基本サンプル

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "基本サンプル"

Transcription

1 SQLCompiler for LINQ(C#) のサンプル ( 基本サンプル ) < 一覧表 > ファイル名 : 前版サンプルから更新したファイル名 ファイル名 説明 リンク No1.linq 単一テーブルを使用する 表 1 No2.linq 2つのテーブルのクロス結合を使用する 表 2 No3.linq 2つのテーブルの内部結合を使用する 表 3 No4.linq No3.linq で GROUP BY 句, ORDER BY 句, COUNT(*) を使用する 表 4 No5.linq 二項演算子 (+) を使用する 表 5 No6.linq 単純 CASE 式を使用する 表 6 No7.linq 検索 CASE 式を使用する 表 7 No8.linq 単項演算子と括弧式を使用する 表 8 No9.linq 検索条件に括弧を使用する 表 9 No10.linq 検索条件に NOT を使用する 表 10 No11.linq 数値 ( 小数 ) リテラルを使用する 表 11 No12.linq GROUP BY 句と AVG 関数を使用する 表 12 No13.linq No12.linq の AVG 関数に DISTINCT を使用する 表 13 No14.linq GROUP BY 句と COUNT 関数を使用する 表 14 No15.linq No14.linq の COUNT 関数に DISTINCT を使用する 表 15 No16.linq FROM 句でサブクエリを使用する 表 16 No17.linq WHERE 句でサブクエリを使用する 表 17 No17_2.linq No17.linq と等価な SQL を IN 限定子を使用して作成する 表 17_2 No18.linq HAVING 句でサブクエリを使用する 表 18 No19.linq 選択リストでサブクエリを使用する 表 19 No20.linq LIKE 限定子を使用する 表 20 No21.linq No20.linq で NOT LIKE 限定子を使用する 表 21 No22.linq No21.linq の述語全体を否定する 表 22 No23.linq BETWEEN 限定子を使用する 表 23 No24.linq No23.linq で NOT BETWEEN 限定子を使用する 表 24 No25.linq No24.linq の述語全体を否定する 表 25 No26.linq IS NULL 限定子を使用する 表 26 No27.linq No26.linq で IS NOT NULL 限定子を使用する 表 27 No28.linq No27.linq の述語全体を否定する 表 28 No29.linq IN 限定子を使用する 表 29 No30.linq No29.linq で NOT IN 限定子を使用する 表 30 1

2 No31.linq No30.linq の述語全体を否定する 表 31 No32.linq EXISTS 限定子を使用する 表 32 No33.linq No32.linq を NOT EXISTS 限定子にする 表 33 No34.linq ALL 限定子を使用する 表 34 No35.linq No34.linq を NOT ALL 限定子にする 表 35 No36.linq ANY 限定子を使用する 表 36 No37.linq No36.linq で NOT ANY 限定子を使用する 表 37 No38.linq IN 限定子を使用する 表 38 No39.linq No38.linq で NOT IN 限定子を使用する 表 39 No40.linq No39.linq の述語全体を否定する 表 40 No43.linq 自己結合を使用する 表 43 No45.linq 集合演算を FROM 句で使用する 表 45 No46.linq 集合演算を WHERE 句で使用する 表 46 No46_2.linq No46.linq の WHERE 句で IN 限定子を使用する 表 46_2 No47.linq 集合演算を選択リストで使用する 表 47 No48.linq 集合演算をルートクエリで使用する 表 48 No49.linq ビット型を FROM 句で使用する 表 49 No50.linq No49.linq の 2 つ目の結合キーの左辺と右辺を入れ替える 表 50 No50_2.linq No50.linq の 2 つ目の結合キーを WHEHE 句に移動する 表 50_2 No51.linq ビット型を WHERE 句で使用する 表 51 No52.linq ビット型を選択リストで使用する 表 52 No53.linq 時間型を FROM 句で使用する 表 53 No54.linq 時間型を WHERE 句で使用する 表 54 No55_2.linq 時間型を選択リストで使用する (1) 表 55_2 No55_3.linq 時間型を選択リストで使用する (2) 表 55_3 No55_5.linq 時間型を選択リストで使用する (3) 表 55_5 No56_2.linq 選択リストで リレーションエイリアス.* を指定する 表 56_2 No57_2.linq 選択リストで テーブル名.* を指定する 表 57_2 No58_2.linq テーブルにエイリアスを付与しないでテーブル名を直接使用する 表 58_2 No59.linq ORDER BY 句を数値で指定する 表 59 No60.linq ORDER BY 句をカラム名で指定する (1) 表 60 No61.linq ORDER BY 句をカラム名で指定する (2) 表 61 No62.linq ORDER BY 句で選択リストに含まれないカラム名を指定する (1) 表 62 No63.linq ORDER BY 句で選択リストに含まれないカラム名を指定する (2) 表 63 No75.linq 集合演算に ORDER BY 句を使用する 表 75 2

3 No1.linq 単一テーブルを使用する SELECT TOP 10 au_lname, au_fname FROM authors WHERE au_id = ' ' authors.where(x1 => x1.au_id == " ") x1.au_lname, x1.au_fname }).Take(10); No2.linq 2 つのテーブルのクロス結合を使用する SELECT t2.au_id, t1.au_lname FROM authors AS t1, titleauthor AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id authors.selectmany(t2 =>, (t1, t2) => newt1, t2}).where(x1 => x1.t1.au_id == x1.t2.au_id) x1.t2.au_id, x1.t1.au_lname No3.linq 2 つのテーブルの内部結合を使用する SELECT t2.au_id, t1.au_lname FROM authors AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id authors.join(, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}) 3

4 x1.t2.au_id, x1.t1.au_lname No4.linq No3.linq で GROUP BY 句, ORDER BY 句, COUNT(*) を使用する SELECT t2.au_id, COUNT(*) FROM authors AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id GROUP BY t2.au_id ORDER BY t2.au_id DESC authors.join(, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}).groupby(x1 => newgrkey1 = x1.t2.au_id}).select(g1 => new au_id = g1.key.grkey1, root_alias_2 = g1.count() }).OrderByDescending(t => t.au_id); No5.linq 二項演算子 (+) を使用する SELECT au_lname + '-' + au_fname AS au_name FROM authors WHERE au_id = ' ' authors.where(x1 => x1.au_id == " ") au_name = x1.au_lname + "-" + x1.au_fname ファイル名 説明 No6.linq 単純 CASE 式を使用する SELECT t2.au_id, CASE COUNT(*) WHEN 1 THEN 'one' 4

5 WHEN 2 THEN 'two' ELSE 'over' END AS kosu FROM authors AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id GROUP BY t2.au_id authors.join(, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}).groupby(x1 => newgrkey1 = x1.t2.au_id}).select(g1 => new au_id = g1.key.grkey1, kosu = (g1.count() == 1? "one" : g1.count() == 2? "two" : "over") No7.linq 検索 CASE 式を使用する SELECT t2.au_id, CASE WHEN COUNT(*) <= 2 THEN 'onetwo' ELSE 'over' END AS kosu FROM authors AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id GROUP BY t2.au_id authors.join(, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}).groupby(x1 => newgrkey1 = x1.t2.au_id}).select(g1 => new au_id = g1.key.grkey1, kosu = (g1.count() <= 2? "onetwo" : "over") No8.linq 単項演算子と括弧式を使用する SELECT au_id, -(au_ord + royaltyper) AS var WHERE au_id = ' '.Where(x1 => x1.au_id == " ") 5

6 x1.au_id, var = -(x1.au_ord + x1.royaltyper) No9.linq 検索条件に括弧を使用する SELECT au_id WHERE (au_id = ' ' AND ((title_id = 'PS3333' OR title_id = 'BU1032') AND (au_ord = 1 OR au_ord = 2)) AND royaltyper = 100).Where(x1 => (x1.au_id == " " && ((x1.title_id == "PS3333" x1.title_id == "BU1032") && (x1.au_ord == 1 x1.au_ord == 2)) && x1.royaltyper == 100)) x1.au_id No10.linq 検索条件に NOT を使用する SELECT au_id WHERE (NOT au_id = ' ' AND NOT (au_ord = 3 OR au_ord = 1) AND NOT royaltyper = 40).Where(x1 => (!(x1.au_id == " ") &&!(x1.au_ord == 3 x1.au_ord == 1) &&!(x1.royaltyper == 40))) x1.au_id ファイル名 No11.linq 6

