件を満たしているかどうかが検出されます JRE を参照してください REGISTER_WITH_NMC= yes no MODE= single redundant parallel NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast IP_1= IP_2= IP_3= IP_4= IP_5= IP_6= IP_7= # IP_8= # IP_9= yes または no を使用します これによって PowerChute を Network Management Card (NMC) に登録するかどうかを指定します single redundant または parallel を使用して UPS 構成モードを指定します 詳細については PowerChute Network Shutdown の動作モードとサポートされる UPS 構成 ( こちら ) を参照してください インターネットプロトコルとして IPv4 または IPv6 を指定します IPv6 のみを使用する場合 (NETWORKCONFIG= IPv6 と指定した場合 ) は ここで通信メカニズムを指定しなければなりません UNICAST_ADDRESS= と MULTICAST_ADDRESS= も参照してください 詳細については PowerChute Network Shutdown の通信プロセス ( こちら ) を参照してください 各行で この PowerChute と通信を行うそれぞれの NMC の IP アドレスを指定します 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 参照 )

17 フィールド名 IP_1_Outlet= IP_2_Outlet= IP_3_Outlet= IP_4_Outlet= IP_5_Outlet= IP_6_Outlet= IP_7_Outlet= # IP_8_Outlet= # IP_9_Outlet= PORT= PROTOCOL= HTTP HTTPS ACCEPTCERTS= YES NO USERNAME= PASSWORD= AUTHENTICATION_PHRASE= LOCAL_IP_ADDRESS= UNICAST_ADDRESS= MULTICAST_ADDRESS= 説明 これは コンセントグループ機能付きの UPS (Smart-UPS SMX および SMT デバイスなど ) のみに適用されます PowerChute に電力を供給するコンセントグループを指定してください スイッチドコンセントグループのみを持つ UPS では IP_1_Outlet を 1 に設定しなければなりません 0 と入力すると PowerChute は最初のコンセントグループに関連したコンセントイベントを正しく識別できないことがあります メインコンセントグループ ( 非スイッチド ) とスイッチドコンセントグループの両方を持つ UPS では IP_1_Outlet を 0 に設定しなければなりません 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 を参照 ) NMC Web のポート番号を指定します HTTP 用は 80 HTTPS 用は 443 です 使用するプロトコルの種類を HTTP または HTTPS のいずれかで指定します HTTPS プロトコルを使用する場合 接続を保護するために SSL 証明書が使用されます デフォルトでは NMC で使用されるのは自己署名証明書で これを承認する必要があります YES を選択すると 自己署名証明書は自動的に承認されます NO を選択すると NMC に有効な証明書が設定されている場合にのみ接続を承認します ユーザー名 パスワード および認証フレーズを入力して NMC との PowerChute の通信を検証します ( 認証フレーズが指定されていない場合 デフォルト値が使用されます ) 注意 : セキュリティ上の理由から これらの値をデフォルト値から変更することをお勧めします ユーザー名とパスワードには以下の文字を使用できます 小文字と大文字のアルファベット (a ~ z および A ~ Z) 0 ~ 9 の数字 次の記号 : }[]~ パスワードは 3 ~ 32 文字 ユーザー名は 3 ~ 10 文字で指定してください 認証フレーズは ASCII 文字で 15 ~ 32 文字以内です この情報は 複数のネットワークカードが装着されている PowerChute サーバーに適用されます これを使用して PowerChute と通信するカードの IP アドレスを指定します NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で unicast を指定した場合は ここでユニキャストホストアドレスを指定する必要があります NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で multicast を指定した場合 Network Management カードは ここで指定したマルチキャストアドレスに UDP パケットを送信します SNMPv1 ENABLE_SNMPV1_ACCESS = True False NAME _COMMUNITY_N = NMS_COMMUNITY_N= SNMPv1 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します コミュニティー名を 15 文字以下の ASCII 文字で入力します ネットワーク管理システムの IP アドレスを入力します

18 フィールド名 ACCESS_TYPE_COMMUNITY_N = READONLY READWRITE DISABLED 説明 SNMP コミュニティー文字列のアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT = SNMP ポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMPv3 ENABLE_SNMPV3_ACCESS = True False USERNAME_PROFILE_N = AUTH_PASSPHRASE_PROFILE_N = PRIV_PASSPHRASE_PROFILE_N = AUTH_PROTOCOL_PROFILE_N = MD5 SHA1 SHA256 SHA512 NONE PRIV_PROTOCOL_PROFILE_N = AES128 AES192 AES192EX AES256EX AES256 DES NONE SNMPv3 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を 32 文字以下の ASCII 文字で入力します 認証パスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します プライバシーパスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します SNMPv3 ユーザープロファイルの認証プロトコルを指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのプライバシープロトコルを指定します AES-192/Ex および AES-256 /Ex の JRE 要件の詳細については にある PowerChute Network Shutdown ユーザーガイド の SNMP のトラブルシューティング を参照してください ACCESS_TYPE_PROFILE_N = READONLY READWRITE DISABLED SNMPv3 ユーザープロファイルのアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT= SNMP ディスカバリーポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMP トラップ UPSCriticalEvents_Enabled = True False UPSCriticalEvents_SendClearingTrap = True False UPSCriticalEvents_Delay = UPSCriticalEvents_RepeatInterval = UPSCriticalEvents_RepeatUntilCleared = True False UPSCriticalEvents_RepeatTimes = LostCommsEvents_Enabled = True False UPS 重大イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します UPS 重大イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために UPS 重大イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します UPS 重大イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します UPS 重大イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します 通信消失イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します

19 フィールド名 LostCommsEvents_SendClearingTrap = True False LostCommsEvents_Delay = LostCommsEvents_RepeatInterval = LostCommsEvents_RepeatUntilCleared = True False LostCommsEvents_RepeatTimes = Enabled_TrapReceiver_N = True False NMS_TrapReceiver_N = Port_TrapReceiver_N = Type_TrapReceiver_N = v1 v3 ProfileName_TrapReceiver_N = 説明 通信消失イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために通信消失イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します 通信消失イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します 通信消失イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します トラップレシーバーを有効にするには True を入力します トラップを受信する Network Management System の IP アドレスを入力します トラップレシーバーのポート番号を入力します トラップを送信する SNMP のバージョンを指定します トラップの送信に使用する SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を入力します 注意 : N は整数 (0-N) を表します

20 インストールガイド PowerChute Network Shutdown Linux/UNIX

21 PowerChute Network Shutdown のインストール 以下の項目を参照してください Linux および UNIX でのインストール手順 ソフトウェアのアップグレード Linux および UNIX でのアンインストール ソフトウェアの自動インストール

22 Linux および UNIX でのインストール手順 次の手順は Solaris AIX および HP-UX でインストールする場合にも適用されます インストールを実行するにはルート権限を持っている必要があります Solaris でインストールする場合 : Java 7 は 32 ビット版のPowerChute と一緒に提供されています Java 8 は 64 ビット版のPowerChute とのみ一緒に提供されています 1. PowerChute CD からインストールする場合 CD の Linux_x32 または Linux_x64 のいずれかのディレクトリーの中にインストールファイルがあります 該当するインストールファイルを使用サーバーのテンポラリディレクトリーにコピーします 2. Web サイトからインストールする場合は pcns420linux.tar.gz ファイルを ご使用のサーバーのテンポラリディレクトリーにコピーします 作業ディレクトリーをテンポラリディレクトリーに変更します ここで次のコマンドを入力します gunzip pcns420linux.tar.gz tar -xf pcns420linux.tar 3. ルートユーザーとしてログインしていない場合は sudo を使用してインストーラーを実行するか または su コマンドを使用して ルートユーザーのコンテキストに切り替えてインストーラーを実行する必要があります./install.sh Web からのダウンロード後に 実行の許可を与える必要があります chmod +x install.sh HP-UX で./install.sh の実行前にコマンド su - root を入力します 4. [License Agreement] ダイアログボックスで ライセンス利用許諾書の内容に同意する場合は Yes と入力してから Enter キーを押して続行します 終了する場合は No と入力します 5. Java Runtime Environment (JRE) の設定において 有効なパブリック JRE が検出された場合は その JRE を使用するか PowerChute と一緒に提供されているプライベート JRE を使用するかを選択できます ( JRE を参照 ) AIX または HP-UX にはプライベート JRE を使用できません パブリック JRE を使用する場合 そのパスを入力する必要があります インストール先のフォルダを指定するか またはデフォルトのフォルダを受け入れます スペースを含むディレクトリー名は インストール先にも Java ディレクトリーにも指定できません インストール先のディレクトリーを指定しないと デフォルトディレクトリー (/opt/apc) にインストールされます 6. SNMP サポートを有効にするには [Yes] を選択し SNMP ディスカバリーポート番号を入力します デフォルトのポート番号である 161 が利用できない場合は 利用可能な他の番号を入力してください ファイアーウォールが有効である場合は PowerChute がポート 161 へのデータを受信できるようにしてください 詳細については ファイアーウォール を参照してください 注意 : インストール時にSNMP サポートを有効に設定しないと 以後 PowerChute 構成ウィザードで有効にすることはできず Web ユーザーインターフェイスや構成 INI ファイルでSNMP に関連するオプションは利用できなくなります

23 SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります インストールが完了したら システムを保護するための設定が必要です ブラウザーを起動して PowerChute の URL を入力してください IP>:6547 PowerChute セットアップウィザードの手順に従って設定を完了します ソフトウェアのアップグレード PowerChute v3.1 以降がすでにインストールされている場合には インストールのプロセスで 新規インストールによる完全な置き換えではなく 既存の設定を引き継いだアップグレードインストールとして実行されることが通知されます アップグレードでは 構成の既存の設定を引き継ぐことが可能になります Linux でアップグレードした場合は PowerChute セットアップウィザードを実行する必要があります PowerChute を 32 ビット版から 64 ビット版へアップグレードすることはできません フルインストールを実行する必要があります また 最初に旧バージョンを手動でアンインストールする必要があります アップグレードインストールの実行後 PowerChute ユーザーインターフェイス機能改善が正確に適用されるためには ブラウザーの履歴を消去する必要があります Internet Explorer の場合 - [ ツール ] > [ セーフティ ] > [ 閲覧履歴の削除 ] を選択 Chromeの場合 - [ 設定 ] > [ 詳細設定を表示 ] > [ プライバシー ] > [ 閲覧履歴データの消去 ] を選択 Firefox の場合 - [ メニューを開きます ] > [ 履歴 ] > [ 最近の履歴を消去 ] を選択

24 Linux および UNIX でのアンインストール Linux の場合 : ターミナルプロンプトから PowerChute ディレクトリーのアンインストールスクリプトを実行します /opt/apc/powerchute/uninstall 自動モードでアンインストールするには PowerChute ディレクトリーにあるアンインストールスクリプトの -q オプションを使用します /opt/apc/powerchute/uninstall -q UNIX の場合 デーモンが起動するとスクリプトによって 1024 ファイルハンドルが追加されます 不要な場合は 以下の場所で ulimit -n 1024 を PCNS 起動スクリプトから削除します /opt/apc/powerchute/group1/powerchute.sh

25 ソフトウェアの自動インストール 自動インストールとは インストールが無人または非対話的に行われることを指します 自動インストールでは 同じイベント設定やシャットダウン設定をロールアウトすることはできません ただし pcnsconfig.ini を使用するとロールアウトを実行できます オンラインヘルプの INI ファイルのセクションを参照してください PowerChute で自動インストールがサポートされるのは シングル 冗長および並列 UPS 構成のみです Linux での自動インストール 自動インストールファイル (silentinstall.sample) を編集して必要なパラメーターを設定します 自動インストールファイルの編集 を参照してください 下記のコマンドを実行して 管理者としてインストールを開始します./install.sh f silentinstall.sample 自動インストールが失敗した場合は 付録 A: 自動インストールのエラーコード を参照してください

