ブック 1.indb

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ブック 1.indb"

Transcription

1 Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 17 職務満足度からみる学校図書館の現状 概要 5 1. 差異と認識のズレ 学校図書館に影響するネガティブ要因の探索 1

2 ,5,6 図 1 学校図書館で働く人の雇用上の立場の差異 icsfiles/ afieldfile/2016/10/13/ _01.pdf J-CAST html?p=all

3 調査方法 2. 1 調査内容 ~ 分析手順

4 20 γ b 3. 結果 3. 1 生活満足度と n=51 43 n= / 正規雇用非正規雇用正規雇用非正規雇用 図 2 雇用形態別の生活満足度 図 3 雇用形態別の : 12 pp

5 セグメントの評価 年齢 n=40 n= 表 1 年齢との関係 年齢とのクロス表正規雇用非正規雇用 年齢 合計 20~29 歳 30~39 歳 40~49 歳 50 歳以上 満足していない 満足 満足していない 満足 人数 % 75.0% 72.7% 27.3% 年齢に 2.5% 7.5% 15.1% 5.7% 人数 % 100.0% 56.3% 43.8% 年齢に 0.0% 17.5% 17.0% 13.2% 人数 % 77.8% 14.3% 85.7% 年齢に 10.0% 35.0% 3.8% 22.6% 人数 % 81.8% 41.7% 58.3% 年齢に 5.0% 22.5% 9.4% 13.2% 人数 % 82.5% 45.3% 54.7%

6 報酬 労働時間 表 2 報酬との関係 報酬とのクロス表正規雇用非正規雇用 報酬満足度 満足していない どちらともいえない 満足 満足していない 満足 満足していない 満足 人数 % 100.0% 58.3% 41.7% 報酬満足度に 0.0% 10.0% 39.6% 28.3% 人数 % 63.6% 28.6% 71.4% 報酬満足度に 10.0% 17.5% 3.8% 9.4% 人数 % 88.0% 10.0% 90.0% 報酬満足度に 7.5% 55.0% 1.9% 17.0%

7 23 表 3 労働時間との関係 労働時間とのクロス表 正規雇用 非正規雇用 労働時間 長い どちらともいえない 短い 満足していない 満足 満足していない 満足 人数 % 76.0% 50.0% 50.0% 労働時間に 15.0% 47.5% 13.2% 13.2% 人数 % 93.3% 23.8% 76.2% 労働時間に 2.5% 35.0% 9.4% 30.2% 人数 労働時間に 0.0% 0.0% 66.7% 33.3% 0.0% 0.0% 22.6% 11.3% 表 4 職場設備との関係 職場設備とのクロス表 正規雇用 非正規雇用 職場設備の満足度 満足していない 満足していない満足満足していない満足人数 どちらともいえない 満足 職場設備 50.0% 50.0% 68.2% 31.8% の満足に 10.0% 10.0% 28.3% 13.2% 人数 職場設備 0.0% 100.0% 45.5% 54.5% の満足に 0.0% 25.0% 9.4% 11.3% 人数 職場設備 13.6% 86.4% 20.0% 80.0% の満足に 7.5% 47.5% 7.5% 30.2% 職場設備 人間関係

8 24 表 5 人間関係との関係 人間関係とのクロス表正規雇用非正規雇用 人間関係の満足度 満足していない どちらともいえない 満足 満足していない 満足 満足していない 満足 人数 人間関係 100.0% 0.0% 100.0% 0.0% の満足に 10.0% 0.0% 17.0% 0.0% 人数 人間関係 11.1% 88.9% 50.0% 50.0% の満足に 2.5% 20.0% 15.1% 15.1% 人数 人間関係 7.4% 92.6% 25.0% 75.0% の満足に 5.0% 62.5% 13.2% 39.6% 表 6 仕事の継続性 ( 働き続けることができる ) との関係 仕事の継続性とのクロス表 正規雇用 非正規雇用 働き続けることができる 期待できない 満足していない満足満足していない満足人数 仕事の継続性に 50.0% 50.0% 73.9% 26.1% 7.5% 7.5% 32.1% 11.3% どちらともいえない 期待できる 人数 仕事の継続性に 33.3% 66.7% 50.0% 50.0% 2.5% 5.0% 9.4% 9.4% 人数 仕事の継続性に 9.7% 90.3% 10.0% 90.0% 7.5% 70.0% 3.8% 34.0% 仕事の継続性

9 仕事の裁量権 研修制度 % 表 7 仕事の裁量権 ( 意見が仕事に反映できる ) との関係 裁量権とのクロス表正規雇用非正規雇用 意見が仕事に反映できる 反映できない どちらともいえない 反映できる 満足していない 満足 満足していない 満足 人数 裁量権に 100.0% 0.0% 70.0% 30.0% 2.5% 0.0% 13.2% 5.7% 人数 裁量権に 33.3% 66.7% 100.0% 0.0% 2.5% 5.0% 7.5% 0.0% 人数 裁量権に 13.9% 86.1% 33.3% 66.7% 12.5% 77.5% 24.5% 49.1%