7 説明 数値 ( 小数 ) リテラルを使用する SELECT au_id, au_ord AS goukei WHERE au_id = ' '.Where(x1 => x1.au_id == " ") x1.au_id, goukei = x1.au_ord No12.linq GROUP BY 句と AVG 関数を使用する SELECT au_ord, AVG(royaltyper) AS heikin GROUP BY au_ord.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.au_ord}).select(g1 => new au_ord = g1.key.grkey1, heikin = g1.average(x1 => x1.royaltyper) No13.linq No12.linq の AVG 関数に DISTINCT を使用する SELECT au_ord, AVG(DISTINCT royaltyper) AS heikin GROUP BY au_ord.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.au_ord}).select(g1 => new au_ord = g1.key.grkey1, heikin = g1.select(x1 => (int?)(x1.royaltyper)).distinct().average() ファイル名 説明 No14.linq GROUP BY 句と COUNT 関数を使用する 7

8 SELECT au_ord, COUNT(au_ord) AS kosuu GROUP BY au_ord.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.au_ord}).select(g1 => new au_ord = g1.key.grkey1, kosuu = g1.count(x1 => g1.key.grkey1!= null) No15.linq No14.linq の COUNT 関数に DISTINCT を使用する SELECT au_ord, COUNT(DISTINCT royaltyper) AS kosuu GROUP by au_ord.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.au_ord}).select(g1 => new au_ord = g1.key.grkey1, kosuu = g1.where(x1 => x1.royaltyper!= null).select(x1 => x1.royaltyper).distinct().count() No16.linq FROM 句でサブクエリを使用する SELECT t2.au_id, t2.au_lname + ' ' + t2.au_fname AS namae, t1.royaltyper FROM (SELECT au_id, royaltyper WHERE royaltyper = 100) AS t1 INNER JOIN authors AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id.where(x2 => x2.royaltyper == 100).Select(x2 => new x2.au_id, x2.royaltyper }).Join(authors, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}) 8

9 x1.t2.au_id, namae = x1.t2.au_lname + " " + x1.t2.au_fname, x1.t1.royaltyper No17.linq WHERE 句でサブクエリを使用する SELECT t1.au_id AS t1 WHERE (SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper = 100) = ' '.Where(x1 => authors.where(x2 => x1.au_id == x2.au_id && x1.royaltyper == 100).Select(x2 => new x2.au_id }).Any(t => " " == t.au_id)) x1.au_id No17_2.linq No17.linq と等価な SQL を IN 限定子を使用して作成する SELECT t1.au_id AS t1 WHERE ' ' IN (SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper = 100).Where(x1 => authors.where(x2 => x1.au_id == x2.au_id && x1.royaltyper == 100).Select(x2 => new x2.au_id }).Any(t => " " == t.au_id)) 9

10 x1.au_id No18.linq HAVING 句でサブクエリを使用する SELECT stor_id GROUP BY stor_id HAVING AVG(qty) > (SELECT AVG(qty) WHERE payterms = 'Net 30' GROUP BY payterms) sales.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.stor_id}).where(g1 => g1.average(x1 => (int?)(x1.qty)) > sales.where(x2 => x2.payterms == "Net 30").GroupBy(x2 => new grke y2 = x2.payterms}).select(g2 => g2.average (x2 => (int?)(x2.qty))).singleordefault()).select(g1 => new stor_id = g1.key.grkey1 No19.linq 選択リストでサブクエリを使用する SELECT stor_id, qty - (SELECT AVG(qty) WHERE stor_id = '7067' GROUP BY stor_id) AS diff WHERE stor_id = '7067' sales.where(x1 => x1.stor_id == "7067") x1.stor_id, diff = x1.qty - sales.where(x2 => x2.stor_id == "7067").GroupBy(x2 => newgrkey1 = x2.stor_id}).select(g1 => g1.average(x2 => (int?)(x2.qty))).sing leordefault() 10

11 No20.linq LIKE 限定子を使用する SELECT au_id, title_id WHERE title_id LIKE 'PS%'.Where(x1 => System.Data.Linq.SqlClient.SqlMethods.Like(x1.title_id, "PS%")) x1.au_id, x1.title_id No21.linq No20.linq で NOT LIKE 限定子を使用する SELECT au_id, title_id WHERE title_id NOT LIKE 'PS%'.Where(x1 =>!(System.Data.Linq.SqlClient.SqlMethods.Like(x1.title_id, "PS%"))) x1.au_id, x1.title_id No22.linq No21.linq の述語全体を否定する SELECT au_id, title_id WHERE NOT title_id NOT LIKE 'PS%'.Where(x1 => System.Data.Linq.SqlClient.SqlMethods.Like(x1.title_id, "PS%")) 11

12 x1.au_id, x1.title_id No23.linq BETWEEN 限定子を使用する SELECT au_id, royaltyper WHERE royaltyper BETWEEN 75 AND 100.Where(x1 => x1.royaltyper >= 75 && x1.royaltyper <= 100) x1.au_id, x1.royaltyper No24.linq No23.linq で NOT BETWEEN 限定子を使用する SELECT au_id, royaltyper WHERE royaltyper NOT BETWEEN 75 AND 100.Where(x1 =>!(x1.royaltyper >= 75 && x1.royaltyper <= 100)) x1.au_id, x1.royaltyper No25.linq No24.linq の述語全体を否定する SELECT au_id, royaltyper WHERE NOT royaltyper NOT BETWEEN 75 AND 100.Where(x1 => x1.royaltyper >= 75 && x1.royaltyper <= 100) x1.au_id, 12

13 x1.royaltyper No26.linq IS NULL 限定子を使用する SELECT title_id FROM WHERE price IS NULL.Where(x1 => x1.price == null) x1.title_id No27.linq No26.linq で IS NOT NULL 限定子を使用する SELECT title_id FROM WHERE price IS NOT NULL.Where(x1 =>!(x1.price == null)) x1.title_id No28.linq No27.linq の述語全体を否定する SELECT title_id FROM WHERE NOT price IS NOT NULL.Where(x1 => x1.price == null) x1.title_id 13

14 No29.linq IN 限定子を使用する SELECT au_ord WHERE au_ord IN (2,3).Where(x1 => (new int?[]2, 3}).Contains(x1.au_ord)) x1.au_ord No30.linq No29.linq で NOT IN 限定子を使用する SELECT au_ord WHERE au_ord NOT IN (2,3).Where(x1 =>!((new int?[]2, 3}).Contains(x1.au_ord))) x1.au_ord No31.linq No30.linq の述語全体を否定する SELECT au_ord WHERE NOT au_ord NOT IN (2,3).Where(x1 => (new int?[]2, 3}).Contains(x1.au_ord)) x1.au_ord ファイル名 説明 No32.linq EXISTS 限定子を使用する 14

15 SELECT t1.title_id FROM AS t1 WHERE EXISTS (SELECT * AS t2 WHERE t1.title_id = t2.title_id AND t2.au_ord = 3).Where(x1 =>.Any(x2 => x1.title_id == x2.title_id && x2.au_ord == 3)) x1.title_id No33.linq No32.linq を NOT EXISTS 限定子にする SELECT t1.title_id FROM AS t1 WHERE NOT EXISTS (SELECT * AS t2 WHERE t1.title_id = t2.title_id AND t2.au_ord = 3).Where(x1 =>!(.Any(x2 => x1.title_id == x2.title_id && x2.au_ord == 3))) x1.title_id No34.linq ALL 限定子を使用する SELECT stor_id GROUP BY stor_id HAVING AVG(qty) >= ALL (SELECT AVG(qty) GROUP BY payterms) sales.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.stor_id}).where(g1 => sales.groupby(x2 => new grkey2 = x2.payterms}).select(g2 => new 15