26 自動インストールファイルの編集 Linux OS で自動インストールを開始するファイルは silentinstall.sample という名前です このファイルはプレーンテキストファイルであるため 標準的なテキストエディタで編集できます 各フィールドまたは行には インストーラーがインストールを実行するために必要な値が含まれています 自動インストールファイルのフィールドを下表に示します フィールド名 INSTALL_DIR= JAVA_DIR= 説明 インストール先を指定します = の後ろにインストール先を入力します 使用しているオペレーティングシステム上で有効な文字が使用されていることを確認してください 注意 : インストールパスには 日本語などで使用されるマルチバイト文字や 一部のシングルバイトの拡張 ASCII 文字 (ß, é, ä など ) は使用できません JRE のディレクトリーを指定します システムでパブリック JRE がインストールされているパスを入力します ( 例 : /usr/local/bin/ jre/jre1.x.x_xx.) この値が空白または存在しない場合 プライベート JRE がインストールされます ACCEPT_EULA=yes yes はソフトウェア使用許諾契約の受諾を示します ここで yes を指定しない限り インストールは続行しません REGISTER_WITH_NMC= yes no MODE= single redundant parallel NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast IP_1= IP_2= IP_3= IP_4= IP_5= IP_6= IP_7= # IP_8= # IP_9= yes または no を使用します これによって PowerChute を Network Management Card (NMC) に登録するかどうかを指定します single redundant または parallel を使用して UPS 構成モードを指定します 詳細については PowerChute Network Shutdown の動作モードとサポートされる UPS 構成 ( こちら ) を参照してください インターネットプロトコルとして IPv4 または IPv6 を指定します IPv6 のみを使用する場合 (NETWORKCONFIG= IPv6 と指定した場合 ) は ここで通信メカニズムを指定しなければなりません UNICAST_ADDRESS= と MULTICAST_ADDRESS= も参照してください 詳細については PowerChute Network Shutdown の通信プロセス ( こちら ) を参照してください 各行で この PowerChute と通信を行うそれぞれの NMC の IP アドレスを指定します 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 参照 )

27 フィールド名 IP_1_Outlet= IP_2_Outlet= IP_3_Outlet= IP_4_Outlet= IP_5_Outlet= IP_6_Outlet= IP_7_Outlet= # IP_8_Outlet= # IP_9_Outlet= PORT= PROTOCOL= HTTP HTTPS ACCEPTCERTS= YES NO USERNAME= PASSWORD= AUTHENTICATION_PHRASE= LOCAL_IP_ADDRESS= UNICAST_ADDRESS= MULTICAST_ADDRESS= ENABLE_SNMPV1_ACCESS = True False NAME _COMMUNITY_N = NMS_COMMUNITY_N= 説明 これは コンセントグループ機能付きの UPS (Smart-UPS SMX および SMT デバイスなど ) のみに適用されます PowerChute に電力を供給するコンセントグループを指定してください スイッチドコンセントグループのみを持つ UPS では IP_1_Outlet を 1 に設定しなければなりません 0 と入力すると PowerChute は最初のコンセントグループに関連したコンセントイベントを正しく識別できないことがあります メインコンセントグループ ( 非スイッチド ) とスイッチドコンセントグループの両方を持つ UPS では IP_1_Outlet を 0 に設定しなければなりません 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 を参照 ) NMC Web のポート番号を指定します HTTP 用は 80 HTTPS 用は 443 です 使用するプロトコルの種類を HTTP または HTTPS のいずれかで指定します HTTPS プロトコルを使用する場合 接続を保護するために SSL 証明書が使用されます デフォルトでは NMC で使用されるのは自己署名証明書で これを承認する必要があります YES を選択すると 自己署名証明書は自動的に承認されます NO を選択すると NMC に有効な証明書が設定されている場合にのみ接続を承認します ユーザー名 パスワード および認証フレーズを入力して NMC との PowerChute の通信を検証します ( 認証フレーズが指定されていない場合 デフォルト値が使用されます ) 注意 : セキュリティ上の理由から これらの値をデフォルト値から変更することをお勧めします ユーザー名とパスワードには以下の文字を使用できます 小文字と大文字のアルファベット (a ~ z および A ~ Z) 0 ~ 9 の数字 次の記号 : }[]~ パスワードは 3 ~ 32 文字 ユーザー名は 3 ~ 10 文字で指定してください 認証フレーズは ASCII 文字で 15 ~ 32 文字以内です この情報は 複数のネットワークカードが装着されている PowerChute サーバーに適用されます これを使用して PowerChute と通信するカードの IP アドレスを指定します NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で unicast を指定した場合は ここでユニキャストホストアドレスを指定する必要があります NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で multicast を指定した場合 Network Management カードは ここで指定したマルチキャストアドレスに UDP パケットを送信します SNMPv1 SNMPv1 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します コミュニティー名を 15 文字以下の ASCII 文字で入力します Network Management System の IP アドレスを入力します

28 フィールド名 ACCESS_TYPE_COMMUNITY_N = READONLY READWRITE DISABLED 説明 SNMP コミュニティー文字列のアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT = SNMP ポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMPv3 ENABLE_SNMPV3_ACCESS = True False USERNAME_PROFILE_N = AUTH_PASSPHRASE_PROFILE_N = PRIV_PASSPHRASE_PROFILE_N = AUTH_PROTOCOL_PROFILE_N = MD5 SHA1 SHA256 SHA512 NONE PRIV_PROTOCOL_PROFILE_N = AES128 AES192 AES192EX AES256EX AES256 DES NONE ACCESS_TYPE_PROFILE_N = READONLY READWRITE DISABLED SNMPv3 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を 32 文字以下の ASCII 文字で入力します 認証パスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します プライバシーパスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します SNMPv3 ユーザープロファイルの認証プロトコルを指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのプライバシープロトコルを指定します AES-192/Ex および AES-256/Ex の JRE 要件の詳細については にある PowerChute Network Shutdown ユーザーガイド の SNMP のトラブルシューティング を参照してください SNMPv3 ユーザープロファイルのアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT= SNMP ディスカバリーポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMP トラップ UPSCriticalEvents_Enabled = True False UPSCriticalEvents_SendClearingTrap = True False UPSCriticalEvents_Delay = UPSCriticalEvents_RepeatInterval = UPSCriticalEvents_RepeatUntilCleared = True False UPSCriticalEvents_RepeatTimes = LostCommsEvents_Enabled = True False UPS 重大イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します UPS 重大イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために UPS 重大イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します UPS 重大イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します UPS 重大イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します 通信消失イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します

29 フィールド名 LostCommsEvents_SendClearingTrap = True False LostCommsEvents_Delay = LostCommsEvents_RepeatInterval = LostCommsEvents_RepeatUntilCleared = True False LostCommsEvents_RepeatTimes = Enabled_TrapReceiver_N = True False NMS_TrapReceiver_N = Port_TrapReceiver_N = Type_TrapReceiver_N = v1 v3 ProfileName_TrapReceiver_N = 説明 通信消失イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために通信消失イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します 通信消失イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します 通信消失イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します トラップレシーバーを有効にするには True を入力します トラップを受信する Network Management System の IP アドレスを入力します トラップレシーバーのポート番号を入力します トラップを送信する SNMP のバージョンを指定します トラップの送信に使用する SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を入力します 注意 : N は整数 (0-N) を表します

30 インストールガイド PowerChute Network Shutdown Mac OS X

31 PowerChute Network Shutdown のインストール 以下の項目を参照してください Mac OS X でのインストール ソフトウェアのアップグレード Mac OS X でのアンインストール ソフトウェアの自動インストール

32 Mac OS X でのインストール PowerChute は保護対象のマシンでインストールする必要があります 以下の手順を実行してください 1. PowerChute は PowerChute CD の MacOSX フォルダにあります または APC の Web サイトからダウンロードします Mac OS X フォルダから Mac 上のフォルダにインストールファイルをコピーします 2. ターミナルを開き インストールスクリプトを格納するフォルダに移動します 3../install.command を実行します 4. ターミナルウィンドウでパスワードを入力するように求められます 5. PowerChute インストーラーが表示されるので [Next] をクリックして使用許諾契約書を受諾します

33 6. PowerChute のインストール先のディレクトリーへのパスを入力します 7. [SNMP サポート ] ダイアログボックスが表示されます [SNMP サポートを有効にする ] チェックボックスを選択します 注意 : インストール時に SNMP サポートを有効に設定しないと 以後 PowerChute 構成ウィザードで有効にすることはできず Web ユーザーインターフェイスや構成 INI ファイルで SNMP に関連するオプションは利用できなくなります [SNMP ディスカバリーポート ] を指定します デフォルト値として 161 が自動的に入力されますが このポートがすでに使用されている場合は他の値に変更できます 指定したポート番号が利用できるかどうかが自動的に確認され 利用できない場合は別の番号を入力しなければ次に進むことはできません ファイアーウォールが有効である場合は PowerChute がポート 161 へのデータを受信できるようにしてください 詳細については ファイアーウォール を参照してください SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります

34 8. [Next] をクリックしてインストールを続行します インストールが始まったらキャンセルすることはできません 9. インストール進行状況バーが表示されます

35 10. インストールが成功したら ウィンドウが表示されサーバー設定を求められます 11. [Open PCNS in browser] をクリックし PowerChute セットアップウィザードを完了します インストールが完了したら システムを保護するための設定が必要です セットアップウィザードに従って設定を指定してください

36 ソフトウェアのアップグレード Mac OS X でインストール中に PowerChute をアップグレードすることはできません 新しいバージョンの PowerChute をインストールするには 前のバージョンを手動でアンインストールして最新バージョンの PowerChute v4.2 のフルインストールを実行する必要があります

37 Mac OS X でのアンインストール Mac OS X で PowerChute をアンインストールする方法 : 1. インストールファイルの保存先フォルダに移動します : /Users/Shared/Applications/APC/PowerChute 2. uninstall.command というファイルをダブルクリックします 3. ターミナルウィンドウが開き パスワードの入力を求められます 4. アンインストールの確認ウィンドウが開きます アンインストールするには [Yes] をクリックします 5. アンインストールの完了を示す確認ウィンドウが表示されます 自動モードでアンインストールする方法 : 1. ターミナルウィンドウで PowerChute ファイルのインストール先フォルダへ移動します 2../uninstall.command -q コマンドを入力します

38 ソフトウェアの自動インストール 自動インストールとは インストールが無人または非対話的に行われることを指します 自動インストールでは 同じイベント設定やシャットダウン設定をロールアウトすることはできません ただし pcnsconfig.ini を使用するとロールアウトを実行できます オンラインヘルプの INI ファイルのセクションを参照してください PowerChute で自動インストールがサポートされるのは シングル 冗長および並列 UPS 構成のみです Mac OS X での自動インストール 自動インストールファイルを編集して必要なパラメーターを設定します 自動インストールファイルの編集 を参照してください Mac OS X でのインストールでは 新しいサーバーの一時フォルダに移動し下記のコマンドを 1 行で入力します Install.command s silentinstall.ini sudo を使用するとユーザーは常にパスワードの入力を求められます パスワードの入力を自動で行うには 以下のコマンドを使用できます Echo password sudo S./install.command s applicationdirectory は INI ファイル内で最初の行である必要があります 自動インストールファイルの編集 を参照してください 自動インストールが失敗した場合は 付録 A: 自動インストールのエラーコード を参照してください

39 自動インストールファイルの編集 Mac OS X で自動インストールを開始するファイルは silentinstall.ini という名前です 各フィールドまたは行には インストーラーがインストールを実行するために必要な値が含まれています 自動インストールファイルのフィールドを下表に示します フィールド名 applicationdirectory= 説明 インストールフォルダを指定します (=) の後にフォルダ名を入力します 使用しているオペレーティングシステムで有効な文字が使用されていることを確認してください 注意 : インストールパスには 日本語などで使用されるマルチバイト文字や 一部のシングルバイトの拡張 ASCII 文字 (ß, é, ä など ) は使用できません ACCEPT_EULA=yes yes はソフトウェア使用許諾契約の受諾を示します ここで yes を指定しない限り インストールは続行しません REGISTER_WITH_NMC= yes no MODE= single redundant parallel NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast IP_1= IP_2= IP_3= IP_4= IP_5= IP_6= IP_7= # IP_8= # IP_9= IP_1_Outlet= IP_2_Outlet= IP_3_Outlet= IP_4_Outlet= IP_5_Outlet= IP_6_Outlet= IP_7_Outlet= # IP_8_Outlet= # IP_9_Outlet= yes または no を使用します これによって PowerChute を Network Management Card (NMC) に登録するかどうかを指定します single redundant または parallel を使用して UPS 構成モードを指定します 詳細については PowerChute Network Shutdown の動作モードとサポートされる UPS 構成 ( こちら ) を参照してください インターネットプロトコルとして IPv4 または IPv6 を指定します IPv6 のみを使用する場合 (NETWORKCONFIG= IPv6 と指定した場合 ) は ここで通信メカニズムを指定しなければなりません UNICAST_ADDRESS= と MULTICAST_ADDRESS= も参照してください 詳細については PowerChute Network Shutdown の通信プロセス ( こちら ) を参照してください 各行で この PowerChute と通信を行うそれぞれの NMC の IP アドレスを指定します 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 参照 ) これは コンセントグループ機能付きの UPS (Smart-UPS SMX および SMT デバイスなど ) のみに適用されます PowerChute に電力を供給するコンセントグループを指定してください スイッチドコンセントグループのみを持つ UPS では IP_1_Outlet を 1 に設定しなければなりません 0 と入力すると PowerChute は最初のコンセントグループに関連したコンセントイベントを正しく識別できないことがあります メインコンセントグループ ( 非スイッチド ) とスイッチドコンセントグループの両方を持つ UPS では IP_1_Outlet を 0 に設定しなければなりません 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 を参照 )