10 26 表 8 研修制度との関係 研修制度とのクロス表 正規雇用 非正規雇用 研修制度 利用できない 満足していない満足満足していない満足人数 どちらともいえない 利用できる 研修制度 100.0% 0.0% 66.7% 33.3% に 5.0% 0.0% 30.2% 15.1% 人数 研修制度 100.0% 0.0% 33.3% 66.7% に 2.5% 0.0% 5.7% 11.3% 人数 研修制度に 10.8% 89.2% 25.0% 75.0% 10.0% 82.5% 9.4% 28.3% 表 9 収入の家計割合との関係 収入の家計割合とのクロス表正規雇用非正規雇用 収入の家計割合 0% 25% 50% 75% 100% 満足していない満足満足していない満足人数 収入の家計割合に 0.0% 0.0% 63.6% 36.4% 0.0% 0.0% 13.5% 7.7% 人数 収入の家計割合に 33.3% 66.7% 48.0% 52.0% 2.5% 5.0% 23.1% 25.0% 人数 収入の家計割合に 14.3% 85.7% 25.0% 75.0% 5.0% 30.0% 1.9% 5.8% 人数 収入の家計割合に 50.0% 50.0% 12.5% 87.5% 7.5% 7.5% 1.9% 13.5% 人数 収入の家 5.9% 94.1% 75.0% 25.0% 計割合に 2.5% 40.0% 5.8% 1.9% 収入の家計割合 9

11 27 表 10 報酬満足度と収入の家計割合の関係 報酬満足度 合計 正規雇用 非正規雇用 収入の家計割合 正規非正規収入の家計割合雇用雇用 0% 25% 50% 75% 100% 合計 0% 25% 50% 75% 100% 合計 満足していない どちらともいえない 満足 単位 : 人 表 11 グッドマン =クラスカルのガンマによる評価 γ 値 正規雇用 非正規雇用 年齢 * 報酬 * 労働時間 職場設備 * 0.65 人間関係 * * 継続的 * 意見が反映 * 研修制度 *1.000 * 収入の家計割合 表 12 ケンドールのτb による評価 τb 値 正規雇用 非正規雇用 年齢 * 報酬 * 0.38 労働時間 職場設備 * 人間関係 * * 継続的 * 意見が反映 * 研修制度 * * 収入の家計割合 近似有意確率が5% 以下のセルに * を付けて示した n=51 n= 仕事満足とセグメントの相関

12 28 = γ b 因子分析による現状把握 表 13 主因子法 : バリマックス回転後の因子負荷量 因子 共通性 報酬の満足度 労働時間の長短 職場設備の満足 人間関係の満足 継続的に働ける 仕事への意見 研修制度の利用 固有値 寄与率 累積寄与率 KMO=0.517>0.5 Bartlett の球面性検定有意確率 3.193E-12< 有意水準 0.05

13 考察

14 30 1/ (1080): 参考文献 2009 : (2): (C) ,

15 31 付録 付録 1 質問票 1. あなたの性別を選択してください (1. 男性 2. 女性 ) 2. あなたの年齢を選択してください (1.20~29 歳 2.30~39 歳 3.40~49 歳 4.50 歳以上 ) 3. あなたの勤務形態を選択してください (1. 正規雇用 2. 非正規雇用 ) 4. 最近の生活全般について どの程度満足していますか (1. 満足していない 2. あまり満足していない 3. どちらともいえない 4. 満足している 5. とても満足している ) 5. 最近の仕事について どの程度満足していますか (1. 満足していない 2. あまり満足していない 3. どちらともいえない 4. 満足している 5. とても満足している ) 6. 最近の報酬 ( 賃金 ) について どの程度満足していますか (1. 満足していない 2. あまり満足していない 3. どちらともいえない 4. 満足している 5. とても満足している ) 7. 最近の労働時間について どのように感じていますか (1. 長い 2. やや長い 3. 適切である 4. やや短い 5. 短い ) 8. 職場の環境について 施設 設備に関してどの程度満足していますか (1. 満足していない 2. あまり満足していない 3. どちらともいえない 4. 満足している 5. とても満足している ) 9. 職場の環境について 人間関係に関してどの程度満足していますか (1. 満足していない 2. あまり満足していない 3. どちらともいえない 4. 満足している 5. とても満足している ) 10. 図書館員として働き続けることが期待できる状況ですか (1. 期待できない 2. あまり期待できない 3. どちらともいえない 4. やや期待できる 5. 期待できる ) 11. 自分の意見がどの程度仕事に反映できますか (1. 反映できない 2. ほとんど反映できない 3. どちらともいえない 4. まあまあ反映できる 5. とても反映できる ) 12. 図書館員として技術や能力の向上をはかることの出来る制度を利用できますか (1. 全く利用できない 2. ほとんど利用できない 3. どちらともいえない 4. ときどき利用できる 5. よく利用できる ) 13. あなたの収入は主たる家計をどの程度支えていますか (1. 0% 2. 25% 3. 50% 4. 75% %)

16 32 付録 2 基本統計量 全 体 正規雇用 非正規雇用 年 齢 生活満足度 報酬満足度 労働時間 職場設備の満足 人間関係の満足 できる 働き続 けることが 意見がで仕き事るに反映 中央値 最頻値 範囲 最小 最大 標本数 中央値 最頻値 範囲 最小 最大 標本数 中央値 最頻値 範囲 最小 最大 標本数 研修制度 収入の家計割合