16 res1 = g2.average(x2 => (int?)(x2.qty)) }).All(t => g1.average(x1 => (int?)(x1.qty)) >= t.res1)).select(g1 => new stor_id = g1.key.grkey1 No35.linq No34.linq を NOT ALL 限定子にする SELECT stor_id GROUP BY stor_id HAVING NOT AVG(qty) >= ALL (SELECT AVG(qty) GROUP BY payterms) sales.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.stor_id}).where(g1 =>!(sales.groupby(x2 => new grkey2 = x2.payterms}).select(g2 => new res1 = g2.average(x2 => (int?)(x2.qty)) }).All(t => g1.average(x1 => (int?)(x1.qty)) >= t.res1))).select(g1 => new stor_id = g1.key.grkey1 No36.linq ANY 限定子を使用する SELECT stor_id GROUP BY stor_id HAVING AVG(qty) >= ANY (SELECT AVG(qty) GROUP BY payterms) sales.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.stor_id}).where(g1 => sales.groupby(x2 => new grkey2 = x2.payterms}).select(g2 => new res1 = g2.average(x2 => (int?)(x2.qty)) }).Any(t => g1.average(x1 => (int?)(x1.qty)) >= t.res1)) 16

17 .Select(g1 => new stor_id = g1.key.grkey1 No37.linq No36.linq で NOT ANY 限定子を使用する SELECT stor_id GROUP BY stor_id HAVING NOT AVG(qty) >= ANY (SELECT AVG(qty) GROUP BY payterms) sales.groupby(x1 => newgrkey1 = x1.stor_id}).where(g1 =>!(sales.groupby(x2 => new grkey2 = x2.payterms}).select(g2 => new res1 = g2.average(x2 => (int?)(x2.qty)) }).Any(t => g1.average(x1 => (int?)(x1.qty)) >= t.res1))).select(g1 => new stor_id = g1.key.grkey1 No38.linq IN 限定子を使用する SELECT stor_id, qty WHERE qty IN (SELECT qty WHERE payterms = 'ON invoice') sales.where(x1 => sales.where(x2 => x2.payterms == "ON invoice").select(x2 => new x2.qty }).Any(t => x1.qty == t.qty)) x1.stor_id, x1.qty 17

18 No39.linq No38.linq で NOT IN 限定子を使用する SELECT stor_id, qty WHERE qty NOT IN (SELECT qty WHERE payterms = 'ON invoice') sales.where(x1 => sales.where(x2 => x2.payterms == "ON invoice").select(x2 => new x2.qty }).All(t => x1.qty!= t.qty)) x1.stor_id, x1.qty No40.linq No39.linq の述語全体を否定する SELECT stor_id, qty WHERE NOT qty IN NOT (SELECT qty WHERE payterms = 'ON invoice') sales.where(x1 =>!(sales.where(x2 => x2.payterms == "ON invoice").select(x2 => new x2.qty }).All(t => x1.qty!= t.qty))) x1.stor_id, x1.qty 18

19 No43.linq 自己結合を使用する SELECT t1.stor_id AS store1, t2.stor_id AS store2 FROM stores AS t1, stores AS t2 WHERE t1.stor_id < t2.stor_id stores.selectmany(t2 => stores, (t1, t2) => newt1, t2}).where(x1 => string.compare(x1.t1.stor_id,x1.t2.stor_id) < 0) store1 = x1.t1.stor_id, store2 = x1.t2.stor_id No45.linq 集合演算を FROM 句で使用する SELECT t3.au_id, t3.namae1, t3.r1 FROM (SELECT t2.au_id, t2.au_lname + ' ' + t2.au_fname AS namae1, t1.royaltyper AS r1 FROM (SELECT au_id, royaltyper WHERE royaltyper = 100 ) AS t1 INNER JOIN authors AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id UNION SELECT t2.au_id, t2.au_lname + ' ' + t2.au_fname AS namae2, t1.royaltyper AS r2 FROM (SELECT au_id, royaltyper WHERE royaltyper <> 100 ) AS t1 INNER JOIN authors AS t2 ON t1.au_id = t2.au_id ) t3 ORDER BY t3.r1.where(x3 => x3.royaltyper == 100).Select(x3 => new x3.au_id, x3.royaltyper }).Join(authors, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}).select(x2 => new 19

20 x2.t2.au_id, namae1 = x2.t2.au_lname + " " + x2.t2.au_fname, r1 = x2.t1.royaltyper }).Union(.Where(x5 => x5.royaltyper!= 100).Select(x5 => new x5.au_id, x5.royaltyper }).Join(authors, t1 => t1.au_id, t2 => t2.au_id, (t1, t2) => newt1, t2}).select(x4 => new x4.t2.au_id, namae1 = x4.t2.au_lname + " " + x4.t2.au_fname, r1 = x4.t1.royaltyper })) x1.au_id, x1.namae1, x1.r1 }).OrderBy(t => t.r1); No46.linq 集合演算を WHERE 句で使用する SELECT t1.au_id AS t1 WHERE ( SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper = 100 UNION SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper <> 100 ) = ' '.Where(x1 => authors.where(x2 => x1.au_id == x2.au_id && x1.royaltyper == 100) 20

21 != 100) x1.au_id.select(x2 => new x2.au_id }).Union(authors.Where(x3 => x1.au_id == x3.au_id && x1.royaltyper.select(x3 => new x3.au_id })).Any(t => " " == t.au_id)) No46_2.linq No46.linq の WHERE 句で IN 限定子を使用する SELECT t1.au_id AS t1 WHERE ' ' IN ( SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper = 100 UNION SELECT t2.au_id FROM authors AS t2 WHERE t1.au_id = t2.au_id AND t1.royaltyper <> 100).Where(x1 => authors.where(x2 => x1.au_id == x2.au_id && x1.royaltyper == 100).Select(x2 => new x2.au_id }).Union(authors.Where(x3 => x1.au_id == x3.au_id && x1.royaltyper!= 100).Select(x3 => new x3.au_id })).Any(t => " " == t.au_id)) x1.au_id 21

22 ファイル名 説明 No47.linq 集合演算を選択リストで使用する SELECT t1.au_ord, t1.royaltyper - ( SELECT AVG(royaltyper) AS t1 WHERE t1.au_ord = 1 GROUP BY t1.au_ord UNION SELECT AVG(royaltyper) AS t1 WHERE t1.au_ord = 1 GROUP BY t1.au_ord) AS diff AS t1 WHERE au_ord = 1.Where(x1 => x1.au_ord == 1) x1.au_ord, diff = x1.royaltyper -.Where(x2 => x2.au_ord == 1).GroupBy(x2 => newgrkey1 = x2.au_ord}).select(g1 => g1.average(x2 => x2.royaltyper)).union(.where(x3 => x3.au_ord == 1).GroupBy(x3 => newgrkey2 = x3.au_ord}).select(g2 => g2.average(x3 => x3.royaltyper))).singleordefault() No48.linq 集合演算をルートクエリで使用する SELECT au_id, title_id WHERE au_ord = 1 UNION SELECT au_id, title_id WHERE au_ord <> 1.Where(x1 => x1.au_ord == 1) 22

23 x1.au_id, x1.title_id }).Union(.Where(x2 => x2.au_ord!= 1).Select(x2 => new x2.au_id, x2.title_id })); No49.linq ビット型を FROM 句で使用する SELECT a.au_id, t.title_id FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t ON a.au_id = t.au_id AND a.contract = 1 authors.join(, a => newa.au_id, key1 = a.contract}, t => newt.au_id, key1 = (1 == 0? false : true)}, (a, t) => newa, t}) x1.a.au_id, x1.t.title_id No50.linq No49.linq の 2 つ目の結合キーの左辺と右辺を入れ替える SELECT a.au_id, t.title_id FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t ON a.au_id = t.au_id AND 1 = a.contract authors.join(, a => newa.au_id, key1 = a.contract}, t => newt.au_id, key1 = (1 == 0? false : true)}, (a, t) => newa, t}) x1.a.au_id, x1.t.title_id 23