40 フィールド名 PORT= PROTOCOL= HTTP HTTPS ACCEPTCERTS= YES NO USERNAME= PASSWORD= AUTHENTICATION_PHRASE= 説明 NMC Web のポート番号を指定します HTTP 用は 80 HTTPS 用は 443 です 使用するプロトコルの種類を HTTP または HTTPS のいずれかで指定します HTTPS プロトコルを使用する場合 接続を保護するために SSL 証明書が使用されます デフォルトでは NMC で使用されるのは自己署名証明書で これを承認する必要があります YES を選択すると 自己署名証明書は自動的に承認されます NO を選択すると NMC に有効な証明書が設定されている場合にのみ接続を承認します ユーザー名 パスワード および認証フレーズを入力して NMC との PowerChute の通信を検証します ( 認証フレーズが指定されていない場合 デフォルト値が使用されます ) 注意 : セキュリティ上の理由から これらの値をデフォルト値から変更することをお勧めします ユーザー名とパスワードには以下の文字を使用できます 小文字と大文字のアルファベット (a ~ z および A ~ Z) 0 ~ 9 の数字 次の記号 : }[]~ パスワードは 3 ~ 32 文字 ユーザー名は 3 ~ 10 文字で指定してください 認証フレーズは ASCII 文字で 15 ~ 32 文字以内です LOCAL_IP_ADDRESS= UNICAST_ADDRESS= MULTICAST_ADDRESS= ENABLE_SNMPV1_ACCESS = True False NAME _COMMUNITY_N = NMS_COMMUNITY_N= ACCESS_TYPE_COMMUNITY_N = READONLY READWRITE DISABLED この情報は 複数のネットワークカードが装着されている PowerChute サーバーに適用されます これを使用して PowerChute と通信するカードの IP アドレスを指定します NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で unicast を指定した場合は ここでユニキャストホストアドレスを指定する必要があります NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で multicast を指定した場合 Network Management カードは ここで指定したマルチキャストアドレスに UDP パケットを送信します SNMPv1 SNMPv1 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します コミュニティー名を 15 文字以下の ASCII 文字で入力します Network Management System の IP アドレスを入力します SNMP コミュニティー文字列のアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT = SNMP ポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMPv3 ENABLE_SNMPV3_ACCESS = True False USERNAME_PROFILE_N = SNMPv3 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を 32 文字以下の ASCII 文字で入力します

41 フィールド名 AUTH_PASSPHRASE_PROFILE_N = PRIV_PASSPHRASE_PROFILE_N = AUTH_PROTOCOL_PROFILE_N = MD5 SHA1 SHA256 SHA512 NONE PRIV_PROTOCOL_PROFILE_N = AES128 AES192 AES192EX AES256EX AES256 DES NONE ACCESS_TYPE_PROFILE_N = READONLY READWRITE DISABLED 説明認証パスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します プライバシーパスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します SNMPv3 ユーザープロファイルの認証プロトコルを指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのプライバシープロトコルを指定します AES-192/Ex および AES-256/Ex の JRE 要件の詳細については にある PowerChute Network Shutdown ユーザーガイド の SNMP のトラブルシューティング を参照してください SNMPv3 ユーザープロファイルのアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP_PORT= SNMP ディスカバリーポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMP トラップ UPSCriticalEvents_Enabled = True False UPSCriticalEvents_SendClearingTrap = True False UPSCriticalEvents_Delay = UPSCriticalEvents_RepeatInterval = UPSCriticalEvents_RepeatUntilCleared = True False UPSCriticalEvents_RepeatTimes = LostCommsEvents_Enabled = True False LostCommsEvents_SendClearingTrap = True False LostCommsEvents_Delay = LostCommsEvents_RepeatInterval = LostCommsEvents_RepeatUntilCleared = True False LostCommsEvents_RepeatTimes = Enabled_TrapReceiver_N = True False NMS_TrapReceiver_N = Port_TrapReceiver_N = Type_TrapReceiver_N = v1 v3 ProfileName_TrapReceiver_N = UPS 重大イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します UPS 重大イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために UPS 重大イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します UPS 重大イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します UPS 重大イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します 通信消失イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します 通信消失イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために通信消失イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します 通信消失イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します 通信消失イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します トラップレシーバーを有効にするには True を入力します トラップを受信する Network Management System の IP アドレスを入力します トラップレシーバーのポート番号を入力します トラップを送信する SNMP のバージョンを指定します トラップの送信に使用する SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を入力します 注意 : N は整数 (0-N) を表します

42 インストールガイド PowerChute Network Shutdown Hyper-V/SCVMM

43 PowerChute Network Shutdown のインストール 以下の項目を参照してください Hyper-V 環境での PowerChute の使用 Windows Hyper-V/SCVMM でのインストール PowerChute SCVMM 環境へのインストール Hyper-V および SCVMM の設定 ソフトウェアのアップグレード Hyper-V および SCVMM でのアンインストール ソフトウェアの自動インストール Hyper-V 環境での PowerChute の使用 Hyper-V サーバーは Windows フェイルオーバークラスターの一部として機能することも スタンドアロンホストとして機能することもできます クラスターの一部である場合 PowerChute はシャットダウン時に同じクラスター内の使用可能な Hyper-V ホストへの仮想マシンのマイグレーションを実行できます リモートサーバー管理ツール Hyper-V およびフェイルオーバークラスタリング (Windows Server 2012) には リモートサーバー管理ツールをインストールする必要があります このツールがインストールされていない場合 PowerChute Powershell スクリプトは ( 仮想マシンの移行またはシャットダウンで ) 正しく機能しません 確認方法 : 1. Powershell を起動します 2. Get-Module -ListAvailable コマンドを実行します 3. Hyper-V とフェイルオーバークラスターが表示されていることを確認します

44 Windows Hyper-V/SCVMM でのインストール 以下の手順に従ってください 1. PowerChute のインストール実行ファイル (Setup-x64.exe) は Virtualization 版の PowerChute DVD の Windows-x86-64 フォルダにあります または APC の Web サイトからダウンロードします インストーラーの実行には管理者権限が必要です ファイルをダブルクリックします (Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は Zip ファイルを解凍する必要があります ) 2. Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は 次の警告ダイアログボックスが表示されます [ はい ] ボタンをクリックします 3. [Welcome] ダイアログボックスで [Next] をクリックして続行します [License Agreement] ダイアログボックスで ライセンス利用許諾書の内容に同意する場合は [I Agree] をクリックして続行します インストール先のフォルダを指定するか またはデフォルトのフォルダを受け入れます 4. Java Runtime Environment (JRE) の設定において 有効なパブリック JRE が検出された場合は その JRE を使用するか PowerChute と一緒に提供されているプライベート JRE を使用するかを選択できます パブリックおよびプライベート JRE の詳細については JRE を参照してください

45 5. [SNMP サポート ] ダイアログボックスが表示されます [SNMP サポートを有効にする ] チェックボックスを選択します 注意 : インストール時に SNMP サポートを有効に設定しないと 以後 PowerChute 構成ウィザードで有効にすることはできず Web ユーザーインターフェイスや構成 INI ファイルで SNMP に関連するオプションは利用できなくなります [SNMP ディスカバリーポート ] を指定します デフォルト値として 161 が自動的に入力されますが このポートがすでに使用されている場合は他の値に変更できます 指定したポート番号が利用できるかどうかが自動的に確認され 利用できない場合は別の番号を入力しなければ次に進むことはできません Windows ファイアーウォールが有効である場合は PowerChute がポート 161 へのデータを受信できるようにしてください 詳細については ファイアーウォール を参照してください SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります [Next] をクリックして継続します

46 6. 次のダイアログボックスで [Hyper-V サポートを有効にする (Enable Hyper-V Support)] を選択してインストールを続行します ダイアログボックスが開いて 以下の注意事項を表示します a. PowerChute は SCVMM が仮想マシンで動作する環境をサポートしていません b. PowerChute は物理マシンにインストールしなければなりません [OK] をクリックして続行します 7. Windows ファイアーウォールが有効な場合は 次のメッセージが表示されたら [Yes] を選択すると ファイアーウォールを自動的に設定できます Network Management Card との通信を有効にするには Windows ファイアーウォール上で PowerChute Network Shutdown ポートを開く必要があります この設定を自動で行いますか? 詳細については ファイアーウォール を参照してください インストールが完了したら システムを保護するために PowerChute を設定する必要があります

47 Hyper-V サーバーにインストールした場合は 他のマシンで PowerChute のインストールを設定する必要があります 下のダイアログボックスの手順 2 に表示されている Hyper-Vmachine は Hyper-V マシンのマシン名または IP アドレスを意味します 標準 Windows マシンでのインストールプロセスで Hyper-V を有効にした場合 [Finish] ボタンをクリックすると PowerChute セットアップウィザードが自動的に起動します

48 PowerChute SCVMM 環境へのインストール PowerChute は System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) によって管理されている Hyper-V ホストを保護できます 物理マシンで SCVMM を構築してください 仮想マシンに SCVMM を構築した環境は PowerChute のサポート対象外です PowerChute は SCVMM と同じサーバーにインストールすることもできれば リモートサーバーにインストールすることもできます PowerChute がリモートサーバーにインストールされている場合 : PowerChute によって使用される Powershell モジュールを提供するには 同じサーバーに SCVMM コンソールもインストールする必要があります PowerChute のインストール先のマシンアカウントを SCVMM 設定で管理者ユーザーロールに追加する必要があります SCVMM マシンをシャットダウンするには リモートシャットダウンコマンドを使用する必要があります リモートシャットダウンコマンドは PowerChute には含まれません PowerChute のインストール先のマシンアカウントを SCVMM で管理者ユーザーロールに追加する方法 : 1. SCVMM コンソールで [Settings] をクリックします 2. [Security] を展開して [User Roles] を選択します 3. 右ペインで管理者ロールを右クリックし [Properties] を選択します 4. [Administrator Properties] ダイアログボックスで [Members] をクリックします 5. [Add] ボタンをクリックし PowerChute のインストール先マシン名を入力します 6. [OK] を 2 回クリックします 7. [Role Members] のリストに PowerChute マシンアカウントが表示されていれば正しく設定が行われています

49 Hyper-V および SCVMM の設定 Hyper-V での仮想マシンのライブマイグレーションや仮想マシングレースフルシャットダウン SCVMM でのメンテナンスモード / ホストシャットダウンには Powershell スクリプトを使用します デフォルトでは Windows で Powershell スクリプトを実行することはできません Powershell スクリプトの実行が有効かどうか PowerChute インストールプログラムが自動的に検出し 無効の場合は有効化オプションが表示されます 実行ポリシーが変更されていることを確認するには 新しいコマンドプロンプトウィンドウを開き 次のコマンドを入力します powershell Get-ExecutionPolicy remotesigned に設定されたことを確認してください remotesigned に設定されていない場合は コマンドプロンプトを開いて次のコマンドを入力します powershell Set-ExecutionPolicy remotesigned 実行ポリシー設定の詳細については Microsoft Technet をご覧ください

50 ソフトウェアのアップグレード PowerChute v3.1 以降がすでにインストールされている場合には インストールのプロセスで 新規インストールによる完全な置き換えではなく 既存の設定を引き継いだアップグレードインストールとして実行されることが通知されます アップグレードでは 構成の既存の設定を引き継ぐことが可能になります アップグレードインストールの実行後 PowerChute ユーザーインターフェイス機能改善が正確に適用されるためには ブラウザーの履歴を消去する必要があります Internet Explorer の場合 - [ ツール ] > [ セーフティ ] > [ 閲覧履歴の削除 ] を選択 Chrome の場合 - [ 設定 ] > [ 詳細設定を表示 ] > [ プライバシー ] > [ 閲覧履歴データの消去 ] を選択 Firefox の場合 - [ メニューを開きます ] > [ 履歴 ] > [ 最近の履歴を消去 ] を選択