17 33 付録 3 4. 因子分析による現状把握 で用いた非正規雇用の質問紙調査結果及び因子得点係数行列 ( 第 1 因子の得点順に並び替え済 ) 性別 年齢 収入の家計割合 の番号は 質問票の回答番号と対応している 労働時間 は 1. 長い 2. 適切 3. 短い である 継続的に働けるか は 1. 期待できない 2. どちらともいえない 3. 期待できる である 意見が仕事に反映 は 1. 反映できない 2. どちらともいえない 3. 反映できる である 研修制度 は 1. 利用できない 2. どちらともいえない 3. 利用できる である その他の項目については 1. 満足していない 2. どちらともいえない 3. 満足 である 継続的に働けるか 意見が仕事に反映 収入の家計割合 仕事 報酬の 労働 職場 人間 研修 因子得点 因子得点 因子得点 ID 性別 年齢 満足度満足度 時間 設備 関係 制度 無回答

4 今後の居住意向について 設問3 総合的に見て 土岐市は暮らしやすいまちですか 1つだけに 印 暮らしやすい まあまあ暮らしやすい を合計すると 63.4%の方が暮らしやすいと 回答しており 前回調査よりも0.6%多くなっています 性別では女性 年齢別では20代 職 業別では自営業の方が 暮らしやすい と回答した方の割合が高くなっています 暮らしやすい 全 体 今回 男性 11.5% 性 別 11.5%

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

タイトル 著者 引用 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 : 国立大学病院と公立大学病院の比較須藤, 絢子 ; Sudo, Ayako 北海学園大学大学院経営学研究科研究論集 (14): 29-40 発行日 2016-03 手術室看護師のストレスとモチベーションの関連 須藤) 表 2-2 属 性 性別 項 35 立大学病院の手術室看護師における属性 11項目と尺度との比較 目

More information

Graduate School of Policy and Management, Doshisha University 85 自衛隊の災害派遣活動における組織的学習 概要 2 1 1993 2011 2 3 はじめに 1 83 83 2 83 3 77 4 86 1951 1950 1960 1 1960 1980 1995 1990 2 2 1 http://www.geocities.co.jp/wallstreet-stock/5761/outline.html#hist

More information

6地域報告書用クロス表2.xls

6地域報告書用クロス表2.xls 付録 度数分布表 韓国 3 地域と日本 3 地域の回答を表にまとめた 表中の値はすべて % であり横 1 行をすると 100% となる 表タイトルにある数字は仙台調査の問番号である 質問文について詳しくは仙台調査票を参照 6 つの調査に共通する問のみの結果を掲載した 1 年代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代以上 計 Area Seoul 26.9 30.9 21.0 11.0 10.2

More information

cleaned xls

cleaned xls 所得格差に関するアンケート 2008 年 9 月 調査票タイトル所得格差に関するアンケート 調査期間 2008/01/31 ~ 2008/02/05 ステータス実査終了 調査区分本調査 リアルタイム集計閲覧期間 2008/01/31 00:00 ~ 2008/08/22 10:00 依頼数 1570 s 調査依頼した対象者数です 有効回答数 604 s 集計対象とする有効回答 ( ユーザーユニーク

More information

プリント

プリント 無回答 0.9% 悪かった 良かった 6.6% 8.9% どちらかと 言えば悪かった 17.6% どちらかと 言えば良かった 15.5% どちらとも言えない 50.6% 質問 合併により 加美町 となって良 かったか には どちらとも言えない が50.6 と最も多く 良かった ど ちらかと言えば良かった の合計と 悪 かった どちらかと言えば悪かった の合計もほぼ同数となりました 平成26年 2014年

More information

Microsoft Word - 池田様本文確定

Microsoft Word - 池田様本文確定 , 300 100., 1, 2 100,,, 3,.,,.,,.,,,, I.,, 1., 2. 1,,. 25 特集 ワーク ライフ バランス と 男女雇用機会均等,,,.,,.., 1992,,., 3., 2004, 2009. 300 2005,. 2011 100, 100 4.,..,., 5.,,. 2, JILPT 2007-2011., 2012b,,,.,, JILPT.,..

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

国民生活に関する世論調査(平成29年6月)

国民生活に関する世論調査(平成29年6月) 現在の生活について () 去と比べた生活の向上感 問 お宅の生活は 去の今頃と比べてどうでしょうか この中から つお答えください 平成 2 向上している.%.% 同じようなもの.% 8.4% 低下している.% 4.% 向上している同じようなもの低下している 総数 (,3 人 ). 8.4 4. 0.3 性 男性 ( 2,4 人 ). 8..0 0. 女性 ( 3,34 人 ).4 8. 4.4 齢

More information

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意

3 調査項目一覧 分類問調査項目 属性 1 男女平等意識 F 基本属性 ( 性別 年齢 雇用形態 未既婚 配偶者の雇用形態 家族構成 居住地 ) 12 年調査 比較分析 17 年調査 22 年調査 (1) 男女の平等感 (2) 男女平等になるために重要なこと (3) 男女の役割分担意 第 1 章 アンケート調査概要 1 調査の目的 宮崎県における男女共同参画に関する意識と実態を統計的に把握し 今後の男女共同参画施策 の一層の推進を図るための基礎資料を得ることを目的として実施した 2 調査の設計と内容 1 調査地域 : 宮崎県全域 2 調査対象 : 宮崎県在住の 20 歳以上の男女 3,000 人 ( 男女各 1,500 人 ) 3 抽出方法 : 無作為抽出 4 調査方法 : 郵送配付

More information

H 112

H 112 H 111 H 112 113 H 114 115 H 上段 : 実数 下段 : 行 % 10 歳代 20 歳代 30 歳代 40 歳以上 合 計 中国人 男性 女 性 合 計 日本人 男 性 女 性 合 計 合 計 116 上段 : 実数 下段 : 行 % 男 性 女 性 合 計 中国人 日本人 合 計 上段 : 実数 下段 : 行 % 学 生 主 婦 一般職員 その他 合 計 中国人 日本人 合