24 No50_2.linq No50.linq の 2 つ目の結合キーを WHEHE 句に移動する SELECT a.au_id, t.title_id FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t ON a.au_id = t.au_id WHERE 1 = a.contract authors.join(, a => a.au_id, t => t.au_id, (a, t) => newa, t}).where(x1 => (1 == 0? false : true) == x1.a.contract) x1.a.au_id, x1.t.title_id No51.linq ビット型を WHERE 句で使用する SELECT a.au_id, t.title_id FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t ON a.au_id = t.au_id WHERE a.contract = 1 authors.join(, a => a.au_id, t => t.au_id, (a, t) => newa, t}).where(x1 => x1.a.contract == (1 == 0? false : true)) x1.a.au_id, x1.t.title_id ファイル名 説明 No52.linq ビット型を選択リストで使用する SELECT a.au_id, a.contract, t.title_id FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t 24

25 ON a.au_id = t.au_id AND a.state = 'UT' authors.join(, a => newa.au_id, key1 = a.state}, t => newt.au_id, key1 = "UT"}, (a, t) => newa, t}) x1.a.au_id, x1.a.contract, x1.t.title_id No53.linq 時間型を FROM 句で使用する SELECT t1.title_id, t2.au_id FROM AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.title_id = t2.title_id AND t1.pubdate > ' '.SelectMany(t2 =>, (t1, t2) => newt1, t2}).where(x1 => x1.t1.title_id == x1.t2.title_id && x1.t1.pubdate > DateTime.Parse(" ")) x1.t1.title_id, x1.t2.au_id No54.linq 時間型を WHERE 句で使用する SELECT t1.title_id, t2.au_id FROM AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.title_id = t2.title_id WHERE t1.pubdate > ' '.Join(, t1 => t1.title_id, t2 => t2.title_id, (t1, t2) => newt1, t2}).where(x1 => x1.t1.pubdate > DateTime.Parse(" ")) 25

26 x1.t1.title_id, x1.t2.au_id ファイル名 No55_2.linq 説明時間型を選択リストで使用する (1) SELECT t1.title_id, t1.pubdate, t2.au_id FROM AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.title_id = t2.title_id WHERE t2.au_ord = 3.Join(, t1 => t1.title_id, t2 => t2.title_id, (t1, t2) => newt1, t2}).where(x1 => x1.t2.au_ord == 3) x1.t1.title_id, x1.t1.pubdate, x1.t2.au_id ファイル名 No55_3.linq 説明時間型を選択リストで使用する (2) SELECT t1.title_id, t1.pubdate, t2.au_id FROM AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.title_id = t2.title_id AND t1.royalty = t2.au_ord * 10.Join(, t1 => newt1.title_id, key1 = t1.royalty}, t2 => newt2.title_id, key1 = t2.au_ord * 10}, (t1, t2) => newt1, t2}) x1.t1.title_id, x1.t1.pubdate, x1.t2.au_id 26

27 ファイル名 No55_5.linq 説明時間型を選択リストで使用する (3) SELECT t1.title_id, t1.pubdate, t1.pubdate + 1 FROM AS t1 INNER JOIN titleauthor AS t2 ON t1.title_id = t2.title_id AND t1.royalty = t2.au_ord * 10.Join(, t1 => newt1.title_id, key1 = t1.royalty}, t2 => newt2.title_id, key1 = t2.au_ord * 10}, (t1, t2) => newt1, t2}) x1.t1.title_id, x1.t1.pubdate, root_alias_3 = x1.t1.pubdate + TimeSpan.FromDays((double)(1)) No56_2.linq 選択リストで リレーションエイリアス.* を指定する SELECT t.* FROM authors AS a INNER JOIN titleauthor AS t ON a.au_id = t.au_id WHERE t.au_ord = 3 authors.join(, a => a.au_id, t => t.au_id, (a, t) => newa, t}).where(x1 => x1.t.au_ord == 3) x1.t.au_id, x1.t.title_id, x1.t.au_ord, x1.t.royaltyper ファイル名 説明 No57_2.linq 選択リストで テーブル名.* を指定する SELECT titleauthor.* FROM authors INNER JOIN titleauthor ON authors.au_id = titleauthor.au_id 27

28 WHERE titleauthor.au_ord = 3 authors.join(, a => a.au_id, t => t.au_id, (a, t) => newa, t}).where(x1 => x1.t.au_ord == 3) x1.t.au_id, x1.t.title_id, x1.t.au_ord, x1.t.royaltyper No58_2.linq テーブルにエイリアスを付与しないでテーブル名を直接使用する SELECT titleauthor.* FROM INNER JOIN titleauthor ON.title_id = titleauthor.title_id WHERE titleauthor.au_ord = 3.Join(, t => t.title_id, ti => ti.title_id, (t, ti) => newt, ti}).where(x1 => x1.ti.au_ord == 3) x1.ti.au_id, x1.ti.title_id, x1.ti.au_ord, x1.ti.royaltyper No59.linq ORDER BY 句を数値で指定する SELECT t1.title_id, t1.price, (SELECT COUNT(t2.price) FROM AS t2 WHERE t2.price > t1.price) + 1 AS rank FROM AS t1 ORDER BY 3 28

29 x1.title_id, x1.price, rank =.Where(x2 => x2.price > x1.price).count(x2 => x2.price!= null) + 1 }).OrderBy(t => t.rank); ファイル名 No60.linq 説明 ORDER BY 句をカラム名で指定する (1) SELECT t1.title_id, t1.price, (SELECT COUNT(t2.price) FROM AS t2 WHERE t2.price > t1.price) + 1 AS rank FROM AS t1 ORDER BY t1.title_id x1.title_id, x1.price, rank =.Where(x2 => x2.price > x1.price).count(x2 => x2.price!= null) + 1 }).OrderBy(t => t.title_id); ファイル名 No61.linq 説明 ORDER BY 句をカラム名で指定する (2) SELECT t1.title_id, t1.price, (SELECT COUNT(t2.price) FROM AS t2 WHERE t2.price > t1.price) + 1 AS rank FROM as t1 ORDER BY title_id x1.title_id, x1.price, rank =.Where(x2 => x2.price > x1.price).count(x2 => x2.price!= 29

30 null) + 1 }).OrderBy(t => t.title_id); ファイル名 No62.linq 説明 ORDER BY 句で選択リストに含まれないカラム名を指定する (1) SELECT t1.title_id, t1.price, (SELECT COUNT(t2.price) FROM AS t2 WHERE t2.price > t1.price) + 1 AS rank FROM AS t1 ORDER BY t1.pub_id.orderby(x1 => x1.pub_id) x1.title_id, x1.price, rank =.Where(x2 => x2.price > x1.price).count(x2 => x2.price!= null) + 1 ファイル名 No63.linq 説明 ORDER BY 句で選択リストに含まれないカラム名を指定する (2) SELECT t1.title_id, t1.price, (SELECT COUNT(t2.price) FROM AS t2 WHERE t2.price > t1.price) + 1 AS rank FROM as t1 ORDER BY pub_id.orderby(x1 => x1.pub_id) x1.title_id, x1.price, rank =.Where(x2 => x2.price > x1.price).count(x2 => x2.price!= null)

31 No75.linq 集合演算に ORDER BY 句を使用する SELECT au_id, title_id WHERE au_ord = 1 UNION SELECT au_id, title_id WHERE au_ord <> 1 ORDER BY title_id.where(x1 => x1.au_ord == 1) x1.au_id, x1.title_id }).Union(.Where(x2 => x2.au_ord!= 1).Select(x2 => new x2.au_id, x2.title_id })).OrderBy(t => t.title_id); 31