51 Hyper-V および SCVMM でのアンインストール Windows のスタートメニューにある [PowerChute Network Shutdown] から [ アンインストール ] を使用します Windows Server Core の場合は以下の手順に従ってください 1. コマンドプロンプトウィンドウを開きます 2. C:\Program Files\APC\PowerChute\uninstall.exe と入力して Enter キーを押します Windows Server 2012 の場合は [ プログラムの追加と削除 ] を使用してアンインストールしてください 1. [ スタート ] メニューの [PowerChute Network Shutdown] メニューオプションを右クリックします 2. 画面の一番下に表示されるオプションメニューから [ アンインストール ] を選択します 自動モードでアンインストールする方法 : 1. コマンドプロンプトを開きます 2. "C:\Program Files\APC\PowerChute\uninstall.exe" /S と入力して Return キーを押します

52 ソフトウェアの自動インストール 自動インストールとは インストールが無人または非対話的に行われることを指します 自動インストールでは 同じイベント設定やシャットダウン設定をロールアウトすることはできません ただし pcnsconfig.ini を使用するとロールアウトを実行できます オンラインヘルプの INI ファイルのセクションを参照してください PowerChute で自動インストールがサポートされるのは シングル 冗長および並列 UPS 構成のみです Hyper-V 以下の手順を実行してください 自動インストールファイルを編集して必要なパラメーターを設定します 自動インストールファイルの編集 を参照してください 1. Windows コマンドラインに次の1 行を入力します Setup.exe /S /F silentinstall.ini 自動インストールが失敗した場合は 付録 A: 自動インストールのエラーコード を参照してください

53 自動インストールファイルの編集 Hyper-V 自動インストールを実行するファイルは silentinstall.ini という名前です このファイルはプレーンテキストファイルであるため 標準的なテキストエディタで編集できます 各フィールドまたは行には インストーラーがインストールを実行するために必要な値が含まれています 自動インストールファイルのフィールドを下表に示します フィールド名 applicationdirectory= 説明 インストールフォルダを指定します (=) の後にフォルダ名を入力します 使用しているオペレーティングシステムで有効な文字が使用されていることを確認してください 注意 : インストールパスには 日本語などで使用されるマルチバイト文字や 一部のシングルバイトの拡張 ASCII 文字 (ß, é, ä など ) は使用できません ACCEPT_EULA=yes yes はソフトウェア使用許諾契約の受諾を示します ここで yes を指定しない限り インストールは続行しません *INSTALL_JAVA= System PCNS ここで System という値は PowerChute のインストールでパブリック JRE を使用することを表します PCNS という値は プライベート JRE を使用することを表します * インストールで JRE が要件を満たしているかどうかが検出されます JRE を参照してください REGISTER_WITH_NMC= yes no MODE= single redundant parallel NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast IP_1= IP_2= IP_3= IP_4= IP_5= IP_6= IP_7= # IP_8= # IP_9= yes または no を使用します これによって PowerChute を Network Management Card (NMC) に登録するかどうかを指定します single redundant または parallel を使用して UPS 構成モードを指定します 詳細については PowerChute Network Shutdown の動作モードとサポートされる UPS 構成 ( こちら ) を参照してください インターネットプロトコルとして IPv4 または IPv6 を指定します IPv6 のみを使用する場合 (NETWORKCONFIG= IPv6 と指定した場合 ) は ここで通信メカニズムを指定しなければなりません UNICAST_ADDRESS= と MULTICAST_ADDRESS= も参照してください 詳細については PowerChute Network Shutdown の通信プロセス ( こちら ) を参照してください 各行で この PowerChute と通信を行うそれぞれの NMC の IP アドレスを指定します 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 参照 )

54 フィールド名 IP_1_Outlet= IP_2_Outlet= IP_3_Outlet= IP_4_Outlet= IP_5_Outlet= IP_6_Outlet= IP_7_Outlet= # IP_8_Outlet= # IP_9_Outlet= PORT= PROTOCOL= HTTP HTTPS ACCEPTCERTS= YES NO USERNAME= PASSWORD= AUTHENTICATION_PHRASE= LOCAL_IP_ADDRESS= UNICAST_ADDRESS= MULTICAST_ADDRESS= VIRTUALINSTALL= VMware Hyper-V 説明 これは コンセントグループ機能付きの UPS (Smart-UPS SMX および SMT デバイスなど ) のみに適用されます PowerChute に電力を供給するコンセントグループを指定してください スイッチドコンセントグループのみを持つ UPS では IP_1_Outlet を 1 に設定しなければなりません 0 と入力すると PowerChute は最初のコンセントグループに関連したコンセントイベントを正しく識別できないことがあります メインコンセントグループ ( 非スイッチド ) とスイッチドコンセントグループの両方を持つ UPS では IP_1_Outlet を 0 に設定しなければなりません 必要でないエントリーには # 記号を行の始めにつけてコメントアウトすることができます ( 例 8 および 9 を参照 ) NMC Web のポート番号を指定します HTTP 用は 80 HTTPS 用は 443 です 使用するプロトコルの種類を HTTP または HTTPS のいずれかで指定します HTTPS プロトコルを使用する場合 接続を保護するために SSL 証明書が使用されます デフォルトでは NMC で使用されるのは自己署名証明書で これを承認する必要があります YES を選択すると 自己署名証明書は自動的に承認されます NO を選択すると NMC に有効な証明書が設定されている場合にのみ接続を承認します ユーザー名 パスワード および認証フレーズを入力して NMC との PowerChute の通信を検証します ( 認証フレーズが指定されていない場合 デフォルト値が使用されます ) 注意 : セキュリティ上の理由から これらの値をデフォルト値から変更することをお勧めします ユーザー名とパスワードには以下の文字を使用できます 小文字と大文字のアルファベット (a ~ z および A ~ Z) 0 ~ 9 の数字 次の記号 : }[]~ パスワードは 3 ~ 32 文字 ユーザー名は 3 ~ 10 文字で指定してください 認証フレーズは ASCII 文字で 15 ~ 32 文字以内です この情報は 複数のネットワークカードが装着されている PowerChute サーバーに適用されます これを使用して PowerChute と通信するカードの IP アドレスを指定します NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で unicast を指定した場合は ここでユニキャストホストアドレスを指定する必要があります NETWORKCONFIG= IPv4 IPv6 で IPv6 IPV6NETWORKCONFIG= unicast multicast で multicast を指定した場合 Network Management カードは ここで指定したマルチキャストアドレスに UDP パケットを送信します Hyper-V を指定し Hyper-V/SCVMM 仮想化機能を有効にします

55 フィールド名 CONFIGURATION_MODE = Managed Unmanaged SCVMMSERVER_ADDRESS= ENABLE_SNMPV1_ACCESS = True False NAME _COMMUNITY_N = NMS_COMMUNITY_N= ACCESS_TYPE_COMMUNITY_N = READONLY READWRITE DISABLED SNMP_PORT = 説明 SCVMM により管理されている設定には Managed を指定します 管理されていない Hyper-V 設定には Unmanaged を指定します IP アドレス ホスト名 SCVMM サーバーの FQDN ( 完全修飾ドメイン名 ) のいずれかを指定します SNMPv1 SNMPv1 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します コミュニティー名を 15 文字以下の ASCII 文字で入力します Network Management System の IP アドレスを入力します SNMP コミュニティー文字列のアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP ポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMPv3 ENABLE_SNMPV3_ACCESS = True False USERNAME_PROFILE_N = AUTH_PASSPHRASE_PROFILE_N = PRIV_PASSPHRASE_PROFILE_N = AUTH_PROTOCOL_PROFILE_N = MD5 SHA1 SHA256 SHA512 NONE PRIV_PROTOCOL_PROFILE_N = AES128 AES192 AES192EX AES256EX AES256 DES NONE ACCESS_TYPE_PROFILE_N = READONLY READWRITE DISABLED SNMP_PORT= SNMPv3 アクセスを有効にするには True 無効にするには False を指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を 32 文字以下の ASCII 文字で入力します 認証パスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します プライバシーパスフレーズを 8 ~ 32 文字の ASCII 文字で入力します SNMPv3 ユーザープロファイルの認証プロトコルを指定します SNMPv3 ユーザープロファイルのプライバシープロトコルを指定します AES-192/Ex および AES-256/Ex の JRE 要件の詳細については にある PowerChute Network Shutdown ユーザーガイド の SNMP のトラブルシューティング を参照してください SNMPv3 ユーザープロファイルのアクセスタイプを指定します DISABLED: SNMP GET および SET 要求は禁止されます READONLY: SNMP GET 要求のみが許可されます READWRITE: SNMP GET および SET 要求は許可されます SNMP ディスカバリーポートを指定します デフォルト値は 161 です 注意 : N は整数 (0-N) を表します SNMP トラップ UPSCriticalEvents_Enabled = True False UPSCriticalEvents_SendClearingTrap = True False UPS 重大イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します UPS 重大イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します

56 フィールド名 UPSCriticalEvents_Delay = UPSCriticalEvents_RepeatInterval = UPSCriticalEvents_RepeatUntilCleared = True False UPSCriticalEvents_Repeat Times = LostCommsEvents_Enabled = True False LostCommsEvents_SendClearingTrap = True False LostCommsEvents_Delay = LostCommsEvents_Repeat Interval = LostCommsEvents_Repeat UntilCleared = True False LostCommsEvents_Repeat Times = Enabled_TrapReceiver_N = True False NMS_TrapReceiver_N = Port_TrapReceiver_N = Type_TrapReceiver_N = v1 v3 ProfileName_TrapReceiver_N = 説明 トラップを送信するために UPS 重大イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します UPS 重大イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します UPS 重大イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します 通信消失イベントの SNMP トラップを有効にするには True を指定します 通信消失イベントのクリア後にトラップを 1 回だけ送信するには True を入力します トラップを送信するために通信消失イベントが継続する必要がある時間を秒数で指定します トラップを再送信する間隔を秒数で指定します 通信消失イベントがクリアされるまで繰り返し間隔でトラップを送信したい場合は True を指定します 通信消失イベントが発生した際にトラップを送信する回数を指定します トラップレシーバーを有効にするには True を入力します トラップを受信する Network Management System の IP アドレスを入力します トラップレシーバーのポート番号を入力します トラップを送信する SNMP のバージョンを指定します トラップの送信に使用する SNMPv3 ユーザープロファイルのユーザー名を入力します 注意 : N は整数 (0-N) を表します

57 インストールガイド PowerChute Network Shutdown VMware

58 VMware サポートを有効にした場合の PowerChute Network Shutdown のインストール VMware ホストを監視するために PowerChute をデプロイまたはインストールするには 3 通りの方法があります VMware ホストを監視するための Windows でのインストール PowerChute 仮想アプライアンスのデプロイ vsphere Management Assistant (vma) へのインストール ソフトウェアのアップグレード ソフトウェアの自動インストール アンインストール も参照してください PowerChute のデプロイ / インストールに関する推奨事項 VMware 環境では 次の設定事項を推奨します VMware セットアップ 複数のクラスター内の VMware ホスト vcenter Server によって管理されない 1 台の VMware ホスト シングル 冗長または並列 UPS 構成用の 1 つのクラスター内の VMware ホスト 物理マシンで稼働中の vcenter Server によって管理される VMware ホスト シングル 冗長または並列 UPS 構成用に仮想マシンで稼働する vcenter Server あるいは vcenter Server Virtual Appliance (VCSA) 高度な UPS 構成 ( 下図参照 ) 背景情報については アプリケーションノートを参照してください PowerChute の推奨デプロイ / インストール 物理 Windows マシンにインストールされた PowerChute PowerChute 仮想アプライアンス PowerChute 仮想アプライアンス または物理 Windows マシンにインストールされた PowerChute 物理 Windows マシンにインストールされた PowerChute PowerChute 仮想アプライアンス または物理 Windows マシンにインストールされた PowerChute 物理 Windows マシンにインストールされた PowerChute vsan 対応クラスターに含まれるホストに PowerChute をインストールした場合 ホストをメンテナンスモードにすることはできません

59

60 VMware ホストを監視するための Windows でのインストール PowerChute Network Shutdown を物理 Windows マシンにインストールすることで VMware ホストをリモート監視できます 以下の手順に従ってください 1. Windows 用の PowerChute のインストール実行ファイル (Setup-x32.exe または Setup-x64.exe) は Virtualization 版の PowerChute DVD の Windows-x86-64 フォルダにあります または APC の Web サイトからダウンロードします インストーラーの実行には管理者権限が必要です ファイルをダブルクリックします (Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は Zip ファイルを解凍する必要があります ) 2. Web サイトから実行ファイルをダウンロードした場合は 次の警告ダイアログボックスが表示されます [ はい ] ボタンをクリックします 3. [Welcome] ダイアログボックスで [Next] をクリックして続行します [License Agreement] ダイアログボックスで ライセンス利用許諾書の内容に同意する場合は [I Agree] をクリックして続行します 4. Java Runtime Environment (JRE) の設定において 有効なパブリック JRE が検出された場合は その JRE を使用するか PowerChute と一緒に提供されているプライベート JRE を使用するかを選択できます パブリックおよびプライベート JRE の詳細については JRE を参照してください 5. SNMP サポートを有効にするには [Yes] を選択し SNMP ディスカバリーポート番号を入力します デフォルトのポート番号である 161 が利用できない場合は 利用可能な他の番号を入力してください 注意 : インストール時に SNMP サポートを有効に設定しないと 以後 PowerChute 構成ウィザードで有効にすることはできず Web ユーザーインターフェイスや構成 INI ファイルで SNMP に関連するオプションは利用できなくなります SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります

61 6. 次のダイアログボックスで [VMware サポートを有効にする (Enable VMware Support)] を選択します Hyper-V が有効または SCVMM コンソール / サーバーがインストールされた物理 Windows マシン上では PowerChute は VMware ホストを監視することができず Configure VMware Support オプション画面は表示されません Hyper-V が有効になっていない または SCVMM サーバー / コンソールがインストールされていない物理 Windows マシンに PowerChute をインストールしてください ダイアログボックスが開き PowerChute が仮想マシンにインストールされている場合は 詳細 UPS 構成はサポートされないという注意が表示されます [OK] をクリックして続行します 7. インストール先のフォルダを指定するか またはデフォルトのフォルダを受け入れます 8. Windows ファイアーウォールが有効な場合は 次のメッセージが表示されたら [Yes] を選択すると ファイアーウォールを自動的に設定できます Network Management Card との通信を有効にするには Windows ファイアーウォール上で PowerChute Network Shutdown ポートを開く必要があります この設定を自動で行いますか? 詳細については ファイアーウォール を参照してください

62 インストールが完了したら システムを保護するために PowerChute を設定する必要があります [ 完了 (Finish)] ボタンをクリックすると PowerChute セットアップウィザードが自動的に起動します

63 PowerChute 仮想アプライアンスのデプロイ PowerChute 仮想アプライアンスは プリインストールされた PowerChute Network Shutdown v4.2 が動作する CentOS Linux 7 の仮想マシンイメージです vsphere Client のインストールに関する詳細は Schneider Electric の製品技術情報 ( にも掲載されています ( FAQ ID は FA53908) vsphere Client を使用して仮想アプライアンスをデプロイする方法 : 1. PowerChute 仮想アプライアンスファイル (PCNS_4.2_OVF10.ova) を APC の Web サイトからダウンロードするか または PowerChute DVD で見つけます 2. vsphere Client を使用して VMware ホストまたは vcenter Server にログオンします 3. メニューから [ ファイル ] - [OVF テンプレートのデプロイ ] を選択します

64 4. [ ファイルまたは URL からのデプロイ ] フィールドに.OVA ファイルへのパスを入力します 5. OVA の詳細が表示されます [ 次へ ] ボタンをクリックします

65 6. エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) が表示されたら [ 承諾 ] - [ 次へ ] の順にクリックします 7. デフォルト名を受け入れ データセンターを指定してから + 記号をクリックし 必要に応じて [Discovered virtual machine] をハイライトして [ 次へ ] をクリックします

66 8. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です ホストまたはクラスターを指定して [ 次へ ] をクリックします クラスターを指定する場合は そのクラスター内のホストを指定するよう求められます 9. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です 仮想アプライアンスのデプロイに十分な空きディスク領域があるシステムに 設定済みデータストアを指定します [ 次へ ] をクリックします

67 10. [ ディスクのフォーマット ] で [ 次へ ] をクリックし デフォルトのディスクレイアウトオプションを選択します 11. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です スタンドアロンホストにデプロイする場合に静的 IP アドレスを設定するには アプライアンスの初回起動時に表示される [Network Configuration] メニューを使用してください ( 手順 14 参照 ) [Networking Properties] で 固定 IP アドレスを入力します DHCP を使用する場合 フィールドに値を入力する必要はありません そのまま [ 次へ ] をクリックしてください

68 12. 選択したオプションが再度表示されるので [ 終了 ] をクリックしてインストールを開始します アプライアンスのインストールに要する時間はネットワークの速度によって変わります インストールが正常に完了すると次のメッセージボックスが表示され PowerChute Network Shutdown 4.2 for VMware がインベントリに VM として表示されます 13. PowerChute 仮想マシンの電源を入れます

69 14. アプライアンスを最初に起動した時 a. ルートユーザーのパスワードを作成するオプションを選択します 注意 : CentOS はデフォルトのパスワードを提供していますが セキュリティ上の理由から 新しいパスワードを作成することが重要です この手順を行わない場合 仮想マシンのルートアカウントへのアクセスができなくなる場合があります b. CentOS のエンドユーザーライセンス許諾書に同意します

70 15. PowerChute Network Shutdown のユーザーインターフェイスにアクセスするため その URL を調べます [ コンソール ] タブをクリックするか または左側のウィンドウで VM を右クリックして [Open Console] を選択します [Welcome] 画面が表示されます PowerChute の新しいインストール URL が To configure PowerChute Network Shutdown, browse to: というメッセージの次に表示されます にアクセスして PowerChute セットアップウィザードを起動します 17. 注意 : PowerChute 仮想アプライアンスのデフォルトでは SNMP は有効に設定されています SNMP 経由で PowerChute にアクセスできるようにするには インストール後に Web ユーザーインターフェイスで SNMP 設定を有効にする必要があります 注意 : 静的 IP アドレスを再設定するには ログインして CentOS ネットワーキングツールを使用します 最新のセキュリティ関連更新プログラムを入手する場合 仮想アプライアンスにインストールされたライブラリを更新することをお勧めします

71 仮想アプライアンスライブラリを更新する方法 : - PowerChute 仮想アプライアンスにログインします - yum update コマンドを実行します

72 - 更新プログラムをインストールします - プロキシーサーバーを使用してインターネットに接続している場合は 更新プログラムを正常にダウンロードするために yum 設定を更新する必要があります これを実行するには edit /etc/yum.conf を編集して次に示すようにプロキシ詳細を追加します インターネット接続がなく Virtual Appliance 上のライブラリのいずれかを更新したい場合は KBase で説明されているように更新された RPM を手動で Virtual Appliance にコピーし RPM コマンドを使用してインストールする必要があります

73 vsphere Web Client を使用して仮想アプライアンスをデプロイする方法 : 1. PowerChute 仮想アプライアンスファイル (PCNS_4.2_OVF10.ova) を APC の Web サイトからダウンロードするか または PowerChute DVD で見つけます 2. vsphere Web Client を使用して VMware ホストまたは vcenter Server にログオンします 3. メニューから [vcenter Server] > [OVF テンプレートのデプロイ ] を選択します

74 4. Web Client にエラーメッセージが表示され クライアント統合プラグインの更新が必要であると通知される場合は 統合プラグインインストーラーをダウンロードし Web ブラウザーを閉じてインストーラーを実行し 手順 1 からやり直します [OVF テンプレートのデプロイ ] で [ ソースの選択 ] > [ ローカルファイル ] を選択して.OVA ファイルを参照します

75 5. OVA の詳細が表示されます [ 次へ ] ボタンをクリックします 6. エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) が表示されたら [ 承諾 ] - [ 次へ ] の順にクリックします

76 7. デプロイ対象テンプレートの名前を指定してデータセンターへ移動し クリックして展開し [Discovered virtual machine] を強調表示して [ 次へ ] をクリックします 8. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です リソースの選択 - ホストまたはクラスターを指定して [ 次へ ] をクリックします クラスターを指定する場合は そのクラスター内のホストを指定するよう求められます

77 9. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です ストレージの選択 - 仮想アプライアンスのデプロイに十分な空きディスク領域があるシステムに 設定済みデータストアを指定します [ 次へ ] をクリックします 10. ネットワークのセットアップ - 静的 IP 割当を使用する場合 必要に応じて各フィールドに値を入力します DHCP を使用する場合 フィールドに値を入力する必要はありません そのまま [ 次へ ] をクリックしてください

78 11. この手順は スタンドアロンホストにデプロイする場合には不要です スタンドアロンホストにデプロイする場合に静的 IP アドレスを設定するには アプライアンスの初回起動時に表示される [Network Configuration] メニューを使用してください ( vsphere Desktop クライアントを使用して仮想アプライアンスをデプロイする方法 の手順 14 参照 ) テンプレートのカスタマイズ - デプロイメントプロパティをカスタマイズするためのオプションです このオプションを空白にすると デフォルトのオプションが使用されます 12. 選択したオプションを確認し [ 終了 ] をクリックしてインストールを開始します アプライアンスのインストールに要する時間はネットワークの速度によって変わります

79 インストールが正常に完了すると PowerChute Network Shutdown 4.2 for VMware がインベントリに VM として表示されます 設定を完了するには vsphere Desktop クライアントを使用して仮想アプライアンスをデプロイする方法 - の手順 13 PowerChute 仮想マシンの電源を入れます から操作を続けます

80 vsphere Management Assistant (vma) へのインストール PowerChute Network Shutdown は vsphere Management Assistant (vma) にもインストールできます VMware ホストへの vma のデプロイ および vma への PowerChute のインストール を実施してください VMware ホストへの vma のデプロイ 詳細については vsphere Management Assistant の Web ページを参照してください あるいは VMware カスタマーサポートにお問い合わせいただくことも可能です Schneider Electric の製品技術情報 ( faq/faq_main.page FAQ ID は FA53908) にも vsphere Client のインストールに関する情報が掲載されています vsphere Management Assistant (vma) は以前のバージョンでは VMware Infrastructure Management Assistant (VIMA) と呼ばれていたものです 以下の手順で vma をインストールしてください 1. vsphere Management Assistant から vma のインストールファイルをダウンロードして ファイルを解凍します 2. vsphere Client を使用して VMware ホストまたは vcenter サーバーにログオンします 3. メニューから [ ファイル ] - [OVF テンプレートのデプロイ ] を選択します

81 4. [ ファイルまたは URL からのデプロイ ] フィールドで 上記の手順 1 で解凍した.OVF ファイルへのパスを入力します 5. vma と OVF の詳細が表示されます [ 次へ ] ボタンをクリックします

82 6. エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) が表示されたら [ 承諾 ] - [ 次へ ] の順にクリックします

83 7. デフォルトの vma 名 ( および保存場所 ) を承認するか 別の名前を入力して [ 次へ ] をクリックします 8. [ ディスクのフォーマット ] で [ 次へ ] をクリックし デフォルトのディスクレイアウトオプションを選択します

84 9. 選択したオプションが再度表示されるので [ 終了 ] をクリックします これで vma ソフトウェアがインストールされ 左ペインに表示されます 10. 左ペインで vma を選択します 11. vma 仮想マシンの電源を入れ IP アドレスの設定 vi-admin パスワードの設定などに関する手順に従います

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.2 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート ================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

『テクノス』V2プログラムインストール説明書

『テクノス』V2プログラムインストール説明書 土木積算システム テクノス V2 プログラム インストール説明書 ( 第 3 版 ) 目 次 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要...3 2. テクノス V2 のプログラム ドライバ インストール...4 3. テクノス V2 の初期起動...10 4. アンインストール...11 5. 補足 ( 動作環境 )...11 2. 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の 電子入札サービス IC カードを利用しない事業者向け Java ポリシー設定マニュアル (Windows10 用 ) 平成 28 年 6 月 目次 第 1 章はじめに 1 1.1 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 2 2.1 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン確認方法 4 3.2 Java

More information

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange NortonAntiVirus for MicrosoftExchange インストール手順書 このドキュメントは NortonAntiVirus 2.5 for MicrosoftExchange のインストール手順を示します 2001 年 7 月 1 1.. Norton AntiVirus for Microsoft Exchange のアンインストール まず 以前のバージョンの NortonAntiVirus

More information

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.0 インストールガイド

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.0 インストールガイド 2017 年 12 月 12 日富士通株式会社 ServerView ESXi CIM Provider VMware vsphere ESXi 6.0 インストールガイド VMware vsphere ESXi 6.0 をインストールしたサーバを監視 管理する場合 ServerView ESXi CIM Provider を使用するか またはリモートマネジメントコントローラを使用した サーバ監視

More information

VP-100C

VP-100C 第 2 章インストール アプリケーションソフトから印刷するには お使いのコンピュータにあらかじめプリンタドライバを組み込んでおく必要があります 以下の手順でインストールを行ってください WindowsNT4.0 Windows2000またはWindowsXPでプリンタドライバの組み込みを行うためには アドミニストレータの権限が必要です 1. プラグアンドプレイによるインストール お使いの環境によっては

More information

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 2016.10.14 v1.6 ご利用の前に 目次 - 01. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3 1. 推奨環境について... 3 2. Windows8 Windows8.1 について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 02. SAMWEB の初期設定... 7 1. セキュリティ設定... 7 2.