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

虢 虢 虢 136 桃山学院大学経済経営論集 第57巻第4号 図表5 1 個別所得計算における連結所得調整 クロス集計 図表5 2 個別所得計算における連結所得調整 基本統計量

More information

調査概要 調査対象 : 東京都 愛知県 大阪府 福岡県の GF シニアデータベース 有効回答件数 :992 件 標本抽出法 :GF RTD( ランダム テレフォンナンバー ダイアリング ) 方式 調査方法 : アウトバウンド IVR による電話調査 調査時期 : 平成 23 年 8 月 4 日 (

調査概要 調査対象 : 東京都 愛知県 大阪府 福岡県の GF シニアデータベース 有効回答件数 :992 件 標本抽出法 :GF RTD( ランダム テレフォンナンバー ダイアリング ) 方式 調査方法 : アウトバウンド IVR による電話調査 調査時期 : 平成 23 年 8 月 4 日 ( シニア 高齢者の住宅リフォームに関する調査 リフォーム後 高齢者ほど怪我が少なくなった? リフォームに期待することは怪我防止! 2011 年 9 月 20 日株式会社ジー エフ www.gf-net.co.jp 112-0012 東京都文京区大塚 3-20-1 電話 :03(5978)2261 FAX:03(5978)2260 株式会社ジー エフ ( 本社 : 東京都文京区 代表取締役社長 : 岡田博之

More information

第 16 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 就業状況別 124 第 17 表独身者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 142 第 18 表有配偶者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 148 第 19 表仕事あり者数 性 年齢階級 配偶者の有無 親との同居の有無 職業別 154 第 20 表仕事あ

第 16 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 就業状況別 124 第 17 表独身者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 142 第 18 表有配偶者数 性 年齢階級 就業状況 家庭観別 148 第 19 表仕事あり者数 性 年齢階級 配偶者の有無 親との同居の有無 職業別 154 第 20 表仕事あ 目 次 まえがき Ⅰ 調査の概要 11 Ⅱ 結果の概要 1 独身者の結婚意欲 36 2 独身者の交際状況 37 3 独身女性の結婚後の就業継続意欲 39 参考 40 利用に際しての留意点 43 Ⅲ 統計表 統計表一覧 46 1 基本属性 (1) 被調査者第 1 表被調査者数 性 年齢階級 学歴 配偶者の有無 子どもの有無別 56 第 2 表被調査者数 性 年齢階級 親との同居の有無 配偶者の有無 子どもの有無別

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル 6.( 参考 ) 育休取得 職場復帰の状況 育休を取得して働き続ける女性の割合は増えているものの 働いている女性の約 6 割が第 1 子出産前後に離職している状況は この 20 年間あまり変わっていない状況が続いています 第 1 子出生年別にみた 第 1 子出産前後の妻の就業変化 100% 3.1 3.4 3.8 4.1 5.2 80% 35.5 34.6 32.8 28.5 24.1 60% 40%

More information

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~ 調査結果詳細 夫婦にとって セックスは理解し合うための 大切なコミュニケーションツール 夫婦がお互いに理解し合うためにセックスは大切なコミュニケーションだと思いますか との質問に対し 思う (37.3%) どちらかといえば思う (49.6%) と回答 86.9% がそう感じていることがわかりました この結果は を持つ妻 全てで高い回答を得られました ほとんどの夫婦が セックスはお互いを理解するために大切なコミュニケーションツールであると考えていることがわかりました

More information

日韓比較(10):非正規雇用-その4 なぜ雇用形態により人件費は異なるのか?―賃金水準や社会保険の適用率に差があるのが主な原因―

日韓比較(10):非正規雇用-その4 なぜ雇用形態により人件費は異なるのか?―賃金水準や社会保険の適用率に差があるのが主な原因― ニッセイ基礎研究所 研究員の眼 2015-11-13 日韓比較 (10): 非正規雇用 - その 4 なぜ雇用形態により人件費は異なるのか? 賃金水準や社会保険の適用率に差があるのが主な原因 生活研究部准主任研究員金明中 (03)3512-1825 kim@nli-research.co.jp 企業は経済のグローバル化による市場での厳しい競争を乗り越える目的で正規職と比べて人件費に対する負担が少ない非正規労働者の雇用をより選好している可能性がある

More information

表紙案8

表紙案8 新しい 働き方 応援フォーラム 報告書 主催広島市男女共同参画推進センター ( ゆいぽーと ) 会社は目標を持って一緒にやっていくもの 女性が働き続けられずに仕事に穴ができると 会社にとってもその人にとっても損失女性の活躍は必要だが 女性を甘やかすことになってはよくない 女性の視点も男性の視点も必要であり 同じ給料をもらっている以上 女性もできることをしないと男性が育児休暇を取得するのは周囲の理解がなければ難しいと思う

More information

統計的データ解析

統計的データ解析 統計的データ解析 011 011.11.9 林田清 ( 大阪大学大学院理学研究科 ) 連続確率分布の平均値 分散 比較のため P(c ) c 分布 自由度 の ( カイ c 平均値 0, 標準偏差 1の正規分布 に従う変数 xの自乗和 c x =1 が従う分布を自由度 の分布と呼ぶ 一般に自由度の分布は f /1 c / / ( c ) {( c ) e }/ ( / ) 期待値 二乗 ) 分布 c