基本サンプル

基本サンプル SQLCompiler for LINQ(C#) のサンプル (LINQPad 用 LINQ to Entities 基本サンプル ) 本サンプルで使用した Visual Studio プロジェクトの pubs データベースの概念モデルは 以下のテーブル名とカラム名が 直接 SQL Sever へクエリする場合と異なるので が補正されています テーブル名が異なるもの employee employees

More information

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な

1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な レセプトデータ 分 析 に 関 する 教 育 プログラム 馬 場 園 明 ゼミ 1 はじめに 従 来 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)は 紙 媒 体 で 請 求 されてき たが 2011 年 度 より 原 則 として 電 子 請 求 されるようになった 従 来 の 紙 媒 体 に 比 べ 分 析 が 容 易 になったため 電 子 化 され たレセプトデータの 様 々な 分 野 での 活 用

More information

Microsoft PowerPoint - 講義補助資料2017.pptx

Microsoft PowerPoint - 講義補助資料2017.pptx 66 SQL 最も標準的なリレーショナルデータベースの言語 ISO による国際標準規格であり特定の企業に依存しない SQL の規格 :SQL89(SQL1), SQL92(SQL2), SQL:1999(SQL3), SQL:2003, SQL:2006, SQL:2008, SQL:2011 標準規格としての SQL は 何かの略語ではない と規定されている ( 参考 : IBM 社の製品で使われている

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx データベース 第 11 回 (2009 年 11 月 27 日 ) テーブル結合と集計 ( 演習 ) 第 11 回のテーマ 前回より シラバスから離れ 進捗状況に合わせて全体構成を変更しています テーマ1: テーブルの結合 テーマ 2: 結合した結果からの様々な検索 テーマ3: 集計の方法 今日学ぶべきことがら Select 文のさまざまな表現 Natural join sum(*) orrder

More information

Basic descriptive statistics

Basic descriptive statistics データ 情報基盤の活用事例 Scopus-NISTEP 大学 公的機関名辞書対応テーブルの活用事例 ( その 1) 2013 年 7 月 1 日 科学技術 学術政策研究所 科学技術 学術基盤調査研究室 1 < はじめに > はじめに 本資料には Scopus-NISTEP 大学 公的機関名辞書対応テーブルの活用事例をまとめています 本資料と併せて Scopus-NISTEP 大学 公的機関名辞書対応テーブル説明書

More information

untitled

untitled 1 4 4 6 8 10 30 13 14 16 16 17 18 19 19 96 21 23 24 3 27 27 4 27 128 24 4 1 50 by ( 30 30 200 30 30 24 4 TOP 10 2012 8 22 3 1 7 1,000 100 30 26 3 140 21 60 98 88,000 96 3 5 29 300 21 21 11 21

More information

Exam : J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10

Exam : J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10 PASSEXAM http://www.passexam.jp Exam : 70-461J Title : Querying Microsoft SQL Server 2012 Version : DEMO 1 / 10 1. あなたが ContosoDb 付きの Microsoft SQL Server 2012 のデータベースを管理します 展示に示すように テーブルが定義されています ( 図表ボタンをクリックします

More information

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3

PGECons技術ドキュメントテンプレート Ver.3 エンタープライズ コンソーシアム 技 術 部 会 WG#2 SQL 移 行 調 査 編 製 作 者 担 当 企 業 名 SRA OSS, Inc. 日 本 支 社 2013 Enterprise Consortium 改 訂 履 歴 版 改 訂 日 変 更 内 容 1.0 2013/04/22 初 版 ライセンス 本 作 品 は CC-BY ライセンスによって 許 諾 されています ライセンスの 内

More information

74 No.3 0999500 999500 ACCESS

74 No.3 0999500 999500 ACCESS Mar.2003 73 ACCESS ACCESS EXCEL EXCEL 74 No.3 0999500 999500 ACCESS Mar.2003 75 76 No.3 Mar.2003 77 temp EXCEL EXCEL No.3 78 seikika.txt Mar.2003 79 EXCEL Personal.xls Visual Basic Editor VBA Project(PERSONAL.XLS)

More information

リンクされたイメージを表示できません ファイルが移動または削除されたか 名前が変更された可能性があります リンクに正しいファイル名と場所が指定されていることを確認してください 9 2

リンクされたイメージを表示できません ファイルが移動または削除されたか 名前が変更された可能性があります リンクに正しいファイル名と場所が指定されていることを確認してください 9 2 1 リンクされたイメージを表示できません ファイルが移動または削除されたか 名前が変更された可能性があります リンクに正しいファイル名と場所が指定されていることを確認してください 9 2 3 47 25 16. 17. 18. 8 20. 9 21 10 22. 4 5 6 4 19 26 4,305 17 75 98 386 163 4,305 1,713 813 0 769 1,782 4,403

More information

Functional Programming

Functional Programming PROGRAMMING IN HASKELL プログラミング Haskell Chapter 7 - Higher-Order Functions 高階関数 愛知県立大学情報科学部計算機言語論 ( 山本晋一郎 大久保弘崇 2013 年 ) 講義資料オリジナルは http://www.cs.nott.ac.uk/~gmh/book.html を参照のこと 0 Introduction カリー化により

More information

第 5 章 結合 結合のパフォーマンスに影響を与える結合の種類と 表の結合順序について内部動作を交えて 説明します 1. 結合処理のチューニング概要 2. 結合の種類 3. 結合順序 4. 結合処理のチューニングポイント 5. 結合関連のヒント

第 5 章 結合 結合のパフォーマンスに影響を与える結合の種類と 表の結合順序について内部動作を交えて 説明します 1. 結合処理のチューニング概要 2. 結合の種類 3. 結合順序 4. 結合処理のチューニングポイント 5. 結合関連のヒント はじめに コース概要と目的 Oracle をより効率的に使用するための SQL チューニング方法を説明します また 索引の有無 SQL の記述方 法がパフォーマンスにどのように影響するのかを実習を通して習得します 受講対象者 アプリケーション開発者 / データベース管理者の方 前提条件 SQL トレーニング データベース アーキテクチャ コースを受講された方 もしくは同等の知識をお持 ちの方 テキスト内の記述について

More information

橡ボーダーライン.PDF

橡ボーダーライン.PDF 1 ( ) ( ) 2 3 4 ( ) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ( ) 15 16 17 18 19 20 ( ) 21 22 23 24 ( ) 25 26 27 28 29 30 ( ) 31 To be or not to be 32 33 34 35 36 37 38 ( ) 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 ( ) 49 50 51 52

More information

2

2 from One 1 2 24 2 3 4 30 4 5 47 13 6 7 34 2 13 8 34.................................. 9 15-1-5 15-1-4 10 11 12 12 13 14 15 A ( 1) A A 2 B B 16 2 2 17 3 C C 18 3 19 ( ) 15 2 5 ( 56 2 16 20 2 5 ) (1) (2)

More information

Microsoft PowerPoint - LogicCircuits01.pptx

Microsoft PowerPoint - LogicCircuits01.pptx 論理回路 第 回論理回路の数学的基本 - ブール代数 http://www.info.kindai.ac.jp/lc 38 号館 4 階 N-4 内線 5459 takasi-i@info.kindai.ac.jp 本科目の内容 電子計算機 computer の構成 ソフトウェア 複数のプログラムの組み合わせ オペレーティングシステム アプリケーション等 ハードウェア 複数の回路 circuit の組み合わせ

More information

FC741E2_091201

FC741E2_091201 T101-1587-04 1 2 2 0 0 9 2 0 0 8 0 9 0 1 0 5 0 9 1 4 0 5 1 0 5 5 1 2 3 4 4 5 6 7 8 9 1 2 3 0 3 3 0 2 1 1 5 0 1 3 3 3 0 2 0 3 0 3 4 0 9 1 1 0 9 0 9 1 1 5

More information

Transact-SQL Programming Tips

Transact-SQL Programming Tips Sybase R Adaptive Server Enterprise Transact-SQL:ヒントとテクニック 大 谷 一 夫 Transact-SQL Programming Tips Kazuo Otani 注 意 著 者 は 本 書 に 記 述 された 内 容 について 米 国 法 人 Sybase Inc. の SQL Server および Adaptive Server Enterprise