More information

PowerChute™ Network Shutdown v4.0 インストールガイド

PowerChute™ Network Shutdown v4.0 インストールガイド PowerChute Network Shutdown v4.0 インストールガイド Windows Linux/Unix Mac OS X Hyper-V/SCVMM VMware 990-2838J-018 発 行 日 : 2015 年 01 月 はじめに PowerChute TM Network Shutdown (PowerChute) は UPS Network Management Card

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer の設定マニュアル このマニュアルは 長崎市の入札関連システム ( ) をご利用頂くために必要なInternet Explorerの設定手順を説明します お使いのパソコンの環境 ( ブラウザのバージョンなど ) に応じて必要な設定を行ってください なお お使いのブラウザのバージョンによっては掲載する画面と異なる場合がございます あらかじめご了承ください 入札関連システム

More information

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN TeamViewer 9 マニュアル Wake-on-LAN バージョン 9.2-12/2013 TeamViewer GmbH Jahnstraße 30 D-73037 Göppingen www.teamviewer.com 目次 1 Wake-on-LAN のバージョン情報... 3 2 要件... 4 3 Windows のセットアップ... 5 3.1 BIOS の設定... 5 3.2

More information

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1 2016/10/6 第 3.2 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2

More information

Windows10 の設定

Windows10 の設定 Windows0 の設定 奈良県公共工事等電子入札システムではこの度 Windows 0 を推奨環境に追加しました Windows0 でスムーズにご利用いただくためには各設定が必要となります また 奈良県公共工事等電子入札システム以外でも利用されている場合は他機関のパソコン推奨環境でも適合していることを必ずご確認の上導入頂きます様お願いいたします Windows 0 Internet Explorer

More information

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい 問多国籍企業情報の報告コーナーにおいて エラーコード : ERR_INITIAL_001 エラーメッセージ : 通信中にエラーが発生したため 帳票表示処理を中断しました 再度処理を行って もしくはエラーコード ERR_INITIAL_005 エラーメッセージ : 帳票表示処理中にエラーが発生したため処理を中断しました ご利用の環境確認後 再度処理を行って が表示されました どうすればいいですか 答

More information

Microsoft PowerPoint - RM-PDU_IP設定方法.ppt

Microsoft PowerPoint - RM-PDU_IP設定方法.ppt < ラックオプション > コンセントバー ( ネットワーク対応型 )30A タイプ (FS 用 ) RD81-3024M RD81-3024MS 1.RM-PDU の IP 設定 (1) ハイパーターミナル 1. コンピュータのシリアルポートと PDU をシリアルケーブルで接続します ケーブルは必ず製品付属の灰色ケーブル (940-0144) をお使い下さい 2. ハイパーターミナルを起動します 接続の設定

More information

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ Windows MultiPoint Server 2011 OEM 版インストールガイド 2012.06 目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメディアを使う場合の起動方法

More information

< はじめに > 推奨環境インターネット伝送サービスをご利用いただくための推奨環境は以下の通りです OS ブラウザソフト Microsoft Windows Vista Microsoft Internet Explorer 8 Microsoft Windows 7(32bit/64bit) Mi

< はじめに > 推奨環境インターネット伝送サービスをご利用いただくための推奨環境は以下の通りです OS ブラウザソフト Microsoft Windows Vista Microsoft Internet Explorer 8 Microsoft Windows 7(32bit/64bit) Mi WEB-EDI 操作マニュアル ご注意 0:00~23:59 にお支払いの完了したデータは 翌日 13:30 以降より受信が可能です データにつきましては サーバへデータを用意した日 ( 収納日の翌日 ) から 30 日間を過ぎますと 消去されますので期間内に必ず受信してください 受信用のアドレスはこちらになります https://e-shiharai.net/webedi/ ver.5.0 版

More information

Microsoft PowerPoint - PowerChute Network Shutdown バージョン4.1 製品ご説明資料

Microsoft PowerPoint - PowerChute Network Shutdown バージョン4.1 製品ご説明資料 PowerChute Network Shutdown バージョン4 ジョン4.1 1 製 品 説 明 2015/9/16 シュナイダーエレクトリック 株 式 会 社 1 PowerChuteシリーズ PowerChute Personal Edition PowerChute Business Edition PowerChute Network Shutdown SOHO&ホームユース ス APC

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23 < 本書の目的 > Internet Explorer 10 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE10) に対応しました 本書は Internet Explorer10 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P8 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

UAC UAC Widows 7 OK Windows8.1/10-9

UAC UAC Widows 7 OK Windows8.1/10-9 多国籍企業情報の報告コーナー事前準備セットアップ (Internet Explorer 利用者向け ) 多国籍企業情報の報告コーナーを利用するにあたり 以下の準備が必要です 信頼済みサイト及びポップアップブロックの許可サイトの登録 1 帳票表示モジュールのインストール ルート証明書のインストール 2 署名モジュールのインストール 多国籍企業情報の報告コーナー用モジュールのインストール 多国籍企業情報の報告コーナー事前準備セットアップを行うことで上記の準備が整い

More information

1

1 Office2010 マニュアル (Windows 版 ) 2011/04/01 改訂 ビジネス ブレークスルー大学 目次 1. Office2010 の ISO ファイルのダウンロード... 1 2. ISO 解凍ソフト (virtual clone drive) のインストール... 3 3. Office2010 のインストール... 6 3.1 管理者権限がない PC にインストールを行う場合...

More information

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン エンドポイントウィルス対策サービス モバイル端末利用者向けマニュアル [ エンドポイントウィルス対策サービス利用者さま向け ] 0 年 8 月 日 Version.0 bit-drive Copyright 0 Sony Business Solutions Corporation 目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer9 11 の設定 ( 定例見積 ) Internet Explorer9 11 ご利用の際の推奨環境について 福岡市電子入札システムを Internet Explorer 9 11 でご利用頂く際は必ず 下記推奨環境をご確認頂き次ページからの各設定を行ってください 設定を行わない場合 電子入札操作時エラーが発生する可能性があります 電子入札をスムーズに行う為に必ず設定をお願い致します

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24 < 本書の目的 > Internet Explorer 11 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE11) に対応しました 本書は Internet Explorer11 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P9 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための TimeTracker FX 補足資料 SQL Server 2005 インストール方法 2007 年 1 月 TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するためのものです

More information

インターネットフィルタリング簡単マニュアル

インターネットフィルタリング簡単マニュアル セキュリティ安心 Windows8 版フィルタリングソフト 簡単マニュアル インターネットフィルタリングのインストール インターネットフィルタリングの初期設定 インターネットフィルタリングの使い方 インターネットフィルタリングのWeb 管理 インターネットフィルタリングのアンインストール インターネットフィルタリングの再インストール よくあるご質問 お問い合わせ先 インターネットフィルタリングのインストール

More information

目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定

目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定 Windows サーバー 2008 R2 用 目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定...15 1 以下の作業工程の中に VPS またはトレーディングソフトの停止 再起動を行います お客様のお取引きに影響のない時間に作業を行ってください なお 以下の作業に伴う いかなる損失にも一切の責任を負いません また こちらのマニュアルは外部情報をもとに作成したものです

More information

導入設定ガイド

導入設定ガイド Big Bang System Corporation ExLook Online 機体認証オプション 管理者マニュアル 第 2 版平成 24 年 2 月 17 日 株式会社ビービーシステム Copyright (c) 2010, Big Bang System Corporation. All rights reserved. 本書に記載された事項で発生したいかなる事態もその責務を負いません また

More information

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2 Mozilla Thunderbird メール編 本書では Thunderbird メールの設定方法を説明します 目次 P1 1 Thunderbirdメールのインストール P4 2 メールアカウントの登録 P11 3 メールアカウント設定の確認 P15 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P17 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P18 6 メール送信形式の設定

More information

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ]

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ] SHOFU SureFile インストールマニュアル [Windows] V1.2 本マニュアルでは アイスペシャル C-Ⅱ 専用画像振り分けソフト SHOFU SureFile について 下記に示した項目を説明しています インストール 起動 アップデート アンインストール ( 削除 ) 参考 -Microsoft.NET Framework 3.5 の確認方法 参考 -Microsoft.NET

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X for Windows Windows Server 2008 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2009 年 6 月 23 日 本手順書では CLUSTERPRO X 2.0/2.1 環境における Windows Server 2008 Service Pack 2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

flashplayer確認手順_ xls

flashplayer確認手順_ xls それでもうまくいかない場合 ShockWave Player について ShockWave Player がインストールされていると Flash Player のインストールが正常に行われない場合があります ShockWave Player がインストールされている場合は Flash Player を削除し Flash Player の再インストールする前に 一時的に ShockWave Player

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web KATANA for Windows Ver.1.0 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/11/04 改訂 : 2015/11/12 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件... 3 3. 準備... 4 3.1 インストール環境の確認...

More information

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01)

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01) FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバの インストール / アンインストール (Rev.1.10) 年 月 日 合同会社クラッグ電子 (1/19) 目次 1. 初めに... 3 2. デバイスドライバのインストール... 3 2-1. インターネットに接続されている環境... 4 2-2. インターネットに接続されていない環境 ( 自動 )... 6 2-3. インターネットに接続されていない環境

More information

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアント PC リストアガイド 2011 年 6 月 富士通株式会社 改訂履歴 改版日時 版数 改版内容 2011.6.15 1.0 新規作成 本書では 以下の略称を使用することがあります 正式名称製品名 Microsoft Windows Small Business Server 2011 Essentials

More information

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2 作業を始める前に 作業実施の前提条件として お使いのパソコンが以下の環境の場合に作業が必要となります 他の環境の場合は作業を実施する必要はございません 対象の OS( オペレーティングシステム ) Windows7 WindowsXP をおつかいの教室につきましては作業の必要はありません 対象の InternetExplorer バージョン InternetExplorer8 バージョン確認方法につきましては

More information

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.5 インストールガイド

ServerView ESXi CIM Provider VMware vSphere ESXi 6.5 インストールガイド 2017 年 12 月 12 日富士通株式会社 ServerView ESXi CIM Provider VMware vsphere ESXi 6.5 インストールガイド VMware vsphere ESXi 6.5 をインストールしたサーバを監視 管理する場合 ServerView ESXi CIM Provider を使用するか またはリモートマネジメントコントローラを使用した サーバ監視

More information

Microsoft Word - Gmail-mailsoft設定2016_ docx

Microsoft Word - Gmail-mailsoft設定2016_ docx 全学 Gmail メールソフト設定方法 総合情報メディアセンター情報基盤部門 2016 年 6 月 1 日 はじめに 1 1 Gmail との連携を有効にする 2 2 Gmail にて POP または IMAP を有効にする 3 3 アカウントでの設定 5 4 メールソフトへの設定 7 5 設定例 :Windows メールのアカウント追加手順 9 6 設定例 :Windows メールのアカウント追加手順

More information

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W NAS 208 WebDAV FTP への安全なファイル共有代替手段 WebDAV 経由で NAS に接続する A S U S T O R C O L L E G E コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています

More information

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ Outlook Express Windows に標準のメールソフト Outlook Express の設定方法を説明します 1Outlook Express を起動します 注. ウイザードが起動した場合は5へ進む 4 メール をクリック 7 受信メール (POP3 IMAP または HTTP) サーバー に pop.kvision.ne.jp を 入力し 送信メール (SMTP) サーバー に mail.kvision.ne.jp

More information

Microsoft Word - PCOMM V6.0_FAQ.doc

Microsoft Word - PCOMM V6.0_FAQ.doc 日本 IBM システムズ エンジニアリング メインフレーム サーバー部 2012 年 3 月 目次 1 サポートされる環境について... 3 1.1 接続先ホスト (System z, IBM i) の OS のバージョンに制約がありますか?... 3 1.2 PCOMM を導入する PC のスペックの推奨はありますか?... 3 1.3 PCOMM は Windows 7 に対応していますか?...