More information

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd

Excelによる統計分析検定_知識編_小塚明_1_4章.indd 第2章 1 変量データのまとめ方 本章では, 記述統計の手法について説明します 具体的には, 得られたデータから表やグラフを作成し, 意昧のある統計量を算出する方法など,1 変量データのまとめ方について学びます 本章から理解を深めるための数式が出てきますが, 必ずしも, これらの式を覚える必要はありません それぞれのデータの性質や統計量の意義を理解することが重要です 円グラフと棒グラフ 1 変量質的データをまとめる方法としてよく使われるグラフは,

More information

地域と文化資産

地域と文化資産 11 2005 1980 151 20 65 1 6 37 7 A D E F G H - 2 - 2005 8 6 10:00 10:30 2-432 A D 7 E 8 1-F 1-G - 3 - 2005 H 1970 2005 8 26-4 - A B D E F G H 3 7 8 1 5 6 1 10-5 - 2005 10 1 5 6 1 1 30 2 3 5 3 2 1 2005 8

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 http://www.moj.go.jp/press/090130-1.html 55 56 57

More information

1 1 2 3 2,000 85,100 50% 41.1% 1,600 584,479 66,325 33.1% 30.5% 32.7% 1,200 30.2% 547,372 24.7% 545,252 800 338,958 400 591,520 418,952 27.8% 44.8% 40% 137,886 30% 221,369 365,541 20% 17.1% 589,675 10%

More information

: : 東京都の高校改革 2004:

: : 東京都の高校改革 2004: 91 はじめに 1990 1995 1999 1999 2012 1990 2009: 159 2009: 159 2000 7 2005 6 1965 40 4 2000 12 7 92 1 2 2004 1950 2004: 26 1998 10 2001 2004 2004 2004 7 2004: 16-18 3 2004 2007 19 2004 16 2 2 6 8 2007 2008

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因

15 第1章妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 第 1 章 妊娠出産子育てをめぐる妻の年齢要因 滝沢美津子 本調査の対象となった妻の年齢は 妊娠期の調査時で20 歳から41 歳であり ( 平均 30.2 歳 ) およそ 2 世代が含まれるような広い分布となっている 本章では妻の年齢によって妊娠 出産の理由や分娩様式 育児期のサポートに特徴があるかどうかを 妊娠期の調査時の4つの年齢グループ (24 歳以下 25 29 歳 30 34 歳 35 歳以上

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

2020 3 5 8 11 13 16 17 2 2020 2020 1982 1996 3 1 30,000 40 340 25 19,000 8,000 1,500 21 1 2020 1 35% 35% X 24% Z 6% 2020 3 1 1 Y 1982 1996 20 34 3 Human Age 2 70 80 90 ミレニアル世代は キャリアの将来性にどれくらい自信を持っているでしょう?

More information

Unknown

Unknown 2 若者の仕事生活実態調査報告書 第 3節 無職の若者の世界 以上 就業形態別でみたアンケート結果を まとめ 若者の仕事生活実態調査報告書 第 2部 分析編 かった 中心にインタビューの声を交えながら無職の インタビュー事例では 2 名が希望の仕事が 若者の実態を追ってきた あれば働きたいと切望していた しかし 単にデータから無職の状況を概観する以上 やりがいのある仕事 や前職と同じような

More information

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ

調査協力者の年齢 年齢 人数 % 20 代 183 (15.2) 30 代 238 (19.8) 40 代 276 (23.0) 50 代 364 (30.3) 60 代以上 140 (11.7) A-2 保育士登録について 調査協力者のうち 全体の 70.0%(820 名 ) が 保育士登録を行っ 就実短期大学潜在保育士アンケート結果報告 1. アンケート調査の概要は以下のとおりである 1) アンケートの構成アンケートは 以下のような内容で構成されている ( 詳細は アンケート調査表原本を参照 ) A 調査協力者の属性 B 保育士 幼稚園教諭現職者に対する質問 C 保育士 幼稚園教諭経験者 ( 現在未就労 ) に対する質問 D 保育士 幼稚園教諭として就労経験がない方への質問 E 保育士復職研修会

More information

近年の社会経済の変化と家計の動向 第2章 図表2-3-2 世帯主年齢階級別 所得階層別の世帯の所得分布 等価所得 1.4 0.3 29歳以下 17.1 27.7 30.0 13.2 7.8 2.2 0.3 第 2 章 1.4 30 39歳 3.2 14.0 40 49歳 4.6 50 59歳 5.3 60 69歳 30.7 13.4 21.1 16.8 8.6 24.6 12.3 21.9 14.5

More information

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3.

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3. 17 85.4 82.7 11.9 14.8 骨折させる 77.5 81.0 18.9 16.0 打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどす 75.2 69.6 2 26.2 1.0 なぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす 71.2 67.5 25.5

More information

1 横浜のイメージ [ 経年変化 ] 観光 レジャー が増加傾向経年変化をみると 異国情緒 国際都市 は減少傾向となっている一方 観光 レジャー は増加傾向となっている 図 横浜のイメージ [ 経年変化 ](3 つまでの複数回答 )

1 横浜のイメージ [ 経年変化 ] 観光 レジャー が増加傾向経年変化をみると 異国情緒 国際都市 は減少傾向となっている一方 観光 レジャー は増加傾向となっている 図 横浜のイメージ [ 経年変化 ](3 つまでの複数回答 ) 7. 特集 横浜の魅力 (1) 横浜のイメージ 問 20 あなたは 横浜をよくあらわすイメージは何だと思いますか この中から 3 つまで選んで ください ( は 3 つまで ) 海と港 が8 割超横浜をよくあらわすイメージについて聞いたところ 海と港 (83.7%) が8 割を超え最も多くなっている 次いで 異国情緒 国際都市 (53.4%) が5 割台 観光 レジャー (%) が3 割近くとなっている

More information

- 1 - - 0.5%5 10 10 5 10 1 5 1

- 1 - - 0.5%5 10 10 5 10 1 5 1 - - - 1 - - 0.5%5 10 10 5 10 1 5 1 - 2 - - - - A B A A A B A B B A - 3 - - 100 100 100 - A) ( ) B) A) A B A B 110 A B 13 - 4 - A) 36 - - - 5 - - 1 - 6-1 - 7 - - 8 - Q.15 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70%

More information

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3.