More information

サービス付き高齢者向け住宅賠償責任保険.indd

サービス付き高齢者向け住宅賠償責任保険.indd 1 2 1 CASE 1 1 2 CASE 2 CASE 3 CASE 4 3 CASE 5 4 3 4 5 6 2 CASE 1 CASE 2 CASE 3 7 8 3 9 10 CASE 1 CASE 2 CASE 3 CASE 4 11 12 13 14 1 1 2 FAX:03-3375-8470 2 3 3 4 4 3 15 16 FAX:03-3375-8470 1 2 0570-022808

More information

学 習 目 標 SQLインジェクションについて 理 解 する SQLインジェクションの 実 験 をする SQLインジェクション 対 策 について 理 解 する インターネットに 公 開 する 際 の 対 策 について 理 解 する

学 習 目 標 SQLインジェクションについて 理 解 する SQLインジェクションの 実 験 をする SQLインジェクション 対 策 について 理 解 する インターネットに 公 開 する 際 の 対 策 について 理 解 する サイバー 大 学 IT 総 合 学 部 専 門 基 礎 科 目 科 目 名 データベース 入 門 SQLインジェクション 対 策 ( 学 習 資 料 ) 上 出 哲 広 学 習 目 標 SQLインジェクションについて 理 解 する SQLインジェクションの 実 験 をする SQLインジェクション 対 策 について 理 解 する インターネットに 公 開 する 際 の 対 策 について 理 解 する

More information

ABSTRACT The "After War Phenomena" of the Japanese Literature after the War: Has It Really Come to an End? When we consider past theses concerning criticism and arguments about the theme of "Japanese Literature

More information

Section1_入力用テンプレートの作成

Section1_入力用テンプレートの作成 入力用テンプレートの作成 1 Excel には 効率よく かつ正確にデータを入力するための機能が用意されています このセクションでは ユーザー設定リストや入力規則 関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します STEP 1 ユーザー設定リスト 支店名や商品名など 頻繁に利用するユーザー独自の連続データがある場合には ユーザー設定リスト に登録しておけば オートフィル機能で入力することができ便利です

More information

052-XML04/fiÁ1-part3-’ÓŠ¹

052-XML04/fiÁ1-part3-’ÓŠ¹ & XML Data Store Part 3 Feature*1 AKIMOTO, Shougo i i i i i i inter 52 XML Magazine 04 i i i i i i i i P a r t 3 i i i i i XML Magazine 04 53 & XML Data Store Feature*1 i i inter i inter i inter inter

More information

elemmay09.pub

elemmay09.pub Elementary Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Number Challenge Time:

More information

スライド 1

スライド 1 カタログデータベース検索 峯尾聡吾 1 目次 データベースと SQL データベース検索のための汎用の知識 HSC-SSP データベースについて 2 データベースと SQL 多くの テーブル を検索できるようにしたもの = データベース 検索するための言語 = SQL ( テーブルの一例 ) id ra dec mag mag_err failure 1000 150.0 2.0 25.0 1.0 true

More information

アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2

アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2 Oracle Direct Seminar 試験対策ポイント解説 11g SQL 基礎 Ⅰ 日本オラクル株式会社 アジェンダ ORACLE MASTER Oracle Database 11g 概要 11g SQL 基礎 Ⅰ 試験紹介 ポイント解説 Copyright 2011 Oracle. All rights reserved. 2 資格体系 実務エキスパートの認定

More information

dbSheetClient 開発版

dbSheetClient 開発版 ディービーシート クライアント 開 発 版 Excel-SQL 活 用 マニュアル Ver 4.0.16.0 2009 年 11 月 法 的 な 注 意 事 項 本 書 に 記 載 した 内 容 は 将 来 予 告 なしに 変 更 することがあります 本 ドキュメントの 作 成 にあたっては 細 心 の 注 意 を 払 っていますが 本 書 マニュアルの 記 載 事 項 の 誤 り または 欠 落

More information

第 2 章 PL/SQL の基本記述 この章では PL/SQL プログラムの基本的な記述方法について説明します 1. 宣言部 2. 実行部 3. 例外処理部

第 2 章 PL/SQL の基本記述 この章では PL/SQL プログラムの基本的な記述方法について説明します 1. 宣言部 2. 実行部 3. 例外処理部 はじめに コース概要と目的 Oracle 独自の手続き型言語である PL/SQL について説明します PL/SQL の基本構文 ストアド サブプログラム トリガーの作成方法 またストアド サブプログラムの管理について習得することを目的としています 受講対象者 これから PL/SQL を使用してアプリケーション開発をされる方 前提条件 SQL トレーニング コースを受講された方 もしくは 同等の知識をお持ちの方

More information

はじめに < 本 日 のテーマ> 超 高 速 データベース Hitachi Advanced Data Binder での SQLチューニング 方 法 を 情 報 の 取 得 から 問 題 点 を 見 つけて 対 策 するまでの 流 れと チューニング 事 例 をご 紹 介 いたします 本 資 料

はじめに < 本 日 のテーマ> 超 高 速 データベース Hitachi Advanced Data Binder での SQLチューニング 方 法 を 情 報 の 取 得 から 問 題 点 を 見 つけて 対 策 するまでの 流 れと チューニング 事 例 をご 紹 介 いたします 本 資 料 db tech showcase 2015 Hitachi Advanced Data Binder 実 践 SQLチューニング 方 法 2015/06/12 株 式 会 社 日 立 製 作 所 情 報 通 信 システム 社 ITプラットフォーム 事 業 本 部 サービスイノベーション 統 括 本 部 IT 基 盤 ソリューション 本 部 DB 部 山 口 健 一 はじめに < 本 日 のテーマ>

More information

ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3

ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3 Web 2.0 Web Web Web Web Web Web Web I II I ii II Web Web HTML CSS PHP MySQL Web Web CSS JavaScript Web SQL Web 2014 3 1. 1.1 Web... 1 1.1.1... 3 1.1.2... 3 1.1.3... 4 1.2... 4 I 2 5 2. HTMLCSS 2.1 HTML...

More information

0 第 4 書データベース操作 i 4.1 データベースへの接続 (1) データベースチェックポイントの追加 データベースチェックポイントを追加します (2)ODBC による接続 ODBC を使用してデータベースへ接続します SQL 文を手作業で指定する場合 最大フェッチ行数を指定する場合はここで最大行数を指定します ii 接続文字列を作成します 作成ボタンクリック > データソース選択 > データベース接続

More information

Microsoft PowerPoint - 20111010_DPC研究班セミナーin名古屋.pptx

Microsoft PowerPoint - 20111010_DPC研究班セミナーin名古屋.pptx 一 歩 進 んだデータ 分 析 のために DPCデータ 分 析 に 必 要 な 最 小 知 識 北 海 道 大 学 病 院 地 域 医 療 指 導 医 支 援 センター 藤 森 研 司 2011.10.10 DPC 研 究 班 セミナーin 名 古 屋 分 析 のステップ 1. DPCデータを 分 析 可 能 な 形 にする 1. 様 式 1にDPCコードを 追 加 2. 統 合 EFファイルのデータベース

More information

1 2 3 4 10 5 30 87 50 20 3 7 2 2 6 3 70 7 5 10 20 20 30 14 5 1,000 24 112 2 3 1 8 110 9 JR 10 110 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 25 30 31 32 25 A 33 B C D E F G PR PR or 34 35

More information

研究紀要 第5号

研究紀要 第5号 3 4 5 6 7 8 a s d f a 9 10 s d a 11 12 s d f g 13 h j a d s 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 a 35 s 36 a 37 s 38 a 39 s 40 a 41 s d 42 f 43 44 46 47 48 49 50 a s d as d 51

More information

Web Web Web Web Web, i

Web Web Web Web Web, i 22 Web Research of a Web search support system based on individual sensitivity 1135117 2011 2 14 Web Web Web Web Web, i Abstract Research of a Web search support system based on individual sensitivity