More information

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2013 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2013 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします アカウント情報から [ アカウントの追加 ]

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2013 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2013 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします アカウント情報から [ アカウントの追加 ] Microsoft Outlook 2013 編 本書では Microsoft Outlook 2013 の設定方法を説明します なお 本書では Microsoft Outlook 2013 の評価版を使いマニュアルを作成しております 製品版 とは多少異なる手順があるかもしれませんが ご了承ください 目次 P1 1 Microsoft Outlook 2013 の起動 P1 2 メールアカウントの登録

More information

03 Podium Walkerのインストール方法およびアンインストール .docx

03 Podium Walkerのインストール方法およびアンインストール .docx Podium Walker のインストールおよびアンインストール方法 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- [ インストール方法 ] Windows 版 SketchUp2014 64bit バージョンをご使用の場合

More information

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378>

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378> USB キーでの操作手順書 STR 目次 目次 -------------------------------------------------------------------------------------- 1. パッケージをご利用いただくまでの手順 1 (1) ユーザ専用ページから 該当パッケージをダウンロードする 手順 2 (2) 該当パッケージをインストールする 手順 5 (3)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました 以下より 該当する現象を選択してください 2014.4.30 改定 ver. 目次 0. 必ずお読み下さい ユーザサポートツールが新しくなりました 2 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 3 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 7 3. Windows8

More information

McAfee SaaS Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護

McAfee SaaS  Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 統合ガイド改訂 G McAfee SaaS Email Protection Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 Microsoft Office 365 の設定 このガイドの説明に従って McAfee SaaS Email Protection を使用するように Microsoft Office 365 と Microsoft Exchange Online

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web Server Security Suite Dr.Web Anti-virus for Windows Servers Ver.10 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/02/23 改訂 : 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件...

More information

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc WebSAM DeploymentManager (HP-UX) における Java 2 Runtime Environment の更新について Rev.6 2008 年 4 月 NEC 本文書では WebSAM DeploymentManager (HP-UX) をご使用のお客様におきまして Java 2 Runtime Environment を更新する際の手順についてお知らせいたします Java

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp Windows10 動作保障開始のお知らせ 2016 年 7 月より Windows 10 を新たに動作保証対象といたします ご利用にあたって は以下の点にご注意ください 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表 以下枠線部分の OS 及びブラウザが新たに追加される動作保証環境となります OS Windows10 Home/Pro (32bit 版 /64bit 版 )( 2) Windows8.1

More information

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit 2015.10.8 マスプロ電工株式会社 本手順書は デジタルレベルチェッカー LCV3 の Web ブラウザーによるソフトウェア更新の手順を説明した資料です Web ブラウザーより LCV3 をバージョンアップする手順は以下の 4 段階で実施します 1. パソコン上に新しいソフトウェアをコピーします 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続します 3. LCV3 を新しいソフトウェアに更新します

More information

Nagios XI Webサイトの改ざん監視

Nagios XI Webサイトの改ざん監視 目的 この資料では Web サイトの改ざん 編集 悪意のあるコード挿入を監視する Web サイト改ざん監視ウィザードの使用方法について説明します Web サイト改ざん監視ウィザードを使用すれば Web サイトの改変を監視し Web サイトに好ましくないコンテンツが見つかったら通知することができます 対象読者 この資料は Web サイトの改ざんを監視したい Nagios 管理者およびエンドユーザーを対象としています

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Synology インストールガイド 株式会社アスク Synology NAS でできること 家庭内に設置することで簡単に写真や動画の共有が行えます ユーザーごとに閲覧可否を制御することが出来ます 専用のアプリを利用することでスマートフォンやタブレットからもアクセスできます 特定のフォルダのみ閲覧可能 外出先など外部のネットワークからアクセス 写真や動画のアップロード Synology NAS アプリを利用して閲覧

More information

付録 :Google ツールバーの設定手順 (1) ブラウザバージョンの確認 まず お使いのブラウザ (Internet Explorer) のバージョンを確認します 手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ヘルプ/ バージョン情報 メニューを選択しま

付録 :Google ツールバーの設定手順 (1) ブラウザバージョンの確認 まず お使いのブラウザ (Internet Explorer) のバージョンを確認します 手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ヘルプ/ バージョン情報 メニューを選択しま InternetExplorer の設定手順 2016/03 更新版 概要 最新ブラウザ対応版 (InternetExplore11 対応 2015 年 2 月リリース ) は 互換表示 の設定が不要となりました 設定手順は以下の通りです また Windows10 で使用する場合の注意事項は (6) を参照ください (1) ブラウザのバーションを確認します 既にバージョンが解っている場合は (2)

More information

目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool の使い方 HDD Password Tool を起動

目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool の使い方 HDD Password Tool を起動 HDD Password Tool USB3.0/2.0 東芝製外付けハードディスク CANVIO 用 パスワードツールソフトウェア 取扱説明書 1.32 版 - 1 - 目次 1. はじめに 3 2. システム要件 4 3. HDD Password Tool のインストール 5 Windows の場合 5 macos/os X/Mac OS X の場合 8 4. HDD Password Tool

More information

Print Server バージョンV2

Print Server バージョンV2 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server Windows Server 2008 Service Pack 2 アップデート手順 2011.8.29 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server は OS として Windows Server 2008 を使用しておりますが Windows

More information

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 Windows Server Failover

改版履歴 Ver. 日付履歴 1.0 版 2014/5/30 目次 0 はじめに 本文中の記号について Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 Windows Server Failover NX7700x シリーズ Windows Server 2008 R2 Enterprise/ Windows Server 2008 R2 Datacenter Windows Server Failover Cluster インストール手順書 1.0 版 2014/5/30 Microsoft Windows Windows Server は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です

More information

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2010 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2010 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします [ アカウント設定 ] [ アカウント設定 (

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2010 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2010 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします [ アカウント設定 ] [ アカウント設定 ( Microsoft Outlook 2010 編 本書では Microsoft Outlook 2010 の設定方法を説明します 目次 P1 1 Microsoft Outlook 2010 の起動 P1 2 メールアカウントの登録 P10 3 メールアカウント設定の確認 P16 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P18 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P19

More information

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます ダウンロードのページを開くと いく

発環境を準備しよう2 章開Eclipseをインストールしようそれでは Eclipseをセットアップしましょう Eclipseは Eclipse Foundationのサイトからダウンロードできます  ダウンロードのページを開くと いく 2.1 Java の開発ツールを入手しよう Java の実行環境と 開発ツールの Eclipse Android 向けアプリケー ションの開発ツール Android SDK をダウンロードしましょう 本書では Windows パソコンへのインストール方法を説明します Javaをインストールしようまず 最新のJava 実行環境を入手しましょう Javaは Java 公式サイト (http://www.java.com/ja/)

More information

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 Microsoft Windows Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上での HP ProLiant 用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 設定手順書第 4 版 はじめに...2 ソフトウェア要件...2 インストール手順...2 チーミングソフトウェアのアンインストール...3 HP Network Teamの作成...5 HP Network Teamの解除...10

More information

システム条件 OS--- Microsoft Windows Vista 32 / 64-bit (Ultimate Business Enterprise のみ ) Microsoft Windows 7 32 / 64-bit (Professional Ultimate Enterprise

システム条件 OS--- Microsoft Windows Vista 32 / 64-bit (Ultimate Business Enterprise のみ ) Microsoft Windows 7 32 / 64-bit (Professional Ultimate Enterprise SolidWorks Student Edition 2013-2014 日本語インストレーションガイド インストールの前に必ずお読み下さい SolidWorks Student Edition のインストールメディアはDVDです インストールするコンピュータにはDVDメディアを再生できるドライブが必要です ご使用いただけるSolidWorksは 1 台のPC 上でのみ有効となります 使用するPCを変更する場合は

More information

1. インストールについて 1.1 インストール環境 OS : Windos XP, Windows Vista(32ビット ), Windows7(32ビット /64ビット), Windows8(32ビット /64ビット Media Center Packがインストールされていること ) ハード

1. インストールについて 1.1 インストール環境 OS : Windos XP, Windows Vista(32ビット ), Windows7(32ビット /64ビット), Windows8(32ビット /64ビット Media Center Packがインストールされていること ) ハード GPS ロガーデータ動画合成ツール インストールマニュアル VER.2.0.3 2013 年 5 月 17 日 有限会社 1. インストールについて 1.1 インストール環境 OS : Windos XP, Windows Vista(32ビット ), Windows7(32ビット /64ビット), Windows8(32ビット /64ビット Media Center Packがインストールされていること

More information

Community Edition日本語インストール ガイド

Community Edition日本語インストール ガイド Community Edition 日本語インストール ガイド ドキュメント番号 : GUIDE-install-21040501 バージョン : 1.0 発行日 : 2014/05/01 目次 1. はじめに... 1 2. インストールする前に必要な環境の確認... 1 2.1. ハードウェア... 1 2.2. インターネットブラウザ... 1 2.3. Java Virtual Machines

More information

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... -

改版履歴 Ver. 日付履歴初版 2014/7/10 - 目次 1. はじめに クラスター構築の流れ Windows Server Failover Cluster をインストールするための準備 OS のセットアップ時の注意... - NX7700x シリーズ Windows Server 2012 R2 Windows Server Failover Cluster インストール手順書 Microsoft Windows Windows Server は 米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です その他 記載されている会社名 製品名は 各社の登録商標または商標です 免責条項

More information

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2 Vectorworks サイトプロテクションネットワーク版 - 情報 2 セットアップリスト A&A セットアップリストについて 概要 ) 本リストは Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版 ( 以下 SPN 版 ) のサーバアプリケーションが正しくセットアップされたかを確認する為のリストです 本リストを全てクリアすれば SPN 版が使用できる環境が整った事を意味します 使い方 )

More information

登録手順 2 アカウントの登録 追加 インターネットアカウント画面が表示されます [ 追加 (A)] [ メール (M)] の順にクリックします 登録手順 3 表示名の設定 インターネット接続ウィザードが表示されます [ 表示名 (D)] に名前を入力します 入力が完了したら [ 次へ (N)] を

登録手順 2 アカウントの登録 追加 インターネットアカウント画面が表示されます [ 追加 (A)] [ メール (M)] の順にクリックします 登録手順 3 表示名の設定 インターネット接続ウィザードが表示されます [ 表示名 (D)] に名前を入力します 入力が完了したら [ 次へ (N)] を Outlook Express 編 本書では Outlook Express の設定方法を説明します 目次 P1 1 Outlook Express の起動 P1 2 メールアカウントの登録 P8 3 メールアカウント設定の確認 P12 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P14 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P15 6 メール送信形式の設定 1 Outlook

More information

GALAPAGOS Station ご利用の流れ STEP1 GALAPAGOS Station をインストールする GALAPAGOS Station のインストール手順は以下の通りです シャープの WEB サイト

GALAPAGOS Station ご利用の流れ STEP1 GALAPAGOS Station をインストールする GALAPAGOS Station のインストール手順は以下の通りです シャープの WEB サイト ガラパゴスステーション GALAPAGOS Station の使い方 お持ちのパソコンと HappyTablet を連携させるパソコン向けのアプリケーション GALAPAGOS Station を活用すれば サービスの楽しみ方がさらに広がります GALAPAGOS Station とは GALAPAGOS Station とは ハッピータブレットと併用することで サービスをより便利にお使いいただけるようにな

More information

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14

目 次 1 はじめに ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード オフライン更新手順 オフライン更新設定の削除手順 /14 ESET セキュリティソフトウェアシリーズ ユーザーズサイトの定義データベースを利用したオフライン更新手順書 第 3 版 2012 年 8 月キヤノン IT ソリューションズ株式会社セキュリティソリューション事業部 目 次 1 はじめに... 2 2 ユーザーズサイトから定義データベースをダウンロード... 3 3 オフライン更新手順... 8 4 オフライン更新設定の削除手順... 13 1/14

More information

Inet-Builder Client 操作説明書

Inet-Builder Client 操作説明書 Inet Builder Inet-Builder CLIENT (Windows7 10/IE9 10 11) セットアップ説明書 目次 1.I 推奨動作環境 3 2.Inet-Builder Client セットアップ 3 2-1.Internet Explorer の起動 3 2-2.Inet-Builder Client のダウンロードおよびセットアップ 4 2-3.Inet-Builder

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 3CX v15 インストールガイド Revision 1.0 目次 1 システム要件 2 2 インストール手順 3 3CX 設定ツール 3 6 4 初期設定 10 ー 1 ー 1 システム要件 3CX IP-PBX ソフトウェアをインストールする前に 下記のシステム要件を確認してください 1) サポート OS Linux Debian 8 (kernel 3.16) Windows 7 SP1(Professional,

More information

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 本書の表記.................................................. 2 1 Office 2003 について......................................