2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226. 1893 B pp. 1 2. p. 3. 1 73 72 1 1844 11 9 1844 12 18 5 1916 1 11 72 1 73 2 1862 3 1870 2 1862 6 1873 1 3 4 3 4 7 2 3 4 5 3 5 4 2007 p. 117. 2 2 3 4 5 5 2 7 3 4 6 1 3 4 7 4 2 2 2 4 2 3 3 4 5 1932 A p. 40. 1893 A p. 224, p. 226.

More information

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23

29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 29 2011 3 pp.55 86 19 1886 2 13 1 1 21 1888 1 13 2 3,500 3 5 5 50 4 1959 6 p.241 21 1 13 2 p.14 1988 p.2 21 1 15 29 2011 3 4 1 19 5 2 21 6 21 2 21 7 2 23 21 8 21 1 20 21 1 22 20 p.61 21 1 21 21 1 23 1

More information

日経テレコン料金表(2016年4月)

日経テレコン料金表(2016年4月) 1 2 3 4 8,000 15,000 22,000 29,000 5 6 7 8 36,000 42,000 48,000 54,000 9 10 20 30 60,000 66,000 126,000 166,000 50 100 246,000 396,000 1 25 8,000 7,000 620 2150 6,000 4,000 51100 101200 3,000 1,000 201

More information

73 p.1 22 16 2004p.152

73 p.1 22 16 2004p.152 1987 p.80 72 73 p.1 22 16 2004p.152 281895 1930 1931 12 28 1930 10 27 12 134 74 75 10 27 47.6 1910 1925 10 10 76 10 11 12 139 p.287 p.10 11 pp.3-4 1917 p.284 77 78 10 13 10 p.6 1936 79 15 15 30 80 pp.499-501

More information

122011pp.139174 18501933

122011pp.139174 18501933 122011pp.139174 18501933 122011 1850 3 187912 3 1850 8 1933 84 4 1871 12 1879 5 2 1 9 15 1 1 5 3 3 3 6 19 9 9 6 28 7 7 4 1140 9 4 3 5750 58 4 3 1 57 2 122011 3 4 134,500,000 4,020,000 11,600,000 5 2 678.00m

More information

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc

Microsoft Word - 映画『東京裁判』を観て.doc 1 2 3 4 5 6 7 1 2008. 2 2010, 3 2010. p.1 4 2008 p.202 5 2008. p.228 6 2011. 7 / 2008. pp.3-4 1 8 1 9 10 11 8 2008, p.7 9 2011. p.41 10.51 11 2009. p. 2 12 13 14 12 2008. p.4 13 2008, p.7-8 14 2008. p.126

More information

() L () 20 1

() L () 20 1 () 25 1 10 1 0 0 0 1 2 3 4 5 6 2 3 4 9308510 4432193 L () 20 1 PP 200,000 P13P14 3 0123456 12345 1234561 2 4 5 6 25 1 10 7 1 8 10 / L 10 9 10 11 () ( ) TEL 23 12 7 38 13 14 15 16 17 18 L 19 20 1000123456

More information

308 ( ) p.121

308 ( ) p.121 307 1944 1 1920 1995 2 3 4 5 308 ( ) p.121 309 10 12 310 6 7 ( ) ( ) ( ) 50 311 p.120 p.142 ( ) ( ) p.117 p.124 p.118 312 8 p.125 313 p.121 p.122 p.126 p.128 p.156 p.119 p.122 314 p.153 9 315 p.142 p.153

More information

~ ~ ~

~ ~ ~ Title Author(s) Kobe University Repository : Kernel 特別講義 自己と他者 の授業記録 : 学生の気づきと学び 米谷, 淳 Citation 大學教育研究別冊,10( 別冊 ):1-49 Issue date 2001-03 Resource Type Resource Version URL Departmental Bulletin Paper

More information

23 歳までの育児のための短時間勤務制度の制度普及率について 2012 年度実績の 58.4% に対し 2013 年度は 57.7% と普及率は 0.7 ポイント低下し 目標の 65% を達成することができなかった 事業所規模別では 30 人以上規模では8 割を超える措置率となっているものの 5~2

23 歳までの育児のための短時間勤務制度の制度普及率について 2012 年度実績の 58.4% に対し 2013 年度は 57.7% と普及率は 0.7 ポイント低下し 目標の 65% を達成することができなかった 事業所規模別では 30 人以上規模では8 割を超える措置率となっているものの 5~2 2013 年度雇用均等分科会における年度目標の評価について ( 案 ) 2013 年度の目標として設定した年度目標について 雇用均等分科会が実施し た評価の結果は 概ね以下のとおりである 1ポジティブ アクション取組企業割合について平成 24 年度より 11.7 ポイント低下して 20.8% となっている 前年度調査と比較すると 企業規模にかかわらず 今のところ取り組む予定はない とする企業の割合が