More information

Dim obwsmgr As New SASWorkspaceManager. WorkspaceManager Dim errstring As String Set obws = obwsmgr.workspaces.createworkspacebyserver( _ "My workspace", VisibilityProcess, Nothing, _ "", "", errstring)

More information

L3 Japanese (90570) 2008

L3 Japanese (90570) 2008 90570-CDT-08-L3Japanese page 1 of 15 NCEA LEVEL 3: Japanese CD TRANSCRIPT 2008 90570: Listen to and understand complex spoken Japanese in less familiar contexts New Zealand Qualifications Authority: NCEA

More information

Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K

Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K Core Ethics Vol. K EU Core Ethics Vol. Nerriere D.Hon EU GS NPO GS GS Oklahoma State University Kyoto Branch OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K OSU-K Team FA SA TP TP KINDER WP THP FP, KINDER World

More information

知識処理2011

知識処理2011 知 識 処 理 第 五 回 知 識 の 表 現 その4 データベース( 後 編 ) 今 日 の 内 容 1. データベースの 複 数 のテーブルを 用 いた 問 い 合 わせ 他 のテーブルの 参 照 サブクエリ 2. テーブルの 結 合 内 部 結 合 (inner join)と 外 部 結 合 (outer join) 前 回 の 問 題 下 のテーブル 友 人 帳 を 正 規 化 したテーブルを

More information

Exam : 1z0-882 日本語 (JPN) Title : Oracle Certified Professional, MySQL 5.6 Developer Vendor : Oracle Version : DEMO 1 / 4 Get Latest & Valid 1z0-882-JP

Exam : 1z0-882 日本語 (JPN) Title : Oracle Certified Professional, MySQL 5.6 Developer Vendor : Oracle Version : DEMO 1 / 4 Get Latest & Valid 1z0-882-JP itexamdump 최고이자최신인 IT 인증시험덤프 http://www.itexamdump.com 일년무료업데이트서비스제공 Exam : 1z0-882 日本語 (JPN) Title : Oracle Certified Professional, MySQL 5.6 Developer Vendor : Oracle Version : DEMO 1 / 4 Get Latest

More information

225 225 232528 152810 225 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36-

More information

232528 152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

(Nov/2009) 2 / = (,,, ) 1 4 3 3 2/8

(Nov/2009) 2 / = (,,, ) 1 4 3 3 2/8 (Nov/2009) 1 sun open-office calc 2 1 2 3 3 1 3 1 2 3 1 2 3 1/8 (Nov/2009) 2 / = (,,, ) 1 4 3 3 2/8 (Nov/2009) 1 (true) false 1 2 2 A1:A10 A 1 2 150 3 200 4 250 5 320 6 330 7 360 8 380 9 420 10 480 (1)

More information

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf

DOUSHISYA-sports_R12339(高解像度).pdf Doshisha Journal of Health & Sports Science, 4, 41-50 2012 41 A Case Study of the Comprehensive community sports clubs that People with Disability Participate in. Motoaki Fujita In this study, the interview

More information

untitled

untitled 186 17 100160250 1 10.1 55 2 18.5 6.9 100 38 17 3.2 17 8.4 45 3.9 53 1.6 22 7.3 100 2.3 31 3.4 47 OR OR 3 1.20.76 63.4 2.16 4 38,937101,118 17 17 17 5 1,765 1,424 854 794 108 839 628 173 389 339 57 6 18613

More information

untitled

untitled 1. 3 14 2. 1 12 9 7.1 3. 5 10 17 8 5500 4. 6 11 5. 1 12 101977 1 21 45.31982.9.4 79.71996 / 1997 89.21983 41.01902 6. 7 5 10 2004 30 16.8 37.5 3.3 2004 10.0 7.5 37.0 2004 8. 2 7 9. 6 11 46 37 25 55 10.

More information

コンピュータ概論

コンピュータ概論 5.1 VBA VBA Check Point 1. 2. 5.1.1 ( bug : ) (debug) On Error On Error On Error GoTo line < line > 5.1.1 < line > Cells(i, j) i, j 5.1.1 MsgBox Err.Description Err1: GoTo 0 74 Visual Basic VBA VBA Project

More information

IIJ Technical WEEK Cloudbusting Machine(CBM)

IIJ Technical WEEK Cloudbusting Machine(CBM) Cloudbusting Machine CBM IIJ Project Gryfon PaaS Cloudbusting Machine CBM Project Gryfon PaaS http://www.gryfon.iij-ii.co.jp/ Key-Value Store KVS C GQL PHP-C MySQL 5.0.77 Cassandra 0.7.2 MongoDB 1.8.2

More information

2

2 1 2 3 4 5 6 7 ) N 8 9 10 11 12 ( ) 13 ``Anna Ivanovna, don t you understand that I loved you from the first moment I saw you, nay, before I saw you, when I read your letters? I love you not as a friend-no,

More information

Abstract The purpose of this study is to show the new possibility of the teaching methods regarding Karadahogusi exercise. The author examined the pleasure and the technique attached to the exercise and

More information

プリント

プリント 1 2 3 4 End 1 2 End End 5 6 NEW PIN NEW PIN 1 1 PIN CONF 2 PIN 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53

More information

untitled

untitled JavaScript HP JavaScript JavaScript Web JavaScript Web JavaScript JavaScript JavaScript HTML HTML HTML JavaScript 1. JavaScript ON/OFF 2. JavaScript 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. if 11. if 12. switch 13. 14.

More information

前ページからの続き // テキストボックス02 id 属性で取得 // id 属性で取得する場合は一意に決まるので 何番目かの指定は不要 var textbox02elem = document.getelementbyid("text_box02_id"); if ("001" == statee

前ページからの続き // テキストボックス02 id 属性で取得 // id 属性で取得する場合は一意に決まるので 何番目かの指定は不要 var textbox02elem = document.getelementbyid(text_box02_id); if (001 == statee 全体のヒント 1. テキストボックスの制御 1.1. 日付入力日付の入力ボックスは フォーカスが入った時にスラッショを消し フォーカスが他の項目等に移るとスラッシュが加わるようにする オンフォーカス 20100101 オフフォーカス 2010/01/01 1.1.1 オンフォーカス時にスラッシュを消す入力項目のスラッシュを消すには include/function.js ファイル内の var delslash

More information

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464>

<31322D899C8CA982D982A95F985F95B65F2E696E6464> SUMMARY Japan is one of the most earthquakeprone country in the world, and has repeatedly experienced serious major damages. No matter how serious the impact of earthquake disasters, each and every time,

More information

在日外国人高齢者福祉給付金制度の創設とその課題

在日外国人高齢者福祉給付金制度の創設とその課題 Establishment and Challenges of the Welfare Benefits System for Elderly Foreign Residents In the Case of Higashihiroshima City Naoe KAWAMOTO Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University

More information

AccessVBA−‹ŠpŁÒ-flO“Z

AccessVBA−‹ŠpŁÒ-flO“Z Microsoft Access 1 2 Private Sub After5days_Click( ) msg = Date + 5 MsgBox mag End Sub 3 Me.Filter = " =' " & Me! & "'" 4 5 Private Sub _Click() If IsNull(Me!) Then MsgBox " " Me!.SetFocus Me!.Dropdown

More information

Title 社 会 化 教 育 における 公 民 的 資 質 : 法 教 育 における 憲 法 的 価 値 原 理 ( fulltext ) Author(s) 中 平, 一 義 Citation 学 校 教 育 学 研 究 論 集 (21): 113-126 Issue Date 2010-03 URL http://hdl.handle.net/2309/107543 Publisher 東 京

More information

By Kenji Kinoshita, I taru Fukuda, Taiji Ota A Study on the Use of Overseas Construction Materials There are not few things which are superior in the price and the aspect of the quality to a domestic