More information

TOHOローダーソフトセットアップ手順書

TOHOローダーソフトセットアップ手順書 TOHO ローダーソフト セットアップ手順書 株式会社 目次 1. アプリケーションをインストールする前に... 1 1.1 始めに... 1 1.2 システム動作条件... 1 1.3 OS の確認... 2 1.4 NET Framework2.0 の確認... 2 2. アプリケーションソフトのセットアップ... 3 2.1 セットアップ... 3 2.2 再セットアップ... 8 2.3 アンインストール...11

More information

タッチディスプレイランチャー

タッチディスプレイランチャー タッチディスプレイランチャー バージョン.0 取扱説明書 もくじ はじめに 3 ランチャーについて 4 ランチャーの操作方法 5 グループを変える 5 設定について 6 アイコンを新規登録する 7 登録したアイコンを編集する 8 グループの編集 0 壁紙を変更する その他の設定について はじめに 本ソフトウェアは ペン操作やタッチ操作で目的のソフトウェアを起動することができるソフトウェアです ソフトウェアは追加

More information

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8 一括請求 Assist 操作マニュアル インストール編 第 1.7 版 目次はじめに...3 1 必要システム環境...4 2 インストール手順...5 2.1 インストール前の注意点... 5 2.2 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール )... 5 2.3 ライセンスの登録... 8 2.4 初期設定情報の入力... 8 2.5 インストール先の選択...

More information

本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています 必要に応じてお

本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています 必要に応じてお 電子証明書の更新手順書 平成 26 年 10 月版 社会保険診療報酬支払基金都道府県国民健康保険団体連合会 本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています

More information

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削 当社ソフトウェアをご利用の皆様へ重要なお知らせ Windows0 へアップグレード する前に 必ず利用中のソフトウェアでライセンスの削除を行ってください 間取りプレミアム ひな形 Bank のライセンス削除を行わずに ご利用中のパソコンを Windows0 へ ( 無償 ) アップグレードを行うと Windows 0 でソフトウェアを再認証する場合 ご利用中のパスワードを再度入力しても認証されません

More information

Operation of Network Monitoring Utility:

Operation of Network Monitoring Utility: 日本語 e-dpp 4.5 2017 年 5 月 Microsoft Windows 7, 8.0, 8.1 &10, 株式会社エルテクス設計 www.eltechs.co.jp 電話 (047) 490-1010 FAX (047) 490-1011 電子メール etap@eltechs.co.jp 著作権 2017 株式会社エルテクス設計 全ての著作権は エルテクス設計に帰属します 本文書に使用されている名称およびロゴは

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ安心ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡単マニュアル onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) のインストール onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の初期設定 onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の使い方 ( ブラウザ ) onlyタフ レットフィルタリンク

More information

MIRACLE System Savior操作手順書

MIRACLE System Savior操作手順書 バックアップ / リストア作業手順書 Copyright 2000-2013 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved Ver.1.1 変更履歴日付 作成者 Revision 対象 変更内容 2013/07/02 青山雄一 1.0 全体 初版作成 2013/12/27 青山雄一 1.1 全体 V2R4 対応 Copyright 2000-2013 MIRACLE

More information

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ ソースネクストいきなり PDF シリーズ セットアップ手順書 本手順書は グループポリシーを使用したソフトウェア配布およびサイレントインストールについて記 述しています 以下の項目をご確認いただき インストールを行なってください 目次 1. 事前準備 1 1-1. ライセンス管理ページの作成 1 1-2. 接続許可 2 1-3. プログラムのダウンロード (CD-ROM のバージョン番号が 1.0.0.0

More information

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する)

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する) 第 3 章 本章では Windows 98/Me 環境で本製品を接続して TCP/IP NetBEUI および NetBIOS over TCP/IP で 印刷を行う方法について説明します Windows 98/Me 環境から TCP/IP で印刷する 本製品を TCP/IP プロトコルを利用して印刷する際の手順は以下の通りです あらかじめパソコンにプリンター ドライバーをインストールする必要があります

More information

(3)Safari6.1.4 および Safari 以降で Java アプレット動作時 カード AP ライブラリ (JNI ) および ローカルファイルにアクセスできない問題 発生事象 Safar i6.1.4 および Safari7.0.1 以降で java アプレット動作時 カード

(3)Safari6.1.4 および Safari 以降で Java アプレット動作時 カード AP ライブラリ (JNI ) および ローカルファイルにアクセスできない問題 発生事象 Safar i6.1.4 および Safari7.0.1 以降で java アプレット動作時 カード 平成 28 年 8 月 29 日更新 利用者クライアントソフト (Mac 版 ) の注意事項について 利用者クライアントソフト (Mac 版 ) について 動作検証の結果 設定に関する 注意事項が判明しておりますので 以下に示します 記 (1)JRE のダウンロードの問題 発生事象 OSX10.7 以降は デフォルトで JRE がインストールされていないため 利用者クライアントソフトのインストールが中断される

More information

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて Keysight Software Manager (KSM) でのライセンス発行手続きについて EDA Technical Support Japan Codeword Center Updated August 1, 2014 ご自身による簡単な操作で Keysight 製品のライセンスを 即時に発行することができます Contents Keysight Software Management

More information

Nagios XI VMware監視

Nagios XI VMware監視 目的 この資料では Nagios XI で VMware ESX, ESXi, vsphere, vcenter Server を監視する手順について説明します またこれらの製品にデプロイされた仮想マシン (VM) を監視する手順についても説明します 対象読者 この資料は VMware 仮想製品に詳しく Linux サーバにソフトウェアをインストールして設定する方法を知っている Nagios 管理者を対象としています

More information

インストーラー 管理番号 内容 対象バージョン 230 HULFT がすでにインストールされているパスに対してサイレントインストールを実行すると インストールされていた HULFT の動作環境が不正な状態になる 7.3.0~7.3.1 ユーティリティ 管理番号 内容 対象バージョン 231 管理情報

インストーラー 管理番号 内容 対象バージョン 230 HULFT がすでにインストールされているパスに対してサイレントインストールを実行すると インストールされていた HULFT の動作環境が不正な状態になる 7.3.0~7.3.1 ユーティリティ 管理番号 内容 対象バージョン 231 管理情報 リビジョンアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名 バージョン HULFT7 for Windows-EX 7.3.2 HULFT7 for Windows-ENT 7.3.2 HULFT7 for Windows-M 7.3.2 HULFT7 for Windows-L 7.3.2 < 改善一覧 > HULFT 管理番号 内容 対象バージョン説明書参照章 79 履歴削除処理に関する改善 7.0.0~7.3.1-148

More information

ワイヤレスWAN プロファイル設定変更手順書

ワイヤレスWAN プロファイル設定変更手順書 CF-AX2M, CF-AX2L シリーズ CF-SX2M, CF-SX2L, CF-SX1G シリーズ CF-NX2M, CF-NX2L シリーズ (Windows 7 / Windows 8) ワイヤレス WAN プロファイル設定変更手順書 公開日 2012/10/26 本書では ワイヤレス WAN 設定変更ユーティリティを用いて上記機種のワイヤレス WAN プロファイルの設定を変更する手順について説明します

More information

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4 販売管理システムサレスプ (64bit 版 ) インストール手順書 第 001 版 2012/04/09 < 有限会社データーランド > 1 はじめに... 2 2 前準備... 2 2.1 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする... 2 3.NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール... 4 3.1.NET FRAMEWORK

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 大東ビジネスインターネットバンキング SPEED ONE 電子証明書ログイン方式手順書 ログイン編 Windows7 Windows8 共通 . 電子証明書利用時のご注意事項 電子証明書利用時のご注意事項について記載します () 同一 PC を複数ユーザで利用する場合の注意事項同一 Windows アカウントで複数の電子証明書をインストールした場合 インストールしている全ての電子証明書に紐付く利用者

More information

目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート アプリケーションの設定... 7 Step

目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート アプリケーションの設定... 7 Step Network Video Management System ライセンスガイド HAW シリーズ SOW シリーズ 2016 Sony Corporation 目次 はじめに... 3 ライセンス適用の流れ... 4 Step 1 SLC の登録とライセンスファイルの取得... 5 Step 2 追加ライセンスの適用... 6 Step 3,4,5 アプリケーションのインストール ライセンスファイルのインポート

More information

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut Kaspersky Endpoint Security 10 オフライン環境下での定義 DB アップデート 2016/09/27 株式会社カスペルスキー法人営業本部セールスエンジニアリング部 Ver 1.0 1 目次 1. はじめに... 3 1.1. 本資料の目的... 3 1.2. 前提条件... 3 1.3. Kaspersky Update Utility... 4 2. スタンドアロン端末での定義

More information

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで Ashisuto Web Support Center AWSC ユーザーガイド 1.アカウント登録手順... 1 2.ログイン手順... 5 3.アカウント登録内容の変更手順... 6 4.問い合わせ登録手順... 10 5.問い合わせ更新手順... 12 6.ファイルアップロード手順... 16 7.パスワードがご不明の場合... 21 [ 1 ] アカウント登録手順 1. アカウント登録ページへのアクセス

More information

GibbsCAMのインストール

GibbsCAMのインストール 2016 年 9 月 資料 Microsoft.NET Framework 3.5 SP1 と Microsoft.NET Framework 4 について GibbsCAM 2015 v11.0 では.NET Framework の 3.5 SP1 と 4 の両機能が必要です これらは Windows の種類により標準で入っているものと入っていないものがありますので不足しているものは組み込みを行なって使用可能状態にしてください

More information

ALL_mihariban_1017d

ALL_mihariban_1017d セキュリティ機能見張り番 クイックスタートガイド インストール方法 ライセンス登録方法 操作方法の確認 商標 著作権 サポート情報 お問い合わせ窓口 インストール方法 STEP1 セキュリティ機能見張り番 お申込み内容のご案内 に記 載された専用ツールダウン ロードページよりツールをダ ウンロードします ダウンロードしたファイルをダブル クリックすると自動的にインストー ル画 面が表 示されます インストー

More information

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11 Office 365 OneNote Online - 利用マニュアル - 発行日 2015/09/01 1 目次 第 1 章はじめに... 5 1.1. 取扱いについて... 6 1.2. 記載内容について... 6 第 2 章基本操作... 7 2.1. OneNote Online を開く... 8 2.2. ノートブックを開く... 10 2.3. ノート ( セクション ) を作成する...

More information

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド>

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド> Ver 2.70E9 AutoCAD2000-2009 for. Windows Vista XP AutoCAD LT2000-2009 目次 らくらくメニューをインストールする前に -------------------- 1 AutoCAD LT 版らくらくメニューのインストール ------------ 2 初回起動時の処理 AutoCAD LT 2006~2009の場合 ---------------------

More information

2

2 クラウドサービス設定マニュアル (CentOS6 版 ) 第 1.1 版 2017 年 3 月 13 日 作成日 最終更新日 2016 年 7 月 29 日 2017 年 3 月 13 日 青い森クラウドベース株式会社 1 2 目次 1. はじめに... 5 2. 組織 VDC ネットワークの新規作成... 6 2-1. ネットワークタイプの選択... 7 2-2. ネットワークの構成... 8 2-3.

More information

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65 1-1. Mac OS X バージョン 10.8 での PPD 生成 Pagemaster RIP 6500 client のアイコンを ダブルクリックします アイコン * デスクトップ上に Pagemaster RIP 6500 client のアイコンが無い場合は P.3 にて選択したインストール先にある Pagemaster RIP 6500 をダブルクリックします ログイン画面が表示されます

More information

IDL8.4 ENVI5.2 でのインストールの問題について この度は ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 をご利用いただき誠にありがとうございます 本書では ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 のインストールとライセンスの設定にあたり 重要な

IDL8.4 ENVI5.2 でのインストールの問題について この度は ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 をご利用いただき誠にありがとうございます 本書では ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 のインストールとライセンスの設定にあたり 重要な インストールガイド : 補足資料 IDL8.4 ENVI5.2 インストール問題点 Exelis VIS 株式会社 IDL8.4 ENVI5.2 でのインストールの問題について この度は ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 をご利用いただき誠にありがとうございます 本書では ENVI5.2 / IDL8.4 / ENVILiDAR5.2 のインストールとライセンスの設定にあたり

More information

DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode署名手順書

DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode署名手順書 DigiCert EV コード署名証明書 Microsoft Authenticode 署名手順書 2015/07/31 はじめに! 本手順書をご利用の前に必ずお読みください 1. 本ドキュメントは Windows の環境下で DigiCert の EV コード署名証明書をご利用いただく際の署名手順について解説するドキュメントです 2. 本ドキュメントの手順は Microsoft Windows7

More information

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル ネットワーク認証 検疫システム 実施マニュアル (Windows クライアント編 ) 1. ネットワーク認証 検疫システムの流れ 福大 ID( 認証基盤システム ) を入力しネットワーク認証を行います PC の状態をチェックします 学内ネットワークに接続する際は初めに ネットワーク認証 検疫システム画面が表示されます 判定で が出た場合はネットワークに接続できません ネットワークに接続できます 診断結果を元に

More information