More information

1 2 3 1 5 1973 5 1973 53 1 2 3 10 4 5 54 2 200 37 60 15 20 1682 1704 1 80 8 1778 55 B 18 C D 6 A C A 1 3 A 1 7 56 16223 1646 31 30 20 2 8 10 2 2 2 2 2 57 8 A 2 11 9 3 2 58 1659 20 1678 3 C 1 10 11 1726

More information

授業科目名_

授業科目名_ ICT 1 A JABEE (1)(a),(b), (e),(g) 10 11 12 13 11 12 10 11 12 60 http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/ DAILY YOMIURI Editorialhttp://www.yomiuri.co.jp/dy/ 1 8 45 40 60 40 60 60 . 授業科目名開講年度担当教員名学年開講期単位数必 選 法学

More information

6 19 2002 p. 223 1868 1878 10 1895 1898 1886 2010 p. 103 1940 2002 p. 223 2 2. 1959 1961 2002 p. 225 1962 2002 p. 226 2 3. 1961

6 19 2002 p. 223 1868 1878 10 1895 1898 1886 2010 p. 103 1940 2002 p. 223 2 2. 1959 1961 2002 p. 225 1962 2002 p. 226 2 3. 1961 2013 5 1. 1990 1 2013 8 9 2. 2 1. 1492 5 11 16 2010 pp. 10 33 6 19 2002 p. 223 1868 1878 10 1895 1898 1886 2010 p. 103 1940 2002 p. 223 2 2. 1959 1961 2002 p. 225 1962 2002 p. 226 2 3. 1961 7 1989 1990

More information

高年齢者等の雇用の安定等に関する 法律の一部を改正する法律 の概要 平成24年8月29日成立 少子高齢化が急速に進展し 若者 女性 高齢者 障害者など働くことが できる人全ての就労促進を図り 社会を支える全員参加型社会の実現が求め られている中 高齢者の就労促進の一環として 継続雇用制度の対象となる 高年齢者につき事業主が定める基準に関する規定を削除し 高年齢者の雇用 確保措置を充実させる等の所要の改正を行う

More information

56_16133_ハーモニー表1

56_16133_ハーモニー表1 妻 Q 男は仕事 女は家庭 という 考えについてどう思いますか 妻 はままつ女性カレッジ Q女性の働き方について どう考えますか 2.7 第2期生を取材して 6.2 32.7 1 2 16.5 3 4 5 17.5 6 27.1 8 11.9 1 58.0 2 3 4 9.4 5 6 8.7 9.4 8 賛成 どちらかといえば賛成 子どもができてもずっと働き続ける方がよい 反対 どちらかといえば反対

More information

16年度第一回JACB品質技術委員会

16年度第一回JACB品質技術委員会 ISO9001 次期改正の状況 DIS 版と 2008 年版の新旧箇条対照表 公開される ISO DIS14001 には 2004 年版との新旧箇条対応表が附属書 B としてついていますが ISO DIS9001 にはついていないので不便です - TC176/SC2 は最近 そのウエブサイト (http://isotc.iso.org/livelink/livelink/f etch/2000/2122/-8835176/-8835848/8835872/8835883/iso

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

第4回

第4回 Excel で度数分布表を作成 表計算ソフトの Microsoft Excel を使って 度数分布表を作成する場合 関数を使わなくても 四則演算(+ */) だけでも作成できます しかし データ数が多い場合に度数を求めたり 度数などの合計を求めるときには 関数を使えばデータを処理しやすく なります 度数分布表の作成で使用する関数 合計は SUM SUM( 合計を計算する ) 書式 :SUM( 数値数値

More information

ほんぶん-第14章.indd

ほんぶん-第14章.indd - - - http://j.people.com.cn/ ///.html - http://www.sasac.gov.cn/n /n /n / index.html .... ...................................................................... -,,,,.. ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

More information

Microsoft Word - 操作マニュアル-Excel-2.doc

Microsoft Word - 操作マニュアル-Excel-2.doc Excel プログラム開発の練習マニュアルー 1 ( 関数の学習 ) 作成 2015.01.31 修正 2015.02.04 本マニュアルでは Excel のプログラム開発を行なうに当たって まずは Excel の関数に関する学習 について記述する Ⅰ.Excel の関数に関する学習 1. 初めに Excel は単なる表計算のソフトと思っている方も多いと思います しかし Excel には 一般的に使用する

More information

1

1 2015 Graduate School of the University of Shimane 2015 Information Graduate School of North East Asia and Development Studies 1 Graduate School of the University of Shimane 2 Graduate School of the University

More information

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題         

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題          第 2 章 子育て環境の現状と今後の課題 7 第 1 節 国における子育て環境の現状と今後の課題 国における出生数は 第 1 次ベビーブーム ( 昭和 22~24 年 ) で約 270 万人 第 2 次ベビーブーム ( 昭和 46~49 年 ) で約 200 万人と高い時代もありましたが その後 出生数は減少し続け 昭和 59 年には 150 万人を割り込み 平成 3 年以降は増減を繰り返しながら

More information

地理学論集№83.indd

地理学論集№83.indd Geographical Studies 道路交通センサスを用いた札幌市の都市構造の解析 三木祐太郎 * 木村圭司 ** ** 本間利久 キーワード. はじめに - - . 使用したデータと解析方法 図 1 - - こととした なお 以上の項目のうち歩行者交通 かう道路よりも 市周辺で割合が大きくなってい 量 自転車交通量 バス交通量についてはそのま る まの数値を用いると 地点ごとの値のばらつきが