More information

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA

56 pp , 2005 * ******* *** ** CA CAMA Title 成人知的障害者の加齢に伴う外観的変化に関する研究 : 知的障害者用外観的老化微候測定法を用いた検討 Author(s) 春日井, 宏彰 ; 菅野, 敦 ; 橋本, 創一 ; 桜井, 和典 ; 片瀬, Citation 東京学芸大学紀要. 第 1 部門, 教育科学, 56: 415-425 Issue Date 2005-03-00 URL http://hdl.handle.net/2309/2097

More information

untitled

untitled SUMMARY Although the situation where sufficient food was not supplied for the victims occurred in the Great East Japan Earthquake, this is a serious problem at the time of catastrophic disasters like the

More information

Clustering in Time and Periodicity of Strong Earthquakes in Tokyo Masami OKADA Kobe Marine Observatory (Received on March 30, 1977) The clustering in time and periodicity of earthquake occurrence are investigated

More information

(Microsoft Word - SQLS\203T\203\223\203v\203\213\217W090814.doc)

(Microsoft Word - SQLS\203T\203\223\203v\203\213\217W090814.doc) 特 許 出 願 中 SQLSequencer サンプル 定 義 ---Oracle 版 --- 2009.08.14 Copyright(c) Since 2009 ( 株 )オンネット システムズ All rights reserved. 1 目 次 項 目 内 容 頁 0 サンプル 環 境 について 3 1 SQL の 単 純 実 行 (sample1.xml) 4 2 結 果 の CSV 出

More information

imt_817_tuning_11_1822.PDF

imt_817_tuning_11_1822.PDF intermedia Text Tuning Guide Creation Date: Mar 12, 2001 Last Update: Apr 19, 2001 Version: 1.1 4 intermedia Text 4 5 5 5 6 6 intermedia 6 6 6 7 7 7 7 8 8 8 8 R816 9 10 10 10 12 12 13 14 15 catalog index

More information

WE WESB WENB WESNB 428

WE WESB WENB WESNB 428 KH-A-NL Quick Change Stub Tapper Designed for use on KH-A spindle. Spindle Feed: All kinds of feed styles.for spindle feed other than pitch feed, use KH-A-NL in a condition where the tension feature always

More information

外国語教育/斎藤

外国語教育/斎藤 A Tentative Plan for Improving English Language Teaching SAITO Eiji The purpose of the speech the writer gave at the First International Symposium sponsored by the Kansai University Graduate School of

More information

30 2014.08 2 1985 Koblitz Miller 2.1 0 field Fp p prime field Fp E Fp Fp Hasse Weil 2.2 Fp 2 P Q R R P Q O P O R Q Q O R P P xp, yp Q xq, yq yp yq R=O

30 2014.08 2 1985 Koblitz Miller 2.1 0 field Fp p prime field Fp E Fp Fp Hasse Weil 2.2 Fp 2 P Q R R P Q O P O R Q Q O R P P xp, yp Q xq, yq yp yq R=O An Internet Vote Using the Elliptic Curve Cryptosystem TAKABAYASHI Shigeki Nowadays various changes are taking place in the society by the spread of the Internet, and we will vote by the Internet using

More information

fp.gby

fp.gby 1 1 2 2 3 2 4 5 6 7 8 9 10 11 Haskell 12 13 Haskell 14 15 ( ) 16 ) 30 17 static 18 (IORef) 19 20 OK NG 21 Haskell (+) :: Num a => a -> a -> a sort :: Ord a => [a] -> [a] delete :: Eq a => a -> [a] -> [a]

More information

1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i

1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i 1030195 15 2 10 1 1 2 2 2-1 2 2-2 4 2-3 11 2-4 12 2-5 14 3 16 3-1 16 3-2 18 3-3 22 4 35 4-1 VHDL 35 4-2 VHDL 37 4-3 VHDL 37 4-3-1 37 4-3-2 42 i 4-3-3 47 5 52 53 54 55 ii 1 VHDL IC VHDL 5 2 3 IC 4 5 1 2

More information

QOL

QOL 27.8.8 8.9 QOL How to How to How to How to How to 7 50 How to I think Yes 60 SF 11 21 26% 4 1 70 56 CGA CGA 80 3 54 297 400 60 70 3 21 22 22 ( ) ( ) 2.5 17 (1612) (1533-1615) 18 (1613) (1615) (1583-1644)

More information

環境影響評価制度をめぐる法的諸問題(4) : 米国の環境影響評価制度について

環境影響評価制度をめぐる法的諸問題(4) : 米国の環境影響評価制度について Kwansei Gakuin University Rep Title Author(s) 環 境 影 響 評 価 制 度 をめぐる 法 的 諸 問 題 (4) : 米 国 の 環 境 影 響 評 価 制 度 について Sekine, Takamichi, 関 根, 孝 道 Citation 総 合 政 策 研 究, 33: 73-103 Issue Date 2010-02-20 URL http://hdl.handle.net/10236/3583

More information

現代社会文化研究

現代社会文化研究 No.37 2006 12 Abstract An organization follows a strategy, if this is true, an manager leads a strategy with his or her principles and faith. The manager s principles create an systematic union and work

More information

717A 33 2 53 52B 429 430G 34 2005 5 5 2005 13 28 17 17 36 35 17 29 423G 424A 51A 7 41 7 54 5 59 51A4556 17 3 14 11 22 6 24 54 35 17 55 22 18 32 56F 57

717A 33 2 53 52B 429 430G 34 2005 5 5 2005 13 28 17 17 36 35 17 29 423G 424A 51A 7 41 7 54 5 59 51A4556 17 3 14 11 22 6 24 54 35 17 55 22 18 32 56F 57 Vol.13 CONTENTS P2.3s P4.5s P6.6s P7.7s P8.8s s 1 717A 33 2 53 52B 429 430G 34 2005 5 5 2005 13 28 17 17 36 35 17 29 423G 424A 51A 7 41 7 54 5 59 51A4556 17 3 14 11 22 6 24 54 35 17 55 22 18 32 56F 57G

More information

Q-Learning Support-Vector-Machine NIKKEI NET Infoseek MSN 10 1 12 22 170 121 10 9 15 12 22 85 2 85 10 i

Q-Learning Support-Vector-Machine NIKKEI NET Infoseek MSN 10 1 12 22 170 121 10 9 15 12 22 85 2 85 10 i 21 Stock price forecast using text mining 1100323 2010 3 1 Q-Learning Support-Vector-Machine NIKKEI NET Infoseek MSN 10 1 12 22 170 121 10 9 15 12 22 85 2 85 10 i Abstract Stock price forecast using text

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

...

... m cm ... ..... A.B..C..D. MOOK 18 ,.. p........................................ .... ............................ Joy Vision p p............ p p p........ ... The Significance of Near Vision Visual Acuity

More information

NKK NEWS 2012

NKK NEWS 2012 2012Spring 42 CONTROLS SINGLE POINT OF CONTROL (S.P.O.C.) Introduction / Index INDEX Module Versions: C / D BECAUSE CONTROL IS LOGIC! www.42controls.com Introduction... 2 Console Desktop Version... 3

More information

! " # $ % & ' ( ) +, -. / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = >? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z [ ] ^ _ ` a b c d e f h i j k l m n o p q r s t u v w x y z { } ~ This product is

More information

Javaによるアルゴリズムとデータ構造

Javaによるアルゴリズムとデータ構造 1 algorithm List 1-1 a, b, c List 1-1 // import java.util.scanner; class Max3 { public static void main(string[] args) { Scanner stdin = new Scanner(System.in); int a, b, c; int max; // Chap01/Max3.java

More information

3 2

3 2 1 2016 January No.747 3 2 CONTENTS 2 5 9 10 16 17 18 19 20 26 27 28 Public relations brochure of Higashikawa 1 2016 January No.747 4 HIGASHIKAWA TOWN NEWS 5 HIGASHIKAWA TOWN NEWS HIGASHIKAWA TOWN NEWS

More information

untitled

untitled ST0001-1- -2- -3- -4- BorderStyle ControlBox, MinButton, MaxButton True False True False Top Left Height,Width Caption Icon True/False -5- Basic Command1 Click MsgBox " " Command1 Click Command1 Click

More information