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

点として算出した 研究方法 群れ遊びに関する質問紙の調査項目の回答は 園内 研究対象 岡山県北部T市内の公立 私立幼稚園5園 での自由遊び中での子どもの様子に関するもの 8項 の年長児名 男児8名 女児名 目 については 当てはまらないもの から よく当 調査時期 平成年月から0月にかけて実施 ては

点として算出した 研究方法 群れ遊びに関する質問紙の調査項目の回答は 園内 研究対象 岡山県北部T市内の公立 私立幼稚園5園 での自由遊び中での子どもの様子に関するもの 8項 の年長児名 男児8名 女児名 目 については 当てはまらないもの から よく当 調査時期 平成年月から0月にかけて実施 ては 美作大学 美作大学短期大学部紀要 0 Vol 8 論 文 幼児期の運動能力と群れ遊びの関係について 3 The relationship between motor ability and group play in infancy 長谷川 勝 一 キーワード 運動能力 群れ遊び 自由遊び 仲間 共分散構造分析 また 群れ遊びに関する質問紙調査の結果を因子分 研究の目的 析したところ 5つの潜在因子の存在が確認された

More information

菅野インプリDL用

菅野インプリDL用 1 2 3 4 5 6 7 8 9 図1 サイエンスアゴラの企画イベントの参加申込みフォーム 10 11 12 図2 科学と芸術の集いで展示したパネル. 科学のマップと芸術の分類 13 3. 結果 3.1 サイエンスアゴラのアンケート結果 参加申込みは 220 人に達したところで閉め切った 会場の定員は 200 人 以下参加申込み時に 220 人の申込者が答えた 図 1 に示す web 上でのアンケートに対する回答をしめす

More information

07-内田 fm

07-内田 fm No.110, 2007 93 * A study on the connection between family relationship and children's depression and fear Toshihiro UCHIDA, Takashi FUJIMORI* Accepted November 29, 2006 抄録 : 14.6 5 6 5 索引語 : Abstract

More information

<4A C8E8D868DC590562E696E6464>

<4A C8E8D868DC590562E696E6464> ( 棟 ) ( 件 ) 150,000 600 ( 件 /1,000 棟 ) 3.5 3.28 3.27 100,000 106,685 97,300 98,838 90,293 88,588 500 400 3 2.5 2.75 2.5 2.99 2.38 2.48 2.79 2.54 50,000 293 件 243 件 324 件 295 件 265 件 78,992 138 件 74,070

More information

第 4 章大学生活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 本章では 学生の大学生活や経済 生活支援の利用状況をふまえて キャリア行動やキャリア意識に違いが見られるかについて検討する 1 節では 大学生活とキャリア支援の利用との関連を示し どのような大学生活を送る学生がキャリア支援を

第 4 章大学生活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 本章では 学生の大学生活や経済 生活支援の利用状況をふまえて キャリア行動やキャリア意識に違いが見られるかについて検討する 1 節では 大学生活とキャリア支援の利用との関連を示し どのような大学生活を送る学生がキャリア支援を 平成 23 年度キャリア意識調査報告書 ( 第 4 章. 大学生 Title活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 ) Author(s) 耳塚, 寛明 ; 望月, 由起 ; 桂, 瑠以 ; 中越, 綾 Citation Issue Date 2012-03 URL http://hdl.handle.net/10083/51315 Rights Resource Type Research

More information

長野県の少子化の現状と課題

長野県の少子化の現状と課題 第 1 章長野県の少子化と子育て環境の現状 1 少子化の現状 (1) 合計特殊出生率 出生数の推移 長野県の平成 25 年 (213 年 ) の合計特殊出生率は1.54で 全国平均の1.43を上回っていますが 長期的な低下傾向にあり少子化が進行しています 出生数は 平成 13 年 (21 年 ) から減少傾向が顕著であり 平成 25 年 (213 年 ) では16,326 人で 第 2 次ベビーブーム

More information

POWERMAX V3_10.04

POWERMAX V3_10.04 2 III 3 III 1 III 2 3 4 III III C FUSE I/ON O/OFF OUT IN III 5 30 C 15 90 1 2 1 2 3 6 7 a b c a bc 123 8 III 15 1 2 3 1 2 3 III 4 5 9 1 2 1 2 1 2 3 3 4 1 2 3 1 2 3 4 3 OK! 10 1 2 3 4 5 6 7 8 11 1 2 3 4

More information

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378>

<8E9197BF31305F B E8D8096DA2E786C7378> 資料 10 エラー 特定事業者 ( 特定連鎖化事業者 ) 定期報告書 ( 特定表 指定表 ) エラー 参考 : 平成 25 年度工場等判断基準遵守状況等分析調査エラー 様式 様式 9 で作成されている 表の抜け 特定 1~8 10 12 表に記入がある 全体 表の抜け 特定 10 表に指定工場等が記載されている場合 工場毎に指定 1 2 4~9 表がある 指定工場のエネルギー使用量と事業者全体のエネルギー使用量の関係

More information

ニューズレター20.indd

ニューズレター20.indd Graduate school of Economics, Faculty of Economics The University of Tokyo 20 September.2013 No.20 Graduate school of Economics, Faculty of Economics The University of Tokyo September.2013 No.20 Graduate

